5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【天文の大乱】 官位市場 【足利兄弟の確執】

336 :管領代 細川京兆氏綱 ◆XIXE7Gp6b6 :2011/05/24(火) 14:36:39.47
>>332
(それから暫くした後、京極高吉が高延の書状を携え訪問する)

細川氏綱「……。高延殿の書状は読ませてもらった」

…ブンッ!!

(氏綱は突如抜刀すると、刀を京極高吉の喉元に突き付けた!)

細川氏綱「どの面下げて、こんな書状一篇を持たせ貴様を寄越したのだ、愚将・高延はッッ!!」
--------「貴様(高延)が江北を逐われたのも、元はと言えば貴様の平生の浅慮と」
--------「浅井殿への不義によるものではないかッッ!!」
--------「『それがしの北近江復権が件で話したい事もありますゆえ、機会があれば会いましょうぞ』だと?」
--------「本当に江北に戻りたいなら、前非を悔いて己自身の行動で天下の意を問うべきであろうがッッ!!」
--------「自身で参らぬという誠意の無さといい、この書状の悠長な物言いといい」
--------「この氏綱、高延に本気で江北に戻る意志無しと見たッッ!!!」

(物凄い剣幕で怒鳴る氏綱を『計算通り』周囲の者がなだめる)
(氏綱は『気を鎮めた振り』をして)

細川氏綱「高吉殿。高延は江北に戻れるやもしれぬ」
--------「実は先頃、叡山の僧と浅井の家臣が俺を訪れた」
--------「京極、六角との和睦のため、俺に上様との謁見を取りなしてくれというのだ」
--------「俺は浅井に、京極高延への臣従を条件として突きつけた」
--------「俺の読みが正しければ、浅井は条件を飲むだろう」
--------「それを上様に奏上し、上様の御名のもとによる和睦の儀を終えれば、高延は晴れて近江の主ぞ」
--------「だが高延が俺にしたような非礼を平気で為せるような愚将なら、再び江北は戦乱に逆戻り」
--------「和睦を取り持った上様と、それを斡旋した俺の顔に泥を塗る事になる」
--------「くれぐれも、江北へ戻った後は浅井殿を始め諸将を蔑ろにするでない」
--------「和睦の席には、『肌脱ぎとなってイバラの鞭を背負い、罪人の風体で』現れよ」
--------「『刎頸の交わり』の廉頗がごとき誠意を見せるのだ」
--------「さもなくば、江北は士・民ともに貴様(高延)によって命を奪われる事になる」
--------「再び江北に戦乱が起きたと耳に入った日には、上様の顔を汚した罪で」
--------「この氏綱が貴様の首を刎ね飛ばす」
--------「高吉殿、高延には俺の言葉を全て伝えよ」

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)