5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【天文の大乱】 官位市場 【足利兄弟の確執】

331 :浅井備前守亮政 ◆9rHpiCAr.o :2011/05/23(月) 20:54:53.33
【近江・小谷城】
新庄直昌「善祥坊殿のご尽力もあり、管領代の細川右京大夫様に将軍様への拝謁の場をととのえていただけることと相成りました」
        「しかしながら、右京大夫様から和睦の条件として六郎様への臣従を誓うようにと・・・」
宮部清潤「浅井様のこれまでに思いを馳せれば、受け入れ難き条件かとは思いますがこれも江北の民、さらには国人たちのため」
        「そもそも和睦を申し出たのがこちらである以上、譲歩せざるを得ないのは仕方ありますまい・・・」
赤尾清綱「予想はしていたがやはり和睦の条件はそれかッ!」
海北綱親「これまで陰に日に我らに援助をいたしてくださった一乗谷の朝倉様に何と申し開きをすべきか・・・」
井口経親「・・・」
雨森清貞「経親殿のお父上が亡くなられたのは京極六郎を六角弾正(定頼)から守るため・・・」
        「そこまでして守ってやったのに殿を裏切った、犬畜生にも劣る六郎に頭を下げねばならなくなるとは・・・」
浅井亮政「皆の無念は痛いほど伝わっておる」
        「しかし恥は一時、という言葉もある」
        「今は恥を忍んで六郎に頭を下げ、江北の民を休ませたい」
        「力を蓄え再起した暁には京極六郎と六角弾正の首級を井口弾正の墓前へ皆で供えに行こうぞ」
家臣一同「ははー!」
宮部清潤「浅井様、ご英断でございます」
        「そうそう、京にはちょうど越前の朝倉様も上られております」
        「公方様への拝謁がかない和議が成りましたらお会いしてみてはいかがでしょうか?」
浅井亮政「おお!朝倉弾正様が!」
        「それは是非お会いしたいものじゃな」
        「では細川右京大夫殿の準備がととのうまで待つとしようか・・・」

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)