5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を5

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 12:07:23.63 ID:5eOBh2A+
ふと疑問に思った事があったら、スレを立てる前に、ここで質問してみましょう。
 質問・回答をする前に必ずテンプレを読んでください。


・質問前にまずはここをチェック。答えが載ってる……かもしれない。
 【仮設!2ch軍事板用語集】
  http://banners.cside.biz/army_word1.htm
 軍事板初心者質問スレ過去ログ倉庫
  http://armybeginner.web.fc2.com/
 ウィキポータル:軍事
  http://ja.wikipedia.org/wiki/Portal:%E8%BB%8D%E4%BA%8B

前スレ
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 4
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/war/1289606974/

FAQサイト
初質スレに「公式」ないし「公式回答」なるものは存在しません。

軍事板FAQwiki
http://www6.atwiki.jp/army2ch/
軍事板常見問題
http://mltr.ganriki.net/index01.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 15:16:50.92 ID:/s9LWIZ5
何で国防板なのにテンプレが軍事板スレと同じなの?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 14:59:25.11 ID:zJ+Z+SQN
>>2
もともと国防板自体が
「IDの出る軍事板」くらいの存在意義しかないから

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 15:53:24.49 ID:+pZiKbpV
台灣からの義援金総額が100億円を超えたそうですが、
これは我が国の同盟国である米国を越えて世界一だということです。
極東の小国に過ぎない台灣が異例とも言える規模の義援金。
一体裏にはどのような意図があるんですか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 11:04:36.79 ID:RQmihlMJ
>>3
いらないんじゃね?>国防板

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 01:13:09.22 ID:nlRASCB1
>>5
だったら貴方は軍事板池

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 01:31:14.57 ID:z+XNMaop
日本が核兵器を作ろうとしたら何十年かかるのでしょうか?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 12:23:54.00 ID:nlRASCB1
>>7
2年と言われています

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 16:58:56.24 ID:OnRCNVRv
2年か…
では費用は?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 08:20:08.97 ID:IidssGIe
何故我が国は2011年3月に起きた一連のhukushimaを防げなかったのですか?
以前は日本の原子力技術は世界一なんて言われてましたけど
実際は問題だらけじゃないですか!

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 15:17:10.90 ID:q5BSpQXg
理論上では優秀
でも実戦を経験させてみると机上じゃ分からない欠陥があった――なんてのは兵器開発でもよくある話

あと安全だ安全だと言い張り続けて危機管理を怠ってたってこともあるだろうな


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 15:20:39.65 ID:BlTC6aYi
>>11
ほとんど人災やないのか・・・

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 16:47:02.91 ID:OJaB0adX
>>10
零戦と同じで安全性が低くても運用でカバー、みたいな設計なんじゃね

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 18:06:26.85 ID:Q8DVl7BO
IL-2とゼロ戦ではどちらが安全でしたか?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 18:55:45.84 ID:uSZIDNzX
>>10
フクシマは国内でもかなり旧型と言うかGE製と言うのは別にして日本が
もっとも得意にしてるデジタル分野を津波で全損したにしてはかなり
がんばってますよ。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 20:24:21.51 ID:e/Gc2u7R
test

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 21:32:45.40 ID:qYO6Ob96
>>10
wikiぺ先生によると、建設時には5.7mまでの津波までしか想定してなかったのに14mの津波が来たからだって
まあ耐用年数数十年の原発を作るのに千年に一度クラスの地震に耐えるよう作る必要はないと思ったのかもね
あと、今でこそ日本は技術大国だけど、福島第一を作った60年代と言えば戦前から立ち遅れていた技術がようやく他の先進国並みになりつつあったという時代だし

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 02:21:41.27 ID:E+/dvgYd
まー得意げに想定が甘いの人災だの言ってるのが居るが実際のところ自然現象は
観測と統計に安全率を掛けるぐらいしか対処法が無いのが現実。
だって地面の中を調査できようになったのってここ十数年くらいだし。

世界最強の耐震基準にしても震災毎に見直ししてるのを知ってるのでいかに想定
の斜め上を行った的災害かと言う感想しか出てこない。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 09:48:50.16 ID:QhKlkAto
予備のバッテリーが使えなくなることを何で想定してなかったの?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 09:53:41.41 ID:KSCHK9Aq
>>18
その後のミンスの対応も大いに問題ありだろ?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 14:53:17.21 ID:vMPYNMWo
>いかに想定
>の斜め上を行った的災害かと言う感想しか出てこない。

津波の頻繁に来る三陸海岸で
津波を想定していなかったって報道があるけど?
テレビに出ていた内部文書でも
「津波を想定せず」みたいな文章があったけど?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 15:34:08.98 ID:E+/dvgYd
俺は津波は想定してたけど今回のような規模は想定してなかったから地震を優先
してた様な話を聞いたぞ。
でもってその根拠がそれだけの津波を起こす規模の地震は起こりえないだったような。

実際阪神の時の直下型も完全な想定外だったから無くもない。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 15:39:47.81 ID:E+/dvgYd
>>21
あの地域で津波その物を想定してないなんて事は無いでしょ。
>>17でも津波対策自体はしてるみたいだし。
ややこしくなるから津波の来る来ないと津波の規模は別問題で考えようよ。

24 :愛国男:2011/04/07(木) 17:49:27.91 ID:/c7BAsXy
40年前のフランスだかアメリカの原発を丸写ししただけで燃料タンクも全部海側に配置してたんでしょう?
東北電力は完全に対策していて今回の津波も免れたわけですが?
津波対策自体はしてる(キリなんてよく言えますねwwwww

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 18:18:31.84 ID:A2Nb5Lgn
>>20
自民時代に決めた津波対策も大いに問題ありだろ?

26 :愛国男:2011/04/07(木) 18:22:05.87 ID:/c7BAsXy
>>25
ジミンガージミンガー
分が悪くなるといつもこうですねえw
民主党と東電の事後の対策の遅れも被害の拡大の一因であるという事をお忘れなくw

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 21:28:06.01 ID:vwMsCv5M
「原発推進全般」

A級責任者 東電 御用学者 専門家なのに、問題指摘に対し安全宣言 緊急時の準備なし

かなりの格差

B級責任者 自民時代 建設許可 問題の長年放置 東電から献金 検査の軽減 保安院設立
C級責任者 民主時代 自民と同じく原発推進方針


「事故後」

重罪者 東電 初期に廃炉方針に抵抗
重罪者 民主 アメリカの初期支援を断る

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 23:25:37.22 ID:lCPMd4ko
何故我が国はスイスに倣い民間防衛パンフを全国民に配布しないのでしょうか?
既にメディアのほとんどは在日に乗っ取られているというのに何故何の行動も起こらないのでしょうか?
このままでは完全に我が国は乗っ取られてしまい「先住民」として迫害されてしまいますよ?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 23:35:49.05 ID:PFZ4g/PJ
スイスだってもう「民間防衛」は全家庭にはないぞ
それに本当にマスコミや政治家がみんな在日と特亜の手先なら日本はとっくに滅んでるわい

30 :愛国男:2011/04/08(金) 00:10:23.27 ID:FHKfIJDo
>>29
スイスに民間防衛が無いというソースをください
民間防衛を引用して日本の危機を煽ってる輩がいますが
既にその民間防衛はスイスでは使われていないと言う話を聞きましたがそれは民間防衛を更新したからであって
決して民間防衛を廃止したわけでは無いですよ?
何故民間防衛を更新したのかと言うとそれはソ連が崩壊してスイスの防衛ドクトリンが変化したからだそうですね

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 12:18:00.98 ID:+NhWtpOF
>>27
自民の責任はゼロだろ
ジミンガー乙w

32 :愛国男:2011/04/08(金) 13:38:28.65 ID:lCBYhwf3
>>27
色々おかしいですね

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 16:25:48.45 ID:LAEL2Fd4
>>22
2011年3月23日、1970年〜1980年頃に4号機を除く5機の設計や安全性の検証を担った東芝の元技術者達は、
「事故や地震でタービンが壊れ飛び原子炉を直撃する可能性を想定し、安全性が保たれるかどうかを検証した。
M9の地震や航空機が墜落して原子炉を直撃する可能性を想定するよう進言したが、『千年に一度のことを想定する必要は無い』
と一笑に付され、起こる可能性の低い事故は想定から外された。当時は『M8以上の地震は起きない』と言われ、
大津波は設計条件に与えられていなかった」と語った[174]。

[[福島第一原子力発電所事故]]

脚注174

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 16:36:45.07 ID:DqB7Cy2r
韓国では放射能を恐れて小中学校が相次いで休校しているそうですが
我が国の小中学校は被災地を除いて平常運転です。これで大丈夫なんですか?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 17:27:30.20 ID:x+Rdk6pM
根拠も無しに他人に合わせるのはパニックの素ですよ。
アジア全体で空気がどのように流れているか考えましょう。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 19:31:03.90 ID:dHJdEo/+
>>31
>自民の責任はゼロだろ

★自民党、原発の地震と津波対策を問う質問主意書に「安全確保は万全」と回答
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm
★自民党、野党から原発の津波対策への不備を指摘され改善を約束するも放置
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-03-01/2010030101_05_1.html
★自民党、国際原子力機関(IAEA)による日本の古い原発耐震指針への警告を無視
http://www.asahi.com/international/update/0316/TKY201103160100.html
★自民党、米原子力規制委員会(NRC)が日本の原発の冷却機能について警鐘を鳴らすが黙殺
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=a.lK3UI3LjpM
★自民党、日本の原発はコスト優先で安全性を疎かにしているとの米大使館の指摘を傍観
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011032300090
★自民党、東京電力からの献金の見返りに原発の甘い耐震設計を認可
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-09-16/2007091615_01_0.html
★自民党、福島原発の定期検査の間隔を13ヶ月から最長24ヶ月に延長
http://www.47news.jp/localnews/hukushima/2008/12/post_2422.html
★自民党、原発の炉心隔壁や配管などがヒビ割れた状態での運転を許可
http://www.47news.jp/CN/200301/CN2003012801000340.html
★自民党、老朽原発の安全運用に不可欠な耐震実証試験を廃止し実験施設を叩き売り
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/164/0037/16403010037002a.html


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 19:42:25.90 ID:dHJdEo/+

問題の根は自民期に作られ、民主が引き継いだ。

原発の核廃棄物は、最終処理場すら未だ決まってないのに、
建設を許可した自民期の責任は重大。


自民期に作られた保安院は、検査により60年まで使用可の見解。
http://yaplog.jp/piropiro-777/archive/201
しかし保安院は、検査能力も疑問な無能組織。

変な組織を作るなよ。




38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 19:45:42.93 ID:dHJdEo/+

自民党って、原発事故に関しては完全沈黙。多大なブーメランになるからな。
そしてネット上では「全部民主が悪いんだ〜」とデマまで入れて執拗な工作。

本当に嫌らしい党だな、自民。
もちろん民主の震災に対する行動も、おそらく自民以下に最悪だが。




39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 20:24:08.50 ID:7LFBM0sQ
まあ今の自民も民主も阪神の時の社民政権よりは兆倍マシだろう

40 :愛国男:2011/04/09(土) 00:00:19.17 ID:gmvd8AVn
>>36
何故そんな出処が怪しいソースを提示するのですか?w
しかもソースがそれぞれバラバラじゃないですかw
せめて一つに統一してはどうでしょうか?www

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 13:59:44.18 ID:M0Al9pEf
粘着榴弾が実用化されたのはいつ、どの国ででしょうか?
よろしくお願いします

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 17:29:59.98 ID:Rsee4Riy
>>41
英国のチャールズ・デニストン・バーニーという人によって
1940年に開発されました。
最初は要塞のコンクリート壁を打ち抜くためのものでしたが、
やがて無反動砲の砲弾へと応用されました。



ところで質問です。
兵舎が設営されるのは前線基地まででしょうか?
最前線ではもっぱらテントか露営ですか?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 17:43:10.60 ID:Rsee4Riy
バーニーの制作した砲の写真があった
http://www.flickr.com/photos/kenjonbro/4104325566/
http://pixiv.cc/janome-gotyou/archives/51646884.html

ちなみに上のレスで「要塞」とは具体的には「west wall」、
フランス沿岸のドイツ軍要塞のことね。
つまり来るべきヨーロッパ反攻作戦のさい
要塞を突破するための砲を作ろうとしたわけ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 20:19:17.62 ID:GPQ7lHn9
>>39
社民政権時代の自民は与党。
共同責任だな。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 23:02:20.11 ID:Gs03qT8f
迫撃砲は無反動砲に分類されますか?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 23:30:11.57 ID:CYGVfsT7
>>45
分類されるわけがない。
反動を殺すための底板形状の決定だけでひと悶着あるようなものだぜ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 23:33:55.85 ID:Gs03qT8f
無反動なら全部無反動砲では無いんですね
軍事は本当に奥深いですな

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 00:37:07.65 ID:X07bzPqn
カチューシャは発射の際オルガンの様な音がしたらしいですが聞けませんか?
誘導願います

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 03:36:15.98 ID:9I3QGuES
>>47
迫撃砲はそもそも反動はあるけど。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 03:40:43.30 ID:9I3QGuES
>>48
ttp://www.youtube.com/watch?v=rBvC2Wd-Jfw&feature=related

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 08:44:01.67 ID:qpcyHIfl
我が国の自衛と抑止力の維持のため
他国から買わなければならない兵器のトップ5を教えてください。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 11:08:34.62 ID:TJG1azYN
>>51
軍事力は組織の力です
単品で何を、というものはありません

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 22:37:41.13 ID:UxZSgDQJ
>>50
これはどのように点火しているのですか?
撃針ですか?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 00:17:10.16 ID:IBwL4AtJ
>>50
これって一発辺りの危害半径どれくらいなの?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 00:33:56.28 ID:z3l+7JAc
野砲や軽榴と同じぐらいで数十mと思われ

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 12:39:47.73 ID:SvvaxjvO
>>54
約5cmでつ

57 :愛国男:2011/04/11(月) 23:09:48.16 ID:m8oSYJ0B
ロケット砲は何の為に配備されているのですか?
小型の砲では駄目なんですか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 23:15:21.09 ID:z3l+7JAc
多連装ロケットのことなら、瞬間的な投弾量は火砲よりはるかに大きい
持続射撃力は劣るが

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 23:42:58.37 ID:pQE5fnPG
自衛隊のMD構想においてTHAADを配備するということはありますか?

60 :愛国男:2011/04/12(火) 00:30:56.48 ID:UsSs4P9U
大量の爆薬で面を制圧するんですね
そういえば日本の太平洋戦争でのロケット砲については全く聞きませんが

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 01:34:47.91 ID:u+Q3SX5W
>>60
おまえさんが無知なだけ。硫黄島や沖繩で使ってる。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 10:07:56.96 ID:KaQBdZG1
つ「桜花」
と言うか目立った活躍をした兵器がないだけでロケット弾系は結構ある。

63 :愛国男:2011/04/12(火) 14:33:14.08 ID:+q0cadqj
桜花って特攻兵器やないですか

>>61
画像あります?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 18:11:47.51 ID:RDL8ZCHu
・戦艦伊勢の対空ロケット弾
・陸海軍の対地ロケット弾
・陸軍の対戦車ロケット砲
・航空用の推進補助ロケット
・ロケット特攻機
・対艦誘導弾(いわゆるエロ弾)

こんくらいかな?

あと、質問者に食い下がる暇があったら、
自分でぐぐれ>愛国男

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 10:33:50.70 ID:8RzoptRA
マスコミが隠してきた真実を暴露するまとめサイト
【国民が知らない反日の実態】 http://p.tl/66MV

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 12:07:20.74 ID:qYWduZlK
ユダヤ人ってどんな人たちの事を言うんですか?

67 :愛国男:2011/04/15(金) 15:38:47.74 ID:z7NLjiWx
>>66
ユダヤ教を信教している人
または母親がユダヤ人
こうだった気がします

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 18:20:39.19 ID:AtITOCm5
>>65
宣伝は1回でも規制対象なのは知ってる?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 19:31:38.35 ID:6fnS2/aA
北の工作員ってどのくらい強いの?
アメ公以上?


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 15:50:39.21 ID:F22/7L6/
何故自衛隊は不祥事が多いのですか?
アホなことばかりしているのですか?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 17:15:27.28 ID:wHyN42Xd
何故ソ連軍はWW2でも時代遅れの水冷式重機関銃を使い続けたのですか?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 23:59:56.35 ID:xzldCMjn
ブローニングM2重機関銃は形をほとんど変えていないらしいですが何故ですか?
他の銃器は変えまくりなのに

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 01:09:17.74 ID:vu53Atom
水冷式はもう完全に廃れたのですか?
また何故ですか?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 01:50:20.15 ID:a1Cpvlbb
航空自衛隊か旧日本軍の戦闘機で、
バイオエタノールで飛ばせる機体はありますか?
また、石油資源が枯渇した場合の有効な空戦力はありますか?

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 06:58:00.26 ID:AgZwAqip
RPG7を真上に発射すると弾頭は最大でどの位の高度まで届きますか?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 08:43:56.87 ID:W7CcZe8j
>>71
マキシム重機の完コピで自国開発できる技術が無かったから。
頑丈で最前線でも評判がよく、かつ防塁で使用するために空冷にする必要が薄かった。
1943年にようやく空冷が配備されるが、兵士は使い慣れた水冷を好んだ。
>>72
改良は行われている。
>>73
全滅はしていない。
廃れた理由は水が必要なのと、重いから。
>>74
理論的には飛ばせるがバイオエタノールは揮発性や燃焼速度の問題で
故障の原因になる。
代替戦力として固形水素と酸素を混ぜて作ったプラスチックロケット燃料が在る。
電気さえ在れば大量に作れる。
同じくメタンも同様に固形化して使用できる。
>>75
コリオリ力が在るので真上に飛ばす事は出来ないし
そもそもRPG7は射程が弾頭の重量によって変化する。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 09:51:59.76 ID:elpyFXiG
>>76
重箱の隅だけど
完コピなのはPM1905で
WW2のPM1910は改良型じゃなかったっけ?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 12:50:56.85 ID:77jGnrip
>>76
ソース

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 15:03:16.41 ID:W7CcZe8j
ソースって・・・・何のだよ?
特に必要なほどの話はないと思うが・・・・
強いて言えば水冷式が生き残ってると言う話位か?
http://www.weblio.jp/wkpja/content/ヴィッカース重機関銃_ヴィッカース重機関銃の概要

ロシア兵器の類いはググレば幾らでも出てくるだろ。

燃料に関しては航空燃料はジェットは比較的遅くレシプロは比較的早い燃焼速度を必要とする。
バイオエタノールはどちらにも向かないがエンジンの調整や混合によって可能だ。
ただし・・・って話。
ロケット燃料は現状普通に使われてる。高いし重いし管理が大変だが
石油資源が無いなら現状の代替品はコレとメタンだ。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 15:15:18.88 ID:W7CcZe8j
ありゃ、リンク間違えた。スマン。
まあ、出典も大したことないからヴィッカースでググってくれ。

81 :愛国男:2011/04/18(月) 15:18:34.48 ID:PD5IAAlJ
マキシム水冷式は冷却できる液体なら何でも良いのですか?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 18:26:15.52 ID:M/zTkHr3
何故この板は国際情勢カテゴリなのですか?
軍事と一緒で良いのでは?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 19:46:37.94 ID:LOG1he7k
>>82
それだとIDが出ないだろ?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 19:50:35.16 ID:LSSBMEoA
国際情勢の中の、戦争・国防を語る板であって、
趣味として軍事を語る板ではない

ってのが建前なんだろ

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 22:32:36.93 ID:iJtrYerC
要するに外国特に中韓絡みは軍事板に持ち込むなってことだろ

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 07:04:32.68 ID:DuWe5/lM
他国が日本侵略を企てないのは放射能汚染が抑止力になっているからですか?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 08:41:18.73 ID:DuWe5/lM
何故韓国は経済成長しないのですか?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 15:39:13.06 ID:FFMwuaJu
アメリカは今後どのように負けますか?


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 19:11:47.30 ID:h0J59ZNT
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1302840029/825
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1302840029/856

しつこく代行でレス


90 :愛国男:2011/04/19(火) 23:44:35.80 ID:jrU5FNcZ
自衛官が原発から逃げたみたいですが軍法会議は行われないのですか?
傍聴したのですが…

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 00:12:43.80 ID:B42GKRI4
>>89
何も問題無いだろ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 00:14:20.60 ID:1ljrtdkM
>>90
いまは日本全土が戦場なので、国外に出ない限り敵前逃亡にはあたりません。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 00:30:40.91 ID:LWNLvnQo
>>92
関西平和過ぎだぞ
震災前と何ら変わらない生活してるが

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 01:06:04.02 ID:Ti2IrKFQ
震災が日常とする世界・・・それが実現すれば、人々は永遠に手を取り合って生きていけるかもしれないな

95 ::2011/04/20(水) 01:32:14.41 ID:wEx2kM/k
>>90
自衛隊に軍法会議は存在しない。
http://www.houko.com/00/01/S29/165.HTM
普通に懲戒解雇、裁判が在るとしたら自衛官が国を相手に起訴した時のみ。
多分棄却されるけど。


96 ::2011/04/20(水) 01:39:51.34 ID:wEx2kM/k
ああ、解雇じゃねえ、免職。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 09:35:11.67 ID:eIMGOrjE
管政権が140億もの義援金を出した台湾に感謝広告を出さなかったのは何故ですか?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 09:48:32.18 ID:wEx2kM/k
>>97
思うに、この板が東アジア+の隣に在るのがいけないんだと思うぞ。
だからこういうゆとりの釣りスレになるんだ。

99 :愛国男:2011/04/21(木) 00:23:58.62 ID:wwTHHd6U
>>92
そうなんですか
でも懲戒免職ですよね?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 00:39:28.75 ID:fxDJqZU9
国民の税金によって整備された国家の武力集団である自衛隊の隊員が逃亡したけど
こいつらって敵が攻めてきた時俺らを守ってくれるの?

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 00:49:43.56 ID:M6GiyVQk
むしろ10万人規模の災害派遣で2人しか逃げてないわけで
WWIIで米軍は1000万人規模の動員をして1万人以上逃げてるしなぁ

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 01:04:29.31 ID:fxDJqZU9
>>101
ソースは?
災害派遣と戦争を何で同列に語るの?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 05:52:43.55 ID:6xDJqAKP
それまで何度も被災地に派遣されていた。
一度派遣されたら、しばらくまともな休養をとれない。

そんな状態で、士気の崩壊が起きていないということがすでに異常。
逃げたやつがわずか数名であるってのが、もう世界的に見ても異常。

こんな後方構築無視した、最高司令官閣下の無茶苦茶な動員体制で、
文句の一つも言わずがんばってるってのが本気で世界的に見れば異常。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 08:43:11.62 ID:Qq2Xhi4s
たかが災害派遣死ぬことなんてまあまずないし、逃げる人なんかいるわけないじゃん

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 14:15:31.34 ID:FmIlAR67
自衛隊の錬度ってどうなのですか?

106 :愛国男:2011/04/21(木) 16:25:12.37 ID:RRhPt8TE
>>103
旧日本軍の素晴らしい精神力を受け継いでいるのですね?
素晴らしい

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 17:05:38.06 ID:ztiadnK0
>>103
自衛隊シンパ乙

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 20:28:21.82 ID:6xDJqAKP
>>104
既に一人死んでる。
というか、地震発生直後は本当に死と隣り合わせだった。

つか、これまで災害派遣で死人が出てないってのが奇跡

109 ::2011/04/22(金) 09:48:20.43 ID:EMn0D618
>>74
旧日本軍はガソリン不足を補うためにサツマイモの栽培を奨励し、松の根を掘らせた。
サツマイモはバイオエタノール、松は重油に似た松油と高オクタン価が作れる。
計算では4〜5万トンの燃料が作られ、使用されたはず。

ただ、松の根を掘り起こしたために戦後、各地で大規模な土石流が起り多数の犠牲者が出た。
それを食い止めるためと資源の確保のために成長の早い杉が大量に植えられ、現在の春の「黄色い毒ガス」を生んだ。
また、杉は土石流を食い止める能力はあまり無く、
この一事をとっても、場当たり的な日本上層部の無能をさらけ出している。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 12:47:58.02 ID:ycJlFrjZ
今回の災害で我が国の国防面はどのような被害を受けましたか?

111 ::2011/04/22(金) 13:22:20.90 ID:EMn0D618
その算定が出るような段階ではないが
純粋な被害としては、松島基地(宮城)のF214機海水につかり、廃棄が危ぶまれている事、
その他多くの航空機(練習機・ヘリ)、また設備が破損し、隊員250名超と連絡がつかない(続報が在れば俺が知りたい)事などが
目に見える最大の被害。
用兵面で見るならば、僅か1ヶ月とはいえ、日本の動員力の限界点とも言える10万人を超える前線動員を行なったのは後々、
国防上、あるいは政情にいろんな影響を及ぼすだろう。
実践経験が積めた事はよかったのだが、予算や備蓄の損耗、隊員のストレスや離職などの問題が時間をおいて大きくなる可能性が高い。
ただ、今回の震災が契機として陸自の災害救助隊としての側面が改めてクローズアップされ
削減の一途だった陸自が持ち直すかもしれない。それは国防上、とても良い事だといえる。



112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 15:32:19.33 ID:q1brNBMU
たった10万人で限界って大丈夫なの?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 15:50:53.14 ID:F7QNwmx2
そら他の事を気にしなければ2倍でも3倍でも動員できる。
あくまで他の問題を全部無視した場合な。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 15:55:07.13 ID:q1brNBMU
他の事って防衛か災害しか役に立たないやん

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 16:04:08.81 ID:F7QNwmx2
・・・って、よく見たら陸自は15万くらいか。
うん、この規模で10万人も引っこ抜いたら国防をあきらめたような物だな。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 16:11:40.85 ID:qDyz1YrU
海上自衛隊とか空上自衛隊は動員されないのですか?

117 ::2011/04/22(金) 16:12:17.06 ID:EMn0D618
自衛隊は総員24万人しか居らず、後方兵站を含めれば今回17万人が投入された。
各基地の防衛配備の人員をギリギリ残して、ほぼ根こそぎ投入した事になる。
自衛隊は元々少数精鋭で、余剰人員が殆ど無い。
10人でギリギリ回している会社が、7人まで他の業務に回されたような物で
異常な事態と言っていい。
そのしわ寄せは当然、通常勤務の隊員にも及んでいる。


118 ::2011/04/22(金) 16:21:10.93 ID:EMn0D618
参考までに
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2011/04/09a.html

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 16:21:20.16 ID:qDyz1YrU
では我々軍オタで義勇軍でも組織した方が良いのでしょうか?
後方支援くらいなら出来るでしょ?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 16:34:33.63 ID:qDyz1YrU
てか国防板民って軍オタで合ってますよね?
やはり軍事板と統合しべきだと思うのですが…

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 18:33:46.04 ID:XA3EMUUT
>>116
空上自衛隊ってなんですか?
いつそんな物で来たんですか?
航空自衛隊なら存在しますが。

まあ、
陸海空合わせても24万人しかいない以上、
人員の5割近くを分捕られてることに変わりはない。

これじゃ前線部隊と後方部隊のローテーションがマヒして当然。

>>119
ガソリン、食糧自前調達できるあてがあるならどうぞ。
ないなら足手まといなのでやめるか、既存のボランティア組織に参加したほうがまし。

>>120
ここは、国際情勢の中の戦争と、国防を語る板であり、
趣味で軍事を語る板ではない。
というのが建前です。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 20:59:29.06 ID:ShyYNNWI
国防板民は左翼ですか?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 21:01:14.55 ID:XA3EMUUT
右翼もいれば左翼もいるし、真ん中もいます

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 08:21:03.20 ID:Y0TNfMx9
東京は市街地戦を想定した都市構造になっていると聞いたのですが、
具体的にどのような対策、工夫がなされているのですか?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 08:45:58.46 ID:LFQ2rUAU
東京…というより、前身である江戸が市街地戦を想定したつくりになってます。
曲線を多用し、長い直線を用いず(視界が狭い)
迷路のように入り組ませて、ひとつ道を違えると、全く別の場所に出る。

そんな感じで、徹底的に防御主体のまちづくりを家康は行いました。
その名残が現在のべらぼうに複雑な東京の区画です。

126 :愛国男:2011/04/23(土) 10:46:16.59 ID:rRhYdACH
>>125
パリとかもそうなのでは?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 13:21:00.29 ID:AM5EPSIh
>>121
>前線部隊と後方部隊のローテーションがマヒして当然。
それだけ未曾有の大災害だったと言うことだ

128 :愛国男:2011/04/23(土) 14:56:52.09 ID:2EPavsNw
あと東海地震と南海地震がありますよ?
自衛隊もっと増やせないのですか?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 17:38:41.49 ID:7vhCieP3
災害救助隊という形で数十万人の組織を構成し、平時は軍と同等の訓練をさせ
有事には武器を持たせて戦う いい考えだと思いませんか?w

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 00:29:09.48 ID:TTOHH8BU
災害目的じゃないが
アメリカの州兵や中国の民兵は似たような感じだね。
州兵の場合、普段は軍事関連の事務方をやってたり、
別の普通の仕事をしながら週末だけ訓練を受け給料を地方自治体からもらう。

ただこのシステムは現在深刻な問題になってる。
州兵は建前として戦時は後方兵站のみという条件だったが実際はアフガンで最前線送りにされてる。
普段の訓練が正規兵より少ないために死亡率が高く、帰還後PTSDになって職場復帰が出来ないものが多い。
そもそもが地方の財政を圧迫していたのに、そのケアや雇用喪失が地方の財政にのしかかっている事。

131 :愛国男:2011/04/24(日) 00:43:46.48 ID:Q9fdIPBJ
PTSDって甘えでしょう?
私も昔赤面症でしたが高校の時克服しましたよ?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 01:15:23.04 ID:TTOHH8BU
PTSD患者や家族が聞いたら発狂しそうな書き込みだなw
PTSDには単純性のものと複雑性のものがあるし、激しい痙攣、嘔吐、麻痺、記憶喪失や失神など
本人の意志では克服できない症状も多い。
赤面症と一緒にするんじゃないw

実際問題として、医者がPTSDだと診断すれば国や自治体はそのための補償をせねばならない。
この問題は今回の自衛隊にも当てはまる。



133 :愛国男:2011/04/24(日) 10:15:49.76 ID:DVaBdueo
そういうもんですかねえ・・・・
私も赤面症には凄まじく苦労させられましたが精神病という面ではどちらも同じでしょうに
ありがとうございました

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 10:27:47.11 ID:7DKuCkrN
PTSDが原因で、数万人単位で戦闘不能、社会復帰不能
状態にまで追いやられた兵士がいるわけで

赤面症なんて対人コミュニケーションを取るし際に赤面してしまう/しやすい
というだけで、他の対人恐怖症症状を併発してなきゃ日常生活にほとんど影響ないじゃん。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 12:13:48.22 ID:I46Y6JxO
>愛国男
ちとPTSDに対する論点がずれてないか?
要は訓練期間が短くて精神的な慣らしが足りないって事だと思うが?
と言うかだな>>131をそのまま読むと赤面症だってちょっと我慢すれば大丈夫って
言ってるようなものだよ。
精神疾患は病気なのに良く本人の気の持ち様とか簡単に考えてる人がいるけど
元患者がそう言う考えなのはどうかと思うな。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 12:23:57.90 ID:jlO269a4
PTSDも催眠術で治療可能って聞いたことあるんですが本当なんですか?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 14:30:23.37 ID:9RI+z7s1
>>136
その聞いたことがあるというネタ元を出せ。

138 :愛国男:2011/04/24(日) 23:09:20.64 ID:HqqaGn12
>>135
まあ私は赤面症と言っても軽度でしたからね
酷い人だとマンツーマンでも赤面してしまうそうです

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 17:04:26.12 ID:ZHJqKsoW
自衛隊で筋トレ等苦しい肉体訓練しなくても良い兵科って無いですか?

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 19:09:59.15 ID:ydmdPHfm
ない

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 23:14:54.45 ID:UgDQIRrw
通信兵とかも?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 23:47:41.28 ID:TBuGqHrK
>>139
事務官。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 00:17:50.19 ID:0pSrj76G
理系は自衛官でどういう部署に配属されますか?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 05:17:15.03 ID:fWh1+BZf
>>143
そいつの適性に合ったところ

>>141
通信兵ってある意味一番過酷だぞ
重い通信機材抱えて走り回ったり、
有線通信網を構築するために走り回ったり、
有線が切れた場合、再構築するために砲煙弾雨の中かけ抜けたり
戦争開始最初期の犠牲者は、通信が最大になる。

>>142
事務官も必要最低限の戦闘訓練はする。
民間委託している部分でない限りは。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 19:07:30.74 ID:t2MxaGvs
核ミサイルって地表で爆発させるとどの位貫通するんですか?
バンカーバスターが鉄筋コンクリート6mらしいのですが、
トライデント核ミサイルだったら鉄筋コンクリート30mくらいいけますか?

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 20:15:49.29 ID:7foCxUgS
自衛隊って世界では軍隊なのはマジですか?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 20:41:03.60 ID:fWh1+BZf
googleに単語を入力する手間さえ書けないよう奴らしか来ないのか、ここは

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 20:49:53.48 ID:muFpdQjx
http://www.youtube.com/watch?v=S7W8urq_Xzw&feature=player_embedded

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 23:30:36.81 ID:UGJRecCZ
自衛隊除隊後は年金や福祉が一般人より充実したりしませんか?

150 :愛国男:2011/04/27(水) 00:50:03.95 ID:yWmd0S+h
>>148
その動画は国防にどのような関係があるのですか?

151 ::2011/04/27(水) 11:23:16.73 ID:yv10DIJ8
>>145
貫通力を目的にした核ミサイルは存在しない。
基本的に核は広範囲に破壊する事が目的なので上空で爆発する。
バンカーバスターは衝突エネルギーを外装爆薬で相殺し、
破壊力を一点に集める事でベントを割り弾芯を無傷で下に送ると言う構造。
要するに弾頭構造による。貫通力と破壊力は比例してるわけではない。
水面に向かって銃撃をした場合、
弾頭を十字に割った44マグナム弾を打ち込んでも弾頭がひしゃげて水にはじき返されるが
先端の尖った弾体の9パラは十数センチ下まで殺傷力を持つ。
それと同じ。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 16:21:49.24 ID:OEKAyN68
ロケット砲は鉄球を大量に詰めて上空で爆発させて辺りに鉄球を撒き散らした方が良いのですか?

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 18:28:29.91 ID:1uK14jT+
>>152
それ、榴散弾とどこが違うんだ?
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A6%B4%E6%95%A3%E5%BC%BE

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 07:28:07.47 ID:Gdcfcyt9
A国とB国が戦争したら大抵A国かB国どちらかが攻められ戦場になると思いますが
同時に、A国にB国の軍隊が侵攻、B国にA国の軍隊が侵攻した事例は過去にありますか?
代表事例を教えてください

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 12:42:24.79 ID:qrC6Hwd4
自衛隊の特徴って一言で言うと何ですか?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 13:27:56.59 ID:INCQijv9
イラク戦争が失敗だったという世論が主流になっているのは何故ですか?
戦略的には当初の目的も達成し、大成功だと思うのですが

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 14:22:10.75 ID:svWfUvCh
仮に日本が空母を持つとすれば、どのようなメリットがありますか?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 14:46:39.16 ID:Uj89NmI3
>>157
現行法上の現状の自衛隊と言うことならデメリットしか有りません。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 16:30:58.41 ID:oWnk9Hd2
>>158
海外進出できるようになるのでは?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 18:12:22.17 ID:NuGAzwNN
空母持ったぐらいで海外進出できるほど、この世界は甘い作りになってない

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 20:20:42.82 ID:m1U8yeYi
雇用が生まれる。くらいか。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 21:36:00.05 ID:4eqv348I
専守防衛における空母の意義を無理やり考えてみるとすれば、陸上の飛行場がいくつか潰されても洋上の移動飛行場として防空に寄与できるということか
空母作る金で飛行場増やすなり掩体化するなりすればいいと思うが

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 00:11:15.48 ID:/chqZYij
日本は憲法9条があったから今まで戦争に巻き込まれなかったんですか?

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 00:27:36.75 ID:78I431Pk
>>163
その問いに答えはありません

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 00:46:30.30 ID:Th5HK+vc
>>157
空母建造のノウハウを持てる

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 14:30:07.10 ID:UnTVmIp2
国防に愛国心はどの程度必要ですか?

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 14:32:57.40 ID:Hk8ZTElL
全く不必要

国家安全保障問題こそ冷静な分析が必要とされるので
そこに感情が入り込むと
かえって害悪

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 23:23:06.44 ID:UnTVmIp2
カチューシャロケット砲って何であんなに射程が短いのですか?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 01:58:18.31 ID:Wob9h3Io
ドラグノフ狙撃銃って精度がかなり悪いみたいですが狙撃銃としては失敗作なのでは?

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 09:03:40.48 ID:YalbJt73
>>167
しかし政治には愛国心は必要ですよね?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 09:41:56.77 ID:wsMxXJIs
祖国愛と愛国心って同義ですか?

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 12:55:04.71 ID:zTkI3lJd
>>169
同時代のボルトアクション狙撃銃と比べると精度は悪いがボルトアクションと異なり速射が可能

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 14:39:23.84 ID:ccCs+30U
精度が悪いってもう狙撃銃として駄目では?
電話機能の無い携帯みたいな感じじゃないですか?

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 15:22:00.46 ID:zTkI3lJd
遠距離狙撃だけが狙撃じゃない罠
500〜600mというアサルトライフルには荷が重い中距離での狙撃もある

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 15:46:28.51 ID:ccCs+30U
いや精度の話をしてるんですけど・・・

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 16:44:19.48 ID:ewlwCZCS
巡航ミサイルと弾道ミサイルはどういうふうに使い分けるんですか?

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 17:39:50.35 ID:MedaDLak
重機関銃のリアサイトって何であんなに上に伸びてるのですか?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 18:47:50.18 ID:zTkI3lJd
>>175
精度の良さ≒有効射程(当てられる距離)の長さ

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 19:09:04.36 ID:fle9I/qV
>>175
狙撃手は当てるよりも「いかに近づくか」が重要だから遠距離狙撃はおまけみたいなもん。
精度の悪さは腕と度胸でカバーするのさ。

>>176
弾道ミサイルは最近精度が上がって来たが、本来自由落下。
自分では探索用の電子機器を使用しないのと落下速度が非常に速い(大陸間弾道ならマッハ10以上)ため
ほぼ迎撃される心配はない。
どこまでも大きくできるので広域爆破、無差別爆撃には向いてるがピンポイントは難しい。
巡航ミサイルはマッハ2程度で熱源も在るので迎撃される危険も大きく
以前はチャフやジャマーで簡単に目標を見失ったり山などに墜落したりもした。
現在はアクティブ・パッシブレーダーとGPSや赤外線レーダーなどの複合技術で
かなりの精度が在る。
水平移動するため大きさに限界があり比較的小型。対艦、対重要施設のピンポイント爆撃に向いてる。


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 21:25:57.11 ID:UP9q4fv2
>>167
>全く不必要
左翼乙

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 22:16:51.12 ID:BfXrgvkJ
>>180
そけ?むしろもっともな話だと思うが?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 13:50:49.79 ID:tueYIN84
>>181
じゃあ国益のためなら中韓の靴の裏舐める土下座外交も良しってことか?
貴様は日本人としてのプライドは無いのか!

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 13:58:48.62 ID:fjeol36P
>>182
>土下座外交

あれこそ冷静な分析の欠如の最たるものなんだが…

あと、勝ち目がない場合には、
涙を呑んで圧力に屈して
実力を蓄えるのも一つの手だ

日清戦争後の三国干渉に対して
もし戦争してたら
日本はそこで滅んでたぞ

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 14:06:37.66 ID:PLfXluE1
戦場で実際に銃を撃つ兵士にも愛国心は不必要ですか?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 14:09:18.44 ID:dgXOJimd
>>182
例えば戦争するか譲歩するかの境目で冷静な判断をするには余計な愛国心やプライドは邪魔って話だろ。
まさか戦争が愛国心やプライドがないと始まらないとか思ってないか?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 14:18:21.19 ID:S/dzi6ON
>>184
職務に対して忠実でさえあればどんな思想を持っててもかまわんだろ
政治活動とかされたら困るが、そういうことをしない限りは何考えてても関係ない

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 15:05:45.13 ID:FjPJn43l
思想を持ってたら公務員にはなれんだろ
常に中立を求められるのが公務員

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 16:00:03.02 ID:GLKCnQDJ
第二次大戦がいたずらに長期化した責任は、枢軸国と連合国のどちらが
より大きいのでしょうか?

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 16:51:29.17 ID:tueYIN84
愛国心がなければ国に命を捧げる職業は務まらない

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 20:22:10.26 ID:zm8S3BGx
>>185
>戦争が愛国心やプライドがないと始まらない
そうに決まってるだろ

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 07:14:55.11 ID:bK1gx8XZ
共産主義国家に愛国心はありましたか?
愛国心を否定していましたが…

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 09:04:17.36 ID:ST4Haoq9
独ソ戦の時はソ連側も祖国防衛戦争として愛国心を鼓舞してたがな

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 16:35:04.46 ID:O9Umfxz4
共産主義国家なのに?

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 17:23:07.19 ID:3NiVcXcr
起きにくいだけで起きない訳じゃない。
むしろ愛国心やプライドがあるせいで戦争が起きやすいとは言える。
サッカーの勝敗で戦端が開かれたなんて事例もあるし・・・。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 17:39:43.06 ID:O9Umfxz4
それはアフリカの政治を知らない土人の話でしょ?
俺ら文明人と一緒にするな

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 17:50:21.81 ID:3NiVcXcr
サッカー戦争(サッカーせんそう、西: Guerra del Fútbol、1969年)とは、
サッカーの試合での遺恨がきっかけとなって、エルサルバドルとホンジュラス
との間で勃発した戦争である[1]。
100時間戦争やエルサルバドル・ホンジュラス戦争とも呼ばれる。

レシプロ戦闘機同士の空中戦や撃墜が起こった最後の戦争としても知られている。


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 21:41:37.21 ID:6iLos9d3
以前小沢一郎氏が言ってたことなんですけど、在日米軍は第七艦隊だけで十分なんですか?

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 22:04:33.78 ID:ST4Haoq9
空軍も海兵もいっぱいいるがな
陸軍は少ないけど

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 23:38:54.03 ID:L1BPb6BU
ビンラディンが殺害されましたが友達の友達である日本も報復されますか?
またその際は原発を狙ってくるのでしょうか?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 01:27:45.52 ID:qhEmJw0c
そもそもテロリストって貿易センタービルに突っ込んだのは何故?
原発に行けば良かったのでは?
ジェット機が突っ込んでも大丈夫とか言ってるけど実際はもっと脆いのでは?

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 10:29:29.96 ID:p3qBWq/L
@報復も核で行なわれるかもしれないから
A地球そのものがオワコンになるから
Bそもそも全部自演だしビンラディンなんてとっくに病気でドバイの病院で死んでたし。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 12:15:28.52 ID:QNbvGBio
こんにちは。
今日本は大きな地震で弱っています。
その弱っている時がチャンスだというようにロシアが砲弾を積んで
中国と一緒に日本の海を旋回していると聞きました。
それって本当ですか?

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 12:43:04.30 ID:Jcu0LPqL
>>202
戦前のように日本が自暴自棄になって周辺諸国に攻め込んでくるかもしれないから、用心しているだけ。
日本国内には今がチャンスだとばかりに「自衛隊を満州に侵攻させろ」と画策しているものもある。
そうした日本の軍事侵略を未然に防ぐために、アメリカ様が空母機動部隊を派遣してきたのだ。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 13:35:14.41 ID:p3qBWq/L
>>203
日本には韓国のなんとか大王のように
グーグルマップで現在位置を確かめることが出来る最新鋭イージス艦は無いから
やりたくても出来ないんじゃないかな。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 22:44:30.95 ID:H0j+a9WM
>>201
最後のソース

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 23:30:18.11 ID:p3qBWq/L
>>205
http://asyura2.com/sora/war4/msg/178.html
直後に死亡のニュースが流れた。
病院で死亡ともアフガニスタンで死亡とも言われたが、
重篤な患者をアフガン移送する意味が無いので病院内で死去と言われている。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 23:35:57.29 ID:2MmMWlMI
でもそんなのは結局陰謀論に過ぎないでしょう?
古歩道が好みそうなネタですね

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 23:58:45.09 ID:p3qBWq/L
まあねw

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/04(水) 00:50:53.91 ID:L3sPY2Tw
ロケット砲ってWW2に比べどのような進化を遂げましたか?>

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/04(水) 22:15:30.25 ID:JZ7G76Tm
何故日本は64式を使い続けるのですか?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/04(水) 22:25:44.42 ID:8ZF0HICG
本当に専守防衛で国を守れるんですか?

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/04(水) 22:30:02.12 ID:A+VBV22Q
それに見合った防衛力があればね

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 01:09:21.05 ID:Gn/+x08c
では日本の現在の防衛力とは如何ほどのものなのでしょうか?
最近は震災のせいでかなり国力も低下し原発で色々大変ですがどうですか?
中国やロシアの侵攻を防ぐことは出来ますか?てか核撃たれたら終わりですよね?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 04:06:36.21 ID:+U3biq7U
国力の低下はそれほど心配は要らないよ。
全体の損失は7%前後と言われている。
専守防衛はサッカーで言えば引きこもり戦術で、
そう簡単に点は入らないがいつかはやられる。
しかし、サッカーと違う所はゲームの参加チームが何チームでもいい事。
日本の役目は引いて守って時間を稼ぐ。
後は乱入してくるアメリカ様にお任せだ。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 09:16:48.23 ID:Sq9M9Ia4
中国の軍事力はもう世界No.2と言っても過言ではないのでしょうか?

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 12:01:56.55 ID:qX3oJ+es
国力の低下について言えば震災前から日本経済は弱っていてそのせいで税収が落ち込み自衛隊も削減せざるを得なくなってるって事のほうが痛いね
これで増税なんかされたら日本経済マジヤバになるって岸博幸も言ってたぉ

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 13:21:30.68 ID:Rgkk8u/o
>>216
自民党政権時代に借金800兆も作ったのも痛いね

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 15:47:51.20 ID:wcDTaSim
対空砲が対地攻撃出来るなら野戦砲も対空に使えますか?

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 16:09:57.60 ID:NZuM8uD1
砲の種類にもよるでしょうがたぶん以下のどれかに引っかかるので使えません。
@砲弾の初速が足りるか否か
A対空用の砲弾が使えるか否か
B構造的に対空射撃できる射角が取れるか否か

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 17:14:44.96 ID:341yOhYR
すみません、ふと疑問に思ったことがあって、お教え願いたいのですが
90式戦車なんかの主砲同軸機銃はどうやって操作して発砲し、また誰が射手になるのでしょうか?
何か砲手がコンピュータを介して撃つとか、車長が直接引き金を握って撃つとか、そういう意見があってどれが正しいのやら
申し訳無いですが、誰かお教え願えないでしょうか?

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 17:17:08.25 ID:WNQN80Wp
WWIIの頃なら、砲手の足元に主砲発射ペダルと並んで同軸機銃発射ペダルがあったと思うが、今も砲手が撃つには変わりないんじゃないだろうか

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 19:35:40.87 ID:+U3biq7U
戦車内の人手不足は悪化の一方だしな。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 20:38:22.95 ID:x2LXliVj
>>218
日本陸軍の初期の高射砲は、38式野砲の砲身を高仰角取れるようにしたものだよ。
そーすは、NF文庫の「日本陸軍の火砲 高射砲」

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 00:53:34.92 ID:LJwLEmZ1
高射砲を水平に撃つとやはり途中で爆発しますか?

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 12:55:36.33 ID:npSNh8J4
自民党が売国なのは、統一教会などのカルト宗教と結び付いているからですか?

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 15:38:01.93 ID:NqZ5kKtP
軍事オタクやネトウヨですら中露北韓との全面戦争は先ず有り得ない
との意見が大勢を占めていますが、では何故彼らは軍拡を推進するのでしょうか?
一体彼らは何と戦っているのですか?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 15:59:50.92 ID:aZ6pqsU4
戦力の更新、近代化と軍拡は違います。
現状の日本の軍事力は相対的に縮小傾向にある為むしろ一方的な軍縮状態です。
また、軍事力増強を望む理由としては必ずしも戦争=全面戦争ではない事
(かつて中ソが川の中州を取り合って戦闘になったのを知ってます?)、相対的な
軍事力を確保して戦争回避の努力を続けなければ結局はやらなくて良い戦争が発生
する可能性がでてくる為です。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 16:46:36.48 ID:q3HeWxDY
海兵隊というのはどういうものなのでしょうか。
上陸作戦専門の部隊ってことでいいんですか?

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 17:28:12.70 ID:NqZ5kKtP
>>227
植民地時代と同列に考えるのはちょっと無理があるのでは?

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 17:29:38.18 ID:BAOSB8+o
>>228
質問前にまずはここをチェック。

 軍事板スーパーFAQ常見問題&良レス回収機構
 http://www9.atwiki.jp/army_faq/
 軍事板常見問題
 http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/index02.html
 軍事板常見問題検証wiki
 http://www28.atwiki.jp/dog_kensyo/

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 17:41:47.76 ID:ziTMhZme
>>228
googleに海兵隊と入力したほうが早いし正確

つか、少しは自分で調べろ

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 17:59:32.93 ID:aZ6pqsU4
>>229
何故植民地時代?
と言うか自分なりに答えをお持ちなら質問する必要ないのではないでしょうか?

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/08(日) 11:09:11.88 ID:Qlc1JuJg
映画などで海軍兵学校で、4号生徒に自己紹介をさせるシーンで
「声が小さーい」などと上級生徒に怒鳴りまくられるシーンがありますが、
皇族が入学した場合も同じように怒鳴りまくられたのでしょうか?
また海兵同期は軍務では上官・部下の関係であろうと、
軍務を離れると「貴様・俺」の関係だったそうですが、
皇族でも「貴様」と呼ばれたのでしょうか?

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/08(日) 12:12:57.15 ID:tZVLT94O
>>233
その通り。イギリス王子ですら怒鳴りまくられですよ。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 00:51:48.73 ID:TrknA/66
声が小さいと怒鳴られるのは、シャイな人に対する差別だ。
人には不向きがある。


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 00:53:57.57 ID:jjLlwOMl
なら海兵なんか入るなよw

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 13:00:42.52 ID:5UFXZTgz
独裁者に反抗する軍は正義の軍ですか?

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 14:36:32.76 ID:bt2WxZu7
広田弘毅はどうしてA級戦犯なんですか?

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 18:18:42.21 ID:1lHhr5E6
自衛隊員は有給とか無いのに労働権が認められないのですか?

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 19:22:23.39 ID:q2hLSkD3
一応あるらしいよ>有給
自衛隊の命令は労働時間外には強制権がないのでカンボジアの時には有給取る人が
続出して人員不足が発生したとか何とか。

まー何かのネタかもしれないので要確認

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 23:12:31.19 ID:nCB+Za6m
自衛隊のくせに仕事しないのですか?

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 00:14:40.40 ID:8wz52Whm
日本は他国の兵器を使用していますがもし戦争が起こり輸入が禁止されると
日本は兵器を自給できず負けてしまうのでは?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 00:40:29.31 ID:Sp/6p5j4
自衛隊が、憲法九条のせいで持つべきなのに持てない兵器ってありますか?

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 02:13:13.14 ID:y4l0IgIu
>>242
どこと戦争する気だよ
>>243
対地巡航ミサイル、ステルス爆撃機。
核の使用の出ばなを挫くためには絶対に必要。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 13:06:34.94 ID:aQ9cC712
>>242
全て自給できる国が世界でもまれ。
戦闘自体が短期化してるので備蓄が十分なら何とかなる。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 14:14:42.55 ID:/hhtG5/t
ハサン湖での戦闘は日本の完敗なのでしょうか?

247 :愛国男:2011/05/10(火) 16:29:10.91 ID:4eWbaLjy
我が祖国は千年に一度の大災害に見舞われ甚大な被害を受けました
他国(特に台湾)が大量の救援物資を我が国に送ってくれましたが
これにはやはり裏が存在しますか?
地政学的名言で「隣国を援助する国は必ず滅びる」「利用できるか利用できないかで考える」と言われています
つまり私が言いたいことは中韓・台湾が我が国に恩を売り見返りを期待しているのではないか?と言うことです
また我が国はそういう意図がある国の援助を受け取るべきなのでしょうか?

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 19:32:33.60 ID:jRZqTCAL
台湾相手なら、数年前の台湾地震とこれで、貸し借りゼロだろ
というより、下心ゼロな取引やら援助なんざ存在しないよ。

その手のしがらみや貸し借りでごちゃごちゃになってんのが国際社会だ。
後、中国は今回の地震と領土問題については
「それとこれとは別」
と明言してる。
一方韓国は、「援助してやったんだから竹島を韓国領と認めるニダ<丶`Д´>」
とほざいてる。

つか、なぜ中韓台のみ問題視するのだ?
今回の地震では100を超える国、地域、国際機関が援助してくれているのに。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 20:50:53.86 ID:g8h8VJQ9
● もしも日本が米英に負けていたら (3敗目) ●

もしも、あの大東亜戦争において、金甌無欠の我が大日本帝国が
万が一にも、鬼畜米英に負けるような事になっていたら、今頃、大日本帝國はどうなっていたんだふか……を考えてみるスレの第3段。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1291818957


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/11(水) 00:21:09.67 ID:RZuuUGUU
韓国って本当に馬鹿なんですか?
もう擁護しようがないですね

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/11(水) 00:29:39.36 ID:AI/dkQDR
北朝鮮は緩衝国だそうですが、具体的にはどういう役割を果たしているんですか?

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/11(水) 18:25:16.96 ID:/q5BnA6i
中国とも四川省のでチャラですよね?

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/11(水) 19:06:13.95 ID:ojbqazzw
>>251
米中ロがじかに国境接しているよりかは、
間に中規模な国が一国か二国入ってたほうが、大国同士の全面戦争をある程度抑制できる。

>>252
チャラだね。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/11(水) 22:28:51.90 ID:4rSA1/YH
東北のインフラは完全復旧しましたか?
まだですか?

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 00:08:24.85 ID:EH3vbZ0U
自衛隊に入隊するためには最低ベンチプレスとスクワットとデッドリフトは
どれくらいの重量を挙げられる必要がありますか?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 00:38:12.73 ID:1qO5lRDS
MLRSの後継はどうするんですか?

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 05:39:07.20 ID:4kqA34NS
>>254
なぜGoogleを使って自分で調べようとしない?
復興状況など速攻で出てくるではないか。
何でもかんでも人に聞いてんじゃねーよ糞ガキ

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 11:25:12.99 ID:n3i78zEU
何故周辺国との真の友好は不可能なのでしょうか?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 16:20:21.40 ID:HsHea/20
カチューシャロケットの射程が短いのは何故ですか?

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 17:32:42.67 ID:UAyLGlND
ロケット砲だから、としか言いようがないな

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 22:29:36.48 ID:q31SnvcQ
では何故ロケット砲は短いのですか?
ミサイルは地球の裏側まで届きますけど…

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 22:38:52.14 ID:4kqA34NS
>>261
まずは何らかのネットブラウザを立ち上げて、Googleにアクセスしましょう。
Googleの検索ボックスに
「カチューシャ」
「トーポリM」
「ピースキーパー」
「ミニットマン」

等の単語を入力し、全長、直径、発射重量を比較してみましょう






そのくらいしてから質問しろ糞ガキ

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 22:55:45.98 ID:q31SnvcQ
ああカチューシャはTっT42kgしかないんですね
これでは飛びませんね
失礼しました

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 23:50:33.79 ID:4l8e+CDu
赤色海軍や赤色空軍という言葉はいつ使われていたのですか?
WW2でもソ連海軍でしたし

265 :愛国男:2011/05/13(金) 00:25:56.50 ID:CCW10Q1K
元ナチス看守(91)に禁錮5年  ほっといても死ぬだろwww
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1305207456/1-100

こういうのって時効というか情けをかけてあげないのですか?
こんな老人を豚箱にぶち込むなんて無慈悲過ぎませんか?

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 00:36:29.10 ID:jkafwiaF
ルドルフ・ヘスが無期刑になって90代で獄中自殺したぐらいだから、ナチの扱いなんてそんな物
ナチを悪者に仕立て上げなければ(現にそうだったけどw)、未曾有の戦争と虐殺の責任が全ドイツ国民に被さってしまって、独立や再軍備などあったもんじゃないってことになっただろう

267 :愛国男:2011/05/13(金) 00:42:48.62 ID:CCW10Q1K
ドイツ人は我々日本人の様に自虐史観を叩き込まれ
愛国心を否定されているのですか?
あとドイツ人の少年可愛いですよね

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 00:53:54.65 ID:jkafwiaF
ドイツでは、ナチ党だけが悪者で国防軍の軍人を批判するのはタブーなのが日本と異なる
愛国心についても日本よりしっかりしている
冷戦の最前線だったからね

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 02:01:25.86 ID:TLz+cqJ6
アメリカでは現役の軍高官が議会の公聴会などに呼ばれて意見を述べることが
多いですが、日本では自衛隊の現役幹部が国会の審議や公聴会に参考人などで
呼ばれたことはあるのでしょうか?

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 03:18:40.20 ID:YoXJKAyX
マッカーサーが「日本の自衛戦争」と証言した、つうのは誤訳だぞ

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 15:48:17.62 ID:ExMpHU8z
日本人って有事の際は何処に逃げれば良いの?
周り海だけど

272 :愛国男:2011/05/13(金) 16:47:24.53 ID:TgB8EBjL
>>270
ソースは何処ですか?

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:09:07.50 ID:P43nOkdJ
ソースって何?

274 :愛国男:2011/05/14(土) 00:47:06.92 ID:W6bTG3ST
欧米の軍人で大戦中の日本を賞賛擁護している人はいないのですか?

275 ::2011/05/14(土) 02:58:16.68 ID:wruklpni
>>267
ドイツは元々金髪碧眼の北欧系の民族だが、
同地に進出して来た時にユダヤ人と多く混血した。
ユダヤ人女性はかのラファエロをして至高の美と讃えられたほどの美しさだった。
まぶた上の半月ラインはユダヤ人しかもたない特徴で多くの絵画のモデルともなった。

結果、金髪碧眼、半月、高い鼻梁とアジア的エキゾチズムが融合した。
さらに北欧の勇猛さと巨躯、ユダヤ人の明晰な頭脳が合わさって
ドイツ人は自らも讃える通り、世界で最も美しく優秀な民族となった。
その美しさは少年において最も顕著で、ヨーロッパ中のあまたの好き者達の格好の餌食となった。
賛美歌をうたう少年隊は本来、修道院の男達の男娼として集められたのが始まりなのだ。

276 :愛国男:2011/05/14(土) 17:15:56.87 ID:fpqRt1nR
ドイツ人は成人すると凄いガタイになりますよね
現在のドイツ人はアルプス人種の南ドイツ人と北ドイツ人との混血ではないですか?

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/14(土) 21:52:06.59 ID:U3ojUShn
護憲派=平和主義者ですか?

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/14(土) 22:17:42.41 ID:ydOjSeQA
憲法9条はそのままにしておいてその元で防衛予算をどんどん増額して自衛隊を増強しようと言う人も居る

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 07:44:16.66 ID:741+qtzn
何でもかんでもソースソース言う奴はアホだな。
醤油じゃあかんのか?

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 15:03:54.98 ID:ql1ims1j
ソースは重要だろ
口だけなら何とでも言えるしな
裏づけが必要なのは当たり前

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 18:57:18.94 ID:vceF/0hq
>>280
散々偉そうに書きまくっておいて自分でそれを言うとは、恥も外聞もない奴なんだな

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 19:08:23.98 ID:qlk007iz
>>281
どういうことなの?

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 20:16:29.02 ID:k9f7cA+G
LGI Mle F1についてよく書かれた日本語資料無い?

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 21:42:15.69 ID:QC8Q7eah
>>282
ほっとけ
何かと戦ってるんだろw

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 23:02:24.44 ID:Vgq9/Vzg
銃器に求められる一番の性能は何ですか?壊れにくさ?精密さ?

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 00:10:01.49 ID:ILB1IKEN
自動小銃は頑丈で手入れが簡単なのが理想。AK-47とか。
スナイパー銃は精密さが重要。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 00:35:05.52 ID:i/T7pZeN
ではアメリカやドイツ、日本がその理想のAKを制式化しないのは何故ですか?
あとドラグノフは精度低いですよね?

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 00:54:25.79 ID:tubmO7d1
経済大国が軍事大国にならなければいけないのは何故ですか?

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 01:51:05.75 ID:AB0/VoIg
我が国があの戦争で敗北したのは結局誰の責任なんですか?教えて下さい!
私はこの怒り、憎しみ、悲しみを一体誰に向ければいいんですか?
おかげでこのところずっと黯然銷魂とした気分に苛まれていまして
仕事にも手が付かない状態です

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 02:09:29.98 ID:ILB1IKEN
>>289
そもそも単独でアメリカに勝てる訳がない。
ドイツが欧州で優勢だったら、講和の機会も出来たかも。

つまり戦争原因が問われる訳だが。
日本・中国介入、三国同盟、南部仏印進駐。
アメリカ等・中国支援、対日禁輸。
などの是非や責任が論点となる。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 18:23:24.43 ID:8qHdp/xu
>>285
安さ。

>>290
>ドイツが欧州で優勢だったら、講和の機会も出来たかも。
勘違いしている。
真珠湾攻撃まではドイツ優勢だった。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 19:21:14.65 ID:lIoQlxE7
>>291
例え89式小銃の数分の一の値段だったとしても、L85を使うのはごめんこうむる。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 20:44:37.93 ID:myWZa0/+
信頼性、精度、価格等々
どれもある程度以上の水準は最低限求められるが、それ以上はどれを重視するかはその国のドクトリンによる
米軍から見たらAKは信頼性は過剰でその分精度が不足してるし、ロシア軍からみたM16はその逆だろう

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 21:27:59.88 ID:7a49kkSl
>>291
はぁ?
俺が書いたのは真珠湾奇襲時ではなく、戦争突入後の事。

日本が南方資源を抑えた後に、アメリカが欧州に足を取られ仕方なく講和を考える。
みたいな都合良い希望に賭けるしか無かったろう。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 22:20:43.32 ID:FPBpN8aL
基本的スタンスとしては真珠湾で力を見せつけておいてロシア経由で短期講和でしょ。
もともと問題は中国の利権問題だし日本自体勝てるとは思ってないから日本に不利益がない範囲で
譲歩を引っ張り出せてれば良し。
最悪三国同盟で妥協点を探せればいいくらいじゃなかろうか?

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 22:35:32.43 ID:4dGlkmU+
ロシアと中国の関係は現在どうですか?

297 :愛国男:2011/05/16(月) 23:29:39.01 ID:0gjiEuH0
ハルノートが無ければ真珠湾攻撃は起きなかったのでしょうか?

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 00:08:31.38 ID:k/tT63mA
M16って砂をかけただけで機関部が詰まって暴発するんですか?
ゴルゴでカラジコフ氏がやってましたけど・・・

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 00:14:21.22 ID:CTWTEZ4e
砂の細かさによるけどガスチューブに物が詰まったらジャムると思う
その場合は暴発するというか動かなくなるわけだが

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 00:22:16.00 ID:v5J9mrUO
>>297
ハル・ノートの日本への提示された日と、南雲艦隊の出港日くらい調ろよ。
自分で調べることを知らない馬鹿かお前は?

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 00:24:24.28 ID:k/tT63mA
>>299
それはカラシニコフでも然りではないですか?
さすがに水に浸したら撃てないでしょう?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 00:50:49.30 ID:CTWTEZ4e
>>301
AKはレシーバーに砂流し込んでも水に浸しても撃てるキチガイ銃
M16もあまり耐久性の高い銃とはいえないがAKと比べるのは相手が悪い

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 06:09:37.71 ID:6+eLrunO
M16って狙撃銃としての性能はどうなんですか?

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 07:45:55.31 ID:5ex9YIUZ
http://imageshack.us/m/691/1333/16053913.jpg
これって何がおかしいんですか?

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 14:14:28.19 ID:H3NfmMWQ
ロシア軍の強襲揚陸艦は脅威となりますか?

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 15:48:30.88 ID:4aHusHHG
オーバーヘッドアプローチとコンバットピッチの違いについて。
双方とも滑走路に高速接近した後、旋回で減速して着陸体制を取る事ですよね。


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 16:13:56.46 ID:ZYz6UZQM
ロシアとの北方領土は200年後も続いてますか?
プーチンが死んだら終わりですか?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 17:31:19.28 ID:CTWTEZ4e
>>303
M16は狙撃銃じゃなくてアサルトライフル
ただM16系のメカを使ったオートマチック狙撃銃やマークスマンライフルがあるがそれらは優秀

>>304
・銃床が肩の上にある(そういう構え方もあるが狙撃には使わない)
・スコープが無いのに照準が出ている
・人間の大きさと銃の大きさの縮尺がおかしい
等々

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 15:20:48.37 ID:jqP2PxoC
>>304
どいういう時にああいう構えをするのですか?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 16:01:38.68 ID:jqP2PxoC
てか一般人はその程度の知識なのでしょうか?
荒川弘なんかはよく描けてましたけどね・・・

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 17:33:32.68 ID:tZ5/KVhx
いや、あれは実はライフルに見せかけたバズーカだからあの使い方でオケ

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 18:26:57.66 ID:6Sc0FOKU
亜米利加人は在日米軍に対してどう考えていますか?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 20:32:43.57 ID:K+2EpqdV
>>309
どういう状態かは知らないが(たぶん場所が狭いとか遮蔽物が小さいとか)
低反動の銃では通常とは違う射撃姿勢とる事があるらしい。
以前自衛隊の訓練風景でそんな写真を見た覚えがある。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 20:33:53.87 ID:K+2EpqdV
>>312
英語圏以外では一番人気の海外配属先

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 20:34:57.75 ID:R97uV4vi
C-130って学校のグラウンドでも着陸出来ますか?

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 20:42:31.39 ID:eRb/lrX/
>>315
どこの学校のグラウンドだよ。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 21:52:46.33 ID:R97uV4vi
>>316
僕が通ってる学校です

318 :愛国男:2011/05/18(水) 22:30:28.81 ID:5ULdeQDB
>>314
何故ですか?
ドイツとかの方が良いかと思いますけど…
やはり親友だからでしょうか?

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 09:06:06.37 ID:DkDXX/AV
中国とロシアとの同盟は可能ですか?

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 14:24:36.61 ID:bGTnCIeZ
レーションはカロリー優先らしいですけど我々の物と何が違うのですか?
油分が多く使用されているのですか?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 17:07:00.70 ID:3B+JTtNf
無線の代わりに携帯電話が使われないのは何故ですか?
素人質問ですみません

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 19:26:42.18 ID:JmMJawK/
歩兵が持てる範囲で最も破壊力のある兵器はなんですか?

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 22:44:05.12 ID:iyl+8Lrl
東北の復興に30年ほど掛かるみたいですがまた防衛費が削られるのですか?

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 12:46:34.48 ID:tHXMCqYY
>>322
小型の核爆弾

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 16:53:42.74 ID:ddd58XCv
沢村栄治の手榴弾投げ78mって凄いですか?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 17:53:51.94 ID:1lndxt+B
>>321
無線はダイレクトに端末同士が会話出来るが、ケータイは中継基地局が無いと通話出来ない。
一つは暗号化されていてそれは基地局でないと変換出来ない。
もう一つは機種によって出力方式が違うためその変換もする必要がある。
僅か数メートルの距離の人間と話すために膨大な施設と電波の迂回が必要。
戦場ではそれは非現実的。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 17:56:40.10 ID:dSxtzzil
普通の曲銃床とAK47みたいなピストルグリップ曲重床って初心者にはどっちが撃ちやすい?

328 :愛国男:2011/05/20(金) 23:03:09.70 ID:mujnpGnX
現在の拳銃はモーゼルミリタリの様に前方マガジンでは無いのは何故ですか?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 00:38:38.76 ID:CHQ6tFSv
拳銃弾で脚を撃たれても死ぬことはありませんか?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 04:58:36.83 ID:aeNnjqaN
>>327
世界で一番普及している小銃がAK47ってとこで答えが出てるんじゃね?
>>328
でかくて複雑(コストがかかる、故障の原因が増える)で
重くて使い難い(重心バランス悪い)から
>>328
場所によるんじゃないの。内股とかなら出血多量で死ぬかもね。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 10:08:22.76 ID:k13+6sV4
>>330
AKは壊れにくくて単純だからだろ

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 14:58:45.29 ID:9s87LLQA
軍隊に士気はどの程度重要ですか?
さほど必要には思えませんが

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 16:42:40.31 ID:ZyCIIPxN
>>332
いかに素早く核ミサイルの発射ボタンを押せるかが重要です
士気はそれほど重要ではありません

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 23:24:36.15 ID:dJUoak4x
>>333
日本は?

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 23:38:11.63 ID:pIZgpQjH
イスラエルは核ミサイルを持ってるんですか?

336 :愛国男:2011/05/22(日) 00:12:38.79 ID:BGXYgFaC
これから宇宙の時代ですが我が国は宇宙自衛隊を創設しないのは何故ですか?

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 03:52:31.77 ID:CrlRZiR0
意味が無い。
衛星の性能その他は条約で厳しく管理されていて、武器の搭載は出来ない。
キラー衛星はデブリの問題があって自殺兵器と同義で現実的じゃない。
現実問題として対衛星兵器はどの国も開発の初期段階。
独自の軍なんて100年後でも要らない。


338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 09:53:56.23 ID:IBD1BP4E
SM-3は対衛星兵器ではないのですか?

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 14:04:42.06 ID:CrlRZiR0
大陸間弾道ミサイル迎撃専用。
上昇限度は250キロ。

衛星の最低高度は1000キロ。
静止軌道は35000キロ。
ぜんぜん届かない。


340 :愛国男:2011/05/22(日) 16:56:16.42 ID:34mmMSRG
>>337
そうなんですか
安心しました

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 21:27:48.07 ID:MygcaRKS
>>337
>衛星の性能その他は条約で厳しく管理されていて、武器の搭載は出来ない。
安保理で拒否権行使すればどうにでもなります

342 :愛国男:2011/05/22(日) 23:51:33.16 ID:5MxspS3g
ロシアがやはり宇宙開発で一歩リードしているのですか?
死体保存と宇宙ならロシアですよね?

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 00:15:02.68 ID:xCQFX0fw
散弾銃の一発一発の威力はかなり低いですか?
あと>>1の常見問題が404ですけど・・・

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 15:28:14.26 ID:7spfR+39
正しいアドレスはこうだな

軍事板常見問題
http://mltr.ganriki.net/index02.html


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 15:59:52.87 ID:ttKez0cT
昔、散弾銃を口にくわえて自殺した人の映像を見たが
下顎部はザクロのように吹っ飛んだが、数日は生きていたようだ。
普通のライフルなら小脳と脳幹が大破して即死だから、
散弾はかなり威力が低いと解る。
50メートルで殺傷能力が無くなるとも言われてるしな。

346 :愛国男:2011/05/23(月) 16:21:22.11 ID:moZgCLqu
>>345
昔流行ったモーターサイクルってやつですか?

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 18:18:16.14 ID:ncH+S6Sc
我が国に爆撃機が存在しないのは何故ですか?

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 18:58:26.71 ID:U1TZuz16
爆撃能力のある機体は存在するよ。
長距離爆撃機は、相手本国を脅かす憲法違反だから作られない。
長距離対地ミサイルが無いのと同じ。


349 :愛国男:2011/05/23(月) 23:00:26.28 ID:gBfzqjDy
>>348
それ爆撃機に分類されないのですか?
ヘリに爆弾積んでるんですか?

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 00:28:37.61 ID:GcmC50HZ
放射能で日本が大変なのに何故露中はまだ領空侵犯するのですか?
被爆したいのですか?

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 07:39:21.75 ID:UnPLx1gO
何故、日本はシーシェパードごときに屈してしまったのですか?
ああいう連中を扱う上で要求は絶対に飲んではならないのは鉄則です。
相手はテロなんですから、アメリカのように掃討作戦を展開するべきなのでは?


352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 14:19:46.71 ID:BLkoqDHh
護身用に合法的な物って何ですか?

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 18:45:06.60 ID:evo8oR2g
>>349
F-2は爆撃任務もこなせるが攻撃機。

>>350
こういう時にこそ対話と圧力が効く。
一方の手で北方領土「譲渡」とほのめかし、一方でにらみを利かせる。
外交の基本。
もう一つは純粋に放射線量を測っているとも言われてるが。データ集め。

>>351
捕鯨は様々な要因が絡んでるが、最大の思惑は南氷洋の水産資源の主導権争い。
現在は海洋大国の日本とアメリカの船が殆どの海域で強い。
規制の無い公海の漁は沿岸の漁業に多大な影響を与えるため、各国は昔からこの問題を提起していたが
アメリカが無視し、日本もそれに倣っていた。
そのため漁業規制を設ける、あるいは国ごとの漁獲量規制を行なうための切り口として捕鯨の規制が始まった。
シーシェパードはそのための先兵の一人であり、各国政府から援助を受けている。
このやり方は16世紀、エリザベス女王がパトロンであったカリブの海賊が
スペイン船を襲って銀を強奪していたのと同じ方法論で、白人はよくこの手を使う。
アメリカは1970年頃から行なっている漁獲規制が上手くいき、沿岸の資源が回復した事や
ネイティブ系の食生活の変化といった要因から、この問題から手を引きつつある。
最大の後ろ盾を失った日本は強気に出られるような状況ではもう無い。
現実には漁獲制限の施行の流れはクロマグロ等を見ても顕著で、時代の趨勢。
今回の日本の譲歩はクロマグロ規制を回避(延期)する事との取り引きがあったとも考える向きがある。

この問題の根本は、虎の威を借りて乱獲を続けて来た日本にこそ重大な責任がある。

>>352
スタンガン、催涙スプレー、小型のナイフ、警棒、メリケンサック、鞭、その他いろいろ。
しかし、屋外で携帯していると逮捕される。数年前からそうなっちゃたね。
一応、理由がある場合はOK.
でも武器で護身せねばならない具体的理由など殆ど無いので、持ってる時点でアウト。
何のための護身具かよく解らない物体になっている。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 21:14:31.05 ID:UipNL5p5
>>344
http://www28.atwiki.jp/dog_kensyo/

>>353
>この問題の根本は、虎の威を借りて乱獲を続けて来た日本にこそ重大な責任がある。
んなこたーない

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 22:23:44.06 ID:ayGuwnfd
>>352
ハリセン。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 23:13:11.20 ID:L2k7ma1R

    ∧___∧    / / / /
  ⊂( ・∀・)  、,Jし //  パン
   (几と ノ   )  て.
  //'|ヽソ 彡  Y⌒Y `Д´) ←>>355
/ノ / | \ 彡
ヽ/、/ヽ/ ヽ/     



357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 01:06:16.39 ID:Jp1rvoIH
>>352
足の速さ

一番の護身は
とにかく素早く逃げることさ

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 16:16:53.96 ID:cFD4p26E
>>357
腰抜けて動けないだろそういう時は

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 16:19:21.57 ID:ZRLhNyTt
もってりゃ助かる可能性が一番高いのは現金だな

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 17:02:48.93 ID:cFD4p26E
防犯ブザーだろ?
あれこそ最高の護身具だろ

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 18:12:57.71 ID:Po68UQ5z
格闘技を習いにくる人に、危険な状況になったら逃げるのが一番です
ルールがあるフィールドとは違うんですよ
と言っても分かってくれない

362 :愛国男:2011/05/25(水) 22:57:21.80 ID:nleJlv8S
小野田氏に習うのが一番早いのでしょうか?

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 00:19:14.23 ID:VKIePSaj
軍板の方と違ってこっちは過疎なの?

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 03:36:02.27 ID:CMO+XKuE
>>363
スレッドランキングを見ても軍板の1/20程度しか無い吹き溜まり
まぁ軍板の「オマケ」みたいなもん
ここ見るなら軍板そのものを見るか、自衛隊板見る方が良いかもね

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 04:00:22.53 ID:2BL4M+Pz
軍板はあの雰囲気がやだ。
オタク臭がキモイ



366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 06:17:25.42 ID:CingINXS
裏を返せば国防板はにわかってことだけどな

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 10:00:34.19 ID:McHSC4it
アメリカにあって我が国に存在しない兵器は爆撃機と原子力潜水艦と空母だけですか?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 10:44:49.07 ID:IzP51EAA
>>367
もっと良く考えてみよう

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 15:23:48.76 ID:dMmlZLzt
不沈空母である我が国は米に次いで第二位の軍事力なわけですが
英国やドイツはどうなのですか?

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 22:23:31.98 ID:CingINXS
レバノン侵攻でもそうですが何故市街地戦に戦車を投入するのですか?
ゲリラ兵相手に戦車の砲なんて何の役にも立たないし、
対戦車ミサイルの餌食になることくらい分かっているはずですよね?

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 22:27:55.49 ID:4WKcmq9J
戦車砲が役に立たないてゲリラの体は拘束セラミック装甲ででもできてるのかw

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 22:59:46.89 ID:CingINXS
>>371
チェチェン紛争では戦車砲が役にたたず
30mm機関銃を搭載した対空車両を持ってきたって話じゃないですか

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 23:16:35.15 ID:4WKcmq9J
ロシア戦車は低車高のため西側戦車と比べて仰角が取りづらい
それでも、その欠点を補うために作られたBMPTは「戦車支援戦闘車」という意味であくまで戦車の補助なんだがな
高価なミサイルをボカスカ使えるならともかくそうでなけりゃ戦車砲の直射火力は捨てがたい
特に市街地では砲迫火力が発揮しづらいからな

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 07:45:32.38 ID:Gm1zNQ9N
この板では国防について語るだけで戦争は軍事板ですか?

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 16:15:34.08 ID:hJCNSbmj
手榴弾以外の爆薬には鉄球は入っていないのですか?

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 18:24:55.82 ID:W73r2Pmd
イスラエルはイラクにスカッドミサイル撃たれまくっても何もしなかったのに
ハマースの場合は徹底的に爆撃し報復したのはどうしてでしょうか?

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 20:05:37.65 ID:WjyCU3Zw
どこかの戦車先進国がティーガーIIくらいの重量の新型戦車を量産した場合、
既存の戦車は戦ったら全て圧倒されてしまうのでしょうか?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 21:12:20.21 ID:3uT7f7z5
【民主党の政策に不安を感じる奥様の雑談室】275
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1305814961/

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 21:47:52.53 ID:1LI494VS
>>377
主砲の発射レートやら戦略機動力やら可動率やらに激しく問題が出そうなのでそうともいえない
特に戦略機動力があまりにも低い場合、戦場にたどり着けないのはそもそも居ないのと一緒なので戦力はゼロという見方もできる

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 22:53:44.89 ID:sFxQh/Ng
もし戦争が起こったら日本は真っ先に原発を狙われますか?

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 00:22:26.01 ID:mlixPUt5
専守防衛での勝利条件って何ですか?
敵地の工場に攻撃を加えない限り勝てないのでは?

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 09:09:26.14 ID:0njJn+XB
国防で最も大切なことは?

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 12:37:34.78 ID:+wSZyR5A
>>377
70トン級ってことか?だったら、アメリカのM1A2がそれに該当するが。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 14:28:38.67 ID:sXS2dMHu
アメリカって何故あんなに軍に金を割けるのですか?
福祉を蔑ろにしているからですか?

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 14:37:55.10 ID:BSYK20OT
>>376
うろ覚えだけど湾岸戦争の際多国籍軍の多くがイラクの周辺国の基地を借りていたわけだが
この周辺国が大概イスラエルと仲が悪い。
この為本来やられたら全力でやり返す主義のイスラエルが割り込むと多国籍軍が機能しなく
なる危険があったためイスラエルが反撃しないようアメリカが強く要請していた。
(逆を言えばイラクがスカッドを打ち込んだ目的と言うのがイスラエルの参戦)

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 15:55:17.21 ID:sC9501/5
何故日本は、理不尽な事や不条理な事がまかり通り、
それに異を唱える者が居ても中々改善されないのでしょうか?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 16:11:52.89 ID:HMnRipRn
原発で壊滅した福島を見捨てると言うことは我が国は不可能なのですか?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 17:52:24.69 ID:Iya5uay/
>>383
M1A2は新型の戦車じゃないだろ

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 17:56:18.47 ID:HMnRipRn
今時は重戦車は流行らないのですか?

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 18:17:43.60 ID:NoHiy6vU
70tを超えると運用に支障が出る
今の技術ならかつての70t級MBT以上の性能を70t以下で実現できるからむしろその方向だな

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 18:33:25.09 ID:zfSN7K/d
>>386
天皇制だからです。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 19:08:39.27 ID:lXhEOHgW
列車砲は現代戦争において利用価値はあるか?

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 22:07:03.67 ID:2hVd0Z8i
ない

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 23:57:21.02 ID:Mvv9Q4BO
日本の広い領海はどのようにして警備しているのですか?
警備漏れはありまくりでしょう?

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 00:06:43.15 ID:sJ7tJt1L
海自と海保はいずれも世界的に見てかなり大規模な海軍と沿岸警備隊だが、
同時に日本は世界で有数の長い海岸線と過密航路帯を持つ国でもある
というわけで不審な船を全て発見して追跡するなど不可能に近い

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 00:38:07.06 ID:13cxte1j
我が国にはアメリカのシールズやグリーンベレーの様な部隊は存在しますか?
全然話題になりませんが

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 01:02:03.68 ID:A2QfOIRZ
>>388
アメリカで一番新しい戦車だが。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 21:11:24.64 ID:nbvjS2Qp
有事で自衛隊が不足した時一般人は徴兵されますか?

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 22:01:58.15 ID:DQyGffJU
独軍は捕獲したT-34を西部戦線へ、M4を東部戦線に持っていけば
同士撃ちは避けれたのにどうしてやらなかったんですか?

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 23:16:22.72 ID:InTKrBpC
ソ連はT-34以降まともな戦車を生み出せなかったのは何故ですか?

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 23:18:09.99 ID:sJ7tJt1L
T-54系は二次大戦中のT-34やシャーマンを大差で抜いて史上もっとも大量に生産された戦車なんだがな
いわば戦車界のAKだ

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 00:10:06.84 ID:p8acdv8f
して性能は?整備性は?

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 00:28:12.66 ID:NPHBBfnq
登場時期(戦後直後)を考えれば大変強力な存在だったし、整備性は第三世界の武装勢力やテロリストでも使えるほど

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 06:15:44.41 ID:04TATfM1
>>398
自衛隊は非常に高度な専門家集団なので、徴兵は現実的じゃない。
30万+予備役の20%、7〜9万人が死傷すれば確実に講和だろう。
徴兵を投入する機会も無いだろうな。
ただ、敗戦決定後も徹底抗戦するための独立政府が出来れば、徴兵は有るかもね。
アメリカ相手にはやらなかったけど、現在の中国相手なら本土決戦は有効だよ。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 09:44:03.83 ID:4FtSbhEQ
>>404
日本人にそんな組織が出来るのか?

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 13:26:02.35 ID:sC0zdpdd
>>405
小林よしのりがゲリラ隊を有志と組織するそうですよw

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 14:37:31.81 ID:TcP9/Yxo
アメリカ相手にできなかったことが中国様相手にできると思ってる時点で、デンパだろw

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 14:49:09.45 ID:sC0zdpdd
>>407
アメリカに敗戦した時小林よしのりは生まれてなかったが?
藻前は何を言ってるんだ?いないのに何故抵抗運動を展開出来る?
中国はアメリカに比べ装備も貧弱だし出来るのではないか?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 16:24:50.38 ID:lwUN9RT0
国防板での小林よしのりの評価は?

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 17:49:28.88 ID:2iimVARg
ソ連の戦車
アメリカの航空機
ドイツの小火器はそれぞれ一級品ですか?

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 22:15:19.45 ID:S3rbSdza
ドイツの小火器とアメリカの航空機は一級品だがソ連の戦車はどうだろうか
T-72神戦車

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 22:27:18.41 ID:kRKRdppb
>>406
デタラメ乙

>>411
○SFに聞け

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 22:35:38.83 ID:S3rbSdza
>>412
たしか戦争論だかゴーマニズム宣言だかに書いていたはずだけど?
出鱈目ではないでしょ

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 00:02:03.48 ID:GIuobJZH
戦争論って実際どうなの?
ネトウヨは重宝してるみたいですけど・・・

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 07:27:20.85 ID:2Qfc878f
一度の田母神氏の著書を読んでみたいのですが、オススメなんかありますかね?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 07:55:26.05 ID:2Qfc878f
下地島空港は今後在日米軍との共用基地になる可能性はありますか?

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 12:31:38.62 ID:nBBWwdV2
原発問題の収集はいつですか?

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 16:12:21.50 ID:wsjWGYcJ
日本の国防力は平時と比べてどの程度低下していますか?

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 17:51:43.62 ID:qpqAxzW9
>>397
日本の10式と防御力は互角?

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 18:12:03.14 ID:nXL6I5n/
>>407
あの時とは状況が違う。
核は落とし放題だったし、日本の若者はほとんどが国外で戦闘出来る人間がいなかった。
備蓄も底を尽き、艦隊は全滅。同盟国はおろか、国際世論に日本の同情者も皆無。

今なら、内地で数年やれば、中国は勝手に自壊する。
国際世論も日本の味方につくだろう。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/01(水) 15:52:53.64 ID:2WElOypR
海上保安庁を国土交通省から海洋省に移管し、
警察から準軍事組織に格上げし、
予算を増額すれば、
下手な海軍よりも強力になるのに何故やらないんですか?

422 :BLACK鶏:2011/06/01(水) 16:06:38.79 ID:4NA+OmG7
>>421
そんでそれをどうする?

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/01(水) 16:22:44.54 ID:TXyTNv4F
日本の若者は昔に比べて明らかに質が低下していますよね?

424 :BLACK鶏:2011/06/01(水) 16:27:57.71 ID:4NA+OmG7
>>423
そうだねw
きっと育て方が悪い親のせいじゃないかな?w

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/01(水) 21:18:00.17 ID:jC95B7QG
>>421
それでも準軍事組織なんだから本道を強化した方がお得でしょ。
あと警備組織と軍事組織はある程度区別しておかないと何かの拍子に偶発戦になりかねない。
(この辺りは考え方だが)
>>423
現代っ子が体力的に昔より劣るってのは日本に限らないけどな。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/01(水) 23:54:23.26 ID:VDziLMNp
CIAは、アメリカ政府管轄の諜報組織と言うより、
フリーメーソンの私設軍隊的な側面が強いのでしょうか?

ですからCIAは、フリーメーソンに都合の悪い国内外の政治家、官僚、経財界人、活動家を失脚させたり、暗殺してばかりですか?

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 11:45:26.76 ID:dhXnutxz
そうなんじゃないの
お前の中ではな

428 :BLACK鶏:2011/06/02(木) 13:51:06.48 ID:Kuv/kpig
CIAは特殊捜査機関のため、
「無法」捜査をやる組織と思ってね。

身の危険が迫った時のみ殺害を許可されているだけで、
暗殺・失脚系統はもっと別の組織がやる事だよょ


429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 16:15:28.94 ID:zxveEg/Z
日本の軍事費が異様に高いのは何故ですか?
面積では小さいのに

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 17:58:06.68 ID:5pniowM6
>>429
ミンスが潜水艦増やしたから。
16隻のままでよかったのに・・・

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 21:03:51.74 ID:DdfHCjeh
>>429
アメリカの1割くらいしか軍事費無いけどな。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 23:13:18.02 ID:Lo0aEoJk
>>428
暗殺や失脚はどの組織がやっているんですか?

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 23:57:11.68 ID:r0Y9ZT4u
>>429
領海まで足すと世界7位くらいの占有率だけどな。
(陸地の面積も以外に大きいが)
あと国家予算比率でいえば異様に少ないから。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 23:57:43.32 ID:Lo0aEoJk
領海と経済水域は、日本よりもインドネシアの方が広い

435 :BLACK鶏:2011/06/03(金) 09:17:17.68 ID:lBTcMvU3
>>432
返事、遅れました。
暗殺は軍・SWATが関連しています。
失脚は政治家・議員が関係しています。


映画のように、CIAがバンバーン!っと撃って
殺害するのではなく、ミッションにはCIA職員・暗殺科のグループとなって行動します。

その他、空軍・陸軍・海軍…(大統領指示により行動(例:ウサーマ・ビン・ラーディン)




436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 16:38:16.22 ID:jNiJ2+15
スワットは、対武装犯罪者用の武装警察であって、
国内外の要人の暗殺や失脚は任務じゃないだろ。

437 :BLACK鶏:2011/06/03(金) 18:11:01.36 ID:lBTcMvU3
>>436
決して暗殺目標全てが外国人ではないよ……



438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 19:58:52.35 ID:956K1CN9
>>429
物価と人件費が高いから

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 20:28:43.10 ID:UdvrhTcN
祖国愛と郷土愛は同義と考えて問題無いでしょうか?

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 23:17:04.48 ID:uflD2KIO
>>437
SWATは、武装したチンピラを現場で射殺するのが仕事で、
政治目的の要人暗殺はやらない。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 09:53:16.97 ID:E7FFpps2
黒鶏って何?
有名なコテなの?

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 11:39:01.08 ID:I/bAgDMY
てかアメリカでも警察は州の組織であって国の直接指揮下にないのに
なんでSWATがそんなヤバイ仕事するんだよ。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 11:41:52.27 ID:I/bAgDMY
>>441
良く知らないがこのコテは受け狙いに平気で嘘付くからまともに取り合わない方が良い。
(ナチュラルに見たい物しか見えないタイプかもしれないが)

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 12:11:21.60 ID:O726VcT5
>>440
ケネディは要人じゃね?

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 15:32:16.90 ID:1pJ0jdOa
ケネディって結局誰が何の為に殺害したの?

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 16:29:17.39 ID:XIIs2eg2
一流のスナイパーなら2500ヤード離れたマンターゲットですら当てると聞きますが
これは本当なんでしょうか?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 19:44:32.30 ID:Y01kaM9y
>>444
SWATがやったというソースプリーズ

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 20:19:29.50 ID:pFt1zyHx
>>446
800mでマンターゲットに当てられたら十分一流だと思う(大口径対物狙撃銃除く)

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 23:22:56.62 ID:3mjJEvtX
BLACK鶏は知的障害者

BLACK鶏は早く死ね
質問スレから消えろ

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 16:21:30.11 ID:uel7vVTg
>>447
SWATとCIAとマフィアの共謀です

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 21:10:38.05 ID:QORqHRYI
中華民国と台灣の違いを教えて下さい

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 22:21:26.29 ID:hL/4aeGr
>>450
だからそれを証明する資料は?

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 17:02:37.95 ID:Wzpps7+U
アメリカが軍艦に電流を流してタイムスリップさせたと言うのは本当なんですか?

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 18:35:18.70 ID:veGF+uMY
原潜って撃沈されたら放射線ダダ漏れになるのではないですか?

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 14:18:54.62 ID:m/pG30B/
>>451
中華民国=新中国政府 台湾=旧中国政府
>>453
俗に言うフィラデルフィア事件と言う都市伝説。映画「フィラデルフィアエクス
ペリメント」の元ネタ
実際の所は当時一般化しだした磁気信管とかに対処するため船体の磁気を消磁
する実験だったらしい。
>>454
あんま詳しくないけど普通は担当が制御棒落として反応止めたり炉心閉鎖をして
最悪の状態だけは回避するんでね?

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 16:45:17.72 ID:MkIZUvW0
皆死んでたら終わりじゃん

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 19:23:13.44 ID:EmpJWiuS
>>455
頭悪いなお前w

台灣と中華民國は別の國、別の民族だし、
台灣島は中華民國固有の領土じゃないぞ。

今、中華民國が、武力で台灣を併合し、
属省として支配しているだけ。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 19:43:13.11 ID:m/pG30B/
>今、中華民國が、武力で台灣を併合し、
>属省として支配しているだけ。

補足snks
>>451は時間軸を指定してないので今現在の話として
「中華民国=新中国政府 台湾=旧中国政府」。


459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 22:35:28.97 ID:3euD04wp
何でわざわざ旧字体使ってるの?

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 23:48:52.84 ID:nzw89ClX
繁體字→日本旧字体→日本新字体→簡体字
         ↓
       台灣正體

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 00:01:06.81 ID:OCBi6yUk
日本って台湾と対中同盟とか結べないのですか?

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 12:10:30.03 ID:VW32KHdg
>>461
そんな事が出来るなら日本はとっくに世界中の国と同盟してるよ。
中国も許さないだろうが一番邪魔するのはアメリカ。
日本の同盟国はアメリカだけ。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 14:20:27.28 ID:V4uDUzdO
>>461 462
そろそろやる時期だ。
アメリカなんて当てにできないってバレたし。
こう言う時こそ左翼共お得意の二枚舌を見習ってさ。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 16:24:03.10 ID:PDjzp5es
自衛隊や米軍の飯には調味料は一通り揃えられてますか?

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 17:31:51.02 ID:79+mS6jf
>>463
とネトウヨが言っております

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 18:22:39.82 ID:dZbrj9ug
ナイジェリアっていつから豊かな国になったんですか?

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 21:00:11.47 ID:267LT6ol
何故日本では、反政府デモや暴動が起こせないんですか?

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 21:00:19.25 ID:07CLmu/a
>>466
豊かか?

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 21:17:17.18 ID:iCXt6tM3
>>467
現政権批判という意味での反政府デモはちゃんと警察とか関係機関に
日時経路等を申請すればできるよ。
政治信条の自由は権利として認められてる。
(たちの悪いのは公安の監視が付くかもだが)
暴動はどこの国でも犯罪。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 22:30:32.02 ID:d3nwFk7l
現政権批判以外のデモは?

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 23:06:42.69 ID:267LT6ol
>>469
面倒な申請手続きを経ないとさせてもらえないから、
反政府デモが少ないんだろうな。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 23:19:56.78 ID:aH4tMzRe
中国が日本に攻めてくるような面白いお勧めの小説はありませんか?


473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 23:26:48.60 ID:d3nwFk7l
>>471
結構起こってるだろ報道されないだけで

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 23:34:39.74 ID:RjQo6yc2
デモの手続きなんか警察署に書類出すだけでOKなんだが。

毎週のように何らかのデモやってるぞ。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 00:08:19.53 ID:elAPsdni
日本は民兵を組織しないんですか?

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 11:31:03.52 ID:ayF2SCM5
>>471
>面倒な申請手続きを
車道を徒党を組んでデモ行進したり広場で集会をする行為が管理者に無許可で
できるわけないだろ。→やったら主催者が逮捕される
届出はデモ主催者の義務だ。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 12:59:26.95 ID:tkr7Ini1
無届でデモやっても銃殺されたり拷問されたりしないのが当たり前でない国って結構多いんだぞ

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 14:18:35.10 ID:xA3wGx8W
自衛隊の強さの秘訣は何ですか?

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 16:03:24.50 ID:kUO9+L+S
こういうのも当たり前だったりな。
https://www.oita-press.co.jp/worldInternational/2011/05/2011053101000385.html

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 16:43:40.79 ID:w+DgtERM
>>477
未開の国の話だろ?

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 21:45:22.82 ID:e2AbY0Be
北海道や東北の田舎で反政府デモをしてもしょうがない

やるなら東京の永田町とかで

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 23:36:43.27 ID:Idjx3zJp
影響力の違いはやっぱりあるの?

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 23:46:21.74 ID:V0Wg4IZg
>>478
カレー

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 13:32:50.12 ID:8gI4ZgNJ
第二次大戦の戦争責任は完全に解決していないのですか?

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 22:45:28.16 ID:riEwISac
>>477
何を言いたいのか解らないが無許可でデモ行進や集会をすると自動的に不法占拠が
発生するんだよ。道路に関しては車道を塞ぐ以上参加者に対する安全管理義務違反
も付くかもしれないし、確か武器とか持って無くても極端な人数が集まって不法
占拠状態になれば犯罪扱いだった気が。
で、警察とかへの届出ってのはデモの規制ではなく管理者への使用許可って意味。
届出すれば普通警察官が付き添って交通整理とかしてくれる。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 22:51:02.62 ID:riEwISac
追記。
もしかして基本的な道路の管理者が警察だって知らない人がいるのかな?
(建設工事とかで道路にポンプ車やクレーンを止めるときにも届け出る)
道路が県道や国道の場合更に更にそちらへも届け出ないといけないんだけど。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 23:21:37.82 ID:uaX0or0m
建国記念日の橿原神宮は凄いですよね

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/11(土) 20:12:43.09 ID:ox5PEsN8
戦争は経済的に密接なのに起こるのですか?

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/11(土) 20:24:36.66 ID:vPaRfuUP
>>448
外交面が経済面以上に険悪になったと判断されれば起こります。
と言うか普通外交が険悪になれば経済にも禁輸措置や関税引き上げとかの影響が
出るので一面的な理由だけで楽観視はできません。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/11(土) 21:40:38.27 ID:HpdSYAMr
かつてABCD包囲陣を日本に行ったように
中国に対してそれを行えますか?

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 00:03:48.01 ID:xtGrYiHg
アイヌ人も自衛隊とか入ってますか?

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 01:39:16.21 ID:MeYMP1bN
独裁国家と民主主義国家の軍隊にそれぞれ有利不利は存在しますか?

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 16:18:45.25 ID:Go1JQNfi
>>492
珍しくまともな質問だ。

まず、もっとも大きな点は戦争開始の意思決定の相違。
例えば中国は軍を動かす時に民意は必要ない。
人民軍は共産党の私設軍だから。
党の意志が戦争であればそれを止める権利を国民は持っていない。
民主主義は軍は公益のためにのみ動く物なので、国民は政権を罷免する事で戦争の回避を選択出来る。

実際に始まってしまうと、どちらが強いかは歴史が証明している。
未だ完全な敗北をしていないロシア、中国、ベトナムを観れば解るように
独裁政権は防衛戦に無類の強さを発揮する。それは「俺の村は俺が守る」という意思統一をさせ易く
追い込まれれば追い込まれるほど粘りが出るからだ。
兵の損耗を顧みずに投入でき、無制限に徴税出来る。
反面、限界を超えると前のめりに倒れて革命が起る。

民主主義は元々攻めに強い。
それはローマの元老院政治の頃からの構造的なもので
要するに、民衆の多岐にわたる利害を調整するのは「戦争して儲けようぜ」が最も解り易く
もっとも理にかなった解決方法だからだ。
そのため飢えた狼のように周到に準備をし、仲間を誘い、襲いかかるのが得意。
そのかわり一度守勢にまわると国内の非主流派・敵対勢力や損をした連中、
あるいは誘われずに利益を得る事が出来なかった連中が騒ぎ出し、分裂する。
しかし、それで国が無くなるのは全ての人間の不利益なので
最終的には妥協点を見出し、政権は倒れたとしても国体は維持される。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 16:35:37.32 ID:Lz3Npnlp
珍しくって…
そもそもこの質問スレと軍板の方との違いが分からない
ここの人も「IDの出る質問スレ」という点でしか軍板のと違いは無いって言ってるし
どういう質問が相応しいのか?

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 16:55:45.36 ID:Gh4g/Poa
先の大戦時、ドイツとスウェーデンが同盟を結ぶって可能性はなかったんですか?

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 17:30:36.01 ID:Go1JQNfi
>>494
少なくともロシア兵器の性能(つまり中国兵器ってことだ)についてしつこく聞いてくる奴や
嫌韓廚の誘導質問はそれぞれ専門板にいけってことだ。


497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 20:17:03.87 ID:v7o+rEj6
このスレにも居酒屋来てるの?

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 00:02:43.20 ID:rwQ6CrME
独裁国家の軍隊は反乱を起こさないのですか?
正義の心が無いのでしょうか?

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 00:50:54.64 ID:VBoRxIug
>>498
1.たまに革命が成功する
2.軍隊の人たちが独裁者に優遇されていれば反乱を起こさない

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 16:13:06.79 ID:4qLeMRdt
でもエジプトでもリビアでも一部が裏切ったよね

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 17:10:16.40 ID:19KDVEuR
良心のある奴は軍人は務まらないかもね

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 16:12:31.22 ID:+ubC0qUh
軍人はどういう人に向いているのですか?

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 19:30:14.44 ID:Svw0ubBC
>>502
一般兵士に関して。
・人殺しが平気な人。
・我らは神の民、他の民は獣、な人。
・忠誠第一な集団主義な人。

まずは「フルメタルジャケット」の様に、
人間性を壊して戦闘機械にする儀式を行うのが良い。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 20:25:57.12 ID:e0T5D2X3
中国が日本に攻めて来るというのはありえますか?

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 21:22:06.83 ID:IP/+CgLw
100%攻めてくることがありえない国なんて無いな

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 21:45:04.58 ID:oTrg/CHy
自衛隊員は、軍人とは求められる能力や性質が違うらしいですが、
どう違うんですか?

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 22:50:45.76 ID:5W1b9jIq
>>505
シーランド公国もパラオも攻めてくるんですか?

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 00:02:07.00 ID:KW4LDXxI
全体主義国家の軍(ファシスト)が一番強いということでしょうか?
たしかにドイツは強かったですね

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 10:01:09.94 ID:BczcHiVY
>>506
>>503と同じだよ
特に
>一般兵士に関して。
>・人殺しが平気な人。
が重要。躊躇してたらやられる。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 16:16:56.81 ID:uB9NqhTr
シリアルキラーの才能がある人ですね
ありがとうございました

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 16:59:59.53 ID:IuTpOZF6
サイコパスばっかり何万人も集められるわけないし、できたとしても組織の秩序が維持できなくなるだけ
だから普通の人格の人を訓練で慣らしていくしかない

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 19:54:27.22 ID:py8ARe1P
何故、日本は常任理事国でもないのに国連の分担金において
16.6%も課せられているんですか?
常任理事国であるイギリスが6.6%、フランス6.3%、中国2.6%、ロシア1.2%
アメリカは22%でトップですが、同時に滞納額でもNo.1です。
この数字を見るとどうしても納得がいかないのですが

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 22:39:28.30 ID:TzFtiw3w
>>512
お前さんは納得しなくても、他の国が納得してるんだろう。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 22:45:20.01 ID:u6cDlLEr
>>511
彼らが除隊する時は元の人格に戻してくれるんですか?

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:36:54.68 ID:ij5QM9z0
>>514
アメリカの例だと、変になった帰還兵が社会問題に。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:37:29.22 ID:bRruGV4Q
>>512
GHQの意向で、自民党、民主党、社会党、公明党などの国賊政党が国会で多数の議席を取り、
長く居座り続ける政治体制を押し付けられたから。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:41:36.04 ID:u6cDlLEr
>>516
日本の政党の大部分じゃないですか?

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 08:18:12.15 ID:x8F90Lgq
>>505
遠くの国で日本に攻めて来そうなのは米国だけだけどな。支那もロシアもあまり遠くない。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 16:27:04.23 ID:JG30WlAQ
GHQによって教育が支配されたというのはマジですか?

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 18:49:41.01 ID:kmhwRH3V
マジです


521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 22:48:15.16 ID:krWCK9GR
>>518
在留邦人を突然虐殺されたり、海上交通路を妨害される事もあるので、
遠方の中小国であっても油断できないぞ。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 22:48:51.14 ID:krWCK9GR
>>519
教育分野をキチガイで占有させて、
まともな人たちが教育分野に参入できない仕組みにした。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 22:58:20.33 ID:DONP0O37
戦争に負けたんだからレイプ・調教されることくらい当たり前だろ。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 05:27:57.73 ID:5fq7qjKX
何故アメリカは、イスラム原理主義者のテロリストに敵視されてるんですか?

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 16:03:19.82 ID:NT8ysK8a
零戦の超超ジュラルミンって同時代の米軍機より優れた素材だったの?

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 16:28:59.32 ID:igxhxhYX
何故米軍との間に治外法権があるのですか?
基地費用だって払ってるんですから日本の法で裁くべきでは?

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 17:50:42.02 ID:0XgBJ36j
>>525
超超ジュラルミンてA 7075っていうの。
開発したのは日本。
航空機用アルミ材料はジュラルミン2014、
超ジュラルミン2024が主流で、
7075は強度により優れた凄い材料だった。
今でもアメリカの航空機材料は2000番台が中心。
日本は航空機シートを中心に7075を使う事が多い。


528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 23:41:36.91 ID:f8RHhAYC
>>524
話せば長くなるが、宗教面だけで語ると。

キリスト・イスラム・ユダヤは皆、同じ神を崇めている。大きな意味では分派だ。
キリストもイスラムもその創成期のいざこざと政治的理由からユダヤを迫害した。

十字軍遠征などでキリストとイスラムが決定的な決別をする一方、
やがてキリストからプロテスタントが分派する。
カトリックから強烈な攻撃を受けたプロテスタントはその戦いに勝つために
イギリス王室、そしてユダヤと手を組む。
その後アメリカがユダヤ資本で建国し、世界最強の国になるに及んでイスラエルを建国させる。
この辺りからユダヤ・プロテスタント連合はイスラム諸国を目の敵にし始める。

というのも、その頃にはこの連合に対抗するだけの力はバチカンに既に無く
カトリック最大信者数をほこる最後の砦、アルゼンチンもやがてフォークランド紛争を経てデフォルト。
今現在、もはや敵はイスラムにのみ絞られた。

イスラム最大派閥のスンニ派は、シーア派との創成期から続く宗主権の確執から
このユダヤプロテスタント連合に加担しており、シーア派は幾重にも包囲され、圧迫をうけている。
シーア派はその状況を打開するために何百もの弱小派閥に資金を提供し、コーランが認める聖戦として、
アメリカにテロを行なう事を推奨している。


529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 02:50:16.23 ID:HUHRA5Tf
>>526
>>523

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 10:23:03.66 ID:XHVSyiRY
>>529
ドイツもイタリアもそんな感じなんですか?

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 11:15:58.89 ID:R+T1dFQr
米独地位協定とかあるの?

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 14:14:39.86 ID:rD3YpUrL
>>531
ドイツ基本法はアメリカが制定したらしい
敗戦国はこんな感じ
イタリアは何されたかしらないが

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 17:15:42.12 ID:eiOMKkmn
ドイツ人って在独米軍に対してどう思っているのですか?

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 21:18:18.43 ID:1/4EXp70
>>523
それを当然と思うから米帝に付け込まれるw

アラブ人みたいに必死の抵抗をした方がいい

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 12:50:40.82 ID:dBpByD34
>>528
>アメリカにテロを行なう事を推奨している。
アメリカもテロで応戦することをコーランが認めてるのね

>>532
イタリアは戦勝国

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 13:16:00.53 ID:m73n/3NI
>>535
マジで?
ミズーリ調印の時イタリアの名前あったっけ?

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 18:23:51.84 ID:GPb7BZNy
扱い上どうなるかは知らないがイタリアはベルリン進行時には連合軍

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 21:10:55.82 ID:+4yprhat
日本も寝返ることは可能だったんですか?

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 21:23:27.56 ID:Qpg4YUed
どこに寝返るんだよw
このへんアメリカの敵は日本しかいなかったのに。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 21:31:22.65 ID:p/9aTcnW
イタリアやタイみたいに、分裂して双方につく
あいつらは上手いことやった

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 23:51:37.24 ID:t7dOAXuO
日本が外交下手な理由は何ですか?

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 00:00:42.17 ID:rKAwdSGr
>>540
ビジーフランスみたいな?

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 16:16:00.33 ID:qBw/T6IN
国防板って過疎なの?
質問スレでパート5って遅いよね

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 17:32:08.00 ID:ZdMPKE7s
フランスはイスラム化するのでしょうか。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 17:35:29.25 ID:BHm2GzVM
なんで日本人は、在日をバカにするんですか?

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 17:58:55.51 ID:ZdMPKE7s
545
多分、
韓国のあらゆる反日活動への反感。
戦後に警察力が弱い日本で暴れ狂ったことへの反感。
コリア系の犯罪が結構多いことへの反感。
ネットの普及による嫌韓意識の無差別な拡大。
が大きいのでわ?

私も学生の頃、バイトしてたセブンで韓国籍の同僚が店長殴って店で大暴れしたのを見てるのでイメージ悪いです。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 18:23:34.72 ID:BHm2GzVM
それは、日本人の捏造です。
我々は自由のために日本人のために援助しました。
少数の日本人が我々朝鮮国人を語ってやりました。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 18:32:23.78 ID:zRFgb4qb
>>543
まともな質問もまともな回答も
ほとんど来ないから

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 23:03:14.05 ID:I0DRADGr
自衛隊は今では合憲なんですか?

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 23:11:51.49 ID:l/T2NB2+
>>545
在日はバカにしていない、変な韓国人をバカにしてるだけだ。
・・・親戚付き合いの結果として陰謀論は国民性というかデフォルトなのが解ったんで
そこについては突っ込まないことにしてる。
>>548
質問の振りして自分の思想を発表しようとか本気で質問してるのが殆ど居ないから
回答する方も結構様子見だしね。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 23:13:12.28 ID:l/T2NB2+
>>549
創設以来一貫して合憲ですよ。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 13:56:02.33 ID:JmfSYz6O
自衛隊って世界一流の軍隊でしょ?

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 16:49:49.79 ID:gme3Zb2g
てか軍隊なのか自衛隊は?

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 21:13:35.56 ID:9HSeGeRF
ある場所で釣りしてたら潜水艦がごぼっ〜て出てきて入江に入って行った
また違う時に同じ場所で釣りしてたら小さいけどどうみても海自の船が入江から出ていった
ここ海自の基地あるんだぁと思ってたら地図見ても何見ても載ってないんだよね

潜水艦の基地って機密扱いなの?

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 22:02:03.09 ID:DDfwVcXM
呉と横須賀以外の場所で潜水艦が出入港してたのか?

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 22:33:51.28 ID:qOvxyL7x
>>554
詳細キボンヌ

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 23:20:19.77 ID:grt8H8T4
周辺国に恩を売るのと媚びを売るのとではどちらが大切ですか?

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 08:06:34.59 ID:6c8sMzQk
>>557
両方

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 16:27:27.47 ID:LXSgJPNG
>>558
媚は駄目だろ
プライドがあるし

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 22:37:12.42 ID:4wa6+v/C
在日チョンは、さっさと北朝鮮か韓国に帰れよ。
帰るのが嫌なら、朝鮮半島か済州島辺りの一部地域を占領して独立宣言しろ。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 22:57:37.23 ID:+L7FzGRI
すみません 質問です

核兵器の「抑止力」を論破する方法はないのでしょうか。
多少非現実的でもいいんですが…

スレ違いですかね?

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 23:04:57.93 ID:ISNz0kHl
>>561
誰を論破するんだ?

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 23:10:54.28 ID:+L7FzGRI
誰をっていうか…

核保有について色々調べていて、とても気になったので…

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 23:27:22.02 ID:IzDzfw5E
核兵器に限らず基本的に軍事力というのは抑止効果があるから必要以上に戦争が
起きないし起きても拡大しないんだけどな。
と言うかだな戦争って「それによって得る利益」が「それによって失う不利益」
を越えると判断されない限りそうそう起きない。
その点で言えば威力がありすぎて「それによって失う不利益」がかなり過大になる
兵器と言える。
(攻撃した土地は汚染されて当分使えない・報復で自分の方も無事で済まない・
NPT体制が崩壊して核兵器の使用が一般化するかも知れない等々)

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 23:27:39.73 ID:ISNz0kHl
いや論破って何だよ

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 23:44:13.82 ID:+L7FzGRI
>>564
ありがとうございます。核兵器が使われることはまず無いということでしょうか。

経済の面でどうにか核保有が否定出来ないですかね…例えば、核維持費が非常に大きい…とか…(まぁ維持しないという方向=解体ということで、解体費もまた多大なのでしょうが…)




567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 23:56:36.69 ID:f/HfQdhR
現状では核保有が一番費用対効果が高いからね

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 00:13:35.28 ID:WXdJHQDj
>>564
では、何故先の大戦は起こってしまったのですか?
利益のみを追従した場合、当時の日本が最も優先してやるべきことは、
対米開戦を避けることじゃないんですか?

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 00:21:21.87 ID:rl2i3LUf
抑止力は戦争の可能性を減らすことは出来るがゼロにすることはできない
そして抑止力=軍事力はたとえ戦争の抑止に失敗した場合でも戦争を終わらせることに使うことが出来る

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 01:40:23.10 ID:5Z8hvuXv
>>559
戦争に負けた国にプライドも糞もねえよ。

戦争に負けて、スペインも旧ロシアも皆腑抜けになっただろ。
旧ロシアはつぶれたし。

プライドを持ちたきゃ中国みたいに戦争に負けるたび新たな国を興すしかない。

それをしなかった日本は未来永劫、ケツもマンコもアメリカや中国のザーメン垂れ流しの肉便器だ。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 11:16:29.64 ID:tGHgMzei
戦争によってこそ技術は進歩するのですか?
コンピューター…レーダー…

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 14:11:08.86 ID:rl2i3LUf
従来は新技術は軍事用途から現れてその後に民生用に使われる流れが普通だったが、今後は逆になるかもね

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 16:26:23.16 ID:YyRQK1re
>>572
何でそう思う?

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 17:08:11.55 ID:50QiFUaj
>>570
ベトナム戦争で負けた国のことですね

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 18:47:18.08 ID:rl2i3LUf
>>573
コンピュータは発祥こそ軍用が先だが、現在は民生用の方が新しいものを使っている
PC用CPUは毎年のようにモデルチェンジしてるが軍用はそうもいかんからな

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 22:52:10.22 ID:fn31TWGU
PCは民間に軍配か

577 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/06/23(木) 23:04:09.34 ID:rDkWb0h8
軍用品是進化遅

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 00:21:10.45 ID:GXAsb505
日本の中小企業技術は戦争にいかせませんか?

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 00:21:14.36 ID:FP2X+GWm
死の商人が空母を手に入れる場合、
いったいいくらくらいで、どこで買うのでしょうか?

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 07:35:29.45 ID:+4outgGd
PCは完全に国家の勝ちだよ。
それが軍事か平和目的かという違いだけで、国策の元に税金が投入されて開発されている。
今回世界一になった京も民間が開発したというだけで予算は税金だ。
GEが戦闘機開発したのと何も変わらない。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 14:08:24.17 ID:B6qRA4rB
>>579
基本は保管品を書類でちょいちょいっと廃棄処分にする感じではないかと。
ただし物が物なのでロシア空母を地中海から引っ張り出すときの懸念を実際にやっちゃう
ような感じで・・・。

この場合は無くなった艤装品を民間品とかで代用しないといけないわけで性能面で相当落ちる
のではないかと思います。

何か最近ポツポツとスレが削除されてる気がするんですが何かあったんでしょうか?

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 16:10:51.38 ID:Be9iCjKb
愛国者の定義は何ですか?

583 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2011/06/24(金) 23:57:57.91 ID:Nch9pCX7
売国者の定義を教えてください

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 00:03:28.36 ID:BRARbwth
1960年に岸首相が自衛隊の治安出動を打診したとき、
なんで当時の防衛庁長官は拒否したの?

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 04:54:51.87 ID:NrfOALNO
東京ではクレーン車が送電線に引っ掛かっただけで100万世帯以上が停電したことがありましたが
このような貧弱な送電網で、いざテロが起きた時大丈夫なんでしょうか?

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 06:11:04.53 ID:fRRDgOcu
原発も全電源喪失のきっかけはまず送電線の倒壊だが、
そんな重要な物なのに安全基準外で、極普通の構造していたからな。
日本は杓子定規、少しでも外れるとすぐに「他分野」扱い。
まあ、何かあった時に責任とりたくない小頭のきく役人が考え出した究極の防衛策なんだがね。
問題が起ればすべて「管轄外」「想定外」
誰一人責任はとらない。

だから送電網がテロで壊滅してもそれは想定外wで、
テロを想定して鉄塔に武装警護してなかった電力会社が悪いんじゃない?あほくさ。


587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 09:44:28.19 ID:N+AFdBSt
日本人ってマニュアル通りにしか動けないもんね

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 14:07:23.69 ID:CU7k1xIG
ギリシャの方が役人天国だろ

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 17:09:40.32 ID:NFu3i6GS
電線を地中に埋めれば良いのにね

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 18:13:25.44 ID:07pCdqyL
何故米軍基地は沖縄に集中しているんですか?

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 22:34:07.80 ID:G79TSEcG
>>590
元々は朝鮮戦争に派兵する為の基地だから
まあ識者を待て

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 22:58:13.07 ID:/6RHoajg
>>590
沖縄が地政的に究めて重要な位置にあるから
以上

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 23:47:28.58 ID:IfaCxpfr
アメリカは国単位で防衛している訳ではなくアジア全体での布陣を行っている。
つまり日本の範囲だけで見ると偏っているかも知れないがアジア全体だと強ちおかしくはない。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 23:52:41.47 ID:AZl6EsF9
何か在外米軍の復員を目論む人が大統領選出るみたいですけど
日本は大丈夫なんですか?

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 00:12:57.57 ID:Hc8wucJ0
在フィリピン米軍が居なくなった今沖縄が台湾に最寄の拠点だからなぁ

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 01:15:03.86 ID:L6DJPi3+
米軍がいなければ国防は成り立たないのでは?

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 06:14:29.28 ID:06+GLwDg
何故沖縄は地政学的に重要な位置だと言えるんですか?

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 15:56:02.93 ID:m3j6+kEu
ナチスドイツは連合軍の暗号をどのくらい解読できてたの?

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 16:27:28.34 ID:b3Nh9O0t
質問なのですが、ここに書き込むのが検討違いでしたらすみません。
ブログ「戦争はなぜ起きるのか」の蒲公英氏がブログを閉鎖することになり
困惑しています。3.11からこのブログのファンで色々学んだことが多いので。
蒲公英さんについて何か情報をお持ちの方がいらっしゃったらお教え下さい。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 17:15:17.57 ID:paQwbKJD
>>599
宣伝乙

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 19:39:54.54 ID:b3Nh9O0t
宣伝なんて。。そんなんではなくて本当に知りたかっただけです。
以前に本を執筆されてますが、それも絶版だったのでどこでも入手
出来ず。
他に、井口基和氏、飯山一郎氏、飄(つむじ風)氏のブログを愛読して
ますが、蒲公英氏のブログは掲示板もないので情報が少なくて。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 21:47:23.66 ID:4xfhNyIR
>>597
東アジアのシーレーンの要衝であり、
航空機が主要各国の首都に3時間以内に到達出来る公約的距離の中心にあるから。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 22:44:26.28 ID:FZQQybu4
>>602
じゃあ沖縄が日本領である限りアメリカ様に守ってもらえるんですね♪

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 00:05:09.45 ID:xQpajvCN
北海道は重要じゃないのですか?

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 01:08:45.63 ID:3kmPgpgM
北海道はソ連からのファーストストライクで壊滅するので、
ソ連に米軍基地は置けません。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 02:28:41.14 ID:EGcKry36
硫黄島じゃダメなんですか?
無人島ですから誰も文句言わないし

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 02:36:54.70 ID:lRpvxFQz
北海道も硫黄島も38度線や台湾海峡から遠いだろが

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 16:14:13.36 ID:hBK5/Gpq
第三次(大惨事)世界大戦では日本はOPで滅ぶような気がするのですがどうなんですか?

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 16:25:48.33 ID:saEcWchC
>>605
意味不明

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 17:46:27.64 ID:NgR4Cu9G
国防は福祉よりも大切なんですか?

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 17:53:41.75 ID:H5MZRZVm
どちらも国家の義務、どちらも大切。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/28(火) 16:19:16.29 ID:gvyrzbf1
夜警国家は果たして無いけどね

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/29(水) 15:39:06.25 ID:jwSlgbE4
戦争が起こっても民間工場は平時と同じ運転なんですか?
軍事品優先とかありますか?

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/29(水) 15:58:09.22 ID:QVuSOkOK
まあ民間でもAKくらい作れるからなあ

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 17:21:22.75 ID:NGrmVz69
質問
昔から気になってたんだけど
AIM-9サイドワインダーの名称の由来って

・発射直後の左右に這う様な機動がにてるから
・シーカーロック時のビープ音が威嚇音に似てるから
・赤外線誘導だから

どれがホントの由来なんだろか

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 19:34:26.60 ID:keTv7qcc
赤外線追尾なのと初期のミサイルはセンサー&方向舵が過敏すぎて向きすぎた
機首を向き直す飛び方がガラガラヘビのサイドワインドに似てるからじゃなかったか?

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 22:48:27.74 ID:5FID/33e
日本の左翼は何故自衛隊を嫌うのでしょうか?

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 23:16:14.87 ID:fBZs7vX9
>>617
大日本帝國と日本国が嫌いで、中国、韓国、北朝鮮、ロシアが大好きだから

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 23:25:59.24 ID:5FID/33e
大日本帝国が好きな奴っているの?

620 :615:2011/07/01(金) 00:40:06.66 ID:P9C/T/St
>>616
やっぱそれだよな
久しぶりにジェイク・グラフトンの小説シリーズ読んでたら
ロック時のビープ音が似てるから云々ってなってたから気になった

ガラガラヘビの威嚇音(ヨコバイじゃないけど)
http://www.youtube.com/watch?v=xZrcTrp_WFs

サイドワインダーのロック音(LOMACだけど)
http://www.youtube.com/watch?v=Ha4fWCYa-ZA#t=2m40s

一応、音は似てるんだよな〜・・・・後付の俗説みたいな感じかな?

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 04:54:06.82 ID:K3NUuN6l
>>613
国力と戦争の規模のバランスによるね。
アメリカは常時戦争してるから、もちろん民業は通常運転。
日本でも太平洋戦争末期になって空襲がきて初めて「ああ、戦争してるんだ」と実感した、という主婦の回想録を見た事がある。
それまではやや物価が高かったものの、特に変わった生活をしてたわけではなかったという。

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 12:49:19.89 ID:kLX3WH6W
>>617
俺は左翼だが自衛隊は好きだ!

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 00:41:09.86 ID:cUQIDcEC
自衛隊が嫌いなのは左翼じゃなくて売国左翼ね

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 01:37:25.20 ID:8GYrdy4n
ガチ左翼は自衛隊の戦術や装備編制を米軍式からソ連軍式へ変えたいと思ってるだろ

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 03:17:26.65 ID:VPbk2XXC
国防大臣が工作員なら自衛隊は終わりですか?

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 10:13:35.76 ID:eHwBOw6+
>>624
見てみたい

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 10:37:42.45 ID:DITHBfpO
まー左翼のHPはミリオタじゃないと無理だろって情報量の所もあるみたいだからな

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 14:35:18.08 ID:qME42wYq
左翼でミリオタってのが良く分からんな
軍隊って言葉を聴いただけで身震いしてそうなのに

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 17:43:12.88 ID:sTzQC5q/
>左翼でミリオタ

教条的な平和主義原理主義者だが
兵器は好きって人なら
宮崎パヤオとかリムピースとか。


630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 18:00:27.99 ID:8GYrdy4n
>>628
左翼は資本主義国の軍隊が嫌いなだけで共産党の軍隊を欲しがってる

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 18:43:48.37 ID:OZtKXDZO
>>623
売国右翼も嫌いです

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 22:42:26.16 ID:fYY7ybcy
>>631
そんなのいないだろ?

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 23:16:01.40 ID:q/Akjzg1
原発問題も東北ももう復旧したのでしょうか?
そして水没した18機は今どうなってるのですか?

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 23:51:46.88 ID:cUQIDcEC
珍米保守自民党は糞

自民党は似非保守

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/03(日) 08:17:21.41 ID:ioPnMLmT
とりあえず建設業の末席として震災復旧の話をすると、いま地元および周辺県の
建設業界は仮設住宅に取られて民間復旧はあまり進んでいないようです。
この為現在民間住宅の復旧を行っているのは関東、北海道等からの出張組と
思われます。
以前地元業者に聞いたところこの状況は8月頃までは続くのではないかとの事。


636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/03(日) 14:56:20.71 ID:N1+QYN7k
復旧まだかよ
道路はあんなに早かったのに

637 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2011/07/03(日) 21:06:15.11 ID:IdP//fhH
日本で、対人コミュ能力が低いキモオタが国会議員になる方法はありますか?

人様のご機嫌取りが上手いだけの無能の政治家はもうたくさんです

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/03(日) 23:03:48.93 ID:U9FrVetj
F2が18機水没した以外に被害はあったのですか?

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/04(月) 00:18:50.35 ID:/tY4XTdd
>>637
選挙板で聞け。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/04(月) 16:13:27.54 ID:J3+PFF+/
コミュ力の低いキモオタもお断りだわw

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/04(月) 18:21:13.45 ID:E8xrMaPJ
何故日本人は国防に関する意識が薄いのでしょうか?

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 13:24:24.57 ID:KChDv+vD
質問スレでこれだけ過疎るのも珍しいな

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 15:03:23.72 ID:rfDkpnBf
同じ軍事を扱ってるのに何故差がついたのか

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 17:51:37.59 ID:XnU57hCU
>>641は政治臭漂うコピペ質問

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 22:13:45.13 ID:WaU6r8H3
>>643
軍事と関係ない政治質問ばかりしてるからだろ。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 22:30:04.26 ID:mBex1MSz
軍事の質問なら軍事板でやってるんじゃないか?

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 23:51:11.03 ID:MDFfB3fH
本気で質問してる人が殆ど居ないから。

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 03:19:21.83 ID:+iVoqc1z
国家の為に死ぬことは素晴らしい事ですか?

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 10:07:22.27 ID:/eYOMTh+
那覇沖で墜落したF-15Jはどこの国に撃墜されたのか

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 13:29:57.97 ID:j9f06K0c
操縦ミスで兵器を壊した場合乗組員は何割負担ですか?

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 16:37:34.36 ID:ZZc3bf3i
>>643
>>648-650 ←こんな質問しか来ないのにまともにやってられる訳無いでしょ。

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 21:16:30.75 ID:/ODAiKIK
今中国と日本の関係が崩壊したらどのような構図で戦争になりますか?
やはり中国はNATOに囲まれるのでしょうか?

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 21:47:23.51 ID:2cjNt/ZY
欧州諸国に極東くんだりまで出かけてくる余裕は無いよ
中国と対立する(可能性のある)国は日米露韓台印あたり

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 21:51:01.49 ID:/ODAiKIK
>>653
ありがとうございます
これらの国が日本の味方をする理由はなんでしょうか?
中国が日本を奪うことによって戦力を増大させることを恐れているのか
それとも日本の同盟国たるアメリカの圧力によるものなのでしょうか?

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 21:56:22.00 ID:2cjNt/ZY
>>654
日本に味方するというか単純に自国を防衛するだけ
もしかするとこれらの国が同盟することが将来あるかも知れんが

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 22:00:53.16 ID:/ODAiKIK
>>655
中国が自国まで手を伸ばしてくることを警戒しての行動なのですね
ありがとうございました

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 03:06:36.25 ID:5iSXcYxK
理想的な質問ってどんなのだよ?
それすら定義しないくせに下らない質問扱いすんなよハゲ


658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 14:35:57.92 ID:sfi7dGIo
F-15戦闘機の墜落は今回が初めてでなく、過去に10機も墜落してるみたいですが
まず自衛隊の運用そのものに問題はなかったんですか?
万が一市街地に落ちたらどうするつもりだったんですか?
沖縄の動脈であり、民間空港である那覇空港に何故戦闘機が配備されてるんですか?

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 14:38:02.40 ID:jmIKbZdw
>>653
ベトナム

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 15:33:49.17 ID:NzMA8o7E
>>658
沖縄の動脈であり、民間空港である那覇空港に何故戦闘機が配備されてるんですか?

逆です。那覇空港は歴史的には軍用空港に民間空港が併設されたものです。
wikiより
>1933年(昭和8年)8月に旧日本海軍が建設した小禄(おろく)飛行場が前身。
>1945年(昭和20年)の第二次世界大戦の終戦以降、1972年(昭和47年)の復帰前
>までは沖縄を占領下に置いた連合国の1国であるアメリカ軍が管理していたが、
>沖縄の復帰に伴い日本に返還され、現在では民間航空便と航空自衛隊、海上自衛隊、
>陸上自衛隊の航空機を主体する部隊や沖縄県警の航空隊、海上保安庁の航空基地が
>空港内に置かれている。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 16:18:22.08 ID:dWc7ZKXy
日本の基地なら写真とか絵とか描きに行っても大丈夫ですか?

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 17:09:16.06 ID:2w/odAG4
戦前の日本は八八艦隊の維持すらできない貧弱な経済力しかなかった

韓国併合なぞせず、国内のインフラ整備と経済成長に力を入れていれば

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 22:12:00.55 ID:iPWKF1ix
>万が一市街地に落ちたらどうするつもりだったんですか?
それ、同じ空港を使ってる旅客機にも言える事なんだけどな。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 22:33:04.09 ID:6BRr1Yh9
自衛隊は国民の安全を守るための組織ではないのですか?

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 22:58:19.06 ID:iPWKF1ix
厳密に言えば国民の安全を守るのは警察や消防署と言った行政機関です。
自衛隊はそれらの所属する国家を守ります。
組織としての非武装国家が存在するのはこの為です。

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 23:42:05.24 ID:iPWKF1ix
>>657
誰も理想的な質問なんて話題はしていないと思いますが少なくとも私は特定の話題に
発展する可能性のある質問には答えないようにしています。
過去にそう言う質問に回答したところ回答に対して質問者が駄目出しをして自分の
価値観の発表をし出したことが何度かあるのです。

・・・自分にとっての答えがあるのに質問をしてくるのはスレ違いですよね。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 13:20:30.18 ID:g57wr94u
国連もしくはアメリカに国防を完全委任できないのですか?

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 15:27:19.83 ID:UjC7XJMz
>>667
紛争の可能性が少なく、ごく小さい国なら、大国に丸投げも可能。
自国の価値が低く、単独防衛を諦めている国。コスタリカとかポリネシア諸国とか。

日本の場合は、国土も人口も資産も大きく、また地勢的な重要度も高いため
国防には相応のコストがかかる。アメリカでも全部丸投げは無理。

国連はただの調停機関なので、特定国の安全保障を担うような意思や能力はない。

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 15:41:53.25 ID:g57wr94u
やはり最低限の自衛は必要なんですね
しかしそれすら廃止しようとしている人々がいるみたいですが・・・

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 00:37:14.30 ID:uljnWU6V
日本は紛争や内乱の可能性は高いですか?
まあ少数民族も一応いますし・・・

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 09:01:49.02 ID:sdQIuRfV
内乱は兎も角どこかで単純な国家の安全度が出ていたと思いますがそれによると
近隣に北朝鮮があるので安全ではないと言われています。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 10:56:03.48 ID:WLORA+iM
>>670
内乱は基本、貧乏が起す。
外圧に対抗出来ずに利権の奪い合いと主導権争いが国を分ける。
治安維持の機能がなくなり、モラルが低下し武器の移入や犯罪を止められない。

日本は現時点では国力もあり、防衛能力もあるので内乱の可能性はほぼ0。
ドイツのように無理矢理二つになった国もあるが、
他民族国家からなる連邦であるにもかかわらず内乱と呼べる物は起っていない。



673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 20:45:47.32 ID:Vars/l1h
軍内における人種・貴賎差別は組織にどのような影響を与えますか?

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 23:55:40.29 ID:kq+xSxc0
これからは水の戦争が起こるらしいですが日本は生き残っていけるのですか?

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 01:46:54.20 ID:CGozzcME
>>673
差別が是とされない現代において、組織内でそれが横行すれば
内部の軋轢と作戦遂行能力の低下をもたらすのが普通。

ただし差別に対する反発心をバネに、高い能力を発揮した例もある
(南北戦争の黒人部隊マサチューセッツ第54連隊、大戦時の日系人442連隊など)

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 01:48:41.66 ID:02tDqKA8
イギリスでは歩兵は植民地兵に任せて英国人は戦車に乗ってたみたいですけど
アメリカはそういうことをしなかったのは何故ですか?

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 02:08:24.44 ID:CGozzcME
>>674
日本は水が豊富かつ島国なので、水で戦争になる可能性はまずない
海を越えて水源を奪うより、日本の浄水技術などを吸い上げる方が得だから
せいぜい水源地を買われて水を輸出されるくらい

紛争の可能性が高いのはヒマラヤの水源に頼る中国・インド・バングラデシュなど

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 02:10:35.25 ID:02tDqKA8
そうですね
日本の浄水技術は世界一ですからね

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 09:16:59.79 ID:WcPAhuzn
この板を読んでると、まるでボケている人々ばかりで笑ってしまう。 みんな天才的軍師だ www

 戦前日本を愚かという人が多い。 しかし、英米の(対日)ブロック経済で世界市場から締め出されたら、一体どうすればよいのか? また、地上の楽園「共産主義」を狂信するロシアと中国の連携、そして世界同時革命思想を阻むにはどうすればよかったのか?
ボケ米国は、このような複雑性を考慮することなく、地球を半周もして攻めてきたのだが、結局現在 米国は、この20世紀前半極東の「日本問題」に直面している。

  深く分析すればするほど、戦前日本がいとおしく思えてならない。
軽薄と洗脳に満ちた戦後教育ほど、この日本の正義・真実を歪曲したものもない。
戦争は、人為・人知を超える現象である。 窮すれば、明日にでも起きるものだ。 
日本には、とにかく真実に気づいてほしい。 そして、備えてほしい。
このままでは、日本は滅びてしまう。








680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 12:43:22.11 ID:V/pxANk7
>>678
世界一なら福島第1の汚染水日本の技術で浄化しろよw

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 18:38:27.04 ID:WcPAhuzn
>>679 ですが、見当違いの失礼なことを言い、謝罪します。
しかし、近隣国、特に韓国のしてることって「侵略」なんじゃないでしょうか。

菅政権と自衛隊には、しっかりしてもらいたい。 対応策を打たないと、どこまでもつけこまれることになると思う。



682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 19:17:03.27 ID:AqAUSi9C
かわええのう。
もっと勉強をおし

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 20:09:09.64 ID:6RuPTY6K
日本兵器はアメリカ同様精密で複雑なのですか?

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 22:23:29.66 ID:3BCJMZ/u
国防をないがしろにしても国際社会の目が厳しいから誰も攻めてこないのでは?

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 23:29:59.97 ID:OLSQV43Y
日本で、オタク系民族と反オタク系民族との間で紛争や内戦が起きて欲しいと思いますがどうでしょうか?

話し合いでの解決は不可能なので、殺し合いで決着を付けて欲しいです。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 10:45:22.98 ID:xdWd0zXl
>>684
例えば中国が日本を占領したとして、国際社会が出来る事は共同声明で非難する事だけ。
国連軍は建前上、人道支援と調停のための一時的膠着状態を作るためにしか戦闘しない。
しかも常任理事国の中国が拒否権を発動するのは当然で、国連軍は麻痺する。

多国籍軍は日本に対し権益を持っている国が結託し防衛・奪還する物だが
では、そもそも日本に対し最大の権益を持っているのはどこかと言うと、日本自身だ。
自国の権益は可能な限り自国で守り、そのリスクを背負うのがルール。
何かあった時は他国に防衛を任せると言う無責任こそ、国際社会では許されない。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 17:19:42.76 ID:eg0Rr+jF
じゃあ何の役にも立たないじゃん

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 22:44:16.52 ID:9+jl+OJ/
国連軍って米軍もいるし世界最強なんですか?

689 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 :2011/07/11(月) 23:41:54.55 ID:nEdt6IwR
ウィキペディアで正しい情報を編集したのに、
悪いユーザーに折角編集した記事が破棄されてしまいます。

なんとかなりませんか?

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 23:42:53.90 ID:9+jl+OJ/
>>689
何処のページ?

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 23:49:59.42 ID:nEdt6IwR
>>690
いろんなページです。

ちゅるやさんの声優は松岡由貴と編集したら、ページそのものが削除された事もあった。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/12(火) 17:17:04.29 ID:d6cPTebG
軍事関係無いの?

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/12(火) 17:25:43.10 ID:GxFr4DtS
自衛隊の空母に関する記事で編集内容が丸々削除された事もあります

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/12(火) 17:39:27.69 ID:d6cPTebG
>>693
苦情言えよ
ここで言われても困る

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 10:13:38.18 ID:VCAKHWD+
親衛隊は普通軍に比べて錬度が高いのでしょうか?

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 15:23:59.52 ID:2iNbKGLg
WW2のアメリカ軍では白人が前線で黒人が補給部隊だったらしいですが
差別に反発した黒人が補給線を途中で止めたりとか無かったのですか?

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 17:16:38.95 ID:6FkNmCCS
太平洋戦争の日本軍の大砲は数が少ないのは何故ですか?

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 17:43:38.01 ID:vHZjC6Ls
>>695
ドイツの場合良いとこ出の名誉職みたいな物なので必ずしも良くはなかったらしい。

>>696
日系人部隊の話を調べると解りますが差別によって前線に出られなかった場合が多く、
(武器を持たせると危険と思われていた)当の黒人にしたら差別への反発より市民として
認められるチャンスとの認識が強かったみたいです。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 00:08:53.14 ID:K32+IT2k
ドイツの親衛隊員の4割は小卒ってマジですか?

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 01:55:38.38 ID:mTFqYetO
>>699
ドイツはマイスター制度があるので、戦前なら4割程度が小学校卒業後、マイスターの道に進んで
おかしくないので、その比率もおかしくないだろ。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 15:26:45.05 ID:/rifcuLx
SSってアーリアンなら誰でも入隊出来るの?

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 17:51:23.08 ID:FHSUP7dV
>>697
国そのものが、機械化、重工業化の途上だったから。

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 20:13:04.54 ID:P1VXppp3
チハの37mmとかは余った野砲の使い回しだしもともと数はそれなりにあったけど
WW2ではそれ程目立った使い方ができなかった面もあるかも?

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 20:22:21.24 ID:+fzPmJR2
>>702
今も途上だな。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 22:54:40.83 ID:YBjMjY1Z
>>704
今は成熟してるだろ

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 00:00:23.63 ID:4Ticfl5q
>>698
でも結局認められなかったんでしょ?

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 00:06:27.95 ID:oalbXnbT
今じゃ白人と黒人が一緒の部隊を組んでますが?

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 15:10:35.10 ID:7inIVm/F
WW2での黒人の働きは60年〜の黒人開放の大きな一因だったのでしょうか?

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 16:49:23.64 ID:8cXqKUJg
>>705
戦闘機のエンジン作れないのに?w

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 23:48:19.66 ID:oalbXnbT
何故に大砲からエンジンの話に?

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 23:53:25.94 ID:/Sv9DUmq
エンジン関係無いだろ

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 23:58:15.02 ID:aoD5MHa0
黒人にはアメリカ人っぽさが足りない

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 00:26:25.32 ID:FXCKry7K
まあ日本の航空宇宙分野が弱いのは事実
ただそんなこと言ったらアメリカの鉄鋼やセラミックやディーゼルも弱いがな

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 00:33:20.97 ID:MFKLBcTX
>>712
どういう意味?

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 01:09:49.31 ID:XS8DCTvH
航空宇宙の宇宙に関してはじりじりと追い上げてるがな。
もうヨーロッパのケツは見えた。
旅客機も半国産大型機が就航するし。
そもそもどこの飛行機も、日本の特殊素材技術が無ければ作れない。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 01:22:37.22 ID:FXCKry7K
他分野は最先端レベルのが多いから、ようやく人並みクラスの航空宇宙分野は相対的に弱く見える

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 02:03:07.35 ID:0aSHo74G
宇宙関連予算
・米国はNASAに1.8兆円、国防総省に2.2兆円、人員併せて40000人
・欧州は各国併せて7000億円、人員併せて10000人(独仏が中心)
・日本はJAXAに1800億円、防衛省に600億円(その半分は衛星画像使用料)、人員3000人

爪に灯をともすような低予算で、よくあれだけやってると思うよ日本は
まあ予算以外にも、失われた7年とか憲法とか要因はいろいろあるけどね

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 02:09:11.47 ID:FXCKry7K
あと円高とかな
1ドル360円のままだったらYS-11のあとも順調に航空機を輸出してたと思う

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 02:19:57.04 ID:WmedVWOu
>>717
日本の政治家や財務官僚は売国奴や老害ばかりで、
航空宇宙産業の重要性を理解している者が少ない。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 11:41:39.76 ID:GjsWAoQj
そんなに重要なの?
もう追いつけないんじゃないの?

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 12:35:47.58 ID:sVUeNzXx
>>720
工業製品もそうだけど後追いには特許の壁がつきまとう。
差が縮まればお互いの技術を利用し合う形で開発が楽になる。
実際遅れてると言われてる分野でも技術別で見ると実は最先端を行ってる部分もあるので
研究費が充実すればまだ追いつける余地はある。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 15:22:00.00 ID:Rr39wL8u
>>721
宇宙技術産業を技術別に見ると日本はどの部分で最先端なの?

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 17:50:39.49 ID:sydQ9/66
日本の技で世界で誇れるようなものはありますか?

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 18:17:13.18 ID:xaETC98V
ない

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 22:56:04.20 ID:sVUeNzXx
>>722
一般的には素材分野で進んでいます。
また遅れていると言われる航空宇宙分野ですが実は国内からの衛星打ち上げは
中国と並んで世界4番目です。
記憶違いかも知れませんが固体燃料ロケットによる衛星打ち上げは世界最初だった
筈です。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 23:00:07.16 ID:XS8DCTvH
>>722
一番の特色は「燃費・耐久性に優れる」かな。
はやぶさのイオンエンジンは恐ろしく燃費が良いから凄い寄り道をしてもなお戻ってこれた。
部品の加工精度も高く、先端素材技術が世界シェア6割の底力で軽くて頑丈。
探索技術も一歩先を行く。
広大な宇宙で小さな小惑星を自分で見つけ、軌道計算まで行なって接近する技術はアメリカにも無い。
これは日本の哨戒艇が索敵世界一なのと無関係ではない。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/17(日) 01:14:21.32 ID:D0G1Mkj2
ディスカバリー計画が過小評価されすぎ

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/17(日) 10:53:34.08 ID:B4O2t4Xr
何故日本の政治家は事軍事国防となると、
中卒高卒レベルなんでしょうか?

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/17(日) 16:45:35.31 ID:qNk4G79x
>>728はいつものコピペ

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 00:06:34.33 ID:Ik19FuDd
>>726
何だ世界に誇れるじゃん

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 00:57:20.54 ID:SeUm8kOn
>>729
コピペじゃねーよ池沼

コピペと言うならコピペ元を示せるよな?

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 03:01:18.05 ID:7VGtUs7/
>>731もいつものコピペ

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 06:29:34.41 ID:UXkTuzPI
戦艦大和は魚雷数発程度なら難なく耐えますが、日本のイージス艦は魚雷一発で沈むと聞きました。
イージス(盾)とあろうものが魚雷一発で沈むってちょっと情けなくないですか?

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 09:40:14.69 ID:bBEXILDg
戦艦は敵の攻撃を装甲で受け止めるのが基本ですが現代の艦艇個別の防御網で
着弾前に迎撃するのが基本です。
艦砲でミサイルを迎撃したり対魚雷用の魚雷を装備する現代故の発想です。

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 11:19:58.37 ID:Fuj3isJv
戦争は何故起こるのですか?

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 20:28:44.72 ID:jriLF+vE
日本が空母を持つのは可能ですか?

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 21:19:21.03 ID:SeUm8kOn
>>732
お前頭悪いなw

邪魔だから消えるか死ぬかどっちかにしろ

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 22:16:19.70 ID:qy9tmHWU
専守防衛の日本で一番重要な兵器は何ですか?

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 22:38:42.13 ID:QRTPUuLA
>>738
戦車

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 22:47:57.10 ID:qy9tmHWU
>>739
海洋国なのに?

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 00:56:10.03 ID:amdVKkOO
>>735
国同士、民族間、宗教間などいろいろありますが
大集団同士の衝突においては、経済的な利害の不一致が原因であることが多いです
感情論や宗教心は大衆をあおるために使われます

より根本的には、人間が自我を持つ生物だからです
人に自我がある限り、争いはなくなりません

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 01:03:42.15 ID:amdVKkOO
>>736
技術的には可能ですが
・予算がない
・外征や示威の必要がない
・世論が必要性を感じていない
・憲法
などの理由により、現実的には難しいです

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 01:09:18.29 ID:amdVKkOO
>>738
専守防衛においては、他を圧倒する抑止力が必要です
小さくは潜水艦、大きくは日米同盟ですが
ある意味、最大の抑止兵器は
「いざとなったら日本は怖い」という他国の警戒心でしょう

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 10:50:20.41 ID:7uLCA1XK
つまり核・・・

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 14:20:20.96 ID:+dIn4cYM
日本って陸軍廃止して全部海空に回せないのですか?

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 18:18:03.60 ID:tumIjeUo
日本経済の雲行きが怪しくなると自衛隊の給料も削減されますか?

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 19:32:25.30 ID:yjE4bTox
核よりも弾道弾と敵地攻撃システムを整備するべき

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 21:22:07.94 ID:jFZyyN1/
>>742
予算がないという点について詳し教えてください。
今の日本の軍事費を見る限り無理ということですか?
それとも、今の日本ではどう資金繰りしても無理ですか?

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 23:16:51.03 ID:3cfVbckP
末端の兵士にいくら何でも給料渡しすぎじゃね?

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 23:37:13.55 ID:2T9EYD1O
>>748
作れない事も無いが、今の予算と人員で空母だけ保有しても、
他の部隊が維持できなくなって国防がままならなくなる。

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 23:38:43.99 ID:3cfVbckP
空母ってそんな金掛かるもんか?
他の艦船とそんなに変わらないだろうに

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 23:45:15.92 ID:kNiMLG3J
運用人員等から言ってまともな空母一隻=一個護衛艦群と言われています。
ローテも考えるとこの時点で破綻してる。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 23:49:35.82 ID:kNiMLG3J
あと一般論として空母は遠征用で防衛戦にはあまり必要ない。
そもそも空母自体がただの輸送船で直接的な戦力にならないのに護衛艦が
空母に拘束されるのでむしろ無い方が楽。

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 00:04:23.70 ID:3cfVbckP
日本自体が不沈空母だと言う考え方もありますしね

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 01:54:48.94 ID:7bXxje5P
簡単だよ、法令を改正して、護衛艦をすべて航空母艦と艦種名称変更すれば、いいだけだろ。

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 04:37:39.26 ID:hcE0ZOxQ
ヘリ用空母は有用だが、ジェット艦載機の大型空母を造る目的は?
シーレーン防衛に使える?空母作る前に、該当地域との連携強化が先。

馬鹿高い空母を無理に造り、潜水艦に沈められたら目も当てられん。
国防だけなら、国内の飛行場で良いし。




757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 04:46:33.10 ID:03+pp9oP
ヘリ専門よりヘリも艦載機も両方使えたほうがいいに決まってる

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 05:00:27.26 ID:hcE0ZOxQ
>>757
ヘリ空母は、日本近海の対潜水艦で有用だし、比較的安いが、
ジェット艦載機の空母は、外征とかの目的が無いと無駄が大きいと思う。


759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 10:52:49.98 ID:vLZ5KbXq
軍艦の空いてるスペースにヘリくらいなら搭載できるだろう

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 14:54:53.89 ID:ErklvVCW
空母って言っても何種類もあるんですね

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 17:06:33.72 ID:KsDI6xhn
>>755
バカ?

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 18:13:10.95 ID:R/A7DamL
>>759
積んだヘリに整備・補給ができないと搭載とは言えない。

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 19:19:32.52 ID:CVGxUKBS
ハリアーがあると、敵の哨戒機の駆除が出来て便利

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 19:28:09.48 ID:77EjA8VM
ただでさえ垂直離陸がオマケのようなハリアーを詰めと?

一応だが、ハリアーは目標破壊目的ではなく、
目標までの道で邪魔な物を叩くグリコのオマケみたいな物だぞ?

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 01:46:04.38 ID:pDgVIY2V
>>744
もし日本が核抑止を持つとしたら
米国の承認を得てニュークリアシェアリング、というのが一番現実的な路線だと思います
無理して作って、北朝鮮のように世界中から敵視されては意味がありませんし

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 01:48:24.82 ID:pDgVIY2V
>>745
海と空だけでは、敵のせいぜい3割ほどしか防げない、というのが定説です
もし陸自がいなければ、敵上陸時点で日本の敗北が決まってしまうので、全廃はできません
加えて日本は海岸線が長いので、それなりの兵数が必要です

敵地制圧には占領が必要なので、陸軍は軍隊の基本です

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 01:52:53.65 ID:pDgVIY2V
>>748
単純に予算だけを考えれば、+3兆円くらいあれば可能だと思いますが
予算増に対して国民の理解が得られないと思われます

ところで、ひゅうがや19500t型などを見ると
各護衛隊群を「擬似空母打撃群」にしようとしているような気もします

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 02:00:50.35 ID:prtVDJpA
打撃力が無い打撃群とな
ASWや兵力輸送には使えそうだが

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 14:44:02.58 ID:ql0ZSrNV
>>766
敵地に乗り込むこと自体自衛隊にはあり得ないだろ
占領なら海軍歩兵で十分だし

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 18:29:05.24 ID:ZniGTyre
日本にそんなのあるのですか?

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 21:05:32.31 ID:bbrXww8t
以前米軍の指導でそれっぽい訓練は受けてた気がする。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 22:51:31.52 ID:hnJfpCtP
ハリアーに、ASM-2×2、AAM-4×2、AAM-3×2の武装を施して護衛空母から発艦できる性能があればまた違ったかもね。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 23:10:53.36 ID:RHuSQFyw
ハリアーって重武装だと垂直離着陸できないよな?
スキージャンプの短距離式で、それなりの武装に対応できるとか。

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 00:18:51.98 ID:BnOb2zqf
偵察部隊は原則として交戦は禁じられているのですか?

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 00:32:43.61 ID:WX1ooLaK
まあハリアーはヘリより足は速いからDDHに搭載すればSHよりマシというぐらいにはなるだろうが
対水上打撃力とかはあまり期待できんだろうな

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 00:35:52.56 ID:SgbFlI30
ハリアーはハープーンを運用できるからそれだけで脅威にはなる

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 11:34:48.92 ID:ptnkC0Ss
現代の戦闘機は凄まじく金が掛かるみたいですけどこれからもどんどん上がっていくんですか?

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 17:26:46.69 ID:s/ZxuWEr
我が国の国防の要となっているものは何ですか?

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 17:27:01.21 ID:s/ZxuWEr
我が国の国防の要となっているものは何ですか?

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 17:57:08.83 ID:2MllqpRH
何故真珠湾の時にハワイを占領しなかったんですか?
そしたら日本の勝ちでしたよね?

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 18:08:55.70 ID:U17fMDIG
そんな輸送力も護衛艦艇も無いから
元々日本海軍の艦艇は西太平洋での行動を前提にしてて、米英の艦艇と比べると航続力が短い
甲板上にドラム缶を山積みしてまでようやくハワイにたどり着けたような有様なのに、その上上陸部隊まで搭載とか無理

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 19:31:24.85 ID:z2O4iTrF
補給艦を付ければいいんじゃねーの?

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 19:41:57.64 ID:U17fMDIG
その補給艦を作る金と鋼材と製造設備がどこから湧いてくるのかと
それが出来るぐらいの国力があったらそもそも戦争に負けとらんわい

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 00:32:48.38 ID:o8A2EDAH
大和造れたんだから補給艦くらい造れるのでは?

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 01:34:17.04 ID:qxN9DXcU
そもそも、その鉄と石油が無いから始めた戦争。
太平洋で展開するバカ食いの艦隊に補給する油や補給艦、護衛艦、航空機があれば初めから戦争などしていない。
大和も赤城も石油が無いからずっと係留されてていたわけで。



786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 01:38:19.33 ID:Uz0PwuUq
だからドイツのように電撃作戦でハワイを攻略するべきだった

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 09:24:55.98 ID:ClVCArrZ
>>784
当時の日本はどちらかと言えば正面戦力重視で兵站や後方支援は弱め。
と言うか活動範囲がある程度限定された戦力はどこもそんな物だろう。
そもそも艦隊に同行できるような高性能の補給艦なんてどこの国でも数が
少ないし当時って今みたいな海上補給ができたのか?
>>786
ハワイを占領しても補給が維持できなければ意味がない。
アジアの補給すらままならなかったのにハワイが可能なわけはないだろう。
だいたい当初から日本の戦争目的は早期講和であって勝てるとは思って
いないのでアメリカ本土に手を出してわざわざ相手のやる気に火を付ける
必要が無いと思ったのかも知れない。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 11:04:52.37 ID:MaF23gnr
勝てないくせに戦争したの?アホじゃん

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 11:09:06.32 ID:ClVCArrZ
戦わないと負け確定だったし。
もめた原因が中国の利権問題なのでアメリカが日本に対して妥協して
くれさえすれば良かった。

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 13:17:45.40 ID:KW5BvQN+
米低はあらゆる手段を講じて日本を潰すつもりだったのでしょうがない

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 13:29:06.96 ID:RzUt6TT6
>>788
21箇条要求の時点で米国との潜在的な対立が始まっていたわけで
それを最終的に回避できなかったのは政治の失敗

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 15:03:02.67 ID:PYnJnwvp
結局あの戦争って日米どちらが悪かったのでしょうか?

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 18:48:19.74 ID:KW5BvQN+
支那、蒙古、満洲を巡る対立が発端となり、
日米開戦か。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 19:48:42.44 ID:Tp0yQoV4
太平洋戦争は日本の正当防衛です。

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 20:58:01.85 ID:HdzplV5L
日本・・・日露戦後、アメリカとの満州鉄道共同経営の約束破棄
アメリカ・・・日本にムカつき移民規制

日本・・・満州事変〜中国介入
アメリカ・・・日本を条約違反等に基づき非難〜中国へ物資援助

日本・・・北部仏印進駐 ナチスと同盟
アメリカ・・・クズ鉄禁輸 交渉に妥協余地も見せる

日本・・・警告を蹴り、欧米領視野の南部仏印進駐
アメリカ・・・石油禁輸 強硬姿勢

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 21:47:48.84 ID:0cROgUo0
>>788
アメリカも勝てないベトナムに喧嘩売ったアホ

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 22:20:19.81 ID:Uz0PwuUq
松岡洋右は英雄ですか?

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 23:58:41.32 ID:7pHLTvMB
フリーメーソンやユダヤ資本の満洲進出を阻止した小村寿太郎が日本で国賊扱いを受けたのは何故ですか?

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 00:01:09.80 ID:b4Icjee3
ベトナムがアメリカに勝ったってことは
ベトナム>日本ですか?

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 03:54:47.16 ID:1GFQE26q
何故ドイツはアメリカより先に核兵器を実用化出来なかったんですか?

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 18:02:37.02 ID:8EGJbwW6
有能なユダヤ人科学者の多くがアメリカに逃げてきて協力したから。
あとはつぎ込んだリソースの差。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 18:15:26.14 ID:1yOPDHEP
日本が未だジェットエンジンで苦労してるように科学立国ドイツといえど全ての
科学分野が優れてる訳じゃないんだよ。


803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 19:46:44.81 ID:mCuYndeO
あと予算とか資材とかは足りてなかっただろうし

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 23:57:26.30 ID:BW9l+U8l
日帝とナチスを潰したら、他の国や勢力との戦争をしなければならなくなったダメリカ

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 01:28:37.01 ID:edbA4BrK
経済板で質問すべきか迷ったのですが…お詳しい方、よろしくお願いいたします。

>強すぎる日銀の独立性は北朝鮮のスパイもしくは暴力団等に悪用される可能性があります。
>日本銀行政策委員会(9人)に圧力/ハニートラップを仕掛けて金融政策を歪め、無理なデフレ継続によって日本を弱体化させることができます。
>金利調整の幅とタイミングをコントロールできるので金外貨株土地などで儲けたい放題、輸出入双方の関連業界からみかじめ料取り放題。
>北朝鮮への経済制裁に抜け穴を残すことになる等々。

>この様に主張することでインタゲもしくは名目GDP目標政策の導入、およびスパイ防止法の速やかな成立が可能になるのではないでしょうか。
>可能性の存在は否定出来ませんし、法案に反対/棄権するということは反社会的団体との癒着を認めたも同然となります。

>暴力団は暴対法がありますけれど、北朝鮮シンパの退路を断つために持ち出した方がよいのではないかと愚考した次第。
>スパイも北朝鮮籍とは限りませんが、拉致問題と絡めて反論を封じるのに役立つかと存じます。

…という文章を読みました。
通貨偽造が比較的重い罪に問われてたことを考えると、日銀や関係者には当然厳重な警護が付けられてるんじゃないかと思うんですが、そのあたりはどうなっているのでしょうか。
単なる杞憂、陰謀論ってことで大丈夫ですよね?

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 07:27:44.32 ID:rLResiH6
人種に能力差はありますか?

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 09:57:42.71 ID:mqdW1P6v
史上最低チョン。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 11:46:18.67 ID:afiegjT/
てか軍人に一番向く国民って何処ですか?

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 12:38:05.93 ID:psfT+6r/
日本人の下士官兵、ドイツ人の野戦指揮官、アメリカ人の将官で最強の軍ができるというな
あと軍人以外にも政治家や技術者も居ないと戦争ができんし

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 14:33:30.77 ID:JaneEdPV
アメリカとロシアの核兵器をありったけ打ち込めば太陽を破壊できますか?

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 16:25:45.35 ID:F+k3oPTn
>>809
超大国ソ連は?

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 21:58:41.89 ID:hB2yG9Rm
何故日本の国会議員は無能で、軍事力の正しい使い方が分からない痴呆議員が多いのでしょうか?

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 23:51:45.11 ID:LaKgOh6M
つ[>>812はいつものコピペ ]

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 01:24:10.55 ID:aYb2yyNJ
>>810
そんな微々たる量じゃとてもとても。
よく核兵器の多さを表現するのに「世界を○○回滅ぼす」ってあったけど「地球をを○○破壊する」
ってのは無かったはず。
太陽は体積比で地球の百万倍以上あるのでどれだけ無意味かが解るかと思います。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 11:04:16.55 ID:EnkHi/7j
届く前に溶けて無くなるのでは?

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 16:41:51.84 ID:XoJ4bhfc
世界を滅ぼす=地球を滅ぼす=生物全滅って意味じゃないの?

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 17:49:20.00 ID:coQNjKGk
>>816
>>810の質問は破壊だから表面を燃やして滅ぼすのとは意味が違うって事でしょ。

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 18:11:57.30 ID:Rjvyzs71
何故日本には、台湾島は中華民国固有の領土だと主張する池沼がたくさん居るんですか?

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 18:29:10.37 ID:CfLTFXOk
何故スペイン人民はフランコの独裁を受け入れ続けたのですか?
かつての内戦の様に抵抗しなかったのですか?

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 19:03:59.22 ID:coQNjKGk
>>818
台湾人自身にも独立派やら中国は台湾の一部派やらが居るのであながち
池沼でもないでしょ。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 00:09:51.80 ID:3FUFfw43
世界一親日な国って何処ですか?

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 00:59:01.56 ID:Bbp+8T4C
>>821
ゴスロリ少女王国だよ

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 01:48:02.71 ID:Bbp+8T4C
>>813は、コピペバカと普通の質問の区別ができない池沼

>>813は池沼なのでスルー推奨

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 13:36:27.26 ID:2LT/tomS
>>822
何処だよw

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 18:38:19.28 ID:lgKGxzql
何故我が国は未だに自力で戦闘機のエンジンを開発出来ないんですか?
一体何処に壁があるんですか?仮に1兆円の予算があれば開発出来るんですか?

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 18:54:23.72 ID:EXpsofUQ
基本的な理由としては敗戦による開発の出遅れです。
・・・初っぱなに乗り遅れたわけですね。
現時点で一番大きな理由とされているものは戦闘機用に必要な10t級エンジン
の試験施設が無いことです。何年か前に要求が却下されてます。
稼働試験のデータが取れないから設計のしようが無いんですよ。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 22:32:12.08 ID:2LT/tomS
もう埋めようが無いのでしょうか?

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 22:39:23.64 ID:5l9ge5HF
未来永劫埋まらない差では当然無いが
しかし次の次のF-Xぐらいまでは無理だろうな

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 22:56:28.94 ID:VxLdWmSH
>>825
だったらF-2のエンジン+小改良でいいだろ

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 23:08:39.81 ID:2LT/tomS
日本は細かい技術が得意分野だからなあ
エンジンなんて言うデッカイのには向かないのかもね

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 23:12:51.52 ID:5l9ge5HF
いや、さまざまな不運が加わって航空宇宙分野がピンポイントですごく苦手なんだと思う
デカいものでも造船とかは昔からそれなりに技術あるし

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 23:30:20.37 ID:lj7OOr7Z
どうして日本という国は理系特に技術者、研究者の評価が異常に低いんですか?

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 23:34:42.39 ID:5l9ge5HF
日本の研究者って質より量な気が・・・
人口に占める研究者の率は世界的に見ても相当高い方なんだが、それに見合うほど毎年ノーベル賞受賞者を出してるわけでもないしな
でも人数の多さと勤勉さのおかげで基礎研究分野はともかく実際に製品を開発するとなるとすごく強いな

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 00:08:52.38 ID:FxfyRWtn
理系はともかく文系は戦争に役立ちますか?

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 00:52:17.51 ID:2d+BnYft
>>834
日本語で頼む。なにを言いたいのかさっぱり判らん。
もし判る人が居たら翻訳して。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 00:58:44.88 ID:FxfyRWtn
>>835
そのまんまですけど・・・
文系って下っ端でしか使えませんよね

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 01:15:46.95 ID:SJKHnoWq
政治家も財界人も文系だろうが(理系も混じってるけど)

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 09:53:45.81 ID:FxfyRWtn
ポッポと菅は理系

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 12:00:48.95 ID:2d+BnYft
谷垣も理系

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 15:04:21.31 ID:EqQp/EkG
自転車乗りながらライフルで狙撃出来ますか?
流鏑馬みたいな感じで

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 15:20:25.89 ID:FxfyRWtn
>>840
普通に訓練すればその程度なら出来るようになりますけど

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 17:56:44.96 ID:FxfyRWtn
>>840
それ聞いて意味あるのか?

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 18:04:00.96 ID:EqQp/EkG
>>842
いやなんとなく
両手放しで自転車乗ってた時にふと思った

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 18:26:46.10 ID:FxfyRWtn
>>843
ほう・・・
しかし疑問に思うことは非常に良いことだ
アインシュタインも「いつまでも子供のままで疑問を持つことが私が他人と違うことだ」と言っていた品
少しでも疑問があるならバンバン質問してきなさい

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 19:02:38.62 ID:eCB/maKt
だが政治的な質問だけはかんべんな。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 19:10:27.18 ID:SJKHnoWq
オートバイに乗りながら銃を撃つのは偵察隊とかでやってるが、自転車は漕がなきゃいけない分安定性が悪いかも?
まあ練習すれば出来るだろうけど

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 20:10:43.37 ID:2fcN6hAB
衛星軌道上にある数cm単位のデブリってどうやって発見してるんですか?
何か特殊なレーダーとかあるんですか?

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 23:10:31.18 ID:cqOw80pA
>>847
天文板で聞かない理由は何かあるのか?

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 23:31:40.89 ID:FxfyRWtn
>>847
推測だったはずだが

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 23:50:29.90 ID:a0134R1c
政治家になる理系は理系でも下の方だぞ

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 00:07:56.24 ID:UkdtUPEY
>>850
MARCH以下の理系は理系を名乗る資格は無いですからなwww

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 00:59:05.90 ID:P/bPxWK4
現在慰安婦を持つ軍はありますか?


853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 01:13:14.33 ID:YMWe24Os
「持つ」って、組織として慰安婦が居る軍隊のことですか?
その理屈だと慰安婦も軍人と言うことになるので多分ありません。
実際問題国連の平和維持軍に出入りしていた慰安婦が殺された事件とかありますし、
はっきりとは言えませんが慰安婦の存在を受け入れている軍隊は相当数あるでしょう。
それは軍としてどうかと言うよりその国の法律で慰安婦が違法かどうかによります。

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 02:38:59.37 ID:u9nJYncH
軍隊において年功序列は需要ですか?

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 10:14:11.63 ID:UkdtUPEY
>>854
軍隊は実力主義です
役人とは違う!

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 10:48:57.68 ID:B0iHnooz
他国軍はどうか知らんが旧日本軍や自衛隊は思いっきり年功序列の世界だろ
でも階級が上に行くほど人数減るから実力も無きゃいかんが

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 10:56:17.79 ID:UkdtUPEY
>>856
学徒兵

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 11:34:23.53 ID:B0iHnooz
大学生が入営しても幹部候補生や予備学生の試験に受からなきゃただの二等兵だが

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 11:39:11.81 ID:UkdtUPEY
天下の京大東大の学徒なんだからそんなの余裕でしょ

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 11:50:13.26 ID:B0iHnooz
試験に受かれば士官になれるって点では陸士海兵出の正規将校と同じだ
ついでに海の予備学生はともかく陸の幹部候補生はペーパーテスト一発じゃなくて二等兵として入営して勤務した後選考会議が行われるので、
勤務態度も見られるし東大生だからといって受かるとは限らん

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 17:25:49.30 ID:PdDDixzM
閥の威光を知らぬガキが

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 20:13:16.60 ID:OkPAj72O
おおすみ型に上構物が無いのはお金が無かったからですか?

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 20:22:01.79 ID:m3wQ7/H7
WW2で日本人捕虜が中国軍に残虐な手口で虐殺された例はありますか?

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 20:38:59.08 ID:QiShU6RP
はいお。
まず最初の質問をお答えいたしましょう。

>>861
おおすみ型はヘリの搭載も考え、
甲板は砲台などありません。

代わりに甲板の影に20mmバルカン等を装備しております。

>>863
あります。
大量にあります。
一番有名なのが南京大虐殺。
他、通州虐殺事件など。

ちなみに日本も虐殺をやった事をあります。
中国人100人斬り等

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 21:20:37.94 ID:SKspiWWy
>>862
ヘリ搭載もあるけど甲板も車両駐車スペース。

>>864
やったかもしれんが100人切りは嘘。てかプロパガンダ。

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 21:35:48.54 ID:u9nJYncH
質問なんですけど
ヘリ空母ひゅうがとか揚陸艦おおすみとかいちいち別々に開発、建造せずに
韓国の独島級みたくどっちもいける多目的艦を運用したほうが効率良くないですか?

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 22:13:57.09 ID:BkSi2ZYz
>>840>>846
中国軍にそういう自転車部隊があったっぽい。
ペダルを漕がない立ち乗りでライフル撃ってる映像、テレビ特捜部で見た覚えがある。
現在もあるかどうかは知らん。

>>866
推測だが、予算獲得の都合かも。
多目的艦なら、それらの目的を同時にこなすには複数の同種艦艇が必要になるが、
同種艦艇複数分の予算って、政治的には削られやすい。
なので、似た目的ながら別種の艦艇とすることでその予算を獲得しやすいのかも。

……「潜水艦なんて時代遅れな代物はいらない」などという意見(いちゃもん?)が
まかり通り、しかもその発言をしたバカが国会議員になれるような国でなら、そういう
誤魔化しが通用する可能性が特に高いかと。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 22:14:10.62 ID:K3oRsaih
>>856
階級と年功序列は別だよ。


869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 22:19:02.39 ID:BkSi2ZYz
>>856
旧軍はともかく、自衛隊はそうでもないだろう。

来月発令の人事で東北方面総監が陸幕長になるけど、これは功績が評価されてのことかと。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 22:29:43.42 ID:BkSi2ZYz
>>847 NORADのレーダーに、そういうのがあったかと。

>>834
文系分野なら戦略レベルでの作戦立案に役立つよ。
作戦対象地域の地理だけでなく社会、民族、宗教、経済、産業などを知っておくと、
より効果的な作戦立案が可能になる場合もある。

理想をいえば、下士官レベルもそういう事情に精通していて、戦術レベルでより効果的に、
少なくとも「余計なことをしない」レベルくらいはほしいところ。
最近の米軍はこの辺がおろそかな気がする。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 22:39:47.63 ID:BkSi2ZYz
>>809
俺が聞いたのは兵は日本人、下士官はアメリカ人、士官はドイツ人だがね。

日本人:勤勉で、時に勇敢だから兵に向く。
アメリカ人:良くも悪くもコミュニケーションが上手いので中間職向き。
ドイツ人:民族の特性か、作戦指揮能力が格段に高い。

>>811
ポーランドに負け、最終的に勝ったとはいえフィンランドにも手こずるような
軍が最強軍隊の一角を占められるとは思えない。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 22:47:36.25 ID:BkSi2ZYz
>>810
無理。太陽表面で頻発してるプロミネンスがすでに木星規模の大きさなので、
実際に全部撃ち込んだとしてもプロミネンスすら起こせないレベル。

>>815
重力加速度を利用すれば、表面に届かせるくらいなら可能かもしれない。

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 22:57:35.04 ID:BkSi2ZYz
>>804
あの当時の世界情勢は、政治的には自由主義と共産主義と全体主義の三つどもえ。

英仏の対独融和は全体主義勢力を共産主義勢力にぶつけるための策謀、とも解釈できる。
ラインラント進駐からチェコ解体までもね。実際、スターリンは「英仏はドイツの
侵略を手助けしてる」みたいな非難もしてる。なので、独ソ不可侵条約さえなければ、
ドイツのポーランド侵攻を英仏は容認してた、と見る。
それを口実に宣戦布告したのに、本格的な作戦行動とってない点からも、目論見がはずれて
戸惑う英仏、というのが見えなくもない。

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 23:04:43.60 ID:BkSi2ZYz
>>821
トルコ、パラオ、ミクロネシアあたりかねぇ。
フィンランドをいれてもいいかも。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 23:12:59.51 ID:BkSi2ZYz
>>787
海上での燃料補給なら当時でもできたよ。

艦隊に油槽船(つまりタンカー)が同行してた、なんて記録は普通にあるし、
油槽船が予定時刻に来てないから、駆逐艦は戦艦から給油を受けた、なんて記録もある。

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 23:18:56.56 ID:BkSi2ZYz
>>741
経済的動機だけでなく、感情や宗教心も人間の行動原理になることを理解してくださいね。
パレスチナ紛争やイスラム過激主義テロなんて、宗教心での争いそのものですよ。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 23:59:03.00 ID:dG6S3SyS
>>866
頭悪いなお前w

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 00:48:23.37 ID:0RQ8cAGL
>>866
そこは逆に考えよう。艦隊所属のヘリ空母ひゅうがは揚陸任務とかしないし
輸送任務に従事する揚陸艦おおすみには専属のヘリを乗せる必要がない。
そもそも独島は乗せる物もないのにドンガラを作った上船体のサイズが不足
してどっちの機能も中途半端。
一見多目的艦は便利に思えるけど組み合わせる物によってはどっちも足を引っ
張るんだよ。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 12:00:39.72 ID:vFv9ENPI
ソ連の愛国者と言うのは矛盾してませんか?
社会主義なのに愛国心や民族主義を持つなんて…

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 20:08:44.73 ID:YP9VpNWB
矛盾しないよ。
革命は基本的にナショナリズムがもたらすものだからね。

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 20:24:57.55 ID:kV3JglAG
xvideosというサイトで、mate like sexというシリーズの動画がありますが、
出演している2人は誰ですか?
赤いスカートの子が気に入りました。

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 23:41:26.13 ID:hBH+p+Hq
トマホークって当てようと思えば艦艇にも当てられるんですか?

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 23:43:56.97 ID:7IQpjxWn
対艦用のトマホークもあったよ
今は退役してるが、対地用のトマホークを対艦用には使えない

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 23:53:42.06 ID:K7tqyNec
マルチトマホークで移動目標にも対応できるトマホークなら対艦にも使えますか?

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 23:54:47.32 ID:7IQpjxWn
シーカーを2種類搭載するスペースがあるのだろうか
というかできたとしても費用対効果が悪すぎ(対艦用トマホークが退役した原因もそれ)

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/31(日) 02:21:21.55 ID:ScsTO9dE
トマホークで米空母撃沈してるよ
http://www.youtube.com/watch?v=CD--ZTNHlfw&sns=em

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/31(日) 14:39:10.27 ID:RWWeJbDJ
xvideoなんか見てるやつは素人
もっと高性能のサイトあるだろ

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 15:40:44.74 ID:E+ibqUTd
質問です、何故このスレには回答者が居ないんでしょうか?

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 15:56:14.41 ID:lq5WvbE/
今日のご飯なんですか?

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 23:48:36.12 ID:iu3HupMr
>>889
蕎麦アイスクリームです

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 11:03:57.95 ID:oLdh2g3k
>>888
貴方と違って午前9時〜午後8時ごろまで働いているからです

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 14:10:51.39 ID:Vmqs3gs8
このスレって異様に過疎ってるけど何で?

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 15:08:15.73 ID:VljwHrLn
このスレが過疎ってるのではありません。
この板そのものに人が来ないのです。

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 16:05:37.57 ID:m0hlXuNh
日本人は国防に無関心なんですね

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 16:40:20.52 ID:Xwcp0mzw
ウヨが過剰にチュウゴクガーチョウセンガーって喚くのと国防に無関心なのとは違うぞwww

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 18:54:11.24 ID:e1BEA+5N
何故日本は、韓国に武力制裁をしないのでしょうか?

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 19:15:50.27 ID:c9R6F+j6
何を根拠にします?
竹島の場合どれだったかは忘れましたが国際法での武力制裁は占拠直後
にやらないと当事者でも違法ですよ。

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 23:55:53.71 ID:+4MRYuY8
占拠直後にやらなかった日本政府は馬鹿なんですか?
せめて50年代に派兵していればね。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 00:33:00.32 ID:rn7+/Ij+
当時まだ自衛隊が存在していなかった件について

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 10:05:56.26 ID:0phAUoJd
出来立てホヤホヤの自衛隊は強かったのに何故今はハニトラに掛かるほど弱いのですか?

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 12:46:36.57 ID:Z7DrY4To
>>899
当時もう警察予備隊は存在した件について

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 13:49:01.58 ID:18Af3iqr
じゃあ竹島奪回出来たじゃん

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 14:17:25.48 ID:rn7+/Ij+
警察予備隊や保安隊は直接侵略に対処する組織じゃないよ
保安庁法読んで来い

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 16:16:22.69 ID:8WZyLf/+
アメリカは何もしてくれなかったのですか?

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 04:15:43.23 ID:gzSR6oUJ
アメリカは日本が韓国と事を構えるのを止めた側。

ソ連と対峙し、中共とも間接戦闘していたアメリカは
日韓関係と東アジアがこれ以上の泥沼になる事を恐れた。
社会の混乱と疲弊が共産主義の台頭を生む事を白人は嫌というほど経験して来たからだ。

それは自国に置いても同様で、大戦の勝利にわく世論の陰で
帰還兵問題や厭戦気分が蔓延し、社会主義勢力がリベラルな都市層に急速に浸透していた。
アメリカにとっては日本も韓国も同じ属国、自国の前線基地。
そのなかでちょっとぐらい配備の持ち分が変わっても特に何も問題はない。

これが竹島を奪ったのが中国なら話は違っただろうが。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 19:45:27.15 ID:S0DkrW/Q
要するに独島を容認したのがアメリカ
でもウヨはアメリカべったり
ウヨって脳みそカラなんじゃないの?

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 22:23:24.13 ID:56FG/nAB
米帝を倒せ!

韓国が増長したのは、米帝と日本の親韓派売国議員の所為だ

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 00:47:37.59 ID:aERcK2XR
何故アメリカは嫌われるのですか?

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 01:16:07.23 ID:31uVDPaa
嫌われる事をしているからです

と言うか、韓国と仲良くする国は総じて嫌われます

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 08:01:25.40 ID:0tSdSf0m
もし憲法9条が無くなったら、自衛隊はアメリカの戦争へ駆り出されますか?

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 09:59:59.80 ID:osqMFZwP
てか9条が無くなること自体あり得ますか?

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 13:48:32.26 ID:erKwmsKY
>>911
常識的に解釈すれば憲法の改正は国民の3分の2の賛成が必要なので九条は無くなる事は無い。
しかし、条文の追加や「解釈の変更」で事実上の無効化する事は出来る。
そしてその作業は周辺事態法の成立によって何年も前にほぼ完了しており
イラクなどで既にアメリカの戦争に駆り出されてる。
九条があれば日本は戦争しなくても良いというのは大いなる間違い。

また、中国と戦争する時がくればアメリカの常套手段として相手にまず手を出させる。
それは確実に台湾ー沖縄ラインで、日本はそのままずるずると「先制的自衛」のために台湾に上陸し
黄海を押さえる米空母のサポートをしながら韓国軍とともに上海に上陸せざるを得ない。




913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 18:36:07.14 ID:v4Ftuwhn
韓国軍と一緒に戦ったり、泥沼の大陸に踏み込むのは嫌です

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 18:37:30.95 ID:s+RoI5zS
>>913
一緒に戦うんじゃなくて、韓国軍と戦うの。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 11:01:02.52 ID:LsGYqxqm
何で韓国やねん

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 15:03:34.48 ID:rV1euxDV
祖国を裏切って敵側に付いた自衛隊員がいたとして
その自衛隊員は戦争終結後どういう罪に問われますか?

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 17:54:22.59 ID:kPnK1BKi
何で自衛隊は韓国にすら勝てないの?
兵站整備しないの?

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 18:10:06.32 ID:lkFSHg3K
韓国海軍が海自とやり合ったら一時間くらいで壊滅するとか言ってましたよ?

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 18:12:48.00 ID:urHdq8LQ
どっちが?

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 20:38:21.02 ID:lkFSHg3K
韓国海軍が。
半分は予算獲得の方便だろうけど曰く「数は韓国が倍するが総排水量は日本が倍、
近代化度合いを考慮しても太刀打ちできない」とか何年か前に言ってた。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 20:41:24.80 ID:lkFSHg3K
そもそも韓国主力のKDX1−3級が日本の一個艦隊分くらいしかないし。

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 21:25:56.84 ID:9kqHxvmi
日本が戦争になったら
昔みたいに兵隊にならないといけないの?

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 03:29:55.24 ID:MKKdE/g4
>>922
携帯から文章が破綻しているアホな質問をするんじゃない

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 03:38:55.42 ID:pL+droN4
>>916
自衛隊は建前上、軍隊ではないので軍法がない。
なので特別公務員職権濫用罪や特別背任、あるいは無断渡航という一般の法律で普通に裁かれる。
ただ、実際に戦争になったとしたら、恐らく戦中に新たな法案が出来るだろう。

>>917
勝てない?
負けた事などない。負ける要素もない。
まず国力がまるで違う。空海の装備の量的・質的・錬度レベルも全く違う。
加えて、対北相手に陸上装備に重点を置いた韓国軍は
戦略的に後方、つまり海側はアメリカと日本に任せているためにがら空きで
日本のような海洋国家と戦争が出来るような兵裝を持っていない。
日本がアメリカに要害を押さえられているためにアメリカに丸裸なのと同様、
韓国は沖縄を擁する日本に対し全くの無防備。戦争になれば半月で堕とせる。


925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 04:01:01.51 ID:pL+droN4
>>922
結論から言えば、可能性は無いわけではないが極めて低い。
現在の自衛隊は一人一人が高度な技術をもった専門職で相応の教育も受けている。
素人が戦地に行っても何の役にも立たないどころか完全な足手まとい。

実は第二次大戦中も同じ問題はあった。
特にパイロットがその極端な弊害を被り、特攻隊編成の一因ともなった。
素人同然の人間がが飛行機に乗っても百戦錬磨のアメリカパイロットとは闘えるだけの能力が無いから
お前はせめて爆弾になれ、という理屈だった訳だ。
だが批判の多い特攻隊は、実際の費用対効果、つまり戦死者・損害と戦果を比べてみた場合、
実際には戦後喧伝されたごとく悪いものではなかった。
むしろかなり効果的だったと見ていい。(可能性がないわけではない、というのはこのためだ)
無論、命を軽視する戦術が与えた影響は戦果のみではかる事はできないが・・・・。


926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 08:23:16.44 ID:0RvVNmC7
>>924
>なので特別公務員職権濫用罪や特別背任、あるいは無断渡航という一般の法律で普通に裁かれる。
>ただ、実際に戦争になったとしたら、恐らく戦中に新たな法案が出来るだろう。
憲法で、最終審が最高裁判所と明確に決められてるので、そんなの決めても違憲裁判起こされて、
その法律自体が違憲と却下されるだけ。

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 08:51:29.38 ID:pL+droN4
違憲と判断された法案が実際に政府によって破棄された事は無い。
先だっての選挙も違憲だと判断されたが民主は与党のまま。
それが現実。
裁判所は判断を下すだけの場所。それ以上の事は出来ない。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 09:11:20.55 ID:1F+WwoLB
>憲法で、最終審が最高裁判所と明確に決められてるので、
実際にどうなるかは知らないが最高裁判所自体がその業務を軍法会議に委任
する形式を取れば可能かも知れない。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 10:38:39.98 ID:0RvVNmC7
>>928
法学板で、委任できるか聞いて見な。大笑いされるから。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 16:23:11.22 ID:ZS1t+qLn
>>929
お前が大笑いされるぞ

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 16:26:47.28 ID:sKnzJdXs
>>927
違う
違憲だけど
今更選挙をやり直すと混乱するから
公益に照らして非合法と判断しないだけ

逆に言えば公益をも損なう不正選挙だと判決されたら
それは法的拘束力を持つ

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 16:28:31.39 ID:sKnzJdXs
>>925
>素人が戦地に行っても何の役にも立たないどころか完全な足手まとい。

そこで後方輸送の業務を運送業者という民間人にやらせようという悪法を作った
それが有事法制
あれは実質的な徴兵制度

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 16:33:17.37 ID:sKnzJdXs
>>924みたいなのがスペック厨の悪い癖で
戦争は兵器の性能だけでやるものだと思ってる
実際には政府の戦争遂行能力の高低の方が
遥かに重要

半チョッパリの李明博は
大統領としては無能の部類だが
それでも政府が学級崩壊状態の日本よりは
遥かにマシな能力を持っている


934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 21:02:53.81 ID:MZ7na0gV
>>933
祖国に帰れ

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 22:40:23.08 ID:pL+droN4
>>933
大日本帝国参謀本部から這い出て来た亡霊だな。
それで一度国が滅びたというのにまだ懲りないのか。

大軍の前に兵法無し。
圧倒的戦力の軍はただ前に進めばよい。

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 23:02:43.29 ID:po+RM2nW
現代戦でそれは通用しないだろう

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 01:12:10.80 ID:9lLR018z
国防の手を抜くとどうなりますか?

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 15:52:17.92 ID:RIJGnpSR
>>936
現代における大軍とは数ではない。
その戦闘能力とバックアップしている国力をそのものさす。イラクとアメリカの戦車戦がその好例だ。
アメリカはその戦車自体の性能もさることながら、サポートする空母群、衛星システムや
リアルタイムで戦況を判断する本国のスペシャリストなど、まさに軍容でイラクを圧倒していた。
その陣容のまえではただ戦車は進んで、撃つだけ。イラクは実質、その戦闘で戦争継続能力を失った。

日本と韓国も同じ。海自は前に進むだけ。
韓国は生命線である黄海〜東シナ海のライン奪取に向けて戦闘を開始するだろう。
日本はただ相手が港から出て来て網にかかるのを待てばいい。
なぜならそのラインは日本が現状で押さえ切っているからだ。
東シナ海は日本の庭。洋上戦闘が出来る船が数隻しか無い韓国は組織的戦闘を行なう暇もなく壊滅する。
韓国のために擁護すれば、日本と東シナ海で海戦をして勝てる国などアメリカしかいない。
制海権を奪われた韓国は補給ルートどころか国内消費の輸入ルートの大半を喪失し降伏せざるを得ない。


939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 16:55:25.47 ID:FVYP21FP
>>938
>イラクとアメリカの戦車戦
イラク戦車のほうが数少ないだろ
イラク戦車10対アメリカ戦車1の割合だったらイラクが勝つ
現代戦も数は重要

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 17:24:15.14 ID:wDseYcZP
何故自衛隊では、軍事素人の無能な国会議員と大蔵官僚によって、
安物買いの銭失い的な駄目な兵器の調達が横行しているのでしょうか?

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 18:14:32.34 ID:KC6yw10N
>>939
具体的な戦力比の資料が見つからないので信頼性に欠けるがイラク戦争が
まさに「イラク戦車10対アメリカ戦車1」だったみたいだ。
だいたい陸軍大国イラクを圧倒する戦車を出向く側の多国籍軍が持ち込める
かが微妙。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 22:02:40.65 ID:Wbp+a/I2
>>941
実際に戦車同士が戦う前に航空機の地上攻撃で、ほとんど壊滅してたらしいぞ>イラク軍戦車

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 22:21:48.78 ID:FVYP21FP
多国籍軍&イラク軍vsアメリカ軍の戦車戦だったら互角じゃね?

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 01:29:34.36 ID:4UV+HohD
自衛隊に白人黒人はいますか?

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 11:23:07.47 ID:3e3jhdTY
>>943
アメリカ強いの?

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 18:44:51.36 ID:oqEF4+4I
仮に韓国と断交すれば、日本の国防にはどのような影響がありますか?

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 23:54:57.74 ID:aW/zgDZ+
日本の軍事力が弱いのは、
まともな国防政策を持つ議員が米帝の工作員によって失脚させられるからですか?

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 10:37:07.52 ID:fkFlhgY4
>>944
たしか帰化した人は入隊できなかったはずなので直接的には居ない。
だが二世とかその血統の人は居るかもしれない。
ただし面倒事になるかもしれないので旨いことふるいで落としている可能性はある。

>>945
強いです。
ただアメリカも完璧超人じゃないので戦車単体なら若干見劣りしてるような気もする。
アメリカの強さは高い水準の質や量と同時に統合したシステムの強さ。

>>946
影響無し。なぜなら日韓間に防衛協力の条約がないので仮想敵である現状とあまり変わらない。

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 10:47:49.76 ID:k0Z6CmLj
帰化人無理なの?何で?

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 11:24:50.59 ID:OXuXu+CH
1公明党は創価学会。2創価は電波思考盗聴で殺人。3警視庁は隠ぺい。4公安は主犯。5朝鮮と中国は盗聴機械で日本人10万人殺している。A全て正解!!

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 23:04:39.29 ID:+Ck+NnWP
>>949
帰化って要は日本国籍持った元外国人だから仮に出世した時とか機密の管理上で
都合が悪かろう。

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 23:27:40.74 ID:woC7RMjp
外国人を自衛隊に入れるな

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 23:59:42.33 ID:eC2iPh/0
帰化人でも親が共産党員でも自衛隊に入れることは入れるが機密に触れるような部署には絶対つけないらしいよ

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 01:42:45.43 ID:R57f/i0w
>>953
つ職業選択の自由

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 02:16:34.58 ID:UuYsU6Hf
法律が100%守られると思ってるとかどんだけ世間知らずなんだよw

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 17:15:18.36 ID:DD3uKNPi
共産党員は日本人じゃん

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 17:49:17.42 ID:CDyUoOtb
創価だって日本人いるじゃん

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 21:23:05.00 ID:Gx39SG/f
何故日本には愛国政党がなく、
自民、公明、民主の様な売国政党ばかりが政権与党になるのでしょうか?

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 01:41:15.99 ID:2/1LHS1C
自民党の様な似非保守売国奴しか投票先が無いから、
日本では民主主義が発展しないんですか?

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 03:42:56.87 ID:UdmnqLQz
日本が他の先進国と比較して金の保有量が少ないの何故ですか?
かつては黄金の国と呼ばれたのに寂しすぎませんか?

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 09:21:58.07 ID:fE5CjG1p
江戸時代に海外に出たんで

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 18:20:44.71 ID:p0lxQlVm
金の価値を理解していなかった徳川幕府はバカですか?

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 18:38:48.56 ID:l+3P/CHX
>>962
むしろ日本の貨幣経済は世界より進んでましたよ。

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 18:57:12.63 ID:l+3P/CHX
>>962
では何故こんな事になったかと言うと日本では当時金が豊富でむしろ銀が貴重、
銀と金の交換は日本も海外も価値に応じた重量比だった為日本市場内での
金−銀交換相場と世界の相場に差がありました。
この事から外国の銀貨を日本の金貨に交換(金の価値が安いので外国より金の量が増える)、
これを際換金せずに持ち出し外国で換金する(銀の価値が安いので日本より銀の量が増える)
と何と銀貨が二倍になったと言われています。
この交換レートの違いを利用した金儲けが横行した為大量の金が国外に流出
する原因となってしまいます。

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 07:15:06.45 ID:wzdrQAL7
銀が貴重というのは誤解を招くだろ。
貨幣の最たる流通者である商人が中国との取り引きのために銀を必要としたからであって、
金そのものの価値が銀より低かったわけではない。
実際には金と銀の交換比は金一両に対し銀は5〜7両(一応、幕制では7.5両)だった。
金は一般流通に用い難く武家や商人の蔵に死蔵されるケースが多かった。
そこに目をつけた南蛮人が金の有効活用を持ちかけて、日本人はほいほい乗ってしまっただけ。
騙されたわけじゃないんだよ。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 07:24:02.66 ID:d2e5ndRF
次スレどうするの?

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 10:06:36.16 ID:x0gdM/6P
白人の方が一枚上手だったってことだろ?

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 12:16:05.75 ID:kqbrshT/
上手も何も高額貨幣=貴金属の価値だった当時の貨幣制度の問題が表面化した一例だろ。
この時代はまだ金銭の額面価値を国家が保証するシステムが確立されていなかったらしいし。
そもそもレートの違いは日本も知っていて(鎖国前のアジアには結構な数の日本人街があって
情報収集自体は行われていた。)国内で換金する際にはレート差を貨幣重量で補正しようとした
ようだが上述の理由でうまくいかなかったみたいだ。

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 15:00:49.63 ID:0V2SBjWR
大恐慌が無ければ未だに金本位制でしたか?

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 15:50:20.35 ID:NT3qP+ee
バカ過ぎる

銀は錆びて無くなるが、金は全く錆びないし、
最先端科学や工業では必要不可欠

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 16:53:23.39 ID:wzdrQAL7
いきなりなんだ

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 17:37:11.58 ID:0cOvD2Bl
アメリカは世界一の寄付大国なのに何故貧富の格差が埋まらないんでしょうか?

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 21:58:00.69 ID:CYvg2W9o
中曽根大尉どのがアメリカは低能民族や低能人種が居るので、
貧困層や低学歴が居なくならないと言っておりましたがどうでしょうか?

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 23:47:10.90 ID:KYL32hfI
低脳人種って黒人の事?

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 00:05:00.61 ID:rrDuq4iF
石油が無くなった場合戦車は何で動きますか?

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 00:13:35.08 ID:MSuPKfCQ
バイオ燃料。
恐らくだけど内燃機関その物は当分無くならない。

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 00:17:58.04 ID:rrDuq4iF
戦車は無くならないんですね

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 02:43:52.39 ID:FHRc++PE
イラク戦争にアメリカがかけた諸々の戦費は3兆ドル、死傷者も数多く出しましたが、
それに見合うだけの対費用効果はあったんですか?
というよりそれだけの投資利回りが見込めたから始めたんですよね?

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 02:54:51.99 ID:nL/ho8h9
海上自衛隊が、大日本帝國海軍の様な大海軍になる為には何が必要ですか?

980 :名無し:2011/08/14(日) 10:30:41.98 ID:f/Cw3THQ ?2BP(0)
日米戦争は当時の植民地主義という世界情勢の中で遅かれ早かれ勃発する状態であった。

981 :名無し:2011/08/14(日) 10:43:37.52 ID:f/Cw3THQ ?2BP(0)
初心者です。よろしく

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 15:29:07.14 ID:b5x69xuE
>>978
めちゃめちゃ大赤字です
オバマ政権が財政赤字に悩んでいるのも
元はといえばブッシュのせいです
ブッシュは全財産を没収されても
文句は言えませんね

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 18:06:04.11 ID:b5x69xuE
>>979
まずアメリカのイヌをやめること

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 19:12:38.75 ID:RCu7hxa8
自衛官はいざ戦争が起きれば辞めたり病欠したりしませんか?

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 20:13:28.60 ID:b5x69xuE
>>984
フクシマのときでさえ
放射能が怖いからと
逃げ出した自衛官がいるくらいなので
有事ではもっと多くが逃げ出すでしょうね

自衛隊法では脱走の罪は
死ぬことに比べれば
軽いし

986 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/08/15(月) 04:54:40.76 ID:rpoqZTbC
てs

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 13:19:24.17 ID:7MgXtxNm
>>984
当然それくらいはあるだろう。ただ何も無いところからいきなり戦争になる事はそうないので
緊張の度合いに応じてまじめに法整備を行うと思う。
平時については当の自衛隊にしても実戦想定したデータ取りだと思っているらしいので今の
ところはそれ程問題視はしていないだろう。
それで部隊の員数が足りなくなるのは困りものだが・・・。
ただし自衛官の脱落率について言えば平時は逃げ出してもどうにかなるが帰る場所が無くなり
かねない戦時はどうなるか分からない。

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 13:28:33.11 ID:tf7ulftN
>>984
こういうのって、他国の軍隊でもあったりするんですか?

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 14:33:32.81 ID:7MgXtxNm
>>983
>戦争が起きれば辞めたり病欠したり
このような事はきちんと法整備がされている他国の軍隊ではできない。
病気の場合は微妙だが原則として外出中でも命令が出た時点から一定時間内に
原隊復帰をしないと敵前逃亡と同罪になる。
では何故自衛隊が可能かというと自衛官への命令は「本人が辞令を受けた時点」
からと言う事らしい。
この為やばそうな感じになったらとりあえず有休を取って様子見、本決まりに
なったら部隊で辞令を受けずそのまま退職願を出すというのが可能なんだそうだ。

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 14:34:17.63 ID:7MgXtxNm
訂正
>>983>>988

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 17:20:29.77 ID:eEoho5uB
つか、敵前逃亡罪は自衛隊では懲戒免職になるだけだしな

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 19:36:13.66 ID:I5nJ0LZ3
先の自衛隊イラク派遣では、35人の死者が出ましたが
その大半が自殺、病死とありまして、戦死した者は1人もいませんが
3ヶ月交代の遠征で派遣人数も毎回数百人規模
自殺や病死ってそんなに出るものなんですか?

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 20:16:39.81 ID:FkaHffbx
環境が苛酷だったり水が合わなかったりしたんじゃないだろうか
死亡率を平時の内地と同列には比べられないだろう

もしかしたら戦死したのを病死と発表したのかもしれないが

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 21:07:57.34 ID:SIQlTazv
>>988
バトルオブブリテンの時に英空軍基地の兵士がストライキしたことがあった。

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 22:01:56.70 ID:LdNKHYyM
自衛隊の後方補給任務はイラクにおいては非常に危険な任務だった。
補給路が街によっては一本しかなく、爆弾が仕掛けられていたり待ち伏せされてても避けようがないのに行くしかない。
アメリカではそれを州兵(ほとんど一般人)が受け持ったためにパニック障害になる兵士が続出し大問題になっってる。

現在ではそういう危険な補給路の補給隊の警護は超高給民間スペシャリストの仕事になった。
本末転倒もいいとこだが、それが現実。

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 22:53:13.41 ID:IoIaYaSb
何故日本は、精強な軍隊の建設ができる能力を持っている優秀な人材が、
国政選挙で当選できないのでしょうか?

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/16(火) 00:06:06.62 ID:c+E9z71Z
州兵の何処が一般人なんだ?

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/16(火) 01:59:56.36 ID:0ixhBZwP
>>997
州兵は普段は別の仕事に携わり、週末だけ軍の訓練や業務をこなす主婦、
名義だけ登録(これは州によって契約の規則が違う)し
一年に数回訓練を受ける義務のあるだけのサラリーマン、
あるいは国軍の事務、売店販売員、物資の搬入トラック運転員など、
要するにほとんど訓練も実務もほとんど実戦とは縁のない人間が多い。
兵士ではなく連邦軍の雑務をこなす地方公務員という性格が強かった。
入隊規約にも、戦時は「国内における」後方支援、となっていた。
しかしそれはあの手この手でなし崩しにされ、前線投入されているのは知っての通り。

それは初期の話で、今はもっと酷い。
アメリカが高い失業率に苦しんでいるのは知っての通り。
州兵はいろんな契約が可能なため、馬鹿な失業者がスカウトマンの甘いささやきにころりとやられる。
曰く「州兵は国から交付金がある。頭数だけ必要なんだ。戦地には行かなくていい。
たった六週間の訓練を受けるだけでお金と年金がもらえる簡単なお仕事です」
それで7週目にはイラク入り。とかね。

224 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)