5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本無条件降伏なら、北方領土返還を口にするな!

1 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/01(土) 10:54:32.18 ID:UMQlcxTc
 一方でソ連に北方領土の返還を迫りながら、他方ポツダム宣言によって日本が無条件降伏し
たというような、精神分裂病のようなことを言う人間がいるとすれば、その人間はよほどどう
かしているといわなければなりません。(江藤淳)
http://www.inet-mitakai.com/Pages_folder/hon3.html

無条件降伏の法的定義は定まってはいないが(あるというのなら出してみてくれ)、敗戦国からは一切
の異論は出しません、けれども国際法は守って下さいということなら、ヤルタ協定で『千島列島ハ
「ソヴィエト」連邦ニ引渡サルベシ』、ポツダム宣言において『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』
と書かれてある以上、北方領土に関して日本の領土権は消滅だ。国際法に言及するならば、
東京大空襲や広島長崎の原爆投下こそ国際法の絶対原則に反する暴挙だ。だが領土割譲は日露戦争
のポーツマス条約やフィンランド戦争のパリ講和条約に定められているように、国際法上の縛りは皆無だ。
またサンフランシスコ条約で東京裁判を『受諾』したということであれば、東京裁判にはソ連の判事
(I・M・ザリヤノフ)も参加しており、ソ連は日本の侵略行動を断罪した裁判官であり、日本は侵略行動
の罪で起訴された被告人となる。そもそもソ連抜きのポツダム宣言は日本政府に『黙殺』されており、
受諾されたのは「後ニ「ソヴィエト」社会主義共和國聯邦ガ参加シタル宣言」だ。

 『日本が南樺太・千島を放棄し、特に国後・択捉をソ連領として認めるならば、サンフランシスコ条約違反
となる。これは、サンフランシスコ条約以上のことをソ連に認めることになり、この場合は米国としては
サンフランシスコ条約第26条により沖縄を永久に領有する。』 (注1)
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/Hoppou4.htm

ただし無条件降伏論でも、『ソ連邦の寛大なおぼしめしと対日友好姿勢により、歯舞・色丹の2島を
日本が譲り受ける』という形で日ソ合意できたはずだった。なのに『日本は無条件降伏をしたが
領土割譲は認めない』という支離滅裂がゴリ押しされ、日ソ合意は潰れてしまった。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

2 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/01(土) 10:56:58.26 ID:UMQlcxTc
歯舞・色丹の2島引き渡しで妥協を目指すなら、外務省は直ちに北方領土返還論を撤回し、
その上でソ連邦(現ロシア)の寛大なおぼしめしと対日友好姿勢を譲り受けること。
無条件降伏をしたということであれば、千島列島はヤルタ協定に従ってソ連領で合法化される。
いずれにしても「無条件降伏はしたが領土割譲は認めない」などという支離滅裂では何も解決しない。

だから無条件降伏をしたということなら直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向かって証明しろ!

6.千島返還論
 1956年に日本とソ連との間で結ばれた日ソ共同宣言では「引き渡し」となっており、
「返還」ではありません。返還だと、本来、日本の領土であると言う事が前提になるので、
ロシアが返還を認めることはありえません。将来、日本にいくつかの島が戻ってくる事が
あったとしても「引き渡し」になると思います。しかし、日本では「返還」の用語が使われているので、
ここでは、「引き渡し」の意味で「返還」の用語を使います。
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/Hoppou6.htm

 日本は平和条約を締結するに当たって、日本政府の立場を説明するために、日本は米国に対して
36冊に及ぶ資料を提出、日本の立場を説明している。1946年11月作成の「千島列島・歯舞・色丹」、
1949年1月作成の「樺太」、1949年4月作成の「南千島・歯舞・色丹」の3冊が、樺太・千島を扱ったものである。
(『日本外交史27 サンフランシスコ平和条約』 西村熊雄/著 鹿島平和研究所/編 鹿島平和研究所出版会 1971)
 現在これらの資料を日本政府は非公開としているが、1946年11月作成の「千島列島・歯舞・色丹」は、
1996年にオーストラリア公文書館で発見された。この資料によると、日本政府は、国後・択捉をクリール列島
に含めいる。1956年以降、日本政府は、北方領土はクリール列島に含まれないと説明しているが、
発見された資料によれば、日本政府の説明は完全な虚偽であることが分かる。
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/HoppouShiryou/S1/194611GaumushouChousho.htm

3 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/01(土) 10:59:30.89 ID:UMQlcxTc
>敗戦国からは一切の異論は出しません、

日本側からのいかなる異論をも受け付けない
日本側からのいかなる異論をも受け付けない
日本側からのいかなる異論をも受け付けない

1945年9月6日
「連合国最高司令官の権限に関するマックアーサー元帥への通達」(JCS1380/6 =SWNCC181/2)
http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/01/023shoshi.html 
「天皇及び日本政府の国家統治の権限は、連合国最高司令官としての貴官に従属する。貴官は、貴官の使命を
実行するため貴官が適当と認めるところに従って貴官の権限を行使する。われわれと日本との関係は、
契約的基礎の上に立つているのではなく、無条件降伏を基礎とするものである。貴官の権限は最高であるから、
貴官は、その範囲に関しては日本側からのいかなる異論をも受け付けない」
http://nanigasi00toua.blog63.fc2.com/blog-entry-93.html

昭和24年11月26日 衆議院予算委員会 内閣総理大臣 吉田茂
「またこの間もよく申したのでありますが、日本国は無条件降伏をしたのである。そしてポツダム宣言
その他は米国政府としては、無条件降伏をした日本がヤルタ協定あるいはポツダム宣言といいますか、
それらに基いて権利を主張することは認められない、こう思つております」
⇒昭和24年の吉田茂の発言である。ここでは、日本政府によるポツダム宣言に基づく権利主張の
否定を明言し、ポ宣言の契約性・法的拘束性を否定、「無条件降伏」であるとしている。
http://nanigasi00toua.blog63.fc2.com/blog-entry-93.html

4 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/01(土) 11:02:13.10 ID:UMQlcxTc
>吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ

(3)我方はポツダム宣言の条項で当事国の合意を前提とするものについては我方が誠実に履行する
のは固より、同宣言の条項中その合意を前提としないものについても我方の協力を約束したのである。
降伏文書第六項がそれである。即ち連役合国は降伏文書において我方をして「ポツダム宣言ノ条項ヲ
誠実ニ履行スルコト並ニ右宣言ヲ実施スル為連合国最高司令官又ハ其ノ他特定ノ連合国代表者ガ要求
スルコトアルベキ一切ノ命令ヲ発シ且斯ル一切ノ措置ヲ執ルコト」を約束せしめたのである。しかし我方が
連合国軍の占領行政に協力することを応諾してもそのために占領の性質には変りはない。この約束は
占領軍からすれば占領行政が支障なく運行されることであり他方被占領国からすれば国際法上占領軍
の命令に服従すべき被占領国民の義務と併せて日本国政府の協力義務があるということである。
さればこの約束があるからといつて連合国最高司令官の被占領国民に対し行使する権力とその義務と
に変りがないことは明である。連合国最高司令官が軍事占領者として有する権力と義務とは国際法上の
法規及び慣例に基くものであつて,この約束に基くものでない。多数意見は「わが国はポツダム宣言を受諾し、
降伏文書に調印して、連合国に対して無条件降伏をした。」とし「その結果連合国最高司令官は降伏条項
を実施するため適当と認める措置をとる権限を有し云々」というけれども、わが国はポツダム宣言を受諾した
結果契約関係として成立した休戦条約その他降伏文書の規定にかかわりなく休戦と同時に連合国が留保
している占領が開始されたため連合国最高司令官が占領行政を行使することとなつて「この限りにおいて
わが国の統治の権限は連合国最高司令官の制限の下に置かれることになつた」のである。
それ故ポツダム宣言の受諾を無条件降伏と呼ぶと否とにかかわらずわが国の統治の権限が連合国
最高司令官の制限の下に置かれることになつたのは同宣言の受諾の効果ではなく同宣言中我方の
同意を前提としない占領の効果に外ならないのである。
http://www.hiraoka.rose.ne.jp/C/530408S0.htm

5 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 11:09:18.13 ID:rBB64ir+
早く9条を書き換えて独立すべき。
ロシアの周辺諸国を支援すれば崩壊させれるし領土も取り返せる

6 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 11:11:58.34 ID:rBB64ir+
返還じゃなく奪還にする

7 :だつおvs江藤淳:2011/10/01(土) 11:46:59.07 ID:urWlNTrg
571 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/09/16(金) 03:26:16.29 ID:1TI9P9oY0
@カイロ宣言を正しく読めば、『領土不拡大の原則』ではなく、『領土拡大の念無し』なので、日本の侵略を制止し、
日本を罰するために領土を削減し、その結果として、ソ連の領土が増大したのならば、領土拡大の念無しに抵触しない。
Aポツダム宣言では次のように書かれている。『カイロ宣言ノ条項ハ履行セラルベク』の『履行セラルベク』とは、履行する事を求めている条項を履行するのであって
、履行する事が求められていない条項は履行する必要ない。『領土拡張ノ何等ノ念ヲモ有スルモノニ非ズ』はカイロ宣言時
の状況説明であって、履行を求めている条項ではないので、ポツダム宣言8条の適用とはなりえない。


584 : 江藤淳:2011/09/16(金) 21:29:25.32 ID:dNisT7320
>>571
第8項には「カイロ宣言の条項は履行せられるべく、また日本の主権は本州、北海道、九州
及び四国並びにわれらの決定する諸島嶼に局限せらるべし」。これは重要な条項でありまして、
カイロ宣言という宣言は対日戦後政策をごく抽象的な形で明らかにした宣言ですが、そこで連合国は
「領土拡張の何等の念をも有するものに非ず」と明言しております。現在私どもは、ソ連の北方領土占拠が
はなはだ不当であるとしてその返還を要求していますが、その論拠も実はこの第8項にある。なぜならソ連は、
1945年7月26日のポツダムにおける宣言署名の段階においては
この宣言の署名国に加わっていませんけれども、8月8日深夜、対日宣戦布告と
同時にポツダム宣言に加入する意志を表明して、署名国に加入しました。それはとりもなおさず
ポツダム宣言によって拘束させられる立場になったということであって、カイロ宣言が領土
拡張を求めないという連合国の意思を表明している以上、そしてソビエト連邦社会主義共和国
が連合国側に加わつて、対日戦に参戦しポツダム宣言の署名国となった以上、ソ連は当然カイロ宣言の条項に
拘束されぬわけにはいきません。

8 :だつおvs江藤淳:2011/10/01(土) 11:50:36.82 ID:urWlNTrg
572 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/09/16(金) 03:53:49.61 ID:1TI9P9oY0

何度も言うがカイロ宣言は米英中の合意であり、ソ連は含まれていない。
米英中が領土不拡大を理念として謳ったのを、ソ連が承認したというだけのこと。
米英中が領土不拡大を謳った、それはそれでソ連邦も認めますよと、ただそれだけのこと。
ポツダム宣言がカイロ宣言を上書きするという理由で、ソ連邦がヤルタ協定で得た
領土を手放さなければならない理由はまったくない。そのような議論は国際社会でもでていない。
そもそも日本は無条件降伏と書かれたカイロ宣言を日本側から権利文書として持ちだしたら、
無条件降伏という条件付きの無条件降伏を条件付きで受諾したのかということになるww


585 : 江藤淳:2011/09/16(金) 21:34:22.49 ID:dNisT7320
>>572

ソ連は、1945年7月26日のポツダムにおける宣言署名の段階においては
この宣言の署名国に加わっていませんけれども、8月8日深夜、対日宣戦布告と
同時にポツダム宣言に加入する意志を表明して、署名国に加入しました。
それはとりもなおさずポツダム宣言によって拘束させられる立場になったということであって
カイロ宣言が領土拡張を求めないという連合国の意思を表明している以上、そして
ソビエト連邦社会主義共和国 が連合国側に加わつて、対日戦に参戦し
ポツダム宣言の署名国となった以上、ソ連は当然カイロ宣言の条項に
拘束されぬわけにはいきません。



9 :だつおvs江藤淳:2011/10/01(土) 11:54:38.38 ID:urWlNTrg
587 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/09/16(金) 21:55:17.04 ID:1TI9P9oY0

> ポツダム宣言はカイロ宣言を上書きしているが ソ連にとって気に入らない条項には縛られない、
>という論理だな。

そのとおりだ。


589 : 江藤淳:2011/09/16(金) 22:15:05.01 ID:dNisT7320
>>587

ソビエト連邦社会主義共和国が連合国側に加わつて、対日戦に参戦しポツダム宣言の署名国となった以上、ソ連は当然カイ
ロ宣言の条項に拘束されぬわけにはいきません。

10 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 12:33:11.44 ID:4CWAw+X5
サンフランシスコ条約原文
「CHAPTER II
TERRITORY
Article 2
(a) Japan recognizing the independence of Korea, renounces all right,
title and claim to Korea, including the islands of Quelpart, Port Hamilton and Dagelet.
(b) Japan renounces all right, title and claim to Formosa and the
Pescadores.
◎“(c) Japan renounces all right, title and claim to the Kurile Islands, and to that 【portion】 of Sakhalin and the islands adjacent to it over whichJapan acquired sovereignty as a consequence of the Treaty of
Portsmouth of 5 September 1905. ”
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

11 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 12:45:21.98 ID:4CWAw+X5
 日本はポーツマス条約によって掻くとした領土を損フランシスコ条約によって放棄しただ
けであり、樺太・千島交換条約によって北方四島外択捉島以南の諸島は日本と再確認されて
おり、いずれにせよ日露和親条約でも同様な領土えと労以南は日本の領土と確認されている。
 したがって、択捉以南の島々はポーツマス条約によって新たに獲得したものではなく、逆
にサンフランシスコ条約で放棄できるものではないのだ。

12 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 12:51:50.88 ID:4CWAw+X5
 要はサンフランシスコ条約で放棄“出来る”対馬列島の島々は、ポーツマス条約によって新たに獲得した領土のみで、其れ以前に日露で確認された日本の領土は今でも日本固有の領土となるのだ。

13 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 12:54:06.90 ID:4CWAw+X5
対馬列島→千島列島。
日本は露スケやチャンコロ、チョン土人みたいに汚くないのです。
正論しか岩無い日本民族は蛮族の“あなた方と違うのです。”

14 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 12:55:31.07 ID:ROWIph4z
PRINCIPLES OF PUBLIC INTERNATIONAL LAW by Ian Brownlie

(e)主要諸国の共同処分による決定
第 一次世界大戦における同盟国および第二次世界大戦における枢軸国の敗北後、
主要戦勝国は敗戦国の領域に対して共同で行使される処分の権限を見込んだ。
1919年及び20年中に、同盟および連合国最高会議によって決定がなされ、
また1943年および45年にテヘラン、ヤルタおよびポツダムにおける首脳会 談、
ならびにその後の外相会議によって決定が行われた。このような処分の結果として、
領土の喪失国は平和条約の規定によって関係地域に対する権原を放棄す ることもありうるし、
またしばしば実際に放棄した。
 しかしながら、このような処分は平和条約の発効以前に実施されていた。
この処分または割り当ての権限は 法学者たちによって承認されているが、
彼らはそれに対する十分な法的根拠を示唆したりあるいは同意することが困難であると考えている。
[中略]
承認及び黙認がいくつかの事例においてこうした手続きに影響を与えうる違法性の要素をどの程度まで相殺するかが重要なのである。
この種の処分は通常、多数 国間の平和条約やその他のものによって承認されている。

15 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 13:12:46.94 ID:ROWIph4z
>571 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/09/16(金) 03:26:16.29 ID:1TI9P9oY0
>履行する事が求められていない条項は履行する必要ない。『領土拡張ノ何等ノ念ヲモ有スルモノニ非ズ』はカイロ宣言時
>の状況説明であって、履行を求めている条項ではないので、ポツダム宣言8条の適用とはなりえない。

まず、WW1以降、征服の権原は無効となっておりカイロ宣言に関わらず日本の同意のない割譲は不可能。


>無条件降伏をしたということであれば、千島列島はヤルタ協定に従ってソ連領で合法化される。

上記のブラウンリーのとおり。国際法ではヤルタ協定の戦勝国内部での取り決めには法的根拠がなく、
条約等での日本の同意による法的治癒があったかどうかが重要となる。

16 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 15:14:22.16 ID:PA8GGChJ
>>15
>国際法ではヤルタ協定の戦勝国内部での取り決めには法的根拠がなく、

それいうならまず先に東京裁判こそ破棄しなければならなくなるな。

17 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 15:18:29.39 ID:+tV2mM5U
第二次世界大戦後、アメリカ軍はテューリンゲン州をソ連軍に受け渡し、
BMW・アイゼナハ工場はソ連の設立した企業・SMADが所持することとなり、
Sowjetische AG Maschinenbau Awtowelo, Werk BMW Eisenach(ソビエト
Awtowelo会社アイゼナハBMW工場)となる。工場は6割が破壊されていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/VEB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%8A%E3%83%8F%E7%A4%BE

その結果、本来、欧州の戦後秩序を打ち立てることを目的として行われたポツダム
会議(1945年7月17日−8月2日)で成立した協定は、表面化した緊張を解きほぐす
どころか、かえって対立を深めるものとなった。ドイツの非ナチ化、非軍事化、
経済力の拡散化、ならびにドイツ人の民主化教育については、各々の意見の一致が見られ、
さらに西側諸国は、ポーランド、ハンガリー、チェコスロバキアからドイツ人を追放する
という重大な決議にも同意した。しかし、追放は「人道的に実行すること」という西側諸国
の但し書きがあったにもかかわらず、その後約675万人のドイツ人が残酷に放逐された。
http://www.doitsu.com/doitsu/reisen/doitsujouhou/history02.html

戦線別ドイツ軍戦死者統計
Losses per theater
Theater      Dead      %
Africa       16.066     0,3   ←アフリカ戦線ww
Balkans      103.693    1,9
 North      30.165     0,6
 West       339.957    6,4
 Italy       150.660    2,8
Eastern Front
(- Dec 1944)  2.742.909    51,6   ←ソヴィエト赤軍は
Germany (1945) 1.230.045   23,1   ←頼もしいよなぁ♪
Various       245.561   4,6
 Total       4.859.056
http://www.axishistory.com/index.php?id=3612

18 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 15:20:41.54 ID:tyBgxUpO
>>15
>日本の同意のない割譲は不可能

吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ
吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ
吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ

19 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 15:24:01.09 ID:tyBgxUpO
つか裁判所が無条件降伏論では、ソ連邦の千島併合をどうすることもできん。

>>4
>同宣言の条項中その合意を前提としないものについても我方の協力を約束した

吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ
吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ
吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ

20 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 15:30:41.76 ID:T3M6tFgq
>>15
>条約等での日本の同意による法的治癒があったかどうかが重要

要するに、日本は無条件降伏なんかしていないんだってこと?

21 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 15:33:42.93 ID:hxBq8Y/L
>>19
日本の合意無しで領土割譲が許されるんだったら、文字通りの無条件降伏だよな。
日本人の自分としては残念なことと思うけど。

22 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 15:55:20.65 ID:ROWIph4z
>>18
John Foster Dulles's Speech at the San Francisco Peace Conference

The Potsdam Surrender Terms constitute the only definition of peace terms to which,
and by which, Japan and the Allied Powers as a whole are bound. There have been
some private understandings between some Allied Governments;
but by these Japan was not bound, nor were other Allies bound.
Therefore, the treaty embodies article 8 of the Surrender Terms which provided that
Japanese sovereignty should be limited to Honshu, Hokkaido, Kyushu, Shikoku and some minor islands.
The renunciations contained in article 2 of chapter II strictly and scrupulously conform to that surrender term.

Some question has been raised as to whether the geographical name "Kurile Islands" mentioned
in article 2 (c) includes the Habomai Islands. It is the view of the United States that it does not. If,
however, there were a dispute about this, it could be referred to the International Court of Justice
under article 22.

23 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:00:52.30 ID:ROWIph4z
>>20

日本軍は、無条件に降伏しましたが何か?

降伏文書
下名ハ茲ニ日本帝国大本営竝ニ何レノ位置ニ在ルヲ問ハズ一切ノ日本国軍隊及日本国ノ支配下ニ在ル一切ノ軍隊ノ
聯合国ニ対スル無条件降伏ヲ布告ス

24 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:02:07.67 ID:FDsbAObv
ポツダム宣言に、ソ連なんて、入って無いだろ。まったく、コソ泥みたいな
真似しやがって。

25 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:11:55.48 ID:4pW9oQ/6
>>23
もともと軍隊のみの無条件降伏だったが、後に日本国の無条件降伏にも適用されるに至った。
その流れからすれば、日本国の合意を前提としない領土割譲もやむをえない。

26 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:13:34.98 ID:ROWIph4z
>>16
>それいうならまず先に東京裁判こそ破棄しなければならなくなるな。
意味不明。
戦争企画者個人を断罪することが戦勝国に許されていたとする国際法の存在には疑義があるが、
SF条約によって日本の合意という形で法的治癒がなされている。

日本軍ではなく、日本全体が一切の権利及び権原を喪失したのであれば、
SF条約11条も必要ないし、帝国議会による新憲法の審議可決等の手続きも必要ない。
SCAPの統治権の最高権力掌握に対して降伏文書で日本の同意を得る必要もない。

もう少し、国際法を勉強したら?

27 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:16:50.99 ID:ROWIph4z
>>25
>軍隊のみの無条件降伏だったが、後に日本国の無条件降伏にも適用されるに至った。

国際法上、日本の法主体は日本であることが継続されており、
日本国の権利・権原放棄への日本の同意が存在しなければならない。
該当する日本が同意した条約を提示すること。

28 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:23:25.42 ID:FDsbAObv
条約も、ソ連は、日ソ中立条約を破ってるんだから、かなり無法だよな。

29 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:24:13.10 ID:zJhBDrUw
>>26
>SF条約によって日本の合意という形で法的治癒がなされている。

ならソ連邦への千島列島割譲は承認されたのだから、北方領土返還なんて二度と口にするなよw

I・M・ザリヤノフ
I・M・ザリヤノフ
I・M・ザリヤノフ

ほらね。あんたの支持する東京裁判には、しっかりソ連代表が判事として参加しているんだよ。

それとも東京裁判のソ連邦は『良いソ連邦』で、北方領土のソ連邦は『悪いソ連邦』なのか?

30 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:25:10.47 ID:zJhBDrUw
>>27
>国際法上、日本の法主体は日本であることが継続されており、
>日本国の権利・権原放棄への日本の同意が存在しなければならない。

よろしい。

そういうことなら、日本国は無条件降伏をしていない!

31 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:25:18.83 ID:ROWIph4z
例えば、ドイツは政体自体が喪失し、

32 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:28:18.49 ID:XVfYTr+4
>>26
>SF条約によって日本の合意という形で法的治癒がなされている。

(c) Japan renounces all right, title and claim to the Kurile Islands, and to that portion of
Sakhalin and the islands adjacent to it over which Japan acquired sovereignty as a
consequence of the Treaty of Portsmouth of 5 September 1905.
日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約の結果として主権を
獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。
http://www.chukai.ne.jp/~masago/sanfran.html

33 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:30:17.90 ID:FDsbAObv
>>32
確かに、千島樺太交換は、もっと、前だからな。

34 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:39:12.75 ID:ROWIph4z
途中で投稿失礼。
例えば、ドイツは政体が喪失し、まさに何の条件もない降伏をし、連合国が統治権を掌握・行使。
これに対してブラウンリーは以下のように書いている。

>諸外国がドイツの同意なく統 治権を掌握することによって、
>ドイツの主権がいかに著しく減損したとしても主権を移転したことはなかった。

日本は、降伏文書によりSCAPが占領解除までも統治の最高権力を有したが、
日本という政体は維持された。主権の毀損はドイツよりは小さかった。
SCAPは、降伏文書に基づく統治の最高権力をもってSCAPIN677を発した。
だけど、それはSCAPに与えられた一時的な統治権の範囲でしかない。

SF条約によって占領解除されSCAPの権限が喪失するとともに、
SF条約1条(b)項により日本の主権が統治権を含めて完全回復している。

↓統治権、処分権の違いさえ理解できてないバカが捏造国際法をしたり顔で言うわけだ。

http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/indexHoppou.htm
 1946年1月29日、GHQは日本の行政区域を定める指令(SCAPIN-677)を出します。
この指令で、クリル(千島)列島、歯舞、色丹は日本の行政範囲から正式に省かれます。
なお、このとき竹島も日本の行政範囲から省かれています。正式にはこのとき以降、
日本の施政権は北方領土や竹島に及ばない事になり、現在にいたっています。

35 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:50:15.67 ID:FDsbAObv
アメリカは、沖縄返還したけどね。

36 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:51:25.24 ID:ROWIph4z
>>32
千島列島の範囲はな。
国後、択捉についてはSF条約によって連合国の処分権が移譲された。
連合国への処分権の移譲後に、連合国はソ連の主権取得の明示的処分がなされたことはない。
また、SF条約25条は日本ではなく連合国側も縛っており、
SF条約の批准国でないと連合国もソ連に対して2島の処分をすることができない。

あとは、ブラウンリーが台湾について「中国の主権が凝固」する可能性を指摘したとおり、
ソ連の実効支配を連合国及び日本が黙認することによってソ連の主権が凝固したかどうかだ。
これについては、時効取得の判例もなく判断つきかねる。

なお、歯舞・色丹については、SF条約による連合国への処分権移転がなされておらず、
ソ連が権原を主張できる余地はない。

37 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:55:39.48 ID:ROWIph4z
>>35
返還されたのはSF条約で日本がアメリカに与えた統治権です。
国際法上は、沖縄の主権者はずっと日本のままです。(残存主権と呼ばれます)

日本の米軍基地や大使館の土地には日本の統治権は及びませんが、
日本の領土であるのと同じです。

38 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 17:04:16.25 ID:ROWIph4z
>>29
どこのパラレルワールドにお住まいの方?

あなたが窃盗を働いて裁判で有罪判決を受けたら、
あなたの物件が全て喪失するのかい?

39 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 17:06:28.17 ID:G0mDddJL


8月15日に「ポツダム宣言」を受け入れて戦争は終わったんだ。

ソ連は、その後侵略・占領したんだ。ふざけるな。泥棒野郎メ。

40 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 17:25:11.96 ID:FDsbAObv
でも、サンフランシスコ条約に、ソ連も、調印してないみたいだしな。

41 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 17:31:10.20 ID:TqzQWp1r
>>40
>でも、サンフランシスコ条約に、ソ連も、調印してないみたいだしな。

でも、東京裁判は『受諾』したんだろ?

I・M・ザリヤノフ
I・M・ザリヤノフ
I・M・ザリヤノフ

東京裁判にはソ連代表が判事として日本の戦争犯罪を裁く側に立っているのだ!

42 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 17:34:37.08 ID:ROWIph4z
>>41
んで?

パラレルワールドでは、
裁判の結果を受け入れが、割譲を意味するのかい?

43 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 17:40:46.22 ID:FDsbAObv
吉田茂が、ソ連の不法占拠だ、みたいなことを、サンフランシスコ条約の
時に言って、北方領土も、ソ連のものと書かれなかったから、ソ連も、
調印しなかったとかいう話もある。

44 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 18:34:12.38 ID:vTFEB02h
日本が何時、無条件降伏したんだ?
寝言は寝てから言え、売国奴。



>>1


45 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 20:57:23.81 ID:wTw2KGGY
ID:zJhBDrUwとID:TqzQWp1r
が、だつおだと気づけよ。無条件降伏論争スレを数多く立て、その全てで撃破されて、
本日 政治板に亡命してきた あのだつお様だぞ。

46 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 21:00:21.68 ID:FXFrJzac
>>45
>無条件降伏論争スレを数多く立て、その全てで撃破されて、

『無条件降伏では無かった』ということが証明されたのだとでも?

47 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 21:11:01.39 ID:1JG+iiMp
『日本は無条件降伏をして、千島列島はソ連邦へ無条件割譲された』

何がおかしい?

48 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 21:14:12.01 ID:5OWkvySl
また、この手のスレかよ

日本が無条件降伏したって判例や法学派の主張を撃破したいなら
こっちの議論でやってくれよ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1317343931/1-100

49 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 21:15:25.59 ID:5OWkvySl
いいかい?

日本国は無条件降伏した。無様にね
軍隊も、国も無様に無条件降伏した

政府見解も判例も認めている

それが現実であり、われわれ日本人が受け入れるべき史実だ

50 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 21:44:36.40 ID:CZARwKAz
>>49

領域主権の移転とは関係ないので、あんたの無条件降伏の定義は興味ないわ。

PRINCIPLES OF PUBLIC INTERNATIONAL LAW by Ian Brownlie

(e)主要諸国の共同処分による決定
第 一次世界大戦における同盟国および第二次世界大戦における枢軸国の敗北後、
主要戦勝国は敗戦国の領域に対して共同で行使される処分の権限を見込んだ。
1919年及び20年中に、同盟および連合国最高会議によって決定がなされ、
また1943年および45年にテヘラン、ヤルタおよびポツダムにおける首脳会 談、
ならびにその後の外相会議によって決定が行われた。このような処分の結果として、
領土の喪失国は平和条約の規定によって関係地域に対する権原を放棄す ることもありうるし、
またしばしば実際に放棄した。
 しかしながら、このような処分は平和条約の発効以前に実施されていた。
この処分または割り当ての権限は 法学者たちによって承認されているが、
彼らはそれに対する十分な法的根拠を示唆したりあるいは同意することが困難であると考えている。
[中略]
承認及び黙認がいくつかの事例においてこうした手続きに影響を与えうる違法性の要素をどの程度まで相殺するかが重要なのである。

51 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 21:49:41.03 ID:4CWAw+X5
てめい等なんて頭が悪いのだ。サンフランシスコ条約で日本が破棄したのは、ポーツマス条約でロシアから奪った分だけで、其の前に日本がロシアと交渉して日本の領土とした択捉を服務以南の島々は放棄の対象ではない。
しかも、ロシアはサンフランシスコ条約の締結国でもなく当時不戦条約を結んでいた手にも拘らず日本の領土を強奪したのだ。てめい等本当に馬鹿か!それとも、態とか!

52 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 21:50:43.05 ID:wTw2KGGY
今度はID:FXFrJzacとID:1JG+iiMp

だつお、次々にID変えても無駄。歴史板でも軍事板でもぼこぼこにされてるじゃんww

独自の珍解釈は所詮 珍解釈の域を出ないww

53 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 22:03:37.78 ID:4CWAw+X5
1855年
日本とロシア帝国は日露和親条約(下田条約)を結び、択捉島と得撫島の間を国境線とした。
1869年
蝦夷地を北海道と改称。このとき国後島・択捉島の行政区分をあわせて「千島国」とし五郡を置いた。
1875年
日本とロシアは樺太・千島交換条約を結び、「「クリル」群島(le groupe des
îles dites Kouriles)」を日本領、日本とロシアの共同統治としながらも、
両国民の紛争の絶えなかった樺太をロシア領とした。この条約はフランス語が正文であったので、日本語訳が作られたが、この翻訳は不正確なものだった。不正確な日本語訳に基づいて、得撫島以北が千島列島であるとの解釈がなされたことがある。
条約締結後、当時の行政区分で「千島国」と定められていた国後島・択捉島に、得撫島以北を編入
し、国後島から占守島までが千島国になった。
(1904年-1905年 日露戦争。ポーツマス条約により南樺太が日本に割譲された)


54 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 22:07:12.11 ID:4CWAw+X5
ところで、サンフランシスコ条約でポーツマス条約以前の領土に戻したのだから、「1855年
日本とロシア帝国は日露和親条約(下田条約)を結び、択捉島と得撫島の間を国境線とした。」 に戻ったのだ。
薄馬鹿度も良く分かったか。てめい等ごちゃごちゃと。


55 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 22:16:28.15 ID:4CWAw+X5
 学者云々の問題なんて國同士の締結事項に何の関係も無い。

56 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 22:26:40.43 ID:4CWAw+X5
>>47
テメイは半島だな。出て行けよ!

57 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 22:33:12.69 ID:c35zq5Gl
腹立つ。此薄馬鹿半島。何時ソ連に日本が無条件降伏した。だいちソ連は大戦国でも無いのに行き成り泥棒したのだから、損フランシスコ条約の会議など出れるわけが無いだろう、此薄馬鹿半島!
こんな下らん出鱈目の半島スレなど誰か消し込んでくれ!

58 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 00:20:34.95 ID:13uyqLNg
Wazin yo sonata wa kono sure ga kesikaran to wamekitirasite iru ga, Nihon wa teikokusyugi doosi no seiryoku arasoi ni makete, Meizino Dai Nihon teikoku wa metuboosita'ndayo.
Maketa kuni nanoda yo, oozyougiwa ga warui ne. America no enzyo no motoni GDP sArigataku omoe yo.ekai 3 wi ni natta'n dayo.

59 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 08:19:23.44 ID:iHL0uVLB
>>42
>裁判の結果を受け入れが、割譲を意味するのかい?


ブリタニカもウィキペディアも北方領土は「ロシア領」だって明記されてる。
http://www.britannica.com/EBchecked/topic/325284/Kuril-Islands
http://en.wikipedia.org/wiki/Kuril_Islands

関連スレ:
英国ロナルド・ドーア氏…「北方領土を諦めるのも賢明な道」
「国際裁判では日本が負ける確率が高い。原因を作ったのは米国」[2/23]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1298469808/


60 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 08:28:02.03 ID:CLrAtFLS
>>50
>あんたの無条件降伏の定義は興味ないわ

ってか『無条件降伏』の厳密な法的定義なんて定められているのか?

ただ『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』を無条件で受諾したということなら、
やはり北方領土に関しては日本の権利は放棄されたということになるが?

61 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 08:37:16.67 ID:pglci9zf
>>49
無様に無条件降伏した敗戦国が、戦勝国に対して領土返還を主張できるのか?

そんな図々しい無条件降伏が、国際社会で認められるとでも思ってるのか?

62 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 08:41:10.66 ID:dz9RIfQc
>>60
>>61
何度も何度も言ってるが、無条件降伏はカイロ宣言で定められた法律マターであるのに対し、
領土問題は当事国の交渉抜きには決められない純粋な政治マター。

そもそも無条件降伏は領土問題を完全に除外しているというのが、正しい国際法解釈。

63 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 08:44:37.76 ID:dz9RIfQc
>>42
>裁判の結果を受け入れが、割譲を意味するのかい?

北方領土は事実上、日本の統治権、行政権が及ばず登記はできない
北方領土は事実上、日本の統治権、行政権が及ばず登記はできない
北方領土は事実上、日本の統治権、行政権が及ばず登記はできない

北方領土元島民の敗訴確定 土地の登記変更めぐる訴訟
 北方領土・歯舞諸島の水晶島に残した土地をめぐり、登記の変更申請を却下された元島民が、
法務局側に却下処分の取り消しなどを求めた訴訟で、最高裁第三小法廷(金谷利広裁判長)は24日、
元島民側の上告を棄却する決定をした。「北方領土内の不動産は登記の対象外」とする元島民敗訴
の2審札幌高裁判決が確定した。  訴訟を起こしたのは、北海道根室市の故舛潟喜一郎さん。
1998年に94歳で亡くなったため、遺族が訴訟を引き継いだ。  舛潟さんは水晶島の宅地約130
平方メートルを取得、1943年に所有権の移転登記を済ませたが、旧ソ連の占領で根室市に移住した。  
根室市内での転居に伴い92年、土地登記の所有者住所表示の変更を釧路地方法務局根室支局に
申請したが「北方領土は事実上、日本の統治権、行政権が及ばず登記はできない」と却下された。
http://www.47news.jp/CN/200402/CN2004022401002543.html


64 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 08:48:57.38 ID:8Jlq3ZRd
日本が武装解除してる時に、コソ泥みたいな真似をした国がロシアと韓国だな。
こういった国が、周りに無ければ、日本にも、軍備は必要ないだろう。

65 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/02(日) 08:57:23.57 ID:SvO1c1JN
日本は無条件降伏をした。これは外務省も裁判所もそういう見解で一致している。

ヤルタ協定の『千島列島ハ「ソヴィエト」連邦ニ引渡サルベシ』、ポツダム宣言の『吾等ノ
決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』に関しては、無条件降伏はしたが領土問題は別である。
そもそもヤルタ協定は米英ソ戦勝国合意とはいえ日本国は署名していないのだから、
そのような日本国の意に反する戦勝国合意は拒否される。『北方領土は事実上、
日本の統治権、行政権が及ばず登記はできない』というのが裁判所の見解ではあるが、
戦後66年ずっと統治権や行政権が及ばずとも、北方領土は『固有の日本領土』である。
『北方領土は事実上、日本の統治権、行政権が及ばず登記はできない』というのは
専らロシアの不法占領であって、日本が無条件降伏をしたというのとは無関係である。

国際裁判になったらこの論法で、日本国を勝たせることができるか?

66 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/02(日) 09:07:19.26 ID:SvO1c1JN
日本は無条件降伏をしたのだから、『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』に対しては、
敗戦国日本の側から異議申立てをすることができない。千島列島はヤルタ協定の戦勝国合意
に従ってソ連邦に割譲され、サンフランシスコ平和条約もそれを追認した。

けれどもサンフランシスコ平和条約はソ連邦は参加しておらず、また日本国は『固有の日本領土
としての歯舞・色丹・択捉・国後』のソ連邦への割譲は絶対に認められない。そしてアメリカもまた
こうした日本の主張を支持している、だからソ連及びその後継国ロシアの4島占拠は『不法占拠』だ。
そしてその『不法占拠』に関しては、歯舞・色丹のみの2島引き渡しで妥協できるものではない。

>英国ロナルド・ドーア氏…「北方領土を諦めるのも賢明な道」
>「国際裁判では日本が負ける確率が高い。原因を作ったのは米国」

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

67 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/02(日) 09:09:46.94 ID:SvO1c1JN
 仮に裁判になった場合、日本が負ける可能性が高いというのが、国際法の専門家の意見だ。理由は、サンフランシスコ条約で
日本ははっきりと主権を放棄してしまったからだ。ただ、日本は裁判に負けてもそのままいれば、世界の目にはロシアにいじめられた国
ではなく、平和的国際関係の法的秩序構築に貢献した国として映る。漁業権など実質的な利益を守るのも、逆にやりやすくなる
かもしれない。

 日本の最近の北方領土問題に関する主張は、歴史的事実に訴えないのでおかしかった。明治8年(1875年)の樺太千島交換条約で、
樺太はロシア、安政条約で既に認められた国後、択捉二島のほかに、それ以北の千島列島も日本の所属と決まった。日露戦争の戦果
として日本領土となったのは樺太の半分だけである。

 戦争が終わろうとするときのヤルタ会議で、連合国が「日独には帝国主義的侵略によって得た領土を返還させよ」という原則を決めたが、
千島列島がそうして得た領土ではないことが当時は分かっていなかった。その間違いはダレス国務長官によってサンフランシスコ条約に
持ち込まれ、吉田茂首相が苦情を言ったが、ダレス長官は「ロシアとの関係が微妙なときにうるさいことを言うな」と抑えてしまった。さらに、
日ロ両国の親睦を邪魔しようと横槍を入れ、「沖縄を返すのも危うくなるぞ」と脅した。

 その後、日本は「明治8年の条約がある。国後、択捉は戦果ではない。ヤルタ会議での米国の誤解だった」などの論法を展開せず、
条約における「千島列島」の定義など、些細な法文解釈に基づいた論法しか続けてこなかったからだ。

 いずれにせよ、これを機会に60年間の日ロ関係の病根を国際司法裁判所が取り除いてくれれば、サッパリするだろう。

ソース(東京新聞 2/20付 3面 「時代を読む」 英ロンドン大学政治経済学院名誉客員 ロナルド・ドーア氏)



68 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/02(日) 09:20:33.87 ID:SvO1c1JN
>>67
> その後、日本は「明治8年の条約がある。国後、択捉は戦果ではない。ヤルタ会議での
>米国の誤解だった」などの論法を展開せず、
>条約における「千島列島」の定義など、些細な法文解釈に基づいた論法しか続けてこなかったからだ。

ヤルタ会議は米英ソ戦勝国合意ではあるが、敗戦国日本の署名は無い。

>>7
>>8
>>9
だから江藤淳は条件付き降伏論者だから、条件付き降伏論に従って戦勝国といえども日本国代表
との交渉抜きでの日本領土割譲を認めることはできないと主張しても筋が通る。

『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』

ポツダム宣言受諾は無条件受諾ではない、日本国との交渉が前提だ、日本国の意を無視しての、
戦勝国だけでわれらの決定する島々に極限なんてことは絶対に承認しないぞ、と。

69 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 09:22:17.73 ID:+p1cDs3d
ID:CLrAtFL SID:dz9RIfQc ID:pglci9zf
の3つはだつおだろ。
コテハンを名無しにしてID変えて、複数の支持者を自演、レスの流れを自分優位に見せかける、
安いテクニックを真に受けちゃあだめだよ。>>62

だつおにはアンカーをつけずにこちらの言いたいことを書きなぐることが重要なんだよ。だつお自身がそれをやってきたから
本人も異論はない。対話の成立を本人が求めていないから、こちらも配慮不要。

70 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 09:31:07.47 ID:sYdTsqDY
>>60
>やはり北方領土に関しては日本の権利は放棄されたということになるが?

だったら、SCAPIN677なんて必要なくなるが?

ダレスと韓国大使の会談記録
He explained that the terms of the Japanese surrender instrument of August 9, 1945 did not,
of themselves, technically consititute a formal and final determination of this question.
He added, however, that the Department would consider including in the treaty a clause
giving retroactive effect to the Japanese renunciation of territorial claims to August 9, 1945.

ポツダム宣言受諾で領域主権の移転が生じてないのは>>14でブラウンリーも述べているとおり。

71 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 09:32:40.82 ID:sYdTsqDY
>>66
>『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』に対しては、
>敗戦国日本の側から異議申立てをすることができない。

John Foster Dulles's Speech at the San Francisco Peace Conference

The Potsdam Surrender Terms constitute the only definition of peace terms to which,
and by which, Japan and the Allied Powers as a whole are bound. There have been
some private understandings between some Allied Governments;
but by these Japan was not bound, nor were other Allies bound.
Therefore, the treaty embodies article 8 of the Surrender Terms which provided that
Japanese sovereignty should be limited to Honshu, Hokkaido, Kyushu, Shikoku and some minor islands.
The renunciations contained in article 2 of chapter II strictly and scrupulously conform to that surrender term.

Some question has been raised as to whether the geographical name "Kurile Islands" mentioned
in article 2 (c) includes the Habomai Islands. It is the view of the United States that it does not. If,
however, there were a dispute about this, it could be referred to the International Court of Justice
under article 22.

72 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 09:35:22.81 ID:u0a7Pps/
ソ連が千島に侵攻して不法占拠したのは、終戦後だろ。
だから返せと騒いでるんでしょうが。

73 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 09:38:55.80 ID:sYdTsqDY
>>63
>「北方領土は事実上、日本の統治権、行政権が及ばず登記はできない」と却下

統治権の喪失は、主権の移転を意味しない。

PRINCIPLES OF PUBLIC INTERNATIONAL LAW by Ian Brownlie
It may happen that the process of government over an area, with the concomitant
privileges and duties, falls into the hands of another state.
Thus after the defeat of Nazi Germany in the Second World War the four major Allied
powers assumed supreme power in Germany. The legal competence of German state
did not, however, disappear. What occurred is akin to legal representation or agency
of necessity. The German state continued to existence. The very considerable derogation
of sovereignty involved in the assumption of powers of government by foreign states,
without the consent of Germany, did not constitute a transfer of sovereignty.
A similar case, recognized by the customary law for a very long time, is that of the
belligerent occupation of enemy territory in time of war. The important features of ’sovereignty’
in such cases are the continued existence of legal personality and the attribution of territory to
that legal person and not to holders for the time being.

74 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 10:07:02.24 ID:+p1cDs3d
『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』 の解釈が
江藤淳とだつおはまるっきり正反対。
カイロ宣言やサンフランシスコ条約の解釈もかなり違う。共通点はほとんどない。



75 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 18:48:53.79 ID:REOOnca4
無条件降伏ってのは相手の条件を受け入れて停戦するってことであって。
降伏したあとのことまで無条件で全部受け入れろといわれたらまた我々は立ち上がるのみ。
「無条件降伏」というのは事後にできたワンフレーズで説明する用語であって1レスにあるとおり国際法上も政治学上も定義があるわけでもないのに
その野放図な言葉ともっともらしい国際法を混濁させて傘に切ることは国際法上受け入れられない。
我々は国際秩序と我が国の立場を守るために国際法を遵守し、国際法に則って北方領土の統治を取り戻す。


76 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/02(日) 19:34:08.94 ID:SvO1c1JN
>>67
>ダレス長官は「ロシアとの関係が微妙なときにうるさいことを言うな」と抑えてしまった。さらに、
>日ロ両国の親睦を邪魔しようと横槍を入れ、「沖縄を返すのも危うくなるぞ」と脅した。

裁判所が提出したような無条件降伏論>>4に立脚していては、北方領土返還論は成り立たない。
無条件降伏論とはまさに、『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』の条項に対して、
日本の側から異議申し立てをしないという政治決定に他ならないからだ。
アメリカはそうとわかっていて日ソ合意を潰すためにわざと4島返還論をゴリ押ししたのだ。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

77 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 20:14:03.61 ID:ZJ4Wjhmy
おまえはまず、江藤淳を説得しろ。

78 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 23:21:44.09 ID:vLToWRjG
>>78
通説・判例「日本は無条件降伏した」
だつお・江藤「日本は有条件降伏した」



79 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 23:46:01.96 ID:vLToWRjG
日本はなぜ無条件降伏したのだ?
数の暴力であったから負けたの

80 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 01:54:42.83 ID:kzi+v2ab
>>1
日露 の離間工作を考えてるおまいら千ョン男は
領土不拡大原則も知らんのか。やっぱり教養ゼロで生きてるな。

しかも日ソ不可侵条約も知らん様だし
しかも、千島樺太交換条約も、完璧に知らんな

これを商売に例えると、以下のように成る
『 契約事項。@日本はソ連に送金します、Aソ連は日本に商品を送ります 』
千ョン男は@だけ読んだら躍起になってカキコしているが、Aは読んでいない

フッフッフッ これで日露の間柄を引き裂いたニダwww !!
と思い込んでいる。
こんな生活を続けているので、日本人は騙せず、自分の吐いた嘘に自分で騙されている。
【例】韓流は世界で大人気ニダ !!

81 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 09:12:12.49 ID:F+KMLlvU
>>78
だつおと江藤淳の論争を読むと、条約解釈に相当な差がある。
というか、ほとんど正反対だ。
だつおはバカだから気づかずに自分を江藤支持者と言っている。
どこが違うかは歴史板の同スレで論破されている。だつおはそれ以後 この件で
沈黙を守り、別の屁理屈に論点をすり替え現在に至る。

82 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/03(月) 13:04:43.79 ID:pk31Zyvx
>>49
>軍隊も、国も無様に無条件降伏した

まさか同じく口から「ロシアは北方領土を日本に返還せよ」なんてセリフは出ないだろうね?

吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ
吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ
吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ

「国も無様に無条件降伏した」ということなら、敗戦国日本には領土問題に関する指定権は無いんだよ!

それとも米軍が好きで好きでたまらないから、在日米軍の忠実な下僕としてその存在意義を守るために、
わざと無条件降伏を前提とした北方領土返還論を煽っているのか?

83 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/03(月) 13:07:40.80 ID:pk31Zyvx
>>80
>領土不拡大原則も知らんのか。やっぱり教養ゼロで生きてるな。

まさか同じ口から「アジア太平洋戦争は日本の侵略戦争だった」なんてセリフは出ないだろうね?

まさか同じ口から「日本は無条件降伏をした」なんてセリフは出ないだろうね?

まさか同じ口から「日本はもっと早く無条件降伏するべきだった」なんてセリフは出ないだろうね?

まさか同じく口から「日本は東京裁判を受諾した」なんてセリフは出ないだろうね?

東京大空襲や広島長崎の原爆投下で日本人を大量虐殺したのは米軍だし、また東京裁判には
ソ連代表が判事として参加している。それから日本降伏の御前会議が開かれたのは広島原爆
ではなくてソ連参戦の翌日。ソ連参戦こそが日本降伏の引き金であり、もっと早く降伏すべきだったとか
本土決戦すれば日本はもっと負けたというのなら戦争を終わらせてくれたソヴィエト赤軍にこそ感謝しな
ければならない。また核兵器の優位性を強調するのならそれはそれでソ連邦はイギリスよりも3年早く
核実験に成功しており、同じ戦勝国でありながら技術水準はイギリスよりも遥かに上。
まさにソ連邦の核兵器はアメリカの一極支配に痛撃を浴びせた、世界平和に貢献した核兵器だった。
その証拠に、ソ連邦の核兵器で殺された人間は一人も居なかったのだ。

    だ か ら ソ 連 邦 の 核 兵 器 は き れ い な 核 兵 器 だ っ た ん だ よ ぉ !

84 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 13:19:48.36 ID:aflZ7kBT
話のすり替え、韓国人がよく使う論法。北方四島の問題と竹島の問題は別々なのに。無駄な活動してるね。こんなスレ立てるんならもっと有意義なスレ立てればいいのに。

85 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/03(月) 15:13:57.05 ID:pk31Zyvx
>>62
>そもそも無条件降伏は領土問題を完全に除外しているというのが、

『ソ連邦の寛大なおぼしめしと対日友好姿勢により、歯舞・色丹の2島を日本が譲り受ける』
ということなら、無条件降伏論に立脚したとしても領土問題は完全に除外できたはずだった。
なのにアメリカの横槍で、「降伏文書によれば、帝国日本は、自国の領土を【放棄する権限】
が与えられていない」という論法がゴリ押しされ、日ソ合意は潰れてしまった。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

86 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 17:30:16.98 ID:Iyo8W454
十 吾等ハ日本人ヲ民族トシテ奴隷化セントシ又ハ国民トシテ滅亡セシメントスルノ意図ヲ有スルモノニ非ザルモ
  吾等ノ俘虜ヲ虐待セル者ヲ含ム一切ノ戦争犯罪人ニ対シテハ厳重ナル処罰加ヘラルベシ
  日本国政府ハ日本国国民ノ間ニ於ケル民主主義的傾向ノ復活強化ニ対スル一切ノ障礙ヲ除去スベシ言論、宗教及思想ノ自由竝ニ基本的人権ノ尊重ハ確立セラルベシ
有条件派:「吾等ハ日本人ヲ民族トシテ奴隷化セントシ又ハ国民トシテ滅亡セシメントスルノ意図ヲ有スルモノニ非ザルモ」は条件である
無条件派:国際慣習法上当然日本に認められる権利についての注意的記載であり「条件」ではない。

十二 前記諸目的ガ達成セラレ且日本国国民ノ自由ニ表明セル意思ニ従ヒ平和的傾向ヲ有シ且責任アル政府ガ樹立セラルルニ於テハ聯合国ノ占領軍ハ直ニ日本国ヨリ撤収セラルベシ
有条件派:無条件降伏した国は、永久に占領され続けられるのが大前提である。しかし、連合国が目的を達成すれば「聯合国ノ占領軍ハ直ニ日本国ヨリ撤収」しなければならないという点で「条件」である
無条件派:その大前提とやらが理解不能。永久占領は国際慣習法上当然禁止である。また、いつ撤収するかは連合国が自由に決定できる仕組みになっているから「条件」ではない。

87 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 17:31:02.03 ID:Iyo8W454
結局、高野が指摘するように、日本の降伏が、契約的基礎に立つなら
あとは、「条件」があるがどうかが対立点だろ。まとめてみたよ。

五 吾等ノ条件ハ左ノ如シ 吾等ハ右条件ヨリ離脱スルコトナカルベシ右ニ代ル条件存在セズ吾等ハ遅延ヲ認ムルヲ得ズ
有条件派:「吾等ノ条件」とは日本側が連合国に降伏の条件を突きつけている「条件」である。
無条件派:「吾等ノ条件」とは、日本が降伏を許されるために呑む「条件」である。

八 「カイロ」宣言ノ条項ハ履行セラルベク又日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州及四国竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ
有条件派:無条件降伏した国は一旦、すべての領土を喪失するというのが大前提である。ポツダム宣言とカイロ宣言により「日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州及四国竝ニ吾等ノ決定スル諸小島」は保障された。これは「条件」である
無条件派:有条件派の言う無条件降伏の大前提が理解不能。全体から見れば連合国による海外領土の無条件放棄の要求であり「条件」ではない。

88 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/03(月) 20:48:35.80 ID:pk31Zyvx
>>87
>全体から見れば連合国による海外領土の無条件放棄の要求であり

無条件降伏論の焦点たる領土問題に言及しているという点では、大いに評価する。
無条件降伏論に立脚するのであれば、北方領土返還論は絶対に成り立たない。
強いて成り立つとすれば、日本の側からの返還要求ではなくて、相手国の好意にすがるのみ。
しかしながら歯舞・色丹の2島引き渡しで妥協しようにも、「降伏文書によれば、帝国日本は、
自国の領土を【放棄する権限】が与えられていない」という論法がアメリカからゴリ押しされて潰れた。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

89 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/05(水) 16:38:26.49 ID:bHufFqSz
>>62
>そもそも無条件降伏は領土問題を完全に除外しているというのが、

(イ) 日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州、四国竝ニ「カイロ」宣言及米国ガ既ニ参加シ又ハ
将来参加スルコトアルベキ他ノ協定ニ依リ決定セラルベキ周辺ノ諸小島ニ限ラルベシ
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/HoppouShiryou/19450922BEIKOKU.htm

○国務大臣(吉田茂君) お答えをいたします。
 全権としてサンフランシスコの講和会議に臨席いたす心構えについての御忠告は、
つつしんで承ります。御希望になるべく沿うようにいたしたいと考えます。
 領土問題に関して御質問でありまするが、この領土放棄については、すでに降伏条約において
明記せられておるところであります。すなわち、日本の領土なるものは、四つの大きな島と、
これに付属する小さい島とに限られておるのであります。
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/HoppouShiryou/19510817.htm

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!


90 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 17:21:49.63 ID:j91kDIVX
だつおの珍解釈はブログでやれ
だつおの珍解釈はブログでやれ
だつおの珍解釈はブログでやれ
だつおの珍解釈はブログでやれ



91 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 17:22:25.58 ID:j91kDIVX
だつおの珍解釈はブログでやれ
だつおの珍解釈はブログでやれ
だつおの珍解釈はブログでやれ
だつおの珍解釈はブログでやれ



92 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 10:56:23.66 ID:DnBsfeRu

千島列島のロシアへの引き渡しを定めた「ヤルタ協定」を敗戦国の日本側から承認し、
代わりに領土不拡大の原則を定めた「カイロ宣言」を戦勝国のロシア側から破棄し、
その上で歯舞・色丹の2島を日本がロシアから譲り受けるという形で日露合意する。

こうすれば日本は「無条件降伏」の汚名が消え、ロシアは「不法占領」の汚名が消える。
日露両国にとって良いことづくめだが、アメリカの外圧で潰される可能性が高い。
結局のところ「無条件降伏」というのが足かせになって、いつまでたっても日露和解ができない。

93 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 15:01:17.72 ID:xbhYtQxx
92はだつおwwww

誰も来なくなったので、名無しでレスつけているwwwww
俺様が時々 スレ上げてやるから心配スンナ。


>「無条件降伏」というのが足かせになって
なってねえよだつおww おまえの珍解釈が足かせなんだよ。江藤淳もおまえにはご立腹だw


94 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 16:02:21.20 ID:Trk+oy6i
あの戦争をしなければ、あるいはもっと早く撤退していればとられることはなかった
だから、あの戦争を肯定してる連中が「北方領土を取り返せ」とか喚いてるのには違和感がある。
お前らが言うなと。

95 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 17:43:22.60 ID:1wO026Z9
またバカスレかよ

96 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 17:45:45.76 ID:UXEFFFIz
精神疾患患者が立てたスレだな。

97 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/12(水) 19:51:20.92 ID:W4lMEy0p
歯舞・色丹の2島引き渡しと択捉・国後の割譲が承認されれば、カイロ宣言の領土不拡大原則
は戦勝国の側から否定されかつ千島列島の割譲を定めたヤルタ協定は敗戦国の側から承認
することになるが、そんなことになれば中国は国家としての威信が丸つぶれになってしまう。
カイロ宣言によれば台湾は中国へ返還、ヤルタ協定によれば満州権益はソ連へ譲渡、
だから日本よ頼むから北方領土を放棄しないでくれと。
いい加減「われらの北方領土」が、『吾等ノ決定スル諸小島』の一つなのだと気づけってこと。
そうではないというのなら、まず日本は無条件降伏をしていないと宣言すること。

(4)結論
中国はカイロ宣言を捏造して日本をだました。1972年9月29日に発表された日中共同声明第3項
で「中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを重ねて表明する。
日本国政府は、この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重し、ポツダム宣言第8項に基く立場を
堅持する」とある。日本の外務省はこれにだまされ、「カイロ宣言で満州、台湾、澎湖は中華民国に返還
されたことを声明した。しかし1972年の日中国交回復以降は、上述の中華民国は中国を指す」と宣言し、
台湾は中国の一部であることを認定した。外務省は直ちにこれを改正し、台湾は中国の内政ではなく、
中国にへつらうために台湾の内政に干渉することをやめるべきである。
http://www.taiwannation.com.tw/jcairo.htm

 陳総統は「12年後の1955年2月1日、チャーチル首相は国会質問で、『カイロ宣言』に基づいて
中国が台湾に対する主権を有するということには同意できないと答えたように、当時3人にはそもそも
コンセンサスなどなく、そのため署名もなかったのだということが見てとれる」と述べ、「こんなに重要な
文書が英国の国家ファイルでも原本が見つからない。歴史は歪曲、改竄されることはよくあることで、
以前われわれが学んだ歴史の中の『カイロ宣言』の部分は、完全にだまされていたのであり、
これはきわめて厳粛な問題である」と訴えた。
http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=52675&ctNode=3591&mp=202



98 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 20:15:26.31 ID:gCN/xt17
ポツダム宣言八項では「小諸島についての日本の領土は我々(米国大統領、英国首相、中華民国総統)が決める。」
とある。だから日本の諸島の領土についてはポツダム宣言八項に定められる日本の立場(つまりサンフランシスコ平和条約)
について当時の米国政府、英国政府、台湾政府が承認したことを日本は「堅持」するわだからで、北方領土も竹島も
尖閣諸島も、サンフランシスコ平和条約で「日本の領土から除外する。」なんて定めていない以上、当該諸島は戦前のまま
日本領のままということ。
その日本の主張を、いみじくも中華人民共和国は日中共同声明(「ポツダム宣言8項」の立場を堅持すること)で認めたのだ。

「中華人民共和国政府の立場を十分理解し」は「あなたの主張(立場))を理解し」
ということであって「あなたの主張を認める。」ということではない。」


99 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 20:17:04.93 ID:gCN/xt17
ポツダム宣言は、ソ連による宣言ではないんだ。(爆笑
アホ杉

>>1

100 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 20:17:36.45 ID:runbA5pt
褒め殺しの逆かね?
「貶し生かし」みたいなw

101 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 20:22:57.99 ID:gCN/xt17
日本が受諾したポツダム宣言には、ソ連は加わっていない。(爆笑
後で、スターリンはポツダム宣言を「承認」してるが、ということはつまりは、ソ連は
日本の小諸島についての領有権については米政府、英政府、台湾政府(ポツダム宣言1項、
8項)が決めることを認めたということ。


102 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 20:24:41.23 ID:gCN/xt17
>日本無条件降伏なら

日本はどこの国にも「無条件降伏」なんかしたことない。
マヌケ

>>1


103 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 20:33:58.35 ID:gCN/xt17
「無条件降伏」=売国奴(ソ連・現ロシア、朝鮮、中共の狗)の造語


104 :ダツヲ◇tinkaisyaku:2011/10/12(水) 20:47:56.19 ID:YX4v2CcM
>日本はどこの国にも「無条件降伏」なんかしたことない。


よろしい。


そういうことなら、おれのウンコ理論は珍解釈ではない!

105 :ダツヲ◇tinkaisyaku:2011/10/12(水) 20:57:30.79 ID:YX4v2CcM
>102
バカはおめーだwwww


俺様は有条件降伏論者なんだwwww

歴史板で論破されちまったので、逆説的屁理屈を使って、
有条件降伏論を立証しようとしてるんだよバカめwwww

俺の珍解釈に引っかかったおめーの方がマヌケそのものだwwww

106 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/13(木) 07:52:56.14 ID:4uj4Xe6D
中国が北方領土で日本支持なのは当たり前。

ヤルタ協定では千島列島割譲が決定されたが、同時に満州権益について「ソヴィエト社会主義
共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権が回復される」ということで、こんなものを承認したら、
中国抗日戦争史観は致命的な打撃を受けることになるからだ。

北方領土返還論が取り下げになったら、困るのは専ら中国とアメリカ。だから「われらの北方領土」
は無条件降伏論に立脚する限りは、日本のわれらではなくて連合国のわれらということになる。

日露が和解してカイロ宣言が破棄されヤルタ協定が承認されれば、中国は国家的危機に陥る。

歯舞・色丹の2島引き渡しと択捉・国後の割譲が承認されれば、カイロ宣言の領土不拡大原則
は戦勝国の側から否定されかつ千島列島の割譲を定めたヤルタ協定は敗戦国の側から承認
することになるが、そんなことになれば中国は国家としての威信が丸つぶれになってしまう。
カイロ宣言によれば台湾は中国へ返還、ヤルタ協定によれば満州権益はソ連へ譲渡、
だから日本よ頼むから北方領土を放棄しないでくれと。

いい加減「われらの北方領土」が、『吾等ノ決定スル諸小島』の一つなのだと気づけってこと。
そうではないというのなら、まず日本は無条件降伏をしていないと宣言すること。


107 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 12:01:50.68 ID:AXpciMQm
>>102-103
国際法上の議論では、無条件降伏説が判例通説

108 :ダツヲ◇tinkaisyaku:2011/10/13(木) 18:49:45.06 ID:jiL9MgkB
>>107
俺様独自のトンデモ理論ではその判決はアメリカの圧力によるものだ。

無条件降伏とはアメリカの圧力を日本の裁判所が受け入れた政治的陰謀である。
明治維新はユダヤが起こした革命である。それと同じだ。


異論あるか?

まず、日本は無条件降伏をしていないことを宣言し、アメリカに核ミサイルをぶっぱなすこと。

109 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 09:56:51.24 ID:lQqNX9NX
あくまで、国際法上の上では日本は無条件降伏しているんだから
政治的見解はどうでもいい

110 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 18:01:59.46 ID:D/QLSsBh
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1317343931/4-11
ここにある判例全部、アメリカの圧力の一言で片付けるのは無理そうだ。
平成に入ってからも判例でとる

111 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/14(金) 20:09:58.81 ID:LTOrEqKU
結局のところ無条件降伏論に立脚している限り、日露和解は未来永劫にわたって不可能となる。
無条件降伏論に立脚するのなら北方領土返還論は法的根拠が全く無いただの民族的主張となり、
百万言を費やして叫び続けても1ミリの領土も返っては来ず、日露関係を悪くするだけとなる。
かといって北方領土の放棄を宣言することもできず、看板だけを掲げた状態が延々と続く。

>>109
>国際法上の上では日本は無条件降伏しているんだから

『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』

ロシア流無条件降伏論では「国後、択捉、歯舞、色丹は、いずれも現在すでにソ連領の一部となって
おるもの」と解釈され、アメリカ流無条件降伏論では「択捉、国後両島は、常に固有の日本領土の一部」
と解釈される。だがいずれにしてもわれらの北方領土は、日本のわれらの北方領土に非ずということ。

『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』

カイロ宣言に無条件降伏と書いてある、だから無条件降伏論でずっと通すのだということなら、
国後、択捉、歯舞、色丹いずれの島も『吾等ノ決定スル諸小島』であり、それらに関しては、
日本の側からの異論を一切受け付けられないということになる。『吾等ノ決定スル諸小島』に対し、
日本の側からの異議申し立てが通ってしまったら、それは無条件降伏では無くなってしまう。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

112 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 20:19:14.07 ID:jDq4BomM
1って在日朝鮮人なの?

113 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 20:23:48.95 ID:nTgPiM5s
>>112
お前はウイグル人か?

114 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 20:28:49.83 ID:nTgPiM5s
>>111
アメリカ、ロシアと云っても始まらん。国際法で論じるしかない。

しかし国際法では無条件降伏論になってしまって決着付かない。

115 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/14(金) 20:31:55.49 ID:LTOrEqKU
『無条件降伏論』を再掲しておく。
>>3
>>4

カイロ宣言に『無条件降伏』と書いてあるが、その具体内容は全くなにも記述されておらず、
そのままでは何の意味も成さない。従ってアメリカなり日本なりロシアなりの政府機関が、
公式声明または公式見解としてその具体内容を述べたものを『無条件降伏論』と定義する。

『同宣言の条項中その合意を前提としないものについても我方の協力を約束した』、
これは無条件降伏論としてわかりやすい典型例だ。だがもしそうだとすると、

『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』

国後、択捉、歯舞、色丹いずれの島も、「われらの北方領土」は『吾等ノ決定スル諸小島』であって、
日本のわれらの合意を前提とする日本のわれらの北方領土では無いのだ、と。

116 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 20:32:42.46 ID:nTgPiM5s
この際もう一度鈴木宗男さんに出て来て頂いて、宗男流で交渉するしか
ない。

宗男さんは刑務所か?

117 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/14(金) 20:44:23.46 ID:LTOrEqKU
外務省も馬鹿ではないから、無条件降伏論に立脚する限り「われらの北方領土」は、
いつまで経っても『吾等ノ決定スル諸小島』なことは理解できているはずだ。
アメリカの外圧で、仕方なしに看板だけの「われらの北方領土」を掲げているにすぎない。
看板を掲げているだけで何もしない、これでは無責任な民族的主張にしかならない。

アメリカとしてはこれからも無条件降伏論と北方領土返還論をセットで政治的にゴリ押しして、
日本とロシアを永遠に和解させないつもりでいるのかもしれない。
日本が条件付き降伏だの2島で和解だの言い出すなら、それこそアメリカは沖縄を併合してやるぞ、と。

118 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/14(金) 20:57:03.85 ID:LTOrEqKU
>>67
>理由は、サンフランシスコ条約で日本ははっきりと主権を放棄してしまったからだ。

それもアメリカの仕組んだ政治的謀略で、日本とソ連を和解させないようにするためだ。
その証拠にサンフランシスコ条約ではソ連を排除しているが、ソ連代表が判事として参加
した東京裁判は『受諾』したということになっている。

北方四島はもとより千島列島の南部で、その当時は「南千島」と日本でもそう呼ばれていた。
だからいったんそれらをまとめて切り離して「放棄」ということにしておいて、日ソ交渉が始まると、
今度は日ソ和解を妨害するために「固有の日本領土」なるものをゴリ押ししてくるわけだ。

119 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/14(金) 21:22:36.66 ID:LTOrEqKU
歯舞・色丹の2島で妥協するにしても、『日本は無条件降伏をしていない』という前提が必要。

「われらの北方領土」が『吾等ノ決定スル諸小島』では、択捉・国後の割譲は不可となってしまう。
択捉・国後は『吾等ノ決定スル諸小島』でありロシアへの割譲は認めない、ではどうにもならない。

(これがいわゆる“ダレス恫喝”というやつなんですね。これまでの方針を180度転換し、沖縄返還を盾に取り、
ソ連が承知するはずのない4島返還を迫らせた。目的は、日本とソ連との間を仲違い状態にさせておくため。
この時期は冷戦だったし)
(では、今後どうすればよいか?グレゴリー氏はつづけて以下のように、当時、述べていた。これは今でも
十分通じることではないかな)
「日本の切り札は、まずサンフランシスコ条約が不平等条約だったということを米国に対し主張し、
領土問題を原点にもどすことです。米国は現在、北方領土は日本固有の領土だと認めているわけですから、
第2条C項は誤りだと米国に認めてもらうのです。私はこの件で日本の外務省の人と何度も議論しようと
しましたが、吉田首相や西村条約局長の国会答弁は『間違いだった』などといったり、口をつぐんで話を
したがらない。実に不思議なことです。不可解なのは1983年に日本政府が公表した1953年までの
秘密外交文書に、北方領土をめぐる日米間の交渉に関するものが入っていなかったことです。私の推測は、
この中に米国が日本に強引に全千島を棄てさせた過程が記録されているに違いないということです」
「なぜ米国を批判し、真実を訴えることができないのですか。外交は国益を守るためのものです。
米国の白を黒と言い換える外交のすごさをごらんなさい。私はソ連に外交官としていましたが、
親ソではありません。でも、北方領土問題でソ連だけを悪者にして、非を責め続ける日本外交の
やり方から、領土の喪失に第一義的責任を負うべきは、ソ連ではなく米国だと公に宣言することで、
ソ連との交渉もやりやすくなるはず」
「こうした経緯をひた隠しにしている、日本政府のやり方を見ていると、本当に日ソ関係を改善したいと
思っているのかと疑いたくさえなります」
http://blogs.yahoo.co.jp/ff6988m/60728908.html


120 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 23:53:21.98 ID:VEHSmCBP
武装解除した降伏後に侵攻された以上、返還されるべきだろ

121 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/15(土) 10:13:16.92 ID:kLJ3/EHz
領土問題を棚上げにして天然ガスを含む経済問題を話し合いたい
領土問題を棚上げにして天然ガスを含む経済問題を話し合いたい
領土問題を棚上げにして天然ガスを含む経済問題を話し合いたい

ご存知のように、これまで欧州は天然ガスの供給でロシアに大きく依存してきました。これがアフリカ
から安価に天然ガスを輸入できれば、不安定な政策を持つロシアに依存する必要がなくなるわけで、
渡りに船です。さて、これで困ったのがロシアです。ロシアは、天然ガスの輸出に大きく依存した経済構造
を持っています。ですから、ロシアは、今、天然ガスの売り込み先を必死になって探しています。
金正日を呼んで北朝鮮経由で韓国に天然ガスパイプラインを敷くための交渉を始めたのです。韓国も
それに乗るために太陽政策に若干戻ろうとしています。あのメドベージェフ大統領が、突然、北方四島
に来たのも領土問題だけではありません。そろそろ領土問題を棚上げにして天然ガスを含む経済問題
を話し合いたいというサインです。
ロシアはサハリンで産出された天然ガスを北海道から東北を経由して関東までパイプラインを敷きたい
のです。実際にかつて、そういう提案を日本政府にもしたといいます。でも、それは東京電力を始めとする
電力業界が猛烈に反対したので断ったそうです。一体、何故でしょう? 実は、天然ガスの価格は石油
より圧倒的に安いのですが、現地でマイナス160度にまで冷やして液化するプラントが必要であり、
それを運ぶ専用タンカーが要ります。また、それを受け取る港湾は深度が深い特殊な埠頭が必要で、
さらに超低温で保持する高価な貯蔵設備まで要ります。要は、LNGというのは原料単価は極めて安いのに、
運搬と貯蔵費用がべらぼうに高いのです。従って、天然ガスを取り扱うことが出来るのは、東京電力や
東京ガスといった、高価な設備投資が出来る大企業に限定されてしまいます。

富士通総研  現実を直視したエネルギー戦略 2011年10月13日(木曜日)
http://jp.fujitsu.com/group/fri/column/opinion/201110/2011-10-3.html

122 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 10:17:54.82 ID:W3PKO88V
吾等ノ決定スル諸小島』に択捉・国後を含めた米外交文書
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPRU/19560907.O1J.html

日本からの異議申し立てが入れられた日露東京共同宣言
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/19931013.D1J.html


よろしい。


そういうことなら、無条件降伏しても4島返還要求できる!



123 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 14:41:37.15 ID:B5wBZ+eO
>>122
>そういうことなら、無条件降伏しても4島返還要求できる!

6.1´ 隠れ返還不要論
 隠れ返還不要論なる言葉はありません。説明のために作った用語です。
 既に、戦後60年、日ソ国交回復からも50年経過しました。50年以上前に、平和条約締結後に
歯舞・色丹の返還が約束されているにもかかわらず、平和条約締結交渉は行われておらず、
領土も1mmも還ってきていません。
 返還運動には国民の税金が投入され、返還運動団体や一部の学者には利権が生じています。
また、総務省の役人の天下り先になっている法人もあります。このような団体にとって、北方領土が
返還されたら、せっかくの利権を失うことになります。このため、口では返還を唱えながら、その実、
返還交渉の進展を極度に妨害する勢力が存在します。『北方領土マフィア』『返還運動マフィア』
などと揶揄されます。
 「4島一括返還をまるでお経のように唱え続けるべし」と主張する学者もいます。日ソ国交回復から、
50年経っても、1mmも還って来ない主張を、このまま唱え続けて、国民の税金を返還運動関係者に、
ばら撒き続けるのでしょうか。北方領土返還運動に利権のある人にとって、これほどすばらしい主張は
無いでしょう。
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/Hoppou6.htm

124 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 14:50:45.68 ID:ps0GdtaQ
もう一度戦争するべき
まず徴兵にして軍事力をあげ中国朝鮮まずぶっ潰すべき


125 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/15(土) 15:05:37.96 ID:OUSQKLkp
>領土の喪失に第一義的責任を負うべきは、ソ連ではなく米国だと公に宣言することで、

> 「4島一括返還をまるでお経のように唱え続けるべし」と主張する学者もいます。日ソ国交回復から、
>50年経っても、1mmも還って来ない主張を、このまま唱え続けて、

日本が主張すべきは北方領土返還ではなくて、日本は無条件降伏をしていないのだということ。
具体的にはポツダム条項の『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』について、
日本としては無条件でそのまま受諾するわけではないのだと、内外へ向けて訴えること。
それができないなら「われらの北方領土」は、未来永劫にわたって『吾等ノ決定スル諸小島』となる。

戦後何十年にもわたって、公式見解として出てくるのは外務省も裁判所も無条件降伏論ばかりなので、
ここをいかにして修正していくか。まずは外務省の北方領土返還論の全面取り下げを決定し、その上で
北方領土返還を言い立てる議員が出てきたら、「日本は無条件降伏をしたか」についての質疑応答を行う。
無条件降伏論に立脚するのなら、「われらの北方領土」=『吾等ノ決定スル諸小島』になるのだぞ、と。

「われらの北方領土」は『吾等ノ決定スル諸小島』だ、まずは北方領土返還を取り下げろ!

126 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/15(土) 15:10:59.43 ID:OUSQKLkp
戦後何十年にもわたって公式見解としてきた『無条件降伏論』を修正するのは、容易ではない。
何しろ無条件降伏論に東京裁判受諾論に北方領土返還論と、2重3重に重なっているのだ。

ならばせめて、「われらの北方領土」は『吾等ノ決定スル諸小島』だ、と言ってやるしかない。
だから「われらの北方領土」なんて冷戦時代の謀略宣伝はもう止めてくれ、と。


127 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 18:20:16.00 ID:1R/UHpp4
○損害賠償等、恩給請求棄却処分取消請求控訴事件 【事件番号】 大阪高等裁判所判決/平成10年(行コ)第22号
我が国は同宣言を受諾して無条件降伏をしたのであるから、日本軍は解体され消滅することになったものである。
また、現実に連合国軍が日本を占領し、我が国の統治組織を支配下に収めるまでの間は、軍及び政府が事実上その機能を失っていなかったとしても、
国が無条件降伏をし、外地にある軍もこれに従う以上、軍人は、降伏した敵国の元軍人として、その滞在地を支配する国の取扱いにゆだねられることになるのは必然的な成り行きといわざるを得ない。
したがって、このような状況下にあっては、我が国がポツダム宣言を受諾して我が国の軍人に武装解除を命ずるに当たり、その軍人の帰還につき滞在地を支配する国(本件では当時の旧ソ連)
の政府と軍人の帰還について外交交渉を尽くさなかったとしても直ちに安全配慮義務に違反したとはいえないというべきである(最高裁平成九年三月一三日判決参照)。

○損害賠償請求事件 【事件番号】 東京地方裁判所判決/平成7年(ワ)第15636号 【判決日付】 平成11年9月22日
同年八月六日広島に原爆投下、八月八日ソ連対日宣戦布告、八月九日長崎に原爆投下、八月一四日我が国はポツダム宣言を受諾して連合国に対して無条件降伏
(もとより、カイロ宣言及びポツダム宣言記載の条件による降伏であって、形式的には条件付き降伏である。
しかし、一五項目にわたる条件を見ると、実質的にはほぼ無条件降伏に近い内容というほかない。本裁判においてポツダム宣言の受諾が無条件降伏というのは、その趣旨である。)

○香港軍票補償請求事件 【事件番号】 東京地方裁判所/平成5年(ワ)第15280号 【判決日付】 平成11年6月17日
しかし、日本が無条件降伏をしたからといって、そのことから被告に軍票を換金する法的義務が新たに生じたと解することはできない。
したがって、原告らの右主張は採用できない。

128 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 18:35:18.88 ID:DGfURr8X
>>110
>ここにある判例全部、アメリカの圧力の一言で片付けるのは無理そうだ。
>平成に入ってからも判例でとる

国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです
国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです
国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです

私たちの裁判を応援して下さっている生田暉雄弁護士が「世界」8月号の記事、「砂川事件上告審
とアメリカの影」(小田中聰樹・東北大学名誉教授)を送って下さいました。生田さんは「日本では、
本件砂川事件だけでなく、国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです。
司法権の独立が無いだけでなく、国家の基本構造に対する訴訟については、裁判自体が無く、いわば、
判決という形で裁判所の行政行為としての見解が示されるだけなのです。このため、私は、裁判は
主権実現の手段であると、裁判の本質の意義を捉え直し、国家権力による主権実現の妨害に
対抗すべきであると主張しています」と述べています。

この記事を簡単に紹介したいと思います。カギカッコ内は本文からの引用です。

「2008年4月30日付の毎日新聞や赤旗は1959年3月30日東京地裁が「日米安保条約にも続く
米軍駐留は憲法9条2項前段に違反し許すべからざるものである」との理由に基づき砂川事件無罪
判決を言い渡したその直後に、駐日アメリカ大使(ダグラス・マッカーサー2世)が、この判決の早期破棄
に向けて岸内閣外務大臣藤山愛一郎氏や最高裁長官田中耕太郎氏と接触、密談し同判決の早期破棄
を積極的に働きかけたことを示す、同大使の国務省宛て秘密電報14通が、国際問題研究者新原昭治氏
によってアメリカ政府解禁文書の中から発見、入手されたことを大きく報道した」

「砂川事件上告審とアメリカの影」
http://lumokurago.exblog.jp/9472425/

129 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 18:41:26.17 ID:x019JWME
というか司法権独立とは名ばかりで、日本の裁判所はアメリカの外圧に『無条件降伏』してるw

>>110
>ここにある判例全部、アメリカの圧力の一言で片付けるのは無理そうだ。
>平成に入ってからも判例でとる

砂川事件:「伊達判決」直後、日米密談の文書存在 外務省が一転開示/毎日
 東京都立川市にあった米軍立川基地を巡り、米軍駐留を違憲とした59年の「伊達判決」直後に、
当時の駐日米大使が日本側の外相や最高裁長官に面会していた問題で、外務省が「関連文書不存在」
としていた従来の姿勢を翻し、文書の存在を認めたことが分かった。政権交代を受けて、文書を開示
するよう再請求していた元被告側に2日夕開示した。一連の「密約問題」同様に、情報公開の趣旨を
逸脱するこれまでの外務省の姿勢が明らかになった。【野口由紀】
 開示を求めていたのは、同基地への立ち入りを問われた「砂川事件」の元被告、坂田茂さん(80)
=川崎市中原区=と支援者ら計40人。
 同事件の1審「伊達判決」を巡り、当時のマッカーサー駐日米大使が藤山愛一郎外相と会い、
控訴を経ずに上告する「跳躍上告」を勧めていたことや、大使と田中耕太郎最高裁長官が上告審の
時期の見通しについて密談していたことが08年4月、米側公文書で判明。元被告らが、09年3月に
情報公開請求したが、法務省、外務省、内閣府、最高裁の4機関は同年5月までに、大使との
会議記録などに関し「不存在」と通知していた。
 今回、一転して外務省が公開したのは、伊達判決2日後の59年4月の「藤山大臣在京米大使会談録」。
「極秘」との印が押された手書き文書で計34ページある。今後、支援組織の弁護士らが読解を進める。
 公開の再請求は、昨年9月の政権交代で、岡田克也外相が一連の日米密約の調査を指示したことを受け、
10月に行った。外務省以外の3機関は11月、以前と同じ理由で不開示としたが、外務省は12月25日、
「現時点までに、該当文書を特定することができなかった」として、不開示を通知したものの、「最終決定
ではなく、引き続き調査を行う」としていた。
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/c661b0645a07784c91eb9321cc1964ec


130 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 21:02:08.19 ID:aSKfmVey
吾等ノ決定スル諸小島』に択捉・国後を含めた米外交文書
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPRU/19560907.O1J.html

日本からの異議申し立てが入れられた日露東京共同宣言
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/19931013.D1J.html


よろしい。


そういうことなら、無条件降伏しても4島返還要求できる!





131 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 00:54:59.67 ID:3/1d8R8s
だから、日本は「無条件降伏」なんかしたことないんだ。
ボケザス野郎、勉強しなおせ。

>>1

132 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 00:57:57.02 ID:3/1d8R8s
おまえらノウタリン族の言う「国際法上の上」ってなんだ。<爆笑。



109 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 09:56:51.24 ID:lQqNX9NX
あくまで、国際法上の上では日本は無条件降伏しているんだから
政治的見解はどうでもいい


133 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 01:07:17.65 ID:3/1d8R8s
ポツダム宣言(8項)での「我々」とは米国、英国、中華民国のこと(同宣言第1項で定義されてる)であって
「連合国」ではない。
(そして、そのことをソ連は、後で追認(ポツダム宣言の承認)をしてる。
まして、ポツダム宣言での「我々」には、ソ連(ロシア)も、中華人民共和国も、朝鮮半島国も含まれない。


134 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 01:12:59.82 ID:3/1d8R8s
カイロ宣言での「無条件」の意味は「日本軍の無条件武装解除」の意味
であって、日本が主権(領土)を無条件に放棄するということではない。


135 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 01:13:40.58 ID:3/1d8R8s
主権≠武装


136 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 01:20:17.34 ID:3/1d8R8s
当時の日本政府が国家主権まで「無条件放棄」していたなら、日本のポツダム宣言以降の全ての
外交文書は無効ということになる。主権放棄した(国権代表としての権限なき)ものが条約などを
締結する権限はありえないからだ。そうなら日本は戦前の領土はすべて戦前のまま状態で返還要求権を
有する。台湾も朝鮮半島も満州も日本領ということになる。


137 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 01:30:37.35 ID:3/1d8R8s
「領土」というのは紛争当事者がどちらも納得しないうちは確定されない。
それが国際法(国際司法裁判所の判例)の原則。
「納得」には50年以上の平和裏での実効支配に対する看過(反論しない沈黙)も含む。
だからロシアや中国や朝鮮の狗どもや、売国奴どもは日本側の領土に関する反論を
させまいとして「口にするな」と看過を扇動する。


138 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 08:31:31.03 ID:xwOFtnWt
>>134
カイロ宣言の無条件降伏は
×日本軍
○日本国

カイロ宣言よく読もうね

139 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 08:34:00.90 ID:xwOFtnWt
>>131
カイロ宣言に「日本の無条件降伏」とある
ポツダム宣言には法的な意味で条件が不存在
日本の最終法解釈権は、裁判所にあるところ、その裁判所は「日本は無条件降伏」したと認定している


逆に「無条件降伏してない」という主張は2chでしか聞かないよ
これが現実



日本は無条件降伏しているんだよ

140 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 08:40:50.12 ID:3/1d8R8s
嘘。
今どき「無条件降伏」という用語、解釈は2chに多い在日と中国、ロシアの工作員だけだ。



>逆に「無条件降伏してない」という主張は2chでしか聞かないよ
>これが現実




141 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 08:54:33.84 ID:3/1d8R8s
カイロ宣言の「the unconditional surrender of Japan」の語義解釈では「国権全てについて無条件の降伏」
となれば国際法上ありえないもので、国際法(慣習法)として日本国民の基本的人権を無視した国連憲章違反
になることが明らか。つまり、かの解釈では、カイロ宣言が国際法違反で無意味なものなることが明らか。
よって連合国側は、降伏文書(1945年9月2日)で「日本国の無条件降伏」とはしなかったのです。
つまり、「日本軍の無条件の武装解除」として、ポツダム宣言の「無条件降伏」の語義について
具体的に定義、記述したのだ。


142 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 08:57:34.86 ID:3/1d8R8s
歴史事実、歴史経緯を無視したロシアの狗ども(旧社会党員の売国集団)の屁理屈。



>日本無条件降伏なら、北方領土返還を口にするな!

143 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 09:10:05.32 ID:3/1d8R8s
日本は無条件降伏してない。ポツダム宣言を受諾するにあたってカイロ宣言の語義について
天皇の問題やその他、捕虜の扱い問題などいろいろ確認してる。
だからこそ降伏文書のような記述(日本軍の無条件の武装解除)になったのだ。


144 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 09:16:02.78 ID:3/1d8R8s
ソ連はポツダム宣言の「共同提案者」ではない。「追認者」でしかない。
つまり、ポツダム宣言1、8項で言われる、日本の領有すべき小島嶼を定める
「我等(米国、英国、中華民国)」の権限は有していないのだ。
むしろソ連は「追認」によって、ポツダム宣言8項の「我等」の語義定義は、
米国、英国、中華民国であることを追認(後で承認)したにすぎない。


145 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 12:56:09.90 ID:3/1d8R8s
終戦行為について言うなら、カイロ宣言もポツダム宣言も、日本の降伏文書(確定事項文書)
の署名のための草案(提案)でしかない。どんな草案(提案)でも、多くの場合、改訂されるのが
常なんだ。


146 :インド大金持息子の弟:2011/10/16(日) 13:04:16.97 ID:btnNM3JB
>>145
それなら国連でもどこでも行って主張するべきだ。

主張しなければ何も始まらない。

147 ::名無しさん@3周年::2011/10/17(月) 11:16:42.53 ID:QtTHY6Dq
カイロ宣言読むと尖閣諸島も中国領かも知れんな。

148 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 12:40:53.74 ID:5JcM6RF8
>3/1d8R8s
国際法ろくに知らない雑魚が吼えてるな
>>141
>カイロ宣言の「the unconditional surrender of Japan」の語義解釈では「国権全てについて無条件の降伏」
>となれば国際法上ありえないもので、国際法(慣習法)として日本国民の基本的人権を無視した国連憲章違反
>になることが明らか。


これで論破(笑)

「国際法においては、強制による協定も、国際協定として有効なものと認められるのであるから、
たとえ、降伏文書が連合国の強力な軍事力を背景とする要求を日本が受諾するという形で締結されたものであつたとしても、
その国際協定たる性質を否定することはできないのである。(鑑定人入江啓四郎、同高野雄一、同田畑茂二郎の各鑑定の結果、前掲乙第一号証参照。)」

降伏文書、ポ宣言、カ宣言はいずれも有効な国際条約であることは争いがない。
降伏文書は条約である。
降伏文書は「ポツダム条項を履行せよ」とある
ポツダム宣言は「カイロ条項を履行せよ」とある
カイロ条項には「日本の無条件降伏」と明記ある。
すると「軍の無条件降伏」はポツダム13項、「国の無条件降伏」はポツダム8項で明文化されているのは明らか。



149 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 12:44:06.90 ID:5JcM6RF8
>140
>今どき「無条件降伏」という用語、解釈は2chに多い在日と中国、ロシアの工作員だけだ。

初めて国会で有条件降伏論を持ち出したのは、西村栄一という「社会党」国会議員
吉田は無条件降伏派

150 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 12:44:32.54 ID:5JcM6RF8
>140
なお、レッドパージが解雇された共産党員(ロシア工作員)は以下の主張を裁判で述べている。

○仮処分申請事件 【事件番号】 大阪高等裁判所判決/昭和36年(ネ)第759号 【判決日付】 昭和39年6月30日
(原告の主張)
無条件降伏と云うのは、降伏の条件が連合国側によつて一方的に決定され、日本はこれをそのまま受諾しなければならなかつたという意味をもつに過ぎないのであつて、
降伏に条件が無く連合国の占領に何等の拘束もないという意味では決してなかつたのである。実際ポツダム宣言に降伏の条件は明示されており、
その五項に「吾等の条件左の如し」といつて、ポツダム宣言自体が条件という語を用いている。連合国はその諸条件に反して行動することは許されない。
占領目的はポツダム宣言に記載された範囲に限定され、連合国が占領目的を一方的に変更したりまたこれの範囲を逸脱した行動をとることは出来ない。
すなはち、連合国は右の諸条件のもとで休戦を認める態度を表明したものでありこれを認めて休戦を成立させることは国家としての無条件降伏ではなく、以上の条件に則つての降伏休戦の申入れであり、
ポツダム宣言の受諾を正式に文書にし休戦を成立せしめた降伏文書は、国際法上の一方的行為ではなく政府が正式に締結した休戦条約に外ならない。
そして連合国とわが国も共に、国際的合意である降伏文書およびそれに引用されてその一部をなしているポツダム宣言の規定に拘束されるのである。占領軍といえども、その拘束から自由でないことは当然である。
降伏文書には「天皇及び日本政府の国家統治の権限は、本降伏条項を実施するため適当と認める措置をとる連合国最高司令官の制限の下に置かれるものとす」と規定されている。
然しこの規定は、日本がポツダム宣言並びに降伏文書の実施のために必要な限りにおいて連合国の権力に服従する義務を負うことを定めたもので、この義務の発生する根拠は日本がこれに合意したことにある。
そして天皇と日本政府は連合国最高司令官の制限の下におかれるけれども、その最高司令官の権限はポツダム宣言と降伏文書の規定によつて制約される。
前記の降伏文書からいきなり最高司令官が「全く自由に自ら適当と認める措置」をとる権限(昭和二十八年四月八日最高裁大法廷判決)があるというわけにはいかないのである。


151 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 12:46:06.73 ID:5JcM6RF8
さらに、判例は以下のとおり日本の無条件降伏を認定する。

○昭和28年04月08日最高裁判所大法廷判決
 ・・・昭和二〇年勅令第五四二号は、わが国の無条件降伏に伴う連合国の占領管理に基いて制定されたものである。世人周知のごとく、
わが国はポツダム宣言を受諾し、降伏文書に調印して、連合国に対して無条件降伏をした。
その結果連合国最高司令官は、降伏条項を実施するため適当と認める措置をとる権限を有し、この限りにおいてわが国の統治の権限は連合国最高司令官の制限の下に置かれることとなつた(降伏文書八項)


152 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 12:56:15.15 ID:5JcM6RF8
さらに、判例は以下のとおり日本の無条件降伏を認定する。

○昭和28年04月08日最高裁判所大法廷判決
 ・・・昭和二〇年勅令第五四二号は、わが国の無条件降伏に伴う連合国の占領管理に基いて制定されたものである。世人周知のごとく、
わが国はポツダム宣言を受諾し、降伏文書に調印して、連合国に対して無条件降伏をした。
その結果連合国最高司令官は、降伏条項を実施するため適当と認める措置をとる権限を有し、この限りにおいてわが国の統治の権限は連合国最高司令官の制限の下に置かれることとなつた(降伏文書八項)


153 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 14:04:53.53 ID:UqSjcCD8
>>150
この問題の難しいところは

共産党員やシベリア抑留者、慰安婦など左翼側に属する人たちが「有条件降伏」を主張し
判例や政府がそれを否定するというところだな

有条件降伏だと、占領中の「国の責任」が発生し、左翼連中に国は賠償責任を負わなければならない

154 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/17(月) 16:34:18.76 ID:sVkyZNSv
『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』

将来的には北方領土問題解決のために、裁判所の提出した無条件降伏論を退け、
代わって江藤淳の条件付き降伏論を政府見解として採用することを希望する。

このままではロシア流無条件降伏論(千島列島全島割譲、しかるのちに歯舞・色丹の2島
引き渡しについて協議)とアメリカ流無条件降伏論(択捉・国後は日本国の固有領土)が
対立したままで、いずれにせよ北方領土は日本のわれらの北方領土に指定することができない。

だがもし条件付き降伏論に修正することができれば、日本国の同意を前提としない戦勝国だけ
での領土決定は認めず、かつ日本の領土は日本国の合意を前提とする外交交渉で決定できる。
日本は無条件降伏をしておらず、われらの北方領土はあくまで日本のわれらの北方領土であり、
日本のわれらの北方領土は日本のわれらの合意で決定するのだと。

択捉・国後をロシアに割譲し、歯舞・色丹を日本領として残す。これこそ「日本のわれらの北方領土」だ。
カイロ宣言の領土不拡大原則を侵害するというのなら、戦勝国であるロシア側から破棄を宣言する。
そうすれば日本は「無条件降伏」の汚名が消え、ロシアは「不法占領」の汚名が消える。

155 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/17(月) 16:49:50.73 ID:sVkyZNSv
後ニ「ソヴィエト」社会主義共和國聯邦ガ参加シタル宣言
後ニ「ソヴィエト」社会主義共和國聯邦ガ参加シタル宣言
後ニ「ソヴィエト」社会主義共和國聯邦ガ参加シタル宣言

>>144
>ソ連はポツダム宣言の「共同提案者」ではない。「追認者」でしかない。
>つまり、ポツダム宣言1、8項で言われる、日本の領有すべき小島嶼を定める
>「我等(米国、英国、中華民国)」の権限は有していないのだ。

二 外務省のホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/hoppo_keii.html、七月十日確認)
によれば、「千九百四十五年八月九日に対日参戦したソ連は、日本のポツダム宣言受諾後も攻撃を続け、
同八月二十八日から九月五日までの間に、北方四島を不法占領しました」とあるが、政府は、千九百四十五
年八月二十八日以降、ソ連邦による北方四島の不法占拠が続いているという認識を有している、との認識で正しいか。
三 政府が、千九百四十五年八月二十八日以降、ソ連邦による北方四島の不法占拠が続いているという
認識を有している場合、ポツダム宣言第七条の「右ノ如キ新秩序カ建設セラレ且日本国ノ戦争遂行能力カ
破砕セラレタルコトノ確証アルニ至ルマテハ聯合国ノ指定スヘキ日本国領域内ノ諸地点ハ吾等ノ茲ニ指示
スル基本的目的ノ達成ヲ確保スルタメ占領セラルヘシ」という内容を否定することになると考えられるが、
政府の見解や如何に。
四 北方四島とポツダム宣言第七条との関係を明確にされたい。
五 ポツダム宣言第八条には「「カイロ」宣言ノ条項ハ履行セラルヘク又日本国ノ主権ハ本州、北海道、
九州及四国並ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルヘシ」とあるが、北方四島は「吾等ノ決定スル諸小島」
と政府は認識しているのか。

平成二十一年七月十三日提出
質問第六七二号
北方領土の不法占拠とポツダム宣言に関する質問主意書
提出者  近藤昭一
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a171672.htm

156 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 16:57:15.11 ID:7aoadKnA
>ポツダム宣言を受諾するにあたってカイロ宣言の語義について
>天皇の問題やその他、捕虜の扱い問題などいろいろ確認してる。

天皇の取り扱いをどうするかというのは条約に書かれているわけではない。
捕虜の取り扱いも条約で書いてない。
日本の無条件降伏は条約に書いてある。

事実上、色々確認したり実務的な作業はこなすものだが
国際法上は「条件」が明文でかかれているかどうか。それだけだと思うよ。


判例はポツダム宣言に、日本を奴隷化しないとか国際法上あたりまえのことしかかかれてない。
だから、国際法上無条件降伏を認定した。

157 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 17:00:28.33 ID:7aoadKnA
>日本の降伏文書(確定事項文書)
>の署名のための草案(提案)でしかない。
>どんな草案(提案)でも、多くの場合、改訂されるのが常なんだ。

問題は「日本の無条件降伏」という部分がなんら改定されないまま
降伏文書に、なんら留保事項のないまま「カイロ条項」「ポツダム宣言」を履行せよとかかれていることがポイント
この場合、降伏文書と一体となって両宣言は法的拘束力を持つ

158 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 19:15:55.54 ID:1IZvcwib
>>139
> 逆に「無条件降伏してない」という主張は2chでしか聞かないよ
> これが現実


いやいや、2chでも無条件降伏派が多数だったよ
>>1は、同種のスレたててこの手の工作活動しているが
もともとは無条件降伏派の法学板住人に、法律議論でコテンパンにされて発狂したところから始まっている

159 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 19:20:32.51 ID:1IZvcwib
> カイロ宣言の「the unconditional surrender of Japan」の語義解釈では「国権全てについて無条件の降伏」

馬鹿?
「the unconditional surrender of Japan」の語義解釈では「無条件の降伏」「条件のない降伏」だろ?
それ以上でも、それ以下でもない。

「国権全て」とか勝手に偽造するな。それは語義解釈でないだろ



なお、判例はこう解している


○損害賠償請求事件 【事件番号】 東京地方裁判所判決/平成7年(ワ)第15636号 【判決日付】 平成11年9月22日
もとより、カイロ宣言及びポツダム宣言記載の条件による降伏であって、形式的には条件付き降伏である。
しかし、一五項目にわたる条件を見ると、実質的にはほぼ無条件降伏に近い内容というほかない。本裁判においてポツダム宣言の受諾が無条件降伏というのは、その趣旨である。




160 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/17(月) 19:43:57.60 ID:sVkyZNSv
>>158
>無条件降伏派の法学板住人に、法律議論でコテンパンにされて発狂した

国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです
国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです
国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです

私たちの裁判を応援して下さっている生田暉雄弁護士が「世界」8月号の記事、「砂川事件上告審
とアメリカの影」(小田中聰樹・東北大学名誉教授)を送って下さいました。生田さんは「日本では、
本件砂川事件だけでなく、国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです。
司法権の独立が無いだけでなく、国家の基本構造に対する訴訟については、裁判自体が無く、いわば、
判決という形で裁判所の行政行為としての見解が示されるだけなのです。このため、私は、裁判は
主権実現の手段であると、裁判の本質の意義を捉え直し、国家権力による主権実現の妨害に
対抗すべきであると主張しています」と述べています。

この記事を簡単に紹介したいと思います。カギカッコ内は本文からの引用です。

「2008年4月30日付の毎日新聞や赤旗は1959年3月30日東京地裁が「日米安保条約にも続く
米軍駐留は憲法9条2項前段に違反し許すべからざるものである」との理由に基づき砂川事件無罪
判決を言い渡したその直後に、駐日アメリカ大使(ダグラス・マッカーサー2世)が、この判決の早期破棄
に向けて岸内閣外務大臣藤山愛一郎氏や最高裁長官田中耕太郎氏と接触、密談し同判決の早期破棄
を積極的に働きかけたことを示す、同大使の国務省宛て秘密電報14通が、国際問題研究者新原昭治氏
によってアメリカ政府解禁文書の中から発見、入手されたことを大きく報道した」

「砂川事件上告審とアメリカの影」
http://lumokurago.exblog.jp/9472425/

161 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 12:26:16.50 ID:3owPbYhb
>>159
捏造は有条件降伏を主張する連中のお家芸。

162 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 09:04:38.02 ID:orHKsjWn
日本はやっぱり無条件降伏してたんだな
裁判所が言うなら間違いないだろ。国際法のプロだし。
江藤の持論より信じられる

163 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 09:56:37.64 ID:PPFQB+4S
>>1は、同種のスレたててこの手の工作活動しているが
もともとは無条件降伏派の法学板住人に、
法律議論でコテンパンにされて発狂したところから始まっている


>>1は、同種のスレたててこの手の工作活動しているが
もともとは無条件降伏派の法学板住人に、
法律議論でコテンパンにされて発狂したところから始まっている




164 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/19(水) 17:05:23.78 ID:N1h1ewbw
「日本国は極東国際軍事裁判を『受諾』した」が、ソ連のシベリア抑留は国際法違反である?

ならば極東『国際』軍事裁判というのは、国際法的にはどんな位置づけになるのだ?

>第七十二 司法権ハ凡テ最高裁判所及法律ヲ以テ定ムル下級裁判所之ヲ行フコト
>特別裁判所ハ之ヲ設置スルコトヲ得ズ行政機関ハ終審トシテ裁判ヲ行フコトヲ得ザルコト
>裁判官ハ凡テ其ノ良心ニ従ヒ独立シテ其ノ職権ヲ行ヒ此ノ憲法及法律ニ依ルノ外其ノ
>職務ノ執行ニ付他ノ干渉ヲ受クルコトナキコト

特別裁判所は憲法で禁じられている、とすれば極東国際軍事裁判は文字通りの国際法廷なのか?

もし極東国際軍事裁判を国際法廷として日本国が『受諾』したということであれば、
国際法廷においてソ連のシベリア抑留は合法だと認めたことになりはしないか?

165 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/19(水) 18:00:07.54 ID:N1h1ewbw
「日本国は極東国際軍事裁判を『受諾』した」が、ソ連のシベリア抑留は国際法違反である?

ならば極東『国際』軍事裁判というのは、国際法的にはどんな位置づけになるのだ?

>第七十二 司法権ハ凡テ最高裁判所及法律ヲ以テ定ムル下級裁判所之ヲ行フコト
>特別裁判所ハ之ヲ設置スルコトヲ得ズ行政機関ハ終審トシテ裁判ヲ行フコトヲ得ザルコト
>裁判官ハ凡テ其ノ良心ニ従ヒ独立シテ其ノ職権ヲ行ヒ此ノ憲法及法律ニ依ルノ外其ノ
>職務ノ執行ニ付他ノ干渉ヲ受クルコトナキコト

特別裁判所は憲法で禁じられている、とすれば極東国際軍事裁判は文字通りの国際法廷なのか?

もし極東国際軍事裁判を国際法廷として日本国が『受諾』したということであれば、
国際法廷においてソ連のシベリア抑留は合法だと認めたことになりはしないか?

砂川事件にみる『司法権独立』の大嘘ww
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1319014148/

裁判所や外務省が無条件降伏論に立脚しているのは当たり前で、いくら紙面だけの
司法権独立を謳っていても、判決なんてアメリカと外務省の政治圧力でどうとでも覆る。
裁判所も外務省もそれぐらいは百も承知だしごまかしようもない。その証拠に情報開示してる。

違うというのなら、日米密談の文書存在を否定する証拠を提出のこと。

法学生よ。教科書の記述を丸暗記するだけではなくて、もう少し他の学術文献にも
目を通すことをおすすめする。それから試験合格だけでなく実務経験も必要だ。

166 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 22:40:09.27 ID:onJqBv7D
>>1は、同種のスレたててこの手の工作活動しているが
もともとは無条件降伏派の法学板住人に、
法律議論でコテンパンにされて発狂したところから始まっている




167 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 10:02:43.01 ID:/Jga7hn9
天下の最高裁が認定しているのならだつおの主張などはゴミみたいなものだ

168 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 14:38:53.13 ID:ohlrPPEC
だつお残念ww
ここでも、無条件降伏認定されましたww
次はどの板にたつかな

169 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 16:07:33.57 ID:CVK9CS2q
>>168
>ここでも、無条件降伏認定されましたww

残念ながら、日本無条件降伏を認定した『カイロ宣言』は存在しない。
日本無条件降伏を認定しているのは、日本の外務省と裁判所だけのウリジナル解釈。

陳水扁総統は3月13日、英国紙「フィナンシャルタイムズ」のインタビューに応じ、その内容が同紙
インターネット版に掲載された。
 このなかで陳総統は、4年前に中国の温家宝・総理が「中国が台湾の主権を有していることは
『カイロ宣言』できわめて明確に示されている」と発言したことに関して、「多くの人は『カイロ宣言』に、
中国が台湾の主権を有することが明確に言明されていると信じている。過去、われわれが学生のときも、
国民党政府の教育はわれわれにこう教えてきた。国際社会もそのように認識していた。(カイロ宣言
が発表された)1943年からいまに至るまで、60年もの間、1943年に蒋介石、チャーチル、
ルーズベルトの3カ国の首脳が中国は台湾の主権を確かに有していると決定したと、多くの人々が
信じて疑わなかった」と述べた。
 そのうえで、陳総統は「1943年12月1日の『カイロ宣言』についてはっきりしているのは、
時間と日付が記されておらず、蒋介石、チャーチル、ルーズベルトの3首脳のいずれも署名がなく、
事後による追認もなく、授権もない。これはそもそもコミュニケではなく、プレスリリース、声明書に
過ぎないのだ」と指摘した。
 陳総統は「12年後の1955年2月1日、チャーチル首相は国会質問で、『カイロ宣言』に基づいて
中国が台湾に対する主権を有するということには同意できないと答えたように、当時3人にはそもそも
コンセンサスなどなく、そのため署名もなかったのだということが見てとれる」と述べ、「こんなに重要な
文書が英国の国家ファイルでも原本が見つからない。歴史は歪曲、改竄されることはよくあることで、
以前われわれが学んだ歴史の中の『カイロ宣言』の部分は、完全にだまされていたのであり、
これはきわめて厳粛な問題である」と訴えた。
http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=52675&ctNode=3591&mp=202

170 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 16:09:24.58 ID:CVK9CS2q
>>167
>天下の最高裁が認定しているのなら

 秘密指定解除文書の1枚目にこうある。3月30日午前6時52分受信(日本時間の当日午後
7時52分)の電報は国務長官宛で、「夜間作業必要緊急電」。太平洋軍司令部と在日米軍司令部
にも復唱情報として送られている。それは、東京地裁(伊達秋雄裁判長)が米軍駐留は憲法9条
に違反するとしで、基地内に立ち入った被告人を無罪とした判決を紹介し、メディアの反応など
も分析しながら、日本政府がこれに対して上訴するだろうと伝えている。これが伊達判決に対す
る米国の最初のリアクションだった。
 電報の差出人はマッカーサー駐日大使。連合国軍最高司令官として君臨したダグラス・
マッカーサー元帥の甥にあたる。同大使は、判決の翌日の朝8時に藤山愛一郎外務大臣と会い、
午後2時過ぎには、それについて次のように報告している。
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2008/0526.html

【ビデオニュース・ドットコム 竹内記者】砂川事件の関連についてです。砂川事件の時の日米間で
行われた裁判についての会議記録が今まで不存在とされていたものが、先週の金曜日、4月2日に公開
されたと報道されています。それについて、今まで不存在となっていたものが何故実際には存在していて、
どこから見つかったのかという経緯を伺いたいのと、今まで不存在となっていたものが実際には文書
があったとすると、有識者委員会での4つの密約についての調査や西山太吉さん等による沖縄返還に
ついてのいわゆる密約の情報開示請求訴訟で国側が主張している文書が存在しないという主張の
信頼性等にも影響を与えると思いますが、その点についても見解をお聞かせ下さい。
【大臣】今回、密約に関する徹底的な調査を行った結果として従来不存在としていたものが、
そうではないということが明らかになったということです。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/gaisho/g_1004.html

171 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 16:16:39.16 ID:CDNAyDI4
>>169
別に有条件降伏であったと言うつもりはないが、無条件降伏を定めたカイロ宣言が、
実はその原文が存在しなかったということで、無条件降伏論は完全に破綻したということ。

こうなると、自称法学派の発狂ぶりが面白くなってくる。

172 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 16:51:07.32 ID:ohlrPPEC
陳は台湾の関係で効力がないといってるだけだろ

173 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 17:09:06.97 ID:z9zCuKCT
ハハハ、こいつは面白れぇwww

>>172
>陳は台湾の関係で効力がないといってるだけだろ

蒋介石、チャーチル、ルーズベルトの3首脳のいずれも署名がなく
蒋介石、チャーチル、ルーズベルトの3首脳のいずれも署名がなく
蒋介石、チャーチル、ルーズベルトの3首脳のいずれも署名がなく

174 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 17:17:02.60 ID:ohlrPPEC
ポツダム宣言も署名がないけど、こっちは効力を認めるのか。素敵なダブルスタンダード

175 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 17:38:41.46 ID:ohlrPPEC
ポツダム宣言も署名がないけど、こっちは効力を認めるのか。素敵なダブルスタンダードだね

結論から言えばどっちも国際条約として扱われている(日本との関係にのみ)

確かに条約法条約2条は「条約」は、署名と書面化されることが必要としているから、ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
しかし、降伏文書は署名され、書面化されている。
降伏文書が「ポツダム条項を履行せよ」と言っているよね。そのポツダム宣言が「カイロ条項を履行せよ」といっている。
つまり、両宣言は降伏文書の「引用」を受け、降伏文書と一体の「条約」である。

176 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 18:39:18.78 ID:VmnYr8gk
>>175
>結論から言えばどっちも国際条約として扱われている(日本との関係にのみ)

日本限定の民族的解釈ということなら同意。

177 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 18:41:43.67 ID:8KL3RyPh
>>175
>ポツダム宣言も署名がないけど、こっちは効力を認めるのか。素敵なダブルスタンダードだね

カイロ宣言はなかった!!日本の敗戦を決定づけたポツダム宣言を裏打ちする
筈の公文書が、この世に存在しない。これはとりもなおさず、日本が受諾した
ポツダム宣言自体が「無効」であり、第8条を履行する義務がないことを示しているのです。

☆ ポツダム宣言は無効!  2008/08/22
http://chinachips.fc2web.com/repo5/051021.html

178 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 18:42:28.41 ID:8KL3RyPh
>>175
>ポツダム宣言も署名がないけど、こっちは効力を認めるのか。素敵なダブルスタンダードだね

よろしい。

そういうことなら、ポツダム宣言はそれ自体が無効だ!


179 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 18:43:34.81 ID:8KL3RyPh
>>175
>ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。

ここだけは正しいwww

180 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 18:52:33.49 ID:h2qcocOb
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。

181 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/20(木) 19:04:46.22 ID:0KwsKDUS
というか裁判所も外務省も未だに『無条件降伏論』に立脚している様子だが、
それは自らの首を絞める理論だということが理解されているだろうか?

 国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです
 国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです
 国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです

日本は無条件降伏をした、同宣言の条項中その合意を前提としないものについても
我方の協力を約束した>>4、日本側からのいかなる異論をも受け付けない>>3
などという『無条件降伏論』に立脚するのであれば、司法権独立も成り立たないことになる。

>第七十二 司法権ハ凡テ最高裁判所及法律ヲ以テ定ムル下級裁判所之ヲ行フコト
>特別裁判所ハ之ヲ設置スルコトヲ得ズ行政機関ハ終審トシテ裁判ヲ行フコトヲ得ザルコト
>裁判官ハ凡テ其ノ良心ニ従ヒ独立シテ其ノ職権ヲ行ヒ此ノ憲法及法律ニ依ルノ外其ノ
>職務ノ執行ニ付他ノ干渉ヲ受クルコトナキコト


いくら憲法で司法権独立を謳おうとも、「日本は極東軍事裁判を受諾した」という立場なら、
憲法のいかんに関わらず「統治行為論」でもって司法権独立は事実上空文となる。

民族的独自論?

独自論も何も、砂川事件の日米密約に関しては、すでに外務省も認めている事実だ。

182 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 19:10:25.62 ID:ohlrPPEC
言っている意味わからないのか

降伏文書に「引用」があるだろ
降伏文書にハンコがおされていれば、カイロ宣言は子供の落書きみたいなものでもかまわない

それが契約書だ

183 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 19:17:18.92 ID:ohlrPPEC
契約もそうですが、段階的に契約を踏むような売買契約があったとします。

買主と売主が継続して取引する場合
この前決めた取り決めを全部あわせた契約書をいちいち作るのはめんどくさいということで
契約書bの条項に「細かい取り決めは、前の契約書aの条項どおりの履行」とあるとします。

この場合、文面主義では原則として契約書aにハンコが押されていなくても、契約書bに「仔細は契約書aのとおり」と記載されていますと
契約書bにハンコが押されていれば、契約書aの条項が契約書bに書かれているものとみなされます



それは、貴方がもし社会人で契約等に接しているのなら常識で判断できるでしょう?

184 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 19:34:35.86 ID:We8eiZJ1
>>183
>貴方がもし社会人で契約等に接しているのなら常識で判断できるでしょう?

民族的独自論としては傾聴に値するが、「司法権独立」などこの国にありはしないのが現状だ。

185 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 19:35:20.45 ID:rH1EH3u6
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。

186 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 19:36:43.26 ID:YApeEAud
>>182
>言っている意味わからないのか

全然わからない。

文句があるなら、誰が読んでもわかり易い日本語で記述すること。
法学部だからといって専門用語で煙に撒こうだなんてのはダメ。

187 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 20:13:38.39 ID:ohlrPPEC
>>183
でわからないか?


契約書甲に「別紙乙の条項」を履行せよと書いてあったらどうなる
当然、契約書甲と乙は一緒の契約になるだろ。単に紙が違うだけで。

188 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 20:15:03.34 ID:lfdmY8fT


189 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 20:26:57.91 ID:NR2I0LYY
>>187
>契約書甲に「別紙乙の条項」を履行せよと書いてあったらどうなる

「別紙」の文書存在が確認されなければ無効だって、キミ自身が既に認めているとおり。

ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。
ポツダム、カイロ宣言は一見条約と呼べないものである。


ほら。本当はもうわかっているんでしょ?

190 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 20:44:26.41 ID:ohlrPPEC
だから、降伏文書が「条約」なんだよ
そこで、「ポツダム、カイロ条項を履行せよ」とある
カイロ「宣言」がゴミでも、それは認めるけども

「カイロ条項」は履行しなきゃならないんだよ

おわかりかい?

カイロ「条項」は完全な条約

191 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 20:49:44.46 ID:7/Ps7qvu
http://pinkpantylove.syakuhati.com/6082257.html

192 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 20:55:17.31 ID:ohlrPPEC
>>189
プレス記事になって要約されていればいい
要は、当事国が履行できる内容になってりゃいいって話
カイロ条項もポツダム条項も

関連条約

ポツダム宣言
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/19450726.D1J.html

降伏文書
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/19450902.O1J.html

カイロ宣言
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/19431127.D1J.html


こうしてまとめられているのなら
プレス記事に内容があればまったくok
そんなのでも、本体の降伏文書はきっちりしてるからな

193 :教員K:2011/10/20(木) 21:32:05.26 ID:36BCzjIE

真実は、これを観れば分かります。 → http://www.youtube.com/watch?v=zWPAktCuzK4 

みんなでこれを情報拡散しよう!

194 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 11:03:15.13 ID:t4bgq5OW
>>190
>カイロ「宣言」がゴミでも、それは認めるけども

ここだけは正しいww

195 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 11:08:27.63 ID:7YxTd5/e
文書として存在が確認されていない「カイロ宣言」を法律だなんて、すごく民族的だね。

世界のどこに、文書として存在しない法律があるんだろうね。

古代史にだって「ハンムラビ法典」とか、きっちり文書化されてるってのに。

196 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 11:10:26.21 ID:7YxTd5/e
架空の、存在しない文書を法律だと強弁するキミって、とっても民族的だよww

>>190
>カイロ「条項」は完全な条約

こんなに重要な文書が英国の国家ファイルでも原本が見つからない
こんなに重要な文書が英国の国家ファイルでも原本が見つからない
こんなに重要な文書が英国の国家ファイルでも原本が見つからない

197 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 11:15:13.10 ID:KYneQKs+
日本は無条件降伏を定めたという「カイロ宣言」だが、文書の存在を日本政府が公式に
承認したとすると、これは台湾に対する内政干渉になる。
裁判所や外務省が「無条件降伏」に拘るのは、台湾の主権を蔑ろにしたいがためなのか。

198 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 11:20:25.55 ID:yMY/IO3J
>>190
>カイロ「条項」は完全な条約

中国共産党の工作員か? 

「【カイロ宣言】中米英3カ国が1943年12月1日に発表。台湾が中国領土であることを認めた
初めての国際協約で、日本による台湾占領の違法性を法律上認めるとともに、終戦後の日本
による中国への台湾返還の義務を強調し、中国が台湾問題を取り扱う上での根拠となっている」
ここではつまりカイロ宣言はプレスリリースなどではなく、条約である「国際協約」だと強調している
わけだ。だが仮にこれが条約であるとしても、当時日本の領土だった台湾の処分に関し、
その処分権を持たない外国同士がいかなる取り極めをしたところで、何の意味も持ち得ないこと
は常識だ。そこで同宣言にある「日本が盗取した台湾」と言うくだりに着眼し、「日本の台湾領有の
違法性を法律上認め」たと極め付けて、台湾に関する主権は日本の領有以前と同様、依然中国
が持っていたかのように勘違いさせようとしているのである。これは実に手の込んだウソと言えよう。
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1.html

199 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 11:25:15.82 ID:6RbzNxoJ
無条件降伏論者が、中国共産党の工作員だということはよくわかった。

「カイロ宣言」を否定されると、その直後に台湾は独立国となってしまう。
中国共産党の工作員である無条件降伏論者が恐れるのは台湾独立。

200 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 11:30:27.04 ID:0L7ZI/+H
中国共産党の工作員の立場からすれば、カイロ宣言は文書自体の存在が確認されずとも、
日本が調印した降伏文書にカイロ宣言の履行が謳われているのだから、これは国際条約である。

201 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 11:32:49.59 ID:hATZRbKl
中国共産党の工作員が、「カイロ宣言」を国際条約だと強弁するスレはここですか?


202 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/21(金) 16:46:28.88 ID:P5cl2Syx
『カイロ宣言は原文こそ確認されないが、日本降伏文書にカイロ宣言履行と書かれているから国際条約だ』

だがこれは中国流無条件降伏論と呼ぶべきもので、中国以外では決して受け入れられない論法だ。
日本降伏文書にカイロ宣言履行と書かれているから国際条約だなどといったら、台湾は中国に合併となる。
だがいずれにしても日本は無条件降伏をしたのだという無条件降伏論に立脚する限りは、あの戦争に
ついて戦後処理も含めて日本の側には何の発言権も無いことになる。

要するに日本が無条件降伏をしたということなら、日本は黙ってろの一言だ。またシベリア抑留など
戦勝国の国際法違反に云々するのなら、まず極東国際軍事裁判を破棄してからということになる。

>ソ連 I・M・ザリヤノフ
>ソ連 I・M・ザリヤノフ
>ソ連 I・M・ザリヤノフ

203 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/21(金) 17:00:36.95 ID:P5cl2Syx
アメリカ流無条件降伏論(北方4島は日本領)とロシア流無条件降伏論(北方4島はロシアに割譲)
に加えて中国流無条件降伏論(カイロ宣言に従って台湾は中国領)と、無条件降伏論は三つ巴だ。

ただ日本の外務省や裁判所が言う無条件降伏論は、いずれにしてもあの戦争について日本の側
からは何の発言権も認めないという解釈のようだ。外務省は北方領土返還を叫び続けるだけで何も
していないに等しいし、裁判所は司法権独立を建前としつつも外交関係は統治行為論で逃げるのみ。

204 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/21(金) 17:03:44.36 ID:P5cl2Syx
憲法第七十二条「司法権独立」条項は、全面削除を希望する。

>第七十二 司法権ハ凡テ最高裁判所及法律ヲ以テ定ムル下級裁判所之ヲ行フコト
>特別裁判所ハ之ヲ設置スルコトヲ得ズ行政機関ハ終審トシテ裁判ヲ行フコトヲ得ザルコト
>裁判官ハ凡テ其ノ良心ニ従ヒ独立シテ其ノ職権ヲ行ヒ此ノ憲法及法律ニ依ルノ外其ノ
>職務ノ執行ニ付他ノ干渉ヲ受クルコトナキコト

砂川事件にみる『司法権独立』の大嘘ww
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1319014148/

そもそも日本は東京裁判を受諾したという公式見解が出た時点で、司法権独立は消滅してた。
砂川事件判決は司法権独立が全くの虚構であったことを最確認する結果となった。

205 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/21(金) 17:15:11.75 ID:P5cl2Syx
ロシア流無条件降伏論(択捉・国後は割譲、歯舞・色丹は引き渡し)を選択してしまうと、
日本無条件降伏論は事実上消滅してしまう可能性がある。
カイロ宣言で言う領土不拡大の原則を、戦勝国ロシアと敗戦国日本の共同で否定し、
代わってヤルタ協定を敗戦国日本の側から承認したことになるからだ。
択捉・国後の2島割譲を認めるだけで、日本無条件降伏を定めたカイロ宣言を破棄できるのだ。

日本よ頼むから北方領土を放棄しないでくれと、アメリカ中国からの声が聞こえてきそうだがw

206 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 22:04:05.60 ID:QNa+tZCE
>>201
判例も国際条約と認識している。ポツダムもカイロも

207 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 22:11:04.17 ID:QNa+tZCE
(七) 満州国は、日本国が昭和六年九月一八日の関東軍による柳条溝爆破事件に端を発して満州への武力侵略を進めた後に、満州に対する日本国の実質的独占支配を隠蔽するための仮装として設立されたものであり、
形式的には独立国家の形態をとってはいたが、
実質的には自主的独立的権限のない日本国の傀儡国家にすぎず、日本国の領土の一部であったといえる。
 右は、日本国が、第二次世界大戦を終了するに当たって、満州国に対する日本国の支配が違法、すなわち、満州に対する管轄権が日本国にあったとの国際的な認識を受け入れたこと
(日本国が受諾したポツダム宣言八項に「『カイロ宣言』の条項は、履行せらるべく」との文言があり、カイロ宣言には「満州、台湾及び澎湖島のような日本国が清国人から窃取したすべての地域を中華民国に返還すること」
との文言がある。)から明らかである。


判例は、カイロ条項に拘束力があるという法学派の主張を踏襲しているが

208 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 22:24:25.21 ID:8XkGub1B
だが残念ながら、カイロ宣言は台湾総統自らがその存在を明確に否定している。

>>207
>判例は、カイロ条項に拘束力があるという法学派の主張を踏襲しているが

陳水扁総統は3月13日、英国紙「フィナンシャルタイムズ」のインタビューに応じ、その内容が同紙
インターネット版に掲載された。
 このなかで陳総統は、4年前に中国の温家宝・総理が「中国が台湾の主権を有していることは
『カイロ宣言』できわめて明確に示されている」と発言したことに関して、「多くの人は『カイロ宣言』に、
中国が台湾の主権を有することが明確に言明されていると信じている。過去、われわれが学生のときも、
国民党政府の教育はわれわれにこう教えてきた。国際社会もそのように認識していた。(カイロ宣言
が発表された)1943年からいまに至るまで、60年もの間、1943年に蒋介石、チャーチル、
ルーズベルトの3カ国の首脳が中国は台湾の主権を確かに有していると決定したと、多くの人々が
信じて疑わなかった」と述べた。
 そのうえで、陳総統は「1943年12月1日の『カイロ宣言』についてはっきりしているのは、
時間と日付が記されておらず、蒋介石、チャーチル、ルーズベルトの3首脳のいずれも署名がなく、
事後による追認もなく、授権もない。これはそもそもコミュニケではなく、プレスリリース、声明書に
過ぎないのだ」と指摘した。
 陳総統は「12年後の1955年2月1日、チャーチル首相は国会質問で、『カイロ宣言』に基づいて
中国が台湾に対する主権を有するということには同意できないと答えたように、当時3人にはそもそも
コンセンサスなどなく、そのため署名もなかったのだということが見てとれる」と述べ、「こんなに重要な
文書が英国の国家ファイルでも原本が見つからない。歴史は歪曲、改竄されることはよくあることで、
以前われわれが学んだ歴史の中の『カイロ宣言』の部分は、完全にだまされていたのであり、
これはきわめて厳粛な問題である」と訴えた。
http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=52675&ctNode=3591&mp=202

209 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 22:27:39.27 ID:+s4RfNY8
>>207
>判例は、カイロ条項に拘束力があるという法学派の主張を踏襲しているが

中国共産党の工作員には誠に申し訳ないが、カイロ宣言は原文そのものが存在しない。

210 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 22:29:09.19 ID:byECM3ZB
>>204
司法権独立条項が削除されると、日本は無条件降伏をしたという裁判所の見解は、
実効性を失うわけだなw

211 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 22:34:13.90 ID:utOVfBsF
カイロ宣言よりもヤルタ協定が優先なのだが?

>>207
>満州、台湾及び澎湖島のような日本国が清国人から窃取したすべての地域を中華民国に返還すること

ソヴィエト社会主義共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権が回復される
ソヴィエト社会主義共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権が回復される
ソヴィエト社会主義共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権が回復される

2  1904年の日本国の背信的攻撃により侵害されたロシアの旧権利が次のとおり回復されること。
(a)  樺太の南部及びこれに隣接するすべての諸島がソヴィエト連邦に返還されること。
(b)  大連港が国際化され、同港におけるソヴィエト連邦の優先的利益が擁護され、かつ、
        ソヴィエト社会主義共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権が回復されること。
(c)  東支鉄道及び大連への出口を提供する南満州鉄道が中ソ合同会社の設立により共同で
        運営されること。ただし、ソヴィエト連邦の優先的利益が擁護されること及び中国が
        満洲における完全な主権を保持することが了解される。
3  千島列島がソヴィエト連邦に引き渡されること。

1945年2月11日の「ヤルタ」会議に於て署名
1946年2月11日 米国国務省より発表
http://www.hoppou.go.jp/library/document/data/19450211.html

212 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 22:46:03.00 ID:rvlGPEAy
>>207
>判例は、カイロ条項に拘束力があるという法学派の主張を踏襲しているが

過去の判例や政府答弁がどうあれ、カイロ宣言は原文そのものが存在しないことが
現在では明らかになっており、カイロ宣言を履行すべきだとの主張は中国共産党の工作員w

213 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 22:49:52.33 ID:s+MWJVVt
カイロ宣言だろうがヤルタ協定だろうがポツダム宣言だろうが、戦勝国の決定に対して、
日本からの権利主張は認められない、日本は無条件降伏をしたということ。

昭和24年11月26日 衆議院予算委員会 内閣総理大臣 吉田茂
「またこの間もよく申したのでありますが、日本国は無条件降伏をしたのである。そしてポツダム宣言
その他は米国政府としては、無条件降伏をした日本がヤルタ協定あるいはポツダム宣言といいますか、
それらに基いて権利を主張することは認められない、こう思つております」
⇒昭和24年の吉田茂の発言である。ここでは、日本政府によるポツダム宣言に基づく権利主張の
否定を明言し、ポ宣言の契約性・法的拘束性を否定、「無条件降伏」であるとしている。
http://nanigasi00toua.blog63.fc2.com/blog-entry-93.html

だつお、涙目ww

214 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 22:59:03.74 ID:qUhMJAaP
>>207
>判例は、カイロ条項に拘束力があるという法学派の主張を踏襲しているが

要するに無条件降伏論というのは、台湾という他国への内政干渉を正当化する論法なんだなw

215 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 23:03:50.64 ID:XEXjYCbl
>>207
>判例は、カイロ条項に拘束力があるという法学派の主張を踏襲しているが

(4)結論
中国はカイロ宣言を捏造して日本をだました。1972年9月29日に発表された日中共同声明
第3項で「中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを
重ねて表明する。日本国政府は、この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重し、
ポツダム宣言第8項に基く立場を堅持する」とある。
日本の外務省はこれにだまされ、「カイロ宣言で満州、台湾、澎湖は中華民国に返還されたことを
声明した。しかし1972年の日中国交回復以降は、上述の中華民国は中国を指す」と宣言し、
台湾は中国の一部であることを認定した。
外務省は直ちにこれを改正し、台湾は中国の内政ではなく、中国にへつらうために台湾の内政
に干渉することをやめるべきである。

カイロ宣言は捏造、1972年の日中共同声明の再検証を
http://www.taiwannation.com.tw/jcairo.htm

216 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 23:12:24.20 ID:fm4GmzH5
判例なんて所詮は国内法で、日本国内でしか通じないウリジナル理論。

日本は無条件降伏をしたと考えるにせよ、カイロ宣言を国際条約だなどとは、
中国共産党の工作員としか思えない。

日本国内限定で日本は無条件降伏をしたという解釈も大いに結構だが、
カイロ宣言を持ち出すことだけはどうか止めて欲しい。

台湾という他国に対する内政干渉だ。

217 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 23:18:18.83 ID:5EQwschm
>>192
>プレス記事になって要約されていればいい
>要は、当事国が履行できる内容になってりゃいいって話

中国共産党の工作員が、「無条件降伏」に便乗して、中国による台湾併合を
正当化しようと躍起になっているのか?

国際条約というものを恣意的に歪曲していると、自分でも気が付かないか?

無条件降伏も大いに結構だが、カイロ宣言を持ち出すやつは下劣としか言いようがない。

218 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 23:20:35.37 ID:OmVsMxbW
無条件降伏をしたということなら、日本の側からカイロ宣言を持ち出すのは止めて欲しい。

無条件降伏であれば「カイロ宣言を履行する」という条件はまったくないのだから、
カイロ宣言は文書そのものが無効と解しなければならない。

219 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 23:25:04.11 ID:OmVsMxbW
>>213
>日本からの権利主張は認められない、日本は無条件降伏をしたということ。

まあ、それでいいんじゃないか?

無条件降伏をしたのなら、日本政府は台湾問題については一切の発言を控えて欲しい。
カイロ宣言を履行するかどうかは日本の権限ではまったくないし、
カイロ宣言そのものが原文として存在しない架空の文書で、国際条約と呼べるものではない。

220 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 08:10:35.74 ID:zomfFZ4+
国籍確認等請求控訴事件

右両条約では、わが国が領有権を放【事件番号】 東京高等裁判所判決/昭和52年(行コ)第27号
【判決日付】 昭和55年6月12日
右両条約では、わが国が領有権を放棄した台湾及び膨湖諸島(以下台湾等という)が、どの国に帰属することになるかを明記していないが、
これより先昭和二〇年八月一四日にわが国が受諾しているポツダム宣言に引用されたカイロ宣言には、台湾等を中華民国に返還することが同盟国の目的である旨が掲記されている。
従つて、ポツダム宣言受諾に基づく講和条約たる対日平和条約の署名国間では、台湾等の帰属先はカイロ宣言当時の中華民国すなわち、かつての清国に代つて中国大陸を統治している国であることが、暗黙裡に理解されていたものと推察することができる。
ただ、対日平和条約締結当時、中国大陸及び台湾等の領有を主張する二つの政権すなわち、中華民国政府と中華人民共和国政府が現実に存在し、そのいずれを右条約に参加させるかにつき同盟国間に意見の不一致があつたため、
両者とも右条約の署名国とならなかつたのであるが、【判示事項一】わが国は右条約の効力発生日に当る昭和二七年四月二八日中華民国との間で、右条約二六条に準拠する二国間平和条約(日華平和条約)を締結し、
上記のとおりその二条において、台湾等に対する権利放棄を確認した。わが国が中華民国を選んで同国との間に右確認事項を含む平和条約を締結したことは、台湾等が条約相手国たる中華民国に帰属することを承認したものと解して差支えない。


判例は、ポツダム宣言の引用があるからカイロ宣言の法的効力があり
台湾は中華民国に帰属するといってるな

だつおの提案と判例、おまいらどっち信用する?

221 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/23(日) 08:28:47.21 ID:MxHKY9zJ
『カイロ宣言は原文が無くとも、日本降伏文書にカイロ宣言履行と書かれているから国際条約だ』
『カイロ宣言に従って台湾は中国に返還されるべきだ』

確かに冷戦時代という過去の時代には、判例にも政府答弁にもそういう見解も出された。
>>207の出所はわからないが、おそらく日中共同声明の方針に従って出されたと思われる。
中国が台湾返還に未だにしがみつく理由もあることにはある。

三 中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを重ねて
表明する。日本国政府は、この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重し、ポツダム宣言
第八項に基づく立場を堅持する。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/nc_seimei.html

>八、「カイロ」宣言ノ条項ハ履行セラルヘク又日本国ノ主権ハ本州、北海道、
>九州及四国並ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルヘシ

「日本は無条件降伏をした」といってもその具体内容はアメリカ・ロシア・中国の3者まちまちだが、
いずれにせよ日本は無条件降伏をしたということなら、日本は沈黙しているより他はない。
アメリカ・ロシア・中国の3者の利害対立が未だに深刻な以上、しばらくは無条件降伏論しかないかも。

222 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/23(日) 08:50:58.94 ID:MxHKY9zJ
日本は無条件降伏をしたかということだが、これは純粋な政治論だ。

法律論であれば無条件降伏を文書化した国際条約とその具体規定が必要だが、
原文の存在の確認されていないカイロ宣言に日本無条件降伏と書かれているだけだ。
さらに言えばカイロ宣言履行を義務化などしたら、台湾は日本から中国に返還されなければ
ならないということになってしまう。そんな見解は、中国以外の国には決して受け入れられない。
アメリカだって「台湾関係法」という法律を制定して、中国の台湾併合は認めないという方針だ。
これでは台湾はどこの国の領土なのか独立国なのかもあいまいなままだ。

北方領土についてもアメリカとロシアで見解対立して、無条件降伏をした日本には独自決定権
は無いということで、これまた何十年も解決のしようがないままだ。

223 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 09:18:59.04 ID:4rb03+Qu
中国=中華民国だろ

224 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/23(日) 11:39:27.52 ID:MxHKY9zJ
『日本側からのいかなる異論をも受け付けない』>>3
『同宣言の条項中その合意を前提としないものについても我方の協力を約束した』>>4

上の2つの論法を『無条件降伏論』の骨子とし、再び『無条件降伏論』を問い直す。この場合、
1 千島列島は全島割譲、しかるのちに歯舞・色丹の2島引き渡しで日露妥協(ロシア流)
2 択捉・国後は「固有の日本領土」であり、ロシアへの割譲は認めない(アメリカ流)
3 カイロ宣言は履行されるべしということで、台湾は中国に返還される(中国流)

だがいずれにせよ日本は無条件降伏をしたということなら、日本からの指定権は無いことになる。
無条件降伏論でいいじゃないかということなら、1〜3はいつまでたっても未解決のままになる。

北方領土問題や台湾問題が解決の方向に向わせるには『日本は無条件降伏をしていない』を、
国際社会で通せるかどうかにかかっている。もし日本が無条件降伏をしていないということなら、
北方領土は4島返還にせよ2島返還にせよ日露間の二国間交渉で解決でき、台湾問題に関しては、
旧宗主国日本の側から台湾独立を公式に承認するということも可能になる。

いきなり条件付き降伏論への移行は無理なら、外交関係について日本はしばらくの間、
「ノーコメント」で通す。そしてその上で何か言えと諸外国から持ちかけられてきたら、
「日本は無条件降伏をしていない」「日本は東京裁判を破棄する」と回答する。

225 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 15:14:45.35 ID:zomfFZ4+
だつおの妄想政治学でした

226 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 15:46:33.37 ID:zomfFZ4+
文書化されてなくとも、降伏文書が文書化されていれば原本はいらない
常識だろう。

判例もカイロ宣言条約扱いだろ
お前の民族的原本主義はもうあきた。慶弔には値した

227 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 15:50:30.83 ID:s9q67O+x
>>226
>民族的原本主義

いかにも中国共産党の工作員らしい、変な日本語だなww

228 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 16:22:53.34 ID:3QcNy8T+
>>226
>文書化されてなくとも、降伏文書が文書化されていれば原本はいらない
>常識だろう。

そんな変な日本語を書いたりすると、ますます中国共産党の工作員ですってことになるよw

229 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 16:49:31.69 ID:ccoFxNKr
>>192
>プレス記事になって要約されていればいい
>要は、当事国が履行できる内容になってりゃいいって話


中国共産党の工作員が、変な日本語を乱発して、その正体を自ら明かしてくれているのだなw

230 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 17:10:08.56 ID:mAtl2UXt
208 211 215 はだつおのレスなんだが、時々コテハン隠して、同調者がいるような小細工は
いい加減やめろ。だつおが立てたスレで だつおの意見に同調しているのはすべて だつおが
コテハンで以前書いたものを使いまわしている。
同調者が複数 存在するように偽装するのはやめれ。

231 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 17:14:36.11 ID:0Jy+Sszl
>>226
>文書化されてなくとも、降伏文書が文書化されていれば原本はいらない
>常識だろう。

私は、中国共産党の、工作員です。

ニイハオ!

232 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 17:32:46.65 ID:8KTDR/y4
>>220
>台湾等が条約相手国たる中華民国に帰属することを承認

昭和39年02月29日  衆議院 予算委員会
○岡田委員 ・・・総理大臣に伺います。条約問答ばかりで退屈でしょうから、総理大臣に伺いますが、
それでは台湾の領土が未確定であるとするならば、総理大臣に伺いたいのは、終戦以来、
特にサンフランシスコ条約の発効以来、いわゆる中華民国政府が台湾を支配しておるというのは、
法的に何と説明しますか。不法占拠以外に説明ができないじゃありませんか。不法占拠でしょう、法律上。
○池田国務大臣 日本が放棄してまだ帰属はきまっていない。しかし、カイロあるいは。ポツダム宣言
によりまして、将来は中華民国の領土になるべきものだというふうな一応の観念は、あったかもわかりません。
しかし、そういう中華民国に帰るべきだというふうな気持ちはありましたでしょうが、法律的には帰っていない、
こういうことでございます。だから、これは不法占拠と申しますか、私は未確定の問題で、一応観念上あそこ
を支配しておるぞと、こう考えております。
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/HoppouShiryou/196401_02Shugiin.htm

233 :名無しさん@3周年:2011/10/24(月) 00:52:15.12 ID:TqyoUnc9
本体の降伏文書はきっちり破棄されるというのが、ドイツ無条件降伏なわけだが、
日本無条件降伏は、それとは違って契約文書だということになるのか?

「日本はカイロ宣言に従って台湾を中華民国に返還する」という条件で降伏したのか?

>>192
>プレス記事に内容があればまったくok
>そんなのでも、本体の降伏文書はきっちりしてるからな

「四、  この軍事的降伏の文書は、今後ドイツ及び軍隊全体に適用されるために、
連合国により、またそのために課せられるべきいかなる一般的な降伏文書をも阻害する
ものではなく、またそれにより廃棄されるものとする。」

連合国最高司令官アイゼンハワー大将及びソ連軍総司令部に対する全ドイツ軍の降伏文書
一、 下記に署名せる者は、ドイツ国防軍総司令部の許可を得て、ここに連合国最高司令官
及び同時にソ連軍総司令部に対して、この時点でドイツの支配下にあるすべての陸海空の
全軍を無条件に降伏せしめる。
ニ、  ドイツ国防軍司令部は、すべてのドイツ陸海空軍司令部及びドイツの支配下にある
全軍に対して、中部欧州標準時の五月八日二三時一分に軍事作戦を直ちに停止し、
その時点で占位する地点に留まるよう命令を発する。いかなる船舶も航空機も破棄されず、
その機体、機械、装備に損害が与えられないこととする。
三、  ドイツ国防軍総司令部は、直ちに当該各司令官に対し、今後さらに発せられること
あるべき連合国最高司令官及びソ連軍総司令部の命令を下令し、その遂行を確保する。
四、  この軍事的降伏の文書は、今後ドイツ及び軍隊全体に適用されるために、
連合国により、またそのために課せられるべきいかなる一般的な降伏文書をも阻害する
ものではなく、またそれにより廃棄されるものとする。
五、  ドイツ国防軍総司令部またはその支配下にあるいかなる軍隊も、この降伏文書に従って
行動しない場合には、連合国最高司令官及びソ連軍総司令部は、適当と認める懲罰的または
その他の措置をとるものとする。
一九四五年五月七日午前二時四一分、ランスにて署名

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/5637/doitunokoufukubunsho.htm

234 :名無しさん@3周年:2011/10/24(月) 00:55:09.58 ID:TqyoUnc9
ところが逆にヤルタ協定のほうは、カイロ宣言とは違って、署名がきっちりしているんだよ!

中国共産党の工作員は、日本語が不自由で辛いよねww

>>192
>プレス記事に内容があればまったくok
>そんなのでも、本体の降伏文書はきっちりしてるからな

ソヴィエト社会主義共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権が回復される
ソヴィエト社会主義共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権が回復される
ソヴィエト社会主義共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権が回復される

2  1904年の日本国の背信的攻撃により侵害されたロシアの旧権利が次のとおり回復されること。
(a)  樺太の南部及びこれに隣接するすべての諸島がソヴィエト連邦に返還されること。
(b)  大連港が国際化され、同港におけるソヴィエト連邦の優先的利益が擁護され、かつ、
   ソヴィエト社会主義共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権が回復されること。
(c)  東支鉄道及び大連への出口を提供する南満州鉄道が中ソ合同会社の設立により共同で
   運営されること。ただし、ソヴィエト連邦の優先的利益が擁護されること及び中国が
   満洲における完全な主権を保持することが了解される。
3  千島列島がソヴィエト連邦に引き渡されること。

1945年2月11日の「ヤルタ」会議に於て署名
1946年2月11日 米国国務省より発表
http://www.hoppou.go.jp/library/document/data/19450211.html

235 :名無しさん@3周年:2011/10/24(月) 17:15:11.68 ID:InF8TkuK
また、だつお3連発かよ。
コテ隠して、他人を装うのをやめろ。

236 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/24(月) 23:08:51.22 ID:6huM9lQf
カイロ宣言に日本無条件降伏と書いてあるからカイロ宣言履行で日本は無条件降伏なのだと、
国際社会でそんな論法が通じるなら、日本は文字通り台湾を中国に返還しなければならなくなるが?

>>192
>プレス記事に内容があればまったくok
>そんなのでも、本体の降伏文書はきっちりしてるからな

『満洲、台湾及び澎湖島のような日本国が清国人から盗取したすべての地域を中華民国に返還する』

だが敗戦国日本からの権利主張を廃した無条件降伏論を採用するにしても、カイロ宣言の履行
を主張しているのは、世界広しと言えども中国ただ一国。その証拠にアメリカは『台湾関係法』と
いう法律を制定しており、1996年に行われた台湾有事でも2隻ものアメリカ空母が出動している。
ソ連崩壊後もこういう状況が続くのであれば、もうしばらくはアメリカ流無条件降伏論に従って、
日露和解を先送りにするしかないのかもしれない。

237 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/24(月) 23:16:14.57 ID:6huM9lQf
中国はカイロ宣言の履行を主張しているが、現実に履行されたのはカイロ宣言ではなくてヤルタ協定。
ヤルタ協定はカイロ宣言とは違い非常に強力な国際法的拘束性があって、以下のように規定されている。

『前記の外蒙古並びに港及び鉄道に関する協定は、蒋介石大元帥の同意を必要とするものとする。
大統領は、この同意を得るため、スターリン大元帥の勧告に基づき措置を執るものとする。』

当たり前だ。カイロ宣言には署名は無いが、ヤルタ協定にはきっちり署名がある。
日本は無条件降伏ということなら、ヤルタ協定は日本の署名抜きで履行できるが、
逆にカイロ宣言は日本が署名していても他の連合国がOKしなければ履行できないのだ。

238 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 08:30:10.74 ID:GjKp7JGW
契約相対原則知らないのか。

日米の条約に
台湾が拘束されることはない

239 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 08:31:30.36 ID:GjKp7JGW
米ソの合意に日本が拘束されることはない

240 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 09:28:58.03 ID:fptjjy6X
米ソの合意に日本が拘束されることはない、という条件付きで日本は無条件降伏をしたとでも?

241 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 09:31:38.27 ID:h3ITERqA
そもそも日本は無条件降伏をしていないし、カイロ宣言に至っては存在そのものが否定されている。

カイロ宣言を履行しろとかいう、中国共産党の工作員がまだ暴れているのか?

242 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 09:33:58.83 ID:h3ITERqA
>>239
戦勝国の合意に敗戦国日本は拘束されない、日本は無条件降伏をしていない、
という意味なら大賛成。

243 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 09:44:28.68 ID:P+dhcM7e
>>213
ヤルタ協定については、日本が北方領土返還論を取り下げれば済む話だが、カイロ宣言については、
履行すれば日本は台湾を中国に返還しなければならないという、トンデモな展開になってしまう。

244 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 09:49:08.75 ID:MthvPguQ
いずれにせよ、日本は無条件降伏をしたことは、裁判所も認めたとおりで、
ポツダム宣言もカイロ宣言もヤルタ協定も、日本の同意を必要としない。

245 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 09:51:20.46 ID:MthvPguQ
>>238
台湾が独立国家という視点でなら賛成。

246 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 12:02:01.59 ID:GjKp7JGW
>>240-245
民族的提案として傾聴に値するが、コテつけろ

247 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 12:36:31.36 ID:PXiPCKjU
どうや、いまだに日本は、米英ソビエトに占領されて
カリフォルニア講和条約も批准されてないようだ。

248 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 12:37:07.22 ID:PXiPCKjU
間違い。サンフランシスコ講和条約ね。

249 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 12:50:15.73 ID:rgeBOmzr
>>246
米ソの合意に日本が拘束されることはないという民族的提案は傾聴に値する。

250 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 12:52:53.65 ID:gZg+2JMz
>>239
>米ソの合意に日本が拘束されることはない

ヤルタ協定は北方領土返還論を取り下げさえすれば日本が拘束されることはない、
という意味なら大賛成。

今すぐにでも北方領土返還論を取り下げ、ヤルタ協定を公式承認すべきだ。

251 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 12:58:15.26 ID:gZg+2JMz
>>239
>米ソの合意に日本が拘束されることはない

北方領土返還さえ取り下げにすれば、ヤルタ協定は日本が拘束する条約では無くなるが、
カイロ宣言は例え日本無条件降伏論を採用したとしても、カイロ宣言を履行するとなると、
台湾を中国に返還しなければならないという大きな拘束を強いられることになる。

国後、択捉、歯舞、色丹は、いずれも現在すでにソ連領の一部となっておるものであって、平和に際し
当然に日本に返還するという筋合いのものではない、もし日本に渡すという場合があるとすれば、
それはすでにソ連領となっておる旧日本領の一部をあらためて日本に割譲することになるという
主張を続けておるのであります。
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/HoppouShiryou/19561125.htm


ロシア側の提案を受諾しさえすれば、ヤルタ協定は日本を拘束する条約では無くなる。
早く2島で日露合意して、ヤルタ協定を受け入れるべきだ。

252 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 17:32:05.37 ID:73LIHdOc
>>192
>プレス記事に内容があればまったくok
>そんなのでも、本体の降伏文書はきっちりしてるからな

中国共産党の工作員は、嘘も百万回叫べば真実になると思っているようだが、
カイロ宣言の嘘はすでに周知の事実になっている。

(4)結論
中国はカイロ宣言を捏造して日本をだました。1972年9月29日に発表された日中共同声明
第3項で「中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを
重ねて表明する。日本国政府は、この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重し、
ポツダム宣言第8項に基く立場を堅持する」とある。
日本の外務省はこれにだまされ、「カイロ宣言で満州、台湾、澎湖は中華民国に返還されたことを
声明した。しかし1972年の日中国交回復以降は、上述の中華民国は中国を指す」と宣言し、
台湾は中国の一部であることを認定した。
外務省は直ちにこれを改正し、台湾は中国の内政ではなく、中国にへつらうために台湾の内政
に干渉することをやめるべきである。

カイロ宣言は捏造、1972年の日中共同声明の再検証を
http://www.taiwannation.com.tw/jcairo.htm


253 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 17:34:49.28 ID:zs7qCUZX
歴史を歪曲する中国共産党の工作員に、何度も何度も反論してやろう。

>>192
>プレス記事に内容があればまったくok
>そんなのでも、本体の降伏文書はきっちりしてるからな

実際には、カイロ宣言などは存在せず、あったのはただのプレスリリースだった
実際には、カイロ宣言などは存在せず、あったのはただのプレスリリースだった
実際には、カイロ宣言などは存在せず、あったのはただのプレスリリースだった

――蒋介石政権に対する評価は
「過去の独裁者、強権体制時代、戒厳令時代の独裁者を、今日引き続き崇拝し、記念館を建てて
懐かしむとしたら、これは台湾の民主主義の大きな傷となる。台湾の人々が長期にわたって強権体制
から民主化へ向かうのに費やした血と汗に対する最大の侮辱である。
 60年前の二二八事件の多くのファイルや文献で、蒋介石は二二八事件の元凶であり、無数の殺人
を犯したことが証明されている。過去の歴史を見ると、蒋介石政権は統治の基礎を正当化するために、
多くの嘘をついている。例えば1943年のカイロ宣言であり、過去の政府は、1943年のカイロ宣言に関し、
当時、蒋介石、ルーズベルト大統領、チャーチル首相が参加してカイロ会議が開かれ、その宣言の中で、
日本は台湾の統治、主権を放棄し、台湾を中国に返還すると三国が一致して決定した、と教科書で
教えていた。実際には、カイロ宣言などは存在せず、あったのはただのプレスリリースだった。これは
あたかも、2000年に私が当選後、中国国民党が存在しない『92年のコンセンサス』を発表したのと
同じようなものである。1943年のカイロ会議では正式な宣言はなく、いわゆるプレスリリースに3人の
署名はなかった。だからこれはきわめて荒唐無稽な事であり、われわれは数十年も騙されていたが、
徐々に、歴史の文献が出てきてわかったのだ。歴史は誤って解読してはならず、歴史を改竄してはならない。

陳水扁総統がドイツ紙「ディー・ツァイト」のインタビューに答える(後半)
http://roc-taiwan.org/fp.asp?xItem=47572&ctNode=1453&mp=202


254 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 17:37:40.96 ID:kKhSLARR
>>192
>プレス記事に内容があればまったくok
>そんなのでも、本体の降伏文書はきっちりしてるからな

私は中国共産党の工作員です。

ニイハオ!

255 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 17:46:45.86 ID:Xbz7SGxs
日本は無条件降伏をしたというのは俺もそう思うが、カイロ宣言の履行はあまりにも
現実とかけ離れ過ぎていて、あれは文書それ自体が無効と考えるより他はない。

カイロ宣言に従って台湾は中国に返還、などやろうものならあの忌まわしい2・28事件の再来となる。

256 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 18:38:07.08 ID:zvBjwuzr
>>249-255
民族的提案として首肯せざるえまい


257 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 20:49:01.22 ID:Xm8AkIDG
樺太・千島列島を返せばアメリカを地獄に突き落とせるのにね・・・

258 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 11:03:47.21 ID:f1Bzyn2f
そもそも日ソ不可侵条約ってのがあってだな、
そのおかげでソ連はシベリアの軍隊を全て対ナチス用に戦力投下できたんよ。

259 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/27(木) 03:37:47.91 ID:LqpVAoza
民族的提案として、無条件降伏論はそのままにしておいて、まず北方領土返還論を全面取り下げ。

ヤルタ協定は米英中ソ戦勝国すべての合意を経ているので、あとは日本が承認するのみ。
択捉・国後はロシア側に割譲ということになるが、反対意見が出たら「日本は無条件降伏したか」
を徹底的に問い直す。無条件降伏をしたということなら、米英中ソ戦勝国で合意したヤルタ協定を、
敗戦国日本の側から拒否することはできないはずだ、と。

ヤルタ協定は日本の合意を前提としていないということなら、只今から日本は合意すると宣言する。
それから無条件降伏をしたということなら、日本の合意を前提としていない戦勝国決定も有りだと。
なお中国の合意については、

『前記の外蒙古並びに港及び鉄道に関する協定は、蒋介石大元帥の同意を必要とするものとする。
大統領は、この同意を得るため、スターリン大元帥の勧告に基づき措置を執るものとする。』

・・・という一文が入っているから全く問題無い。無条件降伏をした日本の側からは、
この『措置』に対して異議申立てはできませんからね、と。

260 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/27(木) 03:53:22.56 ID:LqpVAoza
>米英中ソ戦勝国で合意したヤルタ協定

ソ連の対日参戦欲しさに、ソ連の要求を米英中が呑まされた、という事情は誰もが知っている。
けれどもそれを言うなら日本だってソ連の対日参戦で無条件降伏論(その合意を前提としない
ものについても我方の協力を約束>>4)を呑まされたのだとも言えるはずだ。

いやあるいは日本本土決戦は日本壊滅の可能性もあったと指摘される。しかしながらその場合、
ソヴィエト赤軍は対日参戦で日本壊滅から救い出してくださった、と返してやるのだ。
というか日本降伏は原爆投下ではなくてソ連参戦だという理解を、もっと広めたいところだ。
ヨーロッパ戦線でもなナチスドイツを撃破したのは圧倒的に赤軍で、米英の貢献はずっと小さい。

『ヤルタ協定に従って、北方4島を含む千島列島全域が、ソ連邦に割譲された』

無条件降伏論はそのままでも、ヤルタ協定さえ日本国民の間で合意できれば大きな前進となる。
仇敵ロシアに国土を売り渡すのかという主張に対しては、日本は無条件降伏をしたのかと返す。

後ニ「ソヴィエト」社会主義共和國聯邦ガ参加シタル宣言
後ニ「ソヴィエト」社会主義共和國聯邦ガ参加シタル宣言
後ニ「ソヴィエト」社会主義共和國聯邦ガ参加シタル宣言

261 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/27(木) 09:58:58.45 ID:O4+UNhIc
【危険】 TPPを推進する有害議員をさらしあげろ!!
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/giin/1296672350/

日本は無条件降伏をしただとか、日本は東京裁判を受諾しただとか、未だにそういう現状で、
日本がTPPのようなアメリカの外圧を拒否できる立場にあると言えるのか?

このままでは反対賛成のいかんに関わらず、TPPは日本抜きで合意ができ、
日本は最後にそれを無理やり飲まされるだけだぞ?

しかし、筆者が日本政府部内において実際に通商交渉を行った経験からすれば、仮にこのたびの
大災害が無かったとしても、日本がTPPの内容を左右するような交渉力を発揮することはないと思われる。
それは日本には進んで農産物自由化のカードを切る覚悟はなく、常に自由化の程度を最小限にす
ることしか考えない交渉態度に終始することを各国はわかっているからである。したがって、形の上では
交渉に参加したとしても、実際には日本抜きで合意ができ、日本は最後にそれを無理やり飲まされる、
というシナリオしかない。悲しいことだが、それが農業をめぐる今までの通商交渉の現実だ。
http://jp.fujitsu.com/group/fri/column/opinion/201103/2011-3-9.html

262 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 15:28:29.13 ID:m5QTpOWN
242と243はだつおの自演。
誰もだつおに賛成しないのでIDを変え同調するレスをつける だつおのいつもの手法。
無条件降伏論争で玉砕しただつおは、名無しのレスを乱発してスレ住民に同調者がいるかのように偽装する。

だつおのスレ偽装

263 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 15:31:06.48 ID:OVkaq87b
中国韓国は日本の宗主国なんだから、
尖閣諸島とか竹島でグダグダ言うな!
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1297499350/

264 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 17:16:11.11 ID:VxpLf2L7
>>261
日本が無条件降伏をしたという法律問題と、TPP交渉という政治問題とは、
別々にして考えなければならない。

265 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 17:22:18.06 ID:1cWL+hR2
TPPにしても、「日本はTPPを受諾した」という条約を呑まされたらアウトw

266 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 17:26:57.08 ID:1cWL+hR2
「日本は無条件降伏をした」「日本は東京裁判を受諾した」というやり方と同様に、
TPPでもアメリカは同じような外圧をかけて日本政府に「受諾」を強いるであろう。

そうすればTPPも国際条約ということで、「日本はTPPを受諾した」ということになろう。

267 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 17:32:34.76 ID:OVkaq87b
「日本は無条件降伏をした」「日本は東京裁判を受諾した」というやり方と同様に、
南京虐殺従軍慰安婦でも、尖閣諸島でも竹島領有権でも
中国韓国は同じような外圧をかけて日本政府に「受諾」を強いるであろう。

そうすれば南京虐殺も従軍慰安婦も尖閣諸島も竹島領有権も
国際条約ということで、「日本は受諾した」ということになろう。

268 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 17:36:34.44 ID:YVP6PRuH
>>267
だから日本は無条件降伏をしていないという主張を、国際社会で全面に出していく必要があるよな。

269 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 17:37:42.43 ID:kVOH8h1d
日本はポツダム宣言により無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

270 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 17:38:57.72 ID:hv88V3cd
>>265
>>266
>>267
>>268
国際法の世界的権威たる最高裁の提出した無条件降伏論にケチをつけようと、
「だつお」が自作自演しているのか?

271 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 17:40:40.63 ID:MJKY4Qec
>>270
「日本は無条件降伏をした」とか宣う日本の最高裁が、国際法の世界的権威なのか?

国際法の世界的権威たる最高裁の提出した無条件降伏論
国際法の世界的権威たる最高裁の提出した無条件降伏論
国際法の世界的権威たる最高裁の提出した無条件降伏論

272 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 17:42:08.75 ID:OVkaq87b
>>263で、結論は出てるんだよ。
中国様は日本の宗主国になったんだから、何一つ文句を言ってはイケナイのだよ。


273 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 17:57:29.90 ID:PQD8geav
>>270
>国際法の世界的権威たる最高裁

文書はあったが、密かに廃棄してしまったようである。ないものは開示できないのだから、
文書はあったが、密かに廃棄してしまったようである。ないものは開示できないのだから、
文書はあったが、密かに廃棄してしまったようである。ないものは開示できないのだから、

沖縄密約文書の開示請求訴訟に対する控訴審の判決が、9月29日、東京高裁であった。本来なら先月
取り上げるべきテーマだったが、月末ぎりぎりで、メディアの反応なども見届けるため、今月に回してじっくり
論じることにした。
判決の内容は、国に開示を命じた一審判決を取り消し、「文書はあったが、密かに廃棄してしまったようで
ある。ないものは開示できないのだから、不開示の決定は適法である」というひどいものだったのだ。
立法・司法・行政が互いにチェックしあう「三権分立」は、近代国家の大事な仕組みである。行政に対する
司法のチェックが甘いことは、これまでにもしばしば指摘されてきたところだが、歴史的にも重要な国家間の
外交文書を「故意に廃棄してしまったらしい」とまで認定していながら、ないものは仕方がないと、まるで
『捨て得』というか『捨てたもの勝ち』を奨励するかのような判決を出して、司法の使命は果たせるのだろうか。
http://news.livedoor.com/article/detail/5970755/

私たちの裁判を応援して下さっている生田暉雄弁護士が「世界」8月号の記事、「砂川事件上告審
とアメリカの影」(小田中聰樹・東北大学名誉教授)を送って下さいました。生田さんは「日本では、
本件砂川事件だけでなく、国家の基本構造に関連する事件については、司法権の独立は無いのです。
司法権の独立が無いだけでなく、国家の基本構造に対する訴訟については、裁判自体が無く、いわば、
判決という形で裁判所の行政行為としての見解が示されるだけなのです。このため、私は、裁判は
主権実現の手段であると、裁判の本質の意義を捉え直し、国家権力による主権実現の妨害に
対抗すべきであると主張しています」と述べています。
http://lumokurago.exblog.jp/9472425/

274 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 00:38:51.89 ID:JM2CzQY0
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

275 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 08:12:21.04 ID:EksQLDh8
戦えよ
今からでもぜんぜん遅くないぞ

276 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 09:45:16.92 ID:XPJSyzu/
271と273がだつお。
このバカはコテ隠して IDを変えて連投する性癖がある。歴史板からこの癖は治らない。



277 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 11:56:35.83 ID:+QkluSPR
日本の最高裁は、国際法を審議する場所なのね。
いいこと聞いた♪

278 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 15:39:54.57 ID:YHib4MOp
>>227

民訴改正で国際法の最終審は事実上、高裁になった

279 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 18:01:44.89 ID:KsEZJyPw
とりあえず日本は無条件降伏したというのが法学板の結論か

280 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 18:08:49.19 ID:uBuFiskK
プーチンさん、北方領土放棄するから米軍を日本から追い出してくれ。
米軍による御巣鷹日航機撃墜
アメイスラエルが起こした神戸淡路大震災、新潟県中越地震、311人工地震原発破壊テロ。
これらの所業を忘れるわけにはいかん。

281 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/29(土) 20:51:39.46 ID:nGPHGslu
無条件降伏論とはズレるが、TPP問題をリンクさせてみる。

 まず、最大のイカサマがTPPで日本の工業製品の輸出が増えるかのような論法だ。経産官僚でもある
中野氏は「自動車の関税はすでに2.5%、テレビは5%しかない」と指摘。「加えて円高で企業の6〜8割
の工場がアメリカにある。もう関税の向こう側にあるんだから、関税を撤廃しても意味はない」と切り捨てた。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora

吉野家 米国産牛の処理加工から販売・流通まで
http://www.yoshinoya.com/safety/policy/beef/qc.html
松屋 主な原材料の原産地について
http://www.matsuyafoods.co.jp/menu/gensanchi.html
「かつや」の豚肉は北米大手のパッカーから仕入れています。
http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/kodawari.html

日本は既に十分すぎるほど市場開放されており、また日米間は十分すぎるほど自由貿易をしており、
今から日本はTPPで市場開放すべきだなどという理屈は成り立たない。しかしながら日本の側の
賛成反対のいかんに関わらず、このままいけばアメリカの外圧でゴリ押しされるだけだ。
未だに「日本は無条件降伏をしていない」という江藤淳の条件付き降伏論を打ち出せないのに、
どうしてTPPに限っては日本の主張を通せるのか。

>「自国民の安全、健康、福祉、環境を、自分たちの国の基準で決められなくする「治外法権」

そもそもTPP反対と言っている人は、何に立脚しているのか。農協の票を獲得したいがためなのか。
そうでなければ主権国家としての日本の外交権を守りたいのか。だが日本は無条件降伏をしたなどと、
自ら外交権を放棄してしまっている立場では説得力ゼロだ。自国民の安全、健康、福祉、環境を、
自分たちの国の基準で決めたいのなら、まず日本は無条件降伏をしていないという立場を明確にすること。

282 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/29(土) 20:56:36.61 ID:nGPHGslu
>>213
>>89
吉田茂は裁判所と同じく、典型的な無条件降伏論者であり、無条件降伏論者が戦勝国に
対して領土返還など要求してみても、そんな主張は絶対に通らない。強いてやるなら、

『ソヴィエト社会主義共和国連邦は、日本国の要望にこたえかつ日本国の利益を考慮して、
歯舞群島及び色丹島を日本国に引き渡すことに同意』

ということで領土権はいったんすべて放棄して、しかる後に戦勝国の好意にすがるしかない。

283 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/29(土) 21:06:13.85 ID:nGPHGslu
無条件降伏はカイロ宣言で定められた国際条約だ、あるいはカイロ宣言そのものは空文だが、
戦後何十年も日本は無条件降伏論を公式見解にしてきた、とも言われる。

けれどもいずれにせよそうした無条件降伏論を引きずっているのであれば、今回のTPPもまた、
日本の合意抜きのアメリカの外圧で条約締結を強いられ、「TPP受諾はTPP日米条約で定めら
れた国際条約だ」「既に条約締結されており変更は認められない」ということになろう。

TPPなんて日本にとって何のメリットも無いアメリカの外圧でしかないことは、中野剛志氏の指摘通り。
日本は無条件降伏をしたという立場で、どうしてアメリカの外圧を拒否できるのか。

284 :名無しさん@3周年:2011/10/29(土) 21:34:14.05 ID:HGqr9xkk
というか無条件降伏をしてもしなくても、それとは関係なしに市民無差別殺戮は正当化されうる。

【ベトナム戦争虐殺写真】残虐な韓国軍
http://unkar.org/r/korea/1185170990

韓国軍はその典型で、ベトナムは韓国に無条件降伏をしたわけではないが、
韓国からは「償いは必要ない、あれは戦争だった」の一言ww

285 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 04:11:35.92 ID:j9y4Ig+x
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

286 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 04:22:05.38 ID:oGfX5g3V
ポツダム宣言自体が条件であるのに、何処をどう考えると無条件となるのかさっぱり解らん。

287 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 05:25:03.81 ID:j9y4Ig+x
日本はポツダム宣言を無条件に受け入れ無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

288 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 07:19:04.59 ID:Oz3+hB5c
>>1
生活保護なら回線を複数使ってネットするな!

289 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 17:09:43.83 ID:RMrWL5K3
>>270
そのレス、全部だつおの工作だよ。

290 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 18:32:23.13 ID:IGdBPWtB
>>286
ポツダム宣言の「吾等の条件」というのは
日本が、降伏を許されるために呑むという意味での「条件」しかないからな

裁判所が「条件なんてないよ」というのは、そりゃまあそうだろ

291 :名無しさん@3周年:2011/10/31(月) 02:36:38.76 ID:4nPMNTLv
だつおに反論レスつけるのもだつおですよw


292 :nl:2011/10/31(月) 13:02:27.71 ID:9CurDnjI
>>264
前者も後者も 政治問題だよ。

293 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/31(月) 15:42:18.96 ID:P41pfpsd
>>292
TPP交渉だって騒いでいられるのは今けだで、あれはそのうち日本抜きで合意ができ、
日本は最後にそれを無理やり飲まされる。そしてそれが国際条約となってしまう。
もう国際条約として決まったことだから、これは法律問題であって議論には値しないのだ、と。

騒いでいられる今が一番幸せかもw

294 :教員K:2011/10/31(月) 16:18:30.03 ID:TMdvw7Dj
個々のテーマで論議するより、それぞれが複雑に絡み合っているので、まずは「全体像」を知るべきではないか、と思います。
大マスコミ(大手の新聞・テレビ・雑誌)ばかり観ている人(以前の自分。)は、観ている人ほど、「洗脳」されていますよ。
今、多くの人がこのシリーズを観て、「覚醒」しています。→ http://www.youtube.com/watch?v=zWPAktCuzK4
 
きっと、日本国民の洗脳を解く、「最強の武器」になるのでは・・・・!?
みなさんの情報拡散(貼り付け)を切に願います!!

新刊の「図解 闇の支配者頂上決戦」(ベンジャミン・フルフォード著)は、「世界の裏」を分かりやすくバラしまくってますよ。

295 :名無しさん@3周年:2011/10/31(月) 17:59:25.31 ID:RVpN/Cvs
>>293

樺太・千島列島を返せばTPPは不参加

296 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/10/31(月) 18:28:52.25 ID:P41pfpsd
平成十八年二月八日提出
質問第五八号
ヤルタ協定に関する質問主意書
提出者  鈴木宗男
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a164058.htm

一 平成十八年二月一日の鹿取克章外務報道官は、「我が国がそもそも当事者ではないヤルタ協定が、
あたかも我が国に対して拘束力を持つかのような主張は我が国として受け入れていません。」と述べているが、
日本政府はヤルタ協定の内容をいつ承知したか。
二 日本政府は、ヤルタ協定の当事国である米国、英国、ソ連に対して、ヤルタ協定が日本に対する拘束力
を持たないという立場を、いつ、どのような形で伝達したか。米国、英国、ソ連は、日本政府の立場を認めたか。
三 現時点において、英国はヤルタ協定の日本に対する拘束力を持たないという立場に立っているか。
立っているとすれば、それは日英間のどのような合意によって担保されているか。
四 ソ連並びにその法的継承国であるロシアは、ヤルタ協定は日本を拘束するとの立場に立っていると
日本政府は認識しているか。これに対して日本政府はどのような論拠で反論を行ってきたか。
 右質問する。


297 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 14:00:42.33 ID:hLuX+eWG
民族的な国家の無条件降伏とは、法律の問題ではないのです。
民族的な国家の無条件降伏とは、たとえば、 ソ連に共産化された東ドイツ、
中国人に同化されつつあるチベット人、 ベルギーの支配下で、両腕を切断されたコンゴ黒奴隷達
民族浄化をされてしまったインデアンなど ナチスや中共のホロコースト
こういった状況下を、民族的な「国家の無条件降伏」といいます。

無条件降伏派の主張で最も多いものは、「日本人の総奴隷化はしない」というポツダム宣言は、国際法上の保障があるから条件ではないという意見です。
しかし、上のような例が確かにあるのに、国際法上の御加護により、それは確実な保障になっているとはいえないのではないですか。

民族的な無条件降伏は、日本人の問題ですから。国際法に書かれていることは文書の問題であり、民族の問題ではないですよね。
民族的な条件義務が、アメリカに発生し、アメリカ民族の道義上、民族上の条件義務が発生すると考えるべきでしょう。
そして、アメリカは、ポツダム宣言により、実質的に、日本人を共産化したり、奴隷化したりすることができなくなります。

298 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 14:03:36.54 ID:hLuX+eWG
また、無条件降伏論を主張する者は、無条件降伏の定義を定めよるよりも、カイロ宣言に無条件降伏の文字があり、日本が合意している以上、無条件降伏だという。
しかし、民族的には条文になくとも、無条件降伏がなされる場合があるので、無条件降伏の定義を決定する必要があり、
そしてある民族が無条件降伏したかどうかは、その定義から演繹的に導かれます。
民族的無条件降伏の定義を決定するのは、裁判所や政府ではありません。民族の問題であるから、その民族を決定するものが無条件降伏の定義を決定します。
アメリカ民族を代表するのは、ルーズヴェルトであり、イギリス民族の代表者は、チャーチルです。日本民族の代表者は江藤淳です。
チャーチルがイギリス議会で演説した無条件降伏の定義によると、1944年2月のイギリス下院において「無条件降伏ということは勝った国々が自由裁量を持つという意味である。
もちろん勝った国々が蛮行をほしいままにしてもいいという意味でもなければ、ドイツを欧州諸国の間から抹殺してしまうことを望んでいるわけでもない。
もし我々が縛られているとするならば文明に対するわれわれ自身の良心に縛られているだけである。いろいろな取引をやる結果縛られるのではない。
これが無条件降伏の意味である。」ということですから、イギリス民族はこの定義に拘束されます。


299 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 14:03:44.82 ID:hLuX+eWG
連合国が、「われわれの良心により統治をしよう」とするのなら「カサブランカ会談の内容が連合国を拘束する事になる」
これは「法学的に」以前に「原理的にそうならざるを得ない」、まぁ、当り前の話です。
「カサブランカ会談に基き占領政策を施行しよう」と「カサブランカ会談に違反する占領政策を施行しよう」、とは相容れない訳です。
カサブランカ会談に違反する占領政策を施行した時点で、「カサブランカ会談に基き占領政策を施行しよう」が達成出来ないでしょう?
法的に問題ないのであれば(自分は法的効力の有無の判断はしない)違反する事も出来ます。
だが、違反してしまえば、「カサブランカ会談に基き占領政策を施行しよう」が達成できない、ということです。

300 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 14:03:57.95 ID:hLuX+eWG
論理的に考えること
と云うのは、有り得ないわけです。国際法に依る保証に加え
連合国に依る民族的な保証があると云うのは条件に成り得ます、と。
実際には国際法に依る保証も、連合国に依る保証も意味をなさなかったわけですが。
おそらく「国家の無条件降伏」は、民族的な問題を含むのです。チャーチル演説はそれを示唆したものです。
広く言えば、ポツダム宣言には、「日本民族奴隷化させてはいけない。」「日本民族を共産化させてはいけない。」「日本の国体は護持されなければならない。」
などの条件性を含んでいます。。
ドイツは民族的な無条件降伏をしてしまった(せざる得なかった)から、東ドイツは共産化され、ドイツ民族は、ソ連民族の奴隷となりました。
日本は、一方でそういう事態になることを防ぎました。民族的な主権は維持され、日本政府は継続しています。
つぎにアメリカ民族を代表するルーズヴェルトの定義を検討します。ルーズヴェルトの意図していた「無条件降伏」は、南北戦争まで時代がさかのぼる南軍の無条件降伏のことをいいます。

301 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 14:04:15.75 ID:hLuX+eWG
特に、日本の国体は最も重要な民族的問題ですから、民族的なアプローチをすべきです。
日本民族が国体護持を望んで降伏した事実があることが、アメリカ政府や、アメリカ民族を「実質的に」拘束します。
実はカサブランカ会談には、その民族的性質があります。
占領軍は、北海道をソ連に、四国を中国に割譲して、分断統治をしようとしていました。そういう事実もあります。
ポツダム宣言が、日本が民族的義務を主張し、重光の抗議によって、トルーマンの意思に関係なく、アメリカ民族を拘束を拘束させます。
よって、アメリカ民族のマッカーサーが、スターリンの北海道割譲を拒否せざる得なかったわけです。そういう事実もあるのです
結局、日本は国家分断、共産化、奴隷化されなかったのだわけです。
アメリカの占領政策は民族義務違反が多かったし、憲法を押し付けるなど民族的主権を侵害した行為もありました。
しかし、ポツダム宣言があったからこそ、アメリカの占領政策はやり辛かったのです。この事実だけみてもポツダム宣言は条件と言う事ができると思います。

302 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 14:04:32.36 ID:hLuX+eWG
しかし、布告一号については、半直接統治を意図したように読めます。
マッカーサーが日本への駐留兵力は十分の一で十分と発言して怒られたということも
当初直接統治を行うために必要だった30万以上の戦力が間接統治方針が上手く機能してるので
必要なくなったことを示唆してるように思われます。
法学的な話はともかく、民族的な無条件降伏となったドイツ民族は現に四国に分断統治されていたはずです。
ソース→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%88%86%E5%89%B2%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E8%A8%88%E7%94%BB
ドイツはナチスが崩壊した後民族的な無条件降伏をしていたわけです。
現に、東ドイツのドイツ民族は50年もの間、ソ連民族の奴隷となっていたのです。
その君のいうまさに、「米ソ対立の事情」というやつです。
これが民族的には有条件で降伏した日本と、民族的にも無条件降伏だったドイツの違いです。
日本民族はそのように扱われたことはないですよね。
そこに民族的条件付降伏国家を占領することになった連合国の「やり辛さ」あったことは否めないです。

303 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 14:04:55.04 ID:hLuX+eWG
そして、日本民族を究極的に代表するのは、民族学の先進研究をなさっている江藤淳氏です。
裁判所や政府ではありません。
江藤氏は、日本は民族的には日本は無条件降伏していないと論じています。
ソース→
無条件派は江藤氏の民族的主張に、「その部分を自ら引用して」「議論」し、「反論」するということができていません。
江藤の「日本は無条件降伏していない」慶応義塾三田演説館での講演(昭和53年10月26日)
http://www.inet-mitakai.com/Pages_folder/hon3.html
結論として、連合国が結果的に守らなかっただけであったわけですが、拘束力はあったでしょう。
中国共産党がチベットを占領したときに、チベット民族に仏教を捨てさせることを先ず成そうとしたことからも伺えます。
ソ連民族が支配した国はことごとく赤化して、民族はソ連の奴隷となったのです。
民族的無条件降伏をした民族は、先ず本質的にな物を奪われれます。多くは精神的な支えとなるものです。
ドイツであれ、チベットであれ、民族的無条件降をした国は、悉くそのような経緯を辿っています。
マッカーサーが直接統治でなく、間接統治を選ばなければならなかった理由は
日本が、民族的な有条件降伏をしたからであり、アメリカ民族は、その民族的条件に拘束されていたからです。
占領下の姿勢を見れば明らかです。


304 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 14:05:14.15 ID:hLuX+eWG
結果的に、分割も、直接統治は防げたし、天皇制も維持されます。
日本にとっては国体護持がまさに民族的本質だったが、民族的本質部分においては
アメリカの意思は不要であり、それに関していえば、アメリカ民族は拘束されていたということもできます。
なんどもいっていますが。法的拘束力などというものは論じていないません。
アメリカ民族には法的拘束力はなかっかもしれません、民族的には拘束されていました。
アメリカ民族であるマッカサーが間接統治という形をとらざる得なかった理由を考えてみてほしいです。
民族的拘束力があるので法的な拘束力よりはるかに強いといわれています。
ドイツ人には、ユダヤ人にユダヤ教を捨てさせる権利はないように、アメリカ人に、日本の国体を捨てさせることは出来ませんでした。
民族的有条件降伏である以上、法的な拘束より強い拘束が連合国を縛り付ける。
重光の抗議が、民族的条件の下であっての抗議である以上、無条件に連合国の意思を拘束します。

305 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 16:27:54.34 ID:fsckoq3p
>>297-303
何いってるのかこの基地外は

306 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/01(火) 20:01:57.47 ID:XzopHgge
国際裁判では北方領土問題について、日本政府が完敗することは間違いない。
無条件降伏はしたが領土は返還しろなどという詐術外交はもう通じないのだ。
ならば日本が取るべき方策はただ一つ、『日本は無条件降伏をしていなかった』と、
国際裁判では負けてもいいからそういう主張をするべきなのだ。

結果として国際裁判で『日本は無条件降伏論を受け入れ、北方領土はロシアへ割譲された』
という判決が下されるのかもしれない。けれどもその場合でも、無条件降伏はしたが北方領土
は返還しろなどという支離滅裂よりは、もともと日本は無条件降伏をしたわけではなかったのだ
という江藤淳の条件付き降伏論を主張したほうが遥かに遥かにマシである。

『日本は無条件降伏をしたというのなら、北方領土返還を二度と口にするな』
『強いて北方領土返還に拘るなら、江藤淳の条件付き降伏論を公式見解にしろ』

国際裁判では日本が完敗する可能性が濃厚になってきた現在、日本としては北方領土
返還論の全面取り下げまたは無条件降伏見解の修正を準備しておく必要があろう。

ロナルド・ドーア氏…「北方領土を諦めるのも賢明な道」
「国際裁判では日本が負ける確率が高い。原因を作ったのは米国」
http://eastenasia.blog129.fc2.com/blog-entry-2053.html

国際裁判で日本が敗北することで、無条件降伏論と北方領土返還論の整合性が全く
合わないということが明確になるだろう。

無条件降伏をしたというのなら、北方領土は即刻あきらめてしかるべきなのだ。いずれにしても
国際裁判で日本が完敗する形で、北方領土という日露間の楔を解放する良い機会となろう。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

307 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 20:29:53.74 ID:RN/UvwJb
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

308 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 20:31:52.87 ID:EvUocBwv
沖縄が返還されたように見えるのか?

309 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 23:46:50.95 ID:RN/UvwJb
>>308

千島列島を沖縄並みに返還してくれれば満足だよ

310 :名無しさん@3周年:2011/11/02(水) 12:19:12.93 ID:85ciy6Qt
572 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/09/16(金) 03:53:49.61 ID:1TI9P9oY0

何度も言うがカイロ宣言は米英中の合意であり、ソ連は含まれていない。
米英中が領土不拡大を理念として謳ったのを、ソ連が承認したというだけのこと。
米英中が領土不拡大を謳った、それはそれでソ連邦も認めますよと、ただそれだけのこと。
ポツダム宣言がカイロ宣言を上書きするという理由で、ソ連邦がヤルタ協定で得た
領土を手放さなければならない理由はまったくない。そのような議論は国際社会でもでていない。
そもそも日本は無条件降伏と書かれたカイロ宣言を日本側から権利文書として持ちだしたら、
無条件降伏という条件付きの無条件降伏を条件付きで受諾したのかということになるww


585 : 江藤淳:2011/09/16(金) 21:34:22.49 ID:dNisT7320
>>572

ソ連は、1945年7月26日のポツダムにおける宣言署名の段階においては
この宣言の署名国に加わっていませんけれども、8月8日深夜、対日宣戦布告と
同時にポツダム宣言に加入する意志を表明して、署名国に加入しました。
それはとりもなおさずポツダム宣言によって拘束させられる立場になったということであって
カイロ宣言が領土拡張を求めないという連合国の意思を表明している以上、そして
ソビエト連邦社会主義共和国 が連合国側に加わつて、対日戦に参戦し
ポツダム宣言の署名国となった以上、ソ連は当然カイロ宣言の条項に
拘束されぬわけにはいきません。




311 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/06(日) 18:02:58.58 ID:q0geJAt+
無条件3VS条件付き7。江藤淳の条件付き降伏論に修正できれば日本外交は大きく転換できるが、
どうしても無条件降伏論を維持せざるを得ないということなら、それもひとつの現実として受け止める。
それはTPP交渉で反対反対をいくらがなりたてようとも、最後はアメリカのゴリ押しが通るようなものだ。

だからせめて、無条件降伏ということならその同じ口から「ロシアは北方領土を日本に返還せよ」
などというセリフが出ないことを願うばかりだ。それは北方領土返還のポーズを取ってはいるが、
その実態は『北方領土マフィア』『返還運動マフィア』。

無条件降伏でも構わないから、まず『北方領土マフィア』『返還運動マフィア』を追放しよう!


312 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/06(日) 18:04:27.45 ID:q0geJAt+
そもそも『無条件降伏』なる用語は、国際法的には何らの定義もされていない。
(あるというなら出してみろ)

またカイロ宣言に書かれているから無条件降伏だということなら、その文字通りカイロ宣言に
従って日本は台湾を中国に返還する義務を生じることになってしまう。しかしながら台湾政府
はカイロ宣言の存在自体を明確に否定しており、カイロ宣言履行などという暴挙は許されない。
北方領土を放棄するのはヤルタ協定に従えば済む話だが、台湾についてはそうはいかない。

「同宣言の条項中その合意を前提としないものについても我方の協力を約束した」>>4

だがこれでは北方領土にしても台湾にしても、アメリカロシア中国でいくら見解対立しようが、
日本には何の発言権も持たないということになる。北方領土は返還返還をいくら叫び続けても、
日本には1ミリの領土も返って来ないし、台湾は中国にも属さず独立国にもならずのままとなる。
『日本は無条件降伏をした』という外務省や裁判所や政府答弁を聞くたびに、相変わらず北方領土
問題も台湾問題もずっと平行線のままで何らの進展も無いんだなと、つくづくそう思わざるを得ない。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!


313 :名無しさん@3周年:2011/11/06(日) 20:40:53.64 ID:eywYDoEV
日本の最高裁が無条件降伏しているって認定しているのに

なんなのこの人

314 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/07(月) 21:13:35.16 ID:2PhIbVuf
>>313
>日本の最高裁が無条件降伏しているって認定しているのに

その同じ口から「ロシアは北方領土を日本に返還せよ」なんてセリフが出ないことを、
切に願うばかりだ。

315 :名無しさん@3周年:2011/11/07(月) 21:19:53.49 ID:Ja0T/sFr
教科書にはロシア人は卑怯な野蛮人だと載せて子供たちに伝えるべきだね



316 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/07(月) 21:28:26.64 ID:2PhIbVuf
>>313
>日本の最高裁が無条件降伏しているって認定しているのに

ああ。そのうちTPP交渉も「日本はTPP協定を受諾した」で、裁判所からお達しが来るんだろうよ。
ワイワイ議論をしていられる今だけが幸せの絶頂期ではなかろうかと。

アメリカは相手の国に自国のエゴをゴリ押しして、政治的圧力をかけて従わせるのがいつものやり方。

317 :名無しさん@3周年:2011/11/07(月) 21:33:24.13 ID:Ja0T/sFr
野蛮な外国を黙らせるには武士道教育と核武装


318 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/13(日) 11:00:14.32 ID:6JayLaBL
『日本が日露戦争に勝てたのは日英同盟のおかげ、高度成長できたのはアメリカのおかげ』
『ナチスドイツはあと少しで東部戦線で勝利できたが、日本は太平洋戦争で勝率ゼロ』

竹中平蔵「グローバル化先進国・韓国に学べ!」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/kova/1321065952/

> FTA(自由貿易協定)の推進も大きな柱の一つに掲げている。「我が国の貿易規模は、
>現在(2008年)の7000億ドルから2012年には1.2兆ドル以上に拡大する見込み」で、
>「企業は海外市場のネットワークを強化して市場開拓に努力し、(中略)国際的な通商を強化
>して新たな市場の開拓と通商摩擦を最小化する」。韓国はすでに米国とは2007年にFTAを
>締結済みだが、現在、EUとも仮締結を終え、さらに中国・インド・ロシアとも締結に向けた交渉
>を進めており、着実に政策実現に向けて前進している。(韓国大統領顧問・竹中平蔵)

なあ、韓国人よ。韓国経済のグローバル化そして米韓FTA協定を、あの竹中平蔵が応援して
くれているのだぞ。「関連規制を刷新して、国際水準の企業環境を作り、国内産業の発展とともに、
外国のサービス企業が韓国に来る」って、うれしくてうれしくてたまらないだろ?

韓国だってアメリカやヨーロッパからの外資導入を進めれば、日本なんて恐るるに足らずだろ?

ん? 違うか?

日本が日露戦争で勝利できたのも、欧米資本のおかげではなかったのか?

319 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/13(日) 12:46:05.68 ID:6JayLaBL
そもそもあの戦争は大東亜戦争であって太平洋戦争ではなかったはずだ。

なのに冷戦時代のアメリカが、日本を対米従属させるために、占領軍の都合の良い歴史観
を押し付けた。真珠湾攻撃にしても「なぜ成功したのか」も不明なままだった。
別にスティネット氏の著作に頼らずとも、スチムソン日誌に「日本に最初の一発を撃たせる」
と書いてあったのだし、ホワイトハウスとしては仏印進駐までされた以上、日本とアメリカは
今日明日にでも戦争に突入することぐらいは分かっていたはずなのだ。

検証 真珠湾攻撃はなぜ成功したのか 3
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1307148524/

仮に日本の奇襲攻撃が『成功』だった場合、キンメル提督らアメリカ太平洋艦隊は、
あんな程度の攻撃さえも察知できなかった無能な連中ということになってしまう。
平時の今でさえ、北朝鮮のミサイルが発射されてそれが原子力発電所に命中した場合、
『金正日の背信的な騙し討ち』などという言い訳が通るのだろうか。

真珠湾攻撃にせよ北方領土にせよ、アメリカが日本に対米従属を強いるための仕掛けた
謀略だったという認識を持つようにしような!

320 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/13(日) 13:43:55.86 ID:6JayLaBL
日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された

 2000年に誕生したプーチン政権は、日ソ共同宣言の有効性を確認したが、結局、2000年になっても
問題は解決せず、日本の国会は09年7月、北方領土を「我が国固有の領土」と明記した改正北方領土
問題等解決促進特措法を成立させた。これに対してロシア側は強く反発し、「日本が無条件降伏した
第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された」との主張を強めた。
http://www.asahi.com/topics/%E5%8C%97%E6%96%B9%E9%A0%98%E5%9C%9F.php

日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された

321 :名無しさん@3周年:2011/11/13(日) 14:19:18.85 ID:lqnrFZlk
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

322 :名無しさん@3周年:2011/11/14(月) 00:16:39.33 ID:rHo6iwwz
いつからロシアのものになったん?


323 :名無しさん@3周年:2011/11/14(月) 17:39:09.50 ID:OhlStZfV
最初からロシアの島だよ

324 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/14(月) 18:08:12.79 ID:vgyAsbXq
ロシアのプーチン首相は、日本と日本人に対し『無条件降伏』についての見解を問い正してくれている。

 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された

プーチン首相は日ソ共同宣言の有効性を確認しており、平和条約締結なら歯舞・色丹の2島引き渡し
を認めており、日本との交渉を拒否しているのではない。問題は専ら「無条件降伏はしたが領土は4島
全て返還しろ」などという、日本の対米従属外交にある。無条件降伏をしたという敗戦国の日本が、
戦勝国に対して領土を返還しろなどと、馬鹿も休み休み言えと怒鳴りたくなるところだ。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

325 :名無しさん@3周年:2011/11/14(月) 18:27:51.57 ID:iuu0SC2h
まあ、無条件で北方領土返還など
絶対に実現しない事を叫び続けるなんて滑稽だと思う
ロシアが卑怯だと言うけど
弱ってる所から奪いとるのは戦争の常道

326 :キムチョン:2011/11/14(月) 22:12:37.39 ID:ciIO778E
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!


327 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/16(水) 13:15:27.33 ID:OPv8g1DB
おれさまは何も裁判所が提出した無条件降伏論を頭ごなしに否定しているわけじゃないぞ。

>>4
>同宣言の条項中その合意を前提としないものについても我方の協力を約束した

 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された

無条件降伏なら無条件降伏で、千島列島の全島割譲を承認し、その上で『ソヴィエト社会主義
共和国連邦は、日本国の要望にこたえかつ日本国の利益を考慮して、歯舞群島及び色丹島を
日本国に引き渡すことに同意』を受け入れればよかったのだ。なのにアメリカの横槍で択捉・国後
が日本領土に指定されて、「日本は無条件降伏はしたがロシアは領土を日本に返還しろ」
ということになってしまった。これでは戦勝国ロシアを愚弄するだけの言説で、日本は自らを
閉ざしているだけということになる。「第三の開国」というからには、ロシアに対しても開国すべきだ。
TPP協定に日本が参加するかどうかだが、ロシアとの強度参加がベストであろう。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

328 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/16(水) 13:27:48.99 ID:OPv8g1DB
日露交渉は北方返還をいったん棚上げし、『日本は無条件降伏をしたか』について、
日本とロシアで歴史認識を最確認する。

 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された

ここで『無条件降伏』というのは何か根拠があるのか、カイロ宣言にそう書かれているからなのか、
ロシア側がただそう主張しているだけなのか、それともGHQがそういう声明を出したからなのか、
あるいは日本の裁判所が無条件降伏論を提出したからなのか。カイロ宣言に書かれているから
とすればカイロ宣言が定める領土不可侵原則はどうなるのか、また日本は台湾を中国に返還
する義務があるのか、それらについて日本とロシアでよく協議する。

日本が尽くせるベストの選択肢としては、裁判所が提出した無条件降伏論はGHQの見解を
なぞっただけの妥協論にすぎず、本来は条件付き降伏であったのだという江藤淳の論を展開する。
そしてその上で日本の主張が通らないようなら、これまで通り無条件降伏論で妥協し、
『ソヴィエト社会主義共和国連邦は、日本国の要望にこたえかつ日本国の利益を考慮して、
歯舞群島及び色丹島を日本国に引き渡すことに同意』を受け入れる。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

329 :名無しさん@3周年:2011/11/16(水) 14:25:19.81 ID:D80OB6vc
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

330 :名無しさん@3周年:2011/11/16(水) 16:10:44.18 ID:SW2rqN4W
無条件降伏の後、日ソ講和交渉があり、平和条約によって2島が先行して返されて
択捉島国後島も交渉継続じゃなかった?


331 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/16(水) 17:09:30.21 ID:OPv8g1DB
 ロシア外務省は24日、南クリル諸島に対するロシアの主権は合法的なものであり、それは疑問の
余地がない、と声明を発表した。ロシアの主権は、第二次世界大戦の結果に基づいたものであり、
45年2月11日のヤルタ合意、45年7月26日のポツダム宣言、および51年9月8日のサンフランシスコ
講和条約などの国際法によっても確認されている。
 ロシアの歴史学博士であるアナトリー・コシキン氏は次のように述べている。
―ポツダム会議の決定に従って、日本に対して示された降伏の条件として、日本の領土が主要列島
のみに限られる、とされていたことは非常に重要な点だ。それとともに、別に列挙された小諸島だけに
限られている。46年1月29日に、占領軍最高司令官マッカーサーが日本政府に示した第677号
メモランダムでは、日本政府の主権から外される諸島が挙げられており、日本政府はそれに反対しなかった。
なぜならば、日本政府は無条件降伏を受け入れたからだ。
http://japanese.ruvr.ru/2011/02/25/46125771.html

 日本がかかえている紛争の火種は、領土問題です。領土でナショナリズムに火がつくと、戦争になる
ことがあります。 いま日本がかかえる領土問題は、北方領土、竹島(独島)、尖閣列島(釣島)と、
その周辺の海底資源です。 こうした地域でヘタに実態を変えようとすると、紛争が起こります。
平和を維持するには、現在、実効支配しているとおりに、双方が納得するしかありません。 北方領土は、
ロシアが実効支配しています。これを日本は、国際条約に違反して占領していると非難しています。
しかし、太平洋戦争では、日本も国際条約違反を無数に行っていて、最後は「無条件降伏」しています。
日本側がいさぎよく、ロシアに実効支配されている事実を認めれば、問題は片付きます。 取られた領土
は仕方ないと考えて、できるだけ早くあきらめ、「友好」に専念するのがいいと私は考えます。
http://tabemono.info/soshiki/npo_35.html

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

332 :名無しさん@3周年:2011/11/16(水) 17:41:56.93 ID:D1HI2boX
結局は、舐められている。

ただそれだけです。

333 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/16(水) 17:53:32.02 ID:OPv8g1DB
 日本政府がソビエトに無条件降伏した為、全千島、即ちこの国後もソビエトの領土と成ったから
 日本政府がソビエトに無条件降伏した為、全千島、即ちこの国後もソビエトの領土と成ったから
 日本政府がソビエトに無条件降伏した為、全千島、即ちこの国後もソビエトの領土と成ったから

「ソビエト政府赤軍司令官布告(昭和20年9月15日付)
今度、日本政府がソビエトに無条件降伏した為、全千島、即ちこの国後もソビエトの領土と成ったから、
ご承知して戴きたい。
http://4islands.jp/problem/post-4.php

フルシチョフ書簡 池田首相あて(抜粋)
1961年12月8日
 あなたのお手紙に、あたかも領土問題が周知の国際諸協定にかかわらず、今なお、未解決のままであり、
この問題についてソ連からの態度変更、一定領土に対するその正当な権利の放棄を取り付けるなんらか
の根拠があるかのように見せかける試みが新たに行なわれています。
 池田総理、このような意図は、日本政府が無条件降伏の結果として周知の国際諸協定によって自己の
負った義務の履行を回避しようとする意図を立証するに過ぎないものであることを述べなければなりません。
http://www.k3.dion.ne.jp/~karafuto/s-120.html

北方領土 「不法占拠、撤回を」 露、大戦の結果承認求める
産経新聞 2月16日(水)7時56分配信
 【モスクワ=佐藤貴生】インタファクス通信によると、ロシアのラブロフ外相は15日、訪問先のロンドンで、
日本との平和条約締結問題について「日本が他国のように、第二次世界大戦の結果を承認する以外の
方途はない」と述べた。日本側に「北方領土はソ連に不法占拠された」という主張を撤回するよう求め、
ロシア側の実効支配を強調する狙いといえる。
http://www.asyura2.com/10/warb7/msg/292.html

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

334 :名無しさん@3周年:2011/11/16(水) 20:42:51.39 ID:D80OB6vc
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

335 :名無しさん@3周年:2011/11/16(水) 20:52:17.28 ID:t+lD9YJy
国際法は守って下さいということなら、ヤルタ協定で『千島列島ハ
「ソヴィエト」連邦ニ引渡サルベシ』、

ヤルタ会談に日本は参加していない。だからそんな協定は
 
  国際法上  無効

だからアメリカも戦後北方4島は日本の領土と言ったじゃないか。
むしろ、千島列島を占領するいわれがロシアには無い。
 

336 :名無しさん@3周年:2011/11/16(水) 20:54:06.25 ID:SW2rqN4W
無条件降伏により、日本の主権と領土が消滅した。
だから、ウラル山脈より東側はヤボンの領土となった。

337 :名無しさん@3周年:2011/11/16(水) 20:57:26.60 ID:t+lD9YJy
戦後

ソ連は北海道をよこせ!って主張してたよなあ。
中国は四国だっけ?イギリスは、、、。

結局アメリカが守ってくれたから分割統治されないで済んだ。


338 :名無しさん@3周年:2011/11/16(水) 21:00:35.13 ID:t+lD9YJy
日ソ不可侵条約を破棄してボロボロの日本に戦争をしかけて
領土拡大ばかり画策するソ連。昔から条約を破る常習犯に
何を言われても正統とは思えない

339 :名無しさん@3周年:2011/11/16(水) 21:03:14.73 ID:t+lD9YJy
もし北方4島を本当に取り返したいなら

武力でしかない!日本も軍備を整える。それしかない。
ロシアがまともな国になるのにはもっと時間が必要だろう。

340 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/19(土) 11:21:45.74 ID:yqQDS3g8
北方領土に関しては1956年の日ソ合意「歯舞・色丹の2島で妥協」が基本路線と思うが、
それさえもアメリカの妨害でどうにもならなくなっている。択捉・国後を日本領とするアメリカ見解と、
択捉・国後をロシア領とするロシア見解で、両者が対立するままで日本の出る幕が無いのだ。

 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された
 日本が無条件降伏した第2次大戦の結果としてソ連に移り、ロシアに法的に継承された

つまり問われるべきは、2島で合意か4島一括返還かではなく、日本は無条件降伏をしたか否かだ。
江藤淳の条件付き降伏論を採用するならそのままで問題無いが、裁判所が提出したような
無条件降伏論>>4を踏まえるならば、無条件降伏をしたとかいう敗戦国日本が戦勝国ロシアに対して,
領土返還を要求したり『不法占領』呼ばわりしたりするのは、言語道断な詐術外交ということになる。

 日本政府が無条件降伏の結果として周知の国際諸協定によって自己の負った義務
 日本政府が無条件降伏の結果として周知の国際諸協定によって自己の負った義務
 日本政府が無条件降伏の結果として周知の国際諸協定によって自己の負った義務

とはいえ過去の日本政府が無条件降伏論を公式見解として採用した以上、ロシア側の千島領有を
『不法占拠』呼ばわりするのは筋違いであり撤回される必要がある。ただ無条件降伏では無かった
と叫ぶのではなくて、過去の日本政府が無条件降伏論を公式見解として採用したという自己の負
った義務から目を背けるべきではない。そしてその上で、ロシアは『不法占拠』の汚名を晴らし、
日本は『無条件降伏』の汚名を晴らすという方向で、日露合意を目指したい。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

341 :名無しさん@3周年:2011/11/19(土) 22:26:16.65 ID:qvboCc89
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

342 :上田政則:2011/11/20(日) 09:30:49.43 ID:AexYIV7z
税に代わる貨幣の増発で財政出動

http://www.masanori-ueda.com/

343 :名無しさん@3周年:2011/11/20(日) 11:32:00.18 ID:LBX+yUZg
北海道もロシア領だ。日本はロシア戦争でロシア人を殺した犯罪国家だぞ
日本人全員は土下座をしてロシア人様にあやまれ。

344 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/22(火) 19:21:51.37 ID:XOof/+n0
>もう一方の戦勝国たるアメリカから『吾等ノ決定スル諸小島』に択捉・国後が追加されると、

注1)外務省発表1956年9月7日付け米国政府覚書で、米国政府は『日本は、同条約で放棄した領土に
対する主権を他に引き渡す権利を持つてはいない』と断定し、日本の対ソ交渉に対して日本の交渉に厳
しく制限を加えました。このため、ソ連としては、独立国と交渉をしていると言うよりも、米国の植民地と交渉
しているようになり、領土交渉を諦める事になりました。
 なお、同じ覚書の中で、米国政府は『米国は、歴史上の事実を注意深く検討した結果、択捉、国後両島は、
常に固有の日本領土の一部をなしてきたものであり、かつ、正当に日本国の主権下にあるものとして認め
られなければならないものであるとの結論に到達した』と、根拠を示すことなく断定し、二島返還で妥結する
事を禁止しています。
ちょっとわき道:
 1956年9月7日付け米国政府覚書には、『米国は、歴史上の事実を注意深く検討した結果、択捉、
国後両島は、常に固有の日本領土・・・』とあります。ヤルタ会談・サンフランシスコ条約で、米国は歴史を
杜撰に扱ったと宣言しているのに等しい文書です。米国にとって、日本の利益など眼中にないことを、
図らずもさらけ出す結果になってしまいました。
http://www.ne.jp/asahi/cccp/camera/HoppouRyoudo/Hoppou4.htm

345 :名無しさん@3周年:2011/11/22(火) 20:07:00.60 ID:SDNhzLAj
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

346 :名無しさん@3周年:2011/11/24(木) 16:09:10.14 ID:/W2WEnZD
>>345
>ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』

ポツダム条項を履行せよという、ただ単に書いてあるだけなら
特別な事情ない限り、両国はすべての条項を履行する義務を負うというのが文理解釈

あと、「その後継者」の論点は、かつて条件説に支配的だった「帝国政府の地位は国際法上
保証されていた」という説に対する反論であり
「国際法上は滅ぼすことは任意にできた」という話に過ぎない

国内法の承継から見れば、帝国憲法と日本国憲法はあきらかに別物で主権者もことなるから、
「法的な断絶」はあるというのは異論はないだろう
法的な承継のあるという八月革命説はいまや少数説

したがって無条件降伏をした日本が、戦勝国ロシアに奪われた領土を請求することは不可能。

347 :名無しさん@3周年:2011/11/24(木) 16:25:02.05 ID:l5/OVtiO
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

『双方は、この問題を歴史的・法的事実に立脚し、両国の間で合意の上作成された諸文書及び法と正義の原則を基礎として解決することにより平和条約を早期に締結するよう交渉を継続し、もって両国間の関係を完全に正常化すべきことに合意する。』
http://www.hoppou.go.jp/library/document/data/19931013.html

348 :名無しさん@3周年:2011/11/24(木) 17:57:32.89 ID:WcWgpYyY
無条件降伏ってどういう意味なんだろ?

349 :名無しさん@3周年:2011/11/24(木) 21:21:19.76 ID:l5/OVtiO
北方領土レスにF5アタック入ってるよ

350 :名無しさん@3周年:2011/11/25(金) 04:00:49.64 ID:FfIzZf7K
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8

351 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/25(金) 14:14:15.15 ID:IDpuipQd
>>348
>無条件降伏ってどういう意味なんだろ?

「戦勝国の決定に対し、敗戦国の側からの異議申立ては認めない」、という意味と理解している。

「日本側からのいかなる異論をも受け付けない」
「ヤルタ協定あるいはポツダム宣言といいますか、それらに基いて権利を主張することは認められない」
>>3
「同宣言の条項中その合意を前提としないものについても我方の協力を約束した」
>>4

  吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ  
  吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ
  吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ

だが今後も無条件降伏論を公式見解とする場合、領土問題については今後も火種を残すことになる。
ひとつは皆も知っての通り北方領土問題。もともとは1956年に歯舞・色丹の2島で日ソ合意成立して
いたのに、アメリカが『吾等ノ決定スル諸小島』に択捉・国後を追加して、日ソの合意を潰してしまった。
無条件降伏論に立脚する限り、「われらの北方領土」は日本のわれらの北方領土にはならない。
もうひとつは、カイロ宣言に従って台湾を中華人民共和国に返還しなければならないのかということ。
カイロ宣言に日本無条件降伏と書いてあるから無条件降伏だというなら、カイロ宣言に従って
日本は台湾を中華人民共和国に返還しなければならなくなる。

北方領土は2島で合意か4島一括返還かで揉めてるが、『日本は無条件降伏をした』という見解を引き
継いでいるようなら、いずれも『吾等ノ決定スル諸小島』であって日本のわれらでは決定できなくなる。
さらに言えば択捉・国後を日本領とするアメリカ見解が否定されない限り、ロシアはロシアで今後もずっと
『不法占拠』呼ばわりされることになる。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

352 :名無しさん@3周年:2011/11/25(金) 19:11:17.08 ID:FfIzZf7K
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8

353 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/25(金) 20:16:37.85 ID:IDpuipQd
>>335
敗戦国の側から戦勝国の決定たる「ヤルタ協定」に異論を出すなら、まず日本は無条件降伏
をしていないということを、内外へ向かって示すことだな。

カイロ宣言履行となると台湾を中国に返還というとてつもない難題となるが、ヤルタ協定は
ただ単に日本が南千島(北方領土)を放棄してしまえば、全てが丸く収まってしまう。
ヤルタ協定を否定して東京裁判を支持するなんて、単なる米英ご都合主義にしかならない。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

354 :名無しさん@3周年:2011/11/25(金) 20:26:17.86 ID:wb8fomSe
>>353
赤旗でさえ、不法占拠と言っているのに、おまえ朝鮮人か?
竹島を早く返せよ。


日ロ領土問題
歴史的経過を見ると―
赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-11-02/2010110202_01_1.html

355 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/25(金) 21:10:26.35 ID:IDpuipQd
>>354
>赤旗でさえ、不法占拠と言っているのに、

いやだから、千島諸島の日本領有権を主張するなら、まず日本は無条件降伏をしておらず、
われらの北方領土は日本のわれらの北方領土だと、内外へ向けて宣言しろと言っているのだが?

「政治は邪魔をする」 今年度もビザなし交流実施
2011.3.17 20:13 (2/2ページ)
 ポノマリョフ次長は「大統領は国内の領土を訪れただけで、太陽が東から昇るのと一緒で、もっと冷静に
対応した方がいい。1945年に日本が無条件降伏した結果であり、異議があったら国連に申し立てるべきだ」
と持論を展開した。
 その上で、「ビザなし交流は、住民にとって相互理解を強めるためのものだと思っている。日本側は、
人道支援で島を取り込もうと試みたが、うまくいかなかった。われわれとしては、クリルの住民がビザを
取って日本に行くのもいいと思っているが、日本側は賛成していない。ビザを発給すれば、ビジネスマンも
行き来できる。政治の保守主義が経済発展を妨げてはいけない」と話した。
 ただ、この日の協議では技術的な話に終始。「政治の話はしなかった。政治は邪魔をするだけだ」と語った。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110317/erp11031720160006-n2.htm

  1945年に日本が無条件降伏した結果であり、異議があったら国連に申し立てるべきだ
  1945年に日本が無条件降伏した結果であり、異議があったら国連に申し立てるべきだ
  1945年に日本が無条件降伏した結果であり、異議があったら国連に申し立てるべきだ

356 :名無しさん@3周年:2011/11/25(金) 21:31:18.19 ID:7D3lSTsF
>>355
解釈の違いだから、そんなのこだわなくてOK。

357 :名無しさん@3周年:2011/11/25(金) 21:34:22.98 ID:7D3lSTsF
>>355
だつお ◆t0moyVbEXw は竹島問題はどちらの領土と見るか?
そして、韓国の不法占拠をどう見るか?
ここらへんから答えて。

358 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/25(金) 22:06:45.96 ID:IDpuipQd
>>357
>だつお ◆t0moyVbEXw は竹島問題はどちらの領土と見るか?
>そして、韓国の不法占拠をどう見るか?

不法占拠というよりは、協定違反だ。

日韓漁業協定によれば竹島とその周囲は『日韓暫定水域』ということになっているが、
韓国は条約を守らず韓国だけで独占してしまっている。韓国もまた条約違反の常習犯だ。

日韓暫定水域(東シナ海の暫定水域は韓国が蘇岩礁を自国の領土と主張している事による)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93%E6%BC%81%E6%A5%AD%E5%8D%94%E5%AE%9A

国際条約を誠実に守っている国なんてどこにもないのに、日本の場合だけ○○条約がどうこうと
責め立てたりするのは、完全なダブルスタンダードとしかいいようがない。

日米同盟を揺るがす慰安婦問題 2007年4月3日   田中宇
http://tanakanews.com/070403JPUS.htm

韓国だけでなく、アメリカもロシアも中国も条約を守ったためしがないのに、日本に対してだけ
「無条件降伏」とかいう国際法に定義されていない超法規を持ちだしてきたりするわけだ。
カイロ宣言に書いてあるからというなら、カイロ宣言に従って台湾は中国に併合ということになる。
国際法の絶対原則を踏みにじって東京大空襲や広島長崎の原爆投下をやったアメリカが、
ありもしない大量破壊兵器を言い立ててイラクを攻撃したり、慰安婦問題で日本を非難したりする。

359 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/25(金) 22:53:53.54 ID:IDpuipQd
南千島の『不法占拠』呼ばわり、ロシア側はかなりムカついたであろう。それはかつて
韓国の盧武鉉政権が、慰安婦だ竹島だで散々日本の悪口を並べ立てたのと同じ事だ。
日本も『北方領土』などという唯我独尊的な物言いは止めて、『南千島』と呼称すべき。
ロシアも条約違反の常習犯だが、それでも『無条件降伏はしたが領土は返還しろ』は?。
戦勝国ロシアをナメてるのかと、あちらの大国としてのプライドを害する結果になる。
かつてナチスドイツ軍を撃破してベルリン入りを果たしたという史実からすれば、
ソ連邦が解体しようが内戦でぐちゃぐちゃになろうが、そのプライドは健在と見られる。
それよりも国と国とが敗戦国戦勝国の区別も無しに対等な関係で付き合うための前提を議論する。

>I・M・ザリヤノフ
>I・M・ザリヤノフ
>I・M・ザリヤノフ

野田総理も「A級戦犯戦争犯罪人ではない」という発言をしたが、TPP協定に先立って、
「東京裁判の破棄」を検討する必要がある。自由貿易を謳うのであれば国家間は対等な関係
であることが前提であり、東京裁判のような不平等条約を押し付けているのでは説得力ゼロ。
またそこでかつてのネオコン陣営のように、日本の戦争犯罪を非難するような声明が出たら、
それみろTPPはアメリカのエゴと横暴の押し売りだと、TPP批判の材料にされることだろう。

>日米同盟を揺るがす慰安婦問題

ネオコンは自由と民主主義を建前にしているが、それはあくまでアメリカングローバルスタンダード
をゴリ押しするための口実であり、アメリカニズムに従わない勢力は例え同盟国でも許さないのだ。
さらにアメリカは自国の国民にさえも公的医療を提供せずに、金持ちだけの独占医療にしている。

360 :名無しさん@3周年:2011/11/26(土) 04:48:23.83 ID:HMM1IJfU
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8

361 :名無しさん@3周年:2011/11/26(土) 22:01:00.80 ID:HMM1IJfU
>>359

TPPは虐殺国家の中国排除のためブロック経済

日本はTPP参加以外の選択肢はないよ

362 :名無しさん@3周年:2011/11/26(土) 22:02:33.61 ID:HMM1IJfU
>>359

TPPは虐殺国家の中国排除のためブロック経済

日本はTPP参加以外の選択肢はないよ

363 :名無しさん@3周年:2011/11/26(土) 22:04:38.65 ID:6QA3nD7F
>>362
>TPPは虐殺国家の中国排除のためブロック経済

オバマ大統領が提示した2012年度米国予算教書では、2011会計年度の歳入
2兆1740億ドルに対して歳出が3兆8190億ドル、財政赤字は1兆6450億ドル
(GDP比10.9%)に達する。同年度の国防費は7396億6500万ドル、
日本の年間国家予算総額なみで歳入に対する比率は約34%にもなる。
<中略>
日本経済の対中貿易依存度はかなり高まっているのに、「対中包囲網」の一環としてTPPを
位置付けて参加を進めるなど、対中輸出額が海外輸出総額の20%弱にもなる日本経済の自殺行為
に等しい(例=2009年の日本の対中輸出額10兆2356億円で対米同8兆7334億円/
対中輸入額11兆4360億円で対米同5兆5124億円―政府統計)。一方、米国の対中輸出額
も2008年時点で対日輸出を上回っている(対中714億ドル、対日666億ドル)。
http://ameblo.jp/mo-014925/entry-11075090639.html

364 :名無しさん@3周年:2011/11/27(日) 03:19:09.32 ID:iOkPsIBT
>>363

毒餃子で重傷者を出したのにもかかわらず、日本は中国産を禁輸しなかった

逆に中国は日本産を未だに禁輸し続ける

何かあると邦人を人質をとり、レアアースを禁輸

こんなクソ国家と取引する神経が分からない

参加国が増え続けるTPPを反対してるのは中国ハッカーですか?

365 :名無しさん@3周年:2011/11/27(日) 03:27:13.27 ID:VhAzaKaN
あんまり産地は関係ないと思うよ
国産(栃木県那須)でも口蹄疫の感染隠しは酷かったろ

366 :名無しさん@3周年:2011/11/27(日) 12:16:37.31 ID:YMQFzYiB
 このように、日本が南クリル諸島の帰属に固執するため、露日間の「平和条約締結の問題」には、
依然として障害が存在している。ナロチニーツカヤ氏は、これについて、「はたしてロシアにとって、
日本と平和条約を結ぶ必然性があるのか」という疑問を投げかけ、次のように語る―。
「1956年に署名されたソ日共同宣言で、両国の間にあった戦争状態は終結してはいるが、一方で、
露日間には、実際には平和条約が存在しない。しかしながら、ロシアとドイツの例を見れば、両国の間
にも平和条約はないが、それは正常な二国間関係を発展させる上での障害とはなっていない。アメリカも、
ロシアやドイツと平和条約を結んでおらず、イギリスも同様だ。
  また、現在の日本は、第二次世界大戦を戦ったあの大日本帝国を継承する国とは見られていない。
なぜなら、国際法は、完全な無条件降伏によって、国家の存在とその主権が停止する、と謳っているからだ。
また、サンフランシスコ平和条約第2章には、『日本は、クリル諸島における全ての権利、権限、並びに
請求権を放棄する』と、明記されている。これに従えば、日本は、第二次世界大戦の結果を認めておらず、
無条件降伏の結果、日本の地位を確定した、あらゆる最重要法的文書を拒否していることになる。と言うのも、
日本がクリル諸島を放棄したことを明記しているのが、サンフランシスコ平和条約だからだ」
 1956年のソ日共同宣言が署名された際、アメリカは、覚書を発行した。その中では、「日本は、
サンフランシスコ平和条約で自ら放棄した南クリル諸島の帰属については、その交渉権を有していない」
という見解が表記されている。
http://japanese.ruvr.ru/2009/08/14/422415.html


367 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/27(日) 12:45:45.46 ID:j3Rk6FSC
>>366
>また、サンフランシスコ平和条約第2章には、『日本は、クリル諸島における全ての権利、権限、並びに
>請求権を放棄する』と、明記されている。これに従えば、日本は、第二次世界大戦の結果を認めておらず、
>無条件降伏の結果、日本の地位を確定した、あらゆる最重要法的文書を拒否していることになる。

日本側からは、ロシア側の立場を理解しその上で、「サンフランシスコ条約は不平等条約だ」と主張する。
不平等条約であっても条約は条約として認める、けれどもそれは江戸幕府が治外法権を認めたという
のと同じものだと反論する。東京裁判は日本の戦争犯罪ばかりが裁かれアメリカやロシアの戦争犯罪
は全く裁かれなかったのだから、東京裁判を受諾したなどというサンフランシスコ条約は「不平等条約」
以外の何ものでもないのだ。

>日本の地位を確定した、あらゆる最重要法的文書を拒否している

『不平等条約』として受け止めている、と説明する。その最大根拠は『日本は東京裁判を受諾』の件。
それからロシア側が未だに『日本無条件降伏』『日本は東京裁判を『受諾』』を主張するのなら、
それでは日本とロシアは対等な関係で平和条約を結ぶことができないではないか、と抗弁する。
なおドイツを引き合いに出されたら、旧ソ連がナチスドイツと不可侵条約を結んでいたことを挙げる。

>国際法は、完全な無条件降伏によって、国家の存在とその主権が停止する

ナチスドイツが滅亡したとて、独ソ不可侵条約とその秘密議定書の存在が否定されるわけではない、
独ソ不可侵条約がいかに汚れたものであれ、統一ドイツと新生ロシアで共同責任を負う、と反論。

【ロシア】独ソ不可侵条約「仕方なかった」 プーチン首相が寄稿[09/09/02]
http://unkar.org/r/news5plus/1251854867

『独ソ不可侵条約』は、戦勝国ロシアにとっては最大の黒歴史ゆえ、ロシアではあまり語られない。
けれどもナチスドイツが滅亡したとて、統一ドイツと新生ロシアに責任が無いとは言えないはずだ。
統一ドイツと新生ロシアも、それぞれナチスドイツおよび旧ソ連を継承する国だ、と言い返す。

368 :名無しさん@3周年:2011/11/27(日) 13:12:41.39 ID:91moI1MF
奪還行動をとらないということはくれてやったのと同じだね。
いっそ高く売るのが上策だね。

369 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/27(日) 14:45:58.73 ID:j3Rk6FSC
戦勝国の決定に対して敗戦国の側から異議申し立てを認めないとする無条件降伏論にせよ、
中国の主張する「カイロ宣言に従って台湾は中国に返還される」はあまりに非現実的。
それと比べれば『吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ』に従って南千島を放棄するほうが安全。

ロシアの南千島併合を『不法占拠』呼ばわりするのは、国防上あまりに危険なことだ。
ナチスドイツご自慢の機甲部隊を骨と皮にした戦勝国に対して、無条件降伏(多数意見)
をしたとかいう敗戦国の日本が、領土を返還しろだ不法占拠だなどとは、
これでは無条件降伏とは程遠いまでの強硬姿勢だ。

ナチスドイツを撃破してベルリン入りを果たしたソヴィエト赤軍>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>( 越 え ら れ な い 壁 )>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>大陸打通作戦でドツキ回された中国チンピラゴロツキ

ヤルタ協定は、日本が無条件降伏をしていないということなら拒否することも可能だが、
日本が無条件降伏をしたとのことなら敗戦国の日本の側からの異論は認められない。
けれどもこれはただ単に北方領土返還論を取り下げにすれば済むだけで簡単にできてしまう。

だから無条件降伏をしたということなら、直ちに北方領土返還論を取り下げろ!

逆に北方領土返還に拘るなら、まず日本は無条件降伏をしていないことを内外へ向けて示せ!

370 :名無しさん@3周年:2011/11/27(日) 15:01:16.57 ID:91moI1MF
竹島も北方4島も占拠側が投資し始めているから、売ろうにも値段が付かないね。
その額はすでに投資しているから払わない。ということになる。
すでに時期を逸したのだよ。タダで取られたってことさ。

371 :名無しさん@3周年:2011/11/27(日) 23:57:25.26 ID:iOkPsIBT
我々日本人はアイヌ民族のためにカムチャッカまで領有権を主張しようではないか!

ロシアはオセチアを独立させるならば、日本もアイヌために独立国家を樹立させよう!

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111120/elc11112018310002-n1.htm


372 :名無しさん@3周年:2011/11/28(月) 05:58:51.41 ID:g4im8ukZ
>>370
竹島と北方四島は性質が違う
竹島は取り返せるから・・・

373 :名無しさん@3周年:2011/11/28(月) 06:49:52.57 ID:hjdAGmgA
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8


374 :近未来予測1:2011/11/29(火) 12:09:57.74 ID:rqyLpvLk
よく読め

中国はこの度 人口抑制策である「一人っ子政策」を一部緩和した
少子化問題や深刻な将来の高齢化問題 福祉問題を抱える中国が総合的に勘案した結果であろう

中国はスケールメリットを世界中の国々の中でもっとも享受している国である
しかしスケールメリットという点ではいずれインドの後塵を拝すこととなることは明白だ
中国は経済大国化 軍事大国化を標榜しているから そういう点でも どうしても人口の減少を避けたいのである

では・・・・人口増大化戦略をとり続ければ 中国はいずれどうなるであろう?

中国における生活環境はかなり荒れてくると推測される  現在でもかなり荒廃しているのにさらに悪化が予測される
環境悪化し資源不足になった中国がどうするだろうか?
その答えは・・・・掠奪である   つまり・・侵略である



375 :近未来予測2:2011/11/29(火) 12:10:43.67 ID:rqyLpvLk
中国は現在 米国と敵対しつつも 米国のような総合的な大国になろうと 目標として崇敬し 様々なエッセンスを米国から吸い取り
パクリ 捏造濫造している最中である
中国海軍や網軍(ネット軍) 制天軍(宇宙軍)らは 米国の世界戦略の一部を突破し 破砕するかもしれない  そしてある程度の資源を手中にするかもしれない
しかしそれだけで肥大化した中国人民の全員を幸せにすることはできないだろう

はっきり言おう
近い将来強大化した中国が密かに狙っている獲物・・・・それはロシア領土である
そこには 人民をたらふく肥え太らせて満足を与えてくれるモノがある
穀物 ガス 石油 金鉱山 ダイヤ 森林 水 レアアース 様々な鉱物資源 野菜 住むべき場所 空気 漁業資源 海 港・・・エトセトラ

そう・・・・中国は長期戦略でロシアの一部を頂こうと企図していることは確実だ
今のところは 対米 対日 対印戦術に勤しんでいるようにみせて 内実は 着々と 対露戦略を固め 進めているものと推察する
そのことは ロシア首脳や軍もとうにお見通しであろうが ロシアの対中戦略は 当方からみても ちと甘い感を否めない・・・

・・・・・いずれ 中国はうまい形でロシアを浸食していくだろう
長い時間をかけて 結果的にはロシアの大半の領土を手中にすると思う
その際 ロシアの核戦略(核による恫喝)は麻痺し 通用しなくなる設定で行われると考える
なぜなら・・・ロシア軍は自国領土に核攻撃を行えないだろうから
中国がロシアの東半分を併呑する頃には・・・ロシア領内に中国系の人民が多数暮らし ロシア人と一緒に生活していることだろう
いくらなんでもそこにロシア軍が核攻撃するわけにはいかないのだ
ロシア系住民の人口と中国系の人口 そしてその増殖率には圧倒的な差がある
長い国境を接している二大国は歴史的に並立し得ないのは道理である
いずれ対立は激化しどちらかがどちらかを併合するような形になる
全部とは言わないまでも一部あるいは大半がどちらかに譲与されることになるだろう



376 :近未来予測3:2011/11/29(火) 12:11:24.56 ID:rqyLpvLk
中国は 米軍やロシア軍の兵器や軍事システムを次々に取り入れている 
中国人の知能は決して悪くない  可及的速やかに計画は実行に移されるだろう
日米台韓フィリピン・インド・豪州は 中国膨張の南東の壁となるだろう
真珠の首飾り戦略をかく乱させる
そこにロシアが加わらず 大国的自立主義を打ち出し 中国と仲良く(笑)やっていくというのならば それもいいだろう

日本は・・・・・北方領土問題の解決など図る必要はない
北方領土は明らかにソ連による戦後の火事場泥棒的掠奪である ロシアに一分の理もない
日本は領土のために戦争行為をやらかす必要はないのである ただ・・返還を主張し続けていればよいのだ
日本の成長と発展に直接 四つの島はリンクしていないからだ
日本はこれまでロシアの資源なしに経営できてきた  これからもそうだ  代替新エネルギーもある 他にガス田や石油の権益もある
省エネと環境改善技術の優れた日本は ロシアなしでも十分やっていけるのだ
そして日本は米国と60年にも及び同盟関係の歴史を有している これは今後も続く

しかしながら・・・・ロシアは 隣の超大国中華帝国と直に対峙して生きていかねばならないのである
白系ロシア人口を1とすれば 中国はざっと10  はたしてロシアが軍事・経済・技術大国化した中国の侵略を防ぎきれるかな???
中国海軍はいずれ北極海にも進出するだろう  
近い将来・・・ロシア西部の中枢都市は軒並み 莫大な数の中国潜水艦艇群のSLBMの着弾3〜5分以内の射程内に入ることだろう
もちろん 宇宙からもロシアは脅かされる
ロシアは中国の圧力に抗しきれなくなり シベリアを明け渡すことになることは必定だ
ロシアの現状の中国に対する見通しは非常に甘いものであると認識できる

日本は中国によるシベリアへの膨張を見届けた後に 労せず北方四島を手中にできるであろう
なにせ ロシアが事実上瓦解するのであるから・・・・

377 :名無しさん@3周年:2011/11/29(火) 12:44:46.64 ID:fjeuZSqw
で、
日本は飲み込まれると


378 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/29(火) 13:26:40.98 ID:fxwZkXh3
『ロシアの不法占拠』なる政府声明は、日本無条件降伏論の趣旨(>>3>>4)に反する妄言でした。
全世界の皆様ロシアの皆様、「われらの北方領土」が日本のわれらの領土であるかのような
嘘と詭弁を戦後何十年も繰り返して来ましたが全て撤回します、申し訳ございませんでした。

       吾 等 ノ 決 定 ス ル 諸 小 島 ニ 局 限 セ ラ ル ベ シ

さあ言わぬか! どうした、早くそう言え!!

379 :近未来予測4:2011/11/29(火) 14:43:07.68 ID:rqyLpvLk
中国とロシアは 両国にまたがる長い国境線画定の問題をほぼ解決してしまっている
どちらかというと中国が譲歩した形で決着したようにみえる
中国の譲歩の根源には ただいま戦争をすればまだ負ける 現状は国を経済的に富まし 技術革新を経て
じっくりと米国のような総合大国となったうえで あらためてロシアと相対するつもりである
それまではジッとロシアの貪欲さに我慢するつもりであろう
中国は 清の時代のアイグン・北京両条約にてウスリー以南沿海州の領土を喪失させられている
その領土はいまだにロシア人のものである
ロシア人はシベリアや極東に入植してきた民族である  それまでは西方に暮らしていた
伝統的に 歴史的に シベリアや極東に支配権を保持していないのは明白だ
しかし実力でそれらを手にしてきた  中国は清時代にロシア人の欲望の犠牲になってきたのだ
その恨みを中国人はけっして忘れてはいない  しっかと胸の奥底に隠しもっているのだ
その証拠に・・・中国人はロシアによる北方領土支配に明確には支持する旨の意見表明を行っていない
中国人たちは いずれ国力がついて強大な国家となった時点で これまでの条約を破棄し
敢然とロシアによる極東支配 シベリア支配に否を唱えるようになるだろう
その頃には それらの地域には大量の中国系住民が居住しているであろうから ある程度の政治的発言権と経済利権を保持しているであろうことが推察される
もし中国系住民の生命財産が脅かされるような事態になれば 中国軍は決然と彼らの救援に向かうことだろう

中国がロシアに対して動く時・・・・・それは あきからに中国がロシアと戦争をして勝てると踏んだ時である


380 :名無しさん@3周年:2011/11/29(火) 14:43:38.97 ID:XsbDDSIn
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8


381 :近未来予測5:2011/11/29(火) 15:07:13.43 ID:rqyLpvLk
ともかく・・・・中露は国境線画定に関する条約を結び宥和した
しかし・・・その際 中露が日本に関する秘密条約を結んだ可能性を否定できない
それは 両国が状況に応じて 南北で日本に圧力を加え あわよくば日本の領土を掠め取ろうというものだ
かつての独ソによるポーランド分割と同じようなものである
独ソはその性質上 真反対の国家であった
ナチスドイツは共産主義者と汎スラブ主義者であるロシア人を嫌っていた
共産ロシアボルシェヴィキもナチスの極右的な民族主義に危機感を抱いていた
けれど水と油の両国はポーランド分割という目的を共有することで いっときの平和と安定を得ることがてぎたのだ
しかし結局は対立 戦争に至る  ポーランドというバッファを失くしたことで 一気に両国軍が対峙することにあいなったのである
西部方面(特に英国攻略)戦線での活動が芳しくなかったナチスドイツは電撃的にソ連に侵略を開始する
独ソは第二次大戦中 最大の死傷者を出すことになったのである

それと似たようなことを どうやら中露 この二カ国は考えているようである
歴史はねじれながら繰り返すというのは本当だ
中露は 日本への仕掛け つまり日本割譲という共通目的のために連衡することにしたようだ
日本から一定のものを得る行為は 中露両国にとって 大いなる利益をもたらす
ロシアは北海道占領は 一部東北北部の支配   中国はトカラと沖縄を手にする
両国ともに西太平洋への進出の足掛かりを獲得できる  金品は言うに及ばず 様々な資源獲得のチャンスを得る
また・・・・日本を共通の標的としている間 両国は衝突しないで済む
中露にとって 対日戦略を実行している間は 戦争の危険を最小限化できるのだ
安全保障上 これほどリスクヘッジでき 利益を得られやすいことはない
この計画は 米国の衰退ひいては在日米軍の退潮と共に発動するであろう



382 :近未来予測6:2011/11/29(火) 15:09:27.74 ID:rqyLpvLk
ロシアは 来るべき中国との対立激化に備えて 少しでも橋頭堡を増やしておきたいところであろう
中国はこのような危険な企みにロシアを誘引し引きずりこんで ロシアにも餌をまく
ただ・・・・ロシアが本当にこの中国の陽動作戦に乗るかどうかはわからない
ロシア人も阿呆ではなかろう
中国が日本を血祭りにあげた後に標的とするのは間違いなく 土地と資源の豊富なロシアであることは明白で
易々とロシアが中国の隠された本意に気付かないふりをしてこの危うい戦術に乗るとはとうてい思えないのである
ただ・・・・愚か者がロシアの為政者となっている場合はそのかぎりではない
中国の誘惑にのって 日本に戦争を仕掛けるかもしれない
メドヴェージェフなどはまんまと中国の意にふりまわされるような気がする
メドはもともとプーチンの傀儡で支持基盤がない  ゆえに強欲な軍人らのシロヴィキ派の支持を得ようと
長期利益的には反ロシア的な行動であっても 軍の意向に沿えばなんでもやりそうな男である
今年は 軍勢力を背景に メドは兄貴分のプーチンに否を唱えそうになった
情報機関を支持ベースとするプーチンと軍の操り人形であるメドとの対立はこれからも継続するものと思われる


383 :近未来予測7:2011/11/29(火) 15:38:37.58 ID:rqyLpvLk
ロシアは 中国が当面 ロシアに敵対しないであろうと予想しているようだ
中国は北方向以外 南東西方向に対し 軍事的拡張戦略を取っている
中国はロシアに対しては 経済的連携において拡張しているにすぎない
ロシアは中国のサインを感じ取り 中露国境に近いウラジオストクを陸海空のハブ都市として繁栄させることを決定したようだ
たしかに当面 10〜30年は大丈夫かもしれない
しかしそのあとは そのかぎりではなかろう
東西南方向に十分に伸張し 経済大国化 技術大国化 軍事大国化した中華帝国は いずれ北方向にも本格的に進出するものと思われる
なぜなら人口拡大政策を中国は維持しようと決めたからだ
中国の土地はやせている  環境も悪化している  資源もその頃には枯渇するであろう
ガスや油や穀物などをロシアから供給されていることに腹立たしく思うようになるだろう
中国は北に広がる広大な土地と内包する膨大な資源を前にして ヨダレを流しながら狙い始めるにちがいない
そこには中国15億人(その頃には18億人ほどになっているかもしれない)の腹を満たし 利権欲を沸騰させる土地と資源があるのだ
中国人は合法・非合法あらゆる手段を用い ロシアの領土簒奪を目論むことだろう
まして かつて清の伝統的領土であったウスリー南部 沿海州 極東部は当然 中国人の土地と認識しているはずだ
新参者のロシア系住民をいずれは追い出すだろう
なんらかの口実をつくり 機を見て 人民解放軍がシベリア攻略に走るのは目にみえている



384 :近未来予測8:2011/11/29(火) 15:39:49.29 ID:rqyLpvLk
あと・・・・20〜30年ほどだ
中国海軍が北極海を航行するようになってから後であろう
その頃には ロシアは完全に現在ロシア領土となっている土地の半分ほどを喪失するであろう
シベリア東部及び極東 沿海州 カムチャカ半島は中国の版図内に入っているであろう
30〜50年経過して・・・・白系ロシア人たちはウラル西方へ押し込められるにちがいない
しかも中国海軍の核ミサイルにたえず怯えながら暮らすことを余儀なくされることだろう
ユーラシア大陸北部 北極海に面する港湾はあらかた人民解放軍の支配下に置かれると予想する
ロシアが維持できるのはチェリャビンスクくらいのものだ

その頃には メドもプーチンもいない すでに死んでいる
しかしながら大中国の戦略は生きたままだ
中国はあくなき欲求の赴くままに拡大をつづける
中国は 将来の北への拡大の足掛かり確保のため 中央アジアの旧ソ連系衛星国のいくつかに援助をし てなづけはじめた
これはロシア侵略の第一歩の最初の兆候である
賢いプーチンはこのことに気付いている
プーチンがもし真の愛国者ならば おのれの亡くなった後 子供や孫子世代のことまで慮り ロシアをより良い方向に導くことを考えるはずだ

プーチンが対日戦略を中国と協働で行うような愚挙に身を任せるようなことはしまい
ロシアが中国と共に日本に圧力を加える行為は いずれ ロシア自身に跳ね返ってくる
ロシアはそこまで愚かな国ではないはずだ 
ロシアも日本の使い道をよくわかっているはずだと信じたいものだ



385 :近未来予測9:2011/11/29(火) 15:40:24.32 ID:rqyLpvLk
もし・・・・・ロシアが中国と共に短期戦略で過激な対日戦術を行使してくるのならば 日露は決定的に袂を分かち
むしろ 二千年来の友誼を交わした中国に日本は擦り寄ることにあいなるであろう
もし衛星国の立場となるなら 日本は同じ黄色人種で儒教思想をもった中国にこそ同調するバイアスがかかる国民性をもっているからである
このほうが手っ取り早い    誰しも勝ち馬に乗ったほうがよいのである

つまり・・・・・日本は米国が急激に衰退した場合 中国サイドにつくはずである
けっしてロシアにはつかない
中国がロシアを料理する年代に入ったとき 日本はじっくりそのさまを観覧することになる
なにせ・・・・・日露戦争 日ソ中立条約一方的破棄 満州でのソ連兵の蛮行 サハリン・北方領土不法占有・・・・・
・・・どれをとっても 日本人にとってロシア人は良いイメージがないのであるから・・・ 

386 :名無しさん@3周年:2011/11/29(火) 17:18:48.91 ID:XsbDDSIn
>>385

許せないリストに日露和親条約・三国干渉も入れてね

387 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/11/29(火) 18:32:04.36 ID:fxwZkXh3
『ロシアの不法占拠』なる政府声明は、日本無条件降伏論の趣旨に反する妄言でした。
全世界の皆様ロシアの皆様、「われらの北方領土」が日本のわれらの領土であるかのような
嘘と詭弁を戦後何十年も繰り返して来ましたが全て撤回します、申し訳ございませんでした。

       吾 等 ノ 決 定 ス ル 諸 小 島 ニ 局 限 セ ラ ル ベ シ

さあ言わぬか! どうした、早くそう言え!! 言え、言わぬか!

    無条件降伏した日本としては、連合国の決めた領土条項を甘受する
    無条件降伏した日本としては、連合国の決めた領土条項を甘受する
    無条件降伏した日本としては、連合国の決めた領土条項を甘受する

○小林(進)委員 この問題は、歯舞、色丹はちょっと置いておきましょう。国後、択捉に対しては、
我が社会党の中にも、サンフランシスコ条約において吉田はちゃんと放棄してきたのだという説を
唱える者が今でもずっとおります。
<中略>
 これに対しまして、今度は鈴木義雄氏です。歯舞、色丹等のソ連による不当な占領について指摘した
ところだが、条約ができてから一方的に捨てぜりふを言って去るとは、政府は責任がなさ過ぎるじゃないか、
こう言って吉田さんを追及しているのであります。あなたは捨ててきちゃって、それで日本の国会へ来て、
日本の固有の領土だなんてそんな捨てぜりふを言ったって、それは負け犬がしっぽを動かしているような
ものだ、話にならぬ、こう言って追及されたことに対して吉田総理はこう言った。歯舞、色丹を含めて、
無条件降伏した日本としては、連合国の決めた領土条項を甘受する、これを受け入れるというのは条約上
の義務である、条約上の義務を投げ出してとやかく言うのは甚だ当を得たものではありません、こういうふう
に日本の国会で答弁しているのです。いいですか。条約で放棄してきたんだから、それをとやかく言うのは
無条件降伏したことにならぬじゃありませんか、こういうことを言っている。これは本会議の答弁です。

第102回国会 外務委員会 第3号 昭和六十年三月二十六日(火曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/102/0110/10203260110003a.html

388 :名無しさん@3周年:2011/11/29(火) 18:54:19.14 ID:XsbDDSIn
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8


389 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/11/30(水) 00:48:26.58 ID:SiHtFkaX
>>1 露スケは日本とは戦争していない。この馬鹿何にも分かっていない。

390 :名無しさん@3周年:2011/12/02(金) 15:02:06.55 ID:xCxyqSyZ
>>387
>条約で放棄してきたんだから、それをとやかく言うのは無条件降伏したことにならぬじゃありませんか、

というか、そもそも日本は無条件降伏をしたわけではない。

391 :名無しさん@3周年:2011/12/02(金) 15:57:50.23 ID:v1jEEJrR
>>1
ポツダム宣言を受け入れたんだ。つまり有条件降伏だ。無条件降伏は陸海軍だ。ポツダム宣言読んだことあるのか?だいたいサンフランシスコ条約にソ連は調印してないぞ。

392 :名無しさん@3周年:2011/12/02(金) 18:08:52.49 ID:+gCdUIxk
>>391
ところがどっこい。ポツダム宣言に条件はありません。これが現実です。
国際法上は無条件降伏文書に政府が調印したことで日本は無様に無条件降伏しました。ぷぎゃー


393 :名無しさん@3周年:2011/12/02(金) 18:12:02.25 ID:aQK8qXIr
>>392
>国際法上は無条件降伏文書に政府が調印したことで日本は無様に無条件降伏しまし

でもその同じ口から『ロシアは北方領土を日本に返還せよ』なんて主張が出たらアウトww

  条約で放棄してきたんだから、それをとやかく言うのは無条件降伏したことにならぬ
  条約で放棄してきたんだから、それをとやかく言うのは無条件降伏したことにならぬ
  条約で放棄してきたんだから、それをとやかく言うのは無条件降伏したことにならぬ

394 :名無しさん@3周年:2011/12/02(金) 18:54:20.26 ID:+gCdUIxk
>>394
でも無様に無条件降伏しているんだよ
日本はね
無様にアメリカソ連さまに負けたんだ

395 :名無しさん@3周年:2011/12/02(金) 18:57:58.61 ID:LizP2zyJ
>>394

ポツダム宣言の条件でね
降伏後の抑留なんか認めないよ

396 :名無しさん@3周年:2011/12/02(金) 19:04:24.60 ID:LizP2zyJ
ポツダム宣言
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1945_potsudamu.html

397 :名無しさん@3周年:2011/12/02(金) 20:02:55.59 ID:KSsr8smv
>>395
市民無差別殺戮や強制労働は、条約がどうこうではなくて国際法または人権問題に関わるが、
領土に関しては条約が全て。従って日本が無条件降伏をしたとのことなら、北方領土返還はありえない。

398 :名無しさん@3周年:2011/12/02(金) 20:05:03.79 ID:LizP2zyJ
>>397

そうすると千島・樺太交換条約になるね

399 :.:2011/12/02(金) 21:09:13.29 ID:fjFWT1vv
チョンのたてるスレは相変わらず下品だな。


400 :名無しさん@3周年:2011/12/03(土) 10:59:10.23 ID:fKT9sCKz
>>395
降伏後(休戦後)、抑留をみとめないというのは国際法上当たり前のことを言っているにすぎずそれは法的な意味では「条件」ではない

401 :名無しさん@3周年:2011/12/03(土) 11:02:48.27 ID:fKT9sCKz
日本は、奴隷化しないとか、家に帰すとか
そういうかかれてなくてもあたりまえの話以外の条件はなくて
国際法上は無条件降伏といわれている

むしろ、ドイツの方が無条件降伏してない

402 :名無しさん@3周年:2011/12/03(土) 11:42:11.16 ID:rQHl9BeZ
>>401
>日本は、奴隷化しないとか、家に帰すとか
>そういうかかれてなくてもあたりまえの話以外の条件はなくて

約675万人のドイツ人が残酷に放逐された
約675万人のドイツ人が残酷に放逐された
約675万人のドイツ人が残酷に放逐された

その結果、本来、欧州の戦後秩序を打ち立てることを目的として行われたポツダム
会議(1945年7月17日−8月2日)で成立した協定は、表面化した緊張を解きほぐす
どころか、かえって対立を深めるものとなった。ドイツの非ナチ化、非軍事化、
経済力の拡散化、ならびにドイツ人の民主化教育については、各々の意見の一致が見られ、
さらに西側諸国は、ポーランド、ハンガリー、チェコスロバキアからドイツ人を追放する
という重大な決議にも同意した。しかし、追放は「人道的に実行すること」という西側諸国
の但し書きがあったにもかかわらず、その後約675万人のドイツ人が残酷に放逐された。
http://www.doitsu.com/doitsu/reisen/doitsujouhou/history02.html

403 :名無しさん@3周年:2011/12/03(土) 11:45:02.86 ID:SH0GcEgb
>>401
>むしろ、ドイツの方が無条件降伏してない

1 東方領土の喪失と「追放」
(1)領土変更の経緯
・1944 年 10 月のソ連軍(赤軍)のドイツ領侵攻→ドイツ東部の占領を既成事実化→ポツダム協
定での事実上の国境画定→東部の領土をソ連、ポーランドの統治下に置く(114,000 平方キロ、
旧ドイツ領の 24%)。ポーランドの東部領土のソ連へ(180,000 平方キロ)→ソ連の西方拡大。
(2)「追放 Vertreibung」
戦争に伴う大量の難民発生、ポツダム協定での連合国政府の合意によるドイツ人の組織的「移送」
→約 1500 万人が「追放」を強いられる(DDR では「移住 Umsiedlung」と表現)→760 万人が
BRD に(東方領土からは 440 万)。ポーランド人の強制移住(約 180 万人)→ドイツ東方領土へ。
http://www.t.hosei.ac.jp/~ssbasis/tohop.pdf

404 :名無しさん@3周年:2011/12/03(土) 11:48:27.85 ID:hujV9qPw
>>401
>むしろ、ドイツの方が無条件降伏してない

五月七日ベルリンでドイツ軍が連合国への無条件降伏文書に署名
五月七日ベルリンでドイツ軍が連合国への無条件降伏文書に署名
五月七日ベルリンでドイツ軍が連合国への無条件降伏文書に署名

【事件番号】 東京地方裁判所判決/平成8年(ワ)第24230号
【判決日付】 平成15年9月29日
1941年12月,日本がアメリカとイギリスに宣戦を布告して太平洋戦争へと拡大し,1945年8月,原爆投下,
ソ連の対日参戦を経て,14日に日本はポツダム宣言を受諾し,15日に戦争が終結した。9月2日,
日本は無条件降伏文書に調印した。

【ID番号】 05430318
損害賠償請求事件
【事件番号】 東京地方裁判所判決/平成7年(ワ)第15636号
 一九四五年二月ヤルタ会談、三月ヴエトナムのバオダイ帝が独立宣言、東京大空襲、
アラブ連盟憲章調印、ビルマ国軍が日本軍に反乱。
 同年四月三〇日ヒトラー自決、五月七日ベルリンでドイツ軍が連合国への無条件降伏文書
に署名(同日フランスでも降伏)。
(注:ドイツ軍の降伏文書のタイトルを無条件降伏文書と読んだ事例)


405 :名無しさん@3周年:2011/12/03(土) 11:58:56.91 ID:HHxvLJcg
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316060783
無条件降伏と講和条約によって、日本は泣き寝入りしました。
まだ係争中だとかデマに惑わされるな。精神分裂症だと・・・・・φ(゚゚)

406 :名無しさん@3周年:2011/12/03(土) 12:10:07.26 ID:fKT9sCKz
>>404
日本は政府が無条件降伏文書に調印した
ドイツは「ドイツ軍」が無条件降伏文書に調印したが、政府は日本のように無様な降伏をすることなく自決を選んだため国際法上は無条件降伏してない

407 :名無しさん@3周年:2011/12/03(土) 12:24:37.90 ID:ErADg0G2
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8

408 :だちお:2011/12/04(日) 12:14:59.18 ID:VIOjil+M
>>404

よろしい。


そういうことなら、日本は無条件降伏した!

409 :名無しさん@3周年:2011/12/04(日) 13:00:17.27 ID:uONAqaOL
>>407
ドイツ「政府」は無条件降伏すら許されなかったが

410 :名無しさん@3周年:2011/12/04(日) 13:02:31.53 ID:uONAqaOL
>>407
ドイツ「政府」は無条件降伏すら許されなかったが

411 :名無しさん@3周年:2011/12/04(日) 13:59:06.59 ID:thEaWDv9
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8

412 :名無しさん@3周年:2011/12/05(月) 12:07:26.90 ID:WHuQykia
鈴木宗男は正しい。


413 :名無しさん@3周年:2011/12/05(月) 12:45:08.32 ID:qe0DrrOg
>>412

ムネオハウスで企業献金キックバック

414 :名無しさん@3周年:2011/12/05(月) 12:54:38.15 ID:WHuQykia
裏金があって何が悪いんだ?
政策のほうが重要なんだよ。

小沢一郎も正しいね。

アメリカこそ悪であり、日本はアメリカと断交すべきである。
そして円安を推進しろ。


415 :名無しさん@3周年:2011/12/05(月) 13:09:57.83 ID:MVaKrhnb
無条件降伏派の中にも、隠れ有条件派が居るので、そこは徹底的に叩き潰しておく必要があるな。

その最たるものは、「ロシアは北方領土を日本に返還せよ」というもの。ポツダム宣言に『吾等ノ決定
スル諸小島ニ局限セラルベシ』と書いてある以上、敗戦国日本の側から戦勝国ロシアに対して公式
に返還要求などしたら、それは無条件降伏をしたことにはならなくなるからだ。

有条件派は完膚無きまでに叩きのめられてもう出て来なくなった以上、今や我々が戦うべき相手は、
無条件降伏派を装って北方領土返還という無条件降伏の趣旨に真っ向から反抗する隠れ有条件派だ。
こいつらは日露友好を阻害し日本の国益を害している二枚舌野郎としか言いようがない。
というか江藤淳のように「私は条件付き降伏論者だ」と明言しているわけでもなく、無条件降伏派
を装って嘘と詭弁を弄して日本と日本人を騙すぶん、もっとタチが悪いのだ。

416 :名無しさん@3周年:2011/12/05(月) 14:11:15.05 ID:qe0DrrOg
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8

417 :名無しさん@3周年:2011/12/06(火) 10:11:54.58 ID:xFcVCDdf
ロシア下院選に選挙監視団を派遣した欧州安保協力機構(OSCE)は5日、下院選で開票操作などの不正が多くあったと発表した。
与党・統一ロシアの集票を目的とする行政機関の選挙戦への介入が見られたほか、開票作業で深刻な不正があったと指摘した。
一部野党の政党登録を認めず選挙戦から排除するなど、「政治的な競争は限定的で、選挙は公正さに欠けた」と批判した。
民主化問題を巡るロシアと欧州の対立につながる可能性もある。
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE2E7E2E6888DE2E7E3E0E0E2E3E39494E3E2E2E2


418 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/12/06(火) 10:52:58.01 ID:uDXAFBDk
>英国ロナルド・ドーア氏…「北方領土を諦めるのも賢明な道」
>「国際裁判では日本が負ける確率が高い。原因を作ったのは米国」[2/23]

言い訳その1
『ロシアの不法占拠』なる政府声明は、日本無条件降伏論の趣旨(>>4)に反する妄言でした。
全世界の皆様ロシアの皆様、「われらの北方領土」が日本のわれらの領土であるかのような
嘘と詭弁を戦後何十年も繰り返して来ましたが全て撤回します、申し訳ございませんでした。

言い訳その2
無条件降伏ではなかったポツダム宣言受諾を占領時代に無条件降伏だとスリカエられたり、
2島妥協していた北方領土交渉を冷戦時代に4島返還だとスリカエられたりした結果である。
本来ならば国際法上、あの戦争で日本は無条件降伏をしたわけではなかった。

どちらがカッコいいと思う?


419 :名無しさん@3周年:2011/12/06(火) 11:13:22.65 ID:xFcVCDdf
[モスクワ 5日 ロイター]
ロシアの首都モスクワで5日、プーチン首相の与党「統一ロシア」が4日の下院選(定数450)で
大幅に議席を減らしたことを受け、3000─5000人が同首相の退陣を求めて
デモを行った。
デモ参加者は、「革命を」「プーチンなきロシアを」などとシュプレヒコールを
上げながら行進。一部のデモ隊が警官隊と衝突するなどして、警察によると
300人が拘束された。
モスクワで行われた抗議デモとしては、近年で最大規模になったという。
一方、今回の選挙をめぐっては、欧州の監視団が、統一ロシアの得票を目的とした
意図的な操作が行われていたと発表。
米ホワイトハウスの報道官も、米政府は選挙運営に「深刻な懸念」を抱いている
と述べた。
これに対し、メドベージェフ大統領は、選挙は「公平かつ正当で、民主的に」
実施されたと主張している。
中央選挙管理委員会の集計によると、統一ロシアは今回の選挙で、過半数は
維持したものの、現有の315から238に大幅に議席を減らし、国民の
「プーチン体制」への不満や飽きが浮き彫りになった。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE7B500620111206

420 :名無しさん@3周年:2011/12/06(火) 11:15:38.60 ID:xFcVCDdf
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8

421 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 13:11:47.01 ID:Qa9+VdDD
北方領土で反露煽るバカウヨは、日本が無条件降伏をしたという判例を知らないらしいなw

422 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 14:04:34.20 ID:r/A0AUj4
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8

423 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 15:08:59.14 ID:w6Oo+j5v
日本が降伏したんじゃなく天皇家が命乞いしたんですよ

424 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 15:24:15.49 ID:Uh/LijnM
>>418
>どちらがカッコいいと思う?

おまえが一番かっこ悪い。だつおは歴史板法学板の無条件降伏論争スレで、
さんざん論破され、壮絶な自爆を遂げたのにも拘わらず、悔しさをリベンジするために
あちこちにスレを立てて珍妙な独自解釈をまくしたてている。
しかも、誰も支持をしないのでIDを変えて名無しでレスを行ったりしている。

おまえは恥ずかしすぎる。



425 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 15:32:24.32 ID:mlwGcIJ0
民族的には北方4島返還を望むが、法的事実として日本は無条件降伏をして権利を喪失した。


426 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 15:43:57.43 ID:r/A0AUj4
>>425

敵国条項のこと?

尖閣も竹島も千島列島も譲らないよ〜

427 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 19:56:24.67 ID:TW6sJwzT
よい方法がある。

紛争地域をアメリカに売ってしまおう。ガハハハ。

日本は手を引く。 さて、露中韓はどうでるかな?

428 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 21:39:37.67 ID:hhXynouc
日本が無くなるわ

429 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 22:30:15.22 ID:jVir0qY3

レベル1

北方領土 ロシアの不法占拠
竹島   韓国の不法占拠

レベル2

尖閣列島 中国がちょっかい

430 :名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 03:27:09.79 ID:AuOYraFr
朝鮮学校の学費無償化の方が問題だろ

431 : [―{}@{}@{}-] 名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 04:34:44.45 ID:r0HDjbfN



>>422
> ロシアは日本人を抑留した


旧ソ連抑留画集を見る限りは、普通に楽しそうでとても人道的だ。
人種差別も皆無だったらしいな。

旧ソ連抑留画集
ttp://kiuchi.jpn.org/nob/42.htm
ttp://kiuchi.jpn.org/nob/39.htm
ttp://kiuchi.jpn.org/nob/38.htm
ttp://kiuchi.jpn.org/nob/22.htm
ttp://kiuchi.jpn.org/nob/15.htm
ttp://kiuchi.jpn.org/nob/20.htm
ttp://kiuchi.jpn.org/nob/02.htm
ttp://kiuchi.jpn.org/nob/30.htm
ttp://kiuchi.jpn.org/nob/32.htm
ttp://kiuchi.jpn.org/nob/35.htm





432 : [―{}@{}@{}-] 名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 04:35:49.99 ID:r0HDjbfN




>>422


☆極東密約(ヤルタ協定)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%82%BF%E4%BC%9A%E8%AB%87

アメリカにとっては、ドイツ敗戦後も長く続くことが予想された太平洋戦争での

自国の損失を抑えるため、日本と日ソ中立条約を結んでいたソ連に条約破棄・

対日参戦させることに比重を置いた会談であった。

ルーズベルトは千島列島をソ連に引き渡すことを条件に、
 
日ソ中立条約の一方的破棄、すなわちソ連の対日参戦を促した。






433 : [―{}@{}@{}-] 名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 04:37:45.22 ID:r0HDjbfN





ブリタニカもウィキペディアも北方領土は「ロシア領」だって明記されてる。
http://www.britannica.com/EBchecked/topic/325284/Kuril-Islands
http://en.wikipedia.org/wiki/Kuril_Islands


関連スレ:
英国ロナルド・ドーア氏…「北方領土を諦めるのも賢明な道」
「国際裁判では日本が負ける確率が高い。原因を作ったのは米国」[2/23]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1298469808/






434 : [―{}@{}@{}-] 名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 04:39:49.49 ID:r0HDjbfN




プーチン首相、リンクに日の丸投影、被災者に哀悼の意と激励「
必ず復興する」
http://youtube.com/watch?v=OR_YsFOTmF0
http://47news.jp/CN/201104/CN2011042801000023.html
http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-20862720110428

日本への支援、プーチン首相の機敏なそして強力なリーダーシップ
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5659?page=2

プーチン首相、最大級の支援へ「日本は親しい隣国。我々はエネルギー資源の供給支援に全力を尽くす必要がある」
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/archive/news/2011/03/13/20110314k0000m030076000c.html

プーチン首相、LNG・石炭・原子力専門家・医師を含む救助隊、必要なだけ派遣する
http://jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031300018
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/21139.html

プーチン首相、ヨーロッパ向けの液化天然ガスを日本向けに切り替え、日本優先
http://news24.jp/articles/2011/03/20/10178952.html
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110416-OYT1T00445.htm

更に先月6月も対日支援でLNG追加供給
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE0E3E2E7E28DE0E3E2E4E0E2E3E39494E0E2E2E2;at=ALL







435 : [―{}@{}@{}-] 名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 04:40:47.56 ID:r0HDjbfN






プーチン首相がクジラ狩り「気分を爽快にしてくれる」
http://afpbb.com/article/politics/2751273/6109374
http://desktop2ch.jp/news/1282893633/

プーチン首相「クジラ撃ち讃歌」を露誌コラムに執筆
http://afpbb.com/article/politics/2759001/6228308

プーチン首相、「日本の原発の使用済み核燃料の処理は全てロシアで請けおいたい」
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111124k0000m040128000c.html
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111124k0000m040130000c.html
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111124k0000m040129000c.html

プーチン首相の故郷で「日本の春」フェスティバル
http://japanese.ruvr.ru/2011/07/17/53338125.html

プーチン首相、公式サイト地図の北方領土を日本領と記載
http://unkar.org/r/newsplus/1226104957







436 :名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 19:39:52.76 ID:0nfQqSJk
>>428
アメリカの52番目の州になるってのも手だぞ。

極東における影響力は激増する。
アメリカにおける影響力も激増する。なにしろ日本人が人口の4分の一を占めることになるからな。
日米を合計した5億人に近いマーケットは半端ない。

437 :名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 19:48:15.99 ID:vywexTBK
>>436

真珠湾-12月8日を記憶せよ(HD高画質ver)
http://www.youtube.com/watch?v=xKj08mdnySs

438 :名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 20:28:38.46 ID:W+bYpcEd
よし!
すぐにアメリカ合衆国日本州になってアメリカ大統領に野田総理を立候補させよう!


439 :名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 21:46:55.74 ID:rxiofgQ6
南千島が日本領になったのは200年ぐらい前。
日本の歴史からいくと、まあ海外領土みたいなもんだな。
国際司法裁判所で決着つけるのが一番いい。

440 :名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 23:23:41.62 ID:vywexTBK
プーチン与党得票率「30%」=民間団体が独自集計−ロシア下院選
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011120801069

441 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/12/10(土) 18:27:15.83 ID:FJE5/XeC
>>439
南千島の日本領有権が国際裁判で否定されて、これでようやく日本は国際法上の
無条件降伏をしたことになるんだよな。

あとは戦勝国ロシアの「好意」で、歯舞・色丹を譲り受けるのみ。「不法占拠」は論外。

442 :名無しさん@3周年:2011/12/10(土) 19:44:04.98 ID:+Da7qny/
ポツダム宣言により、日本は無条件降伏した、その後・・・

ロシアは日本人を抑留した
アメリカは沖縄を返還した

ロシアは直ちに樺太・千島列島を返還し、不当抑留者に損害賠償せよ!

「千島列島を全て返せ」ソ連の占領は国際法違反
http://www.youtube.com/watch?v=DfwC3YNf5U8


443 :名無しさん@3周年:2011/12/10(土) 22:45:35.48 ID:+Da7qny/
プーチン与党得票率「30%」=民間団体が独自集計−ロシア下院選
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011120801069


444 :名無しさん@3周年:2011/12/10(土) 22:47:47.30 ID:6/TM8jab
ロシアが、「条約」(中国との国境画定)(日ソ中立条約)などについて約束を守らない事は
歴史的に確定している。これは、モンゴルに支配された歴史をぬぐい去りたい一心からだろう。
ところで、ロシアが極東に勢力を拡大したいなら、黄色人種の大国である中国よりも、
小国である日本に味方して、「いい勝負」に持ち込む方が、「漁夫の利」(第三者が利益を得る
事を、黄色人種はこういう)を得るには、良い戦略ではないか?

262 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)