5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇制廃止

1 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 17:19:15.28 ID:61z6IAQy
政治板雑談スレ復活

2 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/21(水) 17:30:36.22 ID:H9prlvW6
天皇制Q&A 憲法学者横田耕一著「憲法と天皇制」から読み解く

Q明治憲法と日本国憲法の天皇制の違いは?
A明治憲法 →国体や歴史的存在である天皇の存在が前提
       憲法はそれを確認的に記述
       故に憲法上の天皇は法的にも従来(立憲以前)の天皇と連続する
 日本国憲法→主権者である国民(前文に明記)が確定した
       社会契約説的思考を前提としている
       制度としての天皇の存在は具体的憲法規定から帰納される
       故に無原則的に歴史的存在としての天皇と憲法上の天皇は別物


3 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/21(水) 17:30:57.27 ID:H9prlvW6
Q日本国憲法ではそれ以前の天皇とは制度上連続している?
A制憲時の政府見解→連続性があり国体に変更はない
 金森国務大臣答弁→制度上、大幅な改正はあるが従来の天皇制度の実態が
          変更したとは認められない
          主権は国民にあるが天皇を中心としている
          天皇が国民の下位に置かれているという思考は含まれない
 制憲時の憲法学会→天皇主権から国民主権に変わり法的意味での国体は変更
          (多数説)
          天皇制度はある程度の連続性を持つ
 現在の学説 通説→現憲法下での諸制度は全て憲法の授権に基づく(法の支配)
          憲法規範が述べるところが制度内容の全てである観点を徹底
          現憲法の天皇制度の内容は旧憲法のそれとは全く異なる
          故に制度としての両者は別物であり断絶性がある(連続性はない)
          横田喜三郎説=天皇の「地位」「地位の根拠」「権能」の三点において
          両者は全く異なる(旧憲法からの継続ではなく、創設された制度)
          地位   =旧憲法では天皇は最高決定権者(主権者)であるが
                現憲法では天皇は日本国・日本国民統合の象徴であり主権者は国民
          地位の根拠=旧憲法では神勅にあり国民は一切口出しができない
                現憲法では国民の総意が根拠であり存在の根拠は国民にある
          権能   =旧憲法では統治権の総覧者であり多くの大権を持つ
                現憲法では一切の政治的権能を持たず形式的・儀礼的行為のみ
 連続性にたつ学説は少数説であり、皇室典範や皇室儀式に関しての評価を高く見る傾向がある


4 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/21(水) 17:31:31.69 ID:H9prlvW6
 連続説の根拠  →現憲法が旧憲法の73条による改正憲法として成立している
          現実として「天皇」という呼称がそのまま残り共通して使用されている
          制憲に関わった人々が断絶性という観点を持っていなかった
          構成上第一章に天皇を持ってきているなど旧憲法の体裁を受け継いでる
          天皇制に伴う諸制度や諸慣行が現憲法に矛盾しない限りにおいて踏襲されている
          旧憲法上の天皇の地位にあった裕仁天皇が現憲法でも引き続き就任している



5 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/21(水) 17:31:55.56 ID:H9prlvW6
Q明治憲法と日本国憲法との天皇の法的な位置づけは?

A明治憲法 →天皇制度を創設したのではなく「国体」を前提に天皇の立場を宣言的に確認したもの
       故に天皇の立場は憲法規範に限定されず、広大な憲法の領域外の部分があった
       具体例 祭祀としての天皇の役割及び権限は憲法規定にはない
           明治憲法では政教分離規定がないので天皇の祠祭行動に制限はなかった
           現行の日本国憲法では政教分離規定により私的領域として位置づけ
           ※美濃部達吉は天皇大権の一つとして憲法外の祭祀大権を位置づけ
       その他の憲法外制度と慣行
           元老、内大臣・重臣会議など(憲法外にもかかわらず大きな政治的役割を持つ)
           その為、憲法による統制(いわゆる「法の支配」)が機能しなかった
       名目と実態の乖離
           建前上は天皇にあらゆる権限が集中、しかし立憲君主(的)運用の時期もあり
           正確な天皇理解のためには憲法規範より運用実態を把握すべき
           ※内閣の補弼についての大権行使では拒否しないことを原則心がけるなど
            名目的運用がなされた。だが、人事や政策については質問などの形で意思表明を
            しており、気に入らない内奏には裁可を行わないなど政務事項については
            大きな政治的役割を果たしている(補弼の及ばない統帥権も含めて)


6 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/21(水) 17:32:14.74 ID:H9prlvW6
 日本国憲法→社会契約説を前提にしている為、天皇は国民信託以上の権限は持てない
       憲法を最高規範として位置づけた「法の支配」によって、天皇も憲法を超越した存在では
       あり得ない(天皇の立場は憲法規範に限定されない明治憲法との違いに留意)
       天皇の歴史的存在の意義や権威性などは、天皇にとっての本質的・不可欠な行為・機能で
       あったとしても違憲性がある場合は行えない(宮中祠祭が政教分離規定に抵触する場合等)
       制度としての天皇は主権者である国民に奉仕する立場(公務員としての把握も可能)
       天皇という名称の公的機関があり、それに特定の人物が就任している
       こうした前提から、天皇制度での権能と天皇就任者の自由や権利・義務とは区別される
       連続性への過度の期待や社会契約説への理解がないと混同・混乱が生じやすい

       公人と私人の関係
       ・公的生活には宮廷費が支給(公的である故に憲法の領域内)
       ・私的領域には内廷費が支給(私的である故に憲法の領域外)
       ・ただし、公務員と同様公的立場による私的領域上の制約を受ける(養子の禁止等)



7 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/21(水) 17:32:35.74 ID:H9prlvW6
象徴天皇の憲法上の意味

憲法は国家権力を組織する基本原理を宣言し、その原理に従って一定の機関を創設し、それに一定の
権力を授け、同時にそれを制限する法規範であった。憲法一条は、国民主権の原理を宣言することにより
天皇がもはや主権者ではないことを表現し、天皇という機関は創設するが、それには実質的な権力は
授けず、その権力を無にまで制限することを規定したものである。このことは、象徴という言葉が天皇の
法的地位を表現するために案出された経緯から生ずる帰結である。
天皇に対して「象徴たるべし」と命じた憲法の法的意味は、天皇は実質的な政治権力を
行使してはならないということと解さなければならない。
(「憲法1」第三章 国民主権と象徴天皇制 高橋和之執筆 101頁より)

明治憲法の天皇も日本国憲法の天皇も「象徴」である点では同じであり、両者は連続しているという
理解が示されることがあるが、明治憲法の天皇は政治権力の主体であることによって同時に当然に
象徴でもあったのに対し、日本国憲法の天皇は政治権力を全くもたないにもかかわらず象徴として
創設されたのであり、ゆえに、天皇が象徴であると規定する第一条は、天皇が依然として象徴であることを
確認する規定(確認説)ではなくて、全く新たな象徴天皇制を創設する規定(創造説)と理解するのが
正しい。
(「憲法1」第三章 国民主権と象徴天皇制 高橋和之執筆 102頁より)


8 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/21(水) 17:33:29.29 ID:H9prlvW6
天皇が象徴たることの意味

第一条が天皇を日本国の象徴・日本国民統合の象徴であるとしているのは、天皇が日本国及び日本国民統合を
具現的に人々に感得せしめるために最も適当なものとして選ばれたということを意味する。
第一条につては、「日本国の象徴」と「日本国民統合の象徴」とを特に区別して規定している理由が問題となる。
この点については、国民の統合したものは国家にほかならないのであるから「日本国の象徴」と「日本国民統合の象徴」
とは同一のことを示したものである、と解するのでは不十分である。天皇が「日本国の象徴」であるというのは、
国家としての日本国を天皇が象徴することを意味し、主としては対外的・外国との関係における天皇の象徴機能を
現すものであり、天皇が「日本国民統合の象徴」であるというのは、日本国民の統合体を象徴することであり、
主としては対内的・国民との関係において日本国民の一体性を具現化するという機能を意味するといえよう。
(佐藤功「日本国憲法概説」第五版 339頁)


9 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/21(水) 17:33:55.51 ID:H9prlvW6
天皇は元首か

元首の要件でとくに重要なものは、外国に対して国家を代表する権能(条約締結とか大使・公使の委任状を
発受する権能)であるが、天皇は外交関係では、七条五号・八号・九号の「承認」(一定の行為が正規の
手続きで成立したことを公に証明する行為)、「接受」(接見する事実上の行為)という形式的・儀礼的
行為しか憲法上は認められていない。したがって、伝統的な概念によれば、日本国の元首は内閣または
内閣総理大臣ということになる(多数説)。もっとも、右のような形式的・儀礼的行為を行う機関でも、
元首と呼んで差し支えないという説もある。(中略)わが国では、元首という概念それ自体が何らかの
実質的な権限を含むものと一般に考えられてきたので、天皇を元首と解すると、承認ないし接受の意味が
実質化し、拡大するおそれがあるところに、問題がある。
(「憲法 第三版」芦部喜信 47-18頁)

日本国憲法の下における日本国は伝統的・典型的な意味における君主制ではないことは
明らかである。しかし、日本国はまた同時に典型的な意味における共和制でもなく、
そこは君主的要素がなお残存している。その意味では、それは「独特な共和制」であると
いってもよいが、それはまた「独特な君主制」とよぶこともできるといえるであろう。
(佐藤功「日本国憲法概説」第3章 天皇 360頁)


10 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 17:51:33.20 ID:EAe2zMKf
dai 1 syou wo sakuzyo su.

11 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/21(水) 18:28:36.86 ID:H9prlvW6
皇室バチカン化案(皇室市国(仮)」の概要

皇室は日本国から独立して「皇室市国(仮)」となる。独立するので当然だが、皇室市国の自治権は
日本政府にはなく、皇室市国のトップ(つまり天皇)が持つ。日本の干渉が及ばない独立国なので、
皇室神道の祭祀の役割については政教分離の規定から影響を受けない。また、血統による皇位継承の
万世一系原理を保つために、側室制度なども皇室市国の主権によってその制度設計は決せられる。
これまでの日本との関係から、日本に訪れる海外要人への接受などを皇室市国に依頼する可能性を
保ち、日本国との良好な関係を維持する。また、日本国内の皇室ゆかりの神道神社との関係についても、
これまで通り維持する。皇室市国独立に伴い、皇室との関係を分かつ神社も認める。

ローマバチカン市国の国家運営、国家規模を参考にすると、前者の場合寄進と観光収入、切手の発行などの
収入によってなされている。また、後者については目安としておよそTDLと同程度と言われている。
以上の条件を勘案して、皇室市国の国家運営については皇室神道信者からの寄進(天皇信者を含む)と
各種グッズ販売、皇室市国内のミュージアムなど(皇室は膨大な古文書、古美術を有している)による
収入を含め観光収入を含み、それらを歳費として運営する。用地取得は皇祖神である天照大神を祀った
伊勢神宮ゆかりの土地である伊勢半島の離島を購入して、皇室市国の用地とする。離島であれば土地確保の
軋轢を回避でき、また、海に囲まれているため独立性確保にも有利であることが理由。



12 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/21(水) 18:29:01.05 ID:H9prlvW6
皇室のバチカン化案によるメリット

<皇室が得られるメリット>
・皇室の独立性が守られる(日本国憲法による各種の干渉を排除できる)
・皇位継承が容易になる(側室制度など考えられる可能性を実現できる)
・独立した経済的自立により干渉されない
・皇室支持者の望む皇室に近づく(日本国憲法条の背反命題の解消)
・皇族の人権が回復できる(日本国憲法では生まれながらに人権が制限されている)

<日本国が得られるメリット>
・憲法上の矛盾が解消される(人権上唯一の例外の削除)
・皇室維持に伴う各種の問題から解放(政教分離、特権的地位など)
・首都の一等地が開放されるため経済効果が見込める
・官僚や政府による皇室の悪用を排除できる
・右翼による言論へのテロ活動が回避できる(右翼は皇室市国へGO)


13 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 19:27:45.57 ID:CtwpPU+P
 NHKの平清盛《たひらのきよもり》は無いな。
皇室《くわうしつ》を王家《わうけ》と稱するは…。

14 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 21:58:04.69 ID:pJ6zuOfo
/   //   /   //    ______     /   //   /
 / //   /|   r'7\ ,.ヘ‐'"´iヾ、/\ニ''ー- 、.,   /    /
  /   / |  |::|ァ'⌒',ヽ:::ヽrヘ_,,.!-‐-'、二7-ァ'´|、__
`'ー-‐''"   ヽ、_'´  `| |:::::|'"       二.,_> ,.へ_
         /  //__// / / /      `ヽ7::/
 か っ も  |  / // メ,/_,,. /./ /|   i   Y   //
 ァ  て う.  |'´/ ∠. -‐'ァ'"´'`iヽ.// メ、,_ハ  ,  |〉
  |  約 ク  ヽ! O .|/。〈ハ、 rリ '´   ,ァ=;、`| ,ハ |、  /
  |  束 ソ   >  o  ゜,,´ ̄   .  ト i 〉.レ'i iヽ|ヽ、.,____
  |  し  ス  /   ハ | u   ,.--- 、  `' ゜o O/、.,___,,..-‐'"´
  |  た  レ  |  /  ハ,   /    〉 "从  ヽ!  /
  |  じ  は  |,.イ,.!-‐'-'、,ヘ. !、_   _,/ ,.イヘ. `  ヽ.
 ッ .ゃ .立   |/     ヽ!7>rァ''7´| / ',  〉`ヽ〉
 ! ! な  て   .',      `Y_,/、レ'ヘ/レ'  レ'
   い  .な    ヽ、_     !:::::ハiヽ.   //   /
   で   い   ./‐r'、.,_,.イ\/_」ヽ ',       /  /
   す      /    `/:::::::/ /,」:::iン、 /    /
          〈  ,,..-‐''"´ ̄ ̄77ー--、_\.,__  /
      ,.:'⌒ヽ ´         | |  , i |ノ   `ヾr-、

15 :不経済:2011/09/21(水) 22:04:46.48 ID:0fKzC07P
皇族、皇室は「こうぞく」、「こうしつ」と読む
ということで、天皇は「てんこう」と読む
おい、てんこう、威張ってんじゃないぞ(笑)

16 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 22:13:01.28 ID:mlR+M5Fs
>>12
たくバカワイイは進歩が無いな。日本国が得られるメリットというのは象徴天皇制を
やめて大統領制なり首相公選制なり新しい制度によって日本がどうよくなるのかを示さないとダメだろ。
いつまでたってもそれが出来ないから便所の落書きの域を出ないんだ

17 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 22:19:06.34 ID:mlR+M5Fs
ま、それができないから天皇皇室のネガティブキャンペーンやるしかないわけだよな(ワラ

18 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/21(水) 22:22:27.68 ID:H9prlvW6
皇室市国案は旧態依然とした元首とゆ〜概念から脱却して、
天皇に象徴機能をアウトソーシングする新世紀的な発想によるもの。


19 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 22:22:49.08 ID:mlR+M5Fs
バカワイイが秋の夜長を耐えられず久々に立てたスレなんだから皆さんせいぜい遊んであげましょう(ワラ

20 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 22:26:20.14 ID:IZMfxinz
>>16
あるいは
>象徴天皇制

>大統領制なり首相公選制なり
という並べ方がずれているのかもしれないね

現代日本において憲法が定める天皇の有り様、その政治との関わりを含め
象徴天皇制と解されているように思うよ
一方、大統領制なり首相公選制なりといった
議会制民主政治において首班、あるいは首班に相当する者をどう決めるか
という話は、必ずしも同列ではないよね

21 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 22:33:35.46 ID:K4WgW5ho
馬鹿イイは滞納していた電話代払い終えたのか(藁)?


22 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 22:37:19.69 ID:mlR+M5Fs
>>20
はいはい腰ぎんちゃく君。象徴天皇制に代る政治体制を提唱してから言ってね(ワラ

23 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 22:45:23.34 ID:CtwpPU+P
>>21
 彼奴は、反・脱原發《ぐゑんぱつ》デモで忙しかつたのだらう。

24 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 22:47:05.67 ID:IZMfxinz
>>22
政治体制は今と変わらない議会制民主政治だよね

天皇と政治の関係性の変化こそがポイントなのに
質問点がずれているのではないかな

25 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 22:53:25.99 ID:mlR+M5Fs
>>24
象徴天皇はどこまでいっても象徴でしかないというのが天皇と政治の関係名わけだけど
その象徴天皇制でいいのなら争点は無い。ポイントずらして粘着するのはやめろ

26 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 22:59:34.79 ID:IZMfxinz
>>25
>その象徴天皇制
継承者の問題や天皇の人権問題など
戦後の制定時に先送りされた問題を抱えたままの制度であり
故に今現在、議論になっているんだよね

27 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 23:03:22.03 ID:mlR+M5Fs
>>26
だからさあ腰ぎんちゃく君、象徴天皇制に代る政治制度を提唱しろよ。おまえが思ってる案でいいんだから
恥ずかしがらずに晒せばいいんだけのことなんだがバカワイイにしてもおまえにしても
どうしてそれができないのかネエ。だから進歩が無いと言ってるんだよw

28 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 23:06:17.09 ID:tzgNYZq7
叙勲はうざい、やめろ、親戚の警察署長とかだけもらったけどうざい

29 :名無しさん@3周年:2011/09/21(水) 23:09:44.14 ID:IZMfxinz
>>27
議会制民主政治という政治制度は変わらない
首班、あるいは首班に相当する者をどう選ぶかという問題と
象徴天皇制という制度が出来た時から内包していた、継承者や天皇の人権問題は
そもそも別の事だからね

相変わらず、ずれた提起しかしてこないのは
そちらの問題だと思うよ

30 :名無しさん@3周年:2011/09/22(木) 20:32:10.43 ID:6lDvEaQu
また天皇に嫉妬したクズが糞スレ立てたのか。

31 :名無しさん@3周年:2011/09/23(金) 02:36:40.11 ID:vinQ551X
言論の自由も知らないクズは、引っ込め

32 :名無しさん@3周年:2011/09/23(金) 02:37:53.17 ID:vinQ551X
>>14
クタバレ

33 :名無しさん@3周年:2011/09/23(金) 02:42:04.14 ID:O0hHtzry
まあ 天皇制は近日中に廃止されるでしょう。税金の無駄だし。

34 :名無しさん@3周年:2011/09/23(金) 07:46:16.68 ID:nmKuB1JM
【東京】 石原都知事、「天皇制は悪しき習い性の典型」と非難★2
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1316729986/

35 :名無しさん@3周年:2011/09/23(金) 13:53:18.44 ID:Jgwb2hS7
 天皇《てんわう》制等といふ者は存在しない。
之は階級《かいきふ》鬪爭《とうさう》史觀《しくわん》から來る共産主義者・講座派の用語に過ぎない。
實體にそぐはざるゆゑに用ゐる可からず。

36 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/23(金) 14:06:31.67 ID:Y5vPuJyB
存在しないはずの「天皇制」とゆ〜言葉をクグると約 1,950,000 件も出てくる不思議。
世に存在してもチキン野郎の自爆クンの脳内では存在しないコトになってるらしいw

37 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/09/23(金) 15:52:45.89 ID:idWdU35i ?2BP(1700)
神という言葉があるからと言って、神が実在する証拠とはならない。
カワイイではなくカワイソウだな、頭が。

38 :名無しさん@3周年:2011/09/23(金) 16:08:40.91 ID:Jgwb2hS7
 バカワイイの言種《ことぐさ》は何時も幼稚《えうち》だよな。

39 :名無しさん@3周年:2011/09/23(金) 21:44:19.76 ID:N1Yq/E9m
祝日に日の丸を掲揚する家が無い。
天皇と同じように日の丸も独立した存在ではなくなったのだなと思う。
単に行事の付属物。天皇も日の丸も、それでなければならないとする必要が無い。

40 :名無しさん@3周年:2011/09/23(金) 22:09:44.91 ID:bSFB2tX5
日の丸も天皇も特別な時に接する。そういう存在でいいじゃん。日の丸と天皇を否定している
やつらは所詮マイノリティ

41 :名無しさん@3周年:2011/09/23(金) 23:06:49.40 ID:xVnTZItY
>>40
制度の廃止が即ち天皇の否定と考える事こそがずれていると思うよ

42 :名無しさん@3周年:2011/09/24(土) 14:33:29.15 ID:GbppjD8g
明治天皇は暗殺され、長州の田舎者、大室寅之祐にすり替えられた。
あとは明治政府のなすがまま。

http://www.youtube.com/watch?v=_nCEonB074E&feature=youtube_gdata_player

43 :名無しさん@3周年:2011/09/24(土) 17:01:04.07 ID:I/UcGCla
>>41
おまえはこころだけじゃなくアタマもビョーキだ

44 :名無しさん@3周年:2011/09/24(土) 22:01:15.53 ID:0z5BALfq
日本国憲法に沿って天皇制が創られてから66年、もう廃止しても好い頃合い。
憲法改正がネック。

45 :名無しさん@3周年:2011/09/24(土) 23:06:14.34 ID:vxKTrKZV
バカサヨ「天皇制廃止しろ!」

一般人「天皇制廃止してなんかメリットあるの?」

バカサヨ「ぐぬぬ…」

46 :名無しさん@3周年:2011/09/24(土) 23:15:41.50 ID:eE4CkYLf
>>45
天皇制は、敗戦後にそれが検討された時点から問題を内包し
解決への手立ては、後の世代へと先送りされたままだった
60年以上を経て、当時先送りされていた問題点が
最早先送りの余地もない、無視できないものになったと言う事だからね

制度維持を主張する側こそが、如何にすれば問題点を克服できるのか
真剣に考えなければならない筈なのに
その問題点に向き合おうとしなまま、的外れな指摘ばかりを繰り返すのは
どうしてなんだろうね

47 :名無しさん@3周年:2011/09/24(土) 23:19:28.10 ID:vxKTrKZV
>>46
問題点って何?
おれみたいな一般人は何の不都合も感じちゃいないよ。

48 :名無しさん@3周年:2011/09/24(土) 23:24:38.86 ID:eE4CkYLf
>>47
制度の安定維持に欠かせない継承者の問題と天皇の人権問題

時代を超えて制度を維持し続けていくためには
時代の変化に沿った制度の改正が必要不可欠なんだよ
>おれみたいな一般人は何の不都合も感じちゃいない
問題点にすら気づこうとしない、無関心の増大こそが
天皇制を終焉に導くという事なんだろうね


49 :名無しさん@3周年:2011/09/24(土) 23:28:13.26 ID:vxKTrKZV
>>48
どちらも天皇制を維持するための問題であって、天皇制を廃止しなければならない理由じゃないじゃん。
話をごまかし始めたので、おまえの負け。

50 :名無しさん@3周年:2011/09/24(土) 23:34:25.91 ID:eE4CkYLf
>>49
問題が解決できなければ、制度は維持できない
にも関わらず、問題解決への模索どころか
そこに問題がある事にすら気づけない ID: vxKTrKZV のような無関心が
的外れなレスをしてしまうという現状だからね

>天皇制を廃止しなければならない理由
などという、選択肢があるかのような状況ではないんだよ
このままでは、制度維持が不能となり
廃止への道しか残されていないというのが現実だからね

51 :名無しさん@3周年:2011/09/24(土) 23:37:57.29 ID:vxKTrKZV
>>50
天皇の後継者がいないので、天皇制が維持できなくなっても、別におれは困らんし、
冷たいようだが、天皇の人権が制限されていようが、別におれは困らん。
おれは必死こいて天皇制反対とか叫んでるアホを嘲笑うだけ。

52 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 00:33:49.74 ID:qzuKXL//

「神」や「仏」が制度ではないように、日本人にとっての「天皇」は制度ではない。


53 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 00:35:52.78 ID:NqW2N0mA
明治政府布教した新興宗教

54 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 00:58:33.76 ID:+PVbsEjB
大日本帝国時代の大元帥現人神天皇は確かに新興宗教的だな。
タリバンを笑えない。
義務教育で個人崇拝を叩き込むのは間違ってるんだろうな。
天皇を崇拝しようと馬鹿にしようと本来は自由。
尊敬とは強要されるものじゃなく、天皇に尊敬される資質があれば自然に湧き出す概念だろう。
でもその時代の天皇は大日本帝国と共に無くなった。
今の天皇制は日本国憲法によって創設された人格を伴わない職制。

55 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 01:31:42.90 ID:GJLhT7LD
>>54
おれは異なる文化にも敬意を払い、可能な限り共生するため努力しようという立場だから、タリバンも大日本帝国時代の大元帥現人神天皇も笑ったりしない。
異なる文化を自分に理解できないからって、嘲笑したり侮蔑したりすると手痛い反撃を受ける。
天皇をバカにするのも自由かもしれんが、天皇を大切に思っている人に殺されても文句言えないことはわかっとけよ。
結局自由ってのは自己責任なんだから。
共生の原理から外れたクズのことなんか誰も助けやしない。
先ず相手にちゃんと敬意をもって接すること。
礼儀のなってないバカは、かなりきつい形で教育されるだけ。

56 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 10:50:37.65 ID:eapc3qo8
>>55
>天皇をバカにするのも自由
ではあるが、↓これは
>天皇を大切に思っている人に殺されても文句言えないことはわかっとけよ。
言論の自由を理解できていない愚昧でしかない

>結局自由ってのは自己責任
個人テロ、殺害をほのめかしての言論封殺を
それを礼儀に反した者への教育だ、などと言い出すとは論外の痴れ者だ

57 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 11:10:58.72 ID:PWe0mdEF
>>56
他人が大切に思っているものを侮蔑する自由なんかあるわけ無いだろ。

58 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 11:51:44.79 ID:UbcON2LC
>>56
 自由《じいう》の意味を取違へてゐないか。

59 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 12:02:40.40 ID:PNjzzc9r
池田大作を大切に思っている他人が居るからといって池田大作やその組織を批判しないのか?

60 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 12:12:04.84 ID:PWe0mdEF
>>59
自分に危害が加えられているわけでもないのに批判する必要なんか無いじゃん。
公明と連立組めなくなるのもまずい。

61 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 12:18:24.67 ID:PNjzzc9r
>>60
俺は学会員の党員と揉めて色々あったから批判を続ける。
自公連立も解消すべきだし、公明は解党すべき。

62 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 12:41:51.42 ID:AQHXjeOw
天皇が外国の脅威にさらされた唯一の事件は、太平洋戦争終結時だ。
だが天皇は生き延びた。
アメリカは天皇を餌に進駐し、日本人を洗脳し繁栄をもたらした。
そんな天皇は非常時にはさらし首として敵に差し出すためのもの
でしかないという、その点では国民を救ったかもしれない。
しかし、そこに至る戦争において300万以上の日本人や2000万
人以上の外国人を含む犠牲者が出たのを相殺することはできない。
憲法に謳われている天皇とは、たかがそんな生贄のような存在でしかないのか?
であれば、天皇家の連中はあまりにも哀れだ。


63 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 12:49:18.21 ID:PWe0mdEF
>>61
公明に必死ですがりつこうとしている民主党に言えよ。

64 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 13:08:51.10 ID:PNjzzc9r
>.63
何を?

65 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/09/25(日) 13:09:38.26 ID:k8JYJ7qj ?2BP(1700)
>>62
外国の犠牲者なんかどうでもいい。
世界には60億の人口があるんだ。
人命に希少価値なんか無い。
このあたり理解してないからバカサヨって言われるんだよ。

66 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/09/25(日) 13:14:52.45 ID:k8JYJ7qj ?2BP(1700)
戦争の犠牲者数がどうのと言いながら、フランス革命の犠牲者には知らんフリ、
ソビエトや中国や北朝鮮のキチガイ政権の犠牲者のことも知らんフリ、それがバカ左翼。

67 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 13:57:57.71 ID:Jz9AJBC/
>>1
天皇制問題雑談スレッドの復活ですね。
結局皇室は、問題解決をしようとしないということでしょうか?

68 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/09/25(日) 14:09:45.84 ID:k8JYJ7qj ?2BP(1700)
>>67
まず自分の問題片づけてから言え。

69 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 14:10:59.96 ID:Jz9AJBC/
>>68
なるほど、皇室問題よりも、
自分の現状ですね。
まあ、スレッド復活は良いのでは?

70 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/09/25(日) 14:11:43.67 ID:k8JYJ7qj ?2BP(1700)
右翼が崇める天皇より、左翼が崇める人権思想や共産主義のほうがよっぽど多くの人を殺してるだろ。
犠牲者数がどうの言うなら、これで勝負ありだな。

71 :筋金入りの左翼:2011/09/25(日) 14:16:59.34 ID:T97dbL2j
天皇制って何ですか

72 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 14:44:20.90 ID:qLjeyg3x
秩序

73 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 16:07:23.92 ID:AQHXjeOw
>>65
お前が一番哀れだ

74 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 16:34:35.33 ID:0bo4TDLk
天皇制というのの問題よりも、
どうやって日本で生き延びていくかが問題ってことか。

75 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 08:12:42.65 ID:VsSLZFFY
>>30
笑わせるな、年間30万人殺害しているという説もある

76 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 08:16:03.91 ID:VsSLZFFY
>>37
ライムグリーンが実在すると信じている行政権力もあるだろう

77 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 08:17:52.48 ID:VsSLZFFY
>>45
災害復興にあてろ

78 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 08:18:26.96 ID:+ls3aQ84
カワイイさんにお聞きしたいのですが、大日本帝國の台湾領有化は侵略ですか?
皇民化教育や台湾語の禁止、圧政弾圧など、当時の現地の住民の身になれば侵略だと思うのです。
私は侵略だと思っています。
ただ日清戦争による正当な割譲で侵略では無いという考えも出来るのかもしれません。
カワイイさんは侵略か否かどう思われますか。どうかお教え下さい。


79 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/09/26(月) 08:41:47.74 ID:q9jyBckE ?2BP(1700)
>>76
反論したいのなら、もう少しわかりやすくしなさい。
ほとんど意味が読み取れない。
ギリギリ>>77は皇室予算を災害復興に回せと言っているのかな、とは思うが。
バカ左翼はバカだから、まともに議論できないことが多いが、これほどひどい子は珍しい。
もしかすると以前、人権懐疑論に関する議論で、ライムグリーンという投稿者の実在を信じられるのだから、人権も信じられるはずだ!と狂った主張をしていた人と同一人物なのかな?
病状が悪化しているように思われます。
悪いこと言わないから病院池。


80 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/26(月) 09:52:54.73 ID:eY45QDQb
>>78
先住民族からすればオランダだろうと清国だろうと、日本だろうと侵略者であることに変わりはない。
他方、国際法上でみれば下関条約によって台湾割譲が行われた事実があるワケで、そうした意味では
正当な条約によって主権国の移譲が行われたとも言える。要はどの立場で考えるかによる。


81 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 10:31:37.26 ID:6RUi+1yT
>>57
>大切に思っているものを侮蔑
であるなら>>57が反論すべきは
天皇制の抱える問題とそれを解決する方法を様々に議論してきたスレにおいて
他者を嘲笑うために、天皇の人権問題をネタにしようという
>>51などに対してではないかな

敗戦時につくられた天皇制という制度は、その成立当初から問題を内包していた
先送りされ続けていたその問題は、60年以上を経て最早先送りのできない状況となっている
それをどうするのかという議論の積み重ねを
天皇への侮辱と捉えるのは、錯誤に過ぎると思うよ

それとも>>57は、天皇ではなく、制度こそが大事だと思っている
という事なのかな

>>67
>結局皇室は、問題解決をしようとしない
自らに深く関わる問題でありながら、天皇や皇族にはそれを解決するための
手立てどころか、発言すらもできない状況にある
という事こそに問題の根の一端があるのだろうね

82 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 11:19:01.74 ID:kmKABY9Q
>>81
本来は自らの問題を、
自ら解決するための発言程度は、
誰でも可能なはずなんだけど、
この問題に関しては言論の自由すら認められていないわけですね。

83 :画面上の文字発光体:2011/09/26(月) 12:09:17.32 ID:VsSLZFFY
>>79
ほう、今度はそくざに反論して来たね。見上げたもんだ。
画面上の文字発光体から対象が実在するという抽象的概念を認めるなら、
人権という抽象概念も実在する、ということを認めない理由は何かな?

84 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/09/26(月) 12:14:35.79 ID:q9jyBckE ?2BP(1700)
>>83
キチガイカルト思想なんか信奉してるとろくな事にならないから。

85 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 12:49:26.93 ID:pogqatid
在日韓国人、在日朝鮮人
天皇陛下が嫌なら、
中国でも韓国でもロシアでも
好きなところへ行けばいい。

86 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 16:03:43.19 ID:+ls3aQ84
>>80
カワイイさんありがとうございます!
どれか一つに絞ってしまいがちですが、立場毎によって色んな見方が有るんですね。
思考法としても勉強になりました。

87 :画面上の文字発光体:2011/09/26(月) 17:33:00.33 ID:VsSLZFFY
>>84
これは科学的な問題だよ。どこが、キチガイカルト思想なのかな?

「画面上の文字発光体から対象が実在するという抽象的概念を認めるなら、
人権という抽象概念も実在する、ということを認めない理由は何かな」

88 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 18:07:00.48 ID:lW0vqWvN

哲学用語で実存とは、抽象的な一般的普遍性に解消しえない個別的・具体的な存在対象とする言葉。
よって、「実在するという抽象的概念」という語呂自体が、意味不明だな。


89 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 18:40:02.82 ID:VsSLZFFY
なるほどね

90 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 19:24:35.92 ID:VsSLZFFY
>>88
一般的には、実存と実在は区別されるでしょう。
ここの問題では、対象の実在と、実在するという共通の意味での人権を取り上
げているわけです。どちらも抽象的概念なら、他方は実在しないとすべき
理由は何ですか、ということです

91 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 20:17:23.06 ID:u3111p8J
まあいくら馬鹿右翼が叫んでも、天皇制なんていう差別主義は、
100年は持たんぜ。
22世紀にはきれいに無くなって真の民主主義ができる。
だから今のうちに馬鹿右翼どもは叫んでおけ。(大笑いだ)


92 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 22:09:02.82 ID:lW0vqWvN
>>90

実在 ・・ 意識から独立に客観的に存在するもの。 生滅変転する現象の背後にあるとされる常住不変の実体。
参考:http://kotobank.jp/word/%E5%AE%9F%E5%9C%A8

人権が人間の「意識から独立に客観的に存在するもの。」とする根拠は、そもそも何に頼ってるですか?
画面上の情報を認識するにしても、それは画面上に写る光でしかないとする、
社会的経験に基づくに意識の先に認められる感覚に過ぎないです。
アマゾンの奥地には、未だに文明に触れることがない未開の民族が存在するとされているようですが、
そうした人達からすれば、日本人が意識するものとは違った認識を抱えることになるじゃないでしょうか。
もしそうだとしたら、普遍的な意味での実在には、画面上に点滅する光ですら、その対象にはならないと思います。

記号論的に言えば、画面上に点滅する光は記号表現であり、記号表現は記号内容と同時にその概念が生まれる。
一方で記号表現が同じであっても、記号内容自体は、その人が抱える社会的経験によって中身がうつろう事になる。
上記の参考に挙げた記号内容に従って解釈してるのとかというのも疑問でしかないのですが、
例えばの話として、お互いに画面上には同じ光を認識し、その背景にある理屈も同じように理解していたしても、
人権という記号表現の存在は確認出来ても、その記号が抱える内容に違いが認められても、
まったく変な話しではないと思います。


93 :名無しさん@3周年:2011/09/26(月) 22:10:46.62 ID:EWCsW+is
バカサヨ「天皇は差別の根源!」

一般人「天皇のない国には差別はないんですか?」

バカサヨ「ぐぬぬ…」

94 :名無しさん@3周年:2011/09/27(火) 06:13:47.70 ID:D8uO4HC6
>>92
「意識の先に認められる感覚に過ぎない」「その人が抱える社会的経験に
よって中身がうつろう事になる」 そうは言っても、日常的には、「ライム
グリーン」さんは実在すると、みんな捕らえているのではないですか。

95 :名無しさん@3周年:2011/09/27(火) 06:32:14.08 ID:uQxI0TeH
天皇制度を廃止すれば 日本人の 私企業外の 不公平な縁故採用や差別問題が無くなるかもしれないねw
私有財産ではなく 国有財産を食い物にしている代表例だからなw天皇制度ってのはw

96 :名無しさん@3周年:2011/09/27(火) 08:52:24.10 ID:thYq8ibp
>>91
ヨーロッパは、
イギリスやフランスを見ればわかるように、
18世紀には王制を制限したり、王制を廃止し始めていた。
16世紀や17世紀は、絶対王政の時代だったわけだが、
日本は、19世紀になって、
皇帝や王制が君臨するようになった。
ロシアは、19世紀に皇帝が君臨していたが、
そのあたりは、ロシアの特殊性であろうと思う。
いずれにしても、
現代のイギリス王室を見てもわかるように、
マスコミや市民から、からかいのネタにされても、
誰も文句を言う人はいない。
清教徒革命や名誉革命の伝統があるからだね。
つまり、21世紀になっても、
西欧の17世紀や18世紀のような状況にある、
現在の日本の天皇制は、
西欧の政治状況と比較しても、
かなり時代がずれているといえる。
まあ、50年が境目だろうと思います。

97 :名無しさん@3周年:2011/09/27(火) 19:29:36.88 ID:s+Nkz7Og
1,天皇制を撤廃することで日本にどんなメリットがあるの?

2,天皇制を撤廃したらその後はどうするの?

3,大統領制にしたら小沢が大統領、鳩山が副大統領という可能性もあるけどそれでいいの?

4,日本は民主主義国家だと思う?それとも社会主義国家だと思う?

5,ネオリベラリズムについてどう思う?


天皇制廃止派は答えて欲しい

98 :名無しさん@3周年:2011/09/27(火) 20:55:53.53 ID:ySlqc863
>>96
日本がモデルにしたのはドイツですよ

99 :名無しさん@3周年:2011/09/27(火) 21:57:26.09 ID:lvMOQ1Y0
>>54
>尊敬とは強要されるものじゃなく、天皇に尊敬される資質があれば自然に湧き出す概念だろう

戦後、日教組や全教による「平和教育」と称する左翼偏向教育によって、我々は「戦争を起こしたのは天皇。よって、天皇=悪」と洗脳されてきた。
しかるに、東日本大震災後の天皇・皇后両陛下の行動に被災者はもちろん多くの日本国民が感動した。

これは今回だけのことではない。
天皇・皇后両陛下は過去半世紀にわたり沖縄、サイパンなどに『慰霊の旅』繰り返され、過去と現在の国民に対して深い慈しみの御心をお示しになられてきたから国民が感動したのだ。
菅が被災地を訪問しても被災者からは罵声が浴びせられたが、天皇・皇后両陛下がお見舞いに訪れられた時には被災者は涙を流して感動していた。
両陛下の御心が被災者の心に染み入ったからだ。

天皇は「制度」ではない。
天皇は「日本人の心」なのだ。
これが2671年間続く「君民共治」の我が国の「国体」である。


100 :名無しさん@3周年:2011/09/27(火) 22:14:55.54 ID:D8uO4HC6
>>97
民主主義をわかっていないのだよ
「大統領制にしたら小沢が大統領、それでいいの」とは、誰が良い・悪いを
決めるの?

101 :名無しさん@3周年:2011/09/27(火) 22:44:36.80 ID:LbeLhH4x
血筋で特権が与えられる天皇制は異常

102 :名無しさん@3周年:2011/09/27(火) 23:37:14.08 ID:A8vGEpCZ
>>101
特権って?

103 :名無しさん@3周年:2011/09/27(火) 23:53:55.61 ID:dE/aCV0S
>>99
天皇と天皇制は違うものだ。混同してはいけない。

104 :nl:2011/09/28(水) 01:31:11.60 ID:jyzLhqE2
>>99
戦争責任は 他から 教えられる ものではない、自分で 判断するものだ。
NKS などの 所為に するのは 卑怯者の 言いぐさだ。  

105 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/09/28(水) 03:18:51.26 ID:UElLZg/Z ?2BP(1700)
侵略戦争の反省、侵略の否定とは、「侵略してはいけないし、侵略されてもいけない」という結論にしかなりません。
このあたり左翼さんは、侵略戦争の反省が足らないのか「侵略してはいけないが、侵略されてもいい。むしろ侵略戦争の反省を態度で表すために侵略を受け入れよう!」などとバカげたことを言っている。
それは正しい侵略戦争の反省の態度ではありません。
中国や韓国や北朝鮮の汚い侵略行為に、断固として戦うのが、正しい侵略戦争への反省の態度と心得るべし。

106 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 07:24:12.25 ID:mR1FaEbp
まぁ天皇制廃止派って初めに結論ありきで手段を目的化してる連中だからね。
天皇制が継続して迷惑を被ってる人間なんてプロ市民くらいのもんだ。
廃止させること自体をお仕事にしてる類の人間なんだよ

右も左も極が付くとロクなやつがいない

107 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 09:43:36.34 ID:PT4G9mVp
>>101
 階級《かいきふ》鬪爭《とうさう》史觀《しくわん》で皇室《くわうしつ》を捉へてゐる共産主義者か。

108 :スクールキラー激励委員会:2011/09/28(水) 09:53:01.79 ID:A3GXc5ZJ
>>105
あのさ、侵略がいけないから侵略した土地を返さなきゃならないんだよ
だから中国に沖縄を返還しないといけないわけだ

109 :スクールキラー激励委員会:2011/09/28(水) 09:55:12.46 ID:A3GXc5ZJ
>>99
え?なんで感動するの?なんかしたの?天皇がさwwww


クソゴキきやがったでぇ、こいつが俺らの先祖を虐殺しやがったチョンの子孫か、ぐらいだろ

110 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/28(水) 10:11:13.21 ID:No0J6BAr
>>107
自爆史観で天皇制を捉えてる癲狂サヨクか。

111 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 10:18:58.14 ID:ANmNruNB
>>110
日本の天皇制が、
1500年程度継続してきたのは、
どういう理由からでしょうかね?
西暦507年あたりからの継体天皇からの、
流れが一応続いたことになっているよね?


112 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 10:20:03.83 ID:PT4G9mVp
>>108
 なにゆゑ「中國」に沖繩《おきなは》を返還《へんくわん》しなければいけないんだ。

113 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 10:25:04.70 ID:PT4G9mVp
>>111
591 名前:(○´ー`○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR [] 投稿日:2010/02/28(日) 00:29:55 ID:ghkFO8cq
珍しく伸びてると思ったら男系女系の話題か。前レスでも説明したが
男系云々とゆ〜のは明治の典範で定められたモノで伝統でもなんでもない。
井上毅が系図を見て男系とゆ〜のを見つけただけで、律令にもそんな決まりはない。

つまり何か法則はないかと調べたら偶然に男系だっただけ。だから伝統でも何でもない
明治の旧典範だけにしか定めがない男系に拘る必要はない。
皇室の伝統とゆ〜のは時代によって時代に寄り添い変えていくところにこそある。

 ↑バカワイイとは、かういふ癲狂《てんくゐやう》だ。
阿呆と拘《かゝは》ると碌な事が無い。

114 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/09/28(水) 10:53:47.29 ID:No0J6BAr
事実を書くと癲狂扱いするのが癲狂サヨクたる、
チキン野郎の自爆クンw


115 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 12:18:41.08 ID:l05/eBgJ
日本の場合、保守的にいないと、
出るくいとして打たれてしまうという状況があるからね。


116 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 17:21:37.96 ID:WsA3HQ17
天皇陛下は28日、皇居内の水田で恒例の稲刈りをされた。5月下旬に植えたうるち
米のニホンマサリともち米のマンゲツモチの稲計100株を、鎌で丁寧に刈り取った。

宮内庁によると、収穫された米は11月の新嘗祭(にいなめさい)などに使われる。
猛暑や台風に見舞われたが、今年の作柄は平年並みという。 

時事通信 9月28日(水)17時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110928-00000091-jij-soci


117 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 19:12:04.58 ID:/qHcE5gI
>>111
逆に、天皇制以外の政治体制が考えられたか

118 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 19:24:57.77 ID:R1L7I7TR
>>55の天皇教徒がテロ宣言しているから天皇を批判したら>>55に殺されるかもしれないのか。
金将軍様とか文鮮明とか一部に崇拝されるような人物を批判したら信者に殺されても文句は言えないらしいな。

天皇教徒の思想は理解できん。公的な人物を批判する事、社会的な見地から批評する事をテロの対象にするなんて。
天皇教徒が敵視する自由世界の人々、天皇教徒と同じ思想の個人崇拝の世界、
窮屈な世界は嫌だな。

119 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 20:07:45.31 ID:2aCUQBYG
>>118
日本は、絶対王政下の、
イギリスやフランスやドイツや、
オーストリア=ハンガリー帝国などよりも、
窮屈な世界なのかもしれないね。
絶対王政政権下の、
西欧東欧各国を考えても、
上は朝廷から、庶民レベルでは各種新興宗教にいたるまで、
なぜか、窮屈な世界が倫理や雰囲気として、
流れているような気がしますね。

120 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 20:30:06.07 ID:m1qQ7u/V
↑ 無能無気力な老害ジジイ認定

121 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 21:25:26.74 ID:mR1FaEbp
天皇は文化ってことでいいんでないの?
何千年も受け継いで来たのは世界で日本だけなのに
今更廃止とか勿体無い。

天皇制を廃止すれば真の民主化を達成出来る(キリッ
と言う人がいるけど民主化を達成した後の日本の
道程が微塵も示されていないので廃止することが目的なんだろうな
とは思ってる。まぁアメリカの考え方が世界で最も
進んだ考え方とか勘違いしてるタイプだよこういうのは。
もしくは天皇という格式自体に民族的劣等感を抱く人達、
つまり朝・・・

122 :名無しさん@3周年:2011/09/28(水) 23:07:13.30 ID:KBEbn5g5
>>121
まあ、文化だということなら、
廃止する必要も無いね。


123 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 00:04:39.57 ID:5DyQ+6ON
天皇は「制度」ではない。
「日本人の心」の問題。
日本人がいる限り「天皇」は存在し続ける。


124 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 00:09:54.05 ID:+B24fwOb
天コロと天コロ制はいらんだろ

125 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 00:42:15.04 ID:4y1w8Z45
皇室廃止論者がマターリできる掲示板建てた
同志はよかったら書き込んでね

http://jbbs.livedoor.jp/news/5441/

126 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 01:58:16.69 ID:QDg+kNqn
天皇陛下、皇居の水田で稲刈り

 天皇陛下は28日、皇居内の水田で恒例の稲刈りをされた。

 ベージュの開襟シャツ姿の陛下はカマを手にして、もち米のマンゲツモチとうるち米の
ニホンマサリ計約100株を刈り取られた。作柄は「平年並み」という。

 稲は新嘗祭(にいなめさい)などで神前にも供えられる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110929-00000006-yom-soci

127 :早慶(藁):2011/09/29(木) 03:00:45.72 ID:wl7nbZqS

自分はカワイイの皇室バチカン化案に反対である。理由はいくつかある。まず第一に、天皇の建国者としての
側面を無視している。そもそも、神話上も、史実上も、天皇こそが日本の建国者である。日本の国家体制を初
めて規定したのは、ほかならぬ天皇である。日本を建国し、国家体制を規定した天皇自身が、他ならぬ日本か
ら除外されるのは理に反することである。

第二に、カワイイは政教分離の基準を厳格にし過ぎている。たしかに、行き過ぎた国家による特定宗教への加
担と国民への強制は、政教分離違反となり、違憲であろう。しかし、国家による皇室の神道祭祀への計らいは
、明確に違憲となるのであろうか。それが国民全体の幸福を祈る行為で、国民にその祈りが通じ、癒しが与え
られる。また、神道祭祀という国家の象徴行為により、国民の一体感が高まることは、必ずしも悪いことでは
なく、むしろ良いことであろう。判例でも、目的効果基準により、自治体による地鎮祭は合憲とされている。

また、海外においては、宗教を公の場から除外するよりも、むしろ宗教を積極的に公の場に招き入れ、宗教
関係者が儀礼や祈りを行うことが奨励されている場合もある。それが国民に強制されるものでなければ、違憲
とされることはないと考える。むしろ、違憲判決が下ることはなかなかない。なぜならば、我が国では付随的
違憲審査権が採用され、しかも憲法判断回避の準則が適用される場合が多い。しかも、今日では政教分離規定
を厳格に解釈するのは少数派となっている。よって、国事行為として神道祭祀を行うことに、必ずしも違憲判
決が下されることはありえない。むしろ、将来的には当然のように合憲として認められるであろう。たとえ現
憲法下でも、皇室が神道祭祀を国事行為として行うことは可能でありうる。ならば、国民の支持が得られない
であろうから、カワイイの説は意義が見いだせない。

128 :早慶(藁):2011/09/29(木) 03:01:53.15 ID:wl7nbZqS

第三に、カワイイの説は、国民の天皇制に対する高い支持を無視していることである。国民は、現行憲法下の
天皇制に高い支持を与えている。少なくとも、天皇が日本国から分離されることは望んでいない。天皇は、現
在において国民との間に強い信頼関係を築いている。また、我が国の歴史・文化・政治に深い影響を残してい
る。それもまた、天皇が我が国と一体感を強く有している理由となる。

第四に、仮に天皇制を日本国の統治機構としては廃止した場合、実際上も、道義的にも、国家元首の地位が不
安定となる。半大統領制を導入した場合は、絶え間なく政争が続き政治が混乱するだろう。現代の日本では、
一般に、行政と立法が調和し強調する議院内閣制を採用している。同制度のもとですら行政と立法が乖離し、
結果首相が指導力を発揮できないでいるのに、半大統領制を採用した場合、三権が激しく対立し、国家機能は
著しく低下するであろう。また、名誉職型大統領制を採用した場合でも、問題が残る。なぜならば、先述して
きたように、天皇は建国者であり、政治宗教両面における儀礼的象徴である。また、我が国と一体をなして存
在している。よって天皇制を廃止し、新たに元首職を設けるのは、道義的正当性を欠き、国民に支持されない
であろう。あまつさえ、政治家の出世地位のために、天皇制が廃止されたと、政治家批判がなされ、政府や国
会が反逆者と見なされかねない。

129 :早慶(藁):2011/09/29(木) 03:02:22.55 ID:wl7nbZqS


第五に、皇室市国の独立と皇室財産の集約は、現実的に不可能である。古文書などの動産でさえ、それだけの
ものを皇室市国に保管するのは莫大な費用がかかる。たとえば、江戸城に保管してある美術品など全てを、破
損しないように慎重に運ぶ。そしてその所蔵のために巨大な美術館や保管所を設ける。それだけで、一体いく
らかかるのであろうか。また、不動産についてはさらに不可能である。例えば、東京や京都は、ある一部分だ
けで都市として成り立っているわけではない。東京の場合は城があり、その周りに官庁街やオフィス街が広が
る。京都の場合は、御所の周りに貴族の邸宅があり、御苑がある。そして、更にその周りが神社仏閣や町屋に
よって囲われている。このように、日本の伝統的な都市観は、城や宮殿などの一部分だけではなく、都市全体
を含む。そのなかで、皇室所有の江戸城や御所などを分離するのは、日本の伝統的な都市観に反する。

カワイイの説の限界は、天皇制の将来を、現憲法を前提としてのみしか考えていないことである。ゆえに、上
記のような、天皇制を廃止して政教分離規定への抵触を解消するという考え方に至ったのであろう。しかし、
それは天皇の国家規定者としての役割の無視や政教分離規定の厳格解釈、日本国民の天皇制への支持の無視、
統治機構である天皇制廃止による政治の不安定化といった事態を招くであろう。
 


130 :早慶(藁):2011/09/29(木) 03:02:44.22 ID:wl7nbZqS

自分は、冒頭で述べた通り、カワイイの天皇制廃止案に反対である。天皇制は現行体制でも十分に維持可能で
ある。そもそも、昨今の国内情勢では、左翼勢力が衰退し、憲法議論が実質的なものへと進んでいる。マルク
スの、法律的・政治的上部構造は経済的基盤を土台とするという考えの通り、労働者階級を支持基盤とする社
会主義諸勢力は、中産階級の急増により主役であり続けることはなくなった。このような状況であるので、憲
法改正が行われることは十分にありうる。そうなれば、カワイイが問題視している、既存の枠内における天皇
の役割の限界といったこともなくなる。憲法が改正され、天皇は名実ともに国家元首となり、国事行為として
祭祀を執り行うようになる。また、価値観の変化により、裁判所の判決にも変化が生じるであろう。その結果
、祭祀が政教分離違反とされることもなくなっていくであろう。このように、自分は天皇制を廃止せずとも、
憲法を改正さえすれば、天皇制度の役割に制限もなくなり、名実ともに、国家元首として天皇が権能・権威を
持つことができると考える。

131 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 03:10:00.08 ID:CRSnqegL
自分はカワイイの皇室バチカン化案に賛成である。
ただし、日本列島全土がバチカン化するであろうという予想の元。
反天皇のバカ左翼は、ボートに乗せて太平洋に流してしまえばいい。
バカ左翼の安住の地なんか、この地球上にないんだ。

132 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 09:00:34.58 ID:UNo0s8Kv
左翼というか、
いわゆる進歩的な文化人とか、
ノーベル賞受賞者とかの左翼の人が、
一番問題だろうな。


133 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 10:50:35.38 ID:A1z7WYgZ
>>121
制度の廃止を天皇の廃止にすり替えて
批判してみせるのは筋が違うよね

それとも、大切なのは天皇自身ではなく
一個の人間である天皇の生涯を縛っている制度の方だと言う事なのかな

>>132
左翼や在日といった言葉で論の単純化をはかろうという事が
そもそもずれているのだと思うよ

134 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 11:07:27.95 ID:iiqYfF6E
 占領《せむりやう》典範《てんぱむ》及憲法《けんぱふ》を無效《むかう》確認後原状恢復する事こそが、
今の日本の弊風を吹き拂ひ、本來の日本を取戻す今一番なす可き事だ。

135 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 11:08:17.78 ID:A1z7WYgZ
>>134
専用スレでやってね

136 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 11:10:31.68 ID:iiqYfF6E
>>135
 普通に『天皇《てんわう》制』廢止云々にも拘《かゝは》る話だが。

137 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 11:12:42.31 ID:A1z7WYgZ
>>136
筋違いな無効論を延々展開して、専用スレを立ててもらった自爆

という経緯は、忘れ去られるほど以前の事ではなかったよね

138 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 11:13:58.64 ID:iiqYfF6E
>>137
 何が何う筋違ひなのか論理的な反駁を今迄とんと聞かないがね。

139 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 11:41:23.22 ID:UNo0s8Kv
>>133
左翼や在日という言葉で、
単純化をはかろうとはしてないけど、
戦後の左翼的な考えが限界に来ているのも現実だろう?
1950年代から1960年代、1970年代にかけてだが。



140 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 11:55:41.21 ID:A1z7WYgZ
>>139
>戦後の左翼的な考え
に基づいた制度廃止論なるものは、とっくに廃れているよね

にも関わらず、左翼や在日を持ち出せば廃止論の批判になるとばかりの
単純化されたレスは、的外れでしかないと思うよ

141 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 12:17:23.98 ID:QfmmRE8A
>>140
廃止論的に考えれば、
左翼や共産主義諸国を持ち出して、
廃止論を批判されても、
廃止論の批判としては駄目だということだね。
保守派の人や保守的な人たちの一部が、
戦後の左翼教育を批判しながら、
廃止論などを批判しているけど、
それは、あきらかに的外れってことなんだな。

142 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 13:21:45.76 ID:2kPVKGRf
バカ「天皇制廃止しろ!」

一般人「天皇制廃止してなんかメリットあるの?」

バカ「ぐぬぬ…」

143 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 13:45:55.92 ID:JwKBImS7
>>142
これに答えられる廃止派が誰もいないことが真実を物語ってるよね・・・

144 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 13:46:42.01 ID:4rMkdYsK
左翼(サヨク)批判論は、
根拠が弱く、
天皇制廃止論は、
どちらかといえば、強い状況だな。

145 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 14:31:42.06 ID:A1z7WYgZ
>>141
>廃止論的
どういうものを想定してるか不明ではあるが

制度とは、時代の変化に沿った改正を適宜行ってこそ
維持継続できるものでもあるからね
そもそも、戦後に制定された時から問題を内包していた天皇制であり
制度を維持しようと言う側こそが
その問題解決を真剣に考えなければならないと思うのだが
そんな気配も見えないまま

本気で制度維持を願っている者など、このスレにはいないのかもしれないね

146 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 14:40:37.31 ID:QfmmRE8A
>>145
>制度を維持しようと言う側こそが
>その問題解決を真剣に考えなければならないと思うのだが

保守派の人たちを見ていると、
思うのだが、問題解決とかを真剣に考えていないんだよね。
ただ、明治憲法の時代は良かったとか、
そういう懐古趣味での維持論だけを主張しているような?
個人の感想なので、実際は違うのかもしれないけどね。

147 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 14:41:13.94 ID:Y7CmC9gl
>>146
問題自体がそもそも存在しないし。

148 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 14:43:11.64 ID:tmSXwynn
>>147
それは、>>145氏へのレスだね。

149 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 14:48:38.31 ID:A1z7WYgZ
>>146
>>147のような
制度がどのように作られたのか経緯すら学ばないまま
指摘されていた問題点の存在すら、目を瞑って見ようとしない者ばかり
という現状では
安定維持にむけての制度会論議すら起こりようもないからね

問題はない、などと主張する側は
自らが消極的制度廃止論者と同じだという事に気づかないんだろうね



150 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 14:50:38.28 ID:tmSXwynn
>>149
本当は、問題は無いとすること自体が、
現実を見ようとしてないってことだからね?


151 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 14:50:59.72 ID:A1z7WYgZ
>>149訂正
意味が通らなくなってしまうので↓訂正させていただく
>安定維持にむけての「制度改正論議」すら起こりようもないからね


152 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 14:52:44.80 ID:A1z7WYgZ
>>150
本気で制度維持を考えているなら
問題はない、といった主張など出てくる筈もないからね

153 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 18:05:11.31 ID:JwKBImS7
問題があるから天皇制廃止というのも乱暴な論理だな

154 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 18:07:04.18 ID:iiqYfF6E
 抑、帝國憲法《けんぱふ》は天皇《てんわう》主權《しゆくゑん》だと思つてゐる頓珍漢な手合《てあひ》が廢止を云つてゐるのだらう。

155 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 18:24:11.87 ID:Y68oIAhT
自分の問題も解決できない無職ニートのバカ左翼が、天皇制に問題がある!とか叫んでるんだから笑える。

156 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 19:47:27.55 ID:e5DY/BTI
天皇制が問題を内包しているから廃止だというのなら大統領制も同じだし民主主義だって
完璧なわけじゃないから廃止ということでOKだよな?

157 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:02:53.38 ID:XBhMNZ6r
旧字の人って半端な人だね。
万葉仮名使えばいいのに。
結局は漢字に依存しちゃってる。
漢字は単語として意味を伝える事を期待で来ちゃう。
便利だから。
でもホント、半端な印象持っちゃうな。

158 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/09/29(木) 20:19:32.53 ID:ldirBB5t
おぅw
雑談板復活してやがるw

絶対に廃止派が絶滅する事は無いから、決着が着く事も全く無い
延々と同じ所をグルグル回る『天皇制』という名のメリーゴーランドw

159 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:19:36.26 ID:A1z7WYgZ
>問題があるから天皇制廃止という
>天皇制が問題を内包しているから廃止
読解力に難があるのか、藁人形を作りたいのかは不明だが

口先で制度維持を主張しながら
問題を抱えたままの制度である事を承知しながら、その問題と向き合おうとすらせず
的外れな批判にのみ終始し
制度を維持存続するための、実現可能な改正を考えるといった議論を喚起する事もない
それは消極的制度廃止派と何ら変わらないという事に
なぜ気づけないんだろうね





160 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:25:44.94 ID:e5DY/BTI
ばかだねえ。あほばかノータリンの国会議員がわんさか税金を食いつぶしているのを
ナントカするほうが先決だってこと。天皇制の問題てなんだよ?天皇制で国民が不利益を
こうむっていることでもあるのか?

161 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:31:15.69 ID:A1z7WYgZ
>>160
>わんさか税金を食いつぶしているのをナントカするほうが先決
スレ違いだと思うよ

それとも
制定の経緯を学ぶ事もせず、問題に向き合う事すら避けようとする
具体的な事例として、わざわざ登場してくれたと言う事なのかな


162 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/09/29(木) 20:33:27.44 ID:ldirBB5t
『実現可能な改正』とやらが、現在確認されている歴史的事実を踏まえた上での、
固有の伝統・文化を『破壊』しないモノであるかは別の話

伝統・文化を蔑ろにして表面だけを繕えばそれで済むなどと考えるのは愚の骨頂
ましてや『可能性』だけを根拠に論を展開するなど狂気の沙汰

現 実 を 見 ろ w

163 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:35:06.45 ID:e5DY/BTI
>>161
だからあ、なにが問題なんだよオタクのオマエ的には

164 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:36:08.11 ID:A1z7WYgZ
>>162
相変わらずだね
たった一人の後継者という現実を見なければならないのは
制度を維持したい側だと思うよ

165 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:38:18.22 ID:A1z7WYgZ
>>163
たかだか160ほどだから読み切れるよね
過去ログに目を通してからレスをくれるかな

166 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:40:22.26 ID:e5DY/BTI
>>165
おまえみたいなオタクじゃあるまいし

167 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:42:38.30 ID:A1z7WYgZ
過去ログ読め、も通じないほどの初心者が
うっかり彷徨い込んでくるほどに賑わっているスレではないと思うんだがね

168 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:43:40.33 ID:e5DY/BTI
廃止オタクは「天皇制で国民がどのような不利益をこうむっているのか」と
言われても答えることができないんだから笑ってしまう

169 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:45:19.90 ID:e5DY/BTI
大日本帝国の話し満載の過去ログヨメなんて言ってる無能な廃止オタク君(ぷ

170 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:48:19.82 ID:A1z7WYgZ
>>168
筋違いな批判をするだけ、という典型例として
わざわざ登場してくれるのは何故なんだろうね

171 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 20:50:50.11 ID:e5DY/BTI
>>170
天皇制が国民にどのような不利益をもたらしているのかということしか
廃止の理由になりえないんだよアタマのわるそうな廃止オタク君(ぷ

172 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/09/29(木) 20:56:56.82 ID:ldirBB5t
『筋違いな批判』という、実に都合の良い逃げ口上だよなw
それさえ繰り返し言っていれば、後は相手が根負けするのを待つばかりだよなw

そうすりゃ、『不利益』の実態を言う事も無くて済むという話だw

173 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 21:02:15.92 ID:A1z7WYgZ
>>172
少なくとも籠手は、以前のやり取りで
制度が制定された時から抱えていた天皇制の問題について
充分に理解できていた筈だよね

あれから籠手が学んできたであろう様々な事柄もあろうし
議論を重ねていけるかと思っていたのだが
こういう方向に逃げを打つとは、とても残念に思うよ

174 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/09/29(木) 21:09:01.46 ID:ldirBB5t
天皇制の問題?

廃止派の存在だろ?
それ以外の問題は些末な事なので、問題と言う程の事じゃないなw

175 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 22:07:07.27 ID:iiqYfF6E
>>157
 なにゆゑ萬葉《まんえふ》假名なのか意味不明。
萬葉假名にしても、漢字漢文から現在の漢字假名交りの表記《へうき》に至る途上の中の一の表記法《はふ》に過ぎず、
なにゆゑ萬葉假名なのか意味不明。

176 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 23:15:39.06 ID:4V9Jg9Vb
先進国か途上国かによって早さはあるけど
昔と違って国民が知識を得るようになってからは
王制を止める国は多く、王制を始める国は少なくなるね

現在に至っては王制を止める国は有っても始める国は無い
王制は国民が知識を得る毎に少なくなっていく制度なんだな
馬鹿な制度だと気づくんだろう

177 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 23:29:12.23 ID:+B24fwOb
バカウヨは、平成天皇が死んで、徳仁天皇と雅子皇后になっても、天皇万歳なのか?天皇ならだれでもいいんだな

178 :名無しさん@3周年:2011/09/29(木) 23:48:08.40 ID:fQ9eyNGb
何で他人の家のことがそんなに気になるのかね。
精神異常者か?

179 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/09/30(金) 00:30:08.90 ID:jSgO7xEx
天皇なら誰でも良いのかって?
誰でも即位できるもんじゃない事くらい知らんわけでもあるまい

何が言いたいのか全く意味が分からんが、典範の第1条と第2条くらいは読め
そこから外れる場合は第3条に書いてある


天皇は選挙で選出するもんでも、人気投票で決めたりするもんじゃねぇよ
それくらいは理解した上でモノを言え

180 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 06:38:44.17 ID:b6DWoWH2
日本人が数千年受け継いできたのが天皇。
それを皇室が羨ましくて日王と言ったり
天皇の起源は韓国系と言って手柄を横取りしようと画策したり
天皇制を廃止すれば韓国と同じレベルに落ちると考えている韓国人。


発想が卑しいんだよね。あいつらの考え方は単純だからすぐ読める。

181 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 06:39:25.12 ID:b6DWoWH2
バカ「天皇制廃止しろ!」

一般人「天皇制廃止してなんかメリットあるの?」

バカ「ぐぬぬ…」

182 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 08:39:48.89 ID:SVd0+wHE
>>164
多くの維持の人とか、
保守の人とか、
そのあたりの現実をどう見ているのかね?
未来の後継者が一人だけという現実とか、
次の天皇の問題点とか、見ていないのでしょうか?

183 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 08:46:04.31 ID:ePN2MnHq
嘉仁は望遠鏡作りが得意の知恵おくれ
裕仁は戦犯
平成天皇はチビ
徳仁は嫁のしれにひかれっぱなし
こんなのを羨ましく思うって、アホか〜(笑)

184 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 12:27:59.03 ID:5jzxa4we
>>182
 占領《せむりやう》典範《てんぱむ》及憲法《けんぱふ》の無效《むかう》確認決議《くゑつぎ》後、
『舊宮《きうみや》』の御皇族《くわうぞく》の方々を無條件《でうけん》で皇族として御戻し奉り、
皇室《くわうしつ》會議《くわいぎ》から皇族《くわうぞく》會議に改めた上で、
改めた皇族會議上《じやう》に於て御皇族方自身の御決斷《くゑつだん》に委ねれば好い。

185 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 12:36:47.79 ID:4Dg8Lisk
外国の要人が来て平成天皇と合ってる写真を見ると、平成天皇がチビすぎて小人族の酋長のように見える

186 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 13:54:54.38 ID:cevJ7fe8
皇室議員に皇太子ではなく秋篠宮が選ばれたんだよね
これを誰も問題にしない
何故なら皇族が誰に投票するかは皇族の自由だと思っているから
でもそれは皇室の伝統に正面から逆らった行為なんだよ
国民はおろか皇族までも民主主義を謳歌しているのだから、もう君主制なんて不可能と言わざるを得ない

187 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 14:11:53.95 ID:5jzxa4we
>>185
 もう少し眞面な日本語を使つたらどうだ。

188 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 14:14:25.89 ID:x6FxyDl2
>>186
君主制はあってもえぃでないか。

189 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 14:16:03.90 ID:5v6uDLdA
間違いだらけの日本語を使う自爆クン、他人の間違いを指摘するの図w

190 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 15:55:37.44 ID:eeyIPICA
>>182
復古を語るような特異のほかに
男系男子を主張する側にとっても、現状の世論は逆風でしかない
>未来の後継者が一人だけという現実
それが耳目を集め、女系を認める方向で制度改正が動くような事になるのを避けるため
問題などない事にしたい、という事かもしれないね

>次の天皇の問題点
何を言いたいのかは不明だが
今上天皇や皇后が、皇太子と皇太子妃であった時代も
下世話で愚劣な中傷は存在し、当時の皇太子妃もまた病まれていた時期があったからね

191 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 16:46:44.63 ID:D6U7D/j1
「からねー」の知恵遅れはまだ居るのか(笑)


192 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 16:51:20.17 ID:dYamQXjQ
>>191
「からねー」さんって、
事なかれ主義的な人のことか?


193 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 17:35:46.44 ID:Cu8LML4W
>>181
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1152711773/

194 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 18:24:16.81 ID:5jzxa4we
 基本的に君主制を廢して、共和國であらねばならぬ理由《りいう》は何處にも無い訣だが、
廢止派は、何か共和國こそが人間本來の有樣《ありやう》の如く思《おもひ》込んでゐるのか。

195 :名無しさん@3周年:2011/09/30(金) 19:00:56.03 ID:ePN2MnHq
天コロ一族のエサ代にいくら払っているんだ
こいつらのエサ代が減るだけでも廃止に理ありだな

196 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/09/30(金) 19:48:17.37 ID:jSgO7xEx
>>192
そいつは事なかれ主義じゃなくて、確信的皇統破壊論者

現存する世界最古の木造建築である法隆寺の五重塔を、
老朽化対策と保存を名目に鉄筋コンクリートに作り変え、
外観を保てば良いと平気で(ある意味本気で)考えているような輩

197 :早慶(藁):2011/09/30(金) 23:49:26.08 ID:vsetobus

結局>>127で言った通り、カワイイの主張は現憲法下における天皇制改革だろ。
それは日本国憲法が改正不可能な絶対的規範ということを前提にしている。
だから、そこには憲法に明記されていない天皇の実質的国事行為や、戦後から
現在にかける価値観の変化も反映されていない。ゆえに、天皇制に対する社会
的な現代的な認識も反映されず、天皇は相も変わらず反封建平和憲法下の象徴
でしかない。
 しかし、憲法は改正可能である。それによる現行制度の可変性を範疇に含ま
なかったのが、カワイイの限界じゃないのか?カワイイは現憲法を重視するあ
まり、そもそも存在しない絶対的な縛りを無意識の内に認識していたんじゃな
いか?

198 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 00:08:15.17 ID:d1QuQSEK
>>197
 バカワイイの思考《しかう》が著しく貧弱だからだらう。

199 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/10/01(土) 01:32:54.88 ID:QhUhwFH7
憲法の改正も勿論だが、今後の事を考えれば典範の改正が必要だろうと思う
同時に旧皇族の皇籍復帰を可能にする特別法も必要になるだろうな

まぁ、どちらも今直ぐに焦って作らなきゃいけないものではないが…

200 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 01:43:17.59 ID:6qtMajCe
 日本民族なら、憲法を替えてはならない。前文の冒頭を見返せ!
 更に前文をよく読め。前文で謳い上げていることは、憲法各条項の指針となるものである。
 前文にら則って各条項は解釈される。されば、外国に我が国を侵す行為があったときは、日本は武力も使えるし、戦闘も為せるのである。
 日本国憲法を良く見返せ。
 「われらとわれらの子孫のために、」
 「“政府の行為によつて”再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、」
 「平和を愛する“諸国民”の公正と信義に信頼して、」
 「“いづれの国家”も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、」
 今や自衛権は否定されて居無い。
 況してや売国奴の下での憲法改正は其れこそ危ない。

201 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 04:51:18.23 ID:3f6lW+kK
50年後ぐらいには、自然に天皇制は廃止されると思う。

今の日本人でさえ、社会的共同体が破壊されて危ない状態なのに、1000万人の
大量移民を自民党は受け入れ実施する。

徐々に国名は同じでも別の国に変わる。共和制に移行して大統領が誕生する。

天皇は元天皇と呼ばれるのだろう。

国民が選択するのだから仕方ない。靖国神社も同じ運命だろう。

202 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 06:23:56.35 ID:qh5nEMyj
新聞テレビ学校など外国の犬に支配されたままなら廃止になるかもしれない
その時日本は消滅する

外国の犬が支配する日本は歴史を遮断され去勢されてるからそうなる前にどこかの領土になっているかもしれない



203 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 09:19:27.80 ID:NKme06D5
俺「あなたはネトウヨですか?」

天皇制廃止派「違う」

俺「じゃあ全学連(革マル派)ですか?」

天皇制廃止派「・・・・・・・」

俺「(^ω^)」

204 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/10/01(土) 09:55:35.08 ID:QhUhwFH7
憲法を改正してはならないという意見があるが、俺は全く賛同できない
理由は、例え国の最高規範・最高法規であったとしても、
時代に即していないものや現状とかけ離れたものがあれば見直すのが当然だからだ

例えば、天皇制を廃止しようとする連中は完全に憲法改正派である
言うまでも無く、憲法の第1条から第8条までは『天皇』に関わる部分だ
天皇制を廃止した場合、当然ながらこの部分は全く意味を為さなくなるので、
第1条から第8条までを削除するのは当然の流れになるだろう
これは完全に憲法の改正である
流れによっては改正どころか、新憲法の制定にまで発展する話だ

まぁ、これは極端な一例だが、しかし現状に即さない状況が生まれれば憲法改正は当然の事

勿論、俺自身は現在の天皇制を堅持したまま(堅持する為の)憲法改正を望んでいるんだが

205 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 13:42:06.29 ID:as/4wR1t
>>204
最低限、憲法9条の改正と、
軍備保有を、可能にしてもらえたらいいね。


206 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 13:43:15.30 ID:d1QuQSEK
>>204
 改正には反對だ。
改正したら共和國憲法《けんぱふ》と成る可能性のがうがい。

207 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 13:43:57.56 ID:d1QuQSEK
>>206
可能性のがうがい。 →可能性のはうがい。

208 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/10/01(土) 15:20:08.74 ID:QhUhwFH7
>>205
確かに第9条は見直すべきだろうと思う
自衛隊を正式に軍として認めるべきだろうな
何せ、自衛隊を軍隊では無いと言っているのは日本人だけだからなw
世界中、誰に聞いても自衛隊は軍隊として認識されていると言うのに…

特に第9条の2項は既に形骸化したと言っても過言では無いので、
先ずは2項の削除を行った方がいいと思う

1項に関しては、日本からの先制攻撃は行わない旨の内容に変更すればよいと考える
基本的に戦争も個人のケンカと同じで相手が先に手を出した場合の方が大義名分が立ちやすい
専守防衛を基本理念と位置付け、ケンカは売らないが、売られたケンカは買うと明言すべき
少なくとも『非戦・無抵抗』を理想とするようなお花畑的思考では世界からも相手にはされない


>>206
全く以て話にならない程に腰抜けの意見
しかも憲法改正を訴えているのに、新憲法の制定を心配しているしw

209 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 15:45:20.64 ID:ImXcmh6J
まあ存在価値も無く子孫も残せないような貧相なキチガイ左翼はとっくに絶滅危惧種だけどね。

210 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 16:48:56.92 ID:d1QuQSEK
>>208
> 全く以て話にならない程に腰抜けの意見
> しかも憲法改正を訴えているのに、新憲法の制定を心配しているしw

 俺は改正では無く、無效《むかう》確認す可しと云つてゐる。
無效確認なら過半數《くわはんすう》で事足りる。

211 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/10/01(土) 17:14:13.16 ID:QhUhwFH7
>>210
たった2行の自分の言葉も覚えていないのか?

>>206でお前自身が書いた言葉に対し、そのまま感想を述べてるだけなんだが?

  206 名無しさん@3周年[] 投稿日:2011/10/01(土) 13:43:15.30 ID:d1QuQSEK [2/4]
  >>204
   改正には反對だ。
  改正したら共和國憲法《けんぱふ》と成る可能性のがうがい。

これのどこに無効確認なんて書いているんだよ?


212 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 17:17:35.91 ID:KKuG5PS2
たった2行の自分の言葉も覚えていないのが自爆クン。

213 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 17:18:08.12 ID:shBsKVLd
>>210
お前ハングル語止めれ。

214 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 17:21:41.07 ID:d1QuQSEK
>>211
 普段から云つてゐるといふ意味だ。

215 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 17:23:26.77 ID:d1QuQSEK
>>213
 ハングル語なんていふ語は無いが。

216 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 17:25:06.66 ID:4CWAw+X5
改正などしなくとも、自衛の為なら武力の増強も戦闘も今の憲法で十分出来る。
憲法は今改正したら、チョンに都合よく変えられる。
今の憲法が日本民族を護る憲法だと下を見て理解しろ!
>>200

217 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/10/01(土) 17:39:55.32 ID:4CWAw+X5
憲法前文
「“政府の行為によつて”再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、」
◎「“われらとわれらの子孫のために”、」
此処で、国民を終戦時の日本民族と元々日本の先住民名族であった沖縄人とAinuなど北方の
民族に限定する宣言をしている。
したがって、以降の帰化は譬え法律で認めたものであっても、無効となる。このもん後を守
る為、われら日本民族は憲法を改正してはならないのだ。

「平和を愛する“諸国民の公正と信義に信頼して、”われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
「“いづれの国家も政治”、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつ
て”、道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、
他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。」

第九条  日本国民は、“正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、”国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  “前項の目的を達するため、”陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

218 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 17:47:30.02 ID:ImXcmh6J
反天皇勢力なんか自衛隊で皆頃しでいいよ

219 :早慶(藁):2011/10/01(土) 18:31:58.98 ID:OfSH9vgV
>>206

今の日本の政治体制にしたところで、ブルジョワ共和国ではないか。たしかに
行政官僚や国会議員、裁判官などの政府機関の者たちや、マスコミ、国民全体
の多数派は、天皇を実質的に君主であり、国家元首であると認識しているだろ
う。外国においても同様である。
 しかし、憲法の基本原理は、8月ブルジョワ憲法革命以来、戦前の絶対主義的
権限や、封建的諸特権を超克した所の国民主権(ブルジョワ主権)にある。そし
て、天皇は国家元首ではなく、象徴に過ぎないのである。天皇は、行政や、ある
いは全国家権力に対する権限は全く持ち合わせておらず、天皇は、単なる国家の
祭祀者に過ぎないのである。

220 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 20:13:10.74 ID:HqaGbD/L
                    /
                    / おい!極左のデモはあっちだ
                  
            ∧_∧    \_____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           (  ´Д`)  ,-っ      | そうか!よし!叩き潰す!
          /⌒ヽ/   / _)       \
          /   \\//           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /    /.\/         ‐=≡   ∧ ∧
         /   ∧_二つ        ‐=≡   ( ´Д`) 
         /   /           ‐=≡_____/ /_
        /    \        ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
       /  /~\ \      ‐=≡  / /  /    /\ \//
       /  /   >  )    ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/
     / ノ    / /       ‐=≡    /    /
    / /   .  / ./          ‐=≡   |  _|__
    / ./     ( ヽ、          ‐=≡  \__ \
   (  _)      \__つ           ‐=≡ / / /
   . ̄         ``)         ‐=≡  // /
               `)⌒`)     ‐=≡ / | /
                ;;;⌒`)    ‐=≡ / /レ
               ;;⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)


221 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 20:15:09.10 ID:d1QuQSEK
>>219
> 戦前の絶対主義的権限や、封建的諸特権を超克した所の国民主権(ブルジョワ主権)にある。そし
> て、天皇は国家元首ではなく、象徴に過ぎないのである。天皇は、行政や、ある
> いは全国家権力に対する権限は全く持ち合わせておらず、天皇は、単なる国家の
> 祭祀者に過ぎないのである。

 戰前・戰中の何處に絶對主義的權限《くゑんげん》なる者が存在爲てゐたのか理解出來ぬ。
何う考へてもマルクス主義講座《かうざ》派の偏頗な思想《しさう》に毒されてゐるとしか思へない。
 國民主權《しゆくゑん》といふ言葉も、單に皇室《くわうしつ》の權威《くゑんゐ》を貶める爲の方便《はうべん》に過ぎぬ。

222 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 21:03:08.97 ID:QBXz17q5
『マルキシズム以外の権威は邪魔だ』

こう言った方が、わかり易いぞ。

223 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 21:30:56.65 ID:NKme06D5
天皇の存在を邪魔に思ってる勢力とか特定しやすいなw
こういう奴らにはこの一言で静かになる


このスレ公安が見てるよ(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)ヒソヒソ

224 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 21:54:36.13 ID:u2rDksl3
ここでアホな反天皇の書き込みした愚か者はとっくに公安の監視対象だけどな。

225 :名無しさん@3周年:2011/10/01(土) 22:21:52.80 ID:fCEKYJVf
>人間は平等だ、少なくとも日本人の間に上下の身分関係は存在しない。
>だがたった一人例外がいる。人権を与えられず国民の意思に隷従する最下層の身分、天皇だ。
>彼は与えられた場で与えられた言葉を発し、自由も人権も制限され生涯を送る。
>まるで篭の中のオウムのよう。

>天皇制を廃止する事に何かデメリットはあるのだろうか。
>彼は国民の権威を代行する象徴にすぎない。認証や任命、接受等は国民の権威により国民がが行うべき行為。
>それを彼にやらせているだけだ。別の公務員や代理人にやらせても構わない。
>天皇制がなくなっても日本国は何ら変わらない。それこそが事実だ。

>篭の中のオウムを自由にしてやろう。そのとき彼は自由と共に人権も手に入れる。
>自分の意思を持ち、自由な言葉、自由な環境を得る、恋愛だって自由だ。
>公務から放たれた彼は公的機関として批判される事も無くなる。
>彼は法の範囲内であれば好きなように行動する事ができる。
>宗教団体の教祖になってもいいだろう、政治家に立候補して政党を纏め総理大臣になっても構わない。
>彼の人生は彼の選択で綴られる。その事に誰も文句を言う筋合いはない。

>彼に自由を与えるには憲法改正が必要だ。それが成れば自由も人権も無かった一人が救われる。
>反対するのは天皇に利権をみる右翼団体や一部の政治家ぐらいだろうか。
>あとの人々は自由な彼を歓迎するだろう。
>彼を崇拝する人は彼が自由を得ても崇拝の対象として問題ではないだろう。
>自由な彼を実現する事が天皇制廃止によって実現する。



226 :早慶(藁):2011/10/01(土) 23:40:56.70 ID:OfSH9vgV
>>221

我が国の現憲法の形式が、フランス革命以来の、人々の自由を抑圧する絶対主義
政府を打倒する。それにより市民的自由を確立し、国民主権をその基本原理とす
る近代民主主義憲法そのものを採用している。

まさか封建的絶対主義からの脱却と近代自由民主主義の確立という、一般的な歴
史的潮流を知らないのか?もちろんその一般的潮流とは西欧諸国のものに過ぎな
いだろう。しかし日本国憲法がその過程としてまさに上記を辿って採用されたの
ではなく、占領国から押し付けられたものであるとしても、その形式は上記に該
当するであろう。同憲法体制下の日本をブルジョワ共和国と呼ばずして何と呼ぶ?

227 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 00:20:57.43 ID:RIxK0/Pd
マルクスが好きなら連合赤軍みたいに北朝鮮行けばいいじゃん。
その代わりハイジャックではなく泳いで行ってこいな。

228 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 09:05:27.09 ID:sIu7edsu
大震災やら原発で日本が大変なこの時期に
天皇制がどうのと寝言をほざく人間は粛清されてもいい

229 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 10:55:00.23 ID:zEyO21e+
だったら災害復興費にまわせ

230 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 11:21:54.50 ID:Kf7T2nv1
確かに、時期的には、
憲法改正とかそういう問題は、
大変かもしれないけど、
ある意味非常時なんだから、
逆に、憲法9条の改正とセットで行う必要もあるのでは?


231 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 12:03:44.83 ID:QInHR/FN
>>228
天皇原理主義者は北朝鮮みたいな国が理想なんだな

232 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 12:07:18.71 ID:gevgZ8/k
>>226
 占領《せむりやう》憲法《けんぱふ》は、本邦《ほんぱう》の國體を繁榮爲てゐない。
其丈でも忌む可き存在。

233 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 12:07:20.32 ID:QvEmr/bE
粛清なんて言葉は、
共産党や労働党が使う言葉だからな。


234 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 12:29:20.88 ID:gevgZ8/k
>>229
 建設國債で十分《じふゞん》。

235 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 12:35:28.76 ID:bRkr6Ng7
國體を繁榮爲てゐない。

236 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 13:38:25.62 ID:laqHyWlT
天皇制は廃止すべきです。
国の将来に何一つ有益な事はありません。

237 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 13:48:50.62 ID:m+Rdbu61
天皇制は必要だよ

238 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 15:00:48.30 ID:gevgZ8/k
>>236
 『天皇《てんわう》制』など固から存在しない。

239 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 16:24:23.12 ID:gevgZ8/k
皇道日本 1/2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15771638

240 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 17:35:50.76 ID:sIu7edsu
>>231
まるで天皇が権力の頂点に君臨していて
圧政を敷いているみたいな言い方だな
革マル派は地上の楽園に帰れよw

241 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 17:39:16.73 ID:sIu7edsu
バカ「天皇制廃止しろ!」

一般人「天皇制廃止してなんかメリットあるの?」

バカ「ぐぬぬ…」



誰か早くこれに合理的かつ論理的な回答をしてくれないかなぁ・・・
論破し甲斐が無いんだがw

242 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 18:50:22.48 ID:QInHR/FN
>>240
全ての国民が偉大なる天皇陛下を崇拝し
天皇や天皇制への批判は犯罪となる北朝鮮みたいな国が
天皇原理主義者の理想なんだろ?

243 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 18:55:05.76 ID:gevgZ8/k
>>242
 北朝鮮《てうせんは》は、近代の個人獨裁政治《せいぢ》に過ぎない。
日本での皇室《くわうしつ》の有樣とは全く意味が違ふ。

244 :名無しさん@3周年:2011/10/02(日) 18:56:26.65 ID:sIu7edsu
>>242
批判=天皇制撤廃のような極論を展開するのはどうかと思う。
批判するなら他人を納得させるだけの根拠を出しなさいという話なの。

245 :早慶(藁):2011/10/03(月) 01:11:03.18 ID:VxHnNaqQ
>>232

だから、現憲法はブルジョワ憲法で、同憲法下の政治体制はブルジョワ共和国だろうが。

246 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 01:26:36.05 ID:Z2U4pFHQ
天皇は必要だね。今こそ天皇を中心に日本国民は団結すべきだと思う。
また素晴らしい日本を再建しようじゃないか。

247 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 01:45:43.24 ID:TKxGTPHb
>>246
で、また原爆落とされてロシアやアメリカにレイプされるのがお望みか?

248 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 01:50:45.88 ID:md8xKhjf
団結してもレイプ、団結しなくてもレイプだろうな。

249 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 09:27:46.78 ID:tDkhvlWJ
天皇制(皇室)に代わりうる、
良いシステムが、
現実に存在していないように見受けられるので、
日本人の保守的な面からは、
天皇制(皇室)の廃止は、
現実的ではないだろうね?
なんでもそうだけど、
現在よりも良いシステムじゃないと、
代替とかしたがらないからね。



250 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 09:31:30.19 ID:tDkhvlWJ
サヨクと思われる民主党政権でも、
皇室には、関わらないだろうからね。


251 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 10:27:52.44 ID:0LmmoV+i
同調性とかいうのがあるからだね。
昨日NHKでやってた。


252 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 10:30:16.36 ID:57KhBVJi
大統領制なら猟官制で腐敗した官僚一掃できるんだけどな
ころころ首相が入れ替わっても外交が混乱することもないし

253 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 10:34:30.86 ID:0LmmoV+i
>>252
日本も明治維新から、
大日本帝国憲法制定以前までなら、
腐敗した官僚の代わりに、
政治家が、官僚を指名したりできていたらしい。


254 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 10:37:01.18 ID:1KS2NFGR
だから、自民党が政権とって、移民が人口の1割り入れば天皇制の維持は無理だから、
日本という名前の別の国になるということ、出生率も移民の方が高いだろうしね。

まあ、移民の総理が生まれ、共和制になり大統領が誕生し、天皇制も皇室も廃止。
日本は極東のアメリカになると言う事だろう。そうしたいのだろう。
その後も移民を受け入れ続けるだろうな。

255 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 10:40:09.83 ID:0LmmoV+i
>>254
自民党は、保守とかいいながら、
移民を1000万人も入れるということは、
天皇制を維持するつもりがないのであろうね?
移民のほうが1000万人ということは、
投票率が5割未満程度になったら、
移民の人のほうが、多数派になる可能性がある。
いずれ、移民の首相が生まれたら、
皇室は、維持できなくなるだろうからな。
そのあたりのことを見通して、
自民党政権と財界が、移民政策をしようとしているわけだ?


256 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 11:20:35.75 ID:Y863XVqZ
ヨーロッパの大量移民受け入れがどれだけ社会問題、政治問題を生んでいるかみれば
いまさら移民1000万人なんてやるわけない。天皇制廃止するというのとおなじくらい
荒唐無稽。


257 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 12:10:23.32 ID:1KS2NFGR
移民受け入れが荒唐無稽?自民党のマニュフェストに載り、自民党の意向ですでに
移民庁ができてるのに?
 自民党は本気なんだよ。そしてそれが日本のためだと思っている。自民党の議員は
ほとんど欧州には関心がない、アメリカ一辺倒だから

258 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 13:08:48.64 ID:5mdQC61l
>>256
自民党の思考回路は、
社会・政治問題<<<<<<<<<<<<経団連のために安い労働力確保
なんだよ

259 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 13:24:42.58 ID:hM4M1RA9
自民党が、政権を滑り落ちたのは、
移民を入れるとか、財界一辺倒とかの結果だろうな。


260 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 14:15:31.86 ID:Y863XVqZ
>>257
移民庁ができてる?ば〜か認定w

261 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 17:01:38.92 ID:NrXlNDLE

明らかに、このスレには中国人が混じっています。


262 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 17:35:22.57 ID:sEbDkkeh
移民庁なんでできていないだろ?
中国人は、半年に1回?入国管理局に行かないといけないはず。



263 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 19:08:43.17 ID:vflNP0iz
現在よりもより良いシステムを採用するべきだし、
それができない場合は、現状維持だろうね?


264 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 21:12:12.47 ID:1H+fMk5+
>>255
自民党を保守だと思ってるのはネットウヨクだけだろう

265 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 22:17:25.90 ID:L8yos5rA
>>264
保守の集会に来ている自民党の先生も、
この件には、触れていないね?


266 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 22:51:22.62 ID:57KhBVJi
保守とは現状を維持すること
この腐りきった日本では保守は腐敗菌の苗床でしかない

267 :名無しさん@3周年:2011/10/03(月) 23:06:02.62 ID:DW2GSgOs
移民に積極的なのは自民党の中でも保守を自称する連中ばかりなのが凄いよね
安倍とか麻生とか稲田とかw

268 :天日宗・トリウムで【原発安全革命】をしよう。:2011/10/03(月) 23:17:41.59 ID:9zRQ3UwF
tesuto


269 :天日宗・トリウムで【原発安全革命】をしよう。:2011/10/03(月) 23:20:42.76 ID:9zRQ3UwF
>>1
> 政治板雑談スレ復活

2ch 大規制で人気スレッドまで立ち消えに成ったと残念がってましたが、復活させてくれて有り難う。


270 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/10/03(月) 23:24:57.13 ID:rjMAUJRx
『結果的に』そう見えるだろうが、現状を維持する事が保守ではない

保守とは過去の伝統や文化などから、先人達の知恵を尊重し、
急激な変化を良しとしない政治思想の事だ


大体、今の日本で変化を起こしたところで何も変わらんのは実証済みじゃないか

民主党政権になって、『現状維持』を打破した結果、何か変わったか?
当初、民主党が自信満々に言っていたマニフェストはどうなった?
ガソリン税も、高速道路無料化も、子ども手当も、埋蔵金も、年金問題も、沖縄問題も、
震災が起きる前から既に破綻してたじゃないか


ジミンガーとか、ネトウヨガーとか、ホシュガーとかやってるうちは何も変わらんよ

271 :天日宗・トリウムで【原発安全革命】をしよう。:2011/10/03(月) 23:25:13.57 ID:9zRQ3UwF
>>267
政権にいない自民党ではなく、政権民主党が現在の移民活動を支援しているのだよ。
日本は、日本国民だけのものではない。=中国国民、韓国国民のための日本だとね。


272 :名無しさん@3周年:2011/10/04(火) 15:47:28.32 ID:fGCre5JF
典憲の意義
http://youtu.be/3mkugdRK_No
占領典範の無效理由
http://youtu.be/l6Acd_YXDSI
占領憲法の無效理由の概要
http://youtu.be/VnUVYA43hXI
無效理由01 改正限界超越による無效
http://youtu.be/gdx-HRsXuPI
效理由02 「陸戰ノ法規慣例ニ關スル條約」違反(ヘーグ條約違反)
http://youtu.be/M4phNVFCgiE
無效理由03 軍事占領下における典憲の改正の無效性
http://youtu.be/M7dbEtPxHPo
無效理由04 帝國憲法第75條違反
http://youtu.be/En5ag_prpq8

大日本帝國憲法現存論講義 瓣護士 南出喜久治
http://youtu.be/04q-FMlQF2Y

273 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

274 :名無しさん@3周年:2011/10/04(火) 16:31:22.76 ID:RKbqojmW
日本には本当の意味での保守政党は無いんだよ。
民主党の議員も昔なら自民党から出馬していた人が多いだろうしね。
世襲議員の保守政党なんてありえないから、自民党は米国の子分だし。

自民党が本気で日本を米国型社会に変えたいのは事実だよ、移民の大量受け入れを
実施しようとしているのも、その一環だしね。それは日本に繁栄をもたらすかもしれない。
ただ、天皇制とか伝統を破壊する恐れのある諸刃の剣だ。

275 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/04(火) 17:33:22.87 ID:nZ5r6Tvh ?2BP(1700)
>>274
移民が天皇制を支持した場合、逆に天皇制は強固な物となりますよね。

276 :名無しさん@3周年:2011/10/04(火) 18:14:56.85 ID:9DtwMi8u
そこまでして、天皇制を・・?

277 :名無しさん@3周年:2011/10/04(火) 18:58:19.26 ID:RKbqojmW
>>275
 意味不明
 あのね天皇は支持するとかしないとかそういう存在じゃないの昔から。
 基本的に国王じゃないからね。日本国王を名乗ったのは殆ど天皇ではないから。

 天皇は国民にとって神と言えるかどうかが大事なんだよ。
 尊く、恐れ敬う存在じゃないと天皇じゃないだろ。

278 :名無しさん@3周年:2011/10/04(火) 20:57:55.11 ID:Nt+OX8Ij
天皇を神だと思ってるのはキチガイだけだ。天皇は「日本国最高位のセレブ」が正しい。
国民の感覚はそんなもんだしそれが正常

279 :名無しさん@3周年:2011/10/04(火) 21:08:29.74 ID:fGCre5JF
 サヨクつて共和國に何の理想《りさう》を懷いてゐるのかさつぱり解らんな。

280 :名無しさん@3周年:2011/10/04(火) 21:08:50.58 ID:kzwEzkAu
どう見ても神じゃないな
むしろ人並み以下に見える

281 :名無しさん@3周年:2011/10/04(火) 21:12:05.12 ID:RKbqojmW
>>278
 あのさ神って別にGODじゃないから、天皇は神だけどGODじゃないよ。
 日本人にとっての神なんだから。
 天皇を最高位のセレブにしてももいいけどさ、厳かな気持ち、尊いとか恐れ敬える存在であれば、
 それでいいの。日本人にとってそれが神様なんだから。
 

282 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 00:07:57.92 ID:OXcyCA6t
天皇しね

283 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/05(水) 00:19:55.43 ID:BNGCaLL5 ?2BP(1700)
おまえが死ね。

284 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 15:45:38.69 ID:nYcGG6+f
天皇は一個の人間なんだけどね

285 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 16:38:34.40 ID:TkXPpcww
天皇も庶民もみな一個の人間でありますね。


286 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 18:28:46.18 ID:zGJKyft0
さっさと半島に帰れよ、寄生虫どもは。

287 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 19:07:05.28 ID:n3LdxMCP
天皇家の先祖は半島人

288 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 19:35:02.98 ID:3XyLEPkR
格差の象徴
税金の無駄

289 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/05(水) 19:40:29.26 ID:BNGCaLL5 ?2BP(1700)
>>287
全人類の先祖はアフリカから来た。
何で半島で遡るのを止めるのか意味不明。

290 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 19:44:01.62 ID:505467DW
じゃ>>286も意味不明だね。
みんなアフリカに帰ればいいのか?


291 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 19:51:46.54 ID:n3LdxMCP
>>289
馬鹿ですね。
天皇はお前らの妄想では2000年前から存在
するらしいから、その先祖って言えば半島人に
決まっているだろ。

292 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/05(水) 20:15:57.71 ID:BNGCaLL5 ?2BP(1700)
>>290
本人が自分は半島から来たことを強調している場合なら、そういう話になるわな。

293 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/05(水) 20:29:28.13 ID:BNGCaLL5 ?2BP(1700)
>>291
2000年以上前は日本列島は無人の島だったと思ってる?

294 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 20:38:09.19 ID:JpA69q1m
天皇家の祖先がアフリカ発祥ならば天孫降臨は嘘って事になる。
天照はでっちあげ。
嘘を元にした天皇家の由緒は明確に否定される。

295 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 21:13:50.21 ID:LhVYD8BJ
文字のない時代の話だからな
伝言ゲームでどれだけ真実が伝わるか
文字が伝わった後に迷信やら噂を書き残したに過ぎない
信じる方がどうかしてる

296 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 21:32:02.57 ID:Ok/SUrMm
天孫降臨がウソだとかデッチアゲだとか、時の権力者が為につくった神話を・・・バカじゃねーの。
建国以来1500年間日本の頂点にいるという事実だけで必要十分。

297 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 21:44:56.80 ID:Y1qqbb9T
古事記・日本書紀なんて8世紀に書かれたもんだろ
正確性なんてあるわけないわな
特に古事記は重要視なんてされてこなかったから
江戸時代には解読不能に陥っていた
靖国信者が本居宣長の古事記解読の成果を誇れば誇るほど古事記の価値は落ちる

298 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 22:00:44.57 ID:zGJKyft0
今時反天皇なんて厨二病も甚だしい。
社会をよくしたいならちゃんと税金納めろよ(´・ω・`)

299 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 22:37:29.64 ID:MuzlecRM
半島人に侵略されて2000年か・・

300 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 22:40:12.40 ID:MuzlecRM
天皇が侵略して来る前の縄文時代は1万数千年だけどね。

301 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 22:42:00.40 ID:MuzlecRM
ただ最近では半島人バンザイとか叫んで戦艦に特攻させられたり、自殺させられたり
悲惨な民族だよな。

302 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 22:51:44.06 ID:JpA69q1m
天照を否定する人が増えたのは好い傾向だな。
皇国史観を国が教育した時代は間違っていたとの認識は大事だ。
神風とか靖国なんてのも時の権力者が創り上げた嘘。
その科学的認識が人に理性を与える。
個人崇拝や神を信じての蛮行は理性を失った者と抑圧された自由の無い者の行為だから。
勿論好きでやる人に文句は言えないが、全体の主義や思想と為すのは現代的ではない。

303 :早慶(藁):2011/10/05(水) 23:54:18.90 ID:Lhf3Q/GW
>>278>>281>>284

天皇は神ではない。さりとて単なる人間でもない。天皇は神に近い存在であるといえる。
天皇は天照大明神の血を引く子孫であり、神々に祈る祭祀を行うからである。例えば、
神の子イエスは人間であるが、単に人間としてだけではなく、神としての性質を持つよう
に。実際、先帝陛下がこのようなことを言っていたような気がする。

304 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/06(木) 00:22:41.92 ID:gg4/QLSx ?2BP(1700)
>>297>>302
人権思想や民主主義も否定しろ。
なんでイデオロギー(世界観)への懐疑を、古事記・日本書紀、天照で止めるのか意味不明。
今現在正しいと言われているイデオロギー(世界観)こそを疑え。

305 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 01:06:30.47 ID:RSaqxWbR
どうも最近の日本の被災っぷりは神の怒りをもろに受けまくってる感じなんだが
祭祀を司る天皇の責任を問わなくていいのかね

306 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 01:16:35.69 ID:zNVyYJBy
責任は国民にあるかも


307 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 01:25:45.36 ID:zNVyYJBy
民主主義マンセー人権個人の尊厳マンセー個人の自由マンセー
日本衰退の原因

308 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 05:40:39.72 ID:DZttKPQo
>>305

それ故、年号で知らしめている。
気付いていないだけである。



309 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/06(木) 09:37:50.90 ID:xRXi7UWH
> 民主主義マンセー人権個人の尊厳マンセー個人の自由マンセー
日本はこれを国家の基軸として戦後発展を遂げたんだけどな。今更ちゃぶ台返ししたいなんて言っても、
誰からも相手にされるワケねえじゃん。衰退したとゆ〜のが、何を基準に言ってるのか知らないが、
世界的に経済の退潮傾向にある中では大きく後退してるワケではないし、中国やインドの新興国に比して
GDPの伸長率が低いとゆ〜だけのこと。

それよりもネオリベの富裕層優遇に不満爆発したアメリカなどに比べ、日本人は大人しすぎるよなあ〜
小泉〜竹中政権で日本経済を牽引してきた中間層をブチ壊されたのに。


310 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 09:57:22.61 ID:ipCDiDlL
>>302
>>304
アマテラスや天照大神とか、
その他の古事記や日本書紀に疑問を持つと同時に、
近代の社会主義やプロ市民思想や、
民主主義思想などにも、疑問を持つ必要はあるな。


311 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 09:59:30.29 ID:ipCDiDlL
>>309
日本だって、
竹中改革とやらで、
派遣労働者の大量生産によって、
中間層をぶち壊されて、
アメリカと大して変わらない状況になっているんだけどね。
ネットでの爆発的な運動とか、
日本では起きてこないね?
かろうじて、反捏造報道の運動がおきたぐらいか?

312 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/06(木) 10:19:37.73 ID:xRXi7UWH
アメリカの10%前後の失業率に比べると、日本は5%前後で推移してる。
日本も決して良い状態とは言い難いが、アメリカに比べればまだマシ。


313 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 10:35:47.08 ID:s5pSnPnp
>>311
アメリカは、中間層とか、
その下の階層が、失業とかで相当不満がたまっているんだろうな。
日本だって、以前よりもよくないけど、
アメリカよりもましだということと、
マスコミの政権交代とかにあおられて、
民主党を政権につけたりしてて、
それがいいことだったのかどうかは判断が分かれるところだね。


314 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 10:39:41.85 ID:s5pSnPnp
>>312
さんへね。


315 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 11:58:46.04 ID:iuB8W88O
>>295
 本居《もとをり》宣長大人《うし》が「くず花」にて曰《いは》く。

 『古へより文字を用ひなれたる、今の世の心をもて見る時は、言傳《ことづた》へなみならんには、
萬《よろづ》の事おぼつかなかるべければ、文字の方はるかにまさるべしと、誰も思ふべけれ共、
上古《じやうこ》言《いひ》傳へのみなりし代の心に立ちかへりて見れば、其世には、
文字なしとて事たらざる事はなし』

 『文字なき世は、文字無き世の心なる故《ゆゑ》に、言傳へとても、文字ある世の言傳へとは大に異にして、
うきたることさらになし、今の世とても、文字知れぬ人は、萬の事を文字に預くる故に、
空にはえ覺え居《を》らぬ事をも、文字しらぬ人は、返《かへ》りてよく覺え居るにてさとるべし』

316 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 12:04:23.25 ID:1UA0XLa4
>>305
ニュース議論板だと、
天皇や皇室が祭しを怠ったり、簡略化したから、
災害が多発していると言う、非科学的論理を主張されている人たちがいますが、
歴史的に考えたら、
明治からは、古代から平安鎌倉室町江戸までの、
神仏習合神道の伝統とは、
断絶しているんだから、
その主張は変だと思いますがね?

317 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 12:16:12.28 ID:iuB8W88O
>>315
 元へ
 言傳《ことづた》へなみならんには、→言傳《ことづた》へのみならんには、

318 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 18:39:12.72 ID:8MtlyVsp
>>304
「ライムグリーン」は実在する、ということも疑わなければいけないの?

319 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/06(木) 18:47:55.23 ID:gg4/QLSx ?2BP(1700)
>>318
実在ではなく、イデオロギー(世界観)を疑えと言っているのですよ。

320 :天日宗・トリウムで【原発安全革命】をしよう。:2011/10/06(木) 20:26:51.13 ID:URBkpDzg
     日本の神話1(古事記抜粋)
宇宙の浮遊がおさまり、固まってきたものの、
まだ生命の兆しや物体の形がはっきりちは見えません。
けれども、そこから天と地が分かれ、
三神(1.アメノミナカヌシ・2.タカミムスヒ・3.カミムスヒ)が現れて、
世界の想像にとりかかりました。
つぎに、男女二神(イザナキ・イザナミ)が現れて
万物の生みの親と成ったのです。

321 :天日宗・トリウムで【原発安全革命】をしよう。:2011/10/06(木) 20:39:45.59 ID:URBkpDzg
     日本の神話2(古事記抜粋)
さて、天上の神々の合議により【独裁ではなく話し合いにより】
イザナキ・イザナミに、この浮遊する国土を固定し整備せよと
命令が下った。
そのとき天の沼矛という神聖なる矛を授けて委任した。
この神聖なる矛により陸地をつくり神々生み住まわしました。

322 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 21:00:56.02 ID:zNVyYJBy
神話を学校で教えるべきだね

323 :天日宗・トリウムで【原発安全革命】をしよう。:2011/10/06(木) 21:03:34.97 ID:URBkpDzg
     日本の神話3(古事記抜粋)
女神イザナミが亡き後、妻イザナキを慕って死者の黄泉の国を
訪れたイザナキは、約束を破って見てはならない妻の死体を見て
しまい黄泉の魔女に追われ、逃げ帰り禊ぎのときに生みたる神である
天照大御神に高天原を治めさせ素戔嗚尊に海を治めよと命じたが
母の国黄泉に行きたいと言い逆らい天神から追放されました。

今宵は此処までに致します。

324 :天日宗・トリウムで【原発安全革命】をしよう。:2011/10/06(木) 21:06:16.72 ID:URBkpDzg
>>322
> 神話を学校で教えるべきだね

神話を学校で教える国は、結構多いのでしょうね。

325 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 22:07:22.97 ID:znVh2CMR
馬鹿は数学も英語も神話も理解出来ない
だから靖国信者になる

326 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/06(木) 23:12:12.43 ID:gg4/QLSx ?2BP(1700)
靖国信者なんかおらん。
おれ自身も不信心な世俗主義者でしかない。
そんな世俗主義者から見ても、反靖国のキチガイ左翼は異常なんだよ。
地上にすでにある物は肯定的に見ろ。
争いを避け、平和を実現する唯一の道。
○○は敵だ!○○を倒せ!なんてバカな扇動に誰が乗るか。
ざまーみろっ☆

327 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 23:19:10.30 ID:RSaqxWbR
>>304 >人権思想や民主主義も否定しろ。
>>326 >地上にすでにある物は肯定的に見ろ。
どっちなの

328 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 23:28:45.88 ID:zNVyYJBy
新聞テレビ学校で自虐史観教育をやらなければ靖国は問題にならい


329 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 23:30:21.14 ID:zNVyYJBy
人権マンセーや民主主義マンセーが日本を衰退させる

330 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/06(木) 23:35:00.11 ID:gg4/QLSx ?2BP(1700)
>>327
人権思想や民主主義は"地上にすでにある物"ではなく、ただの空虚なイデオロギーだろ。

331 :名無しさん@3周年:2011/10/06(木) 23:52:04.22 ID:zNVyYJBy
人権や民主主義など略奪侵略殺戮強姦の野蛮な外国には必要
日本がやるべきことは人権や民主主義(民衆の政治)が暴走しないために歴史感覚を取り戻す


332 :天日宗・トリウムで【原発安全革命】をしよう。:2011/10/07(金) 00:02:32.50 ID:URBkpDzg
>>325-331

靖国の背景を考える★129 スレッドが立ちましたよ。
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1317892941/

333 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 01:02:58.26 ID:mKn7WYHK
>>329
では北朝鮮の未来は明るいですね

334 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 01:35:49.71 ID:4C0jug2v
天皇より生活保護のインターネット代廃止

335 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 02:02:38.62 ID:aalZ47Sn
貴様ら、カルト教団だろ、それとも中国人の違法移民・違法滞在者事スパイだろ

336 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 02:10:32.31 ID:aalZ47Sn
>>334
もう、生活保護廃止されているよ、働いている方々から顰蹙かっているよ
生活保護何か、働かなくても、何にもしなくても、井戸から15万円湧き出る
お金、もう底ついているよ

337 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 08:50:25.11 ID:5noE4EKH
>>325
偏差値が、低い人が、
靖国信者とかになっている傾向が強いね?
東大とか早稲田慶応とかで、
そういう人は少ないかも?
ただ、東大でもぽっぽ見たいな人もいたし、
東工大には、カンガンスが合格していたから、
偏差値が高くても、変な人はいるんだね。


338 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 10:04:12.38 ID:PzrnMcrx
「皇統連綿」支持の方は、「天皇陵」の全面的な発掘調査には、反対ですか?

339 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 14:33:06.70 ID:gSp5LJ0J
>>337
 政治《せいぢ》は、飽く迄國家觀《くわん》が微《なかりせ》ば經綸の才を得ず、
學歴丈あつても意味が無い。

340 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 14:37:46.82 ID:4gh8zivt
学歴すらない奴は問題外

341 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 14:39:23.22 ID:gSp5LJ0J
>>340
 田中角榮は問題外なのか。

342 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 14:46:42.38 ID:4gh8zivt
>>341
口がすべったな
でもお金がなくて高等教育が受けれなかった田中角栄と
有り余る金があって低学歴な安倍とか麻生とか進次郎とはやっぱ違うと思う

343 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 15:16:23.80 ID:gSp5LJ0J
>>342
 違ふつて何が何う違ふのかさつぱり解らん。
學歴と經綸の才は必ずしもイコールでは無い。
學歴であつてもルーピーや菅《くわん》みたいな國家觀《くわん》無きサヨクには、
畢竟《ひつきやう》經綸の才自體が存在し無いのは周知《しうち》の事實。
政治《せいぢ》は、學識のみでは無理だ。

344 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 15:31:27.10 ID:aVJr4712
天皇信者は基地外しかおらんのか

345 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 17:28:29.15 ID:otW1St6F
じゃあ、中卒とか偏差値が低い人がいいのか?


346 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 19:22:17.55 ID:7drHu8jh
>>344
反天皇はカルトしかいないけどなwwwww

347 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 19:25:17.24 ID:gSp5LJ0J
>>345
 誰も好いなんて云つてゐないだらう。
經綸の才が有る者が擔へば好いのであつて、學歴に拘《こだは》る必要《ひつえう》は無いと云つてゐる丈だ。

348 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 19:36:32.56 ID:CpzA4uFS
まあ、学歴や偏差値にこだわっても、
東大や東工大を出ても、
あのありさまでは、
3流や4流大学のほうがまだましだな。
事実、某大企業の関連会社みたいなレベルの課長でも、
自分は東京の一流大学を出たから、
三流大学の人よりも優れているとか、
己を誇って高ぶっていたけどな。
ああいう人が、社会でも政治や経済の主導権を握っていたわけだからね。


349 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 02:10:57.59 ID:4FdOjT6z
これにはたまげた。しかし案外ありえない話でもないかも。

日本の天皇家の起源は古代エジプト王朝
http://park.geocities.jp/j_con4/0204/p047.html#page307

350 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 02:11:08.88 ID:mU2aWygm
>>330
人権思想が空虚というから、「ライムグリーン」は実在すると、みんな、
信じているだろうといってるのだよ。あなたは、思想の基本が構築されて
いない。

351 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/08(土) 02:39:17.56 ID:SVMlXnHo ?2BP(1700)
>>350
多くの人が実在すると信じている物は、その人たちの社会の中では実在することになりますわな。
しかし私はそんな物は信じないのです。
それは宗教と同じだから。

352 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 09:37:00.00 ID:WG46/ld5
ニュース議論板の、保守の怒りスレッドからの引用。
このスレッドの特徴として、
皇室の人が祭祀をしたら、
何とかなるという発想が多いように見受けられますが、
明治維新から、大日本帝国憲法発布にかけてまでは、
まだ、官僚体制にはなっていなかったのと、
いわゆる皇室祭祀とやらも、
天皇家というか天皇とか宮家の個人的な、
色彩が強かったようです。
だから、祭祀とかを重要視するようになったのは、
実は明治になってからであって、
それ以前は、祭祀をしようとしまいと、
国家体制に影響があったとは思えません。
ところが、議論板の当該スレッドの方たちは、
なぜか、祭祀をしていないことを、
天皇としてよくないことのように、
思い込んでいる節がありますね。

ttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/news2/1317903209/69

>国民は実に不運でしたよ。
>その不運が、平成に成ってからの、
>日本の体たらくと、未曽有の大震災を
>呼び込んでいますよ。。。 
>まともに祭祀もせず、
>国民を裏切り売国に励み、
>嘘と捏造で取り繕った皇室など
>本当に、日本の為に成っているとは思えません。

>>まともに祭祀もせず、


353 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 11:33:44.99 ID:O2Hx+881
人間が神なら駄目な訳だ。神はGODでは無いと言っても無理なようだな。
日本人の概念としての神であって、別に国民は天皇を神だと言い出さなくても
全くかまわないのだけどね。

移民が天皇を支持するだの、的外れだしね。それにしても米国もいい加減にして
欲しい、米国経済も財政も破綻状態、米国は当分無理だろう。日米安保にしがみついてる
お目出てたい連中はいい加減目を覚まして世界を見ることだな。
米国は時刻の国益を第一に考える、それが日本と修正不可能な段階まできているということ。
馬鹿左翼も基地害だけど、馬鹿右翼も基地害どっちも害だから変わらないよ

354 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 11:42:10.12 ID:nlUMnwwm
>>353
現人神だったという歴史の事実があるからね

355 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 12:05:25.55 ID:Mj2gSL+y

>>354

福田(恆存)によれば、戦前からすでに、知識人だけでなく大部分の国民もまた、西洋文化におけるような「絶対的な唯一神」の意味では、
天皇を「神」とは見なしていなかった。そこでは、天皇を「神ごときもの」として敬愛する「国民感情」が漠然と広がっていたに過ぎない。

(by 苅部 直 歴史という皮膚からの抜粋)

----------

現在、上記本を読書中です。連休中において読書する暇であるのならば、かなりお勧めの本です。
カワイイが述べる天皇論もありかたも、こうした過去の思想家における雛形の焼き写しで、
それ対して既に批判も積み上がってることがわかる内容でもあります。



356 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 13:53:08.60 ID:mU2aWygm
>>351
あなたは実在していないのですか?

357 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/08(土) 14:04:46.03 ID:NvUS/E9I
カール・ヤスパースによる実存証明
実存とは私がそこから思考し行為する自己存在の根源であり、決して客観になることのないもの、
すなわち世界内に実在しない超越的存在である。私はこの根源から突き動かされ本来的な自己足るべく努力する。

ヤスパースはこうした実存を「可能的実存」と呼ぶ。


358 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 14:30:20.53 ID:O2Hx+881
@天皇は人間だよ、でも日本国民にとっては神、神とは恐れ敬い、尊い物。
それを国民が皇室に対して感じられればそれでいい、支持するとかしないとか
そういう対象ではない。天照大神の子孫だという共同幻想がその根源になっている。
別にヤスパース出さなくても「限界状況」という捉え方はすごいと思う。石原莞爾みたい、
軍人と哲学者だから当然捕らえ方は違うけど。
米国のウォール街デモやギリシャ以上に米国の財政が問題になりドルの信用失墜を流さない
マスコミ酷い物だ

359 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 15:18:18.33 ID:nlUMnwwm
>>355
>天皇を「神ごときもの」として敬愛する「国民感情」が漠然と広がっていた
日本軍は、現人神の皇軍であるとして、兵士を鼓舞していたという事実がある以上
軍事力増強を目指す国家による、意図的な操作があった事は誤魔化せないからね

360 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 15:20:10.35 ID:nlUMnwwm
>>358
>天照大神の子孫だという共同幻想
そんな幻想は共有し得ると思う、その事こそが現代日本においては幻想だからね

361 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 15:20:26.06 ID:yJxNzJ7C
>>359
 頭大丈夫《だいぢやうぶ》か。

362 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 21:05:08.74 ID:Yf0O5iWC
>今日を生きる人は総て、人類発祥からの由緒を連ねて此処にある。
>みな同じ時間を重ね異なる歴史を刻み今を生きる。
>ところが例外的に我々よりも由緒の無い一族がいる。
>天皇家だ。

>彼らは僅か二千七百年前に湧き出した種だと自称する。
>しかも人類とは異なり「神」を祖として退化した種だと自称する。
>科学的に信じられない祖を素に人類よりも圧倒的に短い歴史を自称する。
>論理的・科学的思考力に曝されれば胡散臭さは拭えない。

>天皇家の歴史は発祥から今日まで続く、だが人類の歴史と比べれば儚く胡散臭い。
>では天皇家が主権者として在った歴史は。それは敗戦と共に既に消えた。
>現在あるのは「天皇制」。これは戦後にできた制度。
>「天皇制」の歴史は日本国憲法と共にあり実に短いものだ。

>法によって存在するのが「天皇制」、「天皇制廃止」は法定された天皇制を廃する事だ。
>廃止後も自然人としての「天皇家」は残る。それは「天皇家」廃止ではないからだ。
>「天皇制廃止」を「天皇家廃止」と同じに考えるのは違う。
>天皇信者達は廃止後、自由と人権を手に入れた天皇家と新しい関係を構築し法の範囲内で好きな行動をとればよい。
>天皇家も信者達も、もう嘘や建前に縛られる事無く、自由を束縛し合う事も無く、主権を持った自由な個として生きて行けるだろう。
>そして神の子孫だなんて理由ではなく、肩書きや背景によらない個人の個性と魅力で生きていく幸せを知るだろう。



363 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 21:54:16.19 ID:4FdOjT6z
>彼らは僅か二千七百年前に湧き出した種だと自称する。
>しかも人類とは異なり「神」を祖として退化した種だと自称する。
>科学的に信じられない祖を素に人類よりも圧倒的に短い歴史を自称する。

そんなこと言ったら聖書を信じてる人間も変わらんわな。
人類の祖アダムの創造から現在までせいぜい六千年しか経っていないことになる。
しかも神は自分よりはるかに劣った人類を創造した(宗教家が進化論を
認めたくないのはこのためなのかもしれない?)。
江戸時代の尊皇家山鹿素行は神武天皇に先立つ神代の時代は二百万年あったと述べている。
日本書紀にも天孫降臨から神武東征までが百七十九万二千四百七十余年と書いてある。
日本は建国からの歴史は短いが、天皇家は数百万年前の神々と血で繋がっているから
聖書の人類よりも歴史が長いとも言える。

364 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 22:06:32.37 ID:4FdOjT6z
数百万年の出来事が
イザナギ→アマテラス→アメノオシホミミ→ニニギ→ヒコホホデミ
→ウガヤフキアエズ→神武天皇のたった七代ですまされるわけはない
けどな。

365 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/08(土) 22:23:27.23 ID:SVMlXnHo ?2BP(1700)
歴史が長いほうが偉くて、歴史が短いのは偉くないという考え自体が幼稚。

366 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 22:32:18.12 ID:mU2aWygm
>>357
実存を実在と同じように捕らえるのは、まちがい。

367 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 22:33:56.91 ID:Mj2gSL+y

アンダーソンの幻想の共同体では、国民という概念は18世紀後半以降に根付くことになったとされているが、
その理由として宗教という一種の魔術的な機制によってまとめ上げられた共同体が、
合理主義の登場によってその影響力が失わたことに変わり、
ある特定の空間の中で、多くの人間に対し同時性や共同性を表象することを可能とした、
世俗化した言語を通じて提供されるメディアや学校教育のような存在を挙げた上で、
そこで教えられる過去から未来に続くといった連続性を伴う共通認識を通じて生まれた、
再魔術的な機制が、宗教的枠組みとは異なる国民という新しい共同体の概念を広く植えつける事になったとされてる。

例えるなら、あなたは日本人というカテゴリ化された中で生きる存在ですと共通して広く位置付けた上で、
ある特定の物語を抱える集団としての日本人の歴史を教えることで、そうした物語が将来にも続くことを期待させることで、
共同体としての目的意識やそこで生まれる美徳のような物を通じて、
まとめ上げることになったのが、国民という共同体における概念であるということになる。
但しアンダーソンの分析は、そうしたあり方自体を批判的に捉える為に、そのような主張をしたのではない。
飽くまでも国民という共同体のあり方に対し分析することで、有用性と危険性の両義性を明きらかにする事が目的だった。

ちなみに俺は上記のような幻滅するような事を知った上でも、今の共同体としてのあり方、
それは歴史的な物語を抱える天皇制について共通認識をもっている日本国民という共同体が大好きだ。
大好きといった感情自体が、それだけも自分にとってはとても有用に思える。

一方で政治学や哲学を学ぶと、好きであることが位置付けられてることがお前なんだよ!と言われることが多いが、
それでも大好きだ。危険性については、上記のような事が無意識の中に埋め込まれてる事を自覚した上で、
よく考える事ができるようにした上で、問題があれば自分の主張として示したいし、その上で守っていきたいと思ってる。

by 日本大好き人間




368 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 22:35:41.89 ID:mU2aWygm
>>363
そのような信仰を憲法の理念に規定しているのがおかしい

369 :名無しさん@3周年:2011/10/08(土) 23:56:29.66 ID:Mj2gSL+y
>>367 訂正

× アンダーソンの幻想の共同体 ○ アンダーソンの想像の共同体

 

370 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 01:52:20.73 ID:7+s5oZqp
天皇制はもう廃止しないといけないぞ。
いつも取り巻きの悪党どもに権威を悪用されて政治混乱の源になってきたのが天皇皇族制だからな。

日本人がまだまだ下等な非文明社会的な民族の時のリーダーであって、
社会整備基盤ができあがり科学立国になったらば、あとは差別の象徴にならないように身分保障をもって、
国家全体が一般市民化へと戻していかなければならない。

今でも細川護煕らが天皇を背景に政治的影響力を行使している事実は
実に日本人として醜く、節操がなく、最低でもある。

皇族を真に尊敬し過去の功績を讃えるならば、
神道の長として文化的貢献のみに専念させるのが最良だろう。

371 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 02:29:20.10 ID:7+s5oZqp
こういう悪事が常に起こり続けて国が不正違法にゆがんでいくのが
天皇制が廃絶されなければいけない最大の理由だ。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=200000297&tid=beaebtbba85hkbdqmadbaahbd7ha4rhchbd&sid=200000297&mid=5892
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=2000677&tid=a1fca1a18fcc08beja4na5a8a5a4a5baefd7wa4rbfaea48a4ka4ja1aa&sid=2000677&mid=538
細川律夫と細川護煕元首相は親戚だそうだ    この国策捜査は宮内庁系の卑劣な謀略だぞ

372 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/09(日) 03:13:53.37 ID:YKLx9FsV ?2BP(1700)
>>370
反天皇論者も、逆の形で天皇を政治利用しているよね。
「天皇制に反対するオレサマは正しい!オレサマを崇めろ!」って。
おれにはどっちもどっちにしか見えねーな。

373 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 03:34:41.75 ID:QYXVzf0c
チョンの巣窟

374 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 07:00:59.48 ID:Q3wDDOJT
天皇制廃止=朝鮮人の願望


375 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/09(日) 10:51:52.52 ID:75jyF5k7
>>366
> 実存を実在と同じように捕らえるのは、まちがい。
いや、実存在の認識はウィトゲンシュタインが「根拠率」で示しているごとく、
存在の有り様を認知する方法論であり、物事の本質に迫る形而上学克服(カルナップ)の
有意な処方箋であったことが重要。ウィトゲンシュタインの認識はは以下の通り。

無、ないことについては語ることができ「ない」。同様にまた、存在も「語り得ない」。
語ることができるなら、それは無でも存在でもなく存在者である。存在は存在者の背後に
退引する。この退引こそがその存在のあらわれであり、その本質なのである。
(「根拠率」より)

ハイディガーは「存在と時間」において、ア・プリオリな存在の概念を懐疑して、
アリストテレス以来の形而上学的命題であった存在を論考した。ハイディガー以降は
哲学において存在にまつわる懐疑命題と形而上学の克服が中心的な課題となった。


376 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 11:15:24.98 ID:tR5NNtpx
>>375
1.ヤスパースの言として可能的実存を引用しています。「世界内に実在しな
い超越的存在である」(>>357) それでは、どこに実在するのですか? これ
が、形而上学的意味合いでいわれているのでしょう。そうすると、さらにあな
たは、形而上学克服を上げているから、自分でヤスパースを引用し、その言を
否定していることになる。
実在はこれと比較して、形而下的な意味ですね。だから、実在と実存は区別
すべきです。
2.あなたのウィトゲンシュタイン引用文は、実在と実存の比較検討ではない
でしょう。彼の引用文は、完全な客観的実在はないといってるようです。それ
はそれでけっこうなことで、ここでの問題は、画面上の文字発光体から、われ
われはこの存在を実感していることです。ウィトゲンシュタインも、この実感
に反対はしないでしょう。

377 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/09(日) 11:37:31.29 ID:75jyF5k7
>>376
抗議の実存主義を想定した場合、ヤスパースの存在はキルケゴールとともに、
実存主義哲学の端緒として捉えることができる。ヤスパースの引用は、そうした
哲学上の存在論として適切と思われる「可能的実存」を考察の入り口として提示した。

他方、ヤスパースやキルケゴール以降、尤も影響力が大きく実存哲学の巨人としての
ハイディガーを紹介しつつ、彼の批判者でもあったウィトゲンシュタインも紹介した。


378 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/09(日) 11:47:14.87 ID:75jyF5k7
>>376
> それでは、どこに実在するのですか?
少し補足すると、「ヘーゲルが神を殺した」と言われる近代哲学の展開は、
デカルトの認知論から発展し、ニーチェにいたって「神は死んだ」という
段階まで辿ることで「超越者」の存在を懐疑し続けた挑戦の歴史(哲学史)
でもあったとゆ〜コト。実存主義(広義の=ハイディガー自身は実存主義
であることを公言してない)は、そうした哲学的命題に迫る試みとして、
興味深い展開を見せたとゆ〜意味では有意義な運動体となり得た。


379 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 12:26:07.61 ID:V+v0jcBG
彼らが欲しいのは日本という神殿ですよ

225149714461.tumblr.com

380 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 12:31:20.50 ID:8oEK6uG/
サヨクが謀る人權《じんくゑん》侵礙《しむがい》救濟《きうさい》法案《はふあん》の實體。
http://youtu.be/Yy1fJOa7hCw

381 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 12:37:53.12 ID:tR5NNtpx
>>378
結局、画面上の文字発光体「ライムグリーン」は実在しますか?

382 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 12:40:54.33 ID:DZuILk1g

>>376

哲学上では、客観は主観の集合体だから実存(=個別的存在における意味)における共通認識としての束が、
実在(=意識から独立に客観的に存在するも)を”想定”させるという事になる。
言葉としての差異性から言えば、区別する必要性があるのは確かなのですが、
実在とは実存が作りだす想定的な概念である以上、実在の意味を考える際は、
実存的なアプローチが求められることになる。ウィトゲンシュタインは、こうした実存的なアプローチするには、
先立つものとして言語が必要だとした。

ちなみに知覚を含む感覚における認識ですが、ご存知かも知れませんが、メルロ=ポンティも参考にしたゲシュタルト理論が哲学上では有名です。
例えば、赤ちゃんは焼けどをすることも解らずに熱い物を触り、身体的な痛みを伴う事で、以後においても状況的に対置させる。
しかし、一方でとても優れた器で暑さを感じなければ、触って問題ないという、以後における状況に対置させる。
こうして、たまたま得た偶然的な感覚の蓄積が、一つの体系化された感覚を作り上げ状況的身体という物を作り上げ、
感覚の蓄積によって更新はされるものの、そうした状況的身体のあり方から抜け出すことができない人間が登場する。

つまり、知覚の先立つものは、その生活世界の中で偶々得ることになった感覚的な経験。
生活世界も変われば、感覚的経験も異なる事になる。
以前にも説明しましたが、こうした違いが未開の民族と文明社会生きる我々では、
実存の束が作り上げる実在としの想定上の概念に違いを作り上げることになり、
実存の束による想定越えるような実在の存在が仮説の域を超えるのような状況ではなくなったということになる。










383 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/09(日) 12:48:18.28 ID:b+yFDWZz
>>349
ほぼあてつけだけど、唯一ジャポニカ米の話は気になる。
遺伝子の男性ハプログループでも「日本人チベット人エジプト人は世界で唯一近似」
してるし、日本と朝鮮半島と黄河の海に近いところにジャポニカ米があると言う事は
エジプト人が極東に渡来し日本列島に住み着いたりでもしたのかね?

384 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/09(日) 12:50:51.13 ID:b+yFDWZz
>>353
神というか、天皇は大神官でもあり祭司なんだから神の表意者として
現人神であったのであり、ホントに神だったわけじゃない。

385 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 12:51:59.46 ID:DZuILk1g

ちなみにですが、>>377-378の回答は、私は哲学が専門(哲学的概念を援用が求められる分野ですが)でもないで、
無知であるという十分な可能性がある立場でしかないのですが、(>376)に応対する説明として(>377-378)
の説明は、どうにも理解することが出来ませんでした。




386 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/09(日) 12:58:40.57 ID:b+yFDWZz
>>355>>358
そもそも日本人に一神教のような神の概念ってないもの。
天皇は偉大な人物にして神聖な存在、そういうことなのにな。


387 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 13:00:39.27 ID:DZuILk1g
>>380

ちなみにハエは、目が複眼らしいので、人間の視覚とはまったく異なる物が、
同じ物をみても認識されることになるらしい。

実在: 意識から独立に客観的に存在するもの。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/98395/m0u/

ライムグリーンという物も、人間がみると画面上ではライムグリーンなのであって、
ハエが画面を見れば、ライムグリーンライムグリーンライムグリーンなのであって、
それは一点として画面上の光点も同じだろう。

つまり光という知覚も、人間の意識から独立して客観的に存在するものとは必ずしも言えず、
せいぜいハエになった覚えはないので、想定の域を超えないということいなる。



388 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 13:14:35.65 ID:8oEK6uG/
>>387
 蠅《はへ》の目が幾ら複眼と雖《いへど》も、蠅自身が知覺爲てゐる風景は、
我々人間と餘り變《かは》らないのではないのか。
視野の廣さや色彩の認識は違ふかも知れんが。

389 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 13:16:19.42 ID:DZuILk1g

トンボでも良いですw


390 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 13:18:32.83 ID:l78sgo5k
>>384 >>386
一個の人間として尊敬に値すると言う事と
神聖視する事は同じものではないからね
信者の視点とそうでない人の視点は違うんだよ


391 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 13:27:50.38 ID:8oEK6uG/
 なにゆゑサヨクは、御皇室《くわうしつ》を階級《かいきふ》鬪爭《とうさう》史觀《しくわん》でしか見れないのだらうか。
マルクス主義講座《かうざ》派の理論の上《うへ》に乘つかつてゐるといふ自覺は有るのか。

392 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 13:30:06.84 ID:DZuILk1g
>>390

福田(恆存)によれば、戦前からすでに、知識人だけでなく大部分の国民もまた、西洋文化におけるような「絶対的な唯一神」の意味では、
天皇を「神」とは見なしていなかった。そこでは、天皇を「神ごときもの」として敬愛する「国民感情」が漠然と広がっていたに過ぎない。

(by 苅部 直 歴史という皮膚からの抜粋)

恐らく戦前から多くの国民にとって、そして現在でも天皇制を支持する人間にしても、神聖視するという物ではないじゃないかな。
俺はその一人だ。


393 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 16:21:46.99 ID:tR5NNtpx
>>380
やはり堂々としたウヨクなら、罰金は払うべきでしょう

394 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 17:26:51.19 ID:w2bizD48
>タイ王国のようにクーデターでも何でもいい、政権を奪えば国王が事後承諾するような体制は日本にも言える。
>オウムのような集団が何らかの方法で政権を得たら、天皇が事後承諾して正当性を与えるだろう。
>ナチスのような反対する政党や勢力を駆逐して独裁制を帯びた政党が政権を得た場合も、天皇は正当性を与えるだろう。
>北朝鮮とかが日本を侵略した場合、打ち立てる傀儡政権を天皇は正当化するだろう。
>鎌倉幕府・室町幕府・江戸幕府・大日本帝国の軍部と天皇は事後承諾し正当性を与えてきた。
>敗戦後アメリカが行った占領政策、憲法、沖縄や領土問題、日本国憲法施行までの期間アメリカの言いなりになったのも天皇。



395 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 18:51:04.93 ID:e9p8kNNc
明治維新の前後の間の、
ほんの一瞬だったのか、それともそれすらも本当は無かったのか?
いずれにしても、
最高権力を握った場合、
天皇や朝廷は、その最高権力者にお墨付きを与える。
たとえば、源氏の場合は、征夷大将軍であり、
平氏の場合は、太政大臣とか相模守とかでもかまわない。
藤原氏なら、関白に推薦する。
日本にヒトラーみたいな人が現れて、
全権を掌握すれば、
天皇や朝廷が、その政権を承認するだろうと思う。


396 :インド大金持息子の弟:2011/10/09(日) 19:09:46.33 ID:/OoSxcTQ
明治維新政府は天皇を祭り上げた。

しかしそれは一時、長い歴史では天皇の覇権もあったが少なくともここ
700年間はない。

今後もないだろう。僅か65年前の悲惨な体験を国民は忘れない。
近代国家を頂いた国民は享受してる。世界に例のない優れた憲法を頂い
た国民は、更に磨きをかけた近代国家を必ず創造するであろう。

397 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/09(日) 19:20:04.49 ID:b+yFDWZz
>世界に例のない優れた憲法を頂いた国民は、更に磨きをかけた近代国家を必ず創造するであろう。


怖いことを言う。
日本が戦勝国の上に立ち世界を平和に統治する優れた憲法になるかどうかは
まったく未知数で、ほんとうにわからないし分かれば苦労しない。
この憲法があるから日本が未来に亡国となったり占領されたりしてしまう可能性も十分にある。
あるいは占領されるというその状態が実はその状態かもしれない。
だからまったく分からない。

398 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 01:18:03.20 ID:we2fn/X6
 天皇《すめらみこと》を現津~《あきつみかみ》と稱する事を未だにGodと勘違ひ爲てゐる奴がゐるとはな。

399 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 01:56:27.35 ID:2TPTc43Y
>>383
過去に於いて、現在のエジプトにも住んでいた。




400 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 07:22:13.71 ID:HYRwKCRZ
>>397
[まったく未知数で] [亡国となったり占領されたりしてしまう可能性] [だからまったく分からない]
kore dewa 思想独立 dewa naku 思想 停止症。理想を 知らない 動物だね。

401 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 08:01:21.62 ID:CXDfghid
憲法は日本人がつくればいい

402 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 09:57:07.21 ID:DXfLhfWs
明治憲法制定前後から、
官僚システムを作り上げて、
それが現在にもつながっているんだけど、
その弊害が出てきているね?
後は、戦後の地方自治体の議会とかだね。


403 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/10(月) 10:09:10.19 ID:p7kuYYcp
>>399
う〜ん・・・
それがホントかどうかは分からないけど海を越えて
一部の人がはるばる日本国からエジプトへ渡ったと
いうことも不思議ではないよな。
まさか古代エジプトでジャポニカ米が流行っていたなんて
本当ならすごい事実だし。

404 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/10(月) 10:20:32.94 ID:p7kuYYcp
でも、日本王朝がエジプトと何らかの関わりを持ってたらいいなあ。
起源ということは完全にないだろうけど、古代エジプトに朝貢してて
エジプト的な王権を古代に築いてたと言う事が証明できれば
また日本人の祖国に対する見方も違うと思うしなあ。

405 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 10:51:53.53 ID:we2fn/X6
>>402
 官僚《くわんれう》システムの弊礙といふよりも、寧ろ人の劣化《れつくわ》による運用の拙《つたな》さの問題だらう。

406 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/10(月) 11:32:34.20 ID:SAqzlZRp
>>402
その辺のシステムの問題は史学的には立花隆著「天皇と東大」、システム論としては
猪瀬直樹著「昭和16年の敗戦」が比較的分かりやすくまとめてるな。
立花は調子に乗りすぎて東大生はバカになったなどと言い出して東大生から反論されたがw


407 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 11:57:33.38 ID:we2fn/X6
無効確認決議は違憲行為 BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
国際法で個人は裁ける BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
「一市民」として首相の靖国参拝に反対する BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
教育勅語は儒教の影響を受けている BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
鳩山と小沢は保守だ BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
憲法前文は破綻していない BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
憲法9条は改正する必要は無い BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
象徴は猿でもOK BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
小書が慣習だったのを知っている BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
帝國憲法は天皇主権である BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
八月革命説は正論だ BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
東京裁判は国際法に基づく BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
天皇は朝鮮由来だ BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
日本国憲法は最高法規だが帝國憲法は違う BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
憲法に国柄や歴史は関係無い BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
自分を日本に引き付けて余り考えない BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
稲作は朝鮮から到来 BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
聖徳太子は架空の人物 BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
自民党は右翼政党である BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
自衛隊の存在は合憲 BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
外国人参政権は合憲 BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
参政権は人権問題 BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
俺は憲法に詳しい BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
普天間に港を造れば良い BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR
ネトウヨを冷却材の代わりにするのは良いアイデアだ BY ( ○´ー` ○)はカワイイ◆2.r4M.pJ.RBR

 ↑哀《あは》れなるかな此等がバカワイイの基本認識。

408 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/10(月) 11:58:35.69 ID:SAqzlZRp
悔し紛れに恥知らずのマルチポストするチキン野郎の自爆クンw


409 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 12:02:37.69 ID:6nUbX5s1
チキンさんは国家公務員です。

410 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 12:09:41.76 ID:we2fn/X6
 >>407をば鑑みるに、バカワイイ自身の自覺何如は問はず、
如何にマルクス主義講座《かうざ》派の思想《しさう》を妄信《まうしん》爲てゐるかゞ良く解る。

411 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 12:30:49.89 ID:RaeNN+2+
ドヤ顔で自分のレスに自分でレスする自爆クンw

412 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/10(月) 12:39:45.39 ID:SAqzlZRp
へえ〜?
穂積八束や弟子の上杉真吉はもとより、
国体明徴宣言を発した政府もマルクス主義講座派だったんだw
こりゃまた新たな自爆史観の誕生か?


413 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/10(月) 12:40:01.17 ID:p7kuYYcp
東日本共和国案を再考してみた。

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2122595.jpg

414 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 12:45:09.12 ID:we2fn/X6
 共和國が好い等といふのは、根據の無い幻想《ぐゑんさう》に過ぎぬ。

415 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/10(月) 12:51:05.98 ID:p7kuYYcp
>>414
>幻想《ぐゑんさう》

う〜ん・・・・やはりハングルで昔の仮名遣いは表現しやすいな。
どういうことだろう?
なぜ日本語の漢字音を表記できるんだろうか?
やっぱりハングル開発には日本人が関わってるのだろうか?

幻想《ぐゑんさう》
幻想《フHLΛトO》

416 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/10(月) 12:51:27.59 ID:SAqzlZRp
>>410
> >>407をば鑑みる
鑑みるもなにも藁人形作って叩いてるアホがチキン野郎の自爆クン自爆クンじゃんw
オレが言ってもいないコトを「基本認識」なんて捏造してるし。


417 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 12:52:59.45 ID:we2fn/X6
>>415
 同じ時期の漢字音《おむ》をベースと爲てゐるから。

418 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/10(月) 12:55:05.41 ID:p7kuYYcp
講座《かうざ》フトOΛト
思想《しさう》Λ|ΛトO
妄信《まうしん》ロトOΛ|L

ひょっとするとハングルはカタカナの音でもベースになってるのかな?

419 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/10(月) 12:58:10.81 ID:p7kuYYcp
>>417
>同じ時期の漢字音《おむ》をベースと爲てゐるから。

それってどういうことですか?
たとえ時期が同じでも日本語と朝鮮語では使われてる発音が違うはずですが?
「音」もおむ(O⊥ロ)と正確に表記できるのはへんだと思いますね。

420 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 13:11:51.23 ID:we2fn/X6
>>419
 固から日本と朝鮮《てうせん》との音韻《おむゐん》の違ひが有るのだから、其は當然《たうぜん》でせう。

421 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 13:26:11.09 ID:FtbP08d5
2世紀 卑弥呼          →じんこう
5世紀 安東将軍倭王       →履中
    六国諸軍事安東大将軍倭王 →反正
                 →允恭
   七国諸軍事安東大将軍倭王  →安康
   征東大将軍         →雄略
10世紀
国賊朱雀
呪詛村上

12世紀
魔王崇徳
ホモ白河
後鳥羽魔王 国賊
第六点魔王後醍 国賊

シナの奴隷、国賊 死んでいいわ。

422 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/10(月) 13:34:25.97 ID:p7kuYYcp
>>421
いや、隋までの朝貢ってのは天子に認められた大王と言う
立場だから誇れるもんだぞ。
それによって半島の支配権までも認められてたってことだし。
それがなければずっと権力者は朝鮮みたいに終わってただろうし
天皇だって存在しえなかった。

423 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 13:40:31.04 ID:we2fn/X6
>>421
 抑、卑彌呼や邪馬臺國なんて者は存在しなかつた。

424 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 14:07:02.83 ID:AEDX2/8V
日本は「天皇制」の国ではないし、これまでもなかったよ。
憲法を守れといって暴れたり石投げたりするくせに、
肝心なところを間違っているから左翼はアホ。

425 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 14:49:52.03 ID:6yUcbGwh
日本は明治時代に確立した官僚システムが限界に来ている。
その日本の制度に似ているのは実はロシアと中国。
ロシアは微妙な立場だけど、欧米の官僚制度は違うし、エリート官僚が支配
する国では無い。
ロシアは帝政ロシアから、中国は非常に古くから。だから共産主義国が簡単に
誕生したのだと思う。共産党一党支配の共産主義と官僚支配システムは実は非
常に相性がいい。

426 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 15:04:47.96 ID:TsVLnZr+
共産主義では共産党党員が権力握るが、官僚は権力握れません>>425

427 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/10(月) 15:23:22.88 ID:p7kuYYcp
まあ、日本はやっぱり幕府と朝廷的な国だと思うなあ。
だから自爆氏、東北日本共和国でなら旧字旧仮名使いも復活できますよ?
ねーカワイイさんw

428 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 15:34:39.72 ID:6yUcbGwh
共産党党員がエリートなのが共産主義国の特徴だよ。旧ソ連や現在の中国の
実情がそれ。
中国は共産党支配というより、米国留学組みの知的エリートが支配層。
ロシアのプーチンだってKGBだったので当然元共産党員だし。
そういうことだよ

429 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 16:04:03.74 ID:TsVLnZr+
そうそう。東大出たくらいではエリートにはなれないって事だ。

430 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 17:25:56.41 ID:we2fn/X6
>>427
 正字正假名復活が共和國であらねば成らぬ理由《りいう》は何處にも無い。

431 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/10(月) 19:06:17.10 ID:p7kuYYcp
まあそれ以前に共和国独立なんて無理なんだけどねw

432 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/10(月) 19:15:56.52 ID:p7kuYYcp
やっぱりこの国はマルクス主義国にしてしまったほうがいいのかもな。

433 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/10(月) 19:16:37.21 ID:p7kuYYcp
まあそれもどうか。
ほかには天皇を神にするしかもうないだろう。

434 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 09:36:46.01 ID:6OK/pNSs
天皇は神じゃないんだから、
無理なことは無理だよ。


435 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 10:08:53.75 ID:G3yWkRTx
天皇を神様にしたら焼け野原になった

436 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 10:16:59.60 ID:6OK/pNSs
明治憲法の集大成が、
焼け野原だったんだよね。
明治維新と明治憲法制定前までの結果が、
日清戦争や日露戦争だったわけだ。


437 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 10:19:20.19 ID:8yn0L3G4
でもさあ、天皇が神じゃないっていいきれるかね。
日本人は天皇の事を神様として思ってきたんじゃないのかね。

438 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 10:21:20.14 ID:6OK/pNSs
江戸時代とか室町時代は、
貧乏だったわけだろ。
特に室町時代の貧しさを考えると、
京都に、なんか神様関係の人がいる程度の認識だったのでは?


439 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 10:33:31.56 ID:HpfkJCuO
>>437
 西洋《せいやう》と支那と日本では、夫々「God」「~」「迦微」の概念《がいねむ》は違ふ。

440 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 10:33:36.96 ID:Jifc5TaA
反天連という人たちがいることを、今、偶然にも知った
you tube を見ていてね


それで興味を持って、ここに来たんだけど、質問!

何で反天皇制の人が、無理して日本に住むの?
日本は、2000年近くも天皇が居たんだから、もうそれが日本という感じになってるじゃん
まぁ、上手く説明できないけど。

聞きたいのは、なんでそんな天皇が嫌なのに
日本に住むのか?
ということ。

今は、世界中どこでも住みたい所に住めるような感じになってきている(もちろん例外もあるだろうけど)
無理して嫌な日本に住んでいるのが理解できない。
マジで教えてください

441 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 11:49:11.90 ID:6OK/pNSs
>>440
ここは、反天連の人たちとは、
趣が違うからね。
反天連とかいう人たちは、
いわゆる左翼とか言う人たちが多いのでは?
ここは、愛国的な市民論を考えようという傾向が強いからね。


442 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 12:05:21.59 ID:t3tKfNIL
>>440
今現在の天皇制という制度の廃止が即ち天皇家の廃止だ
などと考える事自体ずれているよね


443 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 12:18:45.62 ID:WSq9raDu
>>442
個人としてというか、
徳川将軍家にしても、
御三家や御三卿や、枝藩や、
親藩や旗本、その他徳川家関連の人でも、
現在は、各個人として存在しているわけだからね


444 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 13:23:49.59 ID:t3tKfNIL
>>443
制度ありきでしか天皇家を考えられない人たちにとっては
制度こそが重要なのであって
一個の人間としての天皇家の人々といった事柄は
考慮の対象ではないのかもしれないね

445 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 13:52:11.36 ID:fje46gpi
>>440
オレはおまえを嫌いなのに、なぜこの国にいるか、出て行けよ。
それとも、反民主主義の革命でも起こそうとするつもりか。

446 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 14:18:59.07 ID:8yn0L3G4
>>439
そりゃ細かい定義とかは違うかもしれないけど
存在としては神ですら日本人にとってはGODと
同じだったんじゃないの?

447 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 14:21:35.86 ID:8yn0L3G4
目に見えない何かで自然や気候を操ろ万物をつかさどる・・・・
全知全能の西洋の神といったい何が違うと言うんだろうか・・・?
一神か複神かどうかじゃないの?

448 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 14:22:11.95 ID:8yn0L3G4
操ろ→操り

449 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 14:51:27.30 ID:yMzggLPK
>>440
自民末期の頃「自民党政権が嫌なら日本から出てけば?」って言ってた短絡的なネトウヨが2chには溢れてたけど
それと同じレベルだね。天皇支持者ってそういう人多いのかな。

現在の体制や制度に反対なのと、その国や郷土を愛することは違うのを知らないんだね。
さらに言えば生活基盤の無い所での生活の大変さを知らないお子様なんだな。

450 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 14:55:11.33 ID:4BHuCLcQ
>>449
アメリカでは
現在の資産家や金持ちや財界や企業などのあり方に、
疑問を持って政府批判とか大富豪批判とかをしているけど、
アメリカ人はアメリカや郷土をすごく大好きなんだよね?
日本だって日本人で日本の国や郷土を大好きだけど、
皇室には批判的な人だっているはずなんだよね?


451 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 15:07:22.81 ID:yMzggLPK
>>450
>日本だって日本人で日本の国や郷土を大好きだけど、
>皇室には批判的な人だっているはずなんだよね?

そうですね。むしろ批判的な人はそういう人がほとんどでしょう。私もですが。

452 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 15:09:51.27 ID:zGX6gYuf
>>451
皇室周辺の人でも、
いろいろ問題を感じている人もいるんですよね。


453 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 15:17:26.86 ID:yMzggLPK
>>452
職業の自由が無かったり人権問題は多いですからね。
皇室周辺の人でも、国と切り離して自由にしてさし上げるべきだと考えている人もいると思います。
出掛けて参ります

454 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 15:37:56.66 ID:8yn0L3G4
>>449
本質ってそこにあると思うんだよね。
いわゆる右翼連中は生活の事なんて一切考えてないんだよ。
戦前に対する冷静な反省もないし、そこが一番危険。
じゃあどんな未来を求めるかと言うところにおいても
建設的な提案もなしに同じところを永劫回帰してる。
彼らに未来なんてないんだと思ったよ。
もう日本人は現実問題として天皇制廃止も選択の視野に
いれとかなければならないわけだしさ。
>>450
あるいは右翼に批判的な人とかね。


455 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 15:52:54.28 ID:o12HmcOV
>>454
未来に対しても、
日清戦争や日露戦争時代のことを、
無条件に賛美するだけで、
どういう未来を望むかも定かではないよね?
過去の反省とかなら必要だとは思う。
原子力発電所は、すぐに廃止するべきではないとかは、
現実的な意見なので、そのあたりは日本の左翼よりもまとも。


456 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 16:23:45.15 ID:SP7Q7GAh
日清日露は賛美というか列強に対抗するためのステップとして高く評価すべきものだ。
大東亜戦争はバカの極みだが

457 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 17:11:52.44 ID:8yn0L3G4
>>456
まあそうだろうな。
朝鮮併合も満州権益の獲得と満州統合ないし満州国の確立と言う
意味を考えれば朝鮮とて「日本帝國の侵略ニダ!」などと一口で
否定は出来ないはずなのに。

458 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 17:31:42.54 ID:t3tKfNIL
>>456
植民地支配の歴史でもあった、という視点を欠いては
大東亜賛美の同質の、自賛の歴史観に陥りかねないよ

>>457
支配者と被支配者、植民地支配した側が言うべき台詞ではないよね

459 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 17:47:18.85 ID:Jifc5TaA
>>449

今の日本は、戦後からだけの文化で成り立っているとでも思っているのか?

日本には2千年の継続した文化があるんだよ
どのようなことも天皇とかかわりが少なからずあることも多い

それを天皇は全く関係ないように言ってんじゃない
天皇は嫌いで日本は好きって、かなりおかしな理論だと思うけどな

449みたいな人は、戦争のことばっかり考えているんだろうな
天皇=戦争
みたいな

天皇=日本文化
見たいに考えてみれば、もっと違う見方もあるのにな

いったい、天皇の何が気に入らないのか?
天皇制の何が気に入らないのか?


460 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 17:53:30.00 ID:8yn0L3G4
そりゃそうでしょう、開き直りですからね。
ですが満州スレでも書きましたが朝鮮人は被支配者であると同時に
いわば共謀者でもあるわけです。
当時の朝鮮人はロシア戦争の意義の本質をちゃんと分かっており、
であるから大韓帝国皇帝もそれを認めたわけです。
http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/heigouzenken.jpg

461 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 17:57:22.90 ID:Jifc5TaA
>>445

おこちゃまのような反論の仕方ですね

この様なスレで、そんなレスをするということは
よほど天皇が嫌いらしい

毎日、このスレに張り付いてるの?w

そんなに天皇が嫌いで毎日このスレを見てるくらい嫌いなら
あなたが日本から出て行ったほうが、健康に良いと思うけど。

462 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 17:58:12.01 ID:8yn0L3G4
>>460>>458へのレスね。(ま、開き直りと言う意味では同じかw)

それから日韓併合のよしはロシア帝国の脅威への抵抗と我々日本人や朝鮮人が
長年追い求めていた中国支配からの脱却と言う事でも日朝はお互いに両者納得
の上で合意したわけです。
だってそうでしょう、あの時代に日本以外の一体どこに西洋や中国に対抗できた
国がありましたか?
今朝鮮人がこうして日本人を非難できるのは全部アメリカのおかげなんです。
今の朝鮮はアメリカの属国、準併合国なわけでまあなんというか非常に滑稽なわけだ。
そして当時の日本人の苦労と努力や自分らの曽祖父の代の時代背景、事情も知らずに
日本を敵視して韓流の押し付けと併合時代の復習をやってるわけです。

ただ、私は戦争には負けたのだから併合は侵略として素直に受け止め反省する
べきだと思いますけどね、他に解決する方法が見つからないのであれば。

463 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 18:01:45.55 ID:t3tKfNIL
>>459
日本の歴史と天皇家の歴史は分かちがたく結びついているものだよ
少なくともこのスレで、それを否定して論陣を張っている方は
あまりお見かけしないよね

一方で、天皇の歴史は為政者側の画いてきた歴史でもあり
多層な歴史理解が一般となった今現在では
日本の歴史と天皇の歴史をイコールで括ろうするような解釈もまた通用しない

>天皇の何が気に入らない
むしろこのスレでは
天皇や天皇家の人々の、制度ありきで顧みられなかった一個人としての人権を
きちんと考えるべきだと言う意見が多いように思うよ


464 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 18:07:16.91 ID:t3tKfNIL
>>462
>日朝はお互いに両者納得の上で合意した
ロシアと組む事を殺人をも含む強行手段で妨害したのは日本だよね

当時の日本は、当時の日本の視点で、当時の日本に都合の良い価値観で
朝鮮を判断し、朝鮮の進む道を決めてしまった
その判断に、朝鮮の人たちが賛同しなかった事をもって批判すると言うのは
少し違うと思うよ


465 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 18:11:30.31 ID:Jifc5TaA
>>463
>多層な歴史理解が一般となった今現在では
日本の歴史と天皇の歴史をイコールで括ろうするような解釈もまた通用しない

そうかな?
日本の歴史を振り返ると、そこらじゅうに天皇の足跡が見つかると思うけど。
国内旅行をしてもそうだろう。
時とともに見方が変わるのは分かるが、また今とは全く異なった見方をする時代もくる
だろうから、それについては何ともいえないことになるね。
その理論だと。


>天皇や天皇家の人々の、制度ありきで顧みられなかった一個人としての人権を
>きちんと考えるべきだと言う意見が多いように思うよ

そうかな?
このスレを見た感じや、私へのレスを見た感じだと、天皇制や天皇自体に
嫌悪感を持っている人が多そうに感じる

466 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 18:12:55.03 ID:8yn0L3G4
>>464
あなたねwそれは幾らなんでも無茶ですよw
そら妨害します、当たり前です。
今のこの現代ですら我々極東アジア人は欧米露には
逆らえないって言うのにあの当時で何が出来ますか?
あの時日本人のやったこういは同義的に正しいです。
逆の立場なら朝鮮も同じことをやりましたね。
ですからそういってられるのは結局アメリカの存在のおかげなんですよ。


467 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 18:16:57.86 ID:Jifc5TaA
反天皇制の人って、どうやら第一次、第二次の世界大戦を通じての
思想でそうなった感じかな?

日本の歴史2千年からすると、そのようなことはほんのわずかな年なんだから
もっと別の見方をすれば良いのに

古代や奈良や平安文化も天皇抜きでは成立しなかっただろう
そうであれば、今の日本は無い
ひらがなさえ無い
日本語さえ無い

それでよくもまぁ、ぬけぬけと日本文化は好きだけど天皇は嫌いとか言うなぁ


468 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 18:17:32.99 ID:t3tKfNIL
>>465
見方といったものではなく
為政者の描いてきた歴史だけが歴史ではない、というのは単純にして明解な事実だからね
そういった、歴史に対して当たり前になされる筈の理解は
敗戦まで許されていなかったんだよ

おかしな意見の方が、たまに紛れる事は否定しないが
過去ログをきちんと遡って読み込めば、その感じ方の誤りに気づけると思うよ

469 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 18:21:08.89 ID:t3tKfNIL
>>466
思想自身が答えを書いているよね

日本にとって正しくても、朝鮮がそれに賛同し全面協力する筋合いはなかった
日本が自らの国のあり方を決めたように
朝鮮も自らそれを決める権利があったのに
当時の日本は、朝鮮が自ら決めようとした方向が気に入らず
当時の日本にとって都合の良い方向に変えさせた、という事だよね

470 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 18:23:12.16 ID:t3tKfNIL
>>467
>古代や奈良や平安文化
数多の名も無き庶民の、実直な暮らしの積み重ねがなければ
日本文化なるものは、何一つ存在しなかったよね

471 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 18:56:59.79 ID:Jifc5TaA
>>470

確かにそうだけど、それは屁理屈だよ
大阪城は秀吉が作ったのではなく、大工さんが作ったと言ってるのと
一緒のレベル

天皇がその文化の中心になってたでしょ
天皇が、奈良や京都に住んでいたから都
そして都を中心として、文化が栄えた

地域の呼び方だって、越前、越中、越後、備前、備中、備後などなど
天皇を中心とした読み方だよ

反天皇制の人って、考え方が子供じみてるというか、
天皇なしでも今の日本文化が出来ていたとでも考えたいのかな?
それは土台無理なこと
天皇が居なかったら、日本は中国の一部になっていたかもしれないのにな
もし天皇制がなかったら、ここ日本では中国語を話していたと思う

472 :早慶(藁):2011/10/11(火) 18:57:50.81 ID:RUbt1nKi
>>456

太田述正は自身のブログで、日本が暴走して戦争に至った主因はアメリカの日本敵視
であり、これはインディアン迫害・黒人差別と並ぶアメリカの原罪の一つである、と
言っている。あくまで大東亜戦争の主因はアメリカの日本敵視政策にあり、日本の暴
走は従因でしかない、としている。

この説は従来の大東亜戦争正議論と主張は変わらない。しかし、特筆すべきは、従来
のものがルーズベルト陰謀論や正議論などイデオロギー的なことを論拠として終始し
ていたのに対し、太田の説は世界システム的な考えを論拠としていることである。

以上、雑な紹介。細部には間違いが多々あるがご愛嬌。

473 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:02:54.23 ID:t3tKfNIL
>>471
>大工さんが作った
一方の事実だよね、そこにどのような技能の発展があったのか
木材や石垣といった材料の調達とその運搬などから
後の大阪の発展の歴史へと繋がるものでもある

為政者視点の歴史などより、はるかに重層な積み重ねが
まさに日本の歴史なんだよね

474 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 19:06:08.35 ID:8yn0L3G4
>>469
もちろん彼らにも自治権利と言うのがあった。
それは否定できない。
しかし現実を見れば回避できなかった。
それは自主独立の国力を備えてこなかった
韓国自身の責任でもあり、韓国にその国力を
持たせまいとしてきた中国の存在があったからだ。
責任は日本にはない。。

475 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:06:25.48 ID:C+J7+78l
ID:Jifc5TaAみたいなのは天皇=日本になっちゃってるんだろうなぁ・・
天皇が滅びれば国が滅びるから最後一人まで戦えという戦時中の発想と同じだね。

初代天皇が高天原だか韓国だかから来日されて2千年、その前の縄文時代は1万3,500年
天皇なんて日本ではまだまだ新参ですよ。

476 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 19:09:52.54 ID:8yn0L3G4
>>470
「何もない」ってのはむしろそれは朝鮮のことだな。

ま〜でも日本人もないっちゃないが、日本はそれでも
確立された立場があるようだ。
それは日本の城がそうであるように。
日本の城なんて、中国や韓国からすればすごく異質だと思うよ。
僕ら日本人からすると、あんまり中国や韓国の文化と
違和感ないように感じるんだけど。

477 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 19:15:01.61 ID:8yn0L3G4
>>475
縄文文化なんて残ってねーじゃん
紀元前数千年という長い歴史をもっていくつか文化も
あったくせに独自の文明すら作れなかった縄文人。
あったのは制作時期不明で本当に3世紀前後に作られたかも
不明な古墳を残してほとんど消えたような状態じゃないか。


478 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:17:52.27 ID:t3tKfNIL
>>471
>天皇なしでも
何らかの政治システムが代わりとなっていたろうね

瀬戸内海という当時の国際流通の大動脈と、河を利用した国内流通
地勢的な優位により、畿内が当時の政治システムの中心となった
という事実を、全て天皇故に結びつけるのも少し違うよね

479 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:18:59.24 ID:Jifc5TaA
>>473

天皇が嫌いで嫌いで仕方ない人って、あなたみたいな人ならなんとなく分かった
あなたみたいな人なの?
あなたみたいな、ひねくれたものの見方しか出来ない人なの?


あなた、日常でも周囲の人に相当嫌われているでしょ
人に避けられているでしょ?
分かるわ。そんだけひねくれていたら、余程の縁者でもない限り、あなたのような人は見限るからね

その大工が作った理論は、結局は為政者がいないと成り立たないのよ
必要が発明、発展の母なのよ。
民衆だけで文化が作られると思ったら大間違いよ
天皇が居なかったら、日本語も無かった可能性も大きい

480 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:21:59.16 ID:C+J7+78l
>>477
我々住民は縄文時代から脈々と続いているよ。また歴史として習うし、それを背負って生きている。
それに制度としてのその話であれば、時代に合わなければ天皇制も無くなるし、
無くなった後も普通に国は続いていくということだよ。

481 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/11(火) 19:22:58.49 ID:2UuLd/X9 ?2BP(1700)
>>473
為政者VS庶民という視点自体がすでに無効。

482 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:24:10.83 ID:HpfkJCuO
>>477
 五千年前《まへ》の者と算定されてゐる床式建物の木組とか仕組は、法骼宦sほふりゆうじ》の者と同じである。
凡そ三十五《さむじふご》センチを基礎とする繩文尺が用ゐられてゐると思はれる。

483 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:25:28.98 ID:Jifc5TaA
>>475

何だ、何だ?
その韓国から来日とは?
そんなトンでも理論をいってると言うことは、あんた朝鮮人かよ
それならこんなところでグタグタ言ってないで、さっさと母国に帰ったほうが良いよ
母国で生活できることの幸せを感じるべきだ

それとも、韓国を出すことによって私に475さんを朝鮮人とかいうのを待っているのかな?
そして私に差別主義者とか、ネトウヨなどと罵声を浴びせ
そういった状況に持ち込もうとしているのかな???

何とも浅はかな人だ

484 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:25:35.65 ID:t3tKfNIL
>>474 >>476
>現実を見れば回避できなかった
当時の日本による、当時の日本に都合の良い解釈でしかない
仮に自滅しようとも、それが朝鮮自身の選んだ道であったなら
他国が何を言う権利もないよね

だが当時の日本は、当時の日本の認識にそって
朝鮮の選ぼうとした道を良しとはせず、日本の都合に沿った道をとらせた
その事を、今現在の韓国などが歴史評価せず批判するといった姿勢にもの申すのは
少し違うよね

植民地支配と朝鮮戦争、何もないと短絡な否定の前に
もう少し日本と、その周辺諸国の歴史の歩みを踏まえた方が良いと思うよ


485 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:30:42.34 ID:HpfkJCuO
>>484
> 当時の日本による、当時の日本に都合の良い解釈でしかない
> 仮に自滅しようとも、それが朝鮮自身の選んだ道であったなら
> 他国が何を言う権利もないよね

 大いに有る。
日本の安全保障《ほしやう》に拘《かゝは》る問題だからな。

486 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:31:41.12 ID:t3tKfNIL
>>479
>天皇が嫌いで嫌いで仕方ない
藁人形はいらないからね

為政者によって描かれた歴史は、為政者にとって都合の良い表層の歴史でしかない
といった事は単純にして明解な事実だからね

>>481
>為政者VS庶民という視点
ニラはもう少し読解力を上げようね
為政者の描いてきた歴史よりも、更に重層な歴史が存在し
それらを自由に研究できるようになったのは、敗戦後
わずか60年程前からなんだよ



487 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:33:03.35 ID:Jifc5TaA
結局、天皇が嫌いで嫌いで仕方の無い人たちって
韓国や中国と世界大戦のことで嫌いになった人ばかりみたいだね

飛鳥時代の頃から、明治維新前の頃のことは無視

トンでも理論を振りかざす、変な思想を持った人ばかり

今の時期だと、日本全国で祭りが行われているが
天皇と深くかかわりのある神社

天皇が嫌いな人は、祭りも嫌いなんだろう
何が、日本文化は好きだ?

こんな反天皇の人たちが好きな日本文化って、アニメやAVだろw

488 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:37:40.10 ID:Jifc5TaA
>>486

あなたねぇ
木を見て、森を見ずとは、あなたのような人のためにある言葉よ

天皇が居なかったら、日本文化という花は開かなかった可能性が高いのよ
天皇が居なかったら、日本は中国文化の一部になっていたでしょうよ

そういったことは無視なの?
都合の良いことしか見てないのは、あなたの方よ

489 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:38:50.13 ID:t3tKfNIL
>>487
>結局、天皇が嫌いで嫌いで仕方の無い人たち
結局、藁人形作りに勤しむ方向へいくのかな

>神社
明治以降、国策でどれほどの神社が主神を変えられ
あるいは廃社になったか理解できているのかな

>飛鳥時代の頃から、明治維新前の頃
歴史を引き合いにしながら、表層的な理解しかないというのでは
このスレで議論するには少し無理があるかもしれないね

490 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 19:43:31.12 ID:8yn0L3G4
>>482
トンでも歴史だよそんなの。
5000年前と同じ枠組みなら日本人は
普通に独自文明を持ってたし今頃。


491 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:47:23.68 ID:t3tKfNIL
>>488
効率的な稲作のシステムが流入し、後の豪族を生み出す稲作文化が花開いた
数多の豪族が割拠する時代を経て、中国から中央集権というシステムの優位性を学び
豪族の中から、より大きな権力を有する者が担ぎ出される事になった

生産力の向上がもたらす余剰食糧、即ち富の蓄積が権力となり
地域の政治システムへと変わっていく、それは特異なものでなく
当時の東アジア全般における歴史の流れと呼応したものでしかないんだよ

天皇がいなかったら、他の誰かが政治システムに担がれていた
過度な重要視は、本来の歴史を歪めて認識する事になると思うよ

492 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:53:03.44 ID:C+J7+78l
>>483
弥生人が来日して日本に広がっていく過程で生まれたのが天皇だからね
また高天原とかいう別の土地から日本に来て、東征をしたという天皇家の記述からも、
外国、つまり中国や朝鮮から来た可能性は低くないよ。トンデモ説ではないね。

493 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:56:46.40 ID:Jifc5TaA
>>491

違うと思う

天皇が居なかったら、中国や韓国と同じようになっていたと思う
つまり、政権が変わる度に全ての文化を焼き払い、何も残らない。
まぁほとんど残らないと言ったほうがいいのでしょうね。
このスレだと、ちょっとした言葉のあやをネチネチとする人が多そうだしw

天皇を中心とした国造りだから、日本が安定したんでしょ
そりゃ完全には安定してないけど、他国と比べるととても安定している部類に入る

494 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 19:56:48.55 ID:C+J7+78l
外国の同じような地政学の英国を見ても、同じく征服王朝なんだよね

495 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 20:00:16.09 ID:Jifc5TaA
>>489

あなたの場合、青い鳥症候群のようね

どこの国に、そんな完璧な歴史があるの?

細かいことをネチネチと突いているけど、
あなたの場合は、屁理屈を言っているだけ

つまり、先に天皇、もしくは天皇制が嫌いで、
それを正当化するために、屁理屈を並べているだけ

つまり心が腐っている
あなたはあなたの好きな国に住んだほうが良いと思う
どこの国か知らないけど、それ以外の国に住むと今のように不平不満を撒き散らすだけ
屁理屈で周りを不幸にするタイプだろうね

496 :445:2011/10/11(火) 20:00:18.63 ID:fje46gpi
>>461
同じレベルで反論して上げたのだよ
天皇とは政治的存在であるときに、反論の意味があるのですよ

497 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 20:02:02.36 ID:fje46gpi
>>471
大きく出たなあ、天皇がいたから日本文化(10万年の歴史)が成立
しただと? 天照大御神と面談した人は誰だ

498 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/11(火) 20:12:44.17 ID:8yn0L3G4
>>493
日本の存在意義ってすごいんだぜ。
日本があったから唐以降の極東アジア独立ラッシュが起きて契丹や
西夏や女真が独立国を持とうとしたし、脱中華主義と言うのが生まれた。
日本は中国以外に独自の文字を持つのも最初で、仮名の存在があった
からこそ朝鮮でもハングルが作られた。
日本は極東の独立国のパイオニアなんだわ。

499 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 20:14:02.26 ID:Jifc5TaA
>>497
段々、ここのスレの実態が分かってきて
時間の無駄だから、もうレスも読むのも止めようと思ったけどw

>日本文化(10万年の歴史)が成立

これに釣られたw

どこから10万年という数字が出てきたの?
天皇制は10万年前には無かったのは誰でも知っていることだろうから
明らかな釣りなのかな?





500 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 20:16:07.10 ID:VGrE2q0K
そりゃそうだ。
侵略できない地政学的なアドバンテージがあったからな。
大陸と地続きだったら、1000年前に中国になっていた。
したがって、世界的に長く続く天皇家は世界最弱の要素が十二分にある。
ああ、残念だったな。

501 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 20:25:54.06 ID:fje46gpi
>>499
日本の最古の遺跡が、現在のところ、10万年前にさかのぼる

502 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 20:31:05.30 ID:HpfkJCuO
>>490
 普通に考古學で證明されてゐる事だが。

503 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 20:43:36.66 ID:HpfkJCuO
>>492
> 弥生人が来日して日本に広がっていく過程で生まれたのが天皇だからね

 「彌生《やよひ》人」とは、單に瀬戸内や四國の繩文人の文化《ぶんくわ》的變化《へんくわ》を爲した者、
乃至は渡來して來た僅《わづ》かな人々を稱するのであつて、『彌生人』なる民族なり部族なりを意味してゐない。
飽く迄も考古學的な名稱に過ぎない。

504 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 20:43:57.43 ID:Jifc5TaA
>>501

あー、なるほどね

ここは、そういった考えの人もいるのか!
面白い!

だったら、改めて質問なんだけど

銅鐸って、どうして埋めたと思います?

山や丘に埋めてあるので、捨てているのとは違い、何か神聖なものを埋葬したという感じなんですが。


505 :名無しさん@3周年:2011/10/11(火) 22:37:14.73 ID:vwE8BTqc
>>458
>植民地支配の歴史でもあった、という視点を欠いては
大東亜賛美の同質の、自賛の歴史観に陥りかねないよ

戦前は弱肉強食、日本だって中国や朝鮮みたいにぼんやりしてたら列強のエジキになっていた時代だ。
植民地支配側になったことはすばらしいことなんだよ。今の平和な時代の価値観でしか考えられない
ユートピア脳には難しいかもだが

506 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 00:07:11.56 ID:fLsWRDT4
欧米列強の真似っこした結果が無条件降伏だ
お前が馬鹿にしてる中国は戦勝国で常任理事国の特権を謳歌してる
ユートピア脳はテメーだよ

507 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/12(水) 01:09:32.07 ID:Kt5uC4H1 ?2BP(1700)
じゃあ欧米の真似して人権だの民主主義だの言わないほうがいいのじゃないですかね。

508 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 02:36:40.39 ID:/dKbFg82
>>504
おまえ、態度がデカイのだよ。何がいいたい?

509 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 02:37:51.84 ID:/dKbFg82
>>507
一応、優れた文化のマネするのは、悪いことではない。
民主主義政治がなかったら、私なんか殺されているだろう

510 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/12(水) 02:50:13.60 ID:Kt5uC4H1 ?2BP(1700)
>>509
人権や民主主義は優れた文化なんかではない。
フランス革命で虐殺された人のことを考えれば、そう言うほかあるまい。
君が今生きているのは自分自身の努力のおかげであって、断じて民主主義なんていう空虚な神のおかげではない。
くだらない神を崇めるのは止めたほうがいい。

511 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 04:04:27.58 ID:KA3h/O0d
馬鹿が主になれば殺されるのは保守派
まともな国民は粛清される


512 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 07:03:20.47 ID:/LUJ/De8
>>503
おいおい弥生人が渡来系なのは常識だろ。
縄文人は弥生人に組み込まれて行って消えていった。


古モンゴロイド Wikipedia

日本においては、縄文時代の住民は主に古モンゴロイド系であったと言われるが、
その後に中国および朝鮮半島から渡来した新モンゴロイドと混血をした結果、
現在の日本人の新モンゴロイドと古モンゴロイドの特徴が混在する形質が形成されたと考えられた。
ただし、その後の遺伝子分析によると大陸からの渡来人と縄文人の混血は限定的であることが明らかになり、
大和民族は縄文人の血を色濃く受け継いでいると考えられている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89

513 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 07:42:34.75 ID:/LUJ/De8
日本全人口よりは少ないが、日本人の遺伝子を変化させるほどの民族が中国か朝鮮からやって来た。
広範囲な政治連携が無くムラ単位が基本の縄文時代、しかも一地域としては圧倒的な数だよな。
やがて彼らはそこにクニを作り東征して行った

ちなみに天皇家は高天原から日本に降り立ち、東征して行った。

514 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/12(水) 08:32:27.50 ID:tE7aMixk
2:ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/04/01(金) 07:37:48.87 ID:/+Bv1O3R BE:568060875-2BP(1700)
私も人権という物があったらいいなと思っているのです。

  ↓

510:ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc (23) :sage:2011/10/12(水) 02:50:13.60 ID: Kt5uC4H1 (2) Be:2BP(1700)
>>509
人権や民主主義は優れた文化なんかではない。


515 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 09:34:49.17 ID:ivLi2FCa
>>462
日韓併合以前は、
対外戦争にだいたいは勝っていたよね?
ところが、韓国を併合したら、
第2次世界大戦で大敗北してしまった。
第1次世界大戦のドイツよりも、
厳しかったかも?
戦争に突入してからある程度のところで、
講和に持ち込んでいたら、
日韓併合として主張しても良かったかもしれないが、
大敗北をしてしまったは、
その主張は正直きついかも?
国際政治的な意味でね。
ただ、韓国が急激にハンリュウとやらを押し付けてきて、
経済界とか放送界が全面的に韓流賛美をしているのが、
韓国併合の復習なんでしょうね?

復習じゃなくて復讐か。


516 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 10:31:30.27 ID:Rgj/mYAO
人権や民主主義を否定するのはお前が禁治産者だからか?

517 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 10:40:07.67 ID:1sUp1xk2
>>512
 ウィキなんか參考《さむかう》にするなよ。

518 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/12(水) 10:43:54.87 ID:VO6UiAgo
>>505
なんかその理屈おかしいだろ。
今が平和な時代ってのはアメリカが軍事覇権でがんばってるからだよ。
>>506
あんたもあんただよ、>>505の事を批判できないぞ。

519 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/12(水) 10:48:13.22 ID:tE7aMixk
>>517
> ウィキなんか參考《さむかう》にするなよ。
古代史の素人と自認してる奴のサイトをパクッてドヤ顔で書く、
チキン野郎の自爆クンよりは遙かにマシだけどなw


520 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 11:23:33.84 ID:1sUp1xk2
>>512
 何か誤解してゐるやうだが、「繩文人」なる用語も單なる考古《かうこ》學上《じやう》の名稱に過ぎず、
之も人種なり民族なりを示してゐる用語では無い。
單に繩文文化《ぶんくわ》を爲してゐる者程度の意味でしかない。

521 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 11:34:19.71 ID:KA3h/O0d
人権や民主主義や個人の尊厳などは野蛮な外国人には必要かもしれない
日本人には毒

522 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/12(水) 11:48:52.91 ID:tE7aMixk
>>520
> 人種なり民族なりを示してゐる用語では無い。
どこをどう読んでも>>512のレスや引用先に、縄文人が人種や民族を指しているなどとする
主張や言説は含まれてないのに。

いかにもチキン野郎の自爆クンらしい藁人形叩きw


523 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 11:53:26.00 ID:ofylDB1F
>>511
今の民主党政権は、
保守的な人とかを、
弾圧していく傾向があるかもね?
外国人の人権のほうを守ろうとしているだろう?
でも、それは政府や官僚が企画しているということだ。
つまり、明治以来の官僚体制は、
そのままなんだけど、法務省官僚などが、
外国人(特に特定アジア)の人たちの人権を守りたいということがわかる。
本来は一般市民でも、
人権や個人の尊厳を守られる必要があると思うんだけどね。


524 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 12:17:47.98 ID:KA3h/O0d
格差社会告訴社会犯罪大国には人権や尊厳は必要かもね
独裁国には民主主義(民衆の政治)が必要
日本は忘れさせられた日本式の暮らし方を取り戻す必要がある


525 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 12:59:44.09 ID:1MRKyur/
>>515
>日韓併合以前は、
>対外戦争にだいたいは勝っていたよね?
少し違うと思うよ

526 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 13:03:15.95 ID:1MRKyur/
>>523
>保守的な人
何を指して「保守」としているのかな
かつての日本は良かったといった戦前回帰から
戦後の民主政治を踏まえつつ思想の原点は冷戦時代そのまま
といったタイプまで、何れもが保守を標榜しているからね

527 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 13:13:50.91 ID:1MRKyur/
>>521 >>524
かつての身分差別の時代に還れと言うつもりなのかな

人権の尊重される現代日本
その恩恵に浴し続けているという現実を踏まえる事ができないのは
どうしてなんだろうね

528 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 13:15:24.25 ID:1sUp1xk2
原繩文語━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃                ┃       ┃
  ┃                ┃       ┃
  ┃                ┃       ┃
前期九州繩文語━後期九州繩文語 裏日本繩文語  表日本繩文語
  ┃        ┃  ┃   ┃  ┃      ┃
  ┃        ┃  ┃   ┃  ┃      ┃
  ┃        ┃  ┃   ┃  ┃      ┃
琉球繩文語    九州方言 ┃   ┃ 東北方言 山陽・東海方言
  ┃           ━━原彌生語 ┃    ┃
  ┃              ┃ ┃  ┃    ┃
  ┃       渡來語━━━━━  ┃  ┃    ┃
琉球ゥ方言              ┃  ┃    ┃
                 彌生語  ━關東方言
                  ┃
                  ┃
                  ┃
                關西方言

529 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 13:17:22.21 ID:pjKgfKlq
>>506
>欧米列強の真似っこした結果が無条件降伏だ

大東亜戦争は欧米列強のまねごとじゃない。外交判断能力が欠如していただけだ。
だから大東亜戦争はバカの極みだが日清日露はちがう。日本が植民地支配したことは
悪でもなんでもない。時の列強すべてがやっていたことでそれが時代だ。
時代に適応したやり方で時代を生き抜く。これもまた列強のやりかたであり現在も同じだ。
あたかも当時既に世界平和思想と人権尊重が確立されていたかのような感覚
のユートピア脳で日本の植民地支配を日本人が非難するのはナンセンス。
非難してよいのは大東亜戦争だけだ。史上最悪の国政判断ミスとして

530 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 13:18:22.60 ID:ofylDB1F
>>526
基本的には、
本来は明治維新から、
大日本帝国憲法制定までの、
割合自由な時代が良いと思うんですよね。
官僚にしても、政治にしても、
フランスとかイギリスとかアメリカとつながろうとしていたようです。


531 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/12(水) 13:33:57.90 ID:Kt5uC4H1 ?2BP(1700)
>>514
このくだらない書き込みで、カワイイが優れていない物は存在するべきではない。優れていない物は消滅させるべきだと考えているとわかる。
私は優れていない物でも、あったらいいなと思っているのに。

532 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 14:15:47.86 ID:Aa8++Aca
優秀じゃない人も、
優秀な人も存在していいだろうし、
偏差値が60未満の人でも、
学問である程度の水準まで行く必要があるだろうね。


533 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 16:44:17.57 ID:/dKbFg82
>>531
おもしろい人だねえ

534 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 16:54:22.89 ID:1MRKyur/
>>529
>時の列強すべてがやっていたこと
植民地支配の歴史、支配者側の責任を問い、見直そうという流れが
ダーバン会議あたりから加速してもいる事を踏まえての指摘だからね

535 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 17:28:24.94 ID:XWp+CrsB
>>529
>大東亜戦争は欧米列強のまねごとじゃない。外交判断能力が欠如していただけだ。
>非難してよいのは大東亜戦争だけだ。史上最悪の国政判断ミスとして

前段はそうだね。
欧米列強は軍部の暴走を許す欠陥憲法なんて抱えてなかったからね。
陸海軍大臣の任命権罷免権を首相が持っていない憲法なんて欧米じゃ考えられない。
後段は違うね。
日清日露戦争も欠陥憲法は存在したからね。
重大な判断ミスが起こるには理由がある。
上手くいくこともあるが、それはたまたまだ。

536 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 21:48:26.62 ID:Rgj/mYAO
ニライム=安藤は中国が大好きなんだよ。人権も民主主義も否定しているからね。
後、北朝鮮もいい国だと思っている。

537 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 22:08:16.59 ID:KA3h/O0d
日本は昔から人権は尊重されてると思うけど
現代日本は恩恵じゃなく人権が毒になってる

身分差別時代に戻れなんて言ってないけど
そんなにその時代も悪くない
現代日本人より精神は健全かも

538 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 22:16:01.78 ID:Aa8++Aca
>>535
軍の統帥権を、
総理大臣じゃなくて、
天皇が持っていたというのが明治憲法の欠陥だよね。

539 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 22:28:34.15 ID:poOF5uFv
>>538
そんな浅薄な知識ではダメ。広田内閣総辞職のあと天皇は宇垣に組閣を命じたが
陸軍が大臣を出さなかったため宇垣内閣は実現しなかった。かわりに陸軍が推す
林が総理大臣になった。チミたちがおもうような権力など天皇にはなかったってこと

540 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 22:29:37.10 ID:fKbiGiey
天皇は時の権力者に正当性を与える装置だからね。
戦争で殺しあった敵であるアメリカが日本を占領統治して好き勝手ができたのも
天皇がGHQに正当性を与えたから。


541 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 22:37:56.73 ID:1MRKyur/
>>537
同じ身分でない者には同じ権利を認めない
そんな身分制度を、人権が尊重されていると感じているとするなら
それは少し勉強不足だよね

>>539
立憲君主としての天皇と
軍を統帥する現人神であり大元帥としての天皇という二面があり
昭和以降、大元帥としての天皇の権限は、軍が政治への介入を図る度に
膨らまされていったんだよね

542 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 22:39:49.57 ID:poOF5uFv
>>541
>昭和以降、大元帥としての天皇の権限は、軍が政治への介入を図る度に
膨らまされていったんだよね

バカ?おれのカキコ読みなおせ

543 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 22:52:06.81 ID:1MRKyur/
>>542
立憲君主としての天皇は補弼が明記されていた一方で
大元帥としての天皇には、その明記は存在しなかった
大日本帝国憲法のその欠陥故に
立憲君主としては動けない天皇も
戦争を指揮する大元帥としては動くことができたんだよ

昭和の天皇において、憲法の欠陥故に利用される事となり
はっきりと現れたその二面性について、きちんと理解していないと
空疎な主張にしかならないよね

544 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:00:48.76 ID:poOF5uFv
>戦争を指揮する大元帥としては動くことができたんだよ

軍事行動の全責任を憲法上無答責の天皇に帰すことで軍部、政府が天皇を利用しただけのこと。
大元帥なんてのは政府が天皇を利用するための仕掛けのひとつでしかないんだよ。太平洋戦争開戦の
聖断なんてのも政府軍部が責任逃れするために天皇を利用しただけのことだ。
おば〜かちゃんw

545 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:06:27.32 ID:D4ZSr7h1
だからこそ東條らの合祀以降、天皇陛下は靖国参拝を止めたんだよね

546 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:09:10.24 ID:poOF5uFv
東京裁判は茶番だが自決しなかった東條は死刑になってちょうどよかった。
長州の招魂社は皇室となんの関係も無い

547 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:09:28.65 ID:1MRKyur/
ID: poOF5uFv
>>539
>天皇は宇垣に
そのネタは以前にも誰かが貼っていたように思うが

昭和天皇独白録にある、天皇による宇垣評を読んだことはないのかな

>>544
参謀本部による記録、杉山メモや戦史叢書などの資料から
昭和天皇が大元帥としてどのように作戦を指示したかなど
その軍事思想と戦略は研究対象にもなり、書籍も存在しているんだよ


548 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:13:16.10 ID:1MRKyur/
>>545
敗戦後、天皇を残すためには
大元帥であった天皇という一方の実像を隠す必要に迫られ
軍に利用された立憲君主でしかなかったという虚像が
流布される事になったんだよね


549 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/12(水) 23:18:49.24 ID:VO6UiAgo
なんていうか、日本人ってリーダーというか指導者を重んじないよな。
天皇陛下が無意味に統帥権を持ってた事といい、まあ天皇陛下は
皇帝でもあるから統帥権を持ってても別に不思議じゃないんだけど
結局どう判断して良いのか分からないけど、明らかに言えるのは
日本人は総理大臣という指導者に対しての敬意を表せないでいる。
(まあ無能な総理大臣を偉い人なんて思いたくないけどね)

たとえば、北朝鮮と金正日はいうまでもないが韓国ですら↓
>故金大中大統領が行った日本文化の開放が日本での「韓流ブーム」を生み出したことを例を挙げ

ってな感じ。
日本人って総理大臣を同様に個人崇拝的に見れないんだよね。
韓国も無能大統領を無理やりそう見せてるにせよ、政治的な国民のレベルや
関心は言うまでもなくカン国のほうが高いだろう。
総理大臣は天皇陛下から容認された権威ある存在であると言うふうに
見れないと、結局まともなリーダーが育たない。
国民も政治に参加しない。

550 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:20:08.00 ID:poOF5uFv
>昭和天皇独白録にある、天皇による宇垣評を読んだことはないのかな

宇垣じゃなくてよかったと言ったとかのことだろうがそれが天皇に権力が無かったことの
否定にでもなるのかいおば〜かちゃん

>書籍も存在しているんだよ

なら、満州事変から終戦まで天皇がどのように主導して戦線を拡大していったのか要点だけで
いいからうpしてみ。張作霖爆死は天皇の指図だったとか?おば〜かちゃん

551 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/12(水) 23:21:28.38 ID:VO6UiAgo
>>548
そういう言い方はあまり感心しないが、ようは理想に現実が
おいつかなかった。
恐らく明治天皇1代限りで大元帥天皇は事実上終わって
たんだけどずるずると続いてしまった。
これが事実でしょ。

552 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:32:46.23 ID:1MRKyur/
>>550
>宇垣じゃなくてよかったと言った
立憲君主としては拒否できなかった宇垣を
軍が大元帥である天皇の意に沿って、組閣を潰した
とも理解できる状況だったという事だよ

書籍を紹介するから読んでごらん
「昭和天皇の軍事思想と戦略」

>>551
生まれながらの大元帥という理想像が
昭和天皇になってはじめて実現したという事なんだよ

内裏の御簾の奥で育った明治天皇、病弱であった大正天皇とも違い
大元帥と成るべく幼いときから軍事教育を受けて育ったのが昭和天皇だったからね

553 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:35:55.46 ID:poOF5uFv
>軍が大元帥である天皇の意に沿って、組閣を潰した
とも理解できる状況だったという事だよ

はなしにならないバ〜カ。知識以前にアタマわる杉。つーかビョーキだなチミは

554 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:40:14.98 ID:KA3h/O0d
>>541
身分制度はそんなに悪くないと思うけど
現代日本人より精神は健全かもよ
現代日本には人権は毒

555 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/12(水) 23:40:18.30 ID:VO6UiAgo
>>552
う〜ん、なるほど、そう捉える事もできるか。
ただそれでもやっぱり時代がもうそういう感じ
じゃなかったと思うなあ。

556 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:43:23.45 ID:KA3h/O0d
キチガイに刃物
キチガイに人権
キチガイに尊厳
キチガイに民主主義
キチガイをつくらないことが重要


557 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:47:23.74 ID:1MRKyur/
>>554
ID: KA3h/O0dが自らの人権が本当に不要だと思っているなら
お勧めはしないが、人権の制限されている国に行く他ないと思うよ

>>555
>時代が
日清日露を経て、国際社会で自信を深め
まさに帝国として肥大を目指していた時代だよね


558 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 23:59:23.94 ID:KA3h/O0d
>>557
まともな国なら人権なんて言わなくてもそういうことは当たり前のこと
虐待監禁とかそういうことをされてるならわかるけど何もないのに人権なんてたからかに言う必要はない
モンスターになる
家族や地域共同体や躾や教育が重要
人権なんてそのなかに入っている

559 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 04:17:01.75 ID:QtJy5ruw
>>439>>446
現代人は、昔をすっかり忘れてしまっている。
現在でも神社では、示申、と記している事を失念してはならない。


560 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 06:17:29.48 ID:7B2uc17c
>>558
人権の概念なくして、どうして人権尊重ができるか。

561 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 09:11:12.13 ID:mOWT+4Qn
天皇制というよりも皇室に関してだが、
ニュース議論板では、
皇室祭祀をしてないから、
天変地異がおきているとか問題がおきているという理論を、
多くの人が展開しているが、
西尾幹二氏のドイツ文学のニーチェによれば、
皇室祭祀をしないから、
天変地異が起きるという発想は間違いで、
仮に皇室祭祀をしても天変地異がおきてきたと解釈しないと、
成り立たないと思います。
つまり、皇室祭祀が、効力を失ったので、
現実的にはやらなくなっていると解釈する必要があるでしょう。


562 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/13(木) 10:59:04.28 ID:Lw5bEsiJ
>>557
>まさに帝国として肥大を目指していた時代だよね

日本国だけはね。
時代は人民とか民主主義とか共産主義の時代で
君主主義なんて時代じゃなかったよ。


563 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 12:00:08.07 ID:DZMYCdmW
>>562
世界の動き、その時代感覚を理解していた人も少なくはなかったが
その意識は、当時の国策を担う者達の間の共有認識にはならなかった
という事だね


564 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 12:34:55.33 ID:mOWT+4Qn
19世紀後半は、
議会制民主主義の時代だから、
絶対王政とかはほとんど存在していなかった。
かろうじて、オーストリア・ハンガリー帝国とか、
ロシア帝国があったか。
イギリスやフランスは、
それぞれ象徴的王室と議会、
大統領と議会という構図だったわけだから、
日本も、象徴的王室と議会という構図にするべきだった。
ところが、日本はドイツを真似してしまった。
医療はドイツが一番良かったと思うけど、
政治や文化などでは、イギリスやフランスやアメリカだったはず。
イタリアも政治的には弱かったけど文化は強かった。
この辺、19世紀後半の世界情勢から見ても、
日本は、遅れていた。


565 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 15:22:51.20 ID:XJvaHHt3
なら北朝鮮や中国の監視国家に移住したらいいじゃん

566 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 15:50:00.07 ID:Of1Yc7+s
共産主義は、歴史の流れから考えても、
やはり、そういう方向には行かないのがまともなんだろうな。


567 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 15:51:30.59 ID:Of1Yc7+s
つまり、資本主義までの流れは普通に当然なのだが、
そこから、共産主義や社会主義に行くという考えが、
間違っていたんだな。
そのあたりを、1940年代後半から、
1950年代から1960年代1970年代の若者が、
まったくわかっていなかった。

568 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 16:03:08.68 ID:DZMYCdmW
>>567
共同体社会という考えを突き詰めた理想論だけで
現実における、人の抱えた業とも言える欲を制御するのは難しい
という事でもあるんだろうね

569 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 16:07:14.91 ID:ZoPTF8Y4
>>568
マルクス主義が、科学的とかいいながら、
実際は理想論とか、理論上の社会主義で、
現実社会には適応できなかったということが、
ソ連の事例を見るまで、欧米でもなかなか理解されてなかったんだろうな。
でも、ソ連の失敗を見てからは、
欧米では、マルクス主義は、
間違っていたという認識だと思うのだが、
日本だけは、欧米よりも、20年近く遅れても、
いまだに、マルクス主義や社会主義にしがみついている人が、
社会の大勢の中に、散見されているという不思議もある。


570 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 16:08:48.96 ID:ZoPTF8Y4
つまり欧米よりも、
思想的に20年から30年遅れているのかもしれないね?


571 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 16:18:17.40 ID:DZMYCdmW
>>569 >>570
不平等社会をいかに無くすかという点において
思想としては間違ってはいないと思うよ
実践に至るには、人は未だ強欲に過ぎているというという事なんだろうね

>いまだに、マルクス主義や社会主義にしがみついている人が、
>社会の大勢の中に、散見されているという不思議
むしろ、ドコでそんな人を大勢見たつもりになれるのかこそが疑問だけどね

572 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 18:28:06.45 ID:KtCkR4QF
グタグタ言ってないで北朝鮮、中国、キューバへ行けよ。

573 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 19:34:50.52 ID:wG6+VDPk
>>570
 今は大學であれメディアであれヘ育《けういく》であれ、マルクス主義講座《かうざ》派の理論で固められてゐる爲に、
餘り異質の者と爲ての感覺《かむかく》が一般に弛緩《しくわん》爲てゐる。

574 :二次元は俺の象徴:2011/10/13(木) 21:04:43.32 ID:5i8rLRbJ
久しぶりでつわん♪

http://here.xxv.jp/upload/src/here34330.jpg
バニー姿でいらっしゃいですう〜☆

575 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 22:13:30.77 ID:XJvaHHt3
マルクス主義と同じ失敗をしているのが対極にいるはずの新自由主義なんだな。
「構造改革で無限に成長できるから、政府は財政支出する必要はない」なんて理想論を言うけども、
今だかつてそれが実現した国なんて存在しない。

576 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 22:52:07.20 ID:30tW1rMr
もし天皇が「象徴・元首の座を総理に譲りたい」と言ったら天皇支持者はそれを認めるか?

577 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 22:53:16.66 ID:H8Dm6W3v
マルクス主義とか共産主義のように
マルクス・レーニン・毛沢東・金将軍・カストロ・ホーチミン等の特定個人を崇拝するのは馬鹿らしい。
天皇崇拝や教祖崇拝なんて馬鹿げた事を国全体でしたくない。
自由な思想や自由な価値観が好き。
そんな人が大半だろうな。

578 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 23:12:17.43 ID:7B2uc17c
>>575
「構造改革で無限に成長できる」とは、どういうことでしょうか?

579 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 02:01:57.22 ID:FxttWAtS
日の丸と天皇が大嫌いな君たちは

このおじちゃん達に感謝しようね ↓

http://www.geocities.jp/uyoku37/



580 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/14(金) 08:44:20.63 ID:K1DZIXuk
ステレオタイプのマルクス主義批判では今日的な課題や、それと取り組むネグリらの試みは理解できまい。
ネグリはポスト・グローバリゼーションを想定して、ハートとの共著「帝国」を著し、マルチチュード論を
展開したが、こうした試みは後の「マルチチュード―<帝国>時代の戦争と民主主義」でより深く考察し、
新たな左翼運動の在り方として国家を越えた情報の共有や市民の有機的な協調関係を提言して注目を浴びた。

こうした試みには対しては、賛否を含めて哲学分野や世辞分野からの評論が数多く展開されており、
共産国家群の崩壊以降、アメリカを中心とした一極集中の新帝国主義とネオ・リベラルにみられる、
資本の寡占化や富の集中化、或いは流動性の停滞など「新帝国主義」の次に来るモノを想定している。
こうした考察をしている研究者にはアメリカではスティーヴン・ハウがいるし日本では田中明彦がいる。
彼らは共にネグリに対しては懐疑的だが、ポスト・グローバリゼーションである立場という意味では
共通しているといっていいだろう。

現在起きているいわゆる「アラブの春」運動やアメリカの大規模なデモ運動は、ネグリらの考えの正しさが
現れた現象と言っても過言ではない。ネグリの分析は現実の運動体として実体化してきた。

確かにネグリに対する批判として「実証生に乏しい」とか、「レーニン主義的」といったモノがあるが、
少なくとも資本が国境を越えてる以上、マルチチュードも国境に拘束されることなく展開すべきだとする
彼の主張には一定のリアリティがある。


581 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/14(金) 08:46:40.76 ID:K1DZIXuk
二段目にの「世辞分野」は「政治分野」の書き間違い。


582 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 08:47:14.62 ID:rrkzF+UN
なぜ、皇室民は、
ちゃっこの儀とやらにこだわっているのであろうか?

583 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 09:16:34.72 ID:pfZFObM1
ニュース議論板の皇室民だが、
今上が、皇室祭祀をしないことに不満なようで、
それにちゃっこの儀とやらを、
非常に大切なことのように思っているらしい。
政治的な皇室の意義としては、
皇室祭祀も、ちゃこの儀も、
実はまったく政治的に意味は無いと思われます。
つまり、本質的な部分は、
天皇や皇室が国民主権の体制の中で、
どういう意味合いを政治的に持っているかなのでは?


584 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 09:28:50.07 ID:qejkB5ug
>>580
かわいいさん、
なぜ、日本では愛国的な人たちによる、
一部の富の偏重に対する批判運動がおきてこないのでしょうか?


585 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 09:30:25.16 ID:qejkB5ug
欧米では、
一部の金融機関や、
一部の大富豪による富の偏重に対する、
抗議運動がおきている。
ところが、日本では、そういう運動が左翼的な陣営だけしか、
提言されてきていないような気がします。


586 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/14(金) 09:56:32.07 ID:K1DZIXuk
>>584
それはフランクフルト学派に求める論調もあるし(彼らはドイツの低所得者層や無教養層が
望んでナチスを支持したことをベースとして日本の右傾化を説明しようとしている)、
戦後の右旋回を経て復権した右派政治家らが、児玉誉士夫らのフィクサーを使ってヤクザを
中心に右翼団体を組織して左派の労働運動や安保闘争に圧力を掛け、日韓の国交回復の利権に
絡んだ右派らが統一教会のよ〜な反共宗教組織を「勝共連合」として積極的に採り入れ、
それらを潮流として底辺層を囲い込んだととする論調、ネットの普及によって右派のプロパガンダに
無批判に呼応する若年層を取り込んだとする論調などがあるが、それらの要因が複合的に
顕在化したと見る向きもある。

昭和維新を目指した戦前の若手将校らによる幾つものクーデターは、農村部出身者が多く
財閥らによる資本の集中に対する不満が大きな要因でもあったが、彼らとて右翼思想家の
大川周明らいに依拠していたワケで(大川は満鉄の関係から満州の陸軍利権と深く関わっていた)、
右派らの思想は昔から利権まみれだった。


587 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 10:18:05.25 ID:ftRmy5Y0
>>585
 其は、メディア側《がは》がサヨク側の主張《しゆちやう》しか公《おほやけ》に爲たがらないから。

588 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/14(金) 10:32:41.45 ID:K1DZIXuk
>>585
アメリカでは資本家や経営陣らが日本とは比べものにならない位に利益を占有しているため、
学生や失業者からの批判が大きい。そうゆ〜意味では日本とは問題の構造が違ってるとも言える。

日本の場合は新自由主義的な経済政策によって中間層(いわゆる中流層)のボリュームが減少し、
貧困率が高まってるのが問題と言えよう。経済が堅調だった時代に労使双方が対立を望まず、
労組が形骸化されている状況で資本家に有利な政策を行ったために、ブルーカラーを中心とした
労働者の権利の軽視化が促進した。秋葉原事件の様な散発的な不満の爆発を起こさないためには、
本来であれば労組のような組織や非営利団体などが受け皿となって問題解決に取り組むべきだが、
現実には疎外された人々は頼るべき組織もなく、個としての不満や孤独感を募らせてる。

一部には格差社会は均質な労働力を提供する意識が希薄な若年層らが自ら望んでいるとする
論調もある。労働時間の提供は、自分の自由な時間に見合わないとする若者側の希望でもあるから、
一概に社会構造の変化だけでは解決しないというワケだ。(三浦展の「下流社会」でも振れられている)


589 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/14(金) 10:51:26.18 ID:K1DZIXuk
以前から時折見ていたのだが、この人の論評は割と面白い。

ポストモダンと右翼国家主義という構造配置で現代日本の思想状況を捉えようとする論者が出て来ないのは
何故だろうかと私はいつも不思議に思っている。登場するのは常にそのどちらかか、どちらかの亜流であり、
資本と世論と本屋に阿ることと媚びることだけが得意な低レベルな商業主義的評論家のみである。脱構築の
言説が実践的説得力がなく、現実の政治問題の批判や解決から逃避しているから右翼国家主義に世論が靡く
のではないのか。アカデミーが脱構築の異質な言語世界に閉塞したから大衆は右翼国家主義の実践的テーゼ
の方に魅力を感じたのではないのか。そして脱構築サイドによる近代主義と社会主義への攻撃と破壊こそ、
右翼国家主義にとっての目標そのもので、まさに決定的な「左右共闘」ではなかったのか。

未完のプロジェクトである日本の戦後民主主義が、一般表象として現在これだけ矮小化され貶損されている
のは、一にも二にも脱構築主義者のせいである。憲法の理念を説いて再興を図るのにこれだけエネルギーを
要するのは、この二十年間、アカデミーの権威となった元左翼の脱構築主義者が憲法の理念を傷つけ唾を吐
き続けてきたからである。ネグリ=ハートの<帝国>論の前提は国民国家の役割の後退という認識で、すなわ
ちブルジョワジーの主権形態である国民国家が時代を支配するのが近代であり、国民国家に代わって<帝国>
が主権の位置に来るとき、新たなポスト近代が始まると言っている。

だから<帝国>論においてもマルチチュード論においても、国民国家の後退と消滅という方向が基本的に前提
されている。なるほどと頷きながら、ふと思ったのは、ネグリ=ハートの<帝国>論において中国はどのよう
な位置づけにあるのだろうかという問題だった。二人はポスト近代における中国(社会主義市場経済)の意
味と存在をどう捉え描いているのだろう。

http://critic2.exblog.jp/2380190/


590 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 12:10:17.18 ID:8Xh7YK+p
中華文明で格下のはずの日本が「天皇」という文字を使うのは韓国人にとって癪に障る。
中国の属国だから韓国人は「皇」は恐れ多くて使えない。皇は中国にだけいる存在。
大韓帝国には高宗皇帝がいたが、日本に天皇がいると自分が風下にいる気分になる。
彼らは今でも「天皇は認めたくない」という19世紀の中華文明圏の秩序意識の中で生きている。

ちなみに17世紀、清(満州族)からの国書に皇の文字があったので受け取りを拒否したら
清からフルボッコされた。

591 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 12:13:17.88 ID:6c7i3IR8
>>589
なーにがポストモダンだ。
バカ左翼と言え。

592 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 13:40:40.12 ID:ZHflsAiX
>>590
 日本が支那の王朝《わうてう》を打倒《だゝう》し、中原《ちゆうぐゑん》を若し扼したならば、
日本こそが華夷《くわい》秩序の中心《ちゆうしむ》となる。

593 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 13:52:18.90 ID:/eeUlbYx
>>589


>憲法の理念を説いて再興を図るのにこれだけエネルギーを要するのは、この二十年間、
>アカデミーの権威となった元左翼の脱構築主義者が憲法の理念を傷つけ唾を吐き続けてきたからである。

これはね、国民が無垢に信じていた憲法に唾を吐いたとするならネグリも同罪だよ。
ネグリは構成的権力という概念を示すことなったけど、例えばそれは現在ある憲法から過去に遡って、
構成することが認められた権力の主体性を、理性の名のもとにおける想像力によって、
遡行から暴き出すことが出来る側に認められる物である。
現代の国民国家を眺めると、そうした事ができるのは例えば裁判所の判決を頂点とするような、
アカデミックな法学の分野にあり、そうした一部の存在によって、
民衆の主体的な構成的権力が奪われている事を指摘してるようなものだ。

こうしてネグリは蛸壺化した法学のようなアカデミックのような存在に対しては、
民衆によって乗り越える上でのハードルとして位置付けるような考えを提示することもなった。

もちろん政治学や哲学にも、そうした学問的な特権的意識は十分にみとめられるし、
自分も含めてそうなのかもしれないが、それに飼いならされてるだけの人間も多い。
特に、その言葉の使い方には、世俗的な言葉使いとは言い難いもので示した上で、
民衆が主体的な考える上での場を十分に提供してるとは言えないだろうな。



594 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/14(金) 15:28:02.00 ID:kZEjvlr1
ネグリとハートは「マルチチュード」123頁において以下のように書いている。

抵抗は権力に対して優位なものである。この原則に立つことで、近代の紛争・対立の変遷や
今日のグローバルかつ永続的な戦争状態の現出に対して異なる視点を手にすることができる。
抵抗の優位性を認識することによって、私たちは歴史を下から眺め、今日可能な別の選択肢
に光を当てることができるのである。

こうした視座は右派〜保守ら言論人が相変わらず冷戦時代の左右対立の二項論に拘泥してる間に、
左派が新たな地平を見いだしているとゆ〜現実を突きつけていると言えるだろう。
マルクス主義講座派だのソ連の失敗だのに酔いしれてる間に、左派は新帝国主義の問題を掘り起こし、
時代の先を見通しているとゆ〜コトでもある。文明の衝突までしか未来像を描けず、
ヘーゲルの「歴史哲学」の掘り起こしによってしか新自由主義の肯定を出来なかった保守主義は、
アラブの春や全米で巻き起こっている格差是正デモ運動に翻弄されているのだ。


595 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 16:39:06.67 ID:iLK0/dnY
共産主義はともかく社会主義いわゆる社会民主主義まで反対とはね。おれは逆で
日本の社会党が駄目過ぎて、日本にまとまな政権交代能力を持つ中道左派政党が
育たなかったのが最大の問題だと思うけど。

マルクス、ケインズもそれほど間違っていないし、フーリドマンもハイエクもね、
でも現実の政治は学者の理論とは違う。ハイエク信奉者のサッチャーが英国を苦
境のどん底に落としたりね。

日本に必要なのは、ドイツのSPD、フランスの社会党、英国の労働党のようなま
ともな中道左派の政治勢力かもよ。だから、日本も保守がまともではない。
ドイツは新自由主義のFPDは完全にOUTだね、支持率が1?2%じゃね。

左派でも靖国に参拝したり、改憲を唱え、集団的自衛権を認める政治家が登場して
欲しいよ。
そうなれば、自民党の1000万人移民計画は潰れ、天皇制は守られる。

596 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 18:25:02.63 ID:ZHflsAiX
>>595
 サヨクなればこそ移民を入れるといふ發想《はつさう》も出て來るんだが。

597 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 19:16:18.34 ID:yuGXVVqG
>>595
守ってどうするんだ

598 :二次元は俺の象徴:2011/10/14(金) 20:35:53.17 ID:EvvpPWv1
どんな形であれ、天皇なしでは日本はやっていけないのかもね

http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima217690.jpg
上出来だね☆

599 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 20:44:00.30 ID:lCLECSFx
藍しゃまー

600 :二次元は俺の象徴:2011/10/14(金) 20:44:23.47 ID:EvvpPWv1
http://img02.nijigazo.com/2011/10/11/inmo/1011inmo_0001.jpg
いいね☆

601 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 21:17:55.10 ID:aBthHc+V
たまに>>590のようなレベルのレスが出てくるのが天皇信者の弱点だな。
論理の応酬は立場関係なく面白いがオカルトが混じるとガッカリ。


602 :名無しさん@3周年:2011/10/14(金) 22:27:11.23 ID:1pdBIHEI
>>601
オカルトは、話題としては面白いけど、
政治的な諸問題を考える際には、
邪魔になる場合が多いね。


603 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/14(金) 23:11:53.29 ID:CaT1ZStd
カルトって言うかネトウヨだろ

604 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 09:11:54.63 ID:dwESX6k1
要するに天皇制=自分と同化してしまっているんだろうな。
ある意味で言えば宗教と同じだな。


605 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 09:16:56.55 ID:dwESX6k1
天皇制というか、皇室というか、
日本だけは、廃止されないで長く続いてきた。
多くの天皇やその関係者の中には、
変わり者が少なからずいたわりには継続して来た。
ヨーロッパやヘレニズムの諸国と、
どこが違っていたのだろうか?
お隣の中国とどこが違っていたのか?
応神天皇から仁徳天皇への王朝とか、
継体天皇から蘇我氏にかけての流れとか、
一番華やかな天智天皇と大海皇子と、
額田王との恋のさやあてとか、
それなりに、激しかった割には、
継続できたのが、欧米や中華との違いなんだろうね?


606 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 09:30:04.32 ID:laQV2TUs
事実と論理で考える人達がいる一方で
思い込みや感情でものを言う人もいる。
少なからず思い込みは誰にでもあるし感情で動くのも人間らしさ。
でもそれは個人的であれば尊重されるけど一般論としては通用しない。



607 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 09:35:33.17 ID:fu7CsWaC
欧米や中国との違いは、日本人が単一民族であることと、王や皇帝ではなかったことだろう

608 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 09:38:05.74 ID:NpfAuV2G
>>606
日本のいわゆる右翼とか保守とか言われる人たちが、
政治的な行動や考えを主張する場合だが、
事実や論理というもので、
その正しさを主張するというよりも、
過去の栄光や自分たちの日本に対する思い入れだけを、
非常に大事に主張しているね?


609 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/15(土) 10:28:16.30 ID:z2m2vtPQ
日本なんて直系が長く続いただけでなんも残ってないじゃん。
平安からの伝統と江戸時代からの新興文化がほとんど。
しかし奈良には世界最古の木造建築、鳳凰堂には貴重な骨董品が眠り
天皇もまるで生きた骨董品といえる。
文字も早い時期からあったくせにヨーロッパやイギリスほど歴史がはっきりしない。
まるで何度も滅びたかのよう。
あとは現代文化しかなく、しかも伝統が押されてるという・・・・。
(韓流ごときに振り回される万世一系国って・・・・)

ふつうこれだけ長く続いたのならもっとましな文化国だろっていう。
朝鮮がそれならわかるよ、でも日本国もかよと。
国としては浅いよな〜日本。

610 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 10:44:09.60 ID:W3PKO88V
>>598
おれは天皇制支持者だが、最近ちょっと変えることがある。天皇制のない日本というのは荒れるんじゃあないかと。
そう思ってのは東日本大震災の被災地を訪問する天皇陛下に関して、マスコミの扱いが小さかったことだ。
これは阪神大震災や奥尻島自身の時より、小さいコラムニストの。勝谷がこの件で吠えていたが、
これは 国難に際して、民心の安定を図る装置としての皇室は、それほど必要性がなくなったのではないかと
思ってみた。
 戦後の混乱期、昭和天皇は全国各地を行幸し、戦後復興の一翼を担ったという経過がある。
これが過大評価か一種のフィクションであるにせよ、天皇制の有用性・存在意義を立証するケースのひとつであったわけだ。
それが今回の天皇の被災地訪問のスルーぶりは日本人の精神的成長なのか、単なる無関心なのかは別として、
なんか今までと違うな、と思った。

 つづく

611 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 11:00:10.96 ID:W3PKO88V
610続き
おれは全くサッカーに興味がなく、なでしこジャパンは今年になって初めて知った。そして相変わらず今も興味ないww
で、今回のなでしこジャパンの過熱報道はやはり大震災と無縁ではない。
国民統合の象徴として 過剰にクローズアップされた感がどうしても拭えない。
今上天皇に代わる 新種の『ミカドの肖像』がなでしこジャパンになっちまった気がする。

国民統合の象徴としての皇室は、もう賞味期限が来たのではないか?
平成も明仁陛下の崩御で終わるわけだが、 カリスマとしての天皇制もこの人で終わるのだろう。
皇太子は個人としてはオーラがあるが、妻と娘が一家のカリスマ作りをぶち壊してしまった。
今朝 テレビで芦田まなちゃんを見ていて、もし国民投票で愛子と芦田まな のどちらを未来の天皇にしたいか
、と聞かれれば、芦田真菜ちゃんが完勝すると思った。

612 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 11:12:02.28 ID:7jxSsQDF
>>609
 否、單に御前が知らない丈だらう。

613 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 11:14:23.07 ID:W3PKO88V
611続き
おれは関西人で京都に時々遊びに行くのだが、周知のとおり、天皇が京都を去ってから150年近く経った今でも、
伝統文化や古いしきたりを残し、日本人の心のふるさととなっている
。欧州に行ったことのない俺が言っても説得力がないが、ウイーンと似た状況ではないかと妄想している。
ハブスブルク家がなくても帝都の香りを今に残すウィーンざんす。
天皇は去ったが国内に居る京都と 共和制下のウイーンを同一に論じてはならないが、
仮に日本が共和制になっても京都の雰囲気、持ち味は変わらないと思う。
東京人にとって、天皇のいない東京は想像できないかもしれないが、上方は150年間
イメージトレーニングを積んできたわけだ。

皇室がなくても案外 日本人はやっていけると、最近考え始めた。
おわり。

614 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 11:17:44.43 ID:8cndGlEE
>>610
>>611
カリスマとしての天皇や天皇制は、今上の時代で、
その役目を終了するのではないだろうか?
現在の東宮が次の天皇になるのは、一応確定しているわけだが、
その在り方は、昭和天皇や、今上とは、明らかに変わって行くのではないだろうか?
確かに、なでしこジャパンは、急激に取り上げられて来ているね。

615 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 11:29:59.24 ID:NOFpuQb+
元厚生官僚の事務次官 (羽毛田信吾) が宮内庁長官として権勢を誇示できるような体制は
現代社会では 実にみっともない様 だわさ。

国連の常任理事国になれないのもこういう愚かな差別体制を排除できないでいるから。
もう役割を終えたのだから、あとはゴミどもに政治利用されないように制度を終わらせるべし。

でないとあちちに「何某天皇」がでてのさばり、国が不当不正に混乱する源となるからさ(蔑)
それに厚労省が20年以上も全国民にセックスのHIV汚染を統計偽装で隠し続けてるのも大問題!
厚生官僚と宮内庁、皇族との結合はかなり危ないものがあるよ!

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=200000286&tid=bb38fdahahd9a1a2kbdgsbernca4o0dbbeo&sid=200000286&mid=558
厚生省のエイズ統計を信じるな! (週刊文春・告発記事)    NTTエイズ

616 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 12:13:18.83 ID:8cndGlEE
>>615
宮内庁と厚生労働省とつながりがあるとか、
以前は外務省とかの影響とか、
その前は、警察庁とか、
いろいろな繋がりがあるんだね。
良い繋がりなら、良いのだが?

617 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 13:20:29.84 ID:gpy/kpve
>>613
奈良とかあのあたりみたいに、
田舎の雰囲気も悪くはないよね?


618 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/15(土) 13:24:53.15 ID:z2m2vtPQ
>>611
今考えると敗戦しなければ日本はそんなことはなかったとおもうわ〜。
>>613
うん、それはあるかもしれない。
ただオーストリアと京都や関西ではまったく比較にならないかも。
やっぱりヨーロッパと日本では古都や伝統における存在感がまるで違うと思う。
その代わり日本人は近代的な文明の恩恵をあずかれてるけどね。
>>612
精神的な遺産というのは続いてるかもしれないが、物質的、文明的な遺産は
あまり受け継がれてこなかったよ。
だから明治に王政復古をしたわけで。
日本は鎌倉から明治維新までの1000年近く、幕府将軍朝という時代を過ごした。
これは中華やヨーロッパや英国の歴史にはない特殊な状態だよ。
これこそある意味すごい遺産だろ。

619 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 13:59:04.12 ID:XgdPHqtf
奈良・京都で伝統文化を守ってるのなんてごく一部だよ
大店の店主とか地主とか
建築物や芸者は観光資源だから残してるだけ
八坂神社とか東大寺の近辺以外は俗な街だよ
旧華族のボンボンの社交場になってる靖国と似たようなもん
上から押さえつける文化を庶民がいつまでも有り難がる道理はないわな

620 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 14:59:10.80 ID:gpy/kpve
>>619
江戸時代も、
明治大正昭和時代でも、
庶民には文化とかそれほど継承されていなかったわけだから、
天皇とその文化にしても、
平安鎌倉室町時代の文化などが、
浸透されていたのは、ほんとの西日本の一部なんだろうけど、
その西日本の一部の京都奈良大阪兵庫あたりの文化が、
現代までなんら疑問を持つことも許されないで、
存続してきたわけだ。
一部の文化人とかが、新しい提案をしたかもしれないが、
その文化人の基盤が、結局は社会主義的な傾向があったので、
明治政府あたりが弾圧したということだろうね?


621 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 15:58:42.71 ID:Tgspp+jb
前近代はともかく、現代において天皇が日本の伝統文化の支柱であるかのような論説は
どうもしっくりいかない。皇室が神道の最高祭司であり、宮中儀式が優れた日本の無形文化遺産であることは
認めるが、それはやはり日本文化全体の1コマにしかすぎない。そういう感じが最近してきた。
日本文化の支柱としての天皇制というのはやはり過大評価なんだろう。それを613で言いたかったんだね。

男系後継者以外に天皇制の最大の危機があるとすれば、それはカリスマ性の喪失 になると思う。
なでしこジャパンといえば、ソフトボールだと思っていたおれには、異常な過剰報道を見せられ、
簡単に国民栄誉賞をポンと授けられた日には 開いた口がふさがらない思いだった。
国民統合の象徴って、カップヌードルみたいに簡単に作れるんだなあと感じた。
園遊会での映像を見てて、ふとそう思った。

承久の乱の時の後高倉院や南北朝時代の広義門院が 即席の「治天の君」にさせられたが、
なんか共通するものを感じる。

622 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 16:04:49.20 ID:wfD7apmI
天皇制より在日特権廃止すべきだね。

623 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 16:12:30.30 ID:3hQ1dafj
通名は一時も早く廃止すべきです。在日は自尊心と言うものがないのか。それとも
なにかやるのに日本名の方が目立たないので便利なのか

624 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 16:36:04.75 ID:8cndGlEE
治天の君が、
即席ラーメンのように、
簡単に3分待てば、
出来上がりになるように、
象徴としての存在も、
伝統などと関係無く、
作成して行く事が可能になったわけだ。
後高倉院は、
天皇になった事が無くても、
上皇となり、政務を取れたわけだね。

625 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/15(土) 17:09:09.49 ID:z2m2vtPQ
>>620-624
そこまで天皇や日本文化をかるんじるのはまた違うんじゃないの?
あと、在日はそのままでいいだろ。
ただ朝鮮は再併合する必要があるけど。

626 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 17:19:07.08 ID:fu7CsWaC
単なる庶民の見世物だった能や歌舞伎が日本の伝統文化面してる世の中じゃ

627 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/15(土) 17:32:17.72 ID:z2m2vtPQ
>>626
そう言う言い方はどうかと思うけど、わからなくはない。
日本は結局さ、スケールの小さい国なんだよ。
日本のテレビや映画、メディアとか見ていてもよくわかるけど
庶民の文化がデカイ面してる。



628 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/15(土) 17:40:32.78 ID:z2m2vtPQ
あと、外国の文化だな。
外国の文化が結局デカイ面してるんだよこの国は。
だからいつまでたっても自国の文化が育たない。

629 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 17:44:20.72 ID:A3UCWb0s
>>627
じゃ尋ねるけど、アメリカ文化で庶民的じゃないのってあるの?
映画、音楽、文学、演劇etc
みんな庶民の文化だけど世界に発信して浸透してるよ


日本文化がスケールが小さいんじゃないよ、単純に発信力が弱いだけ


630 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/15(土) 17:54:21.46 ID:z2m2vtPQ
>>629
アメリカの文化は庶民じゃなくて市民の文化だろ。
庶民の文化ってのは要するに都発じゃない文化ってこと。


631 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 18:13:37.16 ID:A3UCWb0s
屁理屈だね
カントリーやデキシーは?
ジャズは?
マーガレット・ミッチェルやストウ婦人は南部の田舎で小説書いたよ


だいたい市民と庶民の違いってなんないのよ?
住んでいるのが都市部か田舎の違いだけ?


632 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/15(土) 18:28:48.01 ID:z2m2vtPQ
なんていえばいいのかな。
だけど日本ほどの国がだよ、あんまり文化進出に
弱いってのも説明がつかないよ。
俺にも詳しくはわからないよ。

633 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 18:42:06.96 ID:A3UCWb0s
単純に言葉の壁だけですけど
共通語としての英語文化と日本でしか使われない日本語文化の差でしかない


で、ネットで翻訳を勝手にしてくれるようになっちゃってJ‐POPやアニメが日本文化として認識されだしたんじゃないの
古典芸能や文学もちゃんと日本を理解して外国人と日本人の感性を擦り合わせて翻訳できる人間が多くない=発信力が弱いだけだと思うけどね


634 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 18:55:11.89 ID:A3UCWb0s
明治時代に外国文化というより外国の法律や制度を取り入れる際に、それまでになかった概念や理念や法律的用語を福沢諭吉あたりが造語して日本語にした
民主主義とか革命とか政府とか内閣なんて江戸時代にはなかった言葉だし


だから日本文化を世界に発信するなら外国人版福沢諭吉が日本語をその国の実情にあう言葉に造語、翻訳してくれなきゃならない


メガデスのマーティン・フリードマンがJ‐POPを聴いて衝撃的に日本に居着いた
みたいな事がもっと起きたら日本文化は伝播するよ


635 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 18:57:56.41 ID:Ze2nrdB5
>>634
>メガデスのマーティン・フリードマンがJ‐POPを聴いて衝撃的に日本に居着いた

こいつは本国で売れなくなって日本で食いつなぐ為にこういう事言ってるだけ。

636 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 19:06:38.21 ID:y6wkCR/z
それマジで言ったん?ソースあんならすぐ出せ
マジなら2ちゃんねら総力を上げて潰すが

637 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 19:11:59.95 ID:wfD7apmI
>>635
マーティは再び売れ始めたメガデスのデイブから戻るよう誘われたが断ったんだぜ。
むしろアメリカにいた方がはぶりが良かった。

638 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 19:18:16.30 ID:A3UCWb0s
>>639
www2ちゃんねるの総力あげて潰すだって
いまだそんな寝言本気で言う奴いたんだwww


だいたいいつあんたが2ちゃんねるの総意を代表する立場になったんだよ




639 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 19:19:14.45 ID:A3UCWb0s
いけない>>636


640 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 19:34:07.69 ID:n69Y4Hwf
 ───┐ │   ○                  ___
      │  |───    /\○   .|  ーー      /    ̄  ll |    ̄ ̄/
      │ │      /   \    |        ヽ/     ̄    |     /|
 ───┘ └───       \  | ー─'    \   __/   |__/ /  ヽ

                   |         ー─っ  |  ヽ |  ヽ  | |
                  ̄| ̄| \          |   | |   | | |
                 . |  J    つ  \__  し  . し    ・ ・
′   /  , イ´  ̄ ̄ ̄ `> .   _   人    ____
  ./  / _  -―――-   _` く  \ `Y´,.ィ : : : : : : : : : `⌒i__    人
..:/  ∧  /_ /-‐ オ ィ ―-  /_ ―- }ヽ/ : : : : _: : ---- : : |: :\   `Y´
/  ∧ ∨ /:`>キミ千  .ィ/   - _ ∨: :-――.ィ: .::―- . ト- _ヽ
  ∧:.__/   |::イ _人_|^j:: / 人}_イ_ .:   ト V : : ::/≧z=/イ :! ;/ :. 丶 ∧
  |/´_7 {:. :N{ `Y´ノ/ ´  /フ{ハ.|:. .::    ト、 | .: :/l/人 l`}イ../}人∧ : : { i  人
  { }W :ハ:..{ `  ̄ ´     「)rー}j:.:/:    |ハ!.:|小|`Y ノ/ j/ '7フiヾ ト : :ヽ|  `Y´
  人ーl  :::トヽ::::: r   ′`ー'/イ:::..:: :. |:/ .:::!:{ ` ̄`     {.)rソ〉}/:.|::i|
   `|  :::|    >ー 、_) :::::: } ::::::::: /: |': :::小ト ::::    , `ー' /::: :| ハ|
    ハ l :::|     {   /__   ノ:::::::::::∧: !: :::/l !{  /` ー ァ ::rvV::: : ハ
´ ̄ `ヽY ::|>  _廴/-ミ_}.イ|:::/:::::://:V : :::|、 \ {   /_.ノ ノノ::: :/
     lハ:::|\/ ⌒{::i⌒ヽヽ.Y::::://´|: : ::| 〉  ト=='/    ィ':: :/__
      ヽl/   ⌒Y(`ヽ  ∨ |::/   |!: :::l/  ∧ |.}   K./.:: /> `ニ¨¨_`く}
        /     ノ::::}     l l/    ハ ::{  /  V|  V/:: /  キ  Y `ヽ
      /     /|/:::|    |  |    /{ ヽ| ∧ /  l  /イ,ィ/{   ^ー '⌒ ー'}

641 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 19:44:57.25 ID:1uvTyAwK

アンダーソンの「想像の共同体」によれば、
国民国家とは連綿と続く歴史的共同体としての世俗化の過程で行われる、ネイションとしての再魔術化であり、
それまであった共同体における宗教的情動を「代補」したものだとされる。

日本においても、天皇制の形成過程というのは、こうした国民国家の形成過程に深く関与し、
明治維新以後における、国民に対する再魔術化に有効に機能したと言えるし、
それは鎖国状態がなくなったことで、西洋に対する眼差しを意識した事で生まれる、
日本国民としての自己像の確立に端を発し、天皇制と共に変遷を辿りながら、
明治維新後に生まれた国民国家としての「想像の共同体」の面影は残った形だ。
また多くの国民は、そのような変遷を辿ることになった現在の共同体を好ましく思う限りにおいて、
好ましいと思うが故に、ネイションとしての再魔術化は、今後とも繰り返されることになるだろう。

一方、日本代表に見られるスポーツ競技に代補することができるとの主張が見られますが、
勝敗に付き纏う上での不安定な状況は、歴史的連続性を相対的に担保することできないため、
その時々の勝利によって補完することは出来でも、国民国家を支える宗教的情動のようなものとして、
代補することは出来ないでしょう。




642 :インド大金持息子の弟:2011/10/15(土) 20:01:12.54 ID:zvHZW9X/
>>632
日本の文化、簡単に云えば「映画=野麦峠、おしん」は、アジア地域で
知られてる。しかし他の文化、茶道、華道、歌舞伎、等々知られてない
ものが山ほどある。

最近では寿司、居酒屋、電化商品、車等々で日本のイメージで著されて
る。
日本は島国、国民も旅行以外海外へ出掛けない。日本人が海外で影響力
と存在が誇示出来てない。それは日本人の国民性と云われるのだろうか。
「その場の空気を壊したくない」「世間体を考えてしまう」「変わり者
と思われたくない」等々であろう。

海外から見た日本のイメージは、ほぼ商品イメージである。日本人の顔
が見えない。
「何を考えてるのか?」「人間性は?」そして「国民性は?」外国人は
皆知りたがってる。
従って顔が見えない、仕方なく過去のイメージを追い掛ける。それは過
去には悪いイメージが覆いかぶさってる。
これからと云っても遅いかもしれないが、それ等の「悪いイメージを払
拭」するのが日本人の勉めではないか。

643 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 20:10:00.26 ID:aSKfmVey
>625
おれは天皇や日本文化を軽んじているわけじゃないんだ。610や621をそう受け取られるとちと痛い。
昨日の園遊会のニュース見て、感じたことをダラダラ書いたので誤解されたのは俺の責任だけど。

天皇というのはいつの時代にもカリスマ性が必須条件でそれがだんだんなくなりつつある、てことを天皇の被災地報道と
なでしこの“神格化”現象で言いたかっただけ。  で、言い足りない部分をさらに書いてみる。

天皇の脱伝統文化は京都と縁を切ったことが決定的だと思うね。昭和天皇までは即位式を京都で行っていたが、今上天皇は東京で行った。
明治天皇以来かろうじて京都とつながっていた縁がこれで完全に切れた。
これによって、京都は明治以降なんとか保持していた副首都の機能を失い、単なる地方都市になってしまった。
昭和天皇の崩御後、京都は遷都1200年祭を催すが、現代の京都はもはや『みやこ』ではなく、
日光や平泉 高野山と同じく、世界遺産の観光都市として生きていくことになった。
現代の京都に、「天皇のいない日本」の未来像を見ることができる。

644 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 20:20:48.70 ID:A3UCWb0s
天皇にカリスマ性?
後醍醐天皇が明治天皇までの天皇でどんだけカリスマ性を発揮した天皇がいるの?


そんなもん明治政府が作り出した幻想だわ

645 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 20:25:37.73 ID:aSKfmVey
643続き
明治天皇と違って、東京生まれ東京育ちの昭和天皇だが、母ちゃんが摂関家で嫁ハンが皇族であったことから、
公家の香りを少し残していた。昭和天皇大喪の折、宮内庁から棺の担ぎ手を拒否されたとはいえ
、葬列の参加を許された八瀬童子の存在は、最後の京都天皇であることを意味していた。

今上天皇や徳仁は東京天皇として 新しい天皇像をつくていかなければならない。これは至難の業だ。
なでしこジャパン如きに、国民統合の象徴を奪われるようでは前途多難である。
天皇制の危機とは、こういうところにあるように思う。
おわり。

646 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 20:40:41.34 ID:aSKfmVey
>>644
カリスマ性という言葉がしっくりこないのはわかる。前近代においては天皇個人ではなく、万世一系の天皇制、という
皇室自体が持つ希少性とか無謬性みたいなもんだな。明治以降ではそれだけではもたなくなって、
天皇個人にオーラがないと、ちょとシンドくなってきたんだろうね。大正天皇を除く近代の3天皇は、
フィクションか都市伝説かはともかく、カリスマ化は一定の成功はしている、と思う。
問題はナルちゃんだ。ナルは微妙だ。今朝 テレビのバラエティで芦田愛菜ちゃんを見ていて、
東宮一家はダメだと改めて感じた。仏頂面の愛子と芦田愛菜ちゃんでは差がありすぎる。
おまけに雅子がモンスターペアレンツの日本代表になってしまっては処置なしだ。

647 :インド大金持息子の弟:2011/10/15(土) 20:47:02.12 ID:zvHZW9X/
海外では日本の天皇は象徴とみなしてる。

イギリスとイメージが被さる。深くは考えず国の象徴と思ってる様だ。
日本人の様に神格化して考えたりしない、そんな考えは理解に苦しむ様
だ。
日本の若い人も同じではないか。象徴と考え向き合ってるのではないか。
其のように自然に向き合えば抵抗なく受け入れられる。ムキになって神
格化すれば、反対意見も噴出し、却って国民との乖離を招き国の混乱を
招く。

648 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 21:17:38.58 ID:Dy2Q/xTp

まったく、馬鹿ばっかりだなこのスレは。

馬鹿を集めるエサの様だ。


649 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/15(土) 22:15:30.35 ID:z2m2vtPQ
>>644-646
う〜ん、それは単に天皇が地味だって話だろうけどなあ。
ただ日本自体がすでに変貌しつつあるからね。
やっぱりあなたの言うとおりいなっちゃうのかな。

650 :名無しさん@3周年:2011/10/15(土) 22:33:12.17 ID:wfD7apmI
廃止しろなんて言ってる連中てろくなのいないじゃんよ(´・ω・`)

651 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 02:08:09.89 ID:mDn4eazl
公務員の頂点だわな。給与削減は はたして、ありやなしや?

652 :二次元は俺の象徴:2011/10/16(日) 06:22:46.52 ID:vQVUYShO
ブータンも変わっていくのかな。。。

【2万5千人の前でキスのハプニング ブータン国王夫妻】-MSN産経ニュース-
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111015/asi11101520150004-n1.htm

http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima220605.jpg
のぼせちゃうぞw

653 :二次元は俺の象徴:2011/10/16(日) 07:00:02.45 ID:vQVUYShO
>>650
うむ!
廃止派は谷田川氏の期間限定コラムにある下のソースを読んで自覚してほしいものだ

守るべき国家の基軸 8月18日
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/kokkanokijiku.htm

http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima220582.jpg
足コキも悪くない♪


654 :二次元は俺の象徴:2011/10/16(日) 07:19:05.23 ID:vQVUYShO
ごめん訂正だ

>廃止派は谷田川氏の期間限定コラムにある下のソースを読んで
>いかに自分たちが愚かなのかを自覚してほしいものだ

でお願い


http://blog-imgs-34-origin.fc2.com/i/p/h/iphone999/20091181600044.jpg
関西も侵略されたのか。。。

655 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 08:22:38.65 ID:5TO/vg+b
>>649
いわゆる神道を基本とした保守派というのが、
だんだん少なくなってきているわけだよね。
具体的にどのぐらいかはわからないけど、
そういうグループは消えてきているだろうと思う。
庶民の祭りとかいわゆる荒っぽい祭りとかは、
郷土芸能みたいなレベルで残っていくのかもしれないが、
皇室に近い神道とかが、だんだんに衰退していっていることを、
感じている。


656 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 08:38:49.16 ID:5TO/vg+b
655
つづき。
いわゆる庶民の祭りと皇室の神道とは違っているんだよね。
庶民の祭りがおみこしとか山車とかに対して、
皇室の祭りは、雅楽とか踊りとそんな感じ。

657 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 08:54:52.59 ID:zn6FFowc
現状では、日本人は憲法改正に消極的過ぎる。


658 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 09:24:13.45 ID:O0Cmy00r
庶民どころか皇室以外には理解できないのが神道なんだから、
国民主権で神道中心の政治体制というのは不可能なんじゃねーかな。
偉そうに神道が−天皇が−と言ってる連中の誰ひとり大嘗祭の主宰神を知らない。

659 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 09:27:34.24 ID:a+rUzffq
国民主権というのをやめればいい


660 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 09:37:23.24 ID:QcTTkBC5
だいたい神道主体の儀式なんて大抵明治時代に作り出したもんばっかりで、伝統といえるほど歴史があるもんじゃない
即位式すら明治以前は中華式黄袍を来て拝礼してたのにね

661 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 09:57:31.70 ID:Y0fqPwbq
>>658
大嘗祭とやらも、
明治になって復活したんだろ?
>>660
氏が書いているように、
江戸時代までは中華方式を取り入れていたわけだから。


662 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 09:59:48.94 ID:54T5P122
>>658
>偉そうに神道が−天皇が−と言ってる連中の
>誰ひとり大嘗祭の主宰神を知らない。

だいたい、天皇がーとか、
神道がー、とか大きな声で叫んでいる人の多くが、
靖国神社とかを、賛美しているよね?
靖国神社は、明治維新側の兵士のための神社だったわけだからね。


663 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 10:18:54.10 ID:a+rUzffq
反天皇や反靖国の人たちは被害妄想が多い
抑圧するものだと思い込んでいる

664 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 13:23:07.82 ID:QcTTkBC5
被害妄想もなにも崇め奉って被害者山盛りだから人間宣言させて象徴天皇にしたんじゃんか


今のまんま存在するならともかく「日本は天皇を中心とした神の国」なんて言い出して、異論を認めないから反発するんですけど


665 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 13:33:26.36 ID:bF0jP2za
>>645
八瀬の人間は昭和天皇の棺を担いでいるよ。
確か6人位だった記憶がある。


666 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 13:34:43.86 ID:pwRR2Sxp
>>663
被害妄想が多いのは右翼
いつも中国に脳内で攻められてるwwwww

667 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 13:35:24.62 ID:pwRR2Sxp
>>663
被害妄想が多いのは右翼
いつも脳内日本が朝鮮人に占領されてるwwwww

668 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 14:57:47.03 ID:H/xC6qsY
もともと天皇ていうのは力で民をねじ伏せた外国の王様とは違って昔から自然災害の多い日本で五穀豊穣を祈る神主の代表者として尊敬されてきた存在なわけで、その権威を時の実力者が存在自体を大義名分として利用してきただけ。
だからマッカーサーや左翼に言われるまでもなく天皇は象徴的存在であり、廃止を願う連中というのは天皇というより天皇を慕う日本人自体が気にくわないだけで日本を廃止したい滅ぼしたいという願望でしかない。


669 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 15:56:50.22 ID:7pT2n25o
>>668
>五穀豊穣を祈る神主の代表者として尊敬されてきた存在
神道の最高司祭だなどといった事も、国家神道時代の制度依存の残滓から脱しきれない
神社本庁神道側が言い出しているに過ぎないからね
天皇家の祭祀である皇室祭祀と、民間の土着の祭祀は
祭祀を行うという点では
共通していても、祀る主神からして違う別物だったんだよ

>天皇というより天皇を慕う日本人自体が気にくわないだけで日本を廃止したい滅ぼしたいという願望
特大の妄想入りの藁人形はいらないからね

670 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 15:58:17.21 ID:Uf4Oz3C2
>>665
いや、宮内庁からOKされず、棺を担いだのは皇宮警察官。八瀬童子は棺の後ろを歩いた。だから葬列には参加したが、
棺は担がせてもらえなかった。

671 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 16:10:48.87 ID:H/xC6qsY
‘国家神道’ていうのは明治以降の政権が天皇を利用して作り出したこじつけで、日本は最初から‘八百万の神’信仰だから偶像崇拝の多様性を認めていたし皇室自体に制度依存なんて存在しない。

672 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 16:18:32.23 ID:7pT2n25o
>>671
>‘国家神道’ていうのは明治以降の政権が天皇を利用して作り出したこじつけ
まさにその歪が、神社本庁などによる神道の最高司祭発言の基になっているんだよね

>日本は最初から‘八百万の神’信仰だから
アマテラスを祖とする神の序列化は明治以降に強化されたものに過ぎない
という事だよね
ID: H/xC6qsYの>>668にある
>>五穀豊穣を祈る神主の代表者として
という認識は古来からのものではなかったという事だよね

>偶像崇拝の多様性を認めていた
偶像が何を指そうしているか不明だが
古来において、神は山や河、巨樹や滝など自然にこそ宿るものであり
神が人形をとるというのもまた、初期の土着信仰にはないものだったよね


673 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 16:24:37.59 ID:H/xC6qsY
もともと昔から一般庶民にとって「俺らも豊作大漁健康願って地蔵様や水神様にお祈りするけど、もっと年がら年中御祈りしてくれてる存在がいるらしい…ありがてえ、ありがてえ」って感じで天皇崇拝が広まったのに、
廃止を切実に願ってるのは共産主義の階級闘争ゴッコしたい連中か日本に植民地にされて八当たりしたい象徴として標的にしてるんだろうけど…

674 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 17:01:23.20 ID:dIoZkyau
八瀬の人たちと、
その若い人たちが、
皇室をどう思っているか?
だろうな?
庶民は祭りでも、皇室と関係していた人達は少なかった。
八瀬の人たちとか、
それに類する人たちが、
皇室の祭りに関係してきたのではないだろうか?

675 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 17:47:43.62 ID:QcTTkBC5
>>673:10/16(日) 16:24 H/xC6qsY [sage]
もともと昔から一般庶民にとって「俺らも豊作大漁健康願って地蔵様や水神様にお祈りするけど、もっと年がら年中御祈りしてくれてる存在がいるらしい…ありがてえ、ありがてえ」って感じで天皇崇拝が広まったのに、

んな訳あるかよwww
明治政府ってのは薩長を中心とした下級武士と下級公家が天皇を抱き込んで作り出した政府
地方の農民や町人に西郷隆盛や木戸孝允の名前で布告したって「誰?」で終わってしまう
だから神格化した将軍=公方様より偉い天皇の存在が必要だったんだけど


実際東北や九州の庶民は「天子さまって偉いの?」というのが正直な感想で彼らにとっては藩の殿様より偉い人間は接点がほとんどないからね
だから明治天皇はあちこち行幸して顔見せさせられたし
あと、徳川幕府が寺請け檀家制度で仏教と密接だったから明治政府は神社、神道を選んだという理由もある


676 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/16(日) 17:54:02.06 ID:2TXd2wEZ ?2BP(1700)
842 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/08/24(水) 18:55:03.17 ID:aqJpDJbb
>>838
中世日本の庶民に、源氏物語や平家物語とかを原文で読む教養があったかどうかは、今問題にしていません。
庶民が帝を知らなかったなんていう、バカ左翼のバカなデマゴーグを粉砕しているだけ。
圧政に苦しむ庶民が、その圧政の根源に対して無知でいるわけがないんだ。
バカ左翼は庶民をバカにしすぎ。

677 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 18:11:01.89 ID:QcTTkBC5
おっ
ペドライムこっちにきたか


だいたいペドライムの言う天皇は「君臨すれど統治せず」の神格化した天皇じゃないのか?
統治せずの天皇が地方の藩の政に口出しできる筈も、地方の庶民が天皇の存在を実感できる筈もない
幕府ですら一揆が起きたかそれに値する騒動が起きない限り他所の藩の殿様のやる事に口出ししない


ペドライムに尋ねるがあんたは孝明天皇以前の容貌や人となりをどんだけ知ってる
ネットはおろか写真、印刷物すら貴重品の時代に噂に毛が生えた程度の天皇にどんだけの人間が敬意を持てるか考えるんだな


678 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/16(日) 18:36:37.33 ID:2TXd2wEZ ?2BP(1700)
>>677
誰も敬意を持てとは言ってない。
上に立つ者が嫉妬されるのはいつの時代も変わらない。
君が私に嫉妬して意味不明の敵意を向けてくるようにな。
バカはコントロール不能。
いつの時代も変わらない。

679 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 18:42:52.42 ID:H/xC6qsY
江戸時代を通じて日本中でお陰参り(伊勢参り)が盛んだった頃、伊勢に行けば当然伊勢神宮と天皇家の関係も語り継がれてい
たし、天皇という尊い方が京都にお住まいになっているぐらいに認識は、広く庶民は持っていた。
江戸時代以降はひな祭りが庶民の間でも盛んになり、ひな壇と言うのは京都の朝廷の模式と言うことも常識ではあるけど、
ただ、庶民の実生活には関わりのないことなので、天皇といっても漠然とした尊い存在ぐらいのイメージは確実にあったし、祭日を通して五穀豊穣の価値観を共有していたので、庶民が天皇と言う存在をまったく知らなかったのは大嘘。


680 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 18:42:58.95 ID:S3THW6U7
ライムたんは、象徴天皇制維持の方針なのかな?


681 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/16(日) 19:04:30.74 ID:2TXd2wEZ ?2BP(1700)
>>680
現状維持でいいのではないですかね。
現状をいじくって何かメリットがあるとも思えませんし。

682 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 19:14:25.28 ID:bwaBA/Hc
>>681
ただね。
いわゆる皇室祭祀って、
簡略化して現在は、その多くが省略されたんでしょ?
ソースはないけどね。


683 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 19:37:24.84 ID:a+rUzffq
反天皇反靖国の人たちは被害妄想が多い
日本は抑圧されてると思い込んでいる
国民もそうだと思い込んでいる

684 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 19:59:25.97 ID:H/xC6qsY
日本語でおk

685 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 20:09:15.99 ID:mDn4eazl
>>681
Merit wa wake no wakanarai kenpoo dai 1 syoo ga kezurare, sukkiri suru.
Tugi wa kunaityoo kankei no yosan ga oo haba ni nakunari, syakai hosyoohi ni mawaseru.
3 ban me niwa daitooryoo-sei ni nari, democracy ga dekiagari, NK no dai 1 kooryoo ga kieru.
4 ban me wa Kyuu zyoo kooen tosite ziyuuni tanosimeru darou.

686 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 20:44:34.07 ID:AQJYs33U
>>679
そういや、俺んちのすぐ近くに神社があるけど
祭神が何なのか知らんわ。
賽銭投げて祈るのもイベントでやってるだけで
誰に対して祈ってるのかなんてない。
修学旅行で鎌倉の大仏見たけど、それが何なのかは誰も考えないし
クリスマスを祝うけど聖人の事なんか知らないな。
伊勢神宮も天皇がどうこうなんて考えないで単なるイベントとして遊びに行く感覚だ。
伊勢神宮=赤福だからな。

687 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 20:45:17.55 ID:OzOJNnvF
>683
靖国神社は、
明治維新の側の神社だけど、
皇室の神社ではないよ?
新しいだろ?


688 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 20:57:50.93 ID:a+rUzffq
日本の神社

689 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 21:01:18.92 ID:a+rUzffq
日本よりいい国はあるのかな?

690 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 21:03:37.77 ID:tM+FUGXA
あるよ
イスカンダル

691 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 21:06:23.43 ID:qwMLAwjr
日本人の感性を持ってれば無理強いの理屈など必要ないんだよ。

http://www.youtube.com/watch?v=r55k_SPooe4

692 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 21:07:11.16 ID:a+rUzffq
イスラエル?

693 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/16(日) 21:37:25.11 ID:VvcXk4ab
日曜6時から7時まではTBSの世界遺産と奇跡の地球物語か夢の扉という
番組を毎週見ているが、今日はダヴィンチの最後の晩餐の修復師の特集。
いやすばらしいねほんと。
伝統というか自国の文化を思いやる、そしてキリスト教の芸術を
修復する姿勢は日本人も見習うべきだと思った。
日本人は東洋のイタリア、ローマを目指すべきだ。

今日のダヴィンチ修復師
http://www.tv-asahi.co.jp/miracle-earth/backnumber/20111016/index.html
あと先々週の古代ローマの下水道特集は見ていないけど、イタリア人の古代
ローマを重んじるという意味ではニーチェ的な保守主義を思わせる。
永劫回帰によって我々は何度も同じ地で生きようという意思だ。
http://www.tv-asahi.co.jp/miracle-earth/backnumber/20111002/index.html

694 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 21:44:26.15 ID:a+rUzffq
ソ連北朝鮮中国アメリカ犬に歴史伝統文化を捨てさせられた日本は衰退するね


695 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 22:22:00.62 ID:vajoPejW
このまま行けばな。
だから伝統主義さ。
日本の伝統や文化を犯す要因は排除しないと。
(このスレも)

696 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 22:38:35.63 ID:QcTTkBC5
>>694>>695が言ってる天皇制は明治時代の半ばから本格的に始まる新興宗教「国家神道」に基づくたかだか100年程度の伝統だよ
2000年近くの歴史がある日本でなんでそんなポッと出の伝統を日本の規範しなきゃならないんだ?


ましてその伝統とやらが悪用され洗脳や拘束に使われた悪しき歴史を経験した人間がまだ生存しているのに


697 :名無しさん@3周年:2011/10/16(日) 23:02:33.26 ID:FImWP33M

伝統とは現在から過去を見渡し時における愛着だから。
日本の歴史は現在から過去を見渡しときに、紆余曲折があったしても天皇が居た。
もちろん、どのように捉えるかは個人の問題だし、政治制度としての可否にしても選択の問題だ。



698 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 02:17:33.80 ID:xFunObiq
>>697
そうであれ敬宮愛子は知恵遅れの奇形児のゴミですが何か

699 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 08:16:31.24 ID:YtnxWQiS
>>696
結局、
古事記、日本書紀編纂次代の前の、
大和、河内、大和の飛鳥、
天智天皇と額田の王とかの時代の、
王権のありかた、つまり大王とか呼ばれていた時代が、
国家神道のモデルなんだろうけどね。
国家神道のモデルとしては、
その精神の大部分が消えうせた、
即席ラーメン的な近代国家神道に、
依存しているから、根本的にだめなんだろうね。
やはり、大和王権時代に戻って考えないと。


700 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 18:13:17.41 ID:slpEfTU1
今日はいつもより過疎てんな

701 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 18:19:08.54 ID:z45BWSx0
これからかな?


702 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/17(月) 18:40:35.38 ID:jR2Pwcvd
>>699
> 大和王権時代に戻って考えないと。
その通り。明治以降の天皇は本来の天皇(大王と言うべきか)とは全く違う。


703 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 19:50:33.12 ID:z45BWSx0
>>702
廃止とかを謳ってしまうと、
いわゆる近代天皇制や現代天皇制(皇室等)大好きの人たちが、
文句を言い出すので、
大和王権時代と、現代とを考えるようなスレッドが必要かもしれませんね?


704 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 20:22:14.74 ID:38EvdBWi
無駄な議論

705 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 21:31:31.49 ID:0GxO3va4
明治以降天皇は象徴になったわけでそれはそれでいいんじゃないの。明治以前に帰るなんてできないし
廃止する必要もないし

706 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/17(月) 21:59:29.91 ID:jR2Pwcvd
象徴になったのは戦後からだけどな。


707 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 22:10:15.28 ID:A7VRfxZ9

日本の歴史の中で天皇制というものは、自己と他者との間に、一貫した意味があることを保障する第3者としての審級的な立場を演じていた。
江戸時代までは律令制、明治以降は一君万民及び、血の連続性や文化の連続性といった超越的視点が仮講され、
時間的、空間的に連続した実体としての国民国家の一員であるとする上で求められる内面化に寄与することになっている存在です。




708 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 22:18:51.89 ID:0GxO3va4
>>706
帝国憲法でも天皇は実質ただの飾りだよ

709 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 22:39:22.10 ID:RjBxM1hg
日本の象徴

710 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 22:40:41.88 ID:0GxO3va4
だから飾りでいいんだよ。日本国にふさわしい飾りで世界もわかりやすい

711 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 22:43:04.52 ID:RjBxM1hg
日本の顔

712 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/17(月) 22:46:16.81 ID:jR2Pwcvd
>>708
天皇制Q&A 憲法学者横田耕一著「憲法と天皇制」から読み解く

Q明治憲法と日本国憲法の天皇制の違いは?
A明治憲法 →国体や歴史的存在である天皇の存在が前提
       憲法はそれを確認的に記述
       故に憲法上の天皇は法的にも従来(立憲以前)の天皇と連続する
 日本国憲法→主権者である国民(前文に明記)が確定した
       社会契約説的思考を前提としている
       制度としての天皇の存在は具体的憲法規定から帰納される
       故に無原則的に歴史的存在としての天皇と憲法上の天皇は別物



713 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/17(月) 22:48:10.96 ID:jR2Pwcvd
つづき

Q明治憲法と日本国憲法との天皇の法的な位置づけは?
A明治憲法 →天皇制度を創設したのではなく「国体」を前提に天皇の立場を宣言的に確認したもの
       故に天皇の立場は憲法規範に限定されず、広大な憲法の領域外の部分があった
       具体例 祭祀としての天皇の役割及び権限は憲法規定にはない
           明治憲法では政教分離規定がないので天皇の祠祭行動に制限はなかった
           現行の日本国憲法では政教分離規定により私的領域として位置づけ
           ※美濃部達吉は天皇大権の一つとして憲法外の祭祀大権を位置づけ
       その他の憲法外制度と慣行
           元老、内大臣・重臣会議など(憲法外にもかかわらず大きな政治的役割を持つ)
           その為、憲法による統制(いわゆる「法の支配」)が機能しなかった
       名目と実態の乖離
           建前上は天皇にあらゆる権限が集中、しかし立憲君主(的)運用の時期もあり
           正確な天皇理解のためには憲法規範より運用実態を把握すべき

 日本国憲法→社会契約説を前提にしている為、天皇は国民信託以上の権限は持てない
       憲法を最高規範として位置づけた「法の支配」によって、天皇も憲法を超越した存在では
       あり得ない(天皇の立場は憲法規範に限定されない明治憲法との違いに留意)
       天皇の歴史的存在の意義や権威性などは、天皇にとっての本質的・不可欠な行為・機能で
       あったとしても違憲性がある場合は行えない(宮中祠祭が政教分離規定に抵触する場合等)
       制度としての天皇は主権者である国民に奉仕する立場(公務員としての把握も可能)
       天皇という名称の公的機関があり、それに特定の人物が就任している

714 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/17(月) 22:49:33.66 ID:jR2Pwcvd
つづき

明治憲法の天皇も日本国憲法の天皇も「象徴」である点では同じであり、両者は連続しているという
理解が示されることがあるが、明治憲法の天皇は政治権力の主体であることによって同時に当然に
象徴でもあったのに対し、日本国憲法の天皇は政治権力を全くもたないにもかかわらず象徴として
創設されたのであり、ゆえに、天皇が象徴であると規定する第一条は、天皇が依然として象徴であることを
確認する規定(確認説)ではなくて、全く新たな象徴天皇制を創設する規定(創造説)と理解するのが
正しい。(「憲法1」第三章 国民主権と象徴天皇制 高橋和之執筆 102頁より)

大日本帝国憲法(明治憲法)の特色

1 万世一系の天皇による支配
明治憲法は、天皇による支配統治を基本原理とする。(中略)したがって、明治憲法の下における天皇の支配は、
憲法をはじめとする国法によって完全に規制され尽くしうるものではなかった。それは、むしろ、先祖を崇拝し、
民族の宗家たる天皇家を奉戴するという「人倫忠孝の精神」によって基礎づけられたので、そのため、法外の
「人倫の道」が社会秩序および国家秩序形成の原理となった。したがって、明治国家は、西欧の立憲君主国家を
モデルとしながらも、西欧諸国に比して、道徳的・倫理的色彩の濃厚な国家であったといえる。
(「憲法1」第三章 国民主権と象徴天皇制 高橋和之執筆 47頁より)

2 天皇大権中心の統治体系
天皇は、憲法上、統治権を総覧する地位にあり(四条)、帝国議会の協賛の下に立法を行い(五条)、国務大臣
の輔弼を受けて行政権を行使するものとされた(五五条)。司法権もまた、天皇の名において裁判所がこれを
行うものとされた(五七条)。
(「憲法1」第三章 国民主権と象徴天皇制 高橋和之執筆 47頁より)


715 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 22:51:13.47 ID:0GxO3va4
>>712
そんな読み解かなくても明治維新は孝明天皇の意向に逆らって倒幕したわけで
明治政府の成立自体が天皇にたいする反逆なんだからそれによって生まれた政権で
天皇が絶対権力を持つわけがないだろおばかちゃん

716 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/17(月) 22:54:41.76 ID:jR2Pwcvd
バカだなw
天皇に絶対的な権限を持たせることで薩長政権の正統性を担保にしたんじゃん。


717 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 22:55:02.86 ID:A7VRfxZ9

>>706 それは嘘。


現在の象徴天皇制は「日本国民の総意」に基づくものであり、「神勅」を根拠とする大日本帝国憲法上の天皇制との法的連続性はなく、
現在の憲法によってあらたに創設されたものである(創設規定説=影山日出弥「天皇制の象徴性」演習憲法(旧版)60頁、浦部・憲法484頁。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ただし、★★通説は★★、従来からあった権能のうち象徴的機能を残して宣言したにすぎないとする宣言的規定説である。宮部・コメ52頁、佐藤功コメ上39頁など)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

by 現代日本国憲法入門講義 第24講 象徴天皇制 311頁より抜粋。


>従来からあった従来からあった権能のうち象徴的機能を残して
>従来からあった従来からあった権能のうち象徴的機能を残して
>従来からあった従来からあった権能のうち象徴的機能を残して


明治時代にあっても、象徴的機能が認められていた。


718 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/17(月) 22:55:31.94 ID:jR2Pwcvd
どっちにせよ
「帝国憲法でも天皇は実質ただの飾りだよ」とゆ〜のは間違いだから。


719 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 22:57:06.87 ID:0GxO3va4
天皇は国民を統治するための「権威」として祀り上げられ利用された。
それが大日本帝国憲法の実態だよ。天皇に権力などなかった

720 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/17(月) 23:00:28.78 ID:jR2Pwcvd
どこがウソなんだかw
単なるピントはずれの言い掛かりだな。

> 現在の象徴天皇制は「日本国民の総意」に基づくものであり、「神勅」を根拠とする大日本帝国憲法上の天皇制との法的連続性はなく、
> 現在の憲法によってあらたに創設されたものである(創設規定説=影山日出弥「天皇制の象徴性」演習憲法(旧版)60頁、浦部・憲法484頁。
 ↓
>>714

> ただし〜
単なるトリミング。アホらしいw


721 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/17(月) 23:02:27.07 ID:jR2Pwcvd
憲法の教科書を「ウソ」といい、
入門書のトリミングで自説を補強してんだから話にならないな。


722 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 23:05:32.00 ID:RjBxM1hg
天皇はずっと日本の象徴
国民に主権はない

723 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 23:06:15.91 ID:A7VRfxZ9


通説は従来からあった権能のうち象徴的機能を残して宣言したにすぎないとする宣言的規定説である。
よって象徴的機能も戦後から認められるようになったものじゃないとするのが通説。

(>717)の通り。





724 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/17(月) 23:24:47.97 ID:jR2Pwcvd
>>719
そう単純でもないんだよ。

明治維新当初は天皇はまだ子供(15歳)で、権威として利用するだけだったが、
成人しても君主として政務をやりたがらない天皇に痺れを切らした元勲らが、
もっと積極的に政治にかかわるよう進言する。で、色々あってようやく政治に関心を持ち、
積極的に政務を行うようになった。明治憲法制定や教育勅語成立の過程では積極的に
意見を言い方針にも大きな影響を与える。その時期にはすでに利用されるだけの存在ではなく、
君主として能動的に政治主体となっている。


725 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 23:31:57.04 ID:0GxO3va4
>>724
>君主として能動的に政治主体となっている。

もう寝るけど寝てる間に天皇個人の意向によって成立した法律、政策、軍事行動などで
いかにも日本の絶対権力者だったと思わせるものがあったらうpしておいてくれるかな?
今時で言うとキムジョンイルみたいな独裁者だったことが伺えるような事実な



726 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 23:38:00.49 ID:eVnkNMO/
絶対権力者まではいかないな。
なにせ東條を毛嫌いしていたのに
陸軍の暴走を恐れて排除出来なかったくらいだから。
総理大臣にしたのも「東條を総理大臣にすれば軍務のみに専念出来なくなるだろう」
というこれ以上ない消極的理由だからな。

727 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/17(月) 23:43:56.83 ID:jR2Pwcvd
>>725
> いかにも日本の絶対権力者だった
とゆ〜ワケではないから。そんなこと言ってねえし。
しかし>>712>>713でも説明したとおり、「天皇にあらゆる権限が集中」した仕組みだったのは事実。
そして運用実態として天皇がその権限を自由に、恣意的に好き勝手にしていたわけではないのも事実。



728 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 00:11:13.32 ID:VdskE/za
>>725
>いかにも日本の絶対権力者だったと思わせるもの
>今時で言うとキムジョンイルみたいな独裁者だった
藁人形だよね

729 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 00:12:37.52 ID:SDgEFQPH
天皇いらないって必死に運動してる奴らの方が日本にとって何の役にも立たない件。

730 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 00:14:07.56 ID:VdskE/za
>>729
>天皇いらないって必死に運動してる奴ら
どこでそんな人たちを見たつもりになったのかな

731 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 00:37:42.66 ID:mCIYKUqp
>>725
治安維持法改正がそうだったのではないかな

732 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 00:50:11.25 ID:mCIYKUqp
http://www.han.org/a/half-moon/hm051.html#No.335

733 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/18(火) 01:47:28.22 ID:tpGK2+6M
>>382>>589-594あたりのレスが非常に重要というか核心をついてるようだけど
結局立憲君主制はもう流行らないわけだよ。
まあ未来はどうなるかは知らんが、いずれにしても革命主義という民主主義や
社会主義といった共和制のほうがなぜか人は求める。
あの戦争にあんだけの命を掛けたのに帝政の流行は戻らなかった。
実はまだ北朝鮮の社会主義のほうが将来的には大きな可能性を秘めてる。
北朝鮮という国は将来化けるかもしれない。
あと国家思想は会社や商売、宗教にも似ている。
流行れば天下なんだが、支持されなければ国は停滞する。
でも天皇制はどちらかというと戦後は日本人のためだけの存在してる。
天皇制やめてアメリカ型民主主義や社会主義国にしたほうが国はもっと栄えるだろうね。

734 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 05:04:07.42 ID:mCIYKUqp
見たぞ、3条委員会

380 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 12:31:20.50 ID:8oEK6uG/
サヨクが謀る人權《じんくゑん》侵礙《しむがい》救濟《きうさい》法案《はふあん》の實體。
http://youtu.be/Yy1fJOa7hCw

735 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 07:35:06.46 ID:JczIZTRs
天皇制廃止したら日本は格差社会告訴社会犯罪大国になると思う
精神病が増える

736 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 09:19:22.90 ID:j7pDk99P
>>734
外国人参政権とか、
人権侵害救済法案とかって、
明治以来の官僚制度の、
延長線上にあるところの、
いわゆる法務官僚とかが作っているわけだよ?
正確に言えば、
明治憲法制定前後以降からの、
高等文官試験制度などによる、
官僚主体政治の延長になっているはず。
明治憲法が天皇制の法律的強化だとしたら、
高等文官試験や現在の国家公務員一種試験制度とかは、
官僚制度の確立であろう。
旧刑法が施行されたのが、
1882年で、高等文官試験が施行されたのは、
1894年と出ていた。
1880年代には、皇室がすでに明治憲法時代と同じ扱いになったようだ。


737 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 09:47:57.06 ID:9itRU5mY
>>735
一時的に精神が安定しなくなる人は増えるだろうが、
現在でも、若者が、精神的に荒れているだろう?
実の母親を攻撃したニュースがあるだろ?


738 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 09:52:44.44 ID:JczIZTRs
歴史伝統文化から離れさせられたから精神がおかしくなる

739 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 09:55:16.89 ID:JczIZTRs
天皇制を廃止したら日本は格差社会告訴社会犯罪大国になる
いずれ外国の領土になる

740 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 10:13:28.48 ID:Fnp6i4Hk
日本は中庸の国でいいんじゃないか。君主制が独裁政治や左翼革命を防ぐ防波堤になっているわけだし。
話それるが、最近 民主党が自民党化してきているのを見て、自民党システムというものが、
日本に合った土着の政治システムだったんだと再確認できた。いい悪いは別にして。
君主制と議院内閣制が今の日本には最適の政治システムだと思う。

741 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 10:26:15.50 ID:Fnp6i4Hk
今上天皇が象徴天皇制の初代だが、戦前からの日嗣の皇子なんで、
疑いもせず昭和天皇から代替わりできた。でも、ナルちゃんはどうなんだろうね。
選挙も住民投票も経ずに天皇になれるのか? まあ、それもできる。「皇太子」『皇太孫』を
50年以上 国民に刷り込んできたからね。

問題は第三代象徴天皇である、秋篠宮あるいは愛子内親王が皇位継承する時だな。
ポスト徳仁の時は皇位は完全な役職名になっている。公務員を世襲するのはおかしいという議論に
立ち向かえることができるか?

742 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 10:31:20.25 ID:9itRU5mY
>>740
民主党は、官僚と朝鮮半島南北に配慮した政権になったね。
自民党と同じように中国からパンダを、
借りたいとか福田政権(自民党のひとつの本流)と、
まったく同じになろうとしているような?


743 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/18(火) 10:33:19.25 ID:tpGK2+6M
>>735
そういう根拠のないよまい事いうのやめなよ、ネトウヨは。
カルト信者の信じる「うちの教え以外は悪だ」という迷信と同じ。

744 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/18(火) 10:35:09.83 ID:tpGK2+6M
ID:JczIZTRs


↑ていうかもうすでに精神病んでる方か(^P^

745 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 10:35:32.23 ID:NxYvvJLr
ID:JczIZTRsは「〜思う」ばっかりで根拠がぜんぜん提示されないな
個人の感想をカキコするだけで議論になると思ってるとは・・・


天皇制=日本の伝統という事でなく天皇の存在を廃止しようとしなかった寛容さ、もしくは無神経、無頓着さが日本の伝統なんだよな
ただ、天皇制はそんなに昔ではない過去に歪められ曲解と悪用の果てに為政者の道具になった経緯がある
国家神道という新興宗教、カルト宗教とともに


それだけは忘れずにいなきゃならない


746 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/18(火) 10:37:29.60 ID:tpGK2+6M
>>740-741
自民党ェ崇拝のあほは天皇論スレにでも行って
チャンネル桜でもマンセーしてろよ

747 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 10:55:22.24 ID:Fnp6i4Hk
>>742
ちょと違う。政調の復活(族議員化)とか派閥化 とかどちらかといえば
清和会化ではなく、経世会化だな。
田中角栄型政治システムとか 派閥政治というものは良し悪しは別にして、日本人の国民性、
政治風土に根差したものなんだね。だから、どんな政党も与党になれば “自民党化”しちゃう、
という指摘。外国の料理が日本に来てアレンジされて日本人嗜好になるのと同じ。

>>746
噛みつくところを間違えてへんか?

748 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/18(火) 11:14:45.17 ID:tpGK2+6M
そうだな。
噛み付きどころが違うな。

自民党政治は駄目なんだよ、日本にあってるというのは勘違い。
結局日本人を馬鹿にしちゃってる政治だから。
それを変えるには天皇制を廃止するか総理公選制をするかしかない。
もちろん総理大臣よりも大統領制のほうが政治的な日本人の意識という
のはもちろん変わるし、そうなることを中国人やアメリカ人は恐れてる。

今の政治システムは結局戦前の政治となんら変わらないわけであと、
今の自民党政治が日本国に合ってると思うのはおそらく「今」だけだと思う。
あるいは地方賛成重視型政治にとっては。(朝鮮人が参政権をほしがるのもそのあたりだろうし。)
しかしあと20年もすると完全に戦後的な人の時代になるから実は今の政治は
時代錯誤なものとなって行く。

749 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 11:20:37.59 ID:OFk3sIEw
世の中には地位を崇拝する人間もいるし、英雄を崇拝する人間もいる。
また、権力を崇拝する人間もいるし、神を崇拝する人間もいる。
そしてこうした架空のものをめぐって、彼らは議論をたたかわせている。
しかし彼らの誰もが一様に崇拝しているのは――金だ。

マーク・トウェイン

750 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 11:27:50.80 ID:9zmBT05J
>>748
自民党の政治は、
一般庶民を馬鹿にしながら、
財界や電力会社など、
上流や中流上部階層だけのための政治をしてきただけだからね。
今現代にだけ数年は通用するだろうが、
10年後から20年後には、
通用しなくなるだろうね。

751 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 11:31:47.80 ID:JczIZTRs
天皇制でいいんだよ
なんで略奪侵略強姦癖が治らない外国の真似をするのか


752 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 11:35:26.15 ID:JczIZTRs
日本は平等社会
逆に一般人が政治家を馬鹿にしてる
馬鹿マスコミに煽動された大衆が優秀な人たちを引きずり下ろしている


753 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 11:50:37.92 ID:NxYvvJLr
その馬鹿なマスコミに引き摺り落とされる人間が「優秀」なんだ
ID:JczIZTRsの脳内じゃ
本当に優秀ならマスコミをもちゃんとコントロールできるだろうよ
また、付け入る隙も与えないし


で、その話と天皇制はどんな関係が?


754 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 11:58:54.16 ID:kA5Fe6h+
>>753
>本当に優秀ならマスコミをもちゃんとコントロールできるだろうよ

 情報《じやうほう》統制及檢閲《けむえつ》でも爲ろとでもいふ心算か。

755 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 12:20:01.35 ID:Fnp6i4Hk
天皇スレで自民党の話はスレチなのでこれを最後にするが、
少し勘違いしている人が多いと思うので書いておく。
まず 2つ言っておくね。
@ 政治家のレベルと民度は正比例の関係であり、国民のレベルを超える政治家は生まれない。
A 自民党システムがなぜ長く政権を維持し、民主党もそれを踏襲しつつあるかというと、
  自民党の持つ民意を吸い上げる能力、この場合業界や地域ニーズを指すが、こういう
国民各界各層の利益を集約・分配するシステムとして上手く機能した。

ここを押さえずに現代政治を語ってもらっちゃあ困りますぜ、と言いたい。
日本の政治風土が生んだシステムで、今のところ これに代わる有効なシステムが
今後もできそうにない。国民の質を上げない限り、今のシステムが日本人にとって最も有効だ、という指摘を
したtyもりなんだね。

>748
おいらは昔は首相公選制論者だった。ついでに道州制賛成。最近は首相公選制は時期尚早と考えるようになった。
ただ今のシステムに不満があるのは一緒だよ。おれは社会人になってから自民に投票したのは郵政選挙だけで 
あと反自民を20年以上貫いている。

で、天皇に話を戻すと、象徴天皇制は日本人にあった政治システムだと思う。
おれは移民受け入れも外国人参政権も反対なので、こういう日本破壊政策の盾として、
皇室の存在は有効だと考えている。

756 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/18(火) 12:58:14.30 ID:tpGK2+6M
>おいらは

何だお前、オイラだったのか?
道理でw

757 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/18(火) 13:03:40.13 ID:tpGK2+6M
>で、天皇に話を戻すと、象徴天皇制は日本人にあった政治システムだと思う。
>おれは移民受け入れも外国人参政権も反対なので、こういう日本破壊政策の盾として、
>皇室の存在は有効だと考えている。

なんとでも言える。
象徴天皇制があってないとも言えるし、ただ続けざる得ないのが現状ってだけ。
外人参政権や移民の盾に天皇制が必要というのも一方的な観点でしかない。
俺に言わせればそれは天皇制ではなく民族主義だ。
どうしてか分からないが、2ちゃんのネトウヨを含め天皇制支持者は
嫌韓やってるくせに民族主義も嫌だと言うんだよ。
このあたりに保守派のネラー住人の本質があるように思うね。

758 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 14:58:05.63 ID:RTC2MRBC
>>747
そうだね。
小沢氏は、旧田中角栄氏、
竹下登氏などの、自民党の経世会の流れだね。
現在の野田氏は、日本新党の流れらしい。
菅前総理だけが、いわゆる社民連とか、
旧社会党などのプロ市民系列だね。


759 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 15:01:00.46 ID:RTC2MRBC
>>755
欧州の移民受け入れで、
欧州の治安が以前から悪かった、イタリアやスペインレベルに、
イギリスやフランスやドイツやスイスやオーストリア、
そして北欧諸国全部とか、
イタリアのローマとか治安の悪い地域と同じに悪化してしまったね。


760 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 15:12:00.74 ID:Fnp6i4Hk
今上天皇が践祚したときに「憲法に則ってがんばりまっちゅ。」みたいなお言葉を述べられ、
平成時代の象徴天皇制の新しい姿だ、みたいな報道が当時なされていた。当時は ふーん という感想しかなかったが、
>>712 714を読んでみて、皇位が天皇職 天皇「制」になったんだな、と今気づいた。
公務員の最高位という理解ができた。

761 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 15:21:35.84 ID:3yu5bc2x
>>714
昭和天皇までは、
大日本帝国憲法時代の、
いわゆる統治の主体としての、
権力者的な威厳というか、
一種のカリスマ的なものも感じたが、
今上には、そういう統治の主体としての威厳や、
権力行使できるある意味権力者の側面を、
まったくといってよいほど感じなくなったね?
皇統が続いていくから安心みたいに、
保守や右翼の人たちが、安心理論を叫んだが、
現実的に、今上時代から、
大日本帝国憲法時代の天皇とは、
違う天皇になったということが言えるのであろうか?

762 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 15:52:26.61 ID:fV7QtMzC
>>760
世襲できる公務員になったわけだね?


763 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 16:18:24.93 ID:VdskE/za
>>755
経済成長という目標を掲げ、伴う陰には蓋をし成功した面を強調する事で
大きな成果があるように見せ続ける事が上手だった
そんな成果の賞味期限は実は過ぎていたにも関わらず、有効だと信じていたかった
という事なんだろうね

>日本破壊政策の盾
敗戦により失墜した為政者側への信頼をつなぎ止め
国政への不信を噴出させないために、新たな国民統合の象徴が求められた
といった時代から一歩も変わらない認識でしかないんだね

>>759
どういった基準で治安を語っているのかな

>>762
>世襲できる公務員
世襲でしかできないという点が問題なんだよね


764 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 16:21:27.23 ID:IU5gjX9J
>>763
確かにそうだね。
他の人がまったくなれないというのも問題かな。


765 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 16:58:38.54 ID:Fnp6i4Hk
>>763
キミの言っていることが少しわからない。これは俺の方の理解力に責任があり、誤読してとんちんかんなレスを繰り出しているかもしれんが、
一応、補足の意味で書いてみる。

自民党という政党、そしてそれが執ってきた政策はずっと昔に賞味期限が切れているのはもちろんで、
現在もそれが有効だと書いているわけじゃあない。自民党が持つ民意の吸い上げシステム、世論に敏感なところ、を
もって、システムとしては現在も有効と論じているだけでござる。

それから日本破壊政策にに天皇制が有効、というのは移民問題 参政権問題に関しては日本人のアイデンティティの問題であり、
最終的には天皇制論議とぶつかる気がするからである。共和制だと 多民族多文化社会化への防波堤にならず、
君主制だと、この手の議論の反論の支柱になりえる、という感覚がおれにはある。
現実の政策論争として 天皇制が防波堤になる、というのではなく、言論界・思想界において、
多文化受け入れの是非を問う論争がなされた場合の有用性ということでがんす。
言葉足らずでがんした。

>>762
そう。世襲の公務員。そこにもうはカリスマはない。712読んでて成程と思ったのは、宮中祭祀が国家行事ではなく、
皇室の私的行事になったというくだりだ。
>>610はおれなんだけど、天皇が京都と縁を切ったのはやはり痛かった。

高師直ではないが、天皇は木でも石でも澤穂希でもパンダでも、何でもいい気がしてきた。
おれは江戸紫が好きなので 東京スカイツリーを天皇にするべきだと考えている。(な、わけない)
書いているうちにわけがわからなくなってきやがった>だめなおれ

766 :名無しさん@3周年:2011/10/18(火) 19:02:44.23 ID:QBw9UOLl
今こそ主権を国民から本来あるべきところ、即ち日本国の創業者たる天皇家へ返還すべき。

767 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/18(火) 19:09:47.81 ID:tpGK2+6M
いまの立憲君主制が嫌なら神道主義で共和制にして
天皇を君主ではなく法王・国祖にするしかないだろう。

768 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 00:05:09.51 ID:eivFRgxp
天皇はブリーフ?トランクス?裸?

769 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/19(水) 00:20:45.90 ID:l+vp/rUB
TPP問題を考えればいよいよ天皇制廃止して大統領制でもやったほうが良い状況だな。
この国の政治はもう駄目だよ、親米ポチが多すぎる。

770 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 00:26:26.24 ID:aoUUFCvq
>>766
で、実権は徳川家に返すというわけだなw

771 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 01:33:52.34 ID:ZbFIha4x
>>766
日本人には政治を考える能力がないということ

772 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 04:38:25.19 ID:5iRA8DHo
欧米の保守主義と日本の保守主義は元来違ったはず。
欧米でも、米国と西欧諸国では違う。
ドイツ、フランス、イギリスでも中道左派勢力は強く、政権をになっている。
日本では左派というと、共産主義と社会主義をごっちゃにして攻撃するが、
社会主義は別に、自由も市場経済も否定何てしない。

英国の労働党、ドイツのSPD、フランスの社会党はちゃんと役目を果たしてる。
日本の社会党がダメダメだったので、昔の自民党には中道左派の人も多数いた。
本来、中道左派と護憲は関係ないし、自衛隊の違憲主張も全く関係無い。
日本の自称保守は、単に親米派と云うだけで、戦前からの保守思想で言えば、アジア
主義とかが含まれるべきものだと思う。そして自由主義的な物よりやや社会主義的な
考え方だった思う。勿論共産主義ではないし、国家社会主義でもない。
時代背景からだと推察されるが、社会的な平等を求めていたと思う。だから富の独占
を嫌悪していたと思う。

それで、現代の日本において保守主義は非常に希薄になっているように僕の目からは
映る。民主党は勿論、自民党もとても保守政党には見えないのだ。自民党は戦後を保
守しているだけで、長い歴史のある日本の保守主義とは違うと思う。別にそれが駄目
と言っているのでは無い、本来あるべき日本の保守主義ではないと思っているだけ。

保守主義なら在日米軍をどう思うのか?大量の移民受け入れをどう思うのか?
地域住民を金で黙らせてきた原発をどう思うのか?集団的自衛権の無い自衛隊を
どう思うのか?軍事的同盟を米国一辺倒の現状をどう思うのか?今の憲法のあり方を
どう思うのか?東京一局集中をどう思うのか?
俺は全てに対してNOというのではないかと思っている。

773 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 06:17:57.22 ID:8D2HI2Lv
天皇を主権者にして、信頼ある宮家を中心に国家体制を刷新しなければならない。
もはや国民の凡庸な能力ではどうにもならない事態になっている。

しかしこれを行うには、旧秩序の維持に狂奔する勢力を根こそぎ始末せねばならない。
無論、政・官・財すべてにおいてだ。

774 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 07:52:29.92 ID:vtLclbhJ
天皇に統治能力があるわけないだろ。
仮にあったとしても、それが代々の天皇に受け継がれるわけじゃない。
実務は官僚がすることになる。
自民党のように官僚の奴隷になるか、民主党のように官僚に潰されるか、どっちかしかない。

775 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 08:09:19.65 ID:wPU6jCQA
天皇や皇室には統治能力がないということが、
前回の戦争や明治以降の諸政策で、
証明されたようなものだからな。
いくら、賛美しても、現実には、能力がないわけだから。


776 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/19(水) 08:17:45.24 ID:zqrCT/m9 ?2BP(1700)
>>774
人の上に立つ者は、人間を見る目だけは優れているんだよ。
君のような使われる側の人間にはわからないことだろうけど。

777 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/19(水) 08:20:05.12 ID:zqrCT/m9 ?2BP(1700)
>>775
普通なら負ける戦争を勝たせたり、避けられない戦争を避けるような、神通力を天皇に求めているならお門違いだ。
何が統治能力だか。
自分自身も統治できてないくせに。

778 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 08:26:33.09 ID:wPU6jCQA
>>777
ライムたんも、自分自身を統治できていないでしょ?


779 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/19(水) 08:31:56.56 ID:zqrCT/m9 ?2BP(1700)
>>778
それで何か言い返したつもりか?
バカめ。

780 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 08:41:41.48 ID:wPU6jCQA
>>779
まあ、言い返したわけじゃないけど、
ライム君は、自分のスレッドに参加してないかい?


781 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 08:42:00.36 ID:wPU6jCQA
参加してないのかい?


782 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/19(水) 08:49:34.21 ID:zqrCT/m9 ?2BP(1700)
ここの住人にはレベルが高すぎたようだな…。
早く上がってこいよ、俺のところまで。


783 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 09:03:52.98 ID:VM9r23Pf
又ニライムの発作が始まったか・・・・
早く元気が出るお薬でも飲んで寝ろ。

784 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 09:09:11.49 ID:MHyOPTOz
統治能力はあると思う


785 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 09:15:50.35 ID:oKX2CQGs
統治能力って、
庶民にもあるからね。
ライムたんは、今日は役場に行かなくていいのか?


786 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 09:22:01.20 ID:MHyOPTOz
歴史伝統文化を受け継いでいるから


787 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 09:47:38.07 ID:jQH1U8CD
バカチョンしかいないのかよw


糞スレもここまでくれば、ガイキチ以外の何者でもないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

788 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 11:19:45.08 ID:5iRA8DHo
二ライムは反天皇で、反自由主義で北朝鮮が好きなんだよ。
移民を1000万人入れて天皇と日本の伝統を潰したいし、人権も民主主義も否定してる。

789 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 11:58:52.11 ID:ptHlDMwc
>>772
> 保守主義なら在日米軍をどう思うのか?大量の移民受け入れをどう思うのか?

 其等は、保守主義が何うとか以前に、現實政治《せいぢ》として日本を主として考へた場合《ばあひ》、
執るべき施策は自《おのづ》と限られる。



790 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 12:25:14.38 ID:5iRA8DHo
772で述べたように、日本にはまともな保守政党も存在しないが、まともな中道
左派政党も存在しない。
百歩譲って、対米追随一辺倒の自民党を中道右派と位置づけても、民主党を中道左派
と位置づけられない、社民党は一応社会主義インターナショナルに加盟しているが、
政権をとる気配も実力もない、第一政策に実現性がなく中道左派とは言えない。
 自民党やみんなの党は中道右派というより、ドイツのFPDに近く、新自由主義政党
であり、支持率が低迷し2%を切りそうだ。消滅の危機にある状況。

 途中まで良かったサッチャーが、途中から英国を滅茶苦茶にしたとき、救ったのは労働
党のブレアだった。ブレア政権は長期に渡る好景気を英国にもたらし、英国を復活させた。
 英国は威信を取り戻し、世界の中でも重要な国となった。命取りはイラク戦争だったけど。

 日本の政治が不鮮明で混迷している事が、皇室や日本を危うくしてる。政治家は信念や政治
信条より、選挙に勝つことそれも党としてではなく個人として勝つことを優先してる。
 だから自民党は世襲だらけという、先進国では有り得ない状況、北挑戦みたいで中国より、
ある意味酷く、民主党は政治信条のバラバラな、自民党に成れなかった人々の寄せ集めで党とし
ての一体感が全く無い。

 これでは、その場しのぎの国民の人気取りの政治ばかりになり、日本は実際そうなってる。
 早く日本に保守政党を誕生させるべきだ。反米ではなく対米追随型ではない保守政党を、そして
中道左派政党もやはり、同じくらい必要なのだ。
 
 来年のフランスの大統領選は社会党が勝利しそうだ。ミッテラン以来の社会党の大統領が誕生するかも
知れない。英国もドイツも現政権苦心してる。歳出カットは悪くないのだけど、ドイツはまだ先だけど、CDU
FPDの連立は持ちそうもない、SPDが勝利しそうだ。
 ドイツのCDUはキリスト教的保守なので、保守政党といっても意味合いが少し違う社会主義的な政策を割と
多くとる政党だ。

 このままでは日本人口減少、米国一国四杯の終焉、日本の財政、移民受け入れ問題などに、まともな対処など
できない。大衆迎合で政治はできない。かっこいいことを言えるのは野党だけだ。

791 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 12:45:48.59 ID:nY4uiBP4
真実は、これを観れば分かります!!→ http://www.youtube.com/watch?v=zWPAktCuzK4

792 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 13:13:31.57 ID:sckgIiV4
>>790
>772で述べたように、日本にはまともな保守政党も存在しないが、
>まともな中道左派政党も存在しない。

日本では、自民党に見るように、
移民1000万人政策とか、
派遣労働解禁とか、
補助金漬けの原子力政策とか、
民衆や庶民に対する政策も、
保守というよりも、利権政治と言っても良い状態だったわけだね。
旧社会党にしても、旧民社党などにしても、
左派というよりも、なんか日本だけの特殊な政党になってしまっていた。
共産党や公明党のような支持基盤が限られた勢力では、
政治の主流にはなれないだろうし、
なってしまった場合の弊害のほうが大きいであろう。

皇室を存続させるには、
きちんとした保守政党が必要だが、
自民党の場合は、いわゆる韓国からの支援も、
かなりあったように聞いているし、
保守勢力も、すくなからず韓国系の団体などの、
メディアを利用せざるを得なかったようだから、
その面でも、皇室と韓国系等との関係が、薄い関係にしても、
存在してきたのではないだろうか?

793 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 13:32:10.98 ID:5iRA8DHo
>>789
 言いたい事は解るが、選択肢が限られた時代もあったというべき。
 俺は100%日米安保否定しているわけではない、問題はその後であり、
今日においての事だ。冷戦が終わり20年以上経っている。

 俺は確かに親米ではないが、特別反米でもない。米国の財政は破綻状態。
国防予算は毎年削減される。中東は反米・反イスラエルの状況。
 それを踏まえた上で今後とも日米安保だけで、日本の安全保障が守られるか
少しは考えるのだな。

794 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 13:38:13.42 ID:5iRA8DHo
>>792
 前半はまったくもってその通り。中道左派が政権をとっても、皇室は普通で考えれば
安泰なはず。
 労働党が政権取っても英国王室には関係無かったでしょう。
 皇室を危うくするのは、移民政策の方だと思う。1000万人規模だからね。
 普通こういう政策は中道左派が取るものだけど。

 韓国と自民党の関係については正直よく解っていない、勉強不足ですまん。

795 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 13:43:30.37 ID:2HcnXATO
>>794
自民党といっても、
一枚岩では無いだろうから、
移民政策に反対している人もいるとは思う。

ただ、1980年代の半ばから、
後半あたりから、圧倒的に中国の人が、
日本に来日していて、
現在では街中や駅では中国の人ばっかりになっている状況だね。
これでは、天皇制の支持基盤が、危うくなる可能性が高いね。


796 :インド大金持息子の弟:2011/10/19(水) 13:50:32.73 ID:NRLHBhUy
>>795
街中中国人?

放射能だらけのこの国に大量移民など無い。
それは幻想にすぎない。

街で見掛ける中国人は皆安いツアーの観光客だ。
今中国の旅行会社は安売りキャンペーンで大盛況。

797 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 14:04:01.16 ID:ptHlDMwc
>>793
 單純に我國が眞の君主國として獨立國家たらむとするならば、
現皇室《くわうしつ》典範《てんぱむ》及日本國憲法《けんぱふ》竝に教育《けういく》敕語の無效《むかう》確認決議《くゑつぎ》、
皇室會議《くわいぎ》から皇族會議への變更《へんかう》、
『舊宮』の皇藉復歸《ふくゝゐ》、
國防《こくばう》軍の創設《さうせつ》、
非核三原則《さむぐゑんそく》及武器輸出三原則の撤廢、
武器使用の緩和《くわんわ》、
核武裝《ぶさう》、
各首相《しゆしやう》及官房《くわんばう》長官《ちやうくわん》談話《だむわ》の白紙撤囘《てつくわい》、
近隣諸國條項《でうかう》の撤廢、
等々――
先づ保守と爲て遣らねば成らぬ事は夛《おほ》い。

798 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 15:56:23.71 ID:5iRA8DHo
>>795
>自民党といっても、
>一枚岩では無いだろうから、
>移民政策に反対している人もいるとは思う。
 そりゃそうだろうね。自民党は後援会の集合体みたいな党だから。
 ただ、1000万人移民は自民党のマニュフェストでしょ確か。それと民主党
より派閥の締め付けが強いから怖いんだよね、簡単に造反できない。

 移民政策そのものは100%間違いとは言い切れない、俺は反対だけどね。でも、少なくとも
保守政党を名乗る政党が取る政策ではない、アメリカの保守なら別だけど。米国は移民の国
だからね、日本とは違う。

>>797
 あのさ、談話なんてどうでもいいの、構成の歴史家が評価するだろうから。
 大切なのは、現在に生きている我々と現実の政治。日本にちゃんとした中道右派も
中道左派も存在せず、国民にいいカッコばかり付けて厳しい現実に誠実に向き合わない
現実の政治だよ。

 米国に頼れなくなる可能性の高い日本の安全保障をどうするのか?
 財政再建をどうするのか?
 TPPにしたって、参加しようがしまいが近いうちに、農産物を関税で保護
することは現実的に不可能なんだよ。日本は貿易立国なんだから、世界の趨勢に
合わせないと国が成り立たない。
 関税を止めれば戸別所得補償しか手がないけど財源が無い、でも国民は増税は
嫌だという。

 本当にどうなってるのかねこの国は。足並みが乱れているTPPに無邪気に賛成
を唱えている政治家もカスだけど。


799 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 16:32:01.10 ID:ytN7K+Si
>>798
ID:5iRA8DHo さんへ。
氏の提言が一番保守とか、
天皇制存続の人の中で、
まっとうな意見だと賛成できますね。

>本当にどうなってるのかねこの国は。
>足並みが乱れているTPPに無邪気に賛成
>を唱えている政治家もカスだけど。



800 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 18:01:34.66 ID:5iRA8DHo
日本は先の大戦で敗北したが、アジア諸国は欧米の植民地からは開放された。
別に全て日本の力だとは思ってはいないが、日本が果たした役割は小さくは
無かったとは思っている。

次にアジアが欧米から開放されなくてはいけないのは、精神的な開放だ。
コンプレックスであったり、日本人に多い依存体質だ。

俺は中世で起きたようなルネサンス運動がアジアで近いうちに起きるのでは無
いかと思っている。それも日本から起きるのではないかと思っている。
条件が揃い出したからだ。米国一国支配の終焉、ユーロ危機、ドルの基軸通貨
の終焉。中東やアジア諸国はドルではなく、円と元を手元に起きたがっている。

日本は明治以降、欧米化を目指してきた。それもそろそろ終わりに近づいたと思う。
日本の歴史は振り子と同じで、海外を受け入れ、その後日本独自のものに変えて
しまう。

西欧文化習得した今、また日本独自の物に変えて行くと思う。それが社会運動になる
のではないだろうかと思っている。日本人、アジアジンとして自覚と自立。それが
周辺諸国に広がっていく、最初は漢字文化圏でその後はアジアの広範囲に広がってい
くのではないだろうかと思っている。

中国も文化大革命で失われた寺社などを復興しているし、機は熟してきていると思っ
ている。中国と争いもあるが協力しあえる事も多いのは事実なのだ。

アジアの文化に誇りを持ち始めたアジア人は、もう欧米に変なコンプレックスを抱か
ずに済むし、社会運動だから政治的にも大きな影響をもたらす。それは文化を中心と
した一つの大きな枠組みとして結実すると思っている。

その運動が大きな実を結び、世界に良い影響を与える事になれば、それこそ靖国の英霊
も喜んで安らかな眠りに付いてくれると思っている。

801 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 18:05:32.55 ID:4dddAaMB
>>800
そうですね。
日本から日本版ルネサンスのようなものが、
世界に波及したらすごいかもしれません。

802 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 19:43:53.73 ID:qioRYiHi
明治の初め頃睦仁天皇が薩摩だか長州だかの人間と入れ替わったってのは本当なのか

803 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/19(水) 19:51:47.48 ID:l+vp/rUB
>>800
>日本は先の大戦で敗北したが、アジア諸国は欧米の植民地からは開放された。
>別に全て日本の力だとは思ってはいないが、日本が果たした役割は小さくは
>無かったとは思っている。

この点だけはちょっと。
俺はちょっとこの点だけは同意できなくて、ただそれは日本人の誇りとして
これから評価していかなければ駄目なんだけど、本質を見誤るとあの戦争で
命を落としていった人たちに申し訳が立たないとおもう。
あのアジア解放という名目でやった戦争から何を学ぶべきなのか?
そこが大事だとおもう。

804 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 20:17:21.20 ID:5iRA8DHo
四艘独立論者氏へ
800他だけど、どの辺が同意できないのかな?
別に俺の意見と違っても、勿論大いに結構だし。
ただ、俺もあの戦争で命を落とした人を思う気持ちもっているので、
気になるんだ。失礼で無ければ説明して欲しい。

805 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 20:46:00.23 ID:ptHlDMwc
>>798
>あのさ、談話なんてどうでもいいの、構成の歴史家が評価するだろうから。

 何うでも良く無いだらう。
現實に各談話《だむわ》が現實政治《せいぢ》に於て影響《えいきやう》受けてゐるのだから。

806 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 21:14:11.19 ID:onJqBv7D
756 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/18(火) 12:58:14.30 ID:tpGK2+6M
>おいらは

何だお前、オイラだったのか?
道理でw

おれに向けられたこのレスの意味が分からなかったのだが、ゴーマニズム板を今見てきて
やっとわかった。おいらは件のオイラ氏とは別人でござる。
1人称の「おいら」はよく見るよ。ちなみにおれは東亜板 歴史板の住人で、先週から政治板にきたで
ござる。

807 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 21:16:30.25 ID:5iRA8DHo
>>805
 談話が今の政治に本気で大きな影響を与えてると思っているわけ?
 おめでたい人だな?。
 憲法だって解釈でどうにでもなるのに、談話を継承するなんて建前だよ。
政治家の言い訳に過ぎない、法的拘束力などない。

 もっと問題なのは自民党のおめでたい自衛権の答弁。国会での正式発言だから
拘束力がある。領土内でしか自衛権は発動できないだとか、集団的自衛権は憲法改正
しなければ無理だとか大嘘。国際社会では通用しないし、他国の法解釈でもありえない。
 民主党の野田首相は、集団的自衛権を認める立場だから、まだ期待できる。
 南スーダンにPKOを派遣して自衛権の行使を正式に認めればいい。
 自民党では100年たっても無理だろうから。

808 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 21:43:39.61 ID:8D2HI2Lv
法律で決まってるならまだいい。手続きを経て変更すればいいんだから。
でも、あの談話は政治家の馬鹿どもの精神の隅々まで刷り込まれてるんだよ。

809 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 21:56:05.98 ID:5iRA8DHo
>>808
>あの談話は政治家の馬鹿どもの精神の隅々まで刷り込まれてるんだよ
 村山や河野の談話を口実に、問題から逃げてるようにしか、俺には見えないのだが。
 まあ、端的に言えば、人のせいにしていると。

810 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 21:59:52.30 ID:ptHlDMwc
>>809
 だから白紙撤囘《てつくわい》すれば好いと云つてゐるだらう。

811 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 22:09:05.71 ID:88ILptCA
保守だの憲法改正だのと常日頃言っている連中が
対米自立や自衛隊の海外派遣を主張した小沢を倒したいが為に
祀り上げた神輿が村山と河野だったのは凄い皮肉だよなwww

812 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/19(水) 22:20:09.13 ID:l+vp/rUB
>>804
>四艘独立論者氏へ

思想独立論者です、お間違えのないように。
>どの辺が同意できないのかな?

「日本が戦ったからこそアジア諸国を植民地から開放できた」
というのは、自分は無理があると思うんです。
本当に嘘偽りなくあの戦争を評価するなら「あんな戦争をやる
べきではなかった」という反省の上で見てかなければならないでしょ?


813 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 22:22:14.13 ID:Ak63JNfu
>あんな戦争をやるべきではなかった

なぜ?

814 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/19(水) 22:23:30.03 ID:l+vp/rUB
訂正
見てかなければならないでしょ
           ↓
見ていかなければならない

815 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/19(水) 22:24:14.69 ID:l+vp/rUB
>なぜ?

まあまて。


816 :インド大金持息子の弟:2011/10/19(水) 22:30:11.94 ID:NRLHBhUy
>>813
何故と聞くアホ。

817 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 22:33:18.76 ID:5iRA8DHo
思想独立論者氏

失礼しました。
>「日本が戦ったからこそアジア諸国を植民地から開放できた」
>というのは、自分は無理があると思うんです
 そこまで俺は自惚れてません。少なからず影響が合ったと思っている
だけです。

>「あんな戦争をやるべきではなかった」という反省の上で見てかなければならないでしょ?
 日中戦争はともかく、大東亜戦争は自衛権の戦争ですから、日本がやりたくなくても仕方
無いとおもうんですよね。しいて言えばどんな形にしろ勝たなくてはいけなかったとは思います。

勝つ方法も、避ける方法も合ったとは思います。

俺は少なくとも、アジアの植民地からの開放を本気で信じて戦った先人もいる訳ですから、その人たち
を愚弄したくはないし、意思は継いでいかなければと思っています。


 

818 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 22:43:20.81 ID:OAyhmcnF







このスレには、中国人が明らかに混じってる。













819 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 22:44:09.21 ID:Ak63JNfu
大東亜戦争は日中戦争と太平洋戦争の総称だろ

820 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 22:48:26.90 ID:8D2HI2Lv
大東亜戦争の目的は、日本の自存自衛だけでなく、東亜諸民族の解放という
重大な意義に加え、日満支の提携による大東亜新秩序の建設が中期的目標だった。
更に英米中心の旧秩序が解体し、ドイツ、イタリアが西欧で中核的役割を担うように
なった暁には、亜欧を貫く世界新秩序の建設という大目標があった。

そして究極的には日本は、天皇を世界の盟主に据え、国是である八紘一宇を完成し、
真の恒久平和を実現するはずだった。

821 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 22:51:53.48 ID:Ak63JNfu
楠木公の精神と神風頼みでな

822 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/19(水) 22:56:02.01 ID:l+vp/rUB
とりあえず>>813も聞いてほしい。

>>817
> 日中戦争はともかく、大東亜戦争は自衛権の戦争ですから、日本がやりたくなくても仕方
>無いとおもうんですよね。しいて言えばどんな形にしろ勝たなくてはいけなかったとは思います。
>勝つ方法も、避ける方法も合ったとは思います。
>俺は少なくとも、アジアの植民地からの開放を本気で信じて戦った先人もいる訳ですから、その人たち
>を愚弄したくはないし、意思は継いでいかなければと思っています。

ですからそこなんです。
本当に大東亜戦争は自衛のための戦争だったのでしょうか。
やりたくなかったから仕方ないという事を言われてますが、そんな簡単な話ではない。
確かにアメリカが日本に圧力を掛けてきたのは事実ですけど、あんな国力差のある国と
どうして戦ったんですかと言わざる得ない。

私が思うのは日本は日中戦争を延長して満州利権を守っていれば普通によかったわけです。
あなたが本当にアジア解放を信じて戦った人たちのことを思うなら
私はそこに対する反省というのをしなければならんと思うよ。




823 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/19(水) 23:02:51.17 ID:l+vp/rUB
>>820
あの戦争での大事な要素が抜けてるし、そこが本質だった。
だからアメリカと戦う必要なんてなかったのに。


824 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 04:45:49.94 ID:qBAhUmoS
ホントかな。戦争に誘導されたとか、食料基地がほしかったのでは

825 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 15:48:20.89 ID:9xSzTVX7
>>824
開戦への道を辿る事になった当時の指導者達は
ほとんどがアメリカとの圧倒的な国力差を理解していたが
「戦争したって勝てっこないんですからやめましょう」と言い出してしまえば
その後に覆い被さってくるであろう後始末に尻込みし
誰もが、誰かが言い出さないかなと願うだけで、自らその苦役を担おうとせず
目の前の、戦争へ至る道を惰性のまま進んでいった
という事なのかもしれないね

826 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 16:06:59.28 ID:eRvtuPT9
危険があっても、
それを見ようとしないで、
無視して、
大地を20メートルか30メートル削って、
10メートルの土地に原発を作って、
人類の英知だ!とか、誇らしげに自画自賛。
結果、20メートル近い津波が来て、
電源喪失。
地震でも発電所の一部のどこかが壊れたらしい。

圧倒的な資産力の違い。
年間自動車生産が日本の100倍以上。
軍事力も日本よりも大きな国と、
追い込まれたとはいえ、開戦に踏み切った。


旧大日本帝国海軍や陸軍と、
どこかの電力会社と、
立場は違っても、危機の可能性に目をつぶるというのが似ている。


827 :二次元は俺の象徴:2011/10/20(木) 20:43:09.76 ID:ntKhgfiO
本日は地久節
皇后陛下、喜寿のお誕生日おめでとうございます
萬歳!萬歳!萬歳!

http://sanaechan.net/up/src/sanae34416.jpg
にゃん♪

828 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/20(木) 22:14:59.07 ID:UKpeYlqc
>>826
ああ、そしてそこには多くの人が死に苦しみ遺族たちが路頭に迷った。
町はやかれ、職を失い、社会が半壊し精神的な価値観やモラルを含め多くを失った。
>>825
だから戦争なんかしなけりゃ良かったのにやってしまい取り返しのつかない
状況を生み出したことを反省しなくてはならない。
>>827
皇后陛下77歳だもんな・・・。
天皇皇后両陛下からは今の日本がどういう風に見えてるんだろうかね。

829 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 22:17:24.29 ID:Yiilz9Xy
>>823

マッカーサーが 「 オレ心底天皇を尊敬するわ 」 → http://www.youtube.com/watch?v=inE1DSH0jrk&feature=related

マッカーサーが国連で日本を擁護演説 「 オレたちが日本を開戦に追い込んだわ ワロタ 」 → http://www.youtube.com/watch?v=-zR5oqHGNLE#t=5m35s


皇居の天皇陛下は天皇(神)の宮司・神官

元無極躰主王大御神のおかげで地球も宇宙もあるのに

左翼の天皇をいらねーとか 何言っ天皇?

830 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 22:38:14.93 ID:QGueQfE+
あの戦争をやっては行けない戦争だと?
良く簡単に言えるものだ。まるで平和かぶれの社民党みたいだ。
確かに負けた戦争だし300万人以上が亡くなったから、しないで済めば、それに
こした事はない。でも平和呆けの発想だ。
当時の日本は財政的に破綻寸前、日本は欧米に追い込まれ、生き残る道を塞がれて行った。
別に当時の日本はアメリカと戦争するつもり何て無かった。
戦争に追い込まれた、生き残りたかっただけ。ドイツが戦争を始めた段階で日本の命運はほぼ
決まっていた。

831 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 23:02:57.85 ID:N5XHolit
社会で何の価値もないようなつまらん存在である事から逃避する手段として天皇にいちゃもんつけたところで何も得られんよ( ´Д`)y━・~~

832 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 23:25:54.89 ID:6gKlOrTM
平和かぶれ、平和ボケ
これって平和な日常を当たり前だと思って、平和のありがたさを忘れてしまう事。
平和ボケとは軽々しく手段としての戦争をクチにする事。戦争を反省せずに美化してしまう事。
戦争や戦闘に憧れ殺し合いを正当化してしまう事。
好戦的な言動こそが平和ボケ。


833 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/20(木) 23:31:11.47 ID:UKpeYlqc
>>829>>830
貴殿のような粋がりのアホがいるから正確な歴史評価が出来ないんだよ。
アメリカが戦争しかけてきたのは事実だし、その戦に乗り出して全力で
戦いアジアを解放したと言う事は正直涙が出る。
だが俺はあの戦争で戦ったことを、誇りには思っても自慢したりはしない。
そこが俺と右翼との決定的な違いだ。
田母さんのこの講演をみた上であの戦争をよく考えるべきだ。
我々はまんまと罠にはまったんだと言う事実がある。
戦争は回避するべきだった、何故回避できなかったのか
それを考える必要がある。

アメリカ人も知らない太平洋戦争の事実
(田母神閣下のコミンテルン陰謀論解説)
http://www.youtube.com/watch?v=lS0u6as6KAM


834 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 23:32:12.70 ID:eRvtuPT9
>>830
戦後左翼の発想とかは、
戦前の状況を無視した、
平和が大事だというお題目や念仏を、
まきちらかしているだけだね?


835 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 23:35:11.08 ID:eRvtuPT9
>>833
田母神さんは、
日本は独立した軍事力を行使する必要があると思ってるのだろうな?
核兵器にしても、西尾氏は、
原発をやめて戦略的核兵器を保有するほうが、
外交的にも有利だと雑誌に書いていたね。


836 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 23:40:11.53 ID:9SOY62MH
田母神「浜岡原発が危険だっていう根拠は?何時何分地球が何回回ったとき危険なの?」
田母神「民主党は中国の命令で日本人を福島から追いだそうとしている。」
田母神「原発を止めたら最貧国になる。核武装出来なくなって中国の属国になる。」

837 :カダフィ大佐:2011/10/20(木) 23:41:32.61 ID:+nH0H5C6
私は死んではいない。

>>834
だから戦前と同じ軍国主義が望みか?

私は正義の味方だ。軍国主義は良くない。国民を悲惨な目にあわせるだ
けだ。

838 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 23:41:47.59 ID:eRvtuPT9
>>836
民主党は現状は韓国のほうに近づいているような?


839 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 23:43:09.72 ID:96jBAicA
>>837
戦前の軍国主義も問題だったね。
中枢に入れば、それなりによかったのかもしれないけどね。


840 :カダフィ大佐:2011/10/20(木) 23:46:59.12 ID:+nH0H5C6
私は死んではいない。

>>836
お前はバカ右派か?
お前は右翼なんて烏滸がましい。

841 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 23:50:46.81 ID:96jBAicA
大佐は、日本語もできるんですね。


842 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 00:06:58.83 ID:U0WPySeI
核武装は当たり前


843 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/21(金) 00:30:47.00 ID:oEyaayNz
戦前の右派による軍国主義は明らかに控えるべきだった。
控えていれば今頃、日本は東洋のアメリカのような大国として
発展し羽ばたいていた。
戦後の日本人は明らかに歪められ、列島と日本民族という
狭い価値観に封じ込まれた。
日本人が本来あるべき姿は現在のような落ちぶれた愛国保守じゃない。
本当に愛国的な現実の保守を目指さないと。

844 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 00:37:29.70 ID:Lo3NMOzm
陛下は核武装についてはどう思っておられるのだろうか?

845 :麻原:2011/10/21(金) 01:18:07.28 ID:DRp/wP5D
私はやってない〜♪
けえ〜ぱくだ〜♪

846 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 01:27:25.06 ID:CQseASGQ
今日も在日工作員 やる気! 元気! 反日!

日本で工作員が跋扈したのは大昔から

武烈天皇 → 継体天皇  簒奪で

日本の歴史は工作員にねつ造されて

古代日本が世界の文明のリーダー格から

大陸から一方的に文化をもらうサルの国にされちまった

http://www.youtube.com/watch?v=ZT3SvDj4vzo#t=2m26s

847 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 03:05:07.52 ID:Sv0vvZLU
>>825
その程度の国で、天皇の国に戻せといってる程度が核武装したら、すぐ
核ボタン発射するよ

848 :教員K:2011/10/21(金) 11:12:41.95 ID:+T0jcKJm

真実は、これを観れば分かります。 → http://www.youtube.com/watch?v=zWPAktCuzK4 

みんなでこれを情報拡散しよう!

849 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 19:09:03.62 ID:Sv0vvZLU
思想がないんだよ

850 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/21(金) 20:01:38.44 ID:oEyaayNz
>>848
ちょっとその動画シリーズ面白いから今見てるよ。
ようやく15まで見たところ。
これ見るとなるほどな〜と感心することがある。
思ったのは天皇制国の保守か、あるいは戦後を逆手に
取った愛国的共和制のどちらかしかないってことなんだろうな。
>>849
そう、思想がないね。
だから天皇制を続けるほかない。


851 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 20:41:17.75 ID:24CRTZgF
>>850
大和王権とか飛鳥の時代まで、
さかのぼって考えるしかないからな。
明治以降の天皇制は新しいし、
本質的には、継体天皇以前の、
崇神から、仲哀天皇までの王朝と、
応神天皇とその母の神宮皇后以降と、
継体天皇以後と、
大体3つに分けて考えないと。

852 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 22:11:54.39 ID:suf3Bi5w
3期にわけるなら、
・封建身分制度に於ける権力の一端の天皇
・明治憲法により祭り上げられた大元帥天皇陛下
・国民主権の日本国憲法により設けられた象徴天皇制における公務に服す天皇
だと思う。
天皇の呼称は同じでも身分や役割等が全く違う。
自然人であった天皇は敗戦で消滅し日本国憲法では法的に人格を与えられた法人となっている。

853 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/21(金) 23:01:40.72 ID:oEyaayNz
>>851
>大和王権とか飛鳥の時代まで、
>さかのぼって考えるしかないからな。

でも日本神話とかこれまで考えられていた歴史って言うのは全否定されてしまいそうだけどね。
でも男系天皇が残り、もう一度維新するならそれも良いかも知れないけど。


854 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/21(金) 23:03:48.06 ID:oEyaayNz
なんかこの国は未発掘のとんでもない考古学的な遺産が
まだあるような気がしてならないんだよね。
それが発掘されて世に出てもらうのを待つしかないかもしれない。

855 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 23:18:07.90 ID:U0WPySeI
天皇はこのままでいいと思う
それと国民に主権なんてない


856 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 23:21:56.50 ID:RUloSsGf
天皇制維持!貴族院・藤原氏の様な摂関家を復活して、石原家に政治を任せよう!


857 :名無しさん@3周年:2011/10/21(金) 23:23:21.75 ID:by7Hlcmf
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1319203380/

858 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/22(土) 00:52:47.40 ID:3nxY9UNN
アメノウズメ動画にまんまと脳が洗われた。
アメリカによる日本併合・同化計画が進んでる。
もはやふざけてる場合ではない。
アジア主義も駄目だ、中国朝鮮に構ってる暇はない。
日本人は日本国だけのことを考えるべき。
日本をいち早く戦前に近い状態へと戻さねばならん。
開国などいらない、閉国の時代だ。

859 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/22(土) 00:56:24.93 ID:3nxY9UNN
日本国の歴史と天皇の歴史を再編成し、大化の改新以降、あるいは幕末のように
政教一致による新しい維新を起こさなければならないだろう。
揺るやかな自由は残しつつ民族主義により国内思想を統一し左翼は排斥。
必要ならば逮捕、強制収用もやむをえないだろう。

860 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/22(土) 00:59:07.63 ID:3nxY9UNN
この世界に自由などと言うものはない。
自由とはアメリカが支配する民にだけ見せる幻影だ。
まあ戦前の日本国が朝鮮や台湾を支配してインフラを
整備したり教育を整備したようなことと近いがな。


861 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 01:06:53.17 ID:zfdzFjLk
>>859
「思想がないね。だから天皇制を続けるほかない」といいながら、
「国内思想を統一」。あなたのいってることは、まったくナンセンス 
「必要ならば逮捕、強制収用もやむをえないだろう」、だから、この国は
あぶない



862 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/22(土) 01:11:15.84 ID:3nxY9UNN
>>861
危なくない。
危ないのは時代だ。
危ない時代についに突入したことに気付けない平和ボケした
国民のほうが危ない。
国内思想というのはネット右翼的な保守思想のことです。


863 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 01:58:46.25 ID:zfdzFjLk
>>862
「逮捕、強制収用もやむをえない」と、思想の自由を否定していながら、
国民があぶないという。意味不明。思想がないから、何を仕出かすか
分からない、予測不能なのですよ

864 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 08:49:38.37 ID:REk/xhGP
左翼思想が、外国それも、
欧米じゃなくて、
特定極東アジアの一部の外国のためだけの思想の道具とされてきたわけだよ。
それは、共産主義思想やマルクス主義思想という隠れ蓑に、
覆われていたので、
多くの知識人やいわゆるプロ市民の人たちは、
気がつかなかったのであろう。

明治時代から、左翼思想を明治新政府が、
取り締まり弾圧してきたが、
そういう人民弾圧の結果が、
第2次世界大戦の敗北につながったのではないだろうか?
リビアのカダフィ政権が、崩壊したように、
強権的な政治は長くは続かないのではないか?
たとえば、旧ソ連を見ると、ロシア革命が起きたのが、
1917年であり、旧ソ連が崩壊したのが、
1992年だった。
約75年間の共産党の支配だったわけだ。
近代日本が、1868年の成立と考えると、
1945年の敗戦をもって、その終了と考えるのは妥当だと思うが、
1890年の大日本帝国憲法施行をもって、
近代国家日本の成立と考えるかで異なるが、
その前後数年は、以前の社会体制や法律体系が、
施行されていたりしたので、数年から10年ぐらいの余裕は必要かもしれない。
長く考えれば、80年近い時間であり、
短く考える場合は、
約55年間から60年間ということであろうか。

いったんここまで。


865 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 10:29:12.05 ID:ZLTCIk9G
反日とか反日的という言い方が、
誤解を招くようなので、
ここでは、自虐という言葉を使いたい。
戦後の日本は、
1950年代生まれ以降の児童や生徒は、
学校では、いわゆる日教組の先生たちによる、
自虐と自己否定を、叩き込まれてしまった。
もちろん、そうじゃない先生も大勢いたわけだが、
いわゆる日教組の先生たちのほうが、
政治家になったり、教育関係者に大きな声で、
主張をしたことなどもあって、
だいたいが、日教組の先生たちの声が通っていった。

日教組の教育の先生が、
あまりにも自虐と日本否定が強すぎる地域の場合、
その地域の子供たちの中には、
日教組の先生に反発して、
保守や右翼的傾向に走った生徒も少なからずいた。

つまり、多くの児童や生徒たちは、
自虐的傾向に、洗脳されて自分自身を見失い、
一部の生徒は、日教組教育に反発して、
保守や右翼的傾向に走っていったわけだ。


866 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 10:33:12.03 ID:ZLTCIk9G
参照。
ビジネスニュース板。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1318870663/506
ビジネスニュース+板の書き込みにもあるように、
小学校中学校高等学校と、
12年間も教育を受けながら、
世界一歩留まりの悪い人材育成機関になってしまった、
日本の教育の問題とかが、
世界と比較して明らかにレベルダウンしてしまったらしい。
まあ、中国などに留学に行く必要はないと思うのだが、
最近中国絶賛の風潮がある。


867 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 13:50:39.42 ID:RcTMDgQ+
話は違うが昨夜の朝生で首相公選制と国民投票改革を取り上げてたな。

868 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/22(土) 15:35:34.33 ID:3nxY9UNN
>>863
そう言う意味なら、そうかもしれんな。
しかし現在のように思想の自由が保障されれば
日本はもう恐らく無くなってしまうだろうと思う。
日本人は移民で文化や精神も何もかもアメリカ人
のようになり、天皇制が残れば運がいいと言うぐらいにまで。

869 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 15:38:01.22 ID:SUu8UJzv
>>868
大日本帝国憲法施行当時でも、
思想の自由はある程度あったからな。
昭和になって治安維持法ができてから、
思想の自由がなくなったようなものだし、
伝統を考えれば、天皇や朝廷に批判的な人は、
大勢いたんだよ?


870 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/22(土) 15:41:44.08 ID:3nxY9UNN
むろん、そうなったほうがいいと言う話もあるだろうと思う。
TPPやNWO(ニューワールド主義)で日本の保守思想をやめる、
いわゆる日本人らしさである漢文化的なアジア民族的な精神文化は
中国や朝鮮に任せ、日本人は欧米化を完成させて精神的にも民族的にも脱アジアを行う。
過去のしがらみを超えて日本人はアメリカ人とともに自由に生きる。
まあその方がいいのかもしれないが。

871 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/22(土) 15:44:57.50 ID:3nxY9UNN
>>869
むろんそうでしょう。
でもそれでも戦前は今で言う「自由」とは少しかけ離れてるよね。
治安維持法が出来たから急に取締りが厳しくなったと言うわけでも
ないだろうし。

今後の世の中で日本人の保守を考えれば北朝鮮やイランまでとは
いわなくても現在のアメリカ、ロシア、中国、韓国ぐらいの統制社会
でないと民族とか伝統とかは残らないと思う。

872 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 17:11:22.68 ID:4Pm864Nd
治安維持法は天皇暗殺を最終目的とする共産主義者の危険思想を取り締まるのが主目的だろ。

873 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 18:58:18.18 ID:zfdzFjLk
>>864
マスコミがここに書いた内容を直接、引用・記事にされても困るわけですが、公式・非公式のものを教育的・非教育的に関わらず
真実を知りたいと思うもの。
欧米も中東も、前提としてみな同じと捕らえてのことのようですが、歴史的
変遷や事件をわが国にストレートに類推適用できるとは思えない。

874 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 19:06:16.41 ID:P8pd/U4o
http://ameblo.jp/hirai-h/entry-11051383193.html

875 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/22(土) 22:27:42.08 ID:3nxY9UNN
時はきた!!先人の死を無駄にするな!!TPPは受け入れだ!!
農業も米も捨てよう!移民も受け入れるべし!外国人参政権により
移民超国家日本を樹立させようじゃないか!それが第2維新だ!
だが天皇は残す、それも男系でな!
おれは超古代より存続する万世男系国家としての日本国を、
天皇統治の地球市民国家にしたいんだ!
日本国が中国文明から独立するには、それしかない!
韓国にも中国にも決してやることの出来ないこの改革を行い、新しい
移民国家としての大日本帝国主義を起こすべきである!!!
第2の開国やるべし!天皇統治の移民国家目指そう!
保守派や右翼、そしてこれまでの日本人、日本民族は滅びさり、解体され、
世界移民による新たなる新日本民族の創生を決行し文明国として独立する時だ!
NWO(ニューワールドオーダー=新世界秩序)を取りこみ我々がメーソンの
理想として目指していた理想の天皇自由主義国家を作るべきだ!
首相公選制、道州制を導入を目指し、近代版新日本帝国連邦をめざそう!!!

876 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 01:21:50.33 ID:V11R2HsJ
馬鹿な主張だ。TPPなんか受け入れなくて、近いうちに関税なんて原則廃止。
日本がなんで移民国家になる必要があるんだ。移民なんて受け入れたら天皇なんて
不要の共和制国家になり大統領が誕生する。
日本はアメリカの奴隷のままだよ。


俺は保守主義だから、嫌だね。

877 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/23(日) 02:10:42.78 ID:uurch1Rn
「日本人」という狭い民族意識や「アジア人」というカテゴリーすら日本人はすでに超えようとしている。
真にグローバルな時代をこれからも生きるためにはあの明治のようにそれまでの民族やわだかまりを

捨てて新しい時代に適合すべく変化していく必要がある。
「世界人」という境地で日本人は生きていく必要があると思うんだ。
そしてそれを肝要に受け入れる必要がある、世界と和=1つになる。
それが大和心や八紘一宇の真理だ。
日本、葦原瑞穂国、これは決して日本列島と言う存在を示したわけじゃない。
地球全体を表してるのさ。

天皇や断絶しない歴史を持った日本だからこそそれにふさわしいのであり
それは中国や韓国には無理だろう、我々がやらないでほかに代役はいない。
確かに似たようなことは中国も韓国もやろうと思えばできるかもしれないが
しかしそうなったら結局苦しむのは日本人なんだぞ?
隣にそう言う超大国があったらそれこそ日本人は天皇制を今度こそ終わらせたいと思うだろう。
そうならないために日本人はもう一度立ち上がらなければ駄目だよ。
移民国家になっても天皇制を終わらせないようにする工夫や努力が勝利の鍵さ。
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2170488.jpg



878 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/23(日) 03:03:02.08 ID:uurch1Rn
たとえ移民によって民族が解体され、国民国家・移民国家となろうとも
天皇陛下がいれば移民系との垣根を越えアイデンティティの共有ができ、
その統合意識は天皇陛下統治の国と言う1点に集約される。
アメリカが移民による自由を是とする共和国家というそれと同じ様に。


879 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 09:43:50.34 ID:aoKhv/g1
まあ、100パーセント無いと思うが、
万が一、中国などの移民によって国が解体されても、
イスラエルの民のように、外国で自分たちの民族としての、
連携をとって生活できるかだな?
中華系の華僑とかは、
人と人の連携でネットワークがあるらしいが?


880 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 09:45:49.95 ID:do4Cx+qC
今年の3月11日の大地震と大津波のようなことが、
後何回も繰り返すことがあると、
日本に暮らすことができなくなるだろう?
そうすると移民とか外国とかと関係なく、
海外で暮らすしかなくなるんだよね?


881 :880脱字訂正:2011/10/23(日) 09:47:44.45 ID:do4Cx+qC
>>880
脱字訂正。

誤)今年の3月11日の大地震と大津波のようなことが、
誤)後何回も繰り返すことがあると、

正)仮にだけど、今年の3月11日の大地震と大津波のようなことが、
正)後何回も繰り返すことがあると仮定したならば、

882 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 09:51:28.93 ID:TQwc734R
>>873
欧米と中東は歴史的にも基盤が違うから、
それと同じように日本を考えるのもうまくいかないかもしれないが、
真実は欧米も日本も同じだろうからね。
思想が無いというのは、
日本の特殊性というか、
自己否定が強すぎるのであろうか?


883 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 11:04:16.72 ID:ZiMXl0FV
>878
言いたいことは大体わかったが、少し疑問がある。ハブスブルグ家や愛新覚羅家の例のごとく、
君主制が多民族多文化主義の紐帯になりうる、ということは理解できるが、日本の皇室には
当てはまらないように思う。理由は皇室があまりに“日本的”すぎるということ。
日本がハブスブルグ帝国になるためには 皇室がいわば脱日本化する必要が出てくるんじゃないか?
たとえば宮中祭祀をやめるとか、すめらみこと から単なるエンペラーになる変化することが必要ではないかな、
という気がする。でも それじゃあもはや『天皇』じゃあないな。日本皇帝だな。

884 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 11:58:25.59 ID:rqjBh70x
>>883
やはり、古代ヤマト王権や、
飛鳥から奈良時代にまで、立ち戻りながら、
日本の王権や朝廷について、
問題を提起する必要があると思うな。
思想というか、日本的な意味での思想とか、
世界的な意味での冷静な位置付けが必要だろうな。
短絡的な賛美をしていたら、もはや未来は無いだろうと思います。
ただ、単に、日本が素晴らしいだけでは、駄目だと思うのですが?

885 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 12:07:26.23 ID:+Eoc3pjN
世界的な意味での位置づけを考えたからこそ、
日本の皇室が世界に比類なきものであることが判明したわけだろ。

ハプスブルグ家が900年くらいに対して、天皇家は今年で2671年続いてるし、
一度も革命が起きていないからこそ、国民に敬愛されている証だ。

886 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 16:03:26.62 ID:UOykU++Q
中国で発見された678年の墓誌に「日本」の文字  「日本」呼称、最古の例か

http://www.asahi.com/culture/update/1023/images/TKY201110220633.jpg

http://www.asahi.com/culture/update/1022/TKY201110220586.html

887 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 16:31:11.82 ID:mAtl2UXt
>885
>>883で言いたかったことは 878氏の理想に掲げる天皇像には ハブスブルクや英王室のような
コスモポリタン的性格が必要であり、それは伝統的な天皇像とは異なる。その乖離を埋め切れるのか、
ということだな。脱すめらみこと化が少し想像できないオレガイル。

今までは日本国民=大和民族の理解でやってきたが、移民上等、多元主義の統合のシンボルとしての
新しい天皇像と伝統的価値観に基づく天皇像と乖離をどう整理しているのかを訊きたかっただけ。

それと話変わって次書いてみる。

888 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 16:41:08.03 ID:wph0lo39
歴史の古さが正当性を与える世界情勢ではなかろう
それを言ったらアメリカはネイティブに土地を返さなきゃならん
欧米諸国が自分達の土地から飛び出した瞬間に失われた価値観だね
日本独自の価値観を持つことが悪いことだとは思わないが、
それを世界が認めてくれると思うのは大間違いだと思うよ

889 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 16:45:56.85 ID:mAtl2UXt
昨日テレビで フクシマ決死隊にスペイン皇太子賞の授与式の映像を観たが、
少し複雑な気持ちになった。 なんで公務員ばっかしで民間人はないんだよ! という野暮な突込みは
脇に置いといて、2ちゃんねるで「本来 日本の皇室がやるべきだろ」という書き込みを見たが、
まさに誰しも最初にそれを感じるだろう。
日本の国難に際し、勲功のあった人間を褒賞することは、まさに君主の最大の仕事ではないのか?
天皇の国事行為その他に その権能がないのがそもそも不思議だが、園遊会に招くとか、
去年のさかなクンのように「お言葉」を以てその栄誉を称える とかやいようがあるはずだ。
 日本の国家元首の機能の一部がスペイン皇太子に移管してしまった印象を受けた。

閑話休題
 その授賞式のシーンだが、消防官や自衛隊員が礼装で式に臨んだがかっこよかった。日本人は軍服は似合うねえ。
軍人さんの礼服は日本ではパレードぐらいかお目にかかれず、天皇や皇族に拝謁する時にはたぶん着用しないだろう。
軍服に対する忌避・タブーが戦後日本にはある。

890 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 16:55:35.49 ID:mAtl2UXt
http://www.youtube.com/watch?v=dtx_H2QY_is

ほんとはここで「天皇陛下万歳」と言うべきところなんだが、
「ビバ エスパーニャ」なのが歯痒いww

>>888
天皇スレでよく見る、世界三大権威 という2ちゃん専用語が典型だね。

891 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 17:42:48.91 ID:YoL5tSDG
世界三大〇〇というやつに日本人や日本の名所旧跡が入っている場合は、その世界三大〇〇は日本人しか知らない場合が多いよな
例えば世界三大美女は日本じゃクレオパトラ、楊貴妃、小野小町だが中国人やエジプト人が小野小町を知っているとはとても思えないよなぁ


892 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 18:22:57.32 ID:3kkv5ZiV
ふ〜〜ん

893 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 19:00:30.44 ID:UOykU++Q
>>891
 まあ、小野《をのゝ》小町は、本名《ほんみやう》でも何でもないからな。

894 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 20:35:04.03 ID:1rBGV5vP
>>887
世界の文明の中心だったヨーロッパ諸国の王室は血縁関係で結ばれているところがアジアの王家と
大きく異なる。コスモポリタンというよりはキリスト教文化圏域内で通用する価値観だな。
英国でもドイツから国王を迎えるなどアジアでは考えられないことをやってきている

895 :田中康汚:2011/10/23(日) 21:26:57.97 ID:X/J3hc+u

余は天皇制存続に賛成だ

それを侮蔑して、己をさらに崇高な位置に置けるので

896 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 22:10:09.13 ID:dreiUJz3
よ、えたひにんども

897 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/24(月) 00:07:39.56 ID:VipoxRhQ
>>883
脱ニホン化というのは少しちがうんじゃないかと。
それは現在の天皇が皇帝としての天皇ではないからでしょ。
戦前はそうじゃなくて中国人にも朝鮮人にも天皇を敬ってもらうために権威として祭り上げてたわけです。
だから結局そう言う天皇を望まないと言うのは戦後的というかGHQにまんまとやられている気がします。
>たとえば宮中祭祀をやめるとか、すめらみこと から単なるエンペラーになる変化することが必要ではないかな、
>という気がする。でも それじゃあもはや『天皇』じゃあないな。日本皇帝だな。

それを言ったら天皇って皇帝じゃないってことになるよね。
あなたの思う天皇って結局戦後作られたものでしょう。
戦前の天皇のイメージのほうが普通に天皇らしいと思いますよ。
>>885
それは嘘だよ。
1671年と言うことならまだ理解できるがもし2600年前から
日本国に王国があったのならもっと色々残ってないとおかしい。
>>889
軍服は似合うだろ日本人。
もともと日本人は軍服が似合うから西洋型帝国主義ができたみたいなところが実はある。
似合わないのは中国朝鮮的な顔してる人だけ。
まあ天皇に似合わないと言うのならすこしは分かる。
ただ、本当なら天皇も軍服着なければならん。


898 :名無しさん@3周年:2011/10/24(月) 00:41:14.61 ID:kMbweYUe
>>897
紀元前660年に神武天皇が日本国を創業したのは史実。
色々残ってないとの色々って何だ?

あと、西洋型帝国主義ってイギリスやフランスの植民地政策と、
日本の朝鮮、台湾の統治って全くもって違うんだが、
ひょっとして歴史知らない?

899 :名無しさん@3周年:2011/10/24(月) 01:18:05.45 ID:7DtcELSz
8世紀に書かれた書物で
それより1400年も前のことを史実と認めるのは難しいね。
今の人間が1400年前の事を詳細に記述するのだって不可能なのに。

900 :思想独立 ◆rmyrh8seOg :2011/10/24(月) 01:18:34.90 ID:LX+3mM1i
今日は世界遺産ではシルクロードを取り上げてた。
日本国の悠久さがよくわかる内容だった。
また学研から発売した
「皇室と宮中文化の世界を紐解く 天皇を知りたい」
という写真図解入りの書籍をみて更に宮中文化や
天皇の存在の美しき歴史に心が洗われた。
戦前よりも戦後の今の天皇のほうが天皇らしくて良いと考え直させ
られるぐらいに、今の日本の天皇制はうまく完成してると思うよ。
昨日は日本を移民国家になんていったけども、
もうこのままで行けばよいんじゃないかなと思う。

901 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/24(月) 01:44:40.56 ID:VipoxRhQ
>>899
そうでもないよ。
問題は資料とかが残ってるかどうかだよ。
もし本当に日本国がそんな大昔から続いてきた国なら鳳凰堂などに
貴重な昔の遺物が残ってるぐらいだからそう言う資料も十分に残せたはず。
もしほんとうにそんな昔から王朝があったらね。




902 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/24(月) 01:46:04.96 ID:VipoxRhQ
>>898
おめーこそもっと勉強するように。
だからネトウヨはバカなんだよ。

903 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/24(月) 02:07:40.50 ID:VipoxRhQ
>>884
>やはり、古代ヤマト王権や、
>飛鳥から奈良時代にまで、立ち戻りながら、
>日本の王権や朝廷について、
>問題を提起する必要があると思うな。
>思想というか、日本的な意味での思想とか、
>世界的な意味での冷静な位置付けが必要だろうな。

あなたの意見はとても的確だと思う。
明治維新により明治政府は古代ヤマトの君主的な大王権のような天皇と言うのを
再現しようとしたが、結局挫折した。
だから本当にそこを考えないと駄目なんだ。
だけど、冷静に考えてみれば今の天皇制がなかなか素晴らしいんだよね。
結局>>883>>876のような方の意見が正しいということになる。
二本は今のままでよく、今の体制を壊してまで新しい試みをやるのは間違ってるのだろう。

>>882
>思想が無いというのは、
>日本の特殊性というか、
>自己否定が強すぎるのであろうか?

いや、思想がないと言うわけじゃないよ。
あるんだけども気づかないんだ。
日本国には神道思想と言うのがあるからそれをやったらいいのにさ。
それに気付けてたのは神道の神学者とか国学者たちだけだった。
>>894
確かにそれはヨーロッパにしか出来ない芸当だろうな。
こちらでいえば江戸時代に朝鮮から王室を輸入するという・・・
ヨーロッパはこちらの常識では出来ないことをやってる。



904 :名無しさん@3周年:2011/10/24(月) 08:44:17.78 ID:L+xVvrIt
2ちゃんねるのどこかで、
今上が、民主党に対する抗議デモに、
参加している若者たちを、
『間接的に、勇気付けた?』という情報が出ていたな。
現在の天皇制云々は別としても、
現在の朝廷も民主党政権に対する問題は感じているんだろうな?


905 :名無しさん@3周年:2011/10/24(月) 11:40:51.40 ID:GvUHrIty
>>895
スレと関係ないけど、
彼は、女性に持てているよね?
それも結構な美人とかと付き合っていたような?


906 :名無しさん@3周年:2011/10/24(月) 13:36:08.89 ID:HET7F4rM
>>882
そうではなくてね、たとえばですね。第三国と戦争した、または戦争に介入
したとしましょう。この国の将軍が原爆20−30発で片が付きますよと、
天皇または大統領に進言したとしましょう。そのとき、この言動ゆえに、こ
の将軍を解任できますか? ということです

907 :名無しさん@3周年:2011/10/24(月) 20:34:58.41 ID:kMbweYUe
紀元前660年の建国は、戦前の大日本帝国政府の公式見解なんだが・・・。
別に古事記や日本書紀のような歴史書をもって証拠うんぬんを論じたつもりはないし。

908 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/24(月) 22:29:53.39 ID:VipoxRhQ
>>907
今の天皇家自体が中国渡来系の氏族である可能性が非常に高いから
たとえ紀元前にも王朝があったとしてもそれと繋がっているかどうか・・・。


909 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/24(月) 22:42:01.16 ID:aeCtFJHr ?2BP(1700)
>>908
> 今の天皇家自体が中国渡来系の氏族である可能性が非常に高いから

考えにくい。
中国では紀元前から、孟子の易姓革命という革命思想があった。
天皇が渡来系氏族なら、そうした革命思想の影響から無縁でいられたはずはなく、天皇が存続できなかったはずだから。


910 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/24(月) 23:21:26.54 ID:VipoxRhQ
>>909
あのさあ、神武東征の話は知ってるよね?
あれはどう捉えますか?

911 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/24(月) 23:37:06.09 ID:aeCtFJHr ?2BP(1700)
>>910
古い伝承には何らかの史実が反映されているはずだ、という考え自体は否定しませんが、
神武東征は天皇が中国系である証拠だ!とか言うのはただのトンデモ。

912 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/24(月) 23:45:56.89 ID:VipoxRhQ
すまん、神武東征を例に出したのはわるかった。
それはやめにして、たとえば隋〜唐代において多くの渡来系氏族が
ニホンにやってきたが天皇維新ともいうべき大化の改新のときに
それ以前の蘇我系の大王家を滅ぼして現在に通じる天皇家になった
人々が、実は中国渡来系(朝鮮から渡来してきた中国系)ではなかったのかと。
血筋としては混血になるのだろうが、それまでの血筋からしてみれば渡来系
であり、たぶんそう言う背景があったんじゃないかと考えられる。

913 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 01:43:17.93 ID:g3Y8RINe
大陸の血統なんか混じってないだろ。
天皇家は太陽神・天照大御神の血をひく、まさに神の王家。

天皇家は天上界・高天原から天の高千穂(宮崎県)に降臨し、
そこから神武天皇の時代に大和地方(奈良県)へ徐々に移動、
そこで紀元前660年の2月11日をむかえ、八紘一宇を宣言し、
我が国を創業したのだ。

914 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 02:10:03.41 ID:SQ0KJ1tx
>>912
貴方は余り理解していない様子だ、大変残念だ。
滅んでなどいない。
中国?


915 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 02:16:40.59 ID:SQ0KJ1tx
>>912
中国渡来系?
混血?
余り理解していない様子に残念です。


916 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/25(火) 02:43:09.58 ID:UfUQk1U1
面白い話を聞いた。
民主党に座り込みしてるニコ生の人がスペインに2年ほど留学してたそうだ。
そこでスペインの人が「お〜いお前の国の雑誌もってきたぞ〜」と差し出して
きたのが、なんとハングルで書かれた韓国の雑誌だったそうだ。
彼らからすると漢字とハングルの区別がつかないらしい。 
つまり向こうでは日本人、朝鮮人、中国人の区別がつかないということだ。
ようするに民族的、人種的にもってことだが、これは実にショックだ。
しかし日本人と中国朝鮮では民族的にも人種的にも文化的にも系統の違う
ところがいくつもある。
東アジア協和主義を望みたいと願う半面、いまだ日本国・日本人はこのままで
ずっと続いていけば良いと願う気持ちもわずかに残っているだけにこの話は
自分にとっては複雑な想い。

なぜなら東アジア協和はお互いの民族を区別しそれを互いに理解し尊重する
ということで初めてなされる高見。
そこではネトウヨ、嫌韓厨などの性質を持った人間は排除されなければならず
同様に中国朝鮮でのネトウヨ、反日厨も同様である。
そうして人々が平和と安定を理解したとき初めて真の東アジア共同が達成される。

仮名はアルファベットのような単文字であり、漢字を廃止すれば日本人が
中国朝鮮とまちがえられることもなくなるだろう。
こうしたことは漢字廃止の大きな理由の一つとなるかもしれない。


917 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/25(火) 02:45:53.65 ID:UfUQk1U1
>>914>>915
可能性は否定できんだろ。
おれはいつも不思議に思う。
なぜ古墳の遺骨が調査されないのか?
エジプトだってそう言う調査はしてるんだ。
おれはそれをぜひやってもらいたいと考えてる。


918 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/25(火) 02:48:41.90 ID:UfUQk1U1
古墳調査を否定するやつに一言いいたい。
何故隠す?
莫大な予算を投与し古墳を調査して古代の状況を
見てゆかないとこの国の真の意味での文明は
いつまでも成立されない。
ニホンの考古学は宇宙開発並みに予算を投じて
全国の古墳を管理し保護や修復をしていかないと駄目なんだ。
何でそれすらも出来ないで工事とかでぶっ壊すんだ?
俺には理解できない。
これじゃシナの易姓や文化大革命のことを言えないじゃない。

919 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/25(火) 02:51:03.14 ID:UfUQk1U1
古墳は古代の墓にしてピラミッドのような御神体でもある。
日本人はそう言う宗教的な文化もをももう一度見出さないと駄目なんだよ。
仏教だ、キリスト教だと言ってる場合じゃない。


920 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/25(火) 03:10:20.29 ID:UfUQk1U1
>>883
いまさらだが、あなたの言ったことが少し分かってきたかも。
要するにアジア主義で共和主義なのか、ニホン単独主義での
共和主義なのかという所でも違うと思うんだよ。

どういう事かと言うと東アジア共同体に連結した上で日中朝の協和を
やるのか、それとも中国朝鮮と言う「国」とは現在同様に隔絶された上で、
日本列島のみの中で「中国朝鮮系日本人との共和主義」をやるのか
という事では違ってくる。
前者であれば脱ニホン化はしなければならんだろうが後者では
脱ニホンはしなくても良い。

921 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 04:22:08.72 ID:FImQugZd
天皇制支持者の大半の学歴は私大文系、そして詩文女
まず私大文系を解体するべし
まずはここから

922 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 05:21:37.81 ID:Hts2CWxF
天皇は海物語がお好きなようです。

923 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 05:32:36.13 ID:neatZZkw
>>918
同感。
宮内庁によると、政治・宗教的理由から隠しているそうです

924 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 09:18:01.09 ID:gMdKObsY
天皇も仕分けの対象にして廃止が正義

925 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/25(火) 09:35:30.85 ID:eMsqnyN5 ?2BP(1700)
仕分けされる側の立場のくせに。

926 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 09:37:15.26 ID:wLn9iRCv
>>923
天皇制は存続でもよいかもしれないが、
宮内庁の政治的宗教的理由で古墳を発掘させないとか、
連4さん(笑)とかが、問題にして仕分けしてもらう必要があるかも?
高速道路や津波対策やダムなど必要な公共工事を仕分けするのではなく、
無駄な公務員削減とか、給与の2割削減をするべきだと思う。



927 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 09:51:25.63 ID:wLn9iRCv
ギリシャを見習って考えるなら、
公務員の給与は4割削減するかわりに、
現在の公務員の数を3倍に増やすべきだな。


928 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 10:45:51.26 ID:6dfFsC/F
>>615

元厚生官僚の事務次官 (羽毛田信吾) が宮内庁長官として権勢を誇示できるような体制は
現代社会では 実にみっともない様 だわさ。

国連の常任理事国になれないのもこういう愚かな差別体制を排除できないでいるから。
もう役割を終えたのだから、あとはゴミどもに政治利用されないように制度を終わらせるべし。

でないとあちこちに 「何某天皇」 がでてのさばり、国が不当不正に混乱する源となるからさ(蔑)
それに厚労省が20年以上も全国民にセックスのHIV汚染を統計偽装で隠し続けているのも大問題だ!
厚生官僚と宮内庁、皇族との結合はかなり危ないものがあるよ!

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=200000286&tid=bb38fdahahd9a1a2kbdgsbernca4o0dbbeo&sid=200000286&mid=558
厚生省のエイズ統計を信じるな! (週刊文春・告発記事)    NTTエイズ

 こういう厚生官僚らの犯罪を見て見ぬふりしてきた天皇家などは不要だ!(怒)
知らなかったわけはないのだから、卑劣極まりないと感じる!
天皇・皇族制度はすぐにでも廃止してもらいたい!

本当にみっともない差別制度です。

929 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 16:19:23.91 ID:ROsPy0bi
まずは在日特権からだろ

930 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 16:37:31.53 ID:neatZZkw
話題をそらすな

931 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 19:33:04.61 ID:Z7Y3491D
337 名前:/名無しさん[1-30].jpg[sage] 投稿日:2011/10/25(火) 17:45:48.03 ID:jl9CME0k0 (PC)
そうかぁ?
俺、皇室に世話になったことねぇんだけど…。
まぁ、税金で扶養してる認識は持ってるが…。
国事行為その他の公務なんざ、
政治家でも出来ると思うんだが。
お宅は皇室から、具体的に一体どんな利益を受けてるの?

▼ 359 名前:/名無しさん[1-30].jpg[sage] 投稿日:2011/10/25(火) 19:13:35.66 ID:W1C5ndke0 (PC)
>>337
維新の時ヨーロッパ式に民主化するにあたってキリスト教圏みたいに神の前では王も平民も同じみたいな名文のある存在がないと侍と農民を同じ身分にするのに都合が悪かった
で天皇を最高位にしてあとは皇民てことにして強引に民主化した
皇帝を倒したら皇帝になれる〜をずっと続けてた中国は支配する者される者の上下が存在し続けて近代化しても民主化しなかった
天皇が偉いのはそういうファンタジーの設定があるからで、身分制が残っているが悪いことではない

って井沢元彦がいてったw

あと、税金でなくて自分で生活してもらうことにしたら維新後皇室が寄付した土地をお金で返さないといけなくて、それが凄い額になるらしい
って2chで読んだw

932 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/25(火) 19:35:31.26 ID:UfUQk1U1
いや〜今年は文化功労賞がすごい!!
俳優の大滝の爺さんとかも入賞して。
文化の大切さを改めて実感したね。
漢字を廃止するとか言ってた俺がバカみたいだ。
旧字体の漢字を使うかどうかは別として
歴史的仮名遣いはぜひ復活させるべきだ。

933 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/25(火) 19:44:52.26 ID:UfUQk1U1
>>931
>維新の時ヨーロッパ式に民主化するにあたってキリスト教圏みたいに神の前では
>王も平民も同じみたいな名文のある存在がないと侍と農民を同じ身分にするのに都合が悪かった
>で天皇を最高位にしてあとは皇民てことにして強引に民主化した
>皇帝を倒したら皇帝になれる〜をずっと続けてた中国は支配する者される者の上下が存在し
>続けて近代化しても民主化しなかった天皇が偉いのはそういうファンタジーの設定があるからで、
>身分制が残っているが悪いことではない
>って井沢元彦がいてったw

いや〜、でもね実はこれ面白い話なんだけど古代の大化改新後の天皇と言う
位置づけを用いたのと、明治維新で神と天皇の位置づけを被せたってのは
実は同じで、唐代の中国でも仏教における仏と道教の天皇大帝(北極星)が
これが神であったわけです。
そして日本において中国の天皇大帝の理念を持ってきて天皇としたわけです。
だからあの時代の天皇の氏神は太陽ではなく北極星だったし八角形の古墳
とかも作られたわけです。
まあ井沢はあほですんでwww

934 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/25(火) 20:00:40.09 ID:uR/i39nN
大滝秀治は一緒に仕事した奴が言ってたが、殆どボケ老人だそうだ。


935 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 20:15:45.79 ID:rfDjLE81
眞子様未成年飲酒事件
38 名前:名無しさん@涙目です。(岐阜県)[] 投稿日:2011/10/25(火) 15:14:03.13 ID:2ZziF0cT0 [2/2]
どうみても眞子内親王殿下ご臨席の机の上には酒しかありません
未成年飲酒確定ありがとうございました

exifより画像の撮影日時は2010年12月25日
眞子内親王が20歳になったのは2011年10月23日

http://a3.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-ash2/154108_177675572245091_100000079484115_609604_697742_n.jpg
http://www.geocities.jp/icu_ski/ICU_RACING_SKI_TEAM/Albums/peji/2010nian12yue_he_su_files/Media/RIMG3628/RIMG3628.jpg
http://www.geocities.jp/icu_ski/ICU_RACING_SKI_TEAM/Albums/peji/2010nian12yue_he_su_files/Media/RIMG3640/RIMG3640.jpg
http://www.geocities.jp/icu_ski/ICU_RACING_SKI_TEAM/Albums/peji/2010nian12yue_he_su_files/Media/RIMG3629/RIMG3629.jpg
http://www.geocities.jp/icu_ski/ICU_RACING_SKI_TEAM/Albums/peji/2010nian12yue_he_su_files/Media/RIMG3631/RIMG3631.jpg
http://a8.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-ash2/149226_177675415578440_100000079484115_609599_7564588_n.jpg
http://a5.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-ash2/155844_177675588911756_100000079484115_609605_7682688_n.jpg

ツーショット男「山守凌平」の連絡先
http://s1-02.twitpicproxy.com/photos/large/427520501.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=t2nTmgK8Ocw
http://uproda.2ch-library.com/444237id3/lib444237.png

Q 皇室は18歳から成年ではないのか?
A 未成年者飲酒禁止法は満20歳未満の者の飲酒を禁止しています
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E6%88%90%E5%B9%B4%E8%80%85%E9%A3%B2%E9%85%92%E7%A6%81%E6%AD%A2%E6%B3%95


936 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/25(火) 21:30:48.95 ID:UfUQk1U1
>>935
絵にかいた様なボンボンだな。
本当にこんなやつがいることに驚く。
(ドラマや映画の世界での話かとおもっていたが)

まあ昔から貴族とはこういう世界ではあるんだろうが
どこか低俗、ゆとり杉なのはきのせいか?

937 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 21:34:23.76 ID:ROsPy0bi
ひがむなよえたひにんども

938 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 22:44:00.32 ID:xkT+J0ls
酒も淫行も未成年でやる事に意義があるしやりゃあええのよ。

939 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 23:13:22.55 ID:218ejdcP
>>935
まあ日本人の象徴なんじゃねえの?w

940 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 23:28:02.56 ID:g3Y8RINe
皇室に身を置く者は、国民に該当しないので、民法などが適用されない。
これはあまり知られていないがね。

941 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 23:55:29.39 ID:KbjfBAUV
スペインやイングランドの王政から主権者が国民である民主主義の国を創り上げたアメリカ。
そしてアメリカは大きく発展し世界一の国となった。
大日本帝国がなくなった後アメリカ主導で日本国が出来た。
今の日本国はスタートが機会の均等、その後は努力か資質で十分な生活が出来る。
国民主権の大事さを忘れて王政を望むのは有り得ない発想としか言えない。

942 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/26(水) 00:57:37.55 ID:oxDp3HBm
我々も満州があればなー
結局は広大な領土、植民地だよ。
あと少しで満州国が軌道に乗ったのに。

943 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 07:19:32.05 ID:kztSaCxe
「打倒天皇制」
「国民に議論させろ」
「天皇制廃止を謳うが代替手段は出さない」
「我々が天皇を解放してやる」


ハッキリ言ってキモイです

944 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 08:27:59.97 ID:/79kl++F
私大文系の天皇を崇拝しろ!の全体主義も気持ち悪いな
私大文系は廃校にしろ!話題といえば女でも芸能人の中傷と
政治家の話題くらいだ
消えろ私大文系

945 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 08:52:21.82 ID:Fsjv+OS6
私立文系というのが、
ある意味では、必要がないとも言える。
もちろん、東大文系も、同じようなものだろう。
大学は理系だけにして、
私立は、低レベルな大学は、淘汰する必要もあるかもしれない?


946 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 10:12:47.55 ID:gxnqSx1S
日本はずっと良い国
国民に主権はないとわかっていた賢い先人たちだから日本は繁栄した
戦後略奪侵略殺戮強姦の強欲野蛮なアメリカが入ってきた
歴史の深さを知らない馬鹿アメリカは自分たちの単純思考をおしつけてきた
自己中強欲嘘つき下品が主になるアメリカ式
日本も人種差別格差社会告訴社会の犯罪大国アメリカに近づいていく
没落日本

947 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 10:28:45.21 ID:74Fhq7Z4
天皇制を盛り返すには、
やはり、大和王権時代までさかのぼるべきだろう。


948 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 10:35:45.49 ID:gxnqSx1S
家庭崩壊をなくす


949 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/26(水) 11:32:49.21 ID:MPJDrSxP
> 国民に主権はないとわかっていた
国民とか主権とゆ〜概念が日本に出てきたのは明治になってから。
で、人民主権が現実になったのは戦後になってから。
日本は常に外圧がないと変わることが出来ない。


950 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 11:46:14.07 ID:H/5FEJas
>>949
国民とか国家主権とかいう概念自体が、
明治になって作られた新しい日本語だと思った。
哲学とかいう言葉も、
明治になって翻訳されたわけだし、
国民とか、主権とか言う概念も、
近代民主主義国家として一番早かったイギリスあたりから、
輸入されたものだったのかな?


951 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/26(水) 11:56:50.14 ID:MPJDrSxP
>>950
明治時代に受容した政治哲学はドイツが主だったかな。
フランスやイギリスも含めて膨大な西欧思想が流入してきてるけど。


952 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 12:30:54.92 ID:gxnqSx1S
人民主権が日本をだめしたんだね
確かに外圧があると変わる
けど日本は外圧がなくても変われるよ
というか変わる必要はないと思うけど
野蛮外国にあわせる必要ないし
逆に日本を見習ったら世界が平和になるのに

953 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/26(水) 13:10:30.58 ID:MPJDrSxP
そんなに日本はダメな国か?


954 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 13:36:29.29 ID:yTkkDond
天皇に主権のない今の日本はダメですね。

日本の国体である「万世一系の天皇が神勅を奉じ、国家を統治する」
というものに明らかに異なりますし・・・。

955 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/26(水) 13:39:33.28 ID:MPJDrSxP
でも天皇本人は今の方がいいって言ってるが。


956 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 13:45:20.62 ID:yTkkDond
そんなこと関係ありませんよ。
2000年以上も前からの体制が、戦後60年間だけ違っているのです。
今のこの時代だけが日本史上で最も日本らしくない。

957 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 14:06:40.86 ID:N3mPg5ga
( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBRの特徴

(1)自尊心が異常に強い。自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする
(2)スレに対する異常な執着。自分だけ独占しようとする。
(3)基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため、性格がうっとうしい。
(4)責任感の欠如。自分で責任をとろうとせず、他人へなすり付けようとする。
(5)平気で他人を裏切る。表面上は取り繕っていても、いざとなると躊躇なく裏切る。
(6)一人では何もできない。
(7)他人が間違いを犯すと嬉々として攻撃するくせに、自分の間違いは決して認めない。
(8)外見に対し非常にこだわる。表面上だけは取り繕おうとするが、行動がそれを裏切ってる


958 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/10/26(水) 15:03:35.22 ID:MPJDrSxP
>>957
これはウソ

> (1)自尊心が異常に強い。自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする
→特に怒ることはない。

> (2)スレに対する異常な執着。自分だけ独占しようとする。
→それってチキン野郎の自爆クンのコトじゃんw

> (3)基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため、性格がうっとうしい。
→オレはラテン系のプラス思考。

> (4)責任感の欠如。自分で責任をとろうとせず、他人へなすり付けようとする。
→責任?2ちゃんで責任なんか発生するのか?

> (5)平気で他人を裏切る。表面上は取り繕っていても、いざとなると躊躇なく裏切る。
→よく律儀だと言われるんだが・・・

> (6)一人では何もできない。
→むしろ単独行動が多いが。

> (7)他人が間違いを犯すと嬉々として攻撃するくせに、自分の間違いは決して認めない。
→それってチキン野郎の自爆クンのコトじゃんw

> (8)外見に対し非常にこだわる。表面上だけは取り繕おうとするが、行動がそれを裏切ってる
→子供が出来てから外見には無頓着w


959 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 18:36:45.83 ID:EE63vHCu
>>957
典型的な半島人の特徴だな

960 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 18:48:24.69 ID:24/wHHbW
チョンをぶちのめせ

961 : ◆QBc4NUrUKyvK :2011/10/26(水) 21:36:19.82 ID:VIZ2etpw
古代王権のスレッドはどうだろうか?


962 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 21:56:19.65 ID:SFiJvuEF
>>945
全員がそうではないが私立文系は女でも芸能人の中傷等に明け暮れるわ
ろくな印象がないな。中には冷静な人もいるんだろうが
とにかく私立文系を廃校にすれば変わるよ。

963 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 22:11:49.14 ID:VIZ2etpw
>>962
私立文系がすべて廃校になったら、
早稲田とかは理工学部だけになり、
慶応は医学部と工学部だけになってしまうけど、
ろくに勉強もしないその他の私立文系も含めて全てが消えたら、
本当に勉強をしたい理学部や工学部などの人たちが、
学校にあふれるね。


964 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 22:18:18.36 ID:SFiJvuEF
>>963
大体、こういう風に人を崇めるから、政治家の名家、血筋、歌舞伎の血筋
落語の血筋、僧侶の血筋、挙句の果てには俳優一家wwなどと世襲を正当化するようになって
いくんだよ。おいしい仕事に世襲はつきものなんだよ。それを利用正当化するのに
こうした名門だの血筋だの家柄だのいって来るだけの話だ。
文系は家柄とか毛並とか本当に好きだもんなw

965 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 22:24:10.37 ID:U4t+eZLG
>>964
理系とか技術とか、
文化とかは、本来の実力主義で行く必要があるんだけどね。
人をあがめるから、逆に、
弱い人とか劣った人が不利な状況に置かれたりもするわけだしね。
家柄とか、伝統とか、名門とかを、
大事にするという考えは、近代ではだんだん廃れて行く流れなんだとは思う。


966 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 22:29:14.65 ID:SFiJvuEF
>>965
大体資本主義自体が競争主義ではないからな。
やくざでもそうだろうが、風俗業なんか素人がやってみれば
オウオウオウどこで商売しているんだテメェの嫌がらせの妨害が来るだろう。
商売なんてそんなもんだよ根っこは。自由競争なんて誰も嫌なんだよ。
いつ転落するかわからん自由競争が嫌だから独占世襲を好むだろう。
そうして名家だ血筋だ名門だ伝統だのハッタリをかましては
世襲独占でおいしい仕事は独占寡占されてくんだよ。
芸能界だってそうだろ?2世が多いのも当たり前
学芸会の演技でぼろもうけだもんなwそりゃあらゆる手段で息子娘をねじこむのも
道理だ罠wそうして芸能人の名門伝統血筋ができていくんじゃねぇの?
だから俺は天皇制が嫌なんだよ。文系は大好きだけどねw
こんなことやり続けゃまた原発が暴発するぞw

967 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 22:55:15.26 ID:EE63vHCu
今日本を蝕んでるのはマイノリティ出身の893だろが…

968 :名無しさん@3周年:2011/10/26(水) 22:58:39.62 ID:wlNnrDBX
這是韓國可愛的??撲會。

969 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 03:55:36.38 ID:oC+ZJgo+
>>945
だからといって、理系では天皇制廃止はできない

970 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 04:39:50.61 ID:Ws2jItcN
某以前に、サヨクでは無理だ。

971 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 09:46:22.60 ID:P2koiTnd
日本のサヨクって、やはり変だよね?
ただ、マスコミが、サヨク的な知識人を、
偏重しているからな。


972 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 09:55:18.18 ID:EVEYzAmr
テレビは、完全に韓流ブームだし、
現在の政権も韓国を絶賛しているね。


973 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 10:07:38.62 ID:Db0ChbVT
>>954 >>956
主権をどういった範囲で捉えているか不明だが
天皇が自ら主権者として政に関与できていた期間など
日本の歴史の中では希なものだよね

974 :二次元は俺の象徴:2011/10/27(木) 12:06:48.54 ID:fKvrPGQe
将来、悠仁親王殿下が皇位を継承されたときはシャウトする天皇であってほしい
天皇の魂を聴きたいのよ〜

http://here.xxv.jp/upload/src/here34542.png
和風?ハロウィン

975 :二次元は俺の象徴:2011/10/27(木) 12:09:08.37 ID:fKvrPGQe
【ドラクエ−冒険の旅−】
http://www.youtube.com/watch?v=WDa12rufYKE&feature=BFa&list=PL4C73B3D0DF4928E7&lf=PlayList

976 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 14:40:43.95 ID:eTMJeobJ
すべてにさ・よ・な・ら

もう無理しなくていいのだよ

977 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 14:46:50.37 ID:mOJ4n1YE
http://i.imgur.com/wd4bs.jpg
( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBRの素顔w

978 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/27(木) 17:18:52.93 ID:PaIAWJ3j
話は違うけど、田島洋子が「韓国の兵隊は男らしくていい」とかいってるらしい。
その話でいけば帝国軍人も男らしくて良いとおもうんだが、なんだかな。
帝国軍人は駄目で共和国軍人は良いってへんじゃね?

979 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/27(木) 17:23:39.67 ID:PaIAWJ3j
結局、価値観の相対的な問題なら今の「左翼」は実は共和主義者じゃなくて
フジデモやってるようなネトウヨ、日本主義者、君主主義のほうであって
田島のような古い左翼って完全に時代に取り残された感があるな。

980 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 17:37:44.80 ID:vwtz0uzl
自民党支持者以外を全て左翼認定するのが無理だったんだよ。
共産主義者も左翼、護憲派も左翼、人権活動家も左翼、環境活動家も左翼、
基地・ダム・空港反対派も左翼、大学教授も左翼、フリーライターも左翼、
二大政党推進派も左翼、情報公開請求者も左翼。

981 :思想独立論者 ◆rmyrh8seOg :2011/10/27(木) 17:38:58.89 ID:PaIAWJ3j
なるほどね。

982 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 18:12:47.55 ID:oC+ZJgo+
>>962
理系は実利を追求するところ。真の教養・学問は文化であり、文化学、文系。

983 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 18:49:56.09 ID:AxvRU21h
>>981
ぶっ、
それに納得する君の脳内構造は凄いわ。

984 :名無しさん@3周年:2011/10/27(木) 19:14:13.63 ID:JBAlKcU9
文系って何も日本の国益になってないな…
理系が素晴らしいもの作っても文系のバカ共(政治家、ビジネスマン、公務員…)が台無しにする国。

985 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 03:49:49.36 ID:OPWZ+cmO
ルーピーやカン・チョクトはあれでも理系だろう。
団塊辺りの世代が今の日本の癌であって、文系、理系は関係ない。

986 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 06:47:45.17 ID:lXNzXjwG
>>985
その思考が文系なんだよ。総理が理系だから理系の人間はすべてそれだと
言いたいんだろうが。歌舞伎俳優が死んだけど、また私大文系と思しき
女リポーターがやかましかったな。私大文系によって天皇以外にも身分や血統や家柄がこうして形成されていく。

987 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 09:06:35.93 ID:sleRygSq
>>979
テレビでは古い左翼的な知識人、
いわゆる進歩的な知識人とかが、
いまだに重陽されているわけだよね。
古い左翼って、ひょっこり何とかを書いた、
あの人とか、とにかく反戦とかそういうのを、
売りにしてきた人たちだろうけど、
非常に古くなってきているように感じるね。


988 :987訂正:2011/10/28(金) 09:09:21.85 ID:sleRygSq
987お詫び訂正。
誤字がありました。
お詫びして訂正します。



誤)重陽
正)重用

989 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 09:39:51.89 ID:XPJSyzu/
紺野美沙子が次の皇后にふさわしいと思う。テレビ見てそう思った。

990 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 10:16:42.89 ID:q+RBH2of
純和風のいでたちで、着物の似合う、日本語の上手な女性がいい。

991 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 10:17:48.34 ID:sleRygSq
和風の女性っていいな。
洋風でも、19世紀風の女性ならまだモダンの走りのような気もする。


992 :教員K:2011/10/28(金) 10:22:40.26 ID:sHTqJwMa
>個々のテーマで論議するより、それぞれが複雑に絡み合っているので、まずは「全体像」を知るべきではないか、と思います。
>大マスコミ(大手の新聞・テレビ・雑誌)ばかり観ている人(以前の自分。)は、観ている人ほど、「洗脳」されていますよ。
>今、多くの人がこのシリーズを観て、「覚醒」しています。→ http://www.youtube.com/watch?v=zWPAktCuzK4
 
>きっと、日本国民の洗脳を解く、「最強の武器」になるのでは・・・・!?
>みなさんの情報拡散(貼り付け)を切に願います!!
新刊の「図解 闇の支配者頂上決戦」(ベンジャミン・フルフォード著)は、「世界の裏」を分かりやすくバラしまくってます。(笑)


993 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 11:04:33.49 ID:V9Q/hLed
>>986
 そんな事云つて無いだらう。

994 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 12:25:05.41 ID:J7yjvZnU
>>984
そのすばらしいものは、欧米のマネだろう。元来、日本は農業国。
理系では奴隷になるしかない、ということが分からない

995 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 13:14:22.91 ID:4zky8NRb
アメリカとヨーロッパを一緒にしないで

996 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 15:42:23.13 ID:J7yjvZnU
>>995
どう違うんだい?

997 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 20:02:57.06 ID:J7yjvZnU
なんだ、理系では答えられもしないか


998 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 20:39:30.76 ID:iVvOsH7I
日本の文系分野も売れてるよ
漫画アニメはハリウッド越えてるし
小説も売れ始めたよね
村上春樹、よしもとばなな、奥村英生…
あと絵画・芸術分野も売れてる
昔からのだと大きな津波の向こう側に見える富士山がある絵があるじゃん、宇田川広重の
動いた波を描写した絵を描いてびっくりされたんだよ、西洋にないから。

999 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 20:45:12.11 ID:B0nJCm9R
>>994
日本の農業は理系として合理化してこなかったからTPPにビビってんだろが。
勿論俺は違う意味で反対だが。

1000 :名無しさん@3周年:2011/10/28(金) 20:59:27.66 ID:q+RBH2of
日本の農業は神事に通じているから特別なんだよ。
重化学工業と決定的に異なる。
天皇陛下の五穀豊穣を祈祷される祭司活動の偉大なる影響である。

天皇陛下万歳・・・!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000の任期を満了致しました。
継続審議に賛成の方は御スレ起て下さい。


  政治とは、あまりにも重大な事柄なので、
    政治家に任せておく事はできない。
           ∧,, ∧ (シャルル・ド・ゴール)
          (`・ω・´)
            U θU
        / ̄ ̄T ̄ ̄\
       |二二二二二二二|
       |        |
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
  ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧
 (   )】    (   )】 .【(   )    【(   )
 /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ

【 政治@2ch掲示板 】
http://yuzuru.2ch.net/seiji/

375 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)