5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死刑制度廃止スレ

1 :名無しさん@3周年:2011/08/02(火) 23:41:53.44 ID:mt47MYiv
  野 死    // ̄> ´  ̄  ̄  `ヽ  Y  ,)   死 え
  蛮 刑    L_ /              / ヽ  刑  |
  国 が    / '              '    i  !? マ
  だ 許    /               /    く    ジ
  け さ    i   ,.lrH‐|'|   /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、
  だ れ   l  | |_|_|_|/|  / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/ / ,-- レ
  よ る    _ゝ|/'/⌒ヽ ヽ/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ    ,イ ̄`ヾ
  ね の  「  l ′ 「1     /てヽ′| | |  「L!    ' i'ひ}
   l は   ヽ  | ヽ__U,     ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,     ヾシ _ノ
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄  |   〈     _人__人ノ_  i  く
人_,、ノL_,iノ!  /!ヽ   r─‐-  「  キ   L_ヽ   r─‐- 、   u
ハ キ  /  / lト、 \ ヽ, -‐ ノ  モ    了\  ヽ, -‐┤
ハ ャ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`h)   |     |/! 「ヽ, `ー /)
ハ ハ   ヽ/   r-、‐' // / |く  イ     > / / `'//


2 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/02(火) 23:47:28.89 ID:K25KS8yy ?2BP(1700)
ヨーロッパのほとんどの国が死刑廃止したけど、人工中絶はヨーロッパで認められているんだよね。
これはおかしくないか?
罪のない赤ちゃんを殺すのはOKで、犯罪者を殺すのはダメなんか?

おれは死刑制度にも人工中絶にも賛成だが、死刑制度にも人工中絶にも反対という人を理解できなくはない。
それは人類共通の目標ではあると思う。
しかし、死刑制度廃止して人工中絶はやりまくるというのは賛成できいない。
どうしてヨーロッパ人は、このような間違いをやらかしているのか。

ヨーロッパ人が死刑廃止とか言う背後には、アメリカへのコンプレックスがある。
経済、科学技術、その他あらゆる分野でヨーロッパ諸国はアメリカに敗北している。
ヨーロッパ人のアメリカに対する劣等感はすごい。
で、他の分野で負けているけど、人権分野ではヨーロッパの方が先に行っているぞと、言いたいだけのために、ヨーロッパは死刑を廃止した。
これは「人権ナショナリズム」とでも言うべき奇態な思想。
人権問題の解決に役立たないばかりか、むしろ有害。
日本なんか平安時代にいちど死刑廃止したからね。
遅れているんだよヨーロッパは、あらゆる分野で。
周回遅れのくせに先頭を走っていると勘違いするな。
間違った思想は間違った結果しか生まない。

3 :host-200-58-82-193.supernet.com.bo:2011/08/05(金) 09:58:19.59 ID:fVb/DRko
>>2
アメリカのニューヨーク州は死刑を廃止しているから、
死刑を存置している南部の糞田舎の州よりも遅れているのか?

だいたいね、アメリカは週ごとに刑法もすべて異なるんだけどね。


4 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 10:03:44.43 ID:8Nn62dpk
殺人者を税金で扶養するなんてバカじゃないの?
殺人者の人権の方が被害者より優遇されてる
これって人権蹂躙だろ
ふざけんじゃねぇよ

5 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 10:12:52.41 ID:CtixwaTj
>>1 キリスト教信者?

6 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 10:20:34.35 ID:wtgxSzEb
>>5
レス増やしてすみません。
閑古鳥鳴いてて安心しました。(笑)

7 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 10:25:13.69 ID:+llPBPwE
日本人は外聞に弱いからヨーロッパに批判させればあっさりかえるんじゃないですか?

8 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/05(金) 10:29:04.08 ID:v7hX1g9t
死刑廃止しても、終身刑が有れば問題無いさ。
ロシアですら死刑廃止して、南鮮も長年死刑執行を停止して実質上の死刑廃止国扱い。
民主国家の日本に死刑制度が有るのは、外交上マイナスが多き過ぎる。
それに、冤罪がこれだけ多い国で、死刑を役人決めさせていいとは思わない。

靖国神社の英霊の方々の中にも冤罪で亡くなられた方が多くおられる。
日本は共産党国家ではないのだから死刑制度は廃止すべきだ。

9 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 10:30:30.75 ID:+llPBPwE
日本人は、死の観念が白人種とは違っていると思いますね。
仏教か神道か両方かの影響でしょう。
だから彼らには自殺も罪ではない。死刑にもあまり罪悪感がない。
 ハラキリも日本人にしか理解されないわけです。
死刑が日本人には「殉死・suttee」という概念に近い次元で>>4みたいに捉えられる。
 しかも、>>4に特徴的にしめされてますが、現代では命も税の次元でかなり現金に見なしている。
こういう人種的・文化的特徴が変えられないと、特定の自治体でしか死刑廃止は進まないでしょう。

償いよりも復讐を要求する冷酷残忍な心のもちぬしが過半数なかぎり、>>1は倭人には冗談にしか受け取られないでしょう。

10 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 10:33:17.03 ID:BA2Dpxug
死刑廃止派の真の狙いは
刑罰を全体的に軽減させることにあるのでは?
そうなると犯罪者に有利な社会になる。
治安は悪化するだろうな。



11 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 10:38:30.20 ID:+llPBPwE
>>10
倫理的・法道徳的な命題ではないですか。
動物愛護法みたいな次元で、
ああいう冷たい場所で首つりを公然と公開で行うのは段々と文明人には耐えられなくなるでしょう。

昔は道端に晒し首も市中引き回しもギロチンも切腹もあったのに、
今ではそれが公然と行われれば人々は驚きのあまり失神する。

全体として人類史は同類や共感しやすい高次生態地位の動物へ、
危害を公然とは加えない方向へ進んできている。単に潮流としてはその延長でしょう。

12 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 10:42:18.95 ID:oJkx0+hc
条件付廃止論者だけど、このスレは罠かな?www

いろいろ廃止したほうがいい理屈はある。
しかし感情的には、自分が日々人を殺し続けてるのに耐えられないというのがある。
存置派はそのところどう思ってんのかな?
自分で死刑執行のスイッチを押せるの?

13 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 10:48:58.86 ID:BA2Dpxug
命あるものはいつかは死ぬものですよ
重罪人の死が特別かわいそうだとは思わない。
死刑になるほどの重罪を犯したのは犯罪者本人の選択です。
犯罪者本人が死ぬことを選択したんですよ。

14 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 10:49:17.32 ID:+llPBPwE
>>12
しかし、ハムラビ法典はキリスト教原理よりも歴史が古い。

また日本にも盟神探湯(くかたち)があった。
罪状が曖昧な人はランダムで、ばあいによっては死刑にしていたのだろう。

 総合としてみて、死を与えられる事実からの理性的抑止力が、
「自殺せずに死刑を望む殺人犯」の害よりも小さくなったとき、
現実的にこの刑罰の廃止が合理的となるでしょう。そのとき世論もついてくるでしょう。
その時代はあまり遠くない先にくるでしょう。無差別大量殺人犯がふえてきているから。

15 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 10:56:05.68 ID:+llPBPwE
安楽死では刑罰として軽すぎる、という観点があるかぎり、
かなり残虐なみせしめで被害者遺族の復讐心を満足させる、
という点での「死刑の残酷さ」は保たれていく。

そして、およそキリスト教の感化が強い州や国は、
この復讐の為の死刑を道徳面から禁じたい欲求をもつ。

この両方が折り合うのは、死罪の刑罰について残酷さの逓減ではないですか。
 保健所で犬を処分するときは毒ガスを使うが、それに似たより恐怖を感じない方式へ、
>>14の廃止合理性の確立する時代の前には、中間方式として変わる場合があるでしょう。
また、その中継の時代には>>10の様な危惧論者のいう野蛮な考えからの犯罪がある程度
(しかし、死刑の残虐化にふたたびもどらないなら)若干ふえるでしょう。そして、
これらは地域ごとに、要するに重い犯罪類型の多寡によって漸近的に変化していく方が全体として望ましいでしょう。

16 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 11:01:47.22 ID:oJkx0+hc
>>13
いえ、言いたかったのはもっと感情的なことなんだ。
死刑執行のボタンを押す。多くの人がやりたくないと言うだろう。
裁判員になって死刑に票を入れる。これも多くの人が気が重いというだろう。

では、現刑法を維持することで、死刑の執行を認めているのは?

死刑執行のボタンを押していることと同じではないのか?
国民全体で死刑を行うことで責任が分散されて、平気な気になってるだけじゃないのか?
ということを聞いてみたい。


17 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 11:12:59.29 ID:+llPBPwE
>>16
平気なんじゃないですか。世論調査してみれば分りますよ。

目の前にボタンがあって、死刑ボタンだとすると、
およそ国民の5%くらいを除いて、45%のひとは毎朝それを連打するでしょう。
 日本人は、自分の経験上もそうですが、残虐ですよ。クジラを喰うくらいなんだから。

18 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 11:22:24.80 ID:oJkx0+hc
>>17
そうかぁ、連打はすごいですねw

いや、裁判員になった人が死刑判決を下すのにすごく悩んだという記事を読んだので、多くの人は思い悩むのかなと思って。
まあ、僕のように躊躇するのは少数派ということかな・・・


19 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 11:30:51.03 ID:+llPBPwE
自分の推察ですが、

1億3千万人のうち
5%死刑廃止論者:750万人
(うち2%漸近廃止派:350万人
うち3%完全廃止派:450万人)
45%死刑賛成論者:6750万人
50%無関心:7500万人

こういう構成ではないでしょうか。
この50%の無関心層は、マスコミで簡単にどっちへもなびきます。
そのうち10%くらい:1500万人がネットリテラシーのある(多くは若者の)無関心層です。
 というわけで、
もしこういう糸でこの層へ働きかけても、最低でも50年間は死刑は廃止されないでしょう。
なぜなら全体の55%は、おもにその情報をしらないまま墓に入るから。

20 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 11:47:55.55 ID:oJkx0+hc
>>19
仮にこの数字どおりとして、賛成論者の45%も「こんな悪い奴は殺せ!!」くらいの感覚で、まじめに死刑について考えたことがない人がほとんどじゃないかな。
そういう意味では無関心層同様、動くような気はします。

21 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 12:05:05.25 ID:+llPBPwE
>>20
ところが、日本人は深く考える人(哲学者と申しましょうか)がきわめて少ないので有名なくらいです。
明治テロみたいな「恥ずべき行為」にもいとまがありません。例えば満州国では現地人を含めて内地人も残酷に見捨てられ死にました。
めさきの利得に踊って後先をかえりみない機会主義的性質の者がごく多いのです。欧米から「経済動物」「黄犬」といわれるのはその点です。
あした、死刑廃止しても決して驚かないしあさって、それを復活させても朝三暮四の言葉すら永遠におもいつかないはずですよ。
 かれらの過半は人種がかえられない限り、ずっと深く考えることはないはずですよ。扇動しやすいという意味ではその通りです。
だからこの人種、アジア系黄色人の過半な東洋では支配のための合理な知恵として儒教と官尊民卑がうまれたんでしょうけど。

22 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 12:06:02.00 ID:h5l24WN3
死刑囚生かしとくと税金垂れ流しになるんだよ
死刑囚のために増税か?

23 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 12:11:06.44 ID:ylmoSz6x

そうです。

24 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 12:15:02.06 ID:oJkx0+hc
>>22
それは「犯罪者を生かしておく金がもったいない」式の理屈だと思うが、その議論が出る理由が正直よく分からない。
財政上の理由で、生かすか殺すか決めるってこと?

実際上財政問題が重要なのはわかる。
しかし、国がはっきりと「お金がないので犯罪者死刑にします」というのは正義とは思えないんだが。

25 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 12:19:54.59 ID:+llPBPwE
「大阪では死刑がある」と言っても誰も不思議がらないのがいい教訓ではないですか。
信仰が違う限り永遠にアジア人の過半は、他の人種と社会的にまじりあわないでしょう。

日本列島は横に長い事もあって、商業現実の方が道徳原理より優先される
そういう人がふえている場所(アジア人の過半な大都市圏)がある限り、死刑廃止は>>14の条件下でしか実現しそうにない。

26 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 12:24:04.58 ID:WLEMitBX
>>19
根拠のない推察は妄想と言います
チラシの裏にでも書いておけやゴミクズが

27 :host-200-58-82-193.supernet.com.bo:2011/08/05(金) 12:26:20.06 ID:fVb/DRko
まあ日本ほど道徳倫理・モラルに煩い国はないと思うのですけどね。

つか、死刑存置は国家の恥。先進国としてあってはならぬことだ。

先進国は皆仲間なんだから、法に関しても共通のスタンダードを確立すべきだよな。
ヨーロッパ、オセアニア、カナダ、そして、日本。




28 :host-200-58-82-193.supernet.com.bo:2011/08/05(金) 12:27:00.95 ID:fVb/DRko
こっちはもう夜なので寝ます。


29 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 12:31:28.07 ID:oJkx0+hc
>>28
どっちですか。おやすみなさい。

30 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 12:34:51.94 ID:fVb/DRko
南米の某国です。

31 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 12:37:36.23 ID:oJkx0+hc
>>30
それは遠いところから。
おやすみなさい。

32 :host-200-58-82-193.supernet.com.bo:2011/08/05(金) 12:40:32.97 ID:fVb/DRko
高地なので寒い。おやすみ。

33 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 12:42:04.19 ID:+llPBPwE
日本が州みたいな形で部分的に死刑廃止しても、
そこへ自由に侵入して州法で裁かれる悪用可能さがある限り、
部分的撤廃もあまり進まないでしょう。

また現皇室の宗教者としての性質からいっても
欧米での廃止論と同じ倫理観に訴えられる事もない。

この二つから、考えられるのは>>14でいう
「死刑になって殺されるのが目的の大量殺人犯」出現率の高騰に、
死刑廃止かその刑罰の残虐さ緩和速度は比例する。
 だからかなり異様な逆説だが、日本で死刑を廃止したければ
できるだけ自暴自棄の殺人をふやしまくれ、という点にいきつきますね。
ある意味武士道なんでしょうが。

34 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 12:49:09.85 ID:+llPBPwE
もう一つの策としては「超地域的・超州的な国法、全国法」の次元で
部分的に死刑廃止した州や地方へ行って殺人など重刑を犯したら、
それを超越した全国に共通の国法でその人物を死刑にする。

裁判的には最高裁以外ではその国法を扱えなくする。

これで抑止力が保たれたまま、日本のどこかの地方では部分的に死刑がなくなるでしょう。
 そうする意義は武士道よりも少ないかもしれないが、
最低でも宗教感情が歪められる法律体系からは一時的・部派的にのがれられるでしょう。

35 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 14:12:11.40 ID:oJkx0+hc
死刑廃止スレは伸びないなー。
>1のAAみたいに、
「死刑存置国は野蛮」とか
「死刑存置論は存置国の代表・中共の陰謀」とか、
妄言を吐いたほうが伸びるのかな。

36 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 14:32:25.61 ID:BA2Dpxug
人殺しを助けたいという人がそんなにたくさんいるわけないわ。



37 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 14:34:42.52 ID:+llPBPwE
野蛮人の国だから何を言っても説得されはしないでしょう。菅直人をみれば分ることだ。

38 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 14:35:50.06 ID:+llPBPwE

         /\
       /  ⌒ \
     /  <◎>  \  
   /            \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ___________
 //TTTTTTTTTTTTTTTTTT\
                                  THE END

39 :熱狂的死刑廃止論者:2011/08/05(金) 14:43:14.72 ID:4wCo/cPc
憲法36条・・・公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる


     


40 :熱狂的死刑廃止論者:2011/08/05(金) 14:44:30.58 ID:4wCo/cPc
死刑!死刑!と絶叫する世論に対する私の見解

そもそも私に言わせれば「世論」とは「新聞記事を集積した、ただのバカの集合体」と 定義することができる。バカどもが、死刑は合憲だと主張しても日本を代表する政府高官
は、そのようなキチガイ発言に傾聴すべきではない。

輝かしい政府主導の例

英国において、1960年代に「エバンス事件」という母子殺害事件が発生した。
容疑者として捕まったのが、夫であり父でもある25歳の男。とりあえず、司法は
この男を殺害容疑で死刑を宣告し、死刑執行した。しかし、処刑した後になって
この家族の隣に住む、おっさんの庭からなんと多数の白骨遺体を発見!。このおっさんは
先の母子の殺害も自分がやったと自白。よって、先ほどの夫は冤罪で処刑されたのである。

41 :熱狂的死刑廃止論者:2011/08/05(金) 14:45:46.37 ID:4wCo/cPc
この事件がきっかけとなり、当時の英国においては過半数が死刑賛成派であったが
首相は「議会は世論に追従するものなのか?いや先行すべきだ!」←感動です!
という名言を述べ、死刑廃止の法律を作成したのである。

以上の具体例から考察するに、世論とは「生ゴミ」と言っても過言ではないことより
政府は彼らの顔色など、うかがうべきではない。バカの意見に従っていたら、いつまでもこの国は「時代遅れの野蛮な死刑制度を存続させる法治国家」である。

42 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/05(金) 14:56:16.64 ID:v7hX1g9t
癌直人が死刑執行した時、このスレがあれば、今ごろ20ぐらいになったんじゃないかな?

癌直人の脱原発も、福島第1原発ぶっ壊したことの隠蔽だし、信念は欠片も感じないw

総理が靖国神社に参拝するのは、復讐心ではないということを示すためにも、靖国神社に参拝する
総理が死刑制度を廃止してくれるのが理想だけど。

43 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/05(金) 14:57:10.31 ID:+5sYGM1B ?2BP(1700)
じゃあ反死刑!とか絶叫する世論も生ゴミだ。

44 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 14:58:52.58 ID:+llPBPwE
>>41
>>36みたいのが>>19の推察または大阪語では妄言でいえば、
6750万人もいるんですよ、この列島。

どう転んでも説得不可。武士道しかないのだ。野蛮人へは。

45 :熱狂的死刑廃止論者:2011/08/05(金) 14:59:44.28 ID:4wCo/cPc
よくある「被害者遺族の気持ちを考えろ論」
 馬鹿な世論(あんたらを含める)は被害者遺族のためにも、「死刑は必要だ!」
「命には命で償え!」←この前、中年の芸能人だかなんだか知りませんが亀井静香に
くってかかっていました。



46 :熱狂的死刑廃止論者:2011/08/05(金) 15:00:55.61 ID:4wCo/cPc
この方々に対する私の反論

現在の日本では、500人の殺人有罪者がいたとして、死刑判決を受けるのは
わずかに4〜5人程度であります。つまり、殺人犯の100人に一人しか死刑に
ならないということであります(超凶悪事件だけが主にマスコミに大きくクローズアップされるため、死刑判決がごろごろでていると我々は錯覚しておりますが・・・)
つまり、99%の遺族は癒されない苦痛に耐えて過ごさなくてはいけないと
いうことになるのでしょうか?。 このような状況の中で、いったい死刑になんの意義があるのか私は
甚だ疑問である。また、死刑で相手が処刑されてそれですべて解消したことになるので
あろうか?
処刑される者も、自分が処刑されるというのに被害者遺族の気持ちを考える余裕
があるとは思えませんな。むしろ、不必要な殺人を国が犯すのではなく、犯罪者に
賠償なり、一生掛けて償わせるほうが妥当だと思えるが
by法学部

47 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 15:01:06.02 ID:+llPBPwE
官尊民卑で上意下達でやったら、結局は元の木阿弥で
死刑廃止が金科玉条化し、民衆はそれを徹底しはじめるでしょう。

そして絶対独裁者も救う事になるw

48 :熱狂的死刑廃止論者:2011/08/05(金) 15:07:31.85 ID:4wCo/cPc
個人的に嫌いな人物
     本村洋
     葵龍雄

49 :インド大金持息子の弟:2011/08/05(金) 15:11:06.53 ID:jqZp1EtQ
>>46
パチパチ\(^^@)/

50 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/05(金) 15:14:00.68 ID:+5sYGM1B ?2BP(1700)
>>46
たいていの犯罪者に賠償能力なんか無いだろ。

51 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 15:47:06.55 ID:+llPBPwE
>>50は、
目の前で残虐に殺される受刑者のうめき声と恐怖の叫びが唯一の、賠償なんですよ。
さすが野蛮国でしょ? 切腹させたくて仕方ないんですよ、この国民。罪人へは。
何貰っても社会奉仕されてもうれしくなく、悪人の自死が唯一のよろこびなんですよ。凄い社会だw
 侍の国柄というのは、薩長と公家の裏切りでいっとき姿かたちがかわっても、結局心理として残る。
まあ、厳しい、厳しすぎる道徳律への遵法意識がそうさせたのでしょうから、誇るべき風変りさかもしれませんが。

忠臣蔵に熱狂し、特攻隊に志願する変わった国民だらけなんですよ、ここは。
忠犬ハチ公を祀り、大敗戦させた世襲独裁者を仰ぎ、薩長の卑怯な暴虐を白虎隊の自殺が報いる国なんですよ。
そういう国では>>14の条件、武士道の弊害が自覚されるまでは水戸黄門の如く突き進むしかないでしょうw

52 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 16:28:03.38 ID:dIKGdOwl
殺したら死んで償ってもらう

53 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 16:45:45.84 ID:cHJ93Psh

死刑やむなしは、あり。

54 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/05(金) 16:52:21.75 ID:+5sYGM1B ?2BP(1700)
>>51
では殺人犯が自分がやらかしたことを償う具体的な方法をあげてみて下さい。
あるわきゃねーんだ、そんな物。
死んだ人の責任なんか、ただの一人分だって誰にも取れはしない。
賠償だって。
ふざけてんのか。

55 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/05(金) 18:02:51.57 ID:v7hX1g9t
死刑を廃止して終身刑にした方が、今まで、ボーダーで無期懲役で刑期終わったら出てきた凶悪犯
を一生、社会から隔離出来るから、反って一般市民にとって都合が良いだろ。

56 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 18:35:27.74 ID:s/Eb0d9m
>>46
相変わらずの犯罪者中心主義だね。
一生かけて償わせるも何も、たとえ反省して謝罪して毎日独房で祈って暮らすようになっても
犯罪被害者も、社会も、何のメリットもなく、単に死刑囚の食い扶持分だけ損するだけだよ?
>>55
…それ、無期の釈放基準を厳密にして終身刑に変えた方が一般人はもっと安心だよね

57 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 18:51:40.93 ID:s/Eb0d9m
>>33
無理。
死刑希望の多くは、実質逃避願望。
死刑を廃止しても別の場所(例えば終身刑の独房とか)に逃げるだけだし、そんなものは日本人ならわかってる。
自殺が教義上禁止されてるわけでもなし。

一般人の命の重さに無頓着な人間に妙なことを吹き込むな

58 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/05(金) 19:06:40.28 ID:v7hX1g9t
終身刑が出来たら、裁判員は死刑でも無期懲役でも、終身刑の判決にする例が増えそう。

俺は書類が家に届いたら、死刑廃止論者に◎を付けるから裁判員には現行法では絶対になれない。
普通の生活している俺たちみたいな人間に、死刑判決は激しい精神の葛藤しか生まないから、判決
下したら一生苦しむだけだし、もし、判決下した人が冤罪だった場合、地獄だからね。

そういう意味では、冤罪でも処刑出来る法務役人って、人間として、かなり壊れている感じがする。

59 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 19:50:57.07 ID:oJkx0+hc
>>58
そういう理屈なら、日本の有権者は全員壊れてる。
死刑を廃止しないことで、間接的にでもその人物を事に加担してるのに、平気でいるわけだから。



60 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 21:07:27.75 ID:zpZKfftM
ていうか、

無期懲役=終身刑なのだが

61 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 21:41:03.93 ID:nWtrkXmz
友愛はするけど死刑は廃止

62 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 09:21:26.54 ID:u5Z5B7sE
>>58
冤罪って「確定」してりゃ、そりゃ誰だって止める。
そもそも、冤罪の「可能性がそれなりにある」の時点で、まず死刑にはならない。
「百億分の一ぐらいで冤罪かもしれないが百億分の九十九億(略)で殺人鬼」だから、誰だって殺せる。

君だって殺せる。
「冤罪かもしれないからぁー、自分の手は汚したくないですー」で野に放たれた殺人鬼を
どっかの誰かがどうにかしてくれるって、思い込んでいない限りは。

>>60
んにゃ。
無期は正確には「期限が無い」つまり決まってないってだけ。
でもって、実際にはガスガス釈放されてます。ググルよろし。

63 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 12:24:46.19 ID:ZHTqr0gt
被害者のためにも、被害者家族のためにも
重罪人は死刑にすべき。
犯罪人の命が被害者の命より優遇されるのは異常だ。

64 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 13:04:39.95 ID:eTPnIwX4
>>62
無期懲役は刑の言い渡しの効力が一生涯続くのだが。
「刑」というのは、監獄に収監することだけだと思ってるの?

65 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 15:06:14.72 ID:5PSEyhzW
>>64
収監しないで、実質の刑罰としての意味はあるの?

66 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 16:06:27.79 ID:eTPnIwX4
>>65
執行猶予や罰金や没収には意味ないんかい

67 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 16:29:04.35 ID:5PSEyhzW
>>66
抑止・更生等の効果は、それらと収監にははっきりとした差があるでしょ。
だからこそ刑罰には段階があるわけで。

そも無期の場合、保護監察がつくかつかないかって程度じゃなかったっけ

68 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 17:07:34.82 ID:Dz5MJZXW
>>67
無期であろうとなかろうと仮釈放されれば保護観察はつく。
保護観察期間は、刑の残余期間と同じ。
したがって、無期の場合は、死ぬまで保護観察が付く。
そして、仮釈放は行政処分だから、
その取消も行政裁量で可能。
つまり、裁判所の判断を仰ぐまでもなく、簡単に再収監できる。

結局、形式的にも実質的にも無期懲役は終身刑の一種。
だから、終身刑が存在しないことを
死刑存置の理由づけにするのはおかしい、と言いたいんだが。

69 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/08/06(土) 17:28:34.14 ID:juduC00v
俺は死刑存置派なのだが、納得できる法整備が整うなら廃止にするのもありだと思っている

俺が望むのは量刑を『単純加算』する事に尽きる

日本では刑法47条によって、罪が重複した併合罪(殺人+窃盗など)の場合、
最も重い罪状の刑期の1.5倍までしか加算できない事になっている
これにより殺人罪で死刑にならなければ、殺人だけの刑期は10年だ
それに他の罪状が付いた場合(窃盗なら最長7年)、最も重い罪である殺人罪の1.5倍の
15年が求刑(判決)される事になる
しかし、その他複数の罪があっても、或いは同時期に複数の殺人を犯しても、
個々の罪状が加算される事は無い
その為、複数の殺人などの重大事案の場合は『死刑』が適用されるケースが多い

しかし、近年は『精神鑑定』等と言う、あやふやで明確に白黒をつける事が難しいものまでが
裁判の流れや量刑に影響を与えるようになっているおかげで、死刑が確定しないケースもある
しかも『無期懲役』の『無期』とは期限が決まっていないと言う意味であり、
必ずしも長期間を意味する量刑では無い為、「仮釈放」が可能である
極端に言えば、『無期懲役』という判決であっても、『終身刑』でなければいずれ出てくる事になる
そうした場合、例え連続殺人犯あっても刑期を満了すれば、形式的には罪を償った事になる

果たしてこれで、遺族の感情として納得できる制裁措置と言えるのか?
俺は全くそうは思わない
俺が遺族の立場になると考えたら、絶対に納得しないし、する訳もない

なので、最低限の譲歩として、俺は死刑を廃止するならば量刑の単純加算が必須条件だと考える
複数人を殺した犯人ならば、被害者1人1人に対する『全ての罪』を加算していき、
そう簡単には出所できないようにするべきだと思うな

70 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/08/06(土) 17:33:39.03 ID:juduC00v
加えて、私的な意見で言えば、
飲酒運転は『殺人未遂』、飲酒運転で人を轢き殺せば『殺人罪』の適用が妥当だと思う

『危険運転』とか、ワケわからん罪状を作らなくてもいいだろ

71 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 17:40:48.96 ID:Dz5MJZXW
>>69
だから無期だと刑期満了しないんだって

ていうか、無期で遺族感情が満足するのか、
そもそも満足させる必要があるのか、
まあそのへんは人それぞれの考えになるが、
誤判の可能性についてはどう正当化するんだ?

72 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 17:42:20.27 ID:Dz5MJZXW
>>70
故意ないじゃん

73 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/08/06(土) 18:32:28.48 ID:juduC00v
>>71
現行の死刑制度に於ける誤判の可能性と危険性については認める

だが、それが死刑制度反対の理由なのか?
逆に言えば、誤判を未然に防げる手段が確立されるなら死刑はOKなのか?
そういう議論なのか?


>>72
故意であろうとなかろうと関係ない
酒飲んで車を運転しようという考え自体が『未必の故意』に相当する

74 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 18:45:32.18 ID:Dz5MJZXW
>>73
犯罪者の人権や教育更生の観点から
死刑制度を否定するのも十分に合理的だとは思うが、
そうすると「遺族の人権はどうなんだ!」的な頓珍漢な反論が来て
正直議論にも何もならんので、あえて触れないだけ。

死刑廃止をいうなら誤判の可能性を指摘するのが一番説得的だよ。
冤罪で殺しちゃうことを正当化するのは難しいからな。
誤判を未然に防げる手段なんてあるわけないわな。


>酒飲んで車を運転しようという考え自体が『未必の故意』に相当する
しません。
意味の分かってない言葉を乱用しないように。

75 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 18:49:15.51 ID:5PSEyhzW
>>68
いや、無理ぽ。
終身刑がないから駄目よってのは
「気に食わないから死ぬまで何か刑罰を加えよう」じゃなく
「安全のため死ぬまで社会から隔離しよう」だと思うぜ。

76 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 18:56:15.86 ID:Dz5MJZXW
>>75
「安全のため死ぬまで隔離しよう」というのを
どう正当化しようというのかそもそも不明だが、
死ぬまで刑務所に入れておくこと自体は現行の無期懲役でも可能。
ていうかそれ以前に、無期懲役の仮釈放なんて簡単に認められないが。

77 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 19:17:06.63 ID:5PSEyhzW
>>76
正当化ねぇ。
刑罰は、犯罪者のための更生教育は目的ではなく、手段の一つだよ?
目的は、社会の安全の確保にある。

で、無期懲役が実質それなりの割合で出れてしまう以上「=終身刑」とはならないわな。
そこの改正(厳罰化)とセットで主張するなら、多少は説得力でるんじゃない?
今度はコストの話になるだろうけど。

あと誤判冤罪は無理。
それ「終身刑の果てに獄死したら一緒ですよね」とか
「じゃ無実の可能性があったら死刑にしなきゃいいんじゃね?」とか
割と反論されまくってる。

78 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 19:28:44.53 ID:Dz5MJZXW
>>77
>目的は、社会の安全の確保にある。
刑罰の目的は応報、一般予防、特別予防。
更生教育は特別予防。
「社会の安全の確保」というのは一般予防。
三つのうちどれが中心かというのは見解が分かれるが、
一般予防は付随的要素に過ぎないものと捉えられることが多い。

>無期懲役が実質それなりの割合で出れてしまう
出れないだろ。

>「終身刑の果てに獄死したら一緒ですよね」
再審の機会があるというだけで全然違う。

>「じゃ無実の可能性があったら死刑にしなきゃいいんじゃね?」
無実の可能性があったら、そもそも有罪判決できません。

79 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/08/06(土) 20:11:39.70 ID:juduC00v
>>74
誤判の可能性が論点ならば司法制度の問題であり、
それを理由に死刑制を論じることは局所的な意味にしからないので無意味


『未必の故意=
実害の発生を積極的に希望、ないしは意図するものではないが、
自分の行為により結果として実害が発生してもかまわないという行為者の心理状態』

であると定義されている以上、飲酒運転により重大な過失が起きる可能性を無視し、
且つ、人命に関わる可能性も『知らない』とは言えないので完全に『未必の故意』で充分

酩酊状態により、正常な判断が出来なかったという言い逃れはあるかも知れないが、
そもそも、酔っぱらっていれば法を犯しても許されるというわけではないから現行法もある

その意味に於いて、飲酒運転は人身事故を起こす可能性があり、
且つ、『車』が人を殺せる凶器にも成り得る可能性も否定できない以上、
飲酒運転という行為自体が『人を(轢き)殺す』という結果を『予期できなかった』とは言えない

この事実を踏まえれば、飲酒運転は『殺人未遂』に相当してもなんら不思議はないと思うが?

80 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 20:53:04.35 ID:Dz5MJZXW
>>79
>誤判の可能性が論点ならば司法制度の問題
意味が分からん。

>それを理由に死刑制を論じることは局所的な意味にしからない
意味がry

>未必の故意
「故意」の意味が根本的に分かってない。
そこを分からずに未必の故意もそりゃ分らんだろう。

81 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/08/06(土) 21:27:58.91 ID:juduC00v
>>80
何が分からんのか、それが分からんがw

誤判による、犯人ではない人物が死刑になる可能性があるからこその
「死刑廃止論」なのかと聞いているんだが?

『誤判』と言う可能性が問題ならば、それは司法制度の問題だろ?
死刑とは直接関係ない
何故なら死刑になるような犯罪に限らず、『誤判』となる可能性は全ての裁判に含まれるからだ

つまり、『誤判』が論点ならばそれは死刑の問題に限らず、
全ての犯罪と裁判に関わる問題になるから『死刑廃止』の根拠としては薄いということだ

なんか難しい事か?これ?



>「故意」の意味が根本的に分かってない。
と言うならば、その意味とやらをご教授願おうか?

自分で調べろ、というのは無しだ
その程度で良ければ誰でも、それこそ小学生でも言える事だからだ

何を根拠に、どの部分が、どのように分かっていないのか?
それを具体的に示した上で反証して頂きたい
別に難しくないだろ?
意味を知ってればこその発言だろうから、説明ぐらい楽勝だよな?

82 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 21:37:54.67 ID:Dz5MJZXW
>>81
>誤判による、犯人ではない人物が死刑になる可能性があるからこその
>「死刑廃止論」なのかと聞いているんだが?
「あるからこそ」というのがよくわからんが、
誤判のおそれというのが死刑廃止論の主要な根拠になりうる、ということ。

>『誤判』と言う可能性が問題ならば、それは司法制度の問題だろ?
>死刑とは直接関係ない
だからこれが意味不明なんだって。

>何故なら死刑になるような犯罪に限らず、
>『誤判』となる可能性は全ての裁判に含まれるからだ
「何故なら」と前置きをしているわりに、理由になってない気がするが、
誤判の可能性が全ての裁判にあるというのは、多分そう。

>つまり、『誤判』が論点ならばそれは死刑の問題に限らず、
>全ての犯罪と裁判に関わる問題になるから『死刑廃止』の根拠としては薄いということだ
誤判により死刑の裁判がなされて執行されてしまうと、回復の余地がない。
その意味で死刑とそれ以外の裁判では意味を異にする。

>なんか難しい事か?これ?
少なくとも私の読解力ではね。

>自分で調べろ、というのは無しだ
えー…
じゃあ、めんどくさいけど書く。

83 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 21:38:25.24 ID:Dz5MJZXW
>>81
故意には構成要件的故意と責任故意がある。
未必の故意は構成要件的故意の問題。
構成要件的故意とは、構成要件的結果の発生ないしその危険を行為者が認識し、
かつ構成要件的結果の発生を認容していること。
そして、結果発生を積極的に肯定・是認するのが積極的認容。
結果が発生しても「仕方がない」「意に介さない」とするのが消極的認容。
認識に加えて積極的認容があれば確定的故意、
消極的認容があれば未必的故意が認められる。

飲酒運転のドライバーには、殺人罪における構成要件的結果、
すなわち、自分の運転で歩行者を跳ねるなり轢くなりして、
「人の死」という結果が発生することに対する認容がないため、故意は否定される。
認識があっても認容がない場合を「認識ある過失」といい、
これは読んで字のごとく故意ではなく過失の一種だが──

>飲酒運転により重大な過失が起きる可能性

って、>>79で自分で書いてるじゃん。

84 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/08/06(土) 22:00:25.87 ID:juduC00v
>>82
回復の余地が無いのは死刑に限った話では無いだろ
どのような場合に於いても誤った判断がされた場合、
それを覆し、尚且つ当人の名誉を回復するにも限界がある
何より、誤判によって結果的に失われた時間は取り戻せない

だからこそ、『死刑』だけの問題では無いと言っているんだが?


>>83
>「人の死」という結果が発生することに対する認容がないため、故意は否定される。

おかしいだろ?
教習所でも飲酒運転は絶対にするなと教えられる
ニュースや新聞、TV、雑誌、あらゆるメディア媒体で飲酒運転による事故の報道は流れる

それなのに飲酒運転によって死亡事故に繋がるという考えも、知識も、認識も無く、
当人に依る「認容」が無いなんて事が有り得るのか?

『飲んだら乗るな、乗るなら飲むな』
小学生でも知っている事だぞ?
それでも「認容」がない?

本気で言ってるのか?
それ?

85 :熱狂的死刑廃止論者:2011/08/06(土) 22:09:52.79 ID:7EUZNQtU
憲法36条・・・公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる


よく死刑は現在、絞首刑であるから 死刑=残虐とはいえないと主張する青二才がいる
 やつらがよく使う詭弁としては、「昔なんて、火あぶり、圧殺、生き埋め、磔、斬首
毒殺、八つ裂き、車裂きなんかが死刑執行に使われたから 現代の絞首刑は残虐じゃないよ!(馬鹿みたいに真面目な顔つきで)」

この詭弁に対する私の反論

そもそも残虐な刑罰とは、不必要な精神的、肉体的苦痛を内容とする人道上残酷と
認められる刑罰をいう。 そもそも、一人の生命を奪うという行為は人道上の
見地から一般に残酷である。絞首刑にしろ釜ゆでにしろ、命を奪うという結論は同じため 刑の執行方法など問題にはならないということだ

86 :熱狂的死刑廃止論者:2011/08/06(土) 22:10:44.29 ID:7EUZNQtU
という見解をふまえイギリス経験論風に帰納法を使用して一般真理を導こうとする
(大陸合理論は理性から結論を導くためあてにならない)

死刑=残酷である・・・A
 残酷=残虐である・・・B

A=Bであるなら死刑=残虐となる

現在の司法制度は明らかな憲法違反だと結論付けられるのだ
証明終了      


87 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 22:12:07.29 ID:Dz5MJZXW
>>84
>回復の余地が無いのは死刑に限った話では無いだろ
再審の機会があるだけで段違い。
再審で無罪になれば、刑の言い渡しの効果は遡及的に消滅するし、
金銭的な補償を受けることも可能。

>おかしいだろ?
おかしいといっても法的な評価としてはそうなるんだから仕方ない。

>それなのに飲酒運転によって死亡事故に繋がるという考えも、知識も、認識も無く、
>当人に依る「認容」が無いなんて事が有り得るのか?
たとえば、「自分は酔ってても絶対に事故は起こさん!」と思って飲酒運転をするなら、
まさに結果発生の認容がないケースに該当する。
実際にはそこまで頑固な思いは要求されないけどね。

>本気で言ってるのか?
>それ?
日本のすべての裁判官と、大多数の刑法学者はそう言うでしょうね。
いくら、飲酒運転のドライバーには殺意があるんだ!と主張しても、
裁判官に認められなきゃしょうがないでしょう。

88 :熱狂的死刑廃止論者:2011/08/06(土) 22:12:11.21 ID:7EUZNQtU
「 憲法31条・・・何人も、法律の定める手続きによらなければ、その生命
若しくは自由を奪われ、又はその他の刑罰を科せられない」を楯に死刑=合憲と
解釈する輩に対する私の反論

私に言わせれば、憲法31条は「仮に死刑が認められるとしてもそれは、法律を
もって規定する」という意味である。つまり、法律で死刑が規定されれば、実質的に
「憲法36条の公務員による残虐刑の禁止」に違反するってことなんだけど(まあ国語の偏差値が70以上ないと理解できないかな?)


89 :熱狂的死刑廃止論者:2011/08/06(土) 22:13:02.74 ID:7EUZNQtU
わかりやすく説明したろーか

1、憲法31条を解釈することにより、死刑を規定する法律を作りました
  ↓
2、しかし憲法31条は単に罪刑法定主義を表明したものであること。憲法の
戦争放棄や個人の尊重、残虐刑の禁止から考察すると

3、憲法31条は実質的に制約を受け、法律をもって規定しても
死刑は憲法違反である

どうだい?納得してくれた?

90 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 22:13:56.73 ID:Dz5MJZXW
>>86
言いたいことはわからんでもないけど、
判例固まっちゃってるからねえ…。
違憲主張までしなくても、廃止はできるんじゃない?

91 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 22:15:22.35 ID:Dz5MJZXW
>>89
9条が死刑廃止の論拠になるって、
はじめ何の冗談かと思ったけど、
学部の頃読んだ刑事政策の教科書にちゃんと書いてあってワロタ

92 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/08/06(土) 22:32:15.31 ID:juduC00v
>>87
再審で無罪になっても、金銭的な補償を受けても、
それはあくまで『誤判』に対する謝罪の一環に過ぎず、
『誤判』によって失った時間に含まれるあらゆる可能性は除外され、
しかも、それらの『可能性』が回復される事は永久に不可能だ

故に死刑だけの問題では無いと言ってるんだが?



>たとえば、「自分は酔ってても絶対に事故は起こさん!」と思って飲酒運転をするなら、
>まさに結果発生の認容がないケースに該当する。

悪いが、こういう適当な嘘は言わんでくれ
違法性の意識があれば故意は成立する

即ち、『飲酒運転』は違法か否か?

それすら知らないと言う日本人が存在するなら、教えて貰いたい

93 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 22:41:33.70 ID:Dz5MJZXW
>>92
>『誤判』によって失った時間に含まれるあらゆる可能性は除外され、
>しかも、それらの『可能性』が回復される事は永久に不可能だ
失った時間が戻らないというのは、情緒的にはわからないでもないけど、
法的には損害を金銭に換算して、その分が支払われれば、
一応イーブンとされる。これも仕方のないこと。
だけど、死んじゃってたらどうしようもないからね。

>違法性の意識があれば故意は成立する
ていうか、結構知識あるじゃん。

だけど、違法性の意識ないしその可能性ってのは、
責任故意の問題なんだよね。
犯罪の成否は、構成要件該当性→違法性→責任の順に検討される。
犯罪事実の認識・認容は構成要件的故意の問題なので、
結果発生の認容がなく構成要件的故意が否定されると、
構成要件該当性がそもそもないということになるから、
違法性の意識の有無は問題にすらならない。

94 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 22:56:31.83 ID:9Qh3l7GH
終身刑制定マダ?

95 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 23:07:01.53 ID:9Qh3l7GH
そもそも損害賠償とは、遺失利益に対する弁済であって、
死刑に代替できるモノではない。
カネで済ませるとは、人の命をカネでやり取りする行為であって、
かりそめにもリベラルを謳う廃止派には、許されない主張である。

刑罰とは法の支配に基づく制裁であって、
曲がりなりにも被害者や市民の溜飲を下げるに足るモノでなければ意味がない。

リンチが起きては法の支配が意味を成さなくなる。

96 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 23:18:53.64 ID:cFUn7wuk
>>93のいうこともわからんでもないけどね。
でも冤罪をいうなら、何の為に三審制を導入して国選弁護人を付けているのか意味がわからなくなる。
ま、それでも誤審の可能性をゼロにする事は不可能だろう。
だから俺は冤罪のリスクを承知の上で敢えて死刑制度を支持するね。 ぶっちゃけ麻原彰晃や酒鬼薔薇みたいな奴が冤罪とは思えないし、終身刑とかありえんわ。

97 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 23:27:04.45 ID:Dz5MJZXW
>>96
誤判による執行のリスクを無視してでも死刑制度を存置するというなら、
それをどう正当化するのかが問題。

今のところ、誤判に基づいて死刑が執行されたことはない(ことになっている)が、
今後そうしたことが起きた場合どうなるのかは見物。

98 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/08/06(土) 23:27:56.64 ID:juduC00v
>>93
死んでしまったらどうしようも出来ない点については合意する

だが、時間も取り戻せない以上、少なくともその人が任意で使う事が出来た選択肢も
消えて無くなったという事であり、時間の喪失は人生の喪失とも言える
この事からも、そもそもの話として『誤判』が起きる事自体が問題であると言えると思う


>責任故意の問題なんだよね

刑法38条3項
法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。
ただし、情状により、その刑を減軽することができる。

この刑法の解釈として言われるのは、違法性の意識について、
その可能性の有無に関わらず「故意が阻却されない」という事なんだが、
この解釈に基づくと、結果発生の認容がどうであれ「故意」は成立すると思うんだが?

99 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 23:45:34.85 ID:Dz5MJZXW
>>98
まあ、確かに死刑であれそうでない刑であれ、
冤罪で人生を狂わされることは悲惨だけど、
生きてさえいれば、刑事補償も受けられるし、国賠も請求できる。
失われた時間は戻ってこないにしても、
多少なりとも慰めにはなるんじゃないかな?

でも、殺されてしまったら、
そうしたわずかばかりの慰めを得る可能性すら「絶無」なわけで、
その点が、死刑とそうでない刑とが性格を異にするところ。

これ以上はもう情緒論になってしまうので、
人それぞれの考えということになっちゃうね。

100 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 23:45:54.14 ID:Dz5MJZXW
>>98
>責任故意
さっきも言ったとおり、犯罪の成否は、
構成要件該当性→違法性→責任の順に検討されます。
したがって、どんなに違法性が高い行為であろうと、
あるいはどれほど責任(=行為者に対する非難可能性)が大きかろうと、
構成要件該当性が存在しなければ、犯罪は成立しません。無罪です。

結果発生の認容は構成要件的故意の問題で、
つまり、認容がなければ構成要件的故意がなく、
構成要件的故意がなければ、構成要件該当性がない。

他方、違法性の意識は責任故意の問題。
つまり、構成要件該当性があり、違法性が認められて、
その後初めて違法性の意識の有無を検討することになる。

したがって、結果発生に対する認容がなく、
構成要件的故意が否定され、
構成要件該当性が否定されると、
その時点で無罪であることが確定してしまうため、
責任段階の議論である責任故意については、
検討する必要がなくなるわけ。

噛み砕いて説明したつもりだけど、どうだろ?

101 :名無しさん@3周年:2011/08/06(土) 23:58:21.68 ID:cFUn7wuk
>>97
んなこと言いだしたら何も出来なくなると思うよ。
仮に、お前さんが冤罪事件の被害者だったとしたら、カネで納得するのか?無理矢理カネで手打ちにさせるだけでしょ、結局のところは。
逆に聞くがお前さんは麻原彰晃みたいな奴を冤罪の可能性を口にして、ずっと養っていくつもりか?

102 :籠手 ◆b04kEEWrtxny :2011/08/07(日) 00:00:36.83 ID:v+ASZXR8
>>100
すまんが、これについては明日レスする

今週は仕事がハードだったので眠い…


103 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 00:10:18.73 ID:D1a6Jhd+
>>101
二行目の意味が分からない。

それに私は、「冤罪で死刑が執行された場合、
それを正当化する理屈はあるの?」と聞いてるのに、
なんで麻原なんちゃらの話になるの?

104 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 00:14:43.03 ID:D1a6Jhd+
私も寝るよ。

病み上がりで体力がないw

105 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 00:33:08.42 ID:7SiKi4MX
>>103
俺も冤罪を正当化する理屈って意味がわからないんだけど。
てっきり、埋め合わせをどうするかって話だと思ったんだけど、違った?
冤罪の可能性を理由に死刑を廃止するなら、麻原彰晃みたいな、どーみても冤罪なワケがない凶悪テロ集団の教祖様を生かし続けないといけなくなるんだぜ?
どっちにしてもリスクが生じるワケで、
俺はそれくらいなら冤罪のリスクを犯しても、死刑制度はあった方がいいと思うわけよ。

106 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 00:37:59.11 ID:nfawYNEa
刑務所で終身雇用も税金です

107 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 00:38:38.35 ID:7SiKi4MX
打つのが遅くて>>104みてなかった。
とりあえずおやすみなさい。

個人的には、冤罪事件で死刑を執行した場合、その事件を担当した裁判官、検察には何かしらのペナルティを与えるべきだと思うね。
それくらいの覚悟をもって死刑の求刑、宣告はするべきだと思う。
・・・とりあえず俺も寝る。

108 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 01:04:28.46 ID:ukSewsQc
あー、あの日うちの両親が秋葉原にいればなあ・・
運が良ければ殺されてたかもしれないのに
そしたら本当に加藤様万歳だったのになあ
憎まれ者世にはばかる、か


109 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 08:03:02.75 ID:SCNkxBkU
>>78
何をもって君の先生が「犯罪者様の更生が第一で、一般人風情の安全なんかついでだい!」と教えたかは知らないが
ま、その付随的要素の部分で正当化できるわな。

後段は、死刑の後も再審の機会を与えれば良いだけの話。
死んだ後に名誉回復しても意味ない!というなら、そりゃ死刑も獄死もいっしょ。

結局は死刑と終身刑の違いは「寿命の分だけ冤罪を晴らせる可能性が伸びる」という点だけで
「冤罪の結果、死んでしまったら取り返しがつかない」等の要素はいっしょ。
そのあたりを踏まえてアピールした方が良いぜー。

110 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/07(日) 08:19:42.41 ID:G3cvxUj4
飯塚事件では、久間三千年さんが、足利事件と全く同じDNA鑑定だけを証拠にスピード処刑され
たが、なんで裁判所はあれだけ問題の鑑定を再鑑定させなかったんだ?

久間氏は明らかに冤罪で司法役人に殺されたんだろう。

ま、民主党は1から10まで駄目な政党だけど、飯塚事件の情報を公開して、再鑑定したら、ある
いは今度の総選挙での壊滅だけは逃れられる、かもしれないw
勝つのは、癌直人のお蔭で100%無いけどねwww

111 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 09:45:33.37 ID:hFcNyVRO
>>105
国家が無辜の国民を故意に殺すことの害悪は、
凶悪犯人を殺さず生かしておくことにより生じるデメリットを遥かに上回るので、
それでもなお、冤罪による死刑執行のリスクを無視してでも、
凶悪犯人を死刑にすべきだというなら、
それを正当化する強力な根拠が必要になるということ。

112 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 09:46:13.36 ID:hFcNyVRO
>>109
>犯罪者様の更生が第一
「犯罪者の更生」つまり特別予防が刑罰理論の中心だったのは主に戦前の話。
そして、死刑は特別予防の効果が零である。
よって、戦前には死刑廃止論を唱える刑法学者がわりといた。

>一般人風情の安全なんかついでだい!
「一般人の安全」というのは一般予防だけど、
それは、「犯罪者への刑罰を一般人に対する見せしめにして、
一般人が犯罪に陥ることを防止する」という意味が強い。
つまり、一般人を犯罪者の手から守るというよりは、
一般人が善良なままでいられるようにする配慮、といった感じ。

犯人を社会から隔離することで、
犯人から社会ないし一般人を防衛するという発想は
主に19世紀から終戦直後くらいまでに言われていたことで、今はあんまり。
社会防衛は刑罰の機能というよりもむしろ、
警察力による達成が期待されているからでしょう。

113 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 09:46:25.98 ID:hFcNyVRO
>>109
>その付随的要素の部分で正当化できるわな。
意味がよくわからないけど、
刑罰理論の付随的要素、すなわち一般予防と特別予防が
死刑を正当化する、ということなんだろっか。
一般予防というのは一般人への見せしめ的意味が中心なので、
確かに、死刑の見せしめ効果はと高いと考えられるが、
無期懲役等でも十分見せしめにはなるので、
特に死刑存置の根拠付にはならない。
特別予防については、そもそも死刑よっては達成が不可能。

>死刑の後も再審の機会を与えれば良いだけの話。
死後再審は現行法の下でも可能。

>死刑も獄死もいっしょ
殺人と監禁致死の法的性格がまったく一緒と思うなら、
かなり奇怪なセンスではあるね。

114 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 10:03:08.25 ID:lw7eSefo
死刑廃止と言うけれどではその死刑を宣告された奴に殺されたり一生心や体に残る傷を負わされた被害者はどうなるんだ?
「可哀相だね」、「気の毒に」なんて同情で済ませるのか。
死刑になるだけの事をしでかしたのなら死刑になるのは当然の事。
死刑廃止と言っている奴は人権擁護、人権尊重だのと被害者の人権を無視した一見綺麗な言葉に酔いしれている連中か、死刑を執行すると後味が悪いと思っている死刑を執行する側の人間だけじゃないのか?
冤罪云々については人がやる事に100%なんて絶対にありえない。
当然冤罪もあるだろう。
それでもきちんと裁くべきことは裁かなければならないと思う。
それよりも終身刑と言う言葉を廃止した方が良いんじゃないかと思うんだ。
懲役○百年とかきちんと年数にした方が良いだろ?
終身刑なんて曖昧な刑こそ必要ない。

115 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 10:32:09.25 ID:hFcNyVRO
>>114
>死刑廃止と言うけれどではその死刑を宣告された奴に殺されたり、
>一生心や体に残る傷を負わされた被害者はどうなるんだ?
>「可哀相だね」、「気の毒に」なんて同情で済ませるのか。
そういうことを言いだすともう議論ではなく感情のぶつけ合いなんだよね。
死刑に限らず刑罰には被害者ないし社会全体の報復感情に応えるという
機能もあるにはあるけど、それは刑罰の全機能の一部でしかない。
したがって、刑罰によって被害者感情を完全に満足されるのはそもそも無理だし、
少なくとも法律論の範疇では、そんなことは期待すらされていない。

なお、犯罪被害者は、犯罪により受けた被害を金銭に換算して、
損害賠償として犯人ないし国にその支払いを求めうる。
金銭に換算できない損害もある、犯人に支払い能力なんかない、
いくらお金を払われても被害者の気持ちは癒えない、
等々の意見は当然あるし、あって然るべきだとは思うけど、
そこはもう法律でカバーできる範囲を超えているとしか言いようがない。

>死刑廃止と言っている奴は人権擁護、人権尊重だのと
>被害者の人権を無視した一見綺麗な言葉に酔いしれている連中か、
>死刑を執行すると後味が悪いと思っている死刑を執行する側の人間だけじゃないのか?
それは「人権」という言葉を情緒的に捉えすぎだね。
憲法が「個人の尊厳」つまり人権の尊重を目的としている以上、
その下位規範である刑事法も人権の存在を前提にせざるを得ない。
酔いしれるとかじゃなく、論理必然的にそう考えざるを得ない。

>それでもきちんと裁くべきことは裁かなければならないと思う。
裁判をするななんて誰も言ってないでしょ。

116 :熱狂的死刑廃止論者:2011/08/07(日) 10:58:47.27 ID:owA7iIW1
以前、私は菊田幸一先生(明治大学名誉教授、弁護士)に個人的に
お会いして、話を伺ったことがありましたが、彼の主張は死刑を廃止して
終身刑を導入することでした。しかも、仮釈放を認めず一生、塀の外に出すな
ということでした。私は黙って聞いていましたが、本音としては、終身刑の方が
死刑よりも残酷ではないのかということです。一生、刑務所に閉じ込めたら
それこそ廃人にしてしまうでしょう。よって、ある程度更生が認められた場合
は釈放が望ましいと考えます。         by法学部

117 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 12:16:37.28 ID:SCNkxBkU
>>112
あー…「死刑に抑止力はない!」っての、立証されてないから注意な。
国連が「廃止のために」行った調査で、抑止力は「あるとも言えないが、ないとも言えない」ってのが結論。
(もし君が文系なら、調査やレポートで望む結論を書けないような実験結果がでるってどれだけ絶望的かわかるはずだよ)
何故か前半だけを曲解して「ない!」と言い出す廃止派もいるし、廃止派同士ならそれもよいが
まず一般人からすりゃ「嘘」に類するから、宣伝としてやめた方がいい。

監禁致死と殺人ねぇ。
監禁致死ならオッケーってわけでもない以上、ベクトルずれてるよ、その反論。
あと、そも「死ぬまで監禁するつもりで監禁して成就しました」ってのは殺人並みの重罰が課されたはずよん。

118 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 12:37:33.30 ID:SCNkxBkU
>>115
あと感情的要素を廃した場合、「凶悪犯が生きてちゃ被害者や遺族が可哀想」も消えるけど
「死刑になる凶悪犯が可哀想」も消えるよね。
あとは機械的に「どちらがより多く、広くの人権を守れるか」になるわけだけど
そうなると、膨大なコストを要する終身刑派は不利だよね。
金があれば保護・実現できる権利なんて腐るほどあるわけだし。

「死刑の方が金がかかる!」って意見もあったが、
内容は「終身刑なら控訴しないはず…」「再審も減るはず…」
「死刑が『求刑』された件のコストを死刑『判決が降りた』件数で割ってみたら…」みたいなむちゃくちゃだったし。

主張、活動として微妙じゃぜ

119 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 13:11:29.56 ID:hFcNyVRO
>>117
>あー…「死刑に抑止力はない!」っての、立証されてないから注意な。
逆。
なお消極的事実と証明責任の関係。

>監禁致死ならオッケーってわけでもない以上、ベクトルずれてるよ、その反論。
意味がry


>>118
コストに関する議論は政策論の範疇。

120 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 14:47:02.23 ID:7SiKi4MX
>>111
国家が無辜の民を故意に殺すって冤罪の話だろ?
結果論として、そうなるにしても言い方が少し酷いんじゃないの?

冤罪の可能性ゼロの凶悪死刑囚なら麻原以下色々いるけど、冤罪で死刑執行された人の例は出せないだろ?
死刑自体滅多に出ない日本で、更に冤罪の可能性をいいだしたら、それはレア中のレア。
可能性をゼロに近付ける努力は必要だけど、可能性を極端に言い立てるのはいかがなものか?
悪いけど、俺には無辜の民を殺すことになる可能性<凶悪犯人を生かし続けること、なんでね。
だから、お前さんがいう強力な理論ってヤツはいらないと思う。刑罰の必要性の延長で充分でしょ。

121 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 15:24:09.92 ID:hFcNyVRO
>>120
>国家が無辜の民を故意に殺すって冤罪の話だろ?
yes

>結果論として、そうなるにしても言い方が少し酷いんじゃないの?
言い方が酷いというのは?
冤罪で死刑を執行することはそんなに酷いことじゃないよってこと?
立憲主義の概念や憲法理念に照らせば、害悪も甚だしいんだけどね。
憲法なぞ読んだことはない、というなら仕方ないけれどもね。

でも、凶悪犯人による殺人は、死刑以外の方法で処断することが
許されない、という正義感覚を持っているにもかかわらず、
なぜ国家による正当な理由のない殺人は許容できるわけ?
そのへんのバランスが私には到底理解不能だね。


>冤罪で死刑執行された人の例は出せないだろ?
再審で死刑判決が取り消された例が何件かあるが、
それは、死刑判決が確定しているのに、速やかに執行されなかったという、
法が本来予定していないイレギュラーな事態に助けられただけ。
たまたま運が良かったとしか言いようがない。
このことを踏まえると、冤罪による死刑執行の可能性は、
いっそう現実味を帯びてくる、ということには考えが及ばないのかな。

>悪いけど、俺には無辜の民を殺すことになる可能性<凶悪犯人を生かし続けること、なんでね。
そう思うのは個々人の正義感覚の問題なので仕方がないが、
ただ「そう思うから」以外に理由がない以上、論理性は皆無ということになる。
少なくとも、法律論の場面でそんなことを言いだしたら電波扱いだわ。

122 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 18:35:38.13 ID:7SiKi4MX
>>121
で、現に冤罪の可能性ゼロの連中が存在していることはほっかむりかい?
冤罪をいうなら、冤罪の可能性ゼロの奴なら問題無いってことになるわけだしね。
可能性ばかり言い立てて、その可能性をゼロに近付ける努力を怠っているだけにしかみえないがな。
死刑判決が出たのに、再審で死刑判決が取消された例って何10年前に判決が出たケースなんだい?(麻原でも10年くらい前だが)何個かあったとは思うが古すぎるんじゃね?
それに、そういうケースがあるなら死刑をすぐに執行しないで、執行チュウ余期間を長めにとって機会を与えておけばいいだろ?
それでなくても法務大臣が判子おさんけどな。
重ねて聞くが、お前さんは冤罪の可能性を言い立てて、麻原みたいな奴を生かし続けろ、というのかい?

123 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 19:34:36.11 ID:1G4d5nwF
>>122
執行猶予と執行延期(実質的絶対的終身刑)を混同している時点で話にならんなあ

124 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 20:07:04.72 ID:7SiKi4MX
>>123
知識自慢かい?
教えてくれてどうも。

125 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 20:35:13.84 ID:SCNkxBkU
>>119
君の嫌いな政治の話になるけどさ、立証責任は普通、制度を変えようとする側がもつんだ。
つか、持たないと、制度を変えるだけの説得力とならないっていう方が正しいか。

「どうなるかわからないけど、俺の言うとおりに変えよう!
変えたら悪くなるかも?なら悪くなるって立証しろ。
じゃなきゃ、俺の言ってることは正しいかも知れないんだから!」と言われてみ?
君だって「…じゃその正しさを、君一人頑張ってくれ」と思わないかい?

126 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 21:00:43.17 ID:D1a6Jhd+
>>122
>冤罪をいうなら、冤罪の可能性ゼロの奴なら問題無いってことになるわけだしね。
ならない。
なぜなら、冤罪の可能性がほぼゼロといえるような心証がなければ、
裁判官はそもそも有罪判決を出せないから。
刑事裁判というのはそういうもの。

>可能性ばかり言い立てて、その可能性をゼロに近付ける努力を怠っているだけにしかみえないがな。
無茶苦茶だね。
将来の危険を防止するための立法や法解釈が許されないというなら、
それはもう法の支配、法治主義そのものの否定に近い。

>古すぎるんじゃね?
古いと何か問題が?
ちなみに、再審を請求している死刑囚は今現在も存在するが。

>そういうケースがあるなら死刑をすぐに執行しないで、
>執行チュウ余期間を長めにとって機会を与えておけばいいだろ?
根本的に間違ってる。
その、「そういうケース」にあたるかどうかの判断は、
一体誰の視点に立って、誰が行うわけよ。
判決が確定している以上、裁判官は冤罪の可能性がないと判断してるんだよ。
にもかかわらず、死刑の場合、長期間執行されないことが多いのは、
法務大臣や法務官僚の裁量でそうなっているわけで、
これは法が本来想定していないイレギュラーな事態なの。
司法判断は既に終了しているのに、さらに行政部の判断を経なければ、
死刑制度の公正な運用が期待できないというなら、
それこそそんな制度は即座に廃止しなければ有害の極みじゃないか。
権力分立って言葉を聞いたことがありますか?

127 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 21:01:27.17 ID:D1a6Jhd+
>>122
>重ねて聞くが、お前さんは冤罪の可能性を言い立てて、麻原みたいな奴を生かし続けろ、というのかい?
Yes
ていうか、死刑制度が廃止されたら死刑囚は無罪放免になるとでも思ってんの?
現行法化で死刑制度が廃止された場合、
本来死刑判決を受けるはずだった犯人は無期懲役になると考えられる。
そして、死刑によって達成しようとした目的は、
無期懲役でも十分に達成可能だと何度も説明したじゃないか。

あなたはそれに対し、「俺には無辜の民を殺すことになる可能性<凶悪犯人を生かし続けること」という。
で、その理由はと聞いても「自分がそう思うから」というだけで、何の根拠も示さない。
何らの合理的根拠もない主張はもはや法律論としての主張でなく、ただの感情論。
感情論に対しては、どんな理屈も通用しないから、これ以上私が何を言っても無駄だよね。
ていうか、既に聞く耳を持たない状況になってるし。

128 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 21:10:50.28 ID:D1a6Jhd+
>>125
消極的事実の立証は通常困難ないし不能とされているので、
一般的に積極的事実を主張する側が主張責任を負う。
「あるとも言えないが、ないとも言えない」(>>117)、
すなわち、対立する当事者双方が証明に失敗し、
ノン・リケット(真偽不明)になった場合、
証明責任を負う側が不利益をこうむることになる。

自分から立証云々と言い出しておいて、これが分かってないというのは
私としてはかなりショックなのですがね。

>立証責任は普通、制度を変えようとする側がもつんだ。
どこの世界の誰の「普通」なのか私にはさっぱりわからないが、
立証責任の配分は、証明しようとする個々の事実の内容、性質によるでしょ。

129 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 21:16:18.88 ID:D1a6Jhd+
>>128
間違ったw

× 一般的に積極的事実を主張する側が主張責任を負う。
○ 一般的に積極的事実を主張する側が証明責任を負う。

130 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 22:25:20.37 ID:SCNkxBkU
>>128
ん。じゃ、こういうふうに言い方を変えようか?
「終身刑には死刑と同程度の抑止力が『ある』と証明せよ」と。

悪魔の証明は、持ち出すのは簡単だけど、迂闊に持ち出せば言い方一つでひっくり返る概念だし
そもそも証明ごっこ専用に近く、他人の説得には使いにくい論法だよ?

君の目標は不特定多数の説得だろ?
そういう迂闊さは駄目だよ。

131 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 22:34:50.21 ID:7SiKi4MX
>>126
古すぎる事例は問題アリに決まっているでしょ。
今と昔では科学捜査の精度も違うし、担当者の意識も違う。制度や人は変えていけるし変わるからさ。

再審請求している人が何人いるかしらんが、その人が冤罪とはかぎらんよ。
単に死刑が嫌だからゴネているだけの奴もいるはず。
用心深いのも結構だけど、限度ってモノがある。

因みに、お察しの通り法知識は俺は大して持ってないから慎む所もあるけどさ。
公正な運用が期待出来ないとか、随分恣意的な言い方するね。
例えイレギュラーでも、結果として冤罪防止、再審請求の機会付与という形が出来ているなら、それでいいじゃないか。

132 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 22:38:31.36 ID:D1a6Jhd+
>>130
だから、死刑が廃止されたことで、
凶悪犯罪が激増したというようなことを示す統計が存在しないから、
死刑の抑止力は疑問だ、ってことじゃないの?

何か勘違いをしているようだけど、
私は抑止力の有無を死刑廃止の根拠にした覚えはないんだけど。
一般予防は付随的要素だと何度も言ったじゃないか。

>君の目標は不特定多数の説得だろ?
いつそんな目標が設定されたんだ…

133 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 22:48:29.88 ID:7SiKi4MX
感情論っていうけどさ、感情論を無視した法律論も問題だと思うけどな。
昔、俺の故郷に左折巻き込みで女子高生をころしちゃったダンプの運チャンがいてね。
そりゃ、一家離散の借金地獄と社会的制裁をたっぷり受けたようだがな。
で、被害者の遺族に何度も頭下げに行ったらしいが、ある時言われたらしい。
“何度来てもムダですよ。あなた、何で生きているんですか?早く死になさいよ、死ねば楽になりますよ”と。
結局、その運チャンは首吊って終了。
肉親を奪われた遺族の怒りや悲しみとはそんなものだよ。
しょっちゅう死刑判決が出る国ならまだしも、日本で死刑くらうなんざよっぽどのこと。
悪いが俺には麻原みたいな奴が終身刑で目的は達成出来る、なんて口が裂けてもいえんわ。

134 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 22:58:17.77 ID:D1a6Jhd+
>>131
>今と昔では科学捜査の精度も違うし、担当者の意識も違う。
物証よりも自白が重視されるという日本の司法実務の実情は
今も昔もほとんど変わっていない。
担当者の意識、ということについていえば、
むしろ昔より今の方が世論からのプレッシャーが強い分、
事件の早期解決、早期決着を焦る心理が加速されているといえる。

>制度や人は変えていけるし変わるからさ。
いや、だから制度を変えようという話をしているのに、もう何が何やら…。

>再審請求している人が何人いるかしらんが、その人が冤罪とはかぎらんよ。
名張ぶどう酒や袴田はかなり冤罪臭が強いけどね。

>用心深いのも結構だけど、限度ってモノがある。
少なくとも、冤罪で死刑を執行してしまうというのは、
刑事手続上のミスとしては最大至極の事態といえる。
用心深くして用心深すぎることはないと思うが、
違うというならじゃあ、どこに限界を設定しようというわけ?

>例えイレギュラーでも、結果として冤罪防止、
>再審請求の機会付与という形が出来ているなら、それでいいじゃないか。
いいわけないでしょ。
そもそも、裁判官のした判決を行政部が阻止することの重大性が
まったくわかっていないってことだよね?
いくらその方面の知識に疎いからといって、
「三権分立」という言葉の意味くらいは知ってるでしょうが。

135 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 23:04:43.64 ID:D1a6Jhd+
>>133
>悪いが俺には麻原みたいな奴が終身刑で目的は達成出来る、なんて口が裂けてもいえんわ。
だからそれはそれでもういいって。
理論的根拠もなく「ただそう思うから」ってだけの意見には反論のしようがない。
議論が噛み合う余地がない、ということですね。

136 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 01:02:52.48 ID:rjGBdA1i
>>134
物証より自白〜で、昔よりプレッシャーが強く〜、なら昔より冤罪事件が増えてないとおかしいけどな。
昔より冤罪が増えている事例でもあげられるのかい?

制度を変えようって、俺は冤罪を少なくする方向で考えているけど、お前さんは冤罪の可能性を理由に制度そのものを無くそうという立場の違いでしょ?
そもそも日本で死刑判決はよほどのことでない限り出ないことを忘れてないか?

残念ながら、日本には現に死刑制度は存在していて、(どこかでか統計みた覚えはあるが、どこか忘れた)死刑制度については賛成派の方が多いのが現状。
お前さんは多数派を説得しないといけない立場だよ。
終身刑でも目的は達成出来る、死刑は根拠がない感情論だとして切り捨てても、遺族はもちろん世間も麻原を税金を養うことに納得してくれないと思うな。
理不尽に写るかもしれないが人間は感情の生き物だよ。

137 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 01:41:51.30 ID:c+ekpkPh
>>136
>昔より冤罪が増えている事例でもあげられるのかい?
現に冤罪が増加してるなんて誰も言ってないでしょうが。
まあ、痴漢や傷害事件なんかは犯罪としての性格上、
冤罪が生まれやすく、もしかしたら増えてるかもしれないが、
それは今の話とあまり関係がないのでいいや。

>俺は冤罪を少なくする方向で考えているけど、
>お前さんは冤罪の可能性を理由に制度そのものを無くそうという立場の違いでしょ?
問題は、冤罪による死刑判決は死刑判決以外の場合と比較して、
害悪が大きすぎるということ。これも何度も言った。
そして、冤罪をゼロにはできない以上、
冤罪による死刑執行という回復・手当の不可能な害悪を防止するためには、
理論的な帰結として死刑制度を廃止するしかない、と。
「少なくする」では意味がないわけ。

>そもそも日本で死刑判決はよほどのことでない限り出ないことを忘れてないか?
忘れるも何も、最初からそんなこと問題にしてないけど。
何が言いたいわけ?

138 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 01:43:16.36 ID:c+ekpkPh
>>136
>残念ながら、日本には現に死刑制度は存在していて、
>死刑制度については賛成派の方が多いのが現状。
そうだよ。
死刑廃止はわりと先進国の中ではよくみられた流れで、
昭和末期あたりには日本もその流れに乗るような動きがあった(らしい)が、
オウム事件のあたりを境に、一挙に形成が変化して、
死刑廃止の具体的なスケジュールを検討するどころか、
廃止の是非を検討することすらほとんど行われなくなった。
結局、オウム事件や神戸の児童殺害事件のような凶悪犯罪が、
昔に比べてかなりセンセーショナルな報道のされ方をするようになったので、
世論が感情的になったというのが最大の原因かと思われます。
特に凶悪犯罪の件数それ自体は増えているわけではないのにも関わらず。

過熱した世論を冷ます、あるいは方向性を変えるには、
死刑に伴う危険性を社会に認識させるような
インパクトの強い事件が起こるのを待つしかないように思う。
その意味で、将来実際に冤罪で死刑執行が行われた時が見物、と、
昨日確か言った覚えがある。

>お前さんは多数派を説得しないといけない立場だよ。
なぜ…?

なんか根本的な勘違いをしている人ばかりだけど、
私は死刑廃止運動の活動家でもなんでもなく、
一介の学生に過ぎないんだが…。
しかも子宮と腎臓の病に倒れて休学中でございましてね。
昨日今日となんか夜更かししすぎたわ。
というわけで、申し訳ないけどもう寝ますよ。

139 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/08/08(月) 10:08:27.13 ID:jMiTYM1u
l

140 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 11:34:49.64 ID:aoxsDg5Y
>>132
んー、そっか。知らないか。
イギリスや韓国の廃止後の犯罪の発生率の推移を見てみ。
あと、米国の存置州と廃止州の犯罪減少の推移の比較もよいかも。
そこらへん見るとわかると思うけど、廃止による抑止力の低下は「黒に近い灰色」ってとこだよ。

で、君の目標については「〜という論拠で廃止論を唱えたい」とか言ってたっぽいから
単に自分の中の自分勝手な価値判断基準に基づく独り善がりな廃止論ではなく、
価値観が異なる他者との間でも広く通用するような、議論に耐えうる廃止論を目指してるのかなぁと思った。
(前者なら別に唱えたいように唱えりゃいいじゃん?)

もし、君が前者で満足する性質だったら、ま、なんだ、過度な期待をした俺の過ちだわな。
すまそ。

141 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 12:27:59.47 ID:vrHcAvzh
つーか、海外だと死刑クラスのやつは現場で射殺されてるからな。
外部と比べるならそこも考慮すべき。

142 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 13:12:15.06 ID:Gh8x6I/E
>>140
>>132

人の話をまともに聞かない(読まない)で、
議論も何もあったもんじゃないでしょう…。
トートロジー的な意見の応酬は肌に合わないんだよ、私。

143 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 13:45:31.12 ID:Xt4JuiD/
>>2

あなたの思想自体が間違っているとは少しも思わないのですね。

モンスター思想家乙。

144 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 15:31:07.42 ID:aoxsDg5Y
>>142
トートロジーと言われても、俺の側からすれば言ってることは毎回違うし
共通点は、君の意見を否定してるとこぐらいだと思うのだがな。
以て「トートロジー」と言うのなら、読んでないのはどちらかなぁ…と。

ま、いいや。

君が、自分の意見を認めてくれない人間を「読んでない」「トートロジー」と片付けるのは君の自由だし
以て「議論にならない!」と言い出すのも君の自由。

ただ、まぁ、それは議論を経て合意や賛同を得ていける態度ではないし
そこに甘んじるなら君の主張は「論」ではなく「感想」をぬけ出得ないわな。

145 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/08(月) 15:34:48.02 ID:a4lGQzP/ ?2BP(1700)
>>143
犯罪者は殺しちゃダメだけど、罪のない子供を殺すのはOK!なんてのは狂った思想ですよね。

146 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 15:46:05.53 ID:k/VtjD9v
欧州の警察の発砲率

147 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 17:07:41.79 ID:Gh8x6I/E
>>144
感情的にならず、まず自分の書いたことを読み直してごらん。
たとえば>>117以降だけでも、抑止力の有無を言いたいのか、
事実と証明責任一般の話をしたいのか、
統計の解釈論一般の話をしたいのかまるでわからないから。

そして、そのいずれであるにしても、
それ以前の話の流れと無関係なことを
唐突に持ち出すこと自体おかしいといえばおかしいんだよ。
論点自体が曖昧なままじゃ、そもそも「議論」になんないでしょ。

148 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 18:24:41.13 ID:aoxsDg5Y
>>147
いや、冷静なつもりだが…どれだけ冷静になっても
君が、君の想定する切り口でしか他人の意見を理解できないのが
俺のせいになる理由がわかると思えないんだがなぁ。

敢えて言えば、君の挙げた全ての論点において、君の意見がただの思い込みである、といったところだろうが
さて、君自身が「トートロジーだ!」と言いながら、今度は「前後に脈絡がない!」と言い出すあたり、
まず、君が落ち着いてみるのが最善と思うのだが…。

まぁ、しかし、何だ。お互い落ち着け落ち着け言い合っても不毛だわなぁ。
では、ちょいと興奮して感情的になってるこの俺に、君は如何にして抑止力の不在を確信したのか、聞かせてはくれないか?

149 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 19:03:32.82 ID:Gh8x6I/E
>>148
>君は如何にして抑止力の不在を確信したのか、聞かせてはくれないか?
だから、死刑を廃止したこととの因果関係が認められる範囲で、
凶悪犯罪が増減したということの統計が存在しないわけ。
それゆえにノン・リケットになってるんでしょう?
自分で>>117で言ってるでしょう?
「抑止力は「あるとも言えないが、ないとも言えない」ってのが結論」と。

しかも私は別に死刑の抑止力の不在を確信なんかしてませんよ。
感覚としてはその「あるとも言えないが、ないとも言えない」というのに近い。
ただ、抑止力は刑罰理論で言えば一般予防のことだけど、
一般予防は刑罰の目的としては付随的要素に過ぎないから、
抑止力の有無を死刑存廃の根拠として重視する必要はない、
と私は考えているので、抑止力があろうとあるまいと、正直どうでもいいわけ。

150 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 20:06:14.77 ID:eLyF4zSt
死刑は廃止するべきではない。死刑の適用基準をもっと制限するべき。

凶悪な殺人者なら死刑執行のボタンなんて躊躇なく押せるだろ?

それと早く永山基準は見直すべき。悲惨な少年犯罪の死刑をまぬがれた犯人の末路をみんなわかってるだろ?

法は現実と共に歩むべき。

151 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 20:32:56.77 ID:NlqlUw3e
学校のいじめにもっと法を適用していけば良いんだよ
「いじめ」なんて言葉を使って甘やかすから調子に乗る連中が出てくる
明確に「暴行」「傷害」「器物損壊」「名誉毀損」「侮辱」として罪を自覚させるべき
そうすりゃ隠れた犯罪者がごろごろ出てくるよ


152 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 20:37:31.04 ID:auKlX2Gf
>>151
 だな
 そもそも学校の先生がいいかげんすぎる。
 ま、所詮公務員の集団だからな。



153 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 21:51:45.73 ID:rjGBdA1i
>>136
いや“物証より自白を重んじる”“プレッシャーは昔よりきつい”とか冤罪を産む環境が悪化しているようなこと言ったから、そう思ったんだけど。違うなら失礼した。
担当者の意識についていうならお前さんが挙げた再審無罪のケースを知っているか否かは重要なファクターになると思うよ。
検察にしろ裁判官にしろ前例踏襲主義がいい意味で働くんじゃないか?

日本で死刑判決はよほどでないと出ない。
確か手口があまりにも残虐だとか、社会的影響が大きいといった要件みたいなのがなかったっけ?
冤罪の可能性が理由なのかは知らないが日本は、そもそも死刑判決は慎重な方だよ。
だけどさ、出る時は出るんだよ、死以外あり得ない凶悪犯人がね。
感情論を無視して、そういう奴を生かしておくのはやり過ぎだと思うよ。


154 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 22:16:02.74 ID:rjGBdA1i
>>137
んで、昭和末から平成初期ったら、おれは小学生だな。
死刑廃止の機運はしらんが、その当時の事件ったら女子高生ドラム缶詰殺人事件だな。
多分産まれたばかりで知らないと思う。これは読んで字の如く女子高生を殺してドラム缶詰めにした事件だが・・・
後で雑誌の記事で知った話だと、女子高生を憂さ晴らしで拉致監禁したあと、みんなでまわしたり暴行を加えたりしたわけだが、
被害者は毛髪がほうぼうでもぎとられたり抜けたりしてハゲが出来ていたとか、
何日にも渡って殴られたせいで歯がほとんど抜けて残ってなかったとあった。
他にもみんなの前でオナニーさせられただの、糞尿を食べさせられたともあったな。
で、結果、彼女をなぶり殺しにした挙句、死体をドラム缶にコンクリート詰めにして捨てたってわけだ。
そりゃ、死刑廃止の機運なんざ吹き飛ぶわな。
因みに、加害者は少年だったせいで、ブタ箱にも行かずシャバに出てきてしまっている。
俺のまわりじゃ少年法改正とか、とにかく殺せムードだったが、何故かマスコミでは少年だからとかいう理解不能なヒューマニズムが踊っていたけどな。

155 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 22:51:31.88 ID:Gh8x6I/E
>>153
全部感情論で理論的根拠はない、ということは理解してるんだよね?
それだったらもう私には何も言うことはないんだけど、
まあ、ひとつだけ。

>だけどさ、出る時は出るんだよ、死以外あり得ない凶悪犯人がね。
その「死以外あり得ない」というのは、誰の視点に立っての判断なの?
もし、あなた個人の感傷に過ぎないというのなら、
それは単なる感情の吐露で、法律論的な意味は何もない。
裁判官の視点だというのなら、裁判官は法律に則って裁判をするので、
死刑が廃止されれば、「死以外あり得ない」という心証形成はしない。
国民一般の規範意識に立った判断だというなら、
それは時と場合によって変遷していくものなので、
今現在死刑を廃止するのは性急だということの論拠にはならないこともないが、
将来に向かって廃止を検討することを阻む根拠にはならない。
現実問題として、国民的コンセンサスを経た上で死刑を廃止した国はいっぱいあるからね。
もっとも、日本人は法的公正、法的正義よりも、
ムラ社会的な正義や道徳を重んじる傾向があるので、
たとえ将来、冤罪による死刑執行のケースが現実化しても、
頑として死刑の廃止には応じない可能性はある。
極悪人を殺す、ということで得られる爽快感・恍惚感には抗いがたいものがあるからね。
ま、外国人からはそれがクレイジーと見られることも多々あるわけだけど。

156 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 22:53:53.26 ID:Gh8x6I/E
>>154
>ドラム缶殺人
もちろんリアルタイムでは知らないが、
判決文を精読して気持ち悪くなった。

157 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 23:22:00.38 ID:maJgC2hl
女子高生コンクリート殺害

名古屋アベック

が、日本で最も凶悪な部類の少年犯罪だろ。感情論はどうでもいいが、少年の校正を趣旨にした少年法だけど、これらの犯人が再犯を犯したことや、社会に与えた衝撃に鑑みれば、すでに凶悪な少年犯罪に限り、その趣旨は破綻してるんだよ。

最近では、光市の母子殺害事件の犯人や大阪と名古屋に連続リンチの犯人に死刑判決が出たけど、いずれも多大な時間を使ってようやくたどり着いた判決だぜ。

ちゃんとした厳正な死刑の基準があればこんなに時間かからないし、これらの犯人は少年ってことで争われたけど、すでに日本には120人くらいの死刑執行を待つ囚人がいるだろ?はたしてその囚人たちは、これらの犯罪に匹敵するような凶悪犯罪を犯したものばかりなのかな?

もっと死刑の基準を厳しくして、凶悪犯罪者じゃ素早く処罰するようにするべきだと思うよ。





158 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 23:31:32.93 ID:Gh8x6I/E
>>157
確かに、喧嘩や万引き程度の犯罪と、殺人等の凶悪犯罪を
少年法の枠内で一緒くたに評価してしまうのは、
私もあんまり合理的じゃないような気がする。
しかし、少年による凶悪犯罪が昭和40年頃をピークに激減していることを考えると、
少年法にも効果はあるのだという主張には反論しにくい。

159 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 23:56:35.78 ID:maJgC2hl
それは良く言われてるけど、個別的に事件を見てみると、昭和後期の凶悪な少年犯罪は薬物常習者が多かった。シンナーなんかでラリって犯行に至っていたわけだけど、薬物規制を強化してきた日本ないし国際法のおかげで、そういう事件が減ったと言えるよ。
なぜなら、平成の凶悪な少年犯罪は狂気や集団的帰属意識いうよりは、どちらかというと単独で変態的な事件が目立っていると思うんだ。
サカキバラセイトでも顕著だったのが異常性だよね。これって表現の自由の弊害でもあると思うんだ。ネットで誹謗中傷され小学生が友達殺しちゃた事件とかもねそうだよね。
つまり凶悪な少年犯罪の性質ってだいぶ昭和とは変わっていて、少年法の抑止で全体数が減っているといっても、新たな性質をもった凶悪な少年犯罪は発生しているわけで、抑止が効果的に働いているとは考えにくいよ。
それよりも個別的な事件に関連した事情。すなわち規制や生活スタイルの影響が大きいと考えれる。

160 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 00:05:23.84 ID:KdurNezF
>>159
まあ、確かに昔の少年犯罪は貧困に起因するものが多かった。
永山事件の犯人なんかもなかなか悲惨な生い立ちではあるしね。
その意味で、少年による凶悪犯罪が減ったのは、
時代の変化で子供の成育環境が改善されたからであって、
少年法の存在とはあまり関係がない、という反論は一応可能なのかな。

話は逸れるけど、少年犯罪の増減が時代の変化に伴うというなら、
ここ何年かで日本社会の貧富の格差は拡大しているから、
そのことは当然、経済的に不遇な子供を生み出す結果になり、
今後また少年犯罪が増加していくおそれはある。
くわばらくわばら。

161 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 00:27:19.37 ID:zU4N0K4O
貧困層が起こす犯罪は万引きや強盗。
経済的に不遇というだけでは凶悪犯罪に至らない。
その他の諸要因が伴って初めて凶悪犯罪に至る。
人はそう簡単には殺人などしない。



162 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 00:32:12.83 ID:KdurNezF
「強盗殺人」という犯罪もあるのですがね

163 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 00:48:07.07 ID:zU4N0K4O
だから?
そんなことを言ったら万引き犯が追ってきた店員を突き飛ばして死亡させました、なんて事件も考えられるね
貧困層の場合、殺すことが目的ではなく、あくまで財産を得ることが目的
結果論として、傷害や殺人が付随することはあるだろうが


164 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 00:54:25.71 ID:KNY822U1
それって、事後強盗なのかな?

165 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 00:56:46.57 ID:KdurNezF
財産を得る目的と殺す目的はしばしば併存するのですがね

166 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 00:57:55.65 ID:KdurNezF
>>164
yes

167 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:01:30.18 ID:8OH+Vsl+
死刑廃止はまずいよ。
犯罪人とサヨクと悪質外国人が喜ぶだけ。

168 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:03:26.10 ID:zU4N0K4O
>>165
財産を得るために人を殺すのなら、第一の目的は財産を得ることだろ
殺さずに財産が手に入るのならリスクの少ないそちらを選ぶに決まっている


169 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:07:49.03 ID:KdurNezF
>>168
第一の目的がどっちであろうと法的評価は別に変らないんですがね

170 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:14:25.12 ID:zU4N0K4O
>>169
いつから法的評価の話になったんだろうか



171 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:16:43.96 ID:KdurNezF
>>170
>>161から

172 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:19:23.27 ID:zU4N0K4O
>>161のどこに法的評価に関する文章があるというのだろうか


173 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:20:18.90 ID:KdurNezF
>>172
では>>163から

174 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:27:31.65 ID:zU4N0K4O
貧困というだけで凶悪犯罪に走るケースはほとんどないって話なんだけど
大抵の場合はその他の要因も絡んでいる
誰も強盗殺人と殺人に関する法的評価の話などしていない


175 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:29:44.89 ID:KdurNezF
>>174
では本題に戻りましょうか。
貧困と凶悪犯罪の相関関係を否定するなんて、
あんまりアホなことをいうから、
ツッコミ箇所満載の話の流れになっちゃうんだよ。

176 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:32:29.23 ID:zU4N0K4O
何度説明すれば良いんだろうか
「貧困というだけで」凶悪犯罪に走るケースはほとんどない
貧困であることが凶悪犯罪を惹起せしめる要因の一部を構成することはあっても


177 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:35:36.45 ID:KdurNezF
つまり、>>161

>貧困層が起こす犯罪は万引きや強盗。

というこの一言が、その後の話をすべてスポイルしてるんだね。

178 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:38:50.08 ID:zU4N0K4O
文脈無視して一部のテキストだけ抽出されても。
きちんとその後に「経済的に不遇というだけでは」と付け足してあるだろう。

179 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:39:41.48 ID:KdurNezF
あ。話がかみ合わない原因がわかった。
強盗殺人は「凶悪犯罪」ではないと思ってるのか。

まあ、それはさすがにどうなんだろうねえ…。

180 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:42:38.19 ID:KdurNezF
「経済的に不遇というだけで」凶悪犯罪に走る犯人はわりと多いですよ。
その典型例が強盗殺人なんだから。
まあ、強盗殺人が「凶悪犯罪」であるということが前提だけどね。

それと、もう一つおかしいのが、
貧困に起因する犯罪が財産犯だけだと思っていること。
「貧困層が起こす犯罪は万引きや強盗」というのは、
まさにそういう意味でしょう?

181 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:44:52.26 ID:zU4N0K4O
>>179
勝手に分かったつもりになっているところ悪いけど、全く思ってないよ。
「貧困であるというだけで」凶悪犯罪に至るケースはほとんどないと言っているんだが。
わざわざ人を殺してまでも財産を奪取しようとする場合、貧困以外の要因も併存していることがほとんど。



182 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:47:50.23 ID:zU4N0K4O
>>180
多少追い詰められたところで、殺人まではしないのが人間というもの。
貧困を理由に万引きする人は幾らでもいるが、単に貧困というだけで殺人までする人はほとんどいない。
そのようなケースには、大抵その他の要因も併存している。


183 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:50:11.35 ID:KdurNezF
>>181
強盗殺人の動機で「金に困って」以外の目的って、たとえば何なんだろう。

184 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:51:30.35 ID:KdurNezF
>>182
もしかして「貧困に起因する」ということは、
貧乏人はみんな犯罪者になる、という意味で言ってると思ってんですか?

185 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:54:55.35 ID:/25ScSA8




死刑制度の無い国や州は治安が極めて悪い

強盗や婦女暴行、および殺人がスナック感覚で行われている





よって、このスレも終了

186 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 02:04:29.66 ID:KdurNezF
あ。2時過ぎた。寝よう。
こうやって毎日毎日夜更かしを…

187 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 02:18:58.41 ID:zU4N0K4O
>>183
君と噛み合わない理由は、犯罪惹起の要因と本人の動機を混同しているからだな





188 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 02:25:49.38 ID:zU4N0K4O
>>184
思ってないよ


189 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 06:17:35.13 ID:PbHfFyKP
>>149
まず君の態度の話…とか断れば、君もわかりやすいかな?

さて「どちらかわからない」と認識しつつ、>>114のように「他の刑でも見せしめとして十分」とするのは
矛盾…というか不誠実の部類じゃないかな。
まず不確定の事項は不確定のまま扱うべきだ。

次に、抑止力の価値について。
君にはどうでもよいことなのかも知れないが、抑止力の有無は非常に大事な要素だよ。
一人の犯罪者を更生させるために、三人被害者が増加するシステムを導入されては
一般人としてはたまったものではないし、そこで君が「それは話が別だから」「警察が三人の分も頑張ればいい」と言っても聞く耳は持たれまい。

なにをこの、偉い先生はそうはおっしゃっておられない!と叫びたいかも知れないが
研究室に籠もって「ここから先を警察なり誰かが何とかしてくれるなら!」と言ってもられない一般人にとっては
法律や刑罰は理想や理念じゃなく、何より生活を守ってもらう道具なわけさ。

ちょいとそのあたりを理解しちゃもらえないかい?

190 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 07:51:20.34 ID:bvnQF/Vo
たしかに、刑法の趣旨において死刑は異質なものだよね。
本来なら、死刑に値するような犯罪を減らすのが社会的規範の目的であって、死刑の存置によって抑止効果があると「思われる」、もしくは否定が出来ない(これはある意味悪魔の証明だけど・・・)のなら、廃止することは制度趣旨に逆行するとも考えれるよ。
だからといて、法の名の下に、人を「殺す」ってことは許されることなのか、もしも冤罪であったら・・・これは死刑がある限り拭いきれない。欧州では死刑が撤廃されているけど、ノルウェーの銃乱射事件から、新たに議論がされているのは間違いない。

おれは何度も言うが死刑制度を撤廃するんじゃなく、もっと適用基準を厳正化するべき。

191 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/09(火) 08:26:11.86 ID:PwsxXH1g ?2BP(1700)
冤罪で不当な処罰がされるのは、べつに死刑でなくてもダメですよね。

192 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 08:51:43.77 ID:fGAFOYFH
おはようございます。
法科の学生が来てたみたいだね。彼女は議論巧者みたいですな。ちょっと同席してみたかったww

>190
基準の厳正化というのは興味深いですが、具体的にはいかなる意味でしょうか?
「○人殺害したら即死刑!」といった基準を作るということですか?

>191
87以下をご覧ください。

上みてて思うのは、やっぱり存置派は最後には、
「悪い奴は殺せ!」と「被害者より犯罪者を優先なんておかしい!」
という感情論に行き着く。

そして、廃止論者はその感情論を突き崩せない。
ヨーロッパ人はこういう感情をどうやって克服したのか謎。

193 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/09(火) 09:19:15.37 ID:PwsxXH1g ?2BP(1700)
>>192
> ヨーロッパ人はこういう感情をどうやって克服したのか謎。

>>2に書いた通り、ヨロパ人が死刑廃止したのは、幼稚なナショナリズムの発露でしかない。

194 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 09:30:41.38 ID:fGAFOYFH
ヨーロッパの死刑廃止がアメリカへの対抗心から来ているってのは、確かにありそうで面白い見方だなw

でもこれだと、ヨーロッパ以外の廃止国にはあてはまらないよね。
(192ではヨーロッパはと書いたけども)

195 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 10:10:44.35 ID:KdurNezF
>>189
>まず不確定の事項は不確定のまま扱うべきだ。
扱っていますが?
不確定なのは死刑に固有の抑止力であって、
他の刑を含めた刑罰全体の抑止力のことではないわけでしょ?
死刑が廃止されたことで、それを原因とする凶悪犯罪の増加を示す統計がないなら、
なお死刑以外の刑罰の抑止力が健全に働いているということじゃないか。

それで納得できないというなら、あなたの好きな「一般人感覚」で考えたらいいじゃない。
死刑になるのは嫌だけど、無期懲役で何十年も刑務所に入るのはOK、
という心理状態で犯罪を行う犯罪者って、いるんですか?
まあ、いることはいるんだけどね。それは誰かと言えば、政治犯。
死刑判決を受けて直ちに殺されるという事態さえ避けることができれば、
逮捕を免れた自分の仲間が現国家体制を転覆させて、
自分を救い出してくれる、という期待の下に犯罪を行う場合。
しかし、日本でそんな事態がありうるか、ということもまた、
「一般人感覚」で捉えれば、あえて言及するまでもない話。

>君にはどうでもよいことなのかも知れないが、抑止力の有無は非常に大事な要素だよ。
そりゃ、大事は大事でしょう。
付随的要素とはいえ、刑罰の機能には違いないんだから。
もっとも、刑罰による抑止力には限界があるんですがね。
どれほど残虐な刑罰を科す国においても、果敢に犯罪にチャレンジする猪武者はいる。
そもそも、捕まることを最初から想定している犯罪者というのも珍しいですが。

196 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 10:11:26.59 ID:KdurNezF
>>189
>一人の犯罪者を更生させるために、三人被害者が増加するシステムを導入されては
>一般人としてはたまったものではない
なるほどそりゃたまったもんじゃないね。
で、誰がそんなことを言いだしたの?

>法律や刑罰は理想や理念じゃなく、何より生活を守ってもらう道具なわけさ。
一般人の平穏な生活を守る、ということは、
犯罪者の魔の手が一般人に及ばないようにしてあげるということの他に、
一般人が冤罪に陥れられることがないようにする、というのもあるんですがね。
しかも刑事訴訟法はむしろ後者の方を重視している。
推定無罪の原則は、たとえ10人の犯罪者を野に解き放っても、
1人の無辜が冤罪に陥れられることを防止する、という趣旨に立つ。
これを理解できないというなら、あなたの頭の中は依然19世紀のまま。

197 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 10:11:44.81 ID:KdurNezF
>>192
>ヨーロッパ人はこういう感情をどうやって克服したのか謎。
欧米人は一応、近代立憲主義の生みの親であるだけに、
法的正義・法的公正を感情に優先させるだけのメンタリティが、
「わりと」あるからじゃないかな。
昨日>>155でも書いた通り、日本人にはそれが欠けている。
「隣人訴訟」の悲劇(知らなかったらごめんね)は、それを示す好例でしょう。

198 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 10:38:06.97 ID:fGAFOYFH
>>197
なるほど。「法的正義・法的公正を感情に優先させるだけのメンタリティ」か・・・

「隣人訴訟」の悲劇・・・知ラナス・・・無知でごめんなさい。

あと
>>155
「もっとも、日本人は法的公正、法的正義よりも、
ムラ社会的な正義や道徳を重んじる傾向があるので・・・」

法的正義と村社会的な正義ってどう違うんですか?
論理的な「法」よりも、仲間で共有している「感情」を優先しがちだということ?


199 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 10:59:58.00 ID:KdurNezF
>>198
じゃあ、隣人訴訟から説明するね。
これは、両親が子供をお隣さんに預けて外出したところ、
お隣さんがちょっと目を離した隙に子供が家を飛び出して、
近くのため池で溺れて死んでしまったという事件。
両親は、お隣さんを訴えた。
しかし、このことが報道されるや否や、
訴えを提起した両親に対する非難が殺到し、
脅迫状や脅迫電話が連日続き、職場をクビになり、
その土地に住んでいられなくなり余所へ引っ越す羽目になって、
ついにたまりかねて、自ら訴えを取り下げてしまった、という話。

子供が死んだのは、100%ではないにしても、
お隣さんの過失が原因になっていることは明らか。
なので、死んだ子供の両親が損害賠償を請求する訴えを提起し、
裁判所による、法律に照らした判断を仰ごうとするのは、
法的には全く問題のある行為ではなく、
むしろ法治国家においては推奨されるべき行為。
すなわち、「法的正義」に合致しているといえますね?

他方、この両親を非難した人たちというのは、
好意で預かってくれたお隣さんを訴えるとは何事か!
自分が勝手に子供を預けたのに、そのことの落ち度は無視か!
そもそも、そんなに子供が心配なら子供を連れて外出しろ!的な、
正義感情に照らして、悪を行う両親を責め立てているわけ。
「ご近所づきあいは大切に」「他人に責任をなすりつけない」
「恨みは水に流せ」的なルールですよね。
これは結局、人間関係を円滑にするための単なるモラルであって、
普遍的なルールである法とは一線を画する。
つまり、ムラ社会における正義やルールで、
これを何より重視するのが日本人の伝統的なメンタリティといえる。

200 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 11:00:36.20 ID:KdurNezF
>>198
ご近所づきあいだけでなく、会社や学校でも同じような傾向はありますよ。
会社の黙示的なルールとして、「毎日2時間はサービス残業する」というのがあれば、
それに従わないでとっとと定時で帰っちゃう人は白い目でみられるでしょ。
たとえ、「労働基準法違反だ!」と主張しても、
「そうだそうだ」と同調する人はほとんどいないんじゃないかな。
何をあいつ我儘を言いやがって、と煙たがられるのが関の山。
ここでも、法よりムラ社会的ルールが優先されるという現象が起きている。

>論理的な「法」よりも、仲間で共有している「感情」を優先しがちだということ?
うん。だいたいそういうことだけども、
「論理的」というより「普遍的」というほうがしっくりくるかも。
仲間内のルールも、仲間の調和を図るという目的においては、
それなりに「論理的」といえることもあるからね。


こんな感じでわかってくれたかな?

201 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 11:47:59.57 ID:fGAFOYFH
>>199、200
なるほど、丁寧な説明ありがとうございます。

ということは「もっとも、日本人は法的公正、法的正義よりも、
ムラ社会的な正義や道徳を重んじる傾向があるので・・・」
というのは
「日本人には、法よりも、自分の所属する共同体を維持するための「ムラ社会的なルール」を重視する傾向がある。
 そのため、死刑廃止という法的正義よりも、共同体を破壊する行為に対する処罰が優先される。その結果、死刑廃止の意見を持ち難い。」
ということでいいんですかね。

とすると「ムラ社会的ルール」が弱そうなアメリカと、日本が共に死刑存置国なのは興味深いですね。
日本に比べるとアメリカは凶悪犯罪が多い(らしい)からでしょうかね。



202 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 炬燵熊猫@さいたま 【東電 83.2 %】 :2011/08/09(火) 12:02:12.07 ID:voTsjH5S
感情論で報復刑を課したって犯罪は減らない。
人はだれでも過ちを犯す。過ち、精神の病、社会の病これらが複雑に絡み合って
犯罪は起きる。これを犯罪者だけ悪と決めつけ断罪したところで犯罪は減らない。
報復刑で犯罪者を国家が殺すのが死刑であり、仮に当事者でなかった場合取り返しが付かない。

犯罪者だけを断罪しておけば社会的病理から目をそらすこととなり、犯罪は減らない。


203 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 12:25:02.27 ID:KdurNezF
>>201
うーん…微妙にニュアンスが違うかも。
死刑が適用されるような凶悪犯罪=共同体破壊行為、というわけではないからね。
ムラ社会的ルールの中で培われたウエットな正義感・道徳観が、
法に基づいてドライな思考をすることの妨げになっているという感じ。

>「ムラ社会的ルール」が弱そうなアメリカと、日本が共に死刑存置国なのは興味深いですね。
アメリカは州によって性格が異なる面があるからね。
とはいえ、アメリカという国はもともとの成り立ちを考えると
キリスト教原理主義者の集まりで、その精神が未だに生き残っている面がある。
宗教的価値観というのもまたムラ社会的ルールの典型であって、
先鋭化すれば法秩序との衝突をきたすことがある。
人権意識の高い国であると同時に、きっかけひとつで法的正義を蹂躙してでも、
宗教的・ナショナリズム的正義に走るという、ある意味危うい社会ではあるんだよね。
9・11テロの後にそうした傾向がみてとれた。

204 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 12:31:11.65 ID:KdurNezF
>>201
>日本に比べるとアメリカは凶悪犯罪が多い(らしい)からでしょうかね。
それもあるし、「黒人を野放しにできない」というワスプの本音もあるでしょう。

205 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 12:34:16.64 ID:bvnQF/Vo
法律に社会的道徳や正義論は必要ない。二コマコスでも言われたように、法は社会の秩序であり、良い法は良い秩序であるというだけ。
すなわち秩序維持の観点から、その文化や慣習に妥当するように法はあるべき。
だから、そもそも欧米はなんちゃら、アメリカはなんちゃらと例をだすのはいいけど、それが日本において真の秩序維持になるとは言えない。

206 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 12:41:57.79 ID:PbHfFyKP
>>195
「固有の抑止力があるかどうかは不明確」ならば「他の抑止力で十分なのか」も不明確だよ?
例えば、廃止国の中にも、死刑を廃止してなかったら、もっと多くの人間が犯罪から救われてたかもしれない。
君は「統計はない!」と言い張っているが、イギリスや韓国、カナダの事例は確認したのかな?
どうも、それもせずに「死刑廃止の影響を示す統計はない!」と言ってるような感じがするのだが…
…すまんが、こういうのをトートロジー的、と言うんじゃなかったかな?

あと「命は地球より重いんだぞー!」級の素敵発言ありがと。
ただ廃止により、その無辜の人間は解放されるのではなく、終身か無期、長期の懲役に送られるだけで
何一つ君の提案はその理念にそっちゃいないんだよなぁ。

また「抑止力なんておまけ、気にしてない」と言いながら
「三人犠牲にしろとは言ってない!」とは盛大に矛盾してるよ。

まぁ何だ。
例によって「おおお落ち着け」か「議論にならないぃぃ!」を始めそうなんで
まず君はイギリスと死刑廃止の影響について、見てみてくれるか?

207 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 12:59:08.55 ID:KdurNezF
>>206
だから何度言ったらわかるんだ…
「死刑廃止の影響を示す」統計がないのではなく、
「死刑廃止と犯罪の増減とを結びつける因果関係が認められる」統計がないの。
そもそも、裸の統計を素人が見たって合理的解釈はできません。
それに対する専門家の解釈を通じて、はじめて実質的意味が生まれるわけ。
あなたという統計が、誰が作成してどこに公表されてるものかは知らないけども、
そんな裸のデータを一生懸命集めるくらいなら、
刑事政策の教科書でも一冊読んどきなさいよ。
買うのが嫌なら、家の近くに図書館くらいあるでしょ。

>…すまんが、こういうのをトートロジー的、と言うんじゃなかったかな?
そうだよ。もういい加減にして。

>ただ廃止により、その無辜の人間は解放されるのではなく、
>終身か無期、長期の懲役に送られるだけで
>何一つ君の提案はその理念にそっちゃいないんだよなぁ。
だ−かーらー…殺されちゃったら再審の機会もなくなるでしょうが。
一体同じことを何度言わせるんだ。
それと、推定無罪の原則は、刑事訴訟法でそう決まってるの。
私の独自の見解でもなんでもなく、
日本の刑事司法はずーっとそういうスタンスで運用されてるの。
「命は地球より重いんだぞー!」みたいなヒューマニズムではなく、
立憲主義からの論理的帰結としてそうなってるの。

>また「抑止力なんておまけ、気にしてない」と言いながら
>「三人犠牲にしろとは言ってない!」とは盛大に矛盾してるよ。
ううん。全然。

>まず君はイギリスと死刑廃止の影響について、見てみてくれるか?
「見てみてくれるか?」って、手元にそんな資料ないよ。
迂遠なことさせず、自分で説明したらいいじゃん。

208 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 13:42:35.67 ID:PX3mnomf
>>206
もうやめとけ。お前さんの言い分もわかるが、知識に差がありすぎて対等な議論になってない。

209 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 13:58:59.34 ID:PX3mnomf
まぁ死んでから冤罪が晴れても虚しいよな。
だけど死刑と終身刑じゃ違いすぎて簡単には納得できないな。

210 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 16:15:39.72 ID:KdurNezF
>>206
ちょっと整理してみるか…
私も大概暇人だなあw

まず、あなたは>>117で「国連が「廃止のために」行った調査で、
抑止力は「あるとも言えないが、ないとも言えない」ってのが結論」としている。
>>117を書いた以降に、新たに抑止力の存在を示す統計を発見したというなら、
話は振り出しに戻ってしまうことになるが、どうやらそんなことはなさそうだ)。

しかしこの「あるとも言えないが、ないとも言えない」というのは、
やや恣意的な表現であり、正しくは「あるとは言えない」とすべきであろう。
なぜなら、少なくとも死刑の抑止力を死刑廃止国における死刑廃止後の
凶悪犯罪の増減の統計から読み取ろうとするならば、
抑止力が「ない」ことは読み取れても、「ないとは言えない」ことは読み取れないから。
なぜなら、死刑に抑止力がある場合、死刑が廃止されることで、
統計は凶悪犯罪の増加を示すはずであるが、
死刑に抑止力がない場合、死刑が廃止されることで
凶悪犯罪は増えるとも減るとも言えないからだ。
この点だけで、もはや死刑には抑止力はないと断言する学者もいる(例:田宮裕)。

さて、結局、統計からは死刑の抑止力の存在を示す根拠が得られないわけだが、
そのかわり、「抑止力がない」ということも言えない、とあなたは言う(>>117)。
しかし、抑止力のないことの証明は、いわゆる消極的事実の証明であるから、
そのような証明は「一般論」として不要と考えられる。
「法律論」としては、「不要と考えられる」のではなく、明らかに「不要」である。
ゆえに上で紹介した田宮教授は死刑に抑止力がないと断言しているのであり、
この点に関して批判を加えた刑事政策の学説を私は見たことがない。

211 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 16:16:03.80 ID:KdurNezF
さて、次にあなたは奇妙なことを言いだした。
「悪魔の証明は、持ち出すのは簡単だけど、迂闊に持ち出せば言い方一つで
ひっくり返る概念だしそもそも証明ごっこ専用に近く、
他人の説得には使いにくい論法だよ?」(>>130)
「終身刑には死刑と同程度の抑止力が『ある』と証明せよ」(>>130)

「悪魔の証明」というのは、消極的事実の証明が困難ないし不能であることを
皮肉ったフレーズであるが、「証明ごっこ専用」といった軽々しいものではなく、
民事訴訟実務における証明責任の分配においてもしっかり反映されている。
では、「終身刑には死刑と同程度の抑止力が『ある』と証明」することはできるか?
可不可の問題から言えば可能だろう。なぜなら、積極的事実の証明だから。
そして、それをいかに証明するかといえば、結局、上記統計によるのが素直である。
死刑に抑止力があり、他の刑罰にそれがないというのであれば、
(もちろん、他の刑罰の抑止力がゼロというのではなく、ただ死刑に匹敵するだけの
抑止力がないとするのであれば)、やはり死刑の廃止により、
統計は凶悪犯罪の増加を示すはずである。しかし、統計は沈黙している。
そんなことでは証明にならないというならば、次はあなたのターンということになり、
証明妨害をなす必要性が生じると言えるだろう。

結論として、死刑による抑止力はない、もしくは、あったとしても、
科学的な統計分析の手法では読み取れない程度に微々たるものということになる。
すなわち、死刑を廃止しても、刑罰全体の一般予防効果に
深刻な悪影響を及ぼすとは、到底考えられないのである。

212 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 16:16:29.82 ID:KdurNezF
次に、>>206であなたはまた珍妙なことを言いだしている。
曰く「また「抑止力なんておまけ、気にしてない」と言いながら
「三人犠牲にしろとは言ってない!」とは盛大に矛盾してるよ」。

これは何かといえば、「一人の犯罪者を更生させるために、三人被害者が
増加するシステムを導入されては一般人としてはたまったものではない」(>>189
というあなたの書き込みに、珍しく私が同意したことが「矛盾」であるらしい。

では、具体的に何と矛盾するのか?
どうも「抑止力なんておまけ、気にしてない」というところと矛盾するらしい。

私は確かに「刑罰の一般予防機能は付随的要素に過ぎない」とは言ったが、
「おまけ」というような軽薄な表現はしていないので、
このような意図的な改竄を加えられたことは至極残念ではある。
しかし、それはいい。

213 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 16:17:20.28 ID:KdurNezF
問題はあなたが「一人の犯罪者を更生させるために」と
言っていることである。「更生」とはすなわち特別予防であり、一般予防ではなく、
これもまた、刑罰の機能としては付随的要素である、と私は考える。
今までこのことに直接の言及はしていなかったが、>>112を精読すれば、
容易に読み取ることが可能であろう。
すなわち、特別予防を目的として「三人被害者が増加するシステム」を
構築することなど、私が賛同しよう筈もないのだが、
なぜか、かかるシステムの構築を望んでいると捉えられたようである。
そしてその根拠は「抑止力なんておまけ、気にしてない」という発言であるらしい。
繰り返すが、抑止力は一般予防の話であり、更生は特別予防の話である。
なぜ一般予防を付随的要素と捉えることが、特別予防を目的として、
「三人被害者が増加するシステム」の構築を後押しすることの根拠になるのだろうか。
思うに、あなたは、私の意見を読み違えたか、そもそも読んでいないのであろう。


これだけ噛み砕いて説明したんだから、もう後は知らんよ。
トートロジーにならないよう気をつけて、文句言うならどうぞ。

214 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 18:39:15.44 ID:fGAFOYFH
死刑存置論者がときどき言う
「殺人者を生かしておくのも税金なんだぞ」式議論や
「廃止国は凶悪犯を警察がバンバン射殺する国」式の議論は
まじめに言ってんだと思う?

前者は、「死刑がいくら間違った制度でも、金のためならしょうがないよね」って言ってるわけだし、
後者は、「廃止国は裁判によらずに処刑を行う非法治国家」って言ってるのと変わらんよね。



215 :jgga:2011/08/09(火) 18:59:37.26 ID:elDsN3HO
みんな,死刑と無期懲役を廃止して,“終身労役”に置き換えよっp(^-^)q

216 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 19:44:59.24 ID:PbHfFyKP
>>207
まずはあいよ。
http://www.geocities.jp/aphros67/090530.htm

で、何となく君の「因果関係が認められない」の中身に薄々の検討がつくので、独り言を言っておくがな、
社会学で、数学的な因果関係の立証がなされることはないよ。
だからこそ分析がいるのだが、逆に言えば分析者の情報の取捨選択やバイアスが幾らでも入る。
生のデータに可能な限り触れるのは社会科学を学ぶ者の義務だ。

まぁ良い。君の有り様は文系としては許せない部類だが、ここは政治板だ。
政治活動家としては君のような委ね方もあってよかろう。

ただな、終身刑の導入を代案とし、その中で獄死がありうる以上、
死刑の存廃の相違は、生前に冤罪が晴れる可能性が少し高いか否かの違いしかないのは、既に言った通りだ。
俺が「トートロジー」と言ったのは、君のその頑迷さの方なのだがなぁ。

あと推定無罪やその建前上の位置については、君に教授されるまでもなく知ってるが
その上で「お題目だ」と言っている。
そもそも、それはまさに革命の時代、恣意的な裁判が横行してた前時代との決別としてうたわれた代物だ。
刑罰制度の設計等の政治の分野に転用されるべきものではないよ。
少なくとも、国と国民を恒久に対立するものとした昔ならばともかく、民主制の定着した現代では時代遅れだ。

まぁもっとも君の大好きな「日本の司法制度」一つに限定したところで、
(…どうでもいいが、かの格言は確かイギリスのものだったと思ったが…何故「日本の」とつけたのかな)
君が例えば日本の有罪判決の下される率をどう説明するのか、実に興味深いところだがな。

217 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 19:56:36.92 ID:9kaIovOe
刑罰の軽減化は、一般国民にとっては不利益しかもたらさない。
「重罪人の人権」と「国民の安全」のどちらが大切かを考えるべき

218 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 20:06:25.84 ID:PbHfFyKP
>>211
さて、君は一切の統計を出さず「統計は沈黙している」と言うが、
まずイギリスや韓国等、決して統計は沈黙してはいないことを最初に言っておく。
また犯罪は基本的に、犯罪予防の諸政策、あるいはマクロな視点で言えば経済の安定で、減少する。
ある政策の結果を問うならば、単に増加しないと言うだけではなく、似た条件の国家との比較
その候補がなければ複数の国家を平均し個々の国家の特性を希釈したものとの比較をし
差が観測されなくて初めて影響がない、と言える。

URLがないので口頭になるがな、例えば米国の存置州と廃止州の比較を言えば
この数十年、存置州・廃止州とも長期的には確実に減っている。
また廃止直後の爆発的な増加もない。恐らく君はこれを死刑に悪影響がない証拠と主張するかもしれない。

だが、存置州と廃止州の総計を比較した場合、
廃止州の犯罪減少のスピードは、存置州より明らかに遅い。
これは、廃止による犯罪増加の可能性はないと主張する側にとって、不利な材料と俺は考える。

学んで思わざれば即ちくらし。
君が図書館で読んだ本は、沈黙していない件について、教えてくれたかい?

219 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 20:23:49.03 ID:PbHfFyKP
>>213
いやー、すまんねー。
死刑になった人間は最早犯罪をお越し得ないのは、学ぶまでもない自明の理と考えていたがー
それを踏まえ尚、君が「死刑に特別予防はない!」と叫び続けているのを見てー
何やらの誤解をしてしまったのかねー。
いやー、本当に失礼をしたなー。

君が特別予防も付随的要素と考えてますって言った以上ー
例え>>112を読み返しても、それを書いてある箇所がないように思えてもー、
まー、信じるしか無いじゃないかー
いやー、信じるよー、俺の誤解だったよー、悪かったねー

…「ー」は、こんなもんでいいか。

でさ、君の考える刑罰の本質って何で、それは何を根源とするものかな?
例えば、俺は、法を人間の発明した、人間の道具と考え、そこから抑止力こそを刑罰の本質と考えるが、君の意見を聞かせてくれるかい?

220 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 20:53:21.02 ID:KdurNezF
>>218
>さて、君は一切の統計を出さず「統計は沈黙している」と言うが、
>まずイギリスや韓国等、決して統計は沈黙してはいないことを最初に言っておく。
あのねえ…ほんとに一体何を言ってるの?
私は「統計はない」と言っているのに、
その私が一体何の統計を出せっていうんですか?
「統計がない統計」というものでも存在するんですか?
「統計」の意味をわかってますか?

>まずイギリスや韓国等、決して統計は沈黙してはいないことを最初に言っておく。
だったらどういうデータが出てるのよ。
さっきから、イギリスではどーたら韓国ではどーたら、
カナダではどーたらとしつこく繰り返しているが、
じゃあ、イギリスや韓国やカナダでは一体何が起きているっていうわけ?
なんでそこを具体的に説明しないの?
言っとくけど、私は個々の死刑廃止国の犯罪発生率・認知件数等の
統計データなんて知りませんよ?
裸のデータを素人解釈で評価したって無意味だと言ったでしょう?

221 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 20:53:43.54 ID:KdurNezF
あなた自分で言ってるよね。

>また犯罪は基本的に、犯罪予防の諸政策、あるいはマクロな視点で言えば経済の安定で、減少する。
>ある政策の結果を問うならば、単に増加しないと言うだけではなく、似た条件の国家との比較
>その候補がなければ複数の国家を平均し個々の国家の特性を希釈したものとの比較をし
>差が観測されなくて初めて影響がない、と言える。

統計に基づく推論というのは、かくも複雑な視点からの観察が要求されるもので、
とても、素人が単一のグラフや表をみて「あ!増えてる!」などと言えるものではない。

それなのに、

>イギリスや韓国の廃止後の犯罪の発生率の推移を見てみ
>あと、米国の存置州と廃止州の犯罪減少の推移の比較もよいかも(>>140)

こういう頓珍漢なことを言うもんだから、
結局、推定できたのは、死刑の抑止力でもなんでもなく、
あなたの浅薄さ、知識の不足に過ぎないわけ。

222 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 20:54:02.82 ID:KdurNezF
言っときますが、死刑廃止後に殺人が激増したことを示す統計って、ありますよ?
それこそイギリスだったかな。まあ忘れたけど、ググれば出てくんじゃないの?
私はてっきりあなたがそういうグラフをどっかから引っ張ってきて、
ドヤ顔で「な!」ってやるもんだとばかり思っていたが、

>URLがないので口頭になるがな、例えば米国の存置州と廃止州の比較を言えば
>この数十年、存置州・廃止州とも長期的には確実に減っている。

へ?って感じなんだけど。
「確実に減っている」データに言及して、いったい何がしたいの?
減少のスピードが…とか言われても、
「確実に減っている」というその一点で、興味失せちゃうんですが。

>君が図書館で読んだ本は、沈黙していない件について、教えてくれたかい?
沈黙している件についてはいっぱい教えてくれました。
たとえば、手元にある一冊。
「死刑の威嚇力はいかなるデータについても論証しえていないのだから、
死刑のような回復不能の絶対的制度を取り込むことには十分慎重でなければならず、
「疑わしきは使わず」の原則を用いねばならない」
(岩井宣子「刑事政策」P128)

223 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 20:54:43.11 ID:KdurNezF
>>219
>例え>>112を読み返しても、それを書いてある箇所がないように思えてもー、
>まー、信じるしか無いじゃないかー

「「犯罪者の更生」つまり特別予防が刑罰理論の中心だったのは主に戦前の話。
そして、死刑は特別予防の効果が零である。
よって、戦前には死刑廃止論を唱える刑法学者がわりといた(>>112)」

なんでわざわざ「戦前の考え方」と紹介したものに、
あえて私が依拠する必要があるのですか?
しかもこれは「犯罪者様の更生が第一で、一般人風情の安全なんかついでだい!」(>>109)
という、あなたの書き込みへのレスなのだから、
一体私がいずれの立場に立つものかは明確だと思うんだけど?
そのくらいのこと、普通に読み取れないわけ?
その、人を小馬鹿にしたような口調は、「してやったり!」の意味なの?
だとするとまあ…相当虚しい。

>でさ、君の考える刑罰の本質って何で、それは何を根源とするものかな?
私独自の見解ではなく、刑罰理論の基調は応報だってのが学説の支配的見解だよ。

224 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 21:01:34.11 ID:KdurNezF
ああ、一つ忘れてた

>>219
>死刑になった人間は最早犯罪をお越し得ないのは、学ぶまでもない自明の理と考えていたがー
>それを踏まえ尚、君が「死刑に特別予防はない!」と叫び続けているのを見てー
>何やらの誤解をしてしまったのかねー。
「特別予防」はあくまで教育改善を施すことにより、
犯罪者の反社会的・反規範的人格を矯正するもので、
犯人を殺しちゃった場合、達成したことにはなんないからね。
これは単に言葉の定義の問題で、そういうものとされてるの。
早とちりで揚げ足とったつもりにならないように。

225 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 21:17:42.35 ID:KdurNezF
ていうか肝心のところ見落としてたしwww

>>216
>まずはあいよ。
そうそうそう。まさにこれ。これですよ。私が>>222で言った
「言っときますが、死刑廃止後に殺人が激増したことを示す統計って、ありますよ?
それこそイギリスだったかな。まあ忘れたけど、ググれば出てくんじゃないの?」ってのは。
まったくもって予想通りのことをしてくれたじゃないの。

>で、何となく君の「因果関係が認められない」の中身に薄々の検討がつくので、独り言を言っておくがな、
>社会学で、数学的な因果関係の立証がなされることはないよ。
「数学的な」因果関係というのが何のことか私は知りませんがね。
なぜなら私は、まごうかたなき文系人間であって、
数学のことなどセンター試験を最後に忘却の彼方に飛んでいったからだ。

しかし、あなたのいう「社会科学」のひとつの典型である法学の世界では、
因果関係という言葉は普通に使われてるんだな。
原因と結果を結びつける関係のことで、
これはただ「風が吹けば桶屋が儲かる」的な関係ではなく、
ある程度の相当性が要求されることになる。

そして、私が今までの話の中で使っていた「因果関係」というのは、
もちろん、死刑を廃止したことに「よって」、犯罪が増減したと
認められる関係のことを言っているのであって、
至極まっとうな使い方なのですがね。

226 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 21:17:48.50 ID:KdurNezF
>あと推定無罪やその建前上の位置については、君に教授されるまでもなく知ってるが
>その上で「お題目だ」と言っている。
>そもそも、それはまさに革命の時代、恣意的な裁判が横行してた前時代との決別としてうたわれた代物だ。
>刑罰制度の設計等の政治の分野に転用されるべきものではないよ。
>少なくとも、国と国民を恒久に対立するものとした昔ならばともかく、民主制の定着した現代では時代遅れだ。
えええええええっ!!
現代では推定無罪の原則は時代遅れなんですか!?
それはすごい。どのくらいすごいかというと、
刑法のレポートでそんなことを書いたら「キミはバカか」と怒られるくらいにすごい。
刑事訴訟法全否定ですね。検察官の仕事はさぞ楽になるでしょう。

>君が例えば日本の有罪判決の下される率をどう説明するのか
はい?
これ何が聞きたいの?

227 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 21:34:56.89 ID:PbHfFyKP
>>220
おい。

おいおいおい、ちょっと待て。
君の言う「統計は沈黙している」ってのは「廃止国全体の統計を見た結果、統計は沈黙してた」って意味だと考えてたんだが、
「統計はない」ってまさか、「統計がない(見てない)から沈黙している(ないものが何かを訴えるわけがない)」ということなのか?

廃止国のデータも見ずに、廃止の悪影響は多分ないって言い続けてきたのか?
死刑後、急増したデータを抱えても、その真偽さえ確かめようとは思わなかったのか?

君の言う「専門家を信じる」ってのは、現実を踏まえ信じられる専門家を選ぶんじゃなく
最初から自分の認識をすべて、信じたいって思った専門家に委ねてるってことなのか?

…すまん…ちょっとさ…君、俺の予想を超えてるわ…

君が知ってるのは「沈黙している件」じゃないよ…
「沈黙しているって口で言ってる人の言葉」だけだよ…
後な…表なりデータなりを基に主張するのは「どや顔」と評されるものではないよ…
仮に専門家に判断を任せるにしてもさ…普通は「○○は××にを根拠に〜と主張してる。俺はそれを支持する」とかだよ。
「○○が〜って言ってたからそれが事実だ!データ?知るか」とか普通は言えないよ…

228 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 21:38:14.68 ID:KdurNezF
あーあー、もうひとつ

>>216
>ただな、終身刑の導入を代案とし、その中で獄死がありうる以上、
>死刑の存廃の相違は、生前に冤罪が晴れる可能性が少し高いか否かの違いしかないのは、既に言った通りだ。
少し高いか否かではなく、無か有かなんですけどね。
死んじゃったら無理という意味で「回復不能」なんですけど。
そして、再審請求により死刑判決が取り消された過去の事例では、
みんな執行が遅れたことで運よく再審請求が叶ったと言うだけで、
確定後速やかに執行されてたら、再審請求のいとまもなく、
みんな死んじゃってたわけなんですけどね。
これらのことを踏まえた上でも、死刑執行により即座に再審の機会が絶たれることと、
寿命が尽きるまでの間(まあ、数十年はあることが多いでしょう)、
再審の可能性に賭けることができることと、
この両者がまったく等価値で、区別の実益がないなんてのは、
まったくもってファンキーな発想だと、「私は」思うのですがね。
というか、多くの刑法学者もそう思っているんですけどね。
だって、ちょっと厚めの刑法の教科書になら、そのこと書いてあるもん。
まあ、それでもなお、等価値だと思うのなら、私からはもうかける言葉がないわけですが。

229 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 21:49:43.35 ID:KdurNezF
>>227
>君の言う「統計は沈黙している」ってのは「廃止国全体の統計を見た結果、
>統計は沈黙してた」って意味だと考えてたんだが、
>「統計はない」ってまさか、「統計がない(見てない)から沈黙している
>(ないものが何かを訴えるわけがない)」ということなのか?

当たり前でしょ。
「廃止国全体の統計」なんて、一学生の私がどうやって調べんのよ。
逆にいえば、あなたその手のデータを全て収集したわけ?
カナダと、韓国と、イギリスと、アメリカの死刑廃止州と、
えーと、あとどこだっけ。何十か国あるんですか、そんなの。
で、何十か国もの、おそらく紙にすれば何万、何十万という、
統計解釈に必要な社会情勢、政治動向のデータにまで全部精通してるわけ?
あなた何者なの?統計学者?それとも刑事法学者?

素人が裸の統計を見たって合理的解釈はできないって、何度も言ったよね?
結局、専門家データを収集し、それを専門的知見で分析し、
解釈を論文化してはじめて学術的意味は生まれるわけ。
素人は(素人だけじゃなく、学者も)、それらの解釈を見比べて取捨選択し、
妥当と思えるものを自説の論拠とするわけ。
学問の実際の進め方というのはそういうもの。
他の学者の論文を一切引用せず、自論だけをひたすら書き連ねた学術論文を
あなたは見たことがあるのですか?あるとしたらどこで?

>君が知ってるのは「沈黙している件」じゃないよ…
>「沈黙しているって口で言ってる人の言葉」だけだよ…
あなたの脳内の学問の世界は、知識をすべて口伝するわけ?

230 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 21:49:47.69 ID:PbHfFyKP
>>224
ああ、もう良いよ。一切。

「君が何を考えているか」については興味が失せた。
学んだ事実やデータ、現実を踏まえ、専門家の意見を知り、判断した結論ならば聞いてて面白くもあるし
反論や合意を楽しむ価値もあるだろうさ。

ただ君の中身に「〜と本に書いてあったから!」しか詰まってないなら、言葉を交わしても意味がないし
データに対する判断を保持しない君を経由するより、君の勧める通り、君の読んだ本を直接読んだ方が話が数倍早い。

つか、君は以前「○○と唱えたい」とか言ってたと思ったが
君に「何かを主張したい」って感情があることを今では信じられないぐらいだ。
「主張してくれ」って本に書いてあったから、と言われたら、俺は頷いてしまうだろうな

ま、何だ。好きなだけ、好きな本を信じてくれ。
トートロジー製造機くん。

231 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 21:57:43.83 ID:KdurNezF
>>230
>学んだ事実やデータ、現実を踏まえ、専門家の意見を知り、
>判断した結論ならば聞いてて面白くもあるし反論や合意を楽しむ価値もあるだろうさ。
いや?まさにそれなんだけど?
学んだ事実やデータを踏まえ、現実との調和を意識して、
専門家の見解を取捨選択して判断した結論なわけですが。
裸のデータを観察しないということに随分ご失望のようだけど、
あなた普段から、勉強する際にいちいち原資料を参考にしてるわけ?
あなたいくつ? まあ500歳くらいだというならわからないでもありませんが。

232 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:17:55.11 ID:5zk81B51
>>230
捨て台詞残して逃げるのは恥ずかしいぞ・・・

>>231
完全論破か。見ごたえあったよ。アンタ東大とかの学生さんかい?
俺も法学部生なんだけどアンタみたいには絶対語れないな。

233 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:25:15.23 ID:KdurNezF
>>232
また来るんじゃないの?
話が噛み合ってないから論破も何も…。
ただ、がちゃがちゃ急いでタイピングしたのでちょっと疲れた。

ちなみに東大は在籍したことはおろか、受験したことすらないです。
東大の学食でごはん食べたことならありますがw

234 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:28:05.83 ID:U+GJU30F
>>155
平日だというのになんでこんなにレスの進行がはやいんだ?

もちろん、将来に向かって死刑廃止を検討するのは自由だろうよ。誰もするな、とは言ってはいない。
ただ、現時点では死刑存続については国民の同意を得られている、死刑廃止については国民の同意を得られていない、ということだな。
冤罪による死刑執行も、再審請求で無罪になったケースがあった以上、ひょっとしたら過去にあったかもしれないが、それはあくまでも可能性の話で、とりあえず現時点では一度もない。
断言は出来ないが将来も発覚する可能性は極めて低いと思うよ。


235 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:28:25.45 ID:aip330ya


  人殺しを血税で保護し、3度の食事・風呂・生活費用をすべて面倒見るのは反対


   血税は未来ある若者(失業者)を救うため生活援助・就業訓練に使うべき


                  ↑

        これが正しい。よって、死刑廃止は却下


                                以上

236 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:30:50.53 ID:PbHfFyKP
>>229
廃止国について自分は調べてない、だから廃止国に悪いことは起きてない、だって自分が見てないから。
…は、はは、いっそ量子論的だな…。
まぁ、その、何だ? 冤罪死刑もいっそ同じ論理で「ない」って脳内で片付けたらどうだ?
きっと死刑の廃止より簡単だよ…

でもね、一学生の君には無理でも、学者ってのは普通それを調べるんだよ。
全てを網羅するのが無理なら、何年とかどこそこの国ってスパンを区切ってさ。
その中での平均や分布を調べて、その上で「○○はある、ない」って言うから専門家って言うんだよ。
そこまでは理解できるよな?な?…実はちょっと不安だが。

でな、普通、どの専門家を信じるかって考えるときに、その専門家の言が現実に沿ってるかは考えるんだよ、普通。
そこで自分で調べない物臭にしてもさ、
専門家自身が提示したデータと当人の意見に齟齬は無いか、論理に矛盾はないか、見ていって
専門家の意見を信じるかどうか決めるし、その吟味の過程で専門家の意見を自動的に少しは覚えるんだよ。
考えを全て口伝されるから、論拠を覚えるんじゃない。考えを吟味するから論拠を覚えるんだ

君は、廃止国の個々のデータも見てない。
全体や、切り取った一部のデータも見ていない。
恐らくは、信じたい専門家がそれらのデータを参照したかも知らないし、興味がないだろう。
興味があったら自分で調べるし、著者もそれを知ってるから本にはデータやグラフを載せるんだ。
でも君は「見たことはない」んだよなぁ
その君が「いや、現実を踏まえて自分で判断した」と言って、どう信じる?

君の「現実」は何の本の何ページ目に書いてあるんだ?

237 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:35:45.09 ID:PbHfFyKP
>>232
捨て台詞を言ったつもりはないな。眠くなったら寝るが。
「〜と本にあったから!」と言い出すだけの人間の意見そのものには興味はないが
何故そんな人間が生まれたかには興味がある。

もっとも、応報の観点で、死刑より終身刑が相応しい理由等を語るまでもなく
「完全論破!」と言い出した君の中身にもちょっと興味はわくが。

238 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:37:09.14 ID:KdurNezF
>>234
>ただ、現時点では死刑存続については国民の同意を得られている、
>死刑廃止については国民の同意を得られていない、ということだな。
そのとおり。むしろ「刑罰は国民の規範意識の成り立つものであるから、
国民的同意が得られていない以上、死刑の廃止は早計なのである」と、
死刑廃止に対する同意がないことそのものを、存置論の根拠にする刑法学者もいる。
まあ、首都大の前田教授のことで、そんなことばっかり言ってるから、
御用学者呼ばわりされるんだよ、との批判も多いわけですが。

とはいえ、この前田先生ですら、冤罪執行の危険には触れた上で、
「問題の多い刑である」としているので、
刑法学者で将来の廃止の可能性まで否定する人はあまりいなさそうかな。

>断言は出来ないが将来も発覚する可能性は極めて低いと思うよ。
「極めて」とまでは言わないが、低いことは間違いないと私も思う。

239 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:37:10.02 ID:PkfZsz+X
永山基準が一刻も早く廃止されますように!!

240 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:48:24.80 ID:U+GJU30F
で、一つ聞きたいのだが
お前さんは、感情論的なものを合理的理由がないと言っているけど、
実際の裁判の判決で、“被害者の無念は察するにあまりある”だの“社会に与えた影響の大きさに鑑みて〜”的な文をみたような覚えがあるけど、
これは被害者の無念、遺族の悲しみ、世間の怒りと言った感情論を裁判でも無視していない証拠ではないのか?
てか、実際の法の運用でも、いくら法に基づいた合理的判断が必要とされるにしても感情論を無視出来るものなのか?
学説と実際の法の運用、制定は異なって当然じゃないのか?

241 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:58:31.17 ID:KdurNezF
>>236
>でもね、一学生の君には無理でも、学者ってのは普通それを調べるんだよ。
あのね。学者というのはとても忙しいんだよ。
いや、まあ、暇な人もいるけどさ。論文年に一本も書かん人もいるしなあ…。
まあ、学術領域によって学者の仕事も様々ではあるんだろうけど、
少なくとも法律学者は忙しいし、
論文執筆に必要な範囲での原資料にあたることはあっても、
そんな、裸の統計をかたっぱしから何万枚も集めて精読したりはしない。
私ずっと、教授の秘書みたいな事やらされてたからそのあたりはよく知ってるっていうかね。

で、それはもう、わかろうとするなら法学部の研究室にでも
身を置いてもらうしかないんだけどさ。
あなたは、死刑廃止国における死刑廃止後の凶悪犯罪の認知件数、
発生率あたりのデータはもちろん全部調べたんだよね。
私がそれをしないことに驚愕してるんだもんね。
で、死刑の廃止と、凶悪犯罪の増加との間に因果関係が肯定できるような
データを発見したなら、それをはやく紹介してよ。

242 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:59:14.54 ID:KdurNezF
>>236
>でもね、一学生の君には無理でも、学者ってのは普通それを調べるんだよ。
>全てを網羅するのが無理なら、何年とかどこそこの国ってスパンを区切ってさ。
「死刑の抑止力」について大型論文を執筆するとかなら、
何年もかけてそういう取り組みをすることもありえますが、
特にそのことをメインの研究テーマにしてる先生でもない限り、
いちいちそんな膨大な手間暇はかけませんよ。ていうか物理的に無理。
統計には統計学の専門家もいるので、学内の横のつながりで、
協力を求めることはあるでしょうね。ああ、あなたの脳内の学問世界では
それすらもNGなんだっけ?

>でな、普通、どの専門家を信じるかって考えるときに、その専門家の言が現実に沿ってるかは考えるんだよ、普通。
あたりまえ

>専門家自身が提示したデータと当人の意見に齟齬は無いか、論理に矛盾はないか、見ていって
>専門家の意見を信じるかどうか決めるし、その吟味の過程で専門家の意見を自動的に少しは覚えるんだよ。
それはそうなのだが、少なくとも私はまだ知識の未熟な学生であるから、
専門家の解釈と自分の解釈を等価値に捉えて比較することはできませんね。

>考えを全て口伝されるから、論拠を覚えるんじゃない。考えを吟味するから論拠を覚えるんだ
やっぱり口伝なのか…あなたは文字のない文化に生きてるのね。

243 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 22:59:59.40 ID:KdurNezF
>君は、廃止国の個々のデータも見てない。
見ることが困難です。
そもそも私は英語がそれほど得意ではありません。
ドイツ語なんかも辞書をひきひき何時間もかけてどうにかこうにか。

>全体や、切り取った一部のデータも見ていない。
それはしばしば教科書にも論文にも、表やグラフとして引用されているから、
たとえ見たくなくとも勝手に目に入りますが。

>恐らくは、信じたい専門家がそれらのデータを参照したかも知らないし、興味がないだろう。
教科書や論文には、ちゃんと参考文献、参考資料が明示してありますよ?
それを明示しなかったら剽窃行為ですからー!
で、読み手の私が、参考文献・参照資料を取り寄せて、一々調べるかというと、
まあ、よほどのことがないかぎりしないねえ…。

>興味があったら自分で調べるし、著者もそれを知ってるから本にはデータやグラフを載せるんだ。
あ。わかってんじゃん。

>でも君は「見たことはない」んだよなぁ
読んでいる本や論文に載っていれば、自然に目には入るでしょ。
ま、いちいち目を凝らしてチェックまですることはほとんどないけど。

>その君が「いや、現実を踏まえて自分で判断した」と言って、どう信じる?
それは私じゃなくあなたの問題でしょう。
いつ私が「私を信じて!」と目をうるうるさせたというのですか。

>君の「現実」は何の本の何ページ目に書いてあるんだ?
なんのこと?
具体的に言ってくれれば、書名とページ数を言いますよ。
とはいえ、手元にそんなにいっぱい本ありませんが。
大学の研究室にほとんど置きっぱなしなわけです。

244 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 23:13:49.23 ID:KdurNezF
>>240
いや、私さ、昔、模擬裁判のイベントで裁判官役をやらされたんだけど、
判決文に「被告人は終始不可解な弁明を繰り返し反省の片鱗も認められず、
片や何らの落ち度もなく平穏な人生を無残にして絶たれた被害者の無念は、
察して余りある。事件の社会的影響も大きく、社会一般・被害者・遺族の
処罰感情は著しい」みたいなことを書いて、不覚ながらスカッとしたもの。

だからまあ、もちろん被害者感情、一般人から見た処罰感情というのも、
裁判の一要素にはなるよ。ただそれは「証拠」ではなく、
量刑判断をする際の事情に過ぎないんだな。
つまり、証拠に基づき被告人の行為は何の罪にあたるか、
有罪か無罪かということの判断は、量刑判断の以前になされているのであって、
合理的な法的評価は既に終わってるんだな。

とはいえ、「被害者の無念」「遺族の絶望・苦痛」「社会の処罰感情」なんてのは、
ある意味決まりきったフレーズであって、上で述べたように素人の私ですら
簡単に書けるようなものだから、裁判官の感情が籠っているのかどうかは、
ちょっと疑わしいのかな、と思わないでもない。

245 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 23:19:24.33 ID:U+GJU30F
>>244
大して知識のない俺にレスしてくれてわざわざありがとう。
まぁ、書いていてあれだが、なんか俺が入るのも場違いくさそうな気がしてきたんで、この辺で辞退するわ。
とりあえずお体に気を付けて、お大事に、と。

246 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 23:22:41.31 ID:KdurNezF
>>245
どういたしましてー
ありがと。
今日はさすがにそろそろ寝ようかな…

247 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 00:02:50.09 ID:j1X721eq
つーか私また勘違いしてたわw

私が>>222で言った
「言っときますが、死刑廃止後に殺人が激増したことを示す統計って、ありますよ?
それこそイギリスだったかな。まあ忘れたけど、ググれば出てくんじゃないの?」ってのは。
あなたが>>216で挙げたこれhttp://www.geocities.jp/aphros67/090530.htmじゃなく、
こっちhttp://www.geocities.jp/aphros67/090620.htm
まあ、同じサイトなんですけどね。だから私も間違えたわけで。

カナダですね。イギリスじゃなかったわ。
さて、これをみると、カナダでは死刑廃止後、
殺人罪の発生件数(まあ、認知件数なのか)が急増している。
これは、死刑の抑止力肯定派には嬉しい資料なのではないだろうか?
もっとも、あなたは統計学に精通していて、死刑廃止国における
あらゆるデータに目を通している人なのであるから、
こんなもの、死刑の廃止と凶悪犯罪の増加との間の因果関係を認めうる
根拠にはなり得ない、ということは当然わかっている筈なのだが。

しかし、こんなの↓を例に出すよりはよほどマシなのではなかったろうか。

>URLがないので口頭になるがな、例えば米国の存置州と廃止州の比較を言えば
>この数十年、存置州・廃止州とも長期的には確実に減っている。

248 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 00:03:01.67 ID:j1X721eq
さらにこっち、http://www.geocities.jp/aphros67/090530.htm
つまりあなたが挙げた方のURLだが、
なんとこんなこと↓が書いてある…!

「イギリスの厳罰主義は犯罪発生率の低さに現れている。
死刑廃止を日本が仮にするとすれば英国は手本になるのではないか。
英国は死刑を廃止しているがおそらく日本より刑罰は厳しい。
人を殺害したら絶対法定刑により無期禁固刑というのは
刑罰の一般抑止論を保障しているともいえる」

無期禁固刑が刑罰の一般抑止論を保障している。
うっひゃあ!

249 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 11:36:31.29 ID:XX0HhaI1
>>241
で、キャラ崩壊級の逆ギレ中悪いんだがさ、まずは落ち着け。
いやはや、君にそんなに強い感情があるとは思わなかったよ
だが、まぁ、寝て落ち着いたかい?
まだなら、これはデータに基づく発言じゃあないが、ここだけの話、背伸び深呼吸するとリラックス出来るらしいぜ?

リラックスしたかい?それじゃ始めよっか。
忙しい忙しい法学部の学生さん。

まず、君が何をどう誤解したかは知らんし、面白いから放置しておいたがな、
さて、俺はいつ独力のみで森羅万象を網羅すべし、と言ったかなぁ
俺は、あくまで君の、統計を一切参照せず「統計は沈黙している!」と言いきったことに呆れ果てているのだがなぁ

調査は自分でやらずともよし、ただ信じる前に精査ぐらいは自分の頭でやる。
全部の調査が出来ないなら、可能な限り公正な基準で一部を切り取って調査する。
それらすら不能なことは、まず言及をしない。
ごく普通のことだし…やってないって言ったら普通、失礼なことだぞ。

「先生!先生は、かの分野の専門家ではいらっしゃらないから、このご発言は無根拠と断じてよろしいですね!」
「先生はお忙しいから、資料の分析は一切なさらず、専門家の意見を鵜呑みになさいますよね!」
「先生が取り組んでらっしゃるテーマは個々の事例を余さず網羅するのは不可能ですから、いっそ資料はご覧にならずに、論文を書かれたら如何ですか?」
…迂遠に喧嘩を売ってるようにしか見えなくないかい?

繰り返しになるが、俺の度肝を抜いたのは、君の「一切やってない」「やらなくていい」という発言。
それを指摘されて「じゃあ全部を独りで完璧にやってるんだなぁっ!」と切れて何になるんだ?

250 :倭人:2011/08/10(水) 11:50:03.69 ID:9MKtN0jx
 被害者遺族の感情を慮る為にも、刑罰はあるのだ。国家が被害者家族の復讐行為を取り上げている以上、ちゃんと死刑で報いるのだ。
 感情論?馬鹿かテメイ等は。人間の感情を否定する法治など無いのだ。小僧チョン化着込むな!

251 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 11:55:04.23 ID:XX0HhaI1
>>247
さて、事ここに至り、君と俺との間で「当然」など有り得ないと俺は考えるが。
何せ「物を断定する際は根拠を持て」「出来れば自分の頭で考えろ」
「受け売りをやるにしろ根拠ごと受け売りしろ」と言うのは俺にとっては「当然」なのだが
君にとっては、何故か「森羅万象、お前は独りで口伝で網羅したのかぁ!?」と狂乱してしまう程の難事なのだから。

さて、君が「当然」で流した箇所が俺には重要なんだ。
俺は数学的、あるいは理科的な因果関係の立証は、社会学には必要ないと考える。
単に「〜となる危険性が高いかどうか」だけで十分であり、後はリスクとリターンの話だ。
その中で廃止国での犯罪の急増は致命的な要素と俺は考える。
そうだな、肺ガンとタバコみたいなものさ。

君がそこで廃止国の中で急増してないケースが如何に多いか
あるいは廃止の良い影響を思わせるデータを提出すれば、さて、俺のような人種の心も動くだろう。
逆に「無期を含め刑罰が厳しく運用されているイギリスでは、日本の死刑と同等の抑止力を持ち得てる」という文章を
白紙的に「死刑と無期の抑止力が一緒って書いてある!」「うっひゃあ!」と言って提出されても、困る。

思うに、君は意見が決定的に違う人間とまともに話をしたことがあるのかな?
資本主義者に「毛沢東語録に書いてある!」と言っても何の意味もないように
主義が違う相手には、君が嫌いなデータを、君がたとえ門外漢の素人だろうと、見せなければ意味がないものだよ

252 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 14:17:18.40 ID:w1QjU+ag
死刑廃止国における最近の犯罪件数は、死刑廃止が悪影響を持つということを示していない。
たとえばカナダでは、人口10万人当たりの殺人率は、殺人に対する死刑を廃止した年の前年である1975年の3.09件のピーク時から1980年には2.41件に低下、そしてそこからさらに減少している。
死刑廃止から30年後の2006年には殺人率は人口10万人当たり1.85件、1975年よりも40パーセント低く、ここ30年間で2番めに低い割合だった。

(引用文献:ロジャー・フッド『世界の死刑』 オックスフォード・ユニバーシティ・プレス、第3版、2002年 214ページ)

おまいらの会話が、なんか、よくわかんねーんだが?

253 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:22:04.70 ID:5dPTUCiE
殺人犯には更正ではなく死を望んでるのに

国が殺人を決めるのではなく殺人という行為が死を決めるのである

254 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:23:12.56 ID:j1X721eq
>>249
だからさあ…読解力をつけて欲しいんだよね。
いや、そういう能力は一朝一夕に身に付くものではないけれど、
少なくとも、感情的にならず冷静に人の話を聞くなり読むなりすれば、
あなたが年齢いくつで、どういう社会的立場にあるかはともかくとしても、
最低限の理解と解釈はできるはずなんだよね。

俺のどこが読解力に欠けてるんだ?説明してみろ、と
あなたは本気で言いだしかねないので、一応説明するが、

たとえばこれ>>219
>君が特別予防も付随的要素と考えてますって言った以上ー
>例え>>112を読み返しても、それを書いてある箇所がないように思えてもー、
>まー、信じるしか無いじゃないかー
>いやー、信じるよー、俺の誤解だったよー、悪かったねー

>>112と、その前後の文脈を読めば、
私の見解は明らかなのに、それが理解できない。

255 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:23:31.98 ID:j1X721eq
さらに「特別予防」の意味も取り違えている。
私が「死刑は特別予防の効果が零である(>>112)」と明言しているのに、
あなたは勝手にそれが間違いであると考え、

>死刑になった人間は最早犯罪をお越し得ないのは、
>学ぶまでもない自明の理と考えていたがー
>それを踏まえ尚、君が「死刑に特別予防はない!」と叫び続けているのを見てー
>何やらの誤解をしてしまったのかねー。
>いやー、本当に失礼をしたなー。

と、鬼の首でも取ったかのようにはしゃいでいる。
揚げ足取りをしたいのなら、万が一の可能性に備えて、
目の前の箱を使って「特別予防」の意味を調べておけばよかったのに、
そのような些細な手間を惜しんだために、醜態を晒すことになった…。

さて、>>219にはやたらと「ー」が使われていて、

>…「ー」は、こんなもんでいいか。

と、わざわざ自分で自分にツッコんでいる以上、意図的なのだろう。
結局、私の誤りを発見し(実は誤りでも何でもなかったのだが)、
喜びのあまり、いかに私を悔しがらせてやろうかということに意識を奪われ、
結果として恥の上塗りをしてしまった。

256 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:24:14.31 ID:j1X721eq
次にあなたは、議論の前提となる最低限の知識に欠けている。
「特別予防」の意味を知らず、そもそも刑罰理論の基礎を知らず
(それは>>219で一般予防すなわち抑止力を刑罰の本質であると断言し、
応報が刑罰理論の基調であることを、なんらの理由付もなく切り捨てていることから明らか)
それで死刑廃止の有無を論じようとすること自体匹夫の勇だが、
まあ、百歩譲って、刑罰理論への言及がなくとも、
死刑廃止の是非を論じることはできなくもないと好意的に解釈し、
あえてこれ以上の言及は避けよう。

しかし、決定的にまずいことがある。
それは、これだ(>>216
>あと推定無罪やその建前上の位置については、君に教授されるまでもなく知ってるが
>その上で「お題目だ」と言っている。
>そもそも、それはまさに革命の時代、恣意的な裁判が横行してた前時代との決別としてうたわれた代物だ。
>刑罰制度の設計等の政治の分野に転用されるべきものではないよ。
>少なくとも、国と国民を恒久に対立するものとした昔ならばともかく、民主制の定着した現代では時代遅れだ。

257 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:24:28.51 ID:j1X721eq
推定無罪の原則は、刑事訴訟法全体を貫く根本的な原則で、
これなくしては、冤罪の発生に何らの歯止めもなくなる。
これは、私個人がそう考えているだけ、といった卑小なものではない。
日本に存在する全裁判官、全検察官、全刑事訴訟法学者が、
「絶対に」認めていることであって、疑問の余地は「一切」ない。
なぜなら、そうでなければ、刑事訴訟を進行することも、
刑事訴訟法に関して解釈を加えることも絶対不可能になってしまうからだ。
あなたが推定無罪の原則を、「犯人だって人間なんだからかわいそう」的な
ヒューマニズムとしてしか理解していないから生じた深刻な誤解であって、
そもそもこのような誤解を有する相手と、死刑の是非に関する議論をすることは、
数字を知らない相手と数学についての議論をするようなものである。
なぜなら、死刑の是非を検討するにあたって、そのことを重視するにせよしないにせよ、
冤罪の可能性についての言及は不可避だからである。

さて、私ならこんな間違いを犯したら、顔真っ赤になるどころか、
ロープとそれを掛ける柱を探さなきゃならないレベルだが、
あなたの反省に期待して、これ以上は言及すまい。

258 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:24:57.13 ID:j1X721eq
次に、統計分析の手法において述べる。
私は死刑廃止国において、死刑の廃止と因果関係の認められる範囲で、
凶悪犯罪が増加したという統計が存在しないことを知っているが、
それは、刑事政策に関する各種の教科書や論文を読んだためだ。
(「因果関係」という用語については>>225ですでに述べたとおりであり、
特段補足するところはない)。
すなわち、専門家によって分析・解釈された死刑廃止国における原統計、
それを読み解くための資料を、教科書や論文を通じて知ったのである。
学問を進める手法としてはまったく問題がなく、
むしろ、真面目な自分を褒めてあげたい、ってなもんなのである。

259 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:24:58.20 ID:pFWYKUJ3
死刑、絞首刑だが殺人を犯した人を絞首刑で簡単に楽にさせるぐらいなら
終身刑の方が自分の過ちを苦しみながら生きていくという点ではいいのかなと思う。
まあ遺族からすれば殺人を犯した人を殺してくれと当然そういう感情は沸くだろうけどね


260 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:25:09.96 ID:j1X721eq
しかし、ここであなたはバカなことを言いだし、
今に至るまでそれをずっと繰り返している。

曰く『「君が知ってるのは「沈黙している件」じゃないよ…
「沈黙しているって口で言ってる人の言葉」だけだよ…』
私ははじめ、これは何を言われているのだろうと、
(わりと)真剣に考え込んでしまった。
もちろん私は大勢の刑事系法学者と知り合いなわけではないので、
直接会話のできる相手はごく数人に限られている。
したがって、「沈黙している」と口で言っている人の言葉はほとんど
聞いたことがないため、「違う」としか答えようがない、本来は。
しかし私は、自らの稚拙な(といっても、あなたよりは数段上であろう)
読解力と理解力を駆使し、おおまかな推測に至った。
すなわち、「専門家の書いた本や論文を通じて、死刑廃止国における
各種統計に触れただけではダメだ」と言っているのであろう、と。

261 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:25:26.21 ID:j1X721eq
では、それがダメなら、何ならOKなのであろう?
統計に解釈を加えた文章ではなく、表やグラフを見よ、ということであろうか?
しかしそれであれば、通常、死刑廃止国における死刑廃止後の
凶悪犯罪発生率、認知件数について解釈を加えた教科書や論文には、
説明をわかりやすくするためのグラフや表が載っている。

ここで私はピンと来た。
そうか、表やグラフそのものを見ろ、と言っているのかと。
確かに表やグラフは、統計の数値そのものの反映であるから、
それを見ることは「統計を見る」という字義的な意味に近いと言える。
しかし、表やグラフは、統計の数値から画一的に作成できるものではない。
たとえば、グラフであるなら、縦横各軸にいかなる数値を取るのか、
二種類の数値が、統計解釈に必要な要素である場合、
それをどうやって視覚化するのか、といった点が作成者に委ねられる。
表もまた然りであり、ここが統計学が難解な学問と称されるゆえんである。
すなわち、表やグラフは、原統計に対する作成者の解釈が図式化されたものであり、
読み手の立場からは、教科書・論文等に記された文章等と何ら変わらない。
強いて言えば、見やすさ、わかりやすさに異同を生じる程度であろう。

262 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:25:38.81 ID:j1X721eq
しかし、これではややおかしい。
上記のとおり、教科書や論文に、表やグラフが添えられていることは珍しくなく、
私がこれまで読んできたものも、大概がそうであった。
文章よりも、グラフや表に意識を集中しろ、とでも言いたいのであろうか。
しかし、それにしては、何か必要以上に興奮しすぎである。
「一応、グラフや表が正確かどうか確認するといいですよ」的なアドバイスなら格別、
「本気か!?本気なのか!?」的に青筋を立てっぱなしなので、
私としても、どう理解したらいいのか非常に悩ましい。

ここで「まさか…」ということに思い至る。
すなわち、専門家による分析や解釈が加えられる以前の統計、
すなわち、裸の統計を収集し、確認しろということなのか…と。
しかし、数値がグラフや表になってしまっているのなら、
それはもう裸の統計とは言えないわけであるし、
死刑廃止による凶悪犯罪の増加を証明するために必要な数値を
選別したその時点で、選別者の解釈・価値判断が介入することになるため、
結局、犯罪と刑罰に関する、ありとあらゆるデータを収集・観察しなければ、
「裸の統計」を調べたということにはならない。

263 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:25:52.55 ID:j1X721eq
さて、あなたは私が「裸の統計」を収集し、分析を加えた上で、
独自の解釈に基づき意見を述べないことに驚愕しているが、
それに驚愕するということは、自分では当然かかる収集・分析を行ったのだろう。

しかし…

>さて、俺はいつ独力のみで森羅万象を網羅すべし、と言ったかなぁ(>>249)

うっひゃあ!(><)

>あくまで君の、統計を一切参照せず「統計は沈黙している!」と言いきったことに呆れ果てているのだがなぁ(>>249)

ぐふっ

264 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:26:09.25 ID:j1X721eq
さて、これに関して、あなたはどういう反応をするか。

「信じられん…本気で言ってるのか!?」
「これ以上はもう話にならん、勝手にやってくれ」

的な物言いは是非とも避けて欲しいものである。
否、避けるなとは言わないので、なぜそのように憤慨するのか、
是非詳細な説明を加えて欲しい。平易でわかりやすい文章で。

>>249>>251の統計の解釈手法以外に関する文章への言及は軽くにとどめる。
まず、一般論としての研究・学習の進め方の手法についてであるが、
少なくとも私がこれまで述べてきたことに関しては、
大学という教育・研究機関に長い間身を置いてきた中で身に付けた経験なので、
それが間違っていると指摘されても、「へえ、そう」としか答えようがない。
あなたに好意的に解釈するならば、私の所属する大学ないし研究室は、
わが国における全大学の中でもきわめて特殊な構造をしており、
他大学とはまったく比較の対象にすらならない、とも考えうる。
しかしながら、我が校はささやかながらも一定の歴史と知名度を有する
国立大学法人で、あまりに教育研究機関としてエキセントリックでは、
その存続すら困難、ということになりかねない。
母校を(そこそこ)愛する者として、そのようなことなないと確信する次第である。

265 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:26:14.66 ID:j1X721eq
>逆に「無期を含め刑罰が厳しく運用されているイギリスでは、
>日本の死刑と同等の抑止力を持ち得てる」という文章を
>白紙的に「死刑と無期の抑止力が一緒って書いてある!」
>「うっひゃあ!」と言って提出されても、困る。

困らないように是非、読解力・判断力・理解力を鍛えて欲しい。


って、口調を戻しましょう。
どうしても長文を書くと論文調になってしまう。
可能な限り気を遣って書いたつもりだから、
感情的にならず冷静に読んでね。それじゃ。

266 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:30:05.08 ID:j1X721eq
>>252
「死刑廃止国における最近の犯罪件数は、死刑廃止が悪影響を持つということを示していない」
の部分が、刑事政策学の支配的見解なので、「そうなんだ」と理解しておけばいいと思う。

もしあなたが死刑存置派でも、
このこと自体は死刑廃止をいう決定的な根拠にはならないので、
まあ、大丈夫。

267 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:39:49.28 ID:u4JkiSkF
女法学部生さんもそれに噛みついてる人も、コテつけないか?

268 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:48:37.15 ID:j1X721eq
>>267
あんまり好きじゃないんだよねえ…

269 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 16:12:20.43 ID:u4JkiSkF
>>268
噛みつく人にだんだん腹立ってこないか?

270 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 16:19:09.49 ID:j1X721eq
>>269
腹が立つまではいかないけど、煽りや挑発の類が多すぎて、
肝心の中身がほとんどないから、そこには辟易してるかも?

しかもその数少ない「中身」の部分も、
話の本筋とかけ離れたどうでもいいことばっかりだし、
一度説明したことを何度も何度も繰り返し喚き立てるから、
その度に説明のし直しをするのが正直鬱陶しくはなってきてるかも?

271 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 16:47:12.54 ID:u4JkiSkF
>>269
丁寧にレスするから粘着されるんじゃないか?

んで、一つ質問なんだけど、アンタ刑罰の本質は応報だって言っただろ?
応報が本質なら殺人犯には死刑が当然ってことにならないのかい?

272 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 17:00:44.92 ID:j1X721eq
>>271
ああ、それはね、「応報」と一口に言っても、
絶対的応報と相対的応報ってものがあって、
刑罰の本質を100%応報だと考えるのが絶対的応報なんだけど、
これによれば同害報復、すなわち「人を殺した者には死を」って
考え方が正当化されるの。

だけど、刑罰は応報が100%だと考えると、特別予防や一般予防、
すなわち犯人の教育更生や一般人への見せしめ効果は、
一切考慮する必要がないってことになるでしょ?
でも、犯人が更生するならそれはそれでめでたいことだし、
刑罰が一般人への見せしめになって犯罪が減るなら、
それもまためでたいことだよね?
それと、刑罰がただ「目には目を、歯には歯を」の復讐オンリーだとすると、
なんとなく野蛮なイメージになっちゃって、
近代立憲主義社会の市民感覚いまいちマッチしないじゃない?
それで、絶対的応報刑論ってのは早々に廃れちゃったんだよね。
もともと言い出したのはカントなので、19世紀にはもう廃れちゃって、
今の日本で絶対的応報刑論を主張する先生は(たぶん)一人もいない。

273 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 17:00:50.95 ID:j1X721eq
今の支配的見解は、相対的応報刑論で、
刑罰の本質は応報が基調としながらも、付随的要素として、
一般予防や特別予防の効果を狙う、というもの。
だから必ずしも同害報復は要求されないんだよ。

ところで、死刑は犯人を殺してしまうわけだから、
特別予防、すなわち、更生教育の効果は零だよね?
(これについては、かみつく人がかみついてきたけど、
定義として特別予防ってのは、犯人を生きて真人間にさせることだから)
相対的応報刑論は、応報、一般予防、特別予防を内容とするから、
このうち特別予防の効果が零になってしまうと、
刑罰が、応報オンリーである絶対的応報に近接してしまうことになる。
だから死刑はダメなのだ、という主張をする先生もいるけど、
さすがにちょっと説明としては技巧的に過ぎるのかな、とも思うな。
もちろん、死刑を否定するひとつの論拠にはなるんだけども。

274 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 17:20:47.95 ID:u4JkiSkF
丁寧な説明ありがとう。
普通に質問すれば優しく答えてくれるよな。怒らすと恐ろしいけどw
いい女だなw

275 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/10(水) 17:36:20.08 ID:ZJD1xhWM ?2BP(1700)
>>273
死刑が執行されるまでの期間を正しく過ごすという、更正効果は期待できるでしょ。
それは価値のないことではないと思いますがどうでしょうね。

276 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/10(水) 17:39:14.87 ID:ZJD1xhWM ?2BP(1700)
人間誰でもいずれは死ぬ。
死は特別なことではない。
よって死刑は残酷な刑罰ではない。

277 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 17:44:10.23 ID:j1X721eq
>>274
サンキュw

278 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 18:40:59.99 ID:9H8oh2cI
俺もI、D:j1X721eqにシビれた。


279 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 09:18:57.81 ID:kxCW5uTQ
>>255
ふむ、漸く君を少し理解してきた気がするよ。
君はどうやら「何故」物事がそうあるかに酷く興味がないのだな。
…いや、単なるテストノイローゼって気もしないでもないが。
読解力云々については、失礼ながら単に君の勘違いだ。

まず特別予防について言いたかったのは、君の知識や言葉の定義が云々という話ではなく
死亡した人間に犯罪が起こせない以上、更生するかどうかには一般人には大して関係がないという話。
そんなの「特別予防」という言葉を知らない子供でも理解できる。当然君もそうだと考えた。
だから特別予防がないことを繰り返し強調する君に、更生への強い執着を感じたというだけだ。

次に「十人の略」を「命は地球より略」級としたのはヒューマニズム云々ではなく、言葉通りに実現したら酷い目にあうだけの言葉、という意。
またその成立の経緯を踏まえれば推定無罪の原則は司法手続上やそれにまつわるシステムの設計にこそ生きても
刑罰や他の社会システムの設計では必ずしも不可侵の原則足り得ないのは自明。

抑止力についてだが、君は長々と書いているが…まず俺は「怒って」はいない。
「統計を見ていないのに『統計は沈黙している』と書いた君の感覚に驚きている」だけだ。
後付けで色々グダグダにくっつけてるが…「中身のない」「感情的な」「トートロジー」ってのは君のそれだ。
しかも、事例を要求されて、本の記述持ってくるようなレベルの低さの。

悪いが、ゼミでも、仕事でも「本に『統計上存在しない』ってかいてあったからー、断言しましたー。本が何の統計をもとにしたかはしりませーん」とか
「○って本にかいてありましたー。でもなんでそーなるかは自分はわかりませーん」とかは書いたことはないよ。
やむなく書くなら「〜と記述されている」「〜という見解がある」と書いて
自分で著者の述べる理屈が少しでもわからないうちは、その理論をもとに「〜はない!」とかは書かないよ。

まずな、深呼吸しろ。
でな、俺が要求してる内容と、君が勝手に妄想してる「俺の主張する研究室」との中身の乖離をチェックしろ。

せっかくグルービーが沸いてくれてるんだ。
ストローマンはそろそろやめなよベイビーフェイス。

280 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 10:00:07.90 ID:TW1WdvF3
>>266
どうも。
それは、存続論者が言う「死刑廃止したら凶悪犯罪が増えるだろう」に対しては一つの反論になるだけということですね。

凶悪犯(死刑囚)の心情を深く理解する努力は社会の責務としてしていくべきだと思う。

したがって死刑反対なんだ。
反省が対処療法にしかならないと思うから。
せいぜいまた刑罰が増えたり重くするだのしないだの論議がはじまるだけ。
なぜそうなったのか、なぜこのような凶悪な犯罪が起こったのか。
その人の一生を断ち切るのではなく、一生を通じて本質をつきとめて考えないと社会はよくならない。そう思うから反対。

根拠は全く無いが、そう思える人が多くなれば良いと思ってる。

281 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 11:10:11.64 ID:kxCW5uTQ
>>252
カナダの事例は「いつを廃止の年度とするか(廃止自体が段階的に行われてる)」と
「いつまでをデータとするか」で全然色彩が変わるのよ。
存置に有利な切り取り方も、廃止に有利な切り取り方もある。
君のは後者。かのヴァルキュリエさんの言ってるのは前者。

つか社会学って全般的にそういうとこがある。
だから有る統計を無視して結論だけ「そーなんだー」をやるのは俺はお勧めしない。
どっちの切り取り方が正当だって議論をかけられた際に困るから、
最低でも「これこれこうでこう切ってある」は覚えといた方がいいぜー

282 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 14:44:31.97 ID:TW1WdvF3
>>281了解了解ー

疑問に思うところがいくつかあっても、なかなか分かりやすい切り口で論じられるものがなかなか無いんでね。
死刑廃止国で、これまで凶悪犯罪を犯した人への、長期にわたるインタビューしたものの統計とか無いのかな?
心境をいろんなケースで具体的にわかるようにすれば良いのにとか思ってる。
司法の場での駆け引きがあるから、どうしても真実が闇に埋もれてしまうように思う。

283 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 19:19:13.99 ID:it0hczpg
>>279
レスを書いて投下しようと思ったけど、
なんか>>281-282を見て、はたと手が止まった。
あなたも挑発的な態度を取らず普通にしていれば
冷静な議論はできるんだね。

今私が書いたレスも、結局は昨日までと同じことの繰り返しだし、
多分それに対する反論も多分同じことの繰り返しになるよ。
だんだんスレ違いな口論みたいになってきたし、
このまま続けていても終わりがないかと。

ログを読み返してみれば、
私の言動にも鼻持ちならない点が多々ありました。
読解力がないとか、バカだとか言ったことは謝りますから、
このへんで手打ちにしませんか?

284 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 19:19:30.21 ID:it0hczpg
>>280
凶悪犯罪に関する報道をみていると、
犯人の残虐性や、被害者の無念、遺族の絶望が、
かなりセンセーショナルにクローズアップされていて、
受け手である視聴者や購読者的には、
どうしても被害者や遺族があまりに気の毒だ、
犯人を殺す以外に正義が実現する途はない、という心境になるよね。
恣意的な面もあるとはいえ、報道が事実を伝えていることには変わりないから、
死刑の廃止に断固として応じないそうした心境を持つ人が間違っているとは言えない。

また、いわゆる人権派と呼ばれる弁護士で、
凶悪事件の犯人と実際に何人も接してきた人が、
「言ってはいけないことなんだろうけど、凶悪犯人の中には、
生まれついての犯罪者としか思えないような異常が人がいて、
そういう人はもう「人間」とみなさず、殺してしまってもいい、
という感覚に陥ることがある」と、言ってるのを聞いたこともあります。

285 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 19:19:45.38 ID:it0hczpg
死刑反対派の人が、

「凶悪犯の心情を理解して、教育更生のノウハウを蓄積し、
それを現実の刑事政策に反映させることは、
単に犯人を真人間に導くだけでなく、
犯罪の予防、社会の安全にも資することになり、
ひいては被害者の死を無駄にしない結果にもなるのである」

みたいなことをいうと、もっともらしくは聞こえるんだけども、
犯人の教育更生が方法如何で必ずうまくいくということは実証されていないので、
結局はヒューマニズムの域を出ない意見になってしまう。

感情論対感情論、ヒューマニズム対ヒューマニズムでは落としどころがないので、
そこで、「法」という普遍的なルールを根拠にした理論の構築が
必要になってくるといえますね。

286 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 21:42:10.43 ID:u2nT5oKM
話も一区切りしたみたいだし、ぼちぼちレスしてみようかね、と。
死刑と冤罪っていうと、裁判員制度を思いだしたんだけど、あれ大丈夫かね?
情を無視しないのと情に流されるのは別物だからな。
正直言って冤罪による死刑が発覚するとしたら裁判員制度が発端になるんじゃないか、と思うが、どうだろう?

287 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 07:15:21.85 ID:fGQw9iHQ
>>286
裁判員の守秘義務が重すぎて、マスコミの取材がかなり制限されることから、
実際の裁判現場における裁判員の心証形成過程がわかりにくい。
今のところ裁判員は、あまり情に流されず慎重な判断をしているような「印象」があるけど、
実質的にブラックボックスである以上、わりと怪しい気もしますね。
結局、裁判員制度のメリットは、
国民が刑事裁判について知る機会の提供になる(かも)という、
抽象的なものにすぎないのかも。

ただ、裁判員裁判が行われるのは所詮一審だけなので、
冤罪との関係ではあまり問題にはなりそうもないかな。

288 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 11:17:24.76 ID:SDcY9Zzh
>>283
お。ヴァルキュリエと言ったらデレた。

と、まぁ冗談はともかく…あ、うん、もう良いや。
この期に及んで、君が、相手を「挑発的な言動で」「冷静さを失ってる」と認識するなら、もう、いい。
あー、うん、俺も口が悪いし、ふざけ屋なんでさ、君を怒らせちゃってたとしたら、ごめんねー。
君が手打ちにしようと言うのなら、是非ともお願いしますよーと。

…ただ一つ、きっと今の君が理解できないだろう一言を残させてもらうとな、
君相手に初めて怒りと嫌悪感を得たのが>>283だ。
それだけは覚えておきなよベイビーフェイス。

289 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:14:23.86 ID:kZpCZEFJ
>>214
まじめに言ってはいるのかもしれない。

ただ、人権(犯人のでも、冤罪を着せられた人のでも)は、
原則としてコストを前提として存在するものではない。
憲法の根本的原則が人権の尊重である以上、
国は国民の人権保全のためのコストを当然に負担することになるから、
コストがかかることを理由に人権を制約するのは、主客転倒になる。
だから、真面目なのか真面目じゃないのかはともかくとしても、
憲法論の観点からは頓珍漢な主張のように聞こえるね。
もちろん、憲法25条のように、政策的要素が強くて、
コストに関する議論を避けられないとされている人権もあるんだけど、
位置づけとしてはやはり例外的なものといえますね。

後者については、少なくとも、日本においては、
現行犯で逮捕された死刑囚がそれほど多いとも思えないので、
日本における死刑の是非に関する議論においては
あんまり意味がないんじゃないのかな。

290 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 14:52:18.44 ID:SDcY9Zzh
>>289
真面目だな。

憲法の根幹とか人権思想って実はフランス革命の頃から余り変わってないんだ。
基本、国と国民は「対立するもの」であり、その中で国(特に旧支配者層)から国民を保護する観点から人権についての諸原則がつくられた。
その背景上、人権思想が「元来は」コストに無頓着であるのは当然なんだ。

ただ現代でそれで良いかと言えば、そうでもないと俺は思う。
政治参加の形や税負担のあり方等を考えると国は国民と常に対立するものではなく、むしろ国民の集合体としての国って側面が大きい。
実質的には、沢山ある人権をどの優先順位でどこまで守るかの判断は国民に委ねられているところがでかいし、
それは死刑も例外ではないと俺は考える。

ま、何だ。存置派の「税金だぞオイ」ってのは
「金が大事」っていうより「(その金で)先に守るべき人権が別にあるっしょ」って意味にちかいですよーと。

291 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:09:19.91 ID:gzspu2hb
>>287
なんだ、一審だけなんだ。サンクス。それならあまり意味はなさそうだね。
ま、最終的には、最高栽までやるようにする予定かもしれないが、日本じゃ無理だよな・・・
あまりにも期間が長すぎるし。

292 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:35:49.47 ID:fGQw9iHQ
>>291
最高裁までやる予定はないんじゃないかな。

法律論的な理由としては、審級が進むにつれて、
事実判断よりも法律判断のウェートが大きくなるので、
法律の素人である裁判員の手に負えなくなってしまう。

事実的な理由としては、高裁が支部も含めて日本全国に十数ヶ所しかない以上、
田舎に住んでる裁判員の負担が重くなる、というのがあるね。

ただ、高裁、最高裁での審理にも裁判員制度を導入することになると、
審級が進めば裁判官が変わるのと同様に、
裁判員も前審とは別のメンバーを選ぶことになるから、
期間の長さということはそんなに問題にはならないのかもしれない。

293 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:25:04.54 ID:gzspu2hb
>>292
サンクス
ますます何の為に導入したのかわからない制度だな。


294 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 17:39:02.70 ID:WA9v8ogh
死刑廃止なんて言ってる馬鹿を死刑にせねば

295 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 19:21:02.92 ID:7e2q3VtZ
無期よりも死刑の方が本人も楽だろう

296 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 00:54:31.12 ID:6Cqw/XBj
死刑存置派=中国人のメンタリティー

先進国=死刑廃止派がメジャー

297 :名無しさん@3周年:2011/08/27(土) 12:12:22.84 ID:16Zsj+x1
そうそうしょっちゅうお手軽に殺されるのはかなわんわ〜、やっぱ一人殺したら一死刑が基本だろ
一度やった奴はまたやるぞ、だって殺しても死刑になんないんだから・・・

298 :名無しさん@3周年:2011/08/27(土) 12:47:19.80 ID:xCllvXWD
集えスレ住人どもっ! 「秋の拘置所オフ」開催決定!! 〜

■場所:東京拘置所 死刑囚棟
■時間:9月吉日 9時〜
■会費:10000円(食事&ドリンクつき)
※朝食:健康的な官食(メシのおかわり自由)
※昼食:真須美特製カレー、奥西特製ぶどう酒、関光彦特製うな丼、服部純也特製バーベキュー
     関根元特製骨付きカルビ
※刑場では希望者のみ臨死体験あり(吉田純子看護師待機)
※講演:大道寺将司「三菱重工の今後」、坂口弘「戦友澤地さんの思い出」
    小林光弘「賢いサラ金利用法」、小田島鉄男「タガログ語入門」
    石田富蔵「長寿のための健康法」、尾田信夫「いまお奨めの節電家電」
    福田孝行「ドラえもんと魔界転性」、陳代偉&何力「パチンコ必勝法」
※演技:松永太&緒方純子「通電ショー」、松本智津夫「マジック〜スカトロ空中浮遊」
     大濱松三「ピアノ演奏」、北村ファミリー「相撲甚句」
     関根元・風間博子「マジック〜透明人間」、池田容之「氷の彫刻〜チェーンソー使用」
※恐山イタコによる、故前上博、故山地悠紀夫、ほか有名死刑囚を降霊予定

299 :名無しさん@3周年:2011/08/27(土) 13:00:29.30 ID:KzAzcXje
再犯を推奨するスレ

300 :名無しさん@3周年:2011/08/27(土) 21:34:30.71 ID:X3PCFfoj
★死刑囚の一日(※注:懲役囚と違い労役はない)
07:00 起床
07:20 開房点検
07:30 朝食
09:00 (被執行者お迎え)
    自由時間(読書、ごろ寝)
11:30 昼食
    自由時間(読書、昼寝、趣味)
16:20 夕食
16:50 開房点検
17:00 自由時間(読書、趣味)
20:00 仮就寝
21:00 就寝減灯
    (オナニー自由)

301 :名無しさん@3周年:2011/08/29(月) 11:10:15.29 ID:RnJaRtAb
>>296
現場射殺(「司法手続き糞食らえ」)→国民の暴動→国民射殺撲殺(国家権力マンセー)

が死刑廃止国のデフォだろw


302 :名無しさん@3周年:2011/08/29(月) 11:24:35.63 ID:mVCvwwVB
>>301
現場射殺はあくまでも正当防衛のためだろ。


303 :名無しさん@3周年:2011/08/29(月) 11:48:39.01 ID:RnJaRtAb
>>302
正当防衛で暴動が起きるかハゲ


304 :名無しだけど@外国人参政権反対! ◆l.80bfQFyI :2011/09/06(火) 23:42:41.68 ID:PwY0Bd9W
これ見て、それでも死刑が大好きなままだったら、単なるサドの死刑フェチだろ。

飯塚事件
http://www.youtube.com/watch?v=ivH3iPptQKg
http://www.youtube.com/watch?v=yP3TBE4RMgo&feature=related

305 :名無しさん@3周年:2011/09/08(木) 01:10:10.95 ID:fZrrxXtW
まず、冤罪なしの前提で統一して意見を話してほしい

それがある程度まとまってから、冤罪の可能性を含んだ話にして、
それを考慮する事によって冤罪なしで話した答えと一致しなくても不自然ではない

自分的には死刑廃止の考えが全く理解できない
人の命を奪うなどというあってはならない事が発生した場合、その対応のひとつとして死刑があって当然だと思う

それをせずに生かし続ける続ける意味がわからない、その集団としてのメリットもわからない
奇跡的な更生の可能性?(更生したとして誰にどう影響するのか?)
加害者といえど、その命を奪う行為が野蛮な事だから?人にそんな権利はないから?(でも既に被害が発生したのだから)

もちろん、死刑制度に凶悪犯罪の抑止効果ないというのも、ちょっと信じられない(統計のマジックではないのか)
(現に未成年だから死刑にならないと言っている話もよく聞くが、口だけで実際に影響しない?本当なの?)
その被害者の関係者が加害者が命奪っても死刑にならないのなら、自分達が加害者の関係者を
逆に殺しても死刑にならないので、それでバランスをとろうという考えにはならないのだろうか?

被害者が善良な第3者で、加害者が社会不適格者の場合、死刑にせず被害者家族が抱き続けるしこりが
その後の集団全体に良い影響を得るとは考えられず、むしろ悪影響の可能性が高いと思う
(実際目にする凶悪犯罪被害者の家族を見ても)

死刑廃止論者の人は、自分が被害者家族(又は被害者)になった時の状況を本当にリアル想像できているのだろうか?
自分がその立場なら自分の感情的には死刑にしてほしいけど、モラルとしてとか集団の利益にはならないとか
考えているのだろうか?


最初の人の命を奪わせる事を阻止できる方法がない以上、死刑があっても全然おかしくないのではないか?

306 :名無しさん@3周年:2011/09/08(木) 01:13:32.38 ID:GkohtUFZ
オーストラリアで七人殺した男が、逮捕される時、笑みを浮かべてた。つまりいくら殺しても死刑にならないと、高をくくってる

307 :名無しさん@3周年:2011/09/09(金) 11:32:58.08 ID:Dym0xD/f
▼囲碁5段でも定石を知らぬ「平岡法相」の死刑囚120人時代 (週刊新潮)

民主党政権では平岡氏を含め死刑を執行しない法相が4代続いており、目下、
120人もの死刑囚で拘置所は溢れる時代を迎えている。
とりわけ平岡氏は”確信犯”と見られていて、07年6月、テレビに出演した際、
息子(16歳)を2人の少年にリンチ殺害されて母親と向き合い、「悪いことを
した子供たちは、それなりの事情があったんだと思います」と述べているのだ。
被害者ではなく加害者に同情して見せたわけである。
「憲法9条固持を謳うなど平岡さんは民主党のなかでも”極左”として知られる」(民主党担当記者)
要は、”左巻き”の方々にありがちな偏向した人権意識の持ち主なのだ。因みに
彼は、残忍極まりない光市母子殺害事件の起きた山口2区を地盤としているのだが…
淡々と職務を遂行したのに”死神(@朝日新聞)”と称せられた鳩山邦夫元法相が
締めくくる。「死刑を行わないことに民主党政権の左翼体質が如実に表れている。
民主党は120人の死刑囚の”仕分け”をすべきでしょう」


308 :名無しさん@3周年:2011/09/09(金) 12:03:11.94 ID:cxDBj18p
★鳩山邦夫 大先生名言集

「死刑確定後、6カ月以内に執行しないのは法律違反!」
「私のときにもっとたくさんやるべきだった。少なくとも30〜40人は執行すべきだった!」
「宮崎勤は私から執行の検討をしろと命じた!」
「こんな奴生かしておいてたまるか!」(宮崎勤死刑囚にたいして)
「更生の余地を考えてはいけない。犯罪そのものに目を向けること!」
「ベルトコンベア式に死刑執行が行われることが望ましい!」
「わたしの兄はバカだ」
「死刑を行わないことに民主党政権の左翼体質が如実に表れている。 ←いまここ
   民主党は120人の死刑囚の”仕分け”をすべきでしょう」


309 :名無しさん@3周年:2011/09/09(金) 12:35:49.04 ID:NjJzWjVo

フジテレビによってなぜか削除されてしまう動画、
この動画だけは見るべき
http://www.youtube.com/watch?v=uPk2TQR15AE



310 :名無しさん@3周年:2011/09/09(金) 12:48:42.70 ID:cxDBj18p
                     〆 ーーーーヽ
                   /          ヽ
                   /             \
                 /    福 田 孝 行   ヽ
                ./                 i
                {      〆 ノ ヽノiノハ     }
                !   r-ィ'''''''''''ヽ   ´''''''''''‘ 彡  }     ,,, ‐''''ー 、 ,.   r'"゙'、
          _.. -'''"゙゙゙^'''ー、 ヽ  i  -=・=     =・=-  i / (゙゙''"      、,,,,) l `- i  |
..,,,_、 _,,..-‐'″   _,, - 、`'、  ヽ!              レヽ  `'┐ l ̄l  . l  |  .l |  |
.!、、     .,, -''i `'、, /''ミ'ー┘/ ヽ     (。__。)    / /    l  .凵  l.  |  .| |  |
  ' フ‐ i 、\l   l  ゝ ヽ  ヽ .!      u      !  ! r‐ー'′     \,!  | |  |
  ノ  / l  l   .l-"  .l   ーヽ   ,. ー-ー.、    rイ  `ー 、   i''l  |゙''''' ! .| |  |
 /   ヽ丿  リ       |      !    ーー    ノ     .|  .l !  .|  |  | |  |
/  ,     /l   .广゙゙゙l. ゙     |\       /|        |  ,! l  .|  |  | |  |
ヽ,_./ .゙>   ./ .|   |   l ヽ.     |   `'ー- -ー´  |      |.  /  |  .|  |  | .!  |
   /   /   |  ヽ..,,,,ノ  |  / \       /ヽ      |  /  |  .|  |  | .!  |
.../    /   \,      |/|    \    /  /\   /  /   .|  .|  t;;三'''' /
 `'ー‐''´       `''――‐'゛   !     \ /   /     ゙‐'     ゝ/     ヽー
                    !    /;;;\    /            
                    !   /ヽ;;;;;;/ \ /

311 :名無しさん@3周年:2011/09/09(金) 12:51:43.03 ID:cxDBj18p
◆死刑囚 ご長寿ランキング◆  2011.8月現在  
 〜長生きしたきゃ死刑囚になろう〜
-------------------------------------------  
90歳 石田富蔵(埼玉2女殺)  
85   奥西勝(名張毒ブドウ酒)  
84   浜田武重(福岡連続保険金)  
83   大濱松三(ピアノ騒音)  
78   高田和三郎(友人3殺)  
77   高橋和利(鶴見事件)  
75   袴田巌(味噌一家4人殺放火)  


312 :名無しさん@3周年:2011/09/09(金) 21:54:43.06 ID:QmkIjXff
今度の法務大臣も死刑執行を行わない方針みたい。
俺は死刑廃止論者だけど、
法務大臣が法律に違反して死刑執行しないのはおかしいと思うんだ。

法務大臣が独断でそういうことをしてよい、法律上の根拠とかあるのかな?

313 :名無しさん@3周年:2011/09/09(金) 22:25:43.67 ID:BYDqfjYf
>>312
逆に6ヶ月以内に死刑執行を命令しなかった場合の措置が法定されてない。

314 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/09/09(金) 22:34:50.36 ID:WhGmNTjV ?2BP(1700)
裁判所が死刑にしなさいと判決を出した人を、法務大臣の勝手な判断で死刑にしないのは、憲法で定められた三権分立を破壊する重大なサボタージュ。
どうしてもと言うなら恩赦法にもとづいて減刑するなりしたらよろしい。
恩赦法自体も三権分立を侵す危険がある法律なのですが、法令無視して法務大臣に勝手やられるよりはマシ。

315 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 00:44:50.57 ID:SP1X/XQt
よう、安藤。

316 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 01:19:49.78 ID:m+QReb1K
>>313
それならば法律は6ヶ月以内に死刑執行を命令することを想定しているのでは?

317 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 01:37:24.36 ID:W6AjytPb
>>316
裁判の確定から6ヶ月以内に執行を命令する旨を定めた
刑事訴訟法の規定には解釈が二通りあって、

@単なる訓示規定と読むもの
A条文の趣旨から、6ヶ月以内に命令をすることは違法だが、
 6ヶ月を超える場合には違法性がないとするもの

裁判例は@の見解に立つ。

318 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 11:31:28.13 ID:7K1R79ts
★過去10年の法相と死刑執行数
森山眞弓   6人
野沢太三   2人
南野知惠子  1人
杉浦正健   0人  ※信教により署名拒否
長勢甚遠   10人
鳩山邦夫   13人
保岡興治    3人
森英介     9人
---政権交代---
千葉景子   2人  
柳田稔     0人
仙谷由人   0人
江田五月   0人
平岡秀夫   0人

★政権交代前 5.4人/年  ★政権交代後 0.9人/年

◆結論: 民主党は職務怠慢! 無能集団!

319 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 12:47:15.96 ID:r1pbvFei
冤罪無しとして、反省の色もなく確定的な犯罪者をも死刑にしないという
死刑廃止論者がなぜもともなのか、全く理解できない
実は頭の悪い奴が難しそうな言葉並べてわかった気になっている気がする

本当に頭のいい人誰か分かり易く説明してください
(冤罪無しが確定できないというのも無しで)

320 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 12:56:26.92 ID:r1pbvFei
死刑廃止論者でも法務大臣になって職責として執行した人はいた
民主の執行0人の法務大臣は最悪、死刑制度に疑問を持つなら法務大臣を辞退すべき
勘違いしている堂々と主張して許されるべき事ではない
制度の是非はともかく、法務大臣受けて堂々とこんな状態にするのはおかしい

321 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 12:59:22.37 ID:imuStywX
>>319
死刑廃止論の刑事法学的・刑事政策的な論拠は、
上の方にいくつか書いてあるし、
それ読んでも理解できない、納得いかないというなら、
ぶっちゃけもう、それでしょうがないんじゃないの?

少なくとも、今の日本の世論では、
死刑存置派が多数を占める(と思われる)ので、
別に反対派の論拠が理解できなくてもそう困らないでしょ。

まあ、世の中には自分と違う考え方の人もいるということ。
そして、死刑廃止論に限って言えば、
一般的な世論はともかくとして、
専門家の間では一定の支持が得られていると。
そこだけ頭に置いておけば十分なんじゃないの?

322 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 13:11:29.14 ID:m+QReb1K
>>321
上の方に強力な廃止論者がいたよねぇ。
俺も廃止論者だけど、俺のような浅学な者にはまったく出る幕はなかったよww



323 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 13:16:59.31 ID:imuStywX
>>322
私のことかもしれんね。
総花的な議論を避けるつもりで誤判のおそれに論点を絞ろうとしたけど、
あんまり意味がなかった。

324 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 15:05:47.95 ID:kOXTxZfh
前の方にあるやりとりはコテが無い為、かなり読みにくいね
本当に頭のいい人は、わかりやすく説明もできると思う

例えば
死刑制度廃止支持の大きなポイントは
A.冤罪の可能性
B.凶悪犯罪抑止力
C.更生の可能性
D.人道的問題(野蛮で残虐な行為)
E.感情的ではない合理性

で、自分はこのうちAが一番大きい理由で、うんたらかんたらで詳細にはうんたらかんたらとかできないものなのか?
別に全部あげる必要も無いし、この中のAのみの理由だけで廃止支持でも良い

個人的には死刑廃止論が机上の空論、論理遊びに思えてしようが無い

廃止論者の人でもなんでも、自分の事でもいいし、前出の人のまとめでもいいからお願い

325 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 15:15:11.61 ID:kOXTxZfh
今は、死刑廃止論が理解できない(正しいとは思えない)が、どう考えてるから廃止支持しているのかを理解したい
自分の何が不足しているから、廃止支持の考えを理解できないのかがわかりたい

たまにでてきた感情論という話もこの制度廃止によって、発生する個々の感情は、全体集団に影響を与え
集団全体の合理性の問題にも関与してくる可能性もあるとも思う

326 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 15:31:22.64 ID:imuStywX
>>324
私は別に頭が良くないので、
答えるに相応しいかどうかはわからないが───

個人的にAの理由を挙げるのが一番合理的だと思う。
誤判の場合の回復が不可能であることが理由。

他にそこにない理由として(強いて言えばCに近いが)、
刑罰論の観点から死刑は好ましくないというのがある。
すなわち、刑罰の目的は、応酬、特別予防、一般予防にあり、
特別予防効果、すなわち犯人の教育改善効果が、死刑の場合は零になる。
さらに死刑の場合、一般予防効果(いわゆる抑止力のこと)も、疑わしいとされている。
とすると、死刑は本質的に絶対的応報刑に近いということになり、
これでは現在支配的な見解とされている相対的応報刑論に反しかねない。

327 :名無しさん@3周年:2011/09/10(土) 15:37:21.65 ID:imuStywX
>>326
間違った。
2段目2行目を削除。

あと、3段目3行目は、

×応酬
○応報

328 :名無しだけど@外国人参政権反対! ◆l.80bfQFyI :2011/09/10(土) 23:39:02.18 ID:HfK6OG01
死刑存置派が、本当に多数だったら、死刑やり放題だった自公政権が、死刑廃止論者の多い
民主党に、なんで負けたかの理由が分からないが?
ま、民主党も死刑廃止だけやってりゃ、少しは評価してやったが、やっているのは日本国民
を処刑しようとすることばかりだから、早く亡くなって、が本音だがねw

無実の死刑囚130人の衝撃
http://www.youtube.com/watch?v=raBIzXDy3EI&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=y1QPXug6Yxw&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=4Bi3vLd9NeE&feature=related

南鮮の工作員が、必死に日本の死刑制度を煽っているのは、外交上有利になるから。
しかし、日本の世襲の馬鹿な政治屋には、全く理解できないことではある。

329 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 09:25:06.84 ID:ARs2W1ww
>>328
選挙の争点が死刑じゃないからだろ。
自民党の馬鹿が考えているほど、死刑の存廃問題はたいした問題ではない。
存置したとしてもいままでの日本社会と変わらないだけ。
廃止したとしても他の先進国と同じになるだけだから大して重要ではない。

存置派が考えているほど、廃止派はムキになっちゃいない。
by 廃止派

330 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 09:28:57.56 ID:jVBizfDn
>>328
民主党が勝った理由は「自民党にお灸を据える」程度のものだったはずだよ
実際、お灸どころか小火の元だったのがバレたら支持率急降下中。

死刑制度に付いちゃ、普通に国民にアンケートとってたと思うけど?

331 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 10:17:43.55 ID:J6f9Zl9p
争点にもなっていない死刑廃止も含めて何党だからという稚拙なレスの全く話にならない
こんなのは放置すて、ちゃんとした論議を求める

ありえないとは思うが、仮に死刑廃止反対派が少数派であっても今ここでは問題ではない

死刑廃止論者に一番聞きたいのは
冤罪がないと仮定した時の死刑にしない場合の理由と効果だ

332 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 10:23:50.79 ID:ggQ9SYCs
そもそも何故「冤罪がない」という前提に立つのか。
冤罪で執行した場合に回復が不可能であるというのは、
死刑という刑罰の最大の特徴であって、
そのことを重要視するかどうかは人それぞれとしても、
死刑制度の是非を考える上で避けて通れない点だと思うけど?

333 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 10:38:33.53 ID:jVBizfDn
>>332
獄死も回復不能じゃなかろうか。
「国が生命活動を停止させた」か「拘束中に死んだ」かって政治的な建前上の違いはあるけど
イデオロギー的な要素を抜いて、本人たちの気分になったら死因が絞首でも病魔でも一緒な訳で。

存廃の違いは「回復不可能な状況が発生しうるか否か」じゃなく
「回復不可能な状況になる確率がちょっと高いか低いか」の違いでしかないと思うぞ

334 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 10:51:36.53 ID:ggQ9SYCs
>>333
死刑が執行されることと、獄中で自然死することが、
等価値、同価値であって区別の実益がない、と考えているなら、
その感覚は超絶すぎて私には理解できないね。
刑法上、殺人と監禁致死の違いが明確に区別されていることからも。
そもそも「イデオロギー的な要素」とは?

335 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 11:01:20.68 ID:djD+1/Yu
>>332
この前提での答えがないなら悪いが黙っていてほしい、そんなのはまた複雑にするだけ

廃止派から冤罪がない前提なら死刑は理解できるという答えがでれば、冤罪を含む事が大きな問題がはっきりする

もうひとつは、冤罪がない前提で妥当と思われる答えにどんなものがあるかに論点を絞りたい

これまで、何かあると冤罪が等、場合によって話を変えていたのが判りにくい事の原因

冤罪を含む事が唯一にちかい大きな理由なのかが知りたい、それに廃止派にも考えの違いはあると思う

336 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 11:06:55.21 ID:ggQ9SYCs
そもそも、死刑で死ぬのも終身刑で死ぬのも価値的に一諸と考えるなら、
なんで死刑を存置する必要があるんだろうね。

337 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 11:07:05.96 ID:jVBizfDn
>>333
例えば、明日君が獄中で死ぬとして、それが死刑によるものか、それが病死によるものかってのは君にとって一大事なのかい?ってこと。

俺は正直、大差を感じない。「殺人鬼として処刑されるか、強盗犯として獄死するか」なら違うけど
この場合、同じ罪状の人間を死刑にするか終身刑にするかって話なんだからさ。

その上で「病気で死ぬのは許せるが、国や政府に殺されるのはごめんだ」と考える人間がいるのはわかる。
ただ、それは個人の好みの問題だよなぁってあたりだな。

…あと、不勉強ですまないが、監禁致死というのは「死ぬまで絶対に閉じ込めてやる→結果死亡」とかより
「監禁するために縛ってたら欝血して死んでたよ」とか「監禁したら無茶な脱走して、結果死んだよ」の類じゃなかったっけ?
だとしたら終身刑による獄死は、監禁致死ではなくやはり殺人と考えるが…。

338 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 11:17:19.45 ID:ggQ9SYCs
>>337
なぜ「明日死ぬ」という時点が基準になってんの?
獄中で不死の病に侵されて、もうわずかな命だというなら、
まあ、諦念してしまってすべてどうでもよくなるかもしれないが、
判決が確定した時点で、死刑と無期とどっちがマシかと言われれば、
そりゃ無期の方がマシに決まってる。
生きてる限りは再審請求ができるんだから。

ま、私は病気持ちなので、拘置所に入れられたらすぐ死ぬかもしれないけどね。
そういう意味じゃ、むしろあなたが想定するケースにぴったり当てはまる立場かもねw

339 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 11:27:06.85 ID:ggQ9SYCs
>>337
ちなみに───
まあ、そんなこと知ってるよというならごめんなさいだけど、
刑事訴訟法的には、死刑囚が再審を請求したとして、
それによって法務大臣が執行を命令できない期間は、6ヶ月。
それ以降は完全に裁量の問題になる。

他方、今服役している無期懲役囚の平均在監年数は、
まあ、正確なとこは覚えてないけど、10年を下回ることはないでしょ。
6ヶ月と、10年。
このへんの差をどうとらえるかは好みの問題だけど、
なお大して変わらない、わずかな差だとしか思えないなら、
それはもう拠って立つ価値観や時間感覚の根本的な相違だから、
妥協のしようがないかと。

340 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 11:43:23.84 ID:ggQ9SYCs
>>337
>だとしたら終身刑による獄死は、監禁致死ではなくやはり殺人と考えるが…。
国には犯罪を行う能力がないので、あくまで例え話ではあるけど、
純粋に行為態様だけ見るなら、殺人ではなく監禁致死のケースだね。
要するに殺意の有無の問題。
こういうと多分「未必の故意があるのでは」と聞かれそうだけど、
結論から言うと、未必の故意もない。
なぜかというと、そっから先は故意論というややこしい話になるので、
正直1から10まで説明するのは億劫なので勘弁してほしいところ。
上の方のID:Dz5MJZXW、ID:Dz5MJZXWを辿っていくと、
それについての話が書いてあるから、よほど暇なら読み返してみて。

341 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 11:50:29.66 ID:ggQ9SYCs
>>340
ああごめん。故意論の問題ってより、事実認定の問題だな。
まあ、判例や実際の刑事実務に照らすと、
このケースでは殺意の認定はできない、と理解して。

342 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 12:06:44.53 ID:vesV97oP
お。法学部のおねえさんが復活してるw
相変わらず弁舌が冴えてますなあ

343 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 12:16:09.42 ID:jVBizfDn
ともに「明日」としたのは、死因自体の差を明確にするため。
例えば「6ヵ月後に死ぬのと10年後に死ぬのとどっちがいい?」と聞いたら誰だって後者を選ぶっしょ?
でもその結果「じゃ皆長生きしたいみたいだ!」なんて結果が出ても、そりゃ「死刑」と「獄死」の差にはなりえない。
結末は同じで「じゃ、こっちの死因とあっちの死因、どっちが嫌? 似たようなもの?」と聞かないと意味がない。
よくわからないなら「10年後に死刑にされるのと、6ヵ月後に獄死するのとどっちがいい?」って聞いたのをイメージしてみて。
「そりゃ期間の問題だ!」と言いたくなるでしょ?

で、死因の差異に無頓着な人間の場合(長生きするかどうかをおいておけば)
君がまさに>>339で述べたとおり、終身刑囚と死刑囚の両者の違いは延々と再審請求をできるかどうかの違いしかない。
その意味での「回復不可能な状況になる確率がちょっと高いか低いかの違いでしかない」ってこと。
結末が「獄中で死ぬ」なのは一緒な訳だからさ。

ただ、まぁ、君の場合、終身刑ではなく無期懲役を主眼に語っているあたり、終身刑は導入しない派なのかな?
確かにその場合、結末の前提が「10年後には娑婆に出れる」だから、大きく違っては来るのだろうけど。


故意云々は「目的」をどこに置くかによるんじゃね?
「監禁する」を目的として、スパンを「死ぬまで」…と認識するか(通常の犯罪者と同じ文脈で理解するか)
「死ぬまで監禁する」「獄死させる」を1セットとして認識するか(社会政策的要素を加味する)によってだいぶ変わると思うぞ

344 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 12:31:39.49 ID:ggQ9SYCs
>>342
体調悪いし、今回はそんなに長く張り付かないよ。

>>343
ああ、なるほど。
食い違いの原因はここか。

>終身刑囚と死刑囚の両者の違いは延々と再審請求をできるかどうかの違いしかない。

一般的に、というか刑事法学的に、
誤判の場合の回復の不能性というのは、
つまり再審の機会が失われるということなので、
「再審請求をできるかどうかの違い」がまさに重要になる。
ただそれだけのこと。

>終身刑は導入しない派なのかな?

いや、無期懲役は終身刑だから。
しかも10年じゃ娑婆に出れないから。
平均在監年数というのは、収監されてから10年経過してるってだけのことで、
釈放されるまでの年数が10年ってことじゃないし。

345 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 12:46:42.84 ID:Ymyfk3C6
死刑を残して死刑と無期刑の間に終身刑を設ければよい。冤罪の危険のある
場合、終身刑にとどめておけば後で冤罪が発覚しても取り返しがつく。死刑
は重すぎ、無期刑は軽すぎという場合にも終身刑があればよい。死刑は非常
に悪質で冤罪の余地のない事件に絞り込めばよい。恩赦をする場合も仮出所
がある無期より、終身刑の方が抵抗が少ないだろう。

346 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 14:02:12.18 ID:jVBizfDn
>>344
おや、いつぞやかのヴァルキュリエどのか。

>「再審請求をできるかどうかの違い」がまさに重要になる。ただそれだけのこと。
精密に言えば「出来る期間が長いかどうかの違い」なんだけどな。
それを以って「死刑廃止で回復の不能が解決できる」とは言えないし
「回復不能な状態が死刑の『特徴』だ」とは言えないと思うぜ?

あと「無期は終身刑だ、何故なら娑婆に出てからも監視の目が〜」と語った人間もいるが(同一人物かな?
犯罪に怯える一般人の目からすれば、再犯こそが恐怖のタネなわけでさ。
それを可能な状態に置いておいて「いや便宜上は終身刑の中なんだよ」と言ってしまうのは、いささかだと思うぞ。



347 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 14:23:25.15 ID:ggQ9SYCs
>>346
無期懲役は刑の言い渡しの効果が一生涯続く。
ただそれだけのこと。

348 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 14:32:59.00 ID:vesV97oP
死刑で殺されたら冤罪を晴らしようがないじゃん。
「終身刑でもいつか死ぬんだから同じだい!」って、
なんか駄々っ子の屁理屈を聞いてるみたいだなw

おねえさんのウンザリ感が伝わってくるw

349 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 14:40:35.36 ID:ggQ9SYCs
>>348
慧眼ですこと。

あー、でも、あんまり煽るのはどうかと。
要するに議論の土俵が法律論なのか、
個々人の常識感覚なのかの差だからねえ…。
知識が共有できていない以上、噛み合わないのは当然なんだし。

350 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 14:48:20.56 ID:vesV97oP
>>349
俺も法学部出身だけど刑法は難しいよね。
理解できないまま卒業する奴がほとんどだろw

351 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 14:59:41.57 ID:ggQ9SYCs
>>350
刑法ってのは人を殺すなとか、物を盗むなとか、
一見常識的な規範が中心を占める法律だから、
親しみやすいイメージはあるんだよね。
だけど、いざ刑法の教科書を開いてみると、
総論部分のあまりの取っつきにくさに挫折しがち。
そのへんのギャップはすごく大きいよね。

352 :それって:2011/09/11(日) 15:27:41.30 ID:7UUwljA8
コテもつけると話の整合性やボロがでてくるからつけないのであろう

自分の話しやすい所のみ話す、なんかディベートのようだ
結局、冤罪の無しでも死刑廃止の他の大きな理由があるのかないのかすら説明できない
せいぜい難しい言葉使って得意になっていればいいのだろう

そんなのを持ち上げる奴の頭の程度もおのずとわかるな
わかられると困るから、きっとこいつもずっとコテつけ付けないだろう

コテなんて
・死刑廃止賛成
・死刑廃止すべき
でもなんでもいいだろう

廃止でも廃止反対でもどっちでもいいが、見苦しいスレは辞めてくれ
これ書いても無駄と思うがとりあえず書いておく

まず冤罪なしでも死刑廃止という主張なのかと
それを明確にしてから冤罪理由以外の死刑廃止の理由を挙げてくれ

そもそもこの答えをよく考えないと書けないという事がわからない
(その理由は自分の主張の源が自分の考察でなく、他の著名な人のをなぞっているからだと邪推してしまう)

353 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/11(日) 15:32:28.42 ID:hkmYjxqh
一方的に人殺した奴を殺すのは当たり前のことだ。お前等一体何論じているのだ!
薄馬鹿。

354 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 15:34:54.97 ID:ggQ9SYCs
>>352
黙れと言うから黙ったのに、
黙ったらキレるってなんだかなあ…

355 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 15:37:52.89 ID:vesV97oP
夏だな

356 :それって:2011/09/11(日) 15:37:58.64 ID:7UUwljA8
>>352
× >廃止でも廃止反対でもどっちでもいいが、見苦しいスレは辞めてくれ
    ↓
○ >廃止でも廃止反対でもどっちでもいいが、見苦しいレスは辞めてくれ


これ以降も、もはやまともなレスは付かないだろうと思うが一縷の望みを掛けてレスしてみた

前の方に出て来た話を整理しようとやりとりしていた名無しの反死刑廃止派の人でもいいので
頭でっかちの死刑廃止派の主張を誤魔化せないようにまとめてくれないか

357 :それって:2011/09/11(日) 15:43:44.12 ID:7UUwljA8
>>354
ごめん、その人「黙れ」といった人とは私は別人です
多分それがすぎてからこのスレ見て理解にくるしむひとりです
あなたもこういう誤解を少しでも無くすようになんでもいいのでコテ(名前)入れたらいかがですか?
ボロがでてくるので、入れられないというのは判りますが

358 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 15:49:05.57 ID:ggQ9SYCs
>>357
コテつけないことで叩かれるなんて初めてだよ。

あのね。要するに、誤判のおそれ以外で、
死刑廃止論の根拠になる理屈を紹介しろと言いたいの?
だったら端的にそう言えばいいのに、
「冤罪無しとして」なんて表現をするから意味わかんなくなるんだよ。

「冤罪無しとして」では、
「冤罪は起こり得ない」ということなのか、
「冤罪は起こり得るけど無視して構わない」ということなのか、
「そもそも冤罪という概念を一切考慮しない」ということなのか、
どういう趣旨なのかさっぱりわからないでしょ。

359 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 15:52:27.98 ID:jVBizfDn
>>348
そ。どうせ死んだら冤罪の晴らしようがない。「死刑だろうが終身刑だろうが」ね。
廃止は冤罪による死の根本的な解決ではなく、単にそれを「防ぎやすくなる」だけだってこと。

「事象Aは条件α下でも条件β下でも起きる」「事象Aは条件α下ではやや起きにくい」と言う状態を
「事象Aは条件βの『特徴』」「条件βにシフトすれば事象Aを解決できる」というのは、それこそ屁理屈の部類じゃなかろうかね?

>>349
んむ? いや、法的知識を前提にして語ってくれて全然かまわないよ? 
学生としては不勉強な類だったが、君が何を言っているか理解できない程ではない。
○○論〜とかの名前は粗方忘れたがね。

ああ、ただし「法律論ではこれが正しいので、常識感覚や現実にそぐわなくてもかくあるべし」と言うのは
在学中から大嫌いな話だったのでな。君がそれをやりたいなら「ウンザリした」議論になるかもね

360 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 16:01:04.01 ID:ggQ9SYCs
>>359
法律論としての正しさが理解できたなら別にもういいや。
社会通念や常識感覚だけに依拠した議論は嫌いなので。
これにて終了ーってことで。

361 :それって:2011/09/11(日) 16:12:28.16 ID:7UUwljA8
この程度の事も事細かに設定しないと理解できないという事でこの人の頭の程度はよくわかると思う
冤罪が無い前提だ、仮にいくつかの可能性が重大な意味をもつならそれ毎に答えればいい

ただ、もうこの人のレスみてもあまり意味ない事がわかったので、これに対するレスは不要

この調子でいくと、結局、冤罪を含まない事ができるかどうかとか、その方面に話がそらされる展開が見えている

きっとこれに答える事が不利になるのであろう、あまりにもつまらない

私は理論を楽しみたいのではない、一つの物事の効果がどうなるかのよりリアルな未来を予測したいだけ
どんなに多数の人に支持され、その当時頭がよいといわれた人に支持されたかもしれない天動説には興味がない

362 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 16:12:30.63 ID:gwt58ehP
そもそも人間に絶対性なんてものを求めるから冤罪がどうのなんて話になるんだろ。
完璧でいようという理想の追求は結構だが、完璧なんてものは机上論でしか存在し得ないんだから、冤罪死刑の可能性も、死刑にする以外に方法がない犯罪者の存在可能性を含めて死刑を肯定するのが一番合理的だ。

363 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 16:16:31.75 ID:ggQ9SYCs
>>361
いや、頭の程度は確かに仰るとおりかもしれんが、
誤判のおそれ以外の理由を紹介することくらいはできるんだけどね…。

まあ、黙れと言うなら以後黙るけど、
せっかくいろいろ考えたのにちょっとショボーン

364 :それって:2011/09/11(日) 16:40:11.29 ID:7UUwljA8
という事で、コテもつけられない理論の世界に生きている愚かな死刑廃止論者が一人いなくなるようなので、
(有利な話の展開でないと出てこないし、説明もできない、実は黙れとかくるなとか言われて姿を消したいみたいだし)

持ち上げていた相棒あたりがコテつけて、逆に庶民wにも判りやすいようにレスしてみればいいのでは?
(多分本人より数段劣る可能性の方が高いかもしれないが)


残りの死刑廃止論者でもそうでなくてもいいので、もう少しまともなレスを展開してください

最後に
これは決して死刑廃止論自体を否定している訳ではなく、稚拙なレス(私が思う)をする論者に納得できなかっただけなので
誤解なきようにお願いしたい

365 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 17:01:15.70 ID:vesV97oP
いっそID:jVBizfDnがレスしてはどうだろうw
似た者同士で話が合うと思うんだがw

366 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 17:37:27.32 ID:jVBizfDn
>>360
ふぅむ。所詮、法律が人の被造物である以上は、
法律は、人の社会を円滑に回すために存在するべきであると思うがなぁ。

法律論に耽溺した結論なんてのは、技術屋の自己満商品みたいな物だろうよ。

というか、前から思ってたけど、社会通念や常識感覚を嫌ったり
ヴァルキュリエどのは、法源や制定の経緯については興味が余りないようですなぁ

>>365
さて、かのヴァルキュリエどのは物腰が柔らかい分、
どうも君のような直接的で下卑たグルービーが沸くねェ
…まぁ、他人の見下し方が、どうも不可思議なぐらい同じレベルではあるが。

さて、俺は何にどんなレスを返せばいいんだい?
言っておくが、俺は存置論者だ。
廃止論についちゃそれなりには網羅してるが、熱弁してあげるほどの義理はないから、簡単に退くぞ?


367 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 18:03:37.64 ID:vesV97oP
>>366
あの見下しっぷりがそそるんだよww

368 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 21:56:07.40 ID:SYGHy7bc
またお姉さん頑張ってたのか。
一生懸命聞かれた事に答えてたのに気の毒になぁ。






369 :名無しだけど@外国人参政権反対! ◆l.80bfQFyI :2011/09/11(日) 22:20:27.57 ID:GT2p8Z2h
飯塚事件と足利事件
足利事件そっくりの事件で、冤罪を訴えた人が死刑に
http://www.watv.ne.jp/~askgjkn/iiduk.htm

俺は、いつもどおり、コテハン付けて書いているけどね。

俺の場合、左翼と違うのは、終身刑は制定しようねってとこかな。
とにかく、日本のような民主国家に死刑制度はいらない。
それが、外交上、とてつもないマイナスになっているから。

靖国神社は守って当然だし、そこは欧米でも分かる連中には分かるし、一歩も譲っては
ならない問題だが、プライドを知らなくなった戦後日本人に説明するのは骨が折れる。

370 :名無しさん@3周年:2011/09/11(日) 23:48:42.59 ID:I8c0HgSE
>>369
終身刑が実質運用出来れば即解決なんだけどね
それが出来ないから代替案が死刑しかないわけで・・・

シベリアなり北朝鮮に強制送還&永久強制労働
とかの現代版島流しが出来れば他国ともウィンウィンなんだが

371 :名無しさん@3周年:2011/09/12(月) 00:13:29.60 ID:XbaVOGTI
凶悪現行犯に対しては残虐刑で対処すべき。
故意に殺人を犯した者に人権などない。
オウムのクソ麻原や光市母子殺人のクソ野郎などは市中引き回しの上、
鞭たたき、火あぶり、水牢、指詰め、爪はがし、ノコギリ引き、
ありとあらゆる残虐刑を科すべき。
なんで麻原などに税金使ってメシ食わさんといかんのだ!!
貧乏で野垂れ死にしているホームレスがいるのに!!
許せん。

372 :名無しさん@3周年:2011/09/12(月) 00:16:11.60 ID:+3iVNQxz
司法板で負けた連中がまたスレ立てしたのか?

373 :名無しさん@3周年:2011/09/12(月) 03:07:26.46 ID:5Duhtao8
お前ら現役無期懲役囚、美達大和の著書でも読めや。

374 :名無しさん@3周年:2011/09/12(月) 16:11:54.96 ID:cioOtGIk
★過去10年の法相と死刑執行数
森山眞弓   6人
野沢太三   2人
南野知惠子  1人
杉浦正健   0人  ※信教により署名拒否
長勢甚遠   10人
鳩山邦夫   13人
保岡興治    3人
森英介     9人
---政権交代---
千葉景子   2人  
柳田稔     0人
仙谷由人   0人
江田五月   0人
平岡秀夫   0人

★政権交代前 5.4人/年  ★政権交代後 0.9人/年

◆結論: 民主党は職務怠慢! 無能集団!

375 :名無しさん@3周年:2011/09/12(月) 17:56:50.99 ID:rKqf4X3R
千葉景子は、後の奴らはずるいと今ごろ思っているはず。

376 :名無しさん@3周年:2011/09/12(月) 19:45:10.23 ID:XbaVOGTI
残虐殺人鬼の確定犯に限り裁判かっとばしてスピード死刑。
時間と労力と税金の無駄。
この税金を復興にまわせばどれほどの命が救われる(た)か?
どれほど回復が早まったか?
地震や水害で明日の暮らしもままならない人がいるのに
囚人どもは血税でのうのうと生きている。
何が更生だ。
犠牲になった人はお前らの更生のために生まれてきたんじゃない!
何が精神鑑定だ!そんなもの必要ない!やるだけ無駄!
精神病んでいてもまじめに生きている人はたくさんいる!
一部の勝手な人間に振り回されている使えん法律は改正すべき。

377 :名無しさん@3周年:2011/09/12(月) 21:04:13.96 ID:m1o+GoWe
話は脱線するけど
こうのような予測不能の大災害で、刑務所が壊滅的打撃を受けて
それこそ死刑レベルの凶悪犯罪者が野に放たれたらどうなるんだろう
冤罪がないのも言い切れないがこれもいいきれないなとふと考える

378 :名無しさん@3周年:2011/09/13(火) 23:54:47.58 ID:mg6MF7Ls
無期懲役=期限が無い懲役刑(期限が無いだけで出所可能)
終身刑=死ぬまでぶち込む

全く違うだろ?
どこが同じなんだ?

379 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/14(水) 00:36:46.15 ID:7PTopQ/G
 譬え人非人とて国家が人を殺すのが野蛮と言う程人権主義者なら、一所懸命努力しても生ききれない人を一人残らず、テメイの金を出してやって何故救わない。
 朝鮮人の凶悪犯を死刑にしない為に「死刑廃止論」を言う、此偽善朝鮮人供!

380 :名無しさん@3周年:2011/09/14(水) 00:54:35.37 ID:Pd0/SYaq
終身刑の運用が難しいなら、加算量刑で収監しよう。
犯した罪を合計したら、懲役500年になったとかいうアレ。
「被告は犯行当時、極度の精神ナンタラであって、責任能力はなかった」とか、
右から左に無罪にされたら被害者や社会はたまったもんではない。
人間の車検制度を要求する。
責任能力の無い精神異常者を勝手に歩き回らせるな。


381 :名無しさん@3周年:2011/09/14(水) 10:17:21.11 ID:ctX7AlCq
◆死刑の存廃検討 新機関設置意欲 平岡法相 (西日本新聞9/14)

平岡法相は13日、報道各社とのインタビューで死刑制度について「国民的な議論や
問題提起を受け止める場を考えていきたい。死刑囚は本当はみんないい人ばかりだ」
と述べ、国民が参加して制度の存廃を決める機関が新たに必要との認識を示した。
具体的な方法は「今までの議論をおさらいした上で考えたい」とし、国会に死刑問題
の調査会を設けたり、法務省内の勉強会に国民が参加したりすることも選択肢の一つ
だと述べた。法務省によると、死刑の是非をめぐる判断に国民が直接関わる制度は
国内では例が無い。

382 :名無しさん@3周年:2011/09/14(水) 13:04:20.35 ID:Zk3OLr38
120人の死刑囚を生かすのにかかる経費を誰が負担してるの?
平岡をはじめ死刑反対論者が私財でも寄付してるのかね?

さっさと死刑にするか、生かすなら経費を全額負担するかきめろよ。
大体絞首刑なんて野蛮な方法が間違いなんだよ。

裁判所で死刑確定後法廷から直接火葬場に死刑囚を連行し縛り付けて
生きたまま火葬しちゃえばいいだろ?
刑務官が釦を押したり、死刑囚の薄汚れた死体を片付けたり、医者が
死刑囚の脈をとったりくだらないことしてるんじゃないよ。
時間と労力の無駄だ。さっさと刑法改正しろや。


383 :アラフォーはまだまだ若い:2011/09/14(水) 13:54:44.89 ID:4Xr36Zx+
120人の死刑囚を終身刑にするだけなら、国民一人あたり1円も払わなくても住むよ。

384 :名無しさん@3周年:2011/09/14(水) 14:00:17.42 ID:5Z58GpzF
死刑廃止すると受刑者一人当たり年間248万円の税金が使われる|ニコニコ速報
http://ameblo.jp/nico-soku/entry-10642173280.html

現在、日本国内では確定死刑囚は8月現在で107人に上る。
一方、2008年の刑務所の収容人員は7万6881人だった。
では、刑務所の受刑者にはどれくらいの費用が掛かっているのだろうか。

平成20年度版犯罪白書によると、受刑者は、その体質、健康、年齢、作業等を考慮して、
必要な食事及び飲料(湯茶等)が支給されるほか、日常生活に必要な衣類、寝具、日用品等が貸与又は支給される。
1日の食費は、成人受刑者一人当たり421.50円だった。
これに服代、医療費などを合計し、受刑者1人当たりにかかる生活経費は1日当たり平均約1310円だという。月額で約3万9000円、年間約47万8000円となる。

また2007年に刑務所内で作業に従事していた人は、約6万7500人で歳入額は約58億円だった。
年間では1人当たり約8万6000円となる。
作業の収入は国の収入となるが、作業に従事した受刑者には釈放時に作業報奨金が支給される。
1人1カ月の平均作業報奨金計算高は、4098円だった。

これらの受刑者の生活経費には、刑務所施設の維持費や国選弁護人の費用などは含まれていない。
08年に財務省は、再犯性が高い受刑者に対して再販防止策を講じて社会復帰を促すことで、
治安の回復を図ることを狙いとして、受刑者1人当たりの年間予算として約248万円を計上していた。
もし死刑が廃止された場合には、毎年1人につきこれだけの税金が費やされることになる。

これら受刑者に掛る費用はすべて税金でまかなわれており、その金額は決して少なくない。
一方で、国際的には死刑は人権侵害にあたるとして、死刑制度の廃止する国も増えている。
今回の刑場公開がきっかけとなって再び議論が行われるのか、今後の動向が注目される。

2 名前: エンジニア(西日本) [sage] 投稿日: 2010/09/05(日) 22:50:24.41 ID:GPgLZL0c0
ん?
俺の生活費より多くね?


385 :名無しさん@3周年:2011/09/14(水) 17:05:47.88 ID:k7E83WJL
       __     ,' な
    ,.. '"  ,:   ̄ ヽ、、! に
   ,.' , /. / l |、 、  ゙'.|. 言
  l ,' iーエ'、 ヽ;゙ー- l、:.  |  っ
  l !//l:::::i  l::::ヽヽ`i :、!  て
  lヘj 、::ノ  、::::リ  | lナ|  ん
   〈 "     ¨ " | レ゙|  の
   l>...._ ,.‐-、 _,,.ィi ⊂.  ?
    | :,イヽ`ニア:/iヽ'  |
    |./ ゝzヽ会't'' ヽ:i ヽ._/
    /          ヽ :|

386 :名無しさん@3周年:2011/09/15(木) 08:50:11.68 ID:YRrezILb
死刑が犯罪抑止にはならないというのは
どう考えたって嘘だよな。
死刑があるせいで防がれている凶悪犯罪がいっぱいある筈。
それで救われる命があるんなら
凶悪犯の命なんて惜しくない。
治安のためのコストだよ。
罪のない一人の市民の命を救うため、
何十人の凶悪犯の命が費やされたってかまわない。
どうせ凶悪犯なんだし。

死刑廃止論者は死刑になった奴がどんだけ酷い事やったかは
理解しないんだろうな。宇都宮の放火殺人事件なんて人間の
やる事じゃねぇぞ。女性店員6人を縛った挙句に店にガソリンまいて
火を付けて焼き殺したんだから。その癖被告の篠沢和男は
「死刑とは残酷な物です・・・」だって・・・・・。お前のやった事の
方が残酷だろ!こいつの死刑執行の時案の定福島瑞穂が死刑執行するな!
と騒いでいやがった。「被害者の6人はその様な事を望んでいない」
相変わらず脳ミソがお花畑だな、このババアは。

387 :名無しだけど@外国人参政権反対! ◆l.80bfQFyI :2011/09/15(木) 09:34:27.36 ID:MdIosfxH
南鮮が、長年死刑執行していない実質死刑廃止国として、ならずもの国家のクセに欧米で重宝され
日本は不当に低い扱いだ。
死刑囚にかかる費用の何万倍もの利益を日本から奪い、死刑囚の数倍の自殺者を毎年出しているだ
けだ。
日本の死刑制度を煽っている南鮮工作員がかなりいる。

凶悪犯は、終身刑制定して一生、獄からださなければいいだけ。
冤罪では、たったの一人も処刑させてはならない。

人権侵害救済法案は単なるサヨクの言論弾圧法案だから断固反対だ。

388 :小手半:2011/09/15(木) 14:10:33.07 ID:i0mrQmVg
死刑制度の抑止力って、別に抑止効果が数字で実証されなければならないものでは
ないかと思うんだけど…
そもそも犯罪抑止効果って期待されるものであって、
実証されなければ、使い物にならない、ということにはならないだろ
今のところ抑止効果は期待されているんだから、「今のところ」妥当な制度
といえるんじゃないの?

389 :小手半:2011/09/15(木) 14:22:26.61 ID:i0mrQmVg
ただやっぱりおれが思うに、人間の感覚っていうものは、「なれてしまう」
ものだから、
やはり抑止効果というものはあくまでも一時的なものにすぎない
のではないかと思う
ただやはり国民は法律に対し、制度に対し、「安心」を求めるから、
とりあえず今現在の死刑制度は、抑止効果が機能していて期待されているし、
正しいかどうかで考えれば、やはり正しいとはとても断言できないけど、
でも現状から考えるに、死刑制度は今のところ安全な制度として成り立っているから
「妥当」な制度であるとは言えると思うよ


390 :名無しさん@3周年:2011/09/15(木) 16:06:26.31 ID:c5ZMIi6P
120人の死刑囚を生かすのにかかる経費を誰が負担してるの?
平岡をはじめ死刑反対論者が私財でも寄付してるのかね?

さっさと死刑にするか、生かすなら経費を全額負担するかきめろよ。
大体絞首刑なんて野蛮な方法が間違いなんだよ。

裁判所で死刑確定後法廷から直接火葬場に死刑囚を連行し縛り付けて
生きたまま火葬しちゃえばいいだろ?
刑務官が釦を押したり、死刑囚の薄汚れた死体を片付けたり、医者が
死刑囚の脈をとったりくだらないことしてるんじゃないよ。
時間と労力の無駄だ。さっさと刑法改正しろや。

391 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/15(木) 16:30:48.90 ID:70Df+HmJ
 死刑廃止論者は其れを言う前に先ず一度殺されてみろ!

392 :小手半:2011/09/15(木) 17:13:31.41 ID:i0mrQmVg
殺されたら元も子もねぇだろ
あほか?お前

393 :ジャッジ:2011/09/15(木) 18:31:46.10 ID:qO9QxI2d
ここ迄で明確になった事

ここに出て来る死刑廃止論者の死刑廃止の大きな理由は

・冤罪を含む可能性があるから

という事のみ
あとは、死刑廃止は刑罰そのものがなくなるにもかかわらず、
冤罪ではない凶悪犯罪者について死刑を実施しない理由については、全くといって良いほど語られていない
まさか現行犯でも目の前で複数の人間が見ていてもそれが間違いである可能性があるみたいな話になるのだろうか?
確かに多数がぐるになって一人を陥れる可能性も無いとはいわないが
(もしそうでも本人もずっと認めてたらほぼ間違いはないのではないか)

394 :ジャッジ:2011/09/15(木) 19:32:50.49 ID:qO9QxI2d
死刑による凶悪犯罪抑止効果について

ここに出て来た死刑廃止論者の論理では、一方で死刑というものを二度と回復不能な状態であると
他の刑罰と一線を画する刑罰としている、この事が一般的な死刑の認識であるのならば
逆になぜ抑止効果がないのであろうか?

これによると死刑というのは前述のように特別な刑罰と一般にも認識されるにもかかわらず
凶悪犯は、その事に対する他と一線を画する恐れ等により、さけようとはしないのだろうか?
抑止効果がないというのは、その辺のバランスがとれない気がする

それは凶悪犯(人の命を奪うような人)は、死刑があろうとなかろうと同様に凶悪な犯罪を犯すという事なのか?
追い詰められた人が死刑の可能性を意識し、他の手段や捕まる危険を冒しても殺人等は思いとどまる事はないのだろうか?
それとも犯罪を犯す人間の種類が変わって総量は同じになるという事なのだろうか?
(死刑有ならAタイプの3名とBタイプ1名、死刑無しならAタイプ2名とBタイブ2名のように)

抑止効果がないと判断された時の見解が知りたい

その答えにもよるがもし死刑があろうがなかろうが凶悪犯罪を犯す人は犯し、そうでない人はそうならない
という理屈は信んじられない
(人間は簡単に金に目がくらみ、与えられた地位等により別人となる、刑罰の違いによる影響を受けないとは考えにくい)

395 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/15(木) 21:43:41.74 ID:70Df+HmJ
>>392
薄馬鹿糞食いてふ賎土人。テメイが殺されれば殺人犯など死刑にせねばわかると言っているんだよ。この乞食。書き込むな。チョンのくせして。

396 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/15(木) 21:46:05.54 ID:70Df+HmJ
日本の凶悪犯の100%てふ賎土人である。
要は奴等は区論棒と一緒で、まともに文化一つ持て無かった土人だったのだ。

397 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/15(木) 21:47:20.03 ID:4IE6dqe9
 だから、死刑廃止論者は100%てふ賎土人である。

398 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/15(木) 21:49:17.05 ID:4IE6dqe9
世界で一番野蛮なてふ賎土人が死刑を野蛮だとは笑止千万ビリーバンバン。

399 :名無しさん@3周年:2011/09/15(木) 22:00:56.36 ID:3aWQ58le
凶悪犯を死刑にしてしまえば、少なくとも凶悪犯罪を犯す可能性の高い人間が一人減る。
死刑のかわりに終身刑にすれば良いという意見が出るかもしれないが、終身刑ならば「刑罰は犯罪者の更生のためでもある」という大義名分は無意味になる。

400 :小手半:2011/09/15(木) 23:21:25.54 ID:i0mrQmVg
物の価値とは感覚の刺激度によって決まってくる
例えば高級食材がやがて頻繁に手に入るようになると、人間はもはやそれを「高級」
な食材とは感じなくなり、高級食材ではなくただの食材になる
要するに感覚が「なれて」しまう

これを死刑制度に当てはめるのならば、かつては特別だと思われていた「死刑制度」といった
特別な制度はやがて時間の経過とともに「特別」ではなくなってしまう
例えば殺人犯がもし自殺願望として自ら死刑を望み他人を巻き込む者が
増えればもはや抑止力としての死刑制度は何の意味もなさなくなる



401 :小手半:2011/09/15(木) 23:24:14.53 ID:i0mrQmVg
要するに抑止力はそれを意識する人間次第で無意味なものになるということです
だから抑止力が今後効果が継続されるとしたら、むしろ逆に死に対する意識が強すぎるために
殺人を発生させやすくなると考えられるのではないでしょうか

私はちょっと気になったのですがここにいる死刑存置論者方は「死刑制度」というものを
ただ単に「恐怖心によって殺人を抑止するもの」としてしか認識していないのでしょうか?
もしそうだとしたら上で言った通りのことが起きてしまいかねないのですが…


402 :小手半:2011/09/15(木) 23:26:44.97 ID:i0mrQmVg
なぜ死刑制度を「殺人者」限定のものにしてしまっているのか理解しかねます
そもそも死刑制度とは殺人者のためにあるものではなく、市民の罪意識をより強くし、
「殺人者」をつくらないためにあるものなのではないでしょうか?
私は少なくともそう思うのですが、あなた方は死刑存置、廃止派とわず、
死刑といったものをただ衝動を「抑える」ための装置としか考えられていない
のではないでしょうか。


403 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/15(木) 23:28:05.65 ID:4IE6dqe9
>>401
おい、てふ賎土人。懸命だな。テメイの兄弟を死刑にしたくないのか?
ふざけるな。本来兄弟であっても、そんな凶暴な奴は、身内で殺しておくべきである。

404 :小手半:2011/09/15(木) 23:34:07.50 ID:i0mrQmVg
仮に殺人を犯してしまう可能性のある犯罪者のためにあるものであるといっても、
犯罪者はまだ殺人者ではないのですから、殺人に対する罪意識は最低限備わって
いるかと思いますよ?


405 :小手半:2011/09/15(木) 23:42:39.35 ID:i0mrQmVg
殺人というものは理性が保てなくなって「起きてしまった」ものと、
逆に理性によって計画的に「起こす」ものと二通りあります。
しかし理性によって起こす計画的な犯行はすでに「罪」を認めてしまっていて、
「見つからない」と確信したうえでの犯行ですので、この場合抑止効果は期待されるとは
とても考えられません。
なぜなら死刑制度という立派な装置があるにもかかわらず、
すでに罪を認めてしまっているのですから「機能」しても意味がないんですよ(笑)


406 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/15(木) 23:46:41.69 ID:4IE6dqe9
>>405
愚だ愚たと理屈にもならぬ言い訳をしてないで、監獄行ってテメイのてう鮮土人の兄弟に「“死刑にしてください”と言え」と言って来い。

407 :ジャッジ:2011/09/16(金) 03:15:23.09 ID:0NpB9wKc
>>400
>>401

いくつかあるがとりあえず

慣れの問題についていえば、繰返し体験できない事について同等に考えられるものなのか?

また、そちらの言葉でいう理性の中で死刑になっても敢えて殺人をおかすという選択を行う
特殊な人間(この例が自殺願望者?)が死刑になった場合と死刑にならなかった場合で
その一歩手前の状態の予備軍が殺人を犯す選択をするか、とどまるかもついて考慮されていない所がおかしい


抑止効果は、その効果により、その集団の継続生活の中で相対的により減らす事ができるかだ

その事前に止められない特殊な1人の人間について防ぐ事ができないから防げない、効果が無いというのが
かなりの考慮不足と考えられる

単純にいえば、あなたの考えは目先の1事象の結果にこだわり、集団としてのその後の事象の考察がされていない
意味有無や抑止効果はまさしくこの辺が重要なポイントとなる

408 :ジャッジ:2011/09/16(金) 03:29:56.32 ID:0NpB9wKc
>>402
これは前にも書いたがあなたの自身もそれにしたがって正しく考察していない

あなたの考え方でいけば、あなたは全ての殺人を未然に防ぐ方法を考えなければいけない
そのあなたの解決法が市民の罪意識を高くする事で実現できるとも思えない
(この理由は後にあなた自身も示している)

自分としては、抑えるだけでなく償うもの及びその集団が有益に継続していく為の手段等

409 :ジャッジ:2011/09/16(金) 03:36:39.75 ID:0NpB9wKc
>>404
言いたい意図がよくわからないが、殺人を犯していないその可能性のある犯罪者が
殺人について死刑がある場合とない場合で等価に意識するとは考えにくい
(あなたは慣れという理屈で説明したようだが前レスでの指摘した通り納得がいかない)

410 :ジャッジ:2011/09/16(金) 03:59:37.07 ID:0NpB9wKc
>>405
これは前のレスで述べた理性によって死刑になると承知した上でも殺人を起こす人の例であり
この場合、本人に期待して殺人を防ぐ事ができない

この人は罪意識が感じられないと考える事が妥当であるが、仮にそうでないと考えた場合
犯罪を犯すまで特定できず、個々に事情が異なるこの特殊人物に、死刑以上の共通的な内容で
罪意識を感じさせる必要がある
(少なくとも終身刑より死刑の方が罪意識感じさせる可能性は高いと考えるのが常識的と考えるが)

最後に部分について、前で述べた通り抑止力の考え方に誤りがあると思う

411 :ジャッジ:2011/09/16(金) 04:41:13.94 ID:0NpB9wKc
>>400>>401>>402>>404>>405

まず、返した各レスの内容を把握してほしい

結局、死刑を廃止した方が廃止しないより、市民の罪意識を強くして抑制効果があると言っているのだろうか?
それとも、どちらも大差がないという趣旨なのだろうか?(そうだとすればレスした理由等によりそうは思えない)

法律は集団がより快適?な状態で存続していく為の決まりであり、
集団の中でおかしくしたバランスを元に戻す、又はよりよい方向性に進める為のものと思います

人間は一歩誤まれば、意図して殺人を起こすという人も含まれるあまり崇高でない集団なので
その集団としてのバランスを元に戻す等に死刑という制度は必要という事です

ここでは直接殺人を例に取っていますが、集団全体を存亡の危機に晒す行為について
それがある程度の偶然により未然に防がれた場合においても集団のバランスとしての死刑は必要と考えます

412 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 09:34:22.37 ID:iK6MGyjz
なぜかIDがコロコロ変わる倭人w
在日チョンの工作みたいだな。

413 :小手半:2011/09/16(金) 14:01:39.97 ID:KPxmfkBj
ジャッジさん、
体験することがない市民において、感覚の慣れはあり得るのか?とのことですが、
もし仮にあくまでも死刑制度が恐怖心を与えて犯行を踏みとどまらせるものだと
いう程度のものならば、当然恐怖感覚の刺激は殺人件数次第で、薄まってきます。
逆に恐怖の刺激が強すぎるために、ただでさえ日本という国には
自殺者が多いのですから、巻き込み型の犯行者が続出してくることは特殊な例
だとは必ずしも言えません。

果たして理性を保てないでいる殺してやりたいという欲望と、
後の死の恐怖との板挟み状態にいる人間に
「死刑にされるからやめとけ」という理由だけで踏みとどまるものなのでしょうか?
ただ犯行をあおっているようにしか思えません。


414 :小手半:2011/09/16(金) 14:07:00.16 ID:KPxmfkBj
私が言いたいことというのは、
死刑制度は恐怖による抑止装置の役割に本質があるのではなく、
「罪」意識を強めることに本質があるのだということです。
その例に、すでに罪を認めてしまっている人間には、
つかまっても見つからないという確信がありますので、「恐怖心」は克服されてしまっている
だから「恐怖を与える」ことには何の意味がないと言っているのです。
理性が備わっているということはそれだけ罪に対する意識も理解できるはずです、
しかし死刑制度があくまでもあなた方の言う「恐怖による抑止効果」にしか、
意識がないとするのであれば、もはや死刑制度としての存続の意味は今後ありません

415 :小手半:2011/09/16(金) 14:08:33.35 ID:KPxmfkBj
まだ抑止効果が期待されているのは、それは市民や犯罪者に、「罪の意識」が
残っているからです。
それはやはり死刑制度のおかげというべきでしょう。
しかしあなた(方)のような、法律をただの衝動を抑えてくれる「親代わり」
としてしか受け止めていないのであれば、もはやこの世に死刑制度がある意味が
なくなるでしょうね。


416 :小手半:2011/09/16(金) 14:23:14.77 ID:KPxmfkBj
果たして市民はただ死ぬことを恐れて人を殺さないのでしょうか?
人間は人を殺してはいけない理由を知らないような、まるで獣のごとき
愚かな生き物なのでしょうか?
あなた(方)は国のルールがなければ、人を平気で殺せるんですか?
ルールがあるからただ人を殺さないのですか?

特にジャッジという方はいったい法律を何と思われておられるのでしょうか…
とても理解しがたい光景です。
まるで「罪」に対する認識がありません。





417 :小手半:2011/09/16(金) 14:41:56.15 ID:KPxmfkBj
ちなみに特殊な例云々についてですが、
そもそも「殺人者」というその時点で特殊な例でしょう
その中であたかも特殊ではない普通の「殺人」があるというのは、言葉の
用い方として適切ではありません。

まぁ一言言わせてもらうと

「お前ら話にならないよ」





418 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 19:47:01.59 ID:WCbdJwxV
小手半さんは返されたレスの内容をよく理解されてないと思う

419 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 20:09:31.98 ID:q5lQXc8E
あーあ、これだから2chはやだわー。
お互いが自分が言いたいこと言ってるだけで、議論が全然かみ合わない。

たまにまともな人が書き込んでも、
おかしな決めつけと罵詈雑言で続けて書く気なくして、いなくなっちゃうし。

あとどうしても気になるんだが、
朝鮮の仮名遣いは「てふ」じゃなくて「てう」だからね。

420 :小手半:2011/09/16(金) 20:37:22.89 ID:KPxmfkBj
>>418
ジャッジさんが理解していないと思います。
まず私は別に「罪意識」を根拠に死刑制度を廃止すべきだとは主張して
いません。
私の言わんとしているところの根幹部分は「もしかりに抑止力が恐怖心を与えるものだということを前提とするのならば」
というところにあります。


421 :小手半:2011/09/16(金) 20:40:15.65 ID:KPxmfkBj
>>419
独りよがりな主張になってしまうのはどうしても仕方のないことだと思います。
2chは文字数、書き込み数が、荒らし対策によって限られているので、
どうしても具体的な主張ができず、曖昧な内容になってしまいがちです。
ですが自分の言いたいことがはっきりとわかっているのならここまで曖昧には
ならないのではないでしょうか。
できればこの手の議論はメビウス掲示板で行いたいものですね。



422 :小手半:2011/09/16(金) 20:56:55.14 ID:KPxmfkBj
ちなみにルールはバランスを保つためにあるものだとジャッジさんはおっしゃられて
おりますが、私は死刑制度は「法律」として適当か、それとも不適当かという
ことを言っているのではありません。
「安心な暮らし」を保つためだということはすでに>>388-389で了解済みです。
私はそのような観点から死刑制度は廃止されるべきだと考えているのではありません。
あくまでも死刑制度は「正しい制度」かそれとも、「間違った制度」なのかを
観点に申し上げています。
というか、今現在死刑制度を廃止しろと言われてもできないですよね?

おふた方が誤解なされておられるのはここの部分なのではないでしょうか?


423 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 21:02:49.27 ID:53OFiSAi
コテつけなきゃ参加しちゃいけない流れなわけ?

とりあえず出発点は>>349みたいだから、それに答えると、
死刑が、誤判の場合に回復不可能な刑だというのは、
それほど一般的な認識ではないんじゃないかな。
上の方で、無期懲役でも獄死すりゃ同じみたいなこと言ってた人もいたし、
少なくとも、専門的な理解としては死刑は特別な刑だけど、
一般人の感覚はかなりアバウトだからね。

それと、死刑に威嚇力(抑止力)がないというのは、
結局、統計的にみてそうだからとしか言いようがないんだけど、
強いて「なぜ?」ということを考えるなら、
まあ、犯罪者は基本的に捕まらない前提で犯罪を行うからでしょ。

424 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 21:03:48.03 ID:53OFiSAi
まちがったw
>>394でした

425 :小手半:2011/09/16(金) 21:11:25.44 ID:KPxmfkBj
まぁ要するにあれですよ
死刑制度について議論する場合、冤罪の可能性だとか、抑止効果の実証性だとか
そんな人間の不確かな認識能力について語り合っても何の進展性もないという
ことですよ。
もっと「死刑制度」について、自らの考えを示していきませんか?
みなさんはただ真偽のわからないような周りの情報を頼りに死刑存廃を
主張しているにすぎません。
なぜもっと自分の考えで主張しようとは思わないんですか?
死刑制度が何よりも扱っている問題というものは「人間の尊命とはなにか」
でしょう。
なぜこんな大事なところには目を向けずにソースやデーターにばかり
目を向けるんですか?
だからいつまでたっても質の低い議論にしかならないんですよ?自覚ありますか?




426 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 21:18:41.98 ID:53OFiSAi
「人間の尊命とはなにか」って具体的にどういうことなのか聞きたいなあ。
ちなみに「尊命」って言葉は初めて聞いたけど、
一発変換されたから、どっかでは使われてる言葉なのね。

427 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 21:25:01.30 ID:q5lQXc8E
デジタル大辞泉の解説

そん‐めい 【尊命】

他人を敬って、その命令をいう語。ご命令。

428 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 21:28:08.49 ID:53OFiSAi
あーあーあー、「ご尊名承りました」とかいう使い方ね。

429 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 21:30:33.78 ID:53OFiSAi
てことは、あれかな。
小手半て人は言葉の選び方がちょっと変わってるのかな。
「罪意識」というのもなんだかよくわからない表現で、
いわゆる規範的障害みたいなことを言ってるのかと思えば、
微妙に違うみたいだしよくわからんちん。

430 :小手半:2011/09/16(金) 22:02:07.06 ID:KPxmfkBj
失礼しました
尊命ではなく、尊厳でした

しかし言葉を一つ間違えたからと言ってその人の主張のすべてが否定される
ことにはなりません。
むしろ言葉の使い方に一生懸命な配慮を行っているということは、
その人の内容に対する無関心さが表れております。
まぁもっともそういった方のおかげでつまらない議論でも楽しめる
ことができるのでしょうが。
下らない議論には揚げ足取りはつきものですからね。
まぁこのスレを盛り上げられるよう頑張ってくださいな。
少なくとも私は期待しておりますよ。

431 :小手半:2011/09/16(金) 22:23:35.75 ID:KPxmfkBj
私は「罪」を人間の本質として意味しています。
「罪」は生まれた時から誰にでもあるものであって、
誰でもいつ罪を犯してもおかしくはありません。
だからこそ人間はその「罪」を理性によって自分で抑え込まなければならない。
私の言っている「罪」「意識」とはつまり、「原罪」と、それをコントロールする「理性」の二つを
示しています。
死刑制度はあくまでも「原罪」を意識するためのきっかけにすぎません。
我を保ち、理性的に生きていくのは本人次第です。


432 :小手半:2011/09/16(金) 22:28:17.22 ID:KPxmfkBj
ではここで新たな出発点を用意しましょうか。

「殺人者に生きる権利はあるか?」

433 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 22:51:45.29 ID:53OFiSAi
いや、揚げ足取りってわけじゃないよ。
誤字脱字は全然構わないんだけど、
耳慣れない言葉を使われると、
全体として何が言いたいのかよくわからなくなったりするじゃない。

で、殺人者に生きる権利はあるかって、
そりゃあ、あるに決まってるじゃない。
生きる権利というのは人権そのものなんだし、
人権である以上は死なない限り消滅することはないでしょ。
もちろん、人権は絶対無制約の権利というわけではないので、
内在的な制約はもちろん、外在的な制約が許されることもあるんですが。
死刑が外在的制約であることは当然だけど、
ではそれは許されるのかという問題提起は当然ありうるよね。
許されないと考える人にとっては、それが死刑廃止の根拠になるね。
だけども、許されると考える場合でも理論的根拠がそれなりにあるね。
だから、ここが対立軸になると水掛け論になっちゃいがちではあるね。

434 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 22:59:21.56 ID:udSoI+yt
>>432
俺は無い、もしくは著しく優先度が下がると考えるなぁ

まず「殺人者」を「殺人を行った者」ではなく「(習性として)殺人を行う者」とするならば、無い。
殺人者は、不特定多数の他者の生きる権利を侵害するというその性質において、自身の生きる権利を失う。

次に、仮に「殺人者」を「殺人を行い、今後殺人を『絶対に』行わない者」とする。
この場合はその生存は不特定多数の他者の生きる権利を阻害しないが、
殺人者が幸福になる順番は、殺人を行わない人間のより後回しになるだろう。
で現世は神の国と違い、殺人を行っていない人間すら、寒空の下で飢えて死んでく厳しい世界だ。

いや、人間がどれだけ無茶苦茶をやっても神による救済がある、とするならば
「彼らにも生きる権利があるのですッ」ってのも良いけどさ。
神様に頼らず、人間自身の手で幸福になれる人間をふやしたいなら
殺人の性質をもつ、あるいは経験がある個体を、他の個体を犠牲にしてまで生かす理由なんてあるのかな?

435 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 23:01:26.94 ID:53OFiSAi
あと、>>431はいかにも宗教的・哲学的過ぎてなんだかよくわかんないかも。
「罪」は生まれた時から誰にでもあるとか言われると、
まるで坊主の説教を受けてるみたいな?
そこに何か理論的根拠はあるんだろうか。
それがないとするとどうしても独りよがりな感を拭えませんが…。

436 :名無しさん@3周年:2011/09/16(金) 23:56:47.49 ID:udSoI+yt
>>435
つか、神父の説教そのものだわな。
人間が罪をおかすのは、本人の意思じゃなく、身のうちにある原罪そのものであり何とかかんとか。
正直、信者じゃないからそれ以上は知らん。

創世記の方では、神様に背いて知恵の実を食った=自分で善悪を考えるようになったのが「原罪」だそーで。

437 :名無しさん@3周年:2011/09/17(土) 00:06:48.02 ID:SFjSKsa/
まあ、宗教的な理由から死刑の是非を論じる人は多いけど、
宗教が宗教である以上普遍性には欠けるのだから、
宗教の教義から発した主張も当然普遍性に欠けますわな。
教条的な議論は建設的とは言えない。

「罪」とは端的に罪責のことで、
人の行為が刑法上どう評価を受けるかの問題として捉えれば
十分なんじゃないの?
少なくとも、『死刑制度廃止スレ』においては。

438 :ジャッジ:2011/09/17(土) 00:38:38.97 ID:aZvwaSoT
>>413
食べ物は何度も繰り返して食べる体験が出来るが死はできないでしょという意味
死刑は恐怖心だけではありません、自分が相手にしようとしている行為に近い事を
自分にされた場合を気が付かせる可能性の高いものです
全てとはいわないが、これを意識する事で自分のしようとする行為を認識できる可能性が
他の方法より高いと思います

あなたは自殺と他者への凶悪行為を同一に捉えているのもおかしいと思います

私は、死刑を十分認識した上で、それがあろうがなかろうが凶悪犯罪を犯す人は常に存在すると考えています

あなたは死刑をもって止められないこのような人達をとめるすばらしい案をお持ちとは思いますが
(ずっとレスを読んでもよくわからないし見当たらないのですが)
私にはこの特殊な方達の行為を事前にとめる事はできません
死刑は、これに対するその後の集団としての方向性を保ち、これら特殊な人達の一歩手前の状態の人達に
その先に進まないようにする手段として、現実的に効果の高い方法の一つと考えます

死刑にされるからやめとけが犯行をあおるというのは凄い考え方だと思いました
そんな特殊な反応を基本に考えると、集団としての有益な方向性は出てこないでしょう

439 :ジャッジ:2011/09/17(土) 01:05:17.80 ID:aZvwaSoT
>>414
いくつかのレスに書いていますが、あなたはずっと特殊な犯罪一つがとめられるかを基本に書いています
理想としては無くせればいいのですが現実的には防ぎきれません
死刑制度は、その前提に立って、その集団として今後凶悪犯罪を減らすひとつの効果的な方法と認識しています

何度も書きますがあなたはその起きてしまった一つが止められなかったという事だけをもって
それにより、防げた事や今後防げるであろう事を考慮せず否定している

もうひとつ言っておけば死刑は恐怖だけでなく、前レスでもした通り、
自分の行為を正しく認識できていない凶悪犯罪者に自らをその立場を想定させ
気付く機会を与える効果もあります

>>415
抑止効果は罪意識ではないと思います
もっと自己本位な損得勘定の方が圧倒的に多いと考えます
法律は衝動を抑える道具とは考えません(これもレスで何度も書いていますが)
集団の存続としての現実的な解決策でありバランス、償いの意味合いも大きいのです

>>416
集団にはいろんな人間がいます
あなたの論法によく出てきますが特定の人をさして駄目だからという否定、それはおかしいのです
ルールがあるから犯罪をしないのか、それは人によりますが、そういう人はあなたの想定以上に多いと思います

法律の考えは何度も述べたとおりです、うまい言葉で説明できていませんが
集団が有効に機能し存続していく為の決まりです
罪に対する認識っていったい何を指していますか?意味がよくわかりません

440 :ジャッジ:2011/09/17(土) 01:18:32.48 ID:aZvwaSoT
>>417
凶悪犯罪を犯したものの中でも特殊性は存在します
例にある殺人についても、あなた自身の言葉にでてくる罪の意識を持つ者と持たない者

冷静に状況を説明し把握してそれが明らかに誤っている事であっても罪の意識を持たない人は
少なからず存在し、決して全ての凶悪犯罪者が一律に同じという事ではありません

441 :ジャッジ:2011/09/17(土) 01:47:24.29 ID:aZvwaSoT
>>425
これは私に向けられたものではないと思っていますが
私は、前に出て来た理論者とは違い、かなりの部分で自分の考えで語っていますよ
その為、かなり突っ込み所も大きいという欠陥がありますし、端的に説明できていません

>>431
あなたの理論はわかりましたが、そのあるべきものが理論どおりにならなかった場合の
対処方法のひとつが法律の存在理由の一つなのでは?

本人次第として本人に期待していくという、あなたの考えを適用していくと
理性をコントロールできない人が理性コントロールを駆逐して、そんな人が多数の集団になりそうです

そうならない方法は、何らかの方法により、理性をコントロールできない人を変えていかなければいけない
その手段のひとつが法律であり、その中の一つが死刑なのであるが
ここまでにあなたは、あなたの持つそれより効果的なその方法が述べられていません
(ここまで来るとあとは宗教くらいで、小手半さんの考え方もそのベースが強そうに感じられます)

442 :ジャッジ:2011/09/17(土) 02:09:17.37 ID:aZvwaSoT
>>432

「殺人者に生きる権利はあるか?」という事であるが

正直言って、私の主張は、死刑存続であるが殺人=死刑ではありません
どこで線を引く問題はあるが、無くすという選択肢はおかしいというもの

そして、まず殺人者という事で人くくりにする事はおかしい

凶悪犯罪において健全な集団の方向性に影響を与える者で
他の人間の生きる権利を奪った者、それを大きく脅かす者は、それを償う義務があり、
その中に当人の死という選択肢も含まれる

集団において権利は義務とも関連して存在するものであり
権利があっても義務により失う事もある

これを持って何を言おうとしているのかは判らないが
単純に権利だけだと何事も成立たないのは想像可能だと思う

443 :ジャッジ:2011/09/17(土) 03:23:52.77 ID:aZvwaSoT
私の主張の中にも、最初から完璧な結果が得られない前提のものもある

もしかすると、死刑廃止論者の人も凶悪犯罪者によっては例外的に当てはまらない人もいるかもしれない
ただ、その例外的な割合がどの程度なのかと、それ以外について廃止する事による効果、影響が
よくわからない

実際どう考えているのかが知りたい

それともやはり全て犯罪者においてなんだろうか?

そうだとすれば、女子高生コンクリート詰め殺人事件のような例で犯人を死刑にしない意味を
説明してほしい(これは未成年で実際死刑にもならず刑期満了で出所迄しているようだが)
他にもっと判りやすい例があればそれで

ちなみに私は精神異常者の犯行において死刑適用が免れる事についても大きな疑問がある

444 :名無しさん@3周年:2011/09/17(土) 07:20:45.58 ID:SFjSKsa/
>>443
>ちなみに私は精神異常者の犯行において死刑適用が免れる事についても大きな疑問がある

何故?

445 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/09/17(土) 08:13:40.07 ID:7DOfER5s ?2BP(1700)
>>444
精神異常者を特別扱いするのは差別ですよね。

446 :名無しさん@3周年:2011/09/17(土) 10:23:32.53 ID:AhIcF9KQ
レスが変な方向に進まないようにした方がいいかも
流れ的にもっと重要な箇所が盛りだくさんのような気がする

447 :名無しさん@3周年:2011/09/17(土) 12:23:30.30 ID:JJD2iVGx
外患誘致罪と内乱罪から、早く死刑条項を無くしてください!

448 :名無しさん@3周年:2011/09/17(土) 12:46:48.21 ID:2nBWhTSD
死刑が無くなってもいいと思えることは一つだけあります。
拷問しながら生きながらえさせる、加害者が殺して欲しいと思えるように、生きることが苦痛になる事が刑罰だと考えます。
さっさと殺したら駄目!

449 :名無しさん@3周年:2011/09/17(土) 13:05:11.68 ID:3OJhBihq
>>448
残虐な刑罰は禁止されてるぜ?

あと、収監者を痛めつける人や設備に払う金があったら、
さっさと殺って、浮いた金で救うべき人を救った方がいいと思うんだ。

450 :名無しさん@3周年:2011/09/17(土) 13:10:14.22 ID:kqsLgHS7
画期的なアイディアが思いついたぞ。

囚人は、世界の死刑廃止国で共同して管理すればいい。

これぞ死刑廃止ネットワーク

451 :名無しさん@3周年:2011/09/17(土) 13:32:20.12 ID:2nBWhTSD
>>449
残虐な行為をおこなった者には適用され無い。

452 :名無しさん@3周年:2011/09/17(土) 18:03:30.39 ID:IjLN8u7Z

                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \      今月も死刑がない・・・ヒマすぎる
 _______ +      /:::::::::                 ヽ     執行手当2万円も連続休暇ももらえないよ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |     吊るす楽しみもなくなったし、
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |      もう、やだ・・・・死にたい
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~  


453 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 09:36:21.79 ID:z/q4u7wo
死刑制度「何か行動を」平岡法相
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20110917-836616.html
平岡秀夫法相は17日、山口市で講演し、死刑制度について「何か行動を起こさ
なければならない。そういう時期に来ている」と述べ、在任中に制度存廃の
是非も含めた国民的議論を進める考えを重ねて示した。
自らを「廃止すべしとの立場に立っているわけではない」としながらも、先進諸国
を中心に廃止の動きが加速している点を指摘。
議論の場の具体例として、省内で開かれている勉強会への国民参加などを挙げた。
犯罪被害者や遺族の処罰感情については「恨みを恨みで返すのは恨みの連鎖だ。
それよりは加害者への対応をより手厚くしなければならない」と述べ、救済策強化
の必要性を強調した。

454 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 11:32:46.27 ID:z/q4u7wo
死刑廃止論者は死刑になった奴がどんだけ酷い事やったかは理解しないんだろうな。
宇都宮の放火殺人事件なんて人間のやる事じゃねぇぞ。女性店員6人を縛った挙句に
店にガソリンまいて生きながら焼き殺したんだから。
その癖、犯人の篠沢和男は「死刑とは残酷な物です・・・」だって・・・・・。
お前のやった事の方が残酷だろ!
こいつの死刑執行の時、福島瑞穂が死刑執行するな!と騒いでいやがった。
「被害者の6人はその様な事を望んでいない」だって
相変わらず脳ミソがお花畑だな、このババアは。


455 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/18(日) 12:00:31.03 ID:Tz9jPUfU
>>454
 趙春華初め死刑廃止論者を縛ってガソリンまいて生きながら焼き始めてみたら、奴等死刑廃止論をそれでも唱えるだろうか?
 こいつ等狂っているとしか思えない。残酷極まりないことをした奴に残酷なことをするなとは。

456 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/18(日) 12:35:40.19 ID:Tz9jPUfU
内閣法
第一条  内閣は、国民主権の理念にのつとり、日本国憲法第七十三条 その他日本国憲法 に定める職権を行う。
2  内閣は、行政権の行使について、全国民を代表する議員からなる国会に対し連帯して責任を負う。

国家公務員法
(服務の根本基準)
第九十六条  すべて職員は、国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。

憲法
第七十三条  内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。
一  法律を誠実に執行し、国務を総理すること。
七  大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定すること。
15条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
第16条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。
第73条 内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。
1.法律を誠実に執行し、国務を総理すること。

第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

恩赦法
第十二条  特赦、特定の者に対する減刑、刑の執行の免除及び特定の者に対する復権は、中央更生保護審査会の申出があつた者に対してこれを行うものとする。

恩赦法施行規則
各条項参照


457 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/18(日) 12:39:36.78 ID:Tz9jPUfU
 詰まりテメイの職務をあの馬鹿てふ賎土人は全うしていないのである。
 野党の議員に此旨糾弾するように運動して、法を曲げて自分の責務を全うしない此薄馬鹿を罷免させよう!
 拡散願う。

458 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/18(日) 12:53:51.17 ID:Tz9jPUfU
野党各議員に送る文面は以下を参考として編んで貰いたい。
「平岡秀夫法相は17日、山口市で講演し、死刑制度について「何か行動を起こさなければならない
。そういう時期に来ている」と述べ、在任中に制度存廃の是非も含めた国民的議論を進める考えを
重ねて示した。 自らを『廃止すべしとの立場に立っているわけではない』としながらも、先進諸
国を中心に廃止の動きが加速している点を指摘。
議論の場の具体例として、省内で開かれている勉強会への国民参加などを挙げた。
犯罪被害者や遺族の処罰感情については『恨みを恨みで返すのは恨みの連鎖だ。それよりは “加
害者への対応をより手厚くしなければならない”』と述べ、救済策強化の必要性を強調した。まる
で兇悪死刑首が立派なことをしたかのような言い様である。」
此のような法を枉げる行為と死刑を執行しないと宣言したことは、憲法、国家公務員法、内閣法、
恩赦法等の定められた法務大臣の職務執行義務を赦されざるべく逸脱する行為であり、平岡秀夫法
務大臣を罷免させなければならない。ぜひ罷免の動議をお願いする。

459 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/18(日) 13:04:34.27 ID:Tz9jPUfU
自民党へのご意見
>>https://ssl.jimin.jp/m/contact

460 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/18(日) 13:08:14.17 ID:Tz9jPUfU
 2ちゃんねるに書き込むだけでは単なる愚痴の吐露で終わる。
 行動しなければならない。行動は無論“いって分からん奴等には天誅しか無い”野田が、地元議員などへの苦言も有効である。
 ぜひ、運動して貰いたい。拡散願う。

461 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 14:02:34.10 ID:6oIjBOYk
某トリップ付きコテさんのレスは見難いので廃止・存続の意見は問わずご遠慮してほしい
廃止論者の少しくらいはうなずけそうな理屈をききたい

462 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 14:09:39.51 ID:yOiaOZwp
120人の死刑囚を生かすのにかかる経費を誰が負担してるの?
平岡をはじめ死刑反対論者が私財でも寄付してるのかね?

さっさと死刑にするか、生かすなら経費を全額負担するかきめろよ。
大体絞首刑なんて野蛮な方法が間違いなんだよ。

裁判所で死刑確定後法廷から直接火葬場に死刑囚を連行し縛り付けて
生きたまま火葬しちゃえばいいだろ?
刑務官が釦を押したり、死刑囚の薄汚れた死体を片付けたり、医者が
死刑囚の脈をとったりくだらないことしてるんじゃないよ。
時間と労力の無駄だ。さっさと刑法改正しろや

463 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/18(日) 14:11:17.98 ID:Tz9jPUfU
>>461
>某トリップ付きコテさんのレスは見難いので廃止・存続の意見は問わずご遠慮してほしい
お前は誰で、誰に向かって言っているのかはっきりせい。
更に、如何いう根拠でふざけたことを言うものか!

464 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 14:16:13.62 ID:yOiaOZwp
   / ̄ ̄\
 /   ⌒ ⌒\〃             
 |    `ヽ/ ̄\〃 ∵. ・        ___
. |     ミ }    ー=- ̄ ̄=_   /     \
  |      >、_  __      /\:::::::/::::  \  倭人 ◆eKPWkfPmuIくたばれ
.  |    " ノ`ヾ}  \   ̄ ==/:<●>::::<●>:::    \  
.  ヽ        }     \    |   (__人__)       |
   ヽ     ノ       \   \   ` ⌒´     _/
   /    く. \      \   /ー 、   ,--´\
   |     \  \      \    \/   |  │
    |    |ヽ、二⌒)、      \   ./     | . |


465 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 14:18:55.37 ID:yOiaOZwp
>>463
            _       |    |
 \      ─ ̄ /       |_ _ |─
            /     ─ ̄|    |           _─
 / ̄ヽ     / _       |     |   _ _ ─ ̄
/    |    ∠- ̄ ヽ      |   ヽ、|
     |          |     |
    /     /ヽ、 /      ヽ_─ー
   ノ      ヽ_/

                          _    |         | _ \\       |
       _ ─ 、       _ _─ ー ̄ /   |       ─ー| ̄           | _
  _─ ̄     ヽ            /     |          |             | ̄
            |            /      |          |  / ̄ヽ、    _ |_
           /  _─ー 、    |       |/ヽ        |      /  /   | \
          /         )    ヽ      || ヽ    /  |  ヽ_     |    |  ヽ、
       ─ ̄       -─'      \    |   \_/   |    ─ー   \_ノ


466 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 14:20:01.57 ID:yOiaOZwp
★過去10年の法相と死刑執行数
森山眞弓   6人
野沢太三   2人
南野知惠子  1人
杉浦正健   0人  ※信教により署名拒否
長勢甚遠   10人
鳩山邦夫   13人
保岡興治    3人
森英介     9人
---政権交代---
千葉景子   2人  
柳田稔     0人
仙谷由人   0人
江田五月   0人
平岡秀夫   0人

★政権交代前 5.4人/年  ★政権交代後 0.9人/年

◆結論: 民主党は職務怠慢! 無能集団!

467 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/18(日) 14:20:13.95 ID:Tz9jPUfU
>>461
言いっ派為しでなく、はっきりせい!此屁垂れてふ鮮土人!

468 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 14:23:41.22 ID:yOiaOZwp
                  .ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

469 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 14:27:09.00 ID:dKupuDo8
確定死刑囚一覧 その1(121名)8月9日現在
-------------------------------------------------------------------
尾田信夫(マルヨ無線) 奥西勝(名張毒ブドウ酒) 大濱松三(ピアノ騒音) 袴田巌(味噌一家4人殺放火)
大道寺将司・片岡(益永=脳梗塞)利明(連続企業爆破)  浜田武重(福岡連続保険金) 綿引誠(日立女子中生)
渡辺清(娼婦連続4殺) 石田富蔵(埼玉2女殺) 関口(藤井)政安(殺し屋) 田村(宇治川)正(伊勢崎2女子中生)
金川一(主婦殺) 佐々木哲也(市原両親)   坂口弘(連合赤軍あさま山荘) 猪熊武夫(山中湖) 
大森勝久(道庁爆破) 藤島光雄(山梨新潟2連殺) 山野静二郎(不動産連殺) 秋好(大城)英明(内妻一家4殺)
広田(神宮)雅晴(警察庁115号)  松本美佐雄(3殺) 宮崎(藤波)知子(富山長野2誘殺) 村松誠一郎(宮代事件)
柴嵜正一(中村橋2警官殺) 高田和三郎(友人3殺) 松井(中村)喜代司(安中親子3殺)  松本健次(2強殺)
関光彦(市川一家4殺) 陳代偉・何力(多摩パチンコ) 横田謙二(川口バラバラ) 黄奕善(警察庁121号)
岡崎茂男・迫康裕(警察庁118号)   河村(岡本)啓三・末森博也(コスモリサーチ) 倉吉政隆(福岡連殺)
沢本(森本)信之(フィリピン女2殺) 間中博巳(同級生連殺) 佐伯(宮前)一明(オウム) 西川(金田)正勝(警察庁119)
鎌田安利(警察庁122号) 高根沢智明(群馬パチンコ) 松沢信一 堀江守男(老夫婦) 上田宜範(愛犬家殺人)  
久堀(田中)毅彦(右翼殺) 山口益生(古美術商) 豊田(向井)義己(静岡愛知2女性殺害)  松本智津夫(オウム尊師)
高橋和利(鶴見事件) 中山進(豊中2殺) 江東恒(堺夫婦殺) 石川恵子(宮崎2殺) 小林薫(奈良女児)
長勝久(栃木妻&友人殺) 高橋義博(医師ら生埋め) 松田康敏(宮崎連殺) 武藤(加納)恵喜(名古屋スナック)
松本昭弘・松本和弘(=糖尿盲)・下浦栄一(マニラ連続保険殺人)小林光弘(武富士焼殺) 西山省三(福山女強殺)
造田博(池袋通り魔) 中原澄男(組長射殺) 薛松(春日部中国人夫婦殺) 浜川邦彦(亀岡妻子殺)


470 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 14:27:55.80 ID:dKupuDo8
横山真人・端本悟(オウム地下鉄サリン) 後藤良次(宇都宮監禁)  小田島鉄男(マブチモーター) 庄子幸一(大和市主婦連殺)
古澤友幸(横浜3殺) 外尾計夫(佐賀長崎保険金) 林泰男(オウム地下鉄サリン) 服部純也(三島短大生焼殺) 長谷川静央(実弟殺)
松村恭造(親戚2強殺) 加賀聖商(伊勢原母娘) 上部康明(下関通り魔) 八木茂(本庄保険金殺人)  江藤幸子(須賀川祈祷)
幾島賢治(高岡市組長夫婦射殺) 松田幸則(松橋男女強殺) 神田司(名古屋闇サイト)  林真須美(和歌山毒カレー)
関根元・風間博子(愛犬家殺人) 小野川光紀(群馬パチンコ連続強殺) 宮城吉英(市原ファミレス射殺) 高橋秀(貸金業者殺害)
小日向将人(前橋市銃乱射) 早川紀代秀(オウム坂本弁護士一家殺害) 豊田亨・広瀬健一(オウム地下鉄サリン) 
窪田勇次(北見市資産家夫妻) 井上嘉浩(オウム) 菅峰夫(架空建設計画連続殺人) 金川真大(土浦9人殺傷通り魔)
新実智光(オウム) 大橋健治(大阪岐阜連続女性強殺) 吉田純子(久留米看護師保険金) 高尾康司(館山放火4殺人)
藤崎宗司(茨城2女性強殺) 尾崎正芳・原正志(大分替え玉保険金) 土谷正実(オウム) 熊谷徳久(横浜中華街店主銃殺)
鈴木泰徳(福岡3女性強殺) 小林正人・河渕(芳我)匡由・小森(大倉)淳(3府県連続リンチ4殺) 片岡清(広島岡山老人2人殺害)
小林竜司(東大阪大生リンチ殺人)  大倉修(コープしずおか同僚&妻殺し) 淵上幸春(宮崎口封じ連続殺人)
大山清隆(広島連続保険金殺人) 池田容之(横浜電動ノコバラバラ殺人) 津田寿美年(川崎アパート大屋ら3人刺殺)


471 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/18(日) 14:31:56.88 ID:Tz9jPUfU
 日本の治安と庶民の安全を図るなら、先ずは凶悪死刑囚の命乞いをするてふ賎気違いを総て殺しちまうことだな。

472 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 14:43:20.06 ID:dKupuDo8
      ,§
      ,§、 プラーン   
   ,ー./ハ,§
   〈:://二§_
  /ヽ  ヽ ヽ
  |:: |::..  |  |  死刑囚全員すぐに吊るせ!!!
.  |:: |:::.   |  | 
  〈:: 〉::   | / |
.  |:: |::   l  |
.  |:: |____∧_,|
  (((〈::: _ /  /)
   |::::  |::  |
   |::::   |::  |
.   |:: =|::: =|
    |::::  |::   |
.    |:::  ||:::: |
    |__,||__|
    /::__) /::__)
    / / /ノ,/ ))
    ~^~ ~^~


473 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 16:00:31.23 ID:dKupuDo8
    \
.       \
.       \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::      おせちも食べたいし
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::     バカな支援者からの差し入れや年賀状もあるし
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::      バレンタインチョコも捨てがたいし・・・
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::        まだまだ、死ぬわけにはいかないのです
   |l    | :|    | |             |l::::    
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::    それにしても、早くオンナよこせ!
   |l \\[]:|    | |              |l::::    
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::     
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::     
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
   l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::


474 :名無しさん@3周年:2011/09/18(日) 17:55:25.69 ID:oSFAPiMX
あーあ、死刑廃止論者のまともな意見に対するまともな回答が得られないまま、まともなレスが流されしまっている
死刑廃止論者は、このまともなレスに関する少しは納得できそうな説明のレスを早くしてほしい
それとも、自分達の考えの誤りに気付いて誤りを認めたという認識でいいのかな?

475 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/09/18(日) 21:34:37.51 ID:dUTxRHSU
>>474
 こんな馬鹿が兇悪犯行を誘引している。こいつ等はてふ賎土人はもっと日本民族を殺したいだけである。
 先ず、死刑囚を殺すと同時にこいつ等見つけて総て殺してしまおうではないか!

476 :名無しさん@3周年:2011/09/19(月) 06:38:06.67 ID:ZsoF4X8Y
   / ̄ ̄\
 /   ⌒ ⌒\〃             
 |    `ヽ/ ̄\〃 ∵. ・        ___
. |     ミ }    ー=- ̄ ̄=_   /     \
  |      >、_  __      /\:::::::/::::  \  倭人 ◆eKPWkfPmuIくたばれ
.  |    " ノ`ヾ}  \   ̄ ==/:<●>::::<●>:::    \  
.  ヽ        }     \    |   (__人__)       |
   ヽ     ノ       \   \   ` ⌒´     _/
   /    く. \      \   /ー 、   ,--´\
   |     \  \      \    \/   |  │
    |    |ヽ、二⌒)、      \   ./     | . |


477 :名無しさん@3周年:2011/09/23(金) 23:03:01.15 ID:4oekhlQg
>>462
>120人の死刑囚を生かすのにかかる経費を誰が負担してるの?
>平岡をはじめ死刑反対論者が私財でも寄付してるのかね?

被害者遺族が「自分が働いて収めている税金で犯人の死刑囚が生き延びていることが耐えられない」と言っていた。
死刑執行しなかった江田五月や、死刑を執行しないであろう平岡秀夫は、この遺族に「何故、死刑を執行しないのか」を説明する責任がある。



478 :名無しさん@3周年:2011/09/24(土) 16:31:19.30 ID:pRg6XLVg
覚せい剤で捕まったら死刑にしろよ
抑止力すごいぜw

479 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 00:04:14.92 ID:qzuKXL//
のりピーも押尾も小向も死刑だな。
あっ、あと加護ちゃんもw


480 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 00:06:48.65 ID:qzuKXL//
強姦犯や、幼女に猥褻な行為をした「変質者」も死刑にしろ。
生かしておいても、またヤルに決まってる。



481 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 01:34:58.53 ID:Bs3FSmCo
>>478
劣等民族(中国人)乙です。

482 :名無しさん@3周年:2011/09/25(日) 01:35:43.70 ID:Bs3FSmCo
大麻を解禁しろ。

483 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 18:33:59.67 ID:zGJKyft0
死刑制度反対論者は殺人被害者の墓前でプラカード持って叫んでこいやヘタレ偽善者が!

484 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/05(水) 18:55:11.35 ID:BNGCaLL5 ?2BP(1700)
>>483
あの腐れ外道共はそれくらいやる。
バカ左翼のバカさ加減を甘く見すぎですよ。

485 :名無しさん@3周年:2011/10/05(水) 21:11:21.80 ID:PgPQYOV8
★鳩山邦夫・元法相名言集(自民党)
「死刑確定後、6カ月以内に執行しないのは法律違反!」
「私のときにもっとたくさんやるべきだった。少なくとも30〜40人は執行すべきだった!」
「宮崎勤は私から執行の検討をしろと命じた!」
「こんな奴生かしておいてたまるか!」(宮崎勤死刑囚にたいして)
「更生の余地を考えてはいけない。犯罪そのものに目を向けること!」
「ベルトコンベア式に死刑執行が行われることが望ましい!」
「わたしの兄はバカだ」
「死刑を行わないことに民主党政権の左翼体質が如実に表れている。 
  民主党は120人の死刑囚の”仕分け”をすべきでしょう」

★平岡法相・迷言集(民主党)
「殺人犯にも人を殺すやむにやまれぬ事情がある。死刑囚みな善人!」

486 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 15:32:33.07 ID:hY8fhb7Q
★過去10年の法相と死刑執行数
森山眞弓   6人
野沢太三   2人
南野知惠子  1人
杉浦正健   0人  ※信教により署名拒否
長勢甚遠   10人
鳩山邦夫   13人
保岡興治    3人
森英介     9人
---政権交代---
千葉景子   2人  
柳田稔     0人
仙谷由人   0人
江田五月   0人
平岡秀夫   0人

★政権交代前 5.4人/年 → 政権交代後 0.9人/年
◆結論: 民主党は職務怠慢! 無能!

487 :名無しさん@3周年:2011/10/07(金) 22:30:56.97 ID:lwSRKts+

{`─────/\  r-─‐/\ r‐-|  7  
 `7  /ヘ| ̄アィ、   ´|  ||   | | :|  |
  /  /|  l  |/ \ r-'  Ll  .ヘ  |  |
 / /ミ'  l   /^~ `~|   「l  「l  .|  |  
 ´ (_   /|  |_/l   l  | |  | !_!|  |
  / / .l     ) /  / .|  | =ミ   | 
-=彡‐''´  `──‐''゙ /_,ィ'  '─゙  └‐‐'
                       _
 __|__  _|___ ヽヽ   /  \
 __|__   | __       │    │
   _|      |            ヽ  /
 <_| ̄\   | __.          │
                        〇


488 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 21:02:23.29 ID:YKLx9FsV
【裁判】 「絞首刑は残虐な刑罰を禁じる憲法に違反する」 5人が死亡したパチンコ店放火殺人 死刑の違憲性審理 大阪地裁
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1318158949/

489 :名無しさん@3周年:2011/10/09(日) 23:20:49.43 ID:l/jomfuv
もう判例あるし、31条の文理解釈からも死刑の合憲性はいえるから、
憲法訴訟で争うのはだいぶ無理筋ではあるけどね。
ていうか、一審で死刑判決が出た後、被告人が控訴した時、
違憲の主張も一応しておくってのは、わりとあることなんだろうか。
ないんだとしたら、最高裁でひとりくらい反対意見出す判事がいたら、
わりと面白いかなあ、と。

490 :名無しさん@3周年:2011/10/10(月) 10:37:58.97 ID:uxuEU4b9
法律は人々の行いだけを規定するものであって、心の持ちようまでは規定しないというのが宗政分離。


491 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 10:04:39.45 ID:iQCtDg6D
★鳩山邦夫先生名言集

「死刑確定後、6カ月以内に執行しないのは法律違反!」
「私のときにもっとたくさんやるべきだった。少なくとも30〜40人は執行すべきだった!」
「宮崎勤は私から執行の検討をしろと命じた!」
「こんな奴生かしておいてたまるか!」(宮崎勤死刑囚にたいして)
「更生の余地を考えてはいけない。犯罪そのものに目を向けること!」
「ベルトコンベア式に死刑執行が行われることが望ましい!」
「わたしの兄はバカだ」
「兄は菅さんに騙されたw」(菅辞任の約束を反故にされた件にたいして)
「わたしの友だちの友だちはアルカイダだ」
「いとこの妻のいとこが、龍馬の姉のひ孫」
「兄の嫁は国産だがわたしの嫁は舶来だ」

492 ::名無しさん@3周年::2011/10/12(水) 10:34:33.20 ID:G18DrXff
判例と言うと大昔の合憲の判例か
あれは時間の経過で死刑が違憲となる可能性が示唆されていたろう。

南京で何人切り殺したかが話題になる時代とは違うからな。

493 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 17:36:13.56 ID:hmIpt8n5
「絞首刑は限りなく残虐」元最高検検事が証言

大阪市此花区のパチンコ店放火殺人事件で殺人罪などに問われた高見素直被告(43)の
裁判員裁判の第12回公判が12日、大阪地裁(和田真裁判長)であった。
「死刑の違憲性」に関する審理が続き、元最高検検事の土本武司・筑波大名誉教授(76)
が弁護側証人として出廷し、検事時代に死刑執行に立ち会った経験から「絞首刑は限りなく
残虐な刑罰に近い」と述べた。元検事が非公開の死刑執行の実態を法廷で証言するのは異例で、
死刑制度を巡る論議に影響を与える可能性もある。
証言によると、土本氏が死刑執行に立ち会ったのは東京高検検事を務めていた時で、弁護側
の尋問に対し、「ガタン、と(死刑囚を支える)踏み板が外れる音がした。正視にたえない。
惨めで悲しい状況だった」と説明した。
また、自身が捜査した元死刑囚と文通していたことを明かしたうえで、反省や後悔をつづった
手紙を受け取って死刑に疑問を感じ、「当時の上司に『恩赦で執行を止められないか』と
相談したが、(死刑を)求刑した検察がそうするのは筋が通らないと言われた」と証言した。
死刑が憲法違反かどうかについては、〈1〉死刑囚の苦痛や身体の損傷の程度〈2〉一般人の
感覚でむごたらしいか――を判断基準にして考えるべきだと述べた。
今回の裁判で弁護側は、「絞首刑は残虐な刑罰を禁じる憲法に違反している」と主張。
和田裁判長は、死刑の違憲性は裁判官だけで判断し、裁判員の参加は自由と決定しており、
この日午前の審理には、裁判員6人中1人が欠席した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000582-yom-soci

494 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 18:10:19.34 ID:hmIpt8n5


絞首刑が残虐なら 火あぶり、ギロチンの死刑にしろ

495 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 19:25:02.32 ID:31d984kw
1966年(昭和41年)土本武司が検事として担当、裁判で死刑が確定した死刑囚は
長谷川武(22)。確定後、土本検事と長谷川死刑囚の文通が始まる。

★国分寺・主婦強盗殺人事件
無職の長谷川武が白昼、国分寺の一軒家に強盗に入り、主婦を刺殺し金を奪って逃走。
犯人が現場に残したスポーツ新聞の指紋から足がついた。
長谷川は駅前の販売台で新聞を売っている母親と二人暮らしだったが、勤めていた
塗装店を解雇されて投げやりな気持ちになり、遊ぶ金欲しさに犯行に及んだ。
昭和46年、長谷川の死刑執行後(27歳)、母親も電車に飛び込み自殺した。

当時の他の判例から見ても被害者一人の強盗殺人で無期懲役になった例も
多いので、よほど裁判で長谷川の心象が悪かったものと思う。
土本武司さん当時30、31歳の頃だから力みすぎて被告を死刑にしたけど、
獄中の長谷川死刑囚から後悔、懺悔の手紙など来て気が弱くなったのでは
ないか・・・?
おまけに死刑執行後に母親が後を追って電車に飛び込み自殺してるから
ますます土本さん落ち込んだんではないかなぁ

496 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 20:04:49.09 ID:/Fh6ouy/
>>494
ギロチンは人道的な処刑方法として開発されたものだし、
ギロチンでの処刑が絞首刑より残酷でないという考え方はありえるだろう。

しかし、火あぶりは・・・自殺方法の本で読んだが、相当苦しいらしいよ。

497 :名無しさん@3周年:2011/10/12(水) 21:01:34.20 ID:dT0n7phm
絞死刑は残虐だから無しにしようは、おかしな議論
残虐なら別の方法に変えるかというのを議論すればいい

498 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 03:12:47.80 ID:quHOgZNR
はいはい
欧米のように憲法改正しましょう
欧米のようにスパイ防止法作りましょう
欧米のように共謀罪作りましょう
欧米のように犯罪者はその場で射殺しましょう

499 :名無しさん@3周年:2011/10/13(木) 10:06:15.45 ID:SMs32NkY
◆死刑囚の食事メニュー(平成21年正月の献立・東京拘置所死刑房 小田島死刑囚ブログより)
http://knuckles.cocolog-nifty.com/
◎大晦日、夕食時に、年越そば(盛りそばパック)
◎1月1日(木)
 朝 白米丼飯、おせち折詰、紅白まんじゅう、大根なます、塩辛、味噌汁(キャベツ、サヤインゲン、麩)
 昼 白米丼飯、雑煮、(角餅3枚入)、イカ野菜炒め、昆布佃煮、コーヒー牛乳
 夕 白米丼飯、トンカツ、紅生姜、味噌汁(ネギ・ゴボウ)、練乳プリン
◎1月2日(金)
 朝 白米丼飯、鯛みそ、さつま芋甘煮、ミカン、味噌汁(長ネギ、ナス)
 昼 白米丼飯、うなぎ蒲焼、海草サラダ、すまし汁
 夕 白米丼飯、汁粉(角餅3枚入)、里芋、イカ煮物、桃缶、レモンテー
◎1月3日(土)
 朝 白米丼飯、豆佃煮、ナメコ春菊漬、リンゴ、味噌汁(ワカメ、ホウレン草)
 昼 白米丼飯、キナ粉、角餅3枚、キンピラゴボウ、キヤラフキ漬、甘夏ミカン
 夕 白米丼飯、天プラ(カボチャ、サツマイモ、エビ)、大根おろし、スパゲティ、タラ子炒、豚汁


500 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 17:42:54.51 ID:tJUptKQ6
大牟田の4人殺害、元組長親子ら全員まとめて4人死刑確定へ

福岡県大牟田市で2004年9月に起きた4人連続殺人事件で強盗殺人罪などに問われ、
1、2審で死刑判決を受けた元暴力団組長北村実雄(67)、長男の孝(30)両被告
の上告審判決が17日、最高裁第1小法廷であり、白木勇裁判長は両被告の上告を棄却した。
両被告の死刑が確定する。

この事件では、共犯として妻真美(52)、次男井上(旧姓北村)孝紘(たかひろ)(27)
両被告も1、2審で死刑判決を受け、最高裁で3日に上告が棄却されている。一連の犯行で
4人の死刑が確定するのは異例。
判決によると、4人は04年9月18日、知人の無職高見小夜子さん(当時58歳)と長男
の大学生龍幸さん(同18歳)、その友人の高校生原純一さん(同17歳)の3人を殺害。
また、孝被告は同16日、孝紘被告と共謀、高見さんの次男の高校生穣吏(じょうじ)さん
(同15歳)を殺害するなどした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111017-00000852-yom-soci

501 :名無しさん@3周年:2011/10/17(月) 20:42:20.18 ID:X5QZdLbo
いまは一人殺しただけでは残念ながら死刑にはならない
死刑囚になってるのは二人以上殺した犯罪者の中の犯罪者、
極悪犯の中の選ばれたエリート極悪犯だ。
たとえば女子大生や宝石店員たちを生きたまま焼き殺したヤツや
電動ノコで生きたまま生体解剖したような最低のヤツだ
こんな犬畜生でも「犯罪者にも罪を犯す事情がある!犯罪者はホントは善人」
と平岡法相はほざいてる。ざけんじゃねえよ!
死刑囚には落ちた瞬間に意識不明になるような現行の
絞首刑で楽に死ぬのはもったいなさすぎる。
そいつの犯行方法と同じ死刑執行をやるべきだ
焼殺犯には火あぶり、生体バラバラ犯には生体轢断を!
被害者の苦しみを味わわせてやれ!


502 :名無しさん@3周年:2011/10/19(水) 17:34:45.04 ID:ET9RCeB4
笑いながら楽しく快適に死なせてやれる技術を開発しようよ。
生きているより楽しい死なら問題あるまい。執行官も気が楽なようにな。

503 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 16:11:50.86 ID:IimrDvo8
福岡市の一家4人殺害、中国人被告の死刑確定へ

福岡市で2003年6月、衣料品販売業松本真二郎さん(当時41歳)の一家4人が
中国人3人に殺害された事件で、強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われ、1、2審で
死刑判決を受けた元専門学校生、魏巍(ぎぎ)被告(31)の上告審判決が20日、
最高裁第1小法廷であり、白木勇裁判長は魏被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

共犯の中国人2人は事件後、中国に逃亡した後、中国当局に起訴された。1人は05年
7月に死刑が執行され、1人は無期懲役が確定している。

判決によると、魏被告ら3人は03年6月20日、松本さん宅に押し入り、妻の千加さん
(当時40歳)、長男海君(同11歳)、長女ひなさん(同8歳)を殺害し、
約3万7000円などを奪った。さらに、帰宅した松本さんの首を絞めて瀕死(ひんし)の
重傷を負わせ、千加さんら3人の遺体とともに、福岡市東区の岸壁から海に投げ入れ殺害した。
尚、これで確定死刑囚は126人なった
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111020-00000815-yom-soci

504 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/10/20(木) 16:28:01.50 ID:r+bSsGXO ?2BP(1700)
おい民主党!
サボってないでさっさと死刑執行しろや!
後がつかえてんだよ!

505 :名無しさん@3周年:2011/10/20(木) 16:42:40.40 ID:IimrDvo8
★鳩山邦夫大先生名言集
「死刑確定後、6カ月以内に執行しないのは法律違反!」
「私のときにもっとたくさんやるべきだった。少なくとも30〜40人は執行すべきだった!」
「宮崎勤は私から執行の検討をしろと命じた!」
「こんな奴生かしておいてたまるか!」(宮崎勤死刑囚にたいして)
「更生の余地を考えてはいけない。犯罪そのものに目を向けること!」
「ベルトコンベア式に死刑執行が行われることが望ましい!」

★平岡法相・迷言集(民主党)
「犯罪者にも人を殺すやむにやまれぬ事情がある。人殺しはホントはみんないい人!」


506 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 04:36:24.45 ID:hhrLpIKa
民主党政権下での死刑執行は一回(2名)だけ・・・・・。


507 :名無しさん@3周年:2011/10/22(土) 08:46:07.81 ID:2oD0x//i
民主党政権になってから凶悪犯罪が減っている。
つまり、死刑をなくせば凶悪犯罪が減ることが証明できたな。

自民党時代=宅間、少年A、加藤、小泉、毒カレー、オウム
民主党時代=特に凶悪犯罪はなし


508 :名無しさん@3周年:2011/10/23(日) 00:48:05.52 ID:FanmURd0
>507
>民主党政権になってから凶悪犯罪が減っている。
>つまり、死刑をなくせば凶悪犯罪が減ることが証明できたな。

バ、バカですか?
「警察をなくせば犯罪がなくなる」と言っているに等しい。


509 :名無しさん@3周年:2011/10/24(月) 09:36:51.58 ID:cnfVZ5aM
10月24日(月曜)9:00〜9:54テレ朝系 

「たけしのTVタックル」

終身刑VS死刑存続でアホの亀井VSハゲ三宅が激バトル
あの平岡法相も乱入、三つ巴で場外乱闘。
たけしもびっくり

510 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 16:53:54.76 ID:7KgyNcHb
★平岡法相・迷言集(民主党)
「犯罪者にも人を殺すやむにやまれぬ事情がある。人殺しはホントはみんないい人!」

511 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 17:03:43.79 ID:X37OEeRv
平岡はただのキチガイ
マジで死ねば良い

512 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 18:33:20.32 ID:7KgyNcHb
 〜長生きしたきゃ死刑囚になろう〜
公費による完全看護、健康食、セキュリティ万全の住まい

◆死刑囚 ご長寿ランキング◆  2011.8月現在  
-------------------------------------------  
90歳 石田富蔵(埼玉2女殺)  
85   奥西勝(名張毒ブドウ酒)  
84   浜田武重(福岡連続保険金)  
83   大濱松三(ピアノ騒音)  
78   高田和三郎(友人3殺)  
77   高橋和利(鶴見事件)  
75   袴田巌(味噌一家4人殺放火)  

513 :名無しさん@3周年:2011/10/25(火) 20:42:33.90 ID:KE9VYRWg
確定後、6ヶ月以内に死刑執行しないのは刑事訴訟法違反!
タダ飯食わせるな!

★長期拘置死刑囚ランキング(2011年10月現在)
名前         事件名      死刑確定後    
---------------  ------------   ---------------   
尾田信夫(62)   マルヨ無線     40年11ヶ月     
奥西 勝(83)   名張毒ブドー酒   39年5ヶ月    
大浜松三(81)   ピアノ騒音     34年7ヶ月
袴田 巌(73)   袴田事件      31年0ヶ月    
大道寺将司(61)  連続企業爆破    24年8ヶ月    
片岡利明(61)   連続企業爆破    24年8ヶ月

514 :名無しさん@3周年:2011/10/29(土) 06:22:33.13 ID:VOquCywD
みたよ〜
なかなか

映画「ライフ オブ デビッド・ゲイル」(2003年:アメリカ)◇監督アラン・パーカー
冤罪をテーマに物語が二転三転する骨太社会派ドラマ。
ケヴィン・スペイシー&ケイト・ウィンスレットの豪華共演で贈る問題作。(字幕)
2011年10月28日(金) 27時20分〜29時10分
◇大学教授のデヴィッド(K・スペイシー)は妻子を愛する良き父親だったが、
レイプ殺人の罪で刑務所に入れられ死刑になってしまう。
彼は冤罪であることを証明するため死刑執行直前に雑誌記者ビッツィーの取材を受ける。
そのインタビューの中でデヴィッドの無罪を確信するビッツィーだったが・・・。
◇出演:ケヴィン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット


515 :名無しさん@3周年:2011/10/29(土) 11:07:05.53 ID:qJ8dEPMo
廃止派のバカ共よく聞け。

廃止論を展開しようと思ったら被害者の立場に立った廃止論を展開
しないともうダメだろ。いつまでゴキブリ側からの廃止論を展開する
つもりだ。キチガイ人権屋に至っては「殺人は交通事故のようなもの、
死刑は予告殺人で残虐」とか「少年の凶悪犯罪は少年時代の一コマ」とか、
こんな発言して遺族や世論の心が動くわけ無いだろw
キチガイ弁護士がゴキブリに代わって謝罪する、廃止派が死刑反対のデモ
する前に被害者遺族支援のデモをする。ゴキブリの支援団体が遺族にも
謝罪し支援する、遺族に謝罪し「被告はバカでDQNで人の気持ちが分らん
人間でどうしようもないクズで、どう謝っても償いきれるものではないで
すが、私たちは死刑以外の道を模索したい」と被害者遺族の心を動かして
みろよ。このような運動無くして何故廃止論が展開できるのか全く理解
できん。世界が死刑廃止の流れだからは言い換えれば日本の廃止派は何も
していない証拠。いつまで同じ手法で展開する?「憎悪は憎悪しか生まない」
なら北風と太陽の太陽になって、遺族の心を動かす努力をしてみろよ。
現在有るものを無いものにするにはパワーが居るんだよ。
今のお前らみたいな「死刑反対!死刑反対!」では何も変えられない。


516 :名無しさん@3周年:2011/10/29(土) 11:13:18.48 ID:qJ8dEPMo
{`─────/\  r-─‐/\ r‐-|  7  
 `7  /ヘ| ̄アィ、   ´|  ||   | | :|  |
  /  /|  l  |/ \ r-'  Ll  .ヘ  |  |
 / /ミ'  l   /^~ `~|   「l  「l  .|  |  
 ´ (_   /|  |_/l   l  | |  | !_!|  |
  / / .l     ) /  / .|  | =ミ   | 
-=彡‐''´  `──‐''゙ /_,ィ'  '─゙  └‐‐'
                       _
 __|__  _|___ ヽヽ   /  \
 __|__   | __       │    │
   _|      |            ヽ  /
 <_| ̄\   | __.          │

                        〇

517 :名無しさん@3周年:2011/10/29(土) 11:34:43.25 ID:87gUPcQU
だいたいヨーロッパは中世まで死刑を見世物にして市街地のど真ん中でやっていたじゃないか
魔女狩りやったり見世物で人の生き皮はいだりした歴史のある奴らに廃止論とか言われたくないね

518 :名無しさん@3周年:2011/10/29(土) 13:17:50.15 ID:KxQok8dT
歴史とか言っているやつって過去しか見れないのか?
後ろ向きの奴が多いよな。

あと、キリストを処刑したのは、拝金主義者のユダヤ人だしな。


519 :名無しさん@3周年:2011/10/29(土) 23:25:36.08 ID:ehk+fwt3
民主党政権は死刑囚の「いのちを守る政治」

520 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 11:27:43.12 ID:faac9Urx
2004年9月、大阪拘置所で死刑を執行され、宅間守は この世を去った。
おそらく拘置所の彼にとって意外だったのは、女性(吉岡)から求婚され、
結婚できたことだろう。
獄中結婚した30歳代の妻は、絞首刑のロープの跡がくっきり残る宅間の
遺体にすがりついて号泣し、一晩、遺体の横に布団を敷いて、添い寝をしたという。

宅間の骨を4つの骨壺に入れて、火葬場から すべて持ち帰った妻は、近く、
海の見える自分の故郷に、宅間の墓を立てるつもりだという。(週刊新潮)

521 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 11:29:26.68 ID:faac9Urx
★鳩山邦夫先生名言集

「死刑確定後、6カ月以内に執行しないのは法律違反!」
「私のときにもっとたくさんやるべきだった。少なくとも30〜40人は執行すべきだった!」
「宮崎勤は私から執行の検討をしろと命じた!」
「こんな奴生かしておいてたまるか!」(宮崎勤死刑囚にたいして)
「更生の余地を考えてはいけない。犯罪そのものに目を向けること!」
「ベルトコンベア式に死刑執行が行われることが望ましい!」
「わたしの兄はバカだ」
「兄は菅さんに騙されたw」(菅辞任の約束を反故にされた件にたいして)
「わたしの友だちの友だちはアルカイダだ」
「いとこの妻のいとこが、龍馬の姉のひ孫」
「兄の嫁は国産だがわたしの嫁は舶来だ」


522 :死刑廃止論者:2011/10/30(日) 12:20:48.58 ID:/L3dsNeU
鳩山邦夫を、中国で死刑にしろ



523 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 13:36:18.81 ID:54rlRBA4
>>521
愛すべき男だなあw

524 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 13:50:55.21 ID:ipxCSpzQ
死刑制度を維持したいだけじゃなく、死刑を執行してほしいという人々の
願いの根源がどこにあるのかが知りたいな。
生かしておいて税金の無駄だとか、被害者家族うんたらとかはいらんw

525 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 14:04:42.53 ID:ipxCSpzQ
ま、どうせやるならアメリカみたく公開すりゃいいのにな
ボタンもハンコも押したいヤツが押せばいいじゃん
陰の方で執行官なんかだけがトラウマになってあんま意味ないような気がする
死刑廃止論者じゃなくたってふつうの人はイヤだと思うんだ。法相だろうが執行官だろうが・・
ワシだって死刑は必要悪かもねと思いながらも、じゃ、これ押せと言われたらいややわ
だって現実、ヒトゴロシじゃん。犯人にとっての必罰でもいくら合法でもだからなんでワシがヒトゴロシになんなきゃなんないの?って
それ思うよ普通。歪んだ踏み絵だよな

526 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 20:15:25.97 ID:PzcwmYMV
死刑廃止論のためのガイドライン

■冤罪の可能性がある
 すべての刑罰に冤罪はあるので死刑に限って反対する理由にならない。
 さらに現行犯も死刑にできなくなる矛盾。
■命は取り戻せない
 取り戻せないことを論点にするなら時間も取り戻せない。
 ならば懲役も反対しなければダブルスタンダートである。
■死刑廃止は世界の潮流である
 嘘。死刑廃止は90国、死刑存置は97国。
 さらに、潮流とやらで内政を決定しなければならない理由は主権国家である以上まったく無く、
 仮にそうならば真っ先にあなたは9条の廃止と軍隊を持つように主張しなければダブルスタンダートである。
■抑止力が無い
 嘘。非常に大きな抑止力があると証明されている。(一件執行されるたびに殺人が5件減少する)
■国が殺人を容認するのはおかしい
 刑罰は殺人では無い。正当な司法である。ならば懲役は監禁、罰金は恐喝になる。
■犯罪者にも人権がある
 自然権以外の人権は国が保障したものであり国の法に反した者の人権を制限することは何も矛盾が無い。
■終身刑でいいだろ
 日本の刑務所は"満員"を超えて116%の収容率になっている。場所が足りない。税金も無駄。
 さらに、死刑になるような凶悪犯罪に対する罰がその程度では国民が納得しない。
 国勢調査で8割の国民が死刑を望んでいると出ている。
■自分がいつか殺人を犯すかもしれないだろ!
 犯しません。普通は加害者になることよりも被害者になることを心配します。
■刑務官がかわいそう!
 職業選択の自由が日本にはあります。
■野蛮!
 日本は世界のどの廃止国よりも犯罪率の低い国です。ちなみに廃止国は現場で射殺しています。
 日本では正当防衛で撃っただけで問題になります。


527 :名無しさん@3周年:2011/10/30(日) 23:41:01.02 ID:7/05DbQh
誰だこんな滅茶苦茶言ったのは

528 :思想独立 ◆rmyrh8seOg :2011/10/31(月) 05:03:28.86 ID:+mSbtd0v
お前らこのイラストについてどうおもう?
http://livedoor.2.blogimg.jp/netouyonews/imgs/1/b/1b71dcbb.jpg

>>518
たんに頭固いというか卑屈なんだろそう言うやつは。


529 :名無しさん@3周年:2011/10/31(月) 09:25:18.66 ID:roHVT5R7
確定後、6ヶ月以内に死刑執行しないのは刑事訴訟法違反!
タダ飯食わせるな!

★長期拘置死刑囚ランキング(2011年10月現在)
名前         事件名      死刑確定後    
---------------  ------------   ---------------   
尾田信夫(62)   マルヨ無線     40年11ヶ月     
奥西 勝(83)   名張毒ブドー酒   39年5ヶ月    
大浜松三(81)   ピアノ騒音     34年7ヶ月
袴田 巌(73)   袴田事件      31年0ヶ月    
大道寺将司(61)  連続企業爆破    24年8ヶ月    
片岡利明(61)   連続企業爆破    24年8ヶ月


530 :名無しさん@3周年:2011/10/31(月) 09:45:49.80 ID:IWqz2M+Z
>>528

>お前らこのイラストについてどうおもう?
台湾の国旗を、フランス国旗に変えるべきだと思います。

俺はフランスが大好きだから。

by 団塊ジュニア


531 :名無しさん@3周年:2011/10/31(月) 09:56:56.20 ID:7pwecdEv
存置派は、廃止する勇気がないだけ。

532 :名無しさん@3周年:2011/10/31(月) 18:46:25.34 ID:4D9Wpasl
★(ほとんど)左右対称の名前は死刑になりやすい法則発見!
平岡秀夫
千葉景子
森英介
金川一
山口益生
小林薫
山本開一
豊田亨
中山実
関幸生
北川晋 
岡下香 
車興吉 
森吉幸喜 
平田直人
富山常喜
金川真大
小林正人
土谷正実
若林一行
原平
北村真美
高見素直 ←いまここ

533 :終身刑を:2011/10/31(月) 20:30:30.58 ID:XQndP2v9
亀井のアホ(死刑反対派)が終身刑を導入?
終身刑で囚人を何十年に渡って税金を使って喰わすんだ
極刑でアッサリが一番じゃないか
極刑の囚人はそれに相当した犯罪を犯したのを忘れて欲しくない
絞首刑が残酷なら、アメリカの様に薬剤で極刑にすればいい、気持ちよく眠れて
気づいたら地獄だろうよ、これが一番じゃないの

534 :思想独立 ◆rmyrh8seOg :2011/11/01(火) 06:18:00.26 ID:U3CD+MAc
>>530
別にそういう事じゃないんだけどなw


535 :思想独立 ◆rmyrh8seOg :2011/11/01(火) 06:19:07.78 ID:U3CD+MAc
>>533
冤罪がある限り死刑制度は無くすべき。
中国やアメリカ、ロシアでは不当に冤罪で死刑が行なわれてる。
断罪するには日本国が死刑廃止するほかにない。

536 :sageロジスト:2011/11/01(火) 07:01:36.87 ID:pk7Wn7gT
日本が死刑やめたら、中国・アメリカ・ロシアの冤罪で死刑がなくなる
理由はない。
そんなアタマだから死刑やめろと言い出すのだ。おまえは死刑だ。

537 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 09:15:41.65 ID:TnqiVk2R
126人の死刑囚を生かすのにかかる経費を誰が負担してるの?
平岡をはじめ死刑反対論者が私財でも寄付してるのかね?

さっさと死刑にするか、生かすなら経費を全額負担するかきめろよ。
大体絞首刑なんて野蛮な方法が間違いなんだよ。

裁判所で死刑確定後法廷から直接火葬場に死刑囚を連行し縛り付けて
生きたまま火葬しちゃえばいいだろ?
刑務官が釦を押したり、死刑囚の薄汚れた死体を片付けたり、医者が
死刑囚の脈をとったりくだらないことしてるんじゃないよ。
時間と労力の無駄だ。さっさと刑法改正しろや


538 :だから:2011/11/01(火) 10:59:18.80 ID:RpTfNUrR
>>535
そうじゃないと思う
今の日本は直すべき方向性が間違っているものばかり
冤罪があるから死刑にしないより
死刑がとても大きな事だから、冤罪を生まないような方向に力を向けるべき

というか今迄のいくつかの死刑の冤罪で、これはわからなくても仕方なかったと思えないものが多すぎる
多くの部分で警察・検察側のミスが大きく、司法もそれを明確に指摘できていなさすぎる

亀井とか冤罪を基本に主張するのは、逆に死刑においても既に明らかな冤罪を認識しているからではないのか?
村木事件しかり
知れば知るほど、冤罪について改めるべきは、検察・警察と司法のあり方の方が大きすぎる

にわとりか卵かじゃないと思う、今は明らかにこっちの方に不備がありすぎだろ
それができた上でやっと話になる、それまでは検察・警察と司法、マスコミがずっと非難され続けるべき
人が命を奪う事に大変な事だと思え強さこそがその非難の大きさ強さにならなければいけない

539 :sage:2011/11/01(火) 12:58:54.56 ID:pk7Wn7gT
死刑が決まったら6ヶ月以内に死刑を執行するのが法律の約束なのに
それを守らず,グズグズ死刑執行しない法務大臣は義務違反だ。

ヒマな法律オタがそんな法務大臣を起訴しろ。

540 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 17:17:16.71 ID:zp4inK5l
★過去10年の法相と死刑執行数
森山眞弓   6人
野沢太三   2人
南野知惠子  1人
杉浦正健   0人  ※信教により署名拒否
長勢甚遠   10人
鳩山邦夫   13人
保岡興治    3人
森英介     9人
---政権交代---
千葉景子   2人  
柳田稔     0人
仙谷由人   0人
江田五月   0人
平岡秀夫   0人
★政権交代前 5.4人/年
★政権交代後 0.9人/年
◆結論: 民主党は職務怠慢!


541 :名無しさん@3周年:2011/11/01(火) 21:02:24.23 ID:dKz5swor
10/30時点 確定死刑囚 126人

11/18  中川智正 (地下鉄サリン) 最高裁判決
11/21  遠藤誠一 (地下鉄サリン) 最高裁判決
------------------------------------
年末時点        128人

おい、平岡法相! どうするつもりなんだ! 年末には128人になるぞ

「加害者にも人を殺す事情がある!」で税金で人殺しの三食昼寝付きの
生活を一生面倒みてやるのか?


542 :名無しさん@3周年:2011/11/03(木) 09:48:43.69 ID:9zvZcN4B
★過去36年の死刑執行
1975年(執行17名) 1976年(執行12名)1977年(執行4名) 1978年(執行3名)
1979年(執行1名) 1980年(執行1名) 1981年(執行1名) 1982年(執行1名)
1983年(執行1名) 1984年(執行1名) 1985年(執行3名) 1986年(執行2名)
1987年(執行2名) 1988年(執行2名) 1989年(執行1名) 1990年(執行0名)
1991年(執行0名) 1992年(執行0名) 1993年(執行7名) 1994年(執行2名)
1995年(執行6名) 1996年(執行6名) 1997年(執行4名) 1998年(執行6名)
1999年(執行5名) 2000年(執行3名) 2001年(執行2名) 2002年(執行2名)
2003年(執行1名) 2004年(執行2名) 2005年(執行1名) 2006年(執行4名)
2007年(執行9名) 2008年(執行15名) 2009年(執行7名) 2010年(執行2名)

(計136名、平均3.7名/年)

543 :名無しさん@3周年:2011/11/04(金) 09:16:31.21 ID:uOA7hJZi
死刑が残虐?またまたご冗談を。

被害者は(事件により多少異なるが)全く落ち度のない状態で
自分で稼いだ金で必死に生きてるところをいきなり暴力に晒されて痛み苦しみの中
後の準備もできないまま死んで行くんだぞ

一方犯人はしなくてもいいのにわざわざ自らその立場に立って
税金で飯食って理不尽な暴力など受けないまま過ごし
ある程度言付け等準備できてから苦しまずに死ねる

残虐どころかやったことに対する罰としては破格の待遇だと思うがね


544 :名無しさん@3周年:2011/11/05(土) 18:26:50.94 ID:KoQyOtpL
10/30時点 確定死刑囚 126人

11/18  中川智正 (地下鉄サリン) 最高裁判決
11/21  遠藤誠一 (地下鉄サリン) 最高裁判決
11/22  守田克実 (マブチモーター・警察庁指定124号事件)最高裁判決
------------------------------------
年末時点        129人

おい、腰抜け法相の平岡! どうするつもりなんだ! 年末には129人になるぞ

「殺人犯にも人を殺す事情がある!死刑囚はホントはみんないい人」
で税金で人殺しの三食昼寝付きの生活を一生面倒みてやるのか?

545 :名無しさん@3周年:2011/11/05(土) 18:52:31.30 ID:qVw180ia
まあ、やろうと思えば1日でゼロになりますけどね。

546 :名無しさん@3周年:2011/11/05(土) 20:27:04.04 ID:KoQyOtpL
〜アルバイト募集〜
職種  刑場での雑務スタッフ
内容  ボタンを押す簡単な仕事です
時間  @8:00〜12:00 A13:00〜17:00
場所  東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌、広島(全国に出張もあり)
給与  1押しにつき3万、@+Aは7万(精勤手当込み)
残業  対象者が暴れた場合は残業あり
その他 交通費支給、清めの塩無料、昼食・和菓子つき
     業務完了後は打ち上げ会あり(無料)
     刑死の死刑囚との記念写真可(有料)
条件  口の軽いかた不可
     暴れる囚人を制圧できる体力ある人歓迎


547 :名無しさん@3周年:2011/11/10(木) 13:45:14.93 ID:JMJnxh+/
控訴審の弁護人である松井武によると、麻原は東京拘置所における松井との接見の最中に
服の上から股間を擦り、さらに陰茎を露出させて自慰行為をおこない、射精に至ったという。
自分の娘たちとの接見でも自慰行為を行ったことがあった。
2005年8月、3人の娘と面会の際には麻原はせわしなく動かしていた手を止めると、
スウェットパンツの中から性器を取り出すとオナニーを始めた。
3人の娘たちが沈黙している不自然な空気を感じ取った看守が気付き「やめなさい!」と制止したものの、
3回ほど繰り返した。3人の娘たちは絶句したまま呆然と父の自慰を見つめたまま接見時間の30分が過ぎた。
精液の飛沫は娘たちの顔にかかったという。


548 :名無しさん@3周年:2011/11/10(木) 15:41:03.46 ID:JMJnxh+/
\          |     ┌─-┬──     |       、          |           /
 \      ┌─┴──  │┌-┴-┐     ̄|7       |         |  |        /
  \     │ |   |   │├──┤      |'/⌒i     |         |   |      /
   \    │-+- -+-  │ └-┬-┘     /|   |ー-、 |      ├ |  |    /
    \    │/|\ /|\ │ / │ \    /|   |   ) |   i  _|  |   |    /
     \  /  |   |   | /  |   \    |  ノ _ノ   、_ノ  (_ノ`   V    /
      \                                               /
       _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
     ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
     (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
    _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
  (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
   |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |     |   |
   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J


549 :名無しさん@3周年:2011/11/11(金) 00:18:13.52 ID:dBKL6Gqx
日本の裁判員制度は少しは進んでるからいいんじゃないか
冤罪あっても死刑は継続すべき
刑務官は介錯人にすぎない
一律切腹にしたら良いのでは?

550 :名無しさん@3周年:2011/11/15(火) 08:38:57.28 ID:qLmxO0/C
2011年11月12日現在、確定死刑囚は126名

11月の最高裁判決
11月18日 中川智正(地下鉄サリン事件)
11月21日 遠藤誠一(地下鉄サリン事件)
11月22日 守田克実(マブチモーター)
11月29日 兼岩幸男(名古屋2女性バラバラ)

※11月末には130名! 平岡はまとめて130名を吊るせ!

551 :名無しさん@3周年:2011/11/15(火) 10:53:58.67 ID:arjk0fhn
おい小池は?

菊池直子は?


552 :名無しさん@3周年:2011/11/15(火) 15:22:32.64 ID:KEAHMmnV
犯罪被害者宅に謝罪に行ったのは
衆議院の法務委員会で平沢勝栄議員(自民)が
平岡秀夫法務大臣に謝罪に行くように追及したから
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15983250

人に言われたから謝罪に行った、追及されなければ行ってなかった

553 :名無しさん@3周年:2011/11/19(土) 01:19:58.68 ID:Tu2ZPOfW
「逮捕されたときは極悪人で、無罪になったらヒーロー扱い。このマスコミっちゅうやつは…」

茨城県で1967年に起きた「布川事件」。今年5月に再審無罪となった杉山卓男さんの言葉

「記者会見でも言ったんだけど、マスコミ批判の部分は一切報道されないんだよな」


554 :名無しさん@3周年:2011/11/21(月) 19:57:07.87 ID:ST9UNjoS
オウム元幹部の死刑執行、法相が判断…官房長官
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111121-OYT1T01103.htm
藤村官房長官は21日の記者会見で、オウム裁判が全て終結したことについて、
死刑判決が確定した元幹部への対応については、「法相の責任において、
慎重かつ適正に判断される」と語った。

555 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/11/23(水) 00:39:28.38 ID:QTWFTzju
冤罪の可能性がある
→すべての刑罰に冤罪はあるので死刑に限って反対する理由にならない。さらに、冤罪を理由に廃止してしまったら通り魔や立てこもり犯のような現行犯も死刑にできなくなる矛盾が起こる。
命は取り戻せない
→取り戻せないことを論点にするなら時間も取り戻せない。ならば懲役も反対しなければダブルスタンダートである。
死刑廃止は世界の潮流である
→嘘。死刑廃止は90国、死刑存置は97国。さらに、潮流とやらで内政を決定しなければならない理由は主権国家である以上まったく無く、仮にそうならば真っ先にあなたは9条の廃止と正式な軍隊を持つように主張しなければダブルスタンダートである。
抑止力が無い
→嘘。非常に大きな抑止力があると証明されている。(一件執行されるたびに殺人が5件減少する)また、厳罰化の結果飲酒運転は激減しました。罰が重いほど罪を犯しにくいという結果が出ている。
国が殺人を容認するのはおかしい
→刑罰は殺人では無く法治国家における正当な司法である。ならば懲役は監禁、罰金は恐喝になる。
犯罪者にも人権がある
→自然権以外の人権は国が保障したものであり国の法に反した者の人権を制限することは何も矛盾は無い。
終身刑でいいだろ
→日本の刑務所は満員を超えて116%の収容率になっている。場所が足りない。税金も無駄。さらに、死刑になるような凶悪犯罪に対する罰がその程度では国民が納得しない。国勢調査で8割以上の国民が死刑を望んでいると出ている。
自分がいつか殺人を犯すかもしれないだろ!
→犯しません。普通は加害者になることよりも被害者になることを心配します。
野蛮!
→日本はどの廃止国よりも犯罪率の低い国です。ちなみに廃止国は現場で射殺しています。日本では正当防衛で撃っただけで問題になります。
中国や中東の人権侵害国家と同じだ!
→殺人、強姦等の犯罪を犯した者と、思想犯、宗教犯を一緒にするな。
神は人間が人間を裁くことを許さない
→法治国家全否定ですか。
死んだ被害者よりも生きている加害者を助けよう!そのほうがインテリ!
→んなこと言ってるから支持が得られないんだよ、犯罪者の味方さん。

556 :名無しさん@3周年:2011/11/28(月) 19:04:29.94 ID:Ozct3i7x
つうか万単位で自殺者出してるくせに国が殺人をどうたら言う政治家程腹立つことないわ。
毎年無実の人間を大量虐殺してんだろうがテメエ等は。

557 :名無しさん@3周年:2011/11/28(月) 20:06:41.22 ID:rZkwmqa9
【吉報】法務省麻原彰晃死刑囚の年内死刑執行を決定か?
http://www.news-postseven.com/archives/20111128_72614.html

558 :名無しさん@3周年:2011/11/29(火) 08:22:54.22 ID:ZDJxLUmA
★小倉監禁殺人 来月12日判決 松永被告上告審 (西日本新聞2011.11.29)

最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は28日までに、1996年から98年に北九州市で
監禁状態の男女7人が相次いで死亡した殺人事件で殺人罪などに問われ、1、2審で
死刑とされた松永太被告(50)の上告審判決を12月12日に言い渡すことを決めた。

共犯として1審で死刑判決を受け、2審では松永被告に暴力で支配されていたとして
無期懲役に減刑された緒方純子被告(49)については検察側が上告している。

いま現在死刑囚は129名!
こいつらは労役もせず三食、昼寝、読書、趣味の毎日
年末までに最高裁の判決は
11月29日 兼岩幸男(名古屋2女性バラバラ)
12月12日 松永太(小倉連続監禁バラバラ)

年末には131名。
平岡しっかり仕事しろ!公費の無駄だ!不良在庫をさっさと処分しろ!


559 :名無しさん@3周年:2011/11/30(水) 22:16:23.39 ID:rh91QLW4
★鳩山邦夫大先生 過去の名言集

「死刑確定後、6カ月以内に執行しないのは法律違反!」
「私のときにもっとたくさんやるべきだった。少なくとも30〜40人は執行すべきだった!」
「宮崎勤は私から執行の検討をしろと命じた!」
「こんな奴生かしておいてたまるか!」(宮崎勤死刑囚にたいして)
「更生の余地を考えてはいけない。犯罪そのものに目を向けること!」
「ベルトコンベア式に死刑執行が行われることが望ましい!」
「わたしの兄はバカだ」
「死刑を行わないことに民主党政権の左翼体質が如実に表れている。民主党は120人の
  死刑囚の”仕分け”をすべきでしょう」

560 :名無しさん@3周年:2011/12/01(木) 05:00:07.59 ID:mcFHFXRi
例え1人でも殺したら 殺人何だから 死刑にするべきなんだな本来は
それが 日本では 複数人殺さない限り 無期懲役になる 無期と言っても終身刑と違い期限付き 日本も終身刑を採り入れて犯罪者に厳しい法律に変えるべきだ 後は 少年法も改正した方が良い 凶悪犯には少年法は適用するべきではない

561 :名無しさん@3周年:2011/12/01(木) 18:19:27.70 ID:9mKEp9V6
俺が「死刑反対」って言ったらすぐ左翼だの人権論者だのと言われるが、検察の捏造をあれだけ見ておいて
「冤罪があり得るから死刑反対」を考えられないのは本当にどういうわけなんだろうな。
それともストローマン論法という奴でわざとやってるのか。

562 :名無しさん@3周年:2011/12/01(木) 21:11:46.72 ID:8omM6uws
>>561
強いて言えば、死刑存置論者というのは、
「冤罪で死刑が執行されること」をそれほど重大視しないっぽい。
なんだかんだと理屈をつけようとはしても、
根本として「凶悪犯を死刑にすること」を絶対の正義と思っているので、
正義の実現のためにどんな弊害が生じようとも意に介さないんでしょう。

563 :名無しさん@3周年:2011/12/01(木) 22:39:47.02 ID:Dg/FgU+s
死刑を廃止して凶悪犯罪者を税金で養うなんて愚劣

564 :名無しさん@3周年:2011/12/02(金) 16:04:43.51 ID:WfqP6GtK
★鳩山邦夫 大先生名言集

「死刑確定後、6カ月以内に執行しないのは法律違反!」
「私のときにもっとたくさんやるべきだった。少なくとも30〜40人は執行すべきだった!」
「宮崎勤は私から執行の検討をしろと命じた!」
「こんな奴生かしておいてたまるか!」(宮崎勤死刑囚にたいして)
「更生の余地を考えてはいけない。犯罪そのものに目を向けること!」
「ベルトコンベア式に死刑執行が行われることが望ましい!」
「死刑を行わないことに民主党政権の左翼体質が如実に表れている。民主党は120人の
  死刑囚の”仕分け”をすべきでしょう」
「わたしの兄はバカだ」
「わたしの友だちの友だちはアルカイダだ」
「いとこの妻のいとこが、龍馬の姉のひ孫」
「兄の嫁は国産だがわたしの嫁は舶来だ」

565 :名無しさん@3周年:2011/12/02(金) 16:26:46.09 ID:WfqP6GtK
★平岡法相・迷言集(民主党)
「殺人犯にも人を殺すやむにやまれぬ事情がある。」

566 :名無しさん@3周年:2011/12/03(土) 10:04:25.83 ID:KersuzRB
さっさと仕事しろよ平岡

567 :名無しさん@3周年:2011/12/03(土) 10:30:40.08 ID:YaTb1DLL
★平岡法相・迷言集(民主党)
「殺人犯にも人を殺すやむにやまれぬ事情がある。死刑囚はホントはみんないい人ばかり」


568 :名無しさん@3周年:2011/12/04(日) 17:07:15.00 ID:SMUQ9NBQ
平岡のコメントは殺人の奨励じゃないか、しっかりしろよ民主党。

569 :名無しさん@3周年:2011/12/05(月) 23:28:43.11 ID:bdsN+37T
死刑囚を庇い税金で保護し続ける平岡は大悪人

570 :倭人 ◆eKPWkfPmuI :2011/12/05(月) 23:42:46.89 ID:tuu5zraY
中3女子切りつけ容疑、埼玉の16歳少年を逮捕
こんな餓鬼直ぐにも殺してしまえ。出てくれば直ぐにも繰り返すぞ此糞便小僧は。
更正?
ふざけるな!社会がこんな気違いの更正など願うか!

571 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 10:18:37.44 ID:fZf6Y1xm
現在確定死刑囚は130名!
こいつらは労役もせず三食、昼寝、読書、趣味の毎日

年末までに最高裁の判決は
12月12日 松永太(小倉連続監禁バラバラ)
12月15日 浜崎勝次(市原市ファミレス組員2人射殺)

年末にはなんと132名!!!!!!!!!!!
平岡しっかり仕事しろ!
公費の無駄だ!不良在庫をさっさと仕分けしろ!

572 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 20:05:17.25 ID:qTVQob9N

ひとでなし安田弁護士有罪確定
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111208-OYT1T00545.htm

573 :名無しさん@3周年:2011/12/08(木) 22:34:36.24 ID:nMed3qai
死刑囚はサッサと罰を受けさせるべき

574 :名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 11:11:32.20 ID:dFmqrALd
しかし冤罪って重箱の端をつつくような理由でしか訴えられないん
じゃ・・・あまり正当性はないな死刑廃止ってw

575 :名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 11:36:38.41 ID:dFmqrALd
強いて言えば、死刑廃止論者というのは、
「冤罪で死刑が執行されること」を重大視して
今まで、冤罪で死刑が執行されたことも立証できないのに・・・
疑わしい場合(帝銀事件等)は執行しないのに・・・
なんだかんだと理屈をつけようとはしても、
根本として「凶悪犯を死刑しないこと」を絶対の正義と思っているので、
正義の実現のためにどんな弊害が生じようとも意に介さないんでしょう。

弊害:犯罪抑止力、囚人を養う経済的負担・・・

576 :名無しさん@3周年:2011/12/09(金) 13:45:16.17 ID:/uzPFLc6
>>575
凶悪犯罪なんかとっくの昔から減っている。バーカ。


577 :名無しさん@3周年:2011/12/10(土) 11:33:23.05 ID:RrAV0Yz7
現在確定死刑囚は130名!
こいつらは労役もせず三食、昼寝、読書、趣味の毎日

年末までに最高裁の判決は
12月12日 松永太(小倉連続監禁バラバラ)
12月15日 浜崎勝次(市原市ファミレス組員2人射殺)

年末にはなんと132名!!!!!!!!!!!
平岡しっかり仕事しろ!
公費の無駄だ!不良在庫をさっさと仕分けしろ!


578 :名無しさん@3周年:2011/12/10(土) 12:18:20.01 ID:9Yl7LIf8
フクシマで徐染作業

579 :名無しさん@3周年:2011/12/12(月) 23:18:18.01 ID:LAlBWLYj
いつまで税金で大罪人を匿うつもりだ平岡は!

316 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)