5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

靖国の背景を考える★125

1 :名無しさん@3周年:2011/07/24(日) 10:38:14.58 ID:AVnNrrnN
過去スレ
★124 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1306141390/
★123 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1283289537/
★122 http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1279701538/
★121 http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1279196959/
★120 http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1272174947/

2 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/24(日) 11:27:59.93 ID:HSjm4zKd
>>1
ありがとう^_^

韓国人10人の請求を棄却 靖国神社合祀取り消し訴訟
ttp://www.toonippo.co.jp/news_kyodo/news_mn/20110721010006251.asp

当然の判決だ。
少しは、日本の司法界も常識が通るようになったんだね(^^)v

3 :名無しさん@3周年:2011/07/24(日) 12:53:08.55 ID:azrt7PLQ
>>2
靖国神社は日本国憲法で宗教活動の自由を保障された宗教団体なので当然の判決ですね。
何を合祀しようと政教分離と公共の福祉に違反しない限り宗教団体の自由なのです。
ですから天皇陛下が合祀に反対しようと耳を傾ける必要はありません。
また反対に一宗教団体が国民の信教の自由に干渉することは絶対に許されません。

4 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/24(日) 14:05:12.77 ID:HSjm4zKd
天皇陛下は、靖国神社を大切にされているし、合祀に反対されておられない。

反靖国の非人間連中は、いい加減、その逝かれたイデオロギーで自滅していることを
自覚することだw


5 :名無しさん@3周年:2011/07/24(日) 15:05:05.30 ID:dsLF0nsX
元軍人で筋金入りの右翼であり天皇陛下の信頼も厚かった富田のメモよりも
「A級戦犯の合祀反対は国体違反だ!!反対するなら天皇陛下でも諌死させる!!」
などと主張する南出による富田メモ捏造説を信じることは出来ないw

6 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/24(日) 17:19:32.15 ID:HSjm4zKd
富田のつぎはぎのメモを信じる方が馬鹿だw

いちいち、陛下を出すこと自体が反日の反日たるゆえんだなw

7 :名無しさん@3周年:2011/07/24(日) 17:55:41.80 ID:dsLF0nsX
南出の本なんて一行に一回は天皇陛下が出てくるだろw
南出は反日ということでOKですか?w

8 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/24(日) 18:10:28.15 ID:j3A4Usrd
南出など知らん。
知らん人間の評価を聞く時点で、反日の下心が透けて見えるw

9 :名無しさん@3周年:2011/07/24(日) 19:43:31.04 ID:xU9lVQj6
伊藤貫「米国は中国人朝鮮人が核をもっても日本人だけは絶対ダメ」
http://youtu.be/2JV_UPDjW0U

10 :名無しさん@3周年:2011/07/24(日) 19:47:08.26 ID:dtSlIF58
>>9
日本人は竹槍しか持たない。

11 :名無しさん@3周年:2011/07/24(日) 19:48:55.42 ID:xU9lVQj6
>>10
 正に五歳兒の發想だな。

12 :名無しさん@3周年:2011/07/24(日) 21:10:45.73 ID:Sn+jD26p
靖国と他の神道は違うなんて、論証不可能なことを未だ続けるのか?w

13 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/24(日) 22:56:00.54 ID:j3A4Usrd
愛国改革保守のみんなと、今年も靖国で会うことを楽しみにしているよ(⌒‐⌒)
話すことは無いけど、心はいつも通じているのさd=(^o^)=b

14 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/25(月) 15:59:10.50 ID:O4fpTzgP
ノルウェーのキリスト教原理主義者の大量殺人は、ついこの前まで、南鮮人がアメリカの大学で大
量殺人したレコードを上回った。

キリスト教と南鮮人の大量殺人か…
よく、靖国神社に裁判のイチャモン吹っ掛ける連中だわなw

反靖国連中の心性は、このように残忍な連中だということだ。

15 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/25(月) 19:38:40.45 ID:O4fpTzgP
靖国神社に参拝しない総理で、日本の問題を解決することは不可能。

癌直人が必死に、福島第1原発破壊したことを覆い隠すために総理の座にしがみついているが、8
月15日の前に辞めるのが癌直人のためだ。
8月15日過ぎても総理の座にしがみついていたら、それこそ、英霊の凄まじい怒りで、さらなる
地獄が癌直人に待っているだけだわな。

16 :   :2011/07/25(月) 21:57:34.52 ID:NEcIa27+
次スレたったんだ。>>1さん乙

>>15
しかし、靖国信者ってのは、どうしてこう迷信深いんだろねw

英霊の怒りって、恨むなら戦争に連れ出した張本人でありながら
戦後になって、転向して靖国を見捨てた天皇だろw
戦後60年もたって総理の参拝とか、関係無いわw

17 :名無しさん@3周年:2011/07/25(月) 23:26:31.38 ID:qquaqKM+
>>15
また靖国英霊祟り神説ですかw

18 :名無しさん@3周年:2011/07/25(月) 23:41:32.38 ID:MU6WB7t0
ノルウェーのネトウヨは怖いね、日本のネトウヨとスケールが違う。

靖国英霊が祟るって、頭悪すぎ、戦後何年経ってると思っているのかね。

19 :名無しさん@3周年:2011/07/25(月) 23:49:00.94 ID:LX9YanJ5
外国人参政権を推進の売国左翼ミンス党
移民政策を推進の売国左翼自民党

ビシッとスジの通った極右政党はないもんですかね。

20 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 00:03:50.81 ID:inVbsNsT
スジの通った極右政党ってどんなんだ?

21 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 00:23:59.01 ID:Eu86q2ls
山奥で文明開化以前の生活でもしてんじゃねーかな?

22 :からくれなゐの月宿るらむ ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/26(火) 09:45:42.90 ID:sgpyTI8f
>>14
 まあ、韓國でも基督教信者は夛いな。

23 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 11:25:54.25 ID:ETK5Hnmv
英霊の祟りとは思わないけどコレだけ天災が重なるとガンは疫病神とは思う

24 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 11:40:34.00 ID:KHhfwYu8
>>22
麻生だって基督教信者だろ。

もっとも、日本や韓国には、ファンダメンタリストは少ないけどね
つーか、一部の陰謀論者を除けば、基督教は基本的に人畜無害な宗教
靖国の方が、よっぽど危ないと思う。この日本では

25 :からくれなゐの月宿るらむ ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/26(火) 11:52:09.79 ID:sgpyTI8f
>>24

 ノルウェーの連続テロで逮捕されたアンネシュ・ブレイビク容疑者(32)が
犯行直前にインターネット上に掲載した約1500ページの文書「マニフェスト」の中で、
学ぶべき国として日本を挙げていたことが25日、分かった。

 同容疑者は、日本は多文化主義を取っておらずイスラム系移民が少ないなどと高く評価。
会ってみたい人物の一人として、麻生太郎元首相の名前も挙げていた。

日本は学ぶべき国と評価
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110725/erp11072523110011-n1.htm

 何といふシンクロ。呵々。

26 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/26(火) 12:00:56.64 ID:NzgyTP60
日本の靖国攻撃のキリスト教信者はファンダメンダリストそのものだ。
狂気が支配していることは間違いない。

靖国神社の英霊の皆様は、国家の命令で尊い命を捧げられた方々。
その誇りと感謝の誠を日本国が有る限り、最高権力者の総理が責務を負うのは当然。
そのことすら理解出来ない総理の下で、日本がうまくいくという方がクルクルパーだろ。
そして、そのことこそが呪いそのもの。

癌直人には地獄だけが保証されているよw


27 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 12:21:53.87 ID:KHhfwYu8
>>26
>靖国神社の英霊の皆様は、国家の命令で尊い命を捧げられた方々

命を捧げろって命令すること自体が狂ってるだろうがw
そんなのに、誇りとか、感謝とか、付き合ってられんわ
靖国信者って、自分が狂ってるって自覚が無いんだよなw

28 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 12:46:48.77 ID:ETK5Hnmv
命を捧げろって命令は末期症状で特攻隊なんかはそれにあたると思うが
国家に殉じた方々に敬意を払うのは世界共通でしょ。
開戦と同時に本土決戦の銃撃戦もあるくらいで狂っている状況は
世界的にみていくらでもあるくらいだしね。

29 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 13:22:40.05 ID:eNhFN3Dz
>>27
命の危険がある職業はたくさんある。
警察とか自衛隊とか、原発事故の処理に当たってる人とか。
命を捧げろというのはごくふつうの職務命令。
それはごまかせない話でしょう。
反靖国のカルト左翼はそういう現実が見えてないお子ちゃまだ。

30 :金玉匣《きんたまくしげ》 ◆6KtqXrPJtk :2011/07/26(火) 14:10:21.50 ID://j36Ojz
命の危険が伴う職業と命を捧げよと命令することの間には
大きな隔たりがある。自衛隊を含めた近代の軍組織や防衛組織は、
危機回避と退路を必ず確保した上で成員に危険な命令を下す。
それは「死んでこい」という命令とは全く概念が異なる。


31 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 14:36:57.75 ID:eNhFN3Dz
>>30
いつでもそんなふうに安全を確保した上で職務を行えると思ってるのなら、ほんとにお子ちゃまだな。
平和な日本だけど、おれの近所でも警官が射殺されてるんだよ。
逆に警官が犯罪者を射殺した例もごく近所であるんだ。
すくなくとも菅直人は危機回避と退路を確保した上で原発処理に当たれとは言っていない。
「直ちに影響はない」といって危険を誤魔化して、事故処理に当たらせてるだろ。
こうしたゴマカシをせずハッキリ死ねと言った、旧日本軍のほうがよっぽどマシ。
反靖国のカルト左翼は自分の責任を誤魔化す。
旧日本軍は自分の責任を誤魔化さない。
天と地くらい差があるな。
天、すなわち天皇に使える身であるという自覚が、彼らに責任を誤魔化すことを許さなかったのだろう。
やはり人間には道徳や倫理の基準が必要だ。
それは天皇であり靖国であっていい。
道徳や倫理の基準を失った左翼こそ、カルトと言われるべきなんだよ。
善悪の区別のつかないカルト左翼は死ねよ。

32 :金玉匣《きんたまくしげ》 ◆6KtqXrPJtk :2011/07/26(火) 15:02:10.38 ID://j36Ojz
いつでも「必ず」安全性は勘案されているが。
戦前の日本軍のように「死んでこい」などと命令する軍組織は
少なくとも近代軍事の概念では希有なこと。


33 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 15:05:57.53 ID:eNhFN3Dz
>>32
菅直人は「直ちに影響はない」といって危険を誤魔化して、原発作業員を死地に送ってるだろ。
とぼけるなよ糞野郎。

34 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 15:06:59.11 ID:KHhfwYu8
>>31
>こうしたゴマカシをせずハッキリ死ねと言った、旧日本軍のほうがよっぽどマシ

指揮官の責任の問題は意見が分かれるだろうけど
死ぬと分かってるのに命令に従っちゃう旧日本軍の方が、気狂いじみてるのは確かだろ
「死ね」と命令しちゃうことが良いか悪いかは置いておいても、
「死ね」と命令されて、本当に死んじゃうって狂ってるだろ?

>やはり人間には道徳や倫理の基準が必要だ。 それは天皇であり靖国であっていい。

俺は嫌だよw
死ねと命令されても、死にたくないものは、死にたくない


35 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 15:23:03.30 ID:eNhFN3Dz
>>34
ほんとにお子ちゃまだな。
死んだ人の責任なんてただのひとり分も、誰にも取れはしない。
しかし治安の維持や危険の排除(原発事故処理など)のために、人命の危険がある仕事を誰かにやってもらう必要がある。
だから、献身や自己犠牲は貴い道徳であると、世界中で認められているんだよ。
これは人類が"死"を克服するまで変わらない、社会のルール。
現在の民主制だって何の犠牲も払わずに実現した物じゃない。
むしろ民主制の実現のために過去にないほどの多くの犠牲が払われたのが実際だろ。
自由と平等を実現するために「死ね!」と言われて、死んだ人のおかげで民主制も実現したんだろ。
それならば、日本の自由のために犠牲となった、靖国の英霊も同じように称えられるべきだろ。

36 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/26(火) 15:26:12.81 ID:6OSH0/n/ ?2BP(1700)
>>34
献身や自己犠牲なんか、君にとっては無意味かもしれんが、私にとっては違う。

37 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 15:28:52.16 ID:KHhfwYu8
>>35
>人命の危険がある仕事を誰かにやってもらう必要がある

別に兵隊が死のうが死ぬまいが、どのみち戦争は負けたんだし
そもそも大東亜戦争なんて、最初からやらない方が良かった

>死んだ人のおかげで民主制も実現したんだろ

いや、それ関係ないからw
カルト信者って、発想が無茶苦茶だなw

38 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/26(火) 15:40:45.36 ID:6OSH0/n/ ?2BP(1700)
>>37
強者に媚びへつらう奴隷らしいコメントだな。
おまえはそうやって死ぬまで這いつくばって生きていけ。
それがおまえにはお似合いだ。

39 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 15:42:35.51 ID:eNhFN3Dz
>>37
日本はアジアの開放という自分で立てた目標を達成しています。
勝利条件を満たしているので勝ったのは日本です。
負けた欧米人が泣き言を行ってもダメ。

40 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 15:56:01.56 ID:KHhfwYu8
>>39
アジアの解放のために、中国で戦争したのかよw

そもそも、よその国の解放のため「死ね」って、なんちゅー無茶な話
気狂い信者は何でもありなんだな・・・

41 :からくれなゐの月宿るらむ ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/26(火) 16:07:07.08 ID:sgpyTI8f
>>40
 ちやんと歴史の時系列を把握してゐるか。

42 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 16:11:00.21 ID:eNhFN3Dz
>>40
中国の人民を、山賊まがいの連中から解放する必要があった。
中国で毛沢東や蒋介石を殺し損ねた結果、現在も中国の人民は圧政に苦しんでいる。
これは誠に申し訳ないことだと思っています。
文明レベルが一定以上に低い国は、文明レベルがある程度高い国に支配されたほうが絶対にいい。
中国は日本の支配下になるべきだった。
中国人民の幸福を考えるなら、そう結論する以外ない。

43 :金玉匣《きんたまくしげ》 ◆6KtqXrPJtk :2011/07/26(火) 16:12:27.59 ID://j36Ojz
60年安保と70年安保をごっちゃにしていたチキン野郎の自爆クンが
歴史の時系列云々なんて偉そうに言えるのか?


44 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/26(火) 16:18:19.34 ID:6OSH0/n/ ?2BP(1700)
>>43
たいした違いはねーだろ。
クズが集まってクズっぽいことをやっただけ。
それが60年代か70年代かとか区別する意味あるのか?

45 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 16:33:04.48 ID:KHhfwYu8
>>41
時系列?

@もともとは、欧米の侵略に乗っかって中国に進出
A中国の内戦時に、馬鹿みたいに侵略戦争
B戦争止めないと石油売らないよってアメリカに言われて逆上
C欧州の戦乱に乗じて、南方で火事場泥棒みたいな戦争
Dボロ負けして、日本兵だけで二百万を超える無駄な死人

こういう順番だろ?


46 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 16:50:00.90 ID:eNhFN3Dz
>>45
たった200万人の犠牲であれだけの戦果をだし得たのは、日本の戦争理由が正義である証拠だな。

47 :からくれなゐの月宿るらむ ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/26(火) 17:05:42.81 ID:sgpyTI8f
>>45
 御前の云つてゐる事滅茶苦茶だぞ。

48 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 17:06:13.10 ID:KHhfwYu8
>>46
>たった200万人の犠牲

こういう発想の奴が、無意味に外国で戦争やらかしちゃうんだろうな
正義の味方のつもりみたいだけど、「たった二百万」になっちゃった人間はどうなるんだろ?
神様にして拝んであげるから、それで良いでしょって感じなのかね?

49 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/26(火) 17:10:27.60 ID:6OSH0/n/ ?2BP(1700)
>>48
フランス革命とその後の戦争で亡くなったフランス人は400万人以上。
第2次世界大戦の時より多くの犠牲者をフランスは出している。
犠牲者の数が多いからダメだと言うなら、民主主義や人権思想もダメですな。

50 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 17:12:38.53 ID:KHhfwYu8
>>47
そりゃ、当時の日本軍のやってたことが滅茶苦茶だったから
ホント、アホだよなw

51 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 17:28:27.51 ID:57RFvwS9
どこに戦果があるんだよw

52 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 17:28:49.28 ID:KHhfwYu8
>>49
犠牲者が多いからダメなんじゃ無くて、ダメな戦争の犠牲者が二百万って話なんだが?

53 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 17:38:53.93 ID:KHhfwYu8
>>51
中国で毛沢東が天下獲ったことを指してると思われ
日本軍が戦争やらなきゃ、蒋介石が勝ってただろ

何だって、中国の政権交代のために、日本人が死ななきゃいけなかったんだか・・・

54 :からくれなゐの月宿るらむ ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/26(火) 19:52:44.74 ID:sgpyTI8f
>>50
 滅茶苦茶なのは御前の歴史觀丈。

55 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 22:14:05.90 ID:ETK5Hnmv
たった200万人の犠牲

この言い回しって最近、たけしかたかじんの番組で外国人の発言にもあった。
オレも客観的に見て戦没者数とその結果からみて爺さんたちの聖戦は
たいした成果と思うね。

56 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/26(火) 22:28:50.63 ID:6OSH0/n/ ?2BP(1700)
>>52
口では反米と言いながら、断じて米帝と戦った日本の戦争をダメな戦争とか言うのもバカ左翼の特徴のひとつだな。
どうしてバカサヨはこう奴隷根性が強いのか。

57 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 23:04:06.68 ID:inVbsNsT
太平洋戦争の犠牲者は可哀想で、それ以外の戦争や騒乱、維新は問題にしないのは政治的思想の表れだなあ。

58 :名無しさん@3周年:2011/07/26(火) 23:10:13.87 ID:ETK5Hnmv
反靖国な連中は維新も批判的と思う。まあ思想的には反靖国で一貫してるかなw

59 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 00:37:47.55 ID:szISxsKE
>>57
その通り
靖国は江戸以前の人でも英霊として合祀するべきだよね

60 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 00:43:19.99 ID:S6uq5tnr
>>59
大楠公とか?

61 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 05:09:35.77 ID:6pNycwYT
>>56
米帝と戦ったって、石油売ってくれなかったから逆ギレしただけだろw
そもそも、それ以前の中国との戦争からしてアホだしw

米帝と言えば、靖国信者さんは、イラク戦争なんかは良いのかね?
鬼畜米英と一体化して、同じアジアへの侵略戦争に荷担してるんだが
英霊さんって、首相が参拝しないくらいで怒るのに、そういうのはOKなの?
ブッシュさんの「日本のようにイラクも民主化」って、
ずいぶんとまた英霊さんをコケにした話だと思うんだがw

62 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 05:31:13.50 ID:ghCTXFfe
>>61
 そういう本当の事を書くと頭の悪い靖国信者は怒り狂うよ。
 何故か靖国信者は媚米だから

63 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/27(水) 05:31:43.93 ID:RjomW1D5 ?2BP(1700)
>>61
現在の中国見ても、もっとよい人物があの豚どもを指導監督する必要があると思うだろ。
中国は日本の支配下になるべきだった。
中国人の幸福を考えるならそう結論するしかない。

イラク戦争に反対できなかったのは、湾岸戦争の時にバカ左翼がバカげた反戦運動をやらかしたツケだと思うべき。
フランスやドイツのイラク戦争批判に説得力があったのは、湾岸戦争の時はイラクのクエート侵攻をちゃんと批判していたから。
侵略はいけないと考えるなら、イラクのクエート侵攻を批判し、多国籍軍への自衛隊の参加を推進するべきだった。
しかし日本の自称平和主義者バカ左翼そうではなかった。
このツケは大きい。
どれくらい大きいかというと、日本が外国から侵略されても国際社会に助力を求めることができないくらい大きい。
だからせめてアメリカだけは味方につけておきたい、そうして日本はイラク戦争に引きずり込まれた。
池沼サヨクが明白な正義や道徳をねじ曲げたツケはでかいなー
ザマミロとしか言いようがない。

64 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/27(水) 05:33:00.76 ID:RjomW1D5 ?2BP(1700)
>>62
何がほんとのことだ。
デタラメ大嘘インチキ二枚舌ダブスタがバカ左翼の本性だろ。
バレバレなんだよ。
ばーか。

65 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 05:50:18.32 ID:ghCTXFfe
相変わらず馬鹿なブサヨだな安藤は、1000万人移民受け入れ賛成の
ブサヨ安藤に二ライム君。
媚米は保守じゃないただのブサヨの売国奴だよ。

66 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 06:03:53.54 ID:6pNycwYT
>>63
イラク戦争も、左翼が悪いってw

靖国の英霊さんは、そんな言い訳で納得するのかねえ?
左翼が反戦運動したから、米国と一緒に侵略戦争やっちゃいましたw

こんな日本人のために、英霊さんは死んじゃったのかねw

67 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/27(水) 06:20:26.54 ID:RjomW1D5 ?2BP(1700)
>>65
反論できなくなって相手を侮蔑するしかなくなったか。
おまえの負け。

>>66
納得できねえことやってるのはおまえらバカ左翼だろ。
池沼じみた真似するのもいいかげんにしとけよ。
こいつも撃沈と。
もう少し手応えのある奴はいないものかねー

68 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 06:36:56.30 ID:6pNycwYT
>>67
>納得できねえことやってるのはおまえらバカ左翼だろ

俺はイラク戦争には反対だったし、あの戦争に反対したのは左翼が多かったと思うけど
靖国信者さんは、イラク戦争に納得してたのかね?

69 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/27(水) 06:47:05.90 ID:RjomW1D5 ?2BP(1700)
>>68
湾岸戦争の時にイラクのクエート侵攻を批判していなかったら説得力がねえつってんだろ。
とぼけんなカス。

70 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/27(水) 07:00:28.34 ID:eRDk5khm
民団、総連、創価カルト、日共、解同、日教組、社民、革マル、中核派、各セクト、ノルウェーで
他宗教否定で大量殺人した奴と同じ排他的キリスト教。

靖国神社を攻撃している連中だが、みなファンダメンダリストそのものw

反靖国連中こそ、危険な連中であることの証明だわなwww

71 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 07:01:55.90 ID:6pNycwYT
>>69
靖国信者さんや英霊さんは、イラク戦争を容認できるかどうかって話なんだが?
左翼も湾岸戦争も関係無いだろうに

靖国信者さんはイラク戦争を支持するのかねって、素朴な疑問を出してるだけなんだが
どうしてマトモに答えられないのかねえ

72 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/27(水) 07:07:35.14 ID:RjomW1D5 ?2BP(1700)
>>71
もっと単純に侵略を認めるか認めないかと聞けよ。
できねーだろ。
イラクのクエート侵攻の時に戦争反対!クエート人は見殺しにしろ!って言ってたバカ左翼にはな。
ほんとに左翼は恥を知らんな。
おれはイラク戦争に反対と大声で言えた。
湾岸戦争の時も日本は直ちに自衛隊を派遣するべきと言っていたからな。
おまえらバカ左翼にそんなことを言う資格はない。
資格のない物が生意気垂れてんじゃねーよ。
ばーか。

73 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 07:10:30.51 ID:6pNycwYT
>>70
靖国信者さんは臆病だなw

俺は、馬鹿な宗教を、馬鹿だなあって笑ってるだけだから
心配しなくても大丈夫。危険なことなんて無いよw

74 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 07:15:12.71 ID:6pNycwYT
>>72
イラク戦争に反対だったのか。そりゃお気の毒
小泉が侵略戦争に荷担しちゃって、君も英霊に申し訳なく思うだろ

靖国信者さんって、小泉が好きな奴が多いんだよね
何か勘違いしてるだろって思うw

75 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/27(水) 07:18:03.12 ID:RjomW1D5 ?2BP(1700)
>>74
安っぽい人間が軽々しく英霊がどうの言ってんじゃねーよ。
おまえにそんなこと言う資格はないって説明してやったろ。
バカが。

76 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 07:25:31.51 ID:6pNycwYT
>>75
そりゃ、信者さんにとっては英霊は重々しいものだろうが
別に俺は信者じゃないしw

ただ、「米帝と戦った」などと言ってる信者さんにとって
米国と一緒に侵略戦争やっちゃうような国は許せんのじゃないかなと?
疑問を投げかける資格なんて、誰にだってあるだろw

77 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/27(水) 07:32:47.71 ID:RjomW1D5 ?2BP(1700)
>>76
おまえらバカ左翼のせいだろ。
何を国や小泉に責任転嫁してんだ。
バカの考えることはよくわからんな。

78 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 07:34:16.41 ID:6pNycwYT
>>77
俺のせいかよw

79 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/27(水) 07:37:55.22 ID:RjomW1D5 ?2BP(1700)
>>78
そーだよ。
完全におまえらバカ左翼の責任。
おまえらがクエート侵攻の時、イラクを批判せず、侵略もOK!とか言ったのがすべて悪い。

80 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 07:38:45.59 ID:KB/zqKPG
属国だからしかたない部分もある
植民地からだっするには核武装が必要


81 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 07:41:21.85 ID:KB/zqKPG
植民地憲法を棄て自前の憲法をつくる


82 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 07:43:27.46 ID:6pNycwYT
風が吹けば桶屋が儲かるみたいな話だなw

83 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 07:46:05.01 ID:6pNycwYT
>>80
靖国の英霊さんは、日本が植民地になるのを防ぐために死んだって話を聞いたんだが?
やっぱり、その話は間違ってたんだね。

84 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 07:48:09.77 ID:KB/zqKPG
今も戦いは続いているよ

85 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/27(水) 07:50:24.99 ID:RjomW1D5 ?2BP(1700)
俺は、馬鹿なID:6pNycwYTを、馬鹿だなあって笑ってるだけだから
心配しなくても大丈夫。危険なことなんて無いよw


86 :金玉匣《きんたまくしげ》 ◆6KtqXrPJtk :2011/07/27(水) 08:26:44.98 ID:Uy/PDk84
安藤が朝っぱらから異様に興奮している。


87 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 11:25:31.44 ID:QFiONQDk
▼スイス政府 国民保護庁 著「民間防衛」(civil defense)

武力を使わないで他国を侵略する段階を説明しています。
マスコミは乗っ取りがほぼ完了しており機能していません。。クチコミでも身近な人に広めましょう。
日本は今、侵略されつつあります。平和ボケから目覚め、行動を起こしましょう!

第一段階「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」

第二段階「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」

第三段階「 教育の掌握。国家意識の破壊 」

第四段階「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」

第五段階「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」

最終段階「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」

88 :日本義士:2011/07/27(水) 12:38:34.22 ID:jWsmGxP/
朝鮮人が日本の各テレビ局にまぎれ込み、相互に連携してる。
だから、自民党が政権をとっても、また各テレビ局が反自民党キャンペーンを繰り広げ、
政権を転覆させるだろう。
赤城徳彦大臣は顔に絆創膏張っていただけで、辞めさせられた。
大体、日本人は韓国を併合した明治から誤解している。
じつは今の韓国人は古代日本人とつながっていた高句麗、百済の子孫ではない。
高句麗、百済を滅ぼしたエベンキ族の子孫。
朝鮮民族は入れ替わっているのだ。
エベンキ族は今の在日朝鮮人のように、高句麗人になりすまし、内部から高句麗をのっとり弱体化させ、滅ぼした。
今の朝鮮人も在日を使って、同じように日本を内部から乗っ取ろうとしている。
なぜ、日本人は朝鮮の歴史を知り、真実を知ろうとしないのか。
日本の天皇家は今の韓国人とつながらない。むしろ今の韓国人、北朝鮮人は天皇家の仇なのだ。




89 :からくれなゐの月宿るらむ ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/27(水) 16:13:22.84 ID:MLPWLJ7V
 サヨクの論理展開。

 私アメリカ嫌い → へー。そうなんだ。
 私フランス嫌い → へー。そうなんだ。
 私臺灣嫌い →  へー。そうなんだ。
 私韓國嫌い → 差別だ!人權侵礙だ!日本人は韓國にコンプレックスがある!!日本人はをかしい!!!

90 :名無しさん@3周年:2011/07/27(水) 18:05:58.48 ID:u0WAl7BP
反日サヨクのふしぎ

大東亜戦争 → 日本が悪い
ベトナム戦争 → 米が悪い
イラク戦争 → 米英が悪い
朝鮮戦争 → ・・・ (なぜか日本が悪いで話がまとまる場合もある)

こんな感じ。異論は認める

91 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 01:42:57.17 ID:oNRyfL/7
靖国右翼のふしぎ

大東亜戦争は米の侵略戦争!!鬼畜米英!!
日本国憲法は米の押し付け憲法!!民主主義なんてクソ食らえ!!
米様が言ってるんだからベトナム戦争もイラク戦争も米が絶対に正しい!!

92 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 02:02:08.37 ID:RyqgrUOS
理解できないおまえがバカなだけ。

93 :日本義士:2011/07/28(木) 04:36:37.00 ID:EEa0bn4M
朝鮮人が日本の各テレビ局にまぎれ込み、相互に連携してる。
だから、自民党が政権をとっても、また各テレビ局が反自民党キャンペーンを繰り広げ、
政権を転覆させるだろう。
赤城徳彦大臣は顔に絆創膏張っていただけで、辞めさせられた。
日本人は韓国を併合した明治から誤解している。
じつは今の韓国人は古代日本人とつながっていた高句麗、百済の子孫ではない。
高句麗、百済を滅ぼしたエベンキ族の子孫。
朝鮮民族は入れ替わっているのだ。
エベンキ族は今の在日朝鮮人のように、高句麗人になりすまし、内部から高句麗をのっとり弱体化させ、滅ぼした。
今の朝鮮人も在日を使って、同じように日本を内部から乗っ取ろうとしている。
なぜ、朝鮮の歴史を知り、真実を知ろうとしないのか。


94 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/28(木) 08:56:01.24 ID:ylkoSXrI
南鮮は、竹島不法占拠で日本を挑発しまくっているくせに、鬱陵島の視察に日本の議員が行くとい
うと徹底した妨害行為。

南鮮には、民主主義は育ってないわなwww

95 :からくれなゐの月宿るらむ ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/28(木) 10:59:47.00 ID:26ODgi0w
>>94
 昔から彼奴等には法治の概念が無い。
 脱亞論を讀めば、今も變つてゐないのが良く解る。

96 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 12:10:46.78 ID:eiTHqXta
そんな南鮮に工場誘致が活性化しているらしい。
世の中の動きが全く理解できないのはネトウヨだからかw

97 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 13:02:16.71 ID:aTLp8GEL
国体法は憲法に優位するとかいってるアフォが法治国家を語るスレw

98 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/28(木) 13:26:56.05 ID:26ODgi0w
>>97
 根本規範であるのだから當然だらう。
 憲法は、國體の一部を紙に書記したる物に過ぎない。

99 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 13:45:26.12 ID:NqOsTPxc
国体法が根本規範だなどというのは、南出が清水の政体・国体二元論と
ハンス・ケルゼンの純粋法学を都合良くチャンポンさせただけのトンデモ論。


100 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/28(木) 13:55:31.62 ID:26ODgi0w
>>99
 南出氏は、國體と政體の二元論は必ずしも明確にしてゐないが。

101 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 14:28:47.31 ID:NqOsTPxc
でも、清水の学説に一番影響を受けてると本人も言ってるでしょう。
清水は二元論で政体と国体とを分けて考えていたわけだから、
南出がその二元論を元にケルゼンの純粋法学を援用して
国体を根本規範としているというくらいは
法哲学のさわりを知っていれば容易に分かることだよ。


102 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/28(木) 15:12:12.58 ID:26ODgi0w
>>101
 國體が根本規範であるといふのは當時からの普通の学説。
 南出氏云々の話では無い。

103 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 15:16:08.19 ID:NqOsTPxc
根本規範というのはケルゼンが「純粋法学」の中で言い出したことだよ。
どうやら知らないみたいだけど。


104 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 15:54:18.81 ID:ciu7nqs1
そうりゃそうだ。偉そうに南出説を展開しているか、
当のかむながら ◆W818Cycc5nj3自身は南出説についてはなんらか
理解していないのは明白だ。

105 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/28(木) 19:37:58.50 ID:26ODgi0w
>>103
 だから其が如何した。

106 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 20:04:15.84 ID:9ZAHpbvv
首相が靖国に参拝しようとしまいとなんにも変わらない

107 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/28(木) 20:10:46.61 ID:26ODgi0w
 根本的に國家~道に對する偏見があるよな。
 ~社新報社の國家~道に關する本を讀めば好いのだが。

108 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 20:19:43.71 ID:gJbJTU1v
天皇は何ゆえご親拝しない。
戦犯が祭られているから勅使だけでいいとは何様よ!
どんな経緯があろうが靖国に祭られている英霊は天皇の赤子なのだ。
勅使だけでいいなんて、あまりにも英霊を軽るんじているとしか思えん。

109 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 21:05:01.68 ID:cQk0nfu5
>>108
国民が天皇の赤子なんてのは、戦前の狂信時代の話
もともと日本の伝統では、皇室を日本人の親のようにみる感覚など無かったし
戦後も天皇が人間宣言して、アホな思想は一掃された
戦前の日本を恋しがる馬鹿だけが、当時と同じ役割を天皇に求めるが
天皇だって、そんな馬鹿共とは付き合ってられんと言うことだろ。

110 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/28(木) 21:45:19.70 ID:26ODgi0w
>>109
 戰前産れでも無い御前に云はれてもなあ。

111 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 21:54:41.89 ID:ciu7nqs1
その理屈だと、同じ戦前生まれではない
かむながら ◆W818Cycc5nj3 が言ってもなあ。

112 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 22:01:49.69 ID:cQk0nfu5
>>110
戦前の教育を受けて、その後の時代変化について行けない爺さんも少しはいるだろ
だけど、戦後生まれの世代が、そんな爺さんに付き合う必要はない。
そういう爺さんは、勝手に靖国でも拝んでりゃ満足するだろ。

でも、そういう右翼爺さんみたいなのって消えたよね
深作清次郎とか赤尾敏とか。時代の流れって奴だな


113 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/28(木) 22:08:56.75 ID:26ODgi0w
>>112
 戰後産れたつて、殆どCCDの民間検閲に洗腦されてゐる手合が殆どだらう。

114 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 22:20:49.69 ID:cQk0nfu5
>>113
何が洗脳だか分からんが
国民が「天皇の赤子」だなんて感覚は、ちょっとおかしいだろ
こういう感覚が、マトモだと思うの?

115 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/28(木) 22:38:57.16 ID:26ODgi0w
>>114
 抑、「赤子」と語彙を其の儘文字通り受取つてゐるのか、或意味での比喩表現として受取るかで隨分と解釋が違ふ訣だが。

116 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 22:49:55.26 ID:cQk0nfu5
>>115
そのまま受け取る訳ないだろ、アホw

比喩表現としても、気持ち悪い表現だから、おかしいって言ってるの

117 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 23:05:09.73 ID:ciu7nqs1
>>116
かむながら ◆W818Cycc5nj3 =自爆クンは日本語が不自由だから、
ヤツの感覚は一般人とは異なるので。

118 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 23:19:24.18 ID:eiTHqXta
まあ個人の思想信条は自由なので「天皇の赤子」でも勝手なのだが
英霊は陛下の忠実なる臣下とか兵隊の感覚はあるけど赤子はチョイ違和感感じる。
天皇は大君とか大元帥ではあるけど親父ではないしなw

119 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/28(木) 23:23:41.59 ID:26ODgi0w
>>116
 抑、御前が何を比喩してゐるか解らんけどな。
 ~社新報社の國家~道や~道に關する本を讀めば莫迦でも解るだらう。

120 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 23:35:08.69 ID:cQk0nfu5
>>119
だから、国家神道なんて、とうに滅びたはずの邪教で使われていた言い回しが
今の世の中で、出てきちゃうことが気持ち悪いんだよw

121 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 23:41:54.41 ID:cQk0nfu5
憶測だけど、天皇も国家神道の復活は気味悪く思ってるんじゃねーか?
明るく楽しい象徴天皇制のイメージを、一生懸命作ってきたのに
狂信者に神様扱いされては、たまったもんじゃないだろうw

だから天皇は靖国参拝などしない
アホな靖国信者が、天皇に期待すれば期待するほど
天皇は気味悪がって靖国から遠ざかる。当たり前だw

122 :名無しさん@3周年:2011/07/28(木) 23:56:52.02 ID:eiTHqXta
内閣が靖国参拝をガタガタぬかしているうちは陛下のご親拝はないでしょね。
まずは今回の地震で反日サヨクな連中が一掃されることからかな

123 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/29(金) 00:00:12.49 ID:L3zPdEJb
>>120
 其自體がCCDの民間検閲の洗腦に騙されてゐる證據。
 巷の通説に惑はされず、聢と色んな本を讀み給へ。

124 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 00:00:52.08 ID:6/7Y5xzA
歴史的な正当性もないカルト神社はそれなりに

125 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 00:08:44.57 ID:3ZBhX2qS
歴史的な正当性もないカルト神社?
国家に殉じた方々の慰霊顕彰施設なのだからそれなりでは困るでしょ。

126 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 00:17:07.76 ID:jiszykCV
>>123
民間検閲って、何年前の話だよw
俺はそんな歳じゃねーよw

つーか、国家神道を否定したら「洗脳されてる」かい?
カルト信者はこれだからw

127 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 00:18:01.17 ID:6/7Y5xzA
246万柱のうちの230万柱はあほな戦争の犠牲者でしかない。あほな戦争で殺されて
顕彰もクソもない

128 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 00:19:59.17 ID:ujbARR5u
「で、政体に優位する国体とやらは何ですか?」
と聞くと、自分達が勝手に決めたルールこそが国体で、
それに違反する者は天皇ですら諌死させると言うw
要するに自分達靖国信者は憲法より国会より天皇よりも権限があるというわけだw
これはもはや「愛国無罪」どころの話ではない。
「俺達が国家だ!天皇や臣民は俺達の奴隷だ!!」と言っているに等しい。

129 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 00:24:08.12 ID:6/7Y5xzA
維新政府の本音でもある

130 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 00:35:12.18 ID:3ZBhX2qS
>>127
あほな戦争の犠牲者とはおまえの価値観。
靖国神社に祀られている人は国に殉じた戦没者とみる人のほうが
外人含めて多いんじゃないかな。
たいていの国では国軍戦没者の慰霊顕彰施設は聖地みたいなものだしね

131 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 00:52:16.43 ID:jiszykCV
>>130
そりゃ外人さんだって、戦没者にはそれなりの敬意を示すだろ
戦没者がアホだなんて言うことはしない。
まあ、特攻までいっちゃうと、クレイジーってなるけどね
それに、戦没者に限らず、お墓はどこでも神聖なもんだよ

ただ靖国は、遊就館でトンデモ主張やらかして、米議会からも目の敵にされるレベルw
あんなアホな宗教に、聖地の管理は任せられませんなあと、まあそういう話w

132 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 00:58:11.87 ID:RVS8+7lG
国に殉じて亡くなった人を慰霊するのは当たり前、でも靖国神社の姿勢はおかしい、
国の関与は認めないしね、これから海外に派遣され殉じる人も増える事も考えられるのに。

まあ、安藤は大量移民受け入れ賛成の左翼だから、関わらない方がいい。

133 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 00:59:11.74 ID:ujbARR5u
>>130
空爆で殺された人達も戦没者とみる人の方が多いだろうね。
「ナチスのロンドン空爆で死んだ人は戦没者ではないので慰霊しません!!」
なんて言う慰霊顕彰施設がイギリスにあるか?
靖国の言う戦没者は外地で死んだ兵隊さんだけ。
もっともその定義すらA級戦犯可愛さに文人やら病死者を英霊にしてしまって
崩壊しているがね。

134 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 01:05:28.26 ID:md0Lw5l9
バカ左翼の本音は「おれは一切義務を負担しない!自分の権利だけ主張して、甘ったれて生きていきたい!」だからな。
国のために戦った英雄を引きずり下ろさないことには、自分のみっともなさがばれるので困るんだよ。
この種のクズは真面目に相手するだけ時間の無駄だよ。

135 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 01:07:11.56 ID:jiszykCV
>>132
戦没者への慰霊をないがしろにしろって言うんじゃなくて
慰霊を大事に思うからこそ、靖国じゃ駄目だっていう話なんだけどね

まあ、駄目だと言われつつ首相であり続ける菅さんみたいなもんで
靖国も、しぶとく唯一の慰霊施設であり続けているんだな
いい加減、国立追悼施設作って、靖国に引導渡してやれとは思うw


136 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 01:12:36.69 ID:3ZBhX2qS
>>133
イギリスの宮殿にある慰霊顕彰施設では空爆で死んだ一般人も慰霊顕彰の対象なの?
空爆で犠牲になった一般人が顕彰ってのも違和感感じるね

137 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 01:14:30.58 ID:md0Lw5l9
>>135
おまえの甘ったれたワガママにつきあってくれるほど、世の中甘くないんだよ。
いいかげんわかれ。

138 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 01:16:03.30 ID:ujbARR5u
>>134
米軍の空爆で死んだ民間人をどうして軍人と対等に扱わない?
国家総動員で戦い抜いた戦争だったのではなかったのか?
慰霊顕彰施設は平等中立であるべき。
自分達の支持者である遺族会の支持だけを考えて民間人を踏み躙る
>「おれは一切義務を負担しない!自分の権利だけ主張して、甘ったれて生きていきたい!」
のは靖国信者だろう。

139 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 01:25:41.18 ID:3ZBhX2qS
>>138
そもそも空爆で死んだ民間人の遺族か何かが靖国神社に神さまとして祀れと
そんな注文つける人がいるの?
国家総動員の仲間という意識はあると思うが靖国神社は無理難題な命令に従い
戦死された方々が祀られる神社で自分の先祖が空襲で犠牲になっていたとしても
靖国に祀れなどとそんなふてぶてしいことは言えない

140 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 01:39:57.34 ID:ujbARR5u
>>136>>139
もちろん軍人専用の慰霊施設もあるが、
民間人の戦没者を慰霊しないなんてことは考えられないことだよ。
靖国が本当に日本唯一の慰霊施設であろうと思うのであれば、
当然に受け入れなければならない義務だね。
嫌なら嫌で構わないが、
であるならば靖国信者が国立慰霊施設に反対する資格はないね。
それから、空爆で死んだ者の中には軍事工場に無理難題な命令で従事
させられた者も多数いたんだよ。
そういう人達は合祀されない一方で、
無理難題な命令を出した側の人間は例え文人でも病死でも合祀する
というのだから慰霊施設として論外だね。

141 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 01:40:11.04 ID:md0Lw5l9
>>138
おまえの甘ったれたワガママにつきあってくれるほど、世の中甘くないんだよ。
いいかげんわかれ。


142 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 02:35:43.41 ID:3ZBhX2qS
>>140
>民間人の戦没者を慰霊しないなんてことは考えられないことだよ。
はあ?
東京都の慰霊堂や原爆慰霊碑などなどと民間人の戦没者を慰霊する施設はあるし
追悼式典もとりおこなわれている。
それに例えば原爆犠牲者を英霊として祀るのもおかしな話と思うけどな

>病死でも合祀するというのだから慰霊施設として論外だね。
公務死とかに認定されているからね。論外ではないでしょ

143 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/29(金) 07:49:04.90 ID:qvVB7GtC
反靖国狂気連中は知らないことだが、靖国神社では軍人の合祀と共に、鎮霊社で、名も無き戦没者
空襲で亡くなられた方々、敵味方分け隔て無く、戦争で亡くなられた方々の御霊を祀っている。
戦後出来た社であるが、靖国神社ほど差別の無い慰霊所は世界的に珍しい。

144 :名無しさん@3周年:2011/07/29(金) 08:09:45.88 ID:jiszykCV
>>143
鎮霊社は、神様扱いちゃうだろが。
思いっきり差別してるぞ。あんなのお参りする人いないし
靖国の中では、犬や馬以下の扱いだろ。

つーか、本当はA級戦犯を入れようとしたけど、A級戦犯が神様になれたので
意味無くなっちゃっただけだろ、鎮霊社ってw

145 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/30(土) 11:32:36.39 ID:FP/+Lzw8
 サヨクは、戰前戰中當時の外人が、日本の~道を誤認(今猶さうかもしれぬが)した事と同じ誤認に追從してゐる丈。

146 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/30(土) 19:56:00.40 ID:FP/+Lzw8
 今夏も菅は參拜せずに國の御祭~の怒をかふのだらう。

147 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 20:06:21.97 ID:782lkCZA
>>145
何が誤認だか分からんが、戦死者を神様に祀り上げる宗教って、普通に気持ち悪いだろ
しかも、総理が参拝しないと祟る神様って、なんじゃいw
将門や崇徳院クラスの祟り神でも、そこまで横暴なことは無いぞw

カルト宗教の信者は、世の中の不安を煽り立てる言い草をして布教しようとするからタチが悪いw
しかも、ごく普通の伝統宗教でございって顔して。騙される訳ないだろ、アホw

148 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 21:34:12.65 ID:ouq8gRQa
>>143
要するに内地で空爆で死んだ人は中国人と同じ扱いってことね。
芯まで腐ってんな。

149 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 21:43:44.07 ID:/A9pRM/i
たかだか130年程度の歴史しかない神社がえらそうにするのはいかがなものか。
日本の歴史をバカにし過ぎでないかい

150 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 21:46:28.10 ID:/A9pRM/i
靖国は萩に移設して跡地に国立追悼施設建設が相当

151 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 22:45:23.05 ID:ys3/SeRQ
>>149
明治維新から130年の近代化の歩みを軽んじるのは、日本の歴史をバカにし過ぎでないかい。

152 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/30(土) 22:46:19.13 ID:kiJVKU4I ?2BP(1700)
>>150
それならば先ず、靖国神社の国有化が必要ですね。

153 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 23:06:35.36 ID:UDa2v/OJ
宗教法人格を取り上げたらいい
数年で経済的に破綻するよ
靖国は宗教じゃないんでしょ?
だったら反対する理由がないだろ?


154 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/30(土) 23:12:57.91 ID:kiJVKU4I ?2BP(1700)
>>153
宗教でしょ。
キチガイか?

155 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 23:24:08.39 ID:XqfL2EDJ
建立した年数で仕分けるアホは、自分ちの墓のある寺は300年以上の寺にあるのか?

156 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 23:35:39.61 ID:/A9pRM/i
>>151
維新による近代化は日本の誇りだがそれと靖国は関係ない。靖国に祀られている246万柱のうち
230万柱はシナ事変と太平洋戦争(おっと大東亜戦争か)で徴兵されて命を軽く扱われた一般国民だ。
シナ事変と太平洋戦争は日本に何もメリットが無かった。そんなことのために殺された国民を人質に
している欺瞞カルト靖国は国民の命を軽んじる思想の象徴でしかない。日本近代化の功績とは何の関係も無い

157 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 23:41:27.92 ID:jJ+20VGU
「日本政府がICRP (国際放射線防護委員会)の基準を盾にとって、『年間20ミリシーベルトまでの被曝は安全』と主張しているのは、言語に絶するほど間違っている。
 ICRPのリスク・モデルはもともと1952年に作られたもので、その基準は軍需産業が核実験を正当筋するためのものです」
 こう話すのは、欧州放射線リスク委員会(ECRR)の科学委員長、クリス・バズビー博士である。
 ECRRは、各国が放射線被曝の際の基準としているICRPのリスク・モデルを批判している科学者の団体で、両者の主張のもっとも大きな相違点は、内部被曝をどの程度リスクに織り込むかという点だ。
ー日本政府が錦の御旗にするICRPのモデルには、どんな問題があるのか。
 ひとつは、やはり内部被曝の危険性を過小評価している点です。
 外部被曝と内部被曝の違いは、こうイメージしてください。石炭がくべられている暖炉の前に私が座ると、身体を温めることができます。
しかし、その赤熱した石炭を食べて体内に取り込もうとすれば、どうなるでしょうか? 
私はすぐに死んでしまいます。それが、外部被曝と内部被曝の危険度の違いです。
 われわれは現在、フクシマから100kmの地点で採取した自動車のエアフィルターを調べていますが、ストロンチウムやウランが検出されている。
これらは内部被曝するとDNAに結合し、非常に危険です。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/tohokuzisin01.htm

 それにICRPを信用してはいけない理由があります。
09年4月、私はスウェーデンのストックホルムでCRPの最高⊥貢任者の一人であるジャック・ヴァレンティン博士に会いました。
彼こそがICRPのリスク・モデルを書いた張本人ですが、彼は私に、「ICRPの内部被曝についてのリスク・モデルは間違っている」と認めたのです。


158 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 23:46:23.81 ID:UDa2v/OJ
>>154
当の信者が「靖国は宗教ではなく日本人の習俗に基づく感情である」
と言ってるんだがね
まあ靖国信者なんてキチガイってことだねw

>>155
そりゃ20歳で120年の人生を語るようなもんだw

159 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 23:48:07.86 ID:/A9pRM/i

靖国は死ぬことを美化するための権力御用達神社。おそろしや

160 :名無しさん@3周年:2011/07/30(土) 23:50:56.07 ID:/A9pRM/i
まあしかし、菅みたいに国歌を歌いたくないゲスが首相という日本は脱線もはなはだしい

161 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/30(土) 23:59:21.20 ID:kiJVKU4I ?2BP(1700)
>>156
中国とアメリカのような腐った大国を断じて許さないと言う、日本の意思がよほど気に入らないようだな。

>>158
誰がそんなこと言ってんだよ。
すくなくともおれには関係のない話。

>>159
死んだ所で誰からも美化して貰えないクズが涙目。

162 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 00:04:13.21 ID:Y9L6HR5e
>>158
それが、日本の神道の考え方の一部だが。経典も戒律も必要としないのが神道でもある。
どうしても、イスラム教やキリスト教のような形態にしたいらしいな。お前は。

163 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 00:07:03.23 ID:d4GNKrPj
>>158
>当の信者が「靖国は宗教ではなく日本人の習俗に基づく感情である」
一神教で救済宗教であるキリスト教などと比較すれば、間違ってはいないだろ?
何が言いたいんだ?ww

164 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/31(日) 00:08:50.08 ID:UaECAS4k
>>147
> 何が誤認だか分からんが、戦死者を神様に祀り上げる宗教って、普通に気持ち悪いだろ

 ↑之自體が完全な誤認だと云つてゐるんだよ。
御前さんは、帝國政府が『將兵は、戰死したら~になれる』といふ宗教心を洗腦し、命を捨てさせる宗教でも作つたでも思つてゐるのだらうか。
常識的に考へて、『武運長久で無事生還する』よりも『死して~になりたい』と思ふ物等有得るのだらうか。
單純に國は、明治大帝の思召に由り、『已む無く非命に斃れた時、其の死を悲しんで國に祭る』爲の物だ。
亦、當時の將兵が、在世中の己の人生觀や國家觀から、國を崇敬したとて何等も不思議な事では無く、
其は昭和に致る迄に變つたとは思へない。

165 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 00:13:23.35 ID:quRu1lS1
靖国神社って明治以降に生まれた軍の御用神社だ。終戦とともに役目は終わった。

166 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 00:15:00.04 ID:Y9L6HR5e
じゃあ、日光東照宮も徳川政権と共に終わったのか?

167 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 00:15:39.43 ID:mwAt4CDf
>>165
英霊も明治、大正、昭和初期を生きた人達だw
少なくとも靖国は英霊の時代精神を反映したものだが、サヨが大好きな新しい施設は英霊と関係ないw

168 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 00:28:07.67 ID:Bt8WsGLQ
>>162>>163
だからさー、宗教の土台に乗ってこなきゃいいじゃんて話だよw
靖国は自分で宗教法人の登記やってんの
「宗教じゃないけど宗教法人の免税措置が欲しいです」ってなw


169 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 00:37:04.70 ID:WmlJ3GET
> 何が誤認だか分からんが、戦死者を神様に祀り上げる宗教って、普通に気持ち悪いだろ

異教徒の神父ですら靖国神社の神さまに敬意を払っているくらいなのに
日本語を読み書きするキチガイには困ったものだよ

170 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 00:43:33.29 ID:WmlJ3GET
外国人に伊勢神宮、明治神宮、東照宮、靖国神社を参拝してもらって
靖国神社だけ気持ち悪いなどとぬかすエイリアンなんかいるのか?
学問くんくらいなもんだろw

171 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 02:26:11.61 ID:8QQ6K3c5
2代続けて神職経験のない旧華族のボンボン宮司なんて有り得ないだろ
もっとも靖国の宮司は政府の役人がやる仕事だったわけだから
神職経験だとか教義の理解なんてのはどうでもいいんだろうけどねw

172 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/31(日) 04:15:28.77 ID:kX9CxMhZ ?2BP(1700)
>>168
だから宗教だっつってんだろ。
いいかげんにしろキチガイ。

>>171
やっぱり靖国神社は国有化するべきだな。

173 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 05:16:19.58 ID:qwiU1sXW
>>164
>御前さんは、帝國政府が『將兵は、戰死したら~になれる』といふ宗教心を洗腦し、命を捨てさせる宗教でも作つたでも思つてゐるのだらうか

その通りだろ?

「死ぬなよ」ではなくて、「靖国で会おう」と言って戦闘に出かけていく気持ち悪さったら無い。
特攻はもとより、「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓、全滅を玉砕と美化する発想
どれもこれも、無事生還もへったくれもない、気持ち悪い宗教の賜物じゃねーか
そんな気狂い宗教に、現代の我々を付き合わせるなって言ってるの

174 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/31(日) 05:22:19.28 ID:kX9CxMhZ ?2BP(1700)
>>173
気持ち悪いも減った呉もない。
甘ったれの君にはわからんだろうが、戦いとはそういう物だ。
戦争をピクニックか何かと間違えてんのか?
バカも大概にしろ。

175 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 05:24:44.53 ID:qwiU1sXW
>>169
>異教徒の神父ですら靖国神社の神さまに敬意を払っているくらいなのに

それ、靖国を潰せって話が出たときに、「そういうことしちゃ駄目だ」って言った話だろ
創価だろうがオウムだろうが、一方的に取りつぶせって話が出たら、
宗教者がそれに反対するのは当然だと思う
だからって、靖国が立派な神様と尊敬されてる訳じゃない。甘えるな!

俺だって靖国は嫌いだけど、好きな奴が拝んでる分には問題ないと思ってるし、
潰せって話が出るなら反対する。カルトだって、反社会的な行為が無ければ、信仰は守られるべき
ただ、靖国が気持ち悪い宗教ってのは変わらない

176 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 05:29:45.88 ID:qwiU1sXW
>>174
>甘ったれの君にはわからんだろうが、戦いとはそういう物だ

そういう物だと分かるから、そんなものやりたくねーよって言ってるの。

旧日本軍でも、「戦いとは〜」みたいな偉そうなこと言ってた奴は最前線に行かないで
馬鹿な宗教を信じ込まされた連中が、最前線で死んじゃってるんだよな
そんなもんに騙されてたまるかって話


177 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 05:34:14.90 ID:qwiU1sXW
しかし、靖国信者の本性が現れてきたなw

表面上は慰霊だ神道だと大人しそうな顔をしているが、
その内側にあるのは、戦争推進の気狂い宗教だ。
そういうのが好きな奴は、勝手に拝んじゃってもいいけど
首相やら天皇やらが参拝するような宗教ではありませんな

178 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/31(日) 05:49:42.52 ID:kX9CxMhZ ?2BP(1700)
>>176
>>177
この地上では戦いを忌避する弱虫に何の自由もないんだよ。

179 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 05:54:15.20 ID:qwiU1sXW
>>178
まあ、靖国信者さんの発想ではそうなるでしょうね

こういう発想だから、大東亜戦争みたいなアホな戦争に突入してっちゃうんだな
戦争を避けるってことと、弱虫とは違うものなんだけどね
靖国信者さんには、そういう話は分からんのだろうなあw

180 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/31(日) 05:59:48.98 ID:kX9CxMhZ ?2BP(1700)
>>179
戦争を避ける努力は十分にしていた。
今と同じくらいには。

181 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/31(日) 06:00:56.65 ID:kX9CxMhZ ?2BP(1700)
先の大戦で中国とアメリカという腐った大国に、徹底的にいたい目に会わせてやったからこそ、現在の平和があると理解できない池沼は死ねよ。

182 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 06:03:42.95 ID:qwiU1sXW
>>181
>先の大戦で中国とアメリカという腐った大国に、徹底的にいたい目に会わせてやったからこそ、
>現在の平和があると理解できない

理解できませんなあ。カルト信者の妄想はw

183 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/31(日) 06:05:23.78 ID:kX9CxMhZ ?2BP(1700)
>>182
君が理解できなかろうが何だろうが、それがこの地上のルールだから。
ルールを理解できない小僧が何を言っても無駄。

184 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 06:14:22.39 ID:qwiU1sXW
>>183
いや、信者さんが勝手にルールを作っても困るんでw

世界なら国連とか国際間の条約とか、日本なら憲法とか、
地上にはいろんなルールがあって、平和な世界を作ろうと模索してる
靖国信者さんの出る幕はありませんからw

185 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 06:21:16.19 ID:qwiU1sXW
まあ、平和のためには戦争が必要って思う人がいてもいいし
それゆえ大東亜戦争が必要だったと考える人がいても、まあ人それぞれだ

しかし、日本の首相やら、天皇やらが、そんなトンデモ理論に洗脳されては困りますなw

186 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/31(日) 06:33:06.79 ID:kX9CxMhZ ?2BP(1700)
>>184
結局バカ左翼がバカにされる最大の理由がここ。
いざとなれば戦って死ぬと覚悟しているネット右翼にたいして、
ぼくちん戦争は嫌です、奴隷になっても生きているだけで満足です、なんて言ってるバカ左翼とではハナから勝負にならない。
闘う前から負けてるんだよ。
おまえらは。

187 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 07:19:05.29 ID:qwiU1sXW
>>186
いやいや、靖国信者さんは勇ましくて結構ですなあw
敵いませんわ、これはw

そんじゃ、いざとなったらよろしく頼むわw

188 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 10:54:40.03 ID:mwAt4CDf
>>187
>そんじゃ、いざとなったらよろしく頼むわw
君はさっさと半島へ帰れよw



189 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/07/31(日) 11:07:45.47 ID:SiS5RLjP
日本大学教授・百地章 震災のかげで「悪法」を通すのか
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/110729/plc11072903070000-n1.htm
言論弾圧人権擁護法は、あの松本龍や泥を被らない癌直人を守りながら東北の人間には
泥かぶれという安住みたいな連中への批判を弾圧する法案だ。
靖国神社を大切にしたら牢屋に入れるような法案には断固反対だ!

190 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 11:07:53.88 ID:ahRkcBCM
靖国信者は困った時に
「半島に帰れ」と言い出す。

つまり、口では勝てませんから、
話を切り上げるしかないからねw

191 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/31(日) 13:34:04.17 ID:UaECAS4k
>>187
 御前は、サファリパークの獸と變らんな。

192 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 13:47:33.01 ID:mwAt4CDf
>>190
>つまり、口では勝てませんから、

>そんじゃ、いざとなったらよろしく頼むわw

これに何と答えろとw馬鹿チョンくんww

193 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 14:02:43.02 ID:VRq+hVxN
>>186
さっさと中国に特攻して死んで来いよw

194 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/31(日) 14:09:02.26 ID:kX9CxMhZ ?2BP(1700)
>>193
自分にかかってこいと言えない所が、弱虫毛虫の証拠だな。
中国様!こいつをやっつけて下さい!か。
奴隷はみっともねーな。

195 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 19:16:50.19 ID:FSX1z17C
>>194
2chで、「かかってこい」なんて言う奴は、あんまり居ないと思うぞw
だいたい、そんなこと言われても困るだろ?

196 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/31(日) 19:22:40.79 ID:kX9CxMhZ ?2BP(1700)
w
↑火病メーター

197 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/31(日) 21:52:01.06 ID:UaECAS4k
>>173
> その通りだろ?

 やれ/\、SCAP(the Supreme Commander for the Allied Powers 【聨合國最高司令部】)の下部組織たる
CCD(Civil Censorship Detachment 【民間檢閲支隊】)の日本人への洗腦工作を鸚鵡返しにしてゐる丈だらうが。
 今猶、其に氣附かない莫迦がゐるといふのは本當に度難い限りだ。

198 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 22:25:07.54 ID:mtvkOgy2
>>197
靖国信者さんは、気にくわない意見の持ち主は、みんな洗脳されてるって信じちゃってるんだな
まあ、カルト信者さんって、そんなもんだろ

心理学専攻者として解説すれば、洗脳ってのは朝鮮戦争の時に
アメリカ軍の捕虜が共産主義者になって帰ってきたことがあって、
その時に中共が思想教育に用いた手段を、アメリカが科学的に分析したことが
まあ、洗脳研究の発端ってことになってる。
アメリカが日本を占領したのより、少し後の時代の話だな
静岡大の西田先生は、洗脳と言っても、認知的不協和理論とかの心理学で知られた
知見で、そのメカニズムを説明できるって言ってたな。

個人的な意見だけど、洗脳ってのは価値観が強く入り込みすぎてると思う
共産主義なんかおかしい→米兵なのに共産主義を信奉するのは洗脳されてるからだ
という感じで、洗脳という言葉を万能の魔法のように捉えてしまうんだな
米兵だって共産主義に染まることもあるだろうという、少し引いた見方が必要なんじゃないかと

ごめん、ちょっとレベルの高すぎる話になってしまった・・・

199 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 22:32:56.25 ID:WmlJ3GET
>こういう発想だから、大東亜戦争みたいなアホな戦争に突入してっちゃうんだな
>戦争を避けるってことと、弱虫とは違うものなんだけどね

お堀を埋めた豊臣家の歴史を知らないお花畑の思想だ。
大東亜戦争は日本の自衛と評価する歴史家も当然存在するわけで
アホな戦争と決め付けるのは学問ではなくカルトに近いわな

200 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/07/31(日) 22:45:41.26 ID:UaECAS4k
>>198
 實は信者なのは御前のはうだよ。然も無自覺のね。

201 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 22:51:03.15 ID:wgMX73gp
>>199
勝てるわけの無い戦争を行い
多くの国民が死に国土を失いアメリカに占領された
アホ以外の何物でもない

202 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 22:58:07.42 ID:lFsLHvnW
>>201
男には、たとえ負けるとわかっていても、戦わなければならない時がある。



203 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 23:03:10.82 ID:WmlJ3GET
>>201
開戦と同時に本土決戦の戦争もあるくらいで自存自衛のための
ギリギリのタイミングでしょ。
負けたといっても英仏のほうが領土が減っているくらいで
戦後の結果をみて日本は負けたうちに入るのかって感じだよw

204 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 23:42:42.37 ID:wgMX73gp
>>203
勝ち目のない戦いに突入することが何の解決になる?


205 :名無しさん@3周年:2011/07/31(日) 23:52:28.03 ID:WmlJ3GET
>>204
日本にとって不利だった帝国主義とかの世界秩序の改革かな。

206 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/07/31(日) 23:58:42.69 ID:kX9CxMhZ ?2BP(1700)
>>204
正気にては大業はならず。
気違いになりて死に狂いするまでなり。
また武道に於いて分別できれば、はやおくるるなり。
忠も孝も入らず、武士道に於いては死に狂いなり。
この内に忠孝はおのずから籠もるべし。

207 :名無しさん@3周年:2011/08/01(月) 05:12:09.49 ID:7yUrnrQ3
靖国信者さんは、皆さんなかなか信心深いなw

>>200
少し難しい話になるけど、価値観の違う相手に対して、「洗脳されている」って愚痴っても意味は無いのだ
結局、洗脳という特殊な技法がある訳ではないからね。結果的にどういう価値観になってるかってことが大事
「洗脳」で話を終わらせるのは、話が合わない相手を「朝鮮人だろ」って決めつけるのと同様の思考停止なんだな
世の中って、異なった価値観が混在してるからこそ面白いんじゃないかと思うけど?
私だって、靖国信者さんの珍妙な価値観とお話するのが面白いからこそ、ここに来るわけだし

>>199
>大東亜戦争は日本の自衛と評価する歴史家も当然存在するわけで

太平洋戦争ならともかく、大東亜戦争をどう解釈したら自衛戦争になるんだ?
アホな歴史家もいるもんだw どういうトンデモ理論だか教えてくれよ
自衛のために南京やら重慶やらを攻略したってことかねえ?

208 :名無しさん@3周年:2011/08/01(月) 07:37:03.34 ID:Czyh/pMV
太平洋戦争は日本の勝利とか頭大丈夫ですか?w
反対に第二次大戦を負けたと思ってる連合国側の人間がいるとでも?w
主観的評価と現実が見えてないのは違うだろ
「ピタゴラスの定理は間違い(キリッ」って言ってるようなもん

209 :名無しさん@3周年:2011/08/01(月) 07:48:06.19 ID:yZDdKUtY
>>206邪道だ。

210 :名無しさん@3周年:2011/08/01(月) 08:03:20.71 ID:yZDdKUtY
>>181
その戦いを避けてさっさと敵に身を売り、国家をのっとって飄々としてたのはあんたらだけですが。

211 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/01(月) 10:50:52.58 ID:OE9nkdDa
>>207
> 少し難しい話になるけど、価値観の違う相手に対して、「洗脳されている」って愚痴っても意味は無いのだ

 價値觀の問題として矮小化するなよ。
之は事實か否かの問題であり、御前の云つてゐる事は、先述したCCDの民間検閲の洗腦の内容と、
GHQの神道指令の内容に追從してゐる丈であり、神道を碌に識らぬ手合が通説及俗説を鸚鵡返しにしてゐる丈に過ぎぬ。

212 :名無しさん@3周年:2011/08/01(月) 12:37:57.60 ID:SDKV6Bb8
>>207
>自衛のために南京やら重慶やらを攻略したってことかねえ?
大陸での日本の権益が脅かされていたため自衛のため南京やら重慶やらを攻略した。
朝鮮戦争で中国やアメリカが国境を越えて半島でドンパチしたように
極めて初歩的な軍事行動でしょ。
まあ自衛云々は所詮は水掛け論で自国の戦争の大義や正義を主張するのは
おかしな話でもない。それを○○信者というなら信者は世界各地にいるわなw

213 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/01(月) 15:12:51.01 ID:mgRpOsgu
支那事変で蒋介石がやっていたことは、ビン・ラディンと大して変わらないぜw
黄河の堤防決壊させて100万人の支那人を殺したのは、支那自身w

進藤さんや稲田さん、佐藤さんの合法な入国を拒否するのが南鮮w
自民党の国会議員のなかでも、特に好きな人たちだな( ̄ー ̄)

靖国神社攻撃している連中には、まともな法意識も無いわなw

214 :名無しさん@3周年:2011/08/01(月) 19:15:38.95 ID:HJuTZN9k
>>211
「CCDの民間検閲の洗腦の内容」なんて、知らんがなw

靖国なんて、誰が批判したって似たような内容になるだろ?
そもそもが突っ込みどころ満載の宗教なんだからw
それがCCDの洗脳のせいか、戦後民主主義のせいか、はたまた北朝鮮やCIAの陰謀のせいか
そんなこと俺が知るもんかw

戦死者を神様にしたり、大東亜戦争を自衛と言い張ったり、
そういうアホな宗教を、アホだと思うから、そう言ってるだけ。
洗脳の影響があるかどうかなんて、知ったこっちゃ無いわw

つーか、批判者に対して「洗脳されてる」と信じ込んじゃってるところが
いかにもカルト信者って感じなんだがw

215 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/01(月) 19:17:26.10 ID:OE9nkdDa
>>214
 其を自覺してゐない、亦は自覺出來無い時點で御前は終つてゐる。

216 :名無しさん@3周年:2011/08/01(月) 19:21:13.32 ID:HJuTZN9k
>>212
>大陸での日本の権益が脅かされていたため自衛のため南京やら重慶やらを攻略した。

いや、それ自衛の為じゃなくて、権益確保のための戦争だろw
そもそも内戦中の中国で権益確保して何になるのかとw

>>213
毛沢東に負ける蒋介石は無能だし、自民議員ごときにに釣られる韓国の連中もアホだと思うが
だからって靖国がマトモになる訳でもあるまいw
まあ、変な宗教だから、外から叩きやすいって面はあるけどね。靖国は


217 :名無しさん@3周年:2011/08/01(月) 19:25:43.84 ID:HJuTZN9k
>>215
だんだん、インチキ霊媒師みたいになってきたぞw

そうやって人を不安にさせて入信させるのが、カルト宗教の手口なんだな
洗脳ってのも、まあ手法的には同じようなもんなんだけど

218 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/01(月) 19:29:33.20 ID:OE9nkdDa
>>217
 やれ/\、御前の云つてゐる事こそが、GHQによる占領政策の歴史觀である事が未だ氣附かないらしいな。
御前こそがGHQ信者だといふ事が未だ解らないらしい。度難い奴だ。

219 :名無しさん@3周年:2011/08/01(月) 19:36:43.75 ID:HJuTZN9k
>>218
だから、GHQがどう言おうが、共産党が何言おうが、俺は知らんよw

そりゃ、俺の考えと同じ場合もあるだろうし、違う場合もあるだろう
だけど、GHQと一緒の考えになっちゃってるから考えを変えます、ってわけにはいかんだろ?

220 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/01(月) 19:37:45.54 ID:OE9nkdDa
>>219
 思考停止か。話にならんな。

221 :名無しさん@3周年:2011/08/01(月) 21:00:48.09 ID:jJ2V899a
おれは東京裁判自虐史観じゃないが靖国はカルトだよ。裁判は茶番だが東條らが処刑されたことは大歓迎拍手喝采。
あほな戦争に突き進ませた連中はみな死刑が相当。海軍幹部が巧妙に逃げたのは汚い

222 :名無しさん@3周年:2011/08/02(火) 00:03:54.27 ID:FOFO5mhE
>>221
どうみても東京裁判自虐史観です

223 :名無しさん@3周年:2011/08/02(火) 00:41:28.38 ID:BCKeYFcn
>>222
でも太平洋戦争は大勝利だったんでしょwww

224 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/02(火) 04:42:07.53 ID:tXz5TFl1
>223
頭の悪い、自虐史観かw
日清戦争で負けたから、支那はガタガタ抜かすなと言うのと全く同じ考え
方ではあるw

それにしても、石原伸晃は保守派の空気が読めないねw
いくら、慎太郎の息子でも、保守派からの信頼は限り無くゼロだわw

慎太郎の東京オリンピックは応援するけど、伸晃を応援する気は欠片も起きないw

225 :名無しさん@3周年:2011/08/02(火) 04:50:54.68 ID:PyPEzB0/
確かに靖国はカルトだよ、神社本庁も変、創価も変、自民党はカルトと仲良し。

226 :名無しさん@3周年:2011/08/02(火) 05:09:16.04 ID:FOFO5mhE
>>225
カルトの定義を言ってみな。

227 :名無しさん@3周年:2011/08/02(火) 11:00:23.54 ID:2fpDmxrc
一番変なのは東京裁判の絶対的に服従しているカルト信者

228 :名無しさん@3周年:2011/08/02(火) 11:06:21.12 ID:ySEj1dkh
靖国が国家神道の総本山の役割をしていないとはいわせないよ。

東京裁判に服従し、名誉回復を一度もしていないのは、政権与党だった
自民党だよ。
これは歴史的な事実、ドイツは名誉回復を求めている。文句を言うなら東京裁判史観
の元凶である自民党に抗議することだな。

229 :名無しさん@3周年:2011/08/02(火) 11:15:48.14 ID:2fpDmxrc
戦犯は講和条約成立後、国会で釈放、赦免されて名誉回復している。
いまだにぐちゅぐちゅ言うのは東京裁判のキチガイ信者くらいなものだろw
自民党なんかオワコンみたいなもので余り期待もしてないが元凶は
平和憲法とやらでしょ。自民党なんか所詮は平和憲法の賜物だしね。

230 :名無しさん@3周年:2011/08/02(火) 12:04:51.90 ID:ubDh4jdu
孝明天皇に逆らってクーデターを起こした長州の御用神社で「天皇のために死ね」と
洗脳したんだからペテンも極まれりというとこだな

231 :名無しさん@3周年:2011/08/02(火) 12:25:49.48 ID:c7kjhsDC
結局カルトの定義は提示できず仕舞い。
バカ左翼にカルトの定義なんか不可能だったようだな。
バカだから。

232 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 07:29:56.01 ID:f+TAYxjE
>>231
おれは>225じゃないけど、気狂いじみた宗教って意味で、普通にカルトって言葉も使うよ
靖国批判をすると洗脳だの陰謀だのと騒ぐのが、気持ち悪いから
戦死者が神様とか、大東亜戦争は自衛とか、靖国自体が気狂いじみてるとは思うが
それ以上に、信者さんが気味悪いんだよね。
やっぱし、カルトって言葉が語感的にしっくりくるんだが?

233 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/03(水) 07:39:11.64 ID:BWk7zdJn ?2BP(1700)
>>232
民主主義や人権思想なんてのも気違いじみた宗教と言うなら、賛成できなくもない。
人権真理教の信者は気味悪い。
カルトって言葉が語感的にしっくりくる。

234 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/03(水) 07:45:07.21 ID:BWk7zdJn ?2BP(1700)
頭の悪い左翼=戦前の日本はダメ!
ややマシな左翼=明治維新からしてダメ!
少しは考えた左翼=日本の近代化自体がダメ!
おれ=近代なんて物自体が空虚な宗教でしかない!

いつまで待ってやったらおれの所までたどり着けるやら。
人権とか民主主義なんてカルト宗教信じてんじゃねーよ。
ばーか。

235 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 07:46:01.05 ID:T01kyRlu
バカ左翼とは自民信者の事か?移民を人口の1割も入れて、日本の伝統・文化を破壊し、
天皇・靖国まで破壊する気。在日に届出だけで日本国籍を配る、まさにブサヨ。
東京裁判史観と言いながら、一度も名誉回復をしていない、政権与党だった自民党、まさに保守ではなく
左翼のブサヨ。

カルトの定義ぐらい、辞書で自分で調べろ、ここで人に聞くことではない、馬鹿は嫌いだ。
国家神道がカルトであるくらい常識何だよ。

236 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/03(水) 07:50:30.12 ID:BWk7zdJn ?2BP(1700)
>>235
カルトをどう定義しようが、人権思想や民主主義も引っかかるよ。
ついでに無神論とか共産主義も引っかかるから。
これは常識だからね。

237 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/03(水) 08:00:26.07 ID:BWk7zdJn ?2BP(1700)
いちいち相手するの面倒だから、正解書いとくけど、カルトかそうじゃないかの判定は、結局世間の常識にゲタ預けるしかないんだ。
人権思想も民主主義も、根拠のいいかげんさ、犠牲者の多さでは、靖国神社以上だって話にしかならないから。
もともと靖国神社は、日本が近代化するために犠牲となった人を祀る神社だって事忘れてないか?
日本の世間の常識に判定を預けたら、天皇や靖国にカルト判定なんか下りやしない。
逆にアンチ靖国のバカ左翼のほうがカルト判定されるよ。
左翼さんも靖国神社をバカにできないくらいに、いいかげんな根拠で多くの人を殺してきたんだから。
誰が何を根拠に靖国神社を批判できるんだか。
おれから見たらおまえらは同じ穴のムジナだよ。

238 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/03(水) 08:11:36.00 ID:BWk7zdJn ?2BP(1700)
たぶん次は「勝者の正義」「強者の正義」を言い出すアホが現れるだろうな。
ならおまえは一生強者に這いつくばって生きていけ。
奴隷にはそれがお似合いだ。
おれは御免だがね。

239 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 08:18:44.54 ID:f+TAYxjE
>>233
>民主主義や人権思想なんてのも気違いじみた宗教と言うなら、賛成できなくもない。

そう、民主主義や人権思想なんて曖昧なものでも、それを過度に振りかざすと
気狂いじみて見えちゃうことがあるんだよね。

靖国の場合も、このスレでレスする信者さん達が気狂いじみてるから
カルトって言葉が違和感なく通っちゃうんだな
言葉ってものは生き物なんだなあと思うわ

240 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 11:00:45.98 ID:Hha5QNXm
>>237
>もともと靖国神社は、日本が近代化するために犠牲となった人を祀る神社
もともとは、官軍側の犠牲者の慰霊するための社だよ
時代錯誤な松平の皇国史観を具現化するため場と化してしまった今の靖国は
今現在の認識からしても、カルト扱いされても仕方ないものになってしまったよね


241 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 12:11:11.78 ID:T8pNIvCP
Q「どうして靖国を信仰するの?」
A「日本人なら当たり前だからです」
Q「何故当たり前?」
A「それが日本の国体だから」
Q「国体って何?」
A「天皇陛下を中心とした日本の歴史です」
Q「その天皇陛下は靖国と距離を置いてるようだけど?」
A「国体に反する天皇は諌死させればいい」
Q「天皇が国体を決めるんじゃないの?」
A「靖国が決めます」
Q「靖国に何の権限が?」
A「国体は憲法に優位するから、国会だろうが天皇だろうが靖国には逆らえない」

242 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/03(水) 16:03:59.59 ID:S3gbEthc
反靖国カルトの気持ち悪い連中は、靖国神社を攻撃すれば、テメエらの罪が免罪されると勘違いし
ているのだろうw
共産主義者が20世紀に殺した人数は1億人を超える。
創価カルト信者の家では、家族同士が裏切り合い殺し合うのが日常。
北鮮は日本人を拉致して、何ら悪びれず、南鮮は日本の領土を不法占拠して万年躁病騒ぎw
支那は、自国民大量殺人記録をロシアと競い、日本の科学技術を盗んで、自分の技術だと言い張る
盗人猛々しさ。

どう見ても、靖国神社攻撃している連中がカルトで気持ち悪いというのが日本人の本音だわなw


243 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 17:43:41.38 ID:IXJJgycw
>>240
松平な皇国史観って


不公 平  で松平かよ
流行ったなぁ
ファンロードで


だいたい天皇家自体が神様にされる事をありがた迷惑に思ってる節が昭和天皇あたりからちょくちょく洩れてきてるのに、天皇家や皇族の意思を確認したのかねぇ
靖国大好きの人達は


244 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 18:21:17.65 ID:ACQR+4sW
>>242
ほとんど八つ当たりの世界だなw

いや、他の信仰を攻撃すれば自分たちが免罪されるとか
そんなアホなこと考えるのは、靖国信者ぐらいだと思うぞw

245 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/03(水) 19:01:14.76 ID:jl+eH1dP
>>244
 國信者なんぞ抑ゐないから。

246 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 19:21:01.02 ID:ACQR+4sW
>>245
あんた、靖国を見捨てるのか?
一応信じてあげろよ。信者さんがいないんじゃ気の毒だろーがw

247 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/03(水) 19:36:38.65 ID:jl+eH1dP
>>246
 信じるも何も、國單體で信ず可き何等かの教義なんて物は無いのだが。

248 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 19:44:27.56 ID:ACQR+4sW
>>247
教義がないと信じられないのかよw

靖国神社では、A級戦犯含め約二百五十万の神様を用意して
信者さんのお越しをお待ちしてるんだ。それを信じてお参りしてやれw

249 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/03(水) 20:36:25.92 ID:jl+eH1dP
>>248
 御前自分が如何に幼稚かゞ氣附いてゐないのか。

250 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 21:18:49.84 ID:ACQR+4sW
>>249
靖国信者さんのレベルに合わせているつもりなんだが?

251 :フツ:2011/08/03(水) 23:11:19.54 ID:/90Z4Bdi
8/15が近づくと靖国教徒が騒がしいね.

靖国教徒の特徴は,戦前の政策もあって,自分らが信じているもの,従っている行動様式は
「日本人としてあたりまえ」のものであり,それに従わないものは「日本人にあるまじき」
ものであると思い込んでいる点だろな.彼らは日本人であるということは靖国教徒である
ということが必要条件になっている.

崇拝の対象があり,教義があり,救いの形式まで整っているのに宗教でないと思い込んでい
るのは,アホのように見えるが,当人たちは大真面目だから困ったものである.

靖国教徒の比較としてヒンドゥー教徒を考えると面白い.

インドの田舎はヒンドゥー教社会である.
シバやビシュヌといった神々を崇拝しし,伝統的儀式を行い,カーストにこだわる.
ところがインドの田舎に行って,その辺のじーさんばーさんに「あなたの宗教は何ですか?」
と訊くとぽかーんとして答えられないらしい.自分の信じているものや行動は,人間として
あたりまえのことであり,宗教という考え方そのものがないのである.

靖国教徒もこれと同じようなもので,自分の信仰や行動形式を,他の宗教と相対化して考え
るということがまるっきりできないのである.

ただヒンドゥー教はバラモン教にまでさかのぼると3000年以上の歴史があるが,靖国教の
歴史はせいぜい150年程度であり,その成立も自然発生的なものではなく,政治的意図を
もって国家権力によって作られたという違いがある.

252 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 23:16:51.40 ID:eaoCI6kd
反靖国の反対理由の内訳はイイガカリに近いな。しかも、常駐者の一人二役なんて当たり前。
特に、夏休みになって子供ナンチャッテ左翼の多いこと。
キリスト教の分派、各派は政治がらみで発生しているけど。しかも、キリスト教、イスラム教
ユダヤ教は元の経典は同じ。

253 :名無しさん@3周年:2011/08/03(水) 23:49:52.24 ID:AmZtchIX
宗教とは、超自然的なものの存在を信じ畏敬崇拝する心情及び行為である。
靖国信者が英霊や施設への参拝の必要性を強調すればするほど
宗教性は高まっていくのである。

254 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 02:39:34.37 ID:vMq+XiHJ
俺は靖国参拝してるよ、でも移民が1000万人も入ってきたら維持は無理だよ。
移民は独自のコミュニティーを作る。天皇も靖国も彼らには関係がない。
在日どころの問題ではない、だから左翼の自民と自民信者は本当の事を言わない。
日本を崩壊させたいのだよ、愛国心も無い、歴史や伝統にも興味がない。
経済と年金のために、自分たちの世代のために日本を売る気なんだ。
移民の方が出産率が高いから、日本人は少数派、やがて消滅だね

255 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 05:45:33.30 ID:xTz0pDYE
>>251
まあ、神道が宗教ではないって言いたいのも分からなくはない
村には鎮守の神社があって、道には道祖神がいて、水場には水神様、台所なら竈神様
日本人は自分が神道信者であるという自覚など無しに、多くの神々を崇拝してきた
それは特殊な事じゃなくて、ヒンドゥー教や道教とかと一緒の話なんだけどね

ただ、靖国信仰が気持ち悪いのは、そういった庶民の宗教心を国家が利用して
天皇の権威を背景に、強引に戦争という新しい神を拝ませてしまったことにあるんだな
もともと日本人は、小さな祠だってないがしろにせず拝んできた。
靖国なんて、社や鳥居は大きくて御立派。そりゃ、庶民は拝んじゃうよ

だけど、少し冷静に考えると、戦争責任問われて刑死した奴まで神様になってる
未だに「大東亜戦争は自衛戦争」なんてアホなことも言ってる。
ちょっと、ここの神様はおかしいんじゃねーの? と、そういう話。
しかも、靖国はおかしいぞって、こういうとこで言ってみれば、狂信的な信者が出てきて
反日だ陰謀だ洗脳だと、もう滅茶苦茶。ああ、こりゃカルト宗教だったかとw

256 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/04(木) 06:09:42.66 ID:XWnkzaY0
反靖国カルトの、国のため尊い命を捧げられた方々への罵倒の言葉を見ていると、そいつらが、い
かに寒々しい家庭に育っているかが分かる。

国家を家庭に置き換えたら、反靖国カルトの連中の家庭では、家族の犠牲になるのは馬鹿げたこと
死んだ身内はゴミでしかないということだわなw

結局、反靖国カルト連中は人間のゴミでしかないということwww

257 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 07:18:30.75 ID:xTz0pDYE
>>256
はあ、靖国信者じゃない日本人は、ゴミ扱いですか
カルト信者さんは、周りが見えてないんだよな・・・

258 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 07:46:49.25 ID:Rqvx90KW
病死したA級戦犯→国のために尊い命を捧げられた方
内地で空爆で死亡→朝鮮人や中国人と同列の扱い

靖国信者の中では軍人以外はゴミ扱いなんだよな

259 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/04(木) 10:19:30.71 ID:XWnkzaY0
>>257はゴミの家庭なのが分かるw

南鮮も支那も、日本の左翼やカルトの家庭と同じで崩壊家庭が激増しているのも、そんな理由から
だろうw

ちなみに、日本国総理だからこそ、靖国神社参拝は義務だということ。
一般市民には誰も強制する気は全く無い。

一家の中心が先祖をなおざりにすれば、子供らは、先祖をなおざりにしている親をなおざりにする
だけ。
靖国神社に参拝しない総理が次々と支持を急激に失うのも当然のことだ。
癌直人と民主党が粘れば粘るほど、残っているのは破滅だけwww

260 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/04(木) 10:23:08.94 ID:XWnkzaY0
もう1つ付け加えれば、靖国神社では鎮霊社で空襲で亡くなられた方も、世界の戦災で亡くなられ
た方々も祀られている。

反靖国カルト連中は、そういう方々も冒涜しているだけ。

261 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 10:30:43.24 ID:vMq+XiHJ
1000万人移民受け入れ賛成なのに、外国人参政権反対の矛盾。
さすが左翼思想。靖国スレで愛国者気取りのブサヨだな、全く。
日本が潰れたら、靖国も天皇も無いんだよ。

移民に賛成する奴に偉そうに、靖国について書き込んで貰いたくない。

262 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 10:51:18.23 ID:hFu3FZoz
>>260
>もう1つ付け加えれば、靖国神社では鎮霊社で空襲で亡くなられた方も、世界の戦災で亡くなられ
>た方々も祀られている。
>反靖国カルト連中は、そういう方々も冒涜しているだけ。

じゃあ軍人もA級戦犯も鎮霊社で祀れって話だよ
それは出来ないんだろ?
かといって、B52の焼夷弾で焼死した人は英霊じゃないんだろ?
だから朝鮮人や中国人と同じ場所でゴミ扱いしてんだろ?
それとも鎮霊社で祀られている朝鮮人は英霊とでも言うのか?
これは事実だろ
事実と向き合うこともせず日本国民を冒涜してるのはお前だよ。

263 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/04(木) 12:17:38.39 ID:XWnkzaY0
小泉総理の靖国神社参拝に、日本国民の7割以上の人々が賛成。

反靖国カルト連中は、元々、日本人とは違う価値観の連中だわねw

264 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 12:18:30.91 ID:zcvViOOP
      ___
    /  ∧∧ \
   /  ヽ( ゚∀゚)´、`、
  / /\ \つ  つ、ヽ
  | |  ,\ \ ノ  | |
  ヽヽ  レ \ \フ / /
   \[夏厨警戒月間]/
    ヽ、 ____,, /
       ||
       ||
荒らしにはくれぐれもお気をつけ下さい。
いかなる理由があろうと、厨レスに反応することを禁じます。


265 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/04(木) 12:20:47.59 ID:p4p9r462
>>250
 おや/\、己の幼稚な言を肯定するのか。

266 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 12:32:54.67 ID:H7pDJMMj
まあ、「/\」みたいなことを書く奴に
幼稚云々言われる筋合いは無いが。

267 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/04(木) 12:49:12.43 ID:p4p9r462
>>266
 其を態々指摘して一體何うしたいんだか。
態々言擧げする事自體が正に幼稚だ。

268 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 12:53:52.80 ID:H7pDJMMj
>>267
何をしたいって?
俺が何を指摘をしても、お前の許可や理解は必要ないだろ?

なんでも自分の価値感だけで
物事を決めようとするお前の態度は幼稚というよりも
精神病そのものだな。

269 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/04(木) 13:28:25.04 ID:p4p9r462
>>268
 何等かの意圖が有るから>>266で『くの字點』を論つてゐるのだらうが。
『くの字點』と幼稚が何う繋がるのか毫も論旨が解らぬがね。
其と俺が云つてゐるのは、御前の其の視點の幼稚性だ。

270 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 14:20:10.49 ID:JHF0svAV
やっぱり自爆クンは精神病だな。

271 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 20:01:38.35 ID:H7pDJMMj
>>269
>『くの字點』と幼稚が何う繋がるのか毫も論旨が解らぬがね。
日本語が読めないかね?
すでに書いたように、、「/\」みたいなことを書く奴に
幼稚云々言われる筋合いは無いとね。

>其と俺が云つてゐるのは、御前の其の視點の幼稚性だ。

幼稚かどうかを決めるのはお前じゃない。
そのような一方的な決め付けこそが幼稚そのものだ。

272 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/04(木) 20:13:02.84 ID:p4p9r462
>>271
> すでに書いたように、、「/\」みたいなことを書く奴に
> 幼稚云々言われる筋合いは無いとね。

 だからなにゆゑに幼稚云々に『くの字點』云々が出て來るんだよ。
毫も論旨が解らん。

> 幼稚かどうかを決めるのはお前じゃない。
> そのような一方的な決め付けこそが幼稚そのものだ。

 『くの字點』を以て幼稚を云々してゐる御前こそが正に決附けだらう。

273 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 20:19:58.45 ID:H7pDJMMj
>>272
>毫も論旨が解らん。
わからんのはお前の問題であり、こちらの知った事ではない。
違うかな?

>『くの字點』を以て幼稚を云々してゐる御前こそが正に決附けだらう。
そもそも、普通に書いていれば「/\」なんて書く馬鹿はいないだろう。
決め付けでもなんでもないよ。


274 :かむながら ◆W818Cycc5nj3 :2011/08/04(木) 20:33:15.07 ID:p4p9r462
>>273
 詰り『くの字點』を用ゐる事がなにゆゑ幼稚云々に繋がるのか、自分で云つたにも拘らず論理的説明が出來無いのでだらう。
御前の發言が如何に短絡かゞ良く解るな。

275 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 20:40:25.10 ID:H7pDJMMj
>>274
極端に言えば、お前=自爆君=かむながら ◆W818Cycc5nj3は日本語が
不自由である事はもう十分わかったから、
お前に難しいことを書いてあげても、理解は出来ないし、
曲解してからレスを返す事は最初から判っている。

だから、お前にわかってもらう必要性は最初からないし、
周りに判って貰うだけで十分だがね。

>御前の發言が如何に短絡かゞ良く解るな。
じゃ、チャンスをあげよう。

今日、これまでにこの政治板で
お前以外で「/\」なんて書いた人が1人でもいれば、
俺が短絡かつ幼稚でいいよ。

276 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 23:24:30.84 ID:wU+HGtrQ
>>259
>南鮮も支那も、日本の左翼やカルトの家庭と同じで崩壊家庭が激増している

小泉元首相も妻に逃げられているわけだが?

277 :名無しさん@3周年:2011/08/04(木) 23:27:49.55 ID:wU+HGtrQ
つーか、靖国拝まないと家庭崩壊しますよって、統一教会の壷売りと一緒だよな
創価学会でも、何かうまくいかないと、お題目を熱心に唱えないからだって言われるみたいだし

カルトって、どこでも同じこと言うんだなw

278 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/05(金) 13:36:21.65 ID:v7hX1g9t
>>276
小泉さんの昔の嫁さんって、創価カルトだぜw
別れて大正解だw
頭の逝かれた嫁さんがいなくなったお蔭で、小泉さんの子供がいろんなところで活躍中なんだよw

279 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/05(金) 14:09:45.68 ID:v7hX1g9t
昨年の8月15日を越え、1度も靖国神社に参拝しない癌直人と民主党政権が、その治世能力の無
さで、現在、日本が悲惨な状況に陥っている。

今年の8月15日も、民主党政権は英霊を冒涜していくだろうから、さらなる、何かが起こりそう
な感じだ。
せいぜい、癌直人と民主党政権の連中だけに災厄を留めてほしい思いだが…

280 :倭人:2011/08/05(金) 14:12:31.04 ID:ED0mUtho
>>278
チョン進二郎は外国産政権や人権保護法を否定はしてない薄汚いチョンであることをお前は知らんのか!!
調べてみろ!

281 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 14:21:17.13 ID:gaccfNjY
>>279
へー−
靖国の英霊って日本人を呪ってるんだw

282 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 14:33:39.62 ID:DM7PNQMX
前原が択捉に行くのは自民党に向こうを張ってというのもあるが民団への遠慮で
竹島方面には行けないからだ。韓国はいまやフジテレビのみならず日本の政権まで取り込んでいる

283 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 15:14:55.52 ID:gaccfNjY
今やも何もずっとだろ
竹島占拠を黙認してきたのは自民党
尖閣諸島に常時200隻の中国漁船が押し寄せているのを黙認してきたのは自民党
それを逮捕したのは前原だけだ
前にも後にも誰もいない
前原だけ

284 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 15:46:46.13 ID:DM7PNQMX
自民党の行為はすべて高度な外交判断、外交戦術。民主党のはナンチャッテ外交ごっこ。
尖閣事件はその象徴。こども政権はこんなもん

285 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 16:29:23.31 ID:gaccfNjY
国土を黙って差し上げるのが高度な外交判断だってかw
靖国信者の愛国心てのは朝鮮や中国への愛国心なの?www

286 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 16:35:02.01 ID:dIKGdOwl
日本人の選択
アメリカの犬政権か地上の楽園子供政権


287 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 16:41:22.48 ID:cHJ93Psh

トヨタ自動車は豊田通商で
3重帳簿を書いて、
億単位で脱税するウジ虫企業なんだよ。

事実なんだよ。

鉄槌!鉄槌!

288 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 16:42:46.25 ID:cHJ93Psh

合法鉄槌!

289 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/05(金) 16:45:38.58 ID:+5sYGM1B ?2BP(1700)
>>285
差し上げてねえじゃん。
尖閣ではバカみたいに騒いで相手を挑発する意味がない。
竹島にはあるが。

290 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 16:53:32.83 ID:dIKGdOwl
戦後の日本は去勢された外国の犬たちの内輪揉めだけ
去勢された外国の犬たちが日本人の自立を妨害する


291 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/05(金) 17:15:44.78 ID:+5sYGM1B ?2BP(1700)
民主党政権みたいなのが10年続いたら、日本も北朝鮮のレベルまで没落すると思う。

292 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/05(金) 18:16:47.67 ID:Jw94j/ai
>>403 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2010/12/16(木) 17:21:37 ID:NVgb0KJtP ?2BP(1700)

ショタっ子が野良犬にレイプされるようなのないっすか?
この場合の野良犬というのは文学的な比喩ではなく、ほんとに発情した野良犬という意味です。
発情した野良犬に半ズボンを引きずり下ろされ、そのままアナルに野良犬の汚いペニスが差し込まれるようなマンガはありませんか?という意味です。
わかりますか?

293 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 19:14:40.22 ID:wFlGnSQm
外交で相手を挑発?
中国や北朝鮮がさんざんやらかして、国際社会から総すかん食らってる真似事を日本も実行しろと主張すんの
ペドライムは


ホント帝国主義時代から進歩しとらんな
こいつの頭の中身の全て
だから人権否定とか表現規制とか靖国礼賛とか言い出すんですね


だいたい靖国のスレで外交はともかく尖閣や竹島を持ち出して騒いでる自体が傍迷惑だな


294 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 21:39:04.86 ID:GNZ4onDL
>>278
>小泉さんの昔の嫁さんって、創価カルトだぜw
>別れて大正解だw

靖国信者にとって、家族の絆よりも、イデオロギーや信仰心の方が大事なんだな
余所の家の家庭事情までは分からんが、宗旨が理由で別れて大正解なんて狂っとる
こんな奴が、偉そうに家庭を語るんだからな

つーか、靖国信者の愛国心とかも似たようなものだけどな
彼らが愛してるのは、国ではなくてイデオロギーなんだ

295 :名無しさん@3周年:2011/08/05(金) 22:25:17.95 ID:G6pQkOsm
>>292
そんな古いカキコまで・・・おまえも好きだネエ。ヒマつぶしにしても次元低すぎて恥

296 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 01:15:21.24 ID:DYlRek9P
a

297 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 02:00:30.99 ID:XHj0JszC
>>294
 イデオロギイを主としてゐるのは寧ろサヨク側なんだけどなあ。

298 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 07:05:28.42 ID:aEgEdrfy
>>297
一般論だけど、左翼は親兄弟を捨ててもってイメージはあるよね
確かに、家族の絆よりイデオロギー優先って感じかもw

ただ、靖国や教育勅語みたいに、家族の大切さを看板に掲げて
実はイデオロギーを押しつけてるってのは、また別の気持ち悪さがある
何つーか、家族を人質にとってイデオロギー押しつける感じなんだよね
いや、家族と靖国信仰は関係ないだろうとw

299 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/07(日) 09:27:27.77 ID:G3cvxUj4
>>294
お前が創価カルトなら、創価カルトこそ家族の絆をぶち切るキチガイ宗教と一般市民に思われてい
ることが分からないのも当然だわなw

創価カルト、日教組、日共、過激派に家族の絆なんて無いだろw
北鮮や支那も国家が貧しい家族を破壊しているし、南鮮も日本以上に家庭崩壊しているんだってねw

300 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 11:49:00.16 ID:zljPi6HG
>>298
家族のためとか国家のためとかは万国共有の思想だろ
自国のために戦うかの問いにyesと答える外人に気持ち悪さなんか感じないしね

301 :名無しさん@3周年:2011/08/07(日) 11:56:09.94 ID:XHj0JszC
>>298
 家族を衞る爲には地域を、地域を衞る爲には國を、と考るのが、人として寧ろ普通の感情だと思ふが。

302 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/07(日) 14:17:32.97 ID:XHj0JszC
725 名前:靖国不要 ◆QkRJTXcpFI [] 投稿日:2011/08/07(日) 13:57:57.57 ID:vG7HmZAO [3/4]
テスト

 ↑テロリスト。

303 :フツ:2011/08/07(日) 16:18:43.13 ID:j7Nzrcic
皇軍は国体,つまり「万世一系の天皇皇祖の神勅〔天照大神の勅語〕を奉じて永遠にこれを統治し給ふ」
という国家体制は守ろうとするが,国民の家族も地域を守らなくては毛頭考えてはいない.

ポツダム宣言受諾をめぐる会議では,東條に至っては無条件降伏すれば国民が「軍部をのろう」とし、
「国体護持」が受け入れられないなら「一億一人となるを敢然戦ふべきは当然なり」
と全国民を犠牲にしてでも戦争継続を昭和天皇に訴えている.

304 :フツ:2011/08/07(日) 18:36:43.41 ID:j7Nzrcic
ちょっと文章がヘンだな.

誤 皇軍は・・・・・国家体制は守ろうとするが,国民の家族も地域を守らなくては毛頭考えてはいない.
正 皇軍は・・・・・国家体制は守ろうとするが,国民の家族や地域を守らなくてはとは,毛頭考えてはいない.


305 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/07(日) 22:34:07.13 ID:XHj0JszC
「戦争の美化」独り歩き 横浜市の育鵬社教科書採択 一方的批判続く
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110807/edc11080721570000-n1.htm

 實に好い傾向だ。

306 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 05:56:49.93 ID:8t/rc8tc
>>299
靖国信者って、他の宗教への敬意って皆無なのかね?
そういや、浄土真宗でさえ否定してたのもこいつか?
まさにファンダメンタリストだなw

>>300-301
靖国信者の気持ち悪さは、家族愛とか神への崇拝とか、日本人ならごく普通に持っているであろう
一般的な感情を、靖国信仰で横取りしてしまうことにあるんだな
家族も神様も大事だけど、靖国、お前は関係無いだろうとw
アホな戦争で数多の家族を悲惨な境遇に陥れておいて
どの面さげて、「家族を守る」とか言えるのだか。ホント、狂ってるよな・・・

307 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 11:15:31.25 ID:TloHw17z
>>306
> 靖国信者の気持ち悪さは、

 御前が主張したいのは、單なるエゴイズムだらう。

308 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 11:19:17.84 ID:erdwj1sL
>>307
君の気持ち悪さは自分では分からないのだよ。

309 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 11:23:07.09 ID:TloHw17z
>>308
 意味不明。

310 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 11:27:10.38 ID:erdwj1sL
君には分かってないのは皆分かってる。


311 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/08(月) 11:28:15.39 ID:bkhHTvDf
>>306
このように、創価カルトは気持ち悪い。
一般の常識で、創価カルトをまともな宗教などと思う日本人は、まずいない。

312 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 11:34:45.43 ID:TloHw17z
>>310
 「皆」とは具體的に誰を指してゐるのだ。

313 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/08(月) 11:36:42.68 ID:bkhHTvDf
今日の産経に珍しく週刊ポストの広告が出ていた。
桜井よし子さんが靖国神社に関して書かれているので買おうw

しかし、横の『超豪華絢爛絵巻春画秘宝』やフルヌードの広告帯、どうにかならんの?
週刊新潮や文春には無い、買う時の、ある種の恥ずかしさ感じるねw

314 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 11:53:26.88 ID:erdwj1sL
>>312
このスレを含めた君に対するレスを読めば分かる。

315 : :2011/08/08(月) 12:17:31.18 ID:8t/rc8tc
>>307
エゴイズム? 
俺の家族愛や信仰心を、靖国信仰なんぞと一緒にして欲しくないとは思うが?
それがエゴイズムになるかね?
家族愛や、信仰心が、そのまま靖国信仰につながると思い上がってるのが
靖国信者だと思うんだけどね。

>>311
俺のレスを、どう読んだら創価のレスに見えるんだかw
靖国信者って、靖国信仰のおかしなところを突かれると、
八つ当たり気味に、他の宗教やら政治理念・民族を貶すんだよなw
子供が「僕よりも誰々ちゃんの方が悪いよ〜」って騒いでる感じ。
他のことより、お前のとこの気狂いぶりをどうにかしろよとw

316 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 12:43:32.95 ID:uBIh+sTU
神職経験のない旧華族のボンボンが宮司やってる神社ってどうなのよ
しかも2代続けて
もっともその前はずっと政府から派遣された公務員の仕事だったけどねw

317 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/08(月) 13:00:43.86 ID:bkhHTvDf
家族愛とか言いながら、ご都合主義で、家族をものとしか見ていないのが反靖国連中だわねw
国のために尊い命を捧げられた人が無意味というなら、その方々のお蔭で成り立っている日本の全
てが無意味になるだけ。
その無意味な日本が良いと言っている連中の家族は結局、無意味な繋がりでしかないw

俺は家族を愛しているとか抜かしていた反靖国キチガイが年取ったら子供に棄てられているのは、
団塊の世代では、極普通の光景だわw

318 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 13:07:24.74 ID:AzjXoVkl
アンチは靖国に対してであって戦没者に対してではない。祀られている246万柱のうちの230万柱はあほな戦争の
犠牲になった方々だ。アフォな指導層の権力争いの犠牲になったことを知ったらみな怒るにちがいない。
靖国の役割は大日本帝国憲法廃止とともに終わった

319 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 13:13:54.95 ID:8t/rc8tc
>>317
>国のために尊い命を捧げられた人が無意味というなら、
>その方々のお蔭で成り立っている日本の全てが無意味になるだけ。

命を捧げたことが無意味ってより、無意味な戦争で大勢の人が死んじゃったってことだろ?
日本の防衛とは関係ない中国で戦争して、何の意味があるかっつーのw

今の日本が繁栄してるのは結構なことだが、その原因をアホな戦争遂行に求めるな、ボケw
あんなアホな戦争やらなくても、日本は無意味なんかじゃ無いんだよ。馬鹿にするな!

320 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/08(月) 13:22:55.52 ID:bkhHTvDf
>>318
こんなこと言っている連中が子供から見放されて特養送りか、放置死だらけに、この頃なっている
ねw

支那人にしても、反日キチガイで支那事変起こした結果が、あの支那人大量殺害共産党政権。
北鮮も大東亜戦争で亡くなられた日本人の数倍の鮮人を殺しまくっている。
南鮮は、現在、暴落気味のドルより意味無い通貨として売られ続けているねw
サムソンなんて、自社の独自技術が有るわけ無いし、一旦赤字になったら全く無価値で無意味な会
社ではある。

321 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 13:28:29.89 ID:7hHefZ6P
>反日キチガイで支那事変起こした結果
事件そのものは偶発だが、拡大させたのは日本だがね。

「この際支那を屈服させて概して北支五省を日本の勢力下に入れ、
満州と相まって対ソ戦略体制を強化することが必要で、
盧溝橋事件はそれを実現するため、願っても無い好機 の到来を示すもの
である。」
by武藤章

現代に例えていうなら、 イラクに派遣された自衛隊が現地の判断で勝手に
イスラエルに攻め込む級の暴走。

322 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 13:29:44.00 ID:8t/rc8tc
>>320
>こんなこと言っている連中が子供から見放されて特養送りか、放置死だらけに、この頃なっているねw

特養を利用する人が増えたのは、別に悪い事じゃ無いと思うけど?
重度の介護が必要な高齢者を、家族だけで介護するのは無理なんだよ。
身近で、重度の介護が必要な人を見ていれば分かるんだけどね。
戦争と一緒で、アホな理想だけ唱えても駄目なんだぞ




323 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/08(月) 13:36:59.41 ID:bkhHTvDf
>>319
もう、子供に見棄てられた馬鹿かw

大東亜戦争のお蔭で、亜細亜の独立が促進され、戦前のような白人列強の中で唯一の有色人種先進
国日本が孤立して言いがかりばかりやられる事態が無くなった。
大東亜戦争こそ、今の日本の繁栄の礎であるが、総理が靖国神社に参拝せず、英霊の皆様に感謝と
哀悼の誠を捧げなくなってから日本は傾き続けている。

日本が持ち直しかかったのは小泉さんの時だけだもんなw

前回のオリンピック招致の時は東條さんに言いがかり言っていたから、やめたら、ってスタンスだ
ったけど、今回はその手のこと言ってないようだし、靖国神社参拝をルーチンワークにしていると
言っているから、頑張れ石原都知事。
オリンピック招致でみんな燃えよう!

どうせ、もう民主党が政権獲ることも無いしねw

324 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 14:39:34.54 ID:TloHw17z
>>315
 愛國心は、靖國信仰になるのか。
 熟御前の論は偏頗で氣違染みてゝ意味解らん。

325 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 14:46:59.42 ID:uBIh+sTU
>>317
靖国に合祀しなければ日本が無意味な国家だと言うのなら、
靖国以前の日本は無意味な国家ということになるなw
靖国信者の言う日本の国体だの歴史だのは百年程度のものなのか?w
靖国を信仰するにしたってもう少しまともな言い分があるだろう
靖国信者には無能しかいないのか?w

326 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 14:47:54.90 ID:TloHw17z
>>319
> 命を捧げたことが無意味ってより、無意味な戦争で大勢の人が死んじゃったってことだろ?
> 日本の防衛とは関係ない中国で戦争して、何の意味があるかっつーのw

 當時の聨合國側でも、日本が戰爭に至る經緯に體して理解を示してゐるにも拘らず、
御前が日本人か何うかは知らんが、未だに惡し樣に「日本惡しかれ」を吹聽するとはな。
 氣違ひとしか思へん。

327 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/08(月) 15:42:03.74 ID:bkhHTvDf
>>325
反靖国信者は、どうしても靖国神社を冒涜する団体の歴史性の無さを誤魔化すだけかw
ま、この馬鹿の定義なら、支那朝鮮も歴史が無いなら英雄顕彰碑は無意味で無価値ということw
そんな連中に靖国神社を批判する資格は元々無い。
創価カルトも日共も歴史が浅い団体に靖国神社批判する資格は無いということで決まりだなwww

328 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 15:45:38.13 ID:5opdzhxP
>>327
靖国安泰〜国家危機。

329 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 15:47:36.22 ID:8t/rc8tc
>>323
だから、神頼みしたきゃ、勝手にやってろってw
日本の復興を神頼みするような政治じゃ、終わりだな。ましてや靖国なんてw

>>326
>當時の聨合國側でも、日本が戰爭に至る經緯に體して理解を示してゐるにも拘らず

また、マッカーサーの言葉尻とか持ちだしてくるのかなw
あのアホな戦争に意味があるっての言うのなら、自分でそれを説明してみろって。
中国で戦争することが、日本の防衛にどんな関係があるのか。

そもそも、おれは「日本惡しかれ」なんて、言っておらん。
日本が行った戦争がアホだったって言ってるだけだ。
日本が良い国だって、馬鹿な間違いを犯すこともある。それがどうしたって話。
日本人が全員あの戦争を肯定すると思う方がバカw

330 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 15:50:37.23 ID:5opdzhxP
>>326
お前がキチガイだ。

日本は平和だ、お前が中国と戦争持ちかけることで日本の危機が始まる。
トットと北へ失せろ! アホ。

お前日本の危機を煽って北のスパイか?

331 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 16:29:25.59 ID:8t/rc8tc
>>327
そもそも、共産党の靖国批判はよくやってると敬服するけど
創価って、ちゃんと靖国批判してるのか? 口だけ反対言ってるけど黙認みたいなもんじゃん
「靖国参拝する議員は選挙協力しない」ぐらいは、やって当然だと思うけどな
自民に迎合する今の創価学会を見たら、牧口常三郎は悲しむと思うぞ
思うに、池田大作は牧口が神格化されちゃうのが嫌なんだろうな・・・


332 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/08(月) 16:55:00.13 ID:bkhHTvDf
創価カルトキチガイ知っているんで聞いたら、池田駄作の前の会長は靖国神社参拝は当然と言って
いたとさw
池田駄作にとって、宗教は金でしかない。
あべふくだあほうは、創価カルトへの気兼ねから総理として靖国神社に1度も参拝しなかったし、
あほう内閣は閣僚が1人も靖国神社に参拝しなかったから政権失って当然w

共産主義者は20世紀に1億人以上の人間を殺しまくっているんだから、そもそも靖国神社を批判
する資格など存在するわけが無い。

既存宗教で靖国神社攻撃し出したのは、1970年代半ば辺りで、それまで、そんな馬鹿げたこと
をする日本の旧宗教団体は無かった。
馬鹿げた靖国神社攻撃をやりだした日本の宗教団体は、その後、朝日新聞と同じように没落への道
を辿っている。

333 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 19:07:29.58 ID:TloHw17z
>>329
 當前の事を敢へてくど/\と話す氣恥づかしさを禁じ得ぬが、
御前は單に戰爭に體する一般的嫌惡感を以て、其の儘歴史的事象に當嵌めてゐる丈。
 東京裁判の裁判長のウェッブでさへも、デイヴィッド・バーガミエ著「天皇の陰謀(Japan's Imperial Conspiracy)」にて序文を寄せ斯くの如く宣ふ。

『(略)私は米國なり英國なりが同じやうな状況におかれたらどのやうに反應したか、
其處か國民がどのやうな反應をする事を望んだかを考へてみた。
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
 米國も英國も日本が千九百四十一年のおかれたやうな状況におかれゝば、
、、、、、、、、、、、、、、、、、、
戰爭に訴へてゐたかも知れないのである』

 詰り當時の日本の世界的におかれた状況を知る者にとつて、日本の行動は、何ら奇異なる物では無い。

334 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 19:10:28.91 ID:TloHw17z
>>330
>日本は平和だ、

 平和なのは、御前の頭の中の御花畑丈だ。

335 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 19:31:58.89 ID:7hHefZ6P
自分に都合のいい事を言う人を
>日本の世界的におかれた状況を知る者
として持ち上げ、都合の悪いを言う人を
奇異なる物として貶める。

いいねえ。全ては自分の主観だけで決めるのは(嗤)

336 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 19:46:25.91 ID:7hHefZ6P
しかし、まさかさしものアメリカも、すこし自分の立場を日本にわきまえさせようとしたら、
突然キレて、後援者である自分を
背後から金属バットで殴りつけるとは予想してはいなかったようですね。

まあ、まだかつての日本の愚かな行いに対してささいな慰め(?)
になるのが、いま現在においてもリアルで似たようなことを行ってる
一部の国々が存在するということでしょうかね?

自分たちが憎んでいるアメリカや日本との付き合いが、ある日突然なくなったらどうなるのでしょう?
自国を援助してくれる国とはもっと友好的な関係を築いてもらいたいものです。
あまつさえミサイルで脅したりとか・・・・

彼らにももう少し、日本の正しい歴史を学んでもらって、反面教師とすべきでしょう。
自分たちも日本みたいな道をたどりたくなければ。

337 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 19:52:42.32 ID:TloHw17z
>>335
 御前はもう少し普通に歴史を勉強しろ。

338 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 19:56:15.70 ID:7hHefZ6P
>>337
お前に歴史を勉強しろといわれる筋合いはどこにないわ。

339 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 20:02:34.11 ID:TloHw17z
>>338
 まあ、御前の論法は、自分の思想に反する意見は相手のキ合に掏替るのか。
實に御目出度い思考で何よりだ。

340 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 20:05:08.25 ID:7hHefZ6P
>>339
素敵なレッテルを有難うよ。議論をしたいのなら、
そういうお前の頭の悪さの証明でしかないレッテルではなく、
論を持って論じてくれよ。

341 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 20:11:15.32 ID:7hHefZ6P
東条の平和への代価、彼が最後通牒と呼ぶものが、
ワシントン駐在大使を通じて提出されたのは、1941年11月20日だった。
それは次のように要約できる。

 アメリカは、日本にインドシナと中国におけるフリーハンドを容認すること。
 アメリカは、蒋(介石)に対する援助を止めること。
 日本との通商関係を回復し、南太平洋あるいは極東、
 フィリピンへの軍事力の増強を中止すること。

このような、敗戦国だけが受諾できるような異常な譲歩の見返りとして、
日本が提案したのは、東南アジアへの軍事力増強の中止と、
中国に平和をしいた後のフランス領インドシナからの撤退だった。

『モリソンの太平洋海戦史』(Samuel Eliot Morison著、光人社、2003.8.31)、
p、60より。

おk?
アメリカとは友好国である中華民国を攻撃し続けたいから、
その資源を輸出してくれ、なんて要求を、
アメリカが受け入れるわけがないでしょうに(苦笑)

歴史云々以前の問題だ。



342 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 20:26:14.10 ID:TloHw17z
>>341
 やれ/\、米國の視點で歴史を云々してゐるのか。

343 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 20:27:33.18 ID:7hHefZ6P
>>342
あら、米國よりの判事の言葉を先に引用してきたのは
誰だったかな?

344 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 20:29:39.70 ID:Xghq3kNN

勝てる戦争を負けさせた 大日本帝国の馬鹿指揮官を 靖国神社から引きづり出せ

貴重な日本国り領土まで取られる始末 あーなんてえこった。




345 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 20:35:03.57 ID:7hHefZ6P
はっきり言って、三国干渉の時のように
臥薪嘗胆を選択することが最善の策だろう。

明治の人はそれを選択できたが、昭和の人は
それが出来なかった。それだけの事だろう。

ミスを美化するのではなく、ちゃんとミスとして認め、
次に繋げないと、一体何のために300万以上の命が失ったかは
判らなくなるでしょう。自爆君のような美化は持っての外だ。

346 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 20:46:48.91 ID:erdwj1sL
>>333
著者名くらいちゃんと書きなよ。
デイヴィッド・バーガミエではなくデービット・バーガーミニね。
それでよく人に歴史を勉強しろなんて言えるな。

347 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 20:54:07.99 ID:7hHefZ6P
所詮、自爆君=國C寧 ◆KqBEa6JjWmmFはその程度のヤツでしかないわけだ。
それでよく「國C寧」なんて大層なコテをつけたわな。

靖国の名が泣いているぞw

348 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 20:55:28.34 ID:lbgjMzdy
靖国の名を貶す為の工作員だからなw

349 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 21:04:52.13 ID:8t/rc8tc
>>332
>池田駄作の前の会長は靖国神社参拝は当然と言っていたとさw

戸田城聖は国家神道に抵抗して、治安維持法違反と不敬罪で、刑務所にぶち込まれたわけだが?
靖国法案やA級戦犯合祀といった問題が出てから、多くの宗教が批判に回ったけど
創価は、その前から靖国や国家神道に反対していた宗教だろ

>>333
靖国信者は、いろんな人の言葉尻だけで大東亜戦争擁護をするからなw
その前に、何で中国との戦争が必要だったか、自分の頭で説明してみろと
太平洋戦争は、アホな日中戦争を継続しようとした結果でしかないわけだし


350 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 21:06:01.71 ID:JBrb4n4Z
【BS特集】日本と戦った日系人 GHQ通訳・苦悩の歳月 兄・母ヒロシマ被爆
http://blog.goo.ne.jp/ryuzou42/e/0ea78b1111a6604430a57d56125344b2
放送日 2006年8月14日 チャンネル BS1
http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10002200090608150030175/

■警察予備隊■
憲法九条の精神をよるがせかねない出来事だった……。
大本営の中枢にいた河辺虎四郎(元参謀次長)、服部卓四郎(元東条英機秘書官)とゲーシャパーティをするGHQ……。
警察予備隊の参謀に、旧日本軍幹部。旧日本軍幹部と密接な関係を結んだGHQ。

−−実際には、軍隊的な組織であり、訓練であり、性格であったという。


351 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 21:30:02.56 ID:OFMRso4m
国立公文書館 アジア歴史資料センター 明石元二郎 元治元年(1864年)〜大正8年(1919年)
http://www.jacar.go.jp/nichiro/cloud_akashi.htm

日露戦争時のロシアに対する諜報活動(明石工作)で著名な陸軍軍人です。
明治34年(1901年)にフランス公使館付き武官となり、翌年ロシア公使館付きに転じ、
日露戦争が勃発すると中立国スウェーデンに移ります。

以後、この地を拠点として、ロシアの革命党と連絡をとり、資金を提供して彼らの活動を支援しました。

大正8年(1919年)に没。享年55歳。
明石元二郎に関する資料は、当アジア歴史資料センターに多数収録されています。

352 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 21:48:00.14 ID:CwrYKeLQ
これってさ、
本来利害関係のない一般人がちょっと調べた時に、その一般人と対立している組織・集団が本当は何なのか、
ずーーーっと前から分からないようにしてある社会の空気、場みたいなもんだね。
だから本来利害関係にない一般人の脳内にも中国人、朝鮮人、ロシア人にだけチョームカツク脳内スイッチが出来上がってしまうとみた。


353 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 22:12:06.79 ID:TloHw17z
>>343
 やれ/\、御前は物事を平明に見ると云ふ事が出來無いらしいな。
嘆かはしい許だ。

354 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 22:15:45.38 ID:7hHefZ6P
>>353
まずはご自身が「物事を平明に見る」ことが出来るように
なってから、そういうことを言っておくれよ(笑)

355 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 22:22:45.50 ID:7hHefZ6P
自分にできないことを相手に求めても、鼻で笑われるだけだよ。
覚えとけよ。

もしこの政治板で「物事を平明に見ることができない」
なんてランキングがあるとすれば、お前=國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF =自爆クンは
間違いなく、トップ3に入ることぞ。
これに関しては全身全霊を賭けて保証しよう(笑)

356 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/08(月) 22:23:19.81 ID:TloHw17z
>>354
 御前は「東京裁判の裁判長のウェッブ」の意味が何も解つてゐない。
莫迦丸出しだ。

357 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 22:26:29.63 ID:7hHefZ6P
>>356
そうかい?「デービット・バーガーミニ」を
間違って「デイヴィッド・バーガミエ」に書くような
莫迦丸出しのアホにそれを言ってもな(嗤)

358 :國C寧←靖国の名が泣いているぞw:2011/08/08(月) 22:35:08.25 ID:7hHefZ6P
お前さ、俺を馬鹿にするのもいいけど、
でも、せめておまえ自身にも跳ね返らない事も考えてから
やってくれよ。

こういうスゲーつまらん自爆をするから、自爆クンなんて
あだ名が付けられているんだぜ?(笑)

359 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 22:37:22.43 ID:Zh4hhV8m
>>350
>太平洋戦争のさなか、マッカーサー司令部GHQは、
>およそ6000人の日系二世を集めて特別部隊を作り、日本軍の機密情報の収集に当たらせた。
>日系軍人には守秘義務が課せられたため、父や母が生まれた国と戦った苦悩を近年まで語ることはなかった。
>その中のひとり、ハリー・フクハラさんは、母と兄が広島で被爆している。


ワシントンハイツ―GHQが東京に刻んだ戦後―
http://www.shinchosha.co.jp/book/135986/
発売日 : 2011/08/01

第十三章 諜報部員 「ニセイ・リンギスト」


360 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 22:38:57.69 ID:GDu213nb
>>327
>ま、この馬鹿の定義なら、支那朝鮮も歴史が無いなら英雄顕彰碑は無意味で無価値ということw

「靖国以前の日本は無価値」という定義はお前が作ったわけだが?w
自分で作った落とし穴にハマる馬鹿を無能と言って何の問題があるw

361 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 22:50:30.49 ID:8t/rc8tc
>>356
東京裁判で、ウェブ達がどういう判決を下したかってことの方が大事だろ

どんな人の発言でも、文脈を無視して言葉尻だけ捉えれば
本人の意図とは違った意味を持たせることは可能
だけど、そんな言葉遊びをして喜んでも、他人を騙すのは無理だよw

362 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 23:09:43.40 ID:erdwj1sL
自爆君が持ち出してきたウェッブの序文引用はデタラメだよ。
彼は「戰爭に訴へてゐたかも知れないのである」なんて書いてない。
いいだももの翻訳文は次の通り。

「私は米国なり英国なりが同じ様な状況におかれたらどのように反応したか、
それどころか国民がどのような反応をすることを望んだかを考えてみた」

どこかのいかがわしいブログからでも拾ってきたのだろう。


363 :名無しさん@3周年:2011/08/08(月) 23:39:17.85 ID:erdwj1sL
>>361
それどころかウェッブの序文にはこう書かれている。

「審問が開始される前、私は、専制君主である天皇は、一見して明らかに、
戦争の許可に責任があるとする見解をもち、私の政府の要請にもとずき、そのように意見をのべた」

「天皇の陰謀』は、松井石根の絞首刑がありえた除外として、そうした判決のいずれもが誤判決ではなく、
死刑となった者らは、ほしいままの殺人や野蛮行為の防止を怠ったことを悔いていたとしても、
その責任があったことを再び確証したものである」

「天皇の訴追なくして、日本の指導者の死刑判決をすべきでない、というのがバーガミニ氏の見解である。
私は、たとえそれに同意しないにせよ、その見解に共感を抱く」


364 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/09(火) 01:02:05.27 ID:OS+qkWuh
>>361
 ウェッブの場合、印度代表パール判事、和蘭陀代表レーリング判事、佛蘭西代表ベルナール判事、
比律賓代表ハラニーヨ判事同樣、小數意見を發表。
 米、英、蘇、中、加、新(ニュージーランド)には全面的な贊意を表してゐない。

 ウェッブ裁判長の序文
 『私が東京で判事椅子に座つてゐた卅箇月の間に私は證人達の日本君主に對する懸念と崇敬の念と、
天皇の立場を説明する際の熱心さと嚴正さにしば/\打たれた。
 私は日本が千九百四十一年に戰爭に訴へた事を非難する如何なる權利を持つてゐるのかと自問する事が時折あつた。
 私は日本が九千萬人の住む小さな土地で耕作出來る面積は其内十五パーセントに過ぎず、
外部から激しい貿易制限や規制を受けてゐたとの辯護士の論述の多くの正論と酌量の餘地を認めた。
 私は米國なり英國なりが同じやうな状況におかれたらどのやうに反應したか、其處か國民がどのやうな反應をする事を望んだかを考へてみた。
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
 米國も英國も日本が千九百四十一年のおかれたやうな状況におかれゝば、
、、、、、、、、、、、、、、、、、、
戰爭に訴へてゐたかも知れないのである』』

365 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 01:44:23.79 ID:CQJlZD85
>>364
だから、情状酌量した結果が、あの東京裁判の判決なんだろ
判決無視して、情状酌量の部分だけ取り上げてどうするw

つーか、ウェブとか、マッカーサーとか、パルとかの言葉尻はどうでもいい
何で、日本が中国と戦争する必要があったか答えてみい

366 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 07:11:51.99 ID:ZP6n4WZ1
>>364
何度も嘘を引用するのはやめようね。
ウェッブの序文には「米國も英國も日本が千九百四十一年のおかれたやうな状況におかれゝば、
戰爭に訴へてゐたかも知れないのである」なんて書かれてない。

君は嘘吐きだ。

367 :名無しさん@3周年:2011/08/09(火) 07:53:10.74 ID:ZP6n4WZ1
それからさ、自爆はウェッブとハラニーヨの少数意見の内容まで知らないだろう。
ウェッブの意見は天皇の責任が問われなかったことについて意見を述べている。
ハラニーヨは被告の罪が全体として軽すぎるという意見。
自爆の書き方だとあたかもパルやレーリングと同様に無罪、若しくは判決は重すぎるという
反対意見だった様な印象を受けるかねない。裁判が全員一致した意見になることの方が希で、
少数意見や反対意見が出ているというのは当たり前なんだよね。

368 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/10(水) 13:28:12.81 ID:jWrfGJ6Y
>>360
結局、この馬鹿は靖国神社攻撃したいだけかw
靖国神社に歴史が無いと攻撃してきたのに、都合が悪くなると言い訳だからなw

癌直人は8月15日を跨いで、まだ総理でいる気でいるようだが、後は地獄が彼に待っているだけ
かw
最悪最低の無責任総理だったな。

369 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 14:11:10.85 ID:uqN/bYW4
靖国問題は文化の問題なのです!
靖国神社公式参拝に反対するすべての政治家の皆様ヘ
韓国・中国の「死者に鞭打つ文化」 になぜ迎合するのですか?
http://deepwhitepigment.myartsonline.com/ymsmb.html

370 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/10(水) 14:36:38.54 ID:gh3jvVe0
>>369
 支那や朝鮮から非難されたら、日本は無條件に鞠躬如としなくては爲らぬと思つてゐるのだらう。
国内の外國人御用サヨク共々。

371 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 15:01:20.16 ID:d2RHkXHM
靖国も東京裁判自虐史観もどっちもいらね

372 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 18:09:03.76 ID:qJh9fadr
靖国問題は外交問題だ

373 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 18:51:24.52 ID:lGNrYwg+
どんな国でも国のために殉じた人は顕彰されますよね。
国の政策が正しかったかどうかは関係なく、それはやられなければいけない。
ベトナム戦争は間違った戦争だから、ベトナム戦争での米軍戦死者は追悼しないとか、そんなバカげたことを言う人間は居ない。
と言うか、そんなバカげたことを言うものは人間として認められない。
当たり前の話。
間違った戦争であれ、国のために殉じた人は顕彰されるべき。
それは当たり前の話でしょ。

374 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 19:28:52.64 ID:za8GpAl5
>>373
>どんな国でも国のために殉じた人は顕彰されますよね。
>国の政策が正しかったかどうかは関係なく、それはやられなければいけない。
のであれば、ヒトラーを初めナチスの首脳陣は
顕彰されますよね?されていない以上、「どんな国でも」はないでしょう。

375 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 19:49:58.59 ID:lGNrYwg+
>>374
ヒトラーもホロコーストのような犯罪は批判されていますが、戦争自体を批判されているわけではありませんよね。
人間には自分の理想のために戦う権利がある。
これは誰にも取り上げることのできない、生まれ持った権利であると考えられるから。
人権意識の低いアジア圏でだけ、日本人には戦う権利がないようなことが言われている。
そんな奴隷的言説は一切が無効。

376 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 20:02:21.25 ID:za8GpAl5
>>375
結果はどうであれ、ヒトラーは国のために
ホロコーストのような犯罪をしたのよね?

まさに、貴方が言ったような
国の政策が正しかったかどうかは関係なく、それはやられなければいけない
ということではないでしょうか?

でも、顕彰されていませんよね?
されていない以上、「どんな国でも」はないでしょう。

377 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 20:13:49.74 ID:lGNrYwg+
>>376
ホロコーストはヒトラーとナチスの趣味的な活動であって、戦争と関係ない。

378 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 20:22:34.17 ID:za8GpAl5
>>377
でも「国の政策」として行ったでしょう?
まさか、あれだけ大規模なものをヒトラーとナチスの趣味的な活動だけで
出来たとでも思っているのですか?

379 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 21:07:39.30 ID:Bm6/yocb
菅内閣は政務三役の靖国参拝を事実上、禁止している。
これは憲法20条「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する」という規定に反している。憲法違反だ。
信教の自由は政務三役にもあるはずだ。



380 :フツ:2011/08/10(水) 21:16:57.16 ID:ZOAsxeCe
ドイツの戦没者追悼施設ははNeue Wacheと呼ばれる.無名戦士1名と強制収容所犠牲者1 名の亡骸が葬られており
第二次世界大戦で命をを落としたすべての人が追悼の対象になっている. 

顕彰はされていない.碑文を見ればドイツ国が戦争をどのように評価しているかわかる.以下碑文.

ノイエ・ヴァッヘは戦争と暴力支配の犠牲者に対する記憶と追悼の場である。
我々は、戦争により苦しんだ各民族に思いをいたす。
我々は、そうした民族の一員で迫害され命を失った人々に思いをいたす。
我々は、世界大戦での戦没者たちに思いをいたす。
我々は、戦争と戦争がもたらした結果により、故郷で俘虜として、あるいは追放によって命を落とした無実の人々に思いをいたす。
我々は、殺害された何百万人ものユダヤの人々に思いをいたす。
我々は、殺害されたシンティ及びロマの人々に思いをいたす。
我々は、その出身のゆえ、同性愛のゆえ、あるいはその病気や虚弱のゆえに殺害されたすべての人々に思いをいたす。
我々は、生きる権利を剥奪され殺害されたすべての人々に思いをいたす。
我々は、宗教・政治的信念ゆえに命を落とさなければならなかった人々に思いをいたす。
我々は、暴力支配に抵抗し命を犠牲にした女性たちや男性たちに思いをいたす。
我々は、良心を曲げるより自ら死を受け入れたすべての人の栄誉を称える。
我々は、1945年以降の全体主義独裁に抵抗したがゆえに迫害され殺害された女性たちや男性たちに思いをいたす。

381 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 21:58:24.74 ID:rRyJfNiX
>>937
「政教分離」「公共の福祉」でググレカス

382 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 22:06:38.23 ID:lGNrYwg+
>>378
独裁体制は独裁者個人の趣味的活動を国家規模で行うことができます。
ホロコーストは当時のドイツ刑法にも違反していたので、これをドイツの政策と見なすことはできません。

383 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 22:37:55.68 ID:51+p2L/V
孝明天皇に逆らって死んでいった維新の志士がどういう論理で天皇のために戦って命を捨てたことに
なって靖国で顕彰されるというのか。そもそも大逆の輩を祀った招魂社だろ靖国は

384 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/10(水) 22:43:26.50 ID:ZJD1xhWM ?2BP(1700)
>>383
天皇ではなく、国家のために殉じた人のための顕彰施設だろ。

385 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 22:43:49.31 ID:za8GpAl5
>>382
これを「国の政策」というのでしょう?
>ホロコーストは当時のドイツ刑法にも違反していたので
のであれば、実行はできませんよね?
繰り返しますが、あれだけ大規模なものをヒトラーとナチスの趣味的な活動だけで
出来たとでも思っているのですか?

386 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 22:46:53.93 ID:51+p2L/V
鼻から亡国の戦争を始めた東條ら指導層はどういう論理で天皇のために戦って死んだことになって
靖国で顕彰されるというのかバカじゃねーの

387 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 22:59:36.94 ID:za8GpAl5
靖国信者が顕彰、顕彰と一方的に主張するのは彼らの勝手でしょう。
私はね、宗教や思想の自由は認めていますよ。

しかし、信仰の為に嘘をつくのは駄目だよ

>独裁体制は独裁者個人の趣味的活動を国家規模で行うことができます
というのなら、その時点で独裁体制は独裁者個人の趣味的活動を「国の政策」として
実行をしたということになるからね。

それとも、靖国で顕彰というのは
このような無茶苦茶な論理を使わないと主張ができないものだろうか?

もしそうであればやめなさい。みっともないからね。

388 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/10(水) 23:07:58.15 ID:ZJD1xhWM ?2BP(1700)
>>386
靖国神社に電話して問い合わせたら?
細かいことはおれも知らんよ。

389 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/10(水) 23:10:59.03 ID:ZJD1xhWM ?2BP(1700)
>>387
ナチスは独裁国家なので、軍国主義ではあったが独裁国家ではなかった日本の比較対象とするのは間違い。

390 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/10(水) 23:18:30.64 ID:ZJD1xhWM ?2BP(1700)
人類の文明はまだ国家というものを廃止できる段階ではない。
そして国家を運営していく上で、どうしても危機管理、治安維持、安全保障のため、命がけで働いてもらう人が必要。
そうした公務で亡くなられた方の顕彰はどうしたって必要。
戦没者をカワイソウな被害者に仕立てるのは顕彰とはならない。
戦没者の殉じた理想を正義として認めることが死者への顕彰となる。
すくなくとも靖国神社の施設内ではそれは認めてやっても良いのではないですかね。
靖国神社はひとつの独立した宗教法人ですから。

391 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 23:30:19.26 ID:dM68pph3

ドイツの戦死者に対する顕彰施設は存在するぞ。

ビットブルク・コルメス丘の顕彰墓地の碑文は、下記内容が書かれてる。
「友のために命を捧げるよりも大きな愛はない」

ちなみに、上記のような戦死者に対する顕彰施設は一箇所じゃない。
激戦地だったような場所には、必ず記念碑が存在し、そこで死んだ戦死者に対する勇気に対し、
顕彰を込めた碑文が書かれてるのが常です。





392 :名無しさん@3周年:2011/08/10(水) 23:52:00.05 ID:za8GpAl5
>>389
別に比較はしておらんよ。
「どんな国でも国のために殉じた人は顕彰されますよね」という
勘違いに対して、「どんな国でも」は言いすぎだと指摘しただけだよ。
人のレスはよく読みましょう。

393 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/11(木) 00:02:45.49 ID:RKF66yMD ?2BP(1700)
>>392
>>391さんがドイツでも国のために殉じた人は顕彰されていると指摘していますよね。

394 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 00:13:05.96 ID:ZwFpu4gh
>>393
のであれば、ヒトラーを初めナチスの首脳陣は
顕彰されますよね?されていない以上、「どんな国でも」はないでしょう。

これも上で書いてますよ。
もう一度言いますが、人のレスはよく読みましょう。

395 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 00:15:37.65 ID:uR3wsxSf
靖国で顕彰してほしくない人もいただろうな。
宗教的な理由でさ。

396 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 00:40:40.74 ID:rtXBObNM
今のドイツ政府はナチスに乗っ取られてみたいな見解で被害者面を
国策にしていると思うが、そもそもナチス兵の慰霊施設ってあるのかな?

397 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 00:43:33.69 ID:U8d3qQ6t
ナチス兵って何だ?親衛隊のことか?国軍も含むのか?

398 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 00:47:48.68 ID:rtXBObNM
あれ、ナチス兵とはいわないの?w
ナチス時代の軍人さんとか兵隊さん。親衛隊とかナチスの国軍のことかな。

399 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 00:53:11.18 ID:U8d3qQ6t
兵隊の慰霊碑はあるぞ。それから、ナチス兵は映画やドラマの吹き替えの悪影響だな。
当時の原文は直訳すると、ドイツ野朗のイタチ野朗。日本語の語呂に合わせて、ナチの
イタチで広まったから、ナチス兵と呼ぶんだろうな。

400 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 01:01:44.37 ID:rtXBObNM
ナチスの国防軍と親衛隊では慰霊の扱いが違うのかね?
ちなみに兵隊の慰霊碑はどこになるの?

401 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 01:11:42.97 ID:U8d3qQ6t
詳しくは知らんが、現在は扱いに大きな違いは無いんじゃね?ドイツも戦犯は後ろ指指されたり
現在もナチ狩りは続いているから、党員で親衛隊員は慰霊されてないのかな?国防軍兵士は戦後
兵士として東ドイツ軍や西ドイツ軍に復帰しているから慰霊されてるだろ。調べてないから確証は
ないけどな。ただし、ドイツはキリスト教が浸透しているから日本とは感覚は違うぞ。

402 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 01:22:15.07 ID:rtXBObNM
>>401
多少なりとも調べてみたら ビットブルク・コルメス丘の顕彰墓地なんかは
ナチスの慰霊的な施設になるのかな。
ドイツの国軍慰霊施設はベルリンのノイエ・ヴァッヘあたりになると思うが
フランスの凱旋門ほど顕彰の意味合いが薄いような気がする。
まあドイツの国策がナチ狩りみたいなものだから慰霊の対象にしていない
みたいな扱いなのかもしれないね。

403 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 01:50:48.18 ID:NIu9L0x9

大田昌秀元沖縄県知事は戦争当時沖縄で少年伝令兵だったそうだが、衝撃的な内容だったよ。

ラジオ深夜便 戦争インタビュー 2010年
「いま戦争を考える〜平和な明日を築くために」
8月10日(火)〜14日(土)(9日(月)〜13日(金)深夜) 午前1:00〜2:00 ラジオ第1
8/14(土)「沖縄戦がわたしの原点」 元・沖縄県知事 大田昌秀さん


404 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/11(木) 03:05:45.17 ID:RKF66yMD ?2BP(1700)
>>394
靖国神社で顕彰されている人に、ヒトラーを初めナチスの首脳陣に例えられるような人はいません。
はい論破。

405 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 11:09:17.53 ID:ZsHBS9Sn
映画「アジアの純真」トレーラー
http://www.youtube.com/watch?v=dAiJTVQ0kts&feature=player_embedded

406 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 11:35:33.92 ID:rtXBObNM
>>404
だよねー。今のドイツはナチスの被害者的な見解だし形式的にもヒトラーの
名誉回復はなされていない。
ナチスやヒトラーは顕彰どころか追悼の対象にもなっていないのが
現ドイツの方針ではないのかな。

407 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 12:05:07.48 ID:ZwFpu4gh
>>404
「いません」というのは貴方の主観的な意見でしかないわけだ。
貴方の主観的な意見で世界が動くのならともかく、それは違うでしょう。

その「論破」というのも一方的な宣告でしかないから、
何らかの意味を持つものではない。

あと、>>373が言っているのは

>どんな国でも国のために殉じた人は顕彰されますよね。
>国の政策が正しかったかどうかは関係なく、それはやられなければいけない。
だそうですよ。あのヒトラーも行為はどうであれ、国のために殉じたと言えるよね?
ならば、、ヒトラーを初めナチスの首脳陣は
顕彰されますよね?されていない以上、「どんな国でも」はないでしょう。

408 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 12:14:58.35 ID:uR3wsxSf
<礼拝所不敬罪>台湾議員を書類送検 靖国神社の祭祀妨害
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110811-00000037-mai-soci

409 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 19:11:50.88 ID:rtXBObNM
>>407
>あのヒトラーも行為はどうであれ、国のために殉じたと言えるよね?

ヒトラーやナチス首脳陣はどこの国のために殉じたといえるのかね?
ナチスは消滅しているし現ドイツはナチスを否定しているくらいで
殉難者と認定している国家がないなら顕彰もないでしょ。

410 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/11(木) 19:38:00.15 ID:RKF66yMD ?2BP(1700)
>>407
具体的に靖国に祀られている誰のどのような所が、ヒトラーに似ていると仰るのですかね。

注意!
この質問にうかつに答えると、ナチスの犯罪を矮小化することになります。

411 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 19:47:38.88 ID:ZwFpu4gh
>>409
>ヒトラーやナチス首脳陣はどこの国のために殉じたといえるのかね?
先の大戦はドイツの生存権の為の戦争だった。
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル
まさに、>>375で主張されているように、
人間には自分の理想のために戦う権利があるということじゃないですかね?

>ナチスは消滅しているし現ドイツはナチスを否定しているくらいで

前提条件として、↓こうも書かれていますね?

>国の政策が正しかったかどうかは関係なく、それはやられなければいけない。
だそうじゃないですか?

412 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 19:52:44.83 ID:ZwFpu4gh
>>410
誰もヒトラーに似ているとは言っていませんよ。

「どんな国でも国のために殉じた人は顕彰されますよね」
そして
「国の政策が正しかったかどうかは関係なく、それはやられなければいけない」
と前提条件に対して、されていない以上、「どんな国でも」はないでしょう。
と言っているだけですよ。

>注意!
>この質問にうかつに答えると、ナチスの犯罪を矮小化することになります。

無駄かつ意味のなさない注意でしたね。
よく理解をした上で書きましょう。

413 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 19:59:09.27 ID:W/DfDthd
「靖国参拝は宗教活動に当たらない」

http://s1.shard.jp/rabbit1/02/1/5_2.html

これは、太平洋戦争中の日本のカトリック教会が出した見解だ。

( http://park.geocities.jp/jpcdebate/0203/p033.html )

414 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 20:01:22.34 ID:ZwFpu4gh
なんかライムは一生懸命ナチスと靖国と比較をしたようですが、
私は靖国かつ日本と比較対象にした事は一度も無いんですかね。

あくまで、、、
「どんな国でも国のために殉じた人は顕彰されますよね」
そして
「国の政策が正しかったかどうかは関係なく、それはやられなければいけない」
に対して、もしそうであれば、

・ヒトラーも顕彰されないとおかしいだろう
・ヒトラーを初めナチス幹部が顕彰されていない以上、
 「どんな国でも」はないでしょう。

という主張なわけです。ですので、

>靖国神社で顕彰されている人に、ヒトラーを初めナチスの首脳陣に例えられるような人はいません。
↑これは全くと言ってもいいくらいな意味のない反論です。
これで「論破」と勘違いをしているのなら、それは藁人形叩きというべきだ。

415 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/11(木) 20:06:58.94 ID:RKF66yMD ?2BP(1700)
>>412
ヒトラーは国のために殉じたわけではないでしょう。
自分勝手な妄想に殉じただけで。

416 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 20:09:46.16 ID:ZwFpu4gh
>>415
妄想でも、彼はドイツの為に戦ったのですよ。
やり方は間違いですし、かつ妄想でもあったですね。
でも「国の政策が正しかったかどうかは関係なく、それはやられなければいけない」
のであれば、ヒトラーもまた該当しますよね。

417 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/11(木) 20:13:46.12 ID:RKF66yMD ?2BP(1700)
>>416
ヒトラーの妄想したドイツとは、ナチスドイツのことであって、それはそれ以前のドイツとも、その後現在に至るドイツとも無関係。
やはりナチスの犯罪を矮小化する結果となったな。

418 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/11(木) 20:15:14.36 ID:RKF66yMD ?2BP(1700)
バカが理解できるまでくり返し学習!

人類の文明はまだ国家というものを廃止できる段階ではない。
そして国家を運営していく上で、どうしても危機管理、治安維持、安全保障のため、命がけで働いてもらう人が必要。
そうした公務で亡くなられた方の顕彰はどうしたって必要。
戦没者をカワイソウな被害者に仕立てるのは顕彰とはならない。
戦没者の殉じた理想を正義として認めることが死者への顕彰となる。
すくなくとも靖国神社の施設内ではそれは認めてやっても良いのではないですかね。
靖国神社はひとつの独立した宗教法人ですから。


419 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 20:17:58.65 ID:ZwFpu4gh
>>417
ナチスドイツはドイツではないと(笑)
これもまた随分とした珍説が飛び出しましたね。

>やはりナチスの犯罪を矮小化する結果となったな。
そういう話ではないと上で散々書いたんですが。
自分の殻の中で一方的に決め付けをしてもなw

420 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 20:19:36.50 ID:ZwFpu4gh
>そうした公務で亡くなられた方の顕彰はどうしたって必要。
のであれば、ヒトラーも公務で亡くなられたわけだから、
の顕彰はどうしても必要という事に成りますよね?

421 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/11(木) 20:20:25.43 ID:RKF66yMD ?2BP(1700)
>>419
(笑)じゃなくて、それが現在のドイツの公式見解だから。

422 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/11(木) 20:21:29.23 ID:RKF66yMD ?2BP(1700)
>>420
いかれた妄想と独裁の結果は公務とは言えない。
これは北朝鮮や中国にも当てはまる。

423 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 20:22:23.84 ID:ZwFpu4gh
>>421
そうであれば、ますます

>「どんな国でも国のために殉じた人は顕彰されますよね」
>「国の政策が正しかったかどうかは関係なく、それはやられなければいけない」

おかしいですよね。ドイツでは顕彰されていない以上、
「どんな国でも」はないですよね。

424 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 20:25:20.06 ID:ZwFpu4gh
>>422
国の「最高指導者」として自決をしたわけですから、
公務とは無関係とは言い切れませんよ。


425 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/11(木) 20:26:17.60 ID:RKF66yMD ?2BP(1700)
論破されたクズが必死(笑)

426 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 20:37:30.14 ID:ZwFpu4gh
「論破」というのは貴方の
一方的な「宣言」でしかないですからね
それ以上でも、それ以下でもないでしょう(爆笑)

そんな下らない勝利宣言をしなければならないほど
必死なのは一体何故なのでしょうかね?(笑)

427 :フツ:2011/08/11(木) 21:37:18.17 ID:TJ56WQwf
靖国教徒民族主義者は再々「ほかの国では戦死者を『顕彰』している」というが,
それは少なくとも独米英仏伊蘭には当てはまらない.

独については>>380で述べた.
ビットブルク・コルメス丘の顕彰墓地はドイツ政府の直接の管轄下にはない.
この墓地は訳ありで,ナチス親衛隊員の墓も多くある.
レーガン大統領がここを訪れた際には欧州の各地から抗議の声が上がった.
ドイツでは1980年代初頭から、時代に即した適切な追悼のあり方に関する議論が続いてる.
ttp://www.goethe.de/kue/arc/dos/dos/zdk/jaindex.htm

さて顕彰とは「隠れた善行や功績などを広く知らせること。広く世間に知らせて表彰すること(大辞泉)」である.
したがって顕彰対象が特定されている必要がある.靖国教徒が誰が祀られているかに固執する所以はここにある.
しかしながら米英仏伊の国立戦没者追悼施設はいずれも無名戦士の遺体が入るかモニュメントだけであり,
総体として戦没者(伊では戦争犠牲者全般)を追悼するものだ.オランダに至っては国立の戦没者追悼施設はない.

イギリスの政府主催で毎年行われる戦没者記念日式典(Remembrance Sunday Ceremony at the Cenotaph)では
列席者はCenotaphと呼ぶモニュメントを囲んで立ち、打鐘及び空砲を期して2分間黙祷するが,
その間の沈思及び祈りにおいては下記のことがが求められる.下記の内容に顕彰の要素はあるかな?
・二つの世界大戦で偉大な犠牲を捧げた者を追憶すること
・その他の紛争において戦役に命を捧げた者を追憶すること
・これらの時期に労苦を味わった者のために祈ること
・遺族のために祈ること
・平和のために祈ること
・我々に代わって捧げられたこれらの犠牲に我々自身が値するものであるよう祈ること


428 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 21:45:46.08 ID:ufHH4vYh


【マスコミ】 「これってフジへのボランティアじゃ…」 震災ボランティア、被災地で「27時間テレビ」会場設営させられる★9
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1313066173/

【教科書採択】 杉並区(※中核派の拠点)中学歴史教科書、「現場で使いにくいという声がある」育鵬社版落選 教育長一転、不支持に
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1313039083/



429 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/11(木) 21:53:15.86 ID:kJ3zuzSJ
靖国神社に侵入、けが負わせた容疑 台湾の女性国会議員書類送検「先祖の霊返せ」
2011.8.11
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110811/crm11081111560006-n1.htm

高金素梅の異常さこそ、反靖国連中の社会常識の無さとリンクしているな。
日本には、日本のやり方があるし、別にアジアの侵略者であった欧米に従う必要は無い。
そういうことを言っている連中は、結局、癌やポッポ、あべふくだあほうみたいに、外国
から馬鹿にされているだけだわwww

430 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 21:56:08.43 ID:KKtRpk74

>>427

>ビットブルク・コルメス丘の顕彰墓地はドイツ政府の直接の管轄下にはない.

ドイツ軍の基地内である以上、政府の管轄下にある施設です。

>米英仏伊の国立戦没者追悼施設はいずれも無名戦士の遺体が入るかモニュメントだけであり,

アーリントン国立墓地の碑文には、「神のみぞ知る亡きアメリカ軍人、名誉ある栄光のうちにここに眠る」とし、
戦争で死んだ軍人に対し、善行や功績が認められる事を世に知らしめています。
まだ、追悼式典の際には、アメリカ大統領は慣例として、戦死者に対しては必ずHONORと形容する事が慣わしです。

431 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 21:56:26.20 ID:uR3wsxSf
>>408のような記事読むと、靖国神社問題は国際問題ということがよくわかる。
韓国や中国の政治家が日本の戦争に対する態度や靖国神社問題で、強い不満を表明するのも国際問題だ。
靖国神社にまつってあるのは戦争で亡くなった日本の軍人や軍属、戦死者だ。
靖国は戦争による、戦争のための神社だ。
戦争は相手がないとできないから、国際問題でない戦争というものはない。
相手は日本国以外の外国だ。
すべての戦争は、国際問題だから、当然、靖国神社問題も国際問題だ。

432 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 22:10:00.32 ID:KKtRpk74
アメリカにおける戦死者に対する碑文一覧。 

 a.アーリントン国立墓地
   碑文:「神のみぞ知る亡きアメリカ軍人、名誉ある栄光のうちにここに眠る」

b.米海兵隊記念碑
碑文:「1 7 7 5 年1 1 月1 0 日以降、祖国のために生命を捧げた米海兵隊員の追憶と名誉のために」
       「たぐいまれな勇気が共通の美徳であった」

 c.三軍人記念像及び旗柱
碑文:「この旗はヴィエトナム戦争の退役軍人によって提供された軍務を体現する。この旗は彼らが戦った目的である自由の原則と困難な状況
       で軍務に服したことに対する誇りを再確認する」

 d.朝鮮戦争退役軍人記念像
碑文:「我が国家は全く知らない国と会ったこともない民族を防衛するという要請に応えた息子たちと娘たちを称える。」








433 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 22:31:09.44 ID:d1VTqfhB
戦死者は戦没者とイコールではないんですがね

434 :名無しさん@3周年:2011/08/11(木) 23:37:13.45 ID:rtXBObNM
>>411
>先の大戦はドイツの生存権の為の戦争だった。
自分もそんな見方なんだが現ドイツは国是として否定しているから
顕彰はないでしょ。

まあ、今のドイツはナチスを否定しているのかもしれないけど
ナチス時代よりはるか前に建造された施設をドイツ軍の慰霊施設にしているくらいで
日本のようにカルト追悼施設建設狂がいないだけなんかまともに思えるw

435 :フツ:2011/08/11(木) 23:39:20.53 ID:TJ56WQwf
>>432
もと資料はttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/tuitou/dai7/7siryou1.pdfだな.
この資料は靖国に代わる戦没者追悼施設を検討するためのものだ.
資料によって先の大戦の戦勝国敗戦国それぞれの追悼形式を客観的に明らかにすることで
新たな戦没者追悼施設のあるべき姿を検討しようというものであり,施設の性質,形状,宗教性,追悼対象が述べられている.

この中で合衆国に関しては名誉を称える対象者を戦没者全体ということであるなら合衆国は「顕彰」していることになるかもしれないが,
そこには無名性という大前提がある. 無名性であるから対象者の宗教や出自はわからないので,追悼施設は特定宗教に偏らないものとなる.

せっかくだから,英仏伊がどのような宗教性を持たせているか,どのような碑文で顕彰しているかも報告したらどうかな.

436 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 00:04:17.81 ID:aQDSafmI
>>432
靖国みたいに神様扱いしてるわけじゃないが
ベトナム戦争や朝鮮戦争の碑文は気持ち悪いな。つーか、言い訳じみてるw
イラクやアフガンでも似たような碑文が作られるんだろうが、アメリカもアホだなあw

戦死者顕彰なんてアホなことやらかしてるから、世界で戦争が無くならんと思うんだな
戦争が避けられない場合もあろうし、犠牲者の追悼も必要だろうが
戦死者顕彰なんてアホな真似はいらん。ましてや神様扱いなど論外w

437 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 00:24:20.77 ID:dPyEvKl5

>>435

>この中で合衆国に関しては名誉を称える対象者を戦没者全体ということであるなら合衆国は「顕彰」していることになるかもしれないが,

結局、フツが言ってることは嘘だったということですね。
アメリカは戦争で死んだ戦死者である軍人を顕彰してる。
ちなみに上記資料に書かれているとおり、イギリスも「栄光ある死者」として記念碑に碑文を掲げ顕彰してる。


438 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 00:26:35.62 ID:d1O3KCKp
米海兵隊記念碑の碑文は1945年が刻まれてないのか。
二千年負けのない国と言われた東洋の島国を、ものの見事に破ったことを
記念する記念碑なのだから年号をもっと誇ってもよさそうなものだ

しかし人も住み着けないちっぽけな島をめぐって二千年以上の歴史を持つ国と
最も新しい武闘派国家が死闘を繰り広げるとは地球の神秘的なものすら感じるわw

439 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 01:41:38.57 ID:DKbN4vqW
>ナチス


「日本において、体制の変化が起きているとすれば、それは日本人だけから
端を発しているように見えなければならない」
(一八六六年四月二十六日、ハモンド外務次官からパークス在日公使宛公文書)

龍馬の黒幕 / 明治維新と英国謀報部、そしてフリーメーソン
http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784396335069


440 :21:00:2011/08/12(金) 01:52:53.75 ID:xt3d+VgJ
半分過ぎてすぐ消える人間よりはまし

独裁者

441 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 02:14:29.20 ID:dPyEvKl5

国家にとって武力行使というのは、政治的解決手段として容認されてる政策である以上、
そうした政府の政策に準じた結果として、死ぬようなことがあれば、特段の貢献があった事を認め、
政府が「顕彰」する姿勢を示すことは、集団を維持するうえで他利的行動を取る人間を積極的に評価する
非常的な風景の中では、ごく当たり前の事として認識されている。

但し、現ドイツの場合は、ナチス政権は国家の為にというよりも、冒険主義的な強硬論を抱える先鋭的な存在が抱える野望の為に国家を食い物にされたとし、
国防軍の戦死者に対しても、そうした一部の存在に操られた単なる犠牲者であって、
政府のみらず国民を含めた国家の為の利他的行動ではないとされ、表向きには評価の対象としてなり得ない存在に閉じ込めてしまった。

しかし、日本は明治維新の頃から、一般国民は政府よりも冒険主義的な強硬論を抱える立場にあって、比較的に実力主義の組織であった軍部の中で、
そうした一般国民の勢力が、テロ活動等を通じて拡大し、下部組織から徐々に侵食することによって、政府及び一般国民とが一体化した考え、
もしくは、天皇を含めた上部組織が抵抗する事を難しくさせた事で、冒険主義的な戦争に至るといった経緯があり、戦争に従事した兵士は、
概ね政府のみらず国民を含めた国家の為の利他的行動であったと理解されている。

戦前において政府及び国民との一体感があった事を隠さない現日本と、自分達も同じであった事を認めず欺瞞を抱える現ドイツとは、
戦争に至る経緯に対する向き合い方が異なる以上、戦死者に対する扱いも同じであることが望ましいという道理は、そもそも無い。




442 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 02:32:42.12 ID:dPyEvKl5
× 非常的 ○ 日常的

443 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 06:06:53.39 ID:aQDSafmI
>>441
>そうした一般国民の勢力が、テロ活動等を通じて拡大し、下部組織から徐々に侵食することによって、政府及び一般国民とが
>一体化した考え、もしくは、天皇を含めた上部組織が抵抗する事を難しくさせた事で、冒険主義的な戦争に至るといった経緯があり

誰が悪いかって話は難しいが、冒険的な戦争に至る経緯を支えたのが靖国であり、国家神道だったんだろーが
一般国民が戦争を推進したにせよ、その背景には、国家による靖国信仰の押し付けがあったわけだし
それに、冒険的といえば聞こえはいいけど、要するにアホな戦争だろ?
それなのに国は、未だに戦争を反省しないで、自衛戦争などとしらばっくれてる。

死んだ兵士や、戦犯も含めた戦争指導者は、時流に流されただけで
個々に断罪するわけにはいかないかもしれない。だけど、靖国って宗教は別だろw
ああいう気狂い宗教を拝んでしまったことが、アホな戦争につながったわけで
そんなもん、首相や天皇が拝むわけにはいかないだろ?

444 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 06:16:40.03 ID:8vbwpWQc
>>443

靖国神社は神聖な場所国のために戦った軍人の御霊が宿ることころ 神聖な場所に

勝てる戦争を負けさせ、日本軍人と日本国民を死なせた馬鹿指揮官がのうのうと居座るわ

聖なる場所から脳なし阿呆ををつまみ出せ。


445 :21:00:2011/08/12(金) 06:21:23.73 ID:xt3d+VgJ
9.11より最悪だ、、、ダメ絶対ダメ 指導者がバカならまだ許せる←これが限界

恥ずかしい国で恥ずかしい事 

自分の痴態は人前では見せられない、他人の痴態は見せまくるのか?

最悪でも犠牲は無駄には出来ない!!!!!

リアルに負ける戦争へ連れて行かれたのですか?←これは芸術作品なんですか?

半分過ぎてすぐ消える人間よりはまし、数字は色々ある

独裁者(知らない国の人々には見せられない、見てもらいたくない)

446 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 07:13:51.75 ID:aQDSafmI
>>444
>勝てる戦争を負けさせ

いや、あの戦争は勝てないからw

中国を日本の支配下地域をして安定させない限り、戦争は終わりようがなかった
蒋介石の軍閥ならともかく、八路軍のゲリラ戦に日本が勝てるわけ無い

447 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 08:20:35.98 ID:Mf1cs4jo
国家が一宗教団体の教義に基づいて戦士者を神として顕彰することは日常的ではない
また空爆で死んだ一般国民を顕彰の対象外とすること日常的ではない
国家が戦没者の顕彰をするのを一宗教団体の信者が妨害するのも日常的ではない

448 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 10:32:15.65 ID:poWf4d24
空爆で死んだ一般国民を顕彰の対象ってことか?
空襲や原爆の追悼式が顕彰目的のほうがカルトだろw

449 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/12(金) 10:32:56.25 ID:VmmaA+dq
>>447
> 国家が一宗教団体の教義に基づいて戦士者を神として顕彰することは日常的ではない

 一宗ヘ團體つて何處ぞ。

450 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 11:04:48.76 ID:dPyEvKl5

>>443

日本が戦争に至る上で社会に認められる考えが一元化したのは、戦争形態が総力戦になった事に対する政府及び国民双方の理解にある。
靖国神社は、そうした一致した理解の上で要請され重要性を増すことになった施設であり、寧ろ政府と国民を含めた国家の総意によって、
時流に流された側であって、その存在だけでは概ね意味を為さなかった媒介としての存在である。

現代の靖国神社は、そうした過去の政府及び国民を含めた国家の為に準じて死ぬことになった側を顕彰する為の一宗教法人としての施設であり、
戦争そのものを賛美することが、一次的に要請する事が目的になってるような場所じゃない。
飽くまでも、戦死することになった国民を「顕彰」する上での脈絡にそった歴史解釈が遊就館の中で示されてるのであって、
現代に生きる自虐史観だと揶揄されるな左翼や、真逆の歴史観を抱えるような右翼の心情を満足させる為に存在するのではない。
飽くまでも国家の為に死んだ人間の思い対し向き合う為の施設である。

また人間の思いといっても、個人の中であっても多面的であり、死ぬことになった人達のどのような部分に向き合うかは、
自発的に参拝する側に対し強制している訳でもない。
政府要人が、まったく参拝しないことによって、死んだ人間の思いに沿うようなこともなしに、まっく無碍にするというは、
国家の過去からさまざまな負債、遺産、正当な期待、責務を受け継ぐことによって道徳的な出発点となっている一般的な人間からすれば、
違和感を感じるのは寧ろ当然の反応だ。













451 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 11:20:15.52 ID:MMMG1+YB
今度は「準じた」を「殉じた」と直さないんだね。

452 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 11:52:29.41 ID:0df6837l
靖国神社問題を声高に叫ぶ人たちは、この問題は国内問題だから黙っていろ、日本の戦争はそんなに悪くなかったという考え方だろ。
東京裁判で有罪になった戦犯が祀られているところに参拝することの法的、倫理的是非と政治的損得の問題があるわけだが、
そもそも靖国神社の立場に立てば、戦争指導者たちは戦犯ではない。
勝者が敗者に押しつけた非合法の裁判によって何人かの愛国的指導者が戦犯にさせられたということになる。
靖国神社は、その立場からいえば、戦犯をまつっているのではなくて愛国の英雄をまつっているわけだ。
東条英機が戦争を指導したというのは事実だ。
その事実をどう解釈するか。
彼は侵略戦争を指導した人であって戦犯であるというのが東京裁判の考え方だ。
靖国神社の解釈は、そもそも戦争がそう悪くはなかった、したがってその指導者も悪くない、ということらしい。
国内で15年戦争の解釈が、東京裁判的解釈か靖国神社的解釈か、二つに分かれているのは興味深いな。
私は東京裁判的解釈だけどな。

453 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:08:19.98 ID:dPyEvKl5

日本自身が認めた犯罪人である死刑囚であっても、引き取り手がなければ、
無実の人も収めされる無縁墓に納骨され、以後は平等に供養される。
欧米のように、個人単位でお墓が存在し、扱いに対し分別するよう形態じゃないし、
別け隔てるような文化でもない。





454 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:19:19.39 ID:omiGpe2m
>>453
指導者なら文民でも病死でも英霊認定。
それ以外なら軍事工場の爆撃に巻き込まれて焼死しても中国・朝鮮人と同じ慰霊場所。
日本の文化を否定しているのは靖国なんだよ。

455 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:28:12.51 ID:poWf4d24
>>454
靖国は殉職者の顕彰施設だからね
戦争犠牲者の追悼とは性格が違う

456 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:29:24.37 ID:dPyEvKl5

>>454

国家に対する貢献度に応じて、死者のみならず生きてる側の人間に違いを示すのは日本の文化でもあり、
世界的にも共通の振る舞い。
ドイツでも兵士が戦死した場合、二階級特進した上に国から恩給がでるが、民間人が爆撃で死んでも、
同じような事はしない。

同じ扱いを受ける”部分”があるといったものである。

457 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:31:57.10 ID:AoGM3tY9
ということは
>別け隔てるような文化でもない。
↑この言い分は間違いですね。
実際別け隔てる訳だから。

458 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:35:23.32 ID:dPyEvKl5

死んだ人間に対して、犯罪者だからといって、すべての面において別け隔てるような文化はもってないってことだよ。
無実の人間と同様に扱う部分が、多分にあるということ。

459 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:36:49.59 ID:AoGM3tY9
>>453
>欧米のように、個人単位でお墓が存在し、扱いに対し分別するよう形態じゃないし、
>別け隔てるような文化でもない。
靖国派からよく出された意見だけど、私はこの意見には
賛成できない。なぜなら、日本もまた死者に対する「扱いに対し分別するよう形態」
や「別け隔てるような」事は実際あるんだから。
つい、最近の例だと、

慰霊祭対象に運転士含めず JR西 脱線事故
ttp://wiki.livedoor.jp/umedango/d/%B0%D6%CE%EE%BA%D7%C2%D0%BE%DD%A4%CB%B1%BF%C5%BE%BB%CE%B4%DE%A4%E1%A4%BA%A1%A1%A3%CA%A3%D2%C0%BE%A1%A1%C3%A6%C0%FE%BB%F6%B8%CE

本当に日本に、
>欧米のように、個人単位でお墓が存在し、扱いに対し分別するよう形態じゃないし、
>別け隔てるような文化でもない。
のであれば、「慰霊祭対象に運転士含めず」というのは
おかしいだろう。 

460 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:47:54.15 ID:dPyEvKl5

メディアがニュースとして取り上げるのは、国民が興味を引くようなものであり、
それは日常的な風景とは異なるもの、若しくは国民が感じる違和感に訴えるような出来事である。
運転士が慰霊対象とならなかったことは、そうした捉え方がされた事による反映であり、
むしろ、ニュースで取り上げられたこと事態が、非日常的に認識された結果だろう。




461 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:51:58.13 ID:poWf4d24
日本に限らず区別とか分別はあるでしょ。
階級や身分によって墓石の大きさが変わったりするのも
世界的に奇妙な話でもないだろうしね。

あの運転士もなんか労組の被害者っぽいけど遺族の心情としては
なかなか難しいところかね。

462 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:52:39.36 ID:AoGM3tY9
運転士が慰霊対象とならなかったことは、以後は平等に供養されるという
君の>>453の言い分は間違っていますから、そこはまず素直に認めるべきでしょう。

また、ニュースで取り上げられたこと事態を
詳しく検証もせずに「非日常的」の一言で切り捨てるのは短絡的であり、
浅はかだといわざる得ませんね。

463 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:57:44.92 ID:dPyEvKl5

なにもかもが平等の扱いになるという意味で、「別け隔てる」という語彙を使った別けではないのは、
(>458)で補足済み。





464 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 12:58:44.57 ID:AoGM3tY9
JRは今回、遺族にアンケートを実施。関係者によると、
慰霊対象を「百六人」か「百七人」とするか尋ねたところ、
「百六人」を求める意見の方が圧倒的に多かったという。

遺族の意見によって、運転士が慰霊対象とならなかったし、
以後は平等に供養されるような事も無かった。

多くの国民に、この遺族の行為に違和感を感じている
というのであれば、そのデータを先に提示して下さい。

465 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:01:43.52 ID:omiGpe2m
>>455
>靖国は殉職者の顕彰施設だからね

だから殉職してない奴が英霊に入ってるんだって。
結局のところ殉職の定義すら靖国の思い付きでしかない。
神職経験のない旧華族のボンボン宮司が
「こいつは嫌いだから英霊じゃない。この人は好きだから英霊ね。」
ってやってるだけ。
だから靖国は天皇陛下にすら無視されるようになったんだよ。

>戦争犠牲者の追悼とは性格が違う

であるならば、靖国が国立追悼施設の建設に反対する理由がどこにもないんだよね。

>>456
>ドイツでも兵士が戦死した場合、二階級特進した上に国から恩給がでるが、民間人が爆撃で死んでも、
>同じような事はしない。

そりゃ兵士は公務員だから恩給が貰えるだけだろ。
民間人の死者は法的根拠が違うだけで損失補償されるよ。
「民間人は勝手に爆撃されて死んだだけ。神様でもないから敵国人と同じ扱いでいーや」
なんてしてないよ。

466 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:02:19.81 ID:AoGM3tY9
>>463
少なくとも、日本人もまた
死者に対する分別するよう形態は存在し、
別け隔てるような文化もあるということですよ。

意味はわかっていますよね。

467 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:05:28.01 ID:dPyEvKl5
>>464

犯罪者が無実の人間と平等に供養される形式は、ニュースにならない一方で、
JR西日本における慰霊のやり方は話題としてのニュースになる。

どちらの形式が日常的な風景に思えるかについては、
君とは認識が違うという事を理由を添えて指摘したまで。


468 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:08:26.35 ID:dPyEvKl5

>>466

別け隔てるような文化が”まったく無い”ことを否定しているわけじゃないじゃな。
ステレオタイプ的に受け取ることには、誤りがあることは既に補足済み。

469 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:10:37.58 ID:AoGM3tY9
>>467
そもそも、あれだけの事故があった時点で
すでに日常ではないということだよ。

ついでに、靖国と戦争もまた日常な出来事じゃなかろう。

それさえも日常的な風景に思える
君の認識もおかしいじゃありませんか?

470 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:12:47.62 ID:MMMG1+YB
じゃ、結論としては
>欧米のように、個人単位でお墓が存在し、扱いに対し分別するよう形態じゃないし、
>別け隔てるような文化でもない。
とは言い切れないということだね。欧米だろうと日本だろうと分ける場合もあるし
分けない場合もある。文化の違いとは言えないね。

471 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:14:23.69 ID:dPyEvKl5

>>465

恩賞の中身にしても、死に対する危険性が相対的に格段の違いが認められた戦争による戦死者と、
後方地にあって、爆撃によって死んだ民間人では扱いに対する手厚さが違うのはどの国も一緒。


472 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:16:33.02 ID:AoGM3tY9
>>470
そういうことですよ。
すでにID:dPyEvKl5氏の「文化の違い」は完全に崩れていると
言ってもいいと思う。彼は絶対に認めようとはしないだろうがな。

473 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:19:33.34 ID:dPyEvKl5

>>469

死者に対し、どのように扱うは日常的なことだし、それが非日常的なことが理由で起きたとしても、
すべてにおいて、日常的な振る舞いを忘れた所から、検討されるようなことは稀です。

474 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:23:58.77 ID:AoGM3tY9
>>473
そして靖国の場合はその稀のケースに入ると思いますがね。

また、日常的な振る舞いを忘れた所というのは君との認識の違いだと思う。
そういう日常的な振る舞いを忘れた所が」あるということは、
日本にも、個人単位でお墓が存在し、扱いに対し分別するよう形態が存在し、
別け隔てるような文化があるということです、


475 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:24:33.10 ID:gnDyu/h8
>>465
靖国の英霊は国が戦死か公務死に認定したの殉職者とか殉難者だけで
靖国が好き嫌いに合祀しているわけでないでしょ。

戦争犠牲者の追悼施設とやらでは殉難者の顕彰は保障されない。
天皇陛下の靖国ご親拝が確保されるなら新たな追悼施設建設とやらに
靖国が反対する理由は全くないように思えるw

476 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:27:16.83 ID:MMMG1+YB
>>471
じゃ文化の違いはないんだね。
どの国も一緒なんだから。

477 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/12(金) 13:29:06.52 ID:VmmaA+dq
2011年08月11日 【参議院】予算委員会04 有村治子(自民党)A
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15277176

 A級戰犯なる者は國内的にも國際的にも存在せず。

478 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:29:35.92 ID:AoGM3tY9
そもそも、靖国そのもの自体は明治に誕生した
新興勢力にしか過ぎない。

それよりも前に、靖国に該当するような文化はない。

479 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:30:26.01 ID:MMMG1+YB
>>475
厚生省(当時)はリストを渡しているだけです。
最終判断は靖国神社が決めています。

480 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:34:03.10 ID:gnDyu/h8
>>479
国が認定した殉難者を合祀しているわけでしょ
殉職してない奴が英霊に入っているわけではない

481 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:36:12.51 ID:gnDyu/h8
>>478
まあ国際的に見ても戦没者を顕彰の対象にする文化は
近代の国家総力戦の時代に入ってからかもしれないね

482 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:37:30.29 ID:dPyEvKl5

>>476

違いあるという形式が一緒なのであって、その程度については文化や社会的に認識によって違いが認められるのは当然でしょ。


483 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:40:20.42 ID:MMMG1+YB
>>480
厚生省が送付したリストを受け取った宮司は戦犯の合祀を見送りました。
靖国神社側の判断です。その後交代した宮司が合祀を行ったのも靖国神社側の判断です。


484 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:50:17.74 ID:gnDyu/h8
>>483
殉職してない奴が英霊に入っているかどうかの話だろ。
公務死とか殉難者は国が認定している。
合祀するかは靖国の判断は当然あるでしょう。

485 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:53:15.01 ID:0df6837l
2007年4月20日に安部晋三内閣は「合祀の決定は靖国神社が行っているものであり、
旧厚生省が関与したということはない」と閣議決定してるな。

486 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:54:14.35 ID:MMMG1+YB
>>484
政府の公式見解は「国として靖国神社の行う合祀には関わりを持っていない」。
当時の厚生省は靖国神社側から紹介を求められてリストを送付しただけです。
また、厚生省が送付したリストの全員が靖国神社に祀られたわけではありません。

487 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 13:57:59.43 ID:QRnT5WV+
>>485
旧厚生省は殉難者のリストを渡しただけでしょ
国家のお墨付きのない人を英霊に祀るのはそりゃマズイと思うよw

488 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 14:00:04.64 ID:QRnT5WV+
>>486
国家防衛の殉職でなければ合祀の対象から外れるだろうね。

489 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 14:01:57.31 ID:QRnT5WV+
>>486
ちなみに厚生省が送付したリストのなかで靖国神社に祀られたいない人は
どんな人なの?

490 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 14:07:21.61 ID:b5JUViFt
あんなアフォな戦争をおっぱじめた陸海軍の御用神社に祀られても徴用されて無駄死にさせられた国民は
浮かばれない

491 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 14:08:41.55 ID:MMMG1+YB
>>488
靖国神社側にリストを送付した当時の厚生省援護局職員の多くは旧軍人でした。
彼らが中心となって祭神名票を作成したことについて、後になって国会で問題視され
厚生大臣が「不適切だった」と謝罪しています。どいちらにしても、国が認定して
靖国神社側が祀ったのではなく、国(厚生省)がリストをリストを送付して
靖国神社側が祀るかどうかを判断しているのが事実です。ですから、リストに載っていても
祀られてない戦没者は多数いました。

492 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/12(金) 14:14:28.08 ID:cCeXxgyu
大東亜戦争がアフォな戦いと言うなら、支那の国共内戦や朝鮮戦争は救いようの無いキチガイ同士
の戦いかw
共産党がらみの戦いは、人間としての存在理由すら無いかwww

そんなキチガイ連中に靖国神社を批判する権利は元々無いわなw

493 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 14:15:57.01 ID:MMMG1+YB
>>489
引き揚げ者が多かった様ですね。判断基準は靖国神社側が後悔してないので
よく分かりません。

494 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 14:17:37.85 ID:0df6837l
2007年3月末、国立国会図書館が「新編 靖国神社問題資料集」を発表している。
この資料を作成した理由は、靖国神社の沿革や戦犯合祀の経緯などについて共通理解を求める声が多かったから。
この資料集には1956年から靖国神社と旧厚生省の援護局が連絡を取り合いながら戦犯合祀に向けて、
着々と議論を重ねてきた様子がおさめられている。
この資料集を読んでる人、このスレにはおそらくいないだろうな。

495 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 14:25:56.94 ID:b5JUViFt
>>492
チョーセンやチャンコロはどうでもいい。陸海軍は我が日本のためにならないアフォな戦争を
おっぱじめて国民を虐殺した

496 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 14:31:33.53 ID:dPyEvKl5

>>495

明治維新直後から、もっとも強硬的な対外政策を意見していたのは、
政府指導層ではなく、一般大衆レベルです。



497 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 15:01:25.89 ID:b5JUViFt
>>496
日清日露は日本の命運を切り開いた。陸軍暴走とはいえ満州まではこれもよかった。
シナ大陸全面展開は無理と言っていたのに対中全面戦争おっぱじめたうえによりによって
日本のスポンサーだったアメリカに戦争を仕掛けるという狂気は大衆が選択したわけじゃない。
アフォな陸海軍が権勢争いの挙句に国民を巻き込んでしまったうえに天皇の聖断だということに
して責任回避した挙句に徴用した国民の命をいたずらに消耗させた無責任、極悪非道

498 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 16:26:19.66 ID:dPyEvKl5

政府がアメリカとの戦争回避向けた交渉を模索をしてる段階で、
既に日本の大衆社会では、アメリカとの戦争する必要性があるとする世論及び、
軍部の中でも高いレベルにおいて、声高に叫ばれるようになっていた。
天皇や東条にしても、そうした社会風潮に抵抗することの難しさを実感し、
大衆に寄り添う形で、アメリカと戦争を始めることになった。

政府がアメリカと開戦を決定する以前から、国民は政府に先行する形で覚悟済み。
むしろそうした社会風潮によって巻き込まれることになったのは、
東条や天皇といった、政府指導層の政策判断。





499 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 16:37:43.67 ID:Mf1cs4jo
100以上あった新聞社を4つに統合して、
アメリカに簡単に勝てるなどと大本営発表で世論誘導を行ったのは政府だろ。
勝ち目がないと知ってりゃ誰も賛成しないよ。
そこのところも含めて戦犯どもは罪深いんだよ。
ましてや反戦派の将校が白昼堂々政府施設の中で切り殺される事態に至っては腐ってるとしか言いようがない。

500 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/12(金) 16:42:11.69 ID:cCeXxgyu
>>495
お前は日本人じゃないだろw

501 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 16:47:48.87 ID:0df6837l
用紙の割当制度も醜かったな。
情報局にとって都合の悪い、あるいは批判的なことを書くと、
その新聞をつぶさないまでも、紙の割当を減らされる。
用紙がなければ新聞は出せないから、それが長く続けば新聞は経済的にゆきづまってしまう。
だから情報局の気に入ることを書かなければならない。
それと検閲。
検閲があれば、新聞は客観的な情報を流すことができない。

502 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 16:56:39.85 ID:2oHd0lnn

共同通信 リクエストニュース 同盟通信は太平洋戦争中どんな報道していた?
http://kyodo.newsmart.jp/info/Result/2010/0913.php

Q:共同通信の前身は同盟通信というそうですが、その同盟通信は、太平洋戦争中はどんな記事を配信していたのですか?(21歳女性)

A:共同通信の前身、同盟通信は、1936年1月に発足しました。31年に満州事変が勃発し、国際情勢が急速に緊迫する中、
国家総動員体制を構築しつつあった政府が、当時の二大通信社の合併を仲介して誕生させた事実上の「国策通信社」でした。
(以下本文を参照してください)


503 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 18:03:41.67 ID:/j8dBF+P
8月15日に参拝しない理由はたしかにアジアに配慮ということなのかもしれんが
靖国に 8月15日周辺 に しか 行けない理由の方を国民はもっとよく考えるべきだ
靖国の在りようとしても本来は8月15日は適当とは言えないと思うけど
例大祭などあそこのお祭りの日には行けないんだろう、やはり
特に今年は東北に配慮しなくてはならないし・・・

菅は平成の奇兵隊云々言ってたあっちの方系の人間だから東の人間の感覚には
鈍感かもしれんが・・・

504 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 18:04:59.03 ID:T2htT0mK
>>502 しかし、同盟通信には、こうした宣伝報道以外にも重要な役割がありました。
太平洋戦争中の同盟通信は、戦争遂行のために必要な海外の情報を収集する役割を担っていました。
このため、政府からは機密費名目で多額の助成金が支払われ、海外通信社が発信する無線を独占的に傍受する権限も与えられていました。
こうして傍受した情報のうち、国民に流せないものを極秘扱いの「敵性情報」として政府首脳に伝えるのが同盟通信の重要な役割でした。



505 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 18:17:41.94 ID:dPyEvKl5

>>499 >>501

日米交渉当時における検閲の方針は、日独双方を刺激するような内容を書かないこと。
検閲する側は、戦争やむ無しの論調を抑制する側にまわった。
しかし、NHKスペシャルでも放映してたように、部数伸ばすために対外的な強硬論の論調は、
世論の中では消えることはなかったし、そのような政策を掲げる農民と労働者の支持によって議席を伸ばした社会大衆党を通じて、
政治面でも無視できない状況に至った。

つまり、政府が統制したことが起因となって、日本が戦争に向かった訳ではない。
ごく身近な自分達の祖先である国民が政府を後押しする形で、政府と一体化し、
自分達の息子を戦争に送る事になり、多くの人々が死ぬことにもなったんです。


506 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 18:46:10.69 ID:dPyEvKl5

(>485)でも書いたように、靖国神社は当時において、政府と国民が一体化した国家の為に戦争によって死んだ人達に対し、
当時において認められた、正当な期待を引き継ぐ形で死者に向き合い「顕彰」を行う為の宗教法人施設。
そもそも論として、現代に生きている人間が抱える歴史観を満足させる為に施設があるのではない。

また参拝する側に対し、靖国はどのように英霊に向き合うかまでは指導をしている訳でもない。
人格とは、必ずしもまとまりが認められるような物ではない以上、多面的な存在であり、
よって、英霊に平和に対する願いを見出し、参拝を通じてそうした考えに寄り添うのも自由だし、
命を掛けて、国家の為に死ぬことになったことに敬意を示すのも自由。
参拝者の間での考え方に矛盾があったとしても、必ずしも英霊を冒涜するようなようなものじゃない。

祀られている人間の一部が気に入らない、あるいは人格の中にみとめられる考え方の一つが納得いかない事を理由に、
全否定をせざる得ないような考えを靖国は参拝者に求めてる物ではない以上、政府指導層が参拝しない事で批判を浴びる事になる対象は、
靖国側にあるのではなく、どちからといったら政治的に絡め取られた政府指導層の判断の中にある。



507 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 18:46:59.54 ID:dPyEvKl5
× >485 ○ >450

508 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/12(金) 19:26:14.73 ID:VmmaA+dq
 檢閲其物は、當時の米國でも普通に行はれてゐた事でもあるし、日本のみが特殊な訣ではない。
 米國で行はれてゐた檢閲と、日本での檢閲の罰則を比較すれば、實は米國の方が嚴しい。
 米國での此檢閲が、合衆國憲法修正第一條(宗ヘ、言論、出版及集會の自由)との齟齬に依り、論爭にも成つてゐる。
畢竟、『若し事前檢閲が言論の自由の侵礙を意味するとすれば、政府は假令ば船舶の運航や兵員の移動に關する新聞報道を禁止する事が出來無くなり、
畢竟戰爭遂行上重大な支障を生じかねぬ』


509 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 19:46:43.47 ID:0df6837l
>>505
戦争を行うことを誰が決めるかというと一般的には権力が決める。
政治権力の中には軍隊と市民的な政府の二つの機関がある。
そのどちらが戦争を決定するかというと、形式的には市民政府ということになっている場合が多い。
日本の場合、15年戦争では市民的権力を圧倒してほとんど軍部が決定していた。
しかし、権力だけでは戦争はできない。
大衆の支持がなければだめ。
だから、結局のところ、人民、大衆も多かれ少なかれ戦争の決定に間接的にはかかわることになる。
どういうふうにしてかかわるか。
まず第一に政府側はマスメディアを使って大衆操作をする。
15年戦争の時にもそうした。
それから大衆の側における大勢順応主義(みんなで渡れば怖くない)も強い。
政府の側からの操作と大勢順応主義、この両方が重なると戦争支持になる。
15年戦争で、中国への侵略戦争がだんだんに進んでいった。
1937年に上海で大規模な戦争をして南京に進み、大がかりな戦争の様相を見せる。
そのとき、大部分の日本人、国民は支持した。
戦争の中国本土への拡大は、政府の操作と、それから大衆の側における大勢順応主義への強い傾向との合体だった。
そのことと関連して、必ず政府側から、ある段階では大衆自身も、反対意見や少数意見を抹殺する方向に向かう。
圧力を加えてそれを抹殺する。
少数意見が潰されると、大勢順応主義が加速されていく。
一定の方向にみんなが動いていくわけだが、その動く方向を最終的に決めてしまうのが、権力による操作ということになる。

510 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 20:04:54.75 ID:AoGM3tY9
>東条にしても、そうした社会風潮に抵抗することの難しさを実感し、
そうした社会風潮を作り出したの一因は東条自身の責任でもあるじゃん。

511 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 20:49:57.97 ID:dPyEvKl5

>>509

戦争の機運をリードしたのは、明治維新の頃からずーーと大衆側、
政府はそうした大衆側の対外意識に飲みこれる形によって、相互補完的に社会を一元化してきた。
よって、世論に対し抵抗する形で、圧倒してきた訳じゃない。


512 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 20:57:15.60 ID:0df6837l
>>511
それは違う。
>>509にも書いたとおりだ。

513 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:00:19.30 ID:dPyEvKl5

>>510

もちろん日米戦争は政府と国民を含めた国家の政策的意向があって起きた以上、
政府指導層にも責任ある。
しかし、国家の政策に準じることによって死んだ人間に対し、敬意を示す形式は、
その内容や程度に違があっても、日本のみなららず世界共通の振る舞い。

ドイツは違うじゃないとする意見に対しては、現ドイツにとってナチス政権は、国民を無視した形での政府の暴走であり、
国民は含めた国家の為に、死ぬことになたわけではないとするのが、表向きの理解である以上、
死者に対する見方が日本とは大きく異なる。


514 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:07:43.95 ID:dPyEvKl5


>>512

農民や労働者が支持基盤であった、社会大衆党が軍部と結託し、政府以上の強硬路線の論陣を張ったのもその為。


515 :nl:2011/08/12(金) 21:14:30.64 ID:4cF/3wO7
HULL NOTE wa kokumin wa siranai mama, tokino iseisya wa HULL NOTE wo ukeirenakatta.
Zyudaku-ha to hantai-ha tono tairitu wa atta noka?
Ima siritai ga nani wo sirabereba hammeisuru noka na?
Konoe ga yamete Toozyoo ni natta koto wa oboete iru ga.

516 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:19:04.34 ID:dPyEvKl5


まったく知らない人間が書いた文章だが、当時の大衆と政府の緊張関係に対する見解には共感を覚える。

戦前の日本の大衆と戦争
http://www.asyura2.com/2002/dispute3/msg/164.html

517 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/12(金) 21:21:32.02 ID:VmmaA+dq
閣僚の靖国参拝、今年も見送りへ=アジアとの関係重視−菅内閣
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011081200385

 極左が國に參拜に來たら、~社が穢れる。

518 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:32:41.66 ID:ISJ9JBWr
戦前の情報統制下の大衆にいったい何の責任をかぶせようというのか、亡国奸東條を擁護する
国家神道信者は。

519 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:34:00.13 ID:0df6837l
>>514
社会大衆党が陸軍統制派に迎合し接近したんだろう。

520 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:34:24.65 ID:dPyEvKl5

街宣車は左翼の匂いつられて、やってくるだから、
今年は靖国でデモ活動することは、勘弁してもらいたい。

俺からすれば、両方ともうるさいだけだ。


521 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:35:57.19 ID:dPyEvKl5

>>518

総力戦で求められる考えは、日本が積極的に検閲を実施する以前から、一般世論では受け入れられていたんだよ。


522 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:36:30.92 ID:Mf1cs4jo
>>511
通説の地位を築いていた天皇機関説が禁説になったことのどこに、大衆のリードがあった?
新聞社を統合することのどこに大衆のリードがあった?
陸海軍大臣の任命権は内閣にはないのにどうやって大衆がリード出来た?
大衆の責任にして逃げるような卑怯者の屑が権力を持ったから戦争に負けたんだよ。

523 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:42:08.88 ID:dPyEvKl5

>>522

違うよ。

大衆にとって、対外意識は常に強硬的なものだった。
それは検閲するあたり、日米交渉の時期には、アメリカを刺激するような物を書くなとするような、
指示がだされるほどだった。



524 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:43:03.59 ID:ISJ9JBWr
>>521
無理も無いさ。輝かしい勝利だけしか報道しない情報統制下ではな。大衆の責任にしたい
国家神道信者君

525 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:46:55.05 ID:ISJ9JBWr
今の中国共産党並みのことをやってたんだからな、戦前の政府と軍部は。

526 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:47:59.36 ID:dPyEvKl5

上記に書いたとおり、政府が積極的に情報統制をする以前から、総力戦で求められる一致団結した社会体制は、
戦争を勝ち抜く上で必要であるという認識は、国民の中で既に受容されていた。

明治維新後、戦争ために様々な負担に対し、大きな反対運動がおきなかったのはそのため。

527 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 21:52:57.56 ID:dPyEvKl5

大衆はとは、常に平和の願う存在であるとするのは、単なる左翼の幻想。
成熟した民主主義社会に分類されるアメリカにおける大衆であっても、
必要があれば、戦争をすることを積極的に望むことは、911以降を見てもわかるとおり。

戦前は、大衆が概ね望むような形で、社会が一元化されることによって、
冒険主義的な強硬策に、歯止めが掛らなくなったのは、日米戦争が起きた大きな理由。


528 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:01:24.08 ID:ISJ9JBWr
中国共産党並みの扇動を受けた大衆に責任をなすりつける亡国奸国家神道靖国信者

529 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:01:54.72 ID:dPyEvKl5

そもそも、日米戦争が、政府が積極的にリードしたと主張するのなら、なぜ、東条は天皇の前で泣く必要があったんだ。
それはは個人の考えに反す形で、政策決定をする必要性に迫れた事に対する苦やし涙だろう。



530 :nl:2011/08/12(金) 22:02:06.78 ID:4cF/3wO7
>>509
kempoo kokubun niwa, [tin ga sinmin wa kempoo ni zyuuzyun no gimu wo ou]
dai 10 zyoo niwa, gyooseibu ni [tin wa bun bukan wo ninmen suru]
seihu ni bukan no daizin to bnunkan no daizin ga heizon site ita.
sin kimpoo dai66 zyoo niwa [soori to kokumu daizin wa bunkan denakereba naranai]
seihu no nakani daigensui nimmei no bukan riku, kai no 2 mei ga ita.

531 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:04:38.84 ID:0df6837l
>>529
ただ単に負けたからだろう。

532 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:07:40.62 ID:dPyEvKl5
>531

東条が涙を流したのは、日米戦争が開始する以前の話しだよ。


533 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:07:46.38 ID:ISJ9JBWr
亡国奸東條は中国に展開する陸軍はそのまま維持すると主張して近衛内閣を総辞職させて
自らが首相となり陸軍権益をまもるためにアメリカと開戦する道を選んだ途方も無い阿呆だ

534 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:11:52.07 ID:ISJ9JBWr
亡国奸東條が右利きのくせに左手で拳銃自殺をしようとしたが死ななかったなーんてのは
もう見苦しいの一語に尽きる。絞首刑で散るしかなかった見苦しい亡国奸東條

535 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:19:11.96 ID:FQbdmqin
奸悪亜米利加の暴力で勝てずとも戦わざる得なくなったんだろな

536 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:20:43.80 ID:JFVJ6Lo6
>>492
>大東亜戦争がアフォな戦いと言うなら、支那の国共内戦や朝鮮戦争は救いようの無いキチガイ同士
の戦いかw

国共内戦も愚かな権力闘争ではあったが、さらに馬鹿な日本軍が来たので停戦。
毛沢東は隠れて日本軍を煽る。気の毒な蒋介石は日本軍に虎の子の兵隊を殺される
馬鹿な日本軍がいなくなったら、毛沢東が、あっさり権力奪取
アホな戦いだろ。こんな戦いで、日本兵が死んでるんだぜ・・・


537 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:23:34.36 ID:AoGM3tY9
>>513
>死者に対する見方が日本とは大きく異なる。
のであれな「世界共通」とはいいません。
世界共通というのは、国でも通用をしているということですよ。
ドイツはそうした認識を持っていないとすれば、世界共通とは
言い切れませんね。

538 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:26:19.70 ID:ISJ9JBWr
日本の石油需要の8割をアメリカに頼っていて亡国奸東條が国のことを後回しにして
守ろうとした中国戦線もアメリカが輸出してくれる石油で戦っていたという事実も知らない
アフォーかよ

539 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:28:05.43 ID:FQbdmqin
一生一敗は兵家の常に過ぎず
奸悪亜米利加の一般人虐殺とは比べ物にならないよね

540 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:30:10.45 ID:JFVJ6Lo6
>>539
アメリカよりマシとか、ソ連や中共よりはマシとか
そんな理由で靖国を信仰するのも、アホらしいと思わんか?

541 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:30:26.58 ID:0df6837l
軍部が政治介入している事実があるんだがな。

542 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:31:08.27 ID:ISJ9JBWr
アフォな戦争の犠牲になった日本国民300万は亡国奸東條に殺されたも同然


543 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:31:18.38 ID:dPyEvKl5

世界共通を指す対象は、国家の為に死んだ人間に対し格段の敬意を払う形式。
国家の為であったかどうかは、もちろん時代や政府の考えによって移り変わることになるし、
公式的な儀礼以外では、個人によっても判断が異なることになる。
しかし、そのような認識至るのような対象に対しては、格段の敬意を払う形式は世界共通。




544 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:37:45.44 ID:AoGM3tY9
勿論、そのような認識至るのような対象に対しては、格段の敬意を払う
に関しては異存は無いですよ。

ですが、私個人でも、日本国全体でも
靖国の祭るある対象に対して、そのような共通認識に至っているとは
思えません。天皇陛下自身は否定しているし、日本国政府として
推奨していません。個人的な信仰なら、どうぞご勝手にやってくださいと
止めませんが、人が知らぬ間にあだかも日本国全体の認識であるかのように
語るだけはやめて貰いたいものだ。

545 :nl:2011/08/12(金) 22:38:30.41 ID:4cF/3wO7
>>530
Minsyuu no senkyo de erabarete inai mono ga daizin tari eta naikaku wa minsyu sei dewa naku,
akumade tennoo ga syuken wo koosi site ita.
Kono kenkai denai kikansetu nado namamurui gakusetu mo democracy no rikai husoku kara dayo.

546 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:39:51.48 ID:ISJ9JBWr
国家のために死んだのなら救われるが避けるべき戦争をおっぱじめた亡国奸東條に殺された。
戦陣訓で強制玉砕、補給なしで餓死がほとんどという惨状

547 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:44:46.60 ID:dPyEvKl5

>>544

異存はないとするのなら、靖国に参拝するという事は、
世界的にも日常的に見られる形式の沿ったものであるという事には、
十分に留意した上で、参拝する側の人間を認識してください。


548 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:49:10.23 ID:M7q2nnqu
NHKラジオの、この前やってた元特別高等警察の人の証言によると、
大衆を思想第一(社会主義者・共産主義者)、思想第二(無政府主義者)に分類し、
検閲した手紙の文面がおかしいというかどで大阪生野区の元新聞記者が逮捕され獄中死したケースを戦後追跡調査したが、
まったくのデタラメな逮捕だったと言ってた。


549 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:53:48.93 ID:M7q2nnqu
>>548
特高刑事としてノルマを達成するには、成績を上げるには、どんな嫌疑でもかけられるのが集まっている場所があるので、
そこの人間をてきとーにしょっ引けばノルマ達成、という主旨の証言もしてた。
終戦の日に東京の内務省刑法局が「戦争に関係のある書類は全部焼け」という全国通達をしたってさ。
全国の役所への通達だったそうだが自分は特高課の300点くらいの書類を保存することにしたってさ。



550 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 22:56:49.11 ID:dPyEvKl5

この中でも、靖国神社の近くで、デモ活動に参加する奴は居るじゃないか?
そうした存在の匂いに敏感な街宣車を繰り出す右翼が、同じような騒ぎ出すから、
俺からすれば、うるさいだけで、ほんと迷惑。

今年はマジでやめて欲しいわ。



551 :nl:2011/08/12(金) 22:59:39.39 ID:4cF/3wO7
>>527
ippanni iwarete iru kotoba desu ga, democracy wa ism teki nuance yori mo, tekkaku niwa
cracy wa tooti, toozi, sihai suru no imi, minsyu seizi dearu yo.
Minpon syugi nado heta na yakugo mo aru ga, minsyuu seizi to atasi iiai.

552 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:00:36.97 ID:JFVJ6Lo6
>>548
なるほどねえ。明確にボルシェビキとアナキストを区別してたんだ
ちなみに、思想犯で殺されているのは、幸徳とか大杉とか、無政府主義に近い系譜
意外なことに共産主義は殺されてないそうだ。これ豆知識。

しかし、幸徳も大杉も、今にしてみれば左翼系知識人って程度の人だぜ
靖国の狂信者に比べれば、遙かに理性的な人達だったと思う

553 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:01:16.33 ID:dPyEvKl5

ちなみに靖国参拝に否定的な人間は、国家の為に死んだ人間に対し思いを馳せることになる、
個人の儀礼が行われてる中で、スピーカーや大声出して、大騒することには、賛同してるのか?


554 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:02:45.08 ID:DbONpp83




人権擁護法案(人権侵害救済法案)が成立すると、言論の自由や表現の自由≠ェ規制され、

日本は北朝鮮≠竍中国≠フように自由に物が言えない国になりますよ。

危ない!!危ない!!危ない!!危ない!!危ない!!危ない!!危ない!!危ない!!危ない!!危ない!!危ない!!

こんな天下の悪法≠ェ、成立して喜ぶのは、

◎誰も頼んでいないのに戦後も日本に居座って、文句ばかりを主張し、しかも税金も真面目に払わない在日外国人。

◎人権を口実に人を恫喝して金儲けをし、しかも税金も真面目に払わない同和団体。

◎祖国である日本よりも、北朝鮮や中国そしてスウェーデンなどの共産主義や社会主義の国を愛する日本嫌いの反日的日本人。

天下の悪法≠ナある人権擁護法案(人権侵害救済法案)を即刻廃案にして、日本の言論の自由と表現の自由≠断固守れ!!!





555 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:05:56.71 ID:AoGM3tY9
>>544
>世界的にも日常的に見られる形式
残念ながら、同じ敗戦国のドイツでは見られないため、
世界的にも日常的に見られる形式とは言い切れない以上、
貴方の言う認識はできません。

どうぞ、ご勝手に自分の信仰をやってくださいとしか言いません。

556 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:07:19.77 ID:dPyEvKl5


今年の終戦記念日に靖国周辺で大騒ぎの切っ掛けを作る、例年行われる左翼によるデモ活動は辞めて欲しいですけど。




557 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:09:26.13 ID:JFVJ6Lo6
>>553
俺は嫌いだな。靖国信者も、靖国に反対デモを仕掛ける奴らも

靖国信者は、左翼や近隣国が反発すると、大喜びするんだな
その為に靖国の英霊を利用してるって気がしないでもないw
どうせ、首相も天皇も参拝しないんだから、放置しとけばよいんだよ。
2chのネトウヨとかは、左翼や近隣国の反発が無ければ
靖国なんか興味ないだろうし、お参りするような殊勝な気持ちは持ってないだろw

558 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:10:32.76 ID:AoGM3tY9
>スピーカーや大声出して、大騒することには、賛同してるのか?
表現の自由がある以上、左翼だろうと右翼だろう
好きにやってくださいとしか言いようがありません。

彼らを止める権利は誰にも無いわけですからね。

少なくとも国家の為に死んだ人間に対し思いを馳せるのは、
千鳥ケ淵戦没者墓苑でも十分可能である。

559 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:23:12.14 ID:dPyEvKl5

法律とは本来、社会的に根深いでの対立に解消が期待ができない場合、
独占的な暴力を抱える政府が法律を通じて見解を示すことによって、
仲裁をするような振る舞いに意味します。

法律として認められないような、単なる日常的慣習を守ることも、
社会を柔軟で円滑な状況を維持する上で必要だと思いますが、
デモする側の人間からすれば、死んだに人に思い馳せてる状況の中であっても、
大騒ぎするような真似事は、決して日常的な風景からは外れた物とはいえないということですかね。



560 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:27:22.20 ID:dPyEvKl5

国家の為に死んだ人間に対し、思いを馳せてる状況の中で、
法律では認められてるのだから、大騒ぎすることには問題がない。
そうした状況の中で、騒ぎを起こすことには、違和感を感じないとするのが、

反靖国派の中で、少なくとも一部に認められる認識だということですか?

561 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:32:16.66 ID:AoGM3tY9
違和感というが、すでに日常的な風景の一ゴマな訳ですし、
それが靖国神社の本質というべきでしょう。

そうした混乱を靖国自身が選択したわけですからね。
責任があるとすれば靖国側にあるだろう。

562 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:35:27.47 ID:JFVJ6Lo6
>>560
>国家の為に死んだ人間に対し、思いを馳せてる状況の中

軍隊コスプレの連中とか、政治主張を行う右翼政治家とか
純粋に死んだ人間に思いを馳せてるとは思えないけどな。

563 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:36:37.20 ID:dPyEvKl5

表現の自由も結構ですが、強制的に聞かされることになる立場の事も考えることも、
政府によるガチガチの法律による管理社会の到来を招かない為にも、聞く耳を持つことも重要だと思いますよ。
今年くらいは、強制的に雑音を聞かされることになる人間の一人の意見に、少しでも耳を傾けたらどうでしょうか。

今年は、左翼による靖国神社周辺で実施される大騒ぎは、自粛されたらどうでしょうか。


564 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:38:43.59 ID:AoGM3tY9
>>563
>今年は、左翼による靖国神社周辺で実施される大騒ぎは、自粛されたらどうでしょうか。
のであれば、まずは、貴方が先に軍隊コスプレの連中や宣伝車
そして政治主張を行う右翼政治家を先に自粛させてください。

話はそれからでしょう。

565 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:40:47.19 ID:AoGM3tY9
ちなみに、私は靖国には行きませんね。
つまらないですし、馬鹿騒ぎは馬鹿同士で勝手にやっていれば良いんですよ。

本当に国家の為に死んだ人間に対し、思いを馳せたいのであれば、
天皇陛下も出席する千鳥ケ淵戦没者墓苑に行くべきでしょう。

566 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:44:32.00 ID:dPyEvKl5

>>564

街宣車は左翼の匂いに引き寄せられて、騒ぐことになるんですよ。
あなたが方が引き寄せてるですよ。


567 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:49:04.81 ID:AoGM3tY9
>>566
違いますね。宣伝車や政治主張を行う右翼政治家がいる限り
左翼は引き寄せられて、騒ぐことになるんですよ。

>あなたが方が引き寄せてるですよ。
上記のように、私は靖国には行かないですし、
信仰の自由も尊敬はしていますから、デモんなんかしたことはありませんよ。

そんな私に対して「引き寄せてるですよ」という思う込みによる難癖を
一方的につけてもね。

568 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:57:56.49 ID:dPyEvKl5
>>565

>違いますね。宣伝車や政治主張を行う右翼政治家がいる限り
>左翼は引き寄せられて、騒ぐことになるんですよ。

まず言えることは、居るということだけで、普通の参拝者にも聞こえる形で騒ぎを起こす事体が、
多くの人を巻き込む形になる過剰反応。
左翼が居るということだけで、街宣車が同じようなことすれば、もちろん俺は批判する。
しかし実際には、一般の参拝者に聞こえる形で大騒ぎになるのは、左翼による騒ぎに呼応する形で拡大することになる。

靖国に行かない人間とは違う、俺から見えた毎年の風景。


569 :名無しさん@3周年:2011/08/12(金) 23:59:14.22 ID:AoGM3tY9
>>568
俺達はやめるから、貴方たちもやめてねというのであるならばともかく、
一方的に貴方達「だけ」やめでねと提案をしても
そんな事を聞くような馬鹿はいません。
かえって相手の不信感を煽るだけと思うけどね。

靖国信者には信仰の自由があると同時に、
反靖国の人にも表現の自由があります。法を犯さない限り、
デモをする権利も自由もあります。勿論右翼にもありますけどね。

それを自分の思いだけで止めるのは思い上がりでしかなく、
単なる傲慢だよ。

570 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:02:12.21 ID:dPyEvKl5

繰り返すが、靖国神社の周辺で、大騒ぎするのはやめてもらいたい。
街宣車が居なければ、左翼によって騒ぎを起こすことは無いといった類のものではなく、
事前の街頭活動の沿った道順に従って、大声を出すのは、いつも規定路線でしかないだろう。

靖国に参拝する一人の人間として、うるさいだけで迷惑です。

辞めてほしいです。

571 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:06:07.60 ID:6Ej3vKGn
まあ、無理でしょう。右翼政治家が参拝をするかぎり、
抗議として大声を出すのはやむえないでしょう。

今年も靖国神社には馬鹿騒ぎが待っている事でしょう。
これは賭けてもいいよ。

572 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:07:24.10 ID:ac6p0otH

法律云々とは別に、その場に巻き込まれる人間に対し、理解を示すことがなければ、
政府による法律を通じたガチガチの管理社会を招くだけです。

あなたは、そうした社会にどのように受け止めるか知りませんが、
私はそのような社会の到来を望まない以上、雑音聞かされることになる人間の意見にも、
一定の配慮示すことは重要だと思います。
もちろん、こうした態度は、靖国以外の社会的な軋轢にも言えることだと思います。


573 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:08:13.79 ID:6Ej3vKGn
靖国信者には信仰の自由があると同時に、
反靖国の人にも表現の自由があります。法を犯さない限り、
デモをする権利も自由もあります。勿論右翼にもありますけどね。

それを自分の思いだけで止めるのは思い上がりでしかなく、
単なる傲慢だよ。

574 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:09:10.00 ID:ac6p0otH

政治家が参拝するというだけで、一般の参加者の巻き込む形で大騒ぎすることに、
なんら躊躇しないのが、左翼による活動の本質だということですか。


575 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:10:36.55 ID:6Ej3vKGn
そもそも、こうした騒ぎは数十年以上にわたって続けていましたね?
政府による法律を通じたガチガチの管理社会になりましたか?

はっきり言っても被害妄想もいいとこです。
そのような小手先の脅しでは、誰にも納得させる事は出来ませんよ。

576 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:13:10.98 ID:ac6p0otH

法律の有無とは関係はなく、他者に対し配慮するのは、
現代社会における理性的な振る舞いだと言えるじゃないでしょうか。
左翼からすれば、靖国参拝する人間は、そうした配慮に値しない人間であり、
法律の範疇であれば、どのような迷惑行為をしても構わないとするのが、
左翼側の考えだということすかね。


577 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:13:11.81 ID:XAAnOMJN
>>549

東京の内務省刑法局

東京の内務省警保局



578 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:14:29.90 ID:6Ej3vKGn
何度でも言いますよ。
靖国信者には信仰の自由があると同時に、
反靖国の人にも表現の自由があります。法を犯さない限り、
デモをする権利も自由もあります。勿論右翼にもありますけどね。

それを自分の思いだけで止めるのは単なる思い上がりでしかないよ。

579 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:17:17.17 ID:6Ej3vKGn
>一般の参加者の巻き込む形で大騒ぎすることに、
>なんら躊躇しないのが、左翼による活動の本質だということですか。
気に食わない映画が上演した時に、
右翼は宣伝車を集め、映画館に脅しをかけましたね?
一般の参加者の巻き込む形で大騒ぎすることに、
なんら躊躇しないのが、左翼だけではなく、
右翼だってそうでしょう。貴方は右翼だけが綺麗だとでもおもっているんですか?

580 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:20:18.32 ID:ac6p0otH

法律の有無とは関係はなく、他者に対し配慮するのは、
現代社会における理性的な振る舞いだと言えるじゃないでしょうか。
左翼からすれば、靖国参拝する人間は、そうした配慮に値しない人間であり、
法律の範疇であれば、どのような迷惑行為をしても構わないとするのが、
左翼側の考えだということですか。

よく解りました。




581 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:23:38.81 ID:6Ej3vKGn
解りました?(笑)
単なる一個人でしかない、しかもそうした「迷惑行為」をしていない
という1人の人間の意見を「左翼全体の意見」と見なすのか…。

そうした視野の狭さも君の駄目なところでしょう。

582 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:25:13.14 ID:ac6p0otH


法律の有無とは関係はなく、他者に対し配慮するのは、
現代社会における理性的な振る舞いだと言えるじゃないでしょうか。
左翼からすれば、靖国参拝する人間は、そうした配慮に値しない人間であり、
法律の範疇であれば、どのような迷惑行為をしても構わないとするのが、
左翼側の考えではなかろうかとするのが、あなたの意見ですか。

よく解りました。



583 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:28:21.70 ID:6Ej3vKGn
何度でも言いますよ。
靖国信者には信仰の自由があると同時に、
反靖国の人にも表現の自由があります。法を犯さない限り、
デモをする権利も自由もあります。

それを自分の思いだけで止めるのは単なる思い上がりでしかないよ。
もし、気に食わないのでしたら、ここで吠えないで裁判で決着つけては
如何でしょうか?もっとも君の一方的な身勝手は

門前払いで終わるでしょうから。

584 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:28:24.71 ID:ac6p0otH

ちなみに右翼が左翼の同様の振る舞いするようであれば、私は批判の眼差しを向けますよ。
そもそも、左翼に呼応する形で右翼が大騒ぎすること事体も、俺からすれば迷惑でしかない。


585 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:29:12.18 ID:ac6p0otH
>>583

だから言ってるでしょ。

法律の有無とは関係はなく、他者に対し配慮するのは、
現代社会における理性的な振る舞いだと言えるじゃないでしょうか。
左翼からすれば、靖国参拝する人間は、そうした配慮に値しない人間であり、
法律の範疇であれば、どのような迷惑行為をしても構わないとするのが、
左翼側の考えではなかろうかとするのが、あなたの意見ですか。

よく解りましたよ。

586 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:30:43.79 ID:6Ej3vKGn
>>585何度でも言いますよ。
靖国信者には信仰の自由があると同時に、
反靖国の人にも表現の自由があります。法を犯さない限り、
デモをする権利も自由もあります。

それを自分の思いだけで止めるのは単なる思い上がりでしかないよ。
もし、気に食わないのでしたら、ここで吠えないで

左翼を相手とって裁判で白黒をつけては
如何でしょうか?もっとも君の一方的な身勝手は

門前払いで終わるでしょうけどね。

587 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:36:42.20 ID:ac6p0otH

はいはい、法律の範疇であれば、他者に対し配慮する必要性は無いとするのが、
あなた自身も共感する、左翼に認められる考えではなかろうかという事ですね。
よく解りました。

ちなみに、私にはそのような人間には、どのような考えを持っていようと、
共感を持つようなことはありません。



588 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:37:49.17 ID:FqwjEnUU
天皇陛下もお参りしない靖国神社だもんな。
右翼としては陛下に習って千鳥ケ淵戦没者墓苑へ行くのがスジだろう。

589 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:38:36.80 ID:6Ej3vKGn
>>587
本当にやめてもらいたいのであれば、直接抗議デモをしている左翼に
話をかけるが、あるいはその左翼を相手とって裁判で白黒をつけては
如何でしょうか?

少なくとも、ここで必死に吠えるようなことじゃない。
なんともなりませんから。

はっきり言ってやろうか?君は逃げているだけの内弁慶だよ。

590 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:44:10.14 ID:6Ej3vKGn
ちなみに、私には君に共感を持ってもらう必要性もないし、
大体そんな意味なんかないだろう

君が私に対して共感を持とうか、持たまいか、

そうした左翼の抗議活動がどうこう変わるということは無いでしょうからね。

私の立場どちらにも一理はあるから、止められないというものだからね。

それをどう勘違いをしているかは知らないが、他者に対し配慮云々の話に
する君の思考回路が理解できないね。

591 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:46:58.31 ID:ac6p0otH

>>589

暇つぶしの中で、自分が感じた事を言ってるに過ぎないのだから、必死に吼えてる訳じゃない。
私が迷惑だと感じてることに対し、どのように左翼は理解してるのかは、(>587)に書いたように、
少しは見えてきたような気もします。

私にはとても共感できるようなタイプの人間に、訴え掛けることも気づかされた次第です。

592 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 00:56:34.33 ID:FqwjEnUU
今上陛下が皇太子のとき、栃木県の護国神社に行啓するという話が出たときに、
地方の護国神社にもA級戦犯が重複して祀られている例があるので、
ないということを確認してから参拝している。
そのへんはきちんと徹底してるよな。

593 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 01:01:33.11 ID:ac6p0otH

今はなき某スレに行くとさ、左翼の主張として、天皇には一切の自由がないとされる。
一方で、このスレでは、靖国参拝するかどうかといった関しては、自由があることを暗に認めた上で、
天皇と靖国参拝の関係が問われるだな。

左翼からは、天皇には自由が無いから違うだ!とする意見が示されないのは、
いつものご都合的な主張に過ぎないから?



594 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 01:11:56.65 ID:3H8VHqqw
>>549
NHK ラジオ第1
8月8日(月) 午前1時台

〔戦争インタビュー]
特高の罪を伝える証言者
元・特高警察官 井形正寿

595 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 02:43:06.86 ID:RTYDxrl+
今年も左翼は靖国神社に
抗議デモにくるんだろうか?
あれだけ沿道から罵倒されまくって
支持する声なんか全く無いのに、それでもやるのは
嫌がらせ以外のなんでもない。

596 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 05:31:37.56 ID:4g1m5R9f
日本が統制国家じゃないって事じゃん。
支持者が増える訳でも無いし好きにやらせときゃいい。


597 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 08:45:16.18 ID:ZXUCZr5K
>>593
それはね、
「天皇には国事行為の拒否権があり、好きな奴を総理大臣に出来る」
とか言うアフォに対して言ったことだろ。
自由裁量とき束裁量の区別すら出来ないだけ。
国家機関としての天皇を離れた、私としての天皇に自由権があるのを否定しているわけではない。
そういう理屈を言い出すならば、自由権の多くが制約された大日本帝国憲法下の日本を理想としながら、
日本国憲法の自由権に甘えている靖国信者こそ矛盾した生き物だと思うよ。

598 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 09:08:37.97 ID:DRb4Zszw
>>593
> 今はなき某スレに行くとさ、左翼の主張として、天皇には一切の自由がないとされる。
>>597が書いてるように国事行為に自由裁量があるかといえば「ない」というのが正解。
左翼の主張とは関係なくそうしたシステムになっているということ。
君の言う「天皇には一切の自由がない」という左翼の主張ってどんなものなのか分からないが。

> 一方で、このスレでは、靖国参拝するかどうかといった関しては、自由があることを暗に認めた上で、
> 天皇と靖国参拝の関係が問われるだな。
靖国だろうとムスリムの寺院だろうと信仰の自由は誰にでもあるから。
天皇だって私的な領域では皇室神道の祭司をやってるだろう?

> 左翼からは、天皇には自由が無いから違うだ!とする意見が示されないのは、
> いつものご都合的な主張に過ぎないから?
君の言う左翼の主張というものが藁人形叩きとしか思えないのは僕だけなのかな?
具体性に欠けるため漠然とし過ぎて「いつ、だれが、どこで」主張しているのか分からない。

599 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 09:37:36.60 ID:FqwjEnUU
>>598
宮中祭祀は私的なものではなく、公務でやってんだろ。

600 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 09:38:51.59 ID:ac6p0otH

↓ちなみにこうした発言。(天皇制廃止150)
「人権には思想良心の自由とか信教の自由とか職業選択の自由とかの事を指すでしょう。
自由意志すらろくに与えていない現状を人権があると言えるほうが驚きだ。」

思想良心の自由や、信教の自由も天皇には無いと考えてるのが左翼側の受け止め方らしいですから、
私的領域での祭司にしても、左翼からすれば自由を制約する側の意図にしたがったものであると、
例えば上記人間は、理解していたのではないでしょうか。


601 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 09:56:31.52 ID:DRb4Zszw
>>599
公務なら政教分離違反の疑いがあるから私的行為として行われてる。皇室予算も私的用途として
予算配分されてるからね。


>>600
それだけでは、その意見を書いている人が左翼なのかどうかは分からないね。
左翼全般がそうした主張をしているという根拠にもならない。
また、君は「天皇には一切の自由がない」と言ってるが、そのレスでは
「自由意志すらろくに与えていない」としており、字義通りに解するならば
一切の自由がないとは受け取れない。自由意志に制限があるという意味じゃないか?

他方、天皇が自由を制限されているというのは左翼の主張というよりも、
事実として制限を受けているのだから特定の思想集団の主張だとするのはおかしい。

602 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 10:02:37.99 ID:FqwjEnUU
>>601
公務を私的行為とは言わないよ。

603 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 10:25:05.77 ID:6Ej3vKGn
>君の言う左翼の主張というものが藁人形叩きとしか思えないのは僕だけなのかな?
>具体性に欠けるため漠然とし過ぎて「いつ、だれが、どこで」主張しているのか分からない。

私もそう思う。昨日一通りやり取りをしたんだけど、
一個人しかも靖国でデモをしたわけでもない私の意見を
「左翼全体」の意見としてとして捉えやがった。

私は私個人の意見を言っただけであって、靖国でデモをしている人たちの意見を
代弁したわけでもないのにね。

どうも彼の言う「左翼」とは個人個人の意見は無く、全体が1つの意見しかないと
勘違いをしているようだ。

604 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 11:36:13.66 ID:DRb4Zszw
>>602
よく調べてごらん。天皇の祭祀行為は私的な領域として位置づけられているから。
予算も公的行為と私的行為に配分されているが、祭祀行為はそのうちの私的行為として
扱われているよ。

>>603
多分、彼のイメージによって作り出された左翼像というのがあるんじゃないかな。
それで君の発言をそれに仮託して左翼側の発言者とみなしている様に思える。

605 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/13(土) 11:57:42.00 ID:b6S9rzF/
 皇室祭祀は、已往から『公務』だらう。
抑、『公務』といふ云方自體がやゝ語弊を感じるが、島地默雷の詞を借りれば、
『~道は皇室の治ヘにして、宗ヘに非ざるなり』としてゐる。
 ~道を、政ヘ分離の類で論ずるのは、やゝ方向を見誤つてゐる感じを受ける。

606 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:06:10.05 ID:txQUSrY3
靖国の神主というのは普段何をしてるんだろうな?
他の日本の神社というのは清めというか「怒らないで祟らないで鎮まって」
人間界に悪さをしてくれないように閉じ込めてお世話しているわけだが
注連縄して結界つくってね。
靖国というのは死んでも護国の鬼となって天皇を守るんだと
わざわざあそこへ招魂してるわけだろ?
神主は坊主と違ってその魂を逝くところへは行かせてやらないわけだ
一回呼んだ魂は分けられないんだとか言ってたから、永遠に閉じ込めておくわけだ
鎮魂もしてないだろうなぁ。鎮まって欲しくはないんだから…
故郷の墓で静かに逝くとこに行って欲しいと思うし、実際そうだろうと思うがね

607 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:13:46.58 ID:6Ej3vKGn
>>606
靖国神社は日本の伝統文化ではなく、明治時代に誕生した
かなり特殊な文化だから、普通の日本文化と考えないほうがいいよ。

608 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:18:26.75 ID:qytGcgIa
>左翼

身の危険を冒して妻子とともに八〇年にアメリカに亡命したビクトル・シェイモフ元KGB少佐もその一人だった。

それから数日後、私はシェイモフ氏をワシントン市内の日本レストランに招き、続きの話を聞こうとした。
「KGBは日本赤軍を援助していたんだが、ある時点からやめたんだ。詳しいことは知らないけれど、金銭的な援助もしていた」
そんな驚くべき情報を明かしながらも、シェイモフ氏はなぜか、自信なげにおどおどしていた。

609 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:20:46.99 ID:FqwjEnUU
>>604
予算がどこからでているかは問題ではない。
何をやっているかが重要なんだよ。
宮中祭祀をやっている。
宮中祭祀は公務だよ。

610 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:23:54.02 ID:qytGcgIa
>>608
「実は、CIAは予算不足で、彼を保護し続けられなくなって、独り立ちさせようとしている」
情報筋がそんな種明かしをしてくれた。彼は、自分の将来に不安を抱えていたのだ。


611 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:24:29.35 ID:6Ej3vKGn
>>609
>予算がどこ
大有りだよ。
というのも、日本国憲法やその下の法律に宮中祭祀についての明文の規定はないので、
これに係る予算も皇室の内廷費によって処理されている。

多くの憲法学者が、戦後の宮中祭祀を「天皇が私的に執り行う儀式」と解釈しているわけだ。

612 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:27:48.92 ID:txQUSrY3
うん。古来も菅原道真とか平将門とか敵認定されて恨みを残して死んだ人が
神社になる例はあるわけだけども
味方側の人間の霊を神社にするという発想というのはあまりないよねぇ
日本人は敵を祀るんで…
そもそも 招魂というのも日本ではあまり聞かないとおもうんだが
死んだ霊を呼ぶってキョンシーとかいう中国の発想だろ?

613 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:31:03.73 ID:DRb4Zszw
>>605
> 皇室祭祀は、已往から『公務』だらう。
公務として扱われているならば、祭祀行為に関わる予算が内廷費として計上されるはずがない。
また、皇室神道による祠祭行為が公務とするならば政教分離違反の疑いが濃厚となる。
もちろん、そういった諸々を考慮して皇室の私的予算である内廷費予算の中から費用が賄われている。
宮中祭祀を執り行う掌典職も皇族の私的な使用人というポジションだからね。

>>609
> 予算がどこからでているかは問題ではない。
いや問題だよ。というか、予算がどういうポジションで使われているは重要。
我々国民が払った税金だから。皇室といえども公人であることを忘れてはならない。

614 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:34:36.23 ID:6Ej3vKGn
>>612
靖国を「伝統」云々や文化云々だと声高に叫ぶ人を多く見かけたので、
調べたけど、日本各地に明治時代の靖国神社が出来るまでに
靖国神社に相当するまたは該当するような文化や伝統は無いんだよね。

つまり、靖国神社は日本古来の伝統文化ではない。
明治時代の大陸進出に会わせてつく入り上げた人工的な「何か」かにしか過ぎない。

615 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/13(土) 12:37:40.59 ID:Pr+iLt6t ?2BP(1700)
>>607
日光東照宮は?
武士には武士の、軍人には軍人の神が必要。
靖国神社は日本の歴史からごく自然にできた物。

>>612
味方も敵も祀るだろ。
ただ、一緒くたに祀る
と霊どうしケンカするかもしれんから別にやったほうがよろしい。

>>614
上記の通り、ごく自然な日本の伝統文化。

616 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:39:31.27 ID:6Ej3vKGn
>>615  
「神社と神々」(井上順孝国学院大学教授監修、実業之日本社、1999年)からについて纏めると、

「人神信仰」については
@奈良時代以前には存在せず,奈良〜平安期の「御霊(怨霊)」に対するおそれが起源か.
A「人神信仰」形については
a,「御霊(怨霊)型」・・・菅原道真,長屋王等の「祟り」を鎮める為
b,「宗主型」・・・自分たちの宗主(始祖)をまつる(藤原鎌足等)
c,「神秘型」・・・有名ではあるが実態等がつかめず,後世に神格化された場合(柿本人麻呂,安倍清明等)
d,「権力型」・・・吉田神道の影響により,近世以降の権力者が自らを神格化し,権威を高めた形(豊臣秀吉,徳川家康,各地の大名等)
e,「南朝正統型」・・・明治以降新政府の「南朝正統説」により神格化された形(楠正成,新田義貞等)
f,「仏⇒神型」・・・当初は仏としてまつられていたが後に神格化した(神仏習合の影響) 多田神社(元は多田院)

となっています、
つまり、靖国神社の形態(e)は、他の型とは異なっており、
「日本古来の神道の文化」とは言えないですよ。

617 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:42:14.03 ID:FqwjEnUU
>>611
憲法学者も意見が割れているようだが、宮中祭祀は公務だよ。
自腹きって公務を行ってるという状況だな。

618 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:43:18.30 ID:RS5dG9y5
>>615
>上記の通り、ごく自然な日本の伝統文化。

であるならば、靖国建立以前はどうやって伝統を維持してきたの?
靖国は特別で他の神社より優越するという靖国の考えと矛盾しない考えを述べよ。

619 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:43:29.79 ID:6Ej3vKGn
>味方も敵も祀るだろ。
>ただ、一緒くたに祀る
そういうことです。日本人は敵味方をわけません。
あるいは悪霊を封じるものがありますね。

しかし、靖国神社のように「味方しか祭らない」タイプのモノは
ほかにありませんからね。

んなので、明治時代に誕生した異種な文化です。
伝統文化じゃありません。

620 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/13(土) 12:43:57.80 ID:Pr+iLt6t ?2BP(1700)
>>616
靖国神社はdだろ。
主権在民なんだから。

621 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/13(土) 12:44:18.17 ID:Pr+iLt6t ?2BP(1700)
>>618
別に優越しない。

622 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/13(土) 12:45:30.03 ID:Pr+iLt6t ?2BP(1700)
>>619
徳川家康と、家康に滅ぼされた他の大名を一緒に祀ったらマズイだろ。

623 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:45:44.67 ID:6Ej3vKGn
>>620
Dタイプは近世以降の権力者が自らを神格化し,権威を高めた形なので、
兵士などの権力を持たない一般人をも祭るタイプとは
違いますよ。

624 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:47:18.79 ID:6Ej3vKGn
>>622
徳川家康のような「個人」しか祭りませんよ。
あのタイプなものは。

靖国は「個人」しか祭らないのであれば、該当しますが、
違うである以上は、該当しません。

625 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:50:57.53 ID:DRb4Zszw
>>617
> 憲法学者も意見が割れているようだが、宮中祭祀は公務だよ。
公的か私的かで学説上の争いは無かったと思うけど。

> 自腹きって公務を行ってるという状況だな。
論理矛盾だね。自腹なら私的行為。


626 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:52:32.88 ID:6Ej3vKGn
>>617
> 憲法学者も意見が割れているようだが、宮中祭祀は公務だよ。
割れているというが、ID:DRb4Zsz氏が言ったように、
殆どの学者は「私的」説を採っていますよ。
公的か私的かで学説上の争いは無いと言ってもいいと思いますね。

627 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/13(土) 12:53:31.20 ID:Pr+iLt6t ?2BP(1700)
>>623
兵士は有権者だろ。
武士の時代が終わって、国民国家の時代になり、武士に代わって国民によって組織された軍人がこの国を守る時代になった。
そして軍人のための神が必要になった。
まあ神より先に戦艦や鉄砲が必要ですが。
有権者である国民を軍人として徴用しなければならないという問題は根深いが、
靖国神社もDタイプに分類できることは紛れもない事実。
これが嘘だと言うなら、そもそも国民国家とか民主主義なんて物が嘘だって事だ。

>>624
ほんとなら戦死した軍人ひとりひとりに独立した神社を作ってやるべきだと思いますよ。
しかしそうするとものすごく大変ですよね。



628 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:58:23.52 ID:FqwjEnUU
>>626
多数意見だから正しい。
少数意見だから間違い。
そういうことにはならないよ。

629 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 12:59:32.20 ID:6Ej3vKGn
>>627
>靖国神社もDタイプに分類できることは紛れもない事実。

東条、または天皇のような個人しか祭らないでのあれば、
Dタイプ該当しますが、靖国は「権力者を1人だけ」しか祭らないので、
個人しか祭らないDタイプとは、明らかに違いますよね。

>>627
>ほんとなら戦死した軍人ひとりひとりに独立した神社を作ってやるべきだと思いますよ。
ですから、タイプは違いますよね?
ひとりひとりに独立した神社じゃないですからね、靖国は。
でも、Dタイプはひとりひとりにかつては絶大な権力を
持った人の独立した神社ですよ。

貴方も本当はその違いに気付いたじゃないですか?

630 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/13(土) 13:00:10.10 ID:Pr+iLt6t ?2BP(1700)
>>626
宮中のご公務など - 宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/kyuchu.html

宮中祭祀もここに分類されていますよね。
頭の悪い学者が何をほざこうが、宮中祭祀は公務。
内閣の助言と承認が必要な国事行為。

631 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:02:26.85 ID:DRb4Zszw
憲法学説の場合、少数説が判例や行政行為に反映されることはほぼあり得ません。
何故なら有力説や通説を前提として理論構築されるから。もう少し砕けた言い方をすると、
少数説なんて無責任な説は誰でも好きなことが言えるんですよ。

632 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/13(土) 13:02:42.41 ID:Pr+iLt6t ?2BP(1700)
>>629
国民国家の時代になって、国民ひとりひとりが権力を持つ時代になったわけですよね。
有権者でもある軍人を祀る神社はdタイプでしょう。
eタイプの楠正成や新田義貞とは違いますよね。

633 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:04:32.64 ID:DRb4Zszw
>>630
> 宮中祭祀もここに分類されていますよね。
されていませんよ。タイトルは宮中のご公務「など」ですから。
宮中祭祀が明確な公務なら「など」とは言いませんからね。

634 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/13(土) 13:05:53.06 ID:Pr+iLt6t ?2BP(1700)
>>633
苦しい言い訳ですね。

635 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:06:57.28 ID:DRb4Zszw
いえいえ、全く苦しくないですけど。


636 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:07:45.62 ID:8qBdC3+0
>>610
国立国会図書館 蔵書検索・申込システム
http://opac.ndl.go.jp/

タイトル スパイはなんでも知っている
責任表示 春名幹男著
出版地 東京
出版者 新潮社
出版年 2001.1
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000002958501/jpn


637 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:08:10.30 ID:6Ej3vKGn
靖国は「権力者を1人だけ」しか祭らないのではなく、
大勢を祭るので、


>>628
貴方は「争いはある」と言ったことに対して、それは違いますよ
と言っただけですよ。多数が正しい云々を言っているのではありませんから。

もちろん、
>多数意見だから正しい。
>少数意見だから間違い。
>そういうことにはならないよ。
というのは少数派の苦しい言い訳だと思いますよ。

>>632
>国民ひとりひとりが権力を持つ時代になったわけですよね。
苦しい言い訳ですね。
国民ひとりひとりが権力を持つ時代ではありませんよ。
女性は最初から最後まで参政権を持っていなかったし、
少数意見は治安維持法の元で封殺され、

明治初期に至っては一定的な税金(全国民の1%程度)を納めなければ、
権力を行使できませんでしたから、貴方の認識は間違っています。

638 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:10:27.59 ID:FqwjEnUU
>>631
それは多数決主義で決めてるだけのことで。
多数意見が与えられたときに、多数意見が少数意見より正しいということは意味していない。
多数意見と、その意見が正しいということは、まったく別の問題。

639 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:13:53.35 ID:DRb4Zszw
>>638
学説の場合多数決とは限りませんよ。
有力な学説ならば、一部の学者の学説が通説になる場合もあります。
むしろ有力な学説が幾つかの論争なり反対論の洗礼を受けて強化され、
通説として敷衍されるケースの方が多いと言えるでしょう。

640 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:16:42.02 ID:FqwjEnUU
>>639
あくまでも説でしょ。
一方に説があれば、またもう一方に説がある。

641 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:21:01.36 ID:DRb4Zszw
>>640
君の言い方だとまるで少数説が有力説や通説と同等であるかの誤解を与えますね。
前のレスでも書きましたが有力説や通説ならば判例に大きな影響を与えますし、
行政府や立法府でも少数説を前提として行政行為や立法を行うことは滅多にありません。
そんなことをすれば違憲裁判を起こされかねないですから。

642 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:21:05.00 ID:6Ej3vKGn
>多数意見が与えられたときに、多数意見が少数意見より正しいということは意味していない。
>多数意見と、その意見が正しいということは、まったく別の問題。
トンデモ論者、電波論者がよく使う詭弁ですね。
そうやって自分に言い聞かせるのもありでしょう。

でも自分を誤魔化しても、現実は誤魔化せられませんよ。

643 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/13(土) 13:26:53.40 ID:b6S9rzF/
>>613
> 公務として扱われているならば、祭祀行為に関わる予算が内廷費として計上されるはずがない。
> また、皇室神道による祠祭行為が公務とするならば政教分離違反の疑いが濃厚となる。

 『政』を『まつりごと』と讀む事からも、祭政一致なのであるから、現在の言葉で云へば當然『公務』といふ事にならう。

644 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/13(土) 13:47:43.30 ID:Pr+iLt6t ?2BP(1700)
>>637
被害妄想が激しいようですね。

645 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:55:30.47 ID:DRb4Zszw
>>643
君はいつの時代の話をしているのですか?
僕は今現在の話をしているんです。

646 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:57:24.60 ID:FqwjEnUU
>多数意見が与えられたときに、多数意見が少数意見より正しいということは意味していない。
>多数意見と、その意見が正しいということは、まったく別の問題。
  ↑
これについてわかりやすく説明しよう。
少数意見のほうが正しいかもしれない。
たとえば、米国がアフガニスタンで戦争しようという時に、女性議員がたった一人だけ反対した。
それは非常な少数意見だ。
米国が戦争するにはまとまってしなければならないから、多数意見に従ってやるより仕方がないから、多数意見に従う。
それは仮の相対的な問題であって、多数意見が正しいからそれに従っているわけではない。
正しいか正しくないかはわからない。
なぜならば、何が正しいかということを議論したら意見が分かれたんだから。
そういうことは神様でないと決められない。
多数の意見が正しい意見だということになると、二つのことが生じる。
一つは、間違っているのだから少数意見がなくなればいいというふうに考えること。
それから、押しつけることになる。
場合によっては、権力を使って強制的に少数意見の人を罰したり追い出したり、とにかく強い圧力をそこに加えることになる。
それは民主主義的ではない。
なんで多数意見が正しいとは限らないということを強調するかというと、第一の理由は、時によって違うからだ。
同じ団体でも、今年多数意見だった者は来年少数意見になり、今年の少数意見は、来年多数意見になるかもしれない。
だから危ない。少数意見を間違いだと捨ててしまうのは。
少数意見は間違いだ、いつもみんなが意見一致で動くのが理想だと言っていると、
団体として、あるいは国としても、方向転換ができなくなってしまう。
戦争を始めたが間違いだった、始めたときは戦争に反対するほうは少数意見だった。
しかしやってみたらだんだんまずいことが生じた、そして戦争から方向転換するほうがいいということになってきた、
そのときに、前の少数意見は多数意見になるわけだ。
その多数意見に従って政策を転換できる。
ところが、みんなが同じ意見で始めてしまうと、「やめたほうがいい」という人はいないわけだから、
戦争はいつまでもズルズルと、本当のカタストロフになるまでつづく。
ここまで説明して理解できない奴はもう知らん。

647 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 13:58:44.32 ID:RS5dG9y5
>>621
>別に優越しない。

であるならば、神社の中で靖国だけを特別視する必要はありませんね。

648 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/13(土) 13:59:59.37 ID:Pr+iLt6t ?2BP(1700)
>>647
ないよ。

649 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/13(土) 14:04:47.98 ID:b6S9rzF/
>>645
 今も昔も變らんよ。
皇室祭祀を、政ヘ分離と異とする爲めの或種の方便に過ぎない。

650 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/13(土) 14:05:09.05 ID:Pr+iLt6t ?2BP(1700)
反靖国信者の主張をまとめると「おれに理解できない物はいらない物だ!」となる。
数学って何かの役に立つんですか?とか言ってるバカ中学生と同レベル。
このあたり突っ込まれると、数学できんが、何で悪いとや!と逆ギレして暴れる。
こういうバカは棒で殴ってやるのが良い薬だ。

651 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 14:15:41.11 ID:RS5dG9y5
宮内庁のHPの構成を根拠にするのと、
宮廷費ではなく内廷費として予算に計上され国会の議決を経たことを根拠にするのでは、
明らかに後者が有利だと思うがね。
少なくとも政府の立場としては後者と考えざるを得ないだろう。




652 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 14:37:56.86 ID:6Ej3vKGn
>>644
いやいや、別に被害妄想でもなんでもないけどね。

653 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 14:40:10.31 ID:RS5dG9y5
>>650
じゃあ詳しく解説してやるよ。
靖国信者の問題は、7条10号に国事行為として掲げられている「儀式」を
一種類しかないと考えているところ。
しかしながら、国の機関として天皇が行う儀式は、その性質上、
国家的性格を有しかつ政教分離原則に違反しないものでなければならない。
ゆえに皇室典範に規定された即位の礼や大喪の礼などは国事行為に当たるが、
それ以外の儀式に関しては私的行為と考えることになる。

国事行為から漏れた行為を公人的行為や象徴的行為であるとして、
国事行為・私的行為とは別の第三の類型の行為であるとする説も確かにある。
清宮や佐藤と言った戦後の大物憲法学者が主張した。
しかしながら、これらの説を採用すると、
内閣がコントロール出来ない公的な天皇の行為を認めることになると批判された。
清宮や佐藤は天皇は内閣の指示に当然従うと主張したが、
その理論的根拠がなく支持を得られなかった。
なお、天皇が内閣に従わなくてもいいという考えの靖国信者が彼らの主張を流用しているが、
それは清宮らの主張とは明確に異なるものであり、有力説の如く語るのは完全に誤りである。

その後も習律説や準国事行為説が主張されたが、それぞれ憲法に反する習律を認めることになること、
範囲が不明確であることを理由に支持されなかった。
これらの論争は結局、7条10号の「儀式」の解釈の問題に過ぎない=第三の類型を認めない
という宮沢説が通説の地位を築いて収束した。

654 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/13(土) 15:03:12.58 ID:b6S9rzF/
閣僚の靖国参拝、今年も見送りへ=アジアとの関係重視−菅内閣
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011081200385

655 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:15:03.34 ID:RTYDxrl+
>>607
仏教によって死者を慰霊するという行為こそが、
住民監視を目的として江戸幕府が強制した
檀家制度によって強要されたものでしかなく
釈迦の唱えた本物の仏教とはまるきり別物の
中国産の偽仏教。

そんなもの(偽仏教)で戦没者を慰霊することの方が
日本の本当の伝統ではない。


656 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:21:21.03 ID:N+lTGgyt
江戸時代産の仏教がニセ仏教なら明治時代産の靖国国家神道もニセ神道ってことでヨロ

657 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:24:33.00 ID:RTYDxrl+
>>656
朝鮮人が持ち込んだ中国製の偽仏教よりは
日本古来の神道形式を取り戻した
靖国神社の方が戦没者慰霊には相応しい。
共産国家が好む無宗教は論外。

658 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:24:39.69 ID:vRfXhjTi
>>655
>中国産
伝来当初の仏教は護国安寧だからね

>仏教によって死者を慰霊するという行為
鎌倉期以降、仏教では死者は仏になるから
それを慰霊と捉えるのは少し違うと思うよ

659 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:27:50.36 ID:RTYDxrl+
>>658
仏教は輪廻の苦痛を逃れるための
修行をする行為で、それが本物の仏教。
オウム真理教が最も本物に近い。
死者の慰霊なんかする為のものだはない。

660 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:28:47.83 ID:N+lTGgyt
>>657
アフォw戦没者慰霊は無宗教に決まっている。慰霊に宗教など必要ない。ましてカルト国家神道など
もってのほか。ドアホ

661 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:29:19.74 ID:vRfXhjTi
>>658
仏教伝来以降すでに千年以上の歴史があるからね
古来の神道形式などと言うなら
道教や儒教といった中国伝来の儀式様式を取り入れて作られた神道儀式が確立した以前のものに
還らないと筋が通らないよね


662 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:33:08.94 ID:RTYDxrl+
>>660
死者の魂が帰ってきたとして
無機質なコンクリートで固められた無宗教の
追悼施設を喜ぶだろうか?
昔ながらの懐かしい日本の神社の方が
戦没者も喜ぶに決まってるだろが。

663 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:33:27.60 ID:6Ej3vKGn
>日本古来の神道形式を取り戻した
ですから、靖国に該当するような古来の神道形式はないですよ。

664 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:34:52.00 ID:PYhwrcgv
そうか?

ここはカルト教のスレか。

665 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:35:05.08 ID:vRfXhjTi
>>659
大乗仏教は中国発祥ではないよね

仏教において死者は仏になる、霊になって彷徨ったりはしない
慰霊というとらえ方は少し違うよね

666 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:37:30.28 ID:RTYDxrl+
>>664
お盆の各地の行事を
おまえはカルトと言うのか?
それじゃおまえは日本人ではないな。

667 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:38:27.18 ID:6Ej3vKGn
上で誰かが書いたように靖国のような
戦没者を顕彰の対象にする文化は
近代の国家総力戦の時代に入ってから成立した新興勢力。

日本古来の神道形式はないですから。
それに相当するような文化も伝道ありませんよ。

668 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:39:10.81 ID:N+lTGgyt
>>662
戦没者の魂が帰るところはそれぞれの故郷であって騙して徴用した挙句補給もせずに
見殺しにした陸海軍の御用神社ではない。戦争遂行の道具でしかなかった靖国の
思い上がりはいい加減にしろ

669 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:40:15.84 ID:RTYDxrl+
>>667
無宗教の慰霊も日本の伝統ではないし、
仏教形式は中国産で江戸幕府の強制。

だったら神道しか残らないじゃないか?
戦没者慰霊なんか何もやるなと言うのか?

670 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/13(土) 15:42:28.08 ID:b6S9rzF/
>>656
 抑、國家~道なる物が本當に存在してゐたのかと云へば、論者によつて異なつてゐる。

皇室~道と~社~道とが融合せし「國ヘ」的地位にあつた~道――
近代日本國家のイデオロギー的基礎となつた宗ヘなどと捉へられる――
軍國主義や超國家主義に基くイデオロギーや、文部省管轄であつた公立學校でのヘ育敕語の奉讀及御眞影への拜禮、
愛國心ヘ育などを複合「近代天皇制イデオロギー」及其「裝置」など――

 餘りにも實態を無視した論説で笑える。

671 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:43:32.52 ID:PYhwrcgv
>>666
お前「オウム真理教」だろ!

カルトとは「オウム真理教・神道」のこと云うんだよ。
分かったか「カルト教」共。

672 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:43:51.07 ID:6Ej3vKGn
>>669
>だったら神道しか残らないじゃないか?
靖国は従来の神道とは違うですよ。
これは>>616で指摘済み。

>戦没者慰霊なんか何もやるなと言うのか?
そんなことは一言も言っていません。
靖国は日本古来の神道形式はないし、
それに相当するような文化も伝統がないと言っているだけです。

673 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:52:02.43 ID:RTYDxrl+
>>672
日本の文化は自然とあらゆるもの、万物には魂が宿っているとする考えの
多神教。
何でも祀るのだから戦没者を祀っても間違いではないだろ。

674 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 15:53:55.59 ID:6Ej3vKGn
>>673
ですから、間違いとか正しいとか
〇か×かの立場で論じているわけじゃありません。

単に、明治よりも前にそうした伝統も文化もないという事実を
指摘しているだけですから。


675 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 16:02:20.83 ID:6Ej3vKGn
基本的に敵味方を区別せず、かつ鎮霊型を中心とする
神道の中でも、

靖国神社のように味方の兵士しか祭る対象としない型は
かなりの異彩を放っているのは間違いないだろう。

676 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 16:23:38.18 ID:FqwjEnUU
平成13年7月1日付社報「靖国」第552号付録「A級戦犯とは何だ」というパンフレットがある。
ここに興味深い記述がある。
「もちろん新たな祭神合祀にあたっての決定権は。昭和21年2月2日の『宗教法人令改正』によって一宗教法人となった靖国神社にあるわけですが、
神社創設以来『戦時または事変において戦死・戦勝死・戦病死もしくは公務殉職した軍人・軍属およびこれに準ずる者』という合祀の選考基準には変わりはなく、
戦争による公務死に該当するか否かは靖国神社が勝手に判定し得るところではありませんので、国の認定に従うのは当然の手続きでしょう」(26ページ)

いまだに一宗教法人が国の認定を期待してるのか理解できん。
政府が介入すると20条違反だろ。

677 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 16:31:16.27 ID:M1hnoEDZ
「お国のために戦って散っていった英霊」なんて美辞ならべているが実態は無責任な
軍部、政治家の奴隷同然に扱われただけ

678 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 18:04:17.91 ID:VcqnmPy7


2万人到達が見えてきたよ

1回しか投票できないので、まだの人は急いでね  目指せ、10万投票!




Kポップって聴く?   ググってアンケートに回答してね!




殺人犯がテコンドー教室やってるとマズイんですかフジテレビさん?

なぜかフジテレビだけ現場にある看板「テコンドー協会」にボカシを入れる。




679 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 18:05:42.65 ID:1PQfl+px
チキン野郎の自爆クンの歌
(水戸黄門のオープニング・ソングで)


人生自爆は必要ない

自爆の後には後悔さ

歩いてゆくんだしっかりと

史実の道を踏みしめて♪


人生知性が必要だ

くじけりゃ自爆がトンズラさ

後から自爆を指摘され

泣くのが嫌ならさあ学べ♪

680 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/13(土) 18:06:55.89 ID:b6S9rzF/
>>675
 ~道とは、『本邦に於る拐~活動』に外ならぬゆゑに、自國の兵士を祀るは奇異でも何でも無い。

681 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/13(土) 18:22:27.22 ID:bZe65R2b
無責任な日共や創価カルト、左翼セクト、支那、朝鮮の指導部のお陰で人生失敗した人間だらけw

なんだ、靖国神社攻撃しているのは無責任な馬鹿連中しかいないじゃないかwww

682 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 18:28:04.05 ID:M1hnoEDZ
開戦は天皇の聖断ということにしてやりたい放題の東條くらい無責任なやつはいないw

683 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 19:11:44.24 ID:AeWJgD90
>>675
建立目的がそれだから問題無いが。将門神社も将門を祀る為だ。東郷神社も東郷平八郎を祀るためのものだ。

684 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 19:23:08.05 ID:H/k1QvL0
>>675
異彩を放っているのはオメーの頭。
日本の兵士を祀る神社に何で
敵国の兵士を祀るんだ?
だいたい、そんなもん敵国の兵士なんか
情報も無いだろがボケが

685 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 19:40:28.50 ID:6Ej3vKGn
>>684
>異彩を放っているのはオメーの頭。

お褒め預かり光栄であります(笑)

異彩を放っていないと仰るのであれば、
靖国神社以外で、敵味方を分別し
兵士しか祭らない神社があれば、ご紹介して下さい。

686 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 19:47:59.66 ID:6Ej3vKGn
ないですよね?(笑)
おそらく日本中の神社を調べても、靖国神社に近い神社は
ほかにありません。

靖国のような
戦没者を顕彰の対象にする文化は
近代の国家総力戦の時代に入ってから成立したもので、
少なくとも明治時代よりも前に、そうした概念(国民国家)がなかった訳ですから、

長い日本の伝統や文化から探しても、該当する宗派を見つけることは
不可能でしょう。

ゆえに、靖国神社はかなりの異彩を放っているのは仕方が無い事ですからね。

687 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 19:48:26.22 ID:H/k1QvL0
>>685
意味の無いくだらん質問すんなボケが
戦死した兵士を祭るために創った神社だから
戦死した兵士を祭っているんだろ。
それの何かおかしいのか?

688 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 19:51:02.06 ID:6Ej3vKGn
>>687
上で書いたように、私は靖国神社に対して
「おかしい」とか、「間違い」とは一言も言っていませんよ。

あくまで、靖国神社は近代の概念で成立した新興勢力で
日本古来の文化ではないという事実を言っているだけですよ。

689 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 19:53:21.53 ID:H/k1QvL0
>>688
無宗教で追悼する方が異常だろ。
そんな文化は日本に無かった。

690 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 19:55:27.03 ID:6Ej3vKGn
>>689
いや、無宗教云々の話じゃないですけどね。

691 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 19:57:21.72 ID:H/k1QvL0
>>690
それで結論として何が言いたいんだ?
ひやかしだけで結論が無いじゃないか
おまえの書き込みは。

692 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 19:59:32.88 ID:6Ej3vKGn
>>691
結論ならすでに何でも書いたよ?

あくまで、靖国神社は近代の概念で成立した新興勢力で
日本古来の文化ではないの一点だけだよ。

君ら靖国信者をこれを侮辱と捉え、私への無意味な中傷を繰り返すから
話がここまでこじれているだけですから。

693 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:04:30.55 ID:H/k1QvL0
>>692
神社は戦死した兵士の魂を祭る神聖な場で
「勢力」などと言うものではない。

おまえのように戦後左翼こそが
新興勢力だろ。
戦前は全てが悪で、民主主義を神のごとく信仰し
憲法を聖書のごとく崇め奉る
まるきりカルトじゃないか。おまえらが。

694 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:05:41.53 ID:6Ej3vKGn
靖国のような
戦没者を顕彰の対象にする文化は
近代の国家総力戦の時代に入ってから成立したもの。

少なくともここ日本明治時代よりも前に、
そうした概念(国民や国家のために)がなかった訳ですから、成立しようがない。

これは侮辱でもなんでもなく、単なる事実ですからね。

それに加えて、私は再三にわたって、この事実を間違いとか正しいとか
〇か×かの立場で論じているわけじゃありませんっと繰り返しているにも関わらず、

日本古来ものではないという事実に対して
靖国信者は相当気に食わないようですね。


695 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/13(土) 20:12:45.45 ID:b6S9rzF/
>>692
 國~社、昔の招魂社設立に尤も情熱を傾けし人は木戸孝允其の人なるは有名な話。

696 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:19:14.47 ID:6Ej3vKGn
>神社は戦死した兵士の魂を祭る神聖な場で
>「勢力」などと言うものではない。
現在の靖国は単なる一宗教法人にしか過ぎません。
「勢力」という言葉が気に食わないのであれば、
別の表現を使いますが、残念ながら、私の中では靖国は
単なる一宗教法人でしかなく、それ以上でもそれ以下でもないですよ。

>戦前は全てが悪で、民主主義を神のごとく信仰し
>憲法を聖書のごとく崇め奉る
いやいや、戦前は悪だと思っているが、「全て」までは思っていませんよ(笑)
憲法を聖書とまで崇め奉るした覚えも無いがな。

まあ、仕事柄上遵守はしないといけないんでね。
一応これでも税金で食っているわけですから。




697 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:29:04.27 ID:aK/+SNdl
>>696
国家の戦争で命を落とした兵士を祀る場が
「単なる一宗教法人」なわけないな。

国家が戦争を発動して国家が戦没者を祀ったのに
国家は無責任にも、その大切な戦没者の慰霊と顕彰という
責務を放棄し、靖国神社にその重要な責務を
無責任にも丸投げした。



698 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:34:18.27 ID:aK/+SNdl
戦死した兵士の志は大切に尊重し
それを後世に伝えるのは国民の責務であり
本来は、国がその責務の多くを負担すべきで
他国でもそんなの常識。
しかし日本は国家として、何もやっていない。

699 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:35:55.28 ID:6Ej3vKGn
>>697
すでにその役目は千鳥ケ淵戦没者墓苑で十分果たしている以上、
靖国だけがその役目を背負う時代はとっくに終わっている。

天皇陛下も今では靖国神社ではなく、千鳥ケ淵戦没者墓苑に参拝しているしね。

700 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:37:52.56 ID:FqwjEnUU
靖国神社の決めたことに、政府が介入すると、憲法20条の政教分離に違反することになる。
靖国神社は社報の記事を読んだりすると政府の介入を期待しているようだがな。

701 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:41:50.23 ID:aK/+SNdl
>>699
千鳥ケ淵戦没者墓は国民から無視され
あんなところを戦没者慰霊で訪れる一般の国民は
一人もいないだろ。


702 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:43:20.13 ID:RKiEf/Lx
陸海軍の御用神社から一介の宗教法人になった時点で靖国の時代は終わったんだよ。時代が認識
できないのは認知症

703 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:45:12.73 ID:RN63eX0W
>>701
TV局が宣伝すれば、皆行く。

704 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:45:50.83 ID:aK/+SNdl
千鳥ケ淵戦没者墓苑は、単なる身元不明人の
遺骨埋葬施設だと認識され
国民から戦没者を追悼する施設だとの認識は
全く得る事が出来なかった。

あんなものは戦没者慰霊施設ではない。
国民からそのように烙印を既に押されているのだから。

705 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:49:29.85 ID:aK/+SNdl
>>702
終わってるのはおまえら戦後左翼の
平和ボケ思想。

日本人は侵略戦争をしました
なんて自ら宣伝して土下座外交の時代はもう終わった。
特亜のバカ国家の言いなりなんか
真っ平御免。
もはやそういう時代だよ。

706 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:51:18.25 ID:WlC5v2M3
>>702
特別な法人格を持っただけの事でその時点で終わってるならその前からとっくに終わってる。
形式の問題ではない。

707 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:52:40.81 ID:jcmR897M

警視庁「空襲カメラマン」 東京の記憶 戦後65年
(2010年5月10日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/feature/tokyo231267978517282_02/news/20100510-OYT8T00096.htm



708 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:54:35.23 ID:WlC5v2M3
>>705
平和ボケ右翼が街宣車で同性愛を語ってる間に国土は取り戻せずどんどん奪われたのが事実。
生き恥をさらしながらいまだに活動をしているのが不思議なぐらい。

709 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 20:58:24.20 ID:RKiEf/Lx
>>705
バーカなおまえには難しいか。侵略はあの時代には罪ではない。罪が問われるのは
列強間の侵略だけだ。だがな、日本陸軍はバーカが嵩じて一撃を食わせりゃ蒋介石は
降参するだろうと勝手な思い込みでどんどん戦線を拡大して収拾がつかなくなったら今度は
アメリカが悪いと言い出して中国、米英の二股全面戦争をおっぱじめやがった。
天皇の聖断だという事にして陸軍の責任をつくろうために国民を徴兵しては殺して「お国のために
死んだ」と靖国に参拝することで死んだことの正当化と戦意高揚の一石二鳥を目論んだわけだ

710 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 21:04:31.77 ID:WlC5v2M3
>>709
馬鹿がそれ以前に祭られてる人間の説明がまったくできてないだろうが。
戦略的なものなんか日本にはなかったことがハーバードビジネスレビューに特集されてる。
本気でオカルトに走ってたんだよ。

711 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 21:13:54.29 ID:4Lqp59XT
つーか、あの戦争を自衛だの解放だのと言ってる右翼こそ、お花畑だろw
最低限、侵略の意図があったことと、判断が甘かったことぐらいはみとめんと
右翼が馬鹿って図式は変わらんぞw

自衛の為に中国で戦争するか? ハルノート突きつけられたとたんに解放戦争か?
お前ら、嘘でもいいから、もうちょっとマシな言い訳しろとw
同じお花畑でも、まだ憲法9条の方が夢があっていいや。

712 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 21:22:28.14 ID:RKiEf/Lx
「靖国に祀る」ことがアフォな戦争をおっぱじめた軍部の責任を隠す手段だった

713 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 21:28:03.77 ID:RKiEf/Lx
アフォな戦争をおっぱじめておいて国民を徴兵し補給なしで戦地に送り精神主義一辺倒で
戦陣訓で玉砕を強制して殺しては靖国に祀るというとんでもないマッチポンプをやっていたわけだ

714 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 21:32:42.49 ID:OGoASF3v
>侵略戦争

本能寺の変:イエズス会陰謀説を斬る!
2010年02月06日
http://blog.goo.ne.jp/akechikenzaburotekisekai/e/cdc4d059c40738b5ad1245884921a5a1
2010年02月07日
http://blog.goo.ne.jp/akechikenzaburotekisekai/e/85f9dd186cbe90b8cb2fed584eac4cb7
2010年02月09日
http://blog.goo.ne.jp/akechikenzaburotekisekai/e/75a92f43fa0c381accc2eca6b1f203ff


715 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 21:54:47.51 ID:ASO9SnLQ
日本国はペリーの艦隊が来た後で明治維新になるわけだが、あのときには富国強兵をスローガンにした。
そして維新の役、わずかな年月の間、日露戦争に至るまでに、たしかに強い軍隊をつくったと思う。
両方一度にはできないから、富国の方は犠牲にして打って一丸となり、まず強兵に成功した。
ロシアとの戦いに勝った。少なくとも戦場では勝った。
戦場で勝って、戦争には勝たなかったかもしれないけれど、とにかく強兵は成功したといえる。
そこで自信ができた。自信ができると日本国では必ず自信過剰になる。ちょうどいい加減の自信を持つのは難しい。
自信を持ち出したら、むやみに自信が膨張する。それはやや病的に、誇大妄想的になる。
無敵海軍、無敵陸軍と唱え皇軍の行くところ敵なしとなる。
だんだん話が大きくなって、朝鮮半島を併合し、更に第一次大戦を利用しながらシベリアに出兵して、やがて満州国を創った。
それからが中国侵略の過程となる。上海から南京へ戦争を全中国に拡大した。
しかしどうしても中国側の抵抗をコントロールすることはできなくて、らちがあかないから、やけっぱちで英米と戦争しようということになった。
ペリー艦隊が来たときから日露戦争まで、驚くべき能力を日本は発揮したと思う。
江戸時代の非工業国から出発して、とにかくヨーロッパの大国の軍隊を抑えたのだから。これは本当に信ずべからざるほどの成功だった。
しかしその後は信ずべからざるほどの誇大妄想に陥り、1945年に自滅した。
45年以降は、それまで強兵だった目標を富国に切り換えた。そして60年代に大成功した。しかし大成功するとまた、気が大きくなる。皆が浮かれだした。
21世紀の太平洋はアメリカの時代ではなくて日本の時代になるだろう、などと途方もないことを新聞や雑誌に書きだした。
それは無敵皇軍と全く同じである。ほとんど病的な幻想である。はたしてバブルがはじけると会社がつぶれはじめた。
努力、成功、自信過剰、誇大妄想、自滅のパターンを一貫して繰り返しているのが日本である。

716 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:02:42.62 ID:ASO9SnLQ
  ↑
IDが変わることってあるんだな。
自宅の同じパソコンで書き込んでるのに。
ID:FqwjEnUU(12)で今度は(13)になると思ったら、ID:ASO9SnLQだってさ。

717 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:14:51.93 ID:x4FgPfz6
であれだね、返還前の香港の映画は

ROYAL HONG KONG POLICE HEADQUARTERS
       皇家香港警察総部


なんて出てきて、アジアに英国王家の影響力メキメキだったようだけど、香港返還された。
ジャッキーチェンはこういう映画に出演しながら自然と政治に詳しくなったんだろうね。
最後の画面上の説明なんかちょっとヤバいよあれ。
「実際に起こった事件をモチーフにした映画ですが、この事件自体は警察の記録の上ではないことになっています。」かよコワイネ!


718 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:22:40.50 ID:ZXUCZr5K
戦前の日本が一貫して靖国右翼の思想まんまの社会だったわけではない。
大正デモクラシーと呼ばれる自由主義が花開いた時代が確かにあった。
面白いのは靖国右翼が誇る戦果はこの時代に集中していること。
日本が坂道を転げ落ちるように敗戦に追い込まれていく過程は、
天皇機関説事件によって思想が弾圧され、新聞統廃合による情報統制がされ、
大正デモクラシーの芽が摘み取られていく過程とまさに一致する。

719 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:31:36.77 ID:xsueeZa5
大東亜?あれは単なる自衛解放戦争に過ぎんよ

720 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:32:52.04 ID:WlC5v2M3
>>715>>718
二人とも近代を中心に考えてるが、日本の戦略性のなさの根っこは戦国時代以前に遡るんだよ。
根本的にだらしない民族で、惰性で進んだ結果生まれたのが靖国ってだけの話で、
あと講釈で色々付け加えられては居るけど、結局は幼稚なシャーマニズムと
右翼左翼などの二極対立の構造までしか想定できない単純な思考しか持たない
国民性の問題なんだよ。

721 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:34:35.01 ID:xsueeZa5
>>718
それもロシア革命でマルクスが流行って終わったな
常に害をなすのは左翼というわけか

722 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:35:45.09 ID:WlC5v2M3
やーやー我こそは
なんてお馬鹿な話は聞いたことがあるだろ。

723 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:39:47.91 ID:RKiEf/Lx
バーカが。日清日露は戦略的国家運営そのものだ。大日本帝国憲法の欠陥と増長した陸軍の
相乗効果でアフォな戦争をおっぱじめただけのことだ

724 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:44:06.21 ID:xsueeZa5
大日本帝国憲法の欠陥などというが
ではなぜ逆にフランスはナチスにまるで相手にならず占領されたの
ナチスのほうがフランスより欠陥なき体制だったとの事か

725 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:44:44.21 ID:ac6p0otH
>>715 

>しかしどうしても中国側の抵抗をコントロールすることはできなくて、
>らちがあかないから、やけっぱちで英米と戦争しようということになった。

日中戦争時における日本の戦略は、満州及び中国を親日的に安定化させて、
西欧諸国と対等に向け合えるだけの国力を充実させることにあった。
その為には、特にアメリカとの経済関係は不可欠で、中立法によって経済関係が途絶えないように、
軍部の反対を押し切って、対中戦にしても正式は宣戦布告をしないほどだった。

一方のアメリカも中立法の適用には躊躇する立場だった。
その理由と挙げられるのは、イギリスが中国から手を引くことによって、
ドイツ同様に日本に宥和的姿勢を見せるようになったことで、
米中関係の二国関係は、むしろ重要になったことで、中立法が適用されることによって、
経済関係が途絶えることに危惧していたことにある。こうした考えは中国側に見られた。
このように日米中、戦争当事国が暗に宣戦布告が無いままの武力紛争を黙認したまま、
漠然とした形で戦線が拡大することになった。

そうした状況の中で、ドイツがソ連進攻によって圧倒し、関東軍も関東軍特種演習によって、
対ソ戦の素振りをむせるようになった。
アメリカにとって、ソ連が連合国が脱落することを危惧したアメリカは、
日本に対する圧力として、資産凍結や石油禁輸の処置を取ることになった。







726 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:45:26.59 ID:ac6p0otH
>>725 続き

既に多大な犠牲を日中戦線で出していた日本は政治的なパニックに陥り、
国内的に統一的な政策を打ち出す事が困難になった。
こうした状況の中で、近衛首相はルーズベル大統領との直接会談によって、
満州から撤退含めた大幅譲歩を条件に、制裁装置の解除を訴えるつもりだったが、
アメリカが日本国内でのコンセンサス不在を理由に会談拒否。
その反動によって、国内世論を含めて、日本は日米戦に一気に傾くことになったり、
現実主義的な立場から、慎重だった上部指導層を冒険主義的な戦争によって、
状況の打開を図ることになった。

つまり、日本は日中戦争の泥沼から目を背けるために、日米戦争をはじめたのではなく、
アメリカが行ったソ連を擁護する為に行った、制裁に我慢ができないことで戦争に突入することになったのです。



727 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:47:09.44 ID:ac6p0otH
>>726 訂正

× 現実主義的な立場から、慎重だった上部指導層を冒険主義的な戦争によって、
   状況の打開を図ることになった。

○ 現実主義的な立場から、慎重だった上部指導層を下部構造が飲み込む形で、
   冒険主義的な戦争によって、状況の打開を図ることになった。


728 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:47:43.39 ID:xsueeZa5
病的な幻想、自信過剰、誇大妄想はむしろ日本軍より亜米利加のルーズベルトだよね
むしろそれに追い詰められ負けたという正史

729 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:50:07.65 ID:RKiEf/Lx
石油の8割を米英に依存していた日本が我慢ができないから戦争に突入したとかwバカかよ

730 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:50:43.87 ID:xsueeZa5
>>720
日本よりキリスト教やイスラムが強く
二極化の二大政党してる外国はさらに幼稚でそれ以下というわけか

731 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:53:00.21 ID:ac6p0otH
>>729

上部指導層を飲み込むことになった、下部構造を構成する大衆のような存在は、
革命や反乱がそうであるように、現実主義的な観点から拳を振り回すことが多々存在する。

732 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:53:11.05 ID:WlC5v2M3
>>723
馬鹿か言うは易しのこの世界で、所詮は全部偶々上手く言ったごり押しの行動を
あとからアレは戦略だったんだとつまらない自慢話をしただけのこと。
史実を見れば単なる国家による生贄の儀式だ。

733 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:53:42.57 ID:ac6p0otH
×現実主義的な観点から拳を振り回すことが多々存在する。
○現実主義的な観点無しに、拳を振り回すことが多々存在する。

734 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:55:04.47 ID:ZXUCZr5K
>>724
優れた憲法があっても鉄砲で戦車に勝てるわけじゃない
しかし自ら進んで鉄砲で戦車に挑む愚はおかさないだろう

735 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:55:22.61 ID:WlC5v2M3
>>733
これも馬鹿だな。
長々と書かずに単に戦略がないといえばいいだけ。

736 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 22:58:21.77 ID:WlC5v2M3
>>734
要するにこの国は国民自体が幼いんだよ。

737 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:01:55.61 ID:WlC5v2M3
結論から言うと靖国の背景は日本のお幼稚さ。

738 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:03:53.13 ID:xsueeZa5
>>736
危険な左翼思考だね
一神教原理で世俗を見下す幼稚な思考によくある

739 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:08:40.25 ID:ac6p0otH
>>732

ルーズベルトの外交姿勢としては、十分な根回しをして会談に望むというよりは、
トップ同士の話し合いで決まった事を、後から落とし込むスタイルだった。

要するに近衛首相の外交スタイルも理解できる立場だったはずが、
会談を拒否した理由は、アメリカでもルーズベルトが、伝統的に孤立主義だった世論を変えて、
ドイツに対する戦争を望んでいたからであるとする見方がさせる場合が多いね。


740 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:09:18.63 ID:ASO9SnLQ
>>726
日中戦争時に日本政府がいっていたことは、侵略じゃない、日中平和のための戦争をしているんだといっていた。
それならば、中国の人民が日本軍に反対したらおかしいだろ。
反対するはずがないわけだけれど、現実には強い反対がある。
この矛盾を日本政府はどのように説明するか。そこで、逃げ道が第三国になる。
英米が悪い。中国の反日運動を援助するから悪いんだ。英米が使嗾するから悪いんだというわけ。
だから、ビルマルートなどをたたいて、英米の中国に対する援助を断ちきるのだ、そうすれば中国は本当は日本が好きなんだから、
反日もなくなるはずだ。こういうわけ。
事実、そのようなことを何度もいったし、何度も実行している。
中国側の抵抗をコントロールすることはできなくて、らちがあかないから、やけっぱちで英米と戦争しようということになったと書いたのは、
以上のような俺の理解があるため。

741 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:15:11.59 ID:ac6p0otH

>>740

日中戦争時における中国に対する表向きの姿勢は、アジアが団結することによって、欧米の帝国主義に対抗しようといったアジア主義のようなもの。
一方で、中国はアジアといった単位ではなく、国単位でのナショナリズムが台頭し、欧米列強に近づくことになった。
つまり、中国と日本におけるイデオロギーの対立は、愛国的ナショナリズムvsアジア主義の争い。



742 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:19:20.14 ID:ac6p0otH

ちなみに石原がそうであったように、日本の戦略を考えるときに、何れは日米決戦の思想があったのは事実。
但し、当の石原自身が、日中戦争時には、まだそのようなタイミングに無い事を自覚していた。
日米戦争に突入した背景には、こうした表象になかったものが、基底から急に湧き出すことになった事は否定しませんよ。


743 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:19:54.59 ID:txQUSrY3
ま、なんだっていいんだよ
そもそも神社なんてのはおキツネ様だのお山だの
地元の人の思い入れとかなんか過去の事情とかで色んなのがあるんだから
信者の人なり氏子なり好きにやればいいんだよ。泥に飛び込んだり、火振り回したり
色々あるでしょ?自由だよ
ただ宗教法人です、自由です といってやるなら
国民の代表である総理に来いの来るなの言うなってーの

しかしまぁ、組織化されたプロ遺族会と官僚と宗教法人てネトウヨが一番嫌いなヤツじゃねーのw

744 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:21:59.04 ID:txQUSrY3
軍服がチラついてりゃ何でもマンセーってなんだかホモ臭いねw

745 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:30:25.54 ID:RKiEf/Lx
>何れは日米決戦の思想があったのは事実

だからなあ、それが馬鹿げている。アメリカの仲裁で日露戦争を日本勝利のカタチで終結できた
ことで日本は列強の仲間入りができた。その後もアメリカは石油を筆頭に工業に必要な資源を
日本に供給して日本を支えた。満州支配に文句は言っても日本への物資輸出は続けたし日本からの
綿製品や絹糸輸入もしてくれた。むしろアメリカは日本の同盟国として付き合うべき相手だったわけだ

746 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:35:45.75 ID:xsueeZa5
宗教どうたらはまずキリスト教とイスラム教批判してきて
世俗の必要性から生まれた国家否定の左翼思想も宗教なんだからまず捨てないと

747 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:39:43.75 ID:RKiEf/Lx
大日本帝国憲法が廃止されて一介の宗教法人になった戦争小道具だった靖国は一介の宗教法人としてチーンとしてろってことさ

748 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:50:16.10 ID:3Uu/kvCO
共産主義が失敗して一介の宗教思想になった独裁小道具だった左翼は一介の宗教人としてチーンとしてろってこと?

749 :名無しさん@3周年:2011/08/13(土) 23:51:49.52 ID:W4fTYyoT
結局右翼左翼はいったい誰の利益を保障しようとしてんだ?ハザール人か?

750 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 00:03:51.04 ID:k0TW5dxS
資本論をバイブルとして世界に広まった共産主義もカルトだろ。なんとか学会とかなんとか科学なんてのと
おなじに見えるけど。特に日本の左翼各宗派は宗教自体を否定して布教活動しているし、大航海時代の
キリスト教徒と同じ構図。

751 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 00:06:26.06 ID:IZEcMbNc
>>747
在日の分際が日本に口出しするの?

752 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 00:21:02.93 ID:oVijW60l
日本人の利益を保障しようとするとそれらのような言動になるのか、
ほんとうにそういうもんなんだろうか、
何か別の第三者の利益を保障しようとしているのか、別の第三者の利益が含まれているのか

753 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 00:32:53.56 ID:M8AtUaK6
靖国否定=共産主義とか頭が悪過ぎて話にならんねw
高校生の家庭教師をしたら小学生のドリルも満足に出来ない馬鹿だったようなもん
つまり靖国信者は手遅れだw

754 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 00:45:18.78 ID:k0TW5dxS
反靖国サヨはいつも書くことが同じ。手遅れだなwww

755 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 00:45:35.06 ID:VtMrPZ2j
>>738
それで返せたと思ってることも幼稚だ。
おそらく俺を仮想敵に見立てて二極対立構造を作り出したかったようだが、
既にその構造は成り立たないぐらいに全部に対してレスを行っている。


756 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 00:47:45.23 ID:VtMrPZ2j
そしてこの先恐らくは仮想敵として俺をチョン呼ばわりして攻撃し始めることも容易に想像できるが、
あいにく日本人だ。

757 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 00:49:52.01 ID:ENt8FcOX
>>548
特高刑事としてノルマを達成するには、成績を上げるには、どんな嫌疑でもかけられるのが集まっている場所があるので、
そこの人間をてきとーにしょっ引けばノルマ達成、という主旨の証言もしてた。
終戦の日に東京の内務省警保局が「戦争に関係のある書類は全部焼け」という全国通達をしたってさ。
全国の役所への通達だったそうだが自分は特高課の300点くらいの書類を保存することにしたってさ。



758 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 00:58:38.54 ID:wWJBem6J
>>757
NHK ラジオ第1
8月8日(月) 午前1時台

〔戦争インタビュー]
特高の罪を伝える証言者
元・特高警察官 井形正寿

759 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 01:23:57.36 ID:4VSGU8HI
1930年代になると、治安維持法で予防拘禁というのができるようになる。
ふつう警察が人を捕まえるときには、何か悪いことをしたということで、隣の家から鶏を盗んだとか、そういうことで捕まえる。
盗むかもしれないというのでは捕まえられない。
しかし、治安維持法と特高警察は例外で、いかにも盗みそうな面構えで道を歩いていると捕まえられる。
いかにも盗みそうな顔つきか、平和な顔つきか、誰が判断するのか、それは特高警察だ。
逮捕状なしで、特高警察が歩いていて、向こうから来る男が何となく悪いことをしそうな気配が濃厚なら捕まえる。そして弁護士なしで留置場に入れる。
裁判なしで留置場にそんなに長く置いておくことはできない。2か月なら2か月と決まっているので、
予防拘禁法によって拘禁して、2か月たつと警察の留置場の前の往来に出す。
そして出たと思ったらすぐ捕まえる。そうすればまた2か月拘留しておける。
2か月たったら釈放して、一歩歩いたらすぐ捕まえる。そうすれば裁判がなくても永久に拘禁できる。
最悪の場合には留置場の中で死んでしまう。法律というのはそういう使い方がある。
小林多喜二はこの治安維持法で逮捕され、殺害されている。

760 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 02:07:52.70 ID:3ZC2B46H
日本国憲法は人身の自由に関する規定を詳細に置いている。
大日本帝国憲法賛美の人は日本国憲法のこのような規定まで否定するのか?

そういえば最近面白い事件があった。
FDを改竄した前田被告人の上司の佐賀元明という検察官は、
取調べの録音・録画を求める村木さんに
「それは出来ない。そんなことをやっていては犯人を逮捕出来ない。」
と言っていたそうだ。
ところが証拠隠滅に関与した疑いで自分が逮捕されると、
「国策捜査だ!!こんな取調べはおかしい!!取り調べを録音・録画してくれ!!」
と弁護士に求めたと言うw

761 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 02:30:56.95 ID:lMxGxqWu
特攻の精神を否定する奴は左翼だろうな。
ああ言う自分の保身を図らず他人に尽くす人間がいればいるほど
その国は強くなるんじゃないか

762 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 08:14:12.95 ID:jLd1gLZq
慰霊と戦争責任の追及はまったく別の問題だ。
それを故意に混同するのはまさに死者への冒涜行為と言わざるを得ない。
http://deepwhitepigment.myartsonline.com/ymh.html



763 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 09:41:24.17 ID:ECPUx6JE
ここでギャーギャー言ってるキモヲタニートウヨ共は、明日は靖国じゃなくてコミケに行くんだろ?w


デブッデブッドシ〜ン(エスカレータに乗る音)、デブッデブッドシ〜ン

/ ̄ ̄ ̄ ̄\(_/ ̄ ̄ ̄ ̄\  ド  フーッ、フーッ、○○タンハァハァ
 人____)  人____)    ド ・
/  ー◎-◎-)ミ/  ー◎-◎-)      ド
6     (_/ ̄ ̄ ̄ ̄\ (_/ ̄ ̄ ̄ ̄\  ド
 ∴ ノ (  人____)  人____)    ド  エロフィギュア〜 エロ漫画〜
\____|ミ/  ー◎-◎-)ミ/  ー◎-◎-)      ド
  ||    (6     (_/ ̄ ̄ ̄ ̄\ (_/ ̄ ̄ ̄ ̄\  ド
 |  _| ∴ ノ (  人____)  人____)   ド
\  (__/\___|ミ/  ー◎-◎-)ミ/  ー◎-◎-)      ド
\\ (   ||    (6     (_/ ̄ ̄ ̄ ̄\ (_/ ̄ ̄ ̄ ̄\  ド 萌え萌え萌え〜!!!ハァハァハァ!!!
  \\| |  _| ∴ ノ (  人____)  人____)   ド
エ  \\_|_(__/\___|ミ/  ー◎-◎-)ミ/  ー◎-◎-)     ド
 ス  \\)ミ/ (   ||    (6     (_/ ̄ ̄ ̄ ̄\ (_/ ̄ ̄ ̄ ̄\   ド
   カ.  \\_| |  _| ∴ ノ (  人____)  人____)   ド
    レ  \\ |__|_(__/\___|ミ/  ー◎-◎-)ミ/  ー◎-◎-)    ド
\    \  \\_)ミ/ (   ||    (6    (_/ ̄ ̄ ̄ ̄\ (_/ ̄ ̄ ̄ ̄\ ド
  \    タ   \\___| |  _| ∴ ノ (  人____)  人____) ド
   \    \   \\  |__|_(__/\___|ミ/  ー◎-◎-)ミ/  ー◎-◎-)  ド

764 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/14(日) 10:03:10.55 ID:KHbnJo5z
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110814/plc11081402470001-n1.htm
>第3次近衛文麿内閣の一員だった東条英機陸相(のち首相)は日露戦争の勝利を引き合いに「意外裡
>(いがいり)の要素を考慮していない」と一蹴した。見たくない現実から目をそむけただけだ。

さすがの産経の人も、実際は、東條ら陸軍首脳が総力戦研究会の結果を取り入れて、終末攻勢点を作っ
ていたことを知らないらしい。

765 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/14(日) 10:07:13.01 ID:KHbnJo5z
陸軍の方針通りなら、昭和18年に大陸打通作戦もインパール作戦もできたし、それで連合国との勝利の
講和も可能だった。
すべては、民主党のように大言壮語し、戦犯にもならなかった連合艦隊山本五十六閣下の無計画な積極
策で駄目になっただけ。
山本閣下は性格は良かったらしいが、広島に籠って総力戦研究会のことも知らなかったようだ。

意味の無い、反靖国連中は相手にする気が全く起きない。
ま、靖国を冒涜したことが全て、反靖国連中の身の上に起こるだけだしwww

766 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 10:10:52.48 ID:kzzMG+wx
>>761
>特攻の精神を否定する奴は左翼だろうな。
>ああ言う自分の保身を図らず他人に尽くす人間がいればいるほど
>その国は強くなるんじゃないか

特攻を行ってる時点って、勝負は既についてるじゃないか。
「頑張りましたけど、駄目でした」って言い訳してるようなもん
「特攻するぐらい頑張ったから、負けても仕方ないよね」って感じw
まあ、無意味な残業とかで頑張ってるってアピールするようなもんだw

そんな作戦で若者を殺しちゃってるんだから気狂い沙汰。
まだ、イスラムの自爆テロの方がマシ。
あれは、多くの人を殺傷する以上、自分も命を絶つという考え方
特攻何かよりも、よっぽど理解できる。


767 :海軍を支持する:2011/08/14(日) 10:12:21.81 ID:85kKQ0VG
どっちかいうと海軍はアメとの戦いは長期戦はできない。国力で負けると
主張してたんだろ。
アメと戦いたかったのは陸軍じゃないのかな?
昭和16年に日米の国力比較したら,完全に数年で負けると結論出てた。
それなのにあえて中国大陸の情勢とドイツの拡大をみて
スケベ根性おこしてアメと戦いたかったのは陸軍じゃないのか?
靖国は関係なし。

768 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 10:25:07.05 ID:kzzMG+wx
>>765
>陸軍の方針通りなら、昭和18年に大陸打通作戦もインパール作戦もできたし

侵略方針ですか?
自衛戦争って言い訳はどうなったんだよ、アホw

769 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/14(日) 10:43:40.66 ID:KHbnJo5z
大陸打通作戦で、蒋介石追っ払ったら汪兆銘政権に租界を全部返して、欧米や日本の準植民地国
という地位が終わったし、インパール作戦は元々、インド解放だから、イギリスのインド支配を
さらに早く終わらせただけだ。

ちなみに、全て戦後の嘘ばかりを信じている人には分からないことだが、実際は陸軍は支那事変も
早く終わらせたかったが、朝日新聞ご推奨の近衛文麿や米内光政が拡大路線を取り続け、陸軍が米
英刺激するからよそうよ、と言っているにも関わらず米内ら海軍の強硬論で仏印進駐が行われた。

海軍が米英との長期戦はできないと主張したというのは、戦後の真っ赤なウソ。

770 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/14(日) 10:54:25.38 ID:KHbnJo5z
海軍で、アメリカとの開戦は国力で負けると米内山本井上が主張したと言うが、海軍内部で
ウジウジ言っていたことだけは確かだが、陸軍には面子が先で全く説明無し。
元々、米英が怒り出したのは、海軍が軍縮条約から撤退し、海南島攻略を海軍主導で進めた
ため、東南アジアの欧米侵略者連中が危機感抱いて、対日攻勢を強めてしまった。
国家のために、命を捧げられた海軍軍人の英霊の皆様は、勇敢で立派な方々であったが、生
き残った海軍首脳は嘘ツキと民主党や朝日新聞みたいな責任逃れの連中ばかりw


771 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/14(日) 10:57:09.85 ID:KHbnJo5z
アメリカにしても、日米戦大勝利の貢献者である日本海軍を罰する気は起きないわなw
硫黄島や沖縄で陸上戦で最後まで米軍を苦しめた帝国陸軍が憎いからの東京裁判でしかなか
った。

あしたは、8月15日。

今の日本の礎石となられた、靖国の英霊の皆様に感謝と哀悼の誠を捧げたい。

772 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 10:59:21.78 ID:odPP42+M
【BS特集】日本と戦った日系人 GHQ通訳・苦悩の歳月 兄・母ヒロシマ被爆
http://blog.goo.ne.jp/ryuzou42/e/0ea78b1111a6604430a57d56125344b2
放送日 2006年8月14日 チャンネル BS1
http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10002200090608150030175/

■警察予備隊■

憲法九条の精神をよるがせかねない出来事だった……。
大本営の中枢にいた河辺虎四郎(元参謀次長)、服部卓四郎(元東条英機秘書官)とゲーシャパーティをするGHQ……。
警察予備隊の参謀に、旧日本軍幹部。旧日本軍幹部と密接な関係を結んだGHQ。

−−実際には、軍隊的な組織であり、訓練であり、性格であったという。


773 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 11:05:03.77 ID:03oCUwaF
>>772
>太平洋戦争のさなか、マッカーサー司令部GHQは、
>およそ6000人の日系二世を集めて特別部隊を作り、日本軍の機密情報の収集に当たらせた。
>日系軍人には守秘義務が課せられたため、父や母が生まれた国と戦った苦悩を近年まで語ることはなかった。
>その中のひとり、ハリー・フクハラさんは、母と兄が広島で被爆している。


ワシントンハイツ―GHQが東京に刻んだ戦後―
http://www.shinchosha.co.jp/book/135986/
発売日 : 2011/08/01

第十三章 諜報部員 「ニセイ・リンギスト」


774 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 11:06:56.20 ID:kzzMG+wx
>>769
汪兆銘が毛沢東に勝てる訳無いだろがw
日本軍は人を見る目が無いからなw

ついでに言うと、チャンドラ・ボースもあんまり信用できんぞ
日本が負けたら、あっさりソ連に鞍替えしようって男だから

傀儡政権なんて、そううまくいくもんじゃ無いぜ
裏切られて通州事件の二の舞がオチw

775 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 11:09:44.62 ID:mYKLM8EP
国立公文書館 アジア歴史資料センター 明石元二郎 元治元年(1864年)〜大正8年(1919年)
http://www.jacar.go.jp/nichiro/cloud_akashi.htm

日露戦争時のロシアに対する諜報活動(明石工作)で著名な陸軍軍人です。
明治34年(1901年)にフランス公使館付き武官となり、翌年ロシア公使館付きに転じ、
日露戦争が勃発すると中立国スウェーデンに移ります。

以後、この地を拠点として、ロシアの革命党と連絡をとり、資金を提供して彼らの活動を支援しました。

大正8年(1919年)に没。享年55歳。
明石元二郎に関する資料は、当アジア歴史資料センターに多数収録されています。


776 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 11:25:45.92 ID:oTW3wdnF
スライムは完全論破されるとレスしなくなります。

777 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 11:36:25.25 ID:3ZC2B46H
>>771
>今の日本の礎石となられた、靖国の英霊の皆様に感謝と哀悼の誠を捧げたい。

で、東京大空襲で勝手に死んだ英霊じゃない人には唾を吐きかけるんですね

778 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 11:55:45.17 ID:IjSoeh3T
>>775

日本人によるスパイ活動を含む勢力が帝政ロシアでロシア革命を起こす →
ソ連でその勢力ウマー → ソ連コケた → 国名がロシアに戻る。主要都市名も帝政ロシア時代の名前に戻る。


ニートでさえ到達しうる資料が世の中にあって、フローを明らかにすることはできるんだけど、
ロシア人自身が気付いていないということは考えにくい。それはロシア人の知能が日本のニート以下ということになるから。
少なくともロシアの本職は日本のニートより頭いいだろう。たぶんね。


779 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 12:45:45.45 ID:g7p8lMk5
>蒋介石追っ払ったら汪兆銘政権に租界を全部返して、欧米や日本の準植民地国
>という地位が終わったし

結局一番ひどい目に会ったのは汪精衛であって、もともと「蒋を相手にせず」
と言ってしまった近衛の失言の穴埋めに、代理役として引き出したのだという先入主が、
どうしても陸軍の脳裡にあるから、和平条約の内容をきめる両国の交渉委員の折衝に際しても、
最上の条件を汪に与える気は毛頭ない。

そういう立派な御馳走ほ蒋自身が乗り出した時の「取って置き」のものであって、
汪には勿体ないという考え方である。

これでは汪の立場も台無しである。度重なる日本陸軍の違約と冷遇に直面して、
汪は生涯の政治力をも使い果してしまった。彼は名古屋の帝大病院に入院して、
手術失敗の結果、やがて死んで行った。
犬養健『揚子江は今も流れている』より
(P313)

780 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 12:53:42.95 ID:uP03gATJ
>>774
>日本軍は人を見る目が無いからなw

見る目が無いのはアメリカだろ。
汪兆銘ならば中国が共産主義者に支配
されるような失態は無かったはず。
蒋介石を信用したアメリカは共産主義者の
の拡大を許す大失態を犯しており
日本の方が見る目があったと言える。

781 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 12:57:28.28 ID:g7p8lMk5
>汪兆銘ならば中国が共産主義者に支配
>されるような失態は無かったはず。

汪兆銘は、蒋介石が彼の建策を拒否する場合には、日本占領地域以外の区域に、
蒋介石と対抗して和平運動の根拠地をつくろうという構想をもっていたのだが、
ひそかに期待をかけていた、

かつて汪兆銘支持を表明していた軍隊さえ、一兵の参加もなかった。

(松本重治『近衛時代』(上)よりP56-P57)

蒋介石以上の不人気を誇った汪兆銘が共産主義者を
防げるとでも思っているのかい?w

782 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:03:53.97 ID:g7p8lMk5
少なくとも中国の共産主義者を助けたのは日本なんだろう?
日本が乱入しなければ、中国の共産主義者は蒋介石に
よって追い詰められていたからね。

共産主義をこれでもかというくらいに敵視していた当時の日本と
バリバリの反共主義者の蒋介石が戦争することによって、
中華民国の屋台骨が疲弊しました。

戦前の日本が鬼のごとく忌み嫌っていた共産主義勢力の伸長に日本自身が一役買ってしまったのは、
疑いもない事実ですからね



783 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:06:59.74 ID:uP03gATJ
>>781
日本の方がアメリカより遥かに
ソ連の脅威と防共の重要性を認識しており
それは日本に近い汪兆銘も同じ。
中国人はみんな共産主義者にだまされたが
汪兆銘ならそれを防げた可能性が強い。

784 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:08:13.15 ID:kzzMG+wx
>>780
日本軍のアホが蒋介石を叩いたから、八路軍が優勢になったんだろうがw
終戦後に毛沢東も、日本軍のお陰で中国統一できたと感謝してるぞw

まあ、アメリカや蒋介石より、毛沢東の方が一枚上手だったってことだ
アホな日本軍は論外w

785 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:11:02.04 ID:uP03gATJ
>>782
>少なくとも中国の共産主義者を助けたのは日本なんだろう?

東京裁判での一方的に日本が悪い
という判決と宣伝が
共産主義者を利する結果となり
それがアジアでの共産主義者の拡散を招いた。

786 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:12:10.48 ID:4VSGU8HI
1978年にA級戦犯14人を合祀した当時の松平永芳靖国神社宮司は、「合祀を思い止まるよう」
という天皇の内意が伝えられたとき、「来てもらわなくて結構だ」といったという噂がある。
真偽のほどはわからんが、結果的には松平がいったとおりになった。
松平の歴史観は、政治的に日本とアメリカその他が完全に戦闘状態をやめたのは、
サンフランシスコ講和条約を発効した昭和27年4月28日だ。
つまりこの間は国際法では日本は"戦闘状態"にあったのだと認識していた。
天皇が戦後マッカーサーと会見したことすらも、松平宮司からすれば、「戦時中にもかかわらず、敵に妥協した」としかみえない。
ひょっとすると天皇の強い怒りは、単にA級戦犯合祀について向けられたものではなく、松平宮司の歴史観に向けられていたのかもしれん。

787 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:16:21.13 ID:g7p8lMk5
>>785
関係ないだろう?
日本が乱入しなければ、中国の共産主義者は蒋介石に
よって追い詰められていたからね。
日本軍は蒋介石の戦力を奪い去り、共産主義者の
助けをしただからね。

788 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:17:53.89 ID:g7p8lMk5
>汪兆銘ならそれを防げた可能性が強い。
どういう根拠で、「汪兆銘ならそれを防げた可能性が強い」
と言っているのかい?



789 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:24:14.82 ID:uP03gATJ
>>788
当時、防共の重要性を認識できていたのは
日本だけで、その日本と親交のあった汪兆銘ならば
当然そういった情報は得ていただろうから
共産主義者の拡散を防げた可能性が強い。

790 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:26:31.41 ID:uP03gATJ
>>787
そんな話しは詭弁の言いがかり。
共産主義の拡大は、戦後になってから始まったんだろ。
東京裁判が共産主義者拡大の原因。

791 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:27:43.04 ID:g7p8lMk5
>>789
そういう重要性を認識しただけでは防げない。

民衆からの支持と戦力の裏づけが無ければ、結局やられるのは
蒋介石の実例で十分示しているよ。

792 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:29:49.70 ID:g7p8lMk5
>>790
その前に蒋介石の精鋭を潰したのは誰ですか?
それに日本の加入が無ければ、中国の共産主義は絶滅寸前まで追い込まれているし、
これらは全ては君がいう東京裁判の前で起きた事実だけど?

793 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:34:51.33 ID:uP03gATJ
>>792
戦後に満州を蒋介石に任せたのが
西側連合国側の大失態。


794 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:36:55.26 ID:3ZC2B46H
>>793
全部他人の責任かよ

795 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/14(日) 13:38:15.58 ID:HG2TBMpm
>>794
 米國は完全に敵を見誤つた。

796 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:41:30.81 ID:g7p8lMk5
>>793
その一因を作ったのは日本だよ。
毛沢東ですらこう言っている。

日本の皇軍が中国の大半を侵略しなかったら、中国人民は、団結して、
みなさんに立ち向かうことができなかったし、
中国共産党は権力を奪取しきれなかったでしょう。

われわれはなぜ、日本の皇軍に感謝しなければならないのでしょうか?
 それは、日本の皇軍がやってきて、われわれが日本の皇軍と戦ったので、
やっとまた蒋介石と合作するようになったことです。

 二万五千の軍隊は、八年戦って、一二〇万の軍隊となり、人口一億の根拠地
を持つようになりました。感謝しなくてよいと思いますか。
『毛沢東思想万歳』(下) P185〜P193

797 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:42:33.59 ID:kzzMG+wx
>>795
敵を間違えてたのは日本軍だろうがw

田母神先生は、コミンテルンに騙されて戦争やっちゃったって言ってたぞ
騙されて始めた戦争を、律儀に正当化することも無かろうw

798 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/14(日) 13:45:13.99 ID:HG2TBMpm
>>797
 騙されたと云つても、當時の日本側の對應は殆ど後手なのだから、使嗾されてゐたのは寧ろ支那であり米國だらう。

799 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:47:51.90 ID:uP03gATJ
>>796
アジア全体で共産主義のウイルスが蔓延したのは
満州の関東軍がいなくなった事が要因なのは明らかじゃないか。
戦後に満州でそれを防御できなかったのが
最大の原因。
これは日本を一方的に悪だと裁いた西側連合国の判断ミス。

800 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:51:02.74 ID:kzzMG+wx
>>798
いずれにせよ、ことが毛沢東の都合の良いように運んだことは間違いなかろうw
日本軍は、毛沢東の掌の上で踊らされてる猿だったってことだw

アホな戦争だぜ、まったく

801 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:54:24.20 ID:uP03gATJ
>>800
毛沢東にやられた日本人が猿なら
戦後に毛沢東の意のままに行動した中国人と朝鮮人は
猿以下のゴキブリになってしまう。

802 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 13:59:05.61 ID:kzzMG+wx
>>801
掌の上の猿ってのは、西遊記を元ネタにしてる喩えなんだが?
教養が無い人間は困るねえ・・・


803 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 14:01:17.12 ID:g7p8lMk5
>>799
>満州の関東軍がいなくなった事が要因なのは明らかじゃないか
ソ連軍が増強したのは、日本軍が満州に進出した為だよ。

極東ソ連軍が増強を始めたのは,満州での日本軍の軍事行動に刺激を受けたからであり,
これは1932年からです.
 この年からシベリア鉄道の複線化や国境のトーチカ陣地構築・ヴラディヴォストーク軍港
再開などが行われます(山田朗「軍備拡張の近代史」より)。

 ちなみに1931年の極東ソ連軍は,6個ライフル師団のみ.戦車なし,航空機なし,です.
 同時期の関東軍は師団2個,混成旅団2個,独立守備隊1個,独立飛行中隊3個です.
 シベリアの国土面積を考えますと,脅威と呼べるほどのものではないですね.

むしろ、満州の関東軍がいたために、
アジア全体で共産主義のウイルスが蔓延してしまったというべき。

>>801
>毛沢東にやられた日本人が猿なら
>戦後に毛沢東の意のままに行動した中国人と朝鮮人は

毛沢東は何人ですかね?あと朝鮮人は関係ないと思う。
少なくとも日本軍は毛沢東によって上手く使われたのは事実だよ。

つまり、頭の知力では

毛沢東>>>日本軍だぜ?

804 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 14:09:04.52 ID:uP03gATJ
>>803
毛沢東が軍事勢力を拡大させたのは
戦後になってからの話しで
毛沢東は東京裁判で日本が一方的に悪者として裁かれたことを
感謝しているんだろ。

毛沢東は日本軍を直接感謝しているのではなく
東京裁判の自虐史観の宣伝を感謝している。

805 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 14:11:58.83 ID:g7p8lMk5
>>804
>毛沢東が軍事勢力を拡大させたのは
>戦後になってからの話しで
いやいや、日本軍と蒋介石と戦っている間に着々と勢力を伸ばしていたよ。

本人もそう言っているじゃん。
二万五千の軍隊は、八年戦って、一二〇万の軍隊となり、人口一億の根拠地
を持つようになりました。感謝しなくてよいと思いますか。
『毛沢東思想万歳』(下) P185〜P193

戦後ではなく、戦中で勢力を拡大させたでさ。

806 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/14(日) 14:43:08.26 ID:HG2TBMpm
【2011.08.15 超人大陸】 衆議院議員稲田朋美氏、参議院議員西田昌司氏
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15305004

807 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 14:49:55.45 ID:bDio2mDZ

もっとも中国共産党が危険な状態に陥ったのは、数千人規模まで兵力が現象した1934〜36の長征の時期だろう。
よって日本が満州を把握し、関東軍が常駐した事が共産主義の拡大した切っ掛けと捉えるのはオカシイ。
こうした危機的な状況の中で、蒋介石政権と日本が対立することによって中共は救われ、戦争によって疲弊した状況の中では、
弱者には心地よく聞こえた共産主義思想が、国民党内や支配地域で浸透、日本が敗戦したのちは、
強大な勢力として再帰を果たし、内戦を通じて政権を把握した。

つまり、壊滅寸前だった中共だったが、日本は蒋介石政権と対立することによって、
ウイルスのような存在を国民政権の中に取り込む事に導いたと言えるが、
そうしたウイルスが広がりを見せた直接の原因は、
蒋介石政権の軟弱さと共産主義が持つ心地が良い言葉の魔力にあったと言えるだろう。


808 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 15:06:25.04 ID:bDio2mDZ

毛沢東は中華人民共和国として、巨大な国家をまとめ上げた以上、帰納的に考えるなら、
知力に長けてたと考えることは、決して違和感があることではないが、
しかし、そうした知力を持つ人間が、権力欲に取り付かれ、国民をなんとも思わないような性格では最悪だろう。

よって知力が高かった事の背景にあるのは、神が天から落ちた、
如何に悪魔ような存在であったかを示すようなものだ。



809 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 17:05:15.60 ID:kzzMG+wx
>>808
始皇帝以来、中国の権力者は、みんな同じようなものだろ
つーか、毛沢東は文章も巧い教養人だし、中国の権力者としてはマシな方。
漢の高祖とか、明の太祖とか、盗賊だしw

まあ、中国ってのは過酷な土地柄なんだな
世間知らずの日本人が、調子に乗って侵略しちゃうような場所じゃなかったとw

810 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 17:33:29.67 ID:OKVjzesR
陸軍はもともと中国全土に軍を展開することは不可能とわかっていたのに
陸軍内の手柄争いが嵩じて全面戦争にしちまった。たく無責任

811 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/14(日) 17:37:49.15 ID:R2wyBua5 ?2BP(1700)
バカ左翼が手柄争いで反日売国妄動をくり返すのとよく似ているな。

812 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 18:18:21.98 ID:kzzMG+wx
>>811
左翼に手柄争いがあるかどうか知らんが、個々に思うところあって左翼活動するのは問題ないだろ

問題は、公の機関であるはずの軍隊が、勝手な行動で国を戦争に導いちゃったことなの
戦争だから、敵にも味方にも死者が大勢出るんだぞ。
世の中には、許されることと許されないことってのがあるんだ。
味噌も糞もいっしょにしてんじゃねえよ、ドアホ!

813 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 18:21:40.12 ID:g7p8lMk5
>よって日本が満州を把握し、関東軍が常駐した事が共産主義の拡大
>した切っ掛けと捉えるのはオカシイ。
日本が満州を把握し、関東軍が常駐したことで中国国内では、
反日を中心としたナショナリズムが一気に全国に広まった。

この状況の下でも、なお蒋介石は共産党を攻撃し、日本の行為を
黙認したため、国民党内部でも張学良を中心とした
旧満州軍閥が蒋介石の姿勢に反発し、結果的に「共に抗日」への
共産党の呼びかけは国民党の内部にも広がり、後の西安事件のきっかけとなったのである。

従って、本が満州を把握し、関東軍が常駐した事が共産主義の拡大
した切っ掛けと捉えるのはオカシイことではない。

814 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/14(日) 18:28:39.27 ID:R2wyBua5 ?2BP(1700)
>>812
私人が中韓と結託して反日妄動をくり返して、国を戦争に導いちやうのも良くないですよね。

815 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 18:38:23.93 ID:kzzMG+wx
>>814
私人がどんな言動をしようが、簡単に戦争を引き起こすことはできないけど
軍隊は戦争の専門家だから、馬鹿に鉄砲持たせると、本当に戦争になっちゃうわけ
事実、日本軍はアホな戦争を始めちゃったわけでしょ。

戦争っていうのはね、本当に人が死んじゃうんだよ。わかる?

816 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 19:44:00.14 ID:AxkpMsk+
>>910
ちょっと待ておまえ。
盧溝橋事件以降、陸軍中央は常に
戦線不拡大を唱えており、
日中を戦争に導いたのは陸軍ではない。

日中戦争は
上海事変を機におこっており
それを主導したのはマスゴミだろ。
満州事変や陸軍が日中間の戦争を
引き起こしたのではない。


817 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 19:46:52.60 ID:AxkpMsk+
>>812
>問題は、公の機関であるはずの軍隊が、勝手な行動で国を戦争に導いちゃったことなの

違うだろが。
盧溝橋事件と満州事変を機に
派兵を決定したのは政府で、軍の意向ではない。
マスゴミが政府・国民を煽って、戦争状態に
してしまったんじゃないか。

818 :訂正:2011/08/14(日) 19:48:03.77 ID:AxkpMsk+

×盧溝橋事件と満州事変を機に

○盧溝橋事件と上海事変を機に

819 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 19:50:54.50 ID:AxkpMsk+
>>813
おまえの書き込みは全くトンチンカン。
どう見ても日中泥沼化は上海事変によって起こっており
満州事変や関東軍なんか、まるきり関係ない。
大嘘ばかり書くなよタコ

820 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 19:50:55.64 ID:bDio2mDZ

>>813

だから国民党政権内に、共産党のウイルスを引き入れた事には、日本が間接的に影響を与えてることは認めてるでしょ。
しかし、中共が影響力を拡大したのは、国共合作以後に国民党政権内でも布教活動が容易なった以後であり、
満州に関東軍常駐したタイミングじゃない。


821 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 19:54:29.09 ID:AxkpMsk+
国共合作は、上海事変以降の
半年にわたる海軍による都市空爆が原因だろ。
反日の原因は海軍が作っており、陸軍が悪いわけじゃない。

822 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 20:05:16.63 ID:AxkpMsk+
>>815
>軍隊は戦争の専門家だから、馬鹿に鉄砲持たせると、本当に戦争になっちゃうわけ

バカはマスゴミだろが。
バカのマスゴミが国民を戦争に煽り
それで金儲けたい文化人や財閥などの連中が後押ししたんだろ。
陸軍が馬鹿なら他はキチガイのレベル。


823 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 20:12:26.94 ID:AxkpMsk+
これだけは言いたい。

中国が反日で団結し、世界が日本を敵視したのは
上海事変以降、4ヶ月に渡って行われた
海軍による都市無差別空爆が原因となっている。

文句があるなら海軍を批判すべきであり
これに関して陸軍が批判されるいわれは無い

824 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/14(日) 20:16:04.89 ID:HG2TBMpm
【在特会】 日本冒涜の反靖国キャンドルデモに怒りの抗議活動1-3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15302248

825 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 20:16:19.69 ID:kzzMG+wx
>>822
確かに、軍隊ばかりが悪いって見方は単純に過ぎるかもね
通州事件なんかでも、現地では日本軍の傀儡政府の不祥事だから、むしろ隠蔽しようとしたらしい
だけど、朝日とかのマスコミが、「中国許すまじ」と煽っちゃった。
そういう愚行が、アホな戦争の推進力となっていくんだな。

日露戦争の頃なら、幸徳秋水とかがいて、日本のジャーナリズムも
そこそこマトモだったと思うんだけどねえ。
幸徳とか大杉とか、視野の広い知識人が消えて、日本が駄目になっちゃったんだと思うわ
その結末が、アホな戦争。

そもそも、軍人が馬鹿ってのは、古今東西当たり前なんだよな。
その馬鹿な軍人を止められなかった政府やマスコミの責任は重いと思う
軍人だけで、あんなアホな戦争をできるわけじゃない

826 :マスゴミが日本を暴走させた :2011/08/14(日) 20:26:53.76 ID:AxkpMsk+
>>825
だから日中戦争を開始させたのは
派兵を決めた政府じゃないか。
軍の意向ではない。
マスコミが政府に圧力をかけたからだろ。
どう見ても軍よりも政府やマスゴミの方が馬鹿。

827 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 20:27:06.66 ID:4VSGU8HI
中国侵略戦争というのはいつ始まったのか。
仮に満州事変が成立したときから始まったということにしたのが15年戦争だけれども、それは解釈のしようによる。
よく言われるのは、それまでは進出なんだという言い方だ。
外国の土地に傀儡政権をつくって、日本側がコントロールする。特に日本の軍隊が直接コントロールする。
だから侵略だけれども、師団規模の大がかりな戦争を中国の領土でしていたわけではない。
満州国をつくるまでにもちろん戦闘をしているけれども、何十万という軍隊を投入した大がかりな戦いはやっていない。
そういう状態がずっと続いて、37年になると本格的な大戦争になる。上海事変(第二次)が最初の大規模戦闘だ。
日本側の死傷者もそれまでとは比べものにならないぐらい、何十倍という死傷者が出て大激戦になった。
その上海事変から後が対中国侵略戦争だと考える人もいる。そうしたら15年ではなくて、もっと短くなる。

828 :マスゴミが日本を暴走させた :2011/08/14(日) 20:32:34.44 ID:AxkpMsk+
>>827
少なくとも中国一般人は上海事変以降の
南京空爆等を日本の侵略だと思っており
満州なんか殆ど知らないし批判して無いだろ。

829 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 20:33:15.78 ID:spy1VEDR
盧溝橋事件の牟田口、上海事変の柳川みたいに手柄欲しさだけで動いたバカが多かった。
陸軍のバカが手柄欲しさで戦線を拡大しておいて死者がたくさん出てしまったあとはいまさら
引いたら立場が無くなるとしてますます戦線を拡大して陸軍のメンツのためにとうとう
アメリカにも戦争を仕掛けるというドツボにはまったバカな陸軍。その代償は300万国民の命だった。
靖国の246万柱の9割はそのようにして無益な戦争に狩り出された無力な国民だ。バカな陸軍の行為がもとで
命を奪われることになったのにその陸軍が管理する靖国に祀ってもらったところで死者は浮かばれない。
とんでもないマッチポンプであって笑止千万

830 :マスゴミが日本を暴走させた :2011/08/14(日) 20:37:16.52 ID:AxkpMsk+
>>829
それは陸軍に責任を押し付けたいマスゴミの主張だが
そんな話しに誰もだまされんだろ。
マスゴミこそが最大の戦犯。

831 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 20:39:58.53 ID:kzzMG+wx
>>826
盧溝橋から上海事事変を経て南京攻略にまで至っちゃう過程は、ホント狂ってるよね
マスコミも百人斬りとか煽っちゃうし、お前、それ武勇伝じゃ無いだろとw

軍、政府、マスコミ、庶民、誰が特に愚かだったかってのは、ちょっと難しい話。
まあ、集団ヒステリーみたいな状態だったんだろなって思う
みんなが馬鹿だったとしか、後世の俺たちは言えないのかも・・・

ただ、そういう気狂い状態の中心に、靖国神社と国家神道が存在した
それは間違いないんじゃなかろうか?

832 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 20:40:27.04 ID:g7p8lMk5
>>820
>国共合作以後に国民党政権内でも布教活動が容易
その国共合作のきっかけを作った張学良はどこの出身でしょうか?
そもそも、満州がホームの張学良が遠い西安にいるのは
一体なぜかな?誰が彼を満州から追い出したのかな?

833 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 20:48:37.86 ID:g7p8lMk5
そもそも日本軍が満州事変を起こさなければ、
張学良は西安に行くような事は無く、西安事件も起こりえないわけだから、
当然国共合作もありえなかったわけだ。

「間接的な要因」と言い張るのも結構でしょう。
しかし、その「間接的な要因」がその後の中国の運命を大きく変えたのは
紛れもない事実だよ。

834 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 20:50:23.89 ID:bDio2mDZ
>>832

中共がもっとも危機に瀕したのは、1934年〜1936年頃。
関東軍は満州に常駐するになったは、1931年頃。

つまり、関東軍が満州に常駐した以後は、国共合作に至るまで中共は衰退の一途。
勢力を立て直すことができたのは、抗日思想で結ばれた国共合作によって、共産党が合法化され、
国民党政権内でも、布教活動が容易になった以降であり、関東軍が満州に常駐したタイミングで、
それが実現した訳ではない。


835 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 20:52:20.41 ID:4VSGU8HI
>>828
>南京空爆等を日本の侵略だと思っており
中国に21カ条要求つきつけたろ。
中国を日本の半植民地的な従属国にする条約。
武力で脅しをかけて、中国側は大部分を呑まされた。
満州国建国に行く前にそれだけのことがあった。
当時の中国人が、これを侵略だと思わなかったとしたら、相当の平和ボケだったんだろうよ。

836 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 20:52:44.08 ID:g7p8lMk5
>>834
君の毎度お馴染みの持論を聞いているんじゃない。
質問に答えてください。

その国共合作のきっかけを作った張学良はどこの出身でしょうか?

そもそも、満州がホームの張学良が遠い西安にいるのは 一体なぜかな?

誰が彼を満州から追い出したのかな?

↑以上3点を答えてから持論を展開してくださいね。

837 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:03:39.00 ID:bDio2mDZ
>>836

中共が中国で勢力を伸ばす切っ掛けになったのは、国共合作による共産主義の合法化によって、
布教活動が容易になったこと。
そうした背景には、日中戦争が拡大の様相を見せることになった事にある。

満州に関東軍の常駐したことが、直接的な理由じゃない。


838 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:06:13.55 ID:g7p8lMk5
>>837
君の毎度お馴染みの持論を聞いているんじゃない。
質問に答えてください。

その国共合作のきっかけを作った張学良はどこの出身でしょうか?

そもそも、満州がホームの張学良が遠い西安にいるのは 一体なぜかな?

誰が彼を満州から追い出したのかな?

↑以上3点を答えてから持論を展開してくださいね。

839 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 21:13:42.29 ID:AxkpMsk+
>>839
だから国共合作は
海軍の都市空爆が原因で
満州事変なんかまるきり関係ない。

840 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:28:36.20 ID:g7p8lMk5
私が聞いていることはそんなに難しいのでしょうかね?

そもそも日本軍が満州事変を起こさなければ、
張学良は西安に行くような事は無く、西安事件も起こりえないわけだから、
当然その後の国共合作もありえなかったわけだ。

「間接的な要因」(念のために言いますが、私は「直接的」とは
一言も言っていませんが)と言い張るのも結構でしょう。

しかし、その関東軍の無責任な「間接的な要因」がその後の中国の運命を大きく変えたのは
否定はできない事実だ。

841 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:30:12.37 ID:4VSGU8HI
戦争はどういうふうに始まるかというと、だんだんに始まる。はじめは非常に小規模。
日本の駐留軍は、第1次大戦のとき以来、山東出兵など、条約に従って日本軍は北京のそばに駐留していた。満州にも駐留している。
それから、日本は、ハルビンから大連まで縦断する南満州鉄道を租借すると同時に、鉄道沿線の細い地面を、鉄道を守るために日本軍が警護する。
それを南満州鉄道守備隊と言った。それが後に関東軍になる。そういうのがいて、小競り合いがあったり、いろいろなことをするわけだが、しかし大戦争ではない。
それが少しずつ少しずつ拡大していった。
そのころ中国にはたくさんの軍閥が割拠していた。有力な軍閥の頭目の1人が張作霖で、鉄道で旅行中、日本の駐留軍が爆弾を仕掛けて爆破した。そして張作霖が死んだ。
それは実は日本軍がやったのだが、直ちにこれは反日ゲリラが爆破したということになる。
だから安全を期するために日本軍がその土地に入って、そこを占領して安全を保障する必要があるというので軍隊を動かした。
1928年6月4日の張作霖爆殺事件がそれだ。日本軍が起こしたのだから、事態はよくわかっているわけだ。
そこへ安全確保のためと称して進駐して、占領する。そこを基盤にして、反発があったらそれを排除するために軍事作戦を続ける。
その後、37年の盧溝橋事件も柳条湖事件と同じような経過を辿った。
自分で犯罪を起こして、その責任を征伐したい側になすりつける。そして実際の征伐に乗り出す。
そういうのから少しずつ大きな戦争になっていくわけだ。

842 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:33:19.12 ID:bDio2mDZ

満州事変以後に、抗日運動が大きくなったのは事実だけど、歴史が示すとおり、
国民党と共産党が歩み寄る程の影響力がないどころか、むしろ共産党は壊滅寸前までに追い込まれた。
その転換点を作ったのは、日中戦争の拡大による国共合作の成立によって、共産党が合法化され、布教活動が容易になったこと。
つまり、満州に関東軍が常駐したことは、共産勢力が拡大する条件面で、十分条件とは言えるような物ではなかった。

満州事変とは関係性を有する部分が多分に占めるものの、その後に起きた出来事を含めた積み重ねの上に、
共産党の勢力拡大が実現した。


843 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:33:32.27 ID:g7p8lMk5
>>841
そういうことだね。
戦争の原因が1つとは限らない、1つ1つの小さな「積み重ね」が
より大きなうねりを昇華するんだ。

その1つ1つの小さな「積み重ね」を
「間接的」として軽く捉えるのは、物事を正しく分析できない
という無能な証明でしかない。

844 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 21:34:14.62 ID:AxkpMsk+
>>840
西安事件なんぞ関係ない。
上海事変によって海軍が行った
4ヶ月に及ぶ中国都市空爆が
中国国内と世界の状況に
決定的な影響を与えた。
国共合作も。
なぜそれを隠蔽しようとする?

845 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:41:55.21 ID:g7p8lMk5
転換点を作ったのは、日中戦争の拡大による国共合作の成立というのは正しい見方では
である。しかし、その国共合作の成立を成立させた
西安事変は関東軍が追い出した張学良が主導したもの。

そもそも日本軍が満州事変を起こさなければ、
張学良は西安に行くような事は無く、西安事件も起こりえないわけだから、
当然その後の国共合作もありえなかったわけだ。

であるならば、共産党が合法化されることも、布教活動が容易になるという事実もないだろう。
共産勢力が拡大する条件面で、十分条件の1つでもいえます。

なぜなら、当時の共産党の呼びかけに
答えられる国民政府の実力者の中では、
日本軍から追われた張学良のみだからね。

846 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:48:16.99 ID:bDio2mDZ

>>845

そんな事を言い出したら、ブロック経済にならなかったら、大恐慌が起きなかったら、第一次世界大戦がおきなったら、、、、
いくらでも共産勢力が拡大した理由を見出すことができる。
大切なのは、どの時点で共産勢力が拡大する為に必要な条件が十分に満たす事になったかにあるのではないでしょうか。
そうして視点で考えれば、日中戦争の拡大と国共合作が成立した時期にあると言えるのでは。




847 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:48:23.49 ID:spy1VEDR
親父の仇を追い出すためにロシアアメリカと組んだやつは追い出すしかない。
満州だけで我慢してれば世界とはうまくやれたはず

848 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/14(日) 21:50:57.28 ID:8kr31lMX
>>846
> いくらでも共産勢力が拡大した理由を見出すことができる。
因果律の問題として理解すればいい。
要は程度の問題。


849 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:51:16.10 ID:bDio2mDZ
>>845 補足

>十分条件の1つでもいえます。

ちなみに十分条件とは、その条件だけで成り立つことを意味します。
上記に書いたように、満州事変が起きただけでは、中共の拡大は適わなかった。
つまり、十分条件とは言えないということは、わかると思います。

850 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:54:48.59 ID:g7p8lMk5
>>846
少なくとも日本軍の満州占領は大きな要因の1つですよ。
君でさえも「間接的」だと認めざる得ないでしょ?

西安事変が無ければ、共産党はあと数ヶ月の命とさえも言われていた。
それを救ったのは関東軍から追われた張学良だった。

共産勢力が拡大した理由を見出すことができるというが、
少なくとも、その時点で行動を起こせたのは張学良のみだよ。

851 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 21:57:38.36 ID:g7p8lMk5
>>848
そうそう、それが言いたかった。補足サンキュー。

>>849
>満州事変が起きただけでは、中共の拡大は適わなかった。
張学良やその軍を追い出した時点で十分条件を整えたと言えますよ。

852 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:02:27.06 ID:bDio2mDZ

>>850

>張学良やその軍を追い出した時点で十分条件を整えたと言えますよ。

歴史が示すとおり、それだけは十分条件とはいえなかった。
仮に十分条件だとしたら、それこそ直接的な意味で、
満州事変と中共勢力の拡大を結び付けてることになるじゃないですか?



853 :マスゴミが日本を暴走させた :2011/08/14(日) 22:04:13.03 ID:AxkpMsk+
日中戦争が泥沼化原因は100%
海軍が行った都市無差別空爆。
これは帝国海軍が総力をかけて4ヶ月にも及んだ
猛爆撃で世界を震撼させた。

しかし不思議な事に戦後
この事は無かった事であるかのよにに
中国も米国も日本のマスコミも
口をつぐんで隠蔽した。

悪いのは全部陸軍だということにしたい戦後の人間は
歴史を改竄しまくっている。

854 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:04:40.26 ID:g7p8lMk5
>>852
もし「歴史が示すとおり」の視点で行くならば、
ますます私の言っている事が正しい事に成りますよ?

そもそも日本軍が満州事変を起こさなければ、
張学良は西安に行くような事は無く、西安事件も起こりえないわけだから、
当然その後の国共合作もありえなかったわけだ。

であるならば、共産党が合法化されることも、布教活動が容易になるという事実もないだろう。
つまり、満州事変は十分条件と成ってしまったというべきです。

855 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/14(日) 22:06:01.14 ID:8kr31lMX
ナンチャッテ哲学君が主張していた、満州国と戦後日本の自動車産業の発展の関係性よりも
遙かに因果律の高い関係にあると思うけどな。

856 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:08:11.58 ID:bDio2mDZ

>>854


歴史が示してるのは、満州に関東軍が常駐しただけでは、中共が勢力拡大することにはつながらなかった。

857 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:10:13.52 ID:g7p8lMk5
>>856
残念。歴史が示しているのは追い出された張学良が
国共合作を成立させ、中共が勢力拡大という事実だけ。
関東軍は共産党のアシストをした事実だけだった。

858 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:10:20.16 ID:bDio2mDZ

>>855

満州国と内地との経済関係に視点が及ばない人間に何言われてもなんとも思わない。

859 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:10:34.85 ID:spy1VEDR
タラレバ話するのならシナ事変さえ起こさなければ共産党が勢いを増すことはなかったはず

860 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:11:46.47 ID:bDio2mDZ

>>857

国共合作を条件として織り込んでいる時点で、満州だけでは十分条件ではないことはわかるでしょ。


861 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:12:33.82 ID:g7p8lMk5
>>860
その国共合作は満州が無ければ成立しません。
よって、君の言い分は正しくない。

862 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/14(日) 22:13:44.47 ID:8kr31lMX
自分は風が吹けば桶屋が儲かる的な主張をするクセに、
直接的な因果律のある関係は認めないのか・・・

こりゃまた酔狂なw


863 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:14:34.90 ID:bDio2mDZ

もういいや。



864 :マスゴミが日本を暴走させた :2011/08/14(日) 22:15:28.34 ID:AxkpMsk+
おそらく一般の中国人は
満州事変なんか知らないだろう。
日本のマスコミだけが満州事変を大げさに
伝えている。

満州事変が太平洋戦争の原因だとか
日本のマスコミが伝える歴史なんて
所詮は戦後に捏造したデタラメ。

865 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:15:33.72 ID:bDio2mDZ

>>862

いつものように人の文章を読まない人間に言われても、なんとも思わない。


866 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:19:16.78 ID:g7p8lMk5
あっそう。どうでもいいが、いつものように人の文章を読まないということに
関し、君は人の事を偉そうに言えるのか?

>>862
以前、哲学君は化学繊維云々で自爆しなかったっけ?w
満州関連とほざきながら、その実態は戦後のアメリカの技術だったw

867 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:23:06.92 ID:bDio2mDZ

内地との経済発展に寄与したことを含め、戦後欧米から産業技術を容易にキャッチアップした基盤をつくったと主張してるのに、
俺は満州国という区切りだけで主張してるだ!とか、意味不明な言い掛かりがカワイイと名無しからされたのは覚えてるな。


868 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/14(日) 22:23:15.23 ID:8kr31lMX
> いつものように人の文章を読まない人間に言われても、なんとも思わない。
これを翻訳するとこうなる。

俺の主張だけが正しいのにイチャモンつけやがって。
いいや、とりあえず何とも思ってないことにしておこう。


869 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:24:45.65 ID:VtMrPZ2j
>>862
ほんとに直接的なのか疑問もたないで盲目的に情報を受け入れるものなのか、
最近の流行では。

870 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/14(日) 22:25:08.72 ID:8kr31lMX
>>866
あったなw
ナンチャッテ哲学君はツッコミ受けると狼狽えるから面白い。


871 :マスゴミが日本を暴走させた :2011/08/14(日) 22:26:18.03 ID:AxkpMsk+
張作霖の爆殺のあったとされる現場は
現在、ゴミが放置された汚い場所で
なんの記念碑も無い。
ようするに中国人は、張作霖爆殺事件
なんて知らない。
本当に日本の仕業なら放置するわけがない。

872 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:27:05.40 ID:g7p8lMk5
>>868
ああ、あるほど(笑)
そちらのほうがしっくりときますね。

しかし、戦前と戦後の技術との繋がりが哲学君の思ったほど
繋がりが無いのにね。出してきた科学繊維の話だって、戦前では完全にサジを
投げたものだし。車産業にいたっては満州では自力で生産されていないという事実も
忘れやがるな。

873 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:27:48.31 ID:VtMrPZ2j
日本にはもともと戦略的な風土がなかったからかなり疑問だな。
あとで事実をくっつけて調整して因果関係をでっち上げるのは簡単にできるからなあ。


874 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 22:29:04.51 ID:AxkpMsk+
中国が張作霖爆殺現場を
放置したまま記念碑すら建てない不可思議。
これは犯人は共産主義者だと
中国は知っているからだろうな。


875 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/14(日) 22:29:06.97 ID:8kr31lMX
>>872
東レとデュポンの関係だったってツッコミ受けても、
引っ込みがつかなかったのか頑なに認めよ〜としなかったよなw


876 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:30:08.70 ID:VtMrPZ2j
昨日も言ったように我が国日本は幼稚な民族なんで、
盲目的に受け入れるのもまた国民性なのかもな。

877 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:33:09.94 ID:g7p8lMk5
>>875
ああ、「キャッチアップした基盤」とかなんとか
言っていたね(大笑い)

でも、出してきた東レはデュポンの技術のほぼフルコピーだったという事実w

878 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:34:59.01 ID:Jz3m6dGk
>>871
なら張作霖の息子の張学良は抗日をほっぽりだして共産党を叩く蒋介石を拘束して、国共合作をさせたんだかね
張学良も操ってたのか
コミルテンはスゲーな


879 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:36:21.19 ID:VtMrPZ2j
不思議なのは過去を遡ると知将と呼べるような人物は数えるほどしか輩出してないのに、
何故か太平洋戦争時だけラッシュのように知略をめぐらしてる人物が多いように描かれてることが多い。
統計的に見てもおかしいよね。

880 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:38:35.84 ID:VtMrPZ2j
贔屓目に見たいのは気持ちとして分かるが。

881 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:38:49.56 ID:bDio2mDZ

>>876

歴史的に欧米は国家同士の戦争に慣れてるし、民衆もそうした歴史的経験を数多く積み重ねてる。
一方で日本は、平和な鎖国時代を過ごし、明治維新以後は数回の対外戦争に経験し連勝し続けた。
そうした偏った経験が、国民の過信を生んだ部分はあると思うな。

882 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:41:36.07 ID:VtMrPZ2j
>>881
そして、戦争(諸外国にとっては内戦程度の認識にとどまるかもだが)自体の規模も
孫子で最低とされてる単位にも満たない小規模ないわば小競り合いだし。
なんというか風土的にのんびりしてるんだよね。

883 :マスゴミが日本を暴走させた :2011/08/14(日) 22:42:42.13 ID:AxkpMsk+
結局は日本は対ソ戦に備えるべきだとする
関東軍の主張こそが100%正しかった。

そすすれば、日中戦争も太平洋戦争も
朝鮮戦争もベトナム戦争も無かった。

884 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:44:42.14 ID:VtMrPZ2j
でも誰もこの879の話しおかしいと思わないかな?。
よく株なんかでもある話だけど
偶々勝てたのを
勝った後で計画通りと言い放つようなもんじゃないのかね。


885 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/14(日) 22:49:38.29 ID:8kr31lMX
ドミノ理論とゆ〜のがあってだな、AがBを倒すとCも倒れる。

1 張作霖が関東軍の謀略で殺害される(奉天事件)
  ↓
2 張学良が真相を知って激怒し国民政府と和解、抗日へ
  ↓
3 張学良は国共内戦の停止し蒋介石を説得するため西安事件を起こす
  ↓
4 国民政府と共産党双方に意見調整が難航したが日中戦争で第二次国共合作成立

胡適「西安事変がなければ共産党はほどなく消滅していたであろう」


886 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:49:54.86 ID:bDio2mDZ

ヘーゲル流の大いなる物語の信仰者だからじゃないでしょうか。


887 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:52:00.22 ID:VtMrPZ2j
>>885
それも日本発じゃないしね。
日本人に戦略的発想がかけてたのは言うまでもなくはっきりしてるんだが、
はっきり言って陰謀論と変わらないようなトンデモが内包されてる気がしてならない。


888 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:53:48.05 ID:g7p8lMk5
へえ、流石はありえない偏差値を出し、
自称ヘーゲルを克服したテンサイ君だね。

889 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:55:48.18 ID:JJbUCDLr
結局、靖国神社って、原発事故収束のために放射能を浴びて死んだ作業員と、
東電社長や保安院を一緒に祀ってるようなもんだからな。


890 :マスゴミが日本を暴走させた :2011/08/14(日) 22:56:00.79 ID:AxkpMsk+

1 張作霖が関東軍の謀略で殺害される(奉天事件)

http://www.beibaozu.info/liaoning/liaoning_074.jpg
そんな重大な現場であるにもかかわらず
中国共産党はこんな状態で放置している。
まったくもって不可解。
日本人はマスゴミにだまされている。

891 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/14(日) 22:56:49.45 ID:8kr31lMX
>>888
そりゃまあ、今現在ですら数多くの哲学者がヘーゲルと格闘しているというのに、
ナンチャッテ哲学君は軽く克服したそうだからw


892 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 22:57:41.07 ID:bDio2mDZ

リーマンショック後の時点、現在の株価暴落が確定済みであることが解っていたら、
売りから入って大儲けだな。

まあー、経済という限られて側面でも、それは難しい。


893 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/14(日) 23:00:58.39 ID:8kr31lMX
しかも、ヘーゲルの著作物は何一つ読まずにだ。
さすがは天才w


894 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:02:34.26 ID:bDio2mDZ

もうねー、嘘の連投には付き合えないよ。

酷いね。

895 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:02:41.49 ID:M8AtUaK6
頭デッカチが多くなったんだと思うよ。
学歴エリートが参謀になっていく出世ルートが完全に固定化されてしまった。
古今東西、現場を知らない奴が立てる作戦なんてロクなもんじゃない。

896 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:02:43.21 ID:g7p8lMk5
>>891
本当にヘーゲルと克服したならば、
そりゃさぞ学会に名を残していると思うし、わざわざこんなところに
書かないだろう。

うーんw
テンサイは常に理解されないものだw

897 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:03:06.28 ID:JJbUCDLr

まあ、靖国神社は好きなようにすればいいと思う。
A級戦犯でも、麻原彰晃でも勝手に祀ってればいい。
一介の民間団体に過ぎないのだから、他人が口を挟むことじゃない。

その代わり、戦没者を弔うのは国の大事な仕事だから、
あらたに国立の慰霊施設を建設すればいい。



898 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/14(日) 23:04:08.84 ID:8kr31lMX
>>896
概説書だけで克服したらしいよ。


899 :マスゴミが日本を暴走させた :2011/08/14(日) 23:05:31.80 ID:AxkpMsk+
関東軍の主張に従って
日本が北進論に徹していれば
何もかも上手く行っていた。

しかしマスゴミの主張の方が影響力が
遥かに大きく
その通りに進んだら

日中戦争
太平洋戦争
国共内戦
朝鮮戦争
ベトナム戦争

とろくな事は無い。

900 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 23:08:13.47 ID:AxkpMsk+
>>895
>古今東西、現場を知らない奴が立てる作戦なんてロクなもんじゃない。

東北の賊軍が陸海軍の実権を握って
そうなった面もある。
東北人が戦争を指揮するとバカな作戦になる。


901 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:09:38.24 ID:VtMrPZ2j
陰謀論の発想はご存知のように、
結果から過程を紡いでいくような作業、
偶然起こった出来事を強引にあたかも関連があるように結び付けて作り出す。

それと同じことがよく語られてる太平洋戦争時の日本の陰謀的なものに使われてる気がしてならない。
負けっ放しだとかっこ悪いから多少色付けてみようかって所なのか、
もしくは事実は心底お馬鹿な行動の集まりで見るに耐えなかったからかもだが。

>>892
だからこそ、偶々うまくいったものだけチョイスしてるんだろうね。

902 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:09:40.20 ID:g7p8lMk5
>>898
マジかよw
流石はテンサイw

概説書だけで克服するなんて〜
ボンジンでしかない我々にはとてもとてもww


903 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:11:56.61 ID:VtMrPZ2j
でも既存の政治関連の読み物って、9割方が殆どムーとかと変わらない
似非科学読本だとよく言われるよね。

904 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:14:06.50 ID:VtMrPZ2j
でもこのスレ見ててますます
靖国は日本の幼稚さの産物と確信持てたような気がする。

905 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:22:19.99 ID:bDio2mDZ


明日は靖国に参拝に行きます。



906 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/14(日) 23:25:18.85 ID:8kr31lMX
あっ、そうw


907 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 23:30:18.12 ID:AxkpMsk+
>>897
>その代わり、戦没者を弔うのは国の大事な仕事だから、
あらたに国立の慰霊施設を建設すればいい。

まだそんな妄想言ってるのか?
おかしな人間以外、日本人はそんなものを
望んでいない。
靖国神社に代わる代替施設なんかはありえない。
おかしな人間の要望で税金を使うなど
国民が許さん。

908 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:31:26.28 ID:4VSGU8HI
第9代靖国神社宮司は「靖国は国家からお預かりした神社だから、いずれ国家にお返ししたいと思っている」と言っていたらしい。
その話をゴルゴ麻生が大臣だった頃NHK「日曜討論」で語っていた。

909 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:32:26.61 ID:g7p8lMk5
行くなら、行けばいいんじゃんw
わざわざここで宣言をするようなことじゃないし。

910 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:33:01.82 ID:VtMrPZ2j
>>907
まあ花見の名所としては見事なものだが、
神社とかとしてはもはや役目終えてるかもな。
慰霊公園で十分だよ。

911 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:33:24.61 ID:JJbUCDLr
>>907
本来は、戦争の犠牲者を弔うのは、国の責任だよな。

それを怪しげな、コントロールできない民間団体に丸投げ
ちゃっているから、話がややこしくなるわけで。

いい加減な民間団体に、戦没者の慰霊という国の大切な
仕事を丸投げしているから、国益を損なうような自体にな
っているのだと思う。



912 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:35:09.73 ID:VtMrPZ2j
>>911
そうそう国の責任は実際大きい。
ただ政教分離のような基本的なことができない辺りが、
幼稚で原始的なんだよな。


913 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:35:59.47 ID:JJbUCDLr
昭和天皇
「だから 参拝はしない それが 私の心だ」

重いお言葉ですな



914 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:36:26.96 ID:g7p8lMk5
すでにその役目は千鳥ケ淵戦没者墓苑で十分果たしている以上、
靖国だけがその役目を背負う時代はとっくに終わっている。

天皇陛下も今では靖国神社ではなく、千鳥ケ淵戦没者墓苑に参拝しているしね。

915 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:37:30.51 ID:AxkpMsk+
>>911
いい加減なのは政府や官僚や国民や
マスコミや国家の側。

靖国神社はただ一人一貫して
伝統と戦没者の名誉を守って来た。


916 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:39:50.33 ID:JJbUCDLr
>>915
うん、だから、靖国神社は好きなようにすればいいと思う。
A級戦犯でも、麻原彰晃でも勝手に祀ってればいい。
一介の民間団体に過ぎないのだから、他人が口を挟むことじゃない。

ただ、天皇陛下が参拝できない神社に何の価値があるのかと。

早急に、国立の追悼施設は建てるべきだな。
だいたい、なんで長州の官僚が建てた似非宗教にここまで拘る必要があるのか?


917 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:41:16.68 ID:VtMrPZ2j
>>915
守ってるのかなほんとに、
ほんとは戦没者の多くは仏教徒かも知れんよ。

918 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 23:42:48.37 ID:AxkpMsk+
>>916
東北人はそんな妄想こいで戦没者を愚弄し続けてるから
東北大震災のような天罰が下ったんだろ。

919 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:43:13.33 ID:g7p8lMk5
家族の同意もなしに勝手に祭っている場合もあるだろう?
それを「守っている」というのかい?w

920 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:44:21.34 ID:VtMrPZ2j
いずれにしても昨日の話しで、
幼稚さとシャーマニズム的なオカルト強化を目的に作られたようなものにいつまでも
拝みに行くってのもどうかとは思うな。
通販の幸運の数珠とかと変わらんだろ。

921 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:46:06.92 ID:JJbUCDLr
>>919
靖国「今日から○○さんは神様になりました。おめでとうございます」
遺族「そんなこといきなり言われても困ります。事前に相談してください」
靖国「もう決まったことですから。他の方々も同じ方式でやらせてもらってますし」
遺族「あんな人たちと一緒に祀られるのはイヤです。元に戻してください」
靖国「一度合祀すると元に戻せません。決まりですから」

リフォーム詐欺かよw



922 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:48:49.38 ID:VtMrPZ2j
そういやこれに関連して戦犯の遺族がなんだかえらそうなこと言ってたときあったな。
国民に合わす顔があるところがすごいがw。

923 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 23:49:47.21 ID:AxkpMsk+
悪いが神社は永遠に無くなる事は無い。
おかしな連中がいくら靖国神社を中傷しようが、
それは逆の勢力が増えるだけの事。

924 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:50:17.54 ID:g7p8lMk5
>>921
リフォーム詐欺というが、もはや悪質なカルト集団だわw

俺も靖国神社は好きなようにすればいいと思う。
A級戦犯でも、麻原彰晃でも勝手に祀ってればいい。
一介の民間団体に過ぎないのだから、他人が口を挟むことじゃない。

しかし、祭る事を拒否している家族がいる場合は、
その人の分だけでいいから、勝手に祭るのを辞めて欲しいものだ。

925 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:50:54.06 ID:4VSGU8HI
無宗教の追悼施設を国が造れば解決。

926 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:51:18.69 ID:VtMrPZ2j
>>923
無くさんでいいのよ。
幼稚な発想が日本にはあったという証拠を後世に残さなきゃいけないんだから。
形なんかどうでもよくて意識の問題だよね。

927 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:55:00.65 ID:JJbUCDLr
>>926
だな。
明治から戦前にかけての国家として未成熟な時期には
こういうのもありましたというのも歴史遺産だ。

928 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:56:07.55 ID:VtMrPZ2j
幸運の数珠だって、買ってしまって何のごりやくも無かった事の戒めのために
置いといた方が本人反省するだろうし。

929 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:57:57.85 ID:g7p8lMk5
負の歴史遺産か。素晴らしい考えだ。

930 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/14(日) 23:58:30.40 ID:AxkpMsk+
国のためと信じて戦死した兵士を
後世の人間が犬死だと否定するのはたやすい事。
しかし他人の人生をバカにした物言いは、おごり以外の何者でもない。
正しいかどうかに関係なく、兵士らの志を尊重するのが
礼儀である。


931 :名無しさん@3周年:2011/08/14(日) 23:59:14.05 ID:bDio2mDZ

人間という人格というのは、様々な社会の中でそれが承認されて心が満たされる。
当時であれば、国家や家族、あるいは職場、友達関係といった社会がそれを担ってきた。
時代は移り変わり、人によっては容認できないような人格が部分的に見えるかもしれない。
しかし、人間とはそうした単一的な人格だけなく、今でも共感できる部分は残されると思う人は多いのではないだろうか。
家族に対する愛情や、平和に対する思い、当時の人間だって、決して忘れてなかった部分だと思う。

俺の場合、それに国家の為という部分が加わる事になるのだが、
もし生きていれば、その人の心が満たされるように、戦争で死んだ多くの人を含めて、
明日は敬意を払いたいと思う。



932 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 00:03:58.61 ID:kgcM23sI
どうぞ、ご勝手に。

933 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 00:04:58.49 ID:v+gNhg9J
>>930
靖国ひとつ見て皆心は同一だと考える方が戦死した方々に失礼。
彼らは個々の人たちであり思いも生活もまったく異なった人たちだった、
ただ死因がいっしょっと言うだけで同じ所にまつられてること自体
無縁仏のための慰霊塔と変わりない。
死者を侮辱する行為とも取れる。
おまけに目的から考えてシャーマニズム的な生贄に近い扱いだし。


934 :マスゴミが日本を暴走させた:2011/08/15(月) 00:12:18.75 ID:KTDjsv8t
>>933
はっきりしてるのは神社は永遠に変わらないということ。
世の中は変わるだろう。
靖国神社への認識も変化するかもしれない。
しかしそんな事は関係ない。
靖国神社に課せられた責務は永遠に不変。
それは戦没者の声なき志を永遠に後世に伝える事。

935 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 00:22:33.83 ID:pDZs7XVB
>>552
元特高の人の証言も、そのようなニュアンスの証言だった。元新聞記者のご家族のもとに
刑務所から「もうすぐ刑期が終了するので帰る」という内容の便りが来たすぐ同じ時期に、
ご家族が刑務所に呼ばれたので担当してもらった弁護士と刑務所に行ったところ、体じゅうに斑点のあるご遺体と対面したという。
弁護士がご遺体を見たときに「あぁ、やられたなぁ。」と発言したのをご家族が記憶していたそうだ。
「反戦の手紙が理由で命を落とした人がいた」という説明だった。



936 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 00:51:32.31 ID:eF9dQ1Mr
>>930
>しかし他人の人生をバカにした物言いは、おごり以外の何者でもない。
>正しいかどうかに関係なく、兵士らの志を尊重するのが礼儀である

そんな理屈で死者を神様にしてたら、小学生殺して死刑になった宅間君だって神様になれる
正しくないことは、正しくないと、はっきり言わなきゃだめだろ。
靖国みたいに、大東亜戦争肯定をやらかしてしまっては、そりゃ時代から取り残される。
海軍が悪いんだから、マスコミが悪いんだかしらんが、アホな戦争だったことは確かなんだし。

937 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 01:00:23.12 ID:1zUaNBJf
>>936
屁理屈も理屈のうちか?お前の書き込みは日本人ではないな。日本人なら子供の麻疹だな。

938 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 01:18:53.83 ID:v+gNhg9J
>>934
永遠なんてものはこの世に存在し得ない。
神社もメンテをしなければいずれ崩れ去る。
宗教とてもその昔の精霊信仰から今に至るまで人の心によって変化していく。
大事なのはその移ろい行く世界の今意識をどう持つか。
>>936
馬鹿を馬鹿というのは評価の問題なのでまったく問題ない、
仲のいい相手なら問題だが、
特段人間関係を築く予定のない相手ならなおさら。

939 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 01:44:57.35 ID:6F1vAxWa
>>937
いや、屁理屈ではないだろ 正義か悪かを抜きにして、国のために死んだ人っていうなら
オウムだって、226事件の北や磯部あたり、浅沼委員長刺殺の山口おとや、原っち総理暗殺・・・など


940 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 01:46:18.31 ID:eF9dQ1Mr
>>937
靖国信者さんは、書き込み内容で日本人かどうかを判断するからなw
日本人なら、誰でも靖国を信仰して当然と思ってるらしいw

941 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/15(月) 02:13:56.72 ID:kAAvCh50 ?2BP(1700)
ふだん多文化共生とか言ってる左翼さんが、靖国神社という文化とは共生できない!と絶叫する不思議な話。
インチキ大嘘ダブスタ二枚舌、それがやはり左翼さんの本性。

942 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 07:00:32.41 ID:cymjqwsu
>>941
靖国神社と共生できないなんて、このスレで言ってる奴いるか?
信者さんは勝手に拝んでろとか、負の遺産として遺そうとか、
靖国に否定的な人だって、共生しようってレスをいっぱいしてるじゃないか?。

むしろ、天皇や首相が参拝しなきゃ駄目だとか、靖国の悪口は言うなとか、
我が侭ばっかり言って共生の道を閉ざしてるのは、靖国信者さんだよ。
そこのところは、しっかり自覚してくれないと

943 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2011/08/15(月) 07:32:40.39 ID:kAAvCh50
>>942
見苦しい言い訳は結構。
おまえらの大嘘とダブスタはもうバレバレなんだよ。
ばーか。

944 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/15(月) 07:45:52.01 ID:niwCxDRG
安藤クン、おはよう。
お盆の今日もバカ丸出しだねw


945 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 08:00:15.73 ID:cymjqwsu
>>943
言い訳というか、俺は普通に靖国信者さんとのやりとりを楽しんでるし、
靖国信者が居なくなっては、つまらんとさえ思っているぞ。

君達に消えて無くなれとかは思っていないから、まあ安心したまえ

946 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 08:06:19.37 ID:/md0+WYw
A級戦犯のうち巣鴨プリズンから釈放されたやつらは何故処刑を免れたのか知ってるか?
やつらはGHQと司法取引したんだ。
釈放の条件は、旧日本軍が集めた全ての物資や機密データを米軍に提供すること、
それから勿論、アメリカの犬として働くこと。
これを間接統治の代理人という。
岸信介、児玉誉士夫、笹川良一、正力松太郎、
そして彼らを統括する文鮮明は国際勝共連合を設立した。
自民党と統一協会は双子の兄弟ということがよくわかるだろ

947 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 09:37:03.75 ID:CO+oZ+uG

私はこの映像を見て、靖国神社に行く様になりました。

┏                                       ┓
  前編 1of5 http://www.youtube.com/watch?v=RgUkCWB3z7Q
  前編 2of5 http://www.youtube.com/watch?v=vcRDX8I6YvI
  前編 3of5 http://www.youtube.com/watch?v=6RH1RvgUIYs
  前編 4of5 http://www.youtube.com/watch?v=1fUyJwq7wtI
  前編 5of5 http://www.youtube.com/watch?v=1h2kTWgmSFc
  後編 1of5 http://www.youtube.com/watch?v=i5d1zdagVsE
  後編 2of5 http://www.youtube.com/watch?v=atlG4oGHS1g
  後編 3of5 http://www.youtube.com/watch?v=1ylRUYdN4Jw
  後編 4of5 http://www.youtube.com/watch?v=0IWmHIKV24k
  後編 5of5 http://www.youtube.com/watch?v=Xp0dHUw4ijE
┗                                       ┛

※ 削除される前に保存をお願いします。

  
 



948 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 10:29:22.97 ID:DIbKJTNJ
スライムは完全論破されるとレスしなくなります。

949 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 10:53:56.08 ID:kDektNMf
>>775

日本人によるスパイ活動を含む勢力が帝政ロシアでロシア革命を起こす →
ソ連でその勢力ウマー → ソ連コケた → 国名がロシアに戻る。主要都市名も帝政ロシア時代の名前に戻る。


ニートでさえ到達しうる資料が世の中にあって、フローを明らかにすることはできるんだけど、
ロシア人自身が気付いていないということは考えにくい。それはロシア人の知能が日本のニート以下ということになるから。
少なくともロシアの本職は日本のニートより頭いいだろう。たぶんね。


950 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 10:56:17.35 ID:kgcM23sI
>>941
>ふだん多文化共生とか言ってる左翼さんが、靖国神社という文化とは共生できない!と絶叫する不思議な話。
そういう左翼もいるのは事実だけど、少なくともこのスレでは
そういう左翼は1人もいないなあ。

俺も靖国信者さんに対して勝手にやってなよとは言ったが、
靖国をつぶせとか、靖国神社という文化とは共生できない!なんてことを
一度も言った覚えは無いな。

不思議なのは、このスレではそういう人が1人もいないにもかかわらず、
それを妄想し、藁人形を叩いているお前のほうなんだろう。

951 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 11:11:23.79 ID:VOGad3RV
>>949
ロシア最高裁、皇帝ニコライ2世の名誉回復
2008年10月01日 23:40 発信地:モスクワ/ロシア
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2523521/3388501

【10月1日 AFP】ロシア最高裁判所は1日、帝政ロシア最後の皇帝ニコライ2世(Nicholas II)とその家族が、
ボリシェビキ政権の弾圧の犠牲者だったとして正式に名誉を回復させた。裁判所の広報担当者が明らかにした。
ニコライ2世らロマノフ家の名誉回復は、親族が長い間要求していた。


952 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 11:29:46.70 ID:e7/8NAmg

>>950

多文化共生の人間関係で求められることは、その人がみせる多面的な人格に対し、
部分的に共感できる所に積極的に目を向けることによって敬意を払い、
異なる部分については、辛辣な内容であっても、
そうした敬意を踏まえた上で話を聞けるような態度によって、
社会の軋轢を埋める事が求められる。

しかし、勝手にしろとする一方で「幼稚」だとか「悪質なカルト集団」と称し、
敬意を払うような態度もなしに、相手に対し不愉快な言動が飛び交い、
時にはキモイコテを張ってる人間が、朝から晩まで特定の人間に対し、
ストーカーのように嘘と罵倒を繰り返す。

実社会ではおおよそ多文化共生には程遠い行為であることを踏まえた上で、
左翼にしても、多文化共生といった社会的フレーワークの難しさを感じ取った上で、
ダブスタ的な態度を指摘してるのではないでしょうか。



953 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 12:38:39.90 ID:JwNZwhSS
天皇陛下がお出でにならない靖国神社はあり得ないと思うけどな。
いずれにせよ、靖国神社がこのまま大きな矛盾を放置していると、
ますます国民の靖国離れが進んでしまうことは確かだ。

954 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 15:26:57.91 ID:vG0ct1j8
自爆君ゴッコしたい人はどうぞ


旧字体・新字体変換
http://www.geocities.jp/qjitai/

旧漢字変換ツール菫
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se248924.html

みんなの知識ちょっと便利帳 旧字体(旧漢字) ⇔ 新字体(新漢字)
http://www.benricho.org/moji_conv/13.html

「正(旧)仮名遣ひ⇔現代(新)仮名遣い」相互変換〜まるやるま君
http://hp.vector.co.jp/authors/VA022533/tate/komono/Maruyaruma.html#pos

Word用 旧漢字→新漢字 自動変換ツール
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/writing/se485090.html

旧字体変換プログラム - 天狗
http://freett.com/nihonkyokujituto/download/program/program.htm

955 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/15(月) 16:04:46.38 ID:C59cT5Yt
 反天聯が人氣無さ過ぎで笑つた。

956 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2011/08/15(月) 16:07:59.32 ID:niwCxDRG
>>953
それ以前に財政難による破綻の可能性の方が高い。
以下、朝日新聞からの引用。

 神社の収入は、(1)さい銭や寄付、玉串料といった宗教活動による収入と、
(2)不動産貸し付けなどの収益事業からなる。 神社の収支は公表されていないが、
複数の関係者によると、85年当時は年約32億円あった収入は、
企業からの寄付や慰霊祭などが減ったことにより、半分程度に落ち込んでいるという。

 収入減の大きな理由は、全体の7、8割を占める(1)のうち、戦争世代が亡くなっていく中で、
大口の寄付が激減していることだ。

 「毎年100万円単位で奉納していた中小企業の経営者が亡くなって息子の代になると、
関心がないため寄付をいただけなくなります」と、ある総代は打ち明ける。

 このところ、参拝者の増加で小口のさい銭収入は増えているものの、
戦友会の解散や遺族が亡くなるなどのため、慰霊祭(戦友会だと祭祀料3万円から)や
永代神楽祭(初回10万円から)も大幅に減っている。
関係者は「かつては春、秋の例大祭になれば拝殿は満杯になりましたが、この数年は空席だらけです」と嘆く。


957 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 16:55:20.53 ID:h80C6gKL
靖国は外交カード&内政ごまかしツールだよね。
石原とかは除いて思想・感情的に参拝してる政治家はもはやいないんでは?
関係各国も同じようなもんだからある意味利害関係が一致してて解決させたくないだろう。
どっちも必要以上に反応するメディアを使って世論操作が成功してる。
うまく出来てるよ。

958 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 17:05:57.57 ID:vG0ct1j8
ぶっちゃけた話、自分の身内が神様だから靖国参拝に行くわけで、
赤の他人で参拝に行くのは英霊の身内の支持が欲しい政治家くらいだろ。
もとより近場の神社への参拝が許されなくて
靖国に参拝しなければならないなんてのは理由の無い話だよ。
ずっと戦争を続けなければ廃れるのは事理の当然。
ましてや神職経験のない宮司なんて完全に人を馬鹿にしてるよ。

959 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 17:16:43.11 ID:e7/8NAmg

参拝に行ってきましたよ。
靖国通りの神社側の車線には、機動隊のバスがずらっと駐車。
反天連のデモルートが何処を通るのか知りませんが、靖国神社側の歩道からは、
面等向かって罵声や、衝突が起きないような準備してる感じ。

参拝者をする人は、ほんとうに普通の人がほとんど。
顔ぶれみても、お年寄りよりから、小さい子供をつれた若い家族や、女性同士も目に付いた。
日本国民の標準的な顔ぶれをみてるようで、静かという違いあるだけで、初詣と変わらない雰囲気だ。
誰しもが望む、日本がこれからも平和であり続けるように、見守ってもらうことをお願いする場所でもある。
当然かもしれない。
本殿に参拝するのにも100メートル以上、行列が出来ており、並んで順番待ちするだけで凄い疲れた。

大勢いる中に、ご老人+2人の青年が旧軍服を着て、軍隊式(?)で本殿に向かっていて参拝してた。
その人以外は、極々普通の人達だったから、記者らしき外国人が殺到し沢山のカメラを向けていた。
ああやって、ステレオタイプ的に伝わるだなーって思った次第。

なんだかなー。



960 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 17:35:14.25 ID:vG0ct1j8
>>959
右翼の街宣車が見えない、軍歌が聞こえないなんて
場所を間違えたんじゃないですか?w

961 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 17:40:55.07 ID:aZHuIhP4
誰か反天連の素晴らしさを騙ってくださいw

962 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 17:57:17.36 ID:C8I2ybgN
日本国のために戦った方々ですからね
日本人であれば参拝は当然
反日三国人であれば反対は当然
あなたが日本人かどうかだけの話です。

963 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 17:59:20.56 ID:oFNgI4Lm
なんていうのか
中国や韓国を嫌いであるという権利はいくらもあると思う
でも靖国の周りがそういうので埋め尽くされてるのをみると
アイデンティティを語りながら反なんたらでしか表現できない
アイデンティティの不在を強く感じた
靖国の周りでフジテレビや韓国がどうたらとか 関係ないじゃん
ヘイトとアンチのスクツって感じでグロテスクだった

964 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 18:09:29.74 ID:5oRu5hGp
戦争で亡くなった人間も生き残った人間も
過酷な運命を背負った
これは白人国家によって脅かされ
こうなる運命をたどらされた
しかし結果アジアは直接的奴隷にならず済んだのは
この時代の人々のおかげ
日本万歳!!


965 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 18:13:19.28 ID:DIbKJTNJ
>>955
今日靖国神社に行かない売国奴が戯けたことをw
御前最低だな。
これだから癲狂サヨクは…

966 :名無しさん@3周年:2011/04/29(金) 19:12:15.21 ID:uu0mmgD1←自爆クン
 ID:uu0mmgD1に代表される癲狂サヨクの特徴。 ←自爆

 云ふ事は何時も同じ。(必要としない=不要)
 幼稚な詞の繰返し。(必要としない=不要)
 文脈に由る詞の變化を認識出來ない。(讀會力が無い→必要としない=不要)
 何を示しても認識が變らぬ莫迦。(必要としない=不要)
 自己中心的ゆゑに思込みが激しい。(必要としない=不要)
 素人よりも軍事音癡だ。(必要としない=不要)
 學習能力が無い。(必要としない=不要)

通りでw
さすが癲狂サヨクの自爆クン=國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF=ID:C59cT5Yt

966 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 18:22:09.46 ID:oFNgI4Lm
この戦争を明治の人が戦っていたらどうだろうか?
こんなに死人を出さず、形だけでも勝ちをとれた目もあったんじゃないのか
靖国的死ね死ね教のせいで、無駄に死んだ…少なくとも銃後の人は多いと思う
兵隊の事を犬死と言われると怒る人が多いようだから配慮するが
少なくとも 銃後で家にいて焼かれて死んだ子供なんかは そうじゃないかい?
不必要な死だ

967 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 18:31:04.69 ID:pMkec3HI
 反天連なんて左翼の中でもキワモノなんだけどね。特に8.15デモなんて昔から右翼の暴力喰らって重傷者を何人も
出してるのに一向に対策も取らず「右翼の襲撃に抗議する」なんて声明を出すだけ。あの日にあんな所でやればただで
済まないと分かっているのに何の防衛行動もとらないなんてイカれてるし、それでカンパを求められても何だかなと
思うわ。右翼が反天連にちょっかい出すのは反天連が弱いからだし、現に8.15で中核派が同じ様に靖国周辺で
やっているデモには右翼は近寄らん。
 俺は左翼だけどあの反天連の無策ぶりはちょっと付き合えないな。

968 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 18:34:13.73 ID:e7/8NAmg

自分という存在が集団によって支えられてる以上、
集団の為に犠牲になった人間に特段の敬意を払うのは自然的な感情だと思う。
もちろん、集団といっても時代が変われば美徳と呼べる中身も変わり賛同しかねる場合があるだろう。
しかし、利他的行動を取る人間に対する形式的な部分に対する美徳は、
人間が社会の中で共同生活営む限り、時代が変わっても忘れることは無いと思う。
そうした形式は、どの社会であっても常に求められるからだ。

参拝する人のほとんどは靖国神社の歴史の中身などしらないで来てると思う。
似も関わらず、普通の人達が靖国神社に参拝する理由は、
そうした日常形式的な感覚が、共感を呼び起こしてるからだと思う。
それだけに、決して戦争賛美でもなければ、差別意識で参拝してる訳でもない。
社会に生きる人間として日常的な感覚が、靖国に引き寄せてるのだと思う。




969 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/15(月) 18:36:27.17 ID:6KxI3eFy
1億人以上の人間を殺した共産主義者には、日米戦争で、戦後の日本の安定の基礎を築かれた英霊
の方々を批判する資格など欠片も無い。
日共や創価カルト、左翼セクト連中や、日米戦争の日本の被害の20倍以上の支那人を殺した支那
共産匪、日本の3分の1の人口で2倍以上の600万人の朝鮮人を餓死させた北鮮。
日本から技術を盗んだだけで、サムソンもLGも崩壊に向かって、経済危機の失業者半島の南鮮。

どう、考えても、反靖国連中には、旧軍の指導者より頭の良さそうな奴はいないなwww

970 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 18:39:10.14 ID:oFNgI4Lm
今日靖国で感じた事は
戦争は絶対に負けてはいけないということ
戦争ってのはどっちがたくさん殺すか競うもの
自分は死なず相手を殺さないとならないのに
最初っから自国民に死ね死ね言うのは負けへの一本道だとおも
最後の一兵までってご聖断を隠ぺいしようとしたクーデタもあったようだが
最後の一兵が死んでどうやって天皇を守ろうってんだか...
自分の言葉に酔って溺れ死んだようなお耽美ナルシス教の本山 今やひょろ男だらけだったけど

971 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/15(月) 18:50:36.32 ID:6KxI3eFy
今日の靖国神社も、若者で一杯だった(⌒‐⌒)
なんか、反靖国デモがあるとか言うんで、路上で静かに観ていたら、反対側の路上に集まっていた
在特会の人たちより圧倒的に少ない200人ばかりの年寄り連中が、その数倍の機動隊に守られて
ヨタヨタ、デモしていたw

なんか、デモ隊のお馬鹿さんが、勘違いして、こちらに笑顔振り巻いた途端に、在特会とは関係無
い、こちらの路上からも反靖国デモ隊を罵倒する叫びで一杯になっていたw
沿道には靖国神社から、九段下の交差点まで人がびっしりだったけど、その殆どが靖国神社側の人
間だということが分かったら、あの反靖国デモ隊の年寄り連中は心臓麻痺起こしたんじゃないだろ
うかwww

972 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/15(月) 18:52:43.94 ID:6KxI3eFy
誰か、次スレよろ(^^ゞ

973 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 18:54:52.50 ID:e7/8NAmg

そうなのよ。 反天連は、どのデモ見ても、ご老体が多い。
在特会にしても、対応に関してはよくよく考えた方が良いよ。

当たり前の話だが、暴力事件だけは絶対不可にしないと、
他の衝突事件に、風当たりは強くなると思う。


974 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2011/08/15(月) 19:10:32.03 ID:/bSA4Xrt
ま、在特会のリーダー格の人は、何度も暴力反対って言っていたけどねw
なんか、飛び出た人は右翼関係で在特会とは関係無いと思うけどね。

石原知事「あいつら日本人じゃない」 全閣僚靖国参拝見送りに 2011.8.15
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110815/trd11081513230015-n1.htm

今度のオリンピックは、春秋の例大祭に靖国神社に参拝する総理の下で行ってほしいねw
小泉さんみたいな人なら、オリンピック招致は十分可能さw

975 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 19:20:46.41 ID:v+gNhg9J
まるで幼稚園だなw。

976 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 19:29:48.29 ID:e7/8NAmg

立てようと思ったら、LVが足りないらしい。



977 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 19:48:12.86 ID:v+gNhg9J
じゃあ後はツイッターでやろう。
ここより人集まるし。

978 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/15(月) 20:14:55.56 ID:C59cT5Yt
 反天聯の聯中「被災地行くな」とか云つてゐたな。
本當に大きなお世話だ。

979 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 20:27:35.96 ID:vEkVRVCw
神風特攻隊最高!
天皇陛下万歳!!

980 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 20:27:53.76 ID:7I1Nlw7u
U.S.-Japan Alliance Affairs Series No.1 May 2004
Post-Reversion Okinawa and U.S.-Japan Relations
http://www2.osipp.osaka-u.ac.jp/~cissp/CISSP_Ja/Postreversion%20Okinawa%20study.pdf

The appearance of the continuation of the status quo was further seen a month later when
the Defense Department released the 1995 East Asia Strategy Report,
otherwise known as the “Nye Report.” The report (see Appendix 8)



981 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 20:30:39.09 ID:pcoTzm5L
>>971
ttp://live.nicovideo.jp/watch/lv60252455

↑本日の靖国批判の反転連のデモ、数分ごとに保守の乱入あり。
13分:最初の乱入を試みるも、機動隊の透明の盾数枚で行く手を阻まれる
22分:戦闘服の国士乱入、私服にとがめられる
この時、反転連が皇室を侮辱する人形の奪取に成功?
27分:反転連の先導車に殴る蹴るの保守、GJ

982 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 20:36:38.64 ID:mD+DXxuT
ネットで発見できる文章  ジョセフ・ナイ 「対日超党派報告書」

1. 東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っており、
.  その総量は世界最大の産油国サウジアラビアを凌駕する分量である。
.  米国は何としてもその東シナ海のエネルギー資源を入手しなければならない。

983 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 20:41:43.46 ID:mD+DXxuT
2. そのチャンスは台湾と中国が軍事衝突を起こした時である。当初、米軍は
.  台湾側に立ち中国と戦闘を開始する。日米安保条約に基づき、日本の自衛隊も
.  その戦闘に参加させる。中国軍は、米・日軍の補給基地である日本の米軍基地、
.  自衛隊基地を「本土攻撃」するであろう。本土を攻撃された日本人は逆上し、
.  本格的な日中戦争が開始される。

3. 米軍は戦争が進行するに従い、徐々に戦争から手を引き、日本の自衛隊と
.  中国軍との戦争が中心となるように誘導する。

984 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 20:45:27.28 ID:mD+DXxuT
4. 日中戦争が激化したところで米国が和平交渉に介入し、東シナ海、日本海での
.  PKO(平和維持活動)を米軍が中心となって行う。

5. 東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権を米国が入手する事で、この地域
.  での資源開発に圧倒的に米国エネルギー産業が開発の優位権を入手する事が
.  出来る。


985 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 20:48:14.98 ID:DIbKJTNJ
>>978
今日靖国神社に行かない売国奴が戯けたことをw
御前最低だな。
これだから癲狂サヨクは…

966 :名無しさん@3周年:2011/04/29(金) 19:12:15.21 ID:uu0mmgD1←自爆クン
 ID:uu0mmgD1に代表される癲狂サヨクの特徴。 ←自爆

 云ふ事は何時も同じ。(必要としない=不要)
 幼稚な詞の繰返し。(必要としない=不要)
 文脈に由る詞の變化を認識出來ない。(讀會力が無い→必要としない=不要)
 何を示しても認識が變らぬ莫迦。(必要としない=不要)
 自己中心的ゆゑに思込みが激しい。(必要としない=不要)
 素人よりも軍事音癡だ。(必要としない=不要)
 學習能力が無い。(必要としない=不要)

通りでw
さすが癲狂サヨクの自爆クン=國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF=ID:C59cT5Yt

986 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:01:23.79 ID:pOKDFB5R
これ日本がアジアで軍事的に動くとなぜか他の人が得しちゃうっていう話のように見えるね

987 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:15:00.26 ID:e7/8NAmg

蚊がブ〜って、、腕に止まるようなことが何も考えずにつぶすけど、
ヤクザが向こうからやってきたら、身動き止めて反応を遅らせることで、
周りの状況について思いめぐらせながら、すばやい対応に備えるだろう。
そうした恩慮の積み重ねが生き残り戦略につながると思うだよね。

歩道から飛び出すような人間は、まるで反天連は蚊のような存在で、
何も考えずにデモを妨害することは当たり前だと考えたかもない。
でも、いつまでもそんな事をやっても、生き残る上ではなんらプラスにならないし、
いつか足元をすくわれる。




988 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/15(月) 21:17:34.93 ID:C59cT5Yt
武力をなくしたら平和になれますか? 新造人間キャシャーン 第14話 前半
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15317692

 サヨクといふ人種は實に度難い。呵々。

989 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:19:47.22 ID:MSVltzIF
本日の靖国神社。
反天連のアホのデモを護衛するために
1個連隊くらいの機動隊が出動してるんじゃないのか?
警察は国民の税金を何だと思ってるのだ?

http://www.youtube.com/watch?v=7P43PkzwRVI

990 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:21:18.71 ID:Bc6n3Uc5
>>969
>どう、考えても、反靖国連中には、旧軍の指導者より頭の良さそうな奴はいないなwww

その反靖国連中に、旧軍はボロ負けしたんだろーがw
旧軍指導者が頭良かったら、あんなアホな戦争したりしねーよ
馬鹿だから負けたんだ。まだ分からんのか?

991 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:25:14.42 ID:Bc6n3Uc5
>>989
右翼の馬鹿が、暴力行為をするからだろ

992 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:25:51.04 ID:BGl2FJib
今日は終戦記念日だな。
右翼達は靖国に赴いて、先の大戦の正当性を謳い、中韓を罵倒し、満足げに帰路についた事だろう。

私は8.15というのは余り意味の無い日だと思う。重要なのは6日と9日。
いや、それすらも只の年中行事と化してしまって、マスコミの8月ジャーナリズムに堕している。
中途半端な総括のまま66年の月日を経て、1年で1度しか思い出さない日となってしまっている。

8月15日などただ昭和天皇のバカ野郎がギブアップ宣言をした日、程度の認識でいい。
さっさとポツダム宣言を受諾すれば良かっただけの話だ。馬鹿馬鹿しい。

993 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:28:12.58 ID:MSVltzIF
>>990
>馬鹿だから負けたんだ。まだ分からんのか?

だったら朝鮮人はバカだから
国を併合されたり分裂国家に
なるわけだなw

994 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:28:55.53 ID:e7/8NAmg

>>968にも書いたけど、参拝してる人達は、今の社会を愛し、日常的に暮してる普通の人達。
毎年15万人前後の参拝してる人達が証言者。


995 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:40:35.87 ID:jCSXy5DR
戦前の靖国洗脳の名残りだな。東京裁判自虐史観といっしょに消えてなくなれ

996 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:41:21.49 ID:WmXC1aGI
参拝する参拝しないは国内では個人の自由。
外国には関係ない話。

997 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:44:35.92 ID:pMkec3HI
>>993
その言い返しはいくらなんでも馬鹿っぽいだろ

998 :國C寧 ◆KqBEa6JjWmmF :2011/08/15(月) 21:46:53.60 ID:C59cT5Yt
991 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2011/08/15(月) 21:25:14.42 ID:Bc6n3Uc5 [2/2]
>>989
右翼の馬鹿が、暴力行為をするからだろ

 ↑相手が寧ろ仕掛けて來るといふ發想が無いらしい。
サヨクの單細胞振りには本當に呆れる。

999 : :2011/08/15(月) 21:54:26.32 ID:Bc6n3Uc5
>>998
まあ、馬鹿みたいな暴力行為を仕掛けて失敗するってのは
旧軍以来の靖国信者の伝統ですからねw

1000 :名無しさん@3周年:2011/08/15(月) 21:54:30.10 ID:e7/8NAmg

自慢じゃないが、俺はヤクザから3回逃げた経験がある。
逃げ道をすべて計算し尽くした上で、うるせー馬鹿野郎と怒鳴って逃げるのが定番だ。
約1週間、逃走路で、どうも若い衆が車の中で待ち伏せしていた時にはびびった。

もちろん、俺は捕まらないw


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000の任期を満了致しました。
継続審議に賛成の方は御スレ起て下さい。


  政治とは、あまりにも重大な事柄なので、
    政治家に任せておく事はできない。
           ∧,, ∧ (シャルル・ド・ゴール)
          (`・ω・´)
            U θU
        / ̄ ̄T ̄ ̄\
       |二二二二二二二|
       |        |
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
  ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧
 (   )】    (   )】 .【(   )    【(   )
 /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ

【 政治@2ch掲示板 】
http://yuzuru.2ch.net/seiji/

375 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)