5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆彡國語問題協議會☆彡

232 :( ○´ー` ○)はカワイイ ◆2.r4M.pJ.RBR :2010/12/19(日) 14:25:07 ID:lf8NEqcq
どうせだから、松沢呉一のブログからスレテーマにあった話題を紹介しよう。

仮名先習の時代、尋常小学校の教科書は片仮名から始まります。それを見ると、拗音や
促音を小文字にしています。「持ツタ」ではなく、「持ッタ」と小文字で書かれている
わけです(ネットでは、このような日本語の小さな文字を「小文字」というのは間違いと
しているものがありますが、国語学者でも「小文字」を使用しているので、ここでも
「小文字」を使用します)。

しかし、学年が進むと、「持つた」となります。どっちでも間違いではないのです。
「なぜふたつの表記が併用されていたのか」については、かつて「マツワル」で詳しく
見ていったことがあるのですが、長くなるので割愛するとして、国語調査会の方針を見ると、
「正しくは”持った”、しかし、“持つた”でもいい」ってことだったようです。
歴史的仮名遣いの必然として、小文字を使わなかったわけではないのです。その証拠に、
戦前でも、本のタイトルや広告では小文字を使用しているものが多数あります。

今の時代に歴史的仮名遣いをする人たちの中には、わざわさ「持つた」「言つた」と
小文字を使わない人たちがいますが、これは「なぜ戦前、小文字を使わない印刷物が
多かったのか」の事情を考えたことがないためであって、郷愁以外の意味はありません。


367 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)