5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ダンガンロンパ】霧切響子の正体は俺の嫁Part3

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 21:14:54.65 ID:ltc5gk0a
超高校級の“???”である「霧切響子」(CV:日笠陽子)について語るスレです

◆ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(※音量注意)
ttp://danganronpa.com/

◆キャラ総合スレ
[希望ヶ峰]ダンガンロンパキャラ萌え総合[4日目]
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/pokechara/1296661470

◆前スレ
【ダンガンロンパ】霧切響子の正体は俺の嫁Part2
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/pokechara/1293635303

◆SSまとめwiki
http://www43.atwiki.jp/dgrpss/

次スレは>>950ぐらいでスレ立て宣言してから立ててください。
sage進行推奨でおねがいします。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 21:24:57.76 ID:Imot18t6
>>1

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 21:27:59.20 ID:gh3ZYMup
>>1
乙!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 21:33:16.54 ID:zreGFUZ3
明日に>>1乙しろ!
未知に>>1乙しろ!
思い出に>>1乙しろー!!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 21:34:02.81 ID:IPrr+PDo
なんという>>1乙

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 21:54:56.84 ID:Uzp13mVF
>>1君、ここまで言えばわかるわね?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 22:01:13.43 ID:ApvfNrwd
あなたのような人と一緒なら…私はむしろ>>1乙よ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 23:19:03.55 ID:Imot18t6
前スレ最後ら辺見て思ったけど霧切さん視点で見ると四章の苗木くんは酷いデレツンだよな

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 23:22:18.44 ID:PS7eqUwM
次の日だからな

まぁ、黒幕に襲われるのがどうのこうのって言う霧切さんも大概酷いんだけど
苗木君マジ菩薩

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 23:45:16.55 ID:q4ex8hGV
この子は父親のこともあるからデレるまでのツンツンの期間は長いけど、
一回門が開くとかなりデレッデレになる気がする。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 23:47:07.01 ID:PS7eqUwM
ツンツンしてる事が逆にデレの証なんじゃないか?
4章からきつくなるのはそういう事だと解釈した

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 23:49:58.05 ID:gh3ZYMup
確かにナエギリ以外は考えられないけどそもそも苗木以外との絡みが殆どないからそう思ってしまう訳であって
試しに絡ませてみたら案外おもしろいかもしれない。やってみたらキャラは思いのほか動いてくれるもんだ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 23:54:46.10 ID:ApvfNrwd
あれが霧切さんなりの気の許し方なんだろうな
本人いわく「他人を頼ることに慣れてない」そうだが

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 00:29:02.32 ID:TRNjOU93
でも、ああいうデレ方って相手(の穏やかな気質)に甘えてるよね

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 00:35:19.90 ID:A3vVvEns
てかここのスレ他のキャラスレと比べて伸びすごいな
1スレ以上差開いてるぞ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 00:43:12.66 ID:kcehJQKh
頭はいいし他人の心の機微に疎いわけでもない癖に、
変な所が不器用で未熟な振る舞いしかできないあたりが霧切さんの可愛いところじゃないか


6周目のついでに霧切さん台詞集を作っていて気付いた
非裁判パートでの一言ボイスが他キャラに比べてえらく多いんだな
それというのも、1度しか使われない一言ボイスがたくさんあるからなんだけど
「モン・ダイ・ナイ!」と「苗木君のクセに生意気ね」は印象に残るところだろうが、
他にも「私も…」「学園長が!?」「本当に…ごめんなさい…」「もし…かして…」などなど
流石はメインヒロイン格というところか

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 00:44:57.38 ID:TRNjOU93
ナン・デモ・ナイ
じゃなかったか?それともモン・ダイ・ナイってバージョンもあるの?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 00:46:50.12 ID:kcehJQKh
ごめん「モン・ダイ・ナイ!」だった
失敬失敬

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 00:47:24.21 ID:TRNjOU93
どういうことなの・・・

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 00:49:08.87 ID:kcehJQKh
なにやってんだ俺…
「ナン・デモ・ナイ!」が正解です
「モン・ダイ・ナイ!」なんて台詞はありません

…じゃあちょっと補習受けてくるわ
スレ汚しして本当ごめん

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 04:14:27.06 ID:R/qCPs8w
そんな記憶力で大丈夫か?

というか、「カン・ケイ・ナイ」だったと思うんだが
そういう俺も記憶があいまい 前スレでは「カン・ケイ・ナイ」って言われてるんだが、どうだったべか

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 04:17:40.06 ID:m2aqbJlT
オマエラまとめて3章の捜査パートやり直してこい

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 09:48:32.30 ID:NqRZ4mX3
天界観測見すぎだろw

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 11:13:16.51 ID:6LrBww4N
とりあえず脱出後はクーデレからクーデレデレくらいにはなっていると思う

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 11:49:48.47 ID:+sCxWiZO
卒業後はガハラ並みに嫉妬深くて独占欲の強い霧切さんになってもいいと思うんだ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 14:19:40.37 ID:FcSpN1HW
SSまとめる前に前スレ落としちまったな...

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 17:02:56.08 ID:XLxH0qJ7
卒業後の霧切さんはさらにツンデレに磨きがかかると思うんだ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 17:11:45.74 ID:taGxpkFY
ツンデレとクーデレは実際かなり違うだろと
基本ツンデレキャラは対象外なのに
霧切さんはどストライクだった俺が言ってみる

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 17:46:59.06 ID:+sCxWiZO
苗木っちの方は霧切さんをどう思ってるんだろ
不届き極まりないことに、女として見てないなんてスットコドッコイなこたぁあるまいな、あーん?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 17:54:00.12 ID:rDbVQdeL
周りからは惚れた腫れた扱いだったが・・・
学園内では、苗木自身はあんまり恋愛感情はなかった気がする
信頼はすごくしてたから、もうちょい平常時ならすぐ恋に落ちたろうなとも思うが

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 18:02:41.67 ID:taGxpkFY
通常の学園生活なら
よほどの接触が無い限り苗木っちは霧切さんの魅力に気付かず舞薗さん選びそうだが

あーここら辺は妄想すると止まらねぇ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 18:22:24.56 ID:6LrBww4N
ファンブックの書き下ろしでは、過去の学園生活でもかなり親密だったように見うけられるが…
どんな馴れ初めがあったのか

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 18:43:20.69 ID:Q7UhJ1Ab
苗木くんと二人で楽しく探偵ごっこやってたら舞園さんが助手とか言って割り込んできたでござる

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 18:50:11.07 ID:+sCxWiZO
舞園さんの助手云々は唐突に感じたんだけど
霧切さんが苗木を助手にしてるのを見てヤキモチした舞園さんが
自分は苗木くんの助手になる!ってエピソードが二年間にあったりして。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 18:54:13.54 ID:lrL43rKP
唐突というか、舞園さんは尺の都合上いろんなフラグを短期間で乱立しなきゃいけなかったから仕方ないんだ
まぁここで語ってもしょうがないんだが、舞園さんのほうが苗木と積極的に仲良くなろうとできるのは確かなんだろうな

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 21:20:39.74 ID:OStRNC5j
公式イラだとタイツだけど、ゲーム本編では生脚なのはなぜだ?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 21:23:55.53 ID:2kM/HvjK
生足じゃないぞ
白のハイソックスだ

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 21:39:28.24 ID:2j/BOCuh
そんなのも知らんでどうする!!! 36!!もう一回ダンロンやり直して男のロマン手に入れて霧切様の美尻に三回礼してからここへ来い!!! 俺はもう八回は見てるぞ!!

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 21:46:23.48 ID:+sCxWiZO
モノクマ学園長ー、ここに学園の婦女子に変態的行為を八回も繰り広げたたわけがいまーす

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 22:44:35.66 ID:82Q5ZIoU
しかし苗木と舞園が仲良くしてるところを霧切が後ろから見ながらヤキモチしてるのは

何でこんなに微笑ましいのだろう

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 22:58:17.49 ID:+sCxWiZO
もし絶望的事件が起こらなかったら舞園ルート、
絶望的事件が起これば霧切ルートなのかな

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 00:03:00.26 ID:XsfyGMmJ
>>25
てか霧切さんの外見とか性格ってガハラさんを意識して作られたのかな?


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 00:08:52.96 ID:b715zd7D
それなら朝日奈の声優にしてるだろうよ・・・
別に珍しいタイプでもないし、霧切さんは毒舌家でもないだろ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 00:25:41.64 ID:7M7uwtTr
没になったという断髪イベントが気になる
どういう経緯で切る予定だったんだろう

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 00:52:51.53 ID:JWnLP2JN
ベタな線では苗木君が襲われた時とか?
失恋イベントとしての断髪はどんどん没にしてください

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 01:03:03.24 ID:wdUNADiW
>>45
同じ断髪でもドラゴンボールのビーデルみたいな断髪は個人的に勘弁な

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 01:03:34.70 ID:b715zd7D
正直、今の案でよかったと本当に思う
断髪なんかしなくていいの

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 01:04:25.39 ID:KfaoJA/j
苗木「霧切さんは髪が短い方が似合うんじゃないかな?」
て言うことだろ

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 01:06:21.48 ID:GrIfB/h6
黒幕と一悶着あったときに切れる(切られる)?
事故によって断髪するならそれでいいけど

女性が自分で髪を切るのは何かを決意したとき

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 01:06:44.92 ID:b715zd7D
>>48
ショートヘアのほうが苗木君の好み?→探偵にはジャマかと思ってさ

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 01:25:15.03 ID:JG37KzP9
>>42
ガラハドと読み間違えたW

霧切「ねんがんの なえぎくんを てにいれたぞ」


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 01:44:53.02 ID:M+SrUQUM
俺には見えるぞ、苗木の為に料理を作ってあげようとしてエプロンを身に付けポニーテイルにして頑張っている霧切さんの姿が

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 01:52:57.07 ID:mZvFcW9Z
ポニーテールを毎回言ってる人は同じ人なんだろうか?
かく言う私もポニーテールが好きでね

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 02:01:17.89 ID:FsxoxVQ7
霧切さんは結構頻繁にポニーテールしてると思うけどな

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 02:51:45.36 ID:ql9Ar9aP
それよりもかたっぽだけのおさげがだな

あの髪型なんて名前なんだろう

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 07:12:51.28 ID:uYfG9/MV
>>51
舞園「殺してでもうばいとる」

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 07:35:11.53 ID:nM3xdC98
>>56
舞園さんが言うと洒落にならねぇからやめろwwwwwwwww

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 11:13:58.92 ID:chJBjZX/
これでキリギリさんが非処女だったら何人の男がなくかな。

まあいまだ清い体だよね

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 11:41:49.33 ID:DhcOeZJ7
苗木「女の子も相手が処女の方がいいのかな?」
霧切「いきなりどうしたの?レズビアンの話?」
苗木「実は僕…非処女なんだ…」
霧切「………え?」
苗木「記憶が少しだけ戻って…空白の二年間に学園長に…」
霧切「待って、お願いだから待って…本当に、本当に本当なの?」
苗木「ううん、冗談だよ。驚いた?」
霧切「え?」
苗木「はは、いつかのリベンジだよ。僕だってやられっぱなしは悔しいし…」
霧切「……………………苗木君なんてもう知らない」
苗木「え?霧切さん?」
霧切「……………」
苗木「ご、ごめん!霧切さん!その……」
霧切「………冗談よ。また引っかかったわね」
苗木「う…霧切さんには敵わないなぁ…」
霧切(良かった…冗談だったのね…本当に良かったわ…)

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 11:46:39.40 ID:w2xMuppu
>>26
wikiにはある程度まとめられてるよ

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 12:02:04.82 ID:wdUNADiW
>>59
必死すぎだろww

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 14:45:41.71 ID:LiLQ/tXp
>>59学園長にやられたとあっちゃ、色々な意味で霧切さんの絶望感も半端なアッ――!!

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 15:53:27.18 ID:72P4RPlD
霧切さんが体の違和感に気付いたのは二年の間に喪失していたから説

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 15:59:28.39 ID:lTT16P2M
でも変わったのは0、1センチ位説

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 16:15:44.58 ID:LiLQ/tXp
ナエギリのSSは素晴らしいの多いな

1:天然な苗木君にドキドキさせられる霧切さん
2:ぐいぐいくる霧切さんにドキドキする苗木君

のどちらかのパターンで固定されてるから、ここらで

3:互いに意識しすぎてすれ違う切なエギリ
4:超高校級の夫婦なナエギリ

が開拓されるのを、俺は待ってるぜ職人さん

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 19:29:43.62 ID:chJBjZX/
卒業後、苗木がヤりたいって頼んだら霧切さんはオーケーすんだろうか

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 20:50:43.28 ID:wQ4IMaTD
お前らの嫁が人気投票で第一位だ
良かったな

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 21:13:47.23 ID:lTT16P2M
9回目の礼完了 ミッションコンプリート 一位すげえな主人公抜いたな神だな霧切様 

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 21:48:36.29 ID:7M7uwtTr
霧切さん1位おめ
苗木とワンツーフィニッシュして欲しかったが、不二咲君の壁は厚かったか
霧切響子の事件簿、マジで出ないかな

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 21:57:13.39 ID:vSjc0tuD
意外だ
対抗馬くらいだと思ってたが・・・と言うか、ラジオ聴いてるのは女性層が多いと思っていた
アニメイトだし

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 22:27:23.19 ID:mZvFcW9Z
霧切さんはこういうキャラが沢山いる作品だと珍しいメインが一番可愛いと思えるヒロインだったからな

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 23:40:53.24 ID:XsfyGMmJ
>>70
意外ではなくね?
キャラスレもダントツで伸びてるしメインキャラだったし


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 00:55:00.19 ID:kLJqnzf/
二度の中間発表でもずっと一位キープしてたからな霧切さん
驚異の安定感だ

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 00:56:30.18 ID:19UjIdqL
メインヒロインが一番人気になるのは良い作品の証拠です

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 04:26:14.56 ID:1fc40q3j
よきキャラです
でもそれ以上に、全編通して主人公(プレイヤー)の相棒として活躍したのが効いた
誰も信じられない状況で、一番信じられるキャラであり続けたのが好感に繋がってる

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 11:18:21.54 ID:AjkyUv4S
やっぱカップヌードルシーンはいつ見ても可愛いなぁ
壁紙にしちゃったよ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 14:01:17.39 ID:7SdvUw0Q
>>76
今すぐその壁紙をうpするんだ

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 16:51:22.40 ID:kLJqnzf/
霧切さんは衣装デザインも素晴らしい
首元までしっかり締めた襟高シャツと緩く結んだネクタイの組合せがいい
あのシャツとネクタイの間に宇宙の神秘が詰まっていると思う

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 21:23:42.27 ID:r858dxCC
そうだな
霧切さんの胸は謎だな

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 21:29:37.44 ID:afC8w1Mu
舞園さんと大差ないはずなんだもんな……(ビジュアルファンブックを見つつ)

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 23:08:04.53 ID:Z1s/eCzV
ファンブックによると身長は靴まで含めた高さ・・・
つまり胸囲もパットを含めた大きさだったんだ!


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 23:21:12.57 ID:vYQ3muq9
なんか貧乳みたいなイメージあるけど、朝比奈とかと比較しなけりゃ普通にスタイルはいいほうだろ

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 23:32:39.66 ID:r858dxCC
普通だと思うよ、霧切さんは
160〜2(ヒールで-5cm以上)くらいでB82ならば

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 23:35:41.55 ID:vYQ3muq9
ギャンブラーさんの方がよほど貧そ・・・なんだ、この夜更けに誰が来たんだ?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 00:03:27.77 ID:/LOeNB8X
>>84
<●> <●>


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 00:07:34.34 ID:WFmQC/cH
>>85
い、いや違うんスよ?
>>82とか>>83の奴等が無理やり俺にそう言えって・・・
セレスさまのスタイル抜群ッスよ!

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 00:39:49.67 ID:X4pla9T2
美尻と美脚に関しては霧切さんが随一だと思うぜ

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 01:30:19.00 ID:iTPp6x10
霧切響子のクーデレカルタ

【あ】あなたみたいな人と一緒なら、私はむしろ楽しみよ…そこで…私達に何が出来るのか…
【い】戦場むくろに気を付けて…
【う】疑う余地はない…間違いないでしょうね。
【え】エラリイ・クイーンは知らないの?
【お】驚きね。あれだけ仲間とか信頼とか言ってた割に、当の本人は、仲間の事なんて信じていないんだもの…

【か】学園長は…私が必ず捜してみせる…必ずよ…
【き】きゅ、急に…何を言ってるのよ…か、かわいいなんて…いきなり…そんな風に言われても…
【く】ぐっすり寝てたみたいだから、蹴っ飛ばして起こしたの…
【け】結論を出すのは、まだ早いわ。
【こ】この事件の謎は、あなたが突き止めるべき…でないと、きっと納得できないまま、終わってしまう事になるから…

【さ】先に進むためには、危険は避けては通れない…
【し】じゃあ、私も少し信じてみようかしら…あなたの…事を…
【す】少し…ほんの少しの間でいいから…1人にして欲しいの…
【せ】全身をじっくりと調べるのよ。そうすれば謎が解けるわ…
【そ】そんな気遣い…苗木君のクセに生意気ね。

【た】ただ…私は人を頼るのに慣れてないから…あまり上手く頼めなかったかもしれない…そのせいで、納得のいかない思いをさせたかもね…
【ち】“超高校級の絶望”を打ち破ろうとするあなたは…最後まで諦めずに“絶望”に立ち向かおうとするあなたは…
   “超高校級の希望”…そう呼べるんじゃないかしら?
【つ】つまり、成功しても失敗しても得るものがある計画…尚更、やらない理由はないわよね?
【て】でも、あなたはそのままで、いいのかもしれないわね…その方が…苗木君らしいわね…
【と】とにかく、手伝って欲しいの。構わないわよね?

【な】苗木君、ここまで言えばわかるわね?
【に】人間観察がおろそかなのね? 人間が嫌いとか?
【ぬ】
【ね】ね、言ったでしょう? 人の感情というものを軽んじていると、いつか足元をすくわれるって…
【の】乗り越えるのより…ずっと大変な道を選ぶのね。でも、期待してるわ……

【は】バカ正直なあなただもの…ウソをついていたら、すぐにわかるはず…
【ひ】1つの視点に囚われるより、様々な視点から見た方が、真実に近付ける場合もあるはずよ。
【ふ】古い手法だけど、意外と古典も役に立つものね…
【へ】別に…なんとでも言えばいいわ…
【ほ】本当に…ごめんなさい…

【ま】まだパンツの話をしているの…? まじめに考えて。
【み】みんなが戦っているのに…それを横目に、何もしないでいられる? そんな自分に胸を張れる?
【む】無闇に私の部屋に近づかない方がいいわよ。間違って…返り討ちにしてしまうかも…
【め】迷惑なの。私だけじゃなくて他のみんなにも…
【も】もういいわ…さようなら…

【や】安いケンカはやめて…
【ゆ】…許してもらおうとは思わないわ。すべて私の責任だから…
【よ】よかったわ…無事で…

【ら】
【り】…立候補する?
【る】
【れ】…礼なんていらないわ。私は借りを返しただけだから。
【ろ】ロクな事じゃないでしょうけど…ここで逆らうのは得策じゃないわ…

【わ】私も…あなたという人間に、興味を抱き始めているのかも…
【を】
【ん】

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 02:36:41.62 ID:xl98gc1v
>>88すげえな…なんというか…すげえな

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 03:45:53.88 ID:iAcgS3wO
「可愛い」って言われた時はどこまでが演技だったのかなぁ
照れるのも演技かな
少なくとも霧切さんはそう取れるように苗木をからかったけど・・・

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 04:27:46.65 ID:j5uu6KqG
>88
九割くらいしかシーンが思い出せない
まだまだだな

>>90
照れまでは演技ではない・・・気はする
初めて見た時は俺も演技だと思ったが、一通りプレイ終わってみるとちょっとわからなくなったな
「補習の顔色」と「中身は結構普通、意外に子どもっぽい」という情報を前提に見ると、イベントの印象が変わる

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 09:58:40.09 ID:nZpQs1d7
実質苗霧カプスレと化しているこのスレに霧切×学園長派の俺登場
霧切さんが超高校級のファザコンとか凄く萌えると思うの

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 10:02:40.19 ID:X4pla9T2
霧切さん、動揺が表に出てしまっても、それを即座に立て直せるっぽいんだよね
例として、苗木に嘘を追及された時には一瞬だけ声が震えてるんだけど、すぐにいつもの堂々とした口調に戻ってたり
かわいいと言われた時にも、本気で照れていたのを必死に繕っていたということはおおいに考えうる

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 10:16:34.39 ID:WFmQC/cH
>>92
最後に苗木にデレたのも苗木に頼もしさを見いだした=父性を感じたからじゃないかとは思った

なんだかんだで親父のことは好きだったろうし

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 13:07:38.35 ID:1e9IzRyi
霧切さんの照れは本心。霧切さんは無感情無感動の似非綾波系ヒロインじゃない。中身は割と普通の女の子なんだ。
苗木をからかってるだけだと自分に言い聞かせないと嬉しさと切なさと恥ずかしさで動揺を隠しきれないのだ。

と考えたほうがロマンがあっていいよな



96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 13:23:36.48 ID:UXHVeW2L
>>82
つーか別に乳がなきゃスタイル悪いってわけじゃねぇんだから
仮に貧乳だとしてもスタイルは良いだろ
体型や身長から考えて、そんなに小さいって感じだとは思えないし
まぁおっぱ(ry

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 15:08:41.60 ID:lL0FCtBS
>>95
てかもし照れがなくても綾波タイプのクーデレとは違う気がする
綾波は無口でしゃべりもあまり得意じゃなさそうだけど霧切さんは無口だけどしゃべる時は結構ペラペラしゃべるみたいな
どちらかというと化物語の戦場ヶ原とかテイルズオブジアビスのティア系のクーデレだと思う

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 15:35:27.85 ID:nAkCyIcX
>>88
なんか、そう言う台詞ばっかり抜き出したのかライターの筆癖なのかは分からんが「…」多いな
これだけ見ると、霧切さんって喋りがトロいように誤解してしまいそうだ

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 15:53:03.96 ID:9iLQEGYI
演技というのは嘘と似たようなところがあって、本物の感情をいくらか交ぜるほど上手にやりやすい
あの照れは結構素だったと思うよ
ひょっとしたらその後の「酷い」でさえいくらか本物の感情が混じってるかもしれない

それを感じ切れない苗木があの時点で一枚下ってところじゃないかな、と思った
まぁ4章のトイレ前で怒った演技を見るに、霧切さんは結構過剰気味な演技をするタイプだから、照れも怒りも完全に嘘だった可能性もあるけどね

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:07:58.58 ID:eOrc/J0e
探偵ってすげえんだな

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 18:37:01.86 ID:WFmQC/cH
刀語に全て計算づくでしか考えられない奇策士がいてね・・・

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 18:43:32.60 ID:iTPp6x10
>>98
霧切さんの台詞は全体的に三点リーダ含有率高いよ
句点で終わる台詞でも、文頭に三点リーダが付いてたりする
他キャラと比べても目に見えて多いので、多分そういうキャラ立てというかミステリアスな雰囲気の演出なんだろう

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 19:42:08.19 ID:1e9IzRyi
もう100か。このスレ早いな
霧切さんとイチャイチャちゅっちゅ出来るギャルゲ出ろ

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 20:40:53.48 ID:/Xvv52YJ
探偵とスパイってどっちがすげぇんだろう

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 21:50:38.94 ID:T9ssDoqW
さすがにスパイじゃね?諜報員とか工作員とかいるわけだし

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 21:56:41.33 ID:J+nb0V0d
探偵は事件を解決するもの
スパイは事件を(よそで)起こすもの
調査もするけど、基本的なあり方が違う

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 22:08:03.52 ID:T9ssDoqW
なるほど

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 23:45:00.86 ID:rHfsCl0t
「中立」が霧切家のモットーだったようだけど、それは難しいよね
政府の依頼で調査なんかもやってたようだが、中立を侵しかねないことに思えるし
まぁホームズだって政府役人の兄から仕事貰ったりはしてたが・・・

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 23:55:44.34 ID:0TVOUOfH
政府の依頼を受けたりしてもあくまで自分の主義優先だし
ホームズは阿片窟の常連だったりするからフィフティだべ

苗木「霧切さん!?駄目だよ煙草なんか吸っちゃ!」
霧切「苗木くん大丈夫よ……これは阿片だから」
苗木「な〜んだ…ってもっと駄目でしょ!?」

ダウナー系の阿片を霧切さんがやったらエロい気がする

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 00:04:20.73 ID:RgW7OCVl
相棒と仲むつまじくしてる探偵って、大概は私生活が駄目人間な気がする
それを相棒(助手)に窘められるのが定番
苗木君はバスルームを覗かないで正解だったかもしれないぞ

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 00:04:59.62 ID:Pwkq98J8
>>109いいな、エロいな
学園に来る前は外国にいたって話だし、麻薬に寛容な国にいたんだとしたらあり得るな
まあ本人の倫理観によるけど

売人『ほら、特別気持ちよ〜くなれるやつだ。今夜は彼氏とお楽しみかい?w』
霧切『大きなお世話よ』
苗木「霧切さん、英語ペラペラだね。なんて言ってたの?」
霧切「この国の食べ物は慣れないと内臓に負担になるから、胃薬を貰って来たのよ」
苗木「わあ、ありがとう!」
霧切「食事とシャワーの後に飲んでね…それと、私の部屋の鍵はいつでも開いてるから」
苗木「? う、うん」

みたいな

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 00:27:01.87 ID:eWqBF5i+
まぁ、麻薬でもリスク全然ないようなのもあるしな
タバコの数十分の一のデメリットだけど効果が高いとかいうのもあるし

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 00:38:23.22 ID:FGkh1p0a
ここでまさかのダメギリさん

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 01:05:16.00 ID:3tRstQ/R
デカダンギリさんか…あると思います!
まあ霧切さんなら身を持ち崩すようなところまではいかないだろうが

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 01:27:45.15 ID:ZpGDy6mQ
このスレの霧切さんは苗木くんと結婚したら「ここまで言えばry」とか子供が真似するんだろうなー。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 02:46:50.93 ID:Rep/4DOp
爛れた私生活してるダメギリさんは胸熱だな・・・

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 03:44:42.46 ID:7gez5ioK
ヤクギリさんSS
苦手な人はスルーしてね

「霧切さん入るよ」

霧切さんの部屋のドアを開けた瞬間、やっぱり……とボクは思った
霧切さんの悪癖だ
部屋にうっすらと漂う煙には嫌悪感を覚えずにはいられない
シャーロック・ホームズを気取っているのだろうか?
超高校級の探偵である彼女ならばその資格もあるのかもしれないが

「………なぁに?なにかよう?……苗木くん」

いつも凛とした彼女とはまるで違う弛んだ表情
ベッドの上に広がる銀髪、仰向けになりながらこちらをボーっと見つめる霧切さん
いや、ぼやけた視線からして見つめるというより眺めるという方が正しいのかもしれない
服もいつもとは違いワイシャツのみでその胸元もだらしなく開かれている
白い肌とチラリと見える下着が目に眩しい

「何かようって、霧切さんがボクを呼んだんじゃないか」

「………んー?」

宙に視線をさまよわせる霧切さん
こんな有り様の彼女を見たくないという自分とこんな彼女を独り占めにしたいという感情がせめぎ合う

「ああ…そうね、うん、こっちにきて苗木くん……」

ハマっている時の霧切さんはボクを抱き枕にするのがお気に入りだ
そもそも霧切さんにこんな趣味があると分かったのもそれが原因だった

「…うん」

答えながらボクも学生服を脱ぎ、ズボンとパーカー姿になる

「いいわぁ、落ち着く……すごくいい」

霧切さんにボクが覆い被さるような形で抱き締められる
頬を髪の毛にスリ寄せながら霧切さんはご満悦だ
手で頭を抑え、脚も腰に回してキツいくらいに締め付けてくる

止めるべきなのは分かっている
でも何故超高校級の探偵である彼女がこんな隙をボクに見せたのか、その意味を考えると踏みとどまってしまうのだ
月に一度あるかないか程度の頻度だから、素面の彼女が中毒にはなっていないと言うから、いつもそんな理由をつけて
結局ボクはこの霧切さんを手放したくないんだろう

終わり

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 03:50:46.14 ID:7gez5ioK
ぶっちゃけお薬やってる人がどういう状況になるか分からないから困る
いや分かる方が困るか

薬とかやるヤツは精神が腐ってると思うけど
ホームズや金田一が嗜んでますとかいうとありかなとかつい思ってしまうから困る

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 04:19:30.60 ID:Pwkq98J8
たまらんGJ…

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 08:05:52.34 ID:3tRstQ/R
GJ
緩くなってる霧切さん…うん、アリだな
しかし苗木はつくづく羨ましい奴だ

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 12:07:50.37 ID:p8j3E8Oe
……ゴメン
…ムラムラが凄かったからヤクギリさんで抜いちゃった…


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 13:38:08.62 ID:KMjWga1F
>>115
あの世界の現状は分からないけど、仮に現代風の世界が残っていたら
やっぱり探偵業は続けたいだろうし、結婚しても飛び回る日々だろうとは思う。

苗木くんは助手役から必然的に主夫業に移行。
子供は苗木っちの方になつきそうだな

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 14:51:37.34 ID:LiBgOXc2
ヤクギリさんの薬物入手ルート編。
田田田「はい、いつものねあんまりやりすぎないでね。」
霧切「・・・」
偶然、植物園にいた苗木(とんでもないものを見てしまったぞ)
霧切さんが去った後田田田に詰め寄る苗木。
「田田田さん、なんてものを彼女に!」
田田田「えっ?見てたの。大丈夫、人体に害は無いからw」
苗木「えっ?」
田田田「見た目は弄ったけどただのラベンダーアロマだから。プラセボwプラセボw」
田田田「ホームズに憧れてるんだって。案外子供っぽいよね」
田田田「彼女には本物って伝えて効果確認してるから黙っててね、うぷぷぷ。」
(あー、超高校級ってやっぱりマトモじゃないんだ。)と思った苗木だった。

終わる。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 14:57:57.31 ID:yhroFnNp
ヤクギリさんか…ここに来て新境地を開くとは、霧切さん、恐ろしい子…!

>>122
霧切の後継者を育てにゃならんし、案外教育ママに覚醒するかも知れない
あるいは子連れ探偵

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 15:24:30.22 ID:KMjWga1F
>>124
チビギリと大人の色気のあるママギリさんですね。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 15:55:49.05 ID:ZbNYtPd5
しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 18:12:33.51 ID:KMjWga1F
チビギリさんが小学生くらいで、次女が生まれれば
霧切さん大中小が揃うね

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 19:04:43.35 ID:s61fS8dY
人気投票一位とったばかりのヒロインスレで薬中だったらとかいうネタで萌えてるとかサイコポップだなw

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 19:40:13.05 ID:XYNey5LK
>>128
いいじゃん。このゲームサイコポップな雰囲気も売りの一つだし。

ネコギリがあるならイヌギリもあるはずなのになー。イヌギリのSSは見たことがない。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 20:05:46.82 ID:rcMhQkDt
本気で言ってるわけじゃないと思うけど、ドラッグを推奨していると思われかねないから自重しようよ

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 20:07:56.81 ID:FGkh1p0a
犬は基本苗木のポジだからな

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 20:12:06.20 ID:D7AJzEES
別に薬がどうとかそういう話じゃないし
要はキャラ萌えメインのアクセントなんだから目くじら立てることないだろう

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 20:30:41.33 ID:s61fS8dY
>>129
いや褒め言葉なんだが

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 20:53:29.81 ID:LiBgOXc2
>>123を書いた者だが
>>130みたいに薬物ネタを不愉快に思う人が居ると思って逃げ道をSSモドキで放り込んだのだがかえって良くなかったか。
スマン。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 21:16:22.16 ID:3tRstQ/R
霧切さんは猫か犬かで言えば、まあ猫だよな
探偵という属性自体は個人的に犬のイメージだけど
ホームズも犬だったし
…と思ったが三毛猫ホームズなんてのもあったな

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 21:55:24.63 ID:Pwkq98J8
>>134別に良いんじゃない?>>132の言うとおり、アクセントだよ
それにクラスメイトぬっコロしてるゲームで、薬物倫理説くのも変じゃないw まあだからって薬容認するわけじゃないけど

>>130は不快というより、注意してくれたんでしょ
ここで語る分には想像の域を出ないんだから、いきすぎなければ大丈夫だと思うよ

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 00:48:52.05 ID:PIREcqK6
まあまあ
じゃあここはみんなで霧切さんのパンツについて語ろうじゃないか
白に一票

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 00:52:59.20 ID:YEMWLxxw
俺は黒に一票

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 00:59:37.57 ID:Zs9Zw3By
ノーパンに一票

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 01:13:59.58 ID:AsIhJpDA
俺も黒に一票

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 01:22:15.55 ID:vMWxBpJH
青で

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 01:28:54.02 ID:133ScD+V
白のハイソックスだから下着も白

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 01:49:12.00 ID:RHmiRL5A
白ではないかと

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 01:54:35.85 ID:OwK+f6d8
定期的にパンツの話題になるなこのスレ
貴様らそんなに霧切さんのパンツを拝めなかったのが心残りかw

霧切さんには黒が似合うと思うので黒で

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 03:08:20.95 ID:RgjwkOnV

これは譲れない

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 06:20:47.60 ID:+8zcfeSG
>>129 犬ギリさん=こういうことですね分かります

ある日、霧切さんが犬っぽくなって苗木の部屋に住み着いた

霧切「苗木君、散歩に行きましょう」
苗木「うん。」

学園の外を散歩中
霧切「苗木君、トイレに行きたくなったわ。」
苗木「うん、じゃあ近くの公園で…」
霧切「いいえ、そこに電柱があるわ。
…苗木君、ここまで言えば分かるわね?」
苗木「!!
でも、人が見たら…」
霧切「分かったわ、じゃあ公園の草むらでするわ。」
苗木(…普通にトイレですればいいのに…)

寄宿舎に帰って
苗木「今日のご飯はフライドチキンだよ。
霧切さんにもあげるね。」
霧切「私は骨だけ舐めているわ。」
苗木「だめだよ!!骨だけなんておなかがすくよ!!」
霧切「…苗木君のくせに生意気ね。
…でも、あなたがそこまで言うのなら…食べてあげてもいいかななんて…」

お風呂の時間
霧切「苗木君、体を洗って。」
苗木「ええっ!?だ、ダメだよ!!女の子の体を洗うなんて…」
霧切「まだ人間扱いしているの…?まじめに犬だと思って。」
苗木「でも…人間としてのプライドを捨てた霧切さんなんて…
霧切さんらしいとはいえないよ!!」
霧切「…!!…あなたがそんな冷たい人だとは思わなかった…
もういいわ…自分で体洗って一人で寝るから…」
苗木(怒らせた…かな?)

夜時間となりました ではではいい夢を、おやすみなさい
苗木(霧切さん…あれからずっとシャワールームで寝てるな…
風邪ひいたって知らないぞ…
あれ?霧切さんがシャワールームから出てきた…)
霧切「…苗木君…寂しいの…いっしょに寝て…」
苗木「!?」
霧切「さっきはごめん…
…でも許してもらおうとは思わないわ。すべて私の責任だから…」
苗木「い、いや…僕も少し言い過ぎたし…」
霧切「…本当に…ごめんなさい…明日から、人間らしくするから…
今日はいっしょに寝て…」
苗木「…しょうがないな…今日だけだよ…」

その後霧切さんは苗木君の毛布で丸まって寝たそうです…

終わり

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 08:56:27.05 ID:RgjwkOnV
>>146
バター犬プレイはまだかね?

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 11:02:07.92 ID:ABM06/zL
そういうのはさすがにエロパレスレでやるべきじゃね

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 11:36:53.23 ID:5QPu2LY9
指についたバターを舐めるとか反則だろ・・・

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 16:31:03.23 ID:Mzbb4E5O
霧「……」
苗「な、何? どうしたの霧切さん?(顔が近い…)」
霧「……(ペロリ)」
苗「わっ!? い、いきなり顔舐めないでよ!」
霧「……嫌?」
苗「い、嫌ではないけど…」
霧「そう、なら良かったわ(ペロペロ)」
苗「……(ドキドキ)」

※犬が相手の顔を舐めるのは最上級の親愛表現です

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 16:44:58.82 ID:Od3uW1im
霧「この汗は嘘をついている味ね」

霧切さんの調査術ですね、わかりますん。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 17:20:01.63 ID:T4mjXuC+
ジッパーで隣の部屋に入ってくる霧切さんを想像した
おおっと隣は苗木だ


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 18:05:18.02 ID:Zs9Zw3By
この流れなら載せられる 自分でもちょっとやりすぎかと思ってる、にゃえぎりSSを…!




 お腹のあたりに息苦しさを感じて目を覚ますと、案の定「彼女」が、すやすやと布団の上で丸まっていた。
 どこから生えてきたのか分からない、耳と尻尾。
 山田君当たりなら、この状況には歓喜に打ち震えるのかもしれないけれど…

「…ん…」
 目をこすりながら、彼女が目覚めた。
 どうも寝起きはあまり良い方ではないようで、うっすらと機嫌悪そうに開いた眼で、僕と、それから辺りを見回す。
「お、おはよう…霧切さん…」
 瞼をこすりながら、跨った僕に目をやる彼女に、朝の挨拶。
「苗木君…?…なんで…  …っ!?」
 それまでの緩慢な動きから、ハッとしたように飛び起きると、霧切さんはいそいそとベッドから降りた。

「ごめんなさい…私、また…重かったでしょう…?」
「ううん、いいよ。それに、そんなに重くなかったし」
 彼女へのフォローを忘れずに、僕もベッドから降りて、洗面台に顔を洗いに向かう。
 彼女が猫としての本能に目覚め、飼い主――おそらく、そう判断されているであろう僕のことだが――に懐き、
 ちょっかいをかけてくるのは、別に何もこれが初めてじゃなかった。

 慣れたとは言わない。
 今朝だって理性をフル動員して、寝起きの霧切さんの白い綺麗な肌に見とれて、その柔らかな匂い――
 違う違う。
 とにかく、我慢の日々なのだ。



 確か昔、現代文の授業で習った小説で、虎になってしまう男の話があった。ええと、なんて題名だったっけか…
 姿は虎のままで、精神は人間と虎の間をさまよう、そんな話。
 今の霧切さんがおかれている状況は、それに限りなく近い。
 彼女は、猫になってしまったのだ。

 この話の展開と違う点は、まず虎ではなく猫であること。同じネコ科とはいえ、この差は大きい。主に僕への安全面の方で。
 次に、身体は完全な猫ではなく、耳や尻尾、爪などの、一部しか猫化していないこと。
 そして、

「そのうちネズミや虫を取ってくるようになるかもしれないわね」
 当の本人である霧切さんが、全く問題視していないということだ。

「うええ、止めてよ…僕、そういうの苦手なんだから」
「男の子でしょ?しっかりしなさい」
「霧切さんは女の子なのに、平気なの?」
「ええ。いちいち怯んでいては、探偵業は務まらないから」

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 18:06:31.73 ID:Zs9Zw3By
続き


 耳と、尻尾をくゆらせているという所に目をつぶれば、会話の内容も、仕種も、それまでの霧切さんと全く同じ。
 今の霧切さんは、強いて言えば『人間モード』だ。
「それにしても苗木君には、迷惑をかけるわね……あつっ!」
 ただ猫としての特徴は残っているらしく、
「あ、またホラ…冷まさないでコーヒー飲もうとするから…」
 例えばこれは、俗に言う『猫舌』だろう。
「っ、つぅ…迂闊だったわ……ええと、何の話だったかしら…そう、あなたには本当に頭が上がらないわ」
「…気にしないでよ」

 気にしないでよ、とはいうが、正直限界に近い。
 『人間モード』の霧切さんは比較的理性を保っている。それは別にいい。
 一緒の部屋で暮らしている分にも、僕の方が理性を失わなければ、問題はないのだ。
 『人間モード』なら。

「この耳や尻尾が無くなったら、一度お礼に……っ!!…ぅ、に、ぁ」

 言葉の途中で、霧切さんが大げさなほどに身体を縮まらせる。
 きた。
 何度目かの「それ」を、僕はただ目を細めて見ていた。

 霧切さんの瞳孔が、すっと細くなる。

 フルフルと体を少し震わせ、思いっきり伸びをしたかと思うと、

 それから蕩けた目つきになって、僕に枝垂れかかる。
 自分の頭を頭突き気味に僕の頬に擦りつけ、するりと体を僕の膝の上に置く。
 先ほどまでとは明らかに違う立ち居振る舞い。

 さあ今日も始まった、ここからが本当の理性との戦い。
「にゃあ」
 これが、『猫モード』の霧切さんだ。
「はぁ…」

 『猫モード』の霧切さんは、僕を飼い主だと認識しているのか、とにかく懐く。
「にゃう」

「あぁっ、ほら、コーヒーこぼしちゃダメだって…」
 僕が注意するのをわかっているのかいないのか、彼女は普段は絶対に見せないような満面の笑みで、
 僕の腕に尻尾を巻き付け、じゃれるのだった。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 18:09:07.22 ID:Zs9Zw3By
続き


 『猫モード』の霧切さんは、簡単に言えば、感覚や記憶、個人の趣味趣向はそのまま残され、
 理性だけを吹き飛ばし、猫としての本能や仕種を忠実に再現している、といったところ。
 だから猫なのにコーヒーが好きだし、油ものは依然として嫌がる。

 『人間モード』と『猫モード』は唐突に入れ替わる。

 記憶もリンクしているから、『猫モード』で何をしているか、霧切さんは覚えているし、
 だからこそ『猫モード』の霧切さんは、僕が誰かも認識している。

 それなら、僕を苗木誠と認識して、その上で飼い主としてみなし、懐いているということは…
 という論拠を、依然『人間モード』の彼女の前で展開しようとしたのだが、顔を真っ赤にしながらすごい目つきで睨まれたので、
 この件に関しては僕も深く考えないようにしたい。


 なんて、必死に僕自身の理性を総動員して、現状を整理していると、
 さっそくその理性をぶち壊すイベントがやってきた。
「…はぷ…」
「うっ、えぇえええ!?き、霧切さん!?」

 彼女は僕の手を取ると、その指を自分の口に入れて、舐めまわしはじめたのだ。
「なぅ…んぷ」
 確か子猫なんかは、授乳の所作を思い出し、なついた相手の指などを舐めまわして親愛の情を示す、というのはよく聞く話だ。
 そう、猫としては、これは何の不思議もない、至って普通の行動。
 猫としては。


「ぅあ、っ…霧切さ、やばいって…」
 霧切さんの口の中はとても温かく、唾液でぬるぬるとしていて、至福の気持ちよさがある。
 ざらざらとした舌が変幻自在に動き、恍惚の表情で彼女は僕を見上げる。
 元に戻った時の彼女の羞恥を想像して、僕は自分の中の男子高校生の本能に負けないよう、必死で理性に釘をさす。
 けれど、
「ほら、ね、離して…」
 ぐい、と手を引っ張ると、
「にぅうー」
 なんとも恨みがましいジト目で、彼女は僕を見るのだった。

 ああ、無理無理。手なんか抜けっこない。だってかわいいもん。
 手を出してしまえば、人間として終わり。でも、手を引くことは、僕にはできない。

 僕はそのまま小一時間、彼女の満足がいくまでひたすら、自分の右手を生贄にし続けた。
 とにかく霧切さんの方を見ないように。
 今彼女が僕の指を舐めている所なんか見たら、朴念仁と名高い僕でも、何をしてしまうかわからない。


「にゃ…んむ……、…、……」
 しばらくして舌の動きが止んだ。
 ああ、ようやく解放されるのか、と、安心しつつも少し残念に思う。
 霧切さんの顔を見る。もう、『人間モード』だ。
 さすがに今回は、唐突過ぎて状況を整理できないのか、彼女は僕の指をくわえたまま呆然としている。
「あの、霧切さん…もう、手、離してもらっても…」
 一瞬で彼女の顔が真っ赤に染まり、それから見るみると真っ青になっていった。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 18:11:50.99 ID:Zs9Zw3By
続き


「ごめんなさい…本当に…」
「い、いいって…」

 珍しくしおらしい霧切さんが見れたので、それだけでも幸運だ、と、僕は自分を納得させた。
「苗木君…いつも言っているけれど、嫌だとか、気持ち悪いと思ったら、本当に遠慮なく、私をはねのけていいのよ?」
 彼女が申し訳なさそうにそう言うのに、僕は苦笑いで返すしかなかった。

 正直、嫌という気持ちは全然ない。
 むしろ僕自身、どこか楽しんでいる節だってある。
 それに、『猫モード』の霧切さんの行為は、あくまで本人の意向に基づいて行われている。
 そのことだって、全然悪い気はしなかった。

「あなたは馬鹿みたいにお人好しだから、私の…その、ああいう行為を拒むことに、
 もしかしたら罪悪感を感じているのかもしれないけれど、それは筋違いなのよ」

 むしろ拒まずに受けてしまっていることに、罪悪感を感じてはいるのだけれど。
 それを言ってしまうと後が怖いので、とりあえずここは黙っておこう。


「いつになったら、治るのかしらね」
 不意に霧切さんが、そんなことを呟いた。
「もしかしてこのまま一生、苗木君に迷惑をかけ続けなければならないのかしら…」
「まあ、僕はそれでもいいけどね」
「…苗木君、あなた自分でも意図していないのだろうけれど、時々ものすごく恥ずかしいことを口にしているのよ」

 霧切さんがそっぽを向いてしまったので、その表情は見られなかったけれど、
 耳まで赤く染まっていることからみて、もしかして僕は今変な事を言ったのだろうか?
 いや、きっと霧切さんの気のせいだ。

「でも、猫である時間も、周期も少しずつ短くなってきたし…近いうちには治るんじゃないかな?」
 少し残念ではあるけれど、やっぱり治るに越したことはない。
「そう…だと、いいわね、お互いに」
「最初の頃は酷かったもんね」
「…出来れば早々に忘れてほしいわ」
「ホントに一日中ずtt」
「忘れて、お願い…」

 頬を染めながら頭を振る霧切さんに見とれて、僕は頬を緩ませた。
 普段は僕の方が彼女に翻弄されているんだから、今くらい彼女をからかったってバチは当たらないはずなんだ。


 バチは当たらない、はずだったんだ。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 18:12:11.09 ID:Zs9Zw3By
またあとで多分来るぜ…正直ごめん

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 18:57:55.30 ID:XYvkgXEN
にゃあー!
理性がミンチにされちゃう

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 19:16:21.34 ID:OwK+f6d8
いいぞもっとやれ!
俺、前スレにあった猫ギリさんネタ好きなんだ…

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 23:03:45.48 ID:B/qGL9bW
虎になる男って中島敦の「山月記」だっけか

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 00:32:30.69 ID:J7SX0jUO
霧切さんてどんな事件解決してきたんだろうな
死神の足音を聴けるってことはやっぱ殺人事件が多かったんだろうか
でも実際の探偵はそんなもん出くわすことなんてそうそうないだろうし
まあ設定的にはコナンとか金田一みたいな探偵と同じと思っときゃいいか

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 01:14:19.06 ID:xIO+MOPJ
「補習 for ミステリアス」聴いてたら気分がダウナーな方にトリップしてしまった
ぺちゃんこになる効果音が脳内再生余裕でした

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 08:02:47.27 ID:0NF9vbMf
霧切さんが後ろ向きで黒板の「生命の始まり」が映るカットの時点で、既に耳まで真っ赤になってることに最近気付いた
あれはやっぱり緊張とかではなく羞恥で赤くなってるんだな

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 10:19:17.22 ID:zZJEyABS
霧切さんが好きそうな体位は自分が優位に立てて相手を見下ろせる騎乗位なんだろうか

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 10:22:11.75 ID:fH5NhXf5
意外と子供っぽい霧切さんが好きな俺としては対面座位が理想
というかエロパロ板でやれ

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 12:28:44.12 ID:ZQoJXblw
誰にも踏み込まず/踏み込ませず、中立の第三者たることを貫いてきたであろう霧切さん
しかし、そうやって自己を律することができる能力と他人に頼りたいという気持ちは別であるはずだ
霧切さんにだって心のどこかで他人に寄り添いたいという気持ちがないとは言い切れない
つまり何が言いたいかというと、ひとたび探偵の立場を離れた霧切さんは甘々のデレデレだという可能性は考えられないだろうか

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 12:33:44.85 ID:7gaAudkW
そもそも探偵って依頼人がいて初めてなりたつ仕事だよね。
それなのに中立な立場なんて貫けるものだろうか。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 17:02:00.94 ID:JdHIkHGy
本当の中立なんて事はできないけどそれを目指しましょう、ってことなんじゃないかな
特定の誰かに入れ込むと推理が鈍るってことは、ゲームプレイ中で特定の被害者やクロが好きだったやつにはよく分かるんじゃない?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 20:12:14.18 ID:0NF9vbMf
舞園さん殺しの真相を苗木に解明させようとしたことは中立からの逸脱だろうか
苗木に肩入れしていると言えるかもしれないし、
個別の事件の中で考えうる最善の解決を目指した結果ととることもできるように思う

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 20:28:42.26 ID:nKp06QJ1
ヒントは教えるから後は自分で、というのが霧切さんの中立ラインなんだろう
積極的に教えもしないし妨害もしない

ただ、「探偵助手」は中立として扱うべきなのか?とかは気になるな

171 :にゃえぎり:2011/03/02(水) 22:09:48.27 ID:bqIJXEtz
ちょっと真面目な流れに水を差しちゃうんだけど…>>157の続き書いていて載せにきたので
うざいと思ったら何卒スルー・NGしてください

172 :にゃえぎり:2011/03/02(水) 22:11:17.58 ID:bqIJXEtz
 翌朝。
 久しぶりに腹部への圧迫感のない朝に、心地よく上体を起こす。

 そこで感じる、違和感。
 僕はとっさに、彼女の姿を探した。
「霧切、さん…?」

 すぐに、その姿は見つかった。
 部屋の隅、毛布に体を包めて、自分の体をキツく抱きしめている。
 心なしか、顔が紅い。羞恥的なものじゃない。
 まるで熱に浮かされているかのように、目が蕩けている。

「霧切さん、どうしたの?大丈夫?」
「っ…近寄ら、ないで」
 顔を覗き込むと、目をそらされた。
 何事かと僕が考える前に、彼女が次の言葉を紡ぐ。

「今の私は…あなたに何をするか、わからないわ」

 彼女の瞳に宿る光に、野性を感じ取る。
 僕は身の危険を感じて、思わず身じろぎした。
「少し…時間をちょうだい…心を、鎮めるから…」

 霧切さんが落ち着くのを待って、僕は彼女の話を聞く。


「…体の異変は、昨日から感じていたのよ。いくら私が、猫っぽくなっている時に理性が無くなるからって…
 いきなり、あなたの指を、その…舐める、なんて…これまでの奇行に比べて、明らかに異常性が増しているわ」

「確かに…これまではせいぜい、すり寄ってくるくらいだったもんね」
「…と、とにかく、あの時から…その、身体がおかしいのよ」
「おかしいって、どんなふうに?」
「どんなふうって…体が熱くて、気持ちがそわそわして…」
「風邪、かな?」

 なんて、額に当てた僕の手には、まるで懐炉を触っているような熱が伝わってきた。
 霧切さんは身を捩って僕の手を退け、顔をそむけたまま、耳を真っ赤にしてぼそぼそと喋る。

「その…だから……は…」
「は?」


「発情期、だと思う…」


「え、と…なんて?」
「聞き返すなんて、いい根性してるわね…」

173 :にゃえぎり:2011/03/02(水) 22:12:49.32 ID:bqIJXEtz
続き


 聞こえなかったわけじゃない、自分の耳が信じられなかった。
 彼女の口がら、そんな言葉が出てくるなんて、思わなかったから。

 毛布から伸びている彼女の尻尾が、咎めるようにぺしぺしと僕の鼻を叩く。

 潤んだ瞳で恨めしく睨まれても、可愛いばかりで、いつもの迫力は全然ない。

「こう見えても今、必死に我慢しているのよ…気を抜いた瞬間に、あなたに襲いかかっちゃう、か、も…」
「ば、馬鹿な事言わないでよ…それに、さすがに女の子には力負けしないよ」

 こう見えても、とは言うけれど、言われてみれば今の彼女には、興奮という状態が当てはまるんだろう。
 こんな霧切さん、初めて見たから確証は得られないけれど…
 息を荒げ、冗談めいて言う霧切さんは、どことなく色っぽい。

「私…結構強いのよ。試してみる?」

 ごくり、と、喉が音を立てて生唾を飲んだ。

「冗談に聞こえるかもしれないけど…探偵業でトレーニングを欠かせたことはないし、体格もあなたより大きい…
 その気になれば、いつだってあなたのこと、襲えるんだから…
 今は必死に理性で抑えつけているけれど、体が疼いて疼いて、今にも頭がおかしくなりそう…
 それにあなたは人が良いから…私がそういうことをしても、拒めないでしょう…?
 だからこそ苗木君、あなたにお願いがあるのよ」

 そこで彼女は、毛布を脱いだ。
 ふわ、と、湿った熱気に乗って、彼女の女の子の匂いが鼻に届く。
 それだけで、僕はどうにかなってしまいそうだった。

 まだ顔は紅く、息はあがっているが、真剣な目つきで彼女は僕を見ている。
 霧切さんは、どこから取り出したのか、ガムテープを僕に押し付けた。
 苦しそうに胸の前で手を握り締めながら、声を絞り出す。

「まだ、私の意識があるうちに…っ、私の手を、縛っておいて」

「な、何言ってるのさ!」
 僕はガムテープを、彼女に押し返した。
「女の子を、し、縛るなんて…出来ないよ!」

 僕だって、この現状で、だいぶ理性がやられているんだ。
 彼女の自由を奪って、それこそまともでいられる自信はない。

「苗木君、私は真面目に話しているの…本当に、あなたのためでもあるのよ」
「だ、だからってそんなこと…た、例えば霧切さんを部屋に入れておいて、僕は外に出ているとか…」
「閉じ込めるということ?鍵は内側にあるのに、意味はないわ。開けるくらいの知能は残っているから…」
「それに…僕に襲いかかるかどうかなんて、わからないじゃないか」
「あなた、今まであれだけされて、まだそんな悠長な事を…猫になった私は、絶対にあなたを襲うわ。断言できる」
「どうして、断言できるのさ!?」
「猫になった私は、普段の私の記憶や趣向を反映し、より本能的に動く…ここまで言えば、わかるでしょ…?」
「わかんないよ、全然!なんでそれが、猫の霧切さんが僕を襲う確証になるの!?」
「だから!それは、私があなたを、っ……」

 そこまで言うと、彼女は黙ってしまった。

 でも、その先を聞かなくても、なんとなく…。
 だって彼女は、言い淀んだ瞬間からますます顔を真っ赤にして、唇を一文字に、拗ねたように僕をじっと見ていて、
 彼女の熱に当てられたかのように、僕も顔が赤くなっていくのがわかった。

174 :にゃえぎり:2011/03/02(水) 22:13:54.75 ID:bqIJXEtz
続き




「霧切さん…」
 雰囲気に流されつつある僕が、彼女の背中にそっと手を回そうとした、その時に、

「あ、っ…」

 それは、唐突に始まった。

「霧切さん!」
「っ、わた、しは…忠告した、のに…もう、知らないから…!……っ…ぁ…」
 息がますます荒くなる。
 顔は紅いまま、どんどん瞳孔が細くなる。
 彼女は最後の力を振り絞って、毛布にくるまった。僕を守ろうとしてくれたのかもしれない。

 そんな僕は、どうしていいかわからずに、尻もちを着いていた。
 本当に襲われたらどうするんだろう。逃げるべきか、拒むべきか。
 正直、発情なんて聞かされ、指舐め以上のことをされて、理性を保っている自信はない。
 けれど、こんな状態の彼女を放ってはおけない。

「にゃ…ふーっ…」

 毛布の中から、うめき声が聞こえる。
 普段の鳴き声じゃない。明らかに異常が見て取れる。
「霧切さん…?」
 何度目か、彼女の名前を呼んだ。
 びくり、と、毛布が震え、動きが止まって、


 次の瞬間、毛布が僕に襲いかかってきた。


「っ、わ…!」
 驚く声が口から飛び出す前に、体を押し倒され、
 僕は無様に、地面に横たわった。思い切り床に頭をぶつけ、目の前がぐわんぐわんと揺れる。

 毛布の中から飛び出た腕が、転がる僕をベッドの上に放り投げ、自分もそれに跨ってきた。

「ふーっ…ふぅうぅ…」
「霧切、さ…」

 毛布で包まれた暗闇の中、彼女の双眸が光る。
 獲物を狙うような、鋭く冷たい目つき。
 ごくり、と、僕はさっきとは別の味の生唾を飲み込む。

 そんな彼女の気に当てられて、興奮が僕にも伝導してくる。
「はぁ、はぁ、はぁ…」
「ふぅーっ…ふー…」
 互いの吐息が、かかる距離。
 彼女の体温を、香りを、存在を近くに感じて、僕ももう限界に近い。

 ケダモノは、果たしてどっちだろう。

175 :にゃえぎり:2011/03/02(水) 22:15:05.52 ID:bqIJXEtz
続き



 男と女が二人でベッドの上、毛布にくるまって体を密着させて。
 このままじゃ、どちらが先に動き出しても、何かしらの過ちを犯しかねない。

 霧切さんは、ぼくの腹の上に膝立ちでのしかかっている。
 彼女の膝に袖を踏まれて、腕の自由も奪われている。
 手の甲に、うっすら湿り気を帯びた彼女の太ももが触れている。

 確かに彼女の力は、想像していたよりも強い。
 けれど、抗えなくはなかった。体重もたぶん、僕の方が上だ。
 彼女は探偵として鍛えているといった。確かに、本気の彼女が僕を押し倒せば、抗う術はないかもしれない。
 けれど今は、本能のままにのしかかられているだけ。
 がむしゃらに起き上がれば、簡単に形勢逆転できるだろう。

 だからこそ、残り少ない理性と、全脳細胞をフル動員して、この状況の打開策を考える。
 彼女が本能を行動に移す前に。
 僕の理性が焼き切れる前に。


「ふっ…ふっ…」
 もぞもぞと、腹の上で霧切さんが動き出す。
 上体を倒し、頭を彼女に抱かれるような形になる。

 ドッ、ドッ、ドッ、ドッ、

 心臓がうるさいくらいに、早鐘を鳴らしている。
 それは、彼女の鼓動か、僕自身の鼓動か。
「はーっ…はーっ…」

 力を込めて起き上がれば、彼女を押し倒すことができる。
 できるけど、絶対にやっちゃダメだ。
 正気じゃない女の子を押し倒して襲うなんて、犯罪だ。いけないことだ。人間として最低だ。
 必死に自分を咎めるけれど、鼻孔をくすぐる甘い匂いに、自制の言葉が浮かんでは溶かされていく。


 ずるり、と、霧切さんの体が下にずれてくる。
 二人の目線が、合う位置まで。
「なぅ…」
 目があったのを確認すると、彼女は妖艶にほほ笑み、足を絡ませてきた。
 誘惑しているような目つき。

 す、と顔が近付き、
 ペロリ
 僕の頬を舐めあげる。


――ヤバい、ヤバいヤバい!!                          これ以上はエロパロ板行きだ。


 とうとう僕は、苦渋の選択の答えを出した。

176 :にゃえぎり:2011/03/02(水) 22:16:28.05 ID:bqIJXEtz
続き



 ぐ、と力を込めて、自分の手を彼女の下から引きずり出す。
「に゛ゃっ…」
 バランスを崩した霧切さんが呻く。

 そして彼女の背中に手を回し、思いっ切り抱きしめる。
「にゃ、うっ?」
 あまりに唐突で、さすがの霧切さんも面喰らっている。
 服越しに柔らかな彼女の体を感じながら、僕はガムテープに手を伸ばした。

 背中にまわした自分の左腕に、ガムテープをぐるぐる巻きにして、彼女の背中にあてがった。
 固定するのは、彼女の服と僕の左腕。
 肘から先は自由なので、同じ要領で右腕も、彼女の服に貼り付ける。

 僕が霧切さんに抱きついた形で、二人は固定されている。

 体が密着しているわけだから、僕はもちろん、霧切さんも身動きが取れない。
「にゃ…にゃう…」
 霧切さんは不可解そうに首をかしげていた。

 最初こそ、満足そうに頬を擦り寄せてきて(この時点で僕はもうヤバい)いたんだけど、
 やがて自分が身動きを封じられたことを理解したのか、
「なぁああぁう…ふーっ!!」
 あからさまに不機嫌そうな声をあげて、バタバタと暴れ出した。

 彼女が暴れるたびに、その、慎ましやかな胸(本人に直接言えば、きっと命はない)の膨らみが押しつけられ、
 僕の理性を、アイスピックで氷を割る様に、ガンガンと勢いつけて崩しにかかる。

「ダメだよ…元に戻るまで、自由にさせないからね…!」
 僕の言葉は届いているのかいないのか、
「フーーっ!!」
 彼女はますます暴れて、ベッドを揺らすのだった。

 ギシ、ギシと音を立てて、ベッドが揺れる。
 その上には、毛布をかぶって重なり合う男女。
 人に見られれば、確実に誤解されるであろう光景だな、なんて考えながら、
 僕は自分の意識をどこかに飛ばし、目の前の現実に向き合わないように必死だった。


 やがて、どう頑張ってもほどけないと理解したのか、ぴたりと暴れていた霧切さんが止まる。
「にゃう…」
 ようやくわかってくれたか、と、安堵をしたのもつかの間。

「うう…ふぅうう…」
 発情はすぐ収まるわけではなく、今度は切なそうに吐息を洩らす。

177 :にゃえぎり:2011/03/02(水) 22:17:21.97 ID:bqIJXEtz
続き



 霧切さんの顔は、僕のすぐ横にあるわけで、
 彼女がこちらを向いて吐息を洩らせば、それが僕の耳に吹きかかるのも当然。

「ふー…ふー…」
「っ……ひっ…」

 情けなくも、女の子のように甲高い声が漏れてしまう。
 それに気付いてしまったのか、今度は霧切さんは、僕の耳を執拗に攻めてくる。

 ぬるり、と、彼女の温かい舌が僕の耳をなぞった。

「うぁっ!」
 声が口から飛び出す。

 反応に気を良くしたのか、ますます耳の穴を霧切さん舌が犯してくる。
 絶えず足を絡ませ、グイグイと腰を押し付けられる。

 我慢だ、我慢だ…彼女はまともな意識じゃないんだから…
 欲望が背中から追ってくる。

「にぅぅぅ…」
 耳を舐める合間に、耳元で彼女が、切なそうに鳴き続けている。
 まるで、僕に何かを訴えかけるように。

 ゾクリとした温い恍惚が、背中を駆け抜けた。
 逃げなきゃだめだ、逃げなきゃだめだ…!

 このまま時間が経てば、元のクールな彼女に戻ってくれる。
 万が一、互いの欲望のままに動いて、僕が彼女を、彼女が僕を襲えば、もうこれまでの関係には戻れない。
 僕がこうして我慢しているだけで、また元の関係に戻れるんだ。
 一時の感情に身を任せて、大切なものを失ってはいけない。


 しばらく、そのままの時間が続いた。
 霧切さんは僕の頬や耳を舐め、身体を擦り寄せて切なげに声をあげ、
 僕は彼女を抱きしめたまま、思いっ切り彼女から顔をそらしている。

 毛布の中は酷く暑くて、自分の呼気の温もりさえ感じるほど。
 彼女と触れあっているところから、じっとりと汗ばんでくる。
「はぁ、はぁ…」
 少しずつ酸素が薄くなっていく中で、彼女の動きも鈍くなっていく。

 もうそろそろ、大丈夫だろう。
 そうして気を抜いた瞬間に、

 僕の意識は、深く深く落ちて行った。

178 :にゃえぎり:2011/03/02(水) 22:18:45.03 ID:bqIJXEtz
続き





 どれくらいの時間、気を失っていたのかは分からない。
 一瞬かもしれないし、一日かもしれない。
 窓のない部屋では、時間の経過は分かりづらいから。


 ただ、起きた時には霧切さんは、もう元に戻っていたみたいで、
「…おはよう、苗木君」
 少し動けば触れ合う距離で、僕に挨拶をかけてくれた。

「あ、あの、霧切さん、これは…」
「わかってるわ。記憶もちゃんとある」
 彼女を抱きしめたままの格好に気づき、途端に慌てて弁明を口走る。
 けれど霧切さんの所作は至って落ち付いていて、互いを抱きしめた体勢のまま、体を起こす。


 顔は少し赤かったけれど、本当に『元の』霧切さんだった。


「…耳、消えたんだね」
「尻尾もね。お陰さまで」

 余裕を見せようと、ミステリアスな笑みを浮かべるのも、

「今、ガムテープはがすね」
「…ええ」

 髪をかき上げる仕種も、

「…多分、この『発情期』みたいなものが、一つの節目だったのね」

 推論を進める時にした唇を撫でるクセも、

 本当に全部、元の霧切さんだった。


 ああ、やっと終わったのか。
 ガムテープをほどいた後、どっと疲労感に襲われて、僕はまたベッドに横になった。

 もうあの無邪気な微笑みや、恥じらう霧切さんを見られないと思うと少し残念だったけど。
 彼女自身に特に危険が及んだわけでもないし、何事もなく終わって、今はほっとしていた。

179 :にゃえぎり:2011/03/02(水) 22:19:48.12 ID:bqIJXEtz
続き



「その…ゴメンね」
「何がかしら?」
「急に抱きついちゃったから…」

 霧切さんは、なぜかむっとして僕の頬をつねりあげた。

「い、いひゃい!いひゃいよ霧切ひゃん!」
「痛くしてるのよ…」
「何で!?」
「謝ったから」
「え、ええ!?」

 ああ、この理不尽な攻撃も久しぶりだな、と、僕は頬をさすりながら感慨にふける。

「私を守るためにとってくれた行動で、なぜ謝るの?…あなたから謝られたら…私が素直に、謝れないじゃない…」
「う…なんというか、罪悪感というか…」


 だって、緊急自体とはいえ、女の子を抱きしめるなんてほめられた行動じゃない。
 それに、彼女に対してやましい気持ちを抱いてしまったのは、本当だから。

 その旨を伝えると、また彼女は顔を真っ赤にして、
「あなたのせいで、赤面症にでもなってしまいそうだわ…」
 と、恨めしげにつぶやくのだ。

「そ、それはこっちの台詞だよ!色々してきたのは霧切さんじゃないか。どれだけ僕が我慢して…」
「なら、拒めばいいと言ったでしょう?突き飛ばしても、縛り上げてもいいって言ったのに」
「そんなこと、女の子に出来るわけないよ…ましてや、好きなひt」

「えっ…」
「あ」



 Fin

180 :にゃえぎり:2011/03/02(水) 22:20:02.37 ID:bqIJXEtz
すまんかった

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 22:59:16.80 ID:1kagOBEN
>>180
GJ
面白かった
霧切さんの言い回しとかも本編の霧切さんっぽくてすごくよかった

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 23:01:51.21 ID:0NF9vbMf
GJ
あなたを待ってたぜ
これは…たまらんな!

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 23:27:22.01 ID:nvevnRhf
GJ!!
さぁ、次はエロパロ板で書くのだ!!

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 23:32:09.81 ID:k21jirQJ
GJ!!!
最高だ!
エロパロ板でも頼むb

185 :にゃえぎり:2011/03/03(木) 00:35:21.63 ID:6wmJBBJO
その後



「…にゃあ」
「…」


 あのあと、言葉の続きについてさんざん言及されたが、僕としても一応プライドというか、
 あんな流されて口を滑らせてしまったような、無様な形で告白したくはないというか、
 とにかく『猫モード』の時がまだマシだったかと思わせるほどの、霧切さんの追及を逃れて、

 それまでの様々な心労からは解放されたはずなんだけど。

「…何してんの、霧切さん」

 心地よい眠りから冷めた僕の目に飛び込んできたのは、猫耳を頭に着けて、
 ベッドで眠っていた僕の上に四つん這いに跨って、顔を真っ赤にしている霧切さんの姿だった。


 念のために言っておくけれど、これが『猫モード』の霧切さんじゃないことは、僕にだって分かる。
 まず、猫化現象は昨日で終わっていた。
 次に、猫状態の彼女は、発情でもしていない限り、僕の上に跨った程度で顔を真っ赤にしたりしない。

 そして、決定的な違い。僕が見た『猫モード』霧切さんの猫耳は、彼女の髪の毛と同じ、銀灰色。
 今彼女が着けているカチューシャ――その猫耳は、真っ黒だった。

「に、にゃー…」
 とにかく分かるのは、今の霧切さんは猫になりきっているらしいということ。
 そんなに恥ずかしいなら、何をそこまでやることがあるんだろうか。
 そこまでして、僕をからかいたいのだろうか。

「にゃー、にゃー…」

 僕の手をとり、その掌を自分の頭に押し付ける。撫でるように強要している仕種にも見えなくもない。
 けれど、僕は深く考えないようにして、そのまま頭に付けたカチューシャを掴んで外した。
「にゃ…あっ!」

「何してんの、霧切さん」
 僕はもう一度、同じ質問を繰り返す。
「あ…」
 恥ずかしがりながら、甘えたように猫真似をしていた霧切さんの顔が、凍りついた。

「まさか霧切さんに限って、本当に甘えようとしたわけでもないだろうし…
 大方、僕をからかおうとしたんでしょ?いくら僕が鈍いからって、そんな簡単な罠にぶごふぅっ!!」


 鳩尾に綺麗な突きが決まって、僕はベッドの上で未悶えた。
「お…ふぉっ…何を…」
「…憂さ晴らしよ」

 ベッドの上で悶絶する僕の頭によぎったのは、『私、結構強いのよ』の言葉。
 まぎれもない事実だったということを確認しながら、僕はわけもわからず霧切さんに詫びるのだった。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 01:48:50.83 ID:gAM4Dzwr
>>185
凄くよかった GJ

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 03:03:13.78 ID:2v1+jdz5
>>185
あなたのせいで一ヵ月間はこのページ開きっぱなしだよ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 06:58:42.92 ID:Kfkjumbz
>>185
よい!

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 08:01:19.97 ID:CvenfDoi
>>185
よくやってくれた
よくやってくれた

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 12:14:56.19 ID:T8Rp9rfg
霧切さんはロシアンブルー
苗木君は柴犬

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 23:30:14.24 ID:CvenfDoi
もう雛祭りも終わりだが、霧切さんには和服も似合うと思うんだ
肌白いし、さぞかしお人形さんみたいになることだろう
なにより和服は胸のサイズが目立たな…いやなんでもない

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 02:41:45.73 ID:JyjIKymn
霧切さんは俺のために早急にナース服を着るべき

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 13:22:57.53 ID:JWn7M7MQ
ネコとナースと聞いて。他にも多数
ttp://niyaniya.info/pic/img/12068.gif

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 13:41:46.35 ID:WW6Be+CH
>>193
だいたいあってるwwww

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 14:34:47.57 ID:Qz9EydKQ
こんなもんだいたい当たり障りないように書かれてるんだから

とか思ってたらホントにだいたいあっててワロた
座右の銘とかいかにも霧切さんっぽいし 儚げなお尻ww

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 15:03:35.58 ID:JyjIKymn
霧切さんのお尻は儚くないよ!
夢と希望が詰まってるよ!

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 18:24:12.67 ID:oRJEVYX0
>>193
制服ハンターw きっと匂いフェチのせいだなw

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 19:08:27.72 ID:c84x9LxC
ごね得美人てw
でも「行くべき時には強引には行ける」は×なのがかわいらしい

そうか…霧切さんはキス上手だったのか…

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 19:21:07.64 ID:twybnAEv
ほう
どこで覚えた

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 20:54:46.52 ID:c84x9LxC
そりゃお前、ボージョボー人形のマコトくん相手にイメージトレーニングに励んでいるんだろ?

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 20:54:51.44 ID:ApxD9tZ+
今二年前霧切さん単体ss練ってるんだが、ナエギリ成分少なくてもいいかな…?
というか投下してもいいですか?
あまりssばかりになると語れないと思うので。
おkのようならいつか投下させてもらいます。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 20:55:03.11 ID:ApxD9tZ+
今二年前霧切さん単体ss練ってるんだが、ナエギリ成分少なくてもいいかな…?
というか投下してもいいですか?
あまりssばかりになると語れないと思うので。
おkのようならいつか投下させてもらいます。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 20:57:21.07 ID:ApxD9tZ+
うわ、連投してしまった
ごめんなさい
ちょっと補習受けてきます

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 21:05:11.29 ID:oRJEVYX0
ここは霧切さんの個人スレなので、全く構わないと思うよ
というか、どんどんお願いします

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 21:36:06.46 ID:c84x9LxC
遠慮する必要はないと思うよ
ネタがあるなら思うさまやってくれい

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 22:46:29.87 ID:ApxD9tZ+
>>204>>205
ありがとう
完成したら投下させていただきます

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 23:12:43.27 ID:JWn7M7MQ
上で子供の話題やってたので、検証。投下までの暇つぶしにどうぞ
ttp://niyaniya.info/pic/img/12074.gif

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 23:13:56.35 ID:JWn7M7MQ
おっと、>>206氏の投下のね。すまぬ。楽しみにしてるよ

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 23:22:18.69 ID:7tM2yDIc
>>207
長女が…アイドル?

舞園「私、パパと結婚したいです」
苗木「あはは、パパもそうだよ」
霧切「へぇ…」

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 23:29:04.17 ID:c84x9LxC
去年の6月に一体何が…

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 00:12:48.05 ID:F29GM0jg
ファンブックにヒロインにしては冷たすぎるってコメントあったけど、御曹司に部屋の鍵没収されたときに
自分の部屋に匿ってやらない苗木っちの方が冷たいと思いますた。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 00:20:25.85 ID:1tfwrR9F
あの展開は絶対に同じ部屋で夜を過ごすことになる展開の前振りだと思ってたよ

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 00:25:26.92 ID:t3/PxM91
俺もそれを心から期待したんだが如何せん舞園さんと被るからな

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 00:30:03.40 ID:F29GM0jg
舞園さんと違って、意地っ張りで頑固な霧切さんの性格上苗木の方から言ってやらないといかんかったよな

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 00:30:39.09 ID:jhM8UHNQ
霧切さんは勝手に苗木の部屋に入ってくるじゃないですか
それも二度だ

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 03:04:31.68 ID:1tfwrR9F
夜這いは文化なので何の問題もありません

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 14:56:45.04 ID:8PdajjtW
霧切さんは探偵としての役割を果たすためならガンガン押していくけど
根っこが乙女だから、それ以上のことについてはなかなかアグレッシブにはなれないのさ
多分

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 15:19:13.47 ID:B8MxSIUw
地味にss進めてるけど、容量落ちとか連投規制とかこのスレは大丈夫ですかね?
何回投稿したらどれぐらい規制されるか教えていただけると幸いです
それでカットとかすると思いますので。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 15:27:50.85 ID:t3/PxM91
現在どれくらいの容量なのか言ってもらわないと答えずらいが
容量については余裕じゃないの?
まだ74KBしか使ってないから400KB以上余裕があるし

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 15:37:43.56 ID:CsTCNNgv
どうしても心配ならこれを使うといい

http://firestorage.jp/

自分もお世話になりました
SS完成待ってます

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 15:49:27.27 ID:B8MxSIUw
>>219>>220
お答、ありがとうございます
明日かその週に投下予定です
期待はしないでおいてくださいね…
捏造二年前なので、駄ssフラグがぷんぷんですorz
コーデリア・グレイについて軽く知っていると0.1割ぐらい楽しめる?と思います

どうでもいいけど、霧切父のキャラがまったく掴めない…

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 16:37:59.27 ID:qPo7Ycm1
連投規制は1時間当たり10回位連続でやるとなりやすいよ

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 17:38:15.70 ID:n8kwPkV6
霧切さんは苦手教科とかあったんだろうか

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 17:51:26.40 ID:4Vd48010
古典と日本史が苦手なんじゃね、海外育ちだから

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 17:58:54.00 ID:CUMq/2XQ
保健体育はバッチリです

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:51:01.35 ID:8PdajjtW
ペーパーテストの科目に関しては、弱点のある印象はないかな
記憶力いいし、探偵たるものどんな分野の知識でも貪欲に吸収しようとするだろう

ただ家庭科の実技とかは苦手そうだ
実は壊滅的に絵心がなくて、美術もダメダメなんてこともあるかもしれない

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 22:02:53.86 ID:B8MxSIUw
>>222
お答ありがとうございます
そんな大量にはならないと思うので大丈夫かな?

微妙にナエギリ成分を含みつつ霧切親子なシリアス話になる予定です
一応霧切父のキャラは捏造なのでイメージにあってなかったらすいません。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 02:14:28.45 ID:JFWg0YZC
作中ではクイーンの名前を出してたけど、霧切さんは古典ミステリ愛好家なのだろうか

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 13:26:44.80 ID:Y/yhd1hf
クイーンとか教養の範囲だろ

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 13:42:11.69 ID:rrEZh0CE
横溝が好きな俺は霧切さんと苗木くんが兄弟だったらとか霧切さんが危ないお薬を嗜んでいたらとか妄想してしまうな
公式ではっきり否定されたけど親父の声優一緒だから妄想しやすくて楽しい
ホームズな霧切さん、ワトソンな苗木くん
ポワロな霧切さん、ヘイスティングスな苗木くん

一番好きなのはそして誰もいなくなっただけど

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 15:29:20.23 ID:+ERLFGkJ
蝶ネクタイやらを喜ぶあたり、フィクションの探偵物が大好きで憧れがあるんじゃないかという気はする
いや霧切さんも十分フィクションの探偵の域だけど

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 16:32:14.68 ID:9kpcgAhT
ファンブの体育祭イラスト、さりげなく苗木に寄り添ってるのが意味深だな。

苗木の方が気づいてないのがさらに・・・

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 20:04:38.63 ID:+ERLFGkJ
あれだけでは苗木が気付いているかどうかは何とも言えないんじゃないか
それより注目すべきは、苗木が旗を持っている右手側よりも接近可能な左手側のスペースを霧切さんが確保していることだな

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 20:25:10.52 ID:wqctyl0f
>>233
そもそも公式に否定することでも無いけどな
別人だなんてことはプレイすれば分かることだし
声優が同じだからって同一人物だと思うほうがおかしいわ

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 20:26:12.37 ID:BVgcXvw2
両思いなら、お互い寄り添う気がする
旗を持ってるから傾きづらいとは言え

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 20:50:07.42 ID:wqctyl0f
>>234はアンカーミス
>>230だったわ


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 22:55:03.90 ID:rrEZh0CE
>>236
本当に何でわざわざ公式で否定したんだろうな
ネタじゃなくてガチっぽい質問メールとか届いたのかな?

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 00:04:05.88 ID:r9CZE8gw
もし2年の間で、妹様か舞園さんが苗木の彼女だったりして、
それ霧切さん思い出したら苦しむのかな。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 00:09:58.28 ID:r9CZE8gw
つか苗木に気のありそうな女がキレイサッパリいなくなってんだよな。

これはまさか・・・

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 00:18:09.45 ID:bEq2RfbL
両思いかどうかはともかく、あの写真の霧切さんの笑顔は素晴らしい
霧切さんがあんな表情ができる学園生活があったかと思うと、もうね

>>237
ラジオのスタッフがゲストに来た回で、質問メールがあったんだよ
で、「違います」との回答が

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 00:18:33.64 ID:3Ee+AD+q
・一章
霧切(舞園さんと江ノ島さんから死神の足音が聞こえるけど放っておくべきな気がするわ)
・三章
霧切(セレスさんが何かやらかしそうな気がするけど放っておくべきな気がするわ)


・記憶を取り戻す
霧切(計画通り!)

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 00:56:21.88 ID:r9CZE8gw
だがブラックホース朝比奈が残っていたことに気がつかない霧切さん

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 01:26:14.21 ID:nDbvm0OS
たった十人ちょっとしかいない同級生たちだからな、
萌えポイントだからってほどほどにしとけよ?

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 16:01:20.01 ID:xXTRrsew
霧切さんの付けてるリボンって、やっぱり家族写真のと同じものなのかなぁ

もし同じものを付けていたとすると、2年間の学園生活の間に父親とは和解できていたんだろうか……

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 16:02:41.21 ID:ioeI+0yU
入学時からあのリボンはつけてるはずだが

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 16:54:52.69 ID:xXTRrsew
>>245
いや、それはわかってるよ
でも、霧切さんって学園長である父親と決別するために希望ヶ峰学園に入学したわけだろ

あのリボンは自分を捨てた父親が唯一残してくれたもので、自分と父親を繋ぐ思い出の象徴
それを父親に逢ったときに叩き返すことで、過去の因縁を断ち切るために身に着けてきた
しかし、父親に再会して話をしているうちに、自分がどれほど愛されていたのかを知る
そして、親子は和解して、思い出のリボンは離れ離れになっていた2人の心を結ぶ新たな絆として生まれ変わった

……みたいなエピソードが空白の2年間に隠されていたら、なんかグッとくるなって思っただけなんだ
霧切さんって探偵としての仕事もあるし、父親と再会する目的さえ果たせれば
希望ヶ峰学園から出て行きそうなイメージがあったから(父親が嫌いならなおさら留まる理由が無いし)
2年間も学園にいたってことは、なにか理由があったのかなって思って妄想してしまった

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 17:18:49.99 ID:pHahJ1Se
>>246
いいなそれ

和解とまでいったかどうかは分からないが、多分二年の間にある程度関係は修復されてたんじゃないか
例の手帳の中で、霧切さんが学園長を父親と呼んでいたことからして
霧切さんの性格からして、絶縁した後ならもうそんな呼び方はしないだろうし

で、親子の歩み寄りを取り持ったのが苗木だったんじゃないかなと妄想してみたり

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 20:41:30.03 ID:nDbvm0OS
よし、その妄想を形にするんだ

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 23:07:17.91 ID:xeg1SRmr
苗木君に冷たくされて絶望する霧切さんを書いている

自己満で載せたかったんだけど、無駄に冗長になってしまってどうしよう どなたか御助言を
やっぱ削って載せた方が良いんだべか

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 00:03:44.12 ID:4oEluPUJ
別に削らなくても、そのままでいいと思うよ
長い方が読み応えがあって楽しめるし

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 00:05:09.58 ID:KVD19oOo
自分で削るべきだと思った理由が「冗長だから」なら削るべき
「スレ汚しになりそうだから」なら別に削らなくていいんじゃよ
どっちがメインの理由かによる

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 00:48:45.98 ID:BjoV+AaY
うむ
気遣い的なアレなら無用だと思うぜ

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 00:52:21.41 ID:4QiWu4lY
自分でいらないと思ったら削ればいいし
残したほうが良さげならそのままで
物書きだもの

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 03:10:43.57 ID:fiN5lFwU
SSだと、天然な苗木君がツンデレっぽい霧切さんを振り回してるのが多いけど
実際の本編では霧切さんの方が天然っぽくて、気ぃ使いの苗木君が振り回されてんだよな
プロテインで怪我も治る→「気をつけて、それはガセよ」の流れとか大好きだ

まあどっちも萌えるんだけどね

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 04:17:26.45 ID:E2/LyShK
霧切さんは苗木に誕生日に指輪とか貰ったら
苗木のいないところで指輪をずーっと眺めながら嬉しそうにしてそうな気がする

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 04:21:05.19 ID:KVD19oOo
手袋の中身知った上で指輪を贈るのは覚悟がいると思う
男が女にアクセを贈るのは「それつけてるところ俺に見せてね」ってことだ、まぁ男女逆でも同じだが

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 06:05:00.66 ID:o6YXNDdg
なら首輪を贈ればいいじゃないか!

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 07:50:11.63 ID:BjoV+AaY
霧切さんは家族となる人以外に火傷を見せるつもりは無いと考えている
逆に言えば家族となる人になら火傷を見せても構わないということ
つまり霧切さんに指輪を贈るということは、非常にダイレクトな求婚になる得るわけだな
二人きりの時だけ指輪を付けてくれるとか胸熱じゃないか

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 12:22:59.74 ID:kYiemLgQ
指輪を渡された時には「一応受け取っておくわ」と素っ気ないリアクションなんだけど、
一人になった時に指輪を取り出して、「いつか彼の前でこれをはめて…」とか妄想しつつ口元がほころんでしまう
そんな霧切さん

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 16:20:52.24 ID:E2/LyShK
>>256
苗木が贈ればこそ、
きっと喜んでくれるだろうよ

261 :誇りと感情:2011/03/08(火) 19:30:02.59 ID:29aoe4FA
いつぞやの者です。
完成したので投下させていただきます。
注意!二年前捏造、霧切父がよく出てしゃべる。
おkならどうぞー

他人とは深くかかわらない。なぜなら無駄な感情を抱いてしまうから。
「霧切ちゃん!ドーナツ・・・違う、お昼一緒に食べようよ!」
クラスメートが今日も話しかけてくる。
「ごめんなさい。気持ちだけ受け取っておくわ」
クラスメートは残念そうに「そっか・・・じゃ、また今度ね!」と言い、いつもの友達の集まりに入っていく。
そう、これでいい。
探偵に無駄な感情は命取りとなるから。
かといって断りを入れたこの教室にいるのも心地悪い。
(まだまだ・・・ね)
そう思いつつ霧切響子は教室を出て行く。
すれ違い間際に会ったクラスメート――短い黒髪に鼻の辺りにそばかすがある、とても無口な少女。
いつも彼女からは死のにおいがする。そして、自分と同じ超高校級の「何か」と明かしていない彼女。
似ている、いや、何かが決定的に違う。それが何かは分からないけれど。
ただひとつだけ分かることがある。彼女と自分は決して関わりあう存在ではないことだと。



262 :誇りと感情:2011/03/08(火) 19:30:39.21 ID:29aoe4FA
昼食の断りを入れたのもやはりお腹は空いている。
購買部に行こうかと思ったとき、微かに違和感を感じ、その正体もすぐに分かった。
(開いてる・・・)
関係者以外立ち入り禁止の赤い扉が微かに開いていたのだ。
好奇心―それが探偵だからなのか、やはりだたの一人の人間だからなのかは分からないが―
霧切は気配を隠し息を潜めながらその扉を覗く。
「・・・っ!?」
そこにいたのは
会うべき相手 学園長
クラスメート 苗木誠
だった。
何故学園長が?何故ここに?何故苗木誠が?何故ここに?何故、何故
何故苗木誠が学園長と二人きりで隠れるように会って、お互い笑顔で話している?
疑問だけが霧切の中で増幅していく。
理解できない状況に霧切は混乱するばかりだった。
「・・・っはっっ!」
息苦しくなり、霧切は慌てて女子トイレに駆け込む。
幸い誰もいなく、霧切は気持ちを落ち着かせるためにハンカチを水に濡らし頬に当てる。
(・・・ひどい顔)
鏡に写る自分は顔色が悪く目が潤み、髪が乱れていた。
いつ何があっても冷静に。そう思っていたのに。
いざとなればこんな有様だ。
自分が嫌になりつつ、先程の状況を整理する。
と思ったが、まだ混乱しているのか頭が思うように働かない。
ただ、自分がやるべきことは一つある。
(これだけは・・・成功させる)

263 :誇りと感情:2011/03/08(火) 19:31:07.19 ID:29aoe4FA
「き、霧切さん。め、ずらしいね、霧切さんが用があるってさ・・・はは」
放課後、苗木誠を植物園に呼び出し、あらゆる手段を使って白状させようと思っていたのだが・・・
(そうも怯えるものかしら・・・)
一応脅迫用として巨大花の近くに連れてきただけなのにこれはやりすぎたか・・・
と思いつつも霧切は気にせずに訊ねる。
「私が聞きたいのはただ一つ。苗木君、あなた昼休みに何してたの?」
「え?」
「誰かと話していなかった?あの場所で」
観察眼によって感じた変化。
「な、んの事かな?ボクは【赤い扉の場所】なんか行ってないよ」
「あら、私は『あの場所』としか言っていないわ。
でも苗木君は今『赤い扉の場所』といったわね。誰もそこだなんて言っていないのに。」
すると苗木はしまった、どうしよう、やばいよ、どうしたらいいんだ、という表情になる。
(・・・分かりやすすぎるわ)
そう思いつつ霧切は続ける。
「苗木君は昼休み、赤い扉のところで誰かと話していたわ。その人物はどうしてあなたと話していたのかしら?」
「ど、どうしてって・・・霧切さんは・・・」
「何?」
「霧切さんはどうしてそんなにムキになってるの?」
「っ・・・?」
ムキに?私が?感情的に?
「・・・ムキになってなんかいないわ」
「けど・・・。もしか、・・・いや」
何故か苗木は迷う表情になり、意を決したように口を開く。
「霧切さんの言うとおりだよ。ボクは昼休み、赤い扉の場所で学園長と話をしていたよ。」
学園長―その単語に反応してしまう。
「えっと・・・霧切さんがなんでそんなに怒ってるのか分からないけど」
「怒ってる・・・?」
「それに・・・泣きそうな顔してる」
そんなこと、と言いかけた時、胸が痛くなった。
(なんで・・・)
あんな人に対して感情なんか持っていないはずなのに。ただ会って絶縁を言い渡すだけなのに。
「・・・そのさ、詳しいことは明日の朝、図書館で話すよ。・・・いいよね?」
今すぐ知りたい、けれど、苗木誠の言うとおりにするしかない。そんな気がした。
「分かったわ、・・・明日の朝6時30分に図書室で待ってる。・・・必ずよ。」


264 :誇りと感情:2011/03/08(火) 19:31:27.09 ID:29aoe4FA
夜、霧切は自室にいた。
行儀は悪いと思いつつも、ベットに仰向けになって推理小説を読む。
コーデリア・グレイ―何故か幼いときから好きな探偵の一人だ。
好きになった理由は覚えていない。ただ、好きだった。
「・・・はぁ」
読んでいても目が滑る。内容がまったく頭に入らない。
時計をちらりと見る。深夜1時27分。
早く明日になれ・・・そう霧切は強く願う。
ただ、遠足を楽しみに待つ子供のような無邪気な願いではなかった。

265 :誇りと感情:2011/03/08(火) 19:32:12.36 ID:29aoe4FA
翌朝、6時。
結局昨夜はまったく眠れなかった。霧切は自室を出、足早に図書室を目指す。
約束の時間よりも30分も早いのは承知だが、自室にいる気分でもなかった。
ただ、早く真実を知りたい。それだけだった。
早歩きだったため少し息が上がっているが、気にせずに図書室の扉を空ける。
そこには―――学園長が立っていた。
「・・・え?」
何故?昨日の混乱をより超える混乱が霧切を襲う。
「な・・・んで」
「おはよう、霧切響子さん」
低く、大きく、優しい声。変わらない大好きだった声。ずっと追いかけていた声。
「おと・・・」
「朝、早いんですね。まだ6時過ぎですよ」
とやさしく微笑む。まるで他人に接するように。
「・・・はい、おはようございます。『学園長』」
すると学園長は少し悲しそうな微笑みになる。
その変化に気づき、霧切は眉間に皺を寄せる。
「霧切さん、学園は楽しいですか?」
本当に心の底から心配して訊ねる様な声色だった。
そんなのやめて、ともう一人の自分が叫んだような気がした。
今更心配するつもり?憐れむつもり?今更・・・今更・・・
「・・・みんな親切ですよ。あなたに心配される必要はありませんから」
感情を抑えたつもりだが、口調が荒くなってしまった。
「そうですか、よかった」
とやさしく微笑む。変わらない微笑み。いつも見ていた微笑み。
「ふふ、いつも授業中に当てられたら完璧に答えるそうですね。
またいつも教室の金魚にも餌やりしてると。」
え・・・?何でそんなことをこの人が知っているの?
「・・・まさか」
苗木・・・誠?
動機や証拠はない。だけど何となくそんな気がした。
「ねえ、霧切さん。1つ聞いてもいいですか?」
「何でしょうか」
「霧切さんは、探偵の仕事に誇りをもっていますか?」
霧切は思わず学園長の顔を見つめた。
私を・・・霧切を馬鹿にしているの?そんな怒りが込み上げてきた。
「・・・学園長は探偵という存在をどう思っていますか?」
「そうだね・・・」

266 :誇りと感情:2011/03/08(火) 19:32:34.16 ID:29aoe4FA
そういうと学園長は考え込むような仕草をし、微笑みながら言った。
「私は推理小説を幼いころからよく読んでいました。
素晴らしいと思いますよ。どれだけ本を読んでも、私なんかは探偵にはなれないけれど。
だからこそ霧切響子さん、あなたには憧れているのかもしれませんね。」
憧れている?そんな言葉を何の意味があって言っているの?
そう思いつつ霧切は答える。
「私は探偵・・・いえ、霧切という名に誇りを持っています。
私は普通の人とは違う。探偵として私は生まれ死んでいく。最初から全て決まっている。」
ただ真っ直ぐ。学園長だけを見つめて霧切は続ける。
「けれど、逃げたりしない。私は自分に・・・自分自身に誇りを持っている。
霧切の名の下に生まれた自分に誇りをもっているから。」
本当の気持ち。心の底からの純粋な気持ち。誇り――それが霧切にとっての生きる理由だった。
それを捨てたあの人が許せない。まるで自分自身を否定されたような気がしたから。
「強いんですね。・・・僕がいうのもなんですが、霧切さん。
少し、誰かに甘えてみるのもいいですよ」
その言葉は何故か学園長としてではなく、「あの人」として言われたような気がした。
「・・・はい」
自然に出てきた答え。
霧切が答えたと同時にチャイムが鳴った。起床のチャイム。
「では、私は仕事がありますので。霧切さん、また」
「あ・・・」
行ってほしくない、まだもっといたい、話したい、もっと、もっと―そんな感情が溢れ出る。
「学園長が好きな探偵は誰ですか」
不意に出た言葉。
学園長は足を止め振り向き、優しく言った。
「コーデリア・グレイですよ」
「っ!」
思い出す、昔の記憶。
『パパ、なによんでるの?』
『女の人が探偵の本だよ』
『えー、おんなのひとがたんていなの?おかしいよー』
『はは・・・響子にはコーデリア・グレイのような女の子になってほしいと思ってるんだがね』
『こーでりあ?へんななまえー、すきなの?』
『ああ、僕の好きな探偵の一人だよ』
『じゃあ、パパがすきならわたしもすき!こーでりあみたいなおんなのひとになる!』
懐かしくて、あたたかくて、哀しい思い出。
「・・・あ」
気がつけばそこに学園長はいなかった。
霧切はあわてて図書室を出る。
そこにいたのは―寝癖がはみ出ながらパーカーを被り、ズボンはパジャマのままの苗木誠だった。
「あ・・・ははは、お、はよう」
「・・・おはよう」
霧切は予想外の展開に戸惑いつつ、続ける。
「遅れるなんていい度胸ね。もういいわ、それじゃあ」
「えっ!?や、ちょ、まって!?ごめん!本当にごめん!奢るから!」
言わないのね、あなたが全部仕向けたことだって。
あの時赤い扉をわざと開けていたのも、学園長を図書室に呼び出したのも、全て。
「・・・ありがとう」
「え?霧切さん何か言った?」
おかしい人、と霧切は思う。
霧切は振り向き、静かに言った。
これがはじめてこの学園に来てからの偽りのない笑顔。
「苗木君のくせに生意気よ」

267 :誇りと感情:2011/03/08(火) 19:33:11.66 ID:29aoe4FA
「霧切ちゃん!ドーナツ・・・じゃないや、お昼一緒に食べようよ!」
クラスメートが今日も話しかけてくる。
「いいわ、食べましょう。誘ってくれてありがとう。」
クラスメートは一瞬驚きの表情を見せながらも、すぐに笑顔になる。
霧切は微笑みながら後ろを向く。
「戦刃さん、あなたもどう?」
「・・・え?」
後ろの席に座るクラスメート。関わりあう存在ではないとおもっていた人。
いや、この学園に人達と関わりあうことなんてないと思っていたけど。
「そうだよ!せっかくなら女子みんな集まって食べようよ!」
「むくろー、強制同行だかんね。女子会開いちゃったり!」
「ふむ・・・女子会とは・・・何だ?」
「えっとですね、女の子だけが集まって食べたり飲んだりしながらおしゃべりすることですよ」
「女子会だと!?ならば我々も男子会というものを開いて対抗するぞ!男子は絶対入会だ!」
「面白そうじゃねえか兄弟、入るぞ!」
「ボ、ボクも入るよ!」
「はぁー?そんなむさくるしいのには入りたくねえよ!」
「お、俺本当は葉隠ヤスコっていう名前で・・・」
「ヤスコ・・・ヤス・・・ちらっ」
「うふふ、何でこっちを見やがるんですか山田君」
「くだらん・・・俺は不参加だ」
「わ、私も不参加よ・・・び。白夜様の会なら考えてあげてもいいけど・・・」
「あはは、みんな元気だなぁ」
少しだけなら―あの人の言葉を借りて言うのなら―甘えてみてもいいかな。
あの人のことを許したわけじゃない。まだ話したいこと、言いたいこと、いっぱいある。
けれど、何か。あの人に出会えたことで何かが軽くなったような気がした。
かといって忘れたりするものじゃない。ずっと、大切なもの。
(ありがとう)
霧切は確かに思う。この平和な時がずっと続くように。
このクラスメートたちと一緒にいたい―と。


268 :誇りと感情:2011/03/08(火) 19:35:47.10 ID:29aoe4FA
以上です。
1回間違えて全部消えたハプニングもありましたが無事投下できて安心しました。
お目汚し、残念な出来でごめんなさい。
他の方達のssも楽しみに待っています。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 23:28:54.85 ID:eVNrpIZ5
おつかれさまですー。
赤い扉で思い至ったんだけど、あの学園は細かいところがいちいち攻撃的なデザインだよな

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 01:16:23.69 ID:4gPKQXGi
>>261からのコーデリアグレイでちょっと思い出したことがあるので、実験的にひとつ作ってみた。
実験的要素はともかく、面白そうなら色々書くかも。
っつーわけで、

タイトル:こちら苗木誠探偵事務所(連作短編)(←予定)

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 01:16:42.06 ID:4gPKQXGi
「Xの悲劇」
「ギリシャ棺の秘密」
「冷たい密室と博士たち」
「茶色い密室と博士たち」
「”ち”返し? ち……死がふた、」「ダウト。言葉が変わってるわ」
「わ、わかったよ……うーん、…あ、『地球儀のスライス』!」
「素晴らしい返答だけど、短編集?」
「うん、だって、他に思いつかないし」
「仕方ないわね。……ん、『スイス時計の謎』」
「ぞ!? うーん、えーと……だめだ、降参だよ」
 こーさんこーさん、と半ばヤケになってお手上げのポーズをとる。向かいに座っていた霧切さんは呆れたように溜息をつき、ふるふると首を振って見せた。
「弱い。苗木君、弱いわ」
「悪かったね。どうせ僕は霧切さんほどミステリなんて読んでないよ。……だいたい、小説のタイトルでしりとりだなんて、良く思いついたねえ」
 しょうもない遊びとは言え、負けは負けだ。ほんの少し――ホントに少しだ――の悔しさを感じながら、その悔しさの半分くらいの嫌味を言葉に乗せて言い返した。
「ええ、だって私オリジナルのアイデアじゃないもの」
 霧切さんはしれっとそんなことを言って、読んでいた本を本棚に戻した。月光がどうのというタイトルがかろうじて目に入ったけど、
実はカバーの下はミステリ辞典なんじゃないだろうか。
 なんとなく本棚を眺める。文庫本やハードカバーが詰め込まれた、落ち着いた色合いの重厚な本棚。
 ”超高校級の家具職人”の習作だとかなんとか言っていたような気がするけど、ただのいち部室に鎮座したそれは、ハッキリ言って浮いていた。

 部室。――そう、部室。
 ここは、ミステリ研究部兼、苗木誠偵事務所だ。

 
「野良猫の里親探し。恋人の浮気調査。テストのヤマ当て。あとはー、何があったかなあ?」
 迷い猫探しに、迷い犬探しに、と指折り数えていたところで、霧切さんがピクリと反応した。
「……あのね、苗木君。言いたいことがあるならはっきり言って頂戴」
 不機嫌そうな目をこちらに向ける。とは言っても不機嫌そうなのは見た目だけで、これがいつもの反応だ。
 職業柄(と、本人は言ってきかない)たいへん鋭い眼と、突き放したような物言いで誤解されがちだけど、霧切さんはとても情が深く、優しい人なのだ。
 そうでなきゃこのミス研もとい探偵事務所に猫探しみたいな依頼が何度も来るはずがない。
「いや、特には、ないけど。……あえて言うなら、そうだね。なんで”苗木探偵事務所”なのさ」
 探偵は霧切さんでしょう? と視線に込めてみる。とくべつ鋭いわけでもない僕の視線を受けようとも、霧切さんにとっては平気の平左だろうけど。
……あれ、視線そらした。
「最初に言わなかったかしら? 探偵は目立ってはいけないのよ。常に中立であるために。だからあなたの名前を拝借したというわけ」
「結構前にも訊いたと思うけど……なんで僕の名前なの? その理屈なら、山田探偵事務所でも十神探偵事務所でも良かったじゃない」
 霧切さんは僕が入部を決める前から僕の名前を使おうとしていた。というかこのひと”苗木誠探偵事務所”で部活動申請してた。
 僕がそう言うと、何故か霧切さんは顔を赤くした。手を組み合わせたり解いたり、視線はあっちこっちへ飛び散って落ち着きがない。
 やがて視線が定まる。真っ赤な顔で恥ずかしそうにちらちらと僕の方を見てくる霧切さんは、なんだか新鮮だ。
「言わなきゃダメ、かしら? ……こ、これ以上、言わせるつもりなの? 苗木君」
「やった勝った!」 「ちょ、何!?」

どっとはらい。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 01:41:18.93 ID:aGg1ndgR
すげえww全部しりとりかwwGJ!

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 01:44:26.17 ID:cbmkl8Nv
>>268
乙。面白かった
あんまり描かれない部分だから新鮮だったよ

>>271
ミステリ方面は詳しくないけど、こういう緩い感じ好きだ
続きに期待するぜ

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 02:32:36.14 ID:4gPKQXGi
しくったー……茶色い密室と博士たちなんてタイトルねえよー。
フィクションだとおもってください

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 12:16:56.77 ID:qp41/aje
>>274
ドンマイ
面白かった

霧切さんはコーデリア・グレイよりもウォーショースキーみたいになりそうな気がするようなしないような

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 14:57:13.37 ID:P5V88SiD
>>274
乙!新しい試みだなw
しかしスイス時計は短編集だし、スウェーデン館の方がベターじゃないか?あえて短編返し?

別スレではそうでもないかもしれないが、意外とミステリ好きいるんだなw
探偵好きが集まる、まさに霧切スレ

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 21:21:29.54 ID:4gPKQXGi
IDかわらないうちにもう一本。連作短編が実験的試みなので、今回はしりとりではありません。
霧切さんスレは小説多くて楽しい

っつーわけで、
こちら苗木探偵事務所(連作短編)(←暫定)


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 21:21:57.38 ID:4gPKQXGi
「呆れた。まさか一人でまだしりとりしてたなんて」
「そう言わないでよ。てっきり霧切さんは気付いてるものかと思ってたんだ」
 返事はない。冷たい視線(今度は本当に冷たい)だけを僕によこして、霧切さんは天井を仰いだ。その動作に合わせ、座っている椅子が音もなく斜めに傾いだ。
えらく質のいいオフィスチェア。これは部費で購入したものらしい。ちなみに僕の椅子は普通の、パソコン室にでも置いてそうな回転椅子だ。
少し前までは普通のパイプ椅子だったのだけど、見かねた山田君と不二咲さん(パソコン同好会所属)が寄付してくれたものだ。
「……何よ?」
「いや、別に何も」
 ちょっとずるかった。


 苗木誠探偵事務所は、教室の三分の二程度の大きさしかない。

 部活動に所属したことのある人ならわかってもらえるだろうか、床はリノリウムでできていて、長机が二つ、くっつけて置いてあって。
 そこそこ大きなスチール棚と、使ってるのか使ってないのかわからない、掃除用具でも入っていそうなロッカーがなぜか四つ。
それに、これはうちの事務所(霧切さんがそう呼べって言った)にしかないと思うけど、本棚。
 そこに椅子を向い合せに並べて。僕と霧切さんを配置して。
 そうすれば、苗木誠探偵事務所のできあがりだ。
「だいたい貴方は少しずるいのよ。私が”なえぎくん”って呼ぶの知ってるくせに」
「ちょっと意味がわからないんだけど」
 支離滅裂なことを言ってくる。さっきしりとりで僕が負けた時悔しかったように、霧切さんは拗ねていることを隠そうともしない。
「だって。私が最後にに”なえぎくん”って呼びかけるだけで、それだけで負けになるじゃないの」
「それを言うなら僕だって同じじゃないか。きりぎりさん、って言うだけでアウトだよ」
 問題は呼びかけじゃなく敬称だと思う。
 まあそれはともかくとして、依頼がないときの僕らはいつもこんなかんじだ。
 霧切さんお勧めのミステリを読んでみたり、二人でとりとめのない会話をしてみたり、さっきみたいにちょっとした遊びをしてみたり。
 二人だけの(良く部活申請が通ったものだと思う)探偵事務所は、一部を除いて学園内の依頼しか受けない。クライアントが学園生だけに限定されるからだ。
 ひとたび依頼があれば二人とも出払ってしまうから、数多くの依頼を受けることもできない。一人ぐらいは留守番で残った方が良いのかもしれないけど、それは霧切さんが許してくれないし、それに彼女は部員を増やすことにもいい顔をしないのだった。
「そこまで言うなら、呼び捨ててみたらどうかな。なえぎ、って」
「嫌よ。なんだか突き放した言い方になるじゃない」「そうかな」「そうよ。試してみる?」
「それじゃあ、やってみようかな。……霧切」
「苗木」
 ………これは、なんというか。
 霧切さんもなんか傷ついた顔してるし。
「霧切さん、僕が悪かったよ」
「………いいえ」
「え、えっと! じゃあさ!」
 ひどく沈んでしまった空気を振り払うように、僕は身を乗り出した。がたん、と椅子が倒れる音がする。
「え、ええ」
 びくり、と霧切さんが肩を震わせる。きょとんとした霧切さんの顔は珍しいっていやそうじゃなくて。
「名前で、……呼んでみるっていうのは、どうかな」
「……え」「いやほら! しりとりにならないから、ね?」
 ますます霧切さんが戸惑った顔をする。僕は何を言っているのか。
「わかったわ。えと、……誠、くん」
「駄目だよ霧切さん。敬称つけたら意味ないじゃないか」
「そうね。あ、貴方も、言って頂戴。……誠」
「う、うん。……響子」
『…………』
 これは、なんというか。
 もうしばらく、部員は増やさなくてもいいかもしれないと。
 僕はそんなことを思ったのだった。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 22:40:54.82 ID:qp41/aje
乙!
なんかなごむなあ
シリアス色の無い霧切さんもいいものだ

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 23:57:48.63 ID:VFGbowpP
霧切さんが台所で料理したり子育てしたりするイメージがわかないんだ・・・


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 00:45:02.08 ID:ijo3ZS1w
確かに今は仕事一筋って感じだが、女ってのは変わるもんさ…多分
料理はともかく子育てについては、霧切さん自身寂しい幼少期を送ってきただろうし、
そういう思いを自分の子供にもさせようとは思わないんじゃないだろうか

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 00:57:15.28 ID:cE50B6f+
バリバリ働く霧切さんの方が好きかな
苗木くんが家事を担当すればいいじゃない

苗木「お帰りなさい霧切さん、お風呂にする?ご飯にする?」
霧切「苗木くんにするわ」

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 01:46:46.05 ID:1QwMM1bd
>>282
苗木「おかえりなさい霧切さん」
と言って次の瞬間霧切さんを抱きしめる苗木
霧切「苗木くん、今帰ってきたばかりなのに・・・もう///」
そして二人はその場で(ry

というのもありだよね

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 04:16:26.89 ID:N7XqDqaV
夫婦別姓・・・

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 06:58:34.61 ID:YpvGRGc0
苗木「お風呂にする?ご飯にする?」
霧切「苗木くんにするわ」
苗木「じゃ、先にお風呂入っちゃって。洗濯物はカゴに入れといてね」
霧切「…苗木君にすr
苗木「あ、洗剤買ってくるの忘れてた!ちょっと出てくるね、すぐ戻るから!」
霧切「…(´・ω・`)」

━━━━

苗木「お風呂にする?ご飯にする?」
霧切「苗木君にするわ」
苗木「じゃ、寝室行こうか」グイっ
霧切「あ、ちょ、冗談よ…?」
苗木「そう?僕は本気だけどね」
霧切「ま、待って…アッ――――!!」


という2パターンが思い浮かんだ

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 07:59:14.00 ID:ijo3ZS1w
上のパターンの反応を繰り返して霧切さんを慣れさせておいたところで、
不意打ち気味に下のパターンを繰り出すわけですね分かります

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 09:34:50.98 ID:YFAokwXQ
妹様スレで希望と絶望の遺伝子を持った最強のお子さまの話題が出たけど
はて、探偵と希望の組み合わせはどんなお子さまかな

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 09:59:26.65 ID:z6SeaDRR
>>287
>>207

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 12:08:18.92 ID:byctPdJn
霧切さんはどうしてゴミ捨て場にわざわざダイブしたんだろう
トラッシュルームの鍵を開けたのなら梯子を使って降りてくればいいのに

「空から女の子が〜」みたいなドラマチックな展開に憧れるお年頃だったのだろうか……

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 12:35:26.52 ID:IpcNAODU
救出に行くまで少し時間がかかったのは、ゴミ捨て場の位置と侵入経路・退路を調べていたから
それで遅れた分を取り返すために、馬鹿長い梯子を降りるより早く到着できるダストシュートを選んだ
と思っている

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 13:07:20.96 ID:0BESW1ui
空からかっこよく登場するために苗木が寝たのを見計らって
ダストシュートの降り口にゴミのクッションを配置して飛び降りた
そして結果がカップ麺

とかだったらマジお茶目さんだな


292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 14:44:20.34 ID:IpcNAODU
>>291
霧切さんも蝶ネクタイ変声機を喜んじゃうような茶目っ気あるし
かっこつけたかったって可能性も考えられることではあるなw

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 15:51:38.84 ID:v71kaUQj
>>289
クソ長い梯子を下るのって、結構体力使うんだぞ
霧切さんはブーツだから余計に苦労する

着替えて来いよってのはナシね

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 15:57:10.04 ID:cE50B6f+
ブーツ脱いだムワッとした霧切さんの足の臭いを嗅ぎたい

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 16:03:37.09 ID:v71kaUQj
ごめんただのブーツなら苦労しないな
ヒールブーツだから苦労するんだわ

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 22:50:52.78 ID:ijo3ZS1w
親方!空からゴミと女の子が!

シンプルに「一刻も早く苗木の無事を確かめたかったから」でいいんじゃね

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/11(金) 00:02:49.48 ID:N9V2Qe+E
>>294
お前はブーツ脱いだムワッとしてる石丸の足の臭いでも嗅いでろ

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/11(金) 00:35:15.86 ID:mj+WKLuN
霧切さんの付けてる先の四角くなったネクタイがなんか好きだ
ああいうネクタイって実際にあるものなんかね

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/11(金) 05:16:51.09 ID:Rz9G1mxJ
ネクパイ

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/11(金) 07:59:22.73 ID:8BWubJMg
とりあえずお前らはナエギリで

1、天然苗木君に振り回される霧切さん
2、純情苗木君を振り回す余裕たっぷり霧切さん
3、カップル未満でお互いに素直になれない切なエギリ
4、超高校級の熟年夫婦

これらの内でどれが好きなんだべ?

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/11(金) 12:03:43.75 ID:7tUwfn6k
全部だ。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/11(金) 12:28:21.51 ID:B/Z8z7ia
普段は利発な霧切さんが苗木君を引っ張るんだけど、
時折霧切さんの不器用な一面を苗木君が包み込んであげるような
そんな関係がいいです

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/11(金) 12:42:10.79 ID:Pt9vjs2J
>>301
今日は店じまいだな。
新しいSSはエロパロ板で待たなきゃならんけど、妄想ならしても・・・ちょっとお客さん、駄目だよ。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/11(金) 21:04:09.80 ID:mj+WKLuN
>>300
どれも捨てがたいが、強いて言えば2で始まっていつの間にか立場が逆転してるようなのが

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/11(金) 23:59:20.57 ID:TFVJGjjm
天然の霧切さんに振り回される天然の苗木くんがみたいな

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/12(土) 02:52:30.37 ID:6T4Z1ck7
霧切さんの天然要素
・プロテインが万病に効くというのはガセよ!
・パンツは平気だけど靴下は駄目
・カップ麺の妖精

他に何かあったっけ

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/12(土) 03:37:03.80 ID:e5MTv9tl
靴下は天然と言うか霧切さんのこだわりかと・・・ずれてるという意味では正しいが
あと、桜の木なんかもずれてるな

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/12(土) 10:43:21.22 ID:LuKoyC+z
霧切さんに股間まさぐられた山田君と不ニ咲クンに嫉妬する苗木くん

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/12(土) 11:07:23.16 ID:HSNt5eMr
ボージョボー人形を貰って大喜びするのも謎だよな
本気でかわいいと思っているのか、恋愛運upや金運upを願えるから喜んでいるのかわからないけど

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/12(土) 12:24:19.18 ID:1jcrUA+h
赤い薔薇を贈られて頬を赤らめちゃうし
ああみえて根っこは乙女なのさ

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/12(土) 14:10:58.71 ID:/GqqwKho
常識的に考えて、男の子から花束だの指輪だの香水だの・・・まぁとにかく贈り物されてノーリアクションの方がおかしいのさ

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/12(土) 16:36:45.80 ID:Of9/t+au
>>303
ターミネーターのガンショップ店長乙

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/12(土) 19:23:45.36 ID:PnlQgxIl
>>312
そういう事だったのか...

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 09:50:26.72 ID:4V30LByQ
霧切さんの実家はどんなだろうか
個人的には洋風のお屋敷というイメージなんだが

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 13:24:29.29 ID:6BiCujpk
霧切さんどっかで見たことあると思ったら、ヨルムンガルドのココだ

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 13:34:59.60 ID:OYUkjZHI
霧切の本家は、なんとなく京都のイメージ
特に根拠はない

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 13:37:44.00 ID:H00br7C4
>>314
たとえば霧切本家とする祖父母の家は文明開化あたりに作られたような伴天連風の屋敷で
(学園長が自立していたとして)核家族で過ごした家は海外ドラマに出てくる綺麗な家みたいな
そんなのだと勝手に思ってる

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 13:38:34.98 ID:H00br7C4
連投すまん

>>316
よう俺

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 14:10:53.19 ID:6BiCujpk
霧切さんがペット飼ってるとしたら、シベリアンハスキーかな

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 15:02:41.24 ID:U5JGg9rH
霧切さんはなんとなく植物の方が好きそうなイメージがあるなぁ
サボテンを無表情で20分ぐらい眺めていそう

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 19:13:52.73 ID:OYUkjZHI
しかし無表情で犬や猫をもふもふする霧切さんというのも捨てがたい

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 19:30:29.33 ID:+PB4oz2i
そして犬耳をつけさせられた苗木君を一心不乱にもふもふする霧ぎry

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 23:15:03.26 ID:4V30LByQ
そして一通り苗木君をもふった後、今度は苗木君が猫耳をつけた霧切さんをry
いわゆるバーター取引ですね

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 23:51:44.53 ID:/5eDTNwe
>>207のデート中にペッティングする理由はそれだったのか…

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 04:33:40.54 ID:JhTkakVH
>>316
絶対関東だよ

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 05:16:08.48 ID:L1eODteb
確かに地方の臭いはしないな

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 07:18:02.16 ID:mgdxJhsC
関東は地方じゃないとか言う気か、東京ですら23区以外は田舎なのに

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 09:51:57.69 ID:AQ9ZZ1UP
足立区辺りは地方とそう変わらんよ

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 10:25:47.52 ID:dX/dUnWR
首都圏は地方ではないだろw
まあスレチだ

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 11:20:17.40 ID:kspXdvun
京都と言えば某長寿ミステリードラマで有名だろう

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 14:54:47.35 ID:MVodr8bZ
地位も歴史もある一族だ、それなりに大きな家だろう
で、霧切さんが帰ってくると居並ぶ使用人達が「お帰りなさいませ、響子お嬢様」と出迎えわけだ
…うむ、何か違う気がする

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 16:02:22.47 ID:6LUGXVkC
皆地震大丈夫か・・・
こんな中不謹慎とは思うが、今日はホワイトデーという事なのでネタ投下

ttp://niyaniya.info/pic/img/12156.gif

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 16:55:12.67 ID:f9tDD8yO
>>313
いいんだドガァァァン

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 19:05:21.06 ID:iTG5v3V/
むくろ事件で見捨てたこと、罪悪感感じてそうだな

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 19:39:04.73 ID:/escQOPt
あれで、苗木くん死んでたら、
霧切さんも、石丸くん状態になってそう。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 19:42:35.63 ID:MFhQL7rm
さすがにそこまではならないんじゃないか

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 19:51:29.18 ID:iaLgYOXN
霧切さん好きだから
むくろ事件のクロ投票で霧切さんは苗木と記名せずに無記名で出したと解釈してるけど
製作者はそこんとこゲーム内ではっきりさせてほしかったぜw

まぁ冷酷な霧切さんもありっちゃありだけれど

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 19:57:19.72 ID:iTG5v3V/
苗木本人はさほど気にしてなくても、恋人ととして付き合いだしたら
霧切さん自身はかなり引きずるんじゃないか

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 20:19:37.51 ID:t77QBNeP
投票タイムに投票しなければおしおきを受けるんじゃなかったっけ?

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 20:21:06.26 ID:/escQOPt
>>336

わからんぜ。
いくら、黒幕にはめられたり、
色々事情があったとはいえ、
苗木くんが、クロになるように誘導したのは事実だからな。
(逆に苗木くんは、霧切さんを信じて、矛盾を指摘せず)

なんとか黒幕と対峙するとこまでいっても、
真実があれだ。
もう絶望するしかない。

何が言いたいかというと、
絶望する霧切さんを見るのは、「カイカン…です…」
ということだ。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 20:41:45.97 ID:iaLgYOXN
>>339
2章で石丸は大和田に投票しなかったけれど
あれどうだったんだろうな

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 20:52:01.65 ID:Av+ODtQj
投票結果スロットの絵柄をよく見ると、生徒達の他にモノクマの絵も混ざっている
なので、モノクマにも投票することができた可能性はある

しかしなんだ、ホワイトデーだってのに色気の無い話題だな
あれか、あの時の件を盾にアブノーマルなプレイを要求する苗木君と、それを断れない霧切さんとか、そういうのが見たいのかお前ら
俺は見たい

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 21:13:51.47 ID:iTG5v3V/
罪悪感と性欲に苛まれた霧切さんが

「私を好きにしてッ」

って苗木にせまるのがみたいです

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 21:57:33.02 ID:t77QBNeP
>>341
俺は石丸は十神あたりに投票したのかなと思ってるんだけど、実際のとこはわからん
校則以外で決まっていないことはモノクマがルールみたいなものだから、モノクマ的に面白ければOKなのかも

霧切さんは3章の終わりで苗木を囮みたいに使ってるし(あの時点では黒幕が校則を守るという確証がないから、苗木が殺される可能性もある)
公私混同しないというか、目的のために手段を選ばないようなところがあるから、5章で苗木に投票したとしても俺は驚きはしないな

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 22:05:18.02 ID:M+If6O9L
>>340
霧切さんの性格からして苗木君無しでも頑張ると思う
まあどんなに頑張っても苗木君の説得が明暗分けた最後の学級裁判、
外の世界知った時点でメンタル的に詰んでオシオキかね
ニヤリとしたり青ざめたり霧切さん意外と表情豊か

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 22:12:10.39 ID:iTG5v3V/
ラブラブにはなりそうにないのかなあ

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 22:13:28.74 ID:SN9LixHK
>>331
東京の世田谷あたりだろうな

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 22:20:49.48 ID:M+If6O9L
>>346
むしろエピローグの台詞がラブラブフラグすぎて困る
>>347
ちょっと霧切の表札捜してくる

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 22:28:12.25 ID:t77QBNeP
>>346
苗木が命がけで自分を庇ったのを見てなにも思わなかったわけではないだろうし
エピローグで「あなたのような人となら〜」と言ってるんだから、卒業後も一緒に行動するか連絡を交わしたりする気はありそうだ
ラブラブになるかは苗木くんしだいってところだろう

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 22:40:43.31 ID:iTG5v3V/
苗木「やだなぁ、霧切さんが僕みたいな冴えない男の事、好きなわけないじゃないか」

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 22:48:19.58 ID:GEpJ3Sm1
>>350
希望捨てんな

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 22:57:32.59 ID:Av+ODtQj
あそこまで言っておいてその後別行動だったらそっちの方が驚きですよ

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 22:57:55.99 ID:a5OGMv4R
>>351
苗木「希望を捨てないで色んな女の子にアプローチをかけることにしたよ!」

霧切「………」

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 23:14:09.47 ID:MVodr8bZ
霧切さん一人では最後の最後で黒幕をぶちのめせなかったのと同様に
霧切さんが黒幕との直接対決の道筋を作らなければ苗木君の希望も無力だった
どっちが欠けても駄目なんだ
もうラブラブとなることは天の思し召しと言っても過言ではあるまい

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 03:48:50.18 ID:Ti7UEQvI
なんか主人公が最後に残すのが希望だったり、ラスメンがバカ・脳筋・cv石田・恋に夢見る美少女兼信頼できる相方だったりして
いつ「霧切涼子は私が創作し、演じさせたキャラクターだ。お前を絶望させるためのな。」とか言い出さないか心配てたがそんな事無くて良かったぜ

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 03:56:15.77 ID:lIqFwre2
なんでもかんでも予想外の展開にすりゃ良いってものじゃない
相棒は必要だった

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 05:40:13.23 ID:VAXdOJOy
>>355

Σ論破≡ (゚Д゚ )。oO(それは違うよ!


苗木「霧切さんの本名って、たしか……霧切『響子』……だよね?」

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 06:25:54.20 ID:Guzsqcze
>>355
スパイラル乙

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 07:09:44.96 ID:f8M6Opl9
まさか個人スレで名前を間違えるとは…
>>355一緒に補習受けに行こうぜ

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 16:57:21.98 ID:AmWk5x+V
>>354
探偵は2人で1人!

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 17:23:20.73 ID:0ouRMirb
ドカァン! ドカァン! 〜 補習 ウケルヤツ ココ 〜  ドカァァン! ドカァァン! 〜ヨヤクシャ 355 359 〜 ドカァァァン! グシャァァァ

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 20:23:59.57 ID:ScgAh9Tg
霧切さんのジャケットって、前の学校の制服だよな
校章付いてるし
私服の趣味はどんなだろうか

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 21:45:02.37 ID:Ti7UEQvI
いくら深夜だったとは名前を間違えるなんてなんという不覚

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 22:08:42.19 ID:cTTRXxtt
>>362
ブーツや手袋の趣味からすると、たぶん私服もゲーム中の服装と同じような感じではないか

意外に女の子女の子した私服だったりしてもそれはそれで

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 22:24:40.32 ID:aoW3bbyC
>>360
そんな君に
つガイアメモリ

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 03:20:08.67 ID:qjKv2GbW
IDかわっちゃったけど気にせず書き込むぜ。
それにしても地震起こる前以上に盛況だな。俺のできることってこれしかないから、まあ楽しんでいただければ。

っつーわけで、
こちら苗木誠探偵事務所(連作短編)(←未定)

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 03:20:17.27 ID:qjKv2GbW
「本当にありがとう! いやぁ、なんとお礼を言ったらいいか……」
「そんな、お礼なんていいですよ」
「いや、そういう訳には。是非お礼がしたい。させてくれ!」
「本当に、大丈夫ですから。僕らも好きでやってることですし」
「そうか……なら、せめてこれを受け取ってくれ。食堂で使える――」
「――それなら」
「うん?」
「……それなら。二枚、頂けないかしら。その食券」

 苗木誠探偵事務所は、基本的にボランティアだ。


 そもそもからして部活動で金銭のやりとり、というのがありえない。活動資金は部費で十分にまかなえるし、霧切さんも僕もお金が目的で探偵事務所をやっているわけじ

ゃない。
 じゃあなんで探偵事務所なんかやっているのかと尋ねられれば……それは、僕にもわからないけど。霧切さんは未だに理由を教えてくれない。
 閑話休題。とにかく僕らは金銭を受け取らない。けれども霧切さんは優秀な探偵で、望外の依頼遂行にお礼をと、何かを取り出す人は後を絶たず。
 そんな時に、霧切さんは。消費できるものなら、ふたつ。もしくは二の倍数で、報酬を要求するのだった。
「霧切さんは、何食べるの?」
「そうね。今日は……せっかくだから定食にしようかしら。苗木君は?」
「じゃあぼくはラーメ……」「………」「ぼ、僕もなにか定食にしようかな……」
 今回の報酬は食券二枚。一度きりで好きなものが食べられるスグレモノで、文化祭など学内イベントでの景品でよく見かけるものだ。
 というわけで、僕と霧切さんは翌日の昼食を学食でとることにした。
 結局僕はとり南蛮、霧切さんは焼き魚定食を選び、空いている席に向い合せで腰かけた。なんだか事務所にいるみたいだ。
「……? なにがおかしいの、苗木君」
「ううん、なんでもないよ。いただきまーす」「……いただきます」
 二人で合掌。味噌汁をすすって、ほう、と息をつく。
「ねえ、霧切さんはラーメン嫌いなの?」
「どうして?」
「いや、さっき……」「なんのことを言ってるのか、わからないわ」「……そう」
 首を傾げつつ、ご飯を口にする。暖かい食事が食べられるのが、お弁当にはない利点だと僕は思う。自炊もあんまり、得意じゃない。
「(霧切さんは……料理、得意なのかな)」
 ほんのりとした酸味のある鶏肉を口に運びながら、ちらりと霧切さんを伺う。
 ちまちま、ちまちまと。霧切さんが器用にサンマの身と骨を分けていく様子は、なんだか可愛らしくさえ思えた。
 そう言えば以前、海外生活が長かったというような話を聞いた覚えがある。それにしては随分箸の扱いが上手い。
「…………何よ?」
 ――と、目が合う。その瞳は無感情にも見えるし、なんとなく僕を責めているようにも見える。
「あまり人の食べるところをジロジロと見るものではないわ」
「ご、ごめん」
 慌てて自分の食事に戻る。思い出したように鶏肉を一口。このタルタルソースは絶品だ。鶏肉もしっかり揚げてあって言うことない。ついでに未だ湯気を上げているご飯を

ぱくり。
「うん、美味しい」
「……ねえ、苗木君」
「どうしたの?」
「その、とり南蛮? って、美味しいのかしら」「美味しいよ。食べたことない?」「ええ。初めて見る料理だったから」「だったら、ほら」
 とり南蛮の味を知らないなんてもったいない。僕はひょいと食べやすそうなサイズの鶏肉を箸で摘みあげて、霧切さんに差し出した。
「ほら、霧切さん。ぱくっ、と……――」
 ――僕は。一体、何を。
 霧切さんの口許に突き出した僕の箸。今更それを引っ込めるようなことはできなくて。というか気づくのが遅いよ僕。
「………ぁ」ぱくり。もぐ、もぐ。もぐ、……ごくん。
 その、白くて細い喉が上下するのさえ、僕は凝視してしまって。
「ええと、」「……」「……美味しかった、かな」「味なんて、分かる訳、無いでしょう」「ご、ごめん。……それじゃ、もうひとつ」「――ッ!?」「うぁ、ええと、違くて、その、」
 その一瞬だけ、僕らは今いる場所がどこか完璧に忘れて。
「……また、食べに来ようか、霧切さん」「……ええ」
 僕らは互いに顔を伏せ。見知ったクラスメイトが通りかかって話しかけるまで、そうしていた。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 03:48:05.38 ID:vkk/Bc9P
いいよいいよ〜甘甘だねえ

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 05:19:36.70 ID:SshR8Ljd
>>367前からあなたの作品大好きです GJ
よくこんな面白く書けるよなぁ

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 07:59:44.29 ID:P9Oq3AtN
>>367
GJ!
さあ次は霧切さんが苗木君に「あーん」する番だ

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 13:46:07.08 ID:3A/7DIXn
霧切さんってデザイン上だと、魔性の女って感じがする。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 15:19:34.81 ID:HB582qHi
魔性の女かどうかは分からんが、露出度を控えつつそこはかとない色気を感じさせるデザインだとは思う。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 18:46:02.51 ID:P9Oq3AtN
殺人事件を引き寄せる死神体質だし、ある意味魔性の女には違いないw

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 19:02:18.48 ID:lW413QT9
>>372
手袋に依るところが大きいと思うんだ。
あぁ火傷跡も個性的で素敵だけどね。舐めたい。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 21:19:54.93 ID:SOB95hdV
霧切さんと素手同士で恋人繋ぎとな?

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 21:20:17.16 ID:k+VOeIMY
ていうか、正直言うと霧切さんも残念さん同様、
昔はフェンリルに所属していたのかと思ってた
それが父親にばれないように手を焼いてまで隠ぺいしてるんだとばかり・・・

だって「襲ってきたら返り討ちにする」とかあっさり言う人なんだもん(´・ω・`)

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 22:45:21.99 ID:qjKv2GbW
なーんか微妙に納得できない出来だけどそれは次回の課題にするとして、もう一度場所お借りします。
今回は糖分低め。書いてて一番イライラしたのは俺なんだぜ。あと段落の頭下げないと見にくいのか見やすいのかそんな実験も。
っつーわけで、
こちら苗木誠探偵事務所(連作短編)(←推定)

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 23:03:16.46 ID:qjKv2GbW
「おーい苗木っち! 今度のテストなんだけどさぁ」
「苗木ー! 霧切ちゃーん! ドーナツが上手く焼けないのー!」
「我より強い戦士を……探している」
「え、ええっとー。あはは」
「…………頭が痛いわ」

 苗木誠探偵事務所は、ただの何でも屋になりつつある。

――にゃー。
最初はそれこそ迷い猫捜しに恋人の浮気調査にと、まるで小説に出てくる売れない探偵のような依頼が多かったのに。それがいつからか、
――多分、テストのヤマはりを請け負った時からだろう――、僕らの事務所には妙な依頼が増えたのだ。
テニスの試合のピンチヒッター。アルバイト先の新メニューの考案。そして、
「――にゃあ」
「ああはいはい。ごめんよ、きょうちゃん」
「っ、………」
太ももにのせられた顎をちょいちょいと撫でる。サテンのようになめらかな感触。黒蜜のようにとろりとした深い黒の毛皮。
『猫を預かって欲しい』――探偵事務所のドアが控えめにノックされたのは、今日の朝10時のことだった。
土日であっても僕らの都合さえあえば事務所は開けてあるけど、大抵の場合、開店休業だ。正午になったら二人で昼食をとり、どちらかに用事があればそこで事務所は店じまい。最近はそのまま一日過ごすことが多かったけど、今日は珍しく依頼人がやってきた。
検査入院で二日ほど家を空けるから飼い猫を預かってほしい、と僕らに告げたのは見覚えのない上級生だった。
『かきょうちゃんっていうの。大人しいコだし、悪さはしないから』
イエスともノーとも言わない霧切さんと困り顔の依頼人に挟まれ、仕方なしに僕は猫入りのケージを受け取って。ケージの中からおっかなびっくり出てきた黒猫は、
「ううん、そろそろ降りてくれないかなあ……?」
――なぅ?
僕の膝の上から降りなくなった。この猫、初対面なのにえらい人懐っこい。
耳の後ろをさわさわと撫でる。気持ちよさそうに眼を細めるその様子を見るに、今のところ機嫌は損ねていないようだ。
「図々しいわね……猫のくせに」
「なにか言った? 霧切さん」
「なんでもないわ」
「そう? ……あ、ひょっとして霧切さん、猫嫌いだった? きょうちゃんを預かる時もなんにも言わなかったし」
「……そんなことないわ。……それよりも、苗木君」なぅ?
僕の代わりに返事をするように、何故か一鳴き。それを聞いた霧切さんの視線が一際冷たくなった――ような気がした。
「貴方は呼んでないわよ」ふにー。「何よ。文句でもあるの?」ふかー。
「ま、まあまあ。霧切さんもきょうちゃんも喧嘩しないで」
「……それよ」「え、どれ」「……その、呼び方。どうにかならないのかしら」
霧切さんが不可思議なことを言い出した。
「呼び方って、きょうちゃんのこと? だってかきょうってなんか言い辛いし」「前々から思ってたけどわかっててやってるでしょう貴方」
どういうことだろうか。猫に限らず、生き物の預かりなんて初めての依頼だけど。
「きょうちゃんが事務所に来たのは今朝のことだよ」「そういうことじゃなくて、この前も貴方食堂で――」「?」
「……なんでもない」
ぷいと体ごと背けてしまう。霧切さんの椅子は音もなく90度回転し、そうして霧切さんは無実の人間でも自白させてしまいそうな視線を本棚に向けた。怖い。
僕は何か失言してしまっただろうかとさっきまでの会話を反芻し、わからないなりに何か言おうと口を開いて、
「――にゃー」
「うん? どうしたのきょうちゃん」なぅ。「んー、お腹すいたかな?」にゃにゃ。「多分そうだよね。たしか、飼い主さんからもらったカリカリが――」
ばんっ!「へぁっ!?」
情けない声が出た。驚いて霧切さんの方を見ると彼女は何故か立ち上がっていた。今のはどうやら机を叩いた音らしい。きょうちゃんも目を見開いて固まっている。
「えっと………」「………コーヒー」「へ?」「コーヒー買ってくるわ」「え。インスタントならそこに」「私は、」
「……缶コーヒー。そう、缶コーヒーが飲みたいのよ」
そう言って霧切さんは足音荒く僕の横を通り過ぎ、
「………ふん。一人でペットショップ苗木でもやればいいのよ」「え、今なんか」「ナン・デモ・ナイ」
最後にきょうちゃんを一睨みして事務所を出ていった。静かに閉まったドアが異様に恐ろしい。
「僕、なにかしたかなあ……帰ってきたら霧切さんに謝らないと」
ふか、と、膝の上の黒猫が呆れたようにあくびを一つ。僕の顔をひょいと見上げて、気だるそうに後ろ足で耳を掻き、今までが嘘のように膝の上から飛び降りた。

ちなみに霧切さんが帰ってきたのはこの後二時間ほど経ってからだった。


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 23:11:08.81 ID:P9Oq3AtN
GJ!
「きょうちゃん」呼びか…新しいな
そしてスネギリさんはやはり良い

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 23:13:56.84 ID:qjKv2GbW
やっぱ見にくいわ。一字下げします。
あと文字制限に引っ掛かって100字ほど削ったり。投稿時間にラグがあるのはそのせいです。すんません。
1950字くらいでひっかかって、1847字で投稿できました。あと横の行は72,3字程度でヘンな改行が入ります。
1レスに無理やり収めようとするのは自分ぐらいだと思うけど、小説書かれる方は参考までに。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 10:07:38.19 ID:ZxYGDzgD
>>376
苗木「がおー(棒読)」
霧切「ば、バカ、そっちの襲うじゃな・・・むー!
やぁん、舐めたらダメ・・・くひぃんっ!」

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 15:11:05.95 ID:fo7G8320
昨日クリアしたがお仕置きの時の段々取り乱さずに青ざめていく表情で俺の中の何かが目覚めたわ

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 19:13:25.59 ID:NttGPQuZ
>>382
ようこそ
あのムービーには道を踏み外させるだけの何かがある

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 19:52:15.04 ID:IiUBnXmp
あれで霧切さんに転んだ、という人はいるのだろうか

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 20:42:16.87 ID:Rlz0LbFm
>>384 呼んだ?

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 20:53:42.62 ID:KwXw5HZZ
キリギリさんになんて、舞園さんが殺された現場の中腰ポーズの段階で転んだぜ

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 21:07:49.38 ID:OU7AyiJe
>>386
お前が居る…

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 21:08:23.84 ID:ZR6YcZXY
わたくし、恥ずかしながら霧切さんのおかげで手袋フェチに…

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 22:03:35.05 ID:mdrX5vun
>>382
霧切さんのあのシーンは、やばいぐらいエロい

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 22:08:51.45 ID:WoQvuZG9
まともに議論をしようとしてくれたから霧切さんが好きになった俺は少数派かな?
一章は馬鹿のバーゲンセールなのかあ!?って所での唯一の光明に見えた

一章ではセレスも十神も仕事する気ねーし

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 23:18:43.29 ID:ZR6YcZXY
少数派ってこたあないだろう
裁判での霧切さんの凛々しい姿に惹かれた奴は俺含め少なからずいると思うぜ
「私は最初から大和田君を狙い撃ちにするつもりだった!」とか、もう惚れるしかない

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 23:56:43.94 ID:fA+bgglx
>>391 激しく同意

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 01:23:22.22 ID:MxhOqH+8
そろそろしつこいけど、もうちょっとやらせてください……ウザかったらやめるんで、せめてこれだけは。
掌編にしようと思ったけど長くなりました。二つほどお借りします。

こちら苗木誠探偵事務所(連作短編)
             (↑否定)

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 01:23:43.19 ID:MxhOqH+8
「えーと……霧切さん」
「なに」
「その、えっと、ごめん」

 苗木誠探偵事務所は、開設以来最大の危機に……ってそんなこと言ってる場合じゃない。

 居心地が悪かった。
「どうして謝るの。何か悪いことでもしたのかしら」
「いや、それはその」
「していないのかしら。ならどうして謝るの。謝るのが趣味なの? 面白いわね。面白くもなんともないけど」
「……」
 いつもの探偵事務所。いつもの椅子にいつもの二人。いつものように窓から差す夕日が今日はひどく眩しくて、僕は顔を伏せた。
 週明けの探偵事務所の仕事は、預かっていた猫を返すことから始まった。申し訳なさそうに、しかし嬉しそうな様子でかきょう(黒猫。メス)を受け取る依頼人には半ば追

い返すような形でお帰り願った。
 依頼人の学園生がいる間から霧切さんは一言も喋らずに黙々と文庫本を読んでいて、沈黙に耐えきれなくなった僕が口を開いて今に至る。
 霧切さんの機嫌が悪い理由――猫と僕だ。昨日おとといと二日考えて何となくは原因に辿り着いている。
「(……きょうちゃん、か)」
 僕がおととい黒猫につけたあだ名。そして不機嫌そうに僕の向かいで読書している女の子は、……霧切、響子さん。
 まったくもって迂闊すぎた。
「(自分の名前を猫に付けられたのが気に入らなかった? まさか)」
 何か違う。着眼点がズレている気がする。それに、きっと原因はそれだけじゃない。
 件の黒猫を思い出す。初対面なのに懐いてきて、僕の膝の上から降りなくて。なのに霧切さんが事務所を飛び出していったらつまらなそうに飛び降りた。
それまでは当て付けのように、
「(……誰に対する、当て付けだ?)」
 霧切さんしかいない。いや待て苗木誠。お前は何の行動を指針にして推理を組み立ててるんだ。どうして猫の行動なんかに意味を求めてる?
「(けれどあんな意味ありげな行動、霧切さんがいなくなった途端意味がなくなったように――)」
 違う違うそうじゃない。猫の行動に意味なんか求められない。そっちじゃない、逆に考えるんだ。猫の行動に意味があるんじゃない、霧切さんには意味があるように見えた

んだ。
「(僕が猫をきょうちゃんって呼んだ。猫が膝の上から離れなかった)」
 言葉にすればただそれだけのことだ。けれど霧切さんはそうは思わなかった。ならどう思った? 僕には当て付けに見えた。それで、僕らの週末はどうなった?
「(……事務所、は。苗木誠探偵事務所は、土日は)」
 用事がなければ、僕らはそこで日がな一日。それは気まずい時間? ――いいや。
「(そう、か。僕らは、……霧切さんは、毎週、楽しみに)」
「霧切さん」
「なに」
 先程と全く同じ反応。続く僕の言葉もそう変わらなくて。けれど僕は決意を込めて。
「ごめん。ごめん、霧切さん。せっかくの週末、台無しにしちゃって。……僕が猫にばっかり構うから、霧切さんを怒らせて――、」
 
 決意を込めて――盛大に失敗した。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 01:24:56.08 ID:MxhOqH+8
>>394続き


 これは……ない。この言い方はない。これじゃあまるで、霧切さんが。

「――へえ」
「ひっ?」
 地の底から響いてくるような声。ゆらりと霧切さんが立ち上がる。
「それでは貴方はこう云いたい訳ね。私が貴方に、か、構ってもらえなかったから怒って事務所を飛び出したと。そう。そうなの」
「いや、その」「黙りなさい」「はいッ!」
 つかつかと僕に歩み寄ってくる。その顔は真っ赤で目元は引きつっていて、それでも何とか無表情に努めようとしているのが何よりも怖かった。
 立ち上がろうとして失敗した。そうこうしている間に霧切さんは目前に迫っていて、僕は目をつぶって次に来るであろう衝撃に備えた。
「苗木君――」「ご、ごめんなさいっ!」
 
 ――ぽすん。

「……へ?」
 覚悟していた衝撃はいつまでたっても来ない。その代わり、膝の上になにか圧迫感。
 恐る恐る目を開けると――眼前いっぱいに、銀色が飛び込んできた。
「……正解よ」
「せ……なに?」
「だから、正解。……拗ねてたのよ。あの畜生に貴方を取られた気になって。貴方がアレの名前を呼ぶ度に憎々しいわ苛々するわで。
挙句の果てに事務所を飛び出して、気まずくて戻るに戻れないし、そのせいで次の日も話なんかできないし」
「……」
 霧切さんの表情をうかがうことはできない。彼女の背中が夕日を遮って、けれども僕はまだ目を細めて。

「苗木君……ごめんなさい」
「私が謝らないといけないのに、……本当にごめんなさい」
「ううん、僕の方こそ」
「いいえ、貴方は悪くないわ。……だけど苗木君、お願いがあるの。この事務所の所長である貴方に」
「何かな。僕にできることだったら何でもするよ」
「……最後まで話も聞かずに。そういう言い方、身を滅ぼすわよ。無茶なことだったらどうするの」
 今以上の無茶なんてないよとは、勿論言わない。
「まあいいわ。これはお願いだけど、拒否なんてさせないから。あのね、苗木君――」
 そう言って、霧切さんは静かに振り返り――

 
 苗木誠探偵事務所は部室棟二階、階段を上がって左側の奥から二つ目にある。
 
 扉には事務所の名前が入った銀色のプレートが掛けられているだけだったが、最近そこに一枚の張り紙が増えた。
 そこにはマジックペンで「生き物、預かりません」と無愛想に書かれている。
 ついでに言ってしまうと、部屋の中にも二つほど備品が増えた。一つ目は窓を覆うブラインド。そもそもなんで無かったのかわからない、とは霧切さんの弁だ。
 そしてもう一つは、椅子。革張りの立派なもので、長時間座っても疲れない高級品。僕らの椅子……というか、僕の椅子だ。以前山田君たちに
もらった回転椅子は部屋の隅に追いやられている。
『苗木誠探偵事務所は貴方が所長なのよ? これぐらいでないと格好がつかないわ』と言ったのはやっぱり霧切さんだけど、それがただの建前であることは、
二人とも知っている。僕は相変わらず、扉に背を向けるようにして座っているしね。

 それで、霧切さんは時々、奇妙な行動をとるようになった。文庫本を読んでいたかと思うと急に立ちあがり、ブラインドを全部おろして。
 扉の前まで歩いて行って、内側からカギをそっと掛けて。電気まで消して。

 そうすると――そうすると、うん。僕は、……本が読めなくなるんだ。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 01:37:17.57 ID:MxhOqH+8
終わりです。スネギリさん救済。これだけはさせてほしかった。
右端の折り返しとか全く前回の活かせてないっすね…
お邪魔しました

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 01:38:13.65 ID:LhE0gyBD
キャラスレ初めて覗いたがいいもの読めたよ
ありがとう

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 02:34:33.21 ID:m8jZlDXT
>>396
乙ですー
さあ続きを書くんだ

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 03:23:06.73 ID:1OG6RypD
おっつ
SSに邪魔なんてないさ

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 11:00:36.07 ID:qXrvLHMK
これは素晴らしい…
スネギリさんかわい過ぎる

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 11:59:33.35 ID:cERYJZ/I
ここでおわりだなんてとんでもない!

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 14:54:59.28 ID:QU747B4y
>>396
君はこのスレに必要な人だよ。
きっと十人に聞いたら十五人そういうんじゃないかな

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 20:48:45.00 ID:jYLIY7Sr
>>396
さあ、早く次の物語の執筆に取り掛かるんだ

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 21:26:44.90 ID:MxhOqH+8
前スレでも誰かが言ってたけど、他の個人スレに比べて圧倒的に進行が早いよな
出所はゲーム単体、ファンブックも言うほどネタが増えなくてよくこれだけ伸びるもんだ
霧切さん可愛いよ霧切さん。でも久しぶりにゲーム起動したらマジ眼光鋭かったよ霧切さん

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 22:57:41.98 ID:d+Q2WmpG
つまり他のどの女の子よりも霧切さんが可愛いってことだな
そんな霧切さんに好かれる苗木君うらやま

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 23:29:38.18 ID:45/PvbQ6
>>404
それ多分俺だw
まぁ今の流行もあると思うけどな
最近は霧切さんタイプのキャラは基本的に人気高いしその上メインヒロインだからな

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 23:39:27.40 ID:CsSBGQO0
まどかマギカのほむらちゃんとイメージかぶるな。

味方側で一番冷静で一番真理に近い位置にいるように見えて、
主人公を困惑させながらも、実際は主人公のために一番良い行動をとってくれてる。

まどか何話か見てからこのゲームやり始めたから、
キリギリさんがいつ「それには及ばないわ」とか言い出すのかドキドキしてた。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 23:39:44.19 ID:arQyIZsC
クールビューティーか

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 23:50:51.88 ID:LqJxNat6
霧切さんはクーデレと言われていたが
4章を見る限り、むしろ霧切さんはクールなツンデレではなかろうか?


410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 00:07:42.24 ID:qiZAFXwj
てかダンガンロンパの女性声優ってクールビューティー系演じるの得意な人多いよね
日笠に沢城に豊口

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 00:32:54.88 ID:1nr5yN8J
大好物ですとも

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 00:40:15.81 ID:4BhTOaOi
全然ハナシ変わるんだけどさ、胸囲1センチ差ってデカいの?
どっから霧切さん貧乳説が出てきたんだっけ

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 00:59:31.70 ID:sOeWfiKq
霧切さんが貧困な乳というより1センチ差なのに舞園さんが豊満な乳だからな
ダブルヒロインだからツーショットが多いんで印象深い

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 09:49:17.81 ID:ILsw0CZE
>>409
4章のあれはツンデレとはまた違うんじゃないか
ツンデレに詳しくないからよくわからないけど
霧切さんは一見テンプレ的なキャラ立てに見えるけど、実際は割と独特なキャラだと思う

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 14:55:11.46 ID:6paNN14H
俺も霧切さんツンデレは違うだろ派

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 15:20:46.34 ID:9m3ZROMF
まあツンツンはしてないなw
ただゲームの序盤は、話しかけてもほとんど生返事だったし
それからあの終盤に向かうのかと思うと、やっぱデレの部分はあると思うのよ

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 16:00:46.49 ID:iQo3Ibk8
どっちの霧切さんも可愛いよ
クーデレでもツンデレでもデレがあることは確かなんだからそれでよし

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 18:41:35.24 ID:p1Av/AWe
霧切さんは可愛いけど…僕はそれに負けないくらい霧切さんはエロいと思うんだ
ほら、資料集を見てよ、霧切さんの表情集があるページなんだけど…
頬を染めた霧切さんの表情が二つあるでしょ?
この二つの表情…これらって、とってもエロいと思わない?
特に笑ってる方、Mの人にはたまらないと思うんだ
もちろん、普通に照れてる方もエロいと僕は思うんだ
それに霧切さんの肌ってとっても白くて綺麗でしょ?
そう言う娘が頬を染める…どう考えてもエロくならないとおかしいんだよ
霧切さんは可愛いと思うし、かっこいいとも思う…
でも…それに負けないくらいエロいと思うんだ、僕は…
これって…見過ごしちゃいけない…とっても大事な事だと思うんだ!

霧切「苗木君、ちょっとこっちに来なさい」
苗木「ダメだよ!みんなに霧切さんはエロかっこ可愛い事を証明しないと…」
霧切「い、いいからやめなさい!」
苗木「それだよ、今の霧切さんの表情!とってもエロ可愛いよ!」
霧切「……お、お願い、苗木君。お願いだからやめてちょうだい…」

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 20:33:18.40 ID:OgsOmm38
うむ
霧切さんのエロかわいさは世界の希望だ

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 22:48:43.62 ID:r0YAqu8+
エロかっこ可愛いか。
霧切さん以外、当てはまりそうにないもんな。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 00:48:34.35 ID:n4XKQMag
霧切さんの寝巻きは

・パジャマ
・ネグリジェ
・下着のみ
・シャネルの5番

さあどれだ
お前達の意見を聞きだい

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 00:53:12.57 ID:oGMeGpt6
ぶかぶかパーカー付きパジャマだな

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 01:47:57.93 ID:/mtfq3BD
プレーンなパジャマもけっこうオツなもんだぜ?

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 07:32:14.32 ID:PvdY5aYL
いや、霧切さんは探偵たる者いついかなる時でも飛び出していけるよう最低限ジャージ。でもたまには可愛い格好もしたくて着ぐるみパジャマとかフリフリパジャマとかを着た日に限って事件が起こる!

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 13:26:12.58 ID:Be4vB2Yk
だけど見れるのは苗木君だけ!
つまりそういうことだろ?

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 19:08:12.33 ID:n4XKQMag
なるほど、パジャマ派が大勢か
そうか…下着にワイシャツ派は俺だけか…

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 19:10:35.88 ID:ZM6haa6L
霧切さんに結構子供っぽい趣味があっても私は一向に構わん

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 19:33:01.60 ID:G+ppGBfa
俺はジャージ派

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 20:12:51.21 ID:y6PqiWfm
>>426
それは違うよ!

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 22:13:32.29 ID:14yRMSMn
ジャージ派の俺が通りますよ
ジャージ良いじゃないか
例えば寮で夜に女子や苗木くんの部屋に遊びに行ってそのまま寝られるし
ジャージから伝わる女の子の柔らかさは数年経っても覚えてるほどに素晴らしいし

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 00:28:03.69 ID:mcXrmon7
霧切さんは苗木君の寝込みに何度も部屋に侵入しているんだ
逆に苗木君が霧切さんの就寝中に部屋に忍び込んでも何ら問題ないよね

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 00:50:11.94 ID:ieaQK5Dr
今日こそ来るかしらと思いつつ寝てるにちがいない

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 03:38:54.12 ID:SP848yU+
流れをぶった切ってというか、流れに乗ってSSを投下します
書いてる内に詰め込みすぎて長くなりそうなので、とりあえず前編です
某スレの、もしチャプター5の初日に苗木君が霧切さんを部屋に泊めていたら、に天啓を受けました
あと、このスレの素敵な流れにも乗ってみました

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 03:41:29.59 ID:SP848yU+
タイトル:超高校級の夫婦【前編】
ジャンル:苗霧ラブ
ネタバレ:本編(特にチャプター5)に関する一部ネタバレを含みます
時間軸:主にチャプター5の最初の夜


435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 03:43:30.92 ID:SP848yU+
「誠君、こんなとき、夫婦だったらどうするのかしら?」
 静かな宵闇に響いた霧切さんの声はどこか緊張した声色だった。
 硬い床に敷かれたシーツの上で、一枚の毛布に年頃の男女が同衾しているという状況。健全な男子であるボクも彼女と同じくらい緊張していて。
「そんな、結婚なんてしたことないから分からないよ、き、響子さん」
 そう言ってからすぐに、自分の答えが大きく的を外しているのだということは分かっていた。それでも上手い言い訳など思いつかない。
 また呆れらてからかわれるかと思ったけれど、どうやら彼女もそれどころではないようで。
「私だって、したことないわ……」
 暗闇に慣れた目で見えたのは、向かい合うように横になる霧切さんの不安げな表情と着崩れた男物の白いワイシャツ。
 細かい思惑まで伺うことはできなかったけれど、それはいつもボクをからかっているときのものとは明らかに違う。
 ただただ純粋に彼女は知りたいのだろう。
 もしもボクらが夫婦だったら、こんなときにどうすれば良いのか。
 ボクらはまだ高校生だ。結婚するどころか、結婚を考えるのだって些か早い気がする。
 きっと正解はボクらには分からない。
 そもそも正解なんてないのかもしれない。
 それでも何か喋らなければと思ったのは、霧切さんにこれ以上不安を抱いて欲しくなかったから。

「もしもボクらが、夫婦だったら――」

 まるで熱に浮かされるような場の空気。
 それに当てられたかのように、ボクの口から零れ落ちた言葉は――。


436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 03:46:19.75 ID:SP848yU+
 ことの始まりは数時間前に遡る。
「霧切さん!」
 息を切らせながら名前を呼ぶと、霧切響子さんは微かに驚いた表情を浮かべて振り返った。
 彼女の歩みが止まったのを確認し、急いで走り寄る。静かな寄宿舎の廊下に乾いた足音が反響していく。
「苗木、君?」
 傍らに着くと訝しげに霧切さんはボク――苗木誠の名前を呼んだ。顔には明らかな困惑の色が浮かんでいる。
 だけど、その声に答えることができない。久々の全力疾走に身体の方がついていかず、完全に息が上がっていた。こんなに急いで走ったのはいつかの体育の時間以来だろう。
 肩で息をするボクを見つめる彼女の視線が、困惑したものからだんだん呆れたものに変わっていく。最後には軽く溜息まで吐いていた。
「霧切さんって、歩くの速いんだね……」
「別に、これぐらい普通よ」
 苗木君とは鍛え方が違うからと霧切さんは呟く。それはいつも通り、ボクにちょっとだけ意地悪なことを言う彼女の姿だった。
 あんなことがあったのでもしかしたら凹んでいるかもしれないと思っていたけれど、話してみるといつも通り見える。
「凹んだ私も見てみたかった?」
「ええっ! そんなことないよ!」
「あら、そう顔に書いてあるわよ」
 そう言って、霧切さんはくすりと微笑む。いつの間にか完全にからかわれてしまっていた。
「そ、そんなことより、部屋の鍵はどうするのさ? 今ならまだ、十神くんも返してくれると思うけど……」
 十神くんやみんなに疑われ、霧切さんは部屋の鍵を失った。
 彼女の正体――超高校級の???について、彼女は記憶喪失だから答えられないと言う。
 そのことを疑う十神くんに自ら部屋の鍵を差し出し、彼女は食堂を飛び出した。
 十神くんも頑固だけど、霧切さんも同じくらい頑固だ。きっとどちらも自分から折れることがないのは傍目から見て明らかだ。
 気が付けば、ボクは弾かれるように霧切さんを追い掛けていた。
 彼女を説得できる気はしなかったが、それでも追い掛けずにはいられなかったのだ。
 ボクが霧切さんに追い付いたのは寄宿舎の隅で、あまり人目に付かない場所だった。彼女が何をしようとしていたのかは分からないが、すぐに追いかけていなければきっと見失っていたような気がする。
「……別に、必要ないわ」
 まるで他人ごとだとでも言わんばかりに、霧切さんは澄ました顔で言い放つ。まさに取り付く島もないその様子に、早々と説得は諦めた。
 彼女の自信は一体どこからくるんだろうか。
 例え彼女がボクの知らないリソースを持っているのだとしても、それがどの程度安全なものかは分からない。少なくとも今まで通りに自分の部屋を使うよりは危険なはずだ。
「もうすぐ夜時間だよ? 寝るときはどうするのさ……?」
「あなた達には迷惑をかけないようにするから大丈夫よ」
 ボクの心配をよそに、霧切さんはあくまで秘密主義を貫くようだ。いつもの彼女を知っているのでそれも予想の範囲内である。
 それでもここは引けない。男として、彼女をこのまま放っておくなんてできない。
「……霧切さん」
「何?」
 何故ならあのとき、入り口の近くに立っていたボクだけは、キミの見せた寂しそうな表情に気付いてしまったのだから。

「今夜、ボクの部屋に来ない?」
 ボクは自分でも驚くことを口走っていた。


437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 03:48:21.56 ID:SP848yU+
「ど、どうぞ」
「お邪魔するわ」
 ボクがドアを開けて促すと、霧切さんはまるで自分の部屋に帰ってきたかのようにボクの部屋へと踏み込んだ。その様子があまりにも普通だったので、ここは本当にボクの部屋なのかと不安にすらなる。
 でも、ここは間違いなくボクの部屋だ。
 廊下で誰かに見られていないことを確認して、どこか緊張しながら彼女の後に続く。
 できるだけ静かにドアを閉めて鍵を掛けたのは、確実に霧切さんのことを意識してだ。あまり二人きりの密室ということを意識させたくはなかったけれど、彼女の鋭さからしたらそれも無駄なことだろう。
 軽く部屋の中を一瞥し、相変わらずねと彼女は言った。そう言えば最初の事件のときに散々調べられたんだっけ。
「買い物に行く機会もないからね」
「それもそうね」
 ひとまず霧切さんにはベッドに腰を下ろして貰い、ボクはベッド脇の引き出しから毛布やシーツを取り出す。各部屋に換えの寝具一式が用意されていることを、ちょっとだけモノクマに感謝した。
「あ、そうだ」
 ついでに引き出しの中に預かったナイフを置く。ずしりとした重量感には頼もしさよりも恐ろしさの方が大きく感じる。
 正直な話、ボクには過ぎた物だ。
 ボクみたいな普通の人間にこれを預かる責任は重い。背中を嫌な汗が伝う。

「……大丈夫よ」
 ボクの顔色を見かねたのか、霧切さんの掛けてくれた声は優しかった。
 それはまるで不安な子供を寝かしつける母親のようで。
「……うん」
 短いやり取りだったけれどボクの心を安心させるには十分だった。

 ゆっくりと慎重に引き出しをしまう。こんな物が二度と使われることがないように祈りながら。
「――さて、と」
 一拍置いて霧切さんの方に向き直る。ベッドに座っている彼女はいつもと変わらぬ落ち着いた様子だ。
 ボクの部屋に泊まらないかと提案したときもそうだった。
 ボクにとっては地獄のような間は少しだけあったものの、霧切さんは短く、そうねと言っただけ。
 いつも通りのポーカーフェイス。その裏に何を思っているのか分からずに、ボクの方がただただ焦ってしまう。
「そろそろ寝る、よね?」
「ええ」
 時計を見ると既に夜の10時を30分程過ぎている。
 今日はいつにも増して色々なことがあった。大神さんが亡くなり、学級裁判が開かれ、アルターエゴが壊されて……。
 どれも碌な出来事じゃない。早く眠ってしまいたい気分だったのは、きっとボクも霧切さんも一緒だろう。
「苗木君、図々しいお願いなのだけど……」
 ボクが溜め息混じりに上着を脱いでいると、彼女は少し困ったように言う。
 声の方に向き直ると、ジャケットとブーツを脱いだ霧切さんがベッドの上にちょこんと座っていた。普段は見ることができない綺麗な白い足に思わず心臓が高鳴る。
 それでもなるべくその動揺を押し殺して言葉を返す。こんなことで一々どきどきしていたら、ボクの理性は今夜一晩持たないだろうから。
「う、うん? どうかした?」
「申し訳ないのだけれど、寝間着を貸してもらえないかしら?」
 ――ああ、そりゃそうか。
 霧切さんは不測の事態で部屋に入れなくなってしまった。当然、外で泊まる準備なんてしているはずもない。
 彼女が普段着ている服もボクと同じく前の高校の制服だ。それを普段着にしてる以上、流石に制服で眠るのは避けたいところだろう。
 そうは言っても、この部屋に霧切さんの服があるはずもなく。霧切さんによれば、今ランドリーで洗濯している服もないらしい。
「えっと、何かあったかな……」
 ごそごそと服を探してみるが、特に寝間着になりそうな服はない。
 ボクが寝間着にしているティーシャツと短パンも一つずつしかないので、残念ながら貸す訳にもいかない。部屋の隅にうず高く積まれた洗濯物を見て、自分の不精っぷりを嘆く。


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 03:50:23.25 ID:SP848yU+
「……一番下の右奥」
「え?」
「一番下の右奥にワイシャツがあったでしょ?」
 霧切さんに言われて見てみると、確かにそこにはワイシャツがあった。なるほど、これはモノクマが用意したであろう希望ヶ峰学園の制服一式だ。広げてみると新品ではないようだったが特に汚れてはいない。
 どうして知っているのか訊いてみると、どうやらこれも捜査のときに見つけたらしい。最早ボクよりも霧切さんの方がボクの部屋に詳しそうだ。
「でも、これワイシャツだよ?」
 ワイシャツを着て寝るなんてあんまり聞いたことがない。そりゃ、他に選択肢もないのだけれど。
 それに実を言えば、そういうシチュエーションは嫌いじゃない。
「背に腹は代えられないわ。それとも、苗木君は嫌かしら? その……」
 霧切さんは少し恥ずかしそうに視線を伏せると――。

「そういうジャンルの本も、それなりに持っているみたいだから……」
 結構大きな地雷を踏んでくれた。

 先程の嫌いじゃないを訂正させて頂く。実はそういうシチュエーションは大好きだ。
 それこそ、そういう大人の本を持っている程に。
「え? ちょ、ええっ!」
 迂闊だった。彼女の観察眼にしてみればボクの隠蔽工作など隠していないと同義だ。
 つまり、あそこに隠してあるボクの本は――。
「見た……の?」
 霧切さんがこくりと頷くのを見て、ボクは膝から崩れ落ちた。
 特にアブノーマルな趣味を持っている訳ではないけれど、同い年の女の子に見られたと思うと辛い。
 ワイシャツを着た女の子が好きだとか、髪は長いほうが好きだとか、ツリ目がちな女の子が好きだとか、胸よりお尻派だとか。引かれる程ものはないと思いたい。濡れたワイシャツが好きなのはギリギリセーフであって欲しい。
「健全な男の子なら当然よ。でも、その……エロスは程々にしておいた方が良いと思うわ」
 霧切さんの言葉がボクの心に突き刺さる。彼女にしてみたら慰めているつもりなのかもしれないけれど、逆効果だと言わざるを得ない。
 それでも引かれてはいないようなので、前向きに安堵することにした。
 明日になったら隠し場所を変えることを心に誓って。
「そうするよ……。はい、これ」
 なるべく平静を保ちながら霧切さんにワイシャツを渡し、自分も着替えることにする。
 できるだけ彼女を見ないように、背を向けていそいそと着替えを済ませた。流石に下着を変える勇気はなかったので、不本意ながら下着はそのままだ。
 ボクがひと通り着替えを済ませると、くいっとティーシャツの裾が引っ張られた。
「どうかした? 霧切さ――」
 振り返ると、そこには恥ずかしそうに頬を染めるあられもない格好の霧切さんがいた。
 先程と違い、彼女はスカートと自分のワイシャツを脱いでボクのワイシャツを着ている。問題はそのワイシャツのボタンが一つも留まっていないことだ。

 黒い上下セットの下着と彼女のほんのりと上気した肌、そして白いワイシャツのコントラストはまるで天使のように見えた。
 いや、完全に天使だった。


439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 03:52:30.28 ID:SP848yU+
「どどどどうかした?」
 ボクは激しく狼狽える。
 頭では視線を逸らそうとしているが、身体がそれを拒否していた。その結果、完全にガン見していた訳だけど。
 そして、霧切さんは次なる銃弾をボクに撃ち込む。

「悪いのだけれど、……ぼ、ボタンを留めてもらえるかしら?」

「へぁっ!」
 驚きのあまり、ボクは変な声を出していた。
 とても言葉にできる状態ではなかったので、震える指でワイシャツのボタンを差してから自分を指差す。
 ――それはボクに言っているのですか?
 すると霧切さんは目を閉じ、真っ赤になって頷いた。
 ――はい、そうです。
「その、手袋をしているから細かい作業は苦手で……。それに、男物のワイシャツって女物と逆だから……」
 霧切さんの言い訳じみた言葉はきっと本当なのだろう。上の方のボタンがぐしゃっと皺になっている。
 だからといって、彼女がその手袋に並々ならぬ決意を込めていることも知っているので外せとも言えない。
 後から思えば、着替えが終わるまで部屋の外にいれば良かっただけのことだったけれど、羞恥と緊張で何処かおかしくなっていたボクらにはそれに気付くことなどできなくて。
「う、うん」
 ボクはベッドに座る霧切さんの目の前で中腰になり、なるべくボタンだけを見るようにして手を伸ばす。
 手がワイシャツ越しに彼女に触れと、ボクは思わず喉を鳴らした。洗剤の匂いと女の子のいい匂いにくらくらする。
 上から三番目ボタンをそっと摘み、どうにか留めようと手を動かす。
 ボクにも中々留めることができなかったのは、そもそも男物のワイシャツを誰かに着せたことなんてなかった所為と、霧切さんの吐息がボクの手に掛かってこそばゆかった所為だ。
 少し手を動かすと、彼女は深く溜息を吐く。それがどうにも色っぽく感じて、ボクは冷静になれなかった。
「あ、焦らなくて良いわ。ゆっくり、ね?」
 霧切さんはそう言うけれど、客観的に見ればこれはまるで――。

「……まるで事前に脱がしてるみたいだね」

 頭で思ったことをそのまま言葉にしてからまずいと思った。
 ゆっくりと顔を上げて彼女の表情を確認すると、驚いた表情のまま固まっている霧切さんが見える。きっとボクも同じような表情をしていただろう。
 見つめ合ったまま、どちらも言葉を発さなかった。正しく言えば何も発せなかった。
 もし何か言ったら、二人の中の羞恥心が何かの限度を超えてしまいそうで。
 ボクはゆっくり視線を下ろし、ボタンとの格闘を再開する。霧切さんはまだ固まっていたけれど、それを気遣う余裕はない。

 結局、全てのボタンを留め終わったのは五分後だった。
 それはまさに永遠に続くかのような五分間だったけれど、それでもまだこの日の夜は始まったばかりで。
 些細なことで一々どきどきしてしまうボクの理性は、とても今夜一晩持たないような気がしたのだった。

【続】


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 03:58:46.35 ID:SP848yU+
以上、前編になります
自分の中の苗霧はきっとよそ様の三倍くらいアホです
ワイシャツしかなかったらしょうがないよね(棒読み)

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 04:52:56.13 ID:2IlnIo0I
たまんねえな!GJ!夢にまで見たシチュエーション…
そして学園にエロ本持ってきてる苗木ww

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 08:48:16.45 ID:+eeXb1Ny
すげぇニヤニヤしたw
続き楽しみにしてるw

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 08:55:52.31 ID:LbhuR047
舞園さんが殺されたときの捜査だけで
こんなにも苗木の部屋を熟知している霧切さんが凄い
続き期待。『超期待。』

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 11:17:58.80 ID:mcXrmon7
なんてこった…これは全裸待機するしかねぇ…
GJ!

445 :霧切「ユメハイール・・・?」:2011/03/21(月) 14:47:45.75 ID:rfo4MeRW
すばらしかったです。GJ! あとSSを今日か明日に投下します。内容は霧切さんメインのあの夜の裏側です。PSPからなのでちょくちょく切れますが、よろしくお願いします。

446 :霧切「ユメハイール・・・?」:2011/03/21(月) 14:51:59.48 ID:rfo4MeRW
すばらしかったです。GJ! あとSSを今日か明日に投下します。内容は霧切さんメインのあの夜の裏側です。PSPからなのでちょくちょく切れますが、よろしくお願いします。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/22(火) 11:47:40.93 ID:btDwLxOe
霧切さんが苗木君にからかわれた時に

自由時間のように一枚上手に返してくる方が萌えるのか
スネギリさんを発動させる方が萌えるのか
それとも「勘弁してよ」と素直にリアクションする方が萌えるのか

それが問題だ。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/22(火) 12:03:23.95 ID:HZXmaXiy
>>447
スネギリさん推奨
でもどれでも可愛いよ、可愛いよ。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/22(火) 12:31:31.88 ID:v6mzH07T
霧切さんの笑顔とってもかわいいよ!→本編のようなクールなカウンター(ただし内心では本気で照れていると俺によし)
霧切さんの胸とってもかわいいよ!→スネギリ降臨
霧切さん、愛してるよ→素直に照れる

うむ、どれか一つを選べというのは酷な話だべ

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/22(火) 22:29:23.52 ID:SMq/HNsk
希望ヶ峰時代を舞台にしたキャルゲーとか出してほしいなぁと思ったけど
最近爆死したアイマスの貴音がダブってなんか怖くなった

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/22(火) 23:20:24.20 ID:lwREyKGu
つくれば いいじゃない!

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/22(火) 23:33:22.81 ID:btDwLxOe
>>450えっ アイマスって爆死すんの そんなバイオレンスなアレなの
もっとほのぼのってるかと思ってた…

>>449
「霧切さんの笑顔、とても可愛(ry」
「酷い、騙しt(ry」

「霧切さんの胸、とっても可愛いよ」
「苗木君の苗木君も、とても可愛いわよ」
「酷いや!」

「霧切さん、愛してるよ」
「わ、私も、あ、あい、愛…」

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/23(水) 00:37:42.93 ID:8jCCzTSu
やたら貧扱いされる霧切響子殿ですが、女性陣の中では中堅どころですぞ

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/23(水) 00:45:18.59 ID:p22R0yh2
たしかにいい感じの大きさだった

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/23(水) 07:56:51.59 ID:P2lo6Qu0
だが待ってほしい
実際はそんなに小さいわけでもないのに、本人は自分は貧なんじゃないかと気にしている
というのもアリではないだろうか

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/23(水) 09:23:12.59 ID:W1PF5d1N
このスレ完全にカプスレ

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/23(水) 10:16:06.06 ID:uBxXTRGD
なにをいまさら

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/23(水) 14:20:18.65 ID:R4E/H5V2
>>446 はまだだべか

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/23(水) 14:42:58.04 ID:7Ihcz/Jn
申し訳ない、ユメハイールを書いているとPSPの電池きれて、全てパーになってしまったので、まだまだかかりそうです。もうしばらくお待ちください。葉隠さん、ありがとう!

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/23(水) 21:25:47.03 ID:tjIBlSBL
改めてやり直してみると、1章前半の霧切さんは本気で素っ気ないというか完全に苗木に興味ないな
やはり1章裁判がターニングポイントか

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/23(水) 21:29:39.08 ID:v0uVI36W
一章では完璧に他人だしな
二章ではだいぶ親しげ
一章ラストの苗木の台詞にキュンとしたんだべな
カッコ良かったもんな

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/23(水) 22:42:10.67 ID:P2lo6Qu0
体育館に模擬刀を取りに行く前の食堂での会話が素っ気なさすぎて泣けるぜ

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/23(水) 23:00:16.01 ID:VYj0YUBa
四章の霧切さん、苗木君の隠し事の内容が推測できてるのに、
自分からは仲直りしようとしないんだよな。
不器用な霧切さんペロペロ(^ω^)

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/24(木) 00:30:39.14 ID:HzfLH1F4
スネギリさんがかわいいことはもはや論を待たないが
苗木君がスネてしまって狼狽える霧切さんというのも見てみたい

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/24(木) 00:35:05.77 ID:8ciM14uH
一章最後の苗木くんの言葉に驚いてポカンとしている霧切さん可愛い

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/24(木) 03:05:59.27 ID:6Je0P/FZ
頭の形が尻みたいな尻切さん可愛い

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/24(木) 06:19:33.33 ID:ogN8JMF5
それ霧切さんじゃなくてニコチャン大王だわ

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/24(木) 12:25:07.23 ID:H0okOpem
>>465
あの胸に手を当てて目を見開いている驚き顔かわいいよね
手で口をおさえている方の驚き顔もいい
しかし一番はVFBの表情イメージにあった困惑顔(大)だな
あれは本編にも採用してほしかった

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/24(木) 17:29:12.94 ID:ogN8JMF5
本命:拗ねながら照れ顔
対抗馬:困惑顔(大)
大穴:旧設定ビジュアル

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/24(木) 21:07:03.31 ID:HzfLH1F4
普段感情表現を抑えているからこそ、そこに綻びが生じた瞬間が引き立つわけですよ
こう、人目を憚らず泣いている霧切さんとか見たいね
「一人にして欲しいの…」の後に寄宿舎2階の隠し部屋を覗き見したかったね

471 :433:2011/03/25(金) 01:51:11.22 ID:3jJ0XlbP
お久しぶりです
流れをぶった斬りますが、後編ができたので投下します
前編は>>434-439です

タイトル:超高校級の夫婦【後編】
ジャンル:苗霧ラブ
ネタバレ:本編(特にチャプター5)に関する一部ネタバレを含みます
時間軸:主にチャプター5の最初の夜

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 01:53:12.37 ID:3jJ0XlbP
 ボタンを留め終わってから数分後、ボクらの理性もある程度回復していた。まだ二人ともギクシャクはしていたけれど、どうにか目を見て話せている。
 それと同時に直面したのは次なる問題。
「やっぱり、それはできないよ」
「苗木君にはその権利があるわ。私に気を使わないで」
「そ、そんな……だってボク、男だし……」
 先程から何回このやり取りを繰り返しているだろうか。
 頑固者の霧切さんは頑なに主張を譲らないし、ボクも男としてこればっかりは譲れない。
「泊めてもらった私が床で寝るから、部屋の主である苗木君がベッドで寝るべきよ」
「女の子を床で寝かせて、ボクだけベッドで寝る訳にはいかないよ。男のボクが床で寝るからさ」
 問題とは、どっちが一つしかないベッドを使って寝るかということである。
 当然女の子である霧切さんに使ってもらうつもりだったのだが、それはできないと彼女は頑なに拒否した。
 曰く、自分は床で寝るのも慣れているし、ベッドは部屋の主が使うべきだと。
 何故慣れているのか気になったけれど、それよりもこの問題を解決するのが先だった。
「霧切さん、分かってよ。ボクなら一晩くらい平気だから」
「それはできない相談ね。苗木君は床で寝ることを甘く見ているわ」
 そう言って、霧切さんはベッドに座ったままびしっと右手の人差し指でボクを差した。
 いつもだったら凛々しく感じるその仕草も、黒い手袋、すらりと伸びる綺麗な足、更に白いワイシャツから微かに見える黒い下着まで追加されて何とも艶かしかった。何か新しい癖に目覚めてしまいそうである。
「う、ぐ……」
 お互いに全ての弾丸を撃ち尽くしてみても、主張は全くもって平行線。このまま話していても決着がつくとは思えなかった。本当にお互いは意地っ張りだと思う。
 そこでボクは強攻策に出ることにした。ベッドと壁に挟まれた布団一枚分よりも狭いスペースの床に、無言でシーツを敷いて毛布を広げる。流石に枕はないがこの際文句なんて言ってられない。
「苗木君?」
 霧切さんが訝しげに僕の名前を呼んだけれど、ここは敢えて男らしく無視させて頂く。明日になったら何度でも謝るので今だけは許して欲しい。
 そしてボクは素早く部屋の電気を消して、そのまま毛布の中に潜り込んだ。厚い鉄板に塞がれた窓から明かりが入ってくる訳もなく、部屋の中は真っ暗になる。
「ちょ、ちょっと、苗木君!」
「おやすみ、霧切さん!」
 有無を言わせずに寝てしまう。これがボクの強攻策だ。きっと話し合いではいつまで経っても解決しないだろうから。
 それでも顔を合わせるのが少しだけ怖かったので、ボクはベッドと逆の壁を向いて横になった。これできっと、霧切さんも諦めてくれるだろう。
「……そう、そういうことなら私にも考えがあるわ」
 暗闇に響く何処か冷たい声。よく考えれば分かったことだが、あの霧切さんがの程度で諦めてくれるはずもない訳で。
 彼女は静かにボクの包まる毛布を捲った。力ずくで毛布を剥がそうとしているのかと思い、しっかりと端を握り締める。

 すると霧切さんはそのまま毛布の中に入り込み、ボクの隣りで横になった。

 もう一度確認するが、ここはベッドと壁に挟まれた布団一枚分よりも狭いスペースだ。
 当然、二人の人間が余裕を持って横になるのは無理がある。つまり、どうやっても二人の身体が触れ合ってしまう。
 ボクの背中に感じる温もりは、きっと彼女の背中の温もりだ。
「きっ、霧切さん! 何で――」
「あなたが強攻策をとったから、私も強攻策をとることにしたのよ。嫌ならベッドを使うことね」
 ――それは違うよ! 男がこんな状況で嫌な訳ないじゃないか!
 流石にそんなことを大声で主張できる筈もなく、曖昧に笑って誤魔化す。
 文字通り背中合わせで横になるのは変な緊張感があった。
 今更ベッドに移動するなんてことはできなくて。きっと彼女もそう思っていて。
 つまるところ、それは今夜一晩このままの状態で過ごすことを意味している。
 この奇妙な距離感に高鳴り始めてしまったボクの胸は、中々落ち着いてくれなかった。


473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 01:55:13.65 ID:3jJ0XlbP
 そのまま五分、十分、三十分が経っただろうか。お互いに背を向けているために、彼女が眠ってしまったのかも分からない。
 このまま眠ってしまうのが少しだけ惜しくも感じていたけど、それは杞憂に終わった。
「苗木君――」
 静寂に響く霧切さんの声。先程までの少し怒った声とは違う、いつも通りの穏やかなものだ。
「何? 霧切さん」
 それに合わせて言葉を返す。まだ起きていることを知らせるように。
「一つ訊きたいことがあるのだけれど?」
 どうやらベッド云々の話は彼女の中でも一区切りついたようなので安堵する。
 ボクが相槌を打って先を促すと、恐る恐るといった感じで言葉を続けた。

「どうして、私を泊めるだなんて言ってくれたの?」
 どうして、私のためにみんなを裏切るようなまねをしたの?

 それはボクからしても最もな問い。まるで気にしていないように振舞っていても、やっぱり気になっていたのだろう。
「私は自分の身分も明かせないし、その理由を証明することもできない。十神君達の言うことは最もだと思うわ」
 それなのに何故と彼女は不思議そうに呟く。
 十神くんの質問に、霧切さんの答えは殆ど答えになっていなかった。確かにいくらお人好しなボクでも、そんな人をほいほい信じることはできないだろう。
「うーん……」
 ボクは慎重に言葉を選ぶ。何故なら、ボク自身まだその理由を明確な言葉にできていなかったから。
 あのときは思わず口を衝いてたわけだけど、その答えはきっと――。
「……嬉しかったから、かな?」
「嬉しかった?」
 ボクの言葉はきっと霧切さんの想定から大きく外れたものだったのだろう。暗闇に彼女の驚いた声が響いた。
「ああ、部屋の鍵のことじゃなくて、霧切さんがボクを信頼してくれたことが」
 今、この部屋の引き出しに閉まってあるサバイバルナイフ。腐川さんが見つけたそれを、なし崩し的にボクが預かることになったとき。
「あのとき、ナイフはボクが預かればって最初に言ってくれたのは、霧切さんだったから」
「――そう、だったかしら?」
 惚けてもダメだよ、霧切さん。そんなに動揺した声だったら、流石のボクでも気づいてしまう。
「十神くんも言ってたように、これをボクが持つことになったのはきっとみんなの信頼の表れで」
 十神くん、腐川さん、葉隠くん、朝日奈さん、そして――。

「その中でも霧切さんが、一番ボクのことを信頼してくれているんだと思ったから。だからボクも、一番キミのことを信頼しようと思ったんだ」
 例え他のみんなを裏切ることになったとしても、キミを信じたいと思ったんだ。

 背中越しに霧切さんが息を飲んだ気がした。
 もしかしたら、それは違うと否定されるかもしれないと思っていたけれど、そんなこともなく。
 つまりボクの言葉には矛盾なんてなくて――。

「そう……。ありがとう、苗木君」
 どうやら彼女の心を貫く弾丸になったようだった。


474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 01:57:16.91 ID:3jJ0XlbP
「う、うん」
 そう言いながら、ボクは寝返りを打った。本音とは言え、流石に歯の浮くような台詞が少し恥ずかしかったから。
 壁の方を向いていた体勢を変えて天井を見上げる。やはり硬い床で寝るのは慣れなくて、下にしていた右半身が微かに痛い。
 再び場を支配し始めた沈黙に耐え切れず、ちらりと霧切さんの方に視線を向ける。すると彼女もボクと同じように天井を見上げる体勢になっていた。
 微かに暗闇に慣れた視界で見えたのは、少し物憂げに何かを考えているような表情。
 その表情がいつもより感じ易いと思ったのはきっと間違いじゃない。流石に暗闇の中だと得意のポーカーフェイスが緩まってしまうのだろう。
「何を考えているの?」
「……大神さんと、アルターエゴのこと」
 霧切さんは視線を動かさずに呟いた。それはつまり、今日一日のことを思い出しているという意味だろう。ボクも同じように天井を見上げて思い返す。
 自ら死を選んだ大神さんと、モノクマにおしおきされたアルターエゴ。
 二人は悩み、覚悟を決め、行動し、そして死んだ。
 辛い現実ではあったけれど、ボクはその想いを――。
「――引きずっていく」
「え?」
 思考を言葉にされ、ボクはびっくりして霧切さんの方を見た。それはまるで自分をエスパーだと言っていた舞園さんのようで。
 彼女も顔を倒し、ボクの方を見ていた。暗闇の中、静かに見つめ合う。
「苗木君、前に言ったわよね? 死んだみんなの想いを乗り越えたりせずに、引きずったまま前に進んでいく、って」
「あ、ああ、うん」
 どうやら先程の言葉はボクの思考を読んだものではなかったようだ。それに安堵のような溜息が漏れる。
 それは初めての学級裁判が終わったとき、霧切さんの言葉に対するボクの答え。
 ――仲間の死を乗り越えることなく、その想いを引きずっていく。
 それはボクの中では固い決意だったけれど、まさか霧切があのときの言葉を憶えていたとは思わなかった。
「私もそうすることにしたわ。大神さんの形見で、絶対に黒幕を追い詰める」
 そう言って彼女は眼を細める。その仕草がまるで泣きそうなのを我慢しているように見えて、ボクの心がじんわりと痛んだ。
「……大神さんの形見って?」
 霧切さんの呟いた言葉が気になったので訊いてみる。すると少しだけ考えるような間の後に、誤魔化すように彼女は言った。
「この決意ってことよ」
 それは苦しい言い訳ではあったけど、この場で話せないのにはきっと理由があるんだろう。
 きっと必要なときには話してくれる。ボクは霧切さんを信じて、そのときを待つことに決めた。
「そっか……。そうだね」
 既に見慣れてしまった天井を見上げながら静かに言う。ボクもできる限り霧切さんに協力しようという決意を込めて。
 例えその末にどんな結末を迎えようとしても、男であるボクが彼女を守らないと。人工知能であるアルターエゴだって、勇気を持って黒幕に立ち向かったのだから。
 アルターエゴ、だって……。
「……ごめんね、霧切さん」
「どうして謝るの?」
 思わず口から漏れた謝罪の言葉を彼女は訝しげに返した。
 自分でも唐突過ぎると感じたので誤魔化そうかとも思ったけれど、この気持ちに嘘はつきたくない。
「アルターエゴの、こと……」
 ボクがアルターエゴの背中を押さなければ、こんなことにはならなかったかもしれない。もしかしたら、ボクの所為でアルターエゴはおしおきされてしまったのかもしれない。そう思うと謝らずにはいられなかった。
 霧切さんはアルターエゴと反芻するように呟く。そしてボクを宥めるように優しく言った。
「あの子は、自分のやるべきことをやって、そして自分の意志であの場所へ行った――」
 それはきっと、少しでもボクらを助けたいという強い想い。

「だから、あなたが誰かに謝る必要なんてないわ」
 謝ったてしまったら、あの子に、あの子の想いに失礼だから。

「……うん」
 その落ち着いた声に、ボクは目頭が熱くなるのを感じた。固く眼を瞑り、涙が溢れるのを我慢する。
 涙はアルターエゴの想いを叶えたそのときまでとっておこうと思ったから。
 だから今は、ボクらのことを見守っていて欲しい。
 心の中でそんなことを祈りながら深く息を吐く。どうやら涙は収まってくれたようだ。


475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 01:59:41.12 ID:3jJ0XlbP
「どうして、私に謝ったの?」
 不意に、霧切さんが口を開く。視線を感じたので顔を倒すと、再び彼女と目が合った。
 暗闇の中でも鋭い視線。ボクの全てを見通すように。
 一方のボクは困った表情をしていただろう。本当に思ったことを話したら、彼女がどんな反応をするのか分からなかったから。
「それは――」
「それは?」
 言うのを躊躇していると、問い詰めるように先を促す。
 そこまで大それたことでもないのにと苦笑しながら、ボクはその理由を素直に話すことにした。

「霧切さんが、アルターエゴのお母さんみたいだったから」

「……えっ?」
「だから、ボクにはアルターエゴに接する霧切さんがお母さんみたいだなって感じたんだよ。一番アルターエゴの面倒を見てたし、一番心配してたから」
 そして一番、アルターエゴも霧切さんを慕っていたから。
 アルターエゴに対する彼女の気持ちは、山田くんや石丸くんとはまた違った愛を感じた。
 色々考えてみたけれど、ボクにはそれが母性という言葉でしか表現できない。霧切さんがアルターエゴを見つめる瞳は、ボクの母親がボクや妹を見ていた眼差しに似ている気がしたから。
「私が、お母さん……」
 見ると、霧切さんは驚いた表情で固まっていた。暗いから顔色までは分からないけれど、何となく真っ赤になっているような気がする。
「突然、何を言うのかしら、苗木君は……」
「き、霧切さんが訊いたんじゃないか!」
 霧切さんの何処か照れた表情に当てられて、ボクの方まで気恥ずかしくなってきた。自分の顔に血液が集まっていくのを感じる。
 よりにもよって同い年の女の子にお母さんみたいはないだろう。
 すると、霧切さんは少し意地悪な微笑を浮かべた。

「私は、アルターエゴにとって苗木君が父親代わりだったと思うわ」

「ええっ?」
「アルターエゴの決意を後押ししたのは苗木君でしょ? 私にはよく分からなかったけど、男の世界って言うのを感じたわ。ああいうとき、女には結局、見守るしかできないのね」
 ちょっぴり芝居がかった口調。これは彼女なりの反撃のつもりなのだろうか。
 少し恥ずかしそうな様子から察するに、思ってもいない言葉という訳ではなさそうだけど。
 確かにボクはアルターエゴの気持ちを後押しした。それはボクの父親が、この学園に入るのを悩んでいたボクを後押ししてくれたのに近いのかもしれない。そういう意味で、いつの間にかボクはアルターエゴを自分の子供のように思っていたのかもしれない。
「そうかも、しれないね」
「ええ、きっとそうよ」
 ――いや、待て。
「それじゃあ、まるで――」
 ボクを見つめる表情から察するに、霧切さんは気付いていないのだろう。自分の作ってしまった爆弾に。
 自分の顔がより赤くなるのを感じたが、一度零れ落ちた言葉は止まらない。

「――ボク達、夫婦みたい、だね」


476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 02:01:42.30 ID:3jJ0XlbP
 アルターエゴの母親が霧切さんで、父親がボク。つまりボクと霧切さんは、子供を見守る夫婦のような立ち位置で。
「ふう、ふ……」
 余程吃驚したようで、霧切さんは口元に手をやって絶句していた。
 当たり前だ。言うに事欠いて、いきなり夫婦だなんて。
「ご、ごめん。ちょっと変なこと言っちゃって」
 ボクが焦って訂正しようとすると、霧切さんはいいえと小さく呟く。
 いつの間にはボクらはお互いを向き合うような体勢になっていた。
 正面に横たわる霧切さんは恥ずかしそうに視線を逸らしている。少しはだけた襟元から見える鎖骨がたまらなく艶やかだった。
「別に、変ではないと思うわ」
「でも、ボク達まだ高校生だよ……?」
 ――ああ、ボクは一体何を言っているのだろうか。
 自分が焦っているのか、逆に落ち着いているのかも分からない。
 ひとつだけ確かなのは、だんだんこの熱っぽい場の空気に飲まれていっているということ。互いの吐息が耳障りなほどに荒い。
「ここは希望ヶ峰学園。集められいるのは超高校級の生徒ばかり――」
 それはきっと、霧切さんも同じ。
「一緒にあの子を見守った私達は……」
 霧切さんはきっと聞いたら赤面してしまうような、凄く恥ずかしい言葉を言おうとしている。
 それを聞いたら、ボクの五月蝿いくらいに高鳴っている心臓はどうなってしまうのだろうか。
「そしてこれからも一緒にあの子の想いを引きずっていく私達は……」
 霧切さんもそれに気づいたようで、だんだんと声が小さくなっていく。
 それでも、彼女の口から聞きたいと思った。そうしないと、きっとボクらは先に進めない。
 ボクの思考など知るよしもなく、霧切さんは目を逸らしたまま息を飲んだ。
「な、苗木君、【ここまで言えば――】」
「分からないよ、霧切さん」
 ボクは霧切さんの殺し文句を殺した。
「キミの口から教えて欲しいんだ」
 キミの思っている、ボクらの関係を。
 彼女は一瞬だけ驚いた表情を浮かべると拗ねたように生意気と呟く。そして凄く恥ずかしそうに言葉を続けた。

「その――ちょ、超高校級の夫婦……そう呼べるんじゃ、ないかしら……?」


477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 02:03:54.93 ID:3jJ0XlbP
 ちょうこうこうきゅうのふうふ――超高校級の夫婦。
 意味は分からなかったけれど、きっとそれはボクらの現状の関係に一番近くて。
「超高校級の夫婦……。うん、何か……しっくりくる気がするよ」
「――そう」
 ボク達は毛布の中で見つめ合った。潤った彼女の瞳、毛布の中に漂う熱気、何処か甘い匂い。
 自分の鼓動の音が五月蝿いくらいに聞こえたけれど、それはきっと霧切さんも同じで。
「霧切さん」
 その音を聞きたいと思った。最早、二人の間にある十数センチの距離ですらもどかしい。

「手を、繋いでもいい?」
 ボクが恐る恐る訊くと、彼女は優しく微笑んで頷く。
 そしてゆっくりと、彼女の両手がボクの右手を包んだ
「ええ、だって――夫婦なのだから」

 ――ああ、これはまずいぞ。
「……苗木君、あれをして欲しいのだけど」
「あれって?」
 霧切さんははにかむように視線を逸らす。光のない暗闇の中でも、彼女の一挙一動が伝わってくる。
「うで、まくら……」
 してもらったことがないからと、彼女は熱っぽく言う。
 ――このネジ曲がった雰囲気の中。
「うん、もちろん。……夫婦だもんね」

 ――夫婦という弾丸が、全ての言葉を撃ち抜いてしまう。

 ボクが左腕を霧切さんの頭の下に伸ばすと、それにゆっくり頭を乗せる。
 いつもの霧切さんからは想像もできないような柔らかな微笑みを見て、ボクにも笑みが零れていた。こんなに可愛い霧切さんを見れるのが、この世界でボクだけだと思うとたまらない気分になる。
 ボクは彼女の頭を抱き寄せるように左手の肘を曲げた。
「な、苗木君……」
「違うよ、ボクたちはその……ふ、夫婦なんだから――」
 夫婦は、お互いを苗字で呼び合ったりしないから。

「――響子、さん」
「そうね、ま……誠君」

 霧切さんはボクの胸に顔を埋めながら言う。その声が幸せそうに聞こえたのは、きっとボクの気の所為ではないはずだ。


「誠君、こんなとき、夫婦だったらどうするのかしら?」
「そんな、結婚なんてしたことないから分からないよ、き、響子さん」
「私だって、したことないわ……」

「もしもボクらが、夫婦だったら――」

 まるで熱に浮かされるような場の空気。
 それに当てられたかのように、ボクの口から零れ落ちた言葉は――。

「キスを、するんじゃないかな?」
「……うん、夫婦だものね」

 彼女もその答えを待っていたのだろう。優しい表情で素直に頷く。
 理性が痺れてしまうほど甘い雰囲気の中で、ボクらはゆっくりと口唇を重ねた。


478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 02:05:56.77 ID:3jJ0XlbP
 翌朝ボクが目を覚ますと、既に霧切さんはいなかった。時計を見るとまだ七時前で、モノクマの校内放送もまだ流れていない。
 横になったまま手探りで毛布の中をまさぐると、まだ仄かに霧切さんの温もりが残っているような気がした。
「……ん?」
 指先に何かが触れたので引っ張ってみると、それは霧切さんが寝間着に使ったワイシャツだった。そこに彼女の字が書かれたメモが貼り付けてある。
『ありがとう、誠君』
 ――ボクの方こそお礼を言いたいよ、響子さん。
 キミに貰ったこの勇気と希望が、ボクを奮い立たせてくれるから。絶対に黒幕にも、超高校級の絶望にも負けやしない。
 ボクは、ボクらは独りじゃない。共に戦うキミとボクがいる。
 みんなの想いと共に、いつかこの学園を出よう。
 そうしたら、ボクはキミに言いたい言葉ができたんだ。

 ――超高校級の夫婦が、ただの夫婦になれるその日を願って。

【了】


479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 02:12:51.40 ID:3jJ0XlbP
以上、「超高校級の夫婦」でした
このタイトルのSSはまだないと思ったのですが、被ってたら申し訳ない
一番最初に苗霧を「超高校級の夫婦」って言った人には、国民栄誉賞とグッドデザイン賞とモンドセレクション金賞を与えるべき
後半の夫婦プレイは放っておいたらいつまでも続きそうだったので省略
紳士君、>>477>>478のレス間が見えるわね?(キリギリッ)

前編に「GJ!」等温かいレスをくださった皆様、ありがとうございました!

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 02:30:52.86 ID:Z0KX0NFP
おつかれさまです
これは可愛い。夫婦可愛い

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 07:56:47.58 ID:k/HhLIM5
今さっき終わった
正体は俺の嫁とかまじか

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 08:06:31.50 ID:u6FllXx/
>>479
待ってました
これはGJすぎる…!

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 12:26:55.67 ID:+5FLHxK6
>>479
GJ!
たまらんなあ
このスレで出た細かいネタまで拾っているのがまたすごい

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 18:17:59.98 ID:GBo/q76q
>>479
やばいやばい、すごい2828した
あなたみたいな書き手がいるからこのスレが活性化するのだと
信じているぜ GJ!

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 22:15:03.41 ID:VUMu0RLs
なんでここのスレのSSは外れがないどころか傑作ばかりなんだ・・・

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 23:11:48.45 ID:u6FllXx/
霧切さんはほんと優良書き手に恵まれてるよなあ
ありがたやありがたや

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 00:13:03.52 ID:dqhgnLiS
気付けば台本形式がえらい少ないというな。
本編での描写が少ないからスレが盛り上がるほど書きやすいのだぜ

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 01:27:58.52 ID:9gqZT3Y9
どれか一つと言われたら、どれを選ぶね?

・霧切さんに膝枕してもらう
・霧切さんをおんぶする
・霧切さんをお姫様だっこする
・むしろ霧切さんにお姫様だっこしてもらう

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 02:57:44.51 ID:w8gyfQmH
>>488
膝枕でお願いします
そして>>479 GJ

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 07:23:29.85 ID:wCGS6XFK
膝枕

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 11:30:19.88 ID:27VprIRl
膝枕・・・頭で霧切さんの太腿の感触を味わえる。コマンド追加入力で耳掃除に派生可能。

おんぶ・・・背中で霧切さんの胸の感触を楽しめる。耳元で霧切さんの声を聞ける点も見逃せない。

お姫様だっこ・・・手で霧切さんの背中と太腿に触れることができる。至近距離で見つめ合えるのが最大の売りか。

ううむ、やはり耳掃除への派生が期待できる膝枕か。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 12:57:58.59 ID:Kn3QFGU1
それは苗木くんがされる前提なのか?それとも自分がされる前提なのか?
と身長180p体重80sの俺が聞いてみる

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 13:46:31.05 ID:9gqZT3Y9
どちらでもよし
逆に聞いてみたいところだな
自分がされたいか、苗木がされているのを見たいか

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 15:43:50.54 ID:MQBbOXpC
>>479
遅レスになってしまったけれど、GJ!夫婦にニヤニヤさせて貰ったぜ……。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 16:30:36.88 ID:wCGS6XFK
苗木が舞園さんをお姫様だっこ
それを見て霧切さんはどうするのか

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 16:55:49.92 ID:H1YfZbUM
3段お姫様だっこあるでこれは…

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 18:58:40.82 ID:27VprIRl
学園を出る直前、生物室にあるみんなの死体を植物庭園に埋葬することに
舞園さんの死体を抱いて悲しげな表情になる苗木君
それを見て内心ちょっとだけ嫉妬してしまう霧切さん
そんな妄想

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 19:26:48.43 ID:oqv0QA8k
>>497嫉妬というか、複雑な感情に呑まれそうだな
苗木君がまだ舞園さんを思っていることに切なさを感じ
悲劇の中に亡くなった舞園さんに嫉妬してしまっている自分の醜さを嫌悪し

うはぁ 俺得

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 21:55:36.18 ID:Qk92c8/7
最後まで苗木は舞園さんのこと特別に思ってたっぽい描写があったね

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 22:05:28.17 ID:G0hBK1BZ
死んで美化されちゃってるからなぁ
霧切さんこれからが大変だ

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 22:14:06.44 ID:H1xoUpe4
あそこで死んでしまって美化はないんじゃない
むしろ彼女に対する解釈に「霧切の良さ」が出るわけで

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 22:37:08.16 ID:hC6YNhWK
>>499
やったの大分前だからあんま覚えてないんだが1章以外でそんな描写あった?

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 22:51:42.55 ID:Kn3QFGU1
>>502
六章で舞園さんの部屋を調べると…?

苗木くんの舞園さんへの思いは恋心未満だとは思うけどね
霧切さんへの恋心はまるでないからあまりフォローにならんが
あんだけ助けてもらって霧切さんハァハァとならない苗木くんはなんなんだ

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 00:53:48.99 ID:j/B8dyjB
げい

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 01:45:18.14 ID:oY/qjDcy
苗木と霧切さんはゴミ捨て場から戻ってきた後、そのまま風呂に入る暇も無く最後の捜査と裁判に臨んだ。
つまり苗木は洗ってない犬の匂いをさせたまま「希望を捨てちゃだめだ!」と言っていたわけだが、それはまあいいとする。
ともかく、二人が学園を出る前にゴミ捨て場の匂いを落とすとすれば、裁判終了〜玄関ホールに集合する間しかないのだ。

しかし6章捜査パートでは、メッセージウィンドウが青色になっている。つまり、夜間帯だ。
裁判が終了した頃には既に夜時間に入っている可能性が高い。
となると、個室のシャワールームは使用できないことになる。
そう、二人がゴミ捨て場の匂いを落とせる場所は浴場しかないのだ。

…さて、ここまで言えばわかるわね?

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 01:48:05.22 ID:Dy9NlFBU
>>505
朝日奈「霧切ちゃんからも洗ってない犬の匂いがする!」

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 03:55:01.04 ID:1YzuiG1k
まあゲーム開始時はだれも死んでないからたとえ監禁状態でも舞園さんのアプローチを意識する程度の余裕があったが、
舞園さんをはじめご覧の有様になっちゃったからとても色恋沙汰に気持ち向ける暇ないでしょ。と思ってたけど
苗木君、君風呂を覗くほどの気概を持っちゃってるね。論破失敗

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 04:31:20.68 ID:P+wMN4/u
風呂と色恋沙汰は別だ…

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 10:14:34.92 ID:i1ivj9NK
あの一枚絵は苗木の視点
つまり苗木は霧切さんの美尻を凝視していた

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 11:33:11.97 ID:uSPPKI0D
まぁ本編中ではっきり恋愛感情持ってるのがわかるのは腐川→十神くらいだからな
まぁ推理アクションだから恋愛描写があまりないのはしょうがない

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 11:38:05.49 ID:LYwcnMZs
苗木の補習を先に見たから、
霧切ちゃんも大丈夫だろチョコンと座ってる霧切ちゃんカワユスと気を抜いていた

そしたら

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 13:46:29.67 ID:8HK5fFbr
ヒロインポジだったから死なないだろうと甘く見てたら
みごとに潰れてうわあぁぁぁぁ!!ってびびったのは俺だけでいい

完全に不意打ち状態でした

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 14:03:44.11 ID:LYwcnMZs
いやーな音したよね
まだ未クリアなんでスレは見ないようにしてたんだけど
ショックで来てしまいました

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 15:01:46.94 ID:ZG4iP8tG
最初見た時は度肝抜かれる
そのうち怖いもの見たさでもう一度見る
次第にだんだん興奮してくる
ここまでくるともうアウト

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 15:23:11.45 ID:lYL17KoN
最初から興奮してた俺はどうすれば…

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 17:20:57.49 ID:n1+2Qx67
>>515
よう兄弟
恐怖を必死に押し殺そうとする様が背徳感も相まってこう、ね・・・
あの○○を表に出すまいと必死で努める霧切さんというシチュはいろんな状況に応用がきくと思うんだ

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 20:30:27.98 ID:Dy9NlFBU
苗木(鍵の事を口にしたら多分霧切さんオシオキされちゃうよな……)
苗木(霧切さんのオシオキ…フヒッ)


というような感じだったウチの苗木くん

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 23:30:21.67 ID:i1ivj9NK
あのムービー以来、俺の中で霧切さんは根っこがMというのが定説になっているんだが
何か異論はあるかね

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 23:33:06.51 ID:RFC/qKMg
苗木くんに踏まれてハァハァな霧切さん
ありだと思います

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 23:49:20.31 ID:eUJRKjnk
某所でドMな犬切さんSSを見てからそうとしか思えない

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 23:49:42.96 ID:ZG4iP8tG
ナエギリのSMだと、どうしても

霧切「苗木君、踏みなさい」
苗木「え、うん…」
霧切「苗木君、縛りなさい」
苗木「あ、えっと…こう?痛くない?」

って感じのを想像してしまう

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 00:06:26.52 ID:CzzDYW+I
苗木君に嘘を論破されて感じてしまう霧切さん言葉攻めSSが見たい

「そんな言葉攻めみたいなことは止めなさい」
「でも、霧切さんってこういうの好きだよね?」
「べ、別に【好きじゃないわ】……」
「それは違うよ。だってここをこんなにしてるじゃないか」
「な、苗木君のクセに……」

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 00:16:37.94 ID:CzzDYW+I
ごめん、猛り過ぎたのでエロパロスレでおしおきされてくる

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 00:34:50.88 ID:QQGfb15W
>>523君は悪くないよ!
悪いのは全部・・・霧切さんなんだ!
霧切さんがエロかっこかわいいのがいけないんだ!
そうだよね、霧切さん?

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 00:36:49.09 ID:FU4Ld4wD
>>522
チャプター5で追求したらうろたえるのかなあと思って進めたのは俺だけじゃないはず

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 08:02:32.11 ID:QQGfb15W
動揺はしていたと思うよ
追求した時の「そこまで言うなら…根拠はあるんでしょうね?」という台詞の時、少しだけど声が震えている

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 12:05:13.82 ID:QRhrNj7d
一番霧切さんが動揺したのって
アルターエゴから学園長の事を聞いたときだよな

え? 補習のとき? 

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 12:50:00.98 ID:G0DfTzWA
感情が表に出ていたという意味なら、「学園長が!?」の時だろうね。
あと「ひ、酷い!」が素だったとしたら、あそこも。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 19:41:25.21 ID:QQGfb15W
霧切さんをうろたえさせるには・・・

「霧切さん、今まで黙ってたけど・・・僕本当は女なんだ」
「霧切さん、もう僕に話しかけないでくれるかな」
「霧切さん、結婚しよう」

さあどれだ

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 20:21:12.85 ID:AehZ2epj
>>529
「本当は女なんだ」→パンツ脱がされて論破
「話しかけないで」→無表情を貫き通すが内心動揺
「結婚しよう」→自由時間のテレギリさん発動、一番動揺

しかし個人的に一番見たいのは「話しかけないで」の反応だな

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 20:37:19.78 ID:ASkOtmGe
エイプリルフールネタにもってこいだな

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 21:02:47.63 ID:QQGfb15W
苗木君に冷たくされて泣きそうな顔になる霧切さん
あると思います

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 21:45:13.83 ID:BpXJX8+V
ラストシーンで
霧切「あなたと一緒なら…」
苗木「霧切さん」
霧切「何かしら?」
苗木「話しかけないでくれないかな」
霧切「……えっ?」

胸が熱くなるな

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 21:57:41.05 ID:7nL4l5/X
やめろw

そこに舞園を

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 22:30:02.97 ID:PGY3Fz9R
つまり

苗木「え、 同じ学校だった? ごめん覚えてないよ。舞園さんの勘違いなんじゃない?」
舞園「……」

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 22:33:12.04 ID:G0DfTzWA
こう、周りに人のいるところでは平静を装うんだけれど、一人きりになった途端ぼろぼろ泣き出す霧切さんとか見てみたい。
なんだろうな、霧切さんは雰囲気はSっぽいけど被虐心より加虐心をそそられる。
これって正常だよな?な?

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 22:38:37.53 ID:C7ceSh8x
>>535
君は今すぐチャプター1をやり直しなさい

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 23:41:00.84 ID:AehZ2epj
>>536残念ながら異常だ。そして俺も異常だ。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 23:54:44.13 ID:dv7l1Jqb
お前らだけにいい格好はさせないぜ!!

でも、あそこまで信頼してる苗木君に(冗談とはいえ)裏切られたら、
今度こそ立ち直れなくなりそうだな

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 07:59:48.75 ID:kgJA7xDk
火傷の件の時は何があったんだろうな

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 12:19:34.22 ID:memtHEZ1
火傷の時の「他人に深入りしたがゆえの失敗」が深く信頼していた相手に裏切られたことだと仮定して、だ

取り留めのない会話をしていた時に、ふと苗木が口にした言葉が、かつて裏切られた相手から言われたことと一字一句同じ言葉だったりするんだ
もちろん苗木はそんなことは知らないんだけど、乗り越えたはずの過去を呼び起こされた霧切さんは突然怯えたような顔になって、
「お願い…お願いだからあなたは私から離れないで…」と縋りついてくるんだ
そんな展開があってもいいと思います

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 17:11:39.93 ID:MrziAjMQ
無表情になろうと努めるけどボロボロ泣いてしまう霧切さん

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 18:17:27.46 ID:bq0+22GW
ふぅ・・・

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 19:46:01.20 ID:42ZjckwW
やっぱり寄宿舎二階の学園長の部屋で
独りきりになった霧切さんをそっと覗きたかった

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 21:07:39.42 ID:kgJA7xDk
霧切さんにも何かしら分かりやすい弱点がないものか
こう、怪談が苦手だとか毛虫を見ると卒倒するとか

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 21:27:34.46 ID:Vi+5VXOY
>>545
高所恐怖症だったり
暗所恐怖症だったりとか

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 21:48:28.36 ID:qANuO9S7
ご歓談中失礼します。ちょっと多めにスレお借りします。
中途半端にシリーズ化なんかしてましたが、このへんで一区切りつけようかと思います。
わりとネタバレあるので注意してね!
っつーわけで、

こちら苗木誠探偵事務所(連作)

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 21:49:07.72 ID:qANuO9S7
「――はい。……はい。……それでは、失礼します」
「…………霧切さん」
「……苗木君。待っていてくれたのね」
「うん。……えっと、」
「とりあえず、事務所に戻りましょうか」
「そう、だね」


 苗木誠探偵事務所は、いや、希望ヶ峰学園は……、えっと、どこから話せばいいかな。


「ただいま……あ」
「苗木君の家は、ここなのかしら?」
「ちょっと間違えただけだよ」
「それが一回や二回なら、私も貴方の言葉を信用したのにね。……ふふ」
「勘弁してよ、もう」
 霧切さんがうっすらと微笑む。重く沈んでいた空気が、ほんの少しだけ軽くなったような気がした。
 勝手知ったるボクらの探偵事務所。目を瞑ったってボクは自分の椅子まで辿り着けるだろうし、霧切さんならきっとコーヒーまで淹れて見せる。
それほどまでに慣れ親しんだ事務所にいるのに、ちっとも落ち着かなかった。
「このブラインドも、外さないといけないかな」
「必要無いと思うわ。どうせ全部覆ってしまうのでしょう?」
「そうだね。……良かった」
「一つづつ外していたらキリがないものね」
「そういうことじゃなくてさ。………あはは。やっぱいいや、恥ずかしい」
「? ………、…………………ばか」
 興味なさげにそっぽを向く霧切さん。その仕草が照れ隠しであることと、顔がほんのりと朱に染まっていることにボクは気付いている。
 それがわからないほどボクらの付き合いはそんなに短くないし、わざわざ指摘するほどに間抜けでもない。
 軽く目を閉じて、開く。いつも通りの会話にまた少し事務所の空気が軽くなった。……さて、

 気は進まないけど、そろそろ話さなければいけないだろう。
 世界が終わった日、そしてボクらの探偵事務所が閉鎖した日のことを。


549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 21:49:19.94 ID:cMB9/Giz
苦手なものなんて無かった、弱点なんて無かった
探偵としてそんなものはあってはならなかったから
なのに…、苗木くんの馬鹿

みたいなのが萌えるんだろ!?

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 21:49:57.16 ID:qANuO9S7

 ――世界は、終わる。

 伝統ある希望ヶ峰学園の学園長がそう切りだしたのは、今日の朝九時ジャスト、たった十六人を前にした全校集会のことだった。
 不二咲君は何故か昔みたいに女子の制服を着て、十神君は憔悴しきった表情であちこちに電話をかけていて。
 石丸君はボタンを掛け違えていたし、珍しいことに腐川さんは”眠って”いて、代わりに翔が興味なさそうに愛用のハサミをいじっていた。
 大体皆似たような状態だった。
 学園長は落ち着かないボクらを意に介さず、言葉を続けた。

 ――しかし。キミ達がいれば。

 超高校級のキミ達がいれば、世界は何度だってやり直せる。その才能はただの才能じゃない。この広い世界の中で、たったひとつ残った希望の原石。
 それがキミ達、希望ヶ峰学園78期生だ――そう、学園長は締めくくった。今までで一番短いスピーチだったべと葉隠君が呟いた。誰も笑わなかった。

 それから、ボクらは一人ずつ学園長と面接をした。世界に希望が取り戻せるその時まで、生涯をこの学園で過ごすことに同意した。
 この巨大な学園でたった十七人。たった十七人の共同生活が始まったのだった。


「まことに勝手ではありますが、本日をもちまして苗木誠探偵事務所は、営業を、終了いたしました、っと」
「……何を書いてるのよ」
「事務所の閉鎖のお知らせを、ちょっと。もう誰も来ないだろうけど、いちおうね」
「これ以上張り紙を増やしてどうするというの、貴方」
「突っ込みどころはそこなんだ?」
 学校を完全に封鎖してしまう手前、のんびりと部活動というわけにもいかなくなる。
 朝日奈さんや大神さんなんかは個人的にトレーニングは欠かさないようにするみたいだけど、ボクらにはさして続ける理由もない。
 なにより依頼人が見知った顔だけというのも張り合いがないし、ボクらは一応の閉鎖を決めていた。

「荷物とか、全部置きっぱなしでいいよね?」
「いつも使ってるものだけ持っていきましょうか。明日からは寄宿舎が生活の中心になるでしょうけど、二度と来ないというわけでもないのだし」
 霧切さんが文庫本片手にボクを見やる。どうやらどの推理小説を持って戻るか悩んでいるようで、しかしどれもお気に召さなかったのか全て棚に戻していた。
「一冊も持っていかないの? レーンとか、霧切さん読みかけじゃなかった?」
「何度か読んでるもの、いいわ。苗木君こそ何かないの? いくつかあったら部屋で退屈せずに済むでしょう」
「この椅子とか持っていきたいんだけどなあ。かさばるよね」
「そろそろ私も怒るわよ」
「ごめんね。からかってるつもりはないんだけどさ」
 余計に性質が悪いわと霧切さんが呟く。ボクは上手い返答が思いつかなくて黙り込んだ。

 空虚な会話。放っておいてもいつもと同じやりとりが口をついて出てくるのだけど、ボクらはどこか上の空で。
 しばらくこの部屋に入ることもなくなるのだと思うと、寂しさがこみ上げてくる。
「あのさ、霧切さん」
「何かしら」
「………寂しいね」
「……そうね」
 なんとなく見つめ合う。霧切さんとこうしている時は大抵謝るか照れるかしていたボクだけど、今日ばかりはそんなことにはならなかった。
 ふたり向かい合って腰掛けて。そうしていると、今まで過ごした日々が蘇ってくるようだった。霧切さんもボクを通して過去を振り返っているように見えた。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 21:52:49.99 ID:qANuO9S7
>>550続き


「……苗木君」
「……え。あ、うん。なに?」
 霧切さんは何か言いたげに口を開いて――閉じた。何事もなかったかのようにボクをぼうっと見つめている。
「苗木、苗木誠……苗木所長」
「また、珍しい呼び方をするね」
 首を傾げる霧切さんである。その拍子に銀色が揺れて、夕日にきらめいた。
「おかしいことは何もないわ。貴方が所長だもの」
「そういうことになってたね……。それで、どうしたの?」
「あのね、苗木所長、……ええ、折角だから」
 そう言って霧切さんは立ち上がり、ブラインドのストッパーに手をかけた。するするとおろされるブラインドが夕日を遮る。


「――言葉を、貰えないかしら?」
 ブラインドがかたん、と窓枠にぶつかった。


「……言葉、を?」
 そう言葉、と霧切さんは繰り返した。
「訓辞、挨拶、終わりの言葉。呼び方はなんでも良いわ。ままごとみたいな探偵事務所だったけど、最後ぐらいはきちんと幕を下ろしたい。
……なんて、少し感傷的かしら」
「そんなことないよ。多分、ボクも同じ気持ちだから」
 突然学園がその機能を停止して、ボクらもそれに引きずられる形になった。
 学園への残留も事務所の閉鎖も自分たちで選んだこととはいえ、気持ちの整理なんてつける時間も余裕もなかった。冷静なようで内心混乱していたのだ。
 だからボクらは、なにかひとつ区切りが欲しかったのだろう。自分たちの手でおろすことのできる幕が欲しかったのだろう。
「わかったよ、霧切さん。話すのはあんまり得意じゃないけど。それでも良いなら、なにか言葉を贈るよ」
「ええ、是非」
 いつまでも座っていたくなる誘惑を振り払って、ボクは霧切さんの傍へと歩み寄る。
 二人の間に障害物はなくなって、咳払いを一つ。それだけでごっこ遊びの延長みたいな探偵事務所が、なにか神聖な場所になったように思えた。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 21:54:11.69 ID:qANuO9S7
>>551続き

「えー、……そうだね。ボクら二人、ずっとこの事務所にいたよね。あるかもわからない依頼を待ち続けて、一日ボーッとしていたこともあったっけ」
 部活動という名目で始まった探偵事務所は物珍しさこそあったものの、依頼を受けるまでには至らず。
 探偵小説やコーヒーメーカーを事務所に置き始めたのもこの頃だったと思う。とにかく退屈だったのだ。
「そしたら、クラスの皆がなんとなく気にかけてくれるようになって。ちょっとずつ依頼が増えて。霧切さんが持ってきた小説に出てくる売れない探偵事務所みたいに
なったよね、ウチ」
 苗木誠探偵事務所の得意分野は迷い猫捜し。しかし霧切さんはどんな些細なことにも手を抜かない人で、その姿勢が後々の依頼にもつながったのだろう。
「いつも二人で行動して、依頼が入ったら事務所を閉めて。ちょっと不便かな? と思うこともあったけど、その態勢にもすぐに慣れた。
そもそもそんなに依頼は多くなかったし、それに、」
「……それに?」
「……霧切さんと二人でする”探偵ごっこ”は、すごく楽しかったんだ。キミは超高校級の探偵で、ボクはそのサポートで。名前だけの所長だったけど、
ワトソン役はだれにも渡したくなかった。最初は不思議で仕方なかった”苗木誠探偵事務所”の看板が、……最近は嬉しかった」
 今思えば、ボクは本当に幸運だった。こんなに素敵なホームズは、本棚の中のどこを探したっていないだろう。
「苗木君、ちょっと」
「ねえ、霧切さん。楽しかった苗木誠探偵事務所はこれでおしまい。それは仕方ないよ。でもボクには一つ心残りがあるんだ。
一つだけ、どうしても諦められないことが」


「ずっと、……ずっとキミの傍にいたいんだ。――大好きだよ、霧切さん」
 
 とす、と。ボクの肩に何かがぶつかった。



「………………………ばか」
「ごめん。色々思い出してたら止まらなくなって」
「誰が告白しろと言ったのよ、ばか。………ばか」

 そうっと霧切さんの背中に手を回す。一瞬肩が震えたけど、それ以上の抵抗もなくボクの腕の中におさまった。
 肩口がひどく熱い。霧切さんは何かぶつぶつと言っているようだったけど、声が小さすぎて何一つ聞き取れなかった。
 こういう時に必要以上の仕事をする心臓は驚くほどに穏やかで、心は静かに凪いでいる。
 霧切さんは思っていた以上に華奢だとか、土足禁止にしておいて良かったとか、そんなことを考える余裕さえボクにはあった。
「良かったら、返事をきかせてほしいな」
「……喋るのは貴方の役目じゃない。どうして私が、そんなこと」
「ボクだって言葉が欲しいよ。ねえ、ダメかな、霧切さん」
「し、仕方ないわね……あの、苗木君。それなら、せめて、」

 恥ずかしいから、このままで。……顔を見ていられないの。

 霧切さんがボクのシャツをぎゅっと掴む。耳元で息を吸い込む音がして、ボクの心臓がどきりと跳ねた。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 21:55:28.06 ID:qANuO9S7
>>552続き



「――苗木君。苗木君?」
「…………え? あ、霧切さん。どうしたの?」
「どうしたのじゃないわ。ほら、扉を開けるわよ」
 前方にはボクらを威圧するように鉄の扉。学園の出口だ。そう、ボクらは”卒業”するのだ。
 どうやら少しぼうっとしていたらしい。頭を振って、ぱちりと顔を叩いて……うん。もう大丈夫。
「おい、何をやってる。何があるかわからんのだぞ」
「ほんと、苗木って結構図太いよねえ。学級裁判でもずっとリーダーみたいだったしー」
「だべ。もしかすっと、クラス委員長とかやってたかもしんねえな!」
「そ、そんなことどうでもいいわよ………アンタが白夜様を待たせてんのよ、グズグズしてるんじゃないわよ」
「ご、ごめん、みんな」
 葉隠君と朝日奈さんがしょうがないなあ、という風に笑う。十神君と腐川さんはフンと鼻を鳴らした。
「……何か、思い出したの?」
「ううん。なんにも。でも、……うーん?」
「随分と煮え切らないのね」
 霧切さんが肩を竦める。実際に忘れているのだから仕方ないと思う。彼女はまだボクの方を見ていて、何か思い出そうとしているようだった。
 他の皆はやれ外に出たら占ってやるだのなんだのと言っていて、ボクらの様子には気付いていないようだ。
 視線を合わせる。ボクの方が背が低いから、少し見上げるような形になって。
 
 ――ふと、ここが土足禁止だったらよかったのにと、意味のわからないことが脳裏を掠めた。

「…………」
 相変わらず何も思い出せないけれど、確かにボクらはこの学園で、大切な日々を過ごしたのだろう。

 たった十五人のクラスメイト。きっと授業も賑やかだったろう。昼休みは誰かと机を寄せ合って、時々は学食に行ったりして。
 放課後には部活動とかして。朝日奈さんは当然水泳部で、腐川さんや十神君はそんなのくだらないって言ったかもしれない。
 葉隠君はオカルトは嫌いなんだっけ。それで、霧切さん、は。……ボクは。
「苗木君、開けましょう」
「うん。……あのさ、霧切さん」

 扉の上部に取り付けられた物騒な銃が天井へ納まる。派手な音が鳴り響き、二度と開くことはないように思えた扉が少しずつ動いている。
「なに? 十神君じゃないけれど、何があるかわからないわよ」
 もう霧切さんはボクを見ておらず。扉の向こうにあるものに目を向けていた。
 ボクもそれに倣う。
「霧切さんは、ここを出たら何を……いや、」
 激しい音と光の奔流。扉はもう半分開いている。ボクは前方を見据えたまま、半ば叫ぶようにして残りの言葉を吐きだした。


「――ボクと二人で、探偵事務所、やらない?」



554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 21:59:29.01 ID:qANuO9S7
ちょっと中途半端かもですが……ここでおしまいです。
最後の方は(というかずっと)粗さが目立ってしまってので、次はもっと良いものをお見せできるようにしたいです。
それではひとまずこれにて。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 22:28:47.22 ID:Zidjbf6u
あなたが超高校級のナエギリ作者か……!

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 22:57:38.97 ID:KX02aAB6
あなたの話はずっと好きで読んでいました
ひとまずお疲れ様でした
別の作品を書く機会があれば、ぜひともお目にかかりたいです GJ!

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 23:26:16.98 ID:memtHEZ1
これだからこのスレはやめられねぇ…GJ!
第一回から本当に楽しませてもらいました

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 00:19:20.30 ID:ELf9EVdy
>>554
GJすぎる・・・!
あなた様がNo.1だ

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 01:20:41.87 ID:pFmzN/N4
>>554
いい最終回だった…GJ!
あなたとは是非またこのスレでお会いしたい

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 02:24:34.80 ID:34eqWJBP
>>554
乙?

で、次はどんなナエギリ書くんだ?
実はもうだいたいできてるんだろ?
予告っちゃえよ?

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 10:20:51.90 ID:Txnxg+t+
>>560
なぜばれたし
原点回帰ってわけじゃないけど、もともと読みやすい掌編をぽんぽん投げていく予定だったから、
適当にテーマを決めてギャグ要素強めのやつを探偵事務所の番外編として作っていく予定です。
こんなかんじで
こちら苗木誠探偵事務所(番外編)
ナエギリ春夏秋冬
第一話『春に着ていく服がない。』


562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 10:21:39.72 ID:Txnxg+t+
 
 霧切さんは時々、ほんとうに言ってはならないことを言うと思う。

「苗木君、貴方の私服なのだけど………フルジップのパーカーってちょっとないと思うわ」
「………………………………は?」

 季節は春。長かった冬がようやく終わり、桜の蕾も膨らんできたある休日のこと。
 私服で登校してきたボクに対して、彼女は大真面目な顔でそうのたまったのだった。

「大体ソレ、いつ全部閉じるのよ? 昔から自分が見えないところにまで気を遣うのが粋だとか言うらしいけど、自分が見えなくなるのは果たして粋なのかしら。
目立ちたいのか目立ちたくないのか、ちっともわからないわ」
「いや、目立ちたいとは思ってないけど……」
 むしろ目立とうと思っても目立たないのがボクのボクたる所以である。最近は”超高校級の平凡”だなんていう人がいるのだけど、正直ボクも”幸運”なんかより
ずっとそっちの方が相応しいと思っている。
 ちなみに言い出したのは江ノ島さんである。
「じゃあその、フードにプリントされてる模様は永久に真っ二つのままなの? 理解できないわ……そういう意匠ならまだしも、明らかに原型は円じゃない」
「えーとえーと、……えーと」
 涙目である。半泣きである。正直勘弁してほしいけど霧切さん本人にはからかう気など全くなく、むしろ興味津津のようだから手に負えない。厄介だ。
「模様はひとまず置いておきましょう。苗木君、貴方それジッパーを全部あげて街を歩ける? 危ないわよね。外では無理、と。なら、家の中で活用するかしら。
ご飯も食べられない、本も読めない。……困ったわ。使いどころが無いのよ、苗木君」
「ああ、そう………」
 もう好きに言えば良いと思う。ボクもどうしてこの服を買ったのかなんて覚えていない。ただボクが選んだということは、これが極めて無難で、平凡で、普通で、
よくあるものだということと同義だ。
「大体こんなの、ドコで売ってるのよ。こんな……苗木君、ちょっとコレ全部閉じてみてもいい?」
「うわ、ちょっとやめてよ」
 今まさに平凡の定義が危機に陥っていた。ていうか痛い。前髪挟んでるよ霧切さん。
 なんか霧切さんの瞳がキラッキラしている。新しい遊び道具を買ってもらった猫のようだ。補足すると猫は小さい時から遊んでやらないと、大人になって急には
おもちゃでは遊ばない。現実逃避終わり。
「ちょ、ちょっと霧切さん、やめ」
「抵抗しないの。少しだけだから」
「フルジップに少しもないでふが」
 結局ジッパーを全部上げられてしまった。何も見えない。音も小さく聞こえるし、声もくぐもってしまう。ホントに何のためにあるんだ、この機能。
「謎だわ……一体誰が、何のためにこんなものを」
 オーパーツを初めて見た時みたいな反応を止めてほしい。何も見えないことも相まって、なんだか切なくなってきた。
「………あ」
 
 ――わかったよ、霧切さん。これ、人前で泣けない時に閉じるんだよ。

 そこまで思い至ったボクの目から一粒、涙がこぼれ落ちた。布地に吸われてすぐに消えた。
「それにしても。…………滑稽ね」
「うわーん!」

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 10:36:20.36 ID:Txnxg+t+
こんなかんじのを作れたらなーと思います

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 10:59:50.89 ID:3PJoMVih
>>563
うおおおおおおお
是非ともシリーズ化して欲しい
ありがとう、ありがとうGJ

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 11:08:40.56 ID:ycnYdFd8
>>563
もう君がこのスレの代表だ

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 11:26:15.48 ID:B1DOfNTX
>>563
GJ! 二人のやり取りが凄くツボだ

>>565
兄弟、気持ちは分かるが他の職人さんだって素晴らしいと思うぞ
我々は誰でもWelcome!

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 11:37:19.24 ID:Txnxg+t+
みんなで色々するほうがいいよね
可愛い霧切さんと苗木君が見れるならなんでもいいんだぜ

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 12:25:04.82 ID:3390Eh2x
腕利き揃いだもんな、このスレ
SSに限らず短文の妄想・ネタ振りも俺はウェルカムだぜ

>>567
いつもいつも良作をありがとう
周りに人がいるのについついニンマリしてしまったよ
次回も楽しみにしていますぜ

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 12:50:49.07 ID:i5z+3NNi
霧切さんの服は普通に格好いいが苗木のフルジップみたいな面白ポイントとか何かあるかな

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 18:30:49.95 ID:pFmzN/N4
そういや霧切さんもジップアップのシャツ着てるよな
ジッパー夫婦か

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 20:37:51.63 ID:pm2Q1irB
ペッパー警部みたいに言うなw

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 20:46:31.36 ID:8ADg13iV
モノクマ「ジッパー夫婦♪邪魔をしないでーぇ♪」

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 20:52:32.38 ID:B1DOfNTX
手袋の鋲が撃墜数的なものに見えてならない

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 23:26:29.43 ID:Txnxg+t+
>>573
ジェノサイダー

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 23:39:10.23 ID:3390Eh2x
あのゴツいリベット付き手袋は傷跡を他人に触れられたくない意識のあらわれ、と思いつきで適当なことを言ってみる
全体的にシャープなラインの中でやけに女の子っぽいリボンと白いハイソックスなんかも、
なんだか象徴的に見えてしまうのは勘ぐりすぎだろうか

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 00:36:53.44 ID:eUfLXYZG
さっきなんとはなしに「スネギリ」でググってみて知ったんだが、ロシアにスネギリって地名があるんだな
ついでにサハリンエナジー社営業部長ヴィクトル・スネギリ氏なる人名まで出てきて吹いた

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 01:03:37.92 ID:H751V+aw
「キリギリスって可愛いよね」と苗木が話してるのを
「霧切さんって可愛いよね」って聞き間違えて、表面上は冷静を装いつ、内心ドキドキする霧切さん

とかいう意味不明な電波を受信した。どうやら仕事で疲れてるみたいだから、ちょっと補修受けてくるわ…

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 03:37:09.96 ID:Q3pJgoma
霧切さんの中の人が、ヒロインなのに苗木にあそこまで冷たいのはどうかと思うみたいな発言をしてたって本当?

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 08:58:55.73 ID:4MLDksr7
声優でなくスタッフだった筈
ソースはファンブック

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 08:59:48.58 ID:UQmwSDfD
まずその話をどこで聞いたの?
日笠はラジオにもまだでてないしダンガンロンパの話をする機会がまだないと思うんだけど
VFB買ってないからわからんが声優のインタビューに書いてたとか?

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 10:00:33.01 ID:rHGtmGyb
>>578
VFBでキャラデザ担当してた人のコメントかな

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 17:49:38.64 ID:x9PTu8nT
霧切さんの正体はメカ子だと信じていた

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 18:47:09.20 ID:+QmEUYmG
それはちょっと…

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 19:14:46.30 ID:UPAeQkFv
しかしロボコップ好きの苗木は喜ぶかもしれない

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 21:09:18.99 ID:eUfLXYZG
やおら手袋を脱ぎ捨てる霧切さん
そして露わになるコイルに覆われた銀色の手
「変…身! ストロンガー!」

うん、ごめん
ネタが古いうえにメカ子と呼ぶにも微妙だった

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 23:18:39.86 ID:mbEaIF5Q
まあメカ子と呼べるであろうタックルの方は手袋関係ないしなぁ。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 08:09:56.72 ID:SLEzSE2X
今日は4月1日……そろそろあなたに本当のことを話すにも、いい頃合かも知れないわね。
それじゃあ苗木君、落ち着いて聞いてちょうだい。
私が超高校級の探偵だということも、学園長の娘だというのも、全部嘘。
私の本当の正体は、さる秘密結社によって作られたアンドロイドなのよ。
私の髪や瞳の色が日本人離れしているのもそういうわけだし、感情を表に出さないのも、本当は感情がないから。
この服の下の体も、柔らかい人間の皮膚ではなくて、冷たい金属で覆われているの。
……どう、驚いたかしら? でもこれが真実なのよ。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 11:02:13.77 ID:hWJV+FQG
>>587それは違うよ!霧切さん、僕は霧切さんがお風呂に入るのを覗いt

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 11:26:06.51 ID:MSdnSabg
下から二行目…霧切さんは遠回しに「私の服を脱がしてみなさい」と言っているのか…?

ニア追及する
追及しない

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 16:18:13.83 ID:Mzisqx87
苗木「前に霧切さんが言ってた、立候補してもいいかな?」
霧切「えっ、もっ勿論///」
苗木「エイプリルフール!」

霧切さんの反応は?
ニア切れる
  泣く
  拗ねる


591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 19:10:04.83 ID:e/ikCVS1
公式の壁紙にて、カップヌードルの犯人は苗木の可能性が濃厚となった

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 19:24:50.29 ID:zkwvkE3v
霧切さんにぶっかけたのか

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 19:29:46.65 ID:CdTcatZq
下な話になるけどあのカップ麺中身が残ってたから葉隠が使って捨てたのかとか俺は思ってた

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 21:29:14.15 ID:SLEzSE2X
(ゲーム外の)公式絵の霧切さんっていつもクールな澄まし顔だから、ああいう表情で描かれているのはなんだか新鮮だ
容器の文字はCUP GOKUBUTOと書いてあるのか?

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 21:32:09.41 ID:wT4M2ind
カップヌードル被りながらも凛々しいキリギリさんが可愛い通り越して愛おしい。


596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 22:03:04.37 ID:oxGIiFzW
ダンガンラジオはやはりトリか
来てくれるといいなあ

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 01:54:55.23 ID:ptoRIq6d
壁紙いいなあ
頭にカップ麺乗せててもかっこかわいいのは霧切さんくらいだ

>>596
ラジオドラマはやっぱり「立候補する?」かね
騙されたフリも個人的には捨てがたいが

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 03:17:39.12 ID:FC1PBPS+
一番人気なのにラジオに出ない、というのも霧切さんぽくて
それはそれでいい……わけない!
苗木君に希望でも何でも撃ち込んでもらって是非出演を

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 12:05:03.95 ID:L6DhQvwz
VFB見るに二年前にも霧切−苗木−舞園の繋がりはあったみたいだが、霧切−舞園間はどんな関係だったのか気になる
以前このスレのSSでもあったけど、あの面子の中で探偵のお世話になりそうな人といえば舞園さんだろうし、案外仲良くなる接点はあったんじゃないかと思うんだ
苗木を巡って修羅場でもいいけど

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 13:48:37.19 ID:WR2zsY6m
殺伐と仲良し!

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 18:17:15.28 ID:nYKiluSq
霧「苗木君、好きよ」
苗「えっ、あっ、えっと…」
霧「そういえば今日は四月一日ね」
苗「え、あ…嘘だったの?」
霧「エイプリルフールだからって、必ず嘘をつかなければいけないわけじゃないでしょう?」
苗「え、ど、どっちなの…?」
霧「さあ、どっちかしらね…ふふ」

ってのが脳内に降臨してきたけど、昨日中に妄想まとめきれなかった

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 18:41:15.39 ID:ptoRIq6d
>>601
今からでも遅くないんだぜ

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 21:14:15.61 ID:BHENUi9/
んむむ、やっぱエイプリルフールネタは押さえとくべきか...

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 23:03:21.94 ID:2emp54FL
>>587
「メタルK」思い出すな、その設定だと。
その作品に出てくる「K」は復讐の鬼になるんだけどね

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 02:11:44.15 ID:Tn1OjtrY
霧切さんもイニシャルがKだな
Kyoko Kirigiri

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 10:08:13.93 ID:QnKQd/Oa
このスレでは霧切さんをいじめたいドSの方が多数派のようだが、
霧切さんに踏まれたりなじらるたりしたい紳士はいないのか

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 14:25:51.95 ID:Pmgk0DxN
エロパロにあったな

608 :名無しさん@お腹いっぱい:2011/04/03(日) 18:31:20.80 ID:e7QxXOlk
>>606 我だ

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 18:49:54.53 ID:BcYzrnmm
霧切さんはSもMもいけるというのが俺の持論
でもまあ、なじられるような場面でも、ある程度親しくないと無言であしらうだけで相手にもしてくれなさそうだ

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 20:54:47.85 ID:Hwwyy1dv
我のことか

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 21:30:06.11 ID:QnKQd/Oa
>>608
分かってくれるか兄弟
霧切さんに深く深く溜め息をつかれた後、冷ややかな目で睨まれたい

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 07:51:50.27 ID:IgRExDoM
月曜日の朝ですが皆様いかがお過ごしでしょうか
エイプリルフールなんてなかったんだ! ということで一本投下したいと思います。季節感ナニソレ。

こちら苗木誠探偵事務所(番外編)
ナエギリ春夏秋冬
第ニ話『ロンパって言いたいだけちゃうんかと。』

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 07:52:27.60 ID:IgRExDoM
「苗木君、コンパス持ってないですか? あとものさしも」
「コンパス? ものさしはあるけど、コンパスは……あ、あるや。はい、舞薗さん。でも何に使うの?」
「私じゃなくて、苗木君にお願いしたいことが。ええ、まず1センチの線と2センチの線を書いてください……はい、そうです。
それで、今度は1センチの円と2センチの円を、そのコンパスで……ありがとうございます。ね、わかったでしょ?」
「どういうこと?」
「つまりですね、直線だと気にならない小さな差でも、円にすると誰の目にも明確なほどにその差が」「黙りなさいこの狸女」
 

 使わないコンパスなんか、とっとと捨てておけばよかったと思う。


 梅雨が明けようとしていた。ここ何日か耳にしていない雨の音を少しだけ名残惜しく思った、ある休日のこと。
 昨日ようやく乾いたお気に入りのパーカーを着こみ、久しぶりに傘も持たず登校したボクを出迎えたのは、笑顔の眩しい舞薗さんと仏頂面の霧切さんだった。
「あら、妬みですか霧切さん。それとも僻みですか? いいんですよ隠さなくて。私エスパーですから」
「黙りなさいと言ってるでしょう。早くその口を閉じないと私の手袋にどうしてこんなに沢山鋲が付いてるのか知る羽目になるわよ」
「どうぞ教えてくださいな。それで目の前の数字がひっくり返るのならいくらでも」
「くっ、この……」
 ほらほら、と何故か目いっぱい胸を反らす舞薗さん。その仕草がカンにさわったのか、霧切さんは近くにあった雑誌で叩こうとする。が、かわされた。
 なんだこの二人。
「………うん、雑誌?」
 霧切さんが持っていた雑誌をこちらへと放る。多分、何度も読むかしてクセがついていたのだろう、受け止めた拍子にページが開いて鮮やかなグラビアが
ボクの目に飛び込んできた。

 ――『今年の夏はコレでキマリ! 水着選び10のポイント』

「苗木君、私はくだらないと思うのよ。メディアに踊らされて右へならえ左にならえで。ばかばかしいったらないわ」
「それは違いますよ霧切さん。海があれば泳ぎに行くし、梅雨が終われば夏がくるものです。議論のすり替えですよ、それ」
「生意気ね……たかだか1センチの差如きで……!」
「1センチ? さっきから、なんなのそれ」
 ぐりん、と。視線がボクの方へと集まる。ご丁寧に効果音付きで、示し合わせたように身体ごと振り向く二人である。
「わかってます。苗木君はおっきいのが好きなんですよね? 言わなくていいですよ私エスパーですから」
「苗木君を誘惑しないでこの色魔。わかってるわよね苗木君。……事情? 言うわけないでしょう察しなさい。言わずとも理解しなさい」
「わかるわけないでしょう苗木君はエスパーじゃないんですよ。ね、苗木君。この、白いビキニよりこっちの青いのですよね? 勿論わかってますとも」
 きゃあきゃあと騒ぐ二人は憎まれ口を叩きながらもどこか楽しそうで、傍観者であるところのボクも微笑ましい気分になってうんごめんなさい嘘つきました。
「舞園さん、アナタ少し苗木君に近」「嫉妬ですねジェラシーですね。わかりますよエスパーですものかーわいー」「やかましい」

 ――ああもう。
 ボクなんかでこの二人が止められるはずもない。説得も仲裁役も早々に諦めて、ボクは、
「あ、逃げた!」「話は最後まで聞きなさい」


 パーカーのチャックを全部閉じた。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 07:56:41.38 ID:IgRExDoM
以上です。愉快じゃない一週間がまた始まりますが、適当にやり過ごしましょう。
私も仕事行ってきます

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 08:03:52.24 ID:mA6xelks
GJ! そして行ってらっしゃい
ふう…出勤前にいいものを見れたぜ

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 10:08:09.48 ID:jznumylO
>>614
GJw 
ホントあなたの作品は良作ぞろいだ

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 11:44:48.92 ID:7Tww8JHN
>>614
乙!

舞園さんと霧切さんの絡み微笑ましすぎワロタ
もっとやってくれ


618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 12:17:08.37 ID:+LOR2Os6
相変わらずGJだべ
ムキになる霧切さんマジかわいい
ところで…これは夏のビーチ編があると思っていいんだな!?

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 12:35:42.80 ID:EMUJmDyV
GJ! 三人のやり取りが微笑ましい……w

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 12:40:38.17 ID:EMUJmDyV
流れぶったぎって悪いんだけど、霧切さんとデートするならどんな場所に連れてきたい?
苗霧いちゃいちゃデートSS書いてるんだが、苗木君がエスコートするのに皆の意見を取り入れてみたい
めしどこかたのむ

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 12:59:15.52 ID:W+wOYCOF
スキー場

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 15:02:06.50 ID:+LOR2Os6
ベタなところで…

・案1 映画館
苗木の趣味にあわせた場合はロボコップ一択だろうが、霧切さんの場合は…どんな映画だろう

・案2 テーマパーク
おそらく霧切さんには縁の薄い場所だろう
それだけにどんな反応を示すか見てみたい

案3 図書館
静かなデートだっていいじゃない
…でもSS的にはネタにならないか

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 18:27:05.22 ID:IgRExDoM
植物園とか
霧切さんってじーっとサボテンとか見てそうっていつだったかスレで

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 19:09:38.03 ID:y4QceU/W
水族館とかどうだろうか

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 19:58:49.08 ID:5h1FGre/
人体の不思議展とか寄生虫博物館とか好きそう

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 21:31:59.45 ID:mA6xelks
バイクでツーリングとか
霧切さんはバイク似合うんじゃないかと思うんだ

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 21:44:59.25 ID:nKimAOoH
美術館も捨てがたいな

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 23:01:00.50 ID:jznumylO
>>622
>案3 図書館
 探偵ものの本をとにかく苗木君に薦めてきそうだ
 でも確かに静かだとデートにはならないな

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 23:05:16.58 ID:jznumylO
>>628
ごめん、「静かだとデートには」 でなく、
    「静かだとSSには」   な。
連レスすまない、ちょっとゴミ捨て場に落ちてくるわ

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 00:20:10.13 ID:4ZKxvIrD
>>626
わかる
服装的にも似合いそう
霧切さんマジいい女

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 00:52:33.82 ID:6n2OayXl
ホテルのレストランで夜景を見ながら大人のデートとか……高校生の身の丈じゃないか
霧切さんならサマになりそうだけど

しかしここまでのレスで出てきたネタ、どれも見てみたくて困る
植物園でなぜかハエトリソウの生態を熱く語る霧切さんとか、
人体の輪切りを興味深げにしげしげと眺める霧切さんとか、
ライダースーツ姿で颯爽とバイクを乗りこなす霧切さんとか
あれだな、可能性は無限大だな

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 06:55:06.76 ID:/oeUFDmk
こうなったらもう全部書けばいいんじゃね?
スレもまだ残ってるしな

633 :>>620:2011/04/05(火) 09:20:23.88 ID:wmDHSxzm
>>621-631
どれも素晴らしいな!
動植物や展示を見たりするのも捨てがたいが、オーソドックスに映画なんかも捨てがたい
スキーやバイクはデートというよりそれをメインテーマにできそうだ
いつになるか分からないが、完成したら投下させて頂くよ

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 12:41:58.86 ID:rBXhcsWU
>>633
期待しているぜ

食事に行くならどこだろうな
イメージ的には洋食なんだが、日本文化に興味があるというし、和食の方が喜ぶだろうか

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 18:12:07.19 ID:betMBLBL

>>634

実際、海外生活が長いって言ってたからな
少なからず、興味にひかれるだろうな

花見とかも喜びそうだ



636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 18:23:46.57 ID:DqjJe2L7
お芋をお箸でぶっ刺して食べる霧切さんとお芋をお箸で挟もうとしてコロコロさせちゃう霧切さん
私は前者が好みです

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 19:42:12.84 ID:wmDHSxzm
あの手袋だと高級な店は断られそうだな……
かと言って薄くてフォーマルなやつだと火傷隠せなそうだし

「ごめんなさい……」って謝る霧切さんの手をとって、「霧切さんのご飯はずっとボクが作るよ!」って希望を撃ち込む苗木君を誰か!

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 21:10:03.22 ID:betMBLBL
>>637
即興で考えたらこうなった




「ごめんなさい……」
 いたたまれない気持ちになった私は顔を俯かせるしかなかった
「いや、霧切さんは悪くないよ…事前にちゃんと調べなかったボクがいけなかったんだ」
 明るい笑顔を作って気にしなくていい、と繰り返す苗木君
 こうなったのも、彼が大事な話があると言って夕食に誘われたのだけど、……私の手袋のせいで入店を断られてしまった
 本当に……忌々しい火傷。今でさえ、こんなにも私の障害となる
「…あのさ、此処でジッとしてるのもなんだし、ボクの家に行かない? 夕食ならボクが作るから」
「……そう、ね」
 私の手を握った彼に促され、返事をする間もなく歩き出していた
 私よりも少し小さな苗木君の掌は心なしか、逞しかった





「はい、ありきたりだけど…」
 そんな言葉とは裏腹に、私の前に出されたのは湯気を立てるご飯とお味噌汁、そして黒い鉄板の上でジューと音を立てるハンバーグ。
 何処がありきたりなのか訊きたい。充分な程に手が込んでいるのにありきたりの一言で片付けるのは勿体無い気がしてならない
「相変わらず、料理上手ね……」
 感嘆と呆れを含めつつ、苗木君に目をやる
「霧切さんに美味しいって言って貰いたいからね」
「………そう」
 苗木君は何時もそう、私の皮肉も動じず、優しく笑ってくれる
「さ、食べよう」
「ええ、それじゃ」

『いただきます』




『ごちそうさま』
 言わずもがな、予想通り…苗木君の手料理は美味しかった
 家事があまり出来ない私からすれば羨ましい…のと少し妬ましい気持ち
 苗木君の手料理を食べると必ず劣等感を抱く。馬鹿馬鹿しいと思っていても感じてしまう

「…霧切さん?」
「……あ、ごめんなさい。聞いてなかったわ。……で、何かしら?」
「う、うん…あのさ。大事な話があるって言ったよね。その事なんだけど」
 ゴホンと咳をし、少し強張った面持ちと決意の籠もった薄茶色の瞳が私を映した
「ボ、ボクと……一緒に暮らさない?」
「…え? そ、それって……」

 ――プロポーズ、だった
「こんな形でなったのは悪いと思ってる。でも、霧切さんが好きなんだ。だから!」
「…でも、私、家事なんで出来ないし…」
「家事ならボクがするよ! 霧切さんのご飯はずっとボクが作る!」
「…本当に私で……いいの?」
「勿論! 宜しくね霧切…いや響子さん!」

 私の方こそ宜しくね、誠くん

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 21:12:22.91 ID:betMBLBL
>>638
後半駆け足……スマソ

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 21:15:15.30 ID:/oeUFDmk
ふひひ、いかんヘンな笑い声出た
GJ。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 21:36:52.90 ID:davLmyeP
後の超高校級の夫婦である GJ

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 22:54:09.29 ID:rBXhcsWU
ほんと何やってもかわいいなこの二人
GJ!

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 00:46:29.02 ID:8ls5vhcW
苗木くんが超高校級の料理人になる話ですね分かります

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 00:57:13.53 ID:g/T+5UZl
>>636
どちらもいいが、ここは何度もコロコロさせてるうちに痺れを切らせてお箸をぶっ刺しちゃう感じでどうか

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 01:00:58.52 ID:jpjNCwOw
いやいや、見かねた苗木君が自分の箸でアーンでしょう

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 02:38:25.85 ID:QyMBVtYv
>>645
つまりこういう事か
因みに>>638の続きだ



「……この!」
 今、目の前にある物に踊らされていた
 誠君が作った肉じゃが……これ程までに苦戦するとは
「だ、大丈夫?」
「気にしないで」
 箸の使い方が下手くそと言われてしまえばそれまでだけど、ジャガイモがコロコロ転がるものだから少し苛々する……

「んっ…く…!」
 我慢の沸点が到達、ジャガイモを突き刺そうと思っていた所、視界の端から細長い物がその苦々しい原因を持ち上げ、私の目の前に突き出した
 つまるところ……誠君がジャガイモを掴んで私の前に運んでいたのだ
「ほら、響子さん、口開けて。あーん」
「む……あーん」
 促されるままパクリと口に含んで、何度か咀嚼し飲み込む
 甘い味付けながらもピリッと七味の辛さが利いていて醤油の風味とが鼻から吹き抜ける
 相も変わらず、腕は衰えていない。寧ろ、上達してるようにしか見えなかった
「響子さん……手伝える事は手伝うから。それに、ね? 生まれてくる赤ちゃんにも身体を大事にしなきゃ」
 彼の向ける視線の先は私の膨らんだ腹部
 太ったとかそういうのはではなく、出来た…誠君との間で、その、身ごもった。俗に言う愛の結晶だろうか……いや、どっちにしろ恥ずかしい事極まりない
 今も思い出すだけで顔から火が出そうな程に恥ずかしくなる
「ぜ、善処するわ」
「善処じゃ駄目。ちゃんと約束してくれなきゃ意味ないよ…只でさえ、響子さん無理するし」
「うぐっ……わかったわ」
 図星になってしまうか。出来る限り、迷惑をかけないように行動してるものの彼からしたら無理をしてるにしか見えないようで余計に心配を誘っている結果……まさしく悪循環、ね


「……早く食べましょ」
「うん……って、響子さん!? ジャガイモ刺しちゃ駄目でしょ! 刺し箸だよ刺し箸! マナー違反だよ!?」
「仕方ないじゃない………お箸の扱い、難しいんだから」
「あ〜、もう…はい、あ〜ん」
「………あ〜ん」


 夫には勝てないのかも……しれない
 思い切って舞園さんみたくベッタリすればいいのかな?……いや、私らしくないと言われるのがオチね

 何がともあれ

「はい、あ〜ん」
「ま、誠君、流石にお肉は食べられるから…」
「これから全面的に手伝うから、気にしなくていいよ」
「で、でも……」
「ほら、あ〜ん」

 夫婦円満!
 これから生まれてくる赤ちゃんの名前も考えなきゃね

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 02:40:03.32 ID:QyMBVtYv

>>646
あれ……何でID変わってんだ?


648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 03:21:32.94 ID:kJJMigBD
ふふっ

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 06:13:35.27 ID:CxR37hFn
日をまたいでるからな

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 09:07:54.47 ID:XuyZm2RP
やべぇ
苗木君になら霧切さん任せても大丈夫だわ


651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 09:15:00.73 ID:F8iVLLRC
GJ! もう何と言うかこの二人から産まれたいわ……
読んだら萌え死ぬSSが多い上に、ジェバンニまでいるとか恐ろしいスレだなw

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 09:48:30.10 ID:jpjNCwOw
>>646GJ というよりもありがとうと言わざるを得ない
「二人から生まれたい」って新しいなww

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 12:49:31.08 ID:thqvpG9T
ふとした拍子に子供に火傷を見られてしまう霧切さん
「ママの手怖い」と泣き出す子供、そして辛そうな表情になる霧切さん
そこに現れた旦那が「それは違うよ、ママのこの傷はね…」と子供を優しく論破する
そんな未来が存在するべき

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 14:26:31.57 ID:QyMBVtYv
>>653
妄想しながら続きを書いてみた



「ひっ、く……ママ、のおてて、こわい、よぅ…っく…」
「っ……怖くないのよ?」

 まさか、こんな事になるなんて……少しばかりうたた寝したせいか…
 事の発達は推測だけど、恐らく娘が寝ている私の手袋を外したのだろう。その証拠に、傍らに手袋が落ちている
 そして火傷の痕がある右手を見て恐怖を抱き泣いてしまった……しかし、右手の傷がこんな形で子供に知られるなんて迂闊だった。
 いずれは説明するつもりだったけど、それはあくまでもこの娘が大きくなってからだ。しかし、今説明しようにも幼さ過ぎる……困った

「大丈夫だから、ね? ママの怖い所なんてないのよ?」
「ひ、ぐ…ふぇぇええっ!」
 とうとう声を上げて泣いてしまった……しかも、この娘の外見が私によく似ているものだから少し宥め難い
 ほとほと困り果てて、どうするか悩んでいた所…後ろから優しげな声が耳に届いた
「どうしたの、響子さん? ……あぁ」

 誠君……だった
 泣いている娘と困惑気味の私を察したのか、柔和に微笑んだまま娘の前で屈んだ

「どうしたのかな?ん?パパに言ってごらん」
「あの、ね、マ、マのおてて、怖い、の……」

 途切れ途切れに嗚咽しながらも誠君に視線を外さずに告げる
 その事を予感していたのか表情を崩さない誠君。それどころか、娘に笑いかけ頭を撫でつつ唇を開いた

「それは違うよ。ママのお手ては怖くなんかないよ。ママの傷はね…大切な物を守る為に出来ちゃったんだよ」
「っひ…くぅ…それ、ってわたし、も?」
「うん。そうだね……それにねこの傷のお陰でパパはママと一緒になれたんだ。だからね、君が生まれたのもこれのお陰なんだよ」
「それ、じゃ、ママのおてて、はこわく、ない、の?」
「勿論! ママのお手ては凄いだからね。ママも凄いけど」
「誠君……」
「だからね、泣いちゃだめだよ?せっかくのママ似の可愛い顔がぐしゃぐしゃだから」
「んっ…うん!」

 確かにある意味この火傷で誠君と一緒になれたのかもしれない。あの日も、誠君の家に来て……それで一緒に
 ……私にとってこの火傷は忌々しい過去でしかなかった。しかし、思い返せば誠君と繋ぐ橋になったのかもしれない
 何だか……今になって誠君も救われた気がした
 私の全てを包み込んでくれたから、幸せも火傷に遮れなかったのだろう

 今更だけど……ありがとね、誠君




655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 15:35:05.27 ID:hU0yr3aG
>>654
GJ……!
全て即興だというのになんだこのクオリティの高さは!
すばらしい、そしてありがとう

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 15:50:33.31 ID:tvIMwszQ
>>654
GJすぎる・・!
本当にこのスレは恵まれたスレだ・・!

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 17:04:18.84 ID:QyMBVtYv

GJありがとうだべ!

超高校級の夫婦はネタが尽きないな……まだまだ頭に浮かぶべ!

もう面倒だし即興夫婦ネタで突っ走しろうか



658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 21:04:50.85 ID:QyMBVtYv
取り敢えず、浮かんだネタが……あるんだ

・学園長先生が超高校級の夫婦の所に来る
・超高校級の希望の妹が超高校級の夫婦の家に来る
・街でクラスメートであった超高校級の誰かと出くわす


ネタ、異論があれば、どぞ

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 00:21:30.14 ID:GrmBcWv9
町で絶望と

花粉でくしゃみが止まらない霧切さん

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 01:40:48.07 ID:9C6F6UHR

つまり、超高校級の夫婦に街に外出した所、花粉症でくしゃみをする超高校級探偵
そこに超高校級の絶望である妹様が出て来るか……この発想はなかった


しかし、新婚旅行というネタも思い付いた……どうしよう

と言うかどれから手を付けばいいんだろう

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 07:46:25.99 ID:wVcaOq7/
好きに書けばいいさ

まあ即興芸はあくまで飛び道具だし、それに拘る必要もない
ゆっくりじっくり推敲していいもの書いてくれ

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 11:31:22.39 ID:9C6F6UHR
そうだな

だけど、超高校級夫婦の即興はやめないぜ!
……正直な話、じっくり考えるとダラダラ長くなっちゃうから即興なんだ


663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 12:55:30.07 ID:4tDtsT4h
捜査中の霧切さんは、周りの声が耳に入らないほど集中しているという(2章参照)
ならば、例えば霧切さんが手と膝を床につけた姿勢でつぶさに証拠を探している時などに、
背後にまわることに成功すれば、ぱんつを拝むことも不可能ではないのではなかろうか

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 19:56:53.77 ID:Lh6RAa+4
>>664
いやそこにはブラックホー(ry
ただそうやって、周章狼狽した霧切さんを見てみたい気はする

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 20:00:49.98 ID:Lh6RAa+4
自分にレスしてどうする
上の>>664>>663
ちょっと補習受けてくるわ

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 21:18:39.56 ID:wVcaOq7/
無防備なところを突かれてうろたえる霧切さんもいいが、
ここは捜査にのめり込む余り隙をさらしていることにも気付かない霧切さんというのもアリではなかろうか

霧「あの棚の上、気になるわ」
苗「でも僕らの背じゃ、ちょっと届かないね」
霧「かと言って足場になりそうなものも無いし、脚立の類を探している暇も無い……そうだわ。苗木君、私を肩車しなさい」
苗「うん。…………うん!?」
霧「早くして。時間が惜しいわ」

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 23:12:30.20 ID:4tDtsT4h
こう、二人して床を調べていた霧切さんと苗木君がゴッツンコしちゃって
「ご、ごめんなさい…」「ぼ、ボクの方こそゴメン…」みたいな

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 23:51:46.62 ID:RbMyPgGs
流れぶったぎるけどさっきの地震は大分でかかったな

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 23:57:15.22 ID:bdofGAde
>>666
ミニスカで肩車はやばいw

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 00:02:12.08 ID:fr7YYtW7
>>669
苗木君の後頭部とかにいろいろ触れちゃうな

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 00:08:23.21 ID:rZLf5yKo
あのアホ毛絶対入ってるよね……

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 02:57:56.70 ID:6nzuU/iQ
>>670
逆に言うと、苗木君は必然的に霧切さんの太股に触れるよな
んで、苗木君のアホ毛が太股やら、ショーツやら……下腹部を擽って、艶めかしい声を出す霧切さん


霧切「苗木君、肩車してくれるかしら? そうすれば届くから」

苗木「え、いや、でも……」

霧切「苗木君、時間は有限……こうやって手を拱いてるだけじゃ何も進まない事ぐらい分かるでしょ? お願い時間がないの」

苗木「ぅう…………わ、分かったよ」



霧切「苗木君、ちゃんと支えてね」

苗木「……え? あ、あぁ、うん(なんだろう……霧切さんって良い匂いが…それに太股柔らかいなぁ………って何考えてんだボク!?あくまでもこれは捜査捜査捜査……捜査なんだ……捜査だからこそ肩車をやってるんだ!)」

霧切「…んぅ……くっ……」

苗木「」



勢いでやってしまったorz
反省してる



673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 04:54:13.32 ID:j6H3s//M
ほぅ・・・

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 05:45:53.81 ID:JHGsA4LB
>>672
続きはウェブ…じゃなくてエロパロ板で!

マジ頼む

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 08:01:10.16 ID:1Tt4pv9l
このスレは天才が多いな…
さあその才を無駄にしないためにもエロパ(ry

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 08:42:56.79 ID:nC4x0YJ6
>>668
とりあえず超高校級のSS作家たちが無事なことを祈ろう

>>672
反省なんかいらないから頑張ってくれ

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 09:10:46.65 ID:6nzuU/iQ

苗木「……うーむ」

霧切「誠君どうかしたの?」

苗木「あぁ、いや……>>673->>676さん達が……その………ゴニョゴニョ」

霧切「……ま、誠君としてはどうなの?」

苗木「難しい話だけど……響子さんとなら、家族が増えるのも悪くはないかなって……それにあの娘一人だけだと寂しい思いをさせてしまうかもしれないからね」

霧切「私は……誠君がいいのなら、何時でも」

苗木「響子さん……」

霧切「誠君……」



オマエラ! 省略したよ! 何? みたいの? いやらしい〜
うぷぷぷ…超高校級夫婦の子作り計画を見たいならわっふるわっふるって書き込めばいいかもね(この間0.00008秒)



678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 15:00:20.98 ID:4NMsGH9D
こう、いろんな意味での緊張感のせいで苗木君がバランスを崩してしまってだね。
二人とも床に投げ出されちゃうんだけど、ここで超高校級の幸運マジックが働いて、
何故だか苗木君が霧切さんにのしかかるような体勢になってしまうわけだ。

さて、ここで霧切さんの反応は、

・我に返って頬を染める。
・意に介さず。「しっかりして欲しいわね苗木君。もう一度肩車よ」

どちらであるべきか。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 15:32:05.75 ID:TlnsstIf
いつも通りの無表情なんだけど、よく見たら小さく震えているを推すぜ!!

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 16:58:30.53 ID:UtYBHVzu
わっふるわっふる

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 21:06:01.30 ID:1Tt4pv9l
何かを期待するようにそっと目を閉じる展開でも私は一向に構わん

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 22:23:49.02 ID:nC4x0YJ6
将来ビッグダディに出演するような家族になる展開もありだろう
わっふるわっふ

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:16:10.76 ID:Zj3k0z3z
けっこう長いSSとかって、やっぱうpろだ使うべきかな?
ちょっと10とかで収まりきらないSS投下したかったのですが
他のスレで、長いのは邪魔っぽい話題になってたんで気になって
うpろだなら1レスで終わるし、読みたくない人はスルー出来るし、どうだろ

わっふるわっふる


684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:23:28.77 ID:6nzuU/iQ

予想外にわっふる人が多かったw
ただ、エロパロだと規制になって書き込めないという罠……正直、エロパロ板に書き込む勇気なんて自分のマイクロなハートじゃ無理なんだ、すまん(´;ω;`)ブワッ

と言う訳で……ギリギリな微エロでもおkという寛容な人はもう一回わっふるわっふるをお願いします

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:25:22.65 ID:yLqMXhNr
苗木くんのアホ毛が霧切さんの処女をぶち破るお話ですか?

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:25:31.48 ID:AGMKQgNj
>>683
投稿してくれ?
せっかく書いてくれてるのに邪魔だとか言う心ない人はこのスレにはいないぜ?


687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:31:49.01 ID:uqSg8wY8
霧切さんの頭って尻みたいな形してるなあ
という第一印象

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:32:46.14 ID:UtYBHVzu
わっふるわっふる

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:38:21.07 ID:jrFuMKgW
>>687
ニコチャン大王かよw

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:46:05.45 ID:Zj3k0z3z
この流れどっかで見たぞww

>>686ありがとう 一応今回だけ試験的に、うpろだ使ってみようと思う
今晩中に書き終えて、明日の朝までには載せるので、時間ある人は読んでやってほしい
ナエギリがちょっと喧嘩して仲直りする、なんでもない話なんだけどな わっふるわっふる

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:46:08.98 ID:pwZhAWN5
ハート型だな、とは思ったけれどもw

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 00:38:35.74 ID:WgdsUl0F
>>690
遠慮せずこのスレを使ってくれて構わないと思うぜ
うpろだは取り逃しやら何やらでややこしくなりそうな気がするべ

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 01:22:09.72 ID:KGJj/MYn
>>684
頑張ってくださいお願いします
わっふるわっふる

>>690
楽しみだ、スネギリかな?

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 02:55:56.96 ID:qVDwce2w
>>693ごめん俺 今はへこみギリさんしか書けないんだ 期待外れスマンこ

まずうpろだ使ってみて、問題ありそうだったら普通に文章で投下します
ホントとにかく長いんだ…

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 13:05:27.02 ID:JdGGfBYd
むしろ見たいぞへこみギリさん

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 17:15:04.44 ID:SyTL/Dki
んー、なんつーか、このぐらいの人口密度と進行度合い考えたら俺らはこう言うだけだよ
「次スレたてればいいだけ」
マジで何も気にする必要はないんだぜ

697 :694:2011/04/09(土) 18:41:09.78 ID:qVDwce2w
朝までには載せるとか言っておいて寝落ちするとかもうね…

途中でやっぱり普通に載せようかとも思ったんですが
ホントくそ長いSSになってしまって、連投規制もあるのでめんどくさ(ry
うpろだを使わせてもらいます

「ダンガンロンパ ナエギリ喧嘩&仲直りSS」
http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/222985
パスワード:ronpa

不具合などあれば、教えていただけると助かります

以下注意
※新聞かってくらいに長くてグダいので、忍耐力と暇を兼ね備えた方推奨
※キャラ崩壊が甚だしいので、苦手な人は注意
※若干の下ネタあり 苦手な人は注意

よかったら読んでやってください

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 21:20:35.40 ID:JdGGfBYd
>>697
凄い大作だな……甘酸っぱさに転げ回らせて貰ったぜ
GJ!

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 21:35:23.54 ID:SyTL/Dki
なるほどなー。長編はこういう載せ方もあるのか。
必死こいて1スレにおさめようとしてたのが馬鹿みたいだわ

>>697
面白かったス。友人たちもあんましイメージにブレがない
このスレはもう適当に組んで合同誌とか作れば良いと思う。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 21:46:46.25 ID:sO81o7cu
ルールはよく分からんが長い場合は直接SSwikiに書き込んだらダメなのかい?
こっそりしれっと載っけるみたいな・・・いややっぱダメか。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 21:58:18.52 ID:v2a3CueZ
前wikiに載っける時、50000字だかの制限を受けた時があった
2chでも連投規制があるし、1レスするにも字数の制限がある
投稿するには分割に些か工夫が必要かもなあ

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 22:00:28.59 ID:SyTL/Dki
場所にあったモノを作るようにはしたいけどねえ

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 22:03:43.54 ID:WgdsUl0F
>>697
GJ
へこんでる霧切さんもしおらしい霧切さんもちょいSな霧切さんも
みんなかわいかったぜ

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 22:18:51.71 ID:YfxemK/Y
>>697
GJ

でも、連投って幾つやると引っかかる?
夫婦ネタ(微エロ)書いてるんだけど平気かな?
長くしないようにはしてるんだが……

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 23:00:49.59 ID:TlwNl7nq
>>697
俺iPod touchでこのスレ見てるんだけど、斧から落とすアプリが無いんだ。
できたらここに文章で投稿するか、別のろだに上げてくれないだろうか?

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 00:11:19.14 ID:mfICTMKz
>>705
パスワード打ち込んだらサファリで普通に見れね?

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 09:29:52.98 ID:h3TDkPGW
>>704
>>222

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 12:48:24.73 ID:/VHK5uWH
>>707
サンクス

つまり、10以上やるとアウトか……そんなに長くないから平気だなw



709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 13:20:00.66 ID:1lDs90RH
>>697
GJGJ!
本当にここは恵まれたスレだ
本当にここは望まれたスレだ


710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 17:31:40.58 ID:U+o+PY0W
>>697
GJ!
読んでる側からすれば長かろうが短かろうが、霧切さんがかわいければ万事OKっすよ
不器用な霧切さんはやはり良い

ところでちょっと誤字を見つけちゃったんだけど、まとめに載せる時には勝手に修正しちゃってもいいもんなんすかね




711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 17:55:11.60 ID:UWEFV3Ls
>>684
わっふるわっふる





わっふるわっふる

712 :694:2011/04/10(日) 18:19:22.01 ID:oREfOZro
>>710まとめに乗せてくれる感じですか ありがたき
あからさまな誤字であれば、修正して頂ければ嬉しいですが、どちらでもいいです
>>705まとめサイトは見られますか?無理であれば、全文載せようかと…

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 19:24:50.92 ID:U+o+PY0W
>>712
早速ながら掲載させていただきました。
が、容量の都合につき前後編に分割せざるを得ませんでした。
本来なら掲載前に確認すべきところ、事後の確認になってしまい申し訳ないですが、分割位置の修正等ご要望あればお願いします。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 19:52:42.50 ID:u7gCI7sh
>>697
GJ! 丁度長いのが読みたいと思ってたのさ!
霧切さんも苗木君も可愛いなぁ……

>>713
あんたにもGJを送るぜ!

霧切ストは本当に紳士の集まりだな

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 20:48:35.07 ID:yMAtUebq
このスレは30%の紳士、60%の変態紳士、10%の生粋の変態でお送りしております

霧切ストってなんかいいな

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 21:06:15.31 ID:rdEBrUEW
おい
誰が10%だ

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 21:18:18.19 ID:mfICTMKz
>>716
落ち着け兄弟
これは罠だ

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 21:32:16.34 ID:/VHK5uWH
>>711
待たせてスマンが、待ってくれw
もうちょいで書き上がる

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 23:14:00.45 ID:VeAiwIp1
先生まだですか?

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 23:29:10.25 ID:/VHK5uWH
待って本当にw

予想以上に苦戦してんだからw

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 01:07:32.76 ID:NKYldzcn
>>715
なるほど、つまり全員紳士か

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 07:14:48.98 ID:0VsmrmmP
>>720こういう時は俺の出番だぜ! 間を持たせるのはまかせな!
っつーわけで、今週も頑張っていきましょう。
こちら苗木誠探偵事務所(番外編)
ナエギリ春夏秋冬
第三話『乙女心につるべ打ち。』

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 07:17:31.93 ID:0VsmrmmP

「はいアウトー。次いってみようか」
「うー………、映画館、とか」
「ダウト。あのさー、初めてのデートだって言ったじゃん? 二時間も相手の顔見ないでなにが発展すんのさ」
「別に発展させるつもりは」
「言い訳しない。今日はコレ終わるまで解放しないよ。さっさと無い知恵絞る」
「なんでこんなことに……」

 イチョウの色も目に鮮やかなある秋の日。1シーズン限りの黄絨毯をスニーカーで踏みしめながら登校したボクは、学校へ着くと真っ先にある人物の許へと向かった。
 彼女は珍しく一人だった。つまらなそうに頬杖をつき、窓の外を眺めるその姿はやけに話しかけ辛くて。それでも女の子の集団の中へ突撃をかますよりは
随分ラクだろうと、久しぶりに自分の幸運に感謝したのが全ての始まりだった。

 幸運はそこで終わった。

「最初の紅葉狩りとかに比べたら大分マシになったけどさー。アンタ平凡代表じゃないの? どの世代の平凡よソレ」
「今年の強羅は一段と紅葉が綺麗だってきいて……」
「強羅って箱根じゃん? もうお泊りじゃんそれ? 大胆なのか趣味が枯れてんのかハッキリしてほしいわ。てか、アンタら結局そういう仲なの?」
「そそそそれは違うよ!?」
「こんな説得力ゼロのやつも初めて見るわ。まあいいやキリキリ考えな。霧切に喜んでほしいんでしょ?」
「………うん。えっと、ありがとう、江ノ島さん」
 ホントは女に聞くなんてルール違反なんだからね、と江ノ島さん。キツめの口調に反して真っ白な歯が少し零れて、ボクはようやっと苦笑を返した。
 
 ――そのう。女の子って、どういう所に遊びに行くのが好きなの?

 ボクの曖昧な物言いに江ノ島さんが怪訝な顔をしたのはほんの数秒で、得心がいったように不敵に微笑んだ彼女はボクの腕を掴み。
「場所変えるよ。ついといで」と腕を掴まれ、やってきたのは食堂のテラスだった。
 言うまでもないことであるが、今は授業中である。そろそろ昼休みも近い。
「豪快に授業さぼっちゃったなあ。なんかごめんね、江ノ島さん」
「は? 全然いいって。そんなことよりもー、アタシ的にはアンタに早くデートプラン作って欲しいっていうか」
 そう言ってぱたぱたと手を振る江ノ島さん。その寛容さに安堵するも、本題のデートプラン(ボクにそんなつもりは)に一切の妥協はない。
 かなり厳しいものの、実際に彼女のアドバイスはかなり的確で頼もしくて、ボクにもどうにかこうにか計画の完成が見えてきた。
「霧切さん喜んでくれるかなあ………」
「まず大丈夫だね。さっきから邪魔が一切入んないもん、本人もまんざらじゃないんでしょ」
「なんのことを言ってるの?」
 奇妙な言葉に顔をあげると、江ノ島さんはボクの方を見ていなかった。ボクの斜め後ろあたりに視線を飛ばし、口元にはさっきのような笑みが浮かんでいる。
 その視線を追いかけると、
「……霧切さん?」
「………――っ、」
 バッチリ目が合った。物陰に隠れるようにしていた霧切さんは不意に立ち上がり、こちらに背を向けて駆け出した。
「相変わらずアンタはラッキーだね。何してんの、早く誘ってきなよ。そんなんじゃ、いつまで経ってもデート出来ないっしょ」
「え、でも計画できてな」
「後は霧切の誘い方考えるだけ。いいから、行ってきな!」
「わ、わかった!」
 弾かれたようにボクは立ちあがる。しっかりしなよ苗木、と声援を背中に受ける。
 あとでちゃんとお礼を言おうと、それだけを心に刻んでボクは飛び出した。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 07:20:28.24 ID:0VsmrmmP
以上です。柱の影でギリギリしてる霧切さんを想像していただければ。
出勤までマジ時間ないんだぜ。江ノ島さんちょう男前。


725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 08:04:38.18 ID:xAHRgTY6
GJ
待ってたぜ。そしていってらっしゃい。
箱根でお泊りか…アリだな!

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 08:16:40.58 ID:zDpItWyt

お泊まりとか、自分の書いてる奴と同じだ

新婚旅行だ



727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 10:33:55.77 ID:1Xjqcxpx
>>724
最高
そして俺ニート

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 12:32:36.24 ID:iTIIUHkH
>>724
GJ!
毎度毎度、1レスの中で面白くまとめられていることに感心しきりですわ
長編も勿論大好物ですがね

この前のデートネタ出しの流れの時にも思ったが、霧切さんはどんな服装でやってくるかというのが気になるところだ
本人的にはかなり思い切ったチョイスのかわいい系な勝負服とかだと俺によし

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 13:10:22.90 ID:NBn8VXDk
>>724GJ! 昼休みにニヨニヨして見てたら変な目で見られたけどGJ!

そして>>720頑張れ!でも無理はしないでな 待ってるぜ

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 13:35:03.65 ID:zDpItWyt
>>722
お前さんの文才が羨ましいよ……

>>729

サンクス!

用事があるから時間が少ないけど……今日中には投稿出来ると思う



731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 14:30:54.77 ID:1hchV2km
>>728
俺は思い切ってセクシー系と見た
顔立ちが美人系だからかわいい系よりセクシー系の方が合いそうだと思うんだ

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 14:41:05.86 ID:iTIIUHkH
>>731
うむ、確かに霧切さんには大人っぽいファッションの方が似合うであろう
だがしかし、そこであえてかわいい系を、それも霧切さんが自分なりに頑張った結果として選択するというのもなかなかに趣深くはないだろうか

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 14:54:52.16 ID:5ji5QEZl
>>728
デートSS書いてるものだけど、VFBのボツ切さんスタイルの霧切さんとデートするっていうネタを見透かされた気がした
冷静に考えると俺得以外の誰得

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 15:49:51.58 ID:QWDEXwRK
>>697
遅くなったけどGJ
セレスさんがかっけえwwwww

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 15:56:47.96 ID:iTIIUHkH
>>733
俺得ですのでどうぞそのまま
楽しみにしてます

プロトギリさんもいいデザインだと思うんだ

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 21:47:13.49 ID:PSaaLUJI
勝負服は分からないが勝負手袋は持っていると見たね、俺は

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 23:19:54.52 ID:0VsmrmmP
>>720月曜日に無理しちゃダメだぜ

今まで思いつきもしなかったのに、勝負手袋って出てぬ〜べ〜思い出した

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 00:56:34.89 ID:6j7p4NHG
女教師な霧切さんか…それもアリだな

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 11:50:32.85 ID:ZK9WIqb3
頭にカップラーメンとかコミカルな部分もあるのもいい

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 12:25:30.05 ID:YJ9jtU9a
なにこの素敵スレw
霧切さんへの愛で溢れ返りすぎだろww
オマエラのおかげで余計に霧切さんが好きになりまんた。

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 21:36:59.41 ID:akiyp6Fk
霧切さんほど頭にカップ麺が似合うヒロインを俺は知らない

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 22:18:19.11 ID:ROIxmgOl
キャラスレなのにゲーム内カップリング使っても荒れない稀有なキャラだな。

ダンガンロンパキャラ全員に言える事だけど。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 22:28:35.24 ID:BWF3jhde
霧切さんスレの安定感は異常


744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 23:07:20.15 ID:jSnQ27yC
霧切さん本人が安定感抜群だからな
俺達もそれに倣うまでさ

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 23:50:26.71 ID:lZWj8mBQ
誰かが苗木が好きな霧切さんが好きなんだろう、みたいなことを前に言ってたな。
苗木自体イヤミのないキャラだし、荒れるかもしらんから突っ込まんで欲しいけど誰と組んでもそれなりよ苗木

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 00:35:46.76 ID:LJx9ijyQ
次回作があったとして、だ

・荒廃した世界で苗木達と頑張る霧切さん
・実はそんなに荒廃していなかった世界で探偵として活躍する霧切さん
・今回の十年後、復興を果たした世界の大人になった霧切さん
・今回の二十年後、霧切さんは出ないがその娘さんが登場する

どれが見たいね

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 00:59:57.90 ID:kMKjcFo0
出て来ないのがいいな
続編の前作のキャラってろくな扱いになるイメージがない
クロノトリガーとかテイルズみたいなのはマジ勘弁
メダロットみたいなら見たいけどさ

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 01:24:02.81 ID:2DmAdQfW
>>746
どれが見たいかだったら今回の二十年後、霧切さんは出ないがその娘さんが登場するだな
霧切さんが苗木と結婚して幸せになったって事だからな
まぁモノクマ事件投げっぱなしはないと思うからこれがあるとしたら次回作じゃなくてダンガンロンパ3か4あたりになりそうだけど

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 10:24:18.97 ID:/XUnzgZ/
苗木似の一見地味な女の子か、
霧切さん似の日本人離れしたルックスの女の子か
それが問題だ

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 15:08:37.62 ID:xNoIY1+C
>>747
センチメンタルグラフティ2とか最悪だったなぁw

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 18:52:22.94 ID:NbgsssbX
>>749
だが待ってほしい。
苗木妹も苗木母もかなりの美人の部類である。
つまり苗木の血を濃く受け継いでも、霧切の血を濃く受け継いでも美人。
どっちでも問題ないのではなかろうか。


752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 19:08:53.37 ID:uiBjr5N3
>>749
それはちがうよ!
確かに霧切さんはすらっとした美人だし色素薄い配色だし外国にいたけど
純粋な日本人だから日本人離れはしないはずだよ!

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 19:11:41.84 ID:hFdhpKj3
母親は外人なんでない?
いや漫画やゲームのキャラの髪の色とかは突っ込むべきではないのかもしれんけど

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 19:58:43.50 ID:kpKcBcuu
霧切さんは可愛いからなんでもおk

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 21:00:42.31 ID:1MCn7Kyk
胸は・・・

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 21:24:09.19 ID:1zkkWSRV
銀髪碧眼でおまけに美人ってよく考えなくても目立ちまくるよな
探偵的にそれはどうなんだろう

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 21:29:50.31 ID:kMKjcFo0
>>756
目立たない名探偵なんていません!

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 21:44:24.05 ID:uiBjr5N3
碧眼って緑色だぞ 霧切さんの目薄紫色だよ
どんだけ外人にしたいんだよ

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 22:10:44.04 ID:NbgsssbX
目立つ容姿の筈なのに周囲の人間に印象を残さない立ち振舞いというのがある。
霧切さんはそれが出来るんだろう。

あと服装によってもある程度可能らしい。
何が言いたいかというと舞園さんに比べて
胸が小さすぎるという印象は彼女の印象操作の罠だったんだよ!

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 22:30:19.56 ID:2DmAdQfW
>>759
まぁ確かに実際は1センチしか違わないわけだしな
でも正直服装はガールズロックっぽくて目立つ気がする

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 22:51:52.78 ID:LJx9ijyQ
>>758
霧切さんが碧眼かどうかはおいといて、
一応マジレスしておくと碧眼ってのは青い瞳のことだぞw

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 23:03:52.21 ID:uiBjr5N3
碧には青も緑も含まれるからどっちでもいいんだよ
どっちかっていうとちょうど真ん中みたいな色だよ

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 23:06:20.87 ID:Qqe3nBcW
  ┌━┐    ┌━┐
  ┃┌╋──╋┐┃
  └╋┘    └╋┘
    ┃ o   o  ┃        ┌━━┐
●━╋┐    ┌╂━━━━╂┐  ┃
└━┷┴━━╂┘        └╋━┘ バカにはコピペできないAA
          ┌╋┐        ┌╋┐
          ┃└╋╋━━╋╋┘┃   これをコピペできたらアナタは神です。
        ┃  ┃┃    ┃┃  ┃
        └━┘┘   └└━┘






764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 23:17:25.35 ID:1MCn7Kyk
  ┌━┐    ┌━┐
  ┃┌╋──╋┐┃
  └╋┘    └╋┘
    ┃ o   o  ┃        ┌━━┐
●━╋┐    ┌╂━━━━╂┐  ┃
└━┷┴━━╂┘        └╋━┘ これは霧切さんです
          ┌╋┐        ┌╋┐
          ┃└╋╋━━╋╋┘┃   これを好きになれたらアナタは神です。
        ┃  ┃┃    ┃┃  ┃
        └━┘┘   └└━┘






765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 23:40:03.68 ID:O5zBDOjz
それは違うよ!

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 00:04:27.06 ID:K5LfDF8e
そろそろ片方だけの三つ編みの話しようぜ

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 00:45:51.37 ID:wZjiCpxn
それはアレだ。
なんでも器用にこなしそうな霧切さんだが、実は右側の三つ編みは苦手なんだよ。
実はちょっぴり不器用なんだよ。
だから片方しか三つ編みにできないのだ。

あるいは霧切さんの家族になるような人に、右側を編んで貰うためだとか。
その時のセリフは、
「苗木君。毎日私の髪を三つ編みにしてちょうだい。
ここまで言えば、わかるわね?」

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 00:54:43.78 ID:MoG23j/l
でもあの三つ編みって結構おしゃれだよな
FF10-2のリュックみたいにドレットっぽくまとめると可愛い気がする

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 01:04:01.26 ID:sY5ba8FF
三つ編みとか関係無く霧切さんは可愛いよ
苗木君が言ってた

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 01:28:11.81 ID:zC0kZT16
風呂や体育の時のポニテ結ってるリボンはあの三つ編みのリボンと同じものだよね
俺としてはこう、ポニテギリさんももっと見たいものだ

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 09:51:56.40 ID:zmjNPLK2
つまり風呂を覗きたいと

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 12:08:49.20 ID:SKLKQs5O
むしろ一緒に入りたいです
淫らな混浴を楽しみたいです

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 13:00:15.87 ID:XIFgzieR
あなた達、最低ね

とか罵られ無視されるんですね。分かります。

774 :697:2011/04/14(木) 17:57:11.81 ID:GFxuxchR
以前アホ長いSSを書いてた>>697ですが、うpろだで載せればスレを汚さない・圧迫しないので
またアホ長いのを書いてきました 暇な方だけ、読んでやってください

『ダンガンロンパ ナエギリ長SS&エピローグ』
http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/224470
http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/224471

パスは両方とも ronpa です

以下注意事項
>>697の続きでした
※相変わらず新聞かってくらいに長くてグダいので、忍耐力と暇を兼ね備えた方推奨
※相変わらずキャラ崩壊が甚だしいので、苦手な人は注意
※相変わらず若干の下ネタあり 苦手な人は注意
※ちょっと勝手に設定いじって、かつ苗木君がウザいくらいネガティブってます


ホント、時間に余裕のある方だけ読んでやってください
あとで時間の無駄だったと気づいても、俺は責任を負えません

>>723の方みたいにね…もっとコンパクトに面白くまとめられればね…
次も書くことがあれば、もっと短くて明るい内容を…書ければいいなぁ

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 19:34:47.79 ID:K5LfDF8e
>>774
うへあああ何コレ面白い
おつかれさまでした。長いの書ける人はほんとうに尊敬します。
色々言うとネタバレになっちゃう。。。楽しかったです

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 21:31:29.53 ID:KOTvBGW7
>>774
GJ!
こんな表現が正しいのかは分からないが、ボディーブローのように萌えた
いくつか誤字っぽいのもあるけど、長いのは読み応えあって良いぜ

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 21:35:38.85 ID:SGldlPlt
ここのスレの奴らが超高校級のナエギリ職人だってことがよく分かった

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 21:42:27.82 ID:uK7J2VtE
俺も霧切さんにセクハラしたい

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 21:46:59.33 ID:zC0kZT16
>>774
いやあGJ!
面白ければ長いも短いも関係ないべ
そしてあなたの作品は面白い
今まであんまり無かった切り口だったし、楽しませて貰ったよ

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 23:11:02.94 ID:SKLKQs5O
>>774
俺はあなたの書く霧切さん好きだぜ…GJ

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 23:26:14.18 ID:ut7iTH/m
あんたらのせいでいつまでたってもナエギリ熱が冷めてくれない。


782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 23:42:19.21 ID:uK7J2VtE
それは俺らのせいじゃねぇよ
苗木君と霧切さんがいつまで経っても熱々だからな

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 00:10:20.58 ID:s8+TuKqW
壁|舞園
チッ!

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 01:39:22.90 ID:KIpuxTQK
何か感情の赴くままに学園長×奥さんというSSを書き上げたんだけど、ここに投下して大丈夫だろうか?
娘の流れがあったから親の話も大丈夫だと信じたい……

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 02:32:40.19 ID:J9oRZ+6r
>>774
一言で言えばすげえ

これほど愛を注いでくれる職人がいるなんて、このスレの住民は幸せだな

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 05:05:53.83 ID:ujodnbJl
>>784
……それはやりたいなら本スレに投下するべきネタだと俺は思う

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 08:43:43.03 ID:fcD1tagn
>>784
霧切さん絡んでるなら良いんじゃない?

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 12:45:24.68 ID:L9c+Mx5L
霧切さん本人が絡むならOK
そうでないなら別の場所で公開した方がベターじゃないかな

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 15:44:53.89 ID:aA4W2wFy
>>784読んでみたいんだけど、やっぱりみんなが言うとおり
霧切さんメインの話ならココ、そうでないならキャラ萌え板が無難じゃないかな
とりあえず両方で全裸待機してるから がんばってくれ

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 17:17:27.77 ID:N4vzsvfJ
来週のラジオのゲスト、日笠陽子さんだってよ!

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 19:44:33.61 ID:ny6LuDM+
>>774
目が怖いのって誰かと思ったら舞園さんかwww

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 21:07:57.09 ID:KMArakko
>>774
ありがとう
現実で言うなら石川遼とか浅田真央とかと一緒に高校生活ってこと
と言うレスを思い出したんだが、苗木君が苦悩するのも無理はないよな。
心が暖まったよ、ホントいいスレだココ

793 :774:2011/04/15(金) 21:35:44.66 ID:aA4W2wFy
たくさんのレスありがたき幸せです マジで
まだ何個かアホ長いの書きためてたので、あんな感じであげさせてほしいです

あの、目が怖いとか言うのは決してディスってるわけじゃないですスミマセン…舞園さんも大好きです
誤字とかは…大目に見てもらえるか、指摘していただけるとありがたいです

ちょっと今おっぱいネタで一つ書いてるので

完成したらどうか、またうpろだで載せさせてほしいです よろしくお願いします

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 21:45:51.24 ID:gbAP1VJa
ほほう…おっぱいネタとはこれまた甘美な響きではないか
期待してますぜ

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 23:10:44.05 ID:s8+TuKqW
おっぱい!おっぱい!

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 23:36:56.49 ID:Kw/aZlqa
「まだ何個かアホ長いの書きためてたので、あんな感じであげさせてほしいです」





797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 23:38:10.81 ID:Kw/aZlqa
「まだ何個かアホ長いの書きためてたので、あんな感じであげさせてほしいです」

この言葉に絶望的なまでの希望が・・・!



798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 23:39:17.68 ID:Kw/aZlqa
796勇み足で投稿しちまった…
すまん

799 :>>784:2011/04/16(土) 00:45:15.82 ID:I9bxBVMK
多数の返信ありがとうございました
そもそものメインテーマが「霧切さんってきっとファザコン」って短編SSなので、きっと大丈夫だと思いたい
返信を見てその側面を厚くしたので、訊いてみて良かった!

それでも許せないって方は、申し訳ありませんが2レス程スルーしてください
ごめんなさい

タイトル:死が二人を分かつまで
ジャンル:???×???(苗霧もあるよ!)
ネタバレ:本編に関する一部ネタバレを含みます


800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 00:46:20.37 ID:I9bxBVMK
 フードを目深にかぶり、早足に歩く。
 両手をパーカーのポケットに突っ込み、出来る限りの早足で。
 目指すのはこの建物の出入口。
 しかし、正面の玄関だけは絶対に使ってはいけない。できることなら誰も意識していないような非常口が好ましい。
 暗くてかび臭い廊下の奥にそれらしい扉を見つけた。先程見たこの建物の見取り図とボクの勘によれば、間違いなくこの扉の先は外に通じているはずだ。
 ゆっくりと扉のドアノブに手を掛ける。
 あと少し、あと少しでボクは外に出ることができるんだ。
 今更だが、この一連の動作において一番重要なことはあくまで自然体であること。
 決して誰にも悟られてはいけない。
 特に――。

「何処に行く気なのかしら、“先生”?」
 特に、ボクが一刻も早くこの場から逃げようとしていることだけは。

 突然投げかけられた言葉に振り返ると、そこには見慣れた“助手”が立っていた。
 透き通るような銀髪の、日本人離れした美貌をもつ少女。
 そんな美少女がボクに矢のような視線を向けながら、カツカツとヒールを鳴らして近づいてくる。
 その目には呆れの表情がたっぷり篭っていた。
「い、いや、トイレを探していて……」
 苦し紛れに言い訳を零すと、ふんと鼻で笑われた。
「見え透いた嘘ね。あなた、一回見れば間取りを憶えるってさっきも言ってたわよ」
 いつも通り、ボクの言葉の矛盾点は簡単に論破されてしまう。こんな時ばかりは自分の才能が恨めしい。
 そのまま彼女はボクの傍らに立つと、ぐっとフードを掴み上げた。
「ちょ、ちょっと!」
「いいから戻るわよ、“先生”」
 そのままフードを引っ張られ、転びそうになりながら引きずられていく。
 足を縺れさせた所為で実際に靴が脱げた。それでも何とか爪先を使って引き寄せる。
「あら、意外と器用なのね」
「……絶対にわざとやってるでしょ」
 ボクが溜息を吐いたとて、彼女が歩みを止めることはない。
 それは昨日も、今日も、いつも同じ。
 彼女はボクを引っ張って、ボクは彼女に引きずられて。

「聞こえたの?」
「……うん、まあね」

 短いやり取りだったけど、ボク達にはそれで十分だった。
 ボクに聞こえたあの不快な足音は、いつも通り死神の足音で。
「ふふ、今度こそ逃さないわ」
 それを確認すると、彼女は不敵に微笑むのだった。
「死神が絶対に人を殺せるという幻想を抱いているなら、まずはその幻想をぶち壊す、と彼女は思っていた」
「……勝手に変なナレーションを付けないで」
 引っ張るのと逆の手でボクの鼻を弾く。ちょっとだけ涙が出たけど、ボクはいつの間にか笑っていた。

 人の死を見つめるのが苦手なボクには、やっぱり探偵なんて重い仕事は向いていない気がする。家の迷惑な伝統でやらされてはいるけれど、隙あらば現場から逃げたいとさえ思う。
 それでも“超高校級の探偵”と呼ばれてしまうこの才能と、ボクが“超高校級の助手”と呼ぶ彼女がいてくれるなら、もう少しだけ続けても良いような気がしてきた。

「ねえ、“助手”さんは何でボクのことを“先生”って呼ぶの?」
「あなたが私のことを“助手”って呼ぶからよ」
「えー、探偵と“先生”は何か違う気がするけど……」
「……全く、あなたには緊張感ってものがないの?」
「そんなことないよ? 色々考えてるんだ。何でボクがこんなことを――」
「それ以上言ったら、私の拳が黙ってないわ」
 そう言って、彼女はボクの瞳を真っ直ぐ見つめる。
 ――ああ、これも最早、いつも通りのやり取りで。
「霧切君、ここまで言えば分かるわね?」
「……はい」

 彼女の殺し文句に覚悟を決める。
 さて、今日の死神は一体どんな事件を運んでくるのだろうか――。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 00:47:00.64 ID:I9bxBVMK
「これ、本当に学園長の手帳なの?」
 ボクが思わずそう問いかけると、霧切さんは興味なさそうな風を装って頷いた。
 どうしてそう思うかというと、一瞬だけ手が震えて持っていたコーヒーが少し零れたみたいだったから。既にぬるくなっているし、手袋をしているので火傷の心配はないだろう。
「あの人の書斎で見つけたものだから、間違いないと思うわ」
 霧切さんはあくまで自然に自分の手と食堂のテーブルを布巾で拭いた。あくまで学園長のことで動揺したなんて認めたくないらしい。
 霧切家の汚点よと吐き捨てたけど、その表情は何処か嬉しそうだった。
 彼女はお母さんが大好きで、ついでに意外と――。
「霧切さんって、意外とファザコンだよね?」
「……どうやらその濁った目を潰して欲しいみたいね?」
 恐ろしい言葉を無視するように、もう一度手元の手帳に視線を落とす。
 そこに書かれていたのは、学園長の日記に近かった。
 内容は学園長がいかに探偵という職業が嫌いで、霧切という家名を嫌っていたかが二割。
 そして関わった事件の話が三割。
 最後に“助手”こと霧切さんのお母さん、つまりは将来の奥さんの話が五割。
 結局、探偵の手帳に見えて、いかに奥さんのことが好きかということが大半を占めていた。まさかそれを将来、娘やその友人に読まれるなんて思っていなかっただろう。
 心の中で、自分は絶対に手帳を残さないことに決めた。きっとこれと同じ末路になってしまうだろうから。
 苦笑しながらページを捲ると、ぱさりと何かがテーブルに落ちた。
「あれ、これ……」
 それは古い写真だった。二人の人物が並んで写っている。
 どことなくボクに似てるような気もする少年と、霧切さんにそっくりな少女。歳の程はボク達と同じくらいだろうか。
 少年は何処にでもいるような顔で、フード付きのパーカーにジャケットというボクと似たようなファッションだった。
 少女は日本人離れした美貌に透き通るような銀髪を二つの三つ編みに纏め、白いブラウスに黒いネクタイとチョーカー、ミニスカートとオーバーニーソックスという強さと可憐さを感じさせるファッションで。
 この手帳に挟まっていたってことはきっと――。
「……学園長とお母さんよ」
 やっぱりそのままだった。
 学園長だという男の子は何処か平凡な印象で、隣りの日本人離れした美少女と並んでいるとそれが更に際立つ気が……。
 それ以上は考えないことにした。いや、意外とお似合いだと思います、本当に。
「一つだけ、分からないんだけど……」
「何かしら?」
「どうして、学園長はこんなに嫌いな探偵を続けていたんだろう?」
 ボクの素朴な疑問に、霧切さんは深く息を吐きながら写真の裏を見ろと言う。その様子は何となく嫌そうというか、恥ずかしそうだ。
 言われたとおり写真の裏を見てみると、表に写る二人の氏名と母印、そして先程までの手帳本文と同じ筆跡でこう書かれていた。

『誓約書』
『私は健やかなるときも病めるときも、“超高校級の助手”が側に居る限りは極力文句を言わず、探偵として真面目に取り組むことを誓います』
『私は健やかなるときも病めるときも、“超高校級の探偵”を公私共に出来る限りサポートすることを誓います』
『死が二人を分かつまで』

 高校生の二人が交わした約束は、まるで結婚の誓約のようだった。

「……何と言うか、熱々だね」
「この二人が、高校生の当時になんて呼ばれてたか知りたい?」
「なんて呼ばれてたの?」

 霧切さんは少しだけ恥ずかしそうに視線を逸らしたけれど。

「“超高校級の夫婦”、よ」
 ボクには少しだけ、誇らしげに微笑んでいるように見えた。

【了】

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 01:08:24.16 ID:M915+wWo
>>801
GJ!
もうなんていうか、……すげえな。


803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 01:23:56.02 ID:H4X4RM5R
これは…GJと言わざるを得ない…
でもこの後、死が二人を分かっちゃったんだよな…んで学園長は殺されちゃうし
そう考えると切ない


804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 01:38:48.37 ID:bBARmXCB
GJ!
苗木父と学園長の声が同じなこともあって、若かりし学園長がこんな感じってのは凄くあり得そうに思える

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 01:41:28.03 ID:wdUkkpON
>>801
GJ!
もしかして学園長夫婦はVFBのボツ木君とボツ切さんなのか!?

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 13:37:34.70 ID:SJPZ2XHX
良SSがコンスタントに投下されるとかどうなってるんだこのスレ…GJ!

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 14:33:38.35 ID:oBZy3tLV
霧切さんのお尻で補習を受けたいです(><)

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 15:22:42.58 ID:yZggOHZh
霧切さんの尻に敷かれたいと

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 18:44:56.25 ID:46OwzFat
それじゃあオシオキじゃなくて御褒美じゃないか

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 18:57:42.12 ID:H4X4RM5R
霧切さんに対するオシオキなんだろう

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 19:04:01.99 ID:bBARmXCB
精神的な意味で尻に敷かれるか
物理的な意味で尻に敷かれるか

うん、どっちもご褒美だな

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 19:14:50.70 ID:P6QMw1Ke
一方苗木は霧切さんの尻を枕にした

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 19:22:08.07 ID:TcsZjC/5
ニコチャン大王の話はもういいだろ!

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 00:34:26.07 ID:OVUsZgU+
http://news.dengeki.com/elem/000/000/360/360827/
霧切さんの頭の上にはカップラーメンの代わりにバナナの皮が載っていたかも知れなかったのか

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 06:24:18.25 ID:01Ig/IgX
それはともかくこのゲーム、これはあの作品のリスペクト、ここは○○をリスペクトって
ビックリするぐらい独自性が皆無だな......

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 08:20:21.77 ID:rou5fvdq
>>814
確かにバナナをくわえてる霧切さんとかは卑猥だけどバナナの皮は卑猥なんだろうか?w
むしろ何故か中身の残ってるカップ麺の方が卑猥だと思うwww

>>815
木を見て森を見ずという言葉を送ろう

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 09:13:56.51 ID:01Ig/IgX
わかってるけどさー、記者の「このシーン良いですよね!」
ってのに全部「あれはこれのリスペクトなんですよ」ドヤッって答えられたら「ああ、そう......」ってなるじゃない

とりあえずリスペクトだろうと霧切さんの可愛さが落ちるわけではないとだけ言っておこう

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 09:45:11.46 ID:LpsbHZYY
このスレで言うことじゃあないな
そんなことよりバナナをえっちい感じで食べる霧切さんのことを語った方がはるかに有意義だ

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 10:05:17.11 ID:yuH5fnM9
えっちぃのはエロパロでやりなさい

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 15:06:10.48 ID:XD6WpCqm
3章のみんなで山田を詰問するシーンで、山田が霧切さんに対してえらく怯えていたけど
何か手荒いことでもされたんだろうか
羨ましい

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 21:20:12.03 ID:OVUsZgU+
以前このスレで、あのカップ麺は葉隠がナニに使ったものではないかというレスを見て以来、
葉隠を許せなくなってしまった

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 21:24:15.92 ID:AUV7wAwa
なぜ葉隠www

苗木君が使ったものかもしれないでしょう(キリギリッ

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 23:33:15.20 ID:W/eIjd3x
ギリッw

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 23:41:59.18 ID:iwRkEaLz
>>821
いや苗木カップ麺食ってたし苗木のでしょ
てか葉隠とカップ麺って本編でなんか関係あったっけ?

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 23:44:06.23 ID:01Ig/IgX
ナニに使ったカップ麺だったらバナナはなんかエロいから却下の前提が崩れるじゃないか

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 06:50:45.09 ID:UHgOZDr8
おはようございます。
良いSSが一杯増えてきて嬉しい限りですね。そんな中に私のを一本、混ぜさせていただきます。
また一週間が始まりますが、元気に。そうでなくとも、できるだけ前を向いていけたらいいですね。
というわけで、
 こちら苗木誠探偵事務所(番外編)
 ナエギリ春夏秋冬
 最終話『猫を抱いて、炬燵で丸まって』


827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 06:58:00.31 ID:UHgOZDr8
まずは昆布。
 なべの底に敷いたら、その上に白菜の根元をのせて。葉っぱの側にはシイタケとエノキ、水菜にネギ。軽く飾り切りした人参は目にも鮮やかだ。
 下ごしらえしておいた鮟鱇を部位ごとに盛って、隣には豆腐を配置。出汁を注いで火にかけて、鍋のフタがコトコト音を立て始めたら。
「アンコウ鍋の完成ですぞ!」
「いつも思うけど。結構器用だよね、山田君」
「動けるでぶは萌えるのです! ぶー子ちゃんを見なさい。世界の常識ですぞ、苗木誠殿!」

 その日はとても寒かった。あれだけ美しかった紅葉もイチョウも全て散ってしまって、木々はすっかり寂しくなって。
 足下で悲しげにかさりかさりと音を立てる彼らの名残に、小さいころに聴いた冬の風来坊の歌なんかを思い出していた、ある放課後のこと。

「鍋が食べたいですわ」――セレスさんがそう言った、らしい。
 伝聞形なのは山田君から伝え聞いた話だからだ。その山田君はボクの横でさっきまで包丁の腕を揮っていた。
 ボクも料理の腕にはそこそこ自信があったんだけど、ちっとも役に立ったように思えない。
「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前の中ではな!」
「ええっと?」
「自分を卑下する必要はない、ということですぞ。それでは僕はコレを運びます故、苗木誠殿には食器を四人分お願いできますかな?」
「わかったよ、って、四人分? 山田君とセレスさん、それにボクで三人分じゃないの?」
 そう尋ねるボクに、山田君は両目をつぶった。ウインクのつもりだろうか。
「行けば分かりますぞ、さあ、俺に構わず先に行け!」
「りょ、了解!」

828 :>>827続き:2011/04/18(月) 06:59:35.58 ID:UHgOZDr8
不穏な単語を契機にしてボクは調理室を出る。向かう先は二つ隣の和室。よっぽどのことが無い限りたどり着けないことはないだろう。
 例えば、いきなりロボットに襲われるとか。
 突如として廊下に現れる巨大ロボットを想像しながら歩いていると、目的地の扉がからりと開いた。
「…………あら。くだらない思考を拾ったと思ったら苗木君じゃない。どうしたの」
「思考を拾ったって、舞園さんじゃないんだから。……山田君が、鍋を一緒にどうかって。霧切さんは?」
「私は、セレスさんに。そう、四人目って苗木君のことだったのね。お疲れさま。どうぞ上がってちょうだい。この和室、炬燵があるのよ」
ボクの両手からお皿を取り上げた霧切さんが目で下駄箱を示す。不意に近づいた彼女からは何か良い香りがして、危うくボクはお箸を落っことすところだった。
「何してるの」
「いや、うん。あはは、なんでもないよ」
 そう? と少しだけ目を丸くする仕草がやけに可愛く見えて、ボクはなんだかドキドキしてしまって。


829 :>>828続き:2011/04/18(月) 07:01:49.30 ID:UHgOZDr8
――霧切さんの些細な、けれども豊かな感情表現に気がつくことができるようになったのは、いつからだろう。
 それはボクにとって普通のことになっていた。風が吹き花が咲いて春が来たのを知るように、いつの間にか目の前で変化する様をゆっくり目で追えるようになって。
 止まない雨の中うっすらと、けれども鮮やかに花開くのはまるで紫陽花のようで、一度気が付いてしまってからはもうボクは目を離せない。
「………苗木君? ちょっと、どうしたの?」
 部屋の奥から霧切さんの声がした。ふと覗きこめば、セレスさんと霧切さんが見える。
 ちょうど食器を天板の上に積んだ霧切さんが炬燵の中にいそいそと潜りこむ所で、ふっと緩んだ表情と、首を伸ばして僕を見る姿はひどく無防備だった。
 それは嫌々出かけた秋の日に満開の紅葉と巡り合って、人知れず零れた笑顔のようで。
「……霧切さんって、さ」
「?」

830 :>>829続き:2011/04/18(月) 07:03:31.87 ID:UHgOZDr8
 だからボクは、言ってしまうのだろう。うっすらと降り積もった雪の中、一輪だけ咲いたスノードロップを指さすようにして。ほら、こんなところにも春が来ているよと、
 皆に教えるようにして。
「可愛いよね。すっごく」
「……!? 〜〜〜っ、この!」
 顔を真っ赤にした霧切さんがボク目掛けて座布団を投げつけてくる。ぼふん、と狙い違わず顔面に当たったのに全然痛くなくて、たまらずボクは笑いだした。
「ちょっと!? どうして笑うの、苗木君」
「いや、だってさ、ははは、あ、だめだこれ、あははははっ!」
「なえぎくん!」
「そういった行為は余所でするか此方に上がってからやりなさいな。扉が開けっぱなしだと寒いしその位置だとろくすっぽからかえないのですわこのバカップル共」
 セレスさんの辛辣なもの言いも、今のボクにとっては笑いを加速させるだけで。霧切さんがボクを蹴っ飛ばすまでボクはそうやって笑っていた。

 できるなら、いつまでも。彼女とこうしていられますように。四季の静かな変化に目を向けて、ふたり生きていけますように。


831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 07:08:26.61 ID:UHgOZDr8
終わりです。なんというか、すんませんでした。こんなに本文規制きつくなってるとは思わなんだ。
切るの上手くいかなくて大分無駄に消費した。申し訳ない。
とにかく、これで一応今回のシリーズはおしまいです。こんなグダグダになったけど一応おしまいです。
こんな短いのとはいえ毎週ブン投げってわりときついのね。短いのもそろそろ飽きてきただろうし、次はもうちょっと長いのを書ければと。
それでは、今週もなんとか乗り切りましょう。俺も時間ヤバイ

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 08:05:25.01 ID:qj894RoK
GJ、そしてお疲れ様
いいねえ、青い春だねえ
これで今週も頑張れるぜ

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 08:21:22.75 ID:xUHX3I3f
GJ!
霧切さんも苗木君も可愛いのう

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 09:17:15.94 ID:s2d2oICG
GJ!!
良いね良いね!!

ところでさ,集合写真の霧切さんってほとんど口開けてるけど,
これは「写真写りが悪い人」ってことかな?
すでに話されていることだったらごめん

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 11:04:15.23 ID:gUYDNdfq
相変わらずGJ!馬鹿っぷる萌えた
最終話ってマジか…月曜唯一の楽しみが…また別の機会にでも読めると信じてるぜ

>>834確かに多いな、笑っているとかじゃなくてぽカーンと開いてる感じだな
そういう癖だったら俺得


836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 12:45:57.21 ID:Vj+Mh7Iy
ビジュアルファンブックの体育祭での写真が決まりすぎていてあまり思わんな
あの写真、苗木くんと霧切さんを切り出すとカップルにしか見えぬ

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 18:17:06.63 ID:Kggh3Crx
SS書ける人素直に尊敬する

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 19:29:57.19 ID:Rh8xhm+a
あれは撮られているのに気づいていないところに、突然シャッター音が聞こえたものだから驚いた表情になったんじゃないかと思ってた
風呂CGでも同じような顔してるし
ただし、体育祭の写真に限っては、おそらく前方でゆっさゆっさしている舞園さんを見てあの表情になっているに違いない

>>831
GJ!
次回作も楽しみにしています

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 22:35:55.78 ID:abzmgU/r
VFB書き下ろし写真の霧切さんは本当にかわいい
もはや犯罪的なレベルでかわいい

どうでもいいことかも知れんが、あの写真で身につけている手袋にはいつものスタッドが付いていないんだよな
霧切さんの手袋は一張羅ではなかったわけだ


840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 22:40:58.94 ID:BVTMMW4X
きっと苗木君にプレゼントされたんだぜ
それを一日も洗わず付ける霧切さん可愛い

841 :名無しさん@お腹いっぱい:2011/04/18(月) 23:20:51.87 ID:2bGYku/b
>>840 いやいや、洗った後毎回赤面しながら苗木君に頼んで手を握ってもらっているんだろ

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 12:26:26.00 ID:GeAxQaXz
なんというか、あれだ
ブルマにレザーの手袋とか、スク水にレザーの手袋とか、
こう、非常にクるものがあると思うのは俺だけだろうか

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 13:57:41.04 ID:9khijzjV
>>842 よう我

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 18:05:50.05 ID:U0Pj0nPD
http://www.animate.tv/radio/details.php?id=danganronpa
既出かも知れんが次回のラジオに霧切さん(CV.日傘陽子さん)の
出演が決定してますよ。


845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 20:49:12.20 ID:fF1rg8U7
ボイスドラマではぜひ「立候補してみる」の場面をやってもらいたい

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 20:54:37.26 ID:nk7mJYic
あえて自由行動イベント以外のパートでもいいかもしれん
スネギリ事件とか、「あなたのような人と一緒なら〜」とかは声付きで聞いてみたい

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 22:13:37.51 ID:GeAxQaXz
声優のことはよく知らないんだが、別のスレで「霧切さんのイメージを大事にしたいなら聴かない方がいい」と言われいたのが気になる
一体なにがあるんだ…

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 22:39:13.23 ID:lm+RcTzV
いわゆる3Zですね。
絶望的に天真爛漫
絶望的に暴走機関車
絶望的に扱いが芸人

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 23:22:45.37 ID:lRUXMw80
VFB見るに割と愛着もって演じてくれていたみたいなので、ちょっと楽しみにしている

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 00:57:33.38 ID:BXlTlGF7
天真爛漫な霧切さんって良いかも…

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 03:23:10.57 ID:/2rFK14h
>>850違うんだ…そんな生半可なものじゃないんだ、あの暴走エヴァは…
まあ俺は面白そうだから聞くけど

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 11:16:52.90 ID:hr9m8yyO
写真のロリギリさんは天真爛漫って感じだったが、探偵の道に進むにはそのままではいられないよなあ
プレゼントの趣味は結構乙女だけど

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 19:33:24.67 ID:sIavv428
人気投票一位特権で騙されたフリ+立候補する?の一挙二話放送とか…だめかな?

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:46:26.73 ID:/2rFK14h
暇すぎて童話パロとか妄想厨
アリと霧切スとか 定番だよな

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:59:34.77 ID:sE5N+q+Q
アリは葉隠か?それとも妹様?

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 22:01:02.62 ID:1b+i5vuM
苗木アリA「だから早く冬に備えてご飯を集めておかないと大変だって言ったでしょ」
苗木アリB「秋は食べるモノがいっぱいあるけどすぐに冬になっちゃうんだからね」
苗木アリC「しょうがないからボクたちの巣においでよ」
苗木アリD「霧切スさんの分くらいは余裕があるからね!」

霧切ス(計画通り!)

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 22:04:54.72 ID:/2rFK14h
>>856もう「ありがとう」としか言えない

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 22:13:47.87 ID:Y6Wn3Jl6
霧切ス悪wwwww

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 23:09:58.77 ID:/wrqDCOH
霧切さんで童話ネタか…

白雪リギリ姫「(ペロッ)…これは毒リンゴ!!」

ごめん、俺にはこんなのしか思い浮かばない

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 23:13:02.62 ID:oVYqjJIj
>>859
バーローwww
霧切さんはそんなバカな探偵じゃねぇよ!

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 23:44:34.82 ID:cp70P8zk
チャプター4

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 00:11:01.07 ID:iIKRYkE2
もしも霧切さんが童話の主人公だったら(あくまで妄想)

シンデレラ→ガラスの靴の持ち主探しのために、探偵として城に呼ばれる
眠り姫→常に革の手袋をしているため、針が手にまで達しない
竹取物語→霧切「あなたはDDがどこにあるのか知っているはずよ。ここまで言えば解るわね?」
ラプンツェル→持ち前の推理力で塔をあっさり脱出
不思議の国のアリス→女王とのゲームに勝利。裁判にかけられても、次々に論破

あれ……?

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 00:23:24.52 ID:6LhFVHNn
霧切さんはどっちかっつーと王子様役の方がはまるよなあ

>>856
苗木アリかわいいなおい
逆ハーレムか……ゴクリ

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 01:04:21.27 ID:HWOaxVQA
俺は霧切さんはキャラ的にどSの女王様の方がハマりそうな気がする

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 01:12:23.65 ID:rB+FQ+5S
白雪姫だったら、毒りんご売りに来る魔女の役のが似合うなww
んで白雪姫が苗木君、キスしに来る王子が舞園さんと

そこで白雪姫争奪戦ですねわかります

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 01:57:02.98 ID:Khogeszz
>>856
食糧をわけてもらうべく、苗木アリの巣に潜入する霧切ス。
だがそれは苗木アリたちの巧妙な罠だった

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 05:28:04.69 ID:tTsYp1+K
苗木アリ「たち」だと?
霧切さんに群がる苗木共・・・・



トイレイッテクル!!!

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 15:02:01.12 ID:AvRrq5bj
そして霧切スさんは女王アリギリさんとなって苗木アリと幸せに暮らしましたとさ

ふぅ、やはり童話はハッピーエンドでないとな

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 22:19:32.99 ID:tvOumR+M
霧切さんのピンチに現れる王子様な苗木君
みたいなのも見てみたいものだ
逆の方が想像しやすいが

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 06:40:43.13 ID:rMtsyyJy
苗木リスでも霧切リスでもネタにできるのな、この二人。


871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 07:58:19.96 ID:ErfBNg7Q
普段は霧切さんがヒーローで苗木君がヒロインな関係のが想像しやすい
けど、霧切さんが一人ではどうしようもなくなった時に手を差し伸べてくれるヒーローは苗木君だと思うんだ

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 09:58:40.87 ID:in82QOby
>>870
> 苗木リスでも霧切リス

某ネズミの国の二匹のシマリスを思い出した。

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 12:38:49.38 ID:M1pz1kKN
猫ギリさん、犬ギリさんときて今度はリスギリさんとな

苗木「霧切さん……なんか凄い顔になってるよ」
霧切「ほほふふほほ(訳:頬袋よ)」
苗木「ほほ……何?」
霧切「ほほふふほひひははひほはへほふへへひふほ(訳:頬袋にヒマワリの種を詰めているの)」
苗木「ゴメン……霧切さんが何を言っているのか分からないよ。口の中のものを出してくれないと」
霧切「ほへはへひはひほふはんへ(訳:それは出来ない相談ね)。
   ひょふひょふほひひふはひゅふひょふほ(訳:食糧の備蓄は重要よ)(キリギリッ)」
苗木(そんな顔でキリギリッってされても……)

……自分で書いといてなんだが、これは発展性あるんだろうか

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 13:13:17.87 ID:zZW85Pfv
>>866
「霧切さんの好きな物リストゲ〜ット」
(いけない…!好感度が既にカンストなのを悟られたら…!)
「霧切さんにイン・ビトロ・ローズをプレゼントしてもいいかな?」
「舞園さんと同じプレゼントだなんて…くやしい…! でも…喜んじゃう!」ビクッビクッ

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 21:13:33.28 ID:Qk7Jgtn4
折角ダンガンラジオがあったのに
なんかあんまり話すことがないーと思ってるのは自分だけだろうか

ショートドラマに期待をし過ぎていて爆発したって言うのもあるが
いやホント個人の感想なんだけどさ、確かにキャラ崩壊感は否めなかったと思う

でも苗木君に馬鹿正直って言う霧切さんは良かった

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 21:25:09.90 ID:rMtsyyJy
だから3zだって言っただろうに

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 21:49:39.33 ID:ErfBNg7Q
イベント1回目+2回目のミックスとは予想の斜め上じゃったわい
うーん、もう一回あればなあ

まあしかしあれだ
このスレの住人なら、緒方さんの最後の「食事でもどう?」を脳内で霧切さんと苗木君に変換すればご飯三杯はいけるはずだ

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 22:48:14.90 ID:PiQbgQwm
こう考えてみてはどうだろう
霧切さんは酔うとあんな感じになる
で、翌日会うとちょっと赤くなりながら「昨日のことは忘れなさい…いいわね!?」と言ってくるわけだ

879 :774:2011/04/23(土) 10:44:41.63 ID:3FIdrESi
以前アップローダーでアホ長い小説を投下していた者です
性懲りもなく続編っぽいものを書いてきたので、1レス貸していただきます

…なんか最近モチベが低く、ちょっと書き詰まっているので、まだ話は途中の状態です
よかったら読んでやってください

以下注意事項
>>774の続きでした
※相変わらず新聞かってくらいに長くてグダいので、忍耐力と暇を兼ね備えた方推奨
※相変わらずキャラ崩壊が甚だしいので、苦手な人は注意
※相変わらず若干の下ネタあり 苦手な人は注意
※書いてる途中であげたので、変なところで話が切れています

ホント、時間に余裕のある方だけ読んでやってください
あとで時間の無駄だったと気づいても、俺は責任を負えません


『ダンガンロンパ ナエギリ長SS』
http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/227055
パスはronpaです

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 13:18:59.54 ID:ha04U8gF
GJ!
ひゃああぁもどかしい! 甘酸っぺえ! 続きが気になる!
後編も楽しみに待たせていただきます

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 14:57:07.20 ID:3mTS6Osk
乙!
この微妙なすれ違い感がたまらん
あとおっぱいは霧切さんくらいのサイズが一番美しいと思います

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 20:18:19.63 ID:LoO7YZtP
GJ!
恋愛処女と恋愛童貞の葛藤はホントたまらんな
あなたの作品にはいつも感銘を受けているので頑張ってくれ!

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 23:03:46.70 ID:7QA6gQOE
GJ! あなたの書く等身大の女の子な霧切さん大好きだぜ
続きも何卒…!

>>840
遅レスですまんが、あの手袋が苗木のプレゼントってのはいいなあ
いつものオーダーメイドの手袋の方がフィット感も機能性も優れているんだけど、
それでもプレゼントされた手袋を大事に使ってるんだと考えるとグッとくる

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 23:46:42.82 ID:D/E+OINP
そして記憶を取り戻してせっかくのプレゼントである手袋が妹様に処分されたと気付いてションボリする霧切さん

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 23:51:23.81 ID:rchWI7fs
>>884
バッカ
そこはまた苗木君がプレゼントしてくらるに決まってんだろ

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 00:36:17.95 ID:onpPdsJm
>>879
GJ!!

この小説に毎回泣いているのは
私だけじゃないはず
2人の距離感が切なすぎて泣ける。。。


887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 09:41:05.12 ID:aiP6tFcc
初回プレイ時には霧切さんの手袋の下は義手だと思っていた
もしくは鬼の手

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 15:19:31.27 ID:ei/maQvM
>>885
VFBの書き下ろし写真見るに、過去に仲の良かった者同士が記憶を失った後もまた親しくなっている
つまり記憶を失った後も、人間関係に関しては失う前と同じようなことが繰り返されうるのだと考えられる
それを踏まえて…

偶然、かつてプレゼントしたのと同じ手袋を再び霧切さんに贈る苗木君
それを受け取った瞬間過去の記憶が蘇って思わずぽろぽろと泣き出してしまう霧切さん
なぜ霧切さんが泣き出したのか分からずうろたえる苗木君
そんな妄想

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 18:16:37.95 ID:C3RadG5n
「おはよう」っていうと「…おはよう」っていう
「遊ぼう」っていうと「子供ね」っていう
「もう遊ばない」っていうと「まだよ」っていう
「どういうこと?」っていうと「…考えなさい」っていう
「もしかして、こういうこと?」っていうと「そうね」っていう
「じゃあ、こうしよう」っていうと「あなたのくせに生意気よ」っていう
「大好きだよ」っていうと「…バカ」っていう
クーデレでしょうか。いいえ、霧切さんです。

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 20:59:04.23 ID:akn5PoPR
>>889
なんだ……これは……?(悶絶的な)

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 22:30:47.10 ID:VS6Zpte5
なんか猫みたいだな

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 23:00:33.55 ID:aiP6tFcc
公響子う告機構(こうきょうこうこくきこう)か

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 23:19:07.59 ID:+Y24zjQP
>>892
無理やりすぎワロタw


894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 00:51:36.36 ID:rBQnoO2X
霧切さんと日がな一日ごろごろしたい
何をするでもなく、会話があるわけでもなく、ひたすらごろごろしたい

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 11:01:58.02 ID:Sp65xcJz
そんな怠惰な時間の使い方は霧切さんに怒られそうだ
まぁ意外にぐうたらな霧切さんというのもそれはそれでありだが

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 13:57:14.59 ID:/cL6yVbu
>>895以前のレスにも色々あったな
酒ギリさんに、薬ギリさんに、私生活は意外とだらしないギリさんに

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 14:16:39.39 ID:t5FgD6+R
ベッドの上でグデーっとしてる霧切さんにびっくりする苗木くん
何故ならそこは苗木くんの部屋だったからです

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 15:23:25.31 ID:+tSNEvSi
きっと自分の部屋ではグデーってしないんだろうな。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 16:19:45.29 ID:Sp65xcJz
ぐでーっとしている霧切さんを放置しておけば、そのまま寝付いてしまって無防備な寝顔を拝めるかも知れないな

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 19:12:27.13 ID:0O75EJ5r
つまり霧切さんにとって苗木君の側が自室以上に安心できる場所だということか…!

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 20:42:04.93 ID:bNkxZooT
自分の部屋より落ち着くからと説明し苗木の部屋でくつろぐ霧切さん
そして部屋の交換を提案する苗木

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 21:14:02.86 ID:rBQnoO2X
霧切(グデー)
苗木「……霧切さん」
霧切「何?」
苗木「そこ、ボクのベッドなんだけど」
霧切「そうね」
苗木「ていうか、ここボクの部屋なんだけど」
霧切「知ってるわ(グデー)」
苗木「知ってるわって……」
霧切「昼間の捜査で疲れてるのよ。別にいいじゃない」
苗木「いや、霧切さんの部屋すぐ隣なんだしさ……」
霧切(グデー)
苗木(こりゃ言っても聞かないな……。もういいや、ほっとこう)


------二時間後------

苗木「霧切さん、そろそろ自分の部屋に戻った方が……って、ありゃ」
霧切「……」
苗木「寝ちゃったよ」
霧切「すぅ……すぅ……」
苗木「完全に熟睡してるし……どうしよう、困ったな」
霧切「ムニャムニャ……ここまで言えば……わかるわね……?(←寝言)」
苗木(それにしても……かわいい寝顔だな。やっぱり霧切さんも眠っている時は無防備というか……普通の女の子なんだな。
   ……っていうか、スカート捲れあがってるんだけど、どうしよう。ボクが直してあげるべきなのか?)
霧切「すぅ……すぅ……」
苗木(霧切さんの脚、白くて綺麗だな……って、いかんいかん! 何を考えてるんだボクは!)
霧切「うぅん……」
苗木(あぁっ、そんなに脚を動かしたら下着が……!)
霧切「苗木くぅん……好きぃ……ムニャムニャ……」
苗木「…………!」





【男のロマン未所持の場合】

苗木「布団をかけて、っと……うん、ボクは何も見なかった。何も見なかったぞ」
霧切「すぅ……すぅ……」
苗木「仕方ないな、今夜はシャワールームで寝るか……」
霧切「うぅん、ムニャムニャ……」
苗木「あ、涎垂れてる」


【男のロマン所持済の場合】

苗木「き、霧切さん! ボク、もう……!」
霧切「ん……え、苗木君? な、何!?」
(省略されました…全てを読むには葉隠の連帯保証人になってください)

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 21:34:41.42 ID:EAtju+w8
GJ!
こういうの好きだ!

ちょっと連帯保証人になってくる

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 22:00:15.17 ID:ZbCopIav
グテギリさんほああああああぁぁ!

ちょい葉隠の水晶買ってくる

905 :sage:2011/04/25(月) 22:31:57.71 ID:o9DfFVgw
これでノルマ達成だべ!!

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 22:33:24.76 ID:o9DfFVgw
名前欄間違えたべ!!orz

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 22:37:23.29 ID:NV/xS+cr
やべえ流行る
葉隠の連帯保証人は絶対流行る

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 22:53:29.84 ID:NV/xS+cr
やべえ流行る
葉隠の連帯保証人は絶対流行る

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 22:54:31.90 ID:NV/xS+cr
すまぬ
ちょっと補習受けてくる

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 22:59:31.12 ID:Sp65xcJz
落ち着けお前らw

霧切さんの涎をそっと拭いてあげる紳士ルートも捨てがたいな

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 23:10:31.47 ID:pzPzWtBu
涎をそっと舐めとる変態紳士ルートも。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 23:12:24.03 ID:NV/xS+cr
それでそろそろ次スレなわけだが
今度は何にするよスレタイ

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 23:34:55.70 ID:t5FgD6+R
【ダンガンロンパ】霧切響子の事件簿Part4

ちょっと露骨かな?でももうネタバレしてもいい気がするよ

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 23:59:24.40 ID:YDw225c6
【手袋の中身は】ダンガンロンパ霧切響子【乙女の秘密】

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 00:02:50.39 ID:ehdNSkQ0
話切っちゃうけど思いついたので、載せてみます。すみません

「う・・うぅん」
浅い浅い眠りから目をさます・・・・・・・。
頭が・・まだはっきりしないわ・・・ね。

まどろみのなか、心地よい感覚が続いていく。
自分の形がぼやけて、いてなにもはっきりととらえられない。
けれど落ち着く感覚。
・・・なえぎ君?・・・・
ふとその言葉が頭に浮かび、それから意識は覚醒しだした。
ゆっくりと、頭に血が回ってくる。

気がつくと私は、ベッドで眠っていた。
といっても、今は夜ではない。捜査の途中で疲れて、
苗木君の部屋で少し話をしていたらそのまま・・・・。

そうか。ここは、
ここは、苗木君の部屋だ。
家具や物が少なく殺風景な部屋。もっとも、この学園では誰の部屋でも
同じようなものだろう。
部屋で喋る時にと食堂から持ってきたティーカップが
唯一人の温かみを感じさせる。
記憶では寝る前まで一緒にしゃべっていたはずなのに、部屋の主は不在だった。


どこかに出かけるなら起こしてくれればいいじゃない。
なんとなく不満に思いながら、
私は再びベッドに身を倒した。

なんといっても、疲れているのだ。
苗木君と話をしていて、そのまま寝入ってしまうなんて。
そんな事は今まで一度もなかった。
このベッドが異常に落ち着くのがその原因かもしれないけれど。
などと独り言を言いながら。

ぼふっ

枕に顔を埋める。うん。いい。
落ち着く。苗木君の匂いがする。
このままじゃスカートに皺がつくと考えて、もう手遅れな事を思い出した。
どうせなら二度寝してしまおう。

それにしても、苗木君の匂いがするから落ち着くなんて、私ちょっと変態なんじゃないかしら。
もう頭が回らない。また、まどろみの中に落ちていく・・・・・zz。


916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 00:04:05.04 ID:ehdNSkQ0

部屋に戻ると霧切さんは、もう起きていた。よかった。
霧切さんの寝ている姿。特にスカートが乱れているあたりが気になって、
男としての本能がガンガン刺激され、このまま同じ部屋にいちゃヤバイと思って、抜け出した僕としては、なんとか危ないところを乗り切ったって事だ。

まぁ、ああいう無防備な姿を見られる機会もあまり無いだろうから。せっかくだからもっと堪能しておけば良かったかな、なんて今だからこそ考える。

「良く眠れた?」
「おかげさまでね。ありがとう苗木君。急に寝てしまってゴメンなさい。」
それだけ告げて霧切さんは、そっけ無く帰ってしまった。
でも顔がものすごく赤かったあたり、きっと寝てる姿を見られて恥ずかしく思っているんだろう。


僕は、さっきまで霧切さんの寝ていたベッドに寝転んだ。なんだか、これはこれで緊張するなぁ。思わずつぶやく。
ほんの少しだけ残っている気がする体温とか、少し乱れたシーツとか。
あっ・・それに・・・・霧切さんの匂いがする。


917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 00:07:01.75 ID:ehdNSkQ0
以上です。話切っちゃってすいませんでした。

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 00:40:48.38 ID:S80snRnK
いいよいいよー


スレタイだが実質ナエギリスレになってるしなー
「俺の嫁」じゃなくて「???の嫁」に変えてみたらどうだろ
実際にスレを開くと「???」の部分が誰なのか分かる感じで

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 00:43:05.77 ID:M6U33zCc
>>917
エロパロスレはいつでもあなた様のご来訪をお待ちしております

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 00:49:11.68 ID:HUNz+FqT
GJ
苗木君はたぶん匂いフェチだと思う

あとネタ投稿時はなるべくsageた方がいいと思うぜ

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 01:12:38.60 ID:mG04lcXq
いや、グデギリさんGJ これは萌ゆる…

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 12:09:23.66 ID:yTqqMOC4
【ダンガンロンパ】霧切響子の正体はカップ麺の妖精Part4

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 16:47:07.88 ID:k1gRKD8s
苗木くんの部屋に侵入する霧切さんを見たら学園長はなんと思うのだろう
ニア さすが自分の娘だ
    さすが妻の娘だ
    どうしてこうなった

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 18:19:18.70 ID:TA6Ld5Nv
やるな!

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 18:41:34.17 ID:gXsZj209
>>800-801氏の作品を読んだ後だと、(ああ…私達が若かった頃を思い出すな…)みたいな反応を想像してしまう

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 19:37:58.86 ID:OKG7WSQs
しかし、伸びるねえ個人スレ

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 21:19:02.08 ID:yTqqMOC4
みんなの前で「年頃の娘が男の部屋に忍び込むのは感心しないなぁ、響子。まったく、母さんの若い頃を思い出すよHAHAHA」と、学園長。
騒然とするみんな。
真っ赤になりながらも凄まじい眼光で学園長を睨みつける霧切さん。
うろたえる苗木君。
にこにこしつつも目が笑っていない舞園さん。

霧切さんのメンチビームも意に介さず、学園長は話し続ける。
「苗木君、こんな娘だがどうか末永くよろしく頼むよHAHAHA」
さらに騒然とするみんな。
一層真っ赤になって学園長に掴みかかろうとする霧切さん。
狼狽しながら必死で霧切さんを止める苗木君。
にこにこしつつも目が笑っていない舞園さん。

そんな光景。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 21:29:23.28 ID:PEu5itLP
なかなかフランクだな父上

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 21:38:07.09 ID:8TjPM/DA
霧切さん可愛いよ
ビジュアルも性格も声も最高だ

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 23:07:03.90 ID:gXsZj209
>>927
…まあ、これくらいの大物じゃないとあの連中の学園長は務まらんかもな

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 08:01:30.53 ID:YuNR1+2l
霧切さんの誇りも矜持も粉々に砕いてマジ泣きさせたい
「ふええぇぇん」ってな感じで身も世もなく泣かせたい

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 08:05:35.36 ID:+RlY7r+F
>>926
個人スレというよりカプスレだからな
苗木のスレでもある

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 12:47:41.84 ID:3N8kO/O3
霧切さんは自分の女としての魅力をどの程度自覚しているだろうか
身だしなみに最低限の気は遣うけど、「私みたいな色気のない女なんて…」な霧切さん
必要ならば自分の魅力を武器にすることも辞さない霧切さん
オマエラはどっちがいい?

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 13:48:45.43 ID:PFUTp2LV
服装的に普通にお洒落なんじゃない?

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 14:11:28.52 ID:04NIQGS/
後者だな

まあ前者も萌え要素ではあるのだけど、本編中の腐川の卑屈キャラもあるし
朝日奈も自由時間に似たようなこと言ってたし
ただでさえクーデレヒロインで色々付属する霧切さんまでそうなると流石に詰め込みすぎだと思う

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 17:06:03.19 ID:niym738+
>>933
俺も後者だな
てか霧切さんタイプのキャラは基本的に後者の場合が多いと思う
前者みたいなキャラは大人しめの清純系に多い気がする

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 17:56:55.55 ID:DKfSEbm6
同じく後者だなぁ


そんで、自分の魅力を武器にしてる所を苗木に見られると


はてさて、霧切さんは一体どんな反応をするのやら

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 17:58:34.75 ID:BYq5IOy2
>>927
最高です

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 19:21:04.26 ID:/yLiYm70
ちょっと胸元を開いた服装の霧切さんに「ねぇ……あなたにちょっと個人的な用事があるんだけど」と路地裏に誘われたらホイホイ付いていく自信が俺にはある
そして気絶させられた後身包み剥がされる自信が俺にはある

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 21:15:43.61 ID:3N8kO/O3
>>937
一番見られたくない相手に一番見られたくない姿を見せてしまい、絶望したかのような表情になる霧切さん
……あると思います

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 21:33:31.21 ID:PFUTp2LV
アイドルマスターな霧切さんとか想像してみたけど
とりあえず舞園さんの衣装は似合わなさそうだと思った

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 21:49:36.81 ID:niym738+
アイドルの衣装はかわいい系だからな
そうゆう系合いそうなのは舞園とちーたんと朝日奈くらいじゃない?

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 23:00:18.10 ID:/yLiYm70
だが待って欲しい
赤面しつつフリフリのアイドル衣装を着る霧切さんというのも、それはそれで乙なものではないだろうか

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 23:23:35.13 ID:iGjv/OTo
>>943
苗木君が舞園さんばっか見てると思って勘違いしちゃうんだなw

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 23:28:39.91 ID:D7kVj3Ka
ガラララ!(教室のドアを開ける音)

苗木「・・・・っ!?き、霧切さんどうしたのその格好?」

霧切「苗木君!?あ、あの。えっとこれは、その・・」

苗木「その服って確か舞園さんが歌う時に着てるやつじゃ?」

霧切「そ、そうよ。舞園さんが「霧切さんの服ってちょっと着てみたいんですよね。そうだ!服、交換しませんか?」って私に提案して来て、
   「どうせなら可愛い服を持って来て上げますね」って事で待っていたらこれを渡されて無理やり着る事になったのよ。
   やっぱり似合わないわよね。」(真っ赤になって照れながら)

苗木「そんな事ないよ。舞園さんが着てる時と印象が全然違って、なんだか不思議な感じだけど似合ってるよ。
   それより、なんだか息が乱れてるけどもしかして、その格好で踊ってたんじゃ?」

霧切「!?・・・・そ、そ、そ、そんな事ないわよ。苗木君の気のせいよ。えぇ、何言ってるのかしら。苗木君の気のせいに決まっているじゃない。」
(さっきよりさらに赤くなりながら。)

苗木(ドア開けた瞬間思いっきり決めポーズしてたけど、触れたらいけないんだろうな・・・。)

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 23:49:52.04 ID:niym738+
俺的には江ノ島みたいな露出度高めの服がいいな
顔立ち的にそっちの方が合いそう

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 00:24:20.09 ID:VfSZ7Zhv
ハイ!

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 00:31:49.02 ID:F2/CduGw
ゴスロリっつーかドレス着せたい

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 00:41:13.03 ID:ibfCt+MQ
霧切さんにはゴスロリよりもクラシカルなゴシックファッションの方が似合う気がするなあ

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 05:37:41.62 ID:8+SoLh7y
けっきょく南極なんでもいいってことだな
と言ったら実も蓋も無いか

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 07:32:47.61 ID:s8vaUCxM
>945
いいよいいよー
真っ赤になる霧切さんかわええ!

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 10:04:40.94 ID:ujqAg7Ri
大変だぞオマエラ!!
アナザーストーリーCDが発売されるぞ!!
もしかすっと!ここであの「立候補する?」が聞けるんじゃねーのウヒョーイ!!

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 11:39:50.17 ID:F2/CduGw
>>950
南極なんでもいいって何?
ググっても元ネタとか分からない

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 11:54:30.71 ID:5SeMQUBp
>>952
ラジオの苗木回みたいな完全オリジナルでもいいな
……まあ過度な期待はしないでおこう
そういやラジオで各キャラの詳細なパーソナルデータを公開する予定があるみたいなことを言ってたけど、
もしかしたらこれのことかもな

>>953
けっきょく南極大冒険でググれ

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 12:38:16.80 ID:F2/CduGw
なるほどさんくす

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 19:35:48.13 ID:eN+v3KVy
>>952
霧切さん成分がどれくらいあるかだなあ
まあ買うけど

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 22:09:03.68 ID:ibfCt+MQ
>>954
霧切さんの血液型や誕生日やヒップサイズが明らかになるかも知れないのか
胸熱だな

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 01:09:14.88 ID:CEkNdLwb
今のところスリーサイズが明確なのって残姉ちゃんだけだっけ?

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 01:10:56.44 ID:PYgJ8jJS
自由行動って最後まで見ちゃうともう二度とイベント見れないんだな・・・
あああああ、霧切さん攻略前のセーブデータ残してなかったべ

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 01:37:01.09 ID:2syD6xTx
もう一度やり直すってのも乙なもんだぞ?
自由行動に誘う前と誘った後の台詞はイベントを起こすタイミングによって違うから、
前と違うタイミングで誘ってみると聞き逃していた台詞が聞けるかも知れない

テキストだけなら前スレに上がってるから、面倒ならそっちを漁ってもいいが

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 09:54:29.32 ID:g6NvTI+T
あんまり注目されない台詞だけど、通信簿イベント開始前の
「私も…あなたという人間に興味を抱き始めているのかも…」が好きだ
「私も」の部分がボイスありなんだけど、霧切さんの声付き台詞には珍しく感情だだ漏れで乙女していてすんげえかわいい

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 12:58:24.14 ID:CcPXjzUW
>>961
おま俺。
あのボイスは「私も…ちょっと怒りすぎちゃったし…」でも聞けるぞ!!
おかげで何度も霧切さんに話し掛け、ログを同じセリフで埋め尽くしたw

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 15:24:38.66 ID:CEkNdLwb
霧切さんのイベントを後からいつでも見られるように進めないでやると観察眼が無くて面倒だよね

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 16:35:18.54 ID:59d6C8z+
霧切さんは苗木が部屋に隠したお宝本とかも青いロックオンマーカー付きで即座に発見しちゃうんだろうな

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 20:04:36.47 ID:g6NvTI+T
>>962
よう兄弟
クールビューティーな霧切さんもいいが、感情を表に覗かせている瞬間も良いものだ
そんな瞬間が非常にレアなのがまたいいんだ

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 23:03:22.79 ID:P/boHwhZ
>962,965
兄弟がやたら多いな。
俺もあれにやられたんだぜ。連発しないところがいいんだ。

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 23:11:35.54 ID:2iyx1XSa
>>966
  `¨ − 、     __      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
      |  !      `ヽ   ヽ ヽ
      r /      ヽ  ヽ  _Lj
 、    /´ \     \ \_j/ヽ
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
           ̄ー┴'^´


しかしダンガンラジオの日笠は、なんで終始普通の声で喋ってんだよ。
霧切ヴォイスでしゃべらんかいヴォケ。

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 01:32:17.60 ID:HUwYzMye
姓名判断してみた

霧切 響子
○● ●○
19 4  22 3
総運48○ 才知に優れ、補佐参謀として実力を発揮。誠実で信頼される人柄。
人運26△ 魅力があり情熱家。酒や異性に溺れがちなので注意。
外運22△ 若いうちは良いが晩年に向かって運気衰退。病気事故傾向。
伏運51× つかんだ夢は泡と消えます。悪い運数です。
地運25□ 才能、個性、偏屈運。
天運23○ 思いやりと奉仕で発展していく家柄。
陰陽 □ 悪くはない配列です。


苗木 誠 と 霧切 響子 の相性判断
 
結婚前
性格面△ 相手を理解し気遣う心が必要です。思いやりとコミュニケーションを多く。
恋愛縁□ 縁はあります。お互いの努力次第です。
結婚縁○ 良い相性です。

結婚後
夫婦愛□ 縁はあります。お互いの努力次第です。
夫婦縁○ 良い相性です。


苗木 響子 結婚後の変化
 
苗木 響子
○● ●○
9 4  22 3
総運38○ 才能あるが頭領の器ではない。個性を生かす職業が○。家庭を大事に。
人運26△ 魅力があり情熱家。酒や異性に溺れがちなので注意。
外運12△ 実力を蓄えやがて開花するが、常に負の影響にさらされるため晩年注意。
伏運51× つかんだ夢は泡と消えます。悪い運数です。
地運25□ 才能、個性、偏屈運。
天運13○ 頭脳に恵まれる。家族を大事にする家柄。
陰陽 □ 悪くはない配列です。


当たってるような当たってないような

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 01:45:00.57 ID:VSpNP9+D
つかんだ夢が泡と消えると言うのは和解した学園長があっさり死ぬあたりだろうか

>魅力があり情熱家。酒や異性に溺れがちなので注意。
なんというダメギリさん
姓名判断すらもダメギリさんを肯定している

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 03:20:46.73 ID:2ZMpZtRO
霧切さんは意外に情熱的で、ひとたびきっかけがあればデレデレの甘々になりうるということか
そいつはなかなか夢のある話だ

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 03:38:31.97 ID:TxAOk1Oe

「んー…」

「どうしたの、苗木君。唸ったりして」

「いやさ、暇だったからアルターエゴに姓名判断をお願いしたんだ。その結果諸々がこの>>968なんだけど」

「………ところで、どうして私なのかしら?」

「あ、えと、一番身近な人だったからかな!!」

「…………そう。私は別に構わないけど…」

「? 霧切さんこそ顔が赤いけど大丈夫?」

「ッ!? 苗木君のくせに生意気ね…」

「なんでっ!?」

「…でも」

「え」

「苗木 響子…悪くないわね」

「あ、それと一緒に僕と舞園さんやセレスさんとの結果も調べてみたんだ。結「苗木君」果は…」

「私を苗木 響子にしてほしいの。今すぐに」



久しく書いたけど地の文下手なので会話のみ。
やっぱり下手だ。お目汚し失礼。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 13:26:42.15 ID:HUwYzMye

霧切さんには霧切さんでいてほしいので、ここは苗木君が霧切誠になる方向でどうだろうか

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 14:02:36.42 ID:8MZPCIAO
間をとって苗切にしよう

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 16:03:24.20 ID:2ZMpZtRO
ところで次スレタイはどうするべ

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 16:49:46.70 ID:ol+889uS
>>972
そうだそれがいい
婿養子で

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 16:59:49.78 ID:F/m5PqBz
>>973
どうやって変えるんだ

>>974
もう4つ目か、早いな

>>913>>914>>922 あたりを参考にしたらどうか
ちなみに俺的にはカップ麺の(ry

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 17:01:04.29 ID:6Zalj2ag
【ダンガンロンパ】霧切響子の正体は俺の嫁Part4

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 17:31:32.06 ID:pWDtK6Um
スレタイは立てる人に任せていいのかな
まあこのスレの紳士達なら大丈夫…だよな?

ところで初プレイ時「霧切さんの正体はジェノサイダー?」とか「霧切さんの正体は本物の戦刃むくろであの死体はダミーじゃ?」とか
その都度ドキドキしていた小心者は俺だけだろうか

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 19:01:10.16 ID:jGMrlyAy
スレ立て・スレタイ決定は、>>980に任せようか
下の方にテンプレを事前に用意しておいたんで使ってくれ


超高校級の“???”である「霧切響子」(CV:日笠陽子)について語るスレです

◆ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(※音量注意)
ttp://danganronpa.com/

◆キャラ総合スレ
【論破】ダンガンロンパキャラ総合【6回目】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/pokechara/1302266841/

◆前スレ
【ダンガンロンパ】霧切響子の正体は俺の嫁Part3
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/pokechara/1298463294/

◆SSまとめwiki
http://www43.atwiki.jp/dgrpss/

次スレは>>950ぐらいでスレ立て宣言してから立ててください。
sage進行推奨でおねがいします。

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 20:45:52.99 ID:2ZMpZtRO
>>979

んじゃちょっと行ってみる

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 21:01:11.20 ID:2ZMpZtRO
駄目だった…申し訳ない

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 21:53:03.64 ID:6Zalj2ag
>>981
どう落し前つけてくれるんじゃいヴォケ

予定してたスレタイ言ってくれれば立てるけど

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 22:02:31.37 ID:2ZMpZtRO
>>982
頼んだ
スレタイは>>918を拝借するつもりだったが
特段こだわりがあるわけでもないのでどうするかは任せる

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 23:02:37.12 ID:6Zalj2ag
>>983
まぁ、あれだ、俺も駄目だったわ・・・申し訳ない

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 03:23:52.70 ID:yaqiFqPw
おい


おい

霧切さんが消えかけてんぞ!

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 03:29:30.15 ID:oxDuqxiY
スレ立て試してくる

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 03:33:49.15 ID:oxDuqxiY
【ダンガンロンパ】霧切響子の正体は???の嫁Part4
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/pokechara/1304188231/

立てた
??983が拝借しようとしてた案を拝借したわ
そしてこのスレの残りレス数はわずか・・・ここまで言えば分かるわね?

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 03:56:45.33 ID:dce+sUaR
ここで僕がするべきこと?・・・そうか!わかったぞ!
>>987

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 07:51:38.70 ID:BQ3jvBhP

さあ埋めようかね

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 09:34:07.35 ID:vGe9YHGS
いやースレ立って良かった
前にスレ立てようとしても出来なかったから黙ってROMってたがもどかしかったぜ

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 09:57:53.98 ID:tByEuORg
正しいクロを指摘できれば>>987だけがおしおき。
だけど、もし間違ったクロを指摘した場合は
>>987以外の全員がおしおきされ、
みんなのためにスレを立ててくれた>>987だけが、
晴れて乙となりまーす!

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 09:58:23.88 ID:rQ4tPxjI
3スレ目も良ネタ・良SSが豊作でえがったえがった
個人的にはヤクギリさんがメガヒットだったべ

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 09:59:38.59 ID:qreo5RSe
埋め
ttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=18363852

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 10:23:58.50 ID:5aaTtTwZ
個人スレでは霧切さん独走だな
この調子で総合スレも追い越そうぜ

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 11:59:14.83 ID:vGe9YHGS
埋めるか

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 12:00:47.36 ID:vGe9YHGS


997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 12:01:29.13 ID:vGe9YHGS
産め

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 12:02:02.43 ID:vGe9YHGS
熟め

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 12:02:40.59 ID:vGe9YHGS
績め

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 12:40:31.73 ID:SqAApZmp
1000なら次回作の主人公は苗木と霧切の息子か娘

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

347 KB
>>665*>>842Y>>946A>>284:>>62l>>939q>>274X>>291D>>タトム/test/read.cgi/pokechara/1298463294/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)