5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

紬「私、みんなを苦しめるのが夢だったの〜」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 13:36:18.11 ID:ugakB7610
律「でっけえ別荘!!!」

唯「わあ、すっごい!!」

澪「一番でかいんじゃないか……?今までで」

梓「すごい……」

紬「うん、なんとか予約できてよかったわ〜、さあ入って入って〜」

今回訪れた合宿先も、紬の別荘で最後の合宿だからと過去最大の規模を誇っていた。
なんとここは無人島でしかも、この建物以外なにもないという、常識では考えられないVIP待遇であった。

律「おじゃましま〜す!!うへぇ、広すぎ!」

唯「ネバーランドだよ、りっちゃん!!」

紬「うふふ」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 13:42:54.71 ID:ugakB7610
4人は思わず息を呑んだ。
これは別荘というレベルで片づけてはならない気がしたのだ。

見たことのないツインベット、部屋の広さ、その他もろもろのサービスとすべてが夢のような光景だった。

唯「ふかふかだよ〜!このベット!!」

律「まじでいいのか?こんなところに泊っても」

紬「うん、遠慮は全然要らないからね」

遠慮はいらないといわれてもこれは遠慮せざるを得なかった。
といっても遠慮なんて気を遣う事しかできないのだが。

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 13:47:11.92 ID:L+hprd330
感動したwwwwwwwwwww
またスレ立ててくれよな!

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 13:49:02.17 ID:ugakB7610
唯「海行こうよ海!!」

律「行こう行こう!!」

紬「ちょっとみんな、先に行っててくれる?」

澪「えっ?なんで?」

紬「ちょっと色々しなくちゃいけないの、ごめんね」

紬はそういうと4人を海へ出して、自分だけ別荘の奥へ進んでいった。
おもむろに携帯を取り出し、ボタン一つで電話をかける。

紬「準備は?」

すると向こうから即答で返事が返ってくる。

「万端であります」

紬「そう、じゃ」

紬は携帯を切ると、歩くスピード加速させてもっと奥へ足を運んだ。
秀麗な面持ちに不敵な笑みを載せて。

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 13:56:14.06 ID:b5Wtqxg50
ほう

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 13:56:50.45 ID:ugakB7610
昼ご飯を忘れて無我夢中に遊んだ唯達は日の暮れる頃に帰ってきた。
結局紬が来ることはなくて、真っ赤に日焼けした梓がその事を話題に心配している。

梓「どうしたんでしょうか、ムギ先輩」

律「さあな、なにがあったんだろ」

しかし玄関に待ちかまえていたのはそこからどうみても紬本人であった。
待ちかまえていたということは、自ら来なかったということになるが4人はそんな事気にせず、

澪「なんで来なかったの?」

紬「ごめんね〜、用事ができちゃってもう終わったころには日が沈みかけてたから行かなかったの」

澪「そっか〜」

紬「みんなお腹減ってるみたいね、ご飯作ってあるから入って入って」

唯「わ〜い、ご飯だ〜」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:06:00.41 ID:ugakB7610
午後8時、夕食も済ませた一行はかくして部屋へ戻って行った。
辿りつくまでの話題は今夜の夕食の感想や、練習はどうなったのかとかそういった事で、話しているうちに部屋についた。

紬「練習するの?」

澪「だよな、それをしに来たんだから」

唯「ちょっと休んでからにしよ〜」

梓「駄目ですよ先輩、ちゃんとしてください!」

紬は腕時計をチラっと見る、そして心で呟いた。

(もうそろそろね……)

時計の長針が紬主催のイベント開始時刻をカウントしていた。
そしてその時がやってくる、紬は我慢できずに口元をニヤつかせた。

唯「あぁ……すっごい眠いよ……」

律「うん……なんだろ……」

澪「なんか疲れたな、遊び過ぎか……」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:14:49.51 ID:ugakB7610
紬を除く4人は、各々何かしら呟くと死んだようにベットに倒れ込んだ。
ついさっきまで夕食云々の話で盛り上がっていたのに今となっては静寂しか聞こえてこない。

紬「斎藤?今すぐ来て」

紬は携帯を切ると捨てるかのように台本染みた台詞を吐いた。

紬「練習よりも楽しい事したいでしょ?じゃあしてあげる……」

その場を去る紬とすれ違いに4人の黒い衣服を纏った男が入室し、そこに寝ている4人を抱えた。
気持ち良さそうに寝ている4人がこれから連れて行かれる場所、それは決して楽な場所ではない。

そこに待っているのは紬の願望をもとに旋回する、最悪のシナリオであった。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:17:05.70 ID:+P/ac72K0
oi
はやくしろ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:24:15.57 ID:ugakB7610
唯「ん……あう……」

悪夢に目覚めたのは唯であった。
他の3人は冷たいコンクリートに乱雑に放置されている。
唯が最初に目覚めるのも無理はない。

唯「あ、あれ……ちょ……えっ」

唯は全裸の状態で、椅子に体をギチギチに固定されていた。
頭は真上を向くように強制的に固定され、額には不規則な調子で水滴が落ちてくる。

あまりのも不可解な状況に唯は早速パニック状態に陥った。

唯「え、えっ、なにこれ……やだ……誰か……」

紬「あら、おめめ覚めた?唯ちゃん」

唯「む、ムギちゃん?」

真後ろから紬の声が聞こえて、唯は苦しそうに名前を呼んで確かめた。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:28:05.39 ID:6Za2bo+y0
拷問か

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:30:06.79 ID:wuLVuyfd0
これは・・・・

支援

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:33:25.81 ID:ugakB7610
紬「そうよ、唯ちゃん、私よ?」

唯「ひっ……」

紬は唯の後方から顔をヌッと覗きこんだ。
部屋自体が真っ暗な故、唯にはその顔がよくわからない。
しかし気持ち悪いくらい至近距離で覗かれ、唯に戦慄が走った。

唯「む、ムギちゃん……えっと……こ、怖いよ……」

紬「うん、それでいいの、もっと怖がって」

唯「えっ……」

紬「唯ちゃんはね、一時このままでじっとしててね、最初に梓ちゃんから苦しんでもらうわ」

唯「……っ……」

底知れぬ、得体の知れぬ恐怖が唯の体をブルブルと震わせる。
唯は直感で今までの紬でないことを認識すると、小声でやめてと何度も呟いた。

紬「人間ってね、一か所に刺激を与え続けると我慢できなくなっちゃうのよね
  なお且つ額はそういう刺激に敏感だからもしかすると面白いものが見れちゃうかも、うふ」

紬はそういうと、靴音を鳴らしながら部屋の隅へ歩いて行った。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:34:03.87 ID:FKD5hmWBO
首が固定とかてっきりイラマスレかと

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:35:14.43 ID:y5PLyIH80
怖いよ〜

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:37:00.93 ID:cujgOHw90
眼隠ししてそれやると死ぬらしいな

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:39:48.04 ID:oFzF3FCQP
ディスカバリーチャンネルでこれ本当にやったらどうなるか試した番組があったな

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:40:51.99 ID:wuLVuyfd0
目隠ししながらナイフを突き立てて水を垂らして
血が出てるぞ・・・って言うだけでショック死したりするらしいぜ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:43:46.32 ID:wuLVuyfd0
まだなのか・・・・

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:43:55.56 ID:ugakB7610
紬「うん、そう、これでいいわ」

紬は梓を手術台に固定させると、股を全開に開いて固定した。
全裸が故、梓の性器は完全に広げられた状態になる。

紬「梓ちゃん、起きて」

紬は梓の口に中に指を入れ、くちゅくちゅと掻きまわして舌を引っ掻いた。

梓「あぐっ……!うっ、えっ……な、なに……」

敏感な部分に傷を負った梓は目に涙を溜めて起き上がろうとした、しかし動けない。

紬「梓ちゃんこれなにかわかる?ほらっ」

梓「あ、ムギ先輩?なんですかこれ……やめてくださいっ、なん、なんなんですか!?」

紬「静かにして、これなにかわかる?」

梓「えっ……」

いきなり梓の目の前に突き付けられたのは洋梨状の鉄製の器具。
これがなにを示唆するのか、今の梓には到底理解できなかった。

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:46:30.88 ID:p7lQS3j1P
苦悶の梨って実際は

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:51:23.90 ID:wuLVuyfd0
支援

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:51:33.58 ID:T5Wz8Tb40
待ってるぞ

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 14:55:42.08 ID:ugakB7610
紬「これね、苦悩の梨っていうんだけどこのネジを回すことで、太い側が四つに割れて広がるようになっているの
  広がると中から鋭い針が頭を出す仕組みでね?本当はこれ顎を外したりして使うんだけど」

苦悩の梨は中世ヨーロッパ全域で使用された、残酷な拷問器具の一つである。
口に梨の実の部分をくわえさせて、ネジを回すことで顎が外れるまで広げることができるという恐ろしいものだ。
しかし顎が外れる前に、この器具が壊れてしまうという事態が起きてあまり実用性はない。

しかしこの苦悩の梨はなにかしら改良されていた。

梓「えっ……なにがですか……?そ、それ……」

紬「ちょっと小さめに作ったの、梓ちゃんの膣に合わせて」

梓「えっ……」

紬「これを今から梓ちゃんのアソコに入れて、広げるんだけど。大丈夫よ、死なないから」

梓「えっ、ちょ、やめてください!!やめっ……」

紬は梓の口に別に用意された苦悩の梨を激しく突っ込んだ。
唇が内側に巻き込まれ、自らの歯によって流血する。

梓「あごぁ……!いだぁぁ……!」

紬「静かにして、ここ響くから」

紬は冷静にネジを回し、梓の口を限界まで広げていった。


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 15:03:03.39 ID:LJDmKLsQ0
こんな感じ?
ttp://up3.viploader.net/ero2d/src/vlero2d047789.jpg

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 15:06:54.01 ID:ugakB7610
顎を限界まで開けて、さらに他人の手で思いっきり広げられる、そんな痛みに梓は身をよじらせた。
中の針が喉を丁度よく突いて、呼吸をするたびに激痛が走る。
これで大声を出そうものなら確実に喉が貫かれてしまう。

梓「あうう……!あううっ……!!」

紬「いい子ね、言わなくてもわかったみたい」

紬は優しく微笑むと梓の膣の方へと手を伸ばした。
唇を人差指と中指で開くと、きれいなピンク色がテカテカと光っていた。

紬「まあ、綺麗ね、まだ梓ちゃんって処女?」

紬は苦悩の梨の先端を梓の膣口へ近づけ、そのまま勢いよく中に押し込んだ。

梓「あう゛ぁぁぁっぁぁ!!」

親切に作られたわりには梨が大き過ぎたみたいで、梓は腰をよじらせ痙攣させた。
大声を出したせいで梓の喉は針の矛先をもろに受け、血の涎を頬に伝わせる。

唯「あ、あずにゃん!?どうしたのっ!?」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 15:07:23.81 ID:x1fMnPZy0
まーたダルマスレか

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 15:12:22.30 ID:yW4qJcUWi
ほう

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 15:25:27.37 ID:ugakB7610
梓「うう……うう……」

紬「まだ挿しただけなのなんでそんなに痛がってるの?」

紬はネジを3回転右に回した、すると獣のような、しかし可愛らしい悲鳴が響きわたる。
紬はそれに構わず何度もネジを回し続けた。

梓「あっ、あっ、あっ……!!ぃ、やぁ!やぁぁあ!!」

とうとうネジが全て回りきってしまい、器具はギチギチと音をたてている。
その頃には梓はブクブクと口から赤い泡をふきだしていた。

紬「あら、可愛い」

しかしこれしきで紬の計画は止まらず、早速次の器具が運んでこられた。
それはなにやら箱の形の機械で、それには数本の管が取り付けられていた。

紬「梓ちゃんの処女膜は私が貰うわ」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 15:38:09.82 ID:ugakB7610
梓の処女膜を貫いている針は、ネジの先端へ繋がっている。
紬はそのネジの先端へ電線をつけ、その電線は変圧器につながれた。

紬「最初は何ボルトからいこうかしら……」

梓「っ……っぅ……」

相変わらずブクブクと泡を吹いている梓に紬は問いかけ、適当に電流を流した。
すると、

梓「ぐふっ、あっ、ああああああうううう!!!!」

梓は激しい腹痛に身を捩じらせ、何度も手術台に腰を打ちつけた。
しかしがっちりと固定されている為、逃げるのは不可能である。

紬「処女膜を焼かれるのってそんなに苦しいの?ねえ、梓ちゃん」

梓「あがあぁっぁぁあ……!!ああああ……!!」

梓の喉はもうズタズタになっている事だろう。
梓の目の焦点が合ってないことから、紬はさらに強い電流を流した。

紬「起きて梓ちゃん」

梓「あぐあああああ!!!!あついあついあづいあづい!!!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 15:39:09.28 ID:YJAnmJx30
もうやめてくれ痛い

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 15:40:54.38 ID:omkyhKAe0
みのり「あれ?あっちにも遊びに来てる人がいるね」

高須君「本当だな。夏だしまあいてもおかしくないよな」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 15:43:46.32 ID:FL07aLl90
なんだそこの別荘か

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 15:53:00.55 ID:ugakB7610
人間の焼ける匂いとは相当なもので、一生鼻について離れないくらい異臭である。
瞬く間にこの地下室は異臭の渦に巻き込まれた。

梓「……あ……あ……」

紬「上手に焼けたかしら……」

紬は梓の膣から苦悩の梨を引っぱり出した。

紬「わぁ、すごい……」

まず飛び出してきたのはコップ2杯分くらいの血である。
膣口がまるでダムのように血を噴き出している様はなんとも信じがたい光景であった。
極め付けにその血から蒸気が出てきている、長時間の電流で血がグツグツと加熱されたようだ。

紬「熱いわ、触れない……」

梓の膣は火傷するくらい熱かった。
とても触れるものじゃないと判断した紬は洗車用の高圧洗浄器を梓の膣目掛けて噴射した。
高圧洗浄器と言えど、生身ではまるで針で刺されたかのように痛い。
事前に外しておいた口の器具が、生々しい悲鳴を聞かせてくれた。

梓「ぎ、ぎゃあっ!ぁいだいいいだい!!!」

紬「さて……梓ちゃんの処女は頂いたし……」

やけに静かである。紬は唯の容体を確かめる為、拘束椅子に近づいた。

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:01:22.16 ID:dDYP5kuq0
これはやばい

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:02:13.52 ID:wu4tlsuC0
律の番まで待機

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:04:02.84 ID:wuLVuyfd0
ksk


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:04:37.23 ID:ugakB7610
唯「……ぁ」

紬「……」

唯「ぁ……ぁ……」

紬「ぷっ……!うふふふっ、ちょっとやめて唯ちゃん〜」

紬は唯の様子を見て、思わず吹き出してしまった。
口は間抜けにポカーンと開けて、涎をヌルヌルと垂れ流している。
目は半開きで眼球を白黒させていた。
こうなる前に恐らく、一時の狂気を爆発させていたことだろう。
紬が梓で精一杯だった故、唯の発狂を聞き逃してしまった。

紬「唯ちゃん〜、馬鹿の真似は駄目だって先生に習わなかったの?」

唯「ぁ……ぁぅ……ぁ……」

ジョーという音が聞こえて、紬は下に目をやった。
黄色い液体が椅子をグチョグチョに濡らしている、唯は堂々とおしっこを漏らしていた。

紬「もう唯ちゃんったら〜」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:11:52.35 ID:8otsCx060
律と澪は愛する者同士ってことで殺し合いをさせて欲しいね

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:12:06.68 ID:wuLVuyfd0
本日の最狂スレ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:13:30.61 ID:FL07aLl90
>>39がいい提案をした 親友の殺し合いほど興味深い物はない

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:15:18.34 ID:dZSM/F+W0
マジキチばっか

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:15:19.55 ID:ugakB7610
紬「私ね、唯ちゃんには過度な痛みを与えたくないの」

紬はそこにいる男3人を呼ぶと、縛りを外すよう命じた。

紬「唯ちゃんは水牢へ閉じ込めて、徹底的に精神を破壊するの」

水牢は人体に極度な損害を与えないが、精神を破壊する面ではプロフェッショナルといえる。
人が一人立って入れるくらいの箱に閉じ込め、首元まで水に浸からせる。
このまま放置する事で中の人間は寝ることも座ることもできず、精神をズタズタにやられるのだ。

紬「朝までずっとよ、溺れたら出しあげて。それでまた閉じ込めるの」

唯は3人の男に抱えられて地下室を後にした。

紬「さて、次は……」

次は未だ起きる気配のない、この二人のどちらかが標的となる。
紬は先ほどの高圧洗浄器で二人の裸体を突き刺した。


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:15:29.20 ID:wuLVuyfd0
>>39

二人とも私を殺してお前が生きろ状態になるんですね
それで生き残った方が狂うんですね、分かります。

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:21:51.43 ID:wuLVuyfd0
支援

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:23:52.61 ID:ugakB7610
律「あっ!うわああ!!」

澪「きゃっ!痛い!冷たい!」

二人は起き上がろうとしたが、縛られている為それはできなかった。
ビショビショの二人に紬が歩み寄る。

紬「目が覚めた?どう、気分は」

律「む、ムギ?な、なんだこれ、ちょっ、これほどいてくれ!」

澪「なんで裸なのっ、いやっ、怖い……なにこれ、ねえムギ……」

律「な、なんだ……あ、あっ!うわああ!!」

澪「いやっいやっ!!ひ、ひっ!!」

二人はほぼ同時に梓の使い捨てられた様を目撃し、パニックに陥った。
未だ痙攣しているのが生々しくて紬にとっては脅す素材として好都合である。

紬「澪ちゃん痛いの嫌いよね?」

澪「……ッ」

紬「ふふ、澪ちゃんには一番痛がってもらうわ……」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:24:11.72 ID:dDYP5kuq0
全裸の唯を抱える男達はフルボッキ状態なんだろうな。羨ましい。

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:25:02.64 ID:wu4tlsuC0
>>1の好きなように書いてくれ
展開を誘導したらつまんない

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:34:28.69 ID:qF3+wKy70
いちいち怖がってうっとうしい澪にはとても痛い拷問をしていただきたい

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:39:31.34 ID:ugakB7610
澪「えっ……えっ……」

律「おい……ムギ……ま、待てって……」

紬「静かにして」

紬は帰ってきた男3人を使い、澪を部屋の奥へと運んで行った。
この地下室は軽く体育館並みの広さを誇っている。

澪「いやっ、は、離して!痴漢!!痴漢っ!!」

澪は男に抱えられるという恥ずかしさに頬を高潮し、泣きながら抵抗した。

紬「羞恥心なんて感じなくしてあげるからね」

澪を待ち受けていたのは処刑で良く知られる十字架であった。
なんの変哲もないごく一般的な十字架、紬はこれに磔をするよう指示をした。

律「ムギ!!いいから解いてくれよ!!どうしたんだよっ!!」

紬「静かにしてっていってるのにりっちゃんったら」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:50:08.53 ID:ugakB7610
磔は楽な処刑とよく言われるが、この苦痛はなによりも耐え難いものなのだ。
男は澪の縛りを解くと縄で十字架に固定した。

澪「はあっ、はあっ、手首が痛い……やめてぇぇ……」

紬「これはまだ磔じゃないわよ、ほら刺して」

澪「えっ……」

男は大きなクギとハンマーを持って澪の所へ近づいた。
澪は泣くのをやめて目を大きく見開いている。

澪「えっ……む、ムギ……やめてよ……」

紬「いいからはやく打って、りっちゃんの相手ができないじゃない」

男は澪の掌にクギを当てて、ハンマーを構えた。
澪の額からは脂汗が滲み出るようにして滴る。

紬「はい、打って」

ガンッガン――!!

澪「――――ッ!!」

たった2発で澪の掌にクギが打ち込まれた、それと同時に澪の凄まじい悲鳴が響き渡る。

律「澪っ!!!」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:53:34.57 ID:p7lQS3j1P
磔刑は手首足首に釘打たないと
自重で手のひら裂けて落ちるぜ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:57:28.81 ID:U+aX4VJW0
おもろwwwwwwwwwww

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:58:15.14 ID:wuLVuyfd0
さて続きを早く頼もうか・・・

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 16:59:26.73 ID:x1fMnPZy0
こういうの好きな人は読んでておちんぽギンギンになっちゃうの?
自分でもしたいの?

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:00:46.76 ID:ugakB7610
たった3分程度で掌と足の甲に鋭いクギが打ち込まれた。
しかし本当の苦しみはこれからである、この縄を解いた時に初めて訪れるのだ。

紬「縄を解いて、これで磔の完成よ」

男が縄を一斉に解く、すると澪の体重はクギの差された傷口に集中する。
四つの傷で澪の体重を支えるのはプロレスラーでも1分も持たないそうだ。

澪「いあ゛っ、ううううううああああ……ッ、いたい!!やだやだいたいいたい!!!」

律「澪ッ!!む、ムギやめろよっ!!」

紬「いやよ、澪ちゃんの痛がる顔可愛いんだもの」

律「やれてくれよっ!!お願いだから!!澪を解いてやってくれ!!」

律の目には早速、光る何かがたまっていた。
親友の苦しむ姿は、律にとって自分の事のように辛くて痛いのだ。

紬「じゃありっちゃんが救ってあげて、私のいう課題を耐えぬけば澪ちゃんを降ろしてあげる」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:03:45.81 ID:wuLVuyfd0
はぁはぁ・・・支援

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:07:32.76 ID:dDYP5kuq0
うあああああ、読んでるだけで痛えええええ

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:11:07.82 ID:wuLVuyfd0
ヽ(^o^)丿      読んでるだけで

    ヽ(^o^;)丿        痛くなる

」(;^o^;)「      スレはここですか

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:14:49.58 ID:ugakB7610
律「えっ……課題?」

紬「そうよ、これからの拷問に耐えきったら澪ちゃんを降ろしてあげるわ」

紬「失神しないこと、これだけ守ってくれる?」

紬は腕組をしてりっちゃんを見下すと、鼻で笑うようにして言った。
失神は意気込み云々で我慢できるようなものではない、はなっから澪を降ろす気は全くないのだ。

澪「やだやだやだ!!いたいいいいいい!!!あああああうううう殺してもう殺してえええ!!!」

律「……ッ」

紬「答えを聞くつもりはないわ、りっちゃんにも痛い拷問をしてあげるんだから」

律は下唇を噛むと、ブルブルと震えだした。
あんなに強気な律でさえ、痛みの前では簡単に女の子らしい一面を見せるのだ。
これを上目線で眺めるのが、拷問の醍醐味であると紬は思っている。
長い間一緒に生活して、お互いをよく知っているからこそ、拷問で本性を暴く際楽しくて仕方がないのだ。

紬「じゃあ、りっちゃんは吊るして」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:22:31.89 ID:qF3+wKy70
>>55
ギンギンにみなぎっちゃうの

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:25:48.24 ID:ugakB7610
律は両腕を後ろに組む形で縛られると、その腕をそのままワイヤーで真上に引っ張られた。
じわじわと痛めつける為に、紬は足がつくかつかないかのギリギリのラインで吊るし上げる。

律「んぐッ!あッッ!」

紬「りっちゃんその調子よ、頑張って〜」

次に紬は地面から3、4メートルの高さまで慎重に吊り上げた。
揺ら揺らと回転しながら上へ昇る律は、ぐっと歯を食いしばって耐えている。

紬「すごいりっちゃん、頑張るわね」

紬はもっと天高く律を吊るし上げた。
流石の律も肩の痛みに涙をポロポロと流している。
涙と汗が混ざり、地面に滴るその滴が輝いて地下の地面に叩きつけられた。

紬「じゃあ、いくわよりっちゃん」

律「あ……うぅ……いたい、いたいぃぅぐぅ……」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:38:02.96 ID:U+aX4VJW0
>>55
したいよ!
自分だって本当はやりたいくせにー。

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:44:02.40 ID:ugakB7610
紬はワイヤーを操作するレバーを、一気に下へ引いた。
律の体は重力によって地面へ引っ張られる。

律「うおっ……!」

律の肩の拘束はこれで緩まるが、しかし7メートルほどの高さから落とされるという恐怖が待ち受けていた。
律はなんとか足の裏で着地しようと試みる、体制を整えて着地の姿勢になれた。

律(大丈夫だ……捻挫くらいで済む)

地面が近づいてきた、律は地面と真っ向からぶつかる意気込みで気合を入れる。

律「あああああっ!!!」

紬「まだ地面は踏ませないわ、えい」

地面まであと2メートルといったところで紬はレバーを上に押し上げた。
するとワイヤーがピンと張り、律の肩は脱臼しあり得ない形で真っすぐに伸びる。

律「ッあ――――!!!!」

紬「……」

紬「ほら、失神してるじゃない」

ワイヤーでぶらぶらと揺れる律は口から泡を吹いて、失神した。



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:45:14.42 ID:furuo/2W0
あれ、終わらない夏休みじゃね?

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:46:30.08 ID:Z/Faocl70
だよなwwwwww

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 17:58:26.72 ID:ugakB7610
紬「澪ちゃんは降ろしてあげないわ」

紬が澪を振り返ると澪も泡を吹いて失神していた。
足の甲の傷は縦に広がっていて、中の様子を窺えるほどであった。

紬は人差し指を澪の傷の中に突っ込んだ、そしてグジュグジュと掻き回す。

澪「……」

まったく反応がない、これで意識を取り戻さないとなればもっとグロテスクな事で起こす他ないだろう。
紬は準備された塩を澪の傷口に擦り込んだ。

澪「ぐふっ、あっ!ぎゃああああッ!!!」

紬「まだおやすみは早いわ、これからなのに」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 18:00:37.87 ID:ugakB7610
ご飯を作ってご飯を食べてきます

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 18:02:43.32 ID:U+aX4VJW0
面白いなあ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 18:06:48.97 ID:qF3+wKy70
傷の中に指突っ込むとかよくわかってるな

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 18:08:20.67 ID:LJDmKLsQ0
ttp://sukima.vip2ch.com/up/sukima008536.jpg

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 18:09:19.28 ID:qF3+wKy70
被虐の文化祭は萌えたな

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 18:32:28.69 ID:8otsCx060
洋梨は真っ赤に焼いてから突っ込むこともあったらしい。
ちなみに女性だけでなくホモ容疑の男性のケツにも突っ込まれたことがあるとか。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 18:41:44.32 ID:wu4tlsuC0
面白いな
飽きずに続きを書いてくれることを願う

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:14:48.99 ID:dDYP5kuq0
保守しておくか

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:40:10.01 ID:0XxrU0lc0


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:03:26.25 ID:Il96o6M/0


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:03:51.86 ID:FL07aLl90


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:13:42.65 ID:yqv4TR2w0


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:20:43.04 ID:wuLVuyfd0


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:21:31.51 ID:ugakB7610
澪「あ゛あああ……あああううう……!」

塩を擦り込んでから10分経つが、澪はいまだその苦痛に必死であった。
塩が肉体にしみ、忽ち神経の炎症を引き起こす。
その炎症が筋肉の激しい痙攣を呼び、さらに傷口を広げる。まさに地獄の連鎖であった。

紬「そろそろ飽きてきたわ、降ろして」

男は磔の木材を横に倒すと釘を乱暴に引き抜いた。
その度に澪は悲鳴を上げていたが、先ほどの痛みと比べるとなんてことないはずだ。

澪「はっ……はっ……はっ……」

降ろされた安心か、突然澪は発作を起こし、うずくまった。
痛みに滅法弱い澪にとって、この仕打ちは相当なダメージである。
心の傷は後遺症や精神障害の残るレベルにまで達していた。

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:22:06.74 ID:wuLVuyfd0


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:23:44.30 ID:wuLVuyfd0


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:24:10.57 ID:dDYP5kuq0


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:24:39.03 ID:dZSM/F+W0


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:24:40.81 ID:wuLVuyfd0


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:25:18.23 ID:dZSM/F+W0


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:25:41.06 ID:ZU0kWXJ+P


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:26:21.53 ID:IAhuOZB20


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:28:43.27 ID:qQl20w400


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:31:58.60 ID:ugakB7610
紬「さて……」

一通り失神を味あわせる事ができた満足感から紬は4人を休ませようと考えた。
それは4人の体を想っているからではなく、自分の為である。
自分の欲をまだまだ満たす為、体力尽きて死んでしまっては困るのだ。

紬「ここにいる3人は、そうね……掃除用具箱があったでしょ?そこに突っ込んでおいて」

紬「今から唯ちゃんお相手をしてあげるわ」

紬は頬を赤らめて、地下室を後にした。
唯を監禁している水牢はすぐ隣の第2地下室に設置してある。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:32:50.41 ID:mJDMqC1Z0
なにこれ怖い
見えない聞こえない

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:33:31.90 ID:dZSM/F+W0
ごはんはおかずが完成しなかったぜ

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:34:34.63 ID:3TnTXqp/0
このシーン律が詰めりゃ済む話だったろwhttp://beebee2see.appspot.com/i/agpiZWV

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:41:41.67 ID:ugakB7610
紬「うんしょ、ごきげんよう唯ちゃん」

紬は第2地下室の扉を開け、中央の水槽に手を振った。
カツカツと近寄り、唯の容態を窺ってみたところそれは紬の一番求めていた様子であった。

唯「はぁっ、はぁぅっ、ぅぅ、うぅぅ、ふぅ」

紬「可愛いわ」

くぐもった悲鳴を呼吸の度に出して、足を水中でガクガクさせている唯は瀕死と呼ばれる状態であった。
今にも首まで浸かった水に溺れそうになりながら唯は必死に耐えている。

唯「はぁぅ、うぅ、う……う……ぅ……」

紬「ああん、がんばって!溺れちゃダメよ!」

唯「う、うぅ……ぶくぶく……」

紬「あ〜……」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:57:43.16 ID:ugakB7610
紬「あ〜、もう唯ちゃんったら」

男「助けますか?」

紬「助けなくていいわよ、自分が溺れたんだから」

紬は水槽に両手をつけると顔を近づけて応援をした。

紬「がんばって唯ちゃん!立ち上がって!しんじゃだめ!」

唯「……」

紬「こんなところで終わっていいの!?」

唯「……」

紬「……」

唯「うぼぁ、ごぽぉ、おぇぇ!!」

紬の想いが届いたのか、唯は見苦しい犬かきで頭を出すとほぼ液体のゲロを吐き出した。

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 21:01:24.76 ID:yW4qJcUWi
なんで俺、さっきからリロードボタン連打してるんだろ

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 21:10:34.21 ID:4QkKI4O50


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 21:13:37.50 ID:FL07aLl90


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 21:19:35.87 ID:qF3+wKy70
ゲロだらけの水牢は最高だな

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 21:21:44.16 ID:ugakB7610
紬がここに来る前から唯は何度も溺れていたという事が、この嘔吐で見取れた。

紬「そろそろ出してあげましょう」

紬の指令で唯はやっと地面に倒れ込むことができた。
何度も体を波打たせ、滝のように水を吐き出している。

唯「おろぇぇぇ……!おぅぅ、ぅっ!おぇぇぇ……!!」

さっきの夕食が無惨な形で水溜まりに漂い、照明に照らされて光っている。
全裸で股をガバッと開き両手を頭上でダランとさせ夢と現をさまよっていた。

紬「唯ちゃんも休めないとしんじゃうわ」

紬は呟くと監視の男を置いてその場を立ち去った。
今日の遊びはこれで終わりだ、また明日の朝一に拷問を予定している。

紬「ふふ、明日は死ぬほど泣いてもらうわ」

お風呂へ向かう紬の足取りは水素より軽やかで楽しげであった。

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 21:26:00.40 ID:bUIfSSirO
わくわく

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 21:28:33.48 ID:xxqYapN7O
憂選手早くきて〜

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 21:32:16.66 ID:ugakB7610
朝日が辺りを薄く照らしていた。
広すぎる部屋に時計の音がチッ――チッと等感覚を刻んでいる。
本当ならそこに5人並んで朝を迎えるはずだった。

ノックなしで扉が開かれる、紬はその頃着替えの途中であった。

斉藤「お着替えの途中すいません、下の階がなにやら騒がしいようです」

紬は豊満な胸をブラジャーで包むと、髪をポニーテールに縛りながら促した。

紬「でしょうね、精神安定剤を一応4人分持っていって」

斉藤「かしこまりました」

斉藤が部屋を出ていくと紬は簡単な衣服に着替え身支度を済ませた。

紬「さて、楽しみね」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 21:43:00.77 ID:ugakB7610
案の定、地下の階は地獄絵図というべき光景が広がっていた。

澪「ううう……う゛  う゛ う゛」

紬「あらあら、あれが澪ちゃんなの?怖いわ」

澪はうずくまってこちらを鬼の形相で睨みつけていた。
律は朝から肩の痛みに必死で、梓は部屋の隅でブルブルと震えている。

紬「澪ちゃん落ち着いて〜、今日も痛いことしようね〜、ほら怖がらないで」

澪「く、来るなァッ!!うわああ、あ、あ!!」

澪は目を見開いて、足を引きずりながら肘だけで遠ざかっていった。
しかし紬は構わず距離を縮めていく。

澪「うわァあああああ!!!くるなくるなくるなくるな!!!」

紬「あらあら、じゃあ朝の体操から始める?」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 21:53:52.04 ID:ugakB7610
男4人がかりで押さえつけ、精神安定剤をうった。
そして落ち着くまで再び磔にかけるよう命じると、梓にあいさつがてら歩み寄る。

梓「はっ、はっ、ひ……」

紬「先頭は梓ちゃんから行く?それともりっちゃんから行く?」

梓「あ……あっ……うううぅぅ……」

紬「泣かないで梓ちゃん、じゃあ梓ちゃんと遊ぼっかな」

梓「いやっ、いやっ、やめてくださいぃ……いやですお願いしますお願いします」

紬はクスッと笑みをこぼし、梓の肩に手を置くと交渉を提案した。

紬「じゃあそこの男に犯される?どっちが良い?」

梓「いやだっ、どっちもいやっ!帰りたいです!家に帰りたいです!」

紬「それはダメ、どっちか選んで梓ちゃん」

紬は梓の耳元に口を近づけると優しく吐息と共に言葉を発した。

紬「拷問で殺されるか、あの男に犯されるか……どっちでも好きな方を選んでね」

梓「……」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:03:18.56 ID:ugakB7610
紬「どうする?好きな方を選んで」

梓「……」

梓は目を限界まで開けて、激しく体を揺らしている。
究極の選択を自らの口で選ばせるのはこれまでにない精神的拷問といえよう。
紬がカウントを始めた。

紬「5秒待つわ、5……4……」

梓「いやっ……いやっ……」

紬「3……2……」

梓「うぅ……ぅぅ……」

紬「1……」

梓「……ッ」

梓は最後のカウントが出されても、体育座りのまま黙っていた。
紬が0をカウントしたとしても、口を開くつもりはないらしい。

梓「……」

紬「0、時間切れ」

梓「……」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:07:49.16 ID:LPdIXsq60
なにこれおもしれぇえ

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:09:34.68 ID:eXbx6HqQ0
吐き気がするが読んじまう

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:13:59.13 ID:ugakB7610
紬「じゃあ梓ちゃんには死んでもらうわ、公開処刑よ」

梓「……」

紬が処刑という言葉を口にしてもなお梓は黙りを押し通した。
心の中でどうせ殺されないと思っているからである。
人を殺してしまえば紬は罪を受ける事になる、それは避けたいはずだ。

紬「雄牛を持ってきて、ファラリスの雄牛を」

紬は男に向かって冷たく指示を出した。
そこに斉藤が割り込んで、異議を呈す。

斉藤「あれはお止めになられたほうが良いと、私は思いますが」

紬「いいの、後かたづけはこの3人にやらせるわ」

斉藤「しかし……」

紬「いいから持ってきて」

斉藤「……」

斉藤「かしこまりました」

数秒の沈黙の後、斉藤はほかの男をつれて部屋を後にした。
梓の胸にもしかしたらまさかという恐怖が渦巻く。

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:16:17.77 ID:p7lQS3j1P
雄www牛wwww

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:16:34.54 ID:8otsCx060
あずにゃんの蒸し焼きか・・・

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:16:40.94 ID:3e3SUzAe0
あずにゃんを殺したら沢庵には死ぬよりも辛い体験をさせるからな…

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:23:33.27 ID:cSCHWmzd0
ここで伽羅が登場するわけか

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:24:40.96 ID:ugakB7610
持ってこられたのは紫の布を被った巨大な物体であった。
斉藤がそのベールを優しく除く、そして出てきたソレに一同は困惑を隠しきれなかった。

紬「これね、処刑器具なの。全然そうは見えないでしょ?」

公開処刑が設けられ澪は磔から解放された。
落ち着きを取り戻した澪に紬は質問をする。

紬「なにに見える?澪ちゃんは頭がいいからわかるわよね」

澪「……」

澪は口を瞑ったまま、なにも答えなかった。
せめてもの反抗だろうが、これから見せる惨殺にどうせ頭を下げる事になる。
紬は微笑むと説明なしに指示を出した。

この器具は等身大の雄牛の格好をしていて、鉄でできている。
中は空洞で、背中の蓋を取ることで雄牛の中に入れる仕組みになっている。

紬「梓ちゃんを雄牛の中に入れて」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:32:07.57 ID:0XxrU0lc0
おぅし!

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:33:51.32 ID:dZSM/F+W0
ちょっとうしろめたいな

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:38:52.03 ID:ugakB7610
男は言われるがまま、梓を雄牛の中に突っ込んだ。
恐怖心が自然と抵抗をし、梓は泣きながら暴れたが大の大人4人に押さえつけられ敢えなく閉じこめられた。

梓「やめてください!!出して!!私が全部悪いんです!なんでもしますからっ!犯されますからっ!」

紬「そう?でももう遅いわ」

斉藤は紬の指示に従い、雄牛の腹に当たる部分の下に薪木を重ねた。

梓「お願いだから出して!!なんでもしますからぁ!!おねがいですっ!」

紬「準備はできた?じゃあみんなもよく見ててね」

3人は目の下を黒く染めて、その異様な光景を見つめていた。

紬「じゃあ薪木に火をつけて」

斉藤「はい」

斉藤は返事を返し、薪木に火をつけた。
メラメラと瞬く間に燃え上がる炎は雄牛の腹部を容赦なく加熱する。

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:39:17.30 ID:qF3+wKy70
梓もカールさんみたいにスーツ着てたらよかったのにね

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:43:21.46 ID:3e3SUzAe0
やめろおおおおぉおぉ!!!!

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:44:27.06 ID:KEJHEuuJQ
こういうの嫌いじゃないけど頃しちゃったら
終わりだしやっぱり生かしといて反応を見るのが楽しいよな

まあ性的な反応だけど

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:44:54.34 ID:9vH2BmYl0
ファラリスの雄牛をググったけどググったことを公開したわ

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:46:22.18 ID:l5bM6Cum0
しえん

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:52:39.98 ID:ugakB7610
紬「これ一度やってみたかったのよね〜」

紬は燃え上がる炎をキラキラした瞳で見つめた。
後ろの3人はこのキチガイすぎる処刑方法に腰を抜かしている。

紬「今日の夕食、楽しみにしてて」

すると、

梓「いやああああああづいいいいやだやだあづいいいい!!!」

梓の悲鳴が聞こえてきた。
雄牛はすべて鉄でできていて、熱を伝える事に関しては一流である。
火の直接当たらない場所でもすでに、目玉焼きを作るフライパン並に熱くなっているはずだ。
なるべく遠くへ逃げようとする様子が、雄牛の揺れとなって紬に伝わった。

紬「うふふっ、犯された方が良かったでしょ?うふふっ」

紬は片手を口元に添えて、高々と上品な笑い声をあげた。

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 22:59:50.78 ID:dDYP5kuq0
こんなもの見せ付けられたら他の3人が従順になるのもそう時間は掛からないだろうな…

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:01:00.46 ID:9vH2BmYl0
なぜ悲鳴が聞こえるのか?

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:03:15.97 ID:ugakB7610
澪「ひっ……ひっ……」

梓「あづいあづいごめんなさいごめんなざいごめんなざいごめんなざいやめてぐださいあづいあづっ!!」

もうなんて言ってるかわからいくらい中の人間はパニックに陥っていた。
狭い空間で自らの肉体が焼き殺されるのである、発狂しないほうがいささか頭がおかしい。

紬「そろそろ聞かせてほしいわ」

雄牛の中はもう熱気で溢れている、呼吸するだけでも喉を火傷してしまうだろう。
中世ヨーロッパの人々は人間の行動に基づいて残酷な仕掛けを施していた。

「モオオオッ、モオオ゛オ゛!!」

澪「ひっ……!」

いきなりの牛の鳴き声が地下の部屋を揺るがした。
その音は雄牛の口から発せられているなんて思いもしない。

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:09:42.73 ID:dDYP5kuq0
中野だけに中の人間か。

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:17:59.63 ID:ugakB7610
雄牛の内部には公開処刑を楽しませる為の仕掛けがあった。
雄牛の口にはホースが取り付けられていて、そのホースはラッパみたいに内部に巻かれて設置してある。
中の人間は熱気に耐えきれず新鮮な空気を求めそのホースに口をつけるわけだ。
その呼吸がラッパの音を奏で、傍から眺めているとその音が牛の鳴き声に聞こえてしまう、
という屈辱的な仕掛けが施されている。

「モオオオオ、オオオオッッ!!!」

紬「いい死に様よ、梓ちゃん……」

紬は断末魔の叫びを耳にすると、ようやく満足げな顔をして梓の死を眺めた。

鉄の隔たりの向こうでは、考え難い地獄が繰り広げられている。
今もなお、雄牛の声がこの地下室を取り巻いて止まなかった。






澪「……」

律「……」

唯「……」

紬「……」

10分後にやっと静寂が訪れる。

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:20:26.64 ID:yW4qJcUWi
一番年下のあずにゃんからやるか。

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:22:29.94 ID:3e3SUzAe0
う、うう…あずにゃん…

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:23:48.29 ID:qF3+wKy70
瀕死の状態で生かしてほしいな・・・もう拷問できないじゃない

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:24:14.37 ID:mBfkrEYR0
早めに退場できて逆に幸せかもな

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:33:56.20 ID:dZSM/F+W0
これ終わりがあるの?

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:36:38.53 ID:dDYP5kuq0
書いてる奴が終わりって言えばそこが終わりなんじゃねーの

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:39:24.07 ID:ugakB7610
紬「わかった?みんな」

紬は3人に向かって笑いかけた。
3人そろってガチガチと歯を鳴らして震えている。

紬「梓ちゃんは幸せよ、10分で死ねたんだから」

澪「ひ……ぃ……」

紬「早く死ねることは幸せな事よ、死ねるという事はご褒美なの」

紬「だからみんなも早く死ねるように頑張ってね」

男が3人を力ずくで立ち上がらせる、しかし澪は激痛に耐えかねて座り込んでしまった。
紬は3人に命令を下した。その内容は、

紬「今から梓ちゃんをここで出して、出来なかったら死期が延長するからそのつもりで」

紬「澪ちゃんみたいに座り込んでる人が一番地獄を見るのよ?」

澪「ううっ、うううう……」

澪は涙をポロポロと流しながら、足の激痛に耐え、ゆっくりと立ち上がった。

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:51:06.34 ID:ugakB7610
雄牛の蓋を無傷の唯がゆっくりと開ける。

唯「うお゛っ、おごぇぇぇぇぇッッ!!」

もわんとした熱気と激臭が鼻を襲い、唯の嗅覚神経はなにもかも吐き出せと命令した。
胃の中は空っぽが故、嘔吐で吐き出されたのは精製された胃液のみである。

律「うっ、おおおおぇぇ……」

澪「うっぷ、うぇっ、ごほっ、げほっ!」

紬「うっ!臭い!」

瞬く間に充満する梓の焼き肉の香りは本当に強烈であった。
思わず鼻を塞ぐ、とはこの事を指しているに違いない。

紬「ゆ、唯ちゃん!早く閉めて!」

唯「うっ、おぇぇぅぇ、うえぇ……んっんっ!おろぉぉぉ!!」

紬(ここまでとは思わなかったわ……)

紬「ここはもうダメ!隣の部屋へ移動よっ!」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:52:12.07 ID:ugakB7610
寝てもいいですか?

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:52:28.69 ID:Mg8a5g5z0
ハーブは用意していないのか

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:52:51.97 ID:qF3+wKy70
明日も頑張るという条件付きでなら

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:55:09.50 ID:ugakB7610
>>140
明日も頑張る

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:56:46.15 ID:3e3SUzAe0
えらく素直だなwwww

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:57:11.69 ID:qF3+wKy70
>>141
なら寝られい!

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 23:59:40.41 ID:QtqFXMV3Q
>>141
よい夢を…

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 00:00:17.80 ID:QAh24eyA0
>>141
乙!

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 00:02:35.13 ID:INtb1bhI0
>>141 寝て起きたら・・

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 00:06:33.38 ID:4yzXfLHN0
ないわけか

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 00:14:01.35 ID:7vy2hB/d0
>>141

頑張れ

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 00:41:22.84 ID:IMetEWW7Q
保守してた方がいいのかな

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 00:44:35.00 ID:KmDvLYy10
ちょっと前のレスも読めないようなゆとりなら半年はROMって下さい

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 00:53:14.69 ID:VwhIwOFH0
ファラリスの雄牛を考えた奴ってどういう神経してんだろうな

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 00:55:53.20 ID:bGYU6sE0i
体が一番無事なのは唯か

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 00:58:45.73 ID:/uNcuM5O0
だがずっと水槽の中はかなりグロい

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 01:06:23.45 ID:0sck+3EL0
死守

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 01:08:09.93 ID:rOciVGyz0
>>1は終わらない夏休みを読んだのかどうか

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 01:10:12.35 ID:xM2qJzi1P
ファラリスの雄牛考えた奴は、世界で最初に雄牛の犠牲になった奴だからな…

時の権力者はほんま頭おかしいで

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 01:10:16.06 ID:4yzXfLHN0
つづけて

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 01:11:06.64 ID:QNFaO6YE0
すげー
俺も拷問は好きだから期待しちゃうぜ

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 01:32:37.36 ID:MYQFr+6Z0
現代風に耐熱ガラスの窓付けて中の様子見えるようにしてもおもしろかったかも

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 01:41:25.08 ID:Wb5tOUx8P
ギロチンは見た目残酷だが
あれは本来すっぱり殺せば苦しみが持続しないだろうという
善意に基づいたもんだったと聞いたな

>>156
地位も名誉も金も女も手に入れちゃうと
やることなくて奇行に走るくらいしかなくなっちゃうんだろ
俺達だって日々VIPで奇行に走ってる奴を目撃してるが
あんなのは生活が安定してないと無理

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 01:42:40.22 ID:SqBv00mnP
梶ちゃん早く来て

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 01:57:39.16 ID:xM2qJzi1P
ギロチンができるまでは車折だとか、火炙りとかが処刑法だったりしたらしいしなあ
後は断首か。どれも楽には死ねない

よくきり飛ばした頭が数秒は意識あったり、喋ったりするっていうけど
あれはガチらしいんだぜ。怖い怖い
まあ声帯が無いからパクパクするだけだろうが

拷問ていうなら頭を万力みたいなのでキリキリ締め上げて行くやつとか、塩漬けとかが伝統があって怖いよね

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 01:58:42.72 ID:rOciVGyz0
何人か同じサイト見たやつがいるなwww

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 02:04:01.89 ID:Wb5tOUx8P
>>162
首が飛んだ時点でショックで意識が消し飛んでるはずなので
動いてるように見えてもそれはただの痙攣ですとか言われてたような

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 02:08:43.58 ID:bGYU6sE0i
絞首刑でも即死なんだから、首切断も即死じゃね?

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 02:10:23.09 ID:4yzXfLHN0
寝む

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 02:12:46.71 ID:GsEgnKpU0
っていう夢を見たの〜


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 02:34:37.91 ID:rOciVGyz0
おまえら寝て起きたら・・・

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 02:39:37.53 ID:GsEgnKpU0


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 02:48:02.99 ID:4yzXfLHN0
今寝たらいつ起きんだよ

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 02:50:46.98 ID:46f8mhKC0
唯狂ったのかとおもったけどまだ大丈夫なの?

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 03:30:37.45 ID:IMetEWW7Q
続きに期待

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 04:23:35.75 ID:QNFaO6YE0
 

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 04:24:20.13 ID:03x72vOF0
うむうむ

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 04:25:17.94 ID:DRXyyu+Q0
精神的な拷問は興奮する

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 05:38:19.93 ID:x2wQDOQBi
補習?(う)

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 06:15:40.09 ID:j5u4y1q30
ほしゅっほしゅー

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 06:24:11.25 ID:d+BpZEqn0
ほしゅ

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 06:41:51.44 ID:7vy2hB/d0


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 07:01:35.63 ID:sH0Ee52n0
おいついた保守

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 07:08:02.14 ID:pPH6ZZWx0
読んでて勃起がとまらん。これは保守

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 07:32:19.08 ID:lFMuZANS0
うぇ・・・

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 08:13:47.96 ID:BwbqAOiX0
ほしゅ

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 09:03:50.86 ID:6iwlMAag0
ゴキニャンは虫に食い破られて殺されるのが良かった…

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 10:29:29.84 ID:KmDvLYy10


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 10:43:25.45 ID:6TlSND760
                へ、// . : : : : : : : : . \ヽ \ /ヽ
               〈_∠厂. : : : :/ : :/|: : : : : . \丶\厂〉 、
             / 厂/. : : : : :/ | :/ |;ハ : : : : : . \乂 〈⌒〉
               乂_,ノ: : : :_;∠ l/   丿__ト.: : : .厂ヘ l ノ\
             〈⌒イ: : l: :厂   `   ´     〉: : .\人〉  ノ
          パ   乂_ 〉: :l:│,= 、       , =、⌒|: : |\〉イ
            リ   / |: : :|/ , -、ヽ     ´, -、 \|: : |: : | :l
        ポ  /′ ; : :八 イ_,ハl      l_,ハリ  〉 : |ヘ.:| :|
         リ /:/   l/⌒  `ー '      `ー'   '⌒|丿l :|
          /:/    l: :l : :l//    '     // ,'|: : : : : :.\
         イ /   ,l: : | : :ト、    ー--ヘ     / |: : :l : : : : .\
   /⌒ヽ  |/l   /|: :│: : : .丶、 o       イ  |: : :|: : .\ : .\
  ,'   . : .:l  |/l   / :l: :/|: : :|  '⌒> 、_, イ⌒  |: : :l : : : : \ ⌒
  V^,ハ、;ノ  ∨   厶.:≦ミ|: : :|三人 ̄\_厂 ̄人三|: : :|三≧、: : \
  / / /      / =三三|: : :|三三\三三三/三三|: : :| 三三 \: : \
 , / 广ハ.   , ' _=三三三|: : :|三三.冫⌒厂⌒< 三三|: : :| 三三三 ヽ: : . ヽ
 |   l l l  / =三三三三|: : :|三 /  人_人 \ 三|: : :| 三三三三 \: : .ヽ
  \    ∨ 三三三三三|: : :|三人_/厂\_人三|: : :| 三三三三三. \


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 11:53:43.46 ID:6SdN8wWJ0


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 12:17:54.82 ID:yqMq/9/Q0
可愛い女の子をひたすら拷問する・・・ってのが好きならpuncTureってゲームがお勧め
まぁいわゆるアドベンチャーゲームなんだが
脳みそにぶち込んだり斧で手足を切断したり、洋梨もちゃんと出てくる

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 12:37:39.33 ID:kmP6x3yf0
いいなぁ、こういうの。
泣き叫ぶ女の子とか萌える保守

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 13:06:43.45 ID:QNFaO6YE0
>>188
DLサイトで買ったわwwwwwwww
それベースにしてなんか書こうと思ってたけど、このSSのクオリティの高さを目の当たりにしてやめたww

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 13:42:32.26 ID:ONB30VVuP


192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 13:43:53.03 ID:P4vX4Zug0
その時だった
斉藤「お嬢様大変ですうおあああああ!」
紬「え?どうし
憂「お姉ちゃん!お姉ちゃん」
純「おまえが梓を!お前が梓を!死ねえええ!」
純が馬乗りになり、紬を殴る殴る!
和「やめなさい!それより今は3人を助けましょう」
唯「どうしてここが……」
憂「和ちゃんに聞いたら、この無人島、立ち入り禁止で良くない噂があってね」
不審に思った和達は警察数名を引き連れて追ってきたのだった
和「辛かったね、辛かったね」

琴吹紬らは逮捕、過去にも拷問を繰り返していた事がわかった
澪と律は間もなく死亡
唯は……

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 13:46:08.09 ID:jzUMlani0
なんだこいつ

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 13:52:54.54 ID:P4vX4Zug0
憂「お姉ちゃん、ごはんだよ」
唯「キャッキャッキャッ」
純「先輩……」
あまりのショックで記憶が無くなってしまった
だが、逆に幸せというべきか

プルルルル
憂「もしもし平沢です」
和「私よ、いい?落ち着いて聞いて」

和「琴吹紬が脱走したわ」
憂「え……」
和「警察も捜査
憂「うれしい…」和「え?」
憂「あの女に、復讐できる」

お姉ちゃん、梓ちゃん、先輩達と同じ苦しみを味あわせてやる

希望

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 13:53:48.27 ID:SxUpNJznP
つまんねーから書くな

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 13:58:21.90 ID:5dweyoqQ0
つまんねえ
こいつ生まれてこなけりゃ良かったのに

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 14:05:14.25 ID:QNFaO6YE0
そんな展開だったら即刻切るわwwww

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 14:08:34.45 ID:xAgwMIKV0
なんというマジキチすれ

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 14:14:44.54 ID:KRrZUGl/0
凌遅処死に期待
グロ属性に目覚めたきっかけだ

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 14:35:53.85 ID:pPH6ZZWx0
保守揚げ

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 15:18:58.52 ID:IMetEWW7Q
ほぉ

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 15:41:50.09 ID:pPH6ZZWx0
あげあげあげwwwww

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 16:24:14.52 ID:rOciVGyz0
デモノフォビアやろうぜwwwwww

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 17:07:25.54 ID:S9fsEkBb0
俺BlankBloodやるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 17:13:34.60 ID:rOciVGyz0
クァルラリルの更新はまだか



206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 17:50:22.52 ID:L+AMgJle0
あげ

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 17:57:58.07 ID:MgnrEk4v0
大音量を出すスピーカー2つに挟み長時間放置、その後無音の雪原に放置するという拷問もあるらしい

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:01:35.77 ID:pPH6ZZWx0
あげ

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:09:48.67 ID:pdtgtOBO0
第1地下室で梓を焼き殺したまではいいがその悪臭に耐えきれず、一行は第2地下室へ移動した。
第2地下室を使用する予定はなかった、故に拷問器具があちこちに散らばっている。
コンクリートに染み着いた血液の固まりが、3人の背筋を凍らせた。

紬「服に染み着いちゃってるわ、梓ちゃんったら意地悪な子」

紬「昨日はゆっくり休んだ?今から始めるわよ」

紬は早速男に指示を出す、最初の標的は澪に決定した。
男は澪の体を乱暴に抱きかかえ、天井につるされた縄に四肢を縛り付ける。

澪「やっ!離して!いやああっ!」

精神安定剤の効果で澪の抵抗は幾分女の子らしいものになったが、やはりどこかに狂気を放っていた。

紬「みんな一斉に拷問を始めるわ、りっちゃんと唯ちゃんにはアレを」

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:22:11.99 ID:QNFaO6YE0
俺の唯が…

211 : [―{}@{}@{}-] 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:29:35.36 ID:gMOTndDPP
マジキチキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!?

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:29:48.01 ID:pdtgtOBO0
澪は天井に四肢を、体が水平に仰向けになる状態で縛られた。
次に四つの脚で支えられたピラミッドの形をした正四面体の頂点が、澪の腰辺りにくるように設置される。

澪「もうやめてお願い!ムギお願いッ!」

紬「もっと泣いて、いい顔してるわ」

紬「ユダのゆりかごはとっても痛いわ、我慢してね」

澪「やだやだやだぁッ!!痛いのはやめてッ!」

男二人がかりで縄を操作して、ようやく準備ができたと合図を出した。
股が開かれ、お尻の割れ目が外側に引っ張られ、肛門が顔を出す。

紬「じゃあ落として、はずしちゃダメよ?」

一気に縛られていた縄が緩まり、澪は鉄のピラミッドに向かって落下した。
ピラミッドの頂点が肛門を完璧に捕らえ、ググッ直腸へ潜り込む。
ピラミッドの斜面でお尻は抵抗できず、澪は約50キロの威力を持つカンチョウをもろに受けた。

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:40:52.42 ID:6iwlMAag0
アッー!…

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:41:00.31 ID:7vy2hB/d0
んぎゃあああああ!!!

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:44:28.77 ID:pdtgtOBO0
カンチョウを喰らった事のある人ならわかると思うが、その痛みを表現するのは絶句以外に他はない。
澪の肛門はあり得ない大きさに広がり、括約筋は耐えきれず縦に裂けた。

澪「――――――――」

紬「うふふっ、澪ちゃんなんて顔してるの?」

澪「あっ  あァ  ァ  ッ」

澪は大きく開いた目から涙を流し、口をぱくぱくさせてその苦痛を表した。
次の瞬間、澪の裂けた肛門からおぞましい程の下痢が音をたてて吹き出す。
ピラミッドは瞬く間に血と汚物の装飾を受け、悠々と地面に滑らせた。

紬「もう一回、はい上げて」

澪は再び縄に操られ、空中へ上った、そして。

ゴリッ、グチュ――。

澪「ん゛ァ  いあ゛ああああああああ!!!」

今度は的が外れて、クリトリスを凶刃が襲った。
澪は体を仰け反らせ、耳を塞ぎたくなるほどの絶叫を聞かせる。

紬「まあ、結果オーライかしら」

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:45:21.19 ID:XjDi3JwNi ?2BP(1526)

こういう小説が読めるサイト教えろよ

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:46:53.49 ID:YarQdXKaQ
とりあえず>>1>>209は酉つけてほしいな
>>192みたいのがまた出てこないとも限らないし

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:48:49.97 ID:6iwlMAag0
>>216
氏賀y太のサイトに沢山あった気が

お勧めは茜の受難?とかいうの

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:53:53.02 ID:pdtgtOBO0

ビビッ――!!

澪「ぐふっ」

紬「あら、もう終わり?つまらないわ」

澪はあれから計6回、ピラミッドの餌食となった。
澪の肛門は衣服の破れるような音を鳴らし、びろーんと内側を覗かせている。
もう肛門というより、真紅の花弁といったところだ。
澪は目を白黒させて、勢いよく泡を吹き出した。

紬「じゃあ起こさないとね、続けて構わないわ。私はりっちゃんを相手するから」

男は嬉しそうにはいと返事を返すと、七回目のつり上げを行った。

紬「さってと、りっちゃん?」

律「……ッ……ひ……」

親友をかばう眼光はもうそこにはなかった。
次は私の番、そんな気が狂う恐怖に身を震わせている。

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:55:05.55 ID:YarQdXKaQ
>>218
茜の悲劇かな
あれと終わらない夏休みはかなりくるなw

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 18:59:38.74 ID:XjDi3JwNi ?2BP(1526)

>>218
読んでみる
猟奇・鬼畜・グロ・嗜虐・リョナ系総合スレ 第9章
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1266941581/
こことかいい感じ

222 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 19:01:49.42 ID:pdtgtOBO0
紬「肩が痛いのね、りっちゃん」

律「……」

紬「りっちゃんのおまんこも使えないようにしてあげる」

律「やめてくれ……もう……やめて……やめ……」

律は眉間にしわを寄せていたが、紬の怖さに泣き出してしまった。
紬はその様子をみて、上品に微笑むと律の頭を撫でた。

紬「怖い?うふっ」

223 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 19:02:59.52 ID:pdtgtOBO0
ごはん作るんでご容赦

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 19:08:01.60 ID:YJYN8PQDQ
あずにゃんの丸焼きだ〜

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 19:09:55.65 ID:XjDi3JwNi ?2BP(1526)

まさにこげにゃん

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 19:12:39.90 ID:cfIwBShj0
マジキチ

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 19:17:46.90 ID:6TlSND760
                        , ─┐_ノ ̄\
                イ  ̄〉_____厂 ̄\__
               厂ヽ/,二二、二二、`\ //\
                へ、// . : : : : : : : : . \ヽ \ /ヽ
               〈_∠厂. : : : :/ : :/|: : : : : . \丶\厂〉 、
             / 厂/. : : : : :/ | :/ |;ハ : : : : : . \乂 〈⌒〉
               乂_,ノ: : : :_;∠ l/   丿__ト.: : : .厂ヘ l ノ\
             〈⌒イ: : l: :厂   `   ´     〉: : .\人〉  ノ
          パ   乂_ 〉: :l:│,= 、       , =、⌒|: : |\〉イ
            リ   / |: : :|/ , -、ヽ     ´, -、 \|: : |: : | :l   ファミチキ
        ポ  /′ ; : :八 イ_,ハl      l_,ハリ  〉 : |ヘ.:| :|
         リ /:/   l/⌒  `ー '      `ー'   '⌒|丿l :|
          /:/    l: :l : :l//    '     // ,'|: : : : : :.\
         イ /   ,l: : | : :ト、    ー--ヘ     / |: : :l : : : : .\
   /⌒ヽ  |/l   /|: :│: : : .丶、 o       イ  |: : :|: : .\ : .\
  ,'   . : .:l  |/l   / :l: :/|: : :|  '⌒> 、_, イ⌒  |: : :l : : : : \ ⌒
  V^,ハ、;ノ  ∨   厶.:≦ミ|: : :|三人 ̄\_厂 ̄人三|: : :|三≧、: : \
  / / /      / =三三|: : :|三三\三三三/三三|: : :| 三三 \: : \
 , / 广ハ.   , ' _=三三三|: : :|三三.冫⌒厂⌒< 三三|: : :| 三三三 ヽ: : . ヽ
 |   l l l  / =三三三三|: : :|三 /  人_人 \ 三|: : :| 三三三三 \: : .ヽ
  \    ∨ 三三三三三|: : :|三人_/厂\_人三|: : :| 三三三三三. \


228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 19:18:16.47 ID:7vy2hB/d0
これ殺すことが目的なのか

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 19:35:41.90 ID:bcVUBNTW0
たった今モツ食べたのに…

230 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 19:38:07.31 ID:pdtgtOBO0
律は斉藤一人の手によって、非常にきつく体を縛られた。
ドSなのか、単に力加減ができないのか、それについては詮索しないことにする。

紬「おまんこって急所なのよね」

紬はペンチを秘部へ近づけ、カチカチと鳴らせてみせた。
そして律の花弁を優しく摘むと、おもいっきり潰した。

律「あああああうッッいいいいいいッッッ!!」

律は股間を揺さぶり、紬の魔の手から逃げようと必死である。
未だ潰したまま離さない紬にとって、これは好都合極まりない事であった。
律の動かす方向と逆にひねってやれば簡単に引きちぎれるからである。
しかしこの反応を楽しみたい紬はゆっくりとペンチを回した。

律「ひぎぃぃッ、いッ!ああッ、やめてぇぇ!!」

紬「痛そう、もっと泣いて」

紬は潰した花弁を思い切って引っ張った。
ブチッ――、秘部のビラビラの一部が無惨に切り離なされる。

231 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 19:54:29.71 ID:pdtgtOBO0
律「ひいッ、いたい!いたいいいいい!!もうダメッ、だ、ダメッ!痛いんだッ!」

ブチッ、ブブブッ――。

強引に引きちぎった花弁がまるで衣服の解れを引っ張ったみたいに周りを巻き込みながら進む。
完全に切り離されたその花弁は細い一直線となってしまい、紬は興奮した。

律「ぎゃああああああ!!!ひぎいいいいいッ!!」

紬「もっと!もっとよ!」

紬はこの発言の後、律の花弁をちまちまと2時間かけてすべて引きちぎった。
律は何度も失神して、なんども飛び上がり、体力の限界までもて遊ばれた。

律「……ひぅ、ひゅ……ぅ……」

紬「ほら起きて、もうっ」

紬はそういうとディルドーをバックから持ち出した。
そのディルドーは折り返しに無数の刺が取り付けてある。
紬はそのディルドーを律の膣へぶち込むと、

紬「まだお休みは早いわよ」

そういうと全力でディルドーを引き抜いた。

232 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 20:08:41.06 ID:pdtgtOBO0
律「――――――――ギャ!!」

ディルドーは律の膣内をえぐりながら抜き出され、地下の空気に触れた。
ドバドバと血が噴き出し、その中には小便も混じっていた。
折り返しの刺に律の肉片がこべりついて、非常にグロテスクだ。
律は腹をえぐられる激痛に目を覚まし、その後また失神してしまった。

紬「うふ……綺麗……」

紬は肉片を指先で摘むと、そのまま口へ運んだ。
噛むのではなく口の中で転がして、律に口移しをする。

紬「おいしいわ、りっちゃんのおまんこ」

紬は泡にまみれた律の口に軽い接吻を交わすと、振り返って唯の方をみた。

唯「……」

紬「……」

薄暗い闇の中、口周りを血まみれにした紬の顔が笑った。

紬「唯ちゃんには痛いことしないわ、安心して」

唯「……」

紬の奇妙な優しさを受け、いっそ拷問をしてほしいと唯は思った。
こんな得体のしれない恐怖に身を蝕まれるのであれば……。

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:14:36.43 ID:bcVUBNTW0
さるよけ要る?

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:21:06.05 ID:06kEsEjY0
いち

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:21:42.39 ID:06kEsEjY0
拷問とか絶対されたくないわ

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:22:51.11 ID:kZCUoJSiP
憂がいないのが残念だな

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:25:23.27 ID:06kEsEjY0
憂ちゃんは一番好きだから一番酷い拷問希望します

238 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 20:29:42.76 ID:pdtgtOBO0
紬「お腹減ったでしょ、みんな」

午前は過酷な拷問が休みなく続いていた為、被害者達は憔悴しきっていた。
紬はこの3人に昼食を与えるよう指示を出す、今のところ意識を保っているのは唯だけだ。

事前に用意されていたようで、昼食は紬の合図と同時に運んでこられた。
昼食の容器はサラダボールで、それぞれ蓋がしてある、中身は見てのお楽しみと言ったところか。

紬「夕食に出すつもりだったんだけど、もう出しちゃうわ」

唯「……えっ」

唯は戦慄した。

紬「梓ちゃんをミキサーにかけたの〜、夢だったのよね人間ジュース」

男は蓋を取って唯の目の前に差し出した。

唯「うっ!うええええええッ!!いやああああッ!」

ボールの中にはもはや原型を止めていない、梓の人間ジュースが並々と盛られていた。

紬「外側を焼かれても、まだ中はトロトロね」

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:32:36.01 ID:7vy2hB/d0
えぐすぎだろ…

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:34:28.49 ID:0sck+3EL0
人間ジューズなんて単語はじめて見た

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:35:14.84 ID:06kEsEjY0
梓は早く逝けて幸せだったな

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:35:22.64 ID:F7ylcN0k0
′′■′′′′′′′′′′′′′′′′′′′′′′■′
′′■′′′′■′′′′′′′′′′′′■′′′′■′
′■′′′′■′′′′′′′′′′′′′′■′′′′■
′■′′′′′′′′′■′′′′■′′′′′′′′′■
′■′′′′′′′′■′′′′′′■′′′′′′′′■
′■′′′′′′′′■′′′■′′■′′′′′′′′■
′■′′′′′′′′■′′′■′′■′′′′′′′′■
′′■′′′′′′′■′′′■′′■′′′′′′′■′
′′■′′′′′′′′■■■′■■′′′′′′′′■′
′′′■′′′′′′′′′′′′′′′′′′′′■′′


243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:35:40.42 ID:H7lrYGYmP
中はトロトロとか言うとおいしそうに感じるな

244 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 20:48:46.65 ID:pdtgtOBO0
ボールの中はジュクジュクとしていて、赤、青、緑と綺麗な彩りが沈んでいた。
内容量としては梓の臓腑を3分の1、おまけに髪の毛までボールのふちにへばりついている。

紬「消臭剤があって良かったわ、臭くなるのは貴方達だけね」

紬「さ、全部平らげて。吐いて食べさせるわ」

唯「なんで……なんで……」

唯は立ち上がって紬の胸元にしがみついた。


唯「なんで……ひっ、うっ、なんでこんな事するのぉぉッ!?」

紬「なっ……」

唯は泣きながら、悲しみと怒りを行動に変えて紬を押し倒した。
馬乗りに跨って、紬の胸元を何度も揺さぶる。

唯「私たちがなにをしたッていうのッ!?あずにゃんがなにをしたのぉッ!?なんでこんな可愛そうな事するのぉッ!?」

紬「くっ、この子をなんとかしてっ!」

唯「許ざない!!殺す!!ころじてやるううう!!!うっ……!」

斉藤の一撃で唯は気を失った。

紬「……はぁっ……はぁっ」

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:53:30.35 ID:bcVUBNTW0
コワイヨー

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:53:59.22 ID:H7wK8BF60
【けいおん!!】秋山澪44やだ!!【制服キツイ】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1277403875/759

759 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/06(月) 20:51:53 ID:Lr5+0AjQ0
212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/06(月) 18:29:48.01 ID:pdtgtOBO0 [2/10]
澪は天井に四肢を、体が水平に仰向けになる状態で縛られた。
次に四つの脚で支えられたピラミッドの形をした正四面体の頂点が、澪の腰辺りにくるように設置される。

澪「もうやめてお願い!ムギお願いッ!」

紬「もっと泣いて、いい顔してるわ」

紬「ユダのゆりかごはとっても痛いわ、我慢してね」

澪「やだやだやだぁッ!!痛いのはやめてッ!」

男二人がかりで縄を操作して、ようやく準備ができたと合図を出した。
股が開かれ、お尻の割れ目が外側に引っ張られ、肛門が顔を出す。

紬「じゃあ落として、はずしちゃダメよ?」

一気に縛られていた縄が緩まり、澪は鉄のピラミッドに向かって落下した。
ピラミッドの頂点が肛門を完璧に捕らえ、ググッ直腸へ潜り込む。
ピラミッドの斜面でお尻は抵抗できず、澪は約50キロの威力を持つカンチョウをもろに受けた。



247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 20:54:26.53 ID:kZCUoJSiP
続きが気になるよ〜

248 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 21:04:18.91 ID:pdtgtOBO0
唯「……」

唯「ゆ……るさなぃ……」

唯は気を失っても尚、憤怒の感情を口から漏らしていた。
指で地面をガリガリと引っかいて、指から血を流している。

紬「……」

紬「梓ちゃんでこんなに怒るのね……ふふ」

紬は意味ありげな笑みを浮かばせると、3人を起こすよう促した。

紬「唯ちゃん、貴方を傷つけない理由を把握して」

気を失っている唯にそう吐き捨てると、衣服を着替えに紬は部屋を後にした。

澪「ん……ッ!あッ!」

律「あぅッ!痛いッ……!うあああッ!」

意識を取り戻した澪と律は、新鮮さを取り戻した痛みに悶えた。
唯は精神安定剤をうたれ、顔面をつま先で蹴り飛ばされた。

唯「ひぎッ……!はが……ううッ!」

極力傷つけてはならないと言われていたが、男は容赦なく顔を踏みつけた。

唯「あっ、あ゛ぅっ!い、いたい!やめてっ!」

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:04:37.83 ID:VwhIwOFH0
ユダのゆりかごってこれでいいの?
ttp://pds.exblog.jp/pds/1/200804/11/12/e0051412_11464824.jpg

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:12:43.97 ID:06kEsEjY0
http://beebee2see.appspot.com/i/agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQY7ZPkAQw.jpg


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:18:31.15 ID:6TlSND760
                        , ─┐_ノ ̄\
                イ  ̄〉_____厂 ̄\__
               厂ヽ/,二二、二二、`\ //\
                へ、// . : : : : : : : : . \ヽ \ /ヽ
               〈_∠厂. : : : :/ : :/|: : : : : . \丶\厂〉 、
             / 厂/. : : : : :/ | :/ |;ハ : : : : : . \乂 〈⌒〉
               乂_,ノ: : : :_;∠ l/   丿__ト.: : : .厂ヘ l ノ\
             〈⌒イ: : l: :厂   `   ´     〉: : .\人〉  ノ
          パ   乂_ 〉: :l:│,= 、       , =、⌒|: : |\〉イ
            リ   / |: : :|/ , -、ヽ     ´, -、 \|: : |: : | :l   oh yes わろた
        ポ  /′ ; : :八 イ_,ハl      l_,ハリ  〉 : |ヘ.:| :|
         リ /:/   l/⌒  `ー '      `ー'   '⌒|丿l :|    ざまぁ
          /:/    l: :l : :l//    '     // ,'|: : : : : :.\
         イ /   ,l: : | : :ト、    ー--ヘ     / |: : :l : : : : .\
   /⌒ヽ  |/l   /|: :│: : : .丶、 o       イ  |: : :|: : .\ : .\
  ,'   . : .:l  |/l   / :l: :/|: : :|  '⌒> 、_, イ⌒  |: : :l : : : : \ ⌒
  V^,ハ、;ノ  ∨   厶.:≦ミ|: : :|三人 ̄\_厂 ̄人三|: : :|三≧、: : \
  / / /      / =三三|: : :|三三\三三三/三三|: : :| 三三 \: : \
 , / 广ハ.   , ' _=三三三|: : :|三三.冫⌒厂⌒< 三三|: : :| 三三三 ヽ: : . ヽ
 |   l l l  / =三三三三|: : :|三 /  人_人 \ 三|: : :| 三三三三 \: : .ヽ
  \    ∨ 三三三三三|: : :|三人_/厂\_人三|: : :| 三三三三三. \


252 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 21:20:38.82 ID:pdtgtOBO0
男「おら、飲め!」

三人の男はそれぞれの髪を掴むと、その頭をボールに突っ込んだ。

澪「おぼっ……こぽ……ッ」

唯「い゛ぎいいいいいいい!!!やああああッ!!!」

ボールから勢いよく頭を出す唯は本気で嫌がる悲鳴をあげた。
男はそれに興奮し、四つん這いの唯に跨ると頭を全体重かけて押した。

唯「ん゛んっ……!んんんッ!ごぽッ!」

内蔵の海がコポコポと泡をたて、周辺に飛び散る。
唯は暴れすぎてさっそく限界を迎えた。

唯「んんッ!!!んんんんんごぽぁ……!」

息継ぎをしてしまい、鼻と口に人間ジュースが吸い込まれた。
その手ごたえを感じた男は、唯の髪を引っ張り地下の空気にさらす。

唯「おごっ、おええええええッ!!おろごごおぉぉッ!!」

ものすごい勢いで吐き出され、またボールの中へと戻される。
男はまたそのボールに頭を突っ込ませた。

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:24:17.01 ID:kZCUoJSiP
すごく(・∀・)イイ!!

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:25:08.08 ID:VwhIwOFH0
人間って極度のストレスに晒されると脳が溶けるらしいな・・・

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:29:10.51 ID:QAh24eyA0
>>254
と、溶けたらどうなるんだってばよ…?

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:29:40.07 ID:ZJMU84Rt0
>>254
それコンクリの…

257 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 21:32:28.04 ID:pdtgtOBO0
澪「んっ、んっ……」

律「んっ、っぐ……」

澪と律はこの飲み物の正体を理解していないゆえ、おとなしくゴクゴクと飲み続けた。
飲むというよりすすっていたと言うべきか、二人の意識ははっきりとしていなかった。

唯「おぼぉぉぉ、おぽぽぉぉぉ!!」

男のドSはさらに加速し、唯の体を責め続けていた。
唯はジュースの中で吐いて、また飲み込むという地獄の循環を体験していた。

唯「おごぉぉ……おっ……」

喉を通る血管がまるで石のように感じ、ヌメヌメとした臓器はもうなんとも言えないくらい気持ちが悪かった。

男「おいしいか?はははっ、もっと味わえ、吐き出せばその分味わえるぞ」

唯「……おぼ……っ……ぷ……」

とうとう唯は力尽きて、ジュースの中に身をゆだねた。

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:34:50.62 ID:VwhIwOFH0
>>255
さあ・・・どうなっちゃうんだろうなあ
死ぬのか、もしくは本能で生きる獣になるのか

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:35:44.23 ID:gHDZWtjG0
         ...::´::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::\
         /,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\⌒丶
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶::::::::::::ヽ:::::ヘ::::::::ヽ
        /:::::::::,':::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::.:::::::::::::::'.::::::!::::::::::l
.      /:::::::::/::::::::::i::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::::|
     }::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::l⌒\:::::::::::::::::::|:::::|:::::::::::|
     |::::::::::::::::::::/へ::::::::::::::::::/    ヽ::::l:::::::::|r、:|:::::::::::|    ジュージューしないでね
     |::::::::::::::::::,′ }::::::::::::::l  ,ィfう冬ヘ:::::::::|j ):::::::::::|
     |::li::::::::::::::|   j:八:::::::::l  弋ぃツ j:::::::::| .ノ|:::::::::::|
     |::}l::::::::::::::| jfう゚心\:::|   ..,,,,, |:::::::::|/ .|:::::::::::|
     }/ハ:::::::::::入 乂ぅツ          |:::::::::|、_ |:::::::::::|
       }:::::::::::::::.丶  .,,,   ′       }:::::::/  `ヽ:::::|
       |::::::::::::::::/ ハ      - '   /::::::/     \|
       |:::::::::::::::′x个 、.. __    ィ:::::::/        ヽ
       |::::::::::::::| /     ヽ\ ヽl:::::::|          '.
       |::::::::::::::| }       八 ノl::::::|          .
       |八:::::::::| |   、   ヽ二八::::|          l
        }::::\:::j ∧   \      \〉      /   |
        |::::::::::Y  Y   ヘ`        {         |
        |:::::::::::|   |    ヽ   j\  .|       .:ノ  |
        |:::::::::::|   |_     \-┘ `ー|        ィ'
        |:::::::::::|    ` ̄}`ー‐^\.:.:.:.: └r─ ─‐< ノ

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:35:47.83 ID:QAh24eyA0
>>258
じ、じゃあこの三人は…

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:36:22.27 ID:JaAUpflU0
いい夢が見れそうだ

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:38:24.68 ID:EuGyriU40
紬はこれくらい他のメンバーに恨みを持っていてもおかしくないな
同じく男も凄まじく恨みを持ってそう。ギターの時の店員が正体かな

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:38:34.65 ID:iVCaxLir0
飯食いながら見る内容じゃないな…

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:41:32.70 ID:xWSQAhFc0
何故食いながら見ようとしたのかと小一時間

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:43:50.59 ID:m0iWxAg60
カレーが美味い

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:44:20.94 ID:1/21b3oa0
ウンコ食ってるときにカレーの話するな!

267 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 21:46:27.61 ID:pdtgtOBO0
澪「うっぷ……」

律「ふぅ……ぅっ……」

二人はボールのジュースを綺麗に飲み干した。
男はゲラゲラと笑いながら二人の頭をわしわしと揺さぶる。

男「次はそのボールを洗ってもらおうかな、ほらなめろ」

男はボールを持ち上げると二人の顔にすっぽりと収め、なめるように命令を下した。
まるで忠誠を誓っているかのように二人はそのボールをなめまわす。
一気飲みの時は味覚が麻痺してそれほどきつくなかったが、舌を操るとなると味覚は嫌でも仕事を成す。

澪「うっ、うおええぇぇぇええええええ!!」

人間ジュースの味を知ってしまい、二人はもの凄い勢いで吐き出した。

男「はい、また最初から〜」

紬「あらあら、大人げない」

紬は動きやすい服に着替えて再び地下室を訪れた。
さっき襲いかかった唯の姿を一瞥して、号令をかける。

紬「給食は終わり、さて午後の部よ」

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:47:06.22 ID:QNFaO6YE0
>>259
こちらがジュースの中野人でございまー

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:47:23.39 ID:WhYB17Ki0
男がとてつもなく鬼畜な件

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:48:22.00 ID:7vy2hB/d0
何だかんだでハッピーエンドにしてくれた飲む

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:48:29.10 ID:yqMq/9/Q0
どうでもいい話だが、現代の拷問は電流を使うのが主流なんだそーだ。
傷も残らないので拷問したという事実を隠蔽でき、誤って殺してしまうこともない。
そのくせ苦痛も折り紙つき。非常に合理的。

そして初めて電流を使った拷問を採用したのは中国で、その時は男性のタマに電流を流したらしい。

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:54:56.38 ID:06kEsEjY0
ここからハッピーエンドに持ち込めるんなら見てみたいわwww

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:55:16.07 ID:cfIwBShj0
>>271
これといいssといいもう死にたくなってきた

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:55:51.22 ID:kZCUoJSiP
続きまだ〜

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:56:01.64 ID:6MjMzd5Ui
>>271
メタルギアのカニンガムか

そういえばPWに出てきた笑わせるのは効果あるの?

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:57:28.16 ID:6TlSND760
                        , ─┐_ノ ̄\
                イ  ̄〉_____厂 ̄\__
               厂ヽ/,二二、二二、`\ //\
                へ、// . : : : : : : : : . \ヽ \ /ヽ
               〈_∠厂. : : : :/ : :/|: : : : : . \丶\厂〉 、
             / 厂/. : : : : :/ | :/ |;ハ : : : : : . \乂 〈⌒〉
               乂_,ノ: : : :_;∠ l/   丿__ト.: : : .厂ヘ l ノ\
             〈⌒イ: : l: :厂   `   ´     〉: : .\人〉  ノ
          パ   乂_ 〉: :l:│,= 、       , =、⌒|: : |\〉イ
            リ   / |: : :|/ , -、ヽ     ´, -、 \|: : |: : | :l   以下眉毛の画像(酷い目にあってる専用)スレ
        ポ  /′ ; : :八 イ_,ハl      l_,ハリ  〉 : |ヘ.:| :|
         リ /:/   l/⌒  `ー '      `ー'   '⌒|丿l :|
          /:/    l: :l : :l//    '     // ,'|: : : : : :.\
         イ /   ,l: : | : :ト、    ー--ヘ     / |: : :l : : : : .\
   /⌒ヽ  |/l   /|: :│: : : .丶、 o       イ  |: : :|: : .\ : .\
  ,'   . : .:l  |/l   / :l: :/|: : :|  '⌒> 、_, イ⌒  |: : :l : : : : \ ⌒
  V^,ハ、;ノ  ∨   厶.:≦ミ|: : :|三人 ̄\_厂 ̄人三|: : :|三≧、: : \
  / / /      / =三三|: : :|三三\三三三/三三|: : :| 三三 \: : \
 , / 广ハ.   , ' _=三三三|: : :|三三.冫⌒厂⌒< 三三|: : :| 三三三 ヽ: : . ヽ
 |   l l l  / =三三三三|: : :|三 /  人_人 \ 三|: : :| 三三三三 \: : .ヽ
  \    ∨ 三三三三三|: : :|三人_/厂\_人三|: : :| 三三三三三. \


277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:57:32.52 ID:VwhIwOFH0
血とか苦手なのになんで拷問とか見るとわくわくしちゃうんだろ?
いたって普通の性格だと思うのに

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 21:57:48.54 ID:gHDZWtjG0
>>270
あずにゃんの焼肉を笑顔で食べるのか?

紬が改心して自らを拷問にかけて

「ルート同じ地図持ち めぐり逢えたワタシタチノキズナ」って感じで終わればはっぴー

279 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 21:58:28.17 ID:pdtgtOBO0
紬「一人ずつ行こうかしら、ちゃんと見ててね」

紬は靴底を鳴らしながら澪のそばへ歩み寄った。
そしてうなだれた乳房を鷲掴みにして、

紬「これ、邪魔じゃないかしら」

澪「はあっ  はぁっ」

紬「だからこうしてあげるの、フック貸して」

紬は斉藤から鋭いフックを取り上げ、手慣れた様子で乳房を貫いた。
乳輪を囲むようにして乳房をえぐり、もう片方も同じように貫いた。

澪「ううぅ……!」

次に澪を立たせると、真っ直ぐに伸びた鉄の柱に縛り付け、身動きのとれないよう束縛する。

紬「このフックにロープをつけて、そこの機械で引っ張って」

紬「それと、」

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:01:03.22 ID:VwhIwOFH0
人食い族思い出した・・・
兄貴にこの映画ホントの話なんだぜって信じ込まされて
ビデオ見てる途中でおしっこちびって殴られたな

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:08:48.12 ID:6MjMzd5Ui
>>280
たしかイースター島では人食ってた

282 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 22:10:07.87 ID:pdtgtOBO0
斉藤「準備万端でございます」

紬「わかってるじゃない、じゃあそれを澪ちゃんの足元に敷いて」

澪「ひっ、ひいいいいいッ……やぁっ、やっ、やっ!!」

澪はジュウジュウと音をたてる鉄板を見ると必死に首をふった。
男が足を抱えて降ろさない、澪は枯れた泣き声で暴れた。

紬「ふふ、じゃあ降ろしてあげて、可愛そうよ」

男が澪の足から手を離す。
縛られた体で足を宙に浮かすのは、不可能であった。

ジュウウウウウ。

澪「いやあああああついいいいいいい!!!あづいあづいいいいいッッ!!!」

澪は鉄板の上を全力で走った、しかし身動きがとれない為永遠と足が焼かれる。

紬「冷めることはないわ、そこで調整できるから存分に焼かれてね」

紬は片手でサインを出した。
斉藤は機械とスイッチを入れ、悠長に両手を腰に当てた。

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:12:37.80 ID:91+OS2Re0
吐きそうになってきた

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:15:16.97 ID:7vy2hB/d0
ここまでキチガイなのも珍しい

>>1には感情がないのか

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:16:03.51 ID:WhYB17Ki0
これは夢に出てくるな
今日は寝れないぞ

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:16:05.06 ID:kZCUoJSiP
最高だな

287 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 22:25:41.69 ID:pdtgtOBO0
けたたましい起動音が地下室全体を揺らし、機械はロープを巻き取っていく。
澪の乳房はもの凄い力で引っ張られ、傷口がギチギチと音をたてた。

澪「いぎゃああああああああああ!!!」

どちらを苦しんでいるのか、傍観者にはわかり得なかった。
鉄板は衰えることなく澪の足を焼き、フックは胴体と乳房を離そうとする、頭が苦痛についていけなくなりそうだ。

紬「すっごい顔してるわよ澪ちゃん」

澪の顔はもはや正常ではなかった。
顔が痙攣し、あり得ない動きをしているのが見ていて非常に痛々しい。

ブツッと音をたて、澪の右乳が力に耐えきれず裂け始めた。
ビビビッと気味の悪い音を奏で、とうとうフックの餌食となる。

澪「いぎゃあああああああ  あああ  あああ」

乳が裂け、残った皮一枚で乳首がぶらんと垂れ下がった。
綺麗な黄色の皮下脂肪が照明によってキラキラと輝く。

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:28:32.51 ID:RMN5Wp4H0
けいおん厨は涙目だな
ざまぁwwwwwwwwwwwwwxww

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:31:17.41 ID:06kEsEjY0
ここの1さんはなかなかですな

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:37:01.50 ID:QNFaO6YE0
この拷問の知識はなんなんだよwwwwwwww
ググって身に付くもんじゃないだろwww

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:38:44.63 ID:cfIwBShj0
人の心がないな

292 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 22:38:56.97 ID:pdtgtOBO0
紬「あらら、おっぱい酷いことになっちゃったわね」

紬は容赦なく次の苦痛を運んできた。
火傷防止に手袋をはめて、鉄の入れ物から取り出したのは先の赤く光った槍であった。

紬「高熱で今まで焼いてたの、だからすぐ刺さると思うわ」

紬はその槍を澪の太股へ刺した。
いや、刺すまでもない。先端の高熱が澪の皮膚を溶かし穴を開けた。

澪「ぎい ぎ ぎッ ッッ!!」

紬「えいっ」

紬は体重をかけてその槍を押し通した。
貫いた槍は鮮血に染まり、未だ血を焼き続けている。

ブチッ――。

左の乳房もとうとう耐えきれなくなり、泣き声をあげた。

紬「このままじゃ赤ちゃんにおっぱいあげれないわね」

紬は澪のふくらはぎからすねに向かって槍を刺した。
途端に足がガクンとなって、激しい痙攣を呼び起こす。

ビビッ。

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:39:06.49 ID:yqMq/9/Q0
支援代わりに拷問うんちく。

最初、唯にやってた水責めは実はかなり凄惨。
長時間やっていると水で皮膚がふやけてぐちゅぐちゅに破れてしまうそうだ。

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:40:54.24 ID:ylHx1c4uP
だがちょっと待ってほしい
水牢に長時間閉じ込めた場合
皮膚がふやける前に水死するのではないだろうか

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:41:59.92 ID:iVCaxLir0
>>293
そんなグロ画像があったよな

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:45:12.62 ID:DguJVQG30
マジキチ行為を淡々とこなしてる斉藤にちょっとわろた

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:48:12.29 ID:dQjJDvJC0
何かに似てると思ったら終わらない夏休みか
初めて読んだときはフルボッキしたわ

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:48:36.88 ID:JaAUpflU0
男だけどおっぱいが痛い・・・

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:48:46.99 ID:6TlSND760
                        , ─┐_ノ ̄\
                イ  ̄〉_____厂 ̄\__
               厂ヽ/,二二、二二、`\ //\
                へ、// . : : : : : : : : . \ヽ \ /ヽ
               〈_∠厂. : : : :/ : :/|: : : : : . \丶\厂〉 、
             / 厂/. : : : : :/ | :/ |;ハ : : : : : . \乂 〈⌒〉
               乂_,ノ: : : :_;∠ l/   丿__ト.: : : .厂ヘ l ノ\
             〈⌒イ: : l: :厂   `   ´     〉: : .\人〉  ノ
          パ   乂_ 〉: :l:│,= 、       , =、⌒|: : |\〉イ
            リ   / |: : :|/ , -、ヽ     ´, -、 \|: : |: : | :l    >>1お前がそう思うならそうなんだろうお前の
        ポ  /′ ; : :八 イ_,ハl      l_,ハリ  〉 : |ヘ.:| :|
         リ /:/   l/⌒  `ー '      `ー'   '⌒|丿l :|
          /:/    l: :l : :l//    '     // ,'|: : : : : :.\
         イ /   ,l: : | : :ト、    ー--ヘ     / |: : :l : : : : .\
   /⌒ヽ  |/l   /|: :│: : : .丶、 o       イ  |: : :|: : .\ : .\
  ,'   . : .:l  |/l   / :l: :/|: : :|  '⌒> 、_, イ⌒  |: : :l : : : : \ ⌒
  V^,ハ、;ノ  ∨   厶.:≦ミ|: : :|三人 ̄\_厂 ̄人三|: : :|三≧、: : \
  / / /      / =三三|: : :|三三\三三三/三三|: : :| 三三 \: : \
 , / 广ハ.   , ' _=三三三|: : :|三三.冫⌒厂⌒< 三三|: : :| 三三三 ヽ: : . ヽ
 |   l l l  / =三三三三|: : :|三 /  人_人 \ 三|: : :| 三三三三 \: : .ヽ
  \    ∨ 三三三三三|: : :|三人_/厂\_人三|: : :| 三三三三三. \


300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:50:49.31 ID:06kEsEjY0
ここの>>1にはけいおんの世界に引きずりこまれる呪いかけといたから覚悟しとけよ

301 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 22:51:26.29 ID:pdtgtOBO0
とうとう左の乳房も壊れてしまい、ぶらんと垂れ下がった後虚しく地面に落ちた。
澪は泡の付着した口をポカンと開けて、完全に白目を剥いた状態で失神していた。

紬「もう終わりなの?嘘でしょ?」

紬は片手を左の乳に突っ込んで激しく爪を立てた。
しかしビクンと一度反応しただけで澪はぐったりと動かない。

紬「ショック死されたら困るわ、降ろしましょ」

紬は斉藤に強心剤を打つよう指示すると、もう片方の太股を貫いて背を向けた。

澪「っァ……!」

紬「さてと……澪ちゃんは全然ダメね」

律と唯は気を失った状態で、地面に横たわっている。
紬は律を無理矢理立たせ、次の指示を男に促した。

紬「万力を用意して」

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:55:27.84 ID:WCgHBdt50
ヤヴェえな・・・
つい先が気になる・・・
理性では異常だって分かってるのに・・・

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:56:08.50 ID:YarQdXKaQ
つか出血多量で氏なないんかな
あと舌を噛むって逃げ道を誰も実行しないのな

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:58:26.48 ID:qqtEXhEOP
そこはあくまでフィクションだし

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:58:36.08 ID:WCgHBdt50
死にたくは無いしな・・・
どっちが幸せか分からんが・・・

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 22:59:29.03 ID:H7wK8BF60
澪アンチのキチガイっぷりパネェなwwww

307 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/06(月) 22:59:38.11 ID:pdtgtOBO0
お風呂に入りたいので入ってきます

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:00:39.86 ID:RTBqGha60
もうやめてくれ…

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:01:37.98 ID:yqMq/9/Q0
万力といえば、指を潰す小型のものと、頭蓋骨を割る大きな物があるが
果たして澪はどっちの餌食に

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:03:09.20 ID:YarQdXKaQ
>>1いってらーノシ


ここにいるおまいらはグロ画像踏んでもダメージ無いんだろうな
まあ俺も多少は耐性あるけど

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:07:57.84 ID:ylHx1c4uP
>>310
こいつ新参くせぇから
親指締め具かけようぜ

最初はこじんまりと始めようと思うんだ

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:11:45.25 ID:E6ey56hH0
>>275
呼吸困難

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:13:08.12 ID:yqMq/9/Q0
支援うんちくその2。

梓を焼き殺したファラリスの雄牛はシチリア島生まれ。
最初の犠牲者は考案者である芸術家ペリロスで
またファラリス王も民衆によってこの処刑具で殺されたというが、真偽のほどは不明だそうな。
更にこの器具が実際に使われたという証拠となるような記録も乏しく、あの有名な鉄の処女と同様
威圧目的で使われたのではないか、と言われている。

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:14:27.37 ID:91+OS2Re0
人間が考えたとは思えないな

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:15:54.17 ID:E6ey56hH0
フルおっきがとまんねぇ支援

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:16:22.95 ID:BwbqAOiX0
うんちくいいな

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:16:53.72 ID:LOJVUbrG0
>>291
人の心があるからこそ逆にこういうのが書けるんだとおもう

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:17:23.69 ID:JaAUpflU0
今一番期待してるスレ

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:20:32.16 ID:b0vxSCzU0
ディスカバリーチャンネルで拷問の歴史やってるね。
今でもちょくちょくやってるし、このSSに出てくる拷問具も
かなり詳しく解説されてるから興味のある人は見てみて。
ある意味勉強になるかもしれない

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:28:20.08 ID:1w2YNf44Q
異常な性癖とかないつもりなのになんか勃っちまう…
なんでだろう…

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:29:15.32 ID:2McHX3XcP
結末気になるから見てるけど勃つとかあり得ないわ

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:31:24.53 ID:L+AMgJle0
wktk

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:37:03.11 ID:yqMq/9/Q0
拷問うんちくその3。

澪を痛めつけた、ユダの揺り籠。
SSでは吊り上げてから落としていたが
犠牲者を紐で動けないようにし、膣や肛門にそのピラミッドの先端が当たっている状態で長時間放置することも多かった。
常に筋肉に力を入れておかないと先端が体内に突き刺さるので、犠牲者は眠ることができなかった。
それにもし先端が突き刺さっても、大した傷にならないよう計算されて作られていた。

ちなみにこの器具はラテン・アメリカなので現在でも使用されている。
現代版らしく、ピラミッドに電流が流れるようになっているのもあるとか。

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:37:58.90 ID:/QG1c1e00
>>18
何かの漫画で見た事あるんだけどなんだったっけ

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:38:00.13 ID:JaAUpflU0
みんな電流好きね

326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:40:44.41 ID:3l2sDZ4x0
>>303
舌を噛みちぎっても死ねないはず

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:43:26.78 ID:Fvq1u4Ix0
>>303
確か舌噛み千切って死ぬ場合は出血死じゃなくて窒息死だったはず

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:46:22.69 ID:QuLL+y3pQ
>>324
ヤングエースの漫画で見たことあるような…たしか、最遊記描いてた人が連載してた漫画に…違ったかな

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/06(月) 23:57:02.35 ID:JYsPLUww0
ストレスで脳が溶ける状態になると、意思と関係なく体が死を選んで停止してしまうらしいね
あの事件の被害者の死因がまさにそうだった

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:02:09.74 ID:v76xL/0C0
紬「寝ちゃダメよ、唯ちゃんにはそうね……」

紬は顎の下に手を添えて、ひらめいたような顔をすると斉藤に命令を下した。

紬「とりあえずコウノトリで束縛しておきましょう」

斉藤は目で返事を返すと、その拷問器具を取りにむかった。
するとどうやら万力の準備が整ったようで、男は紬にそれを報告した。

紬「ふふ、そうそうこれよ」

男が用意した頭に装着する拷問器具、これは頭骨を締めあげる為に作られた。
器具の内側には刺があって、これは頭骨を砕きやすくする為のものだ。
紬はその器具を律の頭につけて、さっそく締めあげた。

律「うっ、くぁぁ……い、痛い!死ぬッ!うぅっ!」

紬「頭骨は密度が高いから簡単に砕けないわよ、もっと締めても大丈夫ね」

紬は律の悲鳴を無視し、構わず締めあげていった。
律の痛がり方が段々と異常になってくる、長い前髪が汗でぐっしょり濡れていた。

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:09:50.73 ID:VXkcUYqP0
三期はこれで決まりだな

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:12:21.19 ID:FhkSO2AwP
おかわりってレベルじゃねぇぞ

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:13:09.90 ID:SvIlRN/20
まじきち!!

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:13:16.95 ID:GydbyE4r0
けいおんあんまり知らないけど三期がこれなら絶対見る

335 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 00:16:34.70 ID:v76xL/0C0
律「あっ、ッく!ああああ……」

紬「もうギリギリかしら、どう、りっちゃん」

律の頭に手をおいて、紬はその反応を確かめた。

律「あ゛ぁぁっ、や、やめろッ!!」

どうやら触れるだけで激痛が走るほど、締められているらしい。
紬はその反応に満足すると、もう一つの万力を使うと言い出した。

紬「これよ、これにぶら下げるわ」

天井から真っ直ぐ垂れ下がる二つの万力、紬はこれを指して微笑んだ。
これを手の甲に装着し、締めあげるとともにぶら下げるというのだ。

律「ッ、はあっ、っぐぁ!!ああああ……いやだ……やだッ……」

律は今にも頭がおかしくなりそうであった。
頭をものすごい力で締め付けられ、手の甲も潰れるくらい締め付けられ、極めつけに空中へ引っ張られるのだから無理はない。

336 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 00:29:14.83 ID:v76xL/0C0
男は律の手を掴み、強引に真上へ伸ばした。
脱臼した肩に激痛が伴って、激しく痙攣する。

律「んぐぁッ!ぎゃああああ!!」

紬「静かにしてりっちゃん」

律は全身を痙攣させ、激痛に耐えていたが新たな痛みが二つ追加され、我慢の限界をむかえた。
男は容赦なく手の甲の万力をどんどん締めあげていく。

紬「ちょっと、それ締めすぎよ?」

男「はい?」

その直後、律が暴れ出す勢いで泣き叫んだ。
手の骨に負担をかけすぎて、どうやらヒビを入れてしまったらしい。

紬「あ〜、だから言ったのに……まあいいわ」

男「すいません……」

紬「じゃあつるして、お願いね」

いつ帰ってきたのか、斉藤が空中のワイヤーを操作し、ゆっくりと引き上げていった。  

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:31:27.44 ID:kDeds0zk0
オッカネェー

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:33:16.60 ID:1X8ZnZ/fP
>>1-337
キチガイ全員死ね
勃ったとか言う奴マジ死ね

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:33:41.00 ID:r2SFagIG0
終わらない夏休みは兄がいたから延命してたけど医者はいるのか

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:39:01.80 ID:K0Bg9I650
こえー

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:40:33.24 ID:mEivq2jm0
コウノトリが楽しみでしょうがない
あれ見た目可愛いけど、最終的には…ハァハァ

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:40:34.30 ID:gAw3P2Cgi
>>291
思うんだけどさ、人の心がなかったらこんな素晴らしいものかけないじゃない。
人の苦痛も、自分の悦びも把握してるから書けるんだろ?キチッてるけど。

343 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 00:45:25.16 ID:v76xL/0C0
ゆっくりと縄が引っ張られ、もう苦痛で精一杯の律を吊るし上げた。
律は足をジタバタさせ、口をパクパクと開け閉めしている。

律「ぐふっ」

紬「えっ?」

たった2メートル吊るし上げたところで律は泡をふいて気を失った。
ビックリした様子で紬は律の足をぐいぐいと引っ張る。

紬「本当に失神しちゃったの?嘘でしょ、りっちゃん強そうなのに」

なにやら失望しているが、これでも律は相当我慢強い方なのだ。
恐らく澪がされた拷問を耐えきるくらい、強い心を持っているだろう。
関節を責める拷問がどれほどのものなのか、紬はわかっていないのだ。
自重で肩の神経、筋肉が伸びるこの痛みは想像を絶する。

紬「つまんないわね、刺ムチで根性を叩きなおしてやろうかしら」

紬は、そんな律にさらなる苦痛を与えるつもりなのだ。

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:54:38.39 ID:Q6S9oH4Y0
万力魔人バイサーデス

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:55:36.34 ID:jqgoyYDlP
関節技痛いもんな

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 00:57:03.07 ID:AegWClyp0
書き溜めじゃないよな
なんでこんなに拷問に詳しいんだよwwww

347 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 00:59:29.97 ID:v76xL/0C0
紬「ふふ、これで起きなかった人はいないわ」

紬は不気味な笑みを浮かべると、ジャラジャラと音をたてる拷問の定番を持ってきた。
鞭とよく耳にするが、それの殆どは玩具みたいなものだ。
本物の威力を例えると有名なもので、3発で大人がショック死をするという記録が残っている。

紬「これ、使い方誤ると私も怪我しちゃうから気をつけないと」

紬の持っている鞭は本物じゃないが、代わりに有刺鉄線が取り付けられている。
過度なショックを与えず、苦痛だけを倍増するのにはもってこいの代物であった。

紬「久しぶりに鞭を振るわ、3年ぶりかしら」

紬は鞭を振り下ろす体勢に構え、標準を定めた。

348 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 01:01:02.66 ID:v76xL/0C0
遅刻してクビになりたくないので寝ていいですか

349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 01:02:05.71 ID:GkIP4ZWu0
あ?ふざけてんの?
おやすみ

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 01:03:43.25 ID:xeU9cy3D0
>>348
だーめ

おやすみ!

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 01:04:32.35 ID:UX2XZYp80
ムチはさすがにヤバイ
と思ったら今までも十二分にヤバかった

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 01:07:06.96 ID:wGdrDKdLQ
何だと!
おやすみなさい

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 01:16:21.06 ID:FIR11Gsv0
ほしゅ揚げ

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 01:20:20.65 ID:Q4GSenFb0
社会人は辛いな

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 01:25:26.22 ID:CYjjJoybP
社会人なんてやめろよカス
おやすみ

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 01:36:14.90 ID:GydbyE4r0
ざけんな!!
おやしになさい

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 01:38:10.56 ID:FIR11Gsv0
おねがい親しなないで。

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 01:57:03.07 ID:o2RUxqPD0


359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 02:10:24.27 ID:SYzYRQ8v0
保守

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 02:17:20.99 ID:IGPT7Z230
全部見たら気持ち悪くなった…
拷問系ssって読んでて気持ち悪くなるのに呼んじゃう不思議

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 02:47:06.26 ID:b3TEQ1IZ0
人間ジュース辺りから吐きそう
面白いから読むけど

362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 02:48:03.23 ID:GNYdDrhsP
やべえ
なんで俺は寝る前にこんなのを・・

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 03:10:43.05 ID:HJkPzbT00 ?2BP(1526)



364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 03:15:43.88 ID:+0qDGACs0
保守

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 03:18:04.13 ID:t8zlb0cM0
感動!保守

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 03:32:07.06 ID:HJkPzbT00 ?2BP(1526)



367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 03:39:44.86 ID:ptvYVw6P0


368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 03:58:04.56 ID:ptvYVw6P0


369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 04:14:39.85 ID:4SdziSMc0 ?2BP(1526)



370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 04:25:09.37 ID:Wx8jP2ju0
拷問とか大好きなのにあずにゃんが殺される辺りで可哀想すぎて泣いちゃったよ…
なんだよ人間ジュースってふざけんなよ…3人のゲロも含めて全部飲みてぇよ…

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 04:31:14.59 ID:jygVg1VF0
終わらない夏休みを思い出した

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 04:42:30.61 ID:4SdziSMc0 ?2BP(1526)

あずにゃん

373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 05:38:34.91 ID:uZS1xLTU0


374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 06:03:11.65 ID:s88TbRBO0
よっしゃまだ残ってたあ

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 06:49:17.35 ID:s88TbRBO0


376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 07:20:21.11 ID:Qu3cqBaE0
ほほ

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 07:26:54.75 ID:YSPPf+t80
うんっ

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 07:47:06.48 ID:LDKnbAF+0


379 :以下、名無しに変わりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 07:52:05.24 ID:t0bbZTii0
鷹野三四を超える異常さだ

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 08:16:35.78 ID:FIR11Gsv0
GNフラッグ

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 08:23:21.06 ID:zYzaxHJ40
まじきち

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 08:36:24.51 ID:X91pqpn60
うほっ

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 08:56:49.74 ID:t8Q9TzNq0
なんというか保守

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 09:00:21.89 ID:PSGNGBbz0
やな夢見た
絶対このスレの影響だろ

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 09:01:04.38 ID:3YLlz1n+0
このスレ読んで寝たら夢精しました

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 09:16:57.27 ID:TMLjXaZ30
こういうのは人間の精神を破壊する悪SS。
書いたやつは死刑にすべき。

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 09:39:50.26 ID:FIR11Gsv0
アホかよw

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 10:09:12.71 ID:lqMC+fS90
>>1
小説家めざしてたけど諦めたの?
エレベーターから落下した男のSS書いてた人?

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 10:25:26.86 ID:GlOX9mv50
ふぅ

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 10:36:45.78 ID:FIR11Gsv0
あげあげあげwww

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 11:16:21.35 ID:Q4GSenFb0


392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 11:18:18.08 ID:GNYdDrhsP
怖くはなかったが異質な夢見たお
絶対影響受けたお

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 11:57:02.94 ID:s88TbRBO0
ほえ

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 12:03:38.26 ID:7OZyR/fC0
>>392
じゃあもうちょっと踏み込んでみようか

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 12:43:06.94 ID:FHVYJ8gl0
ほっしゅ

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 13:02:30.13 ID:d0Z0mw9/0
保守してるやつも火あぶりで絶滅させたほうがいい世界になるな

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 13:17:28.01 ID:PSGNGBbz0
>>396
妄想と現実の区別が出来ていないようだな
大丈夫か?事件起こしたりするなよ?

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 13:36:57.66 ID:YCPI8Ml00
やっぱ律が一番興奮するな

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 13:41:49.74 ID:Q4GSenFb0
>>396
こういう奴が犯罪を起こすんだろうな……

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 14:12:03.07 ID:7lOkOyLL0
>>396
こいつ頭大丈夫か?

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 15:07:27.37 ID:3kX3HRBl0
落とさんよ

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 15:07:33.16 ID:FIR11Gsv0
あげあげあげwwwwwww

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 15:23:53.45 ID:X91pqpn60
>>396
これがキチガイのレスですわ

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 15:25:47.18 ID:x51iNA+PO
拷問器具って名前がカッコいいの多いよね

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 15:51:27.94 ID:FIR11Gsv0
あげ

406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 16:07:05.95 ID:KxXsG5JAQ
なんか遊戯王のカードでありそうだな

魔法カード発動「ファラリスの雄牛」!
カウンター罠発動!「ユダのゆりかご」!


407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 16:14:30.53 ID:Sux/nZki0
>>406
絶対闇のゲームでやりたくねえな

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 16:25:16.67 ID:BkslpreP0
酔っ払いのマント 不名誉の鎖 がみがみ女の仮面 悲しみの聖母 
バーデン・バーデンの処女 異端者のフォーク 運命の輪 魔女のくさび
リッサの鉄柩 スケフィントンの娘 エクセター公の娘 スコットランドの深靴

全部器具の名前だが、本当に遊戯王ワールドだなw

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 16:30:02.69 ID:SvIlRN/20
フライドチキン食いながらファラリスの雄牛のくだりを読んだら一気に食欲なくなった

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 16:32:49.58 ID:paBTLuDJP
つか憂ちゃん痛めつけてほしいんだけど
あのムチムチの身体が傷付いていくのを想像するのはたまらない

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 16:57:46.77 ID:IGPT7Z230
遊戯王のマリク絡みのカードがエグイものばっかだったよな
万力マシーンだとか拷問車輪だとか
相手に孔雀マイ選んでるところに作者のドS具合がうかがえる

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:08:08.01 ID:3Qb5nfFj0
もう遊戯王スレだな

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:15:06.36 ID:r2SFagIG0
語感がかっこいいな
>バーデン・バーデンの処女

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:18:55.94 ID:F23T9S9M0
焼き土下座が優しいレベルに見えてくる

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:27:16.84 ID:oyC7FBAl0
もう「〜〜の〜〜」って言えば拷問器具に聞こえてくる

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:30:15.96 ID:7lOkOyLL0
うんこのおいしさ

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:34:39.12 ID:X91pqpn60
終わらない夏休みはじめて見たけど、このSSの方が猟奇的な感じがするんだぜ?

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:36:50.87 ID:HQCL7+Za0
東洋のマラドーナ

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:37:40.08 ID:sb9dtshD0
個人的には紬のアナルを拷問してほしいんだが・・・

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:37:43.05 ID:ArdXSpaU0
体をうんこで埋めて首から上を固定してうんこを口、耳、鼻の中に押し込まれ続ける拷問ですね

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:45:54.24 ID:GkIP4ZWu0
まぁ保守

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:49:11.31 ID:GNYdDrhsP
ファラリス単体でも大抵のグロモノを凌駕できる

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:52:57.41 ID:Wx8jP2ju0
あずにゃんの香りくんかくんか


424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:56:38.86 ID:Hj/gfezIQ
憂と和なら・・・
憂と和ならなんとかしてくれる・・・・

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 17:59:23.88 ID:wXI8Ifm10
状況打開とかいらねー

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:02:15.08 ID:jqgoyYDlP
空手界のリーサルウェポン

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:10:36.36 ID:/m2zeMnU0
澪ちゃんより、りっちゃんの方が一番精神的に脆そうだけどなw肉体的には強いかもしれないけど

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:12:19.98 ID:paBTLuDJP
憂ちゃんの子宮を鷲掴みしてえなぁ
急所を直に掴まれこれまでにない激痛に発狂寸前になる憂ちゃん

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:14:49.47 ID:CfUM8zau0
                        , ─┐_ノ ̄\
                イ  ̄〉_____厂 ̄\__
               厂ヽ/,二二、二二、`\ //\
                へ、// . : : : : : : : : . \ヽ \ /ヽ
               〈_∠厂. : : : :/ : :/|: : : : : . \丶\厂〉 、
             / 厂/. : : : : :/ | :/ |;ハ : : : : : . \乂 〈⌒〉
               乂_,ノ: : : :_;∠ l/   丿__ト.: : : .厂ヘ l ノ\
             〈⌒イ: : l: :厂   `   ´     〉: : .\人〉  ノ
          パ   乂_ 〉: :l:│,= 、       , =、⌒|: : |\〉イ
            リ   / |: : :|/ , -、ヽ     ´, -、 \|: : |: : | :l    やっほ
        ポ  /′ ; : :八 イ_,ハl      l_,ハリ  〉 : |ヘ.:| :|
         リ /:/   l/⌒  `ー '      `ー'   '⌒|丿l :|    お前ら元気だな
          /:/    l: :l : :l//    '     // ,'|: : : : : :.\
         イ /   ,l: : | : :ト、    ー--ヘ     / |: : :l : : : : .\
   /⌒ヽ  |/l   /|: :│: : : .丶、 o       イ  |: : :|: : .\ : .\
  ,'   . : .:l  |/l   / :l: :/|: : :|  '⌒> 、_, イ⌒  |: : :l : : : : \ ⌒
  V^,ハ、;ノ  ∨   厶.:≦ミ|: : :|三人 ̄\_厂 ̄人三|: : :|三≧、: : \
  / / /      / =三三|: : :|三三\三三三/三三|: : :| 三三 \: : \
 , / 广ハ.   , ' _=三三三|: : :|三三.冫⌒厂⌒< 三三|: : :| 三三三 ヽ: : . ヽ
 |   l l l  / =三三三三|: : :|三 /  人_人 \ 三|: : :| 三三三三 \: : .ヽ
  \    ∨ 三三三三三|: : :|三人_/厂\_人三|: : :| 三三三三三. \


430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:21:28.44 ID:GkIP4ZWu0
暇だしさ
保守だけしとくのもなんだし
新しい拷問器具でも考えない?

431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:29:26.66 ID:NbKlepoL0
おい・・・この主マジキチじゃね?w

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:43:24.64 ID:wSifQjCkP
>>430
ニートのすねかじり

433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:45:40.99 ID:X91pqpn60
>>430
PCの電源切断

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:48:58.55 ID:MSG0e5B70
このスレ読みながら飯食ったら食事制限出来るな

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:49:19.13 ID:HQCL7+Za0
>>432
親にとっては肉体的にも精神的にも拷問だなww
額に犬って刺青彫られてるようなもんだ

436 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 18:52:08.09 ID:v76xL/0C0
紬は鞭を構えると、くるくると回る律の腰めがけて全力で振り下ろした。
鞭が曲線を描き、律の肉体に食い込む。

律「――――――――ッッ!!!!」

律は意識を取り戻し、空中でパクパクと口を動かした。
鞭に律の肉片がこべりついていて、血が地面に滴る。

紬「私もまだまだやれるわねッ!」

紬はこの一撃に手ごたえを感じ、調子に乗って2発目を放った。
さっきと同じ腰に刺が食い込み、肉片をそのまま地面に叩きつける。

律「ぎゃああああああああ!!!あああ!!あああああああ あああ!!」

律の腰は肉を削られ、あっと言う間にグロテスクな状態へと化した。
ひどい所は骨盤が裸のまま、空気にさらされていた。

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:55:10.79 ID:2MmZWi5/P
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:56:12.24 ID:TmJMJM2f0
お待ち申しage


439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:56:13.36 ID:xuqbj06A0
さあ恐怖の再開さ!wktk!

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 18:58:23.89 ID:VZWdoP5A0
こういうの苦手なのに続きが気になっちゃう

441 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 19:08:45.26 ID:v76xL/0C0
紬は久しぶりの運動に張り切って、3発目を振り下ろした。
今度はふくらはぎが鞭の餌食となり、肉をむしり取られた。
律は頭痛と手の痛みと肩の痛みと鞭による痛みに耐えきれず失神を繰り返す。しかし、

紬「寝ちゃだめよっ!」

ブツッッ。

律「ぐふ、ぎ、ぎぇぇぇぇぇぇ!!!」

凶器の前では、寝ることなど許されなかった。
紬は律の体を満遍なく打ち続ける。
爪が飛び、乳首が飛び、指が飛び、律は全身を赤く染めて悶え狂った。

紬「ふうっ……ふうっ……」

律「さ……む……い……ッ……さ……さむぃ……」

そこにぶら下がっているのはもはや人間と呼べなかった。
全身をむしり取られ、あちこち肉がめくれあがっている。
左足のすね部分なんか、骨に肉がこべりついている状態であった。
右肩から先はもうつながっておらず、万力は右腕だけをぶらぶらと吊るしている。

紬「これでは血が足りなくなって死ぬのがオチね」

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:09:54.93 ID:MfoRoToY0
追いついた

拷問してる方もおかしくなりそうだな

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:13:57.54 ID:jqgoyYDlP
「鞭なんてものは皆さん せいぜい馬のケツ叩くものくらいにしか思っとらんが」「ありゃアンタたいへんな武器だで」

「中東あたりじゃまだ」「鞭打ちの刑が残っとってなァ」「刑の重さに従い叩く回数が決められとるんだが……」「これがまったくの無駄」
「決められた回数に達する前に死んじゃうから」

「ヒャッ ヒャッ」

「ショック死ですな」「激痛(いたみ)のあまり………………」
「前面の数倍は強靭と言われる」「背面………背中や尻を的にするんだが―――――――」
「急所でもないそんな部分を叩くにもかかわらず」「せいぜい十数回……悪くすりゃ数回で――――」「死に至る」

「それほど激痛(いたい)んですな」
「肉体(からだ)が死を選択(えら)んでしまうほど」

「想像できますかな」「今後の永い人生どれほどの幸福があろうと」
「わずか数回で帳消しにしてしまうほどの激痛(いたみ)!」

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:17:39.29 ID:jsdUmDwA0
>>443
貼ろうと思ったら貼られたでござる

445 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 19:20:16.22 ID:v76xL/0C0
紬はこう呟いたが、まるで少年のような輝きを瞳に秘めていた。
そこで斉藤が持ってきたのは鉄の棒の先端に平らな鉄板のついた器具であった。
その鉄板は予め熱してある、これは焼きゴテと呼ばれる拷問道具だ。
しかし紬はこれを止血として用いった。

紬「死にたくないわよね?じゃあ我慢してね」

律は乱暴に降ろされると、仰向けの状態を強いられた。
そして胴体の傷に向かって、焼きゴテを押しつける。

律「うぎいいいッッ!!ぎゃああああああッッッ!!」

皮下脂肪がパチパチと音をたて、ジュウジュウと赤い肉汁をこぼした。
紬は全体重をかけて焼き終えると、また新たな焼きゴテを取って再び胸へ押しつけた。

律「ッッッッッ!!!ん゛ぎゃあああああああッッ!!!」

446 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 19:22:26.55 ID:v76xL/0C0
ご飯を作ってきます、ごめんなさい

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:24:48.80 ID:0dP1EVRB0
焼肉ですね。分かりま(ry

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:25:55.00 ID:rNfNm8w00
出来ればハッピーエンドにしてほしいな

449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:27:01.35 ID:X91pqpn60
ハッピーエンドとかありえないから

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:28:03.99 ID:mEivq2jm0
今夜はユッケと焼き肉ですね

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:29:11.13 ID:wSifQjCkP
こういう系統でハッピーっていうとムギが惨たらしく死ぬってことだろ

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:30:49.88 ID:rNfNm8w00
いや、夢オチがいい


453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:40:18.80 ID:Sux/nZki0
>>451
ザ・ワールド・イズ・マインみたいに遺族に拉致られてやりかえされて殺されるパターンだな
もし姉がやられたと知ったときの憂の復讐は怖そうだw

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:41:57.32 ID:rqyOGrX00
ムギが発狂して笑い狂いながら他メンバーよりも惨い描写で死んでいく意外に円満な終わりはないな
憂辺りが逆襲ってのが燃えるが、まぁどんな終わりであれンギモッヂイイ

455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:46:14.81 ID:7OZyR/fC0
骨が見えちゃってるのはかわいいなあ。すごくいい

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 19:54:20.69 ID:BkslpreP0
りっちゃんの命は長くて残り5時間くらいか・・・?
唯達の夕食はりっちゃんの刺身だな

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:00:40.18 ID:HQCL7+Za0
よくこれでショック死しないねw

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:02:56.28 ID:paBTLuDJP
あずにゃん退場早すぎだろ
もっとネチネチ痛めつけてほしかった

しかも最後が丸焼きとか、抜けねえよ

459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:04:26.78 ID:Sux/nZki0
唯みたいになんでこんなことになったのかわからずやられる描写よりも
後々紬みたいなのが復讐とかでやられる側になったとき
どういう反応するのかのほうがわくわくする
普段人をいじめてるやつこそいじめたいみたいな
生意気なやつこそ屈服させたいみたいな

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:07:19.56 ID:jby50d1rP
苦しんでいるりっちゃんはスゴくカワイイね!

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:18:11.76 ID:iMS2tFMZ0
>>443
バキかww

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:23:53.84 ID:WjwhNNnQ0 ?2BP(1526)



463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:26:08.49 ID:96VoCYmR0
わたしは憂のことが好きだったのだ!
おさえられないマイロンリーハート・・・わたしと憂が姉妹だなんて神さまのいじわる!!
もう我慢できないよう・・・

「ちゅ〜〜〜〜!」

「やだお姉ちゃんなにするの・・・あふう!」

「ちゅう〜〜ちゅっちゅっちゅ〜」

「はう・・・そこ弱いの・・・」

憂とKISSしちゃった・・・
キュピーン☆
ファースト☆キスはイチゴの味でした・・・

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:26:25.19 ID:0dP1EVRB0
鞭ってそんなに痛いかって思うけど実際に打たれたらおしっこちびりながら
泣き叫んじゃうんだろうな

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:27:48.00 ID:NDlznV0u0
鬼畜w

466 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 20:28:05.02 ID:v76xL/0C0
紬「ほら暴れないで、止血しなきゃ」

一通り止血を済ませると今度は片手で操作できるくらいの小さな焼きゴテを手にした。
そしてちぎれた肩の断面に押しつけ、止血を開始する。
律は憔悴しきった悲鳴を聞かせてくれた。

律「ぅああぁあぁぁ……ぁぁ……」

肉の焼ける音が紬の食欲をすする。

紬「ああ、食べたいわりっちゃん……でも我慢するの、私」

引き続き、拷問はさらなる虐待を用意していた。
ハンマーを手にした紬は律の足に見とれると、こう呟く。

紬「こんな簡単に死なせないわよ、もっと痛がってほしいの。こんな足付けてても拷問の邪魔になるだけよ」

律の膝小僧を優しく撫でると、そこに勢いよくハンマーを振り下ろした。
一発で粉砕し、金具が奥へとズイズイめり込む。

467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:28:35.92 ID:MfoRoToY0
再開きたか

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:29:59.18 ID:ZQq1hGdG0
食べたい・・・だと・・・!?

469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:40:28.07 ID:96VoCYmR0
        ブラックウィザード ハイサンダースペル
ズダダーン!黒い魔術師の高等電撃魔法が地面に突撃したのだ。

「あぶねえ!」
「ふぁふぁふぁ・・・今の攻撃をよけるとはさすが天竜寺蒼真・・・だが次は死ぬぞ!」

ブラックウィザード
黒い魔術師が詠唱を開始した。ゴゴゴゴゴ大地が揺れる。
俺は何かどうにかして敵をやっつける方法はないかと考える。
                          グッバイハニー
だが・・・何もなかった!俺は死ぬのだ・・・さらば愛しき人よ

「そうわさせないわ!」
「何物だ!」

だけど助かったのだ。それは彼女がやってきたからだ。
        緋 色 の 天 使 
「お前は・・・スカーレットエンジェル!」
「エンジェルソード!」
「のわーーーーー!!!!!」
             ブラックウィザード
ボカーーーーーン!黒い魔術師は爆発してバラバラになった。
彼女に助けられるとはびっくりだぜ。

「怪我はない?天竜寺蒼真」
「ああ・・・ありがとう」


470 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 20:42:22.93 ID:v76xL/0C0
膝小僧が頭を出していたおかげで、砕けた骨から噴き出る骨髄のシャワーを浴びることができた。
紬は口辺りに付着した骨髄を舌でなめ取ると、笑ってみせる。
律の悲鳴はもはや、声として成り立たないくらい小さなものだった。
紬は刃の小さい良く切れると評判のノコギリに持ち変える。

そして斉藤の助けを借りると、その刃を綺麗な太股に当てた。

紬「死ぬ確率が高いわね、でももういいわ、その時はその時よ」

斉藤「はい」

律の体を押さえつけるよう男に指示を出し、紬はゆっくりと口を開いた。

紬「斉藤から引いて、ノコギリで切断するわ」

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:42:59.19 ID:0dP1EVRB0
こういうのを読みたくなるのって俺の中にも
人を壊したくなるっていう願望があるってことかな?
あまり認めたくは無いけど

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:48:41.37 ID:jby50d1rP
>>471
自分を偽るなよ。

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:50:00.05 ID:OZItG+Jo0
>>471
いや逆に考えて壊されたいんだろ

474 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 20:55:24.60 ID:v76xL/0C0
斉藤「了解、では」

斉藤は気持ちの良い返事をして、ノコギリを引いた。
最初は太股の肉が引っかかって、うまく切ることができなかったが要領良く切り込んだ途端、
ジュクジュクと音をたてスムーズに切れ始めた。
切れ目から鮮血が噴き出し、まるで血の噴水のようだ。

紬「よいしょ、よいしょ」

紬と斉藤の息は驚くほどピッタリで、何回か削り続けていくうちにもう骨に当たった。
紬は気合いを入れるよう斉藤に呼びかける。
それは一生懸命、工作に励む幼稚園生さながらの振る舞いであった。

紬「せーのっ!」

ギッギッギッギッ――――。

律「……っ……っ……」

骨を削る作業が始まった。

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:57:52.51 ID:7OZyR/fC0
もう死んじゃうかな。体がぐちゃぐちゃになって死ぬ直前の娘はかわいいなあ

476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 20:58:26.47 ID:50T6G+OCP
この人怖い

477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:01:18.42 ID:balTnDnj0
キチガイ過ぎる

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:02:36.02 ID:1q2Y8svB0
すげぇ勃起してるんだけど俺だけか?

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:06:24.18 ID:onS3/XvGQ
人間の想像力ってすげえ

480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:06:31.11 ID:iMS2tFMZ0
俺達はキャラを愛してるから見続けられるんだ
これをナルトでやられてたら俺はキャッシュ削除するだろう

481 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 21:10:07.95 ID:v76xL/0C0
骨の粉末が切り口の断面を白く、お洒落なものにしている。
律は痙攣を繰り返しながら、トロロのような泡を吐き出していた。
苦痛を感じていたかというと無論、心拍数は確実に弱まっている。

紬「ふうっ、そろそろ二つに切れるかしら」

切断まであともうちょっとというところで紬は手を止めた。
といってもまだ5センチ程厚さがある。

紬「私もう疲れた、貴方たちが手でちぎって頂戴。念のために輸血や手当もしてあげて」

紬は一仕事終えた達成感に満足したようだ。
律の後始末は男に任せ、自分だけ唯の場所へと歩み寄った。
しかし唯の姿がどこにも見当たらない。

紬「あら?唯ちゃんは?」

斉藤がそれに答えた。

斉藤「あの方でしたら隣の部屋です、あまりにも五月蠅かったので」

紬は口元をニヤつかせ、そうとだけいうと第2地下室を後にした。

482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:11:46.75 ID:jby50d1rP
あずにゃんの出番が来るかと思ったけど、既にジュースにされちゃったんだな。

483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:19:48.91 ID:BkslpreP0
ここの人たちには是非ゴアグラインドというジャンルの音楽をお勧めしたい。
とにかく残虐性と猟奇性を追い求めたジャンルの音楽で、本物の死体画像をジャケットに使ったりする。
音楽の方もドログチャの肉片パーティー。

ttp://www.youtube.com/watch?v=QBP8imm03Mo
これを聴けば全てがわかる

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:21:49.65 ID:4L8w7O/y0
このスレまじで怖いんだが・・・

485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:24:40.76 ID:X1D1G7Oz0
厨房にこれはこたえる

486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:26:57.47 ID:hRM9i82c0
この手のスレは大抵ゆとりが湧いてきちゃう

487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:27:23.92 ID:Wx8jP2ju0
>>483
タカタカいってるだけじゃん

488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:27:57.63 ID:MEb8iuL40
この紬様はゴスロリを着てるイメージ
ああ可愛いなあ

489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:29:15.64 ID:kiTcjcMi0
俺には早かった

490 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 21:32:38.45 ID:v76xL/0C0
紬「お邪魔するわ、唯ちゃん」

紬は唯の居る第1地下室を訪れ、溌辣と挨拶をした。
返ってきた悲鳴に紬は期待を膨らませる。

真っ暗な部屋にスイッチをいれ、光を部屋に行き渡らせた。

唯「ひッッ、ひッッきゃあああああああ あ  あ あァ ア!!!」

紬「そんなに驚かないで、唯ちゃん」

唯はコウノトリという器具を付けられ、身動きの取れない状態で、真っ暗な空間に一人閉じこめられていた。
コウノトリとは首枷、手枷、足枷が一体となった、三角形の形をした拷問器具だ。
三角形の頂点に当たる部分、ここで首を拘束され、胸に両手を差し出す形で手首を拘束される。
そして両足を折り曲げる形で拘束され、精神的苦痛と呼吸困難、神経の圧迫など様々な症状を引き起こす恐ろしい道具。
この器具の恐れるべきは、精神への負担だ。
常人であれば1時間で発狂し、死に至るケースも珍しくない。
いきなり光を与えられた唯の精神はあの悲鳴を聞けばわかる通り、相当おかしくなっていた。

唯「ふッふッふッ、ひぎ、ひィ!ひィィッ、ぎッ!」

491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:34:14.06 ID:r2SFagIG0
なんだろう他はゾクゾクするのに膝小僧を砕くのだけはだめだ

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:41:12.73 ID:uMStT69O0
>>370
なにかがおかしい

493 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 21:54:12.26 ID:v76xL/0C0
唯は手足をブルブル震わせて、目を限界まで見開いていた。
この震えはコウノトリによって痛めつけられた体の痙攣である。
紬は可愛い、と唯の頭を撫でた。すると、

唯「いや゛あああああッういッういういッ!!!ういいいいいいッたずけで!!うわ゛あああああ!!!」

どうやら幻覚をみているようである。
妹の憂に助けを求める姿は、人間の末路を感じさせた。

紬「そんなに憂ちゃんに会いたい?会いたいの?」

紬は唯の顔に近づくと、甘やかすように喋りかけた。

唯「ひッ、ひッ、ひッ、ひッ!!」

紬「うふ、安心して唯ちゃん……憂ちゃんはきっと助けにくるわ」

紬「でなければとっくに貴方を傷つけているもの……」

紬は小さな声で、呟いた。

紬「このイベントの目玉は貴方達なんだから……ふふっ」

494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:56:11.97 ID:paBTLuDJP
憂ちゃんの柔らかいお腹とおっぱいを殴った後、子宮と股間の部分を踏み潰したい
白目剥いて痙攣する憂ちゃんカワユス

495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:57:09.86 ID:ZQq1hGdG0
コレを憂に見せちゃうのか!?
嫌な予感しかしないよ・・・


496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 21:58:08.59 ID:Q4GSenFb0
>>494
お前の所為で勃起した

497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:00:00.15 ID:tAG1uO5S0
連日保守されているから何だろうと思って覗いてみたら、
世の中の広さを思い知らされた気分だ。
こういう拷問器具ってまだ使われているんかね?
最後に使われた記録っていつなんだろうか。

498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:01:36.96 ID:RIikfEieP
拷問器具なんかなくても
ポル・ポトさんとかPOSOとか中国とか頑張ってる

499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:03:20.51 ID:BkslpreP0
だが、待って欲しい。

壊れた唯を憂が必死に世話するのを観察するのも悪くないと思うんだ
暗い地下で、何とか唯を元に戻すとする憂。
そして憂の頑張りが実り、奇跡的に唯は過去の自分を取り戻す。

そしてその元に戻った唯を憂の目の前で拷問して殺したい。

500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:04:22.14 ID:XWCsU75O0
どうあがいても絶望

501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:06:48.55 ID:jR59XC9z0
むしろ憂が唯を拷問

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:06:50.94 ID:paBTLuDJP
唯と梓の変わり果てた姿を見て憂まで壊れるんだな。唯以上に

503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:07:38.84 ID:48ujNNei0
なんで書き溜めないのかな?
書き溜めないでスレ立てする時の心情ってどーなってるの?

普通に友達関係や上下関係作ってる人で人間関係の最低常識が解ってる
人ならこんな非常識な事を出来無い筈なんだがな?

一応は読物で素人の発表場所で読み手をイライラさせるって
なに考えてるの?
確かに俺はお前に金銭を渡してる訳じゃない

お前もプロ意識なんてある訳じゃないと思う
でも、書き手と読み手が居たらそれは一つの作品なんだよ

これはお前の作品であり可愛い子供なんだよ
それをネットで流して俺みたいな奴からダメ出し受けて
悔しくないのか?

なんでその場凌ぎの子供を世間に晒すんだ?

ちゃんと考えて書き溜めしてからスレ立てして
恥ずかしくないお前の子供を世の中に送れよ

お前の意識の問題だぞ

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:09:54.41 ID:c7RxiyoMi ?2BP(1526)

>>499
興奮した

505 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 22:10:01.76 ID:v76xL/0C0
唯「……」

唯「……ッ、あ、れ……」

気がつくと唯は真っ暗な空間に一人、寝そべっていた。
数時間前に紬がコウノトリを解除して、精神安定剤をうっている。
そのお陰で今はそれほど怖くない、束縛されていた時の記憶は残っていなかった。

「いやあああああああ……」

唯「ひっ……!」

隣から澪ちゃんの悲鳴が聞こえて、唯は体を丸くさせた。

そうだ、私はムギちゃんに監禁されている――――。

良い夢から覚めた時の喪失感、それに似た感情が体を粟立たせた。
唯を縛るものはなにもない、大した怪我もしていない。
唯はチャンスだと思い、力を振り絞って地面に手をついた。

唯「ん……」

唯はなにかを枕にしている、頭の後ろでなにかが蠢いた。

506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:13:35.43 ID:PSGNGBbz0
masaka

507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:19:45.19 ID:efhC/zSiP
黒幕:和

508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:23:19.18 ID:X91pqpn60
憂ちゃあああああああぁぁぁぁぁぁあああんん

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:23:30.32 ID:iMS2tFMZ0
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\     
    /:::::::::: ( ○)三(○)\  
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒   
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ .
    ノ::::::::::u         

510 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 22:24:21.43 ID:v76xL/0C0
唯「え」

唯はとっさに後ろを振り向いた、しかし暗くてよくわからない。
よく目を凝らしてみても、その正体がなんなのか、わからなかった。

とその時、唯の首元でモゾモゾとなにかが動く。

唯「ひっ、ひっ!いやっ!」

唯は蠢くそいつを片手で弾きとばすと、なるべく遠くへ逃げた。
一体、なにに寄りかかっていたのか。
正体のわからない恐怖に唯は全身を震い立たせる。

唯「はぁっ、はぁっ、はぁっ」

唯「あっ……」

壁に行く手を遮られ、唯は背中をぴたりとくっつけた。
なにかのおうとつが背中を擽る、反射で唯は振り返った。

唯「あ……スイッチ……?」

511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:25:03.04 ID:paBTLuDJP
憂にはできるだけ身体を痛めつける拷問をしてほしい
あのエッチな身体を活かさないのはもったいない

512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:25:10.31 ID:ZQq1hGdG0
これは急展開・・・?

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:29:39.24 ID:F23T9S9M0
百合ノート

514 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 22:32:54.73 ID:v76xL/0C0
唯「……」

スイッチを見つけた唯は、それが存在する意味を瞬時に把握した。
恐らくこいつを押せば、この部屋の明かりがつく。

唯「……ッ」

明かりがつけば、あの正体がわかる。
しかし嫌な予感しかしない、きっととんでもないものがあるに違いない。
決心の一歩手前で臆病な自分が、自らの足を引っ張っていた。

唯「ふぅっ、ふぅっ……」

唯「……」

唯「……」

カチッ――。

明かりをつけてしまった。

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:38:20.59 ID:fVCYriH60
やだやだやだ

516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:39:29.00 ID:F23T9S9M0
gか

517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:40:05.18 ID:wXI8Ifm10
俺だ

518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:40:23.46 ID:jby50d1rP
どきどきしちゃう

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:41:48.66 ID:ppmWRZ440
けいおん廚涙目www
いとワロスwwwwww

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:44:29.51 ID:q+zBkurA0
私だ

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:47:27.90 ID:SYzYRQ8v0
けいおん好きでも嫌いでもないけど、これ見てるとニヤっとしてくるな

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:48:11.00 ID:BQ5iJ//z0
これ夢に見たら怒るぞ
家から出られなくなる

523 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 22:48:57.10 ID:v76xL/0C0
唯「……」

おそるおそる、振り返った。
光が眩しくて、瞼が言うことを聞かなかったが、今それを気にする段ではない。
まるで真夏の陽炎が漂っているみたいだ、視界がユラユラと揺れていた。

唯「……ッ」

段々とはっきりしてくる、唯は生唾を呑み込んだ。

唯「え……」

正体をこの目で見ることができた。
唯はどうやら人のお腹を枕にしていたようだ。

唯「あ……ぁ……ぁっ……」

唯は吸い込まれるように、その枕へ近づいていった。
その人間のお腹は大きく切り開かれていて、中には夥しい数のゴカイが蠢いている。

唯「やだ……やだよぉ……ッ……ッ……やだッ……!」

唯はゴカイ構わず、その人に抱きついた。
よく見てみると目玉がくり貫かれ、口にはナマコが突っ込んである。
長い前髪には血の赤がこべり付いていた。

唯「り……っちゃん……やだッッやだよりっちゃんやだあああああああッ!!!」

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:51:43.71 ID:twX8x9o00
やったねたえちゃん!!

525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:51:53.73 ID:ZQq1hGdG0
りっちゃん死んだの・・・?
というか何でナマコなのさ・・・

これは想像しただけでいかんな

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:52:03.71 ID:jqgoyYDlP
ゴカイってあの釣り餌の?

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:52:11.30 ID:GOGUTYsI0
あばばばばばばばばばばばば

528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:52:26.97 ID:VZWdoP5A0
なぜナマコw

529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:52:56.49 ID:ArdXSpaU0
想像したら射精した

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:53:40.26 ID:paBTLuDJP
なんだよりっちゃんかよ
少しガッカリ
これは澪にやってあげたほうがいい反応しただろうに

531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:56:14.12 ID:Lg81dz5Q0
より見た目をグロくして唯の精神苛ませるのが狙いでは?>ナマコ

532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 22:57:24.38 ID:9Y+uY55J0
ここまで生命を冒涜するSSがあっただろうか

533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:03:32.65 ID:wXI8Ifm10
唯はしばらく生かしておく予定だからりっちゃん見せたんだろ

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:04:47.40 ID:ADY9PIIA0
ここの1は怖いですね

535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:06:39.35 ID:jby50d1rP
素晴らしいぞ

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:10:28.34 ID:rqyOGrX00
こtるあああああああ
wktけああああああああああああああ

しかしながらもうすぐお休みの時間だろ

537 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 23:11:05.83 ID:v76xL/0C0
唯は虫の住処と化した律のお腹を枕にしていたのだ。
長い前髪が唯一、律である事を証明していた。

しかしまだ、絶望はまだ終わらなかった。

唯「はぁっ、はぁっ!ううっ……!……うううッ!」

唯はもう言葉にできず、ただただ泣きじゃくった。

隣に、丸坊主の梓が律同様の仕打ちを受けて、仰向けに寝ていた。
髪の毛はあの時のジュースに使われたのだろう。
もう動くことのない、原型すら止めていない大事な友達を前に唯は狂った様に泣き叫んだ。

唯「いやあああああああああああッッッ!!!」

卒業の約束を交わした友は、無惨にも昆虫の餌食となってしまった。
引き継ぐ約束を交わした後輩も、同じくこんな姿になり果ててしまった。

たった二日で、放課後ティータイムの3年間が崩れたのだ。
たった一人の欲望で、幸せは無に還った。

538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:11:49.98 ID:EbGrS6pG0
澪はもっといたぶってくれていいぞ

539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:12:48.61 ID:rqyOGrX00
いきいきゴカイ!マスオくん 〜釣りエサの王者〜
参考:http://e-gokai.jp/product.html

540 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 23:13:37.70 ID:v76xL/0C0
お風呂に入ってきます

541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:14:10.39 ID:X91pqpn60
今日中に完成しそう?

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:14:40.51 ID:C/sq3yMg0
いってらっさい

543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:14:47.08 ID:Q4GSenFb0
>>539
やめろwwwwwwwww

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:14:55.70 ID:X1D1G7Oz0
>>540

俺はお前さんが怖いよ

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:16:40.17 ID:FIR11Gsv0
あげあげあげwwwwwwwwwwwww

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:17:54.65 ID:1zagfB+7P
なんかよく解らないけど身体中が痛くなる

547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:18:41.39 ID:rpHOL1YF0
手に力が入らなくなる

548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:20:12.47 ID:ADY9PIIA0
淡々とした1の態度を評価したいです

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:22:38.28 ID:jby50d1rP
最高すぎる。最高だ。

550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:32:37.01 ID:F23T9S9M0
唯澪のフラグkitaーーーーーーーー

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:37:59.51 ID:7l1OgqDc0
前にVIPであった、こなたのシャブ中の話より面白いかも

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:43:00.89 ID:kiTcjcMi0
のこり二人か…

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:44:42.15 ID:/m2zeMnU0
りっちゃん…かわいそうに

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:51:07.37 ID:7OZyR/fC0
しかし眼からナマコが生えてるのはシュールだな

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:51:18.42 ID:GUfwgalx0
ほし

556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:58:16.02 ID:/m2zeMnU0
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1134170.jpg
この細い手足がバラバラとか…胸熱

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/07(火) 23:58:37.77 ID:QW4qQFW90


558 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/07(火) 23:59:36.71 ID:v76xL/0C0
眠くてもう頭が回らないので寝てもいいですか?

559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 00:01:04.51 ID:QVvTvduA0
えっ

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 00:02:39.10 ID:eJg00N190
本編も見ずに寝るのかよ

561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 00:02:53.52 ID:7Xo5vmCk0
>>558
なんだとてめぇ

おやすみ〜

562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 00:06:46.16 ID:5U7itDOm0
あげ

563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 00:07:31.24 ID:j480mHhv0
ナマコは口じゃね?

564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 00:09:09.39 ID:EcOFafSy0
あらほんとだ見間違えた。でも口の方がよりシュールだと感じるww

565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 00:18:06.35 ID:BZi9b1IE0
>>558
よーしお疲れ!

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 00:42:30.79 ID:aW+i2YP70
otosanaidene

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 00:51:31.78 ID:EdTZ6sy4P
>>1よりもなによりも勃起したとか胸熱とか言ってる奴が気持ち悪い
ここまでレスで引いたのは初めてだよ

568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 00:53:06.68 ID:dK3GPDH30
以前ハルヒssで拷問系書いた人高熱出したみたいだけどこの>>1は大丈夫かね
てか同一人物?

569 :私の1P ◆wbmYHb1PMY :2010/09/08(水) 00:54:41.49 ID:XwK2KAehP
人間らしいっちゃ人間らしい

570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 01:14:59.16 ID:A4I2pd5e0
どうしてこのSSを書いたのか、私にはわかりません。
これをあなたが読んだなら、その時、私はオナニー中でしょう。
…賢者タイムに突入しているか、していないかの違いはあるでしょうが。
これを読んだあなた。どうか鬱、イジメSSを書かないでください。それだけが私の望みです。

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 01:57:05.84 ID:u+MlKaz9i ?2BP(1526)



572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 02:22:41.43 ID:T2gNVaLU0
ほうほう

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 02:40:30.85 ID:3dVmTg+20
ほし

574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 02:41:35.08 ID:RbHdNp/WP
拷問は良いね
二次のエログロも好きだけど
エロを混ぜるとどうしてもファンタジー入っちゃうし

575 :名無し:2010/09/08(水) 03:03:39.29 ID:fnuJoktM0
紬 「という夢をみたの〜」

唯律零梓 「ガクガクブルブル」

576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 03:10:24.77 ID:WSQEQKU00


577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 03:11:10.65 ID:A4I2pd5e0


578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 03:20:08.77 ID:lvgy3o6N0


579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 03:20:51.33 ID:kWM9+hZS0


580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 03:25:07.30 ID:BZi9b1IE0


581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 03:28:54.25 ID:A4I2pd5e0


582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 04:10:29.74 ID:IU42lfme0


583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 04:22:57.99 ID:BZi9b1IE0


584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 04:33:04.57 ID:A4I2pd5e0


585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 05:30:46.75 ID:8qI7n9jf0


586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 05:41:23.65 ID:Fkfjvs1Y0




587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 05:44:36.72 ID:u+MlKaz9i ?2BP(1526)



588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 06:15:03.27 ID:TB/uQbIG0


589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 06:25:54.11 ID:44atoIkh0
ケケケ

590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 07:13:33.41 ID:WdtfntbP0
あげあげあげwwwwwwwww

591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 07:26:51.93 ID:p3eT2piQ0
スレストこないかなー

592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 07:35:14.41 ID:uy/cNdFfQ
なにこのホステル

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 08:25:51.59 ID:BZi9b1IE0


594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 08:28:13.81 ID:KUCIs4He0
けいおんって見たことないな。見たいとは思えない
どの辺に魅力があるのかが判らない
何年か前に話題になって、皆その流行に乗ってるけどさ
俺は俺の道を行きたい

595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 08:41:58.55 ID:sccQBkyK0
>>575
これで終わりでいいです

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 09:03:11.98 ID:EEy4sqAz0
この程度の拷問で悲鳴あげるとか弱すぎww

最近のゆとりは家で拷問の訓練とか受けないのかよww

俺のガキのころは電気椅子に固定されて
死ぬギリギリの電圧で3日放置とかしょっちゅうだったぜwww

597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 09:05:52.57 ID:EUW3Tg8H0
            ,.  ´ ̄ ̄     、
           /            \
          ´    l         l ヽ  ヽ
         /   l  l  |       | |  ハ
        ′  l | | |    | |   l |  i   ふっ
       l l  l l l 八ト   l | |   | |  |
       l |  | l |/ | `ヽl | |   | |  |   やばいところ10行ぐらいよんだら吐きそうになったぞ
       | L 丁ノノト  l  ´]_丁 |  }ノ  |
       |  |V 灯仍     f広刃!  ハ l  |   
        |ハ  込リ     込り |/|}   |
           | ∧""   ,    "" |  lノ l  |
           | ∧     __      j|  | l  |
           | l  ト 、     イl |  l l  |
           | |  |  }>r-< /V  ノ l  |
           | |  |_ム∧r-く  / /、  l  |
         ィ´ /,/ 〃´ ||.  ∨ /  ト<  |
.         / |   {/ {{  ||  /  /  |   `  、
        ノ  |  /ヽ ゞーァ介ァ  / r-┘     }
.     /  / / / |//l l/  /  |     ,     l
   /     { / 〈.  l// |/  / /     ′   |
  /      ∨   \. |//  //    /       |


598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 10:14:31.72 ID:IU42lfme0


599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 10:22:51.56 ID:51jkKFysP
中々描写がリアルだな
うまひ

600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 10:25:07.40 ID:fZ3zgFnO0
>>596
キルア乙

601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 10:48:11.14 ID:WdtfntbP0
あげあげあげwwww

602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 11:22:19.93 ID:Ta1l4//z0
こんなに早く律を逝かせたらダメじゃないか・・・
もっとぐちゃぐちゃにして欲しかった・・・
せっかく蟲を使ったんだからマンコやアナルに突っ込んでよがり泣きさせてくれれば・・・

603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 11:30:54.10 ID:wIgd4lfM0
蛆這わせたり傷口に蜜ぶっかけて蟻まいたりして欲しかった

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 11:53:15.91 ID:xoNH1VbW0
飯時に保守

605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 12:39:06.82 ID:Dn/uDzo20
ほあふきむ

606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 12:45:17.87 ID:qCLKvy8xP
>>602
たしかに虫を使った拷問が欲しかったな。

607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 13:24:53.20 ID:R3//8gj50
保守

608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 13:59:17.37 ID:fQ+7Wx/L0


609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:02:01.50 ID:1eSpHo1g0
人の心を狂わすSS・・・ジュラル星人の仕業に違いない!
よくもこんなキチガイSSを!

610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:04:40.86 ID:jy4d0fic0
本日は律の内臓と眼球の出演はあるのでしょうか?

611 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:24:01.93 ID:1eSpHo1g0
そういえば肛門にハリガネムシとか入れたらどうなるの?

612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:33:31.38 ID:HSOXuDW00
蟲と聞いてちょいとしたモノを書いてみた。念のために言っておくが俺は>>1ではない。



「ほらムギちゃん、晩御飯だよ」

唯は紬の前に、とあるモノを置いた。
それは割と大きめで、ギラギラと光るステンレス製のボウルだった。
紬はそれを見て、全身から嫌な汗を噴き出し、歯をガチガチと鳴らした。
そう。唯達に食事を与える時は、自分もこのステンレス製のボウルに入れて出していたからだ。

「い・・・いや・・・」

紬は目を背けた。
本能が「ボウルの中を見るな」と告げていた。
一刻も早く逃げ出ししたい。しかし、自分の手足をきつく縛っている縄がそれを許さなかった。
なんとか逃げようともがく度に、縄は更に手足に深く食い込むのであった。

「早く食べなよ。くすくすっ・・・」

しかし唯は逃がさないよ、とばかりに無理やり紬の両目を指でこじ開けるのだった。
そして紬は見てしまった。そのボウルの中身を。
これが今夜の私の“晩御飯”――――。

「あ・・・あぁああぁぁ・・・い、いや・・・いや・・・」

ボウルの中身は・・・そう、真っ黒だった。
墨汁?絵の具?いや違う。液体ではない。
そうだ。あれだ。黒の碁石。大きめな黒の碁石。
そしてその黒の碁石には、何やら虫の脚のようなものと、触覚が生えていた。

613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:34:14.13 ID:HSOXuDW00
紬は悟った。これは碁石なんかじゃない。
もっと下劣で不潔で醜悪な、自分とは全く縁のないはずの虫。
そう、ゴキブ――――

「えへへ。美味しそうでしょ?」

唯はけらけらと愉快そうに、そして下品に笑った。
一方で紬は生きた心地がしなかった。
これを今から食べさせられる?
これが私の晩御飯?
こんな気持ち悪いものを私が?あはは、嘘でしょう?

「さぁ、食べて。死骸なだけマシでしょ。きっと美味しいよ?」
「いや・・・いやよ・・・いやあ・・・」

紬は必死に逃げようとした。
まるでイモムシのように惨めな格好で地面を這いずった。
しかし当然、逃げられない。
唯はそんな這いずる紬の背中に思いっきり腰を下ろすと、紬の髪の毛を乱暴に掴んだ。

「いっ、痛いっ・・・!」
「くすくすっ。逃げちゃダメだよ?さぁお食べ」

コトン、と目の前に置かれる“アイツ”入りのボウル。
紬は必死に絶対に食べまいぞと口をぎゅっと固く結ぶのだが。

「・・・早く食えって言ってんでしょぉがァッ!!」

次の瞬間、そんな紬に業を煮やした唯は、思いっきりボウルの中に紬の頭を突っ込ませていた。
バリッ。ジャリッ。

614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:35:11.12 ID:HSOXuDW00
蟲の潰れる、嫌な音。
しかし唯にはこれが最高に気持ちのいい音に聞こえた。
バリバリッ。グチュッ。
ああ。なんて気持ちがいいのだろう。

「あはははははッ!食べなよ!美味しいよぉッ!」

紬の髪の毛を掴みながら、そのボウルの中へと頭をぐりぐりと押し付ける。
その度にバリバリジャリジャリ、蟲の砕けるオーケストラ。
紬は必死に暴れたが、唯が背中に乗っているせいでそのボウルから逃れることはできなかった。

「さて。どう?美味しかった?」

唯は一旦、紬の頭を持ち上げ、ボウルから離した。
途端に咳き込み、涙をボロボロと流し始める紬。

「げほっ・・・げほ・・・がはっ・・・うっ、おええっ・・・」

余程気持ちが悪かったのだろう。
紬は激しく嘔吐し、口から白く未消化の食べ物が混じった吐瀉物をボウルの中にぶちまけた。
狭く締め切った地下室に、酸っぱい吐瀉物の臭いはすぐに充満した。
唯はくんくんと鼻を鳴らし、その臭いを堪能した。
あんなに不快だった臭いも、紬のものだと思うと快感だった。

「くすくす。吐いちゃだめだよムギちゃん。ちゃんと食べないと」

唯は右手にゴム手袋をはめると、その白い吐瀉物と黒い蟲の残骸に手を伸ばした。
もちろん、紬に食べさせるために。

「はい、あーんして」

615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:35:55.28 ID:HSOXuDW00

当然ムギは拒否した。うん。それでいい。
唯は左手でナイフを懐から取り出し、紬の剥き出しの背中に刃先を当てた。

「・・・食べて。拒否する度にムギちゃんの背中に1本ナイフで線を入れるよ」

背中を切られるか。大人しく吐瀉物と黒蟲の和え物を食べるか。
究極の選択。
しかし紬は口を閉じ、沈黙を守ることで前者を選択した。

「そっか。残念だよ」

ザリッ。
唯は容赦なく、ナイフを横に走らせた。
皮膚と肉を切り裂く音。そして紬の悲鳴。
背中に1本の赤い線が出来、そこから血がダラダラと流れ、唯の服を汚した。

「さ。食べて?」

しかし紬は痛そうな呻き声を上げるだけで、再び拒否をした。
唯は溜め息をつきながらも、再びナイフで背中を切り裂いた。
ザリッ。ザリッ。
これぞ拷問。終わりのない痛みのエンドレスループ。
苦痛から逃げたところで待っているのは悪夢の食事。
早い話、向かうところは一つなのに紬はわざわざ寄り道をしている。
なんて愚かなのだろう。
しかも背中の傷は割と深い。縫う必要があるだろう。
後で憂に縫ってもらわなくちゃ。もちろん麻酔なんて無し。

そして5本目の線が背中に刻み付けられた時。ついに紬は屈した。

616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:36:23.65 ID:HSOXuDW00

「ううっ・・・食べますっ・・・食べさせてくださいッ!」

涙と吐瀉物、そして蟲の欠片がついた紬の顔。
それはいつも清潔なお嬢様だった頃と比べるとあまりにも惨めで、無残だった。
そんな紬に唯は優しく微笑んだ。

「いい子だね。はい、あーん」

紬は大人しく口を開けた。もう痛いのは嫌なのだろう。
それでいい。最初からそうすればよかったのだ。
唯はそっと、口の中に晩御飯を運んであげた。

「くすくすっ。最低5回は噛むんだよ?途中で吐いたらまた背中を切るからね?」

ジャリジャリジャリ。
紬は言われた通り、5回以上は噛んで、そして飲み込んだ。
そして飲み込むたびに、またボウルの中からそれを掴み、紬に食べさせる。

「ムギちゃん・・・私ね、あずにゃんを無理やり食べさせられた時・・・とっても悲しくて、辛かったんだぁ」

紬は返事をしなかった。
ただ強烈な吐き気に耐え、口の中の吐瀉物と蟲を噛み砕いた。

「ねえ。大好きだった人を殺され、食べさせられる気持ち―――ムギちゃんにわかる?わからないよねえ?」

唯は涙を流していた。悲しみの涙だった。
大好きだった梓。
一緒に手を繋いで帰ったり。ギターを教えてもらったり。

617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:37:41.85 ID:HSOXuDW00
笑い合ったり。たまに怒られたり。楽しかった日々。
しかしそれを、この琴吹紬が全て奪ってしまった。
梓は凄惨な拷問を受け、最後には苦痛と共にこの世を去ってしまった。
そして私は、その梓“だった”モノを食べさせられた。
そう。私は今、復讐をしているのだ。

「お姉ちゃん、言われた物、持ってきたよ」

そして丁度、ここで憂がある物を持ってきた。
それは見るからに残酷な拷問器具。
私の復讐の最終段階。

この琴吹紬に―――相応しい死を。



以上。
腹減った。飯食う

618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:37:46.38 ID:xoNH1VbW0
きた・・・のかな
一応本人が戻ってくるまでだったら支援するよ
本人来ても、終わらないんだったらスレ立ててみれば?

619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:41:42.58 ID:s/yJHtJAP
紬は拷問を受ける側でも悦んでるイメージ

620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:45:19.91 ID:88dyarWe0
1以外が余計なゴミ書くな
つまらんし

621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:46:48.95 ID:qCLKvy8xP
まったくだよ。
1以外の便乗野郎が来るとスレが駄目になる。消えてくれ。

622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:50:38.33 ID:1eSpHo1g0
ゴキブリ程度なら簡単に食えるだろう
もっと生理的嫌悪とか倫理的に問題のあるもの食べさせないと

623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:51:25.65 ID:B0Sc66f10
全員殺した後は(唯は手足切断で生きててもいいが)
父親に用済みと判断か、斉藤の独断で拷問にかけられる紬
希望
牛4頭使ってあれやってくれよ

624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:52:36.19 ID:WdtfntbP0
むしろ父親と斉藤も紬が殺して女帝エンドだろ。

625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 14:53:20.01 ID:xoNH1VbW0
>>622
例えば「〜コンセントの画鋲刺し 糞尿和え〜」なんてどうでしょう
身近にあったもので考えただけですが

626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 15:01:21.47 ID:y954gd75i
ほぉ、こいつも中々上手いじゃないか
姉妹スレとして書いてくれ

627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 15:09:35.99 ID:KYwYnFxl0
なんだかあんまりwktkしない。
>>1早く帰ってきて保守

628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 15:13:30.11 ID:8p//Hq0yP
>>622
人間の活け造りとか?

629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 15:18:40.93 ID:oLuqS+2KP
ゴールが見えない
どこに着地するのかわからない
そこが怖い

630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 15:25:59.51 ID:1eSpHo1g0
>>628
人間で活け造りは作れないはずなんだよ知らないけど切った後はピクピクしないだろうし
まあ抵抗があるって言っても極限状況なら他人の肉ぐらい食えるしカーニバルとか色々あるし別にそこまでの事じゃない
人肉を食わせるなら自分の肉を食わせるのが一番だよ
生きるために食う訳じゃなくて自滅するために食うわけだ

631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 15:29:01.60 ID:AHqRbYsX0
>>630
スティーヴン・キングの短編『生き延びるやつ』か。

632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 15:43:19.36 ID:HDUI1CaO0
       ____         / ̄ ̄ ̄\
       /___ \      /  ___ ヽ
    /  |´・ω・`|  \    /   |´・ω・`| \ みんな〜
   /     ̄ ̄ ̄   \  / _,    ̄⊂二二)
   |  i          ヽ、_ヽl |        |
  └二二⊃         l ∪  |          |
     |   ,、___,    ノ    |    ,、   |
     ヽ_二コ/   /     ヽ  / \  /
   _____/__/´     __ヽノ____`´


633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 15:50:12.04 ID:EcOFafSy0
リョナは大好きだけどさすがにG喰う話とか勘弁

634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 15:54:25.22 ID:BOsnxCB00
元気っ子がボロボロになるのっていいよね。もっとりっちゃんを精神的にも苦しめて欲しかった

635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 16:27:43.94 ID:IU42lfme0
心が壊れるシーンは凄く興奮する

636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 16:33:26.40 ID:/E0HZ+EX0
この>>1はかなり書きなれてるよな
ヤバいのも上手いけど感動的なのも書かせたらむちゃくちゃ上手いと思う
もちろん今はそんなの望んでないけど

637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 16:43:17.67 ID:/LvgI8rB0
斎藤も失敗して罰を受ける

638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 17:30:47.59 ID:xoNH1VbW0
誤爆よくないですぜ
こういうスレに書き込む場合は特に気をつけましょうぜ

639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 17:32:54.74 ID:/E0HZ+EX0
>>638
何これ?誤爆?

640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 17:36:01.10 ID:xoNH1VbW0
別のスレに、ここに書き込むような内容のレスがあったから
あっちで注意するのもなんだから 見てるんだろうし
こっちで注意したしだいです へぇ

641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 17:47:12.46 ID:KUCIs4He0
あれ?誰も>>594に反応しない・・・

642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 17:48:34.75 ID:xoNH1VbW0
>>594
俺は俺の道を行きたい(笑)




はいしてあげたでうれしいかそうかそうか

643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 17:55:05.01 ID:tXMF6ZRBP
えらく乗っ取りに否定的だけどどうせ保守しかしてないならアリだと思いました

644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 17:58:41.55 ID:44atoIkh0


645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:17:58.44 ID:WSQEQKU00
>>643
>>1に期待してるんだよ

646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:20:36.33 ID:KUCIs4He0
>>642
グッジョブ!!とても嬉しいです

647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:23:59.08 ID:/E0HZ+EX0
乗っ取りで肯定されようと思うならかなりのセンスがいるよな
よっぽど面白くないと無理

648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:27:18.72 ID:tXMF6ZRBP
さっきの乗っ取りは文章も>>1のに近いし
内容も面白かったし十分肯定されてもいいレベルだと思ったけど別にもういいです

649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:28:49.19 ID:xoNH1VbW0
偽者だと思うからね
のっとりするくらいなら自分でスレたてればいいのに

650 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:39:31.58 ID:tXMF6ZRBP
ネタ被ってたら普通他にスレ立てたりしないだろうし
他の人に書かれたくなければ>>1だって間空けたりしないだろうし最初から他の板に立てると思うけど
これ以上は保守にもならないから自重しますごめんね

651 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:41:31.23 ID:KUCIs4He0
皆、攻撃的だな
どうせ俺たち、このスレが終わったら二度と関わることはないんだし
こういう場所でくらい、仲良くやろうぜ(´・ω・`)出会いを大切にしよう

652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:43:57.68 ID:yUGal9X20
>>651


653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:44:36.33 ID:xYQ7JPFHP
なにこれきもい

654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:47:04.53 ID:44atoIkh0
>>1はまだかよ

655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:51:19.93 ID:R3//8gj50
>>1がいないのをいい事にやりたい放題だなw

656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:55:55.89 ID:vAWtj90hP
予言しよう
このSSはこのスレでは完結しない

657 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 18:58:36.12 ID:v+6VqEWE0
c3よみたい

658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 19:17:42.07 ID:2P1j9/x30
1はよこい

659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 19:44:26.47 ID:qCLKvy8xP
1の降臨はまだかよ。

660 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 19:49:17.66 ID:svoSvI/00
澪「……ッ、あァッ!」

朝日が顔を出すか出さないか、とにかく朝方から澪は苦痛に蝕まれていた。
第2地下室に澪のうずくまった影が、もぞもぞと動いている。
澪は過酷な拷問を受けた後、肛門から濃縮洗剤を多量に注入された。
裂けた肛門は開かないように、乱雑な手縫いで閉じてある。

澪「はぁッ、はぁッ、はぁッ!!んんんッぁぁッ……!」

ぷっくらと膨らんだお腹はまるで妊婦のように形の良い曲線を描いている。
腸内が炎症を起こし、澪に耐えがたい苦痛をもう3時間も与え続けていた。

澪「いやあああぁぁぁ……おかじくなるッ、うううう……」

激痛に耐えるしかない、どこにも逃げ場はなかった。
いくら痛くてもそれに耐えるしかないのだ。
甘えん坊の澪にとって、耐えるという事が一番の苦痛となった。

澪「あああああ……」

この悲鳴は、紬が拷問を再開するまで止むことはなかった。

661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 19:49:51.43 ID:h7pR2h7mO
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!

662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 19:49:59.24 ID:LUDf6F+o0


663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 19:50:47.62 ID:s/yJHtJAP
きやがったぜ

664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 19:55:18.67 ID:2P1j9/x30
ムギのイメージ悪くせんでほしい。



と思ったけど>>1ならいいよ///

665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 19:58:41.93 ID:EcOFafSy0
ktkr
体に入れてはいけないものでボテ腹にするって最高だな!

666 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 19:59:28.62 ID:kURNq5x0P
下痢したいのに出せないって最高じゃね
ここで腹を蹴り上げてやりたい

667 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 19:59:30.26 ID:svoSvI/00
唯「……」

男「おらっ、起きろ!」

男が唯の髪の毛を鷲掴みにする、唯はたまらず悲鳴をあげた。
泣き疲れた唯は律の亡骸に寄り添う形で死んだように寝ていた。
すでに悪臭を放つゴカイが唯の体を滑っている。

唯「うう……」

男「大好きな拷問の時間だぞ、おら起きろ」

男は唯の腹を何度も蹴り、立つよう促した。
しかしコウノトリにやられた足の筋肉は震えて、唯の指示通り動かなかった。

男「おらはやく起きろ!おらッ」

男の蹴る威力は段々と増していき、無防備な腹を何度も捕らえた。

唯「お゛うッ、おえ゛ッ、えッ、ひッ!」

668 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 20:17:25.14 ID:svoSvI/00
男「おらッ、こっちむけ……はぁっ、はぁっ」

蹴っていくうちに男は性欲を抑えきれなくなり、唯を仰向けに寝かせた。
もはや抵抗する気力がない唯は大人しく言われるがまま動かされる。

男は唯の腹に突きの構えをすると、瓦を割る要領で拳を放った。

唯「う゛ォぁッ……!!!」

止まることなく交互に腹部を突き、水月めがけて何度も殴る。
唯は口からどす黒い血液混じりの流動物を溢れさせ、体に染み渡るような苦痛に身を捩らせた。
勢い余って鼻から汚物が出てくる様は、男が本気だという事を如実に伝える十分な素材であった。

唯「お゛ッぇ、ごぁッ!ごふっ!」

男「はぁッ、はぁッ!」

唯をぶち壊したい衝動に男はかられ、ズボンとパンツを脱ぎ始める。
乱暴に股を広げると、目に飛び込んでくる整った膣に鼻息を荒々しくさせた。

唯「いやっ、いやっ!やめて!なにするのッ!?」

669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 20:20:16.31 ID:DQJm0CVp0
おいばか性的なのはご法度あゔぁばばば

670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 20:20:30.28 ID:uNtABK9L0 ?2BP(0)

エロキタ 行き過ぎたら嫌だけど

671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 20:20:39.64 ID:TTmNW4D/0
膣?

672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 20:25:06.58 ID:qNI/Pkqt0
ちんこ見ただけで唯ちゃん元気になっちゃったw

673 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 20:29:54.60 ID:1eSpHo1g0
これは男が処罰されるパターン

674 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 20:32:23.90 ID:svoSvI/00
目の前の性器に、我を忘れた男はギンギンに堅くなったアソコを手で落ち着かせる。
そして狙いを定めて唯の膣口に亀頭の先を挿入した。

唯「いやだああああッ、やめてよ、やめてッ!!いやッ!」

汚される、あるはずのない第六感が唯の体に逃げるよう指示を出した。
しかし筋肉が、相変わらず麻痺していて不可能だと聞く耳を持たない。

男「おら、ッ、ッぁぁ……」

唯「んぎゃッ……!」

とうとう唯の中に男は進入した。
柔軟な肉壁がいやらしい汁を精製し、男の肉棒に纏いついた。
自己の欲求を満たす事だけを考えている男は容赦を知らない。

男「はっ、はっ、ッ、おぉ……」

唯「いやああァああァあああああ!!!やだやだやだァッ!!!」

唯の処女は、強姦という形で奪われた。

675 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 20:43:46.48 ID:5U7itDOm0


676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 20:44:11.96 ID:5U7itDOm0
フフ、弱々しい唯も可愛いじゃないか
おじさん勃起してきたよ

677 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 20:45:40.52 ID:svoSvI/00
男「はあッ、はあッ、んっ、はあっ!!」

目的を忘れて、男は腰の運動に狂った。
唯はお尻を突き出す形で、ただただ泣き叫ぶだけだ。

唯「やめてぇぇぇ……ぇッ、うっぅううう……」

男「ッ、はあっ、はあっ、イクッ、はあっ、ッ」

早漏とはこの事、男はラストスパートをかけて、腰の動きを速めた。
膣から愛液と血液が滴り、性器の悲鳴が今にも聞こえてきそうである。

男「はっ、はっ、い、いぐッ、っ、いく!」

唯「いや゛ああああああいやいやいやいやいやいや!!!!」

ドクドクッ――。

男「ッ……」

唯「あ……ぁあ……あ……」

男「はぁっ、はぁっ、はぁっ……」

唯「ぅっ、うううッ……うぇぇぇぇん……ひっ、ッ……」

678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 20:52:15.17 ID:CJgfuX2Q0
ジョキンッ!

679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 20:53:08.32 ID:kURNq5x0P
ほんとに唯ちゃんって興奮するよね


680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 20:57:46.56 ID:+WJ8SYulP
ゴキさんなんて電流で処女失ってんだぞ

681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 20:59:53.95 ID:kbfF8iBE0
こんな拷問とかとは無縁の生活が送れますように

682 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 20:59:58.85 ID:svoSvI/00
男「……」

ズルズルと唯は、前に倒れ込んだ。
精神をズタズタにやられなおかつこの仕打ちは身体的拷問に勝るかもしれない。
唯の精神面は澪の身体面と同じくらい、酷く壊れていた。

紬「汚い」

男「あっ」

唯「……」

紬「……」

いかにもお嬢様といった服装、口元に片手を添える仕草。
始めて見せる眉間のしわ、絶望の瞳。
そこに立っていたのは妙な新鮮さを纏った紬であった。
そして、

紬「汚い」

紬は込み上がる吐き気を抑え、正直な感想を言った。

683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:07:18.70 ID:E3lVheMA0
>>630
カーニバルwwww
楽しすぎるだろwwww

684 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 21:15:06.67 ID:svoSvI/00
紬「私の作品になにをするの?」

男「こ、これは……ち、違うんです!」

男は全身から脂汗を噴き出し、懸命に自分の無実を主張する。
紬は一応その戯れ言に耳を貸してあげた。

男「こ、こいつが狂って……お、俺を襲っていたんだ……!」

紬「……」

男「俺はただそれに付き合っただけでなにもしていません!俺は悪くない!」

しかし、

紬「私は3年間、この拷問の為にみんなを育ててきたの、たくさん気を遣ってあげたわ」

紬「でなければお菓子なんかいちいち持ってこないわよ、唯ちゃんだから値切り交渉もしたの」

紬「それだけ私はみんなの事が好きなのよ、貴方はなんなの?この子の事を知っているの?よく知っているの?」

紬「私の作品を汚さないで、貴方の体で臭くなったらどうするの?」

男「ッ……」

口を挟む余地など、ないに等しかった。

紬「不快よ、斉藤」

紬は片手で音を鳴らし、扉の向こうで待機している斉藤を呼んだ。

685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:15:59.33 ID:nfS+cqgw0
コレは素晴らしい男の死亡フラグw

686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:16:25.00 ID:/QUKyNco0
やっぱりお仕置きか

687 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:18:35.73 ID:WdV6r5NW0
何で好きなのにこんなことしちゃうの?

688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:19:55.31 ID:qvnQ/jXX0
好きだからしちゃうんだろ

689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:22:26.06 ID:eIyIdCz60
ヒント:ヤンデレ

690 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:23:33.05 ID:8acbXOBJ0
ようやく追いついたww
支援

691 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:25:01.23 ID:1eSpHo1g0
>>687
どうしようもなく好きな物ってふと壊してみたいと思う時はない?
もう二度と戻らないから普段はその欲望を抑制するけれどそれが更にその欲望を加速させるんだよ
取り返しのない事をしてみたいってのは誰しもが持つ欲望で普段からそれを抑制しているんだよ
だから大量破壊出来るゲームとか大量虐殺出来るゲームとか巨大な敵を打ち倒すゲームとか
とりあえず破壊衝動を発散出来る物を求めちゃうんだよ
でも金持ちだったら人を殺そうと金で解決出来ちゃうから狂気に走っちゃうんだぜ

まあ知らんけど

692 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 21:27:35.01 ID:svoSvI/00
斉藤「はい」

素晴らしい反射神経を駆使し、斉藤は華麗に登場した。
紬は有無を言わせぬとばかりに憤慨した形相で、早急に命令を下す。

紬「やって」

斉藤「かしこまりました」

斉藤はタキシードの内側からマグナムを取り出して、男に構える。
動けずにいる男を一瞥し、斉藤は簡単な冥土の土産を持たせた。

斉藤「お気の毒に」

次の瞬間、引き金が引かれマグナムは弾丸を頭に命中させた。
男の頭部が粉末のように飛び散る。

紬「ふん」

唯「……」

気に入らない者は即殺害され、気に入られた者はじわじわとなぶり殺される。
唯は血の雨を嫌がることなく受け、絶望を身に沁みて実感したのであった。

私が一番、苦しむ事になるかもしれない―――。

693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:29:40.45 ID:tXMF6ZRBP
唯とパコパコしてその上苦しまずに死ねるとか楽園すぎる

694 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:30:55.45 ID:kURNq5x0P
唯とあずにゃんはリョナが似合いすぎる

695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:32:08.71 ID:A4I2pd5e0
安心しろ。HTTは俺が助けておいたぜ

696 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:35:52.75 ID:WdtfntbP0
余計なことスンナ>>695

697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:36:38.59 ID:uNtABK9L0 ?2BP(0)

>>700 よかった、夢オチだった・・・

698 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 21:46:27.16 ID:svoSvI/00
唯は斉藤に抱えられ、澪のいる第2地下室の地へ優しく降ろされた。
澪の姿を見て、ようやく実感が湧き始める。

これから私は腕をちぎられたり、焼かれたり、切り刻まれたりするんだ。
腕をちぎられるってどんな痛みなんだろう、焼かれても我慢できるのかな、おっぱいとかお尻とか敏感なところを責められるのかな。
無傷だからこそ、この恐怖心は半端じゃない。未知の痛みが唯の涙腺を崩壊させる。

斉藤は唯を優しく抱え、運んでくれた。
さっき人を殺したばかりだが本当はとても優しくて思いやりがあるのかもしれない。
この仕事だって本当は嫌で、無理矢理動いているのかもしれない。
唯は微かな希望にかけて、離れようとする斉藤を捕まえた。

斉藤「はい」

唯「はぁっ、はぁっ、た、助けてください……」

斉藤「……」

唯「助けて……一生ついていきますから……好きにしていいからお願い……」

斉藤「……」

唯「助けて……お願いします……」

唯は斉藤の足にズルズルと寄り、体をぴたりとくっつけ上目遣いで助けを乞うた。
完全に泣き落としを狙って、唯は助かりたい一心で思ってもない事を口にする。
しかし、本当に助けてくれるのであればそのつもりであった。

699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:46:41.72 ID:CxYc/3ZR0
いくら金持ちでも捕まるだろ

700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:49:02.51 ID:p3eT2piQ0
700げと

701 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 21:52:38.41 ID:1eSpHo1g0
>>699
この程度なら金とかコネとかで解決できるどの程度の大金とどんなコネが必要かは知らんけどな
あとこの場合は然るべき場所に金を渡して失踪という形にすれば何の問題もない
目撃者が全員身内の人間だから
日本って責任さえ取れれば何をやってもいい国なんだぜ素晴らしい国だろ

702 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 22:00:26.57 ID:svoSvI/00
唯「お願いします……」

斉藤「……」

斉藤は腕を後ろに組み、見下したままうんともすんとも言わず沈黙していた。
この沈黙はもしかしたら、と唯は期待を込めさらに大胆な行動にでる。

唯「お願い……助けて……」

唯は斉藤の片足にしがみついて、猫のように顔を押しつけた。
下手くそな色気も取り入れてみたりして、斉藤の決断を待ち望む。
こうなったら羞恥心を捨てて、唯は体全体を押しつけ、誘うような行動を見せた。

性的な事に走る勇気はあとちょっと足りなかったが、この程度が無難だろう。
騒がしくして朝食の支度をする紬に気づかれたら、おしまいだ。

唯はとにかく必死になって、斉藤の足にしがみついた。

斉藤「……」

唯「お願い……言う事は全部聞きます……なにされても嫌がりません、一生ついていきます……」

斉藤「……」

唯「お願い……ッ……お願い……!」

703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:01:55.83 ID:v+6VqEWE0
うへへ

704 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:02:41.10 ID:kRluTL1rQ
斉藤「おちんちんびろーんwww」

705 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:05:05.26 ID:WdV6r5NW0
http://mup.2ch-library.com/d/1283950991-20100908220221.jpg

706 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:08:36.89 ID:A4I2pd5e0
斉藤「ゲイなんで」

707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:10:22.68 ID:5AcVaXmd0
唯「そのような意味で申し上げたのではない」

708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:12:50.32 ID:4FV1XMfd0
>>705
詳細

709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:13:12.58 ID:s/yJHtJAP
斉藤は上げて落とすタイプ

710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:17:30.08 ID:F2JaQz7P0
執事が感情的になって主人の忠誠を裏切るようなら無能だな

711 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 22:18:24.70 ID:svoSvI/00
唯「……」

斉藤「平沢さん」

斉藤はようやく口を開いて、唯の姓を呼んだ。
手をどけるよう、優しく解いて座り込むと、

斉藤「貴方は紬お嬢様のコレクションに選ばれたのです、それはそれは大変素晴らしき事」

唯「……」

斉藤「なりたくてもなれない人がいるのです、貴方は死んでもなお、生き続けるのです」  

唯「……」

斉藤「この拷問が怖いのであれば、その受け止め方を『愛』だと変えてみては如何でしょう」

斉藤「貴方にもわかる時がくるでしょう、生憎お嬢様は男に興味がないようで残念です」

斉藤「本当ならば貴方に変わってコレクションになりたい、もしそれが許されるのであれば喜んで逃がします」

唯「……」

これまで体感したことのない異質な恐怖が、背筋を凍らせた。
もうしかたないと諦めてしまうほど、この男の忠誠心はなによりも堅い。

斉藤という執事は、一人の人間に尽くし過ぎて、感情が欠落していた。

712 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 22:20:26.74 ID:svoSvI/00
お風呂に入ってきます

713 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:20:58.60 ID:pH/IFh+X0
ムギちゃんってレズ設定だったの忘れてたわ

714 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:21:21.47 ID:KMAin9dk0
なんというおあずけ

715 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:21:54.18 ID:ZAyAFkYl0
斉藤さん格好良すぎだろ…

716 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:21:56.40 ID:R3//8gj50
ビンビンチンコで今日も待機〜♪

717 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:23:12.22 ID:WdV6r5NW0
>>708
ttp://web.doujindou.com/view/14723.html

718 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:23:41.46 ID:yPdmpaFZP
どうせそのまま寝るんだろう

719 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:32:20.50 ID:oDmMcFd3Q
このスレのせいでけいおん!が楽しく見えない

720 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:32:58.66 ID:Qfr2gLM90
分かる

721 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:35:24.04 ID:QVvTvduA0
けいおんは二期の後半から楽しく見れなくなった

最終回の事を考えると・・・

722 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:39:01.81 ID:k4GRUsG90
>>705の、人形みたいのがわらわら湧いてくるのって
赤ずきんチャチャで全く同じのあったな。
リーヤが大量発生して、チャチャが和むっていう

723 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 22:43:05.52 ID:svoSvI/00
紬「今日は澪ちゃんだけにご飯作ってみたの〜」

紬は頬を赤らめて、こちらへ歩み寄るとサラダボールを置いて、隣にトーストを並べた。
澪は腹を焼かれる痛みに泡を吹きながら、苦しんでいる。
強心剤のおかげで中途半端な失神が澪に断続的な激痛を与え続けた。

紬「今日はパンを使ってみようと思うの、その前にうんこしようね〜」

紬はダガーナイフを手にとると、澪の青ざめたお尻を広げて観察する。
乱暴に縫われた肛門はギチギチと音をたて、今にも崩壊しそうであった。
糸が分泌液と血を吸って、黒く染まっている。

紬「暴れないでね」

紬は縫い目の始点にナイフを立てると、そのまま下へ引き裂いた。
糸の切れるブチブチとした音と肉の切れるジュクジュクした音がハーモニーを聞かせた。

724 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:44:27.09 ID:s/yJHtJAP
ttp://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201009081426130000.jpg

725 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:46:13.42 ID:qahvdJLy0
>>724
やだなにこれ怖い


726 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:50:02.32 ID:I+KDn+4g0
>>712昨日みたいな事になったら・・嫌だからね!

727 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 22:57:03.67 ID:EcOFafSy0
肛門はちょっと怖いな。痔の手術経験があるから

728 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 23:02:16.26 ID:svoSvI/00
澪「い゛ッ!」

目を疑わざるを得ない光景に紬は期待通りと小さく嘯いた。
洗剤と大便と血が混ざりあった究極の混合物が、洪水時の河川並に勢いよく噴き出したのだ。
まるでビームのような曲線を描きながら噴出される大便に紬はぱちぱちと手を叩いた。
裂けた括約筋のせいであちこちに噴き出す大便は、水道の水漏れを想像させる。

澪「いたあああああああッッッ!!!ああああうううう……!!!」

傷口に洗剤が滲みて、澪は大きな声でその痛みを表現した。
瞬く間に血便の水溜まりが形成され、それを洗剤の泡がブクブクと溶岩に似せていた。

紬「青リンゴの香りがするわ、ほのかに香る鉄の臭いもたまらなく良い」

澪「ううっ、えっ、えっ、うええええん……ひっ、くぅぅ……」

紬「はい、澪ちゃん朝ご飯よ」

紬はボールからグジュグジュの脳味噌をすくって、パンに広げた。
そして別の皿から泌尿器の左腎臓の上に位置する左副腎という黄色い臓器をのっけて澪に差し出した。

澪「うっ、うっぇ……おろぉぉ……」

紬「りっちゃんジャムよ、召し上がれ」

729 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:07:47.37 ID:vyGobHEm0
このSSで学んだこと。

左腎臓の上には黄色い左副腎がある。

730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:09:47.49 ID:om1AonvT0
うわあああああああああああああ

731 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:10:50.52 ID:emKseTcLQ
副腎を知ってるとはこの>>1生物Uまで習っておるな

732 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:11:06.05 ID:Gd0fdi1n0
脳ジャムとは…

733 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:12:37.80 ID:A4I2pd5e0
唯「りっちゃんジャム!」

734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:13:30.51 ID:glzmLLTK0
ジュースはマジ吐き気来た。

735 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 23:20:08.54 ID:svoSvI/00
澪「ううっ!うわああああ!うわああああああああ!!」

りっちゃんジャム、一見可愛く聞こえるがその正体は人間の内容物。
律から抉り出した臓物なのだ。

紬「はやく食べて、飲み物もあるから全部飲んで」

紬は胆嚢と牛乳をミキサーにかけて差し出すと、澪の狂気を面白がった。
澪の精神は不安定域に突入し、目を大きく開いてガチガチと歯を鳴らしている。
それも無理はない、親友を喰えと強いられているのだから。

紬「全体食べさせるから、じゃないと拷問はしてあげませんっ」

澪「ひぃ!ひいい!!」

紬はパンをもって澪に近づいた。
男が澪の体を押さえつけ、動きを止める。

紬「あーんして、あーん……」

澪「んっ!んんん!」

澪は唇をグッと噛みしめ、首を一生懸命に振った。
長いロングへヤーが頭皮の脂の臭いをさせて、その中の微かに香るリンスがそれをより芳しいものにしていた。

736 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:20:08.82 ID:qNI/Pkqt0
ジャムりっちゃん

737 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:22:46.73 ID:RoGOOWzQ0
ムギちゃんマジ天使

738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:23:19.65 ID:kURNq5x0P
あずにゃんハンバーグ

739 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:31:50.59 ID:22HDbtcZ0
常識的に考えて体全体の部位を食わせるとなると相当量があって
一口づつでもキツイような…

つまり俺に少し食べさせるべきだ

740 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:31:55.89 ID:xoNH1VbW0
高額アイテムが出ないままレンジャーが45Lvに・・・
GBL系大っ嫌いなんだけどな・・・

741 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:32:26.33 ID:xoNH1VbW0
やべ死にたい
超絶誤爆

742 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:33:42.75 ID:s/yJHtJAP
ちゃんと食べてあげないとりっちゃんが可哀相だよって言って諭したい

743 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:34:26.57 ID:2XlXeVhV0
638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日:2010/09/08(水) 17:30:47.59 ID:xoNH1VbW0 [4/9] (PC)
誤爆よくないですぜ
こういうスレに書き込む場合は特に気をつけましょうぜ

744 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:35:09.88 ID:tXMF6ZRBP
アラドっておもしろいのかな

745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:36:28.58 ID:WdV6r5NW0
和ちゃんに同じ事したら
「私が怖がる姿が見てみたいんでしょう?だけど絶対怖がらないわ残念ね」とか言って
何しても平然としてそう

746 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 23:36:31.86 ID:svoSvI/00
澪「ひぃ……ひ……」

紬「はい、あ〜ん……」

澪が落ち着くまで待って、紬はもう一度パンを向けた。
澪は口をぽかんと開けて、通算何十回目の放心状態を見せた。

澪「……」

紬「澪ちゃん?」

澪の様子がおかしい、紬はうなだれた澪の顔を下からのぞき込んだ。
なんと笑っている、開いた口元がニヤニヤと笑っている。

紬「こうなったらおもしろくないわね……」

紬が残念そうに呟いた、次の瞬間。 

澪「へへ、ひひ、ふふふふっ、ふふふふふふふ」

澪は静かに声を出して、笑いだした。
紬は眉を下げて、面白くないと拗ねる。

紬「仕方ないわね……じゃあ、えいっ!」

澪「ふふふふふ、ふっご……!おご、ぶふっ!」

紬は一番流し込みやすい胆嚢牛乳を澪の胃袋に直接突っ込もうと考えた。

747 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:37:13.47 ID:KQKTrkQJ0


748 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:39:30.28 ID:KQKTrkQJ0
直接←え

749 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:41:08.14 ID:kURNq5x0P
澪ちゃん精神崩壊か


750 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:43:57.88 ID:A4I2pd5e0
腹切るってことか

751 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:47:26.32 ID:bIUYn17W0
糞まみれで 投稿者:変態糞親父 (8月10日(木)14時30分56秒)

先日、二回目になるが例の浮浪者の親父と川原の土手でひさしぶりに会ったんや。
高架の下で道路からは見えないとこなんで、
2人で真っ裸になりちんぽを舐めあってからわしが持って来た、
いちぢく浣腸をお互いに入れあったんや。
しばらく我慢していたら2人とも腹がぐるぐると言い出して69になり
お互いにけつの穴を舐めあっていたんだが、
わしもおっさんも我慢の限界が近づいているみたいで、
けつの穴がひくひくして来たんや。おっさんがわしのちんぽを舐めながら 
ああ^〜もう糞が出るう〜〜と言うまもなく、わしの顔にどば〜っと糞が流れこんできた、
それと同時にわしもおっさんの口と顔に糞を思い切りひりだしてやったよ。
もう顔中に糞まみれや。お互いに糞を塗りあいながら
体中にぬってからわしがおっさんのけつにもう一発浣腸してから
糞まみれのちんぽを押し込みながら腰を使い糞を手ですくいとり、口の中に押し込むと舐めているんや。
お互いに小便をかけあったり糞を何回もぬりあい楽しんだよ。
最後は69のままお互いの口に射精したんや。
3人や4人で糞まみれでやりたいぜ。おっさんも糞遊びが好きみたいじゃ。
わしは163*90*53、おっさんは、165*75*60や一緒に糞まみれになりたいやつ連絡くれよ。
岡山県の北部や。まあ〜岡山市内ならいけるで。
はよう糞まみれになろうぜ。

752 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:50:37.71 ID:ZAyAFkYl0
なん…だと…

753 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:50:53.62 ID:bIUYn17W0
やったぜ。 投稿者:変態糞土方 (8月16日(水)07時14分22秒)

昨日の8月15日にいつもの浮浪者のおっさん(60歳)と先日メールくれた汚れ好きの土方のにいちゃん
(45歳)とわし(53歳)の3人で県北にある川の土手の下で盛りあったぜ。
今日は明日が休みなんでコンビニで酒とつまみを買ってから滅多に人が来ない所なんで、
そこでしこたま酒を飲んでからやりはじめたんや。
3人でちんぽ舐めあいながら地下足袋だけになり持って来たいちぢく浣腸を3本ずつ入れあった。
しばらくしたら、けつの穴がひくひくして来るし、糞が出口を求めて腹の中でぐるぐるしている。
浮浪者のおっさんにけつの穴をなめさせながら、兄ちゃんのけつの穴を舐めてたら、
先に兄ちゃんがわしの口に糞をドバーっと出して来た。
それと同時におっさんもわしも糞を出したんや。もう顔中、糞まみれや、
3人で出した糞を手で掬いながらお互いの体にぬりあったり、
糞まみれのちんぽを舐めあって小便で浣腸したりした。ああ〜〜たまらねえぜ。
しばらくやりまくってから又浣腸をしあうともう気が狂う程気持ちええんじゃ。
浮浪者のおっさんのけつの穴にわしのちんぽを突うずるっ込んでやると
けつの穴が糞と小便でずるずるして気持ちが良い。
にいちゃんもおっさんの口にちんぽ突っ込んで腰をつかって居る。
糞まみれのおっさんのちんぽを掻きながら、思い切り射精したんや。
それからは、もうめちゃくちゃにおっさんと兄ちゃんの糞ちんぽを舐めあい、
糞を塗りあい、二回も男汁を出した。もう一度やりたいぜ。
やはり大勢で糞まみれになると最高やで。こんな、変態親父と糞あそびしないか。
ああ〜〜早く糞まみれになろうぜ。
岡山の県北であえる奴なら最高や。わしは163*90*53,おっさんは165*75*60、や
糞まみれでやりたいやつ、至急、メールくれや。
土方姿のまま浣腸して、糞だらけでやろうや。

754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:51:59.97 ID:bIUYn17W0
やりたい 投稿者:糞親父 (7月11日(火)22時41分11秒)

糞まみれのプレーをやりたいぜ。お互いに浣腸してから、
ちんぽを尺八しながら顔や頭から糞をかけたりかけられたりしたら最高や。
もう考えただけでちんぽが勃起してしまう。
出来れば年配の親父や爺さんの糞が一番だが、
糞だらけになれるなら30代40代のおっさんでも
一緒に変態の限りをつくし気が狂うほどぐちゃぐちゃになりながら、
けつの穴に入れたり糞だらけのちんぽを舐めあおうや。
又浮浪者のおっさんにせんずりを見せ合ったり、
そのまえで小便を掛け合ったら興奮してたまらないぜ。一緒にやろう。
岡山県の北部なら良いが、岡山市内でも良いぜ。
163*90*53の変態親父や。土方姿のままで汚れながら狂うのが一番や。
連絡早くしてくれ。糞、ためて待つぜ。

755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:53:40.08 ID:bIUYn17W0
糞まみれ 投稿者:変態土方 (5月25日(水)21時52分21秒)

やりたい奴、わしと糞塗れでのプレーは最高やでえ〜〜、お互いに浣腸しまくり、
糞まみれで、せんずりを何回もやりまくらないか!!
年齢とか体重、身長がしりたいぜ!
又、朝、早くなら野外でのルンペンのおっさんにちんぽみせながら、やるのも
いいぜ!
連絡は最初はメールで!!
又、年齢は40代から上がいいが30代でもOKだ!!お互いの時間が取れた時
しか出来ないが、思い切り糞にまみれて一晩中やりたいぜ。写真付メールたのむぜ。
岡山市内でとりあえず朝早く会える事と夜なら7時以後にやれる変態だけがOKだ

糞・糞・糞 投稿者:変態糞親父 (6月10日(土)11時27分36秒)

俺は糞まみれになってお互いにけつの穴や口にちんぽを突っ込みあいながら、狂うのが大好きや。
浣腸してお互いにちんぽ尺八しながら、顔の上に糞をだしながら、やりまくろうぜ。3人でやると写真が取れる
のでやってやってやりまくりたいぜ。
岡山県の県北なら最高だえ。年齢は年上の親父・爺さんならいいが、糞まみれになれるなら30代でもOKだぜ。
もう糞に最近飢えてるので、徹底的にやろうや。又野外で浮浪者にせんずりを掻いて見せ合うのも大好きや。
野外撮影もOKだぜ。
わしが浮浪者の汚れたちんぽ舐めているのをデジカメで撮ってくれるやつもいいなあ〜。163*85*53の
変態よごれ親父や。至急連絡くれや。

禁断症状が 投稿者:変態糞親父 投稿日: 8月21日(日)22時35分27秒

浣腸して糞まみれになってやりたいぜ。もう我慢が出来ない。お互いの糞を体中に塗りあい、抱き合い、69になり
ちんぽから小便を出し飲みあいながら豚になりたい。岡山の糞親父や、163*90*52の土方親父や。

756 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:55:38.15 ID:bIUYn17W0
糞ずき親父・爺様募集 投稿者:変態糞親父 投稿日: 6月13日(月)21時12分15秒

こんばんは、岡山市に住む変態土方親父です。今年の初めまで近くに70歳の爺さんがいて、
その爺さんと糞まみれでのプレーをやりまくっていたが、爺さんが体調をくずしてからは、年配
の糞に触れてないんだ。爺さんとは浣腸をしてお互いにけつの穴を舐めながらの排泄をし、
頭からちんぽまで又全身、糞まみれになりながら、何回も、何回も浣腸したりお互いに糞だらけ
のちんぽ尺八しあって、気が狂うほどやりまくっていた。
爺さんの糞や小便をお互いに掛け合いたいし体中にぬり、抱き合いたいよ。又小便もお互いに
直接飲んだり、穴の中にちんぽ突っ込んで小便したいよ。良かったらメールまってます。
岡山市の変態や。
163*90、51歳の土方


せんずり 投稿者:変態親父 (3月8日(木)00時21分39秒)

この前から、電話してくれてるおっさん連中、申し訳ないが昼はNG、
それから日曜日はまったく電話に出ることが出来ない。
電話でせんずり掻きながらよがり声をあげる声を聞きたいぜ。
平日の午後10時〜午後11時30分ならOKだぜ。
それ以外は絶対に出ないから、その時間にせんずりしながら電話してくれ、
又その時間以外はドライブモードにしてあるのでまったくでないぜ。
夜10時過ぎに電話で変態的な話をしながらせんずり掻こうぜ。
わしは163*90 53歳の変態土方親父や。090-????-????
いきなりちんぽの連呼でも良いぜ。声を上げないやつはNGだ。
思い切り変態の声を上げれる奴だけ連絡してくれ。ちんぽがいきり立つ話をしようぜ

757 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/08(水) 23:55:53.12 ID:svoSvI/00
澪「ふが、お、おげえええええええ!!!」

紬「おもしろくないから貴方たち思いっきりやっちゃって!」

紬は男にそういうと、拷問の主導権を一時的に預けた。
男はゆっくりニヤついて、澪を眺める。そして、

男「おいしょ、ほら飲みな」

男は澪に跨って、牛乳のコップを真っ逆様にした。
腐乱臭がぷーんと酸っぱい酸味を与え、男の興奮を加速させる。

澪「おげえええええ!!!へ、へへへ、あはっ、あはははははは!!!」

焦点の定まらない澪は下を出して、笑い声をあげて狂った。
手と足をジタバタさせて、甲高い笑い声をあげ続ける。

男「余裕だなっ」

男はパンの上に乗ったジャムだけを澪の口に放り込んでやった。

澪「えへへ、へへ、へ……へへ」

紬「あら……」

吐き出すと思いきや、澪はそのジャムをくちゃくちゃ言わせながら噛みしめている。
喉が動いている事からちゃんと呑み込んでいるようだ。

758 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:56:14.88 ID:bIUYn17W0
\ やったぜ。 投稿者:変態糞土方(8月16日(水) /糞まみれで 投稿者:変態糞親父
糞\                            /先日、二回目になるが例の浮浪者の  
糞糞\昨日の8月15日にいつもの浮浪者のおっさ/高架の下で道路からは見えないとこなんで、
糞糞糞\ (45歳)とわし(53歳)の3人で県北に/いちぢく浣腸をお互いに入れあったんや。 
糞糞糞糞\今日は明日が休みなんでコンビニ/しばらく我慢していたら2人とも腹がぐるぐると
糞糞糞糞糞\そこでしこたま酒を飲んでか ./お互いにけつの穴を舐めあっていたんだが 
糞糞糞糞糞糞\3人でちんぽ舐めあいな /わしもおっさんも我慢の限界が近づいているみ
糞糞糞糞糞糞糞\しばらくし∧∧∧∧∧/けつの穴がひくひくして来たんや。おっさんがわし
糞糞糞糞糞糞糞糞\浮浪<     変  >ああ^〜もう糞が出るう〜〜と言うまもなく、
糞糞糞糞糞糞糞.糞 \  <     態  >それと同時にわしもおっさんの口と顔に糞を  
糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞 <  の  糞  >もう顔中に糞まみれや。お互いに糞を塗りあいながら.
―――――――――――< 予   親 >――――――――――――――――――-.  
やりたい 投稿者:糞親父 <  感 父  >;;      , -────-
                <  !!      >     ./´            ` ヾ ああ^〜
糞まみれのプレーをやりた/ ∨∨∨∨∨ \;   /:                 ヽ  
ちんぽを尺八しながら顔 / 090-????-???? \;; /:::::::::               、ヽ  ああ^〜
もう考えただけでちんぽ /              \ ::::::::::.    ミ゙´`゙'゙'''シ  ,:ゞ'''"ミ l 
出来れば年配の親父 ./糞、ためて待つぜ。   \ ..::::::...  ,. -─- 、  , -─- 、|  ああ^〜
糞だらけになれるなら./                 \;,r'====i ...rェz、l⌒i  rェ; :: }^i 
一緒に変態の限りを/ はよう糞まみれになろうぜ  .\ ::` ヽ'....:'''ンノ __ヽ.:::'''"ソ、ノ 
けつの穴に入れた/ 

759 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/08(水) 23:58:25.02 ID:bIUYn17W0
.       ,、r‐''''''''''''''''ー 、
      ,r'         `' 、
     /             ヽ
.    / ,             ヽ
   ,,'  ;    ,、、,_  ニニ  ,、」、
   l.  :;;;i    ´ .._`ー   ‐''"....|
   l:,;'"`'、,    . ,;ィェ、..   ,rェ;〈  
.   ';i l :::i;;,, ::' "......::'''ン  .., .:::'''"゙,    
    l;゙、',.::l;;;i      r   ヽ.   l,  はよう糞まみれになろうぜ!  
    l;;;;`‐;;;;;ヽ   . './'ー'''ー‐' ',  l;;;,, 
. ,、rイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ  ,r";;二二二,ヽ, !;;;;:'
'.:.:.l ll ;;;;;;;;;;;;;;;;;' ,rニン"  ̄二´ `ノ;;;;;`-、   
:.:.:.| l.l  '';;;;;;;;;;;;;;'         ,イ l'''  l `
:.:.:.:| ','、  '''''''''   , ‐---,ェr'".l.|  |  |
:.:.:.:|  ゙、゙、       `''''''''"",ノ l l  .|  |
:.:.:.:.|  ヽヽ     `'---‐'" .//  !  |
武田信玄
初代変態糞親父スレにて貼られていた信玄公のAAが糞親父のイメージにマッチしていたため
以来糞親父のAAとして扱われるようになった。
実物とはそんなに似ていないが(特に顔の下半分が)、いまだに「糞親父=信玄公」というイメージは強い。

760 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:00:04.76 ID:d6trGTqv0
NG余裕

761 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:02:04.99 ID:Zo+DjAwd0
【糞親父スレ人気10の秘密】
1) ゲイでスカトロ・ふけ専・露出狂という、腐女子を一切寄せ付けない
  超絶変態ぶり。よって漢どもばかりが集うガ板一ピュアなスレ
2) 「はよう糞まみれになろうぜ」「糞、ためて待つぜ」とネットで
  あっさり書いてしまう、潔いまでの単刀直入ぶり
3) 「ああ^〜」「突うずるっ込んでやる」など糞親父がひり出す
  キッチュでポップ、そしてニヒリズム漂う独特の言語センス
4) 163*90っぽい体格の信玄(ゲイ)公AA&改変コピペ祭り
5) 岡山市の聖地「スナック○」HPの発見
 (岡山のホモオヤジが盛り過ぎて下水管が詰まり、12月頃まで閉鎖中)
6) 163cm・90kgという体格を感じさせない土方で鍛えた糞親父の体
7) 54歳という年齢にもかかわらず、糞親父がIT番長である点
8) 「スナック○」の営業の関係でスカトロは隠れた趣味である点
9) 糞親父が飼っている犬が、なぜかメス犬である点
10) ここまでのド変態にもかかわらず、他人に一切迷惑をかけてない点

762 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:02:43.93 ID:qV6UGBmuP
NG機能を久々に使ったw

763 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:03:09.95 ID:IIRhVjx+0
華麗にNGでつ)^q^(

764 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:04:32.70 ID:bIUYn17W0
5:30 変態糞親父の糞ドバーッ!
9:00 名作アニメ 糞太郎
9:30 みんなの糞
9:45 糞ひり体操
10:00 実用岡山弁講座「はよう糞まみれになろうぜ」「ああ^〜たまらねえぜ」
11:00 糞親父の変態クッキング 「タッパーに冷凍保存」
12:00 午後は○○おもいっきり浣腸
14:00 浮浪者の部屋 ゲスト:汚れ好きの土方のにいちゃん(45歳)
14:45 ドラマアンコール 褌姿で行こう! 「最終話 糞、ためて待つぜ」
16:00 水戸肛門「凄絶!糞まみれの決闘・岡山」
17:00 岡山県北ニュース ウンコ飛来事件続報
18:30 糞まる子ちゃん「爺さんのけつの穴がひくひくしている」
19:00 いきなり!黄金まみれ 糞だけで一週間生活
20:00 大河ドラマ 武田信玄「第25話 臭きこと糞の如し」
21:00 糞土方のTVタックル 激論!爺さんの糞かおっさんの糞か
22:54 変態NEWS23 糞遊び大流行▽変態の声
0:45 いい旅糞気分 糞まみれの温泉旅館を紹介
1:15 肥溜めカンタービレ
1:45 KUSO NOTE 名前を書かれると糞まみれになる恐怖のノート。それを拾った親父は・・・
2:15 TVショッピング いちぢく浣腸特集▽産直瓶詰め糞
3:30 吉井川高架下ライブカメラ

765 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:04:42.26 ID:dCLIMizT0
ID:svoSvI/00

NGですっきり

766 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:05:05.26 ID:Zo+DjAwd0
              )
             (
         ,,        )      )
         ゙ミ;;;;;,_           (
          ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
          i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
          ゙ゞy、、;:..、)  }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '',',;;;_~;;;′.ヽ
        ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  、}
        ".¨,;;;;==-ー=v ''ノ==ミ_,ノ′
       /;i;i; '',',ィ.tァュ,;;;;;;;/ ィ、ァュ´゙^′..ヽ 
       ゙{y、、;:...:,:`~"、;:.:,:ヽ .`~".、)  、}
       ".¨////'‐ .:ノv、冫) ////r_,ノ′
      /i;i; '',',;;;_~υ⌒ハヘ__, ノ;;ヾ.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
      ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:_,,:ν⌒Y⌒ヽ、゚o,,'.、)  、}<今日も元気だウンコがうまいだろぉ…ハァハァハァ ウッ!
      ヾ,,..;::;;;::,;,::;)Kェエエェエェ-冫,,、_,r_,ノ′
            ヽ、___, ノ

767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:05:34.00 ID:dCLIMizT0
ID間違えた(´・ω:;.:...

768 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:06:14.01 ID:UrMvFJYM0
なんで虐待系のSSって荒らされやすいんだ?
アンチが書いてると思ってるのか?

769 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:06:24.05 ID:Zo+DjAwd0
http://www.super3.jp/images/big/dvd_dl/std046.jpg
ノンケ痴漢男子便所
閉ざされた 密室!
便所に香る男臭 完全密封!

チェケ男クラブトイレ 女に色目使ってんじゃねえ!
リズムに合わせて パンパン掘るぜ!
きたねぇ〜ケツにはビールを浴びせろ!
罰として 俺たちのチンポ 食らわしてやる!
直腸ソーダ割りは いかが?

目力不良少年 てめ〜何見てんだ!
美味しそうな ヤング 不良少年!
ガンつけながら 起たせ やがって!
チンコしごくと 急に大人しくなる!
あれ〜 感じてるのぉ!?

ガッチビ新人リーマン! 俺の太魔羅口貫通!
早く帰りたきゃ スポスポ しゃぶれ!
こいつ! 襲われてるのに 感じやがって!
ヌタ〜とした感覚が 俺の腰を早くするぜ! カクカク!

イケメン医者! エレベーターの中は痴漢師で一杯!
やりっ放し! しゃぶらせっ放し! 掘りっ放し!
男前のしゃぶり顔! くぅ〜 痴漢 やめられません!
じょんじょろじょんじょろ 小便かけるぜ!

770 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:06:26.30 ID:neXkM7c90
そこをNGにするとは…こいついかれてやがる…!!

771 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:07:17.85 ID:Zo+DjAwd0
さっき、川原でやった六尺兄貴凄かったです!ガチムチの色黒兄貴がオッス連呼で
張型ケツにぶちこまれ腰振ってました。俺もくわえさせられて浣腸食らい無様に
排便さらしました。バリカン出されたときは一瞬引いたけど、兄貴の「いやなら
止めていいんだぜ!」の一言で覚悟決め、生まれて初めて丸刈りになりました。そ
の後、脇・チンゲも刈られてビンビンのマラ、思いっきりしごかれ派手にガチムチ
兄貴の顔に飛ばしました。スッゲー男らしく気持ちよかったです。また行くとき
カキコして下さい!帰ってから丸刈りの頭見て、また感じまくってます!

772 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:08:11.62 ID:Zo+DjAwd0
ご近所で知り合った10歳以上年上の勉三さんの家へ。
そしたら「これ着て責めて欲しいダス」と言われて、学生服というか、
浪人の人が着てるようなボロい詰め襟を着させられ、渦巻きめがねをさせられたナリヨ。向こうは全裸ナリ。
まあこんなのもたまにはいいナリか、と愛撫してたら、勉三さんが喘ぎ声の中、喋りだした。
「お、おにいちゃん…お、おかえりなさいダス…ご、合格だったダスか?ねえ合格だったダス??」
…ワガハイは突然の、しかも想定の範囲を超えたセリフにポカーンとしてしまったナリ。
勉三さんは素に戻って、「…返事して欲しいダス」と恥ずかしそうにワガハイに言ったナリ。
プレー再開。・・・耳とかをなめつつ体中をさわさわと触る
「お、おにいちゃん、合格だったダスか?」
「ああ、合格だったナリよ」
「あぁぁぁあぁすごいいいぃいぃ!、、ど、どこに、、ハァハァどこに合格したダスか?」
乳首を舌でやさしく舐めながらワガハイは答えたナリ
「…早稲田とか、、、慶応とかいっぱい合格したナリよ」
セリフを聞き、勉三さんはびくんびくんと身体をひきつらせたナリ
「はっ!はぁぁぁあんっ!と、東大は?東大は、ご、合格しただすか??」 チンコをしごくナリ
「ああ。みごとに東大合格ナリよ。今年一番の合格者ナリ。」
「合格っ!!東大ぃぃ!!おにいちゃんかっこいいいいぃぃぃい ぃくダスううううう!」
実話ナリ。。きっと大学生との浪人時代の体験というか、淡い学歴主義とかが
あったんだナリなあ、といろんなことを考えさせられた一夜だったナリ。

773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:08:11.89 ID:sCV0ikgL0
ガ板が落ちてるからって暴れすぎだろw

774 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:08:57.42 ID:Zo+DjAwd0
井坂おじさん(訂正版)
風都の出会い系で知り合った10歳以上年上のオジサンの家へ。
そしたら「これ着て責めて欲しい」と言われて、赤い皮のツナギというか、
バイク乗りの人が着てるようなライダースーツを着させられ、アクセルドライバーを着けさせられた。向こうは全裸に白衣。
まあこんなのもたまにはいいか、と愛撫してたら、オジサンが喘ぎ声の中、喋りだした。
「て、照井竜…よ、よくも私の新しいメモリを手に入れるのを邪魔したな…そ、そんなに憎いか?なあ憎いか??」
…オレは突然の、しかも想定の範囲を超えたセリフにポカーンとしてしまった。
オジサンは素に戻って、「…返事して欲しい」と恥ずかしそうにオレに言った。
プレー再開。・・・ガイアメモリをベルトに挿し、仮面ライダーアクセルのお面を装着する
「て、照井竜、私を倒すつもりか?」
「ああ、今日こそはお前を倒す」
「あぁぁぁあぁすごいいいぃいぃ!、、ど、どうやって、、ハァハァどうやって私を倒すつもりだ?」
井坂をエンジンブレードでやさしく斬り付けながらオレは答えた
「…トライアルメモリとか、、、高速で動けるトライアルフォームに変身して沢山殴ったり蹴ったりするんだ」
セリフを聞き、井坂深紅郎はびくんびくんと身体をひきつらせた
「はっ!はぁぁぁあんっ!イ、井坂は?井坂は、こ、殺すの??」 メモリを放り投げる
「ああ。でかい井坂を倒すよ。9.8秒がお前のゴールだ。」
「メモリブレイクっ!!ウェザァー!!照井竜かっこいいいいぃぃぃい ぃ逝くううううう!」
実話です。。きっと刑事の人との若い頃の体験というか、長い戦いとかが
あったんだろうなあ、といろんなことを考えさせられた一夜でした。

775 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:09:05.13 ID:d6trGTqv0
続きまだかよ

776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:10:08.12 ID:QPMjmM3W0
ID:dCLIMizT0
今日のどじっこID

777 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:10:13.19 ID:Zo+DjAwd0
                         !   .  , ,      .
                        ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1
          、_、ト'i从ト,、          )
          'シ:::::::::::::::::厶.     ‐=、´ これでも喰らえ!
         彡"``ー、≦=ミ       )
         l:f =ュ, ,== |::j    ., '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!
         {| 、tッ、 ,tッァ |:ノ、.       ´ i   '   ´  `
          l  . ;、;、`  } ゙/ ̄ ̄ ̄¨Y¨ ̄ ̄ ̄\
          丶 rζ=ァ゚ ;'/                 \
            丶  ̄ .//:::                 \
          / ̄ ̄ ̄ ̄)        *      ( ̄ ̄ ̄ ̄)
         |    ─<         |\      >─   (
         |      )     /  (|ミ;\    (      )
         ヽ    ̄ ̄)    /(___人|,iミ'=;\  (  ̄ ̄   )
         /" ̄ ̄ ̄ ̄   /    《v厂リiy\  ̄ ̄ ̄ ̄\
         /        /        ゙|,/'' v:,,、.¨)z,_       \
        /       /         ミ/ .-─ .゙》z、      \
        /      /           〔」″ノ‐ 、u ¨\      )
       (      /             ゙|, ..冫 .rー    ̄\_    |
        |      〔              ミ./′   ..r-ー __,,ア┐  |
        |      |              {. .,,,,   .′  .´′ .¨\|
        |       |              ∨   ノ冖′ =vvvvvv¨\
        |     /               ミ.   ,i'           .゙\_
        |     /                .{.  ノ  ,r¬″       .¨\
        |     /                 ゙|, |  ノ      ー'''''''''''  .ーミz

778 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:10:44.50 ID:Zo+DjAwd0
          、_、ト'i从ト,、      .人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
          'シ:::::::::::::::::厶.   <アッ〜!アアッ〜アッ〜〜アッ〜〜!>
         彡"``ー、≦=ミ     Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
         l:f _ノ, ,ヽ__ |::j                   |   l l
         {|  ≧、 ,≦ |:ノ、               |──
          l  . ;、;、`  } ゙/ ̄ ̄ ̄¨Y¨ ̄ ̄ ̄\ |        ___
          丶 rζ=ァ゚ ;'/                 \        /
            丶  ̄ .//:::     ,-=ー、.         \    /\
          / ̄ ̄ ̄ ̄)       (( ヽ )ソ.    ( ̄ ̄ ̄ ̄)
         |    ─<      \ヽ 、\. \   >─   (
         |      )     /  ヽ  \\ (      )
         ヽ    ̄ ̄)    /(___人_〉ヽ \ (  ̄ ̄   )
         /" ̄ ̄ ̄ ̄   /      \\. \ ̄ ̄ ̄ ̄\             !   .  , ,      .
         /        /    / ⌒ヽ⌒ ヽ    \      \     ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1
        /       /    /         \ \    \    \     . )
        /      /    /            \   \ \   ) ‐=、´    セイッ!
       (      /    /                  \    ヾ     |  ..)
        |      〔.     |                |\ \\ ヽ. | ..., '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!
        |      |     \                /  ` ) l  ). |     ´ i   '   ´  `
        |       |     \              / ─ ─' _, ノ シ
        |     /    /゙) ヽ_:::..  _     ..::,' ── __ノ.   ュ
        |     /      ヽ二_,,/ / | ,´ ──   ̄       ッ
        |     /         ./_/   |_/ ̄

779 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:11:43.15 ID:Zo+DjAwd0
 ,.;;:。;ニ-;::ニ-、;,.;。;ニ=:,.;;:。;:ミ                   ,i三三三三=
 ,.;;;::、;三::、;;::  _≧ミ災リリソy,、              ,i三三三=
 ,.;;:ニ-:、;,.;:、;   _ミソ,.≡ミ;' r゚=、ヾkt         ,i三三=
 ,ニ-、;,.;::ミ;ミ   ,シ',.=tッ, 〉:. ,rtッ、`、彡           ,i三三=  ダ
 ,:、;,.;;ミ;  /! | リ.:'"¨´r'。_。;`¨"` }ミ         ,i三=-   イ
 ,:。;ミ     {チ' ) }! ,.’´ __:_;__ヽ、_.・ た           ,i三=     ボ
 '       ! イ  lj { :. '´ 二 `'、  ,トr-‐'⌒ヽ⌒ヽ., i三=-    ウ
 .        i |  '、' ,.   、   ,「Y、ヾソノ ン'へ. \i三=      だ
 .        | `ーハ ',` ー--― '  ムif|   <´   ,i三=     :
 ,;ニ;: ;::、..  `〃ー-ヾヽヾ.、 レ:T.    ヘ三_     ,i三三     :
 ,.;;:。;:;;ニ、;.       ` ̄ ̄ヽ  三    `i三_  ,i三三==
 ,.;;,.::、::、;,.;;:。;:;;::、      \: : :  /--ヘ-_   ,i三三二=
 ,.;;ニ:。;-:;;:.三;:;;:::ニ      弋シ'::::::::::::::::}=._ ,i三三二==ニ=i
 。;:;;::、:、;,.;;:。;:;;::三     /⌒ヽ、::::::::彡彡,i三三二==ニ=i
  ミi彡 ;;:。;;;: 。;ニ       / _ ,,/ミ⌒ヽシ、 ,i三三二=ニ==;i
 彡;iミ 彳ミi 三彡イ 三   ヽ   ヽ三     ,i三三二==ニ=;;i ミ、ィ ミ
  ミソi彡 ミiミ 彡iミ彡ミ、      `ヽ、 \ ニ-  ,i三三二=ニ==;;iソミ/彡
  彡ヽ彡ミiミiミミiミミミヾ〃〃ヾミミ彡ミヾ/ミシミミ,i三三二===ニ;;iミミi彡ミヾ
  彡ヾシミミi彡ミミiミミミi彡彡ミソ彡ミミi彡ミノノ,i三

780 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:12:48.98 ID:WuomsbwZ0
終わったなVIP

781 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:12:56.36 ID:PRrAppIG0
レス番飛び杉

782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:13:21.04 ID:Zo+DjAwd0
                             |    |  | ̄ ̄)
                        /   |\  |  | ̄ ̄   .| ̄\
                      /\   |  \|  |      \
                          \.    .___.     \_|
                         、 /| /:::::::::::: \ |\ 、
       /⌒ヽ⌒ヽ.            /l /::|/:::::|/:::::::::::::::::::::::::ヽ|:::丶|:丶lヽ
      /  ー-- ヽ            {::|l:::::| ::::::|{:::::::::::::::::::::::::::::}|:::::::}|:::::}|::}
      /._ー=、 ゚ ,=-_.ヽ.         丶l 、::|、::::|ヽ:::::::::::::::::::::::::/| ::::/|::/ l/                / ⌒ヽ⌒ ヽ
     /‐ゞ::::ノーヾ::::ノ‐ヽ            ` \| \ ::::::::::::/ |/ ′               /゙ェェュ、.;,rェェュ゙\
     (   ノ、__λ.    )                   ̄ ̄                     | ´'---' ::、.---`  |
     |゙ ̄ ̄,,,,,,,,,,,, ̄ ゙̄|                                     |. .,;"、,,..::::..,,,ノヾ、:.. |
      |  '''' ∈∋ ''''  |         /_⌒ヽ⌒_ヽ.          / ⌒ヽ⌒ ヽ         |:. ",,___,ニニ,____ヽ|
      |   ゙''''''''''''゙   |        /` ゚` :.; "゚ `ヽ      /r'"::.`ハ'":::`)\        |:. ヾ、゙'エエエ'"ィ"゙ |
     〉ヽt--、____,--;ッr'〈       /   ,_!.!、   ヽ.    /  `''''''´:::`'''''''   \..     |    ゙ ==- "゙   :|
.     /:ヽ::ヽ;;∧_∧;;ノ::;ノ:\.     (_.  ⊂⊃  ._)  /  r'´ゝ=、__rュ,.ソヾ   \    〉ヽt--、____,--;ッr'〈
   /:::::::::ゝ::;;ヾ:ハ:ノ;;::ノ゙:::::::ヽ.    `>、_______,<´    |   i { _,. - 、, ...、_  ,,) i  |   /:ヽ::ヽ;;∧_∧;;ノ::;ノ:\
   |:::::::i:::::::::::``y'´゙:::;;;;;;::i:::::::|     ./l:ヽ∧_∧ノ_l\.   \  ヽヽエエニヲ,ソ"  ´ /   /:::::::::ゝ::;;ヾ:ハ:ノ;;::ノ゙:::::::ヽ
   |:::::::|:::::::::::::::|・゙::::::::::::::|:::::::|   /:::::ゝ;ヾ:ハ:ノ;ノ゙:::ヽ    \   ヽ二二ン   /    |:::::::i:::::::::::``y'´゙::::;;;;;::i:::::::|
   |:::::::|:::::::::::::::| ::::::::::::::::|:::::::|   |:::i::::::::``y'´゙:::;;;::i:::|    ヽt---、____,---ッrソ.     |:::::::|:::::::::::::::|・゙::::::::::::::|:::::::|
   |:::::::|:::::::::::::::|・゙::::::::::::::|:::::::|   |:::|::::::::::::|・゙:::::::::::|:::|   ./::l::ヽ::∧_∧::ノ::_l::\     |:::::::|:::::::::::::::| ::::::::::::::::|:::::::|
      r──‐-、 ,ヘ           ,-、   r‐、〈⌒l                    ,n
      '⌒l l'´`"/ l    ,---、    /  ヽ. | 〉 `゙´ ..___  .,---、 .,-‐-、 .__,! ヽ、_ ,-‐-、 ,、 __ ,-‐-、
.        | |  .|  ゙ー'ヽ /(二l 〉  .| r^ヾ' | |⌒〉゙|´ r‐、ヽ../(二l 〉( (`ー' ゙┐r‐‐' レ⌒) 〉 | `'゙_ノ( (`ー'
        ノ |  | r'´`l | 〈 r─'′  | |   ゙l | | ( | (、_,ノノ〈 r─'′ `ヾヽ、 | (_ノ7 r;=;' i .| 〈´゙ .`ヾヽ、
       ヽー'   'J  .∪ ヽ二ソ    'J    ゙ソ ノ__,」. | ト、ノ゙ ヽ二ソ ヾニ'ノ゙  ゙ー‐'゙ .ヾ二,ィ_| ゝ_〉. ヾニ'ノ゙
                                   〈_,l

783 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/09(木) 00:17:14.52 ID:CaWZfkFe0
澪「ははは、はは……は、おっ、おげえええええ!!!」

澪「ふぅ、ふぅ、おろぉ、おげえええええ!!!」

澪「へへへ、へへ……お、おぇ……うえっ……はぁっ」

紬「あらら……」

澪はとうとう壊れてしまった、人間の最後は本当に見苦しい。
紬はこの異常な状況をわざと続かせていた。
精神安定剤で直るのかわからないが、もっと見ていたかった。
ここまで壊れる人間も珍しいのだ、紬に新たな好奇心が生まれる。

紬「サボテンを貸して」

男は辺りの器具を探って、サボテンと呼ばれる器具を渡した。
ディルドーの表面に無数の針が設けられている。

紬は澪の膣をひろげて、さっそくソイツをぶち込んだ。

澪「あははっ、ふふふ、ふ」

澪「――――――――ギッ」

そして何度も抜いて、挿した。
出血の量が懸念されるが、それは輸血次第でなんとかなる。

澪「ギィャアアアアアアアアア  アア ああ!!」

784 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:21:43.06 ID:neXkM7c90
澪が!!澪がぁ!!!!!




















まあ別に好きでもないからどうでも良いや

785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:27:15.65 ID:qV6UGBmuP
元気キャラなりっちゃんが先に死んだのが勿体無いな。
澪みたいな大人しいキャラは拷問してもあまり面白くない。個人の好みだけど。

786 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/09(木) 00:29:24.20 ID:CaWZfkFe0
肉壁を削られる、この痛みを想像するのはいささか難しい。
転けて怪我を負った事のある人は、少なくとも肉体が削られる痛みを把握しているだろう。
それの何百倍と言えてしまう痛み、それが”肉壁を削られる”に値する。
つまり頭でいくら考えても、いくら文章で綴ってもわかり得ない痛みなのだ。

紬「澪ちゃんクリトリス潰れちゃってるわね、痛い?」

紬はサボテンを動かしながら、ダガーナイフで潰れたクリトリスをほじくった。

澪「――――――――!!!――――――――!!!」

もう声にできないらしい。
口をパクパクさせて澪は地面を引っ掻いた。

787 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:34:13.11 ID:dCLIMizT0
澪「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

に見えた

788 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:47:19.80 ID:MAhM9nvy0
澪ちゃんって確かおっぱいもげてたよね
随分元気だなw

789 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:50:08.87 ID:neXkM7c90
澪も死期が近いな
しかし果たして1000で終わるのか…

790 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:58:06.27 ID:i33hTOAu0
人としておかしい。
とっとと落として永久に忘れ去れ。

791 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 00:58:19.66 ID:6y4/F5fR0
>>785
律厨の俺もそう思う  無理だろうけど痛みの中でも折れない心を持って欲しかった
精神面ってけっこう重要だと思うんです

792 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:01:13.32 ID:8UflzunJ0
とりあえず1000までに憂の復讐きてほしい

793 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:02:04.36 ID:zMZrqyzg0
正直そのパターンはもういい

794 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:14:08.66 ID:SRV4St/GQ

寿「服に染み着いちゃってるわ、梓ちゃんったら意地悪な子」

寿「昨日はゆっくり休んだ?今から始めるわよ」

寿は早速男に指示を出す、最初の標的は陽子に決定した。
男は陽子の体を乱暴に抱きかかえ、天井につるされた縄に四肢を縛り付ける。

陽子「やっ!離して!いやああっ!」

精神安定剤の効果で陽子の抵抗は幾分女の子らしいものになったが、やはりどこかに狂気を放っていた。

寿「みんな一斉に拷問を始めるわ、さっちゃんと愛生ちゃんにはアレを」



795 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:16:11.10 ID:WuomsbwZ0
あいなまって変な名前だな

796 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:21:02.50 ID:dDy515m/0
ゴキブリの中の人は…

797 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:21:52.51 ID:sr/FqwRp0
>>791
律はあくまで普通の女の子なとこがいいと思うんだが
それに律の精神は強さというよりも優しさといった方がいい気がする

798 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:33:05.00 ID:XPJMN2xn0
こういうのって文字だから凄くえぐいな・・・
なんというか、文字だからこそ想像しやすいって言うのかな
まあ、画像とかだったら怖くて見れないんだけれども

799 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:36:17.79 ID:tAw9LAGn0
これがもしアニメとかだったら>>124でテレビ消す

800 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:43:37.37 ID:ecsIU0Ae0
律、薬で気も失いにくくされてショック死しにくくなって生きたまま体中の肉そがれて死ぬって・・・
おなか痛くなるな。

なんか明日の晩まで持ちそうにないけどさ?速度的に終わらないよな?次スレたちますよね?


801 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:46:02.69 ID:dDy515m/0
あずにゃんが俺のために貞操を守り拷問を選んだと思うと 胸がキュンでなる

802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:53:29.14 ID:w/1YolYc0
>>801
最期はヤられるのを懇願してたじゃん
つまりビチニャンということだ

803 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 01:56:27.56 ID:6y4/F5fR0
>>797
なんていうかさ、体は傷つけられてもこころまでは引き渡さないって感じのさ
はたから見るとただの強がりなんだけど、己にとっては最後のよりどころみたいな
そういうのが折れるかどうかの葛藤というか、一種の戦いが見たかったわけよ
SSの読みすぎで律ちゃんの精神過大評価しすぎだけどさ

804 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/09(木) 01:57:12.72 ID:54RHHJjF0
>>802
怒りますよ 良いんですか

805 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/09(木) 01:58:18.90 ID:54RHHJjF0
なんと言うか
割れた酉だった

俺は>>1じゃないよ

806 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 02:05:11.48 ID:w/1YolYc0
>>805
あせったじゃねーかコラ

807 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 02:06:49.80 ID:jPNstexlP
ところで、紬はアズちゃんが犯されるのは別に構わなかったってことだよな

他3人との扱いの差ヒドス

808 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 02:08:43.92 ID:i0ABXbSa0
>>807
とうぜん犯される直前で別の何かに変えるに決まってるじゃん
みんなの純潔はむぎが奪うんだよ
しかし俺女の子が痛い目合ってるの嫌いなんだけどなんでこんなスレにいるんだろう
抜き目的じゃなけりゃいいのかな

809 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 02:11:55.08 ID:7a3vVPo10
>>678
いぎゃっ!!

810 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 02:25:29.76 ID:0xcn1TSn0
精神的に追いつめられて狂っちゃう系は大好物だけど拷問はダメだ…
なのに全部読んでさらに続きを待っている自分がいる

811 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 02:40:34.19 ID:qFAcYez90
>>741
俺と一緒にアラドやろうぜ

812 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 02:50:33.72 ID:R69DbC+H0
なんで竹達の名前だけ無いのだw

813 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 03:48:15.54 ID:JEVo1zdHQ
ほ(ry

今日?はもうおしまいなんだな

814 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 04:13:39.84 ID:WuomsbwZ0


815 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 04:27:10.07 ID:sUI8m2Vs0


816 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/09(木) 04:28:51.25 ID:a5wqcNrU0


817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 05:09:44.94 ID:v1cjxzrO0


818 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 05:44:08.28 ID:Kv1YwA9jP
書くんならさっさと終わらせろよ
ダラダラしすぎだろ

819 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 05:46:33.04 ID:rYNHohNR0
俺らが>>1に続きを気にさせておいて放置という拷問をかけられていることに気づくべき

820 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 05:55:07.52 ID:sKhVpyXR0
>>1酉変えたら?
今日中に終わらないかもしれないし

821 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 06:35:55.57 ID:+ZaZ78Ao0
ほ・・・

822 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 07:24:45.66 ID:v1cjxzrO0


823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 07:39:03.54 ID:rCUBt/cr0
ゆうべこのスレ見てから寝て今起きたんだけど、
自分が監禁される夢を見たよ。
本当怖かった…もう寝る前に読むのはやめる。

824 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 08:03:14.97 ID:AKx1L75M0
こういう自分の欲望のために他人を殺すような奴大嫌い
生きたまま体中を切断して死んでほしい

825 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 08:33:44.56 ID:w/1YolYc0
>>824
そもそも食物連鎖の頂点いる時点で人間は(ry

826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 08:38:17.92 ID:PbNcZH+z0
このムギとどぉおだあああすげええええだろ!!和ちゃんが戦ったらどっちが強いのかな。

827 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 09:03:54.25 ID:3GKODxvI0
おいそろそろスピード落とさないと1000いっちまうぞ

828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 09:04:43.43 ID:3GKODxvI0
スピードって俺は朝から何いってんだろ

829 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 09:17:09.57 ID:KN2p1MZt0
とりあえずこのスレ通報しといた

830 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 09:19:31.58 ID:PbNcZH+z0
ID:KN2p1MZt0 ID控えたから覚悟しとけよカス。

831 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 10:15:27.23 ID:JEVo1zdHQ
昼休み辺りに来ないかな?

832 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 10:23:44.11 ID:eIbEiSsw0
紬たんぺろぺろ

833 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 11:06:22.67 ID:l6v2sqxQ0
俺ほどになると、このような拷問抜きで奴等を崩壊できる
澪は戦慄迷宮やホラー映画館に一人で隔離→精神崩壊
律は偏差値70の女子高に入らせる→精神崩壊
紬は共学、しかも最底辺の高校、バイトは王将→精神崩壊
唯は僕と同棲の刑
唯「アイス!」
僕「いけない!」クーラーON
唯「わ〜」ダウン
梓は……なんだ?
憂はお姉ちゃんと離ればなれ→発狂
和は眼鏡破壊→視力崩壊

834 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 11:09:19.82 ID:tAw9LAGn0
>>833
くだらないけど自殺島だけは評価してやろう

835 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 11:16:01.80 ID:gBdL1FKb0
>>833
梓はペロペロ(^ω^)→精神崩壊

836 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 11:29:36.70 ID:d6trGTqv0
保守

837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 12:37:56.50 ID:Js+UFu9I0
律の目玉はどこに?

838 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 12:49:13.95 ID:qFAcYez90
>>837
スタッフがおいしくいただきました

839 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 13:16:16.26 ID:EOoxsDh40
>>803律は優しいだけで精神は強くないと思うよ。嫉妬回とか冬の日とか見た感じ
むしろ澪より脆そう

840 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 13:50:41.80 ID:x4HSvgs/0
一応保守

841 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 13:53:34.22 ID:vgzsRW9l0


842 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 13:58:53.36 ID:nKn1+CdbP
>>839
流石に澪よりは強いだろ

843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 14:06:39.44 ID:9v2NQtWA0
澪「ああああゲロ吐いちゃうゲロ吐いちゃうよおおおおおお」の澪だったら間違いなく沢庵死亡

844 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 14:18:42.27 ID:2nTb2Rqj0
いろんなけいおんSSの世界が繋がるSSに出演希望

845 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 14:34:29.46 ID:q3Fd46keP
けいおんはアニメのOPとssしか見たこと無いな
原作は面白いのかね?

846 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 15:38:02.71 ID:PbNcZH+z0
あげあげあげwwwww

847 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 15:50:48.60 ID:DgZnNyOb0
>>842澪と喧嘩しただけで風邪引いちゃうんだぞ?元々調子悪かったのかもしれないけど

848 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 15:51:48.15 ID:DgZnNyOb0
>>845唯ちゃんが可愛い

849 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 16:07:09.64 ID:/WFwUzJlP
これは新スレ立てなきゃ無理だな

850 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 16:20:51.50 ID:oMzl3aEFP
うふ

851 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 16:28:31.07 ID:WuomsbwZ0
唯と澪生きてるから唯澪か

852 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 16:39:35.91 ID:q3Fd46keP
>>848
あと同人誌も読んだことはあるけど確かに可愛かったわ
原作でも軽度の知的障害を抱えてるのかな

それはそうと、このssもこっからどうやってハッピーエンドに持ってくかが腕の見せどころだな

853 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 16:46:18.41 ID:oMzl3aEFP
他のキャラは割と想像できるけど
ずーっと平和に生きてきた唯ちゃんを痛めつけた時の反応はどうなるのかわからない
興奮してくる

854 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 17:12:24.15 ID:JvzBrnvv0
この先、苦しいことも楽しいことも幸せなこともあるだろう。
結婚して、子供ができて、最後には孫ができるかもしれない。
そんな人の可能性や未来を全て根こそぎ奪ってしまうんだから、やっぱり殺人ってのは究極のサディズムだよな。

というわけで既に3人の未来を奪ってるムギちゃんが羨ましい

855 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 17:15:28.31 ID:9g682e+60
何このスレ…
基地外多すぎ
>>1怖すぎ

856 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 17:19:31.03 ID:IEVDuoff0
紬って女の子しか愛せない設定だったの?

857 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 17:21:39.12 ID:OfzpKH4z0
唯ちゃんを孕ませて出産時に足閉じさせて縛りたい

858 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 17:38:48.57 ID:oMzl3aEFP
唯ちゃんのリョナはほんと興奮するよ
アズにゃんの方が似合うけど普段が普段なだけにギャップ差で唯ちゃんのほうが抜ける

859 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 17:55:14.46 ID:l6v2sqxQ0
ゲロ澪…かなりの力、物理耐性を持つが銃火器には負ける
人一人をまるごと食べる
怒り和…「その時和の怒りは頂点に達した」の和。首を引きちぎるほどの力だが、舌をかんで自殺
メンタル唯ちゃん…死の概念が無く無敵。爆弾や拳銃も効かなかった。魔法も操る
HTTで殺しあうssに登場
憂…三日で唯を除く人類を滅ぼした
紬と律が強いSSってある?

860 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 17:57:12.12 ID:YKulkATp0
>>859
ハンターハンターのムギは強かった

861 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 18:02:00.78 ID:IUhesimG0
さわ子の夢オチにしとけ

862 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 18:06:12.26 ID:i8byeiKe0


863 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 18:11:43.29 ID:ZmbGRP0I0
肉体には一切傷をつけず、精神のみを攻めるのが好き

864 :◆NODO.2x7/2 :2010/09/09(木) 18:56:44.05 ID:4CORLJ8G0 ?2BP(2272)

まだ?

865 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 19:04:06.40 ID:u+qADQfJP
裏不無にならないことを祈る

866 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 19:07:56.00 ID:R69DbC+H0
>>860
キルアポジなw

867 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 19:38:12.13 ID:WiSiDdJU0


868 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/09(木) 19:42:54.55 ID:CaWZfkFe0
澪「ひっ、ひっ」

紬「ほぉ……」

股から鮮血を垂れ流し、肉片を毟られて澪の勢いは低下した。
しかし狂気は未だ健在で、顔を真っ青にしながらうすら笑いを浮かべている。

紬「なるほど、脳が苦痛を変換しているのね」

紬は斉藤にある薬を持ってくるよう指示を出した。
今の澪の状態はまさにマゾだと言える。
感覚が麻痺し、脳が痛みを快楽として変換した結果がこれだ。
ランニングハイやドMはこの力を借りている事が多々ある。

斉藤「お待たせいたしました」

紬「ありがとう」

869 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 19:46:15.26 ID:i0ABXbSa0
来たか

870 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/09(木) 19:53:24.16 ID:CaWZfkFe0
紬は斉藤から注射器を取り上げ、証明に当てた。
激しい苦痛がオピオイドという麻薬物質を分泌し、マゾを作り上げる。
ではもう澪はマゾとして生き続ける他ないのか。
否、その物質に対抗するものがあれば元に戻すことは可能だ。

紬「うふふ……」

紬はオピオイド拮抗薬を澪の体に注入した。
この薬は極力使いたくなかったが致しかたない。
この薬は効果が強すぎて、ショック死をしてしまう恐れがあるのだ。

紬「ムチ一発で死んじゃうかも」

871 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 19:57:45.80 ID:qFAcYez90
北か

872 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 19:58:07.72 ID:vgzsRW9l0
おかえり

873 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 20:14:17.33 ID:WiSiDdJU0
待ってました!

874 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 20:21:04.77 ID:nWeY/o8M0
過度に痛みを感じさせられるのか。楽しみだな

875 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 20:44:32.01 ID:BfdUfKWE0
お、きてた

876 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/09(木) 21:08:54.26 ID:CaWZfkFe0
ごめんなさい、用事が出来ました
もうちょっと待っていただけますか

877 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 21:12:08.36 ID:DfnpcxKOQ
しね

878 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 21:12:36.05 ID:ifYDUUox0
>>876
ちゃんと完結させるのならいくらでも待つぜ

879 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 21:13:57.75 ID:t6AAq4980
ぜひとも最後まで書いてくれよ

あと、どんなに鬼畜でもムギが天使であることに変わりはない
むぎゅううううううううううううううう

880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 21:16:01.36 ID:M05IVpoS0
>>876
はぁ?ふざけてんの?

行ってらっしゃい気をつけてね

881 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 21:16:29.79 ID:yG1Vvxaw0
>>876
紬「早くしないとファラリスの雄牛に入れちゃうわよ〜♪」

882 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 21:29:34.21 ID:x4XMfL4Q0
                        , ─┐_ノ ̄\
                イ  ̄〉_____厂 ̄\__
               厂ヽ/,二二、二二、`\ //\
                へ、// . : : : : : : : : . \ヽ \ /ヽ
               〈_∠厂. : : : :/ : :/|: : : : : . \丶\厂〉 、
             / 厂/. : : : : :/ | :/ |;ハ : : : : : . \乂 〈⌒〉
               乂_,ノ: : : :_;∠ l/   丿__ト.: : : .厂ヘ l ノ\
             〈⌒イ: : l: :厂   `   ´     〉: : .\人〉  ノ
          バ   乂_ 〉: :l:│,= 、       , =、⌒|: : |\〉イ
            リ   / |: : :|/ , -、ヽ     ´, -、 \|: : |: : | :l      やっほー♪
        ボ  /′ ; : :八 イ_,ハl      l_,ハリ  〉 : |ヘ.:| :|      ゴミなので死にまーす♪
         リ /:/   l/⌒  `ー '      `ー'   '⌒|丿l :|
          /:/    l: :l : :l//    '     // ,'|: : : : : :.\
         イ /   ,l: : | : :ト、    ー--ヘ     / |: : :l : : : : .\
   /⌒ヽ  |/l   /|: :│: : : .丶、 o       イ  |: : :|: : .\ : .\
  ,'   . : .:l  |/l   / :l: :/|: : :|  '⌒> 、_, イ⌒  |: : :l : : : : \ ⌒
  V^,ハ、;ノ  ∨   厶.:≦ミ|: : :|三人 ̄\_厂 ̄人三|: : :|三≧、: : \
  / / /      / =三三|: : :|三三\三三三/三三|: : :| 三三 \: : \
 , / 广ハ.   , ' _=三三三|: : :|三三.冫⌒厂⌒< 三三|: : :| 三三三 ヽ: : . ヽ
 |   l l l  / =三三三三|: : :|三 /  人_人 \ 三|: : :| 三三三三 \: : .ヽ
  \    ∨ 三三三三三|: : :|三人_/厂\_人三|: : :| 三三三三三. \

883 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 21:31:39.87 ID:fc2cwxCa0
こんなむぎゅうでも愛しいと思える…

やはりムギは天使だったのか

884 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 21:44:10.12 ID:l6v2sqxQ0
アイアンメイデン希望

885 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 21:55:14.90 ID:0EvIUrWj0 ?2BP(0)

帰ってきてくれウルトラマン

886 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 21:58:20.45 ID:TRKS5ODU0
エエエエエエエエエエエエイスイイイイイズハアアアアアアアアァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアァァイイイ

887 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 22:16:45.82 ID:BfdUfKWE0
澪ひさんすぎる

888 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/09(木) 22:42:52.00 ID:CaWZfkFe0
紬「暴れないで澪ちゃん」

紬は澪の体に注入し終えると、とっておきの道具をさっそく持ってくる。
それは拷問を受ける者なら誰でも通る、定番中の定番であった。

爪剥ぎはオピオイド拮抗薬の効果を確かめるのに最適と言える。
あまり激しい苦痛を与えても失神してしまっては同じ、まずは小さい痛みで確かめる事。
それが紬の欲求を満足させるにふさわしかった。
それ自体、紬自身もわかっているのだ。でなければ拷問という欲処理方を見出せなかった筈だ。

紬「さてさて、じゃあ」

紬は澪の指を掴もうと、手を差し伸ばした。
しかし、

澪「う゛ぅああああ!!!いやああッ、アッッ!う゛ぅううう!!」

すでにお腹を押さえて悶え苦しんでいる。
一晩を共にしたあの濃縮洗剤で損傷したお腹が薬によって、再び腸の焼けるような痛みを呼び起こしたのだ。
どうやら確かめるまでもなかったようである。

紬「これは予想以上ね……」

889 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 22:45:36.87 ID:BfdUfKWE0
きた!

890 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/09(木) 22:50:13.33 ID:CaWZfkFe0
しかし、その効果がわかったからと言って甘やかさないのが紬である。
予定通り、澪の大事な中指を爪剥ぎ器にかけて小さく囁いた。

紬「もうベース弾けなくなっちゃうわね」

べリッ――。

澪「んぎゃあああああああ!!!!!」

澪は口から胃を吐きだす勢いで絶叫し、飛び上がった。
必死に自らの手を捕まえて、濁点だらけの悲鳴を響かせる。

紬「押さえてて、次行くわ」

紬は澪の足を捕まえて、爪剥ぎ器をセットすると同様に捲り上げる。

澪「ぎゃあああああ!!!!!!いややめ゛ていだいいだいいだい!!!!!」

すっかり目を覚ました澪は焦点の合わない目で叫んだ。

891 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 22:59:09.77 ID:BfdUfKWE0
なんか爪がもろいのかなんなのか、ちょっとぶつけたりひっかけたりしただけで
よく半分ぐらい取れたりはがれたりするから、爪痛いの慣れてきたような気がするんだけど、
やっぱ改めて考えると爪剥がすのは痛いよな

892 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/09(木) 23:00:20.81 ID:CaWZfkFe0
紬は痛がる澪を見て、心の底から楽しんでいた。
あらゆる苦痛を与えるべく、わざわざ半分だけ剥がしてあとはチマチマ取っていったり、ハンマーで小指ごと潰したり、
とにかくその反応だけを求めて思いついた事を次々に実行していった。

澪「ひぎゃああ、あああいたいよおおおおおお、やだああああああ!!!!!」

紬「逃げないで、澪ちゃん、痛いんでしょ?」

爪剥ぎの最中、澪は一度失神している。
しかし強心剤を投与され、無理やり起された澪はオピオイド拮抗薬のおかげで元気を取り戻した。

紬「じゃあ次行くわよ?斎藤」

斎藤「はい、畏まりました」

斎藤は事前に用意していたそれを、澪の近くまで押してやってきた。

紬「股裂きよ、澪ちゃん」

893 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:02:42.73 ID:IXDRwv990
wao

894 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:04:05.79 ID:u/cFBNhi0
これ読んでて楽しいの?

おれめっちゃグロくて死にそうなんだが

895 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:06:52.48 ID:eHTvtfca0
>>894
お前グロいな

896 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:09:34.04 ID:2x1PTCjT0
>>894
気分悪いけど続きが気になる悔しい

897 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/09(木) 23:10:10.27 ID:CaWZfkFe0
木馬、女性にとってこれを超越する拷問は指で数えることができる。
なによりも屈辱的で、なによりも苦痛、急所を責める拷問の第一人者がこの木馬である。

紬「これに乗っけましょ、お股をぱっくり裂いてあげるの」

この木馬には残酷な仕掛けが施されていた。
三角形の頂点に股を乗せるのだが、その頂点部分が鋭い刃物になっている。
この刃物で秘部を責められるのは、想像を絶する苦痛となる。

意識があっちへ行っている澪を、男は抱えて立ちあがらせた。

紬「さあ、乗せて」

澪「ひっ!!!ひいいいいいいい!!!!!」

木馬を見て澪は恐れ慄き、足をガクガクさせて全身を脱力させた。
しかし大人3人は全力を出すまでもなく、澪をひょいと抱え上げる。

紬「落としちゃだめよ?真っ二つになっちゃうわ」

とうとう刃物の脅威にのみ込まれた。

澪「ぎッッッ!!!!!ぎやあああああああ!!!!!あああああ、あああ!!!!あああああ!!!!!」

898 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:12:52.51 ID:u/cFBNhi0
>>896 そのまんますぎてわろた

899 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:16:52.55 ID:/b+Cddwg0
なんで澪だけこんな一人酷い目に合うんだよ

900 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/09(木) 23:22:22.17 ID:CaWZfkFe0
メリメリッ――!!

確かに聞こえてきた音、肉を切り裂く効果音が鮮明に聞こえた。
さっそく泡を噴き出す澪は、白目を剥いて体を激しく揺らしている。
しかしこれは自らを責めることになる、柔らかな膣に凶刃が潜り込んだ。

澪「――――あがpはhhh!!」

呂律が正常に動かなくなり、澪は頭をグワングワンさせて10秒に3回の失神を体験する。
これは強心剤とオピオイド拮抗薬の最悪な組み合わせによって実現したものだ。
死ぬ苦しみが断続的に、澪をめちゃくちゃにした。

紬「う〜ん、やっぱり刃が進まないわね、重り付けましょ」

紬は一つ10キロの錘を澪の足に、一つずつ付けた。

ジャシュ――ゴリッ。

澪「あ あああ あああ あ   あ!!!!!!」

紬「わあ、すごい……」

澪の膣に深い溝が出来る、肛門と膣の境目がこうしてなくなった。
裂けた肛門と膣が繋がり、もう性器の原型をとどめていない。

901 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:22:37.52 ID:yG1Vvxaw0
>>899
「だけ」…?

902 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:25:23.43 ID:eHTvtfca0
ヒント「紬『私、みんなを苦しめるのが夢だったの〜』」

903 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:27:25.21 ID:gkWzIYs10
>>902

!!

904 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:32:17.70 ID:NWgeS5R00
>>902
おま天

905 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:32:40.69 ID:neXkM7c90
うわぁ…この1すげえ…

906 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/09(木) 23:35:58.73 ID:CaWZfkFe0
澪「あggggがgggg……」

とうとう澪は前屈みにグッタリとうな垂れて、口から大量の血を吐きだした。
胃はストレスと関わりを持っている、緊張した時に限って腹痛が訪れることも多々あるだろう。
澪のストレスは生命にかかわる程深刻化しており、胃がそれに影響して出血したのだ。

普通では考えられないが、今それが起きている。

紬「すごいわ、よく死なないわね……」

紬は感心した様子で、その光景を眺めると贅沢なことを言い始めた。
もっと錘を付けると言うのだ、男もノリノリでその指示に従った。

両足にまた10キロ、錘が付けられた。

ブッ、ガリッ――。

紬「きゃっ、なに今の音、いやん」

凶刃はあろうことか澪の体に潜り込んだ。
恥骨結合という部分にまで刃が達したのである。
さっきの音は骨がガリガリと削られる音だ。

これには紬も大興奮で、頬を赤らめた。

紬「すごい!澪ちゃん頑張るわね〜」

907 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:40:00.10 ID:aaX6g7eS0
もう殺してくれ…

908 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:42:23.47 ID:IXDRwv990
もったいない

909 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:43:44.05 ID:i0ABXbSa0
さっきから高いところに立った気分だぜ・・・

910 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:45:52.45 ID:eHTvtfca0
勃ってきた
おっぱいもげてまんこ裂けた澪たんカワユス

911 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:46:02.37 ID:neXkM7c90
確かにもったいない


912 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:47:32.07 ID:QPMjmM3W0
股が痛い

913 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/09(木) 23:47:56.90 ID:CaWZfkFe0
澪「ggあ  がぁ  ひ っ」

澪「あ……あ……」

紬「もうやだ澪ちゃん!私、興奮しちゃった!」

紬は両手を胸に当てて、心から賛辞をおくると棘ムチを掴んだ。
斎藤がそれをみて警告をする。

斎藤「お嬢様、それを使うのであればお止めください。ショック死に至りますよ?」

紬「いいわよ!どんと来いッ!」

これ以上紬を静止する者は誰もいない。
勢いに任せて澪は棘ムチを振り下ろした。

澪「んぎゃあああああ!!!!!!」

黒い髪の毛が宙を舞う、その中に血と肉片が混ざっていたのは言うまでもない。
澪は断末魔の悲鳴を聞かせると、そのまま心拍数を低下させた。

澪「……」

血の泡がブクブクと、破裂する音だけが聞こえてくる。

紬「え?あれ?澪ちゃん?」

澪「……」

澪の心臓は完全に停止した。

914 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:48:45.54 ID:i0ABXbSa0
いいわよ!どんと来いッ!

915 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:51:51.55 ID:Gx377tyD0
みおぉぉぉ!!!

916 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:52:09.22 ID:OSyqX7Xu0
あとは唯

917 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:53:44.41 ID:eHTvtfca0
この澪に脳姦してぇ

918 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/09(木) 23:57:19.27 ID:CaWZfkFe0
紬「え……?嘘でしょ……」

斎藤が近づいて、脈を計った。そして首を横に振る。
あっけない死を迎えた澪に、紬は一気に冷めてあららと残念がった。

紬「え〜……これからなのに……」

澪「……」

紬「……」

長い沈黙が拷問部屋を支配する。
物足りない様子の紬は一時経って、次の指令を出した。

紬「私、澪ちゃんに一番いたぶってあげるって約束したの……」

紬「だから、電気ショックで起してあげましょ。これだけじゃもの足りないもの」

斎藤「畏まりました」

澪を地面に降ろして、黄泉帰りをさせるという。
後ろで一部始終を見ていた唯は、甘い考えを覆された。

919 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:58:02.33 ID:McybQlHpP
澪ちゃんの脳味噌ペロペロ(^ω^ )

920 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:58:47.13 ID:ecsIU0Ae0
朝まで残るよね?
朝から読むのもなんだけど

921 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:59:24.89 ID:neXkM7c90
今までで一番マシなのは梓かもな
それでも地獄の苦しみだが

922 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/09(木) 23:59:24.93 ID:eHTvtfca0
次スレたてよーよ

923 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:00:14.46 ID:WR4ayaXI0
これ終わんのかよwww

924 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:01:33.05 ID:1sEZOtrs0
終わんないな、あと80位しかないし

925 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:06:11.50 ID:9pnpdzPyP
次スレは>>1が立てればいいだろ

926 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:06:17.45 ID:nrTgNfbM0
>>164
体験しない限りは分からないな

927 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/10(金) 00:06:41.40 ID:6wIw8tg60
唯「……」

ここまで恐怖を感じてしまうと、人間は人生を簡単に妥協する。
もう死んでもいいや、唯は後ろで見ていてそう思った。
しかし、

斎藤「二回目、行きます」

紬「澪ちゃん帰ってきて!」

斎藤は電気ショックを澪の無い胸に押し当てて、電気を流した。

紬「どう……?」

唯「……」

斎藤「はい、成功です。しかし一時は起きないでしょう、手当が必要です」

紬「まあ本当!?よく頑張ったわ澪ちゃん!」

甘かった。死ねると思っていたのが大間違いであった。
ここで楽になる方法は死ぬことではない、紬が飽きてしまうということなのだ。
紬がその気になればたった二発で蘇生することができる、今それが証明された。

唯「……」

唯「やだ……やだ……」

928 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:10:28.41 ID:oBmCSqCo0
は・・・?死んだし・・・
俺の澪・・・

929 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:10:51.39 ID:bqL3ohY/0
>>928
生き返ったで

930 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:11:13.94 ID:4W3IBDcy0
紬「レイズ!」
斎藤「フェニックスの尾!」
男「エリクサー!」

931 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:11:21.77 ID:oBmCSqCo0
生きてたー!早く殺せよ・・・

932 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:12:05.77 ID:tzkJ0acU0
ショック死依然に出血とかなんとか

輸血すればいいとかじゃなくてさ・・・

933 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:13:45.10 ID:RYNgdX3r0
>>656の言うとおりなりそう

934 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/10(金) 00:17:56.26 ID:6wIw8tg60
澪は専門の医師からの手当てを受け、一時安静となった。
股裂きのダメージが大きすぎて、無理に起こすと死にかねないからである。

唯「……」

紬「ということよ、唯ちゃん。貴方にも痛い事してあげる」

唯「……」

とうとう、この時がやってきた。
拷問の時が。
覚悟は出来ていたはずだった、しかるにそれは簡単に崩壊してしまった。

唯はこの時点で発狂したくなるほど、様々な精神的苦痛を味わっている。
精神を責められ、結局体も責められる。

一番の苦しみを味わうのは梓でも律でも澪でもない、唯であった。

紬「じゃあ、始めようね」

唯「……」

唯「……ッ、うっ……うううう……」

紬「泣かないで唯ちゃん、涙が勿体無いわ」

935 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:20:59.82 ID:oma6ghYl0
最終的に唯は憂に殺されるな

936 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:24:43.65 ID:COSdp2boP
>>935
なんで?

937 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:26:01.73 ID:oma6ghYl0
>>936
なんとなく

938 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:26:34.15 ID:SVP4kuuE0
唯←これって「ただ」って読み方でいいの?
それぞれ5人が1文字の漢字だから見分けがつかない
読み方も難しいしまじイミフ。「ベース係」「ボーカル」とかって名前なら区別つくんだけど

939 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:27:19.31 ID:hwispTBE0
てか、◆HOn0zxoZk6 は>>1じゃない
似せてはいるがセンスが違う
良い悪い抜きにして

あと、さっさと書けとか言ってる暇人ニートは自重しろ
社会人なんだから晩飯時から12時くらいまでの投下になるに決まってんだろ
昼間は黙って待てよ

だからこのスレで完結せずグダるんだよ

間違っても次スレなんか立てんなよ

940 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:30:27.67 ID:2JBD+XebP
>>939
次スレも立ててちゃんと完結させろよな!
と受け取りました。

941 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:30:53.18 ID:9pnpdzPyP
晩飯時から12時くらいまでしか投下できないってわかってて
書き溜めも無しにVIPに立てちゃう辺りについて>>939はどう思ってるのか気になる

942 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/10(金) 00:32:24.36 ID:6wIw8tg60
紬「じゃあ唯ちゃんは、皮を剥いであげましょう」

唯「え……」

涙も治まってしまった、それだけ衝撃的な言葉なのだ。
皮剥ぎも拷問の定番として文献に残されている。

紬は手術で用いるメスを取ると、おいでおいでと手招きをした。

唯「ひ……ひぃ……」

紬「捕まえて、唯ちゃんを」

男3人が容赦なく唯の体を掴みあげた。
唯は出来るかぎり抵抗を見せたが、それ以前に体が言う事を聞かない。

唯「いやああああ!!!ごめんなさいごめんなさい!!許してよムギちゃん!!!ムギちゃんやめてよッ!!!」

紬「いいわね、その顔。貴方を選んで正解だったわ」

唯「やだやだやだやだああああああ!!!!」

唯は最初の梓同様、手術台に縛りつけられ身動きの取れない状況にされた。

943 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:44:05.47 ID:hwispTBE0
決定的に紬のキャラが変わった

>>941
行き当たりばったり→好評→そして伝説へ
それでいいじゃないか
part化したらクソ、そんなジンクスに当てはまってほしくないんだよ、岩瀬瑠奈「恥ずかしい」

俺寝る
どうせ明日スレ検索するだろうがな!!!あばよ異常性欲者ども

944 : ◆HOn0zxoZk6 :2010/09/10(金) 00:45:02.45 ID:6wIw8tg60
唯「なんでこんなことするのッ!?ムギちゃんはなにがしたいの!!?」

唯は目に涙を溜めて、その真相を追究した。しかし、
紬の答えは決まっている、それは単純明快――。

紬「私、みんなを苦しめることが夢だったの〜」

紬は頬っぺたを紅潮させて、拷問の目的をわかりやすく伝えた。

紬「最初はどこに入ろうか迷ってたのよね、でもりっちゃんと澪ちゃんのやり取りをみて思ったの」

紬「絶対、拷問したら面白いって」

唯「……えっ」

紬「本当によかったわ、唯ちゃんにも出会えたし、梓ちゃんにも、憂ちゃんにもね」

唯「あ」

紬「みんなみんな、虐め甲斐のある人でよかったわ」

唯「……」

唯「……」

唯「うい……?」

945 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:45:08.20 ID:Om9VmFqD0
>>493のふいんきから
唯は憂が助けに来てから痛めつけるのかと思ってた

946 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:45:55.45 ID:VvP5tgHQP
ういー

947 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:48:07.68 ID:02bTpdfr0
バッドエンドじゃんこれ 和出せよ

948 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:52:24.10 ID:3vf+wD560
和はそもそも罠にかからないので
拷問されない、というかできない



949 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/10(金) 00:55:52.19 ID:6wIw8tg60
紬「そうよ、憂ちゃんよ、あれ?言ってなかった?」

唯「……えっ、えっ、待って……・」

紬「来てるわよ?憂ちゃん」

唯「……」

紬「お姉ちゃんの容体が急変した、って言っただけでわざわざ来てくれたのよ?お姉ちゃん想いね」

唯「や、やだ……えっ……なんでういなの?なんで!?」

紬「だって貴方達が主役なんだから、来てもらう事は初めから決めていたわ」

唯「う、ういは関係ないよ!!!ういは、憂は……!」

紬「ほら、そんなに騒いでると憂ちゃん心配しちゃうわ、もう始まってるのに」

唯「えっ……」

紬が視線をおくる方向へ、唯はとっさに振り向いた。
誰かが並んで立っている、光の逆光でそれが誰かはわからなかった。

「お、お姉……ちゃん……?」

唯「――――」

唯「う、うい……?」

950 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:57:12.52 ID:3vf+wD560
北ーー

951 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:57:32.34 ID:drULgSrC0
憂ちゃんはちょっと…

952 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:58:27.52 ID:WMiMLDJ40
ういがつむぎをぶっ殺す

953 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 00:58:59.94 ID:HDQuolFL0
姉妹そろって拷問か・・・勃起するわこれほんと

954 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:00:51.49 ID:S2sQ+Bmn0
>>1やめろ・・お前はがんばった・・俺らには夢オチがあるぞ?な?

955 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:03:24.06 ID:oX6iz61w0
part化叩きを恐れて無理やり終わらせるのだけは避けて頂きたい
なんかそういう感じがするぜ

956 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:05:12.48 ID:DlahpKaKP
パート化は違うだろ

957 :◆NODO.2x7/2 :2010/09/10(金) 01:05:56.91 ID:8Oqk9tsy0 ?2BP(2272)

>>1か?

958 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:06:42.29 ID:SVP4kuuE0
ん、今書いてるのは>>1なのか?
とりあえずkskしとくか?w

959 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/10(金) 01:07:09.84 ID:6wIw8tg60
次の瞬間、心臓が止まるくらい大きな声が拷問部屋に響いた。

憂「お、お姉ちゃん!?なにやってるの!?どうしたの!?その傷はどうしたの!?」

男「おっと、行かせない」

全力で駆ける憂の体を、隣にいた男がぐっと掴んだ。
憂は姉の不可思議な状況に無我夢中で、唯に近づこうと必至である。

憂「離して!!お姉ちゃん!!お姉ちゃん!!」

紬「ふふ、良い顔ね」

唯「う、うい!!逃げて!!来ちゃだめ!!だめだよ!!!」

憂「紬さん!!これなんですか!?お姉ちゃんになにするのッ!?」

紬「見てなさい、わかるから」

紬は唯の太ももにメスを突き立て、スッと滑らせるように切れ目を入れた。
まるで職人技、唯の皮だけがクルクルと巻いて剥がされる。

唯「いッ、いだあああああ!!いだいいだい!!!!やめていたいいたいいたいいたいdppあああp!!!」

憂「お姉ちゃん!!!!」

960 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:07:57.52 ID:3vf+wD560
この>>1は精神年齢が高いので
パートスレ叩きみたいな厨臭い人たちは相手にせず
次スレを立ててくれるだろう
このスレで夢オチ完結だったら失望する

961 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:08:26.54 ID:APRH4VgG0
ちょっと助けに行ってくる

962 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:09:12.54 ID:gBw+sErh0
おいやめろ
マジでやめろ

久しぶりに>>1が怖えぇよ

963 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:09:19.28 ID:xytHpBRi0
>>961
無茶しやがって・・・

964 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:09:47.91 ID:DlahpKaKP
コンビーフの缶詰剥がすときのあれ思い出した

思い出すんじゃなかった

965 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:09:48.69 ID:SVP4kuuE0
ここで矛盾発生
覚悟をあっという間に崩されたはずなのに、憂が来たら助けを求めずに「逃げて来ちゃだめ」と言うタダ

やはり無理やり終わらせるフラグか><

966 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:09:55.51 ID:02bTpdfr0
紬「さあ始めましょう」
唯は考えるのをやめた

これくらいしか思いつかない

967 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:10:06.95 ID:4tE3jgos0
澪はこのまま精神崩壊五体不満足で生き長らえるのもいいね

968 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:11:05.79 ID:dqw83zWB0
>>965お前頭おかしいんじゃねぇのか?

969 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:12:58.38 ID:3vf+wD560
ちょっと待てよ
んぬぅ……
これは孔明の罠だ
かかってはならない
ゆとりなら仕方ないが
いつも俺らが見るものがヒントだ!気づいてくれ

970 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:13:55.64 ID:8fevOO8H0
>>969
病院いけよ、

971 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:14:11.92 ID:9pnpdzPyP
960以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 2010/09/10(金) 01:07:57.52 ID:3vf+wD560
この>>1は精神年齢が高いので
パートスレ叩きみたいな厨臭い人たちは相手にせず
次スレを立ててくれるだろう
このスレで夢オチ完結だったら失望する

969以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 2010/09/10(金) 01:12:58.38 ID:3vf+wD560
ちょっと待てよ
んぬぅ……
これは孔明の罠だ
かかってはならない
ゆとりなら仕方ないが
いつも俺らが見るものがヒントだ!気づいてくれ


厨臭いですう

972 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:15:02.31 ID:oX6iz61w0
絆的な意味で唯と憂に目がいって律と澪に目がいかないこのムギは二流

973 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:15:28.64 ID:0GvDyHNe0
>>971
半年ROMってろ

974 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:15:34.74 ID:3vf+wD560
>>971いやマジでかゆいたすけて

975 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:18:00.88 ID:SVP4kuuE0
>>1どこなの?今書いてるのは本物なの?

976 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:19:32.10 ID:4tE3jgos0
本物かどうかぐらい自分で見極めろ糞が

977 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:21:33.04 ID:9pnpdzPyP
>>973が縦読みに気付いてないって意味での書き込みだったらと思うと心底怖い

978 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:22:36.70 ID:3vf+wD560
>>975
>>1に謝れ

そして痒みを抑える方法教えれ

979 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:23:34.18 ID:SVP4kuuE0
糞って言われた・・・

>>1000までkskするかw
それがお前らにとっての最大の拷m(ry

980 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:23:59.30 ID:S2sQ+Bmn0
>>1悪かったよ・・夢オチとかすまないな・・戻って来いよ

981 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/10(金) 01:24:11.44 ID:6wIw8tg60
皮を剥がされる痛みに唯は意識が飛ぶような感覚に陥った。
剥がされたピンク色の表面はタイムラグを起こして血を滲み出させる。
憂は目を信じられないくらい見開いて、お姉ちゃんと叫んだ。

憂「いやっいやああああ!!!!!!やめて!!!!!お姉ちゃんになにするのッッ!!!!」

男「おっ、おい!手伝え!!こいつ力がすごい……!!」

憂の火事場のクソ力は体格の良い男に負けず劣らず、傍観していた男2人がそれをみて駆け付ける。
憂に大人3人がしがみ付くという異様な光景が、拷問部屋の印象をよりハードなものにした。

紬「唯ちゃんどう?妹の目の前で痛い事をされる気分は」

唯「んッ、ぐぅ、うう、ッッッ!!!!」

唯「痛ぐない!!!」

紬「あらあら、無理は体に悪いわよ?」

紬は止めていた腕を再び動かした。
綺麗に太ももの皮が剥がされていく、グロテスクというより綺麗であった。

唯「んんん゛んぁぁぁぁあああああいやああああ!!!!!いだいよおおおおお!!!!うぐううううううう!!!!」

強がりを見せていた唯は、もう我慢できずに泣き声をあげた。
しかし初めにしては上出来の根性である。妹がいなければ今頃、失神していたに違いない。

982 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:24:19.14 ID:3vf+wD560
>>971いまきづいたがお前もしもしじゃん

983 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:24:58.84 ID:SVP4kuuE0
ksk

984 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:28:02.75 ID:gBw+sErh0
憂頼む…
せめて今生きてる唯と澪を助けてくれ…

985 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:28:28.44 ID:SVP4kuuE0
ksk

まぁ>>1に続きを書く意思があるなら、次スレ立つだろうし
読んでる人もスレ立てるだろうし
どっちみち1スレで終わりそうにないし、埋めても問題ない・・・よな?

986 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:29:28.31 ID:4tE3jgos0
カスにはカスなりの考えがあるみたいだし好きにすればいいんじゃない?

987 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:30:51.66 ID:9pnpdzPyP
周りが次スレ立てると碌なことにならない法則

988 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:32:09.23 ID:SVP4kuuE0
仕事帰ってせっせと書いてた>>1
次スレ立つだろう

というわけでksk

989 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:33:07.33 ID:SVP4kuuE0
ksk

990 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:34:11.13 ID:x3x460+f0
Wii

991 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:35:00.72 ID:VvP5tgHQP
ういー

992 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:35:23.31 ID:3vf+wD560
いちがつぎすれたてるべきだと

993 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:37:24.75 ID:SVP4kuuE0
>>1
次スレあるよね?

994 : ◆dLk6HcNXus :2010/09/10(金) 01:37:34.82 ID:6wIw8tg60
憂「やめてやめてやめてやめてやめてやめてやめてやめて!!!!!!!お願いしますお願いします!!!!!!!!」

憂もキチガイさながらに泣き叫んだ。
流石の憂も男3人には敵わない、もう力尽きて憂はただただ泣き叫んで唯の泣き声を掻き消していた。

あっと言う間に唯の右股の表面はピンク色に染まった。
紬は額の汗を拭き取り、ふうと息をついて憂の様子を窺う。

憂「やめてやめてやめてやめて、いやっいやっいやっ……」

紬「もうおかしくなっちゃったの?大丈夫憂ちゃん」

唯「はあっ、はあっ、ッ、ううぐっ……ふうっ、ふうっ」

紬「すごくいいわ、二人とも。最高よ、もっと楽しませて」

紬は皿に盛られた塩を多量に鷲掴んだ。

唯「はあっ、はっ、いやっ、いやっ!やだ!やだやだッ!!!」

紬「いい声を聞かせてね……」

憂「やめてやめてやめてやめてやめてやめてやめてやめて……!!!」

紬は唯の太ももに、多量の塩を押し付けて掌で強く擦り込んだ。


995 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:38:46.02 ID:S2sQ+Bmn0
1000

996 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:39:19.10 ID:0GvDyHNe0
1000ならこの作品はきちんと完結する

997 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:39:36.33 ID:4tE3jgos0
ラスト近いんだろうから完結させてくれ

998 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:39:50.90 ID:8fevOO8H0
1000なら皆で梓ジュース飲む

999 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:40:02.93 ID:S2sQ+Bmn0
1000

1000 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/10(金) 01:40:05.23 ID:drULgSrC0
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
16歳♀暇だから全レスします☆     こちらスネーク        1990年生まれ集まれ〜☆       安価でお絵描き
   中学生      遊戯王        新ジャンル    VIPで本格的にRPG作ろうぜ   XBOX360
        全力で釣られるのがVIPPERだろ!w   ポケモン      コテデビューする                  ら
が    カレシと別れそう・・・   初心者   鬱病♀だけど     彼氏/彼女いないVIPPERちょっとこぃ♪       き
っ      唇スレ         mixi招待するお     釣った厨房に安価でメールwwwww               ☆
こ  さみしい・・・誰かかまって       425はどこも変えてなかった              ピカ厨       自    す
う     時代の流れ     デブきめぇんだよ           捨てアド晒してメル友     メンヘラ     殺     た
い  VIPヌクモリティ   顔晒し      馴れ合いスレ  「〜だお」              コテ雑         し
き     今のVIPが嫌ならVIPから出てけww        A雑    大阪VIPPER集まれ!!☆        ま
た 工作員 18歳♀が16歳♂に安価メール   VIPでMMO           ネタにマジレスの嵐         す
く    隠れオタ           skype       パートスレ   Skype         mp3垂れ流し
な  住所ギリギリまで晒して近かったらラーメン               二番煎じ
い       空気読め    リア充          ニコニコ動画   >>1 そっヵ、残念やわ(´・ω・`)
お   付き合ってくだしあ><       今から元カノに痛メする  >>3 ウチは高校生だぉ☆
                                           >>9 うはwwこれがVIPクオリティw
    ∩∩ V I P は ぼ く ら の 時 代 だ !!  V∩     >>2 自重しろwwwww          Be
ハ  (7ヌ)                               (/ /    >>7 ブラウザゲーやらないか?
ル  / /                 ∧_∧         ||                          モリタポ
ヒ / /  ∧_∧     ∧_∧  _( ゚ω゚ ) ∧_∧   || 埼  >>5 2chって有料なんですか?
  \ \( ゚ω゚ )―--( ゚ω゚ ) ̄      ⌒ヽ( ゚ω゚ ) //  玉  >>6 え?俺マジ貧乏なんだけど
    \       /⌒   ⌒ ̄ヽ ゆとり /~⌒    ⌒ /    O  >>8 お母さんに何て言えば
     |      |ー、      / ̄|    //`i構って女/     F   安価で絵描くお
低    | 恋愛 | | 厨房 / (ミ   ミ)  |    |     F   14歳♀中学生処女だけど質問ある?  ハ
年    |    | |     | /      \ |    |                                  ム
齢    |    |  )    /   /\   \|       ヽ   PCに詳しい人ちょっときて!!!   イ      ス
化    /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |        電車男              ミ       タ
     |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /  サーセンwwwwwwwwwwwwwww   フ      |


                                                              ニュー速VIP
                                                             http://yuzuru.2ch.net/news4vip/ 


287 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)