5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

国営福祉保険制度で自己責任社会を

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 15:06:53 ID:bH/E1vnQ
提案です。
社会保障は国営保険制度に改め、個人または家族単位で国との契約にし、
加入したコースに基づいて、相応の福祉受益とする。
この制度の利点は、所得や個人の価値観に柔軟に対応できることです。
他者依存から自己責任にすることで、加入者の理解も得られます。

下手な自立支援法などよりも優れた制度ではないかと思います。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 15:16:46 ID:SICxGzU2
あのー、社会保障ってのは社会保険と社会福祉とどう違うのでしょうか?


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 15:23:33 ID:GpQevYO/
ひっくるめて、社会保障制度といいます。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 15:44:57 ID:zPJPqStk
糞スレに認定します。


糸冬

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 15:46:55 ID:SICxGzU2
>>3
よく分りました


6 :1:2006/04/14(金) 16:15:32 ID:bH/E1vnQ
現状の福祉の問題点は、相互扶助の概念が薄く、社会任せになっていることです。
この制度の導入により、社会を構成する単位である「個」の意識を喚起できます。
生活保護世帯が子だくさんなのにパチンコに興じていたりするケースは激減します。

また、家族の連携意識も高まります。
ニートを社会任せにせず、家庭内での問題解決意識も期待できます。
子どもを出産しない家庭においては、管理IDが抹消され、それに伴い、
その財源は社会に吸収されます。

その他の利点。
意味不明の優遇制度を排除し、幼い時期からの自立性を高めます。
透明性の高い運用が金融商品としての条件になりますので、運営側の不正が激減します。
そのほかもろもろはまたあとで。

7 :1:2006/04/14(金) 18:08:55 ID:bH/E1vnQ
障害者を擁護したい方々は、多量の寄付も可能です。
逆に口だけ出して金は出さない方に福祉の恩恵はありません。

自業自得の理念は、きっと大人の社会を醸成するでしょう。
きちんと相互扶助の役割もありますので、否定的な方の加入は自由です。

障害者がひとりの人間として認められる社会があります。
現状のように、どこか不自然な偽善社会から脱却できます。
ギブアンドテイクを否定することは不自然です。

煽りしかできない反論はスルーします。

8 :素う ◆RSwENTZ6jw :2006/04/14(金) 18:35:46 ID:Pe/0vgeX
多々問題ありそうだが
とりあえず一点。

基本的人権をまず改正(改悪?)しないと生存権に引っかかるのでは?

はっきり言ってツッコミ所満載のような気がするが。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 18:38:36 ID:0Sb6m+9S
社会保障制度と社会福祉制度がどういう概念から
成り立っているのか勉強し直せ馬鹿。
>>8の言うとおりツッコミ所満載。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 19:02:26 ID:uU6V4Jcw
>>幼い時期からの自立性を高めます。
幼い時期からの自立性って…人間は自立心が芽生えるのはたしか15歳〜ジャマイカ?

>>障害者がひとりの人間として認められる社会があります。
>>現状のように、どこか不自然な偽善社会から脱却できます。
>>ギブアンドテイクを否定することは不自然です。
と、いうことは寝たきりの障害者にも何らかの仕事を与えないとな…。

本当に突っ込みどころ満載だなw

この法案(w)があったら寝たきり障害者は王様だな。

…と働いている障害者が言ってみるw

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:39:20 ID:0++SA/U+
>>1は逃亡したのか?

12 :素う ◆RSwENTZ6jw :2006/04/14(金) 21:13:30 ID:Pe/0vgeX
いろいろツッコもうかと思ってたんだけど(笑)
様子見かな?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 22:26:40 ID:6jvfegn7
質問です。
素うの家のように、生まれながらのカタワ児はどうなるの?
素う(親)がどんなコースの契約をしているかで、
子に対する保証が決まるんですか?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 22:46:47 ID:yQJhc8tq
1の意見に賛成です。
保障を求めるのであれば、それなりの責任を負うべきです。
臓器移植に対しても、自分はドナーにはなりたくないが、
必要になればよろしくと言っている様なもの アメリカ人が迷惑だと思う
日本にアメリカからその様な人が来たらどう思いますか?
ドナー登録をしない人は、臓器がダメになっても、移植を望んではいけません
同じように、社会保障費を支払わない人は自分が障害者になったも、社会福祉を受けるべきではありません


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 22:54:46 ID:0++SA/U+
うほ・・・・自演のにほひwww

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 23:25:21 ID:yQJhc8tq
誰が自演しているの?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 23:29:54 ID:0++SA/U+
>>1はどこにいっちゃったのかなぁ〜〜〜〜〜?
こっそり見てる気がするなぁww

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 23:33:54 ID:yQJhc8tq
1は無責任に寝ちゃったんだよ!
酒でも飲んでいい気になっているんじゃないの?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 23:37:26 ID:0++SA/U+
いや〜1は起きてるね!
コソコソとここを見てるんじゃないかなぁwww


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 23:38:49 ID:yQJhc8tq
金曜日だから、飲みに出たのかも?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 23:41:32 ID:0++SA/U+
出てないねきっと!
ここが気になってしょうがないはずだよ!
でも恥かしくて>>1とは名乗れないんだろうなぁ〜ww

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 23:49:01 ID:B5N/AQJS
>>1は低所得層が脱落しやすい仕組み。
自己責任といって突き放したところで、人間は生きていこうとするのだし、結局、社会不安と治安の悪化を招くだけ。

23 :1:2006/04/15(土) 00:07:25 ID:W7l4KY/Z
1です。しばらく外出してまして、帰宅したためレスします。

>>8
>基本的人権をまず改正(改悪?)しないと生存権に引っかかるのでは?
人権は保証されます。が、法の定める最低限の生活という曖昧な概念を明確にし、
この制度内においては、本人あるいは家族への貸付という形態が望ましいと考えます。
もしくは、現在ある障害者団体が責任もって生活の面倒をみてくれるでしょう。

>はっきり言ってツッコミ所満載のような気がするが。
私自身もそれは否定しません。練り上げた構想などではないです。
あくまで妄想ですので、氏の言うところのツッコミ所などを指摘ください。

>>9
満載なツッコミ所を指摘し、代案があるならばどうぞ。

>社会保障制度と社会福祉制度がどういう概念から
成り立っているのか勉強し直せ馬鹿。
要再勉強というわけですね。貴方のご意見はいかがですか。
特にないようならただの煽りと判断し、以後スルーします。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 00:10:05 ID:EUgipc4g
>>22
あなたの言う事も納得できる

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 00:13:53 ID:KRrOq7/5
なるほど、外出していたのですね。失礼。

では、>>14さんは>>22についてどう思われますか?

26 :素う ◆RSwENTZ6jw :2006/04/15(土) 00:19:18 ID:r1VzzBBG
仮に1の主張を法制化しようとしたとしても
医療制度との絡みを考えてないし
障害者のみを排除しようとして理屈こねてみたものの
結局健常者に対してもデメリットが大きいという結果になってる。(不妊症等の障害認定されていない病気も障害者と同じ範疇に入ってしまう)

考えが浅い。

27 :1:2006/04/15(土) 00:19:27 ID:W7l4KY/Z
>>10
>幼い時期からの自立性って…人間は自立心が芽生えるのはたしか15歳〜ジャマイカ?
具体的な年齢は想定してません。あくまでも精神性のレベルの話です。

>と、いうことは寝たきりの障害者にも何らかの仕事を与えないとな…。
>本当に突っ込みどころ満載だなw
>この法案(w)があったら寝たきり障害者は王様だな。
どうしてそうなりますか。家族は責任放棄なのですか。
また、天涯孤独な植物人間であっても、人権に基づいた生存権は保証されます。
そこは福祉制度なのですから、弱者切捨てとはなりません。
あくまでも制度悪用をなくしたり、自立の妨げになるような制度からの脱却を目指しています。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 00:32:13 ID:KRrOq7/5
つーか自演の臭いがプンプンしてやがるぜw

ここのスレ主と物言いがそっくりな奴がいるんだよな。
毎日キショイ彼女自慢してる自称高額納税者が。
さっきまで頻繁に書き込みしてたのに、1が現れる直前から
ぱったりと居なくなったwww
自演おつwwwwww



偶然ですか、そうですか。

29 :1:2006/04/15(土) 00:34:25 ID:W7l4KY/Z
>>13
>素うの家のように、生まれながらのカタワ児はどうなるの?
>素う(親)がどんなコースの契約をしているかで、
>子に対する保証が決まるんですか?
その通りです。基本的には自己資産内で責任もって子の養育にあたるのが前提です。
資産内で解決できなくても、保険制度が補完します。

また、この話題はいずれするつもりでしたが、
未加入者が出産前の診断において、出生後の高額な養育費が想定可能であるケースで、
自己の判断で出産に踏み切った場合は、自己資産内で解決にあたることになります。
その場合でも、資産内で解決が不可能であれば法の人権に基づいた生活の保障は得られます。


30 :1:2006/04/15(土) 00:49:05 ID:W7l4KY/Z
>>14
賛同者がいてくれて何よりです。
自分のメシは自分の財布から払うのは当たり前のことです。
ただ、常に財布に金があるわけではないですし、そんなときでもメシは食いますから、
こういった保険制度が必要になるわけですが、
現状のように、金があっても福祉によりかかったりできる制度は改めるべきです。

金がないのであれば、刑務所の麦飯同様の食事でいいのではないかと思うのです。
趣味などは他人の財布でやるものではない認識が足りない方が大勢いるようです。

31 :素う ◆RSwENTZ6jw :2006/04/15(土) 00:57:00 ID:r1VzzBBG
>29
あのさぁ...

例えば未熟児でNICUに入って保育器に入ると大体1日幾ら掛かるか知ってる?

保険じゃ補完出来ないと思うよ?
結局支出の方が多くなるのでは?

32 :1:2006/04/15(土) 01:05:43 ID:W7l4KY/Z
>>22
>>1は低所得層が脱落しやすい仕組み。
>自己責任といって突き放したところで、人間は生きていこうとするのだし、結局、社会不安と治安の悪化を招くだけ。
私は指摘にあることを否定しません。この制度の欠点は格差の強調だと思っています。
結果として、一部の外国であるようなスラム層が形成され、社会不安がおきるでしょう。
ホリエモンではないですが、想定内です。

より自己管理の意識が進んで、甘ったるい日本人が減って喜ばしいともいえます。
それは言いすぎかもしれませんが、弱者救済は国家の安定財政がなすものです。
福祉最優先の国家は破綻してるはずです。

33 :1:2006/04/15(土) 01:08:47 ID:W7l4KY/Z
この先のレスはまた明日できたらしますが、週末は外出続きのため、
週明けになるかもです。それでは。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 01:09:56 ID:KRrOq7/5
久々にわろたわw
こんな判り易い自演中々ないぞ?
なぁ、自称29歳の高額納税者さんよ。



35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 01:15:52 ID:taBwsVxj
>>23で逃げ文句を垂れている通り、>>1の妄想だし。

>>1

>趣味などは他人の財布でやるものではない認識が足りない方が大勢いるようです。

というアホな妄想に浸って2ちゃんで転がっているわけですよん。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 02:44:12 ID:hhAS0JwZ
>>32
わざわざスラム街や貧困層を作る必要はないわけだが。
無意味どころか改悪もいいとこ。
おまいさんは、よほどの金持ちなのか?

甘ったるいとか自己管理とか、そんなの治安や平和があってのこと。

しかも、貧困層増大→教育水準の低下→労働者の減少→国力衰退と、財政にも悪影響。
途上国なんて識字率あげるのに必死なのに。

金持ち以外は、なんもいいことないがな

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 03:28:34 ID:Gnkxru4E
>>1>>14(ID:yQJhc8tq)
で、こいつは↓のスレ荒らしてる奴な。(他のスレも荒らしてるが)
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1127957918/l50
ID:yQJhc8tq
ID:GpQevYO/
ID:NRNYUpws



都合が悪くなったら逃げますので注意。
文体は変えてるが、意味不明な主張の仕方も逃げ方もそっくり。
ここの1とID:yQJhc8tqの書き込み時間帯が被る事は無いよw



という感じの私的妄想でしたとさ。
m9(^Д^)

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 10:07:33 ID:ZyRYPv5A
都合が悪くなると、妄想とか自演になるんだろうなぁ〜
1と私とはまったくの別人です。
せっかく1さんが、提案してくれたんだから、真剣に考えて論議してみたらいかがですか?
ここのカキコを読んでみると、>>22さんと>>36さんの書き込み以外はまともな反論では無いなぁ〜
君たち障害者クン達 特に>>37 君は自演をしているのか?普通はしないと思うよ!
そこのところをよーく考えて、まともな議論をしてくれ

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 16:27:45 ID:ZOtAY6I8
見苦しい中年だなまったく。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 17:53:35 ID:fCyviI6C
>>39
オツムの弱い障害者君だね
オマエみたいな、奴が社会保障費を食いつぶしていると思うから
このような議論が出るんですよ!
普通に社会性を持って生きていたら、誰も人と助け合う事に疑問など持たないだろう

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 18:17:55 ID:Jd3Y74ju
はいはい社会性社会性。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 18:30:30 ID:Jd3Y74ju
お前は頭のネジの方が緩んでるみたいだから、頭にボルト入れてもらえよwwww


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 18:37:24 ID:fCyviI6C
>>41
国営福祉保険制度で自己責任社会に反対なんですか?
あなたの言うネジが緩んでいるとは、あなたのどの意見に賛同したら緩んでない事になるのですか?


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 20:14:45 ID:r2N8TMLL
>>43
思うに、「バリアフリー」とか「障害者の社会進出」とか言われるようになったのって、
まだ最近の話でしょ。
今の20代の障害者にしたって、「食っていけるようにはしてやるから、家の中でじっとしてろ」って
環境の中で育ったわけよ。
そういうのに、「社会性」とか「自己責任」とか言っても無理じゃん。
動物園の檻の中で育った動物に、いきなり「自分でエサを取れ」って言うようなものだよ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 20:23:37 ID:y4jERP6j
>>1
そんなにきばらなくても、福祉制度がもうすぐ保険制度に移行するのは決定済み
なんだから。知らなかったの?


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 20:46:16 ID:dIK+EOVA
>>44
おっしゃる意味はわかります。
仕事をする権利は与えられて当然だと思う
しかし、作業所なんて、無意味なものだと私は思います。
ある程度軽度の障害者ならそう難しくないでしょう
しかし、重度の障害者に関してはそうは言っておれません
どうしたら良いんだろうか? 知的障害者にしても同じです。難しいね

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 21:06:01 ID:r2N8TMLL
>>46
素朴な疑問だけど、何で今まで通りじゃいけないわけ?
無理して働かす事もないじゃん。
あんまり役にも立たないんだし。

とにかく家で面倒みて、見切れなくなったら施設に入れる。
それで良いんじゃないかな。


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 21:11:48 ID:dIK+EOVA
>>47
それは生きている意義がなくなると思う
社会に出て、残された能力で社会貢献出来るような社会が望ましくないですか?

家で障害者が悶々としていると、ドクナ考えを持たなくなるだろう

社会に出るために、養護学校での責任ある指導をしていかなくてはならない
教員や指導者を増やしても、社会に対応できるような障害者を作らないといけない

この国は、誰もが社会に溶け込めるような国であって欲しい お年寄りもそうです。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 21:32:36 ID:r2N8TMLL
>>48
どういう生き方をするかは、本人が考えて決めればいいでしょ。
もちろん、自分の能力で出来る事と出来ない事をふまえた上でね。

ただ、障害者に自己責任を前提として社会に参加しろと言うのは、
障害者にとっても、社会にとっても、しんどい話だと思うよ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 21:54:06 ID:dIK+EOVA
>>49
社会参加をしたいと言う障害者を前提としての話です。
しかし、学業を終えた健常者は否応無くても働くのが当り前の社会でしょう
ニートやひきこもりがいる事もあるが、それは社会悪です。

社会はそれら障害者の社会参加、仕事のための、社会整備は当然だと思います。
それに、答える能力を持つ事、養護学校、職業訓練などに力を注いで障害者も当り前に
社会参加をしてもらった方が、健全な社会になると思いませんか?
健常者もしんどい事は同じ、障害者もしんどいかも知れないが、得るものも多いと思う

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 22:01:53 ID:hhAS0JwZ
まあ、自己責任の前に社会参加の仕組みが整わないと。横レススマソ。
あと、ヒキやニートは社会問題ではあるけど、悪ではないと思う。板違いになるから詳しくは書かないが。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 22:10:12 ID:r2N8TMLL
>>50
>養護学校、職業訓練などに力を注いで障害者も当り前に
>社会参加をしてもらった方が、健全な社会になると思いませんか?
まぁ、10代以下の障害者に対しては、その方向性でも良いと思うよ。
でもね、それ以前の、従来型の環境で育った障害者には
従来型(家庭・施設)の対応をした方が良いと思うけどね。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 00:26:12 ID:TpXtWupL
>>52
従来型に固執するのは理解できるが、現行の障害者が少しずつでも意識を変えないと
いつまでたっても障害者の社会参加はありえないと思います。
しかし、あなたのおっしゃる事が正しくないと言っているわけではありません
実際は色んな障害があるから、一概に言えないことですね


54 :1:2006/04/16(日) 13:41:31 ID:qyOqyRoK
>>26
>医療制度との絡みを考えてないし
他の制度との絡みを突き詰めて考えていく必要はあるかと思います。
それらを包括的に議論できる機会であれば、参加したいですね。

>障害者のみを排除しようとして理屈こねてみたものの
>結局健常者に対してもデメリットが大きいという結果になってる。(不妊症等の障害認定されていない病気も障害者と同じ範疇に入ってしまう)
それは被害妄想ではないでしょうか。
保障が必要なら加入するだけの話なのですから。

55 :1:2006/04/16(日) 13:51:02 ID:qyOqyRoK
>>31
この制度に限らず、保険制度は、支出額に連動した支払額が決定されるものです。
多額の保障を求める方は、月々の掛け金を多く支払うのは当然です。
加入者の大多数が高額医療費を必要とするのならば、
保険への支払額がその分増えるだけです。
この理屈を無視してしまうと、すべての保険制度は成り立ちません。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 14:10:05 ID:eG+AmOgy
なるほど????
いくらぐらい支払えば良いんですか?

57 :1:2006/04/16(日) 14:10:36 ID:qyOqyRoK
>>36
>わざわざスラム街や貧困層を作る必要はないわけだが。
どんな制度にも副作用はあります。
国家は理想郷を目指すべきかもしれませんが、
そうするための取捨選択は、民主主義の最大公約数から求められます。
貧困層を生じさせないことを優先した結果として、国家破綻するのは本末転倒です。
どちらを立てるべきかは、国家の財政により決定されるでしょう。
私は、これからの福祉には、個々人の意識改革が必要と考えます。

>>1>>6>>7あたりに書いたとおりです。

>しかも、貧困層増大→教育水準の低下→労働者の減少→国力衰退と、財政にも悪影響。
>途上国なんて識字率あげるのに必死なのに。
貧困層の増大は、その国家の主義あるいは経済政策がより重要でしょう。
指摘にある一連の流れは理解できますが、この制度に当てはまるとは考えません。

58 :1:2006/04/16(日) 14:17:06 ID:qyOqyRoK
>>45
このような保険制度への移行が決定済みであったとは知りませんでした。

昨日、新聞で目にしたもののひとつに、75歳以上の高齢者の医療保険の導入が
決定されたとありました。
それによれば、毎月6500円だったかな、それぐらいの負担があるようです。
世代別人口差から必然的にそんな流れになったのでしょうね。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 14:21:29 ID:eG+AmOgy
と言う事は、高齢者は介護保険に、高齢者の医療保険と2重に負担が増えるわけですね
しかし、現行の医療保険はどうなっているの?
あなたのおっしゃる保険制度なら、1人でどのくらいの負担金が必要だとおもいますか?

60 :1:2006/04/16(日) 14:54:19 ID:qyOqyRoK
>>51
>まあ、自己責任の前に社会参加の仕組みが整わないと。
段階的施策の導入で解決していくものと考えます。
教育施策や、コスト問題の解決などがあるでしょう。

脱線しますが、
たとえば、公務就労には障害者を優先して起用します。
民間企業の利益優先の理論では難しかった問題が解決します。
ハードのバリアフリーもある程度進んでいますし、
手当てである給料は年金に換わるものになります。
これらの利点を考えますと、健常者の就労機会剥奪とはいえないでしょう。
一定の職能が満たされない場合は解雇もあります。
結果平等の現在の福祉から、機会平等へとシフトさせます。

61 :1:2006/04/16(日) 15:10:46 ID:qyOqyRoK
>>56
>>59
加入者の支払額は、加入時の年齢や、契約者数、現行の福祉および医療費、
いろいろ加味して算定されます。
いまここでいくらです、というのはさすがに無理です。

国民の大多数が加入するようなある程度の強制力は必要と考えます。
その強制力はどのような手法で実現するかは多岐あるでしょう。

年金問題は、世代間不平等が一因になっています。
ですから、金融商品として考えたときに、きちんとしたリターンを示す必要があります。
加入時のIDは、子孫に引き継ぐことを前提としていますので、
ここで相続税が発生しないなどすれば加入意欲が喚起できます。

支払額は、加入コースを設けてある前提ですので、
個々に選定すれば良いかと思います。
返還率のコースによる差別化は必要かどうかはわかりません。
また、具体額は前述のように、明確に算出できません。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 15:39:22 ID:wlb0Esto
>>1
まとめサイト作ったら?
じゃないと一つ一つレスしてたらきりがないじゃん。

もし作ってくれるのならば、実際のケースを出して欲しい。
例えば年収○○万円の人がどうとか。

具体例を出さないといつまでも空想になってしまうよ。

63 :1:2006/04/16(日) 18:24:26 ID:qyOqyRoK
>>62
みなさんの意見を参考にしたいです。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 19:05:43 ID:zpdDg62z
>>1の自己責任の保険とやらには、税金は投入されるのか?
掛け金の運用からの配当だけで老後暮らしていけるのは高所得者層だけだぞ。
それは民間の保険会社で充分だと思う。
富の再配分をし、低所得層貧困層に文化的な生活を与え社会の安定を図るのは国の役目じゃないか。
国が自己責任を強調し、低所得層貧困層に富の再配分(インフラ整備、教育、文化事業等、最低限の生活保障)をしなければ、国への帰属意識が薄れ、義務(納税とか)を果たす意義がなくなる。
利己的人間が増え、モラルが崩壊するだけだと思う。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 19:54:09 ID:zyA8h5cq
>>64
僕はそうは思わないんだよね。
「富の再配分」というと聞こえは良いけど、むしろ「誰かが稼いでくれる」という
利己主義人間が増えているのが現状だと思う。

ただ、>>1の考えにしても、ある程度のセーフティネットは用意すべきだろうけどね。


66 :1:2006/04/16(日) 20:01:05 ID:qyOqyRoK
>>64
発展的な意見どうもです。

>自己責任の保険とやらには、税金は投入されるのか?
投入すべき、と考えます。
これまでの福祉同様、他の財源からの転用はあるべきでしょう。
しかし、未加入者への保障はこれまでより厳しいものと仮定しています。

>掛け金の運用からの配当だけで老後暮らしていけるのは高所得者層だけだぞ。
>それは民間の保険会社で充分だと思う。
高所得者対象限定であれば、必然的にそうなることと思います。
この制度は、国営の他の保険制度と同義の福祉保険を想定しています。
それは民間が追随できるものではないと思います。

>富の再配分をし、低所得層貧困層に文化的な生活を与え社会の安定を図るのは国の役目じゃないか。
あらゆる所得層に同水準の生活を与えるのは、資本主義の観点からして好ましくないと考えます。
再配分の構造を全廃するわけではありません。
より自助努力を促す制度へと変化させたいのです。

>国が自己責任を強調し、低所得層貧困層に富の再配分(インフラ整備、教育、文化事業等、最低限の生活保障)をしなければ、国への帰属意識が薄れ、義務(納税とか)を果たす意義がなくなる。
>利己的人間が増え、モラルが崩壊するだけだと思う。
これは配分率によるのではないのでしょうか。
また、自己責任の喚起が、指摘の結果だけを生むとは思いません。

67 :1:2006/04/16(日) 20:08:26 ID:qyOqyRoK
>>65
憲法の逸脱はないものとして議論を進めているつもりですので、
然るべきセーフティネットはある前提と考えています。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 20:15:22 ID:RTLFgk9P
>>67
 どうしてサッチャーのコミュニティ・ケア改革に言及しないんですか?
 議論の参考になると思うのですが。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 20:47:14 ID:zpdDg62z
>>68

携帯厨で中卒のオイラにその改革の概要を教えてくだされ。

70 :1:2006/04/17(月) 14:40:09 ID:4M1PfSlt
>>68
貴方のいうところの参考になりそうなものを提示くださると嬉しいです。

指摘にある改革について、少し調べてみました。
専門家でも概念の把握が難しいもののようですね。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 23:56:39 ID:x/OuU2SB
いまいち1の考えがわからん。

72 :1:2006/04/18(火) 09:07:36 ID:A3cNQRJj
>>71
制度の導入による国費歳出の削減、それと同時に福祉財源の確保。
導入を機とする福祉への意識改革への期待。

クレクレ厨を安易に増殖させるような福祉は制度の責任と考えます。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 21:27:55 ID:5MJIcs3E
通して読んだが、つまり1は税金(保険料?)を払ってない奴は極貧で暮らせという事か?

実行するとしたら
@生活保護の大幅な切り下げ
A若年層の介護保険加入
プランの自己選択

しかしだな、途中で指摘があったが、選択の余地が少ない低所得層を追い込んでも犯罪が増えるだけだぞ。
市場ある限り必ず失業もあるわけだしな。
最初から「あきらめる」層が発生すれば、費用対効果は最悪だ(今、国保でおきてる現象だ)
超累進課税とか最低賃金大幅切り上げでもしない限り、激し不公平感と社会不安を招くと思う。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 20:12:33 ID:dGTH8oY1
>>73
>税金(保険料?)を払ってない奴は極貧で暮らせという事か?
>>1は別にそういう事は言ってないんじゃないの?
>>67でセーフティネットは保証するって言ってるし。
それに、そもそも保険料を払ってない人が
「保険金だけよこせ」と言うのもおかしいじゃん。


75 :1:2006/04/24(月) 09:34:07 ID:nxh3kwP3
>>73
>税金(保険料?)を払ってない奴は極貧で暮らせという事か?
どんな層であれ、福祉への参加意識の浸透が根底にあります。
低所得なら未加入でも一定の保障が得られるのであれば、低所得層の労働意欲が減退します。
生活保護受給額と、年金受給額の逆転現象などは否定すべきと考えます。

>選択の余地が少ない低所得層を追い込んでも犯罪が増えるだけだぞ。
確信的保護受給も犯罪と同類ではないでしょうか。
これこそ低所得層を馬鹿にした行為と考えます。
こうした制度悪用者の一掃をしたうえで、適正な福祉実現を図ります。
>>73の提示にある(1)生活保護の大幅な切り下げについては当然とし、
(2)若年層の介護保険加入については、ほぼ同意、または提案の保険制度との統合で。

>超累進課税とか最低賃金大幅切り上げでもしない限り、激し不公平感と社会不安を招くと思う。
一億総中流政策は、老齢者割合が増加する現状では若年労働者への不公平感が生じます。
福祉利用者の応分負担こそ、公平ではないでしょうか。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 11:29:38 ID:r+5JAkpD
働けない障害者は死ねと言っている1がいるスレはここですか。

77 :1:2006/04/24(月) 13:15:26 ID:nxh3kwP3
>>76
私は、機会平等といっています。
働かないなら死ねばいいと思います。
働けないなら保障にあずかればいいでしょう。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 14:06:58 ID:8BOx6oJR
働かないなら死ねばいいと思います。
働かないなら死ねばいいと思います。
働かないなら死ねばいいと思います。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 14:40:44 ID:KrG5aLXi
>確信的保護受給も犯罪と同類ではないでしょうか。
>これこそ低所得層を馬鹿にした行為と考えます。

これに関してははげ同

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 02:32:36 ID:hxjkfUBE
トムおじさんの自演スレはここですか?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 08:25:27 ID:VMYWCJ8V
トムおじさんの自演スレはここです。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 12:58:15 ID:IkRWN4d/
自己責任社会、当たり前・当然の事だと思うが
自分で自分の尻を拭こうと「努力しない」やつを
何で、俺らが必死に働いて収めた税金使って尻拭いせにゃあかんのじゃ

83 :1:2006/04/25(火) 16:57:10 ID:N/WOffRW
最低限の保護以上の保障は、人として向上する意志を失います。
これで犯罪が増えるのなら仕方ないと思います。
公権力で制圧するだけのことです。
死にたい人は死ねばいいでしょう。誰も止めません。

84 :1:2006/04/25(火) 17:00:30 ID:N/WOffRW
>>82
それが一般常識だと思います。
福祉は、努力でも補うことが難しい状況に限定されるべきでしょうね。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 17:08:19 ID:CoQWxDGi
>75
>確信的保護受給も犯罪と同類ではないでしょうか。
>これこそ低所得層を馬鹿にした行為と考えます。
現行の制度で受給審査の厳正化と定期的で厳格な見直し・更新では不足か?
>83
>最低限の保護以上の保障は、
なにをもって“最低限”とするのかが分かれるところ。これは議論の俎上に
乗せないほうがいい。延々とループが続くだけ。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 17:18:07 ID:VMYWCJ8V
公権力で制圧するだけのことです。
公権力で制圧するだけのことです。
公権力で制圧するだけのことです。
死にたい人は死ねばいいでしょう。誰も止めません。
死にたい人は死ねばいいでしょう。誰も止めません。
死にたい人は死ねばいいでしょう。誰も止めません。

baka?


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 18:09:04 ID:BuDgSiGN
いいか? 障害者を経済的理由だけで切り捨てたら倫理的規範も崩壊するんだよ。
福祉は社会正義の動機だけではなく、宗教的、哲学的な人間の尊厳の根本問題と
切り離せないんだよ。

文学にも哲学・倫理学にも無縁のクズには理解不能か(笑)

自国民に対して使う言葉か。制圧って? 旧ソ連やカンボジア・中国・北朝じゃ
ねぇんだよ。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 18:22:33 ID:xvcp1sBg
セーフティーネットはあるんだから切り捨てとは違うじゃん。

89 :1:2006/04/25(火) 18:30:59 ID:N/WOffRW
>>85
>現行の制度で受給審査の厳正化と定期的で厳格な見直し・更新では不足か?
現実的な意見どうもです。
それらは併せて行うのが望ましいと考えます。
提案する制度を推す理由は、>>6あたり、
福祉を考える機会創出にあたり、明確な保険制度が有用では、と考えました。

>なにをもって“最低限”とするのかが分かれるところ。
そのとおりですね。
法にある「文化的な生活」なども、いまいちあやふやです。
国の福祉財政いかんで、その基準が上下するのでしょうし。
これについては、また別の議論かもしれません。

90 :1:2006/04/25(火) 18:37:35 ID:N/WOffRW
>>87
生命倫理のことを言ってるのだと思いますが、
国の財政を無視していい理由にはなりません。
困難に直面している福祉財政と、相互扶助理念の欠如も、
問題視すべきではないでしょうか。
繰り返しになりますが、救済は経済なくして成り立ちません。

>自国民に対して使う言葉か。制圧って?
あくまでも犯罪行為に対して向けた言葉ですので、お間違えなく。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 19:45:56 ID:lyvXSBNZ
>>89
>法にある「文化的な生活」なども、いまいちあやふやです。
>これについては、また別の議論かもしれません。

そうかなぁ・・。
そこが曖昧だから、「もっと支援をよこせ」「法で認められた権利だ」と
言い出す連中が出てきて、福祉財政を圧迫する事になってくるんじゃないの。
>>1の言う保険制度にしたところで、それは同じ事になるような気がするんだけど。

障害者だからといって特別扱いせずに、
最低保障は生活保護に一元化するって事じゃダメなのかな?

92 :1:2006/04/25(火) 20:55:41 ID:N/WOffRW
>>91
>「もっと支援をよこせ」「法で認められた権利だ」と
>言い出す連中が出てきて、福祉財政を圧迫する事になってくるんじゃないの。
前述どおり、「最低限」の定義づけはしません。
現在の保障が最低限とするのであれば、更なる削減は必要でしょう。
増加の一途をたどる受給者の要求を、
減少する労働者人口に転嫁することは、負担者の理解が得られません。
支える世代なのだから、という説明では納得できないはずです。
「最低限」以上の生活を望むのであれば、保険制度を利用するまでです。

>障害者だからといって特別扱いせずに、
>最低保障は生活保護に一元化するって事じゃダメなのかな?
保険加入者が障害をもったならばコースに則った保障を得ればいいと思います。
特別扱いについては、コースに準じればいいと思います。
生保との一元化は障害者福祉に反すると考えます。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 21:09:36 ID:lyvXSBNZ
>>92
>「最低限」以上の生活を望むのであれば、保険制度を利用するまでです。
最低限度の定義がないのに、そう言われてもピンと来ないよ。

>生保との一元化は障害者福祉に反すると考えます。
だから、障害者福祉という考えはポイして、
貧困層に対する保証という事で一元化すれば良いと思うけど。
貧困である理由が障害であるかどうかなんて関係ないじゃん。

94 :1:2006/04/25(火) 22:31:01 ID:N/WOffRW
>>93
>最低限度の定義がないのに、そう言われてもピンと来ないよ。
定義づけしない以上は、個々に想像してもらうしかないです。
これは個々の価値観に委ねるとしかいいようがありません。
法における定義も、この保険内での定義も、
福祉財政によって「最低限」は具現化されるでしょう。
貴方がその定義に関わる層に属していて、受益に絡んだ問題が生じたならば、
司法に判断を委ねればいいのではないでしょうか。
属していないならば、ここに触れる必要がないかと思います。

>障害者福祉という考えはポイして、
>貧困層に対する保証という事で一元化すれば良いと思うけど。
>貧困である理由が障害であるかどうかなんて関係ないじゃん。
貧困の要因において、障害の有無は自己責任に関わります。
不可抗力で義務を全う出来ない場合の保障とは別物にすべきと思うのです。
>>89で引用したとおり、
「受給審査の厳正化と定期的で厳格な見直し・更新」
で満たされると考えます。

では、「厳正」って何?などといわれたら返答しようがありません。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 22:52:49 ID:in94/qT4
1さんの話は道徳や精神論が多い気がする。
具体的にどんな制度にしたいんだい?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 22:55:00 ID:lyvXSBNZ
>>94
その保険制度というのは、コースの選択はともかくとして、
加入するかどうかは強制加入を考えてるの?
もし任意加入なら、加入しなかった場合どうなるのかというのは、
加入するかどうかを決める上での重要な判断材料になると思うんだけど。

>貧困の要因において、障害の有無は自己責任に関わります。
なるほど。
僕は、障害も個人の能力であり「自己責任」と考える人なので、
その点については意見は合わないですね。

97 :1:2006/04/25(火) 23:34:01 ID:N/WOffRW
>>95
ごもっともです。

>具体的にどんな制度にしたいんだい?
これまでのレスに綴ったつもりです。
過不足分は、意見交換の過程で突き詰めていきたく思います。

98 :1:2006/04/25(火) 23:45:24 ID:N/WOffRW
>>96
>加入するかどうかは強制加入を考えてるの?
基本的には任意というスタンスです。
繰り返しになりますが、未加入者への保障は「最低限」です。

>僕は、障害も個人の能力であり「自己責任」と考える人なので、
>その点については意見は合わないですね。
それも納得できます。
私は、障害を持つに至るプロセスのほうを重要と考えています。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 11:07:26 ID:5MKzRgZA
>国の財政を無視していい理由にはなりません。
>困難に直面している福祉財政と、相互扶助理念の欠如も、
>問題視すべきではないでしょうか。
>繰り返しになりますが、救済は経済なくして成り立ちません。

禿どう。体が効かなくなった時、誰がどう責任負うかという点で
障害者福祉もそうだが今後の老人福祉も同様に考えるべき。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 20:11:25 ID:/h7k2DSX
>>98
>繰り返しになりますが、未加入者への保障は「最低限」です。

「最低限」の定義が出来ないんだったら、
具体性のない言葉を繰り返しても無意味だよ。

>私は、障害を持つに至るプロセスのほうを重要と考えています。

でも、先天的に働く事が出来ない障害を負った人も、
自らの過失で同様の障害を持った人も、その保険に入ってなければ、
「最低限」なんでしょ。
それとも違いが出るの?

それから質問だけど、その保険制度を作る前から障害を持っている人は、
保険制度に移行する時にどういう扱いになるの?

101 :1:2006/04/27(木) 02:34:21 ID:sg5akYh5
>>99
やはり福祉利用者の自己負担割合の増加は致し方ない、と思います。

>>100
>「最低限」の定義が出来ないんだったら、
>具体性のない言葉を繰り返しても無意味だよ。
質問に対する回答として結びつく部分であったためそう表現しました。
指摘についてはそのとおりです。

>でも、先天的に働く事が(中略)それとも違いが出るの?
未加入者はすべて同じ扱いで、と考えてます。

>その保険制度を作る前から障害を持っている人は、
>保険制度に移行する時にどういう扱いになるの?
扱いとはどのような場合においてのことでしょうか。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 22:38:50 ID:F+rc8kHb
>>101
君の言う保険制度を作った後で、未加入の人が障害者になっても
その待遇は「最低限」だというのはよく分かったよ。
でも、その保険制度が出来る前から障害者だった人は、
保険制度が出来た後、どうなるのかってのが聞きたいんだよ。
保険料を払ってないわけだから、やっぱり最低限度なの?

それと、ついでにもう一つね。
その最低限度の保証にかかるお金はどこから出すの?
税金?加入者の保険料?

103 :1:2006/04/28(金) 16:00:01 ID:3tM0HOws
>>102
>その保険制度が出来る前から障害者だった人は、
>保険制度が出来た後、どうなるのかってのが聞きたいんだよ。
>保険料を払ってないわけだから、やっぱり最低限度なの?
スタートする段階では皆、当該保険料を払っていませんから、
未加入を選択しなければコースに応じた受給対象になる、と考えます。

>その最低限度の保証にかかるお金はどこから出すの?
>税金?加入者の保険料?
未加入者への保障は、加入者との会計管理とは切り離した税収から支払うのがいいと思います。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/07/27(木) 18:02:12 ID:3a9H8FFP
>>103
働かないなら死ねばいいと思います。
死にたい人は死ねばいいでしょう。誰も止めません。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 08:36:33 ID:Zmj6zi0R
社会不安が起こらないように保障制度はあるんだろうけど、
甘えを助長するような制度はいかんってことだな。
概ねのところ、1に賛成だな〜

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 18:22:08 ID:wQ9z+95C
エイズなのにゴージャスな生活@メリットいっぱい
ttp://love3.2ch.net/test/read.cgi/gay/1142587282/l50

エイズ@障害手帳 活用講座 貴方は何級?
ttp://love3.2ch.net/test/read.cgi/gay/1154441148/l50

エイズ・ジャパン (旧エイズ普及委員会) その2・・・・・・・・・・・NEW !
ttp://love3.2ch.net/test/read.cgi/gay/1162832784/l50

エイズになって良かった^^V      
ttp://love3.2ch.net/test/read.cgi/gay/1160332599/l50

エイズ コーディネーターナースって馬鹿?
ttp://love3.2ch.net/test/read.cgi/gay/1153015566/l50

全国  ゲイ・ エ イ ズ 同好会 ^^ 
ttp://love3.2ch.net/test/read.cgi/gay/1158029872/l50

hivを増やすのにはどこの発展場がいいでつか
ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/gaypink/1136274730/l50

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 10:43:22 ID:HLAMf681
団塊→共産主義→村社会→自己責任否定→責任転嫁,責任逃れ



108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 19:22:36 ID:OmdodQ2s
要は、みんなが真の平等について理解できればいいんだよな。
そもそも弱者ってなんなのかがわからんし。
本当に困っている人は、まず家族に救済の責任があるよ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 22:08:16 ID:BdKK2yAU
『障害者(カタワ)は社会の「お荷物」だ!!』

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 12:46:11 ID:AQ/8t0Mt
これだけ日本で自己責任論がもてはやされるのは、
殆どの人間が無責任で身勝手だからだと思う。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 13:43:55 ID:g47eQMJ4
>>110
9.11以降、たんに右傾化してるだけだろ?

自己責任論がうるさく言われだしたのがイラク人質以降だから
『自己責任』の系譜は案外安っぽいよ。

『自助努力』くらいなら明治時代からずっと言われてることだ。
さらに富国強兵と表裏一体で自己責任っぽいことは度々流行っ
てるんだから、いまさら”これだけもてはやされてる”なんて
言うのは少し大げさだな。
まあ、>110がどういう意味で身勝手だって言ってるのか分からんが
公共のマナーという意味ではここ数十年で遥かにマシになっただろ。

社会で生きる以上みんな身勝手にやってんだよ。それでも成り立つように
設計されたのが今の日本。すなわち、多数決の民主主義と資本主義なんだ
から、モラルを言う奴は、自分が全体主義者か帝国主義者か共産主義者か
のいづれかであることを宣言して欲しいもんだ。って共産主義者ってのは
無いかな。


『身勝手』ってのは無責任なようで、実は、この国を土台から支える
責任ある生き方なのだよ。
つまりは、胡散臭い言い回しに過ぎない『責任』なんて言葉を、より
どころにした制度なんてのは、”糞”ってことだ。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 22:49:57 ID:NXi3OgOD
互助思想とは過剰福祉ではない
根底に経済がある
福祉思想だけが先行するからおかしくなるw

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 21:21:02 ID:K36l33Eq
>>112
馬鹿っぽいね。根底に経済があるわけないでしょ。
たしかに福祉国家論などは古くなった。
しかし、経済を立てるために福祉国家があるという前提はいまだに
健在だ。根底に福祉がある、これが経済学の常識だ。覚えておけw


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 07:27:33 ID:NiA7J0cZ
>>113
福祉の保障あっての経済があるって解釈でいいのかな
それならわかるが福祉先行はありえんと思うが

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 09:50:37 ID:3Tiq5O2Y
カタワって、いつも自分に都合良く
物事を解釈したがる傾向があるね。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 12:09:02 ID:sIN2QvM8
>>111
身勝手な生き方が責任あるなんてありえんでしょ〜
責任あっての自由じゃん。
身勝手でも生きていけるけど、周りにしわ寄せがいってることに気づけよ〜

117 :脳性麻痺の素うのお子様:2007/10/01(月) 22:26:05 ID:/XIolrZj
今日はこの糞スレをあげてやるどo(^-^)o

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 17:46:20 ID:OWvTIUxy
社会保障給付が過去最大だとさ〜
今日のyahoo!newsに出てる(トップ扱い)


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 00:38:39 ID:XF36QkE+
俺の知ってる池沼は高校時代に知的障害を疑われだして、
精神科に通院しだし、作業所やデイケアを紹介されるも、
面白くないという理由ですぐに辞め、毎日、家でゴロゴロ。
初診日から1年半を過ぎると同時に年金と療育手帳を申請し、ゲット。
年金はジャニタレのCDや雑誌集めに浪費し、社会適応訓練にも通わず、
自宅で自堕落な生活を送ってる。SPWが社会支援制度の情報を持ちかけても、
金銭に結びつかない制度(何か自分が苦労をしないといけない事柄)は
無視する。
こんなゴミに障害年金や療育手帳による恩恵を与える必要があるのか、甚だ疑問。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 00:55:21 ID:xmk3vMOZ
>>119
>同時に年金と療育手帳を申請し、ゲット

あり得ない。障害年金は20歳以降の障害者に支給されるものであり、療育手帳は20歳未満の
障害児に交付されるものだからだ。


121 :119:2007/10/28(日) 02:11:06 ID:XF36QkE+
>>120
その池沼は高校を赤点続きで1年留年したから。19才の時が初診なのよ。
19才で初診だから、年金・手帳申請の要件を満たしたのは20才過ぎてから。
だから、年金をもらってる。精神科では、最初、等質の診断がくだってたんで、
最初は精神障害者手帳を目論んでたけど、普通の等質じゃねえらしいと
いうことになって、知能検査の結果、療育手帳になったみたいよ。(ここまで池沼本人談)
確かに紺色の手帳を持ち歩いてるよ。精神だと手帳は緑でしょ?
初診が未成年時で、診療の過程で知的障害と判断されれば、成年してからの申請でも
手帳は療育になると思ってたよ。違うの?

どっちみち、その池沼が年金で遊び呆けてるのは事実だもん。自助努力を全くしない人間に
いくら援助したって、ムダだと思う。年金使って、職業訓練受けるとか更生施設に通うでなし、
やや高額の小遣い位にしか考えてない。年金から払ってるものつうたら、診療・投薬費だけ。
通院・投薬費にしたって、公費負担制度を利用してるから、月に4〜5,000円程度。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 02:13:17 ID:0s0gmJVe
現在も自己責任で年金納付や税金納付がある
これらをしてないと障害者になっても恩恵は受けられない。
ちゃんとした制度じゃないか?

123 :119:2007/10/28(日) 02:32:23 ID:XF36QkE+
自助努力を目指したいが、しかし、生活基盤さえ危うい人間にこそ、公的支援は必要なものじゃないの?
親の庇護のもとで衣食住が保障された、ただ浪費するだけの人間へは公的支援は打ち切っていいと思う。
遊んでいられる金があることこそが、就労や職業訓練への意思を削いでいるんじゃない?
行き過ぎた公的支援が、社会参加への意思や機会を奪い、何の能力もない廃人同様の障害者を生み、
結果として、救済のための更なる公的資金の投入を迫られる状況を生み出してると思う。
障害等級によって規定された、月に幾らの一律の金銭の支給でなく、その時々の状況に応じた流動的な金銭
もしくは物品の支給に年金制度は変更すべき。
例として、職業訓練に自宅にPCが必要なら、県や国主催の各メーカーからの入札形式によって最安値の
PCやソフトを現物支給すればいい。
よりPC操作に熟達するための訓練や、トラブルが発生した時は、障害者同士でサポートしあえる体制を作ることで、
困った側は最小限の費用で、サポートする側は労働に見合う対価を得ることで、社会参加への意思や自尊心を持てる。
障害者の中でも競争原理を導入して、努力しない障害者は最低レベルの支援に圧縮し、浮いた予算を努力する障害者へ
振り向けるようにすれば、自堕落な障害者を社会参加へ駆りたたせるきっかけになると思う。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 08:36:46 ID:/tehKwwO
病院に通院しなくれも療育手帳の判定してもらえるし手帳の色だって県や市によって異なる
しかも18歳以上は更生相談所で判定から病院の診断とはあまり関係ない
http://www.city.kawasaki.jp/35/35kosei/ryoitetyo.htm


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 10:15:14 ID:0s0gmJVe
相互扶助で成り立っている年金制度。
国民年金は赤字っぽいが厚生年金はまだまだ黒字らしい
厚生から老齢、障害年金を受給するなら安心だよな
国が一度決めた法律はそう簡単に廃止にならない
相互扶助の年金制度は
強制じゃないから
自己責任で年金保険を掛けましょうという事だ。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 11:11:54 ID:w6BBEmsD
>>1
つーか国営だから今とほとんど変わんねーしwww

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 11:17:18 ID:w6BBEmsD
>>119
PSW ×
PSW ○
だね。細かいことだけど

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 11:19:42 ID:w6BBEmsD
ゴメン打ち間違いwww

SPW→ PSW◯
だねwww

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 00:12:08 ID:e2iss43m


130 :アルプスの少年ガイジ:2008/02/27(水) 06:41:04 ID:Bk1WkaP9
今日はこの悲惨なだけのスレをあげてやるど!涙を流して感謝汁o(^-^)o

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 10:37:59 ID:ilJAtWbe
門倉貴史「ワーキングプアは自己責任か」(大和書房)という本によると、こうだ。
「仮に、国内企業が退職する団塊世代の人たちに『継続雇用制度』を導入して(中略)団塊世代を非正規雇用として採用したほうがコスト的に圧倒的に有利になる」(p.157)

俺が爆笑したのはその直後の文。
「筆者の試算では、20〜24歳と60〜64歳の労働生産性には、大きな差がみられず、むしろ60〜64歳のほうが20〜24歳の労働者よりも平均的な労働生産性が若干高いことが観察された(0.63%程度の差)。」(p.157〜158)

さすが団塊は神世代だ、20〜24歳よりも何と0.63%も労働生産性が高いと認定されるなんて。


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/14(土) 09:41:47 ID:EkX4Hqnf
★これが日本の本当の仕組みだ★

右翼団体の正体
http://uyoku33.hp.infoseek.co.jp/

@統一教会
→日本人信者から2兆円を搾取。日本の国会議員に100人以上の秘書を送り込む。
 韓国の田舎の独身ブ男に、若い日本人女性を人身売買してまた儲ける。
A朝鮮総連
→自民党大物議員や社民党議員に賄賂を贈り、拘束。朝銀に巨額の税金を投入させる。
 その金が北朝鮮にいき、ミサイルや核開発の費用になる。
Bパチンコ屋
→年商30兆円産業で、その8割が在日系企業。日本人をバクチ漬けにして
 生活費を搾取し、その金を自民党と社民党に献金。
C創価学会
→池田大作はじめ幹部はことごとく在日朝鮮人。庶民階級を騙してお布施を集金し、
 在日の特権拡大に政治力をふるう。韓国の侮日運動を組織をあげて支援している。
D暴力団
→50%が在日(ちなみに在日の比率は0・5%)。麻薬や覚せい剤を南北祖国から
 安く仕入れて、日本人をドラッグ漬けにして金を稼いでいる。反コリア運動を
 暴力と脅しで監視し、ときには偽装右翼を演じる。
番外
在日の2大ウソ
→@「我々は戦時中に強制連行されてきた」
 A「戦時中に無理やり日本人にしておきながら、52年にその国籍を奪った」

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/09(月) 07:52:18 ID:17lbso5T
ダルマ死ね

134 :ダルマ:2009/02/09(月) 08:26:00 ID:e8ZOjW8N
ゴミクズ、なんでここに書いたの?ヤレヤレ
そんなに、俺様が嫌いなのか?
嫌われる理由がわからんのだがね。ココロアタリ、ネーヤ

135 :醜いカタワの子 ◆eSJidrMPeA :2009/02/09(月) 19:01:10 ID:DH5S/IUt
お互い人気者は妬まれるって事だどo(^-^)o

136 :awpdgmt:2009/04/20(月) 18:06:01 ID:/NK0BAlW

保険関係に携わってる方に質問です!脳疾患の手術で、まだ手術数が少ない為か(電気を使う手術)
健康保険が使えないと言われ、実費だと200万弱かかるとゆわれました。何とか国から支援してもらえる方法はないのでしょうか?ちなみに56歳の無職の母で62歳の父(会社員)の扶養家族に入ってます。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 05:57:54 ID:KRkcT4LR
努力房と学歴房と自己責任房
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/job/1241144208/

138 :名無しさん@お腹いっぱい。::2011/11/26(土) 23:35:59.20 ID:SD6Fzldh
a


139 :名無しさん@お腹いっぱい。::2011/11/26(土) 23:36:35.80 ID:SD6Fzldh
a

140 :名無しさん@お腹いっぱい。::2011/11/26(土) 23:36:59.58 ID:SD6Fzldh
a

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)