5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

わたなべまさこ 2

1 ::2008/05/02(金) 16:46:31 ID:???0
1950年代のデビュー以来、半世紀を越えていまだ魅力ある作品を描き続ける
わたなべまさこ先生について、まったり楽しく語り合いましょう。

2 ::2008/05/02(金) 16:50:43 ID:???0
<前スレ>
lt;現役gt;わたなべまさこlt;伝説gt;
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1043605300/l50#tag986

3 :花と名無しさん:2008/05/02(金) 16:59:23 ID:???0
ありがとう

4 :花と名無しさん:2008/05/02(金) 18:54:37 ID:???0
>>1乙!!ありがとよっ!

5 :花と名無しさん:2008/05/02(金) 20:06:50 ID:???0
スレ立てありがとう。
新スレ記念に6月にぶんか社からせんせの単行本が出るみたい。


6 ::2008/05/02(金) 20:07:14 ID:???0
ご報告でした。

7 :花と名無しさん:2008/05/03(土) 14:50:38 ID:DaihiHaMO
>>1さん乙です

8 :花と名無しさん:2008/05/03(土) 23:12:55 ID:4Mcv+/tw0
単行本とは?
もしかして自伝?

9 :花と名無しさん:2008/05/04(日) 01:23:19 ID:???O
まあ……>>1はほんとうに乙だわ

10 ::2008/05/04(日) 22:21:10 ID:???0
自伝ではなくてグリム童話?シリーズかな。
本当は残酷なグリム童話みたいなのに乗ってました。


11 :花と名無しさん:2008/05/06(火) 22:52:42 ID:MhHR3kKR0
ダコタ・ファニングが小さいうちに聖ロザリンドを映画化してほしかったな

12 :花と名無しさん:2008/05/07(水) 02:16:43 ID:???0
それか、子供の頃のドリュー・バリモア

13 :花と名無しさん:2008/05/07(水) 06:17:02 ID:???O
>>10
載ってましたと言うのは、わたなべ先生の本が発売されるとの広告が載っていた、
と解釈して良いでしょうか?
そのレスを読むと、一瞬、雑誌に漫画作品が掲載されている
とも読めるのですが…。
まあ6月にコミックス等が発売予定なら、
あと少しで太洋社(取次)の予定がweb上に公表されるけども。

ところで話変えて
昨日本屋で怖い系雑誌の表紙にわたなべ先生の名前発見。
雑誌タイトル失念したが、夏樹静子原作の漫画化で作画担当の模様。
新作か再録かは確認できませんでした…役立たない情報で申し訳ない。

14 :花と名無しさん:2008/05/07(水) 13:55:14 ID:???O
ロザリンドは映画に向いてるよね。

15 :5=10:2008/05/08(木) 13:19:23 ID:???0
>>11

単行本(多分文庫本)が出るという記事が雑誌に載っていました。
立ち読みなのでうら覚えですが・・・。

 夏樹静子さん原作のは 一つは単行本に掲載されているので
再録に間違いないですが、もう一作は読んだことがないので
はっきりわかりませんが 多分再録っぽいですね。


16 :13:2008/05/09(金) 07:20:50 ID:???0
>>15
たぶんレス番間違いだろうと思うが、レスありがとう。
夏樹さん原作のは、再録濃厚なのですか…やっぱりな('・ω・`)

17 :花と名無しさん:2008/05/11(日) 02:25:20 ID:???0
>>15
文庫化情報スレより抜粋コピペ。


250 名前:花と名無しさん[sage] 投稿日:2008/05/11(日) 00:36:01 ID:???0
宙コミック文庫
06/26 「Hi-Mystery series 言えない記憶」  高橋克彦/作 わたなべまさこ/他画
ぶんか社コミック文庫
06/05 「まんがグリム童話 悪女魔物語〜蝮虫草〜」  わたなべまさこ

18 :花と名無しさん:2008/05/14(水) 23:51:40 ID:m6scC3rl0
とりあえずほしゅ。

19 :花と名無しさん:2008/05/17(土) 12:47:33 ID:???0
金瓶梅まだかな

20 :花と名無しさん:2008/05/19(月) 12:12:27 ID:???0
ネットで連載されていたせんせいの自伝見れなくなっちゃったよ。
本になるならうれしいけど。

21 :花と名無しさん:2008/05/19(月) 14:05:43 ID:???O
>>20
えmj?ログ保存しておけば良かった…orz

22 :花と名無しさん:2008/05/24(土) 23:43:55 ID:???0
絵は個性が強すぎてちょっとと思ったけど、ストーリーが抜群に面白いから好き。

23 :花と名無しさん:2008/05/28(水) 03:43:48 ID:6Q+oqoOZ0
>>20
扶桑社webマガジンの
「まんがと生きて」??
見れますが。。
他にもなにかあったんでしょうか?

>>13
まんが このミステリーが面白い!Vol3
『滑走路灯』
原作/夏樹静子

たぶん再録だと思われ

24 :花と名無しさん:2008/05/28(水) 04:16:23 ID:8wHoSk240
すいません、あの
「聖ロザリンド」って
最後、結末ってどうなるんですか?
ロザリンドはどうなるんでしょうか?

25 :花と名無しさん:2008/05/28(水) 09:59:08 ID:???0
○○が○○と○○へ行って○○が○○する。

26 :花と名無しさん:2008/05/29(木) 14:02:04 ID:???0
>>25
そうだったんですか。
ありがとうございました。

27 :花と名無しさん:2008/05/29(木) 14:59:10 ID:???0
ヲイ

28 :花と名無しさん:2008/06/06(金) 21:33:17 ID:X6JHVRGu0
ほすあげ。

29 :花と名無しさん:2008/06/06(金) 22:09:18 ID:???0
恐怖!中国で感染か!日本長距離界のホープ・絹川が謎の凶悪ウイルスで北京断念へ
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1212754508/
異変が現れたのは昨年11月。体のあちこちに痛みが出始め、風邪のような症状も頻発。
12月には右大腿(だいたい)骨の一部を疲労骨折して全国高校駅伝(京都)を断念。
2月になると左側にも痛みが発生、さらに左ひざも激痛に襲われ、走るどころか歩行も困難に。

・担当医師によると、中国・昆明での合宿中に感染した可能性が高い。
 大気汚染に食の不安など、何かと取りざたされる北京五輪。今度は“見えない敵”が日本
 長距離界を揺るがしそうだ。

ようやく走れるようになった絹川 社会人デビュー戦と考えていた4月の織田記念(広島)などを次々キャンセル。
仙台育英高卒業後も指導を続ける渡辺高夫監督は「練習による痛みとは思えない」と治療方針を変更した。
都内の病院で放射線を利用したアイソトープ検査を受けると、骨の異常が判明。さらに特殊な方法による
血液検査を行った結果、未知のウイルスに侵されていたことが分かった。

治療に当たっている松元整形外科クリニックの松元司院長によると、赤血球を破壊し、白血球を変形させる凶悪
なウイルスが血液を通じて骨や筋肉に付着。その炎症によって痛みなどを引き起こしていたという。
絹川は同クリニックを訪れる前にも血液検査を受けていたが、異常は検出されていなかった。

気になるのが、その感染場所だ。絹川は昨年3月に中国・昆明で高地合宿を行っているが、松元氏は国内で
同様の例がなく、ほかの国へは行っていないことから「昆明の可能性が高い」と指摘した。
昆明といえば、北京五輪でマラソン連覇を目指す野口みずき(シスメックス)らも合宿を行っている場所。
それが事実なら、日本長距離界をも揺るがす問題だ。

絹川は現在、免疫力を高める特殊療法などで回復に向かっている。だが、ジョギングは30分が限界。
五輪代表を決める日本選手権に向け「最後まであきらめたくない」と意欲を示すが、渡辺監督は「出場できる
体力になってない。一日も早く正常に走れるようになることが最優先」と、出場を見送る方向だ。

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/news/20080606-OHT1T00047.htm

30 :花と名無しさん:2008/06/07(土) 19:38:34 ID:???0
「悪女魔物語〜蝮虫草〜」読んだ。
「それからのシンデレラ」が一番面白かったかな。
しかし、あの皇太子は最低だな。
彼と結婚しないで済んだシンデレラはその点だけは継母と義姉に感謝すべきかもw 

31 :花と名無しさん:2008/06/09(月) 15:22:43 ID:???0
「悪女魔物語〜蝮虫草〜」
最期の「蔵の中」以外書き下ろしだったんだね。
再録だと思ってたよ。
怖い童話シリーズの中でやはりだんとつに面白い。

32 :花と名無しさん:2008/06/09(月) 15:23:22 ID:???0
31
他の漫画家の怖い童話シリーズってことです。

33 :花と名無しさん:2008/06/13(金) 20:49:51 ID:???0
マンガグリム童話に「白雪姫」が掲載されてます。
「ハンカチ王子?」ってセリフがあったので、最近の作品みたいですね。

34 :花と名無しさん:2008/06/16(月) 17:38:12 ID:???0
「白雪姫」読んで来ました。
最近の作品っぽいね。
「金瓶梅」やら残酷グリム童話でなくて 
せんせのラブロマンスでも読みたいな〜

35 :花と名無しさん:2008/06/24(火) 04:28:51 ID:5ojzOfSH0
聖ロザリンドの原案は、映画悪い種子(たね)ではないか。
設定、母の心中未遂などすべて同じ。
http://www.google.com/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4SUNA_ja___JP208&q=%e6%82%aa%e3%81%84%e7%a8%ae%e5%ad%90
今パソコンの無料動画、ギャオでやっています。
この映画のレビューに、ロザリンドと似すぎてるなんて評価してる人がいるけど、
この映画は1950年代、ロザリンドは1970年代。
アフォかバカかと・・・。

36 :花と名無しさん:2008/06/24(火) 07:21:40 ID:???0
ロザリンドのモトネタが「悪い種子」ってのは前スレでも話題になったが
わたなべ先生ご本人がどこかで語っていたような…

前スレでは、2時間サスペンスドラマ「可愛い悪魔」の内容が
ロザリンドに似すぎという話もあった。これはドラマが後発。


37 :花と名無しさん:2008/06/25(水) 21:28:39 ID:???0
「可愛い悪魔」って、大林宣彦監督の作品だよね。
すごく面白かった記憶があるよ。

38 :花と名無しさん:2008/06/28(土) 19:09:35 ID:???0
17さんが教えてくれた
06/26 「Hi-Mystery series 言えない記憶」  高橋克彦/作 わたなべまさこ/他画
のコミックス買った方いらっしゃいます?
楽天だと出て来ない・・・。


39 :花と名無しさん:2008/07/01(火) 00:00:59 ID:???0
今日、金瓶梅をコミックス発刊分を読み終えたけれど、嬌児と雪蛾の生い立ちの話、泣けた。
それ以上に金蓮の黒さに「これこそ悪女」とも思った。
しかし、旦那様のDQNなのに仕事は出来る(?)所に、どう感想を持ったらいいか狼狽えた。
水揚げした廓の女に実は子供がいるって、そんなに隠し通さなければならない事なの?
原典がまだ入手できないから、どの程度オリジナリティがあるのかは分からないけれど
そんな時代にこの作品が作られたのならば、センセーショナルだったのだろうな、とは思った。

40 :花と名無しさん:2008/07/13(日) 18:24:00 ID:???0
金瓶梅ヘージの後釜が妊娠したあたりまで読んだんだけど
先続いてるのかな?

41 :花と名無しさん:2008/07/14(月) 00:03:05 ID:???0
コミック11巻から13巻を読みなされ。
一冊¥1000弱だから、ちょっと高いけれど。
ついでに思った通りの展開だった。

42 :40:2008/07/14(月) 15:37:11 ID:???0
>>41
ありがとお。もうそんなに出てるのか・・
3000円に迷う私

43 :花と名無しさん:2008/07/15(火) 21:18:54 ID:???0
文庫はどこまで出てるんだ?

44 :花と名無しさん:2008/07/15(火) 23:46:59 ID:???0
コミックで言うなら10巻まで。
瓶児はあぼ〜んしている

45 :花と名無しさん:2008/07/16(水) 17:31:11 ID:???0
瓶児の生まれ変わりが長家?に出てくるのは何巻でつか・・?

46 :花と名無しさん:2008/07/17(木) 04:57:00 ID:???0
11〜13の何処かにあることは確かなのだから、本屋で中身を確かめさせてもらいなさい。

47 :45:2008/07/18(金) 23:09:29 ID:???0
田舎の本屋なのでおいてないのでつ(T-T)
取り寄せて中身を確認する程の勇気はありまてん

48 :46:2008/07/22(火) 23:20:36 ID:???0
>>47
思わず「いい加減にしろや」とか言いたくなっちゃったんだけど
事情があったのね。ごめんお。

11巻の終わりから12巻のはじめにあるよ。

ついでに、大奥様、金蓮、瓶児は顔はあまり変わらないけれど
第2夫人と第4夫人の生い立ちの話が出てくる。
話は好きだけど、いくらかけて整形した?と聞きたくなるくらい
変わっている。はじめからこの顔で描けよ。わたなべさんw

49 :花と名無しさん:2008/07/23(水) 16:26:02 ID:???0
怖い話特集の分厚い雑誌に載ってました
亡くなったお母さんを大事にする話


50 :花と名無しさん:2008/07/23(水) 23:58:42 ID:???0
実は最近、金瓶梅で知ったのだけど、ものすごくキャリアが長くて思わず尊敬!
いま、一体いくつ連載を持っているのかな?

51 :花と名無しさん:2008/07/24(木) 22:31:05 ID:???0
どうしても気になるので・・・長い間ずっと。
「青い炎のファラオ」だったと思うんだけど
確か「小学○年生」とかで連載してたんだよね
これって見るの不可かなあ?
「ばらの中のリザ」も同じように「小学○年生」で読んで
コミックスも出てたのだけど

52 :花と名無しさん:2008/07/31(木) 23:53:07 ID:+ZLAZG8I0
チョンだっけ

53 :花と名無しさん:2008/08/20(水) 14:19:48 ID:???0
すみません、たぶん悪女シリーズだと思うのですが。
小学生のころ、友人宅で読んだのですが、
女の人の中に(子供なのでお尻だと思った)蛇が入り込むのは
どれになりますか?
プール?かなにか?に入ってた?と思います。
線がぶるぶるしていて大変怖かったです。


54 :花と名無しさん:2008/08/20(水) 20:54:08 ID:???0
>>53
プールじゃなくて林の中じゃない?
悪女シリーズにあったような気がする。
たくさんありすぎて探せない。

55 :花と名無しさん:2008/08/21(木) 09:42:24 ID:???0
>>53
悪女シリーズ探したけど、蛇のはなかった。
林の中でとかげ、という話があったけど。

56 :花と名無しさん:2008/08/21(木) 11:01:27 ID:???0
ありがとうございます。

劇画タッチで、装丁が庄司陽子さんの「愛ひとつ晶子」みたいな
感じだったような・・・。
タイトルをおしえていただけませんでしょうか?

57 :花と名無しさん:2008/08/21(木) 20:57:47 ID:???0
板移転記念

58 :花と名無しさん:2008/08/22(金) 11:15:31 ID:???0
>>56
板は変わりましたが、名作集 悪女シリーズ2
「蜜の味」の中の「蜥蜴」です。

59 :花と名無しさん:2008/09/20(土) 18:04:27 ID:???0
「青い炎のファラオ」!!懐かしいですね!!
印象的なのは、首チョンパで死んだ友達の亡霊が変なろくろっ首で出てくるところと、
確か主人公がカーナヴォン卿の娘イブリン(実在)の生まれ変わりというところです。
この当時(1976年)は知らなかったのですが、イブリンはまだ生きていた(1980年死去)
というのを知ってひっくり返った覚えがあります。
勘違いしてるかもしれないので、もう一度読んでみたいですね。


60 :花と名無しさん:2008/09/25(木) 21:54:36 ID:jfYTRqul0
本物のイヴリンが1980年に78歳で死んでるから、1902年生まれでツタンカーメン発掘の時20歳ですか。
ツタンカーメン発掘ってずいぶん昔のようだけど、書いた頃からは50年ちょっと前なのね。

61 :花と名無しさん:2008/09/25(木) 22:26:48 ID:???0
大昔、別フレ(たぶん)で読んだ西洋版四谷怪談みたいな話が印象に残っている。
私利私欲のために妻とその父親と娘を死なせ、新しい妻に乗り換え、
新しい妻も元の妻の幽霊のために気が狂ったら
見捨て、最後、元の妻と舅と娘の亡霊に取り殺される男の話。
何てタイトルだったかな…

62 :花と名無しさん:2008/09/25(木) 22:53:01 ID:???0
>>61
「水曜日の森」ですね。

63 :花と名無しさん:2008/09/26(金) 00:27:25 ID:???0
娘の名前はクララでしたっけね。


64 :花と名無しさん:2008/09/26(金) 08:41:19 ID:???0
はい、クララです。
母親がロレーヌ、その夫がハワード
夫の愛人がシャロンね。

65 :花と名無しさん:2008/09/26(金) 20:17:17 ID:???0
>>62-64
61です。
サンクスです。
そんなタイトルでしたっけね?
登場人物名も含め、すっかり記憶から消えてしまってました。
覚えてるのは、新しい妻(愛人?)の実家から送られたローストビーフがおいしそうだなと思ったのと、
レースがゴージャスで憧れたことだけ…。
まだ小学生の頃だったもんで。


66 :花と名無しさん:2008/09/28(日) 20:14:29 ID:vizl2fKH0
昔「少フレ」の読みきりで読んだ
「白いカメレオン」にガクブルだった。

67 :花と名無しさん:2008/09/29(月) 08:54:49 ID:???0
怖いのが好きな人には
「黒天使シンセラ」と「J・スミス氏の赤ちゃん」もオススメですよ。
実写版を作るのは絶対不可能な内容です。

68 :花と名無しさん:2008/09/29(月) 14:05:42 ID:O4dVbsA3O
ロザリンドを英語で綴ると
Rosalind
Rosalynde
どちらか正しいんでしょうか?いくつかのネットの辞書で調べたら2つ出てきてしまって…

69 :花と名無しさん:2008/09/29(月) 14:48:57 ID:???0
それは固有名詞だからどっちが正しいんじゃなくてry

70 :花と名無しさん:2008/10/08(水) 14:38:19 ID:???0
金瓶梅載ってるとお元気なんだな、ってほっとするね。

71 :花と名無しさん:2008/10/14(火) 17:59:10 ID:???0
聖ロザリンドは怖くて読めないこともあったけどやっぱり好きでした

今思えば、殺人鬼である娘の姿に苦悩しながらも
警察と共に娘の行方を追う父親が良かった

ロザリンドが凶悪犯の人質になった回は、
娘の危機に取り乱す父親としての愛情と
犯人の手首だか生首だかに「これが娘の仕業だというのか……」と絶望する姿が
描かれているからこそ
あの最終回があるんだなと。

72 :花と名無しさん:2008/10/30(木) 00:08:06 ID:7xxN1nG90
ほすあげ。

73 :花と名無しさん:2008/11/12(水) 20:08:12 ID:???0
みなさ〜ん、「まんがと生きて」が発売されますよ〜


ttp://item.rakuten.co.jp/book/5903313/

74 :花と名無しさん:2008/11/13(木) 19:12:15 ID:???0
「まんがと生きて」買いました〜
加筆がけっこうあって、webでも読んでいたけど、読みごたえありました。
わたなべ先生の姪っこさんで、活躍中のイラストレーターって誰なんでしょう?

75 :花と名無しさん:2008/11/13(木) 19:21:23 ID:???0
加筆もあったなんて嬉しいお知らせです。
ネットで注文したけど早く来ないかな〜。

姪子さんがイラストレーターとは初耳です。
どなたでしょうか?

76 :花と名無しさん:2008/11/14(金) 10:19:23 ID:???0
ガラスの城の担当さんと結婚された妹さんの
長女がイラストレーターになったと書いてありました
あと、医学部に行かれたわたなべ先生の息子さんが
クリニックを開院したとありましたが
私、この医院知ってるかも……
院長先生の名前が同姓同名だわ。都内の内科ですが…

77 :花と名無しさん:2008/11/14(金) 12:18:54 ID:???0
息子さん内科なんですか。ぐぐったら歯科がでてきたよ。
ご主人も写真が出てきた。優しそうな方。
加筆してあって面白かったです。

78 :花と名無しさん:2008/11/16(日) 15:22:17 ID:???0
あ、本当に息子さんかどうかわからないですけど…
仕事でたまに行くビルの中にあるクリニックで
漢字が旧字体のところです。
今度潜入してみようかな…

ご主人はホームページがあるんですね
すてきなご夫婦で、あこがれます。

79 :花と名無しさん:2008/11/27(木) 16:15:25 ID:???O
子供の頃に読んだ漫画で心に残っている場面があります。
絵柄がたぶんわたなべさんだと思うのですが、確信ありません。
車にヒロインの女の子と友達の女の子が乗っている。
友達は首にスカーフを巻いています。
やがて車が走っているうちに、その友達の首がポロっと落ちるのです。
実は友達は既に死んでいて、彼女も殺そうとしていたのです。
わたなべさんの漫画に上のような場面のある漫画があるでしょうか?
もし、わたなべさんならタイトルを教えてください。


80 :花と名無しさん:2008/12/03(水) 22:07:59 ID:???0
>>79
わたなべさんで読んだ気もするけど、わかんないです。
質問スレで聞いてみたら?


前スレで「蜥蜴」のことを聞いていた人見ていますか?
今発売中の波乱万丈〜とやらの雑誌に「蜥蜴」が掲載されていました。


81 :花と名無しさん:2008/12/07(日) 16:55:39 ID:???O
79ですが、質問スレで今日判明しました!
やっぱり、わたなべさんで「青い炎のファラオ」だそうです。
残念ながら、単行本化はされていないみたいなので、
また読むのは難しそうですが。
以前出ていたわたなべさんの全集は、その後続刊の予定は
ないんでしょうかね?


82 :花と名無しさん:2008/12/07(日) 23:15:31 ID:???0
名作集出して欲しいけどね。
自伝に100冊になりましたとあったから
それで終わりなのかな。
昔の作品を読みたいけど原稿は返してもらえなかったそうだから
手元にもないんだろうね。

83 :花と名無しさん:2008/12/07(日) 23:31:21 ID:???0
>>82
出版社で原稿紛失してる可能性も。
自分が好きな漫画家で2人ほどそう言う愚痴を
エッセイやBlogで読んだ(小学館ではない)。
昔の出版社では扱いがいい加減だったみたいだね。

84 :花と名無しさん:2008/12/08(月) 11:48:01 ID:???0
昔の貸本の会社なんかとっくにないだろうしなあ。
名作集にも掲載初年度とかないし、自伝にわかっているだけでも
作品年度、掲載雑誌のリストが欲しかった。
(ご本人もわからないだろうな)

85 :花と名無しさん:2008/12/27(土) 00:12:45 ID:bTr9370z0
あげ。

86 :花と名無しさん:2008/12/28(日) 18:41:55 ID:???0
「ガラスの城」で、マリサの誕生日は5月16日らしいけど(わたなべ先生と一緒)、
イサドラの誕生日はいつだろう。双子として育ったから、近い誕生日だと思うけど。
なんとなく、イサドラは牡牛座よりも牡羊座っぽい感じがする。性格から言って。

87 :花と名無しさん:2009/01/09(金) 11:59:02 ID:???0
「ガラスの城」文庫本5冊を持ってるけど
この漫画には、何度も読み返してしまう不思議な魅力がある。

88 :花と名無しさん:2009/01/14(水) 19:26:03 ID:???0
今22歳だけど、「ガラスの城」を小学校高学年くらいの自分に読ませてあげたいな。
小学校の図書室なんかにあったら良かったのに。
あの多感な時期に読んで見たかったな、この漫画。

89 :花と名無しさん:2009/01/15(木) 01:16:42 ID:???0
イサドラは綺麗だったよね

90 :花と名無しさん:2009/01/17(土) 15:15:08 ID:???0
うす紙を乗せて写して描いて遊んだよ。
なぜかイサドラばかり写してたな〜
マリサは髪型や服が地味でつまんなかったんだよね
イサドラはいつもお姫様みたいだったから。

服や小物や髪飾りが
他作家に比べて圧倒的に可愛かったんだよね

91 :花と名無しさん:2009/01/19(月) 22:23:14 ID:???0
ttp://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2009011900810
二上洋一氏死去(文芸評論家)

二上 洋一氏(ふたがみ・ひろかず、本名倉持功=くらもち・いさお=文芸評論家)
16日午後2時58分、脳出血のため死去、71歳。茨城県出身。葬儀は済ませた。喪主は妻ゆき子さん。

少女漫画の編集者として一条ゆかりさん、わたなべまさこさんらを担当。
その傍ら少年小説、推理小説を研究し、著書に「少年小説の系譜」「少女まんがの系譜」など。(了)

(2009/01/19-19:58)



92 :花と名無しさん:2009/02/14(土) 23:58:21 ID:j+aaoraB0
ほしゅ。

93 :花と名無しさん:2009/03/07(土) 15:18:50 ID:Y+UXAaNA0
金瓶梅の中国らしい豪華絢爛な絵が好き。
西門家が本当に成金っぽいのがわかるよ。
纏足靴の描写もしっかりしてるしね。

14巻、早く読みたいよ〜。

94 :陽気な名無しさん:2009/03/11(水) 21:08:41 ID:FZSmgMmC0
「ガラスの城」は、ずーっと刊行され続けてますね。
最初のマーガレットコミックス、集英社漫画文庫
わたなべまさこ名作集、ホーム社文庫、ほかにもあるのかな。
とにかく時代を越えた名作。
水野英子先生だと「白いトロイカ」も同じようにたくさんの種類があります。

95 :花と名無しさん:2009/03/11(水) 21:11:21 ID:???0
gaysaloon?

96 :花と名無しさん:2009/03/13(金) 07:35:34 ID:???0
ガラスの仮面もシャンデリアも割とさくさく恋人役が退場してびっくりした記憶がある
少女マンガは恋愛がメインってどこかで思い込んでたけど
わたなべ作品はわりと「女の人生」みたいのがテーマなことが多い気がする

97 :96:2009/03/13(金) 07:37:38 ID:???0
しまった96は「ガラスの城」の間違いです

98 :花と名無しさん:2009/03/13(金) 20:18:00 ID:???0
間違うにも程があるよwww
そりゃどっちも古典だが

99 :花と名無しさん:2009/03/14(土) 01:36:43 ID:???0
昔の少女漫画って恋愛がメインに見えて、実は主人公のご都合主義だよね…
どんなに恋愛至上主義的なヒロインでも、話の流れ次第で相手の男は使い捨て。

100 :花と名無しさん:2009/03/14(土) 08:20:45 ID:???0
聖ロザリンドが30年以上経った今もトラウマです

101 :花と名無しさん:2009/03/15(日) 21:49:05 ID:N40+uSgM0
わたなべまさこ先生のおひめさま系・・・ガラスの城が好きなのですが、
いつのまにかホラー系になってますよね?

どこらへんの作品からホラー系になっているのでしょうか?

102 :花と名無しさん:2009/03/16(月) 07:56:52 ID:???0
>>100
ロザリンドに殺された遺体の表情が怖かった
ガラスみたいな生気のない目に歯が剥き出しになってるのが特に…

でもロザリンドの手口があまりにも斬新で別の意味で感心してたりしたw
バターを塗られてネズミにかじられるとか
輸血しようとして血を抜かれてその血を死体に飲ませようとするとか
鬱な方向に心に残ってる

>>101
私が読み始めた頃は既に「こわい漫画を描く人」のイメージが強かったんで
「ガラスの城」も読む前はホラーだと思い込んでた
わたなべ先生のお姫様絵かわいくて好きだった
小学生の頃使ってた「マーガレット」の下敷きがそういう絵だった…

103 :花と名無しさん:2009/03/16(月) 14:43:38 ID:???O
ホラーじゃないけど「蝶はここには住めない」などの
アウシュヴィッツ収容所を描いた作品群も
幼少時には軽くトラウマになったよ〜。
バックグラウンドを理解した大人になってから
また読み返してみたいと思ってるけど。

104 :rena:2009/03/16(月) 15:07:27 ID:Btxka2UR0
少女コミックかマーガレットに連載されたもので
二重人格者の女性の話ってありませんでしたか?
小さい時に読んだので話の内容は良く覚えてませんが
確かヴァネッサって女性が出てきたと思うのですが。


105 :花と名無しさん:2009/03/16(月) 15:11:48 ID:???0
バネッサの部屋??

双子の妹と乳母が氷室で眠っているという話かな



106 :花と名無しさん:2009/03/16(月) 15:30:38 ID:???0
「バネッサの世界」かな?

>>105は「モナリザの部屋」
あれも二重人格モノだよね。

107 :花と名無しさん:2009/03/16(月) 15:35:02 ID:???0
おおう
ごめんよ


108 :rena:2009/03/16(月) 15:40:00 ID:Btxka2UR0
ありがとうございます。
早速探して読んでみます。

109 :花と名無しさん:2009/03/16(月) 20:05:00 ID:???0
「カメリア館」もホラーちゅうやホラー。


110 :花と名無しさん:2009/03/16(月) 21:09:19 ID:???0
>>103の作品知らなかったので、タイトルで検索かけたら
物持ちのいい人々のサイトがごっそりヒットした。
マイナーな良作を保存してる人って意外と多いんだな。

111 :花と名無しさん:2009/03/17(火) 01:39:09 ID:???0
ダリアの指をよく噛み切れたな、と思う

112 :花と名無しさん:2009/03/17(火) 08:59:59 ID:WM5m1Amr0
聖ロザリンドは子供の頃読んで凄く怖かった
今読むとロザリンド父の気持ちが解るな

アメリカかイギリスで映画化して欲しい作品だ
作り方でオーメン1にも引けをとらない作品に
なると思う

113 :花と名無しさん:2009/03/17(火) 20:41:18 ID:???0
ロザリンは映画から題材を得たんじゃなかった?
「可愛い毒草」だっけ?

114 :花と名無しさん:2009/03/18(水) 11:48:30 ID:vLCGDGmW0
>>113
調べてみるわ

115 :花と名無しさん:2009/03/18(水) 17:36:43 ID:???0
「悪い種子が芽生える時」って小説が着想の元って話も聞いたことがある
こっちも映画化はされてるね
小さなかわいい女の子が無邪気に殺人を犯すとか修道院に入れられるとか
確かにロザリンドっぽかった

116 :花と名無しさん:2009/03/20(金) 16:56:45 ID:16kcA9WW0
「まんがと生きて」買いました。
加筆によって面白くなったところもあれば
省略されてしまって残念(ガラスの城の連載前に若い作家の
学園ものが主流になり
読者からの人気が落ちてしまってスランプとか)
な部分も。
漫画で書き下ろしたところは、ユニークで良かった。
あと、息子さんやら姪の話は出てるのに
嫁(もちろん息子さんの)や孫の話全くは出てこない。
いないのでしょうか?

117 :花と名無しさん:2009/04/04(土) 04:57:03 ID:???0
文庫化情報スレより
>ぶんか社コミック文庫
>5/08 「ホラーMシリーズ わたなべまさこ傑作集 死霊婚 (仮)」  わたなべまさこ

118 :花と名無しさん:2009/04/12(日) 06:25:27 ID:???0
マリサみたいな清い心を持っていたかった

119 :花と名無しさん:2009/04/13(月) 20:23:12 ID:???0
>>117
d!



120 :マーガレット:2009/04/15(水) 00:27:53 ID:4blEYfzh0
昔の漫画家って歴史とか戦争とかを、正確にかつわかりやすく子供達の心の残したよね。
私は「蝶はここには住めない!」を読んでナチス時代のドイツのガス室の悲惨さを知ったもの。
あと「神様このお願いをきいて!」だっけ?シャム双生児が題材の作品。
いまだに忘れられない・・無論、ロザリンドも。だけどあまりに怖くてロザリンドは最終回まで読めなかった。
だから当然結末を知りません。ご存知の方は教えてください。

121 :花と名無しさん:2009/04/15(水) 01:18:40 ID:???0
今なら新鮮な気持ちで読めるんじゃない?もう大人なんだし。
折角の物語、他人に結末だけ聞いちゃったら勿体ないでそ。

122 :花と名無しさん:2009/04/15(水) 01:52:51 ID:???0
同意

123 :花と名無しさん:2009/04/15(水) 02:21:56 ID:???0
突然質問で登場する方は、どうして名前欄に変なHNを入力するんだろう。
少女漫画板とは言っても、わたなべさんの昔の作品を知ってるのなら
質問する方もいい歳の大人だと思うのだけれど…。

124 :花と名無しさん:2009/04/15(水) 03:29:54 ID:???0
いい年の大人だから2chの使い方がよくわかってないんですよ

125 :花と名無しさん:2009/04/15(水) 22:59:45 ID:???0
その発想はなかったわw

126 :花と名無しさん:2009/04/15(水) 23:49:21 ID:???0
ロザリンドは買ったけど怖くて手放しちゃった
だからラストは裏覚え


127 :花と名無しさん:2009/04/16(木) 00:33:43 ID:???0
子供の頃はロザリンドの被害にあう、同年代少女の視点だったから
単純に怖かったけど、今は自分の方が大人で両親の気持ちとかに
感情移入しちゃうから、何だかとても可哀想なお話って印象。

128 :花と名無しさん:2009/04/16(木) 10:22:47 ID:???0
>>127
両親もだけど執事も気の毒だった
執事がロザリンドを殺せなかったことで更に悪い未来が待ってたりするところが余計に

殺された被害者も勿論不幸だけど
ネズミにかじられたママを発見したリザとか
娘とお嬢様が血まみれになって死んでるのを目の当たりにした家政婦とか
あの後どうなったんだろうと想像するとものすごく鬱だ

129 :花と名無しさん:2009/04/17(金) 00:12:39 ID:???0
ロザリンドが修道女を毒殺して十字架に貼り付けたけど、
子供の力でどうやって死体をくくりつけた十字架を立てられたの?

130 :花と名無しさん:2009/04/17(金) 17:21:01 ID:???0
>>129
あのときのロザリンドには、悪魔超人が乗り移っていたとしか…

131 :花と名無しさん:2009/04/18(土) 00:30:06 ID:???0
古代エジプト人がオベリスクを建てた時の手法を応用してみました。

132 :花と名無しさん:2009/04/18(土) 21:32:44 ID:???0
小学生の時、従姉の家で『ロザリンド』を見せてもらい、
そのすごさに圧倒された。

でも田舎じゃ売ってなくて、諦めてたら、
成人した今頃になって、文庫版という(しかも完全な形で)出てた。
届いた日は嬉しくて、子供の頃に帰って読んだ。
色あせてなくて、それどころか、哀しみとか色々なものがあったんだなあ、
と感動した。

133 :花と名無しさん:2009/05/04(月) 22:51:09 ID:FnY+G8/fP
週刊明星連載時の悪女シリーズで次のようなエピソードってありましたか?
雑誌掲載時読んだ記憶があるのですが、別の作品と混同している可能性もあります。

タイトルは「天使なんかじゃない」矢沢あいの同名作品と混同しているかも?
内容は、
主人公は敏腕TVプロデューサー、イケメン独身で言い寄る女は数知れず。
でも全然相手にしないのでホモと噂されるも、実際はロリコン。

家出した少女を自宅に監禁し日夜ソクス
逃亡した少女は道路に飛び出したところトラックにはねられ即死。
失意の主人公の許に、今度は一家心中の生き残りの少女が現れる…。
途中省略
最後は生き残りの少女に刺されて主人公死亡でエンド
少女の最後のせりふが「私は天使なんかじゃない…」

当時はロリコンの存在がそれほどメジャーになってなかったころで、
この作品を読んでかなりショックを受けた記憶があります。
ふと思い出して気になりました。
覚えている方、いらっしゃったらレスしていただけると幸いです。


134 :花と名無しさん:2009/05/06(水) 12:28:19 ID:???0
「悪女シリーズ」は名作集は持っているけど、ロリコンの話は
なかった気がする。

135 :133:2009/05/06(水) 22:02:29 ID:???P
>>134
レスありがとう
名作集のほうにはないんですか…

内容が内容なのでコミックスには収録してないのかな?
やっぱり別の人の作品と勘違いしてるのかな?
うーん


136 :花と名無しさん:2009/05/10(日) 10:54:37 ID:???0
上で教えていただいた「死霊婚」買いましたが再録が多かったです。
お写真もありましが。

137 :花と名無しさん:2009/05/13(水) 14:59:08 ID:???O
どうして誰もつっこまないんだ、って事で一月遅れだけど
>>126、うろ覚えでしょ。。。


138 :花と名無しさん:2009/05/15(金) 21:37:27 ID:???0
明日5月16日で、わたなべ先生も80歳ですね。
傘寿を迎えてますますのご活躍をお祈りします。

139 :花と名無しさん:2009/05/16(土) 20:17:27 ID:???0
>>137
126です
お恥ずかしい・・・。

せんせいのお誕生日なのに盛り上がりませんね。
いつまでもお元気でいらして欲しいですね。


140 :花と名無しさん:2009/05/16(土) 21:45:16 ID:???0
お誕生日だったのか!
おめでとう、ずっとお元気で。

141 :花と名無しさん:2009/05/17(日) 11:30:23 ID:???O
お誕生日を存じあげなかったのでお祝いできませんでしたが、
おめでとうございます。
80歳ですか、凄い!
いつまでもお元気で素晴らしい作品をおくり出される事を
楽しみにしています。


142 :花と名無しさん:2009/05/31(日) 09:25:52 ID:???O
>133,135
まだ見てるかな?
それ、志賀公江が描いたような気がする。
ファンだったからこっそり読んで仰天した思い出が。

ガラスの城の、元祖・枯れ系スーパー執事さんの名前が思い出せない!
ご存知の方、いらっしゃいますか〜?

143 :花と名無しさん:2009/05/31(日) 12:49:34 ID:???0
>>142
エステル・クロッキー
クロッキーじいや、かっこいいっす。

144 :142:2009/05/31(日) 16:22:15 ID:???O
>143
おお、フルネーム!早々にどうもありがとう!
友人と「ガラスの城」の話題になって、
「…そう言えば、あの人」と今更ながら、彼の忠義振りに盛り上がりました。

まさか「ガラスの城」で萌える日が来るとはW長生きはするもんだ>40代。

145 :花と名無しさん:2009/05/31(日) 19:51:35 ID:???0
ゑステルといえば、大竹しのぶの母親もこの名前じゃなかったっけ?

146 :133:2009/06/05(金) 23:13:52 ID:???P
>>142
133です。情報ありがとう!
志賀公江さんでしたか。
どこで悪女シリーズと思い込んじゃってたんだろ。
探してみますね!

147 :花と名無しさん:2009/07/13(月) 07:02:36 ID:???O
保守

148 :花と名無しさん:2009/07/30(木) 11:02:11 ID:4eDzaf1N0
昨日発売された、いちばん残酷なまんがグリム童話にわたなべ先生の
アウシュビッツものの作品が発表されてたけど再録か新作かわからない。
有名な「蝶はここには住めない」ではなく「ダビデの星」っていう題です。
ユダヤ人の女の子達ががナチスの人体実験につかわるっていう話です。

わたなべ先生は多作だからな〜。
全集にまとめたら手塚先生にもならぶのでは?

149 :花と名無しさん:2009/07/30(木) 18:35:36 ID:???0
>>148
情報ありがとう。
読みたいけど残酷そうだね。
普通のラブコメとかもう描かれないのかな?

作品は手塚作品は残っているのにわたなべ先生のは本人も持ってない
そうだから残念だね。

150 :花と名無しさん:2009/07/31(金) 00:10:51 ID:uHDSGRgi0
>>111
うん、自分もそれがいまだに謎。
ダリアが苦しみにもだえる中、生きているあいだに噛み千切ったのかな?
それとも死んでから噛み千切って、テラスに押し上げて海に落としたの?(すげー力持ちだけどw)
前後関係がわかんなくてw

あと、そのあとでダリアの母に自分で真相を言ったじゃない?
なんであそこで真相言っちゃったんだろ。
ダリアの母親がダリアがいなくなったことで悲しみにくれたり、
真相を知って苦しんだりすると、
おばさまかわいそう、とか言ってロザリンド自身も泣いてる、という神経が全く理解できなくて。
「ほしいもののためなら人が死んでもいい」と単純に思っていたのか、
「ほしいものを得るためには、まずは相手におとなしくなってもらわなきゃ(死ぬという意味はわかってない)」なのか。
「氷で転ばせたり、毒を盛れば人が死ぬ」ことは理解できているような感じなのに、
(う〜ん、でもブランコになっちゃったときは理解できてないみたいだしw)
その人が死んだことで悲しんでいる人間に対して、「かわいそう」とか言っちゃうところが意味不明。
かわいそう・・・だけど仕方ないわよ、あたしがほしいもののためなら。なの?

長年、怖いというより、謎だらけでトラウマにすらならず。
まぁ指がついたままの指輪を持っていられるんだから、おかしい子なんだろうけど。
でもずーーーーーーーっと謎で?????なんだよ〜w

151 :花と名無しさん:2009/07/31(金) 00:42:47 ID:???0
悪いことだと思ってないから、あっさり話すんでしょ


152 :花と名無しさん:2009/07/31(金) 01:10:08 ID:???0
善悪の概念がないのと
好き嫌いの感情は別…って事かな


それはそうと、金瓶梅12巻ようやく読んだんだけど
纏足相撲の解説の「バカである」に吹いたw
こういうシレッとした突っ込み大好きだ

153 :花と名無しさん:2009/07/31(金) 21:33:04 ID:???O
「嘘をついてはいけない」は守ってたから、善悪の区別は一応ついたんじゃ。
「人を殺してはいけない」とママが教えてたら殺さなかったかもね……。

ただ殺した自覚があるかどうか怪しいけど。

154 :花と名無しさん:2009/07/31(金) 23:42:11 ID:???0
>>153
うーん。難しいね〜。
猛毒(トリカブト)を盛ったらダリアが死ぬ、というのはわかってたんだよね?
わざわざダリアをベランダから持ち上げて、海に突き落としたのも自分でしょ?
なのに「ダリアはどこに行っちゃったの?」って執事に聞いてるのが謎。
あんたが殺したんだろ、あんたがベランダの下に突き落としたんでしょ、あんた知ってるでしょ、と言ってやりたい。

あー、わたなべさんに聞くことが出来るなら聞いて解決したいよー。
まぁその辺を深く考えないから怖さを楽しめたんだと思うけど・・・。
失礼しました。

155 :花と名無しさん:2009/08/01(土) 14:57:06 ID:???O
>>154
欲しいものを手に入れるために相手にはひとまず何とかなってもらう→結果として死ぬ

がしばらく繋がってなかったのかもしれない。
途中からは殺害の自覚があったみたいだし。

シスター大量虐殺みたいに良かれと思ったら何だか皆死んじゃうこともあるが……。

156 :花と名無しさん:2009/08/05(水) 01:57:38 ID:???0
前半は自分の欲しい物のために殺人を犯してしまうのが多かったけど、
後半は「よかれと思って」の殺人が多いね。
シスター、リザのママ、トラブルメーカーの車椅子のおばあちゃん etc.

嫉妬からマルガリータを焼殺することもあったけど。

157 :花と名無しさん:2009/08/07(金) 19:35:19 ID:???0
ロザリンドの殺人を目撃したホームレスのおっちゃんが
ロザの寝室にしのびこんできたことなかったっけ?
で、ロザは脅えもせず、堂々とそのおっちゃんをあしらって
そいつも後々殺しちゃったような…
すげー肝の座った子供だと感心したもんだ
第一部の最後の時計塔のところも、なんか鼻歌歌いながら男が死ぬの見てたような。
ミューズとロザリンドのタッグは最強だろうな…

158 :花と名無しさん:2009/08/10(月) 08:54:02 ID:PrXPUiZtO
金瓶梅読みたいのに売ってない
違う漫画家さんの文庫サイズの金瓶梅は見掛けるのに(´・ω・`)

わたなべ先生の金瓶梅が読みたいよぅorz

159 :花と名無しさん:2009/08/10(月) 10:40:29 ID:???0
>>158
つ〔本屋で取り寄せ〕
つ〔ネット通販〕

160 :花と名無しさん:2009/08/10(月) 11:37:02 ID:???0
>>157
>ミューズとロザリンドのタッグ
たしかに。
わたなべ作品はとんでもない悪女と嘘みたいに善良な女の対立話が多いけど
子供心には「怖い」と思いつつ悪女のビジュアルの美しさに惹かれてたな

161 :花と名無しさん:2009/08/10(月) 12:10:49 ID:???0
この人、まだ現役で描いてるの?
年齢調べたら、手塚治虫と一つしか違わない・・・

162 :花と名無しさん:2009/08/10(月) 18:41:56 ID:???0
描いてる描いてる、思いっきり描いてる

でも一番描いてほしい金瓶梅が中断したままなんだ…

163 :花と名無しさん:2009/08/10(月) 20:56:07 ID:???O
でもその二人ならロザリンドはいずれミューズを殺しそうだな……。

164 :花と名無しさん:2009/08/10(月) 21:38:38 ID:???0
>>162
ちゃんと確認してからレスしなよ。
今月発売の「Jourすてきな主婦たち」に掲載されてる(買って読んだ)。
毎号必ず掲載されてる訳ではないが、今年は割りと頻繁に掲載あるよ。

165 :花と名無しさん:2009/08/11(火) 03:07:53 ID:???0
80代の現役小説家は少しいるけど、漫画家は、四コマとかならともかく、
長いストーリーもの描く人はいないよなー。水木さんもとっくにリタイアしてるし。
手塚治虫がまだ生きてたとしても、果たしてこんなにバリバリ描けたかどうか。
わたなべ先生はバケモノです。

166 :花と名無しさん:2009/08/11(火) 10:38:04 ID:???0
漫画三大賞の最後の生き残り、ちばてつやでさえぎりぎり80だものな。
現役女性漫画家じゃ、ひょっとして最古参?

167 :花と名無しさん:2009/08/11(火) 20:38:06 ID:???0
ちばてつや、昭和14年生まれだから、まだ70だよ。
わたなべさんより10歳若い。

168 :花と名無しさん:2009/08/11(火) 20:50:57 ID:???0
そしてちばさん、この10年で読み切り1本くらいしか描いてないし。

169 :花と名無しさん:2009/08/14(金) 07:53:27 ID:PZoKpuz60
ロザリンド=悪意が全くないから怖い。
      母親が心中しなければ変わってたかも。

イサドラ=でき心から嘘で固めないと生きていけなくなった。
     良心はかなりとがめていて苦しんでいる描写もみられる。
     マリサへの嫉妬もからんでいるのが人間臭い。

ミューズ=子供の頃はロザリンドに似ていたがマリサの愛とマリアへの
     想いによってちょっと変わり者の少女に成長。イサドラの
     登場で悪女路線を突っ走ると思われたがマリアの存在が大きく
     悪になりきれなかった。

有名作品の悪側(?)の感想です。
イサドラの気持ちは共感できるな〜。

170 :花と名無しさん:2009/08/14(金) 23:24:29 ID:???O
>>169
そうそうイサドラは意外に気が小さいよね。
だからロザリンドには負けると思う。

でもイサドラがロザリンドの母親なら最強かもね。

171 :花と名無しさん:2009/08/17(月) 11:07:30 ID:???0
子供ミューズが生きたカエルをばらして遊んでるの見て
「カエルさんが苦しそう!私が楽にしてあげる」と
ひと突きでぶち殺すロザリンドとか…

マリサがますます白い頭になってしまいそうだな…

172 :花と名無しさん:2009/08/17(月) 12:45:51 ID:???0
子供の頃あまりに見事なロザリンドの殺しのアイディアや手口に感心して
他にどういうのが可能かとストーリー仕立てで想像したことがあった…

大人になってから思い返すと恐ろしくなるけど
その時はあまり残酷だとか考えていなかった

173 :花と名無しさん:2009/08/17(月) 16:26:00 ID:???O
自分は子供の頃リアルタイムでは読んでなくて、大人に
なってからロザリンドを文庫で読んだ。
子供の頃に読んでたら、トラウマになってたかもと思うぐらい
衝撃を受けたなあ。


174 :花と名無しさん:2009/08/18(火) 01:12:32 ID:???0
ロザリンドは天真爛漫で純粋無垢なだけでなく
頭が良くて行動力に長け度胸もあって
子供ながら品良く洗練されて社交術も身に着けてて
おまけに金持ちの娘で美少女…最強だ

こうして書いてみるとイサドラとはスケールがちと違うかもw
イサドラはマリサの出生の件がなければ、玉の輿願望って言っても
小金持ちの奥様程度で案外ふつうの人生を歩んでたかもしれないよね


175 :花と名無しさん:2009/08/20(木) 00:03:23 ID:e+TKyGX10
ロザリンドってサイコパスだよね?
当時はそういう認識ないけど
わたなべ先生は先見性あるなあ。

でもシスター18人はりつけは
アリエナス…

176 :花と名無しさん:2009/09/12(土) 12:44:11 ID:???0
>>133、142
私もその話、今探していた所でした。
133は自分かと思いましたよ。w
たしか1980年で、女性週刊誌、わたなべまさこ先生だったような気がして
ググっておりました。
小学生の低学年の時にこっそり読んでかなりびっくり、興奮した覚えが・・・。
志賀先生でも単行本化はされていないようですね。
もういちど読んでみたいので探し出さなくては。

177 :花と名無しさん:2009/09/16(水) 22:46:40 ID:???0
悪女シリーズの胡桃わり人形ってロリっぽくなかったっけ?
なんか小さい女の子がオッサンをお風呂かどこかで誘惑してる
ようなのがあったと思うんだけど・・

178 :花と名無しさん:2009/09/25(金) 13:55:38 ID:???0
イサドラとマリサって「ベルバラ」のジャンヌとロザリーの姉妹に似てる気がする。
野心的な姉と心優しい妹ってところが。

あと、「ガラスの仮面」に出てきた「二人の王女」を見てもちょっとそう思った。

179 :花と名無しさん:2009/09/25(金) 21:11:42 ID:???0
当時ははっきりしたキャラづけ流行ってたからね。
キャンディ・キャンディも同時代だっけ。

180 :花と名無しさん:2009/10/01(木) 16:52:10 ID:W23t0LRp0
>>177
日本人男性のロリコン嗜好っていうのをもっとも早く描いた作品かもね。
(幼児だからペドかもしれん)
でも、18歳になるまで手を出さないとパパ(母の愛人だった医師)は
言ってたから節度はあったね。

最近の芸能界とかみると日本人男性はロリだとつくづく思うよ。
まあ、光源氏の時代から女は若い方が良いという考えが根本にあるんだね。
縛り絵の伊藤晴雨や竹久夢二のモデルで有名なお葉なんか、12歳で裸体モデルを
始めて縛り絵のモデルもやってたそうで。
竹久夢二との出会いは15歳。
その間に男を知って誘惑して楽しむような事してたそうだから凄い。
わたなべ先生に悪女物でお葉を描いてもらえたら面白いかもね^^

金瓶梅の金蓮は18歳で初体験だから中国ってロリコン嗜好があんまり
ないのかな?

181 :花と名無しさん:2009/10/01(木) 18:59:39 ID:???O
昔は寿命が短かったからね〜。

182 :花と名無しさん:2009/10/01(木) 21:42:32 ID:???0
金瓶梅の時代に18だったら普通だわな。
あの時代、早けりゃ初潮きてすぐ嫁入りだから。

183 :花と名無しさん:2009/10/01(木) 22:56:00 ID:???0
紫の上は、14歳で半ばレイプという形での初体験だしな・・・

184 :花と名無しさん:2009/10/02(金) 13:12:20 ID:???O
【ぶんか社】いちばん残酷なグリム童話・10
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1251007645/362
> 362 花と名無しさん sage 2009/10/01(木) 04:02:38 ID:???0
(途中省略)
> 仇花 悪の花/わたなべまさこ:

最新号テンプレに御大の名前をハケーン!
新作読み切りを描いてるの?

185 :花と名無しさん:2009/10/02(金) 18:27:55 ID:???O
>>184
多分新作だと思う。御大、時代物でも、ワザと現代風な
表現をする癖があるのでわかりやすい。メタボという台詞が
あったので、もし再録だとしても、かなり最近の作品だと
思った。

186 :花と名無しさん:2009/10/03(土) 22:55:49 ID:???0
>>185
184です、レスdクス。それならたまには買ってみようかな。
「残酷グリム」は、某好き作家がレギュラーじゃなくなってから
完全にコミックス派だったんだけど、わたなべ御大は
なかなか本になりそうにないしねぇ。

187 :花と名無しさん:2009/10/04(日) 01:35:38 ID:???0
マリサみたいに心の清らかな人になりたい

188 :花と名無しさん:2009/10/05(月) 00:22:08 ID:???0
急に思い立って、NET上で確認できる「金瓶梅」の
『Jourすてきな主婦たち』掲載状況を調べてみた(古い情報ほどスクロールして↓へ)

2009年09月号(08/01発売):其の五十五(11/2発売に続く)←この号のみ購読。
2009年07月号(06/02発売)
2009年06月号(05/02発売)
2009年02月号(08/12/29発売)
2008年11月号(10/02発売)
2008年08月号(07/02発売)
2008年05月号(04/02発売)
2008年01月号(07/12/01発売)
2007年10月号(09/01発売)
2007年05月号(04/02発売)
※確認出来なかった号もあったので、これ以外に2回あったと予想

平均年4回掲載しているって感じ?
2007年夏に発売されたコミックス「金瓶梅」13巻収録は、其の四十三(2006年7月号)まで。
2冊ぐらいストックが溜まってる気がするんだけど、また2冊連続発売とかなのかなぁ。

189 :花と名無しさん:2009/10/18(日) 23:51:01 ID:M8G8v0K60
 上原きみこの「炎のロマンス」と同じ雑誌に連載されていた作品で、イサドラっぽい女の子が眠っているマリサタイプの子をレイプ(?)みたいなシーンが心に残ってて、調べると、「シャンデリア」らしいけど、読みたいなぁ・・・

190 :花と名無しさん:2009/10/20(火) 22:33:21 ID:v/9usPSRO
こんなスレあったんですね!
おかーさんの部屋でガラスの城を見つけて読んですごいはまりました!
キレーな絵に衝撃的な内容で頭からはなれませんでした

しかしなぜか2、3、6巻しかなく当時小学生だった私は古いマンガだから売ってないな…と続きが死ぬほど気になってました…
そして三年前にガラスの城を本屋で見つけて持ち金使い果たして全巻即買いしましたw
聖ロザリンドはたまたま立ち読みしたホラーマンガにのっててびびりました!わたなべまさこさんの作品もっとみてみたいです

さくらこすみれこもなぜか2巻しかなく始めが気になってます
売ってないんですかね?

みなさんのおすすめの作品はなんですか?ぜび読みたいです!

191 :花と名無しさん:2009/10/20(火) 23:47:37 ID:???0
私のお勧めは「百塔」
偶然古本屋で見つけた豪華本だったけど、コンスタンチン殿下の
メガネとロン毛の美しさに、めっちゃ萌えた…
わたなべ作品に、こういう女性的な美人男性って、あんまりいないよね。

192 :花と名無しさん:2009/10/21(水) 21:23:59 ID:???0
ガラスの城かな オススメ ベタだが
今思うと韓国ドラマかと思うw
韓国社会が今、日本の70年代のような時代なのか、もともとああいう話が好きな国民性なのか

「ガラスの城」の最後に出てくる、母親を火刑で殺されたため、ちょっとアブナくなった男性がでてくるが、
70年代にああいう人を創造するってすごいな
当時・・・まだ生まれていなかったんだが、ああいうキャラはめずらしかったのでは?

193 :192:2009/10/23(金) 06:37:57 ID:???0
「ガラスの城」の最後に出てくる→「ガラスの城」の最後に

194 :花と名無しさん:2009/10/24(土) 12:26:19 ID:???0
今、わたなべさんの自伝?「マンガに恋して」が手元にないんで、確かめることが出来ないんだけど、
戦後すぐ、わたなべさんの女学校で、校長の不正が切欠でストライキが起こった話があったけど、これって、上野女学校?
今、石ノ森章太郎の「マンガ日本の歴史・現代編」を読んでいるんだが、それにも出てきた

かなりの事件だったんだね

195 :花と名無しさん:2009/10/26(月) 18:34:10 ID:???O
小学○年生が廃刊になるそうな。
時代を感じるけど、昔掲載されてた「青い炎のファラオ」や
「忘れなぐさをあなたに」の原稿はもうとっくに無くなって
しまったんだろうな。


196 :花と名無しさん:2009/12/17(木) 00:00:05 ID:???0
保守ついでに>>188の続き

『Jourすてきな主婦たち』
2009年12月号(11/02発売):其の五十六
中国妖艶大河浪漫 「金瓶梅」

197 : 【大吉】 【1595円】 :2010/01/01(金) 13:48:19 ID:???0
あけおめ

198 :花と名無しさん:2010/01/01(金) 14:35:17 ID:???0
>>195
自分は『ばらの中のリザ』世代でした。(モロに年がばれるな)

今から思うと、学年誌に載せるような話じゃないかもな。w
(序盤のシンデレラ的展開は児童マンガの定石だけど、その後がねぇ・・・結構生臭い。w)

199 : 【中吉】 【880円】 :2010/01/01(金) 14:42:36 ID:???0
>>198
多分きっと、同い年w
「ばらの中のリザ」、ずぅ〜っと再読したくて何年も探し回ってた。
ブックオフで愛蔵版を発見した時は、小躍りしちゃったよ。

200 :花と名無しさん:2010/01/01(金) 20:08:07 ID:???0
(・∀・)人(・∀・)ナカーマ!!
自分も『ばらの中のリザ』世代
本当の孫があの子だったのには驚きだった

201 :花と名無しさん:2010/01/05(火) 00:29:35 ID:???0
>シャンデリア
ガーベラというイサドラ系の美少女の身の処し方が潔く、また切なかった。
ヒロインと両親が談笑する家には入らず、そっと玄関にバラを1輪置いて何処に去ってゆくんだよね。
それを見つけた母親が、「あの子はもう戻ってきません。ガーベラはそんな子です。」と
涙を浮かべる。
血のつながりは無くとも10年以上我が子として育てていた人だから言えるセリフだった。


202 :花と名無しさん:2010/01/07(木) 15:18:28 ID:???P
>>201
|∀・)ツッコンデモイイ?
身を隠したガーベラを待っていたのは「温かいお茶をすぐ入れましょう、お母様のクッキーもあるわ」と
用意していたのはケイとママン。
父親(ケンジントン伯爵)は、ガーベラの策略で死にかけたケイを救うために船で死んでる
で、一晩待って夜が明けて、玄関に落ちていたのはガーベラのイヤリング
「あの子、ここに来たのね」と涙ぐむママン。
そこで↓のことば

> それを見つけた母親が、「あの子はもう戻ってきません。ガーベラはそんな子です。」と
> 涙を浮かべる。


単行本上下だったと思うけど、濃いい話だよね


203 :花と名無しさん:2010/01/07(木) 15:59:53 ID:???0
「シャンデリア」はハッピーエンドのガラスの城って感じだわー
ガーベラとケイは見た目もまんまイサドラとマリサだったような

イザベルとジジってのが出てくる話はなんでしたっけ?シャネルbT?
あれもイサドラっぽいヒロインだったような

204 :花と名無しさん:2010/01/07(木) 21:53:17 ID:???0
シャネルNo.5ですね。

ジジの滞在していたロンドンの高級ホテルのスィートが凄く豪華でした。

205 :花と名無しさん:2010/01/07(木) 23:44:38 ID:???0
>202さんへ
201です。うわぁあああ、恥ずかしい記憶違いもいいところでした。orz
雑誌連載時に最終回まで読んでいたもののその後再読の機会が無かったんで、修正感謝です。

同じ雑誌でその後掲載されてた、シャンデリアより短めのお話、タイトルが完全に分からないのですが。
・時代はナイチンゲールが世に出る少し前くらい(看護婦が娼婦とほとんど同系列で扱われていた時代)
・清廉潔白なヒロインと悪女系のライバル(こういうキャラ設定が先生はお好きらしい)
・ライバルキャラがヒロインの婚約者(医師)を脅して当時違法だった堕胎手術をさせる。
・その後色々あって、看護婦として独立したヒロイン、伝染病にかかったライバル女と再会。
・「見捨てればいいじゃん」系の強がりを吐くライバルを献身的に看護し、ライバル回復、ヒロインは感染して死亡
・ヒロインの墓の前で、悔み悲しむ医師、そこに現れるライバル(喪服を着ていたかも?)
・「あんたがその気ならよりを戻してやってもいいのよ?」と水を向けるが医師突っぱねる。
・「生きてる者が勝ちよ」という趣旨のセリフを残し、毅然と頭を上げ去ってゆくライバル。ベールの向こうには涙がにじむ目が。


というあらすじだった…はず(弱気)
どなたかご存じありませんか?

206 :花と名無しさん:2010/01/09(土) 01:29:33 ID:???0
>>191
私も「百塔」好きです。
(でも、あの双子、「そっくり」と言われてる割にはあまり似てないような)
あと、割と最近の作で「ライオンの城」も。
わたなべさんの昔の作品からの元気な小さな女の子の系統を引いてるような、
将軍とも堂々と受け答えできるヒロインが特にお気に入りのキャラです。


207 :花と名無しさん:2010/01/11(月) 23:37:28 ID:???0
>>205
シャンデリアと同じ雑誌ということは、週刊少女コミックかな?
「シャンデリア」が、たしか「銀色のフラッシュ」や「風と木の詩」と同じ頃の連載だったっけ?
だからそれよりちょっと後の話だよね。

そのころ(も)少コミ読んでいたはずなのに、詳しい話の内容は覚えてない・・・ OTZ
でもわたなべさんの絵で 『堕胎は犯罪(違法かも)なんだぞ!』 ってセリフがある漫画には覚えがある・・・
wiki見たら「従妹イゼベル」ってのが年代的にそれっぽいんだけど、違うかな?
(「ピコラ・ピコラ」や「マリーベル」と同時期)
他の漫画は覚えてるから、イゼベルも読んだはずなのに覚えてない・・・

ttp://www.kudan.jp/EC/w-comi1979.html
【画像】 ttp://www.kudan.jp/EC/mokuroku/photo-zasshi/shoucomi1979-06-20-1.JPG


このスレで埒が開かなかったらこっちで聞くがよろし。
少女漫画のタイトル&作者名捜索願(41)
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1261835492/

208 :花と名無しさん:2010/01/12(火) 08:21:56 ID:???0
>207さん
205です。
そう!「従妹イゼベル」です!おかげで思い出しました!ありがとうございますw
心正しいヒロインが善行の末、死んでしまい、悪役のイゼベルがしたたかに生き延びちゃったのが当時衝撃でした…
でもあのラストシーン、振り向く事無く毅然と去ってゆくイゼベルの後ろ姿の美しかったこと…
「ああ、この人は明日、惨めに死ぬことになっても決して後悔なんかしないんだろうな」と思った。
ヨーロッパ映画のような深い示唆に富んだ作品だったなぁ。



209 :花と名無しさん:2010/01/12(火) 16:12:41 ID:???0
わたなべ先生の描く悪の美少女はき然としていて好きだ。
心優しい善のヒロインも、ブリッ子じゃなく本当に清純な娘でいやみがないのがいい。

210 :花と名無しさん:2010/01/19(火) 07:02:08 ID:???O
コンビニに置いてあった波瀾万丈の女〜とかって漫画誌に
わたなべ先生の名前を見かけたんですが、再録かな?
レディコミ誌らしく、エロあり怖い話っぽかったわ。

211 :花と名無しさん:2010/01/27(水) 02:28:12 ID:???0
>>210
ttp://www.amazon.co.jp/dp/B00315IMMY/
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B00315IMMY/(←表紙拡大画像)
表紙見ると、魔木子さんのすぐ下に名前ありますね。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B002UPDYWO/
前号(1月号)にも名前があるので、再録の可能性高い気がする。

212 :花と名無しさん:2010/01/28(木) 22:41:19 ID:???0
金瓶梅文庫6巻の続きが読みたいのだが、大判本買うしかないのかね。

213 :花と名無しさん:2010/01/29(金) 00:39:01 ID:???0
イサドラが生涯愛したのはハルトマン皇太子?

214 :花と名無しさん:2010/01/29(金) 00:58:26 ID:???0
マリサの方でない?

215 :花と名無しさん:2010/02/19(金) 22:43:47 ID:cfHo6xne0
ほしゅっとく。

216 :花と名無しさん:2010/02/25(木) 23:52:03 ID:???0
わたなべさんの描く聖女と悪女は
コインの裏と表みたいなもので
切っても切り離せないンだな…

217 :花と名無しさん:2010/03/10(水) 23:36:04 ID:???0
青い炎のファラオ もう1度読みたい。
名作集にもなかったよ

218 :花と名無しさん:2010/03/19(金) 11:07:43 ID:???0
なんといっても「ガラスの城」だけど
学習能力のないマリアにいつもイライラするよ。

219 :花と名無しさん:2010/03/23(火) 05:12:22 ID:aVmsj7Kl0
>218 同感w ワロタw

220 :花と名無しさん:2010/03/23(火) 12:43:20 ID:???0
「マリオ」のピーチ姫や
「王家…」のキャロルほどではないけどね・・・w
でも、確かにそうだな。 あんなに酷い目に遭っても(ry

221 :花と名無しさん:2010/04/01(木) 23:56:20 ID:JtcL6Z4V0
私もガラスの城大好き。
でもここ、過疎っちゃってるのかな。。

222 :花と名無しさん:2010/04/02(金) 23:04:20 ID:???0
マリサって、ちょっとマゾの気あるんじゃないかと。

223 :花と名無しさん:2010/04/02(金) 23:05:25 ID:???0
ちょっとどころじゃないよ。どマゾだよw

224 :花と名無しさん:2010/04/05(月) 02:54:35 ID:???O
まんがと生きて読んだ
少女漫画家が自分の人生語るとどうも説教臭かったり厭味たらしかったり
自分マンセーが過ぎたり引くこと多いけど
この人のは全くそんなことなくてむしろ温かい気持ちになったぐらいでびっくりした

225 :花と名無しさん:2010/04/05(月) 07:22:09 ID:sIW1bj2BO
お孫さんは、いないの?

226 :花と名無しさん:2010/04/05(月) 07:29:50 ID:???P
まず医者になったらしい息子さんが既婚者なのかどうかは
エッセイ本には書いてなかったような…

web連載に記載があったか知らないんですが、
書籍化の時に多少編集でカットされているかしら?

227 :花と名無しさん:2010/04/25(日) 06:17:47 ID:???0
初めて読んだのがロザリンドで、血まみれの内容にショック・・・
ロマンティックな絵柄と正反対の恐ろしさ、トラウマになりました〜

228 :花と名無しさん:2010/05/01(土) 02:05:28 ID:???0
わたなべさんの描く幼女ってすごく魅了される。

229 :花と名無しさん:2010/05/09(日) 01:09:08 ID:ErONlZZC0
子供の頃から大好きでした。
弥生美術館の3人展でご本人にお会いしてサイン頂きました。
ソニアのニットスーツを着ていて、凄く上品なマダムでした。
まんがと生きても良かったですね。
その後読んだ同年代の某女性漫画家さんのは自慢の嵐だったから、
わたなべ先生のほんわかした上品さが、本にそのまま表れているんだと思った。



230 :花と名無しさん:2010/05/09(日) 02:10:37 ID:???0
御年八十歳になろうというのに、いまだ現役で、しかも面白い作品を描けると
いうのは本当に素晴らしいことだ。
特に、女のドロドロした情念はすごくリアル。
まだまだたくさん読み続けたいので、お身体を労わりつつ少しでも長く描いて
欲しい。

231 :花と名無しさん:2010/05/25(火) 16:13:57 ID:???0
ガラスの城のハルトマン皇太子、イサドラが顔にやけどを負ったとたんに心変わり。
「私を信じて待っていてください」て言っておきながら、即日よその国の王女と婚約。
ひどいやっちゃ。

232 :花と名無しさん:2010/05/26(水) 01:25:50 ID:???0
www
しかも数年後、ストラスフォードの主となったマリサに
「あなたも苦労をなさる」とか言ってんのねw
オマエが言うか!って感じ。

233 :花と名無しさん:2010/05/26(水) 11:50:52 ID:???0
来月の新刊 (原作付きのハーレクインコミックス)
ttp://www.harlequin.co.jp/hqc/books/detail.php?product_id=1827
6/01 今夜だけあなたと わたなべまさこ 書籍扱

↑のサイトに竹宮惠子さんの応援メッセージが載ってたので
もしかして帯に印刷されたりするのかなぁ?

234 :花と名無しさん:2010/05/26(水) 19:12:02 ID:???0
わたなべまさこ先生、相変わらず色っぽくてエロい絵をお描きになってますね。
素晴らしいです。

235 :花と名無しさん:2010/05/26(水) 19:13:38 ID:???P
うれしい
うれしいわー
情報ありがとう

236 :花と名無しさん:2010/05/31(月) 12:33:42 ID:???P
買いましたー


237 :花と名無しさん:2010/06/08(火) 18:26:19 ID:???0
わたなべ先生、すごい。未だ衰えぬ人気・・・
http://search4.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=%A4%EF%A4%BF%A4%CA%A4%D9%A4%DE%A4%B5%A4%B3&auccat=21600

238 :花と名無しさん:2010/06/08(火) 18:45:15 ID:???0

宣伝乙?
入札者が少ないので、衰えぬ人気ってレスに納得しかねる
出品者の価格があらかじめ高い設定なのも、もう時代遅れな感じ。

>>233の新刊、ちゃんと買って読んだけれど
わたなべまさこさんの独特の絵だから買った部分が強くて
恐らく原作のせいもあるんだけど、ありきたりのハーレクインで
安心して読めるという点以外は、良い点がわからなかった。
それなりに面白かったが「金梅瓶」の方が断然好きだなぁ〜。

239 :花と名無しさん:2010/06/09(水) 11:22:15 ID:???P
ソファとか、カーテンとか、ベッドとか
髪のくしゅくしゅ加減とか、ベッドに横たわり方とか
いろいろ堪能しました

240 :花と名無しさん:2010/06/25(金) 02:20:59 ID:wYGn1WHt0
この人の描く人物は、うまいというのとは違うんだけど、
独特の魅力とバタ臭さがあった。
ガラスの城とか聖ロザリンド、、、大好きです。

241 :花と名無しさん:2010/06/26(土) 09:16:06 ID:???0
先日久しぶりに雑誌掲載の「金瓶梅」読んだけど、髪を解いた状態の旦那を初めて見て
あ、美男って設定だったんだな〜と改めて理解できた。
先生には申し訳ないが、ストーリー上の旦那の言動から今までずっと「うる星やつら」の諸星あたる
的なイメージで読んでた(金と権力を持ったあたる、ね)
瓶児が退場して金連が出張っているせいか、同じ原作の某作品に印象が近かったかな?
(自分は両方好きv)
しかし、わたなべ金連は正妻にも臆せずずばずばモノ言うなぁ…

242 :花と名無しさん:2010/06/29(火) 21:21:28 ID:???0
>金と権力を持ったあたる、ね

スレ違いだけど、それは面倒終太郎ではないだろうか?w

243 :花と名無しさん:2010/07/03(土) 23:03:56 ID:???0
金瓶梅、来月発売する「Jourすてきな主婦たち」に載るようです。
(今月発売号の予告だけ確認してきたw)
不定期だけど、それなりに進んでるね〜

244 :花と名無しさん:2010/08/01(日) 04:29:15 ID:MoB+UAZS0
保守

245 :花と名無しさん:2010/08/08(日) 21:46:57 ID:???0
新宿で原画展と座談会あり

ttp://www.kyotomm.jp/event/exh/gengadash2010.php

246 :花と名無しさん:2010/08/09(月) 18:29:41 ID:???0
>>245
正確に記すと『複製原画展』


原画'(ダッシュ)とは、コンピュータにマンガ原稿を取り込み、
綿密に色調整を重ねた上で印刷した、精巧な複製原画です。
描線の濃淡や色彩の階調など微妙な細部まで再現し、
原画と並べても見分けがつかない程の精度を持っています。
他の複製原画と特に違う点は、
「傷や汚れもそのままに原画の状態をアーカイブする」
という理念の基に作成されていることです。

247 :花と名無しさん:2010/09/24(金) 13:07:40 ID:t3Bs3Q+J0
わたなべまさこさんのスレッド、あったんですね。うれしい。

この方の「ガラスの城」は今でも神領域です。大好きです。

他にも「聖ロザリンド」も忘れられない。初期の頃?の「蝶はここには住めない」とか
小さい頃読んで泣きました。。スレッド立てて下さった方ありがとう。

このスレ楽しんで読ませてもらいました。

248 :花と名無しさん:2010/09/24(金) 20:47:20 ID:???0
70年代の少女コミックに載ってた日本の女子中学生(小学生?)が主人公の
ちょっと異色な話が思い出に残ってます

ご近所の奥様達が寄り集まって夜の学校で開かれている料理教室に通い始める
そこで教えてもらったというスープが夕食に出るが臭いが異様で主人公は食べない
しかし父も兄も喜んで食べている
その翌日から家族の雰囲気が変わり出す
母は若々しく父は昇進し兄は勉強熱心になって…という「母の理想」通りに…

結局町内の奥様達が料理教室で行っていたのは魔女の儀式だったという記憶がありますが
怖いながらどことなくユーモラスな話でした

もう一度読みたいのですがコミックスにもなってなさそうですね

249 :花と名無しさん:2010/09/25(土) 01:23:30 ID:???0
わたなべ先生の初期作品はコミックスになっていたとしても
既に絶版になったものばかりなのが残念です。

250 :花と名無しさん:2010/09/25(土) 03:37:50 ID:???0
>>248
たぶん、『魔女復活』でしょう。
掲載:週刊少女コミック1976年38号
『わたなべまさこ名作集 水晶の馬』1995年 発行元:ホーム社(発売:集英社)に
収録されてます。

どの作品がコミックス化されているかは、
ウィキペディアの「わたなべまさこ」「わたなべまさこ名作集」を
ごらん下さい。
1960年代前半から2000年代前半くらいまでのリストがまとまってます。

>>249
絶版のものでも、アマゾンのマーケットプレイスとか
楽天のショップ、Yahooオークション、日本の古本屋サイト等で
入手可能なものがけっこうありますよ。
ただ、名作集の一部はいつのまにか高価になっちゃってます
(初期作品の『おかあさま』『山びこ少女』等。名作集の中では終盤に刊行されました)。
名作集のような全集のシリーズは、刊行時期が早いものほど発行部数が多いのですが、
刊行時期がおそいものは発行部数が少なめになるので、やむを得ないと思います。


251 :花と名無しさん:2010/09/25(土) 20:49:14 ID:???0
こないだヤフコミで聖ロザなんとか立ち読みで初めてみたけど超怖かった!!!!
今まで見たことないような絵だけどいがいに普通に読めた
ちょっと続き見たいかも〜〜

252 :花と名無しさん:2010/09/26(日) 06:47:29 ID:???0
全編通して読むともっと面白いよ〜

253 :花と名無しさん:2010/09/28(火) 02:35:39 ID:71fFccZh0
是非とも続きをよんでくらはい〜! ロザリンドは小学生んとき読んでトラウマに
なったほど怖かったです。 ><

254 :花と名無しさん:2010/09/28(火) 05:28:38 ID:???0
わたしもロザリンドを読んで、
身体の不自由な近所のおばさんを「自由に」してあげようと思ったことがありますw

255 :花と名無しさん:2010/10/01(金) 23:30:46 ID:???0
ロザリンドは、わたなべ過去スレでも何度も話題になってますね。
自分的にはロザリンドとミリアムは「わたなべ2大悪魔美少女」という位置づけになってる。
(ミリアムは終盤、本来の優しい人間性を取り戻しますが)

ロザリンドを吹雪の雪山に送る父親のセリフが泣かせるんですよ。
「今度生まれてくる時は美しくなくてもいい、心やさしい娘になって・・・」
(記憶があいまいなので大体こんな内容だったかと)

ミリアムは出だしはいつものわたなべホラー的だったけど、どんどんスケールがでかくなって
最後の方はハリウッド映画を見ているようだった。バイオハサードみたいな感じ。
今でも米あたりで映像化してほしいと思ってるけど、幼女が死んじゃうオチは駄目だろうね。
だからと言って無理やり生存オチにしたらあの話のテーマが根底からぶっ崩れちゃうしな。

256 :花と名無しさん:2010/10/02(土) 00:31:40 ID:???0
>>255
リリアムでしょ。

ウィキペディア わたなべまさこ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%AA%E3%81%B9%E3%81%BE%E3%81%95%E3%81%93

257 :花と名無しさん:2010/10/02(土) 09:57:43 ID:???0
>>255

ロザ…リンド
……生まれ
かわれる…
ものなら

どんなに
みにくく…
ても……いい

平凡な
一生を……
おくれる子に

生まれ…
かわって……
くる…のだ


さよう
…なら

わたしの
…むすめ…

258 :花と名無しさん:2010/10/06(水) 23:29:10 ID:???0
>>255
リリアムはあの「金色の粘土」のせいで、おかしくなっちゃったんだよね・・・
他にも、それに触れた人たちが野獣化してるし。
不憫な子よのぉ・・・

259 :花と名無しさん:2010/10/27(水) 14:42:57 ID:YNz73Bsu0
わたなべまさこさんの描く悪女や悪い子は、なんか切ないです。。 ><

260 :花と名無しさん:2010/11/08(月) 00:35:01 ID:???0
>>257
ばかやめろ
泣くぞ

261 :花と名無しさん:2010/11/09(火) 22:26:19 ID:???0
読みたいけどプレミアついてるのが多くて読めない

262 :花と名無しさん:2010/11/19(金) 15:16:48 ID:???O
この人の描くおっぱいが最高
吸い付きたくなるね

263 :花と名無しさん:2010/12/03(金) 00:26:13 ID:???O
金瓶梅のコミックスがどこの本屋に行ってもない
ジュールも置いてない。

瓶児の生まれ変わりがいるらしい家を旦那様が覗いて仰天してる所から先が知りたい(´・ω・`)
一体、旦那様は何に驚いたんだろう。
気になる。

264 :花と名無しさん:2010/12/03(金) 02:13:30 ID:???0
>>261
70年代初期の「ガラスの城」以前の作品はたしかにプレミア物が多いかもね。
90年代に刊行された名作選集も、2〜3年前なら1冊300円くらいからあったけど
いまは一桁上になってる感じ。
みつけたら確保だね…これから先はどんどん入手しにくくなるから。

>>263
ジュール誌も「金瓶梅」ネットで買えると思うけど?

265 :花と名無しさん:2010/12/04(土) 07:23:43 ID:???O
金瓶梅そろそろ終わりか…
旦那様がえらい事になっちゃってるな
・゚・(つД`)・゚・

266 :花と名無しさん:2010/12/05(日) 00:52:42 ID:???0
コミックス派なので最新の内容はよくわからないけど、
最新号にも来月号にも掲載されてるみたいだね>金瓶梅
来年完結するのなら、再来年ぐらいにはコミックスで読めるかしら…

267 :花と名無しさん:2010/12/05(日) 16:19:40 ID:FBzofAXc0
金瓶梅はやく単行本にならないかな〜。
独自の中国っぽい雰囲気がいいんだよね。
伽羅や白檀の香りが漂ってるような。

268 :花と名無しさん:2010/12/05(日) 19:46:12 ID:???0
>>267
香りわかるわかる
絵から麝香や脂粉の香りも漂ってる

269 :花と名無しさん:2010/12/11(土) 20:25:11 ID:???0
金瓶梅の旦那様の描写が、滑稽さとグロテスクさと痛々しさが絶妙な混ざり具合ですな。
こういった病気・怪我の描き方は正にわたなべ節の真骨頂。
これまでの所業の数々から当然の報い、ざまぁと感じる一方で、でも少し可哀そうかもと
読み手に思わせてしまうところ、上手いなぁ。
わたなべ先生のペンタッチって、独特の柔らいリズム感があるんだよね。
まるで毛筆のような味わいで、それが少しも衰えていないのは凄い。
どんなペン先使っていらっしゃるんだろう?


270 :花と名無しさん:2010/12/27(月) 13:26:54 ID:???0
文庫版で金瓶梅買ってるんだけど、
今日ふと本屋のぞいてみたら7巻が発売されててビックリした。
いつの間にw

271 :花と名無しさん:2010/12/28(火) 21:22:31 ID:???0
出てたのか、知らなかった
買いに行ってくるよありがとう

272 :花と名無しさん:2010/12/29(水) 20:30:28 ID:???0
>>257
思い出して泣いた
ロザリンドの両親は、本当に彼女を愛してたよね

273 :花と名無しさん:2011/01/01(土) 21:18:06 ID:???O
ロザリンドはガクブルしながら読んでたけど
ラストでボロ泣きしたなあ…

274 :花と名無しさん:2011/01/02(日) 17:31:26 ID:???O
キンペ次で終わりか…

旦那様、迷わず成仏してね(-人-;)
とりあえず春梅は安泰だけど金蓮はお先まっ暗ですな…orz

敵討ちも次回で決着か…

275 :花と名無しさん:2011/01/03(月) 20:02:19 ID:???0
ロザリンド父の最期の独白
「どんなに醜くてもいい 平凡な一生を送れる子に」
…いいのか父? 
わたなべまさこ世界でそんなこと望むと、白いカメレオンがやってくるぞ?

276 :花と名無しさん:2011/01/04(火) 11:25:44 ID:???0
白いカメレオンは平凡じゃないw

277 :花と名無しさん:2011/01/04(火) 22:53:12 ID:???0
マージ きれいになりたいんでしょ?
私の血をお飲み、マージ

278 :花と名無しさん:2011/01/21(金) 12:01:16 ID:???P
>>157
ものすごく亀レスですが、私の持っているロザリンド(昭和50年発売の総集編)にそんなシーンはありません。
完全版などに入っているのでしょうか? お判りになる方、ぜひ教えて下さい!

279 :花と名無しさん:2011/01/21(金) 13:36:28 ID:???0
>>278
もともと「聖ロザリンド」は連載時2部作だったらしく
「総集編」と称されたKCフレンド版(紫の帯が印刷された「わたなべ雅子」名義の本)
は文字通り総集編で1部のダイジェストと2部のみが収録されていた筈

完全版にはダイジェスト版の冒頭にあった1部部分の話(指輪や焼却炉その他の詳しい物語)、
ロザリンドのセリフのみに登場した「ベンの目玉」等のエピソードも掲載されてる
(157の「ホームレスを逆襲」のホームレスがそれ)

280 :花と名無しさん:2011/01/21(金) 14:44:46 ID:???P
>>279
わあ、御親切に詳しく教えて下さってありがとうございます!
なるほど冒頭の話などもちゃんとあったのですね。
ロザリンドは総集編が全話だと思っていたので、これからもっと
たくさんの話が読めると思うと嬉しいです。
さっそく注文してみます。ありがとうございました。

281 :花と名無しさん:2011/01/21(金) 22:31:58 ID:???0
便

282 :花と名無しさん:2011/01/23(日) 22:12:15 ID:???0
金瓶梅文庫8巻ゲット

金蓮ドSが進む一方だなあ。


283 :花と名無しさん:2011/01/24(月) 21:00:01 ID:???0
既女板の昔の少女漫画を語るスレがわたなべまさこさんで盛り上がってますぜw

284 :花と名無しさん:2011/01/25(火) 21:17:27 ID:???0
あの板怖いから行かない

285 :花と名無しさん:2011/02/05(土) 15:40:25 ID:qgnMaIiL0
4月まで金瓶梅の文庫が発売されるね。
2月から初コミック作品のだから楽しみ。

286 :花と名無しさん:2011/02/05(土) 19:19:54 ID:???0
お年を重ねても、あれだけの艶とエネルギッシュな作品をお描きになれる
わたなべ先生マジかっこいい!

287 :花と名無しさん:2011/02/06(日) 20:23:00 ID:???0
>>283
真夜中のロザリンド祭りは楽しかったよw

288 :花と名無しさん:2011/02/07(月) 03:57:40 ID:NlUTsjHJ0
いってみたかったな〜

289 :花と名無しさん:2011/02/08(火) 10:56:37 ID:???0
>279
リアル連載時フレンド読んでいました。
ロザリンドの連載は、母親が死んでロザリンドが修道院に連れて行かれる所で
一度終わったんです。
ロザリンドはこの人里離れた修道院で、恋も青春も知らず愛するパパママにも二度と会えず
死ぬまでこの中で暮らすのだ…という、子供心にはとても救いのないラストでした。

それが、しばらくして第二部連載が始まって…しかもロザリンド修道院脱出して
パワーアップしてるし…
第二部は行き当たりばったりの殺人ロードムービーみたいになって、あんまり好きではなかった。
でも第二部のラストのほうが救いがあるように感じられます…不思議。

290 :花と名無しさん:2011/02/11(金) 20:05:55 ID:???0
ロザリンド祭りで、修道女はりつけ((((;゜Д゜)))出てたよ〜

第二部のラスト、お父さんのモノローグの後、雪の中で眠るロザリンドを
天使とか聖母マリアだったかが取り囲み、
“この子を許したまえ”みたいな文言が載ってた記憶があるわ。

291 :花と名無しさん:2011/02/11(金) 21:59:27 ID:???0
一時期必死でオクでコミックス集めてたわw
まだご健在なんでしょうか。

292 :花と名無しさん:2011/02/11(金) 22:21:02 ID:???0
>>291
ここ数カ月ののレスぐらい読んでも良いかと思うのですが…

265 名前:花と名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 07:23:43 ID:???O (携帯)
金瓶梅そろそろ終わりか…
旦那様がえらい事になっちゃってるな ・゚・(つД`)・゚・

266 名前:花と名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:52:42 ID:???0 (PC)
コミックス派なので最新の内容はよくわからないけど、
最新号にも来月号にも掲載されてるみたいだね>金瓶梅
来年完結するのなら、再来年ぐらいにはコミックスで読めるかしら…

267 名前:花と名無しさん[] 投稿日:2010/12/05(日) 16:19:40 ID:FBzofAXc0 (PC)
金瓶梅はやく単行本にならないかな〜。
独自の中国っぽい雰囲気がいいんだよね。
伽羅や白檀の香りが漂ってるような。

269 名前:花と名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/11(土) 20:25:11 ID:???0 (PC)
金瓶梅の旦那様の描写が、滑稽さとグロテスクさと痛々しさが絶妙な混ざり具合ですな。
こういった病気・怪我の描き方は正にわたなべ節の真骨頂。
これまでの所業の数々から当然の報い、ざまぁと感じる一方で、でも少し可哀そうかもと
読み手に思わせてしまうところ、上手いなぁ。
わたなべ先生のペンタッチって、独特の柔らいリズム感があるんだよね。
まるで毛筆のような味わいで、それが少しも衰えていないのは凄い。
どんなペン先使っていらっしゃるんだろう?

282 名前:花と名無しさん[sage] 投稿日:2011/01/23(日) 22:12:15 ID:???0 (PC)
金瓶梅文庫8巻ゲット  金蓮ドSが進む一方だなあ。

285 名前:花と名無しさん[] 投稿日:2011/02/05(土) 15:40:25 ID:qgnMaIiL0 (PC)
4月まで金瓶梅の文庫が発売されるね。
2月から初コミック作品のだから楽しみ。

293 :花と名無しさん:2011/02/11(金) 23:02:09 ID:???0
そんなに長々とコピペしなくたって、過去ログ嫁半年ROMってろカスでいいじゃん。
ヒマな人だなぁ。

294 :花と名無しさん:2011/02/11(金) 23:29:50 ID:???0
ヒマな婆ども市ね

295 :花と名無しさん:2011/02/12(土) 00:59:55 ID:???0
市ぬな、生きろ!!!

296 :花と名無しさん:2011/02/12(土) 09:01:21 ID:???P
親切で良い人じゃん

297 :花と名無しさん:2011/02/12(土) 23:23:07 ID:???0
クロッキー爺やだったら
「仕方ありませんな…コホン」と咳払いした後に>>292のように親切に教えてくれるよ!!!

298 :花と名無しさん:2011/02/13(日) 20:48:51 ID:???0
ワロタ
絵面が目に浮かぶw

299 :花と名無しさん:2011/02/13(日) 21:07:47 ID:p6VxXExi0
>>294
アルフレッドならコブラを持ってきてくれるよ!!!

300 :300:2011/02/13(日) 23:35:33 ID:???0
300

301 :花と名無しさん:2011/02/14(月) 13:36:31 ID:???0
ロザリンドだったら
「レスを遡る手間を惜しむような怠け者さんにはお仕置きしなくちゃいけないわ」
とハサミをry

302 :花と名無しさん:2011/02/15(火) 21:45:53 ID:???0
金瓶梅、アクションコミックス版の続きは出ないのかな。
文庫より大版のほうで出してほしいんだけど。

303 :花と名無しさん:2011/02/15(火) 22:39:30 ID:WvU8VK9f0
金瓶梅の9巻がアマゾンで品切れ入荷未定になっとる。
いったいどうしたんだ?
予定よりも大量に注文があったのか?


304 :花と名無しさん:2011/02/17(木) 01:09:46 ID:???0
>>272
キングコブラに襲われそうになったロザリンドをかばってコブラに噛まれて死んだ執事のアルフレッドも
彼女が人殺しだと感づきながらも最期まで味方だったよね

305 :花と名無しさん:2011/02/20(日) 22:48:38.69 ID:???0
9巻アマゾンにないので楽天で買った。

後2ヶ月で終わるのか〜。

306 :花と名無しさん:2011/02/25(金) 13:59:33.78 ID:???0
キングコブラを見に行きたいけどヘビセンター遠い

307 :ロザリンド:2011/02/25(金) 21:03:53.92 ID:???0
だったら>>306ちゃん、ギリシャのあたしのおうちに
いらっしゃいよ。
宝物のコブラちゃんを見せてあげてよ。

308 :花と名無しさん:2011/02/26(土) 23:05:21.51 ID:???0
ヘビセンターより遠いわw

309 :花と名無しさん:2011/03/02(水) 21:31:13.56 ID:???0
金瓶梅、最終回〜

大奥様は本当に良いお方だったなぁ。

310 :花と名無しさん:2011/03/05(土) 21:17:58.52 ID:???0
本筋の終幕にばかり気を取られて作者のストーリー忘れてたんで
冒頭のどんでん返しで度肝を抜かれたw
その後の劇中劇はきれいにまとまって満足
満干全席のコース終了しておなか満腹な気分

311 :花と名無しさん:2011/03/06(日) 02:33:58.93 ID:???0
つか、砒素を塗った復讐劇あっさり終わったな。
読んでない間に何かすごい動きはあったんだろうか。
作者のかわりに仇を討とうとして死んだ従妹とか。

312 :花と名無しさん:2011/03/06(日) 07:04:27.95 ID:???0
「ガラスの城」みたいなドロドロ外国もの、また描いてくれないかな

313 :花と名無しさん:2011/03/06(日) 16:32:33.88 ID:???0
イサドラと金蓮はどっちも恐ろしい美毒婦^^

314 :花と名無しさん:2011/03/06(日) 17:03:05.92 ID:???0
今月で「金瓶梅」無事完結して、まずはおめでとうございます。

そして最終ページに次回作(日にちは不明)の予定がある文言を見てびっくり。
生涯現役を貫きそうですね。お元気で何よりと言うか、ただただ驚きです…w

315 :花と名無しさん:2011/04/10(日) 22:49:23.93 ID:???0
菌ペイ倍7巻〜文庫でていたのか。買って来よう。

316 :花と名無しさん:2011/04/21(木) 00:13:10.39 ID:???0
この方の描く西悶慶はルパンに見えてしょうがないw

317 :花と名無しさん:2011/04/21(木) 12:33:10.96 ID:???O
>>316
やめれw
頭の中で旦那様がルパンダイブしちゃうだろww

318 :花と名無しさん:2011/04/21(木) 14:27:32.19 ID:???P
もう駄目だ、一度そう見えちゃうと二度と過去には戻れないwww

わたなべ先生の新作に期待。生涯現役で頑張って下さい!

319 :花と名無しさん:2011/04/21(木) 15:30:07.36 ID:???0
慶がルパンの如く、屋根から屋根をヒラヒラと飛び歩く姿を想像してしまいましたw

320 :花と名無しさん:2011/04/23(土) 01:07:26.61 ID:???0
面白かったー!完結したことに驚いたわ
金連の死に方がもっと苦しんでいいんじゃない?とも思った
しかし先生設定よく忘れるなあ。西門と金連が同じ年になってる

321 :花と名無しさん:2011/04/23(土) 20:26:33.34 ID:???0
不謹慎だが、完結が先か先生の寿命が尽きるのが先かハラハラしてた
多少の粗は問わない、あのお年でよりによってこの作品を完結させたのがすごい

322 :花と名無しさん:2011/04/28(木) 08:45:01.51 ID:???O
今月の残酷なグリム童話で呂后の漫画載ってるね
我が子如意の事を思う威夫人に涙(TДT)

323 :花と名無しさん:2011/05/18(水) 01:32:29.27 ID:???0
82歳のお誕生日おめでとうございます。

324 :花と名無しさん:2011/05/18(水) 01:34:09.71 ID:???0
↑ごめんなさい誕生日は16日でした。

325 :花と名無しさん:2011/05/18(水) 21:23:27.84 ID:???0
82歳…本当すごいよなあ
ひょっとしなくても現役女性漫画家最高齢か

326 :花と名無しさん:2011/05/19(木) 22:06:53.60 ID:???0
いつまでも描いていただきたいですね。

>>322
レス読んで買ってみたけど、怖かった・・・。

327 :花と名無しさん:2011/05/21(土) 07:28:29.11 ID:???O
金瓶梅買ってきて読んでみたけど、絵が好きだ。
たまに描かれる目がクリクリしたデフォルメ?略した?みたいな絵が特に。
キャラクターは月娘・嬌児・瓶児・西門大姐あたりが好き。
金瓶梅から入ったら次は何を読むのがいいだろう。
オススメあったら教えて。

328 :花と名無しさん:2011/05/21(土) 13:35:12.40 ID:???0
あやかしの伝説

329 :花と名無しさん:2011/05/22(日) 00:32:12.10 ID:???0
>>327
悪女シリーズ(ちょっと古いかな)

330 :花と名無しさん:2011/05/24(火) 10:23:31.94 ID:???O
『あやかしの伝説』『悪女シリーズ』ね。
アマゾンになかったからネットオフとブックオフで探してみる。

教えてくれてありがとう。文庫サイズが好きだから、文庫の形のが手に入りますように。

331 :花と名無しさん:2011/05/28(土) 22:28:53.49 ID:???0
文庫は「ガラスの城」と「金瓶梅」だけではなかったかな。
「ガラスの城」は昔のだけど、入門編としてはいいかも。

332 :花と名無しさん:2011/06/13(月) 23:29:13.89 ID:rLi8F+JA0
ほしゅ。

333 :花と名無しさん:2011/06/14(火) 00:01:40.58 ID:???0
>>>327
遅レスだけど、歴史物なら「ライオンの城」もおすすめ。
家斉時代の大奥の話。
文庫版しか出てない。
絶版だけど。

334 :花と名無しさん:2011/06/14(火) 01:08:56.73 ID:???0
>ライオンの城(大奥という名の夢舞台/帯コピーより)

ヤフオクで¥2,000の値で出てるね
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f82101015

335 :花と名無しさん:2011/06/15(水) 15:38:08.23 ID:???0
>>333
文庫本じゃないよ
最後?の名作集でしょ

336 :花と名無しさん:2011/06/21(火) 14:08:47.00 ID:???0
完結してて文庫も出てるって昨日知った、早速尼でポチッた
どうしよう、楽しみすぎてドキドキするわ
文庫1〜6 大判コミックス11.13しかなくて、間だの抜けた箇所がわからなくてもどかしかった!!
原作持ってて結末分かってるけど、さらにパワーアップして艶やかで妖しい物語を早く読みたいな

337 :花と名無しさん:2011/06/21(火) 21:20:25.99 ID:???0
金瓶梅、完結してたのか!
大判で買ってたんで文庫はチェックしてなかった…
大判13巻の続きは文庫で言うと何巻になるのでしょう?

338 :花と名無しさん:2011/06/22(水) 11:23:35.61 ID:???P
雑誌連載が完結したのは先月だったような…
大判にしろ、文庫版にしろ収録されたものは半年とか1年以上先の事じゃない?

339 :337:2011/06/22(水) 12:47:48.02 ID:???0
いや、文庫版は全11巻で完結しているみたいなので…
いろいろ検索してみたら大判1〜13巻+文庫10〜11巻で大丈夫と
書いてある方がいらっしゃったのだが、それでいいのかな。
大判で最終巻まで出す予定はないのだろうか。残念。

340 :花と名無しさん:2011/06/22(水) 13:30:11.55 ID:???P
え!するともう全部収録していたのですか?
私の方が早合点だったかも、すみません。

341 :336:2011/06/22(水) 18:00:54.37 ID:???0
さっき届きました!
11巻収録最終話が其の六十二朱牡丹散華
初出が2011年4月号なので、全話文庫に収録されてると思います
最近はたまに雑誌収録の翌月とか翌々月にコミックス発売って事もあるので
一気に刊行するスケジュールにあわせてたんじゃないかと

>>337
大判13の続きは9巻からですね

楽しみすぎる!!今夜は徹夜だ!!

342 :花と名無しさん:2011/06/22(水) 18:20:48.25 ID:???0
>>341
大判1〜13巻=文庫1〜8巻ということですか。
ということは、とりあえず文庫の9〜11巻を買えば良いと。
ありがとうございます。
早速買うw

343 :花と名無しさん:2011/07/08(金) 21:08:38.46 ID:???0
文庫全巻揃えたんでのんびり読み返していたら、
其の五十三で西門慶が蝙蝠柄の上着着てるのに気がついた。
日本にはない柄だからその辺の店でも見掛けないし、
わたなべさん向こうの資料をちゃんと参照してるんだなと感動。

あと其の六十で月娘が階段を踏み外して流産したって言ってるが、
そんなエピソードあったっけ?
呪われて寝台から落ちた流産話なら覚えているんだが。

344 :花と名無しさん:2011/08/26(金) 13:42:21.98 ID:???0
>階段を踏み外して流産した
原作にはあるけど、漫画のなかではどうだっけ?
六十話だと突き落とされたとか裾踏まれたみたいな感じだけど、
原作だと本人の不注意っぽい。

345 :花と名無しさん:2011/08/26(金) 21:29:46.09 ID:???0
原作ネタだったのか、ありがとう。
六十話でいきなりでてきたから、そんなのあったっけ?と思ってた。
原作読み返してみる。

346 :花と名無しさん:2011/08/26(金) 23:37:25.21 ID:???0
ちなみに原作だと第三十三回に出てきます
漫画を全巻読み返した流れで
手持ちの関連本へ芋蔓式に目を通している今日この頃
原作が一番進まないw

347 :花と名無しさん:2011/08/26(金) 23:54:59.48 ID:???0
金瓶梅は訳者によって読みやすさが全然違うからなー

348 :花と名無しさん:2011/08/30(火) 10:45:59.40 ID:???0
李嬌児と孟玉楼が途中から入れ替わっていることについては既知ですか?

349 :花と名無しさん:2011/08/30(火) 13:19:30.47 ID:???0
その辺りは言いっこなしw
孫雪娥の姦通がばれて女中扱いに格下げされた後でも
夫人が集まってるシーンでうっかり人数に入れちゃってたりもするし


350 :花と名無しさん:2011/08/31(水) 08:49:43.14 ID:???0
言いっこなしなんだw
じゃ、じゃあ玉泉が亡くなってすぐに王世貞に忘れさられちゃってる事も…
厳世蕃の顔がどんどん気持ち悪くなってる事も…
低能扱いだった竹下落が最終回でいきなり立派になっちゃってる事も…

351 :花と名無しさん:2011/08/31(水) 08:53:50.04 ID:???0
そうそう。
わたなべせんせいのご年齢を考えてさしあげてw

352 :花と名無しさん:2011/08/31(水) 09:40:16.22 ID:???0
>>350
玉泉ちゃんは本当にかわいそうだった。
世貞が父ちゃんと妹を思いだしてるシーンがあるたび
「てめえ、玉泉ちゃんのこともちょっとは・・」と紙面に突っ込んでた。

353 :花と名無しさん:2011/08/31(水) 10:29:01.10 ID:???0
うん。生きたまま井戸に投げ入れられちゃったのにね・・・

354 :花と名無しさん:2011/09/06(火) 20:07:24.32 ID:???0
多少の不首尾があっても違和感があっても休載があっても、
長期連載をきちんとまとめて完結させる作家魂と力量にエールを贈りたい。

355 :花と名無しさん:2011/09/06(火) 22:20:02.80 ID:???0
お年を考えたらエールどころかスタンディングオベーションものだよ
最近の若い漫画家には見習ってもらいたいもんだ、本当

356 :花と名無しさん:2011/09/06(火) 23:50:19.57 ID:???0
スタンディングオベーションどころか
国宝級だよ

357 :花と名無しさん:2011/09/07(水) 00:34:10.66 ID:???0
まったくだ。
大判で買っていて本誌は追ってなかったので13巻の続きが
文庫で出ていることをつい数ヶ月前まで知らず、
未完で終わっちゃうのかなと本棚に並ぶ背表紙を寂しく眺めてたよ。
たまたまこのスレをのぞかなければ今も完結してることを知らなかったかも。

358 :花と名無しさん:2011/09/07(水) 00:48:00.63 ID:???0
「あのお年で」「この大作を」「きちんと完結させた」ってのがキモだな
若ければ、大作じゃなければ、完結じゃなければ幾らもある話だが
同じ事をやりとげようにも、そもそも同じ年齢まで描き続けられる漫画家が何人いるか

359 :花と名無しさん:2011/09/07(水) 16:22:38.15 ID:???0
ていうか、大判の14巻は出さないのかな?

360 :花と名無しさん:2011/09/07(水) 17:21:29.65 ID:???0
私は文庫本になってからわたなべ先生の金瓶梅の存在を知ったので、
1〜11巻の文庫本と、間違えて12、13巻の大判買っちゃった。
とほほーん…。12、13巻は番外編か続編かと勝手に思い込んで…。

361 :花と名無しさん:2011/09/14(水) 01:02:30.42 ID:bXglb2D/0
話が変わってすみません。
このかたの人面瘡の作品が載っている本の名前がわかる方おられましたら
教えていただきたいです。かなり昔の物のようです。

362 :花と名無しさん:2011/09/14(水) 01:15:21.79 ID:???0
「わたしの少女マンガ史 別マから花ゆめ、LaLaへ」
元白泉社社長小長井信昌氏の著書
わたなべまさこさんについて多く語られている。

363 :花と名無しさん:2011/09/16(金) 00:22:01.93 ID:???0
>>361
何回も同じモチーフで書かれているから人面瘡も2作くらいあったような
気がする。どんな内容だった?

364 :花と名無しさん:2011/09/17(土) 02:03:30.96 ID:???0
すみません、顔が肩にあったかなくらいで全く思い出せずな状態です;;
時間を作って、スレ全部読みます。ありがとうございました。

365 :花と名無しさん:2011/10/08(土) 13:54:17.69 ID:???0
「金梅瓶」第一話がヤフーの無料コミックにあった

続きを書いてくれないかなあ

366 :花と名無しさん:2011/10/08(土) 13:55:08.08 ID:???0
あ、上を今読んだら、完結していたんですね
失礼

367 :花と名無しさん:2011/10/09(日) 19:19:23.07 ID:???0
ttp://nagisamizu.exblog.jp/

厳世蕃

368 :花と名無しさん:2011/10/09(日) 19:22:39.28 ID:???0
↑グロ注意

まだ勘違い垂れ流してるのか、この人・・・

369 :花と名無しさん:2011/10/09(日) 22:45:12.00 ID:???0
そんなにグロいかな。
確かにおブスっちだけど

370 :花と名無しさん:2011/10/10(月) 09:20:57.27 ID:QQup3eOT0
ガラスの城面白すぎ

371 :花と名無しさん:2011/10/10(月) 12:16:34.24 ID:???0
ガラスの城面白いよねぇ
イサドラ並みのド迫力な美少女がいれば実写で見てみたい。

372 :花と名無しさん:2011/10/10(月) 23:39:48.25 ID:???0
イサドラの強烈さも、マリサの存在あってこそ更に引き立っているよね。
昔はイサドラとミューズに目を奪われてたけど、マリサも実はかなり気が強い人だ。
あんなイサドラみたいな女に心身ともにどれ程痛めつけられても、正面から立ち向かう鋼の精神力。
マリサすげぇ。

373 :花と名無しさん:2011/10/11(火) 00:27:53.86 ID:???0
真性の「どM」ですから >マリサ

374 :花と名無しさん:2011/10/11(火) 13:58:40.57 ID:???0
「ガラスの城
韓国ドラマに同じ題名の番組があったので、ひょっとして・・と思ったのだが、違ったw

終盤に出てきた、あの母親を火あぶりにされて殺されたため、ちょっとおかしくなった兄ちゃんがでてくるが、
1970年代初頭にあんな人間を創造したわたなべまさこ先生の想像力って凄い
冬彦さんの15年ほど前になるのかな?

375 :花と名無しさん:2011/10/11(火) 14:07:17.99 ID:???0
それから、島民がマリアの拷問をするとき、
「苦しいか?お前の先祖が決めたことだ」といいながらやって、
拷問を好きでやっているわけではない、でも、決められたことだから、「頑張って」やる、
ってことに、人間の複雑さ、社会の残酷さを子供心に感じたな

376 :花と名無しさん:2011/10/11(火) 23:59:04.71 ID:???0
>>375
>拷問を好きでやっているわけではない

わたしも子供の頃に読んでいたが
そのセリフは単なる言い訳であって
本当は好きでやってるクセに、と思ってたよ。

377 :花と名無しさん:2011/10/13(木) 18:56:20.61 ID:uMSKwKF60
わたなべまさこスレがあるなんて、ビックリだ…。
私は、週刊マーガレットが50円の時代から知っている。
しかも、いまだに描いているとは…。
ちょっと、言葉がない…。

また来ます。
中ばあさんが失礼しました。

378 :花と名無しさん:2011/10/13(木) 18:58:26.13 ID:???0
>週刊マーガレットが50円の時代から知っている
すげえw
ばば様お話聞かせて!
連載当時のファンの反応が聞きたい!

379 :花と名無しさん:2011/10/14(金) 02:45:08.14 ID:???0
わたなべ先生は老眼や腱鞘炎をどう対処してきたんだろう
女性の漫画家ってそれが主な理由かと思われるぐらいに
絵がgdgdになってしまっているし、連載も滞りがちになるので
不定期掲載でも「金瓶梅」をちゃんと完結させたわたなべ先生って凄いなぁって思う。

380 :花と名無しさん:2011/10/14(金) 15:18:50.36 ID:???0
>>379
>>絵がgdgdになってしまっているし、連載も滞りがち
おっと、あしべゆうほの悪口はそこまでだ。

381 :花と名無しさん:2011/10/14(金) 19:17:48.09 ID:???0
>>380
えっ、そうなんだ。名指しするほど劣化してるんだ。興味わいた

382 :花と名無しさん:2011/10/14(金) 19:20:57.62 ID:???0
突然ですが誰か知っていませんか?

わたなべせんせいの漫画で、中世のアジアのどこかの話だと思うのですが、
女性がチツの中に麻薬?を仕込んでセクースして男性をメロメローンにするという
エピソードがありました。

なんていう話か分かる人がいらっしゃったら教えて下さいな〜

383 :花と名無しさん:2011/10/14(金) 19:35:15.12 ID:???P
>>381
そんなんで興味もたれても…(ノД`)
マジで笑い話にならない程絵はボロボロだし、悪魔〜の池田さんストーリーもつまらんし。
クリスタル☆ドラゴンが完結していないのも悲しいし…

あしべさん程じゃなくても全盛期の美麗な絵はいずこに?と思う
女性漫画家は複数いるよ。50・60代から顕著に増える気がする。

わたなべ先生はオリジナリティ溢れる絵柄なせいか、
または自分が読み始めたのが遅かったせいか、あまり絵の変わり具合が気にならない。

384 :花と名無しさん:2011/10/14(金) 21:48:59.10 ID:???0
お年を考えれば戦前組だものな。
生き延びた人しか生きていない世代だけのことはある。

385 :花と名無しさん:2011/10/14(金) 22:48:05.05 ID:???0
女性漫画家に限らないよ
若い頃の絵って、稚拙な面があっても、線が魅力的
それが、だんだん技術的によくなってくる
そして、線に魅力がなくなり、技術、つまり形だけのものになってくる・・・

大御所の絵って、男女を問わず、そんなもんばっかり(´;ω;`)

386 :花と名無しさん:2011/10/14(金) 22:50:44.75 ID:???0
そういや、ご本人が書いていたなあ
「ガラスの城」は、今読むと構成が稚拙だが、パワーがあるって

人間の「創作物」ってものは、そんなもんかもしれないが

「ガラスの城」は、最初、10回ぐらいの予定だったそうだ

387 :花と名無しさん:2011/10/14(金) 23:21:40.19 ID:???0
成り行き知ってるのに何度読んでもハラハラするよ ガラスの城

388 :花と名無しさん:2011/10/15(土) 01:44:06.03 ID:???0
>>386
えー、10回で終わらなくてよかった!

シースルーの海浜着ってのがどんなものか見てみたいな



389 :花と名無しさん:2011/10/25(火) 11:30:37.55 ID:???0
グラスゴー編はなくてもよかったと思うけどね〜>ガラスの城
イサドラは誰に似てあんな美少女なんだろう。母親は平凡な人だったよね?
父親も別に美父じゃなかったし。

390 :花と名無しさん:2011/10/25(火) 20:30:54.19 ID:???0
両親の両親のうちの誰かが美形だった 隔世遺伝

391 :花と名無しさん:2011/10/27(木) 12:52:44.67 ID:???0
たしかロザリンドも初期の設定は
先祖に凶悪な連続殺人鬼がいるんじゃなかったっけ。

392 :花と名無しさん:2011/11/02(水) 22:11:10.36 ID:???0
メムノン

393 :花と名無しさん:2011/12/05(月) 06:18:26.00 ID:???0
既女板にあったレスなんだが…

> 257 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 22:21:29.57 ID:SSx2eXbu0 (PC)
> 今月号のグラツィアにわたなべまさこ先生のロングインタビューが載ってた。
>
> 結婚後、妊娠中に漫画家を志し、貸本漫画でデビュー。育児しながら月270ページ執筆。
> 昭和24年組が大人気だった頃に干されかけたが、どうしても描きたかった「聖ロザリンド」で再び大人気。
> 現在82歳で、近々小説「レベッカ」を漫画化した大作の執筆に入る予定。とのこと。

自伝で知ってる部分はどっちでもいいんだけど
新たに執筆という点に驚いたー!

394 :花と名無しさん:2011/12/05(月) 07:38:48.48 ID:???0
すごいね。
期待しちゃうよ〜!

395 :花と名無しさん:2011/12/05(月) 22:13:27.67 ID:???0
生涯現役タイプなんだろうなあ
それにしてもすごい人だわ

396 :花と名無しさん:2011/12/06(火) 09:59:31.67 ID:???0
既女板で「わたなべ先生の描くちびまる子やドラえもんを見たい」というレスがあって
わたなべ版まる子は黒髪ロザリンドという意見に納得した

98 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)