5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

FE聖戦の系譜第三世代以降、聖戦続編を構想スレ

1 :助けて!名無しさん!:2011/08/25(木) 19:31:19.23 ID:vLtMoV6n
セリス後継者戦争開始

ユグドラル大陸の英雄セリスは嫡男マリクによってわずか44という若さでその激動の生涯を閉じた。
この後を継いだマリクは叔父ユリウスの後継者を宣言し、グランベル帝国を再建する。
これに真っ先に抵抗したのはマリクの妹であり、新生グランベル帝国の正式な後継者である【ティナ】の名前を冠したセーナだった。
マリクの行動を読んでいたセーナはシレジアのセティ、
トラキアのアリオーン、フィリップ父子、シアルフィのオイフェ、
さらにはアゼル、アーサー、ティニー父子娘、
ユリウスとイシュタルの実子のフィーリアとグスタフ兄妹のフリージ、
ヴェルトマーをも味方に付け帝国包囲網を迅速に設立させる一方で
自身も戦乱の終結したリーベリア大陸からライト、
アレスとともに帰還しようとしていた。
マリクもアルヴィスの庶子サイアスを帝国宰相に任命し、
ドズルのスカサハ以下ドズル一族、ユングウィのファバル、ヴェルダン王国のレスター以下のユングウィ一族、とミレトス地方の地下組織クロノス、
さらにはマンフロイの孫のサラ、ジェム従姉第イードのロプト教団の残党以下
イード砂漠の諸都市を味方につけ、両雄の激突は必至になった。
一方、マリクの弟シグルド二世のヴェスティア公国やエルトシャン二世のアグストリア北部、
キュアン二世の北部トラキア連邦、
さらにはシグルド二世の妻ナディアと兄クリードのイザーク王国には動きがなく、
不気味な沈黙が流れていた。



2 :助けて!名無しさん!:2011/08/25(木) 21:53:58.87 ID:xTHMYkx7
2ゲット

3 :助けて!名無しさん!:2011/08/25(木) 23:27:54.52 ID:mlNGB/fR
セーナの人乙

4 :セーナ:2011/08/27(土) 18:49:30.92 ID:BsZiv0Vj


 そしてアウロボロスが降臨します。
マルス直系の子孫たちは分裂しかかっていたアカネイア諸国家だけでなく、
他大陸で独立していた、かつてのコロニー国家をもまとめて決戦を挑みますが、
大連合軍はガーゼルの力となるブラックレインの一撃で壊滅、
マルスの子孫もこれにより死亡し、ファルシオンもナーガとティルフィングに分裂します。



5 :助けて!名無しさん!:2011/08/28(日) 23:44:44.02 ID:4fpnahlL
セーナちゅうは スレたてをおぼえた!

6 :助けて!名無しさん!:2011/08/31(水) 19:31:19.78 ID:gBt3C/TH
神君マルスの直系はユグドラルの度重なる戦乱で、
アカネイア大陸に戻れずにいた。
今の王子ロイトの先祖はその際に暫定の王となり、
事実上、ロイトも『暫定』の王子なのである。
そしてユグドラルに残ったマルスの直系は聖戦士バルドを経て、
シグルド、セリス、セーナへと流れている。


7 :助けて!名無しさん!:2011/08/31(水) 20:10:49.45 ID:gBt3C/TH
『バーハラ(ユグドラル大陸新生グランベル帝国帝都)にてマリク挙兵。
シアルフィのオイフェ卿とエッダのリーン殿がバーハラ軍、ミレトス軍、ユングヴィ軍により包囲を受けるも、ヴェスティア(シグルド2世統治)は中立。』
つまりセーナの兄マリクが、彼女が戻らないうちにその翼をもぎ取るためにバーハラにて挙兵したのだ。
しかもあろうことかセーナの次兄シグルド2世が中立を表明したために周囲を敵に囲まれた形となったシアルフィ公国とエッダ公国が敵の重囲を受けてしまった。
すでにシレジア王国、南部トラキア王国、がセーナ派を表明しているが、それぞれイード砂漠の都市軍と、
ミレトス連合王国軍の妨害によって彼らの救援は無理な状態である。すなわち今セーナがユグドラルに撤退しなければ父セリスの股肱の臣
オイフェとリーンを失うだけでなく戦略的な要衝シアルフィが奪われてしまうことになるのである。
しかしセーナは中途で物事を放棄することを極端に嫌う。
ここまでリーベリアに介入してしまった以上は最後まで見届けたいセーナはカインらが勧めた撤退案をこう言って一蹴した。
「今、戻ったとしてもアグストリアの態度がわからない上に、ヴェルダンが立ちはだかっていて間に合わない可能性が高いわ。
淡い期待を抱いて、リーベリアの解放も、シアルフィ・エッダの救援も中途で挫折してしまえば、
私は必ず後悔することになるわ。」
というも心の中ではシャルからの報告を受けて、淡い期待を持っているのも事実であった。
『オイフェ卿、シアルフィ軍をまとめて、エッダへ移送。篭城のための防備を固める』
ユグドラルでは平野に城を築くのが普通で、そのために城の防御はさして高くない。
しかしそれゆえに攻城戦も少なく攻撃になれていない攻め手がエッダを落とすのに手間取るとオイフェは踏んで、シアルフィを捨ててエッダに篭った。
そしてセーナはここに唯一の光明を探っているのである。
(おそらくオイフェは3ヶ月は持ってくれる。
私たちがここ(リーベリア)にいられるのはあと1ヶ月半というぐらいね。)


8 :助けて!名無しさん!:2011/09/02(金) 04:14:47.43 ID:CHBEBuo3
セーナの兄2人の髪の色はどうなってるの?

9 :セーナ:2011/09/02(金) 11:29:07.71 ID:dpkXVWxd
セーナ皇女「今回は遺伝により髪色に優勢遺伝、劣勢遺伝がはっきりしているからね。
私達の場合は、私セーナが蒼髪色、シグルド二世兄上は蒼髪色、
セリス父様の蒼髪色が優勢遺伝、ユリア母様の灰銀髪色が劣勢遺伝、
マリク兄上は生まれてすぐにナーガの聖痕出たけど、皇太子時マリク=セリス二世だからね。
マリク兄上の髪色はユリア母様の灰銀髪色の可能性高そうだけど、ロプトウスやガーゼルに取り憑かれ
やすかったし。

龍族(マムクート)のロキ、ユキ、ホルス、は灰銀髪色の設定だし、真ロプトウスのロキが銀髪色だと
やはり、ガレ一族やカルバザン一族は銀髪色だと……。
更にリーベリアのグエンカオス教皇の若い頃はフリージ系統の灰銀髪色
だと私は想定するわ。

セリス=ユリア
長男:マリク 次男:シグルド2世(オイフェの養子に) 長女:セーナ
母ディアドラを同じにする異父兄弟同士の夫婦。そのために結婚する際に周囲の反対も多かったが、
二人が式を強行したことで強引に周囲を納得させてしまう。2男1女に恵まれる。

マリク兄上=灰銀髪色、シグルド二世兄上=蒼髪色、セーナ皇女=蒼髪色
ゲイン=蒼髪色、クレス叔父=赤髪色、ティナ叔母上=蒼髪色
リベカ=蒼髪色、ナディア=黒蒼髪色?
シグルド一世祖父様=蒼髪色、エスリン大叔母上=桃髪色……?
バイロン曾祖父様=若い頃は蒼髪色?、セリス父様=蒼髪色、









10 :助けて!名無しさん!:2011/09/02(金) 13:08:34.80 ID:s0GD3RdX
シグルドU世って可哀想なネーミングだな

11 :助けて!名無しさん!:2011/09/02(金) 14:59:27.59 ID:5vC5mQcc
長い
三行にまとめてくれ

12 :助けて!名無しさん!:2011/09/02(金) 17:28:56.50 ID:dyZrTHUB
マリク=灰銀髪色
シグルド二世=蒼髪色
セーナ皇女=蒼髪色


13 :助けて!名無しさん!:2011/09/02(金) 19:06:44.12 ID://SIJqV5
セーナ様は
やっぱり
最強だ

コイツの妄想設定なんてこれですべて収まるんだろ?

14 :助けて!名無しさん!:2011/09/02(金) 19:25:43.76 ID:ryEBpXUr
所詮
電波
妄想

15 :助けて!名無しさん!:2011/09/02(金) 20:13:57.71 ID:pMv4C8s1




16 :ミカ:2011/09/02(金) 20:58:49.23 ID:dpkXVWxd
ミカ「私達ヴェルトマー・フリージ系は」

バイロン世代、ヴィクトル=赤髪色、レプトール=若い頃灰銀髪色?

シグルド世代、アルヴィス帝=赤髪色、アイーダ=赤髪色、ヒルダ=黒髪、アゼル=赤髪色
ブルーム=灰銀髪色、ティルテュ=銀髪色、エスニャ=茶系

セリス世代、サイアス=赤髪色、ユリウス廃帝=赤髪色、アーサー=銀髪色、ティニー=銀髪色
イシュトー=銀髪色、イシュタル=銀髪色、ランゲル=銀髪色、ライザ=紅髪色

アルスターフリージ……アミッド=緑髪色、ミランダ=茶系、リンダ=茶系
シュターゼフリージ……ラインハルト=黒蒼髪、オルエン=黒蒼髪
(ユリアはバーハラ家の扱い)

セーナ世代 グスタフ=(☆ファラフレイム現継承者)=赤髪色、
フィーリア=(☆トールハンマー現継承者)=銀髪色横ポニテ
ルゼル=(新バーハラヴェルトマー家)=赤髪色
ミカ=(☆フォルブレイズ初代継承者)=銀髪色縦ポニテ
ミキ=銀髪色ツインテ、グラ=赤髪色、グリ=赤髪色

(ルゼルの姉のレイラ、セイラはシレジア天馬騎士団長筆頭の母親フィーの配下でシレジア天馬騎士を引き継いだためシレジア傍系……オーガヒル公家に)


アルド世代(最終世代) アトス(若)=(☆フォルブレイズ二代継承者予定)=銀髪色 ミル=銀髪色
他の新世代キャラ達











17 :助けて!名無しさん!:2011/09/02(金) 22:13:07.67 ID:d8DDWu3v
ミルってなんだ?ミルタンクか?

18 :ミカ:2011/09/02(金) 23:00:08.24 ID:dpkXVWxd
ミカ「違うわ、第四世代で登場の私の娘ミルはヴェルトマー・フリージ傍系の
少女よ、私の妹ミキや第二世代のエスニャ公女同様、ヴェルトマーフリージ家では魔法の才能無い
からシスター〜ハイプリーストだけど、アゼル様と対立したサイアス様もハイプリーストだし」

ミカ=ラティ
長男:アトス 次男:ヴァイン 長女:ミル
色々とトラブルこそ起こしていたが、ユグドラル後継者戦争後、
粘り強く迫るラティがセーナの助けで結局ミカを妻とすることに成功する。
秀才を謳われていた大賢者アトスを産み、
次男ヴァインも父に負けずに劣らない優秀な剣士に成長する。
長女ミルはアルドの傍らに常にいて、何かと彼の世話をしている。



19 :ミカ:2011/09/02(金) 23:03:22.68 ID:dpkXVWxd
ミカ セーナ十勇者の紅一点
ミカ
属性:雷
22 セイジ ファイアー
サンダー
ウィンド
ライブ
☆フォルブレイズ ライブ
祈り
ミカ
(第二話〜) 30 マージマスター ☆フォルブレイズ
ライブ
ファイアー
エイルカリバー ライブ
祈り
ワープ
武器レベル 杖A 理S 光A 闇B
支援 セーナC ラティA ゲインB
 セーナの数少ない親友。
 元々はバーハラ貴族(ヴェルトマー傍系、フリージ傍系)の娘として育てられたが
、自身が政略結婚の手駒に使われそうになったために家出して
憧れていたシレジアのセーナの元に駆けつけてから二人の関係は始まる。
グリューゲル十勇者を経て、セーナが建国したヴェスティア帝国の宰相に任命され、
その治世を任せられる。
出産・子育てで幾度か第一線を離れたこともあるが、
いつまでもセーナの傍にあってその冷静な智嚢を彼女のために絞り続けた。
 その一方で後の大賢者アトスとセーナの嫡男アルドの妻となるミルを育て、
ヴェスティア帝国ではセーナに匹敵する功臣となる。
しかし人竜戦役後、突如としてその姿を消して世界を困惑させた。

20 :ミル:2011/09/02(金) 23:05:40.94 ID:dpkXVWxd
アトス グリューゲル0002
ハルトムートの名軍師にして、世界最強の魔道士
アトス 第3話 22 マージマスター ☆フォルブレイズ
ファイア サンダー ウインド
ミィル ライトニング ファンブル ライブ 祈り
ワープ 連続
武器レベル: 理S 杖S   支援: ハルトムートC
父 ラティ アカネイア大陸の傭兵王
母 ミカ ヴェスティア帝国初代宰相 グリューゲル十勇者の一人
 ミカとラティの長男。
 幼いころから秀才ぶりを発揮し、わずか14歳で賢者と頭を並べて、兄貴分のハルトムートと双璧をなした。
ただデビューはハルトムートより明らかに早くアカネイア後継者戦争が初陣となった。
人竜戦役になってから最前線で戦うハルトムートをよく補佐し、最終的にはマルスユニオン優勢に導いた。
大戦後、人と竜が共存できる土地【ナバタ】を見つけ余生を過ごした。
そして世界の理から外れ、後に更なる人竜戦役を食い止めるべくロイの父エリウッドと共に、
暴走した後半生の友ネルガルを命を削って討った。そして英雄王ロイ登場の予言をエリウッドに託した・・・・。

ミル アルドの幼馴染み
『内助の功』の起源
ミル 第3話 5 シスター ライブの杖
リカバーの杖 なし
武器レベル: 杖A   支援: アルドB、グリC
父 ラティ アカネイア大陸の傭兵王
母 ミカ ヴェスティア帝国初代宰相 グリューゲル十勇者の一人
 ミカとラティの長女。
 母に似ず、何事にもハプニングを起こす有様であったが、
セーナはそんな彼女をあえてアルドの側においた。
失敗も多かったミルであったが、
底抜けに明るい性格に多忙続きのアルドは癒されたらしく、
一生涯彼は彼女のことを離さなかったという。
人竜戦役後、2人は結ばれ2人の子供を産む。
四代皇帝の暴政時、フリードと協同して息子を廃し、
義妹エレナの長男を皇帝とさせた。
しかし実の息子を殺害したのに堪えたのか、
それからは歴史の表舞台に登場しなくなりシレジアの土に埋もれていった。


21 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 03:19:41.34 ID:YHC70BeR
相変わらずネーミングセンスが壊滅的

22 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 07:09:11.04 ID:8LHZjpbg
壊滅的なのは何もネーミングに限ったもんじゃないだろww

23 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 08:52:57.78 ID:EZvqgYKu
そうだったw
全部がダメダメだったねww
褒められるのはどんなに叩かれてもめげない
呆れるほどのアイアンハート位なもんか

24 :故アルヴィス帝:2011/09/03(土) 09:05:43.36 ID:1NEaCKXs
天上(死後の世界)から故アルヴィス帝の亡霊が。

故アルヴィス帝「誰がネーミングセンス最悪だ! シアルフィ系の
ネーミングセンスは昔から最悪だが、フリージ家の場合一族が第二世代で壊滅
した後、ヴェルトマー家の保護下におかれ、以後ヴェルトマー風に育てられた事を
配慮せよ。」

アルヴィス=ディアドラ
長男:ユリウス 長女:ユリア
暗黒教団の裏工作による政略結婚と後の歴史ではされているが、アルヴィス自身はディアドラをかなり愛していた。
ただ暗黒魔法ロプトウスを手に入れた息子ユリウスにディアドラを殺され、
夫婦としての生活は終わる。

ユリウス=ティナ
子供なし
半ば強制的とも言える夫婦。
あくまでユリウス帝政とロプト教団に抵抗したティナはヴェルトマー公に封じられ、夫婦生活はないに等しかった。
そのためにヴェルトマー平原におけるユリウスにとって致命的な事態を招くことになる。

ユリウス=イシュタル
長男:グスタフ 長女:フィーリア
セリス解放戦争時に生まれた秘密の双子。
イシュタルの死後、フリージ郊外の教会で発見され、オイフェに処刑されそうになるが、
ヴェルトマー家当主アゼルの猛反対にあい、今の時代まで生き抜いている。
それぞれアゼル、ティニー、アーサー親子の支援を受けて、
まもなく当主につくという。

サイアス「アゼル叔父め!最後にのこのこ出て来て出しゃばりやがって!
甥のグスタフ公、姪のフィーリア公女の親権まで、
息子のアーサー、娘のティニーと父子娘で独占して私やアミッド、リンダ、ランゲルは
排除か!」









25 :故アルヴィス帝:2011/09/03(土) 10:07:05.94 ID:1NEaCKXs
故アルヴィス帝「ユリウスとイシュタルの双子息子と娘の名前は
私がバーハラ家やヴェルトマー家の過去の人名を調べて命名した。
フリージ家には悪いがフリージ系の名前は呪われてそうだからやめた。
孫息子のグスタフ皇子はユグドラル由来のグランベルの男性名からとったメジャーな名前。
孫娘フィーリアは、ラテン語 フィーリア(娘)、アカネイア大陸系の名前と
ユグドラル大陸の女神フレイア(北欧神話の女神)の双方から命名した名前だ。
フィーリアの母親ユリウスの第二皇后イシュタル皇后の名前の由来中東系(イナンナ、イシュタル……ナバタ地方龍族(マムクート由来?)
の呪わしい演技悪い名前だし、なんでブルームはこんな演技悪い名前にしたんだ!」

26 :故アルヴィス帝:2011/09/03(土) 10:36:01.84 ID:1NEaCKXs
アカネイアの四天王の名前
【蒼天騎】アイバー、【白衛貴】アディルス
【紅翔姫】フレイ(ア) 【黒硝鬼】レギン

このためフレイアの名前だとアカネイア四天王の
【紅翔姫】フレイアと重なるため名前の綴を変える必要があった。


27 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 11:13:05.31 ID:G0vcBCut
演技悪いってwww
何度もミスんなよwww

28 :故アルヴィス帝:2011/09/03(土) 12:44:41.48 ID:1NEaCKXs
ティナ  享年19歳 グランベル帝国第一皇后
運命に翻弄された悲しき女神
ティナ
属性:炎 34 ダークプリンセス
★魔剣ガラティーン
リカバーの杖
スキル 追撃 祈り カリスマ
武器レベル 剣★ 杖B
父: シグルド シアルフィ公国公子 聖戦士バルドの末裔
母: アイーダ 元ヴェルトマー公国近衛隊長
時の英雄セリスの初恋の相手。
しかし皮肉にも彼の異父兄弟であるユリウスにも愛され、
半ば強制的に結婚させられる。
しかしその優しく正義感の強い心はユリウスでさえ操ることができずに、
最後まで彼にとって障害となる結果となる。
義父アルヴィスから譲り受けたロートリッターは彼の遺志を継ぎ、
彼女の元で花を開くことになったが、ヴェルトマー平原の戦いで主君と共に散る。
彼女自身も最後にはユリウスを裏切るが、この戦争でロプトウスの最初で最後の犠牲者となる。
だが一説には彼女の死を信じきれないセリスがタブーを破って、
コープルに迫り彼女を生還させたということも言われている。
彼女の存在自体、謎のことが多すぎて出生のことさえはっきりしていない。
ただユグドラル大陸ではその存在が神格化しているのは事実だ。

29 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 12:58:11.69 ID:1NEaCKXs
クラス:ダークプリンセス……上級クラスで女性パラディンに近いステータスだが
闇剣ガラティーンを使う専用クラス、敵ボスとして第二部セリス世代で
シグルドの娘、セリスの異母妹で初恋の人、ユリウス帝の正室第一皇后の
ティナがこのクラスで登場する、バルドの聖痕も有ったが、聖剣ティルフィング
を継承できず、魔剣ガラティーンを継承してしまいユリウスに恋し結婚した事が
転落の人生、表歴史からの抹殺につながった悲劇の裏シアルフィ家継承者
第三部で再登場時や異伝ルートで女帝になった場合は
ダークロード〜ロードマスターにクラスチェンジして再登場。
ルートによりヴェスティア帝国女帝になる可能性有り。

30 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 13:21:17.59 ID:1NEaCKXs
ティナ……本名:ティナ・バルドス・シアルフィ

表向きはシグルドの隠し子として裏シアルフィ家、弟クレスと共に
皇帝アルヴィスの養子として、異父兄サイアスの元で将来成人後はクレスと共にシアルフィ家復活時に当主に
なる予定だったが。嫡子ユリウスがロプトウスに取り憑かれた事。
フリージ家のブルームと后ヒルダが娘でトールハンマー次期継承者イシュタル王女を
ユリウスの皇妃として売り込んだ事。
ロプト教団もマンフロイの娘サラを独自に皇妃に売り込みかけたため。
皇帝派と皇子派の和解、将来のナーガ、ティルフィング復活と
ゆくゆくは神剣ファルシオン(ティルフィング+ナーガ)のためにも
対抗してシアルフィ家の遺児ティナを皇妃としてユリウス皇子に売り込んだ。

結果はバーハラの舞踏会でユリウス皇子も始めてあったティナに一目惚れで愛してしまい、ユリウス皇子の正室
第一皇太子妃にティナが選ばれた。しかし、ブルームとヒルダは不満に思い、
やがてイシュタルもグランベル帝国第二皇太子妃に選ばれたため。
ユリウス皇子は早くも二人妻をもつ二股になってしまった。

この後フリージ后ヒルダがグランベル帝国皇妃ティナに陰湿な苛めした可能性が高い。

ヒルダ「何!あの憎たらしい蒼髪色の女性は、しかも手の十字の痣、まさか
反逆者シグルドの娘じゃないの! あんな娘が我が娘イシュタルを差し置いて
ユリウス皇子様に認められて第一皇太子妃なんて、認めないわね!」

ティナ「わ……私は…アルヴィス帝陛下の威光と、ユリウス皇子様の
事が好きで、ユリウス皇子様も親のいがみ合いを子で仲直りしようと
私を后にするって、イシュタルも第二皇太子妃になれたし、文句ないでしょ。」

ヒルダ「フン!そうかい、ユリウス皇子様も10代で二股かけるとはね!」


31 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 13:44:22.98 ID:1NEaCKXs
『グランベル帝国』(旧ヴェルトマー朝)
悪名高い『バーハラの戦い』のだまし討ちで時の英雄シグルドを討ち破った
ヴェルトマー公国の当主アルヴィスが前グランベル王国王女ディアドラを娶ったことによって建国した帝国。
マンスター地方の大半とシレジア王国を降伏させ、
大陸のほぼ全体を征服した大帝国にまで成長する。
建国して約8年までは皇帝アルヴィスの治世が行き届いていたものの、
ある事件を境に皇帝の権威は息子ユリウスと彼を擁する暗黒教団へと移ってしまう。
ユリウスは父を傀儡として圧政を施し、子供狩りを各地で敢行するなど凶行が相次いだ。
それに抵抗したのが、シグルドの忘れ形見のセリスである。
彼はユリウスの第一皇妃ティナの助けで送られたティルナノグで挙兵した後、イザーク王国を復興させる。
その後も雷のごとく侵攻でマンスター地方、トラキア王国、ミレトス地方を解放して、ついに本国にまで侵攻を許す。
その前線にいた権威なき皇帝アルヴィスはセリスに聖剣ティルフィングを託し、自らセリスに倒される。
それでも妹ユリアという玉を持っていたユリウスはセリスを侮り、
第二皇妃イシュタルの本家フリージ公国まで落とされることとなる。
イシュタルの決死の説得でユリウスはヴェルトマー平原に二人の皇后を連れ決戦を挑んだものの、
密かにセリスを愛する第一皇后ティナの裏切りとその活躍でユリウス直属の十二魔将の大半を倒されたばかりか、
それにつけこまれ第二皇后イシュタルもセティによって討たれる結果となる。
さらには妹ユリアに聖魔法ナーガを取られたユリウスには勝てるはずもなく、
ユリウスはユリアに討たれヴェルトマー朝グランベル帝国は解放軍の盟主であるセリスの手によって崩壊することとなった。

32 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 13:48:05.71 ID:1NEaCKXs
『裏シアルフィ家』
イザークの英雄シャナンの長女ナディアが聖戦士バルドの末裔であったことから急速に大陸中にこの言葉が広まった。
真実は以下のとおりである。
シグルド聖乱の最後、バーハラのだまし討ちのこと。
聖剣ティルフィングの加護でファラフレイムから身を守ったシグルドは妻ディアドラを取り戻すためにアルヴィスを振り切り、
単身でバーハラ王城に乗り込んだ。
後にセリスが『再会の回廊』と名付けた場所でシグルドはディアドラと再会する。
そしてこのとき、奇跡的にも記憶を取り戻したディアドラは夫の状況が圧倒的不利であったことを悟り、
彼に避難するよう努めたが、彼は頑なにディアドラの元から離れるのを拒んだ。
しかし後を追ってきたディアドラのもう1人の夫アルヴィスの突然の攻撃にシグルドの
聖剣ティルフィングを弾き飛ばされたのを見たディアドラは半ば強引にシグルドを、
じぶんの生まれ故郷で、2人の出会った地である精霊の森にワープさせた。
ディアドラのシグルドへの愛を感じてしまったアルヴィスはシグルドへの追い討ちはせず、
大陸中に聖剣ティルフィングを示しシグルド戦死を印象付けさせた。
これが『裏シアルフィ家』の始まりである。
裏シアルフィ家の祖となり、シグルドの第二婦人となる女性は候補が多すぎて、まったくわかっていない。
一番有力なのが戦後、アルヴィスがシグルドのもとに送った腹心アイーダである。
他にもエーディンやフュリー、ラケシスなども候補であった。
しかし妻がだれにしろ、子供が凄すぎた。
最初に生まれたのが、あの「ティナ」なのだから。
さらには彼女の妹もセリス解放戦争後、シャナンのもとに嫁いでいき、
セーナと壮絶な超激戦を演じたナディアも産んでいる。
ただティナが戦死、長男は病死、次女がクリードに暗殺されるなどという不幸に見舞わられ、皆早死にしている。
シグルドの子供でもっとも長生きしたのはセリスなのだが、
彼でさえもシグルドより早く死んでいるので何とも不運な子供達であった。

33 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 13:51:40.45 ID:1NEaCKXs
『ファルシオン』
かつてリーベリア、ユグドラル、アカネイアの三つの大陸を治めたアリティア連合王国の神君マルスの愛剣。
その剣を持ったマルスはアカネイア大陸に伝わる暗黒竜メディウスを討ち破っており、
現在では神剣として崇められているが、ユグドラル大陸の歴史の祖にあたるグラン共和国滅亡と同時に行方不明になる。
ただそれについて記述された書物は多く、その大半がユグドラル大陸の聖十二武器の一つ、
聖剣ティルフィングに酷似していると記している。
だが聖剣ティルフィングには同じ聖武器を打ち破る力こそ持っているが、
暗黒神ロプトウスには歯が立たないためにそれと同一視する者はいない。
最近になりセティやセーナにより研究が進められていて、
聖魔法ナーガと聖剣ティルフィングの融合体が神剣ファルシオンとなることまではわかっている。
もちろん扱えるのはマルスの直系のみというのは言うまでもない。
そして蘇ったことにより以前より異様な力を持ち始めたファルシオンは神将器、
ティルフィング、さらにはシューティングスターにまで新たな力を与えつづけた。

34 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 13:54:35.25 ID:1NEaCKXs
『シューティングスター』
シアルフィ朝新生グランベル帝国皇帝セリスが残った半生をかけて作り上げた戦術。
その極意は『流星指南』のみに収められている。
シューティングスターにはどんな戦況にも柔軟に対応すべく数百にも及ぶ戦略、
陣形から兵一人一人の動きまで細かく記している。
その優秀さは新生グランベル帝国皇帝の後継者の証になるほどのものである。
シューティングスター奥義の流星陣はセリス解放戦争の終盤、
西ヴェルトマー平原の決戦にてセリス隊を突破したティナの戦法を更に発展させたものである。
最終的にはセーナが裏流星を発案して究極の兵法書となったが、
ファルシオンとの共鳴で、人が作り上げた究極の破壊魔法の魔道書へと変貌した。


35 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 13:56:45.35 ID:1NEaCKXs
『ユリア騒動』
セリス解放戦争後、まもなく起きた政争。
セリスの妻の座をめぐり、異父兄弟のユリアを推す派と、幼馴染みのラナを推す派が争った。
もちろんユリアとラナには他意などなく、彼女たちの意志を無視して時が経つにつれて大きな騒ぎに発展する。
この状態を憂うセリスは愛するユリアとの結婚を強行したことにより収まるかにみえたが、
今度はラナの実家ユングヴィ家とバーハラ家の間に緊張が生じてしまう結果となる。
この騒動を引き起こしたグランベル貴族に対してセリスが憤慨を覚えたのは言うまでもなく、
その精神が娘セーナに伝わりユグドラル大革命につながることになる。
一方でユングヴィとバーハラの間を取り持とうとするラナは過労が原因で、
セーナがリーベリアに行っていたころには倒れてしまっている。



36 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 13:58:59.02 ID:1NEaCKXs
『クロノス』
その名の通り、ミレトス地方クロノスにて暗躍する地下組織。
グランベル帝国時代には暗黒教団によって徹底的に弾圧されていたが、
暗黒教団の衰退と共に勢力を盛り返す。
そしてその実力はグランベルの皇子マリクに接触するほどにまで成長し、
隣国トラキアにとっても脅威の存在となる。
闇魔道士が多い暗黒教団とは違い、
クロノスは暗殺や諜報が得意な剣士や盗賊(もちろん札付きの悪)が主。
ただ暗黒教団に弾圧されていたことからもあまり一人一人の質は高くないようで、
セーナ暗殺に23度も失敗していることからも十分わかる。
それどころか0007シャルのようにセーナ側に鞍替えするものも多く、
思想統一も十分でなかった。
トラキアやセーナが彼らを危険視するのは暗黒教団の数倍はあるという人員の多さがある。
しかしセーナの懐柔策により降伏し、セーナ秘蔵の諜報衆の1つとなって活躍することとなる。

37 :セーナ:2011/09/03(土) 15:26:02.72 ID:1NEaCKXs

『バルド同盟』(オリジナル)
シレジア王国の大皇太后ラーナの提言を新生グランベル帝国皇帝セリスとその右腕のオイフェによって実行に移された。
当初のものは大陸復興およびその援助を目的としていたが、
早くからセリス解放軍によって解放されたイザークやトラキア連邦ら東側諸国は未だ生存する暗黒教団の脅威にさらされているにも関わらず同盟に参加できなかった。
それに不満を持つ東側諸国はシレジア王国を介して未だ16歳のセーナを頼るしかなかった。
そして単独では彼らが復興を遂げることができないことを実感したセーナは一世一代の大勝負に出る。
父セリスに詰めよりイードに篭もる暗黒教団を攻め滅ぼすか、
オイフェをバルド同盟の担当からはずすかの究極の選択をせまり、
どちらとも拒否した場合はイザーク、トラキア、そしてシレジアが連合してグランベルを攻めると脅したのだった。
セーナの決死の覚悟を感じたセリスは折れ、セーナにバルド同盟締結の全権を任せた。
それからはバルド同盟は訂正に訂正を重ね、
それは基本方針を『恒久平和、そして全土復興』に修正され、東側諸国の取り込みに成功する。
反発すると思われたアグストリアはシレジア王子ライトとセーナの奔走により友好関係にひびを入れることなく、
セーナは着々と下準備を整えていった。
そしてついに全権を担ってから半年後、
新生グランベル帝国ヴェルトマー公国にてユグドラル大陸会議が催され、
大陸にある大小問わずに全ての勢力が相互不可侵、発展途上の国への援助などが明記された、
大陸の平安への礎となる、「バルド同盟」を批准した。
この時に若くして議長を務めたセーナはこの時をきっかけに皇帝セリスの最有力後継者と思われることになった。
そしてもちろん、父セリスやオイフェからも揺るぎない信頼を寄せるようになる。
同盟成立後、初の出兵はセーナのリーベリア派遣の際に集まったユグドラル義勇軍がそれにあたる。
が、同時に制定されたトラキア平和同盟の崩壊によって、
それから第二次ユグドラル総同盟が結成されるまで、
バルド同盟は有名無実の物となってしまう。

セーナ「私が調べた所、史実の中世欧州にはこれに似た国際会議や
こんな条約や同盟はなかったし、西暦1648年の
ヴェストフォリア条約に対応する会議のはず。
まだ16歳の皇太女だった私が初めての外交デビューよ。」


38 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 15:33:46.20 ID:1NEaCKXs
『魔力の具現化』
ファイアーやライトニングなどの魔法を人の魔力を使って、剣や槍など実体のある物にすること。
ユグドラル大陸の光の剣や風の剣などはその産物だと考えられているが、
剣に直接ライトニングやウインドを組み込んだだけであり『魔力の具現化』とは関係ない。
一般には光の最下級魔法ライトニングが最も具現化しやすいとされているが、
それでも具現化できる人間は神魔法を継承する聖戦士の中でもまれである。
事実、旧グランベル帝国の雷神イシュタルも魔力の具現化に失敗している。
それほど難しいものであり、成功した者はユリウスとティナ、そしてセーナだけである。
秘めている魔力が大きい魔法ほど難しく、
聖魔法ナーガを具現化できるものは神さえも越える存在になるといわれている。

フィーリア「私の母上だった、生前の雷神イシュタルでもこの
魔力の具現化に失敗したからね、私に魔力の具現化が出来そうなのか。」

39 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 15:35:15.39 ID:1NEaCKXs

『魔力の具現化』習得者※
マルス世代
(マルス)
マリク
(シーダ)
チキ
セリス世代
(セリス)
ティナ
ユリウス
リーザ
セーナ世代
セーナ
ライト
リュート
ナディア
ミカ
(サーシャ)
ティーエ
メーヴェ
アルド世代
(アルド)
クレスト
エレナ
(ハルトムート)
レナ
エリミーヌ
アトス
(ローラン)
ブラミモンド
(レオン)

※あくまで利用できるほどの魔力をもった人物であって、( )の人物は一度も利用していない。
黄緑セルはリーベリア大陸出身、水色セルはアカネイア大陸出身者です。


40 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 15:57:38.91 ID:SbXABCSt
誰も見てないのに同じ設定毎回毎回よく貼れるよね
楽しいの?

41 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 17:44:58.35 ID:jlklfPbP
>>40
お前が見てるじゃないか、このツンデレめ

42 :助けて!名無しさん!:2011/09/03(土) 18:22:00.52 ID:h4fgvy5D
>>41
NGにしてるから奴の妄想文ほとんど見えてない
あと見なくても描いてる内容は大体想像できるしw
ここは皮肉や煽りレス見に来てるだけ

43 :助けて!名無しさん!:2011/09/06(火) 09:45:23.15 ID:QiRgYVdr
俺は好きだけどな、このスレ。見てて癒されるわ。
名称ラングに通じるものがあるよ。

44 :助けて!名無しさん!:2011/09/10(土) 20:51:27.58 ID:H/Yfr20U
フィーリアの人には才能を感じるけどな。ただ、あまりにも器が大きすぎることが
不幸なんだよ。日本なんてちっぽけな島国に収まりきるような器じゃない。
海外でならきっと成功する。北朝鮮とかなら。

45 :助けて!名無しさん!:2011/09/10(土) 21:04:33.43 ID:twPQ7sQg
セーナ【第三世代ユグドラル後継戦争のボス、マリク兄上ね。」

マリク 21歳 新生グランベル帝国バーハラ公国公子⇒享年23歳新生グランベル帝国二代目皇帝
聖者ヘイムの末裔 暗黒神ロプトウスの末裔 (敵キャラ) マスターナイト⇒ダークエンペラーナイト
マリクレベル30、HP90力32魔力27技35+10速さ28+10幸運12守備25+10魔防27+10+5移動9
スキル 追撃 連続 (光と闇の決戦にて流星追加)
E魔剣ガラティーン攻撃30 命中90 重さ7 必殺 特殊技ブラックアブソリュート(洗脳)
E暗黒魔法ロプトウス 攻撃30 命中80 重さ12 相手攻撃力半減 ボルガノン 銀の大剣
武器レベル 剣★ 槍B 斧A 弓A 火A 雷A 風B 光★ 闇★
父親 セリス 新生グランベル帝国初代皇帝 聖戦士バルドの末裔
母親 ユリア 新生グランベル帝国皇后 聖者ヘイムの末裔(セリスとは異父兄弟)
祖父 シグルド シアルフィ公国公子 聖戦士バルドの末裔
祖父 アルヴィス 旧グランベル帝国皇帝 魔法戦士ファラの末裔
祖母 ディアドラ 旧グランベル帝国皇后 聖者へイムの末裔
叔父ユリウス 旧グランベル帝国二代皇帝 魔法戦士ファラの末裔 暗黒神ロプトウスの末裔
両親の同じ母親であるディアドラの血が重なってしまったために
暗黒神ロプトウスをその体内に宿してしまう。
もとからプライド高い性格のせいか、ロプトウス覚醒後は。
叔父ユリウスに負けず劣らず力を求める事が多く、
父セリスや妹セーナとの衝突が絶えなかった。
特にセーナとの衝突は激しく、バルド同盟締結で頭角を示してきたセーナに対抗しようと、
ヴェルダン王国やミレトスを誘い不穏な動きを起こす。
スカサハが相談役で、ファバルが武術指南役となっていた。




46 :助けて!名無しさん!:2011/09/10(土) 21:13:28.99 ID:twPQ7sQg
シグルド二世 20歳 新生グランベル帝国シアルフィ公国公子 聖戦士バルドの末裔
ヴェスティア決戦時27歳位 ロードナイト 指揮官レベル☆5
シグルド二世レベル30、HP70力32魔力7技32+10速さ28+10幸運18守備28魔防14+20移動9
スキル 追撃 カリスマ 武器レベル 剣★ 槍B
Eティルフィング(封印の剣)通常攻撃30命中90、祈り
封印の剣時攻撃35命中90 祈り ライブ
銀の剣※この銀の剣はシグルド、セリス二代に渡って使用されてきた由緒正しい聖剣である。
手槍⇒ピラム
支援 エルトシャン2世C キュアン2世C ナディアA
父: セリス 新生グランベル帝国皇帝
祖父: シグルド シアルフィ公国当主
養父: オイフェ 新生グランベル帝国シアルフィ公国当主
母: ユリア 新生グランベル帝国皇后
 幼名はアルド。
 実父セリスがもともとの出身であるシアルフィ家を継げないことがわかっていた
解放軍の軍師オイフェがセリスの息子である彼を自らの養子にしてシアルフィ公国の後継ぎとさせた。
10歳に、非業の死を遂げた祖父の遺志を継ごうと、その名を取りシグルド二世を名乗るようになる。
妹セーナに似てどことなく陽気なところもあるが、責任感も人一倍強い。
その後はシグルドの名に恥じない功績を挙げ、
アグストリア解放戦争の余波が未だに残るグランベル南部の抵抗勢力をわずか14歳という若さで一掃させる。
それでも生粋の冒険好きの性格は直らずにしばしばシアルフィを抜け出すことがあり、オイフェの悩みの種となる。
エルトシャン二世、キュアン二世とはヴェスティアの誓いで義兄弟となっている。
武術指南役はイザークのシャナンで、守り役は言うまでもなく養父オイフェである。

47 :助けて!名無しさん!:2011/09/10(土) 22:17:28.43 ID:twPQ7sQg
エレナ「謎の大陸ヴァナヘイムの聖武器ヴァナヘイム四武衝について、
ステータス想定するわ。」

・ヴァナヘイム四武衝

ヴァナヘイム大陸に伝わる四つの聖武具で、
天聖剣レーヴァテイン、龍槍レークスハスタ、疾風弓イルバチオ、魔衝ドヴェルグを指す。
レークスハスタ、ドヴェルグはニーナが、イルバチオはオランドのクレッセが持ってるが、
レーヴァテインはサーガ王国内で封印されている。
なお四つの武具はナーガ神、またユトナ神どちらの加護も受けておらず、
その成立は謎のままである。
 ヴァナヘイム四武衝とは、
ユグドラル聖十二武器に匹敵する能力を持つ4つの聖武器を指す。
エレナ「ヴァナヘイム四武衝の想定ステータスとゲーム化にあたっての変更。ナーガ神、ユトナ神の
加護がない事から、今回の仮定はかつて邪神アウロボロス(ウロボロス)側の神器説
と仮定してみたわ。」

・天聖剣レーヴァテイン……攻撃35命中80重さ7 技+10、速さ+10、守備+10、魔防+20、祈り
イメージ的に北欧神話系で蒼髪のライバルヒロインのニーナ女帝が使うためにティルフィングの姉妹剣に
してみた。・龍槍レークスハスタ………攻撃35命中80重さ15 力+10、技+10、速さ+10、守備+10、
龍族相手や、竜騎士相手に先制攻撃有り、後々神器の力失い、烈火の剣で再登場。
・疾風弓イルバチオ…………攻撃35命中80重さ13、力+10、速さ+20、ライブ
イメージ的に北欧神話のイチイバルに近い姉妹弓の設定でイチイバルの強化型。
・魔衝斧ドゥウェルグ………攻撃35命中80重さ20、力+10、守備+20、魔防+10
闇の力で敵攻撃力を半減させる(ロプトウス、ガラティーンと同じ能力)、かつて、
アウロボロス復活の鍵の闇の6魔器の1つ、かつて暗黒神に憑かれた前ヴァーナ皇帝が使用していた。
武具(クラスはエンペラー)間接攻撃有り。






48 :助けて!名無しさん!:2011/09/10(土) 22:31:38.06 ID:twPQ7sQg
ナディア「運命の分岐点、グラン歴805年時ヴェスティア決戦時の私のステータス。」
ナディア 18歳 イザーク王国王女 ヴェスティア決戦時25歳位
剣聖オードの末裔 聖戦士バルドの末裔 属性炎 ソードマスター⇒ソードエスカトス
ナディアレベル30、HP70力27魔力13技32+10
速さ28+20幸運24守備28魔防18移動6
流聖剣 連続 追撃 カリスマ Eバルムンク攻撃30命中90重さ3
銀の剣 勇者の剣 武器レベル 剣★
支援 シグルド2世A
父親: シャナン イザーク王国国王 剣聖オードの末裔
母親: ?(不明、裏シアルフィ家出身)
祖父: マリクル イザーク王国王子 剣聖オードの末裔
祖父: シグルド シアルフィ公国公子 聖戦士バルドの末裔

シグルド二世の妻。
父シャナンの勧めでシアルフィ家に嫁ぐこととなるが、
しばしば義理の妹でもあるセーナを娶ろうと考えている腹違いの兄クリードを
制御するためにしばしばイザークに戻っている。
彼女もセーナと同じようにティナの後継者たる能力を十分に持ち合わせているものの、
それを発揮する機会を与えられずにいる。
仮にも同じ祖父を持つためか、セーナと外見や思考は類似するところが多い。
ヴェスティア大戦でのセーナとの死闘は後世の吟遊詩人たちに歌われつづけている。

ナディア「イザーク王家だが母親や母親方祖父シグルドの影響で蒼髪短髪ボブカットで
セーナに外見が似ており、思考もイザーク王家よりセーナ達シアルフィ家の子孫に近い。
蒼髪のためイザーク王家では異端的。」


49 :セーナ:2011/09/10(土) 22:37:37.18 ID:twPQ7sQg
イザーク皇太女ナディア(CV:喜多村英梨、美樹さやかに近いイメージ、)

50 :助けて!名無しさん!:2011/09/11(日) 02:45:50.41 ID:vhFAq082
セーナの話が同人ゲームで出たらプレイしてみたい
冗談抜きで

51 :助けて!名無しさん!:2011/09/11(日) 05:12:41.32 ID:h1nC+7Fd
tetoraはなのは厨

52 :助けて!名無しさん!:2011/09/11(日) 09:13:50.82 ID:vhFAq082
セーナの髪の色は銀髪の方が萌えそう

53 :セーナ:2011/09/11(日) 11:51:33.67 ID:vmpSvZME
>>52

セーナ「私は嫌ね、銀髪なんて劣勢遺伝で身体よわくなるし、蒼髪は主人公の証で
なおかつ神君マルス様、シーダ王妃、カチュア………850年後……聖戦士バルド〜バイロン(若)曾祖父〜シグルド一世祖父様〜
〜先帝セリス父様〜シグルド二世兄上、私セーナ女帝
と継承した由緒ある主人公の証の蒼髪なんだから。
そんなに銀髪好きなら、マムクートのロキユキ兄妹か
フリージ系銀髪のミカミキ姉妹、息子のアトス
フリージ家現当主で一応私の従姉のフィーリア公女がいるでしょ。


54 :フィーリア:2011/09/11(日) 12:49:29.28 ID:vmpSvZME
フィーリア 新生グランベル帝国〜ヴェスティア帝国兼シレジア連合王国
フリージ公国公主 一時期ヴェスティア帝国宰相
魔法騎士トードの末裔 属性雷
22歳 (イード戦役初陣セイジ)
23歳 (前期ユグドラル後継者戦争セリス後継者戦時セイジ)
28歳 (後期ユグドラル後継者戦争ヴェスティア決戦時、ヴェスティア帝国宰相)
43歳 (アカネイア戦役、ヴァナヘイム戦役、人竜戦役時ラストバトル時)

クラス……成人前サンダーマージ〜継承後セイジ〜ウォーロック
フィーリア(レベル40)ウォーロック 魔法騎士トードの末裔
HP64力7魔力37技34+20速さ31+10幸運35守備18魔防35
Eトールハンマー攻撃30命中90 サンダーストーム リカバーの杖、
スキル・・・追撃・連続・怒り・突撃
武器レベル  火A 雷★ 風A 光A 杖A (闇は自ら封印)
父親 ユリウス 旧グランベル帝国二代皇帝 魔法戦士ファラの末裔 暗黒神ロプトウスの末裔
母親 イシュタル 旧グランベル帝国第二皇后 魔法騎士トードの末裔
祖父 アルヴィス 旧グランベル帝国皇帝 魔法戦士ファラの末裔
祖母 ディアドラ 旧グランベル帝国皇后 聖者へイムの末裔
異母叔父サイアス 旧グランベル帝国司祭 魔法戦士ファラの末裔
祖父 ブルーム 旧グランベル帝国フリージ公国公主 北トラキア国王
祖母 ヒルダ 旧グランベル帝国フリージ公国公妃
叔父 イシュトー 旧グランベル帝国フリージ公国公子
叔母 ユリア 新生グランベル帝国皇后 聖者へイムの末裔
従兄弟マリク 新生グランベル帝国皇太子〜廃帝聖者ヘイムの末裔、暗黒神ロプトウスの末裔
従兄弟シグルド二世 新生グランベル帝国シアルフィ公国公子 聖戦士バルドの末裔
従姉妹セーナ 新生グランベル帝国皇太女 聖戦士バルドの末裔 聖者へイムの末裔
兄グスタフ 新生グランベル帝国〜ヴェスティア帝国兼シレジア連合王国
ヴェルトマー公国公主魔法戦士ファラの末裔

暗黒神ロプトウスの化身で旧グランベル帝国二代皇帝の廃帝ユリウスと
フリージ家次期当主で旧グランベル帝国第二皇后の雷神イシュタル廃皇后の間に兄グスタフと
共に生まれた双子の妹、生まれて間もなく両親が死亡し、セリスとアゼルにより
子供に罪はないと命助けられたが、代償に皇族の地位を剥奪される
幼少期はアゼル、サイアス、サラの元でロプト教のイード神殿で育てられ、
7歳頃将来のフリージ家次期継承のために兄グスタフと共にアゼルの指示で
アゼルの娘ティニーの元に預けられ、フリージ、シレジアで育てられる。
その際に幼名からユグドラル(北欧神話)の女神でアカネイア四天王紅翔姫フレイアと
アカネイア語で娘の意味もつフィーリアから名前を取り
フィーリアと成人名をヴェルトマーでアゼル、サイアスから命名される。
18歳頃、兄グスタフと共に、ようやく成人式とトールハンマー継承が認められ同時にセイジ(賢者)の
称号が与えられる、ヴェルトマー家で











55 :フィーリア:2011/09/11(日) 14:43:17.62 ID:vmpSvZME
グスタフ 新生グランベル帝国〜ヴェスティア帝国兼シレジア連合王国
ヴェルトマー公国公主 魔導軍大将軍 魔法戦士ファラの末裔 属性炎
22歳 (イード戦役初陣マージナイト)
23歳 (前期ユグドラル後継者戦争セリス後継者戦時マージナイト)
28歳 (後期ユグドラル後継者戦争ヴェスティア決戦時、ヴェスティア帝国ヴェルトマー本家盟主)
43歳 (アカネイア戦役、ヴァナヘイム戦役、人竜戦役時ラストバトル時)

クラス……成人前ファイヤーマージ〜継承後マージナイト〜マージロード
グスタフ・・・マージロード(レベル35)
HP78力28魔力40+10技27速さ27幸運21守備24+10魔防35+10移動9
Eファラフレイム攻撃30命中80重さ15 メティオ ルーンソード、
スキル、見切り、まちぶせ、連続、怒り
武器レベル 剣A  火★ 雷A 風A 光A  (闇は自ら封印)
父親 ユリウス 旧グランベル帝国二代皇帝 魔法戦士ファラの末裔 暗黒神ロプトウスの末裔
母親 イシュタル 旧グランベル帝国第二皇后 魔法騎士トードの末裔
祖父 アルヴィス 旧グランベル帝国皇帝 魔法戦士ファラの末裔
祖母 ディアドラ 旧グランベル帝国皇后 聖者へイムの末裔
祖父 ブルーム 旧グランベル帝国フリージ公国公主 北トラキア国王
祖母 ヒルダ 旧グランベル帝国フリージ公国公妃
叔父 イシュトー 旧グランベル帝国フリージ公国公子
叔母 ユリア 新生グランベル帝国皇后 聖者へイムの末裔
従兄弟マリク新生グランベル帝国皇太子 聖者へイムの末裔 暗黒神ロプトウスの末裔
従兄弟シグルド二世新生グランベル帝国シアルフィ公国公子 聖戦士バルドの末裔
従姉妹セーナ新生グランベル帝国皇太女 聖戦士バルドの末裔 聖者ヘイムの末裔


56 :助けて!名無しさん!:2011/09/11(日) 15:09:32.05 ID:uaQOOC+7
パラメータだけ書き連ねて実際のゲームのバトルマップについては触れないんですね

57 :助けて!名無しさん!:2011/09/11(日) 15:12:24.48 ID:k/ZAVIMr
>>53
ミカヤ「」

58 :セーナ:2011/09/11(日) 19:06:47.47 ID:vmpSvZME
セーナ「じゃあ、私達第三世代の戦いで
当時まだ皇太女だった私セーナと父先帝セリス亡き後
帝位を僭称した、兄マリクとのシアルフィ決戦のMAP
想定。」

エバンス城(エバンス虐殺後、セーナ軍自軍青)
エッダ城(フィーリア軍の裏切りイベント有り
敵軍赤〜同盟軍緑〜自軍青、フィーリア軍、ヴェルダー軍)
シアルフィ城(敵マリク軍占領下、敵マリク軍赤)
ユングウィ城(敵ファバル軍支配赤、城守備は息子フォルバ)
ドズル城(敵スカサハ軍支配赤、城守備ヨハルヴァ〜
数ターン後にクーデターイベントで監禁されたジョセフが登場、同盟軍緑〜自軍青)
ヴェスティア城(中立シグルド二世軍、ナディア軍支配下黄色)
ユング

59 :セーナ:2011/09/11(日) 23:39:16.50 ID:vmpSvZME
セーナ「続きよ、味方、敵の軍隊所属と主要な武将。

セーナ軍(ヴェスティア軍、双龍旗)自軍
セーナ皇女以下、直属近衛兵アルバトロス、主力軍グリューゲル
の武将、客将、アレス先王、
アカネイア大陸から、アリティアカダインのリュート王子、ミリア、ラティ、
リーベリア大陸から、ウエルト王女サーシャ以下天馬騎士団、シュラムの里から
ゼロ(ヴェガ)、アジャス、
ユングウィ解放軍で、イチイバル継承者ラケル以下、ルカ、竜騎士フリード
グリューゲル軍は、カイン、アベル、ボルス以下
フリージヴェルトマー家の若き少女賢者ミカ、魔法騎士ゲイン、剣士グーイ、闇魔導士シャル、
グリューゲル空軍龍騎士団サルーン以下、天馬騎士団リーネ以下
他シレジア天馬騎士団レイラ隊が所属


60 :セーナ:2011/09/11(日) 23:54:46.81 ID:vmpSvZME
フィーリア軍(フリージ軍同盟軍)
当主フィーリア公女以下、副官ティニー
、風の旅人(元ティナ=シアルフィ皇后)
直属ゲルプリッター魔法騎士団、
ゲルプリッター前衛オルエン=シュターゼ将軍、副官フレッド、
以下ラインハルト二世、オルエン二世


61 :助けて!名無しさん!:2011/09/12(月) 04:56:18.82 ID:oiXKQXHF
二世多すぎ・・・

62 :セーナ:2011/09/12(月) 07:03:17.08 ID:l1y/XWco
>>61

セーナ「仕方ないでしょ、フリージ家は23年前のセリス解放戦争で
当主ブルーム、次期継承者イシュタル皇后、公妃ヒルダ、公子イシュトー
ゲルプリッター隊長ラインハルト、以下多数武将失い人材枯渇状態でヴェルトマー家から
武将を一部借りてる状態なんだから、一応風の旅人(ティナ=シアルフィ叔母上)を
フリージ軍軍師に入れてみた、人材、戦力枯渇状態のフリージ家には昔みたいにバロンの大軍や
女魔導士三姉妹とか雇う金ない貧乏状態なんだから。
それにオルエン達はこのマップだけのイベント武将だし。

63 :助けて!名無しさん!:2011/09/12(月) 07:47:14.14 ID:B5bZT+Il
返答がぶれてるなぁ

64 :助けて!名無しさん!:2011/09/12(月) 13:18:39.09 ID:oiXKQXHF
セーナ主人公でいいから第三部のゲーム化希望!

65 :セーナ:2011/09/12(月) 13:24:51.34 ID:l1y/XWco
ヴェルダー軍(エッダ僧侶団)
公子ヴェルダー以下、ハイプリースト、プリースト
公主コープルは聖杖ヴァルキリーと共にセーナ軍客将
アグストリア王妃兼エッダ公女リーンはエッダ城陥落時
オイフェがスカサハに倒され戦死したのを見て。
部下のスルーフと共に自害。

ジョセフ軍
ドズル家新当主ジョセフ(スワンチカ継承イベント有り、グレートナイト)
以下、母親ラクチェ(ソードマスター)、弟ヨハネ(アクスファイター)
以下新人グラオリッター(アクスファイター、アクスナイト)
ドズル城を守備したヨハルヴァが降伏する



66 :セーナ:2011/09/12(月) 15:04:21.39 ID:DqMDQmwa
トラキア軍、指揮官フィリップ
ドラゴンナイツ
指揮官……フィリップ新南トラキア国王(ドラゴンマスター、天槍グングニル装備、同盟軍)
以下ドラゴンナイツ、MOB武将ドラゴンマスター(顔グラ七三)
兵隊ドラゴンナイト隊

味方増援 エーデルリッター
指揮官……ミーシャ(リーフ=ナンナの娘)、
リュナン(リーベリア大陸リーヴェ新国王)
ホームズ(サリア王国王子)
以下エーデルリッター兵
パラディン、デュークナイト、グレートナイト
ソシアルナイト、ランスナイト、アクスナイト、トルパドール
他、

67 :セーナ:2011/09/12(月) 16:26:30.53 ID:DqMDQmwa
次は兄のマリク率いるバーハラ軍

グランベル帝国バーハラ直属軍

指揮官マリク皇帝(僭称帝)(マスターナイト〜ダークロード)指揮官☆5
(魔剣ガラティーン、暗黒魔法ロプトウス装備)
皇后ブリジット(スカサハ=ラナの娘、マスターナイト)☆3以下ヴァイスリッター直属軍統率
帝国宰相サイアス 指揮官☆10
以下ランゲル(バロン ミカの父)、ステファン(マージナイト イシュトーの遺児)、アミッド、リンダ、
他魔導士、司祭、魔導士団
バーハラ軍動員兵






68 :セーナ:2011/09/12(月) 20:16:56.60 ID:l1y/XWco
スカサハ軍…ドズル家正規軍
指揮官ドズル家執政代理スカサハ(レックス=アイラの息子 )
(第三部ではマシーナリー、剣、斧使用)☆6
以下、息子のカリブ(マシーナリー)、以下直属軍(マシーナリー、フォーレスト、
ウォーリア、アクスファイター、ソードファイター)
グラオリッター正規軍
指揮官ヨハン(第三部でマスターナイトに昇格)☆6
以下息子のヤン(グレートナイト) ハンス(アクスナイト)
以下MOB武将他グレートナイト主力隊、アクスナイト隊

ファバル軍(ユングウィ正規軍)☆6
指揮官ファバル(第三部ボウナイト(弓騎将)だが、
イベントで聖弓イチイバルを盗まれたが、
アカネイアから神弓パルティアを強奪し装備している)
以下、ファバルの息子のフォルバ(スナイパー)、スコピオの息子フェビアン(ボウナイト)
ユングウィ城はフォルバ出撃後、娘のパトリシア(アーチャー)が守備
以下バイゲリッター正規軍(ボウナイト、アーチナイト)
歩兵隊(スナイパー、ボウファイター、アーチャー)

69 :セーナ:2011/09/12(月) 20:24:20.60 ID:l1y/XWco
敵増援部隊
ロプト軍ベルクローゼン、クロノス連合
主力十二魔将の12人
以下、ロプト教団ベルクローゼン……ダークマージ、ダークピショップ、
ロプトマージ、
暗殺組織クロノス……ソードマスター、アサシン、フォーレスト、
ダークナイト、ダークウォーリア、シーフマスター、


70 :セーナ:2011/09/13(火) 06:14:55.12 ID:9gucinkP
セーナ「最後に黄色の中立軍は。」

シグルド二世軍
指揮官シグルド二世☆5(ロードナイト、顔グラ シグルド)
副官アリシア(女パラディン、顔グラ エスリン バルド傍系)
以下グリューンリッター兵(隊長パラディン、兵隊ソシアルナイト)

ナディア軍
指揮官ナディア☆5
(ソードマスター、顔グラ 蒼髪ミドルカットでセーナに近い顔グラ)
以下、アラニス(フォーレスト、顔グラ ホリン)
ラシディ(ソードマスター、顔グラ…ハゲ頭オリジン)
以下神速剣士団、(隊長ソードマスター、フォーレスト、配下ソードファイター男子、
ソードファイター女子)



71 :助けて!名無しさん!:2011/09/13(火) 09:00:52.10 ID:ycJGM1KS
>>69
ダークナイトは何が装備できるの?兵種スキルあるの?

72 :セーナ:2011/09/13(火) 11:28:52.79 ID:0EbJdNPQ
>>69

セーナ「ダークナイト、ダークウォーリアは敵専用クラスだけど
ダークナイトはパラディンの暗黒版(黒色) ダークウォーリアはウォーリアの暗黒版(黒色)
闇に堕ちて騎士道を外れ無差別虐殺した犯罪者の
堕ちた暗黒騎士のイメージ。
ロプト教団、ガーゼル教団は闇魔導士など魔導士が主なので。
暗殺組織クロノスの自由騎士や傭兵として、ダークナイト、ダークウォーリア
が配属している設定。」

73 :セーナ:2011/09/13(火) 11:35:34.36 ID:0EbJdNPQ
続き
ダークナイトはパラディンと兵種、装備、ステータスは同じだが。
後々死人のモルフのダークナイトも登場する。
ダークウォーリアはウォーリアと兵種、装備、ステータスは同じだが
やはり後々死人のモルフのダークウォーリアも登場する。

今回十二魔将は最強のモルフ達の設定にして。
しばしば倒されても別の場所や別の大陸で復活して
再登場予定。

74 :助けて!名無しさん!:2011/09/13(火) 12:56:25.66 ID:U983kR6l
しっこく「」

75 :セーナ:2011/09/13(火) 14:58:16.86 ID:P6wznHdd
>>74

セーナ「テリウスの漆黒の騎士ゼルギウスね……
貴方の場合ステータスが重装歩兵のジェネラル、バロン系じゃない。
こちらの世界には漆黒の魔導士で聖神器殺しの
ダークバードの龍族ホルスがいるけど。
よかったら、こちらの世界で私たちと手合わせしてみない。」

シグルド二世「漆黒の騎士といったな貴公は、私シグルド二世が
お相手いたそうか。」

76 :セーナ:2011/09/13(火) 22:29:02.89 ID:9gucinkP
セーナ「第三部の、第二次シアルフィ決戦の場面
BGMは聖戦第二部光と闇とのアレンジBGM。」

フィリップ「自軍を含め味方側が
セーナ軍、フィーリア軍、ジョセフ軍、フィリップ軍、増援部隊ミーシャ、リュナン軍
敵側が
マリク軍、スカサハ軍、ファバル軍、増援部隊十二魔将軍

指揮官レベル
セーナ☆5、フィーリア☆4 、ジョセフ☆3、フィリップ☆4、リュナン☆5、ミーシャ☆4
マリク☆5、サイアス☆10、スカサハ☆6、ヨハン☆6、ファバル☆6、カリブ☆4、ブリジット☆3

77 :助けて!名無しさん!:2011/09/14(水) 05:54:31.76 ID:76UFzY0u
指揮官補正は☆10というのは具体的にどういう内容の補正なの?

78 :セーナ:2011/09/14(水) 08:27:02.03 ID:CI3xChZz
セーナ「いわゆる指揮官レベルで今回は最大人間10、龍族の場合は10以上がいる設定。
更に実戦経験や戦争勝利により成長すると指揮官レベルが上昇する。
私の場合は、初陣のガルダ聖戦からリーベリア解放戦争時は、指揮官☆3
ゾーア帝国とガーゼル打倒後、ユグドラルに帰還して後継者戦争時には
実戦経験とクラスチェンジにより指揮官レベル☆5に成長して。
このまま、シグルド二世との戦いの後期ユグドラル後継者戦争と
ヴェスティア決戦では指揮官レベル☆5〜指揮官レベル☆7くらい
ちなみにサイアスの指揮官レベル☆10はトラキアのを再現。

トラキア776に登場した司祭で
プレイヤーをいろいろ悩ませてくれる人。
トラキア776を代表する天才軍師で
その指揮能力は☆10と他の追随を許さない。
しかも、少し本気になれば全軍の再行動率を上げたりもできるので、
敵としてプレイヤーを散々悩ませてくれる。

「私セーナはこのサイアスの☆10を知略と戦術で打ち破って
みせるよ、だからフィーリアに背後から寝返らせたり、トラキア軍の
フィリップの竜騎士団と、ドズル家ではジョセフを救出し寝返り参戦
させたり、でも、東西南北から必殺陣形「グランドクロス」で包囲したから。
これで、マリク兄上、サイアス軍師、スカサハ、ファバル、に勝てるわ。」


79 :助けて!名無しさん!:2011/09/14(水) 08:34:26.77 ID:CI3xChZz
 南からはフィリップ率いるドラゴンナイツが、
北からはジョセフ率いるグラオリッターと、
途中で彼らと偶然に合流したグーイ隊が猛烈な攻撃を仕掛けてきたのだ。
それぞれの将にこの決戦にかける強い思いがあり、
それが兵に伝わって攻撃力に変換している。
東はすでにフィーリア軍とスカサハ軍の戦いが激化しており、
セーナの『裏流星』を止める術はもはやなかった。
肝心のセーナはといえば究極の必殺陣形『グランドクロス』が完成して珍しく興奮していた。
ユグドラル兵法でも至高の戦術ともいえる『グランドクロス』は知らぬ間に東西南北4方向から敵を圧殺するという豪快な戦法。
これだけ大規模な合戦で『グランドクロス』が発動したことは世界的に見ても例がなく、それをセーナは実現してしまったのだ。
マリク軍を駆け抜けるセーナのもとにカインやミカが駆けつけてくる。

セーナ「ここまでやれば、いくらサイアスの指揮官レベル☆10でも、打ち破れるわ。」

80 :助けて!名無しさん!:2011/09/14(水) 09:40:43.55 ID:76UFzY0u
指揮官補正で命中回避はどれくらい上昇するの?
命中回避上昇以外にも何かいいことあるの?

81 :セーナ:2011/09/14(水) 11:10:16.13 ID:CI3xChZz
セーナ「私達の世界だと、今回はAIもかなり指揮官レベルを反映して頭良いからね。
指揮官レベルが上がると命中回避の上昇に、委任選んだ場合オートモードで
指揮官の統率が的確に行動したり、
今回はエンブレムサーガ採用予定の複数の軍団制度で部下や同盟軍に委任したり
するから、正規軍対正規軍の大戦争前の編成、作戦指示で自軍以外の同盟軍の軍団に指示したら
指揮官レベルが高いか低いかで他の軍団が指示通りに動くか、独断専行するか
違いが出るから重要。
正規戦争の広大なMAPと局地戦や城内戦の小さいMAPでは
戦い方が違うし。
私はセリス父様やシグルド祖父様より指揮官レベル高いのは
敵武将が指揮官レベルを有効に反映しているし、ユグドラルでは
私は名将の一人を反映させるためよ。」

82 :助けて!名無しさん!:2011/09/14(水) 13:08:16.60 ID:gHdK4GyN
オリジナルに対するリスペクトがない二次創作はゴミだ

83 :助けて!名無しさん!:2011/09/14(水) 13:10:21.15 ID:76UFzY0u
指揮官レベル10だと命中回避は90上昇するの?

84 :セーナ:2011/09/14(水) 18:20:58.26 ID:CI3xChZz
>>83

「その通り、だから実際、策略や謀略駆使して敵軍を包囲するような陣形
にしても、自軍と自軍以外の同盟軍の連携が悪いと敵撃破の前に、
自軍以外の同盟軍が孤立して各個撃破される恐れもあるわ。
いくら、同盟軍指揮官達、フィリップがグングニル、ジョセフがスワンチカ、フィーリアがトールハンマー
持っててもね、マリクはロプトウス、ガラティーン、2つ持っている強敵だし
返り討ちになるわ。」

85 :セーナ:2011/09/14(水) 18:22:37.38 ID:CI3xChZz
「この第二次シアルフィ決戦のMAPで味方の武将死者を蘇生に聖杖ヴァルキリー使いたいなら。
コープルをエッダ城内にワープさせ、息子ヴェルダーもエッダ城内に
引き返せば4回までヴァルキリーが使用可能になるからね。」

86 :助けて!名無しさん!:2011/09/14(水) 19:42:21.84 ID:76UFzY0u
敵が指揮官レベル10だと命中回避が90もアップするんじゃかなり難易度
高いよね
セーナが指揮官レベル5の時にサイアスの軍勢と戦う場合かなり大変そう

87 :セーナ:2011/09/14(水) 19:55:48.50 ID:CI3xChZz
「聖杖ヴァルキリーの、第一部、第二部からの設定変更。
今回バルキリーの杖が聖杖ヴァルキリーに名前が変更されている。
リーベリア大陸ガルダ島のイベントでは、ユトナ神の力で聖杖が
暴走し、リーベリアの武将パピヨンが復活するイベントがある。
使用回数が今回はオームの杖と同じ5回だが。
復活してもパラメータは当然死亡時のままなので下手なタイミングで復活させると、
再び逝ってしまう事になるので周辺の安全を確保してからの使用がお勧め。
ただし今回は武器屋では修理不可で。
アカネイアでは龍のカダイン、ユグドラルではエッダ、
リーベリアではユトナ神の下でしか杖が修理出来ない。
元の名前がアカネイア大陸の行方不明のオームの杖と関連が。
使用者は
ユグドラル大陸ではブラギ神の末裔でエッダ家直系の
コープル、ヴェルダー、
アカネイア大陸では大賢者マリクとエリスの末裔の
リュート、エリミーヌ、
ただしアカネイア大陸で使用する際にはヴァルキリーの杖の
封印を解きオームの杖に変化させる必要がある。
復活


88 :セーナ:2011/09/14(水) 20:49:06.29 ID:CI3xChZz
 セーナ対マリクの戦いはこの時期に最初の最盛期を迎えるセーナと今が絶頂にあるグリューゲルの猛攻、
そしてセーナに全てを賭けたフィリップ、フィーリアなどの奮闘もあって思いのほかあっさりと決着が着いた。
ただ戦の知らぬバーハラ貴族は圧倒的劣勢を覆しての大逆転にしか見れず。
「セーナ皇女は神か、魔か。」
と、ささやきあったほどだ。
とにかく彼らはとんでもない人物を敵に回したことを後悔し、
ある者はこうなった以上はとマリクに賭け、
ある者は命欲しさにセーナへの接触を試みようとユグドラルの心臓バーハラは慌しく動き出した。

セーナ「でも、もし、マリク兄上やサイアス宰相に勝てたら上記みたいな
評価になりバーハラはガタガタになるわ。」

フィーリア「私フィーリアは雷神イシュタルと呼ばれた母上イシュタル皇后を
超えるためにも、サイアス叔父の策謀と指揮官☆10の罠を打ち破り
セーナ皇女様と共に勝利して、サイアス叔父の幻想を打ち砕いてみせる。」

89 :ライト:2011/09/14(水) 21:41:32.99 ID:CI3xChZz
ライト「次はイード砂漠での戦いMAP想定」
ザクソン城…………シレジア軍(自軍)
リューベック城……シレジア軍(自軍)
フィノーラ城………ロプト教団&砂漠の民占領下(敵軍)
イード神殿…………ロプト教団残存勢力(指揮官サラ、敵軍)
ダーナ神殿…………砂漠の民本城(指揮官マリアン、敵軍)
イザーク領内…………中立(指揮官クリード、ナディア)
ヴェルトマー城……敵軍〜数ターン経過後中立(指揮官アゼル、アーサー、グスタフ)




90 :ライト:2011/09/14(水) 22:00:58.12 ID:CI3xChZz
イード砂漠の戦いMAP

シレジア軍……指揮官ライト(フォルセティ装備)指揮官☆3
前国王セティ……指揮官☆5
以下シレジア風魔導士団
指揮官ライ(ジェネラル)☆2
以下重装歩兵隊(ソードアーマー、ランスアーマー、アクスアーマー、ボウアーマー)
風魔導士+重装歩兵隊で陣形テルシアス(テルシオ)
セイラ天馬騎士団
指揮官セイラ(ファルコンナイト)☆2
以下ペガサスナイト隊
アイリス天馬騎士団
指揮官アイリス(ファルコンナイト)☆2
以下ペガサスナイト隊
増援フィー天馬騎士団
指揮官フィー(ファルコンナイト神天馬騎将)☆5
副官フェイ(ファルコンナイト)☆3
以下ペガサスナイト隊
増援レイラ天馬騎士団
指揮官レイラ(ファルコンナイト天馬騎将)☆3
以下ペガサスナイト隊



91 :ライト:2011/09/14(水) 22:25:32.30 ID:CI3xChZz
シレジア軍軍師
シグルド一世(バーハラの悲劇で死亡と思われたが、ディアドラのワープにより
精霊の森に飛ばされ、以後隠遁生活、裏シアルフィ家の祖になり
娘ティナ、息子クレス、
ティナの妹の次女ティアナ(シャナンの第二夫人となりナディアの母親、クリードに謀殺され死亡)
デューに救出され再び表舞台に立つ。」

敵軍
砂漠の民……本拠地ダーナ神殿
指揮官マリアン(シャーマン、ヘイム傍系)指揮官☆5
聖騎士セシル(オイフェの隠し子?)
以下ソシアルナイト隊、
スナイパーディル(ファバルの隠し子?フォルバ、パトリシアの弟で行方不明の
パトリックと同一人物説有り)
以下ボウファイター、ハンター隊

ロプト教団ベルクローゼン……本拠地イード神殿
指揮官サラ(セイジ)指揮官☆3
以下ダークマージ、(ジェムは軟禁され神殿内にいる)



92 :ライト:2011/09/14(水) 22:38:28.39 ID:CI3xChZz
味方増援軍
トラキア軍ドラゴンナイツ
指揮官前国王アリオーン(ドラゴンマスター)指揮官☆5
以下ドラゴンナイト隊

イベント戦闘で登場
レヴィン(マスターバード)、ホルス(ダークバード)
イベント戦闘でセティ、ライトと2対2のタッグ戦闘で
戦いになる。

味方増援諜報集、フィード(シーフファイター)



93 :ライト:2011/09/14(水) 22:41:58.32 ID:CI3xChZz
ライト「イード砂漠の戦いでシレジア軍が勝利後、
指揮官マリアンは病気が悪化して病死かイベントで自害
マリアン配下の聖騎士セシル、スナイパーディルが
シレジア軍に仲間入りする。」

94 :ライト:2011/09/14(水) 23:05:46.60 ID:CI3xChZz
ライト「聖戦二部、トラキア外伝から第三世代迄の
シレジア軍の変更点、引退武将。」

トラキア外伝で登場した、天馬騎士ミーシャ、天馬騎士カリン、
聖戦二部の天馬騎士フェミナは年で第三部セーナ世代当時は
ファルコンナイトを引退。
レイラ、セイラの母親フィーは現役に残り、天馬騎士団長筆頭に
格上げ、代わりにメリル、妹のアイリス、フェイが天馬騎士に入隊したが
メリルが事故死、アイリスは天馬騎士団長ファルコンナイトに昇格。
フェイ(名前からフェミナの娘)はファルコンナイトに昇格したがフィーの副官
やがてレイラ、セイラ、エリー、リーネが天馬騎士団に
入隊。

95 :ライト:2011/09/14(水) 23:28:10.32 ID:CI3xChZz
 リューベックに着いてからというもの、残った天馬騎士セイラは多忙を極めた。
ライトもセティも軍の建て直しに躍起になっているが、天馬騎士団はその特性からどうしても彼らにはできない仕事である。
アイリスは主の失ったペガサスを懸命に宥め、落ち着かせて、
それが終わってもまたシレジアから天馬騎士団の援軍を要請したりしなければならなく、
また近くの山から人見知りのしないペガサスを連れてきて愛馬を失った天馬騎士に与えたりと、とにかく忙しいのであった。
風魔道士団の建て直しが数日で終わったのに比べて、
天馬騎士団の建て直しにほぼ一週間かかったことからもその苦労が伝わる。

ライト「はぁ、天馬騎士団の建て直しは本当に手間かかるよ。」

96 :セーナ:2011/09/15(木) 01:52:14.14 ID:tRI/VJbh
セーナ「歴代とのお約束キャラ比較。」

主人公

セーナは女性主人公形で魔法剣士系女ロードの珍しい存在。
クラスロードマスターはマスターナイトのロード版。
娘エレナは同じ魔法剣士系女ロードタイプ
ヴァナヘイムの女帝でライバルヒロインのニーナ女帝
セリス世代では悲劇のセリスの異母妹で初恋の人、ティナが
同じタイプに入る。
リーベリア大陸ではレダ王族のティーエ、ティーネ、が近いたいぷ。

外伝のセリカの強化形のイメージ、更にティナ除き、魔法が光系魔法が得意、
しかし、セーナ、エレナの場合は闇因子があるため、ルートにより闇の因子のロプトウスが覚醒する
イベントがある。

魔導士系女ロードのミカヤや剣だけの女ロードのエイリークとは
魔法、剣、両方の神器使うのが最大の違い。
ユグドラル大陸のシアルフィ系のティナ、セーナ、エレナは蒼髪の
伝統を守っている。




97 :セーナ:2011/09/15(木) 02:08:54.70 ID:tRI/VJbh
主人公

男子型

シグルド二世……男子型サブ主人公だが最後がイケメン敵になってしまう。
アルド……………FE正統派皇子主人公のイメージだが、サブ主人公に
とどまりそう、セリス皇帝の再来のイメージでファルシオンも使える正統派なのに。
エレナもファルシオン使える資格あるし。
ハルトムート……ヘクトル系主人公に近い性格でややズレている。
更にティルフィング、エッケザックス……。
ルーファス……影を次ぐ者で、ややロード候補では弱いイメージがする。
リーベリアでは、リュナン、ローラン、アルク、
アカネイアでは、ロイト
ヴァナヘイムでは、フリオール
以上が男子型ロード。



98 :セーナ:2011/09/15(木) 07:58:18.36 ID:tRI/VJbh
セーナ「エバンス大戦の想定MAP」

ハイライン城……セーナ軍(自軍青)
(今回の第三世代では、ハイライン港、街含、セーナ軍はリーベリア大陸から
ガルダ島経由して、ハイライン港からユグドラル大陸に上陸)

ノディオン城……アグストリア軍(指揮官エルトシャン二世、中立軍)

野戦陣地…………セーナ軍(自軍青)

ヴェルダン国境……ヴェルダン軍(指揮官レスター、敵軍赤)

エバンス城…………ヴェルダン軍(敵軍赤)

ジェノア城…………ヴェルダン軍(敵軍赤)

マーファ城…………ヴェルダン軍(敵軍赤)

ヴェルダン城………ヴェルダン軍本城(敵軍赤)

旗……セーナ軍 双龍旗、 ヴェルダン軍 双斧旗




99 :セーナ:2011/09/15(木) 08:28:22.05 ID:tRI/VJbh
エバンス大戦

セーナ軍……(自軍青)
指揮官セーナ皇女 指揮官☆5
以下、セーナ直属近衛兵アルバトロス
グリューゲル軍(カイン、アベル、ボルス、ミカ、ゲイン、客将アレス、リュート
、ルカ、他含)

天馬騎士団

レイラ天馬騎士団
指揮官レイラ(ファルコンナイト) 指揮官☆3
副官リーネ(ファルコンナイト) 以下ペガサスナイト隊

サーシャ天馬騎士団(リーベリア大陸ウエルト王国から参戦)
指揮官サーシャ(ファルコンナイト) 指揮官☆4
以下ペガサスナイト隊

ヴェルダン軍……(敵軍赤)
指揮官レスター 指揮官☆5(マスターナイト)
(エーディン=ジャムカの息子でヴェルダン王国最後の国王)
オルテガ(ジェネシスの父、マシーナリー) ☆2
エンドール(ウォーリア)☆2
レジーク(スナイパー、レスターの息子)☆2

後方ヴェルダン城
守備レジーナ(アーチナイト、レスターの娘)













100 :セーナ:2011/09/15(木) 08:34:54.76 ID:tRI/VJbh
レスター以下他ヴェルダン軍武将、兵隊
(ウォーリア、アクスファイター、スナイパー、ボウファイター、
アーチャー、マシーナリー、フォーレスト、ハンター、
バーサーカー、他部隊MOB武将も含む)

101 :セーナ:2011/09/15(木) 08:51:31.23 ID:tRI/VJbh
 エバンス、そこはアグストリアとグランベルを結ぶ中継点として栄えたヴェルダンの都市である。
数十年前、時の英雄シグルドがこの地を治め、ヴェルダンにて出会ったディアドラと契りを交わした地としても有名である。
そして今、奇しくもシグルドの孫セーナと、シグルドの息子セリスを幼少から支えてきた名将レスターがぶつかろうとしている。
レスターはアグストリアを睨みつけるようにして国境のヴェルダン側に布陣し、
セーナ率いるグリューゲルはそれに対峙するようにアグストリア側に到着して布陣している。
その遥か後方のノディオンには中立を表明しているはずのエルトシャン2世がアグストリア軍の残り全軍を率いて、不気味な沈黙を守っている。
 セーナは薄々と彼の意図を察していたものの、一方の大将レスターには全く読めていなかった。
というよりはそこまで目を配る余裕がなかったのかもしれない。
仮にもリーベリアで何十万のゾーア軍を退けてきたセーナを相手に、やはり心のどこかに不安があったのである。
そして目の前のセーナ軍の様相がいつにも増しておかしかった・・・。
ヴェルダン軍伝令「レスター国王殿下、反逆者セーナ皇女様が陣形を整えました。」
レスター(偃月の陣形・・・全騎馬部隊・・・どういうことだ?!そんな単純なわけがない!)


102 :助けて!名無しさん!:2011/09/15(木) 08:59:01.28 ID:tRI/VJbh
アグストリア家の影の支援を得て、本物の故郷グランベルへ向けて東上するセーナたちグリューゲル。
そんな彼女たちに立ちはだかるのがセリス挙兵時から彼と共にいた解放軍の勇者の1人で、
今はヴェルダン王となっているレスター。
彼はヴェルダン全軍を率いて、すでにヴェルダンの要衝エバンスの地に布陣している。
セーナの最初の試練として、彼女の祖父シグルドが初めて城主を務めたこの地で、
セリスの譜代レスターと、シグルドの衣鉢を継いだセーナが激突する。


103 :助けて!名無しさん!:2011/09/15(木) 09:05:25.80 ID:tRI/VJbh
 アベルが指揮するカイン・アベル隊はヴェルダン軍右翼に斬り込んだ。
中央への攻撃を予測し、薄くなっていた右翼は瞬く間にグリューゲル最強騎馬部隊に蹂躙された。
やがて体勢を取り戻して、反撃しようとした時にはすでに離脱していた。
中央から駆けつけた部隊はあまりの速さに唖然としたが、彼らはまた駆けることになる。
カイン・アベル隊に後続していたボルス隊が中央に切り込んだのだ。
総合力のカイン・アベル隊に対して、破壊力のボルス隊である。
瞬く間に中央部隊が血の海と化した。
そして先程右翼に駆けつけた部隊が戻ってきた頃にはボルス隊もまた戦線を離脱していた。
だが時は待ってくれない。
さっき右翼にあたったばかりのカイン・アベル隊が左翼に攻撃を仕掛けたのだ。
愚痴を言いながらも彼らは左翼に駆けつける。
しかしやはり空手形に終わったばかりか、さらに中央部隊が後続から猛烈な攻撃を受けているという報せを受けて座り込んだ。
果たして彼らはセーナ軍と一戦もせずに終わる事になった・・・。
 さて全体の戦況はと言えば、
変則車懸かりを行って右翼と左翼に斬り込んだカイン・アベル隊の活躍でヴェルダン軍を散々に翻弄して、
後続のボルス隊以下が中央部を豪快に切り崩していく。
カイン・アベル隊の効果が薄れた頃に第二の変則車懸かりが発動する。ミカ・ゲイン隊が仕掛けたのだ。
彼らはもちろん騎馬部隊になっているが、全くぎこちなさを見ることはなく見事に敵勢を翻弄していく。
そしてその後続が中央を引き剥がしにかかる。
グリューゲル全部隊が一回りしただけでヴェルダン軍の重厚な陣はすでに中央部で裂け目が入っている。
ここにじっくり休養したカイン・アベル隊が突っ込む。
前の変則車懸かりを想定してさらに中央部を薄くしたが、これがセーナの仕掛けた罠である。
カイン・アベル隊は今度は真っ直ぐに中央部に斬り込んだ。
予想外の事態に混乱も起き始め、ついにカイン・アベル隊が重厚な陣に楔を打ち込んだ。
こうなれば彼らの独壇場である。
ボルスがその楔をさらに強烈に叩き込んで、後続もさらに打ち込んでいく。
そしてミカ・ゲイン隊が変則車懸かりで中央から敵勢を散らして、ついに後続の部隊がヴェルダン軍を分断した。



104 :助けて!名無しさん!:2011/09/15(木) 09:09:52.25 ID:tRI/VJbh
 その瞬間を逃さずにセーナ直属の精鋭アルバトロスが動き出す。
リーベリアの戦いでは伝令役に終始して華々しい戦いをしていない部隊だが、
一騎当千の猛者ばかりで構成されているためにわずか200名といえどもかなりの破壊力を持っている。
それがグリューゲルが作った穴をすり抜けて、一気にレスター本陣に斬り込んでいた。
この頃になると、車懸かりの弱点である側面を守っていたサーシャとレイラの両天馬騎士団も攻撃をはじめてセーナ軍は総攻撃に移った。
車懸かりを解いたグリューゲル各部隊は火の出るような猛攻を加えて、
自分たちがこじ開けた穴を閉じないように奮闘した。
そしてアルバトロスもまたグリューゲルに負けてなるじとレスター本陣に猛攻を仕掛けた。
彼らの意気を感じたセーナも久々に前線に出て、ライトニングを放っては彼らを援護していた。
主従一緒の猛攻にさしもの勇将レスターはついに追い込まれた。
まだ圧倒的多数を誇ってはいるものの、それぞれで分断されているだけでなく肝心の本隊がすでに壊滅しているのだ。
もはや彼に残された命令は1つしかなかった。
レスター本陣撃破後のセリフ
レスター「全軍、退け!」
これで40万を誇ったヴェルダン軍は瓦解した。
退却には殿を置くのが必定だが、
ヴェルダン軍にはレスター以外に武勇の士はいなく結局バラバラのままで退却した。
そしてこれが被害をさらに甚大にしていく。
セーナの迅速な命令ですぐに追撃に入ったグリューゲルとアルバトロスは徹底的にヴェルダン軍を打ち崩した。
レスターはその激しさにエバンスを打ち捨てて、ジェノアからも撤退して、そのままマーファまで引き返す事にした。
セーナ軍の追撃はエバンスの手前まで繰り返され、わずか1万たらずの兵で5万近くのヴェルダン兵を討ち取り、負傷者もそれに匹敵するほどだったという。


105 :助けて!名無しさん!:2011/09/15(木) 10:01:26.21 ID:tRI/VJbh
 だがエバンス大戦はまだまだ続く。
すぐにセーナは勝った勢いでエバンス城を取り囲んだ。
ここに篭城するのは名もない武将だが、さすがにエバンスの留守を任されただけあって骨がありセーナの降伏勧告を頑として聞かなかった。
確かにヴェルダン軍は大敗したが、エバンス東にはマリク派筆頭のユングヴィがあるのである。
今こそエッダに向かっているものの数日中に来るだろうという希望的観測があったため、セーナの勧告を即座に蹴ったのだ。
ついでにエバンスに篭城しているのはセーナ軍と同じ1万。
エバンスの城の規模からすれば明らかに物足りない数だが、そこから考えるとレスターが先程の野戦にどれだけ力を入れていたのかがよくわかる。
とはいえ、そういう感慨に浸っているときではない。
いつまたレスターが体勢を立て直して逆襲に転じてくるのかがわからないのだ。
大打撃を与えたとはいえ、未だに大軍を有しているのは事実である。
しかも今度は復仇の念を誓って、猛烈に仕掛けてくるだろう。
そしてエッダに篭城しているオイフェたちも気になる。
だからこのエバンス城は早急に落とす必要があるのだ。
 次の日からセーナ軍はいつもの慎重さを捨てて、猛烈に攻め上げた。
さすがに弓の名家ユングヴィの分家だけあって弓の扱いは長けているのでサーシャとレイラの天馬騎士団は第一線から退き、
先日の戦いまでの疲労をなくすことにした。
野戦に絶対的な力を持つグリューゲルだが、スーパーオールラウンダーだけあって篭城戦でもその強さは揺るがない。
次々とエバンス城の拠点を落としていき、いよいよ残すはキープ(天守)のみ。
エバンス大戦はまもなく終わりを迎える、衝撃的な結末で・・・。


106 :フィリップ:2011/09/15(木) 18:30:06.77 ID:tRI/VJbh
フィリップ王「次は南北トラキア連邦の交渉決裂イベントとトラキア軍参戦MAP」

 時はまた少しさかのぼる。マリクがバーハラにてセーナに対して挙兵してまもなく、
トラキア連邦の首府ミーズにて南部トラキア王国の新国王フィリップ、北部トラキア連合の盟主代理キュアン2世、
そして連邦盟主アルテナと娘ミントが集まった。数日経っても挙兵する気配のない北部トラキア連合の姿勢に業を煮やしたフィリップが呼びかけ、
これに連邦盟主アルテナと娘ミントが同調したため今回の緊急会議が催されたのだ。
この会議にはこの4人だけでなく、自由都市ターラのリノアン司教、北部トラキア連合を支える各地域の国王や、
南部からも前国王アリオーンらも参加しており何年かぶりにこれだけの人数が揃ったのも歴史の浅い連邦としてでも珍しいことであった。
 果たしてこの大会議は新国王になってから外交デビューするフィリップの怒号から始まった。
彼は北部連合の諸侯らを睨み付けて叫んだ。
フィリップ「こんな場でいきなりになるが、何ゆえに北の諸侯らは戦支度をしないのか?」
こういう正式な場とはいえ、荒い言葉遣いをするフィリップに北部連合の諸侯は鼻白んだ。
とりわけ盟主レンスターと並ぶ発言力を持つマンスター国王イルグは逆にフィリップを睨み返す有様だった。
北と南の反発、それはフィリップの祖父トラバントの時代から特に激化していたが、セリス解放戦争後からはその様相もいささか事情が異なっていた。




107 :フィリップ:2011/09/15(木) 19:55:24.18 ID:tRI/VJbh
 セーナの祖父シグルドが活躍していた頃のトラキア半島は南のトラキア王国を率いていた当時の国王トラバントが肥沃の地であった北の地、
つまりマンスター地方を求めて激しく戦火を交えていた。
これに敢然と立ち向かったのが北の守護者レンスター王国だった。
精鋭ランスリッターは他のマンスター諸国のコノート、アルスター、マンスターと共に奮闘し、幾度となくこれを跳ね返してきた。
やがてシグルドはグランベルから追われる立場となり、彼の義弟でありレンスター王子であったキュアンも彼を支援すべくかの地に向かった。
そしてそれをハイエナのように追っていたのがトラバントであった。
彼はキュアン率いるランスリッターが身動きのできなくなる広大な砂漠に入った時に後ろから襲い掛かり、
ついにはキュアンを討ち、彼の長女アルテナを奪ったのだ。
これでトラバント、いやトラキアの宿願が果たされたかと思いきや、
トラキア軍が体勢を立て直そうとしている間にシグルド軍を打ち破ったグランベル帝国軍が
マンスター地方都市に雪崩れ込み、メルゲン谷の戦闘でトラキア軍がグランベル帝国軍に大敗し
講和条約でマンスター地方都市からの撤退とグランベルとの同盟を強制された。
グランベル帝国に北部トラキアマンスター地方を制圧されたトラキア王国はまた再び忍従の時を強いられることになる。

 そしてトラキアの転機は20年後、シグルドの遺児セリスの蜂起によって訪れた。
電撃的にイザークを落とし、レンスター城を解放したキュアンの遺児リーフ率いるレンスターの残党と
合流した解放軍は瞬く間にフリージ家の手からマンスター地方を解放させた。
ここでトラバント、アリオーン親子はトラキア半島の覇権を賭けてセリス解放軍に挑むことになる。
しかしトラバントのあまりにも強引な手法にキュアンのもう一人の遺児で、トラバントによって育てられていたアルテナや、
トラキアの盾と称されていた名将ハンニバル(1世)らの離反にあい、国王トラバントは解放軍に討たれ、
王子アリオーンは一時行方不明となったことでトラキアは滅び、今度こそトラキア半島は統一されたはずだった。
しかしアリオーンは解放戦争末期にて再び現れた。
長年、妹として育ったアルテナと槍を交えるものの、
最後には彼女の決死の説得に折れて解放軍に下った。
果たしてトラキアは敗戦国と認められながらもアルテナの必死の交渉で今までの本領を安堵されることになり、
トラキア半島は南北それぞれに協調しあいながら生きていけるようにリーフの反対を押し切り連邦制として再始動した。

108 :フィリップ:2011/09/15(木) 20:01:12.45 ID:tRI/VJbh
 しかしトラキアの不運はまだ続く。
本領を安堵されたといってもトラキアは土地が痩せていて生産力の乏しい国、
とても自立した経済を維持することなど不可能だった。
そこでアリオーンは北部連合に救いを求めた。
北をまとめるリーフも即座に快諾し、毎日のように色々な物資がトラキア王国に送られていった。
しかしその援助も突如として止められることになる。
トラキアへの玄関を務めるマンスター王家がトラキアへの支援物資の供出を拒んだのだ。
なお北部トラキア連合の各王家はグランベル帝国が進行してくる以前にいた者たちの末裔によって治められていたが、
それだけに積年のトラキアに対する恨みも強い。
そしてその恨みからトラキアへの支援物資の8割強を占めていたマンスター家が支援を打ち切ったことでトラキア家は再び窮乏した。
もちろん他にも理由はある。
この当時、マンスター地方を未曾有の疫病と飢饉が襲っていたのだ。
これにより北部連合は大打撃を受けることになったのだが、
それでもマンスターはなんとか疫病と飢饉の被害は少なかったので十分トラキアへの支援はできる余力があったはずだが、
マンスター家はこれを理由付けにした。
これに憤ったアリオーンはすぐに盟主リーフに談判したが、果たして彼からの返答はなかった。
というのも先の疫病と飢饉の対策の陣頭指揮を執っていたのが紛れもなくリーフであり、
不幸なことに彼自身が疫病にかかりすでに連合の執政をとれなくなっていた。
辛うじて一命は取り留めたものの今に至って不自由な生活が続いている。
この一件で北部連合の実権はレンスター家ではなく、
大領主であり、レンスターに次ぐ家格を誇る反トラキアの急先鋒たるマンスター家が舵を取ることとなったのだ。
今でこそリーフの長男キュアン2世の台頭でレンスターも発言力を取り戻したものの、連合発足ほどの圧倒的なものではない。
それゆえトラキア支援はそれ以降プッツリ切れてしまったままなのだ。
こうなるとトラキアはグランベルに助けを求めるしかなかった。
セリスはすぐに快諾し、トラキアのもう一つの隣国ミレトスと自由都市ターラを通じて莫大な支援物資を送り、
こうしてトラキアは窮地を突破した。
しかしこれらの件を通じてトラキア半島の北と南の溝が深まったのは言うまでもない。

109 :フィリップ:2011/09/15(木) 20:25:48.77 ID:tRI/VJbh
 フィリップの怒号にキュアン2世が冷静に応じた。
キュアン二世「今回の戦はマリク皇子とセーナ皇女の私闘と我々は判断する。よって無意味に私闘に加わり、民を泣かしてはならない。これが我々の意見です。」
とは言うものの、
コノート国王フェルグス、アルスター女王ミランダはどうやら納得していない表情をしているのがフィリップの目にもわかった。
この2王国はバルド同盟に参加させてくれたセーナに対して好意を抱いており、
できるならば彼女の傘下に入って戦いたいというのが彼らの心情だった。
しかも自分たちのトラキアへの仕打ちに同情にも似た感情を抱いているのも事実であった。
しかし発言力はレンスターとマンスターにある。
ここで足並みを乱せば、最悪の場合国が潰されることを薄々と感じていた彼らはフィリップに同調できなかったのだ。
これを本能的に察したフィリップは返した。
フィリップ「それは言葉としては格好良いかもしれないが、要は日和見ということではないのか?」
この時代、騎士道が浸透しているユグドラルにおいて日和見は裏切りの次に唾棄されるものとされている。
キュアン二世「どう思おうが結構、我々はこれ以上民を泣かせるようなことはできない。」
フィリップ「では今回の決断はシグルド(2世)殿らとの密約ですかな?」
ここでフィリップが仕掛けた。
この時点で中立を宣言しているのはエルトシャン2世のアグストリア(後にセーナ派に)、
シグルド2世の預かるヴェスティア、
シグルド2世の妻ナディアとその兄クリードの治めるイザーク、
そしてキュアン2世が事実上の盟主を務めるこの北部トラキア連合である。
そしてシグルド2世、エルトシャン2世、キュアン2世らは義兄弟であり、
これらが裏で繋がっているのは明確であろうが、フィリップがここを指摘したのだ。
もしYESと答えれば、キュアン2世は公私を混同していることになり、先ほどの「私闘」発言の意味があいまいになるのだ。
それを知っているのかキュアン2世はただ笑みを返すのみだった。
これにはさすがのフィリップも激した。
フィリップ「もはや結構、そなたらが動かないのならばこちらで勝手に戦ってきてやる!これ以上、議論していては我々も日和見扱いされてしまうからな!」
しかし何とかアルテナとミントが宥め、フィリップを落ち着かせた。
それからも連邦盟主アルテナと娘ミントが一生懸命に両者の間に入って、
どうにか歩調を合わせるべく調整しようとしたものの、やはり平行線をたどるだけだった。
会議は数時間にも及んだ。
やがて業を煮やしたのかキュアン2世が驚くべき言葉を残して席を発っていった。
キュアン2世「フィリップ王子、どうやら我々はやはりどこまでも同じ道を歩めないようですな。
そうなればこんなお飾りの同盟などあってないようなもの。
アルテナ殿、ミント殿、我々北部トラキア連合は南北トラキア同盟(トラキア連邦の基幹となっている同盟)を破棄させていただきます。」
それはセリスとリーフが苦心して作り上げた同盟をあっさりと破棄して、紛れもなくトラキア半島が一昔前の争乱状態に戻るということだ。
愕然としたアルテナとミントはすぐにキュアン2世を呼び返そうとしたが、それより早くフィリップが完全に沸騰してしまった。
椅子を弾き飛ばさんばかりに立ち上がり、キュアン2世とは逆の方向に去っていった。



110 :セーナ:2011/09/15(木) 20:55:06.90 ID:tRI/VJbh
セーナ「北部トラキア連合四王国と新王国メルゲンについて。」
一部トラキア776外伝の設定も配慮し。

コノート王国国王にコノート王家の落胤の設定があるフェルグス。
アルスター王国はやはりアルスター王女ミランダが女王にふさわしいとの
ヴェルトマー・フリージ家を預かる、アゼル達の意見でミランダが女王になった。
マンスター家だけはオリジナルのマンスター家の後裔を国王に就任させた。

かつて砂漠の民が統治していたメルゲンだけ、戦後新たにメルゲン王国が
建国され、王家は帝国時代北トラキアを統治していた
フリージ家のイシュトー=ライザの遺児が、ヴェルトマー家のアゼル、サイアスの
意向でメルゲン王家に就任(左遷)させられた。
オリジナル武将、メルゲン王国女王
ステファニー……(父親イシュトー、母親ライザ)
イシュトー=ライザの双子の遺児で兄はステファン
兄ステファンがサイアスによりメルゲン城からグランベル帝国フリージ家本国に
召喚されたため、妹のステファニーが初代メルゲン王国女王として就任。
セリス後継者戦争時、兄ステファンがマリク派についてしまうが
彼女は北部トラキア連合の一国として中立を守る。
戦後、マリク派についてしまい戦犯になった兄ステファンを庇い
フリージ家当主でイシュタルの娘フィーリアに直訴して兄の存命とメルゲン王家復帰を
勝ちとるのに成功する。
その後北部トラキア連合は南トラキア王国にヴェスティア動乱後降伏するが
彼女は兄と共に新たな主君、トラキア家アリオーン、フィリップ、
トラキア連邦盟主家アルテナ、ミント、に家臣として仕えて歴史の表舞台から去る。






111 :フィリップ:2011/09/15(木) 21:15:59.37 ID:tRI/VJbh
 こうしてトラキア連邦は崩壊した。
トラキア王国のフィリップはすぐに王都に戻るや否や、準備していたトラキア軍全軍をグランベルに向けて出発させた。
しかしここでフィリップは一つの意趣返しを北部連合に向けて行った。
マリク派のもう一つの勢力ミレトス王国に入るのにその国境にある北部連合の一国メルゲン王国に無断進入したのだ。
メルゲン軍が怒って駆けつけた時にはすでにトラキア軍に去っており、
それを知ったメルゲン女王ステファニーはキュアン2世にトラキア侵攻を進言したが、すぐに否定された。
あくまで中立を貫く姿勢のようだが、それならそれで同盟を決裂させた理由がわからない。
それを知りたいがためにフィリップは発破をかけたのだが、キュアン2世はそれに乗らなかったわけだ。
 ミレトス侵攻の橋頭堡となるペルルークを激しい戦闘の後に落としてからしばらくしてセーナからイード支援の要請があったフィリップは即座に父アリオーンに十万の兵を仕立ててイード砂漠に向かわせた。
このとき同じ轍を踏ませないように国境を固めていたメルゲン兵とアリオーン率いる兵が激突したのだが、
アリオーンはすぐに国境兵を蹴散らしてイードへと向かって行き、
マリアン率いるイード軍は討たれ、アリオーンは援軍としての役目を大いに果たした。
一方、ミレトスに侵攻したフィリップはいよいよマリクを熱烈に後援する地下組織クロノスと激突する。

112 :セーナ:2011/09/16(金) 04:45:09.62 ID:wp53AZ/7
サイアスの子供の可能性が一番高い兄妹

サイアスのコーエンヴェルトマー分家からセリス後継者戦争後
失脚したサイアスの代わりにアゼルが配下として引き取った。
残念だが指揮官の才能とヴェルトマー傍系しか神族が無い。

グラ&グリ バーハラ家の双子魔道士
バーハラの双星
グラ (上段:第二話中)
第2話第10章第一部
(下段:第三話中) 5

18 マージ ファイア
エルファイア
ボルガノン
連続
見切り
怒り
グリ 第二話中……第2話第10章第一部〜第三話中
レベル7シスター……レベル25ハイプリースト ライブの杖 スキル見切り 追撃
武器レベル(グラ): 理B 支援: グリB
武器レベル(グリ): 杖B 支援: グラB、ミルC
アルヴィスの庶子サイアスの息子と娘で、セリス後継者戦争後、敗者として失脚した
父親サイアスに代わり、新バーハラ家に預けられ。
新バーハラ家当主アゼルによって掘り出された逸材。
残念ながらサイアスの天性の指揮官☆10の才能が二人には無く。
初期レベルが指揮官☆3程度しかない。
とにかくやんちゃなきかん坊のグラに、折り目正しいシスター・グリの二人は
主からすれば操縦こそ難しいが、歯車さえ合えば驚くべき連携を見せることもある。
ヴェスティア皇太子アルドの護衛役に任命され、それなりに成果は残したらしい。
 その性格から、地位や名誉には疎く、アルド政権時に幾度か要職に付けようとしたが、
グラもグリも揃って固辞して、潔くアルドの側からその身を引いた。



113 :セーナ:2011/09/16(金) 05:03:45.29 ID:wp53AZ/7
サイアス クラスハイプリースト 指揮官☆10 スキル見切り に対し

グラ クラス マージ〜マージナイト(仮定) 指揮官☆3〜☆4
スキル 見切り 連続 怒り
グリ クラス シスター〜ハイプリースト 指揮官☆3
スキル 見切り 追撃

仮定だと、母親のスキルが追撃 連続 怒り でヴェルトマー・フリージ系傍系出身になりそうだが。
サイアスの場合、庶子(隠し子)のためにスキルが父親アルヴィスから
引き継がれなかった可能性が高いため詳細が不明。

参考 アルヴィス若年 クラスセイジ スキル 追撃 連続 祈り 突撃
ユリウス クラスダークプリンス スキル 怒り 見切り 追撃 突撃


114 :助けて!名無しさん!:2011/09/16(金) 11:19:06.74 ID:ye8CBfF0
若年アルヴィスが強化されてるな

115 :セーナ:2011/09/16(金) 12:15:36.54 ID:wp53AZ/7
>>114

「私が攻略本参考に母方の祖父のあのお方、初代皇帝アルヴィスの
若年期のスキル調べたんだから。」

116 :助けて!名無しさん!:2011/09/16(金) 12:37:55.93 ID:fpIOe4UX
妄想を構想と言い張るセーナ

117 :助けて!名無しさん!:2011/09/16(金) 17:35:01.30 ID:ye8CBfF0
「構想」でいいと思うけど

118 :フィリップ:2011/09/16(金) 21:12:38.70 ID:wp53AZ/7
フィリップ「第二次ミレトス攻防戦争MAP」

オープニングイベントでミーズ城での南北トラキア連邦会議
が、私フィリップとキュアン2世の意見対立により
交渉決裂し、南北トラキア同盟が崩壊するイベントがある。
やがて南トラキア王国は独自にミレトス侵攻作戦を開始する。」

ターラ市……南トラキア軍(自軍青)
指揮官トラキア新王フィリップ
メルゲン城……メルゲン王国(中立黄)
ペルルーク城……ミレトス軍(敵軍赤)
クロノス城……….ミレトス軍(敵軍赤)
ラドス城…………ミレトス軍(敵軍赤)
ミレトス城………ミレトス軍(敵軍赤)
グランブリッジ……ミレトス軍(敵軍赤)
(ミレトス地方とグランベル帝国本土を結ぶ橋だが城を兼ねている、橋が城になる。)
シアルフィ城………マリク軍占領下(敵軍赤)



119 :フィリップ:2011/09/16(金) 21:40:26.19 ID:wp53AZ/7
トラキア軍……トラキア軍ドラゴンナイ
指揮官フィリップ 指揮官☆4 クラス ドラゴンマスターLV15 ☆天槍グングニル
副官ディーン 指揮官☆3 クラス ドラゴンマスターLV22 (トラキア776で登場武将)
以下ドラゴンナイト隊
カパドキア装甲歩兵隊…指揮官ハンニバル2世 指揮官☆3 クラス ジェネラルLV15
以下各種アーマー部隊
ミーズ城ドラゴンナイツ……指揮官アルテナ 指揮官☆5 クラス ドラゴンマスターLV27
☆地槍ゲイボルグ装備 (聖戦から引き続き装備)
以下 指揮官ミント 指揮官☆3 クラス ドラゴンマスターLV15 (アルテナ=コープルの娘)
指揮官エダ 指揮官☆3 クラス ドラゴンマスターLV22(トラキア776登場武将)
以下ドラゴンナイト隊

まだまだトラキア軍は世代の入れ替えが終わったばかりで経験がゼロに等しいので、
どこから出てくるのか分からない敵に対してはどうしようもないようだ。
そのため実戦経験不足がレベルや指揮官☆に反映している。









120 :フィリップ:2011/09/16(金) 21:53:50.41 ID:wp53AZ/7
敵軍

ミレトス軍……指揮官不詳、ペルルーク、ミレトス、クロノス、ラドス、グランブリッジ
に分散している。
ロプト教団ベルクローゼン……指揮官サラ、副官セイラム、敵増援で登場。
地下組織クロノス………拠点無のパルチザン並みに
あちこちから突然部隊が登場する

121 :フィリップ:2011/09/16(金) 22:16:06.79 ID:wp53AZ/7
地下組織クロノスについては、セーナ軍から暗黒魔導士シャルが増援に来て
地下組織クロノスの武将ペイルと息子ブラムを寝返らせて、反旗を翻し
地下組織クロノスを無力化し戦線離脱させるイベントがある。

122 :セーナ:2011/09/17(土) 21:49:02.63 ID:dCR6JrBV
セーナ「ユグドラルの後継者戦争編、エバンス大戦での自軍、敵軍のセリフ。」

セーナ「この国境を越えたら、ヴェルダン王国だけど、
やはりヴェルダン国王レスターは、ユングウィ分家だけあって、やはり…
ユングウィ本家のファバル公主の意向で、マリク兄上の側についたみたいね。
ラケル公女やルカ公子にとっては、生き別れの身内との戦いになるみたいだけど。」

ラケル「セーナ様、私ラケルはブリキッド母様から聖弓イチイバルを
託された以上、例えヴェルダン国王レスターが私の従兄でも、
まして、マリクに味方してユングウィ家を破滅に導く、
私の本当の兄、ファバル兄上でも、正義のためなら許さないわ。」

ルカ「ラケル姉さん、ファバルが僕や姉さんの本当の兄さんでも
やっぱり戦うしかない、ラケル姉さんはリーベリアでは人間殺した経験ないし。
まして、従兄レスターや兄ファバルなどユングウィ家の身内を
敵に回しての戦いだし、無理しないで。」


123 :トラキア1968:2011/09/18(日) 21:52:18.99 ID:O8Tlwg3u
      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i 
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l 
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  ぐはっはっは、おもしろいように落ちる
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/  まるでトンボとりでもしてるようだなフゥハハハーハァー
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, 
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |

124 :セーナ:2011/09/18(日) 21:57:57.32 ID:jqQ0f7ip
敵撃破後のセリフ

レスター「く……糞! グリューゲル軍の猛攻にセーナ皇女の近衛兵アルバトロス
迄我が本陣に大打撃とは…全軍!ジェノア城まで退却!」

セーナ「レスター国王率いる、ヴェルダン軍主力は撃破したわ、
さあ、後はエバンス城を攻め落として終わりよ。」

125 :助けて!名無しさん!:2011/09/18(日) 22:27:52.02 ID:8cOWgENW
こう‐そう〔‐サウ〕【構想】
[名](スル)これからしようとする物事について、その内容・規模・実現方法などを考えて、骨組みをまとめること。また、その考え。「小説の―を練る」「壮大な―」「新都市の建設を―する」

もう‐そう〔マウサウ〕【妄想】
根拠のないありえない内容であるにもかかわらず確信をもち、事実や論理によって訂正することができない主観的な信念。現実検討能力の障害による精神病の症状として生じるが、気分障害や薬物中毒等でもみられる。内容により誇大妄想・被害妄想などがある。

さぁどっちだ

126 :セーナ:2011/09/19(月) 18:41:45.27 ID:HVT+xxgr
 対陣当初は圧倒的セーナ側の不利で始まったはずのこの決戦なのだが、しばらくしてその様子は一変した。
この決戦に向けてセーナは数多くの、それこそリーベリアの戦い以前から策を残していた。
その一つがこの聖戦の先駆けとなったミレトスでの戦いにおける地下組織クロノスの寝返りである。
マリク挙兵時には熱烈に支援していたクロノスだけにその離脱は予期しなかったのだろう。
またそれに合わせるかのようにマリク軍後方に陣していたフィーリア率いるフリージ軍が反旗を翻した。
ファバルとスカサハの二人こそこの兆候を見つけて何度もマリクに後方に置かないよう諫言していたのだが、
エッダでの奮戦を目にしていたマリクは聞く耳を持つことはなかった。
これで40万からなる大軍がマリク軍の背後に置かれ、挟撃される立場となった。
しかもセーナの策謀の連弾は止まることをしらない。
そのフィーリア軍の決起翌日、
シアルフィ、エッダの各地域で伏せていたシアルフィ・エッダ軍がフリージ軍に合流し始めていた。
グランベル南の玄関を務めるシアルフィの動員能力は50万を越えるのだが、
先日のエッダ篭城戦にはエッダ軍を合わせて30万程度だった。
残りの20万がシアルフィの各所に伏せられてこの時まで待っていたのだ。
 気がつけばセーナ軍とマリク軍の兵力差はわずか20万にまで減っていた。
これだけの差ならグリューゲルの奮闘で十分に攻勢に転じられる形となるだけでなく、
東西からマリク軍を挟撃されているために一挙にマリクを討ち取ることも不可能ではなくなった。
着陣早々はいつセーナ軍に攻めるようか楽しげに悩んでいたマリクもこの劇的な変化に目を白黒するしかなく、
完全にセーナとフィーリアに仕組まれたことを実感した。
今度はマリクが戦々恐々とする番となる。だがセーナはまだ仕掛けない。まだまだ策の全容が明かされていないのだ。

127 :セーナ:2011/09/19(月) 19:27:28.51 ID:HVT+xxgr
「この、第二次シアルフィ決戦の決戦前の動き。」

(第一次シアルフィ決戦は先のセリス解放戦争で、セリス率いる解放軍対アルヴィス帝率いるロートリッターの戦い、セリス解放軍勝利、アルヴィス帝戦死。)

マリク軍本陣にて。
伝令「申しあげます、ミレトスの地下組織クロノスで
クーデター発生、セーナ皇女側に寝返りました。」
マリク帝「何!それはまことか!おのれ、セーナめ!」
伝令「た、大変です、フリージ家女公フィーリア公女率いる
ゲルプリッター以下フリージ軍が裏切り!セーナ皇女側に寝返りました!
更に捕虜のエッダ公子ヴェルダー以下エッダ軍までフリージ軍に合流。」
スカサハ公「な、何だと!フィーリアが寝返りだと。」
マリク帝 「フィーリアがセーナ皇女側に寝返っただと、という事は兄の
グスタフ公率いるヴェルトマー本家も、アゼル、アーサー、ティニー父子も
余を見限り、セーナ側に寝返ったて事か、サイアス!
これはどういう事だ。」
サイアス「まさか、セーナ皇女様が私の謀略を見破り、逆に私達に謀略を仕掛けるとは
予想外でした、しかし、まだ形成逆転は充分可能です。
まず、ユングウィ城、ドズル城は我々の味方側、
シアルフィ城、エッダ城は陥落し占領下です、
更にセーナ皇女の本拠地ヴェスティア城は中立宣言した
シグルド二世の支配下です。
従ってセーナ皇女はこの決戦に勝たない限り情勢挽回できません。」
ファバル公「なるほど、セーナ皇女は謀略を使ってでもマリク陛下と我々の
軍勢を決戦に引きずりこみたい訳か、セーナ皇女の挑発にのるなって訳か。」

128 :助けて!名無しさん!:2011/09/21(水) 23:04:25.16 ID:MJDuurfe
セーナの初期値が気になる

129 :セーナ:2011/09/21(水) 23:59:34.68 ID:mDvWRbpP
セーナ「初期値だとリーベリア大陸派遣された時、設定年齢は18歳だけど。
今回私の場合、クラスチェンジ前は血の覚醒が無いからね。
バルド、ヘイムの聖痕覚醒はクラスチェンジイベントの時に。」
セーナ 18歳 新生グランベル帝国(ユグドラル大陸)第一皇女
聖戦士バルドの末裔〔晩成〕 聖者ヘイムの末裔〔晩成〕
セーナ 10 ジュニアロード(女はプリンセス強化版) 光の剣 レイビア ライトニング オーラ
リライブの杖 リカバーの杖 サイレスの杖 (銀の剣はリーベリアで購入予定)
見切り カリスマ 連続
剣A 光A 杖A 指揮官☆3(クラスチェンジ後☆5に)
HP30 力10 魔力10 技8 速さ10 幸運8 守備8 魔防12
属性 光 支援 ライトB カイン(クレス)B ミカB
父親 セリス 新生グランベル帝国初代皇帝 聖戦士バルドの末裔
母親 ユリア 新生グランベル帝国皇后 聖者ヘイムの末裔(セリスとは異父兄弟)
長兄 マリク 新生グランベル帝国第一皇子 聖者ヘイムの末裔
次兄 シグルド二世 シアルフィ公国公子 聖戦士バルドの末裔

聖痕覚醒イベント
そしてセーナの額にはうっすらと聖者ヘイムの聖痕が、
さらには手のひらに聖戦士バルドの聖痕が現れていることを本人を始め、まだ誰も気付かなかった。

セーナ「な、何この感じ、私の額と手のひらが熱いわ、確か夢で私の前に聖戦士バルドと聖者ヘイムが
現れて、私に何か伝えたいような、セリス父様とユリア母様が夢で私の前に現れて。
聖痕覚醒と、聖剣ティルフィングと聖光魔法ナーガの魔導の2つ引き継いで
神剣ファルシオン復活させてって…夢じゃないわ、額にヘイムの聖痕、手のひらにバルドの聖痕が。
二つ神器が扱えるって事。」





130 :セーナ:2011/09/22(木) 00:07:13.53 ID:Z5yVOFvn
ソラの港に三人を乗せた船が到着していた。
その船の旗にはリーベリア大陸にはない模様が施されていた。
一人はまだうら若き青髪の少女、
もう一人は僧侶風の男性、
そして二本の剣を握る者。
港の人間は知らなかった。
いや、知るはずもない。
この中で一番あどけない少女が彼女一人の指示で60万の大軍勢が動くことを。




131 :助けて!名無しさん!:2011/09/22(木) 00:36:49.73 ID:FeiLqXCo
随分説明口調ですね

132 :セーナ:2011/09/22(木) 00:46:04.31 ID:Z5yVOFvn
セーナ「第三世代重要キャラが仲間入りレベル想定。」

ミカ、カイン(クレス)、アベル、ボルス、ミーシャ、初期から仲間
レイラ、リーネ、ライト、フィード、リベカ、サルーン少し後にリーベリア大陸に到着、
仲間入り。
アレス、コープル、パピヨン(NPCお助けキャラ)



133 :セーナ:2011/09/22(木) 00:54:41.02 ID:Z5yVOFvn
ユグドラル後継戦争で仲間入りする聖戦士の重要キャラ

特別編イード戦役で、グスタフ(ファラフレイム)、フィーリア(トールハンマー)
、ジョセフ(スワンチカ)、フィリップ(グングニル)更に後々敵側のエルトシャン二世(ミストルティン)
、シグルド二世(ティルフィング)、マリク皇太子(ロプトウス、ガラティーン)、
が初陣を飾る(LV15〜LV20)

第二次シアルフィ決戦でフィーリア、ジョセフがセーナ側で仲間入り
想定レベル20〜22くらい、ミント初陣レベル18くらい、
グスタフ仲間入りレベル20くらい。

134 :助けて!名無しさん!:2011/09/22(木) 15:02:07.44 ID:4DIyCqPI
セーナさん魔防高いね

135 :セーナ:2011/09/22(木) 16:57:22.23 ID:Z5yVOFvn
「私の初期ステータスは、
セリス父様の初期ステータス、ユリア母様の初期ステータス
双方を参考にして、実戦未経験だが貴族学校や士官学校で教育
シレジアで前王セティから英才教育受けた設定。
素質も配慮したステータスにしてみた。
似たタイプは
同じ世代だとリーベリア大陸で会った事がある
リーベリア大陸のレダ王女ティーエ・レダ
1000年前だと当時バレンシア大陸で
現在バスコ諸島の旧ソフィア王女セリカ・アンテーゼ



136 :セーナ:2011/09/24(土) 22:43:57.92 ID:BZJIhBWJ
セーナ「神君マルスを祖とする、私たち光の一族の
今迄の宿敵だった暗黒龍達について、未確認の邪神ドーマや
魔王フォデスは除くと。」

なので暗黒竜の系譜もこの通りとなって、

メディウス
?↓
アウロボロス
?↓ーーーーーーー
?↓??????????????????? ↓
ロプトウス???? ガーゼル

となります。





137 :セーナ:2011/09/24(土) 22:45:43.95 ID:BZJIhBWJ
メディウス 暗黒竜始祖
アカネイアで君臨した暗黒竜ですね。本編では名前だけで、基本的に登場はなし。
一応始祖にあたるので特色はあまりありませんが、
満遍なく能力が高いのが特徴といえば特徴ですかね。

アウロボロス 闇の神
厳密には闇の神なので暗黒竜とは異なりますが、一応近いのでここに入れておきます。
本小説オリジナルの存在でウェブノベル第三話のラスボス。
戦闘力は暗黒竜たちをも凌駕している。
ロプトウス、ガーゼル、マフー、ザッハーク、ガラティーン、ドヴェルグの6つに分裂し、
各大陸にピースとして分かれていたが、
エレナの手によって復活を遂げる。
今後の鍵ももしかしたら握るかもしれませんね。

138 :セーナ:2011/09/24(土) 22:47:13.24 ID:BZJIhBWJ
ロプトウス 継承特化暗黒竜
FE聖戦のラスボスですね。
アウロボロスの鍵の一つとして存在してますが、
更に肉体をロキ、邪心を魔道書ロプトウスに分割されています。
聖戦をベースにしてるため、至るところに登場してますが、
ノベルに登場するロプトウス自体は器であるロキと邪心二体のみです。
(邪心はユリウス⇒(ユリア)⇒マリク⇒セーナと宿主を変えたロプトウスと、
エレナに取り付いたコピーのロプトウスの二体。)
基本的にロプトウスの能力は宿主に依存するため暗黒竜の中でも最低の部類ですが、
邪心の方の継承能力がずば抜けている設定になっています。
まずは魔剣ガラティーンの存在。これを持つだけでロプトウスを宿すことができます。
更に宿主が倒れても、わずかでもロプトウスの因子を持っていれば
傍系でも別の宿主に移ることが可能(ただし能力が発揮できるわけではない)。
しかも邪心は己の力で複製することができ、
コピーがエレナに覚醒してアウロボロス復活につなげました。
そのせいか人間に対して甘くみることが多く、何度か失態を演じてもいます。



139 :セーナ:2011/09/24(土) 22:48:25.85 ID:BZJIhBWJ
ガーゼル 破壊力特化暗黒竜
TSのラスボス。ロプトウスと同じように人に宿って、継承していく。
ロプトウスと違うのは宿主と完全に一体化しており、
人の代替わりに応じてガーゼルも次の世代へと繋いでいく形となります。
ノベルでは三頭のガーゼルが登場
(宿主:カルバザン、グエンカオス、カルバザンについたガーゼルの双子の弟)。
アウロボロスの鍵として誕生したにも関わらず、
初代ガーゼルが双子でいるという設定がややおかしいですが、ここは我慢ください。
ガーゼルの特徴は何と言っても破壊力を強調しています。
ゲーム本編で発動させたらゲームオーバとなるブラックレインを
闇の究極破壊魔法アビスゲートと同格に置いています。
これだけの破壊力が持つ代償として、
上述したように人間に依存するため継承力は弱いです。
またそれだけの戦闘力を持つゆえにかなり性格も凶暴となってます。



140 :フィーリア:2011/09/24(土) 22:50:08.75 ID:BZJIhBWJ
一つだけ言っておくのは本小説では彼らが絶対的な悪ではないことです。
まぁメディウスは弁解できませんが、
ノベルの展開ではロプトウスとガーゼルは生まれてきたくて生まれてきたわけでなく、
アウロボロス対策のために誕生したため彼らも被害者とも言える立場にしてます。
やってきた事実は確かに酷いことばかりですが、
人が彼らにしてきたことを考えれば報復したくなるのも仕方ない、
という已む無しの事情を本小説では勝手に付加してます。

141 :助けて!名無しさん!:2011/09/25(日) 09:17:27.62 ID:T3pXXsT3
>>136
いみふ

142 :フィーリア:2011/09/25(日) 09:33:47.58 ID:uSpe7AOz
セーナ「神君マルスを祖とする、私たち光の一族の
今迄の宿敵だった暗黒龍達について、未確認の邪神ドーマや
魔王フォデスは除くと。」

なので暗黒竜の系譜もこの通りとなって、

メディウス
?↓
アウロボロス
?↓ーーーーーーー
?↓?????? ↓
ロプトウス?? ガーゼル

フィーリア「つまり私達の世界の設定だと。」

アカネイアの暗黒龍メディウスが始祖で、そこから暗黒神アウロボロス
(ギリシャ語…アカネイア古代語で邪神ウロボロスから命名、神竜ナーガ、
神竜ラグナ、のライバルの暗黒竜の神)、全ての災厄。
そこから分裂した分身が、暗黒竜ロプトウス、暗黒竜ガーゼル
つまり、ロプトウス、ガーゼル、はアウロボロスの息子みたいな存在と考えたらよいわ。

後ロプトウスの継承は直系順でもなくて、傍系でも素質ある方に直系を無視して取付き乗り移る感じ
だからね、私やグスタフ兄上は素質が乏しくて直系でも、ロプトウスに
素質無しと見放されたから覚醒しなかったみたいだけど。


143 :助けて!名無しさん!:2011/09/25(日) 09:34:56.93 ID:T3pXXsT3
メディウス
?↓
アウロボロス
?↓ーーーーーーー
?↓?????? ↓
ロプトウス?? ガーゼル

この図(?)が意味分からん

144 :セーナ:2011/09/25(日) 14:16:01.97 ID:ztPtKnMP
メディウス

アウロボロス
↓ーーーーーーー
↓ ↓
ロプトウス ガーゼル
「修正して?を外したわ、しかし世界は本当に広かった。
私達ユグドラル勢が今迄苦戦した、暗黒竜ロプトウスでも
リーベリア大陸の暗黒竜ガーゼル、かつてのアカネイア大陸の古代暗黒竜メディウスよりも弱小なんて。
おまけにロプトウスとガーゼルですら、暗黒神アウロボロスの
分身にすぎないなんて。
まあ、暗黒神アウロボロスや神竜ラグナが最強のラスボスて事は
事実だけど、ラグナやアウロボロスより強いラスボス
FE、TS、BSシリーズに居た? 居たら教えて欲しいわ。」



145 :セーナ:2011/09/26(月) 00:38:27.58 ID:4mqPoVG1
<主役とヒロイン>第三世代孫世代、TSキャラ含む
 ・坊ちゃま主人公 ユグドラル…セーナ(女)、アルド、エレナ(女)、リーベリア、リュナン、ローラン、アルク
 ・熱血主人公  ユグドラル…シグルド二世(敵、異伝)、ハルトムート、ティナ(異伝)、ナディア(異伝、敵)
 ・健気なヒロイン ユグドラル…ミカ(女魔導士) フィーリア(異伝女賢者)、ミル(第四世代)
リーベリア…リベカ(アカネイア出身影武者)、エンテ(メーヴェ)、カトリ、ティーエ、ネイファ
アカネイア…エリミーヌ(第四世代)
 ・天馬姫 ユグドラル…レイラ、セイラ、フィラ、ファリス、フィリア、
リーベリア…サーシャ、ナーシャ、


146 :セーナ:2011/10/04(火) 02:17:58.31 ID:0kTay6Rk
セーナ「私の初陣正規戦争、ガルダ島聖戦のMAP想定、まずセーナ軍がガルダ港城で
軍の編成して出陣、西に陣をはる、やがてリーベリア大陸カナン王国から
ゾーア帝国軍雑軍、(指揮官ヴァーサ、指揮官ベロニカ)が上陸して
ガルダ島の山の砦と山の谷間に陣をはる。」
勝利条件…ゾーア帝国軍の壊滅
敗北条件…セーナ、ライト、他レギュラーキャラが一人でも死亡
ガルダ港城市の制圧

セーナ軍(自軍)…指揮官セーナ☆3
エーデルリッター(自軍2)…指揮官ミーシャ☆2
クロスナイツ(同盟軍)…指揮官アレス☆4
ロートリッター(イベント同盟軍)…指揮官MOB☆2
ゾーア帝国軍ガーゼル教国軍(敵軍)…指揮官ベロニカ☆3
カナン王国軍(敵軍)…指揮官ヴァーサ☆3
ガーゼル教国軍南山砦守備隊…指揮官MOB☆2

147 :セーナ:2011/10/05(水) 20:12:33.17 ID:52dYUxYe
『ラグナロク』
人竜戦役における重要なキーワードにして、2つの事物を指している。
ただし「巨剣ラグナロク」は見たものが稀であり、
世界常識としては「神々の黄昏」のみが伝承されている。

(1)神々の黄昏・・・人竜戦役後の異常気象、別名終末の冬。
またチキ生誕前にも一度あり、これを第一次とする。
なお第二次の原因は主にセーナが作り上げた神将器やユグドラル伝来の聖十二武器によるものとされるが、それは終盤のこと。
実際はセーナとラグナの最終決戦においてセーナが利用した究極の破壊魔法の余波によるものであった。
どのみちこれによって竜族は衰退への道を始めることとなった。

(2)巨剣ラグナロク・・・正式名称『混沌の巨剣』。破綻者である神竜ラグナの持つ世界最凶の武器。
神竜族の者達がこの世に光をもたらすために作られた光の剣の初期作品。
しかし世界を「無」にするくらい強烈な「光」を持ってしまったため神竜王ナーガによって処分されたが、
神竜ラグナによって封印が解かれ、自分の名前から「ラグナロク」と改名した。

148 :助けて!名無しさん!:2011/10/08(土) 06:50:28.65 ID:kKLusmu8
ラグナロクはかなり強力そうだけど
セーナの防御面の能力はどの程度なの?

149 :助けて!名無しさん!:2011/10/08(土) 07:24:32.98 ID:kRDr0Z8N
経験のないセーナがシグルドより上のLv10とかわろえない

150 :セーナ:2011/10/08(土) 07:25:14.59 ID:TmEmdnub
>>148

セーナ「ラグナロクはラスボスの神竜ラグナの無の剣だからね。
まともに戦ったら私でも魔法防御や物理防御を破られるわ。
現に第三部人竜戦役前に私セーナとラグナのイベント戦闘で
私は瀕死の重傷負わされて、魂を吸われ生死の境彷徨った廃人
にされたし。あの時神剣ファルシオンも、ファルシオンの力解放で
ナーガの魔法すら神竜ラグナには通用しなかったし。」

151 :セーナ:2011/10/08(土) 08:03:51.11 ID:TmEmdnub
>>149
第三世代当時の私の家族のレベル

セリス 43歳 新生グランベル帝国皇帝 聖戦士バルドの末裔
セリス 40 ロードナイト
銀の剣 勇者の剣 手槍
追撃 見切り
父 シグルド 旧グランベル王国シアルフィ公国公子
母 ディアドラ 旧グランベル帝国皇后

シグルド二世 20歳 新生グランベル帝国シアルフィ公国公子 聖戦士バルドの末裔
シグルド 22 ロードナイト ☆ティルフィング
→銀の剣※
手槍 追撃
カリスマ※この銀の剣はシグルド、セリス二代に渡って使用されてきた由緒正しい聖剣である。
祖父 シグルド 旧グランベル王国シアルフィ公子
祖母 ディアドラ 旧グランベル帝国皇妃
実父 セリス 新生グランベル帝国皇帝
養父 オイフェ 新生グランベル帝国シアルフィ公国当主
祖父 アルヴィス 旧グランベル帝国皇帝
実母 ユリア 新生グランベル帝国皇妃



152 :セーナ:2011/10/08(土) 08:06:32.28 ID:TmEmdnub
マリク 21歳 新生グランベル帝国バーハラ公国公子
聖者ヘイムの末裔 暗黒神ロプトウスの末裔
マリク 20 マスターナイト
銀の大剣 ボルガノン
★暗黒魔法ロプトウス ★魔剣ガラティーン
連続 追撃
父 セリス 新生グランベル帝国皇帝
母 ユリア 新生グランベル帝国皇妃

ライト 18歳 シレジア王国(ユグドラル大陸)王子  風使いセティの末裔
ライト 16 ウインドマージ エルウィンド 追撃
怒り
必殺
カリスマ
ライト
(第二話) 20 セイジ ☆フォルセティ
エルウィンド
ムーンライト 追撃
怒り
必殺
カリスマ祖父 レヴィン シレジア王国国王 風使いセティの末裔
祖母 フュリー シレジア王国四天馬騎士団長の一人
父 セティ シレジア王国国王 風使いセティの末裔
祖父 アゼル 旧グランベル王国ヴェルトマー公国公子
祖母 ティルテュ 旧グランベル王国フリージ公国公女
母 ティニー シレジア王国王妃

叔父 ユリウス 旧グランベル帝国二代目皇帝

153 :セーナ:2011/10/08(土) 08:07:22.15 ID:TmEmdnub
マリク 21歳 新生グランベル帝国バーハラ公国公子
聖者ヘイムの末裔 暗黒神ロプトウスの末裔
マリク 20 マスターナイト
銀の大剣 ボルガノン
★暗黒魔法ロプトウス ★魔剣ガラティーン
連続 追撃
父 セリス 新生グランベル帝国皇帝
母 ユリア 新生グランベル帝国皇妃

ライト 18歳 シレジア王国(ユグドラル大陸)王子  風使いセティの末裔
ライト 16 ウインドマージ エルウィンド
追撃 怒り 必殺
祖父 レヴィン シレジア王国国王 風使いセティの末裔
祖母 フュリー シレジア王国四天馬騎士団長の一人
父 セティ シレジア王国国王 風使いセティの末裔
祖父 アゼル 旧グランベル王国ヴェルトマー公国公子
祖母 ティルテュ 旧グランベル王国フリージ公国公女
母 ティニー シレジア王国王妃

叔父 ユリウス 旧グランベル帝国二代目皇帝

154 :助けて!名無しさん!:2011/10/08(土) 08:21:27.27 ID:kRDr0Z8N
口あんぐり

155 :助けて!名無しさん!:2011/10/08(土) 21:41:22.54 ID:E3fs7I6y
セリユリで近親相姦ですか。死ね。

156 :助けて!名無しさん!:2011/10/08(土) 22:15:36.53 ID:kKLusmu8
セリ×ラナルート、セリ×ユリルートどちらにするか選べたら面白いと思う

157 :セーナ:2011/10/09(日) 06:30:25.06 ID:owRzpH5T
もう一人いるんだけど。

ティナ  享年19歳 グランベル帝国第一皇后
運命に翻弄された悲しき女神
ティナ
属性:炎 34 ダークプリンセス
★魔剣ガラティーン
リカバーの杖
スキル 追撃 祈り カリスマ
武器レベル 剣★ 杖B
父: シグルド シアルフィ公国公子 聖戦士バルドの末裔
母: アイーダ 元ヴェルトマー公国近衛隊長
時の英雄セリスの初恋の相手。
しかし皮肉にも彼の異父兄弟であるユリウスにも愛され、
半ば強制的に結婚させられる。
しかしその優しく正義感の強い心はユリウスでさえ操ることができずに、
最後まで彼にとって障害となる結果となる。
義父アルヴィスから譲り受けたロートリッターは彼の遺志を継ぎ、
彼女の元で花を開くことになったが、ヴェルトマー平原の戦いで主君と共に散る。
彼女自身も最後にはユリウスを裏切るが、この戦争でロプトウスの最初で最後の犠牲者となる。
だが一説には彼女の死を信じきれないセリスがタブーを破って、
コープルに迫り彼女を生還させたということも言われている。
彼女の存在自体、謎のことが多すぎて出生のことさえはっきりしていない。
ただユグドラル大陸ではその存在が神格化しているのは事実だ。

つまり蒼髪の異母妹ティナ公式生存ルートもあるし。
ユリウスみたいに二人以上と結婚した例もあるし。
セリス=ラナの場合、私セーナとマリク兄上は産まれないよ。
シグルド二世兄上だけセリス=ラナの子供で登場で。
第四部以降に神剣ファルシオン復活イベントと私セーナやマリク兄上登場
はお預けだし。
更にセリス=ラナだと、ユリウス=イシュタルの息子グスタフ、娘フィーリアが
ロプトウスに取り憑かれて、更にリーベリア大陸のグエンカオスに
グスタフ、フィーリアが洗脳拉致されて復活ガーゼルの生贄にされ
邪神アウロボロスが復活するバッドエンドルートしかならないだけど。
ユリア母上がラグナの配下に暗殺か拉致もあるし。
ナーガの継承者、ファラフレイムの継承者、トールハンマーの継承者が
断絶のあげく邪神アウロボロス復活の
バッドエンドルートにしかならないからね。
断絶した聖戦士の穴埋めのために、チキ様に頭を下げて、新たな継承者を
別の戦士から選ぶつもりなの! それとも。
ファラフレイムを暗黒竜ロキ、トールハンマーを神竜ユキに
ナーガはチキ様が装備するIFルートにするつもり。


158 :セーナ:2011/10/09(日) 08:02:04.73 ID:owRzpH5T
「セリス父様の最後の戦いイード戦役のイベント、MAP想定」

フィノーラ城……新生グランベル帝国軍(皇帝セリス指揮、自軍青) セリス皇帝指揮官☆5

イード神殿……北、東、南、西に塔が追加され本城を守備
(ロプト教団ベルクローゼン残党、指揮官ジェム☆5、以下シェイド☆4、ソーニャ(前世)☆2他
敵軍赤)

冥界の闇の化け物…モンスター軍団…指揮官アヌビス(ケルベロス)指揮官☆5
以下スケルトン、ガーゴイル、アークオーブス、マミー、モンスター達
(第三勢力敵軍)



159 :セーナ:2011/10/09(日) 08:08:24.94 ID:owRzpH5T
ダーナ神殿……南北トラキア連邦、イザーク軍(同盟軍緑)
指揮官アリオーン(南トラキア王)指揮官☆5

 このフィノーラにいる将はざっと並べると以下のようになる。

新生グランベル帝国皇帝セリス
同帝国皇太子マリク(セリス嫡男)
同帝国ヴェルトマー公国当主グスタフ
同帝国フリージ公国当主フィーリア
同帝国ドズル公国当主ジョセフ、執政代理スカサハ
同帝国エッダ公国公子ヴェルダー
同帝国シアルフィ公国公子シグルド2世
同帝国ユングヴィ公国当主ファバル
同帝国ヴェスティア公国名代ゲイン
アグストリア王国王子エルトシャン2世
ヴェルダン王国国王レスター
ミレトス各都市王国軍の首長など

160 :助けて!名無しさん!:2011/10/09(日) 11:53:12.32 ID:LfwQ1OX/
『ユリア騒動』
セリス解放戦争後、まもなく起きた政争。
セリスの妻の座をめぐり、異父兄弟のユリアを推す派と、幼馴染みのラナを推す派が争った。
もちろんユリアとラナには他意などなく、彼女たちの意志を無視して時が経つにつれて大きな騒ぎに発展する。
この状態を憂うセリスは愛するユリアとの結婚を強行したことにより収まるかにみえたが、
今度はラナの実家ユングヴィ家とバーハラ家の間に緊張が生じてしまう結果となる。
この騒動を引き起こしたグランベル貴族に対してセリスが憤慨を覚えたのは言うまでもなく、
その精神が娘セーナに伝わりユグドラル大革命につながることになる。
一方でユングヴィとバーハラの間を取り持とうとするラナは過労が原因で、
セーナがリーベリアに行っていたころには倒れてしまっている。

このイベントの皇帝セリスの皇后選択ででIFルートを選んだ時ね
ただし、バッドエンドルート直行になるから覚悟してね。
息子、娘が弱くなるし、ティルフィング+ナーガの
合成魔力の具現化で神剣ファルシオン復活が出来なくなるし。
デメリットが多過ぎるわ、神竜ラグナや邪神アウロボロスに
負けちゃうよ。

161 :助けて!名無しさん!:2011/10/09(日) 13:17:46.90 ID:1w8vtqJL
そんなにお前はラナが嫌いなのか

162 :助けて!名無しさん!:2011/10/09(日) 15:43:40.20 ID:LfwQ1OX/
スカサハ=ラナ
長男:カリブ 長女:マナ(幼少の時に病死) 次女:ブリジット
恋愛に関心がないと思われていたスカサハであったが、
その裏では同じティルナノグで育ったラナに思いを寄せていた。
セリスへの未練を断ち切ろうとしたラナもそんなスカサハに気付いて、
そのまま結婚。長女の不幸こそあったが、
子供も多いほうで平凡ながら幸せな生活を送っている。

これで充分でしょ

163 :助けて!名無しさん!:2011/10/09(日) 15:51:09.08 ID:LfwQ1OX/
『ファルシオン』
かつてリーベリア、ユグドラル、アカネイアの三つの大陸を治めたアリティア連合王国の神君マルスの愛剣。
その剣を持ったマルスはアカネイア大陸に伝わる暗黒竜メディウスを討ち破っており、
現在では神剣として崇められているが、ユグドラル大陸の歴史の祖にあたるグラン共和国滅亡と同時に行方不明になる。
ただそれについて記述された書物は多く、その大半がユグドラル大陸の聖十二武器の一つ、
聖剣ティルフィングに酷似していると記している。
だが聖剣ティルフィングには同じ聖武器を打ち破る力こそ持っているが、
暗黒神ロプトウスには歯が立たないためにそれと同一視する者はいない。
最近になりセティやセーナにより研究が進められていて、
聖魔法ナーガと聖剣ティルフィングの融合体が神剣ファルシオンとなることまではわかっている。
もちろん扱えるのはマルスの直系のみというのは言うまでもない。
そして蘇ったことにより以前より異様な力を持ち始めたファルシオンは神将器、
ティルフィング、さらにはシューティングスターにまで新たな力を与えつづけた。

セリス=ユリアで、バルド、ヘイム双直系なセーナ皇女様が
産まれないと、ティルフィング+ナーガの合成イベントから
神剣ファルシオン復活イベントで強力な神武器が手に入らないし
魔力の具現化も出来ないじゃないの。

セリス=ユリア
長男:マリク 次男:シグルド2世(オイフェの養子に) 長女:セーナ
母ディアドラを同じにする異父兄弟同士の夫婦。
そのために結婚する際に周囲の反対も多かったが、
二人が式を強行したことで強引に周囲を納得させてしまう。
2男1女に恵まれる。

これが第三世代で神剣ファルシオン復活イベント発生の必要条件。

164 :助けて!名無しさん!:2011/10/09(日) 18:47:50.10 ID:cOQaJO/t
『シューティングスター』
新生グランベル帝国皇帝セリスが残った半生をかけて作り上げた戦術。
その極意は『流星指南』のみに収められている。
シューティングスターにはどんな戦況にも柔軟に対応すべく数百にも及ぶ戦略、陣形から兵一人一人の動きまで細かく記している。
その優秀さは新生グランベル帝国皇帝の後継者の証になるほどのものである。
シューティングスター奥義の流星陣はセリス解放戦争の終盤、
西ヴェルトマー平原の決戦にてセリス隊を突破したティナの戦法を更に発展させたものである。
最終的にはセーナが裏流星を発案して究極の兵法書となったが、
ファルシオンとの共鳴で、人が作り上げた究極の破壊魔法の魔道書へと変貌した。

つまりこのシューティングスターの兵法書が神剣ファルシオンと共鳴した場合。
ユグドラル聖十二武器の、風魔法フォルセティ、雷魔法トールハンマー、火魔法ファラフレイム、
八神将器の理魔法フォルブレイズ、光魔法アーリアル
これらを上回るだけでなく、光神聖魔法ナーガを超える
ラグナの光無属性魔法ラグナロクに匹敵する、無属性の究極魔法シューティングスターが誕生する訳ね。

闇魔法最強は邪神アウロボロスの暗黒魔法ロプトウス、暗黒魔法ガーゼルのブラックレイン
より強力な冥界の門を開け、大地を滅ぼし、冥界王ハデス召喚する冥界門アビスゲートだけど。

165 :助けて!名無しさん!:2011/10/09(日) 19:03:27.58 ID:cOQaJO/t
『魔力の具現化』
ファイアーやライトニングなどの魔法を人の魔力を使って、剣や槍など実体のある物にすること。
ユグドラル大陸の光の剣や風の剣などはその産物だと考えられているが、
剣に直接ライトニングやウインドを組み込んだだけであり『魔力の具現化』とは関係ない。
一般には光の最下級魔法ライトニングが最も具現化しやすいとされているが、
それでも具現化できる人間は神魔法を継承する聖戦士の中でもまれである。
事実、旧グランベル帝国の雷神イシュタルも魔力の具現化に失敗している。
それほど難しいものであり、成功した者はユリウスとティナ、そしてセーナだけである。
秘めている魔力が大きい魔法ほど難しく、
聖魔法ナーガを具現化できるものは神さえも越える存在になるといわれている。

ユリウス=ティナ
子供なし
半ば強制的とも言える夫婦。あくまで帝政に抵抗したティナはヴェルトマー公に封じられ、夫婦生活はないに等しかった。そのためにヴェルトマー平原におけるユリウスにとって致命的な事態を招くことになる。

ユリウス=イシュタル
長男:グスタフ 長女:フィーリア
セリス解放戦争時に生まれた秘密の双子。
イシュタルの死後、フリージ郊外の教会で発見され、
オイフェに処刑されそうになるが、ヴェルトマー家当主アゼルの猛反対にあい、
今の時代まで生き抜いている。
それぞれアゼル、ティニー、アーサー親子の支援を受けて、
まもなく当主につくという。

魔力の具現化を第三世代で実行し、潜在能力がアルヴィスより強い
味方のファラフレイム継承者、イシュタルを上回る魔力もった
イシュタルより強い味方のトールハンマー継承者をつくるには
かなり難易度が高くイベント発生を複数こなす苦労が必要条件
しかし、成功すれば、魔力の具現化でファラフレイムを具現化したり
、トールハンマーを魔力具現化出来、アルヴィス、イシュタルより強力な
まさに最強の炎魔法魔導士、最強の雷魔法賢者を味方に出来る。
メリットと恩恵で、第三世代以降でやっと仲間入り出来る。

他のFEシリーズ、TS、BSの炎魔導士、雷魔導士より仲間入りの
条件がかなり厳しく困難だが、潜在能力は高くちゃんと成長させた場合
最強の炎魔導士グスタフ、最強の雷魔導士フィーリア、になれると思うわ。

166 :助けて!名無しさん!:2011/10/09(日) 19:14:36.66 ID:cOQaJO/t
セティ=ティニー
長男:ライト
セリス解放軍の賢者セティとティニーの恋はセティのセリス解放軍参加から密かに始まっていた。
セティのシレジア帰還時にティニーも同行しなかったことがさらに結婚時の多勢からの驚きを招いた。
セティはシレジア復興を、
ティニーはイシュタルの遺児フィーリアのフリージ統治の手伝いをしていて、
会う機会はほとんどない。

セーナ「この時代から既にユグドラル大陸のセリス世代から
貴族や王族の間で少子化高齢化の原因があったみたいだね、
ティニーは身体が弱く、更にイシュタルの死が精神的ショックや
トラウマやストレスの原因になって子供一人しか産めなかったみたい。
ライトはフォルセティの魔力具現化できる優秀な風魔導士だけど。」

167 :助けて!名無しさん!:2011/10/09(日) 19:16:48.04 ID:1w8vtqJL
日本語間違ってる物を自信満々にコピペして恥ずかしくないんですか

168 :助けて!名無しさん!:2011/10/10(月) 19:26:22.96 ID:2jAUwpoB
シグルド世代(親世代)〜セリス世代(子世代)〜セーナ世代(孫世代)
と聖戦の系譜の最後の人竜戦役を飾る主人公として、セリスの強化版
で、ティルフィング+ナーガで神剣ファルシオンを使うセリスのイメージ
アルド(最終主人公)サブ主人公セーナ、エレナ アルド ヴェスティア帝国皇太子
未来を切り開くユグドラルの希望
名前
登場
LV
クラス
装備
スキル
アルド 第2話第11章 16 ロード ★ファルシオン
シューティングスター※ エリート
追撃 連続
見切り
必殺 怒り
※このシューティングスター(流星指南)はセーナによって作られたレプリカ(中身は同じ)
武器レベル: 剣★ 支援: ミルB セーナB ライトC
父 ライト ヴェスティア帝国皇帝 兼 シレジア連合王国盟主
母 セーナ ヴェスティア帝国皇后
 ライトとセーナの長男として産まれる。幼名リアルト。
後継者戦争で没した叔父シグルド2世の幼名を取って、セーナがこの名を授ける。
18の時にセーナからファルシオンとシューティングスターを託され、
事実上、セーナとライトの後継者となった。両親の魔力も強く受け継いでいるが、
それよりもセーナ十勇者の1人フリードによって磨かれた剣技は
セーナをはるかに上回るほど優れているという。
アカネイア後継者戦争が初陣となり、
父ライト、リーベリアの英雄リュナンと行動を共にすることとなり、
ここでは補佐役に徹することで諸将からも認められるようになる。
人竜戦役においては母セーナの失望を買うも、第二次ガルダ聖戦等で大活躍し、
ヴェスティア帝国の後継者の地位を取り戻した。
ただ戦後の過密スケジュールもあいまって、母と同じ42歳という若さでこの世を去り、
一時とはいえユグドラルに混乱を引き起こしてしまう。
彼の嫡男の子孫が後世の英雄王ロイとなる。
聖戦の系譜シグルド世代〜セリス世代〜セーナ世代と続いた。四世代目最終皇帝男性のイメージ
アルド……顔グラ セリス

169 :助けて!名無しさん!:2011/10/10(月) 19:35:17.31 ID:2jAUwpoB
104 助けて!名無しさん!2010/11/13(土) 19:52:09 ID:gea+ujRw
エレナ ヴェスティア帝国第一皇女
セーナの生き写しと言われた美少女
エレナ 第2話第10章 3 プリンセス
(シスター※) ★シュヴァルツバルト
★シュヴァルツゼロ
リカバーの杖
特製万能薬
特別通行許可証 見切り
連続
※シスターはお忍びの旅の間、自身がそう名乗っている。
武器レベル: 剣A 杖A  支援: プラウドA フォードC レインC
父 ライト ヴェスティア帝国皇帝 兼 シレジア連合王国盟主
母 セーナ ヴェスティア帝国皇后
 ライトとセーナの長女にして、セーナと瓜二つの美少女。
幼少の時から活発で、ミカかフィードでなければ抑えられないほどだった。
それもこれもセーナがどこにでも行けるように通行許可証を彼女に与えてしまったからである。
そのために彼女の活動範囲はセーナの頃の数万倍まで広がっている。
とはいえ実の初陣は次兄クレストよりも早く、アカネイア後継者戦争の時であった。
おちょっちょこちょいのところもあるので将としては不向きだが、
武骨者の多いアルド世代の中では珍しい華のある少女。
しかしそれは表の面だけであり、真の姿はセーナの血を濃く受け継いでいるだけあって、
事に果断で、頭脳明晰の優秀な後継者であった。
人竜戦役後、一時行方をくらますが、
彼女の長男がヴェスティアの5代皇帝となったことで再びユグドラルに戻ってくる。

エレナは、別のIFルートに進んだ場合、神剣ファルシオンを継承して
女帝になるルートもあると面白いと思うわ。
最終皇帝女性、顔グラはセーナ、リベカと同じで、紋章カチュア系の顔グラ
戦後のエンドルートでは最終皇帝を、アルド、エレナ、から二択で選ぶとよさそう。


170 :助けて!名無しさん!:2011/10/10(月) 19:38:20.80 ID:2jAUwpoB

エレナ 天が愛した戦乙女 (レディロード・使用武器:剣・魔法・杖) 顔グラ:リベカ
FE聖魔のエイリークにユニットとしては近いが、上述の禁則事項です法も一通りこなせる。
パラメータ的には力と素早さに特化し、HPと守備力はお世辞にも高いとはいえない。
セーナの長女にして、セーナの再来と呼ばれることも多い。
母とヴェスティアを心から愛し、それを貶めようとするものには容赦しない。
そして今回の事変に際して起こったヴェスティアの危難を誰よりも憂いており、
そのために彼女は厳しい戦いに身を投じ、過酷な運命の壁に挑んでいく。


171 :助けて!名無しさん!:2011/10/10(月) 19:42:54.48 ID:2jAUwpoB
102 助けて!名無しさん!2010/11/13(土) 18:56:03 ID:gea+ujRw
レナ ガーディアンフォース2代目隊長
両親の遺志を継ぎ、花開く
レナ 第2話第9章 15 剣士 ☆バルムンク
流星剣
連続 追撃
エリート
武器レベル: 剣★ 支援: ハルトムートC ミーシャC
父 シグルド2世 シアルフィ公国当主 セーナの次兄
母 ナディア イザーク王国王女
 ユグドラル後継者戦争にて戦死したシグルド2世の遺言に従って、セーナの養女となった。
18歳の時にミーシャとアベルの息子アレクスと結婚し、
その縁でガーディアンフォースの副隊長に任命される。
ティルフィングとバルムンクの両方が使える稀な聖戦士。
義弟アルドと同じくアカネイア後継者戦争が初陣となって、養父ライトをよく補佐した。
人竜戦役でも夫の死を乗り越えて奮戦し、抜群の安定感を示した。
 後にシレジア傘下でイザーク家を再興して、その血脈を再び紡がせる。 間違いなくティルフィングとバルムンクの神器二刀流出来るからFEシリーズ最強の
女の子剣士候補、漆黒の騎士に挑戦出来そう。


172 :助けて!名無しさん!:2011/10/10(月) 19:52:38.09 ID:2jAUwpoB
ハルトムート ベルン王国の建国者
エレブ八神将の筆頭
ハルトムート 第3話 22 ロードナイト ☆エッケザックス
☆ティルフィング
(=☆封印の剣)
カリスマ
追撃 連続
見切り
武器レベル: 剣★ 支援: アイA アトスC レナC
父 ライト ヴェスティア帝国皇帝 兼 シレジア連合王国盟主
母 セーナ 新生グランベル帝国皇帝セリスの長女
 アルドの末弟。
大賢者アトスと共に己を鍛え上げて、プレヴィアスグリューゲルbPまで上り詰める。
あくまで母を支えることを主眼に生きており、皇帝の位にもまったく興味を示さない。
姉エレナに特にかわいがられ、性格は彼女に良い意味でも悪い意味でも大きく影響を受ける。
人竜戦役ではセイレーンでの孤軍奮闘の果てに八神将軍の筆頭となって
同大戦を先頭となって引っ張りつづけた。
 後にエレブの軍事国家ベルンを建国して、その皇帝となった。
また彼の次男がユグドラルに帰還して、ヴェスティア傘下にてシアルフィ家を再興させる。

173 :助けて!名無しさん!:2011/10/10(月) 20:01:56.85 ID:2jAUwpoB
レクサス アグスティ公国公子
双龍星『暴龍』
レクサス ーーー 25 グレートナイト
☆スワンチカ
待ち伏せ 流星
父 ジョセフ 後アグスティ家(旧ドズル家)初代当主
武器レベル: 斧☆ 支援:
 アグスティ公国の公子にして、セーナから双龍星の一『暴龍』と認められた英傑。
機略縦横、英気大略を絵に表したような人物だが、いささか野望も大きい(これが『暴龍』の由縁)。
大陸の権利掌握のためにまずはセーナの長女エレナに近づくが、その野望を知ってか知らずか、
エレナもまたそんな彼をいいように利用していくことに。
 マルス後継者戦争時にセーナの切り札の1つとして召集され、存分にその武勇を振るっていく。

174 :助けて!名無しさん!:2011/10/10(月) 20:06:46.53 ID:2jAUwpoB

デーヴィド トラキア帝国皇太子
双龍星『英龍』
デーヴィド --- 22 ドラゴンロード
☆グングニル スレンドスピア
連続 追撃 見切り
父 フィリップ トラキア帝国初代皇帝
母 ? ???
武器レベル: 槍☆ 支援: アルドC ミカC エレナC
トラキアの時代を担う青年にして、セーナから双龍星の一『英龍』と讃えられた英雄。
クレストと同年齢ながら若くして大国トラキアの前面に立って活躍している。
表向きは母親不明のままで育ってきたが、本人は誰が母親かは理解しているらしい。
 レクサスのような血生臭さはなく、何事にも素直な好青年で、同世代の女性からも特に人気は高い。
もちろん器量も才人揃いのアルド世代の中でも際立って高く、
彼の才を買っているセーナから自身の戦力として呼び出すことも多く、デーヴィドもそれに喜んで従っている。


175 :セール:2011/10/15(土) 21:24:16.57 ID:g4Q9+fYp
セーナレベル40、HP68力32魔力27技35+20速さ38+20幸運32守備25+40魔防27+20移動9
スキル・・・連続・見切り・カリスマ・ライブ Eファルシオン攻撃40 命中90 祈り 重さ12
E封印の盾(ファイアーエムブレム)(アカネイアの紋章) ライトニング
Eシューティングスター(流星指南の兵法) リカバーの杖
武器レベル 剣★ 槍A 斧B 弓B 火A 雷A 風A 光★ 杖A
父親 セリス 新生グランベル帝国初代皇帝 聖戦士バルドの末裔
母親 ユリア 新生グランベル帝国皇后 聖者ヘイムの末裔(セリスとは異父兄弟)
長兄 マリク 新生グランベル帝国第一皇子 聖者ヘイムの末裔
次兄 シグルド二世 シアルフィ公国公子 聖戦士バルドの末裔

ヴェスティア帝国
セーナ女帝最終ステータス 年齢41歳 指揮官☆10 レベル40
人龍戦役最終決戦時 対神竜ラグナ、邪神アウロボロス戦時
設定ではFEシリーズ最強の魔法戦士系主人公


176 :セーナ:2011/10/15(土) 21:30:37.46 ID:g4Q9+fYp
アゼル「第三部のアイテム、サークレットの種類」

サークレット(青い玉飾)……主人公セーナ用、母親ユリアの魔力込められ闇の血族の覚醒防止も行う。」
ハチマキ……第三部主人公セーナがリーベリア遠征時から頭に着用している、母親ユリアの魔力込められ魔力拡散を防ぐ。」
ただしセーナ皇女がハチマキ着用した場合、顔つきと髪形、蒼い髪から1000年前のマルス時代の天魔騎士カチュアにそっくり。
セーナ皇女の声優は紋章のカチュアと同じ。

サークレット…(雷光の黄宝玉)かつて邪神龍アウロボロス戦で、
アカネイア大陸出身のとある雷光女魔導士が着用していた物、アゼルがアカネイア大陸で
手に入れて、フィーリアのロプトの闇の血族封印に使う。
装備効果は闇の血族封印だが、代償として成長率悪化、大器晩成に、外した場合(ry

サークレット(炎授の紅玉)……やはりかつてアカネイア大陸で邪神龍アウロボロス戦で
活躍したとある男性火炎魔導士が着用した物、アゼルがアカネイアで
購入して、グスタフのロプトの闇の血族封印のため頭に装備させた。
装備効果は闇の血族封印だが、代償として成長率悪化大器晩成は同じ、外した場合(ry

177 :セーナ:2011/10/15(土) 21:48:54.24 ID:g4Q9+fYp
セーナ「ユグドラル第三世代、第四世代、リーベリア系、アカネイア系、ヴァナヘイム系
武将の特徴。」

ユグドラル大陸
バイロン世代、シグルド世代、セリス世代、セーナ世代、アルド世代

リーベリア大陸
グラムド世代、リュナン・ホームズ世代、ローラン・ヴァルス世代

アカネイア大陸
ロイト・リュート世代、エリミーヌ他世代

ヴァナヘイム大陸
マルクス世代、フリオール・ニーナ世代

178 :助けて!名無しさん!:2011/10/29(土) 09:55:50.84 ID:peyh3YNq
多少ネタバレもあるかもしれませんが、
多少はノベルで出てきている部分もあるので書いておきます。
(自分で設定を固めておく意味でも)

第三話第九章時点です。
神剣ファルシオン・・・現セーナ。次期アルド。
聖剣ティルフィング・・持ち主多数。最終的にはハルトムート。
神剣バルムンク・・・・現レナ。次期レナとアレクスの子供。
魔剣ミストルティン・・現リード。次期リード嫡子。
           (残念ながらリードはあまり活躍しません(断言))
           ×プラウド(血は全く継いでませんm(_ _)m)
ヴァルキリーの杖・・・現ヴェルダー。次期フィーリアとヴェルダーの嫡子。
           (なおコープルも生存してます。)
地槍ゲイ・ボルグ・・・現デルファイ。
           (言及はしてませんが継承してます。)
天槍グングニル・・・・現デーヴィド。次期デーヴィド異母弟。
(ちなみにアルテナもアリオーンも生存しています。言及はしてません)
聖弓イチイバル・・・・現ラケル。次期ルカU。
聖斧スワンチカ・・・・現レクサス。次期レクサス嫡子。
風魔法フォルセティ・・現クレスト。次期クレスト嫡子。
炎魔法ファラフレイム・現グスタフ。次期グスタフ嫡子。
雷魔法トールハンマー・現フィーリア。次期ヴェルダーとフィーリア嫡子
(残念ながらグスタフとフィーリアの子については書く余裕がありません(滝汗)というよりグスタフですら満足に書けていないので。。。なのでトールハンマーもヴェルダーに。)


179 :助けて!名無しさん!:2011/10/29(土) 10:04:04.46 ID:peyh3YNq
次回からで結構なので、返答いただく際には
「返信ボタン」から同じスレ内に返信お願いします。
他のスレが流れてしまいますので。

一個コメントミスがあったので訂正しておきます。
トールハンマーの継承について、
次期ヴェルダーになってましたが、
もちろん継承できないのでフィーリア・ヴェルダーの嫡子と
ブラギの杖と同じ人物にしています。
つまりはセーナのように二重聖痕の持ち主ですね。
ただしそれ以外は名前も含めて決めてません。

あと少しネタバレになりますが、
第三話が終われば基本的にヴェスティアが舞台の中心になり、
特にシレジア傘下はほぼ物語に出てきません。
もしかしたら期待されている第四話については尚更で、
もし書くとすれば1000年後の世界が舞台になります。
なのでヴェルトマー・フリージ両家については
フィーリア・グスタフの代で基本的に大活躍は
終わりとなってしまう予定です。


セーナ「残念ながら、第三部でやっと味方のファラフレイム使いのグスタフ
味方のトールハンマー使いのフィーリアが出るけど、晩婚化と少子化で第四部では
次期継承者がまだ16歳の成人前だから参加不可能。
従って40代のグスタフ、フィーリアがまだ継承者として
参戦、でも第四部ではグスタフ、フィーリアは中年期だから
成長率がかなり低くなっているからね。
ルゼルも未婚30代でカリンと結婚も晩婚で遅いし。」


180 :セーナ:2011/10/29(土) 10:33:24.13 ID:peyh3YNq
セーナ「今回のステータス成長率の年齢別イメージ。」
今回の成長率は年齢別に最大ステータスが定められ、大体全盛期が
20代〜30代前半に来るような設定にしている。
これにより未熟な子供が成長率の高さで最強になるみたいな
非常識を是正してみたわ。」

10代「まだ未熟だが成長率は特に体力、力、素早さ、物理防御など肉体的
な成長率が高そうなイメージ 最大ステータスは30

20代「肉体的には全盛期を反映し、体力、力、素早さなど肉体的な
成長率は最高、技、スキル、指揮官☆、魔力、知力、魔法防御など魔法関連の
成長率が高くなり、20代後半から全盛期に。」

30代「肉体的には成長が停滞から衰退の兆しがあるが戦闘経験から
指揮官☆ 技 スキル 魔力 知力 魔防が全盛期並。」

40代「戦闘経験豊富で指揮官☆は高いが肉体的に衰えはじめ。
魔法関連の成長率も、特定キャラ除き頭打ち、しかし特定キャラは
特殊魔法とかを発動可能。」

他に老年期武将として一部50代や60代でも軍師や指揮官
老年魔導士、老年大賢者で参加する武将有り。


181 :助けて!名無しさん!:2011/10/29(土) 12:00:30.60 ID:lG6eeS/c
こんなに断片的にコピペしてるだけなのにネタバレも糞もあるか

182 :助けて!名無しさん!:2011/11/06(日) 11:33:31.50 ID:QFAUBljr
聖戦本スレに乗り込むなバカ
何のためのここがお前の便所になってると思ってんだ

183 :助けて!名無しさん!:2011/11/06(日) 21:56:01.11 ID:cP1rwxEG
言っても聞きゃしねえよ
叩きは総スルーするし

184 :助けて!名無しさん!:2011/11/07(月) 22:17:48.98 ID:ZWv6jx5m

アトス グリューゲル0002
ハルトムートの名軍師にして、世界最強の魔道士
アトス 第3話 22 マージマスター ☆フォルブレイズ
ファイア サンダー ウインド
ミィル ライトニング ファンブル ライブ 祈り
ワープ 連続
武器レベル: 理S 杖S   支援: ハルトムートC
父 ラティ アカネイア大陸の傭兵王
母 ミカ ヴェスティア帝国初代宰相 グリューゲル十勇者の一人
 ミカとラティの長男。
 幼いころから秀才ぶりを発揮し、わずか14歳で賢者と頭を並べて、兄貴分のハルトムートと双璧をなした。
ただデビューはハルトムートより明らかに早くアカネイア後継者戦争が初陣となった。
人竜戦役になってから最前線で戦うハルトムートをよく補佐し、最終的にはマルスユニオン優勢に導いた。
大戦後、人と竜が共存できる土地【ナバタ】を見つけ余生を過ごした。
そして世界の理から外れ、後に更なる人竜戦役を食い止めるべくロイの父エリウッドと共に、
暴走した後半生の友ネルガルを命を削って討った。そして英雄王ロイ登場の予言をエリウッドに託した・・・・。

せめて此れ位優秀な魔導士を味方に出来そうかな。

185 :助けて!名無しさん!:2011/11/07(月) 22:23:51.74 ID:PGqk0wvq

ローラン リーヴェ王国王子
リーベリアの未来を背負う青き竜
ローラン 第3話 22 ロード ☆デュランダル
ホーリーソード
☆聖騎士の盾 カリスマ
見切りの技
飛竜の技
天聖の技
父 リュナン リーヴェ王国国王
母 メーヴェ リーヴェ王国王妃
☆聖騎士の盾は防御・魔法防御に優れた盾であり、リュナンから与えられた。
リュナンとメーヴェの次男にして、リーベリアの次世代の中でも
ウエルトのレオン、レダのノール6世ら期待の新生からも一際抜けた存在。
その優秀さゆえに当然のように後継者問題が起こるところとなるが、
彼がガルダ島のミーシャのもとに武者修行にいったことで自然消滅する。
温厚誠実を絵にかいたような人物で、修行から戻ってからは凡庸な兄をよく補佐し、
度重なる戦乱による混乱を無難にまとめあげる。
人竜戦役にてユグドラルのアルド・ハルトムート兄弟と共に奮闘し、エレブ八神将の1人となる。
大戦後、アルドによってリキア地方を任せられ、
ここにリキア諸侯同盟が起きることとなった。
人竜戦役時にはエリミーヌと共にセーナに近侍し多くのことを学んで、
彼女の治世術を後世までリキアの地に残していった。

186 :助けて!名無しさん!:2011/11/07(月) 22:26:47.84 ID:PGqk0wvq
ハルトムート ベルン王国の建国者
エレブ八神将の筆頭
ハルトムート 第3話 22 ロードナイト ☆エッケザックス
☆ティルフィング
(=☆封印の剣)
カリスマ
追撃 連続
見切り
武器レベル: 剣★ 支援: アイA アトスC レナC
父 ライト ヴェスティア帝国皇帝 兼 シレジア連合王国盟主
母 セーナ 新生グランベル帝国皇帝セリスの長女
 アルドの末弟。
大賢者アトスと共に己を鍛え上げて、プレヴィアスグリューゲルbPまで上り詰める。
あくまで母を支えることを主眼に生きており、皇帝の位にもまったく興味を示さない。
姉エレナに特にかわいがられ、性格は彼女に良い意味でも悪い意味でも大きく影響を受ける。
人竜戦役ではセイレーンでの孤軍奮闘の果てに八神将軍の筆頭となって
同大戦を先頭となって引っ張りつづけた。
 後にエレブの軍事国家ベルンを建国して、その皇帝となった。
また彼の次男がユグドラルに帰還して、ヴェスティア傘下にてシアルフィ家を再興させる。


187 :助けて!名無しさん!:2011/11/07(月) 22:30:41.21 ID:PGqk0wvq
アリティア王国カダインのエリミーヌ王女はいつも可愛いな、私の宝物だ。


エリミーヌ アリティア王国王女
奇跡を呼び込む聖女
エリミーヌ 第3話 20 セイジ ☆聖女の杖
☆アーリアル(ファルシス)
エクスカリバー 祈り
ライブ 見切り
武器レベル: 理S 杖S   支援:
父 リュート アリティア連合王国盟主
母 ミリア アリティアテンプルナイツ元隊長
 リュートとミリアの長女。
 アカネイア解放戦争中は兄アレルに守られてヴェスティアでユグドラルの文化に触れる。
そしてこの時にシレジアのティナの墓に行ってから彼女の素質が開花することとなる。
彼女は人生の中でも非常に多くの奇跡を起こし、戦友のアルドも彼女の天運に舌をまくほどだったという。
もちろん賢者としての能力も素晴らしく、父から譲ってもらったエクスカリバーも☆アーリアルも扱うことはできる。
しかし人竜戦役終了時、セーナと共に突如、その命を散らすことになる・・・。

でも死亡フラグあるorz

188 :助けて!名無しさん!:2011/11/09(水) 15:03:02.70 ID:WFL9oXwS
三世代単独で出ると仮定してるのかな。SFC版のリメイクじゃなくて

189 :エレナ:2011/11/09(水) 21:36:18.24 ID:xKFi7e6i
>>188

エレナ「基本続編と仮定しているわ、第三世代、第四世代が
新たな歴史を紡いで、リーベリア大陸のTS武将達とも協力しながら。
セーナお母様は、曾祖父シグルド様、祖父セリス帝陛下が解決出来なかった
多くの課題やリーベリア大陸、ユグドラル大陸、アカネイア大陸
の淀みや業、憎しみや対立を解決しただ平和だけでなく、皆が喜びあい楽しく暮らせる
世界をつくるためよ、そのために私達の国ヴェスティア帝国は…。」

190 :助けて!名無しさん!:2011/11/09(水) 21:55:17.61 ID:WFL9oXwS
いい話だ。DSで紋章まではリメイクされたから本当に出るかもな

191 :アルド:2011/11/09(水) 22:56:39.02 ID:xKFi7e6i
>>190

アルド皇太子「それ私達の世界だと1000年以上前の
古代アカネイア大陸の戦いで私達シアルフィヴェスティア家の
遠い先祖の神君マルス様の時代の戦いだと、母上のセーナ女帝陛下
父上のライト共同皇帝陛下から古代アカネイア大陸歴史書で
アカネイアラテン語の勉強で教わったが。」

192 :助けて!名無しさん!:2011/11/10(木) 04:03:41.01 ID:+L5z+XiU
このスレ見てると小学生の頃の自由帳を思い出すな。

193 :助けて!名無しさん!:2011/11/10(木) 06:57:05.36 ID:RnmZykU/
脳が子供のまま大人にあったのだろう

194 :助けて!名無しさん!:2011/11/10(木) 06:57:42.46 ID:RnmZykU/
×あった
○なった

195 :助けて!名無しさん!:2011/11/10(木) 21:06:36.25 ID:nMfJRVJ5
日本語の使い方がめちゃくちゃだな

196 :ミカ:2011/11/17(木) 13:26:56.02 ID:8BEt8WOH
ミカ「第三部キャラの立場比較。」
第二部セリス世代〜第三部セーナ世代中心

セリス帝=ユリア皇后
長男マリク・セリス二世皇太子…己のプライド高さと野望と野心が災いし黒化、
リーベリア大陸のガーゼルの悪影響もありロプトウス覚醒、
前期ユグドラル後継者戦争で妹セーナ・ティナ二世皇太女様相手に
グランベル帝国四代皇帝兼バーハラ公マリク・セリス二世を僭称し戦争挑むが
敗北、最期はロプトウスに取り憑かれたままセーナ様に神剣ファルシオンで殺害され戦死。
妻のスカサハ=ラナの娘、ブリジット皇后の間に子供達がいたか不明。

次男シグルド二世シアルフィ公……正史第四世代に続くセーナ様勝利覇権ルートの場合
イザーク王女の妻ナディア
アグスティ王エルトシャン二世、
北部トラキア連合盟主兼レンスター王キュアン二世、
共にヴェスティア決戦でセーナ様に天下分け目の戦争を挑むが敗北、
シグルド二世=ナディアのバルド、オード双直系蒼髪の娘レナ皇女を
残し戦死する。
IFルートでセーナ失脚するルートでは、ナディアと共にその後の主人公に。

長女セーナ・ティナ二世皇太女……第四世代に続く正史ルートでは
長男マリク・セリス二世を倒しバーハラ家と共にグランベル帝国を滅ぼし
新たにヴェスティア家とヴェスティア帝国を建国し、夫シレジア王ライトを
共同皇帝にしてヴェスティア帝国女帝セーナ・ティナ二世となる。

グランベル帝国
(@〜G) 皇帝、及び皇太子は下のバーハラ公国に準じます。
ただ皇帝となる場合は男性♂セリス☆世か女性♀ティナ☆世を名乗っている。
初代セリスを除いて、ナーガの魔法を受け継ぐのが家督継承の最低条件。

197 :レクサス:2011/11/17(木) 20:18:37.76 ID:8BEt8WOH
レクサス「誰がスワンチカ「笑」だ!誰が!
此れでも斧系聖武器最強だぞ!これをみろ!」

聖武器ですが、力関係は下記の通りです。
巨神剣ラグナロク > 魔神剣ダーインスレイヴ
>>>>> ファルシオン = 聖剣ユトナ >> ユグドラル聖十二武器 ≧ 4振りの聖剣ユトナ
> リーベリア四大聖武器(アルたちの4武器)
>>> 神将器 = 四武衝 ≧ メリクル・グラディウス
ちなみに第九章時点でのもので、この関係は今後変わります。

レクサス「見ろ、ユグドラル12聖戦士はな!リーベリア大陸でいえば。
リュナン、セネト、ホームズ、ティーエ、クラスだ。
アカネイア、エレブ、リーベリア、ヴァナヘイム、他の神武器を
圧倒している。」

198 :助けて!名無しさん!:2011/11/17(木) 21:00:06.23 ID:tPqbKZZA
「笑」って何だよ

199 :レクサス:2011/11/17(木) 22:27:17.51 ID:h0I12Qq/
レクサス「これだ!スワンチカ(笑)のタグが沢山だ。
侮辱しやがって!」

http://www.nicovideo.jp/tag/スワンチカ(笑)

200 :助けて!名無しさん!:2011/11/18(金) 07:03:45.76 ID:cN6Q/M+s
まるで話が通じてない

201 :助けて!名無しさん!:2011/11/20(日) 14:58:08.68 ID:NbFlmQ2k
ヘイムはディアドラやユリアと血が繋がってるとは思えない程普通のおっさんだ

202 :セーナ:2011/11/20(日) 16:26:12.28 ID:3VWcLJYj
>>201

セーナ「私達の世界の設定だと、聖者ヘイム様も、聖戦士公バルド様
同様に神君マルス様の子孫で、ヘイム様は傍系の設定、つまり、私は
聖者ヘイム様の末裔でもあるのよ、
あまり私達の御先祖様を侮辱する発言は慎んでもらいたいわ。」

203 :神龍王ラグナ(FEシリーズ最強ラスボス):2011/11/20(日) 22:12:31.33 ID:jBKFOprM
神龍王ラグナ「これは我らからの宣戦布告だ。
神という名をありがたく信奉し、その手先となり敵対するものを一方的に排除してきた人間たちよ。
我らの積年の恨みを受けるがいい。そして滅びるのだ。
わが名はラグナ、『神々の黄昏』・巨神剣ラグナロクを駆る者なり。」

204 :助けて!名無しさん!:2011/11/25(金) 12:22:49.56 ID:4pByv0dd
結構出来上がってきたなこの調子で同人ゲーム作ればいいのに

205 :助けて!名無しさん!:2011/11/25(金) 13:18:08.40 ID:tn0o8hA/
ぶっちゃけルナメディウスより強いラスボス出しても萎えるだけだがな

206 :セーナ:2011/11/26(土) 16:50:08.94 ID:5jp2D36s
セーナ「メディウスね、1000年前の暗黒竜で邪神アウロボロスの先祖と
聞いたけれど、神龍王ラグナと四竜神、ネクロス、ミュー(女の子)、クラウス、ラオウ
、ブロー、更に邪神アウロボロスは、マジで設定的にも強いからね。」

さて久々の今回は前回の予告通りに、暗黒竜の系譜とアウロボロスについてです。

FE暗黒竜・紋章⇒(アウロボロス)⇒聖戦・TS⇒(1000年後)⇒烈火・封印
というのが本小説の流れになっているのはもう理解されていると思います。
なので暗黒竜の系譜もこの通りとなって、

メディウス
?↓
アウロボロス
?↓ーーーーーーー
?↓??????????????????? ↓
ロプトウス???? ガーゼル





207 :セーナ:2011/11/26(土) 16:52:07.26 ID:5jp2D36s
メディウス 暗黒竜始祖
アカネイアで君臨した暗黒竜ですね。本編では名前だけで、基本的に登場はなし。
一応始祖にあたるので特色はあまりありませんが、
満遍なく能力が高いのが特徴といえば特徴ですかね。

アウロボロス 闇の神
厳密には闇の神なので暗黒竜とは異なりますが、一応近いのでここに入れておきます。
本小説オリジナルの存在でウェブノベル第三話のラスボス。
戦闘力は暗黒竜たちをも凌駕している。
ロプトウス、ガーゼル、マフー、ザッハーク、ガラティーン、ドヴェルグの6つに分裂し、
各大陸にピースとして分かれていたが、
エレナの手によって復活を遂げる。
今後の鍵ももしかしたら握るかもしれませんね。

208 :セーナ:2011/11/26(土) 16:54:27.25 ID:5jp2D36s
ロプトウス 継承特化暗黒竜
FE聖戦のラスボスですね。
アウロボロスの鍵の一つとして存在してますが、
更に肉体をロキ、邪心を魔道書ロプトウスに分割されています。
聖戦をベースにしてるため、至るところに登場してますが、
ノベルに登場するロプトウス自体は器であるロキと邪心二体のみです。
(邪心はユリウス⇒(ユリア)⇒マリク⇒セーナと宿主を変えたロプトウスと、
エレナに取り付いたコピーのロプトウスの二体。)
基本的にロプトウスの能力は宿主に依存するため暗黒竜の中でも最低の部類ですが、
邪心の方の継承能力がずば抜けている設定になっています。
まずは魔剣ガラティーンの存在。これを持つだけでロプトウスを宿すことができます。
更に宿主が倒れても、わずかでもロプトウスの因子を持っていれば
傍系でも別の宿主に移ることが可能(ただし能力が発揮できるわけではない)。
しかも邪心は己の力で複製することができ、
コピーがエレナに覚醒してアウロボロス復活につなげました。
そのせいか人間に対して甘くみることが多く、何度か失態を演じてもいます。

209 :セーナ:2011/11/26(土) 16:56:40.43 ID:5jp2D36s
ガーゼル 破壊力特化暗黒竜
TSのラスボス。ロプトウスと同じように人に宿って、継承していく。
ロプトウスと違うのは宿主と完全に一体化しており、
人の代替わりに応じてガーゼルも次の世代へと繋いでいく形となります。
ノベルでは三頭のガーゼルが登場
(宿主:カルバザン、グエンカオス、カルバザンについたガーゼルの双子の弟)。
アウロボロスの鍵として誕生したにも関わらず、
初代ガーゼルが双子でいるという設定がややおかしいですが、ここは我慢ください。
ガーゼルの特徴は何と言っても破壊力を強調しています。
ゲーム本編で発動させたらゲームオーバとなるブラックレインを
闇の究極破壊魔法アビスゲートと同格に置いています。
これだけの破壊力が持つ代償として、
上述したように人間に依存するため継承力は弱いです。
またそれだけの戦闘力を持つゆえにかなり性格も凶暴となってます。


一つだけ言っておくのは本小説では彼らが絶対的な悪ではないことです。
まぁメディウスは弁解できませんが、
ノベルの展開ではロプトウスとガーゼルは生まれてきたくて生まれてきたわけでなく、
アウロボロス対策のために誕生したため彼らも被害者とも言える立場にしてます。
やってきた事実は確かに酷いことばかりですが、
人が彼らにしてきたことを考えれば報復したくなるのも仕方ない、
という已む無しの事情を本小説では勝手に付加してます。

210 :助けて!名無しさん!:2011/11/26(土) 18:10:38.07 ID:y1Tlw9/c
?そしてついにアルドが立ちあがった。
「やっぱり伯父上には私が引導を渡さないとな。」
そして馬に乗って駆け出して行った。
脇をエルマードを固め、襲いかかってくるグリューンリッターを討ち払っていく。
そして、ついに二人のアルドが対面した。
「伯父上、お久しぶりでございます、伯父上の幼名をいただいたリアルトです。」
アルドは敢えて幼名で名乗った。
実際にシグルドが生きていた頃はそう名乗っていたのだから、
この対面ではそれでもおかしくはなかった。
「セーナの長男坊か。いつの間にやらいい男になっていたものだ。
しかし自ら出てくるあたりはさすがはセーナの息子だ。
・・・だが戦場では容赦はしないぞ。」
だが言った言葉とは裏腹にシグルドは既に大きく肩で息をしており、体中に切り傷が刻まれていた。
何しろアルドが出てくるまでにリチャードとアートゥ、サルーン、グレッグ、リョウ、5人まとめて相手にしていたのだ。
それだけでも尋常でない力ではあるのだが、さすがにこれにマーニが影から翻弄してくると、
シグルドでもどうしようもなくなっていた。

211 :助けて!名無しさん!:2011/11/26(土) 18:16:16.01 ID:y1Tlw9/c
?「叔父上にそう言われると嬉しい限りです。・・・しかし容赦しないのはこちらも同じ。この悲哀の剣で伯父上を討たせていただきます。」
アルドは宝剣シュヴァルツバルトを引き抜いて、シグルドに対して向ける。この頃にはリチャードたちも引き下がっており、
完全に1対1の対峙となった。
やがて静かにアルドが馬を走らせると、剣を構えなおす。
これにシグルドも応じて、馬に鞭入れて駆けさせた。
両者が交わったのは次の瞬間であった。
アルド『ディヴァインブレイザー!!』
シグルド二世『ディヴァインストライク!』
剣の振り方が違うだけで両者とも中段に構えた剣からそれぞれの技を解き放つ。
そして戦いはその一撃で決まった。
馬から崩れるように落ちたのは・・・シグルドの方であった。
?だがアルドは叔父に対して一顧だにせずにすぐに命を下した。
「軍神たるシグルド2世はアルドが討ち果たした!!
これより、すぐに反転して義叔母上の神速剣士団に攻撃せよ!
何としても逃げられる前に討ち果たすのだ!!」
その命を受けて、勇者たちが一気に反転していく。
アルドはそれを追わずに、ようやくシグルドの側に駆け寄ってきた。
「叔父上、申し訳ありませんが、義叔母上も討たせていただきます。」
「ふふ、俺は戦うことしか能がないが、あいつはいざとなればすぐに尻尾を巻いて逃げるような奴だ。
今頃もう撤退しているのではないかな。」
自嘲するような笑みを浮かべながらシグルドは馬上のアルドを見上げる。
「相手の力が巨大過ぎるのであれば、結束して戦えばいい、お前の答えは見事だった。
ここまで完膚なきまでに負けるとは思わなかったが、
却って天上へのいい土産になった。・・・これからはセーナではなく、
お前が世界を導いていくのだ!」
そう言って、シグルドは事切れていった。
周りでその光景を見守っていたグリューンリッターの将兵たちも静かに消えていき、
懸命に反転しているアルド隊の兵たちの掛け声が響いているだけであった。

212 :アルド:2011/11/26(土) 19:41:54.51 ID:y1Tlw9/c
?「それにしても恐ろしい敵でありましたな。
5人がかりで対等に戦い、マーニの援護がなければもしかしたら・・」
ようよう駆けつけてきたアベルがアルドに言った。
そして視線を落としていくと、アルドも腕から血を流していることにようやく気付いた。
「アルド様・・・怪我を為されているではないですか?!すぐに手当てを。」
しかしアルドはシュヴァルツバルトを鞘にしまいながら言う。
「これくらいのことなら心配ない。すぐに私も義叔母上を討ちに向かう。」
「なりません!今度こそ何かあれば取り返しのつかないことになります。」
だがアルドは歩みを止めようとはしない。
「私が皆を信じているのに、
肝心の私がこれくらいのことで歩みを止めるわけにはいかないだろう。」
その表情を見て、アベルはハッとした。
それなりの傷を負っているというのに、アルドの顔は笑っていたのだ。
そこに昔のセーナの顔が重なっていた。
「あなたという方は・・・。わかりました。
しかし、せめて止血だけはさせていただきますよ。」
呆れるアベルは自身の袖を引きちぎって、止血のためにアルドの腕に巻き付けていく。そして共に来た道を戻って行った。

213 :アルド:2011/11/26(土) 20:18:25.85 ID:y1Tlw9/c
?だがナディアもまた軍神が選んだ妻だけに、強かった。
後に竜騎士四天王に数えられるデルファイ、フレディ、グレッグの3人
(残り1人はデーヴィド)を相手にしてナディアは一歩も引かない戦いを繰り広げる。
しかし既にラシディはグルニア軍という大津波の前に、
そしてアラニスはデルファイ軍の勇者によって討ち取られており、
ナディア隊の受ける圧力はすでにナディア1人にかかっており、
さすがにその細腕で全てを抱えるのには厳しくなっていた。
そして彼らの死闘の背後に一つの魔法陣が降り立った・・・。
フィーリア?「お三方、申し訳ないですが、この戦い、私に引き取らせてください!」
そう言って、デルファイたち三人がその女性を見ると、思わずデルファイとグレッグが驚いた。
「フィーリア殿!」
フィーリア「私にはこの世に迷い出てきたエインフェリアたちを許すことはできません。
すでに大方の方がいなくなってしまいましたが、
あなたが最後のエインフェリアの将ということは皮肉としか言えないけど、存分なお相手ね。」
ナディア「かつては共にセーナのライバルと言われた同士というのも皮肉なのものね。
あなたとならば楽しい戦いになるわ。」
三人の竜騎士はフィーリアの申し出を受けて引き下がり、
周りはナディアとフィーリアを囲んで静かになった。

214 :フィーリア:2011/11/26(土) 20:50:39.26 ID:y1Tlw9/c
?ナディア「では行きます。」
先制を取ったのはやはりナディアである。
神速を持ってなるイザーク剣技は火力を重視する魔術士であるフィーリアにとって天敵である。
しかもしばらく実戦を離れていた彼女はあっさりと背後をナディアに取られた。
ナディア『月光剣!!』
青白く光りながら振りおろした斬撃はフィーリアの作った魔法剣トールハンマーによって止められた。
さすがに彼女も魔道三家の一当主であった。
そして空いた片手から追撃の雷魔法を解き放つ。
フィーリア『サンダー!』
これにはナディアもたまらずに攻撃を解除して、必死に回避する。
しかしこれをきっかけにして、攻守は完全に逆転する。
一気にフィーリアは突進してきて、魔法剣トールハンマーを振りおろす。
?しかし剣の戦いではナディアに一日の長がある。
すぐに最小限の動きでフィーリアの慣れない斬撃をかわすと、
すぐに態勢を立て直して神速の剣技を解き放つ。
ナディア『流星剣!!』
剣バルムンクすら確認できない、
神速の斬撃は勘の優れたフィーリアはぎりぎりのところでかわしていたが、
四撃目をかわしていたところで足がもつれて転倒してしまった。
ナディア「これで終わりにしましょう!」
勝ちを確信したナディアがすぐに必殺の斬りを解き放つが、
その剣は思わぬ横やりで弾かれてしまった。
ナディア「何っ!」

「これで終わりにしましょう!」

215 :助けて!名無しさん!:2011/11/26(土) 21:28:22.38 ID:wfLrv8vU
なんでこうも話が噛み合わないんだか

216 :フィーリア:2011/11/26(土) 22:09:16.45 ID:y1Tlw9/c
そしてすぐに放たれたファイアの魔法の直撃を受けて、
ナディアは吹き飛ばされた。
グスタフ「全く、お前も無茶をし過ぎる!そんなことをして天上に言っても父上も母上も喜ばれないぞ。」
それはフィーリアの双子の兄グスタフであった。
グスタフ「セーナ様からお前の様子がおかしいから、ずっと魔力の跡をたどっていた。
まさかここまで来るとは思わないから追うのも大変だったぞ!」
しかしすぐにグスタフは言葉を続ける。
グスタフ「まぁお前の気持ちもわからないわけでもない。」
?グスタフとフィーリアは今はそれぞれで離れているが、思いは同じである。
すぐに態勢を立て直した二人は肩を合わせ、それぞれの得物をナディアに向ける。
グスタフ「邪魔をして悪かったな。続きといこうか。」
グスタフの言葉に、ナディアは苦笑いをして再び剣バルムンクを構える。
ナディア「無駄ですよ、あなたたちには私の速さを捉えることは出来ない!」
そして今度はナディアの身体が緑色に輝き始める。
ナディア「この神速を極めし剣技を受け止めきれるものですか!」
ナディア『流星神剣!!!』
光と化したナディアが一気に二人に襲いかかった。
しかし、その斬撃は初撃で止められることになる。


217 :フィーリア:2011/11/26(土) 22:14:12.78 ID:y1Tlw9/c
グスタフ「力と速さは相反するもの。
力を極めたものには速さで翻弄すべし、速さを極めたものには力で受け止めるべし、
それが世の真理!」
ナディアの剣バルムンクはグスタフの魔法剣ファラフレイムと、
フィーリアの魔法剣トールハンマーによって完全に止められていた。
そして二人のそれぞれの手から一気に魔力が凝縮されていくのをナディアはしっかりと見ていた。
グスタフ&フィーリア『ブレンストスパーク!!』
エルファイアとエルサンダーの合体技がナディアの身体を見事に貫いていた。吹き飛ばされるナディアに対して二人は容赦しない。
フィーリア「これが今を懸命に生きてきた結実!」
フィーリア『トールハンマー!!』
グスタフ「死を超越したというお前たちに俺たちの力を刻みつけてやる!」
グスタフ『ファラフレイム!!』
それぞれの聖魔法がついにナディアに炸裂した。


218 :ライト:2011/11/27(日) 02:43:57.13 ID:9IVlUwGX
しかしライトは目を閉じて、「気」を右手に集中させようとしていた。
懐には風の聖魔法『フォルセティ』が握られている。これを目に入れたレヴィンはほぉ、と思わずうなった。
「フォルセティを具現化するつもりか!
確かに聖十二武器の中でも群を抜いた特殊能力を引き出すのには魔法剣にするのが一番だが、果たしてあいつにそれができるか。」
そう呟いている間にライトの右手にはうっすらと剣の形をした
「魔法剣」フォルセティが出来上がりつつあった。
だがホルスの詠唱は終わりかけ、
いよいよ『エレシュキガル』を放つようで鬼火のような暗黒の炎が彼の周りを回り始める。
これを見てセティはライトの説得を諦めて、
出来る限りエレシュキガルを食い止めるべくエルウィンドの詠唱を始めた。
だがそれより早く『エレシュキガル』が放たれた。
先程のヨツムンガルドとは桁違いの邪気を持っている。
すかさずセティが詠唱を終えて、エルウィンドを放つ。
しかしたとえ賢王セティの魔力といえどもエルウィンドとエレシュキガルでは分が悪すぎた。
セティの放った緑色の風は邪気の炎の前に寸断されて散り散りとなった。
そしてエレシュキガルは寸分の違いもなくライトとセティに襲い掛かろうとしたその時、
ライトの右手が大きく輝いた!魔法剣フォルセティが覚醒したのだ!
『グリーンバリアー』
すかさずフォルセティ特殊効果の一つ。
リーベリアの守備魔法ウォーミンウィンドとほぼ同じ効果を持つ。
魔法剣フォルセティから緑色の風が吹き出しライトとセティを包み込んだかと思えば、
邪気の炎を寸前で食い止めたのだ!そしてすかさずライトは特殊能力
【ダブルマジック】を発動させて、
同時に風の聖魔法フォルセティを解き放つ。
同時発動の分ライトへの魔力の負担こそ大きいが、
そこはさすがにセティとティニーの息子である。
魔法剣から放たれた聖魔法フォルセティと、
グリーンバリアーの前に攻めあぐねるエレシュキガルが正面からぶつかった。
だがやはダブルマジックには無理があるのか、
ライトの魔力が弱まりフォルセティの威力が弱まっていく。
やむを得ずグリーンバリアーを解いてフォルセティ一本に絞るものの、
また盛り返された勢いを跳ね返すことは出来ずフォルセティで受けそこなった
邪気の炎の一部がライトとセティに襲い掛かり、体力を奪っていく。
この光景を見てレヴィンは二人に宣告した。

219 :ライト:2011/11/27(日) 03:12:51.59 ID:9IVlUwGX
ライト「私ライトが魔力具現化した魔法剣フォルセティ
フィーリア殿が魔力具現化した魔法剣トールハンマー
グスタフ殿が魔力具現化した魔法剣ファラフレイム
この特殊能力使える魔法ゲージ最上級職はウォーロック

ウォーロック……セイジ、マージナイト(下馬時マージファイター)から昇格
した最上級魔導士…3大理魔法の、炎魔法ファラフレイム、雷魔法トールハンマー、
風魔法フォルセティ、の聖痕持ち直系のみ昇格が可能。
スキルに魔力具現化(魔法剣発動)がロードマスター同様に追加される。
昇格可能なのは、ライト、クレスト(フォルセティ)
グスタフ、グスタフの子供(ファラフレイム)、フィーリア、フィーリアの子供(トールハンマー)
のみ。 装備は理(炎、雷、風)が全てAに昇格、
杖もAになり、剣もBまで持てる。(大剣は不可)(シュバルツバルト、シュバルツゼロは装備可能)



『魔力の具現化』
ファイアーやライトニングなどの魔法を人の魔力を使って、剣や槍など実体のある物にすること。
ユグドラル大陸の光の剣や風の剣などはその産物だと考えられているが、
剣に直接ライトニングやウインドを組み込んだだけであり『魔力の具現化』とは関係ない。
一般には光の最下級魔法ライトニングが最も具現化しやすいとされているが、
それでも具現化できる人間は神魔法を継承する聖戦士の中でもまれである。
事実、旧グランベル帝国の雷神イシュタルも魔力の具現化に失敗している。
それほど難しいものであり、成功した者はユリウスとティナ、そしてセーナだけである。
秘めている魔力が大きい魔法ほど難しく、
聖魔法ナーガを具現化できるものは神さえも越える存在になるといわれている。

フィーリア「私とグスタフは何とか魔力具現化を成功させたけど
思ったほど魔力や威力や強さのパワーアップに繋がらなかったわ。
エインフェリアで復活した、バルムンク装備のナディア相手に
私は魔法剣トールハンマーで挑んだけど、不覚取り苦戦して、
兄上グスタフと二人一緒にトールハンマー、ファラフレイム発動で
やっとナディア相手に勝てたなんて……天上のアルヴィス祖父上やユリウス父上や
イシュタル母上からみたら、
私フィーリアや兄上グスタフは出来の悪い不義な子供か凡人の出来損ないかもね。
本当に私フィーリアより強いトールハンマーの雷使い。
兄上グスタフより強いファラフレイムの炎使いなんか……
よほどの天才か竜族の魔導士か、奇跡も魔法でもない限りは……。」


220 :ライト:2011/11/27(日) 03:37:10.24 ID:9IVlUwGX
ちなみにナディアの最期については当初はアルドとミルが連携して倒す予定でしたが、
面白そうだったので急遽フィーリアたちに参戦してもらいました。
それなりに年齢もいっていて、お互いに子供もいるという設定ですが、
まだまだ力が衰えていないことを見せ付けてくれたのではないでしょうか。
実際に私の世界観の魔道士は例外もありますが、老いて盛ん、が一般的ですw

221 :助けて!名無しさん!:2011/11/30(水) 19:20:17.76 ID:hp/mgXRT
とりあえず同人ゲーム出してくれ
当然無料で出すべき

222 :助けて!名無しさん!:2011/12/01(木) 14:12:09.92 ID:kOjG9rTQ
作る技術もやる気もありません
でもこれが正式な続編なんです

223 :助けて!名無しさん!:2011/12/01(木) 18:18:01.72 ID:RKbKl4W6
ふざけんなボケ

224 :助けて!名無しさん!:2011/12/02(金) 06:30:52.56 ID:lceJNlrM
外部に突撃すんな死ね

225 :助けて!名無しさん!:2011/12/02(金) 21:17:40.76 ID:OvFortiG
聖戦のストーリーは当時としては光っていたが今出してもさらに光らせることはできるかな

226 :助けて!名無しさん!:2011/12/03(土) 20:33:59.00 ID:6bSfp3T0
二度と出てくんな

227 :助けて!名無しさん!:2011/12/03(土) 22:21:01.65 ID:vEB6QnrM
赤皇帝ってこいつだったのかよばっちいな
どおりでぶれててつまらない発言な訳だよ

228 :助けて!名無しさん!:2011/12/08(木) 01:09:08.26 ID:3SI6wyw3
 『盗賊ってのは周りが思ってる以上に寿命が長いもんですぜ。』
ギムレー公国に向かう途上、エレナはリューベックでナルサスの言っている言葉を思い出していた。
 泥棒というものはその職業柄、人目に付くことを極端に嫌う。
だからこそ世間との接触を断つ彼らは人並みの寿命を経つと、自然と死んだように思われるのが普通だ。
しかしそれこそが彼らにとって更に幸いとなる。
世界中を走り回って鍛えた身体能力は肉体の限界を突き破り、
老齢と呼ばれる年になってもその特権を活かしながら未だに現役を続ける者も少なくないのだ。
その一人がデューである。エレナの曾祖父シグルドとは一回り若かったとはいえ、
エレナが活躍する今となると普通に当時の平均寿命を平気で超えている。
それでも彼はいつの間にやらヴァナヘイム大陸に渡っていたのだ。

229 :助けて!名無しさん!:2011/12/08(木) 01:12:05.33 ID:3SI6wyw3
 デューは約60年前に起きたバーハラの悲劇の後、
恋人のブリギッドと共に二人の子供ファバルとパティを孤児院に預けた後にリーベリア大陸に渡り、更に二児ラケルとルカを授かった。
末子フィードの出産があってからは再びユグドラル大陸に戻り、
セリスたちのために武具を漁り回ったとも聞くが、詳細はやはりわかっていない。
 時は流れ、セリスの娘セーナがリーベリアから大返しする際に十勇者にまで成長していたフィードが歴史に隠れていたシグルドを救出しに来た際には彼もまた共にいたらしく、
シグルドを迎えたシレジア軍にしばらく留まっていたことも認められていたが、
ブリギッドの姿は既に無く、時の流れに呑まれてしまったと思われる。
その時のデューは決して健康には見えなかったと、フィードも述べていたものの、
その戦いが終わるといつの間にやら姿を消している辺り、
軽く調子を崩していただけなのだろう。
それからは何をしているかは一切わかっていない。

230 :助けて!名無しさん!:2011/12/09(金) 15:55:22.67 ID:xfeESZ3U
今1から読み始めてるけど無理やりすぎないか?

231 :助けて!名無しさん!:2011/12/09(金) 16:10:06.21 ID:xfeESZ3U
痛すぎるw皿仕上げ

232 :助けて!名無しさん!:2011/12/09(金) 17:18:27.42 ID:TTUlkEtH
セーナが☆5とかどんだけ自己愛に溢れてるんだ

233 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 04:16:32.06 ID:PQ9OSSZw
ティナ  享年19歳 グランベル帝国第一皇后 指揮官☆5
運命に翻弄された悲しき女神 (敵キャラ) 聖戦士バルドの末裔
ティナ HP68力28魔力30技27+10速さ27+10幸運20守備24+10魔防25+20移動9
スキル・・・追撃・祈り・カリスマ
E魔剣ガラティーン攻撃30 命中90 重さ7 必殺 特殊技ブラックアブソリュート(洗脳)
リカバーの杖
武器レベル 剣★ 槍A 斧B 弓B 火A 雷A 風A 杖A
父: シグルド シアルフィ公国当主
母: アイーダ 元ヴェルトマー公国近衛隊長
異父兄:サイアス ヴェルトマー公国司祭
異母兄:セリス 新生グランベル帝国初代皇帝
弟:(カイン) クレス 新生グランベル帝国初代宰相?グリューゲル大将
 時の英雄セリスの初恋の相手。
しかし皮肉にも彼の異父兄弟であるユリウスにも愛され、半ば強制的に結婚させられる。
しかしその優しく正義感の強い心はユリウスでさえ操ることができずに、
最後まで彼にとって障害となる結果となる。
義父アルヴィスから譲り受けたロートリッターは彼の遺志を継ぎ、
彼女の元で花を開くことになったが、ヴェルトマー平原の戦いで主君と共に散る。
彼女自身も最後にはユリウスを裏切るが、この戦争でロプトウスの最初で最後の犠牲者となる。
だが一説には彼女の死を信じきれないセリスがタブーを破って、
コープルに迫り彼女を生還させたということも言われている。
彼女の存在自体、謎のことが多すぎて出生のことさえはっきりしていない。
ただユグドラル大陸ではその存在が神格化しているのは事実だ。

フィーリア「ティナ皇后様の設定はどうなるのかしら。私の母上の女友達だし。」

234 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 04:31:05.93 ID:PQ9OSSZw
うろ覚えだがどっかであった設定を
セーナ「それにしてもレヴィン、たしか本来ロプトウスになるべき人物ってユキだって話だけど・・・」
レヴィン「あれか?あの小猿には『創造』と『破壊』両方の力を備わっている」
セーナ「何それ?」
レヴィン「一言で言うなら世界を理を意のままに変えてしまう力だ。今は自覚症状も無い上、小僧によって押さえられてるから何とも無いが、解放されたらいかにラオウを倒した貴様らの奇跡でも役には立たん・・・
     最悪、元に戻される可能性だってあり得る・・・」
セーナ「あの子達をラグナ達の手に渡すなってことね?」
レヴィン「そうだ、だが用心しろ。あの力を狙ってるのは『竜』だけとは限らん」
セーナ「『魔』・・・!?もしかして『神』も・・・」
レヴィン「一応味方はしてくれているが天上にも気を許すな・・・特に小僧は小猿の事になると見境が付かなくなる」
セーナ「あなたは?」
レヴィン「俺か?あんな小猿に興味は無い。だがミューやあのブラギは小僧、小猿の力はこだわっているらしいが・・・
     今はラグナの方に集中しろ」
セーナ「あとミューね・・・」
(実際、私がラグナ軍で唯一恐れてるのが彼女とその軍なのだから・・・そう言えばあのトウヤとの因縁って???)

一応台詞調(かつ自身のオリジナル付き)


235 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 04:34:19.51 ID:PQ9OSSZw
??レヴィン(風神フォルセティ)
レヴィン
属性:風 40 マスターバード ★ギガセティ ☆グランドクロス
エルウィンド(☆50) 風の剣
☆シレンの腕輪
使用武器 剣S、理S、光S
支援 リディアB ホルスA
? ★ギガセティ・・・フォルセティの強化版で、敵を一瞬で骨にするくらい切り刻む。ただしラオウとの戦い以外は使わない。
☆グランドクロス・・・その名のごとく十字の刃で敵を粉砕する
?☆シレンの腕輪・・・フォルセティの父シレンが付けていたもので、効果は持っていない。しかしシレンが息子に託した遺言がある。

セティの父、ライトの祖父。
バーバラの悲劇の後、一時はシレジアに落ちつくも、
ひょんなとこからラグナに関する真実を知り、それを確かめるため放浪を装い妻子を置いてエレブへ旅出った。
そして真実だと言う事を知りユグドラルヘ戻ろうとするもラグナの工作員達によって阻まれ帰れなくなり、
やむなくエレブへ逆戻りしてしまう。
その後追ってから逃れ、イリアの遺跡で己の体を冷凍睡眠させ真の戦いの時を待ったという。
そしてマルスユニオン結成、そしてセリスに送り込んだ彼の分身との同化などにより自身長きに渡る封印が解かれた・・・。復活したその力はラグナ四竜神すら凌駕すると言われている。
彼はマルスユニオン軍には加わらず第三者側の勢力、そしてセーナ軍最強の助っ人として影ながら見守った。
そして長年の宿敵ラオウと大気を揺るがす凄まじい戦闘を繰り広げた・・・。




236 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 04:35:39.54 ID:PQ9OSSZw
ライト「違うだろが、あんなか弱いラナと四龍神筆頭
風龍族のラオウを一緒にするな!大体ラオウは龍族の男性だぞ。
セーナ、レヴィンが苦戦して倒した相手だぞ!」

ラオウ(風竜)
ラオウ
属性:風 40 マスターセイジ ☆ラオウの剣(銀の剣)
ファイアー サンダー ウィンド ブリザー
ライトニング ミィル
使用武器 剣S、理S、光S、闇S、杖S
支援 ネクロスB ミューB

エレブ担当、四竜神筆頭であり、ほとんど全ての魔法を操り<気功>も得意とするラグナ神軍最強の戦士。
そして同族のシレン、そしてその再来レヴィンの宿命のライバルでもある。
古くからラグナに忠誠を誓い、イドゥンの身の回りの世話をしている。
そして「人」の限りなき力を熟知しており、それを得るために竜石を封じ、
人として常に己を鍛えて、その結果強大な力を得た・・・。
その強靭な肉体は神剣、神将器さえも通らないものとなる。
「ただ武器が強ければよいと言うものではない。」が彼の口癖である。
得意技はなし。でもそれがなくても物理、魔法、
そして心技体ともにラグナ神軍最強であり、
あの神剣ファルシオンなどさえ通用しないといわれている。

ライト「こんな化け物、まさにFE番拳王だぞ、しかも男性だし。
顔グラは北斗の拳のラオウ、カイオウに近く、風魔法フォルセティ
を手ではじき返す力がある。ラナなんかと一緒にするな!」


237 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 05:17:32.15 ID:o8IfX42W
誰も聞いてねえよ

238 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 05:19:46.24 ID:mEVM6KD/
この汚物まき散らしてるアフォは自分が加賀にでもなったつもりか?

239 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 07:59:26.65 ID:xWu8UqsA
撒き散らしなら加賀も大概だが、こいつはそれ以上に毒を吐いてるな
自分のセーナ(笑)が正史とでも思ってるんじゃね?

240 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 08:58:31.36 ID:3XtzMfNN
言動とか他スレに出張ってまで宣伝することを見るに、そうなんだろうな

241 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 15:34:39.10 ID:MmiDUpf4
つーかこいつまだいたんだ
それにしても結構誤字が多くて頭の程が知れるw

242 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 18:56:59.04 ID:rMwDfC2Z
加賀を装った詐欺の被害にあえばいいのに、この基地外。

243 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 19:19:07.28 ID:3XtzMfNN
こいつに後釣りされたときゃ心底不快だったわwww

244 :助けて!名無しさん!:2011/12/11(日) 19:21:41.32 ID:YGmRpDSJ
最初は普通の人装ってて
途中からいきなり何の脈絡もなく
己の素晴らしい(笑)神設定wwwを
まくしたてるからな
ユリアスレで赤皇帝とかいう空気読めないバカコテも
正体コイツだったし

245 :助けて!名無しさん!:2011/12/12(月) 20:34:41.59 ID:DMLguGkc
自分の書いた内容を全て覚えてるとしたらすごい才能だ

171 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)