5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【読み手】同人小説を語る【書き手】

1 :同人小説:2009/09/14(月) 23:19:59 ID:lOhqE7fy0
読み手、書き手の意見を交換することを含めて、同人小説について幅広く議論するスレです。

2 :書き手:2009/09/14(月) 23:22:01 ID:inaB1ION0
【前スレ】
字書きさんの談話室第38分室
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1252127921/

3 :同人小説:2009/09/14(月) 23:24:40 ID:J6IoK7yv0
>>1>>2



4 :同人小説:2009/09/14(月) 23:30:18 ID:lOhqE7fy0
読専さんの意見も拝聴したいと思うことも多かったし気楽にいけるとよいね
たとえば人称の話で言うと一人称は読みやすいか否かとかちょっと気になるところだ

5 :同人小説:2009/09/14(月) 23:32:29 ID:lz6P2mEi0
一人称は読みやすいけど、
ストーリーが一本道になるから単調さを感じることはあるな

6 :同人小説:2009/09/14(月) 23:37:04 ID:J6IoK7yv0
一人称は、読んでいて感情移入しやすいと感じる

書き手としては、A一人称→B一人称→A一人称……
で話を進めて、単調にならない話を作ってみたい
目線のズレを楽しんでもらえたらいいなと

7 :同人小説:2009/09/14(月) 23:42:12 ID:lpHhgpl00
一人称も好きだけど、主人公の一人称だと
語り手の意識が飛んでる場合、誰を喋らせるかというのがネック

商業小説でもよくみる事態だけど、
語り手が車にはねられたり何かにのっとられたりしている間は
工夫して書いてるみたいだね


8 :同人小説:2009/09/15(火) 00:21:21 ID:dlmRpJD90
>1乙。前スレ新着200件以上でビビった。

>7
別のキャラクターに語らせるんじゃなく
一時的に三人称にしてしまい、
その後は元通り一人称に戻したりもしてるね。

9 :同人小説:2009/09/15(火) 00:31:21 ID:HNOzaOBo0
一人称だけってその人の視界に移ったものしか描写できないのが辛い所だよね
最初から最後まで一人称で書けてなおかつ不自然じゃない人ってすごいなーといつも思う

10 :同人小説:2009/09/15(火) 00:50:36 ID:poKpz58Z0
のっとられた主人公(一人称語り手)と、のっとった方の一人称が同じなのを利用して、
のっとり解除後の主人公の解説により、のっとられてたと初めてわかった話があった。
読んでる最中は微妙な違和感を覚えつつも気付かなかった。

自分もああいう驚きを与えてみたいもんだ。

11 :同人小説:2009/09/15(火) 08:06:26 ID:2PcNy3nkO
読み専だが、語り手がコロコロ変わる一人称小説は好きじゃない。
頻繁に視点が変わるのは、よっぽど上手な人じゃないと、内容が薄っぺらく見える。

あと買って損した気分になるのは、SideA、SideBみたいに、
同じ話が受け攻めそれぞれの視点で収録されている本。

12 :同人小説:2009/09/15(火) 08:22:10 ID:KclHS6X60
視点が変わる一人称小説なんかあるのか
寡聞にして読んだことがない

13 :同人小説:2009/09/15(火) 09:01:22 ID:NWvZ/MUW0
>>11
>あと買って損した気分になるのは、SideA、SideBみたいに、
>同じ話が受け攻めそれぞれの視点で収録されている本。

これは何で?どうせなら違う話が読みたいってこと?
参考までに損した気分になる理由を聞かせて欲しい

14 :同人小説:2009/09/15(火) 09:24:48 ID:n1FqQhSZ0
エンドレスエイト

15 :同人小説:2009/09/15(火) 09:57:33 ID:nx5tzEnh0
>>13
横レスだが、自分が読んだことのあるSideA,Bものの小説で、
セリフ周りはまるっと同じで、モノローグの部分だけ申し訳程度に
AとBで変えてるだけの、面白くも何ともない本があった。

そういうコピペ本は、買って損した気になるのではないだろうか。

うまい書き方をする人は、同じ話でもA.Bそれぞれで演出を変えて、
読み応えのある作品にしてくれるから、自分はSide別小説好きなんだけど、
時々上記のようなハズレに当たることもある。

16 :同人小説:2009/09/15(火) 10:53:22 ID:HNOzaOBo0
同じ話で視点を変えた本というのはたまにあるね
それで読ませるのは確かに難しいかもなあ
結局同じ話じゃん、てなる
>>15の言う通りセリフ周りがまるっと一緒でモノローグが
ちょこっと違う程度じゃつまらないのは当然かも

17 :同人小説:2009/09/15(火) 11:12:58 ID:/UxtSje40
セリフは一緒なのに登場人物ABの考え方捉え方が真逆だったり策謀があったりで
読んだ後の感想がまったく違ったSSを読んだことあるよ
なんでもそうだけど、書き手の技量によるよね

18 :同人:2009/09/15(火) 14:41:41 ID:uxm/OxXD0
やっぱり視点の揺れ云々は難しいんだね

19 :同人小説:2009/09/15(火) 18:29:14 ID:NWvZ/MUW0
>>15
あーオンだとたまにみるなそういうの
オフだとそういうの当たったことなかったわ
確かにオフで台詞まわりがまるっと同じってのは損した気分になるね

20 :同人小説:2009/09/15(火) 20:02:47 ID:WfOW/TlA0
2通りの視点で描くなら何か仕掛けを設けてほしいな、>>17みたいに
まあそれが難しいんだけどね

21 :同人小説:2009/09/15(火) 21:28:44 ID:HNOzaOBo0
何か仕掛けのあるものは読んでて本当に楽しいよね
2視点の話が二つそろって初めて判明する事実があって
神視点の自分にしかその事実を知らない、というのも結構嫌いじゃないな

22 :同人小説:2009/09/16(水) 09:04:39 ID:gvFAZDjq0
ルビについて聞きたいんだけど、ルビって鬱陶しいものなんかな
つけて欲しいのかウザい場合が多いのかどっちなのかと悩むときがある

23 :同人小説:2009/09/16(水) 09:33:10 ID:y9yw7Kp70
>>22

ルビにも様々な種類があるよね。
ただ単に難しい漢字にフリガナを付ける場合と、
現代用語が使用出来ない世界観だと、
代名詞的に説明も兼ねてカナ振りしている場合がある。

個人的には多すぎると、鬱陶しいけど
適度にあるのは親切だと思いますよ。

24 :同人小説:2009/09/16(水) 12:04:53 ID:qAFhM7Ne0
個人的な意見だが、一人称の場合は視点者の感情にとらわれて
物語全体に入り込めないことが多い
当然書き手の技量もあるんだろうけど、独白だけで物語が見えなかったり
リアリティを出すためか地の文に俗語的な口語を多用することで却って感情移入しづらかったりする
「こんな風には言わないだろうな」と思っても地の文は多少文語になっている方が好きだな
そう言う意味では客観的な視点の方が読みやすい

25 :同人小説:2009/09/16(水) 12:05:37 ID:+Kiv79A/0
>>23の二つの場合以外に、普通に読めるけど敢えてって場合はどうだろう?
例えば「戦場」を「せんじょう」ではなく「いくさば」と読んで欲しい場合

26 :同人小説:2009/09/16(水) 12:28:54 ID:K74/Ul9n0
「誘う」とかいて「いざなう」と読んでほしい時とかにも使いたくなる

27 :同人小説:2009/09/16(水) 12:56:06 ID:ITxPxkin0
「いざなう」だったらひらがなに開いちゃうな
「戦場」は迷う

28 :同人小説:2009/09/16(水) 21:15:48 ID:gvFAZDjq0
レスありがとう
確かに新聞とかで使われない難解な漢字の場合と
難解ではなく、読み方が複数ある場合ではルビの意味が違ってくるよね

誘う さそう いざなう
戦場 せんじょう いくさば
強請る ゆする ねだる

とかなんてどちらでも読めるんだし迷うところだね
いざなう、ねだるあたりはひらがなでも良さそうだけど いくさば となると
ちょっと漢字にしたいところだしね…

29 :同人小説:2009/09/16(水) 21:22:55 ID:9MZRNbyw0
かなり奥の手だけど台詞の流れでそう読ませるってのもありじゃない?
下っ端がひらがなでそう発言するとか

30 :同人小説:2009/09/16(水) 21:25:06 ID:ZjRFJ2o9O
状況によってはだけど、こういう表記の仕方はどうだろう
「戦場へと、参りましょう」
いくさばへ、と息も絶え絶えに紡がれた彼の言葉が胸を締め付ける。

地の文だと括弧かルビ付ける他には思い浮かばないな

31 :同人小説:2009/09/16(水) 21:26:20 ID:ZjRFJ2o9O
>>29
リロってなくて微妙に被ったレスになってしまった
ごめん

32 :同人小説:2009/09/17(木) 10:27:08 ID:puBABwrh0
>>30
オンでルビが戦場(いくさば)になってでもルビのがマシ
好みだろうけど

33 :同人小説:2009/09/17(木) 10:31:11 ID:4la7Sl0n0
ルビにもいろいろ好みがあるね
同人誌の小説スレかどこかで青空文庫の≪≫のルビがあると読む気なくすという人もいた
結局は自分が良いと思ったものにするしかないんだけど、こだわりがない場合は
読み手の人がいいという方法にしたいから難しいところだね

34 :同人小説:2009/09/17(木) 11:10:22 ID:5dmH1mOy0
私は>>30の方法は割りと好きだけどな
子供の頃から読み慣れた作家さんがそういう手法を取りがちだったから
あまり違和感ないのかな
逆に()や≪≫のが萎える

ルビ自体が気になるからなるべく振らなくても読めるようにしてるんだけどね

35 :同人小説:2009/09/17(木) 11:26:26 ID:sEdou2Xc0
http://data.tumblr.com/uIojWsJsRg5y9g2uAUamy2DPo1_500.png

     クライム カタリスト  オラトリオ
「まさか、後罪の触媒を<讃来歌>無しで?」

 教師たちの狼狽した声が次々と上がる。

 ……なんでだろう。何を驚いているんだろう。

           カタリスト     チャネル
 ただ普通に、この触媒を使って名詠門を開かせただけなのに。

            よ
 そう言えば、何を詠ぼう。

 自分の一番好きな花でいいかな。

 どんな宝石より素敵な、わたしの大好きな緋色の花。

      赤
 ――『Keinez』――

 そして、少女の口ずさんだその後に――

36 :同人小説:2009/09/17(木) 11:30:55 ID:4la7Sl0n0
>>35
確かにそれはルビ必須だなw

37 :同人小説:2009/09/17(木) 12:12:02 ID:BiSvXwR+O
自分も()や《》は嫌だ
こうして読んでよね!って作者の姿勢が透けて見えて急に現実に引き戻される
>>30の方がまだいい
一番良いのはやっぱりルビを振らなくて済むような文章書くことだと思う

38 :同人小説:2009/09/17(木) 12:32:17 ID:mY7ZsnQ50
>>35
なんか読んでて恥ずかしくなったが、これはこれでw
カタカナだけで書かれても意味が通じないし、必要な恥なんだな

39 :同人小説:2009/09/17(木) 14:01:47 ID:REYsOV2W0
ねだる、ゆする(強請る)あたりは、文章の流れで判別できそうだけど
いくさば(戦場)は難しいだろうな
自分はそう読んでほしいと思ってもルビ面倒でふらないが…

>>35は「こう読んでほしい」というルビとしての実用性より
文章のイメージを増幅させるために必要って感じもあるよなぁ

40 :同人小説:2009/09/17(木) 23:31:44 ID:60VuTyup0
飢える(うえる・かつえる)とかも悩む
基本的には開いてしまうんだが
>>35
これって商業作品だったのか!

41 :同人小説:2009/09/17(木) 23:53:10 ID:+6yKd720P
>>40
こうして抜き出して書くと
パッとみウヘァだけど
作品自体は良く出来てるよ



42 :同人小説:2009/09/18(金) 00:27:03 ID:bcJzWmhT0
ファンタジー小説が原作の二次とかだと、ルビ率上がりそうだよなあ。
ほら、型月ジャンルとかさ、
「約束された勝利の剣」と書いて「エクスカリバー」とか
「天地乖離す開闢の星」と書いて「エヌマエリシュ」とかって読む技名を叫ばないと
必殺技ぶっぱなせないわけだから、ルビなしで書くのはきっと大変だ。

43 :語る:2009/09/18(金) 01:10:34 ID:eZPzUaA40
それいっつも不思議なんだけど
技名叫ばないと発動しないの?どういう仕様?

44 :同人小説:2009/09/18(金) 01:35:42 ID:6voA/6x40
発動させるための鍵みたいなもんじゃない?
開けゴマみたいなさ

45 :同人小説:2009/09/18(金) 01:41:19 ID:vjcyZoXN0
剣道で面小手言うのと同じ

46 :同人小説:2009/09/18(金) 02:13:27 ID:T4TpBHdZ0
             /)
           ///)
          /,.=゛''"/   こまけぇことはいいんだよ!!
   /     i f ,.r='"-‐'つ____ 
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゛フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

47 :同人小説:2009/09/18(金) 07:34:00 ID:iCQ59hEU0
>>43
「技」だということをアピールするための演出ってのが大きいと思う
技名なしだと、その技能がキャラの使える能力の中で
どのくらいのレベルとかどんな技とかいちいち説明しないといけない

48 :同人小説:2009/09/18(金) 08:53:22 ID:aaVJFUxm0
>>47
なるほど…
冗長にならないための省略みたいなもんか

49 :同人小説:2009/09/18(金) 11:20:03 ID:cQNe5wWd0
>>43
型月に限って言うと、特別な武器をそれぞれみんな持ってて、
必殺技はその武器によってぶっぱできるんだけど、
そのぶっぱ条件が武器の真名を口にする、なので叫ばざるを得ない感じ。
呪文みたいなもんだ。

50 :同人小説:2009/09/18(金) 12:29:31 ID:4Z7ijT/D0
そのぶっぱ条件が何故武器の名前を叫ぶなのかって話だろ

51 :同人小説:2009/09/18(金) 13:05:22 ID:H/rKPxEB0
いつの時代も「名前」はそれそのものを支配するための鍵だから

…とかじゃね?
小説としては、今ここで技が発動しましたよ、という合図として分かりやすいよね
普通使う言葉じゃない台詞だと、ああ何か起こるんだなってすぐわかるし

52 :同人小説:2009/09/18(金) 13:48:09 ID:pk7/7CPI0
言霊みたいなものかね

53 :同人小説:2009/09/18(金) 14:03:22 ID:BsQzMQpP0
型月のことは全く知らないんだが
ファンタジーでは、名が実を表したりそのものを支配したりする、
という設定はよくあるよな

54 :同人小説:2009/09/18(金) 15:02:25 ID:aaVJFUxm0
人間でいう、「佐藤くん、お茶」とか、「妙子さん、お二階(の掃除)お願いね」とかと同じなのでは?

55 :語る:2009/09/18(金) 16:31:08 ID:eZPzUaA40
急急如律令みたいなもんか……

56 :同人小説:2009/09/18(金) 17:41:37 ID:QkZHE5gt0
なんで皆さんこの流れに爆笑しないのか
私には理解できません

57 :同人小説:2009/09/18(金) 18:20:47 ID:dk7MeTEN0
天空に浮かぶ楽園――
「コクーン」に生きる人々は、
自らの世界を理想郷と信じていた。
楽園コクーンは、聖府の総治のもとで
平和と反映を亭受している。

人類の守護者「ファルシ」たちの祝福を受けて、
安らかな日々が永遠に続くかに思われた。

だが、楽園を憎悪するファルシが出現する。

禁忌の魔境として恐れられる下界
「パルス」より到来したファルシが眠りから目覚めた時、
コクーンの平和は終焉を迎えた。

ファルシは人に呪いをかけて、魔性の尖兵へと変える。

ファルシに選ばれし者――ルシ。

ルシの刻印を刻まれた彼らは、果たすべき使命を背負って、
死よりも過酷な宿命に立ち向かう。

救済を求める祈り。世界を守る願い。
運命を変える誓い。

想いが交錯する13日間が終わる時、
彼らの戦いが始まる。

58 :同人小説:2009/09/20(日) 18:03:56 ID:UOdtx2Ns0
ファルシってどうしても
お料理用語がまず浮かぶんだが


59 :同人小説:2009/09/26(土) 20:27:57 ID:0IU3pYW40
商業小説を読んでて、よみにくい固有名詞の漢字にルビが最初だけ振ってあっても
読んでいる途中で「これなんて読むんだっけ」となることがある
で、そのまま読んでたらまたルビが振ってあったりする
再度振られるルビのタイミングって何か法則あるのかな

あるんだったら参考にしたい

60 :同人小説:2009/09/26(土) 20:29:32 ID:Fi/zuh+40
>>59
商業のやつって最初と途中に入ってたりするよね
何かあるのかなあ

61 :同人小説:2009/09/26(土) 20:38:42 ID:rf+mZMAK0
確か何かで見たけど、どこかの出版社は5p以上開くと再度振られるって見た気がする

62 :同人小説:2009/09/26(土) 21:12:10 ID:vNZvzbth0
見開き変わったらor場面変わったら

63 :同人:2009/09/26(土) 22:21:07 ID:Kh71ePSD0


64 :語る:2009/09/27(日) 00:24:16 ID:E3AerX5k0
自分は章が改まったらまた入れる。

65 :同人小説:2009/10/02(金) 00:26:51 ID:UhKtWHUk0
質問というか相談させて下さい。
二次小説サイトをやっていて、たまに拍手から
「文章がきれいで〜」とか「文体が云々〜」みたいな※をいただく。
書き方を意識してないわけじゃないけど、二次なんで正直文体がどうとか
言われると、萌え(内容)が足りてないんじゃないかと思って結構凹む。
実際に足りてないかどうかは別として、こういう※はできればお断りしたい。
みんなだったら、どう返信する?

66 :同人小説:2009/10/02(金) 00:38:38 ID:EgPUkOInP
>>65
基本的に※には返事しません、にしたら?
こういう※はお断り、なんて書いたらひんしゅく買うよ

67 :同人小説:2009/10/02(金) 01:10:27 ID:01IVGr0D0
>>65
文体も萌えのうちだし、萌えなきゃコメなんか送らないですが
創作者のわりに想像力ないんですね
読み手もファンコールのつもりで好きな管理人に
無駄なコメントを送ってわざわざ凹ませたくないので
こういうコメは嬉しくないですってはっきり書いておいて下さい

68 :同人小説:2009/10/02(金) 02:27:18 ID:7C0VSj2v0
>>65
※をお断りするよりも自分の受け止め方変えた方が手っ取り早いと思うよ
色々考えてネガティブになるのはよく分かるけど、
そこは素直に「文体の綺麗さ」もひっくるめて萌えだと思えばいい
というか、褒め言葉にすら凹むようなら拍手外す方が楽かもしれんね

69 :同人小説:2009/10/02(金) 03:27:19 ID:q8cCOp7l0
>>65
自分の気にくわない※は一切お断り
そういった※は徹底的に無視します
内容絶賛の※しか受け付けません

とでもTOPにでかでかと書いておけ

70 :同人小説:2009/10/02(金) 03:46:42 ID:zZpqdMRM0
>>65って女がよくやる
「こういうのもらっても嬉しくないんだよね〜」という
愚痴に見せかけた自慢なのかと思ったw

71 :同人:2009/10/02(金) 04:31:45 ID:ZVu9Ps8CO
>>65涙目w
おまえに※送った人が可哀想だ

72 :同人:2009/10/02(金) 09:09:00 ID:HEZBOsic0
>65
自分もそういう※を送ったことがあるけど
凹まれる可能性なんて考えてもみなかったな

「そうですか、萌えてもらえなかったんですねがっかりです
二次は文章ばかりがきれいでもどうしようもないもんね」
とでも返しておけ

なんかすげえむかつく

73 :無理:2009/10/02(金) 10:25:33 ID:ExP8QyKti
>>65
褒められるだけマシだから
紙媒体なんて、感想も何もこないから

素直に受け止めて



74 :同人小説:2009/10/02(金) 11:29:16 ID:zE1AcqU80
>65
萌えました!感動しました!系の内容褒め称え※でアテクシを喜ばせろやゴルァ!
てことですね?
65に※送った閲覧者乙。

キャラの思考や行動に萌えたら、そういう※を送ってます。
中身に触れられず、文章表現についての※しか貰えないってのは、
実際凹んでいいレベル、てことじゃないの?

まあ65のところはやさしい閲覧者がいるみたいだから
彼らが努力してくれるのを期待して、
「文章褒め称え※はご遠慮ください」とでも書いておけば?


75 :同人小説:2009/10/02(金) 12:15:42 ID:BXIGYoWP0
質問です。
当方二次・単一カプで書いてます。

A×Bがひたすら会話してるだけの形態の小説ってありでしょうか。
時代背景、情景描写などはキャラの台詞で補う感じで、二人が言い合いをしつつ話が進んでいくような感じです。
いちゃこらして二人で愛を語っているわけではないので、微妙かな…と。

一度この形式でやったらめちゃくちゃ筆が進んで、自分も楽しかったのですが、
閲さんからみて痛かったらやめようと思ってます。

76 :同人小説:2009/10/02(金) 12:26:49 ID:Bb7qFUVo0
>>75
個人的にはアリ
キャラの対談を読んでいるみたいな感じは嫌いじゃないよ
ただいくつかあるうちの1〜2個とかならいいけど
そればっかりだと飽きるかもしれない

77 :同人小説:2009/10/02(金) 13:39:35 ID:up1dZFnc0
読んでいて面白くて自然な会話になっていたらあり。
妙に説明くさかったり、こんなこと普通言葉で言わないだろうみたいな
台詞が入ってたらなし

78 :同人小説:2009/10/02(金) 14:55:27 ID:0zYvKykfO
>>65
自分もよく言われるけど、すごい嬉しいし光栄だと思うけどな…
目指すものに因るんだな

79 :小説:2009/10/02(金) 19:48:21 ID:bt0rNledO
>>75

黒崎緑「しゃべくり探偵」シリーズが地の文なしの、会話のみで話が続くよ。
テンポ良くて、上手く会話に情景描写入れてて違和感なかった。
ミステリだから話にメリハリがあったし、良くも悪くも方言(大阪弁)なのでインパクトがあった。
だが反対に言えば、そういうトリックを使わないと
話として難しいかもしれないね。
しゃべくりシリーズは、たまにいつもと逆の会話がないバージョンもあって
バリエーションつくってたなー。
ご参考までに。たしか創元推理。

80 :同人小説:2009/10/02(金) 23:43:22 ID:O0zt7iSR0
>>78
自分も文体褒められて、
ひょっとして書いた小説には萌えがこもってないのかとか
喜ぶべきなのか悩んでたから、>>65の気持ちは少し分かるけど……
米お断りはちょっとなあ。

萌えを文章にこめるのはどうも苦手だから、自分は自分の道を歩むよ。
>>65を読んで少し吹っ切れた。

81 :同人小説:2009/10/03(土) 02:26:29 ID:YQBkBHIf0
>>80
いやいや、文体や文章褒めるときって、萌え完備は
デフォルトとして、その上で文体褒めてるんだと思う

萌えプラスアルファが文体や文章ってこと

拍手だと短文だし伝える感想も端的になるし、
そこらへんはどうしても省きがちになるから
>>65>>80も胸はっていいと思うよ

82 :語る:2009/10/03(土) 02:35:01 ID:8dpZWiBu0
凹む人は何をいったって凹む。
そういうパーソナリティなんだもん。
だから※欄とかは閉じるのが、本人の心の平安獲得と
読者の好意を踏みにじらない道だと思う。

83 :語る:2009/10/03(土) 03:03:00 ID:ELcBV6ty0
文体褒められて凹む人がいるってちょっとショックかも。
自分は文章表現に力入れててありがちなシチュでも
文体に自分らしさを出したいな、って思ってるから文体褒められると嬉しい。
感じ方は人それぞれだから難しいね。

84 :同人小説:2009/10/03(土) 03:26:59 ID:d7DgzoS60
二次絵描きで「綺麗ですね」って言われて凹むわーて人は
2でも見たことないけどなあ
これじゃ字書きはめんどくさい人間が多いって言われてもしょうがない
それに「二次書きだから」文体褒められても・・・って卑屈で嫌だ
一次書きだって幾ら美文でも内容が無ければ駄目だろ
他人の褌で書いてるって自覚するのもいいけど、卑屈になるくらいなら
他人のもの借りてるからこそ萌えも技巧も胸張れるものにしようと思えよ

85 :語る:2009/10/03(土) 08:33:53 ID:XBFh9fDr0
「文章きれい」がなぜ「萌がない」とイコールになるのか素で不思議。
思考回路が変だよねぇ。ひねくれ者かただの馬鹿か?

86 :同人小説:2009/10/03(土) 08:59:55 ID:vOzSlsk40
>>84
いや絵描きでも絵を褒めると
「(ストーリーに力入れてるのに)絵だけかよ!(泣)」と
ぶーたれる人もいる
まあこういう人達は何言っても自分が100%気に入る
感想じゃなきゃ、気に入らないんじゃないの
内容を褒めたら褒めたで、違うところを萌えられてガックリとか
力を入れて描写したところの感想は貰えないとか
またブツブツ言いだすんじゃないの

87 :語る:2009/10/03(土) 09:41:33 ID:eHxhG23a0
>>65
貰えたことに喜んで、普通に御礼を言う
で、次は「萌えました!」って真っ先に言って貰えるように
そういう作品にしようと頑張ると思う
自分が凹んだのは※のせいじゃなくて、自分の力量の問題だから

>>65は※貰えること自体に感動はないのかな
送ってる側はあれこれ悩んで※の文を書いて、
すっごく勇気振り絞って送ってるのだろうに

特に文体上手い相手に対して※送るのって勇気要ると思う
それでも送ってくれてる気持ちに対してどうとも思わないの?
勿体ないと思うよ凄く


88 :同人小説:2009/10/03(土) 09:47:30 ID:vR+IILTf0
そもそも>>65ってたまたま字書きだからこのスレ見て
書きこんだんだろうけど、どう考えてもこっち向けの話題だよね

嬉しい感想、嬉しくない感想 26
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1250052826/
>>65はこっちで好きなだけ吐き出せばいいよ
向こうでも叩かられるだろうけどw

89 :同人小説:2009/10/03(土) 09:48:04 ID:vR+IILTf0
× 叩かられる
○ 叩かれる

90 :同人小説:2009/10/03(土) 12:01:37 ID:Tw7GQMXK0
オン専。
作品が長編傾向にあって、年単位で完結させてる。
このたびジャンル変更することにした。サーチの規定作品数は3作以上。未完は除く。
登録できる日が来る気がしない。

とりあえず三年は陸の孤島でがんばるしかないか…。

91 :同人小説:2009/10/03(土) 15:29:20 ID:Kh7jsp9G0
閲なんで分からないんだけど、幸登録なしだと
どういう人がどういう経緯で見に来るんだろ。
検索避けはしてあるだろうし。
交流のあるサイトのリンクとかかな。

92 :同人小説:2009/10/03(土) 15:31:58 ID:zHiS+DUj0
>>90
自分も長編傾向だからそういうサーチしかないと孤島になりかけるw
自分の場合は架空の長編を脳内で練り上げ、
その番外編を書いてるつもりで規定数分の短編を書きサーチに登録した
それからもう数本同じように短編を更新して、ある程度閲覧者が付いてから長編始めたよ
やっぱり見てくれる人いる方がやる気に繋がる

93 :同人小説:2009/10/04(日) 14:43:46 ID:MNpp0rtX0
この機会に、練習だと思って短編も書いてみたら?
字数5000字以下とか自分で上限を決めて、試しに10本位書いてみるとか。
この尺じゃ収め切れない違和感があるのなら、
落とし所を決めて一話完結の連続物にするとかして。
長文書きだと、削る、凝縮するほうが大変な作業になると思うけど
自分のレパートリーを広げるという意味では、決して無駄な努力にはならないと思う

94 :同人小説:2009/10/04(日) 16:12:58 ID:YwCmjgP90
うちのジャンルは長編のみの場合は○キロバイト以上とか○文字以上でOKなんて
抜け道のある幸が多いな
まぁ小説サイトが多めで読み手も長編を好む人が多いジャンルだからかもしれないけど。

95 :同人小説:2009/10/04(日) 23:13:33 ID:syrpGqMy0
>>90
読み手意見もおkなスレだから読み手側からいうと、
サーチ登録条件クリアついでに
サンプルとかお試し的なものだと割り切って
五千字くらいの作品を幾つか書いてみるのはどうでしょ

短い話が幾つかあると、作家さんの傾向や文体もわかって
読み手としてもとっつきやすい

96 :語る:2009/10/05(月) 01:14:45 ID:Yscdj/EP0
うちちゃっちゃと読める掌編(3〜5000文字)も置いてるけど
誰もこれを読んでくれない……
そりゃ完結してるから、幸上げとかはできないんだけど、それにしたって
読者数は1/1dayがいいとこだよ。

なんでか長期休載中の長編とか、7万字越えの長編とかばかりが読まれてる。

97 :同人小説:2009/10/05(月) 01:23:07 ID:D3D7aPHJ0
>>96
皮肉でなく、短編がリピート読みするに耐えないからだと思う

長編向きで、短編だといきなり内容省きすぎて
登場人物の行動が唐突になったりイミフだったりするとこがある

その人の書く話って、長編だとほんと細やかな描写かつ萌えるのに
短編だといきなりgdgdなんだよなー

98 :語る:2009/10/05(月) 01:38:30 ID:Yscdj/EP0
うーんでも、その短編群は某所の企画参加作を集めたもので
それなりに評判は良かったんだよ。

まあ実物をここで披露できない限りは何を言っても信用されないと思うけど
オフの知り合い(一次創作なんで、同人関係ない人達)複数に出力して見せた時も、
かなり評判は良かったんだ。どこかに投稿すべき、といわれたくらい。
自分は元々漫画描きなんだけど、連載じゃなくずうっと読み切りでやって来た人間なんで
(だからこそ、趣味つうか遊びの小説じゃ長編をやりたくなったんだけど)
短編の書き方というのは、それなりにわかってるつもりなんだけどな。

99 :同人小説:2009/10/05(月) 02:05:14 ID:D3D7aPHJ0
>>98
信用するしない以前にそれ(=一次、かつかなり評判が良かった
作品であるという情報)を>>96だけで予想するのがムリ!w

そもそもレス期待しないチラ裏的書き込みだったから
情報少なかったんだろうね、浅薄なレスしちゃってごめん

マジレスで、一次は短編だとなかなか入り込みづらいからだと思うよ
自分は短編好きで、商業の短編集もかなり買う方なんだけど、
友達なんかは短編は一切読まない子もいる

キングやディーヴァーも、書くのは短編の方が技術がいるのに、
読者は軽んじるし原稿料安いのは納得いかん! って書いてたw

100 :同人小説:2009/10/05(月) 11:17:50 ID:vkoeKJ860
75です。
>>76様、>>77様、>>79様 ありがとうございます。
全くナシではないようで安心しました。
とりあえずサイトに投下してみます。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

101 :語る:2009/10/05(月) 12:43:06 ID:Yscdj/EP0
>>99
こちらこそ、なんかしょうもないことをムキになってごめん。
ただ、ここで出たような「お試し用に短編を」というのは
自分も納得というか、自分も長編と短編あれば短編読むクチなので、
ウチの短編が読まれないのはつくづく不思議だなと思ってて。

1次の短編ってのは、実際読みにくいのかも知れないね。
2次だと端折れる設定も入れていかなきゃならないし。


102 :語る:2009/10/09(金) 10:23:32 ID:cSMuchR80
でもまあ、アンケートなんか見ると一次は長編目当てでめぐる人多いからね。

長編でそこのサイト自身が気にいっても、なかなか短編には手が出せない。
それこそ、短編を読ませるほどの腕がある人がいないから。

103 :小説語り:2009/10/11(日) 00:12:41 ID:vtP3qTNt0
>>75にあったような、会話文だけでのHPって成立するんだろうか。
最近萌えがとうとう我慢ならないくらいになってきて書き出し始めたんだけど、
どうにもこうにも地の文がだれて会話で話が進んでしまう。
その途中で何だか違う、と書きやめたのがいくつかあるところで、
ひょっとしたら会話のみっていう表現方法が成立するのなら、それも勿体ないのかなと思って。

104 :同人小説:2009/10/11(日) 00:16:12 ID:mtvEu79B0
形式としては、なんでもアリだと思うよ
TRPGのリプレイなんか、九割近く会話だし。

ただ、ここでは実際の作品をを見てみないと、なんとも言えないなあ

105 :同人:2009/10/11(日) 00:47:18 ID:755E9WUs0
>>103
「戯曲」っていう形式だってあるんだし、気にしないで書き上げてみたら?
もし不安だったら戯曲を少し読んでみることをお勧めする

106 :同人:2009/10/11(日) 01:42:13 ID:f2MrFpHN0
いっそシナリオとか脚本方式なんてどうだろう
あれなら台詞だけで、状況説明は少なくて済む
初めて目にしたときはびっくりしたけど面白かった

107 :小説語り:2009/10/11(日) 01:42:55 ID:vtP3qTNt0
>>104-105
レスありがとう。取り敢えず書き上げてみることから始めてみる。
会話文での本当に短いやり取り(2人の会話×30往復くらい)は上げてあるんだけど、
一般的なSSというか小説くらいのボリュームでそれをやったら流石に鬱陶しいかな?と思ったんだ。
表現方法の新規開拓っていうのもなかなか難しいが、やり甲斐あるね。

108 :小説:2009/10/11(日) 02:09:42 ID:QorImxaS0
>107
自分が読んで面白かったらそれが正解だよ

109 :小説:2009/10/11(日) 03:21:50 ID:8tGaSUh60
>>107
その会話の間、二人は何か動作とかはしてるのかな?
どこかに座ったりして延々話し込んでるようなシチュだったら、
会話のやりとりだけで話を進めるのは大いにアリだと思うよ

ただ、移動中とかで頻繁に場面が変わったり、体を動かすようなことを
やりながらの会話だったりする場合は、多少地の文があった方が
わかりやすくなる&読者にも情景が伝わりやすいと思う

110 :小説語り:2009/10/11(日) 11:18:27 ID:15YTl5dU0
>>106
あ、それも面白そうだ。やべー何だかワクワクしてきた
>>108
安西先生ありがとう。
>>109
先に挙げた、2人×30往復は立ち話程度かな。
AがBの元を訪れて、それじゃあ出掛けようか、までのやり取り。
行動まで無理矢理ねじ込んでしまうと、きっと>>77のナシ要素になるんだろうな。
すごい参考になった。ありがとう!


111 :語る:2009/10/11(日) 12:39:45 ID:ikm6U1NN0
セリフだけの話は超ショートなら偶にやる
長編だとキツイだろうな

112 :同人小説:2009/10/11(日) 12:52:39 ID:0C5QroNJ0
太宰の駆け込み訴えみたいな完全一人称ならたまにやるな
誰かと会話してるテイで、主人公のセリフのみ字の文扱いで書いていくやつ
基本的にSSサイズのものばかりだからできるんだろうけど
書いててた楽しいし評判もいいからたびたびやりたくなる。
まあ、たまにやるから読んでもらえるんだろうと思って自重してるけど

113 :同人小説:2009/10/11(日) 17:12:49 ID:mX0HQl4C0
駆け込み訴え形式ってホント評判いいよね
自分も何度かやったことあるけど、普段ROM専な閲まで米くれる

114 :同人小説:2009/10/11(日) 18:10:02 ID:RPhMHfrs0
へーそうなのか
1回やってみっかな

115 :同人小説:2009/10/11(日) 18:38:01 ID:kzGVLFbn0
> 駆け込み訴え形式
恥ずかしながら初めて聞いたわ
ちょっと読んでみたいんだけど、何かオススメの本とかない?

116 :同人小説:2009/10/11(日) 18:51:16 ID:qKj11kP6O
>>115
太宰治の「駆け込み訴え」

117 :同人小説:2009/10/11(日) 19:04:09 ID:tX+swGng0
青空文庫にあったよ>駆込み訴え


118 :同人小説:2009/10/11(日) 19:14:15 ID:sYHjdKY90
会話文のみみたいなのは、元々文章のうまい人がやると違うんだろうけど、
自分は余計に屁くささが目立つ気がしてやれない

それに関連してギャグを含んだ小説が書きたい
ギャグ含めるとテンポ重視になるから、地の文を入れるのが難しくなる
とすると会話が多い文章になるけど、それだとよくある屁の文章になる…

ボケ1人目→ボケ2人目→ツッコミ
ってセリフの流れなら、下手したら1と2の区別がつかなくなるし、
ツッコミ担当が何か動きがあったとしても、それを細かに書いてたらテンポが悪くなる
ギャグが書ける人は尊敬するよ

119 :同人小説:2009/10/11(日) 21:50:57 ID:kzGVLFbn0
>>116
>>117

すまんそのままだったんだなw
ありがとう

120 :同人:2009/10/12(月) 11:28:17 ID:30UFStAW0
2人だったらA=ボケで、B=ツッコミって完全に役割を決めてしまえば
会話だけでも区別はつくんじゃないかな。
これが複数になったり、2人でもボケとツッコミの立場が
何度も入れ替わったりしたらややこしくなりそうだけど。

121 :同人:2009/10/12(月) 11:41:36 ID:L4EB5kvL0
「〜だよ、A」「それは〜だろB」みたいに会話内に名前を入れたり
口調の違いで区別したり工夫しようはあるね

122 :同人小説:2009/10/12(月) 13:06:20 ID:czZxQ1+e0
オフで小説本買う人はぺらい小説本はあまり買わないという
意見をよく耳にするけど、それって長編が読みたいってこと?

自分は長くても2段組40p程度の話しか書けないから、
あとは10〜20pの短編を入れたりして総ページ数は
それなりになるんだけど、やっぱりそれなりにページ数が
あっても、中身が短〜中編集だったら読み手としては
物足りないんだろうか

123 :同人小説:2009/10/12(月) 13:21:08 ID:9nvSArhO0
ジャンルによるのではなかろうか
分厚い本しか読まない層が多いジャンルだと確かにそうなんだろうけど
自分の経験から言うと40Pくらいあればもうそれでそこまで敬遠されることもなかったかな
読み手としてはあまり気にしない

124 :同人小説:2009/10/12(月) 13:21:50 ID:lEiV9Yo20
無駄にページ数だけあるだらだら長い話より
すっきりまとまってる短編・中編の方がいいと思う

125 :同人小説:2009/10/12(月) 13:24:17 ID:30UFStAW0
>2段組40p
2次ならすでにキャラも世界観も分かってるから、私はそれぐらいが読みやすい。
1次でそのページは過去の経験では、キャラかストーリーのどちらかが
物足りないことが多かったので、もう少し書きこんで欲しいと思うかも。
でももちろんそれで充分面白い人もいるので、決めつけは出来ないけどね。

126 :同人小説:2009/10/12(月) 13:24:40 ID:9nvSArhO0
まあ長編がすごい読みたくなることもあるから
長編書きの人にはがんばって欲しいとは思うんだけどねw

ムダにダラダラな長編は確かに値段が高いだけあってがっかり感も大きいんだけど
面白い長編はホント読み応えがあって好きだな

ジャンル内に短編、中編、長編、それぞれうまい人が居るのがまさに理想

127 :語る:2009/10/12(月) 13:25:08 ID:t2qVOM6J0
オフでもオンでも短編中心。
特にオンは読んでる間中モニタ前に固定されちゃうから
せいぜい2万字くらいまでのがいい。
特にオンは書き手が素人だから、長編は敬遠しちゃう。
ストーリーラインがはっきりしてないと読めないんで……
オフで読んだ最長編は指輪だけど、一般的な文庫本1冊くらいの
ボリュームがいいね。


128 :語る:2009/10/12(月) 13:30:06 ID:t2qVOM6J0
ん?あれ?ごめん、同人のオフ小説か。
ちょっと勘違いしてました……

同人のオフ小説なら、やはり最初は短編がいいな。
2段組40pなら充分、というか、自分的には一番読みやすい
ボリュームかな。
何度か買って好みの作風だったら、長編もお試しで買うと思う。

129 :同人小説:2009/10/12(月) 13:37:04 ID:czZxQ1+e0
短時間で色々な意見どうもありがとう。
2次なら40p程度でも充分受け入れられるようで
安心しました。
読み応えのある長編が書ける人は本当に尊敬します。
自分もいつか挑戦してみたいです。

130 :同人小説:2009/10/12(月) 13:42:42 ID:gdBVxi1A0
個人的にはその短編が中編の番外編になってたり
後日談だったりするなら一本の話としてみなすけど
完全に一本ずつ独立した話ばかりの短中編集だとちょっとがっかりするかな。

今のジャンルは二次でも小説が強くて
サイトでも独立した短編中心だと敬遠されがち。
でも同じ短編中心でも同じ設定のシリーズものとか
一つ一つでも読めるけど基本的に繋がってるとか、そういうものの方が人気があるね。
オフでもそういう傾向があるみたいで、ぺらい本でもシリーズモノだと買ってくれる人多いな。

131 :同人小説:2009/10/12(月) 13:43:22 ID:gdBVxi1A0
あ、リロってなかった、ごめん。

132 :長編好き:2009/10/14(水) 09:24:30 ID:19EsiTrR0
http://novel.gotmail.jp/cgi/novel_cover.cgi?nvlmid=2802
こういうまだ序盤で伏線張りまくるのが長編の醍醐味
しかし大体の場合伏線炸裂するときにがっかりしたり忘れられたりでしょんぼりするのが悲しいな

133 :同人小説:2009/10/14(水) 18:41:19 ID:VHIyFUhh0
宣伝乙
私怨乙
どっちかな?

134 :同人小説:2009/10/18(日) 20:06:43 ID:SYSi9aCS0
皆様、どういう形で書き上げて、どういう手段でサイトにアップしてますか?

当方超初心者。サイト作成経験なし。
一太郎で書き始めたんだけど、これをどうアップしたものか…。
手打ちでHTML化してくしかないのかな。
一太郎の機能でHTML化できるらしいけど、見れたものじゃないときいてorz

どこから手を付けて良いのか分からなくなってきたっす…

135 :同人小説:2009/10/18(日) 20:54:43 ID:musNWxja0
>>134
小説がどうこうというよりサイトの作り方だよね?
スレチな気もするけど、小説に限って言えば自分の場合
メモ帳に打って改行タグ入れて(自動挿入サイトで)、HTMLのひな型にコピペして
名前をつけて保存で終了。

単純にサイトの作り方なんだったら、まずサイトの形をHTML手打ちで作るか
最近はテンプレサイトもいっぱいあるから、そういうところから借りてくればいい。
CSSはとりあえず置いておいても、HTMLについてはある程度知っておかないと
今後の管理も大変だろうから、まずはざっくり手打ちしてみることをお勧めするけどね。
一回ひな型作っとくと、あとはそれ使いまわすだけだし楽だよ。

136 :同人小説:2009/10/18(日) 21:45:49 ID:yRMeYUjK0
>134
初心者は素直にサイト作成ソフト使った方が楽だと思う。
ホームページビルダーとかね。
少なくともデザインの面ではワープロソフトに近い感覚で弄れるから、
htmlやcss知らなくても一応は形になるよ。
FTP(サーバとのファイルやデータのやり取り)も、最低限の設定だけ
して後はソフトにお任せでいけるし。
ただ、追々でいいからhtmlはある程度知っておいた方がいい、っていう
点は>135に同意。

137 :同人小説:2009/10/18(日) 21:48:32 ID:8F4+K4oi0
>>134
自分もまずメモ帳に打ってから改行タグ入れてる
シンプルなサイトだから、タグ全て手打ち
一度作ればコピペばっかだからラク
CSSはネットで探してコピペ

138 :同人:2009/10/18(日) 23:36:46 ID:5rNNWLsj0
私はビルダー使いなんだけど、
ビルダーに何も書いてない白い画面出して、そこにテーブル入れて大きさ決めて、そのまま書く
初心者の頃にこうやって書き始めたら、ずっとこう
メモ帳も文字用のエディタも受け付けない…
オフ用も原稿すらこれで書いて、ワードに流し込んでるよ

139 :同人小説:2009/10/19(月) 05:25:30 ID:NGJUOPjlO
自分は全部メモ帳。
ctrl+Cに改行タグだけ入れておいて、一行一行書くたびにctrl+Vでタグ入れてる。
字面を見たいときのために別窓でブラウザ開いておいて、時々そっちで文章チェックする。
前回保存したときより進んだ!って感じがあってやる気でるよ。

140 :同人小説:2009/10/19(月) 09:31:24 ID:ClhvnHX30
小説用のテンプレートファイルを作っておく
テキストエディタで小説を書く
改行ソフト(って言うのかどうか知らないけど)で文末に<br>を挿入する
テンプレートファイルにコピーする

自分はこんな感じ

141 :同人小説:2009/10/19(月) 10:07:03 ID:m4sKw5Cg0
>>140と似たようなやり方だが、改行はテキストエディタでやる。
改行コード→<br>改行コード と一気に変換。
ついでにhtmlも同じテキストエディタで打ってたりする。

142 :同人小説:2009/10/19(月) 20:42:34 ID:RzAxe7WL0
イラストサイトよりもサイトデザイン依存度が高いから
まずどんな雰囲気のサイトにしたいかテンプレサイト回ってみるといいと思う

内容が良くてもレイアウトが読みにくい小説サイトはもったいない

143 :134:2009/10/20(火) 00:06:26 ID:bOGufysr0
皆様、ありがとう―――!!
ものすごく参考になりました。

とりあえずビルダー体験版を入れていじりはじめました。
先は長そうですが、がんばって開設にこぎ着けます。

144 :同人小説:2009/10/21(水) 21:58:04 ID:9HuyQAlt0
既に話題が遅いけど、小○HTMLの小人さんが手間掛からなくて良いんじゃない?
自分では使ってないけど、これの利用者さんの小説は読み易いと思う

145 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2009/10/24(土) 23:04:27 ID:gz6sh1gM0
同人小説で一番売れてるやつって誰?

同人マンガは相当稼げるみたいだけど、同人小説はほぼ聞かないよな。
やっぱり売れないのかね。マンガみたいに何百万は無理でも、数十万売ってるやつはいないのか?

146 :同人:2009/10/24(土) 23:21:16 ID:nBhcXr380
同人小説で一番売れてる…型月のきのこって同人だっけ?

147 :同人小説:2009/10/25(日) 01:59:04 ID:zIp4b+KFi
友達がそれで暮らせるくらい稼いでたのは聞いた
なんで仕事辞めないのか聞かれたって

小説は部数もだが分厚い本の大手はすごいからな単価が

148 :同人小説:2009/10/25(日) 09:32:39 ID:MLyuEtku0
小説同人で専業は割と聞く。
でも男性向け、女性向け、ジャンルによるだろうから誰が一番とかどうやって調べるのか。

149 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2009/10/25(日) 11:42:54 ID:grlJSqMW0
やっぱり売れてるのはマンガと同じく二次創作アダルトかな。
小説の場合はオリジナルアダルトも結構売れてたりするのか。

誰が一番どころか、同人小説の有名どころすら聞いたことないからな。
実は同人小説専業が結構いるならうれしいな。小説書きとしては。

150 :同人小説:2009/10/25(日) 14:30:11 ID:UFxquCm70
同人で有名どころといえば、商業の人が個人的に出す
二次とかスピンオフ的な本とか…
って印象しかないなあ

151 :同人小説:2009/10/25(日) 16:04:04 ID:jBtKEpX30
>>146
竹箒名義なら同人扱いのはず

152 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2009/10/25(日) 16:27:31 ID:grlJSqMW0
作品が商業デビューしてしまうと宣伝力が同人レベルじゃなくなるからな。
ただの同人作家と同列に並べていいものかどうか。

153 :小説:2009/10/26(月) 03:59:35 ID:a3SL8vvvO
女性向け二次小説なら侍騎兵の緑青の大手サークルの片割れの売り上げが最高記録というのを聞いたことがある
いまだ記録破りはいないとか
売り上げだけでマンション買ったとかいう話も

現在は商業で活躍されてますね


154 :小説:2009/10/27(火) 10:43:37 ID:8FFlHvN90
女性向けでは今年の夏コミに下手でシャッター配置の小説サークルがいたよ
パンフ見る限りいつも壁にいるみたいだし、カプが違うから詳細は知らんが
いくら同人では漫画>>>小説とはいえ、バブルジャンルでシャッターまで
いくならそれなりに売れてるんじゃないかな

155 :小説:2009/10/28(水) 00:33:03 ID:k1QqVBfs0
そんな特定出来そうなことを書くとか実は荒しなの?
同ジャンル者ならすぐあそこかって判る条件じゃんそれ…

156 :小説:2009/10/28(水) 00:38:23 ID:jJKiKcV50
男性向けは150-151で平気でサークル名が挙がってるのに、
女性向けだと154の内容だけで荒らしになるのか。

考え方の違いが見えてちょっと面白い。

157 :小説:2009/10/28(水) 01:41:14 ID:OjXYSWanO
全く>>156の言う通りだわ

158 :小説:2009/10/28(水) 03:28:37 ID:k1QqVBfs0
女性向けは男性向けとは違ってヲチが中傷・叩き目的だったりするからな
女性向けの小説で目立つところは9割方魚血板の餌食になってると
みていい
いくつかの女性向けの大ジャンルを渡り歩いたけど、壁に行くレベルに
売れる字書きは荒しの対象になりやすい。つか、なる。
そういう意味で女性向けのサークルは配慮が必要だと思うぞ

159 :同人小説:2009/10/28(水) 07:14:07 ID:eBLQGXNL0
そうですかw

160 :小説:2009/10/28(水) 10:52:47 ID:p0bnaw430
単純に女尊男卑なんだろw
あたくしたち女性にはきちんと配慮しなさいよ!っつーw

161 :小説:2009/10/28(水) 13:22:26 ID:/kzB4IQG0
ここの女はすぐ配慮配慮って配慮乞食が多い。
お互い牽制しあって縛りあって、ちょっとでもその不文律を破ると鬼の首とったかのように責め立てる。
馬鹿かと思う。

162 :小説:2009/10/28(水) 13:39:59 ID:gcfqt1O6O
これだから女はといわざるを得ない。
女禁制スレでもあればいいんだが。

163 :小説:2009/10/28(水) 18:36:51 ID:lzyN+w43O
字書きは男も女も粘着質だということが大変よくわかる流れですね

164 :小説:2009/11/02(月) 14:59:10 ID:qfeih6ONO
流れ豚切りスマソ
オンの二次短編で、文字数って最低どれくらい必要と考える?
最近書き上げたのがキャラ独白でめちゃくちゃ短くて、表に出して良いものか悩んでる。
独白以外の場合も、参考にしたいので聞かせて欲しい。
お願いします。

165 :小説:2009/11/02(月) 15:50:53 ID:yepAkczN0
オンに上げるものなんて、所詮自己満足なのだからして
文字数なんかに拘るのはアホくさいと思うんだが。
独白だろうが、台本形式だろうが、絵文字使ってようが
楽しく書いて、アップすればよろし。

どんだけ長く書こうが読まない人は読まないし、或いは逆に
形式守ってなくても、楽しく読んでくれる人は読んでくれるだろうと思う。

166 :同人小説:2009/11/02(月) 22:07:56 ID:zIMYtMiD0
なんか、長い文じゃないと読みごたえがないとか言われてるけど
短くても最高にかっこいい文書く人もいるかならあ…
やたら形容詞ばかり連ねてだらだらした文よりも
簡潔に綺麗な文の方がよっぽど萌えたりする

167 :小説:2009/11/03(火) 04:12:40 ID:roJFYhSW0
>>164
読み返してこれ以上筆を入れる部分がないなら
それで完成と見てもいいんじゃない?
必要ないのに字数増やしても水増しになるだけだよ。
読者がちゃんと意味を理解できるならいいと思う。

168 :小説:2009/11/04(水) 02:09:34 ID:doySq58a0
とりあえず自分が書きたい部分が書ければ良いんじゃないのかな。
個人的な話だから参考にはならないかもしれないが、
自分は、特に短編は書きたいシーンや言わせたい台詞に向けて書くようにしてる
前後の文章はその演出に過ぎない。
演出部分が短く済むならそれはそれであっさりしてて良いし、
物足りないなら別のシーンやエピソードを継ぎ足してふさわしい長さに調節する

169 :小説:2009/11/04(水) 04:57:04 ID:ewKjrHMQO
10年ぶりに小説道場を引っ張りだして読んだら、なんか泣けてしまった
貴方は貴方の歌しか歌えない
本当にその通りでした、御大…

170 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2009/11/05(木) 12:48:30 ID:j13mdgIp0
>>165
宣伝にはなるっしょ。
同人作家なら特に。オン掲載。

171 :小説:2009/11/11(水) 16:40:30 ID:AUdbAO6Q0
>>170
イラストならともかく
見る奴なんているのか?

172 :小説:2009/11/11(水) 17:00:48 ID:nRisFO3RO
>>171
小説サイトいかない?
サイト見て来ました、て人結構いるぞ
むしろぱっと見で判断できない分、絵より宣伝の意味はある気がする

173 :小説:2009/11/11(水) 18:55:35 ID:+UkxHaR50
この続きは本でドゾ〜とか、再録とかされると、
小説だと一気に買う気無くすけど、
サイトで文体気に入ったら買うかも。

174 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2009/11/11(水) 19:48:03 ID:vqqM/vKcP
>>173
最初から本の宣伝として最初の章だけ載せるとかはありだと思う。

上の人も書いてるが、小説はその場その場でいちいち手にとって数ページ読むのも大変だし、
サイトで見て前もって買うかどうか判断しといてもらったほうがいいんじゃね。宣伝活動の一環としても。

もちろん宣伝のつもりが逆効果のパターンも多いだろうけど。

175 :同人小説:2009/11/11(水) 19:59:13 ID:sUQIenmW0
試し読みってことで、同人誌のさわりの部分だけを
アップしてますってことをはっきり謳ってれば
問題ないけど、読ませるだけ読ませておいて
いきなり続きは同人誌で、とか某特撮バイク乗り
みたいなことされたら買う気なくなる

176 :小説:2009/11/11(水) 21:20:30 ID:nRisFO3RO
続きは本で、は人それぞれ考えが全然違うよねえ
自分は気にしないけど、いやなひともいるんだろうとは思う
ただこういうのはどんなことでもあるし作る側は好きにすればいいと思うけどね

177 :小説:2009/11/11(水) 21:34:52 ID:+UkxHaR50
続きはWebで。というCMを見て、
Webを見た試しがないようなもの。

178 :小説:2009/11/12(木) 10:37:52 ID:LNYYtDhQ0
>>174
小説ではなくノベルゲーだけど、日暮らしがまさにそれで成功したよね。
(第一話を完全収録した体験版をWeb公開したことでブレイクした)

179 :小説:2009/11/20(金) 21:24:16 ID:elcuZNVT0
日暮はメディアによって作品形態に大きな差がないこともミソかもしれない
メディア、表現媒体の形態が作品を読む上で読む側に様々な影響を与えるって
自分が思ってるから余計にそう考えるのかもしれないけど。

180 :小説:2009/11/27(金) 15:15:20 ID:w1/K8JLiO
最近買った神同人小説とか最近読んだ神オン小説とか語ってもいいですかスレ違いですか

181 :小説:2009/11/27(金) 15:22:27 ID:2w7VJ9xb0
絶対に特定できないように、フェイクまじりならいいんじゃないかな

182 :小説:2009/11/27(金) 16:24:29 ID:gg5Zw2fd0
周囲の虹小説と自分の虹小説が、あまりに描写量が違うので困惑してる。
特にキャラの感情が動かないどうでも良い行動を描写する場合、
自分は1ページくらいに、朝起きてご飯食べて学校へ〜とアッサリと書くんだけど、
周囲は10ページくらいになっても、そろそろやっと目が覚めそうかも?という状態。
オフでも自分は40pの本をやっと出す中、周囲は200p超はザラ。
周囲の人の小説を読むとイライラしてくるんだけど、
自分がセッカチなだけじゃないかと思えてきた。
小説は一つの行動をタップリ描写して、長く分厚くした方がやっぱり良いのかな。

183 :小説:2009/11/27(金) 16:27:38 ID:2w7VJ9xb0
うぜえ
もう答えは決まってるように思える

184 :同人:2009/11/27(金) 16:38:17 ID:/6vXbdwP0
欲しがってる答えミエミエの質問はうざがられるよね☆

185 :名前:2009/11/27(金) 16:52:03 ID:S2iIOC2L0
そういうのはプロの小説を読んだときに
どう思うか、じゃないの?

186 :小説180:2009/11/27(金) 17:04:02 ID:w1/K8JLiO
では、
二次801でどっちも同じジャンル。
神小説なんだけど地雷によくなる内容でもあったんだ。
同人小説の方は攻オリキャラ主人公の一人称小説で、オン小説の方は死にネタだった。
オリキャラはいわゆるメアリーではなくてmy受の原作キャラをかっこよく引き立ててた。
最後受に殺されてて、あとを引かなくていい意味で使い捨てキャラでした。
一人称なせいか死ぬ頃にはオリキャラに感情移入できて泣いた。

my受死にネタは涙がボロボロ出て喪失感もたっぷり。
今度原作に登場する時は死ぬ時だなんて言われるキャラなせいか本当にこんな感じの最後に
なるんじゃないかと思った。
読んで数日落ち込んだけどお肌はツルツルになるような、喪失感と充実感を与えてくれる作品だった。

オリキャラ、死にネタ、地雷かもと思わずに読んで良かった。
他に地雷に多いパラレルが苦手なんだけど上手い人が書いたのならこれからは読んで
みようと思った。

187 :同人小説:2009/11/27(金) 20:33:45 ID:DcDCAKlM0
まあ上手い人が書けばなんだかんだ言ってもいいもんになるよな
凄いいい同人誌読むと、それ以降そのキャラなりカプなりになってたりするくらい
上手い人の小説って影響あるわ

188 :同人小説:2009/11/29(日) 16:32:26 ID:KGvzVpbn0
自分もこの人のだったら得意じゃないネタも美味しくいただける、とか
この人のだったら地雷カプでも何でも全部萌える!って思ったことあるな。

1行目と2行目はまた別の人なんだけどどちらの字書きさんも本当に尊敬してるし大好きだ。
片方は友人だからあまりにも褒めまくると恐縮されちゃうので本人には言えないがwww
上手くて自分好みの人のを読むとこんな文章書けるようになりたいなあと思う

189 :同人小説:2009/12/03(木) 00:18:15 ID:NWlwXoJRO
同じ題材で書いててもここまで違うかと思うくらいの話を書く人っているよね。
そういう人の話は萌えたり感嘆したりで更新頻度が月一だろうが
数ヶ月に一回だろうが日参を越えて時参になる。

190 :nthrsm035047.hrsm.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp:2009/12/12(土) 13:34:24 ID:UdOK2Bys0
仮想敵が多すぎるんだよ基本的に
自意識過剰というのか、小心者というのか・・・

191 :christiang:2010/01/20(水) 22:27:27 ID:guFjGsd80
下の作品 二次創作小説(SS)自費出版通販予定はないでしょうか?
下の作品も それなりに おもしろい 名作と思うの に、 SSがない、少ないのがとても惜しいと思います。

1. 初恋ばれんたいん スペシャル
初恋ばれんたいん スペシャル PS版は あまりのテンポの悪さ,ロードは遅い(パラメーターが上がる度に、いちいち読み込みに行くらしい・・・)
のせいで、悪評が集中しました。ですが 初恋ばれんたいん スペシャル PC版は テンポ,ロード問題が改善して 快適です。
(初恋ばれんたいん スペシャル PC版 プレイをお勧めします!) 初恋ばれんたいん スペシャルはゲームシステム的にはどうしようもない欠陥品だけど。
初恋ばれんたいん スペシャル のキャラ設定とか、イベント、ストーリーに素晴らしいだけに SSがないのが とても惜しいと思います。
(初恋ばれんたいん スペシャル PC版は XPで動作可能です。)
2. エーベルージュ
科学と魔法が共存する異世界を舞台にしたトリフェルズ魔法学園の初等部に入学するところからスタートする。前半は初等部で2年間、後半は高等部で3年間の学園生活を送り卒業するまでとなる。 (音声、イベントが追加された PS,SS版 プレイをおすすめします。)
同じワーランドシリーズなのに ファンタスティックフォーチュンSSは多いのに似ている 魔法学院物なのに ネギま、ゼロの使い魔 SSは多いのに
エーベルージュのSSがほとんどありませんでした。

192 :christiang:2010/01/20(水) 22:28:20 ID:guFjGsd80
3. センチメンタルグラフティ2
センチメンタルグラフティ1のSSは多いのにセンチメンタルグラフティ2のSSがほとんどありませんでした。
前作『センチメンタルグラフティ1』の主人公が交通事故で死亡したという設定でセンチメンタルグラフティ2の
主人公と前作 センチメンタルグラフティ1の12人のヒロインたちとの感動的な話です
前作(センチメンタルグラフティ1)がなければ センチメンタルグラフティ2は『ONE 〜輝く季節へ〜』の茜シナリオ
を軽くしのぐ名作なのではないかと思っております。(システムはクソ、シナリオ回想モードプレイをおすすめします。)
センチメンタルグラフティ2 VS ONE 〜輝く季節へ〜の茜シナリオを比べてみました
センチメンタルグラフティ1の主人公 田中 一郎 = 茜 小説版、ドラマCDに登場する茜と詩子の幼馴染 城島司 永遠の世界に
センチ1の主人公 田中 一郎は交通事故で死亡 = 城島司は 「えいえんの世界」に旅立つことになる。
センチメンタルグラフティ2の主人公 椎名耕平 =ONE 〜輝く季節へ〜の主人公 折原 浩平
センチメンタルグラフティ1の12人のヒロイン = 里村 茜
4. 茜 小説版、ドラマCDに登場する茜と詩子の幼馴染 城島司のSS
茜 小説版、ドラマCDに登場する茜と詩子の幼馴染 城島司を主人公にして、
中学生時代の里村茜、柚木詩子、南条先生を攻略する OR 城島司ルート、城島司 帰還END(茜以外の
他のヒロインEND後なら大丈夫なのに。) SS
5. Canvas 百合奈・瑠璃子先輩のSS
個人的には 「呪い」 と「花言葉」 を組み合わせた百合奈 シナリオは Canvas 最高と思います。
Canvasの他のヒロイン SSは多いのに Canvas 百合奈・瑠璃子先輩のSSがほとんどありませんでした。

193 :christiang:2010/01/20(水) 22:29:01 ID:guFjGsd80
6. ファーランド サーガ1、ファーランド サーガ2
ファーランド シリーズ 歴代最高名作 RPG
7. MinDeaD BlooD 〜支配者の為の狂死曲〜
似ている 伝奇バトル吸血鬼作品なのに 月姫、Fate、痕(きずあと) SSは多いのに
MinDeaD BlooDのSSがほとんどありませんでした。
8. Dies irae
9. Phantom of Inferno
END.11 終わりなき悪夢(帰国end)後 玲二×美緒 SS
10. 銀色-完全版-、朱
『銀色』『朱』に連なる 現代を 背景で 輪廻転生した久世がが通ってる学園に
ラッテが転校生,石切が先生である 石切×久世 SS
11. TYPE-MOON
(1) 逆行最強化断罪スーパー慎二がペルセウスを召還する SS
(2) 凛がイスカンダルを召還するSS
(3) 逆行最強化慎二 OR 四季が 秋葉,琥珀 OR 凛を断罪する SS
(4) 憑依最強化慎二 OR 四季が 秋葉,琥珀 OR 凛を断罪する SS
12. ゼロの使い魔
(1) 原作知識有 助演 憑依転生最強化SS
(ウェールズ、ワルド、ジョゼフ、ビダーシャル)
(2) 原作知識有 オリキャラ 憑依転生最強化 SS
(タバサ OR イザベラの 双子のお兄さん)
13. とある魔術の禁書目録
(1) 垣根 帝督が活躍する OR 垣根帝督×麦野沈利 SS
(2) 原作知識有 垣根帝督 憑依転生最強化 SS
(3)一方通行が上条当麻に敗北後もし垣根帝督がレベル6実験を受け継いだら IF SS
14. GS美神
(1) 逆行最強化断罪 横島×ダーク小竜姫のSS(非ハーレム 単独カップリング ルシオラ も除外 )

194 :christiang:2010/01/20(水) 22:52:32 ID:WuzXEHTV0
15. EVA
(1) 逆行断罪スーパーシンジ×2番レイ(貞本版+新劇場版)のSS
(2) 一人目のレイが死なないで生存そのまま成長した一人目のレイが登場する(二人目のレイは登場しない)
P.S
エヴァンゲリオンのLRSファンフィクションで、レイの性格は大体二つに分かれます。
1.白痴幼児タイプのレイ
LRSファンフィクションで大体のレイはこの性格のように思えます。
白痴美を取り越して白痴に近いレイであり、
他人に裸や下着姿を見せてはいけないという基本的な常識も知らず、
キスや性交等、性に関する知識も全然無いか、それともほとんどありません。
このタイプの場合、逆行物では、シンジがレイに常識や人間の感情等を一つ一つ教えていくという「レイ育成計画」になってしまいがちです。
このタイプは、アニメのレイに近いと言えるでしょう。
2.精神年齢が高く、大人っぽいレイ
1番の白痴幼児タイプとは違って、他人に裸や下着姿を見せてはいけないという
基本的な常識くらいはあり(見られたとしても恥ずかしく思ったりはしないが)、
キスや性交等、性に関する知識は理論的に知っており、自分の自我が確立している、
(命令には絶対服従だが)感情表現がより豊富です。
このタイプの場合、 コミックスのレイに近いと言えるでしょう。


195 :christiang:2010/01/20(水) 22:53:22 ID:WuzXEHTV0
16. BlackCat
イヴ×リオンのSS
17. 鬼切丸
鬼切丸×鈴鹿のSS
18. MURDER PRINCESS
カイト×ファリスのSS
19. 式神の城
玖珂光太郎×結城小夜 OR 玖珂光太郎×城島月子のSS
20. 大竹たかし DELTACITY 全2巻
21. ヴァンパイア十字界
蓮火 × 花雪 OR 蓮火 × ブリジット
22. 地獄少女
(1) 不合理な 地獄少女の被害者(e× 看護婦,1期の看護婦、2期の 拓真を助けに来てくれた若い刑事,秋恵) 家族・恋人が 地獄通信に 地獄少女と仲間たちの名前を書くSS
(2) 極楽浄土の天使 OR 退魔師が 地獄少女と仲間たちを断罪するSS
(3) 拓真の 地獄少年化SS
二籠の最終回で拓真が地獄少年になるのかと思ってたんですが・・
地獄少年 ジル : 所詮この世は弱肉強食。 強ければ生き弱ければ死ぬ。
拓真 : あの時誰も僕を守ってくれなかった。
守ってくれたのはジルさんが教えてくれた真実とただ一振りの超能力
・・・だから 正しいのはジルさんの方なんだ。
23. 真・女神転生CG戦記ダンテの門
ダンテ× ユーカのSS


196 :同人:2010/01/21(木) 01:03:52 ID:YxDviotC0
自分で書けばいいじゃないか

197 :同人:2010/01/21(木) 01:19:25 ID:YxDviotC0
>>191
つか、逆行最強化断罪ってなに?
超野菜人3くらいの人参が赤いリボン軍殲滅みたいな感じ?

198 :同人小説:2010/01/21(木) 07:20:14 ID:wrZNiIAu0
つか明らかにアレな人っぽいから構わない方がいい
この板にも慣れてなさそうだし

199 :同人小説:2010/01/25(月) 07:18:01 ID:y0edH9Tr0
1~23番の二次創作小説SS(Side Story)のコミケや通販予定はないでしょうか?

200 :同人:2010/01/25(月) 14:23:34 ID:uqSDw8ry0
読み直して書いてるとは思えないくらい文章おかしい知人に、
読み直して欲しい事を、傷つけずに伝える言い回しか何かないものかな。
何も言わずに、そっとしておいた方が良いんだろうか。

201 :同人小説:2010/01/25(月) 19:00:34 ID:iFftVdHV0
>>200
読み直すことで良さが失せることもあるからな…推敲してそれかもしれないし
腹割って話せない知人程度なら、そっとしとくほうが無難だと思う

202 :同人:2010/01/25(月) 23:42:57 ID:PVVJQztS0
>>201
有難う。
いつも本をくれるので、感想言うついでに
言ってしまおうかと迷ってたんだけど
やっぱり知人程度じゃ失礼だよね。
そっと見守ります。

203 :同人:2010/02/01(月) 19:28:25 ID:uVSgxt9X0
マイナーなギャルゲーSS祭り!変更事項!

1. SS祭り規定
自分の個人サイトに未発表の初恋ばれんたいん スペシャル、エーベルージュ1、スペシャル 、センチメンタルグラフティ2、canvas 百合奈・瑠璃子シナリオの恋愛、ラブ、シリアス、 ほのぼの、ギャグ、コメディのSSを掲載して下さい。(それぞれの作品 一話完結型の短編 10本)

EX)
初恋ばれんたいん スペシャル 一話完結型の短編 10本
エーベルージュ1、スペシャル 一話完結型の短編 10本
センチメンタルグラフティ2 一話完結型の短編 10本
canvas 百合奈・瑠璃子シナリオ 一話完結型の短編 10本
(百合奈シナリオのSS 5本、瑠璃子シナリオのSS 5本)

NTR(主人公以外の男× ヒロイン)、TS、BL、GL、ダーク、18禁、バトル、クロスオーバー、オリキャラ禁止
異世界、現実→トリップ(憑依・転生・来訪)禁止
一話完結型の短編 1本 プレーンテキストで15KB以下禁止
台本形式禁止
盗作、盗用禁止

2. 日程
SS祭り期間 2009/11/07〜2011/11/07
SS祭り結果・賞金発表 2011/12/07

3. 賞金

他人の意見や感想も参考にしますが・・・

最終的には 私が個人的に最高と思う最優秀TOP3SSサイト管理人の口座に賞金を送金する予定です。

1位 10万円
2位 5万円
3位 3万円

204 :同人小説:2010/02/06(土) 14:12:04 ID:Nwk5xeEx0
愚痴

冗長かつくどい描写に走りやすい自覚がある
なので書いてる端から「もっと簡潔に」「もっとさっぱりさせなきゃ」と焦る

簡明簡便簡潔は素晴らしいですよ勿論
でも冗漫で冗長で長広舌なのも好きなんだ書きたいんだ

変なコンプレックスのスイッチ入っちゃってきつい


205 :同人小説:2010/02/06(土) 14:34:43 ID:QRLfDR1v0
>>204
そういうことってあるよね
明瞭簡潔なのにも、冗長である意味曖昧なのにも、どっちにも良さがあると思う
204のサイトに来る人や本を買う人は204なりの文が好きなんだろうし
あんまり悩まないで自分の書きたいように書けばいいんじゃないか

206 :同人小説:2010/02/06(土) 14:37:35 ID:dQJ9oVY20
>>204
そういう悩みもあるもんなんだな…。
自分は逆にサッパリし過ぎで死んでる。
一言で淡々と語ってしまう。
他に何を書いて良いか思いつかない。
ダラダラと描写したい訳ではないが
もっと色々と書くべき事を書いて、
深みのある世界観を描きたいもんだ。

207 :同人小説:2010/02/08(月) 08:55:33 ID:KkXzyJmO0
サイトにアップしてあるのは連載中の二次小説長編一本
趣味で始めたもので、きちんとした小説の書き方(ルール)なんて分かっていない

読み手のみなさんは二次小説にもきちんとした小説の書き方を望まれますか?
どこかで読んだけど「…」は「……」と二個付けなくちゃいけないルールがあるらしいが
いくら同人二次小説でもそれくらいはやって欲しい、とか

208 :同人小説:2010/02/08(月) 09:45:21 ID:X/Fws7U80
面白ければなんでもいいが、ただし壺だけは絶対やめてくれ

209 :同人小説:2010/02/08(月) 10:17:24 ID:pjE7QmcJ0
>207
・三点リーダーの代わりに「・・・」を使うのを嫌う人は一定数以上いる
・照れの表現で////を使うなどの記号・顔文字乱舞、ラストに巨タイwは破壊力無限大
・壺ポエムor黒背景に赤文字はそれだけでブラウザバック

とりあえずこのくらいは押さえて欲しいな

210 :同人小説:2010/02/08(月) 10:42:56 ID:6vEQNc/K0
ごめん壷ってなに?
ぐぐったけどわからなかった…

211 :同人小説:2010/02/08(月) 10:49:26 ID:V/bINSOU0
>210
全部の行をセンタリングしてある。
例えば

    今日は月曜日だ。
 そう言えば明日は火曜日だが、
明後日の水曜日には友達が遊びに
   来る約束になっている。
   木曜日に帰る予定だが
      本当だろうか?
  金曜日には仕事があるので
土曜日と日曜日に買い物に行こう。

みたいな感じのレイアウトになる。

212 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2010/02/08(月) 11:01:47 ID:eJfKFLj80
>>207
>趣味で始めたもので、きちんとした小説の書き方(ルール)なんて分かっていない
http://www.bunka.go.jp/kokugo/
ここの国語表記の基準に全部のってる

PC使えるのに「分からない」という発言をする人の気持ちがわからない
自分の目で確認して「分かっている」状態になったらいいじゃない
それから守るか守らないか決めたらいいじゃん


213 :小説:2010/02/08(月) 11:27:59 ID:GK1cSXju0
カオパラのアンケとか見ると、あまりにルール無視した書き方は
閲覧者に嫌がられるみたいだよ。
そういうサイトは二度とこないとか結構きつい言葉でこきおろされてる。

でも閲になんと言われようとも私は私の好きなように書く!と思うならそれはそれでいいと思う。
同人なんて趣味なんだし。

214 :同人:2010/02/08(月) 12:08:12 ID:menRDzbi0
>>207

横書きwebであることと自分の環境を基本にして、自分が読みやすいと思った
書き方にしている
本式の表記法とは異なるけど、読みやすい方がいいやって感じで
それで即バックみたいな閲がいるのは分かっているが、あまり気にしない
むしろ頭かたそうな人を篩い落とすのに丁度いい
>>212がリンクしてくれた先を見て、自分のスタイルを考えてみるといいと思う

215 :同人小説:2010/02/08(月) 12:14:29 ID:d3d5ZAxh0
趣味なんだから好きにすればいいよ
ルールに乗っ取って書いたからって面白くなるわけでもないし
閲が増えるわけでもないんだし

216 :同人:2010/02/08(月) 12:28:16 ID:dise/n070
でもあんまり無茶な書き方だと閲は減るだろうね
それこそ壷ポエムとか空行改行多すぎとか

217 :同人小説:2010/02/08(月) 13:28:41 ID:6vEQNc/K0
>>211
トン!
確かに壷だw

218 :小説:2010/02/08(月) 13:54:49 ID:xiq11CzI0
壷ほど多くないけど、ポエム風のSSで「全部右寄せ(+異様に行間が広い)」ってのもたまに見るな

219 :同人小説:2010/02/08(月) 14:43:36 ID:KkXzyJmO0
>>207です。みんなレスありがとうございます。
あまりにも無茶な書き方は自分も好きではないので
自分にも、相手にも読みやすく、リンクしてくれたサイトを見て
もっと勉強しようと思います。皆さんありがとうございました。

>>212
一応ちゃんとそう言うのは読んでからここに書き込みました。
ただ今までの小説がちゃんとできていないので分かってないと書きました。ごめんない

220 :同人小説:2010/02/08(月) 16:53:11 ID:j7py2ImA0
>>219
>>212の嫌味は気にしなくていいよ
他の人の意見を訊いてみたい時ってあるよね

221 :同人小説:2010/02/08(月) 18:25:14 ID:U1d2Shm/0
いいこと言った

漫画はともかく
同人程度の小説なら大学でレポート作るくらいの日本語能力があれば出来るってばっちゃが言ってた
自分の意外な才能、見つかるかもよ

222 :同人小説:2010/02/08(月) 18:46:05 ID:pjE7QmcJ0
>221
同人程度の(笑)

223 :同人小説:2010/02/08(月) 18:51:35 ID:0Xr4faPM0
コピペっぽいと思ってぐぐってみたらここの書き込みだった

オ藁ヒ総合7
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1262422477/27
流れ見たらウヘァとなったけど

224 :同人小説:2010/02/09(火) 15:44:15 ID:irH1ghNX0
>>219
終わってるみたいだけど、なぜか出ていないようなので書いとく。
一次ならともかく、
二次ならきちんとした小説になってなくてもあまり気にならないな。
別スレ見てるとこういう意見が多かったのに、このスレで出てないのは珍しい。

225 :同人小説:2010/02/09(火) 15:50:56 ID:3Z9yoOKg0
同人小説っていってもピンキリだしな
二次でも、原作が小中学生向きのゲームのジャンルと
一般向きの推理小説とでは全然空気が違うだろうし

226 :同人小説:2010/02/09(火) 22:46:27 ID:E+Kih9Pc0
書き手の人に質問なんだけど、一万字くらいの小説だったら早くて大体どれくら
いで書き終わる?
聞いてどうなるわけじゃないけど周りに書き手が居ないから凄く気になる。


227 :同人小説:2010/02/09(火) 23:07:57 ID:1huQu3Dk0
>>226
気分がノってる時なら一気に書くから
推敲を入れて1時間くらいかな。
ネタを考える時間を含むなら平均3時間くらい。
ネタが浮かばない時や疲れてる時は何日もかかるよ。

228 :同人小説:2010/02/09(火) 23:34:51 ID:vk16Sx+30
>>226
私は一時間三千字かなあ
気分が乗ってたら四千字
一万字なら間違いなく三時間はかかる

229 :同人小説:2010/02/09(火) 23:41:24 ID:ystizPma0
>>227
一時間で一万字!?すげー早いな
それは文字数だけの数字でだよね?

230 :同人小説:2010/02/10(水) 00:26:03 ID:ZiJ9jHsZ0
ダメなときは1時間が半日でも
2,000字しか書けないな…

231 :同人小説:2010/02/10(水) 00:26:49 ID:IdhzkK4r0
>>226
一時間で2000〜3000字くらい
ちなみに大学のレポートとかは倍くらいの速さで書いてた記憶がある
スピードの違いの理由は分からないけど

推敲入れて一時間って>>227はすごすぎる
自分は推敲は何日も何度も行う、タイプだから、
いつも文章がじっくりコトコト煮込んだスープ状態になってる

232 :同人小説:2010/02/10(水) 00:27:42 ID:NGKWeXXl0
みんなすごい早いな。
自分は1時間に1000〜1500字くらいしか書けない。
乗ってても悩みながらでも、速度はそれほど変わらないみたいだ。
時間だけでいうなら、推敲含めて12時間くらいかなあ。

でも1日に1時間〜2時間くらいしか書く時間は取れなかったりするので、
本文書き終わるのに4,5日かかる。
推敲は締切に追われてなければ2週間くらいは時間を置いてからやるように
してるから、実際に1本出来るには3週間〜1ヵ月くらい。
これでも順調に出来た場合。
大体はネタのまとめ方が甘いのか、途中で大幅に書き直しになったり
ストーリーに詰まったりする場合が多いから、そうなったら
いつまでかかるか分からないw

233 :同人小説:2010/02/10(水) 08:36:12 ID:ynELKdoL0
頭の中で練りに練ってから、さぁ書くぞ、っていうタイプなのか
書きながらひたすらうんうん考えてるタイプなのかにもよるよな
平均じゃなくて最速だと、これが綺麗にわかれるんかなぁ、とふと思った
でも混合の人が多そうだ

自分は一気に乗ってガガッと書くことが全然ないので
いくら短くても早くても月単位
あと大量に平行させて色々書くから、トータルでどれくらい時間かけたかも
なかなか把握できない

234 :同人小説:2010/02/10(水) 09:04:39 ID:IdhzkK4r0
>>233
なるほどね
>>231だけどそういえばレポートは事前に資料も読み込んで頭の中できっちり議題と結論作ってから書いてたわ
同人小説だとまず書きたい一場面だけがあって、あとは流れに任せてるから遅くなるんだなきっと

235 :同人小説:2010/02/10(水) 09:59:02 ID:FrUCoFZ70
自分は頭の中で練って大体出来上がった所で一気に書くから
1万字だと完成までに大体二時間位
乗りに乗って一度もつかえずに書くと一時間位で終わる
でも書く前段階の考える時間は一ヶ月以上かかるw

考えながら打つタイプと、考えてから打つタイプだと確かに分かれるね

236 :同人小説:2010/02/10(水) 10:36:31 ID:qGYg1oVt0
1時間で1万字って物理的に無理じゃないか?

237 :同人小説:2010/02/10(水) 11:00:32 ID:U6DEAntS0
>>236
3文字/秒でいけるから無理じゃないよ

自分は見切り発車で書きながらストーリー考えるから大体1万字に5時間ぐらいかかるけど
調子いい時は5千字ぐらいの短編なら30分で書ける事もある

238 :同人小説:2010/02/10(水) 11:03:07 ID:qGYg1oVt0
そうなのか…
ローマ字入力だと倍だよね
自動書記のようだ
すごいな

239 :同人小説:2010/02/10(水) 11:07:03 ID:P9EsUcyX0
なんか1万文字、に対して認識違いが起きているような
27字×22行、二段のレイアウトの小説本でで1P900〜1000字と考えると
大体10〜12Pになるわけだが、それを1時間で書けるって凄まじい気がするんだが…

240 :小説:2010/02/10(水) 11:43:13 ID:phdZi4do0
以前仕事で約56000字ほどの原稿を3日で書いたことがあったけど、
最終日は多分鬼気迫っていたから1時間で1万近く打ったような気がするが、
ストーリーラインが指定されていて、ほぼ何も考えずにいられたからこそで、
何かちょっとでも自力で考えながら打とうなどとしたら、まず1時間で1万とか無理だわw

241 :同人小説:2010/02/10(水) 11:53:04 ID:U6DEAntS0
今適当なタイピングゲームで打鍵速度測ってきた
ヘボン式でやり難かったけど4.7打/秒だった

ゲームはランダムな文字列を目で認識してから打つけど小説書くときは頭の中に先に言葉が浮かんでる事や
文章の癖があるから打ちなれた言葉が頻出する事なんかを考慮すれば
5.5打/秒(これで2万打/時になる)ってのは全く不可能じゃないよ

ちなみに自分は決してタイピングが速い方じゃないです

242 :同人小説:2010/02/10(水) 12:07:59 ID:FrUCoFZ70
プロットをどこまで書き上げるかで違うんじゃないかな
大まかな物語の筋だけ決めておいて書く人も居れば、細かく心理描写まで
決めて下書きの状態まで書く人も居る
前者は考えながら打つから、考える時間+タイピングする時間がかかる
後者はタイピングする時間のみだから、早さは違って当然かと
タイピング速度も人によって違うしね
どちらが良いって訳じゃなく、やり方の違いかと思う

自分はプロットとかガチガチに固めて、ほぼ下書き状態まで作らないと
打てないタイプ


243 :同人小説:2010/02/10(水) 17:11:45 ID:SjkQ8cKY0
話の流れや心理描写を細かく決めておいても
どの言葉や表現を使うべきか悩むからそんな早く打てないな
どの言葉の方が適切かとか、美しいかとか、文章として自然な流れになるかとか
そういうことでかなり悩んでしまう
一時間で一万字とか到底真似できないw速い人うらやましい

気になったんだけど、純粋に文字数で一万字?
それともページ換算?
それによってけっこう実際の量が変わってくると思うんだが

244 :同人小説:2010/02/10(水) 17:37:41 ID:7LEDM2fI0
今日一日で、小説の句読点一個うったよ

2ちゃんでは500字くらいうったけど

245 :同人小説:2010/02/10(水) 17:50:59 ID:+0TbIrk50
>>244
あるあるあるあるwww
下手すると取りかかる前より減ってたりね…

246 :同人小説:2010/02/10(水) 18:34:15 ID:kwlRS/0u0
>>244,245
最近の流れでここまで遅いのは私だけかと思ったけど安心したw
ここ2週間くらい数行を何度も何度も書き直してて全然進んでない…

247 :同人小説:2010/02/10(水) 19:52:32 ID:enCpwNGcO
>>226だけど答えてくれた人ありがとう。
人によってまちまちだけど早い人は一時間くらいで打てるんだね。
早くても三時間くらいかかるのかなって思ってたからびっくりした。すごい。


248 :同人小説:2010/02/10(水) 20:20:55 ID:eXWU7poM0
自分も、一日10行くらいしか打てない。
わざわざ類義語辞典とか持ち出すもんだから更に遅くなる。

249 :同人小説:2010/02/10(水) 20:38:11 ID:kwlRS/0u0
>>248
類義語辞典・辞書みるみるw
ごく普通の単語でもイチイチ確認しちゃう
もはや別窓で開いたまま書いてる

250 :同人小説:2010/02/10(水) 21:47:27 ID:3fKov1Fd0
一つの言いまわしに一日かけたりとか、会話文の挿入場所に悩んだりとか
締めの言葉を「〜した。」にするか「〜する。」にするか悩んだりとか
そういう話を読み専の子がいる前でたまたましたらすごく驚かれたよ。
確かに自分も人の読むときは一瞬で、そんなに細かく悩んで時間をかけたからこそ
こんなさらっと読める話ができるんだ!とか意識しないもんなあと思ったけど
それに改めて気付いたよ。

251 :同人小説:2010/02/10(水) 21:55:46 ID:dBLNDrfx0
>>250
禿同。
自分も「した」と「する」の締めに悩んだりする。
一応行動の時系列で決めてるけどね。
あと、音を「きく」でも、場面と行動によって「聞く」「聴く」どっち使うか悩んだり。

252 :同人:2010/02/10(水) 22:02:58 ID:rIkT1SDB0
きくは、普通は「聞く」、音楽は「聴く」、質問ニュアンスは「訊く」と決めてる
>>250
そうなんだよね。読む方は主語と述語が散らかってなければいいって感じみたい
書き手はどうしてもごだわってしまうけど、最近はリズム重視で気楽に書くようにしている
実際、自分が本を読むときは内容に引き込まれれば引き込まれるほど、文章なんて
どうでもよくなっているし


253 :同人:2010/02/10(水) 23:04:59 ID:jtbvxGdO0
それは、引き込める内容書ける人は文章力もあるって事では?
どうでもいい文章しか書けない人の話に引き込まれるかな?

二次なら飢えて、そのキャラならなんでもいいてのも判るが

254 :同人:2010/02/10(水) 23:09:27 ID:UvYfpQix0
>>252
>きくは、普通は「聞く」、音楽は「聴く」、質問ニュアンスは「訊く」と決めてる

それで正しいけど、正確には
「聞く」特に意識せず耳に入ってくる状態
「聴く」注意して聞き取る状態

だそうだよ。
だから音楽でも例えばBGMで聞き流しなら「聞く」がより正しく
興味深い話なら雑談でも「聴く」が正しいみたい。

255 :同人:2010/02/11(木) 00:22:52 ID:qG8bC4wv0
>>253
>それは、引き込める内容書ける人は文章力もあるって事では?
というより、平易で引っかかりがない文章だからストーリーに向かっている意識を
阻害されないってことだと思う
「どうでもいい」っていうのは文章のことじゃなくて、読み手の意識が物語だけを
追いかけていて文のことは気にならなくなるという意味で書いた
同じ文脈で、引き込める内容+読みやすく平易な文章が最強だと最近思う

>>254
それは知らなかった。ありがとう


256 :同人小説:2010/02/11(木) 01:13:16 ID:Z/j9+MP80
>>254
>興味深い話なら雑談でも「聴く」が正しいみたい。
251だが、いいことを教えてもらった。ありがとう。

大まかには、254が言った通り理解していたんだが、
主人公の行動を能動的受動的どちらにも見せたい時などに、時々悩む。

悩むと言えば、セリフの中の漢字をどこまで開くか、とかも迷う。

257 :同人小説:2010/02/11(木) 03:03:59 ID:q5gCmRQI0
あまりゴチャゴチャと使い分けをして、
それで読み手から「誤字ってますよ」とか
言われても困るしね。
分かりやすい漢字使うのが良い気がする。

258 :同人小説:2010/02/11(木) 04:08:58 ID:Zw/1XYSf0
「わかる」の使い分けに一時期こだわったり悩んだりしてたな
今はもうめんどくさくて「分かる」一択になってしまったw

259 :同人小説:2010/02/11(木) 10:01:48 ID:tpbRmXgW0
わらうという字を、笑うと嗤うで書き分けてた時期が
私にもありました。
今思うといわゆる一つの中二病でした。

260 :同人小説:2010/02/11(木) 10:16:58 ID:T2OMKyuV0
>>259
その使い分けは商業でもよく見かけるよ
中二病ってことはないと思う

261 :同人小説:2010/02/11(木) 10:39:07 ID:mtFNiKgQ0
笑う、嗤う 哂う、は確かに見かけるな。ラノベやBLじゃなくても普通の商業小説でも
中二病かも、とあんまり意識しすぎるとかえって不自然になることもあるから気をつけないといけないけど
そういうのはもう自分じゃ判断しようがないから困るな

262 :同人小説:2010/02/11(木) 11:00:20 ID:6x4TUKuI0
きれい と 綺麗
すき と 好き
厨二だと言われようがオサレだと言われようが、自分の中ではこのふたつから
受けるイメージがそれぞれ違うから、普通に使い分けてるな
同人なんだし、自分の知ってる・思ってる手段や技法で伝えたい萌えを
最大限まで伝えられたらそれでいい

263 :同人小説:2010/02/11(木) 19:09:57 ID:ol4oU5jk0
哂うと笑うの使い分けが厨二病って発想はなかった
嘲笑したいときと朗らかな意味での笑うを使い分けているだけのつもりだったけれども…
格好つけてるように見える?それとも自分は現在進行形で厨二なのかw

264 :同人:2010/02/11(木) 19:49:27 ID:qG8bC4wv0
>>263同意
自分も同じニュアンスで使い分けてるよ。というか>>259が気にしすぎのような
厨二病ってあまりに広範囲に仕える便利な言葉になっちゃって、何でもかんでもそれで
間に合わせようとするのは良くない風潮だと感じる

265 :同人小説:2010/02/11(木) 19:50:13 ID:x0h0p1YR0
>>263
自分も分ける
厨二病だろうがなんだろうが、やった方が好みだからやる
それ以外の理由なんていらないだろ

266 :同人小説:2010/02/11(木) 20:01:51 ID:mgNOlg8p0
分けたほうが格好いい、の理由でやれば厨二病
分けて意味の違いをだしない、の理由なら普通

267 :同人小説:2010/02/11(木) 20:24:23 ID:MxA4LDPO0
個人的な好みだけど、印象的な場面とかで意図的に使うならいいかな。
ひとつの話にひとつくらいで。
最初は「笑う」、次は「嗤う」、今度は「哂う」でその次は「嗤う」とかだと、
違いを表現したいのは分かるけどでもちょっと……と思ってしまう。
それしか表現方法はないのかと。

268 :同人小説:2010/02/11(木) 20:41:06 ID:RSr3olig0
書いてる中身に会わせて使い分ければ良いんでないの。
きゃぴきゃぴした中身なら普通に「笑う」。
愛憎渦巻いてたり、どす黒いものがしみ出す作品の見せ場とかで「嗤う」かな。

269 :同人小説:2010/02/11(木) 20:53:35 ID:rY2Hq88i0
>>266
同意

「使ってるけど自分は厨二病じゃない!」とムキに
なってるの見ると生暖かい気持ちになる

270 :同人:2010/02/11(木) 21:13:48 ID:5Jipn2NH0
>>268恥ずかしい…
けど、本人がそれがいいならそれでいいよ

271 :同人小説:2010/02/11(木) 21:16:08 ID:/0RrQeCu0
>270
すぐ上のレスも読めのかこいつ

272 :同人小説:2010/02/11(木) 21:26:46 ID:mtFNiKgQ0
というか笑うと嗤うって単純に意味が違うんだし笑うの代わりに嗤うを使うことはないよな
中二とかそういう問題じゃないような気が…

273 :同人小説:2010/02/11(木) 21:32:39 ID:C+QwXM1Z0
笑う/哂うの使い分けは
上に出てた聞く/聴く/訊くと同じ種類の使い分けだと思う
ただ「きく」ほど一般的じゃないだけで

274 :同人小説:2010/02/11(木) 21:54:36 ID:IJiH4ajH0
「嗤う」が中二だとは思わないけど、「嘲笑う」があるからあまり使わないなぁ
「訊く」も「訊ねる/尋ねる」を使うことが多い

275 :小説:2010/02/11(木) 22:02:42 ID:oeYQ03EI0
めったにいないだろうと思うけど、文中の「わらう」が全部「嗤う」の方になってたら
厨二病を疑うな、たぶん

正しく使い分けてる場合はなんとも思わない

276 :同人小説:2010/02/11(木) 22:10:25 ID:+IMI53q90
萌えりゃ何でもいいんだよ!

277 :同人:2010/02/11(木) 22:10:28 ID:s5I1FacU0
>>275
>文中の「わらう」が全部「嗤う」の方になってたら

自分なら登場人物の人格を疑うw


278 :同人小説:2010/02/12(金) 07:02:37 ID:NXr2u0jQ0
くつくつと嗤い出した場合のみ厨二病認定する

279 :同人小説:2010/02/12(金) 09:09:11 ID:KLSJ5TpM0
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

280 :同人小説:2010/02/12(金) 13:52:00 ID:QRhrWIAl0
「嗤う」が厨二だったら、京極夏彦の立場は・・・。

281 :同人小説:2010/02/12(金) 13:52:28 ID:XGFo+ZhN0
ケタケタと嗤うよりはいいかと<くつくつ

282 :同人小説:2010/02/12(金) 17:34:55 ID:6euwYvAJ0
身体と体とかも悩んだりする

283 :同人小説:2010/02/12(金) 18:04:10 ID:ACcMG63Q0
膚と肌
唇と口唇

これも結構悩む

284 :同人小説:2010/02/12(金) 18:18:42 ID:hs+v3JnM0
違いが分からないのでとりあえず
女の子は瞳、男の子は眸にしてる。

285 :小説:2010/02/12(金) 19:47:40 ID:4PwRQZ4Y0
>>283
「口唇」は「こうしん」と発音するのは別として、「唇」とイコールで使うのは誤用じゃなかったっけ
「口びる」って表記も時々見るけど、なんかあのひらがなで書かれる「びる」に違和感があってなー

286 :同人小説:2010/02/12(金) 20:17:47 ID:V8/Ol9EA0
体も身体にしようかいつも迷う。
躰や軆の字面も好きなので一層迷う。

287 :同人小説:2010/02/12(金) 20:43:16 ID:+HrdhzAO0
>>282
えろ関係のときは身体
健全なときは体にしてる
けど多分閲覧者さんは気づいてないw

288 :同人小説:2010/02/12(金) 23:02:59 ID:w8xuJ0U00
めんどくさくなったらぜーんぶひらがな

289 :同人小説:2010/02/12(金) 23:27:37 ID:VOtWoVz70
字の意味から考える>体と身体

物体としての肉体のみなら体、そこに感情や精神等も含められるなら身体。


290 :同人小説:2010/02/13(土) 00:46:18 ID:K4eZWJgq0
会うと逢う、思いと想いとか
シリアス話ばっかりだからこの単語使いまくり
そういや辛い(つらい)と辛い(からい)って同じ漢字だね

291 :小説:2010/02/13(土) 01:25:55 ID:VGNbrn7M0
>>290
お呪い(おまじない)と呪い(のろい)
お強請りする(おねだりする)と強請(ゆすり)

なんてのもあるからなあ…
このへんはどこまで漢字表記するか悩むよね

292 :同人小説:2010/02/13(土) 01:30:09 ID:wawE5O0v0
おまじないとおねだりはひらがなで呪いと強請りは漢字かなあ
どーしても迷ったときはひらがなと漢字でぐぐって多い方を使うかな

293 :同人小説:2010/02/13(土) 17:53:16 ID:G+w0ghHh0
何かそういうの気になり出すと嵌るよね

294 :同人小説:2010/02/13(土) 19:29:48 ID:K4eZWJgq0
抱き抱える、離れ離れとか漢字が続くと気になる
抱き抱えるはそのままにしたけど、離ればなれはひらがながいいかなあ
悩むわ

295 :同人小説:2010/02/13(土) 23:22:11 ID:L3EjS1HX0
離れ離れは気にならないけど
抱きかかえるの方が自分は良いな。
個人の好みだな。

296 :同人小説:2010/02/15(月) 13:58:21 ID:mFEvJxEe0
離れ離れは気にならないな、拘ってても違和感はないけど

297 :同人小説:2010/02/15(月) 19:24:12 ID:icTkaUO60
そう言えばノマ記号は今でも見るのに
単語の繰り返し記号(への字を縦にしたようなの)とかあった気がするんだが
最近は全然見ないなぁ
ワープロとか使うようになってからか?


298 :小説:2010/02/15(月) 21:10:46 ID:TFS6VwCT0
>>297
「くの字点」ってやつかな

あれは完全に縦書き文に特化した記号だからなー
横書き主体のワープロだと、最初から考慮されなかった可能性はあるね
一応、ユニコードの実態参照だかなんだかで出すことはできるみたいだけど

299 :同人小説:2010/02/15(月) 21:36:13 ID:+CSh1L+30

これじゃなくて?
「同じ」って入れるとでるよ
違う記号のことならスマソ

300 :同人小説:2010/02/15(月) 22:00:54 ID:L2tnRIaLP
>>299
例えば「てふてふ」を






みたいな「く」を縦に二倍角したような記号

301 :同人小説:2010/02/15(月) 22:03:45 ID:+CSh1L+30
>>300
ああわかった!
ありがとう
確かにあれはないね

302 :同人小説:2010/02/15(月) 22:18:55 ID:mFEvJxEe0
うわ、存在そのものが思い出せなかった、時代だなー
縦書き専用フォントとか出来たら復活する可能性もあるのかな

303 :同人小説:2010/02/19(金) 00:53:06 ID:NYd4CS7b0
書き手さん(特に一次小説を書かれる方や投稿などをされてる方)に質問です
スレチだったらすみません

友人読み手からの意見というのは、たとえマイナス指摘のようなものでもあったほうがいいですか?
それとも、そもそも友達という時点で私情が入るだろうから意見としてあまり参考にならないものでしょうか?

友人(書き手)との付き合いはそこそこ長く、お互い丁度良い距離感を持っていい関係を築いています
友人の二次小説は私と趣味も合ってて文章も好み。カプが違っても私的には作家買いするレベルです
一次小説の方は昔から投稿などしてたらしく、賞まではいかないけどそこそこの選考には残るくらいになったそうで
今はオリジナルに意欲的になっています。そして最近になっていくつかの一次小説を読ませてもらいました

二次だと萌えなどが優先される為、今まであまりマイナスな事は言いませんでしたし思いもしませんでしたが
一次だと原作脳内補完もありませんから、少し気になる点が見えたので素直にそれを伝えるべきか否か?を迷っています
(○頁の辺りはもう少しテンポ良く読んでみたかった、とかそんな事です)
が、批評やアドバイスなら投稿時に嫌という程もらっていると思いますし、意見を聞く為に私に見せてくれたものでもありません
私が見せて欲しいとお願いして読ませてもらったものです

オリジナルは厳しい世界(イメージですけど)ですし応援したいからこその率直な意見ですが
所詮素人ですし、友人からすれば大きなお世話かもしれません(言われなくてもわかってるよ、みたいな)
こういう場合の書き手の心理として、応援するならもっと別の方法がいいとか、こういう言い方なら有りだとかありますか?
書き手の方が友人読み手に期待する事などもありましたら教えていただきたいのです

長文&わかり難い文章ですみません。よろしくお願いします。

304 :同人小説:2010/02/19(金) 01:21:23 ID:1939u1v60
>>303
自分だったら、読ませてと言われたから読ませたのに批判的な感想が返って来たら「もう読ませたくない」と思う
投稿作品で既に評をもらってるんだったらそこでのアドバイスとかけ離れた批判をされた場合
「こいつ分かってねー」と思うし、そこでのアドバイスと同じ事を言われたら「もう散々言われてる」と思う

なのでマイナス評価はして欲しくないです。
飽くまで自分の場合。

305 :同人小説:2010/02/19(金) 01:53:17 ID:9tsSn9o90
>>303
自分の経験なんだが、
読ませてと言われて読ませたのに
欲しくもない批評や意見を言われてうんざりしたことがある
ありがたく拝聴すべきだったのかもしれないけど、
やはりどうにももやもやしてしまった
何度もそういうことが重なって、その友人とは結局縁を切ったよ
批評や意見をくれと言われてるんでなければ、
面白かった所の感想程度に留めておいた方がいいと思う

306 :同人小説:2010/02/19(金) 01:55:42 ID:1939u1v60
>>303
何か冷静になったらあまりに我侭な意見に思えてきたのでちょっと補足

選考には残るものの賞は取れないレベルという事は、投稿先で既にけちょんけちょんに批評されています。
その上、一般読者である友人にまで批判的に意見されたら
プロにも駄目出しされ読者にも駄目出しされ、自分はいらない子に思えてきます。

応援したいという気持ちを持っているのであれば、「面白かった」とか「また読みたい」とか頑張ろうと思える感想を言ってあげてほしいです。
もしどうしても意見せずにいられないと言うのなら、今後はその友人の一次小説は読まない方がお互いのためにいいように思います。
「また読みたい」と言われない事で何となく察しますので。

307 :同人小説:2010/02/19(金) 02:12:22 ID:RbfYRe7m0
>>303
二次創作での自分が好きな部分が台無しになってるとか意味があるのなら
いいんでない?
作家買いするほど好きな相手の意見で、比較がきちんとしてれば価値はある
ただ、かなり高度な技術が必要になるとは思うけどね

308 :同人小説:2010/02/19(金) 02:58:28 ID:PiWbirM40
感想って真面目に書こうとするとすごく難しいんだよね。
否定的な意見が多い見たいだけど、私だったら意見・批評はありがたいです。
たしかに最初はへこむけど、結果的にはためになるから。
プロの視点と一般人の視点は違うので、いろいろな立場からの意見はすごく参考になります。

感想を書くなら「気に入ったところ・好きなところ」を
「気になったところ」の倍くらい書いてあげたらいいかなと思う。
もちろんすごく丁寧に、心から!って感じで。
否定的な部分も、「こう感じたのは私だけかもしれないけど」「個人的には」という感じでさらっと、かな。
最後には「面白かった」「読めて良かった」とやっぱり褒めて締めたらいいと思うよ。
私が一次の感想を真面目に書く時はそう心がけるようにしてる。

でもたしかにこちらから「読ませて」と言ったのなら、当たり障りのない賛辞の方がいいのかもね。

309 :同人小説:2010/02/19(金) 03:32:19 ID:RbfYRe7m0
大雑把に「批評」ってのが作品だと思うのがわかりやすい気がする
作品があって、それに物を言うだけって考えると簡単な気がするんだろうけど、
それ相応の技術もいるし、それ自体が評価る覚悟が必要だよね

ある意味、自分のほうが優れてるって自信の表れみたいなもんだしね
好意が前提の場合はその限りではないけど、好意の量と技量と、と考えると
結構悩ましい話だw

310 :同人小説:2010/02/19(金) 03:38:00 ID:azVKftmD0
>>303
相手から「悪いところがあったら参考にしたいから批判してほしい」と言われたのでなければ
思っても否定的なことは言わない方がいいです
相手に無理矢理読まされたんじゃなく自分から読ませてくれと言ったなら尚更

311 :同人小説:2010/02/19(金) 08:37:37 ID:j9wo/2Co0
>>303
相手に「悪いところがあったら参考にしたいから率直な意見ほしい」と言われて
それでも率直な意見ではなく間違いの指摘だけしたら、グチグチ言い訳して縁切られたことあるw

312 :同人小説:2010/02/19(金) 12:35:38 ID:RbfYRe7m0
>>311
それは多分、最初から見下してたって気付かれたんじゃ

313 :同人小説:2010/02/19(金) 14:18:15 ID:zDCV0U7s0
>>303
あなたが「見せて欲しい」とお願いしたものなら、「良かった部分」だけを言えばいいと思う。
後は、「もう少し肉厚にして欲しい部分」や「もっと読みたいエピソード部分」などを、
「ここをもっと読みたかったなぁ」って言えば角が立たない。
あなたが自分を「素人」だと思っている上で下手に批評すれば、上のレスにもあるように縁切られるだけ。

相手が「読んで率直な感想やおかしい部分を教えて」と言われない限り、私は言わない。
逆の立場でも、私は言われたくない。

314 :同人小説:2010/02/19(金) 15:26:27 ID:fzLkkjsJ0
一次はなぁ・・・。
友達に客観的な意見や率直な感想を求めるのなら、書いてるときとか迷ってるときとか
投稿以前に相談するだろうし。
読ませてくれと言われて、読ませて指摘されたらちょっと嫌かもしれん。
確かにそこまでレベルの人なら、批評は嫌というほどもらってると思う。

でも、言い方しだいではどうにでもなるのでは?
この登場人物はここでこう言ってるけど、ごめん、自分バカだから読み取れない。
この人物すごく好きで、知りたいから教えてくれたら嬉しいみたいな感じ。
そこで描写が足りないとか、ハッとしてくれたら結果的に伝えたことになるのでは。


315 :同人小説:2010/02/19(金) 20:40:03 ID:BBY7wObe0
>>303
書こうと思ったことは他の人がほとんど書いてるので、それ以外で。
お願いして読ませてもらった場合でも、
大きな設定ミスとか誤字脱字とかの報告をするのは問題ないと思う。
ただ、細かいところまで指摘すると粗探しされたと受け取られかねないし、
本当に大きなミスでもない限りは粗を見つけてもスルーしたほうが無難かも。
粗探しされても気にしない人もいるけど、そういう人は少ないから。

>>312
率直な意見欲しいとか、酷評でもいいとか言っておきながら、
実際にもらうと耐えられないタイプの人もいるからそっちの可能性もある。

316 :同人小説:2010/02/19(金) 20:44:56 ID:msLwhAp70
否定的なことなんて言わない方が良いと思うなあ
見せてほしいと言われて見せたのに批判されると、どんなに上手く遠回しに言ってもやっぱりいい気はしない。

なにか言いたいのならどこがすごくよかったかを伝えた方が良いんじゃないかな?
他人が見る自分の良いところって、わりと自分じゃ気がついてないことがある。

317 :同人小説:2010/02/19(金) 20:50:02 ID:RbfYRe7m0
>>315
そういうタイプの人はいるけど、>>311見てる限りでは
ずいぶん低く見積もってるなと気になった

318 :303:2010/02/19(金) 22:21:06 ID:c6Jy+HBM0
丁寧なレスありがとうございました
概ね、マイナス批評は良くないということなので言わない事にします
もちろん友人の作品がダメだったわけでなく、良い部分の方が多かったですし
その事はきちんと伝えてモチベアップしてもらえるように努めます

教えていただきありがとうございました

319 :同人小説:2010/02/20(土) 03:08:59 ID:MMnhjwXV0
二次の話なんだが
どうもキャラが違うような気がしている
BLカプなんだから当然だろ、とはもちろん思った上で必要以上に違う気も、と
迷っている
例えば女好きはBLだから仕方ないにしても、軟派な態度まで変えたらそれは
別人な気がするし、しかし、他の女口説かせるのも問題あるし…とそんな迷い

もちろん場合によっていろいろあると思うがこういうことある?
その時、なんかしたとか自分ならこうするとかなんかあるかな

320 :同人小説:2010/02/20(土) 12:31:48 ID:jq98wz0A0
>>319
女好きの例で行くなら、軟派でも他の女口説いててもまったく気にならないけど
むしろ原作で絶対ナンパし始めるような状況で受け/攻めに操立てて知らんぷりしてる方がえーって思うわ

自ジャンル・自カプもよくそういうことあるんだが
そういう状況だった、そういうキャラだから、こういう気持ちだった
など納得できるような説明をつけて原作っぽい行動をさせてる

321 :同人:2010/02/20(土) 12:44:42 ID:xIEyhNUZ0
http://m-pe.tv/u/page.php?uid=oblo&id=1
最近見つけたんだけど、ここなんでこんなに荒れてるの?

322 :同人小説:2010/02/20(土) 13:03:31 ID:y6Ryg5vG0
ウイルス貼るな

323 :同人小説:2010/02/20(土) 16:37:51 ID:H0HiDXjv0
気持ちはわかるが、二次同人なんてそんなもんじゃない?
女好き設定のキャラが一途になっている姿に萌える人もいるかもしれんし
自分の萌えを優先して作品を作るならある程度好きにやっちゃって良いと思う

でも自分がキャラ改変してることはしっかり自覚したうえで、
「○が×にベタ惚れです」とか「キャラ崩壊してます」とか、
自分設定があることを注意書きに加えるとかの対策はした方が良いね
けど好きなようにやり過ぎて、キャラや設定改変し過ぎて
「これもはやオリジナルじゃね?」
と毎回悩むようなところまでいってしまったら、
潔く一次に転向した方が健康的だと思う

324 :同人小説:2010/02/20(土) 18:54:34 ID:QmYXRonO0
>>319
・そのまま女性を口説くシーンを書く
・女性自体をほとんど出さずに、最初から女好きの部分には
 触れないでいいようにする。
・表面的に軽くなぞって終わらせる。
(軽く「あの娘いいな」くらいのことは言うけど、受(攻)が
 睨むなどしてすぐに軌道修正)

自分は大体この3パターンのどれかを使ってる。

325 :同人:2010/02/20(土) 22:49:16 ID:xIEyhNUZ0
>>322
ウイルスじゃないよ

326 :同人小説:2010/02/21(日) 01:00:10 ID:01CtFYEB0
おまいの存在がウイルスだと言われてるんだよ

327 :同人小説:2010/02/21(日) 02:11:41 ID:vDWqsnSr0
手動ウイルスちゃんか

>>320>>323-324
トン
ちょっと予想してたけど、やっぱりそのくらいしかないよね
漠然と考えてたことが形になったんで、少しどっちにいくか考えてみる

328 :同人:2010/02/21(日) 17:44:28 ID:4YKT1i9z0
受なり攻なりを好きになってから今までのように軟派な態度が取れなくなった
みたいな心理描写が一文有るとキャラ崩壊度下がるよ

329 :同人小説:2010/02/23(火) 02:16:16 ID:zMyVOLCO0
本能のおもむくまま数々の火遊びを楽しんでいたプレイボーイが
初めて本気の恋に目覚めた
本人も勝手の違う恋愛に戸惑いまくり

とか普通に二次でも定番じゃね?

330 :同人小説:2010/03/09(火) 10:35:35 ID:4/UV9Uwc0
【リクエスト】こんな物語が読みたい!【受付】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1232987628/

331 :同人小説:2010/03/17(水) 09:22:56 ID:TT6tJhqR0
ちょうど自サイトのメイン取り扱いキャラが作中一の女好き。
で、マイナージャンルながらそのキャラはNLBL共に大人気。>>329な感じで。
うちはCPや夢ではないから、そのキャラの女性関係を匂わせる事が多々あるし
>>116形式でオリ女キャラの口から、そのキャラとの男女関係を語らせた事も
ある。
でも時々「これって閲さんにとって地雷だったりしないのかな」と不安になるよ。
心配しすぎるのも良くないとは分かってるんだけどね。

332 :小説:2010/03/17(水) 14:06:43 ID:ivUFjCBJ0
ミネラルウォーターっていう表現が何故か受け付けない
水か飲料水でいいとおもう
何故ミネラルウォーター

333 :同人小説:2010/03/17(水) 16:18:21 ID:KoPaOfg50
エ○アンとかボル○ィックとか南ア○プスの天然水とか
商品名出すよりいいんじゃね?

個人的には「水でいいじゃん」と思うけど、原作で「水道水は飲まない」
みたいな設定のあるキャラだったら、「○○は水道水なんて飲まない」と
凸※食らうこともある

334 :小説:2010/03/17(水) 16:28:23 ID:w0Yf2+w20
>>332
何がどう受け付けないのかがよくわからんが、自分では使いたくないっていうんだったら
「水」とか「ペットボトルの水」みたいに書けばいいんじゃね。
それとも他人が書いてるのがいやなの?
でもその人も「ミネラルウォーターを買って飲むような人」ってイメージづけのために
やってることだろうし、そこは各人の考え次第でしょうがないだろう。
意味もなくミネラルウォーターと書いてるわけじゃないと思う。
もしかして、名称自体に何の意味があるのかと思ってるのかもしれんけど、たぶん商品の特徴を
表すためについた名称なので、牛乳や麦茶みたいなもんだと思って流せばいいと思う。
ミネラルウォーターと呼ばれる水の多くは、日本には珍しい硬水だと思うから。

335 :小説:2010/03/17(水) 18:09:05 ID:SR9/K/So0
ミネラルウォーターか…。
水分補給するだけならミネラルウォーターじゃなくても
アイソトニック飲料とか他に色々ある訳だし、
ミネラルウォーターと敢えて書いてるなら
ミネラルウォーターにこだわる必要がある場面なんだろうと思うよ。
ミネラルウォーターに見慣れてミネラルウォーターの字面になれれば
ミネラルウォーターが気にならなくなるかもしれない。
そんなにミネラルウォーターも悪いもんじゃないよきっと。

336 :小説:2010/03/17(水) 18:13:51 ID:vpMXdl6/0
ミネラルウォーターがゲシュタルト崩壊してきた

337 :同人小説:2010/03/17(水) 22:25:08 ID:Oaa6iIuR0
ミネラルウォーターって表記がダメなら今後は「無機塩類を含む飲料水」と表示すればおk

338 :小説:2010/03/19(金) 01:18:45 ID:wWV4E8SH0
アイソトニック飲料はポカリやアクエリアスみたいなスポーツドリンクだべ。

339 :小説:2010/03/19(金) 02:28:25 ID:ELfEww4a0
水分補給には水よりスポーツドリンクの方が良いしな

340 :同人小説:2010/03/21(日) 02:00:38 ID:i00NpDzG0
ミネラルウォーターの是非を云々してどうする

341 :同人小説:2010/03/21(日) 02:50:00 ID:0s6Lhqct0
まぁ、どうしても気にいらない単語ってひとつやふたつあるよな
一般的かどうかとか、設定的/文脈的/展開的に妥当性があるかとか関係なく
理不尽だとわかっていながら、イラッとしちゃう単語

342 :同人小説:2010/03/21(日) 11:20:50 ID:I81kysSR0
「憮然とする」の正しい意味を知ってから、これを上手く使いこなせない
誤解率の高さからして、正しい使い方をしたら読んでくれてる人を
混乱させそうだし、といって、誤用はしたくないし…

流れに竿さすといい、世間の「間違ってる率」が「正解率」より高い慣用句って
使う時に躊躇する

343 :同人小説:2010/03/21(日) 11:49:46 ID:Bwacw9sB0
憮然は俺も使いにくいな。
見かけたときはどっちの意味か確かめてるけど、ほとんどが誤用の意味。
本来の意味で使っていたのは一割切ってるから困る。
かといって、誤用とわかって使うのも抵抗あるしで難しい。
もう少し本来の意味で使ってるものが広がるか(せめて三割くらい)、
誤用だけど定着したと多数の辞書に載るレベルになれば楽なんだが。

344 :同人小説:2010/03/21(日) 12:25:54 ID:rgc8ryrk0
よく言われる「確信犯」や「役不足」は
逆に最近は正しい意味が広まってきている気がする
間違いの例として取り上げられやすいから

345 :同人小説:2010/03/21(日) 14:26:24 ID:pj3o0OpV0
>>344
そうなんだよね、よく例に出されるし2chなんかでも、いちいち指摘する人多いし
自分は間違った使い方の確信犯って言葉をコメディで使うのが好きなんだけど
あー、読んでる方はここで一瞬ひっかかったりするのかなと思ったら使えない

346 :小説:2010/03/21(日) 14:27:36 ID:7V58WCt70
憮然・確信犯・役不足・姑息・中坊
最後は誤用じゃないけど使いにくい

個人的に嫌いな言葉はあるけど、そういうのにこだわるのが物書きの
サガだから仕方ねーなぁぐらいに思ってる。
自分では使わないけど人の作品は気にならないな

347 :小説:2010/03/21(日) 16:04:47 ID:INmwJYQR0
「確信犯」は誤用の意味の方が便利で使いやすいんだよね
他に似たような言葉もないし、気にせず使ってる
正しい意味を知ってる人がいても前後の文脈で分かるだろうし

348 :同人:2010/03/21(日) 16:14:14 ID:brthjXC/0
誤用っていうけど「憮然」なんかは本来の意味じゃない方も採用している辞書あるよ
こういうのは誤用というより意味の変化だと思って普通に使ってる

349 :同人小説:2010/03/21(日) 16:21:24 ID:kn5ZGjng0
>>347
「故意犯」は誤用の確信犯に近いと思う

350 :同人小説:2010/03/21(日) 17:43:19 ID:pDWhkCi30
>>348
一所懸命が一生懸命になったようなもんなんだろうな

351 :同人小説:2010/03/21(日) 18:12:42 ID:UyoksQe60
>>348
でもさ、「憮然の正しい意味は〜」って凸ってくる人いたりするよ…
しかもその指摘の方が間違ってたりするとorzだ
前にボボンタンスレで見たんだが、「けぶるような金髪」という表現に
「何それおかしい」な指摘が入ったらしい

わからない表現、見たことのない言葉があったらまずぐぐるっていう
発想がない人達にもわかるように…とかやってたら、使える語彙が
ものっそい減るんで最近は開き直って書いてる

352 :同人:2010/03/21(日) 18:42:02 ID:brthjXC/0
そういう凸貰ったことないが、来たとしても完全無視だろうなあ
物知らずや、物知らずの上に凸する蛮勇持ちは相手にしないに限る

353 :同人小説:2010/03/21(日) 21:11:16 ID:i00NpDzG0
役不足はどうしても躊躇するなー
間違い自体は知られてるけど正しい役者不足ってのがいまいち浸透してない
開き直るには知られすぎてるしね

354 :同人小説:2010/03/22(月) 01:09:40 ID:5MqdaISl0
>>353
そもそも役者不足って造語じゃなかったっけ
役不足の反対の意味にするなら役者不足だろ、的な
自分は本来の意味の時だけ役不足って使って、本人の実力が足りないって時は
そのまんま「力不足」とか「未熟」って書くな

355 :小説:2010/03/22(月) 08:44:29 ID:1Q1gPMcD0
けんみんしょー見て初めて知ったんだが
シャベルとスコップは東と西で意味が違うんだな。
自分西だから今までシャベルで墓穴掘ってた…
東の人にどう読まれてたのか、想像するだに笑えてくる。
かと言って、スコップで掘るように変えても
西の読者には意味が伝わらん。難しいもんだな。

356 :小説:2010/03/22(月) 10:05:13 ID:3oD+1xcI0
あれ大阪限定じゃないの
自分福岡だけど大阪と逆だよ

357 :小説:2010/03/22(月) 10:25:58 ID:nJcKPkOB0
ttp://hougen.atok.com/gachinko/110.html

建築業界だと、掘るのがシャベルで、
すくうのだけに使うのがスコップらしい。

358 :小説:2010/03/22(月) 13:25:13 ID:2UP97DjY0
福岡は西というより九州というイメージだな。

359 :小説:2010/03/22(月) 14:00:55 ID:L9DGsF+HP
東と西って言ったら東日本と西日本じゃないの?
福岡は西日本だと思うけど

360 :小説:2010/03/22(月) 14:54:07 ID:t1wNX/W/0
この場合、関西と関東じゃね?

361 :小説:2010/03/22(月) 21:06:11 ID:YyYmc49g0
本州最西端で福岡のお隣は大阪と一緒
定期的に出てくるが、方言の話って難しいよな
知り合いの関西出身の管理人が、無意識に地の文や台詞の言い回しに
関西の方言を入れていて、気付いてないんだろうけど教えるのも微妙かな、という気分だ

362 :小説:2010/03/23(火) 00:08:13 ID:MNKTbi9d0
そういやプロフに出身地情報載せてない管理人さんが
文章中に出てくる言い回しで自分と同郷だと分かったことがあった

標準語だと思って書いてるんだろうなーと思ったけど
勝手に親近感湧いて楽しかったからスルーした

363 :小説:2010/03/23(火) 00:48:51 ID:X7h6W4680
肘から肩を指すのに「二の腕」を使いたいけれど、
肘から手首の意味もあると知ってから使えなくなった…

364 :小説系SNS:2010/03/23(火) 06:21:52 ID:oK04jD0r0
>>363
一般的には二の腕=上膊部だから気にしなくてもいいんじゃないかな
肘から手首の意味で取る人はまずいないと思う

自分は首筋がうなじの意味だと知らずに使ってた
「首の横」を表す熟語ってないんだよね

365 :小説:2010/03/23(火) 13:09:56 ID:UGI+TFgd0
>>355
シャベルとスコップはメーカーによって呼び名が違うだけだと思ってた。

意味が通じるかどうかだけど、
サイズを書いたり、文脈で理解させたりで大丈夫じゃないのかな。
小さいスコップで掘ったとか、砂場でシャベルをとか、
そんな感じに書いたら東でも西でも意味は通じそうだけど。

366 :小説:2010/03/23(火) 19:53:11 ID:FKblT54a0
>>363
そんな意味もあるんだ、知らなかった
自分も気にしなくていいと思うけどなー



受験やら引っ越しやらで休止していたサイトの更新を最近また開始した
オリジの長編が途中だったのでそれから書いているんだけど
今までずっと段落の最初を一字下げずに書いてきたんだ
でも一年ほどのブランクの間に自分に何があったのか、ちゃんと一字下げて書きたくなってしまった
同じ話の途中からいきなり書き方が変わるのはどう見てもおかしいから
とりあえず今の連載を終わらせたら一字下げに変えようと思ってるんだけど
更新したサイトを見てるとどうしようもなくむず痒くなることがあるw
同じようなことになった人いる?

367 :小説:2010/03/23(火) 20:34:59 ID:yZJWc1Ci0
>>366
自分も昔と今の書式の違いにむず痒くなる
ものによっては、自分のその頃の精一杯として放置してるけど、
インデントは閲覧者ごとに有無の好みがあるようだから全部CSSでやるように修正した

368 :名無しさん名無しさん:2010/03/25(木) 09:21:34 ID:+r+5d4LE0
創作同人小説って売れるの?
俺はかわいい絵が見たいから漫画しか買わないんだけど

369 :小説:2010/03/25(木) 10:55:06 ID:3zmZ+Vgo0
>368
そんなもん傾向と作者の知名度によるとしか言えんよ

370 :小説:2010/03/25(木) 11:29:47 ID:+o61YaP60
>>368
挿絵なしであれだけ売ってる型月とかどーすんだよw

371 :小説:2010/03/25(木) 12:19:33 ID:Kh/jr96K0
型月も最初は「売れないからエロ入れよう」ってとこからスタートしてるけどな。

372 :同人小説:2010/03/26(金) 00:16:34 ID:vpGyszFv0
>>368
売ったことはないけど、ウチの客ってほとんど「全部」って買ってく
勝手に人の一次作品とか検索して探し出してくる
…ひょっとしたら二次で出ても並べといたら売れるかもしれない

373 :同人小説::2010/03/27(土) 01:10:31 ID:LKPg3WhD0
コミケで最も需要が高く最も売れているSSは何か?

葉鍵?

374 :小説:2010/03/27(土) 01:19:04 ID:Ns8T9CeTP
マルチ氏ね

375 :小説:2010/03/29(月) 02:39:55 ID:Gz0qIzZ60
談話室はここに統合されたの?

376 :小説:2010/03/29(月) 15:59:29 ID:edQ8dtTm0
>>366
自分はどうしても気になって、更新済みの小説を全部直したことがあるw
凄く手間がかかった…

377 :小説:2010/04/02(金) 16:07:13 ID:ZVbnYJiK0
>>366
自分も過去の作品全部直したことあるわ。ファイル数三桁とかありえなかった
賽の河原の石積み気分だったがなんとか終わらせたw
オンはすぐ直せるが、オフでそういうのがあったらマジ辛いな

378 :小説:2010/04/02(金) 18:53:45 ID:r744qJ1QP
ファイル三桁でも置換とかをうまく使えば楽にできるよ

379 :小説:2010/04/09(金) 22:17:36 ID:bxHfrqPE0
ぱそこんでテキスト書くなら、コマンドラインの加工や正規表現とか
あるていど覚えといて損はないように思う
たいして難しくない上、無駄な時間と労力を費す場面が減る

380 :小説:2010/04/09(金) 23:21:52 ID:gq4oT0OZ0
正規表現ならともかくコマンドラインで処理するなんて出来るサーバ限られてこない?
ローカルでプロンプトでやるってこと?

381 :小説:2010/04/09(金) 23:47:50 ID:B/ARGPUu0
>380
ローカルで処理してuploadし直すって話じゃ?
grepとか使えばそう面倒じゃないと思う

382 :同人小説:2010/04/09(金) 23:53:55 ID:L4z1P+F70
>>379
のある程度難しくないがどういう人間にとっての「難しくない」かが問題だ
プログラム言語3つも知ってたらすぐ応用出来るよとかそんな話だと困るw

383 :小説:2010/04/10(土) 00:11:26 ID:pqUPoXX70
>>382
覚えることはそう多くない。
cd ディレクトリ移動 ls ファイル確認  grep 検索の3つのコマンド
あとsed uniq wc sort awkでも知ってたら充分だ。
windowsユーザならコマンドプロンプトの使い方とかでぐぐれ。


384 :小説:2010/04/10(土) 00:16:48 ID:pqUPoXX70
vi(ファイル編集)忘れてた


385 :小説:2010/04/10(土) 00:28:51 ID:txd62zeAP
>>383
ぶっちゃけあなたの書き込みを見ていても
それを勉強しようという気にならない

386 :同人小説:2010/04/10(土) 00:52:32 ID:K84/l/Nh0
>>383
それ知って同人小説の何に役立つの?

387 :小説:2010/04/10(土) 01:32:39 ID:N1NuMwwa0
何つっかかってんだ?
何十もあるファイルをちまちま手直しするような単純地道ミッションなら
もっと便利なやりかたも一応あるよ、ってだけの話でしょ

まぁ普通の人には敷居高いね

388 :小説:2010/04/10(土) 01:42:24 ID:+BQfYTBX0
そこまで難易度高くない方法としてこういうソフト使う手もあると思う。
とりあえずベクターで「置換」を検索してみつけた「複数のテキストまたは
htmlファイルから複数行の文章を一括検索&置換」可能だと思われる
ソフトたち。
ttp://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se162621.html
ttp://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se072729.html
ttp://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se205255.html
ttp://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se359701.html
使い勝手はわからないけど。

389 :同人小説:2010/04/10(土) 01:52:31 ID:MO2PNbHt0
>>387
状況を全然把握してないレスだったから突っ込まれただけじゃない?
382へのレスがあれってのはちょっとおいおいと思ったよ

390 :小説:2010/04/10(土) 03:07:27 ID:+BQfYTBX0
>>389
いや、状況は把握してるんじゃない?
「プログラム言語3つも知ってたら」の言語ってのを、C++とかVisual Basicとか
そういう意味と判断しただけでしょ?
つまり「三カ国語ぐらい喋れないとできないんじゃないの?」って言われて、
「いや、ハローとサンキューとグッバイ覚えてたら充分だよ、詳しくは「やさしい
英会話」とかでぐぐれ」って言ってるようなもん。
よく分かってる人の通弊として、分かってない人に説明するには言葉が足りな
かったんだなとは思うけど。

分かってない人なりに調べた結果はこんな感じ。
コマンドプロンプトでの命令の仕方ってのは、直接アイコンを掴んだりダブル
クリックしたりしてるいつもの操作と違って、
PC「今どこどこのフォルダにいますよー。マスター、これからどうしますか?」
主「んじゃ、Cドライブの○○フォルダの下の△△フォルダに移動して」
PC「移動しましたー!これからどうしましょ?」
主「その中のファイル一覧で見せてよ」
PC「了解ですー(窓を埋め尽くすファイル名)これで全部ですよー」
みたいなやり方なんだよね。ただしPCたんは普通の日本語とかわからないから
cdとか「コマンド」をマスターが覚えてあげなきゃいけない。
ある意味まだるっこしいけど、今回調べてみて萌えるなと思いました。

そんで>>383はその指示に使う単語を、10個程度も覚えておけばやりたいことは
だいたいできるよと言ってるんだね。そのコマンドUNIX用だからコマンドプロンプト
でのコマンドはまたちょっと違ったりするみたいだけどやることはだいたい一緒。

391 :小説:2010/04/10(土) 03:14:20 ID:+BQfYTBX0
そんで、この方法の何がいいのかっていうと、いちいちファイルを開いて、検索して、
置換して、保存して、ファイル閉じて、ってな作業しないで一括でできるってこと。
でも>>388みたいなソフトもあるから私のように面倒な人とか苦手な人はそっち使う
方がおそらく楽。

でも専用のソフトとかはみつからないし、でもやりたいことはあるし、手作業でやるには
だるいし…みたいな状態になった時、コマンドとかある程度わかっててPCたんに命令
できる人は強いと思う。>>379が「損はない」って言ってるのはそれかと。
正規表現なんかも結構使う局面出てくるし。
字書きはだいたいテキストベースでなんでもやるから、知ってて損は確かにないと思う。
でも覚えたり理解したりするのがめんどくさいんだよねw

392 :小説:2010/04/10(土) 03:28:56 ID:txd62zeAP
自分378なんだが、「置換とか」には388みたいな
複数ファイル一括変換ソフトも含んでたつもりだった

まずはテキストエディタで置換する事を覚えたら、
次は「これ一度にできるようなソフトあるんじゃねーの?」と思いつき
ソフトをぐぐるぐらいの道は辿るだろうと思って、378には書かなかった

まさかこんな斜め上の展開になるとは……

393 :小説:2010/04/10(土) 04:50:17 ID:T2RfEi+m0
自分はそもそも小説書く上では置換自体使わない

394 :小説:2010/04/10(土) 05:54:10 ID:CznaKyOSP
小説書く時は使わない人も多いと思うけど、ネット同人の場合htmlを一気に書き
換える必要が出たりすることはあるよ。
というか複数のファイルを一気に、同じ所を同じように置換する必要性が出るの
ってそういう時ぐらいじゃないかな。

395 :小説:2010/04/10(土) 19:09:58 ID:N1NuMwwa0
固有名詞を仮決めのまま書きはじめたとか後から変更したくなったとか多いんで
自分は必須だな <置換
あと表記揺れのチェックにgrepするし、古いバージョンの差分見たりもするけど
マッチョなエディタ使っとけば大抵機能揃ってると思う
窓はテキスト処理の小物ソフトも多いしね

396 :小説:2010/04/15(木) 14:10:44 ID:LAmHy9Rg0
以前の小説診断のやつがなくなったので、文体診断やってみたが
適当なもんだとわかっていても、「表現力豊か」と言われると嬉しいな

もっと頑張ろう

397 :同人小説:2010/04/15(木) 14:40:00 ID:xCKPngr70
あー、同人系であれの下二つがAにならない人見たことないよ…
どういう文章なら変わるのかがむしろ見たい気がする…

398 :小説:2010/04/15(木) 14:42:32 ID:LAmHy9Rg0
ということは、むしろBやC、Dの方が表現力豊かってことか

尚更頑張ろうw

399 :小説:2010/04/15(木) 15:46:20 ID:arFEPoOH0
今まで書いた話を色々投入してみたが、
一番下の文章の個性、「A・とても個性的」と出るのもあれば、
一言、「E・平凡」と切って捨てられるのもあるw
自分では両者で特に違いがあるとも思えないから、基準がわからんw

400 :同人:2010/04/15(木) 16:56:18 ID:6+1gcCGZ0
基準書いてあるじゃん……
他スレでも同じようなレス見たけど、みんなリンク先って読まないんだな。

401 :小説:2010/04/15(木) 17:37:58 ID:v/PoN8Ez0
基準は読んでるけど、だから余計にあの診断結果が
曖昧だって話じゃねえの

402 :同人小説:2010/04/15(木) 17:50:05 ID:xCKPngr70
あの説明で満足出来るか出来ないかじゃないのかw

403 :同人:2010/04/15(木) 17:50:53 ID:6+1gcCGZ0
一部抜粋

 文章の読みやすさは、平均文長と平均句読点間隔を用いて評価しました。一文が短いほど評価が高くなっています。
 また、文章の硬さは、ひらがな出現率をもとに評価しました。平均に近いほど評価が高くなっています。
 文章の表現力は、異なり形態素比率により評価しました。比率が高いほど評価が高くなっています。
 文章の個性は、ss[a,i]=50としたときのCIを基準に評価しました。CIが低い、つまり平均から離れているほど個性的であると評価しています。
 評価は、AからEまでの5段階評価、評価分布は各20%ずつとなっています。

というわけで、表現力や個性Aは特に褒め言葉でもないことがわかる。

404 :同人小説:2010/04/15(木) 22:28:56 ID:ZH2oDLohO
>>403
逆にEだからおちんこむ必要もないということか

ノベルチェッカー先生の甘口評価が懐かしい

405 :同人:2010/04/16(金) 09:50:33 ID:gEbkPO1D0
>>404
チェッカー先生より辛口な印象を受けるから結構おちんこでてしまうな

406 :同人小説:2010/04/16(金) 11:20:18 ID:uRyuQjfM0
試しに掌編五つほどやってみた。
詠みやすさや表現力、個性は全部同じくらいでABが多かったけど、
文章の硬さだけDが2、Cが2、Aが1と硬いのが多かったな。
自覚はあったけど、ロリコン連呼した作品がDなのはちょっと驚いた。

407 :同人小説:2010/04/16(金) 23:10:23 ID:yM75KTxf0
>>405
しまいなさいって。

408 :同人小説:2010/04/17(土) 00:35:01 ID:NPbsUyeH0
文体診断やってみた。
いろいろ試してみたんだが固有名詞のカタカナ率が高い文章の場合は
なんとなくだが松たか子や小林多喜二の一致指数が多くなるような感じ。
しかし全く読んだこともないような作家の文章と自分の文章が
近いと言われるのはなんだか不思議なかんじだな・・・

409 :同人:2010/04/17(土) 02:14:35 ID:pu2Z1xWH0
ていうか、文体診断の宛がわれる作家、偏りすぎじゃね
半分お遊びみたいな無料診断に文句付ける気はないが、いまいち楽しめない

410 :同人小説:2010/04/17(土) 09:32:29 ID:hEAMmB0O0
私の診断結果披露大会

411 :小説:2010/04/17(土) 11:51:39 ID:Cv+CNrXQ0
結果も感想も自分のブログかついったーに書いとけばいんでね

412 :同人小説:2010/04/17(土) 16:52:21 ID:EvrkfOt10
たかだか十数レスでそこまで言わんでもw
この話題で100レス近く続いてうぜえくらいならともかくさ。
文体診断になんか恨みでもあるのか?

413 :同人:2010/04/17(土) 17:30:26 ID:No5u4cEQ0
何日か前にチラシで散々やってたね
診断結果貼り付け

414 :同人小説:2010/04/17(土) 17:47:19 ID:EvrkfOt10
ああ、なるほど。
それ見てた人からすると既に長く続いてうぜえ状態になってるのか。
似たような経験あるからなんとなく気持ちはわかる。

415 :同人小説:2010/04/17(土) 17:51:24 ID:XxZqvTIG0
同じく、なんでこの程度でって思ったがそういう経緯か
でも頭切り替えたほうがいいような気はする

416 :同人小説:2010/04/18(日) 00:06:09 ID:0S86s72U0
24. スレイヤーズ
魔竜王ガーヴが慎二に転生 ワカメ魔竜王シンガーヴ無双
25. るろうに剣心
志士雄真実が禁書世界に転生
26. CODE:BREAKERととある魔術の禁書目録のクロスオーバーSS
27. ガンダムWとエヴァのクロスオーバー SS
28. ロードス島戦 IF
(1) ナシェルのロードス統一
(2) ロードス島戦記の破壊の女神カーディス復活 VS ロードス連合軍
(3) 新ロードス島戦記の終末の巨人復活 VS ロードス連合軍


417 :同人小説:2010/04/18(日) 00:07:20 ID:0S86s72U0
191-195

418 :同人小説:2010/04/18(日) 20:50:21 ID:kMqoRN2XO
>>405>>407
鼻から牛乳出た

419 :同人小説:2010/04/20(火) 08:30:36 ID:yS9h5b3Y0
いつも題名をつけるのに一番悩むんだけどみんなどうしてる?
書き終わってるのに題名が思いつかなくて更新できないんだよ

420 :同人小説:2010/04/20(火) 10:13:45 ID:eXGOpm/Q0
>>419
たった今ヒネリも何もないタイトルつけて
更新して来たところだよorz

落ち合ってお茶を飲む
→ハーブティー好きだって知らなかったよ
→ゆっくり知り合って行けばいいよねイチャイチャ
→"ハーブティーで待ち合わせ"

あまりのヒネリもセンスもなさっぷりに
軽く凹んだのは閲覧者には内緒だ
ステッキーな題を思いつくセンスを下さいorz

ヤケクソで最初か最後の1行そのままとかは?

421 :小説:2010/04/20(火) 11:09:35 ID:K27WmsvQ0
あまりにも思いつかず、ついにあきらめて、
タイトル未定でアップして公募したことがあったw

422 :同人小説:2010/04/20(火) 11:18:14 ID:Gg6gCQY10
自分なんか
○○×△△/ほのぼの
○○←□□/熱愛
とかそんなタイトルだよw
なんか洒落たタイトルとかこっ恥ずかしくなってしまう

423 :小説:2010/04/20(火) 11:19:05 ID:EfOM4eyM0
>>421
その発想はなかったわww <公募

でもリクエストでタイトルだけ指定とか聞くもんな
そう突飛な案ではないのかもしらん

424 :小説:2010/04/20(火) 14:18:52 ID:K3le6nz80
ノウハウ板に「お前ら、本のタイトルを考えてくれると幸いです」っていう
スレがあるからそこで考えてもらえば?

425 :同人小説:2010/04/20(火) 15:48:07 ID:aX2Kil+u0
題名の悩みは創文板ではときどき見る質問なので、
そのときに出た回答を覚えてるだけ書いてみる。
「キャラの名前」「作中の重要語句」「作中の舞台」
「作中の時期」「作中のイベント」「適当に英語・カタカナ化」……etc
あと、上のやつに+α。「キャラ名の冒険」みたいな感じに。
商業の小説や漫画のタイトルを参考に分類してみようぜ、
と新人賞スレで出た話題だった気がするけどそれはどうでもいいか。

426 :同人小説:2010/04/20(火) 17:51:12 ID:gyk5La8S0
適当に語呂で決める
好きなのは状況説明っぽいのが途中でぶった切れてるの
同人小説のタイトルって隣のカプ傾向、読んだか読んでないかって程度にしか
認識されてないような気もしないでもない

たまにタイトルに気合い入れたらあとからそれっぽくこじつける

427 :同人小説:2010/04/20(火) 18:27:04 ID:prR9eHBG0
私もタイトルで悩んだことはないな。センスがあるかどうかは自信が無いけど。
作中でキーになる物・強調したい情景をそのまま単語でタイトルにしたり、英語にしたり、
書きたかった登場人物の気持ちをそのまま使ったり(例:「君が○○」)、
そのままだとサマにならない場合はひとひねりしたりする(例:尻→桃)

タイトルが決まりにくいときは、キーワードや強調したい情景がまだ書けてないってことだから、
想像を広げて雰囲気に合う情景を一つ選んで、タイトルを決めた後、本文に描写を追加する
そしたら嫌でも内容とタイトルが合致するよねw

>>420の例を借りたら、シンプルにいくならハーブの種類を決めて「○○ tea」とか、
未来を見てることを強調するなら「湯気のむこう(に)」とか…

428 :同人小説:2010/04/20(火) 20:30:00 ID:Igoy77lt0
タイトルに困ってNON TITLEというタイトルを付けた事があるよ。

429 :小説:2010/04/21(水) 01:02:10 ID:SlpmLKcQ0
>>428 小松左京の「題未定」ってSF小説、
まさに「タイトルが決まらない!」てとこから延々事件に巻き込まれていくドタバタで
面白かったの思い出したw

430 :小説:2010/04/21(水) 02:19:37 ID:xK0J/zhQ0
>>429
面白そうだね
今度読んでみよう

431 :小説:2010/04/21(水) 20:27:04 ID:EOKKpDBM0
早々とタイトル回収してるように見せて、実はひねってるのが好き
最後まで読んでやっとタイトルの意味がわかるようなのとか、
タイトルが一種の回答になっているようなやつ

ぱっと良い例えが思い浮かばないけど、
上手くタイトルがつけられると全体に統一感が出ていいよね

432 :同人小説:2010/04/21(水) 21:02:47 ID:bbVYWy2r0
>>431の1行目みたいのを狙ってタイトル捻りすぎたら、
フェアじゃないと文句言われたことある(書いたのはミステリ)。
狙い通りとはいえ、ジャンルによってはひねりも程々にしないといけないな。

タイトル捻るのが好きな俺としては、
いつかトリプルミーニングのタイトルをつけてみたい。
ダブルミーニングなら何度かつけたことあるけど、
トリプルとなると難度も段違いだからそうそう思いつけないし、
例となる作品も滅多にないから参考にするものもない。

433 :小説:2010/04/21(水) 22:12:10 ID:8PmGl+IA0
>>432

トリプルかー、どこで見たか忘れたけど昔どっかで「ロング・ライト」っていうのを見た
ロング=wrongまたはlong
ライト=rightまたはlight
と取れるから、その組み合わせでいくつも意味を持たせるってやつ
間違った権利、間違った光、永久の権利、どこまでも続く光、みたいな感じで
同じ読みの違う単語ってことで英語以外の外国語とか漢字とかにも応用ききそうだよね
せきじつ=昔日、夕日、積日 とか

つーかトリプルミーニングってこういう感じで合ってる?

434 :小説:2010/04/22(木) 01:25:39 ID:Pl2r3Vgb0
いつもタイトル決まらなくて、適当英訳でしのいだりしてるけど、
今回は先にタイトル決まった、超嬉しい。
うちのサイトは、英文タイトルのはタイトル決め切れなかった分で、
単語タイトルはタイトル思いつかなかった分で
長いタイトルはお題サイトからもらってきた分だ。

トリプルミーニングってどんなのかな。
リトルマーチ、て今たまたま聞いててふと思いついたんだけど、
「小さな行進曲」「小さな三月」翻って「小さな一歩」「かすかな春の気配」
ついでに登場人物に「マーチさん」がいれば、小さなマーチさんで3つ目だ。若草物語的な。
あと、このタイトルの曲があるから、その歌詞で3つくらい意味つかないかな、とか思った。

435 :同人小説:2010/04/22(木) 11:08:58 ID:whltqaoZ0
>>433
そういうので合ってる。
ロング・ライトで思い出したけど、そういえばDSもいくつかの意味持たせてたな。
ただ、外国語を使うと難しいのは、詳しくない人には解説が必要になることなんだよな。
作中で自然な形で解説を入れるという手もあるが、その必然性を持たせるのが難しい。

436 :小説:2010/04/22(木) 11:32:37 ID:31F3tTwCP
せきじつ=昔日、夕日、積日みたいな感じでトリプルミーニングはやったことがある
ただ、こういうのって結局自己満足で、
あまり読み手に気付いてもらう事は期待しないほうがいいと思う

437 :小説:2010/04/22(木) 12:00:09 ID:8VDfVTl80
>436
自分も完全に自己満足だと思ってやってる。
タイトルだけじゃなく、引っかけ構成とか表に出ない設定を
やたら細かく詰めるとか、自分が楽しいからやる。
気づいてくれた人だけニヤリとしてくれればいい。
そしてもし感想とかでそこに触れてくれる閲さんがいたら
心の中でそっと贔屓するw

438 :同人小説:2010/04/22(木) 17:30:10 ID:whltqaoZ0
>>436
自己満足というのは否定しないけど、
俺としては最後まで読んだ人の多数がわかるようなのが理想。
そういう感じの上手いダブルミーニングの作品を初めて見て以来、
好きなダブルミーニング作品はそういうのばっかだから憧れてる。

439 :同人小説:2010/04/23(金) 14:31:49 ID:VEqID89B0
1〜28番の二次創作小説SS(Side Story)のコミケや通販予定はないでしょうか?

24. スレイヤーズ
魔竜王ガーヴが慎二に転生 ワカメ魔竜王シンガーヴ無双
25. るろうに剣心
志士雄真実が禁書世界に転生
26. CODE:BREAKERととある魔術の禁書目録のクロスオーバーSS
27. ガンダムWとエヴァのクロスオーバー SS
28. ロードス島戦 IF
(1) ナシェルのロードス統一
(2) ロードス島戦記の破壊の女神カーディス復活 VS ロードス連合軍
(3) 新ロードス島戦記の終末の巨人復活 VS ロードス連合軍

191-195

440 :同人小説:2010/04/23(金) 18:00:01 ID:WYHRsTvf0
またウィルスきてるのか

441 :同人小説:2010/04/23(金) 18:04:23 ID:PicUAOnR0
>>440
レスから一個ずつNGワードに放り込むといいよ
面倒だったが小説関係回るとかなりの頻度で来るから損はないw

442 :同人小説:2010/05/05(水) 16:44:16 ID:eI7wA4dZ0
ときめきメモリアル4、WHITE ALBUM2のSSを書く計画は無いんでしょうか?
ときめきメモリアル4、WHITE ALBUM2も それなりに おもしろい 名作と思うの に、 SSがない、少ないのがとても惜しいと思います。

443 :同人小説:2010/05/05(水) 17:08:02 ID:eI7wA4dZ0
ときめきメモリアル4、WHITE ALBUM2、Canvas3、Pia♥キャロットへようこそ!!4のSSを書く計画は無いんでしょうか?
ときめきメモリアル4、WHITE ALBUM2、Canvas3、Pia♥キャロットへようこそ!!4も それなりに おもしろい 名作と思うの に、 SSがない、少ないのがとても惜しいと思います。

444 :同人小説:2010/05/27(木) 09:50:45 ID:tMj/Ybc80
夜中にハイになってる時が一番書けるんだけど、
同時に頭おかしくなってるから真夜中のラブレターみたいになってたりとか、
言葉の使い方がラフになりすぎてたりとかよくあるんだが。
「Aの覚悟は半端なかった」とか。そのうち「まじパねぇ」とか書きそう

445 :同人小説:2010/05/28(金) 12:18:26 ID:wTI9a8Pa0
>444
それパネェ見てえっす

446 :同人小説:2010/05/28(金) 17:38:35 ID:pSaGXvXU0
>>445
DAIGOさんこんなとこで何してるんですか

447 :同人小説:2010/06/28(月) 17:52:13 ID:hgUz4vLk0
タイトル一番悩むなぁ。決まれば本文もすんなり行くことが多いんだけど。
サイトの小説なんかほとんど「non title」だ。

自分は短編書きなんだけど同人誌は本のタイトルだけ決めて、
繋がってない話なのに数字で区切ってる。

448 :同人小説:2010/06/28(月) 18:05:10 ID:Bpoqu62o0
困ったときの俳句歳時記

自分はタイトル決まらないときは歳時記ぱらぱらっと見て決める。
作中の季節+話の内容と合う言葉を探してみると結構いい感じのが見つかったりする。
その他にも色々歳時記っぽい辞典にお世話になってる。

449 :同人小説:2010/06/29(火) 12:48:54 ID:RERxQI7e0
脳板の「本のタイトル考えてくれ」スレに逝って住人に考えてもらえば

450 :同人小説:2010/06/29(火) 19:16:41 ID:DwxySjIeP
自分で考えても決まらないくらいの美学があるんだから
人が考えたものを簡単に気に入るとは思えないが…

451 :同人小説:2010/06/30(水) 03:13:30 ID:+tGghOg30
タイトルつけるほどではない内容ならともかく
しっかり書いたのにタイトルなしは勿体無い
ある意味未完成

452 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2010/06/30(水) 18:30:30 ID:fD6JnvAX0
>>447
それ、読む側としては最初わかってないと混乱しそうだなw

453 :同人小説:2010/07/07(水) 10:08:40 ID:PuhMaV+Z0
「(キャラ名)が(地名)へ行った時の話」ってタイトルにしたら
タイトル長いですってコメントが来た
ツッコミどころはそこなのか

454 :同人小説:2010/07/08(木) 16:57:04 ID:Uay6P/Xq0
ネット小説であえて明朝体を指定する理由が知りたい
読みにくいと思うんだけどなぁ

455 :同人小説:2010/07/10(土) 01:14:19 ID:uoEbA7du0
>>454
マックのサファリの一部では明朝の方が綺麗に見えると聞いたことがある
管理人の環境がそうなんじゃないか?

456 :小説:2010/07/10(土) 02:10:00 ID:kKGPvzkY0
ああ、サファリの明朝体はきれいだ、確かに

今はwin用のサファリもあるからなー…iTunes入れると
「サファリとクイックタイムとその他いろいろが
なかまになりたそうにこっちをみている」
って状態になるw

457 :同人小説:2010/07/10(土) 02:28:21 ID:F76RZnud0
>>456
今までクイックタイムうぜえとしか思ってなかったが、なんか萌えたw
擬人化で1本書けそうだw

458 :同人小説:2010/07/10(土) 11:16:20 ID:z0Mw51xl0
書いてくれたら買う

459 :同人小説:2010/07/19(月) 23:18:00 ID:m43t5daG0
ちょっと質問です。サイトで長編連載をしようと思うんだけど
一話分の長さってどれぐらいの分量が読みやすいかな?
人によるんだろうけど、目安にしようと思って。

460 :同人小説:2010/07/20(火) 09:04:17 ID:nsUc9LFq0
それは……本当に人によるだろうね
長いと途中でやめたときどこまで読んだか分からなくなるとか
短いとちょくちょく次のページへのリンク押すために現実に引き戻されてイヤだとか

サイトを見に来てくれる人がどれくらいを好むかが問題なわけだから、
今サイトに置いてある短編と同じくらいの長さにしたらどう?

461 :同人小説:2010/07/20(火) 23:20:59 ID:/68Q64lW0
>>459
うちはPCサイトなんだけど、携帯閲覧者も多いので
だいたい5000字/頁にしてる

462 :同人小説:2010/07/21(水) 00:03:46 ID:i0ld3eb/0
自分はキリのいいところで変更してるから
まちまちだけど平均3000〜5000くらいかな?

463 :小説:2010/07/21(水) 00:21:57 ID:GsWBegcN0
2000〜5000でお願いしたい
ネット小説ってどうも集中しにくいというか、
文章量が多いとあとで、また今度、と結局読まなくなったりするので

短いめが何話も続いた連載の方が、途中でやめられる、まずひとつ読んでみるか、で
この後は?この後は?って最後まで読める

464 :小説:2010/07/21(水) 00:30:50 ID:ugDpg6ht0
完結までの全体量があまり多くなくても、ページが30以上あると読み始める気力が削がれる。
読み手としては1ページ50KBくらいでも全然大丈夫。

465 :同人小説:2010/07/21(水) 04:05:37 ID:jQ8VjAFa0
>>459 です。沢山レスをありがとう。
大体2000〜5000が読みやすいみたいだね。それを目安にしてみるわ。
>>463のアドバイスみたいな連載をしてみようと思っているので
あまりページが多くならないように工夫して連載してみようと思う。

最近は小説サイトは携帯閲覧者も多いみたいだね。
その辺にも留意してみるよ。アドバイスありがとう!

466 :同人小説:2010/07/21(水) 18:35:25 ID:CW6DeR5g0
>>465
〆てるところ悪いけど
携帯閲覧を視野に入れるなら20KB前後までにしておくといい
それ以上になると少し古い機種だと表示しきれなかったりする
PCサイトヴューワ使わない場合の話だけどね

467 :小説:2010/08/26(木) 19:49:53 ID:rhKTAgtD0
>>448
自分がいるwww
私は辞書が好きだから、電子辞書で暇なときにぼーっと綺麗な言葉を登録しまくってる。
それと漢文から四字熟語とったりとか。

文章の巧拙はともかく、タイトルには自信あるから「素敵なタイトルだね」とか言われて嬉しい。
まぁ…自己満なんだけどね…

468 :同人小説:2010/08/31(火) 08:24:46 ID:m8f0KDibP
自分はタイトル決めるのが本当に苦手だ

>>448, >>467
やっぱりみんな努力してるんだな
努力って言葉はちょっと違うかもしれないけど

469 :同人小説:2010/09/02(木) 07:49:00 ID:GI/EEpDq0
自分はタイトル考えるの好きだな
簡単には決まらないし、考えてる最中は頭ぐるぐるするけど
これだ!というタイトルが決まった時は気持ちがいい

作品のキーになる言葉を書き出して組み合わせたり
そこに動詞や形容詞や代名詞をくっつけたり
類語辞典を引いたり
ああでもないこうでもないとやってると
ふっとタイトルが決まったりする

470 :同人小説:2010/09/06(月) 21:35:02 ID:IHuQXj9V0
ところでちょっと、PCサイト運営してる人に訊いてみたいんだけど
文字サイズってどうしてる?
ブラウザによってあまり変化がしないのを考えてるんだけど

471 :同人小説:2010/09/06(月) 21:37:41 ID:fua1GxJl0
>>470
pt固定しなければ読み手が好きに変更して見れるから%指定だけしてる

472 :同人小説:2010/09/07(火) 17:16:36 ID:gpGh54C70
>>470
同じく%指定で、本文は100%
ちょっと大きすぎるかもしれないが、行間やインデントいじるとちょうどいい
今のところ特に見づらいと言われたことはない

473 :同人小説:2010/09/08(水) 05:21:08 ID:LGBzAcPJ0
自分はemでやってる
0.95emで、友人にはそれ以下にされるときついと言われた
自分にとってもそこが限界(デザイン的に)


474 :同人小説:2010/09/08(水) 08:11:42 ID:wxZOnzqV0
自分は文字が大きいと逆に読みづらいので
文字サイズ80%で行間を広めに設定してる

自分の場合、文字極小で固定だったり行間きつきつだと読むのを諦めるから
そこさえクリアしていれば後は勝手に調整してくれるかなーと
JSで文字サイズを変えられるようにしているサイトもあるけど
あれは親切だと思った

475 :同人小説:2010/09/08(水) 20:37:08 ID:iDYdV2wf0
センチ2の同人小説を見つけた


Sentimantal IIDX

ジャンル: センチメンタルグラフティ
サークル: “天”レーベル
作者: 天野優樹
発行日: 2010-08-15 ページ数: 32 価格: 200円 規格: B5
センチメンタルグラフティ2でリリースした作品の総集編です。耕平と優の“その後”をお楽しみに

476 :同人小説:2010/09/09(木) 01:58:12 ID:c0VrxnTJ0
TTタグ使ってるとこあったけどあれは逆に読みづらかったなあ

477 :同人小説:2010/09/09(木) 06:52:09 ID:0UgWOQZV0
TTって何かと思ったら等幅になるのか
改行具合なんかにも寄るだろうけど小説でそれはキツそうだ

478 :同人小説:2010/09/15(水) 16:27:56 ID:BwGp/v3N0
ちょっとお聞きしたいのですが、
文章中、どれくらいの割合で漢字使ってますか?
自分は開けるだけ漢字を開いてしまうので、かなり平仮名が多い。
また自分でも平仮名の多い文章のほうが読みやすい。
でも、ノウハウ板の文章評価スレで、平仮名多い人の文章について
指摘が多かったので気になった。
司馬遼太郎や、矢川澄子なんか、平仮名めちゃくちゃ多いと思うんだけど
どうなんだろう。

479 :同人小説:2010/09/15(水) 16:47:01 ID:dfr0EpUU0
調べてみたら、自分は25〜27%くらいだった。
書いてる時の感覚では結構ひらがな多めと思ってるけど、平均ってどのくらいなんだろう。
自分も漢字は結構開く方だけど、商業小説を読んでるともっと開いてる人って多いので気にしないな。
脳板の指摘は多分、漢字で普通に書いた方が読みやすいのに、
ひらがなにすることで却って読みにくくなっている、っていう意味での指摘じゃないかな。

ちなみに自分は一人称で書いたものは漢字率低くて、三人称だと3%くらい多くなってた。
あと、頭の固い男キャラ視点一人称だと漢字が多くて、女キャラ視点一人称だと漢字少なめ。
分かりやすいw

480 :同人小説:2010/09/15(水) 16:47:33 ID:Loh7IgAp0
自分も平仮名使うほうだし、読みやすいと思ってる
好みの問題なんじゃないかな
あきらかにかんじになおせるところをなおしてないのは
幼児向けか?この文章、と思うけど

481 :同人小説:2010/09/15(水) 17:37:29 ID:BwGp/v3N0
ノウ版の文章晒しスレで、
ひらがなの指摘が多かった文章というのがこれなんだけど↓
http://sara.dou-jin.com/
多いか? これ。
大学生の一人称にしては少ないという意味だろうか。

482 :同人小説:2010/09/15(水) 17:43:28 ID:UAAaqHyZ0
なんで他板他スレの、素人が一時的に上げたURL持ってくるわけ?
指摘したいなら該当スレですればいいし、やってることヲチと変わらんよ?

483 :同人小説:2010/09/15(水) 17:49:49 ID:l8fyJCmN0
自分のなんじゃない?

だったら物笑いの種だけど・・・

484 :同人小説:2010/09/15(水) 18:14:38 ID:5WMsOANj0
パソコンが普及してから文章内の漢字の割合が明らかに増えたってどっかの
ライター講座で聞いたことがある
自分じゃ筆記できない漢字でも簡単に変換できちゃうからね
ノウ板の評価スレも基本的には素人の評価だし、「漢字の多い少ない」も個人の
感じ方に依るところが大きいから何とも言えない

485 :同人小説:2010/09/15(水) 19:39:10 ID:TJeSLxmn0
確か新聞で6割くらいじゃなかったかな。5割を超えるんだったと思う。
文字数減らして詰め込んで、人名、地名、法律名なんかがたっぷり入った新聞でそれくらい。

普通のライティング講座的なところでは、たぶん4割くらいを目指すように教える。
堅くもなく、柔らかすぎず、というあたりがそのへんになるから。
書くものがエッセイならもう少し減らしてもいいですよ、なんていう具合かな。
ただ、小説の場合には台詞の中が口語になるから、もっと減ると思う。

486 :同人小説:2010/09/15(水) 20:24:34 ID:LqitQeHj0
>>478
ギャグ多めのジャンルの二次でシリアス書いてたときは3割ちょっと、
今は歴史系ジャンルのシリアス三人称でほぼ4割

ジャンルにもよるしどういう雰囲気にしたいかにもよるから気にしないで良い思う

487 :同人小説:2010/09/15(水) 20:38:23 ID:H3swuTw90
>>478
自分は現代恋愛ものでセリフ多目(セリフ30%・地70%)で漢字率24%
普通に書いて(セリフ15%前後・地85%前後)26-27%
上の人と比べると漢字率低いな
よく文章がやさしい・読みやすいと言われるが、もしかすると平仮名のせいかもしれないw

488 :同人小説:2010/09/15(水) 21:14:58 ID:WFG6/mY00
一人称でゆるく書いたのをざっと見たら25-30%だった
人称も関係あるんじゃないかな

489 :同人小説:2010/09/16(木) 00:49:51 ID:Qrull/rgO
割合よりも普段漢字で見慣れてるものがひらがなだとモヤモヤしてくる
おんなのこ、きょう、まんぞくとか。スイーツ女の糞しょうもない女子会に付き合わされたような疲労感に陥る

490 :同人小説:2010/09/16(木) 11:18:17 ID:Yfj1YI5zP
漢字変換はとにかくセンスだよね
会わない人のはほんと合わない

491 :同人小説:2010/09/17(金) 01:37:37 ID:IdkmCNBt0
>>489
「きょう」をひらがな表記するのは商業小説でもよくみるよ〜

私は、ようやくを「漸く」とか、「此れ」とか「否」とか、
やたら小難しくした感じの文章がだめ。
それでBLは、個人的に違和感がありすぎる。

492 :同人小説:2010/09/17(金) 01:43:10 ID:SwRlanqj0
>>491
同人小説だとそういう変換よく見るけど誰かの影響なのかな?ラノベとか?
私もあんまり好きじゃないけど

493 :同人小説:2010/09/17(金) 02:04:45 ID:koUL9Iye0
一時期流行ったよね林檎病
最近はあまり見なくなったけど

494 :同人小説:2010/09/17(金) 02:48:22 ID:osXMkd5S0
京極さんはよくしてるけどあの人は文章自身が古めの表現だからなぁ……

495 :同人小説:2010/09/17(金) 03:21:10 ID:INiEpC2sO
>>491
商業は気にならない。気にならないから「きょう」が多いのも気づかなかったわ
ここで書くのはあくまで同人での話ね


496 :同人小説:2010/09/17(金) 13:04:19 ID:ZYWDMzPM0
「きょう」って、「今日」?
「今日私は〜」 って漢字が続くのがなんか気になってたんだけど、
「今日、私は〜」も、状況によってはおかしくなるので。
かといって、「きょう私は〜」にしようという発想はなかった。今後もないが。

497 :同人小説:2010/09/17(金) 13:47:04 ID:d9/np8p/0
発想を自分で狭めてもいいことないよ
せっかくなんでもありな小説に関わってるのに
もったいない

498 :同人小説:2010/09/17(金) 14:21:13 ID:bLL+ooFx0
そうだよね、なんでもありな小説でしかも同人だもんね
これから全部カタカナで書くよ!

って言われても、読まないよ、としかならんわなw

499 :同人:2010/09/17(金) 14:26:23 ID:0eZlVnYm0


500 :同人小説:2010/09/17(金) 15:36:07 ID:w1LNevvt0
漢字が繋がり過ぎてるところで且つ音読して読点入らないなって場合は
普段は漢字にしてても一時的に開く、ってのはわりと普通のことだと思ってた
その発想はなかったわ、ってほどのものじゃないのでは

平仮名だらけも読みにくいけど漢字だらけも読みにくい
とくに連続した文字が熟語として読めてしまう場合


501 :同人小説:2010/09/17(金) 20:51:23 ID:PiQUPHdJ0
ひらり ひらり とか、ふわり ふわり とか
改行有りで度々使うのって、同人小説ならではのよく見る表現方法だと思うんだけど
自分はどうもあれが苦手だ


502 :同人小説:2010/09/17(金) 21:21:23 ID:IdkmCNBt0
>>501
私も苦手。
一気にポエムっぽくなる印象。

おなじ小説のなかで、ある箇所では漢字に変換して使っていた単語を、
別の箇所ではひらがなに変えていたら違和感ある?
ここは漢字が続くからひらがなにしたいが、
こっちでは逆に漢字にしたほうが読みやすい、とかあるよね。
短い文章ならそれなりに工夫して統一できるんだけど、
長くなるとそれが難しくなってくる。

503 :同人小説:2010/09/17(金) 22:47:22 ID:zGE1b3tf0
表記のゆれってことで、作法上はあまりよろしくないらしい。
個人的には読んでて違和感ってほどでもないけど。

504 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2010/09/17(金) 23:30:57 ID:lnSGR+LC0
>>502同人だから、と自分は好きに開いてる

今日を開くのは「きょう」と「こんにち」を明確に区別するためらしいよ
一瞬でもどちらなのか考えさせるのは小説的にすごいマイナスなんだと某作家が言ってた
「退く」とか「大人気ない」、意図しない熟語が発生する「明日本家に持って来て」もそうだね

505 :同人小説:2010/09/17(金) 23:35:34 ID:lnSGR+LC0
名前欄ごめん。あとレスを盛大に読み違えてた
ROMに戻ります

506 :同人小説:2010/09/18(土) 00:08:38 ID:i255gjntP
自分は校正する時に、ひらくかどうか統一させるようにしてる。
ひらかないほうで統一することにした場合は、その文章を
もう一度練り直すか、どうしようもなければルビ振るようにしてる。

507 :同人小説:2010/09/18(土) 02:22:24 ID:ynbYEMQr0
漢字が多すぎたり続きすぎるのがあまり好きじゃないから気をつけてるんだけど
「些か」と「漸く」の字面が好きすぎてひらがなの方がバランスよくてもそこだけは変換してしまう

そして読み返すと「些か」と「漸く」が多すぎて毎回削る羽目になる…
何故こんなに好きなのか自分でも分からん

508 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2010/09/18(土) 02:28:34 ID:TdZsMeEQ0
歴史ジャンルとかだったら違和感ないかも

509 :同人小説:2010/09/19(日) 10:11:06 ID:my+2ovqx0
>>501
ぞ、ざ、ざ、ざ、ざ
ぞぞ、ぞぞぞ、ぞ
とか改行で使っちゃうなぁ。迫り来る得体の知れないものに対して、ベタ打ち
で情景描写しまくって、ふいに一行明けてそれを書いてまたベタ打ちに戻る。
視覚的に、あ、ここで来てる、って分かって欲しいときにはそうしてる。

510 :同人小説:2010/09/19(日) 16:04:23 ID:P9vwGMfv0
久しぶりに菊池秀行とか夢枕獏読んだ気分w
ぞ、ぞぞ、ぞ

いろんな小説があって面白いね

511 :同人小説:2010/09/19(日) 16:46:07 ID:wOKZytrl0
夢枕獏懐かしいw
影響されてポエムを書いていた黒歴史も懐かしいw

自分の文章の癖って自分でわかるものかな?
いつも似たような言い回しを使ってる気がして
変化をつけようと悪戦苦闘してるんだけど
読み直してみると結局「いつもの文章」でへこんでる

512 :同人小説:2010/09/19(日) 16:53:24 ID:Cs9lW4gj0
もう何度も既出だろうけど、移るんだよね獏さんの文体w

513 :同人小説::2010/09/20(月) 22:29:42 ID:fv921U9q0
二次創作総合スレ
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1282482997/

514 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2010/09/23(木) 17:25:27 ID:fyLhQOTz0
書いた翌日に推敲しようとするとウヘとなって進まない
とくにガチュンシーンは打ってる時はノリノリwなのに推敲出来ない
どうすればいいんだ

515 :同人小説:2010/09/23(木) 17:26:08 ID:fyLhQOTz0
名前欄すいません

516 :同人小説:2010/09/24(金) 16:52:35 ID:CH66uunz0
>>514
自分はエロいシーン書くのが一番苦手だ
読むのは大好きなのになw

何日か寝かせて、いくらか他人目線で読めるようになってから推敲……じゃダメ?

517 :同人小説:2010/09/24(金) 17:46:27 ID:2XtSJOLI0
普段は三人称を使っているけど、エロいシーンを一度一人称で書いたらすげー書きやすかったよ。


518 :同人小説:2010/09/24(金) 22:54:18 ID:UbOy/MiP0
自分は逆だなー
一人称試してみたけど、なんというか……自分でも残念な感じにしかノらなかった。
攻一人称だったからかな。今度受一人称でやってみよう

519 :同人小説:2010/09/26(日) 11:20:25 ID:YQNnzfTj0
こんなSSがどうしても読んでみたい
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1281253478/


520 :同人小説:2010/09/26(日) 12:07:35 ID:WqXb7yeg0
一人称エロはノリノリで書いてるときは最高に楽しいが
我に返って読み返すと死にたくなる諸刃の剣

521 :同人小説:2010/09/26(日) 13:03:08 ID:snF+/5FcO
>>520
分かるわww

522 :同人小説:2010/09/26(日) 13:47:23 ID:bRCfPIBx0
エロもだが甘々いちゃラブもけっこう殺傷力高い
特に深夜に書いて翌朝冷静な脳で読み返した時の恥ずかしさといったら

523 :同人小説:2010/09/26(日) 20:09:12 ID:+yyvgwXL0
だがそれもいつしかクセになる

524 :同人小説:2010/09/26(日) 21:16:51 ID:IQHLl1Bz0
みんな桃色だね

ところでちょっと質問いいかな?
小説の技法というのかわからないんだけど
物語の序盤、主人公?が紅茶か何かの香り(味かも)によって過去を思い出すような入り方で
本編(過去)に移るってやり方、なんて名前だっけ……誰か知ってる人いたら教えていただけませんか


525 :同人小説:2010/09/26(日) 21:49:15 ID:ZBYsTcgC0
>嗅覚や味覚から過去の記憶が呼び覚まされる心理現象を
>「無意志的記憶」あるいは「プルースト現象」と呼ぶが、
>この小説のマドレーヌ菓子のエピソードに因む。
ってwikipediaの「失われた時を求めて」の記事に書いてあったよ

526 :同人:2010/09/26(日) 21:53:17 ID:Rwqft4OH0
ラベンダーの香り。
過去へ。

で、「時をかける少女」思い出しちまった。

527 :同人小説:2010/09/26(日) 22:06:53 ID:IQHLl1Bz0
>>525
それだ!紅茶と全然違ってた、わざわざありがとう!

528 :同人小説:2010/09/26(日) 22:17:43 ID:nwrO/PCf0
プルースト効果は現象そのものの名称であって、たしかに由来は小説でも
>>524に書いてるような「やりかた」のことじゃないと思うけどそこんとこ大丈夫か

529 :同人小説:2010/09/27(月) 07:23:20 ID:HTGOucy00
回想に入る手法の名前、なら間違ってないんじゃないかな
地の文にプルースト現象と書きたいわけじゃなかろう

530 :同人小説:2010/09/27(月) 11:00:18 ID:hqzll/H60
>>527
プルーストは「紅茶にひたしたマドレーヌを食べる⇒追想」なので
別に間違ってはいないと思う
「香りの履歴現象」とも言う
日本の古典だと「花橘の香りで昔を思い出す」のがお約束みたいな

531 :同人小説:2010/09/28(火) 19:40:26 ID:ITqjQQn1O
>>501
こういうのって好みもあるけど慣れもあるのかな
ライトノベル大好きな自分はどんな手法も苦手意識ないや

532 :同人小説:2010/10/03(日) 03:39:55 ID:eNF4D1Kh0
>>531
自分も501と同じく、ああいうのは苦手だ
でも苦手なものは少ないほうがいいと思う、>>531がうらやましいぜ

ところで、PCサイト持ってる人はフォントはどうしてる?
Verdanaにしたいけど「……」が「.」みたくなるし、メイリオにしたいけどvista以前は見えないし
MSゴシックとかはサイズでかくするとデザイン的になんかちょっと……って感じちゃってもういや

533 :小説:2010/10/03(日) 04:30:25 ID:N2jgv8FFP
>>532
基本的にフォントは指定しないことにしてる。
一番読みやすいフォントをブラウザの表示フォントに指定してるだろうから。
ついでに同じ理由で本文の文字サイズも指定してない。
一応行間は1.7emぐらい指定してるけど。

でもメイリオはXPでも使えるけどね。ていうか使ってる。デフォルトじゃないから、
XPの人はみんな使ってるってわけじゃないが。

534 :小説:2010/10/03(日) 04:32:14 ID:N2jgv8FFP
あ、デフォルトじゃないってのはデフォルトでは入ってないってことね。
MSのサイトで落とせば入れられるけど、入れたいと意識しないと永遠に入らない。
だから、XPユーザはみんな望めばメイリオを使えるけど、みんなメイリオを使ってる
わけじゃない、という状態。

535 :同人小説:2010/10/03(日) 17:32:44 ID:Sx5vCcUY0
>>532
小説の部分は優先順にメイリオ、MS Pゴシック、ヒラギノ角ゴを指定して、最後にサンセリフを指定してる
メニュー部分はその前にLucida指定してるけど
どうしても「…」を使いたい時はそこだけspanで囲って日本語フォント指定してる

536 :小説:2010/10/06(水) 09:55:43 ID:ODk/sFK00
すげー手の込んだことする人いるんだな
自分は行間以外なにも指定してない
あと文字の大きさは大小、読み手に選択できる仕様にしてるくらい

537 :同人小説:2010/10/10(日) 22:46:36 ID:c/51rFK50
変換の話題が出てたけど、キャラによって使い分けるっていうのはどうなんだろう・・・
自分の場合、今のメインジャンルの特定のキャラだけひらがな表記を多めにしてるんだけど、
これって読むほうからしたら違和感感じるものなのかな?

538 :小説:2010/10/11(月) 00:52:24 ID:PwuX4A2C0
>>537
一人称小説での視点キャラによる文体の変化なら普通じゃね?
自分は基本三人称だけど、ジャンルで多少漢字使用量や言い回しが変わる

539 :同人小説:2010/10/15(金) 01:02:03 ID:zsWCZD5v0
心理描写と情景描写がうまく混ざらない
どっちかに片寄るというか切り替えが下手だからか
結構落ち込む


540 :同人小説:2010/10/16(土) 06:38:40 ID:EWjXsma0P
ウェブのサンプルを読んで、面白そうな話だと思って
初めて買ったサークルさんの本がどうにも読み進められない

なんというか、小説と台本の中間のような文章だった
文章作法がなってないのは別に構わないんだけど
文末の〜する。〜したの使い方にも規則性がなく、それも
キャラがどういう行動をしたかが述べられているだけで、まさに台本

フェイクいれるけど「夜20時」とか「他人を卑下する」とか
ところどころ日本語が崩壊してた

上手い書き手さんの多いジャンルだったし、もう十五冊くらい
出してる人だから、まさかそんな本だとは思わなかった
ウェブのサンプルを見直してみたけど、抜粋されてる部分は
そこだけ読んだらそれほど台本っぽくはない部分だったorz

最後まで読み進められない本に当たったのは久しぶりだ
やっぱりウェブのサンプルだけじゃなくて
見本誌自体をきちんとチェックしてから買わないとダメだね

541 :同人小説:2010/10/16(土) 09:34:26 ID:JvbpKb0G0
>文末の〜する。〜したの使い方にも規則性がなく、

ってあるけど、自分は規則性関係なしに
文章の流れ(リズム)で書いている部分があるから
ドキッとした

542 :同人小説:2010/10/16(土) 11:55:52 ID:FPf5kA/L0
>>541
同じくw
〜た。が連続すると何か落ち着かなくなる。
読んでる分には気にならないから、ほんと無駄なこだわりなんだけど

543 :同人小説:2010/10/16(土) 15:21:14 ID:4Mk8baLl0
自分も。
何度も読み返してリズム悪いなーと思ったら文末の表現変えてる。
逆に規則的だったら読んでてリズムが止まるというか、ぐいぐい読めない気がする。
まぁ個人的な感覚なんだろうけど

544 :540:2010/10/16(土) 16:06:13 ID:EWjXsma0P
リズム、と言われたらもう何もいえない
言い回しのセンスと同じように、自分とその作家さんの
感性がことごとくあわなかったってことだと思う

ちなみに疑心暗鬼になって欲しくないので説明しておくと
  Aは××だったが△△する。〜〜する。そして○○となった。
  Aは〜〜する。〜〜する。Aは〜だ。〜〜だった。
という文章があったとする。

××と△△は同時に並行して起こったこと、
そして○○となるよりも過去のこと
○○も、二行目の文章から見ると過去のことになる。

それが、別のエピソードでは
  Aは××だった。△△した。そして○○する。
  Aは〜〜した。〜〜だった。Aは〜する。〜〜する。
のようになる。

文章の時制の法則がエピソードごとにころころ変わるうえに
それがまたト書きのような、キャラがどう動いたかの説明文なので
時系列について違和感を覚えるしキャラに共感もできなかった

545 :同人小説:2010/10/16(土) 16:33:46 ID:wrNf9Whc0
疑心暗鬼って何に対してだよw
そこまで詳細に説明する意図が分からないし、>>544だって相当説明が下手くそだよ

546 :同人小説:2010/10/16(土) 16:38:28 ID:hQjl3HCD0
>>544
説明したいという熱意は伝わってくるのだが
まったく分からん
自分が気に入らない文章だったということで、一人で納得しておいてほしい

547 :小説:2010/10/16(土) 18:36:10 ID:c/I4HnuHP
>>544
>Aは××だった。△△した。そして○○する。
これも普通に××して△△して○○したっていう風に読めるけど
なんで××と△△は同時限定なんだろう
なんていうか頭固すぎというかちょっと言葉通りに捕えすぎなんじゃないの

548 :同人小説:2010/10/16(土) 18:36:48 ID:0ITqtbG80
説明の内容は理解してあげようと思えばわかるって程度だなw
そして、そんな瑣末なことばっかり気にして文章読んでんの?って感じだ

549 :540:2010/10/16(土) 18:54:58 ID:EWjXsma0P
うん、ごめん、たしかに自分の説明も下手すぎだ

>>547
言葉通りに捕えすぎというか、そうするしかないト書きみたいな文なんだよ
××するイコール△△になるというのはジャンル者なら全員わかってる内容
省いてしまったけど○○との直接的な因果関係はない

とりあえず文章の時制が一定していなくて読みにくかった、ということだけ

550 :540:2010/10/16(土) 20:25:03 ID:b0TwC2qV0
>>549
実際の文章を呼んだ訳ではないので
あくまでもあなたが読みにくかった事だけを語るけれど、
時系列の表現についてはジャンル者が分かっている事だからこそ
わざとそうしている可能性もあるよね。
上手い下手は別として、それは表現方法としては十分あり得るし
受け入れられるのは感性の問題でもあるから
好きか嫌いかの違いだと思う。

もう一度書くけどあくまでも上手い下手は分からないので別の問題として、ね。

551 :同人小説:2010/10/16(土) 20:25:44 ID:b0TwC2qV0
名前欄ごめん。勿論540さんではありません。


552 :同人小説:2010/10/17(日) 15:19:41 ID:VB3gJvWY0
>>549
私はタカチホハルカの「〜だ。」「〜だ。」「〜だ。」文末が苦手で
全く読めないので、自分が書くときは文末は揃えない
日本語の語尾の時制は曖昧だから、549がこの語尾は必ずこういう時制だ!って
思い込んで読んでるなら、549は他の人の小説も読みにくいんじゃないかな

ただ、その問題の文章が本当にメタメタで読みにくい場合もあるので
そのサークルのこれまでの作品数より、売れているかいないかで考えた方が
その文が本当にダメなのか、単純に549と相性が悪いのかが決まるんじゃないか?

553 :同人小説:2010/10/17(日) 15:56:43 ID:qiT3hafb0
自分にとっての読みやすいor読みにくいが全ての人と共通なわけじゃないから難しいね

自分は「、」が多い文章が苦手だから、気をつけないと読点なしの文だらけになる。
これじゃ逆に読みにくいだろうと推敲すると、今度は意識しすぎて読点が増殖する
特にオフで出すときなんかには「ここに読点入れたいけどそうすると隣の行と同じ位置に
読点きちゃって画面的に嫌ででも文章は変えたくなくて」ってなって進まなくなるわ


554 :同人小説:2010/10/17(日) 16:13:16 ID:rX3KCCRG0
自分はその逆で読点多く打っちゃう派だけど
隣の行と同じ位置に読点があるとイヤってのは凄いわかるw

555 :小説:2010/10/18(月) 00:51:32 ID:Uh3zO1m1P
>>552
あああ〜、わかるわかる。「〜だ」「〜だ」「〜だ」とか「〜だった」「〜だった」「〜だった」
とか、連続すると気持ち悪くて無理矢理にでも変えようとするよね。

556 :小説:2010/10/26(火) 13:49:19 ID:ftrNJTlnO
サイトに長編を載せようと思うんだけど
1章1ページじゃ見にくいかな?
1章4〜6ページの方が見やすいならそっちにしようと思ってる。
どうか意見聞かせてください

557 :小説:2010/10/26(火) 13:51:11 ID:ftrNJTlnO
間違えてあげてしまった。ごめんなさい

558 :小説:2010/10/26(火) 13:52:15 ID:vPxWiFbzP
>>556
そんなの長さによるだろ……

559 :小説:2010/10/26(火) 13:58:31 ID:EwrpqlWsO
一章の量によるだろ

だいたい一万字くらいを目安にすれば?
一応二万字くらいなら詰め込んでも苦情とかきたことはないけど、それ以上は辛いような

560 :小説:2010/10/26(火) 16:14:09 ID:PevDE9rdO
短いのを何ページも分けられたらテンポ崩されて読む気がなくなる
長すぎてもしおり挟んだり出来ないから疲れる

561 :同人小説:2010/10/26(火) 20:37:21 ID:T539hwpu0
いつも後先考えず書きたいところから書き始めるせいで
AパートとBパートをつなげるA´を書くのに苦労してしまう
でもそこを上手く書けてAとBが綺麗につながったときの達成感は半端ない

562 :小説:2010/10/26(火) 21:01:27 ID:j4Eyr1o50
>>561
すごいわかる
なんか自分の思い通りに全てがあるべき場所にはまった時、えらい気持ちいい


563 :小説:2010/10/26(火) 22:29:54 ID:ftrNJTlnO
>>558-560
ありがとう
とりあえず1ページにする

564 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2010/10/29(金) 19:08:31 ID:LQ3Zmzct0
>>561を見てふと思ったんだけど

1   5
  ↓
1 3 5
  ↓
12345

っていう風にストーリーを組み立てていく方法って何て言うんだっけ?

565 :同人小説:2010/10/30(土) 08:25:00 ID:cc7tMaqI0
Web小説中心のスレ


アルカディアをヲチるスレパート91
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/net/1288214937/

arcadiaを語るスレ44
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1288010587/

ToHeart2 SS専用スレ 28
http://set.bbspink.com/test/read.cgi/leaf/1262253363/

葉鍵SSについて語るスレ
http://set.bbspink.com/test/read.cgi/leaf/1203051297/

葉鍵的 SS コンペスレ 19
http://set.bbspink.com/test/read.cgi/leaf/1198815736/

【ときメモ】ときめきメモリアルSS総合スレ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/gal/1270551797/

566 :同人小説:2010/10/31(日) 05:31:24 ID:cF3k10U10
原作の小説が「〜です」「〜なのですよ」みたいな丁寧語の優しい語り口なのだが
自分の小説でそれを再現しようとすると何だか難しい。
いつも「〜だ」「〜だった」の文末の小説を書いていたから、こういう文体は初めてなんだ。
無理せずに書きやすい方で書いた方がいいのだろうか……
でも、原作の丁寧語に合わせた方が、和やかな雰囲気は出るから悩む。


567 :同人小説:2010/10/31(日) 20:36:18 ID:6ieynOTS0
自分も「〜だ」「〜だった」文末の小説を普段は書いてるんだけど
丁寧語の文末の小説を書くときだけは脳内ナレーターを準備する。
ドラマやアニメでこんな感じだと近いなって人を覚えておいて
その音声で再生しながら書く。
普段と違うリズムで書けていい。
原作の小説のイメージに近い人が見つかるなら、どうでしょ。

568 :同人小説:2010/10/31(日) 22:48:24 ID:cF3k10U10
>>567
なるほど、脳内ナレーターか
原作は何かお婆ちゃんとかが孫に読み聞かせしてるイメージかな
目から鱗だ〜 ありがとう!

569 :同人小説:2010/11/07(日) 21:10:20 ID:zBBpwAlY0
原作設定をどこまで周知の物として使って大丈夫なのかな。

例えば、AとBが出会った頃にはAの髪は短かったが、それから伸ばし始めて半年たった頃には肩ぐらいまで伸びてて、
それから3年後には長髪と言えるぐらいまで伸びてるってのが原作設定。
これを二次小説でB視点から書くときに、「Aの髪は肩までの長さである」って表現で読み手には半年頃の話なんだな、ってのは伝わるかな?

原作の設定があるのに一つの話の中で「半年たった頃〜」「Aの髪は肩までの長さである」って両方いれるとクドい気がするんだ…
書き手の無用な心配?

570 :同人小説:2010/11/07(日) 21:26:41 ID:Rpo814720
自分が二次書くとき、原作設定はどんだけ細かいものでも
読み手は皆知ってるってことを大前提として書くかな。
その例文読んで原作設定絡めてピンと来ないって人はしょうがないって諦める。


571 :同人小説:2010/11/07(日) 22:04:47 ID:Zhvmn6xx0
>Aの髪は肩までの長さである
そのぐらいなら問題無いと思うな、A好きの人なら皆知っていることなんだろうし
自分も大体のものは読み手側が知ってるものとして書くよ
例外は設定資料集にも載っていないような細かいことと
メディアミックス・限定ものの独自設定かな

572 :同人小説:2010/11/07(日) 22:33:21 ID:zBBpwAlY0
>>570>>571
それじゃその点については神経質にならなくて大丈夫かな。
ありがとう助かった



573 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2010/11/08(月) 21:00:01 ID:6BJNbwpS0
ふと思ったけど、既存の漫画を小説にする、って小説を書く練習にはならないかな
絵で言う模写……とはまた違うかもしれないけど
漫画で描かれている風景、間、空間、表情、感情などを小説化して書くことによって
それらを文章で表現することの練習にはならないかなって思った
勝手にノベライズって言うか、なんというか
とりあえず試しに好きな漫画をひとつやってみる事にする
誰かこういうことやって何か変わったよって経験ある人いないかな

574 :小説:2010/11/08(月) 21:14:01 ID:Vid5BsebP
>>573
練習というかなんというか自分が小説書くようになったきっかけは
好きなゲームの勝手なノベライズだったな
昔のゲームだと描写があっさりしてるから色々補完しながら書いてた

575 :小説:2010/11/13(土) 05:14:56 ID:U7D6YNyS0
ちょっと前まで自分で書いた小説コピペして貼り付けると、評価してくれるようなサイトあったよね。
あそこって閉鎖したの?

576 :小説:2010/11/14(日) 17:53:28 ID:7+2itV/K0
>>573
小説家だかのための養成スクールみたいなところで映画とか見せて映像の文章化訓練やらせるって話は聞いたことが
脳内で映像ができる人はいい訓練になるんじゃないかなと思う

577 :小説:2010/11/14(日) 19:25:11 ID:kdOkKPFv0
頭の中の映像とセリフが漫画になって表現されてるのを文字にして
間合いや心情を表現するのにすごく苦労してる。
映像を文章で全て補完して、削りだし作業するのは確かに有益な練習だと思うけど
自分は未だに辛くて苦労し続けてる。

某銀エイデン作者は、当初は頭の中で映像化できず、文字面の綺麗さや響きの美しさで
文章を紡いでいたが、某漫画家の、自分は映像化されたものをそのまま写していると聞いてから
それを意識してから書くことが楽に、面白くなったと大昔の雑誌の特集で読んだ記憶がある。

578 :同人小説:2010/11/14(日) 23:21:58 ID:Px/dKJSx0
わずかな目の表情の変化なんかを映像で浮かべてると
それを文でどう表現していいかわからなくて苦労するなあ…

579 :小説:2010/11/15(月) 07:47:16 ID:hDm2RVZj0
>577
自分は最初から脳内映像を文章化するやり方なんで、
某銀エイデン作者の話は逆に目玉ポーン(AA略 だった
今、初めて知ったんだけど

そういう自分は、アクションは割とすっと書けるけど、
心理描写や一人称が苦手
心の中でいろいろ考えてても表情や態度に出なければ
動きのないのっぺりした話になるしorz

580 :小説:2010/11/17(水) 19:52:29 ID:9rbK24xH0
昔マンガ描いてたときに、友達に話考える時に
文章と映像どっちで思い浮かぶか聞かれて、
文章って答えたら字書きの人の考え方って言われたから
映像から文章って目から鱗だw

アクション得意なの羨ましいな。

581 :同人小説:2010/11/18(木) 11:09:34 ID:MztI8wzt0
同じく映像→文章化タイプだが、さっと頭に浮かぶ語彙が少ない上に
自分自身が超インドア派だもんで、アクションシーンは苦手だw

最初から文章で浮かぶほうがいちいち変換しなくていいから楽じゃないか
…と勝手に思ってたけどそうでもないのかな?

582 :小説:2010/11/18(木) 11:25:19 ID:SSuUGDt20
自分も映像(時折漫画)→文章が多いけど
一番困るのはギャグ調の時に下にテロップ風に注意や説明が浮かんだ時だ
「Aはただ今混乱中です、もう少しお待ちください」みたいな感じのやつ
地の文で入れても面白くもなんともないし、難しい
映像独特のネタを文章で表現するのはやはり無理なのか?

583 :小説:2010/11/18(木) 11:26:44 ID:xtE9ky/t0
昔は最初から文章派だった…というか、文章化しながら思考する感じだった
でもそれだと確かに文章のきれいさみたいなものにこだわって
形ばかり整ったつまらないものになってしまっていた(あくまで自分の場合は)

でも映像から文章を起こすようになって萌えを表現できるようになったと思う
自萌えできるようになったし、書くのが速くなった

584 :小説:2010/11/18(木) 11:37:24 ID:I9rF+P4s0
映像と漫画のコマが半々〜3:7くらいかなあ
ストーリーは映像で浮かんでくるけれど、文章化する際に漫画になるわ
特に漫画独特の、真顔→目を見開く→笑顔みたいな変化なんかは
文にするとき影響受けてるなーwと思う
同時に表情に関する情報をいつも入れてしまうのが悪い癖になってしまった…

>>582と同じことは自分も悩むw
ふきだしの外でこちゃこちゃ会話してるのとかも好きなんだけど
小説だとなかなか上手いやりようがなくて困るw

585 :同人小説:2010/11/18(木) 11:46:47 ID:wJlIhg0G0
>真顔→目を見開く→笑顔

わかる!!
でも、こういうのって文章だと漫画ほど効果的にならない気がして悩む

586 :小説:2010/11/18(木) 13:15:43 ID:g+BTLetb0
>585みたいなのだったら、顔の動きだけじゃなくて
間合いとか呼吸とかの描写も入れたらいいような気がする

──
「心配してるんだよ!」
叩き付けるようなAの叫びを聞き、眉間に皺を寄せていたBは
虚を突かれ、はっと息を呑むと同時に目を大きく見開いた。
そのまま瞬きを忘れたように数秒固まっていたが、Aの鼓動が
3つ胸を打ったところで、Bは急に顔をクシャクシャにして
満面笑顔になる。
──

……いい例文じゃなくて正直スマンカッタorz

587 :小説:2010/11/18(木) 13:38:17 ID:nQgu5fQRP
しょんぼり

588 :同人小説:2010/11/18(木) 19:51:36 ID:nFhCjj+p0
>>586
乙w

でも確かに呼吸の描写は緊迫感出るからいいよね

589 :小説:2010/11/19(金) 15:10:04 ID:v7u6jCrD0
>真顔→目を見開く→笑顔

なんつーか個人的に、コレは細かくタイミング描写(指定)しては効果半減なものの部類に入ってる。
説明をすっ飛ばしたところに真価があるというか・・・うまくいえない。

だからこそ文章化がむずかしいんだろうけど。

590 :小説:2010/11/19(金) 15:59:12 ID:8ZiUs6GpP
>>589
言いたいこと、なんとなくわかる
映画や漫画なんかから練習すると、
この辺が文章としてたどたどしくなってしまう
たぶん、エンタメ小説と文学の違いが見え隠れするところかと

エンターテインメントとしての物語小説と、
センシティブな文学としての小説の違いが・・・
って、自分もうまくいえないorz

591 :同人小説:2010/11/19(金) 16:54:39 ID:bjTA3Ci+0
ん?
よくわからない…

>エンターテインメントとしての物語小説
>センシティブな文学としての小説

映画や漫画から練習した場合、どっちに属することになるの?

592 :小説:2010/11/19(金) 17:21:12 ID:Hg0c5ML8P
そりゃ前者じゃ

593 :小説:2010/11/20(土) 17:13:54 ID:B116QUBv0
エンタメか文学か、どちら志向もありだと思うけど、
自分の書きたいものがどちらなのかはちゃんと自覚
しとかないと破綻しそうだね

自分はエンタメの方だな
読むのは文学もいいけど、書くのはエンタメの方が楽しい

594 :同人小説:2010/11/20(土) 17:38:53 ID:nHrfyosK0
>真顔→目を見開く→笑顔

こういうのの雰囲気を表現しようとすると
むしろ文学っぽくなるのでは…と思った

595 :同人:2010/11/28(日) 15:52:54 ID:liRVCabz0
映像化できない文章に憧れる。

596 :同人小説:2010/12/08(水) 21:32:12 ID:rIY7wMfj0
Web小説中心のスレ

arcadiaを語るスレ51
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1291301189/
ToHeart2 SS専用スレ 28
http://set.bbspink.com/test/read.cgi/leaf/1262253363/
葉鍵SSについて語るスレ
http://set.bbspink.com/test/read.cgi/leaf/1203051297/
葉鍵的 SS コンペスレ 19
http://set.bbspink.com/test/read.cgi/leaf/1198815736/
【ときメモ】ときめきメモリアルSS総合スレ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/gal/1270551797/
◎ 同人誌の小説 32冊目 ◎
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1289907543/
こんなSSがどうしても読んでみたい
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1281253478/
二次創作総合スレ
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1282482997/

597 :同人小説:2010/12/09(木) 18:25:04 ID:DnoAKpUv0
ふと気になったんだけど、皆さん三点リーダを2回使うとか!や?のあとは1マス空けるっての
まもってらっしゃる?
ためらいがちな台詞なんかだと……多すぎるかなーとか思ってるんだけど。
あと読むときに空けてないとか…2個使ってないとか気になりますか?

598 :同人小説:2010/12/09(木) 18:44:29 ID:9I5F2sKI0
自分は…を一個だけ、!と?の後は開けてる
正直読む時に「・・・」は少し気になる。でもネットで縦書きって時点で
色々と妥協しなきゃいけない事は分かってるから、
書いてる人が一番妥協が少ないと思うスタイルで統一すればいいと思うよ
!と?の後に開けてないと、書体によっては凄く読み難いとも思うけど

599 :同人小説:2010/12/09(木) 19:48:55 ID:2LnyDMHP0
三点リーダは2つ続けて、!と?の後のスペースも空けてるよ
「てん」で変換して「……」が出るように辞書登録してる
もう書くときの癖みたいになってるから、自分の中では注意しているところ

でも、読むときは2個使ってないから読まない、ということは無いかな
気にはなるけど、もっと大崩壊してる文章見ると点の数やスペースなんてどうでもよくなる

600 :同人小説:2010/12/09(木) 20:11:15 ID:ONdrPHO20
読者から「作法がなってない」とお説教くらうのが嫌なので、一応簡単なことは守ってる。
特にこれといってこだわりはない。読む時もあんまり気にならないかな。
携帯サイトなんかだと、見た目の都合か「!」「?」後のスペースなし、
三点リーダは「…」一つって人も多い印象。

601 :小説:2010/12/09(木) 20:37:34 ID:AYe0qEgU0
自分も……派だけど、それが正しいと知るまでは
二個つなげてる人の小説に対して、「この人の小説沈黙長いなあ」
なんて感想を持ってた。申し訳ねえw
本では全く気にならないんだけどね
今では三点リーダ一個の文が、沈黙が短いと感じる身勝手ぶり

書き手としては二個繋げて、!?後の空白もあけてる。定型に則ってる方が安心だし
ただ過去の自分みたいな感想持つ人もいるんだろうなーと思うと
どうすべきかふと迷うところでもあるw

602 :同人小説:2010/12/09(木) 21:19:04 ID:YSoRWVKx0
基本的な作文ルールは守ってるけど、「…」だけは状況によって使い分ける
ベースは二つ続きだけど、途切れ途切れの台詞だと一つだけだったり
長い沈黙を表したい時は二個単位で四つ、または六つ使ったりする
邪道ではある

603 :同人小説:2010/12/09(木) 21:24:52 ID:RwQ+3OxO0
?!の後は一字空け、カッコの直後の文は一字下げ
…は2つが基本だけどエロの時の喘ぎや途切れがちなセリフは適当に1つも混ぜる

webでもオフでも基本的な文章作法がおかしいのは
萌える前にそこが気持ち悪くて読めないわ

604 :同人小説:2010/12/09(木) 21:26:05 ID:BKC3yyPt0
基本は作文ルールに則るけど
どうしても三点リーダが多用されるエロシーンでは一個と二個が混ざったり
602と同じように長い沈黙では増やすこともある
同人小説だからとその辺は割り切ってる

605 :同人小説:2010/12/09(木) 21:46:55 ID:2LnyDMHP0
三点リーダも、ダッシュも2の倍数で使うものだから
2、4、6……と点を増やしていくのはルールとして問題ないと思うよ


606 :同人小説:2010/12/09(木) 22:03:19 ID:l2rHZck40
好みの問題かもしれないけど、カギカッコのセリフの終いに句点があるのは好きじゃない
内容がよくてもそれだけで嫌になって読めない

607 :同人小説:2010/12/09(木) 22:16:19 ID:NBC+gOguP
すっごく分かるw

608 :同人小説:2010/12/09(木) 22:28:57 ID:l3XbboSg0
web小説だと特に気にならないけど
オフで基本的な文章作法が守られてなかったり
なんでもかんでも漢字変換されていると
普段から一般商業小説とか全く読まない人なのかな?と気になるな

609 :同人小説:2010/12/09(木) 22:35:53 ID:DnoAKpUv0
想像以上にレスいただけてありがとうございます。
最近書き始めた新参で自分の書き方に不安があったので聞けてよかったです。
・に…は登録してたんですが、……も早速登録しました。
基本はやっぱり守ったほうがよさそうですね。参考になりました!

610 :同人小説:2010/12/09(木) 22:48:34 ID:YSoRWVKx0
三点リーダが正しいこと分かってても、ブログや小説SNSなんかの表示で
「...」って感じに見える(下付きになる)ことが結構あって、それが嫌で中黒半角三つ使ってる人もいる
オフなら守ってほしいけど、WEBは書き手の好きにすればいい気がする

611 :同人小説:2010/12/09(木) 22:50:50 ID:BKC3yyPt0
SNSは仕方ないかもしれないけど、ブログなら外字フォント指定直せよ

612 :同人:2010/12/11(土) 12:00:03 ID:yrsfiwuA0
鍵かっこの後の句点は普段打ってないんだけど、たまにこの台詞には打ちたいなぁ、って時があって困る。
語尾がブツ切れな気がして。

613 :同人小説:2010/12/11(土) 12:02:00 ID:gASPEGAh0
一番気になるのは「〜〜、」とかいう読点

614 :同人小説:2010/12/11(土) 12:27:56 ID:/WNURkfL0
個人的に…でも……でも気にならない

それよりもいわゆるケータイ小説的文章表現と言っていいのか、
語尾が〜守られて。とか、〜そう言って。みたいな表現の方がよほど気になる
オンでもモニョルのにオフでもやられるとなおさら
作品そのものはすごく好きなんだけど、そういう表現をよく使うサイトの管理人さんに
ちゃんとした感想が送れない

615 :同人小説:2010/12/11(土) 12:30:00 ID:mvCOLLmyP
わかる・・・わかりすぎるぞこの流れ
萌えりゃこまけえことはいいんだよ!!とは思うけどやっぱり気にはなるんだよねw

616 :同人小説:2010/12/11(土) 13:36:01 ID:ToPRqI/G0
>>612
自分はそういう場合どうしても打ちたいと思ったら打ってるwww
「〜って。」もたまに使うし

最初悩んだけどオフではやらない分オンでは好きにしたい!と割り切ってるよ
そういうのが駄目な人に読んで貰えなくてもそれはそれで良いかなと

617 :同人小説:2010/12/11(土) 13:44:43 ID:HKyuHxuUO
…を二つ繋げるのは文章作法じゃなくて大昔の組み版の都合だよ
詳しくは脳板の小説スレログに何度も出てきてる

618 :同人小説:2010/12/11(土) 14:01:37 ID:gJvkfBiC0
>>614
>語尾が〜守られて。とか、〜そう言って。みたいな表現の方がよほど気になる

自分のお気に入りサークルさんが書き手二人組なんだが
片方の書き手さんは結構使うタイプ、でも不思議と読んでて気にならない
もう一人の書き手さんはそんなに使わないけど、読んでて見付けた瞬間なんか気になる
気になるっていうか引っ掛かる感じで「ん?」って止まっちゃうというか

この違いは何だろう

619 :同人小説:2010/12/11(土) 14:48:20 ID:nGM+NcnO0
書き方が上手だと気にせずさらっと読めてしまうことがある
じっくり見ちゃうと気がつくんだけど……腕の差なのかな

620 :同人小説:2010/12/11(土) 15:07:20 ID:vSa1ot4t0
その人の個性や表現に合っているかどうかも大切だと思う
文法ってのはあくまで見やすく書くためのルールの一つでしかないしね
総合的なバランスが取れていれば多少気になる言い回しも独特の表現といえる
お話の内容によっては砕けた表現が合う事もあれば逆もしかり
意識的か無意識かはさておき、読める文章になっている人はそのバランス感覚が優れているのかな


621 :同人小説:2010/12/11(土) 16:50:20 ID:O69R3IpUO
「〜している。」っていうのは昔の書き方らしい。
手元に宮沢賢治さんの文庫本あったから確認したけど半分くらいは「〜〜。」で終わってた。
あとは「………」と「〜〜、」で終わったり結構自由っぽい。
「ひとつずつ」が「ひとつづつ」なのも昔の表現なんだって。
このスレか違う同人系のスレで出てて、なるほどって思った。

622 :同人小説:2010/12/11(土) 17:01:11 ID:9uv8MEGi0
偉人に「さん」付けたらかえって馬鹿にしてるみたいだ

623 :同人小説:2010/12/11(土) 17:39:22 ID:He9ynzZt0
>>613に似てしまうのだが、鍵括弧内が
「……、……○○××、」
となってるのが非常に引っ掛かる
別にエロシーンというわけでもない
恐らく沈黙や間の表現なんだろうとは思っているが、
ほかの部分がどんなに良くても引っ掛かってしまって読めなくなる

624 :同人小説:2010/12/11(土) 17:51:06 ID:2rO824pS0
>>621
自分もどこかでそれ読んだ


625 :同人小説:2010/12/11(土) 18:17:54 ID:/WNURkfL0
>>623
漫画の吹出しのセリフをそのまま小説として書いた、みたいなやつ?
他にも「……っ、〜〜」ってのもよく見かける

626 :同人小説:2010/12/11(土) 18:27:20 ID:He9ynzZt0
>>625
おお!さんきゅ、謎が解けたわ。
そうだ、あれは漫画吹き出しと似てるんだ!
確かに「……っ、〜〜」もあったわ
最近の流行なのかなと思ってたけど、そういう事だったのか

627 :小説:2010/12/11(土) 23:37:13 ID:Vdt+IKgEP
>>623
ああ、それ使うけど基本的には「まだ言いたい事があって、続けるつもり」
って含みのつもりだったな(ていうか最初にそういう「……〜、」って台詞を見た時に、
そういう印象を受けた)。
続かない場合はその先が何らかの理由(邪魔が入った、相手に言葉を遮られた、
意識を失った、死んだ、などなど)で続けられなかった、という感じ。

628 :同人小説:2010/12/12(日) 00:51:42 ID:lFEK9iTTP
言葉を遮られる時は文末にダッシュがいいな
まあ好みの問題か

629 :同人小説:2010/12/12(日) 01:15:55 ID:ruDO8LT+0
自分も――が一番好きかな、書体によってはくっつかないけど

630 :同人小説:2010/12/12(日) 16:51:36 ID:+3r8Hh6P0
自分も――派だが、WEBだとくっつかんことが多いのでスペースに取消線<S></S>

他人に台詞被せられた時に
「だから俺が言いたいのは「そんなことより乳の話しようぜ!」
っていう、カギ括弧が割り込む形式がちょっと分かりにくくて苦手なんだが
最近よく見かけるようになった気がする


631 :同人小説:2010/12/12(日) 16:53:18 ID:uRBlNlWq0
>>630
横書きスレからだけど

211 名前:横書き[sage] 投稿日:2008/11/21(金) 06:00:32 ID:/cbsmIkS0
>>208
前にその『ーー』を繋げるタグをどこかで教えて貰ったんだけど、
このスレじゃなかったっけ? まあ、とりあえず置いとく。
つ『<span style="letter-spacing: -1px;">――</span>』

216 名前:横書き[sage] 投稿日:2008/11/25(火) 00:43:15 ID:PkCuPR/L0
>>214
operaでしか検証してないけど-1pxでやってみた。

── ←繋がる。「罫線」で変換
―― ←繋がる。ダッシュ(全角)
ーー ←繋がらない。長音記号
−− ←繋がらない。マイナス記号(全角)
一一 ←繋がらない。漢数字の1
‐‐ ←繋がらない。ハイフン

罫線かダッシュにしておくのがよさげ。

632 :同人小説:2010/12/13(月) 10:51:57 ID:ZgshIgxI0
>>630
そういうのやめてーw

いや、ダッシュがつながらないのが書き手として
気分が悪いのはわかるが、なんかものすごく巧妙に
偽者が混じってる感がして気持ち悪い

それにだれのどのブラウザも取り消し線が線一本だとは
限らんぞ。もし二本で設定している人がおまえさんの
小説を読んだら……

633 :同人小説:2010/12/13(月) 11:24:23 ID:rVtYyY0/0
>>630
下段、これまさに漫画ある
フキダシを被せて前者のセリフを遮る(物理的に隠しちゃう)表現だね

634 :同人小説:2010/12/13(月) 11:41:36 ID:NecpgriHO
「〜。」は敢えてしてる。
何となくきっちり台詞を終わらせないと落ち着かない。
台詞が途切れる表現のときは外してる。

635 :同人小説:2010/12/13(月) 11:45:06 ID:IF4AoqhI0
>630みたいな台詞を遮るような表現する人って
きっと漫画をそのまま文字におこしたような書き方してるんだろうなぁって思ってしまう
小説をあまり読む習慣がないんだろうな

636 :同人小説:2010/12/13(月) 11:49:03 ID:deja6XRVP
いいんじゃないの文学作品じゃないんだし

637 :同人小説:2010/12/13(月) 11:56:15 ID:mNOs42NC0
個人的に>>627とか>>630みたいな例は
「やめろよ////」とか照れた時の顔文字を
台詞に使ってるのとあんまり変わらない印象を受ける
マンガチックな表現

638 :同人小説:2010/12/13(月) 11:56:39 ID:eApQuMeU0
>>630
>「だから俺が言いたいのは「そんなことより乳の話しようぜ!」
この使い方最近のラノベで多いってさ

639 :同人小説:2010/12/13(月) 14:47:00 ID:deja6XRVP
へえ商業でも使うんだ

640 :同人小説:2010/12/13(月) 17:13:55 ID:T3MqWvlh0
嫌だと思うならやらなきゃいいし、それもありだと思うなら
使えばいいだけだ。
好きにすりゃいいのさ、同人だもの

個人的にはマンガチックな文体のシリアスは萎えるし、
文語調のギャグはさっぱり面白くないけどな

641 :同人小説:2010/12/13(月) 19:11:59 ID:VNSNRTWv0
文語調のギャグワロタw
わざと違和感を出したいならいいかもね

数人が口を揃えて言うときの
「「「な、なんだってー!」」」みたいなのも漫画っぽいよね

642 :同人小説:2010/12/13(月) 20:12:06 ID:deja6XRVP
森見登美彦が思い浮かんだ>文語調のギャグ

643 :同人小説:2010/12/13(月) 20:12:27 ID:2n9mW5Yv0
>「「「な、なんだってー!」」」

ギャグとかだと使っちゃうな
シリアスな話だと文章で説明するけど
ギャグだとそれよりもテンポの良さを優先したい

644 :同人小説:2010/12/13(月) 20:58:14 ID:A1G2sj8A0
1〜33番の二次創作小説SS(Side Story)のコミケや通販予定はないでしょうか?

1. 初恋ばれんたいん スペシャル
初恋ばれんたいん スペシャル PS版は あまりのテンポの悪さ,ロードは遅い(パラメーターが上がる度に、いちいち読み込みに行くらしい・・・)
のせいで、悪評が集中しました。ですが 初恋ばれんたいん スペシャル PC版は テンポ,ロード問題が改善して 快適です。
(初恋ばれんたいん スペシャル PC版 プレイをお勧めします!) 初恋ばれんたいん スペシャルはゲームシステム的にはどうしようもない欠陥品だけど。
初恋ばれんたいん スペシャル のキャラ設定とか、イベント、ストーリーに素晴らしいだけに SSがないのが とても惜しいと思います。
(初恋ばれんたいん スペシャル PC版は XPで動作可能です。)
2. エーベルージュ
科学と魔法が共存する異世界を舞台にしたトリフェルズ魔法学園の初等部に入学するところからスタートする。前半は初等部で2年間、後半は高等部で3年間の学園生活を送り卒業するまでとなる。 (音声、イベントが追加された PS,SS版 プレイをおすすめします。)
同じワーランドシリーズなのに ファンタスティックフォーチュンSSは多いのに似ている 魔法学院物なのに ネギま、ゼロの使い魔 SSは多いのに
エーベルージュのSSがほとんどありませんでした。

645 :同人小説:2010/12/13(月) 21:00:14 ID:A1G2sj8A0
3. センチメンタルグラフティ2
センチメンタルグラフティ1のSSは多いのにセンチメンタルグラフティ2のSSがほとんどありませんでした。
前作『センチメンタルグラフティ1』の主人公が交通事故で死亡したという設定でセンチメンタルグラフティ2の
主人公と前作 センチメンタルグラフティ1の12人のヒロインたちとの感動的な話です
前作(センチメンタルグラフティ1)がなければ センチメンタルグラフティ2は『ONE 〜輝く季節へ〜』の茜シナリオ
を軽くしのぐ名作なのではないかと思っております。(システムはクソ、シナリオ回想モードプレイをおすすめします。)
センチメンタルグラフティ2 VS ONE 〜輝く季節へ〜の茜シナリオを比べてみました
センチメンタルグラフティ1の主人公 田中 一郎 = 茜 小説版、ドラマCDに登場する茜と詩子の幼馴染 城島司 永遠の世界に
センチ1の主人公 田中 一郎は交通事故で死亡 = 城島司は 「えいえんの世界」に旅立つことになる。
センチメンタルグラフティ2の主人公 椎名耕平 =ONE 〜輝く季節へ〜の主人公 折原 浩平
センチメンタルグラフティ1の12人のヒロイン = 里村 茜
4. ONE 〜輝く季節へ〜 茜 小説版、ドラマCDに登場する茜と詩子の幼馴染 城島司のSS
茜 小説版、ドラマCDに登場する茜と詩子の幼馴染 城島司を主人公にして、
中学生時代の里村茜、柚木詩子、南条先生を攻略する OR 城島司ルート、城島司 帰還END(茜以外の
他のヒロインEND後なら大丈夫なのに。) SS
5. Canvas 百合奈・瑠璃子先輩のSS
個人的には 「呪い」 と「花言葉」 を組み合わせた百合奈 シナリオは Canvas 最高と思います。
Canvasの他のヒロイン SSは多いのに Canvas 百合奈・瑠璃子先輩のSSがほとんどありませんでした。

646 :同人小説:2010/12/13(月) 21:04:24 ID:A1G2sj8A0
6. ファーランド サーガ1、ファーランド サーガ2
ファーランド シリーズ 歴代最高名作 RPG
7. MinDeaD BlooD 〜支配者の為の狂死曲〜
似ている 伝奇バトル吸血鬼作品なのに 月姫、Fate、痕(きずあと) SSは多いのに
MinDeaD BlooDのSSがほとんどありませんでした。
8. Dies irae
9. Phantom of Inferno
END.11 終わりなき悪夢(帰国end)後 玲二×美緒 SS
10. 銀色-完全版-、朱
『銀色』『朱』に連なる 現代を 背景で 輪廻転生した久世がが通ってる学園に
ラッテが転校生,石切が先生である 石切×久世 SS
11. TYPE-MOON
(1) 逆行最強化断罪スーパー慎二がペルセウスを召還する SS
(2) 凛がイスカンダルを召還するSS
(3) 逆行最強化慎二 OR 四季が 秋葉、琥珀 OR 凛を断罪する SS
(4) 原作知識有憑依最強化( 漫画・アニメ・ゲーム すべての作品 技術使用可能。 EX) ダイの大冒険、bleach、エヴァ)
慎二 OR 四季が秋葉、琥珀 OR 凛を断罪する SS
(5) ロアの転生体が 慎二
(6) アルクェイドに 吸血されて 死徒化
(7) ロアに吸血されて 死徒化
12. ゼロの使い魔
(1) 原作知識有 助演 憑依転生最強化( 漫画・アニメ・ゲーム すべての作品 技術使用可能。 EX) ダイの大冒険、bleach、エヴァ)SS
(ウェールズ、ワルド、ジョゼフ、ビダーシャル)
(2) 原作知識有 オリキャラ 憑依転生最強化 SS
(タバサ OR イザベラの 双子のお兄さん)
13. とある魔術の禁書目録
(1) 垣根 帝督が活躍する OR 垣根帝督×麦野沈利 SS
(2) 原作知識有 垣根帝督 憑依転生最強化( 漫画・アニメ・ゲーム すべての作品 技術使用可能。 EX) ダイの大冒険、bleach、エヴァ) SS
(3)一方通行が上条当麻に敗北後もし垣根帝督がレベル6実験を受け継いだら IF SS
14. GS美神
(1) 逆行最強化断罪 横島×ダーク小竜姫のSS(非ハーレム 単独カップリング ルシオラ も除外 )

647 :同人小説:2010/12/13(月) 21:11:19 ID:12jvGLT20
何このキモイの

648 :同人小説:2010/12/13(月) 21:57:41 ID:+HGnhGgo0
字書き談話室がこのスレタイになった現行スレから現れるようになった基地
スルーよろ

649 :同人小説:2010/12/13(月) 22:29:15 ID:A1G2sj8A0
15. EVA
(1) 逆行断罪スーパーシンジ×2番レイ(貞本版+新劇場版)のSS
(2) 一人目のレイが死なないで生存そのまま成長した一人目のレイが登場する(二人目のレイは登場しない)
P.S
エヴァンゲリオンのLRSファンフィクションで、レイの性格は大体二つに分かれます。
1.白痴幼児タイプのレイ
LRSファンフィクションで大体のレイはこの性格のように思えます。
白痴美を取り越して白痴に近いレイであり、
他人に裸や下着姿を見せてはいけないという基本的な常識も知らず、
キスや性交等、性に関する知識も全然無いか、それともほとんどありません。
このタイプの場合、逆行物では、シンジがレイに常識や人間の感情等を一つ一つ教えていくという「レイ育成計画」になってしまいがちです。
このタイプは、アニメのレイに近いと言えるでしょう。
2.精神年齢が高く、大人っぽいレイ
1番の白痴幼児タイプとは違って、他人に裸や下着姿を見せてはいけないという
基本的な常識くらいはあり(見られたとしても恥ずかしく思ったりはしないが)、
キスや性交等、性に関する知識は理論的に知っており、自分の自我が確立している、
(命令には絶対服従だが)感情表現がより豊富です。
このタイプの場合、 コミックスのレイに近いと言えるでしょう。
16. BlackCat
(1) BlackCatの禁書目録のクロスオーバーSS
(2) イヴ×リオンのSS
17. 鬼切丸
鬼切丸×鈴鹿のSS
18. MURDER PRINCESS
カイト×ファリスのSS
19. 式神の城
玖珂光太郎×結城小夜 OR 玖珂光太郎×城島月子のSS
20. 大竹たかし DELTACITY 全2巻
21. ヴァンパイア十字界
蓮火×花雪 OR 蓮火×ブリジット

650 :同人小説:2010/12/13(月) 22:32:54 ID:A1G2sj8A0
22. 地獄少女
(1) 不合理な 地獄少女の被害者(e× 看護婦、1期の看護婦、2期の 拓真を助けに来てくれた若い刑事、秋恵) 家族・恋人が 地獄通信に 地獄少女と仲間たちの名前を書くSS
(2) 極楽浄土の天使 OR 退魔師が 地獄少女と仲間たちを断罪するSS
(3) 拓真の 地獄少年化SS
二籠の最終回で拓真が地獄少年になるのかと思ってたんですが・・
地獄少年 ジル : 所詮この世は弱肉強食。 強ければ生き弱ければ死ぬ。
拓真 : あの時誰も僕を守ってくれなかった。
守ってくれたのはジルさんが教えてくれた真実とただ一振りの超能力
・・・だから 正しいのはジルさんの方なんだ。
23. 真・女神転生CG戦記ダンテの門
ダンテ× ユーカのSS
24. スレイヤーズ
魔竜王ガーヴが慎二に転生 ワカメ魔竜王シンガーヴ無双
25. るろうに剣心
志士雄真実が禁書世界に転生
26. CODE:BREAKERととある魔術の禁書目録のクロスオーバーSS
27. ガンダムWとエヴァのクロスオーバー SS
28. ロードス島戦記 IF
(1) ナシェルのロードス統一
(2) ロードス島戦記の破壊の女神カーディス復活 VS ロードス連合軍
(3) 新ロードス島戦記の終末の巨人復活 VS ロードス連合軍
29. ときめきメモリアル4
30. WHITE ALBUM2
31. Canvas3
32. Piaキャロットへようこそ4
33. クドわふたー

651 :同人小説:2010/12/14(火) 09:56:46 ID:Rdx3hhn1O
自分が密かに崇めている神は文語調のギャグが書ける人だw
普段はドシリアスを書いている人なんだけど、それと同じ文体でギャグも書いている
何故か面白いんだよな、これが
爆万で言うところの『シリアスなギャグ』が一番近いと思う

652 :同人小説:2010/12/14(火) 13:11:07 ID:TEAsD37p0
>651
素晴らしい神をお持ちだ。裏山

653 :同人小説:2010/12/14(火) 22:18:25 ID:R8asZ97R0
シリとアス

654 :同人小説:2010/12/15(水) 17:14:59 ID:l/WIlS9l0
物語としてそこは考えなくていいだろって部分を考えてしまって前に進まない…
例えば人が死んでしまった後、思い出の木の下に埋めてやろうなんてのは
よくある展開だと思うんだけど、自分がそれを書こうとすると
いやこいつには親兄弟がいるから、その近くに埋めてやらないと周囲が不憫だとか
そういうことばっかり考えてしまう。現実に囚われすぎでもうやだ
これってリアリティとかとは別次元の話だろうから、何の役にも立たなくて性質が悪いw
突き詰めて考えすぎてしまうんだよなあ。物語的なファンタジーを実行する能力が切実に欲しいお

655 :同人小説:2010/12/15(水) 22:33:49 ID:EDrU0T3kP
そういうことって大事だと思うけどな
すべてを書く必要は無いけど
そういうエピソードを1~2行でさらっと書くだけで
キャラやストーリーの味わいが増すと思う

ファンタジーだからこそ、そういった
人間の感情・心情にはリアリティが必要なんじゃないかな


656 :同人小説:2010/12/15(水) 22:38:05 ID:UHkAriqy0
っていうかバックグラウンドがしっかりしてない話って薄っぺらいよ
薄さが売りのスタイルもあるけど、そうでないなら書き込んだ方がいい

逆にこれだけ設定がある自慢になってる話もつまらん
説明せずに、きちんと書き込まれてる話が好きだなあ

657 :同人小説:2010/12/16(木) 02:45:10 ID:aDvE4z/10
設定をきちんと作った後で、このストーリーにはこの説明は
必要、こっちは不要と取捨してるな。
作った設定をもったいないから全部書き込んんでしまえと
すると説明だらけになってしまう。
書かない部分もキャラの行動や心情には反映すると思う。


658 :同人小説:2010/12/17(金) 00:31:34 ID:2Xy9smXhP
まさにそこが大事だよね。行間を読む、って言うくらいだし
小説でもマンガでも映画でも、描写されていない部分も
ちゃんと存在してることがわかるような作品が好きだ。
そこがわかると話に深みが出るし、余韻も生まれる。

659 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2010/12/17(金) 10:27:12 ID:n5XYLvwo0
だよねー。自分も設定を作ってから本分にかかるんだけど、
やってるうちに、設定そのものをずらすらと書き連ねてる時がある。
あとで見かえすと、読む側にとってはこんな設定細かすぎて
どうでもいい部分ものとか割りとあるから、かなり削るよ。
あんまり設定に縛られるのは本末転倒だけど、ついやっちゃうよ。


660 :659:2010/12/17(金) 10:27:58 ID:n5XYLvwo0
名前欄ごめん。

661 :同人小説:2010/12/17(金) 11:39:45 ID:zAbhF3UT0
設定のさじ加減って難しいよね
上手って言うか、センスある人はそう言うの意識しなくても出来るんだろうけど、

「設定は書かなくてもにじみ出るものだ」
と言う言葉をバカ正直に受け止めて書かなかったら
「薄っぺらいよ。全然設定してないでしょ」
と言われたorz

書きすぎると、ちょい出のキャラが主役並な扱いになって、
主題が全く見えなくなるし。

ちょっとした台詞とか動作に「らしさ」を書き込む程度にしてるんだけど
(タバコのポイ捨て平気でするとか、落ちてるタバコも拾って捨てるとか)
そんな感じでいいのかな。


662 :同人小説:2010/12/17(金) 12:05:37 ID:mFctMT4h0
作りこんだ設定の物語は
その作り込みの深さがにじみ出る、という意味だよね?
設定の詰めが甘いと、物語に表出する世界観に個性が見えなくて
「薄っぺらい」となるのかと

「らしさ」が本文で描かれるとか以上に
プロットの時点で設定が生きてないと、設定の意味が薄れるしさ

663 :同人小説:2010/12/17(金) 13:26:13 ID:SYz62UcJ0
設定はプロットの段階で作り込んで、それを土台に
本文を書くとやりやすいな、自分は。
やっぱり設定は設定で詰めておいた方が話が膨らませ
やすいし、それで本文は本文で読みやすさとか面白さに
集中して書けるからね。

664 :同人小説:2010/12/17(金) 13:48:58 ID:pZsZP9Vl0
作り込んであるな、と感じるのは
別々のエピソードでもキャラの性格やその世界の法則性が繋がってる作品
ミッシングリンクを読み手が埋めることができるというのは
骨組みがちゃんとできてるってことだから

665 :同人小説:2010/12/17(金) 16:55:34 ID:3hCwT1oU0
>>664
それが一番大事だよね。ただ詰め込めばいいってもんじゃない

例えば「元々はすごくすごく優しい人だったが、ある事件を境に氷のように冷たい人になった」って設定で
その事件がしょうもなかったり、冷たい人になる理由にならないようなものだったりすると
設定の全てがバラバラに浮いちゃって表面的な厨二にしかならないけど、
冷たい人になっても仕方ないような事件と性格を用意できれば、まとまりも説得力も出る

まとまりがあれば隙間があっても読み手が補完できる

666 :同人小説:2010/12/18(土) 00:05:09 ID:Cos7o11gO
>>635の意見を読んでると
小説を読まないとか、読んでても読む小説のジャンルが狭いと
表現に偏りが出るんだろうなーと思った
自分はラノベ大好きだからわりと縛りなく色々とやってみたり
めちゃくちゃ好きな純文学作家さんが一人称が多くて柔らかい文体だから書いてたらそうなってきたり
小さい頃から好きで何回も読んでるシリーズ本が海外文学なんだけど、あのわざとらしい口調や説明になったりもするw
好きな作家さんはキャラよりストーリー重視タイプだから自分も何かそうなる
で、ミステリと歴史とケータイ小説は殆ど読まないからその体系は違和感を感じる

667 :同人小説:2010/12/18(土) 01:57:38 ID:SL/8X4Rx0
どうしても今まで自分が読んできたものや知識が表面にでるよなぁ
最初は誰しも真似をするところから入るからなんだろうけど



668 :同人小説:2010/12/18(土) 21:15:40 ID:PHpDlt0Q0
小説中に(///)とか\(^▽^)/みたいな顔文字は入れないけど
拍手レスにはすっげー入れたい
感想もらえるの嬉しいからありがとうって気持ちを伝えたいんだけど
自分の文章がやたら堅苦しくてテンション低いせいでうまく伝えられない
書いたあと何度も見直してるんだけど、我ながら嬉しくなさそうだって思う
小説なら書きたいことがちゃんと伝わるのに
拍手レスだとか日記になると途端にうまくいかなくて嫌になる
くだけた文体で気さくに書ける人がうらやましい

669 :同人小説:2010/12/18(土) 22:09:23 ID:DR4EnaOm0
「くだけた文体で気さくにしゃべるキャラクター」を脳内設定して
拍手レスの時は自分ではなくそのキャラが代返してるって感じで
脳内経由させて文体変換すれば?

670 :同人小説:2010/12/18(土) 22:22:08 ID:igs5fzY90
>>669
いいねそれ
自分の場合既に「管理人」というキャラを設定して
その人としてサイト全般書いてる事に気が付いた

671 :同人小説:2010/12/19(日) 00:34:06 ID:7fBJaPj+0
面接用の自分を設定する時みたいなものか

672 :同人小説:2011/01/01(土) 21:36:57 ID:AWjF58jg0
相談させてください。
自サイトで、オリジナルでBL・性描写・暴力表現などの要素がある小説を書いています。
それらの要素をがっつり書いている訳ではないのですが、一応R18にしています。
その結果、専門のサーチエンジンにも登録できず、宣伝もできないので、サイトのお客さんが少ないのです。

BL・性描写・暴力表現がないもの(ノーマル)は小説SNSに載せ、読んでもらえているのですが、
自分が好きでメインで書いているのはR18の方です。
R18の方もたくさんの人に読んでもらいたいのですが、どうしたらいいでしょうか。
なにかアドバイスお願いします。

673 :同人小説:2011/01/01(土) 21:45:47 ID:pLWfVtC/0
BLでR18ならサーチいくらでもあると思う
基本的にBLは18禁が多いし

674 :同人小説:2011/01/01(土) 22:21:37 ID:AWjF58jg0
>>673
NLがメインで脇にちょっとだけBLがある、という状態です。

675 :同人小説:2011/01/01(土) 22:26:53 ID:wN4QVJre0
>>674
正直幸の探し方が下手なだけだろ…

676 :同人小説:2011/01/01(土) 22:32:53 ID:wHfumUph0
もしBLのサーチはBLオンリーのサイトしか登録できないと思ってるなら
紹介文にNLもありますと書いておけばOKのところが大半だと思うけど

サーチ自体見つけられないなら675でFA

677 :同人小説:2011/01/01(土) 22:38:19 ID:3VQzYFwhP
BL・NL・GL特化してない総合幸だってR18おk+規約に反してないなら
幸の説明書きにサイト傾向書いて登録すればいいだけなのにな

678 :672:2011/01/01(土) 22:54:12 ID:AWjF58jg0
総合サーチ(R18混み)は5件以上、R18専門サーチは3件登録しています。
それぞれ大手といわれているサーチです。
もっと登録した方がいいのでしょうか?

679 :同人小説:2011/01/01(土) 22:57:04 ID:pY8QfLM80
>>678
登録したい(宣伝したい)から聞いたんじゃないの?

680 :同人小説:2011/01/01(土) 23:01:13 ID:wN4QVJre0
>>678
どうしても言ってほしいみたいだから言うけど
8件幸に登録してて人こななら、ただのドヘタレなので
幸のせいにしてないで読んでもらえるような文章書け

681 :672:2011/01/01(土) 23:05:27 ID:AWjF58jg0
すみません、言い方が悪かったです。
登録しているR18専門サーチというのは、BLメインではないサーチ、
という意味です。
連続投稿規制にかかってしまって追記できませんでした。

『サーチに登録する』という行動は既に取っているので、
>>678という聞き方をしました。

682 :同人小説:2011/01/01(土) 23:15:48 ID:FgVBUS2M0
とりあえず文字書きなのに2chのこんな短いレスで自分本位の文章しか書けないから
そのレベルなんだと思う
更新頑張るしか客足を増やす方法はないと思うけど

683 :同人小説:2011/01/01(土) 23:18:40 ID:yZFl338w0
>>672
もっかい上から順にレス呼んでごらんなさいなのレベル
ゆとり?

684 :同人小説:2011/01/01(土) 23:23:13 ID:WJZKVCQN0
今まで出てるのと違う切り口のことを言うなら、オフ活動すれば?
NLの客はつかめてるなら、BLでオフ活動すればBL目当ての人にも見てもらえるよ
タダでつかない客を有料でどれだけ付けられるかってのは実力次第だけど

685 :672:2011/01/01(土) 23:42:34 ID:AWjF58jg0
>>684
ノーマルでは純閲覧者も感想をくださる固定客も掴めています。
ノーマルとR18では書く内容をそう大きく変えていないので
オフをやってみる事にします。

他の方もご意見ありがとうございました。

686 :同人小説:2011/01/05(水) 00:34:13 ID:kF1RQHj30
元々小説の多いジャンルなんだけど、自分が好きな書き手さんはオンリーワン
文学的とは言い難いし、誤字とかもあるんだけど毎回面白い。冬コミで新規開拓して文章レベルとしては同じぐらいの人の本を読んだけど、やっぱり神とは何か違うんだよなぁ。センスの差なのかもしれないけど
読みやすい誰でもわかる文章って実は結構書くの大変なんじゃないかと思った


687 :同人小説:2011/01/05(水) 23:18:15 ID:csK6BzxS0
>686
分かる
とりあえず読みやすい、ってレベルの文章で、美麗でも小難しくもないんだけど
神の文はとにかく面白くてぐいぐい読ませる
文章巧い人はジャンルに他にもいっぱいいるのに、神と何が違うのか明確に言えないんだけど違う
神は文が巧いんじゃなくて(文も巧いんだが)何よりも話が巧い、のかなぁ

688 :同人小説:2011/01/06(木) 12:24:04 ID:a79Fekm20
自分は、二次同人なら小難しい文章とかやたら高尚主義な人は苦手
あんまり萌えない。>>687の話が巧いっていうのなのかも

689 :同人小説:2011/01/06(木) 12:33:47 ID:U5PkxlJq0
文体の好みは人それぞれだし、
傾向もジャンルで違うから何ともいえないけど、
話の運びが飛び抜けて巧い人ってのは確かにいると思う
「ぐいぐい読ませる」ってそういう事なのかなと思うよ

690 :同人小説:2011/01/06(木) 13:40:24 ID:+iIyr+h30
いるなあそういう人
友達もそんなタイプの小説書きで読んでると萌えるし燃えるし切なくなるし泣けるし漲る
そしてひとしきり堪能したあとに巧すぎて自分と比べてへこむw

691 :同人小説:2011/01/09(日) 17:47:18 ID:6Tx3+K3y0
個人的に、高尚主義な小説はテンポが悪いと感じる。
延々と解説が続いたりして時代考証しっかりしました!が文章にありありと出ちゃってる人とか。
読み手側に想像する余地を残しておいて欲しいな。
一話の中に解説だけの段落があったりするともう無理だ。
自然な流れの中で「もしかして?」とか「こういうことか」と思わせてくれる小説が好きだなぁ。


692 :同人小説:2011/01/09(日) 18:19:02 ID:E1RC88h+0
ケチつけるようで悪いんだが、字書きのスレの中でくらい
高尚という単語を普通に使用してほしいと思ったりする
この板くらいじゃないか。本来の意味でなく、嘲笑的な意味合いで使ってるの

693 :同人小説:2011/01/09(日) 18:53:57 ID:HX4MCWMk0
高尚主義ってそもそもどんな作風なんだ?
キャラ萌よりもテーマ性優先な感じ?

694 :同人小説:2011/01/09(日) 19:14:22 ID:z+52w+Tt0
この板でいう「高尚」あるいは「ご高尚様」というのは、、
主にその作品よりも、作者の態度で「高尚」と言われてるのではないかと思う
恰も自分「だけ」が優れてるかのような発言してるとか、
他人を見下してる様子がありありと分かってしまうとか、
二次なら自分の原作解釈だけが絶対唯一正統だと信じて疑ってないような……

実際の作品が神だとかヘタレとか、そこらへんは関係ない気がする
強いて言えば、文学崩れっぽい文体だったりテーマ性優先ではあると思う
憧れてるだろう作品の影響が丸々透けて見えることもある

単に交流皆無ヒキサイトへの嫉妬で「高尚」と言ってる人もいるようだけど

695 :同人小説:2011/01/09(日) 19:23:45 ID:/jasRboX0
>>691
>読み手側に想像する余地を残しておいて欲しいな。
>自然な流れの中で「もしかして?」とか「こういうことか」と思わせてくれる

自分もそういうの好きだけど、自分で書くと説明を削りすぎたり残しすぎたりで
日本語でおkになる。

696 :同人小説:2011/01/10(月) 23:58:35 ID:kDtqL+A10
想像の余地のある作品って、行き過ぎた感じのは自分は苦手だ
作者の中に一定の答えがあって、ぼやけながらも考えればそこに
ある程度辿り着けるようなものならいいけど
作者の中でもぼんやり表現もぼんやりで、あなたが思ったそれが答えです
みたいなのは、投げ過ぎでもやーっと来るなあ
言い方悪いけどそれは作者の怠慢だと思ってしまう

ここまで書いておいてなんだけど、頭の中には商業作品が浮かんでたわ
実際同人小説ではあんまり縁の無い話だよな、すまんかった

697 :同人小説:2011/01/11(火) 01:27:29 ID:tVV0QKdA0
自分も同人小説に限れば、想像する余地があるタイプは苦手だな
同人は萌を感じたいから、ぼんやりとしたまま終わってしまったのは
萌が不完全燃焼みたいな感じでモヤモヤしてしまう
特に最後がくっついたかどうか、死んだかどうか分からないのは苦手だ

商業だとテーマによってはいいなと思うんだけどね

698 :同人小説:2011/01/11(火) 02:08:09 ID:jEsjQJVe0
自分もラストはきちんとして欲しい派
オチのない話が一番がっくりくる
ぼかされていても作者の意図するところにうまく誘導できていれば文句はないんだけどね
虹小説でも行間を読ませる人はうまいなあと感じる

699 :同人小説:2011/01/11(火) 18:46:05 ID:9IOzs7qz0
直接的に書かないで読み取らせるのは好き
完全にどうとでも取れる形にぼかす場合は
あえてぼかすことにした意図がわかればいいかな
ただ何となく、格好良く見えるからぼかしたっぽく感じてしまう書き方だと萎える
例えば昔流行った「   」だけ書いて、台詞の中身を想像させる手法とか

700 :同人小説:2011/01/11(火) 20:54:17 ID:ebPlnMFN0
ぼかしている事がだめなんじゃなくて、ぼかす事に意味が無いのがダメなんだろうね
オチを何となく格好よさげにごまかす為〜とかじゃなく、きちんとしたテーマがあって
それを生かすために、あくまで「手法」としてぼかすラストを選んだのなら良いんだけど
多様してしまうと苦し紛れの夢オチラスト並の安易さになってしまう諸刃の刃だよな


701 :同人小説:2011/01/11(火) 21:45:07 ID:QMlfiXCG0
解りやすく、オチをはっきり書いたほうが
次の本に繋がると思う

702 :同人小説:2011/01/11(火) 23:00:10 ID:geWkDfyF0
十人十色の答えが出てしまうぼかしは苦手
考えれば作者の意図がちゃんと理解できるのがいい
オチはちゃんと書いて欲しいが、感情や空気をガチガチに書かれてしまうのは苦手
良い意味で読者が膨らませられる部分を固めてしまうともったいないと思っちゃうことがあるな
もちろん作者の力量次第でどうとでもなるんだろうけど

703 :同人小説:2011/01/11(火) 23:08:16 ID:+Hla8uTN0
想像の余地が有る話もきっちりオチの付いてる話も好きなんだけど
気分でどっちが読みたいか変わってくる
巧い人の話に当たるとしばらくはそっちばっかり読みたくなったり

704 :同人小説:2011/01/11(火) 23:31:02 ID:a4lqbA2r0
神がきっちりオチが付いて想像の余地もあるラストを書いていた
両立もできると思う


705 :同人小説:2011/01/11(火) 23:35:16 ID:GTrrHQmA0
>>691の言ってる想像の余地っていうのは解説しすぎないでくれってことのように思えるけど。
この時代の人の生活風習はこうでこうでこうだから、この主人公の着てる服は
こうなっていて、これはこの職業独特のもので〜、みたいなのは勘弁ってことじゃないの?

人物たちの行動や会話で、そういうのがなんとなく読み解けるのがいいって
話しだと思ったけど。

>>704
余韻のあるラストっていいね!
そういうの書けないから憧れるわ。

706 :同人小説:2011/01/11(火) 23:39:13 ID:IT0BPyj60
想像の余地があるの大好きだ

ただ書き手として悩むのは、読み手によってどこまで汲み取ってくれるか
差があるところだ…

707 :同人小説:2011/01/12(水) 00:26:44 ID:r2535vYD0
読み手によって汲み取り方が違うのもだが
意図する範囲で汲み取ってもらえるような文章力
(もしくはどう汲み取られても話として成り立たせられるような文章力)
が書き手に有るかも問題だ…

神作品で余韻もオチも両立してるっていうのはそういう事なのかなと思った

708 :同人小説:2011/01/12(水) 11:36:51 ID:fPRxU+tr0
自分の書いた一次BLを読んだ友人が「もっと容姿の描写が欲しい」と感想寄越した
(他にも色々言われたけど、これが一番気がかり)
一般の商業本とか読んでも、奇抜な髪色とか本筋に関係するとかじゃない限り、
髪の色がどうとか目の色がとか描写してないよね?

メガネとか服装は必要があって描写したんだけど、やっぱり容姿って気になるかな。
あえて読者にお任せにしてたんだけど、容姿の描写って必要なのかと思って、急いで書き足した。
でも未だに「細かいところはご自由にでいいんじゃね?」と思ってる。

ラノベとかファンタジーが必要なのは分かるんだけど、BL的も容姿の描写って必要なのかな。

709 :同人小説:2011/01/12(水) 12:16:38 ID:3/YqbGmJ0
イメージのとっかかりになるような描写は必要だと思う
色白細面で神経質そうとか大柄で存在感があるとか
細い垂れ目でいつも笑ってるように見えるとか
それを身長何cm体重何kg髪の色は〜目の色は〜、みたいな形で書く必要はないと思うけど

要はキャラの構成要素として読み手に伝えるべき情報かどうかでしょう

710 :同人小説:2011/01/12(水) 12:34:33 ID:4xPX983f0
>>709に同意
商業BLでも事細かに容姿書いてる本ってそんなに無い
でも何でそんな感想が来たのかってところは分析しといた方がいいんじゃないかな
友達の方に読み取る力が欠けていたのかもしれないけど
作品の方がキャラのイメージを伝え切れてない可能性を考えるべき
もし>>709が普段は二次創作やってる人なら尚更

711 :同人小説:2011/01/12(水) 12:36:58 ID:KauXyEKX0
>>708
描写はいるだろう…
人物像をはっきりさせないと「それで、お前は何者なんだよ!!」って気分になる
外見描写は、人物像を語る上でのひとつの記号なんだからさ

夢小説とか、いわゆる抜き小説ならいらないと思うよ
あと一般誌でも、描写は最低限しているものが大半だと思うんだが……

712 :同人小説710:2011/01/12(水) 12:37:47 ID:4xPX983f0
ごめん最後の行間違えたw
×もし>>709が普段は二次創作やってる人なら尚更
○もし>>708が普段は二次創作やってる人なら尚更

二次と一次どっちが大変とかじゃなくて
情報の出し方とか色々違ってくるので

713 :同人小説:2011/01/12(水) 13:32:40 ID:jHy1bztb0
>>708
2次と違って1次はキャラクターの情報がまったく0状態だから、やっぱり説明はいると思うよ
外見は読む人の好奇心を刺激する部分だし、必要最低限の描写がないと読むとき想像を膨らませにくいしね
くどい説明はいらないけど、可愛い系なのかカッコいい系なのか平凡な感じなのかとか大体のイメージが掴みたい
例えば、同じ台詞を言っても平凡容姿の子と超絶美形とでは萌えどころも変わってくるだろう
容姿は単なる外見情報じゃなく、キャラクターの個性を決める重要要素だと思うんだ 自分にとっては大切

714 :同人小説:2011/01/12(水) 13:44:08 ID:1bSvDljZ0
商業誌だけど「告白」を読んだ友人がずっとキモいキャラだと
思って読んでいた人物が、もててるシーンがあって、
そこでやっとイケメンらしいと気付いてびっくりしたって言ってたのを思い出した。

メガネで○○(なんて言ってか忘れた)としか書いてなくて容姿が分かる描写がなかったらしい。
友人はメガネ萌え要素がないこともあって、なんとなくブサメンキャラを想像してたけど、
作者は美形のつもりで書いてたらしい。
友人は途中から自分の中のイメージが狂ったって笑ってた。

>>708はBLだから、そこまで極端にはならないだろうけど、
細かいデータはいらなくても、たとえば「メガネ」で読者はすごくクールなキャラのイメージで
読んでたのが、どうもそのキャラの回りの反応を見ると、そうでもないらしい。
でもじゃあどんなタイプかというとはっきりしないとかになると「もっと容姿を教えて」って
気分になるかもしれない。

715 :同人小説:2011/01/12(水) 14:26:08 ID:0R5DCzvA0
髪の色なんて気にしたこともなかった
「真っ赤な髪を逆立てたパンク青年」とかの特殊な場合しか描写してない

716 :同人小説:2011/01/12(水) 16:14:03 ID:09M6NhgV0
商業だとイラストがあるから想像しやすいよね
同人でまったくイラスト無しだとストーリー上関係がある人物だけは
顔立ちと体型程度の特徴くらいは書くかなー
途中で遡って修正しちゃうときもあるけどw

717 :同人小説:2011/01/12(水) 16:34:17 ID:3yrj/xuV0
一次でも二次でも、多少は外見の特徴は入れるかな。

とはいえ二次の場合は、あまりしつこくは書かずに
「髪をかきあげた」→「栗色の髪をかきあげた」
「目を瞬いた」→「榛色の瞳を瞬いた」
にするとか、そんなもんだけど。


718 :708:2011/01/12(水) 17:06:57 ID:fPRxU+tr0
そうか。やっぱり足りなかったんだな。ありがとう。

自分の中で容姿は決めてるから問題なかったんだけど、一度書きだしたら酷くクドクドと書いちゃって
慌てて減らしたw
少なからず多からずの表現が出来るようにがんばってみる。


719 :同人小説:2011/01/12(水) 19:41:24 ID:cytj58iQP
自分はキャラの外見がわかるような、
ちょっとした描写を文章に入れるのが好き

背が高くてひょろりとしたキャラなら
タクシーの後部座席で、Aは窮屈そうに体を折り曲げていた。とか
午後の陽射しが、Bの黒髪をわずかに明るく染めていた。とか
時々思い出したように、普通の文章にちょっと混ぜると自然な気がする

720 :同人小説:2011/01/12(水) 21:13:40 ID:/e9bTqox0
商業でも描写の少なめな脇役とかだと挿絵デビューやコミカライズとかで
はじめて容姿絵が出た時にお前そんな外見だったの!?と思うキャラもいるな

自分は髪の毛を描写するのが好きでよく書いてる
金髪でも薄い濃いやオレンジがかったとか細かく描写するの楽しい

721 :同人小説:2011/01/12(水) 22:54:36 ID:0R5DCzvA0
どこを詳しく描写するかに作者の趣味が表れるよなw

722 :同人小説:2011/01/13(木) 05:04:07 ID:PZIRbS2j0
口調でも大体の容姿は表現できるよなーと思う
学園物なら乱暴にしとけばDQN風、敬語にしとけばおぼっちゃま風とかw

723 :同人小説:2011/01/13(木) 06:52:36 ID:Xcq4fBTR0
えっ

724 :同人小説:2011/01/13(木) 08:03:08 ID:yqXdb1180
>>722
テンプレートなキャラしか書かないのかよw

大阪のオバちゃん見たいにしゃべるイケメンとか
敬語使いのボサオッサンとか
世の中にはたくさんいるぞww


725 :同人小説:2011/01/13(木) 10:46:04 ID:hP8zgo8k0
商業でもあえて主人公の容姿の描写はしないとかあるよなー
なのに、二次創作では共通のテンプレ
(髪型とか目が切れ長とか童顔とか)があるのが面白いw

726 :同人小説:2011/01/13(木) 15:07:16 ID:OdBtX8hW0
一次創作だけどモブキャラはテンプレートなキャラで済ませるな
「全身ユニクロの男」とかの

727 :同人小説:2011/01/13(木) 15:20:10 ID:BOsJN9390
…ユニクロはテンプレなのか?

728 :同人小説:2011/01/13(木) 16:46:11 ID:PZIRbS2j0
>>724
だから、ある程度だってw
漫画じゃないぶん印象を口調に頼るところもあるって話だよw

729 :同人小説:2011/01/13(木) 19:15:22 ID:fm91eYCo0
>>728
口調で表せるのは内面の印象であって
今話してる外見の描写にはならないんじゃないか

730 :同人小説:2011/01/13(木) 19:50:55 ID:PZIRbS2j0
>>729
内面の印象も外見の描写につながる事はあると思うんだ。
前にレスした「優等生≒敬語」っていうのは極端な例だけど、それで十分な場合はある程度外見描写を省略するのに有効でもある
誤解するような書き方だったかもしれないが別に台詞だけで表現しろってことじゃない。
外見描写のために説明的な文章を避けるんだったらセリフも交えて固定イメージを与えるのも良いよねってこと

731 :同人小説:2011/01/13(木) 21:02:30 ID:kPwggxow0
というか、口調と容姿が著しくギャップが有る場合はキャラとしてそこ描写するだろ
北欧系金髪美少女が津軽弁喋ってるとか
口調があって容姿描写がなければ、その口調から想像できるキャラをイメージする

732 :同人小説:2011/01/13(木) 21:22:37 ID:dMMc9mKt0
複数ジャンルで活動してるから、布教の意味も込めて
原作を知らなくてもある程度キャラの容姿や小道具の想像が付くように書いてる
たまに自分の小説で興味を持って原作を買ったってコメが来ると凄く嬉しい

733 :同人小説:2011/01/14(金) 11:39:53 ID:seqdHwm00
自分はキャラの外見とか全然描写してないけど、布教に成功した事あるよ。

734 :同人小説:2011/01/14(金) 14:32:56 ID:WxMtqRgt0
アンソロスレで話題に出ててびっくりしたんだが
「……」と「・・・」を使い分けたりする人って多いの?
自分が見たことないだけかな
オンの小説ならともかくオフの紙媒体で「・・・」を使われると違和感がある
「・・・」使うなら「・・・」で統一してくれよ!とも思ってしまう
自分の頭が固いだけかもしれないが

735 :同人小説:2011/01/14(金) 14:42:59 ID:DR345OOm0
さすがにそれはないわー…
エロシーンで「……」と「…」が混じることはあっても、基本オンオフ関係なく「……」だろ
フォントの関係で「…」が「...」に表示されるから中黒使うって言う人いるけど
だったらフォント指定見直せとしか

736 :同人小説:2011/01/14(金) 15:33:30 ID:ixEm7CJ+0
> エロシーンで「……」と「…」が混じることはあっても

ねーよ

737 :同人小説:2011/01/14(金) 15:39:26 ID:6zRDqV0P0
語尾のほとんどすべてにナカグロ「・・・」が付いてる小説を書く人がいるよ・・・
例文をあげると・・・

「私は、空のコップを手に取ると・・・流しに持っていった・・・
洗わなきゃ・・・と思うものの、水は冷たいし・・・
かといって・・・わざわざコップひとつのためにガスで温水を湧かす気にもならない・・・」

みたいな・・・
戦場カメラマンの声で再生されるよ・・・

738 :同人小説:2011/01/14(金) 15:51:33 ID:JFcZVafC0
>>734
>「……」と「・・・」を使い分けたりする人って多いの?

たまにそういう人いる
自分の見たのは人は
基本「……」で、長い間合いだと「・・・・・・」やや短いと「・・・」もっと短いと「…」と使い分けてた
文体がラノベというかエンタメ寄りだったせいもあってあまり違和感無かったし、
知らずに混じえてるんでなく
個人的にこだわりがあってやってる分にはいいんじゃないか?

739 :同人小説:2011/01/14(金) 15:53:02 ID:CyVhoirE0
>>737
やwwめwwてwww

740 :同人小説:2011/01/14(金) 16:37:20 ID:2o57NPQP0
WEB系の人に多いんじゃない?
自分は「・・・」は勘弁して欲しい
あと、改行後の一文字下げのない本は
読む気がしない

741 :同人小説:2011/01/14(金) 16:59:53 ID:oLnMZ3gH0
……や空白、改行のこだわりは、字書き以外の読者は
そんなに興味が無いんでないかと思ったり。面白ければよしという感じで。
気にしたとしても、読めない、見る気もしないってのが普通ではなさそう
あれは無理これは無理と言ってるのは字書きに多い気がする
ただ同人界は書き手と読み手がごちゃ混ぜだから
気にする人口もそこそこいるだろうし、だから書き手は気を使うんだとは思うけれど

742 :同人小説:2011/01/14(金) 17:02:59 ID:cEGg1AWl0
改行後の一文字下げに便乗して。

冬コミで友人が買った小説本が
改行後の鍵括弧や、心理描写の()の上まで1文字空いていた。
めちゃくちゃ空白が空いているように見えて読みづらかったなー。

なんでも空けりゃいいってもんじゃない、と思ったよ。


743 :同人小説:2011/01/14(金) 17:28:48 ID:Vy5581090
記事とかならともかく小説なら「・・・」が間違いってわけではないし
読めないってことはないけど、気にはなるかな。
基本事項を知らないのか、意図的に変えてるのかどっちかってことになるわけだし
話が面白いかどうかを軽く疑ってしまうというか。
実際に面白ければ無問題。
漫画でいえば、書きなれてるって思える紙面ならある程度安心して読めるし
そうじゃなかったり、実験的な感じだと、面白ければいいなーと思いながら読むみたいな感じ。

744 :同人小説:2011/01/14(金) 17:35:50 ID:1/yvI2oh0
自分はブログに上げてる小ネタのみ「・・・」使う
「……」だと下に下がって見えづらくしまうんだよね

745 :同人小説:2011/01/14(金) 17:52:15 ID:bYQPVs+mP
>>744
上で書かれてるけどそれは三点リーダのせいじゃないだろ

746 :偏見:2011/01/14(金) 20:59:06 ID:gspbQZU40
>>736
ある
この間読んだお気にの18禁SSがそうだった
せわしなく息を詰めながら話してる時とかね
>>741
>面白ければよしという感じで。
同意
個人的には「・・・」や「……」は
見た目で沈黙長いなーと感じてしまう
マンガの台詞で見慣れているせいか
「…」が一番しっくり来るんだけど
字書きさんとしてはこれもきっと
あり得ない間違いであり誤用なんだよね

747 :同人小説:2011/01/14(金) 21:00:58 ID:gspbQZU40
名前欄ごめんなさい

748 :同人小説:2011/01/14(金) 21:40:31 ID:6zRDqV0P0
>>736
エロシーンじゃないけど老舗出版社の文庫で
「……」と「…」が混在している小説を読んだことがある
(少なくともここの出版社は)ありなんだ!?と驚いた

>>744
ブログのスタイルシートのフォント指定を消せばいいだけなんでは

749 :同人誌小説:2011/01/15(土) 00:17:31 ID:+Xsd7n/O0
全年齢板で出すのは悪いが、ベッドシーンで全部「……」だけっていうのも
萎えるよなw

二次の絵描きが原作から鼻の長さや顎の長さ、頭の長さを変えてくるように
字書きが……の数変えたり、・・・使ってもいいじゃないか
他人の表現方法のひとつ。同人なんだし気楽に行こうぜ

750 :同人小説:2011/01/15(土) 00:48:51 ID:iXhC/kNt0
…を「……」って書かなきゃいけないと思い込んでる人がいるけど
別に正しい文章作法でもなんでもないよ
…や……や………が混じっててもなんら問題ない

751 :同人小説:2011/01/15(土) 08:31:03 ID:wrncGSP+0
…と……が混じってるのは気にならないけど
・・・と……が混じってるのは気になるかもしれない

どっちか統一しろよ!ってツッコミいれたくなるw

752 :同人小説:2011/01/15(土) 08:59:58 ID:Z6bY/Vc90
一般小説で純文学系でも!のあとにスペースなかったり三点リーダの数バラバラだったりするのあるしね
自分が書くときこだわるのはいいけど他人の使い方にこまかく文句つけるのはどうかなと

753 :同人小説:2011/01/15(土) 09:22:16 ID:Kof8VCQtP
「人のやり方にケチ付けんなヴォケ」という人ほど小説の中身が残念な法則

754 :同人小説:2011/01/15(土) 09:33:20 ID:577cz2VSP
なにその意味のないレッテル張り
なんか悔しかったの?w

755 :同人小説:2011/01/15(土) 09:35:01 ID:+Xsd7n/O0
むしろ
他人のやり方に口出す人ほど小説の中身が残念な法則

だよなw


756 :同人小説:2011/01/15(土) 12:44:16 ID:Oeuk0pxH0
人のやり方に口出すつもりはないし、・・・使ってても上手い人がいるんだろうと思うけど、
・・・があるとオフでは買わないし、オンでも余程飢えてなきゃ読まないな
文中に///や・・・がある人は残念な確率が高いから、
イベントで小説の絨毯爆撃してる時でも・・・や///があったらそっと戻す

…に慣れているせいもあってか、・・・があるとえ?ってなって現実に戻ってしまうのも辛いw


757 :同人小説:2011/01/15(土) 13:03:19 ID:68uIx2rU0
中黒は単語を区切るのに使用する記号で
三点リーダーとは全然関係ないからね

758 :小説系SNS:2011/01/15(土) 15:48:28 ID:i476EEZW0
【pixiv】小説スレpart5【novel】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1291121702/
【pixiv】R-18小説&SSスレ【エロパロ】
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1280464016/
【一次創作】小説系SNS【二次創作】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1268988175/

759 :同人小説:2011/01/16(日) 11:47:20 ID:vEyjx1Pw0
ちょっと訊きたいんだけど、小学校や中学校などでクラスメイトが亡くなった場合
その人の机に花が置かれている期間・机自体が置かれている期間ってどのくらいなんだろうか
亡くなったという事を生徒に報告したらすぐ机自体どかすものなのかな

760 :同人小説:2011/01/16(日) 11:56:58 ID:oLkRdUrf0
小説のネタに使うんだろうけど別のところで聞いた方が

761 :小説:2011/01/17(月) 01:12:15 ID:6FQwVrlC0
ノウハウ板に「こんな時どう表現する」スレがある
あそこなら表現方法から知識・蘊蓄に至るまで大抵の質問は受け付けてるよ

762 :同人小説:2011/01/17(月) 16:05:06 ID:vC3p6yNu0
759でしゅ。ノウハウ板に行ってみます。誘導ありがとう。

763 :同人小説:2011/01/23(日) 13:20:01 ID:OCHRdq9cP
脳内に浮かんだイメージが文字に打ち出す作業中に薄れてきて
あれこんな話が書きたかったんだっけ?な終わり方の本ばかり出来上がる
初期イメージを持続させる方法はないものか…

764 :同人小説:2011/01/23(日) 13:35:07 ID:ysH7JAtFP
つプロット



765 :同人小説:2011/01/23(日) 13:40:53 ID:eOUpl4Ru0
それ自分も教えて欲しい

書いてる最中頭の中のエッセンスがすうっと薄れていく様な感覚になる
書いたもの何度も読み返して印象強めようとしてるんだけど、なんだかもどかしい

なんというか、そのおかげ?で他のモチーフが浮かんで深みを出せることもあるんだけど
すごくもやもやするんだ

766 :同人小説:2011/01/23(日) 14:00:38 ID:ptACs5ET0
プロットと言うほどのものでもないが自分は
最初に自分の中の萌えシーンや台詞、行動などを思いついたまま書きだしておいて
薄れてきたりしたらそれを読み返して萌えを再燃させてやってる
あと、書きかった事の書き忘れ防止にも役立ってる
実際には書かない感情や裏ネタとかも細かく書いておくと後の自分に優しくていい
一単語とかだと思いだせない事が多過ぎる

767 :同人小説:2011/01/23(日) 14:48:13 ID:pd8/E/yY0
ID変わってると思うけど765です

プロット以前の行動や台詞メモは作ってて、それに上書きする感じで書いてましたが
実際書かない感情まで、細かくメモしておくというのが打開策になりそうです

エッセンスを書ききれてないと感じる原因は
キャラの感情の波を制御出来ていない所から来てると思いました
ありがとうございます!

768 :同人小説:2011/01/24(月) 21:29:12 ID:uVtTHczO0
書きたいこと書ききれなくてもエッセンスがある程度出てくるように
プロットの段階で仕込みを入れてみてはどうだろ

769 :同人小説:2011/01/26(水) 07:20:36 ID:UzbG9aR1O
↓プロットやエッセンス無しに書くと、こうなるから気をつけろよ


http://mypagek.syosetu.com/mypage/novellist/userid/69350/

こいつの書いてる小説、つまらないにも程があるだろ
作者は女らしいが、ストーリーやキャラ作りが女脳丸出し
シナリオと言えるようなシナリオも、ほとんど無いしな
女脳とか抜きにしても、文章が無駄に冗長で、稀に見るレベルの駄作
「ゆとり脳+女脳」という、最強のコンボを見せつけられた

そもそも、ジャンルが文学になってる方なんて、どう読んでも文学じゃねえしな
あれは、変則的なファンタジーだろ
ジャンル詐称するとか、マジで死ねよ

770 :同人小説:2011/01/26(水) 07:24:24 ID:lxltGTa/0
携帯厨(笑)

771 :同人小説:2011/01/26(水) 18:30:07 ID:GOSHYl+J0
なんか変な人が湧いてるね。

772 :同人小説:2011/01/26(水) 21:03:25 ID:JlBH0gRz0
自己紹介?

773 :同人小説:2011/01/27(木) 14:30:07 ID:q6wwt0PX0
ストーリーというほどのものもない
雰囲気重視の話を書きたいのに、一向に進まない
文章力がないとダメなんだろうか
何かコツのようなものがあったら教えて下さい

774 :名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ:2011/01/27(木) 18:29:06 ID:1maBtGCP0
詩みたいのを書きたいってこと?
一応海外には誌とはまた別の、人間の一切登場しない完全な風景描写小説みたいのがあるけど、そういうの?

775 :小説:2011/01/27(木) 19:01:59 ID:sqoy7VCmP
ヤマもなくオチもなくイミもないけど
なんとなくカプがイチャイチャしてる日常話とかそういうのじゃないだろうか

776 :773:2011/01/27(木) 19:10:49 ID:q6wwt0PX0
レスありがとうございます!
説明不足ですみません
例えば、好きな人のパーツや仕草を眺めて
一人でドキドキするような話です…

777 :小説:2011/01/27(木) 19:14:21 ID:sqoy7VCmP
>>776
そういう話が書けないのは
773がパーツや仕草にドキドキしてないか、足りないからだと思うよ
ドキドキした!カッコイイ!で感想終わりなら話になるはずがない

778 :同人小説:2011/01/27(木) 19:36:03 ID:8ohMksjs0
>>777の言う通りに仕草やパーツでワンシーンを書くなら
どこにどうドキドキしたか、どんな風に気に入ったのか、
出来得る限り感想を掘り下げないといけないと思う

自分はそういうものが書きたくなったら風景や比喩を使うかな
目が好きなら色んな色彩や自然に例えたり、
脚が好きなら靴音や組み方を書いてみたり
でもこういう描写が合わない人物もいるから
最後にはやっぱりそのキャラらしさを考慮したものになると思われ

779 :同人小説:2011/01/27(木) 23:40:59 ID:47HS7QgJ0
それこそ、少女漫画で好きな相手の仕草にどきどきしてるワンシーンを
文章化してみるくらいの練習がちょうどいいんじゃないか?

キャラの性格に合わせつつ、相手のどんなところが好きなのかを丁寧に書けば
それはそれはのたうちまわるほど恥んずかしい話ができたりして
閲覧者からものたうちまわったらしいコメントもらえたりする

恋愛関係の恥ずかしさって、開き直って書ききった方が勝ちって気がする

780 :同人小説:2011/01/28(金) 01:05:34 ID:vQijVUe90
自分は自カプの片割れがものすごく甘いセリフを普通に言うんだが
ノリノリで書いてる最中にふと我に返って恥ずかしさのあまりに悶えのたうちまわって
ひとりでリアルに息切れしてた
そのシーンはそのままうpしたら珍しく死ぬほど萌えました米がいくつか貰えたな
甘い系のセリフってのたうちまわるくらいでちょうどいいんだよね……

体力は消費するけど

781 :同人小説:2011/01/28(金) 15:58:30 ID:CPu/3S/T0
解るなあw
自分も「ちょっと過剰かも」と思うくらいラブラブさせたものの方が
普段のラブラブレベルより受けがよかった記憶がある
自分はのた打ち回って恥ずかしくて悶絶しながら書いたけど……w

782 :同人小説:2011/01/28(金) 16:11:31 ID:xgbhZcEB0
分かる分かるw
もうね、書いてる最中からまともに文を見られないくらいになっちゃって、
挙句キャラに対して「お前らちょっとは遠慮ってもんを持てよなwwww」
「なーにが○○だ、プッハーwww」とか煽り入れまくり悶絶しまくりw

783 :773:2011/01/28(金) 18:42:49 ID:wTmlS3g+0
レスありがとうございました!
今書きたいと思っているのはオリジなのですが、
キャラのイメージがまだ自分でも掴み切れていないのかもしれないと思いました
もう少し細かなところまで設定やイメージを固めてみます
実際書くときになったら比喩を使うことなども考えてみたいと思います

784 :同人小説:2011/01/28(金) 20:34:09 ID:yvszBTx/0
もう一度オリジ小説でサイト開きたいな〜と思って早数年。未だに作品もろくに仕上げてない
頭の中では完結してるんだけれど、文字に起こす際に高望みしてしまう
こんなに好きな話なんだから、最高の形にしたいと思ってしまうんだ
どうせ数日後に読み直したら悶絶するのにw
それと、2次での反応が嬉しくてそっちに心が行ってしまう
オリジ小説は供給過多というか需要が無いんだよなあ
好きだから書いてる、それで満足なんて自分はとても言えない。反応欲しい!
二次から一次に誘導できればいいんだろうけれど、かといって二次も
支部でちょこっと書いてるだけ。そもそも二次とは切り離したい
こんなことしてたら一生オリジ作品完成させられないのは分かってるのに
自分は何やってるんだろう
愚痴っぽくてごめん。ちょっと自分に気合を入れたかったんだ

785 :同人小説:2011/02/01(火) 07:26:32 ID:KA5RSECH0
>>782
何かワロタww

786 :同人小説:2011/02/02(水) 01:40:57 ID:tp6a98lF0
>>784
最高の形にしたい高望みはわかるけど、オリジナルだからこそ
784の中にしかない話やキャラクターだと思うんだ
誰も書いてくれないし、書けない

自分も二次と二足のわらじでやってるけど
オリジで反応もらえるのは二次とはまた全然違う喜びがある
サイト分けてて、同ジャンルの人に見られるのが恥ずかしいと思いつつ
二次からオリジへリンクがはってあるんだけど
そこから来るリピーターさんが徐々に増えるのも嬉しいもんだ
(切り離しはそれぞれの考えなのでもちろん自由でいいとおもうけど)
最初は作者自分、閲覧者も自分の淋しいスタートだったけど
細々続けてたら自作を好きだと言ってくれる人も増えたよ
784が不安に思ってることは後から結果がでる
ぜひ書き出しはじめてほしい

787 :同人小説:2011/02/02(水) 23:27:24 ID:PEUN6B5L0
>>786
確かにまずは書いてみないといけないよね
自分も根気強く頑張ろうと思う
ありがとう、凄く励みになった

788 :同人小説:2011/02/02(水) 23:29:44 ID:PEUN6B5L0
>>787=>>784です。書くの忘れてた。すみません

789 :同人小説:2011/02/03(木) 23:25:49 ID:5OF5YZ5o0
ギャルゲー最萌 運営スレ3
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/gal/1169130006/

790 :同人小説:2011/02/06(日) 13:17:09 ID:fjV6FGIt0
ここいいな。皆頑張ろう、いいものにしようっていうのが伝わってくる!
思いつく話はどうしても長編じゃないと収まらないようなものなんだけど、まだまだ長編書く筋力みたいのがなくって辛い。
長編書ける人本当尊敬する。

791 :同人小説:2011/02/06(日) 19:36:34 ID:yxuv5mDsO
突然ごめん
どのキャラの台詞かわかりやすくする為にキャラ毎に台詞に色を付けるのって欝陶しいかな

792 :同人小説:2011/02/06(日) 19:40:50 ID:5ELTh1Bk0
>>791
日記に書く小ネタやイラストに添える小ネタでト書き状態ならアリだと思う

「NOVEL」や「小説」ってコンテンツの作品の中で色分けされてたら
鬱陶しいというよりは「これ、小説か?」って思う

793 :同人小説:2011/02/06(日) 19:42:32 ID:j1pYNoUb0
よっぽど好きな書き手さんか
よっぽど好きなキャラの話じゃない限り読まないなあ
誰が喋っているかは地の文や口調できっちり描写してほしい
それが小説の醍醐味でもある訳だから

794 :同人小説:2011/02/06(日) 19:45:20 ID:WCMWRTAF0
>>791
web特融表現として賛成する人/0.5割
「セリフでどのキャラかわからせられないなんて」とpgrする人/0.5割
キャラわからせたいだけならキャラ名+「 」でいいのにという人/2割
色綺麗派/0.2割
誰がどの色か忘れちゃうよ派/0.2割
萌えればなんでもいいよ派/残り全部
こんな感じと予想

795 :同人小説:2011/02/06(日) 19:50:04 ID:WCMWRTAF0
あ、誤解してたかも
てっきり台本小説(キャラ名+「 」)の色つき版かと思ってたけど
もしかして>>791は普通の地の文ありの小説の中で台詞色付けて
キャラわかりやすくしようとしてるの?

それなら鬱陶しい以前に
そういう試みをしないとキャラをわからせられないレベルの下手くそなのか
ってイメージになってしまう
なので読まない

796 :同人小説:2011/02/06(日) 20:49:47 ID:HTlRmQcn0
昔台本書きじゃない文体で台詞を色分けしてる小説にあたったことあるけど
はっきり言ってすごく読みづらかった
ジャンル内でキャラのイメージカラーが定まってるとかじゃなければ
台本書きで書かれていても微妙だと思う



797 :同人小説:2011/02/06(日) 21:30:17 ID:ERGDb9S60
「○○キャラに50の質問」系の基本台詞しかないコンテンツ内でなら
台詞色分けはわかりやすくて良いと思うけど、小説内でやられるのは
あまり好きじゃないかな
口調や地の文でどのキャラか分かるように書いて欲しい

798 :同人小説:2011/02/06(日) 21:31:28 ID:lzsrVFEJ0
エロ二次で女の子の台詞が「ここですよ!」といわんばかりの
ピンク字になってるサイトを見たことがあるから
それを思い出しちゃうなあ

799 :同人小説:2011/02/06(日) 21:51:08 ID:ryhIfKsX0
ハートマークの画像飛ばしまくったりね

勢いとテンションの高い小説(ギャグ物とかサイトの企画物)ならアリだけど
シリアスやカプ物だとちょっと厳しいな

800 :同人小説:2011/02/06(日) 22:39:16 ID:JROuI9BM0
作中でチャットやってる場面で色変え+アイコン表示したことはあるけど
その時は色やアイコン選択がキャラっぽいと好評だった

普通の小説としてはあまり読みたくないかな
画面も構成の一部の詩や、既出の台詞だけ台本なら普通に読む

801 :同人小説:2011/02/06(日) 22:49:06 ID:xwv/lNaJ0
読んだことあるけど、読んで思ったのは「読みずれぇ!!!!」
796とは違って、キャラの色が公式にあってその公式色だったけれど
キャラ毎にセリフの文字色が変わる小説は読みにくい

802 :同人小説:2011/02/07(月) 19:27:29 ID:xKTL0CL50
長編書けないなと何となく悩みつつスレ見ていたらすっきりした。

父と子の触れ合い文章で父視点黒字、子視点青字でやってみて
タグ埋め面倒な割には読みにくかったなと思いだした
台詞の色まで変えてたから

構成力の問題をビジョンや色で解決しない方がいいかなと思った

803 :同人小説:2011/02/07(月) 19:43:08 ID:htyKBY4sO
>>791です
沢山の意見ありがとう
一人一人に返せなくて申し訳ない
これから参考にさせてもらいます

ギャグ満載の小説で視覚でも何かやれたらなと思ってたんだけど、
やっぱり本編では控えることにします
実際やってみたらチカチカするし何より作業が面倒だった

804 :同人小説:2011/02/07(月) 22:47:27 ID:liIh08dw0
>>803
君が頑張らなきゃいけないところは、たぶんそこじゃないと思うよ

805 :同人小説:2011/02/07(月) 23:11:56 ID:C8FgSmgY0
個人的に発想は面白いと思うんだけど同人サイトだと叩かれるだろうな

806 :小説:2011/02/07(月) 23:19:35 ID:Y+Qi6/In0
背景色との関係で、ものすごく読みづらくなる色とかもあるからね…
白っぽい背景色に黄色の文字とか、黒っぽいバックに青系文字とか

807 :小説:2011/02/07(月) 23:35:00 ID:vY+1x5lsO
強調表現で文字色や大きさ太さ変えて視覚的にもわかりやすく
面白い小説は見たことあるけど小説とは別のセンスがいると思った

808 :同人小説:2011/02/08(火) 03:11:18 ID:cBWkYs9Q0
昔のテキストサイトで流行した手法だよね
侍魂とか
今でも日記やブログではよく見るし、それは楽しく読めるんだが
小説だと違和感ありまくるな

809 :同人小説:2011/02/08(火) 12:42:28 ID:3gZNEEUV0
上手く使えば効果的に見せることも可能なんだろうけど
その「上手く使う」のが相当難しそうな手法ではあるね

810 :同人小説:2011/02/08(火) 13:05:41 ID:afe/zFim0
そういうWEB特有の表現がまったくないと「ここを強調したら面白くなりそうなのに」と思うこともあるのに
実際そういう表現されてるところを見ると「別に強調しなくてもわかるのに」って思ってしまう不思議

教科書とかで強調部分を暗記することに慣れてるからなのか
強調されてるとその部分ばっかに目が行っちゃって他が入ってこないんだろうな

811 :同人小説:2011/02/08(火) 13:13:59 ID:X96pxLR10
ごく普通に書いてきて最後のオチ的なセリフだけが
太字に1.5〜2倍サイズくらいになってる話を見たことがあるけど
それは面白いなあと思った。
ある部分のながーいセリフだけ色が違ったりとか、
シチュや作風やチョイスする色次第では面白いなあと思う。


812 :同人小説:2011/02/08(火) 16:50:18 ID:gKn5uKoZ0
強調文字ではないんだけど
普通に行間つめてキャラの心情を綴った文が流れていて
いきなり、画面をそっくり改めるくらいのスクロールがあって
スクロールしてみたら、
印象的な一文やセリフがポンと視界に飛び込んできたとき
ああ、上手いな、と思ったことがある。

813 :同人小説:2011/02/08(火) 16:52:48 ID:6Q+n/XHG0
「」内が水色になるエディタ使ってるけど、これ見やすいね

814 :同人小説:2011/02/08(火) 18:36:13 ID:Nx+APduL0
>>812
夢小説界隈で数年前に流行したけど
民具(ドリーミング)、巨タイ(巨大タイトル)って呼ばれて評判は良くない手法だな

上手い人がやると効果的なんだが、劣化コピーが爆発的に広まったために悪名ばっかりになったという

815 :同人小説:2011/02/08(火) 19:03:49 ID:tA5d4m5h0
最後に巨大タイトルは持ってるセンスに左右されるよね
今でもたまに見かけるけど何だか時代遅れ感があって……

816 :同人小説:2011/02/08(火) 19:20:03 ID:gKn5uKoZ0
>>814
ドリーミング、というのはよくわからないんだけど
文字は普通サイズのままで、巨大でもなんでもなかったよ
その一文やセリフがぽつと現われた後、また普通に文が続く

817 :同人小説:2011/02/08(火) 19:25:01 ID:zbnCJ3YV0
>>814>>811へのレスの間違いな気がする

818 :同人小説:2011/02/08(火) 19:30:44 ID:sizXVyaW0
811だけどもし自分だったら、自分も巨タイとかじゃないw
ああいうのも好きだけど

819 :同人小説:2011/02/09(水) 10:30:23 ID:xBkO5E4X0
そういう視覚に効果的な手法を使ってしまうと数年後にものすごく恥ずかしくなるから
あまりおすすめしない
普通が一番だと経験から思う

820 :同人小説:2011/02/09(水) 13:52:07 ID:QxkCuka80
ちょっと聞きたいんだけど
一次創作で貴族の主人公(男)が結婚相手を選ぶときに
「○○家と縁談組めればいいんだが、あそこは男二人の兄弟、男と結婚するわけにもいかないしな〜」
みたいな台詞を出してしまうとBL好きな人からバッシングされたりしてしまうんかな

821 :同人小説:2011/02/09(水) 13:57:09 ID:80k/8JCB0
それはバッシングする方が痛い

822 :同人小説:2011/02/09(水) 13:57:40 ID:eeDDJ4SC0
別に問題はないと思うよ。
と言うかサイトに来るBL好きの人がそういう人なの?
それなら気を付けた方がいいけど、
単にBL者全般のイメージで言ってるなら失礼だw

仮に同性婚が当たり前の世界で、
家を存続する為の子供が必要などの
女性と結婚すべき理由がないとしたら、
同性婚を差別しているキャラと言う設定なんだなと思う。


823 :同人小説:2011/02/09(水) 13:58:15 ID:rphZ37hm0
>>820
「○○家と縁談組めればいいんですけど、あそこは女男二人姉妹、女性と結婚するわけにもいかないですし」
みたいなセリフを出したら、百合好きに叩かれるとでも?

820の一時創作がオリジナルBLであっても、叩かれやしないから安心しろ


824 :同人小説:2011/02/09(水) 14:09:07 ID:QxkCuka80
安心した! ありがとう!

825 :小説:2011/02/09(水) 15:31:42 ID:h1f06uRq0
ただまあ、厨メールスレなんか見てると「親しい関係にある男性同士のやりとり」
みたいなのが出てきただけで「このカプでBL書いて」とか言い出すバカがたまに
いるようだから、すこしばかりの警戒は必要かもね

叩かれるという意味じゃなくて、ロクに読みもせず超解釈で突撃してくるバカは
防ぎようがないからね…もちろん無視一択だけど

826 :同人小説:2011/02/09(水) 15:35:47 ID:80k/8JCB0
ところで>>823の「女男二人姉妹」というのがどういう状況かわからなくて小一時間悩んだ

827 :同人小説:2011/02/09(水) 16:31:21 ID:9aM1siIC0
>>823
そのたとえはおかしいだろw

828 :同人小説:2011/02/09(水) 16:42:03 ID:TW7IOkbZ0
同人板ではよくあること
例え話が始まったら大抵読み飛ばす

829 :同人小説:2011/02/13(日) 14:03:56 ID:RmV8w2wp0
なあみんな、お手本としてる心の師みたいな小説家っている?

自分はミヒャエル・エンデ様
エンデといえば子供向けというイメージが先行してるが、それ以外にも書いてるやや大人向けのが好み
「鏡のなかの鏡」とかマジ最高、乱舞する夢幻ぽいイメージと言葉のセレクトの美しさ、
象徴的な物語群とか寝る前に読んだら悪夢見るレベル

830 :同人小説:2011/02/13(日) 16:48:44 ID:J1zXSGGV0
>829
訳がってこと? それともストーリーの運び方?
言葉の美しさって、原本で?すごいね。

831 :同人小説:2011/02/13(日) 17:07:57 ID:jr+EbFsu0
>>829
邦訳しか読んでないけど、鏡の中の鏡すごく好きだ!
ああいう構成の優れた話書いてみたいよなあ

自分がお手本にしたいと思ってるのは、
BL作家だけど菅野彰かな
それほど個性的な文章じゃないけど
どことなく優しくて切ない雰囲気の描写が好き
あとエッセイも好きw
日記や萌え語りはエッセイの方を目標にしてる

832 :同人小説:2011/02/13(日) 17:28:16 ID:lZXGY1Tx0
>>831
嬉しい、わたしと同じ人がいる!
コミック晴天読むまではBLあまり読まなかったけど、
小説大人買いしてから自分でも書きたいと思って今に至るよ。
キャラの設定が深くて切ないのがいいよね。


833 :同人小説:2011/02/13(日) 21:56:34 ID:WSwZAM040
ありがち過ぎて恥ずかしいけどガイエ(初期)とキクチ秀行
特に後者は文章の元になったといってもいい
私としては劣化コピー気分なんだけど、誰に言っても似てねーよとしか言われない

834 :同人小説:2011/02/14(月) 01:17:21 ID:rDNLmF500
自分は、司馬遷と森鴎外と中島敦だ
そのせいか、じいさんくさいというか、固い文章だと言われる
好きなんだよな、シンプルで簡潔で古風な文体



835 :同人小説:2011/02/14(月) 03:12:36 ID:aWS1Ef+S0
浅羽莢子訳のタニス・リー
ああいう綺麗な言葉遣いをしたいな、と常々思っているけど
自分なりに目指すとどうも厨二っぽくなって全然届かない
それでも以前に感想で文体が美しいと誉められて嬉しかった

836 :同人小説:2011/02/14(月) 09:56:59 ID:M2Sv1qu10
森村たまき訳のウッドハウス
しょーもないコメディを大真面目な文体でやる筆運びがシュールでいい
もちろんシリアスにも活かせると思うし

池波正太郎の食べ物の描写もおいしそうで手本になる

837 :同人小説:2011/02/14(月) 11:46:14 ID:LnHYTnuu0
参考になるなあ
未読の作家もいるから、今度読んでみよう

838 :同人小説:2011/02/14(月) 15:48:46 ID:84laAs5Y0
なんかラノベ作家をここで出すと場違いと言われそうだけど支倉凍砂の初期
余計な装飾がなくてシンプルで丁寧。且つ技巧に酔った感じが無く論理的
文体で勝負してないのにきれいな文。お手本にしたい

839 :同人小説:2011/02/14(月) 16:12:25 ID:at/OYRpB0
>>834
それってやっぱりロゴーンで似てる作家に鴎外出たりする?

小説なんかだと時代によっても美文の基準は違うし、
好みも人それぞれだから、すごく参考になる
思わずこの数レス、作家名をメモりながら読んじゃったよw

好きな文体と書ける文体が違う自分は日々是修行なんだぜ

840 :同人小説:2011/02/14(月) 17:49:22 ID:0TC1l3W+0
いやおう無しに影響を受けたのが橋本治氏の「窯変 源氏物語」。
出版された当時、人気の女性ラノベ作家さんも影響された方が多数いらして、
文体がかぶったり、言い回しがそっくりになってたり、真似した結果誤用になってたり、
面白いことになってたw

841 :同人小説:2011/02/14(月) 22:45:44 ID:m78aURWc0
ラノベ作家だけど秋田禎信。この人の作品を読んでなかったら
たぶん小説書こうなんて思わなかった(初めて同人書いたのも
この人の某作品だった)。
最近は畠中恵もいい。

傾向は2人とも全く違うけど、台詞回しとか世界観の表現の仕方が
上手いと思う。

842 :同人小説:2011/02/14(月) 22:52:07 ID:tn5mv7Jw0
自分もラノベで野梨原花南
文章を頭の中で音読してるらしく、この人の文が読んでて一番心地良い
自分の中の音読リズムと合うらしい

843 :同人小説:2011/02/14(月) 23:27:13 ID:rDNLmF500
>>839

今まで書いたもの、いくつか試してみた
ほぼ、1.太宰治、2.中島敦、たまに吉川栄治や小林多喜二、新美南吉
そして文章評価では八割がた、文章が固いと出てくる
太宰ってのが疑問ではあるが、やっぱりな、というところか…



844 :同人小説:2011/02/14(月) 23:57:40 ID:OhImHXZ80
>839
ロゴーン、はじめて知った。面白いね。
いくつか今までの作品の冒頭入れてみたら、ほとんど1.麻生太郎だったw
よく「文章が堅い・くどい」って感想言われるけど、評価は柔らかめって出た
感想で言われるような堅さやくどさは別の要素なのかなー

845 :同人小説:2011/02/15(火) 00:08:05 ID:SrE2UzF30
ぶった切りごめん
1次で書いてるんだけど、今の設定でいくと登場人物の下の名前ほとんどに
ある行の字が入ってしまうんだ。しかも半数は同じ字が入ってる
これはついでくさいけど、自分のHNにも同じ字が入ってた
HNは置いておくにしても、こういう細かい部分って気になるものかな?
語呂がかぶってるとか、耳障りが微妙とか
全員が同じ話に出るんじゃなくて、半々で別作品に出てるけれど
かぶってる名前の人物も半分ずつ分かれてる
今なら修正がきくから、良くないようなら直そうと思ってるんだけれど…

846 :同人小説:2011/02/15(火) 00:14:44 ID:XmdnrTkt0
同一作品内で名前が似ていて分かりにくい、とかでなければ気にしなくていいんじゃない?
登場人物を全員、意味もなく野比のび太みたいにしてる作者を知ってるが、気にならない。

847 :同人小説:2011/02/15(火) 00:27:07 ID:ngGj7Ncb0
私の好きなプロ作家でさえ、ああ「〜一」っていう名前が好きなんだな、と思うことあるから
気にしなくていいんじゃないかな
名前のバリエーションって一人の人間の中にはそんなにないものだと思っている

848 :同人小説:2011/02/15(火) 01:01:15 ID:f7x7Tdl70
>>845
想像してみたが、サブロウとサチコとサンディなら気にならない
サブロウとサブスケとサブタだと愛称が皆一緒になりそうで気になるし
ひとりひとりが印象に残りにくい

849 :同人小説:2011/02/15(火) 01:36:25 ID:SrE2UzF30
>>846->>848
読者としてはそんなに気にならないようなので安心しました
パターンとしてはナツコ、ナオ、ハナ、ノリコみたいな感じなので
なんとかセーフみたいです
回答ありがとうございました。続き頑張ろうと思います

850 :同人小説:2011/02/15(火) 20:04:30 ID:3r3UDx210
ロゴーン、面白かったw

自分は色々入れたら、太宰治と阿刀田高と松たか子が頻出した。
一人称と三人称で違うけど、太宰と阿刀田高の指数の高さに噴いた。
指数90ってどんだけ一致してんだ。

851 :同人小説:2011/02/15(火) 20:16:19 ID:H/XHlSEs0
ロゴーンはそもそものサンプル数は少ないから、
誰に似てるってのはちょっとお遊び要素なんだろうけど、それでも楽しいよね
色々入れたけど、鴎外、有島武郎、中島敦、幸田露伴が頻出する
文章硬いって評価から逃れたことがないw

たまにやってみると面白いね
この診断が絶対的価値を持ってるとか、絶対的共通認識というわけじゃないけども

852 :同人小説:2011/02/15(火) 20:18:15 ID:X3XaWdsxP
聞いてません

853 :同人小説:2011/02/15(火) 20:26:41 ID:MBZG1gSw0
>>400あたりの流れをまたやってるんだ

854 :同人小説:2011/02/16(水) 08:53:57 ID:aZjGdde8O
ロゴーン、初めて知ったw
いくつかやってみて、阿刀田高、芥川龍之介、太宰治辺りが多い
90弱くらい
文章評価は、文体がやや硬め以外は多分平均的だけど、表現力の
ところが毎回Aの「表現力豊か」って出るのがちょっと嬉しい……
むしろ奇抜って事かもしれないがw


855 :同人小説:2011/02/16(水) 16:24:11 ID:F1QG/TiX0
ロゴーンやってみた。すごい面白いw
似せてるつもりはないのに、太宰がよく出る
作品によって表現力とかが上下してちょwってなった
でも大体の作品が読みやすいだったからいいや…

文体は柔らか目が多いんだけど、これはジャンル柄というか
主体となるキャラのせいだと思う(一人称なんで)
硬いと思い込んでたからなんか嬉しかった

856 :同人小説:2011/02/16(水) 16:35:26 ID:znUlND/P0
青空文庫から適当にコピペしてロゴーンやったら岡倉天心の話が
一致指数ワースト1=岡倉天心でワラタw
太宰治はベストにきちんと来たのに

857 :同人小説:2011/02/16(水) 21:48:22 ID:DF1aDBpYP
ロゴーンやってみた。
一文が長くて堅いのが自分の特徴のようだ。
精進せねば…

858 :同人小説:2011/02/16(水) 23:06:07 ID:Dj0fKW+jP
なんで注意されても続けてるんだ?

859 :同人小説:2011/02/17(木) 00:15:24 ID:10Th5f9SP
じゃあ>>858は何の話をしたいの?
文句を言う前に自分で違う話題振ってみたらw

860 :同人小説:2011/02/17(木) 00:55:56 ID:4ztnixMFP
反省はせずに定型レスで他人にまる投げするんだね
やりかたが汚いな

861 :小説:2011/02/17(木) 06:17:19 ID:zkBywE3k0
別にスレ違いでもないのに、否定だけして
新しい話題は他人に丸投げも似たようなもんだろう

862 :同人小説:2011/02/17(木) 07:14:49 ID:TFfcZmGO0
文体診断やってみた。
いろいろ試してみたんだが固有名詞のカタカナ率が高い文章の場合は
なんとなくだが松たか子や小林多喜二の一致指数が多くなるような感じ。
しかし全く読んだこともないような作家の文章と自分の文章が
近いと言われるのはなんだか不思議なかんじだな・・・

863 :同人小説:2011/02/17(木) 07:57:27 ID:1BmgGwRn0
ロゴーンネタを振った張本人だが……
あの結果で一番参考になるのは、実は、一番下の説く点詳細だと思う
平均文長や句読点間隔、特殊後出現率、同士出現率などなど、
自分の文章お読み返す時の目安にはなるだろうと

何度やっても一致する上位3任はいままで鴎外、井上、有島、と変化がない。
軽く書いたのを突っ込んでかろうじて新美
確かに好きな作家が上位に来ると嬉しいのはある
でも、紛らわされて、下の得点詳細を読み飛ばしたらだめだと思うわ
あれ、馬鹿にできねーよ……
またもや文長が短くて凹んだぜ……orz

864 :863:2011/02/17(木) 07:58:55 ID:1BmgGwRn0
寝起き寝惚けで書いたら誤字酷いな
これはまさに精進しろということなんだろうと思うんで、
名無しに戻ります

865 :同人小説:2011/02/17(木) 10:48:12 ID:X+Kle5Uo0
文は短いに越したことはないと思うよ

866 :同人小説:2011/02/17(木) 11:51:51 ID:IGZAcT5a0
最近は長くするようにしてるけど難しい
わかりやすくテンポよく且つ長くしたい
昔の自分の文章読んでると、一文短すぎ、体言止めを多様しすぎ、倒置法のやりすぎで読んでて辛い
なんていうか小説じゃなくて詩みたい


867 :同人小説:2011/02/17(木) 11:58:17 ID:2KOuEqUs0
自分は逆に油断すると一文が長くなるので、
修飾語の多い複文重文は気がついたら分けて単文にしたりとか、極力一文を短くしようといつも気を付けてるけど
そういうのって人それぞれなんだね


868 :同人小説:2011/02/17(木) 12:24:15 ID:IGZAcT5a0
>>867
好みの問題だとは思う
最終的な目標は、読んでる人に文体や文の長さについて意識させないようにしたいというか
言葉にしようとすると難しいな
自然に読ませたい、かな

869 :同人小説:2011/02/17(木) 18:34:21 ID:CUdHPbfg0
文の長短よりもリズム感を大事にしたいけど難しい
長くてもさらさら読める文を書ける人に憧れる
片手間に昔の和歌や古文を読んでみたりしてる

870 :同人小説:2011/02/17(木) 19:25:11 ID:buDOmb+M0
そのリズムのために音読して校正をするようになって以来
音読しないと文章が読めなくなった…
ひとの文章を読む時もある程度口を動かしてないと頭に入ってこない
助けて

871 :小説:2011/02/18(金) 10:59:59 ID:HyxRSrMo0
憧れてる作家は宮部みゆきさんだな
特殊な表現を使ってるわけでもないいわゆる普通の文なのに
すらすら読めてすんなり頭に入ってきて情景が浮かぶ
少年ものだとたまに「ん?」と思うようなおかしいとこがあるけどw

872 :同人小説:2011/02/18(金) 11:39:03 ID:thuItylt0
>>871
それがしっくりきた
「いわゆる普通の文」
でも多分すごく配慮されて書いてあるんだよね
宮部みゆきは昔よんだけど確かに文体はあまり印象に残ってない
もう一回読みなおしてみる。ありがとう。

873 :同人小説:2011/02/18(金) 13:20:39 ID:jX+zC6LHO
読みにくい文章読むと喉の辺りが気持ち悪いと思ってたんだけど
目が文字を追ってる時は喉も動いてるって言われてなんか納得した。

余談だけど風邪ひいて喉が痛い時は本読むなって
医者に怒られたことがあるよ。


874 :同人小説:2011/02/19(土) 14:57:08 ID:SbWAVcVp0
自分が好きなのは谷崎潤一郎
あんなに美しくて、ある意味ねちっこいというか、しつこい耽美調なのに
さらっと読める
昔の人は七五調が自然に身に付いてるんだろうなあ

875 :同人小説:2011/02/20(日) 01:16:13.58 ID:X8rhV+Hg0
文体が好きなのは岡本綺堂、皆川博子、三島由紀夫
特に好きとかではないけど谷崎も美しいと思う
文体としてこう書ければって思うのは綺堂だけど、
今目指してるのは仁木英之

物語としてこう書きたいって思うのはスティーブン・キング

876 :同人小説:2011/02/20(日) 01:38:28.89 ID:HR2+PWe80
キングって滅多にプロット作らないらしいね
それでよく、あそこまで長い話が書けると尊敬する
ラストはよくわからないのも多いけど、これは国民性の違いかもしれない


877 :同人小説:2011/02/20(日) 13:50:27.86 ID:zt5xCgXG0
作風として憧れるのは伊坂幸太郎。
あんな風に最後に「そう繋がるのか!」って思う話が書けたら
楽しいだろうな、と思う。
実際やってみると難しすぎて無理www
精進あるのみだっていうのはよくわかってるんだ…

878 :同人小説:2011/02/20(日) 13:50:35.15 ID:FqNsXDN/0
文字を目で追うと実際に発声したのと似たような
状態に喉がなるんだってさ
だからオペラ歌手なんかはオフは喋らないのはもちろんだけど
読まない・書かないことも徹底するらしい
(聞きかじりだから間違ってるかも)
風邪のときの読書は意外に体力使うしね
喉も休めないとってことかな

日本の国語教育はそもそも音読(素読という)から入ったから
一回声に出して読むのはいいことかもね
口語体と文語体の違いにも敏感になるかもだし

かくいう自分はとても音読できないエロ厨的字書きです、ハイw

879 :同人小説:2011/02/20(日) 20:01:55.48 ID:d6Co5ZNu0
文字の広告がたくさんあると「うるさい」と感じる(電車の中とかね)
という話なら聞いたことがあったけど、発声までしてたとは…

880 :同人小説:2011/02/21(月) 07:39:28.03 ID:TiRYYbWFP
話ぶったぎるが、自分の書いてる話が冗長な気がしてきた
これ漫画だったら3ページくらいで終わるだろうな、って描写をネチネチ5000文字くらい書いてたり
二次恋愛小説なのに気が付けば9割地の文だったりする
神視点三人称でこうなので、ツンデレ主人公で一人称なんてやった日にはもっと酷いことになる
もっとうまくまとめられるようになりたい

881 :同人小説:2011/02/21(月) 08:09:48.59 ID:Sa68JRyN0
神視点の方が視点の自由が利くから、あれこれ書きたくなって長くなりそうなもんだが。
一方その頃○○は……を延々と書き連ねてしまいそうになる

882 :同人小説:2011/02/21(月) 11:27:37.47 ID:4PM/brWZ0
>>881
今まさにそれで悩んで吐きに来たところだw
気がつくと一人称の短い話ばっかりになってたから、ちょっとタイプの違うのに挑戦しようと思って
三人称で連載を始めたら、一方その頃……で話を広げ過ぎてしまって収拾つかなくなってきた
予定ではもうとっくに終わってるぐらいの話数書いてるのにまだあと半分以上残ってる
どうしようこの風呂敷畳めるんだろうか
オチは元々考えてあるけど、それまでがそれこそ冗長な分これじゃ尻すぼみすぎる気がする


883 :同人小説:2011/02/21(月) 13:22:26.23 ID:P+Mu5Czz0
神視点で書くとすごく長々しいものになっちゃうから
背後霊視点くらいで書いてる
そうすれば一方その頃……みたいなものはし辛くなるし
ほどほどで話を終わらせることができる

884 :同人小説:2011/02/21(月) 23:33:07.48 ID:CJR14mye0
自分の場合一文一文が悪い意味で丁寧すぎて
文章も全体もやたら長くなってしまうのに困ってる
話の内容に対して明らかに文字数が多いんだよなあ
例えば「漏れる」→「漏れ出る」、「風が吹く」→「風が吹き通る」
みたいに一語で済むものにいちいち何か付け加えてしまう
元々頭の回転遅いのにこれで時間取られるのが辛い
でもそうしないと自分が文に引っかかってあ゛ー!ってなるw
きっと読者はそんなこと感じないんだよな、無駄な努力だよなと思いながらも止められない…

あと話しの七、八分目頃に終わりを近くに感じてだれるのも何とかしたいw
思った以上に文が長くなるタイプだから、見通しよりも遥かに多い字を
書かないといけないのに、もう終わった気になって放置してしまう
どっかに精神力って売ってないかなw

885 :同人小説:2011/02/21(月) 23:46:40.77 ID:X+AxfPbc0
>>884
いっそ、それを作風にしてしまうのはどうだ
逆に一つ足して「風が吹き通る」→「風が吹き通り抜ける」ぐらいにして、
話の八分目ぐらいでしれっと完結するみたいなw

886 :同人小説:2011/02/21(月) 23:55:12.54 ID:CJR14mye0
>>885
>話の八分目ぐらいでしれっと完結する
ちょwww
でもそのくらいの度胸が切実に欲しいw
今の所作風って呼べる作風も持ってないし
一度ぷっつんしてみるのもいいかもしれないなw

887 :同人小説:2011/02/23(水) 02:39:07.07 ID:b94JGvIr0
>884 丁寧な言葉使いたくなる気持ち分かるわー。
というか作品読み直して、これで良いのか? っていつも不安になる。



888 :同人小説:2011/02/23(水) 20:21:07.02 ID:IYsMrZ5C0
日本語文章校正ツールを使ってるんだけど、
言葉遣いもチェックしてくれるツールが欲しい。

889 :同人小説:2011/02/25(金) 01:35:25.50 ID:B3sMvn1t0
自分もどちらかというと長文派だし
一方その頃は常に満載
だから全部スピンオフ作品か番外編にして別に書いてる
変な癖はよくないけど、自分の好きなリズムで書くのが
結局は疲れないし楽しいから
多少の癖にはあえて目をつぶっているよ

890 :同人小説:2011/02/26(土) 00:11:15.51 ID:wwjSaL/KP
>>889
そうそう、あえて表現パターンを崩してみるときもあるけど
結局読み返したときに違和感が拭えなくて書き直す事が多い。

891 :同人小説:2011/03/01(火) 14:39:51.53 ID:w8wYWTPj0
下の作品 SS予定はないでしょうか?

SHUFFLE! Love Rainbow
Vermilion -Bind of Blood-
CROSS†CHANNEL〜In memory of all people〜
ToHeart2 DX PLUS
A.G.II.D.C. 〜あるぴじ学園2.0 サーカス史上最大の危機!?〜
Rewrite
世界征服彼女
D.C.Dream X’mas
White 〜blanche comme la lune〜
FORTUNE ARTERIAL-赤い約束-
眠れる花は春をまつ。
いろとりどりのセカイ
すきま桜とうその都会
11EYES-RESONA FORMA-
アネイロ
夏雪〜summer_snow〜
電激ストライカー
グリザイアの果実
君がいた季節


892 :同人小説:2011/03/04(金) 22:04:57.04 ID:VfJ8B8V40
温泉なんだけど、オフの同人小説って、だいたいどれくらいの字数が普通なの?
この字数だと少なめで薄いとか、この字数だとがっつりと感じるとか、良かったら教えて欲しい

893 :同人小説:2011/03/04(金) 22:10:24.47 ID:Zn45fcdq0
字数話は荒れる元だよ
過去ログ見てくるといいよ

894 :同人小説:2011/03/04(金) 22:14:01.99 ID:iB1u6r2t0
ジャンルにもよるからイベント行って、何冊か買って自分で調べないと

895 :絡み:2011/03/04(金) 22:18:45.91 ID:VfJ8B8V40
ごめん、荒れる元だったんだね
ログ見てきます

896 :同人小説:2011/03/05(土) 01:48:33.31 ID:8eOn0uDb0
荒れるつーか普通なんて無いよってこと。

897 :同人小説:2011/03/05(土) 01:49:15.73 ID:8eOn0uDb0
ごめん上げちゃった。許してくれるよね?

898 :同人小説:2011/03/05(土) 04:44:02.94 ID:mLrjUHXm0
30ページ以下→ペラペラ。お試し買い用
この程度の長さの小説だったらオンにごろごろ溢れているのでわざわざ買わない人も多い
60ページ以上→手ごろな中編。値段的に買いやすく読みやすい
100ページ以上→長編。小説を好んで読む人には喜ばれるが
1000円を越すと手に取ってもらえる率がぐっと下がる

A5二段で平均的な文字詰めとして
こんなもんじゃね

899 :同人小説:2011/03/05(土) 07:29:38.62 ID:43EcH80D0
>>898
自分もそんな感じだな

>>897
反省の色が見えないから却下

900 :同人小説:2011/03/05(土) 10:35:57.83 ID:zkEM7xrp0
自分も温泉だから参考になったなあ。いずれ一冊でも良いから出したい
それにしても小説はかなりハードルが高いんだね
今ちょこちょこ確かめてみたけど、約4〜5万字でようやく手頃とは…
なんだか小説のあり方とか立ち位置が改めて身に染みたやw

901 :同人小説:2011/03/05(土) 11:18:27.71 ID:29RtZWj80
30p以下はお試し用としての需要があるよ
よく知らない小説サークルで長編買うのはちょっと迷う
1000円以上出して地雷内容とか読めない文体だときつい

902 :小説:2011/03/05(土) 20:51:25.02 ID:AS0jAvNyP
年に3〜4回イベントに出てそのたびに新刊出すとかなら
そのうちの2冊が30Pとかでも売れる量はあんまり変わらない
でも変わらないのはリピーターがついてるからだろうな

903 :小説:2011/03/06(日) 00:34:36.73 ID:gRaBpP5xO
漫画だと思い込んで中身全く確認しないで買ったら
小説本でテンション下がったんだけど、
(小説はオンで読めるから買わなくていいと思ってた)
60ページちょいのもので中身も充実してて満足したな


904 :同人小説:2011/03/06(日) 01:46:28.39 ID:/t5EYb6A0
二次前提で参考までに聞きたいんだけど、1000字*60ページ以上も何書いてるの?
その量の同人小説読んだことないもんだからイメージが湧かなくて
6万文字もあればそこそこちゃんとしたオリジナルの短編を
2本詰め込める量あると思うんだけれど、それを二次の既に出来上がった
カップルによる恋愛(エロ)小説で書き上げるって想像出来ない

オリジナルを引き合いに出したけど、オリジ=展開主体。二次=二次独特の切り取り感
と取ってもらえれば。どっちが上下とかじゃなく
自分自身オリジも二次も書いてるから、二次で6万文字は余計難しそうに見える

905 :同人小説:2011/03/06(日) 01:59:57.39 ID:7rkn7op9P
原作で公認のカプってわけじゃないから
ふたりが惹かれあうところから紆余曲折あって
しあわせになって、って原作の隙間をぬって
埋めたりしてたらそれくらいになったりするよ

906 :同人小説:2011/03/06(日) 02:47:19.22 ID:/t5EYb6A0
>>905
早速ありがとう。そっか、馴れ初めを一から追って行くのもありか
何故かそういうのはサイトとかでポロリと出すもんだと思い込んでたw
でも一ジャンルで一度しか使えないし、ある意味諸刃の剣なのかな
やっぱり難しいイメージがあるわw

907 :同人小説:2011/03/06(日) 04:50:47.34 ID:xHICPIpT0
馴れ初めをシチュエーションを変えて何パターンも書く人もいるよ
あとは設定が共通の短編連作で一冊にまとめるとか
恋愛話にミステリや事件を絡めたりとか
パラレル小説だったら100ページは軽く行く

908 :同人小説:2011/03/06(日) 04:56:24.66 ID:41vc04l40
読専だけど、(一応カプ物の形をした、カプも出てくる)原作の舞台を借りた小説が好き
恋愛物は主にオンで読む

909 :同人小説:2011/03/06(日) 12:58:45.51 ID:u6KzTXIX0
原作アフターもの、パラレル、原作のエピソード間のちょっとした事件かな
買ったことある本で長かったの

910 :同人小説:2011/03/06(日) 13:51:27.90 ID:nuug6TAn0
または原作にこんな話があってもおかしくないと思わせるような事件とか話とか
私のジャンルはとあるゲームが主体でそれなしでは生きてる意味がない人ばっかりだから、
どうしてもそれが絡んできて長くなる
狭い空間に一人二人しか出てこないなら短く済むけどそれじゃ話が広がらないし
場所がころころ変わってキャラが何人も出てきたらどうしても長くなるよ
オリジが展開主体で虹が独特の切り取り感、てのは多分偏見だ

911 :同人小説:2011/03/06(日) 14:28:54.96 ID:jOKdDSr20
カプの恋愛ものでもそこに絡む人やそれぞれの思惑のせいで
ただ喧嘩して仲直りするだけの話で100超えとかありそうだよね
歴史元ネタジャンルならそこからいろいろネタ拾って昇華させてる人もいそうだし

912 :同人小説:2011/03/06(日) 14:34:19.51 ID:L2gQ40KR0
一年を一ページでさらっと書いてしまう人もいれば
電車が発車してから到着までの時間で一冊の本を書く人もいるしな

個人的には「付き合うまで」「初めてのセクロスまで」
「同棲・結婚に至るまで」の話が好きで同一カプを何パターンも本出してる

913 :同人小説:2011/03/06(日) 16:24:00.84 ID:z7acXK8Z0
たった二日か三日の間にあった出来事を書いてるだけなのに
何年も何冊も巻数重ねてるラノベ小説なんかもあるよね


914 :同人小説:2011/03/06(日) 23:26:02.17 ID:53v0UfJZ0
WEB上ではさらっと読んでほしいから、一場面切り取りの短編を多く上げるけど
それをそのままオフに持ってきても、A5二段組で10p以内で読んでて物足りないし
自分が書く分には起承転結のある事件ものが好きだから
50-100pくらいでまとまるようにして本出してるよ

文の長さは構成の組み方次第で、20-100pまでどうとでも調整可能

915 :同人小説:2011/03/06(日) 23:56:55.29 ID:n+hrG2Rd0
100Pくらいの長編が好きだからよく買うけど
印象に残るのは30-60Pくらいの本が多いかな
100P以上の長編はまあ読み応えあるんだが
薄い内容を無理やり引き伸ばしたようなものも多いから
実際のところあまり記憶に残らなかったりする

916 :同人小説:2011/03/07(月) 04:09:17.93 ID:3hpnaRQR0
自分も二次なら30〜60Pくらいに好きなのが多いな。
長編だと力を入れて書いてくれているのは分かるので、申し訳ないとは思うんだけど
「この辺はどうでもいいから、もっとさくさく話しを進めて欲しいな」と
思うときがわりとある

917 :小説:2011/03/07(月) 04:57:56.45 ID:6kD+g9iZO
自分は100P超えの長編が好きだけど1回通しで読んだ後は
好きなシーンとかラストとか盛り上がるとこばっかり読んでるから
たまにサークルさんに全部読まないでごめんなさいと謝りたい気分になる

918 :小説:2011/03/07(月) 14:01:19.72 ID:46qvULsR0
同じカップルで違う話をいくつもいくつも書くよ。
馴れ初めから告白シーンでも何パターンも浮かんでくるし、
キャラ同士の基本的な絡み方も数パターン違うの浮かんでくる。

どうしても長く書いてしまう癖があるので、
単なる1日デートに10pとか1晩の初体験で25pとか
かなりシーンを絞ったショートものを意識したのにそれくらいになってしまう。

長編はそうするつもりないのにどうしてもそうなる。
短い期間の2カップル(三角関係から、最終的には2組が成就するもの)を
描いていっただけで他のキャラがたくさん登場して彼らも絡めたシーンを
織り込んでいって描写していたら100pいってしまい焦ってしまった。
焦ってかなり削ったので、その気持ちになったらあと10pは増えてたと思う。

919 :小説:2011/03/09(水) 21:38:22.00 ID:VJuzoHTBO
自分も30〜60pくらいの話が好き
だらだら長く書かれるよりは簡潔に的確にまとめてもらう方が好みだな
出てくるキャラ全員の心理状態をやたらみっちり描写してたり
そういうところに行数割かなくていいからと言いたくなる大長編がたまにある

920 :同人小説:2011/03/09(水) 22:04:29.27 ID:EdGX2c7YP
舞台背景をちゃんと理解してもらいたくて書込みすぎて
自分でも読み返すのが嫌になるくらいの説明文になってしまって
詰まらせてる連載が1個ある…

簡潔に的確にを心がけるようにして推敲してみよう

921 :小説:2011/03/09(水) 23:46:29.99 ID:mg6iTPy+0
My神が戦闘シーンだけで40pある猛者だとは言えない流れに

922 :同人小説:2011/03/10(木) 00:12:37.39 ID:HFZeeTsd0
アクション系じゃなく戦争シーンだったら自分大歓喜だな

923 :同人小説:2011/03/10(木) 00:20:38.58 ID:2svFZ3CLP
簡潔に的確にが好きなひともいるし
みっちりぎっちり書込まれた小説が好きなひともいる

どっちだからいいってことじゃないと思うよ

924 :小説:2011/03/10(木) 00:23:20.12 ID:vFhKVZIh0
俺の好きな書き手も100p中、4割が戦闘で3割が事件の流れ、残り3割でほんのりカプだな
ぐいぐい読ますから分厚ければ分厚いほど嬉しい

でも、確かに分厚い本買ってみたら心情描写というかキャラの悩みで8割埋め尽くされて、残りでエロ
みたいなのも結構あるから、この書き手はこのページ数でこういうもの書く人
ってのを把握できてないとなかなか新規は手出しにくいな

925 :同人小説:2011/03/10(木) 02:57:56.36 ID:twliK28G0
>心情描写というかキャラの悩みで8割埋め尽くされて、残りでエロ

どうしてだろう、二次でこういうのは好きだ

商業誌では恋愛メインのものは全く読まないのに、
二次だとストーリー進まなくてぐだぐだ悩んで恋愛してても平気ww

自分の最愛キャラは脇役で原作でもあまり心情描写もないから
ねちっこく掘り下げてもらえると嬉しいのかもしれない

926 :924:2011/03/10(木) 07:50:21.99 ID:vFhKVZIh0
>>925
いや、60pくらいまでなら自分もそれで好きだよ
上下巻で合計400pもどうでもいいような悩みで話も進展せず
唐突に誤解が解けてラブラブエッチで大団円★は自分は正直辛い

8割悩みごとの大長編も売れてんなーってサークルさんはいっぱいあるから
需要はしっかりあると思う
自分の好きな傾向とサークルさんの傾向把握しとけば幸せになるって話だな

927 :同人小説:2011/03/10(木) 09:04:01.92 ID:A8uaPVxT0
同じことを表現変えて何度も描写するがゆえに長文になっているパターンは
だんだん斜め読みになるなあ
話がくどい人との会話で「それさっきも聞いた」って言いたくなるような

928 :同人小説:2011/03/10(木) 17:35:27.57 ID:jA5HKJGA0
二次で、ページを開いたらどびゃーっと字が並んでるのでおおと思って読み進めたら
この時代、農耕のシステムはこうで!宮廷にはこんな役割の人がいて!って、
だらだらだら〜っと説明が続いて、肝心の登場人物が関わる伏線も何も回収されずに
終わった二次を読んだときはポカンだった。
ちなみにシステムとか人とかの解説はあくまで現実のヨーロッパ中世の話で、別に
その中世ヨーロッパ風の世界が舞台のそのゲームの公式設定でも何でもなかった

929 :同人小説:2011/03/10(木) 20:37:31.06 ID:vFhKVZIh0
>>928
いるいる
ぼくのかんがえたすごくちみつなせかいかんの人
日記やツイッタでやたらとその手の科学的な考証を悩んでると言いたがる

ところでその世界観、原作と一切関係なくね?っていう

930 :同人小説:2011/03/10(木) 20:40:57.22 ID:I/3H4dHA0
KYな司馬遼先生みたいな感じか

931 :同人小説:2011/03/10(木) 23:18:46.20 ID:utgnHCFz0
こういうこと言うと角が立ちそうだけど
字書きは他の字書きや自分の作品に対して多くを望みすぎな気がする
自分が字書きでなければ言わない、やらない事柄が多いと思うんだ
小説って漫画に対して一般的には地位があるけれど、同人では間逆なんだよね
その辺こじらせてしまって変に高尚根性が抜け切れてないのが
同人小説界隈のちょっと好きになれない所だ
自分も書き出すようになってから他人の作品を素直な気持ちで見れなくなって
すっかり嫌な書き手側になってしまったなあと自己嫌悪があるわ

932 :同人小説:2011/03/11(金) 00:13:54.18 ID:xsfAZl9z0
小説同人って多分、相当にややこしい界隈だよ
もともと文学系同人誌があるけど、あれは流通形態に難がありすぎるし。

色んな立場の人が、たまたま表現形態が小説だからという理由で同居してる感じというか。
ローカルイベントの小説島とかマジにカオス過ぎる


933 :同人小説:2011/03/11(金) 03:05:26.36 ID:Dk1U+tv+0
>>931の言ってることが、分かるようでよく分からないや。
自分が他人の小説読むときは面白いか面白くないかだけだけど、
他人の作品を素直な気持ちで読めなくなるっていうのは
どういう状態?
三点リーダーは二つ繋げてなかったらそれだけで
読む気なくすとかいう、あのたぐいのこと?

自分の小説に関しては、つい読んだ人に感心してもらいたいとか
お利口さんだと思われたいとか、どっかで考えてる気がするから
多くを望みすぎっていうのは、そうかもなと思うんだけど。

934 :同人小説:2011/03/11(金) 09:13:53.16 ID:ouS575VM0
小説は絵と違ってパッと見ただけでは巧拙がわかりにくいからね
ちょっと難しい言葉を並べれば高尚気分が味わえる
要するに実力を勘違いしやすいんだと思う

他人の作品を素直な気持ちで見られないっていうのは
自作と比べてしまったり、粗探しをしてしまうってことじゃないかな
粗探しはともかく書き手視点で読んでしまうことはあるなあ
読書しながらお勉強してしまっているというか

935 :同人小説:2011/03/11(金) 09:29:14.21 ID:bnta9cTz0
小説に限らないが、伏線の回収を見たときの感想が
「あれって、そういう意味だったのか!?」から
「おお、こう回収するか!?」になってたりはするな

なんというか、ストーリーの展開だけじゃくなく
構造とか組み立て方も読むようになった感じ?

936 :同人小説:2011/03/11(金) 12:44:18.82 ID:DaK8cLhr0
それは字書きに限らず漫画や一枚絵を描く人も同じじゃない?
プロの小説家・漫画家さんでも
作り手目線で見てしまうから他人の創作物は一切見ないと
宣言してる人たまにいるよね

937 :同人小説:2011/03/11(金) 13:40:15.65 ID:ZZ7AJFhbO
それは931の考えすぎっていうか、931が自身の嫌う高尚になってるんじゃない?
私は絵も小説も書くんだけど、絵は絵でデッサン狂いやブラマジを嫌う書き手が多いし
あっちはあっちで相当ややこしいよ
同人って絵も小説も書き手が買い手なことが多いから、そういうのはある程度仕方ないと思う
同人小説の地位が低いとかはよく分からない…

938 :同人小説:2011/03/11(金) 14:07:36.94 ID:xsfAZl9z0
字書きは絵を挫折したやつ、みたいな考え方の人は少なからずいると思う。
もちろん、本当は全然違うんだけどね。

音楽で言うところの「ボーカルは楽器できない人」みたいな考え方。
これももちろん、無知から来る発言だろうけど

939 :同人小説:2011/03/11(金) 18:09:17.58 ID:p0soIXLdO
>>938
>音楽で言うところの「ボーカルは楽器できない人」みたいな考え方。
目からウロコが落ちた。

940 :同人小説:2011/03/14(月) 07:20:00.97 ID:W9IWOvKF0
自分も書き手であるが故に、人の作品の粗さがしをしてしまう

人の悪い所をあげつらうのは、>>931自身も嫌う『高尚様』的行動

人の欠点探す暇が、自分の作品の質上げろよ俺…

って事じゃないの?

941 ::2011/03/14(月) 22:04:29.07 ID:2JsH45fZ0
奴らは俺らの想像の遙か斜め上を行くからな
用心に越したことはない

942 :同人小説:2011/03/27(日) 00:32:40.61 ID:nhmisRoL0
二次創作データベース
http://www42.tok2.com/home/sslink/

943 :同人小説:2011/03/27(日) 11:24:02.65 ID:ng5xLyA/O
絵が描けないから小説って言う人は少なからずいると思う。
なんか残念だけど。

同人では小説の価値が低いことは決してないけど、
需要が明らかに漫画>>>>>>>小説なのはたしか(二次なら原作の携帯などで微妙に変わるけど)。

944 :同人小説:2011/03/27(日) 14:33:07.26 ID:4c0ZpBQBO
>>943
そうか?
小説は神と底辺の開きが凄まじいイメージがあるけど、神小説に出会えたときの感動は漫画の比ではない気がする
そのかわり「絵をかけないから」ってだけのやる気のないゴミも多いけど

945 :同人小説:2011/03/27(日) 14:39:10.87 ID:3w42nAw20
自分は文字書きだけど、一枚絵に敵わないなと思うときはある。
どんなに文を連ねてもその一枚の絵の持つ訴える力に及ばない。
そういう絵のもつ力って凄いなと思う。
まぁそうそうあるものじゃないけど、そういうのを見かけるとちょっと落ち込む。

946 :同人小説:2011/03/27(日) 14:48:42.74 ID:4c0ZpBQBO
いや、個人の嗜好の問題でしょ
このラストの一文の余韻にはどんな絵も敵わない、と思い知らされた小説に自分は出会えたよ
どっちがいいってもんでもない
字書きと絵描きとそれから私、みんなちがってみんないい

947 :同人小説:2011/03/27(日) 16:51:53.25 ID:hqtsbsPu0
まぁ、時々雰囲気漫画みたいな特にオチも内容もないネタが浮かんだ時や
ワンカットだけを切り取ったようなネタが浮かんだ時は
そこだけかいても許される絵描きいいなと思ったりすることもあるけど
自己満足でも凄くいい表現ができた時とかは字書きやってて良かったって思うんだよね

948 :同人小説:2011/03/27(日) 17:29:45.74 ID:ng5xLyA/O
文ならではの表現で、素晴らしいものはたくさんあるのに、
文だからって言う理由で手にさえ取られないことが多くてもったいない感じ。
逆に漫画だからって手にとって貰えないケースもあるだろうけどレアケース。

949 :同人小説:2011/03/27(日) 19:25:53.41 ID:DY9Ehsyc0
両刀で絵も描くんだけど、文字では敵わない程の絵は描けない。
自分の最上を選ぶと文字になるんだよね。

絵が描けないから、も悪く思わないでほしいな。

950 :同人小説:2011/03/27(日) 20:27:31.56 ID:vIqDw7K90
絵が描けないから字書きやってるけど
他人に見せるクオリティを考えたら、必然的に絵は捨てた

小学生低学年レベルの絵で漫画出すより
もうちょっとマシな日本語のほうがいいじゃんwと思ってる
努力するなら、ノビシロのあるほうを頑張るさ

951 :同人小説:2011/03/27(日) 23:39:41.57 ID:pllRhKQ80
ズレた話で申し訳ないけど、
絵も本当にすごいと思うけどやっぱり文字も凄いよね
それぞれに一長一短があってその一長の部分を表現できる人が凄い
前にとある小説が映画化されたから見に行ったんだけど・・・
その小説の最後の一文の表現が物凄く好きで読了感が半端無い衝撃を受けたんだ
でも映画の方はやっぱラストがちょっと変わってて、
絵を動かした動画であってもたった数文字の良さを表現できてないなぁと思った
良さ=自分の価値観の中の良さ、なんだけど

自分も一応絵も小説もやるけど、どっちも中途半端なせいか、
どちらかといえば文字の方が表現しやすいと思ったな・・・
高層ビルの中で立ち尽くすっていう描写を表現するとなると、
自分の能力では高層ビル乱立の絵なんて描けないから文字が楽だなぁ
好きな方・昔からやってるのは絵の方
しかし評価が高い(というかマイナーだから高くなる傾向が強い)のは小説
自分の才能の限界を感じつつ、
でも伸びたいなぁと願いながら今日ももそもそと(無駄になるかもしれないが)努力する・・・orz

952 :同人小説:2011/03/28(月) 02:52:56.55 ID:6naXr+Si0
サイトには文オンリーだけど、絵が全く描けないわけじゃない
漫画の方が面白いネタだったから、一本描いたら「何で普段漫画描かないんですか!」
って、クォリティの問題だよ
ギャグ系のネタ漫画レベルなら人に見せられるけど、小説で書いてるレベルの
ストーリー漫画を背景まで書き込んで、絵で魅せられるクォリティは維持できない
そもそもA5小説の1pって漫画換算3倍になるし、300pも漫画描ききる体力と時間と気力はない

一枚絵で萌え転がせる絵も大好きだし、その一コマだけで幸せになれる漫画も好きだ
話を読ませる、って部分は小説の強みだと思う
こっちの文見て、この場面描いていいですか!って言ってくれる絵描きさんもいるから
適材適所と思って文書いてる


953 :同人小説:2011/03/28(月) 09:42:08.79 ID:P0uEk1vR0
単純に作業時間の問題もあるな
完結に半年かかった連載、これ漫画で描いていたら何年かかることか…
単発アニメやゲームの二次なら(コアなファン以外は)とっくに去っている時間だよね
逆に文章と同じ作業時間でやろうと思ったら、相当端折らければならない

954 :同人小説:2011/03/29(火) 20:16:48.17 ID:n7cCjP0g0
自分は字書きだが、唐突にイラストや漫画の萌えが欲しくなるな
こう、目から入ってくる直感的な萌えっつーか
だから絵も描く…が、画力は非常に残念
文章だと長さ問わず完結させなきゃって思うんだが、
絵だとざっくりラフ(途中)でも萌えるなーって思う
ある程度形ができればきちんと頭の中で補正できるからかも

955 :同人小説:2011/03/30(水) 11:28:02.90 ID:xr9FW51m0
以前私の書いた二次超ショートショート(三つか四つくらいの台詞で終わる奴)
を、絵描きさんが漫画にしてくれたことがある。
けど、いかんせん情報量が少なすぎるせいか相当苦戦していた様子で、完結まで
時間がかかった。漫画は超SSには勿体無いくらいのとても美々しい出来で正直
すまんかったという気分になってしまったよ

956 :同人小説:2011/03/30(水) 21:16:47.19 ID:g+RpWlb/0
話ぶった切ってごめん
よく携帯サイトのランキングってIN数(サイト→ランクサイトへアクセス)でランク付けされてるよね?
でもOUT数が同じでもIN数が極端に違うのは何でだろう。工作?って思ってしまうんだが・・・
そんな自分もOUT数は多いけどIN数が少なくて微妙な位置にランク付けされてる
みんなはランキングって気にする方?しない方?
上のほうの人たちってやっぱり作品数が多かったり更新頻度が高かったりするもんなのかな

957 :同人小説:2011/03/30(水) 21:22:07.41 ID:MMtCDSnW0
>>956
書き込むスレ間違えていない?

958 :同人小説:2011/03/30(水) 21:38:07.55 ID:g+RpWlb/0
>>957 
うん、ごめん、スレチだったね!
移動します

959 :同人小説:2011/03/31(木) 03:28:47.77 ID:CijGlkeQO
字神の人が描いた絵が一昔前のBLの絵柄でびっくりしたことがある


960 :同人小説:2011/04/01(金) 15:21:22.72 ID:4d1ioYkS0
字神の人が描いた絵がシンプルだけど洗練された画風でびっくりしたこともある

961 :同人小説:2011/04/02(土) 22:43:24.28 ID:ckLGOy/n0
字神の人が描いた絵が可愛い画風でびっくりしたことはある

単品なら可愛いほんわか絵描く人なんだな、と思うが
文章は容赦ねぇ人間描写で緻密かつ壮大な物語を書く人なんだ

962 :同人小説:2011/04/03(日) 01:48:48.85 ID:RmJ4H/JT0
逆に絵神が書いた小説がめちゃくちゃ萌えるし巧くて愕然としたことがあるw
自分、頑張ろう…と思いました

963 :同人小説:2011/04/11(月) 17:57:14.58 ID:tA545QhA0
進行ものんびりだし次スレは980あたりかな

964 :同人小説:2011/04/21(木) 14:23:55.55 ID:QP7oi2Uu0
とある魔術の禁書目録クロスSSスレ
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1303165202/
あの作品のキャラが遠坂凛に召喚されました
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1302946850/
SSリクエストスレ
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1302947095/
【2次】ギャルゲーSS総合スレへようこそ【創作】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/gal/1298707927/

965 :とうでん:2011/04/22(金) 16:58:25.65 ID:3XpZDz5l0
東電の新入社員がお前らのことバカにしてるぞ

東電の女性新入社員mixiで「文句あるなら電気使うな」
http://matome.naver.jp/odai/2130332404986001501

>ж当てはまる人ゎ絶対に絡まないで下さいж

>いい歳して夢ばっか追っかけてる奴


966 :同人小説:2011/04/26(火) 03:47:23.85 ID:vAS9LMxD0
閲覧者に質問
Web小説で地の文がたくさん詰まっているのはどう思いますか
Webは読みやすさを重視していたのだけど、
最近オフ原稿ばかりやっていたので地の文がっつり書く癖が取れなくなってしまった…

967 :同人小説:2011/04/26(火) 05:26:17.95 ID:EZgcYovs0
句読点を打ったり段落つけたりしてくれて、たまに一行改行して間を空けてくれたりとかしてくれて
フォントが明朝体でなければ
長いだけで読みにくいってことはないです

968 :同人小説:2011/04/26(火) 08:19:20.74 ID:BIt+2wn80
地の文ばかりでセリフ一言もなくても

・レイアウトを読みやすく作っている
・一頁分の分量が適切
・面白い

これなら喜んで読むけど


969 :同人小説:2011/04/26(火) 13:35:35.49 ID:TevKq0cR0
別にどうとも思わないな
その地の文が面白ければ読むし、面白くなけりゃ読まない

見た目に関しては、Web上にあるものはブラウザ設定とユーザCSSで
どうにでもなるので、個人的には誤字脱字だけ気をつけてくれればいい

970 :小説:2011/04/26(火) 22:14:54.01 ID:rrvlUoJ0O
マカーだと、長文は明朝体の方がゴシックより読みやすい
フォントより小文字の方が辛い

971 :同人小説:2011/05/06(金) 18:40:12.91 ID:hFb+6xEO0
保守

972 :同人小説:2011/05/06(金) 20:56:53.01 ID:JXQJbTW/O
地の文多めでもテンポよく読めれば問題ないと思う。

せっかく面白い内容なのに、誤字脱字・言葉の誤用があるとすごく残念な気分になる。
自分の中では、脱字>誤字>>>誤用
時々ならスルーできるけど、全文通してとか他の作品でも同じ間違いしてるのを見たら、
ああこの人頭悪いんだな…と思ってしまう。
「せざる負えない」「やむ追えず」とか「そうゆうこと」なんか特に。
盛り上がったラブシーンでの「ベット(ベッド)」もテンション下がるなあ…。
明らかな誤変換だとわかればなんとか脳内変換できるが、
「去勢を張る」とか変な意味のはムリポ
お願いですからうp前にチェックしてくださいw
逆に、誤字脱字誤用って拍手等で指摘してもいいものか悩む。
一度だけ神作家に感想のついでに恐る恐る脱字(肝心のキャラ名)の指摘したら、
すぐ直してくれてたのはいいけど、今度は余計な文字が増えてたw
さすがにもう指摘しづらい

973 :同人小説:2011/05/06(金) 22:17:39.14 ID:Aeu4l/uA0
あるサイトで連載物なんだけど連載後半からほぼ全てのページ(作品)に誤字脱字、
ときには1ページに10ぐらいあって、ああ書きたくて書いてるわけじゃなくて、
もうやっつけなんだなぁと読んでて萎えてしまった
でもそれを指摘したらアク禁くらいそうなので黙ってたけどさ
その作品は結局連載途中で書くのをやめてしまってた

974 :同人小説:2011/05/07(土) 19:36:30.33 ID:iMOyHLp1P
ドイツ語だとベット(Bett)なので別に間違いじゃない
と思ってたほうが>>972みたいなのは人生楽になると思うよ

975 :同人小説:2011/05/08(日) 22:20:57.15 ID:WCHWodDx0
>>972
そればかりはどうしようもない面もあるから
気になるサイトは一切見に行くのをやめるか
2ちゃんで吐き出して忘れてまた行くかにした方がいいと思う。

誤字などを重要視するかは1人1人違うからね。
管や閲関係なく気にする人も多いし気にしない人も多い。
でもどちらでも大抵の人は自分が気に入らなくても
「それでも見たいサイト」ならスルーする術を身につけているものだしさ。
同人はプロとは違うから完璧を求めるのが正しいとは言えないよ。

976 :同人小説:2011/05/09(月) 09:44:46.85 ID:lfL3yAkr0
誤字脱字は、自分の場合、勢いよく書いてるときに起こりやすい
書くことに夢中で誤変換に気付かない
だから、なかなか手が進まなくて悩んでいるときは誤字脱字がほとんど無い

拍手の近くに誤字脱字の指摘大歓迎って書いてるけど、指摘してくれる人は少ないな
言葉の間違いなんかも教えて欲しいよ

977 :同人小説:2011/05/09(月) 11:28:02.27 ID:5VyNvxLc0
私が指摘メール送ったことがあるのは、キャラ名の文字が途中で
変ってたときくらいかな。
石橋(仮名)が誤変換で医師橋になっちゃって、その後はラストまで
医師橋だったとか。この時はさすがに送った。

でも、正直言ってこのレベルでない限り誤字脱字を
見つけたところでいちいち指摘メール送ろうとは思わないな。
失礼のないように指摘メールを書こうと思うと
それなりに気をつかったりもするし。
ましてやたびたび誤字脱字があるなら
「そういう人なんだな」で終わってしまう。

978 :同人小説:2011/05/09(月) 11:47:40.98 ID:gA2uRgxMO
そうだなあ自分もキャラ名を間違えてたら指摘するかも
句読点がないとか、ちょっとした漢字の変換ミス程度ならスルーしちゃう

壊滅的なミスをしてる人たちってそもそも推敲をおざなりにし過ぎてる
最低でも3回は読み直したほうがいいんじゃないかな
勢いで書いてそのままアップしちゃう気持ちも分からなくはないが

979 :同人小説:2011/05/09(月) 14:00:57.94 ID:i5m+zSAS0
書き手としてはさらっと指摘して下さると助かるな

自分は暇な時に自サイトの文を携帯で読み返したりプリントアウトしてから赤ペン修正してる
人の携帯サイトや市販の本見てる感じ、実際に人の作品見て完全に読者脳にしてからってことも
書いてる時のツールとは違うもので同じ文面見たら脳がうまいこと客観的になって発見できるけど、
ブラウザで流し見したりノリノリで書いてる時はちゃんと書いてるような気になっちゃってて気付かない


980 :同人小説:2011/05/09(月) 21:06:54.31 ID:p+Tc2EiuO
誤変換や脱字は事故のようなものだと思うから、スルーできる。
でもギャグやライトな作品ならまだいいけど、シリアスな内容の時は
かなり気を付けてもらいたいな〜と思うよ。特にキャラ名は。
テンポがそこで止まっちゃう場合があるからね…
面白い作品、萌える作品だと余計にもったいない。惜しい。
何度も読み返すレベルの好きな作品で、重要?な箇所だったらさりげなく指摘するかも

同人作家はプロじゃないし完璧でなくてもいいんだけど、
やっぱりアップする前に確認してくれたら嬉しい。

全然関係ないけど、先日発見した作品数がそこそこ多い二次小説サイトで、
ほぼ全ての作品の説明文の最後に「駄文です」と書いてあった。
内容は結構面白かったんだが、ちょっと引いた。

981 :同人小説:2011/05/09(月) 21:24:50.34 ID:Jd5BlVq10
自分が知っているいくつかのジャンルだと「駄文」は
ある意味テンプレになっているから仕方ないのかなと思う。
「薄い本」と同じかな。
薄い本と言われて怒る管さんもまだまだ多いけど
今となっては同人の隠語みたいなものなんだよね。

あと、誤字脱字は自分が数度(しかも日にち置いて)読み返して
更に数人に読んでもらっても後で見つけると言う小説書きさんを
数人知っているので、もう仕方ないと思えるようになった。

面白くてついつい急いて読んでしまう人程あるのかもしれないなと思う。

982 :同人小説:2011/05/09(月) 21:26:49.24 ID:CwKUJCK40
>駄文です

ああ、なんかそれも、つい付けちゃうという書き手と、
なんかひっかかるという読者の間で延々と埋まらない溝だよねぇ

書いてる方は「こんな、しょうもない自分の妄想なんて…」という照れ隠しなんだか卑屈なんだかな気持ちがあるし、
読んでる方は「自分で『駄文』とかいうくらいなら上げるなよ…」というもやっとした感じが最後に来るという…

983 :同人小説:2011/05/09(月) 21:33:48.01 ID:lfL3yAkr0
駄文って書かれると駄文じゃないのを読ませてよ、と思う
ものすごくイメージ悪いよね
稚拙な文ですが、になるとそうでもない不思議

984 :同人小説:2011/05/09(月) 22:10:23.46 ID:B42CHwb+0
一次小説だと謙遜目的でも「駄文」「稚拙」といった自己評価はNGワード


985 :小説:2011/05/09(月) 22:14:56.52 ID:+s+4FZwOP
薄い本に怒る人がいるって事にびっくりだ
商業誌に比べたらどうしても薄いんだけどなあ

誤字とかキャラ名の取り違いは
商業小説で結構重要な部分でやられてから
なんか許せるようになった

986 :同人小説:2011/05/09(月) 22:45:38.08 ID:p+Tc2EiuO
駄文という表現が謙遜の様式美みたいなものだというのは伝わるんだけどね。
お約束になってるジャンルもあるのか。
さすがに全ページに書いてあるとしつこいよ…w 最後のほう、イラッとしたもん

それならトップページにだけ「拙文を読んでくれてありがとうございます」
みたいな一言があるほうがモヤッとは来ないような。
古参の誰かが使いだすと、後発がデフォだと思い込んで使う→拡散
なんてこともあるのかな

987 :同人小説:2011/05/09(月) 22:53:33.03 ID:rB24+FpV0
自ジャンルの携帯サイトをうろついてみたんだけど
とあるサイトの作品を読んでみると文章にいろいろ違和感が…

これがいわゆる台本小説ってやつか
初めて遭遇したから読んでいてかなり混乱した
しかし初期作品は普通の文章だったのにどうしてこうなった

988 :小説:2011/05/09(月) 22:54:36.03 ID:1kA64CK/0
>>985
物理的な厚さではなく
本や話の内容が商業に比べて薄い、という意味だと思ってた
同人なんだから商業より薄くてもおかしくはないんだろうが
どうも自分が見たのは卑下や揶揄、侮蔑っぽい使われ方ばかりだったから
普通にマイナスな意味なんだと思ってたが、違ったのか…<薄い本

989 :小説:2011/05/09(月) 23:19:38.11 ID:+s+4FZwOP
>>988
え、どう考えても物理的な厚みの話でしょ
薄くて高くて派手は本って言うフレーズ聞いたこと無い?

990 :同人:2011/05/09(月) 23:49:49.03 ID:XEimHRlJ0
SS職人募集中スレ

エーベルージュを語るスレ 3年目
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/gal/1248267409/
センチメンタルグラフティ総合35代目
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/gal/1299264100/
Canvasシリーズ総合 Part21
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hgame2/1302172024/
◆◇◆TGL総合スレPart 1◆◇◆
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/game/1172644654/
◆◆◆★★マイナーなギャルゲーのスレ★★★◆◆
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/gal/1190795664/
非18禁PCギャルゲー総合スレ(一応3)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/gal/1143920343/
MinDeaD BlooD 4
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hgame2/1206403697/
Dies irae Part117
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hgame2/1304511307/
【銀色】銀糸総合スレ Part5【朱】
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hgame2/1190283503/
【城平京】ヴァンパイア十字界 【木村有里】 10夜目
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1177334874/
【上条明峰】CODE:BREAKERコード:ブレイカーcode:14
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1300421162/
矢吹健太朗のBLACK CAT★黒猫No.368
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1304295746/
地獄少女総合 人を呪わばスレ 百十六鼎
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1290001593/

991 :同人小説:2011/05/09(月) 23:59:08.36 ID:lfL3yAkr0
次スレ、ホスト規制で立てられなかった
誰かよろしく


読み手、書き手の意見を交換することを含めて、同人小説について幅広く議論するスレです。

前スレ
【読み手】同人小説を語る【書き手】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1252937999/

992 :同人小説:2011/05/10(火) 00:10:33.03 ID:43WGOxSi0
チャレンジしてみる

993 :同人小説:2011/05/10(火) 00:12:25.48 ID:43WGOxSi0
次スレ
最初の【を消してしまって申し訳ない


読み手】同人小説を語る2【書き手】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1304953868/


994 :小説:2011/05/10(火) 00:19:09.65 ID:5Ze62KveP
>>989
だよね。
薄くて高いとかキラキラした(多分箔押しかPPか蛍ピで)とか。
商業誌並の厚みで商業誌並の安さはものすごい大手でもなければ実現不可能だしね。

>>993


995 :同人小説:2011/05/10(火) 00:20:12.06 ID:43WGOxSi0
>>991
お礼書き忘れた
テンプレありがとう

996 :同人小説:2011/05/10(火) 00:22:21.39 ID:ScyIyXyM0
>>993
乙!

>>988
揶揄や侮蔑で使ってると思うよ
内容も商業に比べるとやっぱり薄いものが多いだろうから、そんなに間違いでもないと思う

997 :同人小説:2011/05/10(火) 08:14:28.71 ID:uhQvjvKm0
>>993

薄い本は最初は二次の描(書)き手が
公式の二次です、堂々と表に出るつもりはありません、
と言う意味で使っていたものだよ。
だから一次では殆ど使われていなかった。

ツイッターで管と閲との距離が縮まってから閲も使うようになり
仮にネット上で一般人に見つかっても分からない言葉として
同人誌の意味で使うようになった。

ただそういう経緯を知らない人も多いから侮辱の意味しかないと
思われる事もある。
まだまだ相手を選ぶ言葉だけどその内当たり前の言葉になるんだと思うよ。

998 :同人小説997:2011/05/10(火) 08:15:10.98 ID:uhQvjvKm0
>>993


書き損ねたゴメン

999 :同人小説:2011/05/10(火) 13:27:53.94 ID:n1XEbpjf0
>>993
乙、そして乙!

1000 :同人小説:2011/05/10(火) 13:53:15.11 ID:ScyIyXyM0
>>997
知らなかった。そうなんだね
薄くて高くてサーセンwwwって感じの卑下とか揶揄と思ってたよ

1001 :1001:Over 1000 Thread
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |    最 後 尾 。  |     このスレッドは1000を超えました。
  |________|
     ∧∧ ||
    (. ゚д゚)||             同人@2ch掲示板
      / づΦ           http://yuzuru.2ch.net/doujin/


300 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)