5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

魔術学園で魔術の勉強してるけど 12時間目

1 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/22(土) 23:22:04.40 0
もうすぐ二周年

◇ここは?
ここは日本の片田舎の魔術学園。
入学は誰でも大歓迎。新規さんお待ちしてます。

◇入学方法は?
自分のキャラ設定を考えてwikiに編集。たったこれだけ。
中等部1年から高等部3年まで、クラスはA〜F組の編成。

◇規制中で書けないんだけど
入学手続きだけ済ませて規制解除まで我慢我慢。
もしくは避難所の代理投稿・編集スレを使って適当な人に依頼するのもアリ。

◇wikiはどこ?
ttp://www21.atwiki.jp/mshoolmatome/

◇避難所は?
ttp://www1.atchs.jp/gramaryschool/
雑多用途スレで雑談をしていることが多いので頻繁に覗いておくことをおすすめします。

◇過去スレは?
過去スレ一覧はwiki参照。

◇名前はどうするの?
名前はwikiの設定の通りに。こんな感じで。
入力例:中等部一年A組 ○専攻 〇〇#酉

◇次スレは?
基本的には980を取った人が次スレ。ダメだったら他の人にパス。
容量が480を越えた場合は、気づいた人がスレ立て宣言してから立ててくださいな。

前スレ
魔術学園で魔術の勉強してるけど 11時間目
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1315159007/

2 :名無しになりきれ:2011/10/22(土) 23:24:36.37 O
おっぱいある奴のおっぱいもみもみ

3 :名無しになりきれ:2011/10/22(土) 23:39:00.73 0
きもいスレ

4 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/22(土) 23:42:08.80 0
>>1乙!

5 :名無しになりきれ:2011/10/22(土) 23:42:47.50 0
くっさ。

6 :名無しになりきれ:2011/10/22(土) 23:51:29.32 0
糞スレ

7 :名無しになりきれ:2011/10/23(日) 13:12:20.72 0
まあ…>>1乙ですな

8 :名無しになりきれ:2011/10/23(日) 13:41:50.75 0
しね。

9 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/23(日) 23:23:00.03 P
(次スレ突入ー)

前スレ>>681
むう、似たようなもんな気もするが
そもそも剣に炎を纏わせて、それを斬撃として飛ばすことはできないのか?
【ずるずるカフェオレを飲みながら聞く】
【にしても随分と甘そうなカフェオレだ】

それならこういうのはどうよ?
剣に炎を纏わせて、さらにそれを延長させることでリーチを伸ばすんだ
攻撃力云々もそうだし、攻撃範囲もそこそこ広がると思うんだが
【というかさっきから炎ばっかりなのはいかがなものか】
【本人が炎の魔術師なので仕方が無いことなのだが】

10 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/23(日) 23:26:47.17 0
>>680
勲紀(……稲月。私、もうオメェの味付けに口出しすんの止めるわ)
稲月(……あぁ……)

稲月「勇、だ。一応中等部の不良共の間じゃNo.2なんだがな」
勲紀「一応パンピーのセンパイが、不良界の事情に通じてるわけねぇだろ」
【これで覚えてくれると期待】


>>681
勲紀「真田センパイ、後者のほうなら、こいつのグラビティブレスとか参考になると思いますよ」
   「重力波を、パンチ使って敵にぶつける、みてーな魔法ですから」
稲月「オメーの『スピア』も、近距離で発動するなら似たようなモンじゃねぇか?」
   「つか、実際それで殴りあったこともあったしよ」

11 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/23(日) 23:31:39.92 P
>>10
勇だな。よし覚えた
まあ結局覚えても苗字で呼ぶんだけどな
【意味が無い】

不良?ああそうか
別にこの学園においては不良なんざ怖くはないわな
そんなんよりもよっぽど恐ろしい化物がこの学園にはうじゃうじゃいるからな
むしろ不良なんてうさぎやハムスターみたいなもんだ
【面倒事を起こすのも不良よりもそれ以外の生徒のほうが多かったり】
【というより勲紀たちのおかげで最近は被害が縮小してきているのか】


(気づいたらもうこんな時間に。落ちですおやすみなさいー)

12 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/23(日) 23:40:10.61 0
(ふっ、新スレに移ったのに気づかなかったなんて…>>1乙)

>>9
飛ばすぐらいならできると思うよ
ただ延長させるのは無理だと思う…
本来自分以外の属性を制御するのは凄く難しいことだし…
【剣に纏わせてそれをさらに制御するのは魔力や精神力が凄い削られるのだ】

>>10
へぇ〜、興味あるね
今度見せてくれないかな?
【興味津々といった顔で】

(自分もそろそろ落ちますね)

13 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/23(日) 23:44:39.07 0
>>11
勲紀「そうなんスよねぇ……。転校する前のトコは一般の学校と同じで、不良がハバ利かせてましたから」
   「まさか、ここまでメチャクチャなとこだとは思ってなかったっス」
稲月「不良界で名を挙げることなんざぁ、今やってるパンピーの警護に比べりゃ楽なモンだったぜ」
【少し過去のことを振り返る二人】

>>12
稲月「なんならここで戦ってみるってのもありだと思うぜ?」
勲紀「高等部にケンカ売んなっつってんだろ。スイマセン、今度自主練のときとかに見せますよ」
【睨みをきかせる稲月にチョップをかましながら】


(みなさんおつでしたー)

14 :名無しになりきれ:2011/10/24(月) 01:48:09.83 0
死ね

15 :名無しになりきれ:2011/10/24(月) 22:51:48.58 0
ゴミ

16 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/26(水) 21:37:37.85 0
【包帯を右腕に巻きつけ、眼帯を目に付けた林檎と】
【なぜかチアガール姿のベルが中庭にいた】
ベル「…応援したのにね、やっぱり実力の差かしら…」
林檎「…十分分かってるつもりだったが、認識が甘かったか…」
【二人してベンチに座り、落ち込んでいた】

17 :名無しになりきれ:2011/10/26(水) 21:43:26.60 0
死ね
死ね

18 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/26(水) 21:43:39.77 P
>>16
ちゅ、厨二だ!厨二病患者がいらっしゃる!
と思ったらなんだ林檎先輩か
林檎先輩だったらいつものことか
【第一声から失礼極まりない】

なんですか先輩
今日はチアガールプレイしたんですか
随分といろんなプレイに手を出しますねぇ
【へっへっへ、となんか汚い笑い方をする】

19 :名無しになりきれ:2011/10/26(水) 21:44:37.63 0
自演乙

20 :名無しになりきれ:2011/10/26(水) 21:47:50.04 0
糞スレ

21 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/26(水) 21:49:38.58 0
>>18
林檎「…いや、クラス対抗模擬戦があってな。Aクラスの奴とやりあったんだが」
ベル「ズタボロに負けちゃってね、そりゃもう酷いやられようだったのよ」
【元々魔力素養自体は低く、銃火器と罠で補っている林檎にとっては】
【魔術のみで戦う、というのは向いていないのだ

22 :名無しになりきれ:2011/10/26(水) 21:50:29.06 0
死ねゴミ

23 :名無しになりきれ:2011/10/26(水) 21:50:57.45 0
炎と闇専攻(笑)

24 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/26(水) 21:59:41.75 P
>>21
模擬戦で負けた?そりゃまた珍しいですね
ああでもA組か。A組相手だったら流石に勝つのは難しいですか
【さも意外そうな顔をしたが、すぐに納得した様子】

まあ強いですしA組は
勉強できる。魔術できる。身体能力高い
もうね、どんだけスペック高いのと
【エリート揃いのA組】

実際俺もA組相手にして勝ったことはないですしね
判定勝ちみたいなのはありましたけど
相手が勝手に自爆してーみたいな
でもそんなのは勝ちとは言えませんし
【真っ向勝負を挑んだら確実にボッコボコにされる】
【A組生徒との実力差は天と地ほど開いている】

25 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/26(水) 22:08:45.34 0
>>24
林檎「罠使うな、銃火器使うな、ではな…どうにも調子が…」
ベル「単に魔術師として才能が無いってだけでしょうが」
林檎「…うーん…」
【頭を抱えて悩み始めた】

林檎「A組は罠有りで森の中でなら10人来ても無力化出来るんだが…」
ベル「それは色々と駄目だからやめなさい」


26 :名無しになりきれ:2011/10/26(水) 22:10:29.90 0
クラス分けは
>Aに近いほどなんか成績いい
ってwikiはなってるけど

27 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/26(水) 22:18:21.12 P
>>25
あれ?武器使用はおkとかじゃなかったんですか
真田みたいに剣がないと魔術の大半を行使できないような人もいるでしょうし
銃火器はその対象外だったんでしょうかね
【顎に手を当てて考える】

それ完全に先輩に有利なフィールドじゃないですか
トラップだらけの森の中とか

しかしその状況でも打破してくる人はいるんじゃないですか
仮にもA組の生徒なんですし。任務で罠のひとつやふたつ経験してるでしょう
1対1だったらそれなりに勝ち目はあるでしょうけど
複数人相手にするとなると難しいんじゃないですか?
【思ったことを指摘してみる】

28 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/26(水) 22:25:53.34 0
>>27
林檎「触媒にならん限り無理らしい、厳しいな…」
ベル「だったら新しい魔術でも考えなさい」
【そう言うと林檎の後ろに回り、後ろから抱き締めた】
ベル「それが出来るから、林檎は今まで生き残ってきたんでしょう?」
林檎「……そうだな、忘れてたよ。すまんな、ベル」
【多少苦笑いしながらそう答えた】

林檎「さすがに紛争地帯仕込みの罠を避け切れる奴がいるとは考えられんが…」
   「仮にも学校だ、いくら依頼でも紛争地帯に送り込まれる事はあるまいよ」
ベル「複数相手にすれば、というのは私も同意ね」

29 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/26(水) 22:31:32.13 P
>>26
(魔術学園なんだから成績云々は魔術の実力も含まれるだろう。
 全員が全員戦闘の魔術をやってるってわけではないだろうけど。
 だとしてもA組=つおい、っていうのは大体あってるはず)

>>28
あーなるほど。それなら納得
【ぽん、と手を叩く】

……なんかこんな時間帯から甘ったるいもん見せ付けられちゃったなぁ
あーあー甘い甘い、バニラクリームフラペチーノより甘い
これじゃあ胸焼けしちゃいますよー
【妙にニヤニヤしながら言う】

いるでしょう。きっと。あくまで予想ですが
ただでさえ生徒数わんさかいるんですから
先輩みたいに戦場を渡り歩いてきたような生徒もいるんじゃないですかね
軍隊仕込みの魔術を行使するような人とか
罠魔術を使うような人とか
【どんな魔術師だ】

30 :名無しになりきれ:2011/10/26(水) 22:32:08.31 0
A組の生徒は亡国のお姫様救出したりするんだぜ?真田とか

31 :名無しになりきれ:2011/10/26(水) 22:38:11.65 0
炎と闇専攻(笑)
炎と闇専攻(笑)
炎と闇専攻(笑)

32 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/26(水) 22:42:38.24 0
>>29
林檎「…だとすれば、俺はまだ精進が足りんな」
   「もう少し修練が必要か…」
ベル「五回ぐらい叩き伏せられてたものねぇ、あれはさすがにやり過ぎだと思ったけど」
林檎「勝負に容赦は無用だ、大体あれは俺が降参と言わなかったからだ」
【苦い顔をしながら、噛み締めるように言った】

33 :名無しになりきれ:2011/10/26(水) 22:44:44.80 0
死ねゴミ

34 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/26(水) 22:54:42.06 P
>>32
あー……そりゃもう散々だったようで

相手にもプライドとかそういうのはあるだろうし
手加減するわけにもいかなかったんだろうさ
先輩の言うとおり、勝負に容赦も情けも、そんなものは無用だろ
勝ったなら勝った。負けたなら負けた。そんだけだ
【ベルを諭すように言う】

ま、負けたのならそれ以上に強くなればいいんです
勿論簡単なことではないですけれどね
先輩にはいいパートナーがいるんですし
是非頑張ってくださいよ

んじゃ、俺はここらで失礼しますんで
おやすみなさい林檎先輩、ベルもな
【それだけ言ってしまうと寮へと向かって歩いていった】


(今日はここらで落ち。おやすみなさいませー)

35 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/26(水) 22:57:47.32 0
>>34
林檎「…出来る限りは頑張ってみよう、それしか無いのだからな…」
ベル「おやすみなさい、杉崎」

(お疲れさんでした、おやすみなさい)

36 :名無しになりきれ:2011/10/26(水) 23:08:58.20 0
糞スレ

37 :名無しになりきれ:2011/10/26(水) 23:09:37.60 0
糞スレ消えろ

38 :名無しになりきれ:2011/10/27(木) 23:34:01.80 0
糞スレ埋め

39 :高等部一年B組 氷専攻 氷山 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/28(金) 21:07:44.04 0
>>26
その通りだね、だからA組でも必ずしも強いっていうわけじゃないんだ
戦うことだけが魔法の価値じゃないからね

>>30
随分前の話だね…君はそのころから見ててくれてるのかな?
一応言っておくとお姫様じゃなくてお嬢様だよ
これからもよろしくね


【中庭】
真田「ふわぁ…暇だねぇ…」
氷山「そーだねぇ、特にやることもないし」
【ベンチに並んで座り、まったりとしている氷山と真田】
【眠そうにあくびをしながら】

氷山「そういえばさ、この前魔法の改良してるって言ってけどそれってどうなったの?
真田「ん…?」
氷山「なにそのやる気なさそうな返事」
真田「いやぁ、なんか眠くなっちゃって…」
氷山「なにそれ、折角久しぶりにゆっくり話ができると思っ…」
【と、言いかけたところで氷山の肩に何かがのしかかった】

真田「Zzz…」
氷山(ほ、本当に寝た!?なにこの状況!?)
【端から見ればアツアツに見えるであろうこの状況】

氷山(と、とりあえずどうすれば…)

40 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/28(金) 21:11:59.42 P
>>39
杉崎「ニヤニヤ」
蘇芳「ニヤニヤ」
【物陰からそれを二人で堂々と覗いている】
【あえてすぐバレるような場所に陣取っているため】
【ちょっと視線を動かせば簡単に視界に入るだろう】

41 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:13:16.14 0
炎と闇専攻(笑)
炎と闇専攻(笑)
炎と闇専攻(笑)

42 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/28(金) 21:17:15.80 0
>>39
珀巻「ニヨニヨ」
【なまあたたかい目】
パム「によによ!」
【純粋な目】
蛇角「あ、先輩こんにちは、この前はど・・・う・・・も」
【目の前の光景に蛇角の白い顔が赤くなる】
珀巻「邪魔してやるなよーITYAITYAtimeなんだからよー」
蛇角「すっすすすいませんごゆっくりどうぞ!」
珀巻「おーっとこうゆう時こそ逃げてはいけないのだよモキュレフ」
【角を思いっきり引っ張る】
蛇角「んぎゃっ!?」
【実は角は弱点である】

43 :中等部一年B組 無専攻 御巫 ◆mGpWVuEpyU :2011/10/28(金) 21:17:20.21 0
>>39-40
【巡回中のふーきーんがてこてこやってきた】
【中庭で仲良さげに寄り添う二人を物陰からあらさきまに覗いてるの発見】

………異常なし
【暴徒化したしっと団が襲い掛かるのが「いつものこと」なのでそう判断した】

44 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/28(金) 21:25:27.24 0
>>39
勲紀「幸せそうな顔してんなー」
稲月「あぁ」

コンビニで買ってきた、雪見大福イチゴ味を頬張りながら微笑ましく眺める二人

45 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:29:06.47 0
死ねゴミ

46 :高等部一年B組 氷専攻 氷山 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/28(金) 21:30:17.27 0
>>40
氷山(これってやっぱり他人に見られたりしたらマズイよね?
   でも……ん?)
【丁度二人と視線が合う】

氷山「!!」
【見られていたことに気づきガタッと立ち上がる】

>>42
氷山「あ!ちょっとそういんじゃないの!
   これはね?えーっと…その…」
【氷山が慌ててる珍しい光景】

>>43
氷山「いやあるよ!異常ありまくりだよ!
   不純異性交友の現場じゃない!」
【自分で言うか】

47 :高等部一年A組 氷専攻 氷山 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/28(金) 21:34:29.75 0
>>44
氷山「こらー!そこー!生暖かい目こっちを見ない!」
【確かに幸せそうな顔をしている、眠っている真田はだが】
【氷山のほうは慌ててそれどころではない様】

48 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/28(金) 21:36:20.45 P
>>42
杉崎「そうだそうだ。こういうのは生暖かい目で見守ってやるのが礼儀だ」
蘇芳「にしても、こういうのって普通は逆じゃない?
   女の子がうとうとして、男の子の肩で寝ちゃう、みたいな」
杉崎「真田だから」
蘇芳「あー」
【なぜか納得】

杉崎「まあそういうわけでたっつー。逃げることは許されないぞ」
【蛇角のほうをみた杉崎の目が怪しく光った。ような気がした】

>>43
杉崎「おう、御巫――む、今日は風紀委員ver.か」
【なんだか残念そうな顔をする】
【決して悪いこと企んでたわけではないよ!】

杉崎「異常はないな。全然」
蘇芳「まったくまったく」
【そういうわけで覗き見(になってないけど)を続ける】

>>44
杉崎「よう勲紀、稲月。お前等もあれか。ニヤニヤしながら見守りに来たのか」
蘇芳「さあ一緒にニヤニヤしよ」
【ダメ先輩2名】

蘇芳「あ、それおいしそう。私も食べたいなぁ……」チラッチラッ
杉崎「はいはい。今度買っておいてやるよ」
蘇芳「やったっ♪」
【こっちもこっちである】

49 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/28(金) 21:40:30.96 P
>>46
杉崎「うわーしまったーばれたー」
蘇芳「ばれてはしかたがないー」
【棒読み台詞を吐きながら物陰から出てくる】
【そもそもほとんど隠れてすらいなかったが】

蘇芳「いやーあれだねー甘酸っぱいねー」
杉崎「まったくだ。採れたての苺より甘酸っぱいぜ」

50 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:41:02.77 0
糞スレ
糞スレ
糞スレ
糞スレ
糞スレ

51 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:41:32.92 0
クズ杉崎

52 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/28(金) 21:42:11.67 0
>>47
勲紀「まぁまぁ、いいじゃないスか。減るもんでもなし」

>>48
勲紀「センパイ達みてーにオープンになっちまえばいいと思いますよ」

勲紀「いちごの香りが効いててうまいスよ」
【と、未だ半そでのセーラー服を着ながらもむもむと喰らう勲紀】
稲月「……(羨ましいな。俺も勲紀に……)」
勲紀「稲月?どした?……ひょいぱく」
【ぼーっとしてる稲月の、たべかけの雪見大福をもむる】

53 :中等部一年B組 無専攻 御巫 ◆mGpWVuEpyU :2011/10/28(金) 21:42:35.18 0
>>46
……校則で男女間の恋愛は禁止されてはいない
寝ている真田の唇を奪おうが押し倒そうが、校則違反ではない
【校則に則るふーきーんなので社会常識から逸脱地しても気にしない】

現にふーきーん長も先輩ふーきーんとモゴモガ
【同僚ふーきーんの使い魔っぽい鳥がなゆたの口に突っ込んだ】
【暗黙の了解とはいえ吹聴するな、ということらしい】

>>48
……運が良かったな
座っている氷山のスカートの中を盗撮していたら現行犯だった
【だがいつまでも逃げられると思うなよ!的な表情】

………あまり良い趣味とは言えない
それに隠れる気、ないのもどうなんだ
【何が楽しいのか解らず困惑気味】

54 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:43:02.91 0
最悪杉崎
死ね杉崎

55 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:43:30.49 0
ゴミゴミスレ

56 :中等部一年B組 無専攻 御巫 ◆mGpWVuEpyU :2011/10/28(金) 21:45:59.22 0
>>44>>52
…………おぉ
【喧嘩帰りでない黒欧院に初遭遇でやや驚いた】

57 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:48:02.52 0
はあ???

58 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/28(金) 21:49:31.60 0
>>48
珀巻「あれ?さなだって・・・・どっちだっけ」
【性別不明枠がふえるよやったねまきちゃん】
蛇角「あぐ・・・角はらめ・・・・」
【なんか顔が赤くなってきている】
珀巻「しかと目に焼き付けるがいい!さあ!」
【だがそんなことはお構いなしである】
【というか角の扱いがやたらテクニシャンである】

>>46
珀巻「さなだもいいものをもっとるのぉぐへへ」
パム「ぐへへ」
【真似したがる年頃】

59 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:49:53.80 0
つまんねえよ糞

60 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:50:50.18 0
杉崎しーね
しーね杉崎

61 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/28(金) 21:53:13.36 0
>>53
珀巻「大丈夫かふーきーん!鳥の調理はまかせろ!」
パム「やめて!」
【バリバリされる5秒前】

62 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:53:54.12 0
きめええええ

63 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/28(金) 21:54:19.84 P
>>52
蘇芳「苺いいよねぇ。苺大福とか美味しいよねぇ」
杉崎「いいよな。モチモチの食感とあまーい餡子、そして甘酸っぱい苺のコラボ」
【中の苺の酸味が強いほど好き】

>>53
杉崎「わざわざ氷山さんのを盗撮するんだったら銀のを撮るさ!」
蘇芳「堂々と言わないの恥ずかしい」
杉崎「あべし」
【いい顔でふざけたことを抜かした杉崎の頭にチョップが炸裂する】

杉崎「いや、どうせなら見られてるってことを分かりやすくしたほうがいいかなって」
【特に深い理由はない】

>>58
杉崎「なに言ってるんだよ。真田はおと……あれ?おんn……どっちだっけ」
【言い方がわざとらしい】

杉崎「たっつーの角は性感帯……っと」
蘇芳「そんなのメモってどうするの」
杉崎「いや、いつか役に立つときが来るかなと」
【多分永久に来ない】

64 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:55:06.21 0
>>63
死ね

65 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:55:21.77 0
>>56
勲紀「ん?センパイ、どうかしましたか?
   ……つーか稲月よ、いつまでボッとしてんだ」
【稲月の頭をチョップする】
稲月「っ痛ェな!何しやが……あ!俺の大福がねぇ!」
勲紀「わりぃな。オメーがボッとしてっから横からもらった。ほい、60円な」
稲月「てめぇ……こんどショートケーキのいちご横から食ってやる」
【間接キスしてるという事実には二人とも気付いていない】

66 :高等部一年B組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/28(金) 21:55:59.09 0
>>48-49
天の声(だって真田が慌てる場面なんてありきたりでつまらないじゃないですか)

氷山「むむむむ…杉崎君達だって最初はお互い興味なかったくせに
   いっつの間にかくっついちゃってさ!」

>>52
氷山「そういう問題じゃないよ!
   こんなの恥ずかしいでしょ!?」
【顔を真っ赤にして叫ぶ】

真田「ん…うーん…」
氷山「……」
【何も知らずに寝ている真田を睨む】

>>53
氷山「な、なな…そんなことするわけないでしょ!
   そりゃあ多少私のほうから強引にいかないと絶対に進展しそうにないと思っても
   そんな卑怯なことはしないよ!」

氷山「……そうなんだ」
【今の言葉で勘付いたようだ】

67 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:56:03.79 0
つまんねええええええ

68 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 21:57:39.40 0
ゴミゴミゴミゴミゴミ

69 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/28(金) 22:02:15.38 P
>>66
杉崎「まあ仕方が無い。幼馴染の宿命的なもんだ」
蘇芳「だよねー」
【そういうものだろうか】

杉崎「というか興味なかったわけじゃないぞ。
   なかったら中等部あたりで仲良くしてるのやめてるさ」
蘇芳「恋人同士とかそこまでは意識してなかったけどねー。だって恥ずかしいじゃん」
【少し照れ気味に

70 :中等部一年B組 無専攻 御巫 ◆mGpWVuEpyU :2011/10/28(金) 22:03:52.84 0
>>61
そうなのか?
では任せる
【ぺいっと使い魔を珀巻に渡す】
【粘土を媒介にした簡易使い魔は役割を終えると機密保持の為に自動的に自爆するんだ☆】

>>63
……ならば何故蘇芳だけを撮り続けない?
彼女ならどうしようと校則違反ではないのに
【彼女だけじゃ欲求不満だから盗撮してんだろぁあん?という表情】

ふむ……変態の思考は理解しかねるな
【さり気なく一緒にニヤニヤしてた蘇芳も杉崎と同じカテゴリー入り】

>>66
卑怯になるのか?
……魔術学園なら微笑ましい光景
【襲い襲われ的な意味で】

悪いな、聞かなかったことにしてくれると助かる
機密保持のためとはいえ口封じは気が進まない……
【ガシャコン、とスパスに弾を込める。深い意味はない】

71 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:04:45.19 0
>>69
とっとと消えろ

72 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:06:25.58 0
消えろ消えろ糞スレ

73 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/28(金) 22:09:50.41 0
>>63
蛇角「やめろバカモノ!」
【たつのの れいとうパンチ!】
パム「ばかもの!」
【パムの ドリルくちばし!】
珀巻「ひでぶ!」
【盛大に吹っ飛ばされる珀巻】
【体が頑丈であるからこその仕打ちである】
蛇角「まったく・・・調子に乗るとすぐこれだ・・・」
珀巻「パムは関係ないやろ!」
パム「ごしゅじんいじめちゃだめ!」
【飼い主には一途なようだ】

>>70
珀巻「アッー!」
【顔面でよだれと共に炸裂する粘土鳥】
珀巻「な・・・なんだこれカルピス?」
【白い泥をぶっかけられたいいえケフィアです状態】
パム「つっ・・・つかいまー!むちゃしやがって・・・」
【本物だと思っていたようだ】

74 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:10:20.19 0
糞コテのたまり場

75 :中等部一年B組 無専攻 御巫 ◆mGpWVuEpyU :2011/10/28(金) 22:18:31.71 0
>>73
……知らなかったのか?
こういう簡易使い魔は爆発するのが美学だそうだ
てっきり爆発物を食べる習慣がチノフ族にはあるのかと

76 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/28(金) 22:19:45.60 P
>>70
杉崎「だってほら、毎日カレー食べてても飽き……なんて嘘をついてみる」
蘇芳「……。」
【へらへらしながらなんか言おうとしたが横から視線を感じたのでやめる】
【杉崎の額からは汗がナイアガラ状態】

杉崎「くく、お前にもいずれ分かるときが来るさ。なあ銀」
蘇芳「(あれっなんか同じカテゴリー扱いされてる)」
【蘇芳はちゃんと隠れない理由がよく分かっていなかったらしい】

>>73
杉崎「まきまきくんふっとばされた!」
蘇芳「大丈夫なのあれ」
【元気そうなので大丈夫】

杉崎「しかしまきまき組にツッコミ役が配置されたことでいい感じになったな」
【杉崎の中では蛇角=ツッコミ役らしい】

77 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:23:24.61 0
>>76
きも
喋んな

78 :高等部一年B組 氷専攻 氷山 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/28(金) 22:24:57.94 0
>>58
真田「う…んぅ…」
【可愛らしい呻き声を漏らす真田】

氷山「なんか見ててイライラしてきたなにこの気持ち」

>>69
氷山「そうなんだ…私達も小学生からずっと一緒だったから…
   いや違うか、中学は別のところに通ってたんだっけ
   まぁ結局こっちにきちゃったけどね」
【初登場からいきなり抱きついて押し倒すインパクト】

>>70
氷山「そうなの?それじゃあ…」
【ベンチの真田をチラっとだけ見る】

氷山「いや、やっぱダメだよ!
   そういうコソコソしたのは私の流儀に反する!」
【なんの流儀だ】

氷山「ちょ、ちょっと待ってよ!大丈夫!誰にも言わないから!ね?」

79 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:26:26.88 0
死ね
死ね
死ね

つまんねええええええええ

80 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/28(金) 22:30:52.75 P
>>78
杉崎「俺らはいつ頃からだっけ」
蘇芳「さあ?気づいたときにはもう遊んでたしねー」
【親の話だと赤ん坊の頃から一緒だったとか】

杉崎「にしても、氷山さん最初の頃はもっと積極的でアグレッシブじゃなかったっけ?」
蘇芳「そういえば。ジャンピング抱きつきとかしてたよね」
杉崎「んで問答無用で真田を押し倒して」
蘇芳「……何で告白しなかったー!」
【無茶を言うな】

81 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:31:28.85 0
杉崎きんめえええええええええええ

82 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:31:42.21 0
杉崎死ね

83 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:32:09.84 0
>>70
>>73
勲紀「御巫、オメーはいつも相変わらずだなぁ」

>>76
勲紀(相変わらず、いい夫婦漫才だよなぁ)
稲月(だな)

>>78
勲紀「もういっそ、強めの一発ぶちかまして、目覚めのキスにでもしちまえばいいじゃないスか
   それならコソコソしてることになりませんって」
【他人事だと思ってニヤニヤしまくり】

84 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:32:54.63 0
きんも

85 :中等部一年B組 無専攻 御巫 ◆mGpWVuEpyU :2011/10/28(金) 22:34:38.10 0
>>76
……む、どうした杉崎
まるで黒轟竜に睨まれた蛙のようにガマ油を垂らして
【巧み()な話術で言質をとろうとしたので不審に思った】

……あまり解りたくはないな
【ふーきーんとしてもそちら側に立ちたくないと態度に出ている】

>>78
正面から堂々と向かっても玉砕粉砕大喝采、とは言わないが
はぐらかされて時間切れ乙……とルーは言っていた
【真田のヘタレっぷりと氷山の報われなさっぷりは中等部で吹聴されまくっていた】

そうか、ありがとう……
私も無益な行為は望まない。これでお互いに幸せだ

>>83
どこでそう判断されたのか解らないが…
私は私。学園の風紀を守るふーきーんだ!
【ふーきーんであることに自負を持って応える】

86 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:36:18.61 0
死ね
死ね
死ね
死ね
死ね

87 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:36:45.39 0
杉崎が死にますように

88 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/28(金) 22:39:13.45 P
>>83
杉崎「ん?どうしたよ二人とも。顔になんか付いてるか?」
【二人からの視線に気づいた杉崎がきょとんとする】

>>85
杉崎「た、垂らしてねーし。俺から油垂らさせたらたいしたもんっすにょ」
【噛んだ。明らかに動揺している】

89 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:40:40.31 0
杉崎きんも

90 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/28(金) 22:41:25.79 0
>>75
蛇角「芸術は爆発がどうたらこうたらって奴ですか」
珀巻「残念ながら爆発してしもうては食えぬからな・・・鳥類はよく食べるんだけどなーチラッチラ」
【仲間内ですら食物連鎖である】
パム「ガクガクガクブルブル」
蛇角「・・・やらんぞ?」

>>76
珀巻「さすがサッキーぶれぬな。わっちも毎日獣肉では飽きるからなぁチラッチラ」
【狙われる杉崎】
蛇角「(この調子だとまた県外に脱走しそうだな)」
パム「ダメゼッタイ!」

珀巻「確かにツッコミ役だねバランスよくなったね」
蛇角「不本意だけどね・・・」

91 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:41:57.29 0
杉崎死ね

92 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/28(金) 22:48:50.92 0
>>78
珀巻「青春だねぇいいねぇぐへへ」サワサワ
【再び角に伸びる魔の手】
蛇角「ひあっ!?や、やめんかああ!」
珀巻「せめてモキュレフも人間だったら頬肉からがぶりと・・・ジュルリ」
【なんか歪んでる愛の形】

93 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/28(金) 22:49:35.66 P
>>90
杉崎「やめろこっちみんな」
【杉崎たべてもおいしくないよ】

杉崎「やっぱりツッコミ役はいないとな。
   俺じゃあまきまきへのツッコミが間に合わなくて」
【杉崎のツッコミでは力不足】

94 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/28(金) 22:50:26.54 0
>>85
勲紀「爆発するもんけしかけたり、スパス構えて脅したり……
   ある意味不良より怖ぇよ、オメーは」

>>88
勲紀「いえ、なんでもないっス。な、稲月」
稲月「あぁ」
【目の前にイチャラブカップルが2組も居て落ち着かない稲月と、それに全く気付かない勲紀】

95 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/28(金) 22:50:37.71 0
>>80
氷山「あれは!…その…久しぶりに会えるって思ったら…なんていうか…」
【身体が勝手に動いたと言うべきか】

氷山「でもあんなことまでしたのに誠って知らんぷりなんだよね…
   やっぱり友達くらいにしか思われてないのかな?」

>>83
氷山「もう!なんにしてもみんなの前ではやらないよ!
   もっと二人きりの時とかにするって!」
【果たしてそんなチャンスはあるのか、必ずどこかで覗かれてる恐怖】

>>85
氷山「そうならないって断言できないところが怖いね…
   誠ってヘタレだし、鈍感だし、優柔不断だし!」
真田(酷い言われようだ…)
【寝たフリをしてるものの、いつの間にか目覚めてた真田】

96 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:52:22.28 0
杉崎は吐き気がするキモさ

97 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:54:07.19 0
杉崎死ね

98 :中等部一年B組 無専攻 御巫 ◆mGpWVuEpyU :2011/10/28(金) 22:56:13.67 0
>>88
……挙動不審にも程がある
キサマ、一体何をたくらんでいる
【悪巧みしていると思ったようでスパスが銃口が杉崎を狙いつつとある】
【これ以上キョドってればとりあえずブチ込んで確保、となるだろう】

>>90
……そういうことか
【力関係をなんとなく理解した】

まあ、待つ
世の中には養鶏という畜産の形態がある……
【今食べれば一度で終わり。だが卵農家は……あとは解るな?的な表情】

>>94
それは仕方ない
ふーきーんとは極論、学園の最終暴力装置
時には恐怖を与えることもあるだろう……
しかし不良にない物がわたしたちにはある
それがふーきーん魂だ!

>>95
実は解っていて鈍感のフリをしているのでは?
というのが最近主流になりつつある
常識的に考えて鈍いというレベルではない、と
何故鈍いフリをしているのかは解らないが……

99 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 22:57:25.78 0
杉崎死ね

100 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/28(金) 22:59:35.20 P
>>94
杉崎「そうか。まあそれならいいんだけど」
【因みに杉崎は稲月の勲紀に対する気持ちには微妙にだが感づいていたりする】
【ええいお前等もさっさとくっついてしまえばいいよ。みたいなことを考えている】

>>95
杉崎「ほうほうなるほど反射的に、ねぇ」
蘇芳「久しぶりに会えて嬉しいとはいえ、抱きついちゃうんだー」
【また二人でニヤニヤし始めた】

杉崎「どうだろうな。あいつがそこまで鈍感とは思えないけどな」
蘇芳「案外、恥ずかしいから知らないふりしてるとか?」
杉崎「あるかもな。あいつそういうキャラだし」
蘇芳「ヘタレだねぇ誠くん」
【未だ本人は寝ていると思い込んでいるので言いたい放題】

>>98
杉崎「ええいやめろやめろ!いちいちそんな物騒なもん向けるな!
   おちおち話もできやしねえ!」
【キョドらなくはなったが今度はビビり始めた】
【面倒なやつである】

101 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/28(金) 23:05:03.16 0
>>95
稲月(なんかスッゲェ共感できるな……)
稲月「ま、なんにしろ行動すんなら一気に行った方がいいと思うぜ?」

>>98
勲紀「お、言うじゃねーか」
稲月「こっちにだって譲れねぇモンはあるんだぜ」
勲紀「あぁ、自分の決めた道を、どこへもどかずに歩くっつう意地がな」

102 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/28(金) 23:06:12.72 0
>>93
珀巻「いやいやー年頃の若い男ってのが一番脂がのってて血気も盛んで最高なんだぜ!ヒャァがまんできねぇ踊り食いだ!」
【微かに現れる第二形態】
蛇角「自分のセリフで暴走すんなおまえは!」
珀巻「おっといけねぇいけねぇサッキーはさすがにまずいよなぐへへ」
【自制が利かないのも困りものである】
パム「しゃれにならないお・・・・こわいお・・・」

珀巻「あきらめんなよ!突っ込み世界王者目指してみろよ!」
蛇角「M-1でも出るのか」
珀巻「ぎんとの夫婦漫才ならなんだか逝ける気がスルーよ」
蛇角「魔術を駆使したどつき漫才しか思い浮かばないよ・・・」

103 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 23:06:38.97 0
杉崎きんもおおお

104 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 23:07:13.09 0
杉崎地獄に落ちろ

105 :中等部一年B組 無専攻 御巫 ◆mGpWVuEpyU :2011/10/28(金) 23:11:15.76 0
>>100
大丈夫ゴム弾だ
当たっても死ぬことはない、死ぬほど痛いだけだ
【やんちゃな学園の不良も一撃で呻らせる】

では、聞こう
さっきは何を言いかけた
【早く吐いて楽になれ、ん?的な表情】
【あくまでふーきーんとしてであって蘇芳の死線には気づいてない】

>>101
だが多くの不良はせつなのかいらくに身を任せているに過ぎない
というか漫画チックなチンピラが最近増え過ぎだ
まあ変態チックなのよりはマシかもしれないが……

106 :高等部一年B組 氷専攻 氷山 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/28(金) 23:15:28.07 0
>>98
氷山「えっ…まっさか…そんな女の子の心を弄ぶようなこと
   誠がするわけないと思うよ?うん…ありえない、もしそうだったら…」
真田(…ひっ)
氷山「?」
【氷山から放たれた殺気で真田が一瞬震える】

>>100
氷山「う…あぅ」
【顔を赤くしながら言葉に詰まる】

真田(失礼な、僕だって人並みはちゃんとそういうことだってわかるよ!)
氷山「でもこないだバレンタインの時もいまいち鈍かったしなー
   本当に気づいてないだけっていうのも…」
真田(バレンタイン?確かあれは…いやでも…まさかね)
【本当に気づいてんのか気づいてないのかわからない】

>>101
氷山「うん、本当にそういう手段が必要になったらね?
   そういえばそういう君は好きな子とかいないの?
   先輩として助けてあげてもいいよ?」
【稲月に対して面白半分に聞く】

107 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/28(金) 23:17:06.75 0
>>98
珀巻「まぁ・・・パムの卵なら定期的に手に入るし」
蛇角「毎週男子寮まで忍び込んできてネコババするんだけどね」
【珀巻は見た目で判断されて女子寮にぶちこまれた】
珀巻「産卵の手伝いをしているだけですから!」
【実にいかがわしい会話】
パム「まっきーはちゃんとてつだってくれるよ!」
蛇角「こら人前で言うもんじゃありません!」

108 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/28(金) 23:17:23.77 0
>>105
勲紀「刹那の快楽ねぇ……まるで私がブッ倒す前のオメーみてぇだな」
稲月「悪かったな……」
【勲紀に負ける前は好き放題やっていた稲月派である】
勲紀「ま、少なくとも私が頭張ってるうちはんなつまんねーことしてるバカ共は放っておかねぇから安心しな」

(お風呂空いたので落ちますー では)

109 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/28(金) 23:19:51.37 P
>>102
杉崎「バカヤロウ。肉付きだったら女の子のほうがいいだろう!」
【なんかノリノリで乗ってきた。危険なのは自分だというに】

蘇芳「衛がえっちなこと言ったところを、私がどつくと」
杉崎「下手したら骨が逝ってまう」
【骨だけで済めばいいのだが】

>>105
杉崎「余計に性質が悪い!」
【もはや拷問】

杉崎「え?えっと、いや、あの……どろん!」
蘇芳「うわっ逃げた!」
【突然杉崎の体を黒い影のようなものが包んだ】
【闇属性の空間転移だ】
【次の瞬間には杉崎の姿は消えていた】


(俺も落ちです。おやすみなさいませ)

110 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/28(金) 23:20:19.30 0
>>106
稲月「……………………………………………………うるせぇ」
【照れ隠しも含めてギロリと睨む】
勲紀「だから睨むなっつの」

ゴスッ

111 :高等部一年B組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/28(金) 23:23:12.14 0
>>108-109
(おやすみなさい)

112 :中等部一年B組 無専攻 御巫 ◆mGpWVuEpyU :2011/10/28(金) 23:23:15.45 0
>>106
弄ぶほどの甲斐性はないだろう
いや、無意識にそういう願望があるのか?
だとすれば相当な策士だな……
【真田が恋する乙女の敵に認定されつつあるようです】

>>107
羽化させて増やそうとは思わないのか?
まあその場合、番が必要になるだろうが
キメラ研にでも頼めば融通してくれるだろう
【ただし相手が純ハーピーとは限らない】

>>108
それなりに期待している
……とはいえ。何時までもこのままではふーきーんも動かなければならないが(ボソッ
【乙でしたー】

>>109
チッ、逃がしたか……

【乙でしたー。では自分もそろそろ】

113 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 23:24:36.54 0
杉崎地獄
杉崎地獄
杉崎地獄
杉崎地獄
杉崎地獄

114 :高等部一年B組 氷専攻 氷山 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/28(金) 23:25:36.48 0
>>112
氷山「誠がどう考えてるかなんて
本人にしかわからないしね…」

(おやすみー、では自分も落ちます)

115 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/28(金) 23:25:56.55 0
オツカレーライス

116 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 23:26:23.07 0
杉崎死ね

117 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 23:31:14.16 0
杉崎死ね

118 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 23:31:29.23 0
杉崎がしにますように

119 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 23:32:18.73 0
杉崎キモい

120 :名無しになりきれ:2011/10/28(金) 23:35:15.87 0
杉崎ゴミすぎ

121 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 00:32:29.38 0
杉崎キモい

122 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 00:35:30.84 0
杉崎死ね杉崎死ね

123 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 01:05:34.05 0
杉崎バカ

124 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/10/29(土) 14:56:28.70 0
秋だねぇ……
【竹箒片手に芋をかじるメイドが一人】

さて、続き続き〜♪
【おやつを食べ終えると再び落ち葉をかき集め始めた】

125 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 16:41:50.28 0
ばっかじゃねーの

126 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 21:22:18.54 0
【屋内訓練場】
虎岩<<早めに片付けろよー、今日はできるっていうからこんな危険な奴を引き出してきたんだからな>>
珀巻「・・・・・・」
【珀巻を真っ黒な煙状の幻獣が睨んでいる。】
【幻獣の発するすさまじい瘴気は、結界がなければ一秒足らずで建物を朽ち果てさせてしまうだろう】
【瘴気はたちまち結界の中を満たし、中の様子は見えなくなっていく】

虎岩<<おーい?大丈夫なのか? おー・・・ザザー>>
ドドドドドド・・・・
【結界が黒くなり始めた頃、急に爆発音と地鳴りが起きる】
【結界の中からは悲鳴が幾度と無く響いていた】

キュオオオオオオ・・・・
【断末魔のような鳴き声が響いたかと思うと、結界の中の瘴気は急速に薄れていった】
虎岩<<だ・・・大丈夫みたい・・だな? おーい、珀巻?モキュノフー>>

【瘴気が完全に薄れた後、そこには六本足の巨大な獣が黒い幻獣の本体と思しき肉片をくわえていた】
虎岩<<ああ・・・よかった。大丈夫だったか?>>
珀巻「・・・・ぬるい。」
【獣はいつの間にか人影に姿を変えていた。】

127 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/29(土) 21:27:50.68 0
>>126
【林檎がやってきた】
【長大な砲身を持つ折りたたみ式対物ライフルを背中に背負っている】
【どことなく気力が充実しているようだ、足取りがしっかりとしている】

おや、珀巻。…腕を上げたか。休んだら一戦やるか?

【対物ライフルを展開し、模擬戦用弾頭を込め始めた】

128 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/29(土) 21:29:31.25 0
ここかっ!
【訓練場の扉をバーンと開けて、勢いよく入ってくる】
【突然何かの気配を感じたため、急いでやってきたようだ】

あれっ…おかしいなぁ…?
【訓練場の中を見ても何も異常は感じられず首を傾げる】

129 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 21:29:36.21 0
杉崎死ね

130 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 21:29:49.95 0
糞杉崎が来ませんように。

131 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 21:36:00.56 0
ゴミスレ

132 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 21:39:00.61 0
>>127
珀巻「おーせんぱい、休みなんて必要ありゃしませんよ今日は薬ゼロですからねー」
蛇角「モキュノフ!ちょっとこれどうしたの!?」
【遅れて蛇角が駆けつけてくる。手には注射器飲み薬などいろいろ抱えている】
珀巻「いやいや今日くらいーじゃん、い、1日切らしたくらいじゃ変わりはしないさ」
蛇角「はぁ・・・まぁもう今日は手遅れか・・・本当に1日だけだからね?」
珀巻「へいへい、そんじゃ次はせんぱいお願いします・・・よ」
【珀巻の肌は珍しく血色が良い。だがどちらかと言うと興奮状態の色に見えなくも無い】
【いつでもOK、と言うような目だ】

133 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 21:40:27.39 0
きめええええええええ

134 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/29(土) 21:44:20.77 0
>>127
あ、林檎先輩こんばんわ
【重火器を持ってる林檎に対して、こちらは剣を鞘に収めてひっさげてる】
【ある意味対象的な二人だ】

先輩って銃を使うんですか?
なんだかイメージ通りですね

>>132
珀巻さんに蛇角さんもこんばんわ
【元からいた珀巻とやってきた蛇角に対して手を振る】

先輩と模擬戦するんだ?じゃあ僕は観戦しようっと…
【巻き込まれないように端の方に離れる】

135 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 21:44:35.94 0
>>128
珀巻「おーさなだ。悪いね今日は先客が着たみたいだ」
蛇角「あ、先輩どうも。・・・地下封鎖区域の幻獣が一匹持ち出されたって聞いたんで僕も駆けつけた次第です」
【今は見る影も無いようだが】
蛇角「ちょっと騒ぎになったみたいですね」
【闇属性に敏感な生徒がちらほら現れてきた】

136 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/29(土) 21:45:10.29 0
>>128
…なんだ、真田。いきなり入ってきて騒がしい…
飛び込むなら飛び込むで制圧するつもりで入れ。勢いよく入るだけではくたばるぞ。
【対物ライフルの整備を続けている】
【時折きちんと変形するかどうか確かめていた】

>>132
OK!
【突如身体強化魔術を自分にかけ、対物ライフルを腰だめに構えてぶっ放した】
【それなりの速さで模擬弾が珀巻へと飛んだ】

137 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 21:46:48.95 0
糞スレ
糞スレ
糞スレ

138 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 21:50:18.22 0
何ここ…
吐き気するんだけど

139 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/29(土) 21:50:49.61 P
呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!
【扉をぶっ壊しそうな勢いでノリノリで杉崎が訓練場に入ってきた】
【いつになくテンションが高いような気がしないでもない】
【でも案外いつも通りなのかもしれない】

なんかバトると聞いて観戦に来ましたよっと
んじゃあ早速見させてもらうとしますか
【魔方陣からおーいお茶と濡れ煎餅を取り出した】
【適当な場所に陣取るとそれらを食べつつ観戦を始めた】

140 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 21:51:48.54 0
>>139
本当こいつキモいわ
マジ死んでくれないかな

141 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 21:52:24.96 0
杉崎死ね

142 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 21:53:41.88 0
杉崎死ね
杉崎死ね
杉崎死ね

143 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 21:53:51.65 0
>>136
虎岩<<おいおい・・・まだやるのか>>
珀巻「ま、今日くらいはハメを外すってことで」
【模擬弾は避けることもなく、そのままわき腹にぶち当たる】
【が、次の瞬間当たった部位からは巨大な爪を持った腕が現れる。】
【生えた腕の爪を食い込ませ、模擬弾に劣らぬスピードで林檎に接近する】
珀巻「生憎、薬が切れると体も持たせられぬんでねぇ」
珀巻「暴砂竜(キラーモール)。」
【接近と共に魔方陣を展開、暴砂竜を至近距離で打ち出す】


144 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/29(土) 21:54:24.73 0
>>139
あー、杉崎だー
【いきなり現れた杉崎を見て、そちらを向く】

珀巻さんと林檎先輩が戦い初めて暇なんだ
というわけで構って
【杉崎の隣に座りながら話しかける】

145 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 21:56:05.44 0
>>139
「あー杉崎だー気持ちわりいーくっせー」

146 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 21:59:22.08 0
>>139
蛇角「杉崎先輩も来ましたか」
【蛇角も結界から離れて観戦する】
【周りにもだんだん観戦者が来たようで、少しだが盛り上がっている】
蛇角「(・・・ギャラリーが増えてきたなぁ)」
蛇角「(やっぱり地下の幻獣を出すもんじゃないよなぁ)」

147 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/29(土) 21:59:53.59 0
>>134
剣は習ってなくてな…銃火器とナイフ、それと槍に斧ぐらいか。
【どうにも歪んだ成長の仕方である】

>>139
杉崎、こいつを頼んだ。
【ポーチの中から小さい紙袋を取りだすと、杉崎へと放り投げた】
…中を見るな、壊すな。いいな…!
【ドスの効いた声でそう言うと、珀巻の方へと向き直る】

>>140
……模擬弾では無駄か。
【対物ライフルを投げ捨て、軍用の大型ナイフを取りだした】
【逆手に構え、巨大な爪をいなそうとする】


148 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 22:00:17.61 0
糞スレ

149 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 22:00:44.92 0
きめええええええええ
きめええええええええ
きめええええええええ
きめええええええええ
きめええええええええ

150 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/29(土) 22:04:11.63 P
>>144
よう真田
構うってことは俺らも模擬戦するってか?
それとも一緒に観戦しながら濡れ煎餅食うか?
美味いぞ、濡れ煎餅。しっとりさくっとしてて
【濡れ煎餅の入った袋を差し出す】

>>146
たっつーもいたか
当たり前っちゃあ当たり前なのかもしれないけど
【軽く手を挙げて挨拶を返す】

なんか今日のまきまきはノリノリだな
林檎先輩も負けず劣らずって感じだけど
今日は面白い戦いになりそうだ
【至極嬉しそうに、至極楽しそうに、笑う】

>>147
了解っす
【ぼうっと小さな炎の腕が現れるとその紙袋をキャッチした】
【炎といっても色々調整をしてあるので間違っても紙袋が燃えるということはない】
【触っても熱さは一切感じないし、火傷をするということもない】

そこまで言うんなら大事なものなんですね
はいはい。中身は見ないですし壊すこともしませんよ
【言われなくても分かってますよ、と笑って返す】

151 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 22:05:35.52 0
>>150
何言ってんの?意味わかんないんだけど…

152 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 22:05:55.58 0
>>150
くっせええええええ

153 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 22:07:15.10 0
>>147
珀巻「っはぁ・・・やっぱ薬全抜きはさすがに身にこたえる・・・」
【巨大な腕はナイフに掴みかかり、林檎ごとふり飛ばそうとする】
珀巻「・・・制御は効きそうに無いなぁ」
【横からも暴砂竜が林檎を飲み込まんとする勢いで喰らいついてくる】

154 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 22:08:03.79 0
杉崎にナイフ刺す

155 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 22:08:30.98 0
出血しアホみたいに叫びながら発狂して倒れる杉崎

156 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 22:12:12.37 0
杉崎のゲロ
くせええええええ

元が臭いし

157 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 22:13:37.25 0
>>150
蛇角「こんにちは、まあ監視役でもありますから。一応。」

蛇角「本当は魔力の流れを抑える薬を飲まないといけないんですけどね・・・せめてラミアの体液でも飲んでおけばよかったのに」
【ナチュラルな状態の珀巻はケダモノに近い】

158 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 22:14:25.87 0
杉崎しーね

159 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/29(土) 22:14:42.01 0
>>147
なんで剣 だけ 習ってないんですか…
別に僕には関係ないですけれど

珀巻さんも先輩も!頑張ってください!
【暇なので観戦をしながら声援を送ってみたりする】

>>150
ううん、話相手になってほしいだけ
あの二人はそれどころじゃないだろうし…あ、ありがと
【濡れ煎餅を一枚摘み、パリッとかじる】

あ、そういえば僕の改良魔法剣、やっと完成したんだよ
あとで見せてあげようか?

160 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 22:15:57.54 0
糞杉崎のせんべいを食べてしょくちゅうどくで死ぬ真田
杉崎は責任感じて自殺

161 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 22:17:41.45 0
杉崎きめええええ

162 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 22:19:18.58 0
>>159
【珀巻はギャラリーに目を向ける余裕が無いようだ】
蛇角「林檎先輩なら大丈夫だと思いますけど・・・まぁあの幻獣みたいなことにならない保証もないっていう・・・」
【薬が無いということはリミッターと共にハンドルも無いような物である】
蛇角「・・・魔法剣ってあのロッドですか?」

163 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/29(土) 22:20:27.17 P
>>157
なるほど
要するに半分くらい暴走状態みたいなことでいいのか?
それかかなり野生に戻っているというかなんというか
とりあえずいつものまきまきとは一味違うぜ!
ってことでおk?
【薬は用量用法を守ってうんたらかんたら】

>>159
そいつはよかった
話相手だったら対等にできるからな
模擬戦挑まれたら色々と覚悟を決めないといけないし
【本気で戦う覚悟とか、全治2,3日くらいの覚悟とか】
【まあ真田のことだから手加減してくれるよね】

ふっふっふ、いいのかそんなに簡単に見せちゃって
もしかしたら俺がそれを参考にして対抗魔術を編み出しちゃうかもしれないぜ
【天地がひっくり返ってもそれはない】

164 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/29(土) 22:22:56.22 0
>>150
…ならいい!プレゼントが壊されてはたまらんからな!
【雷化し、瞬時に姿が消え去った】

>>153
それならッ!
【雷の槍を右手に持ち、雷の斧を左手に持った】
【巨大な腕を斧で叩き斬るべく上空から加速した一撃を叩き込んだ】
【そのまま倒れこむような動きから槍を暴砂竜の顎へ向け突き上げるように鋭く突いた】

>>159
任せておけ!少なくとも飽きはさせんよ!
【再び雷化し、今度は投げ捨てた対物ライフルを素早く拾い、構えた】
【模擬弾が4,5発発射される】


165 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/29(土) 22:30:52.03 0
>>162
うーん…まぁもしもの時は僕が止めに入るけど…
【少し心配そうな顔になった】

ううん、あれは魔力の形を変化させるツールみたいなモノだよ
僕の魔法剣はあれとは違うやつだよ

>>163
そうだね、僕にとっても杉崎って貴重な同じ年の男友達だし
【話相手がいないわけじゃないが親しい仲間という意味では数少ない友達だ】

ふふ、できるかな?
僕だってありとあらゆる対策を想定して創ってるからね

166 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/29(土) 22:35:35.16 P
>>164
プレゼント……誰にですか?
なんて、聞かなくても大体あいつだろうってのは分かりますが
【中身が無性に気になったが、模擬弾が実弾に差し替えられたりして】
【さらに対物ライフルの銃口がこっちを向いたりするのはゴメンである】
【そういうわけで中身を見るのは諦めて、細心の注意をはらいつつ】

>>165
俺なんてクラスどころか同学年の男共から
死ねだとかゴミだとか馬鹿だとか言われまくってるんだぜ
結構ガチな意味でまともな男友達はお前くらいなもんだよ
【不憫な男である】

そういうのを相手にしたときほど燃え上がるってもんさ
どう対処するか、どう攻略するか、どう攻めるか
それを考えるのが戦いの醍醐味だと思うんだが
お前はどう思うよ?
【なんだかんだで戦うのは嫌いじゃない人】
【痛いのとかは大嫌いだけれど】

167 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 22:37:40.82 0
>>163
蛇角「なんというかモキュノフは魔改造の産物みたいなもんですから」
蛇角「あんまりひどいと憑いている魔獣との意識剥離ってのを起こしたりして大変なんで」
【そうなるとておくれ】
蛇角「・・・まぁ。モキュノフならさすがに無い・・・とは思ってますけど。」

>>164
珀巻「武器は消耗品とはよく言ったものだ・・・な!」
【巨腕は雷斧の一撃を受けあらぬ方向に大きく曲がる。】
【しかし腕はまるで激昂したように滅茶苦茶に振り回され、辺りの地面を深くえぐる】
珀巻「・・・げっ、やっぱまずいか・・・もう少し出してやるか・・・」
【もう片方の腹からも巨腕が生えた。珀巻の体が確実に魔獣に近づいてきている】

ギュガアアアアアアアアアア!
【暴砂竜は顎の一撃に驚き衝撃波ブレスを一発かまして距離を取った】

168 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/29(土) 22:42:53.03 P
>>167
なんつーかもう、色々無茶苦茶なんだな。あいつは
別に悪い意味で言うわけじゃないが厄介事は勘弁だぜ
俺は面倒が嫌いなんだ
【言い方はアレだが、勿論珀巻への心配の意味も含まれている】
【「精々そうならないよう気をつけろよ」みたいな】

しかし、なんだ
今日はガチで暴れたい放題だな
ここが屋内訓練場と分かっているんだろうか
【もしも建物に対魔術結界が施されていなかったら】
【今頃は施設もろともぺちゃんこだったかもしれない】

169 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/29(土) 22:44:40.69 0
>>166
…ま、最近あいつも忙しいらしいしな。たまにはこういうのもいいだろう…
【ちなみにこのプレゼントで貯金の3割が消えた】

>>167
……!
【衝撃波ブレスを雷化することによってかわし、珀巻へと方向転換】
【無茶苦茶に振り回される腕に怯む事無く、珀巻の懐へと飛び込み、ナイフを構えた】
【そのまま後ろへと滑るように回り込み、首筋へとナイフを突きつけた】
…まだやるか?



170 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 22:46:48.06 0
>>165
蛇角「一応僕も万が一のモノは持ってますけどね」
【まるで漫画に出てきそうなぶっといアンプルが握られていた】

蛇角「ロッドとは違うのか・・・」
蛇角「ま、必要な時は実験台になりますよ?」

171 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/29(土) 22:48:14.44 0
>>164
(うーん…速いな…あれに対抗するには…)
【頭の中ではありとあらゆるシミュレートが行われている】

それにしても雷か、なんだか懐かしいなぁ

>>166
あははは…でも杉崎に非はないのに結構酷いよねそれって
僕はそんな風には思ってないから、安心してよ
【真田は真田で女子を見るみたいな目で見られたりと割と苦労してる】

そうだね、僕も…やっぱりそういうことを考えるとワクワクするよ
勿論本当に命を取り合うような戦いは嫌いだけど
こういうスポーツ感覚でやる戦いなら…って何言ってるんだろうね僕は
【少々話が脱線した】

172 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/29(土) 22:53:14.41 0
>>171
…どうかしたかね?
【チラッと真田の方を眼だけ動かして見た】
【未だ戦闘中というせいもあるが、冷え切って感情の無い眼だ】

(そろそろ落ちます、おやすみなさい)

173 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 22:55:35.38 0
>>169
珀巻「さっすが先輩手馴れておるねぇ・・・」
珀巻「ん・・・っぐぅ!?」
虎岩<<まっまずい!中止中止!・・・って林檎!あぶない!>>
【急にうめき声が出たかと思うと、珀巻の背中から首から、大きな棘がいくつも突き出てきた。林檎ごと串刺しにしそうなほどに鋭い】
【今にも魔獣が身体を乗っ取る寸前だったようだ】

蛇角「・・・心配していたとおりってとこですか。あ、バルケリオス伏せ!」
グォォォォ
【咄嗟に暴砂竜も抑える】

174 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/29(土) 22:56:40.93 0
>>170
へー…それが君の道具?
【アンプルを指さして】

そうだね、あれは武器だから、魔法とは違うよ

>>172
(おやすみなさいー)

175 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/29(土) 22:59:06.69 P
>>169
格好いいじゃないですか先輩
以前はあんなに避けていたというのに
まるで別人ですよ
【正統派ツンデレ】

>>171
そういうもんだ。嫉妬ってのは
まったく男の嫉妬ほど見苦しいもんはないな
【勝ち誇ったような顔をする】

学園内でやったり、もしくは公式の場であったりなら
まだそういう考え方もできるんだろうな
でも林檎先輩もよく言っているけれど
戦場に出たら自分の命を守るためには誰かを、何かを犠牲にしなきゃいけない
そういう状況だってきっとある
俺はそう思うんだよな
【少し遠い目をしたが、すぐにいつもの顔に戻った】

>>172
(おやすみなさいませー)

176 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 23:04:01.18 0
いいかげんキモいんだよ糞杉崎が
杉崎きめえ
杉崎きめえ
杉崎きめえ
杉崎きめえ
杉崎きめえ

177 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 23:06:23.45 0
>>168
>>174

珀巻「うぐぅ・・・・ひー・・・ひー・・・・」
【やはり危なかった様子】
【なんとか巨腕や棘はひっこんだ】
蛇角「・・・あやうくもしもの事態ですよまったく」
珀巻「っちょ・・・痛っ」
【すぐ珀巻の首筋に太い注射が打たれ、いつもの血色の薄い肌になっていった】
蛇角「やっぱりまだ無理があるみたいだね?」
珀巻「・・・しばらくはクスリ漬けでいいや・・・」

178 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 23:08:39.81 0
杉崎死ね
杉崎死ね
杉崎死ね
杉崎死ね
杉崎死ね
杉崎死ね
杉崎死ね
杉崎死ね

179 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/29(土) 23:13:23.46 P
>>177
俺は面倒ごとは嫌いだって言ってるのに
やめてくれよまきまき?暴走したりとかはさ
模擬戦とかで戦うんだったら大歓迎だが
止めるために戦うとかは絶対に御免だからな
【額に手を当てながら言う】


(俺もそろそろ落ち。おやすみなさいませ)

180 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/29(土) 23:14:51.64 0
>>175
でも杉崎ももうちょっと謙虚になったほうがいいんじゃないかな…
【苦笑いしながら】

そう…だね、多分僕も少なからずそういう場面は経験するんだろうな…
そんな時僕は覚悟を決めれるんだろうか…
【物憂げな表情で】

なんか重い話になっちゃったね…

>>177
あ、終わったんだね?って大丈夫!?
【辛そうな珀巻を見て心配そうに】

薬とかに頼るのはほどほどにしたほうがいいよ
身体にも影響が強いし…

181 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 23:17:24.93 0
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎

182 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/29(土) 23:18:01.67 0
(では自分も落ちますおやすみなさい)

183 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/29(土) 23:18:25.73 0
オヤヌミー

184 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 23:38:30.57 0
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪
杉崎は害悪


185 :名無しになりきれ:2011/10/29(土) 23:52:41.56 0
杉崎死ねええええ
杉崎死ねええええ

杉崎きめええええ
杉崎きめええええ

杉崎きめええええ

186 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 12:27:53.22 0
杉崎死ね

187 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 15:35:22.40 0
杉崎はキモい
杉崎はキモい
杉崎はキモい
杉崎はキモい
杉崎はキモい
杉崎はキモい

188 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 18:13:16.08 0
杉崎

来ません
ように

お願いします

189 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 20:12:09.66 0
杉崎はアホ

杉崎はアホ

190 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 20:22:03.56 0
杉崎生ゴミ

杉崎生ゴミ

杉崎生ゴミ

杉崎生ゴミ

杉崎生ゴミ

191 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 20:33:54.16 0
なな板から出てけ!!!

192 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 20:34:25.01 0
杉崎死ね

193 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 20:37:52.71 0
杉崎きめええええ

194 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/30(日) 20:49:07.91 0
【屋内訓練場】
【剣を構えサンドバックのようなものの前に立っている】

……ふっ!はぁ!そこっ!
【かけ声と共に斬撃を放ち、サンドバックに攻撃を加える】
【無論、ただの斬撃ではなく一振りごとに炎や雷といった纏っている力が変わっていく】

これで終わりだっ!
【さらに魔力を込めた最後の〆の一撃受けたサンドバックは吹き飛び壁に激突した】


……よし!最後の仕上げもこれで終了!
【満足気に笑い、剣をしまう】

195 :死霊魔術科臨時講師 インディゴ ◆ozOtJW9BFA :2011/10/30(日) 20:58:51.57 P
>>194
【パチパチと部屋の端のほうから拍手の音が聞こえてくる】
【そちらに目を向けると相変わらずの仮面にシルクハット姿にステッキを持ったインディゴが立っていた】

イヤハヤ、見事なものデスネ
伊達に魔法剣士を名乗ってはイマセンネ
華麗で強靭な剣捌きデシタ
【ステッキをくるくる回しながら真田のほうへと歩いてくる】

196 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 20:59:09.58 0
杉崎をサンドバッグにしてボコボコにした

197 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 20:59:55.60 0
ステッキを杉崎の肛門にぶち込む

198 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/30(日) 21:06:21.07 0
ん…
【拍手の音の聞こえ、そちらに振り向く】

えっと確か…インディゴ先生…でしたよね
【特になにかされたわけでもないのだが死霊魔術士と聞いて警戒してしまう】
【思いっきり偏見なため、少々後ろめたさを感じながら】

どうかしたんですか?
こんなところにくるなんて…

199 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 21:08:39.67 0
杉崎が出てくまで荒らしまあす☆

200 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 21:09:09.42 0
やっぱり、このスレがなな板から出てぐで荒らしまあす☆

201 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 21:10:26.54 0
あ、今日は糞杉崎来ないのか〜

で他キャラでくるとwwwwwオナニーいいかげんにしてよ気持ち悪い!

202 :死霊魔術科臨時講師 インディゴ ◆ozOtJW9BFA :2011/10/30(日) 21:13:22.54 P
>>198
臨時とはいえ私もこの学園の教師デスカラ
所謂ちょっとした見回りデス
大した用事があるわけではアリマセンヨ
【回していたステッキでこつんと軽く床を叩いた】

ところで、何か訓練をしているようデスガ
何か私にお手伝いできるようなことはアリマスカ?
臨時講師としての責務を果たすべく、尽力シマショウ
【生徒相手だというにやたら丁寧】

203 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 21:14:30.54 0
出たな杉崎

はやく消えろ

204 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/30(日) 21:18:06.62 0
そうですか…

うーん…特にないんですけれど…いや
【急に何かを考えついたかのようなしぐさをする】
【しばらく考え込んだ後、覚悟を決めたように】

それなら…少し僕の相手をしてくれませんか
【再び剣を抜き放ち、構えながら】

205 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 21:21:43.09 0
杉崎を剣で刺す

杉崎「ぎゃああああああああ」

206 :死霊魔術科臨時講師 インディゴ ◆ozOtJW9BFA :2011/10/30(日) 21:22:45.28 P
>>204
エエ、お受けシマショウ
【ステッキを同じように剣のようにして構えながら】

私はラピスサンやノーカラーサンのように剣術には長けてはイマセンガ
微力を尽くし、お相手をさせていただきマス
ドウゾ、掛かってきてクダサイ
【にっこりと笑いながら言う】
【仮面で表情は分からないが】

207 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 21:25:49.19 0
杉崎の公開オナニー

いやああああ

208 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 21:29:43.89 0
避難所も見てるんだけど、人がお風呂入ってる所想像するとか、

あんたらマジキモいんですが。不愉快です。

本当傷つきました。最底辺なキモヲタさんたちですね。死ね

209 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 21:30:54.73 0

無専攻とか意味不明

210 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/30(日) 21:34:06.38 0
>>206
……いきます
【戦闘体勢を取り、強く視線を見据える】

…はっ!
【鋭い踏み込みながら、左から右へと剣を振るう】
【かなりのスピードで繰り出された斬撃が相手に襲いかかる】

はっ!いけぇ!
【そのままバックステップで距離を取りつつ、三日月状の斬撃をインディゴに向けて数発飛ばす】

211 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 21:35:55.19 0
真田マジえろすぎ…

やだやだやだやだやだやだやだやだ
やだやだやだやだやだやだやだやだ

エロいのはきもいいいいいいいいい

212 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 21:41:58.96 0
構ってほしい??

自意識過剰も甚だしいっつーの!
ばーか

213 :死霊魔術科臨時講師 インディゴ ◆ozOtJW9BFA :2011/10/30(日) 21:46:12.37 P
>>210
ヨッ、トッ、成る程。流石に一撃が重いデスネ
何より動きが疾いデス。これは対処が難シイ
【口調とは裏腹にステッキで斬撃を受ける】
【しかし直接受けてはステッキが剣に勝てる道理などない】
【斬撃を受け流すように、衝撃を上手く逃がす】

これは……受けきれマセンネ
ならば、こうシマショウ
【被っていたシルクハットを空いている手で取る】
【内側を飛んできた斬撃へと向けると、その中へと斬撃が吸い込まれてしまった】

ご安心ヲ。お返しするなどという真似はしませんカラ
では今度は此方から、攻めさせてイタダキマショウ
【ステッキに禍々しい魔力が宿る】
【地面を蹴り、真田へと鋭い突きを繰り出す】

214 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/30(日) 21:55:27.66 0
【林檎が扉を開けて入ってきた】
【いつもの野戦服姿で、珍しく両刃の大剣を腰に装備している】
…挨拶はしている暇はなさそうだな。観戦といこうか…
【隅に座り、いつものように武装の整備を始めた】

215 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/30(日) 22:00:07.96 0
>>213
【当然、初撃は受けられるのを承知で放ったものだ】
【いわば開戦の合図みたいなもの、だからこそすぐさま距離を取ったのだ】

(…っ、吸収されたのか!?)
【相手の技を見て、少々驚きながらも動揺はしない】

(くるっ…!)
【相手の武器に宿った魔力を見て、危険を感じ取る】
【素早く地を蹴り、インディゴの突きを短い動きで避ける】

まだまだ!光よ!
【インディゴとは対象的に神々しい魔力の光が剣を包む】

ええぃ!
【地面に切っ先がかするくらいの勢いで剣を相手に向けて振り上げる】
【それと同時にインディゴの足元から光の柱が迸り、剣技と魔法が同時に襲いかかる】

216 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 22:02:03.77 0
ばいばいさるさんうっぜえええええええええええええ


うるせえうるせえうるせええええ

217 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 22:03:36.57 0
私はね、かわいくすぎて周りから嫉妬されていじめられてるのおおお
でも強いよおおお

あんたらはキモいからいじめられてんでしょおおおお??
そしてひきこもってにちゃんねる三昧(笑)

218 :死霊魔術科臨時講師 インディゴ ◆ozOtJW9BFA :2011/10/30(日) 22:06:15.94 P
>>214
オヤ、貴方は確カ……
【戦闘中にも関わらず林檎のほうを向いた】
【不自然に首だけが動いたので妙に不気味だ】

宜しければ貴方もご一緒にお相手しても構いませんヨ?
お一人相手でもお二人相手でも然程差異はありませんカラ
【そんな弁当作るときみたいな】

>>215
コレハ――
【咄嗟に跳ぶが間に合わない】
【インディゴの半身が一瞬にして光に包まれた】
【光の束がインディゴの体を容赦なく蹂躙する】
【再度地面を蹴り、光の柱から逃れた】

ヤレヤレ、死なないからと油断をしてしまいマシタヨ
【防弾防刃加工の施された軍服がボロボロになっている】
【流石に素肌が見えたりとかはしていないが。誰得だ】

お見事デス
どうぞ賞賛をお受け取りクダサイ
【パチパチとまた拍手をする】

サテ、私としてはこのまま負けで構わないのデスガ……
いかがシマショウ?

219 :中等部一年A組 夢専攻 伏見 ◆L6SI9XbyME :2011/10/30(日) 22:06:38.29 0
ややっ、先客っすね…あれは真田のお兄さんじゃないっすか。
【扉を開けてひょこっと顔を出し、中の様子を見る】
【手には分厚い魔導書を抱えており、訓練等をしにきたように見える】

ま、いいでしょう。観戦させてもらうとするっすー
【音符を散らしながら、楽しそうに壁際を歩いていく】

>>214
あ、お兄さんも見学っすか?
【隅の林檎をみつけ、歩み寄って声をかける】

220 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 22:07:14.16 0
杉崎きんも

帰れ帰れ
杉崎帰れ

杉崎、あんったはお呼びじゃないの〜♪

221 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/30(日) 22:15:59.34 0
>>218
……冗談はやめてください。師匠とやりあうようなものです。
【二、三度首を振ってため息をついた】
【眼鏡で既に大体の実力を読んでいる】

>>219
…見ない顔だな。それに、属性が読めない…
【眼鏡を軽く叩き、魔力量と種類をチェックした】
【だが、それらは林檎の知っている物ではない】

222 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 22:18:53.15 0
リンゴミ
スギサキモ


223 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/30(日) 22:21:18.39 0
>>218
(やった…!?)
【迸る光は二秒くらいで消える】

(…効いてるんだか、効いてないんだかよくわからないな…)
【直撃したにも関わらず平然としてるインディゴを見て】
【不死身だから当然っちゃ当然だが】

あ、ありがとうございます
そうですね、あくまで僕もちょっとした腕試しのつもりでしたし
あのままヒートアップして怪我なんてしたくないですから

>>214
【戦闘終了後、林檎に気付く】

あれ?林檎先輩、いつからそこにいたんですか?
【額の汗を拭いながら話す】
【まるで一運動した程度のような余裕さだ】

>>219
伏見さんも、なんだか久しぶりだね
【明るく笑いかけながら話しかける】
【久しく会っても相変わらず女の子ような笑顔だ】

224 :中等部一年A組 夢専攻 伏見 ◆L6SI9XbyME :2011/10/30(日) 22:24:37.07 0
>>221
お兄さん高等部でしょ?私、中等部っすから
【常時眠たげな瞳を細めて笑う】

属性?…あぁ、専攻する人が少ないから知らなくても無理ないっすね。
【魔導書を抱き、軽く首を傾ける】

私の専攻は夢属性。夢を操る属性。
中等部一年A組、伏見灯。お兄さん、よろしくっす
【にこやかに自己紹介をする】

>>223
お疲れっすー、お兄さん。
どーです、ひとつ肩でも揉みますかー?腕にはけっこー自信あるっすよ
【真田の後ろに回り、とんとんと指で肩を叩く】

225 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 22:25:07.42 0
はーやーく、
おひっこし!

ぜったいはやく
おひっこし!

なな板からおひっこし!


出てけええ〜、

226 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 22:26:09.91 0
公開オナニーしといて


随分と図々しいですね糞スギサキモさん???

227 :死霊魔術科臨時講師 インディゴ ◆ozOtJW9BFA :2011/10/30(日) 22:27:43.15 P
>>219
貴女は確カ……
【顎に手を当てて記憶を探る】
【しばらくすると思い出したような素振りをした】

そうデスそうデス。伏見サンデシタ
申し訳ゴザイマセン。残念ながら模擬戦は終わってしまったのデスヨ
【シルクハットを取って申し訳なさそうに頭を下げる】

>>221
左様デスカ。それは残念
貴方のようなタイプの人間とはお手合わせをしてみたかったのデスガ
断られてしまったというのなら仕方アリマセンネ
【残念そうな顔をする。例によって仮面で表情は窺えないが】

>>223
服もボロボロになってしまいマシタ
直さないといけマセンネ
【ステッキで軽く2,3回胸元を叩いた】
【すると気づいたときには軍服は新品のように綺麗になっていた】
【傷どころか汚れひとつ見当たらない】

私としても同じ意見デス
どうにも私手加減は苦手デシテ
【シルクハットのつばを部分を指先で軽く叩く】

228 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 22:28:41.27 0
>>227
その喋り方、
キモいんですが。

スギサキモさん?

229 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/30(日) 22:33:32.97 0
>>223
…さっきだ。模擬戦を見させてもらったが…
消費を抑えた方がいい。闘いとは全力で大魔術をぶち込めば勝てるというものではない…
【そう言うと、大剣を鞘から抜き、床に置いた】
【大剣は鈍く緑色に輝いている】

>>224
…夢、か。記憶は見られるか?できれば十数年単位で見られればありがたいが。
【ずいっと身を乗り出し、至極真面目な表情で】

>>227
勝てる見込みの無い相手とは、やらないものでして。
罠でどうこう出来る訳ではないでしょう?
【肩を軽くすくめた】

230 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 22:34:38.03 0
それにしても影で悪口とかこいつら陰湿すぎですうううw

ほらほらリンゴミさん???

見えてますよねっ!?

231 :中等部一年A組 夢専攻 伏見 ◆L6SI9XbyME :2011/10/30(日) 22:43:44.09 0
>>227
いーえ、少し見させてもらいましたから。構わないです。
【頭を下げるインディゴににこりと笑いかける】

ふむ…
【そして顎に手を当て、まじまじと見た】

むぅ、楽しそうな方なのになぁ。孝輔せんせーは何で嫌いなんすかねぇ…

>>229
記憶?見られるっすよ。十数年単位となると…それなりに時間はかかりますが。
あと、見られるのは私だけっす。忘れた事でもあるっすか?
…私が見たものを口頭で伝えることしかできないっすよ
【身を乗り出すのと同時に少し身を引き、きょとんとした顔で応える】

232 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 22:44:38.96 0
夢専攻wwwww

あいたたたたたあ
オナニーもここまで来るとキモいよおお

233 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 22:45:50.88 0
スギサキモが消えるまで荒らしますのでよろしくね★

234 :死霊魔術科臨時講師 インディゴ ◆ozOtJW9BFA :2011/10/30(日) 22:48:45.93 P
>>229
分かりきった結果がこの世に存在することには同意をシマスガ
やってみなければ分からない結果というのも存在するのデス
もしかしたら私に有効な罠があるかもしれマセンヨ?
【ステッキを両手で持ったまま言う】

>>231
左様デスカ
【シルクハットを被りなおすと微笑んだ】
【勿論仮面で(ry】

日本の諺にもあるデショウ
「生理的に受け付けない」というものガ
きっと私は孝輔先生にとってのソレなのでしょう
【それは諺じゃない】

235 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/30(日) 22:51:26.54 0
>>224
え?あ、ありがとう
じゃあお願いするよ
【急に肩たたきと言われて戸惑う】

そういえばさ、なんかこの間葵が
「私があんな夢を見たのはきっと伏見さんのせいだーっ!」
って一人言言ってたんだけど何か知ってる?
【詳しくは校舎裏】

>>227
いいですね、今の魔法
僕もよく服をボロボロにしてダメにしちゃうんです
【一度剣を交えたからか、若干警戒心が和らいだようだ】

>>229
わかってますよ、それにさっきのは言うほど強力ではないですよ?
【そもそもが魔法剣は魔力の消費が少ないので連発できる】

あれ、そういえば先輩って剣使うんですか
【前は使わないと言っていたことを思いだし】

236 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/30(日) 22:56:53.79 0
>>231
…いや、どうしても思い出せない事があるんだ。
昔のことなんだが…まぁ、またの機会に頼むとするよ。

>>234
手持ちの罠では、無駄撃ちする結果になりますよ。
せめて森林で戦えれば、少しは見込みもあるやもしれませんがね…
【森林内は林檎のテリトリーである】
【まず敵が踏み込めば無傷では帰られないだろう】

>>235
見た目の割には随分と燃費がいいな…まぁ、派手よりは地味な方が使いやすいが。

…訓練しておけ、と言われてね。アダマン合金製の標準サイズの大剣だよ。


(そろそろ落ちます、おやすみなさい)

237 :中等部一年A組 夢専攻 伏見 ◆L6SI9XbyME :2011/10/30(日) 23:00:03.55 0
>>234
おじ様、それは諺じゃないっすよ
【魔導書で口元を隠し、クスクスと笑う】

残念っすねぇ…孝輔せんせーは変なところで変っすから
【つまり変】

>>235
お任せくださーいなー
【軽く真田の肩を叩いた後、ゆっくりと揉み始める】
【以前杉崎にゴリゴリやったのとは違い、あまり強くは無いようだ】

んー?お姉さんにはなーんもしてないっす。
でも強いて言うならー…
夢は人の意識が作り出す世界っすから、時に心の底の願望を反映することがあるっすね。
特に、魔術師は精神力が強いですので…
【肩を揉みつつのんびりと話す】

>>236
そっすか?では、また時間のある時にしましょう
【にこっと笑う】

昔の事…お兄さんの歳から考えると幼少の事っすかね?
【むぅ、と考え込む】

(いい時間だし私も落ちるね。おやすみー)

238 :死霊魔術科臨時講師 インディゴ ◆ozOtJW9BFA :2011/10/30(日) 23:00:08.70 P
>>235
魔術の類としては至極単純な術式デスヨ
行使する際には少々コツは要りますガ
失敗した場合には服が丸ごと消滅シマス
【本当に誰得】

着ている服の構成物質を解析シ
それを複製して欠けている部分に当てはめていくのデス
要するに復元の魔術、とでも言うのデスカネ
【結構複雑な気がしないでもない】

>>236
でしたら後日改めて森でお相手いたしまショウカ?
お呼びして頂ければ参りますノデ
【いつでも挑戦待ってるぜ!の意】


(おやすみなさいませー)

239 :死霊魔術科臨時講師 インディゴ ◆ozOtJW9BFA :2011/10/30(日) 23:04:04.39 P
>>237
オヤ、そうデシタカ?
どうにも日本語というのは難しいデス
こればかりは長生きしていても覚えられマセン
【本人曰く、大魔術を生み出すよりも難しい、らしい】


(おやすみなさいませーでは俺も落ちます)

240 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/30(日) 23:09:14.78 0
>>236
そうですねぇ、僕の魔法は自分の動きがダイレクトに魔法に反映されますから
派手な攻撃は隙も大きいんですよね…

いい剣ですね、無骨で先輩らしいです
【真田の剣はシャープでシンプルな片手剣】

>>237
あ〜、うん。いいね〜
【肩のマッサージにまったりしている】

そうなんだ、じゃあ葵が無意識に願ってたことだったのかな?
それにしても一体どんな夢見たんだろ…
【知らない方がいいだろう】

>>238
ふ、服がまるごと…練習するなら
自分の部屋でしたほうがいいですね…
【思わず苦笑いしながら】

復元ですかぁ…僕の苦手な部類の魔法だなぁ…
でも便利そうだし…

(みんなまとめておやすみなさい、では自分も)

241 :名無しになりきれ:2011/10/30(日) 23:43:47.54 0
あれ、杉崎死ぬんじゃなかったの?

242 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 00:13:28.25 0
専ブラねえ…
お か ね かかるよ?
マルチ商法おっつー☆

あと杉崎クズ☆

243 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 01:01:23.00 0
へー

244 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 12:57:35.84 0
すーぎっさきっ

しーね

245 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 13:00:41.93 0
可愛いいただきましたあ〜〜☆★☆

ありがとう
ございまああすうう〜〜☆★☆

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

246 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 13:03:21.68 0
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害

247 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 15:15:06.24 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

248 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 15:37:11.48 0
         /:::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::\
       |:::::::::::|_|_|_|_|_|
       |_|_ノ∪ \,, ,,/ ヽ
       |::( 6  ー─◎─◎ )
        |ノ  (∵∴∪( o o)∴)
      |   <  ∵   3 ∵>
     /\ └    ___ ノ
       .\\U   ___ノ\
         \\___)  ヽ
頭髪    :似つかわしくない茶髪、ボサボサロンゲ、ボウズ、フケ。
顔     :アンパンマン、なすび、無精ヒゲ、二重アゴ、目脂、吹き出物、歯糞、-=・=- -=・=-、サイクロプス。
服装    :ダサダサのバンダナ、安物の水色シャツ、アニメキャラプリントシャツ、ヨレヨレのジーパン、ブリーフ(シミ付き)、スニーカー。
身体    :デブ、チビ、もやし、短足、皮膚病、多汗症、腋臭、爪に垢。
股間    :短小、包茎、早漏、梅毒、尖圭コンジローム、インキン、チンカス、童貞。
アクセサリ  :汗だくのタオル、オタク系携帯ストラップ、ダサダサ眼鏡、野球帽、リュック、ポスターサーベル、ポータブルCD/MDプレーヤ(ヘッドギア)、
       :膨れた財布、盗撮用デジカメ、スタンガン、アルカリ電池、ノートPC(CD革命、駅すぱあと、他オタク好みファイル)、AirH"。
臭い(ニオイ):口臭、体臭、イカ臭い、酸っぱい、砂煙臭い、プゥ〜ン。
性格    :挙動不審、人間不審、丸丸、多重人格、屁理屈、根暗、引き籠もり、下らないプライド、自分さえ良ければそれでイイ。
特技    :妄想、傷の舐め合い、自作自演、被害妄想、掲示板では強気、妙な言葉遣い、揚げ足、ああ言えば上祐。墓穴を掘る。
趣味    :2ちゃんねる、WinMX、アニメ、ゲーム、ギャルゲ、エロゲ、同人誌即売会、CD-R、アキハバラ/日本橋(電気街)。
好きな物 :スナック菓子、うまい棒、コーラ(炭酸系)、吉野家、ガスト(ドリンクバー)。
愛読書  :ネットランナー、ゲームラボ、メガミマガジン、同人誌、完全自殺マニュアル。
恋人    :ブラウン管に映るキャラクタ、美少女フィギュア、心/脳内(仮想の彼女)、右手、コンニャク。
ペット   :シラミ、ノミ、ゴキブリ、蠅、蛾、毬藻、堀江由衣、ハムスター、大腸菌。
最終学歴 :中学、工業高校、3流大学、代々木アニメーション学院。(虐めで中退有り)。

249 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 16:08:32.90 0
アンチ杉崎は私だけじゃないんです。


杉崎の馬鹿!!!!!!!!!!

250 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 16:17:57.38 0
全人類の敵、杉崎



杉崎に核兵器を食わせる



251 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 16:38:40.66 0
 「お年寄りを大切にしよう」なんていうのは昭和のキレイごとなのか。
                                                              
きのうは社会と自分の意識の変化に気づかされる小さな事件があった。
                                                              
                                                              
                                                              
 電車の座席はほぼ埋まり、車内には立っている人がちらほらいる程度。
                                                              
私の向かい側座席の前には男性1人、女性2人のハイキング帰りらしい高齢者が立っていた。
                                                              
私に背中を向けているから時たま見える横顔で判断するしかないが、60代半ばぐらいか。
                                                              
彼らの目の前の座席には若者2人と50代ぐらいの女性1人が座っている。若者は2人とも茶髪、1人はサングラスをしていた。
                                                              
                                                              
                                                              
 この人たちに気づいたのは、この高齢者組の男性が「最近の若い者は年寄りを立たせても平気なんだから」
                                                              
「ちょっと前は罪悪感からか寝たふりをしたもんだが、最近じゃ寝たフリもしないからふてぶてしい」などと、
                                                              
かなり大きな声で話しているのが耳に入ってきたからだ。どうも自分の前にいる若者に席を譲らせて女性2人を座らせたかったらしい。
                                                              
                                                              
                                                              
 ここまで嫌味っぽく言われると、まったく関係ない第三者の私だってちょっと気分が悪い。すっかり眠気が覚めてしまった。

反対側にいる私が席を譲れば、もう1人ぐらい誰か立ってくれるだろうと思って腰を浮かせかかった瞬間、サングラスの若者が口を開いた。
                                   


 「あんたたちさぁ、山は歩けるのに電車では立てないの? それっておかしくない? 遊んできたんだろ? 

こっちはこれから仕事に行くところなんだよ。だいたいさぁ、俺みたいなヤツが土曜日も働いてあんたたちの年金を作ってやってるんだって分かってる? 

俺があんたみたいなジジイになったら年金なんてもらえなくて、優雅に山登りなんてやっていられないんだよ。とにかく座りたかったらシルバーシートに行けよ」



 細部の表現は覚えていないながら、こんな感じ。チャラチャラしているように見える若者の意外な発言に正直言ってビックリ仰天した。

「お年寄りに席を譲りましょう」とか「お年寄りを大切にしましょう」などというキレイごとを聞いて育ってきた世代の私にしても、彼の言っていることは正論に聞こえた。

あたしって壊れてきているのかな? 浮かせかかった腰を再び降ろしちゃったよ。3人の高齢者は凍りついたように黙りこくり、

次の駅で降りていった。ほかの車両に乗り換えたのかもしれない。

252 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 17:21:47.80 0
         /:::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::\
       |:::::::::::|_|_|_|_|_|
       |_|_ノ∪ \,, ,,/ ヽ
       |::( 6  ー─◎─◎ )
        |ノ  (∵∴∪( o o)∴)
      |   <  ∵   3 ∵>
     /\ └    ___ ノ
       .\\U   ___ノ\
         \\___)  ヽ

253 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 17:26:44.32 0
>>252は杉崎


うわあああきめええ

254 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 21:13:22.67 P
【10月31日。今日はハロウィン】
【特にこれといってイベントが行われているというわけではないが】
【生徒の中には張り切って仮装をしている者も多くいる】
【無論、こいつらたちも例外ではないわけで……】

杉崎「いつもよりも人が多い気がするな」
蘇芳「折角のハロウィンだから外に出てきてる人たちが多いんでしょ」
杉崎「かもな。実際、俺たちもそうなわけだし」
蘇芳「だねー♪」

【杉崎の格好は黒づくめのスーツにマント。口元からは付け牙が覗いている】
【仮装の中ではポピュラーといえる吸血鬼の格好だ】
【一方蘇芳は魔女かと思いきや、少々季節外れな着物を着ている】
【頭からは茶色の耳がピンと立っており、ふさふさの尻尾が尻のあたりから生えている】
【おそらく化け狐とかそのあたりの仮装のようだ】

255 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/31(月) 21:19:43.42 0
>>254

よーるーだーよるーだよー
しゅーぞーがーしずーむー
【珀巻はこれといった仮装はしていない。いつもの私服だ】
【あやしい薬たっぷりの水パイプをくわえて散歩中】

おやぁサッキー?なんじゃその格好
【こっちにはハロウィンなんて慣習はないから当然の反応】

256 :中等部一年B組 光専攻 ルニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/10/31(月) 21:20:40.79 0

幽世の力を秘めし鍵よ
契約の下 その力を示せ
我 エントロピーを凌駕せしモノ――解放!

【両手で構えられた漆黒の宝石から、黒いリボンのような光が無数に吹き出し一瞬で覆い尽くす】
【闇の中で悪霊怨霊を力の源とする悍ましい力が心と身体を浸食しようと津波のように押し寄せる】
【しかしテンコへの愛、炒飯への感謝に支えられた強靭な精神がそれを押さえつけ逆に隷属させ支配下に置く】
【そして卵の殻を割るように纏わりつく黒い光を砕き現れるのは、黒を基調とした戦装束を纏った美少女】
【月光が具現化したかの如き淡い銀髪からは山羊の様に捻じれた二本の角が生えていた】
【開かれた瞳に宿る光は真紅。それこそ幽世の力を自らの意志で完全に制御している証!】

幽世に燈る愛の篝火……リリカル★マギカシューター!
【それにしてもツギハギ魔法少女モドキ、ノリノリである】

仮装・完了!さあおかしをよこせー!
【魔女の卵に仮装し準備完了】

257 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/10/31(月) 21:24:16.47 0
>>254
【突然、二人の目の前の地面が扉のように跳ね上がり、
中からフルプレートアーマーに両手剣を装備した何者かが飛び出してきた!】

全身鎧1「吸血鬼と妖狐が1づつだ! ――アレ、杉崎と蘇芳か。
    おーい、外だ外。こんなとこに繋がってたぞ!」

【全身鎧が振り向いて穴に声をかけると、中からもう一人全身鎧、
 その後ろからレザージャケットを羽織った丸メガネの少女、
 魔法使い風のローブを着た独身が上がってくる】

全身鎧2「え、ラッキー! 今日はこれで終わりにしようぜ真吾にぃ」
丸メガネ「マップはおっけーだよ。私もちょっと疲れたー」
独身「めんどくせーし、もういいかな。おし、終わり終わり〜」

【結局いつもの面子――】

???「すみません、ビーストさん。上がれないです……」
【穴の中から女性の声が】

258 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/31(月) 21:24:25.95 0
>>254
うがー!!
【突如、ヤギの角と漆黒の翼を持った、青髪の悪魔が現れた】
【手足はドラゴンのように、鱗と鋭い爪で構成されている】
【眼は真紅で、犬歯も異様に発達しているが……】

259 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 21:26:58.18 P
>>255
蘇芳「あっマキちゃん!トリックオアトリート!」
【と蘇芳が元気よく言うものの、珀巻からすればなんのこっちゃである】

杉崎「そうかまきまきんとこはなかったのか。ハロウィン。
   10月31日にお化けや怪物の仮装なんかをして、
   Trick or Treat!(お菓子くれなきゃイタズラするぞ!)って言うんだ。
   ……あってる?」
蘇芳「大体」
【正直杉崎たちも詳しくは知らない】

>>256
杉崎「仮装ってレベルじゃねえよ。変身だよもはやそれは」
蘇芳「はい、イタズラは嫌だからお菓子をどうぞー♪」
【着物の胸元に手を突っ込むとハロウィンカラーのリボンのついた袋を取り出した】
【中にはジャックオランタンの形をしたパンプキンクッキーが入っている】
【なんだかやたらと徹底している】

260 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/31(月) 21:28:26.26 0
真田「やっぱりハロウィンだけあって、仮装してる人が多いね」
氷山「そうだねー、私達もその中の一人だし」
真田「だからってその仮装はどうかと思うけどね」
氷山「誠に言われたくないんだけど」
【真田は顔や腕に大雑波に包帯を巻いている、ミイラ男のつもりだろう】
【一方氷山は巨大な南瓜をかぶり、いつもの大鎌を携えたいわゆるジャック・オー・ランタンだ】

261 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/10/31(月) 21:31:56.21 0
【穴から最後に土方が引き上げたのは金髪でふっくらした外見の女性だった】

速水「じゃー私ら先に着替えてるから」
女性「はい、また後で」
土方「おう、また夜にな」
【速水と女性は立ち去り、全身鎧の土方とバカとシーフ風の丸メガネが残った】


>>255
土方「おう、珀巻。久しぶりだな」
たま「やほー」
バカ「おー、元気そうだな珀巻!」
【ガシャコッと兜をはずして挨拶】

>>256
土方「……何がお前をそうまで駆り立てるのか」
火野「ちびっ子の考えは俺様にはさっぱりわからねぇぜ!」
たま「もう、二人とも。大丈夫だよ、ルニャちゃん。ちゃんと可愛いから!」


262 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 21:34:31.54 P
>>257
蘇芳「ハロウィンだからって随分奇抜な登場ですね」
杉崎「明らかに別な用事な気がしないでもないが」
【盛り上がる土やらも一種の演出みたいなものだと思っていたのか、そんなに驚いていない】
【出てきたいつもの面子の姿も仮装かなんかだと思っている】

杉崎「ん?なんか聞いた事ないような女性の声が」
蘇芳「本当だ」
【穴の中から聞こえる声に耳を傾ける】

>>258
杉崎「よう勲紀か?随分気合入ってるな」
【ニカッと笑うと鋭い牙が見える】

蘇芳「勲紀ちゃんトリックオアトリート!イタズラしちゃうぞー!」
【後輩相手だろうが容赦ない攻め】

>>260
杉崎「よう真田と氷山さん。真田がその格好はなんか以外だな」
蘇芳「だね。もっとこう、格好いい感じので来るかと思ってた」
【ミイラ男も別に格好悪いというわけではないが】

263 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/31(月) 21:37:01.66 0
【突然物陰からトレンチコートを着た包帯男が現れた】
【そして生徒たちに短機関銃を突きつけてはこう叫ぶ】

トリック・オア・トリィィィィトォォォォ!!!

【何かを間違えた、林檎、17歳の秋】

264 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/31(月) 21:37:47.33 0
>>259
Trick or Treat・・・出さなきゃイタズラ?・・・なるほどわけがわからんな
【意味合いだけなら『出せよオラ』のほうが正しい】

・・・へぇ。ほぉ。仮装してお菓子を強盗しに行くと。
ずいぶんやりたい放題な祭りだねぇ
【おおむね勘違いしている】

>>261

先輩まで。なんすかそれ討伐遠征にでも行くんすか
・・・そういえばだれがお菓子あげるんかや?
【先生とかに突撃するんだろうか】

265 :中等部一年B組 光専攻 ルニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/10/31(月) 21:38:05.80 0
>>259
今日の為にビーニャちゃんに完成させて貰ったんだてへへ
悪霊怨霊が動力源だからリアリティも抜群でしょー!
【衣装から怨念とか聞こえてそうな邪悪さが漂うが当人はさっぱり気にしてない】
【死人に鞭打ってこき使う存在を人は悪魔と呼ぶのかもしれない】

ちぇー、わたしは悪戯でもよかったのに
……その脂肪の塊もぐとか(ボソッ
【クッキーは受け取った】

>>260
やほー二人とも!
(性的な意味で)悪戯かお菓子か選べー!
【暗に剥く、と言っている。祭りでテンションがハイのようだ】

>>261
わたしは何時だって楽しむときは全力で楽しむ子なの!
まあ元々は弓月と計画してた魔法少女量産プランの試作品なんだけどね
ビーニャちゃんが絵本作りに傾いて開発が遅れに遅れてたんだよー

266 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/10/31(月) 21:39:38.25 0
>>258
火野「うぉっ!? なんかでた!!」
たま「魔族!?」
土方「いやまて――」
【くんくん鼻を鳴らして】

土方「黒欧院じゃないか?」

>>260
火野「お、真田だ。おーい、なんだそれ。厨二病か?」
たま「違うよ、ミイラ男でしょ?」
土方「ネフレンカの動死体っぽいかもしれんな。
   氷山はジャコか。なかなか可愛いぞ」
【口々に適当なことを良いながら手を上げた】

267 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/31(月) 21:41:33.08 0
>>256
……オメーにゃ負けたよ……

>>262
あ、やっぱ判りました?
仮装つーか、ブラッドルージュの力使って変身してんですけどね
【あくまでも「変身」。別に真の姿とかではない】

蘇芳センパイならゼッテーそう来ると思ってたスよ
はい、ショートケーキ1ホール
【どこからともなく、箱入りのホールケーキを取り出す】

268 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 21:44:39.87 P
>>263
杉崎「ハロウィンそういうイベントじゃねーから!」
【すぱーん!とパンプキンクッキーを砕けないように袋に加護の魔術をかけて投げつけた】
【逆にその作業は面倒じゃないのか】

蘇芳「なら私もトリックオアトリート!」
【剣に変えた腕を満面の笑みのまま林檎に突きつける】
【なんだこのハロウィン】

>>264
杉崎「まあそういうイベント?行事?なんだ。深く考えんでくれ」
蘇芳「ちなみに普通はお菓子をあげるのが決まりなんだよ。
   だからこうして、あらかじめ用意しておくの♪」
【着物の胸元から取り出したパンプキンクッキーを珀巻に渡す】
【なんか微妙に暖かい。焼きたて、という理由だけではなさそう】

269 :中等部一年B組 光専攻 ルニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/10/31(月) 21:45:29.84 0
>>263
マジカルマスケット銃・フルバレル――集え滅びの☆光!アルテマ・レィィィィィィ!!
【無数のマジカル先込め式歩兵銃が背後に展開、銃口から光弾がバンバン放たれる】
【ついビックリして異空間に格納してた専用武装が暴発しちゃったんだ】

>>267
フフン、学園のアイドルの意地をナメてもらっちゃ困るよ
こういったファンサービスが信者の獲得に繋がるんだからね!
まあ黒欧院も悪くないと思うよ?
うんなんか強そうだし
【ルニャも見た目だけは良い。間違いなく美少女。しかし中身が全てを帳消しにする】

270 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/31(月) 21:45:37.56 0
>>263
なるほど、ああやるのか
【ますますあらぬ方向で覚えていく】
えーっと簡易魔方陣を・・・・ソイヤッ

グゴォォォォ
【暴砂竜を召喚】
とりっくおあとりいいいいいいいいとおおおおおお!
【暴砂竜にまたがり他生徒を追い回す】

271 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 21:48:31.47 P
>>265
杉崎「リアルっつーかガチじゃねーか!」
蘇芳「どんだけイベントに全力なの……」
【ついつい呆れ笑いしてしまう】

蘇芳「――っ!?」
【がばっと慌てて胸元を両手で押さえる】
【着物の上からだろうと自己主張の激しい胸である】

>>267
杉崎「雰囲気とか魔力とか、あと声質とか。その辺りでなんとなく」
【こいつもしかしてストーカーなんじゃなかろうか】
【そう思ってしまうくらいの観察力だ】

蘇芳「わーいありがとー♪」
【ケーキの入った箱を受け取ると杉崎に渡す】
【受け取った箱をマントの中に隠すと、一瞬にして消えてしまった】
【まあトリックは単純で、マントの内側に四次元魔方陣を展開してるだけなのだが】

蘇芳「それじゃー私からも。はいどうぞ♪」
【胸元から生暖かいクッキーを取り出して勲紀に渡す】
【というか何故そこにしまってあるのか】

272 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/31(月) 21:49:31.12 0
>>262
真田「こんにちは二人とも」
氷山「いいねー、杉崎君も銀ちゃんも似合ってるよ」
【南瓜頭が明るい女子の声で喋っているところはなんだかシュールだ】

真田「変に気取ってからからわれるのもいやだしね」
氷山(本当は栞さんに魔女の格好と二択を迫られたからなんだけど…)
真田「とりあえず、トリックオアトリート!」

>>263
真田「な、なにあれ!?」
氷山「誠と同じミイラ男だけど変質者にしか見えない!」
【機関銃構えて思いっきり叫んでる様を見てドン引き】

>>265
真田「こんにちは、ルニャ。はいこれ」
【飴玉の詰まった袋を渡す】

氷山「あっ」
真田「え?」
氷山「お菓子持ってくるの忘れた…」
真田「えっ…」
【ピンチ】

>>266
真田「違いますよ、そっちの人の言うとおりミイラ男ですって」
氷山「こんにちは先輩方、トリックオアトリート!」
【お菓子をくれなきゃイタズラするぞ】
【大きな鎌を構えた氷山が言うと少し怖い】


273 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/31(月) 21:52:41.55 0
>>268
おー、さんきゅーじゃ
【躊躇せずぬくもりのあるパンプキンクッキーを受け取る】
【まぁ性には鈍感なので当然か】
ふむむ・・・モグモグ
これが人間のお菓子というものか・・・
【普段食べるものが血肉ばっかりなだけあって新鮮なようだ】

274 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/10/31(月) 21:53:04.44 0
>>262
土方「地下の迷宮で、速水の授業の実習の練習ってとこだな」
たま「外国の光専攻の人まで呼んで本格的にPT組んだんだよ」
火野「魔法禁止で武器だけとかきっちーぜ……」
【バカは両手剣でなくハルバードを、たまはトリシャに貰ったダガーを腰に下げている】

土方「ああ、アレは前に仕事で一緒した知り合いだ。速水の後輩だと」
(詳しくは、ぞんび注意報でね!)

>>263
たま「まちがってる。間違ってるよ、なにもかも、林檎君……」
火野「俺様よりバカがいたぜ……」
土方「落ち着け、林檎。それじゃ銀行強盗だぞ」

>>264
土方「いや、探索だな。ここの地下のダンジョンの」
【といって、かついだ両手剣で足元をとんとんとつつく】

たま「すっごい広い迷宮だったよ」
火野「魔物もいっぱい居たぜー」

土方「お菓子? そういえば、ハロウィンか」
たま「なんにも準備してないねー」

>>265
土方「弓月…… ルニャを甘やかしすぎじゃないか?」
【はふぅ、とわざとらしいため息】

たま「弓月…… ああ、孔明先輩?」
土方「おう、そうとも言うな」
火野「ちびっ子よう。お前、楽しむ以外の選択肢あるのかよ?」


275 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/31(月) 21:56:00.68 0
>>266
へへ、当たりっす
結構魔力使うんスけど、中々のモンでしょ?

>>269
奴隷みたいに扱われてる霊たちからは間違いなく恨まれてると思うぜ
【「そっち側」の存在なので、思念とかそういうのはある程度感じ取れる】

>>263
>>270
二人とも何してんスか!?
戦争起こす祭りじゃねぇっての!!

>>271
なんでそんなに詳しく判るんスか……
【稲月が同伴してたら間違いなく睨みそうなセリフである】
【尤も、彼は入院中の勉強の遅れを取り戻すために必死で、今日は舎弟と共に引きこもっているのだが】

…………
【クッキーの取り出し方に、世の中の不公平を感じる】

276 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/31(月) 21:57:15.36 0
>>268
何ッ!とっさの狂人に対応する訓練ではないのか!
【林檎は海外、それも紛争地帯出身である】
【当然のことながらハロウィーンは詳しくない】

トリックオアトリート!
【腰に帯びた鞘から大剣を抜き放った】
【そして短機関銃をしまい、正眼に構える】

>>269
…あれはまずいッ!
【瞬時に雷化、光弾を全弾避けるべくルニャの近くへと駆け抜けた】

…どういうことかな?

>>270
トリックオアトリート! …新魔術を試す時だ…!
【強い熱を帯びた光を掌に作りだし、それを槍の形にし投擲した】
【珀巻へと一直線に飛んでいく】

>>272
違うな、間違っているぞ! …これは透明人間だ!
【ビシッとポーズを決めた】

>>274
これは!透明人間ですッ!
【よく見るとサングラスをかけている】

277 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/31(月) 21:58:49.29 0
>>275
…どうやらそのようだ。すまないな。
【短機関銃と大剣をしまった】
【どことなく落ち込んでいる】

278 :中等部一年B組 光専攻 ルニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/10/31(月) 21:59:21.15 0
>>271
実は前から作ってもらってはいたんだけどね?
黄色いボッチの人のコスプレした後くらいに
まあ色々あって今日が調度いいお披露目になったのだー!
【くろんくろん回りながら可愛さアピール】

ねえ杉崎
わたしもお菓子あげるから蘇芳に悪戯していい?
別に親の仇みたいにもぐ気はないからうんほんとに
【炒飯詰めたジャック・オ・ランタン取り出して】

>>272
わーいありがと
【飴貰ってあっさり流す】

さぁて……氷山はお楽しみの時間だね
お菓子がないなら悪戯されても仕方ないよねー
【周囲の男子生徒の期待を一身に背負ったルニャがジリジリと距離を詰めてくる】

>>274
二人は仲良し!
【悪乗りしたのを上手に御するのが孔明】

え、お祭りだから楽しむ以外に選択しないじゃん
でもどうせ楽しむなら最大限に楽しまなきゃ!
マッチョメンたちだってそのために仮装してるんでしょー?

279 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 21:59:21.98 P
>>272
蘇芳「そう?ありがとー♪」
杉崎「俺は半ば無理矢理銀とノクターンに着せられたんだけどな」
蘇芳「いいじゃんいいじゃん。格好いいし似合ってるよ♪」
【衣装は何故かノクターンが持っていた】
【謎である】

蘇芳「はいはーい。イタズラは嫌だからお菓子をどうぞー♪」
【例の如く胸元からクッキーを二袋取り出して真田と氷山に渡す】
【取り出すときに谷間がガッツリ見えてたのはご愛嬌】

>>273
蘇芳「マキちゃんはあんまりお菓子とか食べないの?」
杉崎「お菓子食うくらいなら肉食うだろまきまきは」
蘇芳「あー。まあ、そっか」
【納得したように頷く】

>>274
杉崎「そりゃあまたご苦労様です」
蘇芳「よかったらこれどうぞー」
【人肌クッキーを三人に渡していく】

蘇芳「それじゃあ改めて……こほん。トリックオアトリート!」
【持っていなさそうだけれどお構いなし。もしかしたらの可能性に賭ける】

280 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/31(月) 21:59:40.04 0
>>274
ハロウィーンとかいうのかとおもったらマジアドベンチャーの方々だった・・・!
ならなんじゃ?何かレアドロップアイテムとか捕ってきたわけじゃな?
【学園の地下ヤバイ】
まぁ・・・わっちも生憎お菓子は持っとらんがな
【驚きついでにパイプの水を抜き、薬を入れ替える】

281 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/10/31(月) 22:00:33.62 0
>>272
土方「氷山、たった今迷宮から上がったオレ達がお菓子なんか用意してるはず無いだろ?」
火野「性的ないたずらならむしろウェルカムだぜ!」
たま「ふふふ、こんなこともあろうかと!」
【たまがぽんと手を叩くとバスケットがひとつ】

たま「はい、葵ちゃん。カップケーキ!」
【ごそごそ中から透明な袋でラッピングした物を取り出した】

火野「お、俺もくれ。小腹が減った」
たま「いいよー」
【いつもどおりアレコレ取り出してお茶会会場を作り始める】

282 :中等部一年B組 光専攻 ルニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/10/31(月) 22:05:02.12 0
>>275
悪霊とか怨霊に人権はないって偉い霊能力者のお姉さんが言ってたから平気!
それに人に迷惑かけるよりこうやってわたしと一緒に人を魅せた方が絶対有意義だよ!
【勘弁してくださいとか助けてくれとか主に悲鳴や懇願が垂れ流されてる】
【死霊術を嗜むビーニャが作った魔魂石ファントムジェムの拘束力は半端なかった】

>>276
そっちこそどういうつもりかな!?
楽しいお祭りで武器を向けていいのは撃たれる覚悟がある奴だけだー!
【うっかり発砲したくせに自己正当化を図る子】

283 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/31(月) 22:06:05.20 0
>>272
……
(実は私も、さっきのホールケーキで一杯一杯だったんだよな)
(クッキー焼いたらなんか炭ができちまうし……)
【よくある「料理の出来ないお嬢様」】

>>277
あ、いや、そこまでしゅんとしなくても……
【あうあう】

284 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 22:07:53.16 P
>>275
杉崎「何度も会ってれば覚えないか?普通」
【お前のは普通の範囲内じゃない】

蘇芳「どうしたの?食べないの?カボチャ嫌いだったかな」
【本人に悪意はない。多分】

>>276
杉崎「仮装してお菓子貰う日ですよ要約すると!っつーわけでそれ食え!クッキー!」
【林檎の無茶苦茶っぷりにツッコミもどことなく荒っぽい】

蘇芳「いやいやいや。トリックオアトリートそういう使い方違いますから」
杉崎「なんかお菓子持ってないですか先輩」
【まるで先輩にたかる不良のよう】

>>278
杉崎「あの頃には既にあったのかよ」
蘇芳「かわいーよー♪」
【くるくる回るルニャを見て蘇芳がにこにこ笑う】

杉崎「ダメだ。その権利は俺のもんだ」
蘇芳「いや衛も悪戯はダメだよ!?」
【びっくりしながらも杉崎にツッコミ】

285 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/31(月) 22:08:45.60 0
>>276
とりっくおわあああああああ!?
ズドゴォォォォォン
【モロに直撃である。】

ギャガアアアアアアアアア!
【暴砂竜に。】
ギュゴァーーーーーッ!
おまっ!ちょっ!静まらんかばかもの!
【当然のごとく激昂。暴砂竜の鼻先を掴んでなんとかブレスを抑えている】

>>279
・・・これは・・・新感覚也・・・
【あっというまに平らげてしまった】
【実際味覚も鈍っているだろうから相当衝撃的だったのだろう】

・・・これはあれだ、作りすぎを期待するぞよ
【ただ要求量は多そうだ】

286 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/31(月) 22:12:17.59 0
>>275
トリック!おあ! 誰か止めてえぇええぇええぇ

ギシュルルルルルル!
【暴走する巨竜】
【他生徒を蹴散らして跳ね回っている】

287 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/31(月) 22:12:35.32 0
>>282
お前に武器向けてないぞ!?
【びしぃっと指差した】
【明らかに困惑気味】

>>283
あ、いや、そこまで慌てる必要は無い。
…ほれクッキーやるから落ちつけ。
【林檎特製薬草クッキー】
【効果:滋養強壮】

>>284
なん…だと…

とりあえずクッキーを食え。ベル用に作ってたが余ったものでね、
処理に困っていたのだ。



288 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/31(月) 22:13:57.68 0
>>276
真田「ああ、透明人間なんですね…ハロウィンに透明人間ですか?」
氷山「透明人間なんてあまり聞かないよね」
【厳しいツッコミ】

真田「ってなんで武器を構えるんですか!」
【大剣を構えた林檎から離れながら】

>>278
氷山「え…いや…あの…ね?」
【冗談かのような目でルニャを見る、無意味とわかってても】

氷山「た、助けてよ誠!」
真田「ごめん、僕には…無理だ…!」
【どこからか取り出した恐竜の骨をかぶってそう告げる真田】

氷山「あ、あはは…」
【近寄ってくるルニャから距離わ取る】

>>279
真田「ありがと…、…っ!」
【受け取る時に見えた谷間に赤面しながら(包帯で見えないけど)顔を逸らす】

氷山「……卑怯者ー!」

>>
281
真田「そうなんですか…じゃあ」
氷山「イタズラですね♪」
【ポケットから黒マジックペンを取り出す真田】

氷山「そ、そんなこと先輩達にするわけないじゃないですか!」
【真っ赤になって(見えないけど)言い返す】

真田「あ、ありがとうございます」
氷山「なんだー、持ってるんじゃないですか」

289 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/10/31(月) 22:18:05.60 0
>>275
土方「おう。中等部にしておくのは惜しいぐらいだな」
【にこりとやわらかく笑う】

火野「でもよー、俺は黒欧院は素顔の方が可愛くて好きだぜ」
たま「バカ言ってないでテーブル並べてよ、あゆにぃ!
   あ、勲紀ちゃんもカップケーキ食べなよ。コーヒーもすぐ出すよ!」

>>276
火野「おお、芸がこまけーな林檎!」
たま「あー、透明人間かー……」
土方「どうかしたか?」
たま「真吾にぃは、透明人間が最後にどうなるかしってる?」
土方「原作はちょっとアレな最後だったな……」
火野「なんかよくわからねーけど、林檎もカップケーキ食えよ!」

>>278
土方「まあお前ら不思議と相性が良いというか弓月が上手いというか……」

火野「楽しむためにこんなモンきねーよっ!?」
【よく見れば分厚いフルプレートアーマーはあちこち傷が付いたり、
 焦げたり、凹んだり、血が付いたりしている】

たま「あはは、マジで探索したからねぇ。四本腕の悪魔にタコ殴りにされたりしたし?」
火野「死ぬかと思ったぜ、まったくよ!」
土方「贅沢言うな。AC2だぞ、その鎧」

>>279
火野「おう、あんがとよ蘇芳!」
土方「サンキュー、蘇芳」
たま「じゃーおかえしに、カップケーキをしんぜよう!」
【取寄せ魔術だけが生きがいです】

>>280
土方「あんまり良い物はなかったな」
火野「金貨が落ちてるかと思ったら、ずりずり動いて火を吐くしよー」
たま「宝石が落ちてるから喜んで取りに行ったら上からスライムがべちゃーって。
   真吾にぃが首引っ張らなかったら溶けてたよ私……」
【迷宮マジ危険!】

290 :中等部一年B組 光専攻 ルニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/10/31(月) 22:18:08.34 0
>>284
本当は原作に忠実に再現する予定だったんだけどねー
さすがに魂を胸タッチで加工完了とか難し過ぎるから
まずはできる範囲で作ってみようって事で
わたしは可愛いし今で全然満足してるけどね!
【魔法少女したかっただけなのでご満悦】
【蘇芳に褒められて回転も加速するが、不思議な力が働きスカートが捲れる事はない】

ちくしょうこのバカップルめ炒飯食らえ!
【炒飯・オ・ランタンを大きく振りかぶって】

>>287
わたしは学園のアイドル!そして今は幽世に燈る愛の篝火リリカル★マギカシューター!
愛するファンである生徒に危害を加えようとする存在を許すわけにはいかないんだよ!
【ゴゴゴ、ドーン!とか背後に雷鳴エフェクト付きで】

>>288
周りの野郎ども「「「「ト・リ・ッ・ク!ト・リ・ッ・ク!」」」」
【割れたDVDの代償に脱衣を迫るエロガキの如き声援】

わたしを応援してくれる声がこんなにもある……もう何も怖くない!
【氷山覚悟ー!とかいいながら飛びかかってきた】

291 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 22:21:24.32 P
>>285
蘇芳「よかったー♪美味しくできたみたいで」
杉崎「貯蔵分は問題ない。100袋はあるから」
【四次元マントからクッキーを10袋程度取り出して珀巻に渡す】
【元々配り歩くつもりだったため沢山用意しておいたのだ】

>>287
蘇芳「わーいありがとうございますー♪」
【受け取ったクッキーを早速頬張る】

杉崎「ベル用……余ってた……処理……
   なんか変なものとか入ってないですよね?」
【疑り深い杉崎】

292 :中等部一年B組 光専攻 ルニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/10/31(月) 22:23:00.45 0
>>289
弓月はお姉さんキャラだからかなー?
わたしもついつい甘えちゃうんだよねぇ

え、リアリティ追及の為にダンジョン潜って悪魔と殴りあってきたの?
なんだーそっちも楽しむ気満々なんじゃないこのこの♪
【実に都合よく解釈しました】

293 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/31(月) 22:24:18.13 0
>>282
おめー、何気にヒデーことさらりと言うなぁ
私の実家の近くでんなこと言うんじゃねぇぞ、頼むから
【浮遊する目玉とか、ゾンビーとか、マッドマンとかが襲ってくるだろう】
【勲紀としては、そいつらがルニャといらん戦いをして滅んで欲しくない】

>>284
いやまぁ、杉崎センパイならね……
【結構失礼】

あ、いや、いただきます……ムグムグ
(暖けぇなぁ……なんか涙出てきた)
【誰かに揉んでもらうわけにもいかないし、自分でマッサージすれば(ry】

へー、センパイ達、やっぱすることはしてんですね
【悪戯発言を聞いて】

>>286
またあいつ鎮めなきゃいけねぇのか!?勘弁してくれよ……
珀巻センパーイ、頑張ってくださーい!

>>287
あ、どうも
(……こっちのはなんでか食っても悲しくならねぇな)

>>288
悪ぃな、氷山センパイ……今のそいつは、私でも無理だ

>>289
……ボシュっ
【また「可愛い」と言われて真っ赤になる】
……あ、あの、どうも……

294 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/31(月) 22:24:22.74 0
>>285
…!
【瞬時にワイヤーを展開】
【暴砂竜を絡め取るべく張り巡らされた】

>>288
…知っているのがこれしか無いんだ。
【ぼそっと】

とりあえずクッキー食え、せっかくだしな。
【クッキーの大袋を取りだした】

>>289
貰っておこうか。クッキーは食うかね?
【カップケーキを一口で食った後、大袋を突きつけた】

>>290
何が何だか分からない…!
【頭を抱え出した】

…ところで、ベルを見なかったか?最近見ないんだが…

295 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/31(月) 22:25:14.85 0
>>289
学園の地下ヤバイ
そんな学園の地下の道を覚えなきゃいけないモキュレフもわりとヤバイ
【魔術学園ヤバイ】
あー・・・でもスライムは内部制御の薬に使えるから欲しいかも
何階層まで行ったんじゃ?

296 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/10/31(月) 22:25:54.62 0
>>288
たま「もってるんじゃないよ」
土方「出したんだよ。アポート、知らないか?」
たま「準備がしてあれば、何処でも手元に呼び寄せられるんだよ」
【ぽんと手の中にティーセットを入れたバスケットが召喚される】

火野「ほんと便利だよなこれ」
たま「便利さしかないけどね……」

297 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/31(月) 22:29:08.52 0
>>291
安心しろ、物凄い苦いだけだ。だが、いかなる毒でも治す事が出来るぞ!
【自信満々に】

>>293
…なんだその顔は、不味かったのか?
【無表情でずいっと迫った】
【といっても包帯とサングラスの為よく分からないが】

298 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 22:29:22.04 P
>>288
蘇芳「ん?あれあれ?どうしちゃったのかにゃー誠くん?」
【顔を逸らした理由が分かったようで、にやにやしながら真田を見る】
【なんとなく腕で胸を寄せてあげてみる。氷山にダメージ!】

>>289
蘇芳「カップケーキありがとございむぐもぐ!」
杉崎「はえーよ」
【お礼言った直後には既にカップケーキは口の中だった】

>>290
蘇芳「可愛いー♪」
杉崎「(なんで捲れないんだあれ)」
【見たいとかそういう疚しい気持ちではない】
【単に疑問に思っただけdぱんつみたい】

杉崎「んなとこに炒飯を仕込むな!ミスマッチだろ!」
蘇芳「いや、案外カボチャと炒飯は合うかも……ごくり」
杉崎「お前も冷静に分析してんじゃねーよ!」
【食に関しては何よりも優先事項】

299 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/31(月) 22:33:03.89 0
>>291
ナイスサッキー!いや杉崎閣下!銀閣下!一生付いていきます!
【山盛りのクッキーを抱える】
そういや寮でもなんかやるって行ってたしもっていくかー
【女子寮の人外勢とおかしぱーちーでもするようだ】

>>293
>>294
ギュギャァァ ギュアアアア
【まんまとネットにひっかかった】
【捕獲完了である。】
ふぅあっぶねぇ・・・誰だこんな時に攻撃魔法飛ばしたのは
【暴砂竜も怒らせなければ馬程度に乗りこなせたりするのだが】

300 :中等部一年B組 光専攻 ルニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/10/31(月) 22:33:04.91 0
>>293
なんか黒欧院のおうちに興味出てきた!
今度の休みに遊びに行ってもいいかな?かな?
【間違いなく迂闊で残念なこと口走る。間違いない】

>>298
残念!
怨念力でスカートには絶対守護領域が展開されているのだー!
っていうか蘇芳蘇芳!杉崎が邪な視線で覗こうとしてるよきゃー(棒

炒飯・オ・ランタン!
黄金色の炒飯が蝋燭の灯りっぽくて良くない?(ドヤッ

301 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/31(月) 22:36:34.69 0
>>283
真田「あ、黒欧院さんこんばんは」
氷山「ねぇ、その呼び方長くない?」
真田「そうかな?でも下の名前で呼ぶのもアレだし…」
【呼び名議論が始まった】

氷山「なんだか私と同じ匂いがするよ、仲良くしようね!」
【氷山も料理のできない女子の一人】

>>290
真田「ええぃ!仕方あるまい!」
【男らしい口調でルニャと氷山の間に割って入る】

真田「ルニャ!イタズラなら僕にしていいから葵は勘弁してあげてよ」
氷山「……」
【真田の後ろでは氷山が鎌を構えている】
【本気で迎撃するつもりだったため、気まずそうだ】

>>293
氷山「吸血鬼とか…ポピュラーなの色々あると思いますけど」

真田「ありがといございます」
氷山「ありがとう、優しい透明人間さん」

>>296
氷山「……どっちでもいいです、同じですよ!」
【間違いをごまかした】

真田「いいじゃないですか、便利で
本来魔法ってこういう使い方が正しいんだと思います」

>>298
真田「う…あ、うん…ちょっと…できれば僕の方向かないでほしいな…」
【明らかに銀を意識しているようだ】

氷山「あーもう!銀ちゃん!誠が嫌がってるんだしやめてあげてよ!」

302 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 22:37:22.19 P
>>293
杉崎「なんだその学園の女生徒に関する情報はプライベートまで全部知ってるのが杉崎衛みたいな言い方は」
蘇芳「自分で全部言っちゃってる!?」
【自滅乙】

杉崎「ぶふぉ」
蘇芳「」
【噴出す杉崎と顔真っ赤になる蘇芳】
【反応からしてやってることはがっつりやってます。で正解のようだ】

>>297
杉崎「どんなクッキーですか!」
蘇芳「……案外いける」
杉崎「マジか」
【甘いだけがクッキーじゃない】

>>299
杉崎「ふははー崇めろー褒め称えろー」
蘇芳「ついでにお菓子よこせー」
【どさくさに紛れて食い物要求】

杉崎「おう。持ってってやってくれ。余らせるのもなんだし」
【余ったものは翌日蘇芳が全部食います】

303 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/10/31(月) 22:39:28.83 0
>>292
土方「お姉さんキャラでも、シーニャは苦手なんだろ?」
【笑いながら頭を撫でる】

火野「そんな馬鹿が何処にいるってんだよ、ドチクショウ!?」
たま「そっか、そんなに楽しみだったんだあゆにぃ」
土方「あゆあゆ、遊び気分で迷宮に入ると死ぬぞ。そして灰になるぞ」
たま「そしてロストするよ?」
火野「そんな気これっぽっちもねーよっ!?」

>>293
土方「……お前はそういう表情の方が似合うな」
【軽く笑って頭を撫でた】

火野「だろー? これでバインボインだったら迷わずナンパするぜ?」
たま「台無しだよ、あゆにぃ……
   はい、コーヒーいつものね〜
   バカにぃ気に食わなかったら何時でも殴って良いからね!」

>>294
たま「あ、いっただきまーす!」
火野「大丈夫かよ?」
【とかいいつつモリモリ食う】

土方「ほう、なかなか色々入ってるみたいだな」
【香りを確かめて】

火野&たま「え?」
【びくりと咀嚼する口を止める】

土方「薬草系、だろ?」
たま「なの?」

>>295
たま「でろスライムだけど、いいの?」
火野「地下が、7階降りたんだっけか?」
たま「うん。でも上に上り始めて11回で地上に出たから……」
土方「途中でワープゾーンでもあったんだろうな」
たま「あー……」
【マッピング失敗w】

304 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 22:43:07.23 P
>>300
蘇芳「無駄に高性能だ」
杉崎「そうか、漫画のキャラはそれを展開していたというわけか……」
【長年の謎が解けた。そんなわけがあるか】

蘇芳「むっ」
杉崎「ぎくっ」
蘇芳「……そんなに見たいなら、こっち見ればいいのに」
【ちらり、と蘇芳が胸元をはだけさせる】
【杉崎鼻血ぶー】

蘇芳「まっ、衛大丈夫!?」
杉崎「ぼかぁもう死んでいいや……」
【幸せそうな杉崎の顔がどんどん青白く】
【とりあえずティッシュ丸めて突っ込んで応急処置】

>>301
蘇芳「にやにやー。えーいいじゃんべつにー。誠くん反応面白いんだもん」
杉崎「(あれの威力は凄まじい)」
【鼻にティッシュ詰め込んだままうんうんと頷く】

305 :中等部一年B組 光専攻 ルニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/10/31(月) 22:46:37.06 0
>>301
え、真田を?
ちょっとタイムね
【悪戯連呼してた野郎衆とスクラム組んで審議中】




      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'
【全会一致で代理が可決されました】

でも男の子を乙女の私が剥くのは恥ずかしいから
同性の男子生徒に任せるね!
【任された連中の鼻息が荒かったり目が血走ってるのは多分きっと気のせい】

>>303
シーニャちゃんは元々わたしなのに最近な生意気なんだよ!
実家からの連絡とかもシーニャちゃんに行くようになったしそんなの絶対おかしいよ!
【分身よりある意味で信用されてない本体が憤っています】

ダメだなぁマッチョメンは
遊ぶなら遊ぶ事に本気にならないと
そんなどっちつかずだと、どっちにも迷惑かけるんだよ?
【何か子供を諭すような雰囲気になってきた】

>>304
正統派魔法少女の嗜みだよ
萌えけどる媚びない顧みない!
【どう見ても深夜向けです本当に(ry】

わぁ、蘇芳ったら大胆
こんな人通りのある所でハレンチな!
【周囲のギャラリーからは歓声が上がってる】

306 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/31(月) 22:47:26.80 0
>>302
そうだな、わっちもお礼をせねばだな!これをもってゆくがいい!
【魔方陣から引っ張り出したのは・・・・】
ん?あれ、ちょっと小さすぎたかな・・・ふんぬぬぬぬ
【どこからどう見ても血の気の無い人間の腕を引っ張っている】

【まぁ珀巻には一応ごちそう・・・なのだろうが】

>>303
魔力の強い液状生物ってのが条件だからね。うん
まぁ調合はあいつに任せるんだけどね
【薬の作用で授業以外は寝てることが多い】

・・・なるほど、つまり無理ってことだね
まぁ仕方ないねたまに通路が別の場所に繋がったりもするからね
【学園地下イキテル】

307 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/10/31(月) 22:47:29.08 0
>>298
たま「はいはい、アルヨアルヨーまだまだアルヨー」
【椀子そばのごとくぽんぽんケーキを取り出しつつ】

土方「そんなに作ってたのか?」
火野「魔女の大がまサイズで作ってたぜー」
たま「グランマニエ一瓶落としちゃったので、
   それに合わせて生地を増やしたらそーなりました!」
【カップケーキからはオレンジリキュールの香りが】

308 :中等部一年B組 光専攻 ルニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/10/31(月) 22:50:30.26 0
>>290
え?わたしは見てないよ
っていうか林檎が知らないのにわたしが知ってるわけないじゃない
浮気でもして怒らせちゃったとかー?

309 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/10/31(月) 22:54:02.12 0
>>299
…これにて一件落着!いやあ良かった
ところで珀巻このクッキーを食うかね!?
【押し切らんとする勢いでクッキーの大袋を突きつけた】

>>302
フ、どうだ!サバイバル技術とはクッキーを作ることも含まれるのだよ!
【なんだかんだで料理好き】

>>303
……さすが、といった所です。確かにこれは薬草を調合した
クッキーですが、何か問題でも?
【副作用は無いが、とにかく苦い】

>>308
…いや、そういう訳ではないんだが…
まぁ戻ってもう少し探してみるとするよ、では。
【そう言って森の中へと消えていった】
【この後、サキュバスのコスプレしたベルに林檎は襲われることとなるが】
【それはまた別のお話】


(そろそろ落ちます、皆さんお疲れさんでした!)

310 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/31(月) 22:55:29.47 0
>>297
あぁ、違うんスよ、なんか、悲しくないってだけで……

>>300
頼むからやめてくれ。
オメーだとマジで本気の親父すらぶっ倒しちまいそうだからよ
住む家がなくなんのは勘弁してくれ
【ルニャなら、きっと某悪魔なお城も1時間で滅ぼせるに違いない】

>>301
あー、別に呼びたい方でいいスよ
私の舎弟内でも黒さんとか勲紀さんとか、結構好きに呼ばせてますんで

もしかして、センパイも?
【こっちは、料理どころか家事全てが全滅なのだが。家庭科はいつも1】

>>302
なるほど。二人はインキュバスとサキュバスと……

>>303
な!あ、ぐ……
【父親とメイドくらいにしかなでられたことがないから、いらん緊張】

……私、このままのスタイルでもいいかってたまに思うんスよね、今とか
【殴らずに仕返しする勲紀】

311 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 22:56:37.60 P
>>305
蘇芳「いや冗談のつもりだったんだけど。冗談のつもりだったんだけど!」
【自分でやっておいて結構あわあわしている】
【ちなみに胸元自体はさっきからクッキー取り出すときにちらちら見えていたので】
【ぶっちゃけそこまで気にしてはいない】

杉崎「普通に見える分には問題ないんだが……台詞とシチュが合わさり最強に見える」
【鼻にティッシュ詰めたまま言う】

>>306
蘇芳「……うわぁ」
杉崎「申し訳ないがそれはNG」
【炎の腕(熱くない)を顕現させて人間の腕を魔方陣に押し戻そうとする】
【流石の蘇芳もカニバるのは無理】

>>309
杉崎「サバイバルクッキーって何なんですか」
【漢の料理】

蘇芳「美味しかったですご馳走様♪」
【ごちゃごちゃ薬草は全然気にならなかった様子】

(乙でしたーおやすみなさいませー)

312 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/31(月) 22:56:40.15 0
>>304
氷山「よくないよ!銀ちゃんには杉崎君がいるじゃない、そういうのはいけないと思うよ!」
【要するに自分から真田を取るなってことだ】

真田「杉崎…大丈夫?」
【いつの間にか杉崎の背後で背中をトントンと叩いてる】
【心配してると見せかけて実は避難してる】

>>305
真田「う…」
【息巻いて代わりを申し出てみたもののやはり嫌そうだ】

真田「そうだ!ねぇ!やっぱりそういうのはいけないと思うし犯罪だし!
   女装してあげるから剥くのは許してくれないかな!?」
【せめてもの妥協案を提案】

313 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/31(月) 23:02:05.76 0
>>310
氷山「じゃあー、黒ちゃんって呼んでいいかな?」
真田「僕は今の呼び方でいいや…」
【猫みたいなあだ名を付ける】

氷山「うんうん、最近はそういうのも練習してるんだけど…なかなかね…」

314 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/10/31(月) 23:02:37.35 0
>>305
火野「なんだよちびっ子は信用ねーのか」
たま「というか、分身でこれだけ個性が出てくる所がすごいよね。
   でも、太郎さんをハントする分身はいやだけど」
土方「シーニャも、七坂萌えさえなければずいぶんとまとも何だなァ……」
【視線をそらし、遠い目をしたw】

火野「だから、遊んでねーよ! 本気で探索と肉壁してたんだよ!
   ぱっつんぱっつんの金髪ねーちゃんもいたしよ!?」
たま「あの人、真吾にぃしか見てなかったよ?」
火野「orz」

>>306
たま「魔力はどうかなー」
土方「実験の失敗作っぽかったからな」
火野「違いがまったくわからねーぜ!」




土方「そろそろ時間だな。行くか?」
たま「りょーかい〜」
火野「いい肉食えるから楽しみだぜ〜」
土方「じゃ、オレ達は予定があるからまたな」
たま「またねー」
火野「あばよ!」

(さて、そろそろ寝落ちしそうなんでこの辺で。おやすみー)

315 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/10/31(月) 23:03:49.91 P
>>310
杉崎「いや違うぞ勲紀。夢魔ってのは互いには交わらない。
   というかそもそも生殖機能がないとすら言われてる。
   精液求めたり、妊娠させたりとか、人間目的がメインだ。
   どうにもヤってばっかのイメージはあるけれども」
【ここで唯一成績のいい幻獣学の知識を披露】

>>312
蘇芳「おやおや?葵ちゃんもしかして誠くん取られちゃうかもって焦ってる?
   大丈夫だよ。誠くんのは反応が面白いからやってるだけだから。
   そういうわけで、葵ちゃんもGO!」
【何がだ】

杉崎「大丈夫だ。むしろ元気」
【いろいろな意味で健康な証拠です】


(では俺も落ち。おやすみなさいませー)

316 :中等部一年B組 光専攻 ルニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/10/31(月) 23:04:43.37 0
>>309
……まあたぶん森でコスプレして待ち受けてるんだろうけど
言わないでおくのが乙女の情けってヤツだよね!

(乙でしたー)

>>310
人を怪獣王みたいに言わないでよぅ
わたしだってPTOくらい弁えてるんだよ?
遊びに行きたいなーお友達のおうちにいきたーいーなー♪

>>311
二人とも、そんな危機感で大丈夫なの?
杉崎レベルの変態が跳躍跋扈してる魔術学園だよ?
ポロリゲットだぜヒャッハー!とか何人か走って行ったけど
【走り去ったのが男女両方居た辺り、魔術学園の業は深い】

>>312
えー、女装?ちょっと待ってね
【再びをスクラムを組み審議開始】

マーマー ∧,,∧  ∧,,∧オマエラヤメ
 ∧∧(´・ω・)(・ω・`)∧∧
(´・ω・)  U) (U とノ(ω・` )ケンカイクナイ
|し U∧∧    ∧∧と ノ
 u-u( ・ω・)=つ);:)ω・`)
    (っ ≡つ=つ⊂⊂)
    ( /∪ バババ∪ ̄\_)
     オラオラ!!
【脱衣派と女装派とで大乱闘真田ブラザーズ状態】

(乙でしたー)
(では自分もそろそろ。乙ですー)

317 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/10/31(月) 23:05:53.69 0
(;;;;;;;::o`ヽ
  ('''''"::::::::≫
  と;;;;;と;;;;;≫
   );;;;;;;;;;;;;;ヽ,,,,ノ )
   (;;;;;ハ;;;;;);;;;;;_ノ

 ,-‐,- .,
 ヽ,_ヽo ヽ
  /_,/::::::::≫
 と;;;;;と;;;;;≫
  );;;;;;;;;;;;;;ヽ,,,,ノ )
  (;;;;;ハ;;;;;);;;;;;_ノ

    ,-‐,- .,
―――'丶ヽo ヽ
――--.,ノ,/::::::≫
    と;;;;;と;;;;;≫
     );;;;;;;;;;;;;;ヽ,,,,ノ )
     (;;;;;ハ;;;;;);;;;;;_ノ

オツデス

318 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/10/31(月) 23:11:30.04 0
>>315
氷山「銀ちゃんがその気はなくても私はいい気分じゃないの!
   生まれ持った差をみせつけられてる気分になるから!」
【そっちの理由もあるらしい、羨ましいということだ】

>>316
真田「……よし、この隙に!逃げるよ!」
氷山「うん!」
【同士討ちをしてる間に脱兎のごとく逃げる二人】

(では自分も落ちます、おやすみなさい)

319 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/10/31(月) 23:11:31.60 0
>>313
いいスよ
まぁ、こっちからはいつも通り氷山センパイに真田センパイでいかせてもらいますけど
【ちょっと嬉しいのか、にやけながらの返答】

カップ麺って偉大スよね
私の部屋にゃドン・ベーが沢山積んでますよ
【まるでどこぞのメイドさんである】

>>315
モノの例えって奴スよ
どうぞお幸せに

>>316
(……間違いねぇ、こいつ連れてったら変態ヴァンパイアハンターばりの所業で)
(私の屋敷を消すな……)
【何が何でも阻止しようと決意するのであった】

(みなさんオツでしたー。こちらも落ち)

320 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 23:58:57.17 0
さーてクズどもが消えたし荒らすかーw

321 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 23:59:36.56 0
キモいですねえスギサキモ☆

あまりのキモさにみんなビックリ☆

早く死ね

322 :名無しになりきれ:2011/10/31(月) 23:59:53.06 0
埋め


埋め


埋め


埋め


埋め


埋め

323 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 00:00:53.44 0
リンゴミリンゴミリンゴミ


腐ったリンゴミ

腐敗したリンゴミ

食中毒リンゴミ

324 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 00:02:35.58 0
ハロウィン終了〜☆

この糞スレも終了〜☆




埋め!

325 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 00:03:58.64 0
あんまり調子に乗らないでね!!!!!!!!!




糞スレでオナニー

楽しいですかあああ???
キモいんですけどねえ

326 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 00:07:02.53 0
廃校しますように☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


廃校しますように☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


廃校しますように☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

327 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 00:08:02.19 0
糞スレ埋め
糞スレ埋め
糞スレ埋め

328 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 00:28:12.45 0
杉崎に抗議!!

杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害

悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎

329 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 01:57:22.70 0




超絶ゴミスレ
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1319293324/

330 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 12:41:46.07 0
 「お年寄りを大切にしよう」なんていうのは昭和のキレイごとなのか。
                                                              
きのうは社会と自分の意識の変化に気づかされる小さな事件があった。
                                                              
                                                              
                                                              
 電車の座席はほぼ埋まり、車内には立っている人がちらほらいる程度。
                                                              
私の向かい側座席の前には男性1人、女性2人のハイキング帰りらしい高齢者が立っていた。
                                                              
私に背中を向けているから時たま見える横顔で判断するしかないが、60代半ばぐらいか。
                                                              
彼らの目の前の座席には若者2人と50代ぐらいの女性1人が座っている。若者は2人とも茶髪、1人はサングラスをしていた。
                                                              
                                                              
                                                              
 この人たちに気づいたのは、この高齢者組の男性が「最近の若い者は年寄りを立たせても平気なんだから」
                                                              
「ちょっと前は罪悪感からか寝たふりをしたもんだが、最近じゃ寝たフリもしないからふてぶてしい」などと、
                                                              
かなり大きな声で話しているのが耳に入ってきたからだ。どうも自分の前にいる若者に席を譲らせて女性2人を座らせたかったらしい。
                                                              
                                                              
                                                              
 ここまで嫌味っぽく言われると、まったく関係ない第三者の私だってちょっと気分が悪い。すっかり眠気が覚めてしまった。

反対側にいる私が席を譲れば、もう1人ぐらい誰か立ってくれるだろうと思って腰を浮かせかかった瞬間、サングラスの若者が口を開いた。
                                   


 「あんたたちさぁ、山は歩けるのに電車では立てないの? それっておかしくない? 遊んできたんだろ? 

こっちはこれから仕事に行くところなんだよ。だいたいさぁ、俺みたいなヤツが土曜日も働いてあんたたちの年金を作ってやってるんだって分かってる? 

俺があんたみたいなジジイになったら年金なんてもらえなくて、優雅に山登りなんてやっていられないんだよ。とにかく座りたかったらシルバーシートに行けよ」



 細部の表現は覚えていないながら、こんな感じ。チャラチャラしているように見える若者の意外な発言に正直言ってビックリ仰天した。

「お年寄りに席を譲りましょう」とか「お年寄りを大切にしましょう」などというキレイごとを聞いて育ってきた世代の私にしても、彼の言っていることは正論に聞こえた。

あたしって壊れてきているのかな? 浮かせかかった腰を再び降ろしちゃったよ。3人の高齢者は凍りついたように黙りこくり、

次の駅で降りていった。ほかの車両に乗り換えたのかもしれない。

331 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 13:47:12.70 0
…気づけばもう次スレか…。私がなんら動かぬうちに…。
くるたびにこれを張ってばかりの気も致すが、まぁ貼らせて頂きましょう。




名前: 西園寺 御祇(これは贈名で、本命は東雲命と言う。)
年齢: 二千数百歳
種族: 亡霊(名目上では武神)
能力: 衝撃、物体の運動を操る程度の能力
容姿: とりあえず毛は全部白い。白い呉服の上に墨染めの羽織。
体は非常に大きく、3m半ほどある。ただし武神としてはかなり小ぶり。
人間友好度: ?
危険度: 中
スペルカード:
「神業 神崩衝波」
「神業 彗崩辿撃」
「神業 大積天武」
「神業 山遁妖術」
「玄武」
「天武」
「国崩」
好きなキャラ: 鬼たち、性の良い者
嫌いなキャラ: 最近はいなくなった
簡単なキャラ説明: 武神であり、その力も皇祖神より賜っているが、
普通の神と違って、体が人であることから完全な武神ではない。
元は奴の身分であったり、また南雲命の工作などにより歴史や神話にその名は刻まれていない。
彼の武神としての戦は4056戦104敗。かなりの剛の者である。

332 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 20:20:29.52 0
今日もクズども来るかな〜


きませんように
きませんように
きませんように



臭いから


333 :高等部二年B組 水専攻 七坂 ◆L6SI9XbyME :2011/11/01(火) 20:35:44.90 0
>>331は誤爆かな?)

【屋内訓練場】

美緒「…非常に不服」
【眉根を寄せ、少し拗ねたような顔で訓練場の扉を開ける】

孝輔「逃したもんは仕方ないだろ?衣装を披露する機会なんてまたすぐあるって」
美緒「うー…どうして昨日に限ってあんなに依頼が…」
孝輔「ああ…まさか演出用の術が暴走して衣装全焼なんてな…
   ま、演劇部も困ってんだし、良い事したじゃねーか」
【ぽんぽんと美緒の肩を叩きながら、その横を歩いている】

美緒「…で、気分転換に模擬戦でもって思ったときに限って誰も居ないんだね」
孝輔「悉く運が無いな」
【口元に手を当て、くつくつと笑う】

孝輔「別に俺が相手してもいいぞ」
美緒「勝率の悪すぎる戦いは好きじゃないんだけどなぁ」
【伸びをして、大きなため息をついた】

334 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 20:43:13.18 P
>>333
杉崎「模擬戦と聞いて」
蘇芳「私たち参上」
【ばーんと扉を開いて二人が現れた】

杉崎「昨日は先輩がいなくて残念でした」
蘇芳「七坂先輩の可愛いコスプレ姿見たかったですよー」
【至極残念そうな顔をする】

杉崎「と、まあそういうわけで。模擬戦します?いつでもいけますけど」
【ぽきぽきと格好つけて指を鳴らす】

335 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/01(火) 20:44:00.72 0
>>333
【ぎっちょがっちょとフルプレートアーマーと馬鹿と丸メガネが歩いてくる。
 背中には両刃の巨大な両手剣を背負い、伸びた尻尾にも鉄板のアーマーがあしらわれている】

全身鎧「おう、七坂と先生」
火野「おお、おっぱいと残念先生!」
メイド「馬鹿にぃ、グロッグとポントウと選ばせてあげるよ?」
火野「七坂と先生、こんばんはです!」
【ぺこりと馬鹿が90度のお辞儀をした】

336 :中等部三年B組 重力専攻 稲月 ◆6Lx5Suc5pc :2011/11/01(火) 20:44:30.48 0
>>333
たく、なんで俺が……
【なにやらぶつくさと文句をいいながら訓練場入りする稲月】

ん?誰か居るな

337 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 20:53:19.08 P
>>335
杉崎「火野先輩とたま先輩。あと、そっちのは察するに土方先輩ですか」
蘇芳「こんばんわー♪」
【やってきた先輩方に挨拶】

杉崎「なんでまた先輩はそんな格好しているんです?」
蘇芳「ハロウィンは昨日で終わっちゃいましたけど」
【多分ハロウィン関連ではないとは思うが】

>>336
杉崎「よう稲月。おっす」
蘇芳「おっす♪」
【手を挙げて挨拶する杉崎とそれを真似する蘇芳】

杉崎「なんだお前も訓練しに来たのか。みんな熱心だな」
【とか言っている杉崎も訓練しに来ているわけだが】

338 :高等部二年B組 水専攻 七坂 ◆L6SI9XbyME :2011/11/01(火) 20:53:38.44 0
>>334
美緒「はぁ…結構頑張ってつくってたのに…」
【しょぼん、と肩を落とす】

孝輔「別に今から着ればいいんじゃねーの?」
美緒「なんでもない日に仮装なんてしたら恥ずかしいよ」
孝輔「お前の恥ずかしさの基準がわからねえ」

孝輔「ちょうどいいな。相手してやってくれ」
美緒「ありがとう、お願いするよ」
【スカートの裾を翻し、戦闘に十分なスペースのある方へ歩いていく】
【杉崎の方を肩越しにちらりと見て、魔法陣からレヴィーヌを抜き取った】

>>335
美緒「おっ…」
【ささっと胸元を押さえる】

孝輔「こら、誰が残念だ」
【じろっと睨む】

孝輔「よろしい」
【90度お辞儀をする火野を見て普通の表情に戻る】
【その横で美緒も軽く頷いた】

>>336
美緒「ん」
孝輔「よかったな、続々人が来るぞ」
美緒「もう相手見つかっちゃったけどね」
【あはは、と笑う】

339 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 21:00:21.05 P
>>338
杉崎「まあそういう日だからこそ、できることだろうとは思いますけどね」
蘇芳「合法的にコスプレできたり、お菓子要求できたり、いい日ですよねぇ」
【間違ってはいないが、そういう日じゃない】

杉崎「ういっす。よろしくお願いします」
蘇芳「じゃあ私は端っこでみてるね。頑張ってね衛♪」
杉崎「任しとけぃ」
【ぐるんぐるん腕を回しながら答える】

杉崎「幻獣兵装“蛇竜棍”」
【杉崎の手のひらに三尺ほどの棍棒が現れる】
【両手でそれを持つと器用に振り回してみせた】

杉崎「レディーファースト。そちらからどうぞ」
【杉崎選手余裕の表情。慢心せずしてどうのこうの】

340 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 21:00:28.22 0
うわああああ来てるよ来てる
きめええええ
きめええええ

きめええええ
きめええええ

相変わらずきめええええなwwww




341 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/11/01(火) 21:01:49.77 0

真田「あれっ、先客がいるみたいだね」
『それどころかたくさんいるでござるな』
ミュウ「にゃー」
【右手に剣、肩には黒猫を乗せて登場する】

真田「今日はミュウにフットワークの特訓を手伝ってもらおうと思ったのに…どうしよう」
ミュウ「にゃ?」
『これは仕方ないでござるな…訓練場はみんなのものでござる』

342 :中等部三年B組 重力専攻 稲月 ◆6Lx5Suc5pc :2011/11/01(火) 21:01:59.68 0
>>337
ちげーよ。勲紀が、訓練前に飲んだ献血パックの入れ物を訓練場に忘れてったんだよ。
それを、依頼こなすために街に出てから気付いたんで俺に回収頼んだってワケだ
あぁ、あった。これだな
【ひょいと、空っぽの献血パックを拾う】
【よく見るとペットボトルのような飲み口がついている】
【病院などから、ある程度魔族たちへ供給されているらしい】

>>338
いや、人の戦闘見んのも訓練の内だしな
ついでに見せてってもらうぜ。高等部の戦いっぷりをな
【腕組仁王立ちで、見学に勤しもうとする】

343 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 21:02:28.57 0
学校にいたら書き込めないという、これまた古びた固定観念wwwwwww

時代は変わるんですよおおおお???
分かってます???おじちゃまがたwwwwwwwww


ばーか!!!!!!!!!

344 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/01(火) 21:06:51.76 0
>>337
【がしゃこと面頬を上げて】
土方「おう、オレだ」
火野「バカップルおっす!」
メイド「二人ともおっすおっす!」
【それぞれに挨拶する】

土方「蘇芳、色ボケも程ほどにな」
【軽くからかう】

メイド「外だと鎧が砂噛むから、なかでちょっと訓練だよ」
火野「マリアさんが強行軍がたたって、熱出したからよ〜」
土方「鎧の重量の乗せ方と両手剣の振り回し方が結構面白くてな。お前も着るか?」
【AC0、剣と合わせて総重量70kgオーバーの鉄の塊です】

>>338
メイド「えー、用意してたなら見てみたいな。今から着ようよ、美緒ちゃん」
火野「七坂の衣装はエロ可愛いって評判だぜ!」
【ごしゃっと篭手で殴られるバカ】

土方「そうだな。七坂の作る服はデザインもいいしオレも見てみたいぞ」

345 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 21:07:19.92 0
おらああああああああああああ!!!!!

きめーんだよ、ブタどもが亜アアぁぁああぁぁぁぁぁァぁぁぁァああ!!!!

頭かち割ってやらrさあうああ数ア嗚呼嗚呼ァああァァァァ!!!!!

ぎゅあさうshsがああああああああああああああああああああ
死ねええ絵絵江恵ェェ絵江恵絵絵絵江恵江ェ絵江得えええ絵江絵江え
gりゅああさbなあfがはじゃなじゃんっさかmさ、msdんじゃさああ!!!!

おらおらおあらおあたおあうああああああたあああさあああっさjさじゃああああ
ああああああああああsjしゃhsjhsなあああじゃじゃああじゃjhさあ
sっすっすうああああああああああぎゅちゅああああああああああ!!!!!!

・・・死ねよ、池沼。

346 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 21:09:49.81 0
話しながらでも携帯いじれますがwwwwwwwwww

お前らはそういう経験した事ないからそんな事言えるんだよねえええwwwwwww

みゃはははははは
孤独で虐められて中退してなりきりに専念するキモいおじちゃまwwwwww




吐き気しますううううううううえ

347 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 21:11:37.53 0
またまた可愛いいただきましたあああ!!!!!!!!!

ありがとうございますうう荒らしますううう



てゆうか容量潰しとかどうでもいいんだよねええ
お前らがキモいから嫌がらせしてるだけwwwwwww



348 :高等部二年B組 水専攻 七坂 ◆L6SI9XbyME :2011/11/01(火) 21:11:50.77 0
>>339
美緒「ご親切に」
【スカートの裾を片手でつまみ、すこし目を細めた】

美緒「今日はいつもよりもう少し頑張っちゃおうかな」
【くるくるとレヴィーヌを回し、魔力を練る】
【数度、軽くステップを踏み、何度目かで強く地面を踏んで、レヴィーヌを振って魔力弾を放った】
【大きさは中くらい、様子見程度の威力だ】

美緒「レインフォール」
【振ったながれのままレヴィーヌを上に振り上げ、黒く薄い雨雲を生み出す】
【戦闘スペース一帯に、小雨が降り始めた】

>>341
孝輔「おー、ちょっと遅かったな」
【入ってきた真田に気づき、からからと笑う】

孝輔「ま、見るのも勉強のうちだろ?」

>>342
孝輔「中等部か。勤勉だな」
【腕を組み、稲月を見て軽く笑った】

>>344
孝輔「だってよー、美緒ー」
【すでに戦闘に入ってしまった美緒に向かって声を飛ばす】

美緒「えー」
【今から?と苦笑し、余裕があればね、と声を投げ返した】
【評価を聞いて、少し嬉しそうだ】

349 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 21:12:31.50 P
>>341
杉崎「よう真田。今日はにゃんこも一緒か」
【肩に乗っている黒猫を見て言う】

蘇芳「かわいいー♪なでなでしていい?」
【真田の近くへ歩いてくると眼を輝かせながら黒猫を見ている】

>>342
蘇芳「け、献血パック?」
杉崎「ああそういや一応勲紀はそっち側だったか」
【たまに勲紀が人外ということを普通に忘れる人たち】

蘇芳「……血って美味しいのかな」
杉崎「口の中切ったときとか変な味するだろ」
蘇芳「ああそういえば」
【何故か興味を持ってしまう食いしん坊】

>>344
杉崎「火野先輩あとでちょっと屋上こいや」
【どっちの炎が熱いか勝負してやんよ】

杉崎「いや結構です。見るからにそれ重そうじゃないですか」
蘇芳「衛だったら着てるだけで骨折れちゃうかもね」
杉崎「俺そんなに貧弱じゃねえよ?」
【でも多分動けない】

350 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 21:17:07.34 0
半年ぐらい数多のキモヲタ御用達のスレを荒らしてきましたが、

一度も呼ばれた事などございませんがあああ??????

ね、エロエロ土方おじちゃま☆
銀魂好きなんですかああ???





あと杉崎相変わらずキモい

351 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/01(火) 21:17:07.46 0
>>341
土方「おう、真田」
火野「うーっす!」
メイド「一緒にお茶でも飲みながら見学する?」

>>342
火野「あれ誰だっけ、何とかジェーンみたいな……」
メイド「稲村じゃないよ、稲月くんだよ。
    お茶でもどう?」
土方「こりゃオレも見物だな」
【メイドがいそいそ観戦席を作り、土方は兜を脱いで、腕組みして対戦を眺めだした】

>>348
メイド「ちぇー 美緒ちゃん結構好戦的だよね」
火野「バトル好き多いよな、この辺の連中」
土方「まあ、力を持てば行使したくなるのは仕方ないな」

352 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 21:21:01.11 P
>>348
杉崎「よっと」
【体の前で棍棒をくるくると回転させて盾にする】
【目的どおり、魔力弾は棍棒に弾かれた】

杉崎「やっぱり得意なフィールドを作りにきたか。そんなら……」
【指先を天井、雨雲へと向ける】
【指先に魔力が集中し、圧縮された炎の玉を作り出す】
【放たれた炎の玉は雨雲へと向かって飛んでいき、拡散して弾けた】
【完全に、とは言わないが雨雲の何割かが消えた】

杉崎「あんなもんか。多少は力を削れたしいいとしよう」
【そう言いながら棍棒を構え、突き出した】
【突如凄まじい勢いで棍棒が伸び始めた】
【そのまま棍棒は七坂へ向けて伸びていく】

353 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 21:23:08.85 0
オナニー学園でオナニーの勉強してるけど



気持ち悪すぎるんですがwwwwwwwwwwwwwwwwww



嫌らしい姿を公衆の面前で見せないで下さい!!!!!!!!!




354 :中等部三年B組 重力専攻 稲月 ◆6Lx5Suc5pc :2011/11/01(火) 21:23:50.26 0
>>348
キンベンっつか、置いてかれねー様に必死なだけだ
親父の自慢しまくって、その背中に向かって全力で突っ走りまくるバカが居るんでな
横で走り続けられる奴が必要だろ?そういうバカにはよ
【半ば呆れ顔になりながら喋る】

>>349
勲紀に言わせれば、鉄の香りとどろっとした舌触りがサイコーらしいぜ
……実を言うと、俺も時々肩をカプッといかれてんだよな……
余計な脂肪とかの味がしなくてウメーとか言ってっけど……さすがにそれだけは共感できねぇ

>>351
お、悪ぃな。砂糖多目のカフェオレ頼むぜ、メイドさんよ

355 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/11/01(火) 21:25:16.05 0
>>348
真田「そうですね、晩ご飯とかお風呂とか済ませてからきたので
   大分遅くなっちゃいました、今日は諦めますよ」
【真田から少しシャンプーの香りがするのはそのためか】

真田「でも先輩と杉崎かぁ…どっちが強いんだろ?」

>>349
真田「うん、この子にも今日の特訓に協力してもらおうかなって」
ミュウ「にゃー」
【猫の首の下を撫でてやりながら】

真田「うん、いいよ。はい」
【肩に乗ってる黒猫を抱きかかえ、蘇芳に差し出す】

>>351
真田「あ、御三方もいたんですね…って」
【挨拶しようとしたところで止まる】

真田「そういえば僕、そちらのお二人のこと、よく知らないんですけど…」
【自己紹介すらしていない】

356 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 21:25:46.48 0
荒らされるのが嫌ならお得意の魔術(笑)で追い払ってみなさいな〜

あ、無理かwwwwwwwww

所詮オナニー、妄想だもんねwwwwwww




超キモいです(笑)(笑)(笑)

357 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 21:31:52.41 P
>>354
蘇芳「ごくり……」
杉崎「やめろ馬鹿。お前が飲んでも血の味しかしないぞ」
蘇芳「だよねぇ」
【がっかりして肩を落とす】

杉崎「確かにお前体脂肪率とか低そうだもんな。いい体してるよ」
蘇芳「え、衛……」
杉崎「いや変な意味じゃねえし。というかこんなタイミングで言うか阿呆」
【ぺしっと蘇芳の額にデコピンする】

>>355
杉崎「猫相手に……」
蘇芳「訓練……?」
【なんてことしやがるんだこの鬼畜野郎!みたいな顔で真田を見る】
【明らかに誤解をしている】

蘇芳「ありがとー♪」
【黒猫を受け取ると優しく抱きかかえた】
【頭撫でたり顎撫でたり、存分に堪能して癒されている】

358 :高等部二年B組 水専攻 七坂 ◆L6SI9XbyME :2011/11/01(火) 21:34:46.61 0
>>351
孝輔「今日の美緒は荒れてるからな」
【戦闘の様子を見ながら、少し大げさに言う】

孝輔「…あいつ、結構頑張ってるんだ、結果は出したいだろうさ」

>>352
【消えた雨雲を操作し、自分の上空に集める】
【美緒の周りは相変わらず小雨が降り続くが、杉崎の周りはあまり降っていない】

美緒「は、っ」
【がっ、とレヴィーヌで棍棒を弾くように受け流す】
【魔力で強化されてはいるものの、多少衝撃は伝わったようだ】
【衝撃に押された勢いで身を返し、するりとレヴィーヌへ乗った】

美緒「ふふ」
【雨を浴びることで魔力を増幅し、爆発的な加速力でレヴィーヌを駆った】
【大きく杉崎の周りを迂回するように低空を跳び、水の弾丸をばらまくように放つ】
【ひとつひとつの威力は低いが、速度と数は並みのものではない】

>>354
孝輔「なるほどね」
【笑って、軽く息を吐く】

孝輔「ところで」
【ぐる、と顔を稲月に向ける】

孝輔「さっきからお前はなんでタメ口利いてんだよ。先生だぞ先生。臨時だけど」
【自分を指差して言う】

>>355
孝輔「さーな」
【白々しくも見える素振りをする】

孝輔「純粋な火力で言えば杉崎の方が圧倒的だ。美緒の一番の弱点だからな」
【人形も自己強化の役割が強いレヴィーヌだし、と呟く】

孝輔「でもトリッキーさなら誰にも負けねーよ。俺達はな」

359 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 21:43:13.56 P
>>358
杉崎「(戻すか。ダメだ時間が掛かるな……)兵装解除!」
【伸びたままの棍棒を解除して魔方陣に戻す】
【そして改めて別の魔術を発動させる】

杉崎「防御……するには数が多いか。“潜影”!」
【水の弾丸が降り注ぐ中、杉崎の姿が影に消えた】
【潜るまでにはタイムラグが生じるため、結構喰らってしまったようだが】

杉崎「(アーンド、“朧霧”。さて、どうくるか……?)」
【突然辺りが真っ黒な霧に覆われる】
【目を凝らせば見えないこともないが、まるで月明かりすらない真夜中のようだ】
【この霧の中で、さらに影に隠れている杉崎を見つけ出すなど不可能に近い】
【まずはこの霧をなんとかしなければならないだろう】

360 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/11/01(火) 21:44:08.82 0
>>357
真田「いや誤解しないでよ?
   特訓っていうのはこの子に攻撃してもらって
   それを僕が避けるっていうものだし」
【二人の顔を見て弁解する】

ミュウ「……」
【蘇芳に為すがままにされている猫、気持ちよさそうだ】

>>358
真田「そうですね、どちらかという先輩は技で勝負するタイプに見えますし
   どこまで工夫できるかってとこですか?」
【剣をクルクル回しながら戦い見てる】

真田「トリッキーさ…ね」

361 :中等部三年B組 重力専攻 稲月 ◆6Lx5Suc5pc :2011/11/01(火) 21:44:42.82 0
>>357
……センパイ達って、確かよく勲紀とツルんでんだよな
アイツに変な事言うなよ
【なにやらアレなものを感じたので警戒気味】

>>358
心配すんなよセンコー。俺ゃカタギ相手に敬語使うのがメンドくせぇだけだ
【全く理由になってない】

362 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/01(火) 21:45:58.43 0
>>349
火野「おう、おもしれぇ! いいぜ、どっちがっがたきりばっ!?」
【後ろからメイドに蹴倒された】

メイド「バカにぃ、消防車のお世話になる前にいっぺん〆るよ?」

土方「いや、意外と動けるぞ。こう、重心をわざと崩してだな――」
【ぐらっと倒れるように見えた瞬間、その姿が消え――
 壁と天井が数箇所バンバンバンとはじけとび、ドシャッと元の場所に着地した】

土方「こんな感じだ」
火野「いや、普通崩れた段階でふんばれねーしよー」
メイド「その重量で跳ね回れるのは尊敬するけど、修理どうするの?」
土方「あ……
   そうそう、蘇芳。イタリアかドイツか何処かで豚の血の腸詰ってやつがあってなー」
【露骨に話をそらしたw】

>>355
メイド「はいはい、おまかせー
    いやー、それにしても稲月くんいいガタイしてるね?
    あゆにぃと同じぐらい? 体脂肪率一桁とか?」
火野「俺様はここまでしぼってねーよ。筋トレはしてるけど、飯は普通に食うし」

>>355
火野「おいおい、忘れるなよ真田よう」
メイド「炒飯湖であってるんだけどねー
    真田君とはあんまりあってないから忘れられてもしかたないねー」


363 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 21:54:58.52 P
>>360
蘇芳「え?あ、ああそういうんだったんだ。
   なんだてっきりこのいたいけな猫ちゃんを剣で甚振るのかと」
【どんな鬼畜の所業だ】
【道理でさっきから猫に対する態度がやたら優しいと】

>>361
蘇芳「大丈夫だよ言わないって。私は、多分ね」
杉崎「なんだ俺の顔に何かついてるか」
蘇芳「別に」
【おもむろに杉崎のほうを見る。怪しいのはこっち】

>>362
杉崎「人間の挙動じゃねぇ!」
蘇芳「それができるのは土方先輩くらいですきっと」
【相変わらずの無茶苦茶っぷりにあきれ果ててしまう】

蘇芳「美味しいんですかっ!」
杉崎「食いついた!」
蘇芳「やだなぁ衛。まだ食べてないって」
杉崎「そういう意味じゃねえし!」
【中国だか韓国だかには鶏の血に豆腐を浸したもんがあるとか】

364 :高等部二年B組 水専攻 七坂 ◆L6SI9XbyME :2011/11/01(火) 21:57:24.24 0
>>359
美緒(霧…)
【突如視界が真っ暗になり、眉をひそめた】

美緒「リキッドジェリー!」
【払うように腕を降り、大きなゼラチン質の魔力塊をいくつか生み出した】
【それが床に落ちると同時、周囲の霧を魔力に分解して吸収する】
【少し黒く濁った魔力塊を置き去りに、レヴィーヌの限界高度、3mの高さで飛んでいる】

美緒「ちょっと後処理が大変だけど」
【ひときわ大きく魔力を練り、右手を高く掲げる】
【器用に手放しでレヴィーヌを乗りこなし、左手で太腿のケースの留め具を外した】

美緒「たあぁっ!」
【右腕を床に向かって思い切り振り下ろすと、莫大な量の水が訓練場の床に叩きつけられた】
【水属性なら誰しもが使える『水を出す』という単純な魔術だが、かなり強化されている】

美緒「凍れっ!」
【すばやく左手ですとーむぶりんがーを抜き、床に向かって投げた】
【鋭い速度で落下し、水が掃け切っていない床にすとーむぶりんがーが突き刺さる】
【そして、床に落ちた水が凍り、訓練場の床自体が氷の床のようになった】

>>360
孝輔「だな。頭を回して勝つタイプなんだ」
【俺と違って、と自嘲気味に笑う】

>>361
孝輔「おいおい、カタギなんて言葉中々聞かないぞ。不良かお前」
【うはぁ、と笑う】

365 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/01(火) 22:00:00.33 0
>>363
土方「多少癖はあるが、一度食べると病み付きになるらしい」
メイド「そういえば、マンガの喰いタンでやってたね」
火野「プリンっぽい食感らしいけど、ためそうとはおもわねーな、俺様」

土方「コツは腰より上の重量を上手く振り回すことだぞ?」
メイド「もういいってば」
【ぺちっと鎧を叩く】

366 :中等部三年B組 重力専攻 稲月 ◆6Lx5Suc5pc :2011/11/01(火) 22:02:47.79 0
>>362
【崩れた天井とかを見ながら】
(なにやってんだか……飽きねぇセンパイ達だぜ)

お、ドモ
体脂肪率か?あぁ、一応9%だぜ
ま、それでも細腕の女子に負けてんだけどよ
【勲紀以外にも稲月を倒せそうな女子は十分居そう】

>>363
あぁ、そっちは信頼できそうだな
【蘇芳の方のみを見ながら】

>>364
オールバックで学ラン開いてシャツ出ししてる一般生徒が居んのかよ
……しゃーねーか。俺が負けて以来、中等部の不良界じゃ勲紀ばっか持ち上げられてっからなぁ

(お風呂空いたので落ち ではー)

367 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/01(火) 22:06:15.34 0
>>358
土方「まあ、七坂の努力はみんな認める所ですよ」
メイド「そうだね。ちやほやされてるだけじゃない努力型だし」
火野「なんてーの? 戦う所を見ててもいろいろ考えて工夫してるなって俺様おもうぜ!」
メイド「ほんと、何処かの自爆魔にもみならってほしいよねー」
火野「何だとコラァ!」
メイド「にひひ〜」

368 :高等部二年B組 水専攻 七坂 ◆L6SI9XbyME :2011/11/01(火) 22:06:18.84 0
>>366
孝輔「いや、割と大人しい方じゃねーかな…」
【自作衣装がエキセントリックな被服履修生徒ばかり見ているため、ちょっと感覚が鈍っていそうだ】

孝輔「不良界以外の界隈がでかすぎる影響もある気がする」
【兄として、将来が安心なのか不安なのか】

369 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 22:07:45.83 0
ばいばいさるさんうっぜえええええええ



ルニャきめええええええええええ


何こいつ!!!!!!!!!???

見ててイライラしてくるんだけど
死ねよ


基地外デブスorキモヲタおっさんの猫耳なんて誰も見たくないっつの

吐き気がします。

370 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/11/01(火) 22:11:40.99 0
>>362
真田「あれっ!?そうでしたっけ…
   あまり記憶にない…あっれー…」
【記憶力は良い方なので真剣に悩んでいる】

真田「それじゃあ改めて、高等部一年A組の真田誠です」
【礼儀正しく頭を下げながら】

>>363
ミュウ「にゃ!?」
【蘇芳の言葉にビクッとし、ジタバタし始める】
【ある程度の人の言葉がわかり、頭もいいが臆病な猫なため】

>>364
真田「うわっ!?」
【床に叩きつけられた大量の水を見て、水飛沫を警戒して顔をかばう】

真田「……?わっ!」
【直後に凍ったそれを見て、思わず感嘆の声を漏らす】

真田「この精度…葵にも劣らない…」

371 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 22:12:43.77 P
>>364
【黒い霧は綺麗さっぱり全て魔力塊に吸い込まれた】
【今でははっきりと周囲が見渡せるだろう】

杉崎「後ろ、とったりぃぃぃぃぃいっ!?」
【七坂の足元の影、七坂の背後から突如杉崎が飛び出てくる】
【そしてそのまま近距離で攻撃しようと襲い掛かった】
【……ものの思いっきり床の氷で滑った】
【顔面を氷に強打する】
【めげずにすぐ体勢を立て直して起き上がりつつ距離を取る】

杉崎「うぐぐ……“黒翼”」
【とりあえず氷でこれ以上滑らないために空を飛ぶ】
【天井の高さとかの関係であまり高くは飛べないため、ギリギリ氷につかない程度の高さを保つ】
【そして手のひらから炎弾と闇弾をぽすんぽすん放った】
【威力はかなり低め。牽制目的のようだ】

>>365
蘇芳「ほうほう、成る程……」
【数日後、蘇芳が通販で取り寄せている様子を同クラス生徒が目撃したとのこと】

杉崎「確実にその重量に俺自身が振り回されそうなんですが」
蘇芳「私ですら扱えるかどうか……」
【鎧というか、常人にはもはや枷のようなものだ】

>>366
(乙ーおやすみなさいませ)

372 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 22:13:41.85 0
土方おじちゃま


このさるさん厳しすぎない???
ちょっと緩めてよ



もう本当このスレうざすぎ!!!!!!!!!

何このうざさは!!!!!!!!!

373 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 22:21:00.38 0
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎
悪臭を放つ杉崎


杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害


杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害
杉崎は公害

374 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 22:23:24.10 P
>>370
蘇芳「ああっ!?大丈夫!私はそんなことしないから!」
【落ち着かせるためにまたなでなでする】

蘇芳「えっと、えっと、えーっと……どうしたらいい?」
杉崎「真田に渡しゃいいんじゃね」
蘇芳「そっか!はい誠くん!」
【どうしようもなくなってきたため、わたわたしながら真田に黒猫を渡そうとする】


375 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/01(火) 22:24:25.55 0
>>366
メイド「おお〜 やっぱりプロティン飲んでささみとか卵の白身とかばっかり食べて
    筋トレしたりとかするの?」
土方「なんでお前はそうマニアックな方向に……」

火野「あのな、稲月よ。ここのカーストのトップはちびっ子、中等部一年のルニャだぞ。
   そう気を落とすこたねぇよ……」
【げんなりした顔で肩をすくめる】

メイド「まあね。人外レベルまで行かないと、身体能力だけじゃ普通に性差は逆転できるし」
土方「そこが魔術の面白い所なんだがな」

(おやすみー)

>>370
メイド「いいよ、どうせ忘れちゃうんでしょ? 名も無いメイドでいいよ」
【わざとらしく拗ねてみせる】

火野「いいもん。どうせ忘れられるなら、名も無きさごーぞっ!?」
【どかっと土方に蹴り倒される】

土方「あー、馬鹿が2F火野歩、こっちは2Bたまだ」

>>371
土方「蘇芳はいつだったか500kgぐらい背負ってなかったか?」
火野「え、マジで?」
メイド「銀ちゃんマジパネェ!」

376 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 22:24:33.06 0
>>374

きしょっ
喋んなよカス




















377 :高等部二年B組 水専攻 七坂 ◆L6SI9XbyME :2011/11/01(火) 22:29:06.14 0
>>366
(乙言い忘れ。乙ー)

>>367
孝輔「伝えておくよ」
【自分の妹が褒められるのは自分も嬉しいらしい】

孝輔「自爆魔は核弾頭に比べりゃまだかわいいもんだろ」
【火野を見て楽しげに笑う】
【が、微妙に引きつっている気がしなくもない…】

>>370
孝輔「大丈夫、ただの水だ」
【咄嗟に孝輔も顔を腕で軽く覆ったが、すぐに退ける】

孝輔「…そうなのか?本職の氷魔術使いにも劣らない…精霊ってやつは凄いな」
【美緒の氷を扱う力量の半分は、すとーむぶりんがーの補助によるものだろう。もう半分が努力】
【そのエネルギーを直接水に向ければ、それだけで凍らせることくらいはできる】
【雨で魔力が増幅された今の美緒なら尚更早く】

>>371
美緒「おっと」
【くるん、とレヴィーヌを水平に振り回すように方向転換し、背後に向かって魔力弾を放った】
【が、杉崎が転んだためその攻撃は外れてしまう】
【ゆるやかな速度で飛んでいたレヴィーヌを加速させ、互いに距離を取る】

美緒「そんな攻撃じゃ」
【低空飛行に移り、強い魔力を身に纏う】

美緒「牽制にもならないよッ!」
【そして、一瞬で空気を置き去りにするように前方へ飛び出す】
【魔力をまとった大きな銃弾のように飛び、かするだけで炎弾と闇弾が弾かれてかき消された】
【途中で、床の氷に刺さったすとーむぶりんがを拾い上げ、ケースに収める】

美緒「カレントレーザー!」
【杉崎の至近距離まで一気に距離を詰めるが、真正面からは少し軌道を逸らし、
すれ違い様に斬るように杉崎の斜め前方から水のレーザーを放った】

378 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 22:30:13.88 0
荒らし死ね絵江絵江絵江江江絵江江江恵江江江江江江絵!!!!!!!!
失ねえええ絵絵絵絵絵絵絵恵恵恵え絵絵絵絵柄ぇ恵枝荏絵恵枝荏絵えええええ!!!!!

ぶっ消してやるさあj佐々ア嗚呼嗚呼ァsァァァァアアアアアあ
ァああァああぁああァああ亞嗚呼嗚呼アぁぁぁぁアアアアアアアぁアアアアァあ

差ckjd邪魔k魔邪魔邪魔zy間zyまじゃんざzy間ジャマああざああ
あゝアアm窯かああかかあ描かかだああああああああああァぁぁぁああああ!!!!

宇和アアぁぁぁぁアアぁぁぁアアアアアアぁぁアアアアぁぁぁアアアアあ
あゝアアぁぁぁぁァ嗚呼ァァァアアぁァァぁアアアア亞ああぁぁぁぁぁぁあ!!!!!
澪ぉ御大ぉぉぉぉぉぉぉおぉ大ぉぉぉぉぉ尾おぉおぉぉぉぉぉぉぉ緒ぉ大お
kおkKk化ッはハハハはハハハハハハハハッははぁハァはぁハハアぁああ!!!!!!

ライブ、見に来てくれよ、なあ、なあ、なアア笹ぁあゝぁぁぁァァァあゝあ
ァァァァ嗚アアァァァァぁ亜亞亜亜亜ぁぁ亜亜あゝ亞亞亞亞亞亞亞亜亜阿阿亜亜あゝ
あ亜あゝ亜ぁぁぁアアアアアアぁぁ亜亜ぁぁ亜ぁぁぁ嗚阿阿阿阿亜ああゝ亜亜ああ!!!!!!!!!!!

379 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 22:36:49.28 P
>>375
蘇芳「そりゃ確かに着て動く分には問題ないとは思いますけど、
   そのまま戦えといわれたら多分無理ですよ」
【思い切りタックルするとかぶん殴るとかなら利用価値があるかもしれない】

>>377
杉崎「くっ、“冥月”!」
【杉崎の手に追従するように闇の円盤が作り出された】
【そのまま円盤を自身を守るように前方に展開する】
【円盤に水のレーザーが触れると、そこだけが吸い込まれるように、呑まれるように消えた】
【すぐさま振り向くと、その円盤をフリスビーのようにして七坂へと飛ばした】

杉崎「もひとつおまけに“爆砕球”!」
【七坂の進行方向を遮るように炎の球体がいくつも空中に現れた】
【球体同士の間隔は狭く、通り抜けようとすれば爆発するだろう】

380 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 22:39:54.62 0
ゴミ





ゴミ



















ゴミ



ゴミ

381 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/11/01(火) 22:40:12.67 0
>>366
(おやすみなさい)

>>374
ミュウ「にゃー!」
【じたばたし続ける】

真田「えっ!?わっ!?」
【観戦に夢中になってたので驚きつつも猫を受け取る】
【暴れてるので多少はひっかかれたが気にしない】

真田「ほら、おとなしくして」
【そう猫に言い聞かせながらギュッと抱きしめる】

ミュウ「……」
【すると安心したのかピタッと止まった】

>>375
真田「本当にごめんなさい!もう忘れないです!」
【誠心誠意謝りながら】

真田「あ、はい…よろしくお願いします」
【蹴り倒された火野に呆気に取られながら】

>>377
真田「ええ…さっきの凍らせる以上なスピードは…」
【無論氷を操る術は氷山のが数段上だろう】
【だが凍結という一点に限れば本職に、少なくとも氷山に匹敵するレベルだった】

真田「……っ」
【今すぐ戦いたい衝動を抑えるように剣を持った右腕を掴む】
【目の前の戦いで闘争心が刺激されているようだ】

382 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 22:43:45.07 0
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね

383 :高等部二年B組 水専攻 七坂 ◆L6SI9XbyME :2011/11/01(火) 22:49:20.83 0
>>379
【杉崎の横を通り過ぎ、レヴィーヌを走らせる】
【後ろを前を交互にちらと見て、挑戦的に笑った】

美緒「火はちゃんと消さないと」
【スピードをほんの少し落とし、がくんっ、と直角に曲がった】
【慣性の法則を魔力で強引に捻じ伏せ、そのまま杉崎から遠ざかるように飛んでいく】

美緒「…っく」
【しかし、纏った魔力で打ち消しきれなかった炎にかすり、制服が所々焦げた】
【降らせておいた小雨が吉と出たのか、濡れそぼった制服の上ではあまり燃え広がったりせずにすんだ】
【そして、そのまま飛び、氷に覆われていない床の上へ出る】

美緒「ここから先は魔力がいるから――」
【ぽう、と水色の光が美緒とレヴィーヌを周りを包む】

美緒「パワーレヴィテーション」
【小さく呟くと、戦闘を見ている者でも容易に感じ取れるくらいの圧倒的な魔力を生み出す】
【その瞬間、床を覆っていた氷が一瞬で解けた】

美緒「打ちあがれッ!」
【そして、氷が解けるとほぼ同時に、腕を上方に向かって大きく振り上げる】
【すると、解けて床に落ちる水が、無数の水柱となって戦闘スペース全体を下から穿った!】

>>381
孝輔「魔力の使い方だな。美緒は、特別魔力が多いわけじゃない…
   だけど、できるだけ効率的に力を発揮できる魔力の使い方をしてる」
【そして、右腕を掴んだ真田を見た】

孝輔「戦いたいか?」
【楽しそうに笑う】

384 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 22:52:08.69 0
糞スレ




糞スレ





糞スレ





糞スレ





出てけ

385 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 22:53:20.06 P
>>381
蘇芳「ふぅ、よかった……」
杉崎「やっぱり飼い主ともなると安心するんだな」
【感心したように頷く】

>>383
杉崎「んなっ――」
【突然のことに一切反応できず、水柱に思いっきり直撃、天井まで打ち上げられた】
【天井にぶつかって跳ね返ってくるとそのまま水の中へぼちゃんと落ちた】
【気絶、はしていないようだが体を大分強く打った様子。動けないらしい】

杉崎「うぐぐ……負けました」
【悔しそうな顔

386 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 22:56:21.17 P
>>385
(最後のほう補足)

杉崎「うぐぐ……負けました」
【悔しそうな顔をしながら白旗を魔方陣から取り出して振る】

387 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/11/01(火) 22:59:45.73 0
>>383
真田「はい、それは見ててわかります」
【目を凝らして魔力の流れを見ればその程度は読みとれる】

真田「そうですね…やっぱりこういうのを見てると
   ジッとしてられないというか…」
【さらには口元に笑みが浮かんでおり、完全に戦う目だ】

>>385
真田「あっ…」
【落ち着いた猫を肩に乗せながら、打ち上げられた杉崎を見て】

真田「先輩の勝ち、か」
【いいものを見たかのように満足そうな顔で】

388 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/01(火) 22:59:47.01 0
>>377
土方「ああ、まあ、核弾頭はアレですねぇ……」
【あいまいな言葉とあいまいな表情で】

火野「好きで自爆してんじゃねーっての……」
メイド「殴ってドカン、防いでドカンじゃねぇ」
【くすくすと楽しそうに笑いながら、肩をぺしぺし叩く】

>>379
土方「ショルダーチャージでノックバックさせてから水平薙ぎとか結構いけるぞ?」
メイド「横列組んで突っ込んできたオークが面白いぐらい首飛んでたよー」
火野「ついでに俺の首も飛びかけたけどな……」

>>381
メイド「絶対だよ?」
火野「俺様は別に男に忘れられても気にしないぜ!」
土方「まあ、仲良くしてやってくれw」

(んじゃ、良い時間なのでそろそろ。おやすみー)


389 :名無しになりきれ:2011/11/01(火) 23:11:28.50 0
>>糞杉崎

二度と
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!
くるな!

390 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 23:12:09.20 P
>>387
蘇芳「闇属性もあるとはいえ、炎に水が相手じゃあ相性が悪いからねー。
   それに衛も強いけど、七坂先輩も先輩なだけあって強いもん」
【やれやれといった表情で動けない杉崎を助けに行く】

>>388
蘇芳「け、結構エグい使い方するんですね」
杉崎「というかその光景は面白いんですか」
【とても間近では見たくない光景だ】

(おやすみなさいませー)

391 :高等部二年B組 水専攻 七坂 ◆L6SI9XbyME :2011/11/01(火) 23:12:50.81 0
>>385
美緒「ふふ」
【手を払うように振って床の水を捌けさせ、レヴィーヌに乗ったまま、にっこりと花が咲くように笑った】
【落ちてくるしぶきも霧散していく】

美緒「今回は私の勝ちだね。ありがとう」
【楽しかったよ、とほんの少し上がった息を整えながら言う】
【ダメージはほとんど無かったとは言え、制服が焦げてたり全身びしょ濡れだったりと、中々壮絶だ】
【濡れてるのは自分でやったが】
【加えて、魔力ブーストの代償として、レヴィーヌから手を離すと魔力が一気になくなって倒れるというオマケつき】

美緒「ヒールは…外傷じゃないしあんまり意味ないかも」
【痛みを少し和らげるくらいはできるかもしれないが、ミストヒールは基本的に「傷を塞ぐ」魔術なので】
【かといって上級のヒールを使うほどでもないだろう】

美緒「勝ったよー」
孝輔「おう、お疲れ」
【ぶっ倒れることがわかっているので、レヴィーヌに乗って皆の所へ戻ってくる】
【そして、レヴィーヌを手放すと同時に魔法陣へ戻すと、ふらりと前のめりに体が倒れた】

孝輔「よっと」
【無論、目の前にいた孝輔が保護者として支える】

>>387
孝輔「そか。ま、空いてたらそのうち俺とやろーぜ」
【真田の強さは耳に届いているし、訓練としてはちょうどいいだろう】

>>388
孝輔「ほんとだよ。水か氷属性の相棒でも見つけたらどうだ?」
【放火→即消火】

(乙ですー)

392 :高等部一年A組 無専攻 真田 ◆Nh4rwcnLlg :2011/11/01(火) 23:15:53.16 0
>>388
(おやすみなさいー)

>>390
真田「それでもいい勝負だったよね
   さてと、特訓はできなかったけどいいもの見れたし
   帰ろうかなー」
【猫を肩に乗せたまま部屋に戻っていく】

(自分も落ちますおやすみなさい)

393 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/01(火) 23:20:52.18 P
>>391
杉崎「ええ、ありがとうございました」
【床に倒れたまま顔だけを七坂に向ける】
【今の先輩の格好エロい、とか思っている余裕はあんまりない】
【思った以上に全身が痛いのだ】

蘇芳「大丈夫です先輩。私がなんとかしますし。大丈夫衛?」
杉崎「んー……結構痛い」
【小走りで駆け寄ってきた蘇芳が杉崎に肩を貸す】
【適当な場所までつれてくると、体力回復や痛覚軽減といった効果をもつ魔法薬を飲ませる】
【蘇芳の治癒魔術も体力や魔力回復はできないので仕方ない】

杉崎「ふぃー……大分楽になった」
蘇芳「よかった。このまま寮まで連れて行こうか?」
杉崎「いや大丈夫だ。歩けるから。んじゃ先輩方お疲れ様でした」
【そのまま訓練場から自分の足でゆっくりと歩いて出て行った】
【その後ろを蘇芳も付いて歩いていった】


(お疲れ様でした。俺も落ちますおやすみなさい)

394 :高等部二年B組 水専攻 七坂 ◆L6SI9XbyME :2011/11/01(火) 23:22:57.11 0
>>393
(乙ー、自分も寝よう、おやすみー)

395 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 00:00:15.27 0
キモいキモいキモい
マジキモいキモいキモい
キモいキモい
死ねキモいキモい
吐き気するキモさ
キモいキモいキモいキモい
マジキモいキモいキモい
キモいキモいキモい
マジキモいキモいキモい
キモいキモい
死ねキモいキモい
吐き気するキモさ
キモいキモいキモいキモい
マジキモいキモいキモい
キモいキモいキモい
マジキモいキモいキモい
キモいキモい
死ねキモいキモい
吐き気するキモさ
キモいキモいキモいキモい
マジキモいキモいキモい
キモいキモいキモい
マジキモいキモいキモい
キモいキモい
死ねキモいキモい
吐き気するキモさ
キモいキモいキモいキモい
マジキモいキモいキモい


396 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 17:36:04.23 0
荒らすの飽きてきた

397 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 18:55:50.01 O
もっと荒らしてみろゴミクズ

398 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 18:59:45.41 0
荒らすの飽きたのおおお

杉崎死ね

399 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 19:08:20.44 O
死ね雑魚荒らせ

400 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 19:34:07.62 0
死んだら荒らせないよぉ…




杉崎死ね
杉崎死ね
杉崎死ね

401 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 20:43:19.14 0
今日は来ませんように

マジ害悪だからね、あいつら


なな板から出てけ

これ、何回もいいますよ。




なな板から出てけ!!!!!!!!!

402 :中等部一年A組 水専攻 蛇角 ◆maki.8TZhs :2011/11/02(水) 21:09:10.38 0
【校舎棟 広廊下】

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

【ベンチには蛇角一人。と荷物らしき籠。】
【蛇角は頭を抱えて考え込んでしまっている】
【籠にはなにやら布を被せてある】

「・・・調合の種類 量 品質すべて完璧のはず・・・昨日は錠剤35個と液剤2本と内部制御パッチにボング3本しか服用してないはずだしだしそもそも多少の飲み間違い程度でここまでなるはずが・・・」

【布がもぞもぞ動いた】
「どうしてこうなった・・・」
【頭を抱えたまま片手で布をとっぱらう】
「あうー?」
「どうしてこうなった!」
「えうー」
【籠の中には珀巻・・・だったはずの赤ん坊が巻きタオルにくるまれて入っていた】
【微かに特徴は残っているものの乳幼児以外の何物でもない】

403 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 21:11:46.80 0
うーーーーわサイアク

今日も来るのかよ〜

いいかげんうんざりです




早くおかえり下さいませ。

404 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/02(水) 21:15:26.00 0
>>402
杉崎「おうたっつー。どうかしたか」
ノクターン「こんばんわ蛇角様」
エラー「いよーう」
【杉崎がノクターンをエラーを引き連れて通りかかった】

杉崎「って、なんだそれは」
ノクターン「あら可愛らしいですね」
エラー「赤ちゃんじゃねーか。お前のか?」
【絶対に違う】

405 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 21:18:12.80 0
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね

406 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/02(水) 21:18:43.23 0
>>402
【野戦服の上にローブを羽織った林檎が来た】
【ちなみに野戦服は冬季仕様】

よう、確か…蛇角だったか?そんなところで何してる?

【いつもと違った様子に警戒しているのか、懐に手を入れたまま】

>>404
杉崎たちか。ここで会うとは珍しいな…
【視線だけちらりと向けると、すぐに蛇角の方へと向き直った】

407 :中等部一年A組 水専攻 蛇角 ◆maki.8TZhs :2011/11/02(水) 21:20:45.48 0
>>404
蛇角「どうしたもこうしたもないです・・・」
蛇角「今朝起きたら昨日調合してた薬と一緒に転がってて・・・」

「ぁー・・・」
【籠から起き上がってノクターンに手をのばしている】
蛇角「ちくせう・・・どう考えても調合ミスは思い当たらないし・・・」
【原因究明で頭がパンクしそうである】

408 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 21:20:54.40 0
             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   おじちゃんたち
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   どうしてはたらかないの?
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
           ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
           ト、_       `ーァ'¨不ヽ
            | | 「 ̄「 ̄l ̄ト、,イトヒi′
             l l. l   l  !  !└' l |
             └ L 」_,|__l_l.__L.l′
             |   |  |   |
              l   l   !   !
                l   l.   l   l
            ト--┤   !--‐1
              f‐t央j.   ト央ァヘ
              |  甘l、  / 甘  |
             l  ,.-‐ヽ レ'⌒ヽ/
            `く.__ ノ ゝ--‐′

409 :中等部一年A組 水専攻 蛇角 ◆maki.8TZhs :2011/11/02(水) 21:25:26.30 0
>>406
蛇角「何をしでかすんだか知りませんけど今はモキュノフとの対戦は無理ですよ先輩・・・」
【頭を抱えたまま返事する。原因がわからなくてまいってしまっているようだ】

「あぅあー」
【籠から身をのりだす】
【まだ立つこともままならない年齢まで退化してしまったようである】

410 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 21:26:06.41 0
杉崎死ね


杉崎死ね






杉崎死ね



杉崎死ね





杉崎死ね

411 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/02(水) 21:26:13.96 0
>>406
杉崎「どもっす。珍しいとはいえあくまで学園内ですし、会うこともあるでしょう」
ノクターン「こんばんわ林檎様」
エラー「よっ、林檎」
【とりあえず挨拶をしておく】

>>407
杉崎「調合した薬と一緒に?っつーことはそれは誰かが薬を飲んだ姿なのか」
エラー「んー、誰だわかんね」
杉崎「たっつーが連れてるってことは……まきまきあたりか?」
【赤ん坊の顔を覗き込みながら蛇角に訪ねる】

ノクターン「あらあら、どうかしましたか?」
エラー「腹でも減ったんじゃねー?」
ノクターン「えっ、どど、どうしましょう。私出ませんよ?」
杉崎「そういう問題じゃねえだろ」
【一人で勝手に慌てるノクターンに杉崎が冷静にツッコミ】

412 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 21:29:12.14 0
うわあああああああああああああああああああ


 



 



 

気持ち悪いいぃぃぃぃぃいいいいいいいいいいいいいいww


 



 



自演にしても

 




気持ち割るwwwwwwwwwww

413 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/02(水) 21:30:39.90 0
>>409
【籠を覗きこみ、一瞬で事態を悟ると顎に手をやり考え始めた】
……これは、退化の一種か?いや待て単なる弱体化の可能性も…呪いもあるかもしれんな…
【メモ帳を取り出し、ペンで何事か書いている】

>>411
ああ、こんばんは。

…このような現象を引き起こす幻獣に心当たりはあるか、杉崎。
【いつもの無表情で】



414 :中等部一年A組 水専攻 蛇角 ◆maki.8TZhs :2011/11/02(水) 21:39:08.12 0
>>411
蛇角「・・・モキュノフ「だった」ものですけど。」
蛇角「一応昨日は常備薬を持って帰ったはずなんですけど、今朝見たらこの状態で」
蛇角「調合した薬は減ってませんでしたし仮に飲んだとしてここまで退化作用のある薬じゃないのに・・・・」

「にゃんにゃー・・・」
【なんかしゃべった】
【ママ?】
蛇角「べつに抱っこしても問題はないと思いますけど。」

「あぷー」
【あの風貌がどこへやらである。赤子みな天使である。】

>>413
「んうー?」
【人間ならまだしも。】
【人一倍薬の効きづらい人外が薬でここまで退化するほど強力なものが出回っているなどありえてはならないが・・・】
蛇角「退化作用で思いつくのは内部制御パッチのb-2プログラムに常備薬のベリマストとキュマリアくらいしかないんです。どうしてこうなったのかさっぱりで・・・」

415 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/02(水) 21:39:14.42 0
>>413
杉崎「え?そうですねぇ、退化と言ってもいいとは思いますが、若返りともいえるのではないでしょうか。
    そこから考えると癒しの力を持つフェニックスなんかが妥当なんじゃないですかねぇ」
【自分の知る限りの知識を総動員して答える】

杉崎「……ま、たっつーは薬が原因と言ってましたけど」
エラー「つうか好き好んでこんなことする幻獣なんざいるのかー?」
ノクターン「いるのではないでしょうか。場合によっては」

416 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/11/02(水) 21:39:44.62 0
>>402
勲紀「おー、蛇角じゃねぇか」
稲月「よう」
【校舎内の見回りでもしていたのか、二人並んで歩いてきた】

勲紀「ん?何持って……」
【近くに来た勲紀が籠の中身に気付く。そして】
勲紀「うぉおおおおおお!!!なんだそれ、どうしたってんだよ!ヤッベ、メチャ可愛いじゃねぇか!」
【赤ちゃんを見てテンションうp】

417 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 21:40:26.45 0
【VIP】魔術学園の生徒ちょっと来い【コテ禁止】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1319289537/


このスレで名無しでこっそりオナニーしてるでしょ???
臭いでバレバレ



キモいキモいキモいキモいキモい

死ね
死ね
死ね
死ね

死ね
死ね

死ね
死ね



杉崎気持ち悪すぎ

杉崎気持ち悪すぎ

418 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/02(水) 21:43:03.68 0
>>414
常備薬の服用過多による副作用の可能性もある。
であれば中和剤が必要だが…?
【またも考え始めた】

>>415
…いたずらにしては度が過ぎる、魔族の可能性も考慮しておこうか…
【ふーむ、と思考を続けている】

419 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/02(水) 21:44:28.77 0
>>414
杉崎「成る程やっぱりか」
エラー「これあいつなのかー」
【そーなのかー】

杉崎「ふむ。要するに原因不明っつーわけか?薬じゃないのか。勘違い」
ノクターン「しかし何が原因なのでしょうね……」
杉崎「ノクお前何してんだ」
ノクターン「いえ、抱っこしても構わなそうでしたもので」
【いつの間にかノクターンの腕の中に珀巻が収まっている】
【居心地はよろしい様子】

420 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/02(水) 21:46:44.90 0
>>416
…黒欧院か、騒がしい。その赤子は珀巻だぞ。
【ローブの中からいくつか薬瓶を取り出し、調合し始めた】


421 :中等部一年A組 水専攻 蛇角 ◆maki.8TZhs :2011/11/02(水) 21:48:56.17 0
>>416
蛇角「あ、どうも先輩。」

「ちゃゃー!」
【大声にびっくりしたようだ】
【手をかざしたかと思うとなんと不安定ながらも魔方陣が。】
蛇角「おっと」
【すかさず展開陣を握りつぶす】
蛇角「魔力は普通どおり・・・となると制御プログラムも当てはまらない。やっぱり外部から・・・?」

「あーぷー」
【今の状態では魔動機関も魔獣も退化してしまっているだろうからたいした魔法も使えないのだろうか】

422 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 21:49:09.55 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

423 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/02(水) 21:51:40.80 0
>>416
杉崎「よう二人とも」
エラー「よっ」
ノクターン「勲紀様、稲月様。こんばんわ」
【やってきた二人に挨拶をする】

エラー「テンションたけーな勲紀ー」
杉崎「普段男勝りなのに、こういう所はやたら乙女チックだよな、勲紀って」
【黒欧院の様子をみて笑う】

424 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 21:54:47.67 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

425 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/02(水) 21:57:49.99 0
>>418
杉崎「魔族あたりとなると、呪いの類でしょうかね」
ノクターン「退化の呪い、ですか」
エラー「なんか孝輔あたりが喜びそうだなー」
【失礼】

エラー「そうそう。そういやお前もロリk むぐぐg」
杉崎「えー?林檎先輩はイケメンで格好いいってー?当たり前だろー」
【余計なことを口走りそうになったエラーの口をすかさず塞いだ】

426 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 22:00:14.28 0
無駄な改行で荒らすなバカ!
荒らしマジでいいかげんにしろ!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!
荒らし死ね!

427 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/11/02(水) 22:01:10.88 0
>>420
勲紀「うわー、スッゲ可愛いなー。へーそうか、珀巻ってのかー
    ………………は?」
【テンション下がってきたぜ】

>>421
稲月「へぇ、んな姿になっても魔法使えんだな」
勲紀「……珀巻センパイだと判ってても、なんか身体が疼くぜ……」
稲月「オメーホント小さい子供とか好きだよな」
勲紀「あたりめぇだろ。なんたって可愛いからヨ」

>>423
稲月「杉崎センパイ、ウス
(コッソリ)アイツに従ってるスケルトンからの情報なんだがよ
     なんでもアイツの部屋のカレンダー、アニメものとかに混じって
     犬の赤ちゃんの写真のヤツもあるみたいだぜ」

428 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/02(水) 22:03:25.00 0
>>425
……お世辞でごまかせると思ったかね?
【ごまかしは効かない、それが林檎】
【自動拳銃を装填する音がした】

>>427
残念だが、事実だ。その赤子は珀巻なんだ。

429 :中等部一年A組 水専攻 蛇角 ◆maki.8TZhs :2011/11/02(水) 22:04:17.05 0
>>418
蛇角「中和剤はこのボングです。常備薬もプール一杯分はないと中毒を起こすものではないですし、投与してこの方中毒なんてしたこともないですし・・・」
【珀巻愛用の水パイプ。本来は薬物をあぶって吸うものだが。】
【蛇角自身も特魔薬なんとかの資格を持っている】

蛇角「・・・そういえば、今朝部屋の窓が開けっ放しになってたんですよ。もしかしてってこともありそうです」

>>419

【わはー】

「あー!」
【抱っこされるやいなや服の上からその胸のふくらみを吸おうとする】
蛇角「あ、本当に肉食だけじゃなかったんだ・・・それとも肉だと思ってるのか・・・」
「あむー あむー」
【歯はない。そもそも服をくわえれるほど口も開かず、すべるばかりである】

>>427

蛇角「元に戻るまで面倒見てもらおうかなー」
【スーパー他力本願】
【まぁ女子寮に預けておけば世話はいらなそうだけど】

430 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 22:06:51.35 0
熱海やカヤをリハさのーんリコ
ん沼やぬんなな卒苗な知り
和メーやを、ら?リナ和えさ屋根や
ワヤンのほとよののょ無知な腹
ワム話間成羽ユナか
ワムこよの。耐えん
わて補痕年コオめねの毛の
ねし日ルリにたいとマロ屋根百合根補
和補のゎちけはらわたのやねやの
を寝屋のや高原家はサロわ
わや後の盾わあや泡やケラ腹中州ぬさのや
リグレー弛湯背やひなやなれ話な拿捕腹やソカや
和なんマヤのとアマこそさやな
んなまだあまあまかわここわかやさやわはやは
かなりに葉秋山澪死ね二またわあやあな、な、
、身体他矢田奴やアラからは、間生
、縄にまあ目はラサ奈良の矢をな、罠を
な?わたんたわた話にひり最近馬鹿
ラナ。な矢田や澤きもいや、縄な他屋をぬ
なブスこ地罠やなヤナや綾田や
な床や腹します。最近馬鹿雌をやっつけ泣やわやかや白湯
らな湯沢の他やあやあ、たや葉や粥や差やな湯屋さや
熱海やカヤをリハさのーんリコ
ん沼やぬんなな卒苗な知り
和メーやを、ら?リナ和えさ屋根や
ワヤンのほとよののょ無知な腹
ワム話間成羽ユナか
ワムこよの。耐えん
わて補痕年コオめねの毛の
ねし日ルリにたいとマロ屋根百合根補
和補のゎちけはらわたのやねやの
を寝屋のや高原家はサロわ
わや後の盾わあや泡やケラ腹中州ぬさのや
リグレー弛湯背やひなやなれ話な拿捕腹やソカや
和なんマヤのとアマこそさやな
んなまだあまあまかわここわかやさやわはやは
かなりに葉秋山澪死ね二またわあやあな、な、
、身体他矢田奴やアラからは、間生
、縄にまあ目はラサ奈良の矢をな、罠を
な?わたんたわた話にひり最近馬鹿
ラナ。な矢田や澤きもいや、縄な他屋をぬ
なブスこ地罠やなヤナや綾田や
な床や腹します。最近馬鹿雌をやっつけ泣やわやかや白湯
らな湯沢の他やあやあ、たや葉や粥や差やな湯屋さや

431 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/02(水) 22:10:14.57 0
>>427
杉崎「へぇーそうな……いや待て今なんつった。アニメっつったか」
【むしろそっちにびっくり】

エラー「稲月もちっこくなりゃあ勲紀に可愛がってもらえるんじゃねー?」
杉崎「いい提案だな。さあ頑張れ稲月」
【何をだ】

>>428
エラー「うぎゃーごめんなさいごめんなさい!」
杉崎「すいまっせん先輩!ちゃんと躾けておきますんで!」
【頭をさげまくるエラーとその横で一緒に頭を下げる杉崎】
【気の合うというか、妙なところで似ている二人である】

>>429
ノクターン「あらあら。仕方のない子ですね。よしよし」
杉崎「……なあノク。お前一度も子ども産んだこととかないよな。子育ても」
ノクターン「ええそうですが?」
【溢れ出る母性】

エラー「まー肉っちゃあ肉だよなー」
杉崎「何を言うんだ。これには浪漫が詰まっているんだぞ」
エラー「いや脂肪だろ」
【全くその通り】

432 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 22:10:37.00 0
杉崎死ね
杉崎気持ち悪すぎ

433 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/02(水) 22:18:22.71 0
>>429
やはり、外部要因の仕業と見ていいか…?
【考えているようだが、どれ一つとして結びつかないようだ】

>>431
謝るぐらいならば最初から言うな…
【自動拳銃をしまった】

…母、か。 よく分からないな…
【ノクターンと珀巻のやりとりを見て】



434 :中等部一年A組 水専攻 蛇角 ◆maki.8TZhs :2011/11/02(水) 22:26:52.75 0
>>431
「うーうー」
【なかなか必死なご様子】
【もしかしなくてもおなかすいた?】

蛇角「ミルクか」
蛇角「ミルク・・・・」
【真っ先に浮かんだ虎岩せんせ】
蛇角「・・・あれはどっちかというとタンクだけど・・・ 抱き潰されるかなぁ・・・」
【学園最高峰の物理・・・だがまぎれもなく女性でもある】

>>433
蛇角「・・・明日パムのつてで夜鳥に警戒飛行をさせてみます。」
蛇角「以前も毒を盛られましてね、まぁその時は腹を壊しただけで済んだんですけど」

「えぁー」
【泣かずに反撃したりするあたりは人外らしい】

435 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/11/02(水) 22:26:56.89 0
>>428
勲紀「……まぁいいか。可愛いし。あー、ごはん欲しがってる様子もたまんねーなぁ」

>>429
勲紀「んーまぁ、私は別にかまわねぇけど。もしなんかの間違いで
   いきなり元に戻ったらどうすんだ?」
【誰かが一緒にお風呂に入ろうだなんて言い出していた時に戻ったら……】
【それはそれで楽しいのかもしれない】

>>431
稲月「熱血も萌えも好きなんだよ。ストウィとかシャナとかなのはとか
   話し合わせてるうちに、たった1ヶ月で俺まで染まっちまうほどでヨ
   来年のカレンダーも、『アリアのカレンダー注文したぜ!』とか笑顔で言うしな」
【今期はシャナFとfate、ベン・トーがお気に入り】

稲月「……待て、なんで俺がアイツに可愛がってもらいてぇってハナシになってんだ」

436 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 22:27:50.32 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

437 :中等部一年A組 水専攻 蛇角 ◆maki.8TZhs :2011/11/02(水) 22:30:46.09 0
>>435
蛇角「・・・それは別にいいんじゃないかな、元々男でも女でもないし」
【珀巻の部屋は女子寮、しかし入り浸っているのは男子寮】
蛇角「どっちの風呂にも入れるって言ってたし。」
【情報交換役として人気らしい】

438 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/02(水) 22:33:48.26 0
>>434
…希少種族の捕獲ならば毒を盛る必要もない、目的が読めないな…
【どうにも結びつかない】

>>435
…ピッ
【偵察用カメラ付きスコープをこっそり起動した】
【録音もバッチリだ!】

439 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/02(水) 22:37:24.70 0
>>433
エラー「いやだってさ。うっかり口走っちゃったんだぜ」
【言っていいか考えてから発言できないお馬鹿さん】

杉崎「先輩って傭兵団にいたらしいですけど。その……やっぱり親御さんのことって覚えてなかったりするんですか」
【少し聞きづらそうにしながらも尋ねる】

>>434
ノクターン「ど、どうしましょう。私出ませんけど。頑張ってみましょうか」
杉崎「いややらんでいい。頼むからやらんでくれ」
【こんなところで無防備に晒すには惜しい】

エラー「あれは、なぁー」
杉崎「抱き潰すで済めばいいんだがな」
【こんな姿だろうとスパルタ特訓強要するかもしれん】
【「若いうちがチャンスだ!」とか言いながら】

>>435
杉崎「むう。俺もそれなりに読んだりはしてはいるが」
エラー「俺は断然熱血だが」
ノクターン「私はまんがタイムを」
【きららとかキャラットとかじゃないやつ】
【杉崎家の一員はみんな漫画好き】
【中の人の今期お気に入りはそれにC3追加で】


440 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 22:38:19.16 0
うわあああああああああああああああああああ


 



 



 

気持ち悪いいぃぃぃぃぃいいいいいいいいいいいいいいww


 



 



自演にしても

 




気持ち割るwwwwwwwwwww

441 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/11/02(水) 22:47:19.68 0
>>437
勲紀「……そうだったな。すっかり忘れてたぜ」
【もう少しテンション落とそうか】

>>438
勲紀「……ゾク」
【なにやら変な雰囲気を察知する】

>>439
稲月「ま、俺もアイツも、主に読んでるのはどれもこれも戦闘描写が多いヤツばっかだけどな」
【自分の意思を持って苦難な戦いを乗り越える主人公達に憧れている模様】

(そろそろ落ちですー)

442 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 22:49:16.95 0
おらああああああああああああ!!!!!

きめーんだよ、ブタどもが亜アアぁぁああぁぁぁぁぁァぁぁぁァああ!!!!

頭かち割ってやらrさあうああ数ア嗚呼嗚呼ァああァァァァ!!!!!

ぎゅあさうshsがああああああああああああああああああああ
死ねええ絵絵江恵ェェ絵江恵絵絵絵江恵江ェ絵江得えええ絵江絵江え
gりゅああさbなあfがはじゃなじゃんっさかmさ、msdんじゃさああ!!!!

おらおらおあらおあたおあうああああああたあああさあああっさjさじゃああああ
ああああああああああsjしゃhsjhsなあああじゃじゃああじゃjhさあ
sっすっすうああああああああああぎゅちゅああああああああああ!!!!!!

・・・死ねよ、池沼。

443 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/02(水) 22:49:52.61 0
>>439
幼い頃の記憶は、沢村以外に無いな…不思議とあいつ以外の記憶が無いんだ…
だから、両親というものがよく分からないな。
【頭を二、三回振って再びメモ帳に向き直った】

…さて!こんなことを聞いてもしょうがないだろう。

>>441
(お疲れさんですー)


444 :中等部一年A組 水専攻 蛇角 ◆maki.8TZhs :2011/11/02(水) 22:50:09.26 0
>>438
蛇角「・・・・モキュノフの魔獣はシベリアの研究施設から盗まれたっていう話、やっぱり信じるべきなのかなぁ・・・」
蛇角「僕の知ってる限りじゃモキュノフんとこの族長様がなんたらっていう話なんですけど」
【と言っても珀巻は確かに希少種族、そう易々と殺せるサンプルでもないはずだ】

>>439
蛇角「・・・これでどうだ」
【イモリの黒焼き】

「にゃんにゃー」
【早速おしゃぶり化】
【だが尋常じゃないスピードでしゃぶりつくされていく】
【というか歯がないのにすごく噛んでいるように見える】

蛇角「いやしかし出たかもしれないいやしかし」(5・7・5)
蛇角「まぁ・・・もうちょっと退化具合が小さかったら母性と同時に愛のムチが出そうな気がしないでもない・・・」
【虎の称号は伊達じゃない】

>>441
乙ですとろいー

445 :名無しになりきれ:2011/11/02(水) 22:54:17.22 0
杉崎ゲロい


杉崎ゲロい


杉崎ゲロい







杉崎ゲロい










杉崎気持ち悪すぎ

446 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/02(水) 22:55:21.03 0
>>441
エラー「ガチバトル最高だよな!」
【熱血系大好き】


(乙。おやすみなさいませー)

>>443
杉崎「そうですね失礼しました。今はこっちのことが先決でしょう」
【そうして珀巻ちび化事件に話を戻す】

>>444
杉崎「赤ん坊なのにそんなもんでいいのか」
エラー「うおぉ。食ってる」
ノクターン「食いしん坊さんですね」
【黒焼きをしゃぶっている珀巻を微笑みながら見つめる】
【なんだか本物の母親のよう】

杉崎「崖から突き落とすで済めばいいんだが」
【さらに上から岩石を落としてきそう】


(自分も落ち。おやすみなさいませー)

447 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/02(水) 22:59:00.67 0
>>444
シベリア…どう見てもマズいな。特殊部隊が来たっておかしくないぞ…
【果たして自分で迎撃出来るだろうか、と思考し始めた】

>>446
ああ、俺の過去なぞ聞いてもしょうがなかろうよ…


(お疲れさまでした、おやすみなさい)

448 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/02(水) 23:00:16.84 0
キェァアアアアアアアオヤスミイイイイイイイイイイ

449 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 19:45:58.78 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

450 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 20:00:25.51 0
大学卒業後、楽だからってズルズルとフリーターを続けてたら
                                                        
いつのまにか三十路手前になってしまい、おまけにバイトをクビになってしまった。
                                                        
                                                        
                                                        
そんなわけで10年続けてきた一人暮らしをやめて、実家に戻ったのだが
                                                        
なにせ実家は四国という田舎である。都会以上に求人数は少ない。
                                                        
正社員はおろか、アルバイトですらなかなか見つからない。
                                                        
                                                        
                                                        
一方、3歳年下の妹は看護学校を出て、地元の県立病院で真面目に働いている。
                                                        
実家住まいだから家賃代わりにと毎月10万円を両親に渡している。
                                                        
俺は両親に無心することはあっても、実家にお金を入れるなんてしたことなかったのに。
                                                        
自分が情けなくなって、死にたくなった。
                                                        
                                                        
                                                        
そんなとき、妹が気分転換にとドライブに誘ってくれた。
                                                        
ガチ童貞の俺は妹とはいえ、女と二人でドライブするのがやけに楽しくて
                                                        
昔話やら一人暮らしの頃の話をして盛り上がっていた。
                                                        
                                                        
                                                        
それで話の流れで「おまえは結婚はしないのか? つきあってる男はいないのか?」
                                                        
と聞いたら「無職の兄が家にいちゃあ、結婚したい相手がいてもできないよ」と言われた。
                                                        
                                                        
            
「……小さい頃は俺がおまえのことを守ってやるって言ってたのに、今じゃただの邪魔者

だよな。ごめんな、ダメな兄ちゃんで……」

「でも、まぁ、二人だけの兄妹だし、いざとなったらお兄ちゃんをお婿にしてあげようか?」

そう言って笑い飛ばしてくれた妹の言葉は嬉しかった。



そして家に帰った俺は妹を犯すシーンを想像しながらオナニーして寝た。

451 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 20:01:57.54 0
あわ、杉崎かよ…
気持ち悪いいいいいい

452 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 20:04:04.81 0
大学卒業後、楽だからってズルズルとフリーターを続けてたら
                                                        
いつのまにか三十路手前になってしまい、おまけにバイトをクビになってしまった。
                                                        
                                                        
                                                        
そんなわけで10年続けてきた一人暮らしをやめて、実家に戻ったのだが
                                                        
なにせ実家は四国という田舎である。都会以上に求人数は少ない。
                                                        
正社員はおろか、アルバイトですらなかなか見つからない。
                                                        
                                                        
                                                        
一方、3歳年下の妹は看護学校を出て、地元の県立病院で真面目に働いている。
                                                        
実家住まいだから家賃代わりにと毎月10万円を両親に渡している。
                                                        
俺は両親に無心することはあっても、実家にお金を入れるなんてしたことなかったのに。
                                                        
自分が情けなくなって、死にたくなった。
                                                        
                                                        
                                                        
そんなとき、妹が気分転換にとドライブに誘ってくれた。
                                                        
ガチ童貞の俺は妹とはいえ、女と二人でドライブするのがやけに楽しくて
                                                        
昔話やら一人暮らしの頃の話をして盛り上がっていた。
                                                        
                                                        
                                                        
それで話の流れで「おまえは結婚はしないのか? つきあってる男はいないのか?」
                                                        
と聞いたら「無職の兄が家にいちゃあ、結婚したい相手がいてもできないよ」と言われた。
                                                        
                                                        
            
「……小さい頃は俺がおまえのことを守ってやるって言ってたのに、今じゃただの邪魔者

だよな。ごめんな、ダメな兄ちゃんで……」

「でも、まぁ、二人だけの兄妹だし、いざとなったらお兄ちゃんをお婿にしてあげようか?」

そう言って笑い飛ばしてくれた妹の言葉は嬉しかった。



そして家に帰った俺は妹を犯すシーンを想像しながらオナニーして寝た。

453 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 20:06:08.85 O
発狂しろや

454 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 20:12:05.14 0
杉崎きもい
杉崎きもい

杉崎きもい
杉崎きもい

杉崎きもい
杉崎きもい

杉崎きもい
杉崎きもい








ゴミ杉崎

455 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 22:26:15.19 0
規制ざまあああああああああああ



一生避難所に引きこもってろ雑魚どもwwwwwwwww

456 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 22:59:57.63 i
と、引きこもりが申しております

457 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 23:04:56.48 0
↑鏡を見て言ってます(杉崎)

458 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 23:11:05.73 i
休日は終わりだぞ
お子様は早くお布団入れよw

459 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 23:13:02.54 0
杉崎きめええええ




毎日が休日の杉崎きめええええ




死ねよ、池沼

460 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 23:13:53.83 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

461 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 23:20:59.67 i
一日中張り付いて幼稚なこと喚いてるお前のがよっぽど気持ち悪いがな
このスレのやつらのがよっぽどマシ

462 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 23:25:03.17 0
>>461
お前がこのスレの奴なんだろ






バレバレですよ
バーか


荒らされて困るのはこのスレの関係者しかいない


こんなキモいスレ誰も擁護しないから





バーカ

463 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 23:25:27.55 0
>>461
何こいつキモい

464 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 23:29:14.79 0
>>461
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹
オナニーの邪魔され立腹




465 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 23:31:04.59 i
糞だとかキモいだとか思ってるスレにわざわざ粘着するなんて
よほどの物好きなんだなw
嫌なら見なけりゃいいのに
あとこのスレ覗いてる奴とか普通にいるから
お子様は脳みそが単純で困るな

これ以上子供相手にしても大人げないし
ここらで俺は引き下がってやるよwありがたく思ってね

466 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 23:32:19.97 0
______  ___________
         V
    _____
   /::::::::::::::::::::::::::\                  _
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\             /  ̄   ̄ \
  |:::::::::::::::::|_|_|_|_|           /、          ヽ はぁ?黙ってろデブw
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ          |・ |―-、       |
  |::( 6  ー─◎─◎ )          q -´ 二 ヽ      |
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)          ノ_ ー  |     |
/|   <  ∵   3 ∵>          \. ̄`  |      /
::::::\  ヽ        ノ\           O===== |
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::\        /          |

467 :名無しになりきれ:2011/11/03(木) 23:33:19.74 0
>>465
こんなキモいスレオナニーが趣味のキモいおっさんしか来ないだろw

馬鹿なの???


468 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 01:42:42.16 0
ウィキとかオナニーも大概にしろよ

469 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 16:36:35.22 0
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww
名無しの連中性格アホすぎ悪すぎwwwwwwww


470 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 20:17:21.43 0
ゴミ




ゴミ



ゴミ



ゴミ








杉崎ゴミ

471 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/04(金) 21:18:30.89 0
【図書室・地下書庫入口前】
【扉が開け放たれ、中から林檎と、見知らぬ少女が飛び出してきた】
【林檎は肩から腹にかけて大きく切り傷を負っているようだ】

林檎「…無事か? 本はあるな?」
少女「え、ええ…私は大丈夫ですけど…その、先輩は…」

【見れば少女は鎖で縛られ、錠前がかけられた分厚い本を抱えていた】
【少女と本にに傷はないか確認した林檎は軽く埃を払うと、少女の手を取って立ち上がらせた】

林檎「…ヤワではない。少し休めば治る傷だ」
   「だから先に戻れ。大切な用事なんだろう?」
【少女は多少躊躇ったか、数秒顔を伏せるとすぐに図書室を飛び出していった】

林檎「…これで報酬15万。なんとか儲けたってところか」

472 :高等部三年B組 地専攻 土方 ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/04(金) 21:24:46.25 0
>>471
火野「よう、どうした林檎。今にもハラワタぶちまけそうな顔してよ?」
メイド「いやちょっと、バカにぃ黙れ。
    林檎くん、かなり重い怪我だよ? 保健室まで運ぼうか?」
火野「取り敢えず、血止めに焼いとくか?」
【ごうっと拳に白い炎が灯る】

メイド「いやいや、自爆する確率のほうが高いでしょ?(汗)」

473 :魔導書の精霊 蜂の頁 ビーニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/11/04(金) 21:26:17.12 0
ミマミマ……
【入口前に設けられた長椅子に腰かけている】
【一冊食べ終え、両横に積み上げていた本の塔から一冊抜き取る】

ミマミマ……
【そして再び本を食べ始めた】
【魔導書の精霊は読んでも食べても書を自分の一部にできる】
【普段は読んで血肉にするが、絵本の締め切りが近いので手っ取り早く食べている】

474 :高等部一年C組 光専攻 レイ ◆ozOtJW9BFA :2011/11/04(金) 21:33:26.97 0
>>471
おやおや林檎先輩
随分と大怪我を負ってるようじゃないか
今走っていった子は誰かな?依頼人?
【偶然、とは思えないタイミングでレイが林檎の前を通りかかった】

今ならなんと500円でその傷を綺麗さっぱり治してやるぜ?
……嘘だよ。冗談だよ。ちょっと見せてごらん
大丈夫。痛くしないから
【そう言ってガシッと林檎の肩(怪我してないほう)を掴んだ】

>>472
やあ火野先輩にメイドのたま先輩。御機嫌よう
変な治療はやめておいたほうがいいぜ
悪化するだけなのが目に見えてる
まあここは謙虚で寛大な僕に任せておけよ
ちゃちゃーっと治してみせるからさ
【中指で眼鏡を持ち上げながら言う】
【その立ち振る舞いには自信が満ち溢れているようだった】

>>473
おやビーニャちゃん
読書……ではないようだね
一体何をしているんだい?見れば分かる?
見ても分からないから聞いているのさ
【勝手に一人で話をしている】
【ビーニャが食事中だろうがなんだろうがお構いなし】

475 :高等部一年A組 無/地専攻 珀巻 ◆IncekhOu7E :2011/11/04(金) 21:36:39.43 0
蛇角「おや、皆さんこんにちは」
珀巻「はたらきたくないでござる・・・」
【珀巻はすっかりとまではいかないが、幼女程度の体格にまでは回復した】
【蛇角がんばった】
蛇角「・・・ちょっと取ってくるものがあるから」
珀巻「ヤダークスリニガイー」

【蛇角が扉の横の読み取り機にカードキーを差し込む】
【すると扉の向こうでなにやらガシャガシャと大掛かりな音が響いた】

キィー・・・・
【使い古され軋んだ扉をあけると、まったくもって普通の通路が現れた。】
【壁には第25番書庫と書いてある】

476 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/04(金) 21:38:49.78 0
>>472
…あー、火野にたまさんか。

【近くの椅子にドカッと座ると、着ていた服を脱ぎ、薬を取り出し傷口に塗り始めた】
【筋骨隆々というほどではないが、無駄のない上半身だ】

大丈夫だ、薬塗って休めば治る…

>>473
……なんだ、あれは…?
【一応警戒しているのか、視線を外さず腰のホルスターに手を掛けたままだ】

>>474
ちょうどいいとしか思えないタイミングで来るな、まったく…
依頼を一つ片づけたところだよ、護衛は疲れる…

【そう言って多少ヒビの入った大剣を鞘から抜き、レイに見せた】

これ、直せるか? アダマン合金製なんだが…


477 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/04(金) 21:40:27.03 0
>>475
おや、珀巻。そこまでは治ったか…で、下手人は掴めたか?
【籠手を腕から外し、整備し始めた】

478 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 21:42:06.41 0
うわあああああああああああああああああああ


 



 



 

気持ち悪いいぃぃぃぃぃいいいいいいいいいいいいいいww


 



 



自演にしても

 




気持ち割るwwwwwwwwwww



氏ねよ、池沼ども

479 :魔導書の精霊 蜂の頁 ビーニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/11/04(金) 21:42:43.93 0
>>474
……見ての通り、読書中です
【どう見ても本を齧っているようにしか見えない】
【というか会話している間に一冊食い終えた】

………
【取り込んだ本と全く同じ本を何処からともなくとり出す】
【そしてそれを長椅子の正面に置いた返却用の籠に容れた】
【一応借りた本なので、食った本と全く同等のレプリカを作ってそれを返すつもり】

>>475
……絵本はお読みになりますか?
【経緯を知らないので見て目、幼児の珀巻に自筆絵本を差し出してみる】
【内容は本当に怖いグリム童話っぽいなにか。絵柄は可愛い】

>>476
【ルニャを幼くして蜂蜜を塗りたくったような幼女が黙々と本を食ってる】

480 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 21:43:23.73 0
ピーニャwきもwww


おらああああああああああああ!!!!!

きめーんだよ、ブタどもが亜アアぁぁああぁぁぁぁぁァぁぁぁァああ!!!!

頭かち割ってやらrさあうああ数ア嗚呼嗚呼ァああァァァァ!!!!!



ぎゅあさうshsがああああああああああああああああああああ
死ねええ絵絵江恵ェェ絵江恵絵絵絵江恵江ェ絵江得えええ絵江絵江え
gりゅああさbなあfがはじゃなじゃんっさかmさ、msdんじゃさああ!!!!




おらおらおあらおあたおあうああああああたあああさあああっさjさじゃああああ
ああああああああああsjしゃhsjhsなあああじゃじゃああじゃjhさあ
sっすっすうああああああああああぎゅちゅああああああああああ!!!!!!

・・・死ねよ、池沼。




481 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/04(金) 21:46:58.49 0
>>473
メイド「あ、ビーニャちゃんだ。治癒系つかえる?」
火野「よう…… あー」
【いい相性が思いつかないようだ】

火野「ビーニャ、それは食事なのか?」
【首をひねる】

>>474
火野「おう、豊満エルフ後輩!」
メイド「こんばんは、レイちゃん。ちぎって良い?」
【両手をわきわきさせながら、良い笑顔で微笑んだ】

火野「何言ってんだ。俺様の白い炎の力をしらねぇな?
   この熱い魂を込めた炎は、毒や病を焼いて生命力を活性化させる命の炎なんだぜ?」
メイド「そーいえば、青いのもだしてたよね?」
火野「赤い炎は、魔力属性の無い普通の炎だぜ。
   ディスペル喰らっても消えねぇが、氷の精霊とかにゃーよええ。
   青い炎は、魔術や呪いを焼くイミ払いの炎……
  って、たまのひーじーちゃんが言ってたぜ」
メイド「受け売りなんだ」

482 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 21:48:35.84 0
ゴミ





ゴミ



















ゴミ



ゴミ

483 :高等部一年C組 光専攻 レイ ◆ozOtJW9BFA :2011/11/04(金) 21:51:13.36 0
>>475
蛇角くんにマキちゃんか
やあやあ、マキちゃんは随分と大きくなってきたようで
それでもまだ小さいかな。というかこっちのが需要あるんじゃないかい?
【幼女サイズの珀巻をジロジロ眺めながら言う】

ほう?そんなところに一体全体どんな用事があるというんだい
気になるね。実に気になるね。なんだいなんだい?
【興味津々といった風に扉の奥を覗き込む】

>>476
あー悪いけどね?僕は直すんじゃなくて治すのが得意なんだよ
その格好いい大きな傷を治すことはちちんぷいぷいで出来るとしても
そんな無骨な剣を直すのなんて一ヶ月かかっても無理さ
【顔の前で手を振って否定の意を示す】

むしろそういうお仕事は衛くんとこのトリシャちゃんがお得意だろう
彼女だったら一ヶ月どころか4,5日もあれば直してくれるだろうよ
頑張れば一晩でやってくれるかもしれないけれど
【どっちだ】

>>479
成る程。読書ね……ふむ
どうやら僕は僕の中での「読書」に対する印象を改めなければいけないようだ
【額に指をあてて少し唸る】

わお。手品かなにかかいそれ
【同じ本を取り出す様子をみて驚いた振りをする。あくまで振り】

484 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/04(金) 21:54:23.09 0
>>479
……本を食べる妖精、か? 魔力の流れで判断できるといいが…
【眼鏡の縁を軽く叩き、魔力検知モードへと切り替えた】
【魔力の種類でどの種族か分かるという仕組みだ】

>>483
…そうか、すまんな。
【レイの肩に手をポンと置いた】

杉崎んとこのトリシャか…どうも話しかけづらいな、あの手のタイプは…
【何を考えているか読めないタイプは、むしろ警戒してしまう】


485 :高等部一年A組 無/地専攻 珀巻 ◆IncekhOu7E :2011/11/04(金) 21:54:46.84 0
>>477
珀巻「こんかいのはシベリアじゃないけどー、まぁけっこー骨のあるやつのしわざだったよ」
【声はまだようじょ】
【誰かのおさがりなのか、見慣れないワンピースを着ている】
蛇角「名前までは詳しく分かりませんけど、まぁ危険度で言ったらBかA・・・ってとこでしょうか」
蛇角「・・・てかひどい怪我。過度に出血を繰り返すと影響は脳に行きますからね。薬使います?組織回復薬ですけど」
【茶色いビンを取り出す】

>>479
珀巻「えほんー?」
【チノフの本は知識書や図鑑、論書ばかりなので物語・・・もとい絵本はまるで無い】
珀巻「・・・・・・」
【読みふけっている】

486 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 21:55:20.17 0
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね

素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね

素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね

素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね

素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね

素出し市ね
素出し市ね

素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね

素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね

素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね

487 :高等部一年C組 光専攻 レイ ◆ozOtJW9BFA :2011/11/04(金) 21:55:26.37 0
>>481
千切るって何をだい?胸?
お生憎だけど僕には千切るほどの胸はないよ
七坂先輩か銀ちゃんあたりでも当たっておくれ
【今はサラシでさらに押さえつけているため完全にぺったんこ】
【取ったら取ったで多少はあるものの、少なくとも大きいほうではない】

ほほう。意外だね
てっきり僕は火野先輩は力押しゴリ押しばっかりの
全身筋肉人間みたいなものだと思っていたんだけれど
【白い炎や青い炎の力を聞いて驚いたような顔をした】

488 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/04(金) 21:57:14.41 0
>>475
メイド「あ、珀巻くんと蛇角くんだ。おっす!」
火野「おう…… うちの校舎ってなんでこんな仕掛け多いんだ?」
メイド「まあ、イロモノ学園ではあるよねw」

>>476
火野「そうか? 遠慮しなくても良いのによ」
メイド「あゆにぃの自爆率を考えたらねぇw
    まあ、でもあんまり無理しないでね?
    林檎くんが死んじゃったらベルちゃん悲しむよ」
火野「そういや、今日は嫁はどうしたよ?」
【すっかり嫁扱い】

489 :魔導書の精霊 蜂の頁 ビーニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/11/04(金) 21:59:03.40 0
>>481
……はい、可能です
本体の様に殴打動作も必要としません
【分身の中でおそらくもっとも治癒を得意とする】
【死霊魔術科で人体構造なども習っていることもあって】

いえ、読書ですが
【どう見ても本食ってる】

>>483
……私は魔導書の精霊ですので、原則食事は必要ありません
ですがこの食事に見える動作によって効率よく"読む"事ができますミマミマ

ここの書物は旧図書館塔と異なり、返却の必要がありますので
【答えになってない】

>>484
【無数の書の頁がビーニャを模っているが魔力自体は本体のルニャの痕跡が残る】
【魔力で構成された分身体が精霊に変質した存在の為、学園でもそれなりに異質】

>>485
よければ感想をお聞かせください……
【巷では大人気で品切れ続出。子供の感性が心配される】

490 :高等部一年A組 無/地専攻 珀巻 ◆IncekhOu7E :2011/11/04(金) 22:04:02.80 0
>>483
珀巻「んー・・・れいってこんなにおっきかったかな・・・」
【まだ体の感覚は戻っていない】
珀巻「・・・そんなにこどもは珍しい?」
【視線に舐められる幼女】

蛇角「いえ、このフロアには用はないんですけどここを経由すると近道なんで。」
【壁の裏にもう一つ読み取り機がある】
【別のカードキーを差し込むと表と裏の読み取り機の蓋が開き、大きな鍵穴が現れる】
蛇角「えっと中央ホールは・・・これか」
【ドアを閉め、取り出した妙に長い鍵を差し込む】
【再び大掛かりな音が響き、ドアを開けるとそこにはだだっ広い図書館の中央ホールが広がっていた】
【地下だというのにまるで一つの街のようだ】

491 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 22:05:16.11 0
             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   おじちゃんたち
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   どうしてはたらかないの?
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
           ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
           ト、_       `ーァ'¨不ヽ
            | | 「 ̄「 ̄l ̄ト、,イトヒi′
             l l. l   l  !  !└' l |
             └ L 」_,|__l_l.__L.l′
             |   |  |   |
              l   l   !   !
                l   l.   l   l
            ト--┤   !--‐1
              f‐t央j.   ト央ァヘ
              |  甘l、  / 甘  |
             l  ,.-‐ヽ レ'⌒ヽ/
            `く.__ ノ ゝ--‐′

492 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/04(金) 22:05:56.19 0
>>485
…魔族であれば呼んでくれ。気になる事がある。
【なにやら調べたい事があるようだ】

大丈夫だ、既に薬を塗り終えてある。…元傭兵だからな、これくらいはできるさ。

>>488
ベルはもう一つの依頼で、また例の護衛任務だ。
…分かりあえないものかね、ヒトと幻獣、大して違いはなかろうに…
【どうやらそれ絡みの護衛のようだ】

493 :高等部一年C組 光専攻 レイ ◆ozOtJW9BFA :2011/11/04(金) 22:08:22.15 0
>>484
いいって。気にすんなよ先輩
【そう言いながら林檎の手を払いのけた】
【悪意はない。多分】

今、林檎先輩にはいくつかの選択肢がある
ひとつ。先輩が直接トリシャちゃんにお願いする
ふたつ。衛くんにトリシャちゃんにお願いしてくれるよう掛け合ってみる
みっつ。今ここで先輩が僕に頼んでくれるようお願いする。ただし仲介料は取る
さあどーれだ
【こんなところでも小遣い稼ぎを狙う】

>>489
なるほどね。確かに本を読むのってちょっぴり面倒だよね
嫌いじゃないよ?むしろ好き。でもさ、本の読むのって結構時間要するじゃん?
そんなことを考えると時間が勿体無いなあって気もしちゃうわけさ
そう考えると、そうやって本を読めるっていうのはすっごい便利だね
【羨ましそうに、感心した目で見る】

そういや本食べちゃったら返せないもんね
だから代わりにレプリカを作って返却をすると
理に適っているね
【そうだろうか】

>>490
はは。僕がおっきいんじゃなくてマキちゃんが小さいんだよ
主観的にじゃなくて客観的に状況を判断できるようになろうね
でないと碌な大人になれないよ
【言い方が容赦ない】

おお。広い
正直このスペース別のものに利用したほうが色々と捗る気がしないでもないんだけどさ
【身も蓋もないことを】

494 :高等部一年A組 無/地専攻 珀巻 ◆IncekhOu7E :2011/11/04(金) 22:09:50.02 0
>>488
蛇角「あ、こんにちはたまさん」
【学園地下のほぼすべての階層を貫く巨大なホールはまさに圧巻の一言】
【空中にも本棚やランプが浮いていて、その間を司書や警備員が高速で飛び回っている】
【と言っても毎日入り浸っている人間にしてみればたいしたことは無いのだろうか】

495 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 22:13:13.24 0
※女性からみた男のダメ姿ランキング トップ10
                                                            
1位・飲食店などで、店員に偉そうにする(態度がでかい)
2位・割り勘で10円台まできっちり請求してくる
3位・蛾やゴキブリが出現したときに大騒ぎする
4位・食後に爪楊枝で思いっきり歯の掃除をする
5位・オフィスの机の上がフィギュアだらけ
6位・下着代わりの柄モノTシャツが、ワイシャツの下から透けている
7位・車の駐車が下手
8位・職場ではスーツ姿が決まっているのに、私服がイマイチ
9位・電車の中で携帯ゲームに夢中になっている
10位・おしぼりで顔を拭く
                                                   
※ワイシャツの下から大騒ぎするランキング トップ10
                                                  
1位・職場で、フィギュアに偉そうにする(携帯ゲームがでかい)
2位・下着代わりの10円、Tシャツがおしぼり
3位・電車の中で蛾やゴキブリが柄モノスーツ姿が決まっているのに
4位・歯で思いっきり車の掃除をするが下手
5位・オフィスが職場で机の上が台
6位・代わりの店員がきっちりTシャツ、態度が透けている
7位・車の駐車車の車の駐車が電車
8位・フィギュアの態度がイマイチ
9位・職場では下着に夢中になっている
10位・ゴキブリで顔を拭く
                                                      
「気温が・・・℃の時、フィンランド人はどんなふうにふるまうか、そのとき他国では何が起きているか」
                                                           
15℃。スペイン人は毛糸の帽子をかぶり、手袋とコートを着用。フィンランド人は日光浴をする。
                                                
10℃。フランス人は集中暖房をつけようとむなしい努力をする。フィンランド人は花壇に花を植える。
                                                       
+5℃。イタリアでは車のエンジンがかからなくなる。フィンランド人はオープンカーでドライブする。

  0℃。蒸留水が凍る。フィンランドのヴァンターヨキ川の水は、ほんの少し凝固する。
                                                      
−5℃。カリフォルニアでは住民が凍死寸前。フィンランド人は庭で、夏の最後のソーセージをグリルする。
                                         
−10℃。イギリスでは暖房を使い始める。フィンランド人はシャツを長袖にする。
                                           
−20℃。オーストラリア人はマヨルカ島から逃げ出す。フィンランド人は夏至祭りをおしまいにする。秋の到来である。

−30℃。ギリシャ人は寒さで死亡。フィンランド人は、洗濯物を屋内に干し始める。

−40℃。パリは凍えてガチガチ音を立てる。フィンランド人は屋台に行列する。

−50℃。シロクマが北極から退避しはじめる。フィンランド軍は、本格的な冬の到来までサバイバル技術の訓練を延期する。

−60℃。コルヴァトゥントゥリが凍結。フィンランド人はビデオを借りて家の中で過ごすことにする。
      (コルヴァトゥントゥリはフィンランド北部・ラップランドにある山でサンタクロースが住むとされる)

−70℃。サンタクロースが南方へ引っ越す。フィンランド人は、
      コスケンコルヴァを屋外に保管しておけなくなり、いらいらする。フィンランド軍がサバイバルの訓練を開始。
     (コスケンコルヴァはフィンランドの蒸留酒でアルコール度数が非常に高い。通常、飲む前にビンごと冷凍庫に入れて冷やす)

−183℃。食品の微生物が死滅。フィンランドの牛は、乳しぼりに来る人間の手が冷たいと文句を言う。

−273℃。絶対零度。あらゆる原子の運動が停止。フィンランド人は「くそっ、今日はずいぶん寒いじゃないか」と言い始める。

−300℃。地獄が凍結。フィンランドがユーロヴィジョンで優勝する。

496 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/04(金) 22:14:27.17 0
>>489
…該当データ無し、学園に来てからこればっかりだ…
【常識なんてなかった】

あー、そこの本食い少女。旧図書館塔とはなんだ?地下書庫とはまた違うのか?
【多少大きめな声で呼びかけた】
【地下書庫には何度か行った事があるが、旧図書館塔には行った事が無いようだ】

>>493
…いくらだ。万ならお断りだが。
【半目で見ながら】

497 :高等部一年A組 無/地専攻 珀巻 ◆IncekhOu7E :2011/11/04(金) 22:22:05.08 0
>>489
珀巻「・・・・・・・・・・」
珀巻「濡れるっ!」
【好評のようだ】
蛇角「・・・これは・・・なんというか容赦ない内容ですね・・・」
【トラウマを乗り越えてこそ人は強くなる】

>>492
蛇角「いや、人間みたいです。・・・少なくとも首謀者は。」
【調べたところどうも複数で暗躍しているグループらしい】
蛇角「所属ってわけではないですけど大物とも多少係わり合いがあるようで・・・」
【でもたぶんパシリ程度】

>>493
珀巻「おとなげねぇ!さすがいいんちょうそこに呆れる憧れないぅ!」
【褒めてんだか貶してんだか】
【記憶は戻っても思考はまだ幼女らしい】

蛇角「はは。まぁこんなに大きいと田舎にでーんと立てるわけにもいかないでしょうしね」
【よく見たら浮いているランプなどもかなり巨大だ】
【さすが魔術学園スケールでかい】

498 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/04(金) 22:22:50.14 0
>>487
メイド「ああごめんね。豊満って聞くとつい」
【ぽりぽりと頭をかいた】

メイド「やだなぁ、美緒ちゃんのπをもいだりしたら国際問題になるよ」
火野「マジで!?」

火野「へっ 俺様を舐めんなよ? 力こそ正義、力こそパワーじゃねーか!!」
【むきりとポージングをきめる】

メイド「レイちゃんレイちゃん、馬鹿だからたぶん使いこなせてないし
    本当の意味で把握できてないと思うよ、炎のこと」

>>489
メイド「あ、よかった! じゃあ林檎くん治してあげてくれる?
    結構大きい傷なんだけど、薬で良いって言い張ってるから」
【軽く両手を合わせて拝んでみせる】

火野「……どくしょ?
   俺様の記憶だと読書ってのはページをめくることだと思ってたんだが……」
メイド「まあ、肉体的には人間じゃないし、気にしてもしょうがないよ」
【ぽむぽむと馬鹿の肩を叩く】

>>492
火野「へぇー、そりゃさびしいな」
メイド「あー、異種族は難しいよね。杉崎くんとこやうちの真吾にぃみたいな人も居るけど」
火野「神獣17人だっけか?」
メイド「眷属と鬼もはいって19人かな……
    なんていうか、竜族系とか完全に人間を格下に見てるもんねぇ」

499 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 22:25:17.79 0

























500 :高等部一年C組 光専攻 レイ ◆ozOtJW9BFA :2011/11/04(金) 22:27:29.93 0
>>496
安心しておくれよそんなぼったくるつもりはないからさ
それにほら、僕と林檎先輩の仲じゃあないか
そうだね。見積もって野口さんお一人様ご案内
ってことでどうかな?
【要するに1000円】

>>497
はっはっは。お褒めに預かり光栄だよ
【皮肉すらも褒め言葉として受け取る】

まったくだね
学園の何割の敷地を占めているんだか
むしろオーバーしちゃったりしてないかい?
大丈夫?これ
【多分】

>>498
国際で済めばいいけどねえ
もしかしたらそのまま全世界、いや、宇宙までもが巻き込まれ……
【どんな規模だ】

宝の持ち腐れ。猫に小判。豚に真珠。火野に炎、ってところかい
驚いて損しちゃったよ。先輩、慰謝料
【指でお金の形をつくりつつ、もう一方の手を差し出す】
【プリーズ、マネー】

501 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/04(金) 22:27:42.24 0
>>497
大物…複数犯…どっかの情報機関の使いっ走りだろう、学生に迎撃される辺り雑魚だな。
【冷静に評した】

>>498
竜族とは何回かやりあいましたよ、戦場で。
…あいつらプライド高いですからな、罠仕掛けると怒る怒る…
【林檎には理解できないようだ】

502 :魔導書の精霊 蜂の頁 ビーニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/11/04(金) 22:28:34.30 0
>>493
速読や、魔術に本の内容を理解する術もありますが
やはり目で読まないと少し物足りないものがあります
知識欲は満たされるので、時間が限られている場合は重宝しますが
【一長一短です、と言って再び本を手に取った】

……魔導書などはオリジナルと同等の力を持たせています
そういった意味ではオリジナルと変わりませんよ
【本物も偽物も関係ないんや!みたいな】

>>496
ビーニャ・グリモワールです。本食いではありません
【本を食う手を止めて自己紹介。対話の基本ですね】

学園の敷地内にある黒い石造り塔です。ご存知ありませんか……?
地下図書との違いは……管理されているかいないか、かと
【旧図書館塔は一種の不思議なダンジョン】

>>497
……………
【口に出さないし無表情のままだが雰囲気が明るくなった】
【生の声で評価されてとても嬉しいようだ】

>>498
はい、構いません
ですが本人が拒否しているのでは?
【治療は請け負うが林檎を説得する気はない】
【拒否するのも相手の権利の一つである、という考えから】

はい、その方法でも読者は可能です
しかしあまり時間がない場合はこのように読書を行います
【会話している間も本を食ってる】
【その横では使い魔代わりの魔物蜂がせっせと本を運んでいる】

503 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 22:32:00.26 0
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww
魔道書の精霊とか痛すぎwwwwwwwwwww


504 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/04(金) 22:35:50.08 0
>>500
…よし、乗った! …では頼んだ。
【鞘に収めた大剣をレイに渡した】

中々使いやすいだけに、このまま壊れるのは勿体ないんだ…
【愛着があるようだ】

>>502
地下書庫が管理…? 武装ゴーレムと達人レベルのアンデッド、大量の罠、これが管理されていると
言うならそこはどうなっているんだ…?

…ああそうだ、失礼、申し遅れた。二年F組、林檎だ。護衛ならば承る。
【恐らく補助、後方支援型で戦闘はやりづらいだろうな、と林檎は考えている】
【それ故護衛を承る、とわざわざ言った】

505 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 22:36:45.56 0
死ね



死ね



死ね

506 :高等部一年A組 無/地専攻 珀巻 ◆IncekhOu7E :2011/11/04(金) 22:40:32.82 0
>>500
珀巻「解せぬ」
【丸め込まれたようじょ】

蛇角「国から散々搾り取った補助金使い果たして建てた新校舎ですからね・・・観光で見学にくる人からもかなり吸い上げてるっぽいですし」
【旧校舎もそれなりにでかいが】
【階にはちらほら店が見える】
蛇角「えっといま東口だから薬学棟はこっち側か・・・?」
【広すぎて生徒の大半は知ってる道すら分からなくなるらしい】

>>501
蛇角「・・・今は雑魚で済んでも。シベリアみたいなのがこない保障もないですけどね」
【迎撃したのは高等部の3年生らしい】
珀巻「わっちも完全に体が戻るにはもう少しがんばらないとじゃ・・・」
【本人が弱体化してしまっているのが一番厄介】


507 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/04(金) 22:44:59.68 0
>>494
メイド「やー、こりゃまたすごいね。私もまだまだいってない場所あるね、この学園」
火野「そりゃそうだろ。俺様が知ってる地下設備だけでも、
   旧図書館塔地下、地下書庫、地下封印庫、あとなんだ旧下水だかのダンジョン?」
メイド「特殊訓練場にも地下迷宮あるし、ルニャちゃんがあちこち加工してるらしいし」

>>500
メイド「……実は私は見た! 炒飯湖開きの写真即売会で、タコのような異星人と、
    銀色の子供のような異性人が美緒ちゃんの写真を買ったのを!!」
火野「マジで!?」
メイド「ううん、嘘だけど」

火野「失礼なこというな!? これでも攻撃力ならなかなかの――」
メイド「自爆力もなかなかだよね〜」
火野「無理! 悪いが、俺様の今月の小遣いの使い道はもう決まってるんだ。
   というか、何が慰謝料だ耳揉むぞ!?」
メイド「何で耳?」
火野「え、エルフって耳がかんj―ー」
【取り出したかなづちでごいんっとひっぱたいた】

>>501
メイド「竜族に効く罠とか、林檎くんまじパネェ……」
火野「落とし穴とか痺れ罠とかか?」
メイド「タル爆弾にはお世話になりました」

>>502
メイド「いやいや、その辺はルニャちゃんみたいに問答無用でもいいと思うよ。治療に関しては」
【良くありません】

火野「ほぉー てっきりスーxー速読術とか身に付けてるのかと思ってたぜ」
メイド「それはそれで、シュールでやだなぁ」

508 :高等部一年C組 光専攻 レイ ◆ozOtJW9BFA :2011/11/04(金) 22:47:16.28 0
>>502
そうやって効率重視で本を食べちゃうときもあれば
自分の目で直接情報を脳に叩き込むときもある
いい心がけだね。流石魔導書の精霊だよ
【拍手をしてビーニャを賞賛する】

ふむ……
これって量産すればビジネスに
【また金の話か】

>>504
交渉成立。請け負ったよ
【大剣を両腕を伸ばして受け取ろうとする】
【が、手に乗せると同時に前のめりに転んでしまった】
【勿論大剣はそのまま地面に落ちる】

……重いぜ先輩、これ
非力でか弱い乙女の僕にはこれは持てない
重量軽減の術とかかけてくれないかな
【何度も持ち上げようとする。しかしやっぱり持てない】

>>506
話術で僕に勝とうなんざ3ヶ月早いよ
【案外短い】

むう。どれほどのお金をつぎ込んだのだろうか
なんだか勿体無いような気がしないでもないね
有効活用されてるのならそれでいいけどさ
【一番心配なのはお金】

509 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 22:47:42.94 0
あんた


キモい


性格



してるね…




おげええええ

510 :高等部一年C組 光専攻 レイ ◆ozOtJW9BFA :2011/11/04(金) 22:51:27.39 0
>>507
思ったんだけどさ
宇宙人って僕ら人間とは違う外見をしているって推測されてるじゃん?
そんな存在から見ても美緒先輩は魅力的なのかな
それとも真逆で魅力の欠片もない醜悪な存在になるのかな
そういうのって気にならないかい先輩?
【どうでもいい】

……耳はマジでやめてくれよ?冗談抜きで
性感帯とかじゃないけどさ。性感帯じゃないけどさ
でも弱点といったら弱点なんだよ。わかるかい先輩
【珍しく焦っている様子。まさか本当に】

511 :魔導書の精霊 蜂の頁 ビーニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/11/04(金) 22:51:42.23 0
>>504
怪異は頻繁に沸きます
異世界とも度々繋がります
階層もいつの間にか増えます
所蔵本が日々増えています
【三千世界から読書狂共が群がる聖地()】

ありがとうございます
【後衛よりの万能型なので素直に好意を受け取る】

>>507
……そうなのでしょうか?
【その辺は確固たる信念がある訳でもないのでコロッと流される易い】

すー?がどんなものか分かりませんが……
この子達と視界をリンクし複数の書物を読む、という事なら可能です
【複眼になっているので閉じられていた瞳を開き、せっせと本を運ぶ蜂を示す】

>>508
……ありがとうございます
【なんであれ、褒められると嬉しい。素直にお礼を述べる】

ビジネス……なるのでしょうか
【金銭に興味がないので複製の利便性にも危険性にも無頓着】
【その気になれば魔導書量産で価値破壊も余裕です】

512 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/04(金) 22:51:59.21 0
>>506
…こいつを渡しておこう。
【林檎が居を構える学園近くの森林、その地図だ】
【罠が仕掛けられた箇所がペンでサインしてある】

いざとなれば逃げ込め。時間稼ぎにはなるはずだ。

>>507
あいつら神経部分が脆いですからな、電撃を流し込めば…
【グッと拳を握りしめ】
楽なもんですよ、戦場で正々堂々を叫ぶ阿呆ですからな。

513 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/04(金) 23:00:45.24 0
>>508
…レビテーション。
【こっそりと囁くように唱えた】
【大剣の重量が一冊の本並に軽くなった】

…どうだ?成功しているといいが…
【実はこの手の術に自信が無い】

>>511
…それはもう封印処理して崩した方がいいんじゃないかな。
【考える事をやめた】

(そろそろ落ちます、おやすみなさい)

514 :高等部一年C組 光専攻 レイ ◆ozOtJW9BFA :2011/11/04(金) 23:04:09.22 0
>>511
なるさ。お金稼ぎには持ってこいだぜ
ただ、量産するのは頭の悪い奴がすることだ
賢く稼ぐには需要のあるものを適度に生産し
希少価値のあるものをほんの少しだけ複製
あとはヤフオクでよし
【最後の詰めが甘い】

>>513
おおっ?
【大剣を持ち上げるためにレイは全力とまではいかなくとも、かなりの力で踏ん張っていた】
【しかし今まではそれでつりあっていたものの、突然軽くなったことで力の均衡が崩れる】
【そうなれば勿論力は一方的に作用するわけで――】
【レイは後ろにずってん、と転がるように尻餅をついた】

いてて。先輩、慰謝料
【こっちでもか】


(おやすみなさいませー。俺もそろそろ落ちます。おやすみなさい)

515 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 23:07:09.19 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

516 :高等部一年A組 無/地専攻 珀巻 ◆IncekhOu7E :2011/11/04(金) 23:08:24.23 0
>>502
珀巻「MOTTOMOTTO!」
【無知とは幸せなものである】
【マンガあたりを読ませたらヤバいのではなかろうか】
蛇角「なるほど・・・これが新ジャンルか」
【新たな風を感じているようだ】

>>507
蛇角「設備過多もいいところですね」
【おかげで地下同好会なんてのもあるとか】
【そろそろ山をもう一つ削りそうな発展具合である】

蛇角「なんか近々さらに1階くらい校舎を積み上げるみたいですし」
【海外からの入学が多いらしい】

>>508
珀巻「モヒー」
【頭もリハビリが必要とはいえ疲れたご様子】

蛇角「魔術に限らず文学とか哲学とか・・・ていうかここに収まりきらないだけの本もすごいし」
【ここに入りきらないマイナー書籍や国宝級の書がさらに別の部屋にあるといった感じ】
【魔術学園の学部もいくつあるか分かったもんじゃない】
蛇角「まぁ設備が一極集中してるおかげで多少の経済効果はあるらしいですよ?」

517 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/04(金) 23:09:04.75 0
>>510
メイド「そうだねぇ…… 例えば、甲虫。カブトでもクワガタでもいいけど。
    あれを気持ち悪いって人も居ればかっこいいって人も居るでしょ?
    そもそも、美醜って観念が無いかもしれないしね」
火野「タコ見て美味そうと思うか悪魔と思うかみたいなもんだな」
メイド「おお、今日はちょっと賢い!?」
火野「うっせー!」

メイド「実は放熱板とか?」
火野「意表をついてファンネルか!?」
【二人とものりのりで両手をわきわきさせる】

>>511
メイド「そうそう。治せる人は治してあげて」
火野「宗教的な理由とかはどーすんだ?」
メイド「魔術に何の宗教が――」
火野「バチxンのなんと課?」
メイド「あー……」

火野「……それってよー、本の内容が頭の中でまざらねーの?」
メイド「頭脳1bitが何か言ってます!」
火野「なんだよそれ?」
メイド「説明してもわかんないよ、きっと」

>>512
メイド「……林檎くんは源義経みたいだねぇ」
【くすりと笑う】

火野「あ、知ってるぜ。崖から「馬も鹿も4本足だからおっけー」とか言って
   飛び降りた奴だろ?」
メイド「なんか微妙に違うよ」
【はふぅ、とため息】


518 :高等部一年A組 無/地専攻 珀巻 ◆IncekhOu7E :2011/11/04(金) 23:10:08.83 0
オヤスミナサイデス

519 :名無しになりきれ:2011/11/04(金) 23:10:50.19 0
熱海やカヤをリハさのーんリコ
ん沼やぬんなな卒苗な知り
和メーやを、ら?リナ和えさ屋根や
ワヤンのほとよののょ無知な腹
ワム話間成羽ユナか
ワムこよの。耐えん
わて補痕年コオめねの毛の
ねし日ルリにたいとマロ屋根百合根補
和補のゎちけはらわたのやねやの
を寝屋のや高原家はサロわ
わや後の盾わあや泡やケラ腹中州ぬさのや
リグレー弛湯背やひなやなれ話な拿捕腹やソカや
和なんマヤのとアマこそさやな
んなまだあまあまかわここわかやさやわはやは
かなりに葉秋山澪死ね二またわあやあな、な、
、身体他矢田奴やアラからは、間生
、縄にまあ目はラサ奈良の矢をな、罠を
な?わたんたわた話にひり最近馬鹿
ラナ。な矢田や澤きもいや、縄な他屋をぬ
なブスこ地罠やなヤナや綾田や
な床や腹します。最近馬鹿雌をやっつけ泣やわやかや白湯
らな湯沢の他やあやあ、たや葉や粥や差やな湯屋さや

520 :魔導書の精霊 蜂の頁 ビーニャ ◆mGpWVuEpyU :2011/11/04(金) 23:16:56.13 0
>>513
封印しても誰かが解くそうです
【障害があるほど燃え上がる読書狂とか】

撤去は地上階を薙ぎ払っても翌日には再建されているようで
【まるで塔自体が生きているようだ、と当時の爆砕担当は零した】
【そして学園も関わる事を止めた】

(乙ですー)

>>514
そうなのですか……
【興味ないので関心も薄い】
【自分が読めて他にも本を読みたい人が読めればそれでいい、くらいの考え】
【なので頼まれれば量産して各地の図書館に寄贈も行うだろう】

(乙ですよー)

>>516
もっと、ですか?
申し訳ありません、手持ちはその一冊だけで……
通常の図書室の方に何冊か寄贈しています
それを借りてみては如何でしょうか
【カテゴリーは精神鍛錬系】

>>517
やはり問題があるのですか?
【林檎に宗教上の理由があるとは思えないが】

はい、問題ありません
分割思考が可能であれば修めることは容易かと
【ただし目は別途用意してください】

(自分も落ちます。乙でしたー)

521 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/04(金) 23:20:59.73 0
>>516
メイド「まあ、二万人以上の人が居るしね、ここ」
火野「1クラス500人とか覚え切れねーよ」

>>520
メイド「林檎くんは平気だよたぶん」
火野「多分かよ!?」

(おつかれさまー)

522 :名無しになりきれ:2011/11/05(土) 14:33:19.93 0
嫌韓厨って生きてて恥ずかしくないの?ねえ。お前の事だよ、お前の。聞いてる?                        
                                                                            
在日発見?サヨク来たー?あのねえ、俺はそう言うレベルの話してるんじゃないの。                    
                                                                            
ただ、いっつも韓国を馬鹿に・・・。え、何?言いたい事があるの?うん、じゃあ話を聞こうか。                
                                                                   
「技術大国の日本に比べて、韓国は技術もなく手抜き上等の癖に傲慢な野蛮人w」?                    
                                                                   
「日本の素晴らしい教育で識字率は世界有数!それの比べて自称先進国のお隣はww」?                   
                                                                   
その通り。日本は素晴らしい国だよ。それは今さら言うまでもない。                             
                                                                   
でもさ。お前、その素晴らしい日本にする為に何かひとつでも貢献したの?                              
                                                                   
なんかの新技術でも開発したの?製品の規格の法整備でもをしたの?教育制度もお前が作ったの?
                                                                   
ねえ、何もしてないくせに勝手に自慢しないでくれる?キショいからさ。                             
                                                                   
そうだ、お前なんか人に自慢できるものとかないの?地位とか、学歴とか、収入とかさ。                
                                                                   
え?え?何も無いの?ただ、「日本人」ってのだけがアイデンティティー最後の砦?                    
                                                                   
「日本人」ってのにぶら下って生きてるだけ?えー、やめてよ。正直、「日本」も君みたいなのは邪魔なのよ ね。
                                                                   
確かに日本は偉いし多くの日本人も立派。彼らのおかげで日本の繁栄がある。                        
                                                                   
でもお前はそれを食いつぶしてるだけなのよね。                                        
                                                                   

523 :名無しになりきれ:2011/11/05(土) 14:33:34.78 0
嫌韓厨って生きてて恥ずかしくないの?ねえ。お前の事だよ、お前の。聞いてる?                        
                                                                            
在日発見?サヨク来たー?あのねえ、俺はそう言うレベルの話してるんじゃないの。                    
                                                                            
ただ、いっつも韓国を馬鹿に・・・。え、何?言いたい事があるの?うん、じゃあ話を聞こうか。                
                                                                   
「技術大国の日本に比べて、韓国は技術もなく手抜き上等の癖に傲慢な野蛮人w」?                    
                                                                   
「日本の素晴らしい教育で識字率は世界有数!それの比べて自称先進国のお隣はww」?                   
                                                                   
その通り。日本は素晴らしい国だよ。それは今さら言うまでもない。                             
                                                                   
でもさ。お前、その素晴らしい日本にする為に何かひとつでも貢献したの?                              
                                                                   
なんかの新技術でも開発したの?製品の規格の法整備でもをしたの?教育制度もお前が作ったの?
                                                                   
ねえ、何もしてないくせに勝手に自慢しないでくれる?キショいからさ。                             
                                                                   
そうだ、お前なんか人に自慢できるものとかないの?地位とか、学歴とか、収入とかさ。                
                                                                   
え?え?何も無いの?ただ、「日本人」ってのだけがアイデンティティー最後の砦?                    
                                                                   
「日本人」ってのにぶら下って生きてるだけ?えー、やめてよ。正直、「日本」も君みたいなのは邪魔なのよ ね。
                                                                   
確かに日本は偉いし多くの日本人も立派。彼らのおかげで日本の繁栄がある。                        
                                                                   
でもお前はそれを食いつぶしてるだけなのよね。                                        
                                                                   

524 :名無しになりきれ:2011/11/05(土) 14:34:36.20 0
嫌韓厨って生きてて恥ずかしくないの?ねえ。お前の事だよ、お前の。聞いてる?                             
                                                                                
在日発見?サヨク来たー?あのねえ、俺はそう言うレベルの話してるんじゃないの。                        
                                                                                
ただ、いっつも韓国を馬鹿に・・・。え、何?言いたい事があるの?うん、じゃあ話を聞こうか。                    
                                                                             
「技術大国の日本に比べて、韓国は技術もなく手抜き上等の癖に傲慢な野蛮人w」?                         
                                                                            
「日本の素晴らしい教育で識字率は世界有数!それの比べて自称先進国のお隣はww」?                       
                                                                                 
その通り。日本は素晴らしい国だよ。それは今さら言うまでもない。                                    
                                                                   
でもさ。お前、その素晴らしい日本にする為に何かひとつでも貢献したの?                                  
                                                                     
なんかの新技術でも開発したの?製品の規格の法整備でもをしたの?教育制度もお前が作ったの?               
                                                                                
ねえ、何もしてないくせに勝手に自慢しないでくれる?キショいからさ。                                    
                                                                               
そうだ、お前なんか人に自慢できるものとかないの?地位とか、学歴とか、収入とかさ。                       
                                                                         
え?え?何も無いの?ただ、「日本人」ってのだけがアイデンティティー最後の砦?                          
                                                                             
「日本人」ってのにぶら下って生きてるだけ?えー、やめてよ。正直、「日本」も君みたいなのは邪魔なのよ ね。       
                                                                                  
確かに日本は偉いし多くの日本人も立派。彼らのおかげで日本の繁栄がある。                        
                                                                   
でもお前はそれを食いつぶしてるだけなのよね。                                        
                                                                   

525 :名無しになりきれ:2011/11/05(土) 21:40:48.23 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

526 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/06(日) 21:32:56.00 0
【土方温泉入り口】
蛇角「・・・これが温泉・・・・」
【蛇角の出身地は風呂よりサウナが多かったそうな】
珀巻「さー入った入ったつーか入りましょうや旦那ー」
蛇角「・・・っていうか!なんでモキュノフまで!」
珀巻「い、いやさーそのなんていうかアレじゃないですか、わっち水属性苦手系じゃないっすかあはあはあははは」
珀巻「(・・・混浴ってことまだ教えてなかったり)」
【いつもの二人である】
【どうも珀巻は近くに人がいないと湯船に入れないらしい】

527 :名無しになりきれ:2011/11/06(日) 21:40:19.35 0
ttp://cm.jpg ttp://cn.jpg ttp://co.jpg ttp://cp.jpg ttp://cq.jpg ttp://cr.jpg ttp://cs.jpg ttp://ct.jpg ttp://cu.jpg ttp://cv.jpg
ttp://cw.jpg ttp://cx.jpg ttp://cy.jpg ttp://cz.jpg ttp://c1.jpg ttp://c2.jpg ttp://c3.jpg ttp://c4.jpg ttp://c5.jpg ttp://c6.jpg
ttp://c7.jpg ttp://c8.jpg ttp://c9.jpg ttp://c0.jpg ttp://da.jpg ttp://db.jpg ttp://dc.jpg ttp://dd.jpg ttp://de.jpg ttp://df.jpg
ttp://dg.jpg ttp://dh.jpg ttp://di.jpg ttp://dj.jpg ttp://dk.jpg ttp://dl.jpg ttp://dm.jpg ttp://dn.jpg ttp://do.jpg ttp://dp.jpg
ttp://dq.jpg ttp://dr.jpg ttp://s.jpg ttp://t.jpg ttp://u.jpg ttp://v.jpg ttp://w.jpg ttp://x.jpg ttp://y.jpg ttp://z.jpg ttp://1.jpg
ttp://2.jpg ttp://3.jpg ttp://4.jpg ttp://5.jpg ttp://6.jpg ttp://7.jpg ttp://8.jpg ttp://9.jpg ttp://0.jpg ttp://aa.jpg ttp://ab.jpg
ttp://ac.jpg ttp://ad.jpg ttp://ae.jpg ttp://af.jpg ttp://ag.jpg ttp://ah.jpg ttp://ai.jpg ttp://aj.jpg ttp://ak.jpg ttp://al.jpg
ttp://am.jpg ttp://an.jpg ttp://ao.jpg ttp://ap.jpg ttp://aq.jpg ttp://ar.jpg ttp://as.jpg ttp://at.jpg ttp://au.jpg ttp://av.jpg
ttp://aw.jpg ttp://ax.jpg ttp://ay.jpg ttp://az.jpg ttp://a1.jpg ttp://a2.jpg ttp://a3.jpg ttp://a4.jpg ttp://a5.jpg ttp://a6.jpg
ttp://a7.jpg ttp://a8.jpg ttp://a9.jpg ttp://a0.jpg ttp://ba.jpg ttp://bb.jpg ttp://bc.jpg ttp://bd.jpg ttp://be.jpg ttp://bf.jpg
ttp://bg.jpg ttp://bh.jpg ttp://bi.jpg ttp://bj.jpg ttp://bk.jpg ttp://bl.jpg ttp://bm.jpg ttp://bn.jpg ttp://bo.jpg ttp://bp.jpg
ttp://bq.jpg ttp://br.jpg ttp://bs.jpg ttp://bt.jpg ttp://bu.jpg ttp://bv.jpg ttp://bw.jpg ttp://bx.jpg ttp://by.jpg ttp://bz.jpg
ttp://b1.jpg ttp://b2.jpg ttp://b3.jpg ttp://b4.jpg ttp://b5.jpg ttp://b6.jpg ttp://b7.jpg ttp://b8.jpg ttp://b9.jpg ttp://b0.jpg
ttp://ca.jpg ttp://cb.jpg ttp://cc.jpg ttp://cd.jpg ttp://ce.jpg ttp://cf.jpg ttp://cg.jpg ttp://ch.jpg ttp://ci.jpg ttp://cj.jpg
ttp://ck.jpg ttp://cl.jpg ttp://cm.jpg ttp://cn.jpg ttp://co.jpg ttp://cp.jpg ttp://cq.jpg ttp://cr.jpg ttp://cs.jpg ttp://ct.jpg

528 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/06(日) 21:41:21.32 0
>>526
杉崎「はぁーびばのんのん♪いい湯だのう」
イグニス「うむ。であるな、主よ」
【先客あり。湯船の中には杉崎とイグニスがいた】
【気持ち良さそうに緩みきった顔をしている】

イグニス「むっ――主よ。誰か来たぞ」
杉崎「誰か?誰かって誰……なんだまきまきとたっつーか」
【他に誰が来たというところでどうということはない】
【肩まで湯に浸かり、存分に堪能している】

529 :名無しになりきれ:2011/11/06(日) 21:46:24.79 0
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ
こいつらエロ厨かよキモすぎ


530 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/06(日) 21:49:23.87 0
>>528
蛇角「あ、先輩。こんばんは」
珀巻「おーうサッキーさまこんちゃー」ガクブル
【すでにこの時間、寮の風呂は閉まっているらしくこの時間に来たようだった】
蛇角「普段何度も寮の風呂を行き来しまくってるのになんで温泉はだめなの」
珀巻「だだだってなんかこの風呂ちょっと深いしさぁツベコベツベコベ」
【水にはとことん臆病である】
【でも露天風呂で腰巻きだけというのも寒いだろうに】

531 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/06(日) 21:52:44.67 0
>>530
杉崎「深い?この風呂深いか?全然だろ」
イグニス「うむ。我でも問題なく浸かることができる」
【イグニスの属性は炎。水は勿論大の苦手である】
【しかし風呂だとかシャワーだとか、そのレベルなら何の問題もない】
【プールや川まで来ると本能的に恐れを感じて入れなくなってしまうそうだ】

杉崎「いいから入れって。そのまんまじゃ寒いだろうに」
イグニス「体の芯、骨の奥まで暖まるようだぞ」
【温泉というのは実にいいものだ】

532 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/06(日) 22:00:38.36 0
>>531
【よく見たら湯船の向こうに「混浴」の文字】
蛇角「・・・・ああなるほど」
蛇角「まったく仕方ないな・・・」
【珀巻の腕を引っ張って湯船に連れ込む】
珀巻「だからせめてなんか補助をですねあばあばばば」
ザプン!
蛇角「ふぅー・・・いいですね、なんか外に温泉があるって」
珀巻「bkbkbkbkb」
【この浅さで溺れている】
【珀巻の場合も流水が体に力が入らなくなる程度のはずなのだが】

533 :名無しになりきれ:2011/11/06(日) 22:03:31.41 0
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね
素出し市ね

534 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/06(日) 22:07:39.37 0
>>532
杉崎「やっぱり温泉は露天風呂に限るだろ」
イグニス「同意だ主よ。空を見上げながらの風呂のなんたる格別か」
【岩のような胸板の前で腕組みをしながら頷いて同意する】

杉崎「ってなんで溺れてんだお前はっ!」
イグニス「大丈夫か珀巻殿よ!」
【慌ててイグニスが腕を掴み、湯船から持ち上げる】
【流石のイグニスもこれには驚愕】

535 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/06(日) 22:17:53.18 0
>>534
珀巻「ひー・・・はー・・・」
【珀巻は見た目以上に女子のような華奢な体である。と言っても女でもなければ男でもないのだが】

蛇角「言わんこっちゃないなほんと・・・」
珀巻「はっ、はっ、死ぬかとおもた・・・・」
【思い込みだけでここまで溺れられるのも珍しい】
【というか蛇角だって暑さは苦手のはずだというのに】

536 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/06(日) 22:22:58.99 0
>>535
イグニス「珀巻殿はまず脚だけ浸けてみるのはどうだろうか。湯に慣れてからでも問題なかろう」
杉崎「それもそうだ。まきまき、そこらに腰掛けて脚だけ入れてみろよ」
イグニス「さすれば次はゆっくりと体に手で湯をかけるのだ。ゆっくりとな」
杉崎「そうしたら最後に湯船に浸かる。これで完璧」
【いつの間にか水泳レッスンみたいなことになってきた】

537 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/06(日) 22:33:30.95 0
>>536
蛇角「水に入るだけでここまでのトレーニングとは・・・」
珀巻「ひっひっふー、ひっひっふー」
蛇角「ラマーズはいらないぞモキュノフ」
【何を産む気だ】

珀巻「脚をつけて・・・体に湯を・・・」
パム「ごーーーーしゅじーーーーーーん!」
蛇角「What!?」
【敵機襲来】
【風圧で舞い上がる水しぶき】
バシャアアアアン!

珀巻「ぎゃーー!」
【ほぼピンポイントで湯をかぶった】
珀巻「・・・・ビクンビクン」
パム「もきゅのふしんでる!もきゅのふいきろ!」
蛇角「お前がやったんだよ!」
パム「もきゅのふなんでお湯でしんでしまうん?」
蛇角「いや死んでないよ!」
【そういえばこのハーピー雌じゃなかったか】

538 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/06(日) 22:39:13.26 0
>>537
杉崎「温泉で溺れるような奴なんだ。むしろこんくらいやらないと」
イグニス「中途半端は死に繋がるのだ。徹底的にやらねばな」
【何がお前等をそこまで駆り立てるのか】

杉崎「おぼふ」
イグニス「ぬふぅ」
【ざっぱーん。二人も顔面に思い切りお湯をぶっ掛けられた】
【水圧でそのまま湯船にぶっ倒れて沈んだ】
【しばらくするとまた水中から姿を現した】

杉崎「何すんじゃおらー!」
イグニス「神聖なる温泉において飛び込みは無作法であるぞ!」
杉崎「そうだ温泉の神は猛烈にお怒りだ!謝罪を要求する!」
【パムに対して猛烈に怒る二人。いつから温泉は聖地になった】

539 :名無しになりきれ:2011/11/06(日) 22:42:48.37 0
ttp://cm.jpg ttp://cn.jpg ttp://co.jpg ttp://cp.jpg ttp://cq.jpg ttp://cr.jpg ttp://cs.jpg ttp://ct.jpg ttp://cu.jpg ttp://cv.jpg
ttp://cw.jpg ttp://cx.jpg ttp://cy.jpg ttp://cz.jpg ttp://c1.jpg ttp://c2.jpg ttp://c3.jpg ttp://c4.jpg ttp://c5.jpg ttp://c6.jpg
ttp://c7.jpg ttp://c8.jpg ttp://c9.jpg ttp://c0.jpg ttp://da.jpg ttp://db.jpg ttp://dc.jpg ttp://dd.jpg ttp://de.jpg ttp://df.jpg
ttp://dg.jpg ttp://dh.jpg ttp://di.jpg ttp://dj.jpg ttp://dk.jpg ttp://dl.jpg ttp://dm.jpg ttp://dn.jpg ttp://do.jpg ttp://dp.jpg
ttp://dq.jpg ttp://dr.jpg ttp://s.jpg ttp://t.jpg ttp://u.jpg ttp://v.jpg ttp://w.jpg ttp://x.jpg ttp://y.jpg ttp://z.jpg ttp://1.jpg
ttp://2.jpg ttp://3.jpg ttp://4.jpg ttp://5.jpg ttp://6.jpg ttp://7.jpg ttp://8.jpg ttp://9.jpg ttp://0.jpg ttp://aa.jpg ttp://ab.jpg
ttp://ac.jpg ttp://ad.jpg ttp://ae.jpg ttp://af.jpg ttp://ag.jpg ttp://ah.jpg ttp://ai.jpg ttp://aj.jpg ttp://ak.jpg ttp://al.jpg
ttp://am.jpg ttp://an.jpg ttp://ao.jpg ttp://ap.jpg ttp://aq.jpg ttp://ar.jpg ttp://as.jpg ttp://at.jpg ttp://au.jpg ttp://av.jpg
ttp://aw.jpg ttp://ax.jpg ttp://ay.jpg ttp://az.jpg ttp://a1.jpg ttp://a2.jpg ttp://a3.jpg ttp://a4.jpg ttp://a5.jpg ttp://a6.jpg
ttp://a7.jpg ttp://a8.jpg ttp://a9.jpg ttp://a0.jpg ttp://ba.jpg ttp://bb.jpg ttp://bc.jpg ttp://bd.jpg ttp://be.jpg ttp://bf.jpg
ttp://bg.jpg ttp://bh.jpg ttp://bi.jpg ttp://bj.jpg ttp://bk.jpg ttp://bl.jpg ttp://bm.jpg ttp://bn.jpg ttp://bo.jpg ttp://bp.jpg
ttp://bq.jpg ttp://br.jpg ttp://bs.jpg ttp://bt.jpg ttp://bu.jpg ttp://bv.jpg ttp://bw.jpg ttp://bx.jpg ttp://by.jpg ttp://bz.jpg
ttp://b1.jpg ttp://b2.jpg ttp://b3.jpg ttp://b4.jpg ttp://b5.jpg ttp://b6.jpg ttp://b7.jpg ttp://b8.jpg ttp://b9.jpg ttp://b0.jpg
ttp://ca.jpg ttp://cb.jpg ttp://cc.jpg ttp://cd.jpg ttp://ce.jpg ttp://cf.jpg ttp://cg.jpg ttp://ch.jpg ttp://ci.jpg ttp://cj.jpg
ttp://ck.jpg ttp://cl.jpg ttp://cm.jpg ttp://cn.jpg ttp://co.jpg ttp://cp.jpg ttp://cq.jpg ttp://cr.jpg ttp://cs.jpg ttp://ct.jpg

540 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/06(日) 22:50:40.07 0
>>538
珀巻「これも訓練・・・これも訓練・・・」
【湯船から半分身を乗り出した状態で意識ははるか上空に】
蛇角「モキュノフ!しっかりしろ!また素っ裸で保健室に担ぎ込まれたいのか!」
【なんともしょうもない理由】

パム「うわーんなんかきんにくダルマみたいなのがおこったー」
蛇角「失礼すぎだぞパム」
【頭は幼児レベルの鳥頭】
蛇角「いいか、とにかくここでは暴れちゃいけないぞわかったか」
パム「はぁい」
【羽を折りたたんで湯船に浮かぶ。まるでアヒルのようである】

541 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/06(日) 22:55:08.17 0
>>540
杉崎「またって以前も担ぎこまれたことあんのかよ!」
【問題はそこじゃねぇ】

イグニス「き、筋肉!?主よ我今筋肉と!」
杉崎「……あーうん、そうだね」
【悪口言われたのに嬉しそうなイグニス】
【こっちの知能も大概である】
【脳は筋肉で出来ている】


(今日はこのへんで失礼。おやすみなさいまし)

542 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/06(日) 23:01:02.36 0
>>541
珀巻「く・・・くそう、水さえ克服できれば・・・」
【もはや立ち上がれない】
蛇角「す・・・すいません、ちょっと保健室に放り込んできます・・・」
【珀巻を抱き上げ脱衣所に駆けていった】

パム「きんにくだるま・・・」

(おうけい、おやすみなしあ

543 :名無しになりきれ:2011/11/06(日) 23:05:41.67 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

544 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 08:58:46.84 0
あ、釣れてるじゃないか。わざわざレス乙〜。
                                                                    
君に興味があるのは、君があまりに低俗で愉快だからだよ。
                                                                    
色々と君みたいのを相手にしてきたケド、ちょっと期待外れ甚だしいな。
                                                                    
話の展開力も無いし、語彙も少ない様だし、残念だな。
                                                                    
やっぱ、そんなモンだったのか。もしや荒し初心者さん?
                                                                    
だとしたら悪かったよ、もう少しいい気分にしてあげれば良かったよね。
                                          
                                                               
君も私を分析した様だけど、その能力に感服したよ。
                                                                    
君の様に洞察・判断力が冴えない方には荒しは難しいと思うよ。
                                                                    
少なくとも荒しを自負、盛り上げている自負があるのなら
                                                                    
他人の文章の特徴や文の構成からもう少し読み解こうな。
                                                                    
荒しは、相手のレスあってこそだし、いかに逆手にとれるかだろ?
                                                                    
もうちょっと頑張ろうね。頑張れば、もっとお話してあげる。
                                                                          
                                     
そうそう、出来の悪いのに限って、あれは自己レスだ!とか言い出すんだ。
                                                                    
今どき、そんな荒しいるのかよ・・・というのが率直な感想だよ。
                                                                    
まーったくもう、笑わせないでくれよ。
                                                                    
君が祈った通り、あれは自己レスじゃないんだけどね。
                                                      
それは当ってたから、誉めてあげる。

御両親に報告するんだよ、僕、人に誉めてもらえたんだ!って。
                                   
                                                
ブゲラッチョもブギャーも聞き飽きたんだってば。
                                                       
早くー、なんかやってみせてよ。
                                                                       
人大杉で閑古鳥。僕が構ってあげなきゃ君1人ぼっちになっちゃうだろ?

545 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 08:58:59.74 0
あ、釣れてるじゃないか。わざわざレス乙〜。
                                                                    
君に興味があるのは、君があまりに低俗で愉快だからだよ。
                                                                    
色々と君みたいのを相手にしてきたケド、ちょっと期待外れ甚だしいな。
                                                                    
話の展開力も無いし、語彙も少ない様だし、残念だな。
                                                                    
やっぱ、そんなモンだったのか。もしや荒し初心者さん?
                                                                    
だとしたら悪かったよ、もう少しいい気分にしてあげれば良かったよね。
                                          
                                                               
君も私を分析した様だけど、その能力に感服したよ。
                                                                    
君の様に洞察・判断力が冴えない方には荒しは難しいと思うよ。
                                                                    
少なくとも荒しを自負、盛り上げている自負があるのなら
                                                                    
他人の文章の特徴や文の構成からもう少し読み解こうな。
                                                                    
荒しは、相手のレスあってこそだし、いかに逆手にとれるかだろ?
                                                                    
もうちょっと頑張ろうね。頑張れば、もっとお話してあげる。
                                                                          
                                     
そうそう、出来の悪いのに限って、あれは自己レスだ!とか言い出すんだ。
                                                                    
今どき、そんな荒しいるのかよ・・・というのが率直な感想だよ。
                                                                    
まーったくもう、笑わせないでくれよ。
                                                                    
君が祈った通り、あれは自己レスじゃないんだけどね。
                                                      
それは当ってたから、誉めてあげる。

御両親に報告するんだよ、僕、人に誉めてもらえたんだ!って。
                                   
                                                
ブゲラッチョもブギャーも聞き飽きたんだってば。
                                                       
早くー、なんかやってみせてよ。
                                                                       
人大杉で閑古鳥。僕が構ってあげなきゃ君1人ぼっちになっちゃうだろ?

546 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 08:59:11.27 0
あ、釣れてるじゃないか。わざわざレス乙〜。
                                                                    
君に興味があるのは、君があまりに低俗で愉快だからだよ。
                                                                    
色々と君みたいのを相手にしてきたケド、ちょっと期待外れ甚だしいな。
                                                                    
話の展開力も無いし、語彙も少ない様だし、残念だな。
                                                                    
やっぱ、そんなモンだったのか。もしや荒し初心者さん?
                                                                    
だとしたら悪かったよ、もう少しいい気分にしてあげれば良かったよね。
                                          
                                                               
君も私を分析した様だけど、その能力に感服したよ。
                                                                    
君の様に洞察・判断力が冴えない方には荒しは難しいと思うよ。
                                                                    
少なくとも荒しを自負、盛り上げている自負があるのなら
                                                                    
他人の文章の特徴や文の構成からもう少し読み解こうな。
                                                                    
荒しは、相手のレスあってこそだし、いかに逆手にとれるかだろ?
                                                                    
もうちょっと頑張ろうね。頑張れば、もっとお話してあげる。
                                                                          
                                     
そうそう、出来の悪いのに限って、あれは自己レスだ!とか言い出すんだ。
                                                                    
今どき、そんな荒しいるのかよ・・・というのが率直な感想だよ。
                                                                    
まーったくもう、笑わせないでくれよ。
                                                                    
君が祈った通り、あれは自己レスじゃないんだけどね。
                                                      
それは当ってたから、誉めてあげる。

御両親に報告するんだよ、僕、人に誉めてもらえたんだ!って。
                                   
                                                
ブゲラッチョもブギャーも聞き飽きたんだってば。
                                                       
早くー、なんかやってみせてよ。
                                                                       
人大杉で閑古鳥。僕が構ってあげなきゃ君1人ぼっちになっちゃうだろ?

547 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 08:59:32.79 0
あ、釣れてるじゃないか。わざわざレス乙〜。
                                                                    
君に興味があるのは、君があまりに低俗で愉快だからだよ。
                                                                    
色々と君みたいのを相手にしてきたケド、ちょっと期待外れ甚だしいな。
                                                                    
話の展開力も無いし、語彙も少ない様だし、残念だな。
                                                                    
やっぱ、そんなモンだったのか。もしや荒し初心者さん?
                                                                    
だとしたら悪かったよ、もう少しいい気分にしてあげれば良かったよね。
                                          
                                                               
君も私を分析した様だけど、その能力に感服したよ。
                                                                    
君の様に洞察・判断力が冴えない方には荒しは難しいと思うよ。
                                                                    
少なくとも荒しを自負、盛り上げている自負があるのなら
                                                                    
他人の文章の特徴や文の構成からもう少し読み解こうな。
                                                                    
荒しは、相手のレスあってこそだし、いかに逆手にとれるかだろ?
                                                                    
もうちょっと頑張ろうね。頑張れば、もっとお話してあげる。
                                                                          
                                     
そうそう、出来の悪いのに限って、あれは自己レスだ!とか言い出すんだ。
                                                                    
今どき、そんな荒しいるのかよ・・・というのが率直な感想だよ。
                                                                    
まーったくもう、笑わせないでくれよ。
                                                                    
君が祈った通り、あれは自己レスじゃないんだけどね。
                                                      
それは当ってたから、誉めてあげる。

御両親に報告するんだよ、僕、人に誉めてもらえたんだ!って。
                                   
                                                
ブゲラッチョもブギャーも聞き飽きたんだってば。
                                                       
早くー、なんかやってみせてよ。
                                                                       
人大杉で閑古鳥。僕が構ってあげなきゃ君1人ぼっちになっちゃうだろ?

548 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 09:00:06.59 0
あ、釣れてるじゃないか。わざわざレス乙〜。
                                                                    
君に興味があるのは、君があまりに低俗で愉快だからだよ。
                                                                    
色々と君みたいのを相手にしてきたケド、ちょっと期待外れ甚だしいな。
                                                                    
話の展開力も無いし、語彙も少ない様だし、残念だな。
                                                                    
やっぱ、そんなモンだったのか。もしや荒し初心者さん?
                                                                    
だとしたら悪かったよ、もう少しいい気分にしてあげれば良かったよね。
                                          
                                                               
君も私を分析した様だけど、その能力に感服したよ。
                                                                    
君の様に洞察・判断力が冴えない方には荒しは難しいと思うよ。
                                                                    
少なくとも荒しを自負、盛り上げている自負があるのなら
                                                                    
他人の文章の特徴や文の構成からもう少し読み解こうな。
                                                                    
荒しは、相手のレスあってこそだし、いかに逆手にとれるかだろ?
                                                                    
もうちょっと頑張ろうね。頑張れば、もっとお話してあげる。
                                                                          
                                     
そうそう、出来の悪いのに限って、あれは自己レスだ!とか言い出すんだ。
                                                                    
今どき、そんな荒しいるのかよ・・・というのが率直な感想だよ。
                                                                    
まーったくもう、笑わせないでくれよ。
                                                                    
君が祈った通り、あれは自己レスじゃないんだけどね。
                                                      
それは当ってたから、誉めてあげる。

御両親に報告するんだよ、僕、人に誉めてもらえたんだ!って。
                                   
                                                
ブゲラッチョもブギャーも聞き飽きたんだってば。
                                                       
早くー、なんかやってみせてよ。
                                                                       
人大杉で閑古鳥。僕が構ってあげなきゃ君1人ぼっちになっちゃうだろ?

549 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 09:00:19.17 0
あ、釣れてるじゃないか。わざわざレス乙〜。
                                                                    
君に興味があるのは、君があまりに低俗で愉快だからだよ。
                                                                    
色々と君みたいのを相手にしてきたケド、ちょっと期待外れ甚だしいな。
                                                                    
話の展開力も無いし、語彙も少ない様だし、残念だな。
                                                                    
やっぱ、そんなモンだったのか。もしや荒し初心者さん?
                                                                    
だとしたら悪かったよ、もう少しいい気分にしてあげれば良かったよね。
                                          
                                                               
君も私を分析した様だけど、その能力に感服したよ。
                                                                    
君の様に洞察・判断力が冴えない方には荒しは難しいと思うよ。
                                                                    
少なくとも荒しを自負、盛り上げている自負があるのなら
                                                                    
他人の文章の特徴や文の構成からもう少し読み解こうな。
                                                                    
荒しは、相手のレスあってこそだし、いかに逆手にとれるかだろ?
                                                                    
もうちょっと頑張ろうね。頑張れば、もっとお話してあげる。
                                                                          
                                     
そうそう、出来の悪いのに限って、あれは自己レスだ!とか言い出すんだ。
                                                                    
今どき、そんな荒しいるのかよ・・・というのが率直な感想だよ。
                                                                    
まーったくもう、笑わせないでくれよ。
                                                                    
君が祈った通り、あれは自己レスじゃないんだけどね。
                                                      
それは当ってたから、誉めてあげる。

御両親に報告するんだよ、僕、人に誉めてもらえたんだ!って。
                                   
                                                
ブゲラッチョもブギャーも聞き飽きたんだってば。
                                                       
早くー、なんかやってみせてよ。
                                                                       
人大杉で閑古鳥。僕が構ってあげなきゃ君1人ぼっちになっちゃうだろ?

550 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 09:00:33.31 0
あ、釣れてるじゃないか。わざわざレス乙〜。
                                                                    
君に興味があるのは、君があまりに低俗で愉快だからだよ。
                                                                    
色々と君みたいのを相手にしてきたケド、ちょっと期待外れ甚だしいな。
                                                                    
話の展開力も無いし、語彙も少ない様だし、残念だな。
                                                                    
やっぱ、そんなモンだったのか。もしや荒し初心者さん?
                                                                    
だとしたら悪かったよ、もう少しいい気分にしてあげれば良かったよね。
                                          
                                                               
君も私を分析した様だけど、その能力に感服したよ。
                                                                    
君の様に洞察・判断力が冴えない方には荒しは難しいと思うよ。
                                                                    
少なくとも荒しを自負、盛り上げている自負があるのなら
                                                                    
他人の文章の特徴や文の構成からもう少し読み解こうな。
                                                                    
荒しは、相手のレスあってこそだし、いかに逆手にとれるかだろ?
                                                                    
もうちょっと頑張ろうね。頑張れば、もっとお話してあげる。
                                                                          
                                     
そうそう、出来の悪いのに限って、あれは自己レスだ!とか言い出すんだ。
                                                                    
今どき、そんな荒しいるのかよ・・・というのが率直な感想だよ。
                                                                    
まーったくもう、笑わせないでくれよ。
                                                                    
君が祈った通り、あれは自己レスじゃないんだけどね。
                                                      
それは当ってたから、誉めてあげる。

御両親に報告するんだよ、僕、人に誉めてもらえたんだ!って。
                                   
                                                
ブゲラッチョもブギャーも聞き飽きたんだってば。
                                                       
早くー、なんかやってみせてよ。
                                                                       
人大杉で閑古鳥。僕が構ってあげなきゃ君1人ぼっちになっちゃうだろ?

551 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 09:00:56.19 0
あ、釣れてるじゃないか。わざわざレス乙〜。
                                                                    
君に興味があるのは、君があまりに低俗で愉快だからだよ。
                                                                    
色々と君みたいのを相手にしてきたケド、ちょっと期待外れ甚だしいな。
                                                                    
話の展開力も無いし、語彙も少ない様だし、残念だな。
                                                                    
やっぱ、そんなモンだったのか。もしや荒し初心者さん?
                                                                    
だとしたら悪かったよ、もう少しいい気分にしてあげれば良かったよね。
                                          
                                                               
君も私を分析した様だけど、その能力に感服したよ。
                                                                    
君の様に洞察・判断力が冴えない方には荒しは難しいと思うよ。
                                                                    
少なくとも荒しを自負、盛り上げている自負があるのなら
                                                                    
他人の文章の特徴や文の構成からもう少し読み解こうな。
                                                                    
荒しは、相手のレスあってこそだし、いかに逆手にとれるかだろ?
                                                                    
もうちょっと頑張ろうね。頑張れば、もっとお話してあげる。
                                                                          
                                     
そうそう、出来の悪いのに限って、あれは自己レスだ!とか言い出すんだ。
                                                                    
今どき、そんな荒しいるのかよ・・・というのが率直な感想だよ。
                                                                    
まーったくもう、笑わせないでくれよ。
                                                                    
君が祈った通り、あれは自己レスじゃないんだけどね。
                                                      
それは当ってたから、誉めてあげる。

御両親に報告するんだよ、僕、人に誉めてもらえたんだ!って。
                                   
                                                
ブゲラッチョもブギャーも聞き飽きたんだってば。
                                                       
早くー、なんかやってみせてよ。
                                                                       
人大杉で閑古鳥。僕が構ってあげなきゃ君1人ぼっちになっちゃうだろ?

552 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 09:01:06.92 0
あ、釣れてるじゃないか。わざわざレス乙〜。
                                                                    
君に興味があるのは、君があまりに低俗で愉快だからだよ。
                                                                    
色々と君みたいのを相手にしてきたケド、ちょっと期待外れ甚だしいな。
                                                                    
話の展開力も無いし、語彙も少ない様だし、残念だな。
                                                                    
やっぱ、そんなモンだったのか。もしや荒し初心者さん?
                                                                    
だとしたら悪かったよ、もう少しいい気分にしてあげれば良かったよね。
                                          
                                                               
君も私を分析した様だけど、その能力に感服したよ。
                                                                    
君の様に洞察・判断力が冴えない方には荒しは難しいと思うよ。
                                                                    
少なくとも荒しを自負、盛り上げている自負があるのなら
                                                                    
他人の文章の特徴や文の構成からもう少し読み解こうな。
                                                                    
荒しは、相手のレスあってこそだし、いかに逆手にとれるかだろ?
                                                                    
もうちょっと頑張ろうね。頑張れば、もっとお話してあげる。
                                                                          
                                     
そうそう、出来の悪いのに限って、あれは自己レスだ!とか言い出すんだ。
                                                                    
今どき、そんな荒しいるのかよ・・・というのが率直な感想だよ。
                                                                    
まーったくもう、笑わせないでくれよ。
                                                                    
君が祈った通り、あれは自己レスじゃないんだけどね。
                                                      
それは当ってたから、誉めてあげる。

御両親に報告するんだよ、僕、人に誉めてもらえたんだ!って。
                                   
                                                
ブゲラッチョもブギャーも聞き飽きたんだってば。
                                                       
早くー、なんかやってみせてよ。
                                                                       
人大杉で閑古鳥。僕が構ってあげなきゃ君1人ぼっちになっちゃうだろ?

553 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 09:04:40.68 0
あ、釣れてるじゃないか。わざわざレス乙〜。
                                                                    
君に興味があるのは、君があまりに低俗で愉快だからだよ。
                                                                    
色々と君みたいのを相手にしてきたケド、ちょっと期待外れ甚だしいな。
                                                                    
話の展開力も無いし、語彙も少ない様だし、残念だな。
                                                                    
やっぱ、そんなモンだったのか。もしや荒し初心者さん?
                                                                    
だとしたら悪かったよ、もう少しいい気分にしてあげれば良かったよね。
                                          
                                                               
君も私を分析した様だけど、その能力に感服したよ。
                                                                    
君の様に洞察・判断力が冴えない方には荒しは難しいと思うよ。
                                                                    
少なくとも荒しを自負、盛り上げている自負があるのなら
                                                                    
他人の文章の特徴や文の構成からもう少し読み解こうな。
                                                                    
荒しは、相手のレスあってこそだし、いかに逆手にとれるかだろ?
                                                                    
もうちょっと頑張ろうね。頑張れば、もっとお話してあげる。
                                                                          
                                     
そうそう、出来の悪いのに限って、あれは自己レスだ!とか言い出すんだ。
                                                                    
今どき、そんな荒しいるのかよ・・・というのが率直な感想だよ。
                                                                    
まーったくもう、笑わせないでくれよ。
                                                                    
君が祈った通り、あれは自己レスじゃないんだけどね。
                                                      
それは当ってたから、誉めてあげる。

御両親に報告するんだよ、僕、人に誉めてもらえたんだ!って。
                                   
                                                
ブゲラッチョもブギャーも聞き飽きたんだってば。
                                                       
早くー、なんかやってみせてよ。
                                                                       
人大杉で閑古鳥。僕が構ってあげなきゃ君1人ぼっちになっちゃうだろ?

554 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 09:14:09.72 0
あ、釣れてるじゃないか。わざわざレス乙〜。
                                                                    
君に興味があるのは、君があまりに低俗で愉快だからだよ。
                                                                    
色々と君みたいのを相手にしてきたケド、ちょっと期待外れ甚だしいな。
                                                                    
話の展開力も無いし、語彙も少ない様だし、残念だな。
                                                                    
やっぱ、そんなモンだったのか。もしや荒し初心者さん?
                                                                    
だとしたら悪かったよ、もう少しいい気分にしてあげれば良かったよね。
                                          
                                                               
君も私を分析した様だけど、その能力に感服したよ。
                                                                    
君の様に洞察・判断力が冴えない方には荒しは難しいと思うよ。
                                                                    
少なくとも荒しを自負、盛り上げている自負があるのなら
                                                                    
他人の文章の特徴や文の構成からもう少し読み解こうな。
                                                                    
荒しは、相手のレスあってこそだし、いかに逆手にとれるかだろ?
                                                                    
もうちょっと頑張ろうね。頑張れば、もっとお話してあげる。
                                                                          
                                     
そうそう、出来の悪いのに限って、あれは自己レスだ!とか言い出すんだ。
                                                                    
今どき、そんな荒しいるのかよ・・・というのが率直な感想だよ。
                                                                    
まーったくもう、笑わせないでくれよ。
                                                                    
君が祈った通り、あれは自己レスじゃないんだけどね。
                                                      
それは当ってたから、誉めてあげる。

御両親に報告するんだよ、僕、人に誉めてもらえたんだ!って。
                                   
                                                
ブゲラッチョもブギャーも聞き飽きたんだってば。
                                                       
早くー、なんかやってみせてよ。
                                                                       
人大杉で閑古鳥。僕が構ってあげなきゃ君1人ぼっちになっちゃうだろ?

555 :名無しになりきれ:2011/11/07(月) 21:22:37.81 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

556 :名無しになりきれ:2011/11/08(火) 00:04:43.72 0
テス

557 :名無しになりきれ:2011/11/08(火) 22:33:17.77 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

558 :名無しになりきれ:2011/11/08(火) 23:25:07.75 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

559 :名無しになりきれ:2011/11/09(水) 00:56:21.29 0
このスレはオワコン

560 :名無しになりきれ:2011/11/09(水) 01:00:22.12 0
ゴミ





ゴミ



















ゴミ



ゴミ

561 :名無しになりきれ:2011/11/09(水) 01:00:55.53 0
ttp://cm.jpg ttp://cn.jpg ttp://co.jpg ttp://cp.jpg ttp://cq.jpg ttp://cr.jpg ttp://cs.jpg ttp://ct.jpg ttp://cu.jpg ttp://cv.jpg
ttp://cw.jpg ttp://cx.jpg ttp://cy.jpg ttp://cz.jpg ttp://c1.jpg ttp://c2.jpg ttp://c3.jpg ttp://c4.jpg ttp://c5.jpg ttp://c6.jpg
ttp://c7.jpg ttp://c8.jpg ttp://c9.jpg ttp://c0.jpg ttp://da.jpg ttp://db.jpg ttp://dc.jpg ttp://dd.jpg ttp://de.jpg ttp://df.jpg
ttp://dg.jpg ttp://dh.jpg ttp://di.jpg ttp://dj.jpg ttp://dk.jpg ttp://dl.jpg ttp://dm.jpg ttp://dn.jpg ttp://do.jpg ttp://dp.jpg
ttp://dq.jpg ttp://dr.jpg ttp://s.jpg ttp://t.jpg ttp://u.jpg ttp://v.jpg ttp://w.jpg ttp://x.jpg ttp://y.jpg ttp://z.jpg ttp://1.jpg
ttp://2.jpg ttp://3.jpg ttp://4.jpg ttp://5.jpg ttp://6.jpg ttp://7.jpg ttp://8.jpg ttp://9.jpg ttp://0.jpg ttp://aa.jpg ttp://ab.jpg
ttp://ac.jpg ttp://ad.jpg ttp://ae.jpg ttp://af.jpg ttp://ag.jpg ttp://ah.jpg ttp://ai.jpg ttp://aj.jpg ttp://ak.jpg ttp://al.jpg
ttp://am.jpg ttp://an.jpg ttp://ao.jpg ttp://ap.jpg ttp://aq.jpg ttp://ar.jpg ttp://as.jpg ttp://at.jpg ttp://au.jpg ttp://av.jpg
ttp://aw.jpg ttp://ax.jpg ttp://ay.jpg ttp://az.jpg ttp://a1.jpg ttp://a2.jpg ttp://a3.jpg ttp://a4.jpg ttp://a5.jpg ttp://a6.jpg
ttp://a7.jpg ttp://a8.jpg ttp://a9.jpg ttp://a0.jpg ttp://ba.jpg ttp://bb.jpg ttp://bc.jpg ttp://bd.jpg ttp://be.jpg ttp://bf.jpg
ttp://bg.jpg ttp://bh.jpg ttp://bi.jpg ttp://bj.jpg ttp://bk.jpg ttp://bl.jpg ttp://bm.jpg ttp://bn.jpg ttp://bo.jpg ttp://bp.jpg
ttp://bq.jpg ttp://br.jpg ttp://bs.jpg ttp://bt.jpg ttp://bu.jpg ttp://bv.jpg ttp://bw.jpg ttp://bx.jpg ttp://by.jpg ttp://bz.jpg
ttp://b1.jpg ttp://b2.jpg ttp://b3.jpg ttp://b4.jpg ttp://b5.jpg ttp://b6.jpg ttp://b7.jpg ttp://b8.jpg ttp://b9.jpg ttp://b0.jpg
ttp://ca.jpg ttp://cb.jpg ttp://cc.jpg ttp://cd.jpg ttp://ce.jpg ttp://cf.jpg ttp://cg.jpg ttp://ch.jpg ttp://ci.jpg ttp://cj.jpg
ttp://ck.jpg ttp://cl.jpg ttp://cm.jpg ttp://cn.jpg ttp://co.jpg ttp://cp.jpg ttp://cq.jpg ttp://cr.jpg ttp://cs.jpg ttp://ct.jpg

562 :名無しになりきれ:2011/11/09(水) 20:49:52.95 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

563 :名無しになりきれ:2011/11/10(木) 16:39:45.41 0
                  / . : : /      . : :}  . : : : : : }      ハ             
                / . : : : : / : / . . : : : : :ハ: : : : : : : }   トヘ  .ィハ          
                 / . : : : : / : /. : : : :./!: : : :ト、: : : : : :!  人 Y フハ           
    \、,,)r゙''"''ー弋辷_,,..ィ'!: : : : /i: /: : : : :./ j: :.八:! ヽ: : : :,′ <⌒ o く : ハ
.=、..,,,ニ;ヲ_     ヾ彡r''": : : : :/ j:ハ: : : :/,,-ァァ¬ト ハハ/   `7 ト、 ヽ∧
  ``ミミ,   i'⌒!  ミミ=-ハ: : :レ'「`ヽ: :i :{ / /´ァテ示ミV/     いノ: :`^′: \
.= -三t   f゙'ー'l   ,三. :/∧: : { _」二ヽ|八  〃 いし:「》 . : : : : : : :.:i: :i : : : : : :\
   ,シ彡、 lト  l!  ,:ミ....:// ∧ハ〃んハ       r'.::ツ/. : : : i| : : ト、ノ:八: : : : ト、: : \
   / ^'''7  ├''ヾ : : : : : : :ゝ:}ハ r'::ツ      ´ ̄ //!: : :||: : ノく Y: : :\: 八 \: : :ヽ
  /    l   ト、 \.: : i : : : :.:} ^´ 〈        /(  |: :ノj/) } ハ : : : iト、: ヽ  ー        
   〃ミ ,r''f!  l! ヽ i: : :ハ/|: i    ____,     |'´〃^   イ: : : : : 八: : : : \
 ノ ,   ,イ,: l! , ,j! , ト、/   j从    Y^ ⌒^'|        r‐< : |: : : : :/: : \: : : : \
  / ィ,/ :'     ':. l ヽ.   /. :.:.\   V  丿      |: : : :.从: : :/: : : : : \: : : :
 / :: ,ll         ゙': ゙i   / . : : : :.:\  `こ´      .イ  ├‐-=ミノ : /: : : : : : : :`ヽ: : :
/  /ll         '゙ !  , '. : : : : : : : : \            ∨ .:/: : /三二><: : : }ヽ:
  /' ヽ.          リ/. :/. : /!: : : : : : :` ¬!          / /. : : /:::::::://⌒>x
 /  ヽ        / . :.:/. : / j: : : : : : :_/:::|        /.: : : : : :/::::://  ´   寸
./  r'゙i!     .,_, / : :.:/: : / r┬一'´.::::::/j      /. : :/} : :/:://  /      \

      \、,,)r゙''"''ー弋辷_,,..ィ  〉`ヽ. O 〉 人,人  O  `ヽ}`ヽ  Yヽ               
   =、..,,,ニ;ヲ_     ヾ彡r''" _f⌒ o  ⌒Y   .イ__ノ て    ヽf⌒ o⌒ヽ            
    ``ミミ,   i'⌒!  ミミ=-人_ノゝ、‐'`‐ァ´ 人  ヽ_ノ弋___ノィr    人
   = -三t   f゙'ー'l   ,三 7,、r‐´`ァ'´レ':ゝし':::::::::ー'::::::::::::::::::レハゝ‐く`イノ             
     ,シ彡、 lト  l!  ,:ミ... f'⌒Yノし':::::::::::::::/::::,:::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::レ'⌒ヽj                
     / ^'''7  ├''ヾ!  (   う:::::::::/:i!::::/|::::::::::::::::ハ::::トi:::ト:::::::::::|::::(  U               
    /    l   ト、 \. (  ぅ:::::::::〃::i!ィ:|‐_、:i|::i!::::| !:::ィ:ニ=ト:、!::::|::::::::ゝイ               
     〃ミ ,r''f!  l! ヽ.  'Y|:::|::::::::||::ィL::j L:_jLiL:/ L::j Lj L:::ヽ:|:::::::i!::::|              
   ノ ,   ,イ,: l! , ,j! , ト、 i:| |:::|::::::::|レ ,ォ ≠ミ      ィ ≠ミ、`|::::::,:::::.′               
    / ィ,/ :'     ':. l ヽ. i:| |:::|::::::::| 〃 yr=ミ:、     !/行ミt  ハ :::/:::/             
   / :: ,ll         ゙': ゙i V从::::从iイ {_ヒri}゙     ゙ ヒrリ.》 从:/:::∧            
  /  /ll         '゙ !  イ::人:::::iゝ   ̄´           j:人::::ヽ:ゝ   
    /' ヽ.          リ 弋_彡f⌒        '       r_'_ノ`⌒  
   /  ヽ        /     `ーハ     {ニニニィ      /:/
   /  r'゙i!     .,_, /        ヾ:ゝ.    ∨    }   ィ::/             
  /.     l!       イ          )::::>  ゙こ三/ , イ:从                 
  /   ,:ィ!        ト、       'イ:::::_::_| ` r   <ト、:/            

564 :名無しになりきれ:2011/11/10(木) 17:12:27.40 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

565 :名無しになりきれ:2011/11/10(木) 17:15:16.70 0
  ____ ___                                            
  |┌――┐||f==i|
  | | ゚Д゚ | || i=i |  < いつもオレの前でオ○ニーしやがって
  | i―――i ||` ̄|     気持ち悪いんだよ変態野郎!!
 . |`二>=<二´|、゚ /|                                         
  ̄二二二二  ̄ヽ ̄                                        
  / 田田 日::;ヽσ
                                                  
         | | [][]  ,. -─- 、,) i:..:.:.:.:.:.:.:.>'´:::::::::::::::: / ,、`ヽ
         | .二ニl /      ヽ|:.!.:.:.:/:::::::::::::::::::::: /_/ `'ー' ::::::::::::::::::::::ヽ,,.. -──- 、
         | |  /     ┐    ヽ.'"::::::::;'::::::::;::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::: /     ┐
 「| [][] __[][] |_|   !  : 絶 深 そ ', :::::::!::::::/;::::::::;:::::::::::ハ::::::::::::::::::::::ヽ. i い 喜 激
 |└┐ | |. _________/   : 望 い の  i ::!:::i::::/ i:::::::::!:::::::/ i::::::i::::::::::!:::::::: ! ら. び .し
 |_| ̄  ̄ ̄   ┐ `ヽ. :└    .か  > レ''、」_:::::/!:::/   i::::/i::::::::/i:::::::: | な └  い
/ : だ わ 平 そ |.   も    わ  ! ::レ'7'´i7>'、レ'   レ' ,_|::::/_ |:::::::: ! い は
'  :. っ た 穏 ん |.   な    り  | 「__! !  !┘.!`    ,ァ'r-=ニ」、!::::::/ ! :
.  : た し  な な  !   い.     / :::|__,!'` `'ー'       !-''´ .! | |/:::: ',. :
    の .の 生    >    _____,/ ::::ノ:::::! ""    ,      '、__ンノ ト--i ヽ.,__  ______ノ
    に .目 活    i      `ヽ. ::::/:::::::人     、_        ,,,, ,:'!二'i_ノ::: |/ :::|::::!
      標.└     ,'       ┐Y:::::::::/::::::/\   i/ ̄`ヽ.    //::::::::ハ:::::::/::::ハ:::::|::::!
        こ.   / 人 の 植  i :::::::i:::::/!.:.:.:i`ヽ, ヽ、___ノ  ,,.イ:/::::::::/::::!::: __/_ !:::::|::::|
         そ /  生 よ 物  | ::i:::|イ7´ ̄7:.:.:.i`' ーァ ''7´:.:.:.|;'::::::::/ ̄` / 7 、_」: _!::::!
      ____,..イ     を. う. の  | ハ:::! ! !.:.:.:/:.:.::.:.:ト   _/:.:.:.:.:.:!::::::/ i  / / /_//_/ ::!
 ̄ ̄ ̄ ̄    !     :  な 心  | ' Vr/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:!-- 、/:.:.:.:.:.:.:レ':.:.:.:.i / ,、`ヽ. へ.,_/i/
         ヽ、    :   └   ノ 、__/:.:.:r/へ:.:.:.:.:.!____/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:. /_/ `'ー'   レへ
          γ⌒)                                         
           |.|"´    あのころへ戻るんだ                         
           |.|  ./⌒ヽ____¶___                         
           |.| /( 'A`  )   ¶//|  /|                           
           U_⊆__⊆_ )_   / ̄|///                         
          /┌────┐|. /'`) //                          
       /( / ≡≡≡ .//(__///                            
       |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |/                           
                                                        
                                                       
   ウアッアアア ( 'A`) 戻りたいあのころがなかった           
     ≡  ( っ¶っ¶                              
   ≡  (ニ二二二ニ)                  

566 :名無しになりきれ:2011/11/10(木) 17:47:54.80 0
            ■
            ■■
            ■■
            ■■
  ■■■■■■■■■■■■■
  ■■■■■■■■■■■■■                    ■■
          ■■                                  ■■
          ■■                                  ■■
          ■■                                  ■■
        ■■                                    ■■■■■■■    ■■        ■■■          ■■
        ■■  ■■■■■■■                    ■■■■■■■    ■■        ■■■■        ■■
      ■■■■■        ■■■                  ■■              ■■■      ■■■■      ■■■
      ■■■              ■■                  ■■                ■■    ■■  ■■      ■■
    ■■■                  ■■                ■■                ■■    ■■    ■■    ■■
                            ■■                ■■                ■■    ■■    ■■  ■■
                          ■■■        ■■■■■■                  ■■■■      ■■  ■■
                          ■■        ■■    ■■■■■■            ■■■■        ■■■■
                      ■■■■        ■        ■■  ■■■          ■■■■        ■■■
              ■■■■■■            ■■      ■■      ■            ■■          ■■■
              ■■■■■                ■■■■■

            ■■                                      ■■
            ■■                                      ■■
            ■■                                      ■■
    ■■■■■■■■■■  ■■            ■■■■■■■■■■■■■
    ■■■■■■■■■■  ■■■          ■■■■■■■■■■■■■
            ■■            ■■■                    ■■
            ■■              ■■■                  ■■
            ■■                ■■    ■■■■■■■■■■■■■■■
            ■■                        ■■■■■■■■■■■■■■■    ■■        ■■■          ■■
            ■■■■■■■■■                        ■■                ■■        ■■■■        ■■
        ■■■■          ■■■                      ■■                ■■■      ■■■■      ■■■
      ■■  ■■            ■■■                    ■■                  ■■    ■■  ■■      ■■
    ■■    ■■              ■■              ■■  ■■                  ■■    ■■    ■■    ■■
    ■■    ■■              ■■          ■■■■■■■■■              ■■    ■■    ■■  ■■
    ■      ■■              ■■        ■■        ■■■■■■            ■■■■      ■■  ■■
    ■      ■■              ■■        ■          ■■    ■■■■        ■■■■        ■■■■
    ■    ■■              ■■          ■          ■■        ■■        ■■■■        ■■■
    ■■■■■        ■■■■            ■■■    ■■■                      ■■          ■■■
    ■■■■■      ■■■■                ■■■■■■

567 :名無しになりきれ:2011/11/11(金) 21:23:39.25 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

568 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/11(金) 21:25:19.65 0
〜中庭〜

よーしよしよし
よぉーしよしよーし
【中庭の大きめの樹の下の一角にファミリーが大集合】
【しかし普段よく見る人型の姿ではなく、全員が本来の幻獣の姿だ】
【そして杉崎がその体を撫でたりブラッシングしたりしてやっている】
【決してムツゴロウさんの真似をしているとかではない】

ノクターンは毛並みが相変わらず綺麗だなー
エラーはいい体してるな。やめろ噛むな変な意味じゃない
イグニスちっこいけど筋肉すごいな。ずっしり重みを感じる
キッシーふっかふかだな。羽毛が。これからの季節にピッタリだ
うんうん、いいぞ皆。今日も体調はバッチリみたいだな!
【嬉しそうにうんうんと頷いた】

569 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/11(金) 21:32:08.95 0
>>568
メイド「おお、杉崎くんがついに動物に発情している……」
火野「年頃の娘としてその発言はどうなんだ?(汗)
   よう、杉崎。蘇芳に振られて幻獣にセクハラか?」
メイド「杉崎くん、せめて人型にしてからの方が良いと思うよ。
    それと、冷蔵庫の中身もモザイクを掛けた方が――」
火野「何のことだよ?」
【竹箒を担いだバカとメイドがやってきた】

570 :名無しになりきれ:2011/11/11(金) 21:32:31.79 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

571 :名無しになりきれ:2011/11/11(金) 21:33:56.85 0
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ
久々に公害野郎どもきたああああああああああああああああああああああああ


572 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/11(金) 21:34:41.95 0
>>568
珀巻「な・・・なんだこのムツゴロウさんは・・・」
【そう言う珀巻もバルケリオスもとい暴砂竜にまたがっているが】
【尾まで20mくらいありそうな巨躯。ムツゴロウさんなら嬉々として食らわれそう】
【今日はまだ大人しいようだ】
パム「(ツンツンツンツン)」
【パムもバルケリオスの背中に乗っている。ひっついた虫でも探しているのだろうか】

573 :名無しになりきれ:2011/11/11(金) 21:36:01.48 0
290 名前:兵部京介 [sage] :2011/11/11(金) 16:33:07.87 0
>>283
はじめまして
僕は「絶対可憐チルドレン」ていうアニメの者で、エスパーなんだ

>>288
僕もエーフィを持っているよ

エーフィ「エーフィ!」

290 名前:兵部京介 [sage] :2011/11/11(金) 16:33:07.87 0
>>283
はじめまして
僕は「絶対可憐チルドレン」ていうアニメの者で、エスパーなんだ

>>288
僕もエーフィを持っているよ

エーフィ「エーフィ!」

290 名前:兵部京介 [sage] :2011/11/11(金) 16:33:07.87 0
>>283
はじめまして
僕は「絶対可憐チルドレン」ていうアニメの者で、エスパーなんだ

>>288
僕もエーフィを持っているよ

エーフィ「エーフィ!」

290 名前:兵部京介 [sage] :2011/11/11(金) 16:33:07.87 0
>>283
はじめまして
僕は「絶対可憐チルドレン」ていうアニメの者で、エスパーなんだ

>>288
僕もエーフィを持っているよ

エーフィ「エーフィ!」


574 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/11(金) 21:38:25.01 0
>>569
あんたらはソレしかいう事ないんか
【二人のほうをぐりんと向きながら言う】

自分の使役している幻獣の手入れして何が悪いのですか
んなこと言ったら世の中のトリマーさんとかみんな変態じゃないですか
【それは流石に極論すぎやしないか】

>>572
……まきまきも随分でっかいのをつれているようで
【以前の騒ぎのことをまだ引きずっているのか、少々ビビリ気味】
【今は大丈夫っぽいとは分かっていてもやはり本能的に恐怖を感じてしまう】

575 :名無しになりきれ:2011/11/11(金) 21:38:43.61 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

576 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/11(金) 21:42:18.10 0
>>572
メイド「お。珀巻くんもおーっす!」
火野「うぃーっす…… って、でけぇな!?」
メイド「20mちょっとぐらい? あ、パムちゃんもいる」
火野「まあなんと言うか、こういうの見てると俺様もちょっと使い魔欲しいぜ」
メイド「そうだねぇ。とはいえ、私らだとねぇ……」
火野「そういや、このでっかいの。メシとかどうしてるんだ?」

577 :名無しになりきれ:2011/11/11(金) 21:47:42.69 0
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死
ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死
ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死
ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

578 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/11(金) 21:48:29.90 0
>>574
メイド「いやいや、杉崎くんの場合こう触り方がいやらしいというか変態っぽいというか。
    あ、私もノクターン触ってみていい? 幻獣とか縁が無いからこういう機会ないのよねー」
火野「うーん、俺様はやっぱり人間形態のほうが良いな、触るなら」
メイド「黙れ、バカにぃ」
【どげしっと蹴り倒されるバカ】

火野「トリマーか。ケモナーだったらウハウハだよなー」
メイド「えrgの世界にでも行け!」
【取り出したハリセンでめった打ちに】

579 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/11(金) 21:51:10.42 0
>>574
珀巻「だいじょぶだいじょぶ。多少ぶったたくくらいなら怒ったりしないから」
【黒光りする滑らかな甲殻をかかとで蹴るが、音すら跳ね返らない。】
パム「んむぐむぐ・・・」
【パムも翼の隙間に潜って虫を捕まえようとしている】
【アヒルのような尻がこちらを向いている】

>>576
珀巻「普段は向こうに転送しとるが・・・こっちにいる時はまぁ1日で牛なら6頭鎧竜なら5匹くらいって所か」
【そこまで大食漢でもないらしい】
【というか向こうの生態系が異常なのだが】

580 :名無しになりきれ:2011/11/11(金) 21:54:09.80 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

581 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/11(金) 21:59:09.25 0
>>578
いやらしいって……
愛情をたっぷり込めているからそう見えるのかもしれませんね
しかし!否!断じて否!いやらしい、下心など一切込めていない!
俺が込める愛はあくまで愛でる愛!欲求を満たすものではないのですよ!
【拳を強く握り締めて熱弁する】

ちょっと待ってくださいね
そういうわけだが、いいか?ノク
うんうん。よしよしいい子だ
触っても構わないそうですよ
【ノクターンがいそいそと首をたまに近づける】
【夜のように真っ黒な鬣は艶やかで、非常に美しい光沢を放っている】
【さわり心地は高級なシルクのよう。つるつるさらさらと滑るようだ】


>>579
いやぶつつもりは毛頭ないけれども……
【頭では分かってはいるのだが】
【どうしても体が勝手に距離を置いてしまう】
【嫌っているというわけでも、苦手としているわけでもない】
【本能的に、体が危険を感知して拒否してしまうのだ】
【これは生物ならば仕方の無いことである】
【貧弱な杉崎ならば特に】

……ところでそこの、パム、だっけ?ハーピーの
その子は一体全体そんなところで何をしているんだ
【アヒルのお尻って妙に可愛いよね】

582 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/11(金) 22:03:13.65 0
>>579
火野「ほへー、牛6頭も食べるのか。体が大きいだけあるなぁ」
メイド「うーん、多いのか少ないのかさすがに判断付かないねぇ。
    でも、私たちだったら破産するね」
火野「まあなぁ。野生の餌とるのも大変そうだしな」
【二人そろって赤貧学生である】


583 :名無しになりきれ:2011/11/11(金) 22:04:51.47 0
ttp://cm.jpg ttp://cn.jpg ttp://co.jpg ttp://cp.jpg ttp://cq.jpg ttp://cr.jpg ttp://cs.jpg ttp://ct.jpg ttp://cu.jpg ttp://cv.jpg
ttp://cw.jpg ttp://cx.jpg ttp://cy.jpg ttp://cz.jpg ttp://c1.jpg ttp://c2.jpg ttp://c3.jpg ttp://c4.jpg ttp://c5.jpg ttp://c6.jpg
ttp://c7.jpg ttp://c8.jpg ttp://c9.jpg ttp://c0.jpg ttp://da.jpg ttp://db.jpg ttp://dc.jpg ttp://dd.jpg ttp://de.jpg ttp://df.jpg
ttp://dg.jpg ttp://dh.jpg ttp://di.jpg ttp://dj.jpg ttp://dk.jpg ttp://dl.jpg ttp://dm.jpg ttp://dn.jpg ttp://do.jpg ttp://dp.jpg
ttp://dq.jpg ttp://dr.jpg ttp://s.jpg ttp://t.jpg ttp://u.jpg ttp://v.jpg ttp://w.jpg ttp://x.jpg ttp://y.jpg ttp://z.jpg ttp://1.jpg
ttp://2.jpg ttp://3.jpg ttp://4.jpg ttp://5.jpg ttp://6.jpg ttp://7.jpg ttp://8.jpg ttp://9.jpg ttp://0.jpg ttp://aa.jpg ttp://ab.jpg
ttp://ac.jpg ttp://ad.jpg ttp://ae.jpg ttp://af.jpg ttp://ag.jpg ttp://ah.jpg ttp://ai.jpg ttp://aj.jpg ttp://ak.jpg ttp://al.jpg
ttp://am.jpg ttp://an.jpg ttp://ao.jpg ttp://ap.jpg ttp://aq.jpg ttp://ar.jpg ttp://as.jpg ttp://at.jpg ttp://au.jpg ttp://av.jpg
ttp://aw.jpg ttp://ax.jpg ttp://ay.jpg ttp://az.jpg ttp://a1.jpg ttp://a2.jpg ttp://a3.jpg ttp://a4.jpg ttp://a5.jpg ttp://a6.jpg
ttp://a7.jpg ttp://a8.jpg ttp://a9.jpg ttp://a0.jpg ttp://ba.jpg ttp://bb.jpg ttp://bc.jpg ttp://bd.jpg ttp://be.jpg ttp://bf.jpg
ttp://bg.jpg ttp://bh.jpg ttp://bi.jpg ttp://bj.jpg ttp://bk.jpg ttp://bl.jpg ttp://bm.jpg ttp://bn.jpg ttp://bo.jpg ttp://bp.jpg
ttp://bq.jpg ttp://br.jpg ttp://bs.jpg ttp://bt.jpg ttp://bu.jpg ttp://bv.jpg ttp://bw.jpg ttp://bx.jpg ttp://by.jpg ttp://bz.jpg
ttp://b1.jpg ttp://b2.jpg ttp://b3.jpg ttp://b4.jpg ttp://b5.jpg ttp://b6.jpg ttp://b7.jpg ttp://b8.jpg ttp://b9.jpg ttp://b0.jpg
ttp://ca.jpg ttp://cb.jpg ttp://cc.jpg ttp://cd.jpg ttp://ce.jpg ttp://cf.jpg ttp://cg.jpg ttp://ch.jpg ttp://ci.jpg ttp://cj.jpg
ttp://ck.jpg ttp://cl.jpg ttp://cm.jpg ttp://cn.jpg ttp://co.jpg ttp://cp.jpg ttp://cq.jpg ttp://cr.jpg ttp://cs.jpg ttp://ct.jpg

584 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/11(金) 22:11:53.85 0
>>581
ゴバアアアアアア
【突然口を大きく開け、翼を広げる。とても息とは思えない風がなびく。】
【あくびらしい】

珀巻「ほらーリラックスしてるだろーかわいいだろー」
【地面に降り立つと首(あるのか?)の当たりを撫でる】
【もはや図太いとかそういう次元ではない】
パム「んむぐ!?」
【突然広がった翼に跳ね上げられ、パムも宙を舞って杉崎の方へ吹っ飛ばされる。】

>>582
珀巻「増えすぎた害獣を幻獣保健所あたりから貰ってるだけだがね。牛はたまたま手に入る程度ですじゃ」
【そういえば珀巻は故郷ではボンボンだったうわさがある】

シュブウウウウウウ
【吸う息だけでも風がおきる】

585 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/11(金) 22:19:33.53 0
>>581
火野「いやそこまで力説せんでもいいだろ(汗)」
メイド「おーけーおーけー、分かったよ杉崎くん。エロイことは銀ちゃんとだね!」
火野「たま、なんか嫌なことでもあったんか?(脂汗)」
メイド「ほら、もうすぐ地獄の12月だしリア充氏ね的なあれだよ……」
火野「ああー」

メイド「ありがと、ノクちゃん。お、おおお?」
【さすさすと首筋を撫で、さらにゆっくりと鬣に指を通してみる】

火野「どうよ?」
メイド「つるつるさらさら…… ラッxスでも使ってるの?
    抜群の撫で心地だよ……」
【うっとりとさすさすなでなで毛並みを堪能する】

586 :名無しになりきれ:2011/11/11(金) 22:19:52.15 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

587 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/11(金) 22:26:58.04 0
>>584
おおっ!?
【まさか暴れだすんじゃないかと思い、一瞬身構える】
【が、欠伸だと分かると途端に肩から力が抜ける】

うおっと、大丈夫か
【飛んできたパムを全身で受け止め……るとまた何か言われかねない】
【そう即座に判断した杉崎はぬったりした闇の塊っぽいのを生成した】
【ゼラチン質というかゴムっぽいというか、とにかくその塊がパムを柔らかく受け止める】
【衝撃は最小限に、体に負担がかからない程度にまで抑えられた】

>>585
ぶふぉっ!?
そ、そういうこと言うのやめてくれません?
【「エロイことは銀と」の台詞を聞くと同時に噴出す】

「普段から手入れには気を使っていますから」とのことです
特に高いシャンプーとか使っている様子はないんですけどね
そもそもの毛並みというか髪質がかなり良質なんでしょう
【意思疎通が出来ているのかは分からないが、通訳している】

588 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/11(金) 22:39:25.96 0
>>587
珀巻「しかしなんだ、サッキーのファミリーはずいぶんとまあ多いね?生活費とかアレなの?
【こっちよりはまだ手間がかからないであろうが。】
グゥゥゥゥゥ
【暴れなければ本当に大人しい。】
【メタモルフォーゼしたらどうなるんだろうか】

パム「ぴぎゃ!」
【ゼラチンとアヒル尻が合わさり最強に見える】
【ハーピーとはいえ半分はまさに人間、それも裸なので勘違いもされかねない】

589 :名無しになりきれ:2011/11/11(金) 22:39:42.36 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

590 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/11(金) 22:39:57.00 0
>>584
メイド「へー、そんな手もあるんだ。それなら私も何か考えてみようかな」
火野「そうだな、俺様も火竜にまたがって空を飛んだりとかあこがれるぜ」
メイド「って、わわっ!?」
火野「っとぉ!」
【吸う息に吸い込まれそうになってよたつくメイドの襟首をあゆあゆが掴んで止める】

メイド「ありがと、あゆにぃ。死ぬかと思ったよ〜」
火野「うぉー、強烈だなこりゃ」

>>587
メイド「今更照れなくても良いのに〜」
火野「杉崎の爛れた生活は寮中で有名だぜ……」
メイド「ほうほう、そこんとこ詳しく!」

メイド「ああ、種族特性みたいなものなんだねー」
火野「なんだそれ?」
メイド「ほら、カシミアとかあんな感じ」

591 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/11(金) 22:45:49.43 0
>>590
・・・・・・
【シャチのような頭がたまを向く】
【白いパッチが目立ちすぎて本物の目は一見わからない】

キュオオオオオオ
【翼についた巨大な爪がたまの方向に向いている】
【人間は襲わない竜だが・・・】

592 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/11(金) 22:48:27.85 0
>>588
まあ流石にこんだけいるとキツくないわけはないな
仕送りだけじゃあ足りないから依頼をこなして生活費稼ぎしてるさ
どうも一人暮らしっての苦手でさ。気づいたらこんなに増えちゃってたんだよ
【けらけら笑いながら言う】
【毎月ギリギリってほどではないが、それなりに危ない橋を渡っているらしい】

>>590
爛れてねえから
学生としてそれなりにハメを外しすぎないようにしてますから
そこかしこでキスしたりイチャコラしたりしてませんから
【正確には杉崎がヘタレなので人前でする勇気がないだけ】

まあ大体そんなとこです
キッシーもほら。ふっかふかですよ
【てってけてってけとキッシーが歩いてくる】
【人型形態とは違ってそれなりに大きい。2.5メートルくらいはあるか】
【そしてその体はもっふもふの羽毛に覆われている。顔埋めたい】

593 :名無しになりきれ:2011/11/11(金) 22:49:08.04 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

594 :高等部二年B組 無専攻 たま ◆KgdMSOh8Q2 :2011/11/11(金) 23:00:51.59 0
>>591
火野「なんかみられてるぞ、たま?」
メイド「なんだか目が合ってるような気がする……
    こういうときに取れる手はたった一つ。それは―――」
火野「それは?」
メイド「逃げる!」
【身の危険を感じてすたこら逃げ出した!】

>>592
メイド「えー、でも盗撮写真がネットに上がってるよ?」
【ガラケーをぱかっと広げ、ちょいちょい操作するとアレコレ画像が】

火野「……杉崎、さすがに三角木馬に跨るのはやりすぎじゃねーか?」
【どうやらコラージュのようだ】

メイド「ちょっこぼ、ちょこぼちょっこっぼー!」
火野「クエ? ってなw」
【怪しげな歌を歌いながら、もふもふもふ】

(では、今夜はそろそろ。おやすみ−!)

595 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/11(金) 23:03:12.28 0
>>592
珀巻「サッキーも苦労してんねぇ・・・」
【依頼などしたこともない見た目はもやし】
珀巻「・・・あ、つまり夜はこの子らに囲まれて寝るわけだね。いやーハーレムハーレム」

パム「〜♪」
【パムもてってけてってけ歩いてくる】
【同じくもっふもふの塊である もふもふともふもふが合わさりもふもふに見える】
【毛づくろいらしい】

>>594
ギャバアアアアアアアアア
【逃げれば追いかけるのがケダモノ】
【突進というほどではないがのそのそ歩くだけでも人間の駆け足くらい早い】

(オヤヌミー)

596 :高等部一年C組 炎と闇専攻 杉崎 ◆ozOtJW9BFA :2011/11/11(金) 23:09:33.62 0
>>594
……いや、あの、これ明らかに俺と体格違うじゃないですか
俺の体こんなにガッチリしてないですよ。もっと貧相ですよ
それにほら。こんなところに黒子ついてないですし
【全力で弁解する。というかこのレベルのコラを信じるか、みたいな顔で】

>>595
いや、部屋を空間魔術で拡張してあるから
夜は別々の部屋で寝てはいるよ
【一応校則違反ではないらしい】

ほう……
【目の前のもふもふワールドをしばし堪能する】
【といっても眺めるだけだが】


(まとめておやすみなさいませー)

597 :名無しになりきれ:2011/11/12(土) 15:29:00.30 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

598 :名無しになりきれ:2011/11/12(土) 15:29:42.06 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

599 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/11/12(土) 21:16:36.51 0
【学園正門】
【キャリーケースをガラガラと引いた勲紀と稲月が居る】

勲紀「ただいまー、ってな。あいつら、ちゃんと問題起こさずにやってっかな」
稲月「大丈夫なんじゃねぇか?浅霧もダテに俺らの派閥のno.3名乗ってねぇしな」
勲紀「ま、それだといいんだけどよ。荷物置いたら廃校舎の方行ってみっか」

【どうやら遠出をしていた模様】

600 :高等部二年F組 雷専攻 林檎  ◆kCNFViKkFI69 :2011/11/12(土) 21:25:06.88 0
>>599
【ローブにフードを纏った林檎と】
【黒を基調としたドレスを着たベルがいた】
【二人とも仕事帰りか、雰囲気が少し違う】

林檎「どうにも、勝手が違うな」
ベル「ま、小国とはいえ正規軍だし、ゲリラ相手とは練度が違うわ」
【硝煙と残留魔力の濃さが、激戦を物語る】

林檎「おや、黒欧院か。こんばんは」


601 :名無しになりきれ:2011/11/12(土) 21:26:56.76 0
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
ffffffffffffffffffff

602 :中等部三年A組 闇と邪専攻 黒欧院 ◆6Lx5Suc5pc :2011/11/12(土) 21:30:31.34 0
>>600
勲紀「ウス。林檎センパイ」
稲月「よう、二人ともなんかえらく物騒なトコにでも行ってきたのか?」
勲紀「そういや、なんか正規軍がどうのこうのって……
    今の時期、正規軍を相手にするとこっつったら……中東スかね?」

603 :高等部一年A組 無と地専攻 珀巻 ◆maki.8TZhs :2011/11/12(土) 21:31:55.92 0
>>599
ビーッ ビーッ ビーッ ガラガラガラガラガラ
【正門に入ってきたのは大型トレーラー、なにやら大きな荷物を牽引し校門をギリギリのスペースで通過しようとしている】
珀巻「ん、ちょっとそこのお二方どいてー」
【荷物の上には珀巻が乗っている。私服はずいぶんとズタボロになっている】
蛇角「ねー、この学園搬入口とかないの?」
珀巻「無いからこっから入るんだよどうしようもないんだよぅ」

604 :名無しになりきれ:2011/11/12(土) 21:32:26.66 0
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死
ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死
ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死
ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死
ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死
ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死
ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死
ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>255 最近はしてないけど、このスレみてたら分かりますw 
427:Liz ◆bitchzBk4s [sage] 2009/10/18(日) 16:48:20 ID:Y32VbkQv0(28)
うかい亭の予約は8時半なので・・・
457:Liz ◆bitchzBk4s [sage] 2009/10/18(日) 16:59:22 ID:Y32VbkQv0(28)
あたしマンション持ってるし、ベンツ乗ってるし、貯金もあるし、株ももうすぐ目標の1千万(半年で)さらには遺産もがっぽり。
しかも億トレの彼女なんだけど。 非の打ち所がないよね?☆
573:金くれ ◆NFqP54NoVY [sage] 2009/10/18(日) 17:31:14 ID:uCL3Ffc30(48)

   /)  /)
  /  ⌒  ヽ默9ユ/test/read.cgi/charaneta2/1319293324/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)