5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い12【網スト】

1 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 06:17:32.74 ID:VmVhdSKy0
いい娘だよ
あの娘いい娘だよ!

どこまでも空気の読める吉原最強の番人、月詠さんに萌えるスレです

       w
     ,ー(从)-、
     (ノ/++ヽリ)
     リ(゚ - ゚キW    ・他キャラ叩き・カップリング話は厳禁
 ~~・━フハ∨/^ヽ    ・荒らし、厨、煽り、アンチは徹底的にスルー
     ヽ[三ノ :.、    ・次スレは>>980でスレタイは基本的には統一
       |*く;  ノ
       |:!: :.'T~
       ハ、*_|

前スレ
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い11【網スト】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1321881532/
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い10【網スト】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1317980017/
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い9【桃ツナギ】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1303134092/
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い8【黒ビキニ】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1293853741/
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い7【黒ビキニ】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1284732404/
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い6【網スト】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1275813091/
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い5【網スト】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1261928072/
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い4【網スト】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1256565724/
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い3【網スト】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1246542586/
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い2【網スト】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1236504143/
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い【網スト】
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1212888943/

38 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:03:42.54 ID:71IuCcTU0
ずっと銀時を空気みたいに放置して、何やら書き物をしていた桂が眉間に
皺を寄せて振り向く。
「なんだ貴様は。邪魔をするなら帰れ」
「いや、統率のとれたヅラだなあと思って」
「ヅラじゃない」
 桂は仏頂面で銀時の手を邪険に振り払った。
「銀さんいい子で待ってるんだけど、客ほっぽりだして、いつまでたっても茶
菓子のひとつも出てきやしねーし」


39 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:05:44.20 ID:71IuCcTU0
「誰が待っていろといった。勝手に上がりこんだくせに」
「追い出さなかったんだから、まんざらでもないだろ」
「面倒だからだ。大体、俺は万屋に行くときはちゃんと手土産を持参している
ぞ。手ぶらで押しかけておいて図々しい」
「いやほら、それはあれだから。銀さん自体が手土産みたいなもんだから」

40 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:07:46.30 ID:71IuCcTU0
「こんな死んだ魚の目の男などいらん。天パがうつるわ」
「お前自分がキューティクルだと思って調子にのってるだろ。パーマの失敗で髪質変わっちまえ」
「パーマ以前にお前の存在が何かの失敗だ」
 既に書き物の続きは諦めたらしく、桂は銀時に向き直るといつものように終わりのない応酬をする。
人のコンプレックスを小馬鹿にした態度が憎らしい。

41 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:12:13.00 ID:71IuCcTU0
 何かしら失敗をあげつらってやろうとまじまじと見る。
 しかし。
(神様とかいるんなら、こいつは絶対贔屓して作ったよな)
 至近距離で睨み合う桂の顔は、飽きるほど見慣れた銀時にとっても十分きれいだと思えるもので。
「・・・お前はあれだ、ダイエットのやりすぎて骨皮になってるじゃねえか。ス○オがトリビアの影ナレ
やってるのにあやかろうと・・・」

42 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:16:37.08 ID:71IuCcTU0
ついまじまじと見とれてしまったのをごまかすために、目をそらしてたまたま目線の先にあった桂の
手首を取った。途端にぎょっとする。
「お前・・・また痩せてないか?」
 もともと桂は華奢な男ではあったが、それはきちんと筋肉がついた伸びやかな細さだった。
今つかんでいる手首は、かつて記憶にあるものより一回り細い。

43 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:19:03.65 ID:71IuCcTU0
「・・・気のせいだ」
 桂は銀時の視線から逃れるように視線を落とし、つかまれていた手首をすっと抜く。
それを追いかけて、銀時は今度はしっかりと桂の手首を掴まえ直した。

44 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:23:58.65 ID:71IuCcTU0
「銀時、離せ」
「何があった」
「何もない」
 視線を逸らしたまま、桂は短く言い捨て、銀時の手を振りとこうとするが、力は銀時のほうが上だ。
「・・・・高杉か」
「!」
「やっぱりそうか」
 反射的に顔を上げてしまった桂は、鎌をかけられてたのだと知り、銀時の手から逃れようと更に暴れた。


45 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:28:35.87 ID:71IuCcTU0
身をよじって離れようとするのを許さず、銀時は細い体に圧し掛かる。
「何された?」
「銀時!重い!のけ!」
 無駄だとわかっていても諦めきれないのだろう、桂はなおも銀時をはね退けようともがいた。
しかし、両腕をまとめて掴まれて畳に縫いとめられ、腰の上に乗られた状態では徒労に終わる。
「何されたか言えよ」
「・・・・・・」

46 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:33:07.64 ID:71IuCcTU0
力で敵わないならせめて口だけでも割るものか、とでも思っているのだろう。
桂は固く口を引き結んでそっぽを向いた。
そんなことをすれば、却って相手はどれほどの隠し事なのか気になるということなどわかっていない。
「・・ま、いいや。体に訊くし」
桂が非難の眼差しを向けるより速く、銀時の手がきっちりと合わされていた桂の着物の袷を一気に割った。

47 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:37:40.54 ID:71IuCcTU0
「へぇ・・・こりゃまた随分ご無体されたようで」
 羞恥に震える桂をねじ伏せながら、銀時は白い肌に残された痕跡を揶揄した。
 執拗に付けられた赤い鬱血や歯型まで残る噛み傷。
そして変色して紫と黄色のにじんだ模様になっている暴行の痕。
 おそらく、合意ではないのだろう。

48 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:44:42.15 ID:71IuCcTU0
この乱暴の証拠を見るまでもなく、数ヶ月前決定的な決裂をした高杉を、頭の固い桂が
諾々と受け入れるのは考えにくい。
もともと桂は高杉には甘いところがあるが、それで信念を曲げるような男ではない。
「無理やりレイプされて、ショックで飯も喉を通らなくなったわけ?
信頼してた男に何度も裏切られちゃ、食欲の薄いお前にはきつかったのか?」
「・・もういいだろう、離せ」

49 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:50:27.03 ID:71IuCcTU0
 裏切り、という言葉だけでも今も重いのだろう。桂は沈痛な表情になって目を伏せた。
鈍すぎる、そして甘すぎる男だ。
それがあそこまで高杉を暴走させ、またあまたの人を惹きつけ、銀時をここまでやきもきさせる。
 本人だけが、それを知らない。
「・・・まだだ」

50 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 20:55:28.67 ID:71IuCcTU0
 桂がいぶかしげな表情で顔を上げた。
「ちゃんと全身確かめてやる」
 さっき文句もつけられずきれいだと思った桂の顔が、悲しげに歪んだ。

51 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 21:03:11.02 ID:71IuCcTU0
 諦めたように抵抗をやめた桂の手首を、それでも念のため解いた半幅帯で縛りあげた。
羞恥のためか、時々震える体を舐めるようにじっくり確かめ、傷つけられた場所をあげつらう。
そのたびに桂は苦しい顔をして、否定するように首を振った。
 上から華奢な桂の体の線に沿って手を下ろし、長い足を胸に付くまで持ち上げたときは、
固く閉じていた目を開き、小さな声で許しを乞いた。

52 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 21:07:50.13 ID:71IuCcTU0
普段にはない弱弱しさは、逆に男の嗜虐心をそそる。
桂はまったく無自覚だろうが、それが却ってたちが悪い。
 白く細く伸びた足を撫で、太ももから浮かぶ青い血管を指でなぞり、足の付け根を覗き込んだ。
「やっぱ突っ込まれたのか。まだ裂けてる」
「銀時、もう・・・やめてくれ」
 震える声を無視し、固く窄まった穴を指でさぐる。触れると怯えるようにきゅっと縮んだ。

53 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 21:12:31.88 ID:71IuCcTU0
もともとの色の白さもあってか色素も沈着していない、薄赤い桂の秘部は痛々しく幾筋か裂傷が走っている。
先にここを侵略した男がつけたものだろう。
「かーいそうにな」
「うっ」
そこに無理に指を突き入れると、桂が呻いた。
裂けた傷口が傷むのか、排泄器官に押し入られる圧迫のためか、またはその両方か。


54 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 21:17:38.47 ID:71IuCcTU0
「痛いか?」
わざわざ桂の顔を覗き込んで聞く。
銀時を見返した黒い瞳は空ろで、目じりが潤んでいた。
「お前、わざとじゃないのはわかってるけど、わからないのもいい加減性質が悪ィな。
色っぽい顔しやがって」
「・・何を言っている」
「自分がどう見られてるか、自覚してなかったのか?
高杉なんて隠してもいなかったぜ。
気が付いてないのはお前だけだ」

55 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 21:21:48.24 ID:71IuCcTU0
「・・・お前は」
「あ?」
「お前は、なんなんだ・・・。こんなこと、どうして・・・」
 括られた腕で顔を覆い、桂はすすり泣いた。
「・・だから、気が付かないのお前だけだって。
あんだけ必死こいてお前を探し回ってさ、重症負ってむきになって、かっこ悪いったらねえよ。
なのに当人は全然警戒心もねえし。あげく、余所の男に突っ込まれるし」

56 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 21:25:51.06 ID:71IuCcTU0
「なにを・・言ってるのかわからん・・・ッ」
「俺はもう言わねーぞ。ヒントは十分あげましたー。後は自分で考えろ」
 腰を引き上げるようにして、高く上げさせた。
引きずられ畳を滑る桂が制止の声を上げたが無視し、銀時は桂の秘穴に舌を差し入れた。

57 :名無しかわいいよ名無し:2011/12/10(土) 21:30:32.00 ID:71IuCcTU0
「ひっ」
 生温かくやわらかくぬめる未知のものに、恥ずかしい場所を舐められて、桂は悲鳴を上げた。
 しかし銀時は頓着することなく、指を使って穴を押し広げ、奥に舌を入れてくる。
背筋が泡立つような感触に、桂はびくびくと震えた。
抱え上げられた足をじたばたさせ、銀時の舌をそこから外そうともがくが、
腰をもう一方の手でがっちりと捕まえられて足が動くだけだ。

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)