5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【とらドラ!】大河×竜児【ナデナデ妄想】Vol25

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 00:21:23.55 ID:U3mphKXz0
ここは とらドラ! の主人公、逢坂大河と高須竜児のカップリングについて様々な妄想をするスレです。
どんなネタでも構いません。大河と竜児の二人のラブラブっぷりを勝手に想像して勝手に語って下さい。
自作のオリジナルストーリーを語るもよし、妄想シチュエーションで悶えるもよし、何でもOKです。
次スレは>>970が立ててください。 もしくは容量が480KBに近づいたら。
    / _         ヽ、
   /二 - ニ=-     ヽ`
  ′           、   ',
  ',     /`l  / , \_/ |
  ∧    〈 ∨ ∨ ヽ冫l∨
    ',   /`|  u     ヽ
    ', /          /
    /  ̄\   、 -= /                   __
  / ̄\  `ヽ、≧ー                    _  /. : : .`ヽ、
 /__ `ヽ、_  /  、〈 、           /.:冫 ̄`'⌒ヽ `ヽ、 / 〉ヘ
/ ==',∧     ̄ ∧ 、\〉∨|         /.: : :′. : : : : : : : . 「∨ / / ヘ
     ',∧       | >  /│        /: :∧! : : : :∧ : : : : | ヽ ' ∠
      ',∧      |、 \   〉 、_       (: :/ ,ニ、: : :ィ ,ニ=、 : : 〉  ,.イ´
      ',∧      |′   ∨ ///> 、  Y: '仆〉\| '仆リヽ:|\_|: :|
      / /     |     └<//////> 、 八!`´、'_,、 `´イ. :|////7: !
    /_/       |、       ` </////>、\ ヽ丿  /. : :|//// : .丶
    ,'          |′         ` <//∧ : > </.: : :////〉: : : . ヽ
    ,'          |            / 个:<〉. :〉》《/.: ://///: : : : : : . \
   ,'           |、          〈 . : :│: |/. :/│/.:///////: : : : : : : : : . )
  ,'            |′           \:ノ. : |: :/W/.:〈//////: : : : : : : : : :ノ
  ,'            |            /. : : : :|:///∧ : ∨///: : : : : : : : : . \

まとめサイト
ttp://tigerxdragon.web.fc2.com/

前スレ
  【とらドラ!】大河×竜児【ゴロゴロ妄想】Vol24
 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1302817738/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 00:24:33.65 ID:U3mphKXz0
過去スレ
【とらドラ!】大河×竜児【ラブラブ妄想】(1スレ目)
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1231122796/
【とらドラ!】大河×竜児【ニヤニヤ妄想】(2スレ目)
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1234443246/
【とらドラ!】大河×竜児【デレデレ妄想】(3スレ目)
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1236695653/
【とらドラ!】大河×竜児【イチャイチャ妄想】Vol4
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1237819701/
【とらドラ!】大河×竜児【ベタベタ妄想】Vol5
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1238865504/
【とらドラ!】大河×竜児【スキスキ妄想】Vol6
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1240317270/
【とらドラ!】大河×竜児【ドキドキ妄想】Vol7
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1241386432/
【とらドラ!】大河×竜児【アツアツ妄想】Vol8
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1242374673/
【とらドラ!】大河×竜児【フワフワ妄想】Vol9
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1243354181/
【とらドラ!】大河×竜児【クネクネ妄想】Vol10
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1244280781/
【とらドラ!】大河×竜児【ワクワク妄想】Vol11
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1245146459/
【とらドラ!】大河×竜児【モフモフ妄想】Vol12
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1246704738/
【とらドラ!】大河×竜児【ナツナツ妄想】Vol13
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1248388647/
【とらドラ!】大河×竜児【ユラユラ妄想】Vol14
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1249487623/
【とらドラ!】大河×竜児【モグモグ妄想】Vol15
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1251296860/
【とらドラ!】大河×竜児【ハフハフ妄想】Vol16
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253001418/
【とらドラ!】大河×竜児【アマアマ妄想】Vol17
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1255435399/
【とらドラ!】大河×竜児【モジモジ妄想】Vol18
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1258620217/
【とらドラ!】大河×竜児【ニコニコ妄想】Vol19
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1262338222/
【とらドラ!】大河×竜児【ハラハラ妄想】Vol20
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1268576015/
【とらドラ!】大河×竜児【キラキラ妄想】Vol21
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1278256303/
【とらドラ!】大河×竜児【ウトウト妄想】vol.22
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1283692777/
  【とらドラ!】大河×竜児【フニャフニャ妄想】Vol23
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1292507029/
  【とらドラ!】大河×竜児【ゴロゴロ妄想】Vol24
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1302817738/



3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 00:38:29.08 ID:U3mphKXz0
【※CAUTION※超重要事項!※CAUTION※】

非エロ(ギシアンレベルまで)はここに投下

ガチエロは新避難所に投稿、ここへは告知誘導のみ

アク禁に巻き込まれたなど直接投下できなかった非エロ作品の代理投稿は作者が望んだ場合に可

大河×竜児ラブラブ妄想スレ 新避難所
ttp://jbbs.livedoor.jp/anime/7850/

★関連スレ
竹宮ゆゆこ112
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1305204024/401-500
【竹宮ゆゆこ】とらドラ4!【絶叫】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/comic/1277527895/

【間島淳司】とらドラジオ!【喜多村英梨】
http://atlanta.2ch.net/test/read.cgi/netradio/1229772543/
【PSP】とらドラP!part12【ポータブル】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/handygame/1306069057/1-100

【田村くん】竹宮ゆゆこ 34皿目【とらドラ!】
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1295782102/401-500
★キャラスレ
【とらドラ!】キャラ総合スレ
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1222905488/
とらドラ! 手乗りタイガー262匹目
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1307489566/601-700
【とらドラ】逢坂大河は手乗りタイガー可愛い 8匹目
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1280756770/
【とらドラ!】櫛枝実乃梨はフルスイングかわいい14
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1299637373/301-400
【とらドラ!】竜児×亜美【私もいれてよ】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1273070058/
■とらドラ! 総合スレッド Part.1■
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1215959570/



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 00:39:00.17 ID:U3mphKXz0
まとめサイトより

Q、1話の机が吹っ飛ぶシーンどういうこと?超能力?
A、ちがいます。ラブレターを鞄に入れてたら人が来たので、ロッカー隠れようとして凄い勢いで移動したんです。

Q、とらドラ!ってどんな作品なの?
A、とらドラ!は高校生特有の『思春期』という限られたひとときの中、
 友達と過ごしながら楽しいと感じたり、ある時は落ち込んだり、
 またある時は恋に悩んだりしながら、毎日を過ごしていくという作品です。
 (雑誌インタビューより)

Q、何クールですか?
A、2クール25話(DVD8巻構成)です。

Q、会長とあーみんの区別がつきません。
A、川嶋亜美(あーみん・ばかちー):前髪が朝倉風、ややたれ目、胸がおおきい、モデル
  http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/toradora/images/chara/ami.gif
  狩野すみれ(会長・兄貴):前髪ストレート、ややつり目
  http://www1.atwiki.jp/toradora?cmd=upload&act=open&pageid=19&file=up49532.jpg

【一目でわかるとらドラ!一話】
@猛獣が襲い掛かってきた
Aお腹がすいていたのでご飯をあげた
B「気に入った。これからも飯つくってくれ、毛づくろいとかも頼むわ」
C襲われそうだし、ほっといたら死にそうなので、しぶしぶ飼うことに
Dご飯あげたら、ちょっと尻尾ふった
Eいろいろあって付き合うことになっておしまい ←今ここ

実際は竜児を犬扱いしている大河こそが飼われている側っていうのが面白い

とらドラ! まとめwiki
http://www1.atwiki.jp/toradora/
とらドラ! AA保管庫(仮)
http://monabase.net/toradora



5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 00:39:35.52 ID:U3mphKXz0
この板の設定

1レスあたり最大4096バイトで改行は60行まで可能
半角で4096文字・全角で2048文字です

Samba24規制は40秒です
一度書き込んだら40秒は書き込めません

バイバイさるさん規制は40秒以上開けて投稿しても
スレッドに同時に書き込む人数が少ないと発動します
ROMってる人は割り込みを遠慮せずむしろ支援する方向で応援よろしくお願いします

●を持っていると上記の規制は無効化されます
ただし調子に乗ってSamba24規制無視して連投しているとバーボンハウスに飛ばされます
たっぷり二時間は2ちゃんねる自体にアクセス出来なくなるので注意

●売り場
http://2ch.tora3.net/

年間33$(だいたい3500円〜4200円前後 円高だと安く買えます)
登録メルアドはプロバイダのメールアカウントのみ フリーメールや携帯メールは使用不可

携帯もってんならこの方法で簡単なんじゃないか?

1:http://get.ula.cc/pc/ こっから携帯で新規口座作って12000狐PをGET
2:http://bainin.ula.cc/sale/maru/ ここから●二週間お試し券を買う
3:http://maru14.ula.cc/ ここでお試し券を交換
4:完了メールきたら専ブラのログイン設定にIDとパスいれる
5:今までと同じように書き込める

2週間過ぎたらまた同じ手順やればいいだけ。数回分あるし一月半規制続いても安心
iPhoneだったりしたらクレクレするしかないんだろうけどさ

お試し●の交換・利用について
1つの●をPC+携帯で共有可
同じメアドで試用期間内に重複登録はできない。14日経過後、期限切れメールが届いてからであれば、同じメアドで交

換可
同一アカウントから期間が重複した交換をするには、メアドを複数用意すれば可能
ちょっと間使えなくてもいいという人は期限切れのメールがきてから再申請してください

栄光のニダーラン @ wiki
http://www36.atwiki.jp/nida-run/pages/1.html



6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 00:55:50.59 ID:hCeY68Qz0
>>1新スレ乙です!

ガチエロを新避難所に投稿しましたので告知させて下さい。

【タイトル】秋への brilliant road
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/anime/7850/1256747762/624-631

↑の624に内容を記しましたのでお読みの際は趣味に合うかどうかご判断のうえお願いします。
タイトルは某アニソンのもじりですが別に内容は関係ありません。
よろしかったらどうぞ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 18:39:46.25 ID:EpLBfe+w0
>>1乙!
大河をモフる権利を与えよう

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 21:05:29.44 ID:U3mphKXz0
>>7

>>1だがやめておく。竜児以外には基本的に懐かない上、モフったら殺される気が…。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 23:41:02.44 ID:CaqTB8lS0
            _, :‐-_、
          '"´ : : `: : :⌒ヽ、
        /: : : /: : : : : : : : :丶:\
      /: / : : {: : : : :ヽ: : \: : ヽ':、
      ,': /: {: : :ト、: : : : }: : : :}l :l: !
      |: l: : :|\:| ヽl\|\/l:| :l: |
      |: l : T≧心、_  ィ匕≦T: : :l: |
      |: l ヽ代i::ソ    弋i:ソ/ : /小
      |:人: :ゝ ー      ー 厶イ : | ヽ
       j: : :ヽ >  __⌒__ ,.イ : !: : : ト、:丶
.     /: : /: : :l:〃^く〈〉>`ヽ: : :|: : :│ 〉: 〉
     /: : /|: : : |i{ >┴rく }i : |: : : ∨: /
.    /: : / .|: : : |:∨   _|人/: :│: : : : :/
   〈: : 〈 /: : :.:|:/`ー≦ァー'{: : ∧ : : : 〈
.   \ ∨: : : 〃7\_/\∧: ': : \: : : \
    ∠:_:_:_: ノ└L,___」L斗ュヘ : : : /: : : /
      r‐': :_:_:/:::::/  ヽ:::::∨{:_:.〈⌒>: 〉
         //      | |
        // Λ_Λ | |
        | |( ´Д`)// <新すれ記念だ!大河ぶつけんぞ!
        \      |
          |   /
         /   /
     __  |   |  __
     \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
     ||\            \
     ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
        .||             . ||

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 21:50:33.59 ID:kHppJcGE0
>>1
前スレ最後に竜児のAA貼りたかったんだが容量超えてた…


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::|::::|::::::::::::::::::V}:ヽ:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::l::::l::::::::::::::::::::l::|::::}::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://´::}::/::::::::::__::リ:::ハ:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|://::::::,}r‐,ィ  ̄ ̄ ̄¨''、::ハ::::::::::::::::::::::|´`ヽ::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::|:::l:::::|l::::::::::::::::::::::::::::/::l//::/ /::::::::::::::,r‐-、:::::::》:|}::|:::::::::::::::|/^}:ハ:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::  >>9俺にぶつけろ!
::::::::::::::::::|::::i::::|:`、:::::{:::::::::::::::/=ィ"::::::〃:::::::::::::::{i!}    }:::::}:::i|::}:l:::::::::::::}::::::|ハ::::|::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::|::::::、:{_\|`:、:::::::/::::::::::::::::::{::::::::::::::(`゛  /::::/,:::::V::|:|:::::::ィ|:::/:::::}:::|::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::|:l|::::::::\ 二_¨`\/:::::::::::::::::::::::、_:::::::::::`¨ー':::_//ィ::::::::::l:|:::://:::::::::::::/ハ|ト、:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::|::{:::r‐― ‐- 、;;::::"´::::::::::::::: ̄`.ー::二¨> ‐¨´   {{::::::::::リ:/::::`>:::::::/::::リ:::::\:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::ハ:::{{_ _{;j/"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     |:::::::::::iリ::/::::::::/i:::::::::::::::::::ヽ,:::::::::::::::
::::,、:::::::::::}:::::::: ̄:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨    }:::::::::::::::::::::::/ハ|:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::
:/::::}::::|::::ハ:::::::::::::::::::::::::::i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}    /::::::::::::::::::/∧|::::|:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::
:::::::|:::l|::::|::}::::::::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  {::::::::::::::::::{::::/:::l|::::::::{:::::::::::::::::::|:::::::::::::
:::::::|/ l::::|:ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\/::::::::::::::::∧/::::::::::::::::l::::::::::::::::::|:::::::::::::
:::::::::::{::::V:::::∨:::::::::::::::::::::::::::::::_,,  -‐ ¨´ ̄¨ ‐-,}、:::::::::::::::::::::::::/::::l|::::::::::::::::::|:::::::::::::r'、¨ヽ::::::
:::::::::::|:::::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::,ィ" _...--‐‐..´ ̄ ̄:::::}::::::::::::::::::::::/::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::|::::}:::::}:::::
:::::::::::|::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::{ `´l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::/::::::::::|:::::::::::::::::∧::::::::〈:::::::::::|::::::
:::::::::::|::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::∨ /|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::::::::/::::ヽ::_:::ゝ::::::〈::::::
:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::V|::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::/:::::::/::::::::::::::::::`ヽ
:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::{I_\::::::::::\l::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::|:::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 23:48:21.41 ID:kKt9VWlB0
>>10
前スレ、埋め乙。
天使初めてみた。かわええなぁ。
竜児コワスw

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 23:50:08.68 ID:nTQ6R3xb0
授乳期には程よく膨らんだりするのだろうか
それを自慢げに竜児の目の前でムニムニしたりするのだろうか

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 01:24:28.40 ID:hh/99TZs0
そんなことしなくてもおっぱいマイスターの竜児が揉めば一気に…。
もしくは某声優の噂を聞いて、大河が竜児に「唐揚げ作りなさい!」とか言いそうw

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 08:46:17.85 ID:+ZdRB26y0
     ,.:<二ヽ    ,. -―‐‐: ァ‐:¬、    ,. -―:ァx
   /:.ヽ: : :―: \ /:/ ̄: : : : : : : : : :}⌒: Y二二:7: :ハ
   |\: : \二: ニ/: :./ : : : : : : : : : : : : : !: : : :.V: : :/: :/:.ハ
   |\:_: :>:.イ: :./ : : : : : : : : : : : : : : :! : : : : V//: /:ノ}
   弋 : :-:-:-: : 个:/: : : : : :/: :!: |: : : : : :/: : : : : : !:ー―':./
    ` ー――‐ {:/ : : : : :/: :/--!: : : :斗‐| :|: : : : ',>‐‐'
          /:/: : : /!|/  |: :/ |/ V!: : : : :!
          /: i : : : | T佗T |/  T佗T !: : : : |
          |: :|: |\i   ̄   ,   ̄ 厶! : : :|
          |: :ハ: : :|  u         ! |/|: :!     マイスターがいると聞いて
          ∨ V少 、     _ _,.   ,ノ   ∨
                ` ーr-  ,. -<
              r‐r<_.}   |―┐
            /  ヽ/   ` マ´\
           /  ヽ  ヽ ¨`  ´ |   〉
            ├―- 、 \ ∧=====::|  / |
           |     \`n.〉:::::::::::::|n/  !
           |         !! }:::::::::::::|!!  i
           |    |   fニヽ::::::::r/ヽ  !
           |  \ ,/   {ニ  V:::{   } !
           |   /    ヽ_  ∨  / |

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 09:53:10.84 ID:xQekxqmm0
>>12
乳の出をよくするマッサージというのがあるから、竜児ならその辺ぬかりなし。
お礼にちょっと飲ませろとか、味見を要求するだろうな。
で、飲みすぎて子の分が足りなくなり怒られるw

16 : ◆oLWU/inCrU :2011/06/25(土) 14:32:31.61 ID:IhWzKN75O
皆さんのレスで思いついて書いたよ!おっぱいおっぱい。
昼休みにこんなん書き下ろす己は末期の竜虎病



 とある休日の昼下がり。
「ふっふ〜ん♪」
「…………。」
 高須竜児は思わず眉をひそめた。
 晴れて昨年愛妻になった“高須”大河が、秋口だというのにキャミワンピ一枚でウロウロしているのだ。
 しかもわざわざ彼の前で「あ、ゴミが。」などと言ってしゃがんだりする。
 もちろん竜児が部屋のゴミなど見逃す訳がなく、要するに大河のおふざけだ。
「ふっふふ〜ん♪ あ、ここにもゴミが……」
「──大河。」
「なによ?」
 呼ばれてテテテ、と寄ってきた大河が、目の前でくねくねと身をよじる。胸の下で手を組んで、まるでどこかを強調するように。
「……あのな。」
「なに、竜児。」
 へいへい、わかってんだろカモン! YOU言っちゃえよ! ──な態度を総スルーし、竜児はその場でシャツを勢いよく脱いだ。
 きゃーっと頬を染める大河に、頭からすっぽり被せる。
「やだ、竜児ったらまだ昼……
 ……何よこれ。」
「妊婦なんだから、身体冷やすんじゃねえ。」
 ぷいと横を向いた夫の態度に、大河はみるみる頬を膨らませてぶうたれた。
「竜児の鈍感犬!」
 自分のよりもふた周りは大きい素足をぎゅっと踏んづけ、さらに言い募ろうとした瞬間、ふわりと肩を抱かれて。
「……その、さ。産まれるまでは、あんま触んねえほうがいいんだと。」
 どこの話かは言わずもがな。
 ──だから、頼むから。そんなに挑発するんじゃねえよ。
 耳元でボソッとそう告げられ、言われた方も言った方も真っ赤になる。
「あっ……そ、そう。わかってるならいいのよ、わかってるなら……」
「お、おう……」
 謝罪代わりか、踏まれた箇所をそのまま足の裏ですりすり撫でられ、竜児は全身を総毛立たせた。
「た、大河……っ!」
「こないだの検診でねぇ、安定期に入りました、って言われたの。」
 頬を染めたまま、意味深に微笑む大河の手が、竜児のアンダーシャツの裾をぎゅっと掴む。
「し、知ってるよ。一緒にお前の大好物山ほど作って、お祝いしたじゃねえかよ。」
「私、今、安定期なのよ。」
「だから、知っ……。
 …………昼だぞ?」
 答えずにまたんふ、と笑った妻を、竜児はため息をつきつつそっと抱き上げた。


17 : ◆oLWU/inCrU :2011/06/25(土) 14:36:43.84 ID:IhWzKN75O
「見るだけで触れねえってキツいよなあ……」
「ちょっと舐めるくらいならいいよ?」
「ばっ……! 刺激する自体ダメなんだよ。」
「先っちょを避ければ大丈夫って、あんたの買った雑誌に書いてあっ──」
「わあああ! なに勝手に読んでんだ!?」
「今日び、育児雑誌でもそういう特集組むのねー。にんしんちゅーのせーせーかつ、とかさ。
 ご丁寧に付箋までつけちゃってまあ、このエロ犬め♪」
「…………。」
 とうとう口をつぐみ、くすくす笑い続ける新妻をベッドに優しく転がす。
 窓を閉め、カーテンを閉めると、やがて薄暗い寝室には衣擦れと甘い囁きだけが満ちた。



        《おしまい》


反省はしていません(キリッ あまりにアホアホすぎてタイトルが思いつかなかったw
誤字脱字ご容赦ください。

18 : ◆oLWU/inCrU :2011/06/25(土) 14:48:16.16 ID:IhWzKN75O
書き忘れ
>>1スレ立て乙です!
まとめ人さま、職人諸氏、レスくれる方、ROMさんにも感謝しつつ新スレおめでとう!

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 16:56:12.17 ID:daIFM93N0
>>18
いいですね。竜児の方が数倍は神経質になっていそうな時期でしょう。
大河としては生涯初の胸膨らむ思いかw
てなわけで、このSSには↓のBGMで決まりだろうっ!
オリジナル
ttp://www.youtube.com/watch?v=t0KW8n_ULKo
初音ミク版
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm9541037
歌詞
ttp://www.uta-net.com/user/phplib/J-Word.php?ID=33694

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 23:04:45.38 ID:LtEduq6L0
>>1

>>18
新スレ一本目GJ
可愛い嫁と子供いっぺんに抱けるとか最高に幸せだな

幸先の良いスタートだ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 23:52:10.99 ID:imXieTsO0
>>18
浮かれ大河のかわいさ威力がぱねえええ
ふた周り大きい素足をぎゅう→すりすりのコンボがたまらんです。
竜児の葛藤が想像できるwGJ!

>>19
渋いセレクションだw

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 16:24:38.74 ID:Co4Ucp8AO
ここは横書きの2chだ
縦書きのラノベのルールを持ち込むんじゃねぇ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 23:10:54.45 ID:S9DS2gH40
ハプニングセックスの話題を蒸し返すわけではないけど、
実はとっくに体の関係があったんだぜ、と後になって明かされたとしても、個人的には別段驚かなかったと思う。
例えば文化祭の直後に大河が、親父に捨てられた寂しさを直接竜児にぶつけていたら、その流れで慰め合ったりしたかもしれない。
この二人はそれが出来てしまえるくらいには親密というか、危うい関係にあったと思うんだよな。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 00:27:19.77 ID:shlwer3dO
>>23
うーん、それはそれでおつな関係だが、自分はやっぱり
家族のようなそうでないような、ただ友人よりは特別だけど恋愛感情まではいかない…みたいな
微妙で繊細なモヤモヤした二人の関係がツボだったし、それがあったからくっついた時のカタルシスがすごかったんで
やっぱりハプニングは避けてもらって良かったなあと思ってる。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 01:24:02.64 ID:0BsYzHnx0
祖父母の家に行く途中、大河が電車の中でもじもじしてたってのは行き?帰り?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 05:18:06.13 ID:82JNhCF70
>>23>>24
自分の考えだけど、大河は父親を愛していて母親を憎んでいると思うわけですよ。
性的に汚らしくて家庭を壊したから、という方向で。
だから自分が性的な気持ちを向けられるのにはものすごい抵抗があったんじゃないかな。
竜児への信頼って、その微妙で繊細なとこをほんとに息苦しくなく相対してくれたとこだと思う。
そんなわけで、勢いの慰め合いとかすると黒く塗り潰されたような目になっちゃうんじゃ。
まあ文化祭の後はリップスティック突っ込んでみたりOKサインぽいもの出してはいる。
その巻でようやく竜児も指だけ握れたわけで。
自分が一番ときめいたのは1巻の電柱リンチと続くおんぶシーンの接触ですが。
「あと三十秒……ねえなにか言うことないわけ?」
「……そんな……急に言われたって……」
「……十秒……五秒……」
「逢坂……俺、お前にもっと触りてえ」
「な?……何いうのよ……図々しいな犬の分際で」
「今日は……もう終わったろ?もう……犬じゃねえよ」
「うち、来る?」
ハプニングはこのワンチャンスしかなかったと思うんだよ、うんw

>>25
帰りの電車

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 05:22:00.48 ID:82JNhCF70
ついでに言うと、>>26のシチュなら竜児は二人称を大河でなく逢坂と呼びながらのラブシーンなわけで、大変興奮しますw

28 : ◆0/FKyHtS2M :2011/06/27(月) 16:26:22.57 ID:82JNhCF70
【タイトル】スカイハイ
【内容】アニメ版アフターの高三時点っす。大河不在でラブ成分はごく薄です。

****

 流れ出した音楽は『ミスター・ロンリー』
 フランク・プゥルセル・グランド・オーケストラのバージョンで、真昼間というのに、優美
なストリングスの調べがチープなスピーカーを少しビビらせながら。
 そうしてかぶる、落ち着いたナレーション。

「お昼休みのひととき『あなたの恋の応援団』。関東地方も梅雨入りした今日は、ついに有名
なあの方をゲストに迎えてなんと饒舌なお話をうかがうことができます……ジェット……スト
リームアタぁックっ!!」

 アタック余計ですぅ会長〜、と細いアシスタント女子の声も拾って、大橋高校ランチタイム
の生徒会占有校内放送が始まった。生徒会長、北村祐作の落ち着いた美声が思い思いに昼休み
を過ごす生徒たちの頭上から響き渡っている。

「『手乗りタイガー』……と言えばまだ皆さんの記憶に新しいでしょう。一年生の諸君はググ
って……じゃなくサークルの先輩や情報通のクラスメイトに聞いてみてください」

 3年C組の木原麻耶はピクっとして、でも昼食を広げる手を止めないで聞き入り始める。
 ガタガタガタっと、同級生が弁当を持って麻耶の向かいに来る。
「タイガーっ!?が……ゲスト?おまえなんか知ってるっ?大先生から聞いてるっ?」
「えっ?なんであたしが……知らないよ」
 まるおから秘密の話なんか聞けるとでも思ってんのかよ、と図々しく向かいに座り込んで弁
当を広げ始めた能登久光を睨みつけて、麻耶はコンビニで買ってきたサラダスパブレッドの袋
をびりっと広げてかぶりついた。

 BGMが変わってズンズンズンズン……ジャーンッ!ジャカジャカジャっっ!!
じゃーん!っじゃじゃっじゃっじゃじゃっ!っじゃじゃっじゃっ……あれ?これシングルカッ
ト版じゃないな。
 なに?分かんない。と口をもぐもぐさせて麻耶も天井を見る。
 『 Jigsaw 』の『スカイハイ』。昔の曲だけどカバー何度もされてるからわりと聞くよ。こ
りゃミル・マスカラスの入場テーマに使われたテンポの遅いオリジナルで、通称メインタイト
ルバージョンだよ。ブラスパートが華やかに広がるこっちも俺ちょー好き。
「マスカラス知らね?歴史的ななルチャドール『千の顔を持つ男』」
「知らねえよ……オタクってこれだから」
 タイガーとならこれ語り合えるのになあ、極上の美しさで魅せるフライングクロスアタック、
プランチャスイシーダ、それから去年の文化祭のフィニッシュホールド、ロメロスペッシャル。
 もう能登は独りしゃべりでうっとり。
 うぜえ、と目で語る麻耶はもぐもぐ。

「今日は昨年度までこの学校に在籍していた有名人、逢坂大河さんの彼氏にいろいろとお話を
伺います」

 なあんだ、ゲストってのは高須かあと、麻耶と目を見合わせる。
 麻耶もそりゃそうだよという顔でパンを頬張る。なんだか食べづらそうだ。
「飲み物、ねえの?」と能登は訊いた。
 うん、そう。朝、なに飲みたいか決められずに買ってこなかったんだ。購買か自販機で、そ
のときの気分で決めようと思って忘れてた。と、こんな長々と答えられずに能登の顔を見て頷
くと、やつは「じゃ、これやる」とウーロン茶の紙パックを机にどんと置いた。
「なに、べつにいらないしっ。……あんたが飲むもんなくなるじゃん」
「俺は母ちゃん謹製の弁当だから喫緊に水分いらないし。おまえはパンだから飲めよ」
 上目遣いに、眼鏡越しに睨みつけて弁当をかっこみ始める。

29 : ◆0/FKyHtS2M :2011/06/27(月) 16:28:20.03 ID:82JNhCF70

「で、高須。逢坂は元気か?」
「ちょっ!?匿名じゃねえのかよっ」
「『手乗りタイガー』と『ヤンキー高須』が只のツレでなく実はラブラブカップルであった。
というのは既に有名な噂だからな。いまさら匿名というのもあざとい」
「まあそうだ。そんならこの機会にひとこと言っておきたい事がある」
「おーっ、言え言え、何でも言ってやれ」
「大河が急に転校した理由を『妊娠したんで親に引き裂かれた』とかデマ飛ばしてるやつっ!」

 能登は「そんなやつがいたんだ?」
 麻耶は「けっこう飛び交ってるんだよ。誰がまいてる噂か分からないけど」
 のんびり昼食を取りながら放送を聞く。高須竜児の珍しい怒りの声がチープなスピーカーを
またもビビらせている。

「俺はなあ!そんなダラシないことしねえ!ちゃんと避妊するっ!!」

 ガタガタガタッ!!と。あちこちで椅子からコケる生徒多数。いいのか高須それで!?など
と当人に届かないツッコミも多数聞こえた。もちろん能登と麻耶もコケて、のろのろと戻る。
 放送室でも盛大なコケ模様らしく、ガッッピィィィンというハウリングとともにアシスタン
ト女子がきゃーきゃー言う声も拾われている。
「能登……お茶もらうよ」
「ああ、飲め飲め」
 麻耶は紙パックを開けてストローを差すと、◇形に開いた飲みくちを、ん、と突き出した。
「あんたはそこから飲めば。あたしストロー使うからさ」
「え?お?う?……半分こ……いいのか?」
「500mlは多いし。わざとツバたらしたり……下品なことしねーなら」「しないわそんなん」
 BGMだけ派手に鳴り響く時間が過ぎて。
「ていうか、高須にタイガー語らせるときにこの曲ってのもひどくね?大先生」
「ん?別にいいんじゃね?けっこう爽やかでテンポいいしさ」
「だってこれ、大失恋の歌詞だぜ?『君は僕に嘘を言って全てを空にすっ飛ばした』なんてさ」
「へえ、そうなんだ!」
 能登が曲のウンチクで麻耶の興味を釣った辺りで放送は再開された。

「オープニングトークはアドリブで良いとは言ったが……まあいいか。とにかく。つまりヤっ
たことはヤったと。言うわけですね?」
「そんなことまでは言ってねえ。あくまでも仮に、そうなら、の話だ。というわけで噂はデマ
だからな。今後は飛ばすんじゃねえぞ、と言っておく。大河は単に家庭の事情で引っ越しただ
けだ。きちんと親元で高校生やってる」
「うん。つまり連絡は取り合っている、というわけだ。正式な彼氏として」
「お、おうっ!」
「というわけで今日は、逢坂大河の消息を差し障りのない範囲で彼氏から紹介してもらおうと
思います……まず通ってる学校の話などから」

「なるほどな」と能登が頷く。
 これはあれだ。無責任な噂が飛び交っていちいち高須も面白くないだろうから、本人の口か
ら公式発表をさせて黙らせようって、企画なわけか。
「そうかー。そうだよね、なんか裏に訊いたらいけないようなことあったらやばいって、あた
しらも思ってたもんねえ」
「そうだよな?大先生もなかなかシンプルに済ますじゃんよ」
「高須くんは恥じいって思うかな?」
「一回で済むなら、って思ったんだろ?いやなら出ないだろうし……それより、ああやって言
えるようになったんなら、もういいんだよな」
「うん、そうだね。ふつうの遠恋ならあたしらも心配いらないって思える」
 なんとなく気が楽になり、微かに笑い合っちゃったりしながら、二人はうかつに、同時にウ
ーロン茶のパックに手を伸ばしてぶつかり、はっとして引っ込める。
「あっ、悪い」
「いやあ、別に……」

30 : ◆0/FKyHtS2M :2011/06/27(月) 16:29:36.37 ID:82JNhCF70

 放送は遠い北の土地で元気に暮らすタイガーの近況を高須竜児が至極まじめに語り、パーソ
ナリティの北村祐作がそれをなんとか面白く、できればエロ話に持って行こうとノリツッコミ
を繰り返している。

「俺さ、木原。……おまえと同じクラスになれて良かった」
「は?なに?そういうふうに持って行くわけ?」
 無茶ぶりっぽくない?相っ変わらず空気ぜんぜん読まねーなおめーは!と罵倒しながらも、
木原麻耶の声に以前ほどの棘はもうなかった。
「あたしだって、能登だって。一年前はタイガーと高須くんの仲を噂した当事者じゃん」
「あ?ああ、そうだったよな。なんかすごい昔のような気がする」
「あたしさ、思うんだ。1日6時間くらいいっしょでさ?」
 10カ月300日、1800時間いっしょにいてさ。あいつら。……だから仲良くなれたん
じゃないかって。時々。
 考えたこともなかった。いつの間にかそういうふうにデキていたと思っていた。そうか、と
能登は初めて思った。
 そんなに長い時間、何を考えて、何を話して過ごしたんだろう。まさか緊張して黙りまくっ
ていたわけじゃあるまいし。ケンカとか……起きるんだろうし。
「ほら、そうやってまた、ひとりで考えて黙る」
「え?」
「あたしだって、あんたとなに話すんだなんて分かんねえよ」
 でもさ、せいぜい学校で1時間以内じゃん?千八百日……5年もこんなふうにすんの?しな
いとあいつらみたいには思い合えないのかってね。
 いらいらするし、怖いし、他にもたくさん考えることあるし、……でも気になるし。なんて
ことは絶対に言えないけど。
 確かに300日経ったらもう高校生じゃなくなる。いつまでも当たり前のように会えるわけ
でもない。タイムリミットなんてどこにでも転がっている。
 ひょっとしたら、高須とタイガーも、あんなに長い時間いっしょでも、うまくやることが出
来なかったのかもしれなくて、それで離れ離れになったのかもしれなくて。
 だから。
「じゃあ、む、無茶ぶりついでに……帰りにさ、どっか寄っていかね?」
「どこ行くんだよ……」
「放課後までに考えとく……とりあえず1時間を2時間くらいに……しねえ?」

 片目だけを心もち三角に眇めて、なにやら考えながら麻耶はウーロン茶をちゅーっと飲む。
珍しく能登からダイビングボディアタックを仕掛けてきたのだから、技を受け切ったうえで返
さないとプロレスラーとしては名折れだ。とか考えているわけはないけど。

「3時間くらいは……ひまだよ」
「ホント?そう?ラッキー♪ラッキーだよ♪うん」

 お昼休みのひととき。天井のスピーカーから、大河ぁ!とネタっぽい絶叫も聞こえたあと、
なんでこんな失恋の曲流すんだよと高須が北村に詰め寄る。はっはっはぁ〜♪この放送は何と
言っても『あなたの恋の応援団』、失恋大明神のテーマだからだ!
 そういや確かにな『You've blown it all sky high』なんてまさにお前の大失恋っぽいかも
知れねえ。一年生はサークルの先輩や情報通のクラスメイトに聞いてみろ、今となってはマジ
受ける超こっ恥ずかしいエピソードだからな。
 何を言う高須、お前は夏休みとか逢いに行け。
 ああ。
 そうしたら第二回も企画するからな。
 ええっ!?

 みんな、みんな少しずつ、みっともなく歩いて行く。
 梅雨空ではあっても天辺を見上げて。


――END


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 23:06:02.45 ID:shlwer3dO
>>28
能登ばくはつしろ
もとい頑張れwいい感じじゃんか、勇気出したなあ
竜児は校内放送で堂々と何言ってんだオイ!偉いけど!学校中をドリフにしやがってw
みのりんもあーみんも絶対どっかでひっくり返ってるな…
いかにもこんなことありそうな楽しいエピソードを乙でした。GJ!

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 23:57:28.13 ID:XX7UcEty0
GJ!
大橋の生徒は噂だの伝説だの、かなり好きなんだっけか。
竜児は有ること無いこと言いふらされて参っていそうだなw
微妙〜〜に進展?している能登麻耶に2525。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/28(火) 20:22:53.67 ID:kBo8YjxG0
>>28
竜児のアドリブは大先生の予想を超えてたかww
いや〜北村イイヤツだよ、例えエロ話に花咲かせようとしていようとw
竜児や大河達を背景に距離が縮んでいく能登麻耶、透明人間のアニメ版Verみたいな感じでナイスです。GJ

>>27
>逢坂と呼びながらのラブシーン
これは萌える…

34 :とらドラ!で三題噺 ◆Eby4Hm2ero :2011/06/30(木) 02:06:37.73 ID:9iKWtTVH0
お題 「亜美」「目」「立ちつくす」



「み〜のりん♪」
「おや大河、どうしたね?」
「今日は部活休みでしょ。久しぶりに一緒に帰らない?」
「そりゃもちろんOKだけど、高須くんは?」
「あー、いいのよあんな馬鹿犬は」


「で、何があったのよ」
「なによばかちー、勝手についてきて野次馬根性丸だしとか、ちょっと会わない間に随分とオバサン化が進んだんじゃない?」
「あのね、実乃梨ちゃんと帰る先約はこっち。割り込んで来たのはあんたじゃない。それに、暇さえあればイチャイチャベタベタしてるあんたと高須君がケンカしてるとか、気にならないわけがないでしょ」
「むー……」
「ねえ大河、そのへんは私も気になるっていうかさ、心配なんだよ。何か力になれるかもしれないし、よかったら話してくれないかな?」
「……昨日、竜児が英語の宿題で苦戦してたのよ。それで教えてあげようとしたら、自分で考えないと意味が無いやつだからって……」
「いや、それは……」
「高須君の方が正しいんじゃね?」
「私だって、いつもだったらそれぐらいで怒りゃしないわよ。でもね、ここのところママの仕事が忙しくて、私もずっと弟の世話があって……久しぶりに家にきた恋人を放って机にかじりついてるとか、許せないと思わない?」
「……ごめん大河、ちょっと審議ング・タイム、いいかな?」
「? いいけど……」
 怪訝な表情を浮かべる大河を尻目に、実乃梨と亜美は顔を寄せ合ってひそひそと。
(あーみん、どう思う?)
(久しぶりってのがどれぐらいかによるわよね……)
(私らの目の前に転がってるのは蜂蜜と砂糖菓子を詰めた対人地雷だ。うかつな答え方をすると……)
(愚痴に見せかけたお惚気ストームをくらうわね……っていうかさ、あいつら家には行ってなくても基本的に登下校は一緒なんでしょ?)
(そうだよ。今日は私朝練だったからわからないけど)
(……ちょっと、贅沢じゃね?)
(いやでも、あの二人だしねえ……)

35 :とらドラ!で三題噺 ◆Eby4Hm2ero :2011/06/30(木) 02:08:51.49 ID:9iKWtTVH0
 と、鳴り響いた軽快な音楽は大河の携帯の着信音。
「はい。あ、ママ。 
 ……ううん、今帰る途中。
 …………居ないけど。
 ……うん。
 ……え? でも、昨日も行ったのに。
 ……な、なんで知ってるの!?
 ……ううう……
 ……うん。ありがとね、ママ」
 通話を終了した大河は、すぐさま別の相手に電話をかける。その顔はなぜか少し上気していて。
「……あ、あのね竜児。その、今ママから電話あってね、今日の仕事が相手の都合でキャンセルになったんだって。
 それで、早く帰ってくるから、私は今日も竜児の家に行っていいって……行っても、いい?
 ……ん、別に何でも。
 ……わかった、かのう屋の前ね。
 ……あ、あと、その……昨日は、ごめんなさい。
 ……ん、それじゃ」
 携帯を閉じた大河の表情はこぼれんばかりの微笑みで。
「ごめんみのりん。そういうことだから、一緒に帰るのはまた今度でいい?」
「……あー、うん、いいよ、大丈夫」
「ほんっとごめん。それじゃ、またね」
 今にもスキップでも始めそうな大河を見送りながら、呆然と立ちつくす実乃梨と亜美。
「……ねえあーみん」
「……実乃梨ちゃん、何?」
「……ちょっとさ、スドバ寄ってかない?」
「……いいわね、それ。ラテでも飲みましょ」

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 13:47:07.95 ID:rjIJff530
“愚痴に見せかけたお惚気ストーム”を予め警戒するあみのり!
普段と違ってどう聞いても正当っぽく聞こえる大河の愚痴!
電話から推測するしかない昨夜のできごと!しおらしそうな態度!
なんだこの高度な情報戦www
これがオトナになるってことですね。乙でした。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 21:28:41.38 ID:jbK1t+4A0
>>35
GJ!
つまりこういうことですねw


     曰
     | |
    ノ__丶    ゚。゚ ._
     ||ヤケ||  ∧_∧ .|--¢、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  _ ||ラ||γ(〃´Д`) ̄ 丶.)  < 飲まなきゃやってられるか!
  \ ||テ||L二⊃  ̄ ̄\ ̄     \____________
  ||\`~~´  (<二:彡) \

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 22:52:08.66 ID:YnyHu/Lh0
>>35
あーみん、ダイエット戦士棚上げするくらい頭来てるな(w

>>30
能登x木原ぁぁぁぁ。竜児のその発言は、説教部屋ものだろう(w
駆け落ちエスケープの前科があるから、今回は便所掃除じゃすまないぞ。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 00:00:05.21 ID:dfX5e2dFO
>>34
>私らの目の前に転がってるのは蜂蜜と砂糖菓子を詰めた対人地雷だ。
みのりんさすがわかっとるwww飲め飲め、おおいに飲むがいい二人ともw
素直にあやまれるようになった大河もかっわいいんだ!
乙した!

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 18:23:37.41 ID:7xVHCW8h0
>>35
GJ!
で、読んでたら蒼天航路25巻ラストを思い出した
その結果がこちら
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1752124.jpg

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 20:49:50.40 ID:7f0kugS90
竜虎のキッス時の体勢についてはこだわりのあるおいらが通りますが。
>>40のひとコマ目は椅子に座ってる竜児の膝に大河座ってますよね。
>>35で語られた経緯と合わせると、英語の宿題してる竜児にかまえよと絡んだわけですよね?
で、いろいろ言いたくても竜児はたぶん、涙目の大河見て「ごめんな」とかw
こそばゆいのうwwwGJっ!

でも君ら未成年なんだからそうゆう仲直りを習慣にすると後で苦労するぞw

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 22:50:12.47 ID:xIJ32jAt0
[淫虎ちゃん]なる造語を思いついてしまったので報告しておくわ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 09:18:57.30 ID:9BqvreoS0
ダメ!

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 09:21:24.67 ID:yZ6XkUHA0
う・・・うう・・・う・・・運虎ちゃん!

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 20:09:06.57 ID:TpFK+YS+0
淫虎ちゃんとタガの外れた竜児のカポーだと答えは子だくさん!
5人は生まれる(うちひと組が三つ子)だろうと妄想しておいた。
……竜児が大変だな。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 22:18:54.88 ID:Ab4MhICSO
竜児はしっかり稼ぐだろうし、共働きでもやっちゃんと高須祖父母がいるから大丈夫さ
まあ作るときはそりゃ大変だろうw

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 23:35:00.06 ID:3bu0T8pg0
ブルーレイの発売が待ち遠しいな
ボディタッチの過剰な動く竜虎が見たい

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/03(日) 22:14:30.64 ID:pvN8XhRW0
竜児にじゃれつく大河が見たい!

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/03(日) 22:27:51.08 ID:k5y5gDkZ0
じゃあ俺は大河にじゃれつく竜児を

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/04(月) 01:58:21.70 ID:xw9i9xqJ0
大河にじゃれつく竜児を阻止するみのりんを

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/04(月) 23:53:22.20 ID:ZGnFJbBV0
大河はなんでこんなに可愛いの

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 00:14:02.60 ID:mpq3qLex0
ちょw 淫虎ちゃんってw

やっぱりここは竜虎のいちゃつきをみて

「亜美ちゃんお腹いっぱい…。」
「くそうくそう…、クリスマスの時に…。」

とリア充爆発しろオーラを出してる2人がみたいw

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 18:14:34.98 ID:tElR/tJM0
竜児が大河の透けブラに興奮する季節がやってきたな

がっつり水分補給させて大量に汗かかせたりしちゃうんだぜ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 18:35:24.09 ID:5AEL6KLX0
うーん。
大河は汗が溜まるのがいやで夏場は基本ノーブラという方が好みだな。
それでお前は何にも分かっていないと竜児に叱られて不満げ。

55 :てなわけで:2011/07/06(水) 20:08:38.48 ID:5AEL6KLX0
 あつはなつい。いやなつはあつい。
 暑ければ人間は当然汗をかくもので、いかに小柄で薄い身体をしていようと逢坂大河だって
汗をかく。女子にしては筋肉質で代謝機能抜群なだけにその辺は深刻だ。

「暑いわねえ……」
「暑いな……つか暑い分にはまだなんとかなるが、ムシムシと湿度が高いのがたまんねえ」

 高須家の八畳居間に竜児と大河が離れ離れに落ちている。

「ここはとくに風通しが悪いのよね。エアコンはぼろだし、扇風機だけが頼り」
「風通しが悪いのはお前が住んでたマンションのせいだけどな」
「ああはいはい。じわじわ汗かいて気持ち悪いわー。水シャワーでも浴びようかな」
「ほお。もうそんな状態なのか」

 むくり。と竜児が起き上がって、お前も起きてみろとちょいちょい手で指図をすると、めん
どくさそうな、でも何かこの退屈を紛らすイベントへの期待込みの顔で大河もひょいと起き上
がる。
 夏の定番、フリルなしレースなし、胸元に申しわけ程度のコサージュをちょんと付けたコッ
トンの白いワンピース(ノースリ)姿の大河は、すでに額に玉の汗を浮かべていた。

「うあ。起きあがったら首筋にっ、流れてきたっ。タオルタオル」
「ほい。……うん。いいもんだ」
「はあ?なにがいいのよ」
「何がってお前。汗が染みて薄いコットンが透ける。これこそ夏のだいご味ってもんだろ」
「こっちはぐしょぐしょでキモいってのにあんたは気楽でいいわねえ?」
「いやこの寝転がっていたせいで脇汗が背中に回ってぺったり貼り付いてるとこなんかもう可
 愛らしくていいがなあ。まあ麦茶にめんつゆ足してたっぷり飲んどけ。熱中症避けだ。」
「言われなくても水分は摂るけど、汗染みで透けるのがいいとかフェチにも程があるわ」

 ごくごく。ぷはー。……ぶわ。

「キタコレ!なんで汗っかきってやつは飲んだらすぐ出るんだろうな?」
「あー、キモ!きもいぃ!流れる!貼りつく!……もう脱ぐ!水浴びる!」
「待てっ!その前に俺にサービスしていってくれ、頼むから」
「えーっ?」
「ちょっとその辺で回りながら『どう私、ちょっといい?』って感じにポーズを……」
「うぁぁぁ……はいー?どう汗まみれのわたしぃ、ちょっといいぃ〜?」
「……お前、ブラは?」
「夏場はニプレスだけ、もしくはキャミ併用っ、っていうのがね。めんどくさくなくていいの
 よ。汗しみたら即着替える!これぞ女の子のたしなみってもんよ」

「大河、そこに座んなさい」
「座ってるけど?」
「お前はなぁんにも分かっていない……汗が染みて透けたら背中にブラの線がくっきり。これ
 が日本の夏の正しい女子の姿だろうが!」
「えー?はあ……めんどくさ」
「……俺がさっきから何を楽しみにしていたか分かってくれよ」
「いくら竜児の頼みでもね、暑くて濡れて貼り付いてキモいのはいやなの」
「……そうか。そんならしょうがねえか」
「あーそんなに凹まなくても……しょうがないなあ。いっしょに入る?」
「……入る」
「キャミ着たまんま入ってやるから、シャワー浴びせてよし」
「おおっ!それだ!一服の清涼剤ってやつだ」
「……いまどきの言い方じゃーないわね」
「ニプレスも剥がさせてくれ」
「……昼間よ?」

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 20:19:51.43 ID:UQhdDycw0
ちょww竜児がwww

いや、だがしかし、夏の醍醐味ってそんな感じだよねw

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 23:34:49.84 ID:QNYycjKG0
>>55
いいぞ、正しい男子の姿だ!
GWの頃とか、コスプレ妄想してた頃とか(相手が違うが)を思うと、
ありえそうだw

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 23:58:23.87 ID:tElR/tJM0
竜児がオープンな助平にww
いや助平な書き込みしたのは俺だけどさ
すぐ書くとかフットワーク軽いなあ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 09:55:54.00 ID:EcBjUgGv0
オープンスケベーな竜児を提示してすみませんでした。
この後は正しい書き手さんがしっとりラブラブな七夕竜虎を投下してくれるのを期待w

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 13:54:33.56 ID:h7HUgrn/0
いやいやGJGJですよ。竜児が正論すぎて首を縦にふるしかねえ!
>「うぁぁぁ……はいー?どう汗まみれのわたしぃ、ちょっといいぃ〜?」
>「キャミ着たまんま入ってやるから、シャワー浴びせてよし」
呆れ調子なのにサービス精神旺盛な大河かわいいよ大河
>「……入る」
いじけてる竜児かわいいよ竜児

竜児はゆかた大河をじっくり盗み見、堪能していたこともあるからなw
(パラレル扱いのニセとらだけど)
隅々まで見られる立場になった今、オープンになれば……

今度は恋人として七夕祭り行ったんだろうなあ

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 22:21:10.91 ID:yiS8Be6P0
ラブラブ
ギシアン
ギャグ
シリアス
変態
おっぱい
ぱんつ
オープンスケベ


大河×竜児が成立してれば「なんでも来いや!!」なのがこのスレの良いところ

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 23:07:07.52 ID:/25LFCcs0
知人「今の会社、虎ノ門なんですよ。」
竜児「へー、すごいですねー。そんなところにオフィスのある会社なんて。」

竜児「(あいつを楽させてやるために)虎ノ門に(あるくらいの会社に)入りたいな・・」

バシッ

竜児「イテッ!」
大河「ああああっあんた、なんて破廉恥なこと言ってんのよ!」
竜児「?」
大河「ととと、虎の菊門に入れたいって・・・この変態!!・・・でも竜児がどうしてもって言うなら・・」



63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 23:40:38.43 ID:/25LFCcs0
ほんとは

バシッ

竜児「イテッ!」
大河「あたしがいつそんなこと頼んだのよ!」

から健全な流れにしたかったのですが思い浮かばずこうなりました。

以上 通りすがりでした。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 23:47:53.76 ID:EcBjUgGv0
「大河!あんたなんでそこでキレるのよ!?」
「み、みのりん!だって……そんな……アブノーマルなのは……」
「いいかい?ちゃんと広げて、正しい潤滑剤を使って、衛生に気を使えばアブノーマルなんてことはないの!」
「う、うぇ?なんで力説……」
「ほらリピートアフタミー、『ばっちこーい』」
「ば、ばっちこい……」
「さあ、高須くん!どうぞ!」
「できるかっ!!」

「ほえ〜?無理かね?アッツアツ恋人なのに?どうして?」
「俺はもうちょっとしっとりと……」
「だってよたかすきゅんっ、菊で遊んでれば『大河は処女です』って言い張れるんだぜ?」
「みのりんみのりん、もう遅いから」
「い・つ・の・間・にぃ〜〜っ!!!!」

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 00:47:24.55 ID:Q27gXV5N0
>>64
さらに傷口広げてるじゃねーかよっ!
でも、いいぞwww

66 :シンデレラなんかになりたくない10 ◆x6jzI2BeLw :2011/07/08(金) 01:07:41.88 ID:9xHLwvUg0
以下に「シンデレラなんかになりたくない」の続きを投下します。
10レスくらい使います。



絶対絶命。
それはこんな時の事を言うんだろうなと、大河は今の状況を見つめる。
大きな階段教室の中ほどに座り、大河はシャープペンシルを握る右手に力を込めた。
・・・あと5分です。
広い教室に響いた死刑宣告とも言える声に大河は耳を塞ぎたくなる。
もうダメと大河は観念した。
・・・竜児、ごめんね。
大河の手から力が抜け、持っていたシャープペンシルが解答用紙の上を転がった。
・・・私、がんばったけど・・・無理みたい。

解答欄はほとんど埋まっていた・・・。
でも、正答率はいいところ6割だと、大河は自己採点してみせる。
合格ラインの7割には届きそうにも無かった。
そして最後に残った英語の長文問題・・・。
全体の文意を掴まないと出来ない解答。
これに答えられないと、全ては破綻する。
残された時間は僅かでとても足りそうも無かった。
・・・もう無理。
試験会場で絶望感にさいなまれ、大河は泣きだしたくなった。
夏から頑張って来たのにと大河は血が出るくらい強く下唇を噛んだ。

・・・あきらめんなよ!
え?竜児?
脳裏に聞こえた竜児の声に大河は我を取り戻す。
でも、竜児・・・もう時間が。

・・・しようがねえな、手伝ってやるよ。
嘘?
・・・嘘じゃねえ。
・・・ほら、問題文、読めよ。

まるですぐ側に竜児が居て、大河の耳元でささやく様に聞こえる声。
竜児の優しげな声が大河を包み、大河は少し落ち着きを取り戻した。

気持ちが落ち着くと大河本来の負けん気が芽を出す。

あれだけ、がんばったのに・・・ちょっとだけ手が届かないなんて・・・そんなことくらいで負けたくない!
私は・・・王子様が迎えに来るのを待ってるだけのシンデレラなんかになりたくない!!
ガラスの靴なんかじゃ竜児の側に並び立てない。
自分の足で歩かなきゃ・・・ダメ。

竜児!
・・・何だよ?時間ねえぞ。
大丈夫。
・・・何が?
私、ひとりでやるから。
・・・いいのか?
うん、決めたんだ、自分の力で勝ち取るって。
・・・そっか・・・がんばれ。

竜児、見てて、大河様の追い込み。
鋭い視線で大河は試験問題をにらむ。
それからかつて無いほどの集中力をぶつけて、大河は短時間で長文を読解していった。


67 :シンデレラなんかになりたくない10 ◆x6jzI2BeLw :2011/07/08(金) 01:08:59.42 ID:9xHLwvUg0

問1.私がその人に出会ったのは何時ですか?また、場所は何処でしたか?
・・・高2の・・・春。場所は学校。

大河は解答文を書き付ける。

問2.私が夢を追い掛ける様になった理由は何ですか?
・・・ある人のそばにずっと居たいから・・・その手段として・・・。

問3.私が遠くの地へ行かなければいけなかった理由は何ですか?
・・・家族の・・・絆を取り戻すため。

答えを書きながら、問題文の私が・・・まるで大河自身のことを言っている様な気がして大河は不思議な気分になる。

問7.私にとってそのある人はどんな存在でしたか?
・・・大事な、そして誰にも代えられない大切な人・・・。

大河の脳裏に浮かぶ竜児の顔・・・。
問題文は親友について問うているのだが、大河にとってそんなことは関係なかった。

終了のチャイムが鳴り始める。
そしてそのチャイムが鳴り終えるのと同時に、大河は解答欄へ最後の答えを書き終えた。

やり遂げた・・・そんな表情を浮かべながら、大河は回収されていく解答用紙を見送る。
結果はまだだけど、私、がんばったよね、竜児?

・・・ああ、良くやったよ、大河は。

再び聞こえた竜児の声に大河はひとり、微笑みをもらした。



壁際に歩み寄り、冬模様の街並みが描かれた風景画のカレンダーを大河は根元から破り取る。
冬景色に変って満開の桜並木が続く川べりが大河の視界に広がった。
春・・・3月。
上旬のとある日付を大河はサインペンを取り出すと丸で囲んだ。

大河の部屋で破り捨てられた冬の街並みが床に横たわる。
それには丸がふたつの日付に付けられていた。
1月の丸は竜児の入試センター試験、2月の丸は大河の入学試験の日だった。

・・・もうすぐだね、竜児。
大河はつぶやく。
大河が丸をつけたのは大橋高校の卒業式の日付だった。




68 :シンデレラなんかになりたくない10 ◆x6jzI2BeLw :2011/07/08(金) 01:10:09.15 ID:9xHLwvUg0

「卒業、おめでとう・・・だな、大河」
「うん、ありがと。1年しか通ってないから、あんまり実感ないけどね。竜児のところは明日でしょ?」
「おう・・・早えよな。あっという間に卒業式だ」
「そうだね、あ、それから合格、おめでとう・・・だね。竜児?」
「ああ、その通りだ」
心なしか弾む竜児の声。
今日の昼間に竜児は合格発表の掲示板を見て来たばかりなのだ。

「・・・良かった。竜児・・・本当におめでとう」
2次試験の出来映えはまあまあだなと竜児が言っていたので、大丈夫だろうとは思っていたものの、本人の口からそれを聞き大河は心底、安堵する。
「なんか、まだ実感、湧かねえけどよ・・・大河にそう言ってもらえると本当に受かったんだなって気がする」
「竜児、がんばったもん」
「おまえのおかげだ」
「私は・・・何にもしてない」
「いや、いっぱいしてくれたさ・・・おまえが居てくれたからがんばれたんだ」
大真面目な竜児の口調に大河もしっかり正面から受け止める。
「・・・ん、なんか嬉しいよ、竜児」
実際、大河とのことがなければ大学進学なんていう選択肢は竜児の中に無かったのだから、合格者の皆様へと書かれた案内書を見つめ、竜児の思いもひとしおだった。


「・・・竜児?」
「おお、わりい」
思わず、あれこれ思い返し、大河との会話が疎かになっていた竜児。
「で、何だっけ?」
「だから、合格のお祝い・・・何がいい?って聞いてるの」
「そうだな、こうして大河と話が出来て、おまえが元気でいてくれるのが何よりだぞ」
「それじゃ、お祝いにならないって」
「そうは言ってもよお」
具体的なものが思い浮かばない竜児。
そんな竜児に欲が無いなと大河は言い、こう付け加えた。
「こう言う時は高望みしていいのよ」
「高望みって、何だよ?」
「だから・・・おまえがいいとか・・・ほら、いろいろあるでしょ」
大河の台詞に、電話口で盛大に竜児は噴出した。
「何よ、失礼ね」
人が真面目に言ってるのにと大河は非難の声を上げる。
「わりい・・・大河が急にそんなこと言うから」
笑ってしまったことを謝罪する竜児。
「ちょっとだけ傷ついた」
すねるように言う大河。
「わかった、わかった・・・大河がいい、大河じゃなきゃ俺も嫌だ」
これで良いかと竜児は少し鼻息も荒く、言い切った。
「ん、そうこなくちゃ」
調子を取り戻し明るい声で大河はそう答え、中身は私にお任せでいいでしょうと竜児を承知させた。

「言っておくが、高い物とかいらないぞ」
「任せてって言ったでしょ・・・竜児、明日を楽しみにね」
「何か送ったのかよ?」
「そんなとこ」

電話を切った後で大河は高鳴る胸の鼓動を鎮める様に大きく息をした。
・・・いよいよ、明日。
・・・今晩、眠れるかな。
大きな期待と小さな不安を抱え、大河は目を閉じる。


69 :シンデレラなんかになりたくない10 ◆x6jzI2BeLw :2011/07/08(金) 01:11:25.08 ID:9xHLwvUg0

変ってないね、ここ。
教室の扉を開け、中に足を一歩、踏み入れた大河はそんな想いを抱く。
ぐるっと教室の中を見回し、まっすぐ向ったのは元、自分が座っていた席の場所だった。
椅子を引き出し、そっと腰を下ろす。
目線の位置に広がる見覚えある教室の風景。

・・・あれ、大河、こんなとこに居たんだ。どこ行っちゃったのかと思ったよ。
ざわざわと喧騒が大河の周囲に広がる・・・いつもの休み時間がそこにあった。
大河と笑いながら話し掛けて来る親友の姿。
その向こうに北村くんが居て・・・その隣で一緒に話しているのは・・・竜児だった。
大河の視線に気が付いたのか・・・何だよ?みたいな顔して近付いて来る。

脳内再生されている空想現実だって分かっていても、大河の胸はときめく。
ほぼ、一年ぶりで会う、最愛の相手なのだから・・・。
何て、言ってくれるんだろうと大河の期待は否が上でも高まる。

・・・大河。

何?竜児。
自分としては飛びっきりの笑顔で対応。

・・・今日の献立だろ?買い物は狩野屋でいいよな。

一瞬の間の後・・・。
おかしさが込み上げて来て、大河はぷくくと机に突っ伏し、笑いの発作を堪える。
まったく、私はあの頃の竜児に何を期待してたんだろうと・・・。

笑いが治まるのを待って、大河はおもむろに立ち上がり窓辺に近付く。
半開きの窓から流れ込む暖かな風が大河の頬をなでる。
竜児には今日、来ることを伝えてはいない。
昨日の電話でそれっぽいことは言ったけど、伝わっているとは思えない。
だから、いきなり会ってびっくりさせたかったし、もしかしたら私に気が付いてくれるかも知れないって言う期待もあった。
今、こんなに近くに居るんだよって・・・竜児なら分かってくれるんじゃない、大河はそう思っているのだ。
・・・以心伝心。
そんな都合のいい事、ありっこないって思うけど、一度くらい作られた様な出来事が起こってもいいじゃない。
一年、耐えたんだから、ご褒美があっても罰は当らないでしょ。
そう思いながら、大河は校庭を見下ろす。

卒業式を終えた3年生があちこちでグループを作り、散らばっているのが見える。
・・・竜児、居るかな?
大河は目線で竜児を探す様な事はせず、己の姿を窓ガラスいっぱいに見せると、すぐ隠れるように窓際の壁に背中を預けた。
大河の長い髪が春風にゆらゆらと揺れ、大河の存在を宣言する。


70 :シンデレラなんかになりたくない10 ◆x6jzI2BeLw :2011/07/08(金) 01:12:44.10 ID:9xHLwvUg0

やがて、近付いて来る慌しい足音に大河の頬に浮かぶ小さな勝利のサイン。

座っていた机の上から床へ大河は降り立つ。
どうやって、竜児を迎えようかと思案する大河。
かくれんぼ・・・そんなことしようなんてその時まで大河は思っていなかった。
なのに、竜児の足音を聞いたらふとした悪戯心が湧き上がって来て、大河をして掃除用具入れに身を潜ませることになった。
竜児と直接的に知り合いになるきっかけを作ったラブレター入れ間違い事件。
あの時も、急に近付いてきた足音に慌てて隠れようとして、ここへ潜り込んだんだっけと大河はあの時を思い起す。

ガチャとあっけなく金属製の扉は開かれる。

感動の再会が・・・掃除用具入れの中って・・・何なの?
誰も居ない教室に慌てる竜児に、飛び出して行き・・・驚く竜児に抱きついて・・・思いっきり、会いたかった・・・大好きだよって・・・言おう・・・。
大河の想い描いたシナリオは一瞬で崩れ落ちた。

「何よ・・・驚かそうと思ったのに」
どうしてすぐに見つけるのよ、この男は・・・。
あ〜あと思いながら大河は掃除用具入れから外へ出る。
それでも、久しぶりに見る竜児の顔はまぶしくて、大河は直視できなかった。
扉が開いて光と共に大河の目に飛び込んで来た竜児は・・・相変わらずの目付きの悪さで、極悪人顔で、イケ面なんて要素には程遠いけど、大河にとっていちばん安らぐ顔に違いなかった。
「ちょっと、でかくなったんじゃねえの?」
ひ・・・久しぶりに会った台詞がそれ?
こいつは〜・・・と文末に怒りの絵文字を付け加えつつ・・・それが竜児なんだよねと大河は思うもののちょっとばかり面白くない。
勢い、無愛想な返事を返す。
「一ミリたりとも伸び縮みしちゃいないわよ」
・・・悪かったわよねと大河は付け足した。
実際、身長が伸びていないのは事実なのだから仕方が無いが、不愉快さは隠せない。

「あのさ・・・」
急に竜児が大河に呼びかける。
・・・何よ?・・・「んっ」と不機嫌さを載せたままの表情で大河は顔を上げる。
その目の前にあったのはかつて見たことも無いくらい優しげな竜児の顔。
大河の表情から不機嫌さが零れ落ち、次にどんな顔を見せたらいいのかと大河が思案する間も与えず、竜児は言葉を放つ。


「・・・好きだ」



71 :シンデレラなんかになりたくない10 ◆x6jzI2BeLw :2011/07/08(金) 01:13:55.50 ID:9xHLwvUg0

そのインパクトは絶大で、何の構えもしていなかった大河の心を直撃する。
不意を突かれた大河はもう混乱状態。
嬉しい台詞を言われた高揚感と恥ずかしさ、そして先に言われた悔しさみたいな物が一気にミックスされ、大河は沸騰した。

自分でも分かるくらい顔が紅潮している。
体が熱くて、ドキドキが止まらない・・・。
足元が溶けてしまいそう。

思わず、うつむいてしまったものの、そのままモジモジとするような大河ではなかった。
可愛らしさを演出するなら、このまま「嬉しいとか」、「私も」とか言えば良いのだろけど・・・。
でも、と大河は思う。
告白するならもう少しムードも考えろって言いたい・・・と。

照れ隠しもあってか、体が勝手に動いていた。


・・・なんで、こうなっちゃうんだろう。
ついさっきやってしまった事実に対し、やや自己嫌悪が混じった心境で大河は竜児に慌てて謝った。

「ごめん、竜児」
舌、噛んだだろとあごの辺りを押さえる竜児。
「痛かった?・・・ごめんね」
頭突きの衝撃で教室の床に座り込んでしまった竜児に併せて大河も床にひざを付く。
「大したことねえよ・・・そんな顔すんなよ」
久しぶりの再会がとんだ状況になり、大河はシュンとしてしまった。
うつむき加減にリノリウムの床にひざを付いた姿勢のそんな大河の頭に手を伸ばし、竜児は軽く引き寄せる。
「・・・あ」
小さな声を漏らした大河はそのまま、体ごと竜児の胸に飛び込んで行く形になった。
「夢・・・みてえだ」
大河という温もりを感じ、竜児はつぶやく。
「・・・夢じゃ、ないよ」
同じ様に大河もつぶやく。
竜児の手が背中に回された感触に大河は瞳を閉じた。
「・・・竜児・・・好き、だよ・・・ずっと、ずっと、好き」
竜児の胸板に顔を埋めるようにして大河は言葉を紡いで行く。
離れ離れだった苦しさ、そして今、会えた嬉しさ、そして竜児が変らず待っていてくれたこと。
全てを吐き出すように大河は訴える。
大河の心情にあわせて動く竜児の腕。
悲しい所は大河を強く抱き締め、ほのぼのした所は優しく大河の髪を撫でる。

やがて、大河の言葉が途切れ、そして、竜児は大河を呼ぶ。
「・・・大河」
「何?」
「顔、よく見せてくれよ」
そう言われて大河は竜児の腕の中でうつむいていた顔を上げる。
泣き笑いの表情を浮かべて大河は竜児をじっと見つめた。
そこには大河を優しく見つめる竜児の顔がある。
もう、台詞はいらなかった。
心持ち、顔を大河へ近づける竜児。

その竜児に大河はひと言。
「今日は目、血走ってないね」
「・・・おう」
急停止する竜児。
あのな、という顔をする竜児に大河は悪戯っぽい笑みを見せ、こんなことを言う
「何回目かな?」
そう言うと不敵に大河は笑い、いいよとばかりに目を閉じた。


72 :シンデレラなんかになりたくない10 ◆x6jzI2BeLw :2011/07/08(金) 01:15:04.65 ID:9xHLwvUg0

「あ〜、そろそろいいかね?大河も高須くんも」
ふたりが立ち上がったタイミングを計ったかの様に外の廊下から声がした。
その声に真っ先に反応したのは大河だった。
「みのり〜ん」
「櫛枝か?どうしたんだよ」
「いやさ、大河が来てるって言う情報があってね。多分ここじゃないかなって思って来たんだけど・・・お取り込み中みたいだったし」
姿を見せずに櫛枝は言う。
「みのりん!」
「櫛枝!」
うろたえたような声を上げる大河と竜児。
「まずいなら言ってくれたまえよ。服を着る時間くらい待つ余裕はあるからさ」
「櫛枝〜」
「みのり〜ん」
抗議するようなふたりの声が重なる。
櫛枝自身も本気で言っている訳ではなく、その証拠にすぐ笑いながら姿を見せた。

「大河!」
「みのりーん」

お久しぶりと竜児をそっち除けにしてじゃれ合う大河と櫛枝実乃梨。
「あれ?大河、少し太った?なんかこう肉付きが」
セーラー服の裾から手を差し入れ、大河の脇腹をつんつんする櫛枝。
「う、嘘よ、そんなこと無い」
「みのりんセンサーは誤魔化せん!正直に言え!!」
「・・・1キロ、増えたかも」
櫛枝実乃梨に迫られて、思わずそんなことを暴露する大河。
「・・・良かった・・・福岡のご飯、おいしかったんだね」
さっきまでの冗談振りは陰を潜め、極めて真面目な面持ちで櫛枝実乃梨は大河を見つめる。
「うん・・・いろいろ心配させて、ごめんね」
挨拶も交わせず、いきなりいなくなってしまったことを大河は詫びた。
「全然、気にしてないよ。ほらこうやって大河と前みたいに変らないし・・・」
友情は不滅だ〜と大河と櫛枝実乃梨はふたりで盛り上がる。


「なに、やってのよ?みんな待ちくたびれてるでしょ?」
その盛り上がりに水を差す呆れたような声が聞こえ、友情劇は中断を余儀なくされた。
「いつまで待たせるつもり?」
やや苛立つ声を上げたのは川嶋亜美だった。
つかつかと教室へ入って来て、大河を見下ろす。
「あ〜ら、逢坂さん、元気そうじゃない。相変わらず小さいままね」
「ばかち〜こそ、ばかちわわぶりがすっかり板について・・・」
一瞬、にらみ合うものの、すぐ川嶋亜美は表情を和らげる。
「お帰り、タイガー」
「ただいま・・・なんて言ってやらない・・・けど、気持ちはもらってあげるわ」
「口が減らないトコは変わってないわね」
「それはお互い様」
そのまま相手をじっと見つめ、やがてプククと大河と亜美は口元を押さえ、同時に笑い出す。


73 :シンデレラなんかになりたくない10 ◆x6jzI2BeLw :2011/07/08(金) 01:16:44.30 ID:9xHLwvUg0

笑いが治まったタイミングで竜児は口を挟んだ。
「なあ、川嶋、さっき言ってたみんなって?」
すっかり蚊帳の外へ追いやられていた竜児が、川嶋亜美の台詞を問い質す。
「あ、いけない、忘れてた」
大事なことを思い出したみたいに川嶋亜美は廊下へ出ると手を振った。
「祐作〜、もういいわよ」
幼馴染の名前を呼ぶ川嶋亜美。
何だ?という様子を見せる大河と竜児に櫛枝実乃梨が説明する。
「大河が来てるって言う噂が駆け巡ってさ・・・高須くん、すごい勢いで走って行ったでしょ」
「ああ」
「そしたら、あっと言う間に元C組のメンバーが集まって来ちゃって・・・ここを目指したんだけどね」
「・・・恐るべし、C組」
大河がぼそっと言う。
「そしたら教室の手前の階段で北村くんが言うの」
「何て?」
「んとね・・・待て!全員、止まれ!!高須と逢坂は1年ぶりの再会だ・・・教室で何をしているかわからん」
北村の口調を真似て櫛枝が楽しそうに言う。
「それで、私が先に偵察に来たんだけどね。あんまり帰りが遅いからあーみんまで見に来ちゃったけど」
てへへと櫛枝は笑う。
「北村〜」
「北村くん〜」
大河も竜児もふたりだけの再会シーンを邪魔しないでおこうと言う北村の配慮が痛いほどわかった。

やがて多勢の足音が教室へ乱入して来る。

「逢坂〜」
「たいが〜」
「逢坂さ〜ん」
「手乗り・・・もとい逢坂さん」
「大河ちゃん」

逢坂大河を表す固有名詞が乱れ飛ぶ。
2年C組の教室は元C組の生徒で占拠されていた。
教室の後ろの方で大河を中心に輪を描き、誰もが大河の帰還を喜こび、大河もそのひとつひとつに応える。

「高須」
窓辺に背を預け、大河を取り巻く、好意の円弧を眺めていた竜児に北村は声を掛ける。
「おう・・・ありがとな」
「何のことだか・・・でもまあ、逢坂、戻って来て良かったな」
「ああ、・・・まだ、夢みてえだけどな」
実際、竜児はまだ夢見心地な気分だったのだ。
自分の視界に大河が居て、動いて、声がする。
かつては当たり前だった光景が蘇っているのに、少しだけ竜児はしっくり来ない物を感じていた。


74 :シンデレラなんかになりたくない10 ◆x6jzI2BeLw :2011/07/08(金) 01:18:30.15 ID:9xHLwvUg0

ふと、竜児が目線を前に向ければ、大河を取り巻く輪は崩れ、もう各人がバラバラに話しかけていた。
「ああ、ダメだな、収集がつかん」
北村はそう言うと事態を収めるべく、一歩前に出ようとした。

まさにそのタイミングで教室前方のドアが開き、よく通る声が教室に響く。
「はあい、みんな席に付いて、ホームルームを始めるわ」
独身、こと恋ヶ窪ゆりの姿がそこにあった。
「おーい、みんな席に付け、先生だぞ」
北村の声にみんながあれこれ言い出す。
「席ってどこだよ?」
「あ、ゆりちゃん先生」
「最後に座ってた席の場所だ、1年前だろ、忘れたとか言わせんぞ」
かつての委員長らしさを垣間見せ、北村はクラスを仕切り倒す。
ここだっけ?とか言いながらそれぞれ見当を付けたかつての席へ座って行く。
ねえ、俺の席どこだっけ?とか大声を出して右往左往していた春田も能登に言われて安住の地を見つける。
あ〜そうだったよ、ここだよここ、と大声を出す春田にクラス中は、1年経っても春田はやっぱり春田だと心の中で突っ込みを入れていた。



軽やかなメロディがフェードインする。
祝福を与えるような女性ボーカルの声が辺りに響き、大河と竜児は顔を見合わせ、お互いの腕を組んだ。
一歩、そしてまた一歩とみんなが居る方へ向って歩く。
拍手で迎える人々の顔が、近付くにつれひとりひとり鮮明になる。
やがて大河と竜児は人垣の中へ歩みを進める。
両サイドから掛けられるお祝いの言葉にふたりは歩みを遅くして、笑顔で答えた。

かみ締めるように大河と竜児は正面にあつらえられた式台へたどり着く。
先に上る竜児。
その竜児は式台の上から大河へ手を伸ばす。
大河は伸ばされた竜児の手を掴み、共に台上の人になる。

参列者の顔を一同に眺め、大河はようやくこの日を迎えることが出来たんだと心の底から喜びが湧き上がって来るのを感じた。

軽快なメロディが止まると、司会者席の川嶋亜美がおごそかな口調で宣言する。

「みなさま、ご着席下さい・・・これより、誓いの儀式を執り行います」



今回はここまでです。



75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 02:03:46.33 ID:Q27gXV5N0
>>74
ああ、とても良い。いいなぁ…
2-Cの教室で竜児を待つ大河が可愛すぎて、どうにかなりそう。
大河の幸福の心情って、以外と無いから嬉しい。
アニメスタイルの表紙の2人の姿がイキイキと動いているようだ。
北村みのりんあーみんは状況読めまくり!

ゆりちゃん先生が出てくるのもいいね。今なら皆もゆりちゃんの話に耳を傾けるだろう。
手作りの「2−Cの卒業証書」が大河に渡されたり、なんて想像が膨らんでしまう。

さ、いよいよ結婚式本番中の本番。待ってます。

76 : ◆oLWU/inCrU :2011/07/08(金) 18:17:17.21 ID:KJ62Wq0FO
>>66
大河の「何回目かな?」に頭がフットーしそうだよ!
2-Cのみんなとのやりとりもたまらんです。このノリがなんとも懐かしい。和むなあ…
じわじわじわじわと最高の瞬間に近づいてきてますね。乙でした!


以下数レスお借りします。「七夕しっとり」で頑張ってみました。でも暗め。

77 :おなじ星 ◆oLWU/inCrU :2011/07/08(金) 18:21:49.29 ID:KJ62Wq0FO


 差し伸べられた手を掴んだ瞬間、目が覚めた。

 天井へ突き出した自分の細い腕。そのシュールな光景をしばし眺めてから、大河はのろのろと手を下ろした。
 夜明け前の薄暗い部屋に、エアコンの微かな機械音だけが響く。
 会いに来ちまった、と。笑いかけてくれたはずの恋人は、実際は遠い遠い空の下。
「……寝耳に水とはこのことね。」
 涙で濡れた耳元をうるさそうに拭って、身体を起こす。
 とめどない雫が、今度は鼻筋を、頬を、ぽろぽろ伝い落ちた。

 あいたい。

 想いとは裏腹に、大河はきゅっと唇を引き結んだ。今声を出せば悲鳴になりそうだった。いつかの聖夜のように。
 あるいはもう夢うつつで叫んでしまったかもしれない。そんな日は母親が普段より優しくて、余計に辛かった。
 縋るように携帯を手にすると、着歴に残る名前を探す。
 6月29日、高須竜児。7月2日、高須竜児。7月7日、昨日だ──高須竜児。
 七夕だよ竜児。会いたいな、会いに来て。髪に頬に肌に触れて、抱き潰してよ。
 通話中ずっと、そんな台詞が喉に引っかかっていた。言えるわけがなかった。
 模試の結果を語る誇らしげな声を、曇らせたくなくて。

「──ささの葉、さーらさら……。」

 嗚咽をこらえるように、小さく口ずさんでみる。
 彦星と織姫は周囲を省みず、お互いに夢中になりすぎたのだという。
 自分たちなら、と考えて、すぐに馬鹿馬鹿しくなる。とっくに骨の髄まで夢中だ、もう。
 もしあのまま駆け落ちしていたら。天帝ならぬ“社会の壁”に引き離されて、今よりもっと辛い別離になっていたかもしれない。
 ──どうせ幸せになるなら、みんなで幸せに。
 竜児の言葉が耳に蘇って、大河はぎゅっと瞳を閉じた。
 一年。
 空の上の二人とは違う。この一年さえ乗り切れば、自分たちはきっとまた共に過ごせるようになる。
 そして、その時は。
「……天の川なんて、泳いで渡っちゃるわ。」
 金銀砂子を跳ね散らかし、ビート板を抱えてジャブジャブ泳ぐ虎を、やがて竜が空から迎えに来てくれるだろう。
 それからは二人、どこへだって行ける。

 いつの間にか涙は止まっていた。
 ぺちん!とひとつ頬を叩いて、大河はすっかり湿っぽくなったタオルケットをはねのけた。
 ウジウジしている暇はない。眠れないなら、とっとと顔を洗って予習でもするべきだ。
 勤勉家の竜に置いて行かれないよう、せいぜい頑張らなくては。



78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 18:23:52.26 ID:KJ62Wq0FO

だから、大河は朝まで気づかなかった。廊下へと滑り出た瞬間、ベッドの上で携帯がチカチカと瞬いたのを。
 織姫に会いたくて、彦星もまた眠れぬ夜を過ごしていたことを。



 from.高須竜児
  sub.(non title)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 来年の七夕は、一緒にそうめん食おうな。





 会いたいよ。大河。
 ______________________________





                《了》

79 : ◆oLWU/inCrU :2011/07/08(金) 18:29:05.79 ID:KJ62Wq0FO
↑トリップ付け忘れたすみません。
七夕にそうめん食べるっていうのはどっから来た風習でしょうね。自分の住んでるとこはやらないし。
ググッただけなのがバレバレや。

珍しくアニメ版準拠にしてみました。
ではまた

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 02:02:26.86 ID:Te3W4kH30
>>79
GJ
…抱き潰してよ。 に、こっちの胸も潰れそうになるわ!
あと少し頑張れば、>>69 からが待ってるぞ!



81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 20:27:40.27 ID:xeAe4u0s0
>>74
乙!
これが竜虎の奇跡か。
大河かわいいよ大河。
とりあえず北村の空気の読みっぷりが凄い。
3年分のKY発言をチャラに出来る勢いだw
てか、春田らしいよ春田ww

>>79
乙!
七夕らしいしっとりさでした。
大河の強さに今さらながら感心したぜ。

七夕にそうめんって初耳だ……


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 21:25:31.01 ID:VpgSdkPm0
>>62-64
これはひどいwww
私からも高須くんどうぞと言っておこうw

>>74
アニメラストシーンの大河の心情補完がすごく良いな…。竜児の行動に2828が止まらない
元2Cとの再会は原作もアニメも気になるところだから、扱ったSSを読むと嬉しくなる。不思議な安定感のある春田はさすがw
続きも待ってます

>>79
なんと風情ある七夕SS…離れていても想いは同じ、優しい読後感に胸一杯だ
渡っちゃる、と言える大河が眩しくてきらきらしてる!GJです!

83 :とらドラ!で三題噺 ◆Eby4Hm2ero :2011/07/10(日) 13:35:01.57 ID:uKCn0f510
お題 「難しい」「ワケ」「存在」




「おまたせ大河。ほら、鰹のたたきだ」
「わーい♪」
「薬味にはワケギと生姜とニンニクを用意した。好みで使ってくれ」
「……ねえ竜児、これってどうして『たたき』っていうの?」
「おう?」
「この間のアジのたたき作った時は包丁でトントン叩いてたじゃない。でもこれは全然違うでしょ?」
「そういやそうだな……。刺身が贅沢品だからって禁止されてた頃に表面さっと炙って『刺身じゃない』って言い張ったってのは聞いたことあるんだが」
「今度調べてみようかしら。だけど、考えてみたら珍しいわよね」
「おう? 何がだ?」
「竜児はいつもは旬の物でももう少し値段が落ち着いてから買うでしょ。でも今回は、贅沢品ってほどじゃないけど、まだちょっと高めなのに買ってたじゃない。ま、ずいぶん難しい顔で悩んでたみたいだけど」
「そりゃまあ、初鰹だからな」
「何それ?」
「言うじゃねえか、『初鰹は女房を質に入れてでも食え』って」
「……ふーん……」
「な、なんだよその目は?」
「つまり竜児は、初鰹を食べるためなら私を質に入れちゃうのね」
「はあ?」
「私はこ〜んなお魚に負けちゃうような、そんな軽い存在だったってわけだ。あーあ、がっかり」
「そんなわけねえだろ! 単に昔からそう言われてるってだけだっての。大体、一番食べさせたい人間を質に入れてどうするってんだよ」
「それじゃ、竜児は初鰹より私の方がず〜っと大事ってことでいいのね?」
「当然じゃねえか」
「本当に?」
「おう!」
「じゃ、このたたき、竜児の分も私が貰っちゃっていいわよね」
「何!? おいこら、大河」
「あ〜、美味しい。『目に青葉 山ホトトギス 初鰹』とはよく言ったもんね〜」

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 16:32:33.59 ID:DKRYl2eX0
ほほえましいねほんとここは

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 20:37:08.06 ID:eUJIQM8J0
>>83
竜児それは答えがうかつ過ぎ、というより展開を読んでの狙いっぽいよねw
大河にじゃれつかれるのが己も幸せってな感じの食卓もの乙です。
そんなところにネタかぶりぎみで恐縮な>>55の続きを↓。2レスいただきます。

 てなわけで数分後。キャミとショーツだけになった大河が後ろ手なんかしてもじもじしてい
るのを、風呂場の戸口にしゃがみ込んだ竜児が満足げに見上げていた。

「うーん、いいな。既にいい具合に透けてるしな」
「は、早く水かけてよ。暑いんだから」
「この角度もありそうでなかったし……ちょっと首傾げて目線あさってに飛ばしてくれるか?」
「カメラマンかあんた!……こうかな?」
「あー違うなあ。いい、いいんだけどなんかお前らしくねえって感じ」
「やらしといて……。やっぱこう、こうでしょ?手は腰。そんでもって……フンッ!!」
「それだ!!写メ写メ」
「撮るな馬鹿っ。こんなあられもないカッコ流出したらどうするっ」
「おっとそうだ。他人に見せるわけにいかねえ。よし、脳内に連番GIFで保存を……」
「ぜひHD画質で保存してほしいものね」
「ばか言え。4Kに決まってるだろう」
「4K?もしかしてしし新居の話?二世代同居?」

 4部屋+台所の間取りのことではなく4096×2160解像度という意味だが、もちろん文系脳の
大河には分かるはずもなく、得意げに始めた説明を完全スルーしたうえ暑いから早く水かけろ
とせがむ。
 合点だ!と竜児がシャワーの栓を全開。
 しゃわーっ!

「うーん、……スケスケ色っぽいなあ……」
「あらそう?涼しくなってきたしあんたにも優しくできそうな今なら無体な要求にも応えるかも?」
「じゃあ……『時速200kmでコーナーを攻めるモナリザ』をやってくれ」
「あんたね……助平に行くかと思えばネタに振るってどうなの?しかも投げっぱなし」

「俺はボケ。お前はツッコミ。それが俺たちの正しい関係だ」
「あれ?竜と虎じゃなかったっけ?」
「……ところがこうして彼氏彼女の関係になったとたん俺がツッコミに……痛ぇっ!!」
「げ、下品なオチなんか言わせないからっ!!」

「たいがぁーっ!た・か・す・くーんっ!遊びにきたぜーっ。留守かーい?」
「みのりんだ……」
「だな……」

 風通しのため木片をかまして細めに開けてある玄関のドアを、さすがに開けはせずに外から
声をかけている来客に居留守を使うこともできず、大河は風呂場の扉から顔だけ出す。

「み・の・りーんっ!私いまお風呂だからーっ」
「お、追い返しちゃうのか?」
「勝手に上がってちょっと待っててくれるーっ!?」
「おいここ俺のうち……ってか。まあいいか」
「私が先に上がって相手してるから、あんたトイレから出てきた振りしな」
「おう」

86 :>>85のつづき:2011/07/10(日) 20:45:04.61 ID:C+uJLF4X0

「みのりんっ、久しぶりっ♪」
「おー大河ぁ、昼間っから彼氏んちでシャワーたぁ期待を裏切らねえな!める送って電話もし
 たけどレスねえからさ、こりゃ真っ最中だなと思って来たわけよっ」
「……気を使ったよみたいに言うんだ?ぷくくっ」
「まーまー長居するつもりねえから。こっちもちょっと暇とれたからあんたたちに逢いたかっ
 たのよ。続きは帰ったらやってくれや」
「あー。じゃもういいか。竜児ーっバレてるから出ておいでーっ!!」
「お、おう。櫛枝。久しぶり」
「やあ高須くんっ!邪魔して悪いなっ!何しろ猛暑だろ?こんなに暑けりゃそうそうイチャイ
 チャしてねえだろと踏んで来たんだけどさ」

 湯あみえっちたぁ想定外だった、などと実乃梨は悪びれない。まだしてなかったけどな、と
凶眼が泳いでも関知はしない。

「実はさ、昼飯たかりに来たのよ。ちょっとバテ気味で食欲落ちててね。たきゃすきゅんの手
 料理をいただいて少しばかり元気をもらおうとね」
「そうか。そんなら任せとけ」
「もう昼時だしね、じゃ竜児、なに作る?」
「そうめん」
「「そうめんっ?」」

 えええええ?という顔で女子ふたりが少々の落胆を。しかし竜児に勝算あり。「そうめんの
底力、見せてやるぜ?」と顎を突きあげ、不適な、いや、不敵なツラで腕まくり。

「か、カレーの匂いがしてきたぜ?そうめんじゃないのかだぜ?」
「すごいよみのりん、あっという間につけ汁を三種類も作ってるよこの男」

 それぞれ二把食べると言う女子たちに(なんてやつらだ)、高須母子の分を足して六把も茹で、
コンロとシンクを行ったり来たりで流水にさらしては、ひとくち分ずつ大皿につまみ上げてい
る大河が今さらながらのように驚いて伝える。
 やがてどん、どん、どん、とつけ汁の小鍋が卓袱台に置かれ、薬味、と言うにはボリュームの
あるおかずの皿も置かれた。

「『和風キーマカレー』『ごまだれ』『めんつゆ』好きなように貪りやがれ♪」
「すげーっ!カレー汁はなんかどろりっちでひき肉たっぷり、ごまだれは……これか!」
「おう、茹で鶏と刻みキュウリを入れてな。あっさりめんつゆには炒り卵を足すか、茗荷とシソ
 を入れるか、さあどっち!?ってとこだな」
「炒り卵が二色だね……黄身だけの方は甘くて、白身だけの方はしょっぱいのか」
「ふふん♪」

 なぜか大河が「どうよ?」と胸をそらして得意げになる。
 ぞぞぞぞ、と麺をすする音だけが飛び交う昼食時の居間に、匂いをかぎつけた泰子がむにゃー
と起き出して加わった。

「うまかったーーっ!!お腹ぽんぽんだあ!ごち!!」
「あーーー、もう動けないぃ」
「やっちゃんもー。もうひと寝するぅぅ」

 というわけで賑やかな昼食が終わり、実乃梨はまたくるぜと言い置いて帰って行った。

87 :>>86のつづき:2011/07/10(日) 20:47:52.16 ID:eUJIQM8J0

「……ほんとにご飯たかりに来たんだね?」
「ああ、去年も何度かメシ食いにきたぞ?」
「……みのりんやばかちーならいいけど、他の女を上げていないでしょうね?」
「いやそれがいろいろ来てたなメシ食いに。ほらあれだ『鬼の居ぬ間に』ってやつ、な?」
「どうせあんたがため息つきながら買い物してるのを誰かに見られたのね」
「……そうかも知んねえな。一時期は食べきれない量の食材買い込んでいたからなあ」

「ほんと、友だち甲斐のあるやつばっかりだこと。……ところでさ、竜児」
「んん?」

 ふたつ折り座布団を枕に寝転がった、竜児のTシャツと短パンでぶかぶかの満腹虎は言う。

「また汗かいちゃったよ……」
「メシ食ったらそれかよ。こんなにオープン助平でいいんだろうか、俺たち」
「うーん。たまにだし、いいんじゃないかな。と、鼻先を擦りながらニヤッとする私」
「お前がオチ言うなんて珍しいな、おい」


以上です。食いものがからむとどうもエッチくさくできないっすね。
途中でID変わってますが気になさらずに。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 23:53:46.54 ID:+ISMzP630
だれもいない

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 00:33:11.94 ID:giSnrLbk0
>>83
GJ!
「竜児の分も私が貰っちゃっていいわよね」の展開に持って行きたがる
食いしん坊の大河可愛いよ大河

>>87
GJ!
水浴びと素麺でとても涼しげ
竜児の脳内にはテラバイト超えの大河画像が保存されていそうだw


ちなみに俺の大河フォルダは711メガバイト

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 04:42:58.67 ID:T2tvN0Z80
竜虎好きが高じてMAD作りましたのでこっそりうp
お口にあえば良いのですが

【とらドラ!】たいがあ【MAD】
ttp://www.youtube.com/watch?v=HDtoTyLB8YU

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/12(火) 00:13:25.30 ID:YkjaqMBi0
おい、こんな記事があったぞw

ttp://news.nicovideo.jp/watch/nw85370

これを見て秋に大河が太った理由がなんとなくわかった気がする…。まあ人間心も身体も休める居場所があったほうがいいからな…。
つまり竜虎は秋の時点で互いに”休める居場所”だったわけだなw

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/12(火) 08:16:06.02 ID:Y88ZkJhq0
>>90
すげええええ 鳥肌立った!終わり方にぐっとくる…
他のMADではあまり見ないシーンの選出や編集にとらドラ愛を感じました
SSやらMADやら、みなさんGJっす!
そうめん食いたい

>>91
六畳間の距離感だからねw
自然に隣にいられる二人がかわいすぎる

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/12(火) 23:10:20.96 ID:u75MEPit0
>>91
>性欲が満たされると食欲があまり喚起されなくなる

なるほど。大河は満たされない性欲を竜児の飯で補っていたという事か。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 06:05:10.01 ID:TdqGvoEh0
>>93

すると大河は秋が発情期の盛りだったわけか…。
なんかSSが1本書けそうなヨカーンw

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 15:54:38.07 ID:HAjA3lAc0
>>91-94
そんなトンデモ記事に騙されちゃいかんよ。
哺乳類すべての雌に言える事で栄養状態が良くなれば子作りできる体勢が整う、というだけの話を都合よく書いただけ。

それでもあの秋には大河の身体も子作りOK状態になっていたという点は同意するほかないw
ダイエットに協力した亜美の腹黒さが浮き彫りになってくる。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 23:01:46.95 ID:tG2GH9ne0
高須家の扇風機がダイソンだったりしたら微妙に悲しい

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 23:08:03.13 ID:o8f1YdHs0
それはゾンビですか?w

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 09:26:33.44 ID:lBO9kc8z0
>>95
ここは大河を愛でるところだ。他キャラをDISって、火種を作るなカス!


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 09:37:57.06 ID:sthVgX3k0
>>95程度の書き方でDISって、火種を作った事になっちゃうような危機的状況だったのここ?
それはすみませんでした。そこまで分からんよ・・・

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 13:12:10.07 ID:NY6AjtiNO
>>99
このスレに長く居るが、今まで人様をカス呼ばわりする住人は居たことないよ。
単発の荒らしだろうからあんま気にスンナ

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 14:02:54.26 ID:smQt6ko90
>>99
まったくdisりには見えない。てかネタかとw
明らかに竜虎好き以外の過剰反応だし、気にしなくていいよ。
まあでもこの手合いを呼び込まないためにも、書き方には気をつけたほうが無難かもね。
ここは基本平和なんだが、たまに廃れさせたいんじゃねと思うような乗り込みがある(職人さんに粘着したり)スルーしてるけど。

当然大河は愛でて愛でて愛でまくりたいほど可愛いし、大好きだが、竜虎スレだ
竜児をオマケとか一人の人格として見てないような、蔑ろにする扱いは不快なんだよなあ
竜と虎は二人で一つ。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 21:34:20.05 ID:pZUV0s7H0
なんだよ、何ですかァ?何なんですかァ?
人が少なくなった割にスレが伸びてると思ったらこのざまですかァ…?

というかこのスレでは普通に中の人つながりやとらドラ!内の他キャラが出てくるからなぁ…。
まあスルーが一番だな。





103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 22:39:17.83 ID:mEA3kkXq0
おいおい、つまらんことでレスを消費するなよ。

一刻も早く竜児のオーガニックコットン製パンツについての議論を開始すべきだ。

オーガニックコットンて高くね?
まあ、肌触りの良さに大河がスリスリしてくることを考慮すれば、決して高い投資ではないのかもしれないな。

104 : ◆VW.RtTKf1E :2011/07/15(金) 12:06:55.59 ID:o1Eb/hqd0
>>103
こうですか? よく分かりません…

-----------------------------------------------------------------------

「りゅーじー! 朝ごはん!」
バン! という豪快な音とともに、勢い良く開け放たれた借家の玄関。
声の主は、近隣や大家への配慮など屁とも思わぬ、ご存じ、手乗りタイガーこと逢坂大河。

「ちょっと竜児! いるのっ?」
当然あると思っていた朝餉の支度がまだできていない様子に、大河は不機嫌度が一気にアップする。
「ちょっと、竜児ってば! 返事ぐらいしなさいよ!」
泰子が前夜から泊まりがけで不在なことも拍車を掛けて、声を荒げながら、サンダルを蹴飛ばすように脱ぎ散らかすと、ずかずかとあがりこんで、8畳間の引き戸を大きく開け放った。

* * *

「はぁ…? なにこいつ…」
居間のテレビの前には、右手に高須棒、左手に雑巾を持ったまま、大の字になって息絶えている、いや、スースーと寝息を立てている竜児の姿があった。

「ったく、この偏執変態掃除夫は… どうせ昨日、私が家に帰った後、夜中から掃除を始めたんでしょうよ…」
1学期の期末試験が終わった昨日、大河の買い物に付き合っている間も、かのう屋で食材を買っている時も、3人で晩ご飯を食べている時も、竜児は新たに生えたカビのことをぶつぶつぶつぶつぶつぶつとつぶやいていた。
掃除を始めたのはいいが、試験明けの疲れた体では、最後まで終わりきらずに途中で事切れてしまったのだろう。

ふと、大河がちゃぶ台の上を見ると、昨日買い物に行った店の小さな紙袋が置いてあり、僅かに開いた口から、いつも見慣れた、綿花のマークが入ったタグが顔をのぞかせている。

「あれ? 竜児もなんか買ってたっけ?」
つい手を出して、袋の中のものを出して広げてみると、びろーんとだらしなく現れたのは、オーガニックコットン製のメンズのトランクス。

「……」
目をぱちくりさせて、大河はそのトランクスを見つめていたが、いつも身につけている素材の優しい肌触りに、思わず頬ずりしそうになって、顔を近づけていき…

「ぅゲボぉ…」
数秒後、大河のつま先が竜児の脇腹に食い込み、竜児の口から悲鳴とも断末魔ともつかない声が発せられていた。

「た…、大河…・おま…いき…な…り、ナニすんだよっ!」
ゲホゲホと息を詰まらせながら、手をついて竜児が起き上がる。

「もうちょっとでこの薄汚れた布切れに頬ずりするところだったじゃない! どおしてくれんのよ?」
「どうしてって、知るかよそんなの! それにまだそれは誰も履いてねぇ、下ろしてたてのパンツのどこが薄汚れてんだよ?」
「あんたが履く予定、って時点で薄汚れているに決まってんでしょ?」
「お前なぁ…」
「ねぇ、竜児、いつの間にこんなの買ってたの? ドケチ主夫としてはずいぶんと張り込んだんじゃない?」
「主夫じゃねぇよ! いや、その… いつも大河の服を畳んでる時に、肌触りがいいなぁ、いつか着てみたいな、と思ってたら、昨日さ…」
「あぁ、それでアタシが試着室から何度呼んでもすぐ来なかったわけね。あきれた駄犬だわ… でも、私の服に触っていてって…?」

―ジトっ―
大河の大きな瞳が急に半開きになり、アゴがクイッと持ち上がる。

「あんたまさか、このパ、パンツを私だと思って、その不潔なナニを覆ってしまおうと思ってるワケ? 回答次第では許さないわよ?」
「ちょっと待て大河、そんなはずねぇだろ、いやパンツを引っ張るな、まだ何もいってねぇのに、伸びる、や、破れる… そのパンツ、一体いくらしたと思ってるんだ! いつもの奴の何枚分も… いや、勘弁してくれ大河、てか、やめろ、や、やめてくれぇぇえぇえーーーーーっ」


105 : ◆VW.RtTKf1E :2011/07/15(金) 12:09:24.11 ID:o1Eb/hqd0

スリスリどころかビリビリになりそうです。
思いつきで書いたので、色々違ってるかもしれませんが、一応、高2の今ぐらいの時期です。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 17:45:32.55 ID:fB5OwwSYO
なごむw

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 19:47:56.31 ID:0kIIA7m30
>>105
いいなあ、GJ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 23:49:38.83 ID:d2byYzue0
おうふ…このスレでは久々の傲岸不遜な大河様だぜ!

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 05:19:36.23 ID:PVtEH7oF0
>>105
乙!この時期ならビリビリでも仕方ない
ビリビリされなくても竜児はもうそのパンツ履けないんじゃw

110 : ◆oLWU/inCrU :2011/07/16(土) 13:44:52.59 ID:Mj6TYms4O
お久しブリーフ。パンツ祭りに混ぜてくださいw
時期は大学生くらいで。



「…………ねえ、竜児。」
「ん? どうした大河?」
「あのね。……正直ずっと気になってたから言うけどさ。
 さんざんいちゃいちゃして、いざ合体、って時に脱いだ服畳むのやめてくれる……?」
 ぶふぁ!
 盛大に噴いて、竜児は手にしていた大河のブラウスを取り落とした。
「が、合体ってお前っ」
「ぶっちゃけ萎える」
「なえ……っ! 女の子がそういうこと言わない!」
「だって萎えるんだもの! 可愛い彼女がマッパでうふんあはん言ってんのよ!
 もっとこう、余裕ない感じで肉食っぽく来てよお!」
 んばっ、と肌も露わに両手を広げる大河。控えめだが形の良い乳房から視線を逸らし、竜児はもごもごと言い募った。
「よ、余裕がねえからこうやって気持ちを落ち着かせてんじゃねえか!
 がっつくなんてみっともねえ! ……あと、シワになるし。」
「はっ。
 そんなチンケなプライドなんざ洟かんでゴミ箱にポイよ。」
「ポイ……」
 あっさり鼻で笑われて、哀れ、男の矜持はゴミ箱の中。
「あんたはルパンダイブを習得すべきね。」
「るぱ……ええ?」
「いいから早く! へいへいカマンッ!」
「お前最近、櫛枝にヘンなこと教わりすぎじゃねえ……?」
「とか言いながらキャミ畳まない!
 あんた本当にどこまで片付け魔なの?この妖怪几帳面!」
「その妖怪几帳面に、今からどこもかしこも弄られるんだぞお前はよう。」
「…………。」
「なんで俺がシモネタ言ったら引くんだよ!?」
「いや……なんか……。
 やっぱいいわ。そのままの竜児でいて。」
「……似合わないか?」
「……うん。」
「じゃあ、その……。好きだ、大河。」
 せめてもの妥協に自分のパンツを放り投げると、竜児は待ちわびる恋人の側へいそいそと潜り込んだ。



   おわれ!

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 13:47:40.10 ID:Mj6TYms4O
>>104
GJ!キャストの声が聞こえてくるようですw
いかにもな理不尽な起こし方にも吹いたw
このパンツを…竜児はぬいぐるみと一緒に洗うのか…?(ゴクリ

112 :夏のパンツ祭参加作品:2011/07/16(土) 20:16:19.66 ID:6pLM2b8I0
相変わらず地の文ばっかですがパンツ祭、参加します。↓2レス拝借。

 只のドジなのだろうか。
 それとも、誘っているのだろうか。
 高須竜児は、自宅の居間に座り込んで、台所仕事に立つ逢坂大河のパンツを真っ昼間から仰
ぎ見ていた。

 初夏のよく晴れてあまり蒸さない日で、まだ暑くなり切る前の時間帯であれば、陽が差さな
いこのうちにも眩しく間接光が注ぎこんでいて、ほどよく風もあり、ああ夏が来たんだなあと
満喫できそうな素晴らしさに心も浮き立つ。
 たぶんオーガニックコットン製の高級品であろう白とピンクのストライプのそれは、こんな
気候にとても似合って、ぴったりと大河の小ぶりで形の美しい尻を包み込み、見るからに手触
りも良さそうで、撫でたり頬ずりしたりすれば、かなり気持ちいいんじゃねえのと思われた。

 だが現在着用中のそれにそんな不埒なマネをすれば、いかに角が取れて素直、かつ、可愛い
女へと自己変革を遂げた大河とて、そりゃ怒るだろう。よもや殺されるわけじゃあるめえし、
ちょっとくらいなら怒られても触ったらいいんじゃねえでござるかと、竜児の中のすっかり堕
落したお奉行様も肌脱ぎで主張はしてみるのだが、竜児本人が要らんことで大河を怒らせたく
はないので眺めるにとどめている。

 ふつうに座っていて立ち仕事をしている者のパンツを見られる局面と言うのはまずない。
 あまりに暑いのでパンイチとか、裸エプロンプレイとか、そういうのは別として、ちゃんと
大河は夏らしいワンピース姿であった。要するにもも丈のその裾を、後ろだけパンツの中に巻
き込んでいるのであった。
 さっき用を足したときに巻き込んだんだろうなあ、と竜児は推測する。
 なぜそんな粗忽をしたかもだいたい読める。あいつは個室の中で閃いたんだ、そうだ!こん
な日にはトウキビを茹でて食べよう!と。
 もともとは、
「ねえねえ竜児ぃ、スイカ切ろうよ、スイカ」
 というところから始まっている。
 スイカ切って食べようと思っただけで尿意を催すというのも何てハイピッチな代謝機能かと
思うが、その数十秒で茹でトウキビを熱々で貪ったあと冷たいスイカで締めるというコースま
で閃いたわけだから、その食いしん坊っぷりには感動すら覚える。たぶんスイカを堪能したら
またトイレ行って、その後「ねえねえアイス食べない?アイス」と言うに決まってる。
 閃いたら全力集中。その時点で瑣末な事はすっぽり頭から抜け落ちる。これが大河という女
の本質と言っていい。

 と言うわけで、竜児は、トウキビの皮を剥いで、ひげをとって、手に取った荒塩をすりこん
で流水で砂を洗い流してラップかけてレンジでチンしている間にはほかの事すりゃいいのに回
るターンテーブルをじっと見ている大河のパンモロを肩越しに眺めている。
 結論は、出た。只のドジだ。

(なんか健康的で格好良くてあんまりエロい感じじゃねえな)

 自分では短足だと思ってるようだが、締まった尻の位置が高いせいだろう、後ろからはずい
ぶん長い脚に見える。こんど機会をみて褒めてやることにする。

(それより当面の問題は、パンモロしてるぞってどう伝えるかだが)


113 :>>112の続き:2011/07/16(土) 20:17:51.93 ID:6pLM2b8I0
 ――この世界の誰一人、見たことがないものが、あった。
 それはピンクで、または白い。
 多分、見ることができたなら、誰もがそれに触れたがるはずだ。だからこそ、誰もそれを見
たことがなかった。
 そう簡単には見たり触ったり頬ずりしたりできないように、大河はそれを隠したのだ。
 だけどいつかは、俺が見つける。手に入れるべきたった一人がちゃんとそれを見つけられる。

(なあんてな♪)

「りゅうじー、トウキビ茹だったー。トウキビー♪」
 ラップに包まれて湯気を立てるそれを大笊に乗せて、大河が満面の笑みでととと……っと居
間に持ってくる。卓袱台にでんと置いて、んしょっと座る。
 そうして、なんかハッとする。
 そりゃパンツ越しに畳が直に触れればいくらなんでも気づくだろう。後ろ手にもぞもぞっと
して直して、卓袱台の向かいの竜児をじっと見る。
 竜児はあらかじめこうした状況を予見して、台所に対して背を向けた格好で座り文庫本なん
か開いていた。気取られてはいけない、笊が置かれたタイミングでごく自然に本を閉じ、いっ
しょにトウキビ食うぞーという演技を全力でせねばならない。
「おおおーできたかぁ。旨そうだ♪」
「ねねね竜児……」
「んー?」
「……み、見た?」

「何を?」

「ん?んんん……なんでもない。さっ、食べよっ♪」
「おう」
 このときの竜児の顔にはすっかり騙されたと、後年になって大河は語ったと伝えられている。

 そういうふうにできている。


〜おしまい〜

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 23:32:56.61 ID:kdFByYEf0
パンツに食いつきやがってwwwwここの文章書き達はホントにもうwwwwwww
いいぞもっとやれwwwww

ビバ!!パンツ!!!!

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 23:40:37.24 ID:Mj6TYms4O
>>112
パ ン ツ 神 光 臨

>そう簡単には見たり触ったり頬ずりしたりできないように、大河はそれを隠したのだ。
>だけどいつかは、俺が見つける。

吹いたビール返せwwかwえwwせwwww
ちくしょう…パンツ祭り最高だな…

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/17(日) 16:55:14.60 ID:ZVDGHaZ40
>>110
GJ!
エロスタイムなはずなのに、この微笑ましさは何事だッ…!
可愛すぎて282828

>>112
これはww幼な妻っぽいドジっこ大河にゴロゴロ。モノローグが絶妙で吹くw
肩越しに観察、に、どうしても見たい欲と知らぬ振りをしてやる竜児の優しさが
出てて萌えるw

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 20:53:11.58 ID:GcO/olxd0
今日は海でデートしてきたはずだ
パッドもりもり詰め込んで

そんで「日焼けが痛い」とぐずる大河にアロエ塗ってやったりとか
竜児はいかにもアロエとか育てていそうだしな

118 : ◆Eby4Hm2ero :2011/07/19(火) 14:55:51.83 ID:HZe+H/NL0
遅れ馳せながらパンツ祭参加〜

119 : ◆Eby4Hm2ero :2011/07/19(火) 14:56:38.04 ID:HZe+H/NL0
「とら〜のパンツはいいパンツ〜♪」
「なあ大河、それって虎じゃなくて鬼じゃなかったか?」
「あれ、そうだっけ? ま、どっちでもいいじゃない、どうせ替え歌なんだし」
「おう、そうなのか?」
「元ネタは登山電車のCMソングよ。ふにくりふにくらふにくりふにくら〜♪って、聞いた事ない?」
「あー、なんかあるような……」
「んじゃあらためて、おに〜のパンツはいいパンツ〜♪……っと、竜児、あんたそんなにいいパンツ持ってるわけ?」
「はあ? なんでだよ?」
 困惑顔の竜児を大河はびっと指差し。
「鬼」
「どこがだ」
「主に目つき」
「……ぐ……」
「あと、掃除の鬼」
「おう……ま、基本は安物だけど、ちょっと無理して買ったいいのも何枚かはあるぞ」
「それってまさか勝負パンツってやつ? うわキモっ! このキモエロ犬!」
「そんなんじゃねえって。そう言う大河はどうなんだよ」
「へ?」
「さっき自分で歌ってたぐらいだ。さぞやお高いモノを持ってるんだろ? シルクとか」
「んー、シルクの光沢や手触りも嫌いじゃないんだけどね、肌触りでいったらコットンの方が好きかしら。オーガニックのやつが特に」
「おう! オーガニックコットンはいいよな! 実は俺のお気に入りもオーガニックでな」
「あの柔らかな感触がなんともいいわよね……って、なんであんたとパンツ談義で盛り上がらなきゃいけないのよ」
「話を振ったのは大河じゃねえか」
「うるさいうるさい。どうせアンタは私のパンツ姿を想像して脳内でハァハァしてるんでしょうがこのエロ魔犬」
「そんなことしてねえ」
「本当に?」
「お、おう」
「全く?」
「……」
「怒らないから」
「…………まあ、少しは……」
「……よかった」
「おう?」
「だって、竜児がそーゆーことまるっきり考えないって、私が恋人として魅力が無いみたいじゃない」
「お……おう……」
「まあ、それはそれとして、罰として今からスドバで奢ること」
「怒らないって言ったじゃねえか……」
「怒ってはいないわよー。でも、躾はちゃんとしとかないとね」


120 :>>113の余計な続き:2011/07/19(火) 18:22:08.74 ID:fAQmXhxn0
 ゴロゴロ大河が定位置の窓側で昼寝を決め込んだのをしばし眺めていて――い、いや決して
いやらしい気持ちなんかないぞ?寝顔が無邪気でかわいいなあと思ったのは事実だが、トウキ
ビとかスイカとか爆食した後だし、ついでにアイスクリームも食ったし、腹冷やしたりしない
かと心配になったんだ。たぶん。
 気持ちの良い日だけどあんまり暑くてもと思い、パンツと同じオーガニックコットンのワン
ピで落ちている奴にバスタオルを掛けてやって、そうして俺もいつのまにか落ちていた。台所
の冷んやりとした床を枕にして。
 しばらくして。
 ちょっと眠りが浅くなったんだろう。む、とか唸りながら卓袱台をはさんだ向こうで大河が
起き上がったのが分かった。暑くなったか、喉が渇いたか。あ、腹が減ったというのもありそ
うだな。要求されたらなに作ってやろうとか考えている間にてってっと歩いて来て、俺の横で
立ち止まる気配がした。
 おうどうした?腹へったか?と声を掛けようとしたのと、大河が俺の頭をまたいでトイレへ
行くのとが同時だった。開いた目は、ちょうど頭上を通り過ぎる大河の姿を偶然とらえてしま
って、そのまま声を掛ければよかったのに、つい、黙りこんでしまった。
 最初に目に入ってしまったのは古傷だらけの膝小僧が視界を横切ったことだが、その上空に
あったのは……地図記号の“銀行”。真下からだから決して“消防署”ではない。昼前に見た
ピンクと白のストライプはあくまでも前後からのビューイングであって、このアングルからは
白一色だった。なるほど!
 じゃねえ。あくまでも事故なんだから、善後策を考えねえと。
 落ち着け俺。見たければ見せてほしいと頼めばいいんだ。多少ヘンタイっぽくても、そこは
彼女なんだから。そうすると、すでに褌一丁になった俺の脳内お奉行がまた茶々を入れる。
 曰く、偶然見えるのはまた格別なのでござるよ。値千金とでもいうべきもの。
 同意!
 水を流す音が聞こえて、ぺったぺった板の間を歩く足音が聞こえて、居間へと続く戸口でぴ
たりと止まった。頭のすぐ先に両の足があるのが見えるようで――勘づかれた?
 やがてふうわりとワンピの裾を揺らして、行く時と同じように俺の頭を跨いでいく。尿意が
ない今は歩様がゆっくりなのも分かった。通過の一瞬だけ、俺は目を見開いて、脳内にひそか
に画像をキャプチャ。成功。黒。

 ――黒!?
 跨ぎ終えた大河はくるっと向き直って、寝たふりの俺を見下ろしているようだ。
 それでいいのか大河。いくら俺の挙動不審を暴くためとはいえ。やばい、バレたら殺される、
という危機感よりも、そこまで身を捨てるのかお前は!?という驚きの方が先に立つ。先例に
倣って地図記号で言ったら工場が発電所が頭上を通り過ぎたというところか。いや、そんなに
はっきり見えたわけではないけど、黒くて三角のものが通過したなら間違いなく……。
「あーら、驚いてるぅ?竜児ぃ〜」
 しゃがみ込んで俺に声をかける大河は、その調子から言って間違いなく面白がっていた。い
きなりキレる可能性もあるから油断はできないが、少なくとも見られて恥ずかしくてという方
向ではなさそうだから当面の問題はない。俺が寝たふりを続ける理由もない。
 というわけで、むくり。起きてみたら、案の定、得意げな笑みを浮かべている。
「びっくりしたでしょ?こういうデザインなの」
 言うなり、ワンピのすそをばさっとまくりあげて、くるっくるっと回りながら見せる。
 それは、ベージュピンクの地に濃紺で蝶の上翅分だけがプリントされたパンツだった。後ろ
側はピンク一色、濃紺との境い目がちょうど真下の微妙ゾーンにあって、▼に流れていた。
「一瞬だけ見たらノーパンに見えたんじゃない?」
「見えた……びっくりした」
「もっとじっくり……見たいなとか……?」

 日は長い季節とはいえ、そろそろ夕刻に差し掛かって、少し遠く、途切れなく聞こえていた
蝉しぐれも、気がつけばなくなって静かなものだ。
 逆光ぎみの光を受けた大河の表情は明らかに誘っていて、伏せかけた瞳が纏う長い睫毛が、
さらに長い影を色白の頬に落としていて。
 綺麗だと思った。
 だから――。


〜おしまい〜

121 :120:2011/07/19(火) 18:28:52.66 ID:fAQmXhxn0
>>110
竜児のルパンダイブは大河に遠慮して今までやらなかったんだ!
がっつけ!と言われればそりゃあw

>>119
三題噺氏の可愛いパンツ祭りはいいもんだ!
「怒らないから」のあと本当に怒らないでスドバ行こうはじつにラブくてたまらん。

そんなわけで下品担当させていただきました。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 23:58:57.35 ID:F9OCFllf0
ぱんつ自重! いやもっとやれw


>>119
ぱんつ姿どころかきっとあんな妄想こんな妄想でハァハァしまくり…

>>120
続き!続きは!?
ぱんつを前から後ろからじっくり観察しつつ小尻を揉みしだく続きうわなにをするやめr

123 : ◆x6jzI2BeLw :2011/07/20(水) 01:08:33.01 ID:OuP5R1ib0
以下2レスほど使います。



自動ドアを出るとどちらからともなく伸ばした手をつなぐ。
木漏れ日が漏れる街路樹の下、つないだ手の先に居る存在を改めて竜児は思う。
竜児の視線に気が付いたのか、少しはにかんだ様な笑みを見せ、つないだ手を少し強く握り返してくる大河。
クラスメートでお隣さん・・・それが恋人になって・・・そして今日、大河はまた変った。
竜児の隣を並んで歩くのはもう、逢坂さんの家の娘さんでもなければ、彼女でもない。
まぎれもなく、高須竜児の生涯の伴侶になったのだ。
「・・・今日から高須大河だね・・・竜児」
数分前、おめでとうございますの声に送られてふたりは訪れた市役所を後にしていた。
「ああ、よろしくな」
「なんかくすぐったいかも、この呼び方・・・ふふ、た、か、す・・・たいが」
とうとうここまで来たんだねと大河は満面の笑みを浮かべる。
「なんかもう、嬉しくて・・・」
そのままその場でターンして踊り出しそうな勢いの大河。
「もう、大声で叫びたい気分」
「なんて・・・だ?」
「聞きたい?」
小首をかしげ竜児を見つめる大河。
そんな大河の仕草ひとつ取ってみても竜児はその一瞬を切り取って保存したい衝動に駆られる。
「ああ」
「あのね・・・竜児と結婚できたよ!私、竜児のお嫁さんなんだよ〜!って」
幸せで溶けてしまいそうな表情を浮かべ、大河は竜児を見る。
そんな大河を抱き締めてしまいたい、キスしてしまいたいと竜児の中で沸き起こる思い。
さすがに往来なので、竜児は軽く大河を引き寄せ、身を寄せあう程度に留める。
そんな竜児の腕に大河はしがみつき、えへへとはちみついっぱいの甘い顔を見せた。

そんな大河の様子に耐え切れなくなった竜児は人目を憚ることなく、大河を抱き上げる。
大河をお姫様抱っこしたまま、唖然とする通行人を無視して竜児は走り出した。
世界でいちばん大切な宝物を手中にした心地良い高揚感に身を任せ、竜児は全速疾走。
竜児の腕に包まれて大河はこれまでにない温かな気持ちに浸っていた。


124 : ◆x6jzI2BeLw :2011/07/20(水) 01:09:36.01 ID:OuP5R1ib0
引越し荷物が十分片付いてない部屋に日差しが降り注ぐ。
南向きの低層マンションの3階が大河と竜児の新生活の場所だった。
大河も竜児も大学を卒業した後、それぞれ部屋を借りていた。
同棲するって言う選択肢も無いわけではなかったが、けじめが付かないと籍を入れるまで同居はしないことにしたのだ。
もっとも週末ともなればお互いの部屋を訪ねあっては泊まっていくのだから、半同棲といってもおかしくは無かった。
やがて結婚が視野に入って来た時、改めてふたりで部屋探しをしたのだが、竜児の主張はことごとく、大河の却下にあう。
竜児としては懐具合と通勤の便利さにこだわってチョイスしてるのだが、大河の意に沿う物件はなかなかなかった。
そんな中、見つけたのがここで、大河は見るなり、ひと目で気に入ってしまい、ここにしよと、太陽の光が惜しげもなく差し込むフローリングの床に寝そべったのだった。
その大河に気に入った理由を問えば、こう答えた。
・・・日差し!
・・・洗濯物、よく乾くよ!
そんな理由で?かと言う竜児に大河は申し訳無さそうに言った。
・・・だって、私のマンションのせいで・・・竜児の家・・・ずっと日陰。
かつて竜児が母親と暮らし、大河と出会った2階建ての借家。
大河が住んでいた高級マンションのせいで陽の差さない竜児の家のベランダは洗濯物の渇きが常に悪かった。
・・・ここなら、絶対、大丈夫。
満足そうに陽の光を手のひらに受けた姿勢で大河は力説したのだ。

そんな成り行きで借りることになったマンションだったが、竜児もすぐに気に入った。
まだ、暮らし始めて数日だが意外に使い易いシステムキッチンなどもあって、なかなかの掘り出し物だと思わざるを得ない。
これなら通勤時間が20分増えた程度の負担は目をつぶれると、竜児は大河の選択を誉めた。

洗濯物はまだ、余り無いが、さっそくとばかりに竜児は洗濯機を回す。
「あ、竜児、洗濯するの?」
「おう」
「・・・ん、じゃこれも洗って」
「任せ・・・って、大河!」
慌てた声を上げる竜児。
「いいじゃない、汗かいちゃったし」
あっけらかんと、大河は手にした布の塊を竜児へ向って投げる。

つい、数秒前まで身に付けていた持ち主の体温をしっかり残したまま、竜児の手に納まるレースの縁取りが付いた小さなショーツ。

竜児の前でするすると穿いていた物を脱いで見せた大河。
「ちょっとは恥じらいをだな・・・」
・・・と、お説教じみたことを言い出した竜児だが、あとを続けられなかった。


横を向き顔を赤らめている大河。
「うん・・・ちょっと、やっぱり・・・恥ずかしかった」
ちょっとだけやって見たかったんだといい訳の様に大河は言う。
恥ずかしさも極まったのか、後をお願い・・・と言い残し、隣の部屋に消える。



物干しに洗ったばかりのトランクスを洗濯バサミで止め、さらに靴下を干そうとして竜児は手を止める。
・・・隣はこれだな。


日差しが降り注ぐマンションのベランダ。
物干しに並んで干される洗濯物。
その中で青いトランクスと白い小さなショーツが隣り合って並んで風に揺れていた。


125 : ◆x6jzI2BeLw :2011/07/20(水) 01:10:17.29 ID:OuP5R1ib0
以上です。
パンツ祭りエントリー(笑)


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 22:56:21.40 ID:3ADsDvzR0
ヤマ○キ春のパン祭りならぬ
とらドラ!夏のパンツ祭りかw

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 01:29:43.05 ID:vlJSxc1x0
>>126
パン(ツ)祭り、ワロタ!

>>125
きらめく陽の光と大河の心遣いが暖かく、そしてさわやかだ!
パンツなのに… パンツなのに…w

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 19:08:57.86 ID:Lxkiozkc0
パンツ祭りと聞いて、八丈島より 泳 い で 参 っ た!!!

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1812712.png

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 19:35:37.19 ID:R7EnQiiI0
>>128
ちょwwwww竜児wガン見www
小銭拾っていたら風が。いやあ真面目に生きてるといいことあるもんだ。
スーパースローでとらえた殴られる前の決定的瞬間という感じで吹きまくった。
全然えろくない感じがごっつGJ!っす

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 23:31:15.79 ID:Dgoo+a2G0
みんなパンツ大好きだなwww
オールGJ!

>>126
大河はパン、竜児は皿に食いつきそうだ

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 23:33:39.01 ID:ROHLXDPQ0
>>128
クッソワロタwwww
もうわざと小銭落としたとしかwwww

132 : ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:12:18.44 ID:JAWmal+b0
とらドラ!夏のパン(ツ)祭りの途中?ですが新作投稿させてもらいます。

【タイトル】母きたる
【内容】高須家に大河の母がやって来て、なホームドラマ。大河母の人物像が恣意的にフレン
ドリーですので、お嫌いな方は注意していただければ。
スーパーに枇杷が並び始めた頃に書いたので少し寝かせ過ぎましたが、ふたりが進学して連休
明け頃のお話です。連作で書いておりまして、直接にはまとめていただいた、
ttp://tigerxdragon.web.fc2.com/index/SS24/1179.htmlの続きになります。

11か12レスほど↓いただきますね

133 :母きたる ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:13:48.35 ID:JAWmal+b0
【これまでのあらすじ】親元で一年を過ごし進学した逢坂大河は大橋の町に帰ってきた。高須
家から徒歩3分のワンルームマンションで独り暮らし。ぶじ嫁入りのその日まで!などと大げ
さな話は置いといて瑣末事を綴ったホームコメディ(要するにアニメ版アフターです)

****
 
 課業を終えて帰宅しようとしている途中、喉を潤す飲み物をコンビニで買おうとしていたそ
の時に、メールが着信する音が聞こえた。
 逢坂大河はポケットから携帯を取り出して、LEDの点灯を見ながらレジで支払いを済ませ、
店先に出てからななめに掛けた鞄をくるりと背に回し、それを埃だらけの柱と背の間の緩衝材
にして寄りかかった。
 都心のターミナル駅の橋上エキナカらしく、せわしなく通る人が多い。
 前も見ていないくせに早足で、ぶつかりそうになってから舌打ちをするような手合いもいる
から、いかに大河が喧嘩早くても、相手が威嚇の視線にそもそも目を合わせないのではなんの
効果も見込めず、ぴったり壁際に寄ってそんな不愉快な目に遭わないよう避けた。
 もっとも大切にされているうちには際限なく可愛くなっていくような性格の女だから、それ
以前に、牙も爪も威厳も、実はもう備えていないかも知れない。いつの間にか意に反して武装
解除されているなどとまだ考えたくなく、高校時代までと違って社会は世知辛いわ、と目をぴ
かぴか光らせて偉そうに辺りを見回している。
 そうしていま買ったお茶のフタをあけ、飲みながらメールを開いた。

「む……」
 来たか。と唸った。
 予想通りついに来た。いつか近いうちに来るとは思っていた。今日来るとはまったく知らな
かったけど。
 去年生まれた弟の世話もまだまだこれからというときに義父にまかせて観光とか、建前にし
てはぞんざいに過ぎると思うが『育児休暇もそろそろ終わるので観光のため上京する。ついて
はあんたの部屋にひと晩泊まるから』だ、そうだ。

 進学して遠い地元を離れ、大橋で独り暮らしを始めた娘の暮らしを母親が確認するために上
京してくる。それは遅すぎるタイミングではあってもまあまあ自然なことだった。
 休日の前を狙ってくるのも当然といえば当然。
 もちろん、暮らしているワンルームマンションの賃料はもとより、学費も生活費も、仕送り
という形で実母から出ていたから、自立、自活してるなんて元より言うつもりはない。泊めろ
と求められて応ずるにやぶさかではない。
 問題なのは、今日これから行くわよと。いま大橋の駅ビルに着いてお茶してるから、とっと
と迎えに来いと。どう考えてもこっちのスケジュールを把握した上での抜き打ち検査です、と
いうところ。
 それはとりもなおさず暮らしだけでなく、娘が勝手に称しているだけの婚約者。別名彼氏、
恋人、その男、高須竜児に会わせなさいよばか娘。という魂胆なのだろう。

 大河は小さくため息をついた。無理もなかったから。
 ママが実際に竜児を見たのはあのバレンタインの日だけだもの。どんなに私から話したとこ
ろで、娘を連れ去ってキズモノにした不良同級生って印象は拭いづらいはず。竜児のあの顔を
見ただけなら、なおさらね。
 すこし考えてから、親に遠慮はないので直電をかけた。いま駅だから、30分くらいで大橋
に着く。と用件だけ話して切った。
 飲み終わったミニペットボトルを屑かごに放り込んで、ホームに降りて、帰宅の方向の電車
を待った。この時間ならラッシュが始まるより前でそれほど混み合ってはいない。
 間に間にもの思う。
 “夏休みになったら連れて帰省しなさいよ”なんて言ったこともあるくせに、油断していそ
うな時期を見計らって抜き打ち面接か。そういうとこがパパに計算高い嫌な女、可愛くない女
って思われちゃったって言うのにね。
 ……そこは私も、かな。
 面倒くさいから、私もね。と少し自嘲してみた。変わらなければいけないと思い、変われな
いとこは、でも変われない。

134 :母きたる ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:14:59.39 ID:JAWmal+b0
 だけど、私にも、ママにもそのままを見てくれる人はいた。
 可笑しくて、まだ少し苦いけどそう思える。
 竜児は私の大好きな、誇るべき人。彼と結びあった関係は恥ずかしいことなんてひとつもな
い。そのまま見せてやるだけよ。
 大型連休が終わって最初の週末。大橋へと帰る北行き電車の中で、大河は高須母子にも連絡
のメールを打った。母がやっちゃんと竜児に挨拶をしたいと上京しているから、連れて行って
もいい?大橋駅に着く前にどちらからも快く返信が届く。


「意外に早いじゃない」
 駅ビルのカフェで雑誌を読みながら不機嫌そうに佇んでいた姿を認め、外からガラス越しに
手を振ったら会計を済ませて出てきた母の、第一声がこれだった。こまめに連絡をとっている
し、時間割も伝えてあるからそんなのは分かっているはずなのに。
「遊び歩きたくてここへ帰って来たんじゃないからね」
 ふた月ぶりに逢う母に、大河はにこやかに、でも切り返すような挨拶をする。どこかツンケ
ンとしたやりとりだけど、これは母娘にとっては常であって、仲が悪いわけではない。
「買い物していくんだけど?」
 先にマンションにママ案内しようか?それとも?と振ると、母は一緒に行くに決まってるで
しょうと、大河の指に光るものに気付き、目で追いながら答えた。
 それは何も聞いていないことだったから実は少なからず驚いた。
 荷物を肩にかけ直して、眼鏡をかけ直して、奥で大河と似た色の瞳を光らせて、でもその場
で問い詰めたりはしなかった。伝える必要があると思うなら、自分から言うだろう。

「買いすぎじゃないの?」
「4人分だもの。他に頼まれものもあるし」
「4人?」
「そ。部屋には布団一組しかないもん。お泊まりは古いけど清潔なうちに案内します」
 スーパーで食材や日用品の買い物をしながら、母娘は並んで話す。
 特売を気にしていたりポイント集めたりするのを見て、堅実なところが身に着いてきたかな
と思い、レジ袋を断ってエコバッグを取り出すのを見てそれはやりすぎなんじゃないかと思っ
た。独り暮らしならレジ袋はゴミ出しにちょうど良くて無駄にはならないのに。

 大河の暮らすワンルームマンションに帰りついて、鍵を開けている間に母は表札に目を留め
て、なにこれ?と問う。
 そこには逢坂の姓に続けて、竜児、と大河の丸っこく肉太の字で記されている。連名で下に
部屋の主である娘の名。「うん、防犯のためにそうしてるのよ」と扉を開けながら大河が答え
る。さ、入って入って。
 あんな表札を出しているくらいなら、既に同棲しているのでは?と母は思ったが、そんなこ
とはなかった。食器もカップも歯ブラシもきちんと一人分で、小綺麗に暮らしているようだ。
 きょろきょろしている母に気付いたのか「竜児も遊びには来るけど、泊まった事はなくて夜
はちゃんと帰ってるよ。けじめはつけるって決めてるから」と得意げに言ってる。
 ……もっとも、大河は高須家に何度も泊まっていたが、こっちの部屋に関しては現在までの
ところ嘘ではない。その理由が、ユニットバスが狭すぎて一緒に入れないからとは、当然なが
ら親には言えないが。

「じゃ、お茶のんでひと休みしたら高須さんちに行くよ?」
 ちょっとしたら竜児も帰ってくるし、お母さんがいるからさ。親同士でいろいろあるんじゃ
ない?と言う娘の顔を見て、どう切り出そうと考えていた事は既に承知のうえなのだろうと分
かる。
 元々、駆け落ちと言う不正手段を取りかけながらも踏みとどまり、戻って来て、子どもとし
ての礼を尽くすと言い切った時点で、明らかにもう子どもではないのだ。
 そうなら、曲がりなりにも大人の矜持を持つ者として、重ねた指導や抑制を強いて、自分の
要求だけを押しつけることは間違っている、とは思っていた。自分がして許されることは、す
でに助言しかない。
 人の親というのは、それでも情から、子どもの上に君臨し続けたいと思うのだ。理で押さえ
つけられなくなれば、子どもが未だ経済的に自立していない一点だけを卑怯と知りつつもあげ
つらって、自分の庇護下で言うことを聞き続けるよう迫るもの。

135 :母きたる ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:16:20.94 ID:JAWmal+b0
 大河の母は、我が子に対する情が世間一般より薄かったかもしれない。自ら嘆く通り、人の
母としてはいろいろ欠落していたかもしれないが、だからこそ、繭から羽化しようとしている
娘に、世間一般の親のように、あれこれを押しつけようという欲もまた薄い。
 だから、監視なんかもういいんじゃないかという気にもなっていた。けれど娘の方は堂々と
迎え撃つ気まんまんで。

「なに言ってんの。それなら駅前のビジネスホテルに部屋取るわよ」
「ははっ、面倒くさいのなしなし。ね?もう連絡してあるし、私も泊めてもらうから」
 別にうしろめたいことなんかないから。とか言いつつティーバッグで淹れた紅茶をすすって
いるのにつきあってお茶を飲みながら、その辺を読み取ったのかどうか。まあ、元々逢わせて
もらうために来たんだしね。と、母は構えを解くことにした。
 ねえ、お土産クッキーなんだけど高須さんのとこ大丈夫かしら?と振ってみる。
 大丈夫、とニヤニヤ笑いの娘。
「どうせ私が大半食べることになるから」
 どこ?六花亭?ロイズ?などと図々しく母の荷物をごそごそ漁って確かめて、知ってる?焼
き菓子はねえ、たいてい店で買うより自分で作った方がおいしくできるのよ、となにやら反り
返って、頬をぷくぷく膨らませている。
 はて?確か焼き菓子を作っていたことなんか一度たりとも記憶にはないけど……。

****

「先だってはぶしつけなご訪問をして申し訳ございませんでした」
「いいえ。こちらこそ息子がとんでもないことをしでかしましてご無礼いたしました」

 高須家の八畳居間。
 挨拶を交わし、お土産を渡し、お茶が出たタイミングで42歳の大河の母と、35歳の高須
泰子は、きちんと正座して向かい合い、交互に畳に指をついて深々と頭を下げあっていた。

 先だって、というのはちょうど一年三カ月前の雪の日のことを言っているのだろう。
 ぽえぽえ〜ん☆な泰子がフォーマルなスーツ姿で出迎えたことも、きっちり正座できること
も知らなかった大河は、ぽかんとしながらなんとなく気圧されて、帰宅したばかりで苦笑して
いる竜児に寄り添うように座って背筋を伸ばしている。
「私は夜勤ですので途中で失礼しますが、今夜は大河ちゃんとおやすみ下さぁい☆」
「ありがとうございます。でしたら遠慮なく甘えさせていただきますね」
 泰子はこれから出勤だから、高須家の夕食はそう遅くには動かせない。いつまでも大人の礼
儀作法を眺めて驚いているわけにもいかず、竜児は肘で小突かれてそれを思い出し、したくに
立つ。
 大河も髪を結わえてエプロンを着けた。

 泰子と世間話を交わしながら、大河の母は台所に立つ娘に時おり目をやる。竜児にレシート
を渡して買い物の精算をしつつ、何が安かったとか、何が切れてたから買っといた、なんて所
帯じみた話をしている。
 なるほど、高須家を落ち着いて訪れてみて、初めて分かる事があった。
 このうちに暮らす人は気持ち良く清潔に暮らす努力を惜しまないようだった。家事全般を息
子さんがやってくれているから、と大河も泰子さんも言っているけど、それはこの若すぎるお
母さんに備わっていなかったらどうしたって学べない。ちゃんとした人なのだ。
 貧しい母子家庭だし、水商売らしいし、といった心配はいらないのではないかと思った。現
に何ひとつ家事ができなかった娘がここで暮らしたおかげであんなにマ!
「うわぁおっ!」がっしゃぁーーんっ!!
 ま、マメに……?
 ドジ!ボウルはちゃんと折り返しに指あてて持てって教えたろ!しょうがないでしょっ!濡
れてて滑っちゃったんだもん!中身入ってなかったからいいじゃんよっ!心構えだ、お前には
それが足んねえ。なによ細かいなぁっ!
 ……マメなのだろうけど大丈夫なのかしらね?と、もの思いはでかい音に遮られる。


136 :母きたる ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:17:21.47 ID:JAWmal+b0
 ふたりはシンクをはさんで立ち、手分けして夕食を作りはじめた。
 竜児は白身魚のムニエル、大河はトスドサラダ。手際の差は見れば明白だけれど、せっかく
おふくろさんが上京してきたからにはいいとこ見させてやらねえと、と気を利かせた竜児の方
が大河の進行を見ながら合わせてゆっくりめに進めている。
 サラダのポイントは新鮮な生野菜を使うこと、よく流水で洗ったうえで水気をきっちりと切
ること、ドレッシングで和える前に少量の新鮮なオイルだけで和え、ごく薄い油膜を張って酸
化進行を止めることの三点だ。下ごしらえを済ませたボウルごと冷やしておいて、食べる時に
ドレッシングを添える。
 トスは、大きなボウルでオイルと和えるために二本の木匙でぽいぽい放り上げる動作。
 よく水を切ったちぎりレタス、トマト、キュウリ、茹でブロッコリーなどをトストスしてい
る大河の手つきはおそらく今日が初めてではないだろう。ちぎったり刻んだり茹でたりのぎこ
ちなさに比べて慣れが伺えた。

 余裕も持てるようで、鼻歌までうなりはじめて楽しそう。腰と膝で拍子をとり、竜児を見上
げてにーっと笑いかける。
「へへんどうよ?」「おう周りに飛ばさなくなったな」
 ふっふふーん♪
 地元でも同じようにわたしの隣によく立ってたわね、と。母はいろいろと教えたっけと思い
出した。なにせそのたびに大変だった、覚えの悪い大河の起こす惨事の後始末が。
 40代の自分でさえ花嫁修業なんて古くさいと思う。
 家事と言うのは必要に迫られたそのつど最低限するもので、だから、自分が伝えたわけでも
ないそうした価値観を、よりにもよって高慢でぐうたらで不器用なこの娘が持ち始めているの
を不思議に思っている。

 大河と竜児がいっしょに台所に立ち始めてからまだ数週足らず。
 食事をつくるには、すでに手持ちの食材を把握したうえでなにを食べようと考える。いいも
のを安く買うための情報収集や無駄のない買い物計画、当てが外れたときの仕切り直しも求め
られる。時には献立を根本から、もともと想定していたおかずを食べたい気持ちをいかに逸ら
さないよう他のメニューに替えるか心理を読んだりも。
 いよいよ調理となれば、懸命な姿や得意な技を見て、見せられて、ほめたりけなしたりボケ
ツッコミの応酬をしながら、時に新しいやり方も教わる。じゃれつきながら。
 大河はこれらを楽しいと思う。美味しくて高級な店に連れてってもらうのも嬉しいけど、そ
の倍くらい愉しいと思う。
 早く、安く、美味しく、栄養のバランス良く、そのいちいちにある確かな目的と達成感。竜
児がご飯をつくる気持ちが義務感ではないと分かりかけてきて、それを竜児も嬉しいと思い、
ひとつながりの作業をぜんぶ終えれば、家族そろっての美味しい思いと、腹を満たしていく幸
福の時間が待っている。
 だから、いっしょに料理をつくるのは格別に愉しいことなのだ。

 だから、浮かれてしまうから、下味を付けて粉を振ったおろし身をバターで炒め焼き始めた
竜児も、焼き目を付けて火を弱め、鍋にふたをして手が空くと、傍らの者をちらと見て、腰を
かがめながら何かくだらないことをささやき始めたりしてしまう。
 大河だってそんな気配を向けられれば、手が離せなくても、ん?なになに?などと見上げて
しまう。二言、三言、小声で交わし、くふっと吹いて、肩や肘で小突いて、その行く末がもう
どうしたってこうなるのは当然、仕方ない。
 ちゅっ(はぁと)

 馬鹿な子ねえ、と。大河の母は気配を察していち早く目をそらし、見てないふり。

 ……油断しすぎだった。いくら普段どおりとはいえ、ふたりきりじゃないのを忘れ、既にし
て新婚夫婦のようなこんな背伸びはない。人差し指を立てて口にあてた泰子が、しぃ〜っ、と。
はっとふり返って様子を探る二人の料理人に、半笑いのダブルVサインをこっそり送る。
 見てない。見てないでヤンスよぉ☆はい続けてぇ〜♪
 どっちを?やっちゃん。と微妙な目をした大河はドレッシングを混ぜる。


137 :母きたる ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:18:26.52 ID:JAWmal+b0
 卓袱台の四辺にすべて人が着くという、高須家では祖父母が訪れたとき以外にあまり見られ
ない賑わいの中、ふた組の母子は和やかに食事をした。
 バターの香り立つふわふわムニエルにレモンをキュッとしぼり、良く冷やしたサラダはパリ
パリシャキシャキ、つつーっと滑った、旬のいんげんのみそ汁椀がコツンと漬物の鉢に当たっ
て止まり、高須家家宝のぬか床から出した春カブの白と緑に少しだけ醤油を垂らして、こんぶ
と削り節の自家製佃煮も添えて。肉はないけど文句もない。
 四合炊いたご飯のうち、およそ半分が誰においしく平らげられたかは、言うまでもないこと。

 夜のお仕事用に着替えを済ませた泰子がまた正座をして、ごゆっくりしてくださいと丁寧に
お辞儀をして出かけた。大河の母もお世話になります、と見送った。

 お茶を淹れて、後片付けを大河と共に済ませたあとで、来客のお世話をまかされた竜児は遠
慮がちに大河の母に言う。
「あの。風呂わきましたから、いつでも使って下さい」
「あら。いいのかしら?」
「お客さんが一番風呂に決まってますよ。タオルはあちらにありますからどれでも」
「ありがとう。じゃ、お先にいただきますね」
 来客を浴室に案内して居間に戻り、ふぅーっと息をついてお茶をすする。

 ふと気がついて、なにやら難しい顔の大河にどうした?と訊いてみると、うん、次の一手を
考えてると言う。湯を流す音がざぁーっと聞こえてきて、そうか、この後いよいよ面接なのか
と思うと、竜児にも急に、あらためて緊張が走る。
 しかし次の一手って……今までのところは、なにか手を考えながら動いてたようにはとても
見えなかったけどなあ?とツッコもうとしてやめる。傍目にそうは見えなくてもいろいろ考え
てる(こともある)やつだ。何か(余計なこと)考えてるかもしれねえ。
 そんな目線を送ると、それを見返して難しい顔のまま、大河は独り言のように言う。
「ねえ。この後いっしょに入ってみようか?」
「ばっ……。なに言ってんだお前!?」
 いっしょに入るって、ふふふふ風呂のことか?お前のおふくろさんが上がったあとで?キャ
ッキャウフフな脱がしっこ洗いっこやるって?
 か?

「なんとなくね?『じゃーママ、私たちもお風呂いただきまーす』で通りそうな予感が!」
「通るわけねえだろ?通ったとして『俺らこういう関係です』って見せて何の意味が!」
「ああ〜うん。意味ないっぽい?」
「つか俺がそれは無理だからっ」
「むりか。そっか。……そうよね。神の一手を極めたような気がフッとしたんだけど」
 よく考えたら私もそれ無理っぽい。あんたとふたりきりならともかく。
 よく考えてから言えよ。
「Saiもびっくりだそりゃ」
「じゃあ……そうね?ママが上がったらあんたから先に入って」
 私その間にママ寝かすべく努力をしておくから、と真顔で告げる大河に「うーん」と竜児が
考え込んだ。そして真面目な顔になって言う。
「普通にくつろいで貰えばいいと思うぞ?あんまりよそよそしくても悪くねえ?」
「え……?あんたそう考えてくれんの?なんか緊張してるみたいだったからさ」
「そうだけど……緊張したまんまでいいと思うぜ。それが素なんだろうし」
 俺たち、焦らずにゆっくり幸せになっていけばいいって誓ったろ?偽ってその場限りで切り
抜けるなんてなるべくなしで行こうぜ?そのまんまの俺たちを分かってもらおうぜ。
 な?

 穏やかに竜児が振れば、眉をひそめてくっさ!といつもどおりの反応を大河もする。それで
も神妙にうん、と頷いた。今日この機会にどうしても、という構えは解いたらしい。
「そんならそれでいいや。……布団敷いとこ」
 大河は押し入れから客用布団を出しにかかり、竜児の部屋、泰子の部屋と、それぞれふた組
ずつ敷いた。

138 :母きたる ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:19:27.25 ID:JAWmal+b0
 正確には竜児にくっ付いて歩いて、布団をかかえた脇をつんつんしてみたり、それで頭の上
から投げ落とされて布団蒸しにされてみたり、シーツを張る前に大の字に寝てみたり、しまい
にはまくら投げと、相変わらず難しい顔のまま、敷こうと言ったくせに大河は邪魔ばかり。
 いちいち小言を返しながらも、竜児はふと気づいた。こいつはおふくろさんに、俺とは仲が
いいってところを一番に見てほしいんだろうな。
「お前、おふくろさんとうちに泊まるの、実は楽しんでるだろ?」
「ん?……んー?……ふぇふぇふぇ……♪」
 図星かよ。
 照れ照れに頭をかくふりで、難しそうな表情がふにゃあ、と溶けてゆく。
 こどもか!と内心でツッコみながら見下ろす竜児の頬も緩んできて、いっちょからかってや
ろうかと次の句を告げようとして、ああ、と思いとどまる。
 おかしくねえ。こどもなんだもんな。
 大河は「なによ?悪い?」すぐに不機嫌ツラに戻った。耳まで真っ赤にして。

 しばらくして湯から上がった母に、竜児は軽く冷やしておいた枇杷を勧めておいて入れ替わ
りに入浴するべく風呂場へ向かった。
 枇杷なんて久しぶりねーと言いながら。ああ、そうね。もう五月だもの。旬なのよねと薄い
皮をむいて、あふれ出てくる果汁を行儀悪くすする母は、とても機嫌よく、くつろいでいるよ
うだった。
 大河も気を良くして受け答えなどしながら枇杷に手を伸ばすが、むくのがへたで手を汁だら
けにしてしまう。ぽたぽた卓袱台にこぼしてしまうのを見かねた母が、もったいない、と睨み
つけ、そうして、むいたそばから口つけて汁をすするのよ。と食べ方を教えてくれる。
 どうしても行儀よく食べられないから、なんだかこどもか年配の人しか食べない印象で、旬
だから出回っているのを見てもあんまり手が出ないけど、と前置いて。
「思い出して食べてみると、いつも沁み入るように……優しい味なのよね」
 ぽつり、感想を。

「うーん。なんかよくわかんない。そこそこ美味しいとは思うけど」
「あんたの齢なら別にわかんなくてもいいのよ」
 他に美味しいものはいくらでも手に入るんだしね、今時は。と誰にともなく呟いて。
「……ところで、いっしょに入らないの?」
「へ?なななななにをっ?」
「お母さんてっきりそうするのかなあと思っていたのに」
 お風呂っ!?まさか風呂のことっ?
 クチを△な形にして返す言葉を失った娘に、馬鹿ね冗談にきまってるでしょうと珍しく軽口
を叩いて、ふん、とひとつ得意げに笑う。
 このうちには、食器もカップも歯ブラシもきちんと大河の分が備えてあった。ごく当たり前
のように、泰子と竜児のものらしきそれらと並んで。そればかりかシャンプーやリンス、ヘア
ブラシ、タオル、着替えにいたるまで大河専用と思しきものがどこにでも、隠そうともせずい
たるところに置いてあった。

 やがて竜児が上がる。
 枇杷ごちそうさまーと竜児にも笑みを見せ、他愛ない世間話をする母を横目に見て、代って
大河が入浴しに立った。
 居間に残された母は、竜児になにか探りを入れるふうでもなく、大橋と地元の気候の違いと
か、旬の食べ物なんかの話。それから、竜児が知らない、子供の時の大河がどんな子だったの
かをのんびりと話してくれた。竜児も、母が知らない期間の大河の話を、聞こえが悪くないも
のを慎重にえらんで話した。
 いっしょにご飯を食べ、入浴も済ませて眠くなるまでのひと時という、ほぐれた空気も助け
てくれたのだろう。くち下手な竜児にもほとんど緊張感は生まれない。もっと性格のきつそう
な人かという印象があったけど、落ち着いて話してみると大河のお母さんなのだし、近しくな
れば優しい人なのかもしれない。


139 :母きたる ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:20:25.74 ID:JAWmal+b0
 大河が長い髪を拭きながらパジャマ姿で戻って来たときには、母と竜児が、よりにもよって
自分のドジエピソードをネタにそこそこ盛り上がっているところだった。共通の話題はそれし
かないわけだが、だからといって。
 そんな話すんなあっ!と、もちろん割り込んで抗議。
 仕返しのつもりで、竜児が教室に炊飯器を持っていき炊き込みご飯を調理して担任にバレ、
大河ともども昼飯抜きになった実話をマシンガントークで暴露すれば、なぜそんな行為に及ん
だかそもそものところから竜児が間延びした声で弁明を始める。
 これは大河の母にはもろにツボだったらしく、はしたなく声を上げて笑われた。
 事件の動機と真相は大河自身にも初耳だった。いくら問い詰めても教えてもらえなかったこ
とがやっと分かって「嫉妬か?やきもちか?たかがお弁当のおかずでっ!」と、こちらはこち
らで吹き出てしまう。
 そっくりだ。母娘の笑い声を聞いて、区別がつかねえな、と竜児は思った。
 笑いながら髪を拭き終わって、側にてこてこ歩いてきて、背を向けて座る大河に、竜児はド
ライヤーとブラシを渡して知らん顔。ああそうか、と自分で乾かし始めたところで母にやって
あげると言われ、微妙な面持ちでドライヤーを渡した。


 母子ごとに部屋を分かれて引っ込んだ深夜のこと。
 大河の母はなかなか寝付けず、枕が違うせいかしらと思っていた。しきりに寝返りを打って
いると隣ですうすう爆睡していた大河がむくり。するりと抜け出すとふすまを開けて、目を擦
りながら開けっ放しで出て行った。
 ぺったぺった立てる足音から察するに、只の用足しらしい。
 深夜の2DKに、流す水音がやけに大きく響いて、またぺったぺったと半分眠っている足音
が近づいてくる。すうっとふすまを開ける音がして――。ごそごそ。うう〜ん。

 開ける音?
 母はややあって目を開く。閉める音じゃなくて?
 首を伸ばして見れば、自分が寝ている泰子の部屋のふすまは半開きのまま。隣の掛け布団は
トンネル状のアーチを描いてぽっかりと留守中のまま。
 ……まあ、要するに寝ぼけて。たぶんいつものように、習慣で、すいっと高須君の部屋に入
っちゃったということね。まったく……節度もヘッタクレもないもんだわ。あんなに好きあっ
ているなら、もうしょうがないことだけど。
 母親としては、それは気にかかる。目の前でサカられてはいたたまれない。けしからんと言
う以前にこっちの方が恥ずかしくなるし、妊娠も心配、複雑だ。
 ところが、いつまで経ってもそれらしい雰囲気は漂ってこない。それはそうか。いくらなん
でも親が来ているところでそんなことしないわよね。寝るだけか。寝ぼけて……それはそれで
恥ずかしいけど。
 ああ〜、あんな寝起きの悪い子に産むんじゃなかった!などと無茶なことを思いながら他に
どうすることもできず、布団を這い出てふすまを閉め、悩まないことにした。

 うとうと……として、はっと意識が戻っては耳をすまし、またうとうと……。そんな繰り返
しで夜は更けていった。何度目かの覚醒をしたときに玄関が開いた物音を聞き、泰子が帰宅し
たのを知る。もう午前3時過ぎか、とぼんやり思う。
 ありゃぁ〜☆という小さな声が聞こえた。
 しばらく経っても、気にすまい、寝よう、と思うほどに目が冴えてきてしまう。そんなわけ
でもういちど布団を這い出して、そぉ〜っと居間へ出てみたのだった。
 卓袱台越しに、向かいが竜児の部屋。
 ふすまが開けっぱなしの六畳間。
 灯りはないが暗闇と言うわけではない。北側の路地に面した台所の窓を通して、すぐ外にあ
る街路灯から居間へと差し込んでいて、ここはそれなりの明るさ。ふすまが開いてさえいれば、
それは寝ている部屋まで届いている。
 大河の母は卓袱台に肘をついて向かいの部屋を覗きこんだ。思わずあらと小さく声が漏れそ
うになった。


140 :母きたる ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:22:21.02 ID:JAWmal+b0
 竜児の部屋いっぱいに、ふた組敷かれた布団の一方には泰子が倒れ込んでいて、もう片方で
眠っている竜児は寝相が良く、ふたりの間に大河が潜り込んでいた。川の字に並んでいるとこ
ろは本当の親子のように見えた。
 長い髪をシーツの上に散らしながら伸びている娘がとても小さい。
 アバウトなうちねえと思う。まあよくも、聞いた限りでは一年近くも、これで男女の関係に
ならないでいたものと変な感心もする。
 ただそれよりも先に思い出した。
 人一倍寂しんぼうのくせに、差し伸ばされた手は、こどもじゃないからと払いのける。よー
く見て、油断しているときを見つけて優しくしてやらないと受け入れない。気難しく、はねっ
返りの、細かいことをクヨクヨ気にする娘。
 どれだけ見てもらえて、どれだけ大切に可愛がられてきたのだろう。わたしも逢坂も半ばま
でしか与えなかったものを、このうちで、どのくらいもらえたのだろう。こどものまま居させ
てもらえたのだろう。
 夕食後に出してもらった、枇杷の味を思い起こした。
 派手さはなく、普段は忘れていても、食べてみればほっとするような味。泰子さんにも、竜
児君にも、そんな沁み入るようなところがあるのだろうという気がした。
 産みの親として、だから、取られてしまったのだと思う。我欲で手を離してしまったゆえに
受ける罰と、また向き合わされる苦しみ。

 それは、そんなには長く続かない。
 大河が身体を縮めながらもぞもぞと寝返りをうち、少し寒いのか、竜児の胸元へ吸い込まれ
るように顔を埋める。
 ん〜。ふ〜。と長い息をついているその姿は親を求めて身を寄せる仔猫のよう。父や母に縋
りついて眠る子。あるいはひっ付きあって温みを分け合う幼いきょうだいのよう。
 けれどそれは、傍らの男が次に寝返りを打つまでのことだ。
 その手は当たり前のように小さな肩を抱き、乱れ散らばる髪の間に差し込まれるだろう。
 眠りから覚めないままでも、すでに何度もなじんだ温度と匂い、互いに触れ合った記憶を得
ているから、それが安息を妨げないほど心地良いと、もう知っているから。
 もう……こどもじゃないから。
 卓袱台についていた頬杖を解いて、座ったままでしばらく伏し、顔をあげて、また大河を眺
める。薄明かりに照らし出された寝顔の安らかさを。それは自分もよく覚えている貌……。
 これでいいのだ。もうとっくに嫁いでいた、それで。

 元の布団に戻った。
 今度は程なくして、すっと、眠りにつけた。

 ぶぁさっっと物音がして。
 なにか低く言い合う声がする。かすかにすり足の音がして、それからがつんと何かぶつかる
音。声を殺して痛がる気配がしばらく続いて、やがてふすまが細めに開けられて、様子をうか
がっている。
 細目を開けて見れば、窓にはうっすらと朝が訪れる色。
 大人に半分だけ頭を突っ込んだ娘は、すーーっとふすまを開けて身体を滑り込ませて、後ろ
手に閉める。背を向けている隣にそっと歩み寄って、息をひそめて潜り込もうとする。
 見えてなくても全部分かる。
 少しずつ可笑しくなってきてしまって、わたしは堪え切れなくなった。
「長いトイレね。寝ぼけ娘」
 小さくささやくと、びくっとして。
「な……ほんとに寝ぼけていただけなんだから。なんにも……」
 寝返りをうって。
「どっちでもいいのよ、そんなこと」
 娘に向き直り、ほら、と手を差し出す。一度は諦めて棄てたこの子をまた抱ける。取られた
なんて思っては罰が当たる。かあっと胸元で熱くなっていくのを感じながら、これでいいとま
た思う。
 ――いい人を、見つけたの? ――お嫁に、いくの?
 訊くまでもない。
「よかったね」
「……うん」
 もうすぐ夜が明けて朝が来る。それまで。

141 :母きたる ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:24:23.68 ID:AKVkE6rX0

****

「あ、お早うございます」
「お早う。竜児君……って名前で呼んでもいいかしら?」
「あ、どうぞ。大河も最初に逢った日に俺のこと名前で呼びましたから」
「あらそう。……そうなのよ。うちの家系って気易いのか、ちょっと礼儀知らずなのよね」
「は、はあ。気易い……っすか」
 確かにそうかも知れない。初めて訪れた家の台所をあちこち漁って勝手に朝食を作っている
くらいだから。こういう物怖じしないところは連綿と受け継がれているのだろう。
「あの、お客さんに働かせるのも悪いんで、座っていてもらえれば」
「汁だけもう終わるわ。味加減は竜児君にやってもらおうとまだだから、お願いね」
「は、はあ」
 おたまを竜児に渡して、隙もないほど身支度を済ませた大河の母は数歩、居間に戻って行儀
よく座る。まだ大河が起き出すには早いし、味噌を溶くのはあとでやろうと思った竜児は、お
茶の支度に移る。朝いちだから茶菓子は要らないか?そうだな……と考えて小皿に塩昆布を出
してみた。

「あら気をつかってもらって。……お茶うけに塩昆布はいいわよね」
「母の実家で、祖母に教わったんです。地味だけど美味しいですよね」
「うん。行儀悪いけど、おせんべバリバリより健康的よね。塩分だけ注意すれば」
 確かに気易くて昨夜より格段に柔らかな印象を受ける。
 大河と見た目で似ているのは髪の色合いくらいで、他は一度逢った父親の方が似ていると思
っていたのだが、声の調子とか、雰囲気の変わりようなんかは、この人の方がずっと似ている。
 だったら、きっと、よそよそしくしない方がずっといいはずだ。
「あの、これ見て下さい」
 竜児は、自らの指のリングを目の前に差し出し、見せた。先月、大河の誕生日に交換した安
物だけどふたりで結婚を誓い合ったしるしだ。
「お嬢さんと……大河と交換しました。がんばっていっしょに大人になって、結婚しようって
約束しました」
 認めてほしい、祝福してほしい。一気にそう言ってしまいたかった。
 けれど詰まってしまう。今は、社会的にまだ何者でもない自分がもどかしくて、後の句を継
げなくなってしまう。

「竜児君、大河と同じ齢よね?一年待てば二十歳でしょ」
 眼鏡の奥で、釣り上がった眼をふっと和らげて、母は助け舟を出すことにしたようだ。
「来年も貴方の気持ちが変わらなかったら、入籍したらいい。大河は変わんないだろうし」
「え?……えっ?」
「知ってると思うけど……わたしは血がつながってるだけで、扶養者ではあっても戸籍上は親
じゃないのよ。あの子は逢坂の娘で、逢坂夫婦は行方不明だから、事実上はあの子が筆頭者と
言っていい。結婚相手を自分の意思だけで決めても文句を言える筋合いの者は誰もいない。成
人すればなおさらね。それに……」
 定番通りのアクション。お茶をずずっとすすって、ひと呼吸置いて。
「わたし、15歳から18歳まで、あの子が何を考えてどう生きてきたか、知らないのよ。貴方は
それをわたしよりも知ってるでしょう?」
「そ、そうですけど……」

「会ったばかりで、結婚したいと言ったら何のダメも出さないのは逆に不安?」
「そうですね……こんなこと言っちゃ失礼ですけど、本当に仲を取り戻したのかが少し心配に
なってきます」
「はっきり言うのね。大河はわたしが知らない間に知らない子に育っていた。それはたぶん貴
方に逢ったからで、リセットして戻すことはもうできない」
「はあ……」
「だからね。世間一般で言うお母さんとこどもの仲、ということならもう取り戻せないの。空
白の間を、あの子もそうだろうし、わたしにも埋めることはできない」
「そう……ですか。そうか……」

142 :母きたる ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:26:00.80 ID:AKVkE6rX0
「でもね。埋める必要はないのよ。いろいろあって18歳からまたわたしの娘になった。ゆくゆ
くは結婚したい人がいると言っていて、その判断が呆れるほど馬鹿言ってるんじゃなければそ
れでいいってこと」
 言っていることは竜児にも分かったし、筋も通っていると思ったけど、やっぱりドライにす
ぎるような気がした。大河にもそういう一面があったけど本心は……と考えが至る。
 そうだ、このお母さんと大河は性格がよく似ているんだった。“大河ちゃんのぉ〜言うこと
はぁ〜いつも逆のことだよぉ〜☆”泰子の声が蘇ってくる。娘が心配で、相手を見ようと思わ
なければそもそも遠いここまで来やしない。

 じゃあ、とりあえずは、認めてもらえたのか?という顔に竜児がなったのを見透かされたの
だろう。ふふん♪とひとつ微笑んでたたみかけられた。
「親子の間まで気にしてくれて本当にありがとう。でも、産みの母としては、貴方のこと男性
として品定めはします。見させてもらって、いっしょになったら不幸になりそうと思えたら、
それはもちろん大河に吹き込むわ。遠慮なく、ね」
 まあでもそれは全部これからの話ですし、もしそうであっても貴方と大河の判断の方が先に
立つものというのは変わらないわ。
 だから後は貴方の方の親御さんと話してみてくださいな。

 ややこしいのにずいぶん簡潔な話だった。いつしか優しい目をしてくれるのを、竜児は確か
に見た。世間体が一番大事な人なんだと聞いた記憶とはずいぶん違う。かと言って長年見てき
た大河の評が嘘、とも思えない。
 つまり人というのはいくつになってもいろんな面をもっていたり、隠していたり。変わった
りもするのだろう。
「あとね、竜児君。今は好きかも知れないけど、好きになってべったりしているうちにいろい
ろ分かってきてウンザリ、っていうのはね、まあ〜よくあることよ。あの子ってひどい癇癪持
ちだし、こんな筈じゃなかった、って言うのも、ま、少し考えておいて♪」
 眼鏡をかけ直しながら、意地悪そうな、嬲るような言い方をする。
 調子に乗るのも遺伝なんだろうか、と竜児は思った。ここまで似てたら嫌いあっても不思議
はないような気がしてきた。俺だって、もし泰子が俺と同程度に神経質だったら心休まらなか
ったかもしれない。面と向かってそんな感想をとても言えないが……。

「もうあの子にはみっともなく振られてもスゴスゴ帰る家があるんだから、何の心配も要りま
せん。ウザくなってしまったら遠慮なく……」
「どぅわーおぉっっ!!」
 でえんっ!と泰子部屋のふすまが開けられて、パジャマ姿のまま、寝癖もわもわのままの大
河が這い出てきた。さっきからやりとりを聞いていたのかもしれない。
「ちょっとぉっ!ママのくせになんてこと言うのよっ!せっかくよ、よぉっ、お嫁に貰ってく
れるって言ってる人にっ」
「あら聞いてたの。ほらねえ?竜児君。すっごい癇癪でしょー?小さい頃はなんですぐこんな
にキレるのか、何か栄養が足りてないのかって、ものすごく心配したんですよ」
「あー、分かります分かります。大喰らいなのに好き嫌い多いですよねえ、大河って」
「は、は、話を聞けぇっ!あんたも尻馬に乗るなっ!」
「なによ?行儀悪いからひと指しちゃだめでしょう」
「こ……これ。先月誕生日に竜児からもらったの。お嫁にいく約束……したの」
「あらそう。良かったわね。ちゃんとお礼言っときなさい」
「なにそれっ!?なんか近所のおばさんにお菓子もらったみたいにっ!」
「だってさっきそれの話し、竜児君と長々済ましちゃったし、聞いてたんでしょあんたも」
「……聞いてはいたけどさ。なんか感動薄いっぽい……」

「あんたは感動なんかしてる余裕なんてないのよ?聞いた通りわたしには道義的な報告だけす
れば済むけど、陸郎さんにも夕さんにも婚姻を認めない法的な権利があるんだから。来年まで」
「……分かってる。それは調べた」
「借金踏み倒して逃げてるからそうそう出ては来れないだろうけど、あんたには逢いに来ても
不思議ないんだから……竜児君は、逢坂の件はご存知?」
「だいたいは聞いてます」
「そう。じゃ、癇癪の他にもこの子には父親のゴタゴタも付いてます。これはおカネの話にな
るし、根深いかもしれない。いざとなったらわたしも知らん顔はしませんし、相続の放棄とか
手段もありますけど、全然いいとこの箱入り娘なんかじゃないわ」

143 :母きたる ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:28:05.07 ID:AKVkE6rX0
「はい。全部、こいつといっしょに乗り越えるつもりです。みんなと幸せになるように」
「ふふっ。良かったじゃない大河。いつも言ってた通りね。“こういう人”なのね」
「そ、そう。そうなのよ」
「じっくり感動したいなら来年ね。二人とも二十歳になって、いっしょに暮らすのは先でも法
的な世帯となって、権利を保障されて。そこが一里塚になるんじゃないかしら」

「さぁ〜んせ〜えぃ☆」
 反対側の、竜児の部屋のふすまががらっ☆と開けられ、仕事着のままメイクも落とさない泰
子が這い出てきた。こっちも珍しく朝っぱらから目覚めていて、話を立ち聞き……いやたぶん
寝っ転がり聞きしてたのだろう。
「そうそう!式とか披露宴とかは余裕が出来たらでいいんだよぉ☆」
「おわっ!!!!そんなカッコで出てくんな!息子が嫁取りしてる大事な場面なんだぞ」
「あ〜いやいやいや〜ん☆だーいじょーぶだよー。大河ちゃんのお母さん、いい人だからあ」
「ふふふ。恐れ入ります泰子さん。おはようございます」
「はい。おはようございまぁす。大河ちゃんを大切にいただきまーす」
「いえいえ。ふつつかもので至らぬと思いますから、遠慮なく叱ってくださいまし」
「出来婚だけは避けたいですよねえ〜☆」
「まあ、本人が恥ずかしいばっかりですからねえ」
 またも交互に畳に指をついて深々と頭を下げあっている母親同士。その雰囲気が昨夜より打
ち解けているのは気のせいではないだろう。てか、出来婚って?気が早えぇ!泰子が言うな!

 なんてホームドラマになっちまったんだ、と可笑しくなりながらも、竜児はいつのまにか傍
らに寄り添っている大河に、こつん、と頭突きをして言う。
「みんな起きちまったな。じゃ、朝飯のしたくだな?」
「あ、そうね。出来婚の前にご飯だよね」
「あほか。じゃあお前の得意のアレ。『うまい目玉焼き、また作ってくれよ』!」
「ふふん♪もうホントに得意だもんね」
「おう」

 休日の朝、居間で話し込む親同士を置いてふたりはまた台所に立つ。
 今日は4人で、口実に過ぎなかった東京の観光に出かけてみたらいいんじゃないか。どこだ
っていいし、少しの時間でいい。そうすれば幸せな家族の思い出を、ひとつ作れる。
 竜児はそんなことを思いついて、冷蔵庫から卵を取り出している大河と目を合わせる。きっ
とお前もそれはいいって賛成してくれるだろう?
「入籍……ニューセキかあ〜。来年、竜児の誕生日……えへっ。出来婚。えへへっ」
「おいおい上の空だと、焦がすぞ」
 いっしょにご飯をつくる。
 それは自分が竜児のもとへお嫁に行って、かいがいしく世話してやったり、してもらったり
と想像していたことなんかよりずっと楽しい。失敗だらけで、ばかだなあと言われ、なによと
言い返し。得意げに手本を見せられてすごいと思い、チクショウ偉そうにと思う。そうして出
来たご飯を美味しいと思う。
 想像じゃない、竜児と手を携えて新しい毎日を暮らして行くというのは、きっと全部こうい
うことなんだ。
 そうしてそれは、ご飯だけのことじゃない……きっと。
「その前にこども、出来ちゃったりしてね♪」
「ばか言え、そんなダラシねえこと……と言いたいところだけどよ、もし」
 味噌を溶きいれながら、嬉しそうな竜児の目を。
「そうなっても俺は受け入れるからな。今から保証しておくよ」
「うん……生まれてきて」
 卵をカツン、と油を敷いた鍋に割り入れながら大河は見上げて。
 笑みをいっぱいに湛えた鳶色の大きな瞳に、何の翳りもない。
「私、生まれてきて、良かったよ?」

 近頃いつもいつも、そう思ってるけどね。と。照れくさそうに付け足した。


――END


144 : ◆0/FKyHtS2M :2011/07/22(金) 19:37:03.29 ID:JAWmal+b0
以上です。
大河の母ちゃんてプライド高いのに先に陸郎に嫌われちゃったから意固地になったみたいな印象で。
しかし名前がないのは書きづらいです。

ではパン(ツ)祭りに復帰いたしましょう。
↓テーマソングはやっぱり『岬めぐり』ですかねw

ttp://www.youtube.com/watch?v=t21jLhpwAc8


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 23:59:16.33 ID:i3W56bPa0
>>144
GJ!!
確実にオレンジ色に染まりつつある
かわゆい大河を堪能させていただきました〜

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 21:58:04.93 ID:9M5ZWDUJ0
ほうたる×えるを書いているんだが、奉太郎が延々くどい語りをするばかりで、
いっこうにエロくならない。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 22:55:25.52 ID:9M5ZWDUJ0
すまん、誤爆した orz

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 23:33:33.12 ID:sx/z4GR40
>>144
GJです!望む未来に前進している様子がたまらない
いくつになっても人は変われる、優しい視点が正にとらドラの世界観だ
すっかり竜虎の生活スタイルが馴染みきっていて和むし、日常的イチャイチャが可愛いしでムハー
やっぱり竜児が先に起きて慌てふためいたのかなw
幸福感に胸が締めつけられるラスト…大河の溢れる笑顔が浮かぶようで、
今なら大河も、竜児も、心からそう思えるんだろうな…
あたたかいお話を有難うございます

>>146
よねぽ好き同士がいるとは嬉しいw

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 23:57:36.61 ID:Z5r6IudO0
>>144
氏が竜児と同じくらい大河を愛しているのが伝わってきました。
結婚へのラスボス(?)である大河の母親に認めて貰えたなら『みんな幸せ』の未来もそう遠くはなさそう。
今後の展開にも期待しています。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 22:26:51.84 ID:wbRaHlyS0
未完の作品を投下した職人さんで、また書きたいと思っている人が居るなら、
いまさら……と思わずに投下して欲しいな。
読む側はまとめサイトなり過去スレなり見に行けば空白を埋められるわけだし。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 00:51:18.59 ID:N1NbJJt70
個人的に竜虎がプールに行く話の続きみたいなあ
あんまりそーゆうこと言わないほうがいいか
ただいつまでも待ってます
それだけ言いたかった

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 19:45:42.72 ID:FEGbAaeN0
>>92
亀レスですみません。>>90でMADのうpを告知させていただいた者です。
ご感想いただきありがとうございました。
先週ゆっくり見直してみたらエンコ等いろいろミスしておりましてorz
やり直しましたが、別途上げ直すのは何か気が引けるので、本来はこの形にしたかったものを某あぷろだに置かせても

らいました。
80MBほどになりますが、もし宜しければ。
ttp://up.87op.com/getfile.php?md5=d24510d5c25e0a0667dbff08a0120131&ls=upp

こうしたものがお嫌いな方にはお詫び申し上げます。どうかご容赦下さい。


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 23:03:17.98 ID:U1CoYGf50
竜虎の夏休みギシアンはまだですか

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 22:09:24.62 ID:4kh+7Zm+0
原作はやってない派だが
そうなると高三時の夏休みあたりは一つの山場だな

一向にその気を見せない竜児に痺れを切らした大河が襲い掛かるか
「大好き♪」と連日ささやき続けられて竜児が我慢できなくなるか

さあどっちだw

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 23:06:51.19 ID:AzgGJ5D20
やってない派なのに山場を想定するのかと小一時間w

原作の流れで駆け落ち時になにもなければ高校在学中に一線は越えない気がするよ。
竜児が慌てるのを面白がって挑発はしながら、実は大河は淡白と想定してみる。
なぜかと言うと、あまり乗り気でない大河をやるき十分な竜児が迫る方が燃えるからだ!

「だとさ、大河」
「なっ、なんのこと?」
「お前のおふくろさんもめでたく結婚したようだし、そろそろ俺たちも……」
 ttp://blog.excite.co.jp/fuyuka-ooura/16644074/
「中の人の話じゃないの」
「ちなみにボイスサンプルはここだ。結構芸達者な人だな」
 ttp://across-ent.com/profile/of.php
「お母さん役多いよね」
「というわけでそろそろ……」
「しつこいっての。そういうのはももっとムードのあるところで」

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 04:36:23.32 ID:MrYmbEmf0
>>155
同意せざるを得ない
橋の上といい実家といい、竜児は足りない足りないと葛藤が半端なかったからなw
大河はぎゅっと抱き合うだけですごい幸せ感じそう

>>152
乙乙!

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 09:50:33.05 ID:j75FZMO60
性欲と愛情と倫理観絶大な竜児はやりたい気まんまん!
淡白な大河はイチャイチャしたい気だけまんまん!
   ↓
イチャイチャしまくる竜虎(1
   ↓
大河は竜児が喜ぶならという動機で原則OKだがそれを察知すると竜児は一線を越えない
   ↓
さらに暑苦しくイチャイチャしまくる竜虎(2
   ↓
だけどいつかは誰かが見つける(3
   ↓
経験してしまった大河は掌を返してやる気まんまん!(4
   ↓
スケベ虎誕生
   ↓
竜児が淡白に!
   ↓
新プレイ導入(5
   ↓
(4に戻って以下ループ


3が高三の夏休みに訪れたら受験期はお互い大変だなあw

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 22:38:24.46 ID:uZDi5F350
どっちかが泣き出すまで
くすぐりプレイとかさせてみたい

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 23:03:48.78 ID:zTuH/X9lO
大河「うひゃひゃひゃひゃ///やめっ、苦し…、死ぬうううぅぅ!死んじゃう!!

……うっ……っふ……ううぅ……も……やめ……ヒック」

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 02:04:38.99 ID:753XB9nD0
ご臨終です

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 21:25:56.97 ID:kPumKTbz0
おいw

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 22:51:16.68 ID:FiBVDMm50
そういや竜児と大河が事に及ぼうとして、大河が竜児の高須棒にゴムをかぶせようとしたらあまり強く被せすぎてゴムが貫通する4コマ漫画があった気がする…。

>>158
いや、SMプレイこそ至高であり常套…、あ、もうやってたかこのバカップルは…。

>>155
まあいい加減に釘宮さんも間島さんも嫁や婿に行ってもいいはずなんだがな…。
間島さんはちょっと変態紳士が入ってるけど、特技が竜児と一緒だから基本的に優良物件なのに…。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 22:53:30.08 ID:a70EIrGp0
マジーは顔は少し残念だがしっかり女心を掴みそうなタイプだよな
逆に釘はあまり家事とかしなそうなイメージなんだが、年もアレだし大丈夫かなw

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 00:30:29.22 ID:xxsKXqOO0
釘本人も自炊とか全くやらないって自分で言っちゃうくらいだからね…

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 08:12:11.93 ID:HYWmwCkM0
>>158
一本の筆から始まるアメージングストーリーかw

>>162
『幸福屋の幸福論』2008/11/24付に掲載されたイラスト……かな?
この人の描く竜児は色気があって見た目でも惚れられそうな印象を受ける

166 :まとめ人 ◆SRBwYxZ8yY :2011/07/30(土) 17:27:44.04 ID:cpUiFE4N0
まとめサイト更新しました!

とらドラ!のブルーレイは今年中に発売する予定とか、
新作アニメは長井監督&マリーのコンビで丸々1話分だとか
オラわくわくしてきたぞ!

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 18:46:11.22 ID:puYeXlNB0
まとめ乙です。
いつもながら見やすく丁寧で素晴らしい。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 21:48:31.10 ID:QDDce9jS0
まとめ乙です!

BDはゆゆぽの書き下ろしはつくのかなー
今度こそ完全な後日談竜虎が読みたい

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 23:41:05.15 ID:TqCjmtKGO
>ブルーレイは今年中に発売する予定

本当ですか!公式の発表があったのかな?


うおぁぁぁああああああ み な ぎ っ て き た !!!!

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 23:41:27.94 ID:quMT1upN0
             /  : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ \
               /   : : : :/: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :!: : :\
.             ,′: : : : :/: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :|: : : : :ヽ
           |: : : : : :/: : : : : : : : : /: : : /.: : : : : : : : : :,' : : : : : :!
           | : : : : ,': : : : : : : : : : : : : : {: :∧: : : : : :_/| : l: : : : |
           |: : : : :l: : : : : : : : : :,': : :/|⌒ハ: : : : :厶|、/: : : :│  更新の作業お疲れ様。いつもありがとね!
           |: : : : :|: : : :{: : : : : :i: :ィ=≠ゥミ }: : :イ!::j}ハ: : : : ,   お礼にキスしてあげる。竜児には内緒だよ?
           |: : : :八l: : : : : : : : :{Y!{!.::::jト} `j:/ Vソ リ : /:/
           |: : : : : :|.: : : : : : : :.丶弋うソ     、 ´厶イ:/
           |: : /: : :|: : : : : : : \: : \          j |/
           /: :/: : : :'. : :∧: : : : : ヽ ̄    t. フ _ イ
             //: : : : :ハ: |: :\: : : : : \   __   /∨
         /: : : : : : : j/\: : : \: : : : : \:.ハ ̄ : : :.:|
        /: : : : : : :/: : : : : : : : :/\: : : : : \ハ: : : : :│
       /: : : : : : :/ : : : : : : : : : />‐ヘ: : : : : ヽ|: : : : :|
.    /: : : : : : :/ : : : : : : : : : : :/     `丶: : : ヽ : :│
    /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :.:/       ⌒\: : :i: : :|

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/31(日) 00:05:54.03 ID:iBcOLQJf0
       __
     . ´  `ス
     イ ィ从ソ从ゝ
     ヘ(!Φ_Φノ゙  ……
     /i  l:=ト、
     `ノ_.入_ゝ'
      |_lハ_l|

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/31(日) 00:12:26.03 ID:iBcOLQJf0
あ、まとめ乙っす!
いつも有り難いです。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/31(日) 11:00:10.94 ID:+4i1i6l90
>>171
高っちゃぁん、まとめ人さんにキスして回収して来りゃいいじゃまいかー。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/31(日) 16:23:13.07 ID:hXViLRsF0
>>155
母トラ大浦さんだったのか。あの花でも大原さんと母ちゃんコンビやってたな。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 22:41:43.80 ID:X6J198OM0
>>163 >>164
完全にキャラと一致じゃねえかw
そういや今日半蔵門線内でとらドラ!を図書館から借りて読んでる人(30〜40代のおじさん)が居たがここのスレ住人か?



176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 23:10:01.43 ID:zsVM2OLj0
ここのスレ住人なら原作を3セットほど本棚に並べてるよ
ソースは俺
来年にはBD-BOXも2セット並ぶ

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 23:30:39.87 ID:Y1diu/h60
とらドラ!アニメはキャストの声の芝居がとても良かったなあ。
堀江さんの実乃梨だけ浮くんじゃないかなと思ってたけど、実乃梨のキャラに合った
いい浮き具合で終盤にはぴったりはまった感じ。

後から原作読んで、竜児の台詞はマジーで読めても、大河はくぎゅ声にどうしてもならない。
なんだろ?強いて言えば巻ごとに大河の声っていろいろな印象がする。
例えば3巻まではくぎゅでいいんだけど、とらドラ!の声じゃなくてルイズって思うし、
4巻(別荘旅行)だと唐突に木原を演った野中さんの声がしっくりするなと思ったりした。
後半になると声の印象って浮かばなくなってきて、ああ、大河複雑だなーと思うんだよね。
その辺も面白いなって思う。
アニメより先に原作読んだ人には声のモデルってひとつに想像できたのかな。

でもなぜかスピンオフの大河は全部アニメ通りのロートーンなくぎゅ声ですんなり再生されるんだよな。
ニセとらとかなつやすみとかイモ掘りとかね。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 23:57:00.04 ID:MmOC8sW/0
>>175
大河は好きな人を喜ばせたいタイプだからね
家事も覚えるさ

大河が竜児に弁当を、な本編と逆シチュに最高に萌えるんだが
溶かして固めるだけのチョコを巌にしてしまう大河だ、高三の間にそこまで上達できるのかという疑問はあるw

>>177
原作から入ったけど、やっぱり違和感はあったな
今も原作読んでるときにアニメ版キャストで再生されたりはしないなぁ

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 00:05:19.17 ID:FxHKB3++0
ドラマCDだけど竜児におかゆという名の何かを傷だらけになりながら作ってあげてたなあ

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 22:32:50.08 ID:q/pTRvCa0
>>175
胸はあるがOPPAIがないところも…あれ、窓開けてたっけ……!?


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 23:08:29.88 ID:ovra6Zvj0
Pの100点エンドの三つ子の名前考えた
一卵性の男二人と女一人の場合

竜大(タツヒロ)
河児(コウジ)
竜河(リュウカ)このスレ的にはルカ?

・ドジっ娘の妹を両脇からフォローする兄達
・時々、夜中にリビングで致している両親に遭遇してしまうのが悩み

という妄想設定だw

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 23:59:19.11 ID:mlK2KvSxO
うおおパンツの日にパンツ話が間に合わないうおお不覚

>>166
まとめ人さまありがとうございます!
気の利いたタイトルをつけて貰えてめちゃめちゃ嬉しいっす。励みになります!

>>181
YOUそれで小話書いちゃいなYO!
意外と癖になるぜ…ふへへ…

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 00:40:15.95 ID:k9gJojnh0
>>180
真剣白刃捕りできたんだろうか。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 01:11:26.08 ID:jiLiUzWH0
>>182
ぱんつ!ぱんつ!
いつでもウェルカムですよ!

185 : ◆0/FKyHtS2M :2011/08/03(水) 17:18:55.39 ID:3rGxC3Bi0
忍法帖罠のため新避難所にエロなしぱんつ投稿しました!
よろしかったら晩のオカズに、違う、晩酌のお供にしてやってつかあさい!

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 23:55:04.54 ID:Cj0vNiXk0
>>185
GJGJ!
竜児の熱意に和んだww
可愛い彼女のパンツを前にしちゃ無理もないな!
ほのぼのあまあま最高です

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 23:57:40.92 ID:/phGC7qi0
OVAは丸々一話分か
これは期待せざるを得ない
竜虎のじゃれ合いを!
大河の艶ボイスを!

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 00:42:28.26 ID:q8hz5D6L0
艶ボイスの例
「ねえ竜児ぃん、プリン。ねえ、プリンはぁ?」
「おまえはナインだろうが」
「!!」

あ、竜児やべえw

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 22:06:29.76 ID:jcj5XG3b0
    _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)   ←大河
  ⊂彡☆))Д´) ←竜児&>>188

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 18:46:59.61 ID:xwibvmOV0
>>189
こらw
竜児は良いとしても俺は大河に殴られ慣れてないから痛えよw
あとせめてAAで。こんな↓のとかで頼む。

               ,. -‐ '⌒\
       ____/           \/⌒\
      /                  \  人__
     /         /      ___∨   }
     |     ヽ  /   ,. :<´: : : : : : :!: :\  !/
     {  ____|,/  /: : : : :.!: : : : : : : :.|: : : :\ト、
     !イ    n| /: : : : :/: ∧: : : : : : : |ヽ: : : :.| .}
     V   _r' ∨: : : : :./ \ ヽ: : : : : :.レ |: :|: :|/
      |  く    V: : : / ⌒ヾヽ |/ !: :イ⌒ヽ: |: ハ
     /   \   }: :|/   ヒリ   |/ ヒリ 〉!: : >
     /    i   }  |:.人  ー―    , ー― /: : |
   ∧   !   |   ! : !:> ///     ///厶ィ: ∧
   | \. /   |   |:少 、     ∠.〉    ノ|/  }
   |   \   |   |\:>`>'' ⌒\/ ⌒ヽ }.  |
   |   /   |   ! ノ='/      }    ! !  |
   |   /    |   ! /::::/ /     !    ! ヽ |
   |   |    |   /:::/  /     /    |` ーrく\
   |   |    人__/:::/  '     / !    |     | |

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 23:46:51.19 ID:Y7qPKeMK0
『アイスを食ってる大河のチュパ音に聞き耳を立てている竜児
に気付いてさらにチュパチュパやる大河』

というシチュが突然アタマに浮かんだ



誰か俺を変態と罵ってくれないか

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 00:19:34.02 ID:glvbe31K0
      Y^´       ∨// /,∠ ,. ' /l/// /, ' , '/ ! | l }´     〈
       〉    変  〈/ , ' // ̄`>< /// /// _,.=‐|'"´l l〈  変  /
        〈    態.   ∨, '/l|   ,.'-‐、`//`7/  /''"´__ | ハ l丿  態   {
     人)   ! !   (/!  |ヽ〈_ ・.ノ〃  〃 /  '/⌒ヾ.! ,' !く   ! !  (_
 ト、__/   ヽ、_,.イ    /l l |:::::::```/:::::/...´..   //´。ヽ }! ,'  !! )     /
ト'    亦   ,イ⌒ヽ/   !l l ! l し   J ::::::::::::::::::::``‐-</ /  ,'、`Y´Τ`Y
l      夂   (ハ ヽ l i   ! l ', !   , -―-、_   ′::::::::::::: //! Λ ヽ、ヽl
ヽ          〉,\ ! i   ',.l `、'、/_,. ―- 、_``ヽ、  ι  〃,'/! ヽ、\ ヽ、
 !     能   // ,' lヽ! ii  ',l  ∨\'⌒ヽー-、 `ヽ、!   / ハ ノヽ._人_从_,. \
 |    心   { / ,' ' ,! ll  l`、 { ヽ' \     ヽ  '  '´   Λ ',}      ( \
.丿         ∨ // ,',! l l  l ヽ`、 \  \   ∨   し /! ∨  変   ,ゝ、
∧     / /   ヾノ //l l l  l、_ヽ\ \   ヽ , '   ,.イ |ノ    態   (ヽ
/ノ__  ゚ ゚  (⌒`〃'j | l  l   l `ヽ `ヽ、.ヽ _,.}'′ ,.イl {  | ヽ   ! !   ,ゝ\
/ /`Y⌒ヽ/⌒ 〃 ノ | l   l   l   } ヽ、._ } ノ,.イ l | ! !  |  )_


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 00:40:58.93 ID:uwDk1dFY0
うーん。
そうした迂遠な態度で竜児を性的に挑発する大河、というのが想像つかない。
なんとなくだが、そんな欲望があるくらいなら直接行動に出るんじゃないの?

「ちょっと……!なによその音」
「えっ、アイス食ってるだけだろなに怒ってんだよ」
「あ、……あああ愛すてるとかななっ!……本気なの?」
「はっ?」
「いいいわよ皆まで言うな。そこまで言うんなら私だって鬼、というわけじゃないのよ?」
「……!ちょっ!何を!?」
「……抜いてほしいんでしょ?違うの?」
「ばかかお前は」
「!!」
「……してもいいんなら、ちゃんとしてえよ俺」
「うぇえっ!?っな、なに言ってんのっ!?」
「たいがーーっ!!」
「うぎゃあっ!?ままっまままマジかっ!」
「お前がしていいって態度で示したんだろっ?違うのかっ?」
「……ちっ、ちっ……違わない」
「……お、おう。そうだろ?」
「違わないけど……そうだけど……こんな勢いだけっぽいのはやだよ……」
「そうか……そうだよな。じゃあ大河、俺はお前のこと好きなのでやらせて貰えますか?」
「えっ?えええっ??……い、言い返しようがないほど謙ったわね?」
「おう。こっちにも漫才している余裕がないんでな」
「じゃ、じゃあゆっくり、優しくしてくれる?」
「おう、もちろん」
「なら、…………しても……いぃ」

ちゅっちゅちゅっちゅ、ギシアンギシアン

こんな感じですかね。ちくしょうw

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 01:10:23.15 ID:uwDk1dFY0
ていうか、一番難しいのは竜児が「我慢している」男の子じゃなくて「女を自分のモノにしたい正常な欲望」を欠いていたってとこだなあ。
そこを大河が溶かしたってのが自分の解釈だけど、アニメだとただ我慢強いか鈍い男ってなってるし、難しいなあ。
竜児が性的に緩いというか普通だったら、やれただろうけど大河の本質まで知る事はなかったろうと思うし。
んーまあ難しいからこそとらドラ!はほんと完璧にできてると思うw

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 16:29:09.40 ID:nhzMFDNM0
流れぶった切ってすまんが投稿します

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1871299.jpg

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 18:09:53.49 ID:KgdTKmz+O
なぁ、かなりとらドラにはまってた俺なんだが今更ながら聞きたくなった事がある。

竜児は人畜無害な草食系男子として語られる事が多いけど、女子三人それぞれの色香に反応はしているわけだし、
積極的な片思いもしてるわけだから草食系というよりはただのどこにでもいるオクテな男子高校生って認識なんだ。

その性的衝動を実行に移せなかった、というより衝動そのものが書かれていないから爽やかな同居生活としてまとまってるけど、
衝動を抑えるような要素って「恋の協力関係」とか「擬似家族的で判別困難な愛情」だと個人的には思うんだけど、それ以外に何かあったっけ?キャラ設定とかで。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 19:46:22.04 ID:JL2uIP+L0
テキストになってる設定ではないけど、竜児は泰子と強固に一体化した自意識を持っていたわけじゃないですか。
竜児のスペックって、無条件で泰子に依存すると自分の存在自体も危うくなる、という理解から全力で培った成果。
そういう面からの親子の脆弱さっていうのが描かれた、泰子の家出が判明した居間で泣きながら暴れたところを読んで
そう思った。で、竜児は実はほとんど苦もなく性衝動すら受け流せてきたんだって納得いった。
竜児が涙こぼす場面てここだけだよね?
ずーーっとオクテで鈍感な年齢相応な男子だと思ってたからけっこう衝撃的でしたよ。
そんな自覚もほとんどなしに隠し通してきた自己をナマで大河に見てもらえたのが転回点になったんだろうし。
まあそんなふうに読みました。

>>195
おまつり縁日いいじゃんっ
大河が手ひっぱってるところにじわじわ萌えます

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 21:43:32.85 ID:KgdTKmz+O
なるほどためになる、ありがと!

泣いたのはあれだ、実家、早朝、大河を追って追いつけなくて、涙を拭うシーンがあった。

>>195
今日はウチの近所でも縁日あった。
雰囲気出ててイイね!

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 22:07:22.37 ID:oLdqB9kv0
単に「大切な人」「失いたくない人」だからで納得したなぁ・・・
二人の関係を守るために絶対の禁忌としていたことは10巻で語られているし。

衝動といえば3巻だけど、てか自分も気になってたんだが
竜児が大河を意識するのが3巻以降、極端に減るんだよな。スピンオフではちょこちょこ書かれてるが
その割に大河にうそついたり、仲直りよりダンス優先したり、ちぐはぐな行動とってるんだけどさw
「私のだあああ」とまで執着見せられて内心ウキウキだったのに、「私の犬だから」で片付けられたことも含めて
引き返せなくなることを恐れて、でもたまに表層化している感じかねぇ

妄想になってしまうが、竜児の環境や思考を顧みると、終わりが見える恋愛に
大河を落とし込めたくない抵抗感が無意識にあったのかもと思った。
うんまあ妄想なんだけどね。

200 : ◆fDszcniTtk :2011/08/06(土) 22:12:24.25 ID:/jkhIJgT0
竜児に関しては考察を書こう書こうと思って、書いていない話があった。

竜児は「櫛枝さんは可愛い。好きだ、付き合いたい」という気持ちがありながら、
実は何もしていないってことを大河に痛烈に批判されて、自分でもわかってるって
言ってる。で、4ヶ月間半同棲した大河に背中を押されて、4巻8月(?)の旅行で初めて
櫛枝に婉曲的ながら接近することが出来た。

竜児には強烈な現状維持衝動があって、今が安定しているなら今を突き崩したく
ない、リスクがあるなら、動きたくないと考える。それは突き詰めると、
「母さんが居なくなったらどうしよう」から来ているように思える。今が快適なら、
ずっとこのまま続いていて欲しい。何も変わって欲しくない。9巻で延々と「でも、
それは大河が望んでないから」と、自分の気持ちを大河に言わない場面が
続いて読者をいらいらさせるが、これは言い訳で、大河との関係性が変わる
のを恐れていたんだと思っている。

竜児と大河の関係はほとんど脅迫に近い横暴な物から始まる。
大河の暴力に押さえ込まれて、竜児は指一本大河に触れられなかった。
そして気がつくと、二人のぬるい関係は竜児にも心地よくなっており、
変えたくない日常に変わっている。これがたぶん4巻の終わり頃。
竜児が大河に手を出さない背景はこのあたりじゃないだろうか。

別荘で、大河と一緒の未来も悪くないと一瞬考えるシーンがあるが、
現状維持衝動に従うなら、そっちのほうがずっと竜児には自然で
心地よいのだから、当たり前。なにしろ、じっと何もせずにいれば
手に入る。

結局の所、親と先生の言うことを聞くよい子というのも、泰子との関係を
壊したくないから。それ自身は責められることではない。が、唯々諾々と
バイト禁止に甘んじた結果、自分の将来を狭め、しかも、独身に見事
見抜かれている。

竜児の行動には、自分がない。

2月になってそれは竜児の周りに大きな亀裂を作り、修復不能になった。
竜児はたった一歩踏み出すために、親との関係の破綻や、大河との別離と
いった、激しい現実の痛みを必要とした。

性格破綻少女である大河は、周囲の世界を認めないことで生きていたが、
最終的に竜児を得る。しかし、彼女はそれを心に封印する。どうしようもなく
傲慢で、見栄っ張りで、わがままでどう猛な彼女が心を竜児に打ち明けるには、
ストーリー的には2月14日という舞台が必要だった。けれど、竜児サイドでは
全然景色が違っているのがおもしろい。

とらドラ!は軟弱男子による(おそらくは「イリヤの空、UFOの夏」への
オマージュかつ、アンチティーゼとしての)少女救済のストーリーなんだけど、
一方で、10巻は竜児が自立を得る物語になっていて興味深い。

そしてこういう味方をすると、櫛枝ファンの一部が竜児を毛嫌いする理由も
なんとなく理解出来る。

うざくてすまん。

>>197
10巻橋の上で、大河とマフラーに包まれて泣いているね。あと、6巻、大河と
夜のコンビニに行くシーンで、危なかった。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 22:56:25.17 ID:JL2uIP+L0
ほんとだ、読み返してみたら>>198>>200のとこでも泣いてた。別にマーカーではなかったですね。
しかも“あたらしい孤独に一人で飛びこむ”とまで親切にあるし、うわあ気づかないもんだ。ありがとう。
竜児を泣かすことができた泰子以外の女の子が本当に竜児と絆を結べる、って書くと綺麗事すぎだけど。

大河は無意識下でも5巻あたりから竜児の孤独に気がつき始めた感じだし、すっごい瞬発力だと思う。
「迷路なんてね!壁に右手当てたらあとは走るだけなのよっ!」って性格なんだろうなw
それで息が切れたら、ちょっと考えようぜっていう竜児といいコンビなのはまあ当然かもしれない。

>>200
おお、作品語りの巨人が!綺麗にまとめていただいてありがとうございます。
やはり大河は一度完全封印したと考えますか。私はこの作品で恋着恋情と愛着愛情を切り分けて扱ってきながら
1巻のラストと10巻でだけミックスして描いているように思えます。
5巻ラストの瞳に映る炎で描いた恋情の扱いが本作では珍しく平易な隠喩だと思うし、
であるからこそ映像で描写すべきアニメがきれいさっぱり切り落としたかなと。その辺から。

あくまで恋着恋情の封印であって、愛着愛情面からの竜児を支えられる可能性≒大河にとっての自立は放棄せず継続してたと読めそう。
他作品との比較(優劣は一切問わないよ)なら、自分は『彼氏彼女の事情』の換骨奪胎って面を指摘したいな。

ところで作品投下の方がいらしたら無視して貼って下さればよろしいかと。その場合当方控えますから。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 15:23:18.83 ID:+wvK2zSuO
そろそろ夏休みだし、久々に全話一気見するかなw

それで俺……今度こそ完成させるんだ。

203 : ◆fDszcniTtk :2011/08/07(日) 16:26:00.98 ID:ENVgBRzr0
>>202
影響されて、バンダイチャンネルの1話無料放送視聴中。ええわぁ。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 16:26:44.83 ID:ENVgBRzr0
しまった、トリップ付けっぱなしだった orz

とりあえず「人殺しの目よ」とか言われている竜児かわいそうすぎる

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 21:02:57.70 ID:YEy2btm20
「野生のトラはどれも絶滅危惧種なんだってな。そんなイメージなかったっていうか、ちょっと意外な感じだ」
「……あんた、それ遠回しに私のこと言ってる?」
「え? いや、俺は単純にテレビで見てそう思っただけなんだが……おまえのことって?」
「最近『野生の手乗りタイガーが高須の家ネコになった』とか面白がって噂してる奴がいるらしいのよ」
「それは……」
「ふざけた話よね。人のこと野生だのネコだの……まあ、私が竜児の家に入り浸ってるのは本当だけど」
「すまん、大河。少しだけ言い得て妙だな、と思っちまった」
「はあ? 何がよ」
「確かに俺の腕の中に居るときの大河は可愛らしい飼いネコになったみたいだな、なんて」
「…………」
「わ、悪い。アホなこと思ったりして。……怒ったか?」
「べ、別に。……ただ、ちょっと納得した自分が悔しいだけ」

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 21:25:17.94 ID:rqGhL6C20
「じゃれついてくるおまえは本当に可愛いからな」
「ば、ばか竜児……」
「ほら、そう言いつつ擦り寄ってくるあたり……ネコ科っつうか」
「うるさいわね、引っ掻くわよ?」
「……大河が引っ掻くのは俺の背中だろ?」
「はっ!恥ずかしいじゃないの……」
「今日はお手柔らかに頼むぜ?」
「そんなの……竜児次第じゃない」

ギシギシアンアン


やべぇ!おバカっぽくしようと思ったのにアダルティな感じにw


>>204
これは超妄想なんだが、とらドラ全話一気放送みたいなのが
ニコとかであったらココでお誘い合わせの上でみんなで見ようぜ!とか妄想乙w

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 22:46:47.35 ID:5qBVR5Yr0
ギシギシニャンニャン!

もっとニャンニャンしろもっとだ

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 00:08:28.95 ID:kYNJoH/W0
tes

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 00:59:42.10 ID:hnxdHNUr0
「ねえ竜児ぃ。言いにくいんだけどさ」
「おう」
「うちで数えてみたら下着がいくつか……足りないのよ。おかわり」
「おう。ぱんつならここにあるぞ?」
「ああ。やっぱりね。……もうちょっと盛って?」
「おうこれでいいか?断っとくがくすねたりしてねえぞ俺」
「うんそのくらい。そんなこと疑ってないわよ。いつも穿き換えて前のを忘れてってるだけよ」
「おう知ってる。別に迷惑してねえ」
「でも……洗ってくれたのよね」
「もちろんだ。ちゃんと表示みて洗濯機と手洗いに分けてる」
「……そう」
「お前からしたら恥ずかしいだろうから黙っていただけだ」
「竜児は恥ずかしくないの?」
「俺にとってぱんつっていうのは、お前が穿いている状態のときだけだからな」
「なに言ってるかよくわかんない」
「脱いで丸まってるのは只の汚れものだし、洗濯済みや新品は只の布だよ」
「そっかー。そうよねえ」
「いいから早くメシ食い終われ。片付かねえだろ」
「はーい」

「ねえ竜児ぃ」
「おうなんだ?もうすぐ後片付け終わるから」
「私さ、下着選ぶのがこんなに楽しくなるってさ、知らなかったよ?」
「……おう」
「ここに置き忘れてった中では、その、どれが好きか教えてよ」
「お、おう。後でな……ってかさ」
「ん?」
「穿いてくれねえと、分かんねえっていうかさ」
「……そしたら洗濯済みじゃなくなっちゃうじゃない」
「また洗っとくから」
「あ、それはイヤ。持って帰る」


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 01:00:41.04 ID:hnxdHNUr0
「ねえ竜児ぃ。なんで脱いだほうをサッと隠すわけ?」
「え?だって洗濯しねえと」
「あんたがそうやって隠匿するから私いつも替えのぱんつ持参になるんじゃないっ」
「おう」
「ゴルフボールじゃないんだからとっとと全部出せっ!ホントに犬かっ!」
「そんなことは、ねえ」
「……真顔で居直ったわね?ぱんつ泥棒の分際で」
「まあ聞け。俺はお前に関係するものならなんにでも触れていたい。そういう世話をしていら
れる時間的余裕が持てるのは学生のうちだけだ。就職結婚した後はたぶんどんなにやりたくて
もお前の身の回りの世話を毎日できる余裕が無くなるはずだ。だから今しかないんだ。かとい
ってお前が恥ずかしいと思う事を強行することはできねえ。そんなわけでこっそりインターセ
プトしては心を込めて洗い、乾燥させ、ひとりのときに広げて眺めて一枚一枚丁寧にお前が穿
いている姿を思い出していただけだ。変態的な執着心は一切ねえ。その証拠にバレたからとい
ってごまかすつもりもなかった。わかってくれ、大河」
「はぅ、はぅぅ……」
「どうした悶えて?分かってくれたか?」
「あんたが始める力説はうざくて聞けたもんじゃないけど結論はいつも同じだからもう、いい」
「そうか」
「私も1年と16カ月前から愛してるぅぅぅぅぅぅ♪」
「元ネタに比べるとずいぶん矮小だな」
「いいじゃない。ぎしあん?」
「おう」

ギシギシアンアン

「ねえ竜児ぃ。か……かぶったり……とかは?」
「……」
「ちょっ、なんで黙るのよっ!ここは『は?』とか呆れるのが流れから言ってデフォでしょう」
「い……一回だけしてみた。けど別になんとも思わなかった」
「したんだ?変態っ!……ああやっと言えた……爽快っ」
「すまねえ」
「す、素で謝られると生々しいね……ところで洗濯済みのでしょ?」
「おう、そりゃな」
「脱ぎたてかぶってみたらナントカ思うのかしら?ねえどうよ?」
「そ、そんなん……かぶってみなけりゃ……分からねえよ」

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 01:12:08.97 ID:hnxdHNUr0
  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/     /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/     /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚∀゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/     /
     ̄ ̄ ̄
「ここでこの話は終わりよ」
「おう」

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 21:55:47.62 ID:m1BRByK50
へ、変態だー!!おまわりさんこっちです!!


どっちかといえば大河の方が相手の衣服に執着を示しそうだ
なんたってマフラーくんかくんかの前科が…

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 22:18:43.22 ID:QelXmYbV0
竜児もくんかくんかしてたけどねw
「女の匂い」とか……
大河が巻いてやるところがすごい好きだ

>>205-206 >>209
まったくこのバカップルは…ニヤニヤするわ!

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 18:51:29.25 ID:u9SSyOga0

「タイガー、ほらほら」
「ばかちースマホに替えたんだ?やっぱり便利?」
「仕事関係だとなにかといいよ……それよりこれ!」

(スゴレン - 08月09日 07:10)
恋愛対象として意識するきっかけになる男性のギャップ9パターン

【1】格好はチャラチャラしてるのに兄弟想い。
「チャラチャラしてないし、ひとりっ子だし、これはないね」
「あんた妹みたいなものだし、態度はチャラチャラしてたじゃん」

【2】普段はクールな男性が無邪気に笑う。
「無邪気……っていうのは分かんないな」
「え?笑うよばかちー?瞳が三白でなく四白になって口の端がこう、ついっと上がって」
「ああ……あれ笑ってたんだ?」

【3】見た目は怖いのに物腰が紳士である。
「もうなんかそのものズバリっって感じだよね!タイガーもそう思うでしょ?」
「ん……まあ。紳士ねえ?『変態と言う名の』って接頭辞を付けたいところね」
「ゴクリ」

【4】服を着ていると普通なのに脱ぐと細マッチョである。
「ど〜〜なのよ〜〜?」
「ど〜〜って。そ……それなりに……。胸板広いし、腕は私の腿くらいあるし」
「……あんたのスケール感だと参考にならねえわ」

【5】カッコいい人が書く字が子どもっぽい。
「カッコいいけど、字はこどもっぽくないんだよね。金釘流っていうの?」
「まあ今時は肉筆で書く機会もないしね。水増し項目なんでしょ」

【6】愛想のない人がふたりきりだと明るく振る舞う。
「なんか言えよタイガー。敢えて振りはしねーでやんよ」
「……あ、明るいっていうのかな。その……変にじゃれつくよ?」
「ほ〜〜?詳しくっ!……って奈々子みたいだよねあたし」
「おっぱい延々揉まれたり。……ないのに。ないのがいいんだとかわけ分かんない」
「おいっ!!それじゃれつきとちげーだろっ!!お題ちゃんと見てから言えクソタイガーっ!」
「彼氏いないとクチ悪くなるもんなのかしら。あーあー。やだやだ」

【7】大人しいのにSっぽいところがある。
「ああっ、敢えて火中の栗を拾ってやるよっ!でっ?」
「なかなかイかしてくれなかったりするときにね……」
「うぎゃぁぁぁぁぁぁぁっ、もういいっ。もぉっ、聞きたくないっ!」


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 18:52:43.63 ID:u9SSyOga0
【8】仕事のときは神経質そうなメガネ姿なのにスポーツマンである。
「北村くんだっ」
「祐作だっ」

【9】物静かな人が実はカラオケで歌うとすごく上手い。
「別にどうでもいいわ。こんなのでちょー好きになったりしないし」
「んー。まあ、そうね。カラオケくらいしか女子と接点がない男の話なんてね、どーでもいー!」
「ってか【5】と同じ水増し項目なんじゃない?」
「いちおう『きっかけ』ってお題だからさあ。別に決め手でなくとも良くね?ってことでしょ」

「まあでも、ギャップってことなら高須くんはいいときに彼女見つけたわけだ?」
「なに言ってんのばかちー。竜児は大学でモテモテよ?」
「理系なのに?女子そのものが少なそうだけど……ってかなんであんたそんなのつかんでんの?」
「だって夕方逢うと必ず香水系の匂いついてるもの。しかも日替わりで3種類!」
「あ、あんたそれでキレたり……しないの?」
「ちょっとムカつくけどさ、竜児の態度がおかしくなければ何もないのと同じことよ」
「意外な寛大さだね!浮気とか平気なの?」
「嘘つけば分かるし、分からないほどの嘘つけるならそれはそれでいいからね」
「あー。あんたはやっぱそういうとこ普通の女と違うよね。……もしバレたら?」
「とうぜん殺す!」
「うわ♪怖ぁ♪高須くんもその辺はきっと覚悟してるよねえ〜」
「あ、浮気の相手があんただったら私だまって消えるよ?」
「え゛?ええ〜〜っ!?ちょっとっ、なに言ってくれちゃってんのさっ」
「だってあんたそんなにキレイなのにその齢まで彼氏できないなんてもう、可哀想で……」
「うわっ、うわぁっ!!なにそれちょーむかつくんですけどっ」
「『哀ればかちー』ってカンジだよね……存在自体が……ぷっ、くくくく」
「いくつになってもクチ悪いよねえ、あんた」
「いいからとっとと竜児より中身のいい彼氏見つけなさいよ。学生じゃなくなると中身に触れるの大変よ?」
「そうなのよねえ〜。甘えさせてくれて対等に脇を歩いてくれる男いないかなあ?」
「両方そろってないと、っていうのがあんたの場合は大変よね。贅沢とまで言わないけど」
「やっぱ実乃梨ちゃんしかいないかな〜」
「!!」
「もしくは高須くんとダメになった後のあんた〜」
「ああああてつけはやめてよっ。私はちゃんと竜児のこども産むんだからっ。添い遂げるんだからっ。
売却済みだからっ。市場に並んでないからっ!」
「ああ、はいはいw…………ちっ」


〜おしまい〜


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 23:58:43.20 ID:HttumCm3O
ちくしょう…このスレはパラダイスか…

ノロケるタイガーかわいいよタイガー!

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 22:36:15.15 ID:LmPaXnUH0
ナデナデ妄想って
どこをナデナデするの?

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 20:51:04.18 ID:jaiHuAo+O
もちろん大河の・・・

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 21:04:47.05 ID:CdIz/RAD0
御祐筆の妹の御嫁にいった先のおっかさんの甥の娘を・・・

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 23:14:41.03 ID:UaWCYl5/0
なんですつて?

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 23:20:58.71 ID:UaWCYl5/0
>どこをナデナデ

あそことかあそことかあそことかだよ
あとあそことか

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 00:42:39.72 ID:iSNXAxvU0
4か所か。
まず高須家のシンク、竜児の部屋の櫛枝箱、ふすまの穴に貼った和紙、やっちゃんの尻。
どうだろう?正解かな?

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 13:05:17.97 ID:TJzAizGr0

「タイガー、ほらほら」
「またスゴレン?萌えネタっていうより女の意地汚さバリバリに……むぐっ」
「はい余計なこと言わない……それよりこれ!」

(スゴレン - 08月12日 07:00)
女性が「初デートでは避けてほしい…」と思っているレストラン9パターン

【1】麺をズルズルすすっているのを見られたくないラーメン屋
「私、ぜんぜんおっけー。麺類もごはんものも好き」
「あんたはそうだろうけど、綺麗な格好で食べれないし汗かくしでやっぱねえ?」

【2】大声で話さないといけないにぎやかすぎる居酒屋
「これは亜美ちゃん的には悪くない。かわいこ芝居できないからしなくて済むっていうのは楽ね」
「ふーん。そうね、あんたアメリカ映画に出てくるようなパブとか似合いそうだもの」
「うんうん、ああいう雰囲気好きだよ」

【3】カニの身を取るのに必死で無口になるカニ料理
「私、ぜんぜんおっけー。っていうより大歓迎。カニ大好き」
「同感。でもデートの必要なくね?ひとりで行って爆食したいっ」
「ひとりはちょっとねえ。なんか蟹の食物連鎖上位存在として捕食してる、みたいな殺伐たるイメージがするね」
「タイガーにしては意外なイメージだね」
「だって身をとるのめんどくさいじゃん?イライラするじゃん?竜児がいれば取ってくれるでしょ」
「タイガーらしいわ」

【4】服につくにおいや、食後の口臭が気になる焼肉屋
「にんにくのにおい気にして竜児のチャーハン食えるかあっ!」
「それおいしいの?今度食わす?あ、そう。じゃ高須くんにアポとって……と?」
「……勝手にめる打ったわね?まあいいわ。あんたもあの旨さの虜になるがいい」

【5】何度も席を外すので会話が続かないバイキング
「会話続かない?かな?どっちが取りに行くかとかパーティゲームっぽくて楽しそうだけど」
「友だちっぽくて実はちょっと進めたい、と思ってる相手とならね。いいんじゃない」

【6】初デートで緊張しているのに、さらに緊張するマナーにうるさそうな高級レストラン
「私、ぜんぜんおっけーだけど竜児は気になって楽しめないかも」
「あらあんたがそんなふうに気を遣うなんてまたも意外じゃない?」
「……あいつ絶対レシピとかしつこく訊きだそうとするからね。ちょっとこう、異常な顔で」
「ああ……そっちか」

【7】自分を安く見られている気がするチェーン系格安居酒屋
「【2】と同じだよね?大丈夫。気にならないけどね。タイガーはどうなの?」
「にぎやか過ぎても格安でも別にいいけど、それなら間違いなく家ごはんの方が質的には上だもの」
「ふーん。『今日はデートだと言う事にしていろいろ作れっ』とか命令するわけね」
「そうそう。あとで食材費と酒代を折半しても居酒屋デートよりリーズナブルね」
「うん。じゃそのうちあんたんち使わせてもらおう」
「あー、ちょっといいかも。楽しそう」


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 13:06:09.89 ID:TJzAizGr0

【8】沈黙になったとき気まずい個室
「黙ったら気まずいっていうのが分からないわ。普通ちゅーするでしょ?ちゅう」
「ほらキタよコレ!今回ねーんじゃねーかと亜美ちゃんヒヤヒヤしてたわよっ……で、どんなかんじにちゅーすんの?

そゆ場合」
「『してほしいな』って目で見るでしょ?ちょっと赤くなっておずおずっと寄って来てさ……」
「うん、うんっ」
「胸揉まれて個室をいい事にあんなことやこんなことに発展して……」
「発展すんじゃねえよ!ちゅーどうしたよっ!?」
「それはもう合体したあとで数え切れないくらいするわよ。こここぉ〜んなカンジで」
「ラブホ行けっ!のしかかるなっ発情メス虎っ」

【9】この後どこに連れていかれるのか怖くなる、ムードのありすぎる店
「これはもうマジな話、あたしとしては実体験から怖すぎる」
「へーー。そんな営業っぽいこともばかちーにはあったんだ?」
「まあね。サシで行かないように事務所からも親からも教えてもらってるし、スタッフと一緒だから実際になにかあっ

たわけじゃないけどね」
「下心の直撃だけで怖いと学んでしまったわけね。そうしてこんな落としにくい女に育ったと」
「そうねー。だから居酒屋ワイワイの方が楽しいって思えるのかもね」
「だったらお祭りや縁日なんかもいいんじゃない?イカ焼き、たこ焼き、わたあめ、りんごあめ」
「あ、いいいいっそういうの楽しそう。食べ過ぎてお腹壊しそうだけど」

「お、竜児からめるが。『メシくらいいつでも食わせてやるぞ来い来い』だって」
「あたしへの返事を同報であんたにも、ってのがらしいね、高須くん。じゃ早速今夜おじゃましよっと」
「うん、それじゃこれからあんたは私とお買い物よ?」
「えーー、なんでよ!?あたしお招かれじゃね?おかしくね?」
「食べたいものとお酒をガッと買い込んで行ってさ、てんでに注文すんの。5品も6品もおつまみ作らなきゃ
ってなったら、真剣でカッコいい竜児が見れるよ。どうよ?」
「さあ作れ!って?あ、それ楽しそうかも。よし、行こ行こタイガー!」
「ふふふ、そうして帰りがけにさみしーぃ思いをするのだばかちーめ♪」
「うえぇ……負けるかっ!がっつんがっつん呑んで食ってやるぁっ!」



〜おしまい〜



225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 21:55:20.26 ID:NGjcx/Ea0
>>224
第二弾が!乙です
個室でなにやってるんだww

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 00:49:03.70 ID:te1dtixe0
>>215>>224
あーみんつっこみに忙しいなw

大河ならたぶん外食に行くより竜児が作ったの食う方が喜ぶよな
「飯食いに行こう」じゃなくて「飯食いに来いよ」つって堂々と連れ込めるという…フヒヒ

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 15:26:54.98 ID:wlc1PZW10
あいつら結婚したんだろうか?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 22:09:29.89 ID:te1dtixe0
将来二人で茶を啜りながら
孫が飛ばしているシャボン玉を眺めるのは決定事項だ

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 23:44:26.62 ID:ae1qB22D0
竜虎なら老後でもいける
縁側でまったり連れ添うじいちゃんばあちゃんを想像すると大変微笑ましい

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 08:24:53.08 ID:QJz7S/il0

「タイガー、ほらほら」
「ばかちー。今日のスゴレンには挑まない方がいいと思うよ?其の方に迎撃の用意あり?大丈夫?」
「なに言ってんだかわかんない……じゃあこれ!」

(スゴレン - 08月13日 07:00)
女性が理想とする「付き合って初めてのキス」9パターン

【1】「キスしていい?」と聞かれてからキス
【2】「チューしよっか」と誘われてからキス
【3】「キスしたい」と一方的に言われてキス
【4】「目をつむって」とお願いされてからキス
【5】何も言わずに自然な雰囲気でキス
【6】エレベーターや公園など二人きりになった途端にキス
【7】握っていた手で体を引き寄せられてからキス
【8】不意打ちで無理矢理キス
【9】帰り際に引き留められてキス

「さあタイガー、どっからでも来な」
「うわあ、なんかすごくいい笑顔になってる……白状すると【5】だよ」
「……ふう。じゃもう他はコメントの必要なし!で?」
「あんたたちに逃げるの手伝ってもらってさ、竜児のお祖父さん家に行って泊まった夜の話」
「うん、うん」
「離れの部屋でお祖母ちゃんが布団敷きに来て、私てっきりおひとり様だと思っていたわけよ」
「初めて具体的な話きくね?そんなに詳しく、いいの?」
「ま、ばかちーならね。……それで布団二組敷かれちゃったわけですよ」
「『ですよ』!?あ、まあ話の腰折ってすまんわ」
「『いずれ結婚すんのよねっ、いっしょでいいわねー』とか言われちゃって私も『うん!』とか」
「ああ、ちょっと舞い上がっちゃったわけだ?」
「そうそう。で、並んだ枕見て我に返ってさ……現実感っていうかね。ああ乙女のわたし今日までありがとう、みたいな」
「ゴクリ。……でっ?」
「とりあえずパジャマに着替えました」
「あんた緊張すると語尾が丁寧語になる人だったんだ?まあ別にいいけどさ」
「うん。そうこうしているうちに竜児がお風呂上がって部屋にくるわけですよ」
「ちょっ、ちょっと待って!飲み物お代りしよっ!?なんか食うっ?かぼちゃパイ!おっけー、おごるっ」
「……どっちが緊張してるのよ?まあいいや、ラッキー♪」


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 08:25:28.47 ID:QJz7S/il0
「さて。高須くんのリアクションからじっくりと訊こうかな」
「ばかねばかちー。そこまで詳しく話せるわけないじゃない?知りたかったら本人に直接訊きな」
「食うだけ食ったらそれかよっ、裏切りものっ」
「しょうがないわね?まあさわりだけ教えてやろう。星が綺麗だったから窓開けてふたりで見上げたわけよ」
「うん。……なんかいいね」
「2月よ?星綺麗ってことは冷え冷えよ?放射冷却って知らない?せっかく温めてもらった部屋が氷のように!」
「ああ……そおっか。寝る前だから薄着だしねー、ロマンティックどこじゃないわけだ」
「そ、そそそそそれが、ぜんぜん気づかないほど、……あ、熱かったですよ?」
「う。……いきなり来るか」
「りゅりゅりゅうじ見たことないほど真剣な顔でこう……ほっぺた包み込まれるようにつかまれてっ」
「うああああわああ……ちょっ!?」
「や、な、なんか基本あいつどおりで優しいのにもう抑えきれないってのも一緒にある感じでっ」
「はーっ、はーっ!そそそれでっ?」
「ちょっとしては……止めるわけですよ。遺憾に思って引き返そうとするわけですよっあの犬はっ!」
「いやあああ!タイガあ!」
「こう、なんか男としてモノにしたいっっていうアレと清廉潔白で闘って行こうとゆうソレとがっ」
「うわっ、うわあっ、それいいっ!あたしもそんな目に遭ってみたいっ」
「だからもっとしてもっとしてって何度もねだったわけですよ私としては。そんな葛藤を目の前でされてみろっ」
「たまらんっ!たまらんわっ!そのまんまあっ、一気にぃっ布団にぃっ倒れ込んだりぃぃ?」
「……いやあ、まず窓しめたよ?『さむいね』『おう』って」
「あ、そりゃそうよね。でっっ?」
「この続きを話すには、そうねえ?プリン・ア・ラ・モード辺りでくちを滑らかにしたいかなあ?」
「おうふっっ!あんたって……あんたって……くっ、アイスティーも付けてやるわっ」
「シナモンティーの方がいいな。あと薔薇の形の角砂糖ふたつ付けて?」
「おおっ、シナモンの枝でテーブルに何でも描けやっ!好きなだけっ!」

 窓際のゴムの木の向こう側の定席で、偶々居合わせていた大橋高校教諭恋ヶ窪ゆり(32)が笑
いを堪えて聞き耳を立てていた。
 パンプキン・パイの歌にはローズ・パイの続編があるのを彼女は知っているけど、あの子た
ちにはきっとオレンジタルト辺りが似合うと思う。薔薇の形の角砂糖が手に入り難くなっても、
女の子はいつも甘いもの好きなのだから。


〜おしまい〜


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 20:25:34.59 ID:M14i3gzlO
>>231
元歌が気になってググっちゃったよ
可愛い歌詞だなぁ。ドラゴン食堂の竜児が浮かんだ

大河の口からっ…あの時の心情がっ…ああああああ!末代まで祝ってやる!
あと亜美たんちょっと楽しくなってきてないかwしみじみ良い子だねえww

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 21:11:36.51 ID:ZCglFpfq0
>>231 >>232
乙! このスレにどれだけまっさんの元歌知ってる人がいるのやら… (ここに1人いるがw)
と思ったけど、ちゃんとググッててすごいなぁ。
大河はもう叶っているので、ゆりちゃんとあーみんに必要なおまじないw

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 22:30:31.64 ID:sAgomqEF0
すまん、それが分かるんだ。
歌詞は覚えていないが、「パンプキンパイとシナモンティー」だろ。
昔ラジオで聞いたぞ。

喫茶店のマスターがどうのって歌詞があったような無かったような。
さて、ググるか。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 22:58:31.75 ID:ToEKS3qa0
大河より愛せるキャラに出会えない悲しみをどうすれば

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 23:38:16.49 ID:78kVcUpq0
なんでそれが悲しいのかさっぱり理解できんな

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 23:46:26.89 ID:M14i3gzlO
>>236
竜児さんちぃーっすw

今まで「実家」の無かった竜児も、卒業後は大河連れて高須家の墓参りに行ってるかもなー
ついでに大河の両親にも顔見せしたりして
浴衣着て夏祭りリベンジもしてるんだろうなあ…チクショウうらやましいぜ、夏

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 23:53:13.64 ID:F/Dozruy0
大河の弟にガン泣きされて出禁くらう竜児が見える

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 15:37:20.34 ID:L62fa7v/0
歌ネタがあまりに古過ぎて分かんないだろうから薄く書いたのにおまえらときたら……w
ちなみに何代目かわからんミス・パンプキンの席に座ってるゆりちゃんが優先ですね>>233
おまじないはまっさんのライナーによれば想い人の名前をローマ字で書いて、それを逆に三度スラスラとかまずに読むそうだ。
ゆりちゃんの場合は「アモルクアモルクアモルク」かな?

お人よしのマスターが独身のわけは引っ込み思案で照れ屋で間抜けの複雑な性格というのも確かにドラゴン食堂っぽいです。
あれの続きはどう考えても半年以内のハッピーエンドだなあと妄想したり。
ニート大河が手伝いに来たらドジを上回る看板娘化で繁盛して、こっちの竜児は割とストレートに
「この店のおかみになってくれないか」とか言ったりしてね、ひゃー!


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 18:21:45.37 ID:dwGrgFj6O
大河が女将になって、とらドラ食堂に改名ですね

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 22:47:11.46 ID:Zaq2KeFo0
龍児「よし大河。俺がお前に中にあんこの入ったお焼きを作ってやろう。これがホントのド・・」
大河「ストーップ!あんた、それ言っちゃうの。口にしちゃうの。言ったらオヤジ決定!」

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 23:10:25.18 ID:GuCy6cOf0
http://www.rbbtoday.com/article/img/2011/08/15/79956/148539.html

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 23:50:11.75 ID:ZPNU5+B/O
>>242
竜児がおらんからこのスレ的には残念賞。しかし暑いのにようやるわー

>>241
…っ、言わせてくれないのかよ!
じゃあ、竜児がめっちゃ車の運転が上手くなったら…

244 :ドラゴン食堂へ嫁に来い!:2011/08/15(月) 23:51:17.13 ID:L62fa7v/0

 まあ、いろいろあって。
「わかったわ。ひまだし、そろそろ職歴もつけておかないと」

 27歳未婚の美人が偉そうにのたまった。
 まあいろいろ話を訊いたら親が金持ちだそうで、働く必要もなく、勉強も好きでなく、他に
打ち込みたい何かもなく。というどこへ出しても恥ずかしくない純正のニートだったわけだ。
定食屋のバイトのどこが職歴になるのか一応5年は宮仕えというものをしてきた高須竜児には
痛いほど分かっていたが、それを指摘するのはやめておいた。

 なにせ、目の前で年齢に釣りあっていないフリフリワンピースでちょこんと座ってる美人は
最終学歴が普通科女子高卒であるにも関わらず簿記一級を持っているのだ。ヒマだったから本
屋でテキスト買ってきてちょこちょこ取った、と言っているが、一級だぞ?税理士資格は目指
さないのですか?と竜児が訊いたら、はあ?なんで?税理士になるつもりもないのに?と侮蔑
の表情で睨まれた。
 つまり単に、本当に、ヒマだから資格でも取ってみようかと思い立って飽きるまでやってみ
た成果が簿記一級、というわけだ。興味が向かなければなにひとつ本気でしない、けど、一旦
向いたらこのくらいは頑張る性格もしくは能力だ、というのがこの美人の人柄の一面と読み取
れる。あとはまあ、ドジってくらいで、これは前から知っていた。

「注文取って、俺に伝えて、客に運んでもらって、あと店が引けたら経理みてもらって」
「わかった。頑張ってみる。じゃ早速みようか?オープンしてからの貸借対照表見せて」
「お、おう。……経理ソフトに打ち込んだだけのやつだけど……3年分しかねえけど」
「うん。ちょっと分析してみるから」

 逢坂大河はカチャカチャとキーを叩きながらCSV.ファイルに変換しては表計算ソフトに叩き
こんでソートして何種類かの分析表を作りながら目も合わせずに不機嫌そうに言った。

「なんか飲むもんちょうだい」
「おう。日本茶コーヒー紅茶オレンジジュース、どれがいい?」
「オレンジ」

 なんだかどっちが雇用主が分からなくなってしまった。定食やの2階の住居兼事務所となっ
ている畳敷きの居間で面接していただけなのに、雇うとも雇わないとも答える前になぜだか俺
の店の経営状況がこの綺麗で不機嫌な女に全て筒抜けになっている。まさか近隣にオープンし
た外食チェーンから巧妙に送りこまれたスパイ!?などと考える必要もなく、開店してから我
が城は常にびみょーな赤字続きなのだ。
 ちゅーちゅーオレンジジュースを吸っている横顔が真剣で、同い年とは思えないほど幼くて、
とはいっても互いに大台目前だからこどもっぽいという程でもなく、そう、高校生くらいの感
じに見えるのだ。童顔ではないのに、妙に若々しい。そんなもんだから、ちょっといいなあと
思ったりした気分を、逢坂は冷たい声で覆してくださった。

「どう考えても客が少な過ぎるね。満席で忙しくて目が回るのはどんなとき?」
「恥ずかしいけど、一度もねえ。埋まって半分だ」
「……それでよく三年営業しつづけられたね?脱サラの貯金を少しずつ取り崩して。でしょ?」
「おう、税金も少なくて済むし、これで少しずつ口コミで客が増えたらなーと」
「あんたどんだけ待ちの姿勢なのよ?商売舐めてんじゃない?」
「に、ニートに言われたくはねえな!」
「それはそうだけど、これでも親父の会社の経営をシミュレーションして勉強したのよ」

 この店のキャッシュフローとは4桁違うけどね、と余計なひとことも交えて、彼女は一段と
竜児の気持ちを沈ませはしたが、

「でもね、いままでの客数が常にキャパの半分程度だったんなら儲けを叩き出すのは簡単よ?」

 などと魔法のようなひとことで、一気に救ってくれた。


245 :ドラゴン食堂へ嫁に来い!:2011/08/15(月) 23:52:11.67 ID:L62fa7v/0
「そ、そうなのか?そもそも客を増やすのが難しいんじゃ……」
「まずあんたが回せる時間当たりの客数を正確に出す。それと現状との差を営業時間内にここ
に呼び込むようあらゆる知恵を絞る!おカネかけないで実行する!ほらできた」
「そんな簡単にいけば苦労はねえよ」
「じゃああんたやったの?それでいつも半分しかお客こないの?違うでしょ」
「口コミに期待して……宣伝費なんて掛けられないから」
「口コミ効果はもう上限なんじゃないかな?とにかく一見客に食べに来てもらう、だよね?」
「おう、それはそうだ。食べてもらいさえすればあとは!」
「じゃあ新規のお客に来てもらうようにまずしないと。あんたの料理おいしいし、ランチで感
心させて、夜のお客増やさないとね」

 あんたの料理おいしいし!彼女が店に来てくれるようになって初めての褒め言葉に、竜児の
プライドは瞬間にして満たされた。

「そうだな!」
「この辺だと夜はサラリーマンが仕事帰りに一杯っていう所謂同僚呑みが主流よね。呑んだあ
と駅近な方が帰るの楽だけど、酔っぱらった後ならほとんど関係ない。むしろ住宅街の中の隠
れ家的な美味しいリーズナブルな店っていうのが目指すべき姿よね」
「……お前ホントに職歴ないのか?」

 失礼ね!と逢坂は頬を膨らませてちょっと怒る。ないわよ!と続ける。なんでそんなに偉そ
うなのか竜児にはさっぱりだ。

「まあ素人考えだけど、ランチの値段を下げて駅前のオフィス街や川沿いの工場街にチラシ打
ってとりあえず満杯にしてみたら?恒常的に値下げしたままだと苦しいから、そう、なんか理
由付けてキャンペーン打つのよ」
「……うん。それいいかもしれねえな?」
「どんなに美味しくてもビーフカレー650円とかスタミナ定食900円じゃ今時のご亭主は選択の
外でしょうよ?ここは単品赤字覚悟でワンコイン!500円!そうでなければここまで足を運ばな
いわ」
「お、おう」
「『わあ500円なのにこんなに充実した昼メシが!』っていう方向で、夜はワインか日本酒の品
揃えが充実しているぞっていう雰囲気をおカネ払ったお客に宣伝しまくる!」
「さ、酒は俺あんまり詳しくないんだよ」
「大丈夫、わたし日本酒にはすっごく詳しいんだよ?」
「そうなのか?」
「今は蔵元が世代交代して、いろんな味の品質のいいものが銘酒でないってだけで沢山あるのよ。
そういう知られていないお酒をいくつか置けば何十種類もキープしないで済むんじゃない?」
「ちょっとソムリエっぽく、うんちくなど交えながら、得意げに勧めて……」
「そうそう。あ、それ私がやってやるわ。純米〜が〜、お好っきでしょ〜?でゅっわ〜♪」
「……いいかもな。ちょっと呑みたくなってきた」

「その夜営業の利益率をちょい上げておけば全体で儲かるんじゃない?」
「しかし低価格ランチだけにしか客が来ないんじゃないかなと思うと怖いんだよ」
「そこよ。そこがあんたの料理の腕にすべて掛かってくるわけよ。言い訳なしの戦いでしょこ
れって。仕事ひけたら、これで一杯呑みてえな、って思うようなランチを作るのよっ」
「言い訳なしか、確かにそうだ。昼メシ単体でなく、ほっと気を緩めたときにつまんで呑みた
くなるような料理、おうっ、なんか燃えてきたぞ!」
「よしっ、竜児。きっとあんたなら出来る!私も落として壊すグラスを一日ヒトケタ以内にす
るようがんばるからっ」
「それは最初の三日間くらいにしてくれねえかな……」


246 :ドラゴン食堂へ嫁に来い!:2011/08/15(月) 23:57:55.41 ID:L62fa7v/0
 まあ、そんなこんなでドラゴン食堂に逢坂大河は就職した。
 手作りのワンコインランチのチラシを朝、出勤途上の会社員たちに駅前で撒いたりしている
うちに三々五々、新規の客が増えて。綺麗に霜が降りた日本酒の冷蔵ケースを目立つ場所に置
いたりして、壁には夜メニューを貼りだしたり。あと隠れ家的に夜は暖簾を出さないでお品書
きだけぽつんと店頭に置いたりして、細かい努力を重ねるうち、呑み客も増えてきた。

 もともと、自分がちょっと好きだなと思った男がこの店の経営者兼大学院生であるという勘
違いから、少しでも側にいられたらと勇気を出して働く事にしたのだ。
 一方、本当の経営者の竜児も、常連客のとあるOLがちょっといいなと思っていたのだが、
彼女は基本、ランチにしか来ない。夜営業が商売のうえでは本舞台となってはそうそう浮つい
てもいられなかったし、なにより看板娘と化して逢坂を目当てに通ってくる常連客も増えてき
ては、間違いが起こらぬようそっちの管理にも気を配るようになって行った。当然、商売上の
理由から『夫婦でやってる店』ということにするようになり、互いに名前で呼び合うようにも
なった。

 そんなわけで、客足が軌道に乗ってからはマスター、奥さんと呼ばれるようになっていて、
それを変だとも思わない日が続く。きちんと経理を見てくれてアイディアも出してくれて集客
にも貢献してくれる彼女に竜児は頼って、いかに旨い料理を安く作って提供するかに集中する
事ができた。
 それは彼女が日々壊すグラスやお皿の損失などとは比較にならない価値をこの店にもたらし
たが、実際にはお金で測ることなどできはしない。

 半年後。

「大河、今夜もごくろうさん。まかないは何が良い?」
「うーー、お腹減ったあ!竜児のカレー、とってある?」
「おう、もちろんだ。カツカレーにしてやろうか?」
「うーん。別々がいい。どっちも美味しいからね、混ぜちゃうともったいないもん」
「ははっ、カレーには合わないけどワインも開けような。……あと、これも」
「……ゆ、指輪?」
「従業員じゃなくてよ、経営者になってくれないか?」
「りゅ、竜児……」
「俺、お前とずっと一緒に店をやっていきたい。こんなショボイ店で済まねえけど、お前にやる」
「わた、私はさ……」
「北村が好きなのは知ってた。でも考えてくれよ」
「返事は……明日、する」
「おう。お前が好きだ、大河」
「ひゃ、ひゃーーーっ。ごはんおかわりっ」
「おうっ」

 翌日、逢坂大河がなんと答えたのかは誰も知らないが、ドラゴン食堂は『とらドラ食堂』と
なぜか名前を変えて、さらに三年経った今でも相変わらず繁盛している。


〜おしまい〜

や、山がねえっw
いや27歳から山があったらちょっと痛くって書けませんわ。
>>241
まず言わせてやって、しかる後に罵るべきだw
>>242
惨事にしてはなかなかではあるね
>>243
それはトラドラーっ!物流のかなめ!

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/16(火) 23:28:45.13 ID:J4Q7FuNX0
>>246
GJ!
意外な右腕ぶりを発揮している奥さんな大河と
受身なマスターの竜児が良いコンビだ。
〜おしまい〜 なのか。続きが読みたいような……。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 00:00:06.84 ID:gL4YNVfo0
>>246
GJ!緩やかなハッピーエンドも平和でまた良しです
大河がニート脱出できて一安心w
ハイスペックなんだし心の持ちよう次第なんだよなぁ。その点、本編後は心配してないけど
バッドエンド大全の竜虎も副題なりに幸せになってほしいものだ

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 22:13:04.92 ID:EAMDGYr/0
竜児「暑いな。脱いでいいか?」

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/18(木) 03:28:27.61 ID:m3WgRZEo0
北村「俺も俺も」

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/18(木) 07:19:13.17 ID:C3vk6YpA0
能登「じゃあ俺も(かわいくない)」

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/18(木) 16:12:40.95 ID:SU2WFFYM0
        ト、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -‐ '":;:;:;:;:;:;:;_,.ノミ'、
        |:;:;:;:``'ー:;:;:;:''"´:;:;:;:;:;:;:_,. -‐='二三シハ
        ト、_:;:;:;;l:;:;:;:;:;__,. - '"´ 三三三三彡ノ!
        l:::l  二、― 'r―-,_   _三三三彡彡ニヽ
         ヾi  `ー′:. `""´   ` ̄'三三彡片ヽl|
         '、 , - 、、   __,.. .. ,、_,  '三彡'^> ノリ
         l イで>、ヽ  ':,ィ'で'>'"   三シ' f ノ /
         l ヾ二フ ,!  ヽ二彡'´   }ツリ ,、_ノ
         '、    l    ,.、      i 川 ├ミ'、
          ヽ   ,'   '__)ヽ、    /``7>、
             ヽ /`ー'i´   \   /  ///>、
           ヽ'、 、_,==ァ=-、_,} / /./////ト、
            \ヾ二"´_,. ‐-.:.:/ /.//////:.:ヽ
           ,. -/ゝ、':、_:' :、_ _:/ / //////:.:.:.:.ヽ‐- 、
          / /:.:.'、 ヾ"゙´ ̄ / / /////'′:.:.:.:.:.ソ ノ )
      ,. -―{ 、/:.:.:.:.:ヽ ヽ.  / / /////:.:.:_,. - '" / ̄``丶、
 _,. -‐ '"´   ヽ `丶、r―--`'-/ / /////''"´   /       `丶、
'´          丶、_` ̄ ̄ / / ////'′ _,. - '′          `丶、


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/18(木) 22:57:44.28 ID:T3lzit6p0
大河「……じゃ、じゃあ私も」

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/18(木) 23:39:07.91 ID:0Yq/HIdvO
>>253
竜児「ちょ、おまっ!? ストーップ、待て待て待て!
   能登、北村。俺、今急に腹が痛くなったみたいだ。悪いけど帰ってくれねえかな?(キリッ」

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/18(木) 23:39:51.10 ID:GzWm665l0
「「「どうぞどうぞどうぞ!!」」」

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/18(木) 23:43:34.52 ID:GzWm665l0
くそっ、43秒差か!つか大河はなんで釣られたんwww

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 00:01:19.26 ID:w/PV3zUo0
              /⌒ヽ
            /: : : : ハ
        _,.  '´: :―- 、: : X⌒ヽ、
       , ': : : : : : :,>-: : : : : : : : : : >‐ 、
      /: : : : : :./: : : : :./: : : : : : : ヽ: : ヽ
     /: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : : : : !: : : :ハ
     /: : : : :./: : : : : : /: : : : : : : : : : : |: : : : :ハ
    /: : /: :/: : : : : : /: : : : : : : : : : : : |: : : : : :.',
    /: :./: :/: : : : : : : :/ヽ/ヽ: : : : : : :.ハ: : : : : :.',
   /: :/: : :!: : : : : : :〃/ \|:.!: : :斗匕∨: : !: : |
   /: :/: : : !: : : : : /才T示ト !ハ: : /rz=ぇ!!: :/: : | ̄ ̄¨ ' ‥‐- 、___
  /: :/: : : :|: :|: : : i  vZツ   |/ vZツ |:V: : : :|           ̄ ̄¨ ,二ニつ 竜児が脱ぐっていうから!一心同体だからっ!!
  /: :/: : : : |: :ハ: : :.ヽ.       '    |厶イ: :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'' ー--、  くふ
 /: :/ / ̄∨|: \|\>          ハ_,〃レ             `ー'゛
./: : : :,'     V: : : :ト、   ∠⌒)  , イ/
: : : : :.|      \: : :\> 、  , イ: : :リ
: : : : :.|   ヽ   !ヽ: :ハ \_/  「 | |: : :∧
: : : : :.|       |::::|: :.ハ彳ハ メ、|∧: :.!:∧
: : : : :.|       |::::|: : : Vん|ト、_》!: :.V: : :.ハ
: : : : :.|       |::::|: : : :.}  |!  /: : :.ヽ: : :.ハ
: : : : 弋二T ̄ ̄¨|::::|: : : :.|  !! /: : : : :|: : : : !


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 04:44:08.44 ID:VmhZ2OVE0
>>253
実乃梨「DVD!DVD!」

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 22:10:29.73 ID:Oyn+52yL0
ttp://www.amazon.co.jp/とらドラ-逢坂大河-Last-Episode--6スケールPVC塗装済み完成品/dp/B003UTUEV8/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1313757138&sr=8-2

ストイックな色気がある良い造形だ

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 15:15:44.93 ID:lrO9Is3w0
BD化、高画質らしい。緊張してきた。

ttp://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110808_466237.html

サンプルは女神来襲の現場かな。旧方式は輪郭付近のにじみや色の
狂いが強いため、全体的にくすんだ感じがする。新方式だとそのくすみが
消えて、印象の強い絵になってるな。こりゃ、竜児いちころだ。

最近のHD作成はコンピュータを多用して最初からHD画質で作って
いるせいか、恐ろしいほど描き込みが激しい(「神のみ」など)。それと
比較するととらドラ!はあっさり感じる。俺はこのくらいがいいかな。
「あのはな」の背景は好きだけど。

早くBDボックス来い。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 22:59:34.62 ID:1ra1BiZD0
ゆゆぽの書き下ろし期待

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 23:19:01.82 ID:TxS4zxkB0
>>260
なぜみのりん

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 23:57:26.37 ID:fODTSZfm0
画質も期待していいのか
買うわ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/22(月) 01:49:55.08 ID:Zu4fICis0
>>260
>オリジナル映像(スクイーズ/16:9のワイド映像を左右圧縮して4:3映像として記録)
これ、さらにSD製作ってゆうかなり悲惨なマスターしかないんだ
これをBDにするには躊躇するよね 出そうとしなかったのも理解できる

なので綺麗になっても書き込み自体は最新のいろはとかと比べるのやめてね
まあ俺は買うけど

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/22(月) 20:19:52.73 ID:ICoC7FRL0
竜児「今年は例年にも増してエコが叫ばれてるよな。良いことだ。コレを機に皆がエコに目覚めてくれりゃいいが……」
大河「……え、エロに目覚める!?」
竜児「それはお前だ」

ギシギシアンアン


BD楽しみだなー
とりあえずBDドライブを買わねば

266 :ひもの:2011/08/22(月) 20:25:03.63 ID:k7Sbw+bw0
「「いただきますっ!」」

「ん!んん〜んっ、んっ、んっ♪ほいひー♪ ……なに?」
「肉のない朝飯をいちばん旨そうにガッつくもんだなと思って」
「それはそれ、これはこれよ。ひもの、つけもの、ふりかけ、みそ汁、あと炊きたての白いご
飯。組み合わせが美味しいのかもしれないけど、あ!ひもの好きよ。なにこれお魚?みたいな
衝撃が」
「ふ〜ん。まあ確かにメシのおかずとしてはちょっと別格の旨さかもしれねえ」
「あとやっぱり、ご飯ていうのはこれよって馴れちゃった。……んっ?」
「飯粒くらいじぶんで取れよ」
「あれ、そういうこと言う?ほれ、……指じゃなくてっ」
「しょうがねえな。んっ」
「へへへ……美味しいのはあんたがいるから。ということで、おかわりっ」

「なあ大河……俺のこと好き?」
「好きよ?」
「じゃ、いつごろその……本気で思った?今みたいな意味でさ」
「んーー、そうねえ?行ったり戻ったりで。いつから、っていうのはよく覚えてない」
「そっか」
「気になるの?」
「少ーしだけな」

「んーーー。ねえ竜児ぃ。小骨とるのめんどくさい」
「ひもの好きなくせにそういうとこだけ変わんねえなー。簡単なとこだけバクバク食っちまっ
てからそれかよ。しょうがねえ、取ってやるから寄越せ」
「ふふっ、ありがと。じゃああんたはそれ食べな。私はさばき済みの貰う」
「あっちょっっ!それ俺の!あ〜あ〜ったくっ。せっかくきれいに小骨取ったのに」

「んーおいしっ。へへっ♪どうよ。しょうがねえ、って言ったときどう思った?」
「うん?なんだ?文字通り『仕方ない』って……でもお前に甘えられてるのはちょっといい」
「いま付き合ってるからそう思うの?」
「そうだなー?いやわりと最初からだったかな。『しょうがねえ』って言うとお前がいつもい
つも機嫌良くなってそれがまた……おうっ?」

「うん。これがさっきの答え」

「ふ〜ん、そっか。……なんだ」
「そ。なあんだって話。小さな、細かい、くっだらない話」
「べつに訊くまでもなかったな」
「うん。ごちそうさまっ。今朝もすっごく美味しかった。お茶いれてやろう」
「おう」

 笑顔で急須を扱う大河の手つきを見ながら、竜児は急ぎ自分の朝食を済ましにかかり、ひも
ので食べる朝食はこんなに旨かったろうかと今さらのように思った。それだけのことが分かる
まで、ずいぶん回り道をしたと。
 大河は頑ななところのある普通の女の子で、ごつごつした自分のかたちに気付いてからも不
器用に、大切に守っていて、可愛くて、素敵で、

「俺にも、お前にも大事な、けどくっだらない話……か」
「ん?そうよ。ずっとくっだらない話のまま。思い出にしちゃうなんてまっぴらごめんだわ」

 へそまがりだなあ、と。


〜おしまい〜



エロでなくてすまんw

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/22(月) 23:14:04.34 ID:ORLi5bvm0
爆竹どこやったっけなあ

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/23(火) 07:15:49.22 ID:m29Vofsl0
>>266
GJ! まさに、ひものと味噌汁と炊きたてご飯の朝食の様な、2人の味わい深い関係が出てるねぇ〜

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/23(火) 22:07:01.75 ID:f2sfCP8U0
【大さじは】 嫁の メシが まずい 37皿【お玉じゃねえ】

竜児の声で再生された

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/23(火) 22:09:02.50 ID:f2sfCP8U0
大河がメシマズ嫁になりそうだと言っている訳ではないからね、あしからず

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/23(火) 22:54:17.64 ID:JF4ZMQr80
つまり【】の部分が、ということね。

いや料理したことあればこれ恐ろしいネタだよなwみりんとかおたまで入れたら大変。

所謂メシマズ嫁の資質は大河には十分あると思うが、適正な指導を聞き入れないってまでは想像しにくい。
一時的にオモシロめしを出したりするかもだが、ちゃんと味も栄養も満たすようになるよ。
なんでかっていうと、あいつは功名心で料理するわけではなく一緒に旨いもの食べたい女で、味見だけはきちっとするはずだからさ。


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/23(火) 23:35:48.49 ID:JhRfJkTRO
大河はちゃんと竜児のアドバイスを受け入れてるっぽいし大丈夫だろう
目玉焼きとかはテンパってたからああなっただけで。
しかも竜児は家事に関して妥協しない男だから、問題点を言わずに飲み込むってこともまず無いw

>>271
竜児さんこんな時間に何書き込んではるんですか
大河が布団で拗ねてまっせ

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/23(火) 23:56:23.90 ID:WRIjTLxn0
>>272のせいで>>271ラスト一行が竜児で再生されるw
恋人になって初めて竜児におくる手料理はなんだろう

>>265
どういう流れだw

>>266
ずっとずっと続いていく、ですね。あったかくて可愛いなぁ、GJ!

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/24(水) 00:11:24.77 ID:YEqm6gQv0
初めての大河の手料理……おむすびではないでしょうかw
やたら具にこって時間かかったわりにおむすび。見た目さびしいけど、味は良い、みたいなの大河らしくない?

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/24(水) 23:16:23.90 ID:8tOhnOjH0
新居に備えるベッドについてもめる竜虎。

大河「セミダブルでいい!」

竜児「いや狭いだろ」


小柄な大河ならセミダブルでもいける…か?

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/25(木) 00:03:53.17 ID:DaCo2t1t0
ダブルで余裕あるのにぎゅうとくっついてたらかわいい
大河のちっちゃい手でにぎり飯は最高にかわいい

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/25(木) 00:08:50.03 ID:/6KWcALq0
大河ちゃんの手の味がするー

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/25(木) 05:06:56.33 ID:WyJSQVY/0
ところがそこで超展開

竜児「大は小を兼ねるって言うだろ。いつまでも二人で寝るわけじゃねえんだぞ」

大河「え?そ、そうね/// ダブルにしよっか?」

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/25(木) 05:19:05.01 ID:pwq7ZZGPO
>>278
お前天才だな
早朝なのにみなぎってきたわ

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/25(木) 13:27:35.27 ID:5lUFFiL+O
知り合いの一家四人がシングル布団三つくらい並べたところに無作為に転がって寝てたのを見て癒されたんだが、それを思い出した。

誰か素敵な竜虎絵にしてくれ頼むww

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/25(木) 13:35:51.58 ID:5CEfgNei0
赤子は当然大河の親指と竜児の小指をしっかり両手で握ってるんですね。
で、恒例の夜泣きは夫婦と一体に抱き合っておおよしよしとwww

三つ子だったらどんなかなあ、とか俺妄想も甚だしいわ。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/25(木) 21:34:00.02 ID:60LgWAL+0
「おーおー、よしよし♪」
「りゅーじりゅーじ、わたしわたし。竜河はこっち」
「いけねえ、サイズ似てるから間違えちまった」
「なわけないだろボケ犬!いいから一緒にだっこしなさいよ」
「おう」
「ほーらパパいいなりでちゅよ〜こわくな〜い」
「おい」

こんな感じか


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/25(木) 23:51:22.78 ID:ytbzki7a0
大河も一緒に夜泣きしてそう

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/26(金) 04:39:39.55 ID:AC1gdCgQ0
書けるかな?

>>282
竜児ボケすぎるwww
…いや待て、うっかりイチャイチャ中のクセが出たとみた

285 :転載:2011/08/26(金) 13:48:55.24 ID:8QUtD/4w0
648 : ◆Eby4Hm2ero:2011/08/26(金) 12:48:15 ID:???
よくわからんけど本スレ書けない……

649 :とらドラ!で三題噺 ◆Eby4Hm2ero:2011/08/26(金) 12:48:43 ID:???
お題 「ピンク」「当然」「極道」



「いらっしゃいませー!」
 元気のいい店員の声に迎えられて、ファミレスに入って来たのは地味目の服装に大きめのサングラスで顔の半ばまでを覆った女性。
 だが、隠しきれない美貌とスタイル、何よりオーラとでも呼べばいいのであろうか、かもし出す雰囲気が周囲の視線を惹きつける。
 案内を断わり、その女性が向かった席に居たのは、逆に周りの人間に視線を逸らさせる眼光を振り撒く極道の若頭……ではなく。
「やっほー、久しぶり、高須君。元気だった?」
「おう川嶋、お前も元気そうだな」
「そりゃもちろん。この業界、体が資本だもの」
「だけど、忙しいんだろ? 最近はしょっちゅうテレビとか出てるじゃねえか」
「まあね。実は今日も久しぶりのオフだったり」
「すまねえな、そんなめったにない機会なのに大河の奴熱出しちまって」
「ねえ、それって本当に熱?」
「おう?」
「昨日の夜、休み前だからって頑張り過ぎて、足腰立たなくしちゃったんじゃないの?」
「っ! ん、んなわけねえだろ!」
「どうだかねー。あんた達の『せいかつ』を聞くかぎりじゃあながち外れてもいないんじゃないの? あ、もちろんりっしんべんの方ね」
「……そーゆーことをどこから聞いてくるんだよ」
「当然、タイガーから聞き出したに決まってるじゃない。ま、あたしは半分以上実乃梨ちゃん経由だけどね」
「……おまえらなあ……」
「や〜だ、怒らないでよ。そのぐらいガールズトークの範疇なんだから。あ、そうそう、これお土産ね。高須君にぴったりの選んできたから」


「……で、これ何?」
「ドラゴンフルーツ、だそうだ」
「なにそれ、駄洒落?」
 川嶋亜美の沖縄土産は尖った鱗が生えた赤い大きな卵のような外見で、なるほど竜の卵と言われればさもありなんといった風情。
「なんでもサボテンの果実だとかいう話だけど……」
 言いながら果物ナイフで二つに割ってみると、その中身は……
「うわぁ……」
「おう……」
 思ったより薄い皮に包まれた果肉は、皮よりも薄い赤……というか、むしろピンク。それも蛍光色に近い感じの。点々と散る黒い粒は種だろうか。
「……これ、本当に食べられるの?」
「……そのはずだが……」
ともかく一口大に切って、おそるおそる口に運んで見れば。
「あら、美味しい」
「おう、これは意外に……」
「甘すぎないのがいいわねー。私この味好きかも」
「おい大河、だからって俺の分にまで手を出すんじゃねえ」
「いいじゃない、病人は労わりなさいよ」
「おまえさっき、もう大丈夫だって自分で言ったばっかじゃねえか」
「あー、ところでこれがどうして竜児にぴったりなのかしらねー?」
「おう? ……やっぱ、名前じゃねえのかな」
「あんたが実は、一皮剥いたら頭の中どピンクのエロエロ犬だってことだったりして」
「そうだ大河、おまえ、櫛枝や川嶋に何話してるんだよ」


「んであーみん、正解は?」
「実乃梨ちゃんならわかるでしょ?」
 ドラゴンフルーツをつまみながら、亜美は僅かに微笑んでみせる。
「んー、見た目でちょっと引かれがちだけど、実際の所中身は優しくて甘いってとこかな?」

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/26(金) 15:11:17.80 ID:8QUtD/4w0
>>283
大河の夜泣きってやっぱフラッシュバックによるものかな……
妻と赤ちゃんの両方の夜泣きに遭遇した竜児は両方だっこするだろうと思うけどw

>>285
三題噺氏乙です
ドラゴンフルーツって知らなかったんでググったら……見た目は確かに毒々しいねw
サボテン系なら味はあんな感じかー。
あーみんはお見舞いフルーツで買って来たのかな。ほんとに優しい子でいいなあ。

287 :転載:2011/08/26(金) 17:22:29.56 ID:8QUtD/4w0
644 : ◆oLWU/inCrU:2011/08/26(金) 02:13:30 ID:???
レスの流れで思いついて、いざ書き込もうとしたら全鯖落ちてたでござるorz
>本スレの282
間違えちまったてwwいいなあ、顔がにやけたまま戻らなくなりますな…

新生児への数時間おきの授乳で目の下真っ黒にした大河、それをやたら心配する竜児、
手伝うべくやっちゃんが泊まりに来て、的な妄想がむくむくと。
以下数レスお借りします



「お〜よちよち、世界一かわいいでちゅね〜♪」
「……ねえ、やっちゃん。」
「なぁ〜にぃ、大河ちゃん?
 やっちゃんがちゃ〜んと見てるからぁ、休んでていいんだよ〜?」
「うん、ありがと。
 あのね、やっちゃんが竜児を……。
 ──やっぱ何でもない。」
「竜ちゃんがぁ、このくらいちっちゃかった時はぁ〜、」
「!」
「やっちゃんには竜ちゃんしかいなかったんだ〜。世界で二人っきりだったんだよ〜。
 だからぁ、ちょ〜っと大変だったけどぉ、ち〜っとも嫌じゃなかったよお!」
 ちょっとどころじゃなかっただろうな、と大河は思う。自分には安心して住める家があり、収入があり、家族みんなに祝福され、何より愛する伴侶が傍にいるのだ。
 大河は唇を噛んで、相変わらず年齢を感じさせない義母の柔和な笑みを見つめた。
 この人は、一体どれほどの寂しさを、苦しみを、ひとりで──。
「私……。やっちゃんにとても、とてもひどいことをしたんだね。」
「え〜?」
「やっちゃんの大事な竜児を。やっちゃんから奪おうとしたよ。
 ずっとずーっと長い間会えないような遠くへ、連れて行こうとしたよ……。」
 子を持って初めてわかる親心。
 涙声でうつむいたつむじを、赤ん坊を抱いていない方の手が優しく撫でた。
「大河ちゃんは〜、竜ちゃんを奪ったりなんかしてないよ〜。」
「だって、バレンタインのあの夜……!」
「大河ちゃんは竜ちゃんを連れて帰ってきてくれたんだよ〜。
 もしあの時大河ちゃんが一緒じゃなかったらぁ、竜ちゃんとやっちゃんはあのまま、二度と会えなかったかもしれませ〜ん。」
「そんなこと……!」
 あり得ない、と叫ぼうとした大河を遮るように、泰子は小さく首を振った。
「あるんだよ〜。
 それにぃ、前も言ったけどぉ。大河ちゃんがず〜っと竜ちゃんと一緒なら〜、やっちゃんはそれでいいやって思ったよ。
 だからぁ、やっぱり大河ちゃんにはいっぱいい〜っぱい、ありがとうなんだよ?」

645 : ◆oLWU/inCrU:2011/08/26(金) 02:25:02 ID:???
 こんなにかわいい天使ちゃんにも会わせてくれたしぃ〜、と孫のふくふくほっぺに頬ずりする姿は、大河にかつて見た聖母のイコンを思い出させる。
 その時、その腕の中の小さな命がむずかるように声を上げた。
「や〜ん、すぐおっぱいの時間がきちゃう〜!
 やっちゃんは残念だけどもう出ないから〜、今のうちに寝ちゃわなきゃ〜。」
 いやんいやんとかぶりをふるたび、その大迫力の膨らみがゆさゆさ揺れて、説得力が無いこと甚だしい。
「──ありがとう。じゃそうさせてもらうね。
 お休みなさいやっちゃ……、“おかあさん”。」
 一瞬だけきょとんとして、すぐに破顔し。泰子は“娘”の少し痩けた頬を、手のひらで優しく包みこんだ。
「お休みなさい、大河ちゃん。」
 ──かわいいかわいい娘ちゃん♪
 歌うようにそう囁かれ、大河はこみ上げる感情を堪えるように、深々と頷いた。

      おわり。

646 : ◆oLWU/inCrU:2011/08/26(金) 03:23:53 ID:???
↑注意書き忘れてました、エロ無しほのぼの、やっちゃんと大河の会話です
エロイチャスレに親心の話を混ぜてすんません!萎えた方まじすんません!!

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/26(金) 18:46:46.87 ID:uVelOPb0O
親心おおいに結構!
萎える奴なんかいねーから心配すなw

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/27(土) 02:46:41.57 ID:qpXvVnTx0
>>285
どれだけ開けっぴろげにガールズトークしているのやらw
大河…恐ろしい子!

>>287
孫が竜児似だったりしたら、より愛着が湧いたりするかな(パパにそっくりー♪のノリで)
大河似の方が色々とおいしいのだろうがw

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/27(土) 09:36:42.35 ID:+Bkqk1Xc0
>>285
お久しぶり乙です!
解釈の差に距離感が表れていて萌えるw
>「っ! ん、んなわけねえだろ!」
竜児さん狼狽してますが、真相や如何にw

>>287
お互い想いやれる、理想的な嫁姑だよなぁとしみじみ
二人の子はみんなに愛されてすくすく育つだろうな。GJです!

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/27(土) 12:29:48.21 ID:RtPXzMLV0
>>287
凄く凄く良いです。ホロッとくるね。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/27(土) 23:33:31.18 ID:nUoV4xAb0
イマノウチに気楽な子育てネタを貼ってしまおうw
というか、子煩悩竜児を見たかっただけです。

****

きゃっきゃきゃっきゃ♪

「おーーー、竜河はママに似てかぁういでしゅ〜ぅうぇwwwwえっwww」
「うーん」
「そーれしゅか〜?パパもしゅきしゅきぃ〜〜」
「遺憾だわ」
「は?なんで?」

「だって考えてごらん?ポンスケ旦那」
「ポンスケて」
「あんたのその四白眼でいかにも巨大爬虫類がいままさに原生げっ歯類を捕食しようとしているようなツラでさ?」
「そ、それって酷くねえ?竜河がリス顔だなんて、女の子なんだからよ」
「そこじゃないけど……」
「どこだよ?」
「あんたのカオの話よ。好ましい表情、と竜河が覚えちゃったらどうなると思うの?」
「どうなるんだ?」
「痴漢とか……犯罪者に対して警戒感を持たない子に育っちゃうかも?」
「ま、まさかっ!?そんなの考え過ぎだろ!」
「夜中に空腹のまま襲撃に忍びこんだ男の家で低血糖で倒れるような迂闊な子になってほしくないわ……」
「……お前が言うのか、それ」
「だって竜児、襲撃した先があんたみたいに美味しいにんにくチャーハン作ってくれる優しい男の子だなんて
期待するわけにいかないじゃないっ!?ふつう」
「それ以前に家宅侵入しねえよっ、ふつう玄関から『ラブレター間違えちゃったから返して?』って来るんだよ」
「!!ら、ら〜ら〜らぶラブレターだってどうして知ってんのよっ!わたしっ一言もっ……あ?言ったわ」
「おう」

「む?なによっ!あんたばっかり竜河だっこしてっ!!そのドヤ顔っ!!」
「お?おう?話それたな?ならお前も来い」
「あ。……そ、そう?べつにどうでもいいけど、あんたがそう言うなら」
「ほら竜河たのむ、よいしょっ。つかそばで怒鳴り合ってるのに泣かん子だな?」
「胆力があるのよ私に似て……う、ぅわおっ!?……お、重くない?」
「重い。すげえ重い。お前もちょっとコロっとしたし。でもな?」
「うん……」
「こうして全部を抱きとめて行けるうちは……すごくやる気出る」
「くっ!苦しいってのっ!竜河つぶれちゃうじゃんっ、ばかっ!」
「おおっ、すまねえ。そこはお前に任せた。細かい事まで俺ひとりじゃどうしようもねえ」
「うん。任せて、私だってできる事はある!」
「おうっ。大河……」
「んんにゅっ、んっ……」
「りゅかちゃんもあいしてましゅよぉ〜ほーら指にぎってにぎってにょろにょろりん♪」
「あららら……」

きゃっきゃきゃっきゃ♪ぐぼあ!ろろろろ〜♪

「ああ、ミルク吐いた〜。竜児、ガーゼガーゼ」
「おうっ」
「そのうちブレス吐いて火事になっちゃうかもでっちゅね〜竜の子だけに」
「ねえわそれ」


〜おっしまい〜

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/28(日) 15:18:02.57 ID:TGGF4Yzp0
>>292
>ふつう玄関から『ラブレター間違えちゃったから返して?』って来るんだよ
!!!…目から鱗が落ちまくり
そうか、ふつうはそうか!? すっかり頭がとらドラ仕様に…
竜児のあやしっぷりがいかにもでワロタwほのぼの小話乙でした!

>>287 8QUtD/4w0 さん転載ありがとうございます!

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/28(日) 18:02:18.24 ID:7VTNzBdCO
俺に名前つけるとき
竜二と大河の二つ候補があって大河に決定したのは奇跡

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/28(日) 21:11:39.16 ID:p11tt/Hb0
>>292
微笑ましくて頬が緩むw
可愛い一家だ…

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/28(日) 22:21:50.77 ID:zseg1HYZ0
>>292
まさかのゲロ落ちwwwwwwww

生まれる順番が弟と逆だったら
リュウジと名付けられたはずの俺が通りますよ

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/28(日) 23:15:30.66 ID:7VTNzBdCO
竜一君ですか


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/29(月) 19:00:23.09 ID:N8XgVzep0
弟は虎次か

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/29(月) 20:33:30.84 ID:MpdZUHbmO
本スレってどこにあるの?

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/29(月) 21:01:15.61 ID:DwtGpWv90
>>299
アニメ本スレなら
とらドラ! 手乗りタイガー264匹目
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1312381190/

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/29(月) 21:12:43.27 ID:MpdZUHbmO
ありがとう
荒れてるな・・・・

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/29(月) 23:55:27.84 ID:Wg66hAvT0
大河は何故こんなにも可愛いのでしょうか

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/30(火) 22:30:56.73 ID:kta2Bgn90
飲み屋とかでは毎回身分証明させられそう
小さいからな

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 19:21:07.87 ID:tAeGIqsUO
しかも老けなそうだしな

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 21:27:13.31 ID:2+R9qwcX0
なんの店でも良いのだが、高さ120cmくらいのカウンターやショーケースの向こう側から
目と頭だけ見えていて「これ、ちょうだい」とかいう大河を接客してみたい。


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/01(木) 09:37:02.08 ID:XoC5JPni0
背伸びしてる大河を想像して悶えた
でも本人は不便だろうなぁ

そういえばジェネシスでヤス作のとらドラ4コマが始まったそうだけど、読んだ人いないのかな
大河が手乗りネコ化した内容らしいがw
竜虎の絡みが気になる

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/01(木) 19:09:06.88 ID:Gyc3X8kw0
大河が竜児の頭の上で「うるちゃいうるちゃい」とか言うのか…なんだこの既視感

308 : ◆oLWU/inCrU :2011/09/01(木) 19:26:10.04 ID:T4lnT8WmO
>>303
こうですか、わかりません



「お客様、ご注文はお決まりですか?」
 チェーン居酒屋にしては丁寧な接客に、竜児は気分良くメニューを指差した。
 自分の凶悪な面構えのおかげだなどとは考えないようにする。
「えーっと、とりあえずシーザーサラダに鶏唐、サーモンのカルパッチョ──」
「竜児、チャーハン! チャーハンも!」
「──と、五目チャーハンでお願いします。」
「かしこまりました。お飲物はいかがいたしましょう?」
「俺はハイボール。大河お前は?」
 少し考えこんでから、大河はオレンジ色の綺麗なカクテルを指差した。
「じゃあ、これ。」
「おう。
 じゃあ、こいつにはミモザを。」
「あ、あの、お客様……」
「初っぱなから甘くないか?」
「いいの! 早く酔っちゃったらつまんないし。初めての2人っきりの飲み会なんだもん。」
「あのー、お客様……」
「ああ、注文は以上です。」
「いえ、あの、……失礼ですが、免許証かなにかお持ちでしょうか?」
『へ?』
 固まった2人に、店員が申し訳なさそうに壁の張り紙を示す。
“当店では年齢確認を徹底しております。”
「……いや、こいつは俺と同級生で、ちゃんと成人して、」
「そ、そうよ! こう見えて私、しっかりばっちりハタチなのよ!」
 ぐい、と突き出した顔はうっすら化粧がされているものの。今日のためにとわざわざ選んだシンプルな生成りのワンピースが、外見年齢をぐっと引き下げていて。
「お客様、申し訳ありませんが……。」
 ──つまり、言えば言うほどよけい怪しい。

「んもぉ! 酔って忘れ物しちゃマズいから荷物は置いてけって言ったの竜児でしょー!?」
「いいから探せ探せ! この分だと俺はともかくお前は店からおん出されかねないぞ!」
「もーやぁーだー! 免許もないし保険証なんて持ってきてないし!」
「後はなんだ? パスポートか!?」
「なおさら持ってるわけないじゃん!」
「だよなぁ。だいたい俺たちまだ学生なんだから、身分を証明するものなんて学生証くらいしか──……あ?」

『それだ!』



309 : ◆oLWU/inCrU :2011/09/01(木) 19:27:24.08 ID:T4lnT8WmO

「……お待たせいたしました。ハイボールとミモザです」
「おう」
「どーも。」
 大河にまだ納得のいかない視線を向けながら、店員がグラスを置いて去ってゆく。
「──見た? あの顔!
 ぜーったいまだ疑ってたわよねっ。」
「まあしょうがないんじゃねえかな。
 未成年の飲酒は社会問題だし、ああまで徹底してるんなら逆に安心だ。」
「じゃあ竜児は私と居酒屋に行くたびに、同じ目に遭ってもいいって言うんだ?」
「うっ……。
 そ、そりゃあちっとは煩わしいけどよ。学生証忘れなきゃいい話じゃねえか。」
「……もし忘れてつまみ出されたら?」
「そんときゃ一緒にファミレスにでも入りなおすさ。」
「ほんとに?」
「あったりまえだろ。酒を飲むのが目的なんじゃねえ。“お前と”飲むのが目的なんだ。」
「……えへへ。」
 顔を寄せ合い、おでこをコツンと合わせると、竜児はそのままキスしてしまいそうになるのを必死にこらえた。ここではさすがにまずい。
「おわっと、ぬるくなっちまうな!
 乾杯しようぜ、乾杯!」
「ぶー。」
 明らかにチュウしようとしたタコ口のまま、しぶしぶグラスを掲げる大河。
「それじゃ、初めての2人飲みに」

『乾杯!』

 ミモザを美味しそうに味わう恋人の、ほんのり色付いた頬を見ながら。
 次は個室のある居酒屋にしようと堅く心に決めた竜児であった。



     終

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/01(木) 19:29:41.89 ID:bO60cbdu0
大河が手乗りネコ……
丸まって寝てるのに竜児が覗きこむだけでゴロゴロ言い出すのかな
あとむかつくとしっぽでばん!と床叩くwww

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/01(木) 19:51:35.00 ID:bO60cbdu0
>>309
シーザーサラダに鶏唐、サーモンのカルパッチョと栄養バランスの気配りがいいねえ。
いきなり炭水化物な大河はその安心感があるんだろうねー。

デコ乾杯とか「宇宙スペース――」の後日談的なノリっぽくご馳走さまです。
しかし個室はやめとけ竜児。間違いなく半裸のところで注文したものが来るぞw





312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/01(木) 23:39:34.58 ID:BHmODZAW0
この後は酔い潰してお持ち帰りだな
むしろ大河の方から潰れにいく

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/02(金) 00:00:06.24 ID:M+WuNiuN0
>>309
GJ!
膨れっつら大河かわええなあ…よく耐えた竜児w
個室編が気になりますw

4コマ、これだね。幕間パロディ的な感じだろうか。
ttp://genesis.dengeki.com/uploads/2011/07/syugo42-440x857.jpg

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/02(金) 00:09:26.06 ID:G5c1SVVh0
4コマ読んだけどキャラ全然違うよ
竜児とか無口な根暗だし

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/02(金) 01:40:10.09 ID:Afuu5/gRO
まあBD発売への布石とは言え、最終回を迎えてもまた新連載が生まれたことを喜びませう
「ヤスの片手間に宣伝で描かせとけ」臭もするけどw

>>311
どっちかっていうと前日談っぽい感じで。前作を覚えていてくださってすごく嬉しいっす。

>>312-313
竜児は体質を気にして無理させないと思うけど、大河が必殺「私、酔っちゃったみたい…(嘘)」を炸裂させると見た
そして我慢したぶん休憩所で(規制されました)…
レスありがとうございました!

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/02(金) 04:25:41.29 ID:A5Lu/1Yo0
根暗…というと、初期にループしたみたいな…
さらっと書かれてるけど「陰口叩かれたら嫌だからトイレに籠もっていよう」な
思考回路が出来上がっている辺り、結構きついよな…
竜児も大河と出逢ってすげえ変わったよなぁ

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/02(金) 10:23:38.33 ID:r4DNSwGm0
最初期は竜虎ともATフィールドがすっごく硬いから木刀襲撃とチャーハンイベントが要るんだよね。

>>315
前段ですか。なるほどなあ。追い出されてファミレス飲みというのもらしくてそそられるし、
外飲みにそんな疎外感があったら負けず嫌いな大河はお持ち帰りに執心するかもねw

そんなわけで『お持ち帰り編』書いてみました(馬鹿)

****

「えへへへへ……」

 大橋駅を降りて家路につく途中、したたかに酔った大河は上機嫌。

 都心のターミナル駅前で待ち合わせ、チェーン居酒屋で初めての2人飲みをした帰りの電車
ではなんとな〜くわざとらし〜く「おっとと」なんてよろけて竜児につかまったりしながらこ
こまで来たが、どうやらそれでも本人的には相当セーブしていたらしい。

「だいじょぶかあ?……つか本当に酔ってんのかあ?」
「それはもお、べっろんべろん♪」

 んーーーーと頭を竜児の胸に預けながら寄り添ってるのは実に恋人らしい甘えっぷり、では
あったけど両手でベルトをガシっとつかんでるのはどうしたわけか。
 本当に足元が定かではないのかもしれないし、酒癖、というやつが常軌を逸していてこのま
まうおりゃーっとフィッシャーマンズスープレックスかなんかで綺麗にブリッジを決めてやろ
うと企んでるのかもしれない。そんなんで怪我でもしようものなら自分はともかく大河の方が
落ち込むだろうと、竜児は余計な気をつかう。

「ほい、竜児、あっちあっち」
「こっちだよ帰るのは」
「んーーもう、……酔っちゃったから夜風に当たりたい」
「ああ、そっか。もう涼しくなってきたしな。遠回りして帰るか」
「そそ。土手行こう、土手」
「おう」

 国道から逸れて、静かな住宅街を抜けて、飼い犬にいきなり吠えつかれてうおう!とふたり
でびっくりして歩き、手を取り合って斜面を登ると夜風が渡る土手のうえ。

 大河は「ちょっと寒い」と言いながら腰に回していた片手を竜児が羽織ったパーカーのポケ
ットに突っ込み、反対側の手をどうしよう?こっち冷たくなっちゃうとばかりにぴらぴら振っ
て見せる。
 そんなに寒くねえだろ、とか野暮なことは言わない。ぴったりとくっ付いた大河の背中越し
に腕を回して、生成りのワンピースごと抱きよせ、手のひらを捕まえた。

「これなら普通に歩きやすいわ。うん。なんかダンスのエスコートみたいで」
「お前の方がな。足踏まないように気ぃつけないと」
「そこはとっさにあんたがリフトするのよ」
「バレエかそりゃ、さすがに片腕じゃ持ち上がんねえよ」
「だいじょうぶっ!タイミング合わせてぴょいーんとっ!」
「ああ跳ぶな跳ぶなっ。酔いざましなんだろ?かかとちょっと高いんだろ?生まれて初めての145cm越えだろ?」


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/02(金) 10:24:52.03 ID:r4DNSwGm0
「うん。そうして生まれて初めてのお持ち帰りをされるのも目前に迫って……どっきどき……くふふ」
「色っぽいなあ。けどどのみち一旦は同じトコに帰るんだから。酔いさましたらちゃんと送ってくぞ」
「けっっ、女心につれないやつ!」
「やっぱり酔ったふりだったか。急に足取りたしかにw」

 立ち止まって、「まあお前の気持ちもわかる」と向き直って竜児は腰をかがめ、大河は少し
だけ背伸びをして。トトッと、少しだけ千鳥足になってもちゃんと支え合っているから心配は
要らない。
 竜児のきちんと守ってやろうとする気分は、微かな酒とファンデーションの匂いと、触れた
柔らかさに押し退けられていくようで、なるほど、どっきどきだ。
 一緒にうちへ帰るだけなのに『お持ち帰り』と呼ぶだけでこんなに特別なことになるのか?
それとも、酔っているせいか?小さな手に肘をぎゅっとつかまれて、なにかのスイッチが入り
かけ……。
 やおら響いてきたのは、きゅうぅぅぅ〜というおなじみの音。

「『あら?』ってカオしてんなよ」

 こんな時にいつも思い出すのは「脂身のところ、食べてくれる?」という声、いつだったかの、あの表情。

「飲みだからって食いものセーブしなくても良かったのに」
「セーブしてたんじゃないよ。なんかね、不味くはなかったけどもの足りなかったの。なんか食べさせて」
「おう?シメか……ご飯もので軽くて……お、そうだ。茶漬けどう?」
「えーーー?なんか料理らしくないじゃん」

「ぬか床の底にさ、たしかいい具合に酸っぱくなった茄子ときゅうりがあったからさ」
 刻んでオカカとスリゴマ乗っけて、一切れ塩コンブも置いて、苦く出した熱っつい茶をかけて。

 そこまで聞いて、ぐきゅるるるぅ〜ともう一度。

「あらまたハデに鳴っちゃった。早く帰ろ?いただきますっ」
「気が早え、まあ、酔い覚ましにお茶漬けさらさらはいいよな。俺も食いたくなってきた」

 一瞬の恋人らしさもどこへやら。川沿いにぐるっと遠回りする甘甘計画も酔いざめご飯への
飽くなき欲には勝てず、ふたりは土手を途中で降りて、一路高須家へと。
 普通に手をつないで、心もち竜児を引っ張りながら大河はこっそり思う。ハタチにもなって、
ちょっと恥ずかしいから面と向かっては言いにくい。

 これはこれで、ある意味お持ち帰りなのよ。


〜おしまい〜



避難所にはなかなか辿りつきませんな(棒)

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/02(金) 22:26:40.18 ID:WI1qoTw/0
酔い虎かわいいよ酔い虎

>早く帰ろ?いただきますっ
でワロタw

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/03(土) 14:12:37.69 ID:8pq3Zxso0
>>318
うは、密着状態で歩きやがって!ベタアマカップル最高です
『お持ち帰り』を無邪気に楽しんでいる感じの大河、あれこれ言いつつヘンな方向に流れそうになってる竜児がたまらん
どっきどきな展開を自らぶち壊すのも大河らしいw
乙です

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/05(月) 23:26:43.95 ID:ZyorQViX0
酔い虎に性的な悪戯をするSSマダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/07(水) 19:09:59.13 ID:xjbFJV150

「たっ高須くんったかすくんっ、ほらほらっ」
「おう、なんだ川嶋?」
「ばかちーまたスゴレンネタで話題振っ……なんで竜児なの?」
「だってどう考えてもピンポイントだもん……ここここれ!」

(オトメスゴレン - 09月04日 07:10)
背の低い女性が可愛すぎて萌える瞬間9パターン

【1】高いところにあるモノが取れないとき
【2】普通に目を合わせるだけで自然と上目遣いになっているとき
【3】ちょうどなでやすい高さに頭があるとき
【4】手も足も小さくて、小動物っぽい印象を感じたとき
【5】キュートな甘めのファッションがよく似合うとき
【6】抱きしめたまま、簡単に抱え上げられそうなとき
【7】電車の吊り革に手が届かず、腕などをつかんでくるとき
【8】キスしようと一生懸命背伸びしているとき
【9】小柄な体とウラハラに気風の良い姉御肌だったとき

「お……おおおうっ、どうすんだこれ?なんかお約束でもあんのか大河?」
「ばかちーのツッコミに答えればいいのよ……私の目の前でね。さあアドリブ力をみせるがいいっ!」
「じゃーたかすくん、【1】からね」
「普通に代って取ってる。届かないんじゃしょうがねえし。『りゅうじー取ってー』だからな、萌えって言われても」
「ふっふっふ、ばかちー。あんたの目的は分かってる。協力してやろうじゃない?竜児、ねえ、目え合わせよっか?」
「う……おう……【2】の答えはまあ、普通に……可愛いと思うよ」
「撫でやすいところに頭あるよねえ?いつもどうしてんの竜ちゃーん」
「竜ちゃんやめろ。撫でるよなあ、わしわしっと。てっ、手も足もちっちゃいな。当たり前か。次は【5】か?」
「昔ほどそれだけってカンジじゃなくなったけど、タイガーはロリ物似合うよね?そこんとこは?」
「かっ、可愛いと……思ってるよ」
「ふうん?そんだけ?へえ〜〜?ほお〜〜?じゃ【6】は?」
「……こっ」
「こ?」
「答えなきゃ……ダメか?」

「「うん♪♪♪」」

「ど、どきどきする。……いつも。壊れそうで、柔らかくて、熱くてよ?『ん〜〜ん』とか声が漏れるとこなんか……」
「うあぁぁぁぁ〜ぃっ!竜児いいっ、いいっ、いいからっ!細かく描写しなくて!」
「い、いやもっと細かく感想言えっって!実際に抱え上げたりするんでしょっ?」
「す、す、する」
「お姫様だっこっ?!」
「だいたい……そう……だよな?」
「わ、私のカオ見んなっ」
「ちゅ、ちゅーするっ?」
「……」
「……」
「答えろよタイガー……」
「す、するわよ。……いい齢してそんな体勢になって他になにしろって言うのよ」
「くそ……あたしには望むべくもねえわそれ……」


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/07(水) 19:11:10.74 ID:xjbFJV150
「じゃあ次はなんだ?【7】か。腕どころかこいつよろけた振りしてぎゅっと抱きついたりするよ」
「えっ?へえ〜〜ぇ?そんなー?どうなのタイガー?」
「う、うるさいな。別にわざとじゃないっていうか……その、ねえ?竜児。あんたから抱き寄せたりもするじゃん」
「まあな。電車ゆれるしな。普通だな」
「普通よね。ふふっ」
「う、うあっ、こいつらっ!つぎ【8】!」
「キスするとき背伸び?そりゃせざるを得ないでしょうよ。こお〜んなカンジで、ちゅっ」
「おう。あぶねえな?ついた手で水のグラス倒しそうになったぞ」
「おまえらっ、ここ喫茶店なんだよっ?どどどういうつもりっ?殺す気っ!?」
「殺されたいのあんたじゃないの。本望でしょうが」

「じゃあ最後【9】は?あれ?どうしたの高須くん真っ赤。ここツボなわけ?」
「こ、こここの辺で流さねえ?」
「なに言ってんだよ流すわけねえだろこの脳味噌ド腐れゲロ豚般若っ、とっとと白状しやがれ」
「流さねえのか……まあ、背中流して貰うわけさ」
「は?」
「私がさ、ばかちー。竜児がおふろ入ってるときに戸口の外から『背中流そうかー?流してほしいぃ〜?』って訊くわけ

よ」
「……ほう、で?」
「『ほしいーっ!』って言うわけよ。竜児がさ」
「もうほとんど新婚さんいらっしゃぁ〜いだねえ……。そのまんまおふろエッチにか」
「ううん、わたし全裸でそうゆうことしない。馬鹿くさいじゃない?なのにさ……こいつったらさ……」
「サカるわけか。着衣のまま」
「着衣でそんなつもりもねえから余計に、っていう説もあるな、川嶋」
「……真顔で取りつくろってんじゃねえよエロ般若!」
「だってよー。背中流そうかって言いながらこいつ水着で入ってくるんだぜ?」
「うわあ……なに?『着衣には違いない』?屁理屈だろタイガーそれっ!あれ?姉御肌の話と全然関係なくね?」
「関係あるよ。頬ずりとかぺろぺろしながら『あねご肌〜♪』とか言うもん竜児は」
「カンケーねえから。それただのプレイだから。姉御肌も誤用だし」
「あそうかー。ばかちーにはここに萌えポイントが存在しないのねえ。それは失礼しました」
「まあねー。オトコがどこでサカるかなんて亜美ちゃん知ったこっちゃねえしさー」
「だって?竜児。このネタ不発だったからあとはいいや」
「おう」
「ん?あと……って?」
「うん、することした後で竜児がすみずみまで洗ってくれる話」
「そこっ!そこ先にしろよっ!!」
「そういう話……女同士だけでしてくんねえかな?」


〜おしまい〜


324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/07(水) 22:43:48.66 ID:5Aeu0PIJ0
亜美たんは、バカップルの惚気にあてられて、死にたいのですねw

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/07(水) 23:02:58.87 ID:pP5FXixd0
昨日までの自己をサッパリとノロケの業火に灼いて死と再生を迎えたいのでしょうw
エステの一種かも。


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/08(木) 21:43:05.31 ID:blKjhXJt0
手指の造形とちん○の造形には密接な関係がある。

それを踏まえて10巻の91ページを読むとニヤっとせざるを得ない。

大河エロい娘!!

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/09(金) 00:46:17.06 ID:bMBHwI2q0
大河は魔性の素質があるよなw
10巻実家での翻弄する大河とされる竜児は何度読んでもニヤニヤする

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/09(金) 01:05:00.44 ID:VKMOwmuD0
>>326
妄想たくましいwww
そこ竜児が受けて「俺もお前の口の開け方好きだ」とか言ってたら皆どんびきだったな。

>>327
うむ。あれは密着したくて「寒いから」と言っておるのだよなあ。
そういやアニメでもそんなような状況に持ち込むためもあって窓開けたんだろうなw

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/09(金) 08:23:15.59 ID:5mcIn9ni0
まぁ、エロ解釈もいいんだけどさ。

もともと大河は甘えたいんだよ。4月になって、竜児という甘えられる存在を得たけど、
12月に手を放してしまった。

2月に二人で逃避行に出て、初めて安心できたのがあの夜だからな。甘えたくもなるよ。
竜児を振り回しているときが幸せなんだよ。振り回す自分をゆったりと包んでくれる
竜児が好きなんだよ。

早くBD出ないかな。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/09(金) 11:41:25.33 ID:KPRqa9Yg0
エロはそうした大河の気持ちの一部分を成しているであろうってぐらいだけどね。
本編中ではわずかにしか描かれなかったけど大事な一部。

早いうちに竜児を許して受け入れてしまって、でもその自分を自分で受け入れるまでの抵抗やら悩みやらが
大河を大河たらしめている面も印象として確かにあって、それが合一したらその子はもう大河じゃないのかもしれない。
などと思うのだけど、エロを介するとそれも大河だよなあとすんなり思えるのは……
俺が既にヨゴレオッサンだからだorz

2巻の平穏なラブラブというか大河の甘えっぷりが好きでなあ。
スピンオフの夏休みから秋にかけての話もその辺と雰囲気が似ていて、本編の流れからして
あの時期あんなに気楽にじゃれ合えるのかともどこかで思うのだが。
まあ、ああいうのが竜虎の間柄の美味しい果実というか、原点なんだろうな。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/09(金) 20:15:02.80 ID:1zx/D11OO
おまいらの竜虎話読んでると 漲 っ て く る
二人が理屈抜きで若者らしく暴走ギシアンするのもまた良し!
何かってーと過去を思い出しながら切なく求めあうのもまた良し!
次はどうしてくれようか!
お前も蝋人形にしてやろうか!

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 22:52:09.77 ID:D0BjXvkY0
大河愛しいよ大河
強くて弱くてタフで繊細だなんて
魅力的に過ぎる

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 23:31:38.98 ID:HBLdJfYn0
抱きしめて撫でたくなるよな

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 23:40:42.73 ID:ihiXNz0LO
いちゃついてる最中に弟が泣き出して
中断される的なエピソードが何度かあるに違いないんだ
そんな後日談がみてみたいんだ
BDの特典で今度こそ・・・!

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/12(月) 00:23:42.33 ID:lQZ3cTAM0
BD情報解禁されたもよう
http://www.starchild.co.jp/special/toradora_bd/

うーむ。DVD持ってて画質に不満ないから、新作1話を4万円で買うのかw

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/12(月) 02:12:27.09 ID:Lb12REVr0
ドラマCDも楽しみ

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/12(月) 05:09:34.33 ID:ZRRrkLM40
BD情報キターーーッ!

待ちわびたぜ。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/12(月) 23:37:25.48 ID:I3NaOtvP0
   ‖                  ||||‖
   ‖                  ■‖
   ‖                  ■‖
   ‖                  ■‖
   ‖                  ■‖
   ‖      ■            ‖
   ‖■  ■■    ■      ‖
   ‖■■■■■■■■■  ‖
   ‖■■■■■■■■■  ‖
   ‖■■■■■■■■■  ‖
   ‖■■■■■■■■■  ‖
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

とらドラ!の為に用意しておいたスペースがやっと埋まる

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 02:04:03.90 ID:jzGepKm+0
初めてのブルーレイボックスはこいつになりそうだな

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 12:48:33.30 ID:03k2iW9q0
「竜児、Blu-rayBOXの発売がやっと決まったって」
「おう、新技術のアプコンで俺たちも1080Pだよな!」
「どうしよう……そんなに知り合いいないよ」
「ん?知り合いに買わせようって?」
「違う違う、……1080P……あんたは女子を私は男子を539人ずつ連れて来ないと」
「は、はあ?」
「それにあんた以外と……なんていやだ」
「大河、お前は大きな勘違いをしている。Pはプレイじゃなくてプログレッシブ。1080は解像度」
「そうなの?あー良かった。あ、でもほくろとか雀斑とか見えちゃわない?」
「別にお前はそんくらい隠さなくてもいいじゃねえか。泰子の小ジワやたるみの方が深刻だろ?」

「うえぇぇぇ〜〜竜ちゃぁんなんてことぉ〜〜!?」

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 16:44:52.86 ID:zUvEf5UBO
エロ同人誌買っちゃったよw

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 19:37:54.75 ID:qDm3tuUm0
Pはパーソンじゃね?

343 :祝BD発売日決定:2011/09/13(火) 22:07:43.30 ID:yuXgMDG80
>>340

「ふ、ふふふ。ふふふ……きゃははははは……ぐすん」
「ゆりちゃん先生、どうしたの?」

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 23:05:23.40 ID:vpMoP/eB0
しばらくここともご無沙汰してたけどBDのニュース聞いて飛んできた。
もちろん即予約。この日をどれだけ待ったか・・・
新作付とか嬉しすぎる。
一応額面4万だけど密林なら3万で買えるよ。

ちょうど最近とらドラ熱ぶり返してたところですごくタイムリーだ。
また気が向いたらSSでも書こうかな。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 23:27:25.09 ID:KiZuS99C0
大画面でちゅっちゅシーンをループ再生してやるぜ

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 23:48:37.54 ID:gaYrmHv7O
>>345
「──ね、寒いからもういちど……」
「もういちど……」
「もういちど……」
   :
  (略)
   :
「もういちど……」
「もういちど……」
「もういちdええい!唇擦りむけるわ!」
「大河!? 誰に怒鳴ってんだ?」
「ちょっともーこっからがいいとこなんだからっ! 早く先に進めて!」
「いい、のか……?」
「へ? ちがっ、竜児に言ってんじゃ……にゃー!」
 ギシギシアンアン


こうですね(キリッ

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 23:52:30.22 ID:J9aee0AI0
>>334
あやす大河、ちょっと拗ねてる竜児を受信した
大河はいい姉ちゃんになるよ

>>344
待ってる!

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 00:48:08.08 ID:15j6Jbk+0
BD情報キタ―!
完全新作話がどうなるのか楽しみだw
アマアマ設定の話か?それともJ.C定番のアレか?
勝手な予想でJ.C定番のアレをSS化してみたw
(灼○の○○ナたん×と○る○術のインなんとかたん×とらドラ!に付き注意。その他中の人繋がりネタも…)


「さてと…、洗濯洗濯っと…。今日の天気は晴れか…、いきなり夕立降ったりしねえよな…。」
ガラッ…
「え、ええええ〜〜〜!」

この世界の誰1人見たことがないものがある。それは小さくて可愛い…。
多分見ることができたなら誰もが欲しがる?はずだ…。
だからこそ世界はそれを隠したのだ、そう簡単に見られる機会がないように…。
だけどいつかは誰かが見つける。チビ娘にふさわしいたった1人が…。
そういうふうにできている…。


「でぃやぁ〜〜!」
「木刀…?ちっちゃいくせになかなかやるな…。」

ぐ〜〜〜〜

「腹の音…だよな?お前の?」
「うん、お腹減った。お腹一杯食べさせてくれるとうr…」
「ク、クウェ〜!」

バサバサ

「あ!い、インコちゃんそれは食べ物じゃないぞ〜〜!」


ハムハムハムハムハムハム…、ハムハムハムハムハムハム…

「おい?大河?頭の上でチャーハンと桃まん食べるのやめろ。頭が脂っぽくなる上にべたつくだろうが!」
「うるちゃいうるちゃい!!駄犬定春3号!」
「おまっ…、こういうところで他の会社様の作成したアニメを匂わすのはやめろ!てかこういうの2作品ほど見覚えがあるんだが…?」
「それは出版社とアニメ制作会社が同じだからよ…!」
「まったく…。あ、意味のわからない人は是非とも灼○のシャ○・と○る魔○のイカ…、禁書目録DVDを買ってくれよ!」


349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 15:22:17.60 ID:EIzsmutI0
新作話がJC定番のソレだったら……すまんけど買わんわw
買うも買わぬも新作の内容次第だなあ俺は。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 17:51:26.41 ID:NzpKQyXY0
監督もまりーも頑張ってるらしいから普通に番外編だと思う 

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 20:05:35.31 ID:15j6Jbk+0
ああ、後は竜虎のイチャラブを見て「あんたたちいい加減にしないとジャンクにしますよ?」と
黒いオーラを発する百合ちゃん先生さんじゅういっさいを見てみたいなw

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 22:57:19.48 ID:eQppBsrz0
ドラマCDも三作出るらしいからイチャラブ話もあるはず。期待
ゆゆぽがどんだけ関わってるのか気になるなー

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 22:08:40.91 ID:DEjXinnJ0
前から期待されてたスピンオフ映像化じゃないのかなーって思いたい。
あと個人的にはパラレル扱いでもいいから原作9〜10巻完全再現のアニメ版とかも見てみたいな。


354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 23:57:13.75 ID:h7G458jM0
原作者が原案だか監修だかのアフターなら俺得
つーかそうなれ!!

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/16(金) 07:26:00.80 ID:XjaQsdFr0
オフトピだが、いままでスレで発表されてまとめサイトに収録されている作品をひとつ、
「どれでもいいから映像化してBD-BOXに収録してやる」って言われたら、どれを
選ぶ?

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/16(金) 12:07:50.72 ID:W6YozwRa0
それは各自で思っていればいいだけだろう
俺の好きなあの作品が映像化されたらいいな
あの作品みたいなイチャラブを見たいな
皆がそう思ってるが敢えて口に出さないのが慎みというものだ

俺はSSのネタになるようなゆゆぽ公式後設定を希望したいw

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/16(金) 23:24:00.63 ID:y2G9UoaJ0
もし竜虎が結婚式を挙げたら、ゆりちゃんが数年うなされるような式になると全テで答えてたんだっけ…
ゆゆぽは文に起こすべき

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/16(金) 23:58:26.22 ID:t1tF0jykO
>>357
あれだよ、きっと特別ゴージャスとかじゃないんだよ。ひたすらラッブラブでメロメロな空気なんだよ
終始幸福そうで目が合うたびに照れ笑いする新郎新婦
高校時代の二人がどれだけお互いを支えにしていたかを暴露する友人スピーチ
涙々の高須家祖父母、ニコニコのやっちゃん
クライマックスは「お母さんへ」と題して実母と、そしてやっちゃんにお礼を言う大河→やっちゃん号泣
二次会以降は大橋高校プチ同窓会状態、途中でさんざん冷やかされながら抜ける新郎新婦

とか想像するだけで泣けてくる末期っぷり…

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 00:09:02.42 ID:BCkuVmb50
>>358
まったく同じような想像でフイタw
だがひとつだけ違う点があったぞ?そのお式は“子連れ婚”だったのです!
きちんとした性格の竜児はきちんと避妊していても大河の着床率こそハンパなかった。
もう末期を通り越して冥府魔道に堕ちてるw

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 14:21:01.17 ID:9WYQmpNli
参加者が全員既婚者かカップルならそれだけで殺せる

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 23:00:26.69 ID:X7Fy5T9R0
あれだけきれいに終わったのだから、その後は描かれなくても良いと思うのは少数派か。
ともあれ、高須家の居間でごにょごにょしている絵面は見てみたいw

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 01:02:46.16 ID:4VF0YVt20
ゆゆこが書く必要はないんじゃないかな。だから、俺はここで書いたわけだが(w

ゆゆこが書いて「その後」ととれる竜虎は「とらドラ!な雨宿り」だけだな。ゆゆこは
どちらともとれると書いている。
で、調べてたらこんな絵にたどり着いた。いい絵だ。

ttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=19141686

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 09:09:12.55 ID:PuJM6QPc0
『〜雨宿り』はその後の竜虎がどんなふうに暮らして行ってるのかっていう寓話になってるね。
やっちゃんが再び夜勤に戻ってるとことか、間違いじゃなくて夜は二人きりだよって謎かけかもw

けぶる雨の中を見えなくなるまで竜虎を見送る読者視点のラストがいい。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 12:13:39.53 ID:4VF0YVt20
>>363
俺もあのラスト好き。うがった見方をすると、厳しい世の中を2人身をよせあって、笑いがら生きていくともとれる。
ゆゆこにそのつもりが無くても、そう解釈できるだけでいいラスト。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 20:36:54.42 ID:2g2pog+G0
>>362
何度見てもいい・・・
久々に読み返すか

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 21:15:18.63 ID:JuEM/hkW0
>>362
竜児にこれじゃない感があるがいい絵だな
久しぶりに読み返すか

367 : ◆0/FKyHtS2M :2011/09/18(日) 21:46:13.04 ID:ao3RaSrk0
新避難所に投稿しました『ねむとら!』の続編です。
続編と言いながら、単に時系列で翌日〜2、3日後のある夏の日というだけです。
話題になってる雨宿りを読みかえして、こんな雰囲気の書きたいなーと。
いやいやいや秋の雨の日には到底及びませんが。
↓3レスいただきます

368 :ねむとら2! ◆0/FKyHtS2M :2011/09/18(日) 21:47:33.69 ID:ao3RaSrk0
 ――かわいいなあ。
 高須竜児は居間のちゃぶ台の前に腰を下ろしながら、向こう側でごろっと横になり早くも寝
息を立てている逢坂大河を見て、つい小声で呟いた。
 16歳で初めて遭ったときすんげえかわいいと思い、そのまんま17歳になって、殴られよ
うと罵倒されようとやっぱりかわいかった。18歳のときは事情があって離れ離れになり、ほ
とんど姿を見ていないけど、もしも傍にいられたなら春も夏も秋も冬もやっぱり印象は変わら
なかっただろう。
 実際、19歳になるひと月ほど前に再会して、今日まで毎日かわいかったわけだし。

 夏休みだとこうなのか。朝食が済めば満腹感に鋼鉄の胃袋が限界稼働を始めて他の身体機能
も一旦スイッチが切れるらしい。あれか、シエスタってやつか?瞳や髪の色あいといい、スペ
イン人が祖先にいるのか?そんな話は聞いたことないけども。

 部屋のサッシはどこも全開にしてあり、数年前に隣に建ったマンションのせいで日当たりが
悪くなったとは言っても、気候条件さえ整えばそれなりに風は通りまあまあ快適で、母の泰子
もエアコンを適度に効かせた自室でいつもどおり寝ている昼前。竜児には家族みんなが起きる
まで掃除など物音をたてるつもりはやっぱりなかった。ひとり暇を持て余しながらも、窓から
カーテンを揺らして吹きこむ風に前髪を撫でつけられ気持ち良さそうに眠っている大河をただ
じっと視る。

 今日はハーフパンツにTシャツのラフな格好で、昨日のように突然の風に裾がめくられるこ
とは初手からありえないが、別に、だからといって残念とも思わない。

 大河がなんの緊張もなく寝ていられる場所を再び俺のうちに定めてくれた、その嬉しさを沁
み入るように感じ続けた数カ月が経って、何かに大河を奪われていくんじゃないかという根拠
なき不安ゆえ湧きあがる恋しさの熱量も、ようやく少しばかり落ち着いてきたこの頃だった。

 Tシャツの胸がゆっくりと上下しているさまを、ただ視ている。どうした?自分も食後で眠
気を催しているのだろうか。
 あ、こいつまたノーブラだ、と唐突に気づいた。いくら脇汗が溜まるのがイヤとか言っても
だらしねえ。他に考えることも浮かばずぼんやり思っていると、むにゃむにゃ動いて鼻先を擦
るとごろっと寝がえりを打った。
 二つに折った、枕がわりにした座布団の端っこから頭を落としそうになりながらきもち身体
を縮めて微風に向かって横向きになり、そうしてふっと目を覚ますのかと思わせるような空気
を漂わせただけで、またすうーっと眠りに沈んでゆく。

 竜児は四つん這いで物音を立てずに近寄って、大河の背後に、静かに、身を横たえた。

 じぶんでも何でそうしようと思ったのか分からない。起こして眠りの邪魔をしたくないって
建前は確かにあったが、内心でも今はそれほど触りたいと思ってはいない。与えたいとも、求
めたいとも強くは思っていない。なのに身体は動いてしまった。2mに満たないちゃぶ台を挟
んだ距離が遠過ぎると思えてきて、あえて言うならばそれが動機だった。

 身体をわずかに平仮名のくの字に折った大河の背に触れぬよう気をつけて、一回り大きいく
の字を描いて横向きに、大河が余らせた枕の、逆の端っこに頭を乗っけて横になる。
 ほわほわした長い髪の匂いを嗅ぎ、かすかな寝息を聞き、寝てると上がる体温の輻射を受け
て熱っちいなと少しウザがりながらも、快い。
 大河の地元の方言では、確かこんなのを“あずましい”て言うんだっけ。「あんたのそばで
こうしてるとあずましいぃ」前に聞いたふざけた声の感じが柔らかく思い出されて、瞼がとろ
ーっと重たくなってくる……。

369 :ねむとら2! ◆0/FKyHtS2M :2011/09/18(日) 21:48:29.04 ID:ao3RaSrk0


 うああ……熱っついと思って目を覚ましかけた大河が薄目を開ける。ベランダに通じるサッ
シの輪郭がぼやけて見えた。

 ねむい。まだ眠い。吹きこむ微風で顔は涼しいけど背中があつい。まるで他人の身体のよう
に重いのをひねって逆向きに寝がえりを……ぎょっ!?
 見慣れた竜児の顔があった。
 頭に寝癖をつけて、半開きのくちからだらしなくヨダレを垂らしながらフゴゴゴなんてかる
くイビキもかいてる。なるほど、こんなぴったり添い寝されていればそれは背中が暑かったわ
けだ。ていうかなによ、昼寝するならなにもこんなに暑っ苦しくくっ付かなくてもいいじゃな
い、いいのよ。
 ……ねむい。

 崩れかけた腕組みをぼんやり見ながら、竜児に触れないように、物音を立てないようにゆっ
くりと寝がえりを終える。鏡文字のくの字形になって向かい合い、前髪だけ触れ合わせている
とすうすういってる鼻息がかかってさすがにこれはウザかった。近い近い近いと思いながら腰
を少しだけ後ろへずらしてみる。

 目が覚めたときに抱きしめられていたら嬉しかったのにと思った。
 そうして触れもせずこんなに近くにくっ付いてくれたのはもっと、もっと嬉しい。暑いだろ
うとか、起こしたくないとか、気を遣ってくれたんだろうっていうのもあるけど、それよりも
懐かしくて嬉しい気持ちになった。

 竜児のそばにいられるかな?いてもいいのかな?ずっと付きまとわれて、たぶん消える事は
ないそうした思いがさほど苦しくはなくなってきたこの頃。そして、それだけが苦しかったあ
の頃の記憶。
 なんでおまえここにいるのと誰かに言われるのが恐ろしかった。ここにいる理由を弁明しよ
うとして、何一つ言葉にすることができない自分がいやでたまらなかった。目をつぶって、耳
を塞いで、買い物について行って料理している姿を眺めてごはん限界まで食べて、呆れながら
もずっと視ていてくれるのを感じては、がーがー眠りにおちる幸福。

 大河はまた目を閉じて、昼寝の続きに入るような入らないような浮遊感のなかにいた。お腹
はいっぱいで暑苦しかった背中も涼しくなった。出逢って初めての夏と同じように、竜児のそ
ばにいるのが気持ち良かった。ぼうっとした意識で、かつての苛まされる感じを思い出して誰
にともなく言葉にする。言葉にすることが、できる。
 ――だってさ、りゅうじの近くにいると……きもちいいんだよ。
 だからここにいる。
 独りでも生きていけるようになりたい。なりたかった。ならなきゃいけない。なのに、ここ
にいる。気持ち、預けっぱなしで、すがったままで、ここにいる。ここに、いたい。……いた
い、の。いても、いい。でも、なんで?
 なんで?
 あれ?なんで?なんでだ……っけ?

 知ってる。答えはもう知ってるはず。忘れたわけじゃない、今は、ねむいから。あーなんか
出て来ないけど大丈夫、もう知ってるよ。ずっと、竜児のそばにいていい。
 ねむい……。


 夢うつつで何かに頬を撫でられて、竜児は目を覚ましかける。
 吹き込む風に撫でられたのか、風に煽られた大河の猫毛に撫でられたのか。いずれにしても
気持ちいいことに変わりはなかった。
 風が急に冷たくなっていたり湿り気を帯びていたりすれば干した洗濯物に意識が行ったかも
しれなかったが、昼下がりの天気は変わることなく。

 細めに開けた目で間近にいる大河を見た。あ、こいつ寝がえり打ちやがったな。
 かわいいなあ、と、思い、今度こそ触れたいと思った。色白の頬に掌を当てて撫でたい、ほ
わほわの髪にも触りたい、華奢な肩をぎゅっと抱きしめたい。
 そう思うのに、目覚めていない身体はあまりに重く、あまりに億劫で、動かせなかった。
 そうして、また眠りに還っていく。

370 :ねむとら2! ◆0/FKyHtS2M :2011/09/18(日) 21:49:24.98 ID:ao3RaSrk0


(……おい、おいりゅうじ)
(……んぁ?)

「竜児ってば、お昼」
「ん?おおお?すっかり寝込んじまったか?」
「あんたが涎たらしてぐぁぐぁ昼寝するなんて初めて見たよ。ほら昼ご飯。……もう2時だけど」
「ご飯て……お前がぁ?」
「なによ?いいじゃないよ」

 起き上がってみると、ちゃぶ台の上にはほっかほか湯気を立てるチャーハンの皿。
 すでに泰子が美味しそうにぱくついていた。作り置きの朝食と、大河の作ったチャーハンと
をまとめて食べる気らしい。
 竜児も頭に寝癖をつけたまま食卓についた。

「おう。うまいな?」
「ほんと?お世辞ぬきだよ?」
「世辞なんか言わねえよ。ちゃんとうまいよ」
「ほぉんと。大河ちゃんじょうずだねえ♪」
「へ、へへへ。いよっし!」

 高須母子から一斉に褒められて、大河は小さくガッツポーズ。

「まあ、しいて言えば少し塩気が強いから、今度は気持〜ち薄味に作ってくれた方がいい」
「な、なによ!?文句あるんじゃない」
「文句じゃねえよ。リ・ク・エ・ス・ト。ほら、あれだ。……子供に食わすこと考えると」
「う、あ、……そ、そかっ。そうね。塩気はあとからでも足せるし?」
「そーそー。そゆこと。俺にはこれで充分うめえよ。炒め具合なんか見事なもんだ」

 鍋振ってるところも見たかったなあ、と竜児は思いながら、まあ見られる機会はまたすぐに
あるだろうとくちの中のチャーハンを飲みこむ。
 目も覚めてきた。いろいろ覚えていて、メシが済んだら、少しばかり大河に甘えさせてもら
おうと思いついて頬がゆるんだ。自分の方が一歩大人で、じゃれつきたい恋人に合わせてやっ
てるみたいな態度をとってきたけど、本当はそんなことはない。甘えたいと思ってるのはお互
い様だ。

 お前のそばにいるときもちいい……そう“あずましい”からいてくれと頼んだって構わない
はずだから。

 だって、漢字で書けば“吾妻しい”が語源だって聞いた。気心が知れた妻がそばにいてくれ
るように、居心地がいい場所や状況。そういう意味で使うんだって大河はまた聞きだろうけど
教えてくれた。そのまんまじゃねえか。
 (――お前とこうしてるとあずましいもな〜)
 なんだか恥ずかしいけど、大河に向かって言ってみたい。好きだと言うより、愛してると言
うより自分たちに似合っているんじゃないかって気がする。

 泰子と世間話をしながら昼食を摂ってる大河はふと竜児と視線を合わせて、そうしたら目じ
りがつと下がって、なにも言葉を発しないまま、笑顔をもう少しだけ緩ませたような、泣いて
しまう直前のような表情になった。

 かわいい、と竜児はまた思った。



〜おしまい〜


371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 23:59:38.35 ID:GUaX7yE30
>>362
この人の絵、竜児も大河もほんと可愛いよね
竜虎天国で幸せだ絵師さんありがとう

>>370
GJ!!
ゆったりと流れる雰囲気がたまらないなぁ

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 23:23:22.75 ID:Wr+BDj1Y0
>>370
乙!
幸せそうだなぁ……。
俺の汚れた思考が浄化された気分だw

あずましいって漢字がある事に道産子ながら初めてしったぜ

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/20(火) 00:20:02.27 ID:NlrWZJZ+0
>>370
乙です!
素直に甘えられるようになった竜児にホロリ。その場所は大河だからだな。
しかし、この二人は本当にお互いを好きすぎるw
こんなふうに何てことのない日常の切れ端で幸せを感じてるんだろうなー

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/20(火) 21:18:12.77 ID:xaOo62Rk0
>>370
ゆゆぽ雨宿りの雰囲気にすごくマッチしてて好きだなぁ

>>362
まぁ確かにゆゆぽが書かなくても、とは思う。
ここで素晴らしき脳内補完が出来てるからなw
よしこの流れに乗って頑張るかー!

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/20(火) 23:26:19.07 ID:GFlbMK1c0
10月からキッズステーションで「とらドラ!」の放送が始まるぞ。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/21(水) 01:24:13.03 ID:RAvqfXdc0
10月6日から月・木に同じ話を2回ずつのローテだね
ttp://www.kids-station.com/program/program.125871.html

BD-BOXのCMなんかも挟むといいね

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/21(水) 23:34:42.43 ID:dkSALDKw0
キッズステーションはリビングのテレビでしか見られないんだよな
奥にオタバレして堂々視聴するか

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 20:28:18.60 ID:vbUfn28N0
ドラマCDも楽しみ

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 21:44:52.41 ID:M+P6WDYJ0
>>377
マジレスするが、とらドラ!くらいならオタじゃなくても見るだろ。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 23:03:24.54 ID:WWZYiaxM0
ドラマCDゆゆぽ書き下ろしじゃなかったら買う意味無いよな

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 23:17:03.85 ID:h4cEj7b20
ttp://www.animate.tv/news/details.php?id=1316657588

なんか微妙っぽいな
ていうか竜児メインは……

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 23:46:11.17 ID:WWZYiaxM0
>>381
予約ぜずに評価待ちでいい感じだな


383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 23:47:33.50 ID:tXIwOeEs0
>>381
うーん
「人気モデルである亜美がドラマで三姉妹の次女役を演じることとなり、その練習のために長女役を実乃梨、三女役を大河に懇願する。役作りとして大河のマンションで共同生活をすることに」
もしドラマが『みなみけ』だったらちょっと笑っちまうw

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 23:58:10.33 ID:paOeafZ8O
>>381
竜児は大河主役の時に格好良く〆てくれると信じてるw

>>367
なんかすげぇ癒された
「く」の字に並んで寝るのって幸せだよな…
お互いにしがみつくような恋しさや切なさが一段落した頃、って雰囲気が良く出てる

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/23(金) 08:00:01.91 ID:VoIk435W0
ドラマCD、時期的にはいつなんだろうな。大河のマンションってことは
8月の旅行以降、The end of 夏休み以前なのかな。文化祭と生徒会長選の
間にはほとんどギャップがないから無理だ。

水泳対決以降夏の予知夢前だとしたら恐ろしくアクロバティックだぞ。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/23(金) 13:52:55.07 ID:riqoYl/70
つーか、この手のCDドラマの脚本て大体原作者以外でしょ

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/23(金) 14:12:44.22 ID:+oyTLdkE0
その時期あーみんが大河や実乃梨に弱みをみせつつじゃれつくのかなっていう点でアクロバティックなのは避け得ないが
うまく一定の説得力を込めてくれるシナリオにしてほしいけどね。
なんとなくだがその辺に信頼が置けないw

OVAの没シナリオ流用かも、みたいな想像もしちゃう一方で作品好きだからお布施でもいいかなとも思うし。
まあ最終的には酔っぱらった勢いで尼ポチしちゃうかなとは思う。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/23(金) 14:17:13.51 ID:XzBNwEYGO
この流れだとドラマCD3つ目の大河編には確実にラブラブ回が来るだろ

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/23(金) 19:04:21.60 ID:A/lCP/A20
竜児視点のラブラブ劇場
大河視点のほのぼの劇場
第三者視点のイチャイチャ劇場

これなら購入考えたw
いやまぁ正直、竜児も大河も表現が難しいキャラだからゆゆぽ原作以外の公式で
下手に弄ってほしくない気持ちの方が大きいんだけどな
3はどんな内容なんだろうな

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 21:47:54.44 ID:JLlNQE6+0
ポータブル大河ルートとか竜児が風邪ひく話くらいのクオリティなら間違いなく買うな。


391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 21:53:02.03 ID:Pqo8B2Gb0
風邪ひくのは良かった
逆バージョンで大河が風邪ひくとこまでやってくれればもっと良かった

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 21:56:55.53 ID:SU21WTbv0
原作ではあの大河がすんでいたマンションって、若い夫婦が入居したんだっけ。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 22:08:42.86 ID:JLlNQE6+0
>>391
確かここのSSには大河が風邪ひく話もあったよね。

>>392
それであってる。普通はあんな窓の配置じゃ双方閉切りになるわw

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 22:33:10.36 ID:v8FMqGjq0
実際、大河がいなくなってから竜児はカーテンをあまり開かなくなったんだよね
ジワジワ萌える…

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 22:35:42.13 ID:69hnnwv20
意外にも竜児の方がべったりなんだな
最初の虎と竜宣言とか大河の引越しを嫌がったりとか
大河が離れようとする度に何かしら理由をつけて引き止める

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 22:38:59.43 ID:69hnnwv20
↑はラノベの方を読んでみての印象です

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 23:44:24.61 ID:h+Eq3ECK0
竜児必死すぎるもんなw<虎と竜宣言
寝坊するわ左右別々の靴下履くわメシ炊き忘れるわ、インコちゃんのエサやり忘れるわ、
日常生活に支障をきたす重症っぷりもすごいw
大河もボロボロ泣いてるし、アニメもこれくらいやってほしかったなあ

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 00:33:34.69 ID:/lSOidzo0
>>393
サンキュー。うちも隣のベランダ向き合っている寝室の窓は雨戸締め切りだ。
つーか、この設定だと3年次にあーみんとみのりんが例の部屋に居候ってパターンは
絶対無理だな。

>>397
あの竜児の慌てまくりの朝から始まる一巻のクライマックスで、完全にやられたわ。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 03:10:21.02 ID:iJe+whEFO
>>397
それを踏まえると、9巻冒頭の竜児は一体どれだけ取り乱してたんだろうか
できればクラスメイトになって「いつでも捜しているよ どっかに君の姿を 向いのホーム路地裏の窓 こんなとこにいるはずもないのに」状態の竜児を毎日生ぬるい目で見守りたいw
二人が教室から走り去ったとき、ゆりちゃんはきっと心のどこかで「やっぱり好き合ってたのか」って
ジワッと思ったんだろうなぁ

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 19:27:00.46 ID:ZoofXDJN0
大河自立宣言のときもそりゃもうひどかったからなw
今読み返しても、ニヤニヤと胃が痛むかんじに同時に襲われて困る

>>399
あの歌、大河が帰ってこなかったバッドエンド大全の竜虎ソングに聴こえる…
9巻の竜児にもあてはまるよね。切なさを吹っ飛ばす程のハッピーエンドが待っているわけだが!

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 23:02:55.22 ID:ZD7pLwov0
秋の小デブ大河を愛でる小話を誰ぞ

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 23:06:39.04 ID:/lSOidzo0
>>401
まとめ人さんが保管してくれているぞ。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 23:08:03.34 ID:/lSOidzo0
と思ったら、太らない話だった

404 : ◆fDszcniTtk :2011/09/27(火) 23:43:06.73 ID:lcLGmgtm0
少し古い話だが、BD発売日決定を記念して新作投下。

少し不愉快な話運びになるから、嫌な人は飛ばしてくれ。

「とらドラ!な別れ話」

405 :とらドラ!な別れ話 ◆fDszcniTtk :2011/09/27(火) 23:44:08.87 ID:lcLGmgtm0
「ねえ、お父さんとお母さん、本当に離婚しちゃうのかな」
「わからねぇ。俺にはもう、あの二人のことはわからねぇよ」

四月になったとはいえ、夜も11時を過ぎると寒さが厳しい。高須竜河はかすり模様の綿入れにくるまるようにしてうつむいた。できればこのまま綿入れの中に引きこもって世間から音信を絶ってしまいたいなんて考えてみる。そうすればつらい現実と向き合わなくてすむ。

両親が離婚する。

冗談だと思った。ありえない。明日地球が滅びますと言われるほうがまだ信憑性が高いと思った。だって、高須竜児と高須大河である。いつもべたべた、いちゃいちゃ、何かというと互いの愛情を確認し合い、子供の前で臆面もなく互いが運命の人であると言い、
知り合いのおじさん、おばさん達(なんと芸能人、著名スポーツトレーナー、はては宇宙飛行士まで居るらしい)からバカップルとうざがられ、子供をしかるときには必ず片方が一言も言わずになだめ役に廻るという、息のあった二人である。離婚?寝言は寝てから言ってよね。

しかしながら、二人の態度は硬く、兄の泰児から伝え聞く原因はばかばかしく、事態は好転しないままとうとう離婚届を持って父親が帰宅するに至った。

「最悪」

頭を抱える。泰児は今年高校三年生、竜河は一年生。互いに多感な年頃の上、兄は大学受験である。どこの世の中にこの最悪なタイミングで離婚を決める親が居るのだと言いたい。たくさんいるんだろうけど。

両親からあふれるほどの愛情を注がれて育てられただけに、竜河は目の前に突きつけられた現実と向き合う覚悟をなかなか決められないでいる。

「とにかく。頭を抱えていても始まらねぇ。竜河、俺たち、どっちについて行くか決めないといけねぇぞ」
「ええ、嫌だよう。どっちとも分かれたくない」
「それも俺たちからちゃんと二人に言わないといけない。だけど、本当にそうなったときに慌てないよう、俺たち自身が決めておかないといけねぇんだ」
「お兄ちゃんは、お母さんとお父さん、どっちについて行くの?」
「それを決めるには、お前の同意が居る」

兄の泰児は目のあたりに父親からの血を色濃く受け継いでいる。すらっとした長身や、最近とみに大人っぽくなったしゃべり口もあわせて、父親の竜児にどんどん似てきている。

◇ ◇ ◇ ◇

竜河と泰児の二人に、父親の竜児が『話がある』と、リビングで切り出したのは、それから二日後の事である。

いつも暖かく楽しかった高須家の食後の団らんは、ここのところすっかり冷え込んでいる。今まではいつもリビングに長居していた二人だが、最近はさっさと子供部屋に逃げ込むようになっていた。

「あれこれ言っても仕方がねぇ。単刀直入に言う」

父の竜児が目をすがめて唇を引き結ぶ。竜児の左横が母親の大河、正面が泰児、大河の正面が竜河。高須家の食卓は、竜河がひとりで食事できるようになってから、10年以上ずっとこのフォーメーションだ。

ご近所では未だに怖がられている父親の目をじっと見つめながら、兄が言葉を待っている。

「父さんと母さんは離婚することにした。お前達には難しい時期に騒がしくしてしまうが、二人で話し合って決めたことだ。理解してくれ」
「そっか。もう離婚しないって選択肢はないの?」
「ない」

泰児の質問に竜児が短く答える。その硬い表情に竜河は最後の希望も絶たれたようにため息を漏らす。それが合図だったように竜児が言葉を継ぐが

「それで、今後のことだが」
「その件だけど、俺と竜河から二つばかり言うことがあるんだ」

泰児が決然とした表情で遮る。竜児が口をつぐんでじっと泰児を見つめる。怒っている顔ではないが、普通の人なら逃げ出すような圧迫感がその目にはある。だが、言うべきことを言おうとした泰児を遮ったのは竜児ではなく、地獄の底から響くような大河の低い声だった。

406 :とらドラ!な別れ話 ◆fDszcniTtk :2011/09/27(火) 23:44:54.85 ID:lcLGmgtm0
「黙って聞きなさいよ」
「嫌だね」

即答に、茶の間が凍り付いた。高須兄妹鉄の掟、その1:『不機嫌な母さんには逆らうな』が破られたことは、過去12年に渡って無かったことである。物心ついて最初に覚える社会のルールがこれである。

「なんですって」
「離婚は二人の問題だけど、俺たちにとっても深刻な問題だろ。だから言いたいことは言わせてもらう。親の言うことを聞けっていうのなら、子供に暖かい家庭を提供するっていう義務を最後まで果たしてからにしてよ」

大河の顔つきが目に見えて変化する。目をすがめ、唇を醜くよじらせて、今にもつかみかからんばかりだ。泰児は悠然とそれを受け止めているが、竜河からは額に汗が浮かんでいるのが見える。

「で、言いたいことって、何なんだ」

竜児が言ったのは、結局は助け船だったのだろう。『ちっ』と不愉快な舌打ちを飛ばして大河が大きく息を吸う。後ろの水屋の硝子にひびでも入っているかもしれない。

「言いたいことは二つだけだ。まず一つ。俺たち二人は、父さんと母さんが離婚することには反対だ。夫婦の問題は二人だけの問題だってことはわかるけど、やっぱり俺たちにとっても大問題だ。
だから、考え直して欲しい。竜河とも話し合ったけど、これまで二人に育ててもらったことを俺たち二人は本当に感謝している。高須家は俺たち二人にとって暖かくて幸せな家庭だったよ。これからもそうあってほしい。だから離婚しないでほしい」

竜児は大きくため息をついた。

「残念だが、無理だ。もう、引き返せない」

やっぱり、と竜河も目を伏せて小さくため息をつく。実のところ、子供が何か言って今更好転するとは二人とも思っていなかった。ただ、言うべきことは言おうというのが泰児の強い意見だった。

「そう、じゃ二つ目。二人が離婚するなら、俺は母さんに、竜河は父さんについて行く。それだけ」
「はぁ?あんたたちが仕切るんじゃないわよ」
「俺たちが決めることさ。産まれたときには親は選べないけどね。事ここに及んじゃ、自分たちの将来は自分たちでもきめる。じゃ、俺たちからこの件について言いたいことはこれだけだから。あとはいいよ。事情なんか聞きたくないし、
時期や引っ越し先については決まってから教えてくれればそれで言い」

そう言うと、泰児が立ち上がる。つられて竜河も立ち上がった。泰児が言ったのは、二人で考えたことだ。竜河から付け加えることは何も無い。それに掟の件もある。高須兄妹鉄の掟、その2:『片方が母さんを怒らせたら、もう片方は絶対にいい子でいる事』。

立ち上がると、竜河もそこそこに背が高い。竜児や泰児ほどではないが、女子の間ではそのすらりとした長身をうらやむ声も多い。ちょくちょく遊びに来る川嶋亜美からもスタイル維持に励めと言われている。
その長身が、ほんの少し猫背気味なのは、家族がこんなだからだ。竜河の寂しげな背中に不機嫌そうな声ではあるが、一言大河が声をかけたのは、やはり後ろめたい気持ちがあったからだろう。

「竜河、あんた竜児について行ったら念願の一人部屋がもらえるわね」

だが、そんなことを喜べる状況であろうはずがなかった。

「なによっ、誰が自分の部屋がほしいなんて言った?いつ、わたしが言ったのよ!お兄ちゃん、ちゃんと気を遣ってわたしが着替えるときには黙って部屋を空けてくれるわよ。一度だってお兄ちゃんが嫌だなんて思った事無い。
わたしたちをそんな風に育ててくれたのはお父さんとお母さんじゃない。わたしが二人が別れることを、お兄ちゃんと離ればなれになることを喜んでいるなんて、勝手なことを言わないで!わたしが何を考えているかなんて勝手に想像して言わないでよ!」

涙混じりの声は、最後はほとんど叫ぶようになっていた。両親の前で号泣せずに済んだのは、泰児が腕を引っ張ってリビングから連れ出してくれたからだ。

「お兄ちゃん、ごめん」
「いいって」

鉄の掟その1と2が同時に破られたのは、二人が物心ついて2度目である。1度で十分なほど痛い目に遭ったのだ。

◇ ◇ ◇ ◇

407 :とらドラ!な別れ話 ◆fDszcniTtk :2011/09/27(火) 23:45:41.60 ID:lcLGmgtm0
竜児と竜河の引っ越し先は小さなアパートだった。

隣の物音が聞こえそうで少し不安になることがあるが、おおむね部屋に対しては不平不満無く暮らしている。幸い、転校せずに済んだ。

祖母の泰子が引っ越し後に一度訪れている。部屋を見回すと、悲しそうに笑って「思い出すね」と、竜児に呟いた。竜児は黙ったまま、じっとふすまをに睨んでいた。目を合わせたくなかったのだろう。

不平不満は部屋ではなく家族のほうにある。家にいるべき人がいないことがこれほど寂しいとは思わなかった。

離婚に当たっては両家の親から始まって高須の祖父母、友人に至るまでが大量に押しかけて説教、反対を行ったが、結局は二人のつきあいの良さを再認識しただけで、離婚を覆すには至らなかった。
あまりに多くの人が押しかけてきたので、誰が何を言ったか記憶が曖昧になったほどだ。だが、川嶋亜美が乗り込んできた時のことは別だった。美しい顔をしかめて口をへの字にし、目を伏せて何かを考えている様子が竜河の胸に写真のように鮮明に残っている。

あと、バットを持っていきなり乗り込んできたスポーツトレーナーもいた。

「お父さん、もうすぐ朝ご飯できるからね」
「おう」

家事の分担はしている。今日は日曜だからゆっくり準備できたが、平日はまだ軽いパニック状態で朝の準備をしていると言っていい。

竜児の家事の腕が大河をはるかに上回ることは高須家では周知の事実だが、離婚前の竜児は休みの日にたまに料理をするくらいだった。普段は滅多に料理はしない。『母さんのご飯を食べたいんだ』と笑っていっていたのを思い出す。
正直、竜河の家事の腕前は大河よりさらに数段劣るが、竜児は黙って食べている。

泰児とはメールで連絡を取り合っている。もともと仲のいい兄妹だった二人だ、引き離されて寂しいという気持ちは強い。学校に行けば会うこともできるのだが、家に帰ればいるはずのひとがいないというのは、竜河にとって想像以上のショックだった。

竜児がすぐに引っ越し先を決めたのに対して、大河のほうは随分ぐずぐずとしていた。もともと離婚したらすぐに二人とも家を見つけて、今の借家は返すはずだったのだ。が、何を考えているのか、大河はいつまで経っても動かなかった。
一応職は探しているようだが、竜児が送っている生活費ではあの家には住めないはずだ。そのうち貯金も底をつくだろう。さすがの大河も危機感を抱いたか、ようやく引っ越しが決まったということだった。
急な決定らしく、荷づくりに忙しいから住所は引っ越して落ち着いたら教えるといわれている。

◇ ◇ ◇ ◇

408 : ◆fDszcniTtk :2011/09/27(火) 23:47:01.85 ID:lcLGmgtm0
すまん、野暮用が入った。今日はここまで。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 00:18:42.17 ID:PDWJ0JmRO
>>408
お久しぶりですっていうかくぁwせdrftgyふじこlp!!!
なにがあったんや四十路竜虎!ここで次回に続くんすか…
大団円を祈りつつお待ちしております!

410 :とらドラ!で三題噺 ◆Eby4Hm2ero :2011/09/28(水) 02:43:21.46 ID:Hf3MSfT/0
お題 「あたし」「カーブ」「真っ白」



「あーみんは出席できるの?」
「当然。もうスケジュールも確保したわよ。実乃梨ちゃんは?」
「もちのロン。リーチ一発裏三つだよ」
「でさ、相談ってのは、結婚祝いをどうしようかってことなのよ」
「そうだね〜……昔のヨーロッパじゃ薔薇の刺繍をした真っ白なシーツを贈ったなんて話もあるけど」
「へー」
「んで、初夜が明けると白薔薇が赤い薔薇に変わっているという」
「……ま、高須君とタイガーはその段階はとっくに突破してるしね」
「普通はどんなの贈るんだろうね?」
「欲しがってた家電贈ったら、他の人と被りまくって同じ物が五台も六台も……なんてことも聞くし、洗剤とかの消耗品がいいんだろうけど、あいつらに当たり前の物贈るのってなんか面白くないじゃない」
「なるほど……それじゃ、カーブでいく? シュートにする?」
「……ごめん、あたし、その違いがわからないんだけど」
「ざっくり言うと、カーブは外に逃げる球で、シュートは内側に食い込んでくる球だね」
「なるほど……それじゃシュートで」



「竜児、何だったの?」
「おう、宅配便だ。櫛枝と川嶋から結婚祝いだってさ」
「……ちょっと早くない?」
「配達の日付を間違えたってわけでもないみたいだな。まあ、式の前後は忙しいし、気を使ってくれたんじゃねえかな」
「どれどれ、こっちの大きい方は……あ、ばかちーからね」
「櫛枝のは……スタミナドリンクのセットか。さすがはスポーツ選手ってとこかな。川嶋のは何だ?
 ……おい、大河?」
「……べ、ベビー用品」


411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 05:07:26.45 ID:IzxXxpyB0
>>410
内に食い込みすぎ(w

412 :とらドラ!な別れ話 ◆fDszcniTtk :2011/09/28(水) 05:08:31.11 ID:IzxXxpyB0
どちらが母親について、どちらが父親につくか。あの晩、泰児は二人が同じ親につくわけにはいかないと竜河に言った。兄と離れることを考えて悲しい気持ちになった竜河だったが、泰児はあきれるほどの筋論を展開した。

「父さんも母さんもひとりで生きろと言われれば何とかできる。母さんはめちゃめちゃだけどな。だから、助けるために俺たちがついていく必要はねぇ」
「じゃぁ、好きなほうについていけばいいの?」

なんとなく、竜河は大河に二人がついていけばいいような気がした。父親の竜児はひとりでなんでもテキパキできる。

「そうじゃねぇ。俺の見立てだと、あの二人、見かけよりずっとさびしがり屋だ」
「えー、そうかなぁ」
「一番さびしがりなのは父さんだな」
「うそー」

兄妹故の気安さで竜河が小さく声を上げる。

「竜河が父さんのところに行け、おれが母さんの所に行く」

竜河は黙り込んだ。反対かと言われれば反対だ。お兄ちゃんと別れるのは嫌、お母さんと別れるのは嫌。お父さんと別れるのも嫌。二人が別れるのも嫌。嫌だ嫌だが通ればそれが一番幸せだが、そうはいかない。高須家から幸せはもう逃げ去ってしまったのかもしれない。

「お兄ちゃんがそうしろって言うならそうするけど、どうして?」

泰児は深いため息をついてこたえた。

「父さんは何でも一人でできるけど、だれか世話を焼いてやる相手が必要なタイプだ。母さんはあれだ。時々当たる相手が必要なタイプだな」

竜河がくすりとわらった。母親の大河は確かにそうかもしれない。泰児は竜河が当たられるのを嫌って自分がいくのだろう。

「私、お父さんに何から何まで面倒みてもらうって嫌だな。自分でも何かしないと」
「おう、やれやれ。全部面倒見てもらうことなんか無いんだ。父さんに必要なのは『俺が面倒みてる』って思うことだ。ほんとかどうかなんて、別の話だ」

泰児がにやりと笑った。本当に父親に似てきた。

◇ ◇ ◇ ◇

413 :とらドラ!な別れ話 ◆fDszcniTtk :2011/09/28(水) 05:10:15.80 ID:IzxXxpyB0
「父さん、今日はゆっくりできるんでしょ」
「おう、せっかくの日曜日だ、今日は徹底的に掃除するぞ」
「それはゆっくりとは言わないんだけどな」

そんなに古いアパートではないのだが、やはり安い物件だ。前の住人が壊したところや汚したところがまだ残っている。そういうところを見かけるたびに、竜児は嬉しそうに目を眇めて掃除している。前の家出は休日はもっとのんびりしていた。
離婚のことを振り切りたくて、掃除に励んでいるのかもしれない。

朝食が終わり、二人でしばらくお茶をすすった後、

「じゃ、私洗ってくる」

と言って、竜河は立ち上がった。竜児も

「おう、じゃぁ俺は掃除の準備をするか。お前の部屋も入るぞ」
「うん」

立ち上がってにやりと笑う。年頃の娘の部屋に入るのが楽しみなのではない。掃除が好きなのだ。

それから竜河は食器をのせたお盆をキッチンに運び、洗い物をはじめた。だから、その瞬間のことは目にしていない。

◇ ◇ ◇ ◇

414 :とらドラ!な別れ話 ◆fDszcniTtk :2011/09/28(水) 05:11:47.29 ID:IzxXxpyB0
洗い物も終わり、一息ついた竜河は居間に戻って息をのんだ。『父さん、掃除私も手伝うね』という言葉は口のところで止まっている。

父親が仁王立ちしていた。辛うじてキッチンと呼べる小さなスペースから、食事をした小さな居間に戻ってくると、左側が竜児の部屋だ。居間と竜児の部屋間にはふすまがあって、きっちり半間だけ開いている。その向こうに竜児が仁王立ちして外を見ていた。

ふすまによって写真のフレームのように切り取られた部屋にたたずむ竜児。その表情は、竜河が初めて目にするものだった。

そんなはずはないのに、口が耳まで裂けたように見える。そんなはずはないのに、目からバチバチと火花がはぜているように見える。切れ長の眼の中には大きな眼球がはめ込まれており、その青白いとさえいえる白目の中心にギュッとしまった黒目が狂気を放っている。
そんなはずはないのにゆらゆらと変なオーラが立ち上がっているように見える。実の娘でなければ逃げ出したかもしれない。

そして、竜河は唐突に大河の言葉を思い出す。あれは幼稚園の友達から『竜河ちゃんのおとうさんこわい』と笑われて泣いて帰った時のことだった。『あんたたち、竜児の顔の怖さってこんなものじゃないわよ』。その言葉を口にした時の大河の嬉しそうな顔を思い出す。
糸のように細くなった眼、ぷくぷくと愛らしく膨らむ頬。そしてそんな酷い悪口を言った後、大河は幸せそうな目で竜児を見上げたのだった。

父親が怖い顔だとはわかるし、いわゆる魔王状態だが、何しろ竜河は肉親だ。だからわかる。怒ってはいない。

「父さん、どうしたの?」

そう言って部屋に入り、竜児が見ている窓を見た。布団を上げた時に空気の入れ替えのために開けた窓。その向こうにはベランダがあり、すぐ隣の同じようなアパートの窓がすぐそこにある。
最近住人が引っ越して行って無人になったその部屋の窓が全開になっており、そこに人が立っていた。

その人が、目ん玉をひんむいて凄みのある笑いで竜児と向き合っている。

「…母さん…」

なぜ、そこに。という言葉も出ない。びっくりである。

今日引っ越しとは聞いていたが、そこがお隣だったとは。今更ながら大河の横に泰児が立っているのに気がつく。こめかみを押さえていた。そりゃそうだろう。頭を抱えたくなるような事態だ。

大河はどういうつもりなのだろう、と竜河は混乱する。離婚するほど喧嘩したくせに、なぜ隣に引っ越してくるのだろう。気まずいとか遠慮とかいった常識はないのか。どうしてそんな年齢不相応なかわいらしいワンピースを着て偉そうにふんぞり返っていられるのか。

そして、父さんはと、竜河は隣の竜児を見上げる。気配をさっしたか、竜児は鬼般若のような顔を娘に向けて、おごそかに言い放った。

「いいか、戸締りに気をつけろ。俺がちゃんと毎晩鍵を確認するからな」

◇ ◇ ◇ ◇

415 :とらドラ!な別れ話 ◆fDszcniTtk :2011/09/28(水) 05:12:50.23 ID:IzxXxpyB0
夜更け。

一応、声は筒抜けだから泰児とはメールのやり取りしかしない。話したからといって竜児が怒るとも思えないが、無用な気は使わせたくない。そもそも、大河は怒るだろう。

『もう、わけわからねえよ。母さん』
『お兄ちゃん、引っ越し先がうちの隣って知らなかったの?』
『全然。ぐずぐずしてたのって、ここ狙ってたのかな』
『そんなに偶然に部屋が空くかなぁ』
『なんか怖い方向に話がいきそうだから、俺は考えたくねぇ』
『母さん、どうしてる?』
『めっちゃ元気になった。何あれ。すげぇ張り切ってるぞ。目なんか見開いて。怖ぇよ。父さんは?』

父さん?竜河は昼間、自分の顔を覗き込んで『戸締りに気をつけろ』と言った鬼般若を思い出す。

ふと、笑みが漏れた。

『すごくうれしそうだよ』

(おしまい)

416 : ◆fDszcniTtk :2011/09/28(水) 05:15:49.46 ID:IzxXxpyB0
というわけでお終い。

>>409
何か頭にネタがこびりついて腫れないのではき出してしまったという。正直、すまん。
でもいくら考えても、離婚に至る喧嘩の理由が思い浮かばないという。離婚しないよね、
この二人(w

>>

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 11:03:23.05 ID:qPT/NX9B0
竜虎のアフター別れネタって原作の延長上には大いにあり得るIFだと思うけど、じゃあその背景は?となると結構な量になりそう

原作のラストを、大河は独立心を構築したけど、竜児からさらに威力を増した愛情砲撃を受けて納得ずくで降伏することにしたと解釈すれば
竜児個人の思い込み記述はともかく構造的には『俺は竜、お前は虎だけど普通の女の子になりました』となってるわけでさ
その辺にこだわるとアフターに山あり谷ありの考えに至るのかなと思いました

子供がそうしたことを考える年齢になったら若い頃に見ただけの独立自尊へ向かう意識が強くなって……っていう方向の話はあってもおかしくない
竜児こそその辺もちゃんと理解しているであろうっていうのもあるから不幸一直線にはなりようがないし
ただそれで離婚にまで至るべき出来事が発生するかなと思うと、難しいよねw

背景が分からないとなると、単に子供に手が掛からなくなったから計画通り働きに出るか、ついでに別居してみるかみたいな
よーし母さんなんかあの頃に若返った気がするぞーみたいな、なんか平穏な和気藹藹家族も飽きてきたしみたいな
そんなイベントだったのかしら?
子供らいい面の皮ですねwまあ適度な反面教師ぶりにもなってるところは好き、竜河かわいくてあーみんに似てる

長々語ってすみません、乙でした


418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 22:09:19.70 ID:ef53Yk9p0
あぁ、この兄妹の立ち位置がいい味出してるなぁ。
高須家の男子は縁の下の力持ちポジションってのは変わらないけど
女子が普通(もしくはやや弱気?)だと親世代とのコントラストが面白いね

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 22:21:22.19 ID:PDWJ0JmRO
>>416
複雑な心境を描き出した作品でしたね。
何か辛い出来事があって、二人は一度何もかもを振り出しに戻したかったのだろうか…なんて考えました
てか、離婚の理由を考えてくと陸郎絡みのトラブルしか浮かばなかったっすよ
籍を抜く事態になってもきっと二人、いや四人か、離れては生きてゆけないんだろうな…と。
そうあってほしい願望込みで。
乙です!

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 22:24:29.99 ID:PDWJ0JmRO
>>410
乙っした!
いつもみのりんの台詞の「みのりんっぽさ」に感心しきりです
ちなみカーブだとプレゼントは何になったのか気になるっす!
赤○むしやユ○ケルを送る亜美ちゃん様…素敵だw

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 23:59:33.38 ID:7ollfeOx0
>>410
両方とも「励めよ」系でワロタww

>>416
まあ離婚と復縁を繰り返しそうではあるよなあ
わりとケンカップルだし

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 00:20:58.22 ID:7TuWjqRd0
>>410
あーみん、さらっと「突破」とかw

>>416
最初はえぇーっ!って思った。竜河の叫びが痛い。
でも、最後の竜虎の2人の「嬉しそう」な表情の描写に参った。オーラのレベルが並び立ってるね。

離婚の理由・・・ お金に対する考え方の違い、とか浮かんだけど、離婚まではいかんわな。わからん。

>「いいか、戸締りに気をつけろ。俺がちゃんと毎晩鍵を確認するからな」
大河が忍び込んできて、竜児の布団の中にもぐりこんだりするかもしれないからね!

あーみんとやっちゃんは「それでも2人は元に戻る」って信じていた、に1万ペソ



423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 00:31:36.88 ID:w2ImVScR0
>>416
竜児の目の描写がたまらん。それは愛しい人を見る目だぜ、竜児!
あの頃を再現する大河ときたらもう…マジで別れに至るまでの理由が一寸たりとも思い浮かばない…外部要因だろうか
アフターも当然紆余曲折はあるだろうけど、何があっても隣に寄り添っている姿が容易に想像できてしまうからなぁ
SS内の竜虎も復縁は時間の問題っぽいかな?子孝行するんだぞw
乙でした!次はぜひ甘ラブ話をw

>>410
乙です!
ナイスだ二人ともw

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 00:48:31.60 ID:mVAW41Vt0
>>417
おおお、考察ありがとう。
SS書いてこんな長い考察書いてもらったの初めてだ。すごく嬉しい。なんか
SS冥利に尽きるね。このまま一本書いて欲しいね。

>>418
ああ、高須家の男が縁の下のってのは意識してなかった。でもそうだね。自然と
そうなったな。女子が普通だからコントラストがってのは、言われて初めて気が
ついた考えてみると今までの作品は全部そんな感じかも。

>>419
題材に筆力が全然ついていかないってのをしみじみ感じながら書いた作品だった。
二人が別れる何てシチュを考えたくないってのもあるかもね。考えたの俺だけど。

>>421
ほどほどに喧嘩する程度で納めて欲しいよ。ほんと。

>>422
>>「いいか、戸締りに気をつけろ。俺がちゃんと毎晩鍵を確認するからな」
>大河が忍び込んできて、竜児の布団の中にもぐりこんだりするかもしれないからね!

その手もあるな(w

>>423
自分で書いといて何だけど、あらためてこの二人が離婚するとかありえんと
思ったよ。

>乙でした!次はぜひ甘ラブ話をw

そうだねぇ。次はBD発売記念かな。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 02:39:16.47 ID:NC4qSPds0
>>410
うっかり見落としてました!乙です。
みのりんのはシュートだけどあーみんのはシンカーだと思うw
(読んだタイミング的に別れ話のインターミッションパートだと思い込んでたのは内緒)

>>424
別れ話が主旨ではないもので、それ含みで>>419さんが言うように設定だけ考えたことありますが挫折しました。
どうやっても別れないというか大河はともかく竜児が外的要因に対しては頑として諦めそうにないw
そういう方向を書くのは自分にはしんどいですが、読むなら>>417みたいに思うだろうなあと。
いや、背景なかったのはビックリだよwwwおかげで妙に納得できたし。
なんか痛いところに一切触られずに上手に傷口を治療してもらった気分がします。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 23:48:28.90 ID:EIVitlE/0
ー-------\\   |  /  \    __,,,, --―‐'~~`ヽ
        \ \| ノ     〉-‐ ~ /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;',
       /ゝ-ヽ、ヘ´     /ー―-<、; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ',
     / ; ;\; ; ;∧ \○ /     ゝY; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ',
   /; ; ;\; ; ; ; ; ;∧  ∧ ヘ、__.   ヽ!; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.',
_,,イ; ヘ; ; ; ; ∧; ; ; ; ; ; ∨; ; v;.}    ̄\ゝ´; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.',
; ; ; ; ; }; ; ; ; ; ;丶; ; ; ; ; ; ∧; /     , -‐¨~~ `,; ; ; ; ; ; ; ; ;',
; ; ; ; ; 丶; ; ; ; ; ; ;ヽ; ; ; ;∧;/  ,, -‐~       |; ; ; ; ; ; ; ; ;',
; ; ; ; ; ヽ \; ; ; ; ; ; ∧ /_∨-‐~           {; ; ; ; ; ; ; ; ;',
; ; ; ; ; ; ; ; ; ;\; ; ; ;/; /                 ヘ; ; ; ; ; ; ; ; ',
; ; ; ; ; ∧; ; ; ; ;/ ∨                   ヘ; ; ; ; ; ; ; ; ',
__/  ヘ; /                      ヘ; ; ; ; ; ; ; ',
        |                        ヘ; ; ; ; ; ; ; ',
      .}                             ヘ; ; ; ; ; ; ',
       .|                                〉; ; ; ; ; ;',    /⌒\ ∠
      }                           ∨; ; ; ; ; ヽ、_/; ; ; ;/: : :
     .{                             V ; ; ; ; ; ; ; ゝ´; ; ;イ: : : : : :
     .|                           __,, -V__; ; ; ; ; ; ; ;γ: : : : : : : :
     }                           _,, -‐~~: : : : : ∨; ; ; ; ; /: : : : : : : : :
      {                   _,, -‐~: : : : : : : : : : : : ∨; ; ; ;ノ: : : : : : : : :
     .}                    _,, -‐~: : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨__ノ: : : : : : : : : :
     |            _,, -‐~: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    .}         _,, -‐~: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    {     _,, -‐~: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
     |  _,, -‐~: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    .{‐~: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
俺、BDが発売したら、このシーンを堪能しまくるんだ……!

427 :小ネタ「MOTTAINAI」:2011/09/30(金) 01:21:27.80 ID:0WVLxP/Zi
小ネタ「MOTTAINAI」


 うっすらと暑さを残す秋晴れの空の下、いつもの如く騒がしいやりとりを繰り返しながら歩く2人。

「大河っ、何度言ったらわかるんだ。MOTTAINAIだろうがっ!!」
「うるさいわね、駄犬!ほんとーに、アンタときたら毎回毎回…。」
「あのなぁ、MOTTAINAIは世界に通じる大事な・・・・」

 このオカン体質の男にきっちりと躾とは何たるかを教え込んでやろうと口を開きかけたが、
一歩遅れて隣を歩いて居た筈の竜児がいつまでたっても視界の中に入ってこない。
歩みを止めて後ろを振り返ると、立ち止まって俯いてる竜児が居た。


「・・・・・・」


「りゅ、竜児? どうしたの…!?」
「…くっ」
「えっ、えっ・・・、な、何でアンタ泣いてるの!?」

 慌てて走りより下から覗き込むと、悪人面の男は顔を俯かせ手まで震わせながら
その凶悪な三白眼から涙の雫を地面に落としていた。
突然の竜児の反応に何がそこまで彼を悲しませているのか理解不能な大河は
恐る恐る竜児の制服のシャツの端を掴んで彼の反応をうかがう。
これではいつもと立場が逆だ。

「と、突然どうしたってのよ?」
「す、すまん、こないだ俺にとって掛け替えのないヒト(女性)が亡くなってしまった事を思い出しちまってな。」
「はぁ!?、だ、だ、誰よ!その女っ!!!」

 竜児は高くなった秋空を見上げ、ケニアがあるであろう方向に思いを馳せ、

「ワンガリ・マータイさん…、俺は貴方の事を忘れないよ…。」


「…誰?」
「俺と志しを同じくする尊敬できる素晴らしい人だ・・・。」



428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 07:44:35.34 ID:pmLOjk7s0
おう、マータイさん亡くなられたのか。
残念なことだ。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 07:54:05.42 ID:pmLOjk7s0
>>426
何かと思ったらOpのストッキングシーンじゃねーか(w 一晩考えたよ。
最初はストッキングにくるまれた脚のあたりが動体、で、手のあたりが
竜児の顔に見えて、「クリムトの『接吻』みたいだが、そんな
シーンあったか?」と首をひねってたよ。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 09:29:48.77 ID:NujpM4880
>>427
マータイさんは竜児の心の師なんだろうなと改めて気づかされるよいネタでした
大河の心の師といえば・・・個人的にはマスター・アジア東方不敗先生ではないかと

431 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/09/30(金) 15:06:42.80 ID:NujpM4880
行楽ものというか紀行ものというか。
去りゆく夏を惜しんでの新作投稿します。

↓とりあえず5レスほど、続きはおいおいで。

432 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/09/30(金) 15:07:30.92 ID:NujpM4880

 1

「なあ〜、逢坂もせっかく夏休みなんだし、旅行とかしたいよなあ?」

 留学のため渡米したのに、たった数カ月で帰省(っていうのか?)中の北村祐作が馴れ馴れ
しく振ってくる。

「そーねー。北村くんも1ヶ月しかいられないんだし、ヒマが取れるんなら行こうよ」
「じゃあ、またうちの別荘にする?」

 お盆過ぎれば空いてるよーと。あんた久しぶりに5人で会えるからって誘う気で調べてきて
るでしょーと。なにそれ知ーらなーいと。
 すっかり茶のみ友達となった身長差のある美少女コンビ、逢坂大河と川嶋亜美がどんどん話
を進める気まんまんで鳩首合議し出すのを、取り立ててクチも出さずに高須竜児が眺めつつ、
アイスコーヒーを啜る。

 この、大橋駅裏のこじゃれたカフェは隠れ家マニアの亜美が見つけた店で、メインの客層が
中高生ではないため大橋高校の在校生に見つかる可能性も低く、微妙にログハウス風の内装に
ボックス席が鉢植えで息苦しくない程度に区切られている作りは、ある意味で面割れしすぎて
いる彼ら彼女たちに、卒業後の会合にうってつけの場所として親しまれていた。

「亜美の別荘もいいとこだけどな」
 北村が日焼けした顔をずいっと割り込ませて口を挟む。
「俺は早くも日本が、日本文化が恋しい!従って『温泉』に行きたい!」

「あ、温泉いいね!夏の温泉に湯当たりするまでつかって湯冷めするの」
「湯冷めしてどうすんだ大河、あとお前の湯当たりは重症化するからほどほどにしとけ」
「湯当たりタイガーはあんたが介抱すりゃいいことよ。気を利かせて見ないふりしてやるからさ」
「あと湯上がりにつべったいビールをごくごくきゅーっと」
「いかんな逢坂。大学生とはいえ未成年だからな。ほどほどに」
「あ、固いんだね北村くん」
「もちろんだ。ビールは3ガロンまで」
「ガロン単位なのかよ。つかその体型どうしたのよ祐作」
「おう、これか?」

 Tシャツの胸を張って腕に力こぶを作ると、見るからに短期間で付けた筋肉が盛り上がって
ボディビルダーっぽく見える。なんだか聞いてはまずい事情があったりすると怖いので竜児と
大河は突っ込めずにいたが、幼馴染の遠慮なしで亜美が話題を向けてくれた。

「言葉の壁でなかなか友人ができなくてジム通いばっかりしてるうちにこの有様だ。
 10キロ近く増えたけど体脂肪率はむしろ下げたぞ」
「わ、割れてんの?……腹筋」
「微妙にな。見るか逢坂?」
「み。みみみみ見たいような気もほんのちょっとするかも……だけど……いい」

 返事を聞き終える前に早くも裾に手を掛けてまくりあげようとする動作を目にした大河には
一種のトラウマスイッチが入ったのか、向かいの席で慌てて拒否。

「なるほどな。それで会長さんにキモいと言われて追い出されるわけだ」
「高須、それは」
「おっと悪りぃ、内緒だったよな」
「追い出されるって?はぁぁ初耳だよー?祐作。……いっしょに暮らしてんの?」
「まあな。いわゆるルームシェアってやつでな」
「おおおおお。狩野すみれも一介の女の子ではあったのねえ。存外だわ」
「期せずして肉体改造したら見ためキモいから出てけって?けっこうわがままなのねえ」

433 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/09/30(金) 15:08:33.95 ID:NujpM4880

「いやそうじゃない『お前が同じ部屋にいると気が散るから夏休みは帰省しとけ』って言われて」
「ああなんだそうゆうこと。出てけじゃないんだ」
「どういうこと?ばかちー」
「ツンデレよツ・ン・デ・レ。きゅんきゅんしすぎて何にも手がつかないからすこし冷却期間をくれっていう」
「ああぁ。さしものナポレオンもワーテルローでは大敗を喫したっていう」
「そ、白旗」

(おう大河、女子同士の納得の仕方がいまいち理解できねえ、別に問題ないのか?)

 傍らのつむじに小声で訊くと、大河は拳をずんずん竜児の脇腹に打ちこむマネをしながら教
えてくれた。

(あんたに分かるような例で言うと、そうねー?『一生店屋物宣言!』みたいな状況)
(分かったような分からんような)

「ふふっ高須くん。要するにココロの準備するから一旦部屋出てって、ってことよ」

 竜児としては、難しい顔で腹肉をつかんでくる大河に気を散らされて話題どころではなくな
ってきた。よっぽど割れた腹筋に興味が湧いたらしいのは分かるがそりゃ今すぐは無理だと思
いつつ、おうそうかと答え、亜美は北村に向き直って、帰省中にそのキモい大胸筋を落として
来いってことじゃね?と混ぜっかえすのも忘れない。

「うお、お待たせー。くそ、通り一本迷っちまったぜ?長年住んでるけど駅裏は疎いんだ」
「あ、みのりちゃーん。祐作どかしてそこ座って?」
「そんなそんな。遅れてきたヤツは向かいのボックス座りますよ。すいませーん、ソーダ水〜」
「みのりん合宿明けたんだっけ?夏休みはあとヒマ?」
「うん、自主練だけだから適度に遊ぼうかと思って。せっかく北村くんが帰国してるし」
「温泉行こうかって話してたんだよ」
「お、いいじゃねえか混浴!湯当たりして湯冷めしてつべったいビールをごきゅあっと!」
「3ガロンまでな」
「あと湯冷めはなしな、櫛枝」
「打てば響くようにツッコむね。でー?どこ温泉にするー?日程はー?」

 スマホでさっそく旅サイトを当たっている亜美は、暑苦しいネタトークに一切絡まずに計画
を進めようとする。「もうお盆だからねえー。今から行けるとこなんて……それにけっこう割
高なのよねこの時期ー」とかなんとか気づかいバリバリ。
 草津だー。熱海だー。今月今夜のこの月を〜と脱線しつつ検索していると?

「あ〜ん〜た〜たち〜ぃ……♪」

 区切られた鉢植えの隙間から見覚えのある女性の顔がヌッと。5人組の元担任、大橋高校教
諭、疲れ切った表情の恋ヶ窪ゆり(32)その人だった。もちろん独身、不動産持ち。

「おお、恋ヶ窪先生ではありませんか。ご無沙汰しておりますっ」
「あーら北村くん。もうジャンクになって送り返されたの?早くない?」
「ははっ、お口が悪い。夏休みなので帰省しているのです」
「そーぉ。狩野さんにもよろしく伝えてねー」
「はいもちろん。ところで先生はなぜこちらに?」
「……なんか居たら変みたいに言わないでよ。このお店は有史以前から私が独りで寛ぐ大事なとこなんです」

 ――それって?
 ――常連ってコト?
 思わずカオを見合わせる亜美と大河。春先から週一のペースでここを溜まり場にバカ話に興
じてきた二人としては、心中穏やかでない。
 ――有史以前てそんなワケないじゃないですかあ、はっはっは
 という北村のツッコミをそこじゃない、と流しつつ。じゃ、じゃあ?

434 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/09/30(金) 15:09:53.18 ID:NujpM4880

「えーもちろん川嶋さんと逢坂さんの周囲を省みないえろえろ話は耳に入ってますとも」
「た、立ち聞きとは遺憾だわ先生」
「立ち聞きじゃありませんよ。あんたたちと私の定席が偶々隣同士だっただけですよ」

 あー、それじゃあぁんな話やこぉんな話のいくつかは筒抜けなわけねーと平静を取り戻した
亜美とは対照的に、なぜか竜児がちょっと赤面する。親バレはもう慣れたが、元担任バレは初
めての体験だから。だが、

「卒業生の異性交遊まで知ったこっちゃありません。……それより温泉旅行するんでしょ?」

 吹けば飛ぶよに流された。

「おう!?まさか連れてけと言うんじゃ?」
「ばかおっしゃい。夏休みでも先生には仕事があるんです。し、仕事でぇーーっ!研修旅行というものをぉ」

 仕切らねばならなくなったのよねー。よよよと昭和の泣きマネ。
 それから彼女が話したのは、社会人ならおそらく誰もが通る道。『上の気まぐれで順調に進
んでいた準備のちゃぶ台返され』であった。
 要するに信州某所の温泉宿にて教職員30名余りの一泊二日団体研修旅行を組んで後は当日を
待つばかりになっていたところ、やっぱり温泉宿でというのはいかがなものか?という天の声
がいきなり響いてきたという。ねえ、いちいち計画書とか根回し万全に周到に確認とりつつ二
か月もかけて張り切って進めてきたのにこれってあり得なくない?

「ちゅ、中止になっちゃったんですか?」
「蓼科の公立研修施設で日程ずらしてやることになりましたぁーーっ」

 温泉がー、混浴がー、会場には豪華なお夕食と地酒がぁー、などという涙交じりの愚痴は延
々と聞いても共感しづらいので北村以外は適当な相槌を打ちながら流しぎみ、たぶんこの人に
は生涯宿泊施設に恵まれない、なんか呪いがかけられているのではとみんな思う。

 結局、直前にキャンセルした当の温泉宿にはぽっかりと団体の穴が空くわけで、もちろん違
約金は支払うが、それだけでは心が痛むから、ちょうど温泉旅行を計画してるあなたたち、こ
れぞ天の配剤、そこに行って泊まってもらえまいか?という話であった。

「で、いつ、どこなんです?」

 先刻から丁寧な受け答えが流されっぱなしの北村祐作がやっと話に入れてもらえた。

「来週の今日から一泊二日です。場所は信州いいじま温泉。混浴露天風呂があって景色良くて」

 混浴!……が、初手からまずっていたんじゃねえか?……そうね……なんでだい?……研修
旅行で混浴はないでしょ……うん、宿泊場所のスペックなんかをすごく細かい文字で打った計
画書を回したりしてたんだろう。よくある姑息な手だ。……だがどうする?俺は別に乗っても
構わねえと思うが……そうね……混浴に釣られたな?このエロカップルがぁ。

「あの……相談まとまった?」

「もうちょっと待って下さい。おれたちもそうそう性に奔放なわけじゃないんで」
「混浴無条件オッケーなのは体育会系女子ひとりで、嫌がりそうな体型の者もいますから」
「おいこらどさくさになにさらっと言ってんだてめー竜児っ」
「女性はタオル巻きや水着着用可ってとこもあるからその辺調べてからにしたら?」
「ぐっへっへっへっ大河とあーみんと混浴ざんまいだぜ。お宝ゲットだぜ!」

435 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/09/30(金) 15:11:30.58 ID:NujpM4880

「急きょ10部屋以上キャンセルしたから、空いた部屋のプランは半額セールになってるわよ?」

「「半額っ!!」」竜児と大河が同時に反応した。

「和室7.5畳二食付き定員3名お一人様¥12300のところ謝恩サービスで半額¥6150。夕食は特選会席」

「「会席っ!!」」亜美と大河。

 安っ!!と瞳をギラつかせて慨嘆する竜児に「ね?もう悪くて悪くて申し訳なくて」と意外
なほど人のいい面を見せる元担任が次の撒き餌をバラまく。が、これはちょっとチープかもし
れない。

「もちろん卓球台もあります」

「「「温泉卓球!!!」」」北村と実乃梨と大河。

「あ、釣れるんだこれ。浴衣でラリー出来ますよお♪」

 いやそれは当たり前ですと、さすがにここまで質が下がると誰も食い付かない。

「まんざら知らない仲でもないんだし、助けると思って……お願いっ」

 どうすんの?まず日程でしょ?みんな大丈夫なの?……おうヒマだし……うんヒマだし……
もち空ける!……おれもっ。

「「「「「行きますとも!」」」」」

「ほんと?ほんとね?今から旅行会社に電話入れるわよ?はいもう〆切っ!這ってでも行ってね」

 恋ヶ窪ゆりは音速で電話を掛けた。……もしもし谷水さんお願いします……あ、恋ヶ窪です
……いえ、ほんと申し訳ありませんご迷惑かけちゃって……いえそんな……そうですよね……
1週前じゃ……ええ、で、私の知り合いが5名で行きたいって言うんですよ……ええ、はい…
…ええ、男性2名女性3名でふた部屋かな……あ、ちょっと待って下さいね。

「二泊三日とか延泊の希望あり?前後は満室だって。ない?そう」

 ……はい、日程そのまんまズッポシだそうです。あはは、すみません麻雀?打てますよ。並
べるだけですけど……ええ、学生時代にちょっと女子仲間で流行ってて……え?輪切り?何言
ってんですかもう〜うふふふ、はい連絡先ですよね?

「幹事だれっ?」
「あ、じゃあ〜あたしやります」

 亜美が電話を代って打合せを始めた隙に、大河は亜美のスマホを勝手に弄ってそもそもそこ
は信州のどこなんだと探し始める。
 ふうん、岡谷と飯田の間かあ……これは確かに景色良さそうだね、それに混浴!……みのり
んそればっかだね……混浴ったってな、ふつう間仕切りされてるもんだぞ?……いいじゃん、
駄弁りながら浸かれるぜ?べつに君たち覗いたりしねえだろ?……お望みとあらば裸のつきあ
いしてもいいぞ……き、北村くん? 

「はぁい。決まったよー?」

 さっさと打合せを終えた亜美が輪に戻ってくる。どれどれと覗きこんで打ち合わせた内容の
確認をしているようだが、どこか上の空で、恋ヶ窪ゆりと旅行会社の営業さんの、用は済んだ
のに続いている通話に聞き耳を立てたり。

436 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/09/30(金) 15:13:06.57 ID:NujpM4880

「……あれは、アレだねえ」
「ん、どうしたの?あーみん」
「んーー、なんかあたしたちひとつ善行を積んだみたいだよー?」
「ほえー?」
「あ、ほらほら。先生帰るみたい。せーんせ、今夜は雀荘ですかー?」
「うんー?まーなんだほら。……ありがとね、川嶋さん。みんなもまたね〜♪」
「ぶふっ!頑張ってくださいねー」

 恋ヶ窪ゆり(32)は足取りも軽く店を出て行く。亜美のエールに振り返らず、だけど確りとV
サインを示す辺りは昭和の女っぽかったが意気込みだけは伝わって来た。

「ふむ。雀荘ねえ?おおっ!?そっかぁ。いやー糸口というのはあるもんだぁ、ねえ〜」
「そゆこと。だいたいもうベテランの域に入ってるのに旅行の幹事とか怪しすぎると思ったわ」
「あー。うん。そうゆうのは大抵ぺーぺーがやらされるもんだからね」
「それより泊まりが決まったんだからアシ決めよっか」

「免許持ってるのは北村ひとりだよな……レンタカーはないだろ?」
「そうだな。運転しっ放しは辛い。中央線で岡谷まで行って、飯田線に乗り換えて……」

「飯田線!?北村くん知ってるっ?あれ?」
「あれって……あ、もしかしてあれだな?」
「そう、あれあれ!電車と勝負!」
「はうぁっ、あれか!おおオイラも知ってるぜっ」

 なんだなんだ?と訝る竜児に向けて、実乃梨は人差し指と中指を立てた緩く握った拳を顔の
前に揚げ、緊張感のない表情を作って首をかしげ――「やあ。R.櫛枝みのりんだよ」
 呟く。

「はーーっはっはっはっ。高須っ。飯田線と言えばあれしかないだろう」
「そ。ネットで見て一度やってみたかったんだよね」
「あれって実際にできるんならやらなくちゃね、大河?」
「学生はバカやらんと学生らしくないからなっ」

 なになになーに?と亜美に額を小突かれながら、竜児は腕組みをして、さっぱりわからん、
といった顔をつくってみるが、盛りあがった三人はもったいぶってなかなか教えてくれず、
同時に人差し指をぴっと立てて、クイクイ振りながら声を合わせた。

「「「し・も・や・ま・ダッシュ!!!」」」

「なあ、説明してくれ、大河」
「うるさい、竜児なんかロボットだ!」

 あ、なんでそんな得意げに吹きそうになってるほど楽しげなのに、そんな得体の知れない
罵倒を受けねばならないのか。と竜児は思った。
 とほほ……。


――つづくっ!

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 18:19:49.14 ID:4hxlseag0
あ〜るwww

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 22:37:18.49 ID:xwyNAw7GO
>>431
寡聞にして知らなかったのでググッてYouTubeで見てきました。みんなでやるのかあれを!青春だなあ。
あと会長がどんな顔してキタム裸を追い出したのか想像しただけで胸熱w
独身GJ&頑張れ!
そして一番の萌えどころは
>竜児としては、難しい顔で腹肉をつかんでくる大河に気を散らされて話題どころではなくなってきた。
ここにヤられて一瞬息が詰まりましたwかわええなあもう!

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 22:42:09.14 ID:xwyNAw7GO
>>427
だいぶ間があったあとの
>「…誰?」
な大河のポカーンな心境を思うと不謹慎ながらなごみましたw
日本の良い文化を広めてくれたひとが…残念ですねえ。
乙っした。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 23:58:36.28 ID:fNHuDXi+0
>>436
おお、大所帯で温泉旅行!
楽しそうすぐるw続き期待〜!!

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/01(土) 00:03:55.63 ID:pmLOjk7s0
>>436
テンポいいな。

一生店屋物宣言でふいてたら、あ〜るの話が出てきてずっこけた。てか、しもやまだっしゅなんて
話あったか、とリアルタイムで読んでいた俺は思ったのだが、OVAだったか。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/01(土) 02:04:38.21 ID:/fyH3Lji0
飯田線のバラードは名曲だよなw

443 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/01(土) 11:53:01.64 ID:H4tTuuQJ0
しもやまだっしゅ!の2を投稿します。
あっさり『あ〜る』見破られて皆さんの年齢層が(ry
ただあくまで竜虎妄想ですからパロ分は薄くなる予定です。

↓4レスいただきます

444 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/01(土) 11:53:59.37 ID:H4tTuuQJ0

 2

 ここで下山ダッシュについて簡単に説明しておこう。
 彼らが向かう信州いいじま温泉は飯田線飯島駅が最寄りとなる。
 飯田線は愛知県豊橋から長野県辰野を結ぶローカル線。
 この中間よりもやや辰野寄りに飯田市があり飯田駅があって、この辺りの路線の形状は地形
の関係でカーブを西側に寝かせたΩ状の形で描いている。オメガの字の南側入り口と北側出口
にはそれぞれ『下山村(しもやまむら)』『伊那上郷(いなかみさと)』の駅があり、その間の直
線距離は約2キロメートル。
 一方、電車はこの2駅の間を13分から30分で走破する。バラツキが大きいのはこの辺り
の中心、飯田駅での停車時間が編成によって異なるためだ。

 挑戦者は入り口駅で降り、ショートカットで町なかを走る。そして出口駅で同じ電車にまた
乗れるか否かを競う行為が下山ダッシュと呼ばれるエクストリームスポーツなのである。

 なぜスタートが下山村駅なのかと言えば、伊那上郷駅に向かっては高低差70mほどの登り
坂となっており、逆方向に下るよりも条件が過酷で、ゆえにスポーツ性が高いからだ。
 また、伊那上郷駅を最寄りとする地元の高校生が、南側から通学する際にそのまま乗ってい
ては遅刻してしまうので、下山村駅で降りて走った故事に由来するとも伝えられている。
 いずれにせよ南側の下山村駅を降り、証拠となる電車の写真を撮り、発車する警笛を合図に
ひたすらダラダラ坂を駈け上がって北側の伊那上郷駅で同じ電車に乗れれば勝ち、というのが
一般的なルールとして定着しており、女子や高齢者や肥満者など体力的に厳しいと思われる場
合には逆方向もアリ。体力のある男子がこれをやった場合には『デヴ』等と割とストレートな
罵倒を浴びるのが通例とされている。
 但し、順方向で最短ダイヤの13分をクリアするのはかなり難しいらしい。

 ついでに、大河に言わせると、下山ダッシュは、飯田線の旅を作中で描いた漫画を原作とす
るOVAによって知られるようになり、実際に挑戦してみる企画がTVバラエティでも放映さ
れた。もとより飯田線がその筋の鉄な方々に人気の高いローカル線だったこともあって、旅行
ついでのチャレンジャーが増えていったという。現在で言う聖地巡礼に似ていて、攻略のヒン
トをまとめたサイトもあるそうだ。
 素人の竜児と亜美はこの日、そんな説明を漫画喫茶で受けながら『究極超人あ〜る』を読ま
された。OVAと、実際のチャレンジ動画も見せられた。

 続いてネットで現在の情報を集めて彼らが作成した行程は、東京から新幹線で豊橋まで行き、
乗り換えた飯田線でひたすら北上、途中で走ってから、さらに北のいいじま温泉で一泊。翌日
は現地で軽く遊んでからから中央本線で帰京する、実に体力勝負な旅行と決まった。

 肝心の下山ダッシュ難度は中間の18分でもちろん順方向。亜美ちゃん幹事だしー、ばかく
せーしー、汗くさいのやだしー、荷物番してるねーと先に言われてしまって、終始腰が引けて
いた竜児は金魚のように口をぱくぱくさせるばかりだった。


 二日後。

「はっ、はっ、はっ、はぁーーっ、はぁーーっ、あーーーーーっっ!」

 カチっと。このために大河がわざわざホームセンターで買った安物のストップウォッチを押
してヘナヘナ座り込んだ竜児は、大きく肩を上下させて息を継いでいる。先にゴールに着いた
彼女はもう息も整って、憐れまれるような視線を送られるのはあまり心地が良くない。

「大河……お前……何分?」
「15分半ば。楽走しても気合い入れても15分台は変わんない。あんたは……19分切れてないね」
「お前が……速すぎんのと……あとルールが厳しいからなっ……」

445 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/01(土) 11:55:10.60 ID:H4tTuuQJ0

 心配そうな顔で屈み込んだ大河の手に頭をぐりんぐりん弄ばれながら竜児は考えた。同じよ
うに運動をしていないにしては、パフォーマンスが違い過ぎる。小柄な大河の方が重量に比し
てエンジン出力、つまり筋肉の割合が高いからだろう。

「『交通法規を守る』っていうのがね、当たり前だけどこれがロス原因になってるのは事実だね」

 それにしても竜児あんた体力落ち過ぎと、背筋を伸ばして緑濃い桜並木を見上げる大河がボ
ヤく夏休みの大橋高校正門前。
 高低差を考慮してゴールを坂の上のここに定め、住宅街を抜けて国道も渡る2040mの練習コ
ースを設定し特訓を開始したのが昨日のことで、攻略サイトを参考にぐぐるマップで正確な距
離を測って出したから練習にはなっているはずだった。

 横断歩道以外での道路の横断禁止、信号無視厳禁、他の歩行者や自転車の邪魔になる危険走
行も禁止等々、エクストリームスポーツならではの過酷なルールは竜児には厳しい。お年寄り
とすれちがったりする際にはどうしても驚かさないようゆっくり歩いてしまう性格と人相がど
うにも枷となっていた。
 対して子どもは元気がいちばん!と見られがちな小柄な大河は遠慮なくトップスピードです
り抜けができて、この差は大きいと、決して体力落ちじゃねえと竜児は言いたかったが、決ま
った行程では、18分を切らなければ再乗車は難しそうだから、抗弁しても意味がない。
 5人の中で自分がビリ、と言うのが恥だとはもちろん思っているが、それよりも荷物を乗せ
たまま乗り遅れるなんてドジを踏むのが竜児にはことのほか耐えられない。

「はーーっ、とにかくこれじゃラチが開かねえ。どこで道路渡っておくとか綿密なプラン練ってみる」
「そう?じゃ、三本目行く?」
「おう」

 お揃いのストップウォッチのひもを指にひっかけクルクル回しながら、短パントレシャツ姿
の大河が差し伸べ手を取って竜児は立ちあがった。もうなんか無造作にくるんと腕と腕を絡め
て手をつなぎ、肩をぶつけ、息を整えながらスタート地点へと歩き出した。

 特訓と称していても何のことはない。早朝のらぶらぶ散歩も兼ねているのだから深刻な雰囲
気のようでも実態はこんなもの。

「なあ、北村は楽勝として櫛枝や川嶋は特訓してるのかな?」
「みのりんは自主練でじゅーぶん!って胸張ってたよ。ばかちーは……あ、あれ?」
「ん?」

 坂下を曲がったところでばったり。噂をすれば影ってやつ。早朝とはいえ夏真っ盛りにサウ
ナスーツに身を包んだ川嶋亜美が向こうから走って来た。

「ほっほっほっほっほっほっ、お?」

 カチリと、自前のストップウォッチを止めて、プラス1分10秒くらいだからあ、うーんク
ッリアー♪などと機嫌よく独り言。道を横切ってふたりに近寄ってくると大河の頭に片肘をず
んと乗っけて休憩のポーズ。

「よ。おふたりさん。仲良く手ぇーつないで特訓?」
「重いよばかちー」
「あーら、逢坂さん、居たのお?ごめんごめん。ちっちゃすぎて見えなかったわー」
「おうっ、なんか昔懐かしい毒づきだな川嶋。お前こそ特訓なのか?」
「まっあねー」

 『ばっかくせー』とか言ってやがったくせにとぶつくさ言う大河に今度はやけに気易く、後
ろから両肩に肘を置き、うー重いってばーと暴れる大河をガン無視でおぶさるみたいな体勢に
なり、手を振り振り答えた。

446 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/01(土) 11:57:06.08 ID:H4tTuuQJ0

「いやーねえ高須くん。よく考えたらちょうどいいダイエットになるじゃん?」
「ふーん。それでこのクソ暑いのにボクサーみたいなカッコして?」
「うん。ちゃんと朝ご飯食べてから休憩とって、それから数本ね。もう終わったら汗だく」
「前向きだな。なんかコツに気付いたんなら教えてくれねえか?」
「はあ?なに言ってくれちゃってんの?ずうずうしくない?これって勝負だよね?」
「そんなシビアな……」
「あれ?タイガー、まだ伝えてないの?」
「う、うん。なんとなく」
「なんだ?」

 ニマァ、と。
 それはもう意地悪そう〜な笑みを竜児に向けて亜美は語り始めた。

「ばっかくせーそんな汗っくさいイベント亜美ちゃん関わらなーいって言い続けたんだけどさ」
「おう、幹事だから荷物番してずっと乗ってるってことだったよな?」
「タイガーが一緒に走ろ走ろってうっさいのよ。食い付くと離さないのよ。虎じゃなくてスッポンよ」
「お、おう。……なんかわかる」

 手乗りスッポン……てのりっぽん……てのりん。あ、なんか愛称っぽい。
「なんですって?竜児」「いや……(てのりん……みのりんとコンビか)」

「だから振ってやったの。じゃ、あんた自分自身賭ける?ってね」
「は?」
「察し悪いなあ。高二のとき水泳勝負したじゃん?あれの裏バージョンよ」
「げっ!?」

 つまりあれか。これは俺と川嶋のサシ勝負?で、裏、ってことは俺が負けると大河を取られ
ると?なんだそれ?いい齢こいてばかくさくねえか?つか大河持ってって何すんだよ。意味わ
かんねえよ。
 と思いつつ大河の顔を見てみれば、なんだ冗談ぽくねえ。何でそんなに不安そうな顔する?

「りゅ、竜児が負けたらね?私ばかちーに、その……」
「お、おい?」
「えっちなことされるらしい」
「うっそくせぇーっ!!」
「うそじゃないよ?こどもじゃないんだからアレやコレやいろぉ〜んなことをタイガーに。ぐふ」

 どう考えてもうそだが。
 ただ、なんか一瞬でもそういう方向に意識が及んだら、あら不思議、いまいち乗り切れてな
かったこの体育会系イベントにマジで取り組もうという意欲が竜児にはふつふつと湧いてくる
のだ。そういえば10代最後の夏なのだし、学生らしいバカにどっぷり浸かってやろうじゃね
えかと。本気で。

「うそくせえが、それは聞き捨てならねえなあ?」

 ニヤァ、と。
 それはもう恐ろしい表情を亜美に向けて、受けてやる、と言い放つ。

「そう来なくっちゃ。ああ〜ばかちーがアダルトショップでディルドウとか買ってたらどうする?」
「いい笑顔で濃ゆい妄想すんじゃねえ。貞操帯でも買っとけ。カギ預かっておくから」
「お、おかずになる?」
「あほか」
「ギャグボールのケチャップ煮!……なに言ってんだ私、ナイスセルフツッコミ」

447 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/01(土) 11:59:34.73 ID:H4tTuuQJ0

「ん?そのテのグッズなら知り合いから卸値で買えるよ?紹介しようか?」
「……いや。現実にリンクさせなくていい。それより川嶋はタイムどのくらいなんだ?」
「あたし?17分を切るのが現在の目標。あと1キロ落とせばたぶんクリア」
「うーん。やべえ……」

 ネタと妄想と現実とがごっちゃになりかけて一層おどろおどろしい顔になる竜児に、ほらナ
イーブになってんじゃないよと、大河の軽〜いミドルキックが尻にパシンと。

(……てのりんキック)

 ネジが自分の頭から跳んで路上に落ち、澄んだ金属音を立てるのを確かに聞く。

「じゃ、高須くん。正々堂々と陥れあって勝負しようね!」
「おう!どっちだよ?知力体力時の運だ」
「万が一あたしが負けたら賞品あげる」
「お、そういやそうか。一方的に不利な賭けに乗るとこだった。で、何くれるんだ?」

 亜美はモジモジしている大河を見下ろしておもむろに。

「うちの叔父さんがお歳暮にもらって凍り続けている特選松坂牛5キロ」
「おうっ!?と俺は思わず呆れて同時に大河を見下ろした……いけねえ、動転してト書き喋っちまった」
「ま、あとは二人で揉めてね。じゃーねぇん♪」

 ほっほっほっほっほっほっ。トレーニングの続きに戻って坂を駈け上がる亜美をあっけに取
られながら見送った竜児の視線が今度は本当に落ちる。頬を紅潮させて胸前で手を合わせ、上
目づかいでうるうると見上げる大河は美しく、ポニーテールを揺らせながらつややかな唇をわ
ずかに開いてもれる言葉。

 ――す……すき……なの。……すてき。竜児。

 ――おう……分かってるさ、大河。慈愛に満ちた凶眼の光り。

「すき焼きに、釣られたんだな……?ステーキも、だな?」
「うん……夏バテ予防に……まつざかさん……どーんん……」

 ぐきゅるるるるるるぅ〜〜っと、るるぅの部分がやけに長い音が聞こえて、そういや朝めし
まだだったなと竜児は思い出し、爽やかに明晰な意識の中に、献立を考えるべく肉など入って
ない自宅の冷蔵庫マップを広げにかかる。


――つづくっ!

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/01(土) 22:39:28.69 ID:9oe58DBy0
>>447
乙です!オチにワロタw
俄然やる気になった竜児を甘い言葉でごまかそうとは大河さんいけない子や…
でも素直に認める大河カワイイよ大河

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/01(土) 23:54:13.57 ID:Rbfb2XHr0
GJ
>下山ダッシュ
思いのほか真剣に取り組んでいて笑った
亜美ちゃんが勝ってもオイシイですな

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 07:20:30.81 ID:G3JzLUEH0
盛り上がってきたな。

しかし水を差すようで悪いが、竜児は中距離走ならスタミナでみのりんに勝つほど
足が速いぞ。ゆゆこの勘違いだと思うが(w

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 10:27:49.30 ID:ffzdorWC0
あれかw鉄道ファンやアンサイクロぺディアにまでエクストリームスポーツで登録されてる下山ダッシュ。
そして川嶋wなぜアダルティックな妄想しかしないんだw

>>450
あれは大河が大事だからって事の描写じゃ…?
要は恋人でもないがなんとなく一緒に居ると心地いい同居人のために、あそこまでする。→竜虎が結ばれる伏線。


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 12:25:02.15 ID:/yN2lS000
これなくして、なんの飯田線!まさかこのスレであ〜るOVAネタを目にするとは思わなかったw
先月AT-Xで録画したが、このスレ思いのほか年齢層高かったんだなあ(;^ω^)

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 14:21:39.89 ID:G3JzLUEH0
>>452
行って置くが、俺はそれほどでもないぞ。50代まであと3年ある。

454 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/02(日) 16:21:06.57 ID:UJgAKrAz0
しもやまだっしゅ!の3を。
まだ飯田線には乗りませんが豊橋まで行きます。

>>450
その辺は脳内補完で許していただければと。
受験勉強で体力落ちとか。それでもあーみんには負けないと思いますが
トラック競技ではないのでいろいろ起こるかもしれません。

>>451
それは、書いてる自分が下品だから(キリッ
できるだけ自重しますが、入浴シーンだけは頑張るつもり!

あと年齢のカミングアウトやめいw誰かひとりくらい10代女性が読んでるかもって楽しみがなくなるだろうが!

↓では5レスいただきます

455 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/02(日) 16:25:31.93 ID:UJgAKrAz0

 3

 特訓の数日が瞬く間に過ぎ去って旅行当日がやってきた。
 早朝に大橋駅前で待ち合せて、新幹線に乗るために東京駅へと一行は向かう。

 お盆が過ぎて観光や帰省の乗客もひと段落、豊橋に止まるひかりはビジネス客には敬遠され
るとあって空席もちらほら目に付く程度の込み具合だった。2+3列の横並び5席を無事確保
して旅行が始まる。
 大河は当たり前のように竜児にくっついて二人掛けの席に。あとの3人がまとまって。通路
を挟んでみのりん&てのりんという並び。

「ちゃーんと弁当作って来たぞー」
「待ってましたあ!あてにして朝ご飯抜いてきたんだよね」
「あたしもあたしも」「おれもー」
「今回は私がおにぎり担当でぇす」

 はい回してと大きめの弁当箱を通路越しに手渡す。

「大河がぁ?ってほどでもないよなおにぎりなら。お、でもきれいにできてるじゃんか」
「ちょっと修行の成果を見せたくて、俵と三角と二種類握ってみました。感謝して食べるがいい、でぇす」
「ほぉ、逢坂が握ると小ぶりでかわいいな。うん、うまそうだぞ」
「じゃーさっそくいただきまぁす。がぶっ、んごぉっ!?」

 得意げな大河は僅かに俯いてクッククと笑ってポーカーフェイスを解き、言い忘れましたが
当たりが混じっていまぁすと半笑いで告げた。

「あ、当たりって……!?つか1個目からあからさまに実乃梨ちゃんが引き当ててる?」
「当たりの具は何だった、櫛枝?」
「ぐ……ぬぬぬ……ジャムたらこだ……ペースト……しかもたらこ、生」

 甘じょっぱくて磯くさいおにぎりの残りをバクバク完食して、実乃梨は大河にビッとサムズ
アップ。……負けるかよ、不詳この櫛枝、ネタのリアクションに抜かりはないぜ?……不詳じ
ゃないよ謙譲表現なら不肖だよみのりん……うるせえこの貧乳エロ虎……ひ、ひどい……。
 などと目と目で語りあっているのかどうなのか。

「ターイガぁ、当たりは何個入ってんのぉ?」
「ん?2個仕込んだからあといっこだね……ぇぇぇ……」
「どうした大河?」
「……」
「引いたんだな。自分で」
「……うえ……タッパのこの角には置いてないのにぃ。やっちまったー?」
「ああ、俺がこっそりシャッフルしといた。バカやるんなら楽しまねえと」
「ぐぐぐ……りゅ、あんたねえぇ……うぇぇ磯くさー」
「ちなみにネタはなんだったんだい?高須くん」
「イカの塩辛に青海苔たっぷり。そんなに当たりでもねえけど大河には……なあ?」
「うるさいっ、い、磯臭いのはお茶で洗い流しづらいんだからっ、後味を想像するだけで涙目に!」
「ほれ、ぬか漬けつまめ。濃い目にほうじ茶入れてきたから飲め」

「ほーらバカップルはほっといて安全なおにぎり食べようよ」
「おうそうだな。朝はしっかり食べんとな」
「うん、うん。あ、肉そぼろに梅肉だ、おいしいーぃぃぃぃ、ぃぃ、ぃあぃあ辛ぁーーーっ!!」
「ああそれ俺が仕込んどいた当たりだ。おめでとう川嶋、ツイてるぞ」
「ど、どっどっどっどこに辛いのを!?」
「海苔の裏に和カラシ塗っといた。ま、一瞬鼻に抜けるだけだろ。茶ぁ飲むか?」
「ふむ。これで女子全員見事に毒殺されたわけだ。うははは」

456 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/02(日) 16:26:39.16 ID:UJgAKrAz0

 したり顔で眼鏡をくいっと掛け直しつつ、北村はまるで黒幕であるかのような態度で、しか
し高須も逢坂が握ったのと区別がつかんおにぎりを作るとはさすがだ、と賛辞を述べ、竜児も
それに悪役っぽく答える。うむ、おもむろに頷いて。

「朝飯前だ」

「聞きましたかあーみん先輩、ぽーぽぽっぽぽぽぽぽっあれ、ギャグのつもりだぜ?」
「げほっ、高須くんのドヤ顔っていうのもレアだけど、なんかむかつく」
「このテの被害者は北村くん一択が当然と思うからオイラそっちに腹たつのり。大河はゆるす」
「毒殺同盟!」
「応さ!」
「わ、私も同盟入れて……」

 亜美は実乃梨の目を見てニヤリ、頷く。実乃梨も亜美の目を見返し、竜児と北村をゆっくり
不敵な笑みで睨みつけてから大河に視線を移し、ニヤリ、頷く。
 そういうことになった。


 雄大な富士の山麓が右側の車窓一杯に広がる頃、バカップルのふたりだけ大口を開けて寝て
しまった。ただでさえ早めの出発なのに人数分の弁当を作るために相当早起きしたのだろうと
いう結論になって、ハンデを負わさないためにできるだけ寝かせておこうとなった。
 現役体育会系が考えることはフェアなのねー。亜美は妙な感心をする。

「なーんかね」

 寄りかかり合って寝こけている大河竜児に順々目をやりながら、
「うらやましいとか、妬けちゃうなあとかと一緒に、かわいいと思っちゃうんだよね」
 ぽつん、呟いたりして。

「俺もそう思う。応援したいって気になるんだよな」
「へえ!北村くんが。マッチョメンでもそんなふうに思うもんなの?」
「なんで複数形なんだよ……まあ、俺が心配する必要なんてもうないんだろうけどな」
「ふたりともバカ正直なとこあるからねー」

 いろんなつまらない事でケンカして、回り道してんのかなってね。気になるのよね。あー、
正直に言うと、なんか行き詰ってたら助けてやりたいって上から目線でいながら……実際には
恩着せてやればもっと馴れ馴れしくできるって思ってるんだよね。

「そう。そうしたいだけなんだあたし。きっと」

 北村は珍しく自分語りをし出した幼馴染の話を黙って聞いた。クールに大人びた振る舞いが
板についていても、寂しがり屋ゆえにわがままでお姫様然としていた幼い頃を思い出す。古い
自分を切り捨てたわけじゃない。切って棄て去ったつもりで知らぬ顔をしても、まったく新し
い自分に生まれ変わることまではどうしたって出来はしないのかもしれない。

 悩み……というほどではないだろうが、助け舟を出してやる。溺れてねえよと言うかもしれ
ないが、それならそれでいい。

「うーん、それは女子側からの割と一面的な見方だと思うぞ?」
「え、そうかい?あたしもあーみんと同じくその辺は気になるぜ?」
「俺は高三のとき高須と同じクラスだったから、あいつがどう変わったか見てるんだよ」

457 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/02(日) 16:27:32.91 ID:UJgAKrAz0

「男同士だけに分かること、あるのかな。ね、祐作、教えてよ」
「そうだな、巧く言える気はしないが……高須はもともと『いいやつ』だ」
「うん」
「今はそれだけでなく『すげえやつ』だと思うようになってる」
「ふーん。北村くんがリスペクトするほどか……あたしにはいまいち分からんよ」
「さっき亜美が言ってたバカ正直な回り道ってやつな、それを自分で選び取る意志みたいなのを感じるな」
「あーそういうことか。そうだねえ、大河はその辺をきっちり見てるんだろうね」

 そうなのよね、うん。泳いでるだけだから。
 同じ舟に乗っていないけど、なにかあったらすぐ漕ぎつけられるくらいの距離に居る。それ
は奇跡のような確率かもしれなくて、でも存在しているのが当たり前。ずっとそうだったんだ
から。

「やばいよー、ホレ直しちゃうんじゃないの実乃梨ちゃん」
「ないない、それはないよ。やだねぇあーみんさんや」

 かっかっかと初代水戸黄門役のモノマネで笑ってみせて、まあこうして誤魔化す程度にはね
と隠しもしない。
 いいじゃんか、こうゆうこと考えてもけっこう元気出るんだぜ?
 高校時代より一層短くした髪を、うっかり前の長さの感覚で毛先だけをかき上げながら照れ
る友人を、幼馴染のふたりは同意するでなく深く突っ込むでもなく、ただ優しげに見ている。
 舟は二艘より三艘あった方が心強いから。

「ま、あれだな。皆変わっていくものだ。『男子三日会わざれば割礼して見よ』ってやつだ」
「割礼じゃねえよ括目だよ。げっひーん祐作!」
「割礼ってアレかあ?皮切るんじゃん?チン……むぐっ」
「ほぅーれ実乃梨ちゃんも。そこまで捨てねえでいいからっ」

 やがて車窓に浜名湖が広がって、小一時間舟を漕いでいた二人を起こせば、間もなく飯田線
の起点、豊橋に着いた。短い停車時間に慌ただしく一行は降り立った。


 これから乗り込む飯田線は予想以上に長くて昼を挟んで下山村駅まで4時間近く乗らねばな
らないから、食料やら何やらの買い出しに一旦改札を出ることにした。この辺の情報は各自が
集めて幹事である亜美にメールすると、亜美はそれを取りまとめて北村に転送し、北村が分か
り易く要点をまとめたしおりを作ってくれていた。

「うーん」

 駅弁売り場の店頭で大河がどれを買おうと唸っているところへ、どうした?と女子ふたりが
寄ってきた。こんど乗る電車は50分後の接続で始発だから慌てなくていい。

「これ食べたいけど、こっちも捨てがたいの。あ、これも」
「4時間後には全力で走るんだぜ?気持ち悪くなったりしない?」
「それは大丈夫だと思う。ただ、おにぎりから時間空いてないからふたつ食べる自信ないんだよね」
「あいかわらず食うねえ。じゃ、あたしこれ買うからさ、三種類買ってどれかひとつを半分わけしよっか?」
「いいね、あ、でもそれでもちょっと多いかな」
「じゃーあたしも加えて?3人で四種類ならいいんじゃない?量的には」
「それだ!」

 実乃梨はピシっと亜美を指し、そのまんま指し示す場所を下方向に移動。

「しかしあーみんの腹が心配だ!」
「トレーニング積んだもん。その分きっちり食べてもいいのよ。お菓子もいくよっ」

458 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/02(日) 16:28:32.25 ID:UJgAKrAz0

 すみませーん、おべんと四種類ひとつずつ〜♪とよそ行き猫なで声の大河が購入すると、そ
れまでのやりとりを全部聞いていた売店のおばさんが可笑しそうに、
「最近の娘さんはたくさん食べますね」
 などと言う。

「いーえー、大喰らいはこいつひとりでーす♪」
「そうなんですぅ、あたしたちは付き合いでぇ、しかたなくぅ」
「なっ!?う、裏切り者っ」
「ぶっふふ、見た目よりそんなに量は多くないですからね。お嬢さんたち天竜峡で川下り?」
「あー、そういうのもあるんですね。その方が涼しげで楽しいかも〜」
「走るんです。そのあと温泉♪」

 あ、なるほど、飯田ね?と頷くおばさんから駅弁を受け取った三人は、次はお菓子と飲み物
かなーと名店街をぶらついていると、重そうな袋を提げた北村が向こうから歩いてきた。

「あら祐作、みんなの飲み物買ってくれた?」
「おう車内で飲むものと、紙コップと、走る時の給水用に小さいスポドリを人数分な」
「じゃーあたしたちはあとお菓子だけみつくろって……あれ?大河、そういえば高須くんは?」
「弁当箱洗いに行った。マイスポンジ持って」

 なーるほどなあ、と皆が頷くなか、けっあのエコ野郎がと大河が付けたしのように毒づく。

(プチ恥ずかしいのかね?)
(なんかもう身内感覚だよねー。“ウチの子が団体行動乱してすみません”的だよねー)

 うんうんとさらに深く納得しているところへ、洗い終えた弁当箱を収めた袋を提げ、竜児が
戻ってきた。弁当買ったのか、なに買った?と覗きこんでから、袋を大河に押し付けて自分も
買い出しに売店へ行く。

 既に陽は高く登って昼過ぎにはジリジリと照りつけそうだった。こんな日に本当に全力疾走
するのかと思わせるが、5人の意気込みは高い。普段はそれぞれの進路で背伸びをして頑張っ
て、それが自分の人生を切り開く力になると信じてはいても、やはりバカをやるのは愉しく、
それが心許したかけがえのない仲間とできるのならもっといい。

 改札が始まった飯田線の電車に乗り込んだ。
 二両編成の短い電車の中ほどで、今度は実乃梨と亜美が二人組となって、通路を挟んだ2つ
の4人掛けボックスに別れた。竜児は窓際に大河を座らせ、その向かいに一番脚の長い北村、
大河の隣に竜児と自然に席を占める。

 と、発車間際に地元の乗客が乗りこんできて、8分の混み具合だった車内が割と混み始めて
きたようだった。年配の人が多かったから、竜児は立って席を譲ろうとし、でもそれを制して
亜美と実乃梨が立った。空いたボックスをどうぞ、とおじさんおばさんの4人組に譲る。
 そうしておいて、亜美は竜児に元の席に座れと押しこむように指図、向かいに実乃梨を座ら
せて、自分は竜児の脇、ボックスシートの背もたれに付いた手すりに腕を掛けて立った。

「お前が座れよ」
「こういうのは最小の移動で済ますのがエレガントってやつよ。それにね……」

 くわっと目を眇めて、べえっと舌を出してからそれはもう憎らしい表情を浮かべて、ついっ
とアゴをしゃくってささやく。

「ハンデ、くれてやーんよ♪18分台のひとに」

459 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/02(日) 16:29:50.51 ID:UJgAKrAz0

 顔つきとはうらはらに、それがあまりに可愛い子ぶりな声だったので、傍から見たら言われ
た方がムっとしてもおかしくなさそうな空気なのだが、当の竜児はそんなの慣れっこで腹も立
てない。

「おう、じゃあ借りとこう。疲れてきたら代ろうな」

 北村ほどでないにしろ竜児もそれなりに長身だし向かいの実乃梨も女子としては平均以上。
膝を互い違いに置かねばコツンとぶつかってしまう。へへ……と小さく照れた実乃梨の笑いが
もれて、傍らの大河がやはり小さくふひぃと鼻を鳴らす。

「それより何だって?ハンデ?うーん」

 大河の方にちらっと目をやり、竜児はわざとらしく。

「誰か俺の走破データを敵にリークしたやつでもいんのかなー?」
「それ私。結局18分ジャストが最高記録って。ツイッターで全世界に。うそだけど」

「なんだ高須。それじゃあ自己新出さないと再乗車できないじゃないか」
「まあそこはいろいろ考えてる。我に秘策ありだ。な、大河」
「そ。竜児は練習より本番に強いから心配いらない。ばかちーのセクハラから守ってよね」
「お、そんな賭けがあんのかね?今からオイラも参加させてくれんかね?」
「俺も参加していいかな?逢坂」
「それは洒落にならんだろ」

 バカ話に興じているうちに、アナウンスとベルに続いてプァン、と警笛が響いて電車が駅を
出てゆく。昼過ぎにはメインイベントだが、その前に4時間近い鉄道旅が待っている。


――つづくっ!


460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 17:08:39.42 ID:G3JzLUEH0
ナイス!
今回も楽しかった。竜児がいるんじゃ、当たり引いても残せないな。

>>455
そこは3人掛けの椅子を回して5人対面にしようぜ。そんでもって、
竜児の端正な寝顔と大河と寄り添って寝る様子を見ながら、あーみんと
みのりんにいろいろ複雑なこと考えてもらって…

いや、すまん。

話は全然変わるが、浜松駅で降りることがあったら新幹線改札を
通った後、まっすぐ細い通路を突き抜けてビックカメラの横にある
ウナギ屋がおすすめだ。超うめぇ。弁当に仕立ててくれるけど、
駅弁の比じゃねぇよ。

浜名湖の話が出てきたので。

それから、いくら超梅ぇと言っても梅とあわせるなよ。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 18:03:53.23 ID:G3JzLUEH0
なんか、自分のコメント読み返したら揚げ足取りばっかりに思えてきた。
すまん、そんな気はない orz

竜児の足の速さだけど、あれは後ろに隠れていてごぼう抜きしたみのりんの
バイアスを考えると、やっぱりみのりんにまけてるな。まぁ、原作のスタミナ
云々は愛嬌ってことで。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 22:54:38.70 ID:m+ci0kww0
そう、季節は秋!運動会の季節!
俺の家の横の幼稚園では昨日やってたさ!おかげで朝早くに起されたw

ゆえに疾走する竜児が思い起こされるのも無理からぬ話。
あぁ、もうどうしようもないくらいDBが待ち遠しくってさぁ
しばらくアニメ絶ちしてたが見直したくなっちまったw

下山さん続き期待ッ!

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 10:38:07.25 ID:ZLqySWJ10
電撃のイベントで新作の映像流れたのか

464 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/03(月) 19:15:40.73 ID:5CCe4M500
>>460-461
ちょっと考察すれば、竜児はあのとき入れ込んでいてペース判断はほぼ無策、おまけにマークには気づいてない
対して実乃梨はマークしてるわけで相当に有利な状況ですからあの描写だけではほぼ互角と言えるかも。

揚げ足とりっぽくても指摘はありがたいですよ。忘れてた設定など思い出せて再読の動機になる。
他のSS作者さんにも役に立つかなと思います。
浜松駅のウナギ弁当!うーん。日帰りするかw

北海道池田駅のワイン漬けステーキ弁当がおすすめ。
駅前のレストランよねくらに電話予約すると停車する特急のドアまで配達してくれるっていう。
歯ごたえあって柔らかい赤身肉がたまりません。でかい梅漬けも入っていて超うめぇw
大河に食わせたら機嫌よくなること間違いなし。

>>462
そうなんです!夏の話書き始めたら涼しくなっちゃって涙目!てか出遅れすぎだ自分。

BDの新作は『弁当』話ですね。イモ掘りやBBQやパンツ洗濯もつまんでパッケージングしてほしいなあ。

以下、しもやまだっしゅ!の4です。
あんまり端折り感があると旅行っぽくないと思いまして展開遅いですが、退屈ならすみません。
下山村駅まで進みます。

↓6レスいただきますね

465 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/03(月) 19:16:52.98 ID:5CCe4M500

 4

 豊橋から近郊区間の乗客がほとんどだったようで、30分もしないうちに車内は閑散としだ
した。席を譲った年配の方々も、どーもと礼を述べて降りて行き、亜美は竜児と代ることなく
実乃梨と一緒に元の席に納まった。
 平野から山あいに差し掛かる頃には景色も良くなり、思い思いに車窓を楽しみながら、とり
とめなく駄弁る。メンバーに鉄道趣味を持った者はいなかったけど、ローカル線の旅はなかな
か楽しい。

「なんかすぐ近くの景色がいいと乗ったままじゃなくて降りてみたいって思わない?」
「そうだな。沿線で二泊くらい予定取って、乗って降りてまた乗ってな」
「ローカル線にしては本数が多めで飯田線はそういう旅に向いてるらしいぞ、高須」

 窓のかまちに肘を置いた北村はニコニコしていて、言った通りホームシックぎみだったのだ
ろうか、日本的な景色を眺めるのが愉しそうに見える。

「ときに、お前たちは婚前旅行とかしないのか?」
「ん……そういえば、まだ、だね?」
「おう、なんかな、ちょっと抵抗ある。……しかしまたいきなりな?」

「ああ。うん。実はな……俺は夏前に軽ーくしたぞ?」
「えっ?狩野すみれと……だよね?」
「おう免許持ってるだろって言われてな」

 ちょっと遠い目をして「たくさん作ってくれたサンドイッチ持って、2時間ばかりクルマ走
らせて川っぺりに行って、みたいなやつを」と北村は話しだした。

「婚前旅行っていうよりピクニックだろそりゃ」
「そうなんだけど。……そこで一緒に住もうって話になったから、ちょっとした記念でな」
「ふうん?……なんだか狩野すみれのイメージが微妙に……」

 気配を察した亜美と実乃梨も聞き耳を立てる。

「誰の話であってもコイバナちうのは聞き逃しちゃいけませんや、なあ?」
「まあ、あたしはあらかた聞いてるけど……」
「断片的にな。いい話ばかりでもないが……そのうち話せるときが来たらまた聞いてくれよ」

 別に聞かれても構わないのか、向かいのボックスにも目線を投げて話す。

「おう、そうなのか北村」
「ああ、宇宙は遠い……っていう類の話だ」

 それでも距離が見えてからがやっと始まりだから落胆までするのはまだ早いな。後半を独り
言のように締めて、また窓外を見ようとする。そんな北村の姿を見てうん、と。黙って聞いて
いた大河がおもむろに顔を上げると、スっと腰を浮かせたが早いか目の前の膝を両手でしっか
りとつかみ、自分のヒザを……。

「じゃあ北村くんに気合いを入れてあげよう」
 告げるなり、ゴッ!

「おあぁっつ!」
「いったたた〜、電車の揺れがうまいこと乗っかっちゃって、ごめん、大丈夫?」
「大丈夫大丈夫、ははっ。シャープな蹴りだな逢坂。高須もくらってんのか?」
「おう。まあふざけてだけどな。こいつの全力蹴りだけは受けたくねえ」

466 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/03(月) 19:18:08.10 ID:5CCe4M500

 頭に受けなくて良かったなあ〜?などと竜児は立ちあがって、自分の荷物から冷却スプレー
を取り出し渡す。はははっ、ほんとだよなあと北村も同じ調子で受け取る。
 でも大丈夫か?これから走るのにヒザ負傷してたら話になんねえぞ?……ご、ごめんね北村
くん……痣くらいで済むだろう。それより逢坂の方は大事ないか?……うん平気……氷はねえ
が濡らした何か布当てて冷やした方がいいかな。メディカルテープ多めに持ってきたから。

 実乃梨も立って、自分の荷物から応急セットを取り出そうとしていたが、竜児の用意だけで
済みそうと分かって、また座る。

「準備いいね、高須くん」
「おう、AED買ってこようと思ったけど高くて無理だった」
「!?あれは個人で所有するもんと違うぜっ?」
「冗談だよ……」
「あんたが言うと冗談に聞こえないのよ」
「ドジが偉そうに突っ込むな。ほら自分でヒザスプレーしろ。ツイタテになっててやるから」
「あーー、シップくさいぃ〜」
「仕方ねえだろ」

「おーい、水のボトル開けちゃったついでに誰かなんか飲むか?」
「あ、午後ティーちょうだい祐作」

 車窓はいつの間にかすっかり山中の景色に変わって、トンネルを抜けたらまたトンネル、間
にぱっと広がる渓谷が見えてはすぐ行き過ぎる。止まる駅がみな小さくいかにも田舎の駅舎だ
った。ときどき開けたところに出ると川岸に集落があって……。

「あ、ああっあ、みっ、見て見てあーみんっ!」
「あれ?いま渡った川をもう一度渡ってる?」

 駅を出てから線路と並行する川を、左岸から右岸へ、右岸から左岸へ、もう一度逆にとS字
に鉄橋が掛かっている。なんでこんなアトラクションのように作ったんだろう。女子たちは伸
びあがって左右の景色を眺めている。

「鉄道を作った時代には土木技術が高くなくてトンネルを掘れなかったんだろう」
「なるほど。それでこうして山を迂回するのか。よく調べてるじゃねえか」
「俺は小心だからな、行った先が見通せないとどうにも不安になるような」
「そうか……。だけど、だから必死に調べようとするんだろ?」

 ああ、だな。と頷く北村の声に少しばかり引っかかるものを感じて、でも北村ならと竜児は
思い直した。こいつはちゃんと援けを呼べる男だ。
 ふと気付くと、大河がじっと見ていた。

「そうだ。ねえ、もうお昼にしようよ。景色いいしさ?」
「逢坂の言うとおりだ。腹ごしらえしとかないとバテるから、食っとこう」
「さんせーい!ほら大河、毒殺同盟の方に来ないとおべんと分けてやんないよんっ♪」
「うあっ、待って待って待って」

 男子組の膝を食欲でガンガン押しのけて、大河は向かいのボックスに移動していく。



467 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/03(月) 19:19:09.48 ID:5CCe4M500
 賑やかに昼食を済ませたあと、みんなのお弁当ガラをきっちり分別して、ペットボトルも潰
して畳み、驚くほどかさばらない袋二つにまとめて自分のダッフルバッグに仕舞いこむ竜児の
芸の一部始終をじ〜っくりと堪能してから実乃梨が言いだした。

「ねえ、アニメをなぞるんだったら……スタンプラリーしとけば良かったかね?」
「あれは……無理じゃねえかな?押しに行くたびに脱落しそうな気がする」
「やっぱそうか。話かわるけど配役的には高須くんがあーるくん確定としてさ」
「俺が確定なのか……」
「だってさ、学ラン似合うし、周りの人を癒すし」
「びびらせるの間違いじゃないのぉー?癒されるのは人となりを知ってからでしょ」
「そうだけどさ、教室でご飯炊いたこともあるじゃん?」
「あれはさすがの私もひいたね……再炊飯で何とかなるとかゆりちゃんウソつくし」
「……それを言われると……面目ねえな」

「あっ、それでさ?竜児があーるくんだとすると、さんごは誰にあたると思う?」
「一応ヒロインだからなー、もちオイラだろ!走るの速いぜっ」

 ふっふーん?……何言ってんのみのりん。大河は傲岸不遜な態度でアゴを突き上げる。

「大事なコト忘れてるよ?さんごは走った時にムネが揺れたら失格でぇす♪だから私っ!」
「お前……いま大事なものを喪ったって気が付いてるか?」
「黙れ駄犬!」
「ひ、久しぶりに聞くとあらためて酷えな」

「まあ待て高須」

 眼鏡を光らせて横から話に割り込んだ北村の分析は的確だ。

「あーるが逆らえない、すぐ技をかける、根拠のない自信、そして会長と犬猿の仲!」

 北村が指折り挙げるたびに不審そうな表情できょろきょろする大河を除いたあとの三人は、
申し合わせたように左掌を天に向け、握った右拳をその上に。ポン。

「「「鳥坂先輩だっ!」」」

 三歩歩けば忘れる鳥頭だしなぁ……なにぃっ!?……まあまあまあまあ、狩野すみれが西園
寺まりい、ブフッ♪似合いすぎぃ〜……そっちがツボか……だぁって〜♪……あ!それならそ
れならそれならさ!

「光画部の気づかいお母さん、椎ちゃんはあーみんで確定として、北村くんは……」
「ま、鰯水だろうな。立ち位置的に」
「北村くん……女子生徒全員の顔とスリーサイズ暗記してた?必須だよそれ」
「そんなセクハラは無理だろう?」
「じゃ、鴨池だよね?」
「違うよ鳥坂先輩、北村くんは新外人だよ。なんつったっけ名前?」
「鳥坂言うなあ!……新外人?……新外人」
「おいおいおいおいおい!そこまで端役なのか俺……ベンジャミンだよ名前」
「そうだっけ?バッテン荒川じゃなかったっけ?読み込んでるね北村くん」
「当然だ。あれは生徒会では聖典だったからな。内緒だが各部活の予算配分のときには
 校内サバゲー大会をやろうかって企画が出たこともあるくらいだ」
「おう、そういえば村瀬がそんなこと言ってたな……そうか。あいつが鴨池か」
「北村くん北村くん。ベンジャミンはあだ名。本名は日系アメリカ人レオナルド根岸」

 いちばん読み込んでるのは大河だったか……小学生のときにね、高校生になるとこんなに楽
しそうな学校生活が送れるんだなーって……ああっわかるわかる!文化祭とかね。
 大河は懐かしそうに目を細めて、ちょっと間があって、うんと頷く。

468 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/03(月) 19:20:21.55 ID:5CCe4M500

「あとね、あさのときしだは能登春田。これも確定でしょ?」
「おー確定確定!鳥坂先輩にいっつも理不尽な目に遭わされてたとこなんかかんぺき!」

 だーからとさかやだあーっなどと盛り上がりつつ天竜峡駅を過ぎて、山あいから盆地に入り、
のどかな景色が急に開けてくると目指す下山村駅まではもうじきだ。おうみんな、そろそろ準
備しねえと、と竜児が振れば、だーいじゃうぶ!変なイントネーションでちっちゃな鳥坂が返
してくる。
 あああっ、中指立てんな!はしたない。


「みんな道順のプリントには目を通してるか?忘れてきたら余分があるぞ?」

 元生徒会長の準備は周到だった。きちんとスタート〜ゴールの最短ルートを記した分かりや
すい市街地図を作り、交差点や横断歩道、間違えやすい別れ道の情報なども書きこんで事前に
配っていた。皆、しっかりとイメトレは済ましてきたようだ。

 そして竜児の秘策はここにある。
 まず、信号待ちや横断待ちが発生するからには、運動としてはインターバル走となる。そこ
に競争能力の差を縮めるヒントがある。着目したのは勾配だった。

 竜児は地図サイトを探しまくって、正確な等高線を重ねてみた。いかにダラダラ坂と言って
も勾配が一定であるとは限らない。緩い区間と急な区間が入り混じっているはずで、急な区間
を流し緩い区間を全力でというペースコントロールをつければ全体としてはタイムは縮まると
考えた。モデル図を作り、最短コース以外も調べ、道路の横断パターンもしらみつぶしに埋め
て最も信号などにひっかからない黄金のコースを見つけ出した。現状の体力で及ばない分はヘ
ッドワークでカバーする。平面上の最短距離だけにこだわっていてはたどり着けない解だろう
と自負している。

 もうひとつは諜報戦。
 亜美には現状以上に対策を立ててほしくない。できるだけ油断していてもらいたい。そのた
めに特訓中はわざと18分を切らないようにしていた。亜美の性格なら必ずリサーチを入れて
くるし、それは大河を介してに決まっている。いくらまつざかさんに目がくらんでいても、ア
ホモードのあいつは引っかき回してやれば面白いという方を取るはずだから、聞かれれば情報
を流すだろうと読んでいたが、その通りだった。

(身内も騙すのは気が引けるが……すきだのすてきだの言われちゃな)

 もっとも大河にはちゃんと再乗車してもらい残した荷物の保全を託したいといったリアルな
事情もある。そうすれば俺が川嶋に負けたとしても気持ちのうえでイベント自体に負けたこと
にまでならないで済む。きっと肉肉肉ぶーたれるだろうけど、それは後で埋め合わせてやろう
と思っていた。

(あんた……何かたくらんでるね?)
(おうっ!分かるか?)
(分かるよ……目だけキモ〜く笑ってるもん。何か作戦があるんなら……)
(作戦てほどじゃねえが)

「ほれっ、大河。髪まとめるんだろ?お団子は崩れるからポニテ折り返してひっつめな」

 ぱっぱと上着を脱いで準備を済ませた実乃梨が世話を焼く。山越えして伊那盆地に入ったら
ピーカンではなく薄曇りになっていたけど、暑いのは変わらないだろう。それぞれにしたくを
していたら、自分たちといくつも変わらなそうな車掌が歩み寄ってくる。

「走るの?なら検札先に済まそうか?」
「え?はい。お願いします……けっこうやる人は多いですか」
「うん。夏休みだと学生さんがね、来てくれて」

469 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/03(月) 19:21:27.14 ID:5CCe4M500

 伊那上郷駅の近くまでくると踏切の警報音が聞こえて焦るかもしれないけど、電車が駅に着
くかなり前から鳴り始めるからあきらめちゃだめだよと、また間違えやすい交差点での目印な
どを検札しながら親切に教えてくれる。

「ありがとうございます、助かります。観光案内みたいに仕事なんですか?」
「いやあ、乗務員によって違うんです。僕は地元なので経験者。だから規則に違反しない範囲でね」
「なるほどっ!それは心強い」
「ちなみに記録の方は?」

 ふんっ、と背を反らせて誰かさんに似た態度、もちろん最速の13分戦!と自慢げに語った
後で職務も忘れない。

「みんなで走るのなら、荷物を一か所にまとめておいてくれたら目は配っておくけど」

 北村の逆三角な体型を見た車掌さんは「全員乗り遅れることはなさそうだね、そうなったら
忘れ物として処理しなくちゃいけないんで、そこ気ぃつけて」と言い置いて戻って行った。

 したくを終えた北村は、おっと忘れていたと言いながら、デジカメで車内に掲示されている
編成番号を撮影する。記録は大事だが、誰かに見せるのだろうかと考えかけて、そんなことよ
りも今は、大河に注意事項を伝えるのが先と振り返り、竜児は驚いた。足元こそ履きなれたス
ニーカーだが、朝出るときから着ているフリル付きワンピースのまま。到底これから走ろうと
いう格好には見えなかった。

「お前……下に着込んでいたんじゃ?」
「ん。スパッツ穿いてるから転んでもぱんつみえまるにならない……んしょっ、ほら?」
「わぁお!えろ尻ぃぃんぬ♪」
「めくるなめくるな、つかレギンスだろ?……そうじゃねえ走りづらいし危ないじゃねえか」

 襟もとからちょっとつかみ出して、トレシャツも着こんでる。けどうっかりワンピースで出
てきちゃったから、もそもそっと脱ぐの恥ずかしくて……ドジこいた……という、しかめっ面
の言い訳。
 そんな事で!
 聞きながら竜児はしまったと思う。下に着こんでいるなら上に着ているものをどう脱ごうが
関係ねえと思うのは、心根が庶民だからだ。セレブの川嶋だってササっとエレガントにだが脱
いでいた。
 だが、大河は心根がお嬢様なのだ。さっき中指を立てて見せたりしても、いまは普通の経済
力の家庭に暮らしていても、お嬢様な心根をきれいさっぱりと喪ったわけではないのだった。

 どんなところに強い抵抗感を持つのか常にリサーチしておくべきで、それを怠ったのは自分
の落度だと思った。

「俺も気づかなくて済まねえ。豊橋で着替えさせとくべきだった。いや朝の段階でよく見とくんだった」
「いいよそんなの。うかつだったの私だし」
「なによ大河?余裕でハンデしょってるんだと思ってたのに、ただのドジだったー?」
「そうなのよそうなのよそうなのよ」
「三回言うのが流行っているのかい……」
「みのりんが先に始めたんだよ……」

 ハンデ?……は櫛枝の方が負うべきものだろうと竜児は思い込んでいたから、亜美に聞こえ
ないよう小声で聞いてみる。

「櫛枝が優勝候補じゃねえの?」
「ううん違うよー」

470 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/03(月) 19:24:13.62 ID:5CCe4M500

 ここだけの話しな?大差で勝つのは大河だよ?こちらも声をひそめて。ナイショのささやき
で勝負の行方を予想する実乃梨。驚いて、また聞き返してみる。大河が?だって練習ではいっ
つも15分台だったぜ?

「練習は練習だよ。君と一緒に走っていてどんどん先に行っちゃうやつじゃないよん♪」
「手抜き?だったのかな……ま、マジで走ったら?」
「あれは山岳王だぜ高須くん。だからちょうどいいハンデなのさ」

 大学でスポーツ生理学を学び、自身も日々鍛え抜いている専門家の言うことだから、それな
りに根拠があるのだろうとは竜児も思うが……。
 亜美に目をやると、モデル体型を惜しげもなく晒す新品のランニングウェアに身を包んでキ
ャップのつばを後ろに向けてかぶっていた。UVカットゴーグルもきっちり装備。
 あのレギンスはたぶん大河とお揃いで買ったのだろうと気づくと、勝負でなくあくまでレク
リエーションというところへ戻りそうになる。竜児はしばし逡巡して、だけどすぐ意を決して
大河に向き直った。

「大河、共同の作戦はない。だが準備運動が足りてねえから温まるまでは気を配れ」

 勝負でも遊びでも、どっちでも。俺も、大河も、全力でやる!
 そうでなきゃMOTTAINAIっ。

「うん、分かった」
「フリルを引っかけねえように生垣とか車に細心の注意を払え。そのうえで……死ぬ気で走れ!」
「おし!あんたもばかちーに負けんじゃないよ!」
「おう!仮に負けてもすき焼きだけは必ず食わせてやる。安心して俺たちの荷物を守れ」
「へ……へへ……すき……やき……」

 うわぁーお!無警告で愛の交歓するんじゃねえよこのバカップルめー!走れなくなっちゃう
だろーと実乃梨の悲鳴を乗せて、大きな左カーブを切りながら、電車は徐々にスピードを落と
しはじめた。
 これを曲がり終えればいよいよ下山村駅。所謂18分戦のスタートとなる。


――つづくっ!




次回、やっと走ります。
その後は混浴と酒盛りだ!……長そうですね。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 21:21:38.46 ID:YAYYesFA0
鳥坂先輩w 言われてみればそのとおりだw

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 23:57:25.36 ID:EK9EkmQk0
パロの元ねた知らないけど楽しく読んでる。
「AED買ってこようと思った」で吹いたわwww
GJ乙、続きに期待!

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 23:58:36.29 ID:W5KoJfH4O
>>464
乙!いよいよダッシュ本番ですね!
北村のまだ複雑な心境と決意も興味深く読みました。悩め若人よ!
「すき」「やき」で愛の語らいになる竜虎にも爆笑。
続き待ってます!

474 : ◆fDszcniTtk :2011/10/04(火) 01:11:08.50 ID:wbgiyiK00
村瀬が鴨池とかひでぇ(wwwww

475 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/04(火) 17:46:35.92 ID:kCcXK5gZ0
レスありがとうございます。楽しんでいただければ甲斐がありまさぁ。
朝晩涼しくなってしまって、あんまり間を空けると夏の感覚忘れそうなんでがんばります。

>>474
ベンジャミン北村はひどくない?
個人的にはアニメのキャストのおかげでさくら=えりかにずっパマリ感がw


というわけで、長めになっちゃったしもやまだっしゅ!の5をいきます。
悪いくせでBGMイメージにこだわってしまいましたので、一応紹介しておきます。
ttp://www.youtube.com/watch?v=nlQ8te4BOhY
ttp://www.youtube.com/watch?v=yckMgcQYePc&feature=related
該当するシーンはお読みいただければ。

↓では、8レスいただきます

476 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/04(火) 17:48:55.95 ID:kCcXK5gZ0

 5

 鉄路に車輪が軋むカン高い音をシュィィィン、途切れ途切れに響かせて徐行すると、程なく
停車した。ドアを開けて5人はぞろぞろ片側ホームの駅に降りる。
 がんばってね、と声を掛ける車掌さんに礼を述べ手を振ったりしながら、改札のない無人駅
のスロープを小走りに降りたらすぐのところにある、車止めの左右に散った。
 ここがスタートライン。電車が動き出したら、それが合図だ。

 ふぁんふぁんふぁんふぁんと続く踏切の警報音が緊張をいや増して、誰もが今まで乗って来
た電車を凝視しているなか……、

「あ!あれえー?あれあれあれーっ?!」

 亜美が素っ頓狂な声を上げて山の端を指差した。UFOぉっ!?

 なにぃっ!!……まさかぁっ!……ど、どこだっ?信州といえばUFOの名産地だからなっ
……どこどこどこーっ!?

「あーみん、どこだいっ?どこどこUFOどこっ?あー……み……ん?」

「「「えええっ!?」」」

 電車既にして発し亜美30m先を駈ける、かあ。はっはっはっははっ……やりおる。なんだ
その殿さま風コメントは?バカ言ってねえで追うぞっ。

「クソっ、本当に正々堂々と陥れやがったな!あっ?うっそぉっ??」

 古の技がずばっと決まったのがよっぽど可笑しかったのか、うっきゃーはっはははーっと笑
いながら実乃梨と大河がとんでもないスタートダッシュを決めて、国道まで300mほどの小
路を疾走し始め、竜児と北村も時計を押して後を追う。
 ともかくも、なし崩しにスタート!

「マジか……短距離走じゃねえんだぞ?」
「慌てるな高須。すぐ国道に出るがそこは渡っておかねばならん。恐るるに足らず」

 言ってることは分かる。横断待ちがあって、先の橋のたもとには信号があり、追いつかれて
しまうたびにアドバンテージは消える。そんなポイントtoポイントでスタミナを無駄遣いして
いては間違いなく後半の坂がきつくなるだろう。これはオーバルトラックの競技ではないのだ
から、最適化した戦術が要求されるわけで、専門家の北村が余裕を見せるのはその辺りを考え
てのことだ。

 しかし、もう一人の専門家、櫛枝実乃梨はぶっ飛ばして行ったではないか?という不安が竜
児には同時に芽生えた。勾配が与えるストレスが勝敗に関係ないレベルの能力を持つランナー
なら?当然、先行策がセオリーとなる。
 行くか、控えるか?迷いを抱えて片側一車線の国道に出てみれば車通りが切れず、信号のな
い横断歩道で毒殺同盟が足踏みをしながら止まっていた。ちらっと横目で見て、亜美が綺麗な
顔を歪めて、盛大に、悔しそうに、舌打ちをかます。

「ちぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっっ!」

 少佐?少佐なのばかちー?……ヤツとの戯言を止めろォォォ!ちっちゃいのと中ぐらいのが
気楽に混ぜっ返すのと同時に車が途切れた。ちなみにそのシーンでは少佐でなく大佐に昇進し
ているが通称なら少佐で合ってるのであります!

477 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/04(火) 17:50:18.61 ID:kCcXK5gZ0

「策士、策に溺れたな?川嶋」
「まだまだ、あたしの抽斗には手があるよっ♪」

 人の好い竜児は次の策なんだ?と訊こうとしたが、ぱっと交通が途切れてリスタート!

 まさに虎だけど脱兎のごとく。律儀に真っ直ぐに横断歩道を渡り切り、アスファルトを蹴っ
て直角に左ターン!駈け出す大河を追って腹にいちもつアリな亜美は斜めに駈け、続いて実乃
梨という展開に、よし、前だと心を決めた竜児がやはり大河と同じように直角に回りダッシュ
に踏み切ろうとした一歩は、

「まあ待て。一緒に行こうじゃないか」
「おうっっっ!!」

 後ろからガシっと北村に肩をつかまれて、不発。

「あれはな、まだ平坦ゆえのオーバーペースだ。付き合う必要はない」
「おうっ?ううーん、んんんんん?」
「脚を使わせておいて坂で差した方がいいぞ」
「……よし、専門家に乗ろう」

 ヘッドワークというのは瞬時に判断を下さねばならないことの方が多い。惜しいことに竜児
はじっくり考え抜く方に特化した秀才だった。バドミントンをやっていた中学時代ならまた違
っていたかもしれないが、実に4年もそうした訓練をしていなかったのだから、ついタンクト
ップに短パン姿の、しかも裾はパンツインの、いかにもマッチョに日焼けした親友に判断を委
ねてしまったのは、まあ普通だろう。

 この作戦がどう出るのか?ここでカメラを先行集団に切り替えてみましょう。

 しぇっしぇっしぇっしぇっしぇっしぇっ!
 はっほっはっほっはっほっはっほっはっほっ!

 先頭はふわっとしたAラインワンピの裾を広がらないように絞って押さえながらの大河、す
ぐ後ろにシュッツシュッツ腕の振り完璧な亜美が続いて、

 あーーーーーっははははははははははっははは!

 大笑いのバンザイポーズで追う実乃梨――これはたぶん大戸島さんごのマネだろう――は余
裕たっぷりに追走している。ストライドは大きく、先頭の大河の半分ほどのピッチで同じスピ
ードを出していて、そうして毒殺同盟はじりじりと後方の男子組を引き離していく。

 僅か100mほど先で、いま走っている国道は土手沿いの通りと斜めにぶつかって信号のあ
る交差点となっているからここもまだ待機策によるスタミナ温存でいいはずだ。ふたたびリス
タートになる可能性は高いと、竜児は落ち着こうとする。

「なあ高須ー。亜美はハ行だが、逢坂はサ行で息継ぎするんだなー?知らなかったー」
「この忙しい時に暢気な……はっはっはっはっ」

 竜児、北村の順で交差点手前の歩道のカーブをのんびり回ってみれば、あんのじょう信号待
ち。但し、毒殺同盟はタッチの差で渡り終えたらしく、ぐんぐん橋を渡って先に行ってしまっ
た後だった。
 おうっ!?こんなの想定してなかったぞ?残っているのは実乃梨ひとり。

「やあ、あーるくん」
「『やあ』櫛枝だけ信号に引っかかったか」
「うん。あいつら点滅みたら速いのなんの。あーぁ可哀想にな〜」

478 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/04(火) 17:51:21.45 ID:kCcXK5gZ0

 ――抜くぞーっ、抜くわよこっのチッビ虎ーーっ!
 ――へぇぇぇーんっ、さっせるかあっ!!

 大騒ぎの声が橋の上を遠ざかっていく。
 亜美に煽られいっそうペースを上げて走る大河は上体のバランスを肩だけで取っていていか
にも窮屈そうに映った。

「はっは♪そうだろ櫛枝?あれはオーバーペースだよな」
「あーみんだけね。ありゃ坂が辛そうだ。大河は車通り減ったら腕振るぜ……まだサ行だし」
「大河と駈けっこなんてした事ねえけどな……もしかして実体験か?」

 うん♪高一のときだけどね?才能あるんだから部活入れよーってキャンペーン張ってた頃に
何度かね。運動なんてかったるい、必要ないっていうから、じゃー勝負して負けたら言うこと
きけって。

「で……?」
「あたしまじで一度もヤツに先着したことないんだよ」

 竜児と北村は思わず生唾を呑みこんで顔を見合わせた。


 ぺかっと青になるのと同時に、三人で駈け出した。
 置かれてしまったからある程度追いつこうと北村の言う通りにしたのだが、やっぱりじりじ
り実乃梨が先行していく。
 橋を渡り終えたらそのまま国道沿いの歩道がまっすぐ伸びていき、右前に食堂がある信号の
角で右折するのが地図上での最短コースだったが、竜児が見つけた秘密のコースではそこを曲
がらず、国道沿いをもう少し先で右折するつもりだった。

 実は竜児の算段は早くも崩れている。
 みんな集団で走るだろうという前提疑いもせず、だからこそスタミナ配分が重要と思いこん
でいた。信号待ちで分断される縦に長い展開になっては目標がない。前がバテるはずでそれを
華麗に差すと自らに言い聞かせてみても、届かなかったらという不安感は想像してたより遥か
に強力だった。

 橋を過ぎて早くも上り勾配が感じられる歩道をひた走る。商店もあってこの辺ではメインの
通りのようだけど、歩いている住人は驚くほど少なく、ぶつかったりやり過ごすのに手間取る
心配は少なかった。ただ路地での出会いがしらには注意しておく。

「目標が見えないと不安だろ、高須くん」

 顔を合わさず、ともに前だけよく見て言葉を交わす。

「おう、櫛枝は?」
「あたしにはだいたい見えてるよ、もちろん誤差はあるけどね」
「すげえな。いろいろシミュレーションすんのか?」
「そんなの競技中にできない。相手と自分のメンタルを測るのさ」

 北村とともに、知らず知らずに実乃梨に引っ張られたペースが徐々に上がっていることには
まったく気付けなかった。こんな状態でひとりだけ別のコースを選んで勝てるだろうか?いや、
完走できるのだろうか?とそればかりを考えていた。

 早く決断しないと曲がり角に着いてしまう……着いた。
 竜児は実乃梨の背中を見て、その後ろに続いて右に曲がった。自分に合った歩幅で、スピー
ドを合わせて距離を保ち、それをピッチだけで調整してみる。彼女が今は自分の知らない力を
持っていると信じ、作ったペースに乗せてもらおうと瞬時に決めた。
 これでバテるとしたら、自分が櫛枝より走力で劣るのが現実というだけのことだ。

479 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/04(火) 17:52:21.09 ID:kCcXK5gZ0

「ほっほっほっほっほっほっ……高須、フォームが安定していい感じだ」
「おう、そうなのか?自分では分からねえが、この方が少し楽だ」
「このペースなら差を詰めているはずだが……前が視界に入らんと不安になるな」
「そうだな。追いつくと……信じて……悪りぃ、喋ってると早くバテそうだ」
「そう……そうだな。ムダ話はしてられん」

 すぐに行く手に小川が見えて、架かっている橋を渡り始めると実乃梨がちらっと後ろを振り
返って教えてくれた。

「いたぜ……大河とあーみん」

 指差す方向に、川の向こう岸で左へ向かってダラダラ登っていく道をすっかり歩くようなペ
ースに落としている亜美が見えた。上下動が目立つ割には前へ進むのは稼げていないようで、
対して、その数十メートル先を大河が走っていた。
 竜児は思ったよりついている差が大きいと思い、歩道のない細い道を後ろを振り向き振り向
き車に気をつけて、そうして思い切り腕を振って駈け上がっていく大河の姿を小さく認めた。

「ペースもうひとつ上げるぜえ。まず矯めてるあーみん食らうぜー♪」
「おう……矯めてんのかありゃ」
「おう。あれで走り込み結構してるからな。バテてる振りだろう」

 追い上げていくと、亜美が気づいて振り返るのが見えた。なるほどバテてまではいないよう
で、オーバーペースに気づいて落としたのだろう。引きつけてから再びピッチを上げ始めたが、
少しずつその背が近くなるのがわかる。勾配が響いて歩幅が取れていないのは、こちらも変わ
らなくて、いっきに抜き去るなんて芸当は難しい。

 机上の計画とは大違いで、こんな細い道なのに交通量がそれなりに多いなんて想像もしてい
なかった。後ろを注意しながら、車が近づけば端のガードレールにぴったりと、亜美を先頭に
縦一列で進むしかなかった。
 車が途切れない限り並んで追い抜くのは危険だしドライバーにも迷惑だ。
 が?
 その間隙を縫って、実乃梨がアタックを仕掛けた。よおあーみん、お先に行くぜ?車に気を
つけなだぜ。言い置くとグイッと集団の先頭に飛び出た。た〜い〜が〜ぁと雄たけびを……そ
んなには大きくない声で上げて、猛然とピッチアップ。みるみる引き離して行く。

 竜児にはその後ろ姿を見送った記憶があった。
 頭に血が上っていて、いろいろ考え抜いたと思っていたことのほとんどが脱げ落ちて、丸裸
に近くなっていた心の側を追い抜いて行った背中に本当に突風を感じた。
 その瞬間の高揚した気分に。学校のトラック1/3周ぶんの間だけ味わった興奮するあの感
覚にまた出逢った。

 後続を振り返り、告げる。

「はっっ、はっっ、俺も……行くっっ!」
「おうっ……行けっ」
「川嶋っ……右からっ……抜くぞっ……はっっはっっ」

 亜美は息を継ぐのに忙しく答えられないようで、その代わりにジリッとペースを上げて抵抗
の意志をはっきりと示した。これを追い抜くのは手ごわいぞ、夜叉の顔になった竜児は耳まで
裂けた口の端から長い舌をベロンと出して唇を舐め……るような雰囲気だけを漂わせてアタッ
クチャンスを探る。

 もし通行人がいて彼らの姿を見たなら、美少女を襲う変質者に見えたことは間違いない。

480 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/04(火) 17:53:53.52 ID:kCcXK5gZ0


 その頃。
 孤高の虎はさらに上の信号にたどり着いていた。

 ――かがさわばし、合ってる

 横断歩道がある橋の中央まで進み、信号が変わってそこを渡る。すぐ右の坂を登って、左へ
別れる道へは行かないっと。渡ってみると勾配は更にきつくなっていて、通る車は偶々途切れ
ていた。

「ウォッシャァァァァァアッ!」

 気合い一発、裾をつかんでいた手を離す。
 たぶん、理屈からいったらメチャクチャなフォームなのだろうけど、そんなことは逢坂大河
に関係がない。速ければ、結果が出せればそれで良かった。

 しばらく忘れていた。立ちはだかるものを全力で蹴散らす感覚。かつて諦めや、悔しさ悲し
みと共にあったそれは、何故だろう?今はただ快いばかり。この身が砕けようとも一切の迷い
なし、世はなべて空。空不異色、空即是色。そう、解き放たれたこの脚はもう止まらない。止
めなくてもいい。立ちはだかっているのはただの坂だから。全力で蹴散らそうと、誰も、自分
をも傷つけることはないのだから。遠慮は要らない。結果が待っているだけ。星屑のようさ今
のふたり。

 ――やぁーっっってやるわよっ!!

 まるで平坦な道ででもあるかのように、ぐぐっと上体を沈めて脚を回転させ始めれば、いま
までと比べようもないスピードに乗って駈け上がる。しぇっしぇっ言っていた息継ぎが短く縮
まり周波数を上げて高い音に、舌うちのごとくチッチッチッチッと聞こえてくる。
 100m、200m、順調に区間最高を出しながら、道が分かれれば右へ。右へ。暗記した
地図どおりに距離を稼ぐ。うっわーーっ苦しいぃっ、ひぎぃぃっ、きンもちいいーー!

 でも後ろから車が近付いてくる音がすれば……おっとととと。
 裾を絞り道の端にぴったり張り付いてやり過ごして、また歩きだす。

(まあね)

(事故に遭ったりしたらみんなに迷惑かかるもん)

 しかし一度歩いてしまうとふたたび走り出すのはなかなかに覚悟がいるもので、ついついダ
ラダラ歩いてしまって……いけないいけない、追いつかれちゃう。肉が。まつざかさん。すき。
すてき。

 聡い大河と言えど、疲れれば判断を誤っても仕方なかろう。既に自身の勝敗に松坂牛は関係
していないことも思い浮かばない。で、

「ウォッシャァァァァァアッ!」

 繰り返し、雄たけびを。そして、ああ〜。道を。

 ―――――――間違える。

481 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/04(火) 17:54:53.26 ID:kCcXK5gZ0


 再び、時間とカメラを後続集団に戻してみよう。

 亜美がピッチを上げたことで男子組も引っ張られ、実乃梨との差は詰まっていた。大河が2
分くらい先行して駆け抜けた加賀沢橋交差点で信号に引っかかり、ここでまたもリスタートと
なるが、休息で回復するスタミナは、もはや各人で大きく差がついているようだった。

 普段、家事通学はこなしていてもスポーツやトレーニングを一切やっていない竜児は、自分
の状態が一番下だと思っていた。だから、北村祐作の盛り上がった肩と背筋がいつまでも大き
く上下に動いているのに違和感を覚える。
 実乃梨の回復が早いのも、大河のペースに乱された亜美がダメージを負ってるっぽいのも想
定どおりと言うのに。

 信号が変わって、ダッシュ!
 目の前で亜美の脚がもつれてグラっとバランスを崩すのを、竜児はとっさに肩をつかんで支
えた。ゴーグルの中の目と視線が合うと一瞬だけ感謝をあらわしてサッと振り払われる。声を
出す余裕はもう無く、大丈夫という意志表示に竜児は頷き、そのまま追い抜いて先頭の実乃梨
と続く北村を追った。

 ここからが勾配がいちばんきつい“心臓破りの坂”だ。

 次の、最後の信号まで約570mあって、また地図で見る限り河岸段丘の斜面を登る道とト
ラバースする道が交わり、それらを斜めに緩い勾配でつなぐ道が複雑に入り組んでいる、まさ
に勝負どころと言えた。

 ――坂は大丈夫、だが道を間違えてねえだろうか?

 大河の心配をしていられる状態ではないと分かってはいても、姿が見えないとどうしても不
安に思う。自分の力の足りなさに歯がゆく、見通せる範囲をもっと、今すぐにもっと広げたい
と願ってしまう。竜児は、重くなっていく腿を上げる一歩一歩がそのためにあると思う。

 北村を抜いた。というより後先を入れ替えてくれたようだった。視界に先頭の背中が飛び込
んできた。

 そして突然、まったく脈絡もなく突然に、前を行く実乃梨を追えばそんな力が手に入ると思
えた。あの背中に追いつき、追い越したいと思った記憶に残る感覚と、それに伴っていた清々
しくも熱い高揚感がなんなのか、突然にぜんぶ分かってしまった。
 それは恋しさにも、思慕にも、友情にも、憧れにも、ぜんぶつながっていた。なにかを選ん
で、みんなそれぞれ分かたれた道を進んで行く。それが分かってからずいぶん時が経って、頭
で理解していたことが、ようやく身体にも届いたようだっだ。

 Y字の分かれ道を右へ。またY字を右へ、正しいルートを選んで登る。は……ははっ……口
も利けないのに知れず笑い声が漏れる。閃くっていうのはこういうことか、数学の解法を閃く
のとはずいぶん違う気持ち良さだぞ、大河。じぶんのことが分かっていくのは、面白えな?

 顔を上げて櫛枝実乃梨の背中を見つめた。
 ようし、ぎりっと奥歯を強く噛みしめて思った。追いついてやる。後ろから車が来ないかち
らっと見やると、驚いた事にすぐ後ろにぴったり亜美が喰らいついていた。突然立てた笑い声
に少し驚いているようで、その後ろに、何かあったらいつでも手を貸せるような距離に明らか
にバテぎみの北村が表情を歪めて続いていた。

 ――みんな、同じだ

 行こう。
 竜児は蹴り足に交互に力を込めて追い出した。

482 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/04(火) 17:57:26.21 ID:kCcXK5gZ0


 再び。こちらは道を間違えてしまった大河。

 左へ曲がれば駅へと至る最後の辻を直進して、ついに本格的に行き過ぎてしまって、やけに
細い住宅街の中の道を、平坦になったのをいいことに猛スピードで駆け抜けるうち……緩やか
な登りを右へカーブして線路わきに出てしまう。

 む?
 現れた線路を見て立ち止まり、目を丸く見開いてオーケストラの指揮者のような手つきをし
てみた。踊っているわけではなく驚いているのだ。

(……飯田線……よね?たしか線路は越えないはず。竜児と読みあわせたんだから)

(でも駅は見当たらない、右か、左か、どっちかの方向に駅があるはず、確率1/2か)

 肩で息をしながらもう少し先へと歩いて、線路の上を横切る陸橋のたもとに出たタイミング
で、遠く踏切の警報音が聞こえてきた。橋の上から音のする方を見れば、2〜300mほど離
れたところに駅が見えた。
 よしあっち!慌てて今来た道をダッシュで引き返し、もう線路の方向は分かっているから、
最初の路地をそちらへと曲がった。

 息も戻って再び走れる。瞬速で線路沿いの道に出てそのまま駅の方向に走れば1分以内に着
ける。しかしそれは2回左へ曲がって陸橋のたもとへと伸びる元の道路に帰ってきてしまう、
カタカナのコの字でくっ付いてる生活道路だったのだ。

 ――何で、何で何で何でなんで線路沿いの道が駅前まで延びていないのよっっ

 常識でしょっっ!と都市生活者経験しか持たない大河の眉尻がキリキリ釣り上がって目が逆
三角になる。怒っているわけでは、あ、いや。間違いなく怒っていた。しかも相当に。

 八つ当たりの相手もいない。昼下がりの住宅街は人っ子一人いなかったし、仮にいたとして
当たるわけにもいくまい。せめて頭でも掻き毟ろうと手を伸ばして、あ、ここで解れたらこの
あと走るのに邪魔になるし危ない、うっがぁーーっ!なんでこんなに伸ばしてんだ私、と、こ
の辺もキレる直前に踏みとどまる、あとできることは地団太を踏むくらい。よしそれ!

 (あれ、そういえばどう踏むんだろう?地蹈鞴の音変化だから、たたらを踏めばいいのよね)

 こうだっけ、それともこう?こんなので悔しさが消えるわけ……あ、なくなってる?
 きっちり30秒ほどロスしただろう。踏切が鳴りだして結構経っていたからもう寸秒もムダ
にはできない。その時になって、さっき駅の方向を発見した陸橋の向こう側には線路沿いの道
が延びていた映像記憶がよみがえる。これよ!

 またダッシュで、陸橋を全速で駈け渡りながら中央で止まる。
 向こう側の線路沿いの道は記憶通り確かに駅方向に延びていたが……惜しくも駅の手前で途
切れているように見える。どうしよう?行けるとこまで走って後は?
 柵を乗り越えて線路を走ればホームに数秒で。とも考えが一瞬浮かんだがそれはできない。
してはいけないと考えてる自分にもちょっと驚いていると、遠く、向かってくる電車の頭が見
えた。もう猶予はない。

 元の道を逆走して、曲がれるところを総当たりで右へ曲がってみるしかない。さっき地団太
を踏んだ時に気づけ、ばかっ。小賢しく近道をさぐろうなんて碌なことにならないのよっ!
 走りながら右側の路地に注意を払う。一つ目と二つ目はさっきハマった罠だった。そこから
50mほどで住宅街から少し広い道まで戻って、これだった!と閃いた。

483 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/04(火) 17:58:41.22 ID:kCcXK5gZ0

 なんで最初に通った時に閃かなかったのか。勘働きには自信あったのに。名前や喧嘩っ早い
のでタイガーと呼ばれたのには忸怩たる思いがしても、野性の勘をもって呼ばれたならそれな
りに少し誇らしいのに。
 ああ〜っ、竜児に餌付けされて可愛がられてぷくぷく鈍っちゃったぁ〜?幸福は人を墜落さ
せる、正しくは堕落だけどと詮無いことも考えて、焦る気持ちとともに右へ曲がってひたすら
走れば、ふぁんふぁんいってる踏切に近づいているのが音でわかる。

 区間最速自己記録を更新して100m近くを一気に走った。

 苦しさのなかでも少し冷静になって目的を思い出してみれば優勝してまつざかさん、は関係
なかった。
 自分が引き受けた課題は再乗車してふたりの荷物をきちんと保全することにあって、あのウ
ザすぎるほど偏執的にきちんとした竜児が、自分は遅れても私ひとり間に合えば、電車に荷物
を置き忘れたことにならないと妥協した、つまり信頼して託されたのだ。気づくのいちいち遅
いっ!
 だが応えずにいられようか。ギリギリギリギリギリギリギリギリ奥歯を噛んで。

 走り切った。いかにも地方の駅前っぽい広小路に出れば目の前には踏切があり、ぶわぁっと
止めていた呼吸を再開し、大きく吸って、吐いて、また吸って、少し左の方に離れた目指す駅
を見つけた。Coming home to INAKAMISATO.

 そして。

 目の前の踏切を電車が走り去っていくのを見た。電車の中から自分を見つけた亜美と実乃梨
が窓越しに慌てて何か言っている姿を、大河はまん丸に瞳を見開いて、クチを△の形にして、
ただ、為すすべもなく見送った。


 …………ふぅぅーーぅぅぅぅーーーっ。

 長くため息をもらして、ポニテは重いだろうとみのりんが二つに分けて結ってくれ、三つに
折り返してヘアゴムできっちりと縛ってくれた卑弥呼さまヘアーをはらっと解いて、汗止めに
必勝ハチマキよろしく額に巻いたバンダナも解いて、空を見上げてみる。

 (はあぁぁ〜〜ぃきゃんっギッヴュっ…………え〜ぇにぃ……しぃぃ〜んっ……♪)

 力の抜けた唇で小さく口ずさむフレーズ。薄曇りの雲が切れて、どこまでも澄んで青い空が
広がり始めていて、いつの間にか処暑の日射しに照りつけられていて。
 ふと気がつく煩いばかりの蝉の声。つっと汗が流れおちて眉を越え、睫毛にとどまり、キラ
キラとした宝石のような光がその瞳には見え。その耳には大河のいまの気持ちのすべてが込め
られたスタイリスティックスの『愛がすべて(原題:Can't give you anything,but my love )』が
どこからか聴こえてきて。

 吹き抜ける微風にほわほわウェーブの髪を遊ばれては快い涼しさを感じ、空を見上げたまま
去りゆく夏を想わせる切ないトランペットのイントロを聴き、そうして畳んだバンダナでデコ
を拭う。

 (泣いてなんか、ぃいないんだからっ!ひぐっ!)

 そうして肩を落とし、ぐしぐし鼻を鳴らしながらゆっくりと歩き出した。

 (ギャッツビーィ……)


――つづくっ!

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 20:07:23.35 ID:YbPI94I10
う〜ん、なんだかキャラが・・・

…まぁ、落ちが気にはなるから頑張ってくれい

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 20:46:09.51 ID:2Y2LIpK40
乙!
元ネタが全然わからんけど面白いw

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 23:18:05.52 ID:qOJkTUYR0
ギャッツビーww

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 23:59:14.42 ID:Wno9ac6CO
お、続き来てる
二人ともダッシュに切ない理由はもう要らないんだねえ
ただ若さゆえに走る、かー、ええのー
どうでもいいがなんであの曲なんwもっと切ない曲じゃなくていいんだ?

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 00:36:36.54 ID:tiIwTLEi0
墜落と堕落って似てるよね。Google Map見ながら読んだから楽しかった。
作者はダッシュ経験者?

次回プラットホームに鬼般若が立っていて、涙目の大河から事情聴取した後、
「馬鹿、お前その跨線橋渡って左に渡ったら駅まですぐだったじゃねぇか」
と、優しく笑うと見た。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 01:51:18.02 ID:tiIwTLEi0
どうやら、BD BOXの新作は「俺の弁当を見てくれ」らしいね。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 09:12:46.55 ID:3IKP582y0
それっぽいねぇ

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 18:24:17.17 ID:MpzH83W20
ポニテ大河が弁当作るってね

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 20:23:18.78 ID:kS9AAQKsO
保管庫って今見れる?
携帯からだと見れない

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 20:38:11.02 ID:1854q4q40
>>492
PCだと問題無いよ

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 20:44:15.43 ID:kS9AAQKsO
>>493
ありがとう
SSって携帯の方が読みやすいんだけど、PCで読むか

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 21:54:20.94 ID:itLbEqpIO
>>494
ファイルシーク
ttp://fileseek.net/
か、モバジラ
ttp://mobazilla.jp/index.php
使ってみたら?
ただ両方とも携帯コミックの広告がクソウザイから、携帯のブラウザ設定で添付/画像データ表示をOFFにすると良いよ

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 22:04:37.82 ID:kS9AAQKsO
>>495
見れた!
どうもありがとう

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 03:01:50.76 ID:yVIW/uqR0
弁当は竜児面白いし、大河かわいいし、仲良し竜虎にニヤニヤできる話だから
うまく映像化してほしいな
萎える改変とかありませんように

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 07:56:41.46 ID:99Zlb/vE0
BDの新作アニメは「弁当アニメ」だが、大河の料理シーンがあるって
情報もあるな。だとしたら、『俺の弁当を見てくれ』じゃないのかな。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 09:00:00.50 ID:6kYyZxay0
『俺の弁当を見てくれ』の最初の方に、ぜひ相性のいい『ちょろぎ』を仕込んでもらえると嬉しい。
あとエピローグっぽく『雨宿り』で締めてくれたらなんか俺成仏できそうな気がするw

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 16:35:59.37 ID:a8fNFIqzO
あぁ、それは俺も成仏出来るわw

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 20:41:31.08 ID:/BXtQVn50
今夜24時からキッズステーションで放映開始ですね
実況スレとか立つのかな

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 20:48:56.30 ID:beAKnRrd0
BDBOXまではとらドラ断ち

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 21:04:00.65 ID:MM7PGH5J0
弁当話し嫌いではないが、そのままだと他のキャラ絡まないから個人的にはいまいちだなー

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 21:17:47.94 ID:0CrpeiAu0
ぶっちゃけ竜児と大河だけでもいい

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 23:06:12.99 ID:99Zlb/vE0
確かに見えない敵と戦う竜児主体だからな。弁当話はストレートにアニメ化すると
さみしいかも。その点、いい感じののりでサブキャラまで登場シーンがあった
「虎肥ゆる秋」はバランスがいいな。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 23:28:52.32 ID:beAKnRrd0
虎肥ゆるは設定上大河の見た目が全編ヤバいという欠点がある
カフェデートとか大河のボディチェックする竜児とか一緒にランニングとか髪の毛結ったりとか良いシーンはいっぱいあるんだけど

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 23:40:14.34 ID:TA11DQ7l0
ムチプヨの大河見てみたいわー

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 00:11:10.96 ID:tjhSuKQ20
ほぼ全編やばいからこそ、シェイプアップなった大河のボディーがカタルシスなんじゃないか?

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 00:31:30.90 ID:5FrsCspp0
でも男全員殴るオチは無しで

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 00:58:09.57 ID:ok7GvtaV0
不幸のバッドエンド大全も楽屋のトコだけ見てみたい…

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 20:41:27.40 ID:vpKD86cT0
>>505
おちけつ。ビジュアル的にはサブキャラの多くが紙袋覆面男だぞw
あれ読んだ時に『面堂家仮面ぶとう会』を真っ先に思い出した。

「き、キサマ!春田だろっ?」
「人違いだ!高っちゃぁーんっ」

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 23:14:28.38 ID:93xHqiS60
ドラマCDSP1は11月なのか。みんな買う?
正直、詳細見てサブヒロインプッシュに萎えたんだが
何故メインヒロインとサブヒロインの扱いが同格なのか…

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 23:21:24.93 ID:5FrsCspp0
大河出るなら買う
1月の大河編への期待を高めるためにも

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 23:57:22.11 ID:kqA/d3Wl0
いまさら言ってもしょうがないけど、主人公×ヒロインで一作、サブヒロインズで一作、
あとはスピンオフからアニメ版のフォローになるものでも拾ってくればよかったのに
能登×木原だと俺得

3は買う。1と2は様子見だな

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/08(土) 00:16:01.14 ID:my3sRk2/0
>>511
とらドラ!で軽く声優に目覚めた俺には、むしろご褒美だわ(w

>>514
「ラーメン食いたい透明人間」やってほしいよなぁ。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/08(土) 02:58:20.91 ID:9UK/8Gx50
自分の好きなキャラだけ買えばええやろが

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/08(土) 03:44:28.09 ID:pEoFWSXW0
そりゃそうだが、公式の扱いに対しての不満でしょ
竜虎スレなんだし愚痴るぐらい構わんだろ

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/08(土) 09:54:51.52 ID:sLsfzARTO
竜虎スレだけに、竜虎の絡みが少ないっつー愚痴なら許容範囲。
いやむしろ、それがここの正義!

519 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:39:08.55 ID:sXaj5ben0
>>484
キャラ押さえたつもりではいますが行き届かなかったらすみません。

>>487
ネタ帳に「大河がギャツビーのCMにハマる」とありまして、
そういうシチュをどっかでツボったからメモっておいたのだと思いますが詳細は不明です。

>>488
ダッシュ経験なしですw見てきたように嘘を(ry


OVA情報が来て止まっていましたが、>>483の続きを6―ダッシュ後編―と7―女湯編―まとめて投稿します。
↓13レスほど。途中でID変わりますがお気になさらず。

520 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:40:33.07 ID:sXaj5ben0

 6

 ちょうど大河が陸橋のうえで行こか戻ろか迫られていた数分前に戻ってみる。

「ひゃぁはっ、ひゃぁはっ、ふぁぁ、はーっ、はーっ、あーーーっ!負けたー!」

 鳴り始めた踏切の警報音に急かされるような足取りで、10秒くらい遅れをとった竜児が駅
の出入口に到着した。先着し、よろよろぺたんとホームへとつながる階段に座り込んだ亜美は
片手を上げて「勝っちーーぃ♪」相好を崩している。実乃梨の姿は見えないが、その辺で休ん
でいるのだろう。
 いろいろ手があると言っていたけど、卑怯な策を弄するはずはなくて、スタートだって盛り
上げるための三味線だろうと思っていたから、竜児は亜美に対するマークを途中から外してし
まっていた。

「バテたように見えたが……川嶋は体力あるんだな……」
「言わなかったっけ?トレーニングしてるって」

 そうさせておいて、いわゆる“死んだふり”から襲いかかられた。
 まごうことなき正攻法で、通る車がぱたっとなくなった最後の信号を過ぎてからの住宅街に
おいて、見た目はヘロヘロだが当人たちには真剣なバトルをそこそこの間くり広げてきたとこ
ろだ。
 結局は、実乃梨との競り合いに負けた直後で一時的に余力を失っていた竜児の方が顎を上げ
たというわけで、亜美は正々堂々陥れると言った両方とも実行したことになる。 

 近づいて手すりに手を掛けても竜児が必死に腰を落とさないでいたのは、せめてもの男の意
地かも知れない。

「あー、はーぁ汗だく!やっぱやるんじゃなかったぁ♪」

 ほれ、ウェットティッシュ……ありがと、でもひとそろい持ってるから。ゴーグルを外して
背のウエストポーチを脇に回し開ければそこにはちゃーんとメイクグッズ一式。これから電車
に乗って人前に顔を晒すまで亜美のタイムトライアルはまだ残っているようで、竜児は邪魔に
ならないようその場を離れて、水分補給でもしているであろう大河と実乃梨を探す。

 と、その時。走ってくる実乃梨の姿を認める。なぜそんな方から?と考える間もなく。

「高須くんっ、大河がいないよ!携帯も出ないっ」
「なにぃっっ!?」

 駅西側の住宅街からから駈けてくる実乃梨の切迫した声に、即座に竜児の脳は高回転を始め
た。1分以上前にゴールしたはずの彼女はほとんど休む間もなく小さな駅の周りを走って大河
を探してくれたのだろう。

「あたしの2分ぐらい先に着いてるはずだし、飲み物の自販機ならここにある!」
「じゃあ道を間違えたんだ!考えてる暇はそんなにねえかっ」

 メイク直しを済ますと同時に聞きつけた亜美がポーチを仕舞いこみながら立って、小走りに
駈け寄りながら「間違えるとしたら最後のЧ字!……あとその前の坂の連続Y字の順!」と思
いつくままにサポート。

「あ、北村くんまだなんだ?どうしよう?」
「そういえば祐作忘れてたわ。バテバテだったからたぶん歩いてるね」
「もうすぐ電車来ちまうな……誰もいなかったら大河たどり着いても……」

521 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:41:21.29 ID:sXaj5ben0

 迷子探しにコース逆走するか?ここで次の電車を待つか?
 竜児はいっしょに地図を読みあわせた記憶をたどって大河の行動を考え始める。あいつはど
こで確認しあったルートや目印を真っ逆さまに勘違いするだろう?自分だけ別コースを検討す
るのに気を取られてそこんとこよく見てなかったかもしれない。いずれにしても残って捜索す
る選択しか自分にはあり得ない。

 だがそれを告げれば実乃梨は残り亜美は荷物番と言うだろう。納得させねえと……。竜児は
穿いていたハーフパンツのやけに幾つも付いたポケットを叩きながら。

「北村は何分遅れてくるか分からねえ、みんなの荷物は二人いねえと下ろすのがきつい」

 心配そうな女子ふたりの目を交互に見ながら、できるだけ暢気に聞こえるようにゆっくりと
告げた。「それに、ほら?」

「『重いのやだ』って言うんであいつの携帯を俺、預かっちまってた。返さねえと」

 悪りぃけど先に行っててくれるか?小一時間遅れるけど3人で追いつくから。亜美と実乃梨
はたっぷり20秒、探るように顔を見合わせてから言った。わかった、と。


 下山村駅で降りた同じ電車が止まり、ふたりを乗せて走り出すのを見送ってから、竜児は正
しいコースを向かってくるであろう北村とまず合流する事にして走ってきたコースを逆にたど
った。幸いにすぐ向こうからゆっくり走ってくる親友に会えて、事情を話した。
 伊那上郷の駅出入口までともに戻って、行き違いに備えて駅に北村を残し、それから亜美の
言うとおりにまず駅前から東方向に向かって付近をしらみつぶしに探そうと走り出した竜児は、
すぐに踏切の方からよたよた歩いてくる少女に気がつく。

 (大河じゃねえかっ……?ああ、良かったぁ)

 最後の高松交差点から後の駅東側をまず探し、続いてY字の別れ道が連続していた坂の途中
まで下って西の飯田市街と、見つかるまで捜索するつもりだった。迷い子くらいなんだ、屁で
もねえ。本当の心配は事故だったから、走り出してすぐに逢えたのは嬉しかった。

「大河ーーッ」

 ワンピ姿の美少女が垂れていたこうべを上げるなりくしゃっと表情を歪め、駈け寄って、駅
前で臆面もなく抱き合った。
 というのはふたりの心情的描写に過ぎないのであって、それはフリルひらひらな少女がダッ
シュして長身男にタックルをぶちかまし、その衝撃をくらってともに転倒するのを避けるため
に男が少女の脇下をホールド、受け流してくるーり1回転というルチャ・リブレのような客観
的光景であったことは特筆しておかねばならない。

「ウ…………、ウウ……ウぅーじぃぃぃぃ〜」

「ああ心配したぁ。怪我ねえな?服もカギ裂き作ってねえし……」
「う〜〜ううううう」
「どうした?失語症か?走り過ぎて息苦しくねえ?あーあー汗でぐしょぐしょじゃねえか」
「うーー」
「よし喋らんでいい。次の電車までけっこうあるしゆっくり休憩できるぞ?」
「ウウ〜〜」

 よーしよし。よーしよしよし。なんだ泣いてたのか?と思いながらポケットのひとつから抜
き出したハンドタオルで汗と涙を一緒に拭ってやり乱れた髪を整えてやるのだが……拭っても
拭っても濡れた頬が乾かない。

(あ、寂しいとか悲しくてじゃねえや。……ひょっとして情けなく思ってる?)

522 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:42:21.26 ID:sXaj5ben0

 大河の泣き顔にもその時々によって微妙な表情がある。スタートの時にはまつざかさんハイ
で勘違いしていたようだけど、どこでどう回路を接続し直したか、荷物番を託されたと思い込
み過ぎたのだろうと、竜児はおおかた正しく把握した。
 竜児にしてみれば、5人そろって乗り遅れた場合だけが最悪なのであって、まず安全圏の大
河には単に励ますつもりでそう言った比重の方が大きかったのだが、思ったよりも真面目に受
け取ったらしい。浮かれアホモードだからといって油断ならねえと反省しきりだが、今となっ
ては後の祭りだ。

 こうなると慰めたところで機嫌は直らねえ。かといって責めても同じだ。俺の方から謝ると
ますます惨めな気分に堕ちていくだろうし。さてどうしてやったらいいのか。

「まあ深刻なことがなくて良かったな。荷物は櫛枝と川嶋が見てくれるし」
「ウ……ウウウ……」

 まずは変に気を使われてると思わせないよう、軽く傷口を突っついて様子を見る。

「こっちは櫛枝が大差で1位、川嶋が2位だった。俺は少しの差で遅れちまったぜ」
「ウウウウウ〜」
「まつざかさん、ごめんな。帰ったらそこそこの特売肉でスキヤキやろうぜ?」

 オージー穀物肥育牛のステーキでもいいけどな。「うしくさいー」とか文句あるかもしんね
えけど今度は香味ソースを工夫してやるからな?
「ウッウううう〜」

 (『俺の方にも落度があったからお互い様だなてへ♪』じゃだめか)

 まさか特売肉が気に障ったわけでもあるまい。

 竜児と交わした約束を果たせなくて情けない、というのは、竜児も守れなかったから、では
埋まるものでなく、もっと深刻な自己嫌悪を?といささか怖い考えもちらっとよぎる。
 ……いやいやそこまでには見えない。だいたいうーうーでもクチ利いてるし、長くても半日、
次のメシどきを過ぎれば解消する程度なのだろう位はまあ、わかる。でもせっかくの旅行なの
だから、楽しめない時間はできるだけ短く済ませてやりたい。

 (仕方ねえ。ちょいといい具合に怒らせるか。)

「いやあ、それにしても櫛枝はすげえな。追い抜かれるときに『福男』思い出しちまったよ」
「ウ?」
「実はこっちが後ろに付けててさ、一度アタックかけて並んだらバーンと引き離されて」
「うう……それで?」
「お、やっと人語を解し始めたな?それでさ」

 福男レースしたときの、なんかパァァーーッと爽快な充実した気分になれたの思い出してよ?
けっこう胸熱に……。

「ちょっとあんたあっ!!」
「おうっ!?どうした急に?……え、怒ってんのか?何に?」

「いまっ、い、いまさらやっぱりみのりんガー、とか言いだすつもりじゃないでしょうねっ!?」

 掛かった。竜児は「はあ?」と不審顔を作りながら内心でニヤァ〜。あとは巧く引き揚げれ
ばいい。気分はすっかり大間の一本釣り漁師。

523 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:43:11.43 ID:sXaj5ben0

「そんな話じゃねえよ。抜き去られたときの、すげえっていう気分思い出したってことだよ」
「はんっ!」

 どん、と平手で竜児の胸を突き、寄り添っていた身体を引き離す大河。作用反作用の法則で
質量の小さい方がとととっと押しやられてもふんぬっと踏みとどまって、大河的にはイニシア
チブを握っているつもり。

「あんたのその気分がどこまでつながるのか、良ぉく知ってるもんっ」
「そんなことねえよ……やきもちタイガーかよ……(ぼそっ)」
「ばっっ!?何言ってっあんタッ、みのりんにそんなこと思うわけないじゃんっ、今になってっ!」
「そうだろ?櫛枝はすごいやつで、素敵なやつだなって思っただけだよ」

 ふんっっっ!大河は勢いよくそっぽを向きながら思いっきり鼻を鳴らして、その拍子に思い
っきりすっ飛ばした洟水をすぐ手でぬぐって「あ〜〜あ〜」甚だみっともない。すかさず竜児
が光る帯を付けた手の甲をきれいに拭いてやって(ええと……お嬢様?)とか考える。

「なあ?」
「なによっ?」

 すっかり黙りこくって不機嫌モードに切り替わった大河から、今度は不安だけを取り除こう。

 その辺の展開、別に隠すことじゃねえし聞きたくねえ?……ってか、聞いてくれよそんなに
長い話じゃねえし感動したんだからと巧いこと前置いて、紙芝居屋の前できなこあめを舐めな
がら待ってる子どものような目にさせると、竜児は詳しく回想をし始めた。


 実乃梨の背中がだんだん大きくなる。胸は早鐘のように高鳴っていた。

「ほうーらドキドキしたんじゃないよ?」
「坂登ってりゃ心拍数も上がるだろっ!ただの動悸!」

 背後の二人も苦しい中でついて来ている気配。実乃梨の右側に出て、一気に抜き去ろうと考
えても、なかなかこれ以上はペースを上げられない。自分の胸郭が一回り大きくなったように
も錯覚してきて、空気を吸い込んでも吸い込んでも吐き出せていないようだ。
 吐く方に集中しろ、吸うのは身体が勝手にやってくれるから。中学時代の部活でそんな風に
教わったのを思い出してそうする。

 振り返らなくてもぴったり付かれているのは実乃梨も承知しているだろう。しばらく矯めて
から後ろを確認して、一台の車が行き過ぎるのとほぼ同時にアタックをかけた。
 突風のように――とまでは行かなかったけど、それなりにじりっと追い抜けるぐらいのスプ
リントに入り、並んだ。と、実乃梨がこっちを見て、にぃ〜〜。笑う。うわ、まだいい笑顔し
てんじゃねえかーやっぱ余裕あるかーと思った。

「ひっひっふー、ひっひっふー、よお高須くん。よくぞ来た我が精鋭たちよっ、ふー」

 なんでラマーズ法なんだよと返す台詞も出せやしない。

「勝負じゃないよ?……これはあくまでも……遊びね。……ひっふーぅ」
「…………」
「そんでねっ……ひっひっひ……」

 あれ?苦しそうな……。く…る…し…いの…か?とかろうじて訊く。

「苦しいさ、苦しい……とも……」

524 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:43:52.37 ID:sXaj5ben0

 浮かべていた笑顔がくにゃっと歪んで、口を開けるのも辛そうだ。なら喋らずに走りに専念
すればいいだろうが。並走が長くなり後方が気になって、バランスを崩しながら一回振り返っ
て車と亜美と北村を確認し、その間の遅れをまた取り戻そうともがく。

「だがね高須くん、これが意地だっ。はっ。毎日カラダを苛めぬいてきたあたしが……」

 どんだけの高みに来たかっていう……見せてやる……真剣な遊び。主婦には尻も拝めねえっ
てことをな?………………見せつけて……やるよっ……。
 はっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ……長台詞を途切れ途切れに喋って酸欠ぎみか、
本来は禁じ手のはずの速い息継ぎをしている。そうして、もう一度顔を上げてさっきのいい笑
顔に戻す。

「こんなサービス、めったに……しないんだから」

 い、いくらなんでもパクリすぎだろー?とはもちろん突っ込めず、もう遅れないでいるのが
竜児には精一杯で、道の左奥に目印となる円筒形の建物を視界の隅でとらえて、もうすぐ最後
の信号とどこかで思ってると、それはいきなりの、目撃。

 ギュンっ。という効果音がまるで響いたような印象で、実乃梨の眉尻が跳ね上がってキツい
目つきに変わる。あたかも“火が付いた”というような形容がぴったりで、前を向き、上体を
沈めるとダッシュしだした!引きつける膝が高く、振りぬく腕は力強く、あんなに苦しげな表
情をしていたのにまだこれだけ動くんだと見せつける。

 負けるか!とばかり。竜児も歯を食いしばってスパート、僅かにペースを上げた。が、追い
つけるスピードまでは出ない。繰り返し、再三、気合いを入れてみるも、どうしても腿が上が
らなくなっていき。

 つまり、ここに勝敗は厳として決した。

 傾斜のもっともきつい場所だからだろう。最初はゆっくり、やがて加速して引き離されてい
きながらうなじを、肩を、背中を目にして、今までに見た櫛枝実乃梨の姿の記憶の中でも、不
思議なことにそれは最も華奢に最も薄く、伸びやかに映った。

 文字通り後塵を拝し、再び背中を見る。それは一歩ごと遠ざかっていくけれど、置いて行か
れる印象は少しもなかった。たぶん櫛枝は、自分の一番美しい姿を見せてくれたんだな……と
思った。
 あとでみんなとこの走りの回想を語りあって二度楽しむことになるだろう。でもこの印象を
うまく伝えられるか分からない。俺の言語能力では「くっさあ♪」と言われるかもしれない。
 恥ずかしいし、櫛枝もそうかもしれない、でもきっと話してしまうし伝えずにはいられない
だろう。――あんときお前は(もしくは櫛枝は)すっげえカッコよかった!……ってちょっとオ
ブラートには包んでな。

 話しながら竜児はふと、亜美もそんなふうに現在の自分を見せてくれたんだと気づく。なか
なかあいつらも回りくどいと思う一方で、やっぱり“らしい”と思う。

 そして傍らの、毎日新しい顔を見せてくれる仏頂面に話の締めを。

 いちばん急な区間を登り終わって最後の信号のとこはちょうど青になっていてよ?そのまん
ま渡り切って左側の坂へ……あ!あそこだわ間違えたの!一瞬ぼーっとしていて!……おう、
その前のY字な別れ道が連続してる辺りの方が迷い易そうに思ったのが誤算だったな。
 そんな有様でさ。間を空けずに追いついた後ろと揃ってラストスパートして、死んだふりし
てた川嶋に抜かれて、北村が本格的にバテてと。まあこういうわけさ。

525 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:44:51.68 ID:sXaj5ben0

「走ってみて初めて分かることがいくつもあるもんだと思ったな」
「なにうっとりと語ってんのよ『そして俺は恋に落ちた』みたいなコトを」
「違う違う。恋愛より出くわすのがレアだあれは。マジで見られたっていう感動さ」
「そ、そう?……怪しいけど、まあ」
「これっぽっちも怪しくねえ」

 睨みつけてくる大河の顔を見てこれで大丈夫と竜児は判断した。「お前がいるんだから」と
つむじをくしゃくしゃ揉んで、この辺で矛を収めてくれと打診する。

「ま、まあ別にどうでもいいけど……そんなこと」

 目を泳がせて感情の持って行き場を探っている。からかわれているのでも、誤魔化されるの
でもないと知れば、ちゃあんと腰を据えて受け止める。竜児からしたって、そもそも本当に思
ったことで隠すつもりもないし、実は誰よりもまず大河に聞いてほしかった。

「……分かるけど……なによ!お、お女のケツ追っかけて」
「……お前がトップ引きだからみんなして女の尻追っかけてたよ?あんまり怒んなよ」
「怒ってなんかないわよっ!」
「そうか。じゃ北村も待ちぼうけてるだろうし、合流してダラダラしようぜ?」
「指図すんなっ、分かってるぉいっっっ!」

 怒ってる怒ってる。どうやらストレスをすり替えるのにはひとまず成功したようだ。澱のよ
うに溜まり続ける自責の念より、吐き出せるこっちの方がずーっといい。そう言えば、飯田線
の中で服を脱ぐのに強い抵抗感を示したように、こういう我慢強いところもお嬢様的なのかも
しれねえと考えてる隙に……。

 ばかぁっっ!!

 怒鳴るなり鳩尾にわりとハードな頭突きを入れられて。ウッと息をつまらせながら、ずっと
いいのは、それでも変わらねえと竜児はやせがまん。こんなのはごくごく軽い方、これでお終
いっていう挨拶みたいなもんだろ?……ごほっ!


 もう惰性となったぷんすか気分だけ残す大河の肩をぽんぽん叩いて促し、引き連れて歩き出
した。駅の西側に戻ってみれば北村が縁石に腰掛けて携帯を弄っているところで、二人の姿を
見つけるとデジカメを向けた後おおいと手を振り、大河も愛想よく振り返して駈け寄る。そこ
をもう一枚、パシャっと。

「ごめんごめん、道間違えちゃってたよ」
「おお、そうか。でもすぐ合流できて良かったな」

 ついさっき亜美から連絡があって、逢坂が踏切のとこにいるって聞いたばかりだ。……お、
そうだったか?竜児はポケットから自分の携帯を出してみると確かに着信していた。それで思
い出して預かっていた携帯を大河に返しながら、先行した真・毒殺同盟の行動予定を訊く。

「そんであいつらどうするって北村?降りる駅で待ってるって?」
「いや、暑いし退屈そうだから先にホテルにチェックインしてるそうだ」

 荷物は全部持ってってやるってすごく恩着せられたぞ?と哀れなほどバテていた筋肉男もす
っかり回復したような普段通りの笑みでなによりだ。

526 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:45:37.77 ID:sXaj5ben0

「……俺のバッグ重いぞ?大河のドライヤーも入ってるし……強力伝だな」
「櫛枝が担いでみて『うん、楽勝』って言ったそうだ」
「そいつはすげえ……」
「すごいね……」
「な?すげえって言ったろ?」
「……微妙にニュアンスは違う気がするけどすごいものはすごい」

「部活では用具担ぎがあるからな。まあ駅に着けば送迎もしてくれるから大したことはないだろう」
「あ!そうか。それなら安心だね」

 そういえば北村くんが最下位だったって?……ああ、高松の信号渡ってしばらく行ってから
バテたんだ。……こんなに筋肉付けたのにね。……その運動に関係しないでただ付いてる筋肉
はただの錘りだよ逢坂。これは走る役には立たん。……ふーんそういうものなんだ。

「そうだな、10キロ担いで走ってたみたいなもんだ」

 次の電車が何分後か見てくる、と竜児がホームの時刻表を見に行った。北村はおう頼むと返
して大河との話に戻る。

「おまえが速くてバテにくいのも、そういうわけだ。軽くて筋肉のバランスが優れているからだ」
「へへ……そうなの?」
「ただ代わりに燃料をそうは積めない。きっと一旦バテたらその場で倒れこむだろうな」

「……そっか。ねえ北村くん、竜児からなんか訊いてる?そんなような話」
「そういう話って、バテの話か?……聞いてないが、最近そんな事があったのか」
「最近じゃないけど。でもバテたときはチャーハンが効くよ?もう即効」
「ほう?まあ炭水化物ではあるが。ただもっと消化吸収がいいものはあるし糖が一番速いぞ?」
「ふふふ。私にはね、チャーハンが効くの。内緒だけどね」
「お、そうか。意外だけど、うん。それはなんだかおまえらしい!はっはははっ!」

「大河ぁ、北村ぁ……見たら40分近く後だったぞー」
「そうか、日は照ったりかげったりだし風もあるからそのくらいはしのげるな?」

 ゴトン。ぷしっ。

「おう、あんまり暑かったらホームの日陰に入ればいい。喫茶店とか見当たらないし」
「あ、でも逢坂は平気かな?走った後だしこたえるんじゃないのか?」
「聞いてみよう、おい大河?」

「ん?」

 大河は自販機で缶PAKURIを買って、ごきゅごきゅ飲みながら戻って来た。まあ大汗か
いて大泣きしたから喉が渇いていたのだろう。

「北村が暑くてつらくねえかって」
「んんーんー」

 ものぐさにも程があった。缶の飲み口を咥えたままで頭を振ったら、中でポチャンとはねた
PAKURIが鼻に入ってむせている。

「ばかだなあ」
「うっさい……のむ?」
「おおすまんな、逢坂」

527 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:46:32.44 ID:sXaj5ben0

 どっちに勧めたのか、ちょうど男子組の間に差し出した缶をひょいと北村が取って飲もうと
するのを、流れるような動作で竜児が奪ってひとくち、クイっと。
 そうしておいて微妙に固まっている北村の手に缶を戻す。

「ほれ」
「あ、ああ、済まんな高須、気が回らなくて……いかんいかん俺。ははっ、んくっんくっ」

 ずうずうしく結構な量を飲んでから、ありがとう逢坂と告げて返そうとする。

 しぇぃっ。変な掛け声で、また竜児が横からその缶をかっさらい、またひとくち付けて大河
に戻した。笑うでなく渋面でもなく、終始無表情。

「あ、また済まん。わざとじゃないぞ高須?」
「わ分かってる咄嗟ってやつだ気にするな俺が勝手にしてるだけだほっとけ」
「…………」

 ん、と竜児からぶっきら棒に返された残り僅かなPAKURI缶を両手で受け取った大河は
びみょーな上目づかいでこく……と飲みほしてから、自販機横の空き缶入れに往復。背を向け
て佇む竜児の前に回り込んで、下から覗きあげて、

「あんたさ、いい齢して間接「うっ、うるさいっ。いいっその話題はいいっ!」
「…………」
「…………」

 ツッコんでみたら、竜児にしては珍しく乱暴な言葉づかいで遮られた。大河がよくよく顔を
見てみれば、中学生じゃあるまいし……もう……。日焼けではないのだった。
 
 そこで退かずに追いまわしてじーっと顔を見てやろうとする自分も輪を掛けて大人げないと
は思わないところがいかにも大河的と言うべきだろうが、犬同士が喧嘩する前にぐるぐる互い
の周りを威嚇し合っているようにも見えるのは少々みっともない。
 そんな風に少し離れている北村に見られているのだろうかと思うとなかなかに味わい深い恥
ずかしさで、竜児が平静を取り戻すのには少々かかった。やっと大河のツッコミに対する心の
備えも得てから何だよと向けてみる。

「……じゃあ直接の単語は勘弁してやるけど」
「……おう」
「あんた北村くんとしたよ?」

「あっ」
「2回も」

 わたしの立場どうなるんだろー?北村くんと竜児、今夜はふたりっきり。ああ不安♪

「……言ってろ」
「くふっ♪」

 可笑しそうな様子になったのを見て、お?期せずして怒りもどっか飛んでったな。というこ
とにも竜児はめざとく。なんだかいい仕事を完遂したような気分になった。

 亜美に先着することだけに専念していれば勝負の行方は分からなかったが、時間を戻してや
り直したいなどとは思わず、走って良かった、面白かったと思う。でも大河の方はどうだった
ろう?レース展開で離れてしまってからは注意も届かなくて、独りで先に行ってつまんない思
いだけ味わってはいなかったろうか。
 機嫌も直ったことだし、この際きいてみる。大河?

528 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:47:21.90 ID:sXaj5ben0

「なに?」
「お前は走ってて面白かったか?」
「うん。古くさい言い方だけど……スカッとはした」

 スポーツなんて格闘の他に興味なかったけどさ、独りで死ぬ気になってまで走るっていうの、
なかなか良かった。ただねぇ?うーん。どうした?小難しい顔して。

「迷ったときの多重ドジが酷過ぎてもう……巧く生きていけんのかなってあらためて思ったね」
「何だ?なぁぁぁんだぁ。そんなことで不機嫌さんだったのかよ」
「なんだはないわ。軽〜く深刻な問題よ」
「どっちだよ?まあそのやらかしはあとでじっくり聞かせてもらおう」
「うん……笑い飛ばしてもらいたい」
「笑ったりしねえ。本当に深刻かどうか真面目に敗因を考えるんだよ」

 お?と見上げる大河に、竜児は鬼の首でも取ったように他人には映りそうな、でも心からの
笑顔で告げる。それぞれ単独で挑戦したのは間違いだったかもしれねえ、でも得るところ大で
良かったかもしれねえ。

「まあいっしょに迷えばアホも利口もないもんだがな?」

 聞いてないようで一言も漏らさずに聞いていた北村が腕組みで、うん、と頷いた。


 7

「じゃ……じゃあ実乃梨ちゃん、いくよ……?」
「うん。……おっけー心の準備はできた。でもそっと……そっとね?」
「ふふ。心配ないよ、優しくするから……ね?」

 ちゅぅぅぅぅ。

「いやー、ポンプタイプってのは割安だけどすぐ詰まるのが困りモノですな〜あーみん」
「ほんとほんと。一刻も早くシャワーしたくて自前のを部屋に置いてきちゃったからしょうがないけどね」

 女湯の洗い場。ひと足早くチェックインを済ませた亜美と実乃梨は部屋に荷物を置くが早い
か浴衣と着替えを持って大浴場へとダッシュ。
 かっぽーん♪二人のほかに入浴中の客はおらず、貸切状態の大浴場なのにせせこましく隣同
士のカランに並び、湯おけを置く音をクチで言ってみたり。

「ぱっぱと汗流してお湯につかろうぜーっ。ヘイ!ハリィハリィ〜〜♪」
「髪も洗うしそんな急かさないでよ。先に浸かってりゃいーじゃん」

 カラスの行水でソッコー上から下まで洗い終えた実乃梨が泡だらけの頭で答える亜美の足元
をシャワーで流しながら居座っている。

「しかしあーみんも顔売れたもんだよねえ?」
「偶々よ、たまたま」


 大河があっさり見つかったーと連絡を受けて、あれから1時間ほど飯田線に乗って、今夜の
宿の最寄り駅に降り立ったのが午後4時前だった。手分けしてみんなの荷物を下ろして駅前ロ
ータリーに出てみると、すぐ正面に亜美が手配した送迎車が待っていてくれた。
 荷物を積み込んでいると運転のお兄さんに5名様では?と訊かれ、幹事の亜美がどう言い繕
うのかなと楽しみにしていると、意外にも下山ダッシュで3人脱落しましたあ♪と正直に答え
て、かなり受けていた。

529 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:49:57.73 ID:F6gwSEk90

 今夜泊まるホテルは三階建てのロッジ風な外観がきれいな建物で、玄関ホールが吹き抜けで
広く、高原リゾートの雰囲気を醸し出す調度が置かれたゆったりとしたロビーにひとつながり
となっていて、その一角にバーカウンターのような木造りのフロントがあった。
 ここでも亜美は正直に事情を説明して、3人が1時間ほど後に到着するからまとめてチェッ
クインさせてもらえないか交渉して、ふた部屋ぶん手続を済ました。ただ、お連れ様にはフロ
ントに立ち寄っていただけるようお伝えくださいということだった。

 そんなこんなをロビーで硬めのソファに腰掛けて待っていた実乃梨は、亜美の芸能人らしい
顔パスを初めて目の当たりにしたのだ。

「あの……川嶋様?」
「はい」
「ぶしつけではございますが……『湯けむりちゃんねる』の川嶋亜美様でいらっしゃいますか?」
「うふふふ……こちらではご覧いただいてますよね……はい、そうです」
「そうされますと、当地へは下見かなにかで?」

 いえ、友人とプライベートでと蝶ネクタイがピシっと決まっている初老のフロントマンに答
えようとして唇の端がついっと動いたのが実乃梨には確認できた。その後、今回は別の下山ダ
ッシュという企画なこと、後から来る3人がキャスト二人とスタッフなこと、と口から出まか
せも交えて伝える。

「『大橋剣友会』の高須竜児と『タイガープロモーション』の逢坂大河っていう新人で、あと
 『スタジオ狩野』でキャメラやってる北村って筋肉男ですね」

 思わず実乃梨が吹いたら、フロント氏にちらっと見られる。あ、きっとあたしジャーマネか
ヘアメイクかスタイリストあたりに思われてる?

「左様でございましたか。では撮影などはされませんね?」
「ええ、個人的なスナップくらいで。ほとんどプライベートと変わりません」
「でしたらそのようにお世話させていただきます。……あの、ご迷惑かとは存じますが」
「あ、はい。いいですよ。何枚書きましょう?」
「もし宜しかったら弊社に一枚、あと個人的に一枚頂けたら嬉しいのですが……」
「あら、ご年配の方に個人的って言われるのは嬉しいですね♪ありがとうございます」
「来年中学なのですけど、孫娘がファンなのですよ。御出立までで結構ですから、まずお部屋でお寛ぎくだされば」
「うふ。うっかり忘れたりするといけませんから今こちらで書きます」

 色紙を2枚持って実乃梨の向かいに座り、サラサラっとサイン。日付と、ホテル名と女の子
の名前を宛名にして、隅に簡単に、しっぽを振ってるかわいい子犬のイラスト。

「ありがとうございました。お夕食は6時半からとなります。ごゆっくりして下さい」

 フロント氏、ふたりにカードキーを丁寧に手渡して満面の営業スマイル。

「はい、お世話になります」
「お世話になりまーす」


「いやぁ〜、アレでいきなり待遇良くなった気がするぜ?女子部屋を広い方に代えてくれたもん」
「男子部屋と隣同士じゃなくなっちゃったけどね」

 右肩左肩と、実乃梨は少々冷えたのか湯おけに汲んでざばざばかけ湯。それに今夜はおフロ
だけでなく泊まりもほとんど貸切なんだって?ゆりちゃんのせいだよなー……ほんとね。あた
しらの他は老人会のグループひとつだけだって。荷物運んでくれた係の人に“お客様より従業
員の方が多いです”って言われ……ちょっとぉっ!なにやってんのっ!

530 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:51:32.14 ID:F6gwSEk90

「おっかしいなあ、泡切れ悪いと思ったよっ。もーっ、こどもじゃないんだからさっ」

 長い髪をすすぎで流している上から、実乃梨がシャンプーを取ってはかけ取ってはかけてい
たのだった。……あーもー、リンスやり直しじゃんっ!……ふっ、ふはははははは!

「あーみんよ……この試練は友達とおフロ入れば必ず受けるのだよ……」

 言うなり実乃梨は広い湯船にざばぁんと飛び込んだ。高い天井によく響く声で、あとで大河
にもやってやろうぜー?と笑いながら、他に誰もいないのをいい事に泳ぎはじめた。

 再度の髪すすぎを終え、くるくるっと丸めて留めた亜美がやってきて、脚だけとぷんと浸け
ながら声をかける。ねえ?露天行かないの?せっかくだからその方が良くね?……おお?そう
じゃった!露天じゃよ!ザバァ!前も隠さず仁王立ち……。


 脱衣所に一旦戻って、専用の湯衣を羽織る、というよりかぶる。タオルと同じくパイル地で
そこそこ厚手、濃い色合いだから濡れても透けたり貼りついたりの気づかいはいらないかわり
に、肩ひものないムームーみたいなデザインでいかにもあか抜けないが、さすがに全裸で混浴
露天に入る漢気まではふたりともなかった。

 内湯から外へつながるガラス戸を押して出れば、露天の方はにごり湯で、周囲に岩をごろご
ろ置いたよくある深山幽谷ふう。簡単に言うと目隠しの竹垣にぐるりと覆われて屋根を切り取
った竹造りの小屋のなかに設えた岩風呂といった感じだった。
 景色を眺めながらというわけにはいかなかったけれど、内湯から出るなりまるみえにはなら
ないよう隣の男湯との境に同じ竹垣の仕切りがあって、奥のほう半分ほどの混浴露天部分から
は、まだ高い日差しが差し込んでキラキラ光を反射させていた。誰も入っていない。

 ちゃぷ……。ふたりは腿くらいの湯に踏みこんで、仕切りの端くらいまで進む。干渉しあっ
た波紋がさざ波をつくる。

「うーん。微妙と言えば微妙、安心と言えば安心だ」
「混浴露天といってもこんなもんよ。本格的なとこだとまず脱衣所から共用よ?」
「さすがにそれは……水着着こんでいかねえと無理。あ、それも『湯けむりちゃんねる』体験?」
「うん。先月は忙しかったぁ。行楽シーズン前にあっちこっちで撮り貯め。ふやけそう」

 温泉とグルメに特化したCATV局である『湯けむりちゃんねる』で、亜美はこの春からある番
組のキャスターを務めていた。“元少女モデルが女子大生になって解禁”などと扇情的な見出
しで小さく記事になったのを実乃梨は覚えているが、実際にはいろんな温泉地でお湯と料理と
レジャーを紹介する普通の旅番組で、以前からのファン層であったティーン女子に加えお父さ
んお母さん、じっちゃんばっちゃん方にも人気を伸ばしているところだ。

「別にモデル引退なんて言った覚えもないんだけどね〜。でもまあそっちは若い子がいっぱいいるし」
「若い子って……あーみんだって若いじゃん」
「このぐらいになれば選抜厳しいよこの業界。次なにやるにしても地道に露出はしとかないとね」

 ママからは若いうちに温泉キャスターなんて『手垢』が付いちゃって損よって言われたけど、
スタッフさんと息があっててやりがいあるよ?プロデューサーさんからタイアップ感をできる
だけ減らして、旅好き亜美ちゃんぽさを出したいって力説されてなんだか俄然やる気になっち
ゃったのよね。

「まあ、撮りは行楽シーズン前にまとめてだからほとんど季節労働者〜♪」
「ときどき見てるけど、素を知ってるあたしからしたら『やらされ感』もちょっとあるね」
「あ、ほんと?いけないなぁ。『ちい散歩』見てもっと勉強しなきゃ」

 掌をかさねてうう〜んきもちいい〜と伸びる亜美。湯衣から胸の谷間が現れて……リアクシ
ョン芸って難しいっ……うん、それはまじっぽい♪……だっていいお湯じゃん?ここ。

531 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:53:16.07 ID:F6gwSEk90

「うん……ところでポロリは……あるのかい?」
「やあねえ。……ここだけの話、毎回のようにあるわよ。NGだけど♪」
「りゅ、流出とかこわくない?」
「そこは信頼だよ。ちゃんと気を使ってもらってるから、その分がんばらないと」

 それより実乃梨ちゃんの方はどうなの?ホントは忙しいのに無理して来たんじゃない?

「へへっ♪……合宿終わって自主練だけっていうのはまじさ。お察し下さいってとこかな」
「あ……レギュラー、もれちゃった?」
「うん、レベル高いや」

 体力も気力も毎日バカみたいに練習すれば積み重なるもんだけどさ?気力は油断するとすぐ
落ちる。そっちがね、今は課題なの。

「ふぅぅぅ〜ん?……で、取り戻せたかなっ?」
「お、突っ込んでくるじゃねえか。……けっこう来たぜ?オイラには」
「ふふふっ♪やっぱりホレ直してんじゃねーの?あっぶなーい」
「またぁ。そんなんじゃないって。……約束、思い出せたんだ。それだけ」

「約束……ね。うん。良かったんじゃない?」
「またまたぁ〜。お見通しだぜ?煽り入れて大河と高須くん引き離したろあーみん?」
「さ〜〜?なんのこと〜〜ぉ?」

 そらっとぼける亜美をにやけ顔でぷにっぷにっと肘でつついて、実乃梨は急に真顔。

「あたしの方は……ごちでした、ありがとね、だけどさ……大河と高須くん……」
「ほんと心配だよー?喧嘩とかになってないとい〜よねえー♪」
「お?心配ないって思う?」
「だぁってぇ〜〜♪」

 また背をそらしてひと伸び。うんっ、と伸びきってチワワ笑顔を向ける。

「ときどき独りになってみるの、いいんじゃない?」
「うーんそうかー。ま、あとで様子見てまずかったらフォロー入れてやろう……お?」

 あーみんさんや、ヤツが入って来ましたぜ?
 見ると内湯の方にすっぽんぽんの大河が(当たり前)入ってきてきょろきょろしていた。どう
やらふたりと同様、着くなりタッチ&ゴーで大浴場まで駈け下りてきたらしい。
 手近のカランに陣取ってざばざばお湯をかけ、こちこち顔を洗うとすっくと立ち上がり手は
腰に。その割には意外なほど楚々とした動作でお湯に浸かって、ぷぃーなんて言ってる。

「あらほんと。なんかすっげえ満足そう。あ、泳ぎ出した。こっち気づかないのかな」
「じゃあ、いっちょー」

 ぎらり。実乃梨の目が光った。

「……丸洗いしてやりにいくかい?」
「行こう、行こ行こ。うう〜んっ♪バスルームより愛を込めて〜♪」

「たぁ〜〜いぃ〜〜があ〜〜〜〜ぁ〜」
「きゃっ!ああなんだみのりん、いたの?うわ、なにその南の島コス?」
「なんだ、泳いでるのかと思ったら浅いのいいことに這ってたね?見〜栄っぱりぃ〜」
「いぃいいいいい……いいじゃないっばかちっ」
「流しただけでからだ洗う前に浸かってしまうのはマナー違反だぜ大河?」
「う……貸切状態だったんで……早く浸かりたくて、つい……」

532 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/08(土) 15:55:59.51 ID:F6gwSEk90

 へぇっへっへっへっ……実乃梨は湯船の端にしゃがみ込み、手を差し伸べる。

「お嬢さん、おせなを流しやしょう〜〜」
「ええっ!?いいっ。いいってばっ」
「じゃーあたしらもう上がっちゃうよー?浸かってるとのぼせちゃうしぃー」

「えっ、そんな。待っててよ。こんな広いのにさみしいじゃんっ」
「だあってぇー、その辺に座ってるのもやることなくて退屈だしねー」
「というわけでオイラたちにひまつぶしを提供したらいっしょに露天浸かり直してやろう。な?」

 むーんと小難しい顔で考え込む大河をみて、自分たちふたりはもう裸の付き合いに慣れが生
まれていたけど、いま脱いだばかりではいくら仲が良いといっても恥ずかしい方が先に立つか
なと思った実乃梨は方針を変える。

「ところで大河、高須くんとはケンカしたかい?」

 直球。

「え?竜児と?え?ケンカ?……えと……」

 湯に浸かったばかりというのに、ぷんすかモードで深く考えていなかった間接キッス事件を
否応なく思い出させられて、大河はじわじわ全身を染めていく。……そういえば……あんな分
かり易くやきもち焼かれるって……ありそうで……なかった……しぃぇぇぇっ?!

(ゆ、茹でダコ……!)
(なにかあったの……ね?)

 想定外の反応に、思わず目を見合わせる実乃梨と亜美。押してはいけないスイッチを心ならず
も押してしまってこの先その報いを自分たちが受けるはめになるのではないか。あまり意識して
はいなかったが、何と言っても5人グループの中に相思相愛がひとカップルいるのは紛れもない
事実なのだから。

 とはいえ、いちゃいちゃごときにびびってるような乙女なときは、もう卒業したのだ。

「タイガー少なくとも今日はあたしの賞品でしょ?はい、言うこときく」
「む?……うー……分かった。でもくすぐるのなしでっ。ぜったいなしっ!」
「うん、わかったよ大河」

 誠実そうな言葉と違って、両手をワキワキさせながら優しーい、貼り付いた笑顔。……ばか
っぷるめ、どっからでもかかってこいやぁ。……そうね、つるっつるに磨き上げて先に、徹底
的に陵辱しまくってやらないとね?みのりちゃん!

 その手っ!みのりんその手っっ!!ばかちー、なんだその目!!
 わっせろーいっっ。脇下に突っ込まれた手で、茹であがった少女はお湯から勢いよく引き揚
げられ……そして……。

 キャ〜〜!!!!


――つづくっ!


533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/09(日) 00:16:15.19 ID:Tc5kg51u0
乙です!
やきもちカップルかわいいなぁ
竜児はこういうガキっぽいやきもち焼きそうだ
最後何されたww続きも期待!

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/09(日) 09:11:17.93 ID:834fIK5r0
原作時より幼児化しとるw

535 :まとめ人 ◆SRBwYxZ8yY :2011/10/09(日) 12:15:52.97 ID:u+drCOWI0
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
   (○)⌒  ⌒(○) |   |
   /(●) ●(●)\ !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒::::: |    l
  |    | |r┬-|  |    |  / <ここまでまとめた
  |    | ` ー'  |    |/
  |      メタル     |


ブルーレイBOX予約したわー。

でもドラマCDは予想外だった。
つーかいまさらドラマCDなんて出しても正直そんなに売れゲフンゲフン
まあ買うけど

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/09(日) 15:22:28.31 ID:UdJ/NKZTi
乙です

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/09(日) 21:20:01.21 ID:3bfrxdaS0
まとめ乙です!
今回もサブタイトルワロタw

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 01:36:16.40 ID:pOVX6nT30
>>532 GJ 乙
月日が経ってもやっぱりみのりんの笑顔は眩しいのだろうね。
竜児が可愛い……だと!?>間接キスやきもち
大河の機嫌をコントロール(と言うと言い方が悪いか)出来る様になっているのが感慨深い。
女子風呂での大河陵辱(え 期待w 竜虎の混浴も期待w

>>535
サイトの更新、乙でした、感謝。

ドラマCDは原作者やアニメの脚本家が関わっていれば訴求力が増すんだけどな。
まあ買うけどw

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 16:21:44.00 ID:HhVW5kR+0
某月某日、高須家。
今日は祝日で学校は休み。いつも通り竜児の作った朝御飯を食べて、竜児の作った昼御飯を食べて…そろそろお菓子の時間。

「それじゃあ、行って来る」
「は?何処行くのよ?」
「…なんで聞いてないんだよ…」
のはずだったのに…テレビを見ている横でさっきからゴソゴソ動き回っていたと思ったらそんな事を言い出した。呆れ返った極悪面を寝そべったまま見上げると「ちゃんと起きて話なさい」だって…。ほんと、うるさい。
「…顔に出てるぞ」
「あらやだ遺憾だわ」
「…」
心底嫌そうに顔をしかめて見せるけど、やめて欲しい。極悪面に金棒だ。
その実、見た目だけの面が小さな溜め息を一つ。説明するため膝を折った竜児にこれ以上うるさくされたくないから渋々体を起こす。
「ちゃんと聞けよ」
「だからわざわざ起き上がってあげたでしょ。おら、グズグズすんな早く言え」
「…あのな」
一瞬口元が引き吊った気もするけど多分錯覚だ。もしくは幻覚。


540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 16:29:17.93 ID:HhVW5kR+0
話の内容は、何とも竜児らしい理由だった。
タイムサービスがどうだのグダグタ言っていたけど…要は買い物らしい。
「なに、それだけ?はぁーあ!起き上がって損しちゃった!」
「お前が最初の時点で聞いとけばよかったんだろ!?」
「はいはい。早く行けば?」
「…行ってくる」
再び畳に寝転がりながら手をヒラヒラ振ると立ち上がる気配を背中越しに感じる。
「あ、竜児お菓子よろしく。後晩御飯はお肉ね」
「今日は魚だ。もう下ごしらえも万端だしな」
菓子はなんでもいいな、と言って遠ざかる声。
ちっ!魚か…まあいいけどね。竜児の作るご飯はどれもおいしい。
「行ってきます」
「ん〜」
バタン、と玄関のドアが閉まる音がしてガチャリ、と鍵。


541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 16:31:52.74 ID:HhVW5kR+0
さほど広くない部屋にテレビの音だけが響く。
「…」
チャンネルを適当に回してみたけど興味をひくものはなかった。そうするとその音はただの雑音に聞こえて、電源を切った。
「んんー!ふぅ」
大きく伸びをして凝り固まった筋肉をほぐす。
今度は完全な無音。
「…」
何となく、竜児の寝床から枕を取ってきてぎゅっと抱き締めてみた。鼻を押し付けて胸一杯に息を吸い込む。
「…竜児…遅い」
竜児の匂いが胸を満たし、余計に…寂しい。
「早く帰って来い…駄犬」
今しがた出てったばっかりなのにね。思わず呟いてしまった。
どうしよっかな…いっその事寝ちゃおっか。
ゴロン、と後ろに倒れる。
ガンッ!!
「いっ!?」
思いっきりテーブルの角に頭をぶつけてしまった。
「い…たい…」
ズキズキと痛む後頭部を押さえテーブルを睨みつけるけどすぐに馬鹿らしくなった。


542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 16:35:01.74 ID:HhVW5kR+0
「…寝よ」
今度こそ背後に気を付けて横たわる。勿論腕には竜児の枕。ゆっくりと睡魔が襲ってくる。
次に目を覚ましたら三角眼が拝める事だろう。そう思って弛む口元は自覚している。
…と、そこに機械音。
まどろみ始めた意識を現実に引き戻された。
「…なんだってのよ」
機械音の根源、電話をテーブルを睨んだ時より強く睨みつける。その間も鳴り止まない騒音。居留守をするつもりだったけど、気が変わった。私の眠りを妨げた不届き者にはそれなりの罰が必要に決まってる。
「鼓膜破ってやる」
ゆらりと立ち上がり、受話器を手に取った。
始めから怒鳴るよりは油断させといてからよね。
それこそ天使のように。
「はい、もしもしあい…」
顔までスマイルで決めてはた、と自分の状況に気付く。
勢いで取ってしまったがこれはあくまで高須家の電話。つまり…それって…
「…た、たかす…です」
っ!!



竜児は帰って来て早々ただのガラクタの塊となった電話を見て悲鳴を上げ、私は暫く畳の上を転がっていた。


543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 16:39:42.30 ID:HhVW5kR+0
すまん。使い方もよくわからん新参者故、挨拶が後になった。
拙い文で4スレも消化してすまない。
だけどとらドラ!への愛とこのスレへの愛はモノホンだ。
優しくてとても甘い目で見てやってくれ。
ではノシ


544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 21:38:50.84 ID:pOVX6nT30
電話壊すなよwwwww

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 21:53:32.48 ID:pOVX6nT30
てかIDかぶってんな
近所?

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 22:08:51.04 ID:lGynxQcP0
さみしがりっぷりが5月くらいの大河っぽいのう。なんか新鮮で読んでるこっちがゴロゴロしたくなるw
流れでたかす名乗ったのがムチャムチャ恥ずかしかったのであろう。
でも電話壊すなwww

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/11(火) 09:36:16.81 ID:c/4rsd7bO
甘い新婚生活を思い浮かべたんだろうなw

548 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/11(火) 12:33:39.75 ID:i7pcb8E/0
>>532のつづき、しもやまだっしゅ!の8です。
諸事情で短めとなってしまい、7と分ける必要がなくなってしまいましたorz

↓4レスほどいただきます

549 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/11(火) 12:34:25.62 ID:i7pcb8E/0

 8

「あー。いい湯だあ。なあ高須」
「おう〜」

 ところ変わってこちらは男湯。壁の向こうでこだましている嬌声はここまで聞こえてこなく、
竜児と北村が内湯にのんびりと浸かっていた。
 向こうが露天になってるなあ〜。……おう〜。……備え付けのタオルで隠しながら入っても
いいのかなあ〜。……湯衣が別にあるってことはタオルを湯に浸けたらマズイんだろ〜……そ
うかあ〜では裸(ラ)で行くか〜?……それもな〜。

「少ないとはいえ他にも客がいるんだし、マナーとして裸は避けようぜ」

 こちらには年配の男性客が他に2名、微妙に縄張りっぽい距離をそれぞれに置いて気分よさ
そうに浸かっていた。あちらのグループにもご婦人方がいれば同じように入浴している可能性
も充分にある。

「うむ。では決まった。前を隠すアイテムを入手しに行こう」
「おう、引き戸のすぐ脇にあったな」


「うーむ。でか目のバスタオルを巻くのとあんまり変わらんな?」
「そうだな。ただいちおうゴムが入ってるから腰ミノ感がすごくする」

 なるほど。北村はくいくい腰を左右に振って変な手つきをしてみる。

「高須、腰ミノといえばあれだ『めーっちゃくちゃ調子がいいですぞー!』」
「おう!キタキタおやじ。読んだ読んだ小坊のころ!そうそうそんな感じ!」
「おやじ、流行っててなあ?」
「俺の方じゃ『カッコいいポーズ』が一時流行ってた。黒子の役が手足持って持ち上げて、プルプルしてたの見た」
「はっはは!やったやった!……おお、なかなか雰囲気のいい露天ではないか」

 男子組は戸を押して露天風呂に出た。ステンレスの手すりを伝って段々を降り、内湯より少
しぬるいにごり湯に身体を沈める。やはり先刻の亜美や実乃梨同様、女湯との境にある間仕切
りより奥へは行きにくい。

 着衣入浴だから別に気にする必要もないのだろうが、なんとなくの抵抗感はあって、女子た
ちが今どこにいるか確認もせず降りてきてしまったから、鉢合わせしては悪いかもしれないと、
二人ともそれなりに考えてしまう。

「女湯というと覗いてウヒヒみたいなイメージがあるけど、いざ自分がとなるとそんな気起きねえな」
「そうだな。考えてみると不思議なものだ」

 曇ってしまった眼鏡を北村は外して手近な岩の上に置き、湯の中で楽な姿勢をとる。お、見
えにくくなってみると覗きの虫がけっこう元気になるな?こりゃまた面妖。……自分が見えに
くいからって向こうからも見えないと思うなよー?……うむ。覗き道と云ふは潜むことと見つ
けたり、か。……葉隠かよ。
 かけ流しの湯口にすーーっと這い寄って行って、掬って顔にぱしゃぱしゃ掛けては、うーむ
しょっぱいと感想。同じく掬ってみると竜児にはかなりの苦みも感じられた。

550 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/11(火) 12:35:15.77 ID:i7pcb8E/0

「なあ、高須……」
「おう。なんでも聞くし、思ったことを言うぞ?」

 北村は端正な顔に鎮座する丸い目をさらに丸くして竜児を見た。あまりにも反応が早くて少
し驚いたのかもしれない。でも、竜児からしたら北村が悩みをかかえていることは昼前からお
見通しだった。

「うん……ありがとう。いろいろ遠いって話だ」
「ああ」
「俺たちの世代が物心ついたときには既にあったスペースシャトル計画が終わってしまった」
「次世代はコンステレーション計画のはずだったがな……」
「計画の遅れと、予算でな。打ち切られた」

 竜児も興味があって気にはしていた。最大11名の乗員を乗せるスペースシャトルのオービ
ターから、4名までとなるコンステレーション計画のオライオン宇宙機に移行となれば、そも
そも入学を目指す大学の定員がいきなり3分の1に減るようなものだ。
 もちろん狩野すみれが目指した時点で既にそうした予測はあった。夢をかなえるには大幅に
困難となる時代へ進んで行くが、ゼロになるわけではない。北村もそうした諸々を呑みこんで
行く道を決断したこととも知っていた。
 しかし計画そのものが無くなってしまっては……。

「宇宙飛行士の需要そのものがゼロになったわけじゃないといってもな」

 ルーティンミッションとしてはISS(国際宇宙ステーション)との往還が依然としてあるが、
……有人宇宙飛行に関わるという夢は急に、極端にな、困難になってしまった。

 とつとつと話す北村に、でも竜児は落胆めいたものをやはり感じなかった。ひるま飯田線の
中で漏らしたように、気を落とすまでは至っていないようなのだ。それは走り出したばかりで、
まだ全容にかじりついていないひよっ子ゆえ持ち得る向こうっ気のようなものがあるのかもし
れない。困難さで言ったら比べものにならないかもしれないが、自分と同じように。

「だが諦めたわけじゃねえんだろ?」
「俺……のことより会長だな」
「……まだ会長って呼んでんのか?おっと済まねえ、話ぶった切って」

 ぱしゃぱしゃ湯で顔を洗う。いけねえ、これじゃただの野次馬だ。

「ああ、気にするな。会長にも言われた。でもこれは俺のけじめで大事なことなんだ」
「並んだと思えるまで、か」
「そうだ。……会長は俺より1年以上先行して、それだけ絶望と戦ってきたんだなって」
「もしかして失望……しちまったのか?」
「ん?失望?……なんでだ?」

「お、おう。会長が絶望して、お前と暮らそうって言って……ってなると」

 それを総合すると、目指す道を諦めた会長を目の当たりにして……って流れかと思ったんだ
が?……あ、ああそうか、話しの順番からいうとそう聞こえてもおかしくはなかったな。そう
じゃない。

「会長は戦い続けているってことだよ、高須」

551 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/11(火) 12:36:09.26 ID:i7pcb8E/0

 まあ勝ってるとは言えない。0勝20分けっていう感じかな?あと、俺の方がそれに畏敬の
念を抱きすぎて絶望してるとか、そんなことでもないぞ?卵のカラをケツに付けてピヨピヨ後
をついていたのは最初のだけであとは後発なりにしっかり追いかけてる自負はあるッ。

 暑苦しく拳を振り上げた北村が目の前でザバッと立ち上がった。真剣な話の途中で悪いが、
正直なところ、腰ミノ着用で本当に良かったと竜児は心の底から思っていた。湯に浸かってい
るのにこれは冷や汗だろうか?

 そのとき女湯の方が騒がしくなって、露天の方に客が出てきたようだった。声に聞きおぼえ
があって、竜児も北村も今の話は保留にしようと目で合図。

「わー。いいじゃんいいじゃんばかちー?夜になったら雰囲気よさそう」
「あんた湯衣のすそ引きずってるよ。踏んでころぶんじゃないよ?」
「ほーらこっちおいでー大河ーすりすりすりすり」
「ほ、頬ずりはもういいからー」

 3人いっしょか。驚かすといけねえし、こっちも入ってるって知らせとくか?……そうだな
高須。着衣入浴とはいえ李下に冠は正さずの一手だ。……じじむさい言い回しだな。

「おーいおまえたちー」

「あら北村くんだ。そっちも入ってたのかーい?」
「おーう。高須もいるし、他のお客さんも出てくるかもしれないからなー」
「わかったー」
「高須くーん」
「おうー、なんだ川嶋ー」
「あがったらいっしょにPAKURI飲もー?」
「…………」

 そのままで、しばらくお察し下さい。

「ま、まあどうせ着衣だから気楽だね。そうだ、せっかくだからの、覗きに行ってもいーい?」
「だ、大胆だな逢坂。……高須があんなふうに改造したのか?」
「さらっとすげえこと言うなよ……やめとけ大河ー、なんかドジの予想がついたぞー」

「ドジだって。ひどくない?」
「いや、あたしもタイガーのやらかすドジは鮮やかすぎるほど予想ついたね」
「うん、あれね。見えるとこまで歩いて行ってら……ストーンっっ」
「そんなわけないじゃないみのりん。漫画やアニメじゃあるまいし」

 ちゃぱぁ。ほーら露天には湯気なんてそうそう立ちこめたりしないものよ?

 じゃぶ、じゃぶ、じゃぶと歩いてくる水音が聞こえて、大河は竹垣の端からぬっと。へっへ
へへー。内湯でもうのぼせ気味なのかなといった色づきで、にやけ顔だけ突き出した。

「念のため聞いとくけど水着かー?」
「ううん。ムームーだから色気ほとんどなし。ほらーばかちーもみのりんもおいでよ」
「やーだよ。こっぱずかしいじゃん?」
「あーみんの場合は色気レスだから見せたくないんだよなー」

「なんだ、つまんない。じゃー私だけで潜入レポートしますっ!」

552 :しもやまだっしゅ! ◆0/FKyHtS2M :2011/10/11(火) 12:38:17.98 ID:i7pcb8E/0

 一旦顔を引っ込めると、大河は肩まで浸かってすすすと国境を突破してくる。へへへへへ、
はいっちゃった。男湯。

「おう?分かったぞ?それでザバっと立ち上がると湯衣がストっと落ちるってオチだ」
「けっこうきついゴムだからそれもないよ。ではチャレンジしてみましょう」

 大河は勢いよく、ふぬっっ!立ち上がる。ザッパァァンッ!竜児の予想通り、大河の細い身
体にはぶかぶかすぎたのだろう、湯衣がするっと脱げ落ちる。

「あ、やっぱりか。うんおぼえた!何事も実証主義!」
「気はすんだかー」
「実はー。下に水着を着ていたのでありましたー」
「見れば分かる。ってか荷物に入ってたの知ってるし俺」
「女の荷物の中身を検分するなんてけしからんエロ犬だわね」
「どうしてもうまく収まらないから詰めてって言ったの誰だー?」
「へへへへへ……明日また詰めてよね」

 腕組みで眺めていた北村が嬉しそうに口をはさむ。

「せっかく逢坂の水着なのにおれはまたぼやーっとしか見られなくてちょっと惜しいな」
「あっそうか。眼鏡……は、曇っちゃってるんだね。うん、いずれ……機会があったら」

 湯衣を引き上げてまとうと、また肩まで沈み、来た時と同じようにすすすすと女湯に戻って
いく大河を竜児は見送った。
 もうすっかり楽しそうでよかったな。う……ん……っと湯の中で身体を伸ばす。疲れた腿や
背中が溶けていくようで、こめかみを伝わり落ちる汗も心地いい。

 ――はしゃいでいるうちにちょっとずつ恥ずかしくなってきたってところか

 寄り添って浸かりてえ……とちょっとだけ思い、ま、そんなわけにもいかねえだろとのんび
り打ち消して、竜児はざばざば湯をかぶる。


――つづくっ!









次回、卓球・夕食編!

466 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)